笠置シヅ子の歌詞一覧リスト  35曲中 1-35曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
35曲中 1-35曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
アイレ可愛やアイレ可愛や 村娘 好きな小鳥を 追いかけて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて アイレ朝から 川づたい 岸の柳の 木の影で ハー 村から村へと 流れゆく ハー 村から村へと 流れゆく アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレー アイレーエ アイヤ ランランラン アイレ アイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイレ見つけた 白い鳥 呼べば小鳥は 肩に来て ハー アイレは可愛と ささやいた ハー アイレは可愛と ささやいた アイレ抱えた 烏籠に 白い小鳥が 歌います ハー たんと幸福(しあわせ) 持って来た ハー たんと幸福(しあわせ) 持って来た アイレー笠置シヅ子藤浦洸服部良一アイレ可愛や 村娘 好きな小鳥を 追いかけて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて ハー 烏籠ブラブラ ぶらさげて アイレ朝から 川づたい 岸の柳の 木の影で ハー 村から村へと 流れゆく ハー 村から村へと 流れゆく アイレー アイヤラレー アイレー アイヤラレー アイレー アイレーエ アイヤ ランランラン アイレ アイヤ ランラン アイヤ ランラン アイヤ ランランラン  アイレ見つけた 白い鳥 呼べば小鳥は 肩に来て ハー アイレは可愛と ささやいた ハー アイレは可愛と ささやいた アイレ抱えた 烏籠に 白い小鳥が 歌います ハー たんと幸福(しあわせ) 持って来た ハー たんと幸福(しあわせ) 持って来た アイレー
大阪ブギウギほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ 心斎橋から 戎橋 赤い灯青い灯 よいみやこ あちらで言うたら ニューヨーク 船場通れば いとはんたちが 声をそろえて ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ  ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ お城の上から 眺むれば 煙はもくもく 大繁盛 橋から橋まで 賑やかだ 梅田天六 千日前も 調子あわせて ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ  ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ 花の咲く町 みのる町 ほんまによいとこ よい都 車の買いもの ひろいもの そうさ戎は えらいやっちゃ えらいやっちゃ 身振り手振りで ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ笠置シヅ子藤浦洸服部良一ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ 心斎橋から 戎橋 赤い灯青い灯 よいみやこ あちらで言うたら ニューヨーク 船場通れば いとはんたちが 声をそろえて ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ  ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ お城の上から 眺むれば 煙はもくもく 大繁盛 橋から橋まで 賑やかだ 梅田天六 千日前も 調子あわせて ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ  ほんにそやそや そやないか 大阪ブギウギ 花の咲く町 みのる町 ほんまによいとこ よい都 車の買いもの ひろいもの そうさ戎は えらいやっちゃ えらいやっちゃ 身振り手振りで ブギウギ さあさ歌えよ 大阪ブギウギ ランラララララ ブギウギ
オールマン・リバップオールマン・リバー  故郷の河 思い出のミシシッピー 歌は私の思い出の歌 オールマン・リバー笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一オールマン・リバー  故郷の河 思い出のミシシッピー 歌は私の思い出の歌 オールマン・リバー
買物ブギーGOLD LYLIC今日は朝から 私のお家は てんやわんやの 大さわぎ 盆と正月 一緒に来たよな てんてこまいの忙しさ 何が何だか さっぱりわからず どれがどれやら さっぱりわからず 何もきかずに とんでは来たけど 何を買うやら 何処で買うやら それがごっちゃに なりまして わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  たまの日曜 サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山 買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの 手当たり次第に ひとの気持も 知らないで わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  何はともあれ 買物はじめに 魚屋さんへと とびこんだ 鯛に 平目に かつおに まぐろに ブリにサバ 魚は取立 とび切り上等 買いなはれ オッサン買うのと 違います 刺身にしたなら おいしかろうと思うだけ わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  とり貝 赤貝 たこに いか 海老に 穴子に キスに シャコ ワサビをきかせて お寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ お客さんあんたは一体 何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でも オッサン鮭の缶詰 おまへんか わてほんまに よう言わんわ あほかいな  丁度隣は八百屋さん 人参 大根に ごぼうに 蓮根 ポパイのお好きな ほうれん草 トマトに キャベツに 白菜に 胡瓜に 白瓜 ぼけなす 南瓜に 東京ネギ ネギ ブギウギ  ボタンとリボンと ポンカンと マッチにサイダーに ダバコに仁丹 ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ アア ヤヤコシ  ちょっとおっさん こんにちは ちょっとおっさん これなんぼ おっさんいますか これなんぼ おっさんおっさん これなんぼ おっさんなんぼで なんぼがオッサン おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん わしゃ 聞こえまへん わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ あーしんどGOLD LYLIC笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一今日は朝から 私のお家は てんやわんやの 大さわぎ 盆と正月 一緒に来たよな てんてこまいの忙しさ 何が何だか さっぱりわからず どれがどれやら さっぱりわからず 何もきかずに とんでは来たけど 何を買うやら 何処で買うやら それがごっちゃに なりまして わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  たまの日曜 サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山 買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの 手当たり次第に ひとの気持も 知らないで わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  何はともあれ 買物はじめに 魚屋さんへと とびこんだ 鯛に 平目に かつおに まぐろに ブリにサバ 魚は取立 とび切り上等 買いなはれ オッサン買うのと 違います 刺身にしたなら おいしかろうと思うだけ わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ  とり貝 赤貝 たこに いか 海老に 穴子に キスに シャコ ワサビをきかせて お寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ お客さんあんたは一体 何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でも オッサン鮭の缶詰 おまへんか わてほんまに よう言わんわ あほかいな  丁度隣は八百屋さん 人参 大根に ごぼうに 蓮根 ポパイのお好きな ほうれん草 トマトに キャベツに 白菜に 胡瓜に 白瓜 ぼけなす 南瓜に 東京ネギ ネギ ブギウギ  ボタンとリボンと ポンカンと マッチにサイダーに ダバコに仁丹 ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ ヤヤコシ アア ヤヤコシ  ちょっとおっさん こんにちは ちょっとおっさん これなんぼ おっさんいますか これなんぼ おっさんおっさん これなんぼ おっさんなんぼで なんぼがオッサン おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん おっさん わしゃ 聞こえまへん わてほんまに よう言わんわ わてほんまに よう言わんわ あーしんど
雷ソングピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ 雷さまは雲の上 此頃人間世界じゃ 雨降らぬ 電気が不足で 困ります パットついたら 又消える 御飯もゆっくり 喰べられない ローソクどんどん 高くなる 人工雨なぞ 馬鹿馬鹿しい これでは寝るより 仕方がない ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ さっと一雨 わけはない ピカピカドン  ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ 雷さまも 恋をする 恋すりゃ雷さんでも 同じこと ワクワク血潮が 燃えあがる 泣いた涙で くもらせる 私の涙は涙雨  あんまり泣いたら 夕立で めそめそなくときゃ 梅雨の雨 私のハートは 稲光り チカチカゴロゴロ チカチカゴロゴロ どこの港へ 着くじゃやら ピカピカドン  ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ 雷さまはへそが好き 近頃人間世界じゃ ストリップ おへそもかくさず 踊り出す どちら向いても ストリップ 雷門の浅草は 軒並揃えて ストリップ これではこちらが 悩ましい うっかり見とれて ふみはずす 桑原 桑原 桑原 桑原 久米の仙人じゃ こりゃたまらない ピカピカドン笠置シヅ子野村俊夫・村雨まさを服部良一服部良一ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ 雷さまは雲の上 此頃人間世界じゃ 雨降らぬ 電気が不足で 困ります パットついたら 又消える 御飯もゆっくり 喰べられない ローソクどんどん 高くなる 人工雨なぞ 馬鹿馬鹿しい これでは寝るより 仕方がない ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ さっと一雨 わけはない ピカピカドン  ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ 雷さまも 恋をする 恋すりゃ雷さんでも 同じこと ワクワク血潮が 燃えあがる 泣いた涙で くもらせる 私の涙は涙雨  あんまり泣いたら 夕立で めそめそなくときゃ 梅雨の雨 私のハートは 稲光り チカチカゴロゴロ チカチカゴロゴロ どこの港へ 着くじゃやら ピカピカドン  ピカピカゴロゴロ ピカピカゴロゴロ 雷さまはへそが好き 近頃人間世界じゃ ストリップ おへそもかくさず 踊り出す どちら向いても ストリップ 雷門の浅草は 軒並揃えて ストリップ これではこちらが 悩ましい うっかり見とれて ふみはずす 桑原 桑原 桑原 桑原 久米の仙人じゃ こりゃたまらない ピカピカドン
黒田ブギーほろよいブギーほろよいブギー ふらふらふらふら ドッコイ ほろよい機嫌で 千鳥足  酒はのめのめ 飲むならば 日の本一の この槍を のみ取る程に のむならば これぞまことの 黒田武士 黒田ブギウギ 黒田ブギウギ 日本の素的なブルース ブギウギリズムで陽気に 太鼓を叩いて陽気に ブッパー ブバップバ ブッパー ブバップバ 春には花見酒 夏には涼み酒 秋には紅葉酒 冬には雪見酒 ハッハハハー  酒のみゃー 春夏秋冬 楽しいつでも 心は楽し 春には花見酒 夏には涼み酒 秋には紅葉酒 冬には雪見酒 ハッハハハー  酒のみゃー いつでも楽しや楽しや 楽しや ランラララランラン ほろよい人生あー バッドゥディ バッドゥディ バッドゥディ バッドゥディ ララララララ……… 愉快な酒なら のましゃれ 程よくのむなら のましゃれ のむ程酔う程 愉快にさあさ乾盃 みんなで盃あげて 乾盃みんなで盃あげて さあさ踊ろよ さあさ唄およ バンバンバンバンバン ああ酔うた酔うた酔うた ふらふら笠置シヅ子村雨まさを服部良一ほろよいブギーほろよいブギー ふらふらふらふら ドッコイ ほろよい機嫌で 千鳥足  酒はのめのめ 飲むならば 日の本一の この槍を のみ取る程に のむならば これぞまことの 黒田武士 黒田ブギウギ 黒田ブギウギ 日本の素的なブルース ブギウギリズムで陽気に 太鼓を叩いて陽気に ブッパー ブバップバ ブッパー ブバップバ 春には花見酒 夏には涼み酒 秋には紅葉酒 冬には雪見酒 ハッハハハー  酒のみゃー 春夏秋冬 楽しいつでも 心は楽し 春には花見酒 夏には涼み酒 秋には紅葉酒 冬には雪見酒 ハッハハハー  酒のみゃー いつでも楽しや楽しや 楽しや ランラララランラン ほろよい人生あー バッドゥディ バッドゥディ バッドゥディ バッドゥディ ララララララ……… 愉快な酒なら のましゃれ 程よくのむなら のましゃれ のむ程酔う程 愉快にさあさ乾盃 みんなで盃あげて 乾盃みんなで盃あげて さあさ踊ろよ さあさ唄およ バンバンバンバンバン ああ酔うた酔うた酔うた ふらふら
恋のステップあなたの胸に抱かれりゃ 花も燃えそな紅の色 チェリオ うれしいようではずかしい 恋のステップ夢心地 チェリオ  真心一つ 末かけて 固く結んだ胸の紐 チェリオ 嬉しいようで恥ずかしい 恋のステップ夢心地 チェリオ  五色のグラス男気の 受けりゃこぼれる仇情 チェリオ 嬉しいようで恥ずかしい 恋のステップ夢心地 チェリオ  あなたと歌う恋の唄 胸に降りますキッスの雨 チェリオ 嬉しいようで恥ずかしい 恋のステップ夢心地 チェリオ笠置シヅ子高橋掬太郎服部ヘンリー服部ヘンリーあなたの胸に抱かれりゃ 花も燃えそな紅の色 チェリオ うれしいようではずかしい 恋のステップ夢心地 チェリオ  真心一つ 末かけて 固く結んだ胸の紐 チェリオ 嬉しいようで恥ずかしい 恋のステップ夢心地 チェリオ  五色のグラス男気の 受けりゃこぼれる仇情 チェリオ 嬉しいようで恥ずかしい 恋のステップ夢心地 チェリオ  あなたと歌う恋の唄 胸に降りますキッスの雨 チェリオ 嬉しいようで恥ずかしい 恋のステップ夢心地 チェリオ
コペカチータラララララランラ ラ……… 不思議なリズムだ ラララランラ きかずや君よ このリズムを きかずや君よ この歌声 今宵は君と 踊ろうよ 月影淡き このひと夜さを 心もふるえて たまらないわ 踊りましょう 歌いましょう  この歌 美わしや この歌 君知るや ラ‥‥ 新しき歌 それは コペカチータ ハ‥‥ ワラ…… コペカチータ ワラ…… コペカチータ 赤いバラは情熱 白いバラは純情 胸につけて踊ろう 情熱のさめぬまに ハハ‥‥  不思議なこの歌の魅力 君よ知らずや コペカチータ この歌の意味 みんな誰でも知らない コペカチータ コペカチータ ラ… コペカチータ コペカチータ コペカチータ コペカチータ この意味教えよ ワララ ワララワララワララ コペカチータ コペカチータ それは情熱の歌 コペカチータ コペカチータ コペカチータ コペカチータ ワラ‥‥ ワラ‥‥ ワァーワァーワァーワァー コペカチータ笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一ラララララランラ ラ……… 不思議なリズムだ ラララランラ きかずや君よ このリズムを きかずや君よ この歌声 今宵は君と 踊ろうよ 月影淡き このひと夜さを 心もふるえて たまらないわ 踊りましょう 歌いましょう  この歌 美わしや この歌 君知るや ラ‥‥ 新しき歌 それは コペカチータ ハ‥‥ ワラ…… コペカチータ ワラ…… コペカチータ 赤いバラは情熱 白いバラは純情 胸につけて踊ろう 情熱のさめぬまに ハハ‥‥  不思議なこの歌の魅力 君よ知らずや コペカチータ この歌の意味 みんな誰でも知らない コペカチータ コペカチータ ラ… コペカチータ コペカチータ コペカチータ コペカチータ この意味教えよ ワララ ワララワララワララ コペカチータ コペカチータ それは情熱の歌 コペカチータ コペカチータ コペカチータ コペカチータ ワラ‥‥ ワラ‥‥ ワァーワァーワァーワァー コペカチータ
コンガラガッタ・コンガコンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ 私はあなたが 好きなのに あなたはあの娘が 好きなのね あの娘にゃ あの娘の彼氏があるのに そのまた 彼氏にゃ 彼女があるのに あの娘は何にも知らずに 彼氏に夢中で 惚れたの はれたの 惚れたの はれたの コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ  コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ あの人 あなたの好きな人 きかれてあわてて ごまかした あの人 姉さんの旦那の弟 そのまた従弟の 彼女の兄さん そのまた妹の彼氏で 私に夢中で  惚れたの はれたの 惚れたの はれたの コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ  コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ お家はどちらと 尋ねられ あそこを曲って 突き当り 左へ半丁 八百屋を曲がって三軒 向うのコンニャク屋と 歯医者の間を 斜めに入って 四ツ角の交番所で 私のお家を きいたらわかるわ コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ 私はあなたが 好きなのに あなたはあの娘が 好きなのね あの娘にゃ あの娘の彼氏があるのに そのまた 彼氏にゃ 彼女があるのに あの娘は何にも知らずに 彼氏に夢中で 惚れたの はれたの 惚れたの はれたの コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ  コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ あの人 あなたの好きな人 きかれてあわてて ごまかした あの人 姉さんの旦那の弟 そのまた従弟の 彼女の兄さん そのまた妹の彼氏で 私に夢中で  惚れたの はれたの 惚れたの はれたの コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ  コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ コンガラガッタコンガコンガ コンガラガッタコンガ お家はどちらと 尋ねられ あそこを曲って 突き当り 左へ半丁 八百屋を曲がって三軒 向うのコンニャク屋と 歯医者の間を 斜めに入って 四ツ角の交番所で 私のお家を きいたらわかるわ コンガラガッタ コンガ コンガラガッタ コンガ
さくらブギウギさくら 咲いた咲いた ブギブギ チェリ チェリ チェリオー 咲いたり 咲かせたり うかれてうかれて ブギブギ それが若さだ いのちだ チェリ チェリ チェリオ あちら こちらも ぽかぽか 心は 燃えて お釈迦様でも にこにこ 祭りだ 踊りだ ブギブギ 声を合わせ ブギブギ 青春 青春 チェリオ  さくらひとえだ ブギブギ チェリ チェリ チェリオー 山越え 谷越えて 隣りの村から ゆらゆら 馬の背中で ゆられて チェリ チェリ チェリオ  お嫁いりまで 待てない 待てない 想い とんで来たのよ 花嫁 祭りだ 踊りだ ブギブギ 声を合せて ブギブギ 青春 青春 チェリオ  さくら 散る散る ブギブギ チェリ チェリ チェリオ ひらひら さかづきに はなびら ひとひら ウキウキ 咲けば 散るのが さくらだ チェリ チェリ チェリオ 赤いくちびる 小鳥の さえずる 歌に 春のリズムが 聞える 祭りだ 踊りだ ブギブギ 声を合せて ブギブギ 青春 青春 チェリオ笠置シヅ子藤浦洸服部良一さくら 咲いた咲いた ブギブギ チェリ チェリ チェリオー 咲いたり 咲かせたり うかれてうかれて ブギブギ それが若さだ いのちだ チェリ チェリ チェリオ あちら こちらも ぽかぽか 心は 燃えて お釈迦様でも にこにこ 祭りだ 踊りだ ブギブギ 声を合わせ ブギブギ 青春 青春 チェリオ  さくらひとえだ ブギブギ チェリ チェリ チェリオー 山越え 谷越えて 隣りの村から ゆらゆら 馬の背中で ゆられて チェリ チェリ チェリオ  お嫁いりまで 待てない 待てない 想い とんで来たのよ 花嫁 祭りだ 踊りだ ブギブギ 声を合せて ブギブギ 青春 青春 チェリオ  さくら 散る散る ブギブギ チェリ チェリ チェリオ ひらひら さかづきに はなびら ひとひら ウキウキ 咲けば 散るのが さくらだ チェリ チェリ チェリオ 赤いくちびる 小鳥の さえずる 歌に 春のリズムが 聞える 祭りだ 踊りだ ブギブギ 声を合せて ブギブギ 青春 青春 チェリオ
ザクザク娘のんびりあわてる ザクザクムスメ 陽気で泣虫 強気でてれる ザックザクザクザックと 誰もいないのに 汽車から首出し ごきげんさよなら ザックザクザクザックと さらば故郷よ  寒い日あつがる ザクザクムスメ 笑へば涙を ぼろぼろこぼす ザックザクザクザックと 雨の降る日に せんたくもりもり 寝床にはいれば ザックザクザクザックと 唄の寝言よ  さわげば落ちつく ザクザクムスメ 笑へば涙を ぼろぼろこぼす ザックザクザクザックと 雨の降る日に せんたくもりもり 寝床にはいれば ザックザクザクザックと 唄の寝言よ  さわげば落ちつく ザクザクムスメ 子供で大人で 娘でマダム ザックザクザクザックと 真夜中目ざめて 鏡を眺めて 自分で自分を ザックザクザクザックと しかりつけるよ笠置シヅ子サイトウハチロー服部良一服部良一のんびりあわてる ザクザクムスメ 陽気で泣虫 強気でてれる ザックザクザクザックと 誰もいないのに 汽車から首出し ごきげんさよなら ザックザクザクザックと さらば故郷よ  寒い日あつがる ザクザクムスメ 笑へば涙を ぼろぼろこぼす ザックザクザクザックと 雨の降る日に せんたくもりもり 寝床にはいれば ザックザクザクザックと 唄の寝言よ  さわげば落ちつく ザクザクムスメ 笑へば涙を ぼろぼろこぼす ザックザクザクザックと 雨の降る日に せんたくもりもり 寝床にはいれば ザックザクザクザックと 唄の寝言よ  さわげば落ちつく ザクザクムスメ 子供で大人で 娘でマダム ザックザクザクザックと 真夜中目ざめて 鏡を眺めて 自分で自分を ザックザクザクザックと しかりつけるよ
七福神ブギ七福神ブギ 日本のマスコット 七福神ブギ ラッキーカムカムラッキー ゆらゆらゆらゆら 宝船が見える 四海浪静か 初日の出の朝 恵比寿に大黒 布袋に弁天 福禄 壽老人 び沙門 皆んな揃うて ヘイ 陽気な神様 縁結びの神 あなたと私の 恵比寿に大黒 布袋に 福禄 び沙門 弁天 壽老人 さあさみんなで 歌え踊れ 歌えよサァ 愉快な七福の歌  恵比寿と大黒 ルムバを踊れば 布袋も負けずに ジルバを踊るよ び沙門 福禄 手拍子揃えて バンドもにぎやか 七福神ブギ 恵比寿に大黒 布袋に弁天 福禄 壽老人 び沙門 皆んな揃うて ヘイ 陽気な神様 縁結びの神 あなたと私の 恵比寿に大黒 布袋に 福禄 び沙門 弁天 壽老人 さあさみんなで 歌え踊れ 歌えよサァ 愉快な七福の歌笠置シヅ子野村俊夫服部良一服部良一七福神ブギ 日本のマスコット 七福神ブギ ラッキーカムカムラッキー ゆらゆらゆらゆら 宝船が見える 四海浪静か 初日の出の朝 恵比寿に大黒 布袋に弁天 福禄 壽老人 び沙門 皆んな揃うて ヘイ 陽気な神様 縁結びの神 あなたと私の 恵比寿に大黒 布袋に 福禄 び沙門 弁天 壽老人 さあさみんなで 歌え踊れ 歌えよサァ 愉快な七福の歌  恵比寿と大黒 ルムバを踊れば 布袋も負けずに ジルバを踊るよ び沙門 福禄 手拍子揃えて バンドもにぎやか 七福神ブギ 恵比寿に大黒 布袋に弁天 福禄 壽老人 び沙門 皆んな揃うて ヘイ 陽気な神様 縁結びの神 あなたと私の 恵比寿に大黒 布袋に 福禄 び沙門 弁天 壽老人 さあさみんなで 歌え踊れ 歌えよサァ 愉快な七福の歌
ジャングル・ブギーウワオ ワオワオ/ウワオ ワオワオ 私はめひょうだ 南の海は 火をはく山の ウワオワオワオ生れだ 月の赤い夜に ジャングルで ジャングルで 骨のとけるような 恋をした ワァーアー ワァーアーアア 恋にくるい くるって ジャングルの ゴムの木に ひょうの毛皮を おいてきた ワァー ワァー  ウワオ ワオワオ ウワオ ワオワオ 私はめひょうだ 火のふる島は 炎の恋が ウワオワオワオいのちだ 月の青い夜に ジャングルで ジャングルで むねがさけるほど ないて見た ワァーアー ワァーアーアア 恋にくるい くるって ジャングルの 星空に ひょうのなみだを すててきた ワァー ワァー ウワオワオワオ ウワオワオワオ ボンバボンバボンバボンバボンバボンバ ギャー笠置シヅ子黒沢明服部良一服部良一ウワオ ワオワオ/ウワオ ワオワオ 私はめひょうだ 南の海は 火をはく山の ウワオワオワオ生れだ 月の赤い夜に ジャングルで ジャングルで 骨のとけるような 恋をした ワァーアー ワァーアーアア 恋にくるい くるって ジャングルの ゴムの木に ひょうの毛皮を おいてきた ワァー ワァー  ウワオ ワオワオ ウワオ ワオワオ 私はめひょうだ 火のふる島は 炎の恋が ウワオワオワオいのちだ 月の青い夜に ジャングルで ジャングルで むねがさけるほど ないて見た ワァーアー ワァーアーアア 恋にくるい くるって ジャングルの 星空に ひょうのなみだを すててきた ワァー ワァー ウワオワオワオ ウワオワオワオ ボンバボンバボンバボンバボンバボンバ ギャー
ジャンケン・マンボジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーパーグーパーグー あいこでマンボ あいこでマンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ チーパーチーパーパー 雀のマンボ 雀のマンボ マンボマンボ 雀の学校は ピーチクパーチク ピーチクパーチク ピーパーピーパーパー  グーパーグーパーグー ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーグーグーグーグー  おやすみマンボ おやすみマンボ マンボマンボ あんまりねすぎて しくじった それピョンピョンピョンピョン チョキチョキチョキチョキチョキ 床屋のマンボ 床屋のマンボ マンボマンボ かにが店出しゃ うさぎがとび込む あわててお耳を チョキチョキチョキチョキチョキ  グーパーグーパーグー ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン・マンボで グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーグーグーグーグー いねむりマンボ いねむりマンボ マンボマンボ 夜更けにさみしい 火の用心 火の用心 拍子木 チョンチョンチョンチョンチョン お芝居マンボ お芝居マンボ マンボマンボ 拍子木叩けばドンチョウあがって 芝居が始まる チョンチョンチョンチョンチョン笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーパーグーパーグー あいこでマンボ あいこでマンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ チーパーチーパーパー 雀のマンボ 雀のマンボ マンボマンボ 雀の学校は ピーチクパーチク ピーチクパーチク ピーパーピーパーパー  グーパーグーパーグー ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン ジャンケン グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーグーグーグーグー  おやすみマンボ おやすみマンボ マンボマンボ あんまりねすぎて しくじった それピョンピョンピョンピョン チョキチョキチョキチョキチョキ 床屋のマンボ 床屋のマンボ マンボマンボ かにが店出しゃ うさぎがとび込む あわててお耳を チョキチョキチョキチョキチョキ  グーパーグーパーグー ジャンケン・マンボ ジャンケン・マンボ マンボマンボ ジャンケン・マンボで グーチョキパーチョキ グーチョキパーチョキ グーグーグーグーグー いねむりマンボ いねむりマンボ マンボマンボ 夜更けにさみしい 火の用心 火の用心 拍子木 チョンチョンチョンチョンチョン お芝居マンボ お芝居マンボ マンボマンボ 拍子木叩けばドンチョウあがって 芝居が始まる チョンチョンチョンチョンチョン
情熱娘蝶々ひらひら 情熱娘 愛の花園 ひらひらと 踊って歌って はねまわる ファッショネートな 可愛い娘 礼儀も作法も ちんぷん かんぷん 気ままな鳥よ 一度口火を 切ったが最後だ どんとぶつかって あたって砕けて 一寸楽しい 情熱娘  黒い瞳の 情熱娘 つめたいお方は 大きらい お金は力がなくっても 恋は情熱 もゆるが花よ 遠慮も会釈も ちんぷん かんぷん 気ままな鳥よ  腕もひとつよ 心もひとつよ どんとぶつかって あたって砕けて 一寸楽しい 情熱娘  思い込んだら 情熱娘 恋ののぼりも 急行だ 下りも又々 スピードで 恋は機関車 特急娘 意見は御無用 ちんぷん かんぷん どこどこまでも 一度二度三度 四度五度お百度 どんとぶつかって あたって砕けて 一寸楽しい 情熱娘笠置シヅ子藤浦洸服部良一蝶々ひらひら 情熱娘 愛の花園 ひらひらと 踊って歌って はねまわる ファッショネートな 可愛い娘 礼儀も作法も ちんぷん かんぷん 気ままな鳥よ 一度口火を 切ったが最後だ どんとぶつかって あたって砕けて 一寸楽しい 情熱娘  黒い瞳の 情熱娘 つめたいお方は 大きらい お金は力がなくっても 恋は情熱 もゆるが花よ 遠慮も会釈も ちんぷん かんぷん 気ままな鳥よ  腕もひとつよ 心もひとつよ どんとぶつかって あたって砕けて 一寸楽しい 情熱娘  思い込んだら 情熱娘 恋ののぼりも 急行だ 下りも又々 スピードで 恋は機関車 特急娘 意見は御無用 ちんぷん かんぷん どこどこまでも 一度二度三度 四度五度お百度 どんとぶつかって あたって砕けて 一寸楽しい 情熱娘
セコハン娘皆さん誰方も 私の事を セコハン娘と 誰れでも言います 私のこの着物も ドレスも ハンドバックも このハイヒールも 何一つあれもこれも 私の姉さんの お古ばかり だから私は セコハン娘  やっと見つけた 私の恋人 とっても スマート素敵な人なの これがまたまた 姉さんのお古よ はかない恋 悲しいさだめよ 私はママの 連れっ子だから 大事なパパさんも 二度目のパパ だから私は セコハン娘  何日になったら お嫁に行けるか セコハン娘で 終るのかしら もしもお嫁に 行ったとしても 二度目の花嫁と 人は言うでしょう だけど私 唯一つ お古でない 乙女の純潔は 神様だけが ご存知なのよ笠置シヅ子結城雄次郎服部良一皆さん誰方も 私の事を セコハン娘と 誰れでも言います 私のこの着物も ドレスも ハンドバックも このハイヒールも 何一つあれもこれも 私の姉さんの お古ばかり だから私は セコハン娘  やっと見つけた 私の恋人 とっても スマート素敵な人なの これがまたまた 姉さんのお古よ はかない恋 悲しいさだめよ 私はママの 連れっ子だから 大事なパパさんも 二度目のパパ だから私は セコハン娘  何日になったら お嫁に行けるか セコハン娘で 終るのかしら もしもお嫁に 行ったとしても 二度目の花嫁と 人は言うでしょう だけど私 唯一つ お古でない 乙女の純潔は 神様だけが ご存知なのよ
センチメンタル・ダイナダイナ 淋しい瞳に ほほえみは消えて 涙さえうるむ ネー ダイナ 若い娘は いつもほがらかに 希望にもえて くよくよするのは やぼな娘よ くよくよするのは やぼな娘よ おお ダイナ あなたのえくぼに ほほえみは消えて 溜息ばかり センチメンタル ダイナ ほほえめよ ダイナ センチメンタル ダイナ 歌えよ ダイナ センチメンタル ダイナ 踊れよ ダイナ センチメンタル ダイナ ほがらかにうたえ  やさしい可愛い ダイナ 恋になやむ乙女 さびしい顔して センチメンタル ダイナ 歌を忘れた 踊りも忘れた センチメンタル ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ笠置シヅ子野川香文服部良一ダイナ 淋しい瞳に ほほえみは消えて 涙さえうるむ ネー ダイナ 若い娘は いつもほがらかに 希望にもえて くよくよするのは やぼな娘よ くよくよするのは やぼな娘よ おお ダイナ あなたのえくぼに ほほえみは消えて 溜息ばかり センチメンタル ダイナ ほほえめよ ダイナ センチメンタル ダイナ 歌えよ ダイナ センチメンタル ダイナ 踊れよ ダイナ センチメンタル ダイナ ほがらかにうたえ  やさしい可愛い ダイナ 恋になやむ乙女 さびしい顔して センチメンタル ダイナ 歌を忘れた 踊りも忘れた センチメンタル ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ ダイナ
セントルイス・ブルース赤い夕日に 今日もくれる 哀しあの歌 見果てぬ夢 あふるる涙 ほほをつたう 過ぎて帰らぬ 楽しき日よ 君と二人で 丘を行けば 春の光が あふれていた そよと吹く風 森の小鳥 みんな二人に ほほえんで いた  つめたい雨よ 身に沁む ………の灯が 思いは楽し春 歌えセントルイス・ブルース セントルイス・ブルース  セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース ラララランララン ラララランララン  セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース笠置シヅ子大町竜夫W.C.Handy服部良一赤い夕日に 今日もくれる 哀しあの歌 見果てぬ夢 あふるる涙 ほほをつたう 過ぎて帰らぬ 楽しき日よ 君と二人で 丘を行けば 春の光が あふれていた そよと吹く風 森の小鳥 みんな二人に ほほえんで いた  つめたい雨よ 身に沁む ………の灯が 思いは楽し春 歌えセントルイス・ブルース セントルイス・ブルース  セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース ラララランララン ラララランララン  セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース セントルイス・ブルース
たのんまっせタノンマース タノンマス タノンマース タノンマス タノンマッセ タノンマッセ タノマッセ タノマッセ 運ちゃん何とか たのんます スピード スピード たのんます ハヨ ハヨ ハヨ ハヨ ハヨ フルスピードで たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 後は私が引受けた 女は度胸で 男は愛嬌 此の節何でも 反対です まかしときなはれ まかしとき お金に糸目は つけません メーターどんどん あがるわ あがるわ おもろい おもろい たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ ここは何町 何丁目 さっぱりどこやら わからん わからん  そやかて あんたは見んかてい まかしときなはれ まかしとき 行く先ゃこっちで おしえます ハンドルしっかりぐるぐる 廻して急いで急いで たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 前のトラック何してんの 大きな荷物をぎょうさん 積みゃはって ガタガタガタ ウロウロウロウロ なにしてんのん ハヨハヨハヨ追い越して たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 一台ぬいたら百円ほうびや まかしとき お金に糸目はつけません 一寸オッサン あぶないな 命が惜しうはおまへんか 何をウロウロなにしてんの 自転車ヨロヨロ 小僧さん あぶない あぶない あぶないな いそがばまわれで 曲って 曲って 曲って 曲って右左 はよはよはよはよはよ はよはよはよはよはよ‥‥ アー ストップヤ 赤信号や よういわんわ笠置シヅ子藤浦洸服部良一服部良一タノンマース タノンマス タノンマース タノンマス タノンマッセ タノンマッセ タノマッセ タノマッセ 運ちゃん何とか たのんます スピード スピード たのんます ハヨ ハヨ ハヨ ハヨ ハヨ フルスピードで たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 後は私が引受けた 女は度胸で 男は愛嬌 此の節何でも 反対です まかしときなはれ まかしとき お金に糸目は つけません メーターどんどん あがるわ あがるわ おもろい おもろい たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ ここは何町 何丁目 さっぱりどこやら わからん わからん  そやかて あんたは見んかてい まかしときなはれ まかしとき 行く先ゃこっちで おしえます ハンドルしっかりぐるぐる 廻して急いで急いで たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 前のトラック何してんの 大きな荷物をぎょうさん 積みゃはって ガタガタガタ ウロウロウロウロ なにしてんのん ハヨハヨハヨ追い越して たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ たのんまっせ 一台ぬいたら百円ほうびや まかしとき お金に糸目はつけません 一寸オッサン あぶないな 命が惜しうはおまへんか 何をウロウロなにしてんの 自転車ヨロヨロ 小僧さん あぶない あぶない あぶないな いそがばまわれで 曲って 曲って 曲って 曲って右左 はよはよはよはよはよ はよはよはよはよはよ‥‥ アー ストップヤ 赤信号や よういわんわ
たよりにしてまっせほんまに たよりにしてまっせ くよくよせんと まかしとき アンタの言葉を 真にうけて ここまで来たんや おまへんか それを今更 なんだんねん しっかりしなはれ しっかりし たのんまっせ たのんます ほんまに たよりにしてまっせ  ほんまに たよりにしてまっせ ゴジャゴジャ言わんと まかしとき アンタはいつでも 口ばっかり やるならどかんと やりなはれ それを今更 なんだんねん しっかりしなはれ しっかりし たのんまっせ たのんます ほんまに たよりにしてまっせ  ほんまに たよりにしてまっせ 困ったことや どないしょ アンタの顔見りゃ 気の毒で 言いたいことでも よう言わん 金のないのは お互いや しっかりしなはれ しっかりし いかれてるで いかれてる ほんまに たよりにしてまっせ  ほんまに たよりにしてまっせ さっぱりわやや あきまへん アンタはほんまに 甲斐性なし いややでムチャクチャ せんといて 急に今更 なんだんねん はっきりしなはれ はっきりし どないすんねん どないする ほんまに たよりにしてまっせ笠置シヅ子吉田みなを・村雨まさを服部良一ほんまに たよりにしてまっせ くよくよせんと まかしとき アンタの言葉を 真にうけて ここまで来たんや おまへんか それを今更 なんだんねん しっかりしなはれ しっかりし たのんまっせ たのんます ほんまに たよりにしてまっせ  ほんまに たよりにしてまっせ ゴジャゴジャ言わんと まかしとき アンタはいつでも 口ばっかり やるならどかんと やりなはれ それを今更 なんだんねん しっかりしなはれ しっかりし たのんまっせ たのんます ほんまに たよりにしてまっせ  ほんまに たよりにしてまっせ 困ったことや どないしょ アンタの顔見りゃ 気の毒で 言いたいことでも よう言わん 金のないのは お互いや しっかりしなはれ しっかりし いかれてるで いかれてる ほんまに たよりにしてまっせ  ほんまに たよりにしてまっせ さっぱりわやや あきまへん アンタはほんまに 甲斐性なし いややでムチャクチャ せんといて 急に今更 なんだんねん はっきりしなはれ はっきりし どないすんねん どないする ほんまに たよりにしてまっせ
タンゴ物語皆さんタンゴの踊りは どこの国から始まったか 御存知ですか それは エスパーニア それは アルゼンチナ それは アフリカの土人の踊りから 皆さんタンゴの踊りは どこの国から始まったものでもありません それは日本の国の 古い民族舞踊です それは日本の歌 日本の踊りです  二度と行くまい タンゴの宮津 縞の財布が 空になる タンゴの宮津か 宮津のタンゴか  皆さんタンゴの踊りは こうして日本の国から 始まったのです 今はエスパーニア 今はアルゼンチナ 今は世界中 どこでもタンゴ  おお 美わしき君よ 今宵も聞く歌は ああ 思い出なつかし ポエマ タンゴよ  クムパルシタ クムパルシタ クムパルシタ クムパルシタ タンゴ夢さそう タンゴ君共に 踊る夢のタンゴよ 高なるこの心よ 胸に燃ゆる火か 踊り狂うよ 夢見る瞳 心もとけるこの夜 クムパルシタ クムパルシタ クムパルシタ ランラララララララララン 思い出のタンゴ笠置シヅ子村雨まさを服部良一皆さんタンゴの踊りは どこの国から始まったか 御存知ですか それは エスパーニア それは アルゼンチナ それは アフリカの土人の踊りから 皆さんタンゴの踊りは どこの国から始まったものでもありません それは日本の国の 古い民族舞踊です それは日本の歌 日本の踊りです  二度と行くまい タンゴの宮津 縞の財布が 空になる タンゴの宮津か 宮津のタンゴか  皆さんタンゴの踊りは こうして日本の国から 始まったのです 今はエスパーニア 今はアルゼンチナ 今は世界中 どこでもタンゴ  おお 美わしき君よ 今宵も聞く歌は ああ 思い出なつかし ポエマ タンゴよ  クムパルシタ クムパルシタ クムパルシタ クムパルシタ タンゴ夢さそう タンゴ君共に 踊る夢のタンゴよ 高なるこの心よ 胸に燃ゆる火か 踊り狂うよ 夢見る瞳 心もとけるこの夜 クムパルシタ クムパルシタ クムパルシタ ランラララララララララン 思い出のタンゴ
東京ブギウギGOLD LYLIC東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディ 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた 心のうた 東京ブギウギ ヘイー  さあさブギウギ たいこたたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も 愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディよ 手拍子取って うたおうブギのメロディ 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた 楽しいうた 東京ブギウギ ブギウギ 陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ 世紀のうた 歌え踊れよ ブギウギGOLD LYLIC笠置シヅ子鈴木勝服部良一東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディ 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた 心のうた 東京ブギウギ ヘイー  さあさブギウギ たいこたたいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も 愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディよ 手拍子取って うたおうブギのメロディ 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた 楽しいうた 東京ブギウギ ブギウギ 陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ 世紀のうた 歌え踊れよ ブギウギ
名古屋ブギー名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 はでなリズムよ 若い心よ 歌えおどれ みんなでおどれ 恋になやんで 納屋橋渡れば ジャズが呼ぶ呼ぶ ネオンが招く そしてキャバレの 窓があく 名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 このうたで それ はりきれ ヘイヘイヘイヘイ 名古屋ブギウギ  名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 虹の光だ 街は生きてる 歌えおどれ みんなでおどれ 木の芽草の芽 恋の芽も出たよ むかしなじみの 観音様の ここは大須の 喫茶店 名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 このうたで それ はりきれ  ヘイヘイヘイヘイ 名古屋ブギウギ  名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 僕とあなたの 夢のふるさと 歌えおどれ みんなでおどれ 上りゃ東京 下りは大阪 うれし涙も 別れの歌も なかをとりもつ 名古屋駅 名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 このうたで それ はりきれ ヘイヘイヘイヘイ 名古屋ブギウギ笠置シヅ子藤浦洸服部良一名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 はでなリズムよ 若い心よ 歌えおどれ みんなでおどれ 恋になやんで 納屋橋渡れば ジャズが呼ぶ呼ぶ ネオンが招く そしてキャバレの 窓があく 名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 このうたで それ はりきれ ヘイヘイヘイヘイ 名古屋ブギウギ  名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 虹の光だ 街は生きてる 歌えおどれ みんなでおどれ 木の芽草の芽 恋の芽も出たよ むかしなじみの 観音様の ここは大須の 喫茶店 名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 このうたで それ はりきれ  ヘイヘイヘイヘイ 名古屋ブギウギ  名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 僕とあなたの 夢のふるさと 歌えおどれ みんなでおどれ 上りゃ東京 下りは大阪 うれし涙も 別れの歌も なかをとりもつ 名古屋駅 名古屋ブギウギ ブギウギ名古屋 このうたで それ はりきれ ヘイヘイヘイヘイ 名古屋ブギウギ
博多ブギウギさあ お月さんが 一寸出た出た 松のかげから 顔出した 博多はよかとこ 博多はよかとこ 柳腰の 娘さん さあ 昔しゃ 博多の帯をしめて 今はハイヒール ブギウギ どんたく囃しで ブギウギ  さあ 十文目の 鉄砲玉を ぽんと打ち出す スッポンポン 博多はよかとこ 博多はよかとこ 柳町 粋な町 さあ 昔しゃ 荒浪舟のりさん 今は小粋に ブギウギ どんたく囃しで ブギウギ  さあ 何とこの世は すきな同志で てなべさげても いとやせぬ 博多はよかとこ 博多はよかとこ 博多人形と 手をとって さあ 海は静かな 松原みち 歌う歌まで ブギウギ どんたく囃しで ブギウギ  さあ お月さんが 一寸出た出た 松のかげから 顔出した 博多はよかとこ 博多はよかとこ 博多ブギウギ ラララララ アー 生きていりゃこそ あなたもハッピー 晴れて 二人でブギウギ どんたく囃しで ブギウギ笠置シヅ子藤浦洸服部良一さあ お月さんが 一寸出た出た 松のかげから 顔出した 博多はよかとこ 博多はよかとこ 柳腰の 娘さん さあ 昔しゃ 博多の帯をしめて 今はハイヒール ブギウギ どんたく囃しで ブギウギ  さあ 十文目の 鉄砲玉を ぽんと打ち出す スッポンポン 博多はよかとこ 博多はよかとこ 柳町 粋な町 さあ 昔しゃ 荒浪舟のりさん 今は小粋に ブギウギ どんたく囃しで ブギウギ  さあ 何とこの世は すきな同志で てなべさげても いとやせぬ 博多はよかとこ 博多はよかとこ 博多人形と 手をとって さあ 海は静かな 松原みち 歌う歌まで ブギウギ どんたく囃しで ブギウギ  さあ お月さんが 一寸出た出た 松のかげから 顔出した 博多はよかとこ 博多はよかとこ 博多ブギウギ ラララララ アー 生きていりゃこそ あなたもハッピー 晴れて 二人でブギウギ どんたく囃しで ブギウギ
ブギウギ時代兎角此の世は ブギウギ 猫も杓子も ブギウギばやり ブギを歌って 八百屋へ行けば 八百屋あわてて ネギをば出した これじゃトウキョウ ネギネギ ブギウギ ネギネギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 好きと好きなら 遠慮はいらぬ ブギが取りもつ 二人の仲に 出来た子供が ブクブク育つ 好きと好きとで ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 昔しゃ音頭で アリャサノコリャサ 今じゃ浴衣で ブギウギダンス うちわ片手に ブギウギおどる 盆も祭も ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 猫も杓子も ブギウギばやり 娘ダンスで ジルバを踊りゃ 親爺(おやじ)横町で 靴をばみがき ちょっと口笛 ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一兎角此の世は ブギウギ 猫も杓子も ブギウギばやり ブギを歌って 八百屋へ行けば 八百屋あわてて ネギをば出した これじゃトウキョウ ネギネギ ブギウギ ネギネギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 好きと好きなら 遠慮はいらぬ ブギが取りもつ 二人の仲に 出来た子供が ブクブク育つ 好きと好きとで ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 昔しゃ音頭で アリャサノコリャサ 今じゃ浴衣で ブギウギダンス うちわ片手に ブギウギおどる 盆も祭も ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ  兎角此の世は ブギウギ 猫も杓子も ブギウギばやり 娘ダンスで ジルバを踊りゃ 親爺(おやじ)横町で 靴をばみがき ちょっと口笛 ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ 兎角此の世は ブギウギ ララララ ララララ さあさなんでも かんでも 陽気に 行こう 浮世天国 ブギウギ
ブギウギ娘妾はブギウギ娘 妾はヘイヘイ娘 あたしだって 矢張り青春の血がワク ワク ワク ワク ワク おまけに彼氏と 一緒じゃほんまに やりきれませんワ なやまし なやまし なんだかハートが チクチクズキズキ いたみますわ ライラックのお花の 咲く頃となれば なぜにこんなに イライラ ムズムズするのだろ ヘイ  妾は陽気な娘 陽気のかげんでウキウキ あたしだって 恋しお方の二人や三人 ないしょ ないしょ ないしょ ないしょ 妾の彼氏は 気だてもやさしく とってもスマート 素敵な 素敵な なんだかハートが チクチクズキズキ いたみますわ ライラックのお花の 咲く頃となれば なぜこんなに イライラ ムズムズするのだろ  唄え恋の歌 二人の愛の唄 恋のブギウギで みんな楽しく ハァ ブギウギ あちらもこちらも ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ さあさ恋のブギウギ 情熱の歌 声を揃えて 力かぎりに さあさヘイヘイ バッダダ さあさヘイヘイ バッダダ タララ…… 恋のブギウギ笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一妾はブギウギ娘 妾はヘイヘイ娘 あたしだって 矢張り青春の血がワク ワク ワク ワク ワク おまけに彼氏と 一緒じゃほんまに やりきれませんワ なやまし なやまし なんだかハートが チクチクズキズキ いたみますわ ライラックのお花の 咲く頃となれば なぜにこんなに イライラ ムズムズするのだろ ヘイ  妾は陽気な娘 陽気のかげんでウキウキ あたしだって 恋しお方の二人や三人 ないしょ ないしょ ないしょ ないしょ 妾の彼氏は 気だてもやさしく とってもスマート 素敵な 素敵な なんだかハートが チクチクズキズキ いたみますわ ライラックのお花の 咲く頃となれば なぜこんなに イライラ ムズムズするのだろ  唄え恋の歌 二人の愛の唄 恋のブギウギで みんな楽しく ハァ ブギウギ あちらもこちらも ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ ブギウギ さあさ恋のブギウギ 情熱の歌 声を揃えて 力かぎりに さあさヘイヘイ バッダダ さあさヘイヘイ バッダダ タララ…… 恋のブギウギ
ヘイヘイブギーあなたがほほえむ時は 私も楽し あなたが笑えば 私も笑うヘイヘイ 二人で笑って暮せば ラッキーカムカム センチな唄など 皆な忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ランラララララララララ  あなたが悲しい時は 私も悲し あなたが張切りゃ 私もうれしヘイヘイ 二人で何時もにこにこ ラッキーカムカム 不平はいわずに 昔忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ラップダドダド ダドダダ笠置シヅ子藤浦洸服部良一あなたがほほえむ時は 私も楽し あなたが笑えば 私も笑うヘイヘイ 二人で笑って暮せば ラッキーカムカム センチな唄など 皆な忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ランラララララララララ  あなたが悲しい時は 私も悲し あなたが張切りゃ 私もうれしヘイヘイ 二人で何時もにこにこ ラッキーカムカム 不平はいわずに 昔忘れて ワッハッハッハッハッハッハ ワッハッハッハッハッハッハ エヘヘ ウフフ オホホ イヒヒ ラランラララララ 昔から笑う門には ラッキーカムカム あなたも私も 笑って暮そよ ヘイヘイヘイヘイヘイヘイ ラップダドダド ダドダダ
ぺ子ちゃんセレナーデ楽しい夢に ふくらんだ 赤いジャケツに SOS いつでもきちんと 8字まげ 肩で風切る あの歌は ぺ子ちゃん愛しの セレナーデ ぺ子ちゃん セレナーデ  ひらいた花は ひまわりか 娘ざかりを はなやかに なんでもちゃっかり 心得て 風に吹かれて 歌い出す ぺ子ちゃん可愛や セレナーデ ぺ子ちゃん セレナーデ  青空瞳 ジャジャ馬で 弾む心の ゴム風船 たまにははじけて ためいきが 窓にこぼれる いじらしさ ぺ子ちゃんやさしい セレナーデ ぺ子ちゃん セレナーデ笠置シヅ子東美伊・補作詞:藤浦洸服部良一楽しい夢に ふくらんだ 赤いジャケツに SOS いつでもきちんと 8字まげ 肩で風切る あの歌は ぺ子ちゃん愛しの セレナーデ ぺ子ちゃん セレナーデ  ひらいた花は ひまわりか 娘ざかりを はなやかに なんでもちゃっかり 心得て 風に吹かれて 歌い出す ぺ子ちゃん可愛や セレナーデ ぺ子ちゃん セレナーデ  青空瞳 ジャジャ馬で 弾む心の ゴム風船 たまにははじけて ためいきが 窓にこぼれる いじらしさ ぺ子ちゃんやさしい セレナーデ ぺ子ちゃん セレナーデ
ペニイ・セレナーデ夕べ淡き星かげにさまよい きみがまどに捧ぐ ペニイ・セレネード シ・シ・シ 星のささやきに シ・シ・シ このペニイ・セレネード  月のあおき想いでに誘われ ギターにのせてうたう ペニイ・セレネード シ・シ・シ 愛のひとしずく シ・シ・シ このペニイ・セレネード  なさけあつき夜のうた楽しく きみとふたりうたう ペニイ・セレネード シ・シ・シ ゆめのひとときを シ・シ・シ このペニイ・セレネード笠置シヅ子藤浦洸H.Hallifax、M.Weersma服部良一夕べ淡き星かげにさまよい きみがまどに捧ぐ ペニイ・セレネード シ・シ・シ 星のささやきに シ・シ・シ このペニイ・セレネード  月のあおき想いでに誘われ ギターにのせてうたう ペニイ・セレネード シ・シ・シ 愛のひとしずく シ・シ・シ このペニイ・セレネード  なさけあつき夜のうた楽しく きみとふたりうたう ペニイ・セレネード シ・シ・シ ゆめのひとときを シ・シ・シ このペニイ・セレネード
ホット・チャイナチャイナ チャイナ チャイナ チャイナ ホット・チャイナ それ 今宵はお祭 シナ祭 陽気な町 あの町 チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ ホット・チャイナ それ 今宵はお祭 シナ祭 陽気な町 あの町 出て来る 姑娘 漫々的 出て来る 小孩 快々的 シナ太鼓は ボンボボン  チャイナ・シンバル ジャジャジャジャン ボンボボンボ ボンボボ ボボン ジャンジャジャンジャ ジャンジャンジャン 空には爆竹 町には笛の音 チャイナの祭り お面を被って はしゃいで踊ろよ チャイナの祭り  ワッショイ ワッショイ ワッショイ 今日はシナ祭り ワッショイ ワッショイ ワッショイ 今日はシナ祭り ワッショイ ワッショイ ワッショイ 今日はシナ祭り  夕日が落ちて チャイナの町に 灯がつけば 暗い裏町に ほんのり浮かぶ 夢のシナ街 ランタンゆらゆらり ぼんぼり ともして ランタンゆらゆらり ぼんぼり ともして チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ いつか夜も更けるシナの町 シナの祭 チャイナ チャイナ ホット・チャイナ笠置シヅ子服部龍太郎服部良一チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ ホット・チャイナ それ 今宵はお祭 シナ祭 陽気な町 あの町 チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ ホット・チャイナ それ 今宵はお祭 シナ祭 陽気な町 あの町 出て来る 姑娘 漫々的 出て来る 小孩 快々的 シナ太鼓は ボンボボン  チャイナ・シンバル ジャジャジャジャン ボンボボンボ ボンボボ ボボン ジャンジャジャンジャ ジャンジャンジャン 空には爆竹 町には笛の音 チャイナの祭り お面を被って はしゃいで踊ろよ チャイナの祭り  ワッショイ ワッショイ ワッショイ 今日はシナ祭り ワッショイ ワッショイ ワッショイ 今日はシナ祭り ワッショイ ワッショイ ワッショイ 今日はシナ祭り  夕日が落ちて チャイナの町に 灯がつけば 暗い裏町に ほんのり浮かぶ 夢のシナ街 ランタンゆらゆらり ぼんぼり ともして ランタンゆらゆらり ぼんぼり ともして チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ チャイナ いつか夜も更けるシナの町 シナの祭 チャイナ チャイナ ホット・チャイナ
ほろよいブルース酒のめ酒のめのめ のんだ酒なら よわなきゃそんだよ ウイウイ 赤い酒のみゃ 心がもえるよ ウイウイ ブラボー 赤く燃えあがる ジプシーの恋の酒 カルメンの情熱の 赤き恋の酒 よっぱらった もうよっぱらった ようてくだまきゃ 尚更かわいよ ウイウイウイ 青い酒のみゃ 悲しい思い出 ウイウイウイ 酒は涙か溜息か 別れた亭主を思い出す やさしかったあの人 うれしかったあの夜 二人でよっぱらって乾盃 思い出させる青い酒 ようて泣くのじゃないけれど ぐちをこぼすじゃないけれど 何故か涙が落ちてくる ハックション 酒のめ 陽気にのめ 嫌な思い出 サラリと忘れて ウイウイ ブギウギ笠置シヅ子村雨まさを服部良一酒のめ酒のめのめ のんだ酒なら よわなきゃそんだよ ウイウイ 赤い酒のみゃ 心がもえるよ ウイウイ ブラボー 赤く燃えあがる ジプシーの恋の酒 カルメンの情熱の 赤き恋の酒 よっぱらった もうよっぱらった ようてくだまきゃ 尚更かわいよ ウイウイウイ 青い酒のみゃ 悲しい思い出 ウイウイウイ 酒は涙か溜息か 別れた亭主を思い出す やさしかったあの人 うれしかったあの夜 二人でよっぱらって乾盃 思い出させる青い酒 ようて泣くのじゃないけれど ぐちをこぼすじゃないけれど 何故か涙が落ちてくる ハックション 酒のめ 陽気にのめ 嫌な思い出 サラリと忘れて ウイウイ ブギウギ
ホームラン・ブギ拍手拍手 フレーフレー フレーフレーフレー  一つかんと打ちゃ ホームラン・ブギ 広いスタンド 拍手が湧けば 飛ぶよ飛ぶ飛ぶ はるかのはるか 空の青さよ 芝生の芝生の青さ カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  二人揃って ホームラン・ブギ 肩を並べりゃ 心も通う 通いなれたる このスタジアム 拍手拍手で お手手がお手手が痛い カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  五つ何時もの ホームラン・ブギ 一度打ったら もうやめられぬ あの子見てるか ネットのかげで 可愛笑くぼで 花束花束抱いて  拍手拍手 フレーフレー フレーフレーフレー  昔なつかし ホームラン・ブギ 甲子園から 野球に通い 今じゃ伜が 大学野球 可愛孫さえ 小学小学選手 カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  七つ涙の ホームラン・ブギ ぽろりぽろりと ラジオの前で 伜出かした よくこそ打った 見事当てたぞ ラッキー ラッキー・セブン カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  八つチームの ホームラン・ブギ 虎に巨人に ロビンス阪急 鷹に東急 中日スターズ みんな揃って 元気な元気な選手 カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  ここで一本 ホームラン・ブギ これが終りだ 九回裏だ コキンと飛ばして サヨナラしよか のびたのびたよ ラッキー ラッキー・ゾーン笠置シヅ子サトウハチロー服部良一拍手拍手 フレーフレー フレーフレーフレー  一つかんと打ちゃ ホームラン・ブギ 広いスタンド 拍手が湧けば 飛ぶよ飛ぶ飛ぶ はるかのはるか 空の青さよ 芝生の芝生の青さ カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  二人揃って ホームラン・ブギ 肩を並べりゃ 心も通う 通いなれたる このスタジアム 拍手拍手で お手手がお手手が痛い カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  五つ何時もの ホームラン・ブギ 一度打ったら もうやめられぬ あの子見てるか ネットのかげで 可愛笑くぼで 花束花束抱いて  拍手拍手 フレーフレー フレーフレーフレー  昔なつかし ホームラン・ブギ 甲子園から 野球に通い 今じゃ伜が 大学野球 可愛孫さえ 小学小学選手 カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  七つ涙の ホームラン・ブギ ぽろりぽろりと ラジオの前で 伜出かした よくこそ打った 見事当てたぞ ラッキー ラッキー・セブン カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  八つチームの ホームラン・ブギ 虎に巨人に ロビンス阪急 鷹に東急 中日スターズ みんな揃って 元気な元気な選手 カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  ここで一本 ホームラン・ブギ これが終りだ 九回裏だ コキンと飛ばして サヨナラしよか のびたのびたよ ラッキー ラッキー・ゾーン
モダン金色夜叉 with 堺駿二此処は熱海の海岸で ミスター貫一 ミスお宮 ざっくざくざく 散歩する ジャブジャブジャブ 波が来る ブラブラブラブラ 二人連れ 宮さん 危いよ あっちいっちゃ危いよ 共に語るも 今日かぎり 共に歌うも ランラララララ 今日限り ヘーイ  あなた大学終るまで わたしは待っては いられない いくら落第したとても アルバイトで 稼いでも あなたを洋行させる為 富山一家に かしずこか ザクザクお金を 借りようか ダイヤモンドに 目がくらみ のってはならない ランラララララ 玉のこし ヘーイ  何をのたまう 貫一さん 貫一がいしちゃいやですよ だまれ宮さん つめたいよ 例えお金が なくっても お金のない人 大嫌い 竹の柱に 茅の屋根 手鍋さげても いとやせぬ そんな独白 はもう古い アプレゲールは ランラララララ 金次第 ヘーイ  金が仇の 此の世では 恋は恋でも 金もてコイ いくらお金が あったとて 人は身持が 第一よ 来年今夜の この月を わたしの涙で くもらせる そんな独白は 聞きあきた すがるお宮を 抱きよせて 仲よく 踊って ランラララララ ブギウギ ヘーイ笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一此処は熱海の海岸で ミスター貫一 ミスお宮 ざっくざくざく 散歩する ジャブジャブジャブ 波が来る ブラブラブラブラ 二人連れ 宮さん 危いよ あっちいっちゃ危いよ 共に語るも 今日かぎり 共に歌うも ランラララララ 今日限り ヘーイ  あなた大学終るまで わたしは待っては いられない いくら落第したとても アルバイトで 稼いでも あなたを洋行させる為 富山一家に かしずこか ザクザクお金を 借りようか ダイヤモンドに 目がくらみ のってはならない ランラララララ 玉のこし ヘーイ  何をのたまう 貫一さん 貫一がいしちゃいやですよ だまれ宮さん つめたいよ 例えお金が なくっても お金のない人 大嫌い 竹の柱に 茅の屋根 手鍋さげても いとやせぬ そんな独白 はもう古い アプレゲールは ランラララララ 金次第 ヘーイ  金が仇の 此の世では 恋は恋でも 金もてコイ いくらお金が あったとて 人は身持が 第一よ 来年今夜の この月を わたしの涙で くもらせる そんな独白は 聞きあきた すがるお宮を 抱きよせて 仲よく 踊って ランラララララ ブギウギ ヘーイ
ラッパと娘楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー この歌歌えば なぜかひとりでに 誰でも皆んな うかれだす バドジズ デジドダー トランペット鳴して スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー 歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー この歌歌えば なぜかひとりでに 誰でも皆んな うかれだす バドジズ デジドダー トランペット鳴して スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー 歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー  吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー  あの街でも この街でも 皆んな歌うは 皆んな歌うは この歌 この歌 すてきなこの歌 すてきなこの歌 バドダドジデジ エジエジドダー バドダドジデジ エジドダー バンバンバンバン バンバンバンバン バンバンバンバン バダジダー 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バドダドダド ダドダドー笠置シヅ子服部良一服部良一楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー この歌歌えば なぜかひとりでに 誰でも皆んな うかれだす バドジズ デジドダー トランペット鳴して スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー 歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  楽しいお方も 悲しいお方も 誰でも好きな その歌は バドジズ デジドダー この歌歌えば なぜかひとりでに 誰でも皆んな うかれだす バドジズ デジドダー トランペット鳴して スイングだして あふればすてきに 愉快な甘いメロディ ラゝゝゝゝゝ ダドジパジドドダー ドジダジ デジドダー 歌おうよ楽し この歌を バドジズ デジドダー  吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー  吹けトラムペット 調子を上げて デジデジドダー デジドダー バドダジデドダー  あの街でも この街でも 皆んな歌うは 皆んな歌うは この歌 この歌 すてきなこの歌 すてきなこの歌 バドダドジデジ エジエジドダー バドダドジデジ エジドダー バンバンバンバン バンバンバンバン バンバンバンバン バダジダー 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ 歌おうよ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バンジ バドダドダド ダドダドー
ロスアンゼルスの買物生まれてはじめて アメリカ見物 着いたトタンに 英語をはなした 素敵な兵隊さんが 私をみつめて ニコニコ ニヤニヤ 私も笑わず ニッコリ笑って ハローサンキュー アイラヴユーラヴ 知ってる英語を はしから並べて バイバイ バイバイ ところが皆さん 相手の兵隊さんは 二年三月も 日本にいた人 日本語上手で ベラベラベラベラ こんな便利な 国はない アメリカよいとこ アメリカ大好き ララララー 歌と踊りで 夜が明ける ああ たのし この世のパラダイス  いよいよ日本に 帰るときまれば みやげ買いたし お金が足りない デパートうろうろ 行ったり来たりで 日が暮れる 日が暮れる なるべく軽くて 沢山あるもの 恥をしのんで 値段をきいたら とっても安くて 丈夫できれいで ハウマッチ サンキュー ところが皆さん 日本に帰って 裏をかえせば メイド・イン・ジャパンだ みんなにさんざん わらわれましたよ こんな恥しいことはない アメリカよいとこ アメリカ大好き ララララ― 歌と踊りで 夜が明ける ああ たのし この世のパラダイス笠置シヅ子村雨まさを服部良一服部良一生まれてはじめて アメリカ見物 着いたトタンに 英語をはなした 素敵な兵隊さんが 私をみつめて ニコニコ ニヤニヤ 私も笑わず ニッコリ笑って ハローサンキュー アイラヴユーラヴ 知ってる英語を はしから並べて バイバイ バイバイ ところが皆さん 相手の兵隊さんは 二年三月も 日本にいた人 日本語上手で ベラベラベラベラ こんな便利な 国はない アメリカよいとこ アメリカ大好き ララララー 歌と踊りで 夜が明ける ああ たのし この世のパラダイス  いよいよ日本に 帰るときまれば みやげ買いたし お金が足りない デパートうろうろ 行ったり来たりで 日が暮れる 日が暮れる なるべく軽くて 沢山あるもの 恥をしのんで 値段をきいたら とっても安くて 丈夫できれいで ハウマッチ サンキュー ところが皆さん 日本に帰って 裏をかえせば メイド・イン・ジャパンだ みんなにさんざん わらわれましたよ こんな恥しいことはない アメリカよいとこ アメリカ大好き ララララ― 歌と踊りで 夜が明ける ああ たのし この世のパラダイス
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. アイラブユー
  4. KICK BACK
  5. 第ゼロ感

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照