Masataka Matsutoya編曲の歌詞一覧リスト  77曲中 1-77曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
77曲中 1-77曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
守ってあげたいJUJUJUJU松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya初めて 言葉を交した日の その瞳を 忘れないで いいかげんだった 私のこと 包むように 輝いていた  遠い夏 息をころし トンボを採った もう一度あんな気持で 夢をつかまえてね So, you don't have to worry, worry, 守ってあげたい あなたを苦しめる全てのことから 'Cause I love you, 'Cause I love you.  このごろ沈んで 見えるけれど こっちまで ブルーになる 会えないときにも あなたのこと 胸に抱いて 歩いてる  日暮れまで土手にすわり レンゲを編んだ もう一度 あんな気持で 夢を形にして So, you don't have to worry, worry, 守ってあげたい 他には何ひとつできなくてもいい 'Cause I love you, 'Cause I love you.  So, you don't have to worry, worry, 守ってあげたい あなたを苦しめる全てのことから
ダンデライオン ~ 遅咲きのたんぽぽJUJUJUJU松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya夕焼けに小さくなる くせのある歩き方 ずっと手をふり続けていたいひと  風に乗り飛んで来た はかない種のような 愛はやがて来る冬を越えてゆく  きみはダンデライオン 傷ついた日々は 彼に出逢うための そうよ 運命が用意してくれた 大切なレッスン 今 素敵なレディになる  つみとってささげたら ひとに笑われそうな 私にできる全てをうけとって  ふるさとの両親が よこす手紙のような ぎこちないぬくもりほど泣きたくなる  きみはダンデライオン 本当の孤独を 今まで知らないの とても幸せな淋しさを抱いて これから歩けない 私はもう あなたなしで  とても幸せな淋しさを抱いて これから歩けない 私はもう あなたなしで
真珠のピアスJUJUJUJU松任谷由実松任谷由実Masataka MatsutoyaBroken heart 最後の夜明け 彼のベッドの下に片方捨てた Ah…真珠のピアス  肩にアゴをのせて耳元でささやくわ 私はずっと変わらない 背中にまわす指の力とはうらはらな あなたの表情が見たい  もうすぐかわいいあの女と 引越しするとき気づくでしょう  Broken heart 最後のジェラシー そっとベッドの下に片方捨てた Ah…真珠のピアス  古ぼけた広告でヒコーキを折ってみる 高台の部屋の案内 いつか住もうと云って微笑んだあの夢へ せめてヒラリと飛んでゆけ  どこかで半分失くしたら 役には立たないものがある  Broken heart それはあのとき 蒼い心の海にひとつぶ投げた Ah…真珠のピアス  Broken heart 最後の夜明け Broken heart 最後のジェラシー  Broken heart 最後の夜明け Broken heart 最後のジェラシー
影になってJUJUJUJU松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaなんて不思議な光を浮かべた霧の夜なの どこへ続くの 街路樹の影たち  指が痛いほど 残らずダイヤルしたけど 呼びだしの音だけが耳の底にくりかえす こんなときはすぐにワードローブちらかし くたびれたシャツを選んで 外へ出てゆこう 少し背中まるめ 踊るように歩こう  最終の電車が響き残して流れた いちばんなつかしい遠いイメージのように 冷えだした手のひらで包んでる紙コップは ドーナツ屋のうすいコーヒー 真夜中は全てが媚びることもなく それでいてやさしい  むかし確かにどこかで出逢った一枚のネガ 淋しい心から きみを自由にする かるく透き通らせて むかし確かにどこかで出逢った一枚のネガ 淋しい心から きみを自由にする かるく透き通らせて  なんて不思議な なんて不思議な霧の夜なの どこへ続くの 街路樹の影たち
街角のペシミストJUJUJUJU松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya8時のロッカー 袋をかかえ 彼女はみんなとスタジオで別れる 少し濃いめにメイクを直し なぜか足がむくあのディスコ  午前1時 空は星も見えない 時は止まり このままがいい 不安な明日をダブルで飲み干す みんな街角のペシミスト  名前も知らぬ誰かの部屋で 土曜の朝を迎えることもある 故郷の冬を歩きたくなる けれど平凡だけはいやよ  どこへ行くのあなた 胸にくすぶる 夢の炎 他人は消せない 不安な明日を笑いとばしても みんな街角のペシミスト  アスファルトをひたす あのネオンと影の渦は 変わらないけど 娘たちはやがて 踊りすぎた金曜日を 卒業してゆく  どこへ行くのあなた 胸にくすぶる 夢の炎 他人は消せない 不安な明日を笑いとばしても みんな街角のペシミスト 午前1時 空は星も見えない 時は止まり このままがいい 不安な明日を笑いとばしても みんな街角のペシミスト
鍵穴JUJUJUJU松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaあなたの鍵でしか開かない 汚れた部屋の隅で 鎖に繋がれてる 甘い罠 嵌った時から 逃げることもできない 私はあなたのもの  つれていって I want you baby. I want you baby. (hmu...)そっと 目隠しして Don't ever leave me. Don't ever leave me. (hmu…) 夢の中へ  あなたのだらしない優しさ 憎むことも忘れて 飼い馴らされてゆくの ジェラシーは床に溶け出して 足元を滑らせて 歩くこともできない  刻みつけて I want you baby. I want you baby. (hmu…)強く あなたの手で Don't ever leave me. Don't ever leave me. (hmu…) 消えぬように  もっともっと奪って どんなどんな自由も あなたの他に向ける愛も もっともっと縛って 嵐狂う心で あなたの名前を叫ぶわ そして私はあなただけのものになる  つれていって I want you baby. I want you baby. (hmu...)そっと 目隠しして Don't ever leave me. Don't ever leave me. (hmu…) 夢の中へ  もっともっと奪って どんなどんな自由も あなたの他に向ける愛も もっともっと縛って 嵐狂う心で あなたの名前を叫ぶわ もっともっと奪って どんなどんな自由も あなたの他に向ける愛も もっともっと縛って 嵐狂う心で あなたの名前を叫ぶわ そして私はあなただけのものになる
TYPHOONJUJUJUJU松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya風の音で目覚めた夜明けは薄明かり あなたの肩にかけるシーツ そっと腕をのばしてラジオをつけましょうか もうそこまで来たタイフーン  ブラインドのすきまの空は不思議な色 厚い雲が動いてゆくわ 銀色の草も木も妖しくゆれはじめて もう すぐに外はタイフーン  あの夏の島の苦しい潮の香り ここへ ここへ ここへ  あなたがお茶を飲んでさよなら云う頃は この部屋もひどい雨の中 ちっぽけな町じゅうが止まってしまえばいい 今日はどこへも行かせないわ  あの夏の恋の苦しいときめきを ひとり ひとり ひとり  私の胸の奥に生まれた台風が シーツの海を吹いてゆくの 哀しくてこわいからあなたを離さないわ もう すぐに外はタイフーン
リフレインが叫んでるJUJUJUJU松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaどうして どうして僕たちは 出逢ってしまったのだろう こわれるほど抱きしめた 最後の春に見た夕陽は うろこ雲照らしながら ボンネットに消えてった  ひき返してみるわ ひとつ前のカーブまで いつか海に降りた あの駐車場にあなたがいたようで どうして どうして私達 離れてしまったのだろう あんなに愛してたのに 岬の灯冴えはじめる 同じ場所に立つけれど 潮風 肩を抱くだけ  すりきれたカセットを久しぶりにかけてみる 昔気づかなかった リフレインが悲しげに叫んでる どうして どうしてできるだけ やさしくしなかったのだろう 二度と会えなくなるなら 人は忘れられぬ景色を いくどかさまよううちに 後悔しなくなれるの  どうして どうして僕たちは 出逢ってしまったのだろう こわれるほど抱きしめた  どうして どうして私達 離れてしまったのだろう あんなに愛してたのに  どうして どうしてできるだけ やさしくしなかったのだろう 二度と会えなくなるなら  どうして どうして僕たちは 出逢ってしまったのだろう こわれるほど抱きしめた
DESTINYJUJUJUJU松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaホコリだらけの車に指で書いた True love, my true love 本当に愛していたんだと あなたは気にもとめずに走りだした True love, my true love 誰かが待ってたから  冷たくされて いつかは みかえすつもりだった それからどんな人にも 心をゆるせず  今日わかった また会う日が 生きがいの 悲しいDestiny  緑のクウペが停まる 雲を映し Sure love, my true love 昔より遊んでるみたい みがいた窓をおろして口笛ふく Sure love, my true love 傷あとも知らないで  冷たくされて いつかは みかえすつもりだった それからどこへ行くにも 着かざってたのに  どうしてなの 今日にかぎって 安いサンダルをはいてた  どうしてなの 今日にかぎって 安いサンダルをはいてた (今日わかった)空しいこと むすばれぬ 悲しいDestiny
雨の街をJUJUJUJU荒井由実荒井由実Masataka Matsutoya夜明けの雨はミルク色 静かな街に ささやきながら 降りて来る 妖精たちよ  誰かやさしくわたしの 肩を抱いてくれたら どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそう  庭に咲いてるコスモスに 口づけをして 垣根の木戸の鍵をあけ 表に出たら  あなたの家まですぐに おはようを言いにゆこう どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそうよ  夜明けの空はブドウ色 街のあかりを ひとつひとつ消していく 魔法つかいよ  いつか眠い目をさまし こんな朝が来てたら どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそうよ 誰かやさしくわたしの 肩を抱いてくれたら どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそう 誰かやさしくわたしの 肩を抱いてくれたら どこまでも遠いところへ 歩いてゆけそう
ひこうき雲JUJUJUJU荒井由実荒井由実Masataka Matsutoya白い坂道が空まで続いていた ゆらゆらかげろうが あの子を包む 誰も気づかず ただひとり あの子は昇っていく 何もおそれない、そして舞い上がる  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲  高いあの窓で あの子は死ぬ前も 空を見ていたの 今はわからない ほかの人には わからない あまりにも若すぎたと ただ思うだけ けれど しあわせ  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲  空に憧れて 空をかけてゆく あの子の命はひこうき雲
卒業写真JUJUJUJU荒井由実荒井由実Masataka Matsutoya悲しいことがあると開く皮の表紙 卒業写真のあの人はやさしい目をしてる  町でみかけたとき 何も言えなかった 卒業写真の面影がそのままだったから  人ごみに流されて変わってゆく私を あなたはときどき遠くでしかって  話しかけるようにゆれる柳の下を 通った道さえ今はもう電車から見るだけ  あの頃の生き方をあなたは忘れないで あなたは私の青春そのもの  人ごみに流されて変わってゆく私を あなたはときどき遠くでしかって  あなたは私の青春そのもの
Good! Morning松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実MASATAKA MATSUTOYASong bird かごの中 きみは歌を忘れてる Wake up! いくら呼んでも ベッドの底に沈んだまま  目覚ましが鳴っている 宅急便は走ってる メッセージが届いてる 地球は回っている  Good! morning どんな天気でも かならず朝はやって来る Good! morning 忘れていたってかならず今日は過去になる  Blind bird 暗いニュース チャンネル合わせ続ける なぜ いつまでそんなに 自分を痛めつづけてるの  きみは夢見ているの 苦しみの無い世界 まだ気づいていないの 悩みも大事な good friend  Good! morning どんな気分でも 新しい朝が始まる Good! morning 未来にいちばん近い1日が始まる  Good! morning どんな天気でも かならず朝はやって来る Good! morning 忘れていたってかならず今日は過去になる
1920松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実MASATAKA MATSUTOYAアネモネ色の溜息 落とし 宵の靄が歩きだす 振り子時計は時を歪ませて カードを配ってゆく  アントワープの静かなオリンピック 空席だらけのコロシアム テニスコートの孤独なギャツビーは どんな野望に敗れたの  かならず 帰る きみのもとへ もっと強くなって もしも 過ぎ去った日々が もう遅いと言っても  セピア色した写真の中の 恋人たちが語りだす やがて彼女は群衆にもまれ 彼の船に手をふった  かならず 帰る きみのもとへ もっと強くなって それは消えることのない 愛の誓いだった  かならず わかる ふり返れば 何を追いかけたか それは変わることのない あと100年経っても  振り子時計は時を歪ませ カードを配り続ける 私は何を見ているのだろう 今とあのときのあいだに
ノートルダム松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実MASATAKA MATSUTOYAいつまでも この胸に いつまでも 消えない  出会った日を覚えている 天使たちがはにかんでた こんな世界に たったひとり 私を見てるあなたがいた  見なれた河畔の橋の向こうで 鐘が鳴り響いた  それは 残酷な愛の始まり それが 宿命とも知らずに いつしか 惹かれ合い 愛し合った 燃え上がる炎みたいに いつまでも 消えない  歩きだそう 歩いてゆこう 行き止まりと分かってても 思い込んで 信じ込んで 力尽きて倒れるまで  重なる白骨を引き離すとき 砂になって崩れる  それは 美しい愛の結末 たとえ 全て朽ち果てても かならず また会える またどこかで あなたを待ってる この胸に いつまでも 消えない  歩きだそう 歩いてゆこう 歩きだそう 誰もいないこの世界を 歩いてゆこう  歩きだそう 歩いてゆこう 歩きだそう 誰もいないこの世界を 歩いてゆこう  それは 残酷な愛の始まり それが 宿命とも知らずに いつしか 惹かれ合い 愛し合った 燃え上がる炎みたいに いつまでも 消えない いつまでも この胸に いつまでも 消えない いつまでも この胸に どこまでも (歩いてゆこう)
離れる日が来るなんて松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実MASATAKA MATSUTOYA離れる日が来るなんて 考えもしなかった どこまでも続く道を 走っている気がした  いつか観た映画の結末に きみと笑ったね そんなことあるわけ ないよと  白い息が消える空 明(さや)けく星の光 この世に生まれ 出会って 離れてゆく 二人は  いつか目を閉じて 懐しむだろう きみと旅した いろんな微笑みや涙を  明日はどこへ行くのか 今はわからないけど もしも迷ったら遠くで 思い出す  ああ 雪の後の 夜明け前の 誰もいない街 きみのいない 夢の中に 残されて  離れる日が来るなんて 考えもしなかった どこまでも続く道を 走っている  白い息が消える空 明(さや)けく星の光 この世に生まれ 出会って 離れてゆく 二人は
雪の道しるべ松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実MASATAKA MATSUTOYA磁石が止まった瞬間 あなたがいるのがわかった 時の足音が 吸い込まれてった 雪晴れの光の中へ  私に振り向いた影が 笑っているのだけわかった あのときそこから 動けなくなった 眩しくて指を翳した  流れるスクリーンのように 掠れる思い出 確かめたくて あなたに今 会いにゆく  いつかは溢れる記憶も 残さず覚えておきたい ある日立ち止まり 何もないことに 突然 気づいたとしても  消えゆく雪の道しるべ 辿れば必ず見えて来るはず あなたに今 会いにゆく  遠い山並みに響く鳥の声 私は今あなたを愛している  流れるスクリーンのように 掠れる思い出 確かめたくて 消えゆく雪の道しるべ 辿れば必ず見えて来るはず あなたに今 会いにゆく
NIKE ~ The goddess of victory松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実MASATAKA MATSUTOYA逆巻く雲が割れて 一条の光 ゴールまでのルートを 教えている たったひとりで落ちてゆくよ 君のもとへと このチャンスを決して 逃しはしない  今 会いにゆくよ 全て 捧げるよ 怖れも 迷いも みんな消え去り 雪煙 上げて 銀の矢になって 射止める 君は N I K E  神に恋した者は 引き返せない 消えぬ炎 胸に あの丘目指す あの日に見た ゴーグル越しの 君の微笑み 早く来てと 遠くで 呼んでいるよ  今 会いにゆくよ ただ 駆け抜けるよ 情熱と冷静が ひとつに溶け 雪煙 上げて クロノスに乗って 勝ち取る 女神 N I K E  今 会いにゆくよ 全て 捧げるよ 怖れも 迷いも みんな消え去り 雪煙 上げて 銀の矢になって 射止める 君は N I K E
