初秋

この曲の表示回数 3,009
歌手:

飯塚雅弓


作詞:

岡崎律子


作曲:

岡崎律子


ひとりで歩いた 傘をさすのも忘れて
とても冷たかった これっきりかと思うと

ねえあなた 薄れていかないの
あの日が あなたが

もういい やめようって
それだけのことだったの
すぐに忘れてしまうの

とてもとても 大切だった
あなたを失って
ぽっかり穴があいてる

遅くなった夜 星を見ながら帰る
少し疲れた うまくいかない日だった

ねえあなた これじゃ弱虫かな
つらいよ 逢いたい

やっぱり 誰よりも
あなたがいいの
しかたない事 思うよ

うまく優しくできなくて
甘えきれなかったこと
ごめんね もう遅いね

こんな涙の中でも
時は容赦なくて
私も今日を歩いてる

朝が来れば 服を着替えて
背中のばして 行くの
何かに向かってるんだと信じて

もうすぐ それぞれの秋ね
心もだんだんに
塗り変えられてゆくんだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:初秋 歌手:飯塚雅弓

飯塚雅弓の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-08-27
商品番号:PICA-1148
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP