ブルーのストーリー

この曲の表示回数 3,833
歌手:

飯塚雅弓


作詞:

大津美紀


作曲:

長谷川智樹


きらきらと光る風の中
あの空の色を憶えてる
季節が過ぎてもきっと
ときを止めたまま

あなたは慣れないそぶりで手をとって
やさしい背中に寄り添ってみた
みつめあった 瞳の奥を
ねえ信じていたい
ふと砂浜に 描きだされた
未来はいつかくると

遠く遠く光る風の中
あの雲を追いかけていたい
季節が過ぎてもふたり
ときを止めたまま

あれからもうどれくらいたったんだろう
写真に刻まれた透明な記憶
会えなくなることは はじめから
ねえ わかってたけど
さよなら言えず 思い出だけを
波に残してきたの

きっときっと会える時がきて
またこの海にこようっていったね
2つの影を映して
夏が過ぎてゆく

はじめて出会ったあの瞬間
永遠という言葉
どうか消さないでいてね

ずっとずっと忘れないでいて
あの夏を まぶしい渚を
季節が過ぎてもふたり
ときを止めたまま

きらきらと光る風の中
あの空の色を憶えてる
2つの影を映して
夏が過ぎてゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ブルーのストーリー 歌手:飯塚雅弓

飯塚雅弓の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-08-27
商品番号:PICA-1148
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP