Yumi Matsutoya作詞の歌詞一覧リスト  65曲中 1-65曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
65曲中 1-65曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
青春のリグレット大橋トリオ & THE CHARM PARK大橋トリオ & THE CHARM PARKYumi MatsutoyaYumi Matsutoya笑って話せるね そのうちにって握手した 彼のシャツの色がまぎれた人混み バスは煙り残し 小さく咳きこんだら 目の前が滲んだ黄昏  あなたが本気で見た夢を はぐらかしたのが苦しいの 私を許さないで 憎んでも覚えてて 今では痛みだけが真心のシルエット  ほんの三月前は 指からめた交差点 今も横を歩く気がする  夏のバカンスを胸に秘め 普通に結婚してゆくの 私を許さないで 憎んでも覚えてて 今でもあなただけが 青春のリグレット  私を許さないで 憎んでも覚えてて 今では痛みだけが真心のシルエット  笑って話せるの それはなんて哀しい だってせいいっぱい愛した あなたを愛した
Hello, my friend東京ゲゲゲイ東京ゲゲゲイYumi MatsutoyaYumi MatsutoyaMIKEY・Hideki AtakaHello, my friend 君に恋した夏があったね みじかくて 気まぐれな夏だった Destiny 君はとっくに知っていたよね 戻れない安らぎもあることを Ah....  悲しくて 悲しくて 帰り道探した もう二度と 会えなくても 友達と呼ばせて  Hello, my friend 今年もたたみだしたストア 台風がゆく頃は涼しくなる Yesterday 君に恋した夏の痛みを 抱きしめるこの季節走るたび Ah....  淋しくて 淋しくて 君のこと想うよ 離れても 胸の奥の 友達でいさせて  僕が生き急ぐときには そっとたしなめておくれよ  悲しくて 悲しくて 君の名を呼んでも めぐり来ぬ あの夏の日 君を失くしてから  淋しくて 淋しくて 君のこと想うよ 離れても 胸の奥の 友達でいさせて  悲しくて 悲しくて 君のこと想うよ もう二度と 会えなくても 友達と呼ばせて
春よ、来い浜崎あゆみ浜崎あゆみYumi MatsutoyaYumi MatsutoyaYuta Nakano淡き光立つ俄雨 いとし面影の沈丁花 溢るる涙の蕾から ひとつ ひとつ 香り始める  それは それは 空を越えて やがて やがて 迎えに来る  春よ 遠き春よ 瞼閉じればそこに 愛をくれし君の なつかしき声がする  君に預けし 我が心は 今でも返事を待っています どれほど月日が流れても ずっと ずっと 待っています  それは それは 明日を超えて いつか いつか きっと届く  春よ まだ見ぬ春 迷い立ち止まるとき 夢をくれし君の 眼差しが肩を抱く  夢よ 浅き夢よ 私はここにいます 君を想いながら ひとり歩いています 流るる雨のごとく 流るる花のごとく  春よ 遠き春よ 瞼閉じればそこに 愛をくれし君の なつかしき声がする  春よ まだ見ぬ春 迷い立ち止まるとき 夢をくれし君の 眼差しが肩を抱く 春よ 遠き春よ 瞼閉じればそこに 愛をくれし君の なつかしき声がする
リフレインが叫んでるUNIONEUNIONEYumi MatsutoyaYumi MatsutoyaSoma Gendaどうして どうして僕たちは 出逢ってしまったのだろう こわれるほど抱きしめた  最後の春に見た夕陽は うろこ雲照らしながら ボンネットに消えてった  ひき返してみるわ ひとつ前のカーブまで いつか海に降りた あの駐車場にあなたがいたようで  どうして どうして私達 離れてしまったのだろう あんなに愛してたのに 岬の灯 冴えはじめる 同じ場所に立つけれど 潮風 肩を抱くだけ  すりきれたカセットを 久しぶりにかけてみる 昔気づかなかった リフレインが悲しげに叫んでる  どうして どうしてできるだけ やさしくしなかったのだろう 二度と会えなくなるなら 人は忘れられぬ景色を いくどかさまよううちに 後悔しなくなれるの  夕映えをあきらめて 走る時刻  どうして どうして僕たちは 出逢ってしまったのだろう こわれるほど抱きしめた どうして どうして私達 離れてしまったのだろう あんなに愛してたのに  どうして どうしてできるだけ やさしくしなかったのだろう 二度と会えなくなるなら どうして どうして僕たちは 出逢ってしまったのだろう こわれるほど抱きしめた
ANNIVERSARYHoney L DaysHoney L DaysYumi MatsutoyaYumi MatsutoyaKYOHEIなぜこんなこと 気づかないでいたの 探し続けた愛がここにあるの  木漏れ日がライスシャワーのように 手をつなぐ二人の上に降り注いでる  あなたを信じてる 瞳を見上げてる ひとり残されても あなたを思ってる  今はわかるの 苦い日々の意味も ひたむきならばやさしいきのうになる  いつの日か かけがえのないあなたの 同じだけ かけがえない私になるの  明日を信じてる あなたと歩いてる ありふれた朝でも 私には記念日  今朝の光は無限に届く気がする いつかは会えなくなると 知っていても  あなたを信じてる あなたを愛してる 心が透き通る 今日の日が記念日  明日を信じてる あなたがそばにいる ありふれた朝でも 私には記念日  あなたを信じてる 瞳を見上げてる ひとり残されても あなたを思ってる  青春を渡って あなたとここにいる 遠い列車に乗る 今日の日が記念日
ANNIVERSARYJUJUJUJUYumi MatsutoyaYumi MatsutoyaSatoshi Takebeなぜこんなこと 気づかないでいたの 探し続けた愛がここにあるの  木漏れ日がライスシャワーのように 手をつなぐ二人の上に降り注いでる  あなたを信じてる 瞳を見上げてる ひとり残されても あなたを思ってる  今はわかるの 苦い日々の意味も ひたむきならばやさしいきのうになる  いつの日か かけがえのないあなたの 同じだけ かけがえのない私になるの  明日を信じてる あなたと歩いてる ありふれた朝でも 私には記念日  今朝の光は無限に届く気がする いつかは会えなくなると 知っていても  あなたを信じてる あなたを愛してる 心が透き通る 今日の日が記念日  明日を信じてる あなたがそばにいる ありふれた朝でも 私には記念日  あなたを信じてる 瞳を見上げてる ひとり残されても あなたを思ってる  青春を渡って あなたとここにいる 遠い列車に乗る 今日の日が記念日
ダンスのように抱き寄せたい松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaMasataka Matsutoya心に耳をあてて 途切れそうな声を じっときいてるの あなたがどこにいても 戻れる場所は ここにあるよと  ああ 口にはしなくても きっとわかるから  ダンスのように もう踊れない 錆びたぜんまい 止まってゆくけれども やさしいうでを 離さない ずっと踊るの このまま  小雨のスクリーンには いくつもの笑顔 重なってぼやける 二度と帰らぬ日々よ 見送ることしか できない列車よ  ああ 傘もささず探す 誰もいないホーム  ダンスのように 抱き寄せたい どんなに疲れ みじめに見えてもいい あなたとなら それでいい ずっと踊るの このまま  風の影が過ぎる 窓の中に浮かぶ 失くさないで 失くさないで 大切なもの  ダンスのように もう踊れない 誰もがいつか 気づいてしまうけれども あなたとなら それでいい あなたに会えてよかった  ダンスのように 抱き寄せたい どんなに時が 移り変わっていっても やさしいうでを 離さない ずっと踊ろう あなたと
バトンリレー松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaMasataka Matsutoyaそんな あどけない顔して 眠ってるあなたも 悩みは たぶんあるのね やがて 大人になったとき きっとわかるでしょう どこにも ゴールなどないこと それでも それでも 走っている  長い時間をくぐりぬけ あなたは きっと 見ることになるでしょう 遠いゴールじゃなく そこには あなたのことを かけて来るのを 待ってる人がいる  いつか 私は立ち止まる 黄昏に包まれ 静かに あなたの足音を聞いてる 果たせぬ夢託して  長い坂道のむこうに 輝く 空に 近づいて行ったら われるような拍手 聞こえる あなたのことを かけて来るのを 待ってる人がいる  長い時間をくぐりぬけ あなたは きっと 見ることになるでしょう 今は 果てしのない道のり 小さな足で 走り始めた あどけないあなたヘ
守ってあげたいCharaCharaYumi MatsutoyaYumi MatsutoyaCharaYou don't have to worry, worry, 守ってあげたい あなたを苦しめる全てのことから  初めて 言葉を交した日の その瞳を 忘れないで いいかげんだった 私のこと 包むように 輝いてた  遠い夏 息をころし トンボを採った もう一度 あんな気持で 夢をつかまえてね  So, you don't have to worry, worry, 守ってあげたい あなたを苦しめる全てのことから 'Cause I love you, 'Cause I love you.  このごろ沈んで 見えるけれど こっちまで ブルーになる 会えないときにも あなたのこと 胸に抱いて 歩いている  日暮れまで土手にすわり レンゲを編んだ もう一度 あんな気持で 夢を形にして  So, you don't have to worry, worry, 守ってあげたい 他には何ひとつできなくてもいい 'Cause I love you, 'Cause I love you.  So, you don't have to worry, worry, 守ってあげたい あなたを苦しめる全てのことから 'Cause I love you, 守ってあげたい
Smile again(Yuming Version)松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆泣きながら別れたあの日 すぐまた会えるよと云って ゲートから手をふった あなたはもう知っていたの最後と I wanna see your smile, again もう一度 あなたの顔を見たい今でも  こんなに世界は近いのに ちがう運命を生きてゆく ガラス越しに ふりむいた あなたの目は何を云おうとしてたの I wanna see your smile, again もう一度 笑いかけてよ いつかみたいに  友達でいることすら かなわないと知っていたの 本当は I wanna see your smile, again もう一度 あなたの顔を見たい 今でも I'm gonna find that smile, again もう一度 あなたを愛している 今でも
時空のダンス松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆伝説の波がやって来るとき まぼろしの虹が現れるという  今…あなたの瞳にうかぶのを私は待ち焦がれていた もう 恐れさえ味方にして 向かってゆくよそこまで  夢に見た雲がうず巻いている 陸からの風を背中にうけて 速く  遥かなる時を超えて やっと巡り会えた恋人よ あなたのために 生まれて来たの 漕ぎ出した肩先には 見る見る立ち上がる水の壁 昇りきったら 愛し合おう  まぶしさに 閉じた瞼の裏に 永遠の虹が灼きつけられる 強く  あなたに身をまかせたなら さあ 時空のダンスを踊ろう モーゼのように 海を分けて  伝説の波がやって来るとき まぼろしの虹が現れるという  今…あなたの瞳にうかぶのを私は待ち焦がれていた もう命さえ追い越して 向ってゆくよそこまで  夢に見た雲がうず巻いている 明日からの風を背中にうけて 速く
Forgiveness松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆遠い雲の切れまに 夕日がのぞいて 帰り道わかるあいだに 仲直りしようよ  そっと 手のひら出して ごめんねの気持ち 乗せるから 風に向かって やさしくよりそって  ゆるし合う ほほえみは 神様にもらった 最高の贈りもの どんなことがあっても 大切な誰かを ずっと愛し続けるため  やっとわかり始めた なぜ出会ったのか これからも 数えきれない 涙があることも  信じ合う まなざしは 神様にもらった 特別な愛の力 孤独に負けないで 大切な誰かを 心に持ち続けるため  ゆるし合う ほほえみは 神様にもらった 最高の贈りもの どんなことがあっても 大切な誰かを ずっと愛し続けるため  信じ合う まなざしは 神様にもらった 特別な愛の力 孤独に負けないで ゆるし合う ほほえみは 神様にもらった 最高の贈りもの どんなことがあっても  信じ合う まなざしは 神様にもらった 特別な愛の力 孤独に負けないで ゆるし合う ほほえみは 神様にもらった 最高の贈りもの どんなことがあっても
Escape松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆暗号は瞳の奥に光るから解読して ミッションはあなたをここから救うこと命がけで  非常階段きしむ キャットウォーク飛び移りながら 空から垂れたロープ 待ってるヘリコプター  星空へ飛び立とう あなたと手をつないで 銃声をおいて  セルラーはすぐに捨てるの 逆探知されてるから 今だけは私のことを信じて 何もきかず  危険地帯を越えて それでもいっしょにいられたなら エピローグはかならず 待ってるラヴシーン  星空へ飛び立とう 誰も来ないところへ サイレンの中を  星空へ飛び立とう あなたと手をつないで 銃声をおいて  星空へ飛び立とう 誰も来ないところへ サイレンの中を  星空へ飛び立とう あなたと手をつないで 銃声をおいて  星空へ飛び立とう 誰も来ないところへ サイレンの中を
Many is the time松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆忘れかけてた横顔 描きかけのデッサンみたい 静かに降りだした雪 今、夜更けのカフェにひとり  Many is the time as much as you call me 心をしめつけるの Oh, many is the time as much as you love me 電話の向う側  もし この街を通るときには 声をきかせてよ  銀に煙る街燈を 流れゆく雪たちの 声にならない言葉を ぼんやりと聞いていた  Many is the time as much as you call me 残るよ耳の底に Oh, many is the time as much as you love me 不在を知らせてる  もしも全てが変わっていても声が聞きたいわ  もし あの頃を思い出したら 声をきかせてよ もし この街を通るときには 声をきかせてよ もしも全てが変わっていても 声が聞きたいわ  もし あの頃を思い出したら 声をきかせてよ もし この街を通るときには 声をきかせてよ もしも全てが変わっていても 声が聞きたいわ
もうここには何もない松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆灯台の光の帯がもう 白む空に消えてゆく頃 思い出に耳を澄ましてただ 車のドアにもたれかかった  流れ星があなたの肩のあたりで燃え尽きてた  Sunrise, good days 空と海が Sunrise, 待たず 離れてゆく  いつまでもここに このままでいたい 倒れた砂時計のように  この先は何も無いからもう 何かを選ぶ哀しさも無い 波音に沈黙だけがただ 残された思いを叫んでた  未来はいつも 後から来ては全てをさらってゆく  Sunrise, good days 夜と朝に Sunrise, たえず挟まれてる  いつまでもここに このままでいたい 乾いた貝殻のように  Ah Ah 流れ星があなたの肩のあたりで燃え尽きてた Sunrise, good days 空と海が Sunrise, 待たず 離れてゆく  いつまでもここに このままでいたい 倒れた砂時計のように  Sunrise, good days 気づかぬうち Sunrise, 見えず流されてた Sunrise, good days もうここには  Sunrise, good days もう何も無い Sunrise, good days もうここには Sunrise, good days もう何も無い  いつまでもここに このままでいるの 倒れた砂時計のように
哀しみのルート16松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆涙に濡れたセンターライン フィルムのように流れてゆくよ 長距離便のひくいクラクション ふたり最後の航海の汽笛に  きこえて来る Route16 心変わり責めないわ  もっともっと好きだった もっともっとあなたより 思い出が多すぎて この道は遠すぎて 戻れない哀しみのRoute16  海が見たいと気まぐれ云って ひきとめたりはしていないけど フロントグラスたたく雨粒 パイプラインが崩れるような音  きこえて来る Route16 別れに理由はないのなら  もっともっと会いたかった もっともっといつまでも そのままのきみでいて 死ぬときもそばにいて ささやいた約束のRoute16  涙に濡れたセンターライン フィルムのように流れてゆくよ フロントグラスたたく雨粒 パイプラインが崩れるような音  きこえて来る Route16 心変わり責めないわ  もっともっと好きだった もっともっとあなたより 思い出が多すぎて この道は遠すぎて 戻れない哀しみのRoute16  そのままのきみでいて 死ぬときもそばにいて ささやいた約束のRoute16  思い出が多すぎて この道は遠すぎて 戻れない哀しみのRoute16
海に来て松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆遅すぎた春の告白残して 逃げるように ここへひとり来ていた  素足は引き潮に埋もれて 心はあなたへ寄せてゆく のめりそうな影を 風が抱いてる  どんな不安にかられても 時は戻りはしない  なんて孤独な Ah 私だった あなたを愛す hum 前の私  あなたと離れて すごしてる日々が かなりつらくても 微笑めるように  瞳はきらめく沖を見て 乱れる髪 耳でおさえて 泣きそうな気持ち 波がさらうよ  どんな言葉で飾っても きっと嘘はつけない  なんて孤独な Ah 私だった あなたを愛す hum 前の私  なんて強がりな Ah 私だった あなたを愛す hum 前の私
Blue Planet松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆Ridin' on your big wave この惑星のビートで 少なくなった愛を数えないで  悔やんでも仕方ない 二度と同じ波は生まれないの 時間だけ戻らない 思い出との戦い続けるの  くりかえす誤ちに生きる意味を 限りなく次へ行く希望を  求めてた Heaven めざしてた Paradise きっとどこかにはある  Looking for my sunshine あなたについていった 泣かなくなって愛を失くしていった  新しく来る日々にせいいっぱいのパドルでこいでゆくよ 焼きついた眼差しに解けなかった答見つけてゆくよ  いつの日かまたふりむいてくれたら こんどこそ手を離さないわ  求めてた Heaven めざしてた Paradise ずっとそこにあるから 青いこの惑星(ほし)を蹴って 宙(おおぞら)を抱いて宙返りしよう  くりかえす誤ちに生きる意味を 限りなく次へ行く希望を  求めてた Heaven めざしてた Paradise きっとどこかにはある  白い光のナイフでそびえるウォールを垂直に滑ろう 青いこの惑星(ほし)を蹴って 宙(おおぞら)を抱いて宙返りしよう
cappuccino松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaEric Clapton・Hiroshi Fujiwara誰を待つの スプーンまわし ゆれる影に瞳をあげて 夢中だった頃の私がまだいるみたい 片想いとひとめぼれが モカと白のすじを描いて くちづけする ひとりの日々よ Now, I have little time to kill  誰も好きになれない心 傍若無人 使い果たし もうしばらくここにいるわ So, I have tome to kill
霧の中の影松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆何も云わないで 前だけを見て走ってゆきましょう もうすぐ別れが 追いつくまでは 深い霧に包まれて  浮かぶフォグランプで映していって昔の景色 すでに意味のない約束も ふたりとともに消えてゆく  凍る影は 心を佇ませて 青い朝は あなたをおもかげにかえるから 今は ああ今は 声にならないさよなら  だから云わないで きかせないで本当の終りを もうすぐ目覚めだす世界へと ふたりのみ込まれてゆく  まだ光は ひくくぼんやりとして 長い冬は あなたいないことおしえるから 今は ああ今は 何も何も云わないで  凍る影は 心を佇ませて 青い朝は あなたをおもかげにかえるから 今は ああ今は 声にならないさよなら
Invisible Strings松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆シルクのような雨 耳を澄ましたら 街の喧騒はかすれてゆく それは ほんのひととき あなたの想い出 微笑ませてくれる  雨はただ そっと肩を抱き 目がしらを くすぐっているよ  恋の日記はいつか終りが来るけど 愛のまなざしは ずっとそのまま どんなこと書いたか 覚えてなくても 言葉は立ち昇る  When the love is gone 愛が去ったとき 物語は完結するのね  忘れないで あなたがくれた やさしさがここにあることを 思い出して 見えない糸で 綴じられた日々があることを  ページをめくるように 年は代わるけど 私たちの時計 止まったまま 高原の花のように 湖のように 霞んでゆれている  When the love in gone 愛が去ったとき 物語は書きたせないのね  忘れないわ あなたがくれた やさしさがここにあるから 思い出すわ 見えない糸で 結ばれたふたりがいるから  忘れないで あなたがくれた やさしさがここにあることを 思い出して 見えない糸を 信じてる私がいることを
ひまわりがある風景松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆ひまわりが影を伸ばしてる 小さなバス停で あなたと別れた wooo 陽炎に溶けてゆくバスは 思い出も乗せずに 行ってしまった  全てが光の中に白く白く露出していた  遠くなってゆくあなたを ただぼんやりと見送っていた 映画でも観るみたいに 行き場の失い心だけが取り残された煙のように ずっと漂っていた  ひまわりが咲くと 思い出す あのときの風景と 止まった時間  ファインダーの中であなたはきっときっと手をふっていた  遠くなってゆく記憶になすすべもなく立ちつくしてる 焼きついた昼下がり 声に出して呼んでみても 思い出せないあの夏の日の 最後のあなたを  遠くなってゆくあなたを ただぼんやりと見送っていた 映画でも観るみたいに 行き場の失い心だけが取り残された煙のように ずっと漂っていた  遠くなってゆく記憶になすすべもなく立ちつくしてる 焼きついた昼下がり 声に出して呼んでみても 思い出せないあの夏の日の 最後のあなたを  遠くなってゆくあなたを ただぼんやりと見送っていた 映画でも観るみたいに 行き場の失い心だけが取り残された煙のように ずっと漂っていた
Summertime松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆風のない昼下がり 木洩れ日は容赦なく ハンモックの中 揺れてる私を刺すように 心焦がす  網にかかった マーメイドはもうどこへもゆけない せめて夢だけ見させてやすらぎの国の 物語で  Hey angel, don't you ever sleep? 恋に縛られたら  もがけばもがくほど からまってゆく糸に 今はただ目を閉じて angel そこは行き止まり  朦朧ときいている 天国の蝉時雨 チェインソーみたい 私の魂切り刻む 苦しいわ  Hey angel, don't you ever sleep? 恋に縛られたら  日ごと夜ごと襲う哀しみにさいなまれ 真珠の涙こぼす angel そこは行き止まり
灯りをさがして松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆Look at me なぜおこらないの まえみたいに さっき私が誰かと交わした熱い視線も ただ静かに車のドアは閉まり 冷えた通りの霧の中のランプになってく 幸せだった日々 いたらなかったことばかり心残りだけれど hooo あなたの気持ちはもう戻らないとわかってるかもしれない それでも私は強がりを捨てずに灯りを探すの  Without you ひとりで歩いていた いつのまにか きっとあなたは先で待ってると 分岐点も見ず 人は耐えきれない痛みを与えられはしないの hooo あなたの笑顔が向けられないならつらすぎるかもしれない それでも私は思い出をたよりに灯りを探すの  もう一度出会って もう一度恋して もう一度見つめ合いたい もう一度わかって もう一度笑って 私だけのために  あなたの気持ちはもう戻らないと わかっていることなのに それでも私は強がりを捨てずに愛し続けるの
水槽のJellyfish松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆水槽のJellyfish 囚われの心 感覚も無くし ひとりぼっち漂ってる あなたのいない世界はどこにいても同じこと いつまで続くのか知らない  How are you? Everyday, I miss you 今も好きと言って 光る闇の中から抔って  水葬のJellyfish 涙の温度で 思い出の海へ ひとりぼっち溶けてゆくの あなたと見てた夢は私だけのまぼろし どれほど信じたかしれない  How are you? Everyday, I miss you 今も好きと言って やがて私が消えてしまうまで How are you? Everyday, I miss you でももう愛さないで あなたの顔さえも見えない  雨つたうガラス窓 青いキャンドル浮かべ 私はベッドで泣いている  How are you? Everyday, I miss you 今も好きと言って 光る闇の中から救ってよ How are you? Everyday, I miss you でももう愛さないで あなたの顔さえも見えない  How are you? Everyday, I miss you 今も好きと言って やがて私が消えてしまうまで How are you? Everyday, I miss you でももうきこえないの 私はただゆれるJellyfish
Choco-language松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆思いもよらないあなたと恋に落ちていた 私の理想ことごとくこわすひとなのに 好きよ 好きよ 好きよ なぜか とても とても  みんなも不思議がるの今までとちがうって 意外と探してたアイドルだったの彼は、なんて  そうよ Ye Ye きっと私だけ わかる Woo Woo 周波数みたい それは Ye Ye きっとあなたが私にくれたランゲージ 好きさ 好きさ 好きさ きみが とても とても  チョコレートよりも甘くて少しほろ苦い もうやめられない あなたが消えたらどうしよう うそとうそと云って ちがう恋のうわさ  私は変わってゆく あなたに深入りして 意外とやきもちもやくことなんかあるんだ、なんて  そうよ Ye Ye きっとあなただけ 見てる Woo Woo にくらしいくらい それは Ye Ye きっとあなただけに届いてるメッセージ  好きよ 好きよ 好きよ なぜか とても とても 好きに 好きに なるよ たぶん もっと もっと  新しい発見が記録を塗りかえるの あなたは探してたアイドルだったと気づいたとき  そうよ Ye Ye きっとあなただけ わかる Woo Woo 瞬間があるの だから Ye Ye きっとあなただけに通じてるランゲージ 好きよ 好きよ 好きよ なぜか とても とても たぶん もっと もっと たぶん いつも いつも  好きよ 好きよ 好きよ なぜか とても とても たぶん もっと もっと たぶん いつも いつも
恋の苦さとため息と松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆ダイヤのため息 のみ干すマティーニ はじめて知ったの 恋の苦さを いますぐ会いたい 文字にはできない 想いは住処を無くしてる ha ah あなたに心を奪われてから  グラスに残った オリーブ ひとりぼっち うず巻く夜景に沈んでる ha ah あなたに心を奪われたから  それだけで足がふらつく最上階の窓 月灯りとダンスダンス ベルベットブルーの雲を滑るように 私の恋は輝きながらこぼれてゆくの  いますぐ会いたい電話じゃかなしい 冷たい指先あたためて ha ah ダイヤのため息 月凍る街で はじめて知ったの 恋の苦しさと歓びを
太陽の逃亡者松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆woo golden afternoon 太陽を浴びて きみと走ろう 海沿いのハイウェイ woo golden afternoon レモンの輝き あなたに贈ろう 何もない道だけが続いてる afternoon  ただの友達と うそをつくのは きのうで最後さ それぞれの朝 メモを残して もう元に戻らない woo  離れないよふたりは 小さな荷物まとめ 逃亡者になっても いっしょに行くと言った  woo golden afternoon 太陽を浴びて ふりかえったら 影さえ飛んでく  ただ深刻な ただ無責任な うわさばかりさ いつかわかって もらえばいいの 若かったあの日を woo  恋に生きるふたりは いつか忘れ去られる 殉教者になっても しかたない熱病と  woo golden afternoon 太陽を浴びて きみと走ろう 海沿いのハイウェイ woo golden afternoon レモンの潮風 きみに贈ろう ルーフ開けて 胸いっぱい吸い込んだ afternoon
ただわけもなく松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆かけのぼる 堤防の入道雲が わくわく わいてた はるかさらうように きみと手をつなぎ どこまででもゆけた  太陽のかげぼうし ゆっくりのびて 夕立ちの音が そこまで来てても きみとすごす日は 決して終わらないと思えた ただわけもなく  青い空に出会ったら ヨロシクとつぶやいて きみがどこにいても 想い出せる ほんの近くに  気まぐれな メロディーを逃がさないように 口笛で書いた 草と風のノート きみの手のひらに そっとしがみついた  何もかも 変わっても 変わらないのは 心の瞳に まぶしかったもの きみの髪ゆらす 光の輪のプリズムみたい 焼きついている  青い空に出会ったら ごめんねとつぶやいて きみにできることを 残したまま また会う日まで  青い空に出会ったら ヨロシクとつぶやいて きみがどこにいても 想い出せる ほんの近くに  青い空に出会ったら ごめんねとつぶやいて きみにできることを 残したまま また会う日まで  
雪月花松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆ああ そんなに 眩しい目で みつめないで 昔 会った頃とは もう ちがってる 私達 ああ いろんなことがあった 離れてから 口に出して 言わなくても 微笑み合えたなら いいの 満ち欠ける 月のように 日々に姿が変わっても いつも あなただけは 私のことわかると信じていた ああ どんなに 夜を越えて 会いたかったか 死んだ方がましと思う 苦しさに名前を呼んだ 吹きすさぶ粉雪に ひとり閉ざされていても きっと 私だけは あなたのことわかると思った  春が来て 緑は萌えて 今日の景色もまぼろしになる そして また 冬が来るとき 今日の瞳に励まされる ああ そんなに やさしい目で みつめないで なつかしくて なつかしくて 涙が止まらなくなるの 満ちて来る 陽の光に 雪解けの音がきこえる やがて 哀しみにも時は流れ 海へと注いでゆく 哀しみにも時は流れ 海へと注いでゆく 喜びなら分かち合って いっしょに運んでゆこう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Wings of Winter松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆Wings of winter oh,Ring on,ring bells 会えなくなって気づいた愛もあることを  去年いつしか散ったポインセチア 又 紅く街を彩っている 私はひとりの部屋で迎えるはずのクリスマス  たぶん淋しいなんて思わない 今も思い出がそばにあるから 窓には冬の翼が白いダウン降らせている  oh,Wings of winter 包んで oh,Ring on,ring bells うたって 無口なまま別れた天使たちのため  ゆうべあなたが夢に出てきたわ 昔と何も変わらぬ笑顔で たまには連絡しろと 言ってたような気がした  忘れかけてく素直な気持を 指先だけが勝手につづるの 窓には冬のメールが白い文字積もらせてく  oh,Wings of winter 運んで oh,Ring on,ring bells つたえて 会えなくなって気づいた愛もあることを  心に舞う やるせなさが 涙のしずくに溶けてしまう前に  もう一度 oh,Wings of winter 運んで oh,Ring on,ring bells つたえて 会えなくなって気づいた愛もここにあることを
One more kiss松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaMasataka MatsutoyaOne more kiss One last kiss 春の雪 瞼に ふれる前に消えてゆく  かすかに息を吹きかけたら 時は回るゆっくりと  芽吹きはじめた花壇のすみ わかって欲しい見えない想い  Leavin' Leavin' 忘れない もうすぐ遠くなる  One more kiss When I miss 綿毛雪 あなたが わけてくれた夢の種  ぬくもり知った胸に抱いて そっとそっと育てるわ  うちあけなかった言葉たちは 季節のたびに花を咲かせる ささやきかける  Leavin' Leavin' ここにいて もうすぐ遠くなる  Leavin' Leavin' 忘れない もうすぐ遠くなる
Summer Junction松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆少しだけ眩しそうな瞳を雲が流れてた 灼けてた顔もすっかりうすれて見えるね  夢みたいだった絵日記 そろそろハイウェイの出口 私は黙ってあなたのうでをとった  明日は人ごみに戻って 読みかえす余裕もない1ページにいるのね  今のあなたと 今の私と 今のふたりが 消えてゆくの気づかないまま  家までの信号機 どこかで寄り道したいね なんてことない場所でいいから あと少し  しばらく会えなくなったって 平気なくらい フツーの別れ方しようよ  何があってもいっしょにいると誓った気持ち 口に出せず見送っていた  今のあなたと 今の私と 今のふたりが 消えてゆくの気づかないで見送っていた
