×

松任谷由実の歌詞一覧リスト  417曲中 1-200曲を表示

並び順: []
全2ページ中 1ページを表示
417曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛と遠い日の未来へ (Album Version)思い出してごらんよ 幼い日 胸をふるわせた 言葉にできないまま 残して来たものを  青空にそこだけ 影おとし 山にかかる雲 儚い夏のような 虹を降らせていた  戻りたいよ 愛と 遠い日の未来へ きみに会いにゆくよ ただひとつ覚えてる場所へ 今も消えはしない 握りかえす 手のぬくもり  泣かせたならごめんね 突然の 絵葉書みたいに それぞれの哀しみを 越えてゆく途中で  笑いたいよ 何も 持たずにかけだし きみに会いにゆくよ それ以上傷つかない世界へ いつも照らされてた 見つめかえす 瞳の光に  戻りたいよ 愛と 遠い日の未来へ きみに会いにゆくよ ただひとつ覚えてる場所へ 今も消えはしない 握りかえす 手のぬくもり  I'm sorry that I make you cry松任谷由実松任谷由実松任谷由実思い出してごらんよ 幼い日 胸をふるわせた 言葉にできないまま 残して来たものを  青空にそこだけ 影おとし 山にかかる雲 儚い夏のような 虹を降らせていた  戻りたいよ 愛と 遠い日の未来へ きみに会いにゆくよ ただひとつ覚えてる場所へ 今も消えはしない 握りかえす 手のぬくもり  泣かせたならごめんね 突然の 絵葉書みたいに それぞれの哀しみを 越えてゆく途中で  笑いたいよ 何も 持たずにかけだし きみに会いにゆくよ それ以上傷つかない世界へ いつも照らされてた 見つめかえす 瞳の光に  戻りたいよ 愛と 遠い日の未来へ きみに会いにゆくよ ただひとつ覚えてる場所へ 今も消えはしない 握りかえす 手のぬくもり  I'm sorry that I make you cry
愛は...I can't wait for you, anymoreやるせない風が吹いてる地下鉄出口 コーヒーにネオン落として暮れてゆく街  約束つぶれてブルーになってる 弱気なマインドがあなたをあなたを追いかけてる  Where is love? 好きでも I can't wait for you, anymore  長すぎた春がもうすぐ終ろうとしてる 友達にだって今なら戻れるみたい  自由と孤独はセットになってる 不安なイメージがきのうへきのうへ縛りつける  Where is love? このまま I can't wait for you, anymore  愛は羽根を持ってる 愛は嘘をつかせる 愛はありふれた顔をしてる  Woo Where is love? 好きでも I can't wait for you, anymore Woo Where is love? さよなら I can't wait for you, anymore松任谷由実松任谷由実松任谷由実やるせない風が吹いてる地下鉄出口 コーヒーにネオン落として暮れてゆく街  約束つぶれてブルーになってる 弱気なマインドがあなたをあなたを追いかけてる  Where is love? 好きでも I can't wait for you, anymore  長すぎた春がもうすぐ終ろうとしてる 友達にだって今なら戻れるみたい  自由と孤独はセットになってる 不安なイメージがきのうへきのうへ縛りつける  Where is love? このまま I can't wait for you, anymore  愛は羽根を持ってる 愛は嘘をつかせる 愛はありふれた顔をしてる  Woo Where is love? 好きでも I can't wait for you, anymore Woo Where is love? さよなら I can't wait for you, anymore
I Love YouEverybody says ひどいやつ そんなこと 私には どうでもいい 逃げかえるくらいなら はじめから出て来たりはしないわ  一瞬で何かを感じたから ついてゆけるって思った 頼りないときでも 私なら大丈夫 大丈夫 信じてるこの気持 この気持  I love you I love you 迷いなく 偽りなく あなただけ I need you I want you いつまでも いつまでも そばにいて  Everybody says 無駄なこと それだって やってみなきゃ わからない 落ち込んだりするけれど 同じぶんうれしいことも待ってる  一瞬で消えてゆく魔法でも 思い出せない夢でも 何回でも見ればいい あなたなら大丈夫 大丈夫 私には世界いち 宇宙いち  I love you I love you 限りなく まぎれもなく あなただけ I need you I'll be with you いつだって いつだって そばにいる  曲りくねる道を どこまでも走ってゆこう 夕空に輝く星までもたどり着くくらい  I love you I love you 迷いなく 偽りなく あなただけ I need you I want you いつまでも いつまでも そばにいて  I love you I love you 限りなく まぎれもなく あなただけ I need you I'll be with you いつだって いつだって そばにいる松任谷由実松任谷由実松任谷由実Everybody says ひどいやつ そんなこと 私には どうでもいい 逃げかえるくらいなら はじめから出て来たりはしないわ  一瞬で何かを感じたから ついてゆけるって思った 頼りないときでも 私なら大丈夫 大丈夫 信じてるこの気持 この気持  I love you I love you 迷いなく 偽りなく あなただけ I need you I want you いつまでも いつまでも そばにいて  Everybody says 無駄なこと それだって やってみなきゃ わからない 落ち込んだりするけれど 同じぶんうれしいことも待ってる  一瞬で消えてゆく魔法でも 思い出せない夢でも 何回でも見ればいい あなたなら大丈夫 大丈夫 私には世界いち 宇宙いち  I love you I love you 限りなく まぎれもなく あなただけ I need you I'll be with you いつだって いつだって そばにいる  曲りくねる道を どこまでも走ってゆこう 夕空に輝く星までもたどり着くくらい  I love you I love you 迷いなく 偽りなく あなただけ I need you I want you いつまでも いつまでも そばにいて  I love you I love you 限りなく まぎれもなく あなただけ I need you I'll be with you いつだって いつだって そばにいる
青いエアメイルGOLD LYLIC青いエアメイルがポストに落ちたわ 雨がしみぬうちに急いでとりに行くわ 傘をほほでおさえ待ちきれずひらくと くせのある文字がせつなすぎて歩けない  ときおり届いたこんなしらせさえ やがてはとだえてしまうのかしら けれどあなたがずっと好きだわ 時の流れに負けないの  冬は早く来る あなたの町の方が 最後に会ったときのコートを着ていますか 5年 いえ8年たってたずねたなら 声もかけれぬほど輝く人でいてほしい  選ばなかったから失うのだと 悲しい想いが胸をつらぬく けれどあなたがずっと好きだわ 時の流れに負けないの けれどあなたがずっと好きだわ 時の流れに負けないのGOLD LYLIC松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYA青いエアメイルがポストに落ちたわ 雨がしみぬうちに急いでとりに行くわ 傘をほほでおさえ待ちきれずひらくと くせのある文字がせつなすぎて歩けない  ときおり届いたこんなしらせさえ やがてはとだえてしまうのかしら けれどあなたがずっと好きだわ 時の流れに負けないの  冬は早く来る あなたの町の方が 最後に会ったときのコートを着ていますか 5年 いえ8年たってたずねたなら 声もかけれぬほど輝く人でいてほしい  選ばなかったから失うのだと 悲しい想いが胸をつらぬく けれどあなたがずっと好きだわ 時の流れに負けないの けれどあなたがずっと好きだわ 時の流れに負けないの
青い船で私たちを乗せた船は東へと漕いでゆく 朝焼けを 夕映えを 果てしなく追いかけて  月をよぎる雲の色も 波のしぶきさえも 二度と同じ姿はない 永遠の万華鏡  私たちを乗せた星は涼しげに輝いて 木星を 金星を 導いてゆくように  同じ時を旅している たくさんの人の中に なぜかとても ああなつかしい あなたがいてよかった  恐れずに生きてゆける 彗星のように燃え尽きたい  遠い海を旅してゆく小さな船の上に もっと遠い夢を見てる あなたがいてよかった  なぜかとても ああなつかしい あなたがいてよかった松任谷由実松任谷由実松任谷由実私たちを乗せた船は東へと漕いでゆく 朝焼けを 夕映えを 果てしなく追いかけて  月をよぎる雲の色も 波のしぶきさえも 二度と同じ姿はない 永遠の万華鏡  私たちを乗せた星は涼しげに輝いて 木星を 金星を 導いてゆくように  同じ時を旅している たくさんの人の中に なぜかとても ああなつかしい あなたがいてよかった  恐れずに生きてゆける 彗星のように燃え尽きたい  遠い海を旅してゆく小さな船の上に もっと遠い夢を見てる あなたがいてよかった  なぜかとても ああなつかしい あなたがいてよかった
acacia [アカシア]銀の花が散ってる 風と陽ざしの中で 知らない町に来てる 目を閉じてかすかに響く列車の音に 心はゆられているの  遠く旅をしてても きっと Do you love me?  今は見えない未来に たったひとつの道しるべ  銀の花の押し花栞にしてはさんだ 好きな詩のフレーズに いつの日か誰かと開いて見つけたとき 笑えるような一途さで  やっと出逢えたときは きっと Do you love me?  なつかしすぎる未来が たったひとつの探しもの  遠く旅をしてても きっと Do you love me?  今は見えない未来に たったひとつの道しるべ  なつかしすぎる未来が たったひとつの探しもの松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya銀の花が散ってる 風と陽ざしの中で 知らない町に来てる 目を閉じてかすかに響く列車の音に 心はゆられているの  遠く旅をしてても きっと Do you love me?  今は見えない未来に たったひとつの道しるべ  銀の花の押し花栞にしてはさんだ 好きな詩のフレーズに いつの日か誰かと開いて見つけたとき 笑えるような一途さで  やっと出逢えたときは きっと Do you love me?  なつかしすぎる未来が たったひとつの探しもの  遠く旅をしてても きっと Do you love me?  今は見えない未来に たったひとつの道しるべ  なつかしすぎる未来が たったひとつの探しもの
灯りをさがしてLook at me なぜおこらないの まえみたいに さっき私が誰かと交わした熱い視線も ただ静かに車のドアは閉まり 冷えた通りの霧の中のランプになってく 幸せだった日々 いたらなかったことばかり心残りだけれど hooo あなたの気持ちはもう戻らないとわかってるかもしれない それでも私は強がりを捨てずに灯りを探すの  Without you ひとりで歩いていた いつのまにか きっとあなたは先で待ってると 分岐点も見ず 人は耐えきれない痛みを与えられはしないの hooo あなたの笑顔が向けられないならつらすぎるかもしれない それでも私は思い出をたよりに灯りを探すの  もう一度出会って もう一度恋して もう一度見つめ合いたい もう一度わかって もう一度笑って 私だけのために  あなたの気持ちはもう戻らないと わかっていることなのに それでも私は強がりを捨てずに愛し続けるの松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaLook at me なぜおこらないの まえみたいに さっき私が誰かと交わした熱い視線も ただ静かに車のドアは閉まり 冷えた通りの霧の中のランプになってく 幸せだった日々 いたらなかったことばかり心残りだけれど hooo あなたの気持ちはもう戻らないとわかってるかもしれない それでも私は強がりを捨てずに灯りを探すの  Without you ひとりで歩いていた いつのまにか きっとあなたは先で待ってると 分岐点も見ず 人は耐えきれない痛みを与えられはしないの hooo あなたの笑顔が向けられないならつらすぎるかもしれない それでも私は思い出をたよりに灯りを探すの  もう一度出会って もう一度恋して もう一度見つめ合いたい もう一度わかって もう一度笑って 私だけのために  あなたの気持ちはもう戻らないと わかっていることなのに それでも私は強がりを捨てずに愛し続けるの
朝陽の中で微笑んで朝陽の中で微笑んで 金のヴェールのむこうから 夜明けの霧が溶けはじめ ざわめく街が 夢をさます 朝陽の中で ふりむいて どうぞ その手をさしのべて 薔薇の色さえ うつろわす 時の流れが とてもこわい 宇宙の片隅で めぐり逢えた喜びは うたかたでも 身をやつすの 朝陽の中で 抱きしめて 形のない愛を包み込んで  カード一枚ひくように 決まるさだめが とてもこわい 宇宙の片隅で つぶやき合う永遠は 幻だと知っていても 朝陽の中で 微笑んで 形のない愛を つなぎとめて つなぎとめて つなぎとめて松任谷由実荒井由実荒井由実朝陽の中で微笑んで 金のヴェールのむこうから 夜明けの霧が溶けはじめ ざわめく街が 夢をさます 朝陽の中で ふりむいて どうぞ その手をさしのべて 薔薇の色さえ うつろわす 時の流れが とてもこわい 宇宙の片隅で めぐり逢えた喜びは うたかたでも 身をやつすの 朝陽の中で 抱きしめて 形のない愛を包み込んで  カード一枚ひくように 決まるさだめが とてもこわい 宇宙の片隅で つぶやき合う永遠は 幻だと知っていても 朝陽の中で 微笑んで 形のない愛を つなぎとめて つなぎとめて つなぎとめて
Up townは灯ともし頃ふり返れば Up town の灯りがふえてゆく 良い年してバッグひとつの家出娘 合い鍵を握りしめて 彼の部屋へと急ぐ この先に頼るものはその笑顔だけ いつの日にも危なげのない道を歩いて来た でも許して この愛だけはゆずれないの  保障などない明日に 私は賭けてみる おだやかに過ぎた日々がひきとめても  他に何も 他に何も 何もないと知っている 覚悟きめて 覚悟きめて 信じるまま生きたいの  ふり返れば Up town の (Up townの) 灯りがにじんでる 疲れ果てて帰ることなど (帰ることなど) 決してないわ 恩知らずの勝手な私 (勝手な私) 忘れていい (忘れて) すぐに すぐに (私は忘れて) 忘れていい (私は忘れて) (私は忘れて 私は忘れて…)  松任谷由実松任谷由実松任谷由実ふり返れば Up town の灯りがふえてゆく 良い年してバッグひとつの家出娘 合い鍵を握りしめて 彼の部屋へと急ぐ この先に頼るものはその笑顔だけ いつの日にも危なげのない道を歩いて来た でも許して この愛だけはゆずれないの  保障などない明日に 私は賭けてみる おだやかに過ぎた日々がひきとめても  他に何も 他に何も 何もないと知っている 覚悟きめて 覚悟きめて 信じるまま生きたいの  ふり返れば Up town の (Up townの) 灯りがにじんでる 疲れ果てて帰ることなど (帰ることなど) 決してないわ 恩知らずの勝手な私 (勝手な私) 忘れていい (忘れて) すぐに すぐに (私は忘れて) 忘れていい (私は忘れて) (私は忘れて 私は忘れて…)  
あなただけのもの夢の中歩くように なぜかしらもどかしく 自分が思えてくる ひとりに今しないで だから私のとなりにすわって あなただけのもの  忘れてたものが急に 目の前で輝きだす まぶしくて歩けない この手をつないでいて そして そのままどこかへさらって あなただけのもの  永遠という言葉を 今まで信じなかった けれども祈るように あなたを見上げている こんな私がなぜか不思議なの あなただけのもの松任谷由実荒井由実荒井由実夢の中歩くように なぜかしらもどかしく 自分が思えてくる ひとりに今しないで だから私のとなりにすわって あなただけのもの  忘れてたものが急に 目の前で輝きだす まぶしくて歩けない この手をつないでいて そして そのままどこかへさらって あなただけのもの  永遠という言葉を 今まで信じなかった けれども祈るように あなたを見上げている こんな私がなぜか不思議なの あなただけのもの
あなたと 私とすれ違った瞬間 風が止まった ふと立ち止まって ふり向いたとき あなたが不思議そうに 私のこと見てた 街の音も 人の声も 遠くへ消えていった  きこえくる はじまりのうた 終わりなき 旅立ちのうた  どちらからともなく 手を差し伸べた 古い物語の挿し絵のように 私がこのときをずっと待っていたの? それとも そう あなた先に 私を待っていたの?  覚えてる あなたの瞳 いつか見た夢のどこかで  暗闇の中を走り続けてた 見えない扉探し 感じていたの未来の予感  満ちてく月 流れる星 明けゆく空 止まる世界  私がこのときをずっと待っていたの? それとも そう あなた先に 私を待っていたの?  覚えてる あなたの瞳 いつか見た夢のどこかで  きこえくる はじまりのうた 終わりなき 旅立ちのうた松任谷由実松任谷由実松任谷由実すれ違った瞬間 風が止まった ふと立ち止まって ふり向いたとき あなたが不思議そうに 私のこと見てた 街の音も 人の声も 遠くへ消えていった  きこえくる はじまりのうた 終わりなき 旅立ちのうた  どちらからともなく 手を差し伸べた 古い物語の挿し絵のように 私がこのときをずっと待っていたの? それとも そう あなた先に 私を待っていたの?  覚えてる あなたの瞳 いつか見た夢のどこかで  暗闇の中を走り続けてた 見えない扉探し 感じていたの未来の予感  満ちてく月 流れる星 明けゆく空 止まる世界  私がこのときをずっと待っていたの? それとも そう あなた先に 私を待っていたの?  覚えてる あなたの瞳 いつか見た夢のどこかで  きこえくる はじまりのうた 終わりなき 旅立ちのうた
あなたに会う旅セーターで拭いたガラスを流れる景色 きらきら粉雪踊ってる 今は寂れた駅を見送りながら あなたを思い出してる  憎らしい顔つくって 窓に映した ときどきひどい喧嘩をした こんな私のことも好きだと言った あなたが 無性に恋しい  時の列車は走る なつかしい歌を乗せて 時はただ先へ進んでゆく 忘れることも忘れて  いつからゆられているか 覚えていない いくつも トンネル抜けてきた もしも終着駅があるとするなら それはいつのことだろう  時の流れを止めて あふれる涙を止めて 時はただ先へ進んでゆく 忘れることも忘れて松任谷由実YUMINGYUMINGセーターで拭いたガラスを流れる景色 きらきら粉雪踊ってる 今は寂れた駅を見送りながら あなたを思い出してる  憎らしい顔つくって 窓に映した ときどきひどい喧嘩をした こんな私のことも好きだと言った あなたが 無性に恋しい  時の列車は走る なつかしい歌を乗せて 時はただ先へ進んでゆく 忘れることも忘れて  いつからゆられているか 覚えていない いくつも トンネル抜けてきた もしも終着駅があるとするなら それはいつのことだろう  時の流れを止めて あふれる涙を止めて 時はただ先へ進んでゆく 忘れることも忘れて
あなたに届くようにもう そちらでは夏のようですか また いつか訪ねてもいいですか  わけもなくとび出した 行く先のないチケットを抱いて あてもなく降り立った あの日のことは覚えています  ずぶ濡れの私を あなたはどう思ったでしょうね  もう そちらでは夏のようですか また いつか訪ねてもいいですか 何もいわずに 何もきかずに うけとめてくれて ありがとう  お元気ですか かわりなく 庭のサクラは終わったけれど 立ち止まり ふりかえる いつしかくせがついてしまった  さよならはとうとう ふたりともいえなかったね  あのとき私が置き忘れた 苦い思いではまだありますか できることなら とりに行きたいと 思う今日このごろです  もう そちらでは夏のようですか また いつか訪ねてもいいですか あなたの顔も 忘れかけても 無性に会いたくなるんです松任谷由実松任谷由実松任谷由実もう そちらでは夏のようですか また いつか訪ねてもいいですか  わけもなくとび出した 行く先のないチケットを抱いて あてもなく降り立った あの日のことは覚えています  ずぶ濡れの私を あなたはどう思ったでしょうね  もう そちらでは夏のようですか また いつか訪ねてもいいですか 何もいわずに 何もきかずに うけとめてくれて ありがとう  お元気ですか かわりなく 庭のサクラは終わったけれど 立ち止まり ふりかえる いつしかくせがついてしまった  さよならはとうとう ふたりともいえなかったね  あのとき私が置き忘れた 苦い思いではまだありますか できることなら とりに行きたいと 思う今日このごろです  もう そちらでは夏のようですか また いつか訪ねてもいいですか あなたの顔も 忘れかけても 無性に会いたくなるんです
あなたに届くように(Album Version)もう そちらでは夏のようですか また いつか訪ねてもいいですか  わけもなくとび出した 行く先のないチケットを抱いて あてもなく降り立った あの日のことを覚えてますか  ずぶ濡れの私を あなたはどう思ったでしょうね  もう そちらでは夏のようですか また いつか訪ねてもいいですか  何もいわずに 何もきかずに うけとめてくれて ありがとう  お元気ですか かわりなく 今年のサクラは終わったけれど 立ち止まり ふりかえる いつしかくせがついてしまった  さよならはとうとう ふたりともいえなかったね  あのとき私が置き忘れた 苦い思い出はまだありますか  できることなら とりに行きたいと 思う今日このごろです  もう そちらでは夏のようですか また いつか訪ねてもいいですか  あなたの顔も 忘れかけても 無性に会いたくなるんです松任谷由実松任谷由実松任谷由実もう そちらでは夏のようですか また いつか訪ねてもいいですか  わけもなくとび出した 行く先のないチケットを抱いて あてもなく降り立った あの日のことを覚えてますか  ずぶ濡れの私を あなたはどう思ったでしょうね  もう そちらでは夏のようですか また いつか訪ねてもいいですか  何もいわずに 何もきかずに うけとめてくれて ありがとう  お元気ですか かわりなく 今年のサクラは終わったけれど 立ち止まり ふりかえる いつしかくせがついてしまった  さよならはとうとう ふたりともいえなかったね  あのとき私が置き忘れた 苦い思い出はまだありますか  できることなら とりに行きたいと 思う今日このごろです  もう そちらでは夏のようですか また いつか訪ねてもいいですか  あなたの顔も 忘れかけても 無性に会いたくなるんです
ANNIVERSARY ~無限にCALLING YOU~GOLD LYLICなぜこんなこと 気づかないでいたの 探し続けた愛がここにあるの  木漏れ日がライスシャワーのように 手をつなぐ二人の上に降り注いでる  あなたを信じてる 瞳を見上げてる ひとり残されても あなたを思ってる  今はわかるの 苦い日々の意味も ひたむきならばやさしいきのうになる  いつの日か かけがえのないあなたの 同じだけ かけがえのない私になるの  明日を信じてる あなたと歩いてる ありふれた朝でも 私には記念日  今朝の光は無限に届く気がする いつかは会えなくなると 知っていても  あなたを信じてる あなたを愛してる 心が透き通る 今日の日が記念日  明日を信じてる あなたがそばにいる ありふれた朝でも 私には記念日  あなたを信じてる 瞳を見上げてる ひとり残されても あなたを思ってる  青春を渡って あなたとここにいる 遠い列車に乗る 今日の日が記念日GOLD LYLIC松任谷由実松任谷由実松任谷由実なぜこんなこと 気づかないでいたの 探し続けた愛がここにあるの  木漏れ日がライスシャワーのように 手をつなぐ二人の上に降り注いでる  あなたを信じてる 瞳を見上げてる ひとり残されても あなたを思ってる  今はわかるの 苦い日々の意味も ひたむきならばやさしいきのうになる  いつの日か かけがえのないあなたの 同じだけ かけがえのない私になるの  明日を信じてる あなたと歩いてる ありふれた朝でも 私には記念日  今朝の光は無限に届く気がする いつかは会えなくなると 知っていても  あなたを信じてる あなたを愛してる 心が透き通る 今日の日が記念日  明日を信じてる あなたがそばにいる ありふれた朝でも 私には記念日  あなたを信じてる 瞳を見上げてる ひとり残されても あなたを思ってる  青春を渡って あなたとここにいる 遠い列車に乗る 今日の日が記念日
あの頃のまま6時のターミナルで ふりむいたきみは 板に付いた 紺色のスーツ 今でも気まぐれに 街をゆくぼくは 変わらないよ ああ あの頃のままさ  去りゆく若い時間を ひとり止めているようで うらやましいやつだよと はじめて笑ってくれた  For Yourself For Yourself そらさないでおくれ その瞳を 人は自分を生きてゆくのだから  ネクタイ少しゆるめ 寂しげなきみが 馴染みの店に 腰すえる夜は 陽焼けした両足を 投げだしてぼくも “SIMON & GARFUNKEL”久しぶりにきく  人生のひとふしまだ 卒業したくないぼくと たあいない夢なんか とっくに切り捨てたきみ  For Myself For Myself 幸せの形に こだわらずに 人は自分を生きてゆくのだから  For Yourself For Yourself そらさないでおくれ その瞳を 人は自分を生きてゆくのだから  For Myself For Myself 幸せの形に こだわらずに 人は自分を生きてゆくのだから松任谷由実呉田軽穂呉田軽穂6時のターミナルで ふりむいたきみは 板に付いた 紺色のスーツ 今でも気まぐれに 街をゆくぼくは 変わらないよ ああ あの頃のままさ  去りゆく若い時間を ひとり止めているようで うらやましいやつだよと はじめて笑ってくれた  For Yourself For Yourself そらさないでおくれ その瞳を 人は自分を生きてゆくのだから  ネクタイ少しゆるめ 寂しげなきみが 馴染みの店に 腰すえる夜は 陽焼けした両足を 投げだしてぼくも “SIMON & GARFUNKEL”久しぶりにきく  人生のひとふしまだ 卒業したくないぼくと たあいない夢なんか とっくに切り捨てたきみ  For Myself For Myself 幸せの形に こだわらずに 人は自分を生きてゆくのだから  For Yourself For Yourself そらさないでおくれ その瞳を 人は自分を生きてゆくのだから  For Myself For Myself 幸せの形に こだわらずに 人は自分を生きてゆくのだから
あの日にかえりたいPLATINA LYLIC泣きながらちぎった写真を 手のひらにつなげてみるの 悩みなききのうのほほえみ わけもなくにくらしいのよ 青春の後ろ姿を 人はみな忘れてしまう あの頃のわたしに戻って あなたに会いたい  暮れかかる都会の空を 想い出はさすらってゆくの 光る風 草の波間を かけぬけるわたしが見える 青春の後ろ姿を 人はみな忘れてしまう あの頃のわたしに戻って あなたに会いたい  今愛を捨ててしまえば 傷つける人もないけど 少しだけにじんだアドレス 扉にはさんで帰るわあの日にPLATINA LYLIC松任谷由実荒井由実荒井由実泣きながらちぎった写真を 手のひらにつなげてみるの 悩みなききのうのほほえみ わけもなくにくらしいのよ 青春の後ろ姿を 人はみな忘れてしまう あの頃のわたしに戻って あなたに会いたい  暮れかかる都会の空を 想い出はさすらってゆくの 光る風 草の波間を かけぬけるわたしが見える 青春の後ろ姿を 人はみな忘れてしまう あの頃のわたしに戻って あなたに会いたい  今愛を捨ててしまえば 傷つける人もないけど 少しだけにじんだアドレス 扉にはさんで帰るわあの日に
A HAPPY NEW YEARGOLD LYLICA Happy New Year! 大好きなあなたの部屋まで 凍る街路樹ぬけて急ぎましょう 今年も最初に会う人が あなたであるように はやく はやく  A Happy New Year! 新しいキスを下さい そして鐘の音 通りにあふれて 今年も沢山いいことが あなたにあるように いつも いつも  A Happy New Year! 今日の日は ああどこから来るの 陽気な人ごみにまぎれて消えるの こうしてもうひとつ年をとり あなたを愛したい ずっと ずっと  今年も沢山いいことが あなたにあるように いつも いつもGOLD LYLIC松任谷由実松任谷由実松任谷由実A Happy New Year! 大好きなあなたの部屋まで 凍る街路樹ぬけて急ぎましょう 今年も最初に会う人が あなたであるように はやく はやく  A Happy New Year! 新しいキスを下さい そして鐘の音 通りにあふれて 今年も沢山いいことが あなたにあるように いつも いつも  A Happy New Year! 今日の日は ああどこから来るの 陽気な人ごみにまぎれて消えるの こうしてもうひとつ年をとり あなたを愛したい ずっと ずっと  今年も沢山いいことが あなたにあるように いつも いつも
AVALON明けやらぬ空に 息は白く 魂はすでに駆けている 世界が目醒める前の夢の中 青い翼 広げて  還り来ぬ日々を 嘆くなかれ 残されしものに 力を見よ 苦しみの末に きみを解き放て 永遠を刻め 自由に  輝く草原 高鳴る鼓動 いつか見たまま 胸に在るまま  きみが呼んでる 声が聞こえる それは今だと それはここだと  東の地平が燃え出すとき きみは目を閉じて走りだす 栄光はそこにあると信じながら 永遠を目指す アヴァロン  たなびく青雲 脈打つ生命 いつか見たまま 我に在るまま  輝く草原 高鳴る鼓動 いつか見たまま 胸に在るまま  たなびく青雲 脈打つ生命 いつか見たまま 我に在るまま  輝く草原 いつか見たまま 胸に在るまま松任谷由実YUMINGYUMING明けやらぬ空に 息は白く 魂はすでに駆けている 世界が目醒める前の夢の中 青い翼 広げて  還り来ぬ日々を 嘆くなかれ 残されしものに 力を見よ 苦しみの末に きみを解き放て 永遠を刻め 自由に  輝く草原 高鳴る鼓動 いつか見たまま 胸に在るまま  きみが呼んでる 声が聞こえる それは今だと それはここだと  東の地平が燃え出すとき きみは目を閉じて走りだす 栄光はそこにあると信じながら 永遠を目指す アヴァロン  たなびく青雲 脈打つ生命 いつか見たまま 我に在るまま  輝く草原 高鳴る鼓動 いつか見たまま 胸に在るまま  たなびく青雲 脈打つ生命 いつか見たまま 我に在るまま  輝く草原 いつか見たまま 胸に在るまま
アフリカへ行きたい月は神話をのせ 今日も海へ帰る 太陽は漕ぎ出し やがて天の瞳  夢のアフリカへ 探しに行こう 胸の奥に眠る涙に めぐり会いたい  Iron Butterfly Iron Butterfly 銀色のセスナに乗り  翼の影の下 サバンナが流れてゆく 土煙りを上げて ドラマが通り過ぎる 夢のアフリカへ 探しに行こう 人が忘れ去った野生に めぐり会いたい  Iron Butterfly Iron Butterfly 銀色のセスナに乗り  Iron Butterfly Iron Butterfly 銀色のセスナに乗り  Iron Butterfly Iron Butterfly 銀色のセスナに乗り松任谷由実荒井由実荒井由実月は神話をのせ 今日も海へ帰る 太陽は漕ぎ出し やがて天の瞳  夢のアフリカへ 探しに行こう 胸の奥に眠る涙に めぐり会いたい  Iron Butterfly Iron Butterfly 銀色のセスナに乗り  翼の影の下 サバンナが流れてゆく 土煙りを上げて ドラマが通り過ぎる 夢のアフリカへ 探しに行こう 人が忘れ去った野生に めぐり会いたい  Iron Butterfly Iron Butterfly 銀色のセスナに乗り  Iron Butterfly Iron Butterfly 銀色のセスナに乗り  Iron Butterfly Iron Butterfly 銀色のセスナに乗り
甘い予感Wow Wow Wow あなたの耳のむこう 夕陽がきれいね 息をかけたら 消えそう いまから 私達のハートは すべりはじめるの 甘い世界へ  夏がゆく頃に 恋もおわるって だれがきめた 悲しいこと 私 信じない  あなたの肩に 顔を埋めた 色あせる空が せつなかったの  Wow Wow Wow ふとつけたの カーラジオ 流れてくるのは ビーチボーイズ 潮がひくように 愛も消えるって 誰が最初 いいだしたの 私 信じない  いまから 私たちのハートは すべりはじめるの 甘い世界へ 私たちのハートは すべりはじめるの 甘い世界へ  いまから 私たちのハートは すべりはじめるの 甘い世界へ 私たちのハートは すべりはじめるの 甘い世界へ松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYAWow Wow Wow あなたの耳のむこう 夕陽がきれいね 息をかけたら 消えそう いまから 私達のハートは すべりはじめるの 甘い世界へ  夏がゆく頃に 恋もおわるって だれがきめた 悲しいこと 私 信じない  あなたの肩に 顔を埋めた 色あせる空が せつなかったの  Wow Wow Wow ふとつけたの カーラジオ 流れてくるのは ビーチボーイズ 潮がひくように 愛も消えるって 誰が最初 いいだしたの 私 信じない  いまから 私たちのハートは すべりはじめるの 甘い世界へ 私たちのハートは すべりはじめるの 甘い世界へ  いまから 私たちのハートは すべりはじめるの 甘い世界へ 私たちのハートは すべりはじめるの 甘い世界へ
雨音はショパンの調べ耳をふさぐ 指をくぐり 心 痺らす 甘い調べ  止めて あのショパン 彼にはもう会えないの  Rainy days 断ち切れず 窓を叩かないで Rainy days 気休めは 麻薬 Ah…  ひざの上に ほほをのせて 「好き」とつぶやく 雨の調べ  やめて そのショパン 想い出ならいらないわ  Rainy days 特別の人でなくなるまで Rainy days 暗号のピアノ Ah…  やめて そのショパン 想い出ならいらないわ  Rainy days 断ち切れず 影にふり返れば Rainy days たそがれの部屋は Ah…  Rainy days 特別の人は胸に生きて Rainy days 合鍵を回す Chopin Ah…松任谷由実Paul Mazzolini・松任谷由実Pierluigi Giombini耳をふさぐ 指をくぐり 心 痺らす 甘い調べ  止めて あのショパン 彼にはもう会えないの  Rainy days 断ち切れず 窓を叩かないで Rainy days 気休めは 麻薬 Ah…  ひざの上に ほほをのせて 「好き」とつぶやく 雨の調べ  やめて そのショパン 想い出ならいらないわ  Rainy days 特別の人でなくなるまで Rainy days 暗号のピアノ Ah…  やめて そのショパン 想い出ならいらないわ  Rainy days 断ち切れず 影にふり返れば Rainy days たそがれの部屋は Ah…  Rainy days 特別の人は胸に生きて Rainy days 合鍵を回す Chopin Ah…
雨に消えたジョガーあたたかい朝もやが雨になる 眠った通りを響かせ うつむいたランナーがあらわれる おととしの夏休みあの人の タイムをおどけて計った 彼は今かけているシーツの闇を  病気の名前は Myelogenous Leukemia 図書館のいすはひどく冷たく  できるなら肩をよせ走りたい 雨に消えて  彼だけ知らないなぜみんなが気づかうか もうすぐひとりでボートに乗るの  去ってゆくオレンヂのトランクス やっぱりちがう人なのね 過ぎた日のまぼろしを見ていたの できるなら肩をよせ走りたい 雨に消えて松任谷由実松任谷由実松任谷由実あたたかい朝もやが雨になる 眠った通りを響かせ うつむいたランナーがあらわれる おととしの夏休みあの人の タイムをおどけて計った 彼は今かけているシーツの闇を  病気の名前は Myelogenous Leukemia 図書館のいすはひどく冷たく  できるなら肩をよせ走りたい 雨に消えて  彼だけ知らないなぜみんなが気づかうか もうすぐひとりでボートに乗るの  去ってゆくオレンヂのトランクス やっぱりちがう人なのね 過ぎた日のまぼろしを見ていたの できるなら肩をよせ走りたい 雨に消えて
雨に願いを窓に寄せた泣き顔 光る雨粒 降りてくる たくさんの なにかいいこと  となりに来て すわって ほら手をふれば ゆっくりと回りだす メリーゴーラウンド  意味のない出来事 ひとつもないのに 忘れてゆくのが こわいときには  どうかわたしを ただ抱きしめて じっとそのまま ただ抱きしめて  あざやかだね ひまわり うなづく 滴 いつの日か よみがえる 夏のシーン  心を促す 見えない時計は 止められないこと わかっていても  どうかわたしを ただ抱きしめて じっとそのまま 雨音きいて  どうかわたしを ただ抱きしめて じっとそのまま 雨音きいて  いつもわたしが そばにいること たしかめられるように ただ抱きしめて松任谷由実松任谷由実松任谷由実窓に寄せた泣き顔 光る雨粒 降りてくる たくさんの なにかいいこと  となりに来て すわって ほら手をふれば ゆっくりと回りだす メリーゴーラウンド  意味のない出来事 ひとつもないのに 忘れてゆくのが こわいときには  どうかわたしを ただ抱きしめて じっとそのまま ただ抱きしめて  あざやかだね ひまわり うなづく 滴 いつの日か よみがえる 夏のシーン  心を促す 見えない時計は 止められないこと わかっていても  どうかわたしを ただ抱きしめて じっとそのまま 雨音きいて  どうかわたしを ただ抱きしめて じっとそのまま 雨音きいて  いつもわたしが そばにいること たしかめられるように ただ抱きしめて
雨のステイション新しい誰かのために わたしなど 思い出さないで 声にさえもならなかった あのひと言を 季節は運んでく 時の彼方 六月は蒼く煙って なにもかもにじませている  雨のステイション 会える気がして いくつ人影見送っただろう  霧深い町の通りを かすめ飛ぶつばめが好きよ 心 縛るものをすててかけてゆきたい なつかしい腕の中 今すぐにも 六月は蒼く煙って なにもかもにじませている  雨のステイション 会える気がして いくつ人影見送っただろう 雨のステイション 会える気がして いくつ人影見送っただろう松任谷由実荒井由実荒井由実新しい誰かのために わたしなど 思い出さないで 声にさえもならなかった あのひと言を 季節は運んでく 時の彼方 六月は蒼く煙って なにもかもにじませている  雨のステイション 会える気がして いくつ人影見送っただろう  霧深い町の通りを かすめ飛ぶつばめが好きよ 心 縛るものをすててかけてゆきたい なつかしい腕の中 今すぐにも 六月は蒼く煙って なにもかもにじませている  雨のステイション 会える気がして いくつ人影見送っただろう 雨のステイション 会える気がして いくつ人影見送っただろう
雨の街をGOLD LYLIC夜明けの雨はミルク色 静かな街に ささやきながら 降りて来る 妖精たちよ  誰かやさしくわたしの肩を抱いてくれたら どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそう  庭に咲いてるコスモスに 口づけをして 垣根の木戸の鍵をあけ 表に出たら  あなたの家まですぐにおはようを言いにゆこう どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそう  夜明けの空はブドウ色 街のあかりを ひとつひとつ消していく 魔法つかいよ  いつか眠い目をさまし こんな朝が来てたら どこまでも遠いところへ歩いてゆけそうよ  誰かやさしくわたしの肩を抱いてくれたら どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそう  誰かやさしくわたしの肩を抱いてくれたら どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそう GOLD LYLIC松任谷由実荒井由実荒井由実夜明けの雨はミルク色 静かな街に ささやきながら 降りて来る 妖精たちよ  誰かやさしくわたしの肩を抱いてくれたら どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそう  庭に咲いてるコスモスに 口づけをして 垣根の木戸の鍵をあけ 表に出たら  あなたの家まですぐにおはようを言いにゆこう どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそう  夜明けの空はブドウ色 街のあかりを ひとつひとつ消していく 魔法つかいよ  いつか眠い目をさまし こんな朝が来てたら どこまでも遠いところへ歩いてゆけそうよ  誰かやさしくわたしの肩を抱いてくれたら どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそう  誰かやさしくわたしの肩を抱いてくれたら どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそう 
ありのままを抱きしめてDon't you know? あなたは 本当の自分を見てないの Don't say no 私を 天使みたいに 見ているの  ねえ わかって ねえ わかってよ ねえ 私の翼は こんなに汚れてる  Stop your dream はやく目を覚まして Stop your dream 瞳 そらさないで ありのままを抱きしめて  Don't you know? あなたは あなたの悪魔を知らないの  ねえ 笑って ねえ 笑ってよ ねえ そして もう一度 私を殺してよ  Stop your dream はやくそこから出て Stop your dream ここで 確め合おう ありのままを抱きしめて  Stop your dream はやく目を覚まして Stop your dream 瞳 そらさないで Stop your dream はやくそこから出て Stop your dream ここで 確め合おう  Stop your dream はやく目を覚まして Stop your dream 瞳 そらさないで Stop your dream はやくそこから出て Stop your dream ここで 確め合おう松任谷由実松任谷由実松任谷由実Don't you know? あなたは 本当の自分を見てないの Don't say no 私を 天使みたいに 見ているの  ねえ わかって ねえ わかってよ ねえ 私の翼は こんなに汚れてる  Stop your dream はやく目を覚まして Stop your dream 瞳 そらさないで ありのままを抱きしめて  Don't you know? あなたは あなたの悪魔を知らないの  ねえ 笑って ねえ 笑ってよ ねえ そして もう一度 私を殺してよ  Stop your dream はやくそこから出て Stop your dream ここで 確め合おう ありのままを抱きしめて  Stop your dream はやく目を覚まして Stop your dream 瞳 そらさないで Stop your dream はやくそこから出て Stop your dream ここで 確め合おう  Stop your dream はやく目を覚まして Stop your dream 瞳 そらさないで Stop your dream はやくそこから出て Stop your dream ここで 確め合おう
Early Springtime春 夕靄の中に 小さな汽笛がした 肩をよせて橋にもたれて 心は旅に出よう  まわり道したのは ようやく気づくため 取り戻せない時間なんて なにひとつもないこと  なぜ あなたといると 涙がでるの 独りだった日々が いじらしくなるの  春 潤んだ灯りに なつかしい匂いがした 重なり合う自転車の影 風に揺れているけど  もう あなたといれば 怖くないから 明日はあたたかい 予感がしているの  2羽のカモメ 回っている 5時の鐘が 響いている ゆっくりと ペダル ゆっくりと踏んで 家へ帰ろう  なぜ あなたといると 涙がでるの 独りだった日々が いじらしくなるの  もう あなたといれば 怖くないから 明日はあたたかい 予感がしているの松任谷由実松任谷由実松任谷由実春 夕靄の中に 小さな汽笛がした 肩をよせて橋にもたれて 心は旅に出よう  まわり道したのは ようやく気づくため 取り戻せない時間なんて なにひとつもないこと  なぜ あなたといると 涙がでるの 独りだった日々が いじらしくなるの  春 潤んだ灯りに なつかしい匂いがした 重なり合う自転車の影 風に揺れているけど  もう あなたといれば 怖くないから 明日はあたたかい 予感がしているの  2羽のカモメ 回っている 5時の鐘が 響いている ゆっくりと ペダル ゆっくりと踏んで 家へ帰ろう  なぜ あなたといると 涙がでるの 独りだった日々が いじらしくなるの  もう あなたといれば 怖くないから 明日はあたたかい 予感がしているの
1920アネモネ色の溜息 落とし 宵の靄が歩きだす 振り子時計は時を歪ませて カードを配ってゆく  アントワープの静かなオリンピック 空席だらけのコロシアム テニスコートの孤独なギャツビーは どんな野望に敗れたの  かならず 帰る きみのもとへ もっと強くなって もしも 過ぎ去った日々が もう遅いと言っても  セピア色した写真の中の 恋人たちが語りだす やがて彼女は群衆にもまれ 彼の船に手をふった  かならず 帰る きみのもとへ もっと強くなって それは消えることのない 愛の誓いだった  かならず わかる ふり返れば 何を追いかけたか それは変わることのない あと100年経っても  振り子時計は時を歪ませ カードを配り続ける 私は何を見ているのだろう 今とあのときのあいだに松任谷由実松任谷由実松任谷由実アネモネ色の溜息 落とし 宵の靄が歩きだす 振り子時計は時を歪ませて カードを配ってゆく  アントワープの静かなオリンピック 空席だらけのコロシアム テニスコートの孤独なギャツビーは どんな野望に敗れたの  かならず 帰る きみのもとへ もっと強くなって もしも 過ぎ去った日々が もう遅いと言っても  セピア色した写真の中の 恋人たちが語りだす やがて彼女は群衆にもまれ 彼の船に手をふった  かならず 帰る きみのもとへ もっと強くなって それは消えることのない 愛の誓いだった  かならず わかる ふり返れば 何を追いかけたか それは変わることのない あと100年経っても  振り子時計は時を歪ませ カードを配り続ける 私は何を見ているのだろう 今とあのときのあいだに
「いちご白書」をもう一度いつか君といった 映画がまたくる 授業を抜け出して 二人で出かけた 哀しい場面では 涙ぐんでた 素直な横顔が 今も恋しい 雨に破れかけた 街角のポスターに 過ぎ去った昔が あざやかに よみがえる 君もみるだろうか 「いちご白書」を 二人だけのメモリー どこかでもう一度  僕は無精ヒゲと 髪をのばして 学生集会へも 時々出かけた 就職が決まって 髪をきってきた時 もう若くないさと 君にいいわけしたね 君もみるだろうか 「いちご白書」を 二人だけのメモリー どこかでもう一度  雨に破れかけた 街角のポスターに 過ぎ去った昔が あざやかに よみがえる  君もみるだろうか 「いちご白書」を 二人だけのメモリー どこかでもう一度 二人だけのメモリー どこかでもう一度松任谷由実荒井由実荒井由実いつか君といった 映画がまたくる 授業を抜け出して 二人で出かけた 哀しい場面では 涙ぐんでた 素直な横顔が 今も恋しい 雨に破れかけた 街角のポスターに 過ぎ去った昔が あざやかに よみがえる 君もみるだろうか 「いちご白書」を 二人だけのメモリー どこかでもう一度  僕は無精ヒゲと 髪をのばして 学生集会へも 時々出かけた 就職が決まって 髪をきってきた時 もう若くないさと 君にいいわけしたね 君もみるだろうか 「いちご白書」を 二人だけのメモリー どこかでもう一度  雨に破れかけた 街角のポスターに 過ぎ去った昔が あざやかに よみがえる  君もみるだろうか 「いちご白書」を 二人だけのメモリー どこかでもう一度 二人だけのメモリー どこかでもう一度
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
一緒に暮らそうねえ さっき思いついた 粉雪が舞って来たとき さよならを云わなくてもいい方法 そんな驚いた顔で 立ち止まらないで  輝く街はウィンターセール 黄昏おちて 部屋のドアを開けたら 一緒に暮らそう  そう きっとうまくゆくわ 横顔をそっと見ていたら やがて来る New Year が待ちどおしくて はじめて二人同時に年とってゆくのよ 街燈がうるんでる キャンドルみたい ポケットで手をつなぎ 愛している  ウィンドウの食器が素敵だったせいじゃない 眩い街はワンダーランド 微笑み映す 人ごみを抜けだして 一緒に暮らそう 長いこと探したの 今やっと会えたの ふりしきる粉雪の祝福してる 運命をつかまえた 愛している  ゆき交うクラクションもせきたてている タクシーにとび込んで 一緒に暮らそう  輝く街はウィンターセール 黄昏おちて 部屋のドアを開けたら 一緒に暮らそう松任谷由実松任谷由実松任谷由実ねえ さっき思いついた 粉雪が舞って来たとき さよならを云わなくてもいい方法 そんな驚いた顔で 立ち止まらないで  輝く街はウィンターセール 黄昏おちて 部屋のドアを開けたら 一緒に暮らそう  そう きっとうまくゆくわ 横顔をそっと見ていたら やがて来る New Year が待ちどおしくて はじめて二人同時に年とってゆくのよ 街燈がうるんでる キャンドルみたい ポケットで手をつなぎ 愛している  ウィンドウの食器が素敵だったせいじゃない 眩い街はワンダーランド 微笑み映す 人ごみを抜けだして 一緒に暮らそう 長いこと探したの 今やっと会えたの ふりしきる粉雪の祝福してる 運命をつかまえた 愛している  ゆき交うクラクションもせきたてている タクシーにとび込んで 一緒に暮らそう  輝く街はウィンターセール 黄昏おちて 部屋のドアを開けたら 一緒に暮らそう
稲妻の少女She's a lightning lightning Lightning Bolt. She's a lightning lightning Lightning Bolt.  エンジン・フードで卵が焼けるほど あの娘はとばして浜辺についた ゆうべ天気図にたくさん線ひいて 台風の位置を確めたのさ  今日をのがしたらお目にかかれない 逆巻くチューブに鳥肌がたつ  白いしぶきが雲ならば hum あの娘のボードは閃く稲妻  She's a lightning lightning Lightning Bolt. She's a lightning lightning Lightning Bolt. 何のたしにもならないことに ムキになれる あなたがいちばん好き  コーラの空びん並べるみたいにさ あの娘は男をスラロームする ゆうべ胸もとの双子座ペンダント あとがつくくらい抱きしめたのに  今日をのがしたらお目にかかれない バレーのようなカット・バックに  白いしぶきが帽子なら hum あの娘は手品で飛び出す銀鳩  白いしぶきが雲ならば hum あの娘のボードは閃く稲妻  She's a lightning lightning Lightning Bolt. She's a lightning lightning Lightning Bolt.松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaShe's a lightning lightning Lightning Bolt. She's a lightning lightning Lightning Bolt.  エンジン・フードで卵が焼けるほど あの娘はとばして浜辺についた ゆうべ天気図にたくさん線ひいて 台風の位置を確めたのさ  今日をのがしたらお目にかかれない 逆巻くチューブに鳥肌がたつ  白いしぶきが雲ならば hum あの娘のボードは閃く稲妻  She's a lightning lightning Lightning Bolt. She's a lightning lightning Lightning Bolt. 何のたしにもならないことに ムキになれる あなたがいちばん好き  コーラの空びん並べるみたいにさ あの娘は男をスラロームする ゆうべ胸もとの双子座ペンダント あとがつくくらい抱きしめたのに  今日をのがしたらお目にかかれない バレーのようなカット・バックに  白いしぶきが帽子なら hum あの娘は手品で飛び出す銀鳩  白いしぶきが雲ならば hum あの娘のボードは閃く稲妻  She's a lightning lightning Lightning Bolt. She's a lightning lightning Lightning Bolt.
命の花燃える太陽さえ 燃やすほど 狂おしいこの想いを 抱いて 泣いている 恋はゆらめく灼熱の花 心を焼き尽くすまで けっして 枯れはしない  Sha la la la 熱いキスは 秘密のエントランス 二度とは戻れない Sha la la la 指先から痺れる棘にさされ エデンの園 追われるのよ  離さないで 離れないわ 世界が灰になっても あなたとなら あなたとなら 死んでもいいの 私の恋は 輝く炎 命の花  荒れる荒波も のみ込むほど 昂まってゆく想いに 乱れ ふるえてる 恋は嵐の中で咲く花 踏みにじられてゆくほど 紅く紅く ひらく  Sha la la la 見つめる目は 哀しい天使の罠 さよならのはじまり Sha la la la 首に胸に涙の粒を撒いて ネプチューンの夢を見るの  離さないで 離れないわ 世界が海に落ちても あなたとなら あなたとなら 死んでもいいの 私の恋は 激しいしぶき 命の花松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYA燃える太陽さえ 燃やすほど 狂おしいこの想いを 抱いて 泣いている 恋はゆらめく灼熱の花 心を焼き尽くすまで けっして 枯れはしない  Sha la la la 熱いキスは 秘密のエントランス 二度とは戻れない Sha la la la 指先から痺れる棘にさされ エデンの園 追われるのよ  離さないで 離れないわ 世界が灰になっても あなたとなら あなたとなら 死んでもいいの 私の恋は 輝く炎 命の花  荒れる荒波も のみ込むほど 昂まってゆく想いに 乱れ ふるえてる 恋は嵐の中で咲く花 踏みにじられてゆくほど 紅く紅く ひらく  Sha la la la 見つめる目は 哀しい天使の罠 さよならのはじまり Sha la la la 首に胸に涙の粒を撒いて ネプチューンの夢を見るの  離さないで 離れないわ 世界が海に落ちても あなたとなら あなたとなら 死んでもいいの 私の恋は 激しいしぶき 命の花
今すぐレイチェル黒い瞳ミラーのように 僕の心映す 細いネイル スティールのように あつい胸もひき裂く  Ah 埋められたチップの思い出はニセモノ ラジオのヒットソングをくりかえす  今すぐレイチェル きみを救いたい 電脳の森で 迷ったエンジェル かならずリアルな愛をつかもう  アンサーフォンに残されたノイズ 耳をすましきけば SOSOSOSOS… ループになるメッセージ  Ah 覚えているんだね 夏の朝の匂い 冬をつれ去る 風のいろ  今すぐレイチェル きみを救いたい 洗脳の檻を 破ってエンジェル 愛しているんだよ きみの全てを  ロックがほどけて 涙で笑って 夢から現へ ゆっくり記憶のドアが開く開く  今すぐレイチェル きみを救いたい 電脳の森で 出逢ったエンジェル かならずリアルな愛をつかもう  今すぐレイチェル きみを救いたい 洗脳の檻で 破ってエンジェル 愛しているんだよ きみの全てを松任谷由実松任谷由実松任谷由実黒い瞳ミラーのように 僕の心映す 細いネイル スティールのように あつい胸もひき裂く  Ah 埋められたチップの思い出はニセモノ ラジオのヒットソングをくりかえす  今すぐレイチェル きみを救いたい 電脳の森で 迷ったエンジェル かならずリアルな愛をつかもう  アンサーフォンに残されたノイズ 耳をすましきけば SOSOSOSOS… ループになるメッセージ  Ah 覚えているんだね 夏の朝の匂い 冬をつれ去る 風のいろ  今すぐレイチェル きみを救いたい 洗脳の檻を 破ってエンジェル 愛しているんだよ きみの全てを  ロックがほどけて 涙で笑って 夢から現へ ゆっくり記憶のドアが開く開く  今すぐレイチェル きみを救いたい 電脳の森で 出逢ったエンジェル かならずリアルな愛をつかもう  今すぐレイチェル きみを救いたい 洗脳の檻で 破ってエンジェル 愛しているんだよ きみの全てを
今だけを きみだけを今だけを 愛だけを きみだけを みつめよう  もう かえらぬ過去を ただ悔やんでみたり もっともっと 変われる明日を ただ 皮肉ってたり 心 怯むうちに 時は流れていった  今だけを 信じよう  なぜ あきらめないのって きみはわらってもいい もっともっと こっちをむいて ただ それだけでいい 泣いているぼくに きみは永遠のヴィーナス  薔薇の鎖に止められたままで 翼広げようとするけれど 憧れと絶望が 引き裂くこの世界  きみだけを みつめたい  まだ きみを知らない きみの全てが欲しい もっともっと 好きになりたい ただ みつめていたい 心 騙すうちに 愛は流れるから  憧れと絶望が 引き裂くこの世界  今だけを 愛だけを きみだけを みつめよう 今だけを 愛だけを きみだけを みつめよう松任谷由実松任谷由実松任谷由実今だけを 愛だけを きみだけを みつめよう  もう かえらぬ過去を ただ悔やんでみたり もっともっと 変われる明日を ただ 皮肉ってたり 心 怯むうちに 時は流れていった  今だけを 信じよう  なぜ あきらめないのって きみはわらってもいい もっともっと こっちをむいて ただ それだけでいい 泣いているぼくに きみは永遠のヴィーナス  薔薇の鎖に止められたままで 翼広げようとするけれど 憧れと絶望が 引き裂くこの世界  きみだけを みつめたい  まだ きみを知らない きみの全てが欲しい もっともっと 好きになりたい ただ みつめていたい 心 騙すうちに 愛は流れるから  憧れと絶望が 引き裂くこの世界  今だけを 愛だけを きみだけを みつめよう 今だけを 愛だけを きみだけを みつめよう
入江の午後3時濡れたシャツをしぼって 胸の下で結んだら 照り返す陽差しより あなたの瞳 肌をさすの  気にしないと笑って 傷心をきくけれど 美しくできるのよ言葉にすれば 過ぎた恋は  口に出さずにやいてくれたら 私 ホロリと沖を見て Fall in love again  空の青さ深まり この入江も秋になる その頃は二人とも同じ夕陽を どこで見るの  又 来年会えるよ 珊瑚礁が恋しけりゃ 今はただ いどころも明日も告げず 砂に立つの  髪がまとわる うなじのあたり あなた見ている気がしたら Fall in love again  口に出さずにやいてくれたら 私 ホロリと沖を見て Fall in love again Fall in love again Fall in love again Fall in love again松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYA濡れたシャツをしぼって 胸の下で結んだら 照り返す陽差しより あなたの瞳 肌をさすの  気にしないと笑って 傷心をきくけれど 美しくできるのよ言葉にすれば 過ぎた恋は  口に出さずにやいてくれたら 私 ホロリと沖を見て Fall in love again  空の青さ深まり この入江も秋になる その頃は二人とも同じ夕陽を どこで見るの  又 来年会えるよ 珊瑚礁が恋しけりゃ 今はただ いどころも明日も告げず 砂に立つの  髪がまとわる うなじのあたり あなた見ている気がしたら Fall in love again  口に出さずにやいてくれたら 私 ホロリと沖を見て Fall in love again Fall in love again Fall in love again Fall in love again
インカの花嫁遠去かるフェスタにいつかはぐれ あなたは迷い出る星の岸辺  群れ飛ぶホタルと ムスクの匂いが ほどいた小舟へとひき寄せる  明け方の小鳥が騒ぐ前に とこしえの契りを交したいの  あなたに逢う日を待ち焦がれていた ジャングルを下ってここに来た  How can I cry はかない愛 魔法が消える一夜限りの花嫁  帰れなくてもいいと抱きしめたら つれて行ってあげる エル・ドラドヘ  嘘はつかないで 本気じゃないなら 怒りのスコールに流される  What can I do わからず 好きになってはだめよインカの花嫁  How can I cry はかない愛 魔法が消える一夜限りの花嫁  What can I do わからず 好きになってはだめよインカの花嫁松任谷由実松任谷由実松任谷由実遠去かるフェスタにいつかはぐれ あなたは迷い出る星の岸辺  群れ飛ぶホタルと ムスクの匂いが ほどいた小舟へとひき寄せる  明け方の小鳥が騒ぐ前に とこしえの契りを交したいの  あなたに逢う日を待ち焦がれていた ジャングルを下ってここに来た  How can I cry はかない愛 魔法が消える一夜限りの花嫁  帰れなくてもいいと抱きしめたら つれて行ってあげる エル・ドラドヘ  嘘はつかないで 本気じゃないなら 怒りのスコールに流される  What can I do わからず 好きになってはだめよインカの花嫁  How can I cry はかない愛 魔法が消える一夜限りの花嫁  What can I do わからず 好きになってはだめよインカの花嫁
Invisible Stringsシルクのような雨 耳を澄ましたら 街の喧騒はかすれてゆく それは ほんのひととき あなたの想い出 微笑ませてくれる  雨はただ そっと肩を抱き 目がしらを くすぐっているよ  恋の日記はいつか終りが来るけど 愛のまなざしは ずっとそのまま どんなこと書いたか 覚えてなくても 言葉は立ち昇る  When the love is gone 愛が去ったとき 物語は完結するのね  忘れないで あなたがくれた やさしさがここにあることを 思い出して 見えない糸で 綴じられた日々があることを  ページをめくるように 年は代わるけど 私たちの時計 止まったまま 高原の花のように 湖のように 霞んでゆれている  When the love in gone 愛が去ったとき 物語は書きたせないのね  忘れないわ あなたがくれた やさしさがここにあるから 思い出すわ 見えない糸で 結ばれたふたりがいるから  忘れないで あなたがくれた やさしさがここにあることを 思い出して 見えない糸を 信じてる私がいることを松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoyaシルクのような雨 耳を澄ましたら 街の喧騒はかすれてゆく それは ほんのひととき あなたの想い出 微笑ませてくれる  雨はただ そっと肩を抱き 目がしらを くすぐっているよ  恋の日記はいつか終りが来るけど 愛のまなざしは ずっとそのまま どんなこと書いたか 覚えてなくても 言葉は立ち昇る  When the love is gone 愛が去ったとき 物語は完結するのね  忘れないで あなたがくれた やさしさがここにあることを 思い出して 見えない糸で 綴じられた日々があることを  ページをめくるように 年は代わるけど 私たちの時計 止まったまま 高原の花のように 湖のように 霞んでゆれている  When the love in gone 愛が去ったとき 物語は書きたせないのね  忘れないわ あなたがくれた やさしさがここにあるから 思い出すわ 見えない糸で 結ばれたふたりがいるから  忘れないで あなたがくれた やさしさがここにあることを 思い出して 見えない糸を 信じてる私がいることを
Wings of WinterWings of winter oh,Ring on,ring bells 会えなくなって気づいた愛もあることを  去年いつしか散ったポインセチア 又 紅く街を彩っている 私はひとりの部屋で迎えるはずのクリスマス  たぶん淋しいなんて思わない 今も思い出がそばにあるから 窓には冬の翼が白いダウン降らせている  oh,Wings of winter 包んで oh,Ring on,ring bells うたって 無口なまま別れた天使たちのため  ゆうべあなたが夢に出てきたわ 昔と何も変わらぬ笑顔で たまには連絡しろと 言ってたような気がした  忘れかけてく素直な気持を 指先だけが勝手につづるの 窓には冬のメールが白い文字積もらせてく  oh,Wings of winter 運んで oh,Ring on,ring bells つたえて 会えなくなって気づいた愛もあることを  心に舞う やるせなさが 涙のしずくに溶けてしまう前に  もう一度 oh,Wings of winter 運んで oh,Ring on,ring bells つたえて 会えなくなって気づいた愛もここにあることを松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaWings of winter oh,Ring on,ring bells 会えなくなって気づいた愛もあることを  去年いつしか散ったポインセチア 又 紅く街を彩っている 私はひとりの部屋で迎えるはずのクリスマス  たぶん淋しいなんて思わない 今も思い出がそばにあるから 窓には冬の翼が白いダウン降らせている  oh,Wings of winter 包んで oh,Ring on,ring bells うたって 無口なまま別れた天使たちのため  ゆうべあなたが夢に出てきたわ 昔と何も変わらぬ笑顔で たまには連絡しろと 言ってたような気がした  忘れかけてく素直な気持を 指先だけが勝手につづるの 窓には冬のメールが白い文字積もらせてく  oh,Wings of winter 運んで oh,Ring on,ring bells つたえて 会えなくなって気づいた愛もあることを  心に舞う やるせなさが 涙のしずくに溶けてしまう前に  もう一度 oh,Wings of winter 運んで oh,Ring on,ring bells つたえて 会えなくなって気づいた愛もここにあることを
Weaver of Love~ORIHIMEコムラサキなら七月の 暮れたばかりの空の色 今は遠くへ行ったひと わずかに茜残し  あれはゆかたの行列が 山の小径を見え隠れ 蛍のような提灯を 星へと運んでゆく  私は橋の袂で あなたへと届くように ひっそりと ああ ひっそりと 心の機を織るの  耳をふるわす風の音は 眠り遅れたぎんやんま いつかまたねとささやいて 石ころ渡ってゆく  私はつゆ草さした 夏の夜の晴れ姿で きらきらと ああ きらきらと 涙をこぼしてるの  哀しい夢をすすぐには 笹にせせらぐ川上の 汲めばちぎれるつめたさに いくつも舟を浮かべ  私はひとり座って あなたに会う日想って ひっそりと ああ ひっそりと 心の機を織るの きらきらと ああ きらきらと 涙をこぼしてるの松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYAコムラサキなら七月の 暮れたばかりの空の色 今は遠くへ行ったひと わずかに茜残し  あれはゆかたの行列が 山の小径を見え隠れ 蛍のような提灯を 星へと運んでゆく  私は橋の袂で あなたへと届くように ひっそりと ああ ひっそりと 心の機を織るの  耳をふるわす風の音は 眠り遅れたぎんやんま いつかまたねとささやいて 石ころ渡ってゆく  私はつゆ草さした 夏の夜の晴れ姿で きらきらと ああ きらきらと 涙をこぼしてるの  哀しい夢をすすぐには 笹にせせらぐ川上の 汲めばちぎれるつめたさに いくつも舟を浮かべ  私はひとり座って あなたに会う日想って ひっそりと ああ ひっそりと 心の機を織るの きらきらと ああ きらきらと 涙をこぼしてるの
Walk on, Walk on by気づかないで Walk on by 彼女の方を あなたが全てを燃やしたひとと知ってるの 雪模様のアヴェニュー 向いの舗道 見覚えのある笑顔 思わず胸がすくんだ  口にしたら 打ち消したら 本当になる 過ぎた恋は未完成のシナリオだから  甦る想いを さえぎるように つまずいたふりをする 私だけに微笑んで  うでをくんで Passin'by むこうも二人 あなたなど あなたなど もう忘れているみたい  カレンダーでも マティーニでも 消せなかった あなたにしか追い越せない まぼろしならば  台詞もないうちに通り過ぎてく 面影はひと幕のエキストラにしておいて  気づかないで Walk on by 彼女の方を 新作のロマンスは私だけに微笑んで ゆっくりと ゆっくりと 私だけに微笑んで松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYA気づかないで Walk on by 彼女の方を あなたが全てを燃やしたひとと知ってるの 雪模様のアヴェニュー 向いの舗道 見覚えのある笑顔 思わず胸がすくんだ  口にしたら 打ち消したら 本当になる 過ぎた恋は未完成のシナリオだから  甦る想いを さえぎるように つまずいたふりをする 私だけに微笑んで  うでをくんで Passin'by むこうも二人 あなたなど あなたなど もう忘れているみたい  カレンダーでも マティーニでも 消せなかった あなたにしか追い越せない まぼろしならば  台詞もないうちに通り過ぎてく 面影はひと幕のエキストラにしておいて  気づかないで Walk on by 彼女の方を 新作のロマンスは私だけに微笑んで ゆっくりと ゆっくりと 私だけに微笑んで
宇宙図書館棚の隅に眠っていた 遠い日々の贈り物 今 私が開くように あなたがのこしたメッセージ 光りの塵 射し込む窓 ほおづえつき 読みだせば 目を覚ました文字たちが 踊り始める  夢の中のあなたは あの日と変わらず まだ幼い私を抱きしめてくれる いつのまにか眠っていた 冬の午後は過ぎてゆく ただ 涙の跡だけを ページに記して  夢の中であなたは なつかしい服着て 忘れていた未来を教えてくれる  棚の隅に戻しておこう 遠い日々の宝物 愛の心失くしたとき 取り出せるように  いつの日にか また逢えたら 微笑むように松任谷由実YUMINGYUMING棚の隅に眠っていた 遠い日々の贈り物 今 私が開くように あなたがのこしたメッセージ 光りの塵 射し込む窓 ほおづえつき 読みだせば 目を覚ました文字たちが 踊り始める  夢の中のあなたは あの日と変わらず まだ幼い私を抱きしめてくれる いつのまにか眠っていた 冬の午後は過ぎてゆく ただ 涙の跡だけを ページに記して  夢の中であなたは なつかしい服着て 忘れていた未来を教えてくれる  棚の隅に戻しておこう 遠い日々の宝物 愛の心失くしたとき 取り出せるように  いつの日にか また逢えたら 微笑むように
生まれた街でいつものあいさつなら どうぞしないで 言葉にしたくないよ 今朝の天気は  街角に立ち止まり 風を見送った時 季節がわかったよ  生まれた街の匂い やっと気づいた もう遠いところへと ひかれはしない  小さなバイクを止め 風を見送った時 季節がわかったよ  街角に立ち止まり 風を見送った時 季節がわかったよ  街角に立ち止まり 風を見送った時 季節がわかったよ 松任谷由実松任谷由実松任谷由実いつものあいさつなら どうぞしないで 言葉にしたくないよ 今朝の天気は  街角に立ち止まり 風を見送った時 季節がわかったよ  生まれた街の匂い やっと気づいた もう遠いところへと ひかれはしない  小さなバイクを止め 風を見送った時 季節がわかったよ  街角に立ち止まり 風を見送った時 季節がわかったよ  街角に立ち止まり 風を見送った時 季節がわかったよ 
海に来て遅すぎた春の告白残して 逃げるように ここへひとり来ていた  素足は引き潮に埋もれて 心はあなたへ寄せてゆく のめりそうな影を 風が抱いてる  どんな不安にかられても 時は戻りはしない  なんて孤独な Ah 私だった あなたを愛す hum 前の私  あなたと離れて すごしてる日々が かなりつらくても 微笑めるように  瞳はきらめく沖を見て 乱れる髪 耳でおさえて 泣きそうな気持ち 波がさらうよ  どんな言葉で飾っても きっと嘘はつけない  なんて孤独な Ah 私だった あなたを愛す hum 前の私  なんて強がりな Ah 私だった あなたを愛す hum 前の私松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya遅すぎた春の告白残して 逃げるように ここへひとり来ていた  素足は引き潮に埋もれて 心はあなたへ寄せてゆく のめりそうな影を 風が抱いてる  どんな不安にかられても 時は戻りはしない  なんて孤独な Ah 私だった あなたを愛す hum 前の私  あなたと離れて すごしてる日々が かなりつらくても 微笑めるように  瞳はきらめく沖を見て 乱れる髪 耳でおさえて 泣きそうな気持ち 波がさらうよ  どんな言葉で飾っても きっと嘘はつけない  なんて孤独な Ah 私だった あなたを愛す hum 前の私  なんて強がりな Ah 私だった あなたを愛す hum 前の私
海を見ていた午後GOLD LYLICあなたを思い出す この店に来るたび 坂を上って きょうもひとり来てしまった 山手のドルフィンは 静かなレストラン 晴れた午後には 遠く三浦岬も見える ソーダ水の中を 貨物船がとおる 小さなアワも恋のように消えていった  あのとき目の前で 思い切り泣けたら 今頃二人 ここで海を見ていたはず 窓にほほをよせて カモメを追いかける そんなあなたが 今も見える テーブルごしに 紙ナプキンには インクがにじむから 忘れないでって やっと書いた遠いあの日GOLD LYLIC松任谷由実荒井由実荒井由実あなたを思い出す この店に来るたび 坂を上って きょうもひとり来てしまった 山手のドルフィンは 静かなレストラン 晴れた午後には 遠く三浦岬も見える ソーダ水の中を 貨物船がとおる 小さなアワも恋のように消えていった  あのとき目の前で 思い切り泣けたら 今頃二人 ここで海を見ていたはず 窓にほほをよせて カモメを追いかける そんなあなたが 今も見える テーブルごしに 紙ナプキンには インクがにじむから 忘れないでって やっと書いた遠いあの日
WomanYou are the woman 遠い遠い眼差しはなぜ woman 哀しい哀しいときめきは なぜ woman You are the woman 風のような  You are the woman 広い広い世界にひとり woman 長い長い旅をしてるの woman You are the woman, just a woman  ちぎられたハートの跡は塞がらないの ひきさかれた運命だから彼に会いたい  You are the woman 白い白い砂丘を描く woman 深い深い記憶を潜る woman You are the woman 海のような  You are the woman 愛は愛は決して消えない woman 時は時は決して消えない woman You are the woman, to be a woman  刻まれたハートの傷は何を想うの いつか置き去りにした愛を呼び続けるの  寄せてはかえす 波のように ゆれる心は woman, woman, woman  ちぎられたハートの跡は塞がらないの ひきさかれた運命だから彼に会いたい  刻まれたハートの傷は何を想うの いつか置き去りにした愛を呼び続けるの  ちぎられたハートの跡は塞がらないの ひきさかれた運命だから彼に会いたい  刻まれたハートの傷は何を想うの いつか置き去りにした愛を呼び続けるの  ちぎられたハートの跡は塞がらないの松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaYou are the woman 遠い遠い眼差しはなぜ woman 哀しい哀しいときめきは なぜ woman You are the woman 風のような  You are the woman 広い広い世界にひとり woman 長い長い旅をしてるの woman You are the woman, just a woman  ちぎられたハートの跡は塞がらないの ひきさかれた運命だから彼に会いたい  You are the woman 白い白い砂丘を描く woman 深い深い記憶を潜る woman You are the woman 海のような  You are the woman 愛は愛は決して消えない woman 時は時は決して消えない woman You are the woman, to be a woman  刻まれたハートの傷は何を想うの いつか置き去りにした愛を呼び続けるの  寄せてはかえす 波のように ゆれる心は woman, woman, woman  ちぎられたハートの跡は塞がらないの ひきさかれた運命だから彼に会いたい  刻まれたハートの傷は何を想うの いつか置き去りにした愛を呼び続けるの  ちぎられたハートの跡は塞がらないの ひきさかれた運命だから彼に会いたい  刻まれたハートの傷は何を想うの いつか置き去りにした愛を呼び続けるの  ちぎられたハートの跡は塞がらないの
Woman~Wの悲劇より~もう行かないで そばにいて 窓のそばで腕を組んで 雪のような星が降るわ 素敵ね  もう愛せないと言うのなら 友だちでもかまわないわ 強がってもふるえるのよ 声が……  ああ時の河を渡る船に オールはない 流されてく 横たわった髪に胸に 降りつもるわ星の破片(かけら)  もう一瞬で燃えつきて あとは灰になってもいい わがままだと叱らないで 今は……  ああ時の河を渡る船に オールはない 流されてく やさしい眼で見つめ返す 二人きりの星降る町  行かないで そばにいて おとなしくしてるから せめて朝の陽が射すまで ここにいて 眠り顔を 見ていたいの松任谷由実松本隆呉田軽穂もう行かないで そばにいて 窓のそばで腕を組んで 雪のような星が降るわ 素敵ね  もう愛せないと言うのなら 友だちでもかまわないわ 強がってもふるえるのよ 声が……  ああ時の河を渡る船に オールはない 流されてく 横たわった髪に胸に 降りつもるわ星の破片(かけら)  もう一瞬で燃えつきて あとは灰になってもいい わがままだと叱らないで 今は……  ああ時の河を渡る船に オールはない 流されてく やさしい眼で見つめ返す 二人きりの星降る町  行かないで そばにいて おとなしくしてるから せめて朝の陽が射すまで ここにいて 眠り顔を 見ていたいの
永遠が見える日藍のゆかたで人待ち顔の 私に気づいたなら 泣きそうになるから すぐ手をとって つれてって 川辺まで  大事な言葉 云おうとしたときに 大輪の光が あとから あとから はじけ しだれて 歓声に さらわれた  あなたがいて私がいた 夜空の中に 何も云わず誓い合った 佇い夢に  消えないで もう少し この胸に灼きつくまで 照らされてた横顔とともに 咲いていて いつまでも 祈るように 目を閉じたら その瞬間 永遠を見せて  紺の水面に落ちてゆく花火 こんな哀しいなんて あなたに会うまで知らなかったの 綺麗だね こわいほど  あなたがいて私がいた 最初の夏へ いつの日にか どこにいても 戻れるように  輝いて もう少し そばにいて 抱きしめて この世にいる 意味をおしえて 浮かんでいて いつまでも 涙ぐんで 目を閉じたら その瞬間 永遠を見せて 消えないで もう少し この胸に灼きつくまで 一度だけの 永遠を見せて松任谷由実松任谷由実松任谷由実藍のゆかたで人待ち顔の 私に気づいたなら 泣きそうになるから すぐ手をとって つれてって 川辺まで  大事な言葉 云おうとしたときに 大輪の光が あとから あとから はじけ しだれて 歓声に さらわれた  あなたがいて私がいた 夜空の中に 何も云わず誓い合った 佇い夢に  消えないで もう少し この胸に灼きつくまで 照らされてた横顔とともに 咲いていて いつまでも 祈るように 目を閉じたら その瞬間 永遠を見せて  紺の水面に落ちてゆく花火 こんな哀しいなんて あなたに会うまで知らなかったの 綺麗だね こわいほど  あなたがいて私がいた 最初の夏へ いつの日にか どこにいても 戻れるように  輝いて もう少し そばにいて 抱きしめて この世にいる 意味をおしえて 浮かんでいて いつまでも 涙ぐんで 目を閉じたら その瞬間 永遠を見せて 消えないで もう少し この胸に灼きつくまで 一度だけの 永遠を見せて
Age of our innocenceAge of our innocence ふたり 今 誓いを立てよう  朽ち果てそうなこの世界の中で うんざりしそうなしがらみの中で  唯ひとつ 嘘のない 愛だけを信じて 苦しさに 立ち止まり 目の前がにじんでも  I'm believin' my love 時が ふたりをひきさくまでは I'm believin' my love 決して 負けたりしないと  Age of our innocence 長い 夜が明ける すぐに  欲望の闇が眠りにつく街に ゆうべの夢がゴミに変わる街に  ただ白く 純粋に きみだけを愛そう もう誰に 裏切られ 失望にくれても  I'm believin' my love 横に きみがいてくれる限り I'm believin' my love 決して よごれはしないと I'm believin' my love  動物のようなおびえた目をした きのうの自分を許せる気がする  気高くて でも遠い 愛だけをみつめて 音の無い 宇宙を 永久に彷徨おう  I'm believin' my love 時が ふたりをひきさくまでは I'm believin' my love 決して 負けたりしないと  I'm believin' my love 横に きみがいてくれる限り I'm believin' my love 決して よごれはしないと I'm believin' my love松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaAge of our innocence ふたり 今 誓いを立てよう  朽ち果てそうなこの世界の中で うんざりしそうなしがらみの中で  唯ひとつ 嘘のない 愛だけを信じて 苦しさに 立ち止まり 目の前がにじんでも  I'm believin' my love 時が ふたりをひきさくまでは I'm believin' my love 決して 負けたりしないと  Age of our innocence 長い 夜が明ける すぐに  欲望の闇が眠りにつく街に ゆうべの夢がゴミに変わる街に  ただ白く 純粋に きみだけを愛そう もう誰に 裏切られ 失望にくれても  I'm believin' my love 横に きみがいてくれる限り I'm believin' my love 決して よごれはしないと I'm believin' my love  動物のようなおびえた目をした きのうの自分を許せる気がする  気高くて でも遠い 愛だけをみつめて 音の無い 宇宙を 永久に彷徨おう  I'm believin' my love 時が ふたりをひきさくまでは I'm believin' my love 決して 負けたりしないと  I'm believin' my love 横に きみがいてくれる限り I'm believin' my love 決して よごれはしないと I'm believin' my love
Escape暗号は瞳の奥に光るから解読して ミッションはあなたをここから救うこと命がけで  非常階段きしむ キャットウォーク飛び移りながら 空から垂れたロープ 待ってるヘリコプター  星空へ飛び立とう あなたと手をつないで 銃声をおいて  セルラーはすぐに捨てるの 逆探知されてるから 今だけは私のことを信じて 何もきかず  危険地帯を越えて それでもいっしょにいられたなら エピローグはかならず 待ってるラヴシーン  星空へ飛び立とう 誰も来ないところへ サイレンの中を  星空へ飛び立とう あなたと手をつないで 銃声をおいて  星空へ飛び立とう 誰も来ないところへ サイレンの中を  星空へ飛び立とう あなたと手をつないで 銃声をおいて  星空へ飛び立とう 誰も来ないところへ サイレンの中を松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya暗号は瞳の奥に光るから解読して ミッションはあなたをここから救うこと命がけで  非常階段きしむ キャットウォーク飛び移りながら 空から垂れたロープ 待ってるヘリコプター  星空へ飛び立とう あなたと手をつないで 銃声をおいて  セルラーはすぐに捨てるの 逆探知されてるから 今だけは私のことを信じて 何もきかず  危険地帯を越えて それでもいっしょにいられたなら エピローグはかならず 待ってるラヴシーン  星空へ飛び立とう 誰も来ないところへ サイレンの中を  星空へ飛び立とう あなたと手をつないで 銃声をおいて  星空へ飛び立とう 誰も来ないところへ サイレンの中を  星空へ飛び立とう あなたと手をつないで 銃声をおいて  星空へ飛び立とう 誰も来ないところへ サイレンの中を
ESPER愛するため 愛するため 誰もが持つひとつのエスパーはパワー あなただけを あなただけを 感じることが私のエスパー  私の写真や小さな噂が 朝から出てくるのは 忘れちゃいやよと 送ったサインよ 連絡下さい すぐにすぐにすぐに  離れてても 離れてても 腕の中にいる気がするのはなぜ あなただけに あなただけに きこえる声が 私のエスパー  毛糸のあみ目は くり返えす呪文 やさしく縛りたいの ひらめく予感に立ってふりむけば 電話が鳴りだす 強く強く強く  愛するため 愛するため 誰もが持つひとつのエスパーはパワー あなただけを あなただけを 感じることが私のエスパー松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYA愛するため 愛するため 誰もが持つひとつのエスパーはパワー あなただけを あなただけを 感じることが私のエスパー  私の写真や小さな噂が 朝から出てくるのは 忘れちゃいやよと 送ったサインよ 連絡下さい すぐにすぐにすぐに  離れてても 離れてても 腕の中にいる気がするのはなぜ あなただけに あなただけに きこえる声が 私のエスパー  毛糸のあみ目は くり返えす呪文 やさしく縛りたいの ひらめく予感に立ってふりむけば 電話が鳴りだす 強く強く強く  愛するため 愛するため 誰もが持つひとつのエスパーはパワー あなただけを あなただけを 感じることが私のエスパー
Angel Cryin' X'mas恋をしようよ Angel 光る街の隅で きみと Do the Rock'n Roll tonight (Do the Rock'n Roll) (Do the Rock'n Roll) 走りだそうよ Angel 時は短すぎる Do Do Do Do the Rock'n Roll tonight (Do the Rock'n Roll) (Do the Rock'n Roll)  涙でゆがんだミラー どうかしてる いつまで悔やんだって しかたない  Holy night 淋しい羊飼いにも届く招待状 ドアを開ければ 仕度すませたきみは 見違える天使  今夜はひとりぼっちと決めないで Merry X'mas  はやくゆこうよ Angel 光る橋を越えて きっと Love is lookin' for you tonight (Lookin for you tonight) (Lookin for you tonight) 翔んでゆくのさ Angel 時は短すぎる Do Lu Lu Love is lookin' for you tonight (Love is lookin for you tonight) (Love is lookin for you tonight)  煙が渦巻くクラブ イカシてる もうすぐ救いの主が あらわれる  速いビートで きみの涙が汗に変わる頃 ドアの外では ひとけの無い道路に 星が降っている  もうすぐ救いの主がやって来る Merry X'mas  恋をしようよ Angel 光る街の隅で きみと Do the Rock'n Roll tonight (Do the Rock'n Roll) (Do the Rock'n Roll) 走りだそうよ Angel 時は短すぎる Do Do Do Do the Rock'n Roll tonight (Do the Rock'n Roll) (Do the Rock'n Roll)  はやくゆこうよ Angel 光る橋を越えて きっと Love is lookin' for you tonight (Lookin for you tonight) (Lookin for you tonight) 翔んでゆくのさ Angel 時は短すぎる Do Lu Lu Love is lookin' for you tonight (Love is lookin for you tonight) (Love is lookin for you tonight)松任谷由実松任谷由実松任谷由実恋をしようよ Angel 光る街の隅で きみと Do the Rock'n Roll tonight (Do the Rock'n Roll) (Do the Rock'n Roll) 走りだそうよ Angel 時は短すぎる Do Do Do Do the Rock'n Roll tonight (Do the Rock'n Roll) (Do the Rock'n Roll)  涙でゆがんだミラー どうかしてる いつまで悔やんだって しかたない  Holy night 淋しい羊飼いにも届く招待状 ドアを開ければ 仕度すませたきみは 見違える天使  今夜はひとりぼっちと決めないで Merry X'mas  はやくゆこうよ Angel 光る橋を越えて きっと Love is lookin' for you tonight (Lookin for you tonight) (Lookin for you tonight) 翔んでゆくのさ Angel 時は短すぎる Do Lu Lu Love is lookin' for you tonight (Love is lookin for you tonight) (Love is lookin for you tonight)  煙が渦巻くクラブ イカシてる もうすぐ救いの主が あらわれる  速いビートで きみの涙が汗に変わる頃 ドアの外では ひとけの無い道路に 星が降っている  もうすぐ救いの主がやって来る Merry X'mas  恋をしようよ Angel 光る街の隅で きみと Do the Rock'n Roll tonight (Do the Rock'n Roll) (Do the Rock'n Roll) 走りだそうよ Angel 時は短すぎる Do Do Do Do the Rock'n Roll tonight (Do the Rock'n Roll) (Do the Rock'n Roll)  はやくゆこうよ Angel 光る橋を越えて きっと Love is lookin' for you tonight (Lookin for you tonight) (Lookin for you tonight) 翔んでゆくのさ Angel 時は短すぎる Do Lu Lu Love is lookin' for you tonight (Love is lookin for you tonight) (Love is lookin for you tonight)
遠雷黙ったまま流れる午後 窓つたう雫 冷めたカップ ペイズリーの煙草のけむり  嫌われようとしてたのね もういいわ 意気地なし 気づかぬふりをしてひきとめただけ  過ぎた日々に耳を寄せる 乾いた巻き貝 はじけた恋 閉じ込めてた ビー玉の泡  灯りはまだつけないでね 仄白い部屋中の ぼやけた輪郭が消えてゆくまで  ああ 紫陽花の雨 エメラルドの涙 二人 膝をただかかえ 聴いている  名前もまだ知らない頃 ふりかえった肩 もう見れないの あの眩しいブロンズの肌  こんなに近くにいるのに なぜか思い出せない 本気で怒ったり 泣いたことさえ  ああ 遠雷の音 キャノンボールみたい 新しい夏 もう そこに来てるのに  ああ 紫陽花の雨 エメラルドの涙 二人 膝をただかかえ 聴いている  ああ 遠雷の音 キャノンボールみたい 新しい夏 もう そこに来ているの松任谷由実松任谷由実松任谷由実黙ったまま流れる午後 窓つたう雫 冷めたカップ ペイズリーの煙草のけむり  嫌われようとしてたのね もういいわ 意気地なし 気づかぬふりをしてひきとめただけ  過ぎた日々に耳を寄せる 乾いた巻き貝 はじけた恋 閉じ込めてた ビー玉の泡  灯りはまだつけないでね 仄白い部屋中の ぼやけた輪郭が消えてゆくまで  ああ 紫陽花の雨 エメラルドの涙 二人 膝をただかかえ 聴いている  名前もまだ知らない頃 ふりかえった肩 もう見れないの あの眩しいブロンズの肌  こんなに近くにいるのに なぜか思い出せない 本気で怒ったり 泣いたことさえ  ああ 遠雷の音 キャノンボールみたい 新しい夏 もう そこに来てるのに  ああ 紫陽花の雨 エメラルドの涙 二人 膝をただかかえ 聴いている  ああ 遠雷の音 キャノンボールみたい 新しい夏 もう そこに来ているの
A(エース)はここにあるおりるかあがるか さあふたつにひとつ あなたの待ってた A(エース)はここにある  はやくひいてよ aha 欲しいなら Baby 私だけしか aha 満たせない Mighty Love  表はどしゃ降り ああひどい雷 ゲームの途中で 急に抱きついたら  じっとこのまま aha こわいのよ Baby フェアじゃないけど aha この恋が Mighty Love  じっとこのまま aha 抱きしめて Baby 空も光らす aha この恋が Mighty Love  あなたの心は 揺れる避雷針 嵐になれ 嵐になれ 稲妻みたいに 落ちてゆくわ  はやくひいてよ aha 欲しいなら Baby あなただけしか aha 愛せない Mighty Love じっとこのまま aha 抱きしめて Baby 空も光らす aha この恋が Mighty Love松任谷由実松任谷由実松任谷由実おりるかあがるか さあふたつにひとつ あなたの待ってた A(エース)はここにある  はやくひいてよ aha 欲しいなら Baby 私だけしか aha 満たせない Mighty Love  表はどしゃ降り ああひどい雷 ゲームの途中で 急に抱きついたら  じっとこのまま aha こわいのよ Baby フェアじゃないけど aha この恋が Mighty Love  じっとこのまま aha 抱きしめて Baby 空も光らす aha この恋が Mighty Love  あなたの心は 揺れる避雷針 嵐になれ 嵐になれ 稲妻みたいに 落ちてゆくわ  はやくひいてよ aha 欲しいなら Baby あなただけしか aha 愛せない Mighty Love じっとこのまま aha 抱きしめて Baby 空も光らす aha この恋が Mighty Love
丘の上の光すみれ色のまま夕暮れを止めて 新しい自転車で高原をすべる 夏へ急ぐ空 おだやかに翳り このまま二人ずっと漕いでゆきたいの  いつしか今日の日も想い出に 少しずつかわる  今 大事なのは前をゆくあなたが 綺麗なシルエットになっていること 向かい風そっと ほほつねってみて 愛し始めた気持 まぼろしかどうか  いつしか 今日の日も想い出に 少しずつかわる  すみれ色のまま夕暮れを止めて 流れる雲のように丘へ上ぼるまで ひととき神様 息をかけないでね 素敵な光ほど移ろうのだから松任谷由実松任谷由実松任谷由実すみれ色のまま夕暮れを止めて 新しい自転車で高原をすべる 夏へ急ぐ空 おだやかに翳り このまま二人ずっと漕いでゆきたいの  いつしか今日の日も想い出に 少しずつかわる  今 大事なのは前をゆくあなたが 綺麗なシルエットになっていること 向かい風そっと ほほつねってみて 愛し始めた気持 まぼろしかどうか  いつしか 今日の日も想い出に 少しずつかわる  すみれ色のまま夕暮れを止めて 流れる雲のように丘へ上ぼるまで ひととき神様 息をかけないでね 素敵な光ほど移ろうのだから
思い出に間にあいたくて10番線は最終電車 かけだす人にまぎれ 息をきらせばとび乗れたのに もうあきらめてたの ホームにはひとりきり レールの音  Missin' the train 今夜中 今夜中に会えば Feelin' the pain 間にあう 間にあうはずだった That passion remains 二人の思い出に Losin' your love いらない いらない合鍵を Throwin' my love ポストに ポストに落として No higher love あなたはもういない  螢光燈が流れて消えた 地下道のビルボード みんなが騒ぐ店に帰ろう 待つわけじゃないけど 寝ころがるドランカー 自由な夜  No need to explain 抱いてと 抱いてとせがめば We are so vain) 続いて 続いていたかしら Nothing to gain 果たせぬ約束も Losin' your love これから これから行方を Throwin' my love 探さず 探さずどこかで No higher love お互い生きるのね  Missin' the train 今夜中 今夜中に会えば Feelin' the pain 間にあう 間にあうはずだった That passion remains 二人の思い出に Losin' your love いらない いらない合鍵を Throwin' my love ポストに ポストに落として No higher love 二人の思い出に No need to explain 抱いてと 抱いてとせがめば We are so vain 続いて 続いていたかしら Nothing to gain 二人の思い出に松任谷由実松任谷由実松任谷由実10番線は最終電車 かけだす人にまぎれ 息をきらせばとび乗れたのに もうあきらめてたの ホームにはひとりきり レールの音  Missin' the train 今夜中 今夜中に会えば Feelin' the pain 間にあう 間にあうはずだった That passion remains 二人の思い出に Losin' your love いらない いらない合鍵を Throwin' my love ポストに ポストに落として No higher love あなたはもういない  螢光燈が流れて消えた 地下道のビルボード みんなが騒ぐ店に帰ろう 待つわけじゃないけど 寝ころがるドランカー 自由な夜  No need to explain 抱いてと 抱いてとせがめば We are so vain) 続いて 続いていたかしら Nothing to gain 果たせぬ約束も Losin' your love これから これから行方を Throwin' my love 探さず 探さずどこかで No higher love お互い生きるのね  Missin' the train 今夜中 今夜中に会えば Feelin' the pain 間にあう 間にあうはずだった That passion remains 二人の思い出に Losin' your love いらない いらない合鍵を Throwin' my love ポストに ポストに落として No higher love 二人の思い出に No need to explain 抱いてと 抱いてとせがめば We are so vain 続いて 続いていたかしら Nothing to gain 二人の思い出に
オーシャン・ブルー迷い込んだよ 不思議な時刻に 眠いきみにくちづけ テラスに出てみる 遠いハイウェイ それとも潮騒 消え残る街の灯とビーチを見下ろす 生まれたばかりの愛が哀しくさせる ああ どれだけ遠まわりして来たの 明け方のオーシャン・ブルー 溶けだすホライズン めぐり来る日々よ ぼくらを離さないで  起きておいでよ 移ろう雲の色 肌寒ければじっと抱いていてあげる 白いホテルのガラスが輝き 散水車のしぶきは光る帯になる 生まれたばかりの風が海を渡って ああ 二人を包みにここまで来る 薄れゆくシルバー・ムーン 焼き付け 心に 今日まで出逢った いちばん綺麗なきみ  明け方のオーシャン・ブルー 溶けだすホライズン めぐり来る日々よ ぼくらを離さないで  薄れゆくシルバー・ムーン 焼き付け 心に 今日まで出逢った いちばん綺麗なきみ  明け方のオーシャン・ブルー 溶けだすホライズン めぐり来る日々よ ぼくらを離さないで  薄れゆくシルバー・ムーン 焼き付け 心に 今日まで出逢った いちばん綺麗なきみ松任谷由実松任谷由実松任谷由実迷い込んだよ 不思議な時刻に 眠いきみにくちづけ テラスに出てみる 遠いハイウェイ それとも潮騒 消え残る街の灯とビーチを見下ろす 生まれたばかりの愛が哀しくさせる ああ どれだけ遠まわりして来たの 明け方のオーシャン・ブルー 溶けだすホライズン めぐり来る日々よ ぼくらを離さないで  起きておいでよ 移ろう雲の色 肌寒ければじっと抱いていてあげる 白いホテルのガラスが輝き 散水車のしぶきは光る帯になる 生まれたばかりの風が海を渡って ああ 二人を包みにここまで来る 薄れゆくシルバー・ムーン 焼き付け 心に 今日まで出逢った いちばん綺麗なきみ  明け方のオーシャン・ブルー 溶けだすホライズン めぐり来る日々よ ぼくらを離さないで  薄れゆくシルバー・ムーン 焼き付け 心に 今日まで出逢った いちばん綺麗なきみ  明け方のオーシャン・ブルー 溶けだすホライズン めぐり来る日々よ ぼくらを離さないで  薄れゆくシルバー・ムーン 焼き付け 心に 今日まで出逢った いちばん綺麗なきみ
Oh JulietRomeo それはカーテン踊らす風 夜の通りから吹く口笛  バスローブで誘い出されるバルコニー Romeo みんなが悪く云うのはなぜ  Oh Juliet なんて哀しい恋なの Oh Juliet 自分で招いた Tragedy  Romeo 私を苦しくさせないで どうぞ 悲しませないと云って  戻れない壊れた非常階段 Romeo 飛び降りたらすぐうけとめて  Oh Juliet なんて激しい恋なの Oh Juliet 恐れも忘れる Tragedy  Oh Juliet なんて哀しい恋なの Oh Juliet 私達の物語 Oh Juliet なんて激しい恋なの Oh Juliet 私達の物語松任谷由実松任谷由実松任谷由実Romeo それはカーテン踊らす風 夜の通りから吹く口笛  バスローブで誘い出されるバルコニー Romeo みんなが悪く云うのはなぜ  Oh Juliet なんて哀しい恋なの Oh Juliet 自分で招いた Tragedy  Romeo 私を苦しくさせないで どうぞ 悲しませないと云って  戻れない壊れた非常階段 Romeo 飛び降りたらすぐうけとめて  Oh Juliet なんて激しい恋なの Oh Juliet 恐れも忘れる Tragedy  Oh Juliet なんて哀しい恋なの Oh Juliet 私達の物語 Oh Juliet なんて激しい恋なの Oh Juliet 私達の物語
Autumn Park見つめさせて少し あなたの瞳の奥を オールを漕ぐ水の輪の きらめき映したその向こうを  どちらか先にいつかこの世を去る日が来ても 大好きなまなざしを 私はずっと覚えていたい  水鳥も雲も私達といっしょに浮かぶ  今日の日がゆっくり 過ぎてゆく 音も無く 離れゆく時へと 少しづつ  あなたと会えなくなる 運命は思いつかない どうしても どうしても 今 私には思いつかない  金色の夕映え讃えるように色づく木々  今日の日はゆっくり 燃え尽きる 知らぬまに 離れゆく時へと 少しづつ  いつか生まれ変わり 別の人になっても あなたを探してる 私を見つけて  コートの腕をくみ 辺りを歩く恋人達  今日の日をありがとう 或る午後の 或る Autumn Park 今日の日を心にいつまでも松任谷由実松任谷由実松任谷由実見つめさせて少し あなたの瞳の奥を オールを漕ぐ水の輪の きらめき映したその向こうを  どちらか先にいつかこの世を去る日が来ても 大好きなまなざしを 私はずっと覚えていたい  水鳥も雲も私達といっしょに浮かぶ  今日の日がゆっくり 過ぎてゆく 音も無く 離れゆく時へと 少しづつ  あなたと会えなくなる 運命は思いつかない どうしても どうしても 今 私には思いつかない  金色の夕映え讃えるように色づく木々  今日の日はゆっくり 燃え尽きる 知らぬまに 離れゆく時へと 少しづつ  いつか生まれ変わり 別の人になっても あなたを探してる 私を見つけて  コートの腕をくみ 辺りを歩く恋人達  今日の日をありがとう 或る午後の 或る Autumn Park 今日の日を心にいつまでも
オールマイティー恋がシャーベットみたいならいいのに 会えないときは凍らせておけるわ はやく食べなきゃ あなたと私 形がくずれてしまいそうよ 私の冷蔵庫を開けないで  忙しそうね 調子はいかが ニコニコ テーブルをはさむけど  いつでも恋のオールマイティー 見せどきが肝心だから 今は hu hu hu キミを離さない  私が出ると切れてしまう電話 あなたの手の内にクィーンがまざってる こちらのカードはカスばかりでも 一枚 ジョーカーを持ってるのよ  いつでも恋のオールマイティー 一度しか使えないけど だから hu hu hu キミを離さない  いつでも来いのオールマイティー 見せどきが肝心だから 今は hu hu hu キミを離さない 離さない松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYA恋がシャーベットみたいならいいのに 会えないときは凍らせておけるわ はやく食べなきゃ あなたと私 形がくずれてしまいそうよ 私の冷蔵庫を開けないで  忙しそうね 調子はいかが ニコニコ テーブルをはさむけど  いつでも恋のオールマイティー 見せどきが肝心だから 今は hu hu hu キミを離さない  私が出ると切れてしまう電話 あなたの手の内にクィーンがまざってる こちらのカードはカスばかりでも 一枚 ジョーカーを持ってるのよ  いつでも恋のオールマイティー 一度しか使えないけど だから hu hu hu キミを離さない  いつでも来いのオールマイティー 見せどきが肝心だから 今は hu hu hu キミを離さない 離さない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Cowgirl BluesCome on Hey girl きみのファウンデーションと口紅が5時の空を染めてる 褪せたジーンズの 膝ひきさいて 彼に会いに出かけるきみの 愛が手遅れになってしまうその前に 投げ縄の音たてて ちぎれたハートをとり戻せ 帰って来て 帰って来て 私だけのもとに  風に乗ってかすれながら流れてゆくラブ・ソング  Cowgirl Blues 草の香りの髪をなびかせて ひとりハイウェイとばすきみの 愛が置き去りになってしまうその前に 傷跡をとび越して懐かしい胸にもう一度 帰りたいよ 帰りたいよ あなただけのもとへ 哀しそうに 壊れそうに 歌っているラブ・ソング  Cowgirl Blues 届かない夢など追いかけたりしないわ  帰って来て 帰って来て 私だけのもとに 風に乗ってかすれながら流れてゆくラブ・ソング  帰りたいよ 帰りたいよ あなただけのもとへ 哀しそうに 壊れそうに 歌っているラブ・ソング  帰って来て 帰って来て 私だけのもとに 帰りたいよ 帰りたいよ あなただけのもとへ松任谷由実松任谷由実松任谷由実Come on Hey girl きみのファウンデーションと口紅が5時の空を染めてる 褪せたジーンズの 膝ひきさいて 彼に会いに出かけるきみの 愛が手遅れになってしまうその前に 投げ縄の音たてて ちぎれたハートをとり戻せ 帰って来て 帰って来て 私だけのもとに  風に乗ってかすれながら流れてゆくラブ・ソング  Cowgirl Blues 草の香りの髪をなびかせて ひとりハイウェイとばすきみの 愛が置き去りになってしまうその前に 傷跡をとび越して懐かしい胸にもう一度 帰りたいよ 帰りたいよ あなただけのもとへ 哀しそうに 壊れそうに 歌っているラブ・ソング  Cowgirl Blues 届かない夢など追いかけたりしないわ  帰って来て 帰って来て 私だけのもとに 風に乗ってかすれながら流れてゆくラブ・ソング  帰りたいよ 帰りたいよ あなただけのもとへ 哀しそうに 壊れそうに 歌っているラブ・ソング  帰って来て 帰って来て 私だけのもとに 帰りたいよ 帰りたいよ あなただけのもとへ
忘れはしないよ 時が流れても いたずらなやりとりや 心のトゲさえも 君が笑えばもう 小さく丸くなっていたこと  かわるがわるのぞいた穴から 何を見てたかなぁ? 一人きりじゃ叶えられない 夢もあったけれど  さよなら 君の声を 抱いて歩いていく ああ 僕のままで どこまで届くだろう  探していたのさ 君と会う日まで 今じゃ懐かしい言葉 ガラスの向こうには 水玉の雲が 散らかっていた あの日まで  風が吹いて飛ばされそうな 軽いタマシイで 他人と同じような幸せを 信じていたのに  これから 傷ついたり 誰か 傷つけても ああ 僕のままで どこまで届くだろう  瞬きするほど長い季節が来て 呼び合う名前がこだまし始める 聴こえる?松任谷由実草野正宗草野正宗忘れはしないよ 時が流れても いたずらなやりとりや 心のトゲさえも 君が笑えばもう 小さく丸くなっていたこと  かわるがわるのぞいた穴から 何を見てたかなぁ? 一人きりじゃ叶えられない 夢もあったけれど  さよなら 君の声を 抱いて歩いていく ああ 僕のままで どこまで届くだろう  探していたのさ 君と会う日まで 今じゃ懐かしい言葉 ガラスの向こうには 水玉の雲が 散らかっていた あの日まで  風が吹いて飛ばされそうな 軽いタマシイで 他人と同じような幸せを 信じていたのに  これから 傷ついたり 誰か 傷つけても ああ 僕のままで どこまで届くだろう  瞬きするほど長い季節が来て 呼び合う名前がこだまし始める 聴こえる?
影になってなんて不思議な光を浮かべた霧の夜なの どこへ続くの 街路樹の影たち  指が痛いほど 残らずダイヤルしたけど 呼びだしの音だけが耳の底にくりかえす こんなときはすぐにワードローブちらかし くたびれたシャツを選んで 外へ出てゆこう 少し背中まるめ 踊るように歩こう  最終の電車が響き残して流れた いちばんなつかしい遠いイメージのように 冷えだした手のひらで包んでる紙コップは ドーナツ屋のうすいコーヒー 真夜中は全てが媚びることもなく それでいてやさしい  むかし確かにどこかで出逢った一枚のネガ 淋しい心から きみを自由にする かるく透き通らせて  むかし確かにどこかで出逢った一枚のネガ 淋しい心から きみを自由にする かるく透き通らせて  なんて不思議な なんて不思議な霧の夜なの どこへ続くの 街路樹の影たち松任谷由実松任谷由実松任谷由実なんて不思議な光を浮かべた霧の夜なの どこへ続くの 街路樹の影たち  指が痛いほど 残らずダイヤルしたけど 呼びだしの音だけが耳の底にくりかえす こんなときはすぐにワードローブちらかし くたびれたシャツを選んで 外へ出てゆこう 少し背中まるめ 踊るように歩こう  最終の電車が響き残して流れた いちばんなつかしい遠いイメージのように 冷えだした手のひらで包んでる紙コップは ドーナツ屋のうすいコーヒー 真夜中は全てが媚びることもなく それでいてやさしい  むかし確かにどこかで出逢った一枚のネガ 淋しい心から きみを自由にする かるく透き通らせて  むかし確かにどこかで出逢った一枚のネガ 淋しい心から きみを自由にする かるく透き通らせて  なんて不思議な なんて不思議な霧の夜なの どこへ続くの 街路樹の影たち
翳りゆく部屋GOLD LYLIC窓辺に置いた椅子にもたれ あなたは夕陽見てた なげやりな別れの気配を 横顔に漂わせ  二人の言葉はあてもなく 過ぎた日々をさまよう ふりむけばドアの隙間から 宵闇が しのび込む  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでも  ランプを灯せば街は沈み 窓には部屋が映る 冷たい壁に耳をあてて 靴音を追いかけた  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでも  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでもGOLD LYLIC松任谷由実荒井由実荒井由実窓辺に置いた椅子にもたれ あなたは夕陽見てた なげやりな別れの気配を 横顔に漂わせ  二人の言葉はあてもなく 過ぎた日々をさまよう ふりむけばドアの隙間から 宵闇が しのび込む  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでも  ランプを灯せば街は沈み 窓には部屋が映る 冷たい壁に耳をあてて 靴音を追いかけた  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでも  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでも
風のスケッチ丘にすわってスケッチした春 水絵の具が溶けるように 家並み霞んでいた じっとしていて あなたの横顔 指で囲んだ  丘にのぼると迷いさえ晴れて まだ会わない素敵なこと 想い描けるから ほんのひと足 早い風の色を あなたにあげる  いつも思い出が手を振っていてくれる 次のバスに乗ってあなたが旅立つまで じっとしていて 遠く見てるまま 指で囲んだ風のスケッチ松任谷由実松任谷由実松任谷由実丘にすわってスケッチした春 水絵の具が溶けるように 家並み霞んでいた じっとしていて あなたの横顔 指で囲んだ  丘にのぼると迷いさえ晴れて まだ会わない素敵なこと 想い描けるから ほんのひと足 早い風の色を あなたにあげる  いつも思い出が手を振っていてくれる 次のバスに乗ってあなたが旅立つまで じっとしていて 遠く見てるまま 指で囲んだ風のスケッチ
風の中の栗毛ある朝私は光る風にまたがり 煙った小路を滑るように駆けだす 一鞭強くあてるとすぐに 木立や雲は時間にとけて 哀しい告白を託した郵便を とりかえすのよ とりかえすのよ あなたはまだ気付かない ノックをしたなら封を切らず渡して 今までどおりに笑いあえる人でいて  それから私は光る風につかまり 流れる世界に羽根のように震える なぜか瞳うるんでくるのは 冷たい空気を吸い込むから 愛になど泣かない少し前の私 とりもどすのよ とりもどすのよ 何も見えなくなりそう ある朝私は光る風にまたがり あなたの町へと露をけって急ぐの松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYAある朝私は光る風にまたがり 煙った小路を滑るように駆けだす 一鞭強くあてるとすぐに 木立や雲は時間にとけて 哀しい告白を託した郵便を とりかえすのよ とりかえすのよ あなたはまだ気付かない ノックをしたなら封を切らず渡して 今までどおりに笑いあえる人でいて  それから私は光る風につかまり 流れる世界に羽根のように震える なぜか瞳うるんでくるのは 冷たい空気を吸い込むから 愛になど泣かない少し前の私 とりもどすのよ とりもどすのよ 何も見えなくなりそう ある朝私は光る風にまたがり あなたの町へと露をけって急ぐの
KATHMANDUOne more time One more chance どうか与えて下さい やっと知った 答えのありかを 確かめるために  銀に光る滑走路が雲の果てに見える  No more tears No more fears 眠れない夜を越えて きっとわかる 新しい愛に着陸できるよ  手を伸ばせばエヴェレストに届くような気持ち  Glory Hallelujah ためらわないで Glory Hallelujah そこへ きみと翔べば この世界が開ける  happy days Happy come 執着を捨てたとたん きっとわかる いちばん大事なことは何なのか  探し続けた未来がその瞳に見えた  Glory Hallelujah なんて近くに Glory Hallelujah そこに きみがいれば この世界が輝く  Glory Hallelujah ただあるがまま Glory Hallelujah そこに きみなしでは この世界も消えるよ  Glory Hallelujah ためらわないで Glory Hallelujah そこへ きみと翔べば この世界が開ける  Glory Hallelujah 聖地を映す Glory Hallelujah 瞳 きみがいれば この世界が輝く松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYAOne more time One more chance どうか与えて下さい やっと知った 答えのありかを 確かめるために  銀に光る滑走路が雲の果てに見える  No more tears No more fears 眠れない夜を越えて きっとわかる 新しい愛に着陸できるよ  手を伸ばせばエヴェレストに届くような気持ち  Glory Hallelujah ためらわないで Glory Hallelujah そこへ きみと翔べば この世界が開ける  happy days Happy come 執着を捨てたとたん きっとわかる いちばん大事なことは何なのか  探し続けた未来がその瞳に見えた  Glory Hallelujah なんて近くに Glory Hallelujah そこに きみがいれば この世界が輝く  Glory Hallelujah ただあるがまま Glory Hallelujah そこに きみなしでは この世界も消えるよ  Glory Hallelujah ためらわないで Glory Hallelujah そこへ きみと翔べば この世界が開ける  Glory Hallelujah 聖地を映す Glory Hallelujah 瞳 きみがいれば この世界が輝く
悲しいほどお天気上水ぞいの小径をときおり選んだ 夏の盛りの日もそこだけ涼しくって  名もない蔦や柳がひくくたれこめて 絵を書く私達 それぞれひとりにさせた まるで先の人生を暗示するように  みんなまだ 気づかず すごしていたんだわ ずっといっしょに歩いてゆけるって だれもが思った ム・ム…  拝啓。今はどんな絵 仕上げていますか 個展の案内の葉書きがうれしかったの 臆病だった私は平凡に生きている  みんなまだ 信じてすごしていたんだわ ずっといっしょに歩いてゆけるってだれもが…  いつまでも 私の心のギャラリーにある あなたの描いた風景は 悲しいほどお天気 ム・ム…松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya上水ぞいの小径をときおり選んだ 夏の盛りの日もそこだけ涼しくって  名もない蔦や柳がひくくたれこめて 絵を書く私達 それぞれひとりにさせた まるで先の人生を暗示するように  みんなまだ 気づかず すごしていたんだわ ずっといっしょに歩いてゆけるって だれもが思った ム・ム…  拝啓。今はどんな絵 仕上げていますか 個展の案内の葉書きがうれしかったの 臆病だった私は平凡に生きている  みんなまだ 信じてすごしていたんだわ ずっといっしょに歩いてゆけるってだれもが…  いつまでも 私の心のギャラリーにある あなたの描いた風景は 悲しいほどお天気 ム・ム…
哀しみのルート16涙に濡れたセンターライン フィルムのように流れてゆくよ 長距離便のひくいクラクション ふたり最後の航海の汽笛に  きこえて来る Route16 心変わり責めないわ  もっともっと好きだった もっともっとあなたより 思い出が多すぎて この道は遠すぎて 戻れない哀しみのRoute16  海が見たいと気まぐれ云って ひきとめたりはしていないけど フロントグラスたたく雨粒 パイプラインが崩れるような音  きこえて来る Route16 別れに理由はないのなら  もっともっと会いたかった もっともっといつまでも そのままのきみでいて 死ぬときもそばにいて ささやいた約束のRoute16  涙に濡れたセンターライン フィルムのように流れてゆくよ フロントグラスたたく雨粒 パイプラインが崩れるような音  きこえて来る Route16 心変わり責めないわ  もっともっと好きだった もっともっとあなたより 思い出が多すぎて この道は遠すぎて 戻れない哀しみのRoute16  そのままのきみでいて 死ぬときもそばにいて ささやいた約束のRoute16  思い出が多すぎて この道は遠すぎて 戻れない哀しみのRoute16松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya涙に濡れたセンターライン フィルムのように流れてゆくよ 長距離便のひくいクラクション ふたり最後の航海の汽笛に  きこえて来る Route16 心変わり責めないわ  もっともっと好きだった もっともっとあなたより 思い出が多すぎて この道は遠すぎて 戻れない哀しみのRoute16  海が見たいと気まぐれ云って ひきとめたりはしていないけど フロントグラスたたく雨粒 パイプラインが崩れるような音  きこえて来る Route16 別れに理由はないのなら  もっともっと会いたかった もっともっといつまでも そのままのきみでいて 死ぬときもそばにいて ささやいた約束のRoute16  涙に濡れたセンターライン フィルムのように流れてゆくよ フロントグラスたたく雨粒 パイプラインが崩れるような音  きこえて来る Route16 心変わり責めないわ  もっともっと好きだった もっともっとあなたより 思い出が多すぎて この道は遠すぎて 戻れない哀しみのRoute16  そのままのきみでいて 死ぬときもそばにいて ささやいた約束のRoute16  思い出が多すぎて この道は遠すぎて 戻れない哀しみのRoute16
哀しみを下さいさみだれの空を 便箋にして 故なき哀しみ つらつら綴る  いつか あのひとと見た夕焼け 茜い 帯と家々の屋根 明日は晴れそうな薄闇の雨  さみだれの雲は 墨色流し うち消す想いに 沈んでゆくの  けれど 西の方が朧ろげに 明り 見えていたまぼろしに 希望を持たせて 待たせたのに  あきらめたあのひとよ いちばん好きだった頃が 今もまだ 今もまだ 心しめつけるの  さみだれ乱れて 記憶の奥の 癒せぬ恋しさ つらつら辿る  いつか もう一度会える日を ずっと 探してる放浪の お土産ばなしを書き留めるの  あきらめたあのひとよ どこかで変わらずいて いつまでも いつまでも 哀しみを下さい  あきらめたあのひとよ いちばん好きだった頃が 今もまだ 今もまだ 心しめつけるの松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoyaさみだれの空を 便箋にして 故なき哀しみ つらつら綴る  いつか あのひとと見た夕焼け 茜い 帯と家々の屋根 明日は晴れそうな薄闇の雨  さみだれの雲は 墨色流し うち消す想いに 沈んでゆくの  けれど 西の方が朧ろげに 明り 見えていたまぼろしに 希望を持たせて 待たせたのに  あきらめたあのひとよ いちばん好きだった頃が 今もまだ 今もまだ 心しめつけるの  さみだれ乱れて 記憶の奥の 癒せぬ恋しさ つらつら辿る  いつか もう一度会える日を ずっと 探してる放浪の お土産ばなしを書き留めるの  あきらめたあのひとよ どこかで変わらずいて いつまでも いつまでも 哀しみを下さい  あきらめたあのひとよ いちばん好きだった頃が 今もまだ 今もまだ 心しめつけるの
紙ヒコーキあてはないけど 紙ヒコーキに 愛のことばを走り書きして くすんだレンガの街をみおろす 窓のかたちに広がる空へ とりとめのない気ままなものに どうしてこんなにひかれるのだろう  とりとめのない気ままなものに どうしてこんなにひかれるのだろう 屋根にのぼると 空は近いよ あたまをひくく雲が流れる 風のきらめき はねにたたんで 紙ヒコーキは 空のかなたへ  空のかなたへ 空のかなたへ 松任谷由実荒井由実荒井由実あてはないけど 紙ヒコーキに 愛のことばを走り書きして くすんだレンガの街をみおろす 窓のかたちに広がる空へ とりとめのない気ままなものに どうしてこんなにひかれるのだろう  とりとめのない気ままなものに どうしてこんなにひかれるのだろう 屋根にのぼると 空は近いよ あたまをひくく雲が流れる 風のきらめき はねにたたんで 紙ヒコーキは 空のかなたへ  空のかなたへ 空のかなたへ 
彼から手をひいてKeep off your hands! 彼から手をひいて 私の大切なパートナーよ 踊り明かす ロッヂのディスコティーク 誰にもじゃまはNo Noさせない  (on Monday) 満員の夜行で (on Tuesday) 高原の駅まで (on Wednesday) 彼をねらうのよ (on Thursday) ほかの娘たちまで 気が気じゃない 困るじゃない 私眠れない  Keep off your hands! 女が思うほど 男はモテないっていうけど  夢に見たの 二人だけのHoliday こっそり教えてちょうだい ジルバ 熱い視線 あの娘に投げたって それは彼のほんの気まぐれ  (on Friday) パーティーの晩には (on Saturday) けんかにやじ馬 (on Sunday) 仲直りにキスして (and Monday) 街へと帰ろう やきもちは あきあきと 知ってて好き好き  Keep off your hands! 彼から手をひいて めんどうがおこらないうちに Keep off your hands! 彼は私のもの 愛しすぎてる Wow Wowいいでしょう じゃまはNo Noさせない じゃまはNo Noさせない松任谷由実松任谷由実松任谷由実Keep off your hands! 彼から手をひいて 私の大切なパートナーよ 踊り明かす ロッヂのディスコティーク 誰にもじゃまはNo Noさせない  (on Monday) 満員の夜行で (on Tuesday) 高原の駅まで (on Wednesday) 彼をねらうのよ (on Thursday) ほかの娘たちまで 気が気じゃない 困るじゃない 私眠れない  Keep off your hands! 女が思うほど 男はモテないっていうけど  夢に見たの 二人だけのHoliday こっそり教えてちょうだい ジルバ 熱い視線 あの娘に投げたって それは彼のほんの気まぐれ  (on Friday) パーティーの晩には (on Saturday) けんかにやじ馬 (on Sunday) 仲直りにキスして (and Monday) 街へと帰ろう やきもちは あきあきと 知ってて好き好き  Keep off your hands! 彼から手をひいて めんどうがおこらないうちに Keep off your hands! 彼は私のもの 愛しすぎてる Wow Wowいいでしょう じゃまはNo Noさせない じゃまはNo Noさせない
川景色川風は草を吹いて ボンネットをすべって行った いくども 初夏の日は車とめて 腕の中で野球を見ていたわ  水面がまぶしすぎて なさけない顔になる あなたが好き あなただけが大事だった素敵な季節  じっとしてね ちょっとだけ 光と影ゆらさずに 恋が消えてしまったら この景色も消えるから  切りたての髪をおさえ 今日も強い風の堤防おりれば 想い出はとび石の数 たぐりながら渡って向う岸  流れが音をたてて 足元あやうくする あなたのあと あなただけについて行った夢中の季節  ときめいてね ときどきは 私のこと考えて 恋が過ぎてしまっても この川辺を走るなら  じっとしてね ちょっとだけ 光と影ゆらさずに 恋が消えてしまったら この景色も消えるから  ときめいてね ときどきは 私のこと考えて 恋が過ぎてしまっても この川辺を走るなら松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYA川風は草を吹いて ボンネットをすべって行った いくども 初夏の日は車とめて 腕の中で野球を見ていたわ  水面がまぶしすぎて なさけない顔になる あなたが好き あなただけが大事だった素敵な季節  じっとしてね ちょっとだけ 光と影ゆらさずに 恋が消えてしまったら この景色も消えるから  切りたての髪をおさえ 今日も強い風の堤防おりれば 想い出はとび石の数 たぐりながら渡って向う岸  流れが音をたてて 足元あやうくする あなたのあと あなただけについて行った夢中の季節  ときめいてね ときどきは 私のこと考えて 恋が過ぎてしまっても この川辺を走るなら  じっとしてね ちょっとだけ 光と影ゆらさずに 恋が消えてしまったら この景色も消えるから  ときめいてね ときどきは 私のこと考えて 恋が過ぎてしまっても この川辺を走るなら
カンナ8号線GOLD LYLICチェックのシャツが風にふくらむ うしろ姿を 波をバックに焼きつけたかった まぶたの奥に それははかない日光写真 せつないかげろう 胸のアルバム閉じる日が来るの こわかったずっと  雲の影があなたを横切り…  想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない  カンナの花が燃えてゆれてた 中央分離帯 どこへ行こうか待ちどおしかった 日よう日 いつかさそって昔のように 笑いころげたい うらまないのもかわいくないでしょう だから気にせずに  ドアを開けて波をきこうよ…  想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない  想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない 想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない 想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいないGOLD LYLIC松任谷由実松任谷由実松任谷由実チェックのシャツが風にふくらむ うしろ姿を 波をバックに焼きつけたかった まぶたの奥に それははかない日光写真 せつないかげろう 胸のアルバム閉じる日が来るの こわかったずっと  雲の影があなたを横切り…  想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない  カンナの花が燃えてゆれてた 中央分離帯 どこへ行こうか待ちどおしかった 日よう日 いつかさそって昔のように 笑いころげたい うらまないのもかわいくないでしょう だから気にせずに  ドアを開けて波をきこうよ…  想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない  想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない 想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない 想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない
かんらん車すいた電車が住宅街ぬけて ひとしきり冬枯れをふるわす あとに残った ひとりの足音は 川辺りの遊園地をたどる  さびついたかんらん車に腰をおろせば ゆるやかに空は巡りはじめ あなたの住むあたり広がってゆく さよならが無性に恐かった はりつめた想いが遠くなるの  いつしか雪が静かに舞いながら チャコールの下界へと流れて きっとあなたは窓の外を見てる あのひとの肩を抱きよせて  つぎつぎと飛行船もゲームも止まり 粉雪が空を埋づめてゆく 終わりの暗示には美しすぎる 私だけ 冬空の旅人 地上に戻る頃 世界が止まる松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYAすいた電車が住宅街ぬけて ひとしきり冬枯れをふるわす あとに残った ひとりの足音は 川辺りの遊園地をたどる  さびついたかんらん車に腰をおろせば ゆるやかに空は巡りはじめ あなたの住むあたり広がってゆく さよならが無性に恐かった はりつめた想いが遠くなるの  いつしか雪が静かに舞いながら チャコールの下界へと流れて きっとあなたは窓の外を見てる あのひとの肩を抱きよせて  つぎつぎと飛行船もゲームも止まり 粉雪が空を埋づめてゆく 終わりの暗示には美しすぎる 私だけ 冬空の旅人 地上に戻る頃 世界が止まる
GIRL a go goオールも漕げないほどの急流 流されそうなこともある 雲さえ届かぬ険しい岩山 行くしかないときもある  ダイヤの汗と月の涙と 虹のかけらをずっと敷きつめて  それゆけあなたはチャレンジの国へ 手強い彼を倒しに  何も感じずに生きてくよりも 傷つくほうがましよ かならず立ち直れる速さは 経験に比例する  知らない世界知ってる世界 いつも未来は組み合わせしだい  いざゆけあなたは精悍な戦士 待ちうける彼を倒しに  それでもクラッシュしたときには そこから始めればいい  プライドの鎧ぶち抜いたなら 彼はきっと目覚めるでしょう  いざゆけあなたは精悍な戦士 愛する彼を救いに  それゆけあなたはチャレンジの国へ まだ見ぬ自分探しに松任谷由実松任谷由実松任谷由実オールも漕げないほどの急流 流されそうなこともある 雲さえ届かぬ険しい岩山 行くしかないときもある  ダイヤの汗と月の涙と 虹のかけらをずっと敷きつめて  それゆけあなたはチャレンジの国へ 手強い彼を倒しに  何も感じずに生きてくよりも 傷つくほうがましよ かならず立ち直れる速さは 経験に比例する  知らない世界知ってる世界 いつも未来は組み合わせしだい  いざゆけあなたは精悍な戦士 待ちうける彼を倒しに  それでもクラッシュしたときには そこから始めればいい  プライドの鎧ぶち抜いたなら 彼はきっと目覚めるでしょう  いざゆけあなたは精悍な戦士 愛する彼を救いに  それゆけあなたはチャレンジの国へ まだ見ぬ自分探しに
ガールフレンズそう みんなが云ったとおり 先は見えてたの あの恋はついにこわれたわ  想い出のせいじゃなく 悲しかったのは けなげだったあの自分のせい  用事をすませて 信号を抜けて ひさしぶりに集った ふられた私に みんなは陽気な ガールフレンド  うしろのシートでふさぎ込んでたら 窓から夜風を送って ふられた私につけこむ誰かを 今日はけちらして  女だけでくり出せば 暮れてゆく街に あざやかな光 踊りだすよ  おしえて これから危なく生きたらだめなの  そう みんなが同じよに 昔の笑顔はもう幼なすぎて作れない  想い出のせいじゃなく 悲しかったのは やさしすぎるから あなたたちが松任谷由実松任谷由実松任谷由実そう みんなが云ったとおり 先は見えてたの あの恋はついにこわれたわ  想い出のせいじゃなく 悲しかったのは けなげだったあの自分のせい  用事をすませて 信号を抜けて ひさしぶりに集った ふられた私に みんなは陽気な ガールフレンド  うしろのシートでふさぎ込んでたら 窓から夜風を送って ふられた私につけこむ誰かを 今日はけちらして  女だけでくり出せば 暮れてゆく街に あざやかな光 踊りだすよ  おしえて これから危なく生きたらだめなの  そう みんなが同じよに 昔の笑顔はもう幼なすぎて作れない  想い出のせいじゃなく 悲しかったのは やさしすぎるから あなたたちが
帰愁許してほしかった ふざけすぎた私 ひさしぶりのそのまなざし さよならがこわくて 私の名前を呼び捨てにできない 遠くなったあなたがいた ゆうべは目の前に  あの日からの悲しみを 素直に云えたら もう一度 髪にふれてくれたの  ラララララ はじめてあなたと どこで逢い ラララララ いつからあなたと愛し合い ラララララ 渇いた瞳が離れない それから なみだ雲ばかり  弱い心には嘘も忍び込むわ 忘れるため身をゆだねた ゆきずりのひとたち 元気そうでよかったと あなたはわらったけど 云えなかった ああ本当は ずっと淋しかった  人ごみは何もきかず私を包んで 毎朝の駅へ流れてゆく  ラララララ はじめてあなたと どこで逢い ラララララ いつからあなたと愛し合い ラララララ 渇いた瞳が離れない それから なみだ雲ばかり松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya許してほしかった ふざけすぎた私 ひさしぶりのそのまなざし さよならがこわくて 私の名前を呼び捨てにできない 遠くなったあなたがいた ゆうべは目の前に  あの日からの悲しみを 素直に云えたら もう一度 髪にふれてくれたの  ラララララ はじめてあなたと どこで逢い ラララララ いつからあなたと愛し合い ラララララ 渇いた瞳が離れない それから なみだ雲ばかり  弱い心には嘘も忍び込むわ 忘れるため身をゆだねた ゆきずりのひとたち 元気そうでよかったと あなたはわらったけど 云えなかった ああ本当は ずっと淋しかった  人ごみは何もきかず私を包んで 毎朝の駅へ流れてゆく  ラララララ はじめてあなたと どこで逢い ラララララ いつからあなたと愛し合い ラララララ 渇いた瞳が離れない それから なみだ雲ばかり
きっと言える南に向かう船のデッキで 波を見つめて もしも夕陽がきれいだったら 話しかけるわ  あなたが好き きっと言える どんな場所で出会ったとしても  風がささやく小麦畑で 道をたずねて 雲の下まで肩を並べて 歩いていくの  あなたが好き きっと言える どんな場所で出会ったとしても  ありきたりな街角でもいい すれちがっても きっとわたしはふり返えるはず 恋はすぐそこ  あなたが好き きっと言える どんな場所で出会ったとしても  あなたが好き きっと言える どんな場所で出会ったとしても松任谷由実荒井由実荒井由実南に向かう船のデッキで 波を見つめて もしも夕陽がきれいだったら 話しかけるわ  あなたが好き きっと言える どんな場所で出会ったとしても  風がささやく小麦畑で 道をたずねて 雲の下まで肩を並べて 歩いていくの  あなたが好き きっと言える どんな場所で出会ったとしても  ありきたりな街角でもいい すれちがっても きっとわたしはふり返えるはず 恋はすぐそこ  あなたが好き きっと言える どんな場所で出会ったとしても  あなたが好き きっと言える どんな場所で出会ったとしても
気づかず過ぎた初恋いつのまにか それは私の胸に そっと舞い降りて ある日 小さな芽をだしていた こわれそうな  この世界の中で たったひとつ 大切な何かが 生まれた  風にふるえる気持は こぼれ落ちる涙は あなたへの愛だとは 気づかぬまま  闇の中に 未来を見てたあの頃 それは少しずつ 空へ 私を運んでいった 知らぬ間に  あのときの不安は あなたからの ながい物語のはじまり  雨にきらめく緑も ふいに浮かぶポエムも あなたのいる世界に 気づいたから  風にふるえる気持も こぼれ落ちる涙も あなたのいる世界に 気づいたから松任谷由実YUMINGYUMINGいつのまにか それは私の胸に そっと舞い降りて ある日 小さな芽をだしていた こわれそうな  この世界の中で たったひとつ 大切な何かが 生まれた  風にふるえる気持は こぼれ落ちる涙は あなたへの愛だとは 気づかぬまま  闇の中に 未来を見てたあの頃 それは少しずつ 空へ 私を運んでいった 知らぬ間に  あのときの不安は あなたからの ながい物語のはじまり  雨にきらめく緑も ふいに浮かぶポエムも あなたのいる世界に 気づいたから  風にふるえる気持も こぼれ落ちる涙も あなたのいる世界に 気づいたから
気ままな朝帰り北風のベンチでキスしながら 心では門限を気にしてた なごりおしい顔をして半分ホッとして 電車のドアで手をふる私  そんな恋がいくつか過ぎたあと 運命のいたずらに出逢ったの あれはたしかTeen Age 最後のクリスマス あなたに胸がふるえた  家なんか出てしまおう なんとかくらして もう二度としばられない  けれどゆうべただひとり あなたを忘れるため にぎわう通り歩いた  父親がうらめしかった昔が なんとなくてれくさくなつかしい だって今は誰ひとりとがめることもない 気ままな朝帰りなの 松任谷由実松任谷由実松任谷由実北風のベンチでキスしながら 心では門限を気にしてた なごりおしい顔をして半分ホッとして 電車のドアで手をふる私  そんな恋がいくつか過ぎたあと 運命のいたずらに出逢ったの あれはたしかTeen Age 最後のクリスマス あなたに胸がふるえた  家なんか出てしまおう なんとかくらして もう二度としばられない  けれどゆうべただひとり あなたを忘れるため にぎわう通り歩いた  父親がうらめしかった昔が なんとなくてれくさくなつかしい だって今は誰ひとりとがめることもない 気ままな朝帰りなの 
君(と僕)のBIRTHDAY高架線 渡る街に 夕焼けがはじまる ヘッドライトもネオンも光りだす 小さな花束持って 改札駆け抜けて きみより先に着かなきゃあの店に  あんなこと言ったのは 本当に好きだから  ひとりぼっちがこわかったから きみがこの世に生まれてありがとう Birthday  渋滞のランプの列は ゆれるキャンドルみたい 僕の瞳の中を飛び去ってゆく きみもきっと急いでる 僕のこと想ってる きみより先に着かなきゃあの店に  どんなことがあっても 二度とすれ違わない  ひとりぼっちにさせないから きみがこの世に生まれてありがとう Birthday  今日はきみのBirthday 素敵なきみのBirthday 月も追いかけて来る 今日はきみのBirthday 素敵なきみのBirthday もうすぐ もうすぐ会える  こんな気持ちがあると 思ってもみなかった  ひとりぼっちがこわかったから きみがこの世に生まれてありがとう Birthday  ひとりぼっちにさせないから きみがこの世に生まれてありがとう Birthday松任谷由実YUMINGYUMING高架線 渡る街に 夕焼けがはじまる ヘッドライトもネオンも光りだす 小さな花束持って 改札駆け抜けて きみより先に着かなきゃあの店に  あんなこと言ったのは 本当に好きだから  ひとりぼっちがこわかったから きみがこの世に生まれてありがとう Birthday  渋滞のランプの列は ゆれるキャンドルみたい 僕の瞳の中を飛び去ってゆく きみもきっと急いでる 僕のこと想ってる きみより先に着かなきゃあの店に  どんなことがあっても 二度とすれ違わない  ひとりぼっちにさせないから きみがこの世に生まれてありがとう Birthday  今日はきみのBirthday 素敵なきみのBirthday 月も追いかけて来る 今日はきみのBirthday 素敵なきみのBirthday もうすぐ もうすぐ会える  こんな気持ちがあると 思ってもみなかった  ひとりぼっちがこわかったから きみがこの世に生まれてありがとう Birthday  ひとりぼっちにさせないから きみがこの世に生まれてありがとう Birthday
きみなき世界きみがいなくなってから 初めての冬が来る きみなしの きみなしの 途方もない時を ぼくはもう ぼくはもう 持て余しすぎてる  あのときの言い訳をまだ ぼくは後悔してる なぜだろう なぜだろう それしかなかったのに 寂しくて 寂しくて 仕方なかった  傷つけて 傷つけられても なおまだ壊 れてはいなかった ぼくたちは  ぼくたちを捨てて来た あのときに  きみがいなくなってから 少し無口になった きみなしの きみなしの 広すぎる世界で ぼくはただ ぼくはただ 座る場所探してる  あれから全てが変わったのに 二人の匂いはもうないのに ああ なのに  きみには云えなかった 言葉があるんだ できるなら できるなら 時が戻るなら 一度だけ 一度だけ きみに云いたかった  きみなしで きみなしで 生きてゆくなんて どうしても どうしても ぼくにはできない  きみなしの きみなしの 途方もない時を ぼくはもう ぼくはもう 持て余しすぎてる  きみなしの きみなしの 広すぎる世界で ぼくはただ ぼくはただ 座る場所探してる  きみなしの きみなしの 途方もない時を ぼくはもう ぼくはもう 持て余しすぎてる松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoyaきみがいなくなってから 初めての冬が来る きみなしの きみなしの 途方もない時を ぼくはもう ぼくはもう 持て余しすぎてる  あのときの言い訳をまだ ぼくは後悔してる なぜだろう なぜだろう それしかなかったのに 寂しくて 寂しくて 仕方なかった  傷つけて 傷つけられても なおまだ壊 れてはいなかった ぼくたちは  ぼくたちを捨てて来た あのときに  きみがいなくなってから 少し無口になった きみなしの きみなしの 広すぎる世界で ぼくはただ ぼくはただ 座る場所探してる  あれから全てが変わったのに 二人の匂いはもうないのに ああ なのに  きみには云えなかった 言葉があるんだ できるなら できるなら 時が戻るなら 一度だけ 一度だけ きみに云いたかった  きみなしで きみなしで 生きてゆくなんて どうしても どうしても ぼくにはできない  きみなしの きみなしの 途方もない時を ぼくはもう ぼくはもう 持て余しすぎてる  きみなしの きみなしの 広すぎる世界で ぼくはただ ぼくはただ 座る場所探してる  きみなしの きみなしの 途方もない時を ぼくはもう ぼくはもう 持て余しすぎてる
キャサリンあなたがひとりこの駅に 降り立ったことを耳にしたのは 夏の終りの風が海へ抜ける頃  暗い緑のReybanをほほにすべらせて 涼しい瞳投げかけながら 今朝の夢を横切った  誰しも胸の片隅に煙るような影を抱く キャサリン キャサリン 時がへだて あなたは昔のままじゃない  輝く日々の残像を追いかけるたびに あなたの声やそのブロンドが だぶるように見えて来る  かわってしまった街角で かわったあなたにふりむく キャサリン キャサリン 時がへだて 想い出だけを眩しくする  誰しも胸の片隅に煙るような影を抱く キャサリン キャサリン 時がへだて あなたは昔のままじゃない  キャサリン キャサリン 時がへだて みんなが昔のままじゃない松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYAあなたがひとりこの駅に 降り立ったことを耳にしたのは 夏の終りの風が海へ抜ける頃  暗い緑のReybanをほほにすべらせて 涼しい瞳投げかけながら 今朝の夢を横切った  誰しも胸の片隅に煙るような影を抱く キャサリン キャサリン 時がへだて あなたは昔のままじゃない  輝く日々の残像を追いかけるたびに あなたの声やそのブロンドが だぶるように見えて来る  かわってしまった街角で かわったあなたにふりむく キャサリン キャサリン 時がへだて 想い出だけを眩しくする  誰しも胸の片隅に煙るような影を抱く キャサリン キャサリン 時がへだて あなたは昔のままじゃない  キャサリン キャサリン 時がへだて みんなが昔のままじゃない
Carry On終わりのない長い道を あなたはひとり走っている 渇ききったその喘ぎが 私にだけはきこえてくる Carry On… Carry On… 決して孤独は代われないから  あなたを待ち続けたい あなたを信じていたい あなたと闇を越えたい 今はCarry On  もつれそうなストライドに また絶望が襲いかかる 傷だらけの夢をまとい 打ちひしがれた姿でいい Carry On… Carry On… 私が会えた素晴らしい人  あなたを見つめていたい あなたに教えて欲しい あなたと分かち合いたい 今をCarry On  モノクロームの時間が 虹色に変わってゆく あなたの描くゴールにふれたとたん  あなたを待ち続けたい あなたを信じていたい あなたと時を越えたい ずっとCarry On  終わりのない長い道に 傾いてゆく夏の光 あなたはただ走っている 金の炎が燃える場所へ Carry On(Carry On…)松任谷由実松任谷由実松任谷由実終わりのない長い道を あなたはひとり走っている 渇ききったその喘ぎが 私にだけはきこえてくる Carry On… Carry On… 決して孤独は代われないから  あなたを待ち続けたい あなたを信じていたい あなたと闇を越えたい 今はCarry On  もつれそうなストライドに また絶望が襲いかかる 傷だらけの夢をまとい 打ちひしがれた姿でいい Carry On… Carry On… 私が会えた素晴らしい人  あなたを見つめていたい あなたに教えて欲しい あなたと分かち合いたい 今をCarry On  モノクロームの時間が 虹色に変わってゆく あなたの描くゴールにふれたとたん  あなたを待ち続けたい あなたを信じていたい あなたと時を越えたい ずっとCarry On  終わりのない長い道に 傾いてゆく夏の光 あなたはただ走っている 金の炎が燃える場所へ Carry On(Carry On…)
霧雨で見えないなつかしさに ぼんやりバスを降りた 橋の上 霧雨の水銀燈  探しはしないと誓った 忘れた日はなかった まつげに停まった光が ふるえて 見えない  歩きだせば 追い越すヘッドライト 長い影 生まれては消えてゆく  きらったのじゃないと云った すぐ戻ると信じた 胸に降り続く光が あふれて 見えない  時よ速く流れて 雨よひくく流れて 淋しさを呼びさますこの世界を どこかへ消して  探しはしないと誓った 忘れた日はなかった まつげに停まった光が ふるえて 見えない  きらったのじゃないと云った すぐ戻ると信じた 胸に降り続く光が あふれて 見えない松任谷由実松任谷由実松任谷由実なつかしさに ぼんやりバスを降りた 橋の上 霧雨の水銀燈  探しはしないと誓った 忘れた日はなかった まつげに停まった光が ふるえて 見えない  歩きだせば 追い越すヘッドライト 長い影 生まれては消えてゆく  きらったのじゃないと云った すぐ戻ると信じた 胸に降り続く光が あふれて 見えない  時よ速く流れて 雨よひくく流れて 淋しさを呼びさますこの世界を どこかへ消して  探しはしないと誓った 忘れた日はなかった まつげに停まった光が ふるえて 見えない  きらったのじゃないと云った すぐ戻ると信じた 胸に降り続く光が あふれて 見えない
霧の中の影何も云わないで 前だけを見て走ってゆきましょう もうすぐ別れが 追いつくまでは 深い霧に包まれて  浮かぶフォグランプで映していって昔の景色 すでに意味のない約束も ふたりとともに消えてゆく  凍る影は 心を佇ませて 青い朝は あなたをおもかげにかえるから 今は ああ今は 声にならないさよなら  だから云わないで きかせないで本当の終りを もうすぐ目覚めだす世界へと ふたりのみ込まれてゆく  まだ光は ひくくぼんやりとして 長い冬は あなたいないことおしえるから 今は ああ今は 何も何も云わないで  凍る影は 心を佇ませて 青い朝は あなたをおもかげにかえるから 今は ああ今は 声にならないさよなら松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya何も云わないで 前だけを見て走ってゆきましょう もうすぐ別れが 追いつくまでは 深い霧に包まれて  浮かぶフォグランプで映していって昔の景色 すでに意味のない約束も ふたりとともに消えてゆく  凍る影は 心を佇ませて 青い朝は あなたをおもかげにかえるから 今は ああ今は 声にならないさよなら  だから云わないで きかせないで本当の終りを もうすぐ目覚めだす世界へと ふたりのみ込まれてゆく  まだ光は ひくくぼんやりとして 長い冬は あなたいないことおしえるから 今は ああ今は 何も何も云わないで  凍る影は 心を佇ませて 青い朝は あなたをおもかげにかえるから 今は ああ今は 声にならないさよなら
9月には帰らない9月には 帰らない ただひとり 残っても 明日あたり 燈台へ 波しぶき見に行こう  未来が霧に 閉ざされていた頃は この潮騒が 重すぎて 泣いた  今はもう負けないわ 9月には帰らない  無口な人は 夏の日のはかなさを うまく言えずに バスの窓おろす  今はもう負けないわ 9月には帰らない 9月には帰らない松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya9月には 帰らない ただひとり 残っても 明日あたり 燈台へ 波しぶき見に行こう  未来が霧に 閉ざされていた頃は この潮騒が 重すぎて 泣いた  今はもう負けないわ 9月には帰らない  無口な人は 夏の日のはかなさを うまく言えずに バスの窓おろす  今はもう負けないわ 9月には帰らない 9月には帰らない
9月の蝉しぐれありがとうと云える日 来ることなんてないと思っていた どうして どこから この電話をくれたの  ゆずれなかった恋に 卑怯に見えたあなたの沈黙が どうして 今では優しさに思える  おしえて 大人になるっていうのは もう 平気になる心 死にたい程傷ついても なつかしいこと  学校の坂道の下のバス停 まだ夏服着てた いっしょに帰った9月の蝉しぐれ  哀しい なきやんでしまわないで ああ 一途な面影よ 深みどりがまたひと刷毛 薄れるみたい  おしえて 大人になるっていうのは もう 平気になる心 死にたい程傷ついても なつかしいこと松任谷由実松任谷由実松任谷由実ありがとうと云える日 来ることなんてないと思っていた どうして どこから この電話をくれたの  ゆずれなかった恋に 卑怯に見えたあなたの沈黙が どうして 今では優しさに思える  おしえて 大人になるっていうのは もう 平気になる心 死にたい程傷ついても なつかしいこと  学校の坂道の下のバス停 まだ夏服着てた いっしょに帰った9月の蝉しぐれ  哀しい なきやんでしまわないで ああ 一途な面影よ 深みどりがまたひと刷毛 薄れるみたい  おしえて 大人になるっていうのは もう 平気になる心 死にたい程傷ついても なつかしいこと
曇り空二階の窓を開け放したら 霧が部屋まで流れてきそう やさしい雨が降ってくるのを ずっとぼんやり待っていたのよ  きのうは曇り空 きっとそのせいかしら きのうは曇り空 外に出たくなかったの  きまぐれだっておこらないでね 本気で好きになりそうだから 約束だけは気にしてたけど 急にやぶってみたくなったの  きのうは曇り空 きっとそのせいかしら きのうは曇り空 外に出たくなかったの きのうは曇り空 きっとそのせいかしら きのうは曇り空 外に出たくなかったの松任谷由実荒井由実荒井由実二階の窓を開け放したら 霧が部屋まで流れてきそう やさしい雨が降ってくるのを ずっとぼんやり待っていたのよ  きのうは曇り空 きっとそのせいかしら きのうは曇り空 外に出たくなかったの  きまぐれだっておこらないでね 本気で好きになりそうだから 約束だけは気にしてたけど 急にやぶってみたくなったの  きのうは曇り空 きっとそのせいかしら きのうは曇り空 外に出たくなかったの きのうは曇り空 きっとそのせいかしら きのうは曇り空 外に出たくなかったの
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
クロームの太陽湾岸線のトンネルのこだまが 錆びかけていた ハートを振るわせた  焦げたオイルと 海風の匂は今でも ギアに染みついたまま  苛立ちながら 軋み合う心で 明日に向って アクセルふかしてた  着くはずのない パラダイスは色褪せて そして 誰も いなくなった  もっと叫んで 昔みたいに トンネルの彼方へ もっと燃やして 私の前で 合金(クローム)の太陽 追いかけて ねえ エンジェルス  朝が近づく あのコーナー過ぎると 白くぼやけた 出口にさしかかる  終ることない 日常がたちこめて そして 誰も いなくなった  もっと叫んで そのエンジンで 束縛を蹴散らし もっと見させて たった今だけ 戻らない時間を ぶっちぎれ このまま  それは偶然 抜き去ってゆく 青春のゴースト ずっととばして ミラーの中の パラレルのロードを  もっと叫んで 昔みたいに トンネルの彼方へ もっと燃やして 私の前で 合金(クローム)の太陽 もっと叫んで そのエンジンで 束縛を蹴散らし もっと見させて たった今だけ 戻らない時間を  もっと叫んで 昔みたいに トンネルの彼方へ もっと燃やして 私の前で 合金(クローム)の太陽 もっと叫んで そのエンジンで 束縛を蹴散らし もっと見させて たった今だけ 戻らない時間を松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYA湾岸線のトンネルのこだまが 錆びかけていた ハートを振るわせた  焦げたオイルと 海風の匂は今でも ギアに染みついたまま  苛立ちながら 軋み合う心で 明日に向って アクセルふかしてた  着くはずのない パラダイスは色褪せて そして 誰も いなくなった  もっと叫んで 昔みたいに トンネルの彼方へ もっと燃やして 私の前で 合金(クローム)の太陽 追いかけて ねえ エンジェルス  朝が近づく あのコーナー過ぎると 白くぼやけた 出口にさしかかる  終ることない 日常がたちこめて そして 誰も いなくなった  もっと叫んで そのエンジンで 束縛を蹴散らし もっと見させて たった今だけ 戻らない時間を ぶっちぎれ このまま  それは偶然 抜き去ってゆく 青春のゴースト ずっととばして ミラーの中の パラレルのロードを  もっと叫んで 昔みたいに トンネルの彼方へ もっと燃やして 私の前で 合金(クローム)の太陽 もっと叫んで そのエンジンで 束縛を蹴散らし もっと見させて たった今だけ 戻らない時間を  もっと叫んで 昔みたいに トンネルの彼方へ もっと燃やして 私の前で 合金(クローム)の太陽 もっと叫んで そのエンジンで 束縛を蹴散らし もっと見させて たった今だけ 戻らない時間を
Good-bye Goes byにわか雨がタップダンスで 朝の通り 渡って行った 雲のない10月のブルー きみの出番を待っている 泣き明かした夜に good-bye あてのない電話はもういらない くすぶった日曜日 goes by さあ取り返すの  走りだしたバスに飛び乗り 息をつけば 街も流れて 痛いほどしがみついていた 時はゆく せつないけど 駆け引きした夏に good-bye 止めどないジェラシーはもうおしまい ばら色の人生 goes by 愛をつかまえて  新しいステップ きこえて来る ほら 泣き明かした夜に good-bye あてのない電話はもういらない くすぶった日曜日 goes by さあ取り返すの 駆け引きした夏に good-bye 止めどない後悔もういらない 虹色の未来が by and by 愛をくれるから 泣き明かした夜に good-bye あてのない電話はもういらない松任谷由実松任谷由実松任谷由実にわか雨がタップダンスで 朝の通り 渡って行った 雲のない10月のブルー きみの出番を待っている 泣き明かした夜に good-bye あてのない電話はもういらない くすぶった日曜日 goes by さあ取り返すの  走りだしたバスに飛び乗り 息をつけば 街も流れて 痛いほどしがみついていた 時はゆく せつないけど 駆け引きした夏に good-bye 止めどないジェラシーはもうおしまい ばら色の人生 goes by 愛をつかまえて  新しいステップ きこえて来る ほら 泣き明かした夜に good-bye あてのない電話はもういらない くすぶった日曜日 goes by さあ取り返すの 駆け引きした夏に good-bye 止めどない後悔もういらない 虹色の未来が by and by 愛をくれるから 泣き明かした夜に good-bye あてのない電話はもういらない
Good-bye friend淋しくて 淋しくて 君のこと想うよ 離れても 胸の奥の 友達でいさせて  君を失くした 光の中に 指をかざした 眩しくて見えない堤防 なぜこんなにも とり残されて どのざわめきも鏡の向うへと消えてく  悲しくて 悲しくて 帰り道探した もう二度と会えなくても 友達と呼ばせて  君はとっくに知っていたよね すぐ燃えつきるイカロスの翼に乗ったと  淋しくて 淋しくて 君のこと想うよ 離れても 胸の奥の 友達でいさせて  僕が生き急ぐときには そっとたしなめておくれよ  悲しくて 悲しくて 君の名を呼んでも めぐり来ぬ あの夏の日 君を失くしてから  淋しくて 淋しくて 君のこと想うよ 離れても 胸の奥に ずっと生きてるから 友達でいるから 友達でいさせて松任谷由実松任谷由実松任谷由実淋しくて 淋しくて 君のこと想うよ 離れても 胸の奥の 友達でいさせて  君を失くした 光の中に 指をかざした 眩しくて見えない堤防 なぜこんなにも とり残されて どのざわめきも鏡の向うへと消えてく  悲しくて 悲しくて 帰り道探した もう二度と会えなくても 友達と呼ばせて  君はとっくに知っていたよね すぐ燃えつきるイカロスの翼に乗ったと  淋しくて 淋しくて 君のこと想うよ 離れても 胸の奥の 友達でいさせて  僕が生き急ぐときには そっとたしなめておくれよ  悲しくて 悲しくて 君の名を呼んでも めぐり来ぬ あの夏の日 君を失くしてから  淋しくて 淋しくて 君のこと想うよ 離れても 胸の奥に ずっと生きてるから 友達でいるから 友達でいさせて
Good! MorningSong bird かごの中 きみは歌を忘れてる Wake up! いくら呼んでも ベッドの底に沈んだまま  目覚ましが鳴っている 宅急便は走ってる メッセージが届いてる 地球は回っている  Good! morning どんな天気でも かならず朝はやって来る Good! morning 忘れていたってかならず今日は過去になる  Blind bird 暗いニュース チャンネル合わせ続ける なぜ いつまでそんなに 自分を痛めつづけてるの  きみは夢見ているの 苦しみの無い世界 まだ気づいていないの 悩みも大事な good friend  Good! morning どんな気分でも 新しい朝が始まる Good! morning 未来にいちばん近い1日が始まる  Good! morning どんな天気でも かならず朝はやって来る Good! morning 忘れていたってかならず今日は過去になる松任谷由実松任谷由実松任谷由実Song bird かごの中 きみは歌を忘れてる Wake up! いくら呼んでも ベッドの底に沈んだまま  目覚ましが鳴っている 宅急便は走ってる メッセージが届いてる 地球は回っている  Good! morning どんな天気でも かならず朝はやって来る Good! morning 忘れていたってかならず今日は過去になる  Blind bird 暗いニュース チャンネル合わせ続ける なぜ いつまでそんなに 自分を痛めつづけてるの  きみは夢見ているの 苦しみの無い世界 まだ気づいていないの 悩みも大事な good friend  Good! morning どんな気分でも 新しい朝が始まる Good! morning 未来にいちばん近い1日が始まる  Good! morning どんな天気でも かならず朝はやって来る Good! morning 忘れていたってかならず今日は過去になる
Good luck and Good byeなつかしいあのひとに 人ごみの中で会った 微笑む顔が 少しはにかむの 昔のままだわ  傷ついた恋なのに もう跡形もないのよ 偶然会えたら 泣きだしちゃうと 思っていたのに  ショウ・ウィンドを 横目で見れば 待ち合わせした頃を 想うけど  今はもう 別々の恋人が待つ場所へと 降りだした雨に 追いたてられて 急いでゆくのよ  やっぱりあなた 送ってほしい わたしのバスが 遠く消えるまで  ふりかえる大通り あのひとに見えるように 混んだバスの くもった窓に書く 大きく Good luck and Good bye 大きく Good luck and Good bye 大きく Good luck and Good bye  Mm… Good luck and Good bye松任谷由実荒井由実荒井由実なつかしいあのひとに 人ごみの中で会った 微笑む顔が 少しはにかむの 昔のままだわ  傷ついた恋なのに もう跡形もないのよ 偶然会えたら 泣きだしちゃうと 思っていたのに  ショウ・ウィンドを 横目で見れば 待ち合わせした頃を 想うけど  今はもう 別々の恋人が待つ場所へと 降りだした雨に 追いたてられて 急いでゆくのよ  やっぱりあなた 送ってほしい わたしのバスが 遠く消えるまで  ふりかえる大通り あのひとに見えるように 混んだバスの くもった窓に書く 大きく Good luck and Good bye 大きく Good luck and Good bye 大きく Good luck and Good bye  Mm… Good luck and Good bye
groove in retroOh yeah ジェット機に乗って パープルの雲の上へ Oh yeah 乱気流ぬけて 肘掛けの指をはずし  冷えたワインの縁の唇の跡に 恋をしてる  Oh yeah レトロなグルーヴ あなたの寝息と Flyin' High Oh yeah 帰らない日々も 行く先も忘れずっと  世界は回り続け愛のカプセルは 浮かんだまま  半日程の時差を吸い込むトンネル つかまえてる  Oh yeah レトロなグルーヴ かりそめの嘆きFlyin' High Oh yeah ジェット機に乗って 行く先も忘れずっと Oh yeah Oh yeah Oh yeah松任谷由実松任谷由実松任谷由実Oh yeah ジェット機に乗って パープルの雲の上へ Oh yeah 乱気流ぬけて 肘掛けの指をはずし  冷えたワインの縁の唇の跡に 恋をしてる  Oh yeah レトロなグルーヴ あなたの寝息と Flyin' High Oh yeah 帰らない日々も 行く先も忘れずっと  世界は回り続け愛のカプセルは 浮かんだまま  半日程の時差を吸い込むトンネル つかまえてる  Oh yeah レトロなグルーヴ かりそめの嘆きFlyin' High Oh yeah ジェット機に乗って 行く先も忘れずっと Oh yeah Oh yeah Oh yeah
グループ出席いたしますと 返事を出したわ 似合いのあのひとたち パーティーはもうすぐ ああ本当のことを云えば 秘かなめあては あなたもきっと来ると信じているから  過ぎ去った季節 あなたは陽気な学校一の遊び人 私とあなたと 彼女と彼とで 笑ったカフェテリア  たそがれがせまるころはシャンパンはじけて あなたも二人のため グラスを空ける  いくつもの恋が生まれたり消えたり あなたは仕事で遠くへ行った  たそがれせまるころはシャンパンはじけて 新郎 新婦はゆく 私達の前を  過ぎ去った季節 あなたは陽気な学校一の遊び人 私とあなたと 彼女と彼とで 笑ったカフェテリア  そっとかけよるか 姿をかくすか それはそのとき決めること すぐに見つけなきゃ あなたが私に気づくよりはやく そっとかけよるか 姿をかくすか それはそのとき決めること 昔とおんなじ まぶしいあなたが立っているかしら  過ぎ去った季節 あなたは陽気な学校一の遊び人 顔を合わせても戻ることのない 素敵なグループ松任谷由実松任谷由実松任谷由実出席いたしますと 返事を出したわ 似合いのあのひとたち パーティーはもうすぐ ああ本当のことを云えば 秘かなめあては あなたもきっと来ると信じているから  過ぎ去った季節 あなたは陽気な学校一の遊び人 私とあなたと 彼女と彼とで 笑ったカフェテリア  たそがれがせまるころはシャンパンはじけて あなたも二人のため グラスを空ける  いくつもの恋が生まれたり消えたり あなたは仕事で遠くへ行った  たそがれせまるころはシャンパンはじけて 新郎 新婦はゆく 私達の前を  過ぎ去った季節 あなたは陽気な学校一の遊び人 私とあなたと 彼女と彼とで 笑ったカフェテリア  そっとかけよるか 姿をかくすか それはそのとき決めること すぐに見つけなきゃ あなたが私に気づくよりはやく そっとかけよるか 姿をかくすか それはそのとき決めること 昔とおんなじ まぶしいあなたが立っているかしら  過ぎ去った季節 あなたは陽気な学校一の遊び人 顔を合わせても戻ることのない 素敵なグループ
GREYグレイ 黄昏が夜に名残を惜しむ…グレイ まだしばらくは明り灯さず 窓にもたれて 会えなくなったひとの気配抱きしめてみる  霧雨が街の影をうるます…グレイ 忘れていった傘をひらけば なぜかそこだけ 雨も時の流れも止まる静かな通り  私の心はアッシュトレイ 灰を落とす彼のくせと 指先なつかしむ 小さな大理石  グレイ 世界中の恋がくゆらす煙…グレイ ゆっくり空に昇っていって 燃え尽きた日々 思い起こすように漂う美しい色  私の心はアッシュトレイ 灰を落とす彼のくせと 指先なつかしむ 小さな大理石松任谷由実YUMINGYUMINGグレイ 黄昏が夜に名残を惜しむ…グレイ まだしばらくは明り灯さず 窓にもたれて 会えなくなったひとの気配抱きしめてみる  霧雨が街の影をうるます…グレイ 忘れていった傘をひらけば なぜかそこだけ 雨も時の流れも止まる静かな通り  私の心はアッシュトレイ 灰を落とす彼のくせと 指先なつかしむ 小さな大理石  グレイ 世界中の恋がくゆらす煙…グレイ ゆっくり空に昇っていって 燃え尽きた日々 思い起こすように漂う美しい色  私の心はアッシュトレイ 灰を落とす彼のくせと 指先なつかしむ 小さな大理石
グレイス・スリックの肖像「私を忘れてから もうどれくらいたちますか」 少し悲しげにつぶやく 写真のグレイス  彼女の長い髪と 激しい歌が好きでした いつしか棚の片隅に眠ったアイドル  みんなここに来て アンプに火を入れて ひとりの心の扉 ノックして  あなたを忘れてから いろんな人を傷つけて それさえ忘れて私はすごしてしまった  みんなここに来て 哀しいプレイをして さまよう渇いた日々をなぐさめて  みんなここに来て 過ぎた時を見せて 深まる夜の静寂へ つれてって松任谷由実松任谷由実松任谷由実「私を忘れてから もうどれくらいたちますか」 少し悲しげにつぶやく 写真のグレイス  彼女の長い髪と 激しい歌が好きでした いつしか棚の片隅に眠ったアイドル  みんなここに来て アンプに火を入れて ひとりの心の扉 ノックして  あなたを忘れてから いろんな人を傷つけて それさえ忘れて私はすごしてしまった  みんなここに来て 哀しいプレイをして さまよう渇いた日々をなぐさめて  みんなここに来て 過ぎた時を見せて 深まる夜の静寂へ つれてって
Glory Birdlandむかし昔 目も眩む金色の鳥が 深い深いバンブーの森にいたと云う  夜明けの晩しか咲かない百合の 雫を吸うのを見た者は戻って来ない  さあ行こう あの禁断の Holy Island 見つけよう 勇気を出して Glory Birdland  遠い昔 私達 タブーを侵して 高いビルとハイウェイの森で 又逢った  はぐれた記憶を今つなぎ合い 悲しい予感をぬぐい去るように抱いて  さあ行こう あの懐かしい Holy Island かけ出そう 指をからめて Glory Birdland  いつも幸せは ひき返さない 光をなびかせ ほら先へ 先へ誘う  さあ行こう 消えないうちに Holy Island かけ出そう 指をからめて Glory Birdland さあ行こう あの禁断の Holy Island 見つけよう 勇気を出して Glory Birdland さあ行こう 消えないうちに Holy Island かけ出そう 指をからめて Glory Birdland松任谷由実松任谷由実松任谷由実むかし昔 目も眩む金色の鳥が 深い深いバンブーの森にいたと云う  夜明けの晩しか咲かない百合の 雫を吸うのを見た者は戻って来ない  さあ行こう あの禁断の Holy Island 見つけよう 勇気を出して Glory Birdland  遠い昔 私達 タブーを侵して 高いビルとハイウェイの森で 又逢った  はぐれた記憶を今つなぎ合い 悲しい予感をぬぐい去るように抱いて  さあ行こう あの懐かしい Holy Island かけ出そう 指をからめて Glory Birdland  いつも幸せは ひき返さない 光をなびかせ ほら先へ 先へ誘う  さあ行こう 消えないうちに Holy Island かけ出そう 指をからめて Glory Birdland さあ行こう あの禁断の Holy Island 見つけよう 勇気を出して Glory Birdland さあ行こう 消えないうちに Holy Island かけ出そう 指をからめて Glory Birdland
結婚式をブッ飛ばせバージンロードに立ったら これはまちがいとわかった そのとき ドアが開いた  Oh wedding bell is ringing out of town  気づいたときには手遅れ 並んでひざまづく祭壇 式はもう ハイライト  異変はここで起ったの 誓いの言葉が言えない  My God! だってそうじゃない うそはつけない What you gonna say Oh yes! いくら好きでも一生なんて愛せない  貧しいときにも病んでも 迷える羊に救いを 下さい 神様なら  長すぎる沈黙のあと 口をついて出た言葉は...  My God! あわてるあなた あきれる神父 What you gonna do Oh yes! いくら好きでも私の愛は縛れない  ガス漏れのようなため息が教会に充満したとき  My God! ここを出なくちゃ 逃げ出さなくちゃ What you gonna do Oh yes! 仮面かぶった結婚なんてまっぴらよ My God! ころがる指輪 泣きだす家族 What you gonna do  Oh yes! 火花飛ばして結婚式をブッ飛ばせ My God! あわてるあなた あきれる神父 What you gonna do Oh yes! だってそうじゃない うそはつけない神様に松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoyaバージンロードに立ったら これはまちがいとわかった そのとき ドアが開いた  Oh wedding bell is ringing out of town  気づいたときには手遅れ 並んでひざまづく祭壇 式はもう ハイライト  異変はここで起ったの 誓いの言葉が言えない  My God! だってそうじゃない うそはつけない What you gonna say Oh yes! いくら好きでも一生なんて愛せない  貧しいときにも病んでも 迷える羊に救いを 下さい 神様なら  長すぎる沈黙のあと 口をついて出た言葉は...  My God! あわてるあなた あきれる神父 What you gonna do Oh yes! いくら好きでも私の愛は縛れない  ガス漏れのようなため息が教会に充満したとき  My God! ここを出なくちゃ 逃げ出さなくちゃ What you gonna do Oh yes! 仮面かぶった結婚なんてまっぴらよ My God! ころがる指輪 泣きだす家族 What you gonna do  Oh yes! 火花飛ばして結婚式をブッ飛ばせ My God! あわてるあなた あきれる神父 What you gonna do Oh yes! だってそうじゃない うそはつけない神様に
結婚ルーレットコップのウォッカがこぼれ落ちる寸前まで コインを沈め合うの そんなかけひきも近頃はもどかしくて いっそ倒したくなる  もっと もっと やさしくして それはお互いさま ホイップし過ぎたら しぼむ恋はメレンゲ ちょうど良い頃合いに止めてよ  最後の線で待っているの プロポーズ 私って サイテーだわ  おそる おそる 弾き金を引く 弾丸は一発だけ 裏目に出たときは 全てが消えるとき まるで電光石火 ルシアン・ルーレット  もっと もっと やさしくして それは お互いさま ホイップし過ぎたら しぼむ恋はメレンゲ ちょうど良い頃合いに止めてよ  裏目に出たときは 全てが消えるとき まるで電光石火 結婚ルーレット松任谷由実松任谷由実松任谷由実コップのウォッカがこぼれ落ちる寸前まで コインを沈め合うの そんなかけひきも近頃はもどかしくて いっそ倒したくなる  もっと もっと やさしくして それはお互いさま ホイップし過ぎたら しぼむ恋はメレンゲ ちょうど良い頃合いに止めてよ  最後の線で待っているの プロポーズ 私って サイテーだわ  おそる おそる 弾き金を引く 弾丸は一発だけ 裏目に出たときは 全てが消えるとき まるで電光石火 ルシアン・ルーレット  もっと もっと やさしくして それは お互いさま ホイップし過ぎたら しぼむ恋はメレンゲ ちょうど良い頃合いに止めてよ  裏目に出たときは 全てが消えるとき まるで電光石火 結婚ルーレット
GET AWAYLonely heart 彼と会えなくなる もう 明日は冬休み Sweet my heart 近づく時間切れ さあ きっと つかまえる  ソワソワ聴いていた最後の授業 今 ベルが鳴る  愛してる Believe me ノートを閉じて とびだそう Believe me ロッカー蹴って  Lonely night 夢が見えないとき もう ひとりにさせない Hold me tight 雪に彩られて ねえ 思い出作ろう  もっと知らなくてはならないことが ほら 待っている  どこまでも Believe me 全て預けて かけだそう Believe me 次のステージ 愛してる Believe me 100パーセント とびだそう Believe me 道の向うへ  All right 勇気をだして 目をつぶってるまに 決めて  愛してる Believe me 誰よりも強く とびだそう Believe me 誰よりもはやく どこまでも Believe me 手に手をとって かけだそう Believe me 二人で Get away  愛してる Believe me 100パーセント とびだそう Believe me 道の向うへ どこまでも Believe me 全て預けて かけだそう Believe me 次のステージ  愛してる Believe me 誰よりも強く とびだそう Believe me 誰よりもはやく どこまでも Believe me 手に手をとって かけだそう Believe me 二人で Get away…松任谷由実松任谷由実松任谷由実Lonely heart 彼と会えなくなる もう 明日は冬休み Sweet my heart 近づく時間切れ さあ きっと つかまえる  ソワソワ聴いていた最後の授業 今 ベルが鳴る  愛してる Believe me ノートを閉じて とびだそう Believe me ロッカー蹴って  Lonely night 夢が見えないとき もう ひとりにさせない Hold me tight 雪に彩られて ねえ 思い出作ろう  もっと知らなくてはならないことが ほら 待っている  どこまでも Believe me 全て預けて かけだそう Believe me 次のステージ 愛してる Believe me 100パーセント とびだそう Believe me 道の向うへ  All right 勇気をだして 目をつぶってるまに 決めて  愛してる Believe me 誰よりも強く とびだそう Believe me 誰よりもはやく どこまでも Believe me 手に手をとって かけだそう Believe me 二人で Get away  愛してる Believe me 100パーセント とびだそう Believe me 道の向うへ どこまでも Believe me 全て預けて かけだそう Believe me 次のステージ  愛してる Believe me 誰よりも強く とびだそう Believe me 誰よりもはやく どこまでも Believe me 手に手をとって かけだそう Believe me 二人で Get away…
月曜日のロボットアラームレイディオ デジタルの時刻 ああ せかさないで 息が白い 曇った舗道を なぜ足は進む  パスを見せて ブザー鳴って 階段おりて わからないのよ どこに向かっているのか 白い線で 列になって ドアが開いて 知らないことは 悩まなくていい MANUFACTURE Wooo  甘い夢は鋼鉄のマスクの ああ 下に秘めて レスト・ルームのひとりの鏡で そっとウィンクしてみる  カード押して おじぎをして ファクスを受けて いつか愛するあなたとめぐり逢うまで タイプ打って コピーとって ランチ広げて あなたもきっとどこかで戦う MANUFACTURE Wooo  Rescue 私を Rescue 虚ろな Rescue 迷宮から 救って Blue Blue on Blue いつか愛するあなたとめぐり逢いたい Blue Blue on Blue あなたも同じことを想うの 熱いプラズマ 私に吹き込んで ああ 月曜日のロボットに松任谷由実松任谷由実松任谷由実アラームレイディオ デジタルの時刻 ああ せかさないで 息が白い 曇った舗道を なぜ足は進む  パスを見せて ブザー鳴って 階段おりて わからないのよ どこに向かっているのか 白い線で 列になって ドアが開いて 知らないことは 悩まなくていい MANUFACTURE Wooo  甘い夢は鋼鉄のマスクの ああ 下に秘めて レスト・ルームのひとりの鏡で そっとウィンクしてみる  カード押して おじぎをして ファクスを受けて いつか愛するあなたとめぐり逢うまで タイプ打って コピーとって ランチ広げて あなたもきっとどこかで戦う MANUFACTURE Wooo  Rescue 私を Rescue 虚ろな Rescue 迷宮から 救って Blue Blue on Blue いつか愛するあなたとめぐり逢いたい Blue Blue on Blue あなたも同じことを想うの 熱いプラズマ 私に吹き込んで ああ 月曜日のロボットに
恋の一時間は孤独の千年隣り町もゆれる 花火の晩 光の降る川に 舟を出すの Ding Dong 流れてゆきたいのずっと 暗い海にそそいでも 大切な荷物もみんな 捨てて腕の中へ 恋の一時間は孤独の千年  禁じられた恋は 瑠璃色の鳥 見えない夜なのに かごを抜ける Ding Dong はばたいてみたいのずっと 誰かを悲しませても 帰る場所はもうないの 力尽きる日まで 恋の一時間は孤独の千年  たとえば10年後の花火の晩 約束の川辺に 呼び出してね Ding Dong 人混みをすりぬけきっと 涙があふれるかしら まだ愛し合っていても 遠くなっていても 恋の一時間は孤独の千年松任谷由実松任谷由実松任谷由実隣り町もゆれる 花火の晩 光の降る川に 舟を出すの Ding Dong 流れてゆきたいのずっと 暗い海にそそいでも 大切な荷物もみんな 捨てて腕の中へ 恋の一時間は孤独の千年  禁じられた恋は 瑠璃色の鳥 見えない夜なのに かごを抜ける Ding Dong はばたいてみたいのずっと 誰かを悲しませても 帰る場所はもうないの 力尽きる日まで 恋の一時間は孤独の千年  たとえば10年後の花火の晩 約束の川辺に 呼び出してね Ding Dong 人混みをすりぬけきっと 涙があふれるかしら まだ愛し合っていても 遠くなっていても 恋の一時間は孤独の千年
恋のスーパーパラシューター赤いレザーのジャンプスーツは わたしの燃えるハートのしるし 霧の晴れまにあなたが見えたら ベルトをつけて準備完了   たったひとつの恋の真上に 落ちてゆけたら死んでもいいわ 恋のスーパーパラシューター Oh yah!  包みきれない あなたの心は きまぐれ色の海それとも空 熱い想いを風にまかせて とびおりるからきっとうけとめて  たったひとつの恋の真上に 落ちてゆけたら死んでもいいわ 恋のスーパーパラシューター Oh yah!  たったひとつの恋の真上に 落ちてゆけたら死んでもいいわ 恋のスーパーパラシューター Oh yah!松任谷由実荒井由実荒井由実赤いレザーのジャンプスーツは わたしの燃えるハートのしるし 霧の晴れまにあなたが見えたら ベルトをつけて準備完了   たったひとつの恋の真上に 落ちてゆけたら死んでもいいわ 恋のスーパーパラシューター Oh yah!  包みきれない あなたの心は きまぐれ色の海それとも空 熱い想いを風にまかせて とびおりるからきっとうけとめて  たったひとつの恋の真上に 落ちてゆけたら死んでもいいわ 恋のスーパーパラシューター Oh yah!  たったひとつの恋の真上に 落ちてゆけたら死んでもいいわ 恋のスーパーパラシューター Oh yah!
恋の苦さとため息とダイヤのため息 のみ干すマティーニ はじめて知ったの 恋の苦さを いますぐ会いたい 文字にはできない 想いは住処を無くしてる ha ah あなたに心を奪われてから  グラスに残った オリーブ ひとりぼっち うず巻く夜景に沈んでる ha ah あなたに心を奪われたから  それだけで足がふらつく最上階の窓 月灯りとダンスダンス ベルベットブルーの雲を滑るように 私の恋は輝きながらこぼれてゆくの  いますぐ会いたい電話じゃかなしい 冷たい指先あたためて ha ah ダイヤのため息 月凍る街で はじめて知ったの 恋の苦しさと歓びを松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoyaダイヤのため息 のみ干すマティーニ はじめて知ったの 恋の苦さを いますぐ会いたい 文字にはできない 想いは住処を無くしてる ha ah あなたに心を奪われてから  グラスに残った オリーブ ひとりぼっち うず巻く夜景に沈んでる ha ah あなたに心を奪われたから  それだけで足がふらつく最上階の窓 月灯りとダンスダンス ベルベットブルーの雲を滑るように 私の恋は輝きながらこぼれてゆくの  いますぐ会いたい電話じゃかなしい 冷たい指先あたためて ha ah ダイヤのため息 月凍る街で はじめて知ったの 恋の苦しさと歓びを
恋は死んでしまった冬の街灯りに 立ち止まって電話してみた ほんのひと言でも どうしてるのか ただ知りたくて  戻れない場所が きっとずっと今もそこにあるの  November 声を聞くだけで 2度ときみに会えないよ Remember 過ぎた約束は 煙る道に浮んでる だって恋は死んでしまった  夜は街灯りに 初雪舞う 港 交差点 泣いておこった頃が なつかしくて 苦しくなるよ  バラ色の部屋で きっとずっと今も待っているの  November 胸でうでをくみ 白い息を見つめてる Remember みんな去ってゆく 青い影をたち切って だって恋は死んでしまった  November 声を聞くだけで 2度ときみに会えないよ Remember 過ぎた約束は 煙る道に浮んでる だって恋は死んでしまった November 胸でうでをくみ 白い息を見つめてる Remember みんな去ってゆく 青い影をたち切って だって恋は死んでしまった松任谷由実松任谷由実松任谷由実冬の街灯りに 立ち止まって電話してみた ほんのひと言でも どうしてるのか ただ知りたくて  戻れない場所が きっとずっと今もそこにあるの  November 声を聞くだけで 2度ときみに会えないよ Remember 過ぎた約束は 煙る道に浮んでる だって恋は死んでしまった  夜は街灯りに 初雪舞う 港 交差点 泣いておこった頃が なつかしくて 苦しくなるよ  バラ色の部屋で きっとずっと今も待っているの  November 胸でうでをくみ 白い息を見つめてる Remember みんな去ってゆく 青い影をたち切って だって恋は死んでしまった  November 声を聞くだけで 2度ときみに会えないよ Remember 過ぎた約束は 煙る道に浮んでる だって恋は死んでしまった November 胸でうでをくみ 白い息を見つめてる Remember みんな去ってゆく 青い影をたち切って だって恋は死んでしまった
恋はNO-Return思いきりひっぱたいたのは 柄になくこわかったからよ Love Affairでいいなら他のひとにして 今なら3日だけ泣いて忘れられる  まだ早いわ 待って 欲しい恋は No-return あなたとならもっと 高く熱く Fire burns 走りだせば きっと 止まれないわNo-return 天国の前にハートを見せて  三日月が綺麗だったけど おこしましょ リクライニングシート くちびるが重なる直前わかった イカシた車でもこの愛は釣れない  まだ早いわ 待って 欲しい恋は No-return あなたとならもっと 高く熱く Fire burns 走りだせば きっと 止まらないわNo-return 情熱に罪はないんだけど  Woo 確かめて 踏み出して 大事な Just one light KISS Just one light KISS Just one light KISS  まだ早いわ 待って 欲しい恋は No-return あなたとならもっと 高く熱く Fire burns 走りだせば きっと 止まれないわNo-return 天国の前にハートを見せて  まだ早いわ 待って 欲しい恋は No-return あなたとならもっと 高く熱く Fire burns 走りだせば きっと 止まらないわNo-return 情熱に罪はないんだけど松任谷由実松任谷由実松任谷由実思いきりひっぱたいたのは 柄になくこわかったからよ Love Affairでいいなら他のひとにして 今なら3日だけ泣いて忘れられる  まだ早いわ 待って 欲しい恋は No-return あなたとならもっと 高く熱く Fire burns 走りだせば きっと 止まれないわNo-return 天国の前にハートを見せて  三日月が綺麗だったけど おこしましょ リクライニングシート くちびるが重なる直前わかった イカシた車でもこの愛は釣れない  まだ早いわ 待って 欲しい恋は No-return あなたとならもっと 高く熱く Fire burns 走りだせば きっと 止まらないわNo-return 情熱に罪はないんだけど  Woo 確かめて 踏み出して 大事な Just one light KISS Just one light KISS Just one light KISS  まだ早いわ 待って 欲しい恋は No-return あなたとならもっと 高く熱く Fire burns 走りだせば きっと 止まれないわNo-return 天国の前にハートを見せて  まだ早いわ 待って 欲しい恋は No-return あなたとならもっと 高く熱く Fire burns 走りだせば きっと 止まらないわNo-return 情熱に罪はないんだけど
恋人がサンタクロースGOLD LYLIC昔 となりのおしゃれなおねえさんは クリスマスの日 私に云った 今夜 8時になれば サンタが家にやって来る  ちがうよ それは絵本だけのおはなし そういう私に ウィンクして でもね 大人になれば あなたもわかる そのうちに  恋人がサンタクロース 本当はサンタクロース つむじ風追い越して 恋人がサンタクロース 背の高いサンタクロース 雪の街から来た  あれから いくつ冬がめぐり来たでしょう 今も彼女を 思い出すけど ある日遠い街へとサンタがつれて行ったきり  そうよ 明日になれば 私も きっとわかるはず  恋人がサンタクロース 本当はサンタクロース プレゼントをかかえて 恋人がサンタクロース 寒そうにサンタクロース 雪の街から来る 恋人がサンタクロース 本当はサンタクロース つむじ風追い越して 恋人がサンタクロース 背の高いサンタクロース 私の家に来る  恋人がサンタクロース 本当はサンタクロース プレゼントをかかえて 恋人がサンタクロース 寒そうにサンタクロース 雪の街から来る 恋人がサンタクロース 本当はサンタクロース つむじ風追い越して 恋人がサンタクロース 背の高いサンタクロース 私の家に来るGOLD LYLIC松任谷由実松任谷由実松任谷由実昔 となりのおしゃれなおねえさんは クリスマスの日 私に云った 今夜 8時になれば サンタが家にやって来る  ちがうよ それは絵本だけのおはなし そういう私に ウィンクして でもね 大人になれば あなたもわかる そのうちに  恋人がサンタクロース 本当はサンタクロース つむじ風追い越して 恋人がサンタクロース 背の高いサンタクロース 雪の街から来た  あれから いくつ冬がめぐり来たでしょう 今も彼女を 思い出すけど ある日遠い街へとサンタがつれて行ったきり  そうよ 明日になれば 私も きっとわかるはず  恋人がサンタクロース 本当はサンタクロース プレゼントをかかえて 恋人がサンタクロース 寒そうにサンタクロース 雪の街から来る 恋人がサンタクロース 本当はサンタクロース つむじ風追い越して 恋人がサンタクロース 背の高いサンタクロース 私の家に来る  恋人がサンタクロース 本当はサンタクロース プレゼントをかかえて 恋人がサンタクロース 寒そうにサンタクロース 雪の街から来る 恋人がサンタクロース 本当はサンタクロース つむじ風追い越して 恋人がサンタクロース 背の高いサンタクロース 私の家に来る
恋をリリース彼女とうでくみやって来て 急にかくれないで 張り合おうなんて思わない 手放した恋だもの  誰が悪いっていうわけじゃない なのにこの気持どうして 別に理由なんかいらないわ ハートには羽根が生えてる  ずっと かっこつけててね もっと 素敵になってね ちょっと マジメになって 誰か愛して きっと キライになれない そっと しまっておきたい だって みじかくても 夢中だったひと  ちゃちな指輪でもうれしくて 太陽にかざしてた ある日セーターにひっかけて 宝石(いし)だけ失くしてた  何にこだわってたのかしら こぼれ落ちた涙と 笑いはじけた時だけが 瞳の底に残った  ずっと あとにはひけない もっと 素直になりたい ちょっと 思い出したい淋しいときは ぐっと やさしくなれそう ふっと ふりかえれるかも おっと 私ゆくわ 次が待ってる  わかってる いわれなくたって 彼はまだ子供だって わかってる 痛い目にあって 人は皆大人になれる  ずっと かっこつけててね もっと 素敵になってね ちょっと マジメになって 誰か愛して きっと キライになれない そっと しまっておきたい だって みじかくても 夢中だったひと  ずっと あとにはひけない もっと 素直になりたい ちょっと 思い出したい淋しいときは ぐっと やさしくなれそう ふっと ふりかえれるかも おっと 私ゆくわ 次が待ってる松任谷由実松任谷由実松任谷由実彼女とうでくみやって来て 急にかくれないで 張り合おうなんて思わない 手放した恋だもの  誰が悪いっていうわけじゃない なのにこの気持どうして 別に理由なんかいらないわ ハートには羽根が生えてる  ずっと かっこつけててね もっと 素敵になってね ちょっと マジメになって 誰か愛して きっと キライになれない そっと しまっておきたい だって みじかくても 夢中だったひと  ちゃちな指輪でもうれしくて 太陽にかざしてた ある日セーターにひっかけて 宝石(いし)だけ失くしてた  何にこだわってたのかしら こぼれ落ちた涙と 笑いはじけた時だけが 瞳の底に残った  ずっと あとにはひけない もっと 素直になりたい ちょっと 思い出したい淋しいときは ぐっと やさしくなれそう ふっと ふりかえれるかも おっと 私ゆくわ 次が待ってる  わかってる いわれなくたって 彼はまだ子供だって わかってる 痛い目にあって 人は皆大人になれる  ずっと かっこつけててね もっと 素敵になってね ちょっと マジメになって 誰か愛して きっと キライになれない そっと しまっておきたい だって みじかくても 夢中だったひと  ずっと あとにはひけない もっと 素直になりたい ちょっと 思い出したい淋しいときは ぐっと やさしくなれそう ふっと ふりかえれるかも おっと 私ゆくわ 次が待ってる
コインの裏側遠くの灯りと 並んで走る さよならを決めた ひとりのハイウェイ  Good days, but bad days コインの裏側 You said, so I said どちらでも同じ  雪が降りそうな 銅色の空よ 消え残す熱を 伝えておくれ  Love songs, but sad songs 口ずさみながら They sing, and I sang 忘れようとした  まだ愛してる まだ愛してるよ まだわからない わからずにいるよ なぜ私たち離れなくては いけないのかを  あなたは私に 来てくれといった 私はあなたに 待ってるといった  Good days, but bad days コインの裏側 He said, but she said 同じじゃないのね  ただ問いかける ただ問いかけるよ ただおそれてた おそれてたときが 今こうしてる この果てしない 時のことかと  舞いだした白い羽根 受けとめて ワイパーを 動かさず  まだ 愛して…  まだ愛してる まだ愛してるよ まだわからない わからずにいるよ なぜ私たち離れなくては いけないのかを  ただ問いかけるよ ただおそれてた おそれてたときが  まだ愛してる まだ愛してるよ まだわからない わからずにいるよ松任谷由実松任谷由実松任谷由実遠くの灯りと 並んで走る さよならを決めた ひとりのハイウェイ  Good days, but bad days コインの裏側 You said, so I said どちらでも同じ  雪が降りそうな 銅色の空よ 消え残す熱を 伝えておくれ  Love songs, but sad songs 口ずさみながら They sing, and I sang 忘れようとした  まだ愛してる まだ愛してるよ まだわからない わからずにいるよ なぜ私たち離れなくては いけないのかを  あなたは私に 来てくれといった 私はあなたに 待ってるといった  Good days, but bad days コインの裏側 He said, but she said 同じじゃないのね  ただ問いかける ただ問いかけるよ ただおそれてた おそれてたときが 今こうしてる この果てしない 時のことかと  舞いだした白い羽根 受けとめて ワイパーを 動かさず  まだ 愛して…  まだ愛してる まだ愛してるよ まだわからない わからずにいるよ なぜ私たち離れなくては いけないのかを  ただ問いかけるよ ただおそれてた おそれてたときが  まだ愛してる まだ愛してるよ まだわからない わからずにいるよ
航海日誌船が夜をすべり 港へ向かうころ 傷ついた心も やがて消えゆく 星くずと私の静かなランデブー 潮風のデッキは 人影もな  遠く去ったあの人の声がきこえる あふれる想いに まだ胸は熱いけれど きらめく海に捨てよう 後悔日誌 はるかな船旅のあいだにつづった 哀しみは  あのころの私は こわれたグランドピアノ かなでる 曲はただ せつないノクターン うつろう 青春に 身をまかせていれば 長い人生さえ 宇宙のかけら  遠く去った あの人の声がきこえる あふれる想いに まだ胸は熱いけれど きらめく海に捨てよう 後悔日誌 はるかな 船旅のあいだにつづった きらめく海に捨てよう 後悔日誌 はるかな 船旅のあいだにつづった 哀しみは松任谷由実松任谷由実松任谷由実船が夜をすべり 港へ向かうころ 傷ついた心も やがて消えゆく 星くずと私の静かなランデブー 潮風のデッキは 人影もな  遠く去ったあの人の声がきこえる あふれる想いに まだ胸は熱いけれど きらめく海に捨てよう 後悔日誌 はるかな船旅のあいだにつづった 哀しみは  あのころの私は こわれたグランドピアノ かなでる 曲はただ せつないノクターン うつろう 青春に 身をまかせていれば 長い人生さえ 宇宙のかけら  遠く去った あの人の声がきこえる あふれる想いに まだ胸は熱いけれど きらめく海に捨てよう 後悔日誌 はるかな 船旅のあいだにつづった きらめく海に捨てよう 後悔日誌 はるかな 船旅のあいだにつづった 哀しみは
木枯らしのダイアリー今朝窓を開けたら 息が白くなった あなたのいないはじめての冬が空を覆った 眠っているあいだに  電車を乗り越して 休みにしてしまった オーバーを着て 一日きままに街を歩く 想い出と腕をくみ  火よう日 曇り 午後のデパート 消えそうな西日  ねえ 元気でいるの 変わってゆくの 悲しくて すすめなくなるの  木枯らしよ めくって ダイアリー  去年同じ月は けんかばかりしてた あなたのことをそれでもどれだけ好きかわかる 今頃読み返えすと  木よう日 雪 風邪をこじらせ 電話がせつない  もう誰かといるの 夢はかなったの 顔だけがうかばなくなるの  ねえ 元気でいるの 変わってゆくの 悲しくて すすめなくなるの  木枯らしよ めくって 新しいダイアリー松任谷由実松任谷由実松任谷由実今朝窓を開けたら 息が白くなった あなたのいないはじめての冬が空を覆った 眠っているあいだに  電車を乗り越して 休みにしてしまった オーバーを着て 一日きままに街を歩く 想い出と腕をくみ  火よう日 曇り 午後のデパート 消えそうな西日  ねえ 元気でいるの 変わってゆくの 悲しくて すすめなくなるの  木枯らしよ めくって ダイアリー  去年同じ月は けんかばかりしてた あなたのことをそれでもどれだけ好きかわかる 今頃読み返えすと  木よう日 雪 風邪をこじらせ 電話がせつない  もう誰かといるの 夢はかなったの 顔だけがうかばなくなるの  ねえ 元気でいるの 変わってゆくの 悲しくて すすめなくなるの  木枯らしよ めくって 新しいダイアリー
告白はじめから わかってた かくせはしないこと はじめから わかってた こんな日が来ること  Don't mistake tomorrow 云わなくちゃ 偽りは脱ぎ捨てて 自由のため  このままじゃ 何もかも 壊されていくこと このままじゃ 永遠に 結ばれないこと  Don't be afraid of sorrow 恐れずに 告白はただひとつの絆だから  愛を測らないで 比べないで 禁断の愛などないの No No No  もう一度 やり直す つもりはないわ もう一度 くり返す 時間はないわ  Don't mistake tomorrow 行かなくちゃ 失くすなら 失くすだけの  運命だから  愛に負けないで 流されないで 信じてるドアを開けて Hey Hey Hey  Don't be afraid of sorrow 恐れずに 苦しさをぶちまけて 自由のために  愛に負けないで 流されないで そこにあるドアを開けて Hey Hey Hey松任谷由実松任谷由実松任谷由実はじめから わかってた かくせはしないこと はじめから わかってた こんな日が来ること  Don't mistake tomorrow 云わなくちゃ 偽りは脱ぎ捨てて 自由のため  このままじゃ 何もかも 壊されていくこと このままじゃ 永遠に 結ばれないこと  Don't be afraid of sorrow 恐れずに 告白はただひとつの絆だから  愛を測らないで 比べないで 禁断の愛などないの No No No  もう一度 やり直す つもりはないわ もう一度 くり返す 時間はないわ  Don't mistake tomorrow 行かなくちゃ 失くすなら 失くすだけの  運命だから  愛に負けないで 流されないで 信じてるドアを開けて Hey Hey Hey  Don't be afraid of sorrow 恐れずに 苦しさをぶちまけて 自由のために  愛に負けないで 流されないで そこにあるドアを開けて Hey Hey Hey
心のままHurry up 心のまま Hurry up とても愛している 細いマスト鳴らし 海流に乗ったように 許して今まで傷つけた 今では会えないあのひとに 届かせて 潮の便り  私の見た雲は 馬のかたち あなた何に見えた 言葉にしてるまにちぎれてゆく それは愛に似てる  Hurry up 心のまま Hurry up とても愛している 細いマスト鳴らし 海流に乗ったように 許して今まで傷つけた 今では会えないあのひとに 届かせて 潮の便り  私が好きなのは 嵐のあと 光る水平線 しけた海もやがて月を映す 銀の鏡になる  Hurry up 心のまま Hurry up 今は急いでみる 叫ぶような風に じっと身をさらしながら 許して今まで傷つけた 今では会えないあのひとに 届かせて ああ許して今まで傷つけた 今では会えないあの人へ 旅をする心のまま  (RIB II世号に捧ぐ)松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYAHurry up 心のまま Hurry up とても愛している 細いマスト鳴らし 海流に乗ったように 許して今まで傷つけた 今では会えないあのひとに 届かせて 潮の便り  私の見た雲は 馬のかたち あなた何に見えた 言葉にしてるまにちぎれてゆく それは愛に似てる  Hurry up 心のまま Hurry up とても愛している 細いマスト鳴らし 海流に乗ったように 許して今まで傷つけた 今では会えないあのひとに 届かせて 潮の便り  私が好きなのは 嵐のあと 光る水平線 しけた海もやがて月を映す 銀の鏡になる  Hurry up 心のまま Hurry up 今は急いでみる 叫ぶような風に じっと身をさらしながら 許して今まで傷つけた 今では会えないあのひとに 届かせて ああ許して今まで傷つけた 今では会えないあの人へ 旅をする心のまま  (RIB II世号に捧ぐ)
心ほどいてそしてヴェールをあげて 彼と向い合うとき あなたが遅れて席につくのがわかった 密やかなぬくもりも 燃えつきたあの約束も カテドラルから 高い窓から空へ逃がすの You're so far,far away You're so far,so far away 私のうそをみんなひきうけて あなた 離れてゆくの  学生時代のまま 時が止まっていたね さよならを込めて横を通り過ぎるまで 彼と寄りそいゆくわ ずっと大切に思うわ いつかあなたに いつか自分に誇れるように You're so far,far away You're so far,so far away 途切れた夢をみんなひきとって あなた 離れてゆくの  見つめ合えずに なじりもせずに 心ほどいて  You're so far,far away You're so far,誰よりも You're so far,You're so far away 私のうそをみんなひきうけて あなた 離れてゆくの  Far away You're so far,so far away You're so far,far away You're so far,far away You're so far,far away  松任谷由実松任谷由実松任谷由実そしてヴェールをあげて 彼と向い合うとき あなたが遅れて席につくのがわかった 密やかなぬくもりも 燃えつきたあの約束も カテドラルから 高い窓から空へ逃がすの You're so far,far away You're so far,so far away 私のうそをみんなひきうけて あなた 離れてゆくの  学生時代のまま 時が止まっていたね さよならを込めて横を通り過ぎるまで 彼と寄りそいゆくわ ずっと大切に思うわ いつかあなたに いつか自分に誇れるように You're so far,far away You're so far,so far away 途切れた夢をみんなひきとって あなた 離れてゆくの  見つめ合えずに なじりもせずに 心ほどいて  You're so far,far away You're so far,誰よりも You're so far,You're so far away 私のうそをみんなひきうけて あなた 離れてゆくの  Far away You're so far,so far away You're so far,far away You're so far,far away You're so far,far away  
この愛にふりむいてそれでも Come back to me 別の恋していても あなたがやっぱり 遠くへ行くと思えない どこかで Remember me つぶれそうな 雨の晩 私は無性にあなたに会いたかった  離れてから 月日を見送るうちに 淋しさとも 友達になれた Mm 離れてから たぶん前より 少しは大人になった  それでも Come back to me 傷つきもしたけれど もう一度 お願いこの愛にふりむいて  噂さえもやがて届かなくなって いつか違う 幸せに出会う あきらめれば 自由になれて 泣くこともなくなるのに  それでも Come back to me 伝えたいことばかり 迷える羊に 今夜は眠れないの どこかで Remember me 番号は変えないわ もう一度 Come back to me この愛にふりむいて  松任谷由実松任谷由実松任谷由実それでも Come back to me 別の恋していても あなたがやっぱり 遠くへ行くと思えない どこかで Remember me つぶれそうな 雨の晩 私は無性にあなたに会いたかった  離れてから 月日を見送るうちに 淋しさとも 友達になれた Mm 離れてから たぶん前より 少しは大人になった  それでも Come back to me 傷つきもしたけれど もう一度 お願いこの愛にふりむいて  噂さえもやがて届かなくなって いつか違う 幸せに出会う あきらめれば 自由になれて 泣くこともなくなるのに  それでも Come back to me 伝えたいことばかり 迷える羊に 今夜は眠れないの どこかで Remember me 番号は変えないわ もう一度 Come back to me この愛にふりむいて  
COBALT HOUR夜の都会を さあ飛び越えて 1960年へ バックミラーに吸い込まれてく ちりばめられた 光の中へ  港へ続く高速道路 空を流れるミルキィウェイさ 海の匂いの冷い風が 白いベレG包みはじめる  夜明けの金星 消えゆく空はコバルト 真夏の棧橋 彼方に浮かぶ朝焼け  あなたは昔 SHONAN-BOY わたしは昔 YOKOSUKA-GIRL なつかしすぎる海が見えたら 二人の胸によみがえる恋  夜明けの金星 消えゆく空はコバルト 真夏の棧橋 彼方に浮かぶ朝焼け 彼方に浮かぶ朝焼け松任谷由実荒井由実荒井由実夜の都会を さあ飛び越えて 1960年へ バックミラーに吸い込まれてく ちりばめられた 光の中へ  港へ続く高速道路 空を流れるミルキィウェイさ 海の匂いの冷い風が 白いベレG包みはじめる  夜明けの金星 消えゆく空はコバルト 真夏の棧橋 彼方に浮かぶ朝焼け  あなたは昔 SHONAN-BOY わたしは昔 YOKOSUKA-GIRL なつかしすぎる海が見えたら 二人の胸によみがえる恋  夜明けの金星 消えゆく空はコバルト 真夏の棧橋 彼方に浮かぶ朝焼け 彼方に浮かぶ朝焼け
コンパートメント白い眠りぐすり 冷たい水が運ばれて来る 似てる苦しみ持つ人は ゆく先をきかない 闇をすべる汽車は 氷河のようにゆるやかだけど 幼い頃住んだ町は 離れてゆくばかり  あのひとが愛のかわりに 残していったのは 声たてて笑ったあとに 遠くを見つめるくせ  そばにいられるなら 熱い瞳は交せなくても 歓ぶ顔に喜べる ゆれる影でいたい  どなたか私を降ろさせて 忘却列車のデッキから どなたか私をあわれんで このまま冷めだす 自分が哀しい  もしや愛は戻る そんなのぞみは小箱に入れて 輝く真鍮の鍵を 線路に投げましょう  あのひとの途切れた声の ゆくえ探すように すれちがう同じコロンに ふりむいてしまうくせ  白い眠りぐすり 冷たい水と喉に溶ければ つややかな馬にまたがり テムズを渡る夢 やがて私は着く 全てが見える明るい場所へ けれどそこは朝ではなく 白夜の荒野です松任谷由実松任谷由実松任谷由実白い眠りぐすり 冷たい水が運ばれて来る 似てる苦しみ持つ人は ゆく先をきかない 闇をすべる汽車は 氷河のようにゆるやかだけど 幼い頃住んだ町は 離れてゆくばかり  あのひとが愛のかわりに 残していったのは 声たてて笑ったあとに 遠くを見つめるくせ  そばにいられるなら 熱い瞳は交せなくても 歓ぶ顔に喜べる ゆれる影でいたい  どなたか私を降ろさせて 忘却列車のデッキから どなたか私をあわれんで このまま冷めだす 自分が哀しい  もしや愛は戻る そんなのぞみは小箱に入れて 輝く真鍮の鍵を 線路に投げましょう  あのひとの途切れた声の ゆくえ探すように すれちがう同じコロンに ふりむいてしまうくせ  白い眠りぐすり 冷たい水と喉に溶ければ つややかな馬にまたがり テムズを渡る夢 やがて私は着く 全てが見える明るい場所へ けれどそこは朝ではなく 白夜の荒野です
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Called Game9回表 止まない雨に コールドゲームがついに 告げられた マウンド降りる あなたの影を バッターボックスから見送った  Cold Rain ずぶ濡れの Cold Rain 冷たさに ただなすすべもなく 離れてゆくのね  あなたのいない静かな部屋を 消さないTVの雨の音が 仄白く照らしていた  思い出してた あのストレートを あなたが投げたときから始まった  Called Game 容赦なく Called Game 時はゆき 二人はぬかるみに 戦い続けた  あなたのいない静かな部屋に 留守番電話のさようならが 遠くで響いていた松任谷由実松任谷由実松任谷由実9回表 止まない雨に コールドゲームがついに 告げられた マウンド降りる あなたの影を バッターボックスから見送った  Cold Rain ずぶ濡れの Cold Rain 冷たさに ただなすすべもなく 離れてゆくのね  あなたのいない静かな部屋を 消さないTVの雨の音が 仄白く照らしていた  思い出してた あのストレートを あなたが投げたときから始まった  Called Game 容赦なく Called Game 時はゆき 二人はぬかるみに 戦い続けた  あなたのいない静かな部屋に 留守番電話のさようならが 遠くで響いていた
5cmの向こう岸最初からわかってたのは パンプスははけないってこと 歩きつつ彼と話すと 知らぬまに猫背になるの 七夕のパレードを見に 腕をくみ人ごみ泳げば でくわしたクラスメイトが 次の朝みんなで笑う  彼は誰なの どこで見つけたの でもかわいいね あなたより背が低い 並んだら5cmも  それ以来 急に気になり 心もち離れて歩いた  人前で冷たくしたり わけもなく傷つけだした  僕もまえから おかしかったのさ やっぱり二人合わないよ 背がちがう 並んだら5cmも  さよならは混んでたディスコ はじめてで最後のチークタイム あのひとのおでこの上で いつまでも鼻をすすった  あの日のダンス 本物だったね 今は似合いのTinyな女の子 つれてるときいたけど あんなダンスは二度とできないね 子供だったの 5cmの向う岸 二人とも渡れずに 若いころには人目が大事よ もっと大事なやさしさを失くしても 気づかない こともある ラララ… 松任谷由実松任谷由実松任谷由実最初からわかってたのは パンプスははけないってこと 歩きつつ彼と話すと 知らぬまに猫背になるの 七夕のパレードを見に 腕をくみ人ごみ泳げば でくわしたクラスメイトが 次の朝みんなで笑う  彼は誰なの どこで見つけたの でもかわいいね あなたより背が低い 並んだら5cmも  それ以来 急に気になり 心もち離れて歩いた  人前で冷たくしたり わけもなく傷つけだした  僕もまえから おかしかったのさ やっぱり二人合わないよ 背がちがう 並んだら5cmも  さよならは混んでたディスコ はじめてで最後のチークタイム あのひとのおでこの上で いつまでも鼻をすすった  あの日のダンス 本物だったね 今は似合いのTinyな女の子 つれてるときいたけど あんなダンスは二度とできないね 子供だったの 5cmの向う岸 二人とも渡れずに 若いころには人目が大事よ もっと大事なやさしさを失くしても 気づかない こともある ラララ… 
午前4時の電話Who are you? 午前4時 電話かけてくる 少し淋しい遠い声 でもね迷惑よ  たぶん外からね 街の音がする あの日別れを決めたのもこんな蒼い朝  やっと忘れかけたの そのしゃべり方 そのおどけ方 ずっと会いたかったの 一目だけでも 仕方なくても  Who are you? 眠いのよ 瞼はれている すぐに行くよと云われても ドアは開けないわ  優しいことが 残酷になる どうぞ悪く思わないで  きっと愛しているの その黙り方 その甘え方 そっと泣きたかったの 帰れないから 過ぎてゆくから  夜が明けて来た 窓のすきまから うれしかったわ声きけて Who are you? またいつか あの日別れを決めたのもこんな蒼い朝 Who are you? Who are you? Who are you?松任谷由実松任谷由実松任谷由実Who are you? 午前4時 電話かけてくる 少し淋しい遠い声 でもね迷惑よ  たぶん外からね 街の音がする あの日別れを決めたのもこんな蒼い朝  やっと忘れかけたの そのしゃべり方 そのおどけ方 ずっと会いたかったの 一目だけでも 仕方なくても  Who are you? 眠いのよ 瞼はれている すぐに行くよと云われても ドアは開けないわ  優しいことが 残酷になる どうぞ悪く思わないで  きっと愛しているの その黙り方 その甘え方 そっと泣きたかったの 帰れないから 過ぎてゆくから  夜が明けて来た 窓のすきまから うれしかったわ声きけて Who are you? またいつか あの日別れを決めたのもこんな蒼い朝 Who are you? Who are you? Who are you?
最後の嘘朝陽が差し込むアパートに 暮らしだしたのは いつの日か はずしたフレームの跡の壁の白さ 想い出が遠いこと教えてる  上手に後悔するために 二人はひたすら黙り込む ゆうべ散らかしたテーブルはそのままに 愛だけが流れ去り 今日は続く  Tell a lie 最後だけ本当の嘘をついてよ きみが嫌いになったって  失くした言葉はかけないで 弱気なあなたにならないで 同じ気持ちじゃないのを知っていても となりで眠っていた 私のため  Tell a lie 一度だけ心から嘘をついてよ すぐに忘れてしまうって  Tell a lie 最後だけ本当の嘘をついてよ きみが嫌いになったって  Tell a lie 一度だけ心から嘘をついてよ すぐに忘れてしまうって松任谷由実松任谷由実松任谷由実朝陽が差し込むアパートに 暮らしだしたのは いつの日か はずしたフレームの跡の壁の白さ 想い出が遠いこと教えてる  上手に後悔するために 二人はひたすら黙り込む ゆうべ散らかしたテーブルはそのままに 愛だけが流れ去り 今日は続く  Tell a lie 最後だけ本当の嘘をついてよ きみが嫌いになったって  失くした言葉はかけないで 弱気なあなたにならないで 同じ気持ちじゃないのを知っていても となりで眠っていた 私のため  Tell a lie 一度だけ心から嘘をついてよ すぐに忘れてしまうって  Tell a lie 最後だけ本当の嘘をついてよ きみが嫌いになったって  Tell a lie 一度だけ心から嘘をついてよ すぐに忘れてしまうって
最後の春休み春休みのロッカー室に 忘れたものをとりに行った ひっそりとした長い廊下を 歩いていたら泣きたくなった  目立たなかった私となんて 交わした言葉数えるほど アルファベットの名前順さえ あなたはひどくはなれてた  もしもできることなら この場所に同じ時間に ずっとずっとうずくまっていたい  もうすぐ別の道を歩き 思い出してもくれないの たまに電車で目と目があっても もう制服じゃない  窓の近くのあなたの机 ひとりほおづえついてみる ふたをあけると紺のボタンが 隅のほこりにまぎれてた  もしもできることなら この場所に同じ時間に ずっとずっとうずくまっていたい  もうすぐ別の道を歩き 思い出してもくれないの そよ風運ぶ過ぎたざわめき 今は春休み 今は春休み 最後の春休み松任谷由実松任谷由実松任谷由実春休みのロッカー室に 忘れたものをとりに行った ひっそりとした長い廊下を 歩いていたら泣きたくなった  目立たなかった私となんて 交わした言葉数えるほど アルファベットの名前順さえ あなたはひどくはなれてた  もしもできることなら この場所に同じ時間に ずっとずっとうずくまっていたい  もうすぐ別の道を歩き 思い出してもくれないの たまに電車で目と目があっても もう制服じゃない  窓の近くのあなたの机 ひとりほおづえついてみる ふたをあけると紺のボタンが 隅のほこりにまぎれてた  もしもできることなら この場所に同じ時間に ずっとずっとうずくまっていたい  もうすぐ別の道を歩き 思い出してもくれないの そよ風運ぶ過ぎたざわめき 今は春休み 今は春休み 最後の春休み
Sign of The Time赤いブレーキランプ 横顔照らしたとき 私たち心が ちがってるのがわかった  なぜなの Baby うつろな影 埋め立て地から 先は行き止まりだわ  ラジオから流れる ヒット曲聴きながら 私たち未来が ちがってるのがわかった  おしえて Baby もう遅いの おこれないのは 答 知っているから  もう一度 Hold me, Hold me しかたがないけど お願い Hold me, Hold me せめて今だけ 恋は One way, one way, one way road  いくつもの標識 警告してた Sign of the Time 私たち知らずに 走って来てしまった  よどんだ空 匂う煙 気づけば時は遠く過ぎ去っていた  もう一度 Hold me, Hold me ひどく寒いから お願い Hold me, Hold me 悔やまないから 恋は One way, one way, one way road  目を刺すフラッシュライト 鳴りだすサイレン 耳ふさいでも止められない Sign of the Time  もう一度 Hold me, Hold me きこえているなら お願い Hold me, Hold me あの頃のように 恋は One way, one way, one way road  もう一度 Hold me, Hold me しかたがないけど もう一度 Hold me, Hold me ひどく寒いから もう一度 Hold me, Hold me きこえているなら  もう一度 Hold me, Hold me しかたがないけど もう一度 Hold me, Hold me ひどく寒いから もう一度 Hold me, Hold me きこえているなら松任谷由実松任谷由実松任谷由実赤いブレーキランプ 横顔照らしたとき 私たち心が ちがってるのがわかった  なぜなの Baby うつろな影 埋め立て地から 先は行き止まりだわ  ラジオから流れる ヒット曲聴きながら 私たち未来が ちがってるのがわかった  おしえて Baby もう遅いの おこれないのは 答 知っているから  もう一度 Hold me, Hold me しかたがないけど お願い Hold me, Hold me せめて今だけ 恋は One way, one way, one way road  いくつもの標識 警告してた Sign of the Time 私たち知らずに 走って来てしまった  よどんだ空 匂う煙 気づけば時は遠く過ぎ去っていた  もう一度 Hold me, Hold me ひどく寒いから お願い Hold me, Hold me 悔やまないから 恋は One way, one way, one way road  目を刺すフラッシュライト 鳴りだすサイレン 耳ふさいでも止められない Sign of the Time  もう一度 Hold me, Hold me きこえているなら お願い Hold me, Hold me あの頃のように 恋は One way, one way, one way road  もう一度 Hold me, Hold me しかたがないけど もう一度 Hold me, Hold me ひどく寒いから もう一度 Hold me, Hold me きこえているなら  もう一度 Hold me, Hold me しかたがないけど もう一度 Hold me, Hold me ひどく寒いから もう一度 Hold me, Hold me きこえているなら
さざ波秋の光にきらめきながら 指のすきまを逃げてくさざ波 二人で行った演奏会が 始まる前の弦の響きのよう  月の形のボートの上で 素敵な日々を想い出にしたい ひざに開いた短編集も 風がめくっていつの間にかエピローグ  愛が終るのをたしかめずに ひとりここへ来てよかったの  オールも持たず漂いながら やさしい人に手紙を書きたい 短いけれど楽しかったと 強がりだけを岸の落葉にそえて  霧が水面をゆっくり流れ 帰る岸辺を覆いかくすように もうしばらくは本当の愛を 見つけられずに さまよってもいいの  愛が終わるのを 繕ったら 明日を生きるのに おくれたわ オールも持たず漂いながら やさしい人に手紙を書きたい 心も文字も少しゆれてる グレイの影と私だけの十月 グレイの影と私だけの十月松任谷由実荒井由実荒井由実秋の光にきらめきながら 指のすきまを逃げてくさざ波 二人で行った演奏会が 始まる前の弦の響きのよう  月の形のボートの上で 素敵な日々を想い出にしたい ひざに開いた短編集も 風がめくっていつの間にかエピローグ  愛が終るのをたしかめずに ひとりここへ来てよかったの  オールも持たず漂いながら やさしい人に手紙を書きたい 短いけれど楽しかったと 強がりだけを岸の落葉にそえて  霧が水面をゆっくり流れ 帰る岸辺を覆いかくすように もうしばらくは本当の愛を 見つけられずに さまよってもいいの  愛が終わるのを 繕ったら 明日を生きるのに おくれたわ オールも持たず漂いながら やさしい人に手紙を書きたい 心も文字も少しゆれてる グレイの影と私だけの十月 グレイの影と私だけの十月
SATURDAY NIGHT ZOMBIES紅いマニキュア 滴るくちびる うなじ抱いて Dance Dance Dance 今が Chance Chance Chance かぶりついたら とろけるようにあなたも仲間よ ぬけられない FANDANGO 夜ごと Touch-and-Go 疼いてさまよう  留守番電話には SATURDAY NIGHT 墓場へ行って来ると残し おいでよパーティーへ 死人も生きかえる SATURDAY NIGHT 永遠の命わけてあげる めくるめく ZOMBIE'S NIGHT  満員電車 汚れたワイシャツ あれは夢よ Dance Dance Dance 今が Romance Chance Chance 本当のあなたよ  BMWの掃木で SATURDAY NIGHT 街の空飛び ドアを蹴って おいでよパーティーへ 狼 になっても SATURDAY NIGHT 驚く人は誰もいない 盛り上がれ ZOMBIE'S NIGHT SATURDAY NIGHT 死人も生きかえる SATURDAY NIGHT 永遠の命わけてあげる めくるめく ZOMBIE'S NIGHT 留守番電話には SATURDAY NIGHT 墓場へ行って来ると残し おいでよパーティーへ 死人も生きかえる SATURDAY NIGHT 永遠の命わけてあげる めくるめく ZOMBIE'S NIGHT松任谷由実松任谷由実松任谷由実紅いマニキュア 滴るくちびる うなじ抱いて Dance Dance Dance 今が Chance Chance Chance かぶりついたら とろけるようにあなたも仲間よ ぬけられない FANDANGO 夜ごと Touch-and-Go 疼いてさまよう  留守番電話には SATURDAY NIGHT 墓場へ行って来ると残し おいでよパーティーへ 死人も生きかえる SATURDAY NIGHT 永遠の命わけてあげる めくるめく ZOMBIE'S NIGHT  満員電車 汚れたワイシャツ あれは夢よ Dance Dance Dance 今が Romance Chance Chance 本当のあなたよ  BMWの掃木で SATURDAY NIGHT 街の空飛び ドアを蹴って おいでよパーティーへ 狼 になっても SATURDAY NIGHT 驚く人は誰もいない 盛り上がれ ZOMBIE'S NIGHT SATURDAY NIGHT 死人も生きかえる SATURDAY NIGHT 永遠の命わけてあげる めくるめく ZOMBIE'S NIGHT 留守番電話には SATURDAY NIGHT 墓場へ行って来ると残し おいでよパーティーへ 死人も生きかえる SATURDAY NIGHT 永遠の命わけてあげる めくるめく ZOMBIE'S NIGHT
Sunny day HolidayMake me lonely ひとりにして きみがどんなに 大事だったかかみしめている Make me crazy 苦しませて ぼくがどんなに ばかだったかわかるために  きみと出会った冬の日が すごした夏の日が 今でもぼくを照らしている  きみはSunny day ぼくのHoliday  愛していさえすれば きみはいつでも そばにいると思っていた  あのときのけんかのわけも あの涙の意味も わかろうとさえしなかった  ぼくは Moony boy 夢を見てる  長いあいだ探していた 幸せ降る虹の街は 激しい雨が過ぎたあとの つかのまにあると知った  Make me lonely もう少しだけ きみもどんなに淋しかったか考えてる  だってぼくの人生の サイドシートには きみの笑顔を乗せたいから  きみは Sunny day ぼくの Holiday きみは Sunny day ぼくの Holiday松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaMake me lonely ひとりにして きみがどんなに 大事だったかかみしめている Make me crazy 苦しませて ぼくがどんなに ばかだったかわかるために  きみと出会った冬の日が すごした夏の日が 今でもぼくを照らしている  きみはSunny day ぼくのHoliday  愛していさえすれば きみはいつでも そばにいると思っていた  あのときのけんかのわけも あの涙の意味も わかろうとさえしなかった  ぼくは Moony boy 夢を見てる  長いあいだ探していた 幸せ降る虹の街は 激しい雨が過ぎたあとの つかのまにあると知った  Make me lonely もう少しだけ きみもどんなに淋しかったか考えてる  だってぼくの人生の サイドシートには きみの笑顔を乗せたいから  きみは Sunny day ぼくの Holiday きみは Sunny day ぼくの Holiday
サファイアの9月の夕方サファイアの9月の夕方 あなたの街を通過するわ  さよならへ飛び立つジェット機 サファイアの空に煌いて 星屑にまぎれてゆきたい  新しい私を見つけに  最後のわがままをきいて 口にはしたくなかった想いのために 崖に続く曲り道 デートした公園まできっと来てみて 二人 大好きだった 曲を聴きながらハンドルにもたれると  サファイアのフロントグラスを ゆっくりと横切ってゆくわ さよならってずっとつぶやいて サファイアの空を翔けながら うるんだ街をあとにするわ いつまでも見てると信じて  夢がちがってくことが いつか責め合えなくなって淋しかったの 天文台のベンチに コインで刻んだ昔 FOREVER の文字 二人 真剣だった 指でなぞってよ なつかしい傷あとを  サファイアの9月の夕方 あなたの胸に消えてゆくわ さよならの合図のフライト サファイアの空を翔けながら にじみ出す街をあとにする いつまでも見てると信じて  冴えわたる9月の夜景が 大切な思い出になる日 私達 おとなになるのね  サファイアの空を翔けながら うるんだ街をあとにするわ いつまでも見てると信じて サファイアの空に煌いて 星屑にまぎれてゆきたい  新しい私を見つけに 松任谷由実松任谷由実松任谷由実サファイアの9月の夕方 あなたの街を通過するわ  さよならへ飛び立つジェット機 サファイアの空に煌いて 星屑にまぎれてゆきたい  新しい私を見つけに  最後のわがままをきいて 口にはしたくなかった想いのために 崖に続く曲り道 デートした公園まできっと来てみて 二人 大好きだった 曲を聴きながらハンドルにもたれると  サファイアのフロントグラスを ゆっくりと横切ってゆくわ さよならってずっとつぶやいて サファイアの空を翔けながら うるんだ街をあとにするわ いつまでも見てると信じて  夢がちがってくことが いつか責め合えなくなって淋しかったの 天文台のベンチに コインで刻んだ昔 FOREVER の文字 二人 真剣だった 指でなぞってよ なつかしい傷あとを  サファイアの9月の夕方 あなたの胸に消えてゆくわ さよならの合図のフライト サファイアの空を翔けながら にじみ出す街をあとにする いつまでも見てると信じて  冴えわたる9月の夜景が 大切な思い出になる日 私達 おとなになるのね  サファイアの空を翔けながら うるんだ街をあとにするわ いつまでも見てると信じて サファイアの空に煌いて 星屑にまぎれてゆきたい  新しい私を見つけに 
さまよいの果て波は寄せる泣いてかけてゆけばそこに きらめく海原 けれど受け入れはしなかった私の弱さを 沖をすべってゆく船と 足もとで遊ぶ犬と 風を切る鳥たちだけ 自由だった  夢中になれる何かが 明日へいざない いつしか遠く旅したと あなたに告げる  いつも悩みをたずさえて 潮騒をきいた けれど答えは得られぬまま朝焼けは終る 銀の雲間から差し込む光いくすじも見とれ 冬の日の冷たさを忘れてた  消えてゆかないくやしさが 私を導き 気づけばここへ来ていたと笑っていえる  言葉にない愛の 透き通る手紙を 海はよせてくれる 波にのせて  ああ 失うものはもうなんにもなくて 心静かな私がはじめて見える  夢中になれる何かがどこまでも導き いつしか遠く旅したとこの海に立ち告げよう松任谷由実松任谷由実松任谷由実泣いてかけてゆけばそこに きらめく海原 けれど受け入れはしなかった私の弱さを 沖をすべってゆく船と 足もとで遊ぶ犬と 風を切る鳥たちだけ 自由だった  夢中になれる何かが 明日へいざない いつしか遠く旅したと あなたに告げる  いつも悩みをたずさえて 潮騒をきいた けれど答えは得られぬまま朝焼けは終る 銀の雲間から差し込む光いくすじも見とれ 冬の日の冷たさを忘れてた  消えてゆかないくやしさが 私を導き 気づけばここへ来ていたと笑っていえる  言葉にない愛の 透き通る手紙を 海はよせてくれる 波にのせて  ああ 失うものはもうなんにもなくて 心静かな私がはじめて見える  夢中になれる何かがどこまでも導き いつしか遠く旅したとこの海に立ち告げよう
Summer Junction少しだけ眩しそうな瞳を雲が流れてた 灼けてた顔もすっかりうすれて見えるね  夢みたいだった絵日記 そろそろハイウェイの出口 私は黙ってあなたのうでをとった  明日は人ごみに戻って 読みかえす余裕もない1ページにいるのね  今のあなたと 今の私と 今のふたりが 消えてゆくの気づかないまま  家までの信号機 どこかで寄り道したいね なんてことない場所でいいから あと少し  しばらく会えなくなったって 平気なくらい フツーの別れ方しようよ  何があってもいっしょにいると誓った気持ち 口に出せず見送っていた  今のあなたと 今の私と 今のふたりが 消えてゆくの気づかないで見送っていた松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya少しだけ眩しそうな瞳を雲が流れてた 灼けてた顔もすっかりうすれて見えるね  夢みたいだった絵日記 そろそろハイウェイの出口 私は黙ってあなたのうでをとった  明日は人ごみに戻って 読みかえす余裕もない1ページにいるのね  今のあなたと 今の私と 今のふたりが 消えてゆくの気づかないまま  家までの信号機 どこかで寄り道したいね なんてことない場所でいいから あと少し  しばらく会えなくなったって 平気なくらい フツーの別れ方しようよ  何があってもいっしょにいると誓った気持ち 口に出せず見送っていた  今のあなたと 今の私と 今のふたりが 消えてゆくの気づかないで見送っていた
Summertime風のない昼下がり 木洩れ日は容赦なく ハンモックの中 揺れてる私を刺すように 心焦がす  網にかかった マーメイドはもうどこへもゆけない せめて夢だけ見させてやすらぎの国の 物語で  Hey angel, don't you ever sleep? 恋に縛られたら  もがけばもがくほど からまってゆく糸に 今はただ目を閉じて angel そこは行き止まり  朦朧ときいている 天国の蝉時雨 チェインソーみたい 私の魂切り刻む 苦しいわ  Hey angel, don't you ever sleep? 恋に縛られたら  日ごと夜ごと襲う哀しみにさいなまれ 真珠の涙こぼす angel そこは行き止まり松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya風のない昼下がり 木洩れ日は容赦なく ハンモックの中 揺れてる私を刺すように 心焦がす  網にかかった マーメイドはもうどこへもゆけない せめて夢だけ見させてやすらぎの国の 物語で  Hey angel, don't you ever sleep? 恋に縛られたら  もがけばもがくほど からまってゆく糸に 今はただ目を閉じて angel そこは行き止まり  朦朧ときいている 天国の蝉時雨 チェインソーみたい 私の魂切り刻む 苦しいわ  Hey angel, don't you ever sleep? 恋に縛られたら  日ごと夜ごと襲う哀しみにさいなまれ 真珠の涙こぼす angel そこは行き止まり
さみしさのゆくえさいはての国でくらす あなた帰って来たのは おだやかな冬景色が なつかしかっただけなの? どこかで会おうと言って 急に電話くれたのも 昔の仲間のゆくえ ききたかっただけなの?  悪ぶるわたししか知らず あのとき 旅立って行った お互い自分の淋しさを抱いて それ以上は持てなかったの  こんなわたしでもいいと 言ってくれたひとことを 今も大切にしてる私を笑わないで  したいことをしてきたと 人は思っているけど 心の翳は誰にも わかるものじゃないから  悪ぶるわたししか知らず あなたはまたすぐ行くけど 他人の淋しさなんて救えない 夕陽に翼を見送る  残った都会の光 見つめてたたずめば そのときわたしの中で 何かが本当に終わる  悪ぶるわたししか知らず あなたはまたすぐ行くけど 他人の淋しさなんて救えない 夕陽に翼を見送る  残った都会の光見つめてたたずめば そのときわたしの中で 何かが本当に終わる 何かが本当に終わる松任谷由実荒井由実荒井由実さいはての国でくらす あなた帰って来たのは おだやかな冬景色が なつかしかっただけなの? どこかで会おうと言って 急に電話くれたのも 昔の仲間のゆくえ ききたかっただけなの?  悪ぶるわたししか知らず あのとき 旅立って行った お互い自分の淋しさを抱いて それ以上は持てなかったの  こんなわたしでもいいと 言ってくれたひとことを 今も大切にしてる私を笑わないで  したいことをしてきたと 人は思っているけど 心の翳は誰にも わかるものじゃないから  悪ぶるわたししか知らず あなたはまたすぐ行くけど 他人の淋しさなんて救えない 夕陽に翼を見送る  残った都会の光 見つめてたたずめば そのときわたしの中で 何かが本当に終わる  悪ぶるわたししか知らず あなたはまたすぐ行くけど 他人の淋しさなんて救えない 夕陽に翼を見送る  残った都会の光見つめてたたずめば そのときわたしの中で 何かが本当に終わる 何かが本当に終わる
さよならハリケーン泣き叫ぶ風の中を 海辺まで乗せて行って 横殴りの雨 顔にうけながら あなたと高潮を見たいの すぐ  話したいことがあるの いつからか覚悟してた こわさを知らないあの頃のように 抱き上げて フェンス越えさせて あなたはハリケーン いとしいハリケーン 私の胸を砕いていって  ひとことも口をきかず 思い出を数えだすわ いっそ思いきり肩をゆさぶって 責めたらまた愛し合えるの 私はハリケーン 激しいハリケーン 何も残さずかけぬけて行く さよならハリケーン 私のハリケーン どこへ行こうとふり向かないで  あなたはハリケーン いとしいハリケーン (どこへ行こうと) さよならハリケーン 私のハリケーン (ふり向かないで) あなたはハリケーン いとしいハリケーン (どこへ行こうと) さよならハリケーン 私のハリケーン…松任谷由実松任谷由実松任谷由実泣き叫ぶ風の中を 海辺まで乗せて行って 横殴りの雨 顔にうけながら あなたと高潮を見たいの すぐ  話したいことがあるの いつからか覚悟してた こわさを知らないあの頃のように 抱き上げて フェンス越えさせて あなたはハリケーン いとしいハリケーン 私の胸を砕いていって  ひとことも口をきかず 思い出を数えだすわ いっそ思いきり肩をゆさぶって 責めたらまた愛し合えるの 私はハリケーン 激しいハリケーン 何も残さずかけぬけて行く さよならハリケーン 私のハリケーン どこへ行こうとふり向かないで  あなたはハリケーン いとしいハリケーン (どこへ行こうと) さよならハリケーン 私のハリケーン (ふり向かないで) あなたはハリケーン いとしいハリケーン (どこへ行こうと) さよならハリケーン 私のハリケーン…
SALAAM MOUSSON SALAAM AFRIQUE果てしなく 乾いた草原を ひとときの暗黒が包み込めば 幾億の太鼓が響きだし 汚れたジープは方舟にかわる  サラーム! モンスーン ブロンズの 洗礼の雨を運んでくれる ゼブラの群れは煙り にごる河は歌い 私は裸足になり 愛へかけてゆく  遥かなる砂漠も越えてきた その風は海流の匂いをのせ 手のひらに集める水しぶき 忘れかけてた涙がよみがえる  サラーム! モンスーン 永遠に くりかえす罪を許してくれる 天は大地にそそぎ 大地は天に溶け 私はうでをひろげ 世界抱きしめる  サラーム! モンスーン 永遠に くりかえす罪を許してくれる ゼブラの群れは煙り にごる河は歌い 私は裸足になり 愛へかけてゆく  天は大地にそそぎ 大地は天に溶け 私はうでをひろげ 世界抱きしめる 松任谷由実松任谷由実松任谷由実果てしなく 乾いた草原を ひとときの暗黒が包み込めば 幾億の太鼓が響きだし 汚れたジープは方舟にかわる  サラーム! モンスーン ブロンズの 洗礼の雨を運んでくれる ゼブラの群れは煙り にごる河は歌い 私は裸足になり 愛へかけてゆく  遥かなる砂漠も越えてきた その風は海流の匂いをのせ 手のひらに集める水しぶき 忘れかけてた涙がよみがえる  サラーム! モンスーン 永遠に くりかえす罪を許してくれる 天は大地にそそぎ 大地は天に溶け 私はうでをひろげ 世界抱きしめる  サラーム! モンスーン 永遠に くりかえす罪を許してくれる ゼブラの群れは煙り にごる河は歌い 私は裸足になり 愛へかけてゆく  天は大地にそそぎ 大地は天に溶け 私はうでをひろげ 世界抱きしめる 
サンド キャッスルひとりで出かけた砂浜で キャッスル作った午前中 もうすぐ満ちて来る潮に 崩れ去るのを待ってる さよなら さよなら 長い恋  陽差しが翳った遊歩道 季節が戻ってまだ寒い ナイロンのコートのすそが そよ風に泣いているわ ごめんね ごめんね つらい恋  世界で一番 幸せと信じてた もういつだってゴールインねと からかわれてた 砂のお城に住んでた プリンセスとプリンスね Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love  くるくる散ってたプラタナス 気取って歩いた うでをくみ どこまでも続くみたいに アーチが流れていった さよなら さよなら 長い恋  いつか近くに寄せて来ていた波が 心の中の足あとさえも さらってゆくの 誰もがうらやむような 二人になれなかったね Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love  波のフレアー 白いレースの泡に こわさ知らずなきらめく日々が 崩れてゆくわ 砂のお城に住んでた プリンセスとプリンスね Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love 誰もがうらやむような 二人になれなかったね Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoyaひとりで出かけた砂浜で キャッスル作った午前中 もうすぐ満ちて来る潮に 崩れ去るのを待ってる さよなら さよなら 長い恋  陽差しが翳った遊歩道 季節が戻ってまだ寒い ナイロンのコートのすそが そよ風に泣いているわ ごめんね ごめんね つらい恋  世界で一番 幸せと信じてた もういつだってゴールインねと からかわれてた 砂のお城に住んでた プリンセスとプリンスね Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love  くるくる散ってたプラタナス 気取って歩いた うでをくみ どこまでも続くみたいに アーチが流れていった さよなら さよなら 長い恋  いつか近くに寄せて来ていた波が 心の中の足あとさえも さらってゆくの 誰もがうらやむような 二人になれなかったね Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love  波のフレアー 白いレースの泡に こわさ知らずなきらめく日々が 崩れてゆくわ 砂のお城に住んでた プリンセスとプリンスね Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love 誰もがうらやむような 二人になれなかったね Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love
サーフ天国、スキー天国ゲレンデのカフェテラスで すべるあなたにくぎづけ 派手なターンでころんで 煙が舞い立つ  スタイルなんてどうでも あなたらしけりゃ最高 プロの選手もコーチも 出る幕がないよ  自然は雪や太陽つれてレビューを見せに来る 夕映え 樹氷を染めれば しばらく地球は止まってる  スウィングしてる粉雪 Highな気分にさせるよ つれてゆこうかこれから スキー天国へ  シャワー・ハウスで着がえて くり出せ熱い波乗り 焼きに来たのとビーチで 寝てるだけじゃだめ  悩みごとはとりあえず 帰ってからの宿題 につまる恋はこのさい 都会に置き去り  自然は波や 雨雲つれてレビューを見せに来る チューブを透かして見る空 しばらく地球は止まってる  光るしぶきに抱かれて Highな気分になろうよ つれてゆこうかこれから サーフ天国へ  つれてゆこうかこれから スキー天国へ松任谷由実松任谷由実松任谷由実ゲレンデのカフェテラスで すべるあなたにくぎづけ 派手なターンでころんで 煙が舞い立つ  スタイルなんてどうでも あなたらしけりゃ最高 プロの選手もコーチも 出る幕がないよ  自然は雪や太陽つれてレビューを見せに来る 夕映え 樹氷を染めれば しばらく地球は止まってる  スウィングしてる粉雪 Highな気分にさせるよ つれてゆこうかこれから スキー天国へ  シャワー・ハウスで着がえて くり出せ熱い波乗り 焼きに来たのとビーチで 寝てるだけじゃだめ  悩みごとはとりあえず 帰ってからの宿題 につまる恋はこのさい 都会に置き去り  自然は波や 雨雲つれてレビューを見せに来る チューブを透かして見る空 しばらく地球は止まってる  光るしぶきに抱かれて Highな気分になろうよ つれてゆこうかこれから サーフ天国へ  つれてゆこうかこれから スキー天国へ
残暑日傘をさし 土手を歩く 白い小さな イリュージョン 目を細めて 追いかけたの 夏をひきとめたくて  ふとあなたの声が 去年の恋が 歌いながら 光りながら 耳をかすめた ペダルをこいで並んだなら しばらくそばにいて  やがて雲は ちぎれながら 空色を深め 透きとおった心からの 葉書が出せる気がする  まだ あなたの声に 去年の恋に 立ち止まって 涙ぐんで 季節を知るの そんなこよみをありがとうと いつしか伝えたい  ふとあなたの声が 去年の恋が 歌いながら 光りながら 耳をかすめた ペダルをこいで並んだなら しばらくそばにいて  あなたの声に 去年の恋に 立ち止まって 涙ぐんで季節を知るの そんなこよみをありがとうと いつしか伝えたい松任谷由実松任谷由実松任谷由実日傘をさし 土手を歩く 白い小さな イリュージョン 目を細めて 追いかけたの 夏をひきとめたくて  ふとあなたの声が 去年の恋が 歌いながら 光りながら 耳をかすめた ペダルをこいで並んだなら しばらくそばにいて  やがて雲は ちぎれながら 空色を深め 透きとおった心からの 葉書が出せる気がする  まだ あなたの声に 去年の恋に 立ち止まって 涙ぐんで 季節を知るの そんなこよみをありがとうと いつしか伝えたい  ふとあなたの声が 去年の恋が 歌いながら 光りながら 耳をかすめた ペダルをこいで並んだなら しばらくそばにいて  あなたの声に 去年の恋に 立ち止まって 涙ぐんで季節を知るの そんなこよみをありがとうと いつしか伝えたい
幸せになるために話すことは 沢山ありすぎるけど 黙って そのなつかしい顔を見せて  やっと忘れた あなたを会わせるなんて 月日は なんて気まぐれなことするの  眠れない夜の中を縮めようと走った距離  明日になれば あなたに会える そう ただそれだけのために もっと素直に もっとやさしく もっと強くなろうとしてきた  そして二人はなんにもなかったように もと来た それぞれの道を戻ってく  照らされた朝に染まり あなただけの笑顔見せて  明日になれば あなたのことは もう 思い出さないでしょう 私にとって あなたにとって もっと幸せになるために  明日になれば あなたに会える そう ただそれだけのために もっと素直に もっとやさしく もっと強くなろうとしてきた松任谷由実松任谷由実松任谷由実話すことは 沢山ありすぎるけど 黙って そのなつかしい顔を見せて  やっと忘れた あなたを会わせるなんて 月日は なんて気まぐれなことするの  眠れない夜の中を縮めようと走った距離  明日になれば あなたに会える そう ただそれだけのために もっと素直に もっとやさしく もっと強くなろうとしてきた  そして二人はなんにもなかったように もと来た それぞれの道を戻ってく  照らされた朝に染まり あなただけの笑顔見せて  明日になれば あなたのことは もう 思い出さないでしょう 私にとって あなたにとって もっと幸せになるために  明日になれば あなたに会える そう ただそれだけのために もっと素直に もっとやさしく もっと強くなろうとしてきた
幸せはあなたへの復讐昔のように気やすくされても 私にはもう恋人がいるの I'm so sorry だから 手のひらだけをあずけて 踊るのはこの曲が最後  あなたのように身勝手じゃなくて 仕事が出来るおとなの彼なの I'm so sorry だから 私やさしくなれたわ 嫌いだわ あの頃の私  いつか このぬくもりが 誰のものでもいいと思うときが来るまで  私 楽しく生きるの 幸せはあなたへの復讐  もっと 私綺麗になるから 呼び捨てにできないくらいに  いつか あの思い出が ほかの記憶と同じ色になってゆくまで  私 楽しく生きるの 幸せはあなたへの復讐  昔のように気やすくされても 私にはもう恋人がいるの 昔のように気やすくしないで 解けた鎖の鍵を見せないで松任谷由実松任谷由実松任谷由実昔のように気やすくされても 私にはもう恋人がいるの I'm so sorry だから 手のひらだけをあずけて 踊るのはこの曲が最後  あなたのように身勝手じゃなくて 仕事が出来るおとなの彼なの I'm so sorry だから 私やさしくなれたわ 嫌いだわ あの頃の私  いつか このぬくもりが 誰のものでもいいと思うときが来るまで  私 楽しく生きるの 幸せはあなたへの復讐  もっと 私綺麗になるから 呼び捨てにできないくらいに  いつか あの思い出が ほかの記憶と同じ色になってゆくまで  私 楽しく生きるの 幸せはあなたへの復讐  昔のように気やすくされても 私にはもう恋人がいるの 昔のように気やすくしないで 解けた鎖の鍵を見せないで
Sillage~シアージュ夏の 微笑み なぜ すぐにまた 会えるのに 何かが変わってしまったのね  時の 残り香 まだ 陽は高く耀いて 傾く気配もないままに  風に舞うバンダナを追いかけて  海の底のような空 吸い込まれる私たち 滲んでゆく文字のように 何も言わないで 手をつないでいて  秋の ささやき(shadow of your smile) 見落とすことも出来たのに 心が気づいてしまったから  すれ違うジェット機のロザリオ  深い意味はなかったの 過去みたいにきこえたら ふと言葉に乗せたとき みんなつかめない 雲のように溶け  海の底のような空 吸い込まれる私たち 滲んでゆく文字のように 何も言わないで 手をつないでいて松任谷由実YUMINGYUMING夏の 微笑み なぜ すぐにまた 会えるのに 何かが変わってしまったのね  時の 残り香 まだ 陽は高く耀いて 傾く気配もないままに  風に舞うバンダナを追いかけて  海の底のような空 吸い込まれる私たち 滲んでゆく文字のように 何も言わないで 手をつないでいて  秋の ささやき(shadow of your smile) 見落とすことも出来たのに 心が気づいてしまったから  すれ違うジェット機のロザリオ  深い意味はなかったの 過去みたいにきこえたら ふと言葉に乗せたとき みんなつかめない 雲のように溶け  海の底のような空 吸い込まれる私たち 滲んでゆく文字のように 何も言わないで 手をつないでいて
潮風にちぎれて泳ぐにはまだはやい よせ来る波 くるぶしまで あなたの好きな このサンダル なぜはいてきたんだろう  砂浜にうちよせた 木ぎれひろい 沖へ投げた あなたと歩いた年月を けちらしてみたかった  なぜ泣けないのかな ひどく淋しいのに  吹きすさぶ潮風に あなたは息を止めていた かわいい彼女のこと これから自由に愛しなさいよ  国道に止まってる 小さな車 指さして うそでも わたしは背をむける 恋人が待ってると  今ふりむいたらなら 心くじけるから  吹きすさぶ潮風に わたしは まぶた閉じていた あなたと来なくたって わたしはもとから この海が好き松任谷由実荒井由実荒井由実泳ぐにはまだはやい よせ来る波 くるぶしまで あなたの好きな このサンダル なぜはいてきたんだろう  砂浜にうちよせた 木ぎれひろい 沖へ投げた あなたと歩いた年月を けちらしてみたかった  なぜ泣けないのかな ひどく淋しいのに  吹きすさぶ潮風に あなたは息を止めていた かわいい彼女のこと これから自由に愛しなさいよ  国道に止まってる 小さな車 指さして うそでも わたしは背をむける 恋人が待ってると  今ふりむいたらなら 心くじけるから  吹きすさぶ潮風に わたしは まぶた閉じていた あなたと来なくたって わたしはもとから この海が好き
静かなまぼろし通りのドアが開き 雑踏が迷い込む そのときまぼろしを見てる気がした 小走りのシルエット ガラスを押して あなたが店に入ってきた  もしも微笑み この席で向き合えば 時は戻ってしまうの遠い日に  全てをわかち合い 歩いた二人が 今では柱越し別のテーブル 誰かとメニュウを選ぶささやき ふりむく勇気がなかった  会わない日々を云いつくす言葉など もういらないの気づかずいて欲しい  昔の恋をなつかしく思うのは 今の自分が幸せだからこそ もう 忘れて松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYA通りのドアが開き 雑踏が迷い込む そのときまぼろしを見てる気がした 小走りのシルエット ガラスを押して あなたが店に入ってきた  もしも微笑み この席で向き合えば 時は戻ってしまうの遠い日に  全てをわかち合い 歩いた二人が 今では柱越し別のテーブル 誰かとメニュウを選ぶささやき ふりむく勇気がなかった  会わない日々を云いつくす言葉など もういらないの気づかずいて欲しい  昔の恋をなつかしく思うのは 今の自分が幸せだからこそ もう 忘れて
SHANGRILAをめざせさあ イマジネーション あなたは傷を負ったパイロット 戦闘機は密林に砕け 赤く燃えた 雪を抱く峰がゆく手にそびえ立つ Help me Help me Help me 誰も来ない 遠い 遠い 遠い ひとつの声  目をそらさずに Watch me! 腕をのばして Catch me!! そこから抜けだして 私といっしょにみつけよう  伝説の国 Shangrila  さあ Lost Horizon あなたは奇蹟おこすサバイバー 名も知らぬ星の輝き 今はわかる 絶望は宇宙に選ばれたしるしよ はやく はやく はやく 目を覚まして すぐに すぐに すぐに 歩きだして  大気の中に Find me! ついておいで Behind me! 命つきる前に 私といっしょにみつけよう 伝説の国 Shangrila  目をそらさずに Watch me! 腕をのばして Catch me!! そこから抜けだして 私といっしょにみつけよう  心の中のユートピア  大気の中に Find me! ついておいで Behind me! 命つきる前に 私といっしょにみつけよう 伝説の国 Shangrila  目をそらさずに Watch me! 腕をのばして Catch me! そこから抜けだして 私といっしょにみつけよう…松任谷由実松任谷由実松任谷由実さあ イマジネーション あなたは傷を負ったパイロット 戦闘機は密林に砕け 赤く燃えた 雪を抱く峰がゆく手にそびえ立つ Help me Help me Help me 誰も来ない 遠い 遠い 遠い ひとつの声  目をそらさずに Watch me! 腕をのばして Catch me!! そこから抜けだして 私といっしょにみつけよう  伝説の国 Shangrila  さあ Lost Horizon あなたは奇蹟おこすサバイバー 名も知らぬ星の輝き 今はわかる 絶望は宇宙に選ばれたしるしよ はやく はやく はやく 目を覚まして すぐに すぐに すぐに 歩きだして  大気の中に Find me! ついておいで Behind me! 命つきる前に 私といっしょにみつけよう 伝説の国 Shangrila  目をそらさずに Watch me! 腕をのばして Catch me!! そこから抜けだして 私といっしょにみつけよう  心の中のユートピア  大気の中に Find me! ついておいで Behind me! 命つきる前に 私といっしょにみつけよう 伝説の国 Shangrila  目をそらさずに Watch me! 腕をのばして Catch me! そこから抜けだして 私といっしょにみつけよう…
シャンソン限りある日々を生きてること 分かち合おう 静かなくちづけで  時のひとひらが散りゆくのを いとおしむように 掌で包んで  仄かに蒼い暗闇の中 凍える胸に 灯した炎  苦しみさえも美しく 眩く照らすこの愛を あなたと生きる瞬間を 覚えてる 覚えてる  夏の盛りには知らなかった 雨の調べ 無限の影の色  ひとつひとつに名前をつけて あなたに贈る かすれゆくシャンソン  苦しみさえも美しく やがて藻くずに還るとも あなたと逢えた歓びを 忘れない 忘れない  苦しみさえも美しく 眩く照らすこの愛を あなたと生きる瞬間を 覚えてる 覚えてる  悲しみさえも懐かしく やがて藻くずに還るとも あなたと逢えた歓びを 忘れない 忘れない松任谷由実松任谷由実松任谷由実限りある日々を生きてること 分かち合おう 静かなくちづけで  時のひとひらが散りゆくのを いとおしむように 掌で包んで  仄かに蒼い暗闇の中 凍える胸に 灯した炎  苦しみさえも美しく 眩く照らすこの愛を あなたと生きる瞬間を 覚えてる 覚えてる  夏の盛りには知らなかった 雨の調べ 無限の影の色  ひとつひとつに名前をつけて あなたに贈る かすれゆくシャンソン  苦しみさえも美しく やがて藻くずに還るとも あなたと逢えた歓びを 忘れない 忘れない  苦しみさえも美しく 眩く照らすこの愛を あなたと生きる瞬間を 覚えてる 覚えてる  悲しみさえも懐かしく やがて藻くずに還るとも あなたと逢えた歓びを 忘れない 忘れない
SUGAR TOWNはさよならの町そんな気がしてた 目覚めた瞬間 町を埋めつくす大雪 カーテンひけば バスもレールウェイも今日は止まってる でも二人は出てゆくのよ それぞれのドア ねえ チェーンを手伝わせて まだ 荷物を積み込む前に  少し吹雪いてるね Sugar Town サテンのシーツをなびかせ 泣き顔になったのは Sugar Town 白くまぶしすぎたせいよ  昨夜できたての砂糖菓子の道 タイヤの跡だけあなたについてゆくわ 遠去かってゆくリアウィンドウめがけ 何度もぶつけた思い出 雪で固めて ねえ 電話をかけてもいい? あと 一度だけ着いたかどうか  少し吹雪いてるね Sugar Town 世界中の音を消して 見送っていたいの Sugar Town どこまでも続く雪景色  もっとダンスしてよ Sugar Town 空も見えなくなるくらい いつかまた会えるね Sugar Town 今まででいちばん綺麗  少し吹雪いてるね Sugar Town…  松任谷由実松任谷由実松任谷由実そんな気がしてた 目覚めた瞬間 町を埋めつくす大雪 カーテンひけば バスもレールウェイも今日は止まってる でも二人は出てゆくのよ それぞれのドア ねえ チェーンを手伝わせて まだ 荷物を積み込む前に  少し吹雪いてるね Sugar Town サテンのシーツをなびかせ 泣き顔になったのは Sugar Town 白くまぶしすぎたせいよ  昨夜できたての砂糖菓子の道 タイヤの跡だけあなたについてゆくわ 遠去かってゆくリアウィンドウめがけ 何度もぶつけた思い出 雪で固めて ねえ 電話をかけてもいい? あと 一度だけ着いたかどうか  少し吹雪いてるね Sugar Town 世界中の音を消して 見送っていたいの Sugar Town どこまでも続く雪景色  もっとダンスしてよ Sugar Town 空も見えなくなるくらい いつかまた会えるね Sugar Town 今まででいちばん綺麗  少し吹雪いてるね Sugar Town…  
消息向い側 ホームの端に あのひとが立っていた 雨降りの線路を隔て みずいろのセーターがうるんで  呼べずに呼べずに 風が来て 私の背中を発車の笛が押した  知るひとは燃えつきたと思うでしょう 今はもう 連絡もとることなく 行きつけの店もなく…それでも  愛して愛していることを ガラスにもたれた瞳を読みとって  そのとき苦しみが 消えてゆくのを見た  呼べずに呼べずに 時は去き 電車はカーヴで煙った点になる 愛して愛しているうちに 私はあなたのグレイの汚染になる  呼べずに呼べずに 時は去き 電車はカーヴで煙った点になる 愛して愛しているうちに あなたは私のグレイの汚染になる  呼べずに呼べずに 時は去き 電車はカーヴで煙った点になる 愛して愛しているうちに 私はあなたのグレイの汚染になる松任谷由実松任谷由実松任谷由実向い側 ホームの端に あのひとが立っていた 雨降りの線路を隔て みずいろのセーターがうるんで  呼べずに呼べずに 風が来て 私の背中を発車の笛が押した  知るひとは燃えつきたと思うでしょう 今はもう 連絡もとることなく 行きつけの店もなく…それでも  愛して愛していることを ガラスにもたれた瞳を読みとって  そのとき苦しみが 消えてゆくのを見た  呼べずに呼べずに 時は去き 電車はカーヴで煙った点になる 愛して愛しているうちに 私はあなたのグレイの汚染になる  呼べずに呼べずに 時は去き 電車はカーヴで煙った点になる 愛して愛しているうちに あなたは私のグレイの汚染になる  呼べずに呼べずに 時は去き 電車はカーヴで煙った点になる 愛して愛しているうちに 私はあなたのグレイの汚染になる
消灯飛行見知らぬ国の ビザを持ち 夜に消えてゆこう 見送りはここまででいい 風が強いから ガラスのむこう あのひとは くちびる動かし パントマイムで 離れてく 人に流されて  忘れ得ぬこと 忘れるために 努力はいるのね 二度と結べない糸なら たぐりはしないわ  海岸線をふちどって 都会は輝く あのひと乗せたTAXIは 今どこを走る もうしばらくは 追いかけさせて この胸の中で  夜の雲を見下ろすまで ライトがつくまで テイル・ランプをあのひとが 星と思うまで松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya見知らぬ国の ビザを持ち 夜に消えてゆこう 見送りはここまででいい 風が強いから ガラスのむこう あのひとは くちびる動かし パントマイムで 離れてく 人に流されて  忘れ得ぬこと 忘れるために 努力はいるのね 二度と結べない糸なら たぐりはしないわ  海岸線をふちどって 都会は輝く あのひと乗せたTAXIは 今どこを走る もうしばらくは 追いかけさせて この胸の中で  夜の雲を見下ろすまで ライトがつくまで テイル・ランプをあのひとが 星と思うまで
知らないどうし聞き分けのないひとね もう知らない同士よ 触れあうこともないはず 私との思い出は全てを消去して 新しい道歩きだすから  なのに どうしても どうしても 忘れられない こんなにも こんなにも 孤独な夜 耐えきれなかった  昨日までの答えが 今日違うとしても 嘘つきなんて責めない 息もできないくらい 求め合ったあとは 今すぐここで燃やしてしまうの  いつか あんなにも あんなにも 愛していたと さめざめと さめざめと 胸の底で涙を流すの  降り止まぬ 雨の中 通りを曲がろうとするあなたの影 かすかに 何度も何度も振りかえり ふと立ち止まり 足早に消えてゆく  あなたの去った部屋には 手付かずのティーカップ 同じ日々が繰り返すように  いつか あんなにも あんなにも 愛していたと さめざめと さめざめと 胸の底で涙を流すの なのに どうしても どうしても 忘れられない こんなにも こんなにも 孤独な夜 耐えきれなかった  降り止まぬ 雨の中 通りを曲がろうとするあなたの影 かすかに 何度も何度も振りかえり ふと立ち止まり 足早に消えてゆく  あなたの去った部屋には 手付かずのティーカップ 同じ日々が繰り返すように  いつか あんなにも あんなにも 愛していたと さめざめと さめざめと 胸の底で涙を流すの なのに どうしても どうしても 忘れられない こんなにも こんなにも 孤独な夜 耐えきれなかった松任谷由実松任谷由実松任谷由実聞き分けのないひとね もう知らない同士よ 触れあうこともないはず 私との思い出は全てを消去して 新しい道歩きだすから  なのに どうしても どうしても 忘れられない こんなにも こんなにも 孤独な夜 耐えきれなかった  昨日までの答えが 今日違うとしても 嘘つきなんて責めない 息もできないくらい 求め合ったあとは 今すぐここで燃やしてしまうの  いつか あんなにも あんなにも 愛していたと さめざめと さめざめと 胸の底で涙を流すの  降り止まぬ 雨の中 通りを曲がろうとするあなたの影 かすかに 何度も何度も振りかえり ふと立ち止まり 足早に消えてゆく  あなたの去った部屋には 手付かずのティーカップ 同じ日々が繰り返すように  いつか あんなにも あんなにも 愛していたと さめざめと さめざめと 胸の底で涙を流すの なのに どうしても どうしても 忘れられない こんなにも こんなにも 孤独な夜 耐えきれなかった  降り止まぬ 雨の中 通りを曲がろうとするあなたの影 かすかに 何度も何度も振りかえり ふと立ち止まり 足早に消えてゆく  あなたの去った部屋には 手付かずのティーカップ 同じ日々が繰り返すように  いつか あんなにも あんなにも 愛していたと さめざめと さめざめと 胸の底で涙を流すの なのに どうしても どうしても 忘れられない こんなにも こんなにも 孤独な夜 耐えきれなかった
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
白い朝まで都会の公園、夜の噴水 若い日 傘の中で雨を見ていた  何を求めていたのでしょう 今は遠くてわからない ここは昔の谷間のようで 淋しさに似合う  こんなに脆くなったのを 今は誰にも話せない 小雨の朝は闇をうすめて 忍びやかに来る白い影松任谷由実松任谷由実松任谷由実都会の公園、夜の噴水 若い日 傘の中で雨を見ていた  何を求めていたのでしょう 今は遠くてわからない ここは昔の谷間のようで 淋しさに似合う  こんなに脆くなったのを 今は誰にも話せない 小雨の朝は闇をうすめて 忍びやかに来る白い影
白い服、白い靴地下鉄で肩をたたかれた すっかり見違えてしまったあなた 元気です 次は乗り替えね 先に降りるのがつまらなかった  今はもう大切な人がいるのと 云えなかったの 楽しかったの 来週会うこと約束したの あなたと Hu hu hu hu  さあ 明日は何を着てゆこう ゆうべ何度も鏡に向った 白い服 白いロウヒール 結構 似合うと思って決めた  目覚めて外を見たらひどい雨降り 何も云えずに 服をたたんだ 予定ができたと電話を切った 雨降り 雨降り Hu hu hu hu松任谷由実松任谷由実松任谷由実地下鉄で肩をたたかれた すっかり見違えてしまったあなた 元気です 次は乗り替えね 先に降りるのがつまらなかった  今はもう大切な人がいるのと 云えなかったの 楽しかったの 来週会うこと約束したの あなたと Hu hu hu hu  さあ 明日は何を着てゆこう ゆうべ何度も鏡に向った 白い服 白いロウヒール 結構 似合うと思って決めた  目覚めて外を見たらひどい雨降り 何も云えずに 服をたたんだ 予定ができたと電話を切った 雨降り 雨降り Hu hu hu hu
深海の街夜の海を泳ぐ 君は何処へと辿り着くの 月は青く揺れる 無限の鏡の彼方の夜明けを信じて  聞こえてる 切れ切れの ノイズの中から 目を覚ます 駆り立てる 孤独の呼び声 ゆっくりと 君は呼吸する  渡り鳥の群れが 君の頭上を横切ってゆく 雲は暗く流れ 星座の形の向こうの光に照らされ  飛んでゆく 渾身の ストロークに乗って 弧を描く 繰り返す 飛沫を奏でる 何ひとつ阻むものはない  聞こえてる 切れ切れの ノイズの中から 目を覚ます 駆り立てる 孤独の呼び声 ゆっくりと 君は背を向ける  帰らないと言った 出逢う以前のあのふたりに 待っていると答えた 君の帰りを永遠に松任谷由実松任谷由実松任谷由実夜の海を泳ぐ 君は何処へと辿り着くの 月は青く揺れる 無限の鏡の彼方の夜明けを信じて  聞こえてる 切れ切れの ノイズの中から 目を覚ます 駆り立てる 孤独の呼び声 ゆっくりと 君は呼吸する  渡り鳥の群れが 君の頭上を横切ってゆく 雲は暗く流れ 星座の形の向こうの光に照らされ  飛んでゆく 渾身の ストロークに乗って 弧を描く 繰り返す 飛沫を奏でる 何ひとつ阻むものはない  聞こえてる 切れ切れの ノイズの中から 目を覚ます 駆り立てる 孤独の呼び声 ゆっくりと 君は背を向ける  帰らないと言った 出逢う以前のあのふたりに 待っていると答えた 君の帰りを永遠に
真珠のピアスGOLD LYLICBroken heart 最後の夜明け 彼のベッドの下に片方捨てた Ah…真珠のピアス  肩にアゴをのせて耳元でささやくわ 私はずっと変わらない 背中にまわす指の力とはうらはらな あなたの表情が見たい  もうすぐかわいいあの女(ひと)と 引越しするとき気づくでしょう  Broken heart 最後のジェラシー そっとベッドの下に片方捨てた Ah…真珠のピアス  古ぼけた広告でヒコーキを折ってみる 高台の部屋の案内 いつか住もうと云って微笑んだあの夢へ せめてヒラリと飛んでゆけ  どこかで半分失くしたら 役には立たないものがある  Broken heart それはあのとき 蒼い心の海にひとつぶ投げた Ah…真珠のピアス  Broken heart 最後の夜明け Broken haert 最後のジェラシー  Broken heart 最後の夜明け Broken haert 最後のジェラシーGOLD LYLIC松任谷由実松任谷由実松任谷由実Broken heart 最後の夜明け 彼のベッドの下に片方捨てた Ah…真珠のピアス  肩にアゴをのせて耳元でささやくわ 私はずっと変わらない 背中にまわす指の力とはうらはらな あなたの表情が見たい  もうすぐかわいいあの女(ひと)と 引越しするとき気づくでしょう  Broken heart 最後のジェラシー そっとベッドの下に片方捨てた Ah…真珠のピアス  古ぼけた広告でヒコーキを折ってみる 高台の部屋の案内 いつか住もうと云って微笑んだあの夢へ せめてヒラリと飛んでゆけ  どこかで半分失くしたら 役には立たないものがある  Broken heart それはあのとき 蒼い心の海にひとつぶ投げた Ah…真珠のピアス  Broken heart 最後の夜明け Broken haert 最後のジェラシー  Broken heart 最後の夜明け Broken haert 最後のジェラシー
シンデレラ・エクスプレスGOLD LYLICガラスに浮かんだ街の灯に 溶けてついてゆきたい ため息ついてドアが閉まる 何も云わなくていい 力を下さい 距離に負けぬよう  シンデレラ 今 魔法が 消えるように列車出てくけど ガラスの靴 片方 彼が持っているの  あなたの街を濡らす雨は もうじきここまで来る 私は傘をささず帰る 笑顔だけ抱きしめて 出逢えたことをとても感謝して  シンデレラ 今 魔法が 消えるように列車出てくけど ガラスの靴 片方 彼が持っているの  意地悪なこのテストを 私はきっとパスしてみせる 同じ時間生きるの どんな遠くなってもGOLD LYLIC松任谷由実松任谷由実松任谷由実ガラスに浮かんだ街の灯に 溶けてついてゆきたい ため息ついてドアが閉まる 何も云わなくていい 力を下さい 距離に負けぬよう  シンデレラ 今 魔法が 消えるように列車出てくけど ガラスの靴 片方 彼が持っているの  あなたの街を濡らす雨は もうじきここまで来る 私は傘をささず帰る 笑顔だけ抱きしめて 出逢えたことをとても感謝して  シンデレラ 今 魔法が 消えるように列車出てくけど ガラスの靴 片方 彼が持っているの  意地悪なこのテストを 私はきっとパスしてみせる 同じ時間生きるの どんな遠くなっても
シーズンオフの心には心はシーズンオフよ 夕陽はみじかく  静かな駅の伝言板は きれいに消されていた  あなたはきのうせめてひとこと 残したでしょう  いっしょには帰れなかった ぼくには 待つ人がいるって わかってたのよ 哀しい恋をうらんでいた  シャッター降りた、店のかどから あなたが出て来そう  日よけと椅子とにぎわう通り 夢のあと  いつまでも ばかな娘ではしゃいでいたかった さよなら 避暑地の灯り 私も次の列車に乗る  心はシーズンオフよ 愛した時はゆく松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya心はシーズンオフよ 夕陽はみじかく  静かな駅の伝言板は きれいに消されていた  あなたはきのうせめてひとこと 残したでしょう  いっしょには帰れなかった ぼくには 待つ人がいるって わかってたのよ 哀しい恋をうらんでいた  シャッター降りた、店のかどから あなたが出て来そう  日よけと椅子とにぎわう通り 夢のあと  いつまでも ばかな娘ではしゃいでいたかった さよなら 避暑地の灯り 私も次の列車に乗る  心はシーズンオフよ 愛した時はゆく
ジェラシーと云う名の悪夢真夜中のビデオ 追いつめられて叫ぶヒロイン 灯り消した部屋でひざを抱える私も同じ  Non-stop Dream つれ出してここから 燃えるジェラシーの罠から  ああ これも映画なら 悪夢はやがて終わるのに  Can't stop playin' it 巻き戻す何度も 彼を信じてた場面へ  彼女は弾たれて サイレンの中運び出される 離れてゆくことが正しいのなら なぜ出会ったの  Non-stop Dream ふり向いちゃいけない つらい思い出はいらない  ああ これも映画なら 悪夢はやがて消えるから  忘れてしまえば ただの幻なの だから恐れずに続けて  Can't stop playin' it 早送り何度も 明日へ走り出す場面へ  ああ これが本当なら 次のシナリオを教えてよ  Non-stop Dream つれ出してここから 燃えるジェラシーの罠から 松任谷由実松任谷由実松任谷由実真夜中のビデオ 追いつめられて叫ぶヒロイン 灯り消した部屋でひざを抱える私も同じ  Non-stop Dream つれ出してここから 燃えるジェラシーの罠から  ああ これも映画なら 悪夢はやがて終わるのに  Can't stop playin' it 巻き戻す何度も 彼を信じてた場面へ  彼女は弾たれて サイレンの中運び出される 離れてゆくことが正しいのなら なぜ出会ったの  Non-stop Dream ふり向いちゃいけない つらい思い出はいらない  ああ これも映画なら 悪夢はやがて消えるから  忘れてしまえば ただの幻なの だから恐れずに続けて  Can't stop playin' it 早送り何度も 明日へ走り出す場面へ  ああ これが本当なら 次のシナリオを教えてよ  Non-stop Dream つれ出してここから 燃えるジェラシーの罠から 
時空のダンス伝説の波がやって来るとき まぼろしの虹が現れるという  今…あなたの瞳にうかぶのを私は待ち焦がれていた もう 恐れさえ味方にして 向かってゆくよそこまで  夢に見た雲がうず巻いている 陸からの風を背中にうけて 速く  遥かなる時を超えて やっと巡り会えた恋人よ あなたのために 生まれて来たの 漕ぎ出した肩先には 見る見る立ち上がる水の壁 昇りきったら 愛し合おう  まぶしさに 閉じた瞼の裏に 永遠の虹が灼きつけられる 強く  あなたに身をまかせたなら さあ 時空のダンスを踊ろう モーゼのように 海を分けて  伝説の波がやって来るとき まぼろしの虹が現れるという  今…あなたの瞳にうかぶのを私は待ち焦がれていた もう命さえ追い越して 向ってゆくよそこまで  夢に見た雲がうず巻いている 明日からの風を背中にうけて 速く松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya伝説の波がやって来るとき まぼろしの虹が現れるという  今…あなたの瞳にうかぶのを私は待ち焦がれていた もう 恐れさえ味方にして 向かってゆくよそこまで  夢に見た雲がうず巻いている 陸からの風を背中にうけて 速く  遥かなる時を超えて やっと巡り会えた恋人よ あなたのために 生まれて来たの 漕ぎ出した肩先には 見る見る立ち上がる水の壁 昇りきったら 愛し合おう  まぶしさに 閉じた瞼の裏に 永遠の虹が灼きつけられる 強く  あなたに身をまかせたなら さあ 時空のダンスを踊ろう モーゼのように 海を分けて  伝説の波がやって来るとき まぼろしの虹が現れるという  今…あなたの瞳にうかぶのを私は待ち焦がれていた もう命さえ追い越して 向ってゆくよそこまで  夢に見た雲がうず巻いている 明日からの風を背中にうけて 速く
ジャコビニ彗星の日夜のFMからニュースを流しながら 部屋の灯り消して窓辺に椅子を運ぶ 小さなオペラグラスじっとのぞいたけど 月をすべる雲と柿の木ゆれてただけ  72年 10月9日 あなたの電話が少いことに慣れてく 私はひとりぼんやり待った 遠くよこぎる流星群  それはただどうでもいいことだったのに 空に近い場所へでかけてゆきたかった いつか手をひかれて川原で見た花火 夢はつかの間だと自分に言いきかせて  シベリアからも見えなかったよと よく朝弟が新聞ひろげつぶやく 淋しくなればまた来るかしら 光る尾をひく流星群松任谷由実松任谷由実松任谷由実夜のFMからニュースを流しながら 部屋の灯り消して窓辺に椅子を運ぶ 小さなオペラグラスじっとのぞいたけど 月をすべる雲と柿の木ゆれてただけ  72年 10月9日 あなたの電話が少いことに慣れてく 私はひとりぼんやり待った 遠くよこぎる流星群  それはただどうでもいいことだったのに 空に近い場所へでかけてゆきたかった いつか手をひかれて川原で見た花火 夢はつかの間だと自分に言いきかせて  シベリアからも見えなかったよと よく朝弟が新聞ひろげつぶやく 淋しくなればまた来るかしら 光る尾をひく流星群
11月のエイプリルフール歩道橋の下をランプの河が流れてた 信号で止まると みんな赤くなった もう会うのはやめにしようと彼が言ったとき 笑ってうなずいた 11月のエイプリルフール  ほほをつねっても痛くは感じないくらい 冷たい夜風がジャンバーの肩を抜けて行った hum hum このまま 二度と 本当? hum hum hum もう一度言って  もう会うのはやめにしようと彼がくりかえし 打ち消すジョークを待ってた私 Don't be cool!  最終のバスがゆくのをぼんやりみてたら なつかしい冬が今年もきてるのがわかった hum hum これっきり ずっと 本当? hum hum hum からかわないで  歩道橋の端でふりむく彼に手を振った ひきかえして抱きしめる気がした エイプリルフール  こんなのうそよ こんなのうそよ  半月がビルの真横にポツリと浮かんでた 銀杏の落ち葉が小さな渦を巻いた  歩道橋の下をランプの河が流れてた 信号で止まると みんな赤くなった もう会うのはやめにしようと彼が言ったとき 笑ってうなずいた 11月のエイプリルフール  歩道橋の下をランプの河が流れてた 信号で止まると みんな赤くなった もう会うのはやめにしようと彼が言ったとき 笑ってうなずいた 11月のエイプリルフール 松任谷由実松任谷由実松任谷由実歩道橋の下をランプの河が流れてた 信号で止まると みんな赤くなった もう会うのはやめにしようと彼が言ったとき 笑ってうなずいた 11月のエイプリルフール  ほほをつねっても痛くは感じないくらい 冷たい夜風がジャンバーの肩を抜けて行った hum hum このまま 二度と 本当? hum hum hum もう一度言って  もう会うのはやめにしようと彼がくりかえし 打ち消すジョークを待ってた私 Don't be cool!  最終のバスがゆくのをぼんやりみてたら なつかしい冬が今年もきてるのがわかった hum hum これっきり ずっと 本当? hum hum hum からかわないで  歩道橋の端でふりむく彼に手を振った ひきかえして抱きしめる気がした エイプリルフール  こんなのうそよ こんなのうそよ  半月がビルの真横にポツリと浮かんでた 銀杏の落ち葉が小さな渦を巻いた  歩道橋の下をランプの河が流れてた 信号で止まると みんな赤くなった もう会うのはやめにしようと彼が言ったとき 笑ってうなずいた 11月のエイプリルフール  歩道橋の下をランプの河が流れてた 信号で止まると みんな赤くなった もう会うのはやめにしようと彼が言ったとき 笑ってうなずいた 11月のエイプリルフール 
12階のこいびとMon amour 夜の波を泳ぎつかれた魚のように そっと横たわれば 汽車の響きがきこえるわ Bon soir 眠い街はぼんやり光る海の底なの ここは12階 通りを見下ろす  軽い寝息が ひとりぼっちにさせる こんど逢う日を決めもしないうちに  Je t'aimerai ゆるくしめた 蛇口の水の滴のように いつも不安だけが 重たくなってはこぼれる Mon amour うでをはずし 涙くすぐる耳をこすると 背中見てるけはい けれど気のせい  軽い寝息が ひとりぼっちにさせる こんど逢う日を決めもしないうちに  Mon amour もしあなたが目の前から消えてしまったら ここは12階 窓を開けて舗道をめがけ 紙のように舞うわ松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYAMon amour 夜の波を泳ぎつかれた魚のように そっと横たわれば 汽車の響きがきこえるわ Bon soir 眠い街はぼんやり光る海の底なの ここは12階 通りを見下ろす  軽い寝息が ひとりぼっちにさせる こんど逢う日を決めもしないうちに  Je t'aimerai ゆるくしめた 蛇口の水の滴のように いつも不安だけが 重たくなってはこぼれる Mon amour うでをはずし 涙くすぐる耳をこすると 背中見てるけはい けれど気のせい  軽い寝息が ひとりぼっちにさせる こんど逢う日を決めもしないうちに  Mon amour もしあなたが目の前から消えてしまったら ここは12階 窓を開けて舗道をめがけ 紙のように舞うわ
12月の雨GOLD LYLIC雨音に気づいて 遅く起きた朝は まだベッドの中で 半分眠りたい ストーブをつけたら くもったガラス窓 手のひらでこすると ぼんやり冬景色  今にもあなたが 白い息をはき 通りをわたって この部屋に来る気がして  時はいつの日にも 親切な友達 過ぎてゆくきのうを 物語にかえる  もうすぐ来るクリスマス 想い出の日には また会おうと云った もう会えないくせに  今でもうしろを ふとふり返れば あなたが笑って たってるような気がして 時はいつの日にも 親切な友達 過ぎてゆくきのうを 物語にかえる  時はいつの日にも 親切な友達 時はいつの日にも 親切な友達GOLD LYLIC松任谷由実荒井由実荒井由実雨音に気づいて 遅く起きた朝は まだベッドの中で 半分眠りたい ストーブをつけたら くもったガラス窓 手のひらでこすると ぼんやり冬景色  今にもあなたが 白い息をはき 通りをわたって この部屋に来る気がして  時はいつの日にも 親切な友達 過ぎてゆくきのうを 物語にかえる  もうすぐ来るクリスマス 想い出の日には また会おうと云った もう会えないくせに  今でもうしろを ふとふり返れば あなたが笑って たってるような気がして 時はいつの日にも 親切な友達 過ぎてゆくきのうを 物語にかえる  時はいつの日にも 親切な友達 時はいつの日にも 親切な友達
14番目の月GOLD LYLICあなたの気持が読みきれないもどかしさ だから ときめくの 愛の告白をしたら最後 そのとたん 終わりが 見える  um…IWANUGA HANA その先は言わないで  つぎの夜から 欠ける満月より 14番目の月が いちばん好き  気軽なジョークが とぎれないようにしてね 沈黙がこわい 月影の道で 急に車止めないで ドキドキするわ  um…YANAGI NI KAZE なにげなく かわすけど  つぎの夜から 欠ける満月より 14番目の月が いちばん好き  つぎの夜から 欠ける満月より 14番目の月が いちばん好きGOLD LYLIC松任谷由実荒井由実荒井由実あなたの気持が読みきれないもどかしさ だから ときめくの 愛の告白をしたら最後 そのとたん 終わりが 見える  um…IWANUGA HANA その先は言わないで  つぎの夜から 欠ける満月より 14番目の月が いちばん好き  気軽なジョークが とぎれないようにしてね 沈黙がこわい 月影の道で 急に車止めないで ドキドキするわ  um…YANAGI NI KAZE なにげなく かわすけど  つぎの夜から 欠ける満月より 14番目の月が いちばん好き  つぎの夜から 欠ける満月より 14番目の月が いちばん好き
JULYSILENCE つややかな絹糸を降らせて 或る朝早く 公園を包む  重い瞼 をあけるように水蓮が音をたててた July to be awaking 蜘蛛の巣のビーズ刺繍に数えきれず映っていた July to be shining  愛はあのひとがくれたの 愛はただ私の中にあったの夏の Fantasy  SILENCE 影の無い夢のような小径に 今 思い出が煙ってるそれは  古いフィルムを止めるように風がひととき凪いていた July to be quiet 杏 の木を揺らしながら鳥たちがついばんでいった July to be free  哀しみはどこから来るの 喜びはどこへ流れてゆくの誰もわからない 愛はあのひとがくれたの 愛はただ私の中にあったの誰もわからない  厚いページを開くように雲間から光差してた July to be awaking 水面に停まる妖精が数えきれぬ輪になってた July to be shining  この世界でひとりだけの この生命で一度きりの私誰かおしえてよ 愛はあのひとがくれたの 愛はただ私の中にあったの夏の Fantasy松任谷由実松任谷由実松任谷由実SILENCE つややかな絹糸を降らせて 或る朝早く 公園を包む  重い瞼 をあけるように水蓮が音をたててた July to be awaking 蜘蛛の巣のビーズ刺繍に数えきれず映っていた July to be shining  愛はあのひとがくれたの 愛はただ私の中にあったの夏の Fantasy  SILENCE 影の無い夢のような小径に 今 思い出が煙ってるそれは  古いフィルムを止めるように風がひととき凪いていた July to be quiet 杏 の木を揺らしながら鳥たちがついばんでいった July to be free  哀しみはどこから来るの 喜びはどこへ流れてゆくの誰もわからない 愛はあのひとがくれたの 愛はただ私の中にあったの誰もわからない  厚いページを開くように雲間から光差してた July to be awaking 水面に停まる妖精が数えきれぬ輪になってた July to be shining  この世界でひとりだけの この生命で一度きりの私誰かおしえてよ 愛はあのひとがくれたの 愛はただ私の中にあったの夏の Fantasy
Judas Kiss照りつける太陽が こめかみを撃つような かわいた町で 不確かな横顔と 孤独な蜃気楼に 恋した私  傷つくはずなんてないと 交わしたディールだった みんな幻と気づかず ハートのダイヤ盗みとられた  あなたは砂漠のオアシス ひび割れた魂 潤す けれども偽りのナルシス 自分のことしか愛せない  脱ぎ捨てたハイヒールは 抜け殻のスコーピオン 痛みの果て 耐えられない疲れと 薄れてゆく意識に 瞼を閉じる  すぐに消えてしまいそうな ガラスと炎の上を 逃げるように追いかけてた あなたが待っていると信じて  たどり着く記憶のオアシス やりばの無い情熱を浸す 今でも狂おしい Judas Kiss 愛さえも鏡に映すの  Judas Kiss‥‥  あなたは砂漠のオアシス ひび割れた魂 潤す けれども偽りのナルシス 自分のことしか愛せない松任谷由実松任谷由実松任谷由実照りつける太陽が こめかみを撃つような かわいた町で 不確かな横顔と 孤独な蜃気楼に 恋した私  傷つくはずなんてないと 交わしたディールだった みんな幻と気づかず ハートのダイヤ盗みとられた  あなたは砂漠のオアシス ひび割れた魂 潤す けれども偽りのナルシス 自分のことしか愛せない  脱ぎ捨てたハイヒールは 抜け殻のスコーピオン 痛みの果て 耐えられない疲れと 薄れてゆく意識に 瞼を閉じる  すぐに消えてしまいそうな ガラスと炎の上を 逃げるように追いかけてた あなたが待っていると信じて  たどり着く記憶のオアシス やりばの無い情熱を浸す 今でも狂おしい Judas Kiss 愛さえも鏡に映すの  Judas Kiss‥‥  あなたは砂漠のオアシス ひび割れた魂 潤す けれども偽りのナルシス 自分のことしか愛せない
自由への翼ハイウェイを 東へとばせば まだまにあう朝焼けのエアポート 金色に波打つ平野を 今 私は ひと言を胸に  Don't say good bye すれちがった二人の日々に Don't say good bye きっと私 信じてるから  みつけて おいでよ期限の無い約束でも つかんで おいでよありのままに生きることを  背のびして走るターミナル 点滅する 最終案内 見送りは来ないでと云った でも あなたは心で待ってる  Don't say good bye 大人のふりひとりしないで Don't say good bye ちがう明日をこわがらないで  みつけて おいでよはじけそうなあの日の夢 かなえて おいでよそしていつか 連れて行って  Don't say good bye ふりかえったあなたに届く Don't say good bye つくり笑顔急にゆがんだ  みつけて おいでよ自由でいる二人のため 戻って おいでよ 強い翼 手に入れたら  みつけて おいでよ期限の無い約束でも つかんで おいでよありのままに生きることを  みつけて おいでよ はじけそうなあの日の夢松任谷由実松任谷由実松任谷由実ハイウェイを 東へとばせば まだまにあう朝焼けのエアポート 金色に波打つ平野を 今 私は ひと言を胸に  Don't say good bye すれちがった二人の日々に Don't say good bye きっと私 信じてるから  みつけて おいでよ期限の無い約束でも つかんで おいでよありのままに生きることを  背のびして走るターミナル 点滅する 最終案内 見送りは来ないでと云った でも あなたは心で待ってる  Don't say good bye 大人のふりひとりしないで Don't say good bye ちがう明日をこわがらないで  みつけて おいでよはじけそうなあの日の夢 かなえて おいでよそしていつか 連れて行って  Don't say good bye ふりかえったあなたに届く Don't say good bye つくり笑顔急にゆがんだ  みつけて おいでよ自由でいる二人のため 戻って おいでよ 強い翼 手に入れたら  みつけて おいでよ期限の無い約束でも つかんで おいでよありのままに生きることを  みつけて おいでよ はじけそうなあの日の夢
情熱に届かない ~Don't Let Me Go~快速電車を見送った 川近い駅の夕焼けに きみがいた夏の匂いが 吹いて来る 細めた瞼くすぐるように  遠くの道路の橋桁が最後に眩しく溶けていた 時を追い越して はしゃいだ私達 みんな みんな  きかせてよ あのときのうた あなたの声で もう一度だけ ガードが轟きちぎれ飛ぶ Don't let me, don't let me go 忘れたくない あの時の夢 今は情熱に届かない  きっとそれぞれに思ってた 何を目的に生きてくの 口には出来ない不安を抱きしめて ずっと ずっと  描いてよ あのときの空 あなたの腕に もう一度だけ 白いキャンバスが燃えるほど I want to, I want to know 失くしきれない あのときの夢 いつか情熱に届きたい きみがいた夏の匂いが吹いて来る そっと そっと  きかせてよ あのときのうた あなたの声で もっと激しく 夕陽の彼方にちぎれ飛ぶ Don't let me, don't let me go 忘れたくない あの時の夢 今は情熱に届かない  あのときのうた あなたの声で もう一度だけ ガードが轟きちぎれ飛ぶ松任谷由実松任谷由実松任谷由実快速電車を見送った 川近い駅の夕焼けに きみがいた夏の匂いが 吹いて来る 細めた瞼くすぐるように  遠くの道路の橋桁が最後に眩しく溶けていた 時を追い越して はしゃいだ私達 みんな みんな  きかせてよ あのときのうた あなたの声で もう一度だけ ガードが轟きちぎれ飛ぶ Don't let me, don't let me go 忘れたくない あの時の夢 今は情熱に届かない  きっとそれぞれに思ってた 何を目的に生きてくの 口には出来ない不安を抱きしめて ずっと ずっと  描いてよ あのときの空 あなたの腕に もう一度だけ 白いキャンバスが燃えるほど I want to, I want to know 失くしきれない あのときの夢 いつか情熱に届きたい きみがいた夏の匂いが吹いて来る そっと そっと  きかせてよ あのときのうた あなたの声で もっと激しく 夕陽の彼方にちぎれ飛ぶ Don't let me, don't let me go 忘れたくない あの時の夢 今は情熱に届かない  あのときのうた あなたの声で もう一度だけ ガードが轟きちぎれ飛ぶ
JosephineJosephine いとしい Josephine on my mind 去りゆくあなたの横顔を  今もまだ 思い出す 遠い日々の 光の中  Josephine 遥かな Josephine on my mind 最後に聞こえたひとことが  今もまだ わからずに 暮らしている Josephine on my mind  夏がゆき 秋が過ぎて 冬枯れても 消えぬ想いは枝に実を つけたまま  Josephine もう一度 Josephine on my mind 凍えるこの手をあたためて  吹雪舞う心にも 灯る明り Josephine on my mind 忘れられぬ Josephine on my mind松任谷由実松任谷由実松任谷由実Josephine いとしい Josephine on my mind 去りゆくあなたの横顔を  今もまだ 思い出す 遠い日々の 光の中  Josephine 遥かな Josephine on my mind 最後に聞こえたひとことが  今もまだ わからずに 暮らしている Josephine on my mind  夏がゆき 秋が過ぎて 冬枯れても 消えぬ想いは枝に実を つけたまま  Josephine もう一度 Josephine on my mind 凍えるこの手をあたためて  吹雪舞う心にも 灯る明り Josephine on my mind 忘れられぬ Josephine on my mind
XYZING XYZINGWoo XYZING 疼いて眠れない夜を あなたの他には 癒せはしないから 誰かといるのは わかっているけど いつものクラブを探すよ  傷つきに出かける 狼のように  勝手に追いかけて 勝手に喘いでる あなたの気持は もう冷めているのに  Oh No 思えば我が侭な私 あなたがあのとき 本気なの知っていた Woo BABY 楽しい思い出の鎖 繋がれ泣いてるプリズナー  満月に吠えてる 狼よ私  勝手に倒されて 勝手に憎んでる ここから逃げても 荒野が続くだけ  死に場所を求める 狼のように  Woo XYZING 哀しくて Woo XYZING 帰れない あなたの気持は もう冷めているのに Woo XYZING 哀しくて Woo XYZING 帰れない ここから逃げても 荒野が続くだけ  松任谷由実松任谷由実松任谷由実Woo XYZING 疼いて眠れない夜を あなたの他には 癒せはしないから 誰かといるのは わかっているけど いつものクラブを探すよ  傷つきに出かける 狼のように  勝手に追いかけて 勝手に喘いでる あなたの気持は もう冷めているのに  Oh No 思えば我が侭な私 あなたがあのとき 本気なの知っていた Woo BABY 楽しい思い出の鎖 繋がれ泣いてるプリズナー  満月に吠えてる 狼よ私  勝手に倒されて 勝手に憎んでる ここから逃げても 荒野が続くだけ  死に場所を求める 狼のように  Woo XYZING 哀しくて Woo XYZING 帰れない あなたの気持は もう冷めているのに Woo XYZING 哀しくて Woo XYZING 帰れない ここから逃げても 荒野が続くだけ  
人生ほど素敵なショーはない口から出そうな 心臓の音 ふるえる指先 ふるえる足もと  これから始まる音に乗って 幕が開けば 戻れない舞台の上  眩しいライトの中を あなたは踊り続ける wow wow  薄暗く狭い 今日までの迷路 偶然選んで 歩いてただけ  チャンスがなかったわけじゃない その気ならいつだってとべたはず  誰もがくぎづけになる あなたのそのエナジーに wow wow  人生ほど素敵なショーはない そんな言葉 ばかにしてた どうせ何も起こりはしないと 斜にかまえて 生きて来たけれど  勇気がひとさじあれば 一歩前にふみ出せば wow wow  人生捨てたもんじゃない 何が起こるかわからない wow wow  眩しいライトの中を あなたは踊り続ける wow wow  誰もがくぎづけになる あなたのそのエナジーに wow wow松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya口から出そうな 心臓の音 ふるえる指先 ふるえる足もと  これから始まる音に乗って 幕が開けば 戻れない舞台の上  眩しいライトの中を あなたは踊り続ける wow wow  薄暗く狭い 今日までの迷路 偶然選んで 歩いてただけ  チャンスがなかったわけじゃない その気ならいつだってとべたはず  誰もがくぎづけになる あなたのそのエナジーに wow wow  人生ほど素敵なショーはない そんな言葉 ばかにしてた どうせ何も起こりはしないと 斜にかまえて 生きて来たけれど  勇気がひとさじあれば 一歩前にふみ出せば wow wow  人生捨てたもんじゃない 何が起こるかわからない wow wow  眩しいライトの中を あなたは踊り続ける wow wow  誰もがくぎづけになる あなたのそのエナジーに wow wow
水槽のJellyfish水槽のJellyfish 囚われの心 感覚も無くし ひとりぼっち漂ってる あなたのいない世界はどこにいても同じこと いつまで続くのか知らない  How are you? Everyday, I miss you 今も好きと言って 光る闇の中から抔って  水葬のJellyfish 涙の温度で 思い出の海へ ひとりぼっち溶けてゆくの あなたと見てた夢は私だけのまぼろし どれほど信じたかしれない  How are you? Everyday, I miss you 今も好きと言って やがて私が消えてしまうまで How are you? Everyday, I miss you でももう愛さないで あなたの顔さえも見えない  雨つたうガラス窓 青いキャンドル浮かべ 私はベッドで泣いている  How are you? Everyday, I miss you 今も好きと言って 光る闇の中から救ってよ How are you? Everyday, I miss you でももう愛さないで あなたの顔さえも見えない  How are you? Everyday, I miss you 今も好きと言って やがて私が消えてしまうまで How are you? Everyday, I miss you でももうきこえないの 私はただゆれるJellyfish松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya水槽のJellyfish 囚われの心 感覚も無くし ひとりぼっち漂ってる あなたのいない世界はどこにいても同じこと いつまで続くのか知らない  How are you? Everyday, I miss you 今も好きと言って 光る闇の中から抔って  水葬のJellyfish 涙の温度で 思い出の海へ ひとりぼっち溶けてゆくの あなたと見てた夢は私だけのまぼろし どれほど信じたかしれない  How are you? Everyday, I miss you 今も好きと言って やがて私が消えてしまうまで How are you? Everyday, I miss you でももう愛さないで あなたの顔さえも見えない  雨つたうガラス窓 青いキャンドル浮かべ 私はベッドで泣いている  How are you? Everyday, I miss you 今も好きと言って 光る闇の中から救ってよ How are you? Everyday, I miss you でももう愛さないで あなたの顔さえも見えない  How are you? Everyday, I miss you 今も好きと言って やがて私が消えてしまうまで How are you? Everyday, I miss you でももうきこえないの 私はただゆれるJellyfish
水平線にグレナディン白い灯台が浮かびあがる 海は暮れなずみ 帆影は急ぐ  舵をとりながらふりむいたら 私もたなびく景色でしょうか  Glowing seasons flew away We promise to stay 帰らないと知っても  細いプラチナのブレスレットが 夏の紅を最後に宿し  Now I feel the cold breeze You made me feel at ease 帰らないと知っても  錆びたスクリューにさわってみる 今日は初雪が沖を吹いてる  古い溜り水 船底から ズックですくった 凍らぬように 松任谷由実松任谷由実松任谷由実白い灯台が浮かびあがる 海は暮れなずみ 帆影は急ぐ  舵をとりながらふりむいたら 私もたなびく景色でしょうか  Glowing seasons flew away We promise to stay 帰らないと知っても  細いプラチナのブレスレットが 夏の紅を最後に宿し  Now I feel the cold breeze You made me feel at ease 帰らないと知っても  錆びたスクリューにさわってみる 今日は初雪が沖を吹いてる  古い溜り水 船底から ズックですくった 凍らぬように 
Sweet Surrender予告電話の前に 列車は出てしまった 破滅に向う恋に 私は飛び乗ってた  ノーテンキなあなたが 仕掛けた爆弾に もう逃げ場を失した ハートを引き渡す  Baby Baby sweet surrender あなたの読みどおり 張りめぐらされた あやしい毒に Baby Baby sweet suspender 痺れてるうちに虜になるの forever  まるでアリスのように うさぎを追いかけてる 迷路みたいな恋に 私は入り込んだ  正反対教える 双子のトランプが もうどこへも行けない ハートをひきさくの  Baby Baby sweet pretender だまし続けてよ 目隠しとっても 覚めない夢で Baby Baby sweet revenger 気づかないうちに虜になるの forever  流れてゆくの 恋してゆくの そしてあなたも  Baby Baby sweet surrender あなたの読みどおり 張りめぐらされた あやしい毒に Baby Baby sweet suspender 痺れてるうちに虜になるの forever  Baby Baby sweet pretender だまし続けてよ 目隠しとっても 覚めない夢で Baby Baby sweet revenger 気づかないうちに虜になるの forever  Baby Baby sweet surrender あなたの読みどおり 張りめぐらされた あやしい毒に Baby Baby sweet suspender 痺れてるうちに虜になるの forever  Baby Baby sweet pretender だまし続けてよ 目隠しとっても 覚めない夢で Baby Baby sweet revenger 気づかないうちに松任谷由実松任谷由実松任谷由実予告電話の前に 列車は出てしまった 破滅に向う恋に 私は飛び乗ってた  ノーテンキなあなたが 仕掛けた爆弾に もう逃げ場を失した ハートを引き渡す  Baby Baby sweet surrender あなたの読みどおり 張りめぐらされた あやしい毒に Baby Baby sweet suspender 痺れてるうちに虜になるの forever  まるでアリスのように うさぎを追いかけてる 迷路みたいな恋に 私は入り込んだ  正反対教える 双子のトランプが もうどこへも行けない ハートをひきさくの  Baby Baby sweet pretender だまし続けてよ 目隠しとっても 覚めない夢で Baby Baby sweet revenger 気づかないうちに虜になるの forever  流れてゆくの 恋してゆくの そしてあなたも  Baby Baby sweet surrender あなたの読みどおり 張りめぐらされた あやしい毒に Baby Baby sweet suspender 痺れてるうちに虜になるの forever  Baby Baby sweet pretender だまし続けてよ 目隠しとっても 覚めない夢で Baby Baby sweet revenger 気づかないうちに虜になるの forever  Baby Baby sweet surrender あなたの読みどおり 張りめぐらされた あやしい毒に Baby Baby sweet suspender 痺れてるうちに虜になるの forever  Baby Baby sweet pretender だまし続けてよ 目隠しとっても 覚めない夢で Baby Baby sweet revenger 気づかないうちに
SWEET DREAMSGOLD LYLICこの電話が最後かもしれない 他人事に思える 涙だけ溢れて もう切るわと何度も云いながら ひきのばすのは私の方 Wow wow wow wow  Sweet Heart 写真立てにはおどける二人 今日を知らずにキスしてる Sweet Days 何に負けたの わからないことがくやしいだけ  あなたの夢 叶うころ横には どんなひとが微笑む 私ではないのね 明日が何も見えないと云うけど 思うより素敵よあなたは Wow wow wow wow  Sweet Heart できればひどい捨てぜりふ投げて 嫌われてから消えたいの Sweet Dreams 私といると廻り道だから かまわないで  Sweet Heart 写真立てにはおどける二人 今日を知らずにキスしてる Sweet Days 何に負けたの わからないことがくやしいだけGOLD LYLIC松任谷由実松任谷由実松任谷由実この電話が最後かもしれない 他人事に思える 涙だけ溢れて もう切るわと何度も云いながら ひきのばすのは私の方 Wow wow wow wow  Sweet Heart 写真立てにはおどける二人 今日を知らずにキスしてる Sweet Days 何に負けたの わからないことがくやしいだけ  あなたの夢 叶うころ横には どんなひとが微笑む 私ではないのね 明日が何も見えないと云うけど 思うより素敵よあなたは Wow wow wow wow  Sweet Heart できればひどい捨てぜりふ投げて 嫌われてから消えたいの Sweet Dreams 私といると廻り道だから かまわないで  Sweet Heart 写真立てにはおどける二人 今日を知らずにキスしてる Sweet Days 何に負けたの わからないことがくやしいだけ
少しだけ片想い走り去る車に 小さく投げキッス 家まで送ったら それでサヨナラ こんなこといつまでくり返すのかしら わたしは待ってるの やさしいプロポーズ  いつだって I Love You More than You You Love Me 少しだけ片想い More Than You  真夜中の電話は 世間ばなしばかり それさえ12時まで シンデレラ・リバティー のんびりとかまえて あなたは知らないの 恋する気持には 羽根がはえてる  いつだって I Love You More than You You Love Me 少しだけ片想い More Than You  ほかの娘のはなしを 平気でするあなた わたしのやきもちを 楽しんでるの プーメランみたいに 遠くへ飛ばしても わたしがかえるって 思ってるのね  いつだって I Love You More than You You Love Me 少しだけ片想い More Than You  いつだって I Love You More than You You Love Me 少しだけ片想い More Than You  いつだって I Love You More than You You Love Me 少しだけ片想い More Than You松任谷由実荒井由実荒井由実走り去る車に 小さく投げキッス 家まで送ったら それでサヨナラ こんなこといつまでくり返すのかしら わたしは待ってるの やさしいプロポーズ  いつだって I Love You More than You You Love Me 少しだけ片想い More Than You  真夜中の電話は 世間ばなしばかり それさえ12時まで シンデレラ・リバティー のんびりとかまえて あなたは知らないの 恋する気持には 羽根がはえてる  いつだって I Love You More than You You Love Me 少しだけ片想い More Than You  ほかの娘のはなしを 平気でするあなた わたしのやきもちを 楽しんでるの プーメランみたいに 遠くへ飛ばしても わたしがかえるって 思ってるのね  いつだって I Love You More than You You Love Me 少しだけ片想い More Than You  いつだって I Love You More than You You Love Me 少しだけ片想い More Than You  いつだって I Love You More than You You Love Me 少しだけ片想い More Than You
砂の惑星月の砂漠をゆく 遠い異国のキャラバンのように この世の果てまでも あなたについて歩いてゆくわ さあ 漂いなさい 私の海の波の 間にへ ただ 泣きじゃくるように 生まれたままの子供のように  恋の雫 ゆれる炎 深い吐息 花の香り 一度きりの愛の魔法 今二人 授け合うの 求め合うの  ああ 誰も知らない 瞳の奥の碧いオアシス なぜ あなたと出逢い 流れ流れてどこまでゆくの さあ 安らぎなさい お伽ばなしの夢の間にへ まだ 願い忘れた 長い呪文を囁きましょう  ああ ふるさと離れ ここは遥かな砂の惑星 時がこぼれ落ちて 素足の跡をかき消すデューン  金の砂はあなたの未来 星屑まで続いている 銀の砂は私の涙 吸い込まれ 抱き合うの 癒し合うの  月の砂漠浸す 二つの影が寄りそうように この世の果てまでも あなたをとても愛しているわ  さあ 漂いなさい 私は海の波の 間にへ ただ 泣きじゃくるように  生まれたままの子供のように さあ 安らぎなさい お伽ばなしの夢の間にへ まだ 願い忘れた 長い呪文を囁きましょう  さあ 漂いなさい 私の海の波の 間にへ ただ 泣きじゃくるように 生まれたままの子供のように さあ 安らぎなさい お伽ばなしの夢の 間に間に… 松任谷由実松任谷由実松任谷由実月の砂漠をゆく 遠い異国のキャラバンのように この世の果てまでも あなたについて歩いてゆくわ さあ 漂いなさい 私の海の波の 間にへ ただ 泣きじゃくるように 生まれたままの子供のように  恋の雫 ゆれる炎 深い吐息 花の香り 一度きりの愛の魔法 今二人 授け合うの 求め合うの  ああ 誰も知らない 瞳の奥の碧いオアシス なぜ あなたと出逢い 流れ流れてどこまでゆくの さあ 安らぎなさい お伽ばなしの夢の間にへ まだ 願い忘れた 長い呪文を囁きましょう  ああ ふるさと離れ ここは遥かな砂の惑星 時がこぼれ落ちて 素足の跡をかき消すデューン  金の砂はあなたの未来 星屑まで続いている 銀の砂は私の涙 吸い込まれ 抱き合うの 癒し合うの  月の砂漠浸す 二つの影が寄りそうように この世の果てまでも あなたをとても愛しているわ  さあ 漂いなさい 私は海の波の 間にへ ただ 泣きじゃくるように  生まれたままの子供のように さあ 安らぎなさい お伽ばなしの夢の間にへ まだ 願い忘れた 長い呪文を囁きましょう  さあ 漂いなさい 私の海の波の 間にへ ただ 泣きじゃくるように 生まれたままの子供のように さあ 安らぎなさい お伽ばなしの夢の 間に間に… 
Spinning Wheel太陽はくりかえし昇っては沈んでも きみのため生きている ぼくがいる  ひとりぼっちの国で 泣いているきみは すぐそこまで来ている 明日を知らない もしもね 世界が逆さに回っても 明日はやって来る  変わらずにくりかえす哀しみは思い出に よろこびは知らぬまに消えるけれど きみのため生きている ぼくがいる  小さすぎる両手で抱えた荷物は 大切なものなんて ないかもしれない けれどね 答えはそれぞれの心 きみにしか見えない  星空はくりかえし 苦しみは優しさに なぐさめは限りない きみへの愛 いつの日も想ってる ぼくがいる  (変わらずに) くりかえす哀しみは思い出に よろこびは知らぬまに消えるけれど きみのため生きている ぼくがいる松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya太陽はくりかえし昇っては沈んでも きみのため生きている ぼくがいる  ひとりぼっちの国で 泣いているきみは すぐそこまで来ている 明日を知らない もしもね 世界が逆さに回っても 明日はやって来る  変わらずにくりかえす哀しみは思い出に よろこびは知らぬまに消えるけれど きみのため生きている ぼくがいる  小さすぎる両手で抱えた荷物は 大切なものなんて ないかもしれない けれどね 答えはそれぞれの心 きみにしか見えない  星空はくりかえし 苦しみは優しさに なぐさめは限りない きみへの愛 いつの日も想ってる ぼくがいる  (変わらずに) くりかえす哀しみは思い出に よろこびは知らぬまに消えるけれど きみのため生きている ぼくがいる
Smile again(Yuming Version)泣きながら別れたあの日 すぐまた会えるよと云って ゲートから手をふった あなたはもう知っていたの最後と I wanna see your smile, again もう一度 あなたの顔を見たい今でも  こんなに世界は近いのに ちがう運命を生きてゆく ガラス越しに ふりむいた あなたの目は何を云おうとしてたの I wanna see your smile, again もう一度 笑いかけてよ いつかみたいに  友達でいることすら かなわないと知っていたの 本当は I wanna see your smile, again もう一度 あなたの顔を見たい 今でも I'm gonna find that smile, again もう一度 あなたを愛している 今でも松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya泣きながら別れたあの日 すぐまた会えるよと云って ゲートから手をふった あなたはもう知っていたの最後と I wanna see your smile, again もう一度 あなたの顔を見たい今でも  こんなに世界は近いのに ちがう運命を生きてゆく ガラス越しに ふりむいた あなたの目は何を云おうとしてたの I wanna see your smile, again もう一度 笑いかけてよ いつかみたいに  友達でいることすら かなわないと知っていたの 本当は I wanna see your smile, again もう一度 あなたの顔を見たい 今でも I'm gonna find that smile, again もう一度 あなたを愛している 今でも
Smile for meわらって、 わらって、 しばらく じっとして 自然に撮るから ふざけないで こっち向いて  光がキレイよ 天使が写るよ あなたに見えない 私からだけしか 今まで 誰にも 見せない表情 それは レンズのこちら側 私がいるからね  うたって、 うたって、 あなたの好きなうた 自然にこぼれる 思い出をきかせて 涙を誤魔化し 小さく咳した それは いっしょに口ずさむ 私がいるからね  Woo Smile for me. Woo Smile for me. Ha…  ときには焦って ピントがブレても あなたは 私の永遠  わらって、 わらって、 しばらく じっとして あなたは知らない どれくらい素敵か 今まで たくさんしてきた やさしさ いつも 私の心には あなたがいるからね  Woo Smile for me. Woo Smile for me. Woo Smile for me. Woo Smile for me.松任谷由実YUMINGYUMINGわらって、 わらって、 しばらく じっとして 自然に撮るから ふざけないで こっち向いて  光がキレイよ 天使が写るよ あなたに見えない 私からだけしか 今まで 誰にも 見せない表情 それは レンズのこちら側 私がいるからね  うたって、 うたって、 あなたの好きなうた 自然にこぼれる 思い出をきかせて 涙を誤魔化し 小さく咳した それは いっしょに口ずさむ 私がいるからね  Woo Smile for me. Woo Smile for me. Ha…  ときには焦って ピントがブレても あなたは 私の永遠  わらって、 わらって、 しばらく じっとして あなたは知らない どれくらい素敵か 今まで たくさんしてきた やさしさ いつも 私の心には あなたがいるからね  Woo Smile for me. Woo Smile for me. Woo Smile for me. Woo Smile for me.
スラバヤ通りの妹へ妹みたいね15のあなた 髪を束ね 前を歩いてく  かごの鳩や不思議な果物に 埋もれそうな朝の市場  やせた年寄りは責めるように 私と日本に目をそむける でも “RASA…(RASA…) RASA SAYANG GEH” そのつぎを教えてよ 少しの英語だけがあなたとの 架け橋なら淋しいから RASA SAYANG GEH  妹みたいね小さなあなた けれどとてもしっかりしている  写真で見た波止場に着くころは あなたくらい陽に焼けそう  オランダ造りの町もやがて 新しいビルに消されてゆく でも “RASA…(RASA…)RASA SAYANG GEH” その歌が大好きよ 土埃り 馬車がゆくスラバヤを 思い出せる 遠くても RASA SAYANG GEH  RASA SAYANG(RASA…)RASA SAYANG GEH そのつぎを教えてよ 少しの英語だけがあなたとの 架け橋なら淋しいから RASA SAYANG GEH(RASA…) RASA SAYANG GEH その歌が大好きよ (RASA SAYANGSAYANG GEH) RASA SAYANG RASA SAYANG GEH ラララ… RASA SAYANG(RASA…) RASA SAYANG GEH (RASA SAYANG SAYANG GEH) RASA SAYANG RASA SAYANG GEH松任谷由実松任谷由実松任谷由実妹みたいね15のあなた 髪を束ね 前を歩いてく  かごの鳩や不思議な果物に 埋もれそうな朝の市場  やせた年寄りは責めるように 私と日本に目をそむける でも “RASA…(RASA…) RASA SAYANG GEH” そのつぎを教えてよ 少しの英語だけがあなたとの 架け橋なら淋しいから RASA SAYANG GEH  妹みたいね小さなあなた けれどとてもしっかりしている  写真で見た波止場に着くころは あなたくらい陽に焼けそう  オランダ造りの町もやがて 新しいビルに消されてゆく でも “RASA…(RASA…)RASA SAYANG GEH” その歌が大好きよ 土埃り 馬車がゆくスラバヤを 思い出せる 遠くても RASA SAYANG GEH  RASA SAYANG(RASA…)RASA SAYANG GEH そのつぎを教えてよ 少しの英語だけがあなたとの 架け橋なら淋しいから RASA SAYANG GEH(RASA…) RASA SAYANG GEH その歌が大好きよ (RASA SAYANGSAYANG GEH) RASA SAYANG RASA SAYANG GEH ラララ… RASA SAYANG(RASA…) RASA SAYANG GEH (RASA SAYANG SAYANG GEH) RASA SAYANG RASA SAYANG GEH
3-Dのクリスマスカードもしも雪の国が 私のふるさとだったらいいな どうしても そして丘の上の レンガ造りの家ならばいいな 煙突が高ければいいな どこからでもわかる  屋根に上って遠くを見わたせば 空がシュガーをふるいにかけている イヴの夜までに間にあうように Christmas Cake  もしも雪の国に あなたと帰ってゆけたらいいな 二人して そしてドアを開けて 両親に会ってくれたらいいな ほほえんでテーブルについて プレゼントをほどく  汽車は凍った小川を横切って 広い銀色野原を急いでる まるで立体の Christmas card  それはあなたからもらったはじめての 不思議なカードの向こうの雪景色  屋根に上って遠くを見わたせば 空がシュガーをふるいにかけている  汽車は凍った小川を横切って 広い銀色野原を急いでる松任谷由実松任谷由実松任谷由実もしも雪の国が 私のふるさとだったらいいな どうしても そして丘の上の レンガ造りの家ならばいいな 煙突が高ければいいな どこからでもわかる  屋根に上って遠くを見わたせば 空がシュガーをふるいにかけている イヴの夜までに間にあうように Christmas Cake  もしも雪の国に あなたと帰ってゆけたらいいな 二人して そしてドアを開けて 両親に会ってくれたらいいな ほほえんでテーブルについて プレゼントをほどく  汽車は凍った小川を横切って 広い銀色野原を急いでる まるで立体の Christmas card  それはあなたからもらったはじめての 不思議なカードの向こうの雪景色  屋根に上って遠くを見わたせば 空がシュガーをふるいにかけている  汽車は凍った小川を横切って 広い銀色野原を急いでる
ずっとそばにゆれる海に潜るような 何もきこえない ひとりぼっちのとき きみはハンター もがきながら 宝物みつけ きっと戻って来る  かわってあげられぬ痛みが哀しいわ どんなに思っていても  たなびく夕映えの雲 私に 涙あふれさせてくれたかわりに そっと呼んで つらいならば 時を かけて行くわ  人は勝手ね 淋しいからよ きみらしいフォームでゆっくりと泳いで  疑うこともなく知り合う人々を “ともだち”と呼べた日々へ  ふりそそぐ8月の雨 私を はだしで笑わせてくれたかわりに そっと呼んで 胸の奥で ずっと そばにいるわ 今日も 明日も ずっと松任谷由実YUMI MATSUTOYAYUMI MATSUTOYAゆれる海に潜るような 何もきこえない ひとりぼっちのとき きみはハンター もがきながら 宝物みつけ きっと戻って来る  かわってあげられぬ痛みが哀しいわ どんなに思っていても  たなびく夕映えの雲 私に 涙あふれさせてくれたかわりに そっと呼んで つらいならば 時を かけて行くわ  人は勝手ね 淋しいからよ きみらしいフォームでゆっくりと泳いで  疑うこともなく知り合う人々を “ともだち”と呼べた日々へ  ふりそそぐ8月の雨 私を はだしで笑わせてくれたかわりに そっと呼んで 胸の奥で ずっと そばにいるわ 今日も 明日も ずっと
青春のリグレットGOLD LYLIC笑って話せるね そのうちにって握手した 彼のシャツの色がまぎれた人混み バスは煙り残し 小さく咳きこんだら 目の前が滲んだ黄昏  あなたが本気で見た夢を はぐらかしたのが苦しいの 私を許さないで 憎んでも覚えてて 今では痛みだけが真心のシルエット  ほんの三月(みつき)前は 指からめた交差点 今も横を歩く気がする  夏のバカンスを胸に秘め 普通に結婚してゆくの 私を許さないで 憎んでも覚えてて 今でもあなただけが 青春のリグレット  私を許さないで 憎んでも覚えてて 今では痛みだけが真心のシルエット  笑って話せるの それはなんて哀しい だってせいいっぱい愛した あなたを愛したGOLD LYLIC松任谷由実松任谷由実松任谷由実笑って話せるね そのうちにって握手した 彼のシャツの色がまぎれた人混み バスは煙り残し 小さく咳きこんだら 目の前が滲んだ黄昏  あなたが本気で見た夢を はぐらかしたのが苦しいの 私を許さないで 憎んでも覚えてて 今では痛みだけが真心のシルエット  ほんの三月(みつき)前は 指からめた交差点 今も横を歩く気がする  夏のバカンスを胸に秘め 普通に結婚してゆくの 私を許さないで 憎んでも覚えてて 今でもあなただけが 青春のリグレット  私を許さないで 憎んでも覚えてて 今では痛みだけが真心のシルエット  笑って話せるの それはなんて哀しい だってせいいっぱい愛した あなたを愛した
SAVE OUR SHIPいつからか沈黙に慣れていた二人 いく度も波にさらわれて 壊れかかった羅針盤 見ている  悲しんでいるのなら もう一度求めて Oh SAVE OUR SHIP 永遠に漂流する魂だから せめて今は強く抱いて 見えぬ未来を乗り越える SAVE OUR SHIP それぞれの光めざし  遠い日にそよ風をはらんだセイルは 破れた約束のように 暗礁で音をたててる かすかに  冴えわたる十字星 もう一度見上げて Oh SAVE OUR SHIP 限りある命の日々 燃やし合えたのが あなただからここまで来た 同じ誓いに離れゆく SAVE OUR SHIP よみがえる愛を積んで  Oh SAVE OUR SHIP 永遠に漂流する魂だから せめて今は強く抱いて 遥か未来を乗り越える SAVE OUR SHIP それぞれの光めざし  静けさに見つめ合う 寂しさが打ち寄せる  静けさに見つめ合う 寂しさが打ち寄せる松任谷由実松任谷由実松任谷由実いつからか沈黙に慣れていた二人 いく度も波にさらわれて 壊れかかった羅針盤 見ている  悲しんでいるのなら もう一度求めて Oh SAVE OUR SHIP 永遠に漂流する魂だから せめて今は強く抱いて 見えぬ未来を乗り越える SAVE OUR SHIP それぞれの光めざし  遠い日にそよ風をはらんだセイルは 破れた約束のように 暗礁で音をたててる かすかに  冴えわたる十字星 もう一度見上げて Oh SAVE OUR SHIP 限りある命の日々 燃やし合えたのが あなただからここまで来た 同じ誓いに離れゆく SAVE OUR SHIP よみがえる愛を積んで  Oh SAVE OUR SHIP 永遠に漂流する魂だから せめて今は強く抱いて 遥か未来を乗り越える SAVE OUR SHIP それぞれの光めざし  静けさに見つめ合う 寂しさが打ち寄せる  静けさに見つめ合う 寂しさが打ち寄せる
セイレーンWednesday 潮煙るノースショアに残した心 ずっと まだ今も待ってる あの大凪は  うねりの前ぶれ きみと漕いだ時間  ひとりにしないで 置いてゆかないで ついてゆくから 流されて行った 失くして行った 青春求め  セイレーン 舟乗りを惑わす哀しい声が ずっと まだ今もきこえる もう二度と  離さないと抱きしめ 離れないと言った  立ちはだかるように 青い壁のように せまる波に 砕け散っていった 粉々になった 夢のかけら  ずっと もう誰も愛せない 熱い記憶  真空のチューブを 滑り降りる予感  離さないと云った 離れないと云った 嵐の中で 砕け散っていった 粉々になった 夢のかけら  ひとりにしないで 置いてゆかないで ついてゆくから 流されて行った 失くして行った 青春求め  立ちはだかるように 青い壁のように せまる波に 砕け散っていった 粉々になった 夢のかけら松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaWednesday 潮煙るノースショアに残した心 ずっと まだ今も待ってる あの大凪は  うねりの前ぶれ きみと漕いだ時間  ひとりにしないで 置いてゆかないで ついてゆくから 流されて行った 失くして行った 青春求め  セイレーン 舟乗りを惑わす哀しい声が ずっと まだ今もきこえる もう二度と  離さないと抱きしめ 離れないと言った  立ちはだかるように 青い壁のように せまる波に 砕け散っていった 粉々になった 夢のかけら  ずっと もう誰も愛せない 熱い記憶  真空のチューブを 滑り降りる予感  離さないと云った 離れないと云った 嵐の中で 砕け散っていった 粉々になった 夢のかけら  ひとりにしないで 置いてゆかないで ついてゆくから 流されて行った 失くして行った 青春求め  立ちはだかるように 青い壁のように せまる波に 砕け散っていった 粉々になった 夢のかけら
Saint of Loveあなたを近くに感じる夜がなぜかあるの 岸辺に揺れてるボートが寄りそうより近く ああ なのに 心はあなたにつなげない  あなたを遠くに感じる夜がなぜかあるの 言葉も何も通じない世界の果てのよう ああ だから 心をあなたにつなげたい  愛して 愛して もっと愛し合えば いつかは答えがわかるのでしょうか  ああ なのに 心はあなたにつなげない  憎んで 憎んで もっと憎み合えば いつかはやすらぐことができますか  あなたと静かに流れる時を見つめてるの 二人が出会えた短いほんのひとときでも ああ だから あなたを死ぬほど愛したい松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoyaあなたを近くに感じる夜がなぜかあるの 岸辺に揺れてるボートが寄りそうより近く ああ なのに 心はあなたにつなげない  あなたを遠くに感じる夜がなぜかあるの 言葉も何も通じない世界の果てのよう ああ だから 心をあなたにつなげたい  愛して 愛して もっと愛し合えば いつかは答えがわかるのでしょうか  ああ なのに 心はあなたにつなげない  憎んで 憎んで もっと憎み合えば いつかはやすらぐことができますか  あなたと静かに流れる時を見つめてるの 二人が出会えた短いほんのひとときでも ああ だから あなたを死ぬほど愛したい
セシルの週末窓たたく風のそらみみでしょうか あなたからのプロポーズは 気まぐれに見つめそして離れてく ゆきずりでもよかったのに  そうよ下着は黒で 煙草は14から ちょっと待ってくれれば なんだってくすねて来たわ  今あなたに話すと遠い物語 本気でおこる不思議な人ははじめて  You say you want me. You want to marry me You say you want me. You want to marry me  そうさあの娘は素敵 でも一晩だけさ どうせチューイングガム つきあえるもの好きは誰  ほら二人で歩けば噂がきこえる みんな知らない変わりはじめた私を  忙しいパパと派手好きなママは 別の部屋でくらしている 今でも週末ねだりに行くけど もう愛しかいらない もうすぐ素直な娘におどろく 'Cause you say you want to marry me松任谷由実松任谷由実松任谷由実窓たたく風のそらみみでしょうか あなたからのプロポーズは 気まぐれに見つめそして離れてく ゆきずりでもよかったのに  そうよ下着は黒で 煙草は14から ちょっと待ってくれれば なんだってくすねて来たわ  今あなたに話すと遠い物語 本気でおこる不思議な人ははじめて  You say you want me. You want to marry me You say you want me. You want to marry me  そうさあの娘は素敵 でも一晩だけさ どうせチューイングガム つきあえるもの好きは誰  ほら二人で歩けば噂がきこえる みんな知らない変わりはじめた私を  忙しいパパと派手好きなママは 別の部屋でくらしている 今でも週末ねだりに行くけど もう愛しかいらない もうすぐ素直な娘におどろく 'Cause you say you want to marry me
雪月花ああ そんなに 眩しい目で みつめないで 昔 会った頃とは もう ちがってる 私達 ああ いろんなことがあった 離れてから 口に出して 言わなくても 微笑み合えたなら いいの 満ち欠ける 月のように 日々に姿が変わっても いつも あなただけは 私のことわかると信じていた ああ どんなに 夜を越えて 会いたかったか 死んだ方がましと思う 苦しさに名前を呼んだ 吹きすさぶ粉雪に ひとり閉ざされていても きっと 私だけは あなたのことわかると思った  春が来て 緑は萌えて 今日の景色もまぼろしになる そして また 冬が来るとき 今日の瞳に励まされる ああ そんなに やさしい目で みつめないで なつかしくて なつかしくて 涙が止まらなくなるの 満ちて来る 陽の光に 雪解けの音がきこえる やがて 哀しみにも時は流れ 海へと注いでゆく 哀しみにも時は流れ 海へと注いでゆく 喜びなら分かち合って いっしょに運んでゆこう松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoyaああ そんなに 眩しい目で みつめないで 昔 会った頃とは もう ちがってる 私達 ああ いろんなことがあった 離れてから 口に出して 言わなくても 微笑み合えたなら いいの 満ち欠ける 月のように 日々に姿が変わっても いつも あなただけは 私のことわかると信じていた ああ どんなに 夜を越えて 会いたかったか 死んだ方がましと思う 苦しさに名前を呼んだ 吹きすさぶ粉雪に ひとり閉ざされていても きっと 私だけは あなたのことわかると思った  春が来て 緑は萌えて 今日の景色もまぼろしになる そして また 冬が来るとき 今日の瞳に励まされる ああ そんなに やさしい目で みつめないで なつかしくて なつかしくて 涙が止まらなくなるの 満ちて来る 陽の光に 雪解けの音がきこえる やがて 哀しみにも時は流れ 海へと注いでゆく 哀しみにも時は流れ 海へと注いでゆく 喜びなら分かち合って いっしょに運んでゆこう
78ふるさと忘れない渡り鳥の群れは どこかに磁石を持ってる 見えない法則を人は神秘と呼び 操れるものを怪しむ  太古の昔に失くした全ての力を ここにとり戻す 生命をかけるほど何かを望むなら カーテンをあけてお入り  流れ流れの果て手にしたタロットは 黒いアラベスクの模様 太古の昔に失くした全ての力を ここにとり戻す 精霊を呼ぶ  78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 未来を示す  月の影法師をチョークで囲んだら それは宇宙の魔法陣 風のシルフィや大地のグノメ 火のサラマンデル 水のオンディーヌ 精霊を呼ぶ  78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 秩序は廻る 78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 未来を示す  78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 秩序は廻る 78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 未来を示す  78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 秩序は廻る 78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 未来を示す松任谷由実松任谷由実松任谷由実ふるさと忘れない渡り鳥の群れは どこかに磁石を持ってる 見えない法則を人は神秘と呼び 操れるものを怪しむ  太古の昔に失くした全ての力を ここにとり戻す 生命をかけるほど何かを望むなら カーテンをあけてお入り  流れ流れの果て手にしたタロットは 黒いアラベスクの模様 太古の昔に失くした全ての力を ここにとり戻す 精霊を呼ぶ  78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 未来を示す  月の影法師をチョークで囲んだら それは宇宙の魔法陣 風のシルフィや大地のグノメ 火のサラマンデル 水のオンディーヌ 精霊を呼ぶ  78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 秩序は廻る 78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 未来を示す  78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 秩序は廻る 78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 未来を示す  78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 秩序は廻る 78… 78… 絵札はさすらい 78… 78… 未来を示す
7TRUTHS 7LIES~ヴァージンロードの彼方で天使のようにやさしく近づき 悪魔のように ハートを盗んだ  だって私はあなたに会って 運命を感じてしまったから どんな卑劣な手を使ってでも 手に入れなきゃいけないと思った そして ついにあなたをGetした Wow wow wow  Seven lies 偽りでも True lies 誰かを本当に好きになったときから Wow wow wow wow Seven truths 真実に変わる 百万の味方になってついてゆく  天使がよそ見しているあいだに 悪魔がそっと 耳打ちしてった  たいした問題じゃないんだから 全部ぶちまけて楽になりなよ それともうまくやっていくために 死ぬまで隠しとおすつもりかい でも私はあなたを愛してる Wow wow wow  Seven lies 沈黙でも True lies 誰かを本当に守ろうとするなら Wow wow wow wow Seven truths 真実も越えて 輝きだす ヴァージンロードの彼方で  だって私はあなたに会って 運命を感じてしまったから どんな卑劣な手を使ってでも 手に入れなきゃいけないと思った 誰よりも強く強く思った Wow wow wow  Seven lies 持ってゆくの True lies 心に秘めた嘘はみんなあなたへの Wow wow wow wow Seven truths 愛ゆえの証 百万の味方になってついてゆく Seven lies 真実も越えて 輝きだす ヴァージンロードの彼方で松任谷由実松任谷由実松任谷由実天使のようにやさしく近づき 悪魔のように ハートを盗んだ  だって私はあなたに会って 運命を感じてしまったから どんな卑劣な手を使ってでも 手に入れなきゃいけないと思った そして ついにあなたをGetした Wow wow wow  Seven lies 偽りでも True lies 誰かを本当に好きになったときから Wow wow wow wow Seven truths 真実に変わる 百万の味方になってついてゆく  天使がよそ見しているあいだに 悪魔がそっと 耳打ちしてった  たいした問題じゃないんだから 全部ぶちまけて楽になりなよ それともうまくやっていくために 死ぬまで隠しとおすつもりかい でも私はあなたを愛してる Wow wow wow  Seven lies 沈黙でも True lies 誰かを本当に守ろうとするなら Wow wow wow wow Seven truths 真実も越えて 輝きだす ヴァージンロードの彼方で  だって私はあなたに会って 運命を感じてしまったから どんな卑劣な手を使ってでも 手に入れなきゃいけないと思った 誰よりも強く強く思った Wow wow wow  Seven lies 持ってゆくの True lies 心に秘めた嘘はみんなあなたへの Wow wow wow wow Seven truths 愛ゆえの証 百万の味方になってついてゆく Seven lies 真実も越えて 輝きだす ヴァージンロードの彼方で
September Blue Moonひとけない月影のアスファルト 空カンを蹴っているシルエット 話かけたら壊れそうで ガードレールに 腰かけてた 気がすんだならとなりに来てね  きみは September Blue Moon 今夜はひとりでふさぎ込んでる 過ぎた夏の日々に 悲しいこと考えたの きみは September Blue Moon 私でよければ近くにいるわ 灼けた膝の上で 手をつないでいたいから  眠そうなストアーのレジスター 自動ドアつれて来た秋の風 信号機が街角染めて 少しは気分もかわったら いつものように家に帰ろう  きみは September Blue Moon 今夜はセンチで魅力的なの ずっと見ているから これ以上沈まないで きみは September Blue Moon ゆっくり追いかけ歩いてゆくわ 二人だけの道を プラタナスくぐりながら  きみは September Blue Moon 私でよければ近くにいるわ 灼けた膝の上で 手をつないでいたいから  きみは September Blue Moon 今夜はセンチで魅力的なの ずっと見ているから これ以上沈まないで きみは September Blue Moon ゆっくり追いかけ歩いてゆくわ 二人だけの道を プラタナスくぐりながら  きみは September Blue Moon 今夜はひとりでふさぎ込んでる 過ぎた夏の日々に 悲しいこと考えたの松任谷由実松任谷由実松任谷由実ひとけない月影のアスファルト 空カンを蹴っているシルエット 話かけたら壊れそうで ガードレールに 腰かけてた 気がすんだならとなりに来てね  きみは September Blue Moon 今夜はひとりでふさぎ込んでる 過ぎた夏の日々に 悲しいこと考えたの きみは September Blue Moon 私でよければ近くにいるわ 灼けた膝の上で 手をつないでいたいから  眠そうなストアーのレジスター 自動ドアつれて来た秋の風 信号機が街角染めて 少しは気分もかわったら いつものように家に帰ろう  きみは September Blue Moon 今夜はセンチで魅力的なの ずっと見ているから これ以上沈まないで きみは September Blue Moon ゆっくり追いかけ歩いてゆくわ 二人だけの道を プラタナスくぐりながら  きみは September Blue Moon 私でよければ近くにいるわ 灼けた膝の上で 手をつないでいたいから  きみは September Blue Moon 今夜はセンチで魅力的なの ずっと見ているから これ以上沈まないで きみは September Blue Moon ゆっくり追いかけ歩いてゆくわ 二人だけの道を プラタナスくぐりながら  きみは September Blue Moon 今夜はひとりでふさぎ込んでる 過ぎた夏の日々に 悲しいこと考えたの
千一夜物語熱いキッスで夢中にさせる パーティーのクロークで ほんの暫く会わないうちに 私は変わったの  待って 何から始めましょう 昼も夜もずっと考えた こんなチャンスを  いつかあなたにふられた日から 魔法を手に入れた  もっと近くに顔を寄せて 私の目の奥に広がる 砂漠の星空  ラヴェンダーのため息で浮かんだカーペット あなたは好きだよとただくりかえす  本当の恋のA・B・Cを これから見せてあげる あなたがくれた眠れぬ日々と 涙のおかえしに  そっと手と手を合わせたなら 見えるでしょう ほらね燃えだした 不思議なランプ  アイヴォリーの指先で静かにこすったら あなたは煙になり吸い込まれる  月並みなプロポーズ 口にしたとたんに あなたはすべり落ち それでさよなら  熱いキッスで夢中にさせる 千一夜物語 いつかあなたにふられたときの 私はもういない  熱いキッスで夢中にさせる 歓んでおもいきり あなたがくれた眠れぬ日々と 涙のおかえしに  熱いキッスで夢中にさせる 千一夜物語 いつかあなたにふられたときの 私はもういない松任谷由実松任谷由実松任谷由実熱いキッスで夢中にさせる パーティーのクロークで ほんの暫く会わないうちに 私は変わったの  待って 何から始めましょう 昼も夜もずっと考えた こんなチャンスを  いつかあなたにふられた日から 魔法を手に入れた  もっと近くに顔を寄せて 私の目の奥に広がる 砂漠の星空  ラヴェンダーのため息で浮かんだカーペット あなたは好きだよとただくりかえす  本当の恋のA・B・Cを これから見せてあげる あなたがくれた眠れぬ日々と 涙のおかえしに  そっと手と手を合わせたなら 見えるでしょう ほらね燃えだした 不思議なランプ  アイヴォリーの指先で静かにこすったら あなたは煙になり吸い込まれる  月並みなプロポーズ 口にしたとたんに あなたはすべり落ち それでさよなら  熱いキッスで夢中にさせる 千一夜物語 いつかあなたにふられたときの 私はもういない  熱いキッスで夢中にさせる 歓んでおもいきり あなたがくれた眠れぬ日々と 涙のおかえしに  熱いキッスで夢中にさせる 千一夜物語 いつかあなたにふられたときの 私はもういない
卒業写真PLATINA LYLIC悲しいことがあると 開く皮の表紙 卒業写真のあの人は やさしい目をしてる  町でみかけたとき 何も言えなかった 卒業写真の面影が そのままだったから  人ごみに流されて 変わってゆく私を あなたはときどき 遠くでしかって  話しかけるように ゆれる柳の下を 通った道さえ今はもう 電車から見るだけ  あの頃の生き方を あなたは忘れないで あなたは私の 青春そのもの  人ごみに流されて 変わってゆく私を あなたはときどき 遠くでしかって あなたは私の 青春そのものPLATINA LYLIC松任谷由実荒井由実荒井由実悲しいことがあると 開く皮の表紙 卒業写真のあの人は やさしい目をしてる  町でみかけたとき 何も言えなかった 卒業写真の面影が そのままだったから  人ごみに流されて 変わってゆく私を あなたはときどき 遠くでしかって  話しかけるように ゆれる柳の下を 通った道さえ今はもう 電車から見るだけ  あの頃の生き方を あなたは忘れないで あなたは私の 青春そのもの  人ごみに流されて 変わってゆく私を あなたはときどき 遠くでしかって あなたは私の 青春そのもの
そのままひとりベットにすわって ぼんやりとどこかを見つめている 自分でもわからない 素晴らしいそして悲しい毎日が いろんな人に出会って いろんなところへ旅をした けれどいつも知らぬまに あなたのことを思い出していた  あなたの好きなものは ひとつ残らず言えるわ あなたの好きなものは ひとつ残らず言えるわ  鏡の前のすみれが きのうようやくひらきはじめた ずっとそのまま咲いていて あなたの心が変わらないように そのまま松任谷由実荒井由実荒井由実ひとりベットにすわって ぼんやりとどこかを見つめている 自分でもわからない 素晴らしいそして悲しい毎日が いろんな人に出会って いろんなところへ旅をした けれどいつも知らぬまに あなたのことを思い出していた  あなたの好きなものは ひとつ残らず言えるわ あなたの好きなものは ひとつ残らず言えるわ  鏡の前のすみれが きのうようやくひらきはじめた ずっとそのまま咲いていて あなたの心が変わらないように そのまま
空と海の輝きに向けて月のまなざしが まだ残る空に やさしい潮風が門出を告げる この人生の青い海原に おまえは ただひとり帆をあげる  遠い波の彼方に金色の光がある 永遠の輝きに生命のかじをとろう  果てない旅路にやすらぎを求めて いつしか かの胸にいかりをおろす 呼び合う世界で空と海が出会う おまえは歌になり流れていく  遠い波の彼方に金色の光がある 永遠の輝きに生命のかじをとろう  遠い波の彼方に金色の光がある 永遠の輝きに生命のかじをとろう松任谷由実荒井由実荒井由実月のまなざしが まだ残る空に やさしい潮風が門出を告げる この人生の青い海原に おまえは ただひとり帆をあげる  遠い波の彼方に金色の光がある 永遠の輝きに生命のかじをとろう  果てない旅路にやすらぎを求めて いつしか かの胸にいかりをおろす 呼び合う世界で空と海が出会う おまえは歌になり流れていく  遠い波の彼方に金色の光がある 永遠の輝きに生命のかじをとろう  遠い波の彼方に金色の光がある 永遠の輝きに生命のかじをとろう
Song For Bride高二の頃の あなたのままで 止まって見えたヴァージンロード こんな綺麗な あなただったと 彼より先に知ってた  預けたアルバムも 返せない手紙も これからもずっと持ってるわ もっと素敵になろうね  いつか話そう 今日の微笑み あなたの大事な人に  高二の頃に 描いた夢と 少しかたちは違うけど 友達でいて うれしいと思う そんなわたしでよかった  悩んでる時にも 信じていてくれる 彼とならきっと大丈夫 一緒に大人になれる  いつか話そう 今日の微笑み あなたの大事な人に  いつも消えない 光があるの わたしたちの心には松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya高二の頃の あなたのままで 止まって見えたヴァージンロード こんな綺麗な あなただったと 彼より先に知ってた  預けたアルバムも 返せない手紙も これからもずっと持ってるわ もっと素敵になろうね  いつか話そう 今日の微笑み あなたの大事な人に  高二の頃に 描いた夢と 少しかたちは違うけど 友達でいて うれしいと思う そんなわたしでよかった  悩んでる時にも 信じていてくれる 彼とならきっと大丈夫 一緒に大人になれる  いつか話そう 今日の微笑み あなたの大事な人に  いつも消えない 光があるの わたしたちの心には
SO HIGH瞬きしているうちに キスされた帰り道 ハートに羽根がはえて 空中に浮かんだの 届くかな 大きな月に ロールシャッハの模様みたいに 秘めた想いを映して  High,so high,so fly me to the moon 恋したってわかったの  臆病な私を運んで どこまでも高く  初めてのダイアリー 書きかけてふと止めた ついさっきの出来事 消えそうな夢みたい 窓あけて ため息ついて 季節を告げる夜風の香り 胸いっぱいに吸ったら  High,so high,so fly me to the moon 恋するって素敵なの ときめきに眠らない 列車乗り遅れぬように  雲の間にまたたく星が  ちょっと遠くのあなたの部屋に 同じウィンクを投げてる  High,so high,sofly me to the moon 恋したって云いたいの 今すぐ裸足のステップで 街じゅうを起こして  High,so high,so fly me to the moon 恋するって素敵なの  変わりだす私を運んで どこまでも高く松任谷由実松任谷由実松任谷由実瞬きしているうちに キスされた帰り道 ハートに羽根がはえて 空中に浮かんだの 届くかな 大きな月に ロールシャッハの模様みたいに 秘めた想いを映して  High,so high,so fly me to the moon 恋したってわかったの  臆病な私を運んで どこまでも高く  初めてのダイアリー 書きかけてふと止めた ついさっきの出来事 消えそうな夢みたい 窓あけて ため息ついて 季節を告げる夜風の香り 胸いっぱいに吸ったら  High,so high,so fly me to the moon 恋するって素敵なの ときめきに眠らない 列車乗り遅れぬように  雲の間にまたたく星が  ちょっと遠くのあなたの部屋に 同じウィンクを投げてる  High,so high,sofly me to the moon 恋したって云いたいの 今すぐ裸足のステップで 街じゅうを起こして  High,so high,so fly me to the moon 恋するって素敵なの  変わりだす私を運んで どこまでも高く
So long long ago涙 枯れるくらい泣いても ぬけ出せなかった 痛みだったのに 或る朝 空をふと見上げたとき 忘れていた私がいた  瞬くまに流れ去るホームには 消え残る雪が眩しく浮かんでた 私は何を置いて来たんだろう ドアに映る顔の向う  It's so long long ago いつからあなたをなつかしく思えるの Time goes time after time 淋しさを過ぎればやさしさだけ見えて来るの  止まったままだった時計と 新しい靴と いつもの電車で 私は何を卒業してくの ドアが開く 風の中へ  It's so long long ago いつかはきのうも輝きに溶けだすの Time goes time after time 明日を夢見れば 幸せだけ祈れるの  あなたをずっと待っている私 ドアに映る  It's so long long ago いつからあなたをなつかしく思えるの Time goes time after time 淋しさを過ぎればやさしさだけ見えて来るの  It's so long long ago いつかはきのうも輝きに溶けだすの Time goes time after time 明日を夢見れば 幸せだけ祈れるの松任谷由実松任谷由実松任谷由実涙 枯れるくらい泣いても ぬけ出せなかった 痛みだったのに 或る朝 空をふと見上げたとき 忘れていた私がいた  瞬くまに流れ去るホームには 消え残る雪が眩しく浮かんでた 私は何を置いて来たんだろう ドアに映る顔の向う  It's so long long ago いつからあなたをなつかしく思えるの Time goes time after time 淋しさを過ぎればやさしさだけ見えて来るの  止まったままだった時計と 新しい靴と いつもの電車で 私は何を卒業してくの ドアが開く 風の中へ  It's so long long ago いつかはきのうも輝きに溶けだすの Time goes time after time 明日を夢見れば 幸せだけ祈れるの  あなたをずっと待っている私 ドアに映る  It's so long long ago いつからあなたをなつかしく思えるの Time goes time after time 淋しさを過ぎればやさしさだけ見えて来るの  It's so long long ago いつかはきのうも輝きに溶けだすの Time goes time after time 明日を夢見れば 幸せだけ祈れるの
続 ガールフレンズ複雑な気持ちよ あなたがいちばん先に 結婚してゆくなんて 前の彼のときも 旅行中のアリバイ みんなで作ってあげたのに 今度も まとまらないと云ってたくせに なにさ ひとり 勝手に オメデトウ 明日 晴れやかなミセス もう どこかのばかなやつのもの  こんな長電話も もうできなくなるけど いいわ おしかけるから Year Book 出して ページめくればそこに すました女の子達 さよなら 涙ぐんでも 舌を出してる あなた ずっと ラッキーよ オメデトウ 明日 教会で会ったなら 私の方が泣いてしまう  うしろ向き 目をつむり 青いブーケを ゆっくりとほおり投げて 私達に  ありきたりだけど素晴しいストーリィ 第2章の出だしをよろしく オメデトウ 明日 晴れやかなミセス 名前変わるあなたがヒロインよ松任谷由実松任谷由実松任谷由実複雑な気持ちよ あなたがいちばん先に 結婚してゆくなんて 前の彼のときも 旅行中のアリバイ みんなで作ってあげたのに 今度も まとまらないと云ってたくせに なにさ ひとり 勝手に オメデトウ 明日 晴れやかなミセス もう どこかのばかなやつのもの  こんな長電話も もうできなくなるけど いいわ おしかけるから Year Book 出して ページめくればそこに すました女の子達 さよなら 涙ぐんでも 舌を出してる あなた ずっと ラッキーよ オメデトウ 明日 教会で会ったなら 私の方が泣いてしまう  うしろ向き 目をつむり 青いブーケを ゆっくりとほおり投げて 私達に  ありきたりだけど素晴しいストーリィ 第2章の出だしをよろしく オメデトウ 明日 晴れやかなミセス 名前変わるあなたがヒロインよ
TYPHOON風の音で目覚めた夜明けは薄明かり あなたの肩にかけるシーツ そっと腕をのばしてラジオをつけましょうか もうそこまで来たタイフーン  ブラインドのすきまの空は不思議な色 厚い雲が動いてゆくわ 銀色の草も木も妖しくゆれはじめて もう すぐに外はタイフーン  あの夏の島の苦しい潮の香り ここへ ここへ ここへ  あなたがお茶を飲んでさよなら云う頃は この部屋もひどい雨の中 ちっぽけな町じゅうが止まってしまえばいい 今日はどこへも行かせないわ  あの夏の恋の苦しいときめきを ひとり ひとり ひとり  私の胸の奥に生まれた台風が シーツの海を吹いてゆくの 哀しくてこわいから あなたを離さないわ もう すぐに外はタイフーン松任谷由実松任谷由実松任谷由実風の音で目覚めた夜明けは薄明かり あなたの肩にかけるシーツ そっと腕をのばしてラジオをつけましょうか もうそこまで来たタイフーン  ブラインドのすきまの空は不思議な色 厚い雲が動いてゆくわ 銀色の草も木も妖しくゆれはじめて もう すぐに外はタイフーン  あの夏の島の苦しい潮の香り ここへ ここへ ここへ  あなたがお茶を飲んでさよなら云う頃は この部屋もひどい雨の中 ちっぽけな町じゅうが止まってしまえばいい 今日はどこへも行かせないわ  あの夏の恋の苦しいときめきを ひとり ひとり ひとり  私の胸の奥に生まれた台風が シーツの海を吹いてゆくの 哀しくてこわいから あなたを離さないわ もう すぐに外はタイフーン
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 祝福
  2. Tot Musica
  3. 新時代
  4. ウタカタララバイ
  5. 紫苑

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. あなたに捧ぐ33のこと
  3. ELEVEN -Japanese ver.-
  4. Wish
  5. 445

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照