五木寛之作詞の歌詞一覧リスト  76曲中 1-76曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
76曲中 1-76曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
内灘愁歌松原健之松原健之五木寛之佐原一哉鈴木豪はるばると続く アカシアの丘に 海鳴りの 海鳴りの 音 とうとうと響く あの夏の思い出を 訪ねてひとり 白い砂丘をゆけば 光る日本海 友はどこに 歌はどこに 歳月(とき)はいま 流れて 燃える思い 熱い心 よみがえれ この胸に 内灘の海よ  ひゅうひゅうと歌う 潮風の浜に 面影は 面影は ただ ゆらゆらと揺れる あの頃は若すぎて 許す優しさも 愛も忘れてひとり 明日(あす)をみつめてた きみはどこに 夢はどこに 歳月(とき)はいま 流れて 燃える思い 熱い心 よみがえれ この胸に 内灘の海よ  友はどこに 歌はどこに 歳月(とき)はいま 流れて 燃える思い 熱い心 よみがえれ この胸に 内灘の海よ
きのう きょう あす三浦和人三浦和人五木寛之新井満渡辺俊幸その手のぬくもりが 忘れられない あのときのほほえみは いまも心に ふりむけば 幾年月 歩き続けて きょうまで  足あとは消えても 思い出はのこる 過ぎ去りし日々に ありがとう  この道を 歩いて よかった もう一度 もう一度 自分に ありがとう  冷たい北風に 震えたことも 人の世のきびしさを うらんだことも 迷いつつ 幾年月 友の励まし 信じて  涙をかみしめ 唇に歌を 過ぎ去りし日々に ありがとう  この道を 歩いて よかった もう一度 もう一度 自分に ありがとう 自分に ありがとう
こころの旅 with ボニージャックスベイビーブーベイビーブー五木寛之樋口了一川口大輔春の風吹けば こころも揺れる 七堂伽藍 訪ねてひとり 真実の愛に めぐり会いたい 永遠の時を感じてみたい あの石段をのぼった先に どんな世界が見えるでしょうか  木枯らしの中を 今日までずっと 歩き続けて 生きてきたけど 色あせぬ夢に 出会ってみたい 新しい道を探してみたい この回廊をめぐった後に どんな光が見えるでしょうか  静けさの中に 両手を合わせ 声なき声に 耳をすませて 暖かい涙 流してみたい 本当の自分を見つけてみたい そのひと時を過ごした後に どんな明日が見えるでしょうか
もし翼があったなら由紀さおり由紀さおり五木寛之羽毛田丈史坂本昌之もし 孤独を感じたら もし こころが乾いたら 旅に出よう あてもなく 今すぐに 地図にない 遠い国 はるばると  この世界の どこかにある やさしさに 真実に 出会ってみたくて この世界に きっときっといる 友達に 恋人に めぐりあう そのために  もし 空が飛べたなら もし 翼があったなら 飛んでいこう どこまでも 今すぐに 永遠の 故郷を 探すため  この世界の どこかにある やさしさに 真実に 出会ってみたくて この世界に きっときっといる 友達に 恋人に めぐりあう そのために  この世界の どこかにある やさしさに 真実に 出会ってみたくて この世界に きっときっといる 友達に 恋人に めぐりあう そのために
愛の水中花丘みどり丘みどり五木寛之小松原まさし土持城夫これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって淋(さび)しいものよ 泣けないなんて そっと涙で頬(ほほ)を 濡(ぬ)らしてみたいわ ひとりぼっちの部屋の ベッドの上で ちょっとブルーな恋の 夢を見ている 乾(かわ)いたこの花に 水を与えて下さい 金色のレモンひとつ 胸にしぼって下さい わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって悲しいものよ 酔(よ)えないなんて そっとあなたの胸に 甘えてみたいの そうよ人生なんて ドラマじゃないわ だから今夜はせめて 夢を見たいの 乾いたこの花に 水を与えて下さい バラ色のワイングラス 胸にそそいで下さい わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛
夜明けのメロディー美川憲一美川憲一五木寛之弦哲也朝の光が さしこむ前に 目覚めて 孤独な 時間が過ぎる あの友は あの夢は 今はいずこに  還(かえ)らぬ季節は もう 忘れてしまえばいい すてきな思い出だけ 大事にしましょう そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー  花のいのちは みじかいけれど 重ねた 歳月(としつき) 背中に重い 歓びも 悲しみも みんな人生  愛して 別れて また どこかで逢えればいい ちいさな幸せでも 大事にしましょう そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー  還(かえ)らぬ季節は もう 忘れてしまえばいい すてきな思い出だけ 大事にしましょう そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー  そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー 夜明けのメロディー
東京タワーミッツ・マングローブミッツ・マングローブ五木寛之立原岬兼松衆小雨ふる 麻布台から芝公園へ 濡れながら ふたり歩いた 夜の街角 つらいけど これを最後にするしかないと おたがいに 思いながらも 熱い指先  見上げる空に 東京タワー 赤く 赤く 燃えるよ  寒いわたしの心 あたためて 愛の灯りを 東京タワー  ビルの陰 愛宕通りを日比谷へむけて うつむいて ひとり歩いた 風の街角 別れても つよく生きると約束したが はじめから それは無理だと予感していた  ふりむく空に 東京タワー 高く 高く 輝く  つらいわたしの心 なぐさめて 恋の炎を 東京タワー  見上げる空に 東京タワー 赤く 赤く 燃えるよ  寒いわたしの心 あたためて 愛の灯りを 東京タワー 愛の灯りを 東京タワー
かえしてYOKOHAMAミッツ・マングローブ with 星屑スキャットミッツ・マングローブ with 星屑スキャット五木寛之石黒ケイ兼松衆ブルースカイの灯りも レッド・シューズも いまは消えて YOKOHAMA ちょっとさびしい だけどひとりでいても なぜかしあわせ わたし好きよこの街 だって YOKOHAMA 昔のリズムで きざに踊るわ あなたにひっぱられて ハマジル・ステップ かえして YOKOHAMA もいちど YOKOHAMA かえして YOKOHAMA もいちど YOKOHAMA  マリンタワーの影も 港夜景も 霧にとけて YOKOHAMA ちょっとさびしい ドライシェリーの苦さが 心にしみて わたし好きよこの店 だって YOKOHAMA 昔のリズムで きざに踊るわ あなたにひっぱられて ハマジル・ステップ かえして YOKOHAMA もいちど YOKOHAMA かえして YOKOHAMA もいちど YOKOHAMA  昔のリズムで きざに踊るわ あなたにひっぱられて ハマジル・ステップ かえして YOKOHAMA もいちど YOKOHAMA かえして YOKOHAMA もいちど YOKOHAMA  かえして YOKOHAMA もいちど YOKOHAMA かえして YOKOHAMA もいちど YOKOHAMA
愛の水中花梓夕子梓夕子五木寛之小松原まさし斎藤功これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって淋しいものよ 泣けないなんて そっと涙で頬を 濡らしてみたいわ ひとりぼっちの部屋の ベッドの上で ちょっとブルーな恋の 夢を見ている 乾いたこの花に 水を与えて下さい 金色のレモンひとつ 胸にしぼって下さい わたしは愛の水中花  これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって悲しいものよ 酔えないなんて そっとあなたの胸に 甘えてみたいの そうよ人生なんて ドラマじゃないわ だから今夜はせめて 夢を見たいの 乾いたこの花に 水を与えて下さい バラ色のワイングラス 胸にそそいで下さい わたしは愛の水中花  これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛
織江の唄パク・ジュニョンパク・ジュニョン五木寛之臼井正史伊戸のりお遠賀川(おんががわ) 土手の向こうにボタ山の 三つならんで見えとらす 信(しん)ちゃん 信介(しんすけ)しゃん うちはあんたに逢いとうて カラス峠ば越えてきた そやけん 逢うてくれんね 信介しゃん すぐに田川に帰るけん 織(おり)江(え)も おとなになりました  月見草 いいえそげんな花じゃなか あれはセイタカアワダチ草 信ちゃん 信介しゃん うちはひとりになりました あすは小倉の夜の蝶 そやけん 抱いてくれんね 信介しゃん どうせ汚れてしまうけん 織江も おとなになりました  香春(かわら)岳(だけ) バスの窓から中学の 屋根も涙にぼやけとる 信ちゃん 信介しゃん うちはあんたが好きやった ばってん お金にゃ勝てんもん そやけん 手紙くれんね 信介しゃん いつかどこかで逢えるけん 織江も おとなになりました
Keep On!谷村新司谷村新司五木寛之谷村新司瀬戸谷芳治希望という名の 夢を追いかけて やっとここまで来たけど 明日(あした)が見えない 今日はきのうの続きじゃないと わかっているけど 心が折れそうに だけど もう一度 歩きはじめよう きみの あの言葉を 思いだしながら Keep On!  自由という名の 未来 憧れて ずっと二人できたけど ときどき孤独に 明日(あした)はきょうの続きじゃないと わかっているけど 心が折れそうに だけど もう一度 歩き続けよう 重ねた歳月(としつき)を 慈(いつく)しみながら Keep On! Keep On! Keep On! Keep On!
風が吹いてきたら渡辺えり渡辺えり五木寛之三木たかし三枝伸太郎風が吹いてきたら 歩き始めるわ 今は何も言わないで 見ていてちょうだい 風が吹いてきたら 歩き始めるわ だからあなたの胸で 眠らせてちょうだい 私長い間 歩き続けたわ 今はただちょっと 休んでるだけなの あなた私のことを 凄く強い女だと 思ってるでしょうけど 本当は違うのよ だから今夜だけは 何も言わず 抱きしめてちょうだい きっと元気の出る いい笑顔で 歩きだすから  風が吹いてきたら 歩き始めるわ あなたに出会った頃の 自分にかえって 風が吹いてきたら 歩き始めるわ 髪も短くそろえて 少年のように 私息を切らして 走り続けたわ 今はただちょっと 疲れてるだけなの あなた私のことを 凄く強い女だと 思ってるでしょうけど 本当は違うのよ  だから今夜だけは 何も言わず 抱きしめてちょうだい きっと元気の出る いい笑顔で 歩きだすから  あなた私のことを 凄く強い女だと 思ってるでしょうけど 本当は違うのよ だから今夜だけは 何も言わず 抱きしめてちょうだい きっと元気の出る いい笑顔で 歩きだすから 歩きだすから
望春譜杉田二郎杉田二郎五木寛之杉田二郎塩入俊哉旅に暮らせば 君恋し 君と睦めば  旅恋し 今日もきのうの くり返し 心さだめる あてもなし  人を思えば 苦しくて 会えば言葉に ならなくて なにも言わずに 手をとりて みつめあうとき うれしくて  遠いふるさと 夢にみる 幼い日々を ふり返る そっとその名を 呼んでみる 春のおとずれ 待っている 春のおとずれ 待っている
燃える秋LE VELVETSLE VELVETS五木寛之武満徹Takefumi Haketa燃える 秋 揺れる 愛のこころ ひとは 出逢い ともに 生きてゆく  燃える 秋 消える 愛の蜃気楼(ミラージュ) ひとは 別れ 遠い 旅に出る  Oh, Glowing Autumn and Glowing Love Oh, Glowing Love In my Heart La La Lu... Glowing Love In my Heart  燃える 秋 空は ペルシャンブルー ひとは 夢み 詩は 風に消え  夏は 逝き めぐる 愛の季節 ひとは 信じ 明日を 生きてゆく  Oh, Glowing Autumn and Glowing Love Oh, Glowing Love In my Heart, La La Lu... Glowing Love In my Heart  Oh, Glowing Autumn and Glowing Love Oh, Glowing Love In my Heart, Glowing Love In my Heart La La La La La La Lu...
ワイパーはまだ直さない小田純平小田純平五木寛之小田純平矢田部正あの日は雨だった あなたを送る 空港への道 車のワイパーが 震えてきしむ しぶきにかすむ フロントグラス 降りぎわにキスもせず あなたは言った 「ワイパーを直して」と もっとちがう言葉 欲しかったのに あの日は雨だった あれから半年 ワイパーはまだ直さない  きのうも雨だった あなたのいない インターチェンジ 震えるワイパーは 今もそのまま 視界にかすむ ブレーキランプ こころにもワイパーが 必要かもね 思い出をふきとって もっと現実(いま)を 現実(いま)を みつめなければ きのうも雨だった あれから半年 ワイパーはまだ直さない  あの日は雨だった あれから半年 ワイパーはまだ直さない
青年は荒野をめざす西寺郷太(NONA REEVES)西寺郷太(NONA REEVES)五木寛之加藤和彦ひとりで行くんだ 幸せに背を向けて さらば恋人よ なつかしい歌よ 友よ いま 青春の河を越え 青年は 青年は 荒野をめざす  もうすぐ夜明けだ 出発の時がきた さらばふるさと 想い出の山よ 河よ いま 朝焼けの丘を越え 青年は 青年は 荒野をめざす  みんなで行くんだ 苦しみを分けあって さらば春の日よ ちっぽけな夢よ 明日よ いま 夕焼けの谷を越え 青年は 青年は荒野をめざす  ひとりで行くんだ 幸せに背を向けて さらば恋人よ なつかしい歌よ 友よ いま 青春の河を越え 青年は 青年は 荒野をめざす
雪明かりの駅松原健之松原健之五木寛之藤澤ノリマサ長谷川智樹好きだよと きみの手のひらに 指文字で書いてみる 雪明かりの駅 別れには そっとほほえみながら ありがとう元気でねと 言いたかった きみの選んだ その道と ぼくは違う道を歩く いつかどこかでまた逢える その言葉信じて  想い出は いつもみかん色 ふたりして 夏の海眺めたあの頃 いまは冬 一面の銀世界 わたしなら だいじょうぶと きみはうなずく ぼくは一人で この街に 平凡に生きていくから きみは自由にはばたいて その夢をつかめよ  つよく抱きしめて 素直に 愛してると言えないまま いつかどこかでまた逢える その言葉信じて  その言葉信じて
愛の水中花増田惠子増田惠子五木寛之小松原まさしこれも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛 だって淋しいものよ 泣けないなんて そっと涙でほほを 濡らしてみたいわ ひとりぼっちの部屋の ベッドの上で ちょっとブルーな恋の 夢を見ている 乾いたこの花に 水をあたえてください 金色のレモンひとつ 胸にしぼってください わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって悲しいものよ 酔えないなんて そっとあなたの胸に あまえてみたいの そうよ人生なんて ドラマじゃないわ だから今夜はせめて 夢を見たいの 乾いたこの花に 水をあたえてください バラ色のワイングラス 胸にそそいでください わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛
愛の水中花畑中葉子畑中葉子五木寛之小松原まさし寺岡真三これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって淋しいものよ 泣けないなんて そっと涙でほほを 濡らしてみたいわ ひとりぼっちの部屋の ベッドの上で ちょっとブルーな恋の 夢を見ている 乾いたこの花に 水をあたえてください 金色のレモンひとつ 胸にしぼってください わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって悲しいものよ 酔えないなんて そっとあなたの胸に あまえてみたいの そうよ人生なんて ドラマじゃないわ だから今夜はせめて 夢を見たいの 乾いたこの花に 水をあたえてください バラ色のワイングラス 胸にそそいでください わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛
夜明けのメロディー松原健之松原健之五木寛之弦哲也朝の光が さしこむ前に 目覚めて 孤独な 時間が過ぎる あの友は あの夢は 今はいずこに  還(かえ)らぬ季節は もう 忘れてしまえばいい すてきな思い出だけ 大事にしましょう そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー  花のいのちは みじかいけれど 重ねた 歳月(としつき) 背中に重い 歓びも 悲しみも みんな人生  愛して 別れて また どこかで逢えればいい ちいさな幸せでも 大事にしましょう そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー  還(かえ)らぬ季節は もう 忘れてしまえばいい すてきな思い出だけ 大事にしましょう そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー  そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー 夜明けのメロディー
織江の唄松原健之松原健之五木寛之山崎ハコ遠賀川土手の向こうにボタ山の 三つ並んで見えとらす 信ちゃん 信介しゃん うちはあんたに逢いとうて カラス峠ば 越えて来た そやけん 逢うてくれんね 信介しゃん すぐに田川に帰るけん 織江も大人になりました  月見草いいえそげんな花じゃなか あれはセイタカアワダチソウ 信ちゃん 信介しゃん うちは一人になりました 明日は小倉の夜の蝶 そやけん 抱いてくれんね 信介しゃん どうせ汚れてしまうけん 織江も大人になりました  香春岳 バスの窓から中学の 屋根も涙でぼやけとる 信ちゃん 信介しゃん うちはあんたが好きやった ばってんお金にゃ 勝てんもん そやけん 手紙くれんね 信介しゃん いつかどこかで 逢えるけん 織江も大人になりました
Elegy こころの道松原健之松原健之五木寛之ソンコ・マージュ塩入俊哉星のない 空の下 どこまでも つづく道 この道は 暗いけど ふるさとに つづく道  あの町の すがたは 生きている こころに あの人の 笑顔も 生きている こころに  いつかくる きっとくる もう一度 夜明けが この道を あるこう 明日を信じて  肌をさす 風の中 はるばると つづく道 この道は 寒いけど ふるさとに つづく道  あの町は 遠いけど 生きている こころに あの人は 遠いけど 生きている こころに  いつかくる きっとくる もう一度 夜明けが この道を あるこう 明日を信じて
歌の旅びと松原健之松原健之五木寛之松坂文宏塩入俊哉地図にない町を探して旅にでる なつかしい あの店は いまでもそのまま あるだろうか あの頃は おたがいに若すぎて それが愛だと 気づかないまま 季節(とき)は 流れた  あの店の 古い椅子にすわりたい ガラスごしに 海を見ていた きみに また会いたくて  おもいでの歌をたずねて旅にでる あの人は あの歌を いまでもおぼえて いるだろうか あの頃は ふたりとも幼くて 明日の夢だけ語りつづけて 朝になってた  もう一度 あの歌をうたいたい 笑いながら いつも別れた きみに また会いたくて  あの店の 古い椅子にすわりたい ガラスごしに 海を見ていた きみに また会いたくて  きみに また会いたくて
この世に人と生まれたからは松原健之松原健之五木寛之佐原一哉海のいろ 青く こころを染める 赤いデイゴの 花影ゆけば いつの日か花を 咲かせてみたい この世に人と 生まれたからは  花は花 人は人 鳥は鳥 風は風 このいのち ひとすじに 生まれて 咲いて 散るならば  春の風 吹けば こころも揺れる 涙がほろり 思い出ゆらり 真実の愛に出会ってみたい この世に人と 生まれたからは  花は花 人は人 鳥は鳥 風は風 このいのち ひとすじに 生まれて 咲いて 散るならば  花は花 人は人 鳥は鳥 風は風 このいのち ひとすじに 生まれて 咲いて 散るならば  生まれて 咲いて 散るならば
夜明けのメロディーGOLD LYLICペギー葉山GOLD LYLICペギー葉山五木寛之弦哲也朝の光が さしこむ前に 目覚めて 孤独な 時間が過ぎる あの友は あの夢は 今はいずこに  還(かえ)らぬ季節は もう 忘れてしまえばいい すてきな思い出だけ 大事にしましょう そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー  花のいのちは みじかいけれど 重ねた 歳月(としつき) 背中に重い 歓びも 悲しみも みんな人生  愛して 別れて また どこかで逢えればいい ちいさな幸せでも 大事にしましょう そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー  還(かえ)らぬ季節は もう 忘れてしまえばいい すてきな思い出だけ 大事にしましょう そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー  そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー 夜明けのメロディー
夜明けのメロディー加藤登紀子加藤登紀子五木寛之弦哲也三浦秀秋朝の光が さしこむ前に 目覚めて 孤独な 時間が過ぎる あの友は あの夢は 今はいずこに  還(かえ)らぬ季節は もう 忘れてしまえばいい すてきな思い出だけ 大事にしましょう そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー  花のいのちは みじかいけれど 重ねた 歳月(としつき)背中に重い 歓びも 悲しみも みんな人生  愛して 別れて また どこかで逢えばいい ちいさな幸せでも 大事にしましょう そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー  還(かえ)らぬ季節は もう 忘れてしまえばいい すてきな思い出だけ 大事にしましょう そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー  そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー 夜明けのメロディー
二人の海峡内山田洋とクール・ファイブ内山田洋とクール・ファイブ五木寛之内山田洋横内章次雪の降る海峡を あなたは見ていた たそがれの桟橋で わたしは泣いていた  愛をたべては生きて行けないと あなたは言うけど 愛のないくらしなんて わたしはほしくない ああ 春は遠い二人の海峡  夜明けにはこの街を あなたは出てゆく お別れのコーヒー 最後に飲みましょう 夢をたべては生きてゆけないと あなたは言うけど 愛のないくらしなんて わたしはほしくない ああ 春は遠い二人の海峡  愛をたべては生きて行けないと あなたは言うけど 愛のないくらしなんて わたしはほしくない ああ 春は遠い二人の海峡
金沢望郷歌弦哲也弦哲也五木寛之弦哲也桜橋から 大橋みれば 川の岸辺に かげろう揺れる 流れる雲よ 空の青さよ 犀星の詩(うた)を うつす犀川(さいがわ) この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱く街  春の風ふく 香林坊(こうりんぼう)に 小松砂丘の 句(ことば)がのこる 過ぎゆく歳月(とき)よ 街は変われど 辰巳の用水(みず)は 今日も流れて この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱く街  君を見送る 兼六園の 雪の白さが 心にしみる 飛びゆく鳥よ また逢う日まで 秋声(しゅうせい)の思い 胸にきざんで この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱く街  この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱く街
夜間飛行前川清前川清五木寛之都志見隆街のあかり遠く この胸にまたたく こわれた 夢 地上に 星空のエア・ライン  哀しみ ひとつ 切なさ ふたつ ひろい集めて 飾ろうか 思い出 ひとつ ため息 ふたつ 数えきれない  あの人も この人も みんな みんな 優しかった  きみの笑顔信じ ひと筋につくした きのうの 恋 わすれて 北へ飛ぶエア・ライン  哀しみ ひとつ 切なさ ふたつ キャリー・バックに 隠そうか 思い出 ひとつ ため息 ふたつ 涙見せない  あの愛も この愛も みんな みんな きれいだった  哀しみ ひとつ 切なさ ふたつ ひろい集めて 飾ろうか 思い出 ひとつ ため息 ふたつ 数えきれない  あの人も この人も みんな みんな 優しかった
愛の水中花松原健之松原健之五木寛之小松原まさしこれも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって淋しいものよ 泣けないなんて そっと涙でほほを 濡らしてみたいわ ひとりぼっちの部屋の ベッドの上で ちょっとブルーな恋の 夢を見ている 乾いたこの花に 水をあたえてください 金色のレモンひとつ 胸にしぼってください わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって悲しいものよ 酔えないなんて そっとあなたの胸に あまえてみたいの そうよ人生なんて ドラマじゃないわ だから今夜はせめて 夢を見たいの 乾いたこの花に 水をあたえてください バラ色のワイングラス 胸にそそいでください 私は愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
金沢望郷歌~アルバム・バージョン~松原健之松原健之五木寛之弦哲也桜橋(さくらばし)から 大橋(おおはし)みれば 川の岸辺に かげろう揺(ゆ)れる 流れる雲よ 空の青さよ 犀星(さいせい)の詩(うた)を うつす犀川(さいがわ) この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱(だ)く街  春の風ふく 香林坊(こうりんぼう)に 小松砂丘(こまつさきゅう)の 句(ことば)がのこる 過ぎゆく歳月(とき)よ 街は変われど 辰巳の用水(みず)は 今日も流れて この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱(だ)く街  君を見送る 兼六園の 雪の白さが 心にしみる 飛びゆく鳥よ また逢う日まで 秋声(しゅうせい)の思い 胸にきざんで この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱(だ)く街
愛の水中花林あさ美林あさ美五木寛之小松原まさしこれも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって淋(さび)しいものよ 泣けないなんて そっと涙で頬を 濡らしてみたいわ ひとりぼっちの部屋の ベッドの上で ちょっとブルーな恋の 夢を見ている 乾いたこの花に 水を与えて下さい 金色のレモンひとつ 胸にしぼって下さい わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって悲しいものよ 酔えないなんて そっとあなたの胸に 甘えてみたいの そうよ人生なんて ドラマじゃないわ だから今夜はせめて 夢を見たいの 乾いたこの花に 水を与えて下さい バラ色のワイングラス 胸にそそいで下さい わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛
雨の舗道で松坂慶子松坂慶子五木寛之小松原まさし小松原まさし雨の街を 傘もささず 濡れて歩く あなたとふたり こんなふうに 肩をならべ 歩くことも もうないでしょう ああ 今夜かぎりのふたりなら 黙っていてほしい 今は Hand by hand with you Side by side in the rain Whispering good-bye Rambling in the rain  雨の舗道 涙ながし 濡れて歩く わたしはひとり あしたからは なにを信じ だれをあてに 生きるのでしょう ああ 今夜かぎりのふたりなら 知りたくないなにも 今は Hand by hand with you Side by side in the rain Whispering good-bye Rambling in the rain  ああ 今夜かぎりのふたりなら 知りたくないなにも 今は ルルル………
恋のメモリー松坂慶子松坂慶子五木寛之小松原まさし小松原まさし夜明けの光が 窓にさすころ あなたは この部屋を そっと出てゆく 別れの涙を 見られたくないから ねむったふりをして 指を噛んでる 愛するだけでは 生きて行けない だけど愛のない 暮しは いやよ  別れたあとから 思い出すのは ふたりで 旅をした 北のあの街 小さなホテルの 窓に風が吹く あなたはめずらしく すこし酔ってた 思い出だけでは 生きて行けない だけど夢のない 暮しは いやよ 思い出だけでは 生きて行けない だけど夢のない 暮しは いやよ
遠野ものがたり松原健之松原健之五木寛之立原岬宮崎慎二遠野の町に 舞い散る雪は 恋する女の 心を凍らせる 夜更けの宿で 二人で聞いた 遠い昔の物語 もしも私が 早池峰(はやちね)の 雪のお山に消えたなら あなた追いかけてくれますか 一緒に逃げてくれますか 遠いあなた 遠い 遠野の春は まだ遠い  座敷わらしの 幻消えて いとしいあなたの 面影また浮かぶ 合わせた肌の ぬくもり信じ 何も言わずにもう五年 もしも私が 小鳥瀬(こがらせ)の 川にこの身を投げたなら あなた飛び込んでくれますか 一緒に死んでくれますか 遠いあなた 遠い 私の明日は まだ遠い  もしも私が 早池峰(はやちね)の 雪のお山に消えたなら あなた追いかけてくれますか 一緒に逃げてくれますか 遠いあなた 遠い 遠野の春は まだ遠い
愛のうた松原健之松原健之五木寛之池高志櫻庭伸幸愛のうた ききたくて 風に吹かれ 旅に出る もういちど きみに会い 幸せだったと 言いたくて だけど光る海 白い砂 きみのほほえみが よみがえる 忘れないよ あの夏の日の 思い出さがしながら ひとり 忘れないよ あの愛の日の 思い出さがしながら ひとり  夜の空 見上げても きみのうたは きこえない 泣きたくて たちどまる ひとりぼっちの 寒い道 だけど光る星 白い月 きみのやさしさを いつまでも 忘れないよ あの夏の日の 思い出さがしながら ひとり 忘れないよ あの愛の日の 思い出さがしながら ひとり  忘れないよ あの夏の日の 思い出さがしながら ひとり 忘れないよ あの愛の日の 思い出さがしながら ひとり
浅野川恋唄松原健之松原健之五木寛之山崎ハコ暮れてゆく 北の街 なつかしい金沢 浅野川 流れにうかぶ 思い出の かけら 梅の橋から 東を抜けて あなたと渡る 仲之橋 鏡花のお芝居みたいね、と ふたりで笑った あれは遠い日  ふりむけば 主計町(かずえまち) 雨模様 金沢 浅野川 瞼に浮かぶ 滝の白糸 天神橋から 大橋見れば 戻らぬ恋の 糸車 鏡花の芝居じゃないだろ、と あなたに言われて 泣いた雨の日  みぞれ降る 夜の町 しみじみと 金沢 浅野川 白く流れて まだ春は 遠い 橋をかぞえて 川辺をゆけば 逢いたい気持ちが つのります 鏡花の世界に あこがれて いのちを燃やした あれは若い日
もし翼があったなら松原健之松原健之五木寛之羽毛田丈史もし 孤独を感じたら もし こころが乾いたら 旅に出よう あてもなく 今すぐに 地図にない 遠い国 はるばると  この世界の どこかにある やさしさに 真実に 出会ってみたくて この世界に きっときっといる 友達に 恋人に めぐりあう そのために  もし 空が飛べたなら もし 翼があったなら 飛んでいこう どこまでも 今すぐに 永遠の 故郷を 探すため  この世界の どこかにある やさしさに 真実に 出会ってみたくて この世界に きっときっといる 友達に 恋人に めぐりあう そのために  この世界の どこかにある やさしさに 真実に 出会ってみたくて この世界に きっときっといる 友達に 恋人に めぐりあう そのために
あなたに逢いたい八代亜紀八代亜紀五木寛之弦哲也こころの海を 船がゆく 青いけむりを 曳きながら 泪という名の 港から かなしみのせた 船が出る  愛しすぎて 信じすぎて また 愛をなくして ひとり あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あなたに 逢いたい  こころの海に 雪が降る 白い思い出 消しながら あなたと別れた あの日から ちがった女になりました 恋しすぎて つくしすぎて また愛をなくして ひとり あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あなたに 逢いたい  愛しすぎて 信じすぎて また 愛をなくして ひとり あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あゝ あなたに 逢いたい あなたに 逢いたい
冬のひまわり松原健之松原健之五木寛之弦哲也前田俊明夏の光に咲く花よりも 季節はずれの花が 好き そう言って あなたに笑われた あれは 遠い日 愛だけで 生きてゆけるなんて 思っちゃ いないけど 愛のない明日なんて 欲しくないから 風に吹かれて 春を待つ わたしは 冬の 冬の ひまわり  雪の夜道を歩きながら すこし汚れた雪が 好き そう言って あなたに笑われた あれは 遠い日 夢だけで 生きてゆけるなんて 思っちゃ いないけど 夢のない暮しなんて 欲しくないから 風に吹かれて 春を待つ わたしは 冬の 冬の ひまわり  風に吹かれて 春を待つ わたしは 冬の 冬の ひまわり
織江の唄松坂慶子松坂慶子五木寛之山崎ハコ遠賀川 土手の向こうにボタ山の 三つ並んで見えとらす 信ちゃん 信介しゃん うちはあんたに逢いとうて カラス峠ば 越えて来た そやけん 逢うてくれんね 信介しゃん すぐに田川に 帰るけん 織江も大人に なりました  月見草 いいえそげんな花じゃなか あれはセイタカアワダチ草 信ちゃん 信介しゃん うちは一人になりました 明日は 小倉の夜の蝶 そやけん 抱いてくれんね 信介しゃん どうせ汚れて しまうけん 織江も大人に なりました  香春岳(かわらだけ) バスの窓から中学の 屋根も涙でぼやけとる 信ちゃん 信介しゃん うちはあんたが好きやった ばってんお金にゃ 勝てんもん そやけん 手紙くれんね 信介しゃん いつかどこかで 逢えるけん 織江も大人に なりました
冬の旅倍賞千恵子倍賞千恵子五木寛之小六禮次郎越後はつついし 親不知(おやしらず) はるかな波間に 日が沈む ひゅるる ひゅるる 寒い風が 吹くだけ  あなたと旅した思い出を たずねて ここまできたけれど ひゅるる ひゅるる 夜の海が 鳴るだけ  こんなに愛しても 心がとどかない これから私は どうすればいいのでしょうか  東へむかえば 糸魚川(いといがわ) 直江津(なおえつ)あたりで 雪になる ゆらり ゆらり 遠い灯り 揺れてる  むかしの瞽女(ごぜ)なら 迷わずに 信じて 歩いていくでしょう ゆらり ゆらり わたし 明日(あす)が見えない  こんなに愛しても 心がとどかない これから私は どうすればいいのでしょうか  こんなに愛しても 心がとどかない これから私は どうすればいいのでしょうか
あの町へ帰りたい松原健之松原健之五木寛之弦哲也前田俊明たそがれの 歩道橋から しみじみと 北国のふるさとを 思い出してます 金沢を はなれて 二年 あんずの花は 咲いただろうか 君はかわらず きれいだろうか ああ 帰りたい あの町へ ああ 帰りたい 君の 君のすむ町へ  川のない 街はさびしい ささやかな 夢だけを 大切に ひとり生きてます 雪の中 別れて 二年 あの日の言葉は 忘れないけど 君はいつまで 待てるだろうか ああ 帰りたい あの町へ ああ 帰りたい 雪の 雪のふる町へ  金沢を はなれて 二年 あんずの花は 咲いただろうか 君はかわらず きれいだろうか ああ 帰りたい あの町へ ああ 帰りたい 君の 君のすむ町へ
夜のララバイ藤田まこと藤田まこと五木寛之弦哲也伊藤弘一・前田俊明優しいと いう字を 人を憂(うれ)うと読んでみる いつも そのこと 思うたび つらい気持ちに なってくる 優しいだけでは 生きられず つよくなるだけ こころがさむい だから せめて こんな夜は あかりを消して ひとりで うたう 子守歌  偲(しの)ぶと いう字を 人を思うと 書いてみる だけど 昔の思い出に すがる気持ちは ないんだよ この世に生きると いうことは 胸をはるだけ 背中がさむい だから せめて こんな夜は 自分のために ひとりで うたう 子守歌  だから せめて こんな夜は 自分のために ひとりで うたう 子守歌  ララバイ ララバイ ラララーラバイ ララバイ ララバイ ララララララバイ hum.…(ハミング) ラララ ララーラ バイ
思い出の街松原健之松原健之五木寛之加藤敏治宮崎慎二地下鉄の駅から五分 学生時代の街へ来て なつかしい店を探す 古本屋キリン堂 きみとはじめて 出会った店 いまも そのまま あるだろか 透明な日ざしをあびて 思い出の街を歩く 青春の匂いは遠く 行きかうは見知らぬ人びと  本棚のチェーホフ全集 ほとんど読まないままに 情けない値段で売った 古本屋キリン堂 きみを誘って 海を見に行く あれは 五月の晩だった 透明な日ざしをあびて 思い出の街を歩く 青春の匂いは遠く 行きかうは見知らぬ人びと  傷ついて きみとも別れ 一本のビールに酔って 看板を足で蹴った 古本屋キリン堂 あれから五年 季節(とき)はながれて いまは 知らない店ばかり 透明な日ざしをあびて 思い出の街を歩く 青春の匂いは遠く 行きかうは見知らぬ人びと  青春の匂いは遠く 行きかうは見知らぬ人びと 青春の匂いは遠く 行きかうは見知らぬ人びと
星の旅びと松原健之松原健之五木寛之幸耕平宮崎慎二やさしさを求めて この町まできたの ほんとの自分を さがすため 鳥や風の歌に 疲れたこころも いつか忘れて 歩きだす 幾千年の星のかなたへ 幾千年の愛の世界へ あなたと とびたい この坂をのぼったら あなたに会えますか  西の空 夕焼け 遠くで鐘の音 なくした わたしの子守唄 生まれかわるために 素直な気持ちで そっと 両手を合わせます 幾千年の星のかなたへ 幾千年の愛の世界へ ふたりで とびたい あの空を見あげたら あなたが見えますか  幾千年の星のかなたへ 幾千年の愛の世界へ いっしょに とびたい この坂をのぼったら あなたに会えますか あなたに会えますか
内灘海岸松原健之松原健之五木寛之弦哲也若草恵アカシアの花が見たくて 北行きのバスに乗りました 携帯も 文庫も持たず 遠い町から 訪ねてきました はらはらと風に散る 思い出の花びら あの夏も あの人も もう二度と帰らない ああ アカシアの白い道 ひとりの海です 内灘海岸  潮騒(しおさい)の歌を聴(き)こうと 内灘の駅でおりました あの日から 四年が過ぎて 少し大人になっただろうか お互いに若すぎて 愛だとも知らずに あの夢も あの愛も もう二度と帰らない ああ アカシアの白い丘 ひとりの海です 内灘海岸  ああ アカシアの白い道 ひとりの海です 内灘海岸
金沢望郷歌GOLD LYLIC松原健之GOLD LYLIC松原健之五木寛之弦哲也前田俊明桜橋(さくらばし)から 大橋(おおはし)みれば 川の岸辺に かげろう揺(ゆ)れる 流れる雲よ 空の青さよ 犀星(さいせい)の詩(うた)を うつす犀川(さいがわ) この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱(だ)く街  春の風ふく 香林坊(こうりんぼう)に 小松砂丘(こまつさきゅう)の句(ことば)がのこる 過ぎゆく歳月(とき)よ 街は変われど 辰巳の用水(みず)は 今日も流れて この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱(だ)く街  君を見送る 兼六園の 雪の白さが 心にしみる 飛びゆく鳥よ また逢う日まで 秋声(しゅうせい)の思い 胸にきざんで この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱(だ)く街  この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱(だ)く街
もし翼があったなら五木ひろし五木ひろし五木寛之羽毛田丈史若草恵もし 孤独を感じたら もし こころが乾いたら 旅に出よう あてもなく 今すぐに 地図にない 遠い国 はるばると  この世界の どこかにある やさしさに 真実に 出会ってみたくて この世界に きっときっといる 友達に 恋人に めぐりあう そのために  もし 空が飛べたなら もし 翼があったなら 飛んでいこう どこまでも 今すぐに 永遠の 故郷を 探すため  この世界の どこかにある やさしさに 真実に 出会ってみたくて この世界に きっときっといる 友達に 恋人に めぐりあう そのために  この世界の どこかにある やさしさに 真実に 出会ってみたくて この世界に きっときっといる 友達に 恋人に めぐりあう そのために
だけどYOKOHAMA五木ひろし五木ひろし五木寛之五木ひろし今泉敏郎古いブルースも バンド・ホテルの灯(ひ)も いまは消えて ちょっとさびしい YOKOHAMA 夜空に輝く ベイプリッジ 白く だけど今夜は それもむなしい YOKOHAMA  季節(とき)は流れてゆく 街も人も変るよ だけど だけど YOKOHAMA もういちど YOKOHAMA  きみと夜明けまで 本牧(ほんもく)で踊って 疲れて帰る 海岸通り YOKOHAMA いまはハマジルも メリーさんも消えて 『みなと・みらい』に 人は集(つど)う YOKOHAMA  季節(とき)は流れてゆく 街も人も変るよ だけど だけど YOKOHAMA もう一度 YOKOHAMA  季節(とき)は流れてゆく 街も人も変るよ だけど だけど YOKOHAMA もういちど YOKOHAMA
金沢望郷歌五木ひろし五木ひろし五木寛之弦哲也前田俊明桜橋(さくらばし)から 大橋(おおはし)みれば 川の岸辺に かげろう揺れる 流れる雲よ 空の青さよ 犀星(さいせい)の詩(うた)を うつす犀川(さいかわ) この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱く街  春の風ふく 香林坊(こうりんぼう)に 小松砂丘(こまつさきゅう)の 句(ことば)がのこる 過ぎゆく歳月(とき)よ 街は変れど 辰巳の用水(みず)は 今日も流れて この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱く街  君を見送る 兼六園の 雪の白さが 心にしみる 飛びゆく鳥よ また逢う日まで 秋声(しゅうせい)の思い 胸にきざんで この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱く街  この街に生まれ この街に生きる わがふるさとは金沢 夢を抱く街
大河の一滴 ~A Drop of Water~五木ひろし五木ひろし五木寛之加古隆人はみな 世界に ただ ひとつの生命(いのち)を 抱きしめて 流れゆく 遠い海の かなたへ  A Life is like a River Flowing down to far Oceans, A Drop of Water in the Mighty River  人はみな 世界に ただ ひとりの 旅びと その いのち 大河の 一滴の 水にも  人はみな こころに 哀しみを 隠して ほほえみを かわしあう 恋びとの ように  A Life is like a River Flowing down to far Oceans, A Drop of Water in the Mighty River  あなたの愛 ふたりの夢 現在(いま)を生きてる 私たち いつかは終る 人生だけど 明日を信じて 生きる  人はみな 世界に ただ ひとりの 旅びと その いのち 大河の 一滴の 水にも
哀しい癖五木ひろし五木ひろし五木寛之五木ひろし川村栄二別れに女は泣くものと きめてるあなたに 悪いけど 笑顔で さよなら言いましょう そうよ ほんとは辛いけど ゆずれぬ 女の意地がある 哀しい癖です ああ また 痩せがまん  子供のころから 意地っぱり 泣きたいときには 空を見る 無理して明るく 生きてきた そうよ あなと別れても どこかで まぎらし生きてゆく 哀しい癖です ああ また 痩せがまん  こころに 木枯らし吹く夜は ちょっぴり濃いめの お湯割りを 涙で薄めて 飲んでます そうよ 死ぬほど辛くても ジョークでまぎらし生きてゆく 哀しい癖です ああ また 痩せがまん また 痩せがまん
青年は荒野をめざす五木ひろし五木ひろし五木寛之加藤和彦前田俊明ひとりで行(ゆ)くんだ 幸せに背を向けて さらば恋人よ なつかしい歌よ友よ いま 青春の河を越え 青年は 青年は 荒野(こうや)をめざす  もうすぐ夜明けだ 出発の時がきた さらばふるさと 想い出の山よ河よ いま 朝焼けの丘を越え 青年は 青年は 荒野をめざす  みんなで行くんだ 苦しみを分けあって さらば春の日よ ちっぽけな夢よ明日(あす)よ いま 夕焼けの谷を越え 青年は 青年は 荒野をめざす  ひとりで行くんだ 幸せに背を向けて さらば恋人よ なつかしい歌よ友よ いま 青春の河を越え 青年は 青年は 荒野をめざす
あなたに五木ひろし五木ひろし五木寛之五木ひろしボブ佐久間幕が降りたあとの 暗いステージでs きょうも思いだすのは 遠い昔のこと 名もなくて 貧しくて 孤独だった青春 だれも信じられずに 飢えた目をして だけど愛する歌と あなたの拍手に 支えられ 励まされて きょうまで うたってきました ありがとう 心から あなたに あなたに ありがとう この歌を あなたに あなたに  歌をきいてくれる 人も少なくて 夜の寒い部屋で ギターだいて眠る かなしくて 苦しくて 震えていた青春 色あせた希望だけが 胸にあふれて だけどひとつの歌と あなたの笑顔に 助けられ みちびかれて ここまで 歩いてきました ありがとう 心から あなたに あなたに ありがとう この歌を あなたに あなたに  ありがとう 心から あなたに あなたに ありがとう この歌を あなたに あなたに あなたに あなたに
ふりむけば日本海GOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし五木寛之五木ひろし川村栄二北へ急ぐ女(ひと)も 西へむかう男(ひと)も みんな背中に 夢を ひとつずつしょっている だけど おれは ひとり あてもなく 海ぞいの町をゆく  帰りたい 帰りたくない 迷う心で ふりむけば 日本海 海鳥の歌も きこえない  五勺(ごしゃく)の酒に酔って 故郷(くに)の唄をうたえば 寒い町にも ぽつんと あたたかい灯がともる なぜに こうまで 意地を 通すのか 時代に背をむけて  信じたい 信じてほしい あの日の愛を ふりむけば 日本海 如月(きさらぎ)の 白い風が吹く  きっと いつかは あなたに とどけたい こころの真実を  忘れない 忘れたくない ふたりの夢を ふりむけば 日本海 さすらいの胸に 陽(ひ)が昇る
星の旅びと石川さゆり石川さゆり五木寛之幸耕平竜崎孝路やさしさを求めて この町まできたの ほんとの自分を さがすため 鳥や風の歌に 疲れたこころも いつか忘れて 歩きだす  幾千年の星のかなたへ 幾千年の愛の世界へ あなたと とびたい  この坂をのぼったら あなたに 会えますか  西の空 夕焼け 遠くで鐘の音 なくした わたしの子守唄 生まれかわるために 素直な気持ちで そっと 両手を合わせます  幾千年の星のかなたへ 幾千年の愛の世界へ ふたりで とびたい  あの空を見あげたら あなたが見えますか  幾千年の星のかなたへ 幾千年の愛の世界へ いっしょに とびたい  この坂をのぼったら あなたに 会えますか あなたに 会えますか
雑草の泪田川寿美田川寿美五木寛之幸耕平竜崎孝路道に咲いてる 名もない花にも きっと 名前も 大事な夢もある こんな切ない 世の中だけど わたしは 泣きません 人はそれぞれ 涙の河を 明日を信じて 越えてゆく  恋をして ころんでも きれいな笑顔で 心の花を 咲かせてみせます もう一度  雨に濡れてる 小さな草にも 口に出せない こころの傷がある ひとりぼっちは 淋しいけれど わたしは 泣きません 人はそれぞれ 涙の河を 小舟のように 揺れてゆく  恋なんて なくしても 元気な笑顔で 大きな愛を 咲かせてみせます もう一度  恋をして ころんでも きれいな笑顔で 心の花を 咲かせてみせます もう一度
愛をもう一度前川清前川清五木寛之都志見隆井上鑑きみの優しい言葉を くり返し 思い出す 過ぎた遠い日の夢が どうしても まだ消せない  ふたりで一緒に 暮そうと なんども約束したのに  季節は流れゆく もうもどれない だけど どうしようもない  きみを忘れ あたらしい人生へと 旅立つ そのために もう一度 愛を  いつも煙草をやめてと 口ぐせに 言ってたね それで喧嘩してたのに 気がつけば もう吸わない  部屋から見える 海が好きで あきずに眺めていたのに  季節は流れゆく もうもどれない だから忘れるしかない  顔をあげて これからの人生へと 出なおす そのために もう一度 愛を  日暮れの坂道 あの海も もう見えないよ  きみを忘れ あたらしい人生へと 旅立つ そのために もう一度 愛を
夜明けのタンゴ松坂慶子松坂慶子五木寛之小松原まさし小松原まさしだから いま いま いま 愛してる  いまだけの恋なら いますぐに燃やして いまだけの人生 踊ってタンゴ 夜が明けたら 恋は死ぬのよ 何も言わずに アディオス アモール 明日なんかは 知らないわ いまだけの恋なら いますぐに燃やして いまだけの人生 踊ってタンゴ だから いま いま いま 愛してる  いまだけの夢なら いますぐに酔わせて いまだけの命を 歌ってタンゴ 夜が明けたら 夢は死ぬのよ 何もいわずに アディオス アモール 涙なんかは 知らないわ いまだけの夢なら いますぐに酔わせて いまだけの命を 歌ってタンゴ だから いま いま いま 愛してる  夜が明けたら 恋は死ぬのよ 何も言わずに アディオス アモール 明日なんかは 知らないわ いまだけの恋なら いますぐに燃やして いまだけの人生 踊ってタンゴ だから いま いま いま 愛してる
女人高野田川寿美田川寿美五木寛之幸耕平若草恵ひとりで行かせて この奥山は 女人高野(にょにんこうや)と 申します 愛も 明日も あきらめて 涙 おさめに まいります  通りゃんせ 通りゃんせ ここは どこの 細道じゃ 若い命を 惜しむよに 花が散ります はらはらと  燃えて咲くなら それでいい 枯れて散るなら それもいい ここは室生寺(むろうじ) 鐘の音 ああ  恋しくて 切なくて 女人高野の 風に泣く  その手をはなして ここから先は 女人高野の おんな道 夢も みれんも ふり捨てて 命 洗いに まいります  通りゃんせ 通りゃんせ 行きは よいよい 帰りはこわい 迷うわたしを 招くよに 灯り揺れます ゆらゆらと  春に出会えりゃ それでいい 冬に別れりゃ それもいい ここは室生寺 鎧坂 ああ  逢いたくて 苦しくて 女人高野の 夜に泣く   燃えて咲くなら それでいい 枯れて散るなら それもいい ここは室生寺 鐘の音 ああ  恋しくて 切なくて 女人高野の 風に泣く 
浅野川恋唄田川寿美田川寿美五木寛之山崎ハコ宮崎慎二暮れてゆく 北の街 なつかしい 金沢 浅野川 流れにうかぶ 思い出の かけら 梅の橋から 東を抜けて あなたと渡る 仲之橋 鏡花のお芝居みたいね、と ふたりで笑った あれは遠い日  ふりむけば 主計町 雨模様 金沢 浅野川 瞼に浮かぶ 滝の白糸 天神橋から 大橋見れば 戻らぬ恋の 糸車 鏡花の芝居じゃないだろ、と あなたに言われて 泣いた雨の日  みぞれ降る 夜の町 しみじみと 金沢 浅野川 白く流れて まだ春は 遠い 橋をかぞえて 川辺をゆけば 逢いたい気持ちが つのります 鏡花の世界に あこがれて いのちを燃やした あれは若い日
汽車は八時に出る森進一森進一五木寛之ミキス・テオドラキス冬の日は落ちて 細い月が昇る 暗いあなたの目に そっと口づける 今は別れの時 二度と還らぬ夢 汽車は八時に出る  髪を短く切り 口紅も落として 黒い服を着るわ こころ閉ざして 今は別れの時 二度と還らぬひと 汽車は八時に出る  時は流れゆく 悲しみを重ねて 人は運命(さだめ)に泣く みなしごのように 今は別れの時 二度と還らぬ愛 汽車は八時に出る 今は別れの時 二度と還らぬ愛 汽車は八時に出る
切なくて森進一森進一五木寛之徳久広司こころに木枯らし 吹くような さびしい夜には 手枕で むかしのアルバム かけてます いつか一緒に きいた歌 小節(こぶし)のくせまで あざやかに おぼえているのが ああ また 切なくて  別れて三年 すぎたけど ふたりで暮らした あの部屋に 無口な女で 住んでます 髪を染めたり したけれど こころはすこしも 晴れません 変れぬ自分が ああ また 切なくて  朝だけ日のさす ベランダに あなたが育てた こでまりが 今年もきれいに 咲きました 白いちいさな 花影に あなたの笑顔が 揺れてます 月日のたつのが ああ また 切なくて
この世に人と生まれたからは森進一森進一五木寛之佐原一哉海のいろ 青く こころを染める 赤いデイゴの 花影ゆけば いつの日か花を 咲かせてみたい この世に人と 生まれたからは  花は花 人は人 鳥は鳥 風は風 このいのち ひとすじに 生まれて 咲いて 散るならば  春の風 吹けば こころも揺れる 涙がほろり 思い出ゆらり 真実の愛に出会ってみたい この世に人と 生まれたからは  花は花 人は人 鳥は鳥 風は風 このいのち ひとすじに 生まれて 咲いて 散るならば  花は花 人は人 鳥は鳥 風は風 このいのち ひとすじに 生まれて 咲いて 散るならば  生まれて 咲いて 散るならば
男と女森進一森進一五木寛之吉幾三こころの海から船がでる いのちの港へ着く船が 恋とか愛とかいうけれど 言葉なんかは信じない  汽笛を鳴らして男から女へ いのちを燃やして女から男へ 船が着いたらきっと夜が明ける  なみだの海から船がでる 別れの岬(みさき)へ着く舟が 運とか縁(えん)とかいうけれど 宿命(さだめ)なんかは信じない  なみだをかくして女から男へ こころをかさねて男から女へ 船が着いたらきっと日が昇る  汽笛を鳴らして男から女へ いのちを燃やして女から男へ 船が着いたらきっと夜が明ける
夜明けの空森進一森進一五木寛之弾厚作夜明けの空に 翔(と)びたつ鳩よ どこまで翔ぶのか 向かい風のなかを つばさがほしい あの鳩になれたなら 知らない世界へ はばたいてゆくのに きみとつばさをならべ あの空を翔ぶのに どこまでも 夜明けの空に ひとりで祈る いつか翔びたつ 明日がくるように  夜明けの空に ながれる雲よ 疲れたこころを そっと包むように 自由がほしい あの雲になれたなら きみがまっている あの街へいくのに 二度と離しはしない きみの愛信じて いつまでも 夜明けの空に ひとりでうたう いつか旅立つ 朝をまちながら いつか旅立つ 朝をまちながら
哀歌森進一森進一五木寛之三木たかし人を愛しては 傷ついてきたけど こんどだけは きっとちがうと感じた この世は愛だけで 生きてはゆけないと わかっていても やっぱり夢を見ていた だけど季節は過ぎ 愛がこわれてゆく なぜかこわれてゆく 心ただ うつろに  人はそれぞれに 生きるものだけれど あなたのいない 明日(あした)なんていらない 哀しみを笑顔で ごまかしたりせずに 泣いて後を追うわ 子供のように だけど いつかはきっと 愛は還(かえ)ってくる きっと還ってくる 待つわ ただ信じて  だけど いつかはきっと 愛は還ってくる きっと還ってくる 待つわ ただ信じて 待つわ ただ信じて
内灘愁歌森進一森進一五木寛之佐原一哉はるばると続く アカシアの丘に 海鳴りの 海鳴りの 音 とうとうと響く 夏の日の想い出を 訪ねてひとり 白い砂丘をゆけば 光る日本海 友はどこに 歌はどこに 歳月(とき)はいま 流れて 燃える思い 熱い心 よみがえれ この胸に 内灘の海よ  ひゅうひゅうと歌う 潮風の浜に 面影は 面影は ただ ゆらゆらと揺れる あの頃は若すぎて 許す優しさも 愛も忘れてひとり 明日(あす)をみつめてた きみはどこに 夢はどこに 歳月(とき)はいま 流れて 燃える思い 熱い心 よみがえれ この胸に 内灘の海よ  友はどこに 歌はどこに 歳月(とき)はいま 流れて 燃える思い 熱い心 よみがえれ この胸に 内灘の海よ
わたしの愛森進一森進一五木寛之西村由紀江憎らしい あなたの言葉に 傷ついた ふりしてるけど それは嘘 ほんとうは 大好きよ くやしいけれど だれよりも あなたの心に ながいこと 住んできたから なにもかも わかるの それが わたしの愛 ふたりで 暮らすということは なにかを 失うことだけど あなただけは 夢をすてずに 生きてほしいの ほら あの広い 空に流れる 自由な雲の ように また 強がりを 言ってるねと きっと 笑われ そうだけど  以前から 感じていたけど ときどき ふっと黙り込む さみしげな あなたが 気になるの 言わないけれど 何よりも あなたの気持ちを 大切に 生きてきたから なんとなく わかるの 年の差 なんかは気にせずに きょうまで 暮らしてきたけれど わたしだけが たぶんどこかで 無理をしてたのね そう これからは 自分を大事に それぞれの道 歩きましょう ほら ちょっぴり 涙も出るけど それが わたしの 愛だから
こころの雫森進一森進一五木寛之徳久広司風の吹く日も 雨の日も がんばれ がんばれ がんばれと 自分をはげまし 生きてきました そんなわたしの 乾いた胸に あなたの 言葉がしみる 人はだれでも 泣きながら この世に生まれて きたんだよ たまには涙も ながしてごらん  いつもひとりで かたくなに 頼るな 頼るな 頼るなと 突っぱりとおして 生きてきました なのにいまごろ こころの奥に あなたの 言葉がしみる 花もいつかは 散るんだよ みんな還って 往くんだよ たまにはその手を 合わせてごらん  ながい冬にも 嵐にも 負けるな 負けるな 負けるなと こころを逆立て 生きてきました なぜか今夜は お酒のせいか あなたの 言葉がしみる とおい春でも いつかくる きっと待ってる 人もいる たまには笑顔で 甘えてごらん
青年は荒野をめざすザ・フォーク・クルセダーズザ・フォーク・クルセダーズ五木寛之加藤和彦ひとりで行くんだ 幸せに背を向けて さらば恋人よ なつかしい歌よ友よ いま青春の河を越え 青年は青年は 荒野をめざす  もうすぐ夜明けだ 出発の時がきた さらばふるさと 想い出の山よ河よ いま朝焼けの丘を越え 青年は青年は 荒野をめざす  みんなで行くんだ 苦しみを分けあって さらば春の日よ ちっぽけな夢よ明日よ いま夕焼けの谷を越え 青年は青年は 荒野をめざす
織江の唄GOLD LYLIC山崎ハコGOLD LYLIC山崎ハコ五木寛之山崎ハコ遠賀川(おんががわ) 土手の向こうにボタ山の 三つ並んで 見えとらす 信ちゃん 信介しゃん うちは あんたに逢いとうて カラス峠ば 越えて来た そやけん 逢うてくれんね 信介しゃん すぐに田川に 帰るけん 織江も 大人に なりました  月見草 いいえそげんな花じゃなか あれは セイタカアワダチ草 信ちゃん 信介しゃん うちは 一人になりました 明日(あす)は 小倉の夜の蝶 そやけん 抱いてくれんね 信介しゃん どうせ汚れて しまうけん 織江も 大人に なりました  香春岳(かわらだけ) バスの窓から中学の 屋根も 涙でぼやけとる 信ちゃん 信介しゃん うちは あんたが好きやった ばってんお金にゃ 勝てんもん そやけん 手紙くれんね 信介しゃん いつかどこかで 逢えるけん 織江も 大人に なりました
愛の水中花GOLD LYLIC松坂慶子GOLD LYLIC松坂慶子五木寛之小松原まさし小松原まさしこれも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって淋しいものよ 泣けないなんて そっと涙でほほを 濡らしてみたいわ ひとりぼっちの部屋の ベッドの上で ちょっとブルーな恋の 夢を見ている 乾いたこの花に 水をあたえてください 金色のレモンひとつ 胸にしぼってください わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛  だって悲しいものよ 酔えないなんて そっとあなたの胸に あまえてみたいの そうよ人生なんて ドラマじゃないわ だから今夜はせめて 夢を見たいの 乾いたこの花に 水をあたえてください バラ色のワイングラス 胸にそそいでください わたしは愛の水中花 これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛
燃える秋ハイ・ファイ・セットハイ・ファイ・セット五木寛之武満徹田辺信一燃える 秋 揺れる 愛のこころ ひとは 出逢い ともに 生きてゆく  燃える 秋 消える 愛の蜃気楼(ミラージュ) ひとは 別れ 遠い 旅に出る  Oh, Glowing Autumn and Glowing Love Oh, Glowing Love In my Heart, La La Lu...... Glowing Love In my Heart  燃える 秋 空は ペルシャンブルー ひとは 夢み 詩(うた)は 風に消え  夏は 逝(ゆ)き めぐる 愛の季節 ひとは 信じ 明日(あす)を 生きてゆく  Oh, Glowing Autumn and Glowing Love Oh, Glowing Love In my Heart, La La Lu… Glowing Love In my Heart  Oh, Glowing Autumn and Glowing Love Oh, Glowing Love In my Heart, La La Lu… Glowing Love In my Heart
INDIAN SUMMER麻倉未稀麻倉未稀五木寛之いまなりあきよしひとりでいる時の 淋しさよりも ふたりでいる時の 孤独の方が苦しいわ 肩を並べて海を 見ているふたりの姿は きっと愛し合う 恋人らしく見えるでしょう  だけど 今はもう 何も話す事もなく 思い出は 色あせた 古い映画のようで ふたりはただ ぼんやり 坐っているだけ  Ah- Indian Summer 澄んだ陽射しの中に Uhm- Indian Summer 遠い景色の中に  だまっている時の せつなさよりも はしゃいでいる時の笑顔の方がむなしいわ テニスコートでボールを 追ってるふたりの姿は たぶん仲のいい 恋人らしく 見えるでしょう  だけど あなたはもう 私 忘れてしまった これからは 別々に 違う世界で暮す ふたりはただ 陽気に 笑っているだけ  Ah- Indian Summer 澄んだ陽射しの中に Uhm- Indian Summer 遠い景色の中に  Ah- Indian Summer 澄んだ陽射しの中に Uhm- Indian Summer 遠い景色の中に
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 限りなき挑戦 -OPEN GATE-
  3. Trust Me, Trust You.
  4. DESIRE
  5. Remember My Love

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 転生したら王子様だった件!
  2. Ready Go!!
  3. 倶に
  4. Blue Moon
  5. FROG MAN

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照