Age of our innocence松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆Age of our innocence ふたり 今 誓いを立てよう  朽ち果てそうなこの世界の中で うんざりしそうなしがらみの中で  唯ひとつ 嘘のない 愛だけを信じて 苦しさに 立ち止まり 目の前がにじんでも  I'm believin' my love 時が ふたりをひきさくまでは I'm believin' my love 決して 負けたりしないと  Age of our innocence 長い 夜が明ける すぐに  欲望の闇が眠りにつく街に ゆうべの夢がゴミに変わる街に  ただ白く 純粋に きみだけを愛そう もう誰に 裏切られ 失望にくれても  I'm believin' my love 横に きみがいてくれる限り I'm believin' my love 決して よごれはしないと I'm believin' my love  動物のようなおびえた目をした きのうの自分を許せる気がする  気高くて でも遠い 愛だけをみつめて 音の無い 宇宙を 永久に彷徨おう  I'm believin' my love 時が ふたりをひきさくまでは I'm believin' my love 決して 負けたりしないと  I'm believin' my love 横に きみがいてくれる限り I'm believin' my love 決して よごれはしないと I'm believin' my love
acacia [アカシア]松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆銀の花が散ってる 風と陽ざしの中で 知らない町に来てる 目を閉じてかすかに響く列車の音に 心はゆられているの  遠く旅をしてても きっと Do you love me?  今は見えない未来に たったひとつの道しるべ  銀の花の押し花栞にしてはさんだ 好きな詩のフレーズに いつの日か誰かと開いて見つけたとき 笑えるような一途さで  やっと出逢えたときは きっと Do you love me?  なつかしすぎる未来が たったひとつの探しもの  遠く旅をしてても きっと Do you love me?  今は見えない未来に たったひとつの道しるべ  なつかしすぎる未来が たったひとつの探しもの
リアリティ松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆I wonder why ニュースがとび込むたびに なぜか薄れてゆくリアリティ 政治も事件もワイドショーもみんな夢の出来事みたい  I wonder why はやく電話しなくちゃ あなたと愛を確かめなくちゃ お見合い話も就職もみんな留守録のノイズのよう  Um what's goin'on, what's in this world 誰も答えられない Um what's goin'on, Um what's in my mind 私だけのリアリティ  腕の痺れを感じて目覚めてくMorning light おこったような寝顔とカーテンをながめてる  No wonder why あなたがいるリアリティ No wonder why 私がいるリアリティ それしかなくても  I wonder why 何かずれて見えてる I wonder why 私は生きているの 怒りも痛みも悲しみもみんなふつうに感じてるのに  I wonder why はやく電話しなくちゃ あなたと愛を確かめなくちゃ No wonder why あなたがいるリアリティ No wonder why 私がいるリアリティ  Um what's goin'on, what's in this world 誰も答えられない Um what's goin'on, Um what's in my mind 私だけのリアリティ
哀しみを下さい松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆さみだれの空を 便箋にして 故なき哀しみ つらつら綴る  いつか あのひとと見た夕焼け 茜い 帯と家々の屋根 明日は晴れそうな薄闇の雨  さみだれの雲は 墨色流し うち消す想いに 沈んでゆくの  けれど 西の方が朧ろげに 明り 見えていたまぼろしに 希望を持たせて 待たせたのに  あきらめたあのひとよ いちばん好きだった頃が 今もまだ 今もまだ 心しめつけるの  さみだれ乱れて 記憶の奥の 癒せぬ恋しさ つらつら辿る  いつか もう一度会える日を ずっと 探してる放浪の お土産ばなしを書き留めるの  あきらめたあのひとよ どこかで変わらずいて いつまでも いつまでも 哀しみを下さい  あきらめたあのひとよ いちばん好きだった頃が 今もまだ 今もまだ 心しめつけるの
Lundi松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆窓たたく雨の音 突然のモーニングコール それ以外 何もかも同じ 月曜の朝 いつもより目がはれて 疲れているわけは きのう二人が別れたせい  読みかけの小説を少しだけ読みましょ コーヒーが入るまで 何も思わぬように テーブルのあちこちに 散らかった残骸が 今度こそ終わりと言っている  止まる時間と流れる時間が まるであやとりしているみたいね  いかなくちゃ いかなくちゃ そろそろいかなくちゃ 私を待ってる私がいる  恋は去り雨は止み 後に残ったのは 意外にも平気な私と 変わらぬくらし あなただけあなただけ そう思った頃が なんだか自分じゃないみたい  思い出さなきゃ苦しくはないなんて 誰も教えてくれはしなかった  いかなくちゃ いかなくちゃ そろそろいかなくちゃ 私を待ってる私がいる  もっと 急がなきゃ 急がなきゃ きのうを追い越さなきゃ 乗らなくちゃ 乗らなくちゃ いつものあのバスに いかなくちゃ いかなくちゃ そろそろいかなくちゃ 私を待ってる私がいる
MIDNIGHT RUN松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆すがるように歪んでた きみの泣き顔と 音をたててゆれていた デニムのシャツを 今も忘れられない最後の夏の日 きみはぼくを信じた  ずっときみが好きだったって言いたかった でもそれだけはどうしても言えなかった 本当に悪いのはぼくの方だから あいつのせいじゃない Wow Wow Wow  熱におかされたように みんなどうかしてたんだ 闇をふりきって MIDNIGHT RUN 行く先もわからずに 走り続けていたんだ恐くて  日記は書きかけのまま そこで終わった ぼくたちのこと封印するかのように それぞれの週末に爪跡を残し 遠く去って行った Wow Wow Wow  何かから 逃げるように 傷だらけになりながら 強がっていたんだ MIDNIGHT RUN あいつときみのことなら とっくにわかっていたんだ MIDNIGHT RUN  MIDNIGHT RUN 熱におかされたように みんなどうかしてたんだ 闇をふりきって MIDNIGHT RUN 行く先もわからずに 走り続けていたんだ恐くて  何かから 逃げるように 傷だらけになりながら 強がっていたんだ MIDNIGHT RUN あいつときみのことなら とっくにわかっていたんだ MIDNIGHT RUN
110°F松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆灼熱の太陽を体中に浴びながら ダイキリ色の海へ身を投げ出しましょう Daba daba Duba daba daba duba da Daba daba Duba daba daba duba da  寄せてはかえす波のダンス感じている Daba daba da  むせるようなココナッツと潮の香り浴びながら 私は白く凍るハイビスカスの花  遥か遠くなすがまま波に抱かれゆこう  探さないでよ 私のゆくえを 見つけないでよ そのわけを わからないでよ 何もかも 深い深い海に消えるまで  いつか二人で見てた 燃え尽きてゆく夕陽 あれから私のドアは 固く閉ざされた  ゆれる砂のベッドはめくるめく夢の果てへ きのうへ明日へ そして今へ 私を乗せ Daba daba Duba daba daba duba da Daba daba Duba daba daba duba da  寄せてはかえす波のダンス感じている  遥か遠くなすがまま 波に抱かれゆこう  探さないでよ 私のゆくえを 見つけないでよ そのわけを わからないでよ 何もかも 深い深い海に消えるまで
Song For Bride松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆高二の頃の あなたのままで 止まって見えたヴァージンロード こんな綺麗な あなただったと 彼より先に知ってた  預けたアルバムも 返せない手紙も これからもずっと持ってるわ もっと素敵になろうね  いつか話そう 今日の微笑み あなたの大事な人に  高二の頃に 描いた夢と 少しかたちは違うけど 友達でいて うれしいと思う そんなわたしでよかった  悩んでる時にも 信じていてくれる 彼とならきっと大丈夫 一緒に大人になれる  いつか話そう 今日の微笑み あなたの大事な人に  いつも消えない 光があるの わたしたちの心には
MillenniumYuming + Pocket BiscuitsYuming + Pocket BiscuitsYumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆今どこにあなたはいるの 地球時間の旅人よ 千年に一度の波を 何もおそれず越えてゆこう  生まれて来れたことを I'll be with you I'll be with you I'll be with you きっと感謝したいから  あなたに あなたに あなたに めぐり逢えるよ かならず かならず かならず 愛を信じて Beyond the lights, beyond the nights, beyond the time 願えばドアは開くよ ミレニアムの夜明けに  まだ顔も見たことのない 未来で待ってるともだちへ そこにいるあなたのために どんな試練も越えてゆこう  くじけそうになったら I'm calling you I'm calling you I'm calling you きっと私を呼んで  あなたと あなたと あなたと 飛んでゆきたい はるかな はるかな はるかな 愛をめざして Beyond the lights, beyond the nights, beyond the time 心は空をかけるよ ミレニアムの彼方へ  きっと きっと すぐに  あなたに あなたに あなたに めぐり逢えるよ かならず かならず かならず 愛を信じて Beyond the lights, beyond the nights, beyond the time 願えばドアは開くよ ミレニアムの夜明けに  あなたと あなたと あなたと 飛んでゆきたい はるかな はるかな はるかな 愛をめざして あなたに あなたに あなたに めぐり逢えるよ かならず かならず かならず 愛を信じて  あなたと あなたと あなたと 飛んでゆきたい はるかな はるかな…
Spinning Wheel松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆太陽はくりかえし昇っては沈んでも きみのため生きている ぼくがいる  ひとりぼっちの国で 泣いているきみは すぐそこまで来ている 明日を知らない もしもね 世界が逆さに回っても 明日はやって来る  変わらずにくりかえす哀しみは思い出に よろこびは知らぬまに消えるけれど きみのため生きている ぼくがいる  小さすぎる両手で抱えた荷物は 大切なものなんて ないかもしれない けれどね 答えはそれぞれの心 きみにしか見えない  星空はくりかえし 苦しみは優しさに なぐさめは限りない きみへの愛 いつの日も想ってる ぼくがいる  (変わらずに) くりかえす哀しみは思い出に よろこびは知らぬまに消えるけれど きみのため生きている ぼくがいる
シーズンオフの心には松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya心はシーズンオフよ 夕陽はみじかく  静かな駅の伝言板は きれいに消されていた  あなたはきのうせめてひとこと 残したでしょう  いっしょには帰れなかった ぼくには 待つ人がいるって わかってたのよ 哀しい恋をうらんでいた  シャッター降りた、店のかどから あなたが出て来そう  日よけと椅子とにぎわう通り 夢のあと  いつまでも ばかな娘ではしゃいでいたかった さよなら 避暑地の灯り 私も次の列車に乗る  心はシーズンオフよ 愛した時はゆく
稲妻の少女松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaShe's a lightning lightning Lightning Bolt. She's a lightning lightning Lightning Bolt.  エンジン・フードで卵が焼けるほど あの娘はとばして浜辺についた ゆうべ天気図にたくさん線ひいて 台風の位置を確めたのさ  今日をのがしたらお目にかかれない 逆巻くチューブに鳥肌がたつ  白いしぶきが雲ならば hum あの娘のボードは閃く稲妻  She's a lightning lightning Lightning Bolt. She's a lightning lightning Lightning Bolt. 何のたしにもならないことに ムキになれる あなたがいちばん好き  コーラの空びん並べるみたいにさ あの娘は男をスラロームする ゆうべ胸もとの双子座ペンダント あとがつくくらい抱きしめたのに  今日をのがしたらお目にかかれない バレーのようなカット・バックに  白いしぶきが帽子なら hum あの娘は手品で飛び出す銀鳩  白いしぶきが雲ならば hum あの娘のボードは閃く稲妻  She's a lightning lightning Lightning Bolt. She's a lightning lightning Lightning Bolt.
月夜のロケット花火松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya防波堤に腰かけて 誰もがはしゃいだ 満月が海原に道を作ってた  黙らないでよ せつなくなるわ 波が聞こえる ね、次はいちばん派手な花火に 火を点けるのよ  耳をふさぎ ちょっと離れてロケット弾 胸が踊り 急にはじける“スナイパー” 夜空をめがけ  マッチ擦るたびすぐに風が吹き消した 私達あきらめず夢を見たかった  来年はもう離ればなれね残暑の街で ね、どこで会っても今までどおり ばかを云ってね  高く上がれ 今年最後のロケット弾 白く照らせ 今夜最後のバケーション 夜空に消える  月に届け これが最後のロケット弾 みんな照らせ 心 シャッターを切るから 高く上がれ これが最後のロケット弾 白く照らせ これが最後のバケーション 子供でいたい  高く上がれ これが最後のロケット弾 白く照らせ これが最後のバケーション 夜空に消える
悲しいほどお天気松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya上水ぞいの小径をときおり選んだ 夏の盛りの日もそこだけ涼しくって  名もない蔦や柳がひくくたれこめて 絵を書く私達 それぞれひとりにさせた まるで先の人生を暗示するように  みんなまだ 気づかず すごしていたんだわ ずっといっしょに歩いてゆけるって だれもが思った ム・ム…  拝啓。今はどんな絵 仕上げていますか 個展の案内の葉書きがうれしかったの 臆病だった私は平凡に生きている  みんなまだ 信じてすごしていたんだわ ずっといっしょに歩いてゆけるってだれもが…  いつまでも 私の心のギャラリーにある あなたの描いた風景は 悲しいほどお天気 ム・ム…
ハルジョオン・ヒメジョオン松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaMasataka Matsutoya川向こうの町から 宵闇が来る 煙突も家並みも 切り絵になって 哀しいほど紅く夕陽は熟れてゆくの 私だけが変わり みんなそのまま ヒメジョオンに埋もれてくちづけをした 土手と空のあいだを風が渡った 哀しいほど紅く川面はゆれていたの 越していった日から顔も忘れた  哀しいほど紅く 心は燃えているの 思い出すそばから 葬るくせに 哀しいほど紅く夕陽は熟れてゆくの 私だけが変わり みんなそのまま
9月には帰らない松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi MatsutoyaMasataka Matsutoya9月には 帰らない ただひとり 残っても 明日あたり 燈台へ 波しぶき見に行こう  未来が霧に 閉ざされていた頃は この潮騒が 重すぎて 泣いた  今はもう負けないわ 9月には帰らない  無口な人は 夏の日のはかなさを うまく言えずに バスの窓おろす  今はもう負けないわ 9月には帰らない 9月には帰らない
帰愁松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya許してほしかった ふざけすぎた私 ひさしぶりのそのまなざし さよならがこわくて 私の名前を呼び捨てにできない 遠くなったあなたがいた ゆうべは目の前に  あの日からの悲しみを 素直に云えたら もう一度 髪にふれてくれたの  ラララララ はじめてあなたと どこで逢い ラララララ いつからあなたと愛し合い ラララララ 渇いた瞳が離れない それから なみだ雲ばかり  弱い心には嘘も忍び込むわ 忘れるため身をゆだねた ゆきずりのひとたち 元気そうでよかったと あなたはわらったけど 云えなかった ああ本当は ずっと淋しかった  人ごみは何もきかず私を包んで 毎朝の駅へ流れてゆく  ラララララ はじめてあなたと どこで逢い ラララララ いつからあなたと愛し合い ラララララ 渇いた瞳が離れない それから なみだ雲ばかり
Saint of Love松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆あなたを近くに感じる夜がなぜかあるの 岸辺に揺れてるボートが寄りそうより近く ああ なのに 心はあなたにつなげない  あなたを遠くに感じる夜がなぜかあるの 言葉も何も通じない世界の果てのよう ああ だから 心をあなたにつなげたい  愛して 愛して もっと愛し合えば いつかは答えがわかるのでしょうか  ああ なのに 心はあなたにつなげない  憎んで 憎んで もっと憎み合えば いつかはやすらぐことができますか  あなたと静かに流れる時を見つめてるの 二人が出会えた短いほんのひとときでも ああ だから あなたを死ぬほど愛したい
Woman松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆You are the woman 遠い遠い眼差しはなぜ woman 哀しい哀しいときめきは なぜ woman You are the woman 風のような  You are the woman 広い広い世界にひとり woman 長い長い旅をしてるの woman You are the woman, just a woman  ちぎられたハートの跡は塞がらないの ひきさかれた運命だから彼に会いたい  You are the woman 白い白い砂丘を描く woman 深い深い記憶を潜る woman You are the woman 海のような  You are the woman 愛は愛は決して消えない woman 時は時は決して消えない woman You are the woman, to be a woman  刻まれたハートの傷は何を想うの いつか置き去りにした愛を呼び続けるの  寄せてはかえす 波のように ゆれる心は woman, woman, woman  ちぎられたハートの跡は塞がらないの ひきさかれた運命だから彼に会いたい  刻まれたハートの傷は何を想うの いつか置き去りにした愛を呼び続けるの  ちぎられたハートの跡は塞がらないの ひきさかれた運命だから彼に会いたい  刻まれたハートの傷は何を想うの いつか置き去りにした愛を呼び続けるの  ちぎられたハートの跡は塞がらないの
時のカンツォーネ松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆あなた私のもとから突然 消えたりしないでね 二度とは会えない 場所へひとりで 行かないと誓って 私は 私は さまよい人になる  時をかける少女 (少女) 愛は輝く舟 過去も未来も (星座も) 越えるから抱きとめて  ゆうべの夢は金色の窓辺 いつか遊んだ庭 たたずむあなたの そばへ走って ゆこうとするけど もつれて もつれて 涙 枕濡らす  時をかける少女 (少女) 空は宇宙の海 褪せた写真の (あなたの) かたわらに飛んで行く 時をかける少女 (少女) 愛は輝く舟 過去も 未来も (星座も) 越えるから抱きとめて  時をかける少女 (少女) 愛は輝く舟 過去も未来も (星座も) 越えるから抱きとめて 時をかける少女 (少女) 空は宇宙の海 褪せた写真の (あなたの) かたわらに飛んで行く 時をかける少女 (少女) 愛は輝く舟 過去も未来も (星座も) 越えるから抱きとめて 時をかける少女 (少女) 空は宇宙の海 褪せた写真の (あなたの) かたわらに飛んで行く 時をかける少女 (少女) 愛は輝く舟 過去も未来も (星座も) 越えるから抱きとめて
結婚式をブッ飛ばせ松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆バージンロードに立ったら これはまちがいとわかった そのとき ドアが開いた  Oh wedding bell is ringing out of town  気づいたときには手遅れ 並んでひざまづく祭壇 式はもう ハイライト  異変はここで起ったの 誓いの言葉が言えない  My God! だってそうじゃない うそはつけない What you gonna say Oh yes! いくら好きでも一生なんて愛せない  貧しいときにも病んでも 迷える羊に救いを 下さい 神様なら  長すぎる沈黙のあと 口をついて出た言葉は...  My God! あわてるあなた あきれる神父 What you gonna do Oh yes! いくら好きでも私の愛は縛れない  ガス漏れのようなため息が教会に充満したとき  My God! ここを出なくちゃ 逃げ出さなくちゃ What you gonna do Oh yes! 仮面かぶった結婚なんてまっぴらよ My God! ころがる指輪 泣きだす家族 What you gonna do  Oh yes! 火花飛ばして結婚式をブッ飛ばせ My God! あわてるあなた あきれる神父 What you gonna do Oh yes! だってそうじゃない うそはつけない神様に
人生ほど素敵なショーはない松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆口から出そうな 心臓の音 ふるえる指先 ふるえる足もと  これから始まる音に乗って 幕が開けば 戻れない舞台の上  眩しいライトの中を あなたは踊り続ける wow wow  薄暗く狭い 今日までの迷路 偶然選んで 歩いてただけ  チャンスがなかったわけじゃない その気ならいつだってとべたはず  誰もがくぎづけになる あなたのそのエナジーに wow wow  人生ほど素敵なショーはない そんな言葉 ばかにしてた どうせ何も起こりはしないと 斜にかまえて 生きて来たけれど  勇気がひとさじあれば 一歩前にふみ出せば wow wow  人生捨てたもんじゃない 何が起こるかわからない wow wow  眩しいライトの中を あなたは踊り続ける wow wow  誰もがくぎづけになる あなたのそのエナジーに wow wow
パーティーへ行こう松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆泣けちゃうくらい 今夜のあなたは どこから見たって OK! なのに ひとりで落ち込んでるつもり 私の支度は OK!  パーティーへ行こう あなたも 気分は晴れる  Good vibration 呼んでる Good temptation あなたを 星降る この夜  いつも悩みの 2つ3つあるけど 一瞬忘れりゃ OK!  会いに行こう そこでは みんな味方よ  Good vibration はじける Good sensation 明日が あなたの近くで さっき泣いてたカラスも笑いだす 騒ぎにつられて  そこまで来てる 迎えに来てる 感じて来てる チャンスの波が  Good vibration 呼んでる Good temptation あなたを きっと輝かせる Good vibration はじける Good sensation 明日が みんなの魔法で Good vibration 呼んでる Good temptation あなたを 星降る この夜 Good vibration はじける Good sensation 明日が あなたの近くで
セイレーン松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆Wednesday 潮煙るノースショアに残した心 ずっと まだ今も待ってる あの大凪は  うねりの前ぶれ きみと漕いだ時間  ひとりにしないで 置いてゆかないで ついてゆくから 流されて行った 失くして行った 青春求め  セイレーン 舟乗りを惑わす哀しい声が ずっと まだ今もきこえる もう二度と  離さないと抱きしめ 離れないと言った  立ちはだかるように 青い壁のように せまる波に 砕け散っていった 粉々になった 夢のかけら  ずっと もう誰も愛せない 熱い記憶  真空のチューブを 滑り降りる予感  離さないと云った 離れないと云った 嵐の中で 砕け散っていった 粉々になった 夢のかけら  ひとりにしないで 置いてゆかないで ついてゆくから 流されて行った 失くして行った 青春求め  立ちはだかるように 青い壁のように せまる波に 砕け散っていった 粉々になった 夢のかけら
きみなき世界松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆きみがいなくなってから 初めての冬が来る きみなしの きみなしの 途方もない時を ぼくはもう ぼくはもう 持て余しすぎてる  あのときの言い訳をまだ ぼくは後悔してる なぜだろう なぜだろう それしかなかったのに 寂しくて 寂しくて 仕方なかった  傷つけて 傷つけられても なおまだ壊 れてはいなかった ぼくたちは  ぼくたちを捨てて来た あのときに  きみがいなくなってから 少し無口になった きみなしの きみなしの 広すぎる世界で ぼくはただ ぼくはただ 座る場所探してる  あれから全てが変わったのに 二人の匂いはもうないのに ああ なのに  きみには云えなかった 言葉があるんだ できるなら できるなら 時が戻るなら 一度だけ 一度だけ きみに云いたかった  きみなしで きみなしで 生きてゆくなんて どうしても どうしても ぼくにはできない  きみなしの きみなしの 途方もない時を ぼくはもう ぼくはもう 持て余しすぎてる  きみなしの きみなしの 広すぎる世界で ぼくはただ ぼくはただ 座る場所探してる  きみなしの きみなしの 途方もない時を ぼくはもう ぼくはもう 持て余しすぎてる
夢の中で~We are not alone, forever松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya夢のような あなたのくちづけで 目覚めたら 消えている夢の人  まるで伽噺の せつなさだけを胸に秘めながら生きてゆくの  とめどもなく溢れて来る涙のあたたかさはあなたの証し きっと会える この世界ですれちがったとしても 覚えているの We are not alone, forever  夢の中で あなたに会いましょう この気持ちが 消えぬまに会いましょう  もしも夢の世界で あなたがちがう人になってても探しだせる  たえまもなく瞬いてる星たちの輝きに見えてる昔 きっと見てる あなたも今 遠くはぐれていても 愛しているの We are not alone, forever  夢のままで あなたを待ってるの いつまでも いつまでも待ってるの  あなたが落としてった 私の心の小さな鍵を渡したくて  とめどもなく溢れて来る涙のあたたかさで時を越えて きっと会える たとえ今がひとり哀しくっても 忘れないから We are not alone, forever
Sunny day Holiday松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆Make me lonely ひとりにして きみがどんなに 大事だったかかみしめている Make me crazy 苦しませて ぼくがどんなに ばかだったかわかるために  きみと出会った冬の日が すごした夏の日が 今でもぼくを照らしている  きみはSunny day ぼくのHoliday  愛していさえすれば きみはいつでも そばにいると思っていた  あのときのけんかのわけも あの涙の意味も わかろうとさえしなかった  ぼくは Moony boy 夢を見てる  長いあいだ探していた 幸せ降る虹の街は 激しい雨が過ぎたあとの つかのまにあると知った  Make me lonely もう少しだけ きみもどんなに淋しかったか考えてる  だってぼくの人生の サイドシートには きみの笑顔を乗せたいから  きみは Sunny day ぼくの Holiday きみは Sunny day ぼくの Holiday
Misty China Town松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆チャイナタウン 更けてゆくわ 深い霧を紅く染めて ふと すれちがう影もなぜか 涙ぐむような ランタン 傷だらけの心抱いて迷い込めば ほら 海の風が耳のハープふるわせる  チャイナタウン 哀しい街 誰もひとりになりきれずに また 眠れない夜が過ぎてゆこうとしてる ダウンタウン 汚れた路地 口笛吹き歩きだせば あのときと同じ 光る橋がにじんでる  ニューイヤーの長い汽笛 爆竹に消されるプロポーズ 笑い声やグラスの音 今でも どこかで 響いている チャイナタウン 灯り漏れるドアの奥から聞こえてくる あのときと同じ甘いメロディ 途切れ途切れ  チャイナタウン 更けてゆくわ 深い霧を紅く染めて また ここで会える 忘れられぬ幻に 忘れられぬ想い出に 忘れられぬ ミスティ チャイナタウン
瞳はどしゃ降り松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆途中で入るロードショー 急な雨から逃れて来た なのに瞳はどしゃ降り だって終わったばかりの恋 オーバーラップさせる台詞が 機関銃のように胸を撃つから  Bye Bye Love あのひとを泣かせないでね あなたは ただ向う見ずな マフィアみたいだった  劇場ハネた通りは 傘を広げる人であふれ 私ひとりがどしゃ降り だってこのまま濡れてゆけば 誰も変に思わないわ そして字幕の彼方に消える  Bye Bye Love あのひとを失くさないでね 私はただ 自分勝手な 情婦みたいだった  立ち止まれば よくあなたと来た街角 キャンディーのように溶けてるネオン  Bye Bye Love あのひととハッピーにして 私は闘いがいある ライバルだったでしょ  Bye Bye Love 結末はハッピーにして あなたを ただ愛していた 無理なシナリオで
サンド キャッスル松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoyaひとりで出かけた砂浜で キャッスル作った午前中 もうすぐ満ちて来る潮に 崩れ去るのを待ってる さよなら さよなら 長い恋  陽差しが翳った遊歩道 季節が戻ってまだ寒い ナイロンのコートのすそが そよ風に泣いているわ ごめんね ごめんね つらい恋  世界で一番 幸せと信じてた もういつだってゴールインねと からかわれてた 砂のお城に住んでた プリンセスとプリンスね Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love  くるくる散ってたプラタナス 気取って歩いた うでをくみ どこまでも続くみたいに アーチが流れていった さよなら さよなら 長い恋  いつか近くに寄せて来ていた波が 心の中の足あとさえも さらってゆくの 誰もがうらやむような 二人になれなかったね Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love  波のフレアー 白いレースの泡に こわさ知らずなきらめく日々が 崩れてゆくわ 砂のお城に住んでた プリンセスとプリンスね Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love 誰もがうらやむような 二人になれなかったね Somebody to kiss, Somebody to hug, Somebody to love
消灯飛行GOLD LYLIC松任谷由実GOLD LYLIC松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya松任谷正隆見知らぬ国の ビザを持ち 夜に消えてゆこう 見送りはここまででいい 風が強いから ガラスのむこう あのひとは くちびる動かし パントマイムで 離れてく 人に流されて  忘れ得ぬこと 忘れるために 努力はいるのね 二度と結べない糸なら たぐりはしないわ  海岸線をふちどって 都会は輝く あのひと乗せたTAXIは 今どこを走る もうしばらくは 追いかけさせて この胸の中で  夜の雲を見下ろすまで ライトがつくまで テイル・ランプをあのひとが 星と思うまで
遠い旅路松任谷由実松任谷由実Yumi MatsutoyaYumi Matsutoya果てしなく 自分が終りそうよ 遠い砂丘を旅しているみたい 私など 忘れているならどうか はやくめざめさせて  血を吐くくらい 血を吐くくらい 名前を呼びたいの 心がきしむ 心がきしんで 朽ちた舟のようなの  暁の川辺り 石をけって 浮かぶ波紋を見つめて ただひとり 過ぎた日にかわしたあのまなざし 今も心縛る  血を吐くくらい 血を吐くくらい 名前を呼びたいの 心がきしむ 心がきしんで 朽ちた舟のようなの 心がきしむ 心がきしんで 朽ちた舟のようなの
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新しい恋人達に
  2. Bling-Bang-Bang-Born
  3. ファタール
  4. シカ色デイズ
  5. Hush-Hush

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. RISE UP
  2. Sharon
  3. 絶対アイドル辞めないで
  4. ブラックボックス
  5. 伏線回収

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×