試聴する

雪の道しるべ

ハウス食品「北海道シチュー」 

この曲の表示回数 5,823

磁石が止まった瞬間
あなたがいるのがわかった
時の足音が 吸い込まれてった
雪晴れの光の中へ

私に振り向いた影が
笑っているのだけわかった
あのときそこから 動けなくなった
眩しくて指を翳した

流れるスクリーンのように
掠れる思い出 確かめたくて
あなたに今 会いにゆく

いつかは溢れる記憶も
残さず覚えておきたい
ある日立ち止まり 何もないことに
突然 気づいたとしても

消えゆく雪の道しるべ
辿れば必ず見えて来るはず
あなたに今 会いにゆく

遠い山並みに響く鳥の声
私は今あなたを愛している

流れるスクリーンのように
掠れる思い出 確かめたくて
消えゆく雪の道しるべ
辿れば必ず見えて来るはず
あなたに今 会いにゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪の道しるべ 歌手:松任谷由実

松任谷由実の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/12/01
商品番号:UPCH-20567
Universal Music

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP