×

堀江美都子の歌詞一覧リスト  221曲中 1-221曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
221曲中 1-221曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛が心にこだまする流れる雲のような 人生だけど みんな 誰かを愛してる  ああ 春 まどにふくそよかぜに ああ 夏 みつめるきみのえがお 教えてくれる生きてるあかし 教えてくれる生きる喜び こんなささやかな人生 みんな 誰かを愛してる 出会い 許し合う人々 みんな 誰かを愛してる  ああ 秋 つないだ手のぬくもり ああ 冬 我家にともる灯 しんじてほしい 一人じゃないと しんじてほしい 愛こそ永遠と こんなささやかな 人生 みんなだれかを 愛してる こんな幸せ 見つめたい みんなだれかを 愛してる いつも一人じゃ ないんだと みんなだれかを 愛してる堀江美都子松土隆二美野春樹流れる雲のような 人生だけど みんな 誰かを愛してる  ああ 春 まどにふくそよかぜに ああ 夏 みつめるきみのえがお 教えてくれる生きてるあかし 教えてくれる生きる喜び こんなささやかな人生 みんな 誰かを愛してる 出会い 許し合う人々 みんな 誰かを愛してる  ああ 秋 つないだ手のぬくもり ああ 冬 我家にともる灯 しんじてほしい 一人じゃないと しんじてほしい 愛こそ永遠と こんなささやかな 人生 みんなだれかを 愛してる こんな幸せ 見つめたい みんなだれかを 愛してる いつも一人じゃ ないんだと みんなだれかを 愛してる
愛こそヒーローLove is action 傷つくなんて 逃げたらダメ touch You can touch  孤独の道で むなしさひとつ おぼえたら 愛があふれて my Evolution あなたとともに さびしさひとつ かんじたら 愛を こころに our Evolution  step my Life step my Heart じぶんらしく 生きてみたいね Love is hero いまからすこし きっと勇気をもてたらいいね  Love is action つよがりなんか すてたらいま touch You can touch  無限の時に やさしさひとつ つくれたら 愛を しんじて my Evolution  step my Life step my Heart じぶんらしく 生きてみたいね Love is freedom 二人でそして 夢にあいに touch  Love is hero いまからすこし きっと勇気をもてたらいいね Love is freedom 二人でそして 夢にあいに touch  You can touch You can touch堀江美都子おおくぼ由美鈴木キサブローLove is action 傷つくなんて 逃げたらダメ touch You can touch  孤独の道で むなしさひとつ おぼえたら 愛があふれて my Evolution あなたとともに さびしさひとつ かんじたら 愛を こころに our Evolution  step my Life step my Heart じぶんらしく 生きてみたいね Love is hero いまからすこし きっと勇気をもてたらいいね  Love is action つよがりなんか すてたらいま touch You can touch  無限の時に やさしさひとつ つくれたら 愛を しんじて my Evolution  step my Life step my Heart じぶんらしく 生きてみたいね Love is freedom 二人でそして 夢にあいに touch  Love is hero いまからすこし きっと勇気をもてたらいいね Love is freedom 二人でそして 夢にあいに touch  You can touch You can touch
哀愁のスキャットルールル ルルルルル…… 誰も知らない旅に出て 古い日記を破りすて 誰も知らない恋をして 女の命を燃やしたい すぎたあの日のあのひとことを いえないままに別れた私 想い出色の幸せ求め もういちど旅に出てみたい  ルールル ルルルルル…… 誰も知らない火を燃やし きのうの涙をかわかして 誰も知らない海を見て つかれた心をいやしたい あの時だまってあなたの胸に とびこめなかったいじっぱり 哀愁色のお酒をのんで もういちど旅に出てみたい堀江美都子中村しのぶ渡辺宙明ルールル ルルルルル…… 誰も知らない旅に出て 古い日記を破りすて 誰も知らない恋をして 女の命を燃やしたい すぎたあの日のあのひとことを いえないままに別れた私 想い出色の幸せ求め もういちど旅に出てみたい  ルールル ルルルルル…… 誰も知らない火を燃やし きのうの涙をかわかして 誰も知らない海を見て つかれた心をいやしたい あの時だまってあなたの胸に とびこめなかったいじっぱり 哀愁色のお酒をのんで もういちど旅に出てみたい
アイツと私バッチリ 目と目があったのに アイツは あわてて 目をそらす いくじなし ハートが ラヴラヴ 感じてたのに わかってないわ 女の子の気持ち もう… キライよ アイツ! アイツと私 まるで ボタンのかけちがい アイツと私 いつまでたっても ちぐはぐいきちがい  私が デートをしてるのに アイツは 見てても 知らんぷり いくじなし パチンと ほっぺた たたいてほしい わかってないわ 女の子の気持ち もう… キライよ アイツ! アイツと私 まるで メリーゴーラウンド アイツと私 おんなじ所を くるくる回るだけ  このまま 帰りたくないのに アイツは 無理して 手をはなす いくじなし 朝まで くちづけ くりかえしたい わかってないわ 女の子の気持ち もう… キライよ アイツ! アイツと私 まるで レールの二本線 アイツと私 どこまでいっても まだまだ平行よ堀江美都子田中のぶ三木たかしバッチリ 目と目があったのに アイツは あわてて 目をそらす いくじなし ハートが ラヴラヴ 感じてたのに わかってないわ 女の子の気持ち もう… キライよ アイツ! アイツと私 まるで ボタンのかけちがい アイツと私 いつまでたっても ちぐはぐいきちがい  私が デートをしてるのに アイツは 見てても 知らんぷり いくじなし パチンと ほっぺた たたいてほしい わかってないわ 女の子の気持ち もう… キライよ アイツ! アイツと私 まるで メリーゴーラウンド アイツと私 おんなじ所を くるくる回るだけ  このまま 帰りたくないのに アイツは 無理して 手をはなす いくじなし 朝まで くちづけ くりかえしたい わかってないわ 女の子の気持ち もう… キライよ アイツ! アイツと私 まるで レールの二本線 アイツと私 どこまでいっても まだまだ平行よ
愛の贈り物LOVE YOU あなたの瞳 LOVE YOU あなたの言葉 温かな笑い声が うずめる過去の 隙間  WITH YOU 風のささやき WITH YOU 金色の波 夕映えの丘でふたり くちづけ かわすの  いつも いつもあなたを 愛し 生きてきたみたい  LOVE ME 幸せの歌 LOVE ME 歌えるわたし この時に祝福を あなたとスローダンス TONIGHT  LOVE YOU あなたの仕草 LOVE YOU あなたの吐息 わたしの髪に揺れるわ 夜空の星のティアラ  WITH YOU 花を心に WITH YOU 窓辺の祈り 生まれたての喜びを 運ぶの 未来へ  いつも いつもあなたを 愛し 生きてゆきたいの  LOVE ME 幸せの歌 LOVE ME 歌えるわたし この時に祝福を あなたとスローダンス TONIGHT堀江美都子浅田有理若草恵LOVE YOU あなたの瞳 LOVE YOU あなたの言葉 温かな笑い声が うずめる過去の 隙間  WITH YOU 風のささやき WITH YOU 金色の波 夕映えの丘でふたり くちづけ かわすの  いつも いつもあなたを 愛し 生きてきたみたい  LOVE ME 幸せの歌 LOVE ME 歌えるわたし この時に祝福を あなたとスローダンス TONIGHT  LOVE YOU あなたの仕草 LOVE YOU あなたの吐息 わたしの髪に揺れるわ 夜空の星のティアラ  WITH YOU 花を心に WITH YOU 窓辺の祈り 生まれたての喜びを 運ぶの 未来へ  いつも いつもあなたを 愛し 生きてゆきたいの  LOVE ME 幸せの歌 LOVE ME 歌えるわたし この時に祝福を あなたとスローダンス TONIGHT
愛の魔法わたしは ふつうの女の子 だから だから 魔法もつかうのよ 愛する人のまえでだけ 愛の魔法をつかうのよ きらっと 瞳を星にする ららんと ほほをバラにする わたしは ふつうの女の子 だから だから 涙も流すのよ 誰かがかくすいじわるな 痛いトゲにもさされるの  わたしは ふつうの女の子 だから だから あしたがこわいのよ みえないあしたうらなって そっと花びら むしるのよ きらっと 瞳を星にする ららんと ほほをバラにする わたしは ふつうの 女の子 だから だから 野原も好きなのよ あなたの名前を大声で 空にむかって呼べるから堀江美都子武鹿悦子渡辺岳夫わたしは ふつうの女の子 だから だから 魔法もつかうのよ 愛する人のまえでだけ 愛の魔法をつかうのよ きらっと 瞳を星にする ららんと ほほをバラにする わたしは ふつうの女の子 だから だから 涙も流すのよ 誰かがかくすいじわるな 痛いトゲにもさされるの  わたしは ふつうの女の子 だから だから あしたがこわいのよ みえないあしたうらなって そっと花びら むしるのよ きらっと 瞳を星にする ららんと ほほをバラにする わたしは ふつうの 女の子 だから だから 野原も好きなのよ あなたの名前を大声で 空にむかって呼べるから
愛は光の中で空 あなたの笑顔 海 あなたの心 雨 あなたの吐息 風 あなたのやさしさ めぐり逢って 愛を見つけて 生きることの 素晴らしさ 感じあえた ふたり 愛は光の中で 愛はぬくもりはじめて  頬 あなたが触れて 腕 あなたがすがり 髪 あなたが撫でて 肩 あなたがもたれる めぐり逢って 愛を見つけて 生きることの 素晴らしさ 感じあえた ふたり 愛はゆるやかにいま 愛はせせらぎになって  LaLaLa…… 感じあえた ふたり  愛はとめどなくいま 愛は輝きをまして もう 何もいらない あなたがそばにいれば堀江美都子藤公之介久石譲空 あなたの笑顔 海 あなたの心 雨 あなたの吐息 風 あなたのやさしさ めぐり逢って 愛を見つけて 生きることの 素晴らしさ 感じあえた ふたり 愛は光の中で 愛はぬくもりはじめて  頬 あなたが触れて 腕 あなたがすがり 髪 あなたが撫でて 肩 あなたがもたれる めぐり逢って 愛を見つけて 生きることの 素晴らしさ 感じあえた ふたり 愛はゆるやかにいま 愛はせせらぎになって  LaLaLa…… 感じあえた ふたり  愛はとめどなくいま 愛は輝きをまして もう 何もいらない あなたがそばにいれば
I'll be homeHush いくら ねむっても Wish 夢に こがれて おもいだす いつも あの家  ねむりの国をわたって こころにかかる月 なの花の海 照らすころに 口笛はるかな 丘の向こうへ 帰ろう 帰ろう あの家が呼んでいる 帰ろう  Miles いくら はなれても Smile 風に 吹かれて おもいだす いつも あの家  風のくるまに ゆられて いずみにひかる空 ツグミの心 満たす頃に 歌声そよぐ 森の向こうへ 帰ろう 帰ろう あの家が 呼んでいる 帰ろう  だから Hush いくら ねむっても きっと Wish おもいでの向こうへ I'll be home堀江美都子生田萬手塚理Hush いくら ねむっても Wish 夢に こがれて おもいだす いつも あの家  ねむりの国をわたって こころにかかる月 なの花の海 照らすころに 口笛はるかな 丘の向こうへ 帰ろう 帰ろう あの家が呼んでいる 帰ろう  Miles いくら はなれても Smile 風に 吹かれて おもいだす いつも あの家  風のくるまに ゆられて いずみにひかる空 ツグミの心 満たす頃に 歌声そよぐ 森の向こうへ 帰ろう 帰ろう あの家が 呼んでいる 帰ろう  だから Hush いくら ねむっても きっと Wish おもいでの向こうへ I'll be home
会うのは明日心がくしゃみを した時は あなたの手のひら 背中にほしい 涙でにじんだ 青春を あたたかなひと言で なおしてほしい だけどいいの あなた 会うのは明日 日暮れの波に 名前を呼べば いつもの笑顔に もどれるわ  ハートがちくちく 痛む日は あなたの扉を たたいてみたい 誰にも言えない 悲しみを この胸に 花束のようにかかえて だけどいいの あなた 会うのは明日 あなたの窓の 灯りを見れば 夢見る少女に もどれるわ堀江美都子山川啓介越部信義心がくしゃみを した時は あなたの手のひら 背中にほしい 涙でにじんだ 青春を あたたかなひと言で なおしてほしい だけどいいの あなた 会うのは明日 日暮れの波に 名前を呼べば いつもの笑顔に もどれるわ  ハートがちくちく 痛む日は あなたの扉を たたいてみたい 誰にも言えない 悲しみを この胸に 花束のようにかかえて だけどいいの あなた 会うのは明日 あなたの窓の 灯りを見れば 夢見る少女に もどれるわ
青いメルヘン遠い国から ルルルルル 朝が光りを 連れてくる おはようおはよう グッドモーニング みなしごバンビ 起きなさい 空は朝焼け よい天気 青いそよ風 ルルルルル 朝が光りを 連れてくる おはようおはよう グッドモーニング  虹に腰かけ ルルルルル チルチルミチルよ 呼んでみよう 幸せ色した 青い鳥 お菓子の家や 夜の国 明日も探して 歩こうよ 虹に腰かけ ルルルルル チルチルミチルよ 呼んでみよう 幸せ色した 青い鳥  魔法使いが ルルルルル 星に明かりを ともしてく おやすみおやすみ グッドナイト 早くお帰り シンデレラ かぼちゃの馬車が 待っている 魔法使いが ルルルルル 星に明かりを ともしてく おやすみおやすみ グッドナイト……堀江美都子高野文邦菊池俊輔遠い国から ルルルルル 朝が光りを 連れてくる おはようおはよう グッドモーニング みなしごバンビ 起きなさい 空は朝焼け よい天気 青いそよ風 ルルルルル 朝が光りを 連れてくる おはようおはよう グッドモーニング  虹に腰かけ ルルルルル チルチルミチルよ 呼んでみよう 幸せ色した 青い鳥 お菓子の家や 夜の国 明日も探して 歩こうよ 虹に腰かけ ルルルルル チルチルミチルよ 呼んでみよう 幸せ色した 青い鳥  魔法使いが ルルルルル 星に明かりを ともしてく おやすみおやすみ グッドナイト 早くお帰り シンデレラ かぼちゃの馬車が 待っている 魔法使いが ルルルルル 星に明かりを ともしてく おやすみおやすみ グッドナイト……
青空っていいなごらんよ 青空が笑っている 君とぼくの心に 笑っている おおきな青空を ながめてると 誰かさんの笑顔に みえてくるよ ぼくらは未来の 地球っ子 とっても素敵な 星だから どこかへゆきたいな 風に吹かれ 君とぼくは地球の ともだちなのさ  ごらんよ 青空を鳥がとぶよ 君もぼくも泣き顔 にあわないさ 涙は青空に ふいてもらおう なにか今日はいいこと ありそうだね ぼくらは未来の地球っ子 とっても素敵な 星だから 遠くのあの島へ 行ってみよう 君と歌をいっしょに くちずさんで  ぼくらは未来の 地球っ子 とっても素敵な 星だから しあわせさがそうよ 空のむこう 風が呼ぶよ 明日にちぎれ雲が堀江美都子高田ひろお菊池俊輔ごらんよ 青空が笑っている 君とぼくの心に 笑っている おおきな青空を ながめてると 誰かさんの笑顔に みえてくるよ ぼくらは未来の 地球っ子 とっても素敵な 星だから どこかへゆきたいな 風に吹かれ 君とぼくは地球の ともだちなのさ  ごらんよ 青空を鳥がとぶよ 君もぼくも泣き顔 にあわないさ 涙は青空に ふいてもらおう なにか今日はいいこと ありそうだね ぼくらは未来の地球っ子 とっても素敵な 星だから 遠くのあの島へ 行ってみよう 君と歌をいっしょに くちずさんで  ぼくらは未来の 地球っ子 とっても素敵な 星だから しあわせさがそうよ 空のむこう 風が呼ぶよ 明日にちぎれ雲が
赤い恋恋 女は不思議 夕陽のように悲しい  罪 心の海に 沈めて忘れたいのに  愛 ひとり目覚めれば あなたを想って 燃え上がる  教えて 待っているなんて でも憎むなんて 二度とはできない わたしを 神様がもしも 棘のあるバラにするなら 赤く 命はときめき Kiss evermore  恋 男は不思議 夜空のように果てなく  罪 心の崖に 残して旅をするけど  愛 夢に傷ついた あなたを抱きしめ死にたいの  おねがい 幻だなんて 淋しいよなんて 言わないで欲しい 見えない 蒼褪めた糸を 朝焼けがそっと染めるわ 赤く あなたは情熱 Kiss evermore堀江美都子真名杏樹宮川泰恋 女は不思議 夕陽のように悲しい  罪 心の海に 沈めて忘れたいのに  愛 ひとり目覚めれば あなたを想って 燃え上がる  教えて 待っているなんて でも憎むなんて 二度とはできない わたしを 神様がもしも 棘のあるバラにするなら 赤く 命はときめき Kiss evermore  恋 男は不思議 夜空のように果てなく  罪 心の崖に 残して旅をするけど  愛 夢に傷ついた あなたを抱きしめ死にたいの  おねがい 幻だなんて 淋しいよなんて 言わないで欲しい 見えない 蒼褪めた糸を 朝焼けがそっと染めるわ 赤く あなたは情熱 Kiss evermore
赤毛の戦士自分ひとりのこころの中に 隠れていれば僕は安全だけど 森がやかれ 鳥が追われ 愛が奪われる世界 憎しみや戦いの火に つつまれて自分を失いそうな時 僕に力を与えて下さい 見えない誰かに祈るのよ 戦いはつづいてゆく 胸に痛みだけを残して 信じたものを信じた道で 守りとおすまで アイム・ジャスト・ア・ファイター 赤毛の戦士  恐くないって言ったらきっと ウソになるほど僕は震えている 火花が飛び散り こころが砕け 空が叫びだす世界 なにひとつ知らないままの 少女の頃にはもうもどれないから バトル・スーツに身を固めて 勇気の扉を叩くのよ 争わず傷つけない そんな未来は来るのかしら 信じた愛を信じた場所で 守りとおせたら アイム・ジャスト・ア・ファイター 赤毛の戦士  戦いはつづいてゆく 胸に痛みだけを残して 信じた夢を信じた場所で 守りとおすまで アイム・ジャスト・ア・ファイター 赤毛の戦士堀江美都子康珍化渡辺宙明自分ひとりのこころの中に 隠れていれば僕は安全だけど 森がやかれ 鳥が追われ 愛が奪われる世界 憎しみや戦いの火に つつまれて自分を失いそうな時 僕に力を与えて下さい 見えない誰かに祈るのよ 戦いはつづいてゆく 胸に痛みだけを残して 信じたものを信じた道で 守りとおすまで アイム・ジャスト・ア・ファイター 赤毛の戦士  恐くないって言ったらきっと ウソになるほど僕は震えている 火花が飛び散り こころが砕け 空が叫びだす世界 なにひとつ知らないままの 少女の頃にはもうもどれないから バトル・スーツに身を固めて 勇気の扉を叩くのよ 争わず傷つけない そんな未来は来るのかしら 信じた愛を信じた場所で 守りとおせたら アイム・ジャスト・ア・ファイター 赤毛の戦士  戦いはつづいてゆく 胸に痛みだけを残して 信じた夢を信じた場所で 守りとおすまで アイム・ジャスト・ア・ファイター 赤毛の戦士
あかるいサザエさんGOLD LYLIC明るい笑いを ふりまいて お料理かたてに お洗濯 タラちゃん ちょっと それとって 母さんこの味 どうかしら ときには しくじることもあり ちょっぴり 悲しいときもある だけど ウーン だけど 明るい私は 明るい私は サザエさん!  幸せいっぱい 元気よく おさんぽがてらに お買物 タラちゃん くるまにきをつけて ワカメ この色 どうかしら ときには 損することもあり ちょっぴり がっかりするときも だけど ウーン だけど 元気な私は 元気な私は サザエさん!  楽しい家族に かこまれて なかよくおでかけ お食事に あなた すてきよ うれしいわ 父さん カツオも おちついて ときには 恥かくこともあり ちょっぴり あわてるときもある だけど ウーン だけど 楽しい私は 楽しい私は サザエさん!GOLD LYLIC堀江美都子株式会社エイケン渡辺宙明明るい笑いを ふりまいて お料理かたてに お洗濯 タラちゃん ちょっと それとって 母さんこの味 どうかしら ときには しくじることもあり ちょっぴり 悲しいときもある だけど ウーン だけど 明るい私は 明るい私は サザエさん!  幸せいっぱい 元気よく おさんぽがてらに お買物 タラちゃん くるまにきをつけて ワカメ この色 どうかしら ときには 損することもあり ちょっぴり がっかりするときも だけど ウーン だけど 元気な私は 元気な私は サザエさん!  楽しい家族に かこまれて なかよくおでかけ お食事に あなた すてきよ うれしいわ 父さん カツオも おちついて ときには 恥かくこともあり ちょっぴり あわてるときもある だけど ウーン だけど 楽しい私は 楽しい私は サザエさん!
アクビ娘かわい顔して 色白で 知恵がまわって 明るくて 笑い上戸は いいけれど 派手ないたずら 玉にキズ あれはどこの子 魔法の子 アクビ娘と ひとがいう シュワー シュビ ドゥワー アクビ娘は すてきな子  男まさりで すばやくて パンチ強くて カッコ良く ぬけ目ないのは いいけれど 派手ないたずら 玉にキズ あれがそうだよ 魔法の子 アクビ娘の ことなのさ シュワー シュビ ドゥワー アクビ娘は すてきな子  いつも元気で やさしくて とても身軽で 歌好きで 口が達者は いいけれど 派手ないたずら 玉にキズ あれはどこの子 魔法の子 アクビ娘は 壺の中 シュワー シュビ ドゥワー アクビ娘は すてきな子 すてきな子堀江美都子丘灯至夫和田香苗かわい顔して 色白で 知恵がまわって 明るくて 笑い上戸は いいけれど 派手ないたずら 玉にキズ あれはどこの子 魔法の子 アクビ娘と ひとがいう シュワー シュビ ドゥワー アクビ娘は すてきな子  男まさりで すばやくて パンチ強くて カッコ良く ぬけ目ないのは いいけれど 派手ないたずら 玉にキズ あれがそうだよ 魔法の子 アクビ娘の ことなのさ シュワー シュビ ドゥワー アクビ娘は すてきな子  いつも元気で やさしくて とても身軽で 歌好きで 口が達者は いいけれど 派手ないたずら 玉にキズ あれはどこの子 魔法の子 アクビ娘は 壺の中 シュワー シュビ ドゥワー アクビ娘は すてきな子 すてきな子
あこがれのひといつもゆめみるの わたし いつもゆめみるの わたし それは すてきなあのひと おかのうえ  きんいろのかみをして バグパイプを ふいていた あこがれの おうじさま あなたは どこにいる いつも ゆめみるのよ わたし あなたのことを  いつもあこがれているの いつもあこがれているの それは あかるいあのひと おかのうえ  あのひから このわたし ひるもよるも むちゅうよ あこがれの おうじさま あなたは どこにいる いつも あこがれなの わたし あなたのことを  あのひから このわたし ひるもよるも むちゅうよ あこがれの おうじさま あなたは どこにいる いつも あこがれなの わたし あなたのことを堀江美都子丘灯至夫渡辺岳夫いつもゆめみるの わたし いつもゆめみるの わたし それは すてきなあのひと おかのうえ  きんいろのかみをして バグパイプを ふいていた あこがれの おうじさま あなたは どこにいる いつも ゆめみるのよ わたし あなたのことを  いつもあこがれているの いつもあこがれているの それは あかるいあのひと おかのうえ  あのひから このわたし ひるもよるも むちゅうよ あこがれの おうじさま あなたは どこにいる いつも あこがれなの わたし あなたのことを  あのひから このわたし ひるもよるも むちゅうよ あこがれの おうじさま あなたは どこにいる いつも あこがれなの わたし あなたのことを
朝はキラキラおひさまやさしい朝は なんとなく うれしくて きのうのつぼみが今日は キラキラ咲いたよ  空も風も 雲も花も みんなみんなキラキラ  おひさまやさしい朝は キラキラおはよう  青空ひろがる朝に 小鳥たち はばたいて 透き通る風の中で キラキラ深呼吸  窓も水も 声も顔も みんなみんなキラキラ  青空ひろがる朝に キラキラおはよう  おひさまやさしい朝は キラキラおはよう堀江美都子木本慶子佐橋俊彦おひさまやさしい朝は なんとなく うれしくて きのうのつぼみが今日は キラキラ咲いたよ  空も風も 雲も花も みんなみんなキラキラ  おひさまやさしい朝は キラキラおはよう  青空ひろがる朝に 小鳥たち はばたいて 透き通る風の中で キラキラ深呼吸  窓も水も 声も顔も みんなみんなキラキラ  青空ひろがる朝に キラキラおはよう  おひさまやさしい朝は キラキラおはよう
あしたへアタック風はなんにも 言わないけれど 白いボールと 青いコートが きっとわたしに 教えてくれる あしたという日は どんな色 夢というもの どんな色 だからだから 額に汗をにじませて あしたへあしたへ あしたへアタック  誰もなんにも 言わないけれど きのうの悲しみ わけあった チームなかまが 待っててくれる あしたという日は どんな色 愛というもの どんな色 だからだから つないだ手と手にぎりしめ あしたへあしたへ あしたへアタック  今はなんにも 見えないけれど 試合かいしの 笛がなれば 若いファイトが わいてくるの あしたという日は どんな色 青春(せいしゅん)という日 どんな色 だからだから きょうの空に願いこめ あしたへあしたへ あしたへアタック あしたへあしたへ あしたへアタック 堀江美都子神保史郎越部信義風はなんにも 言わないけれど 白いボールと 青いコートが きっとわたしに 教えてくれる あしたという日は どんな色 夢というもの どんな色 だからだから 額に汗をにじませて あしたへあしたへ あしたへアタック  誰もなんにも 言わないけれど きのうの悲しみ わけあった チームなかまが 待っててくれる あしたという日は どんな色 愛というもの どんな色 だからだから つないだ手と手にぎりしめ あしたへあしたへ あしたへアタック  今はなんにも 見えないけれど 試合かいしの 笛がなれば 若いファイトが わいてくるの あしたという日は どんな色 青春(せいしゅん)という日 どんな色 だからだから きょうの空に願いこめ あしたへあしたへ あしたへアタック あしたへあしたへ あしたへアタック 
あそぼトイちゃんみんな面白い顔 犬みたい 猫みたい 長い顔 丸い顔 大きな耳だなあ 口はボクのブラックホール 鼻はボクのセンサーだ お目々はぐりぐりドングリまなこ  トイちゃん あっ カヨちゃん そっ ヒョーちゃん ぼっ ラビちゃん おっ トイちゃんあそぼ あそぼ  みんな面白い顔 でっかいのや ちっこいの 長い足 太い足 大きな声だなあ 飛んで君は チャレンジャー 走る君は ハイテクカー 色はいろいろ しましま模様  トイちゃん あっ サイちゃん そっ ハリちゃん ぼっ ウーちゃん おっ トイちゃんあそぼ あそぼ堀江美都子月岡貞夫池毅みんな面白い顔 犬みたい 猫みたい 長い顔 丸い顔 大きな耳だなあ 口はボクのブラックホール 鼻はボクのセンサーだ お目々はぐりぐりドングリまなこ  トイちゃん あっ カヨちゃん そっ ヒョーちゃん ぼっ ラビちゃん おっ トイちゃんあそぼ あそぼ  みんな面白い顔 でっかいのや ちっこいの 長い足 太い足 大きな声だなあ 飛んで君は チャレンジャー 走る君は ハイテクカー 色はいろいろ しましま模様  トイちゃん あっ サイちゃん そっ ハリちゃん ぼっ ウーちゃん おっ トイちゃんあそぼ あそぼ
女神の子守歌~Lullaby~あなたの心に 映っているのは 勇気の炎 それとも赤くにじむ 傷あと  さあ 私の胸でおやすみなさい 少年たちは 夢のおとしご 大人という名の 空めざして 落ちてはまたかけ登る  星よ 星たちよ 夜明けが来ても 私にだけは あなたが見える 星よ 星たちよ その輝きを 失わないで いついつまでも  あなたの瞳に 光っているのは 明日への希望 それとも何か悲しい 思い出  さあ すべて忘れておやすみなさい 少年の日は かけぬける風 苦しいことさえ 時の砂に いつしか うもれて行くわ  星よ 星たちよ 雨ふる夜も 私にだけは あなたが見える 星よ 星たちよ 悩みを洗い流して はやく ほほえみかけて  星よ 星たちよ 夜明けが来ても 私にだけは あなたが見える 星よ 星たちよ その輝きを 失わないで いついつまでも堀江美都子園部和範つのごうじあなたの心に 映っているのは 勇気の炎 それとも赤くにじむ 傷あと  さあ 私の胸でおやすみなさい 少年たちは 夢のおとしご 大人という名の 空めざして 落ちてはまたかけ登る  星よ 星たちよ 夜明けが来ても 私にだけは あなたが見える 星よ 星たちよ その輝きを 失わないで いついつまでも  あなたの瞳に 光っているのは 明日への希望 それとも何か悲しい 思い出  さあ すべて忘れておやすみなさい 少年の日は かけぬける風 苦しいことさえ 時の砂に いつしか うもれて行くわ  星よ 星たちよ 雨ふる夜も 私にだけは あなたが見える 星よ 星たちよ 悩みを洗い流して はやく ほほえみかけて  星よ 星たちよ 夜明けが来ても 私にだけは あなたが見える 星よ 星たちよ その輝きを 失わないで いついつまでも
あなたが消えないいつもと違う朝だわ 何もかも まぶしい 生まれ変わったみたいに 世界がバラ色 ハートの温度が 今朝は 普通ではないのよ 40度 越えてるわ あなたに逢いたい  街じゅう探し歩いて 公園で休めば 近くの駅のざわめき 潮騒みたいね いろんな出会いを 重ね サヨナラも 重ねて あなたにめぐり逢い 私は変わりそう  どうやらホントみたい 恋につかまったみたい あなたの顔が 消えない あなたの声が 消えない  あなたのうしろ姿を 街角でみつけて 私の胸のざわめき うず巻みたいだわ どんなふうにして 声をかけたら いいのかな 偶然に逢ったように 見せたいんだけど  どうやらホントみたい 恋につかまったみたい あなたの顔が 消えない あなたの声が 消えない  どうやらホントみたい 恋につかまったみたい あなたの顔が 消えない あなたの声が 消えない堀江美都子藤公之介小田裕一郎いつもと違う朝だわ 何もかも まぶしい 生まれ変わったみたいに 世界がバラ色 ハートの温度が 今朝は 普通ではないのよ 40度 越えてるわ あなたに逢いたい  街じゅう探し歩いて 公園で休めば 近くの駅のざわめき 潮騒みたいね いろんな出会いを 重ね サヨナラも 重ねて あなたにめぐり逢い 私は変わりそう  どうやらホントみたい 恋につかまったみたい あなたの顔が 消えない あなたの声が 消えない  あなたのうしろ姿を 街角でみつけて 私の胸のざわめき うず巻みたいだわ どんなふうにして 声をかけたら いいのかな 偶然に逢ったように 見せたいんだけど  どうやらホントみたい 恋につかまったみたい あなたの顔が 消えない あなたの声が 消えない  どうやらホントみたい 恋につかまったみたい あなたの顔が 消えない あなたの声が 消えない
あなたに真実一路さっきまで いっしょに 遊んでたあなた 今ごろ どうしているのかな あしたが待ち遠しくて 胸のあたり きゅっとせつない わたくしです すみれ色に暮れる空に あなたのおもかげ 描きます かがやくひとみは星こぼれ(キラキラ) バラ色くちびる 夢ごこち(ユメユメ)  あなたがちょっとだけすわってたベンチ そーっとなでなで ああわたくし しあわせ感じてしまいます  一度でも あなたがふりむいてくれた そんな日 夜も眠れません だいじなメモリーとして 胸の奥に きゅっと抱いてる わたくしです ゆれはじめたお月さまに あなたのあれこれ 話します ふりまくほほえみ花こぼれ(ハラハラ) しびれるうた声 夢ごこち(ユメユメ)  あなたが忘れて おいていった帽子 ぽーっとみつめて ああ わたくし しあわせ感じてしまいます  あなたがちょっとだけすわってたベンチ そーっとなでなで ああわたくし しあわせ感じてしまいます堀江美都子冬社花代子菊池俊輔さっきまで いっしょに 遊んでたあなた 今ごろ どうしているのかな あしたが待ち遠しくて 胸のあたり きゅっとせつない わたくしです すみれ色に暮れる空に あなたのおもかげ 描きます かがやくひとみは星こぼれ(キラキラ) バラ色くちびる 夢ごこち(ユメユメ)  あなたがちょっとだけすわってたベンチ そーっとなでなで ああわたくし しあわせ感じてしまいます  一度でも あなたがふりむいてくれた そんな日 夜も眠れません だいじなメモリーとして 胸の奥に きゅっと抱いてる わたくしです ゆれはじめたお月さまに あなたのあれこれ 話します ふりまくほほえみ花こぼれ(ハラハラ) しびれるうた声 夢ごこち(ユメユメ)  あなたが忘れて おいていった帽子 ぽーっとみつめて ああ わたくし しあわせ感じてしまいます  あなたがちょっとだけすわってたベンチ そーっとなでなで ああわたくし しあわせ感じてしまいます
あなたの似顔絵数学のノートの 最後のページに 細いペンで 劇画風に かいたあなたの似顔絵 うつむいた横顔 フワフワのヘアー その中でも ほほえむ目が 得意なんです  あなたのために わたし何か何か できるでしょか 熱い想いを ペンにこめ かいたあなたの唇に 胸をドキドキ揺らしながら 押し当ててみる くちびる  誰を見つめてるの 似顔絵の瞳 この私を見てるように やさしく描き直して 世界中でひとり お前だけだぜと あなたが言う セリフなんか かいちゃおうかな  あなたのために わたし何か何か できるでしょか 上手にかけた 似顔絵を 淡い色で染めたあとで 吐息まじりの 熱いコトバ ささやきかける 夜です  あなたのために わたし何か何か できるでしょか 熱い想いを ペンにこめ かいたあなたの唇に 胸をドキドキ揺らしながら 押し当ててみる くちびる堀江美都子藤公之介久石譲数学のノートの 最後のページに 細いペンで 劇画風に かいたあなたの似顔絵 うつむいた横顔 フワフワのヘアー その中でも ほほえむ目が 得意なんです  あなたのために わたし何か何か できるでしょか 熱い想いを ペンにこめ かいたあなたの唇に 胸をドキドキ揺らしながら 押し当ててみる くちびる  誰を見つめてるの 似顔絵の瞳 この私を見てるように やさしく描き直して 世界中でひとり お前だけだぜと あなたが言う セリフなんか かいちゃおうかな  あなたのために わたし何か何か できるでしょか 上手にかけた 似顔絵を 淡い色で染めたあとで 吐息まじりの 熱いコトバ ささやきかける 夜です  あなたのために わたし何か何か できるでしょか 熱い想いを ペンにこめ かいたあなたの唇に 胸をドキドキ揺らしながら 押し当ててみる くちびる
あなたへ風の吹く夜は 爪をかんで こどものように 眠るのでしょう… あなた じぶんがどこから来たかも知らずに 帰る日のこと想うでしょう あなたの背なかの淋しいわけが ふっと わかった 風のふく夜 あなたの背なかの淋しいわけが ふっと わかった 風のふく夜  風のふく夜は 星の影に おびえて夢も とぎれるでしょう…あなた きれいな髪の毛 両手ですくって 愛のゆくえを想うでしょう あなたのうなじに やさしいキスを そっと あげたい 風のふく夜 あなたのうなじに やさしいキスを そっと あげたい 風のふく夜堀江美都子武鹿悦子いずみたく風の吹く夜は 爪をかんで こどものように 眠るのでしょう… あなた じぶんがどこから来たかも知らずに 帰る日のこと想うでしょう あなたの背なかの淋しいわけが ふっと わかった 風のふく夜 あなたの背なかの淋しいわけが ふっと わかった 風のふく夜  風のふく夜は 星の影に おびえて夢も とぎれるでしょう…あなた きれいな髪の毛 両手ですくって 愛のゆくえを想うでしょう あなたのうなじに やさしいキスを そっと あげたい 風のふく夜 あなたのうなじに やさしいキスを そっと あげたい 風のふく夜
あの人がママなら影ふみあそびをしていたら 白いテラスに あの人は呼んでくれました あついレモンティー わたしのために こころをこめて いれてくれました  あの人がママ あの人がママなら 夢みるだけで 夢みるだけで このむねが キュンとなるのです  ながれる雲をみていたら 赤いのばらを あの人はつんでくれました やさしい笑顔で わたしのために 勇気をだしてと いってくれました  あの人がママ あの人がママなら 夢みるだけで 夢みるだけで このむねが キュンとなるのです  あの人がママ あの人がママなら 夢みるだけで 夢みるだけで このむねが キュンとなるのです  ルルル……堀江美都子神保史郎渡辺岳夫影ふみあそびをしていたら 白いテラスに あの人は呼んでくれました あついレモンティー わたしのために こころをこめて いれてくれました  あの人がママ あの人がママなら 夢みるだけで 夢みるだけで このむねが キュンとなるのです  ながれる雲をみていたら 赤いのばらを あの人はつんでくれました やさしい笑顔で わたしのために 勇気をだしてと いってくれました  あの人がママ あの人がママなら 夢みるだけで 夢みるだけで このむねが キュンとなるのです  あの人がママ あの人がママなら 夢みるだけで 夢みるだけで このむねが キュンとなるのです  ルルル……
あのひとは(ある人は)あのひとは のんき者よ このひとは あわて者よ わらえ ほがらかに いいじゃないの あの二人 友達だもの  あのひとは とぼけたがる このひとは 気どりたがる わらえ ほがらかに いいじゃないの あの二人 恋人だもの  あのひとは すぐに怒る このひとは すぐに笑う わらえ ほがらかに いいじゃないの あの二人 ご夫婦だもの  あのひとは がんこ者よ このひとは 涙もろい わらえ ほがらかに いいじゃないの あの二人 お年寄りだもの  あのひとは はな毛ぬいて このひとは あくびしてる わらえ ほがらかに いいじゃないの あの二人 ひまなんだもの  あのひとは やせでのっぽ このひとは ちびででぶよ わらえ ほがらかに いいじゃないの あの二人 幸せだもの堀江美都子丘灯至夫フォスターあのひとは のんき者よ このひとは あわて者よ わらえ ほがらかに いいじゃないの あの二人 友達だもの  あのひとは とぼけたがる このひとは 気どりたがる わらえ ほがらかに いいじゃないの あの二人 恋人だもの  あのひとは すぐに怒る このひとは すぐに笑う わらえ ほがらかに いいじゃないの あの二人 ご夫婦だもの  あのひとは がんこ者よ このひとは 涙もろい わらえ ほがらかに いいじゃないの あの二人 お年寄りだもの  あのひとは はな毛ぬいて このひとは あくびしてる わらえ ほがらかに いいじゃないの あの二人 ひまなんだもの  あのひとは やせでのっぽ このひとは ちびででぶよ わらえ ほがらかに いいじゃないの あの二人 幸せだもの
雨のララバイぼくにはでっかい夢がある 私も大きな夢がある つかまえちゃったら夢じゃない 新しい夢を探せばいい  雨の日に出会った二人だもの 晴れない雨は ないんだもの ぼくには お母ちゃま いないけど 私があなたの そばにいる ラララン  私は私よ キミじゃない ぼくだってぼくだよ キミじゃない だけど一人じゃ いられない みんながいるから ぼくがいる  雨の日に出会った二人だもの 晴れない雨は ないんだもの おねがいなってよ お母ちゃまに 私でよければいつだって ラララン  雨の日に出会った二人だもの 晴れない雨は ないんだもの おねがいなってよ お母ちゃまに 私でよければいつだって ラララン堀江美都子藤公之介久石譲ぼくにはでっかい夢がある 私も大きな夢がある つかまえちゃったら夢じゃない 新しい夢を探せばいい  雨の日に出会った二人だもの 晴れない雨は ないんだもの ぼくには お母ちゃま いないけど 私があなたの そばにいる ラララン  私は私よ キミじゃない ぼくだってぼくだよ キミじゃない だけど一人じゃ いられない みんながいるから ぼくがいる  雨の日に出会った二人だもの 晴れない雨は ないんだもの おねがいなってよ お母ちゃまに 私でよければいつだって ラララン  雨の日に出会った二人だもの 晴れない雨は ないんだもの おねがいなってよ お母ちゃまに 私でよければいつだって ラララン
あれ思い出せそうで ―なかなか出てこない― 胸のところにあるのに なかなか出てこない あれは 何だっけなあ あれは どれだっけなあ 胸のところにある あれ あれあれあれあれ あれ のどのとこまで やっと出たけど まだ思い出せない あれ  思い出せそうで ―なかなか出てこない― のどのところにあるのに なかなか出てこない 熊に 聞いてみようかな リスに 聞いてみようかな のどのところにある あれ あれあれあれあれ あれ 舌のとこまで やっと出たけど まだ思い出せない あれ  思い出せそうで ―なかなか出てこない― 舌のところにあるのに なかなか出てこない なんで 忘れたのかなあ あんな 簡単なことを 舌のところにある あれ あれあれあれあれ あれ ほんのちょっとのことで 思い出すのに またひっこんじゃった あれ堀江美都子中山千夏宇野誠一郎思い出せそうで ―なかなか出てこない― 胸のところにあるのに なかなか出てこない あれは 何だっけなあ あれは どれだっけなあ 胸のところにある あれ あれあれあれあれ あれ のどのとこまで やっと出たけど まだ思い出せない あれ  思い出せそうで ―なかなか出てこない― のどのところにあるのに なかなか出てこない 熊に 聞いてみようかな リスに 聞いてみようかな のどのところにある あれ あれあれあれあれ あれ 舌のとこまで やっと出たけど まだ思い出せない あれ  思い出せそうで ―なかなか出てこない― 舌のところにあるのに なかなか出てこない なんで 忘れたのかなあ あんな 簡単なことを 舌のところにある あれ あれあれあれあれ あれ ほんのちょっとのことで 思い出すのに またひっこんじゃった あれ
RPG空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない  大切な何かが壊れたあの夜に 僕は星を探して一人で歩いていた ペルセウス座流星群 君も見てただろうか 僕は元気でやってるよ 君は今「ドコ」にいるの?  「方法」という悪魔にとり憑かれないで 「目的」という大事なものを思い出して  空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない 空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖くても大丈夫 僕らはもう一人じゃない  大切な何かが壊れたあの夜に 僕は君を探して一人で歩いていた あの日から僕らは一人で海を目指す 「約束のあの場所で必ずまた逢おう。」と  「世間」という悪魔に惑わされないで 自分だけが決めた「答」を思い出して  空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない 空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖くても大丈夫 僕らはもう一人じゃない  “煌めき”のような人生の中で 君に出逢えて僕は本当によかった  街を抜け海に出たら 次はどこを目指そうか 僕らはまた出かけよう 愛しいこの地球(せかい)を  空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない 空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖くても大丈夫 僕らはもう一人じゃない堀江美都子Saori・FukaseFukase空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない  大切な何かが壊れたあの夜に 僕は星を探して一人で歩いていた ペルセウス座流星群 君も見てただろうか 僕は元気でやってるよ 君は今「ドコ」にいるの?  「方法」という悪魔にとり憑かれないで 「目的」という大事なものを思い出して  空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない 空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖くても大丈夫 僕らはもう一人じゃない  大切な何かが壊れたあの夜に 僕は君を探して一人で歩いていた あの日から僕らは一人で海を目指す 「約束のあの場所で必ずまた逢おう。」と  「世間」という悪魔に惑わされないで 自分だけが決めた「答」を思い出して  空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない 空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖くても大丈夫 僕らはもう一人じゃない  “煌めき”のような人生の中で 君に出逢えて僕は本当によかった  街を抜け海に出たら 次はどこを目指そうか 僕らはまた出かけよう 愛しいこの地球(せかい)を  空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖いものなんてない 僕らはもう一人じゃない 空は青く澄み渡り 海を目指して歩く 怖くても大丈夫 僕らはもう一人じゃない
一球さんさわやかな風に あなたの笑顔に 忘れかけたものを 思い出します いつでも明るい 一球さん まっすぐ伸びてく 一球さん 私の胸に ほころんだ 愛の芽生えも あなたといっしょに 明るくさわやかに 育ってほしい いつでもノンビリ 一球さん なぜだか気になる 一球さん 私の好きな 一球さん  かぎりない空に あなたの瞳に 忘れかけたものを 思い出します いつでも元気な 一球さん 大きく伸びてく 一球さん 私の夢が みのらせた 愛の木の実も あなたといっしょに 元気にかぎりなく 育ってほしい いつでもファイトの 一球さん やっぱり気になる 一球さん 私の好きな 一球さん堀江美都子保富康午荒木とよひささわやかな風に あなたの笑顔に 忘れかけたものを 思い出します いつでも明るい 一球さん まっすぐ伸びてく 一球さん 私の胸に ほころんだ 愛の芽生えも あなたといっしょに 明るくさわやかに 育ってほしい いつでもノンビリ 一球さん なぜだか気になる 一球さん 私の好きな 一球さん  かぎりない空に あなたの瞳に 忘れかけたものを 思い出します いつでも元気な 一球さん 大きく伸びてく 一球さん 私の夢が みのらせた 愛の木の実も あなたといっしょに 元気にかぎりなく 育ってほしい いつでもファイトの 一球さん やっぱり気になる 一球さん 私の好きな 一球さん
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
いっしょに小石を拾いませんか急ぐ夕陽は夜を呼ぶ 流れ星を見つけたら いっしょに小石を拾いませんか 消える前に拾えたら 願いごとがかないます すれちがう人たち 泣かせてませんか あなたの心を ゆっくり歩けばふれあえるのに どうしてそんなに急ぐのですか すれちがう人たち 幸せですか ああ…それでよいのですか  急ぐ月は朝を呼ぶ 流れ星を見つけたら いっしょに小石を拾いませんか 消える前に拾えたら 願いごとがかないます 行きずりの人たち かくしてませんか あなたの心を ゆっくり話せばわかりあえるのに どうしてそんなに急ぐのですか 行きずりの人たち 幸せですか ああ…それでよいのですか 行きずりの人たち 幸せですか ああ…それでよいのですか堀江美都子小池一夫市川昭介急ぐ夕陽は夜を呼ぶ 流れ星を見つけたら いっしょに小石を拾いませんか 消える前に拾えたら 願いごとがかないます すれちがう人たち 泣かせてませんか あなたの心を ゆっくり歩けばふれあえるのに どうしてそんなに急ぐのですか すれちがう人たち 幸せですか ああ…それでよいのですか  急ぐ月は朝を呼ぶ 流れ星を見つけたら いっしょに小石を拾いませんか 消える前に拾えたら 願いごとがかないます 行きずりの人たち かくしてませんか あなたの心を ゆっくり話せばわかりあえるのに どうしてそんなに急ぐのですか 行きずりの人たち 幸せですか ああ…それでよいのですか 行きずりの人たち 幸せですか ああ…それでよいのですか
イッチとエッチイッチとエッチは みっつとよっつの どこにもいるよな こどもです ソバカスイッチと わんぱくエッチは いつでもいっしょに あそびます  イッチとエッチは 麦畑 アハハン ひばりのまねして キスをする アハハン おひさま 青空 春の風 チュチュチュとほっぺが なりました アハハン アハハン イッチと エッチは イッチとエッチは 麦畑  イッチとエッチが ブランコで アハハン いったりきたりで キスをする アハハン  日の暮れ 夕やけ 赤とんぼ イッチもまっかに なりました アハハン アハハン イッチと エッチは イッチとエッチは ブランコで  イッチとエッチは 川の中 アハハン メダカのまねして キスをする アハハン ポッカリうかんだ 白い雲 おしりはまるだし ハダカンボ アハハン アハハン イッチと エッチは イッチとエッチは 川の中  あるある ないない あるないない イッチとエッチは 気がついた あるある ないない あるないない きみとぼくとは ちがうんだ きみとわたしは ちがうんだ  イッチとエッチは みっつとよっつの どこにもいるよな こどもです ソバカスイッチと わんぱくエッチは それから キスをやめました それから キスをやめました堀江美都子阿久悠穂口雄右イッチとエッチは みっつとよっつの どこにもいるよな こどもです ソバカスイッチと わんぱくエッチは いつでもいっしょに あそびます  イッチとエッチは 麦畑 アハハン ひばりのまねして キスをする アハハン おひさま 青空 春の風 チュチュチュとほっぺが なりました アハハン アハハン イッチと エッチは イッチとエッチは 麦畑  イッチとエッチが ブランコで アハハン いったりきたりで キスをする アハハン  日の暮れ 夕やけ 赤とんぼ イッチもまっかに なりました アハハン アハハン イッチと エッチは イッチとエッチは ブランコで  イッチとエッチは 川の中 アハハン メダカのまねして キスをする アハハン ポッカリうかんだ 白い雲 おしりはまるだし ハダカンボ アハハン アハハン イッチと エッチは イッチとエッチは 川の中  あるある ないない あるないない イッチとエッチは 気がついた あるある ないない あるないない きみとぼくとは ちがうんだ きみとわたしは ちがうんだ  イッチとエッチは みっつとよっつの どこにもいるよな こどもです ソバカスイッチと わんぱくエッチは それから キスをやめました それから キスをやめました
イワンの仔馬なんて ふしぎな 仔馬だろう ちいさな からだには ゆうきと ちえが あふれてる それは イワンの仔馬  イワンがこまれば いつも だいじょうぶ ぼくがついている だいじょうぶ ぼくがついている イワンの仔馬は 空とぶ仔馬 ひゅひゅーん ひゅひゅーん ひゅーん ゆくよ ゆくよ 今日もひととび ゆくよ ゆくよ イワンをのせて  なんて すてきな 仔馬だろう たてがみ なびかせて 大空はるか とんでゆく それは イワンの味方  イワンがこまれば いつも だいじょうぶ ぼくにまかせて だいじょうぶ ぼくにまかせて イワンの仔馬は みがるな仔馬 ひゅひゅーん ひゅひゅーん ひゅーん ゆくよ ゆくよ 北へ南へ ゆくよ ゆくよ イワンとともに  なんて すばやい 仔馬だろう いじわる されるたび いつでも みごときりぬける それは イワンの仔馬  イワンがこまれば いつも だいじょうぶ ぼくがいるんだ だいじょうぶ ぼくがいるんだ イワンの仔馬は 元気な仔馬 ひゅひゅーん ひゅひゅーん ひゅーん ゆくよ ゆくよ じゆうじざいに ゆくよ ゆくよ イワンのために堀江美都子丘灯至夫小森昭宏なんて ふしぎな 仔馬だろう ちいさな からだには ゆうきと ちえが あふれてる それは イワンの仔馬  イワンがこまれば いつも だいじょうぶ ぼくがついている だいじょうぶ ぼくがついている イワンの仔馬は 空とぶ仔馬 ひゅひゅーん ひゅひゅーん ひゅーん ゆくよ ゆくよ 今日もひととび ゆくよ ゆくよ イワンをのせて  なんて すてきな 仔馬だろう たてがみ なびかせて 大空はるか とんでゆく それは イワンの味方  イワンがこまれば いつも だいじょうぶ ぼくにまかせて だいじょうぶ ぼくにまかせて イワンの仔馬は みがるな仔馬 ひゅひゅーん ひゅひゅーん ひゅーん ゆくよ ゆくよ 北へ南へ ゆくよ ゆくよ イワンとともに  なんて すばやい 仔馬だろう いじわる されるたび いつでも みごときりぬける それは イワンの仔馬  イワンがこまれば いつも だいじょうぶ ぼくがいるんだ だいじょうぶ ぼくがいるんだ イワンの仔馬は 元気な仔馬 ひゅひゅーん ひゅひゅーん ひゅーん ゆくよ ゆくよ じゆうじざいに ゆくよ ゆくよ イワンのために
IN MY HEART~夢のままで~目を閉じて ごらんよ 思い出の 空の上に 夢はまだ 遠く浮かんでる In my heart 夢のまま  振り向いた 景色が 色あせて 見えていても 夢はまだ 明日を描いてる In my heart 夢のまま  人を好きに なったときめき 悲しみも 越えられる 交わし合った ほほ笑みを 抱きしめて いられたなら  燃え上がる 心に 夕焼けが 落ちた後も 夢はまだ 唄い続けてる In my heart 夢のまま  忘れないで 今のきらめき 幻と 呼ばないで 愛の魔法 くちづけが 奇跡さえ 起こすから  かなわない 願いに 星たちが 消えた後も 夢はまだ 光り続けてる In my heart 夢のまま  In my heart 夢のまま堀江美都子里乃塚玲央大島ミチル目を閉じて ごらんよ 思い出の 空の上に 夢はまだ 遠く浮かんでる In my heart 夢のまま  振り向いた 景色が 色あせて 見えていても 夢はまだ 明日を描いてる In my heart 夢のまま  人を好きに なったときめき 悲しみも 越えられる 交わし合った ほほ笑みを 抱きしめて いられたなら  燃え上がる 心に 夕焼けが 落ちた後も 夢はまだ 唄い続けてる In my heart 夢のまま  忘れないで 今のきらめき 幻と 呼ばないで 愛の魔法 くちづけが 奇跡さえ 起こすから  かなわない 願いに 星たちが 消えた後も 夢はまだ 光り続けてる In my heart 夢のまま  In my heart 夢のまま
Winner―勝利者―100万もの視線 集めて 佇む戦士 沈黙と期待が 支配する 巨大な競技場 チャンスは一度だけの 運命(さだめ)  東の太陽は あなたの 横顔照らし 血のたぎる鼓動が 此処まで 聴こえて来るわ 時を超えた神話 観せて 今  風を切り音を超え 光を抜き去り ただひとつのゴールへ 飛び込む英雄(オトコ) 勝利者だけが知る 神の世界に立ち 何が奇跡なのか 教えてくれた人  旗が舞いどよめく 嵐の中から私 あなたの息遣い 近くに感じているわ 遥かな夢たどる 希望 信じ  戦い終えた今 無口になるのは 幾つもの宇宙を 見つめた畏れ 人の世に戻った 戦士を迎えたら 胸に顔をうずめ 静かに休ませて 勝利者だけが知る 神の世界に立ち 何が奇跡なのか 教えてくれた人堀江美都子三浦義和トミー スナイダー100万もの視線 集めて 佇む戦士 沈黙と期待が 支配する 巨大な競技場 チャンスは一度だけの 運命(さだめ)  東の太陽は あなたの 横顔照らし 血のたぎる鼓動が 此処まで 聴こえて来るわ 時を超えた神話 観せて 今  風を切り音を超え 光を抜き去り ただひとつのゴールへ 飛び込む英雄(オトコ) 勝利者だけが知る 神の世界に立ち 何が奇跡なのか 教えてくれた人  旗が舞いどよめく 嵐の中から私 あなたの息遣い 近くに感じているわ 遥かな夢たどる 希望 信じ  戦い終えた今 無口になるのは 幾つもの宇宙を 見つめた畏れ 人の世に戻った 戦士を迎えたら 胸に顔をうずめ 静かに休ませて 勝利者だけが知る 神の世界に立ち 何が奇跡なのか 教えてくれた人
美しい今日苦しみよいらっしゃい あなたは友だち 私をもっと強く 育ててほしいの ちっぽけな弱虫の 心にいっぱい あの海のような夢 抱かせてほしいの  さわやかな汗 あたたかい涙 太陽のくちづけ ほんとうの美しさ それはきっと ひたむきに青春を 走ることね  悲しみよこんにちは あなたは恋人 私のそばをいつも 歩いてほしいの 青春の石ころに つまづいた時は ちょっとだけその腕を かしてほしいの  さわやかな汗 あたたかい涙 あしたへの 足あと ほんとうの美しさ それはきっと 大好きなあの人も 好きなはずよ  さわやかな汗 あたたかい涙 あしたへの 足あと ほんとうの美しさ それはきっと 大好きなあの人も 好きなはずよ堀江美都子山川啓介越部信義苦しみよいらっしゃい あなたは友だち 私をもっと強く 育ててほしいの ちっぽけな弱虫の 心にいっぱい あの海のような夢 抱かせてほしいの  さわやかな汗 あたたかい涙 太陽のくちづけ ほんとうの美しさ それはきっと ひたむきに青春を 走ることね  悲しみよこんにちは あなたは恋人 私のそばをいつも 歩いてほしいの 青春の石ころに つまづいた時は ちょっとだけその腕を かしてほしいの  さわやかな汗 あたたかい涙 あしたへの 足あと ほんとうの美しさ それはきっと 大好きなあの人も 好きなはずよ  さわやかな汗 あたたかい涙 あしたへの 足あと ほんとうの美しさ それはきっと 大好きなあの人も 好きなはずよ
美しきチャレンジャードームにとどろく ピンの音 私は投げる 力いっぱい もえる夢を かけて 私は勝つの 私に勝つの ひとすじの レーンを走る ボールは一つ 戦いつづけて 振りむけば ひとりよ  夕陽かがやく 窓の空 私は祈る 力いっぱい あの人を めざして 私は勝つの 私に勝つの しあわせは 道のかなたに ボールは重く 苦しみをこえて 歩くのは ひとりよ  涙ふいては どこまでも 私は生きる 力いっぱい 晴れの日を 夢みて 私は勝つの 私に勝つの また今日も 虹へぶつかる ボールは私 人は呼ぶチャレンジャー いつの日も ひとりよ堀江美都子岩谷時子筒美京平ドームにとどろく ピンの音 私は投げる 力いっぱい もえる夢を かけて 私は勝つの 私に勝つの ひとすじの レーンを走る ボールは一つ 戦いつづけて 振りむけば ひとりよ  夕陽かがやく 窓の空 私は祈る 力いっぱい あの人を めざして 私は勝つの 私に勝つの しあわせは 道のかなたに ボールは重く 苦しみをこえて 歩くのは ひとりよ  涙ふいては どこまでも 私は生きる 力いっぱい 晴れの日を 夢みて 私は勝つの 私に勝つの また今日も 虹へぶつかる ボールは私 人は呼ぶチャレンジャー いつの日も ひとりよ
うわー赤い靴が踊ったよウワァ ウワァ ウワァ 赤い靴がふしぎなんだ 誰もはいちゃいないのに おどりを踊る ウワァ ウワァ ウワァ 生きてるみたいタップダンスして まるで小鳥のように 空を飛びまわる  赤い靴赤い靴 机の上だ タップをしてごらん 赤い靴赤い靴おなべの上で 踊ってごらん 赤い靴 赤い靴 ぼくのおなかの上で 踊ってごらん ウフ ウフ ウフフフ いやー くすぐったいよー コラァー ぼくの友達 ぼくの恋人 赤い靴堀江美都子宇野誠一郎宇野誠一郎ウワァ ウワァ ウワァ 赤い靴がふしぎなんだ 誰もはいちゃいないのに おどりを踊る ウワァ ウワァ ウワァ 生きてるみたいタップダンスして まるで小鳥のように 空を飛びまわる  赤い靴赤い靴 机の上だ タップをしてごらん 赤い靴赤い靴おなべの上で 踊ってごらん 赤い靴 赤い靴 ぼくのおなかの上で 踊ってごらん ウフ ウフ ウフフフ いやー くすぐったいよー コラァー ぼくの友達 ぼくの恋人 赤い靴
笑顔のループ夜空(そら)のブローチ 数えながら 歩こうよ 悩みも夢とかもみんな分け合いながら  “ありがとう”なんてコトバ言えない めっちゃ照れるから 仲間がそばにいるから今元気なのに  メゲてた気分少し消えたよ てゆうか不思議 楽しさ分け合うと増えてく広がってゆく  ラララ 笑顔のループ 一人笑えばホラつながって リボンで心結んだように 声のファンファーレ いくつも花が咲いたみたいに 輝く瞳 目と目が合えば伝わるね 気持ちは同じと いつでも友達だから  毎日会ってるのに 帰ってメールをしたり おしゃべりずっと尽きないから仕方ないね  部活や理想の彼氏 全然カブってないけど 笑えるツボが同じなのは仲良しだから  ラララ 笑顔のループ 笑いがなぜかもう止まらない 大好きな歌 歌うみたいに 声のハーモニー どんな時でも励まし合えば 気持ちは晴れる 大人になってゆく時も ご機嫌モードで いつでも近くにいよう  笑顔のループ 一人笑えばホラつながって リボンで心結んだように 声のファンファーレ いくつも花が咲いたみたいに 輝く瞳 目と目が合えば伝わるね 気持ちは同じと いつでも友達だから堀江美都子森由里子渡部チェル夜空(そら)のブローチ 数えながら 歩こうよ 悩みも夢とかもみんな分け合いながら  “ありがとう”なんてコトバ言えない めっちゃ照れるから 仲間がそばにいるから今元気なのに  メゲてた気分少し消えたよ てゆうか不思議 楽しさ分け合うと増えてく広がってゆく  ラララ 笑顔のループ 一人笑えばホラつながって リボンで心結んだように 声のファンファーレ いくつも花が咲いたみたいに 輝く瞳 目と目が合えば伝わるね 気持ちは同じと いつでも友達だから  毎日会ってるのに 帰ってメールをしたり おしゃべりずっと尽きないから仕方ないね  部活や理想の彼氏 全然カブってないけど 笑えるツボが同じなのは仲良しだから  ラララ 笑顔のループ 笑いがなぜかもう止まらない 大好きな歌 歌うみたいに 声のハーモニー どんな時でも励まし合えば 気持ちは晴れる 大人になってゆく時も ご機嫌モードで いつでも近くにいよう  笑顔のループ 一人笑えばホラつながって リボンで心結んだように 声のファンファーレ いくつも花が咲いたみたいに 輝く瞳 目と目が合えば伝わるね 気持ちは同じと いつでも友達だから
Xマイナス0きらきら かがやく うちゅうロケット われらは ちびっこそうじゅうし はっしんじゅんびの ふんしゃにはいりゃ みあげる青い星空も ゼリーのように ふるえだす  それじゃいこうか びょうよみだ Xマイナス321 Xマイナス0 スタートだ  ロンロン とんでく うちゅうロケット われらは ちびっこそうじゅうし とおさん かあさん ともだちさらば ちきゅうもいつか まどのそと とおいみどりの 星になる  それじゃいこうか びょうよみだ Xマイナス321 Xマイナス0 スタートだ  ピカピカ ひかるぜ うちゅうロケット われらは ちびっこそうじゅうし とぶんだ とぶんだ ぎんがをこえて 星から星へ とぶうちに このロケットも 星になる  それじゃいこうか びょうよみだ Xマイナス321 Xマイナス0 スタートだ堀江美都子保富康午藤家虹二きらきら かがやく うちゅうロケット われらは ちびっこそうじゅうし はっしんじゅんびの ふんしゃにはいりゃ みあげる青い星空も ゼリーのように ふるえだす  それじゃいこうか びょうよみだ Xマイナス321 Xマイナス0 スタートだ  ロンロン とんでく うちゅうロケット われらは ちびっこそうじゅうし とおさん かあさん ともだちさらば ちきゅうもいつか まどのそと とおいみどりの 星になる  それじゃいこうか びょうよみだ Xマイナス321 Xマイナス0 スタートだ  ピカピカ ひかるぜ うちゅうロケット われらは ちびっこそうじゅうし とぶんだ とぶんだ ぎんがをこえて 星から星へ とぶうちに このロケットも 星になる  それじゃいこうか びょうよみだ Xマイナス321 Xマイナス0 スタートだ
