JULY

この曲の表示回数 19,852

SILENCE つややかな絹糸を降らせて
或る朝早く 公園を包む

重い瞼 をあけるように水蓮が音をたててた
July to be awaking
蜘蛛の巣のビーズ刺繍に数えきれず映っていた
July to be shining

愛はあのひとがくれたの
愛はただ私の中にあったの夏の Fantasy

SILENCE 影の無い夢のような小径に
今 思い出が煙ってるそれは

古いフィルムを止めるように風がひととき凪いていた
July to be quiet
杏 の木を揺らしながら鳥たちがついばんでいった
July to be free

哀しみはどこから来るの
喜びはどこへ流れてゆくの誰もわからない
愛はあのひとがくれたの
愛はただ私の中にあったの誰もわからない

厚いページを開くように雲間から光差してた
July to be awaking
水面に停まる妖精が数えきれぬ輪になってた
July to be shining

この世界でひとりだけの
この生命で一度きりの私誰かおしえてよ
愛はあのひとがくれたの
愛はただ私の中にあったの夏の Fantasy
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:JULY 歌手:松任谷由実

松任谷由実の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993/11/26
商品番号:TOCT-8250
Universal Music

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP