×

畑中葉子の歌詞一覧リスト  41曲中 1-41曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
41曲中 1-41曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛の水中花これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって淋しいものよ 泣けないなんて そっと涙でほほを 濡らしてみたいわ ひとりぼっちの部屋の ベッドの上で ちょっとブルーな恋の 夢を見ている 乾いたこの花に 水をあたえてください 金色のレモンひとつ 胸にしぼってください わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって悲しいものよ 酔えないなんて そっとあなたの胸に あまえてみたいの そうよ人生なんて ドラマじゃないわ だから今夜はせめて 夢を見たいの 乾いたこの花に 水をあたえてください バラ色のワイングラス 胸にそそいでください わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛畑中葉子五木寛之小松原まさしこれも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって淋しいものよ 泣けないなんて そっと涙でほほを 濡らしてみたいわ ひとりぼっちの部屋の ベッドの上で ちょっとブルーな恋の 夢を見ている 乾いたこの花に 水をあたえてください 金色のレモンひとつ 胸にしぼってください わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって悲しいものよ 酔えないなんて そっとあなたの胸に あまえてみたいの そうよ人生なんて ドラマじゃないわ だから今夜はせめて 夢を見たいの 乾いたこの花に 水をあたえてください バラ色のワイングラス 胸にそそいでください わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛
愛はMUSICあなたに 夢をあげるわ 目をあけたまま 見えてくる夢 不思議でしょう 涙が消えて 願いが私を 変えてゆく  自由になるわ 愛したいから 生きているのが うれしいの  What a feelin' 聞いてMusic からだじゅうが 歌い始めている What a feelin' Love is Music 私の中に あなたがいる  感じてくるの 離れているのに 心がしなやかに 動きだす  What a feelin' 聞いてMusic 踊りたくなる 風を抱いて What a feelin' Love is Music 私の中に あなたがいる What a feelin'  What a feelin' 聞いてMusic からだじゅうが 歌い始めている What a feelin' 聞いてMusic What a feelin' Love is Music What a feelin'…畑中葉子Keith Forsey・日本語詞:岡田冨美子Giorgio Moroderあなたに 夢をあげるわ 目をあけたまま 見えてくる夢 不思議でしょう 涙が消えて 願いが私を 変えてゆく  自由になるわ 愛したいから 生きているのが うれしいの  What a feelin' 聞いてMusic からだじゅうが 歌い始めている What a feelin' Love is Music 私の中に あなたがいる  感じてくるの 離れているのに 心がしなやかに 動きだす  What a feelin' 聞いてMusic 踊りたくなる 風を抱いて What a feelin' Love is Music 私の中に あなたがいる What a feelin'  What a feelin' 聞いてMusic からだじゅうが 歌い始めている What a feelin' 聞いてMusic What a feelin' Love is Music What a feelin'…
I Love YouみせかけのTVドラマが 幕をあけ始まる時間 笑いと作り話しに 夜の街包みこまれてざわめく  会いたい君にさえ 素直になれないよ 何かにしばられて ドコにも行けないよ  I Love You I Love You よくあるウタさ Love You I Love You だけどこれしか Love You I Love You 思いつかないボクなのさ  やきついたラストシーンに 涙ぐむボクはけいはく さようなら うしろ姿の君までも 画面の中に消えてく  会いたい君にさえ 素直になれないよ 何かにしばられて ドコにも行けないよ  I Love You I Love You 電話もできず Love You I Love You TVの前で Love You I Love You 胸を痛めるボクなのさ  I Love You I Love You 電話もできず Love You I Love You TVの前で Love You I Love You 胸を痛めるボクなのさ畑中葉子土屋昌巳土屋昌巳みせかけのTVドラマが 幕をあけ始まる時間 笑いと作り話しに 夜の街包みこまれてざわめく  会いたい君にさえ 素直になれないよ 何かにしばられて ドコにも行けないよ  I Love You I Love You よくあるウタさ Love You I Love You だけどこれしか Love You I Love You 思いつかないボクなのさ  やきついたラストシーンに 涙ぐむボクはけいはく さようなら うしろ姿の君までも 画面の中に消えてく  会いたい君にさえ 素直になれないよ 何かにしばられて ドコにも行けないよ  I Love You I Love You 電話もできず Love You I Love You TVの前で Love You I Love You 胸を痛めるボクなのさ  I Love You I Love You 電話もできず Love You I Love You TVの前で Love You I Love You 胸を痛めるボクなのさ
悪女マリコの部屋へ 電話をかけて 男と遊んでる芝居 続けてきたけれど あのこもわりと 忙しいようで そうそうつきあわせても いられない  土曜でなけりゃ 映画も早い ホテルのロビーも いつまで居られるわけもない 帰れるあての あなたの部屋も 受話器をはずしたままね 話し中  悪女になるなら 月夜はおよしよ 素直になりすぎる 隠しておいた言葉が ほろり こぼれてしまう 「行かないで」 悪女になるなら 裸足で 夜明けの電車で泣いてから 涙ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて 涸れてから  女のつけぬ コロンを買って 深夜のサ店の鏡で うなじにつけたなら 夜明けを待って 一番電車 凍えて帰れば わざと捨てゼリフ  涙も捨てて 情も捨てて あなたが早く私に 愛想を尽かすまで あなたの隠す あの娘のもとへ あなたを早く 渡してしまうまで  悪女になるなら 月夜はおよしよ 素直になりすぎる 隠しておいた言葉が ほろり こぼれてしまう 「行かないで」 悪女になるなら 裸足で 夜明けの電車で泣いてから 涙ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて 涸れてから畑中葉子中島みゆき中島みゆきマリコの部屋へ 電話をかけて 男と遊んでる芝居 続けてきたけれど あのこもわりと 忙しいようで そうそうつきあわせても いられない  土曜でなけりゃ 映画も早い ホテルのロビーも いつまで居られるわけもない 帰れるあての あなたの部屋も 受話器をはずしたままね 話し中  悪女になるなら 月夜はおよしよ 素直になりすぎる 隠しておいた言葉が ほろり こぼれてしまう 「行かないで」 悪女になるなら 裸足で 夜明けの電車で泣いてから 涙ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて 涸れてから  女のつけぬ コロンを買って 深夜のサ店の鏡で うなじにつけたなら 夜明けを待って 一番電車 凍えて帰れば わざと捨てゼリフ  涙も捨てて 情も捨てて あなたが早く私に 愛想を尽かすまで あなたの隠す あの娘のもとへ あなたを早く 渡してしまうまで  悪女になるなら 月夜はおよしよ 素直になりすぎる 隠しておいた言葉が ほろり こぼれてしまう 「行かないで」 悪女になるなら 裸足で 夜明けの電車で泣いてから 涙ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて 涸れてから
アフター…愛してる時でも なんだかしらけてしまう 夢中になっていると 思い込んでも  わたしの気持ちは 何も変わらない わたしの体は 何も感じない  二人とも汗にまみれ 同情だけしあって みじめな生ざまを 二人さらしあう  あーなんだかむしょうに むしょうにけだるい 頭の先から 力がぬけてゆく  二人とも汗にまみれ 同情だけしあって みじめな生ざまを 二人さらしあう  終ったあとは むなしさだけが 私たちを 待ち受けている様な畑中葉子仲野茂仲野茂愛してる時でも なんだかしらけてしまう 夢中になっていると 思い込んでも  わたしの気持ちは 何も変わらない わたしの体は 何も感じない  二人とも汗にまみれ 同情だけしあって みじめな生ざまを 二人さらしあう  あーなんだかむしょうに むしょうにけだるい 頭の先から 力がぬけてゆく  二人とも汗にまみれ 同情だけしあって みじめな生ざまを 二人さらしあう  終ったあとは むなしさだけが 私たちを 待ち受けている様な
後から前からGOLD LYLIC後から前からどうぞ 後から前からどうぞ 後から前からどうぞ いつでも抱きしめていいの  やさしさの中に隠した 熱い野性 二つの顔を持つ そんなあなたが好き つかの間の恋に おぼれてしまっていい あなたのその胸で 燃えてしまっていい 例えば子供みたいに その瞳をふせて 例えば獣みたいに 激しい仕草で  後から前からどうぞ 後から前からどうぞ 後から前からどうぞ いつでも抱きしめていいの  力づくだけで奪って 逃げていいの 遊びにあきたなら そうよ捨ててもいい 後悔をして泣くほどに うぶじゃないわ アバンチュール それだけの関係だけでいい 時には少女みたいに 息をこらして 時には娼婦みたいに 妖しく誘うわ  後から前からどうぞ 後から前からどうぞ 後から前からどうぞ いつでも抱きしめていいの……GOLD LYLIC畑中葉子荒木とよひさ佐瀬寿一後から前からどうぞ 後から前からどうぞ 後から前からどうぞ いつでも抱きしめていいの  やさしさの中に隠した 熱い野性 二つの顔を持つ そんなあなたが好き つかの間の恋に おぼれてしまっていい あなたのその胸で 燃えてしまっていい 例えば子供みたいに その瞳をふせて 例えば獣みたいに 激しい仕草で  後から前からどうぞ 後から前からどうぞ 後から前からどうぞ いつでも抱きしめていいの  力づくだけで奪って 逃げていいの 遊びにあきたなら そうよ捨ててもいい 後悔をして泣くほどに うぶじゃないわ アバンチュール それだけの関係だけでいい 時には少女みたいに 息をこらして 時には娼婦みたいに 妖しく誘うわ  後から前からどうぞ 後から前からどうぞ 後から前からどうぞ いつでも抱きしめていいの……
男はみんな華になれあなたの指が はなれると 私の中に 秋がはじまる 色めきたつ枯葉が コロコロと 未練のように あなたを追いかけてゆく 愛する人を失くしたあとは 乳房の重さが急にむなしい 男はみんな華になれ あなたのうしろ姿に 私は祈る 男はみんな華になれ この世はあなたのためにあるのです  終着駅のざわめきに あなたが消えて 秋がはじまる ベルの音を うつろに聞いてると セピアカラーの景色が 遠のいてゆく あなたの肌をくすぐるための 肩までのばした髪を切りましょう 男はみんな華になれ この先どんな女に めぐり逢っても 男はみんな華になれ あなたはドラマのいつも主役です  男はみんな華になれ あなたのうしろ姿に 私は祈る 男はみんな華になれ この世はあなたのためにあるのです畑中葉子なかにし礼網倉一也あなたの指が はなれると 私の中に 秋がはじまる 色めきたつ枯葉が コロコロと 未練のように あなたを追いかけてゆく 愛する人を失くしたあとは 乳房の重さが急にむなしい 男はみんな華になれ あなたのうしろ姿に 私は祈る 男はみんな華になれ この世はあなたのためにあるのです  終着駅のざわめきに あなたが消えて 秋がはじまる ベルの音を うつろに聞いてると セピアカラーの景色が 遠のいてゆく あなたの肌をくすぐるための 肩までのばした髪を切りましょう 男はみんな華になれ この先どんな女に めぐり逢っても 男はみんな華になれ あなたはドラマのいつも主役です  男はみんな華になれ あなたのうしろ姿に 私は祈る 男はみんな華になれ この世はあなたのためにあるのです
キッスは目にして!罠 罠 罠に落ちそう 誘惑の恋 私をさそう キッスは目にして 罪は薔薇色 あなたの鼓動をハートで感じる Kiss Kiss Kiss Kiss fall in love やさしさだけの 言葉はいらない  君とぼく 愛の そうよ喜びを知ったわ 明日のことなど どうでもいいわ  恋 恋 恋に落ちそう 微笑の罠 唇に残し キッスは目にして 恋は陽炎 あなたの吐息を まぶたで受けるの Kiss Kiss Kiss Kiss fall in love ひとときだけに 切なく燃えるの  君とぼく 今を そうよもえ尽きて生きるの 予言の書は どうでもいいわ  キッスは目に キッスは目にして 恋する瞳 キッスは目にして 瞳は心 キツスは目にして 心は炎畑中葉子阿木燿子ベートーヴェン罠 罠 罠に落ちそう 誘惑の恋 私をさそう キッスは目にして 罪は薔薇色 あなたの鼓動をハートで感じる Kiss Kiss Kiss Kiss fall in love やさしさだけの 言葉はいらない  君とぼく 愛の そうよ喜びを知ったわ 明日のことなど どうでもいいわ  恋 恋 恋に落ちそう 微笑の罠 唇に残し キッスは目にして 恋は陽炎 あなたの吐息を まぶたで受けるの Kiss Kiss Kiss Kiss fall in love ひとときだけに 切なく燃えるの  君とぼく 今を そうよもえ尽きて生きるの 予言の書は どうでもいいわ  キッスは目に キッスは目にして 恋する瞳 キッスは目にして 瞳は心 キツスは目にして 心は炎
銀のイニシャル初めてひいてみたの あなたが買ってくれた マニキュア爪の上一筋に 青山のサーモスタット 好みのお店に 誰も気づかず置いてあったの 一つの小びんが すねて見せ 手のひらに包みこんだけど 知らず知らずに あなたも連れて 砂のように こぼれてちらばって 銀のイニシャルつづる 想い出ひきずり  窓ガラスをつたわる 小粒の雨なぞって 書いてみたのあなたの名前を らせん階段かさもささずに 降りるあなたの うしろ姿を追いかけたのが 昨日のことのよう 急に車走らせ まぼろし見てるように ひきずり込まれて 消えていった 見おろす都会に ざわめきが残り 尾をひくライトがかすみ 銀のイニシャルに畑中葉子畑中葉子平尾昌晃初めてひいてみたの あなたが買ってくれた マニキュア爪の上一筋に 青山のサーモスタット 好みのお店に 誰も気づかず置いてあったの 一つの小びんが すねて見せ 手のひらに包みこんだけど 知らず知らずに あなたも連れて 砂のように こぼれてちらばって 銀のイニシャルつづる 想い出ひきずり  窓ガラスをつたわる 小粒の雨なぞって 書いてみたのあなたの名前を らせん階段かさもささずに 降りるあなたの うしろ姿を追いかけたのが 昨日のことのよう 急に車走らせ まぼろし見てるように ひきずり込まれて 消えていった 見おろす都会に ざわめきが残り 尾をひくライトがかすみ 銀のイニシャルに
癖になりそう…癖になりそうな あなたのまなざし ほんの気まぐれな 恋だけど 胸にしみる ルーム・ライト 窓を揺らす 港の風 甘い嘘は 夢に似ているわ  ユララ ユラリ ユラ ゆれる回転木馬 溜息ひとつで あなたに溶けてゆく フララ フワリ フラ ふたり回転木馬 髪の毛が燃える 指が濡れる 感じすぎるほど  言葉より心 心より身体 妖しい女で いたいけど ジンときちゃう 夜更けの雨 ふいにのぞく あなたの夢 駄目よもっと 遠く流されて  ユララ ユラリ ユラ ゆれる回転木馬 引いて押しよせて 飛び散る熱い波 フララ フワリ フラ ふたり回転木馬 シャワー浴びたら しみるかしら 背中の爪跡  ユララ ユラリ ユラ ゆれる回転木馬 溜息ひとつで あなたに溶けてゆく フララ フワリ フラ ふたり回転木馬 髪の毛が燃える 指が濡れる 感じすぎるほど畑中葉子森雪之丞小杉保夫癖になりそうな あなたのまなざし ほんの気まぐれな 恋だけど 胸にしみる ルーム・ライト 窓を揺らす 港の風 甘い嘘は 夢に似ているわ  ユララ ユラリ ユラ ゆれる回転木馬 溜息ひとつで あなたに溶けてゆく フララ フワリ フラ ふたり回転木馬 髪の毛が燃える 指が濡れる 感じすぎるほど  言葉より心 心より身体 妖しい女で いたいけど ジンときちゃう 夜更けの雨 ふいにのぞく あなたの夢 駄目よもっと 遠く流されて  ユララ ユラリ ユラ ゆれる回転木馬 引いて押しよせて 飛び散る熱い波 フララ フワリ フラ ふたり回転木馬 シャワー浴びたら しみるかしら 背中の爪跡  ユララ ユラリ ユラ ゆれる回転木馬 溜息ひとつで あなたに溶けてゆく フララ フワリ フラ ふたり回転木馬 髪の毛が燃える 指が濡れる 感じすぎるほど
口唇にSparking Love(Shake) 光と影に (Kiss) 誘惑されて (Touch) 甘いささやき (Flash) あやしい予感  オボトボコボトボ オボンブナバノボ お楽しみ トボマバドボイビ ハバジビラバイビ 笑顔好き ハバンブパバナバ コボイビナバドボ 流行(はや)らない アバキビラバメベ キビレベナバイビ ミストレス  口唇にピストルと Sparking Love  (Shake) このままずっと (Kiss) 時を超えて (Touch) 終りのない (Flash) 夢を見させて  コボンブナバニビ タバクブサバンブ 愛してる ナバクブシビタバ アバイビダバケベ ふり返る アバイビスブルブ コボワバサバワバ わからない イビツブデベモボ ユブメベダバケベ 愛のワザ  口唇にピストルと Sparking Love  (Shake) 少女はいつか (Kiss) 気付いた時に (Touch) とまどいながら (Flash) 女に変る  シビツブカバリビ ワバタバシビヲボ 受けとめて アバイビスブルブ オボモボサバモボ かみしめて イビツブデベモボ アバナバタバニビ 踊らされ カバラバダバトボ コボコボロボモボ 燃えつきる  口唇にピストルと Sparking Love畑中葉子宮本純郎米光亮(Shake) 光と影に (Kiss) 誘惑されて (Touch) 甘いささやき (Flash) あやしい予感  オボトボコボトボ オボンブナバノボ お楽しみ トボマバドボイビ ハバジビラバイビ 笑顔好き ハバンブパバナバ コボイビナバドボ 流行(はや)らない アバキビラバメベ キビレベナバイビ ミストレス  口唇にピストルと Sparking Love  (Shake) このままずっと (Kiss) 時を超えて (Touch) 終りのない (Flash) 夢を見させて  コボンブナバニビ タバクブサバンブ 愛してる ナバクブシビタバ アバイビダバケベ ふり返る アバイビスブルブ コボワバサバワバ わからない イビツブデベモボ ユブメベダバケベ 愛のワザ  口唇にピストルと Sparking Love  (Shake) 少女はいつか (Kiss) 気付いた時に (Touch) とまどいながら (Flash) 女に変る  シビツブカバリビ ワバタバシビヲボ 受けとめて アバイビスブルブ オボモボサバモボ かみしめて イビツブデベモボ アバナバタバニビ 踊らされ カバラバダバトボ コボコボロボモボ 燃えつきる  口唇にピストルと Sparking Love
経験やめて 愛してないなら やめて くちづけするのは やめて このまま帰して あなたは わるい人ね わかってても あなたに逢うと いやと言えない ダメな あたしね だから 今日まで たから 今日こそ きらいにさせて 離れさせて  やめて 本気じゃないから やめて きつくだかないで やめて そんな気やすめは あなたは ずるい人ね わかってても あなたの後を ついてゆきたい ダメな あたしね だから なかせて だから ひとこと きらいにさせて 離れさせて畑中葉子安井かずみ村井邦彦やめて 愛してないなら やめて くちづけするのは やめて このまま帰して あなたは わるい人ね わかってても あなたに逢うと いやと言えない ダメな あたしね だから 今日まで たから 今日こそ きらいにさせて 離れさせて  やめて 本気じゃないから やめて きつくだかないで やめて そんな気やすめは あなたは ずるい人ね わかってても あなたの後を ついてゆきたい ダメな あたしね だから なかせて だから ひとこと きらいにさせて 離れさせて
Get Down雲にまかれたら摩天楼 誰に抱かれても蜃気楼 都会には本気の恋なんてないわ あるのは幻  Get Down Get Down 落ちるところまで Get Down Get Down 昨日にくいを打て  愛した数をかぞえたなら ふられた方が1つ多い あきらめて今夜も踊りましょう 涙仮面でかくして  ねえ ホントはささやかで きれいなままの夢 見つづけていたい  Get Down Get Down 落ちるところまで Get Down Get Down 昨日にくいを打て  Get Down Get Down ためらいをすて Get Down Get Down 走りつづけるだけ畑中葉子伊藤薫伊藤薫雲にまかれたら摩天楼 誰に抱かれても蜃気楼 都会には本気の恋なんてないわ あるのは幻  Get Down Get Down 落ちるところまで Get Down Get Down 昨日にくいを打て  愛した数をかぞえたなら ふられた方が1つ多い あきらめて今夜も踊りましょう 涙仮面でかくして  ねえ ホントはささやかで きれいなままの夢 見つづけていたい  Get Down Get Down 落ちるところまで Get Down Get Down 昨日にくいを打て  Get Down Get Down ためらいをすて Get Down Get Down 走りつづけるだけ
恋のバカンスため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス畑中葉子岩谷時子宮川泰ため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢見る 乙女ごころよ 金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
支那の夜支那の夜 支那の夜よ 港の灯り 紫の夜に 上るジャンクの 夢の船 ああ 忘られぬ 胡弓の音 支那の夜 夢の夜  支那の夜 志那の夜よ 君待つ宵は 欄干(おばしま)の雨に 花も散る散る 紅も散る ああ 別れても 忘らりょか 支那の夜 夢の夜畑中葉子西条八十竹岡信幸支那の夜 支那の夜よ 港の灯り 紫の夜に 上るジャンクの 夢の船 ああ 忘られぬ 胡弓の音 支那の夜 夢の夜  支那の夜 志那の夜よ 君待つ宵は 欄干(おばしま)の雨に 花も散る散る 紅も散る ああ 別れても 忘らりょか 支那の夜 夢の夜
情熱の花ラララ…… 小さな胸に 今宵もひらくは 情熱の花 恋の花よ 初めてふたりが ちぎりをかわした その想い出が 妖しくにおう  小さな胸に 今宵も咲いた 血潮のような 赤い花びら かなわぬ恋と 知りつつ今も そのせつなさに 夜ごとふるえる  初めてふたりが ちぎりをかわした その想い出が 妖しくにおう ラララ……  情熱の花 恋の花よ畑中葉子日本語詞:音羽たかしL.V.Beethoven・B.Botkin・G.Garfield・P.Murtaghラララ…… 小さな胸に 今宵もひらくは 情熱の花 恋の花よ 初めてふたりが ちぎりをかわした その想い出が 妖しくにおう  小さな胸に 今宵も咲いた 血潮のような 赤い花びら かなわぬ恋と 知りつつ今も そのせつなさに 夜ごとふるえる  初めてふたりが ちぎりをかわした その想い出が 妖しくにおう ラララ……  情熱の花 恋の花よ
すずめ別れの話は 陽のあたる テラスで紅茶を 飲みながら あなたと私の 一日の 一頁を 読むように 別れの話を する時は 雨降る夜更けに 呼ばないで あなたと私の 一生が 終わるように 響くから  時計の中に だれかがいるの 旅立つ仕度の あなた 今なら汽車に 間に合うかしら 車を さがしてくるわ  雀 雀 私の心 あなたのそばを 離れたくない なのに なのに ふざけるばかり 雀のように はしゃいでるばかり  あなたにもらった パステルの 私の似顔を 捨てたいわ 焼くのはあまりに つらいから 夜の海に 捨てたいわ  いつものように 手を振りながら あなたの 車が消える ついでのように 見送りながら 私 いつか走りだす  雀 雀 私の心 あなたのそばを 離れられない 呼んで 呼んで 雀のように あなたのあとを 追いかけてゆくの  雀 雀 私の心 あなたのそばを 離れられない 呼んで 呼んで 雀のように あなたのあとを 追いかけてゆくの畑中葉子中島みゆき中島みゆき別れの話は 陽のあたる テラスで紅茶を 飲みながら あなたと私の 一日の 一頁を 読むように 別れの話を する時は 雨降る夜更けに 呼ばないで あなたと私の 一生が 終わるように 響くから  時計の中に だれかがいるの 旅立つ仕度の あなた 今なら汽車に 間に合うかしら 車を さがしてくるわ  雀 雀 私の心 あなたのそばを 離れたくない なのに なのに ふざけるばかり 雀のように はしゃいでるばかり  あなたにもらった パステルの 私の似顔を 捨てたいわ 焼くのはあまりに つらいから 夜の海に 捨てたいわ  いつものように 手を振りながら あなたの 車が消える ついでのように 見送りながら 私 いつか走りだす  雀 雀 私の心 あなたのそばを 離れられない 呼んで 呼んで 雀のように あなたのあとを 追いかけてゆくの  雀 雀 私の心 あなたのそばを 離れられない 呼んで 呼んで 雀のように あなたのあとを 追いかけてゆくの
せんせい淡い初恋 消えた日は 雨がしとしと 降っていた 傘にかくれて 棧橋で ひとり見つめて 泣いていた おさない私が 胸こがし 慕いつづけた ひとの名は せんせい せんせい それはせんせい  声を限りに 叫んでも 遠くはなれる 連絡船 白い灯台 絵のように 雨にうたれて 浮んでた 誰にも言えない 悲しみに 胸をいためた ひとの名は せんせい せんせい それはせんせい  恋する心の しあわせを そっと教えた ひとの名は せんせい せんせい それはせんせい畑中葉子阿久悠遠藤実淡い初恋 消えた日は 雨がしとしと 降っていた 傘にかくれて 棧橋で ひとり見つめて 泣いていた おさない私が 胸こがし 慕いつづけた ひとの名は せんせい せんせい それはせんせい  声を限りに 叫んでも 遠くはなれる 連絡船 白い灯台 絵のように 雨にうたれて 浮んでた 誰にも言えない 悲しみに 胸をいためた ひとの名は せんせい せんせい それはせんせい  恋する心の しあわせを そっと教えた ひとの名は せんせい せんせい それはせんせい
セーラー服と機関銃さよならは 別れの言葉じゃなくて 再び逢うまでの 遠い約束 夢のいた場所に 未練残しても 心寒いだけさ  このまま何時間でも 抱いていたいけど ただこのまま 冷たい頬をあたためたいけど  都会は秒刻みの あわただしさ 恋もコンクリートの 籠の中 君がめぐり逢う 愛に疲れたら きっと もどっておいで  愛した男たちを 想い出に替えて いつの日にか 僕のことを想い出すがいい ただ心の片隅にでも 小さくメモして  スーツケース いっぱいにつめこんだ 希望という名の 重い荷物を 君は軽々と きっと持ちあげて 笑顔を 見せるだろう  愛した男たちを かがやきに替えて いつの日にか 僕のことを想い出すがいい ただ心の片隅にでも 小さくメモして畑中葉子来生えつこ来生たかおさよならは 別れの言葉じゃなくて 再び逢うまでの 遠い約束 夢のいた場所に 未練残しても 心寒いだけさ  このまま何時間でも 抱いていたいけど ただこのまま 冷たい頬をあたためたいけど  都会は秒刻みの あわただしさ 恋もコンクリートの 籠の中 君がめぐり逢う 愛に疲れたら きっと もどっておいで  愛した男たちを 想い出に替えて いつの日にか 僕のことを想い出すがいい ただ心の片隅にでも 小さくメモして  スーツケース いっぱいにつめこんだ 希望という名の 重い荷物を 君は軽々と きっと持ちあげて 笑顔を 見せるだろう  愛した男たちを かがやきに替えて いつの日にか 僕のことを想い出すがいい ただ心の片隅にでも 小さくメモして
Solitudeホテルの窓によりそい 見おろす都会(まち)はジュエリー 遠いあの人は今頃 眠りにおちた頃かしら  泣かされ続けたのに 帰りたいのは何故 傷つけあってきたくせに ひかれあうのは何故  Solitude I know your Solitude 強がるその背中に 言葉に出せなかった 愛がにじんでいたのね  帰らぬつもりで来た いく先き告げない旅 あなたの身のまわりのことが 心にかかる午前2時  さみしいその心を 抱きしめてあげたい 冬の季節を行く人を 包んでいてあげたい  Solitude I know your Solitude 離れてわかるものね わがまますぎるほどに 愛を求めていたのね  Solitude I know your Solitude 強がるその背中に 言葉に出せなかった 愛がにじんでいたのね畑中葉子容蓮華松宮恭子ホテルの窓によりそい 見おろす都会(まち)はジュエリー 遠いあの人は今頃 眠りにおちた頃かしら  泣かされ続けたのに 帰りたいのは何故 傷つけあってきたくせに ひかれあうのは何故  Solitude I know your Solitude 強がるその背中に 言葉に出せなかった 愛がにじんでいたのね  帰らぬつもりで来た いく先き告げない旅 あなたの身のまわりのことが 心にかかる午前2時  さみしいその心を 抱きしめてあげたい 冬の季節を行く人を 包んでいてあげたい  Solitude I know your Solitude 離れてわかるものね わがまますぎるほどに 愛を求めていたのね  Solitude I know your Solitude 強がるその背中に 言葉に出せなかった 愛がにじんでいたのね
ダスターシュート・ベイビー汗ばんだ首筋に はりつく髪 かきあげて後から あなた誘う 「アレがないの」 突然言うと ホラ体の上 あなたの動きが止まるわ  「冗談じゃないぜ 始末しろ」なんて 女はいつでも獣よ しなやかに生きるわ 生まれてくる者たちを 拒みはしないわ  責任なんて 言わないわ 安心して お行きなさい Ah… 乱れて乱れて 絹を引きさいても すましてすまして ルージュ引けるのよ  ステキよと叫んで 悶えていても 本能で解るのよ 男の値打ち はやくお逃げ ここにいると ホラくねるような白い腰 火傷するわよ  「計算ちがいね お互い様でしょう」 女はいつでも獣よ したたかに生きるわ 体に宿る命を 守る性なのよ  どこにもないよな 顔をして どこにでもある事なのよ Ah… いつでも裸で 愛をつかみとるわ 逃げればそれだけ 堕ちてゆくのよ畑中葉子容蓮華松宮恭子汗ばんだ首筋に はりつく髪 かきあげて後から あなた誘う 「アレがないの」 突然言うと ホラ体の上 あなたの動きが止まるわ  「冗談じゃないぜ 始末しろ」なんて 女はいつでも獣よ しなやかに生きるわ 生まれてくる者たちを 拒みはしないわ  責任なんて 言わないわ 安心して お行きなさい Ah… 乱れて乱れて 絹を引きさいても すましてすまして ルージュ引けるのよ  ステキよと叫んで 悶えていても 本能で解るのよ 男の値打ち はやくお逃げ ここにいると ホラくねるような白い腰 火傷するわよ  「計算ちがいね お互い様でしょう」 女はいつでも獣よ したたかに生きるわ 体に宿る命を 守る性なのよ  どこにもないよな 顔をして どこにでもある事なのよ Ah… いつでも裸で 愛をつかみとるわ 逃げればそれだけ 堕ちてゆくのよ
テキーラ40階の部屋に セピアの雨が煙る 約束は9時 とうに針はひと回(めぐ)り ふられてふって どうなのドンファン 女だって 酔う夜があるわ タロットのカード手に 占うたびに 「許されない愛」 テキーラ テキーラ 心にはしる炎 テキーラ テキーラ 心にはしる炎  地球儀指でまわし 二人の旅を想う ここは東京もとの ふりだしのひとり ふられてふって カサノヴァ気取り そして私 待ちくたびれてる 悲しみに 火をつけて グラスにルージュ 夜に紅の色 テキーラ テキーラ 心にはしる炎 テキーラ テキーラ 心にはしる炎  ふられてふって どうなのドンファン 私一人 生きろというのね 春夏と 秋冬と 窓の季節が 変るのをみたわ テキーラ テキーラ 心にはしる炎 テキーラ テキーラ 心にはしる炎畑中葉子松本隆平尾昌晃40階の部屋に セピアの雨が煙る 約束は9時 とうに針はひと回(めぐ)り ふられてふって どうなのドンファン 女だって 酔う夜があるわ タロットのカード手に 占うたびに 「許されない愛」 テキーラ テキーラ 心にはしる炎 テキーラ テキーラ 心にはしる炎  地球儀指でまわし 二人の旅を想う ここは東京もとの ふりだしのひとり ふられてふって カサノヴァ気取り そして私 待ちくたびれてる 悲しみに 火をつけて グラスにルージュ 夜に紅の色 テキーラ テキーラ 心にはしる炎 テキーラ テキーラ 心にはしる炎  ふられてふって どうなのドンファン 私一人 生きろというのね 春夏と 秋冬と 窓の季節が 変るのをみたわ テキーラ テキーラ 心にはしる炎 テキーラ テキーラ 心にはしる炎
出もどり魔女ヘルシー セクシー 彼氏は女々しい よなよな なよなよ くねくね せめせめ 青巻 赤巻 黄巻の寝間着 のびぞり えびぞり 南極犬ゾリ 常識 標識 非常識 省エネ 安全 戦前 健全 あたいの恋人一本気 夜のおつとめ六本木  鼻ペチャ ペチャパイ デッチリ 胴長 明るい人だね 根は暗いけど…  ツッパリ 銀蠅 ハンパはイモよ グリース ダイスケ コンバンヨー シェイプアップ ハリアップ 漫才ヒップアップ ファッション クッション くしゃみはハクション 入れポン 出しポン あたいのタンポン 関取 跡取り ウルフのブリーフ お腹につけたきびだんご 二つとったらなくなるよ  先どり 出もどり 後もどり 経験豊かで バストも豊か…  コンチごぶさた あらやだ ウッソー 今日のおかずは おひたしぶり 天気が良いな ハレハレハレハレ 天気が悪いな アメアメアメアメ 天気が普通だ クモクモクモクモ 天気が寒いな ユーキユーキ 雨のち晴だな アメハレアメハレ そろそろ疲れた もう寝ましょうよ  前向き 横向き 後向き 今夜はどちらで 一緒にゃ寝ない…畑中葉子宮本純郎米光亮ヘルシー セクシー 彼氏は女々しい よなよな なよなよ くねくね せめせめ 青巻 赤巻 黄巻の寝間着 のびぞり えびぞり 南極犬ゾリ 常識 標識 非常識 省エネ 安全 戦前 健全 あたいの恋人一本気 夜のおつとめ六本木  鼻ペチャ ペチャパイ デッチリ 胴長 明るい人だね 根は暗いけど…  ツッパリ 銀蠅 ハンパはイモよ グリース ダイスケ コンバンヨー シェイプアップ ハリアップ 漫才ヒップアップ ファッション クッション くしゃみはハクション 入れポン 出しポン あたいのタンポン 関取 跡取り ウルフのブリーフ お腹につけたきびだんご 二つとったらなくなるよ  先どり 出もどり 後もどり 経験豊かで バストも豊か…  コンチごぶさた あらやだ ウッソー 今日のおかずは おひたしぶり 天気が良いな ハレハレハレハレ 天気が悪いな アメアメアメアメ 天気が普通だ クモクモクモクモ 天気が寒いな ユーキユーキ 雨のち晴だな アメハレアメハレ そろそろ疲れた もう寝ましょうよ  前向き 横向き 後向き 今夜はどちらで 一緒にゃ寝ない…
ドラマ不思議な生き物ね 私は女 あんなに悲しい 別離されても またにぎわう街で 恋をひろって ひと夜のドラマを 演じてしまう 昨日は昨日 明日は明日  ララルー 忘れましょう ララルー 日々の憂さ 肌は肌 心は心 酔いしれたいの  指輪のあともまだ 冷めないうちに ぬくもりほしがる 胸が切ない 昨日は昨日 明日は明日  ララルー 夜更けまで ララルー 雨宿り にじむ涙髪でかくし 踊っていたい  ララルー 忘れましょう ララルー 日々の憂さ 肌は肌 心は心 酔いしれたいの  ララルー 抱かれたい ララルー 捧げたい 愛はいつも独り舞台 哀しいドラマ畑中葉子伊藤薫伊藤薫不思議な生き物ね 私は女 あんなに悲しい 別離されても またにぎわう街で 恋をひろって ひと夜のドラマを 演じてしまう 昨日は昨日 明日は明日  ララルー 忘れましょう ララルー 日々の憂さ 肌は肌 心は心 酔いしれたいの  指輪のあともまだ 冷めないうちに ぬくもりほしがる 胸が切ない 昨日は昨日 明日は明日  ララルー 夜更けまで ララルー 雨宿り にじむ涙髪でかくし 踊っていたい  ララルー 忘れましょう ララルー 日々の憂さ 肌は肌 心は心 酔いしれたいの  ララルー 抱かれたい ララルー 捧げたい 愛はいつも独り舞台 哀しいドラマ
西風ダブルのシーツに 乱れた髪 満ち足りた朝の けだるさが好きよ  頬をなぜてく 風は西風 さらわれるなら それもいい 今はこのまま 腕のなか ひとときだけの 夢を見せて  愛して… もっと愛して… そうよ どこまででも 翔んでゆける ああ…  濡れた素肌に からんだ指 夜を待てるなら 恋なんて嘘ね  胸によせくる 海は満ち潮 流されるなら それもいい 感じるままに 生きたなら 罪な女と 責めるかしら  愛して… もっと愛して… そうよ どこまででも 堕ちてゆける ああ…  胸によせくる 海は満ち潮 流されるなら それもいい 感じるままに 生きたなら 罪な女と 責めるかしら  感じて… もっと感じて… そうよ どこまででも 堕ちてゆける ああ…畑中葉子松宮恭子松宮恭子ダブルのシーツに 乱れた髪 満ち足りた朝の けだるさが好きよ  頬をなぜてく 風は西風 さらわれるなら それもいい 今はこのまま 腕のなか ひとときだけの 夢を見せて  愛して… もっと愛して… そうよ どこまででも 翔んでゆける ああ…  濡れた素肌に からんだ指 夜を待てるなら 恋なんて嘘ね  胸によせくる 海は満ち潮 流されるなら それもいい 感じるままに 生きたなら 罪な女と 責めるかしら  愛して… もっと愛して… そうよ どこまででも 堕ちてゆける ああ…  胸によせくる 海は満ち潮 流されるなら それもいい 感じるままに 生きたなら 罪な女と 責めるかしら  感じて… もっと感じて… そうよ どこまででも 堕ちてゆける ああ…
人形の家顔もみたくない程 あなたに嫌われるなんて とても信じられない 愛が消えたいまも ほこりにまみれた人形みたい 愛されて 捨てられて 忘れられた 部屋のかたすみ 私はあなたに 命をあずけた  あれはかりそめの恋 心のたわむれだなんて なぜか思いたくない 胸がいたみすぎて ほこりにまみれた人形みたい 待ちわびて 待ちわびて 泣きぬれる 部屋のかたすみ 私はあなたに 命をあずけた 私はあなたに 命をあずけた畑中葉子なかにし礼川口真顔もみたくない程 あなたに嫌われるなんて とても信じられない 愛が消えたいまも ほこりにまみれた人形みたい 愛されて 捨てられて 忘れられた 部屋のかたすみ 私はあなたに 命をあずけた  あれはかりそめの恋 心のたわむれだなんて なぜか思いたくない 胸がいたみすぎて ほこりにまみれた人形みたい 待ちわびて 待ちわびて 泣きぬれる 部屋のかたすみ 私はあなたに 命をあずけた 私はあなたに 命をあずけた
左手で愛して好きよ 体をなぞる あなたの 固い左手 熱い波が引いて まどろむその時  ああ 通りすぎた 男の後姿を 一人一人 忘れてゆく  ああ ぎこちなくて たよりなくて だから いいのよ ああ ふれたままで 眠らせてね 今夜はもう  あなた 別のことを 思っていても いいのよ そっと動く腕が 私をゆらすわ  そう 熱い風は いつでも体の中に 誘い出して あなたの手で  ああ ぶきようでも 乱暴でも 心を 伝える ああ 左手の愛の言葉 夢を 見せて  ああ ぶきようでも 乱暴でも 心を 伝える ああ 左手の愛の言葉 夢を 見せて畑中葉子容蓮華松宮恭子好きよ 体をなぞる あなたの 固い左手 熱い波が引いて まどろむその時  ああ 通りすぎた 男の後姿を 一人一人 忘れてゆく  ああ ぎこちなくて たよりなくて だから いいのよ ああ ふれたままで 眠らせてね 今夜はもう  あなた 別のことを 思っていても いいのよ そっと動く腕が 私をゆらすわ  そう 熱い風は いつでも体の中に 誘い出して あなたの手で  ああ ぶきようでも 乱暴でも 心を 伝える ああ 左手の愛の言葉 夢を 見せて  ああ ぶきようでも 乱暴でも 心を 伝える ああ 左手の愛の言葉 夢を 見せて
悲酔鳥幸せな人はきっと ぬくもりで朝を知る 不幸せな私は 涙で夜を待つ だって悲しみいくつも 人より知ってるから 気づかないふりをして 笑っていられる  身体をあずけて 裸になっても 心はあなたのことを 感じてる ラプソディー ラプソディー 損ばかりしてる私 悲酔鳥  街の風になじめない 花にも似合わないで あなたから愛される はずなどないもの  瞳を閉じれば みんなと同じ あたたかな暮し 夢に見る女 ラプソディー ラプソディー いつも泣くだけの私 悲酔鳥  身体をあずけて 裸になっても 心はあなたのことを 感じてる ラプソディー ラプソディー 損ばかりしてる私 悲酔鳥畑中葉子伊藤薫伊藤薫幸せな人はきっと ぬくもりで朝を知る 不幸せな私は 涙で夜を待つ だって悲しみいくつも 人より知ってるから 気づかないふりをして 笑っていられる  身体をあずけて 裸になっても 心はあなたのことを 感じてる ラプソディー ラプソディー 損ばかりしてる私 悲酔鳥  街の風になじめない 花にも似合わないで あなたから愛される はずなどないもの  瞳を閉じれば みんなと同じ あたたかな暮し 夢に見る女 ラプソディー ラプソディー いつも泣くだけの私 悲酔鳥  身体をあずけて 裸になっても 心はあなたのことを 感じてる ラプソディー ラプソディー 損ばかりしてる私 悲酔鳥
ホテル・ペニンシュラ体のほてりを FMのNewsがさましてく おそい朝 ゴロワーズの箱 一本欲しいという声に 投げかけて  もの売りや 港の香りぬけて ステップ踏んでく 心はエトランゼ 時も忘れて  うたかたの 夢の中にだけ 愛は 息をひそめてるのね 目をとじて ため息もらせば 心は 遠く旅をする  雫をはじいて なめらかなヒフの中に棲む女は 昨日も明日も 自分さえも置き去りにしてくのね  街並みや 見知らぬ言葉の中 いつしか浮きたつ 私はエトランゼ 自由になるの  うたかたの アワの消える間は 愛にたわむれて いたいけど 白い煙が 立ちのぼるうちに 朝はゆっくり 動きだす  うたかたの 夢の中にだけ 愛は 息をひそめてるのね 目をとじて ため息もらせば 心は 遠く旅をする畑中葉子容蓮華松宮恭子体のほてりを FMのNewsがさましてく おそい朝 ゴロワーズの箱 一本欲しいという声に 投げかけて  もの売りや 港の香りぬけて ステップ踏んでく 心はエトランゼ 時も忘れて  うたかたの 夢の中にだけ 愛は 息をひそめてるのね 目をとじて ため息もらせば 心は 遠く旅をする  雫をはじいて なめらかなヒフの中に棲む女は 昨日も明日も 自分さえも置き去りにしてくのね  街並みや 見知らぬ言葉の中 いつしか浮きたつ 私はエトランゼ 自由になるの  うたかたの アワの消える間は 愛にたわむれて いたいけど 白い煙が 立ちのぼるうちに 朝はゆっくり 動きだす  うたかたの 夢の中にだけ 愛は 息をひそめてるのね 目をとじて ため息もらせば 心は 遠く旅をする
まちぶせ夕暮れの街角 のぞいた喫茶店 微笑み見つめ合う 見覚えある二人 あの娘が急になぜか きれいになったのは あなたとこんなふうに 会ってるからなのね  好きだったのよあなた 胸の奥でずっと もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる  気のないそぶりして 仲間に加わった テーブルをはさんで あなたを熱く見た  あの娘がふられたと 噂にきいたけど わたしは自分から 云いよったりしない 別の人がくれた ラヴ・レター見せたり 偶然をよそおい 帰り道で待つわ  好きだったのよあなた 胸の奥でずっと もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる  好きだったのよあなた 胸の奥でずっと もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる あなたをふりむかせる畑中葉子荒井由実荒井由実夕暮れの街角 のぞいた喫茶店 微笑み見つめ合う 見覚えある二人 あの娘が急になぜか きれいになったのは あなたとこんなふうに 会ってるからなのね  好きだったのよあなた 胸の奥でずっと もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる  気のないそぶりして 仲間に加わった テーブルをはさんで あなたを熱く見た  あの娘がふられたと 噂にきいたけど わたしは自分から 云いよったりしない 別の人がくれた ラヴ・レター見せたり 偶然をよそおい 帰り道で待つわ  好きだったのよあなた 胸の奥でずっと もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる  好きだったのよあなた 胸の奥でずっと もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる あなたをふりむかせる
真夏の罠水着(ビキニ)のあと残して 逃げて行った真夏の午後 あなたと一緒なら すべてが楽しかったのよ 火傷しそうに熱くて 光に濡れて溶けそうなの かげろうユラユラ揺れて あなたが見えない  片手にバドワイザー そして片手で抱かれた日 沈む夕陽の中で 二人赤く燃えつづけた 木綿のシャツとバンダナ 潮の香りがにじんだまま 捨てることさえ出来ない あなたの忘れ物  ドラマ仕掛けの太陽と すべてが許されるような そんなハラハラドキドキ気分が 真夏の罠だなんて あなたがふっと過ぎた  秘密のときめきだけ 生きづくあかしを残して 二人の恋の終り 頬をつたって落ちてゆく 何も気付かなかったワ いつか秋にも乗り遅れてた 残してくれた想い出 ハートのユニゾン  いいじゃないのが口ぐせ あとはギャグで笑いとばす 想い出話なんか 上手に語りたくないの 二人並んだスナップ 涙のあとがにじんだまま 破ることさえ出来ない あなたの忘れもの  ドラマ仕掛けの太陽と すべてが許されるような そんなハラハラドキドキ気分が 真夏の罠だなんて あなたがふっと過ぎた畑中葉子宮本純郎米光亮水着(ビキニ)のあと残して 逃げて行った真夏の午後 あなたと一緒なら すべてが楽しかったのよ 火傷しそうに熱くて 光に濡れて溶けそうなの かげろうユラユラ揺れて あなたが見えない  片手にバドワイザー そして片手で抱かれた日 沈む夕陽の中で 二人赤く燃えつづけた 木綿のシャツとバンダナ 潮の香りがにじんだまま 捨てることさえ出来ない あなたの忘れ物  ドラマ仕掛けの太陽と すべてが許されるような そんなハラハラドキドキ気分が 真夏の罠だなんて あなたがふっと過ぎた  秘密のときめきだけ 生きづくあかしを残して 二人の恋の終り 頬をつたって落ちてゆく 何も気付かなかったワ いつか秋にも乗り遅れてた 残してくれた想い出 ハートのユニゾン  いいじゃないのが口ぐせ あとはギャグで笑いとばす 想い出話なんか 上手に語りたくないの 二人並んだスナップ 涙のあとがにじんだまま 破ることさえ出来ない あなたの忘れもの  ドラマ仕掛けの太陽と すべてが許されるような そんなハラハラドキドキ気分が 真夏の罠だなんて あなたがふっと過ぎた
ミッドナイト・ダンサーあたしこのごろ 欲求不満 命がほしくて うずうずしてるの ちょっと誤解しないで あんたじゃ力不足  かっこだけなら 遊び人だけど 女も抱けない マザコンばっかり もっとりっぱになりたきゃ トイレはあっちよ しっかり 反省したら  命中されて 天までしびれたいだけ 愛だ恋だと 美しがって 死ぬの生きるのは きらいよ  ああ ロックンロールが 胸の芯までジンジン ああ ロックンロールが からだくだってジンジン 一人ぼっちで よくなってゆく  もてる男に ろくなのいない はしゃいだ女は みんな不感症 ちょっとビタミン注射 うってあげたくなるわ  きらり一目で キュンキュンくる人 たまにはエースの 球をうけたい 腰がはんぱよあんた しゅぎょうをみっちりつんで でなおして おいで  命中されて 天までしびれたいだけ 服を着たまま 抱きしめあって うそつきごっこは きらいよ  ああ ロックンロールが 胸の芯までジンジン ああ ロックンロールが からだくだってジンジン 一人ぼっちで よくなってゆく畑中葉子岡田冨美子米光亮あたしこのごろ 欲求不満 命がほしくて うずうずしてるの ちょっと誤解しないで あんたじゃ力不足  かっこだけなら 遊び人だけど 女も抱けない マザコンばっかり もっとりっぱになりたきゃ トイレはあっちよ しっかり 反省したら  命中されて 天までしびれたいだけ 愛だ恋だと 美しがって 死ぬの生きるのは きらいよ  ああ ロックンロールが 胸の芯までジンジン ああ ロックンロールが からだくだってジンジン 一人ぼっちで よくなってゆく  もてる男に ろくなのいない はしゃいだ女は みんな不感症 ちょっとビタミン注射 うってあげたくなるわ  きらり一目で キュンキュンくる人 たまにはエースの 球をうけたい 腰がはんぱよあんた しゅぎょうをみっちりつんで でなおして おいで  命中されて 天までしびれたいだけ 服を着たまま 抱きしめあって うそつきごっこは きらいよ  ああ ロックンロールが 胸の芯までジンジン ああ ロックンロールが からだくだってジンジン 一人ぼっちで よくなってゆく
メタモルフォーゼ黄昏の街に 灯りがともる頃 私けだるそうに 街角に立つわ 指を2本立て 男が誘うけど 私のこの体は ファースト・クラスよ  そうよ あ あ あ 忘れさせてあげる だから No No No 止まらないで  蝶になる くもになる さそりになる トカゲになる 思い切りみだらなら やめないで燃え尽きるまで 眠りなさい かなしい人 我を忘れて  昼間の私は ロッカーの中よ 夜は別の私 目を覚ますのよ 淑女と娼婦の メタモルフォーゼ 女は体の中 ひそませているの  そうよ あ あ あ 一人では駄目なの だから No No No 乱れさせて  蝶になる くもになる さそりになる トカゲになる くだけ散る星くずに 足もとがくずれて行くわ 眠りなさい さみしい人 私の中で畑中葉子容蓮華松宮恭子黄昏の街に 灯りがともる頃 私けだるそうに 街角に立つわ 指を2本立て 男が誘うけど 私のこの体は ファースト・クラスよ  そうよ あ あ あ 忘れさせてあげる だから No No No 止まらないで  蝶になる くもになる さそりになる トカゲになる 思い切りみだらなら やめないで燃え尽きるまで 眠りなさい かなしい人 我を忘れて  昼間の私は ロッカーの中よ 夜は別の私 目を覚ますのよ 淑女と娼婦の メタモルフォーゼ 女は体の中 ひそませているの  そうよ あ あ あ 一人では駄目なの だから No No No 乱れさせて  蝶になる くもになる さそりになる トカゲになる くだけ散る星くずに 足もとがくずれて行くわ 眠りなさい さみしい人 私の中で
もっと動いてつめたいシャワーはやめて 愛が冷える ちいさな灯を消して 夢がさめる 気取った台詞より 激しい恋で 体中あつく燃えて 灰になってもいいの だからもっと動いて もっともっと もっともっと だからもっと動いて もっともっと もっともっと ああ 夢の中 夢の中  くわえた煙草の灰が あなた落ちる マニキュア渇けばいいの そばにきても 着飾る言葉より 野性の恋で 甦えるいのち燃やし 火の鳥になれるのよ だからもっと動いて もっともっと もっともっと だからもっと動いて もっともっと もっともっと ああ 溶けてゆく 溶けてゆく  だからもっと動いて もっともっと もっともっと だからもっと動いて もっともっと もっともっと ああ 溶けてゆく 溶けてゆく畑中葉子豊兵衛茅蔵人つめたいシャワーはやめて 愛が冷える ちいさな灯を消して 夢がさめる 気取った台詞より 激しい恋で 体中あつく燃えて 灰になってもいいの だからもっと動いて もっともっと もっともっと だからもっと動いて もっともっと もっともっと ああ 夢の中 夢の中  くわえた煙草の灰が あなた落ちる マニキュア渇けばいいの そばにきても 着飾る言葉より 野性の恋で 甦えるいのち燃やし 火の鳥になれるのよ だからもっと動いて もっともっと もっともっと だからもっと動いて もっともっと もっともっと ああ 溶けてゆく 溶けてゆく  だからもっと動いて もっともっと もっともっと だからもっと動いて もっともっと もっともっと ああ 溶けてゆく 溶けてゆく
誘惑悩ましい 春風が 遠い国から 吹いてくる 外国船の 浮かぶ窓 ラジオが知らない 言葉を喋る  まぶた閉じると ここはギリシア 抱きしめられると マドリッド あなたが広がる 深くなる からだが揺れる 沈んでく  あなたはまるで 少年のよう いたずらっぽく 私の宇宙を いっぱいにする  名前さえ 知らないのに 愛が二人を 結んでる 離さないよと 抱きしめた あなたを束の間 信じてみたい  まぶた閉じると ここはギリシア 抱きしめられると マドリッド いっしょに行かせて 待っていて あなたの命を つかみたい  はじける汗に くちびるを当て とろけそうな うつつの谷間へ 流されてゆく畑中葉子岡田冨美子和泉常寛悩ましい 春風が 遠い国から 吹いてくる 外国船の 浮かぶ窓 ラジオが知らない 言葉を喋る  まぶた閉じると ここはギリシア 抱きしめられると マドリッド あなたが広がる 深くなる からだが揺れる 沈んでく  あなたはまるで 少年のよう いたずらっぽく 私の宇宙を いっぱいにする  名前さえ 知らないのに 愛が二人を 結んでる 離さないよと 抱きしめた あなたを束の間 信じてみたい  まぶた閉じると ここはギリシア 抱きしめられると マドリッド いっしょに行かせて 待っていて あなたの命を つかみたい  はじける汗に くちびるを当て とろけそうな うつつの谷間へ 流されてゆく
夢まくらあなたのシャツ素肌につけて 窓を少しあける 髪にからむ風が 体のほてりを冷やしてく 熱いシャワーで あなたの匂い そうよたとえ 洗い流したとしても 夏の出来事に 悩むのは女 男のずるさに 気づくのは秋ね 気をつけて気をつけて day dream, day dream 気をつけて気をつけて ああ…夢まくら  わたしの中を嵐が走り それも嘘のようね 指にはさむ煙草かすかに ふるえがわかるから 強いコロンで あなたの匂い そうよたとえ 消してしまったとしても 夏の出来事に 悩むのは女 男のずるさに 気づくのは秋ね 気をつけて気をつけて day dream, day dream 気をつけて気をつけて ああ…夢まくら……畑中葉子豊兵衛佐瀬寿一あなたのシャツ素肌につけて 窓を少しあける 髪にからむ風が 体のほてりを冷やしてく 熱いシャワーで あなたの匂い そうよたとえ 洗い流したとしても 夏の出来事に 悩むのは女 男のずるさに 気づくのは秋ね 気をつけて気をつけて day dream, day dream 気をつけて気をつけて ああ…夢まくら  わたしの中を嵐が走り それも嘘のようね 指にはさむ煙草かすかに ふるえがわかるから 強いコロンで あなたの匂い そうよたとえ 消してしまったとしても 夏の出来事に 悩むのは女 男のずるさに 気づくのは秋ね 気をつけて気をつけて day dream, day dream 気をつけて気をつけて ああ…夢まくら……
横須賀ストーリー(おしゃべり入り)これっきり これっきり もうこれっきりですか これっきり これっきり もうこれっきりですか  話しかけても 気づかずに ちいさなアクビ重ねる人 私は熱い ミルクティーで 胸まで灼けてしまったようです  これっきり これっきり もうこれっきりですか これっきり これっきり もうこれっきりですか  あなたの心 横切ったなら 汐の香りまだするでしょうか ここは横須賀  一緒にいても心だけ ひとり勝手に 旅立つ人 私はいつも置いてきぼり あなたに今日は聞きたいのです  これっきり これっきり もうこれっきりですか これっきり これっきり もうこれっきりですか  そう言いながら 今日も私は 波のように抱かれるのでしょう ここは横須賀畑中葉子阿木耀子宇崎竜童これっきり これっきり もうこれっきりですか これっきり これっきり もうこれっきりですか  話しかけても 気づかずに ちいさなアクビ重ねる人 私は熱い ミルクティーで 胸まで灼けてしまったようです  これっきり これっきり もうこれっきりですか これっきり これっきり もうこれっきりですか  あなたの心 横切ったなら 汐の香りまだするでしょうか ここは横須賀  一緒にいても心だけ ひとり勝手に 旅立つ人 私はいつも置いてきぼり あなたに今日は聞きたいのです  これっきり これっきり もうこれっきりですか これっきり これっきり もうこれっきりですか  そう言いながら 今日も私は 波のように抱かれるのでしょう ここは横須賀
Remember from「慕情」幸福な二人連れと すれ違う街角には あなたと待ちあわせた 想い出が落ちているわ  ぜいたくな一日さと 誘われてあなたと観た 映画のラスト・シーン 焼きついているわ  あなたはまだ学生で 夢みたいな事ばかり いつも私聞かされてた あの頃がよみがえる  FMで流れてたわ あなたの好きな「慕情」よ 今でもあのメロディー 口づさむかしら  テーブルのひき出しには 色褪せたポートレート あなたがきれいだよと 云ってくれた写真よ  窓際に腰をかけて 微笑んでいる私は あなたを見つめてるわ 今も変わらずに  愛してると気がついたの あなただけは特別だと だけど二度と帰れない 青春はロードショー  FMを消した後も 二人で聞いた「慕情」が 私の胸の中を 流れ続けてる 流れ続けてる畑中葉子羽岡仁馬飼野康二幸福な二人連れと すれ違う街角には あなたと待ちあわせた 想い出が落ちているわ  ぜいたくな一日さと 誘われてあなたと観た 映画のラスト・シーン 焼きついているわ  あなたはまだ学生で 夢みたいな事ばかり いつも私聞かされてた あの頃がよみがえる  FMで流れてたわ あなたの好きな「慕情」よ 今でもあのメロディー 口づさむかしら  テーブルのひき出しには 色褪せたポートレート あなたがきれいだよと 云ってくれた写真よ  窓際に腰をかけて 微笑んでいる私は あなたを見つめてるわ 今も変わらずに  愛してると気がついたの あなただけは特別だと だけど二度と帰れない 青春はロードショー  FMを消した後も 二人で聞いた「慕情」が 私の胸の中を 流れ続けてる 流れ続けてる
ロックンロール・ウィドウもてたいための ロックンローラー あなた動機が不純なんだわ 金髪美人のグルーピー いつも はべらせ歩いてる 人の曲にはケチつけて スーパースターを 気取っているけど 何か違うわ かっこ かっこ かっこ かっこ かっこ かっこ かっこ ばかり 先ばしり ロックンロール・ウィドウ ロックンロール・ウィドウ いい加減にして 私 あなたのママじゃない  人目気にする ロックンローラー 金の指輪を右手にしてる シャウトするのが エクスタシー のれば朝まで 帰らない もしも誰かに聞かれたら 夫はとうに亡くなりました いい人でした かっこ かっこ かっこ かっこ かっこ かっこ かっこ つけて 泣きたいわ ロックンロール・ウィドウ ロックンロール・ウィドウ いい加減にして 男は あなた一人じゃない  ロックンロール・ウィドウ ロックンロール・ウィドウ ロックンロール・ウィドウ畑中葉子阿木燿子宇崎竜童もてたいための ロックンローラー あなた動機が不純なんだわ 金髪美人のグルーピー いつも はべらせ歩いてる 人の曲にはケチつけて スーパースターを 気取っているけど 何か違うわ かっこ かっこ かっこ かっこ かっこ かっこ かっこ ばかり 先ばしり ロックンロール・ウィドウ ロックンロール・ウィドウ いい加減にして 私 あなたのママじゃない  人目気にする ロックンローラー 金の指輪を右手にしてる シャウトするのが エクスタシー のれば朝まで 帰らない もしも誰かに聞かれたら 夫はとうに亡くなりました いい人でした かっこ かっこ かっこ かっこ かっこ かっこ かっこ つけて 泣きたいわ ロックンロール・ウィドウ ロックンロール・ウィドウ いい加減にして 男は あなた一人じゃない  ロックンロール・ウィドウ ロックンロール・ウィドウ ロックンロール・ウィドウ
ロミオ&ジュリエット'79新宿摩天楼 ディスコもはねて あなたと私に 帰る家もない あなたは最後の 煙草を折って 海辺へ行こうと 道の石をける ごめんな お前を不倖にしたね いいのよ あなたと死ねるなら倖せ 若いよ若い 若すぎるよと 親が言う 友が言う 若いよ若い 若すぎるから 命を賭けて 愛せるんです ねえ まるでジュリエット&ロミオ  湘南 Beach Way 冷たい砂に 身体を横たえ 朝焼けを見てる どこかの映画の 場面のように あなたはカモメを 追いかけて走る ごめんな 真冬の波冷たいぜ いいのよ つないだ指をはなさないで 若いよ若い 若すぎるよと 波が打つ 風が啼く 若いよ若い 若すぎるから 命を賭けて 愛せるんです ねえ まるでジュリエット&ロミオ…畑中葉子松本隆平尾昌晃新宿摩天楼 ディスコもはねて あなたと私に 帰る家もない あなたは最後の 煙草を折って 海辺へ行こうと 道の石をける ごめんな お前を不倖にしたね いいのよ あなたと死ねるなら倖せ 若いよ若い 若すぎるよと 親が言う 友が言う 若いよ若い 若すぎるから 命を賭けて 愛せるんです ねえ まるでジュリエット&ロミオ  湘南 Beach Way 冷たい砂に 身体を横たえ 朝焼けを見てる どこかの映画の 場面のように あなたはカモメを 追いかけて走る ごめんな 真冬の波冷たいぜ いいのよ つないだ指をはなさないで 若いよ若い 若すぎるよと 波が打つ 風が啼く 若いよ若い 若すぎるから 命を賭けて 愛せるんです ねえ まるでジュリエット&ロミオ…
私はピアノ人もうらやむよな仲が いつも自慢のふたりだった あなたとならどこまでも ゆけるつもりでいたのに 突然の嵐みたいに 音を立ててくずれてく 涙が出ないのはなぜ 教えて欲しいだけさ あなたから 目が離せない ふたりして聞くわ ラリーカールトン 日だまりの中で抱かれ いつしか時の徒然に 思い出に酔うひまもなく 心から好きよと云えた あの頃がなつかしくて何もかも あなたがいなければ 一から十までひとり 言葉もないままに生きてる くり返すのは ただ Lonely play  思い切り感じたままに 見せるしぐさやさしくて 言葉じゃなくて態度で 解かり合えてもいたのに 男の人ならだれでも 細い肩を抱けばわかる 夜が恐いよな女にゃ それで いいのよすべて つらいけど 涙 見せない 雨のふる夜には ビリー・ジョエル 情けない女になってしまいそな時にはサンバ ためいきが出ちゃうよな恋 静かに抱きすくめられて 焼けた素肌が今でもなつかしい ひとしきり泣いたら 馬鹿げた事ネと思う ピアノに問いかけてみたけど ピアノに問いかけてみたけど くり返すのは ただ Lonely play Lonely play畑中葉子桑田佳祐桑田佳祐人もうらやむよな仲が いつも自慢のふたりだった あなたとならどこまでも ゆけるつもりでいたのに 突然の嵐みたいに 音を立ててくずれてく 涙が出ないのはなぜ 教えて欲しいだけさ あなたから 目が離せない ふたりして聞くわ ラリーカールトン 日だまりの中で抱かれ いつしか時の徒然に 思い出に酔うひまもなく 心から好きよと云えた あの頃がなつかしくて何もかも あなたがいなければ 一から十までひとり 言葉もないままに生きてる くり返すのは ただ Lonely play  思い切り感じたままに 見せるしぐさやさしくて 言葉じゃなくて態度で 解かり合えてもいたのに 男の人ならだれでも 細い肩を抱けばわかる 夜が恐いよな女にゃ それで いいのよすべて つらいけど 涙 見せない 雨のふる夜には ビリー・ジョエル 情けない女になってしまいそな時にはサンバ ためいきが出ちゃうよな恋 静かに抱きすくめられて 焼けた素肌が今でもなつかしい ひとしきり泣いたら 馬鹿げた事ネと思う ピアノに問いかけてみたけど ピアノに問いかけてみたけど くり返すのは ただ Lonely play Lonely play
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 祝福
  2. Tot Musica
  3. 楓
  4. 紫苑
  5. 魔法のコトバ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. あなたに捧ぐ33のこと
  3. ELEVEN -Japanese ver.-
  4. Wish
  5. 445

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照