サトウハチロー作詞の歌詞一覧リスト  152曲中 1-152曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
152曲中 1-152曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
悲しくてやりきれない 新曲羽山みずき 新曲羽山みずきサトウハチロー加藤和彦SHIKI胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告(つ)げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日(あした)も続くのか
若者と小犬とクロアサンクニ河内クニ河内サトウハチロークニ河内クニ河内重いこころで 若者は わびしくひぐれの町へ出た 長くてやせてる 影法師 ふりむく人など 誰もない  ひとりぼっちの 靴音が 耳から胸へと 聞こえてる 柳に話しを しかけたが からだをくねらせ 横向いた  ハデな通りは ごめんだと 横町へはいって ひとやすみ 右手に持ってた クロアサン ガブリとかじって 月をみた  足を何かに つつかれて ふとみりゃ巻毛の 犬がいる 見あげたその目は ぬれている 抱いたらたちまち キスときた  キスをかえして 若者は 今日から二人と つぶやいた しっぽに合わせて うれしさと 泪がやたらに わいてきた
さわると秋がさびしがる高木淑子、杉並児童合唱団高木淑子、杉並児童合唱団サトウハチロー中田喜直中田喜直ぽろんとこぼれた くりの実の いがの上にも 秋がいる しずかに しずかに さわるな さわるな さわると秋が さびしがる  ぴちんとはじけた ほうせんか たねにちょこんと 秋がいる しずかに しずかに さわるな さわるな さわると秋が さびしがる  ちゅるんとちぢれた さざ波の しわの中にも 秋がいる しずかに しずかに さわるな さわるな さわると秋が さびしがる  ぴょろんとないてる こおろぎの ひげのふるえに 秋がいる しずかに しずかに さわるな さわるな さわると秋が さびしがる
いつでもどきどきしてるんだ西六郷少年少女合唱団西六郷少年少女合唱団サトウハチローさとうまさる小森昭宏いつでもどきどき してるんだ ボールがくるのが こわいんだ のどだけひりひり かわくんだ こっちへ打つなと ねがうんだ それでも野球が すきなんだ おかしな話だが ほんとうなんだ  バットがしょっちゅう おもいんだ ボールがちいさく みえるんだ 振ってもかすりも しないんだ ためいきばかりが もれるんだ それでも野球が すきなんだ おかしな話だが ほんとうなんだ  からだがガクガク うごくんだ ボールがするりと ぬけるんだ 投げてもけんとうが ちがうんだ 空だけ涙で ひかるんだ それでも野球が すきなんだ おかしな話だが ほんとうなんだ
そんな思い出がボニージャックスボニージャックスサトウハチロー湯山昭湯山昭お前はおれを なぐったな おれもお前を けとばした そのあと二人で 抱きあって おろろん おろんと 泣いていた ――卒業となると はっきりと そんな思い出が わいてくる  お前もおれも よくたべた もりかけ五杯 たいらげた それから大福 二十買い 青空見あげて 笑ってた ――卒業となると ぽっかりと そんな思い出が わいてくる  お前もおれも 泣きぼくろ おなじところに ついていた 泣き虫野郎と おたがいに いつでもからかい さけんでた ――卒業となると くっきりと そんな思い出が わいてくる
悲しくてやりきれないさだまさしさだまさしサトウハチロー加藤和彦田代耕一郎胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とても やりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日もつづくのか
刈谷小唄赤坂小梅、鶴田六郎赤坂小梅、鶴田六郎サトウハチロー古関裕而雁とナー 雁と八の字ほどよくあわせ 刈谷とみせてこゝろいきホホイ 芸のこまかさシャレのよさ ホホイ ホホホイ ホホホイのホイ  恋のナー 恋の上げ汐どこまでのぼる 刈谷むすめにたずねよかホホイ 逢妻川とはなやましや  朝にナー 朝に夕べに工場のけむり うれし刈谷の空こがすホホイ わたしゃひねもすむねこがす  何をナー 何を語るかお城の跡で 人目忍んで草のかげホホイ 二匹のとんぼが寄り添うて  刈谷ナー 刈谷名物万燈祭り さまよふれふれ万燈をホホイ わたしをふるのはおことわり
伊香保ヨキヨキ藤山一郎、赤坂小梅藤山一郎、赤坂小梅サトウハチロー古関裕而恋はつらいか思案の外か こがれこがれりゃどのようになるか 伊香保平のわらびにきけば 春にたずねよお聞というた ちょいとヨキヨキ伊香保ヨキ ヨキヨキちょちょいと伊香保ヨキ  昔せつなく山ほととぎす おとす涙のたもとにしみた 今じゃ唄えばこだまが響く 早くおいでと響いて招く  誰に見しょとて紅葉の化粧 帯に前掛けたすきも赤い 山の端かすめて飛ぶ雁がねも 去年おぼえた上州なまり  乙女いじらしリンクの上に 今朝も名を書くローマ字綴り いとしお方の面影をとげ すべりすべりし優しく書いた
長崎の鐘鶫真衣鶫真衣サトウハチロー古関裕而三浦秀秋こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ うねりの波の 人の世に はかなく生きる 野の花よ なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  召されて妻は 天国へ 別れてひとり 旅立ちぬ かたみに残る ロザリオの 鎖に白き わが涙 なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  こころの罪を うちあけて 更け行く夜の 月すみぬ 貧しき家の 柱にも 気高く白き マリア様 なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る
リンゴの唄大月みやこ大月みやこサトウハチロー万城目正服部克久赤いリンゴに 口びるよせて だまってみている 青い空 リンゴはなんにも いわないけれど リンゴの気持ちは よくわかる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  あの娘よい子だ 気立てのよい娘 リンゴに良く似た 可愛いい娘 どなたがいったか うれしいうわさ かるいクシャミも とんで出る リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  朝のあいさつ 夕べの別れ いとしいリンゴに ささやけば 言葉は出さずに 小くびをまげて あすもまたネと 夢見がお リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  歌いましょうか リンゴの歌を 二人で歌えば なおたのし 皆で歌えば なおなおうれし リンゴの気持ちを 伝えよか リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ
ちいさい秋みつけた木山裕策木山裕策サトウハチロー中田喜直MARIERIKAだれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた めかくし鬼さん 手のなる方へ すましたお耳に かすかにしみた よんでる口ぶえ もずの声 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた お部屋は北向き くもりのガラス うつろな目の色 とかしたミルク わずかなすきから 秋の風 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた むかしの むかしの 風見の鳥の ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ はぜの葉赤くて 入日色 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた
胸の振子町あかり町あかりサトウハチロー服部良一小鉄昇一郎柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も 何も言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名
長崎の鐘菅原洋一菅原洋一サトウハチロー古関裕而大貫祐一郎こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ うねりの波の 人の世に はかなく生きる 野の花よ なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  召されて妻は 天国へ 別れてひとり 旅立ちぬ かたみに残る ロザリオの 鎖に白き わが涙 なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  こころの罪を うちあけて 更け行く夜の 月すみぬ 貧しき家の 柱にも 気高く白き マリア様 なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る
悲しくてやりきれない木山裕策木山裕策サトウハチロー加藤和彦小堀浩胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とても やりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日もつづくのか
お婆さんのお母さんの歌藤山一郎藤山一郎サトウハチロー藤山一郎藤山一郎お婆さんのあ母さん ひい婆さんのお歌はネ ねんねんよ おころりよ 坊やのお守りは 何処へ行った 俵の鼠が米喰ってチュウ チューチューたこかいな なんてかんてん ところてん 天神様の細道じゃ ジャンケンポンよジャンケンポンよ よめなに ごぼうに むかごに なづな 何がなんきん とうなすかぼちゃ ちゃんちゃん ここらで おしまい ちゃんちゃん お婆さんのお母さん ひい婆さんの歌でした
ああプランタン無理もない藤山一郎、松田トシ藤山一郎、松田トシサトウハチロー中田喜直中田喜直猫です 今夜もセレナーデ 春です ああ プランタン 無理もない 月です 眠くて おぼろです 影です 人です もつれます ああ プランタン 無理もない  宵です 人待つバルコニー 春です ああ プランタン 無理もない ゆれます ほのかな 灯りです まつ毛が ぬれます 吐息です ああ プランタン 無理もない  もやです 悲しいスーベニア 春です ああ プランタン 無理もない ひだです 千代紙 たたみます 泣きます 落ちます 涙です ああ プランタン 無理もない  音です なやまし サキソフォーン 春です ああ プランタン 無理もない じれます もだえて 哀れです 更けます 夜です 夜明けです ああ プランタン 無理もない
ちいさい秋みつけた林部智史林部智史サトウハチロー中田喜直だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた めかくし鬼さん 手のなる方へ すましたお耳に かすかにしみた よんでる口笛 もずの声 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた お部屋は北向き くもりのガラス うつろな目の色 とかしたミルク わずかなすきから 秋の風 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた むかしの むかしの 風見の鳥の ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ はぜの葉赤くて 入日色 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた
ジロリンタンのうた安西愛子安西愛子サトウハチロー古関裕而古関裕而毎朝手をふり ジロリンタン 友達呼んでる ジロリンタン ぐりぐりぼうずの ジロリンタン まあるい目玉の ジロリンタン この町 あの町 隣り町 だれでも知ってる ジロリンタン  朗るい口笛 ジロリンタン ゆかいなかけ声 ジロリンタン 元気な足音 ジロリンタン 時々ハモニカ ジロリンタン この歌 あの歌 ほかの歌 何でも知ってる ジロリンタン  木いちごあまいか ジロリンタン 桑の実うれたか ジロリンタン ぐみの実赤いか ジロリンタン あんずはいつごろ ジロリンタン この丘 あの丘 うらの丘 すっかり知ってる ジロリンタン  鳥ヤのオウムが ジロリンタン 床ヤの九官 ジロリンタン スズメがにこつく ジロリンタン からすもなじみの ジロリンタン この鳥 あの鳥 小鳥達 みんなが知ってる ジロリンタン  左の横町へ ジロリンタン 姿をかくした ジロリンタン 気がつきゃ右から ジロリンタン こんちわ諸君と ジロリンタン この道 あの道 抜ける道 どこでも知ってる ジロリンタン
胸の振り子ダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイサトウハチロー服部良一柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も 何も言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名
うれしいひなまつりももくろちゃんZももくろちゃんZサトウハチロー河村光陽悠木昭宏あかりを つけましょ ぼんぼりに おはなを あげましょ ももの はな ごにんばやしの ふえ たいこ きょうは たのしい ひなまつり  おだいりさまと おひなさま ふたり ならんで すましがお およめに いらした ねえさまに よく にた かんじょの しろい かお  きんの びょうぶに うつる ひを かすかに ゆする はるの かぜ すこし しろざけ めされたか あかい おかおの うだいじん  きものを きかえて おび しめて きょうは わたしも はれすがた はるの やよいの この よき ひ なにより うれしい ひなまつり
ちいさい秋見つけたベイビーブーベイビーブーサトウハチロー中田喜直瀬川忍だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさいあき ちいさいあき ちいさいあき みつけた めかくしおにさん てのなるほうへ すましたおみみに かすかにしみた よんでるくちぶえ もずのこえ ちいさいあき ちいさいあき ちいさいあき みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさいあき ちいさいあき ちいさいあき みつけた おへやはきたむき くもりのガラス うつろなめのいろ とかしたミルク わずかなすきから あきのかぜ ちいさいあき ちいさいあき ちいさいあき みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさいあき ちいさいあき ちいさいあき みつけた むかしのむかしの かざみのとりの ぼやけたとさかに はぜのはひとつ はぜのはあかくて いりひいろ ちいさいあき ちいさいあき ちいさいあき みつけた
悲しくてやりきれない豊崎愛生豊崎愛生サトウハチロー加藤和彦胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とても やりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とても やりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とても やりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日もつづくのか
ちいさい秋みつけたキツネツキキツネツキサトウハチロー中田喜直誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた めかくし鬼さん てのなる方へ すましたお耳に かすかにしみた よんでる口笛 もずの声 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた お部屋は北向き くもりのガラス うつろな目の色 とかしたミルク わずかなすきから 秋の風 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた むかしの むかしの 風見の鳥の ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ はぜの葉赤くて 入日色 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた
秋の子由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子サトウハチロー末広恭雄坂田晃一すすきの中の子 一二の三人 はぜつりしてる子 三四の五人 どこかで やき栗 やいている つばきを のむ子は 何人だろな  柿の実みてる子 一二の三人 さよならしてる子 三四の五人 ごはんに なるまで おもりする おんぶを する子は 何人だろな  ひぐれに走る子 一二の三人 風呂たきしてる子 三四の五人 こおろぎ あちこち なきだした さみしく 聞く子は 何人だろな
かわいいかくれんぼケロポンズケロポンズサトウハチロー中田喜直石川大明ひよこがね おにわで ぴょこぴょこ かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても きいろい あんよが みえてるよ だんだん だァれが めっかった  すずめがね おやねで ちょんちょん かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても ちゃいろの ぼうしが みえてるよ だんだん だァれが めっかった  こいぬがね のはらで よちよち かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても かわいい しっぽが みえてるよ だんだん だァれが めっかった
悲しくてやりきれないMINAMI NiNEMINAMI NiNEサトウハチロー加藤和彦MINAMI NiNE胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日も続くのか
胸の振り子鈴木雅之鈴木雅之サトウハチロー服部良一服部隆之柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が 鳴る鳴る 朝から今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が 鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子が つぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子が つぶやく やさしきその名
かわいいかくれんぼももくろちゃんZももくろちゃんZサトウハチロー中田喜直石川大明ひよこがね おにわで ぴょこぴょこ かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても きいろい あんよが みえてるよ だんだん だあれが めっかった  すずめがね おやねで ちょんちょん かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても ちゃいろの ぼうしが みえてるよ だんだん だあれが めっかった  こいぬがね のはらで よちよち かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても かわいい しっぽが みえてるよ だんだん だあれが めっかった
悲しくてやりきれない谷村新司谷村新司サトウハチロー加藤和彦瀬戸谷芳治胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす  悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる  悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く  悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日も続くのか
リンゴの唄岩佐美咲岩佐美咲サトウハチロー万城目正伊戸のりお赤いリンゴに唇よせて だまって見ている青い空 リンゴは何にも言わないけれど リンゴの気持はよく分かる リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ  あの子よい子だ気立てのよい子 リンゴによく似た可愛い子 誰方が言ったかうれしい噂 軽いクシャミも飛んででる リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ  朝の挨拶夕べの別れ いとしいリンゴにささやけば 言葉は出さずに小首を曲げて 明日も又ねと夢見顔 リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ  歌いましょうかリンゴの歌を 二人で歌えばなお楽し みんなで歌えば尚なお嬉し リンゴの気持を伝えよか リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
べこの子 うしの子高松りみ子・ひばり児童合唱団高松りみ子・ひばり児童合唱団サトウハチロー中田喜直中田喜直べこの子 うしの子 まだらの子 かあさん牛に よくにた子 大きくなったら お乳をだして ふもとの町の 赤ちゃん育て もうもうなかずに なかずに お遊びね  べこの子 うしの子 赤毛の子 とうさん牛に よくにた子 大きくなったら とんぼを呼んで 二つのつのの 朝露(あさつゆ)吸わせ もうもうおなかは おなかは いっぱいかい  ベこの子 うしの子 すぐ寝る子 おばさん牛に よくにた子 大きくなったら ちょうちょを呼んで 三つ四つ五つ 背中に乗せて もうもうお昼の お昼の 時間だよ
ゆびきりげんまん渡辺典子・キング児童合唱団渡辺典子・キング児童合唱団サトウハチロー弘田龍太郎山本雅之君 君 あれを知ってるかい お寺の お寺の うら山に まっかな ぐみの実 うんとある ぼくと君とは 仲よしさ いっしょに 行くとも ゆびきりげんまん  君 君 あれを知ってるかい 小川の 小川の 右がわに こがにの 巣がある みつけたよ ぼくと君とは 仲よしさ いっしょに 行くとも ゆびきりげんまん  君 君 あれを知ってるかい みそ屋の みそ屋の けやきの木 まいにち みんみん ないてるぜ ぼくと君とは 仲よしさ いっしょに 行くとも ゆびきりげんまん  君 君 あれを知ってるかい 水車の 水車の おじさんが つりざお こさえて くれるんだ ぼくと君とは 仲よしさ いっしょに 行くとも ゆびきりげんまん
リンゴの唄津吹みゆ津吹みゆサトウハチロー万城目正石倉重信赤いリンゴに 口びるよせて だまってみている 青い空 リンゴはなんにも いわないけれど リンゴの気持は よくわかる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  あの娘(こ)よい子だ 気立のよい娘 リンゴに良く似た 可愛いい娘 どなたがいったか うれしいうわさ かるいクシャミも とんで出る リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  朝のあいさつ 夕べの別れ いとしいリンゴに ささやけば 言葉は出さずに 小くびをまげて あすも又ねと 夢見がお リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  歌いましょうか リンゴの歌を 二人で歌えば なおたのし 皆で歌えば なおなおうれし リンゴの気持を 伝えよか リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ
悲しくてやりきれない怪しい彼女(大島節子)怪しい彼女(大島節子)サトウハチロー加藤和彦小林武史胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日も続くのか
リンゴの唄伊藤咲子伊藤咲子サトウハチロー万城目正松尾健司赤いリンゴに唇よせて だまって見ている青い空 リンゴは何んにも云わないけれど リンゴの気持はよく分る リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ  あの子よい子だ気立のよい子 リンゴによく似た可愛いゝ子 誰方が云ったかうれしい噂 軽いクシャミも飛んでゞる リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ  朝の挨拶夕べの別れ いとしいリンゴにさゝやけば 言葉は出さずに小首を曲げて 明日も又ねと夢見顔 リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ  唄いましょうかリンゴの歌を 二人で唄えばなお楽し みんなで唄えば尚なお嬉し リンゴの気持を伝えよか リンゴ可愛いや可愛いやリンゴ
浅草の唄東京大衆歌謡楽団東京大衆歌謡楽団サトウハチロー万城目正東京大衆歌謡楽団つよいばかりが 男じゃないと いつか教えて くれた人 どこのどなたか 知らないけれど 鳩といっしょに 唄ってた あゝ 浅草のその唄を  可愛いあの子と シネマを出れば 肩にささやく こぬか雨 かたい約束 かわして通る 田原町から 雷門 あゝ 浅草のこぬか雨  池にうつるは 六区の灯り 忘れられない よいの灯よ 泣くなサックスよ 泣かすなギター 明日もあかるい 朝がくる あゝ 浅草のよい灯り  吹いた口笛 夜霧にとけて ボクの浅草 夜が更ける 鳩も寝たかな 梢のかげで 月がみている 萌黄月 あゝ 浅草のおぼろ月
夢淡き東京東京大衆歌謡楽団東京大衆歌謡楽団サトウハチロー古関裕而東京大衆歌謡楽団柳青める日 燕が銀座に飛ぶ日 誰を待つ心 可愛いガラス窓 かすむは 春の青空か あの屋根はかゞやく 聖路加か はるかに朝の 虹も出た 誰を待つ心 淡き夢の町 東京!  橋にもたれつつ 二人は何を語る 川の流れにも 嘆きをすてたまえ なつかし岸に 聞こえ来る あの音はむかしの 三味の音か 遠くに踊る 影ひとつ 川の流れさえ 淡き夢の町 東京!  なやみ忘れんと 貧しき人は唄い せまい露路裏に 夜風はすゝり泣く 小雨が道に そぼ降れば あの灯りうるみて なやましく あわれはいつか 雨にとけ せまい露路裏も 淡き夢の町 東京!
悲しくてやりきれないやなわらばーやなわらばーサトウハチロー加藤和彦森正明胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす  悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに 告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる  悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いは ないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く  悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日も 続くのか
悲しくてやりきれないkevinkevinサトウハチロー加藤和彦胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせないモヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りないむなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる苦しさは あしたもつづくのか
悲しくてやりきれない坂本冬美坂本冬美サトウハチロー加藤和彦若草恵胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせないモヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りないむなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる苦しさは あしたもつづくのか
胸の振り子高岡早紀高岡早紀サトウハチロー服部良一Takashi Yanagawa柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が鳴る鳴る 朝から今日も 何も言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて  柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子がつぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔うかべ 暗いこの世の つらさ忘れ  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子がつぶやく やさしきその名
目ン無い千鳥細川たかし細川たかしサトウハチロー古賀政男佐伯亮目ン無い千鳥の 高島田 見えぬ鏡に いたわしや 曇る今宵の 金屏風 誰のとがやら 罪じゃやら  千々に乱れる 思い出は すぎし月日の 糸車 回す心の 盃に 紅はさしても 晴れぬ胸  雨の夜更けに 弾く琴が 白い小指に しみてゆく 花がちるちる 春が逝く 胸の扉が また濡れる  目ン無い千鳥の さみしさは 切れてはかない 琴の糸 青春(はる)の盛りの 若い葉に むせび泣くよな こぬか雨
二人は若いアントニオ古賀&メイリー・ムーアントニオ古賀&メイリー・ムーサトウハチロー古賀政男信田かずおあなたと呼べば あなたと答える 山のコダマの うれしさよ 「あなた」「なんだい」 空は青空 二人は若い  ちょいとと呼べば ちょいとと答える 山のコダマの いとしさよ 「ちょいと」「なァによ」 風はそよかぜ 二人は若い  あのねと呼べば あのねと答える 山のコダマの やさしさよ 「あのね」「なァにさ」 あとは言えない 二人は若い あとは言えない 二人は若い
胸の振子クミコクミコサトウハチロー服部良一上田禎柳につばめは あなたに わたし 胸の振子が 鳴る鳴る 朝から今日も 何も言わずに 二人きりで 空をながめりゃ なにか燃えて  柳につばめは あなたに わたし 胸の振子が 鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子が つぶやく やさしきその名  君のあかるい 笑顔浮かべ くらいこの世の つらさ忘れ  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子が つぶやく やさしきその名
秋の子薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子サトウハチロー末広恭雄吉俣良すすきの中の子 一、二の三人 はぜつりしてる子 三、四の五人 どこかで やきぐり やいている つばきを のむ子は 何人だろな  かきの実みてる子 一、二の三人 さよならしてる子 三、四の五人 ごはんに なるまで おもりする おんぶを する子は 何人だろな  ひぐれに走る子 一、二の三人 ふろたきしてる子 三、四の五人 こおろぎ あちこち なきだした さみしく 聞く子は 何人だろな
悲しくてやりきれない森高千里×泉谷しげる森高千里×泉谷しげるサトウハチロー加藤和彦胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日もつづくのか
胸の振り子小野リサ小野リササトウハチロー服部良一マリオ・アジネー柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が鳴る鳴る 朝から今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子がつぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔うかべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振り子がつぶやく やさしきその名  なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振り子が鳴る鳴る 朝から今日も
ママにもらったトランプフランキー堺フランキー堺サトウハチロー船村徹ママにもらった トランプの ダイヤの六は 折れました  だれのおいたか スペードの ジャックはあごひげ つけてます  クラブのクインは さみしそう ママとおんなじ 泣きぼくろ  とんがりシャッポの ジョーカーは 自転車でどこかへ 行きました  自転車でどこかへ 行きました…
たそがれとあの人山路えり子山路えり子サトウハチロー福田博郎(船村徹)日暮たそがれ 灯ともし頃に 街に漂う なさけなさ そのなさけなさ そのさみしさを こよなく愛した 人でした  あるかないかの かすかな風に ゆれる柳の いじらしさ そのいじらしさ そのさみしさを 大事にしていた 人でした  夜にならない 昼との境 ついた灯りの たよりなさ そのたよりなさ そのさみしさを いつでも話した 人でした
長崎の鐘三山ひろし三山ひろしサトウハチロー古関裕而こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ うねりの波の 人の世に はかなく生きる 野の花よ なぐさめ はげまし 長崎の あゝ 長崎の 鐘が鳴る  召されて妻は 天国へ 別れてひとり 旅立ちぬ かたみに残る ロザリオの 鎖に白き わが涙 なぐさめ はげまし 長崎の あゝ 長崎の 鐘が鳴る  こころの罪を うちあけて 更けゆく夜の 月澄みぬ 貧しき家の 柱にも 気高く白き マリア様 なぐさめ はげまし 長崎の あゝ 長崎の 鐘が鳴る
胸の振子倍賞千恵子倍賞千恵子サトウハチロー服部良一小六禮次郎柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が なるなる 朝から今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたに私 胸の振子が なるなる 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子が つぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔浮べ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子が つぶやく やさしきその名
リンゴの唄倍賞千恵子倍賞千恵子サトウハチロー万城目正小六禮次郎赤いリンゴに 口びるよせて だまってみている 青い空 リンゴはなんにも いわないけれど リンゴの気持は よくわかる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  あの娘よい子だ 気立のよい娘 リンゴに良く似た 可愛いい娘 どなたがいったか うれしいうわさ かるいクシャミも とんで出る リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  朝のあいさつ 夕べの別れ いとしいリンゴに ささやけば 言葉は出さずに 小くびをまげて あすも又ねと 夢見がお リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  歌いましょうか リンゴの歌を 二人で歌えば なおたのし 皆なで歌えば なおなおうれし リンゴの気持を 伝えよか リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ
ちいさい秋みつけたLEGENDLEGENDサトウハチロー中田喜直林有三だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  めかくし鬼さん 手のなる方へ すましたお耳に かすかにしみた 呼んでる口笛 もずの声 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  お部屋は北向き くもりのガラス うつろな目の色 とかしたミルク わずかなすきから 秋の風 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  むかしのむかしの 風見の鳥の ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ はぜの葉あかくて 入日色 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた
悲しくてやりきれないコロッケコロッケサトウハチロー加藤和彦門司肇胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告(つ)げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆(なげ)く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる苦しさは 明日(あした)も続くのか  悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる苦しさは 明日(あした)も続くのか 明日(あした)も続くのか
悲しくてやりきれない(Cover Version)斎藤工斎藤工サトウハチロー加藤和彦小幡英之胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日も続くのか
長崎の鐘菅原やすのり菅原やすのりサトウハチロー古関裕而若草恵こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ うねりの波の 人の世に はかなく生きる 野の花よ なぐさめ 励まし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  召されて妻は 天国へ 別れて一人 旅立ちぬ 形見に残る ロザリオの 鎖に白き 我が涙 なぐさめ 励まし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  つぶやく雨の ミサの声 讃える風の 神の詩 輝く胸の 十字架に 微笑む海の 雲の色 なぐさめ 励まし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  心の罪を 打ち明けて 更けゆく夜の 月すみぬ 貧しき家の 柱にも 気高く白き マリア様 なぐさめ 励まし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る
リンゴの歌Temiyan.Temiyan.サトウハチロー万城目正赤いリンゴに 口びるよせて だまってみている 青い空 リンゴはなんにも いわないけれど リンゴの気持ちは よくわかる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  あの娘よい子だ 気立てのよい娘 リンゴによく似た 可愛い娘 どなたがいったか うれしいうわさ かるいクシャミも とんで出る リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  朝のあいさつ 夕べの別れ いとしいリンゴに ささやけば 言葉は出さずに 小くびをまげて あすも又ねと 夢見がお リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  歌いましょうか リンゴの歌を 二人で歌えば なおたのし 皆で歌えば なおなおうれし リンゴの気持ちを 伝えよか リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ
若者と小犬とクロアサン日吉ミミ日吉ミミサトウハチロークニ河内重いこころで 若者は わびしくひぐれの 町へ出た 長くてやせてる 影法師 ふりむく人など 誰もない  ひとりぽっちの 靴音が 耳から胸へと 聞こえてる 柳に話を しかけたが からだをくねらせ 横向いた  ハデな通りは ごめんだと 横町へはいって ひとやすみ 右手に持ってた クロアサン ガブリとかぢって 月をみた  足を何かに つつかれて ふとみりゃ巻毛の 犬がいる 見あげたその目は ぬれている 抱いたらたちまち キスときた  キスをかえして 若者は 今日から二人と つぶやいた しっぽに合わせて うれしさと 泪がやたらに わいてきた
興亜三人娘李香蘭、白光、奥山彩子李香蘭、白光、奥山彩子サトウハチロー古賀政男色も香も 芳し優し菊の花 窓に開いた 昨日今日 誰に便りを 持たせよか 心楽しき この便り  夢にさえ 浮べて嬉し蘭の花 過ぎし思い出 数知れず 空に輝く 星のよに 永遠に心に この胸に  霜をうけ 雪をくぐりて梅の花 咲いて匂える その時は 光なごみて 春近し 讃え讃えて 愛でよ君  三つの花 寄りそい共に手を取りて 歌う青空 この朝 君よ聞かずや あの鐘を 楽しき興亜の 友の鐘
悲しくてやりきれない坂本真綾坂本真綾サトウハチロー加藤和彦胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日も続くのか
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
悲しくてやりきれないコトリンゴコトリンゴサトウハチロー加藤和彦胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日も続くのか
目ン無い千鳥美空ひばり美空ひばりサトウハチロー古賀政男目ン無い千鳥の高島田 見えぬ鏡にいたわしや 曇る今宵の金屏風 誰のとがやら罪じゃやら  千々に乱れる思い出は すぎし月日の糸車 回す心の盃に 紅はさしても晴れぬ胸  雨の夜更けに弾く琴が 白い小指にしみてゆく 花がちるちる春が逝く 胸の扉がまた濡れる  目ン無い千鳥のさみしさは 切れてはかない琴の糸 青春(はる)の盛りの若い葉に むせび泣くよなこぬか雨
目ン無い千鳥霧島昇霧島昇サトウハチロー古賀政男目ン無い千鳥の 高島田 見えぬ鏡に いたわしや 曇る今宵の 金屏風 誰のとがやら 罪じゃやら  千々にみだれる 思い出は すぎし月日の 糸車 廻す心の 盃に 紅はさしても 晴れぬ胸  雨の夜更けに 弾く琴が 白い小指に しみてゆく 花が散る散る 春が逝く 胸の扉が また濡れる  目ン無い千鳥の さみしさは 切れてはかない 琴の糸 青春の盛りの 若い葉に むせび泣くよな こぬか雨
胸の振子霧島昇霧島昇サトウハチロー服部良一柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も 何も言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名
悲しくてやりきれない村上ゆき村上ゆきサトウハチロー加藤和彦胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか 白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか 深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日も続くのか
小雨の丘井上ひろし井上ひろしサトウハチロー服部良一雨が静かに降る 日暮れの町はずれ そぼ降る小雨に ぬれゆくわが胸 夢のようなこぬか雨 亡き母のささやき ひとりきく ひとりきく 寂しき胸に  つらいこの世の雨 悲しきたそがれよ そぼ降る小雨に 浮かぶは想い出 うつりゆく日をかぞえ 亡き母を偲べば 灯火が 灯火が 彼方の丘に  丘に静かに降る 今宵のさみしさよ そぼふる小雨と 心の涙よ ただひとりたたずめば 亡き母のおもかげ 雨の中 雨の中 けむりて浮かぶ
ホームラン・ブギ笠置シヅ子笠置シヅ子サトウハチロー服部良一拍手拍手 フレーフレー フレーフレーフレー  一つかんと打ちゃ ホームラン・ブギ 広いスタンド 拍手が湧けば 飛ぶよ飛ぶ飛ぶ はるかのはるか 空の青さよ 芝生の芝生の青さ カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  二人揃って ホームラン・ブギ 肩を並べりゃ 心も通う 通いなれたる このスタジアム 拍手拍手で お手手がお手手が痛い カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  五つ何時もの ホームラン・ブギ 一度打ったら もうやめられぬ あの子見てるか ネットのかげで 可愛笑くぼで 花束花束抱いて  拍手拍手 フレーフレー フレーフレーフレー  昔なつかし ホームラン・ブギ 甲子園から 野球に通い 今じゃ伜が 大学野球 可愛孫さえ 小学小学選手 カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  七つ涙の ホームラン・ブギ ぽろりぽろりと ラジオの前で 伜出かした よくこそ打った 見事当てたぞ ラッキー ラッキー・セブン カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  八つチームの ホームラン・ブギ 虎に巨人に ロビンス阪急 鷹に東急 中日スターズ みんな揃って 元気な元気な選手 カットバセ カットバセ フレーフレーフレー  ここで一本 ホームラン・ブギ これが終りだ 九回裏だ コキンと飛ばして サヨナラしよか のびたのびたよ ラッキー ラッキー・ゾーン
リンゴの唄石原詢子石原詢子サトウハチロー万城目正矢田部正赤いリンゴに 唇よせて だまって見ている 青い空 リンゴは何んにも 言わないけれど リンゴの気持は よく分かる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  あの子よい子だ 気立(きだて)のよい子 リンゴによく似た 可愛いい子 誰方(どなた)が言ったか うれしい噂 軽いクシャミも 飛んででる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  朝の挨拶(あいさつ) 夕べの別れ いとしいリンゴに ささやけば 言葉は出さずに 小首(こくび)を曲げて 明日も又(また)ねと 夢見顔(ゆめみがお) リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  唄いましょうか リンゴの唄を 二人で唄えば なお楽し みんなで唄えば 尚なお嬉し リンゴの気持を 伝えよか リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ
うれしいひなまつり由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子サトウハチロー河村光陽あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花 五人ばやしの 笛太鼓 今日はたのしい ひなまつり  お内裏様(だいりさま)と おひな様 二人ならんで すまし顔 お嫁にいらした 姉様に よく似た官女の 白い顔  金のびょうぶに うつる灯を かすかにゆする 春の風 すこし白酒 めされたか あかいお顔の 右大臣
ちいさい秋みつけた由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子サトウハチロー中田喜直だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた めかくし鬼さん 手のなる方へ すましたお耳に かすかにしみた よんでる口ぶえ もずの声 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  おへやは北向き くもりのガラス うつろな目の色 とかしたミルク わずかなすきから 秋の風 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた むかしの むかしの 風見の鳥の ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ はぜの葉赤くて 入日色 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた
いとしあの星渡辺はま子渡辺はま子サトウハチロー服部良一馬車が行く行く 夕風に 青い柳に ささやいて いとしこの身は どこまでも きめた心は かわりゃせぬ  暗いランプの 灯のかげで たより書くのも なつかしや いとし返事は なんと来る 母も行くよと くるかしら  ロバの鳴くのに 起こされて 窓を開ければ 朝の星 いとしあの星 あの瞳 今日の占い 何と出る  夢で見た見た いつかの夜 夢で話した その人は 骨も命も この土地に みんな埋めよと 笑い顔
三宅本店(千福)グラスをのぞくフラミンゴダーク・ダックスダーク・ダックスサトウハチローいずみたくグラスをのぞく フラミンゴ ならんでみている 紅雀 千福一杯 いかがです むく犬 チビ犬 ペルシャ猫 どこかでないてる みみずくさん みなさんほんとに 千福一杯 いかがです  小首をまげる ピーコック おしゃべりしている みそさざい 千福一杯 いかがです オームにカナリヤ 九官鳥 誰かを呼んでる 山鳩さん みなさんほんとに 千福一杯 いかがです  おどけてみせる カンガルー やさしくささやく 十姉妹 千福一杯 いかがです たぬきにきつねに てながざる さみしい顔する 白熊さん みなさんほんとに 千福一杯 いかがです
めんこい仔馬高橋祐子・二葉あき子高橋祐子・二葉あき子サトウハチロー仁木他喜雄濡れた仔馬(こうま)の たて髪を 撫でりゃ 両手に朝の露 呼べば答えて めんこいぞ オーラ 駈けてゆこかよ 丘の道 ハイド ハイドウ 丘の道  ワラの上から 育ててよ 今じゃ 毛並も光ってる お腹こわすな 風邪(かぜ)ひくな オーラ 元気に高く 嘶(な)いてみろ ハイド ハイドウ 嘶いてみろ  紅(あか)い着物(べべ)より 大好きな 仔馬に お話してやろか 遠い戦地で お仲間が オーラ 手柄を立てた お話を ハイド ハイドウ お話を  西のお空は 夕焼けだ 仔馬かえろか おうちには お前の母さん 待っている オーラ 唄ってやろかよ 山の唄 ハイド ハイドウ 山の唄  明日は市場か お別れか 泣いちゃいけない 泣かないぞ 軍馬になって 征(い)く日には オーラ みんなで バンザイしてやるぞ ハイド ハイドウ してやるぞ
リンゴの唄天童よしみ天童よしみサトウハチロー万城目正赤いりんごに 口びるよせて だまってみている 青い空 リンゴはなんにも いわないけれど リンゴの気持は よくわかる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  あの娘よい子だ 気立のよい娘 リンゴに良く似た 可愛いい娘 どなたがいったか うれしいうわさ かるいクシャミも とんで出る リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  朝のあいさつ 夕べの別れ いとしいリンゴに ささやけば 言葉は出さずに 小くびをまげて あすも又ねと 夢見がお リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  歌いましょうか リンゴの歌を 二人で歌えば なおたのし 皆なで歌えば なおなおうれし リンゴの気持を 伝えよか リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ
悲しくてやりきれないKOKIAKOKIAサトウハチロー加藤和彦胸にしみる空のかがやき 今日も遠くながめ涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせないモヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りないむなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日も続くのか
胸の振り子藤田恵美藤田恵美サトウハチロー服部良一木原健太郎柳につばめは あなたに私 胸の振り子が なるなる 朝から 今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたに私 胸の振り子が なるなる 朝から 今日も  煙草のけむりも もつれる思い 胸の振り子が つぶやく やさしき その名 君のあかるい 笑顔を浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれる思い 胸の振り子が つぶやく やさしき その名
胸の振子香西かおり香西かおりサトウハチロー服部良一薗広昭柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も なにも云わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も  たばこのけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔うかべ くらいこの世の つらさ忘れ たばこのけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名 胸の振子がつぶやく やさしきその名
胸の振り子加藤登紀子加藤登紀子サトウハチロー服部良一島健柳につばめは あなたに私 胸の振り子が なるなる 朝から 今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたに私 胸の振り子が なるなる 朝から 今日も  煙草のけむりも もつれる思い 胸の振り子が つぶやく やさしき その名 君のあかるい 笑顔を浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれる思い 胸の振り子が つぶやく やさしき その名
悲しくてやりきれない加藤登紀子加藤登紀子サトウハチロー加藤和彦島健胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに 告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いは ないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日も 続くのか
長崎の鐘秋川雅史秋川雅史サトウハチロー古関裕而澤野弘之こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ うねりの波の 人の世に はかなく生きる 野の花よ なぐさめ はげまし 長崎の あゝ 長崎の 鐘が鳴る  召されて妻は 天国へ 別れてひとり 旅立ちぬ かたみに残る ロザリオの 鎖に白き わが涙 なぐさめ はげまし 長崎の あゝ 長崎の 鐘が鳴る  こころの罪を うちあけて 更けゆく夜の 月すみぬ 貧しき家の 柱にも 気高く白き マリア様 なぐさめ はげまし 長崎の あゝ 長崎の 鐘が鳴る
小雨の丘小夜福子小夜福子サトウハチロー服部良一服部良一雨が静かに降る 日暮の町はずれ そぼ降る 小雨に 濡れゆくわが胸 夢のようなこぬか雨 亡き母のささやき ひとりきくひとりきく さびしき胸に  ああ 母さん、あなたが死んで三年 私はこの雨にあなたを想う 雨 雨 泣きぬれる雨 木の葉も草も そして私も  つらいこの世の雨 悲しきたそがれよ そぼ降る小雨に 浮かぶは思い出 うつり行く日を数え 亡き母を偲べば ともしびがともしびが 彼方の丘に  ともしび ともしび 母さんの瞳によく似た ともしび 私は歌おう 私の好きなあの丘で 母さんを想う心からの歌 ああ 懐かしい思い出の歌  丘に静かに降る 今宵のさみしさよ そぼ降る小雨と 心の涙よ ただ一人たたずめば 亡き母のおもかげ 雨の中 雨の中 けむりて浮かぶ
ケロリン青空晴れた空楠トシエ楠トシエサトウハチロー服部良一雪空雨空 くもり空 頭のいたみに 歯のいたみ どうにもならない そのつらさ ケロリン一服 お水でグイー ケロリン ケロリン 青空晴れた空  となりに向いに 裏の人 こしのいたみに 神経痛 いそいで教える 窓と窓 ケロリン一服 お水でグイー ケロリン ケロリン どなたも笑い顔  おととい昨日に 又今日と つづくいたみに 部屋の中 ちっとも晴れない むねのうち ケロリン一服 お水でグイー ケロリン ケロリン 唄までとんででる
こけしのチビッ子楠トシエ楠トシエサトウハチロー三木鶏郎小川寛興こけしのチビッ子 めんこい子 どこかの誰かに 似ている子 るすばんさせても 泣かない子 こけしのチビッ子 めんこい子  こけしのチビッ子 めんこい子 おはなしきかせりゃ きいてる子 おばさんごっこじゃ わたしの子 こけしのチビッ子 めんこい子  こけしのチビッ子 めんこい子 お窓に置いときゃ 立ってる子 一日青空 みている子 こけしのチビッ子 めんこい子  こけしのチビッ子 めんこい子 いなかのばあやの みやげの子 ばあやによく似た まあるい子 こけしのチビッ子 めんこい子
黒猫シャノワ楠トシエ楠トシエサトウハチロー松井八郎小川寛興シャノワ シャノワ シャノワ からす猫 シャノワ シャノワ シャノワ からす猫  よくはおぼえて いないけど 春のぼやけた 日の暮れだ おまえは露路から あらわれて くるりとしっぽで あいさつだ シャノワ シャノワ シャノワ からす猫 お前もひとりか ついてきな  月の夜道で 出逢ったら ねるにゃ早いと 首まげた やたらに 鼻だけすりよせて なき声たてずに あまえてた シャノワ シャノワ シャノワ からす猫 お前もやっぱり さみしいか  霧の夜更けに 目が二つ あいた窓から 顔だした 丸めた手紙の 書きくずを ためいきまじりで ころがした シャノワ シャノワ シャノワ からす猫 お前もおんなじ おもいだね シャノワ シャノワ シャノワ からす猫 シャノワ シャノワ シャノワ からす猫
ちいさい秋みつけた石川ひとみ石川ひとみサトウハチロー中田喜直誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた めかくし鬼さん 手のなる方へ すましたお耳に かすかにしみた よんでる口笛 もずの声 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた お部屋は北向き くもりのガラス うつろな目の色 とかしたミルク わずかなすきから秋の風 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた むかしの むかしの 風見の鶏の ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ はぜの葉あかくて 入り日色 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋みつけた
悲しくてやりきれない石川ひとみ石川ひとみサトウハチロー加藤和彦胸にしみる空のかがやき 今日も遠くながめ涙をながす 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このやるせないモヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて悲しくて とてもやりきれない この限りないむなしさの 救いはないだろうか  深い森のみどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる苦しさは 明日も続くのか
もずが枯木でボニージャックスボニージャックスサトウハチロー徳富繁もずが枯木でないている おいらは藁をたたいてる 綿挽車はお婆さん ゴットン水車もまわってる  みんな去年と同じだよ けれどもたんねえものがある あんさのまきわる音がねえ バッサリまきわる音がねえ  あんさは満州へ行っただよ 鉄砲が涙で光っただ もずよ寒いとなくがええ あんさはもっと寒いだろ あんさはもっと寒いだろ
ちいさい秋みつけた坂本龍一+中谷美紀坂本龍一+中谷美紀サトウハチロー中田喜直だれかさんが だれかさんが だれかさんが 見つけた 小さい秋 小さい秋 小さい秋 見つけた  目隠し 鬼さん 手の鳴る方へ 澄ました お耳に かすかに沁みた 呼んでる口笛 百舌(もず)の声 小さい秋 小さい秋 小さい秋 見つけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが 見つけた 小さい秋 小さい秋 小さい秋 見つけた  お部屋は 北向き 曇りのガラス うつろな目の色 溶かしたミルク わずかな 隙から 秋の風 小さい秋 小さい秋 小さい秋 見つけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが 見つけた 小さい秋 小さい秋 小さい秋 見つけた  昔の 昔の 風見の鳥の ぼやけた 鶏冠(とさか)に はぜの葉一つ はぜの葉 赤くて 入日色(いりひいろ) 小さい秋 小さい秋 小さい秋 見つけた
胸の振り子井上陽水井上陽水サトウハチロー服部良一服部克久柳につばめは あなたに私 胸の振り子が なるなる 朝から今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにかもえて 柳につばめは あなたに私 胸の振り子が なるなる 朝から今日も  煙草のけむりも もつれる思い 胸の振り子が つぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔を浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれる思い 胸の振り子が つぶやく やさしきその名
長崎の鐘氷川きよし氷川きよしサトウハチロー古関裕而石倉重信こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ うねりの波の 人の世に はかなく生きる 野の花よ なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  召されて妻は 天国へ 別れてひとり 旅立ちぬ かたみに残る ロザリオの 鎖に白き わが涙 なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  ここるの罪を うちあけて 更け行く夜の 月すみぬ 貧しき家の 柱にも 気高く白き マリア様 なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
エンゼルはいつでも竹田えり・ひまわりキッズ竹田えり・ひまわりキッズサトウハチロー芥川也寸志だァれもいないと 思っていても どこかで どこかで エンゼルは いつでも いつでも ながめてる ちゃんと ちゃんと ちゃんと ちゃんと ちゃちゃーんと ながめてる  だァれの耳にも 聞こえはせぬが 小声で 小声で エンゼルは すてきな歌を うたってる ちゃんと ちゃんと ちゃんと ちゃんと ちゃちゃーんと うたってる  だァれもすがたを みたことないが しずかに しずかに エンゼルは 朝でも 夜でも とんでいる ちゃんと ちゃんと ちゃんと ちゃんと ちゃちゃーんと とんでいる  だァれも口には 出さないけれど ないしょで ないしょで エンゼルと はなしをしたいと 思ってる ちゃんと ちゃんと ちゃんと ちゃんと ちゃちゃーんと 思ってる
悲しくてやりきれない森昌子森昌子サトウハチロー加藤和彦林有三胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせないモヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りないむなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる苦しさは あしたもつづくのか
ちいさい秋みつけたみとせのりこみとせのりこサトウハチロー中田喜直誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  めかくし鬼さん 手のなる方へ すましたお耳に かすかにしみた よんでる口笛 もずの声  ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  お部屋は北向き くもりのガラス うつろな目の色 とかしたミルク わずかなすきから 秋の風  ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  むかしの むかしの 風見の鳥の ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ はぜの葉あかくて 入日色  ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた
かわいいかくれんぼ林原めぐみ林原めぐみサトウハチロー中田喜直ひよこがね おにわで ぴょこぴょこ かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても きいろい あんよが みえてるよ だんだん だあれが めっかった  すずめがね おやねで ちょんちょん かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても ちゃいろの ぼうしが みえてるよ だんだん だあれが めっかった  こいぬがね のはらで よちよち かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても かわいい しっぽが みえてるよ だんだん だあれが めっかった
うれしいひなまつり林原めぐみ林原めぐみサトウハチロー河村光陽あかりをつけましょ ぼんぼりに おはなをあげましょ もものはな ごにんばやしの ふえ たいこ きょうはたのしい ひなまつり  おだいりさまと おひなさま ふたりならんで すましがお およめにいらした ねえさまに よくにたかんじょの しろいかお  きんのびょうぶに うつるひを かすかにゆする はるのかぜ すこししろざけ めされたか あかいおかおの うだいじん  きものをきかえて おびしめて きょうはわたしも はれすがた はるのやよいの このよきひ なによりうれしい ひなまつり
かわいいかくれんぼ小村知帆・白井安莉紗小村知帆・白井安莉紗サトウハチロー中田喜直小森昭宏ひよこがね おにわで ぴょこぴょこ かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても きいろい あんよが みえてるよ だんだん だあれが めっかった  すずめがね おやねで ちょんちょん かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても ちゃいろの ぼうしが みえてるよ だんだん だあれが めっかった  こいぬがね のはらで よちよち かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても かわいい しっぽが みえてるよ だんだん だあれが めっかった
とんとんともだち堀江美都子堀江美都子サトウハチロー中田喜直佐橋俊彦とんとん ともだち みんなで くにん いっちゃん じろくん さぶちょん しげぼう ごろやん ろくんぼ ななちん やっちゃんこに きゅうどんどん だれかが しかられた みんなで ごめんなさい  とんとん ともだち かぞえて くにん いっちゃん じろくん さぶちょん しげぼう ごろやん ろくんぼ ななちん やっちゃんこに きゅうどんどん だれかが くしゃみした みんなが かぜひいた  とんとん ともだち なかよし くにん いっちゃん じろくん さぶちょん しげぼう ごろやん ろくんぼ ななちん やっちゃんこに きゅうどんどん だれかが けがをした みんなが べそかいた
かわいいかくれんぼ斉藤伸子斉藤伸子サトウハチロー中田喜直ひよこがね おにわで ぴょこぴょこ かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても きいろい あんよが みえてるよ だんだん だあれが めっかった  すずめがね おやねで ちょんちょん かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても ちゃいろの ぼうしが みえてるよ だんだん だあれが めっかった  こいぬがね のはらで よちよち かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても かわいい しっぽが みえてるよ だんだん だあれが めっかった
うれしいひなまつり美輪明宏美輪明宏サトウハチロー河村光陽あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花 五人ばやしの 笛太鼓 今日はたのしい ひなまつり  お内裏様(だいりさま)と おひな様 二人ならんで すまし顔 お嫁にいらした 姉様(ねえさま)に よくにた官女の 白い顔  金のびょうぶに うつる灯(ひ)を かすかにゆする 春の風 すこし白酒 めされたか あかいお顔の 右大臣  着物をきかえて 帯しめて 今日はわたしも はれ姿 春のやよいの このよき日 なによりうれしい ひなまつり  今日はたのしい ひなまつり
小雨の丘川中美幸川中美幸サトウハチロー服部良一雨がしずかに降る 日暮れの 街はずれ そぼ降る小雨に 濡れゆくわが胸 夢のような こぬか雨 亡き母の ささやき ひとりきく ひとりきく さびしき胸に  つらいこの世の雨 悲しき たそがれよ そぼ降る小雨に 浮かぶは想い出 うつり行く 日を数え 亡き母を 偲べば ともしびが ともしびが 彼方の丘に  丘に静かに降る 今宵の さみしさよ そぼ降る小雨と 心の涙よ ただ一人 たたずめば 亡き母の おもかげ 雨の中 雨の中 けむりて浮かぶ
かわいいかくれんぼしゅうさえこしゅうさえこサトウハチロー中田喜直ひよこがね おにわで ぴょこぴょこ かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても きいろい あんよが みえてるよ だんだんだあれが めっかった  すずめがね おやねで ちょんちょん かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても ちゃいろの ぼうしが みえてるよ だんだんだあれが めっかった  こいぬがね のはらで よちよち かくれんぼ どんなに じょうずに かくれても かわいい しっぽが みえてるよ だんだんだあれが めっかった
悲しくてやりきれない矢野顕子矢野顕子サトウハチロー加藤和彦胸にしみる空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  悲しくて悲しくて とてもやりきれない この限りないむなしさの 救いはないだろうか  深い森のみどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる苦しさは 明日も続くのか
ちいさい秋みつけた芹洋子芹洋子サトウハチロー中田喜直誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた めかくし鬼さん 手のなる方へ すましたお耳に かすかにしみた よんでる口笛 もずの声 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた お部屋は北向き くもりのガラス うつろな目の色 とかしたミルク わずかなすきから 秋の風 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた むかしの むかしの 風見の鶏の ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ はぜの葉あかくて 入日色 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた
もずが枯木で芹洋子芹洋子サトウハチロー徳富繁もずが枯木で 泣いている おいらは藁(わら)を たたいてる 綿(わた)ひき車は おばあさん コットン水車も まわってる  みんな去年と 同じだよ けれども足りねえ ものがある 兄(あん)さの薪(まき)わる 音がねえ バッサリ薪わる 音がねえ  兄さは満州へ いっただよ 鉄砲が涙に 光っただ もずよ寒くも 鳴くでねえ 兄さはもっと 寒いだぞ
ちいさい秋みつけた倍賞千恵子倍賞千恵子サトウハチロー中田喜直小川寛興だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい 秋 ちいさい 秋 ちいさい 秋 みつけた めかくしおにさん 手の なるほうへ すました お耳に かすかに しみた よんでる 口笛 もずの声 ちいさい 秋 ちいさい 秋 ちいさい 秋 みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい 秋 ちいさい 秋 ちいさい 秋 みつけた おへやは 北むき くもりの ガラス うつろな 目の色 とかした ミルク わずかな すきから 秋の風 ちいさい 秋 ちいさい 秋 ちいさい 秋 みつけた
とんとん友だち童謡・唱歌童謡・唱歌サトウハチロー中田喜直とんとん友だち みんなで九人 一(い)っちゃん 二(じ)ろくん 三(さ)ぶちゃん 四(し)ゲ坊 五(ご)ろちゃん 六(ろく)んぼ 七(なな)ちん 八(や)っちゃんこに 九(きゅう)どんどん 誰(だれ)かが叱(しか)られた みんなでごめんなさい  とんとん友だち かぞえて九人 いっちゃん じろくん さぶちゃん 四ゲ坊 ごろちゃん ろくんぼ ななちん やっちゃんこに きゅうどんどん 誰かがくしゃみした みんなが風邪(かぜ)ひいた  とんとん友だち 仲よし九人 いっちゃん じろくん さぶちゃん 四ゲ坊 ごろちゃん ろくんぼ ななちん やっちゃんこに きゅうどんどん 誰かが怪我(けが)をした みんながべそかいた
ちいさい秋みつけたボニージャックスボニージャックスサトウハチロー中田喜直誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた めかくし鬼さん 手のなる方へ すましたお耳に かすかにしみた よんでる口笛 もずの声 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた お部屋は北向き くもりのガラス うつろな目の色 とかしたミルク わずかなすきから 秋の風 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた むかしの むかしの 風見の鳥の ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ はぜの葉あかくて 入日色 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた
長崎の鐘水森かおり水森かおりサトウハチロー古関裕而伊戸のりおこよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ うねりの波の 人の世に はかなく生きる 野の花よ なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  召されて妻は 天国へ 別れてひとり 旅立ちぬ かたみに残る ロザリオの 鎖に白き わが涙 なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  こころの罪を うちあけて 更けゆく夜の 月澄みぬ 貧しき家の 柱にも 気高く白き マリア様 なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  ああ 長崎の鐘が鳴る
浅草の唄関敬六関敬六サトウハチロー万城目正つよいばかりが 男じゃないと いつか教えて くれた人 どこのどなたか 知らないけれど 鳩といっしょに 唄ってた ああ 浅草のその唄を  可愛いあの子と シネマを出れば 肩にささやく こぬか雨 かたい約束 かわして通る 田原町から 雷門 ああ 浅草のこぬか雨  池にうつるは 六区の灯り 忘れられない よいの灯よ 泣くな サックスよ 泣かすなギター 明日もあかるい 朝がくる ああ 浅草のよい灯り  吹いた口笛 夜霧にとけて ボクの浅草 夜が更ける 鳩も寝たかな 梢のかげで 月がみている よもぎ月 ああ 浅草のおぼろ月
胸の振子石原裕次郎石原裕次郎サトウハチロー服部良一柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も 何も言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が鳴る鳴る 朝から今日も  煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名 君のあかるい 笑顔浮かべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれるおもい 胸の振子がつぶやく やさしきその名
二人は若い渥美清渥美清サトウハチロー古賀政男あなたと呼べば あなたと答える 山のこだまの 嬉(うれ)しさよ あなた なぁんだい 空は青空 二人(ふたり)は若い  ちょいとと呼べば ちょいとと答える 山のこだまの いとしさよ ちょいと なぁによ 風はそよ風 二人(ふたり)は若い  あのネと呼べば あのネと答える 山のこだまの やさしさよ あのネ なぁにさ あとは言えない 二人(ふたり)は若い
胸の振子井上芳雄井上芳雄サトウハチロー服部良一柳につばめは あなたにわたし 胸の振子が なるなる 朝から 今日も なにも言わずに 二人きりで 空を眺めりゃ なにか燃えて 柳につばめは あなたに私 胸の振子が なるなる 朝から 今日も  煙草のけむりも もつれる思い 胸の振子が つぶやく やさしき その名 君のあかるい 笑顔うかべ 暗いこの世の つらさ忘れ 煙草のけむりも もつれる思い 胸の振子が つぶやく やさしき その名
夢淡き東京藤山一郎藤山一郎サトウハチロー古関裕而村山芳男柳青める日 燕が銀座に飛ぶ日 誰を待つ心 可愛いガラス窓 かすむは 春の青空か あの屋根はかがやく 聖路加か はるかに 朝の虹も出た 誰を待つ心 淡き夢の町東京  橋にもたれつつ 二人は何を語る 川の流れにも 嘆きをすてたまえ なつかし岸に 聞こえ来る あの音はむかしの 三味の音か 遠くに踊る 影ひとつ 川の流れさえ 淡き夢の町東京  なやみ忘れんと 貧しき人は唄い せまい露路裏に 夜風はすすり泣く 小雨が道に そぼ降れば あの灯りうるみて なやましく あわれはいつか 雨にとけ せまい露地裏も 淡き夢の町東京
長崎の鐘PLATINA LYLIC藤山一郎PLATINA LYLIC藤山一郎サトウハチロー古関裕而村山芳男こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ うねりの波の 人の世に はかなく生きる 野の花よ なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  召されて妻は 天国へ 別れてひとり 旅立ちぬ かたみに残る ロザリオの 鎖に白き わが涙 なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  こころの罪を うちあけて 更けゆく夜の 月すみぬ 貧しき家の 柱にも 気高く白き マリア様 なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る
おかあさんのうたザ・ピーナッツザ・ピーナッツサトウハチローいずみたくお昼のかあさん なぜ落ち着かぬ どこかの井戸水を 飲みゃせぬだろか くねくね小路に 入りはせぬか 知らない町まで 行きゃせぬだろか 迷子でしくしく べそかきゃせぬか  日暮れのかあさん なになにしてる うら木戸あけたり 押したり出たり かすかな人影 すかして見たり 泥棒やんまに おじぎをしたり こうもり 羽虫に 頼んでみたり  夜中のかあさん なに続けてる お熱はないかと ひたいをおさえ あんよの裏にも 手のひらあてた 添い寝の時には 右手のうちわ 寝息をたてても 動きはやめぬ お母さん お母さん
