石川ひとみの歌詞一覧リスト  84曲中 1-84曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
84曲中 1-84曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
I BELIEVE YOUI believe you 枕もとに しのび込む 月の光が 夢の国へ 連れてゆく 象牙の舟  I believe you 名も知らない 恋人と 夜空の海へ 二人だけで 漕いでく 銀の櫂よ  信じてます めぐり逢えることを 愛する人に 素敵な恋の おとずれ一つ 待ってる 私よ  I believe you まだ逢えない 恋人の 幸せだけを 祈りましょう 神様に  おやすみなさい おやすみなさい  信じてます めぐり逢えることを 愛する人に 素敵な恋の おとずれ一つ 待ってる 私よ  I believe you まだ逢えない 恋人の 幸せだけを 祈りましょう 神様に  おやすみなさい おやすみなさい石川ひとみDick & Don Addrisi・訳詞:初信之介Dick & Don Addrisi大村雅朗I believe you 枕もとに しのび込む 月の光が 夢の国へ 連れてゆく 象牙の舟  I believe you 名も知らない 恋人と 夜空の海へ 二人だけで 漕いでく 銀の櫂よ  信じてます めぐり逢えることを 愛する人に 素敵な恋の おとずれ一つ 待ってる 私よ  I believe you まだ逢えない 恋人の 幸せだけを 祈りましょう 神様に  おやすみなさい おやすみなさい  信じてます めぐり逢えることを 愛する人に 素敵な恋の おとずれ一つ 待ってる 私よ  I believe you まだ逢えない 恋人の 幸せだけを 祈りましょう 神様に  おやすみなさい おやすみなさい
赤い靴赤いくつ はいてた 女の子 異人さんに つれられて 行っちゃった  横浜の 埠頭から 船に乗って 異人さんに つれられて 行っちゃった  今では 青い目になっちゃって 異人さんのお国に いるんだろう  赤いくつ 見るたび 考える 異人さんに逢うたび 考える石川ひとみ野口雨情本居長世赤いくつ はいてた 女の子 異人さんに つれられて 行っちゃった  横浜の 埠頭から 船に乗って 異人さんに つれられて 行っちゃった  今では 青い目になっちゃって 異人さんのお国に いるんだろう  赤いくつ 見るたび 考える 異人さんに逢うたび 考える
赤い靴赤い靴を 履いていった 初めてのデート 大人に見せたくって 無理してたのよ  高いかかと 細いつま先 とても痛かった 泣きそうでも 笑いながら あなたを 見つめた  あの日から あの日からずっと 赤い靴 赤いあの靴を 今も 履いています あなたには あなたにだけはね 綺麗だと 変わらないよと 言われたくて ずっと  愛する人の前に 立ち続けたい 赤い靴を履いたままで 愛の歌だけを  あの日から あの日からずっと 赤い靴 赤いあの靴を 履いたままでいます 胸を張り 恥じらいを隠し 綺麗だと 愛しているよと 言われたくて あなた石川ひとみ山田ひろし山田直毅山田直毅赤い靴を 履いていった 初めてのデート 大人に見せたくって 無理してたのよ  高いかかと 細いつま先 とても痛かった 泣きそうでも 笑いながら あなたを 見つめた  あの日から あの日からずっと 赤い靴 赤いあの靴を 今も 履いています あなたには あなたにだけはね 綺麗だと 変わらないよと 言われたくて ずっと  愛する人の前に 立ち続けたい 赤い靴を履いたままで 愛の歌だけを  あの日から あの日からずっと 赤い靴 赤いあの靴を 履いたままでいます 胸を張り 恥じらいを隠し 綺麗だと 愛しているよと 言われたくて あなた
秋が燃える編みかけの ブルーのセーター 糸をひくと 愛がほどけて あなたの面影と もつれあうの 逢いたい 逢えない 電話もこない  Ah 強く目を閉じ 貝がらをわり 私を変えてと 抱かれた海辺 Ah あなたは 熱く灼けた素肌に 私のすべてを 押しつけてくれた……  ああ まだよ まだよ まだよ 好きなの まだよ まだよ まだよ 行かないで 秋が燃える  カタカナで アイと書いて 日記を閉じた 愛が哀しい 信じるつらさには 耐えられるけど 疑うつらさで ダメになりそう  Ah 夢は気まぐれ 突然消える 続きが見たいの 一緒に見たい Ah あなたは 潮の匂いをさせて 死にたくなるほど 抱きしめてくれた……  ああ まだよ まだよ まだよ 好きなの まだよ まだよ まだよ 行かないで 秋が燃える  まだよ まだよ まだよ 好きなの まだよ まだよ まだよ 行かないで 秋が燃える石川ひとみ岡田冨美子佐瀬寿一編みかけの ブルーのセーター 糸をひくと 愛がほどけて あなたの面影と もつれあうの 逢いたい 逢えない 電話もこない  Ah 強く目を閉じ 貝がらをわり 私を変えてと 抱かれた海辺 Ah あなたは 熱く灼けた素肌に 私のすべてを 押しつけてくれた……  ああ まだよ まだよ まだよ 好きなの まだよ まだよ まだよ 行かないで 秋が燃える  カタカナで アイと書いて 日記を閉じた 愛が哀しい 信じるつらさには 耐えられるけど 疑うつらさで ダメになりそう  Ah 夢は気まぐれ 突然消える 続きが見たいの 一緒に見たい Ah あなたは 潮の匂いをさせて 死にたくなるほど 抱きしめてくれた……  ああ まだよ まだよ まだよ 好きなの まだよ まだよ まだよ 行かないで 秋が燃える  まだよ まだよ まだよ 好きなの まだよ まだよ まだよ 行かないで 秋が燃える
あざやかな微笑春の街を 泳ぐ恋人達が 得意そうに 私を追い越してゆく まるであの日の私 まねする様に 彼女の肩は 彼にやさしく抱かれてる  あああ 突然 想い出の待ち伏せ かわしきれず胸に こみあげる哀しみ  でも止まれ! 止まれ 止まれ 涙止まれ! 止まれ 止まれ 止まれ 目頭(めがしら)から 1cm さあ止まれ! 止まれ 止まれ 涙止まれ! 止まれ 止まれ 止まれ 愛したこと 悔やまない あざやかな微笑みを あざやかな微笑みを あなたに みせてあげる  肩に降りた桜の花びら そっと カップに浮かす 昼下がりのティー・ハウス 甘いまなざしくれた あなたの席に 今は帽子がひとつ 無口にすわります  あああ ここにも さよならの切れはし 目線そむけ だけど 隠せないとまどい  でも止まれ! 止まれ 止まれ 涙止まれ! 止まれ 止まれ 止まれ 目頭(めがしら)から 1cm さあ止まれ! 止まれ 止まれ 涙止まれ! 止まれ 止まれ 止まれ 愛したこと 悔やまない あざやかな微笑みを あざやかな微笑みを あなたに みせてあげる石川ひとみ森雪之丞西島三重子春の街を 泳ぐ恋人達が 得意そうに 私を追い越してゆく まるであの日の私 まねする様に 彼女の肩は 彼にやさしく抱かれてる  あああ 突然 想い出の待ち伏せ かわしきれず胸に こみあげる哀しみ  でも止まれ! 止まれ 止まれ 涙止まれ! 止まれ 止まれ 止まれ 目頭(めがしら)から 1cm さあ止まれ! 止まれ 止まれ 涙止まれ! 止まれ 止まれ 止まれ 愛したこと 悔やまない あざやかな微笑みを あざやかな微笑みを あなたに みせてあげる  肩に降りた桜の花びら そっと カップに浮かす 昼下がりのティー・ハウス 甘いまなざしくれた あなたの席に 今は帽子がひとつ 無口にすわります  あああ ここにも さよならの切れはし 目線そむけ だけど 隠せないとまどい  でも止まれ! 止まれ 止まれ 涙止まれ! 止まれ 止まれ 止まれ 目頭(めがしら)から 1cm さあ止まれ! 止まれ 止まれ 涙止まれ! 止まれ 止まれ 止まれ 愛したこと 悔やまない あざやかな微笑みを あざやかな微笑みを あなたに みせてあげる
あなたとならばあなたとならば 前を向いて歩ける 涙がでても すぐにかわくわ あなたとならば たとえ世界の果ての 凍りついた荒野にでも わたしはゆける  街の店コーヒーを 飲んでるだけで 二人の愛は 育ってゆくの  あなたとならば 明日を信じてゆける 今日という日が 灰色だって めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  あなたとならば 歌を唄ってゆける 悲しいことも 耐えられるでしょう あなたとならば 生きる悩みを抱いて 生きてゆける二人の道 歩いてゆける  街はずれ星空を ながめていたら 流れ星ふたつ 流れていった  あなたとならば 今はかすんだ未来 恐くはないわ 進んでゆける めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  今日はもうあの空の 向こうに消えた 新しい時を 二人して待ちましょう  あなたとならば 夜が淋しい時も わたしは待てる 朝焼けの時 めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  眠る前に祈りたいの あなたのこと やさしい夢を見て おやすみなさい石川ひとみ山上路夫鈴木淳山田直毅あなたとならば 前を向いて歩ける 涙がでても すぐにかわくわ あなたとならば たとえ世界の果ての 凍りついた荒野にでも わたしはゆける  街の店コーヒーを 飲んでるだけで 二人の愛は 育ってゆくの  あなたとならば 明日を信じてゆける 今日という日が 灰色だって めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  あなたとならば 歌を唄ってゆける 悲しいことも 耐えられるでしょう あなたとならば 生きる悩みを抱いて 生きてゆける二人の道 歩いてゆける  街はずれ星空を ながめていたら 流れ星ふたつ 流れていった  あなたとならば 今はかすんだ未来 恐くはないわ 進んでゆける めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  今日はもうあの空の 向こうに消えた 新しい時を 二人して待ちましょう  あなたとならば 夜が淋しい時も わたしは待てる 朝焼けの時 めぐり会うこと はるか遠いところで 二人のため決められてた そんな気がする  眠る前に祈りたいの あなたのこと やさしい夢を見て おやすみなさい
あなたの心にあなたの心に 風があるなら そして それが 春の風なら 私ひとりで ふかれてみたいな いつまでも いつまでも  あなたの心に 空があるなら そして それが 青い空なら 私ひとりで のぼってみたいな どこまでも どこまでも  だって いつも あなたは 笑って いるだけ そして 私を 抱きしめるだけ  あなたの心に 海があるなら そして それが 涙の海なら 私ひとりで およいでみたいな いつまでも いつまでも  ルルル ルルル ラララララララ  だって いつも あなたは 笑って いるだけ そして 私を 抱きしめるだけ石川ひとみ中山千夏都倉俊一あなたの心に 風があるなら そして それが 春の風なら 私ひとりで ふかれてみたいな いつまでも いつまでも  あなたの心に 空があるなら そして それが 青い空なら 私ひとりで のぼってみたいな どこまでも どこまでも  だって いつも あなたは 笑って いるだけ そして 私を 抱きしめるだけ  あなたの心に 海があるなら そして それが 涙の海なら 私ひとりで およいでみたいな いつまでも いつまでも  ルルル ルルル ラララララララ  だって いつも あなたは 笑って いるだけ そして 私を 抱きしめるだけ
あなたの天使黙ったままで ハンドル切るあなた 海辺の道とばせば 横顔が少しブルー 何かあったの? 突然の電話に 海を選んだ訳も わかったような気がした  わたしはいつもあなたの天使 側に居てあげる こんな時は わたしはいつもあなたの天使 側に居てあげる 気のすむまで…  黄昏の海を 見たら微笑みを 思い出してね  わがままばかり すねていたわたしを 包んでくれた人は あなたの他いやしない 出逢った頃も このサイドシートで あなたの夢聞いては 心洗われて行った  わたしはいつもあなたの天使 側に居てあげる こんな時は わたしはいつもあなたの天使 側に居てあげる 気のすむまで…  沈んだ顔など そうよ あなたには 似合わないのよ  沈んだ顔など そうよ あなたには 似合わないのよ  わたしはいつもあなたの天使 側に居てあげる こんな時は わたしはいつもあなたの天使 側に居てあげる 気のすむまで…石川ひとみ友井久美子西島三重子黙ったままで ハンドル切るあなた 海辺の道とばせば 横顔が少しブルー 何かあったの? 突然の電話に 海を選んだ訳も わかったような気がした  わたしはいつもあなたの天使 側に居てあげる こんな時は わたしはいつもあなたの天使 側に居てあげる 気のすむまで…  黄昏の海を 見たら微笑みを 思い出してね  わがままばかり すねていたわたしを 包んでくれた人は あなたの他いやしない 出逢った頃も このサイドシートで あなたの夢聞いては 心洗われて行った  わたしはいつもあなたの天使 側に居てあげる こんな時は わたしはいつもあなたの天使 側に居てあげる 気のすむまで…  沈んだ顔など そうよ あなたには 似合わないのよ  沈んだ顔など そうよ あなたには 似合わないのよ  わたしはいつもあなたの天使 側に居てあげる こんな時は わたしはいつもあなたの天使 側に居てあげる 気のすむまで…
アモーレアモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 背中にくちづけて アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ この夏 ちょっと遊 ing  白くかわいた砂の上 風に髪をほどかせ 光る海を見つめてる 午後の秘め事 冷えたシェリーなど 飲みながら 私のひざで眠る ひと夏だけのカサノヴァが とても好きよ あなた  めぐり会うたびに はかなさを知るわ それなのに 今日も 誰かをやっぱり愛してる  アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 背中にくちづけて アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ この夏 ちょっと遊 ing  夢の途中でめざめると いつも悲しくなるの たどりつけない恋人に 見捨てられたようで 限りある夏の短さのせいね 惜しみなくうばう 切ない恋ほど きらめくの  アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 夢なら 夢らしく アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ この夏 ちょっと遊 ing  アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 背中にくちづけて アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ この夏 ちょっと遊 ing…石川ひとみ竜真知子佐藤隆アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 背中にくちづけて アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ この夏 ちょっと遊 ing  白くかわいた砂の上 風に髪をほどかせ 光る海を見つめてる 午後の秘め事 冷えたシェリーなど 飲みながら 私のひざで眠る ひと夏だけのカサノヴァが とても好きよ あなた  めぐり会うたびに はかなさを知るわ それなのに 今日も 誰かをやっぱり愛してる  アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 背中にくちづけて アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ この夏 ちょっと遊 ing  夢の途中でめざめると いつも悲しくなるの たどりつけない恋人に 見捨てられたようで 限りある夏の短さのせいね 惜しみなくうばう 切ない恋ほど きらめくの  アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 夢なら 夢らしく アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ この夏 ちょっと遊 ing  アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ 背中にくちづけて アモーレ アモーレ アモーレ・ミオ この夏 ちょっと遊 ing…
いつわり今日もあなたと二人 揺れる心重ねて お互いのぬくもり求めあうのね たよりなく過ぎてゆく けだるいままの時間 やさしいだけのことば聞きたくないわ  愛を知りすぎた二人だから 心もからだも今すぐに捧げたいの わざとあなたはじらすのね 女の弱さつかんだの  いやよ!きまぐれなんて 偽りでつくられた愛なんて  煙草をふかしながら 深い溜息ついて あなたの心は遠ざかるのね 時計の音が騒ぐ ま昼の白い時間 わたしは目をふせて涙こらえる  愛と信じてたわたしだから うそを囁いた あなたのこと憎めないの わざとあなたに尋ねたら きっと好きだと答えるわ  いやよ!きまぐれなんて 偽りでつくられた愛なんて  わざとわたしは背をむけて あなたの気持感じたい  いやよ!きまぐれなんて 偽りでつくられた愛なんて石川ひとみ石川ひとみ山田直毅松任谷正隆今日もあなたと二人 揺れる心重ねて お互いのぬくもり求めあうのね たよりなく過ぎてゆく けだるいままの時間 やさしいだけのことば聞きたくないわ  愛を知りすぎた二人だから 心もからだも今すぐに捧げたいの わざとあなたはじらすのね 女の弱さつかんだの  いやよ!きまぐれなんて 偽りでつくられた愛なんて  煙草をふかしながら 深い溜息ついて あなたの心は遠ざかるのね 時計の音が騒ぐ ま昼の白い時間 わたしは目をふせて涙こらえる  愛と信じてたわたしだから うそを囁いた あなたのこと憎めないの わざとあなたに尋ねたら きっと好きだと答えるわ  いやよ!きまぐれなんて 偽りでつくられた愛なんて  わざとわたしは背をむけて あなたの気持感じたい  いやよ!きまぐれなんて 偽りでつくられた愛なんて
IF若しも 私に 絵が かけるとしても 貴方の 全て 描きつくせない  若しも 遠い国へ 旅する時も 私は 帰る 貴方の もとへ  乾いた 心にしみる 貴方の 優しさ……  この体が 二つに なれるならば 何時も 私は 貴方の そばに  若しも この世界が 終るならば 残された日を 貴方と 共に  消え行く 星の 空へ 二人は 飛んでゆくの石川ひとみDavid GatesDavid Gates若しも 私に 絵が かけるとしても 貴方の 全て 描きつくせない  若しも 遠い国へ 旅する時も 私は 帰る 貴方の もとへ  乾いた 心にしみる 貴方の 優しさ……  この体が 二つに なれるならば 何時も 私は 貴方の そばに  若しも この世界が 終るならば 残された日を 貴方と 共に  消え行く 星の 空へ 二人は 飛んでゆくの
海のようなやさしさで…あなたとの時間(とき) あなたの気配 すっかり満たされていた 海のようなやさしさに  想い出行き交う 海岸通り ふしぎなことね 楽しい頃も なぜかここが さようならの景色の気がしてた  すれ違う人が 振り返れば まぶしいほど 似合う二人 だけど 心の波立ち 愛が引き潮  あなたがそっと 私の肩に コート着せかけてくれた もどらぬ あの日の海  夢みる時は いつもつかの間 それを人は 愛と人は 名付けたのでしょうか 今 愛が引き潮  寄せては返す 波に漂う カモメさえも 灰色の 空にうるんで とける  あなたとの時間(とき) あなたの気配 こんなに私 泣かせた 海のようなやさしさで石川ひとみ武衛尚子和泉常寛渡辺茂樹あなたとの時間(とき) あなたの気配 すっかり満たされていた 海のようなやさしさに  想い出行き交う 海岸通り ふしぎなことね 楽しい頃も なぜかここが さようならの景色の気がしてた  すれ違う人が 振り返れば まぶしいほど 似合う二人 だけど 心の波立ち 愛が引き潮  あなたがそっと 私の肩に コート着せかけてくれた もどらぬ あの日の海  夢みる時は いつもつかの間 それを人は 愛と人は 名付けたのでしょうか 今 愛が引き潮  寄せては返す 波に漂う カモメさえも 灰色の 空にうるんで とける  あなたとの時間(とき) あなたの気配 こんなに私 泣かせた 海のようなやさしさで
エンドレス メモリー陽のあたるカフェテラス ふと耳にしたメロディーは なつかしいラブ・ソング 私の心ふるわせる  Remember & Take me back again 学生街の華やぎ 愛して愛された あなたの声 あなたの匂い  いくつかの季節(とき)が過ぎ 失くしたはずのページから 鮮やかによみがえる 二人のストーリー  あの夏の砂浜で 大きな夢を話してくれた 私はそっと微笑んで 澄んだ瞳を見つめてた  Remember & Take me back again 還りたい あの頃へ あなたの灼けた肌 私の恋 私のhappiness  青春のステージで 演じつづけた二人のドラマ 振り向けば束の間の Beautiful Memory石川ひとみ広瀬哲広瀬哲陽のあたるカフェテラス ふと耳にしたメロディーは なつかしいラブ・ソング 私の心ふるわせる  Remember & Take me back again 学生街の華やぎ 愛して愛された あなたの声 あなたの匂い  いくつかの季節(とき)が過ぎ 失くしたはずのページから 鮮やかによみがえる 二人のストーリー  あの夏の砂浜で 大きな夢を話してくれた 私はそっと微笑んで 澄んだ瞳を見つめてた  Remember & Take me back again 還りたい あの頃へ あなたの灼けた肌 私の恋 私のhappiness  青春のステージで 演じつづけた二人のドラマ 振り向けば束の間の Beautiful Memory
置き忘れたメモリー通り過ぎる制服に あなたを見つけて 立ち止まれば違う横顔 不思議ね今もあなたは 胸のアルバムに 色褪せることなく 微笑む  置き忘れたメモリー 街角で見つけたら 言えなかった言葉を 綴りたいけど……  ひたむき過ぎるあなたが 恐かったあの頃 私はまだ髪を結んでた 時間(とき)は優しい手品師 あの日の涙も さりげなく笑顔に変えるの  口づけもまだ知らずに うつむいてた私を 今でもずっと その胸に 輝かせて  置き忘れたメモリー 愛おしく想うのは きっと今の私が 倖せだから  置き忘れたメモリー 街角で見つけたら 返せなかった優しさで 包みたいけど…石川ひとみ宮原芽映玉置浩二鷺巣詩郎通り過ぎる制服に あなたを見つけて 立ち止まれば違う横顔 不思議ね今もあなたは 胸のアルバムに 色褪せることなく 微笑む  置き忘れたメモリー 街角で見つけたら 言えなかった言葉を 綴りたいけど……  ひたむき過ぎるあなたが 恐かったあの頃 私はまだ髪を結んでた 時間(とき)は優しい手品師 あの日の涙も さりげなく笑顔に変えるの  口づけもまだ知らずに うつむいてた私を 今でもずっと その胸に 輝かせて  置き忘れたメモリー 愛おしく想うのは きっと今の私が 倖せだから  置き忘れたメモリー 街角で見つけたら 返せなかった優しさで 包みたいけど…
おやすみ前にワインのほてりも さめもしないうち いやね… そろそろ帰ろうと つぶやきが淋しくて ちょっとすねてみる 真似したの  幸せみちた ふたりを乗せた 電車の中で 窓に流れる 街のともしび ながめるふりして ガラスに映った あなたの横顔 そっとみていたけれど…  もしもあなたが 気付いてくれたら うつむかず ほほえみ 返せるかしら  ざわめきとぎれて いつか帰り道 ふたり このまま同じ夜 分け合っていたいから わざとまわり道 教えたの  左の肩に あなたの腕の ぬくもりつたう もう一度だけ 確かめたいの 熱い想いを もうすぐなのね 私の家は あの角を まがったら…  月の光が 雲に隠れたら 初めての口づけ 受けてもいいわ  もしも あなたの指が触れたら 初めての口づけ 受けてもいいわ  おやすみなさい 言われる前に 初めての口づけ 受けてもいいの…石川ひとみ小室みつ子小室みつ子ワインのほてりも さめもしないうち いやね… そろそろ帰ろうと つぶやきが淋しくて ちょっとすねてみる 真似したの  幸せみちた ふたりを乗せた 電車の中で 窓に流れる 街のともしび ながめるふりして ガラスに映った あなたの横顔 そっとみていたけれど…  もしもあなたが 気付いてくれたら うつむかず ほほえみ 返せるかしら  ざわめきとぎれて いつか帰り道 ふたり このまま同じ夜 分け合っていたいから わざとまわり道 教えたの  左の肩に あなたの腕の ぬくもりつたう もう一度だけ 確かめたいの 熱い想いを もうすぐなのね 私の家は あの角を まがったら…  月の光が 雲に隠れたら 初めての口づけ 受けてもいいわ  もしも あなたの指が触れたら 初めての口づけ 受けてもいいわ  おやすみなさい 言われる前に 初めての口づけ 受けてもいいの…
オリーブの栞くちづけを交わしたあとで 急に無口にならないで ヴェランダは午後の日射し 二人の肌をくすぐるわ……  恋人がいること 昨夜(ゆうべ) 誰かに聞いた あなたは笑って打ち消したけど 女の勘でわかっていたわ  嘘は罪じゃない (罪でもいいの) 愛も罪じゃない (罪でもいいの) 後悔をするはずもない はじめての愛した人よ  嘘は罪じゃない (罪でもいいの) 愛も罪じゃない (罪でもいいの) 旅立つわ 明日は一人 愛したのは 私……  ざわめく街のアスファルト オリーブの葉がひらひらと 舞い落ちてきたら それは 私の愛の証拠です  あなたはつま先で 何げなく踏みつぶす 私は痛さに悲鳴をあげる それがあなたに届かないのね  嘘は罪じゃない (いいえ それは嘘) 愛も罪じゃない (いいえ それも嘘) 大人になりかけた季節 あなたに出逢ったせいなの  嘘は罪じゃない (いいえ それは嘘) 愛も罪じゃない (いいえ それも嘘) はじめから許していたの 愛したのは 私……  (嘘は罪じゃない) 罪でもいいの (愛も罪じゃない) 罪でもいいの 後悔をするはずもない はじめての愛した人よ  (嘘は罪じゃない) 罪でもいいの (愛も罪じゃない) 罪でもいいの 旅立つわ 明日は一人 愛したのは 私……石川ひとみ三浦徳子馬飼野康二くちづけを交わしたあとで 急に無口にならないで ヴェランダは午後の日射し 二人の肌をくすぐるわ……  恋人がいること 昨夜(ゆうべ) 誰かに聞いた あなたは笑って打ち消したけど 女の勘でわかっていたわ  嘘は罪じゃない (罪でもいいの) 愛も罪じゃない (罪でもいいの) 後悔をするはずもない はじめての愛した人よ  嘘は罪じゃない (罪でもいいの) 愛も罪じゃない (罪でもいいの) 旅立つわ 明日は一人 愛したのは 私……  ざわめく街のアスファルト オリーブの葉がひらひらと 舞い落ちてきたら それは 私の愛の証拠です  あなたはつま先で 何げなく踏みつぶす 私は痛さに悲鳴をあげる それがあなたに届かないのね  嘘は罪じゃない (いいえ それは嘘) 愛も罪じゃない (いいえ それも嘘) 大人になりかけた季節 あなたに出逢ったせいなの  嘘は罪じゃない (いいえ それは嘘) 愛も罪じゃない (いいえ それも嘘) はじめから許していたの 愛したのは 私……  (嘘は罪じゃない) 罪でもいいの (愛も罪じゃない) 罪でもいいの 後悔をするはずもない はじめての愛した人よ  (嘘は罪じゃない) 罪でもいいの (愛も罪じゃない) 罪でもいいの 旅立つわ 明日は一人 愛したのは 私……
悲しくてやりきれない胸にしみる空のかがやき 今日も遠くながめ涙をながす 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このやるせないモヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて悲しくて とてもやりきれない この限りないむなしさの 救いはないだろうか  深い森のみどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる苦しさは 明日も続くのか石川ひとみサトウハチロー加藤和彦胸にしみる空のかがやき 今日も遠くながめ涙をながす 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このやるせないモヤモヤを だれかに告げようか  白い雲は流れ流れて 今日も夢はもつれ わびしくゆれる 悲しくて悲しくて とてもやりきれない この限りないむなしさの 救いはないだろうか  深い森のみどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる苦しさは 明日も続くのか
神田川貴方は もう忘れたかしら 赤い手拭 マフラーにして 二人で行った 横丁の風呂屋 一緒にでようねって 言ったのに いつも私が 待たされた 洗い髪が芯まで 冷えて 小さな石鹸 カタカタ鳴った 貴方は私の 身体を抱いて 冷たいねって 言ったのよ 若かったあの頃 何も怖くなかった ただ貴方のやさしさが 怖かった  貴方は もう捨てたのかしら 二十四色の クレパス買って 貴方が描いた 私の似顔絵 巧く描いてねって 言ったのに いつもちっとも 似てないの 窓の下には 神田川 三畳一間の 小さな下宿 貴方は私の 指先見つめ 悲しいかいって きいたのよ 若かったあの頃 何も怖くなかった ただ貴方のやさしさが 怖かった石川ひとみ喜多條忠南こうせつ貴方は もう忘れたかしら 赤い手拭 マフラーにして 二人で行った 横丁の風呂屋 一緒にでようねって 言ったのに いつも私が 待たされた 洗い髪が芯まで 冷えて 小さな石鹸 カタカタ鳴った 貴方は私の 身体を抱いて 冷たいねって 言ったのよ 若かったあの頃 何も怖くなかった ただ貴方のやさしさが 怖かった  貴方は もう捨てたのかしら 二十四色の クレパス買って 貴方が描いた 私の似顔絵 巧く描いてねって 言ったのに いつもちっとも 似てないの 窓の下には 神田川 三畳一間の 小さな下宿 貴方は私の 指先見つめ 悲しいかいって きいたのよ 若かったあの頃 何も怖くなかった ただ貴方のやさしさが 怖かった
ガラスの恋人ほら あの人が こっち見てるよと からかう声を にらみ返した やっと めぐりあえた あの人と私 苦しいくらい ふるえるくらい 真剣なのよ  大切な大切な あなた うわさなんかで こわさせない 歩き出したばかりの二人 ガラスの恋人  傷つかないで あなただけなの  そっと肩を抱いて ちょっと紅くなる あなたのしぐさ 何もかも好き ずっと悩んだけど 今は何がきても この人だけを この恋だけを かばっていたい  大切な大切な あなた ほかの誰にも じゃまさせない まだすこしぎこちない二人 ガラスの恋人  愛しいあなた 私がいるわ  大切な大切な あなた ほかの誰にも じゃまさせない まだすこしぎこちない二人 ガラスの恋人  愛しいあなた 私がいるわ石川ひとみ竜真知子服部清ほら あの人が こっち見てるよと からかう声を にらみ返した やっと めぐりあえた あの人と私 苦しいくらい ふるえるくらい 真剣なのよ  大切な大切な あなた うわさなんかで こわさせない 歩き出したばかりの二人 ガラスの恋人  傷つかないで あなただけなの  そっと肩を抱いて ちょっと紅くなる あなたのしぐさ 何もかも好き ずっと悩んだけど 今は何がきても この人だけを この恋だけを かばっていたい  大切な大切な あなた ほかの誰にも じゃまさせない まだすこしぎこちない二人 ガラスの恋人  愛しいあなた 私がいるわ  大切な大切な あなた ほかの誰にも じゃまさせない まだすこしぎこちない二人 ガラスの恋人  愛しいあなた 私がいるわ
君の声君の目に映る 涙色の景色を ぼくはいつも そばで 見ていた 君をいつも 見ていた  唇を かみしめた分 君は そう 強くなったね  瞳 閉じれば 君の声 胸に 響き渡っている 涙 記憶の中 溶けてゆく ぼくは 君を 忘れない  ふわり空に舞う 桜色の景色を 君は どこの 風に吹かれて 誰と 見てるのだろう  卒業の 寄せ書きに 夢 乗せた 日々は遠くて…  耳をすませば 君の声 空に 響き渡っている 今も 君の 幸せを祈る ぼくは 君を 忘れない  瞳 閉じれば 君の声 胸に 響き渡っている 涙 記憶の中 溶けてゆく ぼくは 君を 忘れない  耳をすませば 君の声 空に 響き渡っている 今も 君の 幸せを祈る ぼくは 君を 忘れない  ぼくは 君を 忘れない石川ひとみ石川ひとみ・梅口敦史梅口敦史山田直毅君の目に映る 涙色の景色を ぼくはいつも そばで 見ていた 君をいつも 見ていた  唇を かみしめた分 君は そう 強くなったね  瞳 閉じれば 君の声 胸に 響き渡っている 涙 記憶の中 溶けてゆく ぼくは 君を 忘れない  ふわり空に舞う 桜色の景色を 君は どこの 風に吹かれて 誰と 見てるのだろう  卒業の 寄せ書きに 夢 乗せた 日々は遠くて…  耳をすませば 君の声 空に 響き渡っている 今も 君の 幸せを祈る ぼくは 君を 忘れない  瞳 閉じれば 君の声 胸に 響き渡っている 涙 記憶の中 溶けてゆく ぼくは 君を 忘れない  耳をすませば 君の声 空に 響き渡っている 今も 君の 幸せを祈る ぼくは 君を 忘れない  ぼくは 君を 忘れない
君は輝いて 天使にみえた走ると揺れて 止まると揺れて 緑の電車はゆくよ 君の頭に 吊輪が下がり 天使のようにみえたよ  なにげなく 風景を なにげなく 眺めているきみが だんだん 変りはじめてる それが心配な僕さ  恋を無くして 泣いた日がある ホントは僕もわかってた 流れる髪を 掻き分けた時 大人の影がのぞいた  できるなら いつまでも できるなら 心の片隅に 少女の 気持ち忘れずに 僕はそれだけを願う  駅の階段 今ごろ君は 息切らして降りてる頃 僕が残した 伝言板の 見慣れた文字を探して  君は今 輝くよ 君は今 天使の羽根をつけ 自由にどこか飛べばいい 僕は見守っているよ  君は今 輝くよ 君は今 きれいになってゆく 黙って 僕は見ているよ だからもう少しこのまま石川ひとみ天野滋天野滋走ると揺れて 止まると揺れて 緑の電車はゆくよ 君の頭に 吊輪が下がり 天使のようにみえたよ  なにげなく 風景を なにげなく 眺めているきみが だんだん 変りはじめてる それが心配な僕さ  恋を無くして 泣いた日がある ホントは僕もわかってた 流れる髪を 掻き分けた時 大人の影がのぞいた  できるなら いつまでも できるなら 心の片隅に 少女の 気持ち忘れずに 僕はそれだけを願う  駅の階段 今ごろ君は 息切らして降りてる頃 僕が残した 伝言板の 見慣れた文字を探して  君は今 輝くよ 君は今 天使の羽根をつけ 自由にどこか飛べばいい 僕は見守っているよ  君は今 輝くよ 君は今 きれいになってゆく 黙って 僕は見ているよ だからもう少しこのまま
くるみ割り人形瑠璃色 風吹くアスファルト 跳びはねる赤い靴 虹を描く… ガラスの瞳に映る街 誰かと腕を組み あなたが消えた  danceが終わったあと 取り残された… 静まりかえる舞台 私一人だけよ…  くるみ割り お人形 あやつる人がいないの くるみ割り お人形 夢は昨夜割れたの…  ヒロイン 夢見た赤い靴 パートナーあなただけと 思い込んでいた ガラスの心が飛び散るわ 踊り出す女の顔 私じゃないの  あなたの心の中 誰かでいっぱい トウ・シューズをはいても 動けもしないの…  くるみ割り お人形 あやつる人がいないの くるみ割り お人形 青い影が揺れるわ  くるみ割り お人形 あやつる人がいないの くるみ割り お人形 夢は昨夜割れたの…石川ひとみ三浦徳子馬飼野康二瑠璃色 風吹くアスファルト 跳びはねる赤い靴 虹を描く… ガラスの瞳に映る街 誰かと腕を組み あなたが消えた  danceが終わったあと 取り残された… 静まりかえる舞台 私一人だけよ…  くるみ割り お人形 あやつる人がいないの くるみ割り お人形 夢は昨夜割れたの…  ヒロイン 夢見た赤い靴 パートナーあなただけと 思い込んでいた ガラスの心が飛び散るわ 踊り出す女の顔 私じゃないの  あなたの心の中 誰かでいっぱい トウ・シューズをはいても 動けもしないの…  くるみ割り お人形 あやつる人がいないの くるみ割り お人形 青い影が揺れるわ  くるみ割り お人形 あやつる人がいないの くるみ割り お人形 夢は昨夜割れたの…
元気あげるね人の消えたクラスルームへ ひとり忍び込んだの 夕陽が射す ボードの上に並んだ記念写真(きねんしゃしん) 一枚そっとはがしたの あなたがひとり 映った写真よ  I・bu・n・ba・tu・ta-Su・ka・ra・be・rougue 小さなキスしてから I・bu・n・ba・tu・ta-Su・ka・ra・be・rougue 裏側にSのイニシャル書いた  ねえ近頃元気ないね 何か悩んでるの あなたのこと いつも見てる 後ろの遠い席で… あなたが頬づえをつくと 私も 少しブルーになるのよ  I・bu・n・ba・tu・ta-Su・ka・ra・be・rougue イニシャルの 隣には I・bu・n・ba・tu・ta-Su・ka・ra・be・rougue ピンクで書いたの 「元気出してね!」  I・bu・n・ba・tu・ta-Su・ka・ra・be・rougue 写真にキスしてから I・bu・n・ba・tu・ta-Su・ka・ra・be・rougue 恋する魔法で元気あげるね石川ひとみ売野雅勇本間勇輔岩田雅之人の消えたクラスルームへ ひとり忍び込んだの 夕陽が射す ボードの上に並んだ記念写真(きねんしゃしん) 一枚そっとはがしたの あなたがひとり 映った写真よ  I・bu・n・ba・tu・ta-Su・ka・ra・be・rougue 小さなキスしてから I・bu・n・ba・tu・ta-Su・ka・ra・be・rougue 裏側にSのイニシャル書いた  ねえ近頃元気ないね 何か悩んでるの あなたのこと いつも見てる 後ろの遠い席で… あなたが頬づえをつくと 私も 少しブルーになるのよ  I・bu・n・ba・tu・ta-Su・ka・ra・be・rougue イニシャルの 隣には I・bu・n・ba・tu・ta-Su・ka・ra・be・rougue ピンクで書いたの 「元気出してね!」  I・bu・n・ba・tu・ta-Su・ka・ra・be・rougue 写真にキスしてから I・bu・n・ba・tu・ta-Su・ka・ra・be・rougue 恋する魔法で元気あげるね
愛すれば必ず 愛されるなんて みんなは言うけれど 嘘だと思う 願いは走るのに 届かない涙 あの人の心を 変えられますか?  あやまちで結ばれても 女心は燃えあがる あの人はなんにもわかってない  好きだから淋しい 好きだから つらい 好きだからあの人を 憎いと思う 出せなかった手紙を いくつに破れば やるせない気持ちが 伝わりますか?  泣きながら 眠る夜は 生きてる事が くやしくて あきらめてみるけど 思いきれない  あやまちで結ばれても 女心は燃えあがる あの人はなんにもわかってない  泣きながら 眠る夜は 生きてる事が くやしくて あきらめてみるけど 思いきれない石川ひとみ岡田冨美子玉置浩二愛すれば必ず 愛されるなんて みんなは言うけれど 嘘だと思う 願いは走るのに 届かない涙 あの人の心を 変えられますか?  あやまちで結ばれても 女心は燃えあがる あの人はなんにもわかってない  好きだから淋しい 好きだから つらい 好きだからあの人を 憎いと思う 出せなかった手紙を いくつに破れば やるせない気持ちが 伝わりますか?  泣きながら 眠る夜は 生きてる事が くやしくて あきらめてみるけど 思いきれない  あやまちで結ばれても 女心は燃えあがる あの人はなんにもわかってない  泣きながら 眠る夜は 生きてる事が くやしくて あきらめてみるけど 思いきれない
小犬のプルーひとりぼっちのボクが プルーと逢ったのは 夏も終わりの北国(きた)の街 ボクをみるなり駆けてきて 優しい眼をしてついてきた  ひとりぼっちのボクと プルーがねむるころ おまえの体に吹きつける 冷たい風が気がかりで 眠れぬ夜もあったのさ  ひとりぼっちのボクと プルーが別れたのは 哀しい眼をした秋の午後 だれかにお前を頼めたら 今また逢いにゆけたのに  栗毛色した小犬のプルー ゆくえの知れないボクのプルー石川ひとみ林權三郎柳沢剛ひとりぼっちのボクが プルーと逢ったのは 夏も終わりの北国(きた)の街 ボクをみるなり駆けてきて 優しい眼をしてついてきた  ひとりぼっちのボクと プルーがねむるころ おまえの体に吹きつける 冷たい風が気がかりで 眠れぬ夜もあったのさ  ひとりぼっちのボクと プルーが別れたのは 哀しい眼をした秋の午後 だれかにお前を頼めたら 今また逢いにゆけたのに  栗毛色した小犬のプルー ゆくえの知れないボクのプルー
恋は水色青い空が お日さまにとける 白い波が 青い海にとける 青い空は 私の恋の色 青い海は あなたの愛の色 恋は水色 空と海の色  青い空が お日さまにとける 白い波が 青い海にとける 青い海と 水色の空が 愛し合って ひとつに結ばれる 恋は水色 空と海の色  青い空は 私の恋の色 青い海は あなたの愛の色 青い海と 水色の空が 愛し合って ひとつに結ばれる ひとつに結ばれる石川ひとみPierre CourAndre Charles Jean Popp青い空が お日さまにとける 白い波が 青い海にとける 青い空は 私の恋の色 青い海は あなたの愛の色 恋は水色 空と海の色  青い空が お日さまにとける 白い波が 青い海にとける 青い海と 水色の空が 愛し合って ひとつに結ばれる 恋は水色 空と海の色  青い空は 私の恋の色 青い海は あなたの愛の色 青い海と 水色の空が 愛し合って ひとつに結ばれる ひとつに結ばれる
午後の夢夢を見たの あなたのあとを 追いかけても 追いつけないの ふりそそぐ こもれ日に 笑い声が ひびいていた  とどきそうな この指先を するり かわし かけぬけてゆく 日だまりの陽炎ね 触れれば消えてしまう  めざめたあと 今でも胸がおどる 終りのない恋なら あなた手まねきして そしてどこへ どこへ誘うの  夢を見たの 知らない街で あなたに似た 人影よぎる うつり気な風が吹く 見失ったものは なに?  まるで遠い記憶の中で かすかに見た景色のようね まどろみのあつい午後 つかのま ひとときの夢  もうあなたのそばから はなれないわ 終りのくる恋なら せめて夢の中で そうよ強く 強くさそって  もうあなたのそばから はなれないわ 終りのくる恋なら せめて夢の中で そうよ強く 強くさそって石川ひとみ武衛尚子井上鑑夢を見たの あなたのあとを 追いかけても 追いつけないの ふりそそぐ こもれ日に 笑い声が ひびいていた  とどきそうな この指先を するり かわし かけぬけてゆく 日だまりの陽炎ね 触れれば消えてしまう  めざめたあと 今でも胸がおどる 終りのない恋なら あなた手まねきして そしてどこへ どこへ誘うの  夢を見たの 知らない街で あなたに似た 人影よぎる うつり気な風が吹く 見失ったものは なに?  まるで遠い記憶の中で かすかに見た景色のようね まどろみのあつい午後 つかのま ひとときの夢  もうあなたのそばから はなれないわ 終りのくる恋なら せめて夢の中で そうよ強く 強くさそって  もうあなたのそばから はなれないわ 終りのくる恋なら せめて夢の中で そうよ強く 強くさそって
坂道少しまわり道で 今日も来てしまったの レンガの壁の家へと 続くこの坂道 それでもためらいに 心たしなめられて 会いに行けないと思う 用もないのに  あなたに やきもちやかせてみたくて 平気で 他の人の話をした 気づいて! 私ほんとにイヤな娘だって あなたに 思われたくない  ハラハラと散る 枯れ葉のように 頼りない日々  降り始めた雨に 足止めされた駅で 突然 目の前 傘を 差し掛けてくれたの あなたが好きですと 言いたくて 言えなくて 坂道が見える前に 駆け出したのよ  あなたと 一番通りたい道に 背中を向けて 口唇 噛む私 気づいて! 怖いくらいに好きになってく 一人じゃ抱えきれないの  少女の頃に 還ったような もどかしい恋  ハラハラと舞う 風花のよう 頼りない日々石川ひとみ鈴木隆子山田直毅少しまわり道で 今日も来てしまったの レンガの壁の家へと 続くこの坂道 それでもためらいに 心たしなめられて 会いに行けないと思う 用もないのに  あなたに やきもちやかせてみたくて 平気で 他の人の話をした 気づいて! 私ほんとにイヤな娘だって あなたに 思われたくない  ハラハラと散る 枯れ葉のように 頼りない日々  降り始めた雨に 足止めされた駅で 突然 目の前 傘を 差し掛けてくれたの あなたが好きですと 言いたくて 言えなくて 坂道が見える前に 駆け出したのよ  あなたと 一番通りたい道に 背中を向けて 口唇 噛む私 気づいて! 怖いくらいに好きになってく 一人じゃ抱えきれないの  少女の頃に 還ったような もどかしい恋  ハラハラと舞う 風花のよう 頼りない日々
サムシング・フォーリン・ダウン季節変わりめの 風が吹いて はずむ心で 街を歩く なつかしいあの店に 足を踏み入れたのは風のいたずら  細長い店の 奥のテーブル 髪がのびた 昔のあの人 なつかしいともだちみたいに はしゃいで声かけた私も風のよう  こころのなにかが 流れ落ちる 私は感じた サムシング・フォーリン・ダウン サムシング・フォーリン・ダウン  目を細めて 笑うあなたは 初めて逢ったときと おなじさわやかさ それでも 私の身体 あなたのぬくもり 想い出してる  風が私の 心くすぐる 何かが始まる かねが聞こえる もういちど二人で 昔と違う恋が出来そうね  こころのなにかが 流れ落ちる 私は感じた サムシング・フォーリン・ダウン サムシング・フォーリン・ダウン  私は感じた サムシング・フォーリン・ダウン サムシング・フォーリン・ダウン…石川ひとみ小室とまと小室とまと大村雅朗季節変わりめの 風が吹いて はずむ心で 街を歩く なつかしいあの店に 足を踏み入れたのは風のいたずら  細長い店の 奥のテーブル 髪がのびた 昔のあの人 なつかしいともだちみたいに はしゃいで声かけた私も風のよう  こころのなにかが 流れ落ちる 私は感じた サムシング・フォーリン・ダウン サムシング・フォーリン・ダウン  目を細めて 笑うあなたは 初めて逢ったときと おなじさわやかさ それでも 私の身体 あなたのぬくもり 想い出してる  風が私の 心くすぐる 何かが始まる かねが聞こえる もういちど二人で 昔と違う恋が出来そうね  こころのなにかが 流れ落ちる 私は感じた サムシング・フォーリン・ダウン サムシング・フォーリン・ダウン  私は感じた サムシング・フォーリン・ダウン サムシング・フォーリン・ダウン…
さよならの理由夕やみのブルーは ひとはけのアイ・シャドー 今までで 一番きれいに見えるように  あのひとの浮気な あの恋 後悔させるの  Mon amour 彼女のことは たずねないわ さよならの理由 ほかになくても Mon amour 隣の席を 立つときまでは ただひとりだけの 恋人でいるわ  さよならの場面は 何度も夢で見たわ 少しずつ心を 慣らしていたみたいね  あのひとのどんな言葉にも 微笑かえせる  Mon amour 彼女のことで 泣いたりしない さよならの理由 ほかになくても Mon amour 隣の席を 立つときまでは ただひとりだけの 恋人でいるわ  Mon amour 彼女のことは たずねないわ さよならの理由 ほかになくても Mon amour 隣の席を 立つときまでは ただひとりだけの 恋人でいるわ石川ひとみ竜真知子林哲司林哲司・山下正夕やみのブルーは ひとはけのアイ・シャドー 今までで 一番きれいに見えるように  あのひとの浮気な あの恋 後悔させるの  Mon amour 彼女のことは たずねないわ さよならの理由 ほかになくても Mon amour 隣の席を 立つときまでは ただひとりだけの 恋人でいるわ  さよならの場面は 何度も夢で見たわ 少しずつ心を 慣らしていたみたいね  あのひとのどんな言葉にも 微笑かえせる  Mon amour 彼女のことで 泣いたりしない さよならの理由 ほかになくても Mon amour 隣の席を 立つときまでは ただひとりだけの 恋人でいるわ  Mon amour 彼女のことは たずねないわ さよならの理由 ほかになくても Mon amour 隣の席を 立つときまでは ただひとりだけの 恋人でいるわ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
さり気なくおし気なくやさしい天使が 翼ひろげて 闇夜の中に 包んでくれたわ 口づけを かわして 時は止まる ふたりに  いつも さり気なく おし気なく 愛してるの すべてを投げすてて 夢みたい 許される間だけ あなたの胸で  ふたりがささやく 甘い言葉は 誰かの心 突き刺すナイフに 変わること わかるの それでも もどれないわ  恋は寄り道もできなくて 走りだすの ふり返らないでね 迷わずに うけとめて この想い あなたの胸に  心は さり気なく おし気なく 与え合って ふり返らないでね 迷わずに 走りだして…石川ひとみJAMES K.C.ROSS・訳詞:小室みつ子JAMES K.C.ROSSやさしい天使が 翼ひろげて 闇夜の中に 包んでくれたわ 口づけを かわして 時は止まる ふたりに  いつも さり気なく おし気なく 愛してるの すべてを投げすてて 夢みたい 許される間だけ あなたの胸で  ふたりがささやく 甘い言葉は 誰かの心 突き刺すナイフに 変わること わかるの それでも もどれないわ  恋は寄り道もできなくて 走りだすの ふり返らないでね 迷わずに うけとめて この想い あなたの胸に  心は さり気なく おし気なく 与え合って ふり返らないでね 迷わずに 走りだして…
三枚の写真16の頃 あなたは18 夏のまぶしさ 覚えてますか はしゃいだ砂に ふれ合う背中 ゆれる笑顔に ぽつりと聞いた  ねえ 目をそらさずに 目をそらさずに 好きって言える ねえ 目をそらさずに 目をそらさずに 好きって言える  ふたりならんだ 写真の海が あゝ指先を ぬらしています  17の頃 あなたは19 手にひんやりと 谷川の秋 目かくしをした あなたの腕に 冷たいねって 涙おとした  ねえ 目をそらさずに 目をそらさずに 好きって言える ねえ 目をそらさずに 目をそらさずに 好きって言える  ふたりの間の 落葉が今も あゝ心へと 吹き込んでます  20才(はたち)の私 あなたは22 写真の春に あなたはいない 別れ間際に 振り向いた街 あのまなざしは 焼きついてたのに  ねえ 目をそらしても 目をそらしても いいのよあなた ねえ 目をそらしても 目をそらしても いいのよあなた  過ぎた月日が 残したものは あゝ三枚の 写真だけです石川ひとみ松本隆大野克夫16の頃 あなたは18 夏のまぶしさ 覚えてますか はしゃいだ砂に ふれ合う背中 ゆれる笑顔に ぽつりと聞いた  ねえ 目をそらさずに 目をそらさずに 好きって言える ねえ 目をそらさずに 目をそらさずに 好きって言える  ふたりならんだ 写真の海が あゝ指先を ぬらしています  17の頃 あなたは19 手にひんやりと 谷川の秋 目かくしをした あなたの腕に 冷たいねって 涙おとした  ねえ 目をそらさずに 目をそらさずに 好きって言える ねえ 目をそらさずに 目をそらさずに 好きって言える  ふたりの間の 落葉が今も あゝ心へと 吹き込んでます  20才(はたち)の私 あなたは22 写真の春に あなたはいない 別れ間際に 振り向いた街 あのまなざしは 焼きついてたのに  ねえ 目をそらしても 目をそらしても いいのよあなた ねえ 目をそらしても 目をそらしても いいのよあなた  過ぎた月日が 残したものは あゝ三枚の 写真だけです
シェリーに口づけTo To To マシェリー マイ シェリー 君の声が聞こえないと なぜかさみしくて 名前呼んでみるの いつも僕のそばにいてね 君の愛があれば 僕は幸せなの  恋というのか わからないの 僕の胸の中に 君の声が聞こえる だから今は 淋しくない 君をはなさないよ どんなことがおきても  (To To To マシェリー マイ シェリー To To To マシェリー マイ シェリー)  だれも知らない 君のことは だけどそれでいいの 僕は君が好きなの だれも知らない 二人のことは だけどそれでいいの 僕は君が好きなの石川ひとみMichel PolnareffMichel PolnareffTo To To マシェリー マイ シェリー 君の声が聞こえないと なぜかさみしくて 名前呼んでみるの いつも僕のそばにいてね 君の愛があれば 僕は幸せなの  恋というのか わからないの 僕の胸の中に 君の声が聞こえる だから今は 淋しくない 君をはなさないよ どんなことがおきても  (To To To マシェリー マイ シェリー To To To マシェリー マイ シェリー)  だれも知らない 君のことは だけどそれでいいの 僕は君が好きなの だれも知らない 二人のことは だけどそれでいいの 僕は君が好きなの
自由な世界生まれてからずっと 鳴っていた 誰かさんの 竪琴の響き それは 子守唄 私は今 生きています  Listen love 大空に 見慣れない雲 見つけたら 遠くに行こう 暗くなる前に ここにいる皆 手を止めて祈ろう 自由な世界を  私の手を握る 親指 誰も彼も はじめは 怖くて 震える 日がある それでも今 生きています 私は今 生きて 生きています  Listen love 大空に 見慣れない雲 見つけたら 遠くに行こう 暗くなる前に ここにいる皆 手を止めて祈ろう 自由な世界を  Peace and love 誰にでも 願えば来るわ それぞれの愛は 溢れてるから石川ひとみHIDEHITO IKUMOHIDEHITO IKUMO山田直毅生まれてからずっと 鳴っていた 誰かさんの 竪琴の響き それは 子守唄 私は今 生きています  Listen love 大空に 見慣れない雲 見つけたら 遠くに行こう 暗くなる前に ここにいる皆 手を止めて祈ろう 自由な世界を  私の手を握る 親指 誰も彼も はじめは 怖くて 震える 日がある それでも今 生きています 私は今 生きて 生きています  Listen love 大空に 見慣れない雲 見つけたら 遠くに行こう 暗くなる前に ここにいる皆 手を止めて祈ろう 自由な世界を  Peace and love 誰にでも 願えば来るわ それぞれの愛は 溢れてるから
好・き…おしゃべり好きな 女友達 あなたのウワサを 誰かがしてた あの娘とうまく いっていないと 聞かないふりして 胸おどらせた  感じていたの あの娘が急に セシルカットにしたのを聞いてから  あなたのことなら 何でも知ってる いつでも見ている 私だからこそ 『そうよ 好みは 長い髪よネ 私は髪を 切らずにいるわ』  雨の街角 心はじける ブルーのパラソル あなたと別の娘 からかうように 言葉を交わし 手を振り笑って 見送ったけど  あなたがいつも うつり気なのは 本気で好きには なれずにいるから  あなたのことなら 何でもわかるわ いつでも見ている 私だからこそ 『あの娘もきっと 永くないはず 後姿が 似合ってないもの』  あなたのことなら 何でも知ってる いつでも見ている 私だからこそ 『そうよ 好みは 長い髪よネ 私は髪を 切らずにいるわ 私は髪を 切らずにいるわ』石川ひとみ小室みつ子小室みつ子おしゃべり好きな 女友達 あなたのウワサを 誰かがしてた あの娘とうまく いっていないと 聞かないふりして 胸おどらせた  感じていたの あの娘が急に セシルカットにしたのを聞いてから  あなたのことなら 何でも知ってる いつでも見ている 私だからこそ 『そうよ 好みは 長い髪よネ 私は髪を 切らずにいるわ』  雨の街角 心はじける ブルーのパラソル あなたと別の娘 からかうように 言葉を交わし 手を振り笑って 見送ったけど  あなたがいつも うつり気なのは 本気で好きには なれずにいるから  あなたのことなら 何でもわかるわ いつでも見ている 私だからこそ 『あの娘もきっと 永くないはず 後姿が 似合ってないもの』  あなたのことなら 何でも知ってる いつでも見ている 私だからこそ 『そうよ 好みは 長い髪よネ 私は髪を 切らずにいるわ 私は髪を 切らずにいるわ』
世界中が宝物ひとつ朝が やってくるたび 未来に近付いているよ 光のなか ちいさな花も ボクらに微笑む 夢のかけら 両手にいま 握りしめて  さぁ ボクらじるしの元気 輝くために 今日が始まっているよ 素敵なことに きっと 出逢いに行こう 世界中が宝物さ  窓を開けて そっと背伸びして 心に風を あつめよう 昨日はほら 気付かなかった 何かが見つかる 胸のなかに 青い空を 映しながら  さぁ ボクらじるしの勇気 抱きしめたなら 今日を歩き出してゆく 不思議なものに もっと ふれてみたいね 世界中が宝物さ  キミにもいま このまぶしさ 届けたいな  さぁ ボクらじるしの元気 輝くために 今日が始まっているよ 素敵なことに きっと 出逢いに行こう 世界中が宝物さ  さぁ ボクらじるしの勇気 抱きしめたなら 今日を歩き出してゆく 不思議なものに もっと ふれてみたいね 世界中が宝物さ石川ひとみ及川眠子前田克樹京田誠一ひとつ朝が やってくるたび 未来に近付いているよ 光のなか ちいさな花も ボクらに微笑む 夢のかけら 両手にいま 握りしめて  さぁ ボクらじるしの元気 輝くために 今日が始まっているよ 素敵なことに きっと 出逢いに行こう 世界中が宝物さ  窓を開けて そっと背伸びして 心に風を あつめよう 昨日はほら 気付かなかった 何かが見つかる 胸のなかに 青い空を 映しながら  さぁ ボクらじるしの勇気 抱きしめたなら 今日を歩き出してゆく 不思議なものに もっと ふれてみたいね 世界中が宝物さ  キミにもいま このまぶしさ 届けたいな  さぁ ボクらじるしの元気 輝くために 今日が始まっているよ 素敵なことに きっと 出逢いに行こう 世界中が宝物さ  さぁ ボクらじるしの勇気 抱きしめたなら 今日を歩き出してゆく 不思議なものに もっと ふれてみたいね 世界中が宝物さ
ちいさい秋みつけた誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた めかくし鬼さん 手のなる方へ すましたお耳に かすかにしみた よんでる口笛 もずの声 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた お部屋は北向き くもりのガラス うつろな目の色 とかしたミルク わずかなすきから秋の風 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた むかしの むかしの 風見の鶏の ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ はぜの葉あかくて 入り日色 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋みつけた石川ひとみサトウハチロー中田喜直誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた めかくし鬼さん 手のなる方へ すましたお耳に かすかにしみた よんでる口笛 もずの声 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた お部屋は北向き くもりのガラス うつろな目の色 とかしたミルク わずかなすきから秋の風 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた  誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた むかしの むかしの 風見の鶏の ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ はぜの葉あかくて 入り日色 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋みつけた
ちっちゃなフォトグラファーなつみは ちっちゃなフォトグラファー いちばん げんきな フォトグラファー  下を向いたら ひまわりサンダル カチャリ 上を向いたら 空が青いから カチャリ 浮き輪の穴から カチャリ 子犬のしっぽだけ カチャリ  なぎさに白い波 打ち寄せるたび カチャリ カチャリ カチャリ カチャリ カチャリ! パパは気が気じゃありません  そんな夏の まぶしい作品集に ちらりちらりと 秋が写り出す頃(ころ) ちょっと重たい そのカメラ パパに返さなくちゃね!  なつみは ちっちゃなフォトグラファー おもいでみつめる フォトグラファー  二学期はじまり 日焼けもすっかりさめて 夏がどこかに 消えちゃった頃 ひまわりもようの そのカメラ パパからのプレゼント!  なつみは ちっちゃなフォトグラファー いちばん げんきな フォトグラファー  一年中 まるでひまわりみたいに かがやき追いかけ くるくるまわる石川ひとみ戸田昭吾たなかひろかずなつみは ちっちゃなフォトグラファー いちばん げんきな フォトグラファー  下を向いたら ひまわりサンダル カチャリ 上を向いたら 空が青いから カチャリ 浮き輪の穴から カチャリ 子犬のしっぽだけ カチャリ  なぎさに白い波 打ち寄せるたび カチャリ カチャリ カチャリ カチャリ カチャリ! パパは気が気じゃありません  そんな夏の まぶしい作品集に ちらりちらりと 秋が写り出す頃(ころ) ちょっと重たい そのカメラ パパに返さなくちゃね!  なつみは ちっちゃなフォトグラファー おもいでみつめる フォトグラファー  二学期はじまり 日焼けもすっかりさめて 夏がどこかに 消えちゃった頃 ひまわりもようの そのカメラ パパからのプレゼント!  なつみは ちっちゃなフォトグラファー いちばん げんきな フォトグラファー  一年中 まるでひまわりみたいに かがやき追いかけ くるくるまわる
つぶやきぼんやり タバコをふかし あてもなく 窓の外ばかり 見つめるなんて あなた 変ったわ  今ごろ きっとどこかで ショートカットの 似合う人が あなたのことを 待っているせいね  帰してあげたくないわ 誰かさんのもとへは 私だって 負けないほど 好きよ 好きよ とっても  だから もう一度 こっちを向いて あの人のこと 今だけは 忘れてほしい お願いよ あなた  このまま言いださないで 別れの言葉だけは 私だって 知ってたけど 好きよ 好きよ 今も  だから 私を どうぞ見つめて ショートカットの あゝ あの人を 忘れてほしい お願いよ あなた ふり向いて あなた お願いよ あなた石川ひとみ竜真知子佐瀬寿一ぼんやり タバコをふかし あてもなく 窓の外ばかり 見つめるなんて あなた 変ったわ  今ごろ きっとどこかで ショートカットの 似合う人が あなたのことを 待っているせいね  帰してあげたくないわ 誰かさんのもとへは 私だって 負けないほど 好きよ 好きよ とっても  だから もう一度 こっちを向いて あの人のこと 今だけは 忘れてほしい お願いよ あなた  このまま言いださないで 別れの言葉だけは 私だって 知ってたけど 好きよ 好きよ 今も  だから 私を どうぞ見つめて ショートカットの あゝ あの人を 忘れてほしい お願いよ あなた ふり向いて あなた お願いよ あなた
ともだちみつけた泣き虫 けむし 見つけたよ 涙を越えて ひとつふたつ ひとりぼっちじゃ ないんだよ 気づいたとき うれしくなる  ずっと 忘れないで 大事なこと みんな いっしょに 手をつないで歩こう  けんかした子に ほほえみを 送ってごらん ほら仲直り  青い空に抱かれ 風にゆられ みんな ともだち 手をつないで歩こう みんな いっしょに 新しい歌 うたおう石川ひとみ石川ひとみ山田直毅泣き虫 けむし 見つけたよ 涙を越えて ひとつふたつ ひとりぼっちじゃ ないんだよ 気づいたとき うれしくなる  ずっと 忘れないで 大事なこと みんな いっしょに 手をつないで歩こう  けんかした子に ほほえみを 送ってごらん ほら仲直り  青い空に抱かれ 風にゆられ みんな ともだち 手をつないで歩こう みんな いっしょに 新しい歌 うたおう
問わず語り地下鉄のドア越しに見たの あなたに寄り添う その人を 気づかないふり さりげなく そっぽ向いて やり過ごした  読みかけの ラブストーリー この手から すべりおちた  なにも聞かないわ…今は いつかあなたが 想い出話 私の髪を なぜながら 問わず語り その日まで  約束があるなんて 誰と? いつもと違う あなたの声ね だけど私 あっさりと それじゃあまたと 電話を切るわ  飲みかけの コーヒーカップ すっかり 冷めてしまった  どうしてなのかしら…なぜか よけいあなたに 魅かれてゆくわ 心の奥で 夢見てる 問わず語り その日まで  なにも聞かないわ…今は いつかあなたが 想い出話 私の髪を なぜながら 問わず語り その日まで石川ひとみ武衛尚子服部清地下鉄のドア越しに見たの あなたに寄り添う その人を 気づかないふり さりげなく そっぽ向いて やり過ごした  読みかけの ラブストーリー この手から すべりおちた  なにも聞かないわ…今は いつかあなたが 想い出話 私の髪を なぜながら 問わず語り その日まで  約束があるなんて 誰と? いつもと違う あなたの声ね だけど私 あっさりと それじゃあまたと 電話を切るわ  飲みかけの コーヒーカップ すっかり 冷めてしまった  どうしてなのかしら…なぜか よけいあなたに 魅かれてゆくわ 心の奥で 夢見てる 問わず語り その日まで  なにも聞かないわ…今は いつかあなたが 想い出話 私の髪を なぜながら 問わず語り その日まで
Do You Love Me?知ってるでしょう いつもあの店で 見かけるあの人に 誘われたのヨ 何気なく口にしたのに 本気で怒ったみたい そのくせ誘いの言葉ひとつ 口にしたこともない  Do You Love Me? 聞いてみたい Do You Love Me? あなたの気持 Do You Love Me? このままでも あなたはいいのネ  借りてるレコード そのままだけど ふたりで逢うための 口実なンかに 使わない あなたの方が 言い出さないかぎりは 手の内見せれば 恋は負けネ 胸の奥 熱いけど  Do You Love Me? 聞いてみたい Do You Love Me? あなたの気持 Do You Love Me? このままでも あなたはいいのネ  Do You Love Me? 待っているワ Do You Love Me? 答えはYes Do You Love Me? 探り合いに ピリオド打つのよ  Do You Love Me? ラララララ Do You Love Me? ルルルルル Do You Love Me? 探り合いに ピリオド打つのよ  Do You Love Me? ラララララ Do You Love Me? ラララララ Do You Love Me?石川ひとみ小室みつ子小室みつ子知ってるでしょう いつもあの店で 見かけるあの人に 誘われたのヨ 何気なく口にしたのに 本気で怒ったみたい そのくせ誘いの言葉ひとつ 口にしたこともない  Do You Love Me? 聞いてみたい Do You Love Me? あなたの気持 Do You Love Me? このままでも あなたはいいのネ  借りてるレコード そのままだけど ふたりで逢うための 口実なンかに 使わない あなたの方が 言い出さないかぎりは 手の内見せれば 恋は負けネ 胸の奥 熱いけど  Do You Love Me? 聞いてみたい Do You Love Me? あなたの気持 Do You Love Me? このままでも あなたはいいのネ  Do You Love Me? 待っているワ Do You Love Me? 答えはYes Do You Love Me? 探り合いに ピリオド打つのよ  Do You Love Me? ラララララ Do You Love Me? ルルルルル Do You Love Me? 探り合いに ピリオド打つのよ  Do You Love Me? ラララララ Do You Love Me? ラララララ Do You Love Me?
長そでのカーディガン長そでのカーディガン 自転車に置いて どこまでもつづいてる 川原を歩いてく 目ざめたばかりの つくしの笑顔 夢中で 集めてた あの頃の二人  いつか大人になって 街を離れても つないだ手のぬくもり 忘れないから  動き出した電車の ドアに寄りかかり オレンジ色の夕日 まばたきもできない 失くした思いを ひろい集めて ため息 数えてた 心に束ねる  いつしか大人になり 時は流れても つないだ手のぬくもり 忘れていない  いくつもの季節を 重ね合って  いつしか大人になり 時は流れても つないだ手のぬくもり 忘れていない  いつか大人になって 街を離れても つないだ手のぬくもり 忘れないから石川ひとみ石川ひとみ山田直毅長そでのカーディガン 自転車に置いて どこまでもつづいてる 川原を歩いてく 目ざめたばかりの つくしの笑顔 夢中で 集めてた あの頃の二人  いつか大人になって 街を離れても つないだ手のぬくもり 忘れないから  動き出した電車の ドアに寄りかかり オレンジ色の夕日 まばたきもできない 失くした思いを ひろい集めて ため息 数えてた 心に束ねる  いつしか大人になり 時は流れても つないだ手のぬくもり 忘れていない  いくつもの季節を 重ね合って  いつしか大人になり 時は流れても つないだ手のぬくもり 忘れていない  いつか大人になって 街を離れても つないだ手のぬくもり 忘れないから
なごり雪汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる 季節はずれの雪が降ってる 東京で見る雪はこれが最後ねと さみしそうに君がつぶやく なごり雪も降る時を知り ふざけすぎた季節のあとで 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった  動き始めた汽車の窓に顔をつけて 君は何か言おうとしている 君の口びるがさようならと動くことが こわくて下をむいてた 時がゆけば幼い君も 大人になると気づかないまま 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった  君が去ったホームにのこり 落ちてはとける雪を見ていた 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった 去年よりずっときれいになった 去年よりずっときれいになった石川ひとみ伊勢正三伊勢正三汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる 季節はずれの雪が降ってる 東京で見る雪はこれが最後ねと さみしそうに君がつぶやく なごり雪も降る時を知り ふざけすぎた季節のあとで 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった  動き始めた汽車の窓に顔をつけて 君は何か言おうとしている 君の口びるがさようならと動くことが こわくて下をむいてた 時がゆけば幼い君も 大人になると気づかないまま 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった  君が去ったホームにのこり 落ちてはとける雪を見ていた 今春が来て君はきれいになった 去年よりずっときれいになった 去年よりずっときれいになった 去年よりずっときれいになった
夏の思い出夏がくれば 思い出す はるかな尾瀬 遠い空 霧のなかに うかびくる やさしい影 野の小径 水芭蕉の花が 咲いている 夢みて咲いている 水の辺り 石楠花色に たそがれる はるかな尾瀬 遠い空  夏がくれば 思い出す はるかな尾瀬 野の旅よ 花のなかに そよそよと ゆれゆれる 浮き島よ 水芭蕉の花が 匂っている 夢みて匂っている 水の辺り まなこつぶれば 懐かしい はるかな尾瀬 遠い空石川ひとみ江間章子中田喜直夏がくれば 思い出す はるかな尾瀬 遠い空 霧のなかに うかびくる やさしい影 野の小径 水芭蕉の花が 咲いている 夢みて咲いている 水の辺り 石楠花色に たそがれる はるかな尾瀬 遠い空  夏がくれば 思い出す はるかな尾瀬 野の旅よ 花のなかに そよそよと ゆれゆれる 浮き島よ 水芭蕉の花が 匂っている 夢みて匂っている 水の辺り まなこつぶれば 懐かしい はるかな尾瀬 遠い空
夏の終わりと麦わら帽子麦わら帽子と 笑う入道雲 ひまわりの花咲く 丘に続く道  今年も待っていた 集う仲間の声 降り注ぐ太陽 まぶしく光る  校庭にたたずめば はにかんで 笑っていた 君の横顔が 胸によみがえる 今でも  フィルムにはきっと はしゃぐ仲間たち 懐かしさ しみじみ 語る人たち  大人になっても 幼ない日に帰る 時の波をそっと 越えてたどる道  僕らの心の すき間に 秋風が 吹き抜けて とまどいながらも それぞれの道を歩いて  アルバムの中には ゆれる思い出たち あの頃の歌が 聞こえてくるよ  君と追いかけた 夏の記憶 ずっと ずっと  過ぎゆく季節の 中に僕らはいる あの頃の歌が 聞こえてくるよ  過ぎゆく季節の 中に僕らはいる あの時の歌が 聞こえてくるよ 聞こえてくるよ石川ひとみ石川ひとみ山田直毅麦わら帽子と 笑う入道雲 ひまわりの花咲く 丘に続く道  今年も待っていた 集う仲間の声 降り注ぐ太陽 まぶしく光る  校庭にたたずめば はにかんで 笑っていた 君の横顔が 胸によみがえる 今でも  フィルムにはきっと はしゃぐ仲間たち 懐かしさ しみじみ 語る人たち  大人になっても 幼ない日に帰る 時の波をそっと 越えてたどる道  僕らの心の すき間に 秋風が 吹き抜けて とまどいながらも それぞれの道を歩いて  アルバムの中には ゆれる思い出たち あの頃の歌が 聞こえてくるよ  君と追いかけた 夏の記憶 ずっと ずっと  過ぎゆく季節の 中に僕らはいる あの頃の歌が 聞こえてくるよ  過ぎゆく季節の 中に僕らはいる あの時の歌が 聞こえてくるよ 聞こえてくるよ
何も言わないで何も言わなくてもいいの! もうそれ以上 今は私だけを見つめて ふたりだけの夜  前の彼女のこと 尋き出してみる わりと平気な素振りで つくり笑顔見せて  しゃくにさわるのは わかってるけど あなたのことは 誰よりも知っておきたいから  あなたのそばにいて 優しく見守っていたい  何も言わなくてもいいの! もうそれ以上 今は私だけを見つめて ふたりだけの夜  ごめん! あやまらなきゃ 私が悪い ひとりきりでもいいのなんて いつもの強がりなの  私のそばに来て 優しく叱って欲しい  星屑で結び合わせた 星座のように ふたり めぐり逢えたこの恋 忘れはしない  星屑で結び合わせた 星座のように ふたり めぐり逢えたこの恋 忘れはしない  忘れはしない… 忘れはしない…石川ひとみ石川ひとみ田中真美鷺巣詩郎何も言わなくてもいいの! もうそれ以上 今は私だけを見つめて ふたりだけの夜  前の彼女のこと 尋き出してみる わりと平気な素振りで つくり笑顔見せて  しゃくにさわるのは わかってるけど あなたのことは 誰よりも知っておきたいから  あなたのそばにいて 優しく見守っていたい  何も言わなくてもいいの! もうそれ以上 今は私だけを見つめて ふたりだけの夜  ごめん! あやまらなきゃ 私が悪い ひとりきりでもいいのなんて いつもの強がりなの  私のそばに来て 優しく叱って欲しい  星屑で結び合わせた 星座のように ふたり めぐり逢えたこの恋 忘れはしない  星屑で結び合わせた 星座のように ふたり めぐり逢えたこの恋 忘れはしない  忘れはしない… 忘れはしない…
にわか雨嫌われているよな 感じがしていたの 近づくとはんぱな 冗談ばかり 素っ気なくふるまう こっけいな毎日 さみしかった いつも 夕暮れ時は  にわか雨…雨 入れよとうしろから ありがとうも言えず にわか雨…雨 はじめての二人きり 逃げ出したかった あのとき…  小さな傘の中 肩が触れるたびに ごめんねとあなたも あせってた  映画に誘われて ワインで食事した 気取ってるあなたが ほほえましくて 好きだとか 愛して欲しいとか言わずに 深くなってゆける 予感がしたの  にわか雨…雨 入れよとうしろから 半分ずつ濡れて にわか雨…雨 近道は避けながら 駅まで歩いた はじまり  抱きしめられたなら 泣いたかもしれない がまんしてる あなたを信じたの  にわか雨…雨 はじめての二人きり 逃げ出したかった あのとき…石川ひとみ岡田冨美子西島三重子嫌われているよな 感じがしていたの 近づくとはんぱな 冗談ばかり 素っ気なくふるまう こっけいな毎日 さみしかった いつも 夕暮れ時は  にわか雨…雨 入れよとうしろから ありがとうも言えず にわか雨…雨 はじめての二人きり 逃げ出したかった あのとき…  小さな傘の中 肩が触れるたびに ごめんねとあなたも あせってた  映画に誘われて ワインで食事した 気取ってるあなたが ほほえましくて 好きだとか 愛して欲しいとか言わずに 深くなってゆける 予感がしたの  にわか雨…雨 入れよとうしろから 半分ずつ濡れて にわか雨…雨 近道は避けながら 駅まで歩いた はじまり  抱きしめられたなら 泣いたかもしれない がまんしてる あなたを信じたの  にわか雨…雨 はじめての二人きり 逃げ出したかった あのとき…
願いはひとつ願いはひとつ ひとつだけ 心にいるのは あなただけ スミレ アカシア レンゲソウ あなたのとなりに 咲いてみたい 遠い春 待ちわびて 恋をする 蕾は今 あなたの声を あなたの夢を 聞いていたいの 一番近くで あなたの呼吸 あなたの鼓動 風に吹かれて 花は開く 星は今日もふたりを 見ていないふり  願いはひとつ ひとつだけ 心にいるのは あなただけ アジサイ スズラン クレマチス あなたのとなりに 咲いてみたい 雨に濡れる夜は ひとりじゃない ここにいるよ あなたの祈り あなたの涙 知っていたいの 一番近くで あなたの呼吸 あなたの鼓動 果てることなく 夢は開く 星は今日もふたりを 見ていないふり そっと息をひそめて 見ていないふり石川ひとみ田島由紀子上地等山田直毅願いはひとつ ひとつだけ 心にいるのは あなただけ スミレ アカシア レンゲソウ あなたのとなりに 咲いてみたい 遠い春 待ちわびて 恋をする 蕾は今 あなたの声を あなたの夢を 聞いていたいの 一番近くで あなたの呼吸 あなたの鼓動 風に吹かれて 花は開く 星は今日もふたりを 見ていないふり  願いはひとつ ひとつだけ 心にいるのは あなただけ アジサイ スズラン クレマチス あなたのとなりに 咲いてみたい 雨に濡れる夜は ひとりじゃない ここにいるよ あなたの祈り あなたの涙 知っていたいの 一番近くで あなたの呼吸 あなたの鼓動 果てることなく 夢は開く 星は今日もふたりを 見ていないふり そっと息をひそめて 見ていないふり
裸足でダンス足もとに黒いドレス脱ぎすて 忘れるわ あなたの香り 今日までの 夜毎のたわむれさえ めざめれば 夢のうたたか  彼女と何があったのなんて 今はもう 知りたくないのよ  そうよ 裸足でダンス 今宵はひとり トワイライト・ダンス 哀しい場面は みんないくつも 知りすぎているから  裸足でダンス 灯りは消して トワイライト・ダンス もいちど誰かを 愛せる日まで 踊り続けて アン・ドゥ・トロア  あのひとと 幸せになれなくて 許してと 誰か伝えて  すぎたあの日は いつでもノスタルジィー でも今はふりむきたくない  そうよ 裸足でダンス 今宵はひとり トワイライト・ダンス 哀しい場面は みんないくつも 知りすぎているから  裸足でダンス このままゆれて トワイライト・ダンス 想い出なんかにつまずかないで 踊り続けて アン・ドゥ・トロア アン・ドゥ・トロア  そうよ 裸足でダンス 今宵はひとり トワイライト・ダンス 哀しい場面は みんないくつも 知りすぎているから  裸足でダンス 灯りは消して トワイライト・ダンス もいちど誰かを 愛せる日まで 踊り続けて アン・ドゥ・トロア アン・ドゥ・トロア アン・ドゥ・トロア石川ひとみ竜真知子鈴木キサブロー足もとに黒いドレス脱ぎすて 忘れるわ あなたの香り 今日までの 夜毎のたわむれさえ めざめれば 夢のうたたか  彼女と何があったのなんて 今はもう 知りたくないのよ  そうよ 裸足でダンス 今宵はひとり トワイライト・ダンス 哀しい場面は みんないくつも 知りすぎているから  裸足でダンス 灯りは消して トワイライト・ダンス もいちど誰かを 愛せる日まで 踊り続けて アン・ドゥ・トロア  あのひとと 幸せになれなくて 許してと 誰か伝えて  すぎたあの日は いつでもノスタルジィー でも今はふりむきたくない  そうよ 裸足でダンス 今宵はひとり トワイライト・ダンス 哀しい場面は みんないくつも 知りすぎているから  裸足でダンス このままゆれて トワイライト・ダンス 想い出なんかにつまずかないで 踊り続けて アン・ドゥ・トロア アン・ドゥ・トロア  そうよ 裸足でダンス 今宵はひとり トワイライト・ダンス 哀しい場面は みんないくつも 知りすぎているから  裸足でダンス 灯りは消して トワイライト・ダンス もいちど誰かを 愛せる日まで 踊り続けて アン・ドゥ・トロア アン・ドゥ・トロア アン・ドゥ・トロア
浜千鳥青い月夜の 浜辺には 親を探して 鳴く鳥が 波の国から 生まれ出る 濡れた翼の 銀の色  夜鳴く鳥の 悲しさは 親をたずねて 海こえて 月夜の国へ 消えてゆく 銀のつばさの 浜千鳥石川ひとみ鹿島鳴秋弘田龍太郎青い月夜の 浜辺には 親を探して 鳴く鳥が 波の国から 生まれ出る 濡れた翼の 銀の色  夜鳴く鳥の 悲しさは 親をたずねて 海こえて 月夜の国へ 消えてゆく 銀のつばさの 浜千鳥
ハート通信舞いちる落葉が 街をつつむと あなたの嫌いな 冬はもうじき かびんのコスモス コトリと散った 不安な夜明けを バスにのせたの  HEART TO HEART 逢えない時が長すぎて HEART TO HEART あなたの声が聞こえない ふるえる指で 電話をかけたの 呼び出し音の 肩すかしだけ 心を走る 胸さわぎ ハート通信ヒュルル ハート通信ヒュルル  あなたの気持は いつもよめたわ ぬれてる瞳で 会話も出来た 誰かとあなたが 海に行ったって 悲しいうわさも うそと笑えた  HEART TO HEART 心がじかに感じたの HEART TO HEART あなたに何か起きたのね 第六感と人は言うけれど 愛は言葉のない ラブ・レター 心を走る 胸さわぎ ハート通信ヒュルル ハート通信ヒュルル  ガラスに枯枝 映したバスで 私をブルーに そめる青空 あなたの車の灰皿でみた ルージュのしみてた 誰のシガレット  HEART TO HEART 予感がはずれますように HEART TO HEART 祈る私のテレパシー 飛びたつ想い もしもとどいたら カーテンあけて 微笑なげて 心を走る 胸さわぎ ハート通信ヒュルル ハート通信ヒュルル石川ひとみ松本隆吉田拓郎舞いちる落葉が 街をつつむと あなたの嫌いな 冬はもうじき かびんのコスモス コトリと散った 不安な夜明けを バスにのせたの  HEART TO HEART 逢えない時が長すぎて HEART TO HEART あなたの声が聞こえない ふるえる指で 電話をかけたの 呼び出し音の 肩すかしだけ 心を走る 胸さわぎ ハート通信ヒュルル ハート通信ヒュルル  あなたの気持は いつもよめたわ ぬれてる瞳で 会話も出来た 誰かとあなたが 海に行ったって 悲しいうわさも うそと笑えた  HEART TO HEART 心がじかに感じたの HEART TO HEART あなたに何か起きたのね 第六感と人は言うけれど 愛は言葉のない ラブ・レター 心を走る 胸さわぎ ハート通信ヒュルル ハート通信ヒュルル  ガラスに枯枝 映したバスで 私をブルーに そめる青空 あなたの車の灰皿でみた ルージュのしみてた 誰のシガレット  HEART TO HEART 予感がはずれますように HEART TO HEART 祈る私のテレパシー 飛びたつ想い もしもとどいたら カーテンあけて 微笑なげて 心を走る 胸さわぎ ハート通信ヒュルル ハート通信ヒュルル
パリからの便り回転木馬に ゆらゆられ 夢を見るように回ってる 初めての旅 あなたがいたら どんなにいいでしょう…  素敵な人にも逢うけれど はやりの指環も この街も あなたの愛ほど きらめくものなど あるはずないもの…  Bonjour…おねがい あの人に伝えて パリで私は元気でいると Bonjour…あなたが 心にいるかぎり 約束通りに 笑顔でいると…  私がいないと 誰よりも 淋しがり屋の人だから 夜更けの街を 誰かと腕組み 歩いているかも…  時計台の鐘 鐘が鳴る あなたの街では 夜かしら あなたの胸にも 私のことだけ 映っていて欲しい…  Bonjour…おねがい あの人に伝えて パリの青空とてもきれいよ Bonjour…あなたに 絵葉書を送るわ いつもの元気な 声を聞かせて  そして一年が過ぎて 逢えたなら ねェ…変わらない笑顔を見せて  Bonjour…おねがい あの人に伝えて パリで私は元気でいると Bonjour…あなたが 心にいるかぎり 約束通りに 笑顔でいると…石川ひとみ尾関昌也尾関裕司若草恵回転木馬に ゆらゆられ 夢を見るように回ってる 初めての旅 あなたがいたら どんなにいいでしょう…  素敵な人にも逢うけれど はやりの指環も この街も あなたの愛ほど きらめくものなど あるはずないもの…  Bonjour…おねがい あの人に伝えて パリで私は元気でいると Bonjour…あなたが 心にいるかぎり 約束通りに 笑顔でいると…  私がいないと 誰よりも 淋しがり屋の人だから 夜更けの街を 誰かと腕組み 歩いているかも…  時計台の鐘 鐘が鳴る あなたの街では 夜かしら あなたの胸にも 私のことだけ 映っていて欲しい…  Bonjour…おねがい あの人に伝えて パリの青空とてもきれいよ Bonjour…あなたに 絵葉書を送るわ いつもの元気な 声を聞かせて  そして一年が過ぎて 逢えたなら ねェ…変わらない笑顔を見せて  Bonjour…おねがい あの人に伝えて パリで私は元気でいると Bonjour…あなたが 心にいるかぎり 約束通りに 笑顔でいると…
パープル ミステリー夕暮れの浜辺に 流れてゆく ミステリー 途方もなく 深い海に沈む ミステリー  あの男性(ひと)の心が知りたくて ひとりで ここに来たけれど 海はとても 謎めいて 紫の波を かえすだけ  街は イエロー ミステリー 空は オレンジ ミステリー 愛は ホワイト ミステリー 海は パープル パープル ミステリー  あの男性(ひと)の言葉は いつもどこか ミステリー 意外な結末が来るようで ミステリー  出逢った日から今まで その想い出と ひきかえに 空と波の むこうから さよなら言われる 気がするの  街は イエロー ミステリー 空は オレンジ ミステリー 愛は ホワイト ミステリー 海は パープル パープル ミステリー  街は イエロー ミステリー 空は オレンジ ミステリー 愛は ホワイト ミステリー 海は パープル パープル ミステリー石川ひとみ川越進川越進夕暮れの浜辺に 流れてゆく ミステリー 途方もなく 深い海に沈む ミステリー  あの男性(ひと)の心が知りたくて ひとりで ここに来たけれど 海はとても 謎めいて 紫の波を かえすだけ  街は イエロー ミステリー 空は オレンジ ミステリー 愛は ホワイト ミステリー 海は パープル パープル ミステリー  あの男性(ひと)の言葉は いつもどこか ミステリー 意外な結末が来るようで ミステリー  出逢った日から今まで その想い出と ひきかえに 空と波の むこうから さよなら言われる 気がするの  街は イエロー ミステリー 空は オレンジ ミステリー 愛は ホワイト ミステリー 海は パープル パープル ミステリー  街は イエロー ミステリー 空は オレンジ ミステリー 愛は ホワイト ミステリー 海は パープル パープル ミステリー
ひとりごとあなたの声 聴こえたとき 何も言えなかった あの頃は毎晩のように 電話してたのに 逢えなくなって 7ヶ月 はりつめた意地さえ失くして 情けない ひとりごと  冷たくされた 痛手さえ 何もないよりは 懐かしい  あなた あなた あなた あなた 今も あの日も 私には あなた あなた あなた あなた あなただけが目の前 あなただけが目の前  ひとりの夜 この心はもろくなるものなの なげやりと言われるような 恋もしたあの日 あの恋だけは 失くしたら 立ち直れないと思ってた その通り ひとりごと  あれから 誰に出逢っても なぜか この心 かたくなに  あなた あなた あなた あなた 今も 明日も 私には あなた あなた あなた あなた あなただけが目の前 あなただけが目の前  冷たくされた 痛手さえ 何もないよりは 懐かしい  あなた あなた あなた あなた 今も あの日も 私には あなた あなた あなた あなた あなただけが目の前 あなただけが目の前石川ひとみ竜真知子穂口雄右穂口雄右あなたの声 聴こえたとき 何も言えなかった あの頃は毎晩のように 電話してたのに 逢えなくなって 7ヶ月 はりつめた意地さえ失くして 情けない ひとりごと  冷たくされた 痛手さえ 何もないよりは 懐かしい  あなた あなた あなた あなた 今も あの日も 私には あなた あなた あなた あなた あなただけが目の前 あなただけが目の前  ひとりの夜 この心はもろくなるものなの なげやりと言われるような 恋もしたあの日 あの恋だけは 失くしたら 立ち直れないと思ってた その通り ひとりごと  あれから 誰に出逢っても なぜか この心 かたくなに  あなた あなた あなた あなた 今も 明日も 私には あなた あなた あなた あなた あなただけが目の前 あなただけが目の前  冷たくされた 痛手さえ 何もないよりは 懐かしい  あなた あなた あなた あなた 今も あの日も 私には あなた あなた あなた あなた あなただけが目の前 あなただけが目の前
ひとりじめもっと見つめて あなたの瞳で もっと愛して 私だけの心  薄紅のア・ネ・モ・ネは 窓辺に咲いたけど あの人と私には 春がまだ浅い  陽を浴びている場所が そこにある時は どこかしら陰になる所が あるのでしょう  初めての口づけは何時だったかしら? ふたりはあの頃と 変わってないかしら?  そばで話して あなたの出来事 そばで笑って 私だけのために  云わなくてわかるけど 確かめたいのよ 揺れ動く心には 言葉が必要  友達が集まると 黙ってしまうのね この人が恋人と 紹介して欲しい  ふたりなら生きて行く事はできても あなたのぬくもりが まだまだ足りない  そばで見つめて あなたの瞳で そばで愛して 私だけの心  もっと見つめて あなたの瞳で もっと愛して 私だけの心  もっと見つめて あなたの瞳で もっと愛して 私だけの心  そばで話して あなたの出来事 そばで笑って 私だけのために…石川ひとみ天野滋天野滋もっと見つめて あなたの瞳で もっと愛して 私だけの心  薄紅のア・ネ・モ・ネは 窓辺に咲いたけど あの人と私には 春がまだ浅い  陽を浴びている場所が そこにある時は どこかしら陰になる所が あるのでしょう  初めての口づけは何時だったかしら? ふたりはあの頃と 変わってないかしら?  そばで話して あなたの出来事 そばで笑って 私だけのために  云わなくてわかるけど 確かめたいのよ 揺れ動く心には 言葉が必要  友達が集まると 黙ってしまうのね この人が恋人と 紹介して欲しい  ふたりなら生きて行く事はできても あなたのぬくもりが まだまだ足りない  そばで見つめて あなたの瞳で そばで愛して 私だけの心  もっと見つめて あなたの瞳で もっと愛して 私だけの心  もっと見つめて あなたの瞳で もっと愛して 私だけの心  そばで話して あなたの出来事 そばで笑って 私だけのために…
ひとりぼっちのサーカスあなたが帰ったあとの 私の部屋には 飲みかけワインと 散らかしたままのトランプ ごめんねと言って帰った ごめんねと言ってあなた しんと静かな真夜中は いつも決まってひとりぼっち  さあ目をさませ 人形たち さあ目をさませ ナイフに鏡 さあ目をさませ ひとりの部屋の 午前零時のお祭に  あなたを乗せた終電車 ホームをはなれる頃 ぽつんと座って 私 涙をこらえてる ごめんねと言って帰った ごめんねと言ってあなた 今夜はどんな嘘をつくの 何も知らないやさしい人に  さあ目をさませ 人形たち くだけた心 つつんでおくれ ひとりの部屋の ひとりサーカス せめて涙のかわくまで  ラララ…… さあ目をさませ 人形たち くだけた心 つつんでおくれ ひとりの部屋の ひとりサーカス 朝が来るまで 踊らせて石川ひとみ谷山浩子谷山浩子あなたが帰ったあとの 私の部屋には 飲みかけワインと 散らかしたままのトランプ ごめんねと言って帰った ごめんねと言ってあなた しんと静かな真夜中は いつも決まってひとりぼっち  さあ目をさませ 人形たち さあ目をさませ ナイフに鏡 さあ目をさませ ひとりの部屋の 午前零時のお祭に  あなたを乗せた終電車 ホームをはなれる頃 ぽつんと座って 私 涙をこらえてる ごめんねと言って帰った ごめんねと言ってあなた 今夜はどんな嘘をつくの 何も知らないやさしい人に  さあ目をさませ 人形たち くだけた心 つつんでおくれ ひとりの部屋の ひとりサーカス せめて涙のかわくまで  ラララ…… さあ目をさませ 人形たち くだけた心 つつんでおくれ ひとりの部屋の ひとりサーカス 朝が来るまで 踊らせて
秘密の森想い出した 幼い頃の秘密隠した あの森 裸足のまま ふざけあっては夢見てた 二人  一番大きな木に登った あの子にいつも一枝 届かず…  絵本に挟み込んだ 願い事と四ッ葉のクローバー 私の宝物は そっと 今でも森に眠る  心乗せる 計りの様で息止めた シーソー  一番大好きだったけれど あの子にいつも気持ちが 届かず…  絵本のページめくる 懐かしさ蘇る魔法は 少女のかけら集め そっと 今でも森に眠る  絵本に挟み込んだ 願い事と四ッ葉のクローバー 私の宝物は そっと 今でも森に眠る石川ひとみ岩室先子山田直毅想い出した 幼い頃の秘密隠した あの森 裸足のまま ふざけあっては夢見てた 二人  一番大きな木に登った あの子にいつも一枝 届かず…  絵本に挟み込んだ 願い事と四ッ葉のクローバー 私の宝物は そっと 今でも森に眠る  心乗せる 計りの様で息止めた シーソー  一番大好きだったけれど あの子にいつも気持ちが 届かず…  絵本のページめくる 懐かしさ蘇る魔法は 少女のかけら集め そっと 今でも森に眠る  絵本に挟み込んだ 願い事と四ッ葉のクローバー 私の宝物は そっと 今でも森に眠る
冬のかもめあなたがくれた桜貝は あなたが眠る冬の海に 返して来るのが一番いいと みんな言うのです  バスを乗り継ぎ 小雨に濡れて ひとり砂浜 歩いてみれば 無邪気に遊んだ 夏の日のこと 見えるようです  冬のかもめ 冬のかもめよ 伝えてよ あの人に いつか涙が かわいても 忘れはしないと…  あいつが誰より愛していた 君がひとりで冬の海へ たずねて行くのが一番いいと みんな言うのです  悲しみ束ねた この花束を 波打ち際に 置いてゆきます あなたのそばに ひと足早い 春が来るように  冬のかもめ 冬のかもめよ 伝えてよ あの人に どんなに時が 流れても 忘れはしないと…  冬のかもめ 冬のかもめよ 伝えてよ あの人に どんなに時が 流れても 忘れはしないと…石川ひとみ康珍化西島美重子あなたがくれた桜貝は あなたが眠る冬の海に 返して来るのが一番いいと みんな言うのです  バスを乗り継ぎ 小雨に濡れて ひとり砂浜 歩いてみれば 無邪気に遊んだ 夏の日のこと 見えるようです  冬のかもめ 冬のかもめよ 伝えてよ あの人に いつか涙が かわいても 忘れはしないと…  あいつが誰より愛していた 君がひとりで冬の海へ たずねて行くのが一番いいと みんな言うのです  悲しみ束ねた この花束を 波打ち際に 置いてゆきます あなたのそばに ひと足早い 春が来るように  冬のかもめ 冬のかもめよ 伝えてよ あの人に どんなに時が 流れても 忘れはしないと…  冬のかもめ 冬のかもめよ 伝えてよ あの人に どんなに時が 流れても 忘れはしないと…
故郷兎追いしかの山、 小鮒釣りしかの川、 夢は今も めぐりて 忘れがたき故郷  如何にいます父母、 恙なしや友がき、 雨に風につけても、 思いいずる故郷。  こころざしをはたして、 いつの日にか帰らん、 山はあおき故郷。 水は清き故郷。石川ひとみ高野辰之岡野貞一兎追いしかの山、 小鮒釣りしかの川、 夢は今も めぐりて 忘れがたき故郷  如何にいます父母、 恙なしや友がき、 雨に風につけても、 思いいずる故郷。  こころざしをはたして、 いつの日にか帰らん、 山はあおき故郷。 水は清き故郷。
Blue Dancing銀の靴はいて 踊る あの娘はなみだ Doll 悲しい想い出 捨てる おまじないみたい 心閉じたまま 踊る あの娘はなみだ Doll 過ぎゆく時間に ひとり迷いこむように  Blue Dancing Blue Dancing 言葉も失くして 色あせた夢 相手に踊ってる Blue Dancing Blue Dancing 誰かやさしく あの娘を抱きしめながら 踊ってよ  微笑(ほほえみ)忘れて 踊る あの娘はなみだ Doll いつしか笑顔が もどり 踊りはじめる 肩にほほうずめ 踊る あの娘はなみだ Doll 愛する気持ちが 心溶かしていく時  Blue Dancing Blue Dancing とまどうときめき ひとみを見つめたままで踊ってる Blue Dancing Blue Dancing 恐がらないで 涙をぬくもりに変えて 踊ってよ  パピプペ パピプペ パパヤ 聞き覚えある言葉が 心揺らして パパパヤ パピプペ パピプペ パパヤ バラ色にほほも染まり そして心もパパパヤ溶けていく  Blue Dancing Blue Dancing とまどうときめき ひとみを見つめたままで踊ってる Blue Dancing Blue Dancing 恐がらないで 涙をぬくもりに変えて 踊ってよ  Blue Dancing Blue Dancing 言葉も失くして 色あせた夢 相手に踊ってる Blue Dancing Blue Dancing 誰かやさしく あの娘を抱きしめながら 踊ってよ石川ひとみ島エリナポール・ファンタジア渡辺茂樹銀の靴はいて 踊る あの娘はなみだ Doll 悲しい想い出 捨てる おまじないみたい 心閉じたまま 踊る あの娘はなみだ Doll 過ぎゆく時間に ひとり迷いこむように  Blue Dancing Blue Dancing 言葉も失くして 色あせた夢 相手に踊ってる Blue Dancing Blue Dancing 誰かやさしく あの娘を抱きしめながら 踊ってよ  微笑(ほほえみ)忘れて 踊る あの娘はなみだ Doll いつしか笑顔が もどり 踊りはじめる 肩にほほうずめ 踊る あの娘はなみだ Doll 愛する気持ちが 心溶かしていく時  Blue Dancing Blue Dancing とまどうときめき ひとみを見つめたままで踊ってる Blue Dancing Blue Dancing 恐がらないで 涙をぬくもりに変えて 踊ってよ  パピプペ パピプペ パパヤ 聞き覚えある言葉が 心揺らして パパパヤ パピプペ パピプペ パパヤ バラ色にほほも染まり そして心もパパパヤ溶けていく  Blue Dancing Blue Dancing とまどうときめき ひとみを見つめたままで踊ってる Blue Dancing Blue Dancing 恐がらないで 涙をぬくもりに変えて 踊ってよ  Blue Dancing Blue Dancing 言葉も失くして 色あせた夢 相手に踊ってる Blue Dancing Blue Dancing 誰かやさしく あの娘を抱きしめながら 踊ってよ
プリンプリン物語ワン ツー ワン ツー スリー フォー プリン プリン プリン プリン プリン プリン それゆけ プリンプリンプリン どこまでも プリンプリン きみと いっしょに どこまでも プリンプリン ゆくては ひろがる 夢のよう どこまで 行っても 明日がある  それゆけ プリンプリンプリン 手を組んで プリンプリン 友だち 同志が 手を組んで プリンプリン なにが あろうと おそれるな 手を組みゃ こころも かようのさ  ゴーゴーゴーゴー プリンプリンプリン ゴーゴーゴーゴー プリンプリンプリン プリンセス プリンセス ウィズ ラブ ノーノー プリンプリン イエス イエス プリンプリン プリンセス プリンプリン  それゆけ プリンプリンプリン 歌おうよ プリンプリン こえを あわせて 歌おうよ プリンプリン 足並 そろえて 雨の中 歌えば 嵐も 晴れるんだ  ゴーゴーゴーゴー プリンプリンプリン ゴーゴーゴーゴー プリンプリンプリン プリンセス プリンセス ウィズ ラブ ノーノー プリンプリン イエス イエス プリンプリン プリンセス プリンプリン石川ひとみ石山透馬飼野康二ワン ツー ワン ツー スリー フォー プリン プリン プリン プリン プリン プリン それゆけ プリンプリンプリン どこまでも プリンプリン きみと いっしょに どこまでも プリンプリン ゆくては ひろがる 夢のよう どこまで 行っても 明日がある  それゆけ プリンプリンプリン 手を組んで プリンプリン 友だち 同志が 手を組んで プリンプリン なにが あろうと おそれるな 手を組みゃ こころも かようのさ  ゴーゴーゴーゴー プリンプリンプリン ゴーゴーゴーゴー プリンプリンプリン プリンセス プリンセス ウィズ ラブ ノーノー プリンプリン イエス イエス プリンプリン プリンセス プリンプリン  それゆけ プリンプリンプリン 歌おうよ プリンプリン こえを あわせて 歌おうよ プリンプリン 足並 そろえて 雨の中 歌えば 嵐も 晴れるんだ  ゴーゴーゴーゴー プリンプリンプリン ゴーゴーゴーゴー プリンプリンプリン プリンセス プリンセス ウィズ ラブ ノーノー プリンプリン イエス イエス プリンプリン プリンセス プリンプリン
ベリバービリバーちょっと困った 素直になれない 聞きそこなった 気持ちが見えない  こんがり恋心 ゆらゆら蜃気楼 サイダー しゅわり好奇心 青春 とけない甘い問題  もうたぶんどうしようもないの 恋はベリバー(very bad) 完璧にお手上げ 微熱状態 あんまりやきもきしないで待つわ あなたのひとこと  できそこなった フツウの恋愛 はいつくばって 探すの クローバー  なんだか早起き そわそわ雲行き キャンディー 溶けるあいだも 躊躇 遅すぎる展開  まったく どうしようもない期待も ビリバー(believer) 単純に夢中は 誰のせいで こんなに重大気分かかえてるのに あなたはひとごと  片頭痛 リンパ液 眩暈 妄想 シャンプー 洗うついでに ちゃんと流せたら正解  ほんとに どうしようもないわ ベリバー ビリバー 何回も懲りずに 意地になって いい加減あたふたさせてよ はやく あなたのひとこと石川ひとみ昆真由美吉田誠志山田直毅ちょっと困った 素直になれない 聞きそこなった 気持ちが見えない  こんがり恋心 ゆらゆら蜃気楼 サイダー しゅわり好奇心 青春 とけない甘い問題  もうたぶんどうしようもないの 恋はベリバー(very bad) 完璧にお手上げ 微熱状態 あんまりやきもきしないで待つわ あなたのひとこと  できそこなった フツウの恋愛 はいつくばって 探すの クローバー  なんだか早起き そわそわ雲行き キャンディー 溶けるあいだも 躊躇 遅すぎる展開  まったく どうしようもない期待も ビリバー(believer) 単純に夢中は 誰のせいで こんなに重大気分かかえてるのに あなたはひとごと  片頭痛 リンパ液 眩暈 妄想 シャンプー 洗うついでに ちゃんと流せたら正解  ほんとに どうしようもないわ ベリバー ビリバー 何回も懲りずに 意地になって いい加減あたふたさせてよ はやく あなたのひとこと
星のまばたき毎朝目がさめると、あなたを想うのよ 今年も冬がきたら、あれから4度めの  かなしくなれない、しあわせすぎて 涙も別れの言葉もあなたには似合わないわ。  そうだれよりもあなたが大切だった、 いまも変わらないわたしを、笑わないでね。  だってしあわせは瞬間のまたたき。 そして人生は星の瞬きだから。  愛情と云ふものはあまりに重すぎる、 透明ななつかしさ 次第にあふれだす。  無邪気なひとなの、子どもみたいに それは罪よ!って言いたい、でも、 そういうあなたが好きよ。  この世の中の掟は知らないけれど、 空の果てまでもあなたを追いかけてくわ。  そう、誰よりもあなたを愛してました。 何も変われないわたしを嘲笑っていいわ。  こんな世の中の掟は守れないけど、 星の果てまでもあなたを守ってるから。  だって音楽は瞬間の瞬き。 そしてすべては星のまばたきだから。  そしてすべてはね、 星のまばたきだから。石川ひとみ鈴木祥子鈴木祥子山田直毅毎朝目がさめると、あなたを想うのよ 今年も冬がきたら、あれから4度めの  かなしくなれない、しあわせすぎて 涙も別れの言葉もあなたには似合わないわ。  そうだれよりもあなたが大切だった、 いまも変わらないわたしを、笑わないでね。  だってしあわせは瞬間のまたたき。 そして人生は星の瞬きだから。  愛情と云ふものはあまりに重すぎる、 透明ななつかしさ 次第にあふれだす。  無邪気なひとなの、子どもみたいに それは罪よ!って言いたい、でも、 そういうあなたが好きよ。  この世の中の掟は知らないけれど、 空の果てまでもあなたを追いかけてくわ。  そう、誰よりもあなたを愛してました。 何も変われないわたしを嘲笑っていいわ。  こんな世の中の掟は守れないけど、 星の果てまでもあなたを守ってるから。  だって音楽は瞬間の瞬き。 そしてすべては星のまばたきだから。  そしてすべてはね、 星のまばたきだから。
まちぶせPLATINA LYLIC夕暮れの街角 のぞいた喫茶店 微笑み見つめ合う 見覚えある二人 あの娘が急になぜか きれいになったのは あなたとこんなふうに 会ってるからなのね  好きだったのよ あなた 胸の奥でずっと もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる  気のないそぶりして 仲間に加わった テーブルをはさんで あなたを熱く見た  あの娘がふられたと 噂にきいたけど わたしは自分から 云いよったりしない 別の人がくれた ラブレター見せたり 偶然をよそおい 帰り道で待つわ  好きだったのよ あなた 胸の奥でずっと もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる  好きだったのよ あなた 胸の奥でずっと もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる  あなたをふりむかせるPLATINA LYLIC石川ひとみ荒井由実荒井由実夕暮れの街角 のぞいた喫茶店 微笑み見つめ合う 見覚えある二人 あの娘が急になぜか きれいになったのは あなたとこんなふうに 会ってるからなのね  好きだったのよ あなた 胸の奥でずっと もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる  気のないそぶりして 仲間に加わった テーブルをはさんで あなたを熱く見た  あの娘がふられたと 噂にきいたけど わたしは自分から 云いよったりしない 別の人がくれた ラブレター見せたり 偶然をよそおい 帰り道で待つわ  好きだったのよ あなた 胸の奥でずっと もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる  好きだったのよ あなた 胸の奥でずっと もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる  あなたをふりむかせる
真夜中のギター街のどこかに 淋しがり屋がひとり いまにも泣きそうに ギターを弾いている 愛を失くして なにかを求めて さまよう 似たもの同志なのね 此処へおいでよ 夜はつめたく永い 黙って夜明けまで ギターを弾こうよ  空をごらんよ 淋しがり屋の星が なみだの尾をひいて どこかへ旅に発つ 愛を失くして なにかを求めて さまよう 似たもの同志なのね そっとしときよ みんな孤独でつらい 黙って夜明けまで ギターを弾こうよ  愛を失くして なにかを求めて さまよう 似たもの同志なのね そっとしときよ みんな孤独でつらい 黙って夜明けまで ギターを弾こうよ ギターを弾こうよ ギターを弾こうよ ギターを弾こうよ石川ひとみ吉岡治河村利夫街のどこかに 淋しがり屋がひとり いまにも泣きそうに ギターを弾いている 愛を失くして なにかを求めて さまよう 似たもの同志なのね 此処へおいでよ 夜はつめたく永い 黙って夜明けまで ギターを弾こうよ  空をごらんよ 淋しがり屋の星が なみだの尾をひいて どこかへ旅に発つ 愛を失くして なにかを求めて さまよう 似たもの同志なのね そっとしときよ みんな孤独でつらい 黙って夜明けまで ギターを弾こうよ  愛を失くして なにかを求めて さまよう 似たもの同志なのね そっとしときよ みんな孤独でつらい 黙って夜明けまで ギターを弾こうよ ギターを弾こうよ ギターを弾こうよ ギターを弾こうよ
マリンブルーに溶けないでいつから変っていたの あなたの心の色は 世界中で誰よりも 可愛いと 抱いてくれたのに  虚しく受話器の中で 居留守のコールがひびく うぬぼれずに 受けとめて それは私からの さよなら  ねえ 海のそばの あの赤電話よ 愛の芽生え 伝えた時は すぐに あなた とんで来たっけ 服のままで 泳ぎながら 口づけを 交わした  波にもぐった あなたを探し 思わず叫んでいたわ あなたが好き お願いよ マリンブルーに溶けないで  すべてが終った今も どうして想い出すのよ 二人だけの砂浜で そっと消した ファーストネーム  ねぇ 海の中で ねぇ 生きてみたい 魚たちとたわむれながら あなたなんか忘れてしまう 桜色の貝になって 秘やかに息づく  波がやさしく 身体をひやし すべてが消えて行くけれど あなたへの愛だけは マリンブルーに溶けないで石川ひとみ門谷憲二亀井登志夫いつから変っていたの あなたの心の色は 世界中で誰よりも 可愛いと 抱いてくれたのに  虚しく受話器の中で 居留守のコールがひびく うぬぼれずに 受けとめて それは私からの さよなら  ねえ 海のそばの あの赤電話よ 愛の芽生え 伝えた時は すぐに あなた とんで来たっけ 服のままで 泳ぎながら 口づけを 交わした  波にもぐった あなたを探し 思わず叫んでいたわ あなたが好き お願いよ マリンブルーに溶けないで  すべてが終った今も どうして想い出すのよ 二人だけの砂浜で そっと消した ファーストネーム  ねぇ 海の中で ねぇ 生きてみたい 魚たちとたわむれながら あなたなんか忘れてしまう 桜色の貝になって 秘やかに息づく  波がやさしく 身体をひやし すべてが消えて行くけれど あなたへの愛だけは マリンブルーに溶けないで
マリーマリー 泣かないで 君の寝顔 見つめていたいから 今夜また 子守歌聞きながら おやすみ マリー  夢の夢の夢の夢の 夢の中は 君のために 踊りまわる メリーゴーランド かわいい笑顔 はしゃぐ声がひびきわたれば 愛の国 マリー  マリー すねないで もうすぐ聞こえる すてきなウェディングベル でも 君とは 一番の友だちでいたいの マリー  夢を夢を夢を夢を 夢を見れば いつか二人行った 広い広い 牧場 かわいい笑顔 はしゃぐ声がひびきわたれば 愛の国 マリー  夢は夢は夢は夢は 夢はいつも マリー 君の心 そっと通り過ぎる だから だから だから 君の笑顔 見るだけで しあわせよ マリー石川ひとみ服部清服部清マリー 泣かないで 君の寝顔 見つめていたいから 今夜また 子守歌聞きながら おやすみ マリー  夢の夢の夢の夢の 夢の中は 君のために 踊りまわる メリーゴーランド かわいい笑顔 はしゃぐ声がひびきわたれば 愛の国 マリー  マリー すねないで もうすぐ聞こえる すてきなウェディングベル でも 君とは 一番の友だちでいたいの マリー  夢を夢を夢を夢を 夢を見れば いつか二人行った 広い広い 牧場 かわいい笑顔 はしゃぐ声がひびきわたれば 愛の国 マリー  夢は夢は夢は夢は 夢はいつも マリー 君の心 そっと通り過ぎる だから だから だから 君の笑顔 見るだけで しあわせよ マリー
右向け右右向け右 Ah 心が叫ぶ 左に行く彼 追っちゃいけない ここまできた二人なら どうにも どうにも ならないわ…  右向け右 Ah 心が痛い 左に行く彼 追っちゃいけない そんなに信じられなきゃ さっさと消えればいいでしょう  小指に空 広がってゆく 投げた指輪 また手にしてる Ah あきらめるには少し Ah 愛しすぎたみたいです 何故よ 何故なの 本気だった気持ち ふりむいて  右向け右 Ah 心がきしむ 左に行く彼は 追っちゃいけない いつかは わかるはずだと 気休め 気休め 一人言  右向け右 Ah 心がさわぐ 左に行く彼 追っちゃいけない くるりときびす返す 姿が 姿が 焼きついた  やきもちだけ やくだけやいて 深い理由も 聞かない人よ Ah あきらめるには少し Ah 愛しすぎたみたいです 何故よ 何故なの ほどけかけた心 抱きしめて  何故よ 何故なの ほどけかけた心 抱きしめて石川ひとみ三浦徳子宮川泰右向け右 Ah 心が叫ぶ 左に行く彼 追っちゃいけない ここまできた二人なら どうにも どうにも ならないわ…  右向け右 Ah 心が痛い 左に行く彼 追っちゃいけない そんなに信じられなきゃ さっさと消えればいいでしょう  小指に空 広がってゆく 投げた指輪 また手にしてる Ah あきらめるには少し Ah 愛しすぎたみたいです 何故よ 何故なの 本気だった気持ち ふりむいて  右向け右 Ah 心がきしむ 左に行く彼は 追っちゃいけない いつかは わかるはずだと 気休め 気休め 一人言  右向け右 Ah 心がさわぐ 左に行く彼 追っちゃいけない くるりときびす返す 姿が 姿が 焼きついた  やきもちだけ やくだけやいて 深い理由も 聞かない人よ Ah あきらめるには少し Ah 愛しすぎたみたいです 何故よ 何故なの ほどけかけた心 抱きしめて  何故よ 何故なの ほどけかけた心 抱きしめて
汀(みぎわ)(ヴォーカル・バージョン)遥かな時代を越えて 今聞こえる 緩やかな流れの中 ささやく 涙も 季節も 過ぎ去ってく 溢れてる 微笑み石川ひとみ石川ひとみ山田直毅遥かな時代を越えて 今聞こえる 緩やかな流れの中 ささやく 涙も 季節も 過ぎ去ってく 溢れてる 微笑み
ミス・ファインプラタナス 木の葉もおちて 冬枯れの街 さみしいね おそろいの 編んだセーター ふたり並んで バスを待ってた  しばらくは さよならね そんな悲しい 顔をしないで 心の中まで 冬景色なら 愛もこごえてしまう  LET'S SMILE MISS FINE 春になったら LET'S SMILE MISS FINE 陽だまりみたいな やさしいくちづけ あなたにあげる  はく息も 白くこぼれて あなたの手 ほほに当てたの みんな愛 そだてるために 冬のさみしさ のり越えてくわ  走り出す バスのまど くもりガラスに LOVE の横文字 キャンパス通りは 色をとばして 今は小さくなるけど  LET'S SMILE MISS FINE 春になったら LET'S SMILE MISS FINE あなたのために もっときれいに なれると思う石川ひとみ康珍化伊藤薫プラタナス 木の葉もおちて 冬枯れの街 さみしいね おそろいの 編んだセーター ふたり並んで バスを待ってた  しばらくは さよならね そんな悲しい 顔をしないで 心の中まで 冬景色なら 愛もこごえてしまう  LET'S SMILE MISS FINE 春になったら LET'S SMILE MISS FINE 陽だまりみたいな やさしいくちづけ あなたにあげる  はく息も 白くこぼれて あなたの手 ほほに当てたの みんな愛 そだてるために 冬のさみしさ のり越えてくわ  走り出す バスのまど くもりガラスに LOVE の横文字 キャンパス通りは 色をとばして 今は小さくなるけど  LET'S SMILE MISS FINE 春になったら LET'S SMILE MISS FINE あなたのために もっときれいに なれると思う
みなしごハッチゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ 姿やさしい もんしろ蝶々 おどけバッタに テント虫 みんな友達 仲間だけれど 母さんほしかろ 恋しかろ ゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ ハッチ  ゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ こわいやつだよ カマキリ ムカデ にくいやつだよ すずめ蜂 愛と勇気を 背中にしょって 行けばこの世に 敵はない ゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ ハッチ  ゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ 草をまくらに うたたねすれば おけら コオロギ 子守歌 なくな がまんだ 男はつよい やがてあえるぞ 母さんに ゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ ハッチ石川ひとみ丘灯至夫越部信義ゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ 姿やさしい もんしろ蝶々 おどけバッタに テント虫 みんな友達 仲間だけれど 母さんほしかろ 恋しかろ ゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ ハッチ  ゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ こわいやつだよ カマキリ ムカデ にくいやつだよ すずめ蜂 愛と勇気を 背中にしょって 行けばこの世に 敵はない ゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ ハッチ  ゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ 草をまくらに うたたねすれば おけら コオロギ 子守歌 なくな がまんだ 男はつよい やがてあえるぞ 母さんに ゆけゆけハッチ みつばちハッチ とべとべハッチ みなしごハッチ ハッチ
メモリーメモリー 仰ぎ見て月を 思い出を辿り 歩いてゆけば 出逢えるわ 幸せの姿に 新しい命に  メモリー 月明りの中 美しく去った過ぎし日を思う 忘れない その幸せの日々 思い出よ 還れ  デイライト 夜明けとともに 新たな命を 日はもう昇る この夜を思い出に渡して 明日に向うの  木洩れ陽は輝き 光があふれる 花のように朝が開く 思い出は去る  お願い 私にさわって 私を抱いて 光とともに わかるわ 幸せの姿が ほら見て 明日が  メモリー 仰ぎ見て月を 思い出を辿り 歩いてゆけば 出逢えるわ 幸せの姿に 新しい命に石川ひとみTrevor Nunn after T.S.Eliot・日本語詞:浅利慶太Andrew Lloyd Webberメモリー 仰ぎ見て月を 思い出を辿り 歩いてゆけば 出逢えるわ 幸せの姿に 新しい命に  メモリー 月明りの中 美しく去った過ぎし日を思う 忘れない その幸せの日々 思い出よ 還れ  デイライト 夜明けとともに 新たな命を 日はもう昇る この夜を思い出に渡して 明日に向うの  木洩れ陽は輝き 光があふれる 花のように朝が開く 思い出は去る  お願い 私にさわって 私を抱いて 光とともに わかるわ 幸せの姿が ほら見て 明日が  メモリー 仰ぎ見て月を 思い出を辿り 歩いてゆけば 出逢えるわ 幸せの姿に 新しい命に
モナムール・モナミたとえば 他の誰かと楽しむよりも あなたのことで 悲しむ方がいいわ たまには私の手を焼かせて!  あなたは素敵ね 眼で微笑んでいるわ たいていは 口先だけで笑うものね まばたきするのも おしいくらい そらさずに  Mon Amour, Mon Ami 愛され方が Mon Amour, Mon Ami まだうまくないから Mon Amour, Mon Ami 愛され方を Mon Amour, Mon Ami 教えてほしいの  はじめから そんなに優しすぎてはダメよ 女性は可愛い ウヌボレ屋達だから 毎日電話をしなくていいの!  私をどうして 愛してくれたのですか? 片想いのままで もう少しいたかった 誰かがハートに灯をつけたの あやふやよ  Mon Amour, Mon Ami 愛され方が Mon Amour, Mon Ami まだうまくないから Mon Amour, Mon Ami 愛され方を Mon Amour, Mon Ami 教えてほしいの  あなたのせいで 少しきれいになったみたい  Mon Amour, Mon Ami 愛され方が Mon Amour, Mon Ami まだうまくないから Mon Amour, Mon Ami 愛され方を Mon Amour, Mon Ami 教えてほしいの石川ひとみJacques Revaux・Michel Mallory・訳詞:小泉長一郎Jacques Revaux・Michel Mallory葦沢聖吉たとえば 他の誰かと楽しむよりも あなたのことで 悲しむ方がいいわ たまには私の手を焼かせて!  あなたは素敵ね 眼で微笑んでいるわ たいていは 口先だけで笑うものね まばたきするのも おしいくらい そらさずに  Mon Amour, Mon Ami 愛され方が Mon Amour, Mon Ami まだうまくないから Mon Amour, Mon Ami 愛され方を Mon Amour, Mon Ami 教えてほしいの  はじめから そんなに優しすぎてはダメよ 女性は可愛い ウヌボレ屋達だから 毎日電話をしなくていいの!  私をどうして 愛してくれたのですか? 片想いのままで もう少しいたかった 誰かがハートに灯をつけたの あやふやよ  Mon Amour, Mon Ami 愛され方が Mon Amour, Mon Ami まだうまくないから Mon Amour, Mon Ami 愛され方を Mon Amour, Mon Ami 教えてほしいの  あなたのせいで 少しきれいになったみたい  Mon Amour, Mon Ami 愛され方が Mon Amour, Mon Ami まだうまくないから Mon Amour, Mon Ami 愛され方を Mon Amour, Mon Ami 教えてほしいの
もんしろちょう夕暮れどき ゆきかう人 とり残された みたいで 間違えたよな ふりして 君に電話した  眠たそうな いつもの声 とても とても 愛しくて 受話器を耳に 押しつけた 愛がこぼれぬよに ああ 今すぐに ああ 会いたくて  時はさざ波のように 2人揺らし続けるから もっと近くにいないと 不安になります 長く夕闇にのびた はかない影の上に一粒 涙がにじむ  空を舞う もんしろちょう 追いかけていた 君の 無邪気な その横顔に 恋をしたんです ああ 会いたくて でも 会えなくて  きっと流した涙も 数え切れないさびしさも いつか2人の未来を 色づかせてゆく だけど夕闇にのびた 独りきりの影を見てたら 涙がにじむ  時はさざ波のように 2人揺らし続けるから もっと近くにいないと 不安になります 長く夕闇にのびた はかない影の上に一粒 涙がにじむ  涙がにじむ 涙が石川ひとみ松本タカヒロ松本タカヒロ山田直毅夕暮れどき ゆきかう人 とり残された みたいで 間違えたよな ふりして 君に電話した  眠たそうな いつもの声 とても とても 愛しくて 受話器を耳に 押しつけた 愛がこぼれぬよに ああ 今すぐに ああ 会いたくて  時はさざ波のように 2人揺らし続けるから もっと近くにいないと 不安になります 長く夕闇にのびた はかない影の上に一粒 涙がにじむ  空を舞う もんしろちょう 追いかけていた 君の 無邪気な その横顔に 恋をしたんです ああ 会いたくて でも 会えなくて  きっと流した涙も 数え切れないさびしさも いつか2人の未来を 色づかせてゆく だけど夕闇にのびた 独りきりの影を見てたら 涙がにじむ  時はさざ波のように 2人揺らし続けるから もっと近くにいないと 不安になります 長く夕闇にのびた はかない影の上に一粒 涙がにじむ  涙がにじむ 涙が
夕暮れて夕暮れて 行き暮れて 肩並べるふたりづれ 夕暮れて 行き暮れて そぞろ歩きしませんか?  不思議なめぐりあわせで あなたに逢える 素敵なことでしょう? 待ちわびた木立の影 あなたの肩に 声をかけたの  夕暮れて 行き暮れて 手をとりあうふたりづれ 夕暮れて 行き暮れて そぞろ歩きしませんか?  茜雲流れて 振り向いた笑顔 とび込んで行きたい あなたの胸の中  あなたの熱いまなざしを 頬に感じて うつむいてしまう 誘われてレンガ通り 燃える心 言葉にできないわ  夕暮れて 行き暮れて 寄り添い合うふたりづれ 夕暮れて 行き暮れて そぞろ歩きしませんか?  茜雲流れて 立ち止まる街角 愛されてみたい あなたの腕の中  夕暮れて 行き暮れて 肩並べるふたりづれ 夕暮れて 行き暮れて そぞろ歩きしませんか?石川ひとみ丸山圭子丸山圭子・佐藤準夕暮れて 行き暮れて 肩並べるふたりづれ 夕暮れて 行き暮れて そぞろ歩きしませんか?  不思議なめぐりあわせで あなたに逢える 素敵なことでしょう? 待ちわびた木立の影 あなたの肩に 声をかけたの  夕暮れて 行き暮れて 手をとりあうふたりづれ 夕暮れて 行き暮れて そぞろ歩きしませんか?  茜雲流れて 振り向いた笑顔 とび込んで行きたい あなたの胸の中  あなたの熱いまなざしを 頬に感じて うつむいてしまう 誘われてレンガ通り 燃える心 言葉にできないわ  夕暮れて 行き暮れて 寄り添い合うふたりづれ 夕暮れて 行き暮れて そぞろ歩きしませんか?  茜雲流れて 立ち止まる街角 愛されてみたい あなたの腕の中  夕暮れて 行き暮れて 肩並べるふたりづれ 夕暮れて 行き暮れて そぞろ歩きしませんか?
夢回帰線砂漠へと旅立つ夢旅人 あなたは蜃気楼 サヨナラは愛より熱い言葉 涙はきらめく吐息  女心のぞけば裏窓がある 罪の深いあなたを見送るために 燃えるあのひとみ 素肌にまといながら  南から忘れるための風が 私を運ぶ  朝焼けにせつない胸を抱いて 哀しくたわむれる 誰か今 やさしい男(ひと)がいたら くずれてしまうわ きっと  女心ゆらして歌いましょうか 通りすぎたあなたを見守るために 燃えるあのひとみ もう一度 迷わせて  女心のぞけば裏窓がある 罪の深いあなたを見送るために 燃えるあのひとみ 素肌にまといながら石川ひとみ岡田冨美子松田良砂漠へと旅立つ夢旅人 あなたは蜃気楼 サヨナラは愛より熱い言葉 涙はきらめく吐息  女心のぞけば裏窓がある 罪の深いあなたを見送るために 燃えるあのひとみ 素肌にまといながら  南から忘れるための風が 私を運ぶ  朝焼けにせつない胸を抱いて 哀しくたわむれる 誰か今 やさしい男(ひと)がいたら くずれてしまうわ きっと  女心ゆらして歌いましょうか 通りすぎたあなたを見守るために 燃えるあのひとみ もう一度 迷わせて  女心のぞけば裏窓がある 罪の深いあなたを見送るために 燃えるあのひとみ 素肌にまといながら
夢で逢えたら夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  あなたは私から遠く離れているけど 逢いたくなったらまぶたをとじるの 夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  うすむらさきいろした深い眠りに落ち込み 私は駆け出してあなたを探してる 夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  春風そよそよ右のほほをなで あなたは私のもとへ駆けてくる 夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい石川ひとみ大瀧詠一大瀧詠一夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  あなたは私から遠く離れているけど 逢いたくなったらまぶたをとじるの 夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  うすむらさきいろした深い眠りに落ち込み 私は駆け出してあなたを探してる 夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  春風そよそよ右のほほをなで あなたは私のもとへ駆けてくる 夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい
夢番地一丁目夢番地という名前の お店があったけど 今では名前も 造(つく)りも変ったわ なじみの人誰もいない もちろんあの人も この前の季節に 別れてしまった  夢番地一丁目 ここで恋が始まり 夢番地一丁目 ここで愛が終わった  あの頃は かえらない だけど去年の落葉が つもってるように 私は心に 哀しみつもらせている 季節は変ったのに  夢番地という住所は 私の胸の中 そこにはあるのよ あの日の青春が もう二度とは戻れないの ほんとの夢になり 想い出という名の 地図だけにでている  夢番地一丁目 ここで夢が始まり 夢番地一丁目 ここで虹は消えたわ  あの頃は かえらない だけど去年の日記を 綴ってるように 私は今でも あの日に生きていたいの 季節は変ったのに  夢番地一丁目 ここで恋が始まり 夢番地一丁目 ここで愛が終わった石川ひとみ山上路夫芳野藤丸夢番地という名前の お店があったけど 今では名前も 造(つく)りも変ったわ なじみの人誰もいない もちろんあの人も この前の季節に 別れてしまった  夢番地一丁目 ここで恋が始まり 夢番地一丁目 ここで愛が終わった  あの頃は かえらない だけど去年の落葉が つもってるように 私は心に 哀しみつもらせている 季節は変ったのに  夢番地という住所は 私の胸の中 そこにはあるのよ あの日の青春が もう二度とは戻れないの ほんとの夢になり 想い出という名の 地図だけにでている  夢番地一丁目 ここで夢が始まり 夢番地一丁目 ここで虹は消えたわ  あの頃は かえらない だけど去年の日記を 綴ってるように 私は今でも あの日に生きていたいの 季節は変ったのに  夢番地一丁目 ここで恋が始まり 夢番地一丁目 ここで愛が終わった
40回目のlove songいつも私のこと 見ててくれてありがとう この場所 たどりつけたの あなたがいてくれたから、、 小さなことの 大切さ 今 やっと分かった気がするわ ダイナミックに生きたいのなんて 若さにまかせ思った めぐる季節に 歌っていた 私のため 紡いだ言葉たち 微笑みあっては たどりついた 40回目の love song  二人きりでずっと 生きて来た気がするのよ 夕暮れのあの街角 右左 すれ違った 滑り落ちてく腕のファイル すぐに拾ってくれた人よ ソノトキ触れあう 指のぬくもりが 不思議なほど 温かくて、、 めぐる季節に サプライズと 私のための 黄色いリボンたち 泣いて笑って たどりついた 40回目の love song  いつもいつでも そばにいたの わがまま過ぎる私守ってくれた 泣いて 笑って たどりついた 40回目の love song石川ひとみ三浦徳子山田直毅山田直毅いつも私のこと 見ててくれてありがとう この場所 たどりつけたの あなたがいてくれたから、、 小さなことの 大切さ 今 やっと分かった気がするわ ダイナミックに生きたいのなんて 若さにまかせ思った めぐる季節に 歌っていた 私のため 紡いだ言葉たち 微笑みあっては たどりついた 40回目の love song  二人きりでずっと 生きて来た気がするのよ 夕暮れのあの街角 右左 すれ違った 滑り落ちてく腕のファイル すぐに拾ってくれた人よ ソノトキ触れあう 指のぬくもりが 不思議なほど 温かくて、、 めぐる季節に サプライズと 私のための 黄色いリボンたち 泣いて笑って たどりついた 40回目の love song  いつもいつでも そばにいたの わがまま過ぎる私守ってくれた 泣いて 笑って たどりついた 40回目の love song
ラジオデイズ言葉を探しても 限りがありすぎて 胸に広がる この気持ち 表せない  机に向かっては ほおづえ つきながら 白いノートに こわれそうな 心書いた  そんな はかない 思い ずっと 抱きしめてた ノイズ 混じりの 歌 聞きながら  素直になれたなら 迷わず言えたなら… ため息ばかり はがゆくて 悲しくなる  窓から風と共に やさしい面影 ひとりじめしてみたいな と あこがれてた  そんな はかない 思い ずっと 抱きしめてた ノイズ 混じりの 歌 聞きながら石川ひとみ石川ひとみ山田直毅言葉を探しても 限りがありすぎて 胸に広がる この気持ち 表せない  机に向かっては ほおづえ つきながら 白いノートに こわれそうな 心書いた  そんな はかない 思い ずっと 抱きしめてた ノイズ 混じりの 歌 聞きながら  素直になれたなら 迷わず言えたなら… ため息ばかり はがゆくて 悲しくなる  窓から風と共に やさしい面影 ひとりじめしてみたいな と あこがれてた  そんな はかない 思い ずっと 抱きしめてた ノイズ 混じりの 歌 聞きながら
らぶ・とりーとめんと鏡の中の私がやっと 今朝 微笑んでくれたの 春の景色に 溶け込めそうな ブラウス着こんで 出かけるわ  みんな どうしているの? 恋をなくした 胸の痛みを 私 初めてだったけど ちょっと わかった気がするの  Love Treatment それは新しい恋 Love Treatment 彼がおこるかな でも恋は 落ちた瞬間が 一番素敵!  自分のために かおるコロン 今 少しだけ ナルシスト 地下鉄からの 風に吹かれて スカート揺れても 気にしない  みんな そうなんでしょ? 恋に恋して 恋にふられて そして ほんとの やさしさが 何か ぼんやり みえてくる  Love Treatment それは新しい恋 Love Treatment 彼が教えたの ほら恋は 落ちた瞬間が 一番素敵!石川ひとみ森雪之丞大村雅朗大村雅朗鏡の中の私がやっと 今朝 微笑んでくれたの 春の景色に 溶け込めそうな ブラウス着こんで 出かけるわ  みんな どうしているの? 恋をなくした 胸の痛みを 私 初めてだったけど ちょっと わかった気がするの  Love Treatment それは新しい恋 Love Treatment 彼がおこるかな でも恋は 落ちた瞬間が 一番素敵!  自分のために かおるコロン 今 少しだけ ナルシスト 地下鉄からの 風に吹かれて スカート揺れても 気にしない  みんな そうなんでしょ? 恋に恋して 恋にふられて そして ほんとの やさしさが 何か ぼんやり みえてくる  Love Treatment それは新しい恋 Love Treatment 彼が教えたの ほら恋は 落ちた瞬間が 一番素敵!
らぶ・とりーとめんと(アンコール)自分のために かおるコロン 今 少しだけ ナルシスト 地下鉄からの 風に吹かれて スカート揺れても 気にしない  みんな そうなんでしょ? 恋に恋して 恋にふられて そして ほんとの やさしさが 何か ぼんやり みえてくる  Love Treatment それは新しい恋 Love Treatment 彼が教えたの でも恋は 落ちた瞬間が 一番素敵!  Love Treatment それは新しい恋 Love Treatment 彼がおこるかな でも恋は 落ちた瞬間が 一番素敵!石川ひとみ森雪之丞大村雅朗自分のために かおるコロン 今 少しだけ ナルシスト 地下鉄からの 風に吹かれて スカート揺れても 気にしない  みんな そうなんでしょ? 恋に恋して 恋にふられて そして ほんとの やさしさが 何か ぼんやり みえてくる  Love Treatment それは新しい恋 Love Treatment 彼が教えたの でも恋は 落ちた瞬間が 一番素敵!  Love Treatment それは新しい恋 Love Treatment 彼がおこるかな でも恋は 落ちた瞬間が 一番素敵!
わたしの毎日不安な世界を 泳ぐ夢見ていた 朝が来て岸辺に たどり着く今日 どんな日がきても いてくれてありがとう あなたに今朝もまた 会えて嬉しい  心は旅を繰り返し 私は歌う 何度でも あなたの こと  I love you so I love you so I love you, everyday 私の瞳に 映るものは バラ色 倒れた 身体も 折れた 翼も 全部 愛して 歩き続ける  あなたは知ってる 本当の私を 姿が変わっても 見つけて欲しい 私は知ってる 本当のあなたを 暗闇に沈んでも 見つけられる  移り気な時代の中で 私は歌う 大丈夫 あなたと なら  I love you so I love you so I love you, everyday 私の心は いつのまにか バラ色 孤独な 背中も 落ちる 涙も 全部 愛して 愛し続ける  I love you so I love you so I love you, everyday 私の瞳に映るものは バラ色 倒れた 身体も 折れた 翼も 全部 愛して 歩き続ける石川ひとみ田島由紀子三宅修一三宅修一不安な世界を 泳ぐ夢見ていた 朝が来て岸辺に たどり着く今日 どんな日がきても いてくれてありがとう あなたに今朝もまた 会えて嬉しい  心は旅を繰り返し 私は歌う 何度でも あなたの こと  I love you so I love you so I love you, everyday 私の瞳に 映るものは バラ色 倒れた 身体も 折れた 翼も 全部 愛して 歩き続ける  あなたは知ってる 本当の私を 姿が変わっても 見つけて欲しい 私は知ってる 本当のあなたを 暗闇に沈んでも 見つけられる  移り気な時代の中で 私は歌う 大丈夫 あなたと なら  I love you so I love you so I love you, everyday 私の心は いつのまにか バラ色 孤独な 背中も 落ちる 涙も 全部 愛して 愛し続ける  I love you so I love you so I love you, everyday 私の瞳に映るものは バラ色 倒れた 身体も 折れた 翼も 全部 愛して 歩き続ける
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Trust Me, Trust You.
  2. Subtitle
  3. 恋をした夜は
  4. Soulコブラツイスト~魂の悶絶
  5. 遺言

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 転生したら王子様だった件!
  2. Ready Go!!
  3. 倶に
  4. Blue Moon
  5. FROG MAN

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照