What to do ? waa woo松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実MASATAKA MATSUTOYA新しい自転車で 海辺 とばしているの 最後のメッセージ 返信をまだ迷っているの  What to do? waa woo waa woo waa What to do? waa woo waa woo waa What to do? waa woo waa woo waa What to do? waa 信じられない  空を飛ぶくらいに ペダル 漕ぎ続けるの 出来るだけ遠ぉくへ 何も考えないように  What to do? waa woo waa woo waa What to do? waa woo waa woo waa What to do? waa woo waa woo waa What to do? waa どこへ行くの  忘れてしまいたい痛み 忘れたくない悔しさに 涙で雲が滲んでも 風がさらう  ポツリ 降り出した雨 先はきっとどしゃぶりね 可笑しくて笑っちゃう 笑ってるのに なぜ 泣いてるの  What to do? waa woo waa woo waa What to do? waa woo waa woo waa What to do? waa woo waa woo waa What to do? waa どこへ行くの  What to do? waa woo waa woo waa What to do? waa woo waa woo waa What to do? waa woo waa woo waa What to do? waa 行き止まりよ
散りてなお松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実MASATAKA MATSUTOYAさらさらと枯れさわぐ 川原ゆく光と影 今はなき故郷と 同じ匂いの風わたる  目を閉じればすぐ会える 巡り来る春に  散りてなお 咲いている 君の面影胸に またひとり歩き出す 金色に頬を染めて  過ぎし日の約束は 叶うことなくほどけて 今もまだ揺れている 心の水面さざめかせ  手を伸ばせばふれられる 時の後ろ髪  いつの日か帰らむと 想い描く景色は 現し世に もう無いのに 誰も消し去れはしない  いつか来た道をたどり 橋渡れば 何事もない賑わいに紛れ 忘れゆく  散りてなお 咲いている 君の面影胸に またひとり歩き出す 金色に頬を染めて  いつの日か帰らむと 想い描く景色は 現し世に もう無いのに 誰も消し去れはしない
REBORN ~ 太陽よ止まって松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実MASATAKA MATSUTOYAくたびれたTシャツで 浜辺に座って 消える星見てた きみは裸足になって 朝焼けの海へ 踊るように歩く whoo 眩しい光に包まれ 溶けてく影  砂に書いた文字が 炙り絵のように 浮かび上がるとき 濡れた髪のままで きみがつぶやけば 愛のうたになる  一度しか言わないよ 少しだけ そばに来て 耳寄せて 波音よ消えて 汐風よ凪いで 昇る太陽よ止まって  Born Born Reborn Bon Bon yah Reborn Born Born Reborn Bon Bon yah Reborn Bon Born Born Reborn Bon Bon yah Reborn Born Born Reborn Bon Bon yah Reborn Bon  きみはサンバに乗って 生まれ変わるだろう なりたい何かに 羽根飾りを揺らし 楽園へ誘う 褐色の女神 whoo 眩しい光を残して すっかり朝
深海の街松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実MASATAKA MATSUTOYA夜の海を泳ぐ 君は何処へと辿り着くの 月は青く揺れる 無限の鏡の彼方の夜明けを信じて  聞こえてる 切れ切れの ノイズの中から 目を覚ます 駆り立てる 孤独の呼び声 ゆっくりと 君は呼吸する  渡り鳥の群れが 君の頭上を横切ってゆく 雲は暗く流れ 星座の形の向こうの光に照らされ  飛んでゆく 渾身の ストロークに乗って 弧を描く 繰り返す 飛沫を奏でる 何ひとつ阻むものはない  聞こえてる 切れ切れの ノイズの中から 目を覚ます 駆り立てる 孤独の呼び声 ゆっくりと 君は背を向ける  帰らないと言った 出逢う以前のあのふたりに 待っていると答えた 君の帰りを永遠に
宇宙図書館松任谷由実松任谷由実YUMINGYUMINGMASATAKA MATSUTOYA棚の隅に眠っていた 遠い日々の贈り物 今 私が開くように あなたがのこしたメッセージ 光りの塵 射し込む窓 ほおづえつき 読みだせば 目を覚ました文字たちが 踊り始める  夢の中のあなたは あの日と変わらず まだ幼い私を抱きしめてくれる いつのまにか眠っていた 冬の午後は過ぎてゆく ただ 涙の跡だけを ページに記して  夢の中であなたは なつかしい服着て 忘れていた未来を教えてくれる  棚の隅に戻しておこう 遠い日々の宝物 愛の心失くしたとき 取り出せるように  いつの日にか また逢えたら 微笑むように
残火松任谷由実松任谷由実YUMINGYUMINGMASATAKA MATSUTOYA降り続く雨の 彼方の空遠く 時折瞬く ストロボのような雲 あれは花火 それとも夢 消し忘れた残火 どこかでまだ 私のこと呼んでいるの  いつか きみに会いたい せめて もう一度 きみの 声が聞きたい いつか きみに会いたい  やがて雨粒は 激しく地を叩く まるで子供たちが 遊ぶ声のように もう会えない そんなことは わかっているはずなのに ふりかえれば そこにきみが今もいるの  いつか きみと会いたい 愛は 消えない なぜか どうしようもなく いつか きみと会いたい  いつか きみに会いたい せめて もう一度 きみの 声が聞きたい いつか きみに会いたい  いつか きみと会いたい 愛は 消えない なぜか どうしようもなく いつか きみと会いたい  いつか きみに会いたい いつか かならず いつか 時を超えて いつか きみに会いたい
Sillage~シアージュ松任谷由実松任谷由実YUMINGYUMINGMASATAKA MATSUTOYA夏の 微笑み なぜ すぐにまた 会えるのに 何かが変わってしまったのね  時の 残り香 まだ 陽は高く耀いて 傾く気配もないままに  風に舞うバンダナを追いかけて  海の底のような空 吸い込まれる私たち 滲んでゆく文字のように 何も言わないで 手をつないでいて  秋の ささやき(shadow of your smile) 見落とすことも出来たのに 心が気づいてしまったから  すれ違うジェット機のロザリオ  深い意味はなかったの 過去みたいにきこえたら ふと言葉に乗せたとき みんなつかめない 雲のように溶け  海の底のような空 吸い込まれる私たち 滲んでゆく文字のように 何も言わないで 手をつないでいて
AVALON松任谷由実松任谷由実YUMINGYUMINGMASATAKA MATSUTOYA明けやらぬ空に 息は白く 魂はすでに駆けている 世界が目醒める前の夢の中 青い翼 広げて  還り来ぬ日々を 嘆くなかれ 残されしものに 力を見よ 苦しみの末に きみを解き放て 永遠を刻め 自由に  輝く草原 高鳴る鼓動 いつか見たまま 胸に在るまま  きみが呼んでる 声が聞こえる それは今だと それはここだと  東の地平が燃え出すとき きみは目を閉じて走りだす 栄光はそこにあると信じながら 永遠を目指す アヴァロン  たなびく青雲 脈打つ生命 いつか見たまま 我に在るまま  輝く草原 高鳴る鼓動 いつか見たまま 胸に在るまま  たなびく青雲 脈打つ生命 いつか見たまま 我に在るまま  輝く草原 いつか見たまま 胸に在るまま
あなたに会う旅松任谷由実松任谷由実YUMINGYUMINGMASATAKA MATSUTOYAセーターで拭いたガラスを流れる景色 きらきら粉雪踊ってる 今は寂れた駅を見送りながら あなたを思い出してる  憎らしい顔つくって 窓に映した ときどきひどい喧嘩をした こんな私のことも好きだと言った あなたが 無性に恋しい  時の列車は走る なつかしい歌を乗せて 時はただ先へ進んでゆく 忘れることも忘れて  いつからゆられているか 覚えていない いくつも トンネル抜けてきた もしも終着駅があるとするなら それはいつのことだろう  時の流れを止めて あふれる涙を止めて 時はただ先へ進んでゆく 忘れることも忘れて
星になったふたり松任谷由実松任谷由実YUMINGYUMINGMASATAKA MATSUTOYA私はさみしかっただけ あなたは遊びたかっただけ 二度と会わなくなったって よかった  けれど 星屑が回り 虹色の泡が降って 突然 迷子になっていた  あのイントロが響いたら 思わず手をとりあった 周りのすべてが 消え去って もう離れたくない ふたりは恋に落ちた  私は夢見てたかった あなたは違う夢見てた 思えば あの日が最後の夜だった  いつか 星屑は止まり くすんだ欠片になって どこかへ散ってしまっていた  あのイントロを聞くたびに 思わず耳ふさいだ 恥ずかしいくらい 懐かしい でも忘れたくない ふたりは星になった  星になった そしていつか きっと同じ 夢を見るの  あのイントロが響いたら 思わず手をとりあった 周りのすべてが 消え去って もう離れたくない ふたりは恋に落ちた  あのイントロを聞くたびに 心は飛んでゆくの 恥ずかしいくらい 懐かしい でも忘れたくない ふたりは星になった  光ってあなたに 光って 私に
Smile for me松任谷由実松任谷由実YUMINGYUMINGMASATAKA MATSUTOYAわらって、 わらって、 しばらく じっとして 自然に撮るから ふざけないで こっち向いて  光がキレイよ 天使が写るよ あなたに見えない 私からだけしか 今まで 誰にも 見せない表情 それは レンズのこちら側 私がいるからね  うたって、 うたって、 あなたの好きなうた 自然にこぼれる 思い出をきかせて 涙を誤魔化し 小さく咳した それは いっしょに口ずさむ 私がいるからね  Woo Smile for me. Woo Smile for me. Ha…  ときには焦って ピントがブレても あなたは 私の永遠  わらって、 わらって、 しばらく じっとして あなたは知らない どれくらい素敵か 今まで たくさんしてきた やさしさ いつも 私の心には あなたがいるからね  Woo Smile for me. Woo Smile for me. Woo Smile for me. Woo Smile for me.
私の心の中の地図松任谷由実松任谷由実YUMINGYUMINGMASATAKA MATSUTOYA私の地図には いつでも 潤んで光る街があるの あなたと暮らした あの頃のまま みじかい通りだけど もう名前は変わって 幸せそうな人影 映る窓に 日々は流れ 誰もが大人になる  愛してると云いたくて 今も心は立ち止まる 雨の中の涙が 空にかえる霧のように ひと知れず  私の地図から どうか消えてと 願ったときもあった ふとしたはずみに ペンが憶えてる住所 哀しすぎて 思い出に目を閉じて 駅からの道に 季節の花が咲く 夢が叶い 誰もいなくなっても  愛してると云いたくて 今も心はふりかえる 喜びも、苦しみも、みんなあなたに出会えて良かった  愛してると云いたくて 今も心は立ち止まる 雨の中の涙が 空にかえる霧のように ひと知れず  愛してると云いたくて 今も心はふりかえる 喜びも、苦しみも、 みんなあなたに出会えて良かったから
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
君(と僕)のBIRTHDAY松任谷由実松任谷由実YUMINGYUMINGMASATAKA MATSUTOYA高架線 渡る街に 夕焼けがはじまる ヘッドライトもネオンも光りだす 小さな花束持って 改札駆け抜けて きみより先に着かなきゃあの店に  あんなこと言ったのは 本当に好きだから  ひとりぼっちがこわかったから きみがこの世に生まれてありがとう Birthday  渋滞のランプの列は ゆれるキャンドルみたい 僕の瞳の中を飛び去ってゆく きみもきっと急いでる 僕のこと想ってる きみより先に着かなきゃあの店に  どんなことがあっても 二度とすれ違わない  ひとりぼっちにさせないから きみがこの世に生まれてありがとう Birthday  今日はきみのBirthday 素敵なきみのBirthday 月も追いかけて来る 今日はきみのBirthday 素敵なきみのBirthday もうすぐ もうすぐ会える  こんな気持ちがあると 思ってもみなかった  ひとりぼっちがこわかったから きみがこの世に生まれてありがとう Birthday  ひとりぼっちにさせないから きみがこの世に生まれてありがとう Birthday
GREY松任谷由実松任谷由実YUMINGYUMINGMASATAKA MATSUTOYAグレイ 黄昏が夜に名残を惜しむ…グレイ まだしばらくは明り灯さず 窓にもたれて 会えなくなったひとの気配抱きしめてみる  霧雨が街の影をうるます…グレイ 忘れていった傘をひらけば なぜかそこだけ 雨も時の流れも止まる静かな通り  私の心はアッシュトレイ 灰を落とす彼のくせと 指先なつかしむ 小さな大理石  グレイ 世界中の恋がくゆらす煙…グレイ ゆっくり空に昇っていって 燃え尽きた日々 思い起こすように漂う美しい色  私の心はアッシュトレイ 灰を落とす彼のくせと 指先なつかしむ 小さな大理石
気づかず過ぎた初恋松任谷由実松任谷由実YUMINGYUMINGMASATAKA MATSUTOYAいつのまにか それは私の胸に そっと舞い降りて ある日 小さな芽をだしていた こわれそうな  この世界の中で たったひとつ 大切な何かが 生まれた  風にふるえる気持は こぼれ落ちる涙は あなたへの愛だとは 気づかぬまま  闇の中に 未来を見てたあの頃 それは少しずつ 空へ 私を運んでいった 知らぬ間に  あのときの不安は あなたからの ながい物語のはじまり  雨にきらめく緑も ふいに浮かぶポエムも あなたのいる世界に 気づいたから  風にふるえる気持も こぼれ落ちる涙も あなたのいる世界に 気づいたから
Babies are popstars松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaパパとママとが恋におちて ある日未来を誓い合った 遠い夜空を見上げながら 幸せなこと夢見てたら  稲光りに 空が割れて ふたりは白く眩しい目で 確かに見た 光る星が落ちてくるのを  地球に降りた Popstars Babies are popstars みんな決めたミッションをもっているよ Popstars, babies are popstars その未来の ふたりを守るために来た  ママとパパとが恋におちて そしてわたしが生まれて来た 雲の上から探していた ママとパパとを選ぶために  旅立つ時 記憶残し 暗い宇宙をくぐりぬけて ここにいるよ 言葉はまだいえないけど  地球に降りた Popstars Babies are popstars どんなときもふたりの味方になるよ Popstars, babies are popstars その未来の たぶんいちばんのともだち  パパとママとが恋におちて 愛がわたしに届いたから 青い地球に吸い込まれて パパとママとにたどり着いた  パパのママも ママのパパも パパのママもそのまたママも あの時 見た 光る星が落ちてくるのを  地球に降りた Popstars Babies are popstars みんな決めたミッションをもっているよ Popstars, babies are popstars その未来の ふたりを守るために来た  Popstars, babies are popstars どんなときもふたりの味方になるよ Popstars, babies are popstars その未来の たぶんいちばんのともだち  Popstars, babies are popstars みんな決めたミッションをもっているよ Popstars, babies are popstars その未来の ふたりを守るために来た
Laughter松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaいつもふたりは さよなら云って 二度と会わないと決めるのに 明日になれば 何事もなく 冗談とばしあった  けれどわかった ふと うわのそらだって あなたの愛は もうここにはないんだって  その胸には 帰れないの その胸は 誰れのもの わたしじゃないの この胸には あなたがいるのに 今度こそ 終わりなの さよならせずに  過ごした日々が 夢だったのか それとも今が夢だったのか 明日になれば 何かが違って また笑い合っていそう  声でわかった すぐ 最後の電話 あなたの声は なぜそんなにやさしいの  その胸には 帰れないの その胸に 何もかも 埋めてきたの この胸には 思い出だけしか 残らない もうすでに 色褪せても  帰れないの その胸は 誰れのもの わたしじゃないの この胸には あなたがいるのに 今度こそ 終わりなの さよならせずに  帰れないの その胸に 何もかも 埋めてきたの この胸には 思い出だけしか 残らない もうすでに 色褪せても
今だけを きみだけを松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya今だけを 愛だけを きみだけを みつめよう  もう かえらぬ過去を ただ悔やんでみたり もっともっと 変われる明日を ただ 皮肉ってたり 心 怯むうちに 時は流れていった  今だけを 信じよう  なぜ あきらめないのって きみはわらってもいい もっともっと こっちをむいて ただ それだけでいい 泣いているぼくに きみは永遠のヴィーナス  薔薇の鎖に止められたままで 翼広げようとするけれど 憧れと絶望が 引き裂くこの世界  きみだけを みつめたい  まだ きみを知らない きみの全てが欲しい もっともっと 好きになりたい ただ みつめていたい 心 騙すうちに 愛は流れるから  憧れと絶望が 引き裂くこの世界  今だけを 愛だけを きみだけを みつめよう 今だけを 愛だけを きみだけを みつめよう
雨に願いを松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya窓に寄せた泣き顔 光る雨粒 降りてくる たくさんの なにかいいこと  となりに来て すわって ほら手をふれば ゆっくりと回りだす メリーゴーラウンド  意味のない出来事 ひとつもないのに 忘れてゆくのが こわいときには  どうかわたしを ただ抱きしめて じっとそのまま ただ抱きしめて  あざやかだね ひまわり うなづく 滴 いつの日か よみがえる 夏のシーン  心を促す 見えない時計は 止められないこと わかっていても  どうかわたしを ただ抱きしめて じっとそのまま 雨音きいて  どうかわたしを ただ抱きしめて じっとそのまま 雨音きいて  いつもわたしが そばにいること たしかめられるように ただ抱きしめて
Your Eyes Are Magic ~ 終止符をおしえて松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya枯葉舞う駅で 偶然見かけたの 急ぎ足のあなた こちらに気づいて 昔のまなざしで 止まった ふたつの時  何も言えずに 別れた やがて傷みは 薄れた それからもう 忘れた 忘れたはずなのに  Your eyes are magic, oh magic Your lips are lyric, oh lyric あの日に戻すの 失くしたキィ 哀しい歌の 欠片  いつまた逢えるの 10年先くらい 急ぎ足で生きるわ 振り返らないで しばらく前を見て 離れる ふたつの時  何もきかずに 逸らした わけも知らずに うらんだ あれからもう あきらめ あきらめていたのに  Your eyes are magic, oh magic Your lips are music, oh music お願いおしえて 終止符の位置 哀しい恋の おわり  Your eyes are magic, oh magic Your lips are lyric, oh lyric あの日に戻すの 失くしたキィ 哀しい歌の 欠片  Your love is magic, oh magic My love is lyric, oh lyric Your love is magic, oh magic My love is music, oh music
Hey girl! 近くても松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka MatsutoyaHey girl! 微笑いかけて 無理しても それがチケットだから Hey girl! 歩きだせば モノクロームの 街がまたたきだす  あわてないで目の前で 閉まるドア流れても すぐに Life goes on 次が来る  Hey girl! 近くても、きみが気づかずにいただけさ 見たこともない別世界 光る夜混ぜて きみがチューブで吸い込んだら かけめぐるよ 胸いっぱい wow wow  Hey girl! 勇気だして 顔あげれば 地図はあちこちにある  泣いてないで今だけは 煌めいて思い出も だって Love goes on 移りゆく  Hey gir! 近くても、きみが初めてと思うなら いっしょにゆこう 新世界 光る出口から 風をポケットにつめ込んだら あふれる想い もう一回 wow wow  Hey girl! 近くても、きみが気づかずにいただけさ 見たこともない別世界 光る出口から 風をポケットにつめ込んだら あふれる想い もう一回 wow wow
Discotheque松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaそれはまるで 嵐のように 吹き荒れてた 恋も夢も 輝かせて 連れていった でも ただひとつ 残していったものは 体の奥で 刻んでるビート  ブギもサンバも スカもチークも 卒業して 髪も服も 仲間たちも 地味に変えた でも あるはずの リアルな幸せなんて 辿り着くたび 幻  ようこそ Discothequeへ 限りなき天国へ サウンドがかき消す 沈黙の神殿へ 時間の壁を 飛び越え  それはまるで 迷路のような 街のどこか 見覚えある 蜃気楼の ドアを開けて さあ 踊りましょう フロアにおりてゆけば キングとクィーンの お出まし  ようこそ Discothequeへ 比類なき王国へ ミラーに弾け飛ぶ 宝石の宮殿へ あの星空の彼方へ  さあ目を閉じて シャンパン飲み干したら 鳴り始めてる あのナンバー  ようこそ Discothequeへ 限りなき天国へ サウンドがかき消す 沈黙の神殿へ 時間の壁を 飛び越え  あの星空の彼方へ
Early Springtime松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya春 夕靄の中に 小さな汽笛がした 肩をよせて橋にもたれて 心は旅に出よう  まわり道したのは ようやく気づくため 取り戻せない時間なんて なにひとつもないこと  なぜ あなたといると 涙がでるの 独りだった日々が いじらしくなるの  春 潤んだ灯りに なつかしい匂いがした 重なり合う自転車の影 風に揺れているけど  もう あなたといれば 怖くないから 明日はあたたかい 予感がしているの  2羽のカモメ 回っている 5時の鐘が 響いている ゆっくりと ペダル ゆっくりと踏んで 家へ帰ろう  なぜ あなたといると 涙がでるの 独りだった日々が いじらしくなるの  もう あなたといれば 怖くないから 明日はあたたかい 予感がしているの
シャンソン松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya限りある日々を生きてること 分かち合おう 静かなくちづけで  時のひとひらが散りゆくのを いとおしむように 掌で包んで  仄かに蒼い暗闇の中 凍える胸に 灯した炎  苦しみさえも美しく 眩く照らすこの愛を あなたと生きる瞬間を 覚えてる 覚えてる  夏の盛りには知らなかった 雨の調べ 無限の影の色  ひとつひとつに名前をつけて あなたに贈る かすれゆくシャンソン  苦しみさえも美しく やがて藻くずに還るとも あなたと逢えた歓びを 忘れない 忘れない  苦しみさえも美しく 眩く照らすこの愛を あなたと生きる瞬間を 覚えてる 覚えてる  悲しみさえも懐かしく やがて藻くずに還るとも あなたと逢えた歓びを 忘れない 忘れない
MODELE松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya靄に咲く 睡蓮のように たゆたう世界 そこだけ止めて 待ち続ける 君のまなざし 私の全て 描ききるまで  愛と呼べない 不確かな距離 でも手をのばせば ふれる程そばにいたい  泉に湧く 精霊のような ゆらめく光 今受け止めて さざ波立ち はたと静まる ふたりの胸の 音が重なる  時と呼べない うたかたのとき でも いくどとなく 夢で逢う花になるわ  愛と呼べない 不確かな距離 でも手をのばせば ふれる程そばにいたい  時と呼べない うたかたのとき でも いくどとなく 夢で逢う花になるわ
ダンスのように抱き寄せたい松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaMasataka Matsutoya心に耳をあてて 途切れそうな声を じっときいてるの あなたがどこにいても 戻れる場所は ここにあるよと  ああ 口にはしなくても きっとわかるから  ダンスのように もう踊れない 錆びたぜんまい 止まってゆくけれども やさしいうでを 離さない ずっと踊るの このまま  小雨のスクリーンには いくつもの笑顔 重なってぼやける 二度と帰らぬ日々よ 見送ることしか できない列車よ  ああ 傘もささず探す 誰もいないホーム  ダンスのように 抱き寄せたい どんなに疲れ みじめに見えてもいい あなたとなら それでいい ずっと踊るの このまま  風の影が過ぎる 窓の中に浮かぶ 失くさないで 失くさないで 大切なもの  ダンスのように もう踊れない 誰もがいつか 気づいてしまうけれども あなたとなら それでいい あなたに会えてよかった  ダンスのように 抱き寄せたい どんなに時が 移り変わっていっても やさしいうでを 離さない ずっと踊ろう あなたと
バトンリレー松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaMasataka Matsutoyaそんな あどけない顔して 眠ってるあなたも 悩みは たぶんあるのね やがて 大人になったとき きっとわかるでしょう どこにも ゴールなどないこと それでも それでも 走っている  長い時間をくぐりぬけ あなたは きっと 見ることになるでしょう 遠いゴールじゃなく そこには あなたのことを かけて来るのを 待ってる人がいる  いつか 私は立ち止まる 黄昏に包まれ 静かに あなたの足音を聞いてる 果たせぬ夢託して  長い坂道のむこうに 輝く 空に 近づいて行ったら われるような拍手 聞こえる あなたのことを かけて来るのを 待ってる人がいる  長い時間をくぐりぬけ あなたは きっと 見ることになるでしょう 今は 果てしのない道のり 小さな足で 走り始めた あどけないあなたヘ
ナビゲイター松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaサイドシートにおまえを感じれば 地図がなくても行けると あなたは言う 私のことがわずらわしいときは 少しラジオを 大きくして  おかしすぎて 涙が出る 今がうそみたい みんな捨てて どこでも行く 何だってやる  真昼の太陽 埃にかすむ日も ライトの帯が 地平を照らすときも 同じ景色に 心を動かして バックミラーで ほほえみ合う  おかしすぎて 涙が出る 今がうそみたい みんな捨てて どこでも行く 何だってやる  本当の私を見つけて 今より愛して みんな捨てて どこでも行く 何だってやる みんな捨てて どこでも行く 何だってやる
雨のステイションGOLD LYLIC松任谷由実GOLD LYLIC松任谷由実荒井由実荒井由実Masataka Matsutoya新しい誰かのために わたしなど 思い出さないで 声にさえもならなかった あのひと言を 季節は運んでく 時の彼方 六月は蒼く煙って なにもかもにじませている  雨のステイション 会える気がして いくつ人影見送っただろう  霧深い町の通りを かすめ飛ぶつばめが好きよ 心 縛るものをすててかけてゆきたい なつかしい腕の中 今すぐにも 六月は蒼く煙って なにもかもにじませている  雨のステイション 会える気がして いくつ人影見送っただろう 雨のステイション 会える気がして いくつ人影見送っただろう
One more kiss松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaMasataka MatsutoyaOne more kiss One last kiss 春の雪 瞼に ふれる前に消えてゆく  かすかに息を吹きかけたら 時は回るゆっくりと  芽吹きはじめた花壇のすみ わかって欲しい見えない想い  Leavin' Leavin' 忘れない もうすぐ遠くなる  One more kiss When I miss 綿毛雪 あなたが わけてくれた夢の種  ぬくもり知った胸に抱いて そっとそっと育てるわ  うちあけなかった言葉たちは 季節のたびに花を咲かせる ささやきかける  Leavin' Leavin' ここにいて もうすぐ遠くなる  Leavin' Leavin' 忘れない もうすぐ遠くなる
潮風にちぎれてGOLD LYLIC松任谷由実GOLD LYLIC松任谷由実荒井由実荒井由実Masataka Matsutoya泳ぐにはまだはやい よせ来る波 くるぶしまで あなたの好きな このサンダル なぜはいてきたんだろう  砂浜にうちよせた 木ぎれひろい 沖へ投げた あなたと歩いた年月を けちらしてみたかった  なぜ泣けないのかな ひどく淋しいのに  吹きすさぶ潮風に あなたは息を止めていた かわいい彼女のこと これから自由に愛しなさいよ  国道に止まってる 小さな車 指さして うそでも わたしは背をむける 恋人が待ってると  今ふりむいたらなら 心くじけるから  吹きすさぶ潮風に わたしは まぶた閉じていた あなたと来なくたって わたしはもとから この海が好き
翳りゆく部屋PLATINA LYLIC松任谷由実PLATINA LYLIC松任谷由実荒井由実荒井由実Masataka Matsutoya窓辺に置いた椅子にもたれ あなたは夕陽見てた なげやりな別れの気配を 横顔に漂わせ  二人の言葉はあてもなく 過ぎた日々をさまよう ふりむけばドアの隙間から 宵闇が しのび込む  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでも  ランプを灯せば街は沈み 窓には部屋が映る 冷たい壁に耳をあてて 靴音を追いかけた  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでも  どんな運命が愛を遠ざけたの 輝きはもどらない わたしが今死んでも
私なしでも松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya胸の上で 手をくんではだめよ きっと悪い夢に うなされるから 窓を開けて 寒くしてはだめよ 毛布のような私 もういないから  やがてあなたが寝息をたてるころ 朝陽に縁どられ 始発にのる  二度と来ない町が流れてゆく 枕木ひとつづつ自由になるわ  自分でなく この私のために 近道を選んで しまったと言う いつかあなたの 気弱な言い訳が その胸に私を 帰れなくした  やがてあなたが寝息をたてるころ 朝陽に縁どられ 始発にのる  二度と来ない町が流れてゆく 枕木ひとつづつ自由になるわ
LAUNDRY-GATEの想い出松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaふた駅ゆられても まだ続いてる 錆びた金網 線路に沿って 昔あのむこうを あの子と二人 風に吹かれて 歩いたものさ  男の扱い ピツァの作り方 得意気な声が 目をつぶれば聞こえる  “ジミヘン”のレコードも返せないまま 手紙を書くがらでもないし  見送る約束 寝すごした日には 古い滑走路に 夏草だけゆれてた  16の誕生日 私にくれた 苦い口紅 つけて来たのに あの子が故郷へ飛んでいってから なぜか寂れてしまったランドリー・ゲイト
街角のペシミスト松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya8時のロッカー 袋をかかえ 彼女はみんなとスタジオで別れる 少し濃いめにメイクを直し なぜか足がむくあのディスコ  午前1時 空は星も見えない 時は止まり このままがいい 不安な明日をダブルで飲み干す みんな街角のペシミスト  名前も知らぬ誰かの部屋で 土曜の朝を迎えることもある 故郷の冬を歩きたくなる けれど平凡だけはいやよ  どこへ行くのあなた 胸にくすぶる 夢の炎 他人(ひと)は消せない 不安な明日を笑いとばしても みんな街角のペシミスト  アスファルトをひたす あのネオンと影の渦は 変わらないけれど 娘たちはやがて 踊りすぎた金曜日を 卒業してゆく  どこへ行くのあなた 胸にくすぶる 夢の炎 他人(ひと)は消せない 不安な明日を笑いとばしても みんな街角のペシミスト 午前1時空は星も見えない 時は止まりこのままがいい どこへ行くの胸にくすぶる 夢の炎他人(ひと)は消せない 午前1時星も見えない 時は止まりこのままがいい どこへ行くの胸にくすぶる 夢の炎他人(ひと)は消せない 午前1時星も見えない 時は止まり
紅雀松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya外海をかけてゆく潮のように この胸は急いでいる 暁にシュプールを描きながら 雲の群れわき上がる場所へ  誰か不幸にしても 熱い気持ちは止められない  臆病が 籠の中閉じこめてた もう一度 飛ばせてほしいの  誰に禁じられても 腕にとびこみ Bravo!と叫ぶ  ぬけがらの体だけ砂に残し この胸は波間へ旅立つ 暁にシュプールを 描くように もう一度 飛ばせてほしいの 高く 自由に
ビュッフェにて松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya昔の友達と 今旅をしています 遠くを流れてゆく山の雪を見ながら  窓辺に運ばれた紅茶がゆれています 想い出たどるうちに冷たくなってしまった  もう少しで誕生日ね たずねてゆけないけれど 城下町の消印でカード出すわ  あなたも今ごろは 淋しくくらしてると どこかで信じている私の願い 許して  もうしばらく待ってみるわ わがままなあなただから どんな娘も手に負えずに 戻って来るの  昔の友達は 云わなくても知ってる ビュッフェへ景色を見に ひとり席を立ったわけ  あなたも今ごろは 淋しくくらしてると どこかで信じている私の願い 許して まだ愛してる
手のひらの東京タワー松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya私のプレゼント うけとってほしいの そっと目をつむって つれていってあげる  ガラスのエレベーター 二人を乗せてゆく ドアが開くとそこは忘れてたパラダイス  テレスコープの底の夕映え 紫のスモッグ 遠いビル  私のプレゼント もう目をあけていいわ ときめくパノラマの 東京タワー  愛したらなんでも手に入る気がする 今は世界中が箱庭みたい  行きたい場所を ほら指させる ハイウェイも港も煌いて  本当は金色のエンピツ削りなの 手のひらに包んだ 東京タワー  子供じみていると 捨ててしまわないで つぎはあなたの夢 私に下さい 私のプレゼント 東京タワー
罪と罰松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka MatsutoyaSo sad, so sad, so sad だって 人の心覗けない 今あなたを塗りつぶしてるか… 激しく愛したあと午後の引き潮とともに 白く うつろになる  チックタクと時は過ぎてゆく そんなふうに髪を撫でないで 肩にかかる指先 そのつめの形にさえ 私 死にたくなる  いつもうれしい分だけ あとから哀しみが来る どんなに 燃えて求めても 決してひとつにはなれないの  もっとつらく かなしくさせてね 私だけにくれる痛みなら… 静かなささやきすら 砂漠の竜巻になり 遥か連れ去られる  いつもうれしい分だけ あとから哀しみが来る どんなに 燃えて求めても 決してひとつにはなれないの  ちょっとさめたふりをするくせは 傷つくのを うまくさけるため 悪い手管の罪は 情熱奪われる罰 だけど 今度はいや 今度はいや So sad, so sad, So sad... ...
地中海の感傷松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka MatsutoyaBarcelona, Barcelona 沖は白く あたたかな霧が降ってた 週末へ急ぐように 島をめぐる夜の船 うるんで消えた  Barcelona... そのあとの住所も知らず たどった坂の街は 輝く蜘蛛の巣 あの時胸焦がした 絵葉書それは ただ一度送られた 心のしるし  束の間の表情と しぐさのかけら まぶたの闇の中を ひとときよぎる  失くしても失くしても たたみ込んで波音が面影運ぶ Barcelona, Barcelona 塔の上も やわらかな霧が降ってた 気の長い人々が ふっとやりきれず いつかしら はぐれてた遠く 歩いて歩いて
出さない手紙松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaつかまっちゃった浮世の風に あなたのそばを離れたとたんわかった あつかいづらい こんな女に 行くあては 当分ないでしょう  前のくらしは おだやかすぎて 自分がダメになってゆくような気がした 表に出れば 綺麗になれて 何かしら 待ってそうだった  本気で困ったときには 電話してしまうけど あなたには寄り道をもう させること できない  映画を見たり 何かのときに スーッと涙が 流れたりしておかしい 弱気がペンを 走らせるのね これはただ 出さない手紙
タワー・サイド・メモリー松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya霧雨に誘われてタワーサイドに出れば 最終モノレールが東の空を流れ あの娘は今も忘れないの 初めてここでキスした日  Kobe girl 「いちばん素敵な Kobe girl きみだけを見てた」 Kobe girl 彼のささやきを 全部くりかえす  甘くよりそう頃はよくここまでとばした ポートピアも終わればただの夜に戻って あの娘は急にはしゃぎ出すの おしゃれしたのも悲しくって  Kobe girl あのときさらって Kobe girl くれたらいいのに Kobe girl ごめんねなんて 云って欲しくない Kobe girl そばにいたいだけ Kobe girl あのときさらって Kobe girl くれたらいいのに Kobe girl ごめんねなんて 云って欲しくない Kobe girl あのときさらって Kobe girl くれたらいいのに Kobe girl 彼のささやきを 全部くりかえす Kobe girl あのときさらって Kobe girl くれたらいいのに Kobe girl ごめんねなんて 云って欲しくない Kobe girl あのときさらって
白い朝まで松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya都会の公園、夜の噴水 若い日 傘の中で雨を見ていた  何を求めていたのでしょう 今は遠くてわからない ここは昔の谷間のようで 淋しさに似合う  こんなに脆くなったのを 今は誰にも話せない 小雨の朝は闇をうすめて 忍びやかに来る白い影
グレイス・スリックの肖像松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya「私を忘れてから もうどれくらいたちますか」 少し悲しげにつぶやく 写真のグレイス  彼女の長い髪と 激しい歌が好きでした いつしか棚の片隅に眠ったアイドル  みんなここに来て アンプに火を入れて ひとりの心の扉 ノックして  あなたを忘れてから いろんな人を傷つけて それさえ忘れて私はすごしてしまった  みんなここに来て 哀しいプレイをして さまよう渇いた日々をなぐさめて  みんなここに来て 過ぎた時を見せて 深まる夜の静寂へ つれてって
グループ松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya出席いたしますと 返事を出したわ 似合いのあのひとたち パーティーはもうすぐ ああ本当のことを云えば 秘かなめあては あなたもきっと来ると信じているから  過ぎ去った季節 あなたは陽気な学校一の遊び人 私とあなたと 彼女と彼とで 笑ったカフェテリア  たそがれがせまるころはシャンパンはじけて あなたも二人のため グラスを空ける  いくつもの恋が生まれたり消えたり あなたは仕事で遠くへ行った  たそがれせまるころはシャンパンはじけて 新郎 新婦はゆく 私達の前を  過ぎ去った季節 あなたは陽気な学校一の遊び人 私とあなたと 彼女と彼とで 笑ったカフェテリア  そっとかけよるか 姿をかくすか それはそのとき決めること すぐに見つけなきゃ あなたが私に気づくよりはやく そっとかけよるか 姿をかくすか それはそのとき決めること 昔とおんなじ まぶしいあなたが立っているかしら  過ぎ去った季節 あなたは陽気な学校一の遊び人 顔を合わせても戻ることのない 素敵なグループ
残されたもの松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya荒野かけぬける 風の音を聞いて 冬の訪れをじっと感じていた  とばりはゆっくりと 山のすそまで降りて  またひとりだけの時が始まった またひとりだけの時が始まった  明日目覚めたら 枝の病葉さえ きっと銀箔の空を旅してゆく  最後に残された 何かが解かれるように  もう捨てるものは何もなくなる またひとりだけの時が始まった
ハルジョオン・ヒメジョオン松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaMasataka Matsutoya川向こうの町から 宵闇が来る 煙突も家並みも 切り絵になって 哀しいほど紅く夕陽は熟れてゆくの 私だけが変わり みんなそのまま ヒメジョオンに埋もれてくちづけをした 土手と空のあいだを風が渡った 哀しいほど紅く川面はゆれていたの 越していった日から顔も忘れた  哀しいほど紅く 心は燃えているの 思い出すそばから 葬るくせに 哀しいほど紅く夕陽は熟れてゆくの 私だけが変わり みんなそのまま
9月には帰らない松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaMasataka Matsutoya9月には 帰らない ただひとり 残っても 明日あたり 燈台へ 波しぶき見に行こう  未来が霧に 閉ざされていた頃は この潮騒が 重すぎて 泣いた  今はもう負けないわ 9月には帰らない  無口な人は 夏の日のはかなさを うまく言えずに バスの窓おろす  今はもう負けないわ 9月には帰らない 9月には帰らない
よそゆき顔でGOLD LYLIC松任谷由実GOLD LYLIC松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya砂埃りの舞う道のわきに 小さなガソリンスタンドがある 松の林と曇った海に 最後の風を喫いに来た  私は明日から変わるんだから 悪ぶってた思い出は捨てる 結婚なんてまだしたくない けれど今日まで流されて  よそゆき顔ですれちがったら いやなやつだとおこってもいい よそゆき顔ですれちがったら すきなだけ笑って  砂埃りの舞うこんな日だから 観音崎の歩道橋に立つ ドアのへこんだ白いセリカが 下をくぐってゆかないか  いく人かのカップルで昔 追い越したり抜かれたり走った 今の相手はかたい仕事と 静かな夢を持った人  よそゆき顔ですれちがうなら 二度と会えない方がいいのね よそゆき顔ですれちがうなら それまでだった恋  よそゆき顔ですれちがったら いやなやつだとおこってもいい よそゆき顔ですれちがったら すきなだけ笑って
Miss Lonely松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaミス・ロンリー 調子の狂ったピアノのふたをあけてみる 初めて人前で弾いた 短い曲を覚えてる  サクラの季節がめぐり来るたび 男の子たちを思い出す 女王のたすきをかけて微笑む ほこらしそうな自分が見える ミス・ロンリー  紅すぎる口紅と 肩の落ちそうなワンピース あてもなく迎えに出る田舎の駅  今でも遠い半島の国で あの戦争は続くから 本気で愛したあの人はまだ まだ帰れない私のもとへ  ミス・ロンリー 50年前の日付のままカードを書く ときには写真に向って 白い髪を編んで見せる ミス・ロンリー 身の上話をまともにきく人はいない 
時のないホテル松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaゆうべロビーのソファで出会い 愛し合った紳士は 朝焼け前に姿を消した 東側のタバコの吸いがら 電話のわきのメモはイスラエルの文字 さっきお昼のカフェで話し ろう下で見たレディは かつらの色がガラリとちがう こっそり開くパフにしこんだアンテナ 口紅から発信機の音  彼らの写真は新聞を飾る 蜂の巣になり広場に死す  堅いニュースはすぐに忘れて ゴシップだけが残る 回転ドアを少しまわせば 外の空気が流れ込むけどあわてて とめに来るよ 制服着たボーイが  世界のあちこち目には映らない 激しい河がうず巻いてる ここは置き去りの時のないホテル 20世紀を楽しむ場所  ひげを抜かれたお客はみんな けっしてここを出てはいけない けっして 出てはいけない 出てはいけない 出てはいけない 出ては
ためらい松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya手をつなぐほど若くないから あなたのシャツのひじのあたりを つまんで歩いていたの 道ゆく人とすれちがうとき 二人いつからつきあっている 仲に見られるかしら  もしも新しいこのめぐり逢いが 心の傷あともうひとつふやす ことになろうとも  勇気を出してうちあけてみた 昔の恋をさりげなくきく あなたは冷たい人  舗道によせた車の中に 今夜二人で旅立つための 小さな荷物がある  私はもうすぐ不幸になりそう いっしょの時間があまりに楽しく はやく過ぎるから  明日のことはわからないけど ずっと愛すと云ってくれない あなたは冷たい人 あなたは冷たい人 
セシルの週末松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya窓たたく風のそらみみでしょうか あなたからのプロポーズは 気まぐれに見つめそして離れてく ゆきずりでもよかったのに  そうよ下着は黒で 煙草は14から ちょっと待ってくれれば なんだってくすねて来たわ  今あなたに話すと遠い物語 本気でおこる不思議な人ははじめて  You say you want me. You want to marry me You say you want me. You want to marry me  そうさあの娘は素敵 でも一晩だけさ どうせチューイングガム つきあえるもの好きは誰  ほら二人で歩けば噂がきこえる みんな知らない変わりはじめた私を  忙しいパパと派手好きなママは 別の部屋でくらしている 今でも週末ねだりに行くけど もう愛しかいらない もうすぐ素直な娘におどろく 'Cause you say you want to marry me
コンパートメント松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoya白い眠りぐすり 冷たい水が運ばれて来る 似てる苦しみ持つ人は ゆく先をきかない 闇をすべる汽車は 氷河のようにゆるやかだけど 幼い頃住んだ町は 離れてゆくばかり  あのひとが愛のかわりに 残していったのは 声たてて笑ったあとに 遠くを見つめるくせ  そばにいられるなら 熱い瞳は交せなくても 歓ぶ顔に喜べる ゆれる影でいたい  どなたか私を降ろさせて 忘却列車のデッキから どなたか私をあわれんで このまま冷めだす 自分が哀しい  もしや愛は戻る そんなのぞみは小箱に入れて 輝く真鍮の鍵を 線路に投げましょう  あのひとの途切れた声の ゆくえ探すように すれちがう同じコロンに ふりむいてしまうくせ  白い眠りぐすり 冷たい水と喉に溶ければ つややかな馬にまたがり テムズを渡る夢 やがて私は着く 全てが見える明るい場所へ けれどそこは朝ではなく 白夜の荒野です
雨に消えたジョガー松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaあたたかい朝もやが雨になる 眠った通りを響かせ うつむいたランナーがあらわれる おととしの夏休みあの人の タイムをおどけて計った 彼は今かけているシーツの闇を  病気の名前は Myelogenous Leukemia 図書館のいすはひどく冷たく  できるなら肩をよせ走りたい 雨に消えて  彼だけ知らないなぜみんなが気づかうか もうすぐひとりでボートに乗るの  去ってゆくオレンヂのトランクス やっぱりちがう人なのね 過ぎた日のまぼろしを見ていたの できるなら肩をよせ走りたい 雨に消えて
水の影GOLD LYLIC松任谷由実GOLD LYLIC松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaたとえ異国の白い街でも 風がのどかなとなり町でも 私はたぶん同じ旅人 遠いイマージュ 水面におとす  時は川 きのうは岸辺 人はみなゴンドラに乗り いつか離れて 想い出に手をふるの  立ち去るときの肩のあたりに 声にならない言葉きこえた あなたをもっと憎みたかった 残る孤独を忘れるほどに  よどみない浮世の流れ とびこめぬ弱さ責めつつ けれど傷つく 心を持ち続けたい  時は川 きのうは岸辺 人はみなゴンドラに乗り いつか離れて 想い出に手をふるの
カンナ8号線GOLD LYLIC松任谷由実GOLD LYLIC松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaチェックのシャツが風にふくらむ うしろ姿を 波をバックに焼きつけたかった まぶたの奥に それははかない日光写真 せつないかげろう 胸のアルバム閉じる日が来るの こわかったずっと  雲の影があなたを横切り…  想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない  カンナの花が燃えてゆれてた 中央分離帯 どこへ行こうか待ちどおしかった 日よう日 いつかさそって昔のように 笑いころげたい うらまないのもかわいくないでしょう だから気にせずに  ドアを開けて波をきこうよ…  想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない  想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない 想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない 想い出にひかれて ああ ここまで来たけれども あのころの二人はもうどこにもいない
夕闇をひとり松任谷由実松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka Matsutoyaあのひとのうわさが聞ける街なら 私は流れてゆくわ 冷えそうな心となぐさめのカセットと 淡い口紅ひとつもって  あのひとを愛してくれる女なら 私はたずねてゆくわ さくらんぼの包みとできるだけ笑顔と 最後の連絡先もって  そしてもう一度 もう一度 私の声にふりむいて しばらくは夕闇をひとり歩いてるから  あのひとが残していった全てを 私はしまっておくわ どんなに離れても いつか恋をしても ときどき抱きしめて泣くでしょう  そしてもう一度 もう一度 私の声にふりむいて しばらくは夕闇をひとり歩いてるから そしてもう一度 もう一度 私の声にふりむいて これからは夕闇をひとり歩いてるから
守ってあげたいPLATINA LYLIC松任谷由実PLATINA LYLIC松任谷由実松任谷由実松任谷由実Masataka MatsutoyaYou don't have to worry, worry, 守ってあげたい あなたを苦しめる全てのことから  初めて 言葉を交わした日の その瞳を 忘れないで いいかげんだった 私のこと 包むように 輝いてた  遠い夏 息をころし トンボを採った もう一度あんな気持で 夢をつかまえてね So, you don't have to worry, worry, 守ってあげたい あなたを苦しめる全てのことから 'Cause I love you, 'Cause I love you.  このごろ沈んで 見えるけれど こっちまで ブルーになる 会えないときにも あなたのこと 胸に抱いて 歩いている  日暮れまで土手にすわり レンゲを編んだ もう一度 あんな気持で 夢を形にして So, you don't have to worry, worry 守ってあげたい 他には何ひとつできなくてもいい 'Cause I love you, 'Cause I love you.  So, you don't have to worry worry, 守ってあげたい あなたを苦しめる全てのことから 'Cause I love you, 守ってあげたい
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 自動車ショー歌
  2. ファタール
  3. Bling-Bang-Bang-Born
  4. シカ色デイズ
  5. 新しい恋人達に

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. RISE UP
  2. Sharon
  3. ネイビーブルー
  4. 絶対アイドル辞めないで
  5. 真夏のじゅもん

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×