リンゴの唄島倉千代子島倉千代子サトウハチロー万城目正小川寛興赤いリンゴに 唇よせて だまって見ている 青い空 リンゴは何んにも 言わないけれど リンゴの気持は よく分かる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  あの子よい子だ 気立のよい子 リンゴによく似た 可愛いゝ子 誰方が言ったか うれしい噂 軽いクシャミも 飛んででる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  唄いましょうか リンゴの唄を 二人で唄えば なお楽し みんなで唄えば 尚なお楽し リンゴの気持を 伝えよか リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ
リンゴの唄美空ひばり美空ひばりサトウハチロー万城目正佐々永治赤いリンゴに 口びるよせて だまってみている 青い空 リンゴはなんにも いわないけれど リンゴの気持は よくわかる リンゴ可愛や 可愛やリンゴ  あの娘よい子だ 気立のよい子 リンゴによく似た 可愛い子 どなたが言ったか うれしいうわさ かるいクシャミも とんで出る リンゴ可愛や 可愛やリンゴ  朝のあいさつ 夕べの別れ いとしいリンゴに ささやけば 言葉は出さずに 小くびをまげて あすもまたねと 夢見顔 リンゴ可愛や 可愛やリンゴ  歌いましょうか リンゴの唄を 二人でうたえば なおたのし 皆でうたえば なおなおうれし リンゴの気持を 伝えよか リンゴ可愛や 可愛やリンゴ
長崎の鐘新垣勉新垣勉サトウハチロー古関裕而宮下博次こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ うねりの波の 人の世に はかなく生きる 野の花よ なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  召されて妻は 天国へ 別れてひとり 旅立ちぬ かたみに残る ロザリオの 鎖に白き わが涙 なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  つぶやく雨の ミサの声 讃える風の 神の歌 輝く胸の 十字架に 微笑む海の 雲の色 なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る  こころの罪を うちあけて 更けゆく夜の 月すみぬ 貧しき家の 柱にも 気高く白き マリア様 なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の鐘が鳴る
目ン無い千鳥五木ひろし五木ひろしサトウハチロー古賀政男目ン無い千鳥の高島田 見えぬ鏡にいたわしや 曇る今宵の金屏風(きんびょうぶ) 誰(たれ)のとがやら罪じゃやら  千々に乱れる思い出は すぎし月日の糸車 回す心の盃(さかずき)に 紅はさしても晴れぬ胸  雨の夜更けに弾く琴(こと)が 白い小指にしみてゆく 花がちるちる春が逝(ゆ)く 胸の扉がまた濡(ぬ)れる  目ン無い千鳥のさみしさは 切れてはかない琴の糸 青春(はる)の盛りの若い葉に むせび泣くよなこぬか雨
悲しくてやりきれない森山良子森山良子サトウハチロー加藤和彦川口真胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日も続くのか  このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか だれかに告げようか
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
もずが枯木でトワ・エ・モワトワ・エ・モワサトウハチロー徳富繁中村由利子もずが枯木で 泣いている おいらは藁を たたいてる 綿ひき車は おばあさん コットン水車も 廻ってる  みんな去年と 同じだよ けれども足りねえ ものがある 兄んさの薪割る 音がねえ バッサリ薪割る 音がねえ  もずが枯木で 泣いている おいらは藁を たたいてる 綿ひき車は おばあさん コットン水車も 廻ってる  綿ひき車は おばあさん コットン水車も 廻ってる
酒をのむの歌古井戸古井戸サトウハチロー加奈崎芳太郎やりきれないよと ほざいては にこつきながら 酒をのむ  小雨がちらつきゃ ばらつきを さかなにしたてて 酒をくむ  uh……  誰かが顔だしゃ 手をたたき 待ってましたと 酒をだす  uh……  夜更けに目ざめりゃ かちわりを グラスをうかべて 酒となる  uh……  しょむない奴だと つぶやいて そのしょむなさも 酒にする  uh……
りんごの唄小沢昭一小沢昭一サトウハチロー万城目正赤いリンゴに 唇よせて だまって見ている 青い空 リンゴは何んにも 言わないけれど リンゴの気持は よく分る リンゴ可愛や 可愛やリンゴ  あの子よい子だ 気立のよい子 リンゴによく似た 可愛いい子 誰方が言ったか うれしい噂 軽いクシャミも 飛んででる リンゴ可愛や 可愛やリンゴ  朝の挨拶 夕べの別れ いとしいリンゴに ささやけば 言葉は出さずに 小首を曲げて 明日も又ねと 夢見顔 リンゴ可愛や 可愛やリンゴ  唄いましょか リンゴの唄を 二人で唄えば なお楽し 皆なで唄えば 尚なお嬉し リンゴの気持ちを 伝えよか リンゴ可愛や 可愛やリンゴ
悲しくてやりきれないPLATINA LYLICザ・フォーク・クルセダーズPLATINA LYLICザ・フォーク・クルセダーズサトウハチロー加藤和彦青木望胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない むなしさの 救いはないだろうか  深い森の みどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とても やりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日もつづくのか
悲しくてやりきれない奥田民生奥田民生サトウハチロー加藤和彦胸にしみる空のかがやき 今日も遠くながめ涙をながす 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このやるせないモヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は流れ流れて 今日も夢はもつれわびしくゆれる 悲しくて悲しくて とてもやりきれない この限りないむなしさの 救いはないだろうか  深い森の緑に抱かれ 今日も風の唄にしみじみ嘆く 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる苦しさは 明日も続くのか
悲しくてやりきれない渡辺美里渡辺美里サトウハチロー加藤和彦斉藤恒芳胸にしみる空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせないモヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りないむなしさの 救いはないだろうか  深い森のみどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる苦しさは 明日も続くのか
うれしいひなまつり川田正子川田正子サトウハチロー河村光陽あかりをつけましょ ぼんぼりに おはなをあげましょ もものはな ごにんばやしの ふえたいこ きょうはたのしい ひなまつり  おだいりさまと おひなさま ふたりならんで すましがお およめにいらした ねえさまに よくにたかんじょの しろいかお  きんのびょうぶに うつるひを かすかにゆする はるのかぜ すこししろざけ めされたか あかいおかおの うだいじん  きものをきかえて おびしめて きょうはわたしも はれすがた はるのやよいの このよきひ なによりうれしい ひなまつり
ひなまつり沢知恵沢知恵サトウハチロー河村光陽燈火を点けましょ ぼんぼりに お花を上げましょ 桃の花 五人囃子の 笛 太鼓 今日は楽しい 雛まつり  お内裏さまと お雛さま 二人ならんで すまし顔 お嫁にいらした 姉さまに よく似た官女の 白い顔  金の屏風に 映る灯を かすかにゆする 春の風 すこし白酒 召されたか 赤いお顔の 右大臣  着物着かえて 帯しめて 今日は私も 晴姿 春の弥生の このよき日 何より嬉しい 雛まつり
小雨の丘美空ひばり美空ひばりサトウハチロー服部良一雨が静かに降る 日暮れの町はずれ そぼ降る小雨に 濡れゆくわが胸 夢のようなこぬか雨 亡き母の ささやき ひとりきくひとりきく 寂しき胸に  ああ お母さん、あなたが死んで三年 私はこの雨にあなたを想う 雨! 雨! 泣きぬれる雨。 木の葉も草もそして私も……  丘に静かに降る 今宵のさみしさよ そぼふる小雨と 心の涙よ ただひとりたたずめば 亡き母のおもかげ 雨の中雨の中 けむりて浮かぶ
小さい秋みつけたさだまさしさだまさしサトウハチロー中田喜直渡辺俊幸だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた 小さい秋 小さい秋 小さい秋 みつけた 目かくし鬼さん 手のなる方へ すましたお耳に かすかにしみた 呼んでる口笛 もずの声 小さい秋 小さい秋 小さい秋 みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた 小さい秋 小さい秋 小さい秋 みつけた お部屋は北向き くもりのガラス うつろな目の色 とかしたミルク わずかな すきから 秋の風 小さい秋 小さい秋 小さい秋 みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた 小さい秋 小さい秋 小さい秋 みつけた むかしの むかしの 風見の鳥の ぼやけた とさかに はぜの葉ひとつ はぜの葉あかくて 入日色 小さい秋 小さい秋 小さい秋 みつけた
明るいひととき並木路子並木路子サトウハチロー仁木他喜雄朝日が小路に かがやいた ホラホラ 明るいひととき 子山羊がメエメエ あそんでる ちいさい角には 蝶々がひとつ ホラホラ明るい ひととき  牧場でめ牛が よんでいた ホラホラ明るい ひととき 上から黒牛 下りて来た もうもう啼いたら 空にはにじが ホラホラ明るい ひととき  郵便くばりが ニコニコと ホラホラ明るい ひととき 待ってた手紙を もって来た 開けばうれしや むねさえおどる ホラホラ明るい ひととき
あゝプランタン無理もない藤山一郎、松田トシ藤山一郎、松田トシサトウハチロー中田喜直猫です 今夜もセレナーデ 春です ああ プランタン 無理もない 月です 眠くて おぼろです 影です 人です もつれます ああ プランタン 無理もない  宵です 人待つバルコニィ 春です ああ プランタン 無理もない ゆれます ほのかな 灯りです まつ毛が ぬれます 吐息です ああ プランタン 無理もない  もやです 悲しいスーベニア 春です ああ プランタン 無理もない ひざです 千代紙 涙です ああ プランタン 無理もない  音です なやまし サキソフォーン 春です ああ プランタン 無理もない じれます もだえて 哀れです 更けます 夜です 夜更けです ああ プランタン 無理もない
黒いパイプ二葉あき子、近江俊郎二葉あき子、近江俊郎サトウハチロー服部良一君にもらった このパイプ 昼の休みに 窓辺に寄れば 黒いパイプに 青空うつる 黒いパイプに 青空うつる 過ぎし日曜と 同じように どこからどこまで 晴れた空 黒いパイプに 思い出うつる 黒いパイプに 思い出うつる  君にもらった このパイプ 夕べさみしく 窓辺に寄れば 黒いパイプに 夕日が照るよ 黒いパイプに 夕日が照るよ 煙うすれて たそがれて ねぐらへ帰るか 鳥の影 黒いパイプに 想い出照るよ 黒いパイプに 想い出照るよ  君にもらった このパイプ 夜のひととき 静かにすえば 黒いパイプに 灯りがにじむ 黒いパイプに 灯りがにじむ 君は今頃 何してる 便りを書こうと 筆とれば 黒いパイプに 想い出にじむ 黒いパイプに 想い出にじむ
パチリコ パチリン なんだろな水谷玲子水谷玲子サトウハチロー佐藤真パチリコパチリン なんだろな おめめをさました うさぎのぼうや ピョコリコ ピョコリン おみみが ピョコリン パチリコパチリン おひさまみてた  チュクリコチュクリン なんだろな おっぱいのんでる こぐまのぼう坊や モコリコ モコリン おなかが モコリン チュクリコチュクリン ことりがみてた  ソロリコソロリン なんだろな うまれたばかりの ラクダのぼうや ヨロリコ ヨロリン あぶない ヨロリン ソロリコソロリン そよかぜみてた
悲しくてやりきれない松本伊代松本伊代サトウハチロー加藤和彦胸にしみる 空のかがやき 今日も遠くながめ 涙を流す 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを 誰かに告げようか  白い雲は流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしく揺れる 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この限りない 空しさの 救いはないだろうか  深い森の緑に 抱かれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この燃えたぎる 苦しさは 明日も続くのか
