川景色

この曲の表示回数 23,764
歌手:

松任谷由実


作詞:

YUMI MATSUTOYA


作曲:

YUMI MATSUTOYA


川風は草を吹いて
ボンネットをすべって行った いくども
初夏の日は車とめて
腕の中で野球を見ていたわ

水面がまぶしすぎて
なさけない顔になる
あなたが好き
あなただけが大事だった素敵な季節

じっとしてね ちょっとだけ
光と影ゆらさずに
恋が消えてしまったら
この景色も消えるから

切りたての髪をおさえ
今日も強い風の堤防おりれば
想い出はとび石の数
たぐりながら渡って向う岸

流れが音をたてて
足元あやうくする
あなたのあと
あなただけについて行った夢中の季節

ときめいてね ときどきは
私のこと考えて
恋が過ぎてしまっても
この川辺を走るなら

じっとしてね ちょっとだけ
光と影ゆらさずに
恋が消えてしまったら
この景色も消えるから

ときめいてね ときどきは
私のこと考えて
恋が過ぎてしまっても
この川辺を走るなら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:川景色 歌手:松任谷由実

松任谷由実の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-02-24
商品番号:TOCT-10647
EMI Records Japan

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP