長谷川智樹編曲の歌詞一覧リスト  106曲中 1-106曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
106曲中 1-106曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
living東山奈央東山奈央東山奈央長谷川智樹長谷川智樹少し早く起きた朝は とっておきのカップ 準備して始めよう  空は高く 風は澄んで お気に入りの香り流れれば いい気分  ほら、かららからっと一粒ずつ ねえ奏でてみる? 豊かなリズム 手間も暇もかけて blew with you 愛が膨らむ  香りの花 咲いていくわ 香ばしさに心ほどかれて いい気分  いま、ふわわふわっと部屋を満たす この愛しさごと注いでいく 酸いも甘いも飲み干す with you 愛が深まる  愛が深まる  Pa Pa Pa……
デレぱにぱにック原紗友里&青木瑠璃子 from CINDERELLA PARTY!原紗友里&青木瑠璃子 from CINDERELLA PARTY!原紗友里・青木瑠璃子長谷川智樹長谷川智樹デーレーパー  ででででれぱ でででデレパ ででデレパので ×4  でっかい 出店 出禁 電話 出落ち でんでん虫  楽して楽しんで デレパをデコレーション☆  見たいもの見つけて デレパと出かけよう♪  行きたいとこ行って デレパとデートしよう  言いたいこと言って デレパの出来上がり!!!!!  れれれでれぱ れれれデレパ れれデレパのれ ×4  歴史 霊長類 冷蔵庫で レボリューション  知らないこと知って デレパ↑↑レベルアップ↑↑  ぱぱぱでれぱ ぱぱぱデレパ ぱぱデレパのぱ  パパ パフェつくって パンつくって パトロール  食べたいもの食べて デレパのパラダイス  やりたいことやって デレパはパーフェクト  デレ デレ デレ デレ デレパ!デレパ!デレパ!デレパ! デレパ!デレパ!デレパ!でれっぱー!
夏のBang!!星井美希(長谷川明子)、萩原雪歩(浅倉杏美)、高槻やよい(仁後真耶子)、双海亜美(下田麻美)、双海真美(下田麻美)、城ヶ崎美嘉(佳村はるか)、諸星きらり(松嵜麗)、伊吹翼(Machico)、桜守歌織(香里有佐)、小宮果穂(河野ひより)、奧空心白(田中あいみ)星井美希(長谷川明子)、萩原雪歩(浅倉杏美)、高槻やよい(仁後真耶子)、双海亜美(下田麻美)、双海真美(下田麻美)、城ヶ崎美嘉(佳村はるか)、諸星きらり(松嵜麗)、伊吹翼(Machico)、桜守歌織(香里有佐)、小宮果穂(河野ひより)、奧空心白(田中あいみ)ミズノゲンキ長谷川智樹長谷川智樹ハレルヤAre you ready? ド派手なお祭り 波風もハシャいじゃってOn the beach! アツくなる (Bang! Bang! Bang!) フェスティバル (Sun! Sun! Sun!) 巻き起こす (Bang! Bang! Bang!) Step in 胸キュン  トキメキEverybody 溢れるエネルギー 渇いた喉にもっとHoney juice シゲキ的 (Bang! Bang! Bang!) アドレナリン (Sun! Sun! Sun!) 満タンだし (Bang! Bang! Bang!) Rock on かわE  夏のせいだねSay yeah ハジけ飛ぶほどBaby 日焼け跡にアモーレ 今をぜんぶ遊んで Dan Dan Dan 止まらない系 Dan Dan Dan 全開で Dan Dan Dan さあ行こうぜ (Oi! Oi! Oi! Oi! Oi! Oi! Oi! Oi!)  ギラギラお日さま ジリジリ砂浜 頭からつま先Like it hot! ドキッとした (Bang! Bang! Bang!) あからさま (Sun! Sun! Sun!) 大胆なサマー (Bang! Bang! Bang!) Hands up ばんざーい!  ココロゆくまでEnjoy 上がり続けるテンション まだまだ終わらないっしょ 好きに楽しんでみよう Dan Dan Dan 青い空 Dan Dan Dan 騒ぐパワー Dan Dan Dan 燃えちゃいな (Oi! Oi! Oi! Oi! Oi! Oi! Oi! Oi!)  一年にひとつ 巡ってくる季節 逃しちゃもったいないねHere we go! アツくなる (Bang! Bang! Bang!) フェスティバル (Sun! Sun! Sun!) 巻き起こす (Bang! Bang! Bang!) Step in 胸キュン 真夏! Dance with you! So do you!
私たちになりたくて石田燿子石田燿子秋元康井上望長谷川智樹あなたと出逢ってから 胸の奥で光ってる 愛しさが切なくて 静かに瞳を閉じた  なんでもないしぐさも ごく普通の言葉も 思いだすその度 涙が出そうになる  恋はLonely Lonely heart ひとりぼっちよ Lonely Lonely heart 喜びもかなしみもいつだって 私だけの夢の中 恋はLonely Lonely heart だけどきっと いつの日にか あなたの強い腕に抱かれながら 私たちになりたくて‥‥  あなたのすぐ近くで ずっと私まってるの 気づいてはくれなくて なんどもがっかりしたわ  誰かを好きになると 何故こんなに苦しいの 私だけひとりが 風邪をひいたみたいに‥‥  今はBaby Baby love どうぞお願い Baby Baby love 淋しさにまけそうなその時は 手鏡を覗かせて 今はBaby Baby love 泣いた夜もいつの日にか 昔をなつかしんで 笑い合える 私たちになりたくて‥‥  誰も知らない Secret tears 拭える人は Only 私より 私たちになりたくて‥‥  恋はLonely Lonely heart ひとりぼっちよ Lonely Lonely heart 喜びもかなしみもいつだって 私だけの夢の中 恋はLonely Lonely heart だけどきっと いつの日にか あなたの強い腕に抱かれながら 私たちになりたくて‥‥
ネオ東京唱歌上坂すみれ上坂すみれ志磨遼平志磨遼平長谷川智樹西の国から 東の国まで 北を南への 大騒ぎ  (ソレ) トントントン トカトントン トントントン トントントン トカトントン トントントン 若い心に 穴が裂く  令和の空に 仰ぐ万国旗 花に嵐の 顔と顔  (ソレ) トントントン トカトントン トントントン トントントン トカトントン トントントン むなしや 槌が鳴り止まぬ  あゝ 盛り上がれない 我らは非国民 かよわきは 乙女の罪  おとなが決めないで 今 いいところなの いつも 守るふりをして 奪うでしょ  わたしのこの国で わたしが代表 “メダルあげる”とかやめて わたしが決めるの  勝った負けたばっか やだわ 争って競って やだわ ここは東京 好きにしてね  いのち短し 乙女の恋なら 四年は待てぬ きょうのうた  胸にむすんだリボンは 万国の乙女の ラララ 団結のしるし 飾りじゃないので  あなたが望むなら わたしが相手よ メダルはあなたにあげる けど さんをつけてね  ここは東京 わたしたちのもの
いつか Shiny Daysシャイニーカラーズシャイニーカラーズ鈴木静那山田智和長谷川智樹追いかけても追いかけても 簡単には届かなくて 叶えたくて叶えたくて この手を伸ばしつづけてる  何度も立ち止まったり 遠回りもしたけれど わたしなりの一歩一歩 少し形になったのかな  いつか Shiny Days この胸のときめきは 大きな大きな空をかける まっすぐに育ててゆくから 今は小さくても 溢れる かけがえない時間を そっとひとつひとつ重ねて 揺るがない決意を抱(だ)きながら また歩いてゆこう  いくつもの季節のなかで あなたと気持ちが近づく 思い出の数が増えると 流す涙も増えるんだね  変わらないその笑顔で 背中押してくれるから 前を向いていたい もっと 高く羽ばたいてみたいんだ  いつか Shiny Days この夢は輝いて 大きな大きな蕾になる まっすぐに咲き誇る その日も いっしょだよね きっと  くじけそうになったり 逃げたくなったりするけど あきらめたりしない 決して 喜びにふれるたび 大好きなんだって思える ここへ戻ってくる  いつか Shiny Days この胸のときめきは 大きな大きな空をかける まっすぐに育ててゆくから 今は小さくても 溢れる かけがえない時間を そっとひとつひとつ重ねて 揺るがない決意を抱(だ)きながら また歩いてゆこう 信じた未来へと
Color select神ノ木高校チアリーディング部神ノ木高校チアリーディング部eNu長谷川智樹長谷川智樹合わせた歩幅にくつ音 のんびり鳴らして歩こう 今日はちょっと違う通りを 道案内は日替わりです  新しい発見 いくつも やりたいこと あふれて 1人きりじゃ 見逃してた みんなと一緒の幸せ  気付けばすぐ夕方 なんだかあっという間で 帰り道をゆく途中 「それじゃ、またね」 その一言 言い出せない  どこまでも伸びる青色スキップ 桃色ライクな笑顔にドキッ 並んだ瞳が映す何色 弾けた黄色の掛け声から せーので合図してハイタッチ とってもいい日だったね 明日もいい日にしようね  ときどき喧嘩もするけど すぐ仲直りで解決 不器用でも毎日本気 知ってるからだいだい大丈夫  寂しい気持ちの紫色 優しい緑で包んだ想い いろんな色へと変わってゆくよ 足りない色なら補い合おう 繋ぐココロには虹がかかる 素敵な日々 明日もいい日にしようね それじゃ明日また会おうね
哭くな吠えるな彷徨うなUncle BombUncle Bomb只野菜摘長谷川智樹長谷川智樹生まれ落ちた境遇に 言いたい事はあるかい 人生の半分以上を 生きてきたなら  じょうずに忘れていける 許しあっていける けれど魂には野性の本能が残ってる  (春の光)灼けた (夏の嵐)アスファルト 追いかけた (秋に想う)恋をした (冬の祈り)冒険に夢を見てた日々 後悔さえ 俺のもの  哭くな吠えるな 哭くな吠えるな 想い出全部 黙って抱いて走ろう 哭くな吠えるな 哭くな吠えるな 闇夜のカラス お前も幸せなのか? 嫌われて  彷徨い 答えは 哭くな吠えるな 哭くな吠えるな それが男だ そこからが生き様なんだ 愛するものを 天国でだって 見守ってやる 静かにひとりで逝こう 眠るように  駆けぬける自由に rainbow rainbow ケモノみたいに rainbow rainbow 空を引き裂いて rainbow rainbow 鎖をちぎって rainbow rainbow  じょうずに忘れていける 許しあっていける 泣かないで また誰かを愛してほしいから いつか会える日まで
遠吠え有安杏果有安杏果渡和久(From 風味堂)渡和久(From 風味堂)長谷川智樹街のざわめきにまぎれ どこかで犬が鳴いてる 何度も何度も そう 絶え間なく まるで誰かを呼ぶように  僕らは言葉を持ってるはずなのに どうしてうまく伝えきれないんだろう 想いはいつも単純なはずなのに どうしてすぐに言葉にできないんだろう  悩み戸惑う前にほらひとつ 沸き上がるままにさぁ強く 胸の奥に閉じ込められた想いを あの空の果てまで  Listen to my voice …  僕らは言葉を知ってるはずなのに どうしてうまく選び出せないんだろう 想いはいつも山ほどあるはずなのに どうしてすぐに言葉にできないんだろう  迷いさまよう前にほらぜんぶ 抱き上げたままにさぁ遠く 胸の奥に閉じ込められた想いを あの空の果てまで  そうさ 誰もが孤独な生き物さ だから その声に想いを乗せる もしも 誰かに届いたのならそれがきっと かけがえのない証  出会いすれ違う前にほらひとつ 夢に描いたままにさぁ強く 胸の奥に閉じ込められた想いを 君のもとへ  たとえ言葉にならなくともぜんぶ いっそ意味さえ成さなくとも遠く 胸の奥に閉じ込められた想いよ 響け 僕はここにいる  Can you hear my voice? …  街のざわめきにまぎれ どこかで犬が鳴いてる 何度も何度も そう 絶え間なく まるで誰かを呼ぶように
空の音Ryu MihoRyu Miho長谷川智樹長谷川智樹長谷川智樹ねえ 教えて 空の音 ねえ 聞かせて 風の音 今 私と あなたの中 響きあい 重なる 儚く美しい 和音の秘密を  つかの間だけど 確かな光 さえぎるものは ここにはないの 時間の扉 越えてゆくのね  ねえ 教えて空の色 ねえ 聞かせて 風の色 ねえ 教えて 最後の時 雲の隙間の 光が全てを 包み込むのよ 光が全てを 包み込むのよ
思い出のねじ巻きルーク&Sルーク&Sミズノゲンキ長谷川智樹長谷川智樹はじめの挨拶 煙を上げて ぼやけた景色が 瞳に映る  冷たい掌 握り返して 知らない扉が 開く音がした  錆びついた紛い物だと 理解を拒まれようと 噛み合う歯車 軋んだノイズで 互いに紡いだ  ぜんまい仕掛けの 重なる想いは いつしか刻んだ 絆の証へ  消えない悩みと 鏡の自分 塞がる壁の前 見上げるだけか  抗った世界の渦に 巻き込まれ潰されそうで 許されぬ定めだとして 貴方を守り抜こうか 翳した勇気は 追い詰められる 此処から逃げ出そう  最後の挨拶 凪ぐ風のもと 眠りについても 共に進もう この手に残る 思い出の鍵
バン バン バン小島はな、斎藤夏鈴、塚本颯来、中村優、大平ひかる、小田垣陽菜、公野舞華、中原咲耶(3B junior)小島はな、斎藤夏鈴、塚本颯来、中村優、大平ひかる、小田垣陽菜、公野舞華、中原咲耶(3B junior)かまやつひろしかまやつひろし長谷川智樹とぼけた顔して バンバンバン バンバン ババババ ババババン あいつにゃ とっても かなわない バンバン ババババ ババババン 遊び上手な バンバンバン にくい男さ バンバンバン バンバン ババババ ババババン バンバン ババババ ババババン  さえない顔して バンバンバン バンバン ババババ ババババン さすがのあいつも かなわない バンバン ババババ ババババン 恋の上手な バンバンバン にくい女さ バンバンバン バンバン ババババ ババババン バンバン ババババ ババババン  とぼけた顔して バンバンバン バンバン ババババ ババババン あいつにゃ とっても かなわない バンバン ババババ ババババン 遊び上手な バンバンバン にくい男さ バンバンバン バンバン ババババ ババババン バンバン ババババ ババババン  ヤヤヤヤーヤ ヤヤヤヤーヤ ヤヤヤヤーヤ ヤヤヤヤーヤ
愛すべき明日林原めぐみ林原めぐみ岡崎律子岡崎律子長谷川智樹見あげた木々のあいだに きらきら 木漏れ日 揺れている  この先 もう いいことなんて 何ひとつないように思えて  それでも心が求めてる 愛されたいと願ってる  愛してた 愛してるよ あの日も 今も  愁いをおぼえ きれいになる 昨日よりも ひとつ知るから  なにかを抱えこんでいたって なんでもないように笑うのね  あなたの気を晴らすものは何? 私には ああ 力もなく  気にしてた 気にしてる あの日も 今も  風の向こうに見えかくれしてる まだ見ぬ愛や 希望の手ごたえ 見に行かなくちゃ この手でさわって  続いてる 続いてく あの日も 今も  愛すべき 明日がある あの日も 今も
青空林原めぐみ林原めぐみ岡崎律子岡崎律子長谷川智樹ひまわりの花が終わり 長い影を落として 夏は行く 大きな決めごと 抱えきれなくて 涙がこぼれた  時を時をやりすごして じっと ここに立ちつくしてたの やがてやがて閃くだろう いちるの望みに 賭けた  途方に暮れて歩いた あんなまわり道さえ 今になれば 無駄ではなかった うらんでいないよ あの何もかもを  とてもとてもうれしくなる 長い雨に青空が見えた どんなことも変わっていく 悩みを もう 育てないわ  心はね いつも思うよりも弱く そして強いものだから  時は時は動いている 笑っていても 嘆き続けても そして いつも甦ると信じて生きていいのね 信じて生きていいのね
Fragmentアレクサンドラ・I・ポクルイーシキン(原由実)アレクサンドラ・I・ポクルイーシキン(原由実)ミズノゲンキ長谷川智樹長谷川智樹移ろう風が 吹き抜けてく 白黒のSilent 紡いできた 営みさえ 途切れて消えゆく  寂しさと不安の中 囚われた 籠の鳥にも 優しさは授けられて 海を渡るの  与える旅は 貰えるたびに また繋がって  記憶の欠片が 私を創る 何(いず)れもかけがえ無いモノだから 一つ一つを 拾い集めて  ぬくもり探し 駆け抜けた街 また訪ねて  幾(いく)つの時間が 朝日を連れて 光と想いを 運んできたの  記憶の欠片が 私を創る 何れもかけがえ無いモノだから 一つ一つを 拾い集めて
真冬のサンサンサマータイムももいろクローバーZももいろクローバーZ前山田健一前山田健一長谷川智樹白く輝く冬の日 正直寒いの飽きた マイルたまったし 飛行機を予約して 冬を抜け出そう  ぶっとべ! はっちゃけ! Let's Go To 南国 ふっとべ! はしゃげ! サンサンサマータイム(Xmas!)  毎日真冬日 頑張って働いた 自分へご褒美 ま、そんなとこ 重いファーコート 成田で預けて いざ行きましょ 常夏アイランド  ベタだけど やっぱワイハ アラモアナ ロコモコ フラダンス レイ巻いて ムームー着て アロハオエ  北風凍える 現実忘れて ホイルをあけましょ 機内食 映画2本観て グワっと眠ったら ここはすでに 灼熱パラダイス  アルゼンチンでタンゴ ブエノスアイレスでタンゴ 地球の裏側 南米大陸 情熱のステップ 魅惑のダンシング  メキシコで ポンチョ着て テキーラなんか 飲んじゃって カンクン バジャルタ アカプルコ セレブ気取り 青すぎる海  パスポートと スーツケース そして ひとかけらの勇気 胸にたずさえて さあ会いに行こう バチバチの太陽  回る回る地球には 冬もあれば 夏もある 愚痴ってたって 何も変わらないから さあ 動き出そう  ぶっとべ! はっちゃけ! Let's Go To 南国 ふっとべ! はしゃげ! サンサンサマータイム(Xmas!)  オーストラリアじゃ 真夏のクリスマス  スラマッパギ テリマカシー  琉球の風に ほほをなでられて 海と空と土と 一つになる(イーヤーサーサー)  ボサノヴァを 聴きながら シュラスコを むさぼるの ジルベルトの ささやきで 青い空が 夕焼けに染まる  かじかむ手 すりあわせた 昨日までが 嘘のよう かなり非現実 だけど現実 冬に夏休み  人生は 一回きりだし どんな時も 笑ってたいな 悲しみさえも 消し去る熱い太陽は みんなの笑顔!  とはいえ やっぱり 寒い寒いって 言いながら こたつ入って みかん食べんのが 一番 落ち着く!  気持ち 持ち方一つで いつだって暑くなれる 冬があるから 春がありがたいんじゃない VIVA 春夏秋冬  ぶっとべ! はっちゃけ! メンタルは 南国 ふっとべ! はしゃげ! サンサンサマータイム(Xmas!)  ぶっとべ! はっちゃけ! メンタルは 南国 ふっとべ! はしゃげ! サンサンサマータイム(Xmas!)
SECRET LOVE STORYももいろクローバーZももいろクローバーZ綾小路翔綾小路翔・星グランマニエ長谷川智樹雪が降らない この街の冬 オレンジ色の 月が照らしたら 紫のハイウェイ 踊る Midnight Angel 工場の空 赤く燃えている  真っ白な君に Merry X'mas 思い出すのさ 今もあのままの部屋 ありのままの寝顔を  緑のツリー ネオンのイエロー 蒼く光った ガラスの破片 神様なんて 気まぐれなもんで 祈るだけじゃ 奇跡は起きない  真っ白な君よ Merry X'mas 変わらないでね 俺たち 失くしたもの数えないで生きよう  いつか時が来たら打ち明けよう この胸の奥 SAYONARA シークレット・ラヴ・ストーリー 夜から朝に駆け抜けた恋  二人出逢った Party Night 少し背伸びの Party Night 誰にも知られないように (ONE or EIGHT) バックれたのさ 気まぐれな神様は 気まぐれなプレゼント 雪の降らない街に  真っ白な君と Merry X'mas 誓いあったね 今もあのままの部屋 ありのままの笑顔に  いつか時が来たら打ち明けよう この胸の奥 月のように欠ける事も満ちる事もあるはずだから Father Mother あなた達がくれた愛を贈りたいんだ 祈ってる どんな時もきっと誰かが君を待ってる 愛してる この世界の何処に居ても君を見つける SAYONARA シークレット・ラヴ・ストーリー 夜から朝に駆け抜けた恋  OH…HAPPY MERRY CHRISTMAS…
ウナ・セラ・ディ東京岩崎宏美・石川ひとみ岩崎宏美・石川ひとみ岩谷時子宮川泰長谷川智樹哀しいこともないのになぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ムー… いけない人じゃないのにどうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ムー…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー…  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい 街はいつでも 後ろ姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ムー… ウナ・セラ・ディ東京 ムー…
指輪のあとに太田裕美・谷山浩子太田裕美・谷山浩子安井かずみ加瀬邦彦長谷川智樹次の夏がくる前に 恋の傷あと治して そして 良かった事だけ わたしの過去にしまうの  悲しみがうしろから 追いかけてこないうちに わたしはあの人のこと きれいに忘れたいけど  ア‥ はずした 指輪のあとが ア‥ 愛した 思い出にからみつくの ちょっと寂しい手許で 入れた紅茶も さめるわ さめるわ  次の夏がくる前に おぼえたクセを直して 胸にたちこめた霧を 朝の光に消したい  そこで二人が偶然 顔をあわさないように わたしは旅に出たいの 白い花咲く北国  ア‥ はずした 指輪のあとが ア‥ 愛した 思い出にからみつくの 時が過ぎれば そのうち 許しあえるわ 二人が 二人が…  ア‥ はずした 指輪のあとが ア‥ 愛した 思い出にからみつくの 時が過ぎれば そのうち 許しあえるわ 二人が 二人が…
恋のフーガ百田夏菜子・玉井詩織(ももいろクローバーZ)百田夏菜子・玉井詩織(ももいろクローバーZ)なかにし礼すぎやまこういち長谷川智樹追いかけて 追いかけて すがりつきたいの あの人が消えてゆく 雨の曲り角 幸せも 想い出も 水に流したの 小窓打つ雨の音 ほほぬらす涙  はじめから 結ばれない 約束のあなたと私 つかのまの たわむれと みんな あきらめて 泣きながら はずしたの 真珠の指輪を  はじめから 結ばれない 約束のあなたと私 かえらない 面影を 胸に抱きしめて くちづけをしてみたの 雨のガラス窓
大阪の女森口博子・マルシア森口博子・マルシア橋本淳中村泰士長谷川智樹まるで私を 責めるよに 北の新地に 風が吹く もっと尽くせば よかったわ わがまま言って 困らせず 泣いて別れる 人ならば  とても上手に 誘われて ことのおこりは このお酒 がまんできずに 愛したの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には  あなたのそばで 眠れたら 幸せそれとも 不幸せ 夢を信じちゃ いけないと 言った私が 夢を見た 可愛いい女は あかへんわ きっといいこと おきるから 京都あたりへ 行きたいわ 酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪を
世直しタイムスリップ!ロッカジャポニカロッカジャポニカ杏窪彌(アンアミン)杏窪彌(アンアミン)長谷川智樹世直し 世直し 世直しタイムスリップ  封建時代の江戸時代 手裏剣忍者がねらってる 畳の隅から覗かれてる お江戸に参勤交代やって来る  厳しいお代官に睨まれて 辛い年貢をみつがされても お前1人と思うなよ 革命一揆のチャンスだチャンスだ  苦しいときには騒ぎましょう 心を1つに下剋上  せーの! 今年は世治りええじゃないか 日本の世直しええじゃないか みんなが主役でええじゃないか あなたと私がつながる 一億三千万人で 日本の未来をつくろうぜ どんちゃんどんちゃんどんちゃん騒ぎで大成功 学んで復習もう一回、つくろうぜ  世直し 世直し 世直しタイムスリップ  威張るな(1867) 徳川大政奉還 封建時代の終わりが来る 一つやろうや(1868) 明治維新 国家が戦争はじめるはじめる  煩悩ばかりが浮かんでる 田園調布に家が建つ  いっせーのーせっ! 今年は世直りええじゃないか 日本の世直しええじゃないか みんなで恋すればええじゃないか 世界は平和がええじゃないか 一億三千万人で 日本の未来をつくろうぜ どんちゃんどんちゃんどんちゃん騒ぎで大成功 学んで復習もう一回、つくろうぜ!  どっこいしょ  ええじゃないか ええじゃないか ええじゃないか 今年は世直りええじゃないか 日本の世直しええじゃないか  一揆! 一揆!  煩悩ばかり浮かんでる 田園調布に家が建つ  せーの!  今年は世治りええじゃないか 日本の世直しええじゃないか みんなが主役でええじゃないか あなたと私が  いっせーの いっせーで!!  日本の歴史を紐解いて 平和な未来をつくろうぜ 歌って踊って輪になって勉強は続く、、やるぞ! 一億三千万人で 日本の未来をつくろうぜ どんちゃんどんちゃんどんちゃん騒ぎで大成功 学んで復習もう一回、つくろうぜ!  世直し 世直し 世直しタイムスリップ
恋するラヴレター豊崎愛生豊崎愛生ROLLYROLLY長谷川智樹拾ったラヴレター 涙に濡れてた 土砂降りの雨の中に はっぴいえんどに憧れた 少年の未来を拾った (Oh Yeah)  拾ったラヴレター (Hehehey) イメージで溢れた (Ahahan) 胸震わせキュンしちゃう レスポールで奏でたメロディは C#maj7  やぶれたラヴレター 風をあつめて やぶれたラヴレター ロックンロールロックンロール びゅんびゅんびゅん ロックンロールロックンロール びゅんびゅんびゅん  拾ったラヴレター 涙に濡れてた タイムライン雨の中 はっぴいえんどに憧れた リフレインが世界を救った (Oh Yeah)  あの日のラヴレター (Hehehey) 運命を秘めてた (Ahahan) 胸震わせキュンしちゃう 夢のトレモロ揺さぶったメロディは C#maj7  やぶれたラヴレター 風をあつめて やぶれたラヴレター ロックンロールラヴレター やぶれたラヴレター  ロックンロールロックンロール びゅんびゅんびゅん ロックンロールロックンロール びゅんびゅんびゅん ロックンロールロックンロール びゅんびゅんびゅん ロックンロールロックンロール びゅんびゅんびゅん
ふるさとのうた西深井沙織(下田麻美)西深井沙織(下田麻美)三浦誠司長谷川智樹長谷川智樹おだやかにせせらぐ 日差し浴びた運河 そよ風に揺れてる ゆたかな緑たち 川沿いたたずんでいる小さな福の神 祈ろう  わたしを育ててくれた町に なにかを返してゆけるように 聞こえているでしょう 流川 あなたの力になりたい わたしの愛するふるさと  ガタゴト音たてて 走るローカル線 駅ごとに息づく暮らし感じながら みりん工場を過ぎたら 市役所への道を急ごう  時々つらいことがあったら 帰りに立ち寄る商店街 伝わるさりげない真心が じんわり泌みてきてホロリ  ありがとう 育ててくれた町に なにかを返してゆけるように 毎日好きになる流川 あなたの力になりたい わたしの愛するふるさと
勇者へのミサ・ブレイヴィスイヤホンズイヤホンズ桑原永江長谷川智樹長谷川智樹傷まみれの躰で よくぞここで倒れた 神の導き(キリエエレイソ)天の誘い(ドミネアグヌス) ならば唱えましょう  つかのま眠れ(ひとはけの風) やすらに眠れ(ひとつぶの星) 痛恨の傷口なら(ご覧よ) もう跡形もない(ハレルヤ)  そのくちびるに(ちいさなパンを) その枕辺に(ましろい百合を) おぉ 復活の時は今  ステンドグラスは割れ 祭壇も焼け落ちた 戦地へ行くと(キリエエレイソ)知って呪う(ドミネアグヌス) 咎は私に  涙よ乾け(ほほえみの歌) 心よ憩え(すずやかな節) 忘れじの悲しみには(やさしく) 永遠の封印(ハレルヤ)  こぼれた剣に(オリハルの露) 破れた衣に(オーラの糸を) おぉ 黙示録の指すまま  闇が閉ざした 世界の隅で 種は角ぐむ 命に息吹を 命に光を 命に力を 命に奇跡を 与え給わん (命に息吹を 命に光を 命に力を 命に奇跡を) 勇気に従い(God bless you) いざや行きなさい(God bless us)  勇者とともに(愛する者よ) 朝は目覚める(信じる者よ) 伝説を照らせる陽に(捧げよ) 祝福の祈りを(ハレルヤ)  その旅立ちに(天使の鐘を) その はなむけに(不死鳥の尾を) おぉ 復活の時は今 おぉ 復活の時は今
B地区戦隊SOXSOXSOX吟(Busted rose)吟(Busted rose)長谷川智樹毎朝早起きなアイツが パンツから懲りずに コンニチワをしている はみ出そうな チラリネーション 理性(いし)に逆いながら 起ち向かう欲棒 エロ本(バイブル)開け!  こじ開けろ、トビラを! お姉さん! こちらへ! 躊躇うな! スタイリッシュにイけ!  Come on, Come on, Come on Yeah! US!  S.O.X!! S.O.S!! 今こそSEX(せいせん)のとき S.O.X!!! S.O.S!!! 孤高のラストペロリスト  愛のある正義なら 誰にも止められないさ 引き剥け! 君のセクスカリバー  毎晩コキ使えば良いんじゃない? 牧場の牛のように 本気で絞り出して!  上も下もだらし無いよね? 頭の中じゃ君は 開発済みさ ご馳走様でーす!  まさぐるぜ? 今夜も 逃しはしないぜ?  早く来て… 我慢出来ない… 行くぜ!  Gun shot Gun shot Gun shot!! Yeah!! Birth!!  S.O.X!! S.O.S!! 生死を恐れないで S.O.X!!! S.O.S!!! 心身(ふたあな)同時に攻めてよ!  陰謀も 素人(ぎぜんしゃ)も 全て散らかせば良いさ シワまで 数えたまえソルジャー  言う事 聞かん棒は しごいたれ! 発情期の玉騒ぎ 天まで 貫けWinner マンを持して 早く出しきって!  命を産み出す 奇跡の行為(プレイ)はもう この先 愛を失い 動物に成り果てるのか  毒された 妄想を 魂から救い出せ ティッシュは 常に持ち歩けよ? Oh!!  S.O.X!! S.O.S!! 今こそSEX(せいせん)のとき S.O.X!!! S.O.S!!! 孤高のラストペロリスト  愛のある 正義なら 足腰はガクブルだぜ! 反り勃て 君のセクスカリバー
雪明かりの駅松原健之松原健之五木寛之藤澤ノリマサ長谷川智樹好きだよと きみの手のひらに 指文字で書いてみる 雪明かりの駅 別れには そっとほほえみながら ありがとう元気でねと 言いたかった きみの選んだ その道と ぼくは違う道を歩く いつかどこかでまた逢える その言葉信じて  想い出は いつもみかん色 ふたりして 夏の海眺めたあの頃 いまは冬 一面の銀世界 わたしなら だいじょうぶと きみはうなずく ぼくは一人で この街に 平凡に生きていくから きみは自由にはばたいて その夢をつかめよ  つよく抱きしめて 素直に 愛してると言えないまま いつかどこかでまた逢える その言葉信じて  その言葉信じて
三日月が綺麗だから松原健之松原健之つんく藤澤ノリマサ長谷川智樹誰よりも心が 傷つきやすいのに 強がりでいるのが 今では愛おしい  涙の色は 十人十色 素直に流せば良い 怖がらないで 俯かないで 笑顔で頷けば良い  三日月がね 綺麗だから 僕はこの愛誓うよ そして君は 愛に照らされて 幸せに 幸せになる  不安の無い未来 そんなの無いけれど これ以上何かに 怯えることはない  心の窓の 鍵を外して さわやかな風吹く 感じるままに 信じたままに 二人だけの道を行けば良い  三日月がね 綺麗だから 僕の想いを謳うよ やがて君は 愛に包まれて 幸せに 幸せになる  三日月がね 綺麗だから 僕はこの愛誓うよ そして君は 愛に照らされて 幸せに 幸せになる
1センチの恋心藤澤ノリマサ藤澤ノリマサ末永茉己藤澤ノリマサ長谷川智樹髪に触れたくて のばしたこの手は 宙をさまよって 戻ってしまった 季節 変わるくらい 自然な変化で 僕らは 少しづつ 近づいていきたいのに  運命のひとに 出逢ってしまったよ もどかしいほどに シャイな僕だけど 君の隣にいると とても心地良いんだよ ゆっくり 確実に 愛になっていった  とばされた帽子 追いかけてく君 その あたたかな風にさえ 嫉妬しそう  恋のはじまりに 理屈などないさ 世界中 誰もが 愛をみつけるだろう 僕が僕らしくいられる居場所は 君の笑顔が いつでも 輝いてる場所なんだ  聞いて 僕の LOVE YOU…
銀の雨藤澤ノリマサ藤澤ノリマサ石川絵理松本俊明長谷川智樹風のなかで あなたは佇んでいる 憂いをたたえた眼差しは 何も見ない 待っているの あの腕に帰れる日を 永遠の向こう旅立った あのひとを 想い出さすらう心 呼びかけてる 此処にいる 僕はそばにいるよ その微笑をまた 咲かせられるのならば 銀の雨になって あなた抱き締める  滲むように 景色に溶けゆく背中 儚い希望の一片も 砕かれて 振り向くことなど ないとわかっている 愛しても どんなに愛しても その胸の痛みが 縛りつけるのならば 銀の雨になって 癒してあげたい  その微笑をまた 咲かせられるのならば 銀の雨になって あなただけを あなただけを 抱き締めていたい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
惡の華宇宙人宇宙人しのさきあさこ・後藤まりこ・の子しのさきあさこ長谷川智樹クソムシ、ゴミクズ、こんにちは 私が認めた変態さん 最低最高ドブの底、見せてあげる 仕方がなくってここにいる、どこへいっても同じだ てめー勝手に生きてみろ クソムシの海 泳いで 捕まえてみろ 泳いで こっちへこい クソムシ、ゴミクズ、こんにちは  咲けよ華 罪の根をはって 咲けよ華 絶望の芽がでるよ はらはら咲いてはおちる希望 すいこんでしまう 果たされないから  だけどしちゃいけないのです だから傷ついてしまえ ガラクタに天使が飛ぶ クソらしきも僕 虫カゴが嫌いだ きっと僕は間違いと罪を重ねてくのです 終わりと始まりよりもさ 君のがね 見たくてたまらないのです  咲けよ華 罪の芽をだして 咲けよ華 支配されていく蕾 はらはらさせては涸れる希望 おいかけてしまう ひとりにさせない  みつめあうのはすこし照れる 明日も待っている ひとりぼっちはこわいから 約束しよう 鏡あわせの姿 粉々になっていく まだみぬ本当の姿 創りだすパズルみたいだ 期するときどうして  鋼鉄に咲く華は蜜の味 咲かないで華、惡の蕾を摘む ひらひらおちる花びらのように (ひとりにしないで!) すこしとりみだしてしまいました  ありふれた不穏な影が空を翔けていく 何もない日常だけが転げ落ちていく 知りたくない妄想だけが錆びついていく 掬いだす 暴かれる 創りだしていくとき 綱渡り ヒトリだと言って閉じこめる なにもない ここではない 不確かだ 目も耳も鼻も口も塞ぐ 必ずあるんだ  鋼鉄に咲く華は罪の味 そして悪の華咲き乱れるとき ひらひら舞う花びらは虚像 蜃気楼のように 「それでは、お先にいきます」
宙飛ぶ!お座敷列車ももいろクローバーZももいろクローバーZ桑原永江佐藤晃長谷川智樹「特一等 お仕立てお座敷列車、発車です」  ガタゴトガタ 窓に浮かぶ 瓦斯灯の町 ガタゴトガタ 開化の灯り 君の目に燃ゆ ガタゴトビュビュン  北へ海へ 隧道(ずいどう)の果て シュシュダダシュッシュ「大志 抱け!」と 風がさざめく  変わり続ける者だけが 変わらずにいられるだろう 絶景も追憶も 勇気の車輪で振り切り  百年前の 未来へと レールは上ぇへ 昇ってく 夢のまた夢 書き換えて 日本列島 はみだせ 百年弱の この人生 欲深ぐらいで ちょうどだ! みんなでこう お座敷列車 ソラ飛べ 歌いながら Singin' Singin' Let's Shout!!  「列車は大西洋上空を通過、 一気に高度が下がります」 「ひっ!!!」  ガタゴトガタ 万博追い 諸国漫遊 ガタゴトガタ 好奇心が 地球を回す ガタゴトビュビュン シベリア鉄道 かるがる抜いて シュシュダダシュッシュ 止まぬ情熱 凍土を溶かす  満月 渡る シルエット きっと「活動」のようね 煙は天の川にして きらめく歴史を創ろう  百年前の ご先祖に 天地円満 誓います ありえないなど ありえない 大陸イッコに 引き寄せ 百年ものの 友情が 熟成する頃 叶うよ! 星の尾を引く お座敷列車 ヤレ行け 踊りながら Shakin' Shakin' Let's Shout!!  「人生は―――輩(ともがら)といちどきに乗り合わせ、 飛び去る折々の景色に盛り上がり、苦楽を共に、 充実を目指す、お座敷列車に、さも似たり。」  海底都市 すり抜け 空中庭園 かすめて 成層圏 飛び出し ヤミヨへ・イザヨへ・ギミヨヘ  百光年の 未来へと レールはあとに できてゆく 夢のまた夢 その先へ 子々孫々々(ししそんそんそん) 従えて 百年弱の この人生 自由のラッパを鳴らして! みんなでこう お座敷列車 ご一緒に 光りながら Shinin' Shinin' Let's Shout!! 這ってまで 歌いながら Singin' Singin' Let's Shout!!
ふるさとやなわらばーやなわらばー東里梨生東里梨生長谷川智樹薄れてしまう気持ちもある 止まったような街の中 何を見つめ 何を想い 何処へいくの?  溢れてくる涙は君の証  いつか帰ろう このふるさと 忘れないで 僕のふるさと 時は流れ 人も変わり 移ろうけど  きっと帰ろう あの日の歌は 忘れないで 今も聞こえる 離れても 心の中 風が運ぶ  錆び付いてきしむブランコ そっと立ってこいでみたら 「あと少し」空に届くような気がして  見渡す街の中に 桜の雨  いつか帰ろう このふるさと 忘れないよ 君のふるさと 日々は過ぎ 景色さえも 変わってくけど  きっと帰ろう あの日の夢は 忘れないよ ここにあるから 離れても 手を伸ばせば 空が繋ぐ  どれだけの涙拭えばいいの? どれだけの傷を癒せばいいの?  いつか帰ろう このふるさと 忘れないで 僕のふるさと 時は流れ 人も変わり 移ろうけど  今会いたいあの笑顔に また会いたい君の笑顔に 明日への風はきっと吹いているよ
リベリオンウィッチの歌シャーロット・E・イェーガー(小清水亜美)、フランチェスカ・ルッキーニ(斉藤千和)&フェルナンディア・マルヴェッツィ(森永理科)シャーロット・E・イェーガー(小清水亜美)、フランチェスカ・ルッキーニ(斉藤千和)&フェルナンディア・マルヴェッツィ(森永理科)鈴木貴昭ロバート・クロフォード長谷川智樹さあ行こうまだ見ぬ空へ 天高く昇れ ここにネウロイ来たならば さあ銃を取れ 炎引いて突撃 奴らを撃ちはたせ 生も死も阻めない 我らリベリオンウィッチ  人が作りしストライカー、天高く昇れ たとえネウロイ来ようとも 我らは飛ぶ 心、空を目指して 翼とこまでも 陸も空も阻めない 我らリベリオンウィッチ  空を愛する人に乾杯を 天駆けるウィッチに伝えよう 帰らぬ人に乾杯を 見果てぬ夢を得るために 我らリベリオン空軍に乾杯を  さあ行こうまだ知らぬ空へ 翼正しく 命燃え尽きようとも 飛び続けよう 世界守る我らウィッチ とこしえに飛び 永遠に飛び続ける 我らリベリオンウィッチ  我らリベリオンウィッチ
僕等のセンチュリーGOLD LYLICももいろクローバーZGOLD LYLICももいろクローバーZROLLY・長谷川智樹ROLLY・長谷川智樹長谷川智樹カボチャの馬車 硝子の靴 ねえ!聞いてよ!嘘じゃない カエルのパパ バッタのボス 妄想じゃないわ 早く 皆に逢いたいわ そう ここはここは 恋のプラネタリウム  壁にかかる絵画の中 人魚の吐く血 おかしな魔法 かかったよに 踊り続けるの あああ ディンドン ディンドンダンドン  星降る 今宵はね ベイビイ! 夢なら醒めないで ベイビイ! kiss me! キラキラ グリグリ ホーリナイト! ねえ! 始まるぜ!僕等の!センチュリー  草木もスリープ 丑三つトリップ 部屋を抜け出した 月の明かり 裸足のまま 森を彷徨うの やっと見つけた毒林檎 OH! それはそれは だめよ! danger! danger!  絵本で見たお菓子な家 甘い誘惑に とろける魔法かかったように 歌い続けるの あああ ディンドン ディンドンダンドン  星降る 今宵はね ベイビイ! 夢なら醒めないで ベイビイ! kiss me! キラキラ グリグリ ホーリナイト! ねえ! 奇妙なウィンター! ワンダーランド  ハートのジャックも スペードのkingも ダイヤの王女もね 平和を導く誰かを待ってた クローバー! 主は来ませり!  ピース!ラヴ!  ディンドン  星降る 今宵はね ベイビイ! 夢なら醒めないで ベイビイ! kiss me! キラキラ グリグリ ホーミタイ! ねえ! 始まるぜ!僕等の!センチュリー 今夜! 世界は一つになるの!
Tomorrow's SmileA.m.u.A.m.u.矢吹香那矢吹香那長谷川智樹透き通る瞳が 探す宝物は どこにあるのかなと心おどらせた 笑い声が響く ヒカリの窓際で 広がる青空に 明日を描いてた  Ah Uh――今日の君の余韻で 言葉にできない 温度に包まれた  だから笑ったり泣いたりぶつかってみたり 飾らない私のまま素直でいられる いつも優しく笑顔で君を見つめたら 今日もきっと柔らかな1日になるでしょう  大人になる途中 忘れそうになった 優しさがこの胸にそっと溢れ出す  Ah Uhh――空はいつもの距離で 私の心をつないで微笑んでる  だから笑ったり泣いたりぶつかってみたり 変わらない朝をむかえ おはようって言えるんだ 今日も見上げた空には青空が見える 君がいるあの場所へ 心はずませてゆこう  だから笑ったり泣いたりぶつかってみたり 飾らない私のまま素直でいられる いつも優しく笑顔で君を見つめたら 明日はもっと柔らかな1日になるでしょう
unityコミネリサコミネリサ渡部紫緒Asu(The New Classics)長谷川智樹Stand up together 動き始めた 願い Whenever, Wherever 新たな旅立ち 迎えよう  失いかけていた Soul 呼び覚ました Confide in you 不確かな未来さえ 信じられる The testify  共にした日々を 一つ、二つと 集め 咲いた ぬくもり 強く 握りしめ  Whenever, Wherever 互いに寄り添い 恐れる事などない 闇が 二人分かつとも 確かな鼓動が そう告げているから 再び出会えるまで 想いよ どうか 君と共に  微かに息づいた Hope 追いかけては Rely on you 不安かき消すように 君を見つけた Tragic fate  ここにいる意味を 強く、強く 噛み締め 背負う 運命 堅く つなぎとめ  Stand up together 互いに手を取り 怯える事などない 光 奪い去られても 重なる想いが 覚えているから 再び出会えるまで 救いよ どうか 君のため  Whenever, Wherever 互いに寄り添い 恐れる事などない 闇が 二人分かつとも 確かな鼓動が そう告げているから 再び出会えるまで 想いよ どうか 君と共に
Precious Memory藤澤ノリマサ藤澤ノリマサ藤澤ノリマサ・春和文ショパン・藤澤ノリマサ長谷川智樹街をひとり歩いて 聞こえてきた着信音は ふたりでよく聴いたLove Song 懐かしい日々が めぐりめぐるよ  うまくいかず 迷っていた僕の 背中を そっと押してくれたね 今頃 君はどうしていますか…  I feel the melody 君とめぐり逢えたから Precious memory 僕は今 ここにいるよ  今 新しい道を歩みながら 信じる強さと 最後の君の笑顔の意味が やっとわかったよ  I feel the story 伝えたい事があるよ Precious memory 君に出逢えてよかった  いつか 君の面影が消え 新しい恋に出逢うだろう  I feel the story 見知らぬ明日に向かって Precious memory 僕は また歩いて行くよ  I feel my love
その名はトリコ!トリコ(近藤隆)トリコ(近藤隆)平松正樹・ufotable長谷川智樹長谷川智樹誰も知らないジャングルに 誰も知らない美味(あじ)がある  うまいもンだらけのこの世界 グルメの時代を食い尽くせ!  牙をむき襲い来る強敵に 見せてやれ 人間の武器を! 「いただきます!」  突き刺され! フォーク! 切り裂け! ナイーフ! つらぬけ! とどめの三連釘パンチ!!  戦え! 食べろ! 人生のフルコース!  拳が唸る 最強の美食屋 その名はトリコ!  思い立ったが吉日ならば その日以外はすべて凶日  夢のフルコース作るため グルメに命をかけろ!  鬼神のようなおたけびで ふきとばせ うちのめせ 巨大な悪を! 「うめえええ!」  食らいつけ! フォーク! 蹴散らせ! ナイーフ! ひびけよ! 明日へ三連釘パンチ!!  戦え! 食べろ! グルメの明日に!  命を懸ける 最強の美食屋 その名はトリコ!  戦え! 食べろ! 人生のフルコース!  拳が唸る 最強の美食屋 その名はトリコ!  「ごちそうさま!」
黒ネコのタンゴ大橋のぞみ大橋のぞみF.Maresce・A.Soricillo・F.Pagano・訳詞:みおた・みずほF.Pagano長谷川智樹ララララララ ララ  君はかわいい ぼくの黒ネコ 赤いリボンがよくにあうよ だけど時々つめを出して ぼくの心をなやませる  黒ネコのタンゴ タンゴ タンゴ 僕の恋人は黒いネコ 黒ネコのタンゴ タンゴ タンゴ ネコの目のように 気まぐれよ  ララララララ ララ  すてきな君が まちを歩けば わるいドラネコ 声をかける おいしいエサに いかれちゃって あとで泣いても 知らないよ  黒ネコのタンゴ タンゴ タンゴ 僕の恋人は黒いネコ 黒ネコのタンゴ タンゴ タンゴ ネコの目のように 気まぐれよ  夜のあかりが みんな消えても 君のひとみは銀の星よ キラキラ光る 黒ネコの目 夜はいつも 君のものさ  黒ネコのタンゴ タンゴ タンゴ 僕の恋人は黒いネコ 黒ネコのタンゴ タンゴ タンゴ ネコの目のように 気まぐれよ  キラキラ光る 黒ネコの目 夜はいつも 君のものさ 黒ネコのタンゴ タンゴ タンゴ 僕の恋人は黒いネコ だけどあんまり いたずらすると アジの干物は…  おあずけだよ ララララララ ララ
マリオネットROLLYと絶望少女達ROLLYと絶望少女達ROLLYROLLY・長谷川智樹長谷川智樹(キュン キュンキュンキュン・・・・・) マリオネット (マリオネット) ティーチャーズペット (ティーチャーズペット) マリオネット (マリオネット) 先生のペット 僕はマリオネット (マリオネット) ティーチャーズペット (ティーチャーズペット) マリオネット (マリオネット) 先生のペット 僕はマリオネット 僕はロミオ 君はジュリエット 先生のペット 先生のベット  ゼンマイ仕掛けのグランギニョール いとしきおもいはヴァイオレット 心の自由を奪われちゃう (悦楽主義なのねん)  先生のペット 先生のベット 先生のペット 先生のベット (キュン キュンキュンキュン・・・・・)  マリオネット(マリオネット) ティーチャーイズペット(ティーチャーイズペット) マリオネット (マリオネット) 先生はペット 僕はマリオネット(マリオネット) ティーチャーイズペット(ティーチャーイズペット) マリオネット (マリオネット) 先生はペット 僕はマリオネット 僕はオナペット 僕はマリオネット 先生はペット 先生もペット  ゼンマイ仕掛けのグランギニョール いとしきおもいはヴァイオレット 欲しがり人形グランギニョール 溢れる思いはヴァイオレンス 心の自由を奪われちゃう 絶望的なのねん  絶望的なのねん 先生のペット 先生のベット 先生のペット 先生のベット (キュン キュンキュンキュン・・・・・)
じーじのえてがみ~グランドファザーズ・レター~上野樹里上野樹里小椋佳小椋佳長谷川智樹来てるよ 来てるよ じーじーの 絵はがき 絵てがみ たのしいね 絵の中にぼくも 入っていくのさ ぞうのハッチが 海あそび ぼくもハッチと 釣あそび ボートあそびして ちょっぴりこうふん じーじはぼくの ママのパパ  七日に 一度の じーじーの また来た 絵てがみ おかしいね いろんな動物 描かれているのさ さかなのフィッシュ おどり好き うさぎのヘアー おしえ好き いっしょに逆立ち ささえるちきゅう みんながぼくの ともだちさ  これまで たまった じーじーの 絵はがき 絵てがみ うれしいね 百つう 千つう これ以上なのさ 読めば心が 暖(あった)かい じーじ想えば 暖(あった)かい 愛しているよの 添え書きは宝 じーじはぼくの 親友さ じーじはぼくの 親友さ
チューリップクミコクミコ松本隆JY Choi長谷川智樹君は言葉を選んで とても言いにくそう ぼくを傷つけないように 斜め横を見てた  不意の別れ 予感してたから 表情変えず でも心は凍った  こんな風に理性を 制御できるって 誉めてほしかった ぼくたちは大人だと  同じ夢を 追いかけた道も 今は遠く 平行線描いて  楽しい思い出ばかり 浮かぶ 不思議にね 君のいなくなる この部屋の広さにも 慣れなきゃ  チューリップの球根から 根があんなにでてる フラスコ越し 陽がキラキラ 奇麗ねと君が言う  庭の花壇に埋めて あとは育てるよ 花が見れなくて 残念ね そう微笑う  あんな愛注いでも 日々は枯れてった それは君のせいじゃなく ぼくのわがまま
あの日、桜の下クミコクミコ川村結花川村結花長谷川智樹あの日、桜の下 一人見てた空のように どこまでもどこまでも 未来は広がってた  あの日、桜の下 待ち合わせた校舎の外 はじめて名前で 呼ばれてうつむいた  距離を縮めたくて もどかしすぎた帰り道 そっと手をかさねたら 微笑んでくれた人  確かなものなど なにひとつなかった 遠い春よ  あの日、桜の下 淡い日差しに包まれて こんな日がいつまでも 続くと思ってた  あの日、桜の下 花びら舞い落ちるホーム 待っててほしい、って 言葉にうなづけずに  急ぎ乗った電車 一人ドアにもたれながら 遠ざかる町並みを ぼんやり見送ってた  確かな何かを 探し始めていた 遠い春よ  あの日、桜の下 二人通い詰めた店も 今ではがらんとした 灰色の駐車場  ゆずれないと泣いた 夢の果てが今としたら こんなにも立ち止まる 毎日はどうして?  確かなものなど 見つけられないまま 今も今でも  そして、桜の下 いくつ春を見送っても どこまでもこの路を 歩いて行くのでしょう いつの日もいつまでも 歩き続けるでしょう
公園通り飯塚雅弓飯塚雅弓岡崎律子岡崎律子長谷川智樹けんかして涙目になってる トボトボと黙って歩いてる 私の横で彼が今 困ってる  ああ こんな私が嫌だ 彼も優しくない 誰か助けてくれないものかな  さっきまでウキウキ溶け込んでいた 渋谷のうるさい人ごみが 可笑しく思えて腹が立つわ  んん みんな何してるの 遠慮の無い笑い声 胸のうちの悩みは見えないよね  彼にも理由があって 私にも言い分があり  ぶつけるから また折り合えない もっと大人になってよって たがいに そう想ってる 謝れないまま 渦巻く気持ちで mn...  好きだから恋人でいたい 誰よりも逢いたいから 単純だった はじめのころ 苦しいこと 切ないこと だんだん絡まってく 好きだからよ わかり合いたい あきらめないでいきたい  けんかして涙目になってる トボトボと黙って歩いてる どうする もう駅に着いてしまうよ ああ「このままじゃ」と焦って 涙も膨らんできて 「待って」 ねえ 歩けない こぼれる もう何も見えなくなっちゃったよ
Your Song飯塚雅弓飯塚雅弓室生あゆみ長谷川智樹長谷川智樹雨が大地を 潤してすぎれば 花は目覚めて ほら 輝きだすよ  花が目覚めて 輝きだせば あなた 愛を 囁くよ  みんな生きているから 心が動くんだね 風が鼻先かすめ 歌が生まれる  生きるすべて 感じ この歌をあなたにあげましょ 乾いた胸に沁みこむように 新しい花咲かせよう  世界中の人が やさしい気持ちになれるように この歌あなたに歌うよ  高い空から 降り注ぐ陽射しは 誰でも同じように 分かち合えるよ  みんな生きているから 心が騒ぐんだね 悲しいこともきっと 分かち合えるよ  零れる言葉の ひとつだけでもいいの 心のどこかで 咲く花になって  世界中の人が やさしい気持ちになれるように くりかえし歌い続けるの この想いがとどくように  生きるすべて 感じ この歌をあなたにあげましょ 乾いた胸に沁みこむように 新しい花咲かせよう  世界中の人が やさしい気持ちになれるように この歌あなたと歌うよ  この歌 いっしょに歌おうよ
戀~いとしいとしと言う心~つきよみつきよみ東京路地裏シネマ東京路地裏シネマ長谷川智樹抱きしめられるなんて 思ってなかったから しまい忘れた涙が 流れて落ちてった  最後まで優しいね… 最後だから優しいの?  恋はあこがれ それは約束 時のいたずら つまりしあわせ あなたに逢えた ただそれだけで 素敵なことだから 悲しくないのです だってこんなに 明日があるから  あなたの言う通りに まっすぐ歩いていこう ふたりでいれた時間を 忘れないように  さよならを決めたのは あなたが大好きだから  恋はいとしい 小さな想い 大きなこころ きっとしあわせ あなたの横に いたことだけで 強くなれたから そう思ったのです だってこんなに 恋をしたから  でもやっぱり 涙は止まらないですね…  恋はあこがれ それは約束 時のいたずら つまりしあわせ あなたに逢えた ただそれだけで 素敵なことだから 悲しくないのです だってこんなに 明日があるから
繭々退化清水愛清水愛畑亜貴清川遥日長谷川智樹朝がゆさぶる孤独 明る過ぎるのは嫌い もっともぐるの  息をひそめ鼓動の 眠たげな拍子 ちょっとだけ数える  意味がなくてそれで笑えるの? 変よ。 冷たいと言われてるとわかってたけど 告げた。  reply 誰も傷つけない その為には触れあいたくない reply 意識遠ざかり殻にこもる わたしは愚かです  繭は固い喜び 壁の嬉しさをくれた 救いでした  だから丸く丸くと 呼びかけたくなる 外じゃなくていいし  綺麗な程それは妄想よ 嘘よ。 漂って消えてゆくとわかってるけど 悲しい。  delay どこへ進めるか知りたくない ここが終わりかも delay 過去の愛し方忘れた頃 わたしは退化する  reply 無口な delay 後悔
約束SeptemberSeptemberTea Hoon Kim・松井五郎Jong Su We長谷川智樹どうしてこんなに悲しいのだろう 君を抱きしめていても すぐに訪れる朝の光が すべてを奪ってしまう  部屋に残された香りには さみしい君がいる  僕にいまなにができるの この気持ちは何処へ ふたりを連れてゆこうとしてるの 遠く 遠く 僕は離れてゆく かけがえのない愛 つよくなるほど 遠く  ユリのようにまぶしい夏の服 いつか行った海の色 やすらぎをつなぎとめようとする ものばかりがそばにある  声にしないまま微笑みに ささやいたさよなら  君に逢えなくなる日々を 心に受け止めて それでも君だけを守りたいから 遠く 遠く 僕は離れてゆく ひとつしかない愛を 叶えるために  君の幸せ それが僕の約束 その約束を 果たしたい  この世界のどこか 君を見つめている ひとりじゃないことを忘れないで 遠く 遠く 僕は離れてゆく ひとつしかない愛を 叶えるためだけに
Strawberry Fantasy飯塚雅弓飯塚雅弓飯塚雅弓長谷川智樹長谷川智樹風そよぐスピードにココロと体ゆられて 寝ころんで顔あげて 空の青さに気付いた。 そう…ちっぽけな自分だと知ったとき ほら 勇気がでた。探しものが雲の向こうに見えた。  Very Very Strawberry Fantasy とびきりの笑顔つんで 魔法の種をまこう 甘い甘い実をつけて for you with Love  くやしくてうつむいた うまくいかない時には 手を広げ 背のびして 少し空に近づいて。 そう…夢の国 きっとそこに すぐそばにあるよ。 見守る瞳…いつも誰かがいることを忘れないで。  Very Very Strawberry Fantasy とびきりの笑顔みせて 白い花びらとばそう 甘い甘い実をつけて  Very Very Strawberry Fantasy とびきりの笑顔つんで 魔法の種をまこう 甘い甘い実をつけて Very Very Strawberry Fantasy とびきりの笑顔みせて 白い花びらとばそう 甘い甘い実をつけて for you with Love
0%飯塚雅弓飯塚雅弓飯塚雅弓堂島孝平長谷川智樹失うものばかり そんな毎日で 形あるものばかり追って 気づけば自分の夢もわからなくなっていた もう一度 はじめてみようよ。 探せる 見つかる 気付ける 感じる チャンスはどこかで輝いてるね ほら いつだって  広い広い未来へと向かって 広い広い未来へ飛び込んで 私達の可能性はいつも Oh yes fly high きっと何かが見つかる 未来は0%からはじまる  いくらがんばっても 掴めないものなら いっそもう、何も無くして なにも恐くはない なにもおそれずに 誰にも文句なんて言わせない。 伝えて 信じて つないで 感じて 願いはどこかでリアルに変わるよ ほら 必ず  広い広い未来へと向かって 広い広い未来へ飛び込んで 私達の可能性はいつも Oh yes fly high もっと高くとびたてる 希望は0%からはじまる  きっと何かが見つかる 未来は0%からはじまる…  広い広い未来へと向かって… 広い広い未来へ飛び込んで… 広い広い未来へと向かって 広い広い未来へ飛び込んで 私達の可能性はいつも Oh yes fly high きっと何かが見つかる 未来は0%からはじまる
願い飯塚雅弓飯塚雅弓飯塚雅弓堂島孝平長谷川智樹旅立ちの言葉を今 ひとつひとつ胸に刻んで 翼ひろげ 新しい扉を開きとびたつ すれ違う時の中で めぐり逢えた真実抱いて つないだ糸 深紅に色付き 永遠を紡いでいく  これからの日々 ゆらぐことない 愛をここに誓う 守りたいのは たったひとつの願い 手をとりあって歩いていこう。  いつも見ていた夕焼け 祝福の道を染めていく ライスシャワー包む 2人のシルエット やさしい距離で いつか見た空はきっと 今日の約束を見つめてる 無限に続く想いをいつまでもこの空に返そう  瞳を閉じて描く未来は 同じ景色だよね 守りたいのはたったひとつの願い 手をとりあって歩いていこう。  これからの日々 ゆらぐことない 愛をここに誓う 守りたいのは たったひとつの願い 手をとりあって歩いていこう。
2004年のdiary飯塚雅弓飯塚雅弓飯塚雅弓長谷川智樹長谷川智樹こんな素敵な毎日がずっと続いていく 君がここにいれば はじめてなのに不思議だね わけもなく懐しくて 気がついたらいつもそばで同じ景色を見ていた 泣いたり、笑ったり、いくつの瞬間を この場所まで君と共に重ねてきたんだろう  たったひとつの大切な気持ち 胸の奥でずっとずっと輝き続けるよ 君がここにいる それだけできっと どこまでもシアワセ続いていく  青空に夢を描いて想い馳せた公園に 今も変わらず咲いている 春を飾る大きな木 少しずつ大人になっていく姿を この場所まで同じ場所で見守ってくれたんだね  すこし臆病な私の背中を 変わることないやさしい手でそっと押してくれる ありがとう君と永遠に未来へと くり返す時を渡っていこう  2004年のdiaryに並ぶ2人の名前  たったひとつの大切な気持ち 胸の奥でずっとずっと 輝き続けるよ 君がここにいる それだけできっと どこまでも シアワセ続いていく  君がここにいれば… シアワセ続いていく… 君がここにいれば… シアワセ続いていく…
冬のソナタ~最初から今まで~SeptemberSeptemberRyu・松井五郎Oh Seok June・Yoo Hea Joon長谷川智樹もう逢えなくてもいい 逢わないほうがいい 心についた 知るひとのない街 はかない嘘 ひろがる夜空  ほかにはもう誰も 知りすぎても 夢は迷う  なぜ 想い出はいつも つよく 二人を ひきとめる 戻れない道にばかり 花を咲かせている  ただ抱きしめていたい どんな季節が巡っても だけど叶わない願い いまも雪になる  知るひとのない街 ひろがる夜空 あの日の星 探している  なぜさみしさにいつも 深く 二人は 結ばれる 報われないぬくもりが 愛を苦しめる  ただ抱きしめたいのは ひとりだけしかいないのに 閉じた瞳を震わせて いまも雪が降る  あたたかく なつかしい声が いつだって 聴こえてくる  なぜ 想い出はいつも つよく 二人を ひきとめる 戻れない道にばかり 花を咲かせている  ただ抱きしめていたい 君のすべて抱いていたい 永遠に終わりのない 愛がここにある
おのれ道八代亜紀八代亜紀渡邊智央一色真実長谷川智樹泣き声あげて ひとは皆 生まれるの  この世で背負う 幾重の悲しみや 心の痛み 辛いから  一人で震える日には 私の両手が 薪(たきぎ)になるわ  険し山は おのれ道 ふりかえらずに進め  答え探しの ひとは皆 旅をする  時には荒れて まわりを困らせる 時には嘆き 身をなじる  一人を恐れる日には 私の人生 少し分けるわ  シケる海は おのれ道 流されないで進め  誰かを思い 尽くせる幸せを あなたのために 注ぎたい  嵐に真っ向勝負 やさしい光が その先待つわ  咲かす夢は おのれ道 立ち止まらずに進め
光と闇のあいだ神官パンドラ(福山潤)神官パンドラ(福山潤)南出祐司長谷川智樹長谷川智樹紅に染まる雲が 流れていく空 光と闇のあいだに 吹き抜ける風を ひとり見つめていた  信じられるものもなくて捧げたかりそめの祈り 僕の望む真実には 応えられる声もなくて  長くなる 影だけが 子供のようにその手を伸ばした  紅に染まる雲が 流れていく空 光と闇のあいだを 風が消えていく 憂いだけ残して  石の柱触れた手にはなんの温もりも残らず そして僕は心刻む 温もりは奪い取るもの  振り返る 影だけが やっと君の姿を見つけた  紅に染まる心 ひとり抱きしめて 光と闇のあいだに たださまようだけ  たとえ何を無くしても 僕は恐れない 光と闇のあいだに 希望を見たから 君に出会えたから
チョコレートコスモス飯塚雅弓飯塚雅弓飯塚雅弓イズミカワソラ長谷川智樹ねぇ 知ってる? 聴いた瞬間に胸がキュンとなったよ あなたにすぐにこの気持ちを全部話したくって 茶色い花からチョコの匂いがする“チョコレートコスモス” バレンタインの頃には咲くことができずに春を待つ花  もうちょっと早く咲いてれば… 昔の恋と重ねたりして 遅すぎた出逢いに ただ… 見つめることしかできなかった  でもね、春が訪れたのはあなたと出逢えたから ありがと。心まであったかいよ。 道ばたの“チョコレートコスモス” ゆらゆら揺れて… やさしい春をありがとう。  やっと開いた つぼみは柔らかい日ざしを浴びながら 寒い冬を越えたからこんなに輝いている  「辛かった涙の数だけ人は幸せになれる」なんて 遅すぎた出逢いにただ… 悔やんでばかりで分からなかった  でもね、今はそう思えるの あなたと出逢えたから ホントだね。とっても幸せだよ。 道ばたの“チョコレートコスモス” 二人で見てる… やさしい春をありがとう。  こうして手をつないで並んで歩いている ありがと。心まであったかいよ。 道ばたの“チョコレートコスモス” 笑顔を連れて… やさしく咲くよ ありがとう。  春が訪れたのはあなたと出逢えたから ありがと。心まであったかいよ。 道ばたの“チョコレートコスモス” ゆらゆら揺れて… やさしい春をありがとう。
君だけを‥飯塚雅弓飯塚雅弓飯塚雅弓イズミカワソラ長谷川智樹朝日がてらす わずかな緑の間 君とならぶ いつもとなりで見上げる横顔 すべてひとりじめしたいのに…  ほんとにこの手を離していいの? 決めたんだよね… 言葉にならない…  この想い 胸に秘めたまま 笑っていよう 今はとなりで この瞬間を 胸に刻むため 見つめていよう 今はただ 君だけを…  ねぇ この道に桜が舞う頃 二人別々だね 戸惑うココロ見せないように 名前を呼んで駆け出したけど  「行かないで」って言えたらまだ間に合うの? でも…だめだよ… 言葉にできない…  この想い 胸に秘めたまま 笑っていよう 君のとなりで この瞬間を 忘れないように 感じていよう 今はただ 君だけを…  この想い 胸に秘めたまま 笑っていよう 今はとなりで 「あなた」を胸に刻むため 見つめていよう 今はただ 君だけを…
23degrees飯塚雅弓飯塚雅弓飯塚雅弓イズミカワソラ長谷川智樹心地いい二人の温度は やさしい23℃だって‥  伝えあう確かなぬくもり いつも感じてるよ だから逢えない夜も きっと大丈夫  twenty-three夢の中で 私を抱きしめてね そう想う それだけでも あたたかくなるよ おやすみ…  二人の大切な時間は tomorrow‥明日も変わらずに‥  つなぎあう信じたぬくもり いつもそばにあるよ だから涙の日も 笑顔に変えよう  twenty-three 夜空渡り あなたへ飛んでいくよ すてきな夢をのせて あたたかく包んであげたい‥  twenty-three 願い込めて 二人の輝く明日を あなたがいるそれだけで あたたかくなるよ  twenty-three…  23℃のこの物語を あなたと‥‥ twenty-three…あなたと‥‥
バレンタイン大作戦飯塚雅弓飯塚雅弓飯塚雅弓イズミカワソラ長谷川智樹年に一度の決戦日近づいてくる ああ!神様!この日だけは女の子の味方でいてね あらゆる手段つくしても 叶わない願いなの? それならどんなことでもやってみましょう!! ねぇ どうぞ 受けとって。“Are you OK??”  Dan Dan 近づく君への距離 Don Don ふくらむこの気持ち Zin Zin きてるの胸の奥 Zun Zun 進むよDash!Dash! バレンタイン大作戦!! もうこの恋 逃がしません!!  ギリギリまで迷ったよ でもね義理じゃないんだよ 恋のベクトルはまっすぐ君に向かってる もうがまんできないの。“Are you OK??”  Dan Dan 近づく君との距離 Don Don あふれるこの気持ち Zin Zin しちゃうの胸の奥 Zun Zun 進むよPush!Push! バレンタイン大作戦!! もうこの恋 離しません!!  V・A・L・E・N・T・I・N・E LET'S GO!!‥‥  Dan Dan 近づく君への距離 Don Don ふくらむこの気持ち Zin Zin きてるの胸の奥 Zun Zun 進むよDash!Dash! バレンタイン大作戦!! もうこの恋 逃がしません!!  Dan Dan 近づく君との距離 Don Don あふれるこの気持ち Zin Zin しちゃうの胸の奥 Zun Zun 進むよPush!Push! バレンタイン大作戦!! もうこの恋 離しません!!  V・A・L・E・N・T・I・N・E LET'S GO!!‥‥
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
BRAND NEW DAYS氷室零一(子安武人)氷室零一(子安武人)麻生健太宮島律子長谷川智樹恋はいつの間にかゆっくりと始まったから Smile for me かけがえない時を今 重ねてゆこう  世界がきみのことを 冷たい雨で染めても そんな夜 僕だけがそれを止められるはずだから  Brand new my days 愛を見つけよう ふたりだけで Brand new my love 明日を導く 夜明けの中で  いくつ恋をしただろう 忘れられない日々もあるけど Take your hands 君を抱いて 遙かな道 歩いてゆく  愛はこの願いを美しい勇気に変える 誰かを好きになるために理由はいらないから  Brand new my days 溢れる想いで 見つめ合おう Brand new my love 飾らぬ言葉で 伝えたいから  My precious heart ふたりが出会えた それは奇跡 My precious love 君にいつの日か 伝えたくて  My precious heart 微笑みを抱いて そばにおいで My precious love 心はいつでも そばにいるよ…
一秒のリフレイン乙葉乙葉乙葉・堂島孝平堂島孝平長谷川智樹今はまだひもとけない 胸の奥のガラス細工 信じてる あなただけを 感じてるリフレイン  歩きなれた 駅までの道のりも 雨の日に 持ち出す傘の花も 集まった おきまりの友達も 帰れずに 帰れずに もたれた販売機も  どこにも見つからない 心は素直になれない 世界中 どこにあなたはいるの 繰り返し さがしつづけてる  今はまだひもとけない 胸の奥のガラス細工 本当の私のこと まだ誰も知らない うそついて 作り笑い いつもどこか さみしかった 信じてる あなただけを 感じてるリフレイン  憧れてた 遠い日の面影も 悲しみを 拭ってくれた人も いつの日か 離れてく友達も あいたくて あいたくて 焦がれてたあの人も  今はもう 心の奥 大事な思い出 胸に秘め 世界中 誰よりあなたのことを 繰り返し さがしつづけてる  今はまだひもとけない 胸の奥のガラス細工 本当の私 全部 あなたには見せたい きこえてる? きこえてない? 私の声 届くように 信じてる あなただけを 感じたいリフレイン  今はまだひもとけない 胸の奥のガラス細工 本当の私のこと まだ誰も知らない うそついて 作り笑い いつもどこか さみしかった 信じてる あなただけを 感じてるリフレイン
Everybody Dance西城秀樹西城秀樹有森聡美長谷川智樹長谷川智樹(Dance all night It's all right Dance all night It's all right) Everybody kiss Everybody dance 冴えない顔で お手上げかい? Everybody kiss Everybody dance 今夜は踊り明かそうぜ Ah-n 甘いリズムで Mm… 頭の中をカラッポにして  弾けてない 弾けてNight もがいても、どーもなりゃしない 答えのない 形のない 未来はCool そのものさ Many Many Many Everyday (Hey! Hey! Hey!)  Everybody kiss Everybody dance 守りたいのは プライドかい? Everybody kiss Everybody dance 全部捨てちゃって 踊ろうぜ Ah-n 派手なリズムで Mm… 感じるままに体、任せて  なんて事ない なんて事Night チャンス到来はきっとAll right 気にしちゃない 構えんじゃない 未来はCool キメるのさ スキに スキに スキに Everyday (Dance all night It's all right Dance all night It's all right)  Ah-n Happyな 笑顔満開の世間じゃない… Mm… 結構です 自分の道探して行こう  弾けてない 弾けてNight もがいても、どーもなりゃしない 答えのない 形のない 未来はCool そのものさ なんて事ない なんて事Night チャンス到来はきっとAll right 気にしちゃない 構えんじゃない 未来はCool キメるのさ Many Many Many Everyday スキに スキに スキに Everyday Many Many Many Everyday (Hey! Hey! Hey!)
It's a beautiful day ~永遠に続く日々~飯塚雅弓飯塚雅弓室生あゆみ大津美紀長谷川智樹卒業式の朝 いつもより早くに バスをのりつぎ 次の駅まで ダッシュでかけて行くョ 見なれた この坂道 もう今日でさようなら いつか来る日も 変わらないでね 大好きなこのschool Umm... ふさぎこんでた Friday night Umm... 何もできなくて  あー 心に誓った思い いつまでも つかみとりたい 永遠に続く日々を この胸に抱きしめて 今 歩いてく  川面にゆれている 波の1つ1つ かけがえのない 今この時を 静かにきざんでく Umm... 不安におびえた Friday night Umm... 風がきびしくて  あー 言葉にならない愛で いつの日も 包み込みたい 永遠に続く日々を この胸に抱きしめて 今  あー 心に誓った思い いつまでも つかみとりたい 永遠に続く日々を この胸に抱きしめて 今 歩いてく。
For you飯塚雅弓飯塚雅弓室生あゆみ長谷川智樹長谷川智樹光る風の道を歩く あなたを見上げて いつも感じていた 静かなまなざし  流れてゆけば変わるなにか 知らないままに守られて  少しずつ大きくなるんだね その手の中 抜け出していくよ 真っ直ぐに見て歩いてゆく あなたがくれた かけがえのない未来  風がそよぐことを知った あなたの肩越し いつも眺めていた 記憶が優しい  気がつけばまた夢がひとつ 膨らみはじめ回りだす  少しずつ大きくなるんだね この胸さえ抑えきれないよ 感じるままに歩いてゆく この笑顔をいつも見てほしいから  辛いこと悲しいこと 抱えて眠る夜があっても 信じるものを追いかけ 今はただ歩いてゆくよ  少しずつ気付いてゆくんだね 輝く時 誰にもあるよと おしえてくれたあなたから 旅立つとき 強くなりたいね  こぼれた涙 ひとつずつ拭いながら あしたが拓くよと 教えてくれたあなたから はばたいてく かけがえのない未来
あなたが生まれた日飯塚雅弓飯塚雅弓かの香織かの香織長谷川智樹空の下で白いボール追いかけた あの日からいくつめのバースデイなの?  生まれてきてよかったこと 泣いたこと 今日だけは子供の頃に帰って話をして  HAPPY BIRTHDAY 二人が出会えた日から HAPPY BIRTHDAY あなたはひとりきりじゃないから  部屋のあかりそっと消して キャンドルにひとつずつ灯をともし わたしに触れて  なくしかけた 今もあなたの中にある その願い とりだして すべて叶えてあげたい  HAPPY BIRTHDAY 走ろう一瞬の時を HAPPY BIRTHDAY あなたはひとりきりじゃないから  HAPPY BIRTHDAY ありがと 生まれてきたこと HAPPY BIRTHDAY みつめて 私達にひろがる街  HAPPY BIRTHDAY 走ろう一瞬の時を HAPPY BIRTHDAY 贈るわ I WISH HAPPY BIRTHDAY TO YOU
X'mas time Hold me tight飯塚雅弓飯塚雅弓長谷川智樹長谷川智樹長谷川智樹夜が明けるまでは まだ その手を はなさないで 強く強く 指をからめていてね 窓の外は青く雪の街がけむる  X'mas time Holly night 不安な夜にさようなら X'mas time Hold me tight そっと世界は見つめてる  さあ 心をひとつによせ合い 舞い降りる天使の唄声を聞こう  X'mas time Holly night キャンドルの灯りの下で X'mas time Hold me tight 静かに星は消えて行く X'mas time Holly night 不安な夜にさようなら X'mas time Hold me tight 新しい日が明けて行く 2人きりの大切な日が...。
LET'S!!飯塚雅弓飯塚雅弓飯塚雅弓長谷川智樹長谷川智樹LET'S GO!! 離さないで 愛はここに 朝も夜もきみと LET'S DASH!! 誓い合えば強くなれる 朝も夜もきみと 輝く明日へ走り出そう!  冷たい風の中 涙みせずにいた きみのその姿すべて 心から信じてる  地平線よりもまっすぐに 肩抱きしめて  LET'S GO!! 離さないで 愛はここに 朝も夜もきみと LET'S DASH!! 誓い合えば強くなれる 朝も夜もきみと 輝く明日へ走り出そう!!  2つに割れた月を さぁ、今会わせてみよう なんてすてきなフルムーン 未来が映ってる  同じ海、同じ時間 みつめ 肩抱きしめて  LET'S GO!! 離さないで 愛はここに 朝も夜もきみと LET'S JUMP!! 名前を呼ぶ君の声はまるでラブソング 輝く光りへ泳ぎ出そう!!  雨の日や嵐の次に明日が来るから  LET'S GO!! 離さないで 愛はここに 朝も夜もきみと LET'S JUMP!! 翼ひろげ季節を越え ひとつになって自由自在に 青空に羽ばたこう  LET'S GO!! 離さないで 愛はここに 朝も夜もきみと LET'S DASH!! 誓い合えば強くなれる 朝も夜もきみと 輝く明日へ走り出そう!
優しい約束~TO MY FRIEND~飯塚雅弓飯塚雅弓かの香織長谷川智樹長谷川智樹あなたが指さす広い星空は わたしもどこかでみつめているよ 夢、なくしかけたら 窓あけて 耳を澄まして 優しい約束を ……わたしからあなたへ  MY FRIEND うけとって この手紙 手と手をつなぐかわりに 舞い降りる 夜空から  MY FRIEND 傷ついても迷っても 胸をはって歩きだそう いつだって そばにいるからね  あなたの涙がここに届いてる わたしも痛いくらい悲しくなる でもあきらめないで それはイイコトの前触れ 一緒にかけた虹 ほらね 見えるでしょ?  MY FRIEND うけとってこの手紙 手と手をつなぐかわりに 舞い降りる 夜空から  MY FRIEND 言葉にできないくらい つぶれそうになる時も いつだってそばにいるからね  MY FRIEND この空に誓い合おうよ 約束が今日に煌く 星屑の 夜空から  MY FRIEND 眩しい明日へ続く 約束が今日に微笑む いつだってそばにいるからね  I'm always loving you Everyday, everynight, Every moment, everytime, I'm always loving you  約束だよ
ノストラちゃんまつり宮村優子宮村優子みやむらゆうこ長谷川智樹長谷川智樹なんでやねん なにがやねん ノストラ ノストラ それほんまに どーなってんねん ノストラ ノストラ もう それマジですか? なんでやコラ なにがやコラ ノストラ ノストラ しばくぞコラ いてもうたろか ノストラ ノストラ もう それマジですか? うしくえ ぶたくえ とりもくえ ほんとに みなさんには かんしゃです  食物連鎖でつながれて ぼくらは 生きてゆける インドの山奥で修行 預言者 預言者 世紀末世の中たくさん ノストラ リストラ もうそれマジですか? なめとんのかワレ えーかげんにせーワレ ノストラ ノストラ ワレ家どこじゃコラ ほんませつめー せいっちゅーねん あの世で あの世で もうたのんますわー 有機栽培は 無農薬 あおムシくん めでたや くらしてる ちょいまち ほんとに大丈夫? 目にみえないダイオキシン  世紀末と ビバ!さわいでも とにかく ぼくらはまだ生きてゆく 生きているかららー うたうんだ あしたもがんばりましょー
SOMEDAY飯塚雅弓飯塚雅弓長谷川智樹・室生あゆみ長谷川智樹長谷川智樹Someday いつの日か 出会えたら 雲のすきまから ひとすじの光が この街 照らすように  どんなことにも もう 負けない強さ いつかは手に入れて ふさぎこんでる ハートをね やさしくね 包みこもう  世界中の 花を摘んで あなたのもと 届けてあげるわ いつの日か 本当を つかまえたら  夜はいつか 終わるように 朝日の中 輝きをそえて いつの日か 届けるね Someday I'll give my love  Someplace 変わってゆく 街なみと 遠くにかすむ空 海へと続く道 虹をたどってゆく  どんな時にも もう 負けない強さ いつかは手に入れて 傷ついた羽 いやすから 必ずね その日まで  世界中の 愛を汲んで あなたの胸 そそいであげるわ いつの日か 本当を つかまえたら  雨はいつか あがるように 朝の海の 輝きをそえて いつの日か 届けるね Someday I'll give my loveSomeday いつの日か 出会えたら 雲のすきまから ひとすじの光が この街 照らすように  どんなことにも もう 負けない強さ いつかは手に入れて ふさぎこんでる ハートをね やさしくね 包みこもう  世界中の 花を摘んで あなたのもと 届けてあげるわ いつの日か 本当を つかまえたら  夜はいつか 終わるように 朝日の中 輝きをそえて いつの日か 届けるね Someday I'll give my love  Someplace 変わってゆく 街なみと 遠くにかすむ空 海へと続く道 虹をたどってゆく  どんな時にも もう 負けない強さ いつかは手に入れて 傷ついた羽 いやすから 必ずね その日まで  世界中の 愛を汲んで あなたの胸 そそいであげるわ いつの日か 本当を つかまえたら  雨はいつか あがるように 朝の海の 輝きをそえて いつの日か 届けるね Someday I'll give my love
星空にお祈り飯塚雅弓飯塚雅弓岡崎律子岡崎律子長谷川智樹ときどき まじめで 窮屈にさせてる ふいに泣いたりするから 困らせる  笑った私をかわいいって言うから いつでも 笑い顔だけをみせたいわ  会えない時も なにをしてても 私 あなたで気が晴れるよ 恋してる 揺れている 大好きだよ  ほんとにね いくらでも一緒にいたくなる すべてをなげだす勇気があるなら  今日はありがとう 遅くなっちゃったね 時間がたりなくて いつもくやしい  やさしい涙 つよい心も みんなあなたが連れてくるの 恋してる あふれてる 大好きだよ  眠れない夜はね 電話くれていいよ おやすみしないで話そう 朝まで  ふたりで星を数えましょう 朝まで
“がんばって!”飯塚雅弓飯塚雅弓とみたきょうこ長谷川智樹長谷川智樹「さよなら」は うたた寝きみの顔見てたら 泣いちゃいそうで 言えずじまい 憧れた 場所に だんだんだんだん近づく 深夜の 長距離バス  この声は かなりちっぽけでも みんな笑った 卒業の文集に書いた 夢がまだ捨てられない  目を覚ませ 急いで とびきりのエネルギー 臆病すぎて 翼の広げ方を忘れてたよ 星空を映して 明日へ走ってく  おこるかな これが最初で最後のチャンスと 憎まれ口 あきれて欲しい どんな時も タフで負けないきみを見てたら 勇気が 騒いだんだ  ルールなんて 今は知らないけど 深呼吸して どこまでも飛べるはずさ 踏んずけた スニーカーでも  あの夏の写真は ふたりのピースサイン きみと覚えた 笑顔がたったひとつの勲章だよ 夜のトンネル越えて スピード上げてゆけ  ポケットに忍びこんでた きみからの“がんばって!”  登る朝日の中 光る街が見えた 目を覚ませ 急いで とびきりのエネルギー
ONEWAY RADIO保志総一朗/榎本温子保志総一朗/榎本温子辻仁成辻仁成長谷川智樹眠れない夜空を抱いて ちっぽけな悩みかかえて ラジオにそっと耳を傾ける いつだって僕はリスナーで 君の話聞いているだけさ 誰かに言いたい事もあるのに  今夜こそは ラジオと話したい 今夜こそは 僕の話も聞いてよ DJ  S.O.S.を送り続けた あてのないSweet generation 一度も読まれたことのない Oneway card 誰にも言えない秘密 もしも君に聞いてもらえたら 誓って僕は逃げたりはしない  今夜こそは ラジオと話したい 今夜こそは 僕の話も聞いてよ DJ  RADIO 聞こえているか RADIO 僕らの声が 孤独なメッセージ RADIO 聞こえているか RADIO 僕らの声が 孤独なメッセージ  今夜こそは ラジオと話したい 今夜こそは 僕の話も聞いてよ DJ  RADIO 聞こえているか RADIO 僕らの声が 孤独なメッセージ RADIO 聞こえているか RADIO 僕らの声が 孤独なメッセージ
グッピー飯塚雅弓飯塚雅弓長谷川智樹長谷川智樹長谷川智樹グッピー 部屋のかたすみ 今日も遅い帰りを1人待ってる グッピー どうしたの いつもとちがう顔 何があったの? 服をぬいでシャワーあびてTVつければ いつもの笑顔 うまく もどれるかな  グッピー もう 寒いね ストーブをつけソファーでまるまってる グッピー 机の上の 写真の中 海辺で笑う2人 グッピー 今は1人ね 灯りを消し ベットにひざかかえて 水の中に色とりどり 広がる世界 一緒になって ふざけあおう 夢で待ってる  グッピー もうすぐ クリスマスね キャロルがひくく聞こえる 1人の部屋 グッピー 色々あったね 終わってゆく今年と20世紀  いつの日にか 虹の向こう 花のあふれる丘の上 手をとりあって走って行こう 笑い合って ふざけ合って 唄を歌おう 夢みている 願っている その日のこと 夢みている 祈っている その日のこと  グッピー 部屋のかたすみ 今日も遅い帰りを1人待ってる。
Ladybird飯塚雅弓飯塚雅弓長谷川智樹長谷川智樹長谷川智樹Ladybird 教えてよ 指を高く空に向けて Ladybird 明日の2人の恋と風のゆくえ  秋が終わり 冷たい冬 こがらしが吹く頃には せつない胸に思いはつのる 会えない時 さみしい夜 心に描く 2人の夏と甘いメロディ  Ladybird 教えて 指を高く空に向けて  赤や黄色に花が咲く広い野原で 2人駆けてく春の風 両手に受けて 木々を渡る小鳥達の唄にさそわれ 過した遠い あの日の夢  Ladybird 教えて 指を高く空に向けて  Ladybird 神様の庭に白く咲いたバラに Ladybird つれてって 愛のあふれるその泉  時をこえて世界の果て 喜びの唄を歌う 悲しみのない希望の鐘を うちならそう 天使達のリズムに合わせ 光が2人を包むまで  Ladybird 教えて 指を高く空に向けて 光が2人を包むまで 指を高く空に向けて 指を高く空に向けて
もしも……飯塚雅弓飯塚雅弓室生あゆみ長谷川智樹長谷川智樹もしもボクの背中に 羽が生えていたなら 水色の空高く 大きな文字を描(か)くよ  目覚めたキミが窓を 開けて一日 Happyな気分で いられるようにね  だから Baby Baby キミの 出来立ての笑顔を 早く届けてよね いつも Baby Baby キミと Waku Waku したいね 一緒に飛びたいよね  もしもボクの背中に 羽が生えていたなら 白い雲を集めて 大きな船を作るよ  さみしがり屋なキミの ため息すくい ココロのかけら 見つけに行こうよ  だから Baby Baby キミの とっておきの笑顔を ふりまいてほしいよ いつも Baby Baby キミと Uki Uki したいね 一緒に遊ぼうよ  キミを連れて行こうか 幸せが住む 街の向うへ 夢をのせたまま  だから Baby Baby ボクの 大好きな笑顔で ふりむいてほしいよ いつも Baby Baby ボクと Doki Doki すること 一緒に捜そうよ
風のKiss飯塚雅弓飯塚雅弓イズミカワソライズミカワソラ長谷川智樹胸につけた 元気のレッテル 期待されて 笑っている自分に 本当は 傷ついてた  すべて飲み込んだ右手を ギュッと掴んだら 風のKiss 舞い降りてきた  一人だとダメなことを すぐに見抜いてくれたから バイバイ、強がりは もう‥ 帰るとこ 見つけた  さまよってた 着陸する場所 分からなくて ちっぽけな自分に 本当は 泣きたかった  なぜか懐かしい呼び声に 振り返ったら 風のKiss 迎えてくれた  一人だとダメなことを すぐに見抜いてくれたから バイバイ、悔し涙は‥ もう一人じゃないから  帰るとこ あるから
秋はひとりぼっち大石恵大石恵G.OSBORNE・P.VIGRASS・J.WAYNE・日本語訳:山上路夫G.OSBORNE・P.VIGRASS・J.WAYNE長谷川智樹夏の光り いつか消えて すべては秋の日 あなたはもういない どこにも 南の国めざしながら 鳥たちがとぶ あなたはもういない どこにも 夏の中で愛し合った なにもかもが夢のよう 秋の舗道(みち)を ひとりゆけば 落葉が舞うだけ あなたはもういない どこにも  夏の中で愛し合った 何もかもが夢のよう 静かな雨 ほほにかかる 涙をかくして あなたはもういない どこにも
月の舟大石恵大石恵長谷川智樹・大津美紀長谷川智樹長谷川智樹暮れてゆく雲のすきまから にじむ朱色(あかいろ) 過ぎてゆく1日が こんなに切ない  いつもと変わらないはずの 街の色も何故か 違う景色に映る あなただけがいない  重ねた季節の数だけが きらめいてた記憶の中 今も この胸しめつける  会いたい 会いたい 叶わないと知っても 思い出す その腕をその手を 会いたい 会いたい 変らない想いを 今すぐ あなたのもとへ まっすぐ 伝えたい  ひとりきりで過ごす夜も 慣れてきたけれども 2人で見上げた星 こんなに 愛しい  はじめての電話の声 今でも忘れない つまらないジョークにも 2人 笑ったね  傷つけあって泣いたことも 許しあった 何もかもを お互い 信じた“さよなら” だけど  月の舟は夜を請う 永遠の想いをのせて  会いたい 会いたい 叶わないと知っても 思い出す その胸をその瞳(め)を 消えない 想いに 心奪われても 見えない時の中で 明日を歩いてく
センチメンタル飯塚雅弓飯塚雅弓室生あゆみ長谷川智樹長谷川智樹この雨が 通り過ぎる頃は もう夏も 逝ってしまうのね 秋の音を そっと忍ばせて 夏の終わりの 雨が降れば センチメンタル 焼けた肌 冷やすように 一人きりの 日曜日は  南の風に誘われて 二人で行った 眩しい夢が よみがえる ひと夏 越すたび 何かが 変わってゆく  ダージリン グラスにそそいでは 眺めていた 二人だけの海べ バルコニーの 白いパラソルゆれ 吹いた海風 夏を惜しみ センチメンタル 浅い夢 誘うように 雨の調べ リフレイン(くりかえ)して  ガラスを伝わる雨垂れ すぎてく季節(とき)を なぐさめるように 流れてく あなたの温もり 残る日曜日 待ちぶせしてた木の下で あなたにもたれ 眺めた海を 思い出す ひと夏 越すたび 何かが 変わってゆく  ガラスを伝わる雨垂れ すぎてく季節(とき)を なぐさめるように 流れてく  南の風に誘われて 二人で行った 眩しい夢が よみがえる ひと夏 越すたび 何かが 変わってゆく  幾つも季節の風感じ なんどもあなたにときめいて いつでもあなたを見ていたい
Strawberry Candle飯塚雅弓飯塚雅弓長谷川智樹長谷川智樹長谷川智樹そっとどこかで ウサギたち アンモナイトの夢 深い海の底に眠る きっと魔法の時の中で まどろんでる
大好きな君だから飯塚雅弓飯塚雅弓大津美紀大津美紀長谷川智樹いつもより何倍もの優しさあふれてる 君の横顔 今はただ ずっとみつめていよう 昨日から心に決めてたから  もう 何も話す言葉さえ うまくみつからなくて これ以上の想い どうやって 伝えられるのか わからなかった  “ごめんね”って言ってた 最後の君の顔に 思わず泣き出しそう 瞳 うるんでく 思いきりこらえて 笑って手を振る 大好きな君だから 涙は見せたくない  自分に素直になれたって “叶わないこと”ってあるよね しばらくは 君のことで 胸がいっぱいになる夜を過ごすだろう  もう 何も欲しがらないけど せめて あと少しだけ 君のこと思い出しちゃったとき 乗り越えられる強さが欲しいよ  こんなに広い空で ふたり出逢えたこと これからも かけがえのない宝物だよ 君は君の夢を守っていってね 大好きな君の笑顔 ずっと失くさないでね  ぎゅっとぎゅっと握りしめ 離した手のひらも 明日から君だけのものに 変わってく 絶対振り向かない まっすぐ歩いてく  大好きな君だから 涙は見せたくない
レモンパイ飯塚雅弓飯塚雅弓長谷川智樹長谷川智樹長谷川智樹大好きな唄もレモンパイも 今日は何だか物足りない ねえ ちょっと待って 頼んだのはピザじゃない バジルを効かせたボンゴレ  今日のアフレコ ちょっとハードだったナ にじんだ涙 見せられない ねえ きっときっと明日の今頃は いつものスマイルにリスタート  ハッとしたり キュンときたり 毎日ワクワクの繰り返し きっといつか どんな事も 笑って優しく受け止められたらいいのにネ  電話のコール7回まで いつまで私 待たせるつもり ねえ もっともっと話したい今日の事 声を聞かなくちゃ眠れない  楽しみね 今度のコンサート 似合うかな 紺のワンピース ちょっと大人ぶって アニエスのコロン いつもと違うの 気付いてくれるかな?  ハッとしたり キュンときたり 毎日ワクワクの繰り返し きっといつか どんな事も 笑って優しく受け止められたらいいのにネ もう遅い 今夜は眠らなきゃ
一緒に歌おうよ飯塚雅弓飯塚雅弓室生あゆみ長谷川智樹長谷川智樹花や木や雲が 詩(うた)を感じさせ ボクの心をくすぐる瞬間(とき)に 空と陽と風が メロディーを運び キミに初めての歌を 聞かせるのさ  リズムを一緒にきざもう 手拍子 ピアノに合わせて おなじ時代(とき)に住む キミと歌う歌 なんてすてきなことだろう  ボクはまだ未熟 うまく伝わるかな 思い通りにいかない までも 心待ちしてる 誰かさん いれば ギター弾(はじ)く指も ほら はずんでくる  調子のはずれた声でも みんなで 歌えば楽しい おなじ宇宙(そら)のした キミと歌う歌 なんてすてきなことだろう  心が騒ぎだす 歌が飛び出したら  足拍子ふめば からだ踊りだす おもいおもいの スタイルだけど 笑い顔してる 誰かさん 見れば ボクの胸の音も ほら 高鳴ってる  花や木や雲が 詩(うた)を感じさせ ボクの心をくすぐる 瞬間(とき)に 空と陽と風が メロディーを運び キミに初めての歌を 聞かせるのさ
everyday飯塚雅弓飯塚雅弓岡崎律子岡崎律子長谷川智樹Monday “おはよう”で また朝がはじまる Tuesday 育てたガーベラ 赤く咲いた  雨も上がり いいことがある そんな気がしてうれしい  めぐる毎日は くりかえしじゃなく 今日は なにがあるだろう  Wednesday 言葉がたりなくて 悔やんだ Thursday それでいいよって あなたが笑ってくれる  意地を張ったり 素直になれたり 何度も涙がでる  うれしいことがある つらいことも見て 今 この時を生きてる  Friday ひとりぽっち 深呼吸してみる Saturday and Sunday 私はちっぽけで無限大ね  それを忘れぬように うつむかぬように 青空に手を広げて  つまずきながら それでもやめずに 今 この時を生きよう  よろこびながら かなしみながら 今 この時を生きてる  めぐる毎日は くりかえしじゃない 明日(あした) なにが起こるだろう
ストロベリーキャンドル飯塚雅弓飯塚雅弓長谷川智樹長谷川智樹長谷川智樹きっとどこかでウサギ達も 夢をかぞえる12:30 青い月の下で そっと何かが動き始める 銀の魔法の羽に乗って 空に浮かび出すよ  高く 高く 高く 遥か遠い未来からのメロディー やってくる  夢はいつもファンタジー 黒い森を抜けて 貝の舟は行くよ 星空のミステリー追いかけて  マーマレイドの空の下で 羊たちもフワフワの白い雲のベッド きっといつもの天使達が イチゴのキャンドル灯し 空を照らし出すよ  高く 高く 高く 暗い夜の闇を超えて 遥か遠い世界からのメロディー やってくる  夢はいつもファンタジー 黒い森を抜けて 貝の舟は行くよ 星空のミステリー追いかけて  どこまでも続いていく  きっと今夜も夢の中で…
Babyblue飯塚雅弓飯塚雅弓岡崎律子長谷川智樹長谷川智樹夏の風が吹く 木漏れ日の小径(みち)を ひとり歩くよ 胸の中はあなたで ねえ いっぱい  手をつないでる時 ならんで話す時 まるで 私 小さな頃の甘いきもちがするの  さみしかった 待ってたんだ  Babyblue みつけて 心で叫んでた 見抜いてくれる誰かを ずっと探してた  Babyblue 未来は まだ ガラスの向こう それでも 信じていけるよ あなたといるなら  秘密でいたいような 白状したいような あなたのことを ねえ たいせつに誇りに思ってる  優しくしたい もっともっと  Babyblue 恋して 心が透けていく 言えずにいたことも 今 さらさらこぼれる  Babyblue 未来は ほら ガラスの向こう きっとね つかめる気がしてるよ あなたとなら  一緒に行こうね これから
ミントと口笛飯塚雅弓飯塚雅弓長谷川智樹長谷川智樹長谷川智樹ミントの香りのあふれる坂道 いっきに自転車で駆け下りれば いつもの笑顔で挨拶かわすよ 新しい季節の予感がやってくる ああ光と風があふれる  昨日の電話泣いちゃってゴメンネ いつもの私のわがままね 歪んだ笑顔なんて見せたくないね もう少し大人にならなきゃね  走る 走る 口笛を吹きならそう 風を感じるよ 待っていて もうすぐあなたの家の 街並が見えてくる  雲の隙間から覗いた太陽 まっすぐに光が通りを照らす 透き通った風が耳打ちして行く 花も木々も鳥たちもバラードを唄うよ ああリズムとメロディ奏でる  ときどき落ち込む弱気な日には いつものスマイルで誘ってね やさしい笑顔を見ているだけで なんだか元気 あふれてくる  走る 走る 口笛を吹きならそう 風を感じるよ 待っていて もうすぐあなたの家の 街並が見えてくる  ああ広がるこの空 誓い合った永遠のシンフォニー 終わらない愛の唄 歌おう  回る回る時間の魔法をかけて この時を止めてよ 刻んだ二人だけの出来事は 大切な宝物  走る口笛を吹きならそう 風を感じるよ  待っていて もうすぐあなたに会える 風を切るこころに優しい香り広がる
DESTINY飯塚雅弓飯塚雅弓宝生あゆみ・大津美紀・飯塚雅弓長谷川智樹長谷川智樹初めてふたりが 巡り逢った時から この胸の中 震えだしたのは 強いDestiny感じたせいよ  話したい ことがあふれてるの 少しでも あなたと同じこと 考えてるだけで 幸せな時間よ わたしだけ知ってることが 増えてくる  小さなクセさえ 独り占め できたら ステキ  心をくすぐる 風になれたらいいね 昨日はちがう 夢見ていたけど 同じSora 飛びたいね 初めてふたりが 巡り逢った時から この胸の中 震えだしたのは 強いDestiny 感じたせいよ  誰よりも あなたが大事になって 歩きだす 気持ちを受けとめて ぎこちない思いが 空回りしたなら 何気ないJokeでかわしてほしいの  まだまだ幼い 恋だとは知っている けれど  この世界中で 巡り逢えたこと 偶然じゃない Woo…  心をくすぐる 星のささやき聞いて 昨日はちがう 夢見ていたけど 同じYoru 越えたいね 初めてふたりが 巡り逢った時から この胸の中 震えだしたのは 強いDestiny 感じたせいよ
anything篠原ともえ篠原ともえ篠原ともえ篠原ともえ・長谷川智樹長谷川智樹ちょっとだけキビしくしても ギュッとやせがまん 夢を叶えるために ドキドキいつでもどこでも ずっと笑えたら 明日キラリ光る  ロマンチックになるのは 女の子だもん当たり前だけど 今はまだヒミツにしようって どうしてもかくしちゃうの  夢ばっかり見てていいのかな? わたし変わってゆけるのかな? どれだけの人に出会えたら見つかるの? 本当の自分のこと  ちょっとだけムッときたって キュッと苦笑い たまにガマンしなきゃ いつでもドキドキワクワク ずっと止まらない そんな夢を見よう  いつものように笑えば みんな安心してるけど本当は 泣いたり悩んだりしたり みんな知らないでしょう?  答えがないまま時間だけが 過ぎてみんな変わってゆくの? わかってる本当わかっているからもう 少しだけ自由にさせて  本気で夢を追いかけたら わたし変わってゆけるのかな? わかってる全部わかっているけど もう少しだけ 今だけは 自由にさせて
ハロー・スティーヴン篠原ともえ篠原ともえ篠原ともえ篠原ともえ・長谷川智樹長谷川智樹何かがありそなワクワクなの ステキな事しか思いつかない どんな言葉で話しかける? 気付いたらそんなことばかり  プレゼントは雨の中 私の想いを込めて 届くかな? 嬉しいかな? 早く会いたいの  この時間がピンクに染まり 魔法をかけて まわって できることなら ずっとずっとキュンと 終わらない歌を歌おう  インド模様の部屋にすわる クールな2人にごあいさつ ギターと声で世界を包む ステキな出会いにありがとう  ハーモニカが唄いだす 喜ぶ私の声が どこまでもとどくよ 歌おう手を広げて  言葉なんて通じなくても かまわない 一緒にいれば ありったけのハート重ねて 瞳を見ればそれでわかる  この時間がピンクに染まり 魔法をかけて まわって できることなら ずっとずっとキュンと 終わらない歌を歌おう  遠い人だから会えないのはもう わかってる 気付いてる いつだって…  悪さされたりキスされたり お気に入りの靴とられたり 今度会えたら 仕返しするの ギュッと抱きしめちゃうの  もう少しだけ一緒にいれたら もっと好きになれたのにね でもまたいつか 会える気がする その時はもっと話そうね
MUSIC篠原ともえ篠原ともえ篠原ともえ篠原ともえ・長谷川智樹長谷川智樹音をたてて回りだした 虹色に染まった記憶 ひび割れた想い出たちも 時間の渦の中で泳ぐよ  キラメク街のネオンたちも どうにもならない そんな時は はじめて覚えたメロディ 繰り返し聴くの  歩き疲れた大人たちの 背中をツンツン押して歩こう つくりたての歌をつれて どこまでも僕たちは向かった  リアルな世界のドア閉めて からっぽになろう そして僕は オレンジ色のあの場所で ブランコに乗るよ  空も海も花も声も響いてくリズム 歌を歌う街ももうすぐ笑うよホラネ  ざわめく人の足音と 影だけが見える こんな時に 忘れかけてたあの頃の 傷みは消えるの?  空も海も花も声も響いてくリズム 歌を歌う街ももうすぐ笑うよホラネ  その声は聞こえないけど どこまでも届くテレパシー 耳をすまして 見つけてみて 私たちの歌
あの空へ室井滋室井滋岩里祐穂羽場仁志長谷川智樹僕は飛べない 羽はあるけど 遠い昔 はばたくこと 忘れてしまった  僕は飛びたい 羽をひろげて 仲間たち できるわけ ないよと笑ってる  草の丘に立ち 赤い夕陽をめざして 少しずつ力ためて 風を揺り起こすんだ  夢のつばさで あの大空かけぬけたい  きっと飛べる 必ず飛ぶ  胸に強く願えば できるはずさ 小さくても 羽があるなら  誰かが言った 飛べない鳥が あの空を飛ぼうなんて 無謀なことだと  でも何のために 羽があるのかな? 僕は走りつづけた 土埃りあげながら  傷つき それでも あきらめない姿見て 友達も丘に集まり 羽をひろげはじめた  夢のつばさで あの大空かけぬけたい  きっと飛べる 必ず飛ぶ  胸に強く願えば できるはずさ 小さくても 羽があるなら  ある日つばさを 広げた瞬間 舞い上がった  風がきて 僕は飛んだ 大空へと 雲と 太陽つれて かけめぐる 僕は鳥だよ
完ペキなスマイル飯塚雅弓飯塚雅弓長谷川智樹長谷川智樹長谷川智樹人ごみを泳ぐよに 急ぐ帰り道 また今日も一日過ぎてくけど ふたしかな未来にいつも 胸がしめつけられる  わかりあう何もかも夢さえも恋さえも そんな大切な誰かと 心さえこの体さえ溶け合って眠りたい  毎日をただ過ごすんじゃなくて 思いえがいた最高の瞬間を ずっと抱きしめて  朝がきたね また完ペキな一日が 涙もイライラもふきとばして ブランニューなスマイルでいこう 体中の完ペキなパワーを 胸とこの両手に感じて 歩きだそう  TVでは今日もまた不可解なことや 悲しい事件伝えるけれど 知りたいことは 明日の私 笑顔でいられるかな せつなさやさみしさや 苦しさを乗り越えて いつもなにかに向かってる 毎日が光にあふれ きらめいている時間  過ぎてゆく かけがえのない季節 どんなことより この瞬間を ぎゅっと抱きしめて  空と海の紺碧な輝きが 永遠と続くエナジーを 運んできてくれる 体中の完ペキなスマイルを 胸とこの両手に感じて 歩き出そう  朝がきたね また完ペキな一日が 涙もイライラもふきとばして ブランニューなスマイルでいこう 体中の完ペキなパワーを 胸とこの両手に感じて 歩きだそう
SALAD DAYS飯塚雅弓飯塚雅弓飯塚雅弓小西真理長谷川智樹あなたの家につづく道 息をはずませこぐペダル 青くどこまでも続いてる空 透き通る風  太陽の光をあびて 心おどらせて走るの ほらね 草も花も風にゆれて 坂を駆けおりる  不安な日々に 気がつけば いつもそばにいてくれた あなた  瞳に映る景色が キラキラ輝き 心の奥にかくれてた夢 みつけたの あなたが教えてくれた 素直な気持ちが サラダ色に染められてく 毎日がとても楽しくて  朝露にぬれてる花を カゴにいっぱい詰めこんで あなたの好きなトマトも たくさん持ってきたから  特製ドレッシングには 愛のスパイスふりかけて ふたりだけの素敵な朝食を サラダで飾ろう  涙ながしたあのときも 今は想い出 笑って話せるね  大切な星のかけら みつけられたから 一緒に輝く時を待つわ その日まで 両手いっぱいの光 この手でうけとめ 空高くはじきとばせば 幸せがひろがるよ  瞳に映る景色が キラキラ輝き 心の奥にかくれてた夢 みつけたの あなたが教えてくれた 素直な笑顔で 隣にいてね いつまでも 永遠に つづく SALAD DAYS
初秋飯塚雅弓飯塚雅弓岡崎律子岡崎律子長谷川智樹ひとりで歩いた 傘をさすのも忘れて とても冷たかった これっきりかと思うと  ねえあなた 薄れていかないの あの日が あなたが  もういい やめようって それだけのことだったの すぐに忘れてしまうの  とてもとても 大切だった あなたを失って ぽっかり穴があいてる  遅くなった夜 星を見ながら帰る 少し疲れた うまくいかない日だった  ねえあなた これじゃ弱虫かな つらいよ 逢いたい  やっぱり 誰よりも あなたがいいの しかたない事 思うよ  うまく優しくできなくて 甘えきれなかったこと ごめんね もう遅いね  こんな涙の中でも 時は容赦なくて 私も今日を歩いてる  朝が来れば 服を着替えて 背中のばして 行くの 何かに向かってるんだと信じて  もうすぐ それぞれの秋ね 心もだんだんに 塗り変えられてゆくんだろう
いたいのとんでけ飯塚雅弓飯塚雅弓ビーンズ豆田大津美紀長谷川智樹パジャマも おNewのに替えたよ ぼくのスマイル ピンチだから アイスクリームは ホームサイズにしよう こんな日はプレーンなお味じゃなく 甘いのを たまにはいいよね  いつもシュガーレスなミントで お口Coolなのに 脱ぎ捨てたワンピの水玉 今すこしにじんで見えたよ  蛇口ひねって顔を洗ってみよう タオルに顔を埋めよう フワフワがいいな  コロコロと悲しみが転がり 心のくぼみに落ちたよ レスキュー隊のPHS(ピッチ) つながらない  ラララララ ラララララララ ラララララ…  フルーツゼリー ゼラチンでプヨン  コロコロと悲しみが転がり 心のくぼみに落ちたら カニパンちぎって食べながら 「いたいのとんでけ!」って言っちゃおう
青い夕暮れ飯塚雅弓飯塚雅弓飯塚雅弓解良保哉長谷川智樹波間に揺れる街の灯が さみしく映しだすあの日 ならんで見ていた海辺に ひとつの影  見知らぬ国へ行く船が 心のすきまを過ぎてく 手をのばしても届かない 今でもあなたがすき  いつまでも そばにいて 変わらぬ想いを あなたとふたりで 感じたかった 青い夕暮れの あの瞬間(とき)のように  打ち寄せる波にながした あふれる涙が溶けてく 瞳(め)を閉じると 今も横に あなたがいる  飛び立つ翼の明かりに あなたの記憶を乗せたら にじんで流星になった 遠くへいってしまう  約束も 想い出も ふたりでつくった やさしさの時は もう戻らない 別々の夢を ふたり追いかける  あなただけ みつめてた あの日々が今は はかないものだと わかりたくない 潮風に吹かれ 消えてく so blue  いつまでも そばにいて 変わらぬ想いを あなたとふたりで 感じたかった 青い夕暮れの あの瞬間(とき)のように
ブルーのストーリー飯塚雅弓飯塚雅弓大津美紀長谷川智樹長谷川智樹きらきらと光る風の中 あの空の色を憶えてる 季節が過ぎてもきっと ときを止めたまま  あなたは慣れないそぶりで手をとって やさしい背中に寄り添ってみた みつめあった 瞳の奥を ねえ信じていたい ふと砂浜に 描きだされた 未来はいつかくると  遠く遠く光る風の中 あの雲を追いかけていたい 季節が過ぎてもふたり ときを止めたまま  あれからもうどれくらいたったんだろう 写真に刻まれた透明な記憶 会えなくなることは はじめから ねえ わかってたけど さよなら言えず 思い出だけを 波に残してきたの  きっときっと会える時がきて またこの海にこようっていったね 2つの影を映して 夏が過ぎてゆく  はじめて出会ったあの瞬間 永遠という言葉 どうか消さないでいてね  ずっとずっと忘れないでいて あの夏を まぶしい渚を 季節が過ぎてもふたり ときを止めたまま  きらきらと光る風の中 あの空の色を憶えてる 2つの影を映して 夏が過ぎてゆく
口笛でル・ラ・ラ飯塚雅弓飯塚雅弓岡崎律子岡崎律子長谷川智樹長距離バスの先も確かめずに 乗り合う人と笑顔かわし しずむシート  どうどうめぐりの悩みは置いてきた 今夜 私を誰も知らない 自由のアリス  思い出そう そう誰だってね 望むとこへ行けるはずね こんな日がある あんな日もあった 目を閉じて ル・ラ・ラ  先を急ぐ車に手を振って 風を入れる ちぎれてゆく 意地のかけら  走る走る 悩みなんてどうだろう ちっぽけな恋 ちっちゃな私 可笑しくなる  忘れてたわ そう心だってね 願うとこへ 向かうはずよ こんな恋をして あんな日があった ため息 ル・ラ・ラ  忘れちゃだめ そういつだってね どこへでも行けるはずよ こんな日もある あんな日もあった 元気だして ル・ラ・ラ  こんな今日がある どんな明日が来る 口笛で ル・ラ・ラ
ロマンチックだね飯塚雅弓飯塚雅弓室生あゆみ長谷川智樹長谷川智樹通りすぎる 風に色が あることに気づいた 帰り道  両手 広げ 風とひとつになって泳ぐ 記憶のどこかで あこがれる  どこまでも青い 大空に向かい 翼を広げて 飛びたいよ いつだって自由に 夢見ていたなら こころは ロマンチックだね  駆けていけば 逃げていった 虹の端まで たどり着けずに  息を はずませ 大きな何かを感じていた くやしい涙が あこがれる  小さな自分に 気づいたときから 輝きはじめた ものたちを いつだって追いかけ 探していたなら こころは ロマンチックだね  今日が明日に なるのを待つより 旅立ちの鐘を 鳴らしましょ 知らない海への 地図を広げたら こころは ロマンチックだね  どこまでも青い 大空に向かい 翼を広げて 飛びたいよ いつだって自由に 夢見ていたなら こころは ロマンチックだね
かたおもい飯塚雅弓飯塚雅弓大滝美紀大滝美紀長谷川智樹あなたは いつも軽く 声をかけて くれるけど 私のこころ ほかの誰より しあわせ感じている  そんなやさしい顔で 笑いかけないで 切なすぎる 瞼とじて わかるくらい あなたに恋しているの  あなたが唄ってくれた メロディを 口ずさんでみる 涙ながして 眠る夜も 今では 慣れてきたの  誰かのこと 想ってるの? ときどき遠くを見てる となりにいる 私のこと 見つめてほしいと 言えたら……  あなたの瞳(め)に 私の影さえ 映ることがなくても せめて小さな 思い出だけ こころの隅に置かせて La la la la la  そんなやさしい顔で 笑いかけないで 切なすぎる もっと素直に この気持ちを あなたに届けられたら La la la la la  La la la la la la La la la……
約束岡崎律子岡崎律子岡崎律子岡崎律子長谷川智樹春 はなが咲く道 陽だまりの君を おぼえている もっとそばにいて ずっと愛したくても 時は往くの  さよならと言ったのね いまはもう届かない 幸せで きっといて 輝きだけみつめて  よろこびも かなしみも 大切な思い出 泣かないの 微笑んで また会えるとおしえて  今なんて言ったのと 聞いても届かない だいじょうぶ どこにいても 同じ星をみている
ミスター サムシング ブルー八代亜紀八代亜紀湯川れい子長谷川智樹長谷川智樹ミスター サムシング ブルー どうして ちょっとブルー お喋り上手な私はいかがです  ミスター サムシング ブルー 思わず ちっょとスマイル あの娘と別れた 噂ならば 聞いたわ  青い海 窓辺に ゼラニュームがゆれてる 小さな家 あなたと子供 OH! WHAT A WONDERFUL DREAM!  ミスター サムシング ブルー ISN'T IT LOVE SO MEAN 小指を噛み 噛み 夢みているのよ  MR.SOMETHING BLUE ISN'T IT LOVE UNTRUE EVERYBODY NEEDS SOMEBODY SO I SAY THAT YOU'LL BE MINE  MR.SOMETHING BLUE NOTHING SEEMS TO MAKE YOU SMILE IF I ASK FOR JUST A GIVING PIECE OF LOVING AND SINGIN' TONIGHT  JUST TURN AROUND LOOK AT MY FACE YOU'LL SEE SOMEONE, CRYING AND SMILE WHO'S WAITING FOR YOU TO KNOW SHE IS IN LOVE SINCE THE DAY WE EVER MET  南風 瞳に やるせなさを脱いだら 抱き合えるわ 子供のように OH! WHAT A WONDERFUL NIGHT!  ミスター サムシング ブルー NOTHING SEEMS TO MAKE YOU SMILE 雨降り上がりは 星空のシャンデリア  だからどうぞ キスをしてね あなたが好きよ
ママと寝る人ユニコーンユニコーン阿部義晴阿部義晴長谷川智樹飲みすぎ 飲みすぎ お口がくさい さんざん からんで 大きないびき ぼくのパパ パジャマもうらがえし  うそつき うそつき やくそくしたのに 日曜 起きたら ゴルフに行った ぼくのパパ もう口きいてやらない  大キライ~~~~~~ 働いても 働いても 仕事じゃ ホントに辛いのわかるけど でもキライさ でもキライさ ママにないしょで おこずかいくれるけど  大キライ~~~~~~ 夢中でみていた テレビの野球をマンガにかえたのぼくだけど でもキライさ でもキライさ ママにないしょで おこずかいくれるけど  パパが寝てる ママと寝てる
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. うれしいひなまつり
  3. オレンジ
  4. 明治チェルシーの唄
  5. 買物ブギー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×