黒い微笑美空ひばり美空ひばりサトウハチロー井上かつおいつでもいつでも 黒でした 帽子も上衣も 手袋も 何から何まで 黒でした 口笛吹いては さびしそに 黒い微笑を 浮かべてる それが 少し気になる 気にかかる  手紙のインクも 黒でした 髪の毛 目の色 泣きぼくろ しっとりぬれてる 黒でした 別れに右手を あげながら 黒い微笑を 浮かべてる それが 少し気になる 気にかかる  住んでる部屋まで 黒でした 扉の ノブも 壁紙も 電気のシェードも 黒でした 夜更けにまつ毛を ふと閉じて 黒い微笑を 浮かべてる それが 少し気になる 気にかかる
ちょいといけます榎本健一、古川緑波榎本健一、古川緑波サトウハチロー古関裕而何から何まで 裏がある ぬけ裏 路地裏 裏の裏 一からきりまで 裏表 可愛いあの子の 足の裏 ちょいといけます いたゞけますな  あらあらしばらく ごきげんよう 何より元気で お達者で てなこと言いつつ じろりみる ふとっているのは さては闇 ちょいといけます いたゞけますな  柱はたてたが 屋根がない 小窓をつくれど ガラスがない みんなでやむなく 持ち寄りで 一つの家たて 七世帯 ちょいといけます いたゞけますな  電車がこむのは あたりまえ 押されてもまれて 目がまわる やっとこ気がつき 下りたらば ちがったネクタイ しめていた ちょいといけます いたゞけますな  泣かしてくれるな 赤ん坊 お乳がなにより たりません お前のお守りが たりないぞ それより稼ぎが なおたりない ちょいといけます いたゞけますな  すべては裏です 裏ばかり 人生よろしく 裏街道 町で行き会う 人の顔 みたまえ全部が 裏がえし ちょいといけます いたゞけますな
見たり聞いたりためしたり藤山一郎、並木路子藤山一郎、並木路子サトウハチロー服部良一明るい小窓に 花があるある のぞけば可愛い ペルシャ猫 やるせがないぞえ ラブソング こいつはなかなか いたゞける むねはピクリン 鼻はピクリン 見たり聞いたり ためしたり  夜空を眺めりゃ 月があるある 今宵はおぼろで カーネーション どなたにおくるか プレゼント こいつはなかなか いたゞける むねはピクリン 鼻ピクリン 見たり聞いたり ためしたり  グラスにお酒が ついであるある 大人のオモチャも ちゃんとある ハートのクインと ひとおどり こいつはなかなか いたゞける むねはピクリン 鼻ピクリン 見たり聞いたり ためしたり  いとしき町には 川があるある ひねもす嘆きの セレナーデ 小石を投げれば 唄がやむ こいつはなかなか いたゞける むねはピクリン 鼻ピクリン 見たり聞いたり ためしたり
目ン無い千鳥GOLD LYLIC大川栄策GOLD LYLIC大川栄策サトウハチロー古賀政男目ン無い千鳥の高島田 見えぬ鏡にいたわしや 曇る今宵の金屏風 誰のとがやら罪じゃやら  千々に乱れる思い出は すぎし月日の糸車 回す心の 盃に 紅はさしても晴れぬ胸  雨の夜更けに弾く琴が 白い小指にしみてゆく 花がちるちる春が逝く 胸の扉がまた濡れる  目ン無い千鳥の さみしさは 切れてはかない琴の糸 青春の盛りの若い葉に むせび泣くよなこぬか雨
小雨の丘島倉千代子島倉千代子サトウハチロー服部良一雨がしずかに降る 日暮れの街はずれ そぼ降る 小雨に 濡れゆくわが胸 夢のようなこぬか雨 亡き母のささやき ひとりきくひとりきく さみしき胸に  ああ お母さん あなたが死んで三年 私はこの雨にあなたを想う 雨 雨 泣きぬれる雨 木の葉も草も そして私も  つらいこの世の雨 悲しきたそがれよ そぼ降る小雨に 浮かぶは想い出 うつり行く日を数え 亡き母を偲べば ともしびがともしびが 彼方の丘に  ともしび ともしび 母さんの瞳によく似た ともしび 私は歌おう 私の好きなあの丘で 母さんを想う心からの歌  丘に静かに降る 今宵のさみしさよ そぼ降る小雨と 心の涙よ ただ一人たたずめば 亡き母のおもかげ 雨の中雨の中 けむりて浮かぶ
リンゴの唄PLATINA LYLIC並木路子PLATINA LYLIC並木路子サトウハチロー万城目正赤いリンゴに くちびる寄せて だまって見ている 青い空 リンゴは何にも いわないけれど リンゴの気持ちは よくわかる リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  あの娘よい子だ 気立てのよい娘 リンゴによく似た 可愛いい娘 どなたがいったか うれしいうわさ 軽いクシャミも トンデ出る リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  朝のあいさつ 夕べの別れ いとしいリンゴに ささやけば 言葉は出さずに 小くびをまげて あすもまたネと 夢見顔 リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ  歌いましょうか リンゴの歌を 二人で歌えば なお楽し 皆なで歌えば なおなおうれし リンゴの気持ちを 伝えよか リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ
うれしい雛まつり石川さゆり石川さゆりサトウハチロー河村光陽喜多嶋修、デビッド・ベンワ燈火(あかり)を點(つ)けましょ ぼんぼりに お花を 上(あ)げましょ 桃の花 五人囃子(ばやし)の 笛 太鼓 今日は楽しい 雛まつり  お内裏(だいり)さまと お雛さま 二人ならんで すまし顔 お嫁にいらした 姉さまに よく似た官女(かんじょ)の 白い顔  金の屏風(びょうぶ)に 映る灯を かすかにゆする 春の風 すこし白酒 召めされたか 赤いお顔の 右大臣(うだいじん)  着物を着かえて 帯(おび)しめて 今日は私も 晴姿 春の弥生(やよい)の このよき日 何より嬉しい 雛まつり
小さい秋みつけた安全地帯安全地帯サトウハチロー中田喜直だれかさんが だれかさんが だれかさんがみつけた  小さい秋 小さい秋 小さい秋みつけた  目かくし、おにさん 手のなる方へ すましたお耳に かすかにしみた 呼んでる口笛 もずの声  小さい秋 小さい秋 小さい秋みつけた
ちいさい秋みつけたGOLD LYLIC童謡・唱歌GOLD LYLIC童謡・唱歌サトウハチロー中田喜直小六禮次郎だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい あき ちいさい あき ちいさい あき みつけた めかくしおにさん ての なるほうへ すました おみみに かすかに しみた よんでる くちぶえ もずの こえ ちいさい あき ちいさい あき ちいさい あき みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい あき ちいさい あき ちいさい あき みつけた おへやは きたむき くもりの ガラス うつろな めのいろ とかした ミルク わずかな すきから あきの かぜ ちいさい あき ちいさい あき ちいさい あき みつけた  だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた ちいさい あき ちいさい あき ちいさい あき みつけた むかしの むかしの かざみの とりの ぼやけた とさかに はぜのは ひとつ はぜのは あかくて いりひいろ ちいさい あき ちいさい あき ちいさい あき みつけた
もうすぐ春だ三村輝夫、東京少年少女合唱隊三村輝夫、東京少年少女合唱隊サトウハチロー中田喜直中田喜直こたつにさよなら こたつにさよなら むりして外へと とんで出た 鼻がつめたい 耳たぶ痛い でも でもね 木蓮のつぼみが もうすぐ春だと すましてた こっちの胸も ふくらんだ  元気で行こうと 元気で行こうと とっくりジャケツで とんで出た 襟がひんやり 手首も寒い でも でもね ひなたにかげろうが もうすぐ春だと 動いてた こっちの胸も ゆれていた  お使い引き受け お使い引き受け ぞうりをつっかけ とんで出た 風がまともで 走るにゃつらい でも でもね 鳥居で小鳥が もうすぐ春だと 鳴いていた こっちの胸も はずんでた
悲しくてやりきれない吉田拓郎吉田拓郎サトウハチロー加藤和彦Takuro Yoshida胸にしみる空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は 流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて悲しくてとてもやりきれない この限りないむなしさの 救いはないだろうか  深い森のみどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる 苦しさは 明日も続くのか
めんこい子馬由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子サトウハチロー仁木他喜雄ぬれた子馬の たてがみを なでりゃ両手に 朝のつゆ 呼べば答えて めんこいぞ オラ かけていこうかよ 丘の道 ハイド ハイドウ 丘の道  わらの上から 育ててよ 今じゃ毛なみも 光ってる おなかこわすな 風邪ひくな オラ 元気に高く ないてみろ ハイド ハイドウ ないてみろ  西のお空は 夕焼けだ 子馬かえろう おうちには おまえの母さん まっている オラ 歌ってやろかよ 山の歌 ハイド ハイドウ 山の歌  月が出た出た まんまるだ 子馬のおへやも 明るいぞ よい夢ごらんよ ねんねしな オラ あしたは朝から またあそぼ ハイド ハイドウ またあそぼ
なァ八ちゃん大杉八郎大杉八郎サトウハチロー松井八郎仲間ほしさに エンコに出れば いつでも待ってる 顔がある 肩をならべりゃ ただそれだけで 通うキモチの 奴がいる それでいいんだ なァ八ちゃん 月でもみながら歩こうか  まつ毛ぬらして エンコに出れば 泣くなと待ってる 顔がある たばこ一本 二人でふかしゃ ゆれるけむりも 仲がいい それでいいんだ なァ八ちゃん 星にもきかせて うたおうか  雨の夜更けに エンコに出れば 来たなと待ってる 顔がある 財布はたいた コップの酒に 目玉四つが ういている それでいいんだ なァ八ちゃん 朝までどこかで 語ろうか
麗人の唄河原喜久恵河原喜久恵サトウハチロー堀内敬三ぬれた瞳とささやきに ついだまされた恋ごころ きれいな薔薇にはとげがある きれいな男にゃ罠がある 知ってしまえばそれまでよ 知らないうちが花なのよ  悩みと嘆きとためいきを さらりと捨てて すまし顔 きめた復讐 その手段 女は弱くて強きもの 知ってしまえばそれまでよ 知らないうちが花なのよ  昨日はゴルフ 今日競馬 麻雀 ダンス カクテール 日に夜についでの あそびごと チラリと秋波(ながしめ) 投げキッス 知ってしまえばそれまでよ 知らないうちが花なのよ  昼のお化粧 寝白粉 鏡にみつける 頬のしわ 若さは二度と かえらない むかし恋しい 入れぼくろ 知ってしまえばそれまでよ 知らないうちが花なのよ  ふとふりかえる すぎし道 しみじみ思う 恋の道 ほんとの恋はどこにある たったひとすじまごごろに 知ってしまえばそれまでよ 知らないうちが花なのよ 
東京都荒川区立第九中学校校歌校歌校歌サトウハチロー渡辺浦人空を仰げば あふれる若さ 流れる雲に 未来を誓う 夢と希望は 大きく広く 今日も明るく健やかに 我らの荒川第九中学校  川風かおる 学びの道を 友と手をとり 楽しく通う 体をきたえ知徳を磨き 我が師我が友伝えて響く 我らの荒川第九中学校  励みいそしむ三年の月日 春はそよ風 秋には雨よ 冬は木枯らし真夏の昼も とこしえ心の糧として 我らの荒川第九中学校
東京都品川区立平塚中学校校歌校歌校歌サトウハチロー松田トシ光り輝やく 若葉のみどり いつも心に もえたつ陽炎 礼儀正しく 真理を愛し 肩をならべて われらは通う おゝ平塚 愛する母校 おゝ平塚 平塚中学校  雲をながめて ほほえみかわし 語る言葉に あふれる友情 明朗一途に 明日をめぎし 胸をおどらせ われは学ぶ おゝ平塚 愛する母校 おゝ平塚 平塚中学校  栄えひろがる 行手を描き とじたまぶたに みなぎる感謝 教え導く わが師をたたえ 声をあわせて われらは唄う おゝ平塚 愛する母校 おゝ平塚 平塚中学校
静岡県榛原郡吉田町立吉田中学校校歌校歌校歌サトウハチロー中田喜直空を映して きょうもまた 豊に流れる大井川 やさしき心を くみとりて 若さですべてに 打ちこむわれら 友よ 友よ 肩をならべて 母校の名をとなえん 吉田 吉田 おお 吉田  雪の気高さ かがやかせ 静かに見まもる 富士の山 りりしき姿を 仰ぎつつ 明日をめざして 進むはわれら 友よ 友よ 雲に手をふり 母校の名をとなえん 吉田 吉田 おお 吉田  波に茶の香を ただよわせ ひねもすささやく 駿河湾 あふれる涙も よろこびも たがいにわけあい 語るはわれら 友よ 友よ 声をあわせて 母校の名をとなえん 吉田 吉田 おお 吉田
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 366日
  3. 浅野内匠頭
  4. 夢幻
  5. Love seeker

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. hanataba
  5. 会いに行くのに

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×