試聴する

素顔

この曲の表示回数 7,566
歌手:

岡崎律子


作詞:

岡崎律子


作曲:

岡崎律子


いつか こんな日がくること
昨日までと違う
うまく笑えないのは なぜ
空がまぶしすぎて

まっすぐに飛び込んで
腕の中 私だけ
ここでなら泣いていい
がまんしないでいいよ と言って

思うようにやればいいよ
そんな君を愛す
それは とてもやさしいけど
どこか孤独にする

そのままでいいんだと
笑うから うれしくて
大好きと思うから
苦しくもなる 恋をしてる

まっすぐに走るから
その瞳に映してて
昨日より 今よりも
きっと新しい笑顔でいる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:素顔 歌手:岡崎律子

岡崎律子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-02-05
商品番号:KICA-591
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP