×

宮川泰作曲の歌詞一覧リスト  203曲中 1-203曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
203曲中 1-203曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ウナ・セラ・ディ東京渡辺美里 duet with LiLiCo渡辺美里 duet with LiLiCo岩谷時子宮川泰スパム春日井哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ 東京 あゝ…… いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ 東京 あゝ…… あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ 東京 あゝ……
若いってすばらしいGorie with Rei & MisatoGorie with Rei & Misato安井かずみ宮川泰黒澤直也あなたに笑いかけたら そよ風がかえってくる だからひとりでも淋しくない 若いってすばらしい あなたに声をかけたら 歌声がきこえてくる だから涙さえすぐに乾く 若いってすばらしい  夢は両手にいっぱい 恋もしたいの やさしい気持になるの ああ誰かがあたしを呼んでいる  あなたがいつか言ってた 誰にでも明日がある だからあの青い空を見るの 若いってすばらしい  夢は両手にいっぱい恋もしたいの やさしい気持になるの ああ誰かがあたしを呼んでいる あなたがいつか言ってた 誰にでも明日がある だからあの青い空を見るの 若いってすばらしい だからあの青い空を見るの 若いってすばらしい、若いってすばらしい 若いってすばらしい.........
銀色の道三山ひろし三山ひろし塚田茂宮川泰椿拓也遠い 遠い はるかな道は 冬の嵐が 吹いてるが 谷間の春は 花が咲いてる ひとり ひとり 今日もひとり 銀色の はるかな道  ひとり ひとり はるかな道は つらいだろうが 頑張ろう 苦しい坂も 止まればさがる 続く 続く 明日(あした)も続く 銀色の はるかな道  続く 続く はるかな道を 暗い夜空を 迷わずに 二人の星よ 照らしておくれ 近い 近い 夜明けは近い 銀色の はるかな道 はるかな道 はるかな道
ウナ・セラ・ディ東京菅原洋一菅原洋一岩谷時子宮川泰大貫祐一郎哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ムー…… いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ムー……  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー……  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー…… ウナ・セラ・ディ東京 アー……
恋のバカンスClariSClariS岩谷時子宮川泰丸山真由子ため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
好敵手影山ヒロノブ影山ヒロノブ阿久悠宮川泰男と男につきまとう 切っても切れない強い糸 顔をそむけて生きられぬ それをさだめというけれど  まさしく 俺とお前の仲は 戦うための 宿命だった 炎の中に サムライを見た デスラー それはお前だった  お前と俺とが出会うのは 命の重荷を持ち寄って 敵という名で指をさし 熱く心をもやしてた  さだめが少し 変っていたら 互いに酒も飲んでたはずだ 炎の中に サムライを見た デスラー それはお前だった  炎の中に サムライを見た デスラー それはお前だった
好敵手置鮎龍太郎置鮎龍太郎阿久悠宮川泰兼松衆男と男につきまとう 切っても切れない強い糸 顔をそむけて生きられぬ それをさだめというけれど まさしく俺とお前の仲は 戦うための宿命だった 炎の中にサムライを見た デスラー それはお前だった  お前と俺とが出会うのは 命の重荷を持ち寄って 敵という名で指をさし 熱く心を燃やしてた さだめが少し変っていたら 互いに酒も飲んでたはずだ 炎の中にサムライを見た デスラー それはお前だった
恋のバカンスシュガーシスターズシュガーシスターズ岩谷時子宮川泰小原孝ためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る  乙女ごころよ 金色に輝く  熱い砂の上で 裸で恋をしよう  人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめてあなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめてあなたを見た 恋のバカンス
宇宙戦艦ヤマト三山ひろし三山ひろし阿久悠宮川泰周防泰臣さらば地球よ 旅立つ船は 宇宙戦艦ヤマト 宇宙の彼方 イスカンダルへ 運命背負い 今とび立つ 必ずここへ帰って来ると 手をふる人に 笑顔で答え 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト  さらば地球よ 愛する人よ 宇宙戦艦ヤマト 地球を救う 使命を帯びて 戦う男 燃えるロマン 誰かがこれをやらねばならぬ 期待の人が俺たちならば 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト
恋のバカンスメロディー・チューバック & アンジェラ・チューバックメロディー・チューバック & アンジェラ・チューバック岩谷時子宮川泰Kenny Aためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
ウナ・セラ・ディ東京パク・ジュニョンパク・ジュニョン岩谷時子宮川泰伊戸のりお哀しいことも ないのになぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ム……… いけない人じゃ ないのにどうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ム……… あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋(さみ)しい 街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ム………  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ム……… ウナ・セラ・ディ東京 ム………
パパ キケン!ザ・リリーズザ・リリーズ伊藤アキラ宮川泰パパ キケン! スグ カエレ! パパ キケン! パパ パパ スグ カエレ! パパの帰りが 遅い日は ママがため息 つく日です ピンクのネオンのジャングルで 行方不明じゃないかしら 男同志のつき合いを 大事にしたいといいながら イエイエイエイエ 時計は10時を指している ソロソロ ママの目が光る このまま進めば 成りゆきは パパにみじめな事になる パパ キケン! スグ カエレ! パパ キケン! パパ パパ スグ カエレ!  パパの帰りが 遅い日は 娘としても 気がもめる あやしい おみやげぶらさげて 帰ってくるんじゃないだろな ほろよい気分で 乗る電車 終着駅まで行ったかな イエイエイエイエ 時計はもうすぐ11時 ホラホラ ママにつのが出る 今なら打つ手もあるけれど どうやらキケンがせまってる パパ キケン! スグ カエレ! パパ キケン! パパ パパ スグ カエレ!  パパの帰りが 遅い日は なぜかうち中 ねむれない イエイエイエイエ 時計は 12時まわってる イライラ ママが立ち上る まるくおさまりゃ いいけれど ひと荒れきそうな 夜が更ける パパ ダメネ! モウ シラナイ パパ オネガイ! ハヤク カエッテキテ
ウナ・セラ・ディ東京秋元順子秋元順子岩谷時子宮川泰矢野立美哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ムー… いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ムー… あの人はもう 私のことを 忘れたのかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー…  あの人はもう 私のことを 忘れたのかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー… ウナ・セラ・ディ東京 ムー…
恋のバカンス天童よしみ天童よしみ岩谷時子宮川泰伊戸のりおため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女ごころよ 金色に輝く熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
こっちを向いてキャンディーズキャンディーズ秋元近史宮川泰小六礼次郎こっちを向いて もう一度 お願いだから もう一度 怒ってるのね 初めてのデイトに 遅れちゃったからかしら  こっちを向いて もう一度 お願いだから もう一度 冷たい人ね お別れのキッスを してあげないからかしら  でも許して ほしいの あなたが帰ると とてもさみしいの  こっちを向いて もう一度 お願いだから もう一度 怒らないで ひとこと好きと いってほしかっただけなの  でも許して ほしいの あなたが帰ると とてもさみしいの  こっちを向いて もう一度 お願いだから もう一度 怒らないで ひとこと好きと いってほしかっただけなの  いってほしかっただけなの…
ふりむかないで町あかり町あかり岩谷時子宮川泰坂東邑真Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah. ふりむかないで お願いだから 今ね 靴下 なおしてるのよ あなたの好きな 黒い靴下  ふりむかないで お願いだから 今ね スカート なおしてるのよ あなたの好きな タータン・チェック これから 仲良く デイトなの ふたりで語るの ロマンスを  ふりむかないで お願いだから 今ね 内緒の お話なのよ どうそ むこうむいてちょうだい これから 仲良く デイトなの ふたりで語るの ロマンスを  ふりむかないで お願いだから いつも 腕をくみ 前向いて きっとね しあわせ つかまえましょ Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah, Yeah.
あんたなんか小松政夫小松政夫安井かずみ宮川泰岩崎元是じらされてェ泣かされて そんな男は ナニサ! あたしのこの胸は あんたなんか 待ってない 待ってないわ デモネ……… 「あわてちゃいけない俺がいる お前に苦労はさせないよ」 それじゃ その気になりましょか 上手だね 上手だね  いばられてェ叱られて そんな男は ナニサ! あたしのこの若さ あんたなんか いらない いらないわ デモネ……… 「そうだその意気その調子 いざという時ゃ俺がいる」 なんか うれしくさせるのネ たまりません!  うるさくてェめんどうで そんな男は ナニサ! あたしは平気なの あんたなんか どこでも どこへでも デモネ……… 「勿体ない事云うのじゃない 女一人じゃ生きられぬ」 あんた いいこと云えるのネ そりゃそうだもん!  じらされてェ泣かされて そんな男は ナニサ! あたしは気にしない あんたなんか きらいよ 大きらい デモネ……… 「ホーラやっぱり俺なんだろう そんな強気はおよしなさい」 それじゃ その気になりましょか  悪りーね 悪りーね ワリーネ・デイートリヒ!
ウナ・セラ・ディ東京水森かおり水森かおり岩谷時子宮川泰丸山雅仁哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ
恋のバカンスチャラン・ポ・ランタンチャラン・ポ・ランタン岩谷時子宮川泰チャラン・ポ・ランタンためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
ふりむかないでアサヒ・manaka(Little Glee Monster)アサヒ・manaka(Little Glee Monster)岩谷時子宮川泰宮崎誠Yeah, Yeah, Yeah, Yeah…… ふりむかないで お願いだから 今ね くつ下 なおしてるのよ あなたの好きな 黒いくつ下  ふりむかないで お願いだから 今ね スカート なおしてるのよ あなたの好きな タータンチェック これから なかよく デイトなの 二人で語るの ロマンスを  ふりむかないで お願いだから 今ね 内緒の お話なのよ どうぞ むこうをむいてちょうだい これから なかよく デイトなの 二人で語るの ロマンスを  ふりむかないで お願いだから いつも 腕を組み 前向いて きっとね 幸せつかまえましょう  Yeah, Yeah, Yeah, Yeah……
ウナ・セラ・ディ東京岩崎宏美・石川ひとみ岩崎宏美・石川ひとみ岩谷時子宮川泰長谷川智樹哀しいこともないのになぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ムー… いけない人じゃないのにどうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ムー…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー… ウナ・セラ・ディ東京 ムー…
銀色の道華原朋美・misono華原朋美・misono塚田茂宮川泰吉田建遠い遠い はるかな道は 冬の嵐が 吹いてるが 谷間の春は 花が咲いてる ひとりひとり 今日もひとり 銀色の はるかな道  ひとりひとり はるかな道は つらいだろうが がんばろう 苦しい坂も 止まればさがる 続く続く 明日も続く 銀色の はるかな道  続く続く はるかな道を 暗い夜空を 迷わずに 二人の星よ 照らしておくれ 近い近い 夜明けは近い 銀色の はるかな道  続く続く はるかな道を 暗い夜空を 迷わずに 二人の星よ 照らしておくれ 近い近い 夜明けは近い 銀色の はるかな道 はるかな道 はるかな道……
恋のオフェリア鈴木亜美・藤本美貴鈴木亜美・藤本美貴なかにし礼宮川泰吉田建幸せが大きすぎて さよならを信じられず 悲しみは夜も昼も 胸にこみあげる オフェリア 恋は命を賭けた女の真心 オフェリア それはあなたを想う私の幻影 たわむれのあなたの恋 傷ついた私の恋 いつまでも あなたを持ちわびる 白い姿  あまりにも愛しすぎて あの人を忘れられず この胸は恋に狂い 夜に泣きぬれる オフェリア 恋は命を賭けた女の真心 オフェリア それはあなたを想う私の幻影 帰らない私の恋 帰らない私の人 それなのに 涙で待ちわびる 白い姿
手編みの靴下夏川りみ・島谷ひとみ夏川りみ・島谷ひとみ岩谷時子・竹内伸光宮川泰橋本由香利小さな夢を 編み込んだ 手編みの靴下 心の糸をまきながら 一人で編んだの いつまでも いつまでも あの人に はいて欲しいの だけど 通うかしら 私の このまごころ  小さな夢を 編み込んだ 手編みの靴下 心の糸をまきながら 一人で編んだの 雪の夜 雪の夜 銀色のあみ針に恋の糸 そっと かけて あの人に 編んだのよ  小さな夢を 編み込んだ 手編みの靴下 心の糸をまきながら 一人で編んだの いつの日も いつの日も 面影を 胸に抱きしめて つくりあげた 手編みの この靴下
恋のバカンスFUNK THE PEANUTSFUNK THE PEANUTS岩谷時子宮川泰中村正人ためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほ寄せて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほ寄せて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
明日になれば矢井田瞳・植村花菜矢井田瞳・植村花菜安井かずみ宮川泰宮崎誠タバコのけむりで あの人を想う 彼のいない 不思議な夜よ 背中が寒いわ 鏡にうつるの 私ひとり ぼやけてみえるの たった2日 逢わないだけで こんなふうになるなんて さみしくないのよ 信じているから 明日になれば あの人に逢える 明日になれば あの人に逢える  あかりがゆれると あの人を想う 彼のいない かすかな夜よ 部屋中 小声でうわさをしてるの 私ひとり だまっているの たまに2日 離れるだけで 愛は強くなるもんね ひとりじゃないもの あの人と同じ 明日になれば あの人に逢える 明日になれば あの人に逢える 明日になれば あの人に逢える 明日になれば あの人に逢える
愛のフィナーレ峰さを理峰さを理なかにし礼宮川泰飛澤宏元恋の終わりは 涙じゃないの それは想い出の はじまりなのよ 知っていました 別れはくると だからいいのよ 言い訳なんか  誰にも負けずに あなたを愛した私なの 今ではひたすら あなたの幸せ 祈るだけ  恋は消えても 残る想い出 指でかぞえて 私は生きる  今日のつめたい あなたの言葉 聞いていません 私の耳は とてもやさしく 愛してくれた そんなあなたしかおぼえてないの  思えばはかなく短い月日の恋でした くやんでないから私は言えるのさよならを  愛の想い出 あなたがくれた ひとりぼっちの 私のために 私のために 私のために
君をのせて鈴木タカオ鈴木タカオ岩谷時子宮川泰風に向いながら 革の靴をはいて 肩と肩を ぶつけながら 遠い道を歩く  僕の地図はやぶれ くれる人もいない だからぼくら 肩をだいて 二人だけで歩く  君の心ふさぐ時には いきないきな歌を唄い 君をのせて 夜の海を渡る 舟になろう  人の言葉 夢のむなしさ どうせどうせ 知った時には 君をのせて 夜の海を渡る 舟になろう  君をのせて 夜の海を渡る 舟になろう 君をのせて 夜の海を渡る 舟になろう
恋のバカンス鈴木タカオ鈴木タカオ岩谷時子宮川泰ためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
愛のフィナーレ鈴木タカオ鈴木タカオなかにし礼宮川泰恋の終わりは 涙じゃないの それは思い出の はじまりなのよ 知っていました 別れはくると だからいいのよ いいわけなんか 誰にも負けずに 貴方を愛した 私なの 今ではひたすら 貴方の幸せ祈るだけ 恋は消えても 残る思い出 指でかぞえて 私は生きる  今日の冷たい 貴方の言葉 聞いていません 私の耳は とてもやさしく 愛してくれた そんな貴方しか 覚えてないの 思えばはかなく短い月日の 恋でした くやんでないから 私は言えるの さよならを 愛の思い出 貴方がくれた ひとりぼっちの私のために 私のために
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
何もいわないで香西かおり香西かおり安井かずみ宮川泰久米大作今は何も云わないで だまってそばにいて この小さなしあわせを 抱きしめたい じっとやさしくあなたの目が 何か云いたそうに わたしをみてるの それだけで とてもうれしい  わかってるの 云わないで だまって目を閉じて 二人だけのこの時を 大切にしたい 愛してるっていうことは 感じるものなのね あなたの肩に もたれてるとじんとするの  お願いなの云わないで だまってそばにいて 何かとても切なくて ひとりじゃいやよ 愛を知って心もろく やさしい言葉にも 涙が出ちゃうの それだから 何も云わないで
ウナ・セラ・ディ東京テレサ・テンテレサ・テン岩谷時子宮川泰哀しいことも ないのになぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ム…  いけない人じゃ ないのにどうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ム…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ム…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ム… ウナ・セラ・ディ東京 ム…
ウナ・セラ・ディ東京由紀さおり由紀さおり岩谷時子宮川泰坂本昌之哀しいこともないのに なぜか涙がにじむ  ウナ・セラ・ディ東京 ううん…… いけない人じゃないのに どうして別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ううん…… あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後姿の幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ううん……  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後姿の幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ううん…… ウナ・セラ・ディ東京 ううん……
逢いたくて逢いたくて由紀さおり由紀さおり岩谷時子宮川泰坂本昌之愛したひとは あなただけ わかっているのに 心の糸がむすべない ふたりは恋人 好きなのよ 好きなのよ くちづけを してほしかったのだけど せつなくて 涙がでてきちゃう  愛の言葉も 知らないで さよならした人 たった一人のなつかしい 私の恋人 耳もとで 耳もとで 大好きと 言いたかったのだけど はずかしくて 笑っていたあたし  愛されたいと くちびるに 指を噛みながら 眠った夜の夢にいる こころの恋人 逢いたくて 逢いたくて 星空に 呼んでみるのだけど 淋しくて 死にたくなっちゃうわ
明日になれば高橋真梨子高橋真梨子安井かずみ宮川泰林有三タバコのけむりで あの人を想う 彼のいない 不思議な夜よ 背中が寒いわ 鏡にうつるの 私ひとり ぼやけてみえるの たった2日 逢わないだけで こんなふうになるなんて さみしくないのよ 信じているから 明日になれば あの人に逢える  あかりがゆれると あの人を想う 彼のいない かすかな夜よ 部屋中 小声でうわさをしてるの 私ひとり だまっているの たまに2日 離れるだけで 愛は強くなるものね ひとりじゃないもの あの人と同じ 明日になれば あの人に逢える 明日になれば あの人に逢える……
カリキュラマシーンのテーマ高橋洋子高橋洋子宮川泰宮川泰さんはきらいだよ いつもいつも うまくゆかないよ さんはきらいだよ いつもけんか すぐにはじまる ふたりなかよくなると ひとりなかまはずれ  ふたりなかよくなると ひとりなかまはずれ  さんはきらいだよ いつもいつも うまくゆかないよ さんはきらいだよ いつもけんか すぐにはじまる
真赤なスカーフ高橋洋子高橋洋子阿久悠宮川泰あの娘がふっていた 真赤なスカーフ 誰のためだと 思っているか 誰のためでも いいじゃないか みんなその気で いればいい 旅立つ男の胸には ロマンのかけらが ほしいのさ ラララ…ラララ… ラララ 真赤なスカーフ  かならず帰るから 真赤なスカーフ きっとその日も 迎えておくれ 今ははるばる 宇宙のはて 夢をみるのも 星の中 旅する男の瞳は ロマンをいつでも うつしたい ラララ…ラララ… ラララ 真赤なスカーフ  旅立つ男の胸には ロマンのかけらが ほしいのさ ラララ…ラララ… ラララ 真赤なスカーフ
君をのせて中尾ミエ中尾ミエ岩谷時子宮川泰山口健一郎風に向かいながら 皮の靴をはいて 肩と肩をぶつけながら 遠い道を歩く 僕の地図はやぶれ くれる人もいない だから僕ら 肩を抱いて 二人だけで歩く  君のこころ ふさぐ時には 粋な粋な歌をうたい 君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  人の言葉 夢のむなしさ どうせどうせ知った時には 君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  ラララ…ラララ…  君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう
愛のフィナーレ中尾ミエ中尾ミエなかにし礼宮川泰山口健一郎恋の終わりは 涙じゃないの それは想い出の はじまりなのよ 知っていました 別れはくると だからいいのよ いいわけなんか 誰にも負けずに貴方を愛した 私なの 今ではひたすら 貴方の幸せ祈るだけ 恋は消えても 残る思い出 指でかぞえて 私は生きる  今日の冷たい 貴方の言葉 聞いていません 私の耳は とてもやさしく 愛してくれた そんな貴方しか 覚えてないの 思えばはかなく短い月日の 恋でした くやんでないから 私は言えるの さよならを 愛の想い出 貴方がくれた ひとりぼっちの私のために 私のために 私のために
ウナセラディ東京中尾ミエ中尾ミエ岩谷時子宮川泰上地等哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 あゝ…… いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 あゝ……  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 あゝ……  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 あゝ……
涙のかわくまで出光仁美出光仁美塚田茂宮川泰京建輔ひきとめはしないけど 何もかも夢なのね 誰よりも愛してた あなたは憎い人 それが私のせいならば 別れるなんて出来ないわ あなたがそばにいなければ 私は歩けない もう少しいてほしい あきらめる約束の 涙のかわくまで かわくまで  ひきとめはしないけど 口づけはしないでね つかの間のしあわせに 心がまようから それがあなたのためならば 哀しいけれどこれっきりね なぐさめはもう云わないで 私は大丈夫 もう少しいてほしい あきらめる約束の 涙のかわくまで かわくまで
恋のバカンス黒木姉妹黒木姉妹岩谷時子宮川泰ため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
ウナ・セラ・ディ東京フランク永井フランク永井岩谷時子宮川泰一ノ瀬義孝哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ああ… いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ああ…  あの人はもう 私のことを 忘れたのかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ああ…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ああ… ウナ・セラ・ディ東京 うう… ウナ・セラ・ディ東京 ああ…
ウナ・セラ・ディ東京小野リサ小野リサ岩谷時子宮川泰ビル・カントス哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ムー… いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ムー…  あの人はもう 私のことを 忘れたのかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー…
恋のバカンス ~ポルトガル語バージョン小野リサ小野リサ岩谷時子・ポルトガル語詞:Alberto Beserra宮川泰Suspiro por esse seu beijo, Menina que sonha com amor Um brilho dourado na areia quente. Sereia bronzeada que eu sou.  Promessas, segredos, com grande ardor Suspiros de paixao colorida, Sempre comigo em ferias de amor. Quero sempre voce toda vida  Com as faces coradas, Eu vou te dizer, Que te prometo corresponder, Essa paixao, que nos devora Eu nao posso viver sem voce.  Suspiro por esse seu beijo, Menina que sonha com amor, Um brilho dourado na areia quente, O passeio de amor.
恋のバカンス由紀さおり由紀さおり岩谷時子宮川泰渡辺敦ためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが でちゃう ああ恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが でちゃう ああ恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
若いってすばらしい天童よしみ天童よしみ安井かずみ宮川泰勝又隆一あなたに笑いかけたら そよ風がかえってくる だからひとりでも淋しくない 若いってすばらしい  あなたに声をかけたら 歌声が聴こえてくる だから涙さえすぐに乾く 若いってすばらしい  夢は両手にいっぱい 恋もしたいの やさしい気持ちになるの ああ誰かが私を呼んでいる  あなたがいつか言ってた 誰にでも明日がある だからあの青い空を見るの 若いってすばらしい  夢は両手にいっぱい 恋もしたいの やさしい気持ちになるの ああ誰かが私を呼んでいる  あなたがいつか言ってた 誰にでも明日がある だからあの青い空を見るの 若いってすばらしい  だからあの青い空を見るの 若いってすばらしい 若いってすばらしい 若いってすばらしい
宇宙戦艦ヤマト (TVSize)Project Yamato 2199Project Yamato 2199阿久悠宮川泰さらば地球よ 旅立つ船は 宇宙戦艦ヤマト  宇宙の彼方 イスカンダルへ 運命背負い 今とび立つ  必ずここへ 帰って来ると 手をふる人に 笑顔で答え 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト
恋のバカンス畑中葉子畑中葉子岩谷時子宮川泰あかのたちおため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
涙のかわくまで奥村チヨ&レオ・ビーツ奥村チヨ&レオ・ビーツ塚田茂宮川泰西信行ひきとめはしないけど 何もかも 夢なのね 誰よりも愛していた あなたは憎い人 それが私のせいならば 別れるなんてできないわ あなたがそばにいなければ わたしは歩けない  もう少しいてほしい あきらめる約束の 涙のかわくまで かわくまで  ひきとめはしないけど くちづけはしないでね つかのまの幸せに 心がまよったら それがあなたのためならば 悲しいけれどこれっきりね なぐさめはもう言わないで わたしは大丈夫  もう少しいてほしい あきらめる約束の 涙のかわくまで かわくまで
逢いたくて 逢いたくて坂本冬美坂本冬美岩谷時子宮川泰船山基紀愛したひとは あなただけ わかっているのに 心の糸がむすべない ふたりは恋人 好きなのよ 好きなのよ くちづけをしてほしかったの だけど せつなくて なみだが出てきちゃう  愛の言葉も 知らないで さよならした人 たった一人のなつかしい 私の恋人 耳もとで 耳もとで 大好きと云いたかったの だけど はずかしくて 笑っていたあたし  愛されたいと くちびるに 指を噛みながら 眠った夜の夢にいる こころの恋人 逢いたくて 逢いたくて 星空に呼んでみるの だけど 淋しくて 死にたくなっちゃうわ
涙のかわくまでカルメン・マキ×泉谷しげるカルメン・マキ×泉谷しげる塚田茂宮川泰ひきとめは しないけど 何もかも 夢なのね 誰よりも 愛してた あなたは憎い人 それが私の せいならば 別れるなんて 出来ないわ あなたがそばに いなければ 私は歩けない もう少し いてほしい あきらめる 約束の 涙のかわくまで かわくまで  ひきとめは しないけど 口づけは しないでね つかの間の しあわせに 心がまようから それがあなたの ためならば 哀しいけれど これっきりね なぐさめはもう 云わないで 私は大丈夫 もう少し いてほしい あきらめる 約束の 涙のかわくまで かわくまで
ウナ・セラ・ディ東京マルシアマルシア岩谷時子宮川泰哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ムー… いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ムー…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい  街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー… ウナ・セラ・ディ東京 ムー…
君をのせてマルシアマルシア岩谷時子宮川泰風に向いながら 革の靴をはいて 肩と肩をぶつけながら 遠い道を歩く  僕の地図はやぶれ くれる人もいない だからぼくら 肩を抱いて 二人だけで歩く  君の心 ふさぐ時には いきないきな歌を唄い 君をのせて 夜の海を渡る 舟になろう  人の言葉 夢のむなしさ どうせどうせしった時には 君をのせて 夜の海を渡る 舟になろう  ララララ… オ…  君をのせて 夜の海を渡る 舟になろう 君をのせて 夜の海を渡る 舟になろう
宇宙戦艦ヤマトProject Yamato 2199Project Yamato 2199阿久悠宮川泰須藤賢一さらば地球よ 旅立つ船は 宇宙戦艦ヤマト  宇宙の彼方 イスカンダルへ 運命背負い 今とび立つ  必ずここへ 帰って来ると 手をふる人に 笑顔で答え 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト  さらば地球よ 愛する人よ 宇宙戦艦ヤマト  地球を救う 使命を帯びて 戦う男 燃えるロマン  誰かがこれを やらねばならぬ 期待の人が 俺たちならば 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト  さらば地球よ 旅立つ船は 宇宙戦艦ヤマト  宇宙の彼方 イスカンダルへ 運命背負い 今とび立つ  必ずここへ 帰って来ると 手をふる人に 笑顔で答え 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト
逢いたくて逢いたくて伊東ゆかり伊東ゆかり岩谷時子宮川泰デビッド・マシューズ愛したひとは あなただけ わかっているのに 心の糸がむすべない ふたりは恋人 好きなのよ 好きなのよ くちづけを してほしかったのだけど せつなくて 涙がでてきちゃう  愛の言葉も 知らないで さよならした人 たった一人のなつかしい 私の恋人 耳もとで 耳もとで 大好きと 云いたかったのだけど はずかしくて 笑っていたわたし  愛されたいと くちびるに 指を噛みながら 眠った夜の夢にいる こころの恋人 逢いたくて 逢いたくて 星空に 呼んでみるのだけど 淋しくて 死にたくなっちゃうわ
ウナ・セラ・ディ東京川上大輔川上大輔岩谷時子宮川泰哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ 東京 あゝ…… いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ 東京 あゝ…… あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ 東京 あゝ……
涙のかわくまで野路由紀子野路由紀子塚田茂宮川泰ひきとめはしないけど 何もかも夢なのね 誰よりも愛してた あなたは憎い人 それが私のせいならば 別れるなんて出来ないわ あなたがそばにいなければ 私は歩けない もう少しいてほしい あきらめる約束の 涙のかわくまで かわくまで  ひきとめはしないけど くちづけはしないでね つかの間のしあわせに 心がまようから それがあなたの ためならば 哀しいけれどこれっきりね なぐさめはもう云わないで 私は大丈夫 もう少しいてほしい あきらめる約束の 涙のかわくまで かわくまで
あんたなんか園まり園まり安井かずみ宮川泰じらされてェ泣かされて そんな男は ナニサ! あたしのこの胸は あんたなんか 待ってない 待ってないわ デモネ………… 「あわてちゃいけない俺がいる お前に 苦労はさせないよ」 それじゃ その気になりましょか エッ?  いばられてェ叱られて そんな男は ナニサ! あたしのこの若さ あんたなんか いらない いらないわ デモネ………… 「そうだその意気その調子 いざという時ゃ俺がいる」 なんか うれしくさせるのネ 分ってるね!  うるさくてェめんどうで そんな男は ナニサ! あたしは平気なの あんたなんか どこでも どこへでも デモネ………… 「勿体ない事云うのじゃない 女一人じゃ生きられぬ」 あんた いいこと云えるのネ そう!  じらされてェ泣かされて そんな男は ナニサ! あたしは気にはしない あんたなんか きらいよ 大きらい デモネ………… 「ホーラやっぱり俺なんだろう そんな強気はおよしなさい」 それじゃ その気になりましょか 行こうか!
何んでもないわ園まり園まり安井かずみ宮川泰私が黙って うつむくと どうかしたのと 聞くあなた その胸に甘えたい そう、何んでもないわ 話す言葉が じゃまになる ジーンとする時もあるのよ 愛しているからなの アラ、何んでもないわ 好き好き好きというより たしかな感じに だまっているほうが わかるでしょう わかるでしょう そう、何んでもないわ ウーム 何んでもないわ  ちょっぴり髪の毛 みだれてる なおしてあげた だけなのよ 気にしなくても いいの そう 何んでもないわ あなたの事なら 何もかも 知っておきたい おぼえたい いつもするくせまでも アラ、何んでもないわ 大きな子供みたい 男の人って そんなとこがとっても好きよ わかるでしょう わかるでしょう そう、何んでもないわ ウーム 何でもないわ  おこっちゃいやなの 女には 愛しすぎると 反対に 憎いことがあるのよ そう、何んでもないわ 思いすごしのせいなのね 昨日 あなたは何してた せめるつもりじゃないわ アラ、何んでもないわ あなたの云う通り 信じていましょうね やくなんて ばかみたい ごめんなさい ごめんなさい そう、何んでもないわ ウーム 何んでもないわ  ウーム 何んでもないわ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
つれてって園まり園まり岩谷時子宮川泰あなたのあとを どこまでも 風に吹かれて 行きたいの 邪魔しないから 連れてって 夢からさめて 明日泣いても 恋にやせてる 私の想い わかってほしいの 連れてって  あなたとふたり 愛の言葉 空に埋めて 行きたいの 何も聞かずに 連れてって しあわせすぎて 明日死んでも 恋にやつれた 私の願い かなえてほしいの 連れてって  あなたといたい 雨の夜 膝にあまえて 行きたいの 叱らないで 連れてって ともしたあかり 明日消えても 恋にふるえる 私を胸に つつんでほしいの 連れてって
ウナ・セラ・ディ東京園まり園まり岩谷時子宮川泰哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ  あの人はもう 私のことを 忘れたのかしら とても淋しい 街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ
あの人に逢ったら西田佐知子西田佐知子岩谷時子宮川泰あの人に逢ったら そっと言ってほしいの サルビアの花が枯れたって ガラスの窓に頬あてて 女がひとりうたってたって あの人は来ない あの人は来ない 私が嫌いになったから  あの人に逢ったら 声をかけてほしいの 昔のあいつと飲もうって 手紙の束を焼きながら 女がひとり迷ってたって あの人は来ない あの人は来ない 私が嫌いになったから  あの人に逢ったら きっと聞いてほしいの 私が死んでもいいかって 夜ふけの暗い雨のなか 女がひとり泳いでたって あの人は来ない あの人は来ない 私が嫌いになったから
ウナ・セラ・ディ東京木の実ナナ木の実ナナ岩谷時子宮川泰哀しいことも ないのになぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 いけない人じゃ ないのにどうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋(さみ)しい 街はいつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ウナ・セラ・ディ東京
女は生きるために泣く由紀さおり由紀さおりなかにし礼宮川泰宮川泰酒場ぐらしに あいそをつかし 街に立っては みたけれど 人の白い眼 雨よりつらい 口じゃ平気と うそぶきながら 女は 女は生きるために泣く  最初出逢った 男が悪い 親にそむいて 棄ててきた 遠いふるさと 青い空 骨になるまで 帰れやしない 女は 女は生きるために泣く  やっとつかんだ 男の愛を 逃がすまいとて 苦労する 明日のわが身は どこまで落ちる 足で蹴られた 小石じゃないか 女は 女は生きるために泣く
君をのせてダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ岩谷時子宮川泰風に向いながら 皮の靴をはいて 肩と肩をぶつけながら 遠い道を歩く  僕の地図はやぶれ くれる人もいない だからぼくら肩をだいて 二人だけで歩く  君の心 ふさぐ時には いきな いきな歌を唄い 君をのせて 夜の海を渡る 舟になろう 人の言葉 夢のむなしさ どうせどうせ しった時には 君をのせて 夜の海を渡る 舟になろう  ラララ… オ‥  君をのせて 夜の海を渡る 舟になろう 君をのせて 夜の海を渡る 舟になろう
逢いたくて 逢いたくて一青窈一青窈岩谷時子宮川泰武部聡志愛したひとは あなただけ わかっているのに 心の糸がむすべない ふたりは恋人 すきなのよ すきなのよ くちづけをしてほしかったのだけど せつなくて 涙が でてきちゃう  愛の言葉も 知らないで さよならした人 たった一人のなつかしい 私の恋人 耳もとで 耳もとで 大好きと 云いたかったのだけど はずかしくて 笑っていた あたし  愛されたいと くちびるに 指を噛みながら 眠った夜の夢にいる こころの恋人 逢いたくて 逢いたくて 星空に 呼んでみるのだけど 淋しくて 死にたくなっちゃうわ
ウナ・セラ・ディ東京沢たまき沢たまき岩谷時子宮川泰哀しいことも ないのになぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ム………  いけない人じゃ ないのにどうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ム……… あの人はもう 私のことを 忘れたのかしら とても淋しい 街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ム………  あの人はもう 私のことを 忘れたのかしら とても淋しい 街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ム……… ウナ・セラ・ディ東京 ム………
若いってすばらしいミッツ・マングローブミッツ・マングローブ安井かずみ宮川泰宮川彬良あなたに 笑いかけたら そよ風が帰って来る だから ひとりでも さみしくない 若いって すばらしい  あなたに声をかけたら 歌声が聞こえて来る だから 涙さえすぐにかわく 若いって すばらしい  夢は 両手にいっぱい 恋もしたいの やさしい気持になるの あゝ 誰かが 私を呼んでいる  あなたがいつか 言ってた 誰れにでも 明日がある だから あの青い空を見るの 若いって すばらしい  夢は 両手にいっぱい 恋もしたいの やさしい気持になるの あゝ 誰かが 私を呼んでいる  だから あの青い空を見るの 若いって すばらしい
恋のバカンス大内義昭・ハルカミホ大内義昭・ハルカミホ岩谷時子宮川泰ためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
君をのせてサエラサエラ岩谷時子宮川泰風に向かいながら 皮の靴をはいて 肩と肩をぶつけながら 遠い道を歩く  僕の地図はやぶれ くれる人もいない だから僕ら 肩を抱いて 二人だけで歩く  君のこころ ふさぐ時には 粋な粋な歌をうたい 君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  人の言葉 夢のむなしさ どうせどうせ 知った時には 君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  ラララ…‥ ラララ…‥  君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう
涙のかわくまでサエラサエラ塚田茂宮川泰ひきとめは しないけど 何もかも 夢なのね 誰よりも 愛してた あなたは憎い人 それが私の せいならば 別れるなんて 出来ないわ あなたがそばに いなければ 私は歩けない もう少し いてほしい あきらめる 約束の 涙のかわくまで かわくまで  ひきとめは しないけど 口づけは しないでね つかの間の しあわせに 心がまようから それがあなたの ためならば 哀しいけれど これっきりね なぐさめはもう 云わないで 私は大丈夫 もう少し いてほしい あきらめる 約束の 涙のかわくまで かわくまで  それがあなたの ためならば 哀しいけれど これっきりね なぐさめはもう 云わないで 私は大丈夫 もう少し いてほしい あきらめる 約束の 涙のかわくまで かわくまで
宇宙戦艦ヤマトRAG FAIR & INSPiRAG FAIR & INSPi阿久悠宮川泰Kenichi Mitsudaさらば地球よ 旅立つ船は 宇宙戦艦ヤマト  宇宙の彼方 イスカンダルへ 運命背負い 今とび立つ 必ずここへ 帰って来ると 手をふる人に 笑顔で答え 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト  さらば地球よ 愛する人よ 宇宙戦艦ヤマト  地球を救う 使命を帯びて 戦う男 もえるロマン 誰かがこれを やらねばならぬ 期待の人が 俺たちならば 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト
マハラ・モスラザ・ピーナッツザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰Mahal Mahal Mothra (Mahal Mahal Mothra) Tama Tama Mothra (Tama Tama Mothra) Laban Guerra Labanan (Laban Laban Guerra Labanan Laban Laban Guerra Labanan) (Magutan gol Magutan gol Magutan gol Magutan gol) (Bigai! mahal Bigai! Mahal) (Ipang anak Manga anak Ipang anak manga anak) Mahal Mahal Mahal
幸せを呼ぼうザ・ピーナッツザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰モスラ…… モスラ……  幸せ呼びにゆこう 懐かしい島へ 遥かなあの空と 溶け合う海で 幸せよ 何故泣くの 微笑みを忘れずに 幸せを呼ぼう  幸せを呼びにゆこう 懐かしい島へ 遥かなあの空と 溶け合う海で 幸せよ 何故悩む 微風(そよかぜ)と雲に乗る 幸せを呼ぼう
ふりむかないでジューシィ・フルーツジューシィ・フルーツ岩谷時子宮川泰ふりむかないで お願いだから 今ね 靴下 なおしてるのよ あなたの好きな 黒い靴下  ふりむかないで お願いだから 今ね スカート なおしてるのよ あなたの好きな タータン・チェック これから 仲良く デイトなの ふたりで語るの ロマンスを  ふりむかないで お願いだから 今ね 内緒の お話なのよ どうぞ むこうをむいてちょうだい これから 仲良く デイトなの ふたりで語るの ロマンスを  ふりむかないで お願いだから いつも 腕をくみ 前向いてね きっとね しあわせ つかまえましょ
宇宙戦艦ヤマト2009(with Symphonic Orchestra)THE ALFEETHE ALFEE阿久悠宮川泰高見沢俊彦・山下康介さらば地球よ旅立つ船は宇宙戦艦ヤマト 宇宙の彼方 イスカンダルへ 運命背負い 今とび立つ 必ずここへ 帰って来ると 手をふる人に 笑顔で答え 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト  さらば地球よ 愛する人よ 宇宙戦艦ヤマト 地球を救う 使命を帯びて 戦う男 燃えるロマン 誰かがこれを やらねばならぬ 期待の人が 俺たちならば 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト
ウナ・セラ・ディ東京石原裕次郎石原裕次郎岩谷時子宮川泰哀しいことも ないのになぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京ああ… いけない人じゃ ないのにどうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京ああ…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京ああ…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京ああ… ウナ・セラ・ディ東京ああ…
恋のバカンス甲斐バンド甲斐バンド岩谷時子宮川泰ため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女心よ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた頬よせて ささやいた約束は ふたりだけの秘めごと ためいきが出ちゃう  ああ恋のよろこびに バラ色の月日よ 初めてあなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた頬よせて ささやいた約束は ふたりだけの秘めごと ためいきが出ちゃう  ああ恋のよろこびに バラ色の月日よ 初めてあなたを見た 恋のバカンス
初恋の頃じゅん&ネネじゅん&ネネ安井かずみ宮川泰別れた人すてきな人だったけど 初恋なの夢中だった二人とも どうしてだめになったのかしら 今ではもう遠い思い出 別々の道を歩いているけれど 時が二人の身の上を変えても きっと美しいあの夕暮には 思い出すのねあなたのこと  別れた人やさしい人だったけど 口づけさえ怖かったのあの頃は どうしてだめになったのかしら 誰を責めることもできない 別々の心で新しい愛を見つけて 幸せになった後でも きっとなつかしいあの夕暮には 思い出すのねあなたのこと  どうしてだめになったのかしら 誰を責めることもできない 別々の道を歩いているけれど 時が二人の身の上を変えても きっと美しいあの夕暮には 思い出すのねあなたのこと ララララ………
想い出のブルー・レイン錦野旦錦野旦塚田茂宮川泰馬飼野康二ブルー・レイン 雨のしずくが まつげを濡らす街角よ ブルー・レイン おまえは きょうも ぼくの心の中に降る 人は誰でも 愛して別れ いつか忘れて 行くのだけれど  ブルー・レイン 涙のあとの 渇いたほほに 青い雨が降る  人はいつでも 別れてまた会い いつか離れて 行くのだけれど  ブルー・レイン 白くけむった 想い出遠く 青い雨が降る
恋する者たちよピーターピーターなかにし礼宮川泰恋する者達に言葉はいらない 恋する者達に涙もいらない 恋する者達の心はひとつ みつめあえばそれですべてがわかる 赤くやけたハダのいたみ知ったなら とじたムネの奥に愛をかくせない ひとときの間ブランコに身をまかせて ゆらりゆらりゆらりゆらり愛にゆれる  恋する者達にきのうはいらない 恋する者達にあしたもいらない 恋する者達の時間は早い めぐり逢った今を大事にしたい 雨のやんだ空に虹の花が咲く むすぶ指の前でウソはつうじない ひとときの間ゆり椅子に身をまかせて ゆらりゆらりゆらりゆらり愛にゆれる 愛にゆれる…… ラララ……
恋のバカンス '87Be-2Be-2岩谷時子宮川泰ためいきの 出るような あなたの くちづけに 甘い恋を 夢見る 乙女ごころよ  金色に 輝く 熱い 砂の上で 裸で 恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう  ああ 恋のよろこびに バラ色の 月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう  ああ 恋のよろこびに バラ色の 月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  ああ 恋のよろこびに バラ色の 月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
万国博の歌「世界のひろばで」ダーク・ダックスダーク・ダックス太田かおる宮川泰若松正司世界のひろばで 話そうよ 世界の夢を 話そうよ 千里丘へ はるばると 明るいえがおが やってきた 地球のうらから おもてから  世界のひろばで おどろうよ 世界の人と おどろうよ お国はみんな ちがっても 手と手をつなげば あたたかい 心の底まで あたたかい  世界のひろばで うたおうよ 世界の明日を うたおうよ 願いをこめて ちりばめて 豊かな知恵に 開く花 世界は世界は すばらしい
すばらしい明日ダーク・ダックスダーク・ダックス塚田茂宮川泰宮川泰あなたに嬉しいことがあり わたしに悲しいことがある あなたに淋しいことがあり わたしに愛した人がある おぼえているなら想い出そう 想い出してかみしめながら すばらしい明日(あした)に 笑顔を向けて行こう  あなたが泣いたときもあり わたしが笑ったときもある あなたが怒ったときもあり わたしが甘えた人もある おぼえているなら想い出そう 想い出してかみしめながら すばらしい明日(あした)に 笑顔を向けて行こう  ひとには苦しいときがあり ひとには楽しいときがある ひとには悩むときがあり ひとには信じた人がある おぼえているなら想い出そう 想い出してかみしめながら すばらしい明日(あした)に 笑顔を向けて行こう 笑顔を向けて行こう
銀色の道茉奈佳奈茉奈佳奈塚田茂宮川泰市川淳遠い遠い はるかな道は 冬の嵐が 吹いてるが 谷間の春は 花が咲いてる ひとりひとり 今日もひとり 銀色のはるかな道  ひとりひとり はるかな道は つらいだろうが 頑張ろう 苦しい坂も 止まればさがる 続く続く 明日も続く 銀色のはるかな道  続く続く はるかな道を 暗い夜空を 迷わずに 二人の星よ 照らしておくれ 近い近い 夜明けは近い 銀色のはるかな道  続く続く はるかな道を 暗い夜空を 迷わずに 二人の星よ 照らしておくれ 近い近い 夜明けは近い 銀色のはるかな道 はるかな道……
ベニスの朝辺見マリ辺見マリ安井かずみ宮川泰誰れも呼んだはずのない 朝がくる あなたと別れるための 朝がくる  もうじき 夢がさめる ゴンドラを 岸によせ もう一度  抱きしめあえば 鳩がとびたつ ヴェニスの朝は 短かい恋 次に会う日を 待つこともない そんな恋だから なお 燃えるの  もうじき 旅が終る ゴンドラを 結いだら もういちど  飲みほす 恋のグラスを捨てて ヴェニスの朝は 短かい夏 わたしの過去を 飾る人なら そんな恋だから なお 燃えるの
恋のバカンス茉奈佳奈茉奈佳奈岩谷時子宮川泰市川淳ためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽に焼けた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきがでちゃう ああ恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽に焼けた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきがでちゃう ああ恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
プランタン プランタンザ・ピーナッツザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰宮川泰~朝 目が覚めたら 春でした~ 小鳥がかごで プランタン プランタン プランタン 夫婦のパセリが プランタン プランタン プランタン スキーを担いだ となりの兄さん 窓からのぞいて プランタン プランタン プランタン あなたが出かける春山に 雪割草が咲いていたら 背中にリュックに 入れて帰ってね プランタン プランタン 待ってます プランタン ふたりで  ~朝 目が覚めたら 春でした~ 子猫が屋根で プランタン プランタン プランタン 紅茶のレモンが プランタン プランタン プランタン カンバス担いだ 絵かきのおじさん 垣根の外から プランタン プランタン プランタン あなたが出かける砂浜に ピンクの貝が落ちていたら 胸のポッケに 入れて帰ってね プランタン プランタン 待ってます プランタン ふたりで  プランタン プランタン 待ってます プランタン ふたりで
お星さまきいてザ・ピーナッツザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰宮川泰お星さま きいて この気持ち きいて 初めての恋を しているらしいの いつも見る夢 美しい夢  お星さま とても 素敵なの あの人がもしも たずねて来たらば それはお星さま あなたのおかげね 眠れない夜 どうしたらいいの お星さま とても 幸せよ  お星さま きいて この気持ち きいて バラ色の夢を 見ているらしいの 愛してる夢 幸せな夢 お星さま とても 切ないの あの人がもしも わたしを好きなら それはお星さま あなたのおかげね 指きりをして おやすみなさい お星さま とても 幸せよ お星さま とても 幸せよ お星さま とても 幸せよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
冬の朝ザ・ピーナッツザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰宮川泰お紅茶を入れましょう うすいレモンも 浮かべましょう わたしとあなたの 冬の朝 くもりガラスの 向こうでは 花もお化粧 しています 水仙 パンジー 春の花  レコードを かけましょう 何もないから しあわせな わたしとあなたの 冬の朝 空に開いた 窓のなか 春を手かごに 摘んでくる デイジー フリージア 愛の花
云えなかったのザ・ピーナッツザ・ピーナッツ岡本克己宮川泰宮川泰ごめんね 云えなかったの はじめて会ったとき あなたが はしゃいでいるから 私は ただ笑うだけ みんなが いたんですもん ごめんね なんにも 云えなかったの  ごめんね 云えなかったの 二人で会ったとき あなたが 空を見ているから 私も ただまねるだけ 二人きりなんですもん ごめんね なんにも 云えなかったの  ほんとに 云えなかったの 二人で会ったとき あなたが だまっているから なにかを 云おうとしたら キスをしちゃうんだもん だからね なんにも 云えなかったの
二つの言葉ザ・ピーナッツザ・ピーナッツ安井かずみ宮川泰宮川泰あなたに 云いましょうか 二つの言葉 それはね 電話で云うの リンリン スキスキ 手紙に書くの スキスキ スキスキ 夢見る ちいさな 二つの言葉 それはね 街にも お部屋にも 幸せをはこぶの  あなたに 聞いてほしい 二つの言葉 それはね ささやくように スキスキ 大きな声で スキスキ スキスキ いつでも すてきな 二つの言葉 それはね あなたとあたしの そばにある言葉よ  二人で 云いましょうか 二つの言葉 それはね 逢ったらすぐ すぐ スキスキ 別れるときも スキスキ スキスキ やさしく うれしい 二つの言葉 それはね 心と心の 合言葉 スキスキ それは スキスキ スキスキ 合言葉 スキスキ  それは スキスキ スキスキ 合言葉 スキスキ
いつからかザ・ピーナッツザ・ピーナッツ安井かずみ宮川泰宮川泰いつからか あなたが 好きになりました いつからか あなたが 忘れられないの でも 口に出すのが とてもこわい 何といって 伝えたら いいのかしら この気持ちを あなたに  いつからか あなたに 逢いたくなりました いつからか あなたに ひかれてしまったの その大きな 胸の中に そっと あたしは 顔をうずめて 甘えてみたいの 誰もいない お部屋で  いつからか あなたを 恋してしまったの いつからか あなたを 心に決めたの でも 片思いかも しれないの いつかきっと かなえてくれる その日を 夢に見て 祈る
冷たい手ザ・ピーナッツザ・ピーナッツ安井かずみ宮川泰宮川泰木枯らしの中を 急いで あなたに 逢いに来たのです 遠くからでさえ すぐわかる 見なれた あなたの姿 いつも冷たい手だね あなたは言うの だから おおきな暖かい手で つつんでほしいの お願い  肩を寄せあって 話すの あなたの 愛のまなざしを うれしく感じて 目をとじる 暖炉はきらきら 燃えてる 顔はこんなに ほてってる なのに 冷たいこの手 おおきな暖かい手で つつんでほしいの お願い おおきな暖かい手で つつんでほしいの お願い おおきな暖かい手で つつんでほしいの お願い
霧に想いをザ・ピーナッツザ・ピーナッツ安井かずみ宮川泰宮川泰霧がながれて 夜がないてる 胸をしめつける この想い いつか また逢える そんな気がして 今日も 夕ぐれの町に出る あなたに 似た人かげを さがして またつらくなる 霧にかすんで 月もないている 誰か 唄ってる 霧の町 あなたに 似た人かげを 見つけて またつらくなる 霧にかすんで 月もないている 誰か 唄ってる 霧の夜
三毛猫ザ・ピーナッツザ・ピーナッツ安井かずみ宮川泰宮川泰おまえは何が 欲しいのかしら そんなに私を 見ないでおくれ あの日の夕べ おまえは家の庭に まぎれ込んできたんだよ ミャオー ミャオ ミャオ ミャオ と鳴いている ミャオー ミャオ ミャオ ミャオ と鳴いている  おまえは言葉が わかるのかしら ジャレては 私に甘えてみせる 夕べもヤッパリ おまえはよごれた足のまんまで 帰ってきたんだね ゴロー ゴロ ゴロ ゴロ とノドを鳴らす ゴロー ゴロ ゴロ ゴロ とノドを鳴らす  おまえは決して 美人じゃないけど 何だか私は 抱きしめたいの ちゃっかりおまえは 家の家族の ひとりになってしまったろうね 三毛 三毛 三毛 三毛 と呼んでみる 三毛 三毛 三毛 三毛 と呼んでみる  ミャオー ミャオ ミャオ ミャオ と鳴いている ミャオー ミャオ ミャオ ミャオ と鳴いている
あれは十五の夏祭り(スク・スク音頭)ザ・ピーナッツザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰宮川泰ねじり ねじり 鉢巻 揃いの たすき もめ もめ 神輿(みこし)だ お祭りだ わたしがしょってた 花笠の 紙の桜も 赤かった あれは あれは 十五の夏祭り  粋な 粋な 角帯 揃いの 浴衣(ゆかた) ひけ ひけ だんじり お祭りだ あの娘(こ)と一緒に 噛んでいた 紙のニッケも 甘かった あれは あれは 十五の夏祭り  向う 向う 鉢巻 片肌 脱いで 打て 打て 太鼓だ お祭りだ ネオンがボンヤリ にじんでる 空を見ながら 泣いたっけ あれは あれは 十五の夏祭り
山小屋の太郎さんザ・ピーナッツザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰宮川泰山小屋に 大雪降ったって 太郎さんが 手紙をくれた スキーかついで みんなで行こよ 山の日暮れの 小ちゃな駅へ きっと太郎さん 迎えにくるよ ヤホー ヤホー ヤホー ヤホー でっかい手袋 太郎 太郎 太郎 太郎 太郎さんに 編もう  裏山で 兎を取ったって 太郎さんが 手紙をくれた リュックかついで 早く行こよ 赤い鼻して 兎の餌を きっと太郎さん 探しているよ ヤホー ヤホー ヤホー ヤホー ごつい 襟巻き 太郎 太郎 太郎 太郎 太郎さんに やろう  新しい ストーブ買ったって 太郎さんが 手紙をくれた みんなそろって 早く行こよ いつもどろんこ 雪どけ道で きっと太郎さん まき割りしてるよ ヤホー ヤホー ヤホー ヤホー 長い ゴム靴 太郎 太郎 太郎 太郎 太郎さんに 買って行こう
二人の高原ザ・ピーナッツザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰宮川泰行こう 雲流れる 山の小径を 走ろう ペダル踏んで そよ風の街へ 二人で さがしに行こう 青い鳥を いつか いつか ほゝを染めて  愛の言葉 囁こう 山の小径  行こう 手をつないで 白樺の中 走ろう 空の下を 口笛吹いて 遥かな 雲に祈ろう 幸せよ いつも いつも 想いこめて ひそかに咲く すずらんか 小さな恋  行こう 陽のかがやく 森の湖 走ろう 歌いながら 素足をぬらして 真昼の水辺に浮かぶ 白い月よ そっと そっと 口づけした 過ぎし夏の想い出よ 白い月  行こう 木の葉そよぐ 山の牧場へ 走ろう 肩並べて 小馬(ポニー)のように 昏(く)れゆく 大地の果てに 燃える夕焼よ かたく かたく 指きりして 約束した 若い夢 二人の夢
東京たそがれザ・ピーナッツザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰宮川泰哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ 東京 ムー…… いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ 東京 ムー…… あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ 東京 ムー…… あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい ウナ・セラ・ディ 東京 ムー……
青空の笑顔ザ・ピーナッツザ・ピーナッツ安井かずみ宮川泰宮川泰青空が笑う時 あなたの あの笑顔が 想い浮んで来るの いつも いつも いつも  そよ風が吹く時 あなたの 歌う声が 甘く聞こえて来るの いつも いつも いつも  太陽の下の 燃える口づけ どこまでも 青い空は 二人の 恋のために  青空が笑う時 あなたの あつい愛を 強く強く感じる いつも いつも いつも  太陽の下の 燃える口づけ どこまでも 青い空は 二人の 恋のために
イブのマンボでワン・ツー・スリー伊武雅刀伊武雅刀森雪之丞宮川泰涙が匂う ハイテックなキャバレー 無理な化粧の君に出逢って ひらめいた ...O Mambo チーク誘えば もちろんと抱きつく 君は淑女だ ちゃんと男を立ててくれるね  手品しようか? (シテシテ) 1.2.3. パッ (スゴイスゴイ) もう一杯どう? (ダメダメ) じゃあ お寿司食べに (イクイク)  お願い Mambo (まかせて Mambo) 楽しい Mambo (おいしい Mambo) 火の出る Mambo (減らない Mambo) 朝まで ナンダ・カンダ・カンデ・モンデ・マンボ 踊りすぎたら ハレ・マンボ  ワサビがしみる 真夜中の江戸前 君のほおばる きゅうり巻きが いとしくて ...O Mambo ヒップなでたら「帰るわ」とすごむね 君は不良だ きっと男をなめているのさ  無理矢理 今夜 (シテシテ) 1.2.3. アー (スゴイスゴイ) お先に失敬 (ダメダメ) 押忍! なんとか一緒に (イクイク)  しつこい Mambo (好き好き Mambo) べとつく Mambo (根性 Mambo) ひかえめ Mambo (死んでも Mambo) 朝まで ナンダ・カンダ・カンデ・モンデ・マンボ 踊り疲れた ジミ・マンボ  ああ 情熱の夜 ああ ほとばしる うたかたの愛  垂乳根の母 ふんばって 生まれけん 生まれけん モラル過剰の日本国 日本国 名物富士山 主婦・おいらん 主婦・おいらん電気灯けたら 古女房 古女房 やーねと笑い尻かいた  尻かいた ついでに義理欠く新世代 新世代 なんばしよっと 大革命 大革命 それよかばってん 皆の衆 皆の衆 舟をこぎだせ 密林へ 密林で パンツ脱いだら アニマルや  アニマルや マンボ踊(せ)んとや生まれけん アニマルや マンボ千夜と生まれけん  マンボ 夢のマンボ 淡く清らかな乙女が秘めし野菊 マンボ 熱きマンボ目にも白き乳バンドたゆわに揺らし マンボ ついにマンボ 散らす可憐な花びら 一触即発 絶対絶命 弱肉強食 学生割引
若いってすばらしいGOLD LYLIC槇みちるGOLD LYLIC槇みちる安井かずみ宮川泰あなたに笑いかけたら そよ風がかえってくる だから ひとりでもさみしくない 若いってすばらしい  あなたに声をかけたら 歌声がきこえてくる だから 涙さえすぐにかわく 若いってすばらしい  夢は両手にいっぱい 恋もしたいの やさしい気持ちになるの ああ 誰かがあたしを呼んでいる  あなたがいつか言ってた 誰にでも明日がある だから あの青い空を見るの 若いってすばらしい  夢は両手にいっぱい 恋もしたいの やさしい気持ちになるの ああ 誰かがあたしを呼んでいる  あなたがいつか言ってた 誰にでも明日がある だから あの青い空を見るの 若いってすばらしい  だから あの青い空を見るの 若いってすばらしい 若いってすばらしい 若いってすばらしい…
水の中のイエスタデイ~再会物語~薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子売野雅勇宮川泰砂に並んだ炬火(キャンドル)の灯(ひ)が波打際 打ち寄せられた 夏のボートの年代(もじ)を読んだ  水時計に雫(おち)る生命(いのち) 青いままのすい星  記憶の隅軋(きし)んだ風の音(いろ) 頬にささやく幻が 遠い九月をつれてくる 瞳濡らし  淡い想いの行く先を 恋と知らない少年が 秘密だよって見せてくれた 夢砂の城 朽ちたボートであなたが あの日のままで眠る  星座(ほし)が糸引く海岸線に迷い込んだ 人のさざめき 誰も少年(あなた)のこと知らない  冷たい指握られてた 見覚えあるブローチ  名前のない気持ちを伝えたくて 薄紅(あか)い貝殻(ユリア)の胸飾り そっと外して差し出せば 微笑(ほほえ)んだね  あなたひとりが時を止め 同じ想いでいたんだね 青い水面(みなも)を震わせながら  肩を抱きしめ 見知らぬ大人(ひと)が 私の名前を呼(よ)んでいるわ
恋のバカンス秋山莉奈・木口亜矢秋山莉奈・木口亜矢岩谷時子宮川泰ためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ 金色にかがやく 熱い砂のうえで 裸 で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめてあなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめてあなたを見た 恋のバカンス
右向け右石川ひとみ石川ひとみ三浦徳子宮川泰右向け右 Ah 心が叫ぶ 左に行く彼 追っちゃいけない ここまできた二人なら どうにも どうにも ならないわ…  右向け右 Ah 心が痛い 左に行く彼 追っちゃいけない そんなに信じられなきゃ さっさと消えればいいでしょう  小指に空 広がってゆく 投げた指輪 また手にしてる Ah あきらめるには少し Ah 愛しすぎたみたいです 何故よ 何故なの 本気だった気持ち ふりむいて  右向け右 Ah 心がきしむ 左に行く彼は 追っちゃいけない いつかは わかるはずだと 気休め 気休め 一人言  右向け右 Ah 心がさわぐ 左に行く彼 追っちゃいけない くるりときびす返す 姿が 姿が 焼きついた  やきもちだけ やくだけやいて 深い理由も 聞かない人よ Ah あきらめるには少し Ah 愛しすぎたみたいです 何故よ 何故なの ほどけかけた心 抱きしめて  何故よ 何故なの ほどけかけた心 抱きしめて
ウナ・セラ・ディ東京八反安未果八反安未果岩谷時子宮川泰哀しいことも ないのになぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ム… いけない人じゃ ないのにどうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ム…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ム…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ム… ウナ・セラ・ディ東京 ム…
よこがお梓みちよ梓みちよ山口洋子宮川泰煙草がわりに 小指をかんで 一生けんめい 可愛いく見せるのよ あなたに 私の話を あと五分 だまって 聞いてて ほしいのよ 今夜のあなたは いじわるね 誰か待たせて いるみたい ちょっと気になる 何故か気になる そのそぶり  折れたマッチで えがいた夢は 赤いお屋根 小さなふたりだけのお家 少女趣味さと わらわれて 淋しく伏せてる 濡れまつ毛 嘘でもいいから 好きだよと 抱かれたいのよ 恋ごころ 外は雨でしょ お茶を入れるわ もう一度  おねがいこの指 このままで 帰したくない よこがおに 夜の終りが 夜の終りが かいてある
明日になればザ・ピーナッツザ・ピーナッツ安井かずみ宮川泰タバコのけむりで あの人を想う 彼のいない 不思議な夜よ 背中が寒いわ 鏡にうつるの 私ひとり ぼやけてみえるの たった2日 逢わないだけで こんなふうになるなんて さみしくないのよ 信じているから 明日になれば あの人に逢える 明日になれば あの人に逢える  あかりがゆれると あの人を想う 彼のいない かすかな夜よ 部屋中 小声でうわさをしてるの 私ひとり だまっているの たまに2日 離れるだけで 愛は強くなるもんね ひとりじゃないもの あの人と同じ 明日になれば あの人に逢える 明日になれば あの人に逢える……
愛のフィナーレザ・ピーナッツザ・ピーナッツなかにし礼宮川泰恋の終りは 涙じゃないの それは想い出の始まりなのよ 知っていました 別れはくると だからいいのよ 言い訳なんか 誰にもまけずにあなたを愛した私なの 今ではひたすらあなたの幸せ祈るだけ 恋は消えても残る想い出 指でかぞえて 私は生きる  今日のつめたい あなたの言葉 聞いていません 私の耳は とてもやさしく 愛してくれた そんなあなたしかおぼえてないの 思えばはかなく短い月日の恋でした くやんで泣いたら私は言えるのさよならを 愛の想い出 あなたはくれた ひとりぼっちの私の為に 私の為に………私の為に
ふりむかないでGOLD LYLICザ・ピーナッツGOLD LYLICザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰Yeah, Yeah, Yeah, Yeah… ふりむかないで お願いだから 今ね 靴下なおしているのよ あなたの好きな 黒い靴下  ふりむかないで お願いだから 今ね スカートなおしているのよ あなたの 好きなタータンチェック これから仲良く デイトなの ふたりで語るの ロマンスを  ふりむかないで お願いだから 今ね ないしょのお話なの どうぞ むこうむいてちょうだい これから仲良く デイトなの ふたりで語るの ロマンスを  ふりむかないで お願いだから いつも腕をくみ 前を向いて きっとね 幸せつかまえましょう Yeah, Yeah, Yeah, Yeah…
恋のバカンスPLATINA LYLICザ・ピーナッツPLATINA LYLICザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰ため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
銀色の道ザ・ピーナッツザ・ピーナッツ塚田茂宮川泰遠い遠い はるかな道は 冬の嵐が 吹いてるが 谷間の春は 花が咲いてる ひとりひとり 今日もひとり 銀色の はるかな道  ひとりひとり はるかな道は つらいだろうが 頑張ろう 苦しい坂も 止まればさがる 続く続く 明日も続く 銀色の はるかな道  続く続く はるかな道を 暗い夜空を 迷わずに 二人の星よ 照らしておくれ 近い近い 夜明けは近い 銀色の はるかな道  続く続く はるかな道を 暗い夜空を 迷わずに 二人の星よ 照らしておくれ 近い近い 夜明けは近い 銀色の はるかな道 はるかな道 はるかな道
ウナ・セラ・ディ東京GOLD LYLICザ・ピーナッツGOLD LYLICザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ムー… いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ムー…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー… ウナ・セラ・ディ東京 ムー…
若いってすばらしいスクールメイツスクールメイツ安井かずみ宮川泰宮川泰あなたに笑いかけたら そよ風がかえってくる だから ひとりでもさみしくない 若いってすばらしい  あなたに声をかけたら 歌声がきこえてくる だから 涙さえすぐにかわく 若いってすばらしい  夢は両手にいっぱい 恋もしたいの やさしい気持ちになるの ああ 誰かがあたしを呼んでいる  あなたがいつか言ってた 誰にでも明日がある だから あの青い空を見るの 若いってすばらしい  夢は両手にいっぱい 恋もしたいの やさしい気持ちになるの ああ 誰かがあたしを呼んでいる  あなたがいつか言ってた 誰にでも明日がある だから あの青い空を見るの 若いってすばらしい  若いってすばらしい 若いってすばらしい…
ウナセラディ東京和田弘とマヒナスターズ和田弘とマヒナスターズ岩谷時子宮川泰哀しいこともないのに なぜか涙がにじむ ウナセラディ東京 ああ いけない人じゃないのに どうして別れたのかしら ウナセラディ東京 ああ  あの人はもう私のことを 忘れたのかしら とてもとても淋しい 街はいつでも後姿の 幸せばかり ウナセラディ東京 ああ  あの人はもう私のことを 忘れたのかしら とてもとても淋しい 街はいつでも後姿の 幸せばかり ウナセラディ東京 ああ  たそがれの ああ 東京
銀色の道みとせのりこみとせのりこ塚田茂宮川泰遠い遠い はるかな道は 冬の嵐が 吹いてるが 谷間の春は 花が咲いてる ひとりひとり 今日もひとり 銀色の はるかな道  ひとりひとり はるかな道は つらいだろうが 頑張ろう 苦しい坂も 止まればさがる 続く続く 明日も続く 銀色の はるかな道  続く続く はるかな道を 暗い夜空を 迷わずに 二人の星よ 照らしておくれ 近い近い 夜明けは近い 銀色の はるかな道
愛のフィナーレ布施明布施明なかにし礼宮川泰Tell me why the sun won't shine Tell me why the flowers leave a vine Without sun or the colors near Smiles are lost to drops of tears  Tell me please, are my hopes in vain Tell me if you'll take away the rain Until then I only pray And look for that certain day  All our lives have moments Held together by just wanting And then strengthened by a dream There is disappointment But tomorrow brings a new day And I wonder what will be  On that day when hopes are high You will know the very reason why At the dawn you'll see the sun And from then, we'll be as one  Wonder, yes I wonder As each door begins to open Will I soon be there with you Looking to a future Which I hold just like a promise And I hope will soon be true  On that day when hopes are high You will know the very reason why At the dawn you'll see the sun And from then, we'll be as one Sayonara, Sayonara………
恋のバカンス長山洋子長山洋子岩谷時子宮川泰ため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ  金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
信じていたい西田佐知子西田佐知子塚田茂宮川泰宮川泰信じていたい あなたの言葉 信じていたい ただそれだけよ 心の奥で あなたの事を 愛しているの ただそれだけよ あなたは 青い街角に 消えてそのまま かえらない どこへ 行ってしまったのか お願い 教えて 信じていたい あなたの言葉  許してほしい 私の事を 許してほしい ただそれだけよ あなたが云った いけないくせを 直してみるわ 今度はきっと 初めてつかんだ幸せを 一人になって わかったの もう一度だけでいいから お願い 逢いたい 許してほしい 私のことを 許してほしい 私のことを
逢いたくて逢いたくてO'sO's岩谷時子宮川泰愛したひとは あなただけ わかっているのに 心の糸がむすべない ふたりは恋人 すきなのよ すきなのよ くちづけをしてほしかったのだけど せつなくて 涙が でてきちゃう  愛の言葉も 知らないで さよならした人 たった一人のなつかしい 私の恋人 耳もとで 耳もとで 大好きと 云いたかったのだけど はずかしくて 笑っていたあたし  愛されたいと くちびるに 指を噛みながら 眠った夜の夢にいる こころの恋人 逢いたくて 逢いたくて 星空に 呼んでみるのだけど 淋しくて 死にたくなっちゃうわ
お嫁さん梓みちよ梓みちよ岩谷時子宮川泰森岡賢一郎わからないの 教えて いけない時 叱ってね ため息がでるほど やさしい貴方 茜の雲 流れる 日暮れの空 見上げて 瞳をうるませる 時もあるの 幼い日から 憧れた その名かわいい お嫁さん お耳に 口寄せて 甘く今日も ささやく 『貴方が好きだから お嫁に来たのよ~』  うれしい時 みんなで 悲しい時 一人で 貴方のハンカチで 涙をふこう 幅の広い 背中に 私の夢 あずけて この屋根の下で 暮らして行くわ 幼い日から 憧れた その名かわいい お嫁さん  この小さな 指に 思いきざむ 指輪 二人だけが知ってる すてきな言葉よ
禁じられた恋のボレロ水原弘水原弘漣健児宮川泰恋に目ざめ せつなさ知り 恋にしびれ 孤独に泣く いのちを賭けた 情熱の嵐 恋の掟に 生きて行く  恋に目ざめ せつなさ知り 恋にしびれ 孤独に泣く いのちを賭けた 情熱の嵐 恋の掟に 生きて行く
あんたなんか園まり・植木等園まり・植木等安井かずみ宮川泰宮川泰じらされてェ泣かされて そんな男は ナニサ! あたしのこの胸は あんたなんか 待ってない 待ってないわ デモネ……… 「あわてちゃいけない俺がいる お前に 苦労はさせないよ」 それじゃ その気になりましょか エッ?  いばられてェ叱られて そんな男は ナニサ! あたしのこの若さ あんたなんか いらない いらないわ デモネ……… 「そうだその意気その調子 いざという時ゃ俺がいる」 なんか うれしくさせるのネ 分かってるね!  うるさくてェめんどうで そんな男は ナニサ! あたしは平気なの あんたなんか どこでも どこへでも デモネ……… 「勿体ない事云うのじゃない 女一人じゃ生きられぬ」 あんた いいこと云えるのネ そう!  じらされてェ泣かされて そんな男は ナニサ! あたしは気にしない あんたなんか きらいよ 大きらい デモネ……… 「ホーラやっぱり俺なんだろう そんな強気はおよしなさい」 それじゃ その気になりましょか 行こうか!
何が何だかわからないのよハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレイジーキャッツ笠原良三宮川泰宮川泰何が何だかわからないのよ 月給が上れば 買物ふえる 買物ふえれば 借金ふえる 部屋数増えずに 子供が増えた ハアー 何が何だかわからないのよ グズグズ言っても始まらないね ゴリガン一発 生きぬこう  何が何だかわからないのよ 女は度胸で 男は愛嬌 ゴマスリ亭主に ホラ吹き女房 美容体操で ドンドンふとる ハアー 何が何だかわからないのよ グズグズ言っても始まらないね ゴリガン一発 生きぬこう  何が何だかわからないのよ 石が流れて 木の葉が沈む 自家用で通って 毎日遅刻 薬のみのみ 大酒くらう ハアー 何が何だかわからないのよ グズグズ言っても始まらないね ゴリガン一発 生きぬこう ゴリガン一発 生きぬこう
幸せのバビラトラリラ福原みどり福原みどり山上路夫宮川泰宮川泰どこのことばか しらないが バビラトラリラ バビトーラ いえば幸せ くるという バビラトラリラ バビトーラ こころがウキウキ おどりだす 空は青いし 町に出ようよ バビラトラリラ バビトーラ バビラトラリラ バビルーラ  もしもさびしい そのときは バビラトラリラ バビトーラ いってごらんよ ふしぎだよ バビラトラリラ バビトーラ なんだかたのしく なってくる なにかいいこと おこりそうだよ バビラトラリラ バビトーラ バビラトラリラ バビルーラ  なんだか うれしくなってきた きっといいこと まっているんだ バビラトラリラ バビトーラ バビラトラリラ バビルーラ  バビラトラリラ バビトーラ バビラトラリラ バビルーラ
逢いたくて逢いたくてHISHIS岩谷時子宮川泰森岡賢一郎愛した人はあなただけ わかっているのに 心の糸が結べない ふたりは恋人  好きなのよ 好きなのよ 口づけをしてほしかったの だけど せつなくて 涙が出てきちゃう  愛の言葉も知らないで さよならした人 たった一人のなつかしい あたしの恋人  耳もとで 耳もとで 大好きと言いたかったの だけど はずかしくて 笑っていたあたし  愛されたいとくちびるに 指を噛みながら 眠った夜の夢に見る 心の恋人  逢いたくて 逢いたくて 星空に呼んでみるの だけど さみしくて 死にたくなっちゃうわ さみしくて 死にたくなっちゃうわ
何も云わないで園まり園まり安井かずみ宮川泰今は何も云わないで だまってそばにいて この小さなしあわせを 抱きしめたい じっとやさしく あなたの目が 何か云いたそうに わたしをみてるの それだけで とてもうれしい  わかってるの云わないで だまって目を閉じて 二人だけのこの時を 大切にしたい 愛してるっていうことは 感じるものなのね あなたの肩に もたれてると じんとするの  お願いなの云わないで だまってそばにいて 何かとても切なくて ひとりじゃいやよ 愛を知って 心もろく やさしい言葉にも 涙が出ちゃうの それだから 何も云わないで
逢いたくて逢いたくてGOLD LYLIC園まりGOLD LYLIC園まり岩谷時子宮川泰愛した人は あなただけ わかっているのに 心の糸がむすべない ふたりは恋人 すきなのよ すきなのよ くちづけをしてほしかったのだけど せつなくて 涙が でてきちゃう  愛の言葉も 知らないで さよならした人 たった一人のなつかしい 私の恋人 耳もとで 耳もとで 大好きと 云いたかったのだけど はずかしくて 笑っていた あたし  愛されたいと くちびるに 指を噛みながら 眠った夜の夢にいる こころの恋人 逢いたくて 逢いたくて 星空に 呼んでみるのだけど 淋しくて 死にたくなっちゃうわ
宇宙戦艦ヤマトPLATINA LYLICささきいさおPLATINA LYLICささきいさお阿久悠宮川泰宮川泰さらば地球よ 旅立つ船は 宇宙戦艦ヤマト 宇宙の彼方 イスカンダルへ 運命背負い 今 飛び立つ 必ずここへ 帰って来ると 手をふる人に 笑顔で答へ 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト  さらば 地球よ 愛する人よ 宇宙戦艦ヤマト 地球を救う 使命を帯びて 戦う男 燃えるロマン 誰かがこれを やらねばならぬ 期待の人が 俺達ならば 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト
云えなかったの奥村チヨ奥村チヨ岡本克己宮川泰ゴメンネ 云えなかったの 初めて 逢った時に あなたは はしゃいでいたけれど 私はただ だまるだけ あなたを 見ていたんだもン だってネ その時恋をしてしまった私  ゴメンネ 云えなかったの 二人で 逢った時は あなたが 空を見ているから 私もただ まねてたら “好きだよ”なんて云うんだもン ゴメンネ あなたに何も云えなかった私  本当に 云えなかったの 二人で 逢った時に 私に 笑顔を見せないから 何かを 言おうとしたら いきなり キスしちゃうんだもン だからね あなたに何も云えなかった私
愛のフィナーレちあきなおみちあきなおみなかにし礼宮川泰川口真恋の終わりは 涙じゃないの それは思い出の 始まりなのよ 知っていました 別れはくると だからいいのよ いいわけなんか 誰にも負けずに 貴方を愛した 私なの 今ではひたすら 貴方の幸せ祈るだけ 恋は消えても 残る思い出 指でかぞえて 私は生きる 思えばはかなく短い月日の 恋でした くやんでないから 私は言えるのさよならを 愛の思い出 貴方はくれた ひとりぼっちの 私のために
夾竹桃は赤い花小柳ルミ子小柳ルミ子岩谷時子宮川泰夾竹桃の 花が咲く ふるさとには 家もなく さまよい行けば 町かどに 友だちの笑顔 陽にやけて ちっとも変らない 大きな手で 握手して 昨日別れた人のよう なつかしくて すがりついた  夾竹桃は 友だちの 清い愛が 花言葉 恋の辛さを 捨てに来て また恋をしそう 私たちなんにも 云わないで 陽射しのなか 歩いてる この道どこへつづくのか ふるさとさえ 旅の空よ  陽にやけて ちっとも変らない 大きな手で 握手して 昨日別れた人のよう なつかしくて すがりついた  この道どこへつづくのか ふるさとさえ 旅の空よ
地球温暖化進行曲植木等植木等伊藤アキラ宮川泰宮川泰地球が暑くなって どこわりい 暖房いらずで いいじゃないか 水道ひねれば 温泉で 牛乳しぼれば 粉ミルク ソレ! どんどん だんだん 温暖化 どんどん だんだん 温暖化 こんな地球に 誰がした けっこう 毛だらけ 灰だらけ けっこう 毛だらけ 灰だらけ  地球が暑くなって どこわりい 二酸化炭素で いいじゃないか 男は腹巻 ステテコで 女はビキニで 盆おどり ソレ! どんどん だんだん 温暖化 どんどん だんだん 温暖化 こんな地球に 誰がした けっこう 毛だらけ 灰だらけ けっこう 毛だらけ 汗だらけ  どんどん だんだん 温暖化 どんどん だんだん 温暖化  どんどん だんだん 温暖化 どんどん だんだん 温暖化
少年の日の夢植木等植木等伊藤アキラ宮川泰山本健司少年の日ひとは誰も いっぱいの夢追い続けてた 届きそうで届かないうちに 夢は遥か大空の彼方 長かったようで短くて 苦しかったようで楽しかった もう一度と思うけど 誰もあの日に帰れない 帰りたくても帰れないなら 今夜は楽しい夢でも見よう 少年の日の夢  少年の日ひとは誰も あこがれに胸ときめかせてた 大事すぎて話せないうちに 愛は遥か夕焼けの彼方 軽かったようで重たくて 忘れきったようで覚えていた もう一度と思うけど 誰もあの日に戻れない 戻りたくても戻れないなら 今夜は嬉しい夢でも見よう あの日の君の夢  帰りたくても帰れないなら 今夜は楽しい夢でも見よう 少年の日の夢
銀座イエスタデイ植木等植木等伊藤アキラ宮川泰みゆき通りの ティールーム マンボズボンの バンドマン それは たしか 俺だった ような そんな気がする 今日の雨 ああ、あのころは あのころは 銀座イエスタデイ  ポニーテールの 女の娘 あれはテネシー ジャズ喫茶 そうね たぶん 最初だった ような 思い出させる 今日の雨 ああ、あのひとは あのひとは 銀座イエスタデイ  赤いネオンの 有楽町 日比谷 日劇 西銀座 みんな みんな 夢だった ような 忘れられない 今日の雨 ああ、つかのまの つかのまの 銀座イエスタデイ 銀座イエスタデイ
全国縦断追っかけのブルースハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレイジーキャッツ毛利久宮川泰宮川泰―この物語は過ぎ去った愛を求めて南から北へと 果てしない旅に出た七人の男の遍歴の記録である―  さゆりさがして夜の町 忘れられない面影を ネオン伝いにたずねれば 「いたかい?」 「いやーそれがほんの一足ちがいでネー」 あゝ、むなしさだけの小倉 指宿 門司 別府  さゆり恋しい夜の町 白いうなじの想い出を ネオン伝いにたずねれば 「いたかい?」 「あー、生きるって耐える事なのね」 あゝ、夜霧も悲しい祇園 十三 新世界  さゆり追いかけ夜の町 赤いくちびる恋しくて ネオン伝いにたずねれば 「いたかい?」 「いやー、いないとなるといないネー」 あゝ、霧雨けむる銀座 新宿 北千住  さゆりいないか夜の町 細い指先ふれたさに ネオン伝いにたずねれば 「いたかい?」 「あ、イニャーヨ」 あゝ、月も泣いてる横手 花巻 片山津  さゆりたずねて北の果て 長い黒髪なぜたさに ネオン伝いにたずねれば 「いたかい?」 「もうどうなったっていいんだよ」 あゝ、夜風もしばれる釧路 紋別 長万部 さゆり! さゆり! さゆり! さゆり! さゆり!  「うるせーナー! 今何時だと思ってんだ! コノー!」
おもかげ星堀江美都子堀江美都子山口洋子宮川泰宮川泰見つめて下さい 寂しいときは 呼んで下さい どこかでそっと  ひとつは 愛 ひとつは 夢 ひとつは 泪 ひとつは サーシャ ほほえみだけで 別れた人を わたしはいつも 忘れない 見つめて下さい 寂しいときは 呼んで下さい どこかでそっと  ひとつは 恋 ひとつは kiss ひとつは 昨日(むかし) ひとつは 明日(みらい) かならず逢える 愛さえあれば おもかげ星が あるかぎり 見つめて下さい 寂しいときは 呼んで下さい どこかでそっと
恋のバカンス井上芳雄井上芳雄岩谷時子宮川泰ため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
愛の瞬間キャンディーズキャンディーズ林春生宮川泰鏡の中の もうひとりの私 もうひとりの私 知らないひとみたいよ あなた好みの 白いドレスを着て 今日からは大人なの そうなの 逢うのが恐い 見るのが恐い あなたには何でもない事かしら わたしは言葉が恐い しぐさが恐い あなたには何でもない事かしら 夢なら醒めて 夢なら醒めて  秘密の中の もうひとりの私 もうひとりの私 忘れたひとみたいよ はじめてつけた 紅の色は赤い 今日からは大人なの そうなの 行くのが恐い 来るのが恐い あなたには何でもない事かしら わたしは 涙が恐い 別れが恐い あなたには何でもない事かしら 夢なら消えて 夢なら消えて
ブルースカイ・ブルーRYTHEMRYTHEMなかにし礼宮川泰ブルーブルー ブルースカイ ブルースカイ ブルーブルー  ブルーブルー ブルースカイ ブルースカイ ブルーブルー  青空曇り空 雨降る涙空 どんな空にも 希望が流れる 心にお日様を 唇に歌を 今日も何か いいことが  羽があったらいいな ブルースカイ ブルースカイ 空を翔べたらいいな ブルースカイ ブルースカイ  あなたも夢を見るなら 大きなほうがいいかも  夢見る力で人は あなたも 私も 誰でもなにかになれる ブルースカイブルー ブルー ブルーブルー ブルースカイブルー  ブルーブルー ブルースカイ ブルースカイ ブルーブルー  誰でも人はみな 子供の時代には 白い翼が 背中に生えてた 勇気のある君に 愛あるあなたに 明日こそは 幸せが  羽があったらいいな ブルースカイ ブルースカイ 空を翔べたらいいな ブルースカイ ブルースカイ  笑顔で生きてゆこうよ 希望の歌をうたおう  夢見る力で人は あなたも 私も 誰でもなにかになれる ブルースカイブルー ブルー ブルーブルー ブルースカイブルー 夢見る力で人は あなたも 私も 誰でもなにかになれる ブルースカイブルー ブルー ブルーブルー ブルースカイブルー  ブルーブルー ブルースカイブルー
シャボン玉ホリデーザ・ピーナッツザ・ピーナッツ前田武彦宮川泰シャボン玉 ルル ルルルルル シャボン玉 ララ ラララララ ロマンティックな夢ね まるい素敵な夢ね リズムに乗せて 運んでくるのね ホリデー ホリデー シャボン玉 シャボン玉ホリデー
好きになっちゃっちゃった with藤田まことザ・ピーナッツザ・ピーナッツ竹内伸光宮川泰ボンボボボンボン ボボボンボボン ほくのハートは ボンボボボンボン ピンクの夢みて ボンボボボンボン  どきがムネムネ オ・コ・ソ・ト・ノ 恋してみたくなっちゃった(むりね) 猫も恋する(にゃににゅねにょ) 「好きです 愛してます 恋人になってぇな」 まこと 惚れたよ 好きになっちゃっちゃったのさ  私達予約ずみですの (あいた~ボロボロや)  ボンボボボンボン ボボボンボボン  恋して 愛して ボボボンボボン 惚れてふられて ボボボンボボン 夢はバラ色 パ・ピ・プ・ペ・ポ 当たってくだけろ ドントこい(ヤレヤレヤレ) 馬力 シャカリキ イ・シ・キ・テ・キ ファイト 「好きや 愛してまっせ お嫁さんになってぇなぁ」 まこと 惚れたよ 好きになっちゃっちゃったのさ  私達予約ずみですの (あいた~ボロボロや)  ボンボボ ボンボン  どきがムネムネ オ・コ・ソ・ト・ノ 恋してみたくなっちゃった(むりね) 猫も恋する(にゃににゅねにょ) 「好きです 愛してます 恋人になってぇな」 まこと 惚れたよ 好きになっちゃっちゃったのさ  私達予約ずみですの (あいた~ボロボロや)  ボンボボボンボン ボボボン ボボン オー ボンボボボンボン
恋のバカンスW(ダブルユー)W(ダブルユー)岩谷時子宮川泰鈴木Daichi秀行ため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
サーシャわが愛島倉千代子、フィーリング・フリー島倉千代子、フィーリング・フリー阿久悠宮川泰宮川泰サーシャ サーシャ 私の娘 サーシャ サーシャ おやすみなさい あどけない笑顔で みつめないで 私の心が にぶるから あなたの心に 花の種を 涙のしずくで 植えました いつしか芽をふき 花を咲かせ やさしい娘に なるでしょう 愛される喜び知る娘 愛するときめき知る娘 サーシャ 私の幸せ あなたにあるの  サーシャ サーシャ 私の娘 サーシャ サーシャ 私の命 永遠に平和が つづくように 私は祈っているのです くちびるひらけば 愛に満ちて 瞳をこらせば 夢あふれ 緑の季節に 咲きにおう やさしい娘に なるのです 愛される喜び知る娘 愛するときめき知る娘 サーシャ 私の幸せ あなたにあるの
銀色の道GOLD LYLICダーク・ダックスGOLD LYLICダーク・ダックス塚田茂宮川泰服部克久遠い遠い はるかな道は 冬の嵐が 吹いてるが 谷間の春は 花が咲いてる ひとり ひとり 今日もひとり 銀色の はるかな道  ひとりひとり はるかな道は つらいだろうが がんばろう 苦しい坂も 止まればさがる 続く続く 明日も続く 銀色の はるかな道  続く続く はるかな道を 暗い夜空を 迷わずに ふたりの星よ 照らしておくれ 近い近い 夜明けは近い 銀色の はるかな道 はるかな道 はるかな道
青空のゆくえ伊東ゆかり伊東ゆかり安井かずみ宮川泰青空を忘れて 真実の愛さえ 気づかない 都会の ざわめきに まみれて  青空を探しに あなたと 行きたい 生まれたばかりの 心をみつけに ある日 あなたとふたりで すてきな旅に出る 朝つゆに おくられて そよ風に まもられて それは どこまでもつづくの 愛の線路づたい ふたりで 踊りあいながら いつか青空の心に であう その時がくるのを信じて  青空を探しに あなたと 行きたい 生まれたばかりの 心をみつけに ある日 あなたとふたりで すてきな旅に出る 朝つゆに おくられて そよ風に まもられて それは どこまでもつづくの 愛の線路づたい ふたりで 踊りあいながら いつか青空の心に であう その時がくるのを信じて
逢いたくて 逢いたくて中森明菜中森明菜岩谷時子宮川泰千住明愛したひとは あなただけ わかっているのに 心の糸がむすべない ふたりは恋人 好きなのよ 好きなのよ くちづけをしてほしかったのだけど せつなくて 涙が でてきちゃう  愛の言葉も 知らないで さよならした人 たった一人のなつかしい 私の恋人 耳もとで 耳もとで 大好きと 云いたかったのだけど はずかしくて 笑っていた わたし  愛されたいと くちびるに 指を噛みながら 眠った夜の夢にいる こころの恋人 逢いたくて 逢いたくて 星空に 呼んでみるのだけど 淋しくて 死にたくなっちゃうわ
キャンディーズキャンディーズキャンディーズ山上路夫宮川泰キャンディーズ キャンディーズ キャンディーズ キャンディーズ  夢はいかが 楽しい夢を あなたのため私は 贈りましょう それはまるで キャンディみたい 甘い夢の虹を あげましょう  ロマンチストな私ラン! ちょっとボーイッシュなミキ! ちょっぴりセンチなスー! いつでも三人仲良く唄うの キャンディーズ……  花はいかが きれいな花を あなたのため私は 咲かせましょう あなたの胸 色とりどりに 今日も愛の花が 咲くでしょう  歌はいかが 素敵な歌を あなたのため私は 唄いましょう 涙なんか どこかに消える 今日も歌のこだま ひびくのよ La la la……  キャンディーズ!
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ウナ・セラ・ディ東京矢野顕子矢野顕子岩谷時子宮川泰哀しいことも ないのになぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 いけない人じゃ ないのにどうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい  街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい  街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ウナ・セラ・ディ東京
恋のバカンス渡辺美里渡辺美里岩谷時子宮川泰金子隆博ためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように 陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
終り無きわが歌の道三波春夫三波春夫三波春夫宮川泰私の歌のふるさとは 父の民謡 私の歌の想い出は 母の子守唄 私の歌の故郷は 日本の心 私の歌の生甲斐は 人々の笑顔  よろこびに 湧き立つ手拍子に 命の限り私は歌う 人生がこの中に 真心と愛が溢れて 悲しみを洗う 涙の如く 新しき夢かけて 歌よ 翔け 愛する国に 歌よ 翔け  私の歌のふるさとは 流行歌と浪花節 私の歌の想い出は 小学校のオルガン 私の歌の故郷は 日本の心 私の歌の生甲斐は 人々の笑顔  よろこびに 湧き立つ手拍子に 命の限り私は歌う 人生がこの中に 真心と愛が溢れて 悲しみを洗う 涙の如く 新しき夢かけて 歌よ 翔け 愛する国に 歌よ 翔け (新しき夢かけて 歌よ 翔け) 愛する国に 歌よ 翔け  あゝ終り無きわが歌の道 終り無きわが歌の道  遥か 遥か 遥か 遥か
君をのせてASKAASKA岩谷時子宮川泰風に向かいながら 皮の靴をはいて 肩と肩をぶつけながら 遠い道を歩く  僕の地図はやぶれ くれる人もいない だから僕ら 肩を抱いて 二人だけで歩く  君のこころ ふさぐ時には 粋な粋な歌をうたい 君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  人の言葉 夢のむなしさ どうせどうせ 知った時には 君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう
ウナ・セラ・ディ東京井上陽水井上陽水岩谷時子宮川泰星勝哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ  ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ ウナ・セラ・ディ東京 あゝゝ
星のペンダントささきいさおささきいさお阿久悠宮川泰宮川泰あの娘がくれた星のペンダント この胸できらめく瞳のように 旅立てば銀河 旅立てば宇宙 遥かの彼方 時の彼方  さらば さらば さらば さらば Good-bye Good-bye,my darling. 今 ここに男が旅立ちの歌を 唇を震わせ歌う 歌う 愛する人よ また会う日まで 愛する地球よ また会う日まで  心をつなぐ星のペンダント 手のひらで温め あの娘を想う いつの日か錆びて いつの日かちぎれ それでも胸で永久に輝く  さらば さらば さらば さらば Good-bye Good-bye,my darling. 背伸びして見送る人々の中で 美しいあの娘が踊る 踊る 愛する人よ また会う日まで 愛する地球よ また会う日まで  愛する人よ また会う日まで 愛する地球よ また会う日まで
宇宙戦艦ヤマト (テレビサイズ)ささきいさお、ロイヤル・ナイツささきいさお、ロイヤル・ナイツ阿久悠宮川泰さらば地球よ 旅立つ船は 宇宙戦艦ヤマト 宇宙の彼方 イスカンダルへ 運命背負い 今 飛び立つ 必ずここへ 帰って来ると 手をふる人に 笑顔で答へ 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト
真赤なスカーフ (テレビサイズ)ささきいさお、ロイヤル・ナイツささきいさお、ロイヤル・ナイツ阿久悠宮川泰あの娘がふっていた 真赤なスカーフ 誰のためだと 思っているか 誰のためでも いいじゃないか みんな その気で いればいい 旅立つ 男の胸には ロマンの かけらが欲しいのさ ラララ… ラララ… ラララ…… 真赤なスカーフ
孤高のピアニスト沢田研二沢田研二沢田研二宮川泰白井良明くもりないプレイは 心を映し出すよ 君はとても尊すぎて 跪くより他にない  洗われる罪さえ すべての許し乞うよ 君はいつも眩しすぎて 真っ直ぐ見つめられないよ  神業指先 拒絶も寛容も 目新しさ哀愁さえも 操りながら 優しく僕も泣かせておくれよ  孤高のピアニスト君は 自惚れや羨望や劣等感 弱さそれは力だってこと 知らしめたよね求めてた灯り  寄り添ってメロディー 重なり上り詰める 僕はかなり夢見心地 とけてなくなってしまうよ  ため息足技 みやびもふしだらも 古めかしさ歓びさえも さらりと捉え 微かに君は微笑みかけてる  孤高のピアニスト君は 緊張や戸惑いや優越感 弱さそれは救いだってこと 教えてくれた何よりの光
花と涙森進一森進一川内康範宮川泰愛のしとねに 身を横たえて 女は花になればいい 男は男は どんなに激しく想っても 口に出せない 口に出せない愛もある  花のほほ笑み 夢かぎりなく 女は明日を待てばいい 男は男は しあわせ あたえる その日まで つらさかくして つらさかくして 生きている  花の命は短かいものと 女は甘えてよりかかる 男は男は 涙の甘さを見せないが 愛をこころで 愛をこころでかみしめる
恋のバカンスBluem of YouthBluem of Youth岩谷時子宮川泰Bluem of Youthためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう あゝ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
ウナ・セラ・ディ・東京西田佐知子西田佐知子岩谷時子宮川泰哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ・東京 ああ…… いけない人じゃ ないのに どうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ・東京 ああ……  あの人はもう 私のことを 忘れたのかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ・東京 ああ……  あの人はもう 私のことを 忘れたのかしら とても淋しい 街は いつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ・東京 ああ……
涙のかわくまで西田佐知子西田佐知子塚田茂宮川泰森岡賢一郎ひきとめは しないけど 何もかも夢なのね 誰よりも愛してた あなたは憎い人 それが私のせいならば 別れるなんて 出来ないわ あなたがそばにいなければ 私は歩けない もう少しいてほしい あきらめる約束の 涙のかわくまで かわくまで  ひきとめはしないけど くちづけはしないでね つかの間のしあわせに 心がまようから それがあなたのためならば 哀しいけれど これっきりね なぐさめはもう云わないで 私は大丈夫 もう少しいてほしい あきらめる約束の 涙のかわくまで かわくまで
恋のバカンス甲斐よしひろ甲斐よしひろ岩谷時子宮川泰ためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女心よ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた頬よせて ささやいた約束は ふたりだけの秘めごと ためいきが出ちゃう  ああ恋のよろこびに バラ色の月日よ 初めてあなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた頬よせて ささやいた約束は ふたりだけの秘めごと ためいきが出ちゃう  ああ恋のよろこびに バラ色の月日よ 初めてあなたを見た 恋のバカンス
ジューン・ブライドザ・ピーナッツザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰ジューン・ブライド お母さま お願い ジューン・ブライド あたしにも 着せてね  そよ風のような ウエディング 白いドレス あの人に 嫁ぐとき ジューン・ブライド 神さまが くださる  ジューン・ブライド 幸せが ほしいの 夢にみた 美しい花嫁 それは ああ ジューン・ブライド あたしよ  そよ風のような ウエディング 白いドレス あの人に 嫁ぐとき ジューン・ブライド 神さまが くださる ジューン・ブライド 幸せが ほしいの 夢にみた 美しい花嫁 それは ああ ジューン・ブライド あたしよ
浮気なあいつザ・ピーナッツザ・ピーナッツ山口洋子宮川泰平気な顔してあいつ 電話をかけるの私のそばで もしもし悪いけれど 今夜仕事でね あゝいそがしい だからバイバイブギウギまたね 浮気なあいつ ヘイヘイ あの目が好き ヘイヘイ いつでもほら ヘイヘイ 淋しそうでしょ もててるくせに すました顔してあいつ 彼女の話を私にするの むしゃくしゃしちゃうけれど なぜかおこれない あゝ にくめない とてもハンサムブギウギ素敵 浮気なあいつ  とんでもないのよあいつ 私の名前を間違えたのよ 頭にきちゃうけれど ちょっと抱かれると あゝ弱いのよ 胸がドキドキブギウギだめね 浮気なあいつ ヘイヘイ いかれてるのよ ヘイヘイ 足の長さに ヘイヘイ 声の甘さに つめたいふりにも 今頃どこかであいつ 誰かとデートをしてるのかしら きれいな街の灯り いつかわたしにも あゝ したように ふたりなかよくブギウギ踊る 浮気なあいつ
手編みの靴下ザ・ピーナッツザ・ピーナッツ岩谷時子宮川泰小さな夢を 編み込んだ手編みの靴下 心の糸をまきながら 一人で編んだの いつまでも いつまでも あの人に はいてほしいのだけど 通うかしら 私のこのまごころ  小さな夢を 編み込んだ手編みの靴下 心の糸をまきながら 一人で編んだの 雪の夜 雪の夜 銀色のあみ針に恋の糸 そっとかけて あの人に編んだのよ  小さな夢を 編み込んだ手編みの靴下 心の糸をまきながら 一人で編んだの いつの日も いつの日も 面影を 胸に抱きしめて つくりあげた 手編みのこの靴下
恋のオフェリアサルサ・ピーナッツサルサ・ピーナッツなかにし礼宮川泰La felicidad ha sido tan grande Que no me puedo creer el adios Ahora mi corazon, de dia y de noche Esta lleno de tristeza Oferia, al amor se dedica todo El corazon de una mujer Oferia es el fantasma mio queriendote a ti Tu amor ha sido solo un juego Mi amor esta tan herido Es una figura blanca que te espera Para siempre  El amor ha sido tan grande Que no puedo olvidar de el Estoy loca del amor por la noche lloro por ti Oferia, al amor se dedica todo El corazon de una mujer Oferia es el fantasma mio queriendote a ti  No vuelve mi amor No vuelve, no vuelve mi querido Es una figura blanca que te espera Llorandote Llorandote, esperandote Vuelve mi vida, vuelve carino
やさしい雨園まり園まり安井かずみ宮川泰あの人のいない このさみしさをわかる やさしい雨のしずく 涙のしずく 心にしみこむ 愛の思い出を せめてやさしい 雨に流すわ あの人はいない この手をにぎりしめて そのあたたかさを思う ひとりぼっち  あの人のいない さみしい胸をぬらす やさしい雨のしずく 涙のしずく ぼやけて浮かんだ あの後姿 せめてやさしい 雨よ消さないで あの人はこない わかっているんだけど 誰かの 足音さえも 気になるの  あの人のことを うらみはしないけれど やさしい雨のしずく 涙のしずく 女は変るの 愛に傷つくと せめてやさしい 雨よ帰して あの人のことを 忘れはしないけれど あたしもこのまま 雨に消えたいの
愛は惜しみなく園まり園まり川内康範宮川泰「あなたをなくしたら わたし きっと生きて行けない」  愛したからには 愛したように あなたひとりを 抱きしめて 愛して 愛して 愛しぬいて いのちのかぎり 惜しみなく ああ わたしは愛して 愛されたいの  あなたのすべてを 愛したからは あなたひとりに 燃えたいの 愛して 愛して 愛しぬいて 愛することに 惜しみなく ああ 女のいのちを なくしてみたい  はなれているのが とってもつらい あなたひとりに すがりつき 愛して 愛して 愛しぬいて 死ぬまで変らず 惜しみなく ああ わたしは愛して 愛されたいの
帰りたくないの園まり園まり安井かずみ宮川泰歩きたいのよ もっと 夜風に 吹かれたいの お酒も飲まないのに 顔がほてるから 外燈に浮かぶ 恋の並木路 いいでしょ 連れてって まだまだ 帰りたくないの  お話してね もっと あなたの事 知りたい 肩を寄せ合うふたり 私達みたい 月影こぼれる 恋の並木道 そうでしょ こんなとき まだまだ さよならはいやよ  好きになりたい もっと ほんとの恋がしたい テールランプが赤く せつなく過ぎる ふたりの為なの 恋の並木路 暖かさが 伝わる その手を 離さないで
恋のオフェリアザ・ピーナッツザ・ピーナッツなかにし礼宮川泰幸せが 大きすぎて さよならを 信じられず 悲しみは 夜も昼も 胸に こみあげる オフェリア 恋は命をかけた女のまごころ オフェリア それはあなたを想う私のまぼろし たわむれの あなたの恋 きずついた 私の恋 いつまでも あなたを持ちわびる 白い姿  あまりにも 愛しすぎて あの人を 忘れられず この胸は 恋に狂い 夜に 泣きぬれる オフェリア 恋は命をかけた女のまごころ オフェリア それはあなたを想う私のまぼろし 帰らない 私の恋 帰らない 私の人 それなのに 涙で待ちわびる 白い姿
初めての涙天地真理天地真理安井かずみ宮川泰毎日 あなたを好きだと この目で この手で伝えてる この気持ちわかってくれない 胸にためた 恋なのに 叫びたいの 「とても愛してます」 振り向いて わたしはここなの 見て欲しいのよ 初めての涙 ひとりぼっち 待ちこがれてる  やさしくしてくれる時は うれしい でもちがう 何かしら この気持わかってくれない いつも側で見てるのに あなただけを 「とても愛してます」 抱きしめて わたしはここなの 来て欲しいのよ 初めての涙 あなたの愛 待ちこがれてる  来て欲しいのよ 初めての涙 あなたの愛 待ちこがれてる
永遠に沢田研二沢田研二岩谷時子宮川泰君どこか遠くへ ただ二人だけで でかけないか 何も持たず 風のように 旅をしよう  いま愛の渇きを 君と癒したい いつもだけど このわがまま 笑いながら 聞いてよ  誰も知らない丘の上で よりそえば よみがえる いつか ここまで辿りついた 僕たちの年月  おいで僕の腕に おいで鳥が飛ぶよ あの空のように 輝いて愛したい  君 信じて欲しい 君 泣いているの 君 僕はいつも君のものさ 二人は 変わらない  君いつも淋しい 思いをさせたね 男の夢 追いつづけて 憩いはただ 君の胸  君 僕を支えた 愛に応えたい 嬉しいとき くちづけする 君の癖が 可愛い  白い浜辺の砂に寝よう まぶしさに瞳(め)をとじて いつか 地球が終る日まで このままでいたいね  聞こう波がさわぐ 聞こう時の流れ いま手を重ねて 歓びを伝えあおう  君 信じて欲しい 君 泣いているの 君 僕はいつも君のものさ 二人は 変わらない  君 信じて欲しい 君 泣いているの 君 僕はいつも君のものさ 二人は 変わらない
悲しきためいきキャンディーズキャンディーズ山上路夫宮川泰夜汽車の窓私は額をつけて あなたの街見つめてためいきつくの ここでめぐり逢い(ここで) 愛しあい生きたのよ(愛しあい) 美しいひとときを(美しい) 二人は 灯りが涙にゆれてる すべては想い出になるの 忘れないでしょ けして(忘れない) いつまでもこの街で(いつまでも) 愛しあい生きたことを  街角のあのお店も遠くになるわ ガラスがすぐくもるわ ためいきついて 二度とできないの(二度と) 素晴らしいあの愛は(素晴らしい) この胸にひめるのよ(この胸に) 私は これから私は一人で 悲しみ抱いて生きてゆく 忘れないでしょ けして(忘れない) いつまでもこの街で(いつまでも) 愛しあい生きたことを  灯りが涙にゆれてる すべては想い出になるの 忘れないでしょ けして(忘れない) いつまでもこの街で(いつまでも) 愛しあい生きたことを
古代とヤマトささきいさおささきいさお阿久悠宮川泰ヤマトは兄か ヤマトは父か それとも ヤマトはわが友か  兄なら 時には手を上げて はげしくこごとをいってくれ 父なら 大きな胸板を 嵐の試練に貸してくれ 友なら みじかい青春を 悔いなく一緒に燃えてくれ さらば ヤマト もうお別れだ おれは一人で今おりる  ヤマトは兄か ヤマトは父か それとも ヤマトはわが友か  兄なら いつでも前にいて 男の見本を見せてくれ 父なら 遠くでまたたいて 旅する道標(しるべ)になってくれ 友なら ロマンを語りたい 未知なる世界へ行ってくれ さらば ヤマト また逢えるだろう おれは一人で今おりる  友なら みじかい青春を 悔いなく一緒に燃えてくれ さらば ヤマト もうお別れだ おれは一人で今おりる
真赤なスカーフGOLD LYLICささきいさおGOLD LYLICささきいさお阿久悠宮川泰あの娘がふっていた 真赤なスカーフ 誰のためだと 思っているか 誰のためでも いいじゃないか みんな その気で いればいい 旅立つ 男の胸には ロマンの かけらが欲しいのさ ラララ… ラララ… ラララ… 真赤なスカーフ  必ず 帰るから 真赤なスカーフ きっとその日も 迎えておくれ 今ははるばる 宇宙の果て 夢を見るのも 星の中 旅する 男の瞳は ロマンを いつでもうつしたい ラララ… ラララ… ラララ… 真赤なスカーフ
ヤマトよ永遠にささきいさおささきいさお安藤ありさ宮川泰ひとりが落とした 涙ひとつ 人々の頬に流れた時 その一粒のしずくが 宇宙の果てをも 潤すだろう 今日を生き抜く 力があるなら 明日に向かう勇気があるなら 恐れるものは何もない ヤマトよ 君果てしない夢を乗せて 愛ある限り永遠に駆けよ 生命ある限り 駆けよ  ひとりがこぼした歌声が 人々の口に触れた時 そのひと節の言葉は 宇宙の果てまで響くだろう 今日を生き抜く心があるなら 明日を見つめる強さがあるなら 互いを信じて行くがいい ヤマトよ 君大いなる愛を乗せて 歌ある限り永遠に駆けよ 祈りある限り 駆けよ
レーサーブルース水木一郎水木一郎保富康午宮川泰風よ わすれないでくれ おまえといっしょに かけていった 男の 男の 夢を でっかい夕日が おれのゴールさ ひとつの命を もやしつくそう 風よ おぼえているかい おまえとうたった ひとりぼっちの 男の 男の うたを  雲よ おもいだしてくれ おまえがのぞいた すぎた日々の 男の 男の 背中 すてきなあのこは おれのピットさ まってておくれよ 勝負つくまで 雲よ きょうもみてるかい おまえとさすらう ひとりぼっちの 男の 男の 影を  空よ なげかないでくれ おまえの青さを みつめていた 男の 男の なみだ 毎日その日が おれのレースさ 果てない地平へ コースはつづく 空よ みとどけてほしい おまえもしらない ひとりぼっちの 男の 男の 明日を
グランプリの鷹水木一郎、フィーリング・フリー水木一郎、フィーリング・フリー保富康午宮川泰的をねらえばはずさない 鷹の誇りはおれのもの 力いっぱい はばたいて きょうのレースは いただきさ おれも マシーンも きずだらけだが いつかのぼるぜ 栄光の空 おれは鷹だ グランプリの鷹だ  あらしふくたび きたえたぜ 鷹のつよさはおれのもの 荒れ野そだちの あばれんぼう ふかすエンジン フル回転 汗に まみれた この両腕で きっと抱くんだ 優勝カップ おれは鷹だ グランプリの鷹だ  熱い血潮で体あたり 鷹の 命はおれのもの だれがよぶのか あの声は とおいゴールの むこうから うなる タイヤは 大地をけって ゆくぞまってろ チェッカーフラッグ おれは鷹だ グランプリの鷹だ
恋のバカンス由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子岩谷時子宮川泰ためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきがでちゃう ああ恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は ふたりだけの 秘めごと ためいきがでちゃう ああ恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
赤い恋堀江美都子堀江美都子真名杏樹宮川泰恋 女は不思議 夕陽のように悲しい  罪 心の海に 沈めて忘れたいのに  愛 ひとり目覚めれば あなたを想って 燃え上がる  教えて 待っているなんて でも憎むなんて 二度とはできない わたしを 神様がもしも 棘のあるバラにするなら 赤く 命はときめき Kiss evermore  恋 男は不思議 夜空のように果てなく  罪 心の崖に 残して旅をするけど  愛 夢に傷ついた あなたを抱きしめ死にたいの  おねがい 幻だなんて 淋しいよなんて 言わないで欲しい 見えない 蒼褪めた糸を 朝焼けがそっと染めるわ 赤く あなたは情熱 Kiss evermore
ルウは風の中で堀江美都子堀江美都子真名杏樹宮川泰耳をすましてごらん 風は角笛の音 神話よりも 遠い日から 届いて来る歌よ  君に会える気がして 街をひとり彷徨う ため息さえ空へさらう 夢はTORNADO  涙の果てまで 飛んでゆきたい 子供のように 運命の銀河を ふたり渡れば めぐり逢うよ  違う声で呼んでも 違う指でふれても 幾千年 この心は 君を忘れない  ルウは風の中で……Shining again  みんな誰か求めて 時に引き裂かれても 夜空の星 蒼く染める 愛はTORNADO  未来の果てまで 君と行きたい ホルンの風が 寒がりの胸に きらめきながら 吹き抜けるよ  どんな辛い時代も どんな長い夜でも 幾光年 あの微笑み きっと忘れない あした風の中で……See you again
わんさかワンサくんシンガーズ・スリー、ロイヤルナイツシンガーズ・スリー、ロイヤルナイツ山本暎一宮川泰まっくろけの まっかっかの まっしろけのけ 「ワンサ!」 チンヂレゲの フッサフサの ツンツルテンのテン 「ワンサ!」 こんちわ ハッピー・ドッグ ワンサくん「オー イェアー」 ごきげんです 「パンツもはかずに 失礼してます」 「オー ノー」 チンチン ケンケン お手お手 おあずけのけ 「ワンサ!」 なんにも できません あきれた ワンサくん ぼくらの ワンサくん スッチャカ メッチャカ ワンサくん ワンサくん  ヒョンヒョロリンの デッカデカの チンビチビのビ 「ワンサ!」 ブッチブチの シンマシマの ペッタラコンのペ 「ワンサ!」 もひとつ ハッピー・ドッグ ワンサくん「オー イェアー」 ごきげんです 「電柱みつけりゃ 小便かけます」 「オー ノー」 おねしょに ねごとに はぎしりのり 「ワンサ!」 なんでも じょうずです とぼけた ワンサくん ぼくらの ワンサくん スッチャカ メッチャカ ワンサくん ワンサくん  なんがながの みじかじかの まっきまきのき 「ワンサ!」 たれたれの おれおれの たっちたちのち 「ワンサ!」 いつでも ハッピー・ドッグ ワンサくん「オー イェアー」 ごきげんです 「にゃんこを追っかけ 運動中です」 「オー ノー」 木のぼりに あなほりに 宙がえりのり 「ワンサ!」 おめめが まわります すてきな ワンサくん ぼくらの ワンサくん スッチャカ メッチャカ ワンサくん ワンサくん
銀河伝説岩崎宏美岩崎宏美阿久悠宮川泰川口真結ばれた心の糸は見えない この目で結び目を確めたい はなればなれであれば 尚のこと ひとりひとりであれば 尚のこと ふり仰げば銀河は空を流れ 人の世の愛も星のよう  愛することは信じること 信じることは愛 愛すること  半分の心と心 とりかえ 一つにつないでも まだ逢いたい たったひとりの人を永遠に たったひとつの愛を永遠に 目を閉じれば楽しい日々が浮かび あのひとの星はいつも きらめいた  愛することは信じること 信じることは愛 愛すること  愛することは信じること 信じることは愛 愛すること
小松の親分さん小松政夫小松政夫下山啓宮川泰宮川泰男一匹言うてやります ちがうんじゃありませんか 女と言うもの 耐えるもの 恥じらい お色気 何処行った 男を立てろィ 女は立つな どーゆうつもりじゃ ワレー とても言わなきゃいられない イライラするぜ 文句があるか 俺を怒らすなよ  男一匹言うてやります ちがうんじゃありませんか 若者明日を担う者 夢と相性見せてみぃ 持ってないとは 情けないぞぇ クラーク先生こう言った 「ボーイズ ビー アンギラス」 頭へきたぞ 死にたいちゅうんかい 俺を怒らすなよ  男一匹言うてやります ちがうんじゃありませんか 今の世の中 真っ暗で 義理と人情どこ行った 一日一善 ごはんは二膳 世界は一家 火の用心 人類みんな 赤の他人 世の中に告ぐ なんとかせんかい 俺を怒らすなよ  やっぱり今夜は 酒でも飲んで 歌でもがなって ションベンして 寝ちゃお
栄光のオカマちゃん小松政夫小松政夫田村隆宮川泰宮川泰あなた好みと思わんでちょうだい あたし皆のものなのよ ほんと ほんとに 楽しいのよ あんたも どうかしら 世の中に多いのよ この手の男 だから だから 栄光のオカマちゃんは 永遠に不滅 不滅 不滅ですよってに  よだれたらして見ないで頂だい あなたこの店はじめてなんでしょ ほんと ほんとに きっとそうよ 奥さんに内緒でしょ 今度また二人でね お会いしましょうね だから だから 栄光のオカマちゃんは 永遠に不滅 不滅 不滅ですよってに  どんな男でもそのケはあるんよ はずかしいのははじめだけ ほんと ほんとに つかれんのよ 肌もあれるのよ それでもさ ステキなね 男のために だから だから 栄光のオカマちゃんは 永遠に不滅 不滅 不滅ですよってに
哀愁の一丁がみ小唄小松政夫・スージー白鳥小松政夫・スージー白鳥田村隆・左真樹宮川泰宮川泰あの人は ラララ あの人は 若い芽をつむ にくい人 一丁がみ チョン チョン 一丁がみ チョン チョン あんたが憎い あんたが憎い  一丁がみ チョン チョン 一丁がみ チョン チョン  あの人は ラララ あの人は 若い芽をつむ ひどい人 一丁がみ チョン チョン 一丁がみ チョン チョン あんたが憎い あんたが憎い  一丁がみ チョン チョン 一丁がみ チョン チョン  あの人は ラララ あの人は 若い芽をつむ せこい人 一丁がみ チョン チョン 一丁がみ チョン チョン あんたが憎い あんたが憎い  一丁がみ チョン チョン 一丁がみ チョン チョン
ヤマト!!新たなる旅立ちささきいさお、フィーリングフリーささきいさお、フィーリングフリー阿久悠宮川泰地球はいつしか戦い忘れ 輝く緑につつまれた おそれも嘆きも心をはなれ やさしい歌だけが流れてた  時間よとまれ 平和のままで 今この夢のこの時代 REMEMBER YAMATO REMEMBER YAMATO  銀河に赤い星が過ぎて ふたたびかげりがさした時 新たな顔と新たな決意 新たなヤマトが旅に立つ  地球は宇宙をただよう船と 嵐が来る度想い出す さすらいつづけて祈りの歌が 今また心によみがえる  時間よ行けよ 嘆きの時を はるかに越えて過ぎて行け REMEMBER YAMATO REMEMBER YAMATO  いとしい人よ待つがいい 必ずこの手に抱きしめる 新たな顔と新たな決意 新たなヤマトが旅に立つ
逢いたくて逢いたくて長山洋子長山洋子岩谷時子宮川泰伊戸のりお愛したひとは あなただけ わかっているのに 心の糸がむすべない ふたりは恋人 すきなのよ すきなのよ くちづけを してほしかったのだけど せつなくて 涙がでてきちゃう  愛の言葉も 知らないで さよならした人 たった一人のなつかしい 私の恋人 耳もとで 耳もとで 大好きと 言いたかったのだけど はずかしくて 笑っていたあたし  愛されたいと くちびるに 指を噛(か)みながら 眠った夜(よる)の夢にいる こころの恋人 逢(あ)いたくて逢(あ)いたくて 星空に 呼んでみるのだけど 淋(さみ)しくて 死にたくなっちゃうわ
シビレ節ハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレイジーキャッツ青島幸男宮川泰俺はあの娘にシビレてる バアさんはエレキにシビレてる かあちゃんは有名校(がっこう)にシビレてる おやじはふぐ食って これまたまたまたシビレてる ハアー シビレチャッタ シビレチャッタ シビレチャッタヨ  課長はゴルフにシビレてる 部長は小唄にシビレてる 社長は銀行にシビレてる 社員はラッシュで これまたまたまたシビレてる 八アー シビレチャッタ シビレチャッタ シビレチャッタヨ  子供はテレビにシビレてる 学生はマンガにシビレてる 国中みんなでシビレてる じいさんも●●で これまたまたまたシビレてる 八アー シビレチャッタ シビレチャッタ シビレチャッタヨ
ウンジャラゲハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレイジーキャッツ藤田敏雄宮川泰月曜日は ウンジャラゲ 火曜日は ハンジャラゲ 水曜日は スイスイスイ 木曜日は モーリモリ 金曜日は キンキラキン 土曜日は ギンギラギンのギンギラギンの ギンギラギンのギン 日曜日は ランラ ランラ ランラン  ウンジャラゲの ハンジャラゲ スイスイスイの モーリモリ キンキラキンのギンギラギン ランラ ランラ ランで一週間  あけみちゃんは ウンジャラゲ みどりちゃんは ハンジャラゲ はるみちゃんは スイスイスイ さゆりちゃんは モーリモリ じゅんこちゃんは キンキラキン みえちゃんは ギンギラギンのギンギラギンの ギンギラギンのギン どれもけっこう ランラ ランラ ランラン  ウンジャラゲの ハンジャラゲ スイスイスイの モーリモリ キンキラキンのギンギラギン ランラ ランラ ランで一週間  サラリーマンは ウンジャラゲ お役人は ハンジャラゲ 国会議員は スイスイスイ お百姓さんは モーリモリ お巡りさんは キンキラキン 大学生は ギンギラギンのギンギラギンの ギンギラギンのギン みんなそろって ランラ ランラ ランラン  ウンジャラゲの ハンジャラゲ スイスイスイの モーリモリ キンキラキンのギンギラギン ランラ ランラ ランで一週間
アッと驚く為五郎ハナ肇とクレイジーキャッツハナ肇とクレイジーキャッツ河野洋宮川泰娘もようやく幼稚園(ムヒョムヒョムヒョ) 一家だんらん夕食後(ムヒョムヒョムヒョ) ママにかわって(ムヒョムヒョ) おふろにさそえば(ムヒョムヒョ) おやじにむかってパパ エッチ(ムヒョムヒョムヒョ) 「アッと驚く為五郎」 為五郎  親父に向って ナンセンス(ピラピラピラ) 先生に向って ナンセンス(ピラピラピラ) デモで見そめた(ピラピラ) 娘と結婚(ピラピラ) 出来た子供がナンセンス(ピラピラピラ) 「アッと驚く為五郎」 為五郎  浮気心にさそわれて(ヘチョヘチョヘチョ) 彼女の家に行ってみた(ヘチョヘチョヘチョ) ベットの上の(ヘチョヘチョ) 写真を見たら(ヘチョヘチョ) 家(うち)の娘の同級生(ヘチョヘチョヘチョ) 「アッと驚く為五郎」 為五郎  ロングヘヤーにパンタロン(オヂョオヂョオヂョ) 後姿に惚れ込んで(オヂョオヂョオヂョ) 前にまわって(オヂョオヂョ) その顔見れば(オヂョオヂョ) こんなことあるかしら 我が息子(オヂョオヂョオヂョ) 「アッと驚く為五郎」 為五郎
ふりむかないでWinkWink岩谷時子宮川泰ふりむかないで お願いだから 今ね 靴下なおしてるのよ あなたの好きな 黒い靴下  ふりむかないで お願いだから 今ね スカートなおしてるのよ あなたの好きな タータン・チェック これから仲良く デイトなの ふたりで語るの ロマンスを  ふりむかないで お願いだから 今ね 靴下なおしてるのよ あなたの好きな 黒い靴下  ふりむかないで お願いだから 今ね ないしょのお話なのよ どうぞ むこうをむいてちょうだい これから仲良く デイトなの ふたりで語るの ロマンスを  ふりむかないで お願いだから いつも 腕をくみ 前向いて きっとね しあわせ つかまえましょう
ふりむかないで林家三平林家三平岩谷時子宮川泰ふりむかないで(WOW WOW WOW WOW) お願いだから(yeah yeah yeah) 今ね 靴下 直してるのよ あなたの好きな 黒い靴下  ふりむかないで(WOW WOW WOW WOW) お願いだから(yeah yeah yeah) 今ね スカート直してるのよ あなたの好きな タータン・チェック  これから仲良く デイトなの 2人で語るのロマンスを  ふりむかないで(WOW WOW WOW WOW) お願いだから(yeah yeah yeah) 今ね ないしょのお話しなのよ どうぞ向こう むいてちょうだい  これから仲良く デイトなの 2人で語るのロマンスを  ふりむかないで(WOW WOW WOW WOW) お願いだから(yeah yeah yeah) いつも腕を組み前向いて きっとね 幸せつかまえましょう
太陽に走れ水木一郎水木一郎保富康午宮川泰生きてるやつはだれだ あつまれ 若いレース マシンよおまえのエンジンは 俺の真赤な命だぜ とばせ とばせ とばせ とばせ とばせ どこまでも  ほえてるやつはだれだ コースに 嵐呼んで マシンよおまえの爆音が たったひとつの 俺の唄 うたえ うたえ うたえ うたえ うたえ いつまでも  燃えてるやつはだれだ 戦え 力限り マシンよおまえといるときが 俺の青春すべてだぜ 走れ 走れ 走れ 走れ 走れ まっしぐら 燃えてる太陽に走れ
愛のフィナーレGOLD LYLIC菅原洋一GOLD LYLIC菅原洋一なかにし礼宮川泰恋の 終わりは 涙じゃないの それは思い出の はじまりなのよ 知っていました 別れはくると だからいいのよ いいわけなんか 誰にも負けずに貴方を愛した 私なの 今ではひたすら貴方の幸せ 祈るだけ 恋は 消えても 残る思い出 指でかぞえて 私は生きる  思えば はかなく 短い月日の 恋でした くやんで ないから私は言えるの さよならを 愛の思い出 貴方がくれた ひとりぼっちの 私のために
はぐれ鳥千葉紘子千葉紘子小西美恵子・補作詞:なかにし礼宮川泰風の中で泣いた はぐれ鳥一羽 昔を探して 今夜もさまよう チュル チュル チュル チュルル チュル チュル チュルル  闇の中で泣いた はぐれ鳥一羽 疲れたその手は 何処でもいやせない チュル チュル チュル チュルル チュル チュル チュルル  雨の中で泣いた はぐれ鳥一羽 悲しい心は 私も同じ チュル チュル チュル チュルル チュル チュル チュルル  ここにおいで早く はぐれ鳥一羽 唄ってあげよう おまえの子守唄 チュル チュル チュル チュルル チュル チュル チュルル
淋しいから中尾ミエ中尾ミエ安井かずみ宮川泰淋しいから 空は見ないの 何にもしたくない 淋しいから 風に吹かれて 心を忘れたい あの人のいない今 わたしの歌も消えはてた ああ 淋しいから 夜を逃げたい 暗い かなしい空  淋しいから 夢は見ないの 愛はかえらない 淋しいから 想い出さない 涙もかれはてた あの人のいない今 わたしの歌も消えはてた ああ 淋しいから 朝をにくむわ 青い まぶしい空
別離堀江美都子堀江美都子和田順子・補作詞:山口洋子宮川泰いまも心にのこる いとしいおもかげ ひかる泪のなかの 優しいほほえみ はるか宇宙のかなた 旅立っていった 愛と勇気のひとよ 忘れ得ぬあなた 風に呼ばれたしろい 花びらのように 永遠の愛を信じきって 手をさしのべる わたし 空は暗いですか 淋しいですか  青い地球をあなた いつも忘れないで 永遠の愛を胸に秘めて 生きつづけます わたし きっと帰りますね 愛あるかぎり 愛あるかぎり
海をみつめて大地真央大地真央安井かずみ宮川泰愛も人生も 知らないあの頃 戻りたいとは 言わないけれど せめて この胸に やさしい歌と 明るい光を 見せてほしい  いま始まる 次の世界は この扉を 開けた時から まだ見ないことが まだ知らない人が ぼくの人生と 交わる  いま両手に そして心に 見つけてゆく 愛と苦しみ だけど忘れない 大空と海の 果てない未来は 変らぬ友情  時も人も 移り過ぎてゆく だから 美しいのかもしれない  めぐり逢いを……  だけど忘れない 大空と海の 果てない勇姿と 変らぬ友情
君をのせてGOLD LYLIC沢田研二GOLD LYLIC沢田研二岩谷時子宮川泰青木望風に向いながら 皮の靴をはいて 肩と肩をぶつけながら 遠い道を歩く  僕の地図はやぶれ くれる人もいない だから僕ら 肩を抱いて 二人だけで歩く  君のこころ ふさぐ時には 粋な粋な歌をうたい 君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  人の言葉 夢のむなしさ どうせどうせ 知った時には 君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  ラララ……… ラララ………  君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう
ちいさな思い堀江美都子堀江美都子保富康午宮川泰小さな花が 咲いていました あなたの部屋の 窓の下で 小さな思いも 育てるうちに いつかは花を ひらくでしょうか 私も野に咲く 小さな花よ 風の冷たい 朝もあるけど そんな日には 空が青いものよ 涙で見上げちゃ もったいないわ  小さな星が 咲いていました あなたの部屋の 窓の上で 小さな思いも みつめるうちに いつかは星と 光るでしょうか 私も夜空の 小さな星よ なにもみえない 闇もあるけど そんな夜は 星がめだつものよ 淋しくなっても 信じて待つわ  大きな夢が 咲いていました あなたの部屋の 窓の中に 小さな思いも 寄り添ううちに いつかは夢が かなうでしょうか 私も恋する 小さな夢よ 夢をいっぱい 生きるあなたの 胸のすみに そっと住んでいたい その日がいつでも ひとりで待つわ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Set Sail
  2. Bling-Bang-Bang-Born
  3. ボクら
  4. オレンジ
  5. 異邦人

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×