ENDLESS WAYかすかな光 目指してゆく 遠くであなた 呼んでいるの 時のはざまで 唇かんで 迷路のような 愛を  いつか心にすべりおちた あなたの言葉くりかえすの 謎を解く鍵 秘密の出口 隠してあるの? そこに  心も体も傷つけばいい 強くなれる 昨日よりも明日は  carry on endless way carry on endless way 涙の先に 何があるのか carry on endless way carry on endless way いつかその手で 教えて  眠れない夜 忍びこむの 疑うなんて 悲しくなる あなたの胸で 甘えたいのに 突き離すのね いつも  私よりもつらい瞳の あなただから 信じたいのもう一度  carry on endless way carry on endless way やめないでまだ ついてゆくから carry on endless way carry on endless way 手に入れたいの あなたを  carry on endless way carry on endless way 涙の先に 何があるのか carry on endless way carry on endless way いつかその手で 教えて  carry on endless way carry on endless way やめないでまだ ついてゆくから carry on endless way carry on endless way 手に入れたいの あなたを  carry on堀江美都子芹沢類米倉良広かすかな光 目指してゆく 遠くであなた 呼んでいるの 時のはざまで 唇かんで 迷路のような 愛を  いつか心にすべりおちた あなたの言葉くりかえすの 謎を解く鍵 秘密の出口 隠してあるの? そこに  心も体も傷つけばいい 強くなれる 昨日よりも明日は  carry on endless way carry on endless way 涙の先に 何があるのか carry on endless way carry on endless way いつかその手で 教えて  眠れない夜 忍びこむの 疑うなんて 悲しくなる あなたの胸で 甘えたいのに 突き離すのね いつも  私よりもつらい瞳の あなただから 信じたいのもう一度  carry on endless way carry on endless way やめないでまだ ついてゆくから carry on endless way carry on endless way 手に入れたいの あなたを  carry on endless way carry on endless way 涙の先に 何があるのか carry on endless way carry on endless way いつかその手で 教えて  carry on endless way carry on endless way やめないでまだ ついてゆくから carry on endless way carry on endless way 手に入れたいの あなたを  carry on
Oh!Sunday 青春は日曜日Oh! Sunday! どこへ行こうかな Oh! Sunday! 何をしようかな Oh! Sunday! 君は君はどう思う Oh! Sunday! そうか 同じだ 何をしてても一日は 24時間それっきり  今のうちに 今のうちに まだまだ時間がまだまだあるうちに 青春は日曜日  Oh! Sunday! 電話しようかな Oh! Sunday! 待っていようかな Oh! Sunday! あいつあいつどうだろうな Oh! Sunday! きいてみようかな たしかこうして先週も 知らず知らずに過ぎていた  今のうちに 今のうちに まだまだ時間がまだまだあるうちに 青春は日曜日  Oh! Sunday! あそこ行こうかな Oh! Sunday! あれをしようかな Oh! Sunday! 君は君はどうするの Oh! Sunday! そうか同じだ あれもしたいしこれもいい 数えあげればきりがない  今のうちに 今のうちに まだまだ時間がまだまだあるうちに 青春は日曜日堀江美都子伊藤アキラ萩田光雄Oh! Sunday! どこへ行こうかな Oh! Sunday! 何をしようかな Oh! Sunday! 君は君はどう思う Oh! Sunday! そうか 同じだ 何をしてても一日は 24時間それっきり  今のうちに 今のうちに まだまだ時間がまだまだあるうちに 青春は日曜日  Oh! Sunday! 電話しようかな Oh! Sunday! 待っていようかな Oh! Sunday! あいつあいつどうだろうな Oh! Sunday! きいてみようかな たしかこうして先週も 知らず知らずに過ぎていた  今のうちに 今のうちに まだまだ時間がまだまだあるうちに 青春は日曜日  Oh! Sunday! あそこ行こうかな Oh! Sunday! あれをしようかな Oh! Sunday! 君は君はどうするの Oh! Sunday! そうか同じだ あれもしたいしこれもいい 数えあげればきりがない  今のうちに 今のうちに まだまだ時間がまだまだあるうちに 青春は日曜日
大きくトン 小さくトンおおきく トン ちいさく トン おおきく トントン ちいさく トントン おおきく トントントン ちいさく トントントン  おおきく パン ちいさく パン おおきく パンパン ちいさく パンパン おおきく パンパンパン ちいさく パンパンパン  おおきく ピョン ちいさく ピョン おおきく ピョンピョン ちいさく ピョンピョン おおきく ピョンピョンピョン ちいさく ピョンピョンピョン  おおきく ブウ ちいさく ブウ おおきく ブウブウ ちいさく ブウブウ おおきく ブウブウブウ ちいさく ブウブウブウ  ここほれ ワン こばんが ザクッ ここほれ ワンワン こばんが ザクッザクッ ここほれ ワンワンワン こばんが ザクッザクッザクッ  おむすび コロ ねずみが チュウ おむすび コロコロ ねずみが チュウチュウ おむすび コロコロコロ ねずみが チュウチュウチュウ  おおかみが ガオ あかずきんちゃんが キャッ おおかみが ガオガオ あかずきんちゃんが キャッキャッ おおかみが ガオガオガオ あかずきんちゃんが キャッキャッキャッ堀江美都子阿部直美阿部直美おおきく トン ちいさく トン おおきく トントン ちいさく トントン おおきく トントントン ちいさく トントントン  おおきく パン ちいさく パン おおきく パンパン ちいさく パンパン おおきく パンパンパン ちいさく パンパンパン  おおきく ピョン ちいさく ピョン おおきく ピョンピョン ちいさく ピョンピョン おおきく ピョンピョンピョン ちいさく ピョンピョンピョン  おおきく ブウ ちいさく ブウ おおきく ブウブウ ちいさく ブウブウ おおきく ブウブウブウ ちいさく ブウブウブウ  ここほれ ワン こばんが ザクッ ここほれ ワンワン こばんが ザクッザクッ ここほれ ワンワンワン こばんが ザクッザクッザクッ  おむすび コロ ねずみが チュウ おむすび コロコロ ねずみが チュウチュウ おむすび コロコロコロ ねずみが チュウチュウチュウ  おおかみが ガオ あかずきんちゃんが キャッ おおかみが ガオガオ あかずきんちゃんが キャッキャッ おおかみが ガオガオガオ あかずきんちゃんが キャッキャッキャッ
おとうさんの歌リンリンリリリン リンリリリン きこえますよ おとうさん あなたのくれた 鈴の音 あのすずらんの つゆのように ほら きよらかに リンリン ほら さわやかに リンリン あしたの夢を よんでます きょうも勇気を くれてます リンリンリリリン リンリリリン きこえますよ おとうさん  ルンルンルルルン ルンルルルン きこえますか おとうさん あかるくはずんだ あしおとが あのすずらんの 花のように ほら さみしさを ルンルン ほら かなしさを ルンルン 歌にかえて 旅してます きょうも愛を たずねます ルンルンルルルン ルンルルルン きこえますか おとうさん ルンルンルルルン ルンルルルン きこえますか おとうさん堀江美都子神保史郎小林亜星リンリンリリリン リンリリリン きこえますよ おとうさん あなたのくれた 鈴の音 あのすずらんの つゆのように ほら きよらかに リンリン ほら さわやかに リンリン あしたの夢を よんでます きょうも勇気を くれてます リンリンリリリン リンリリリン きこえますよ おとうさん  ルンルンルルルン ルンルルルン きこえますか おとうさん あかるくはずんだ あしおとが あのすずらんの 花のように ほら さみしさを ルンルン ほら かなしさを ルンルン 歌にかえて 旅してます きょうも愛を たずねます ルンルンルルルン ルンルルルン きこえますか おとうさん ルンルンルルルン ルンルルルン きこえますか おとうさん
おなじ星のともだちあの子が小鳥なら みんなはとまり木 あの子がヨットなら みんなは風 心をよせて 力をかして いっしょに生きるともだち 地球という名の たのしい星で であった うれしい ともだちなんだもの  野原に花が咲き 生まれるそよ風 カモメが海をとび きらめく波  あこがれうつす あの子の瞳 幸せ祈るともだち 地球という名の たのしい星で であった うれしい ともだちなんだもの  あこがれうつす あの子の瞳 幸せ祈るともだち 地球という名の たのしい星で であった うれしい ともだちなんだもの  であった うれしい ともだちなんだもの堀江美都子武鹿悦子武市昌久あの子が小鳥なら みんなはとまり木 あの子がヨットなら みんなは風 心をよせて 力をかして いっしょに生きるともだち 地球という名の たのしい星で であった うれしい ともだちなんだもの  野原に花が咲き 生まれるそよ風 カモメが海をとび きらめく波  あこがれうつす あの子の瞳 幸せ祈るともだち 地球という名の たのしい星で であった うれしい ともだちなんだもの  あこがれうつす あの子の瞳 幸せ祈るともだち 地球という名の たのしい星で であった うれしい ともだちなんだもの  であった うれしい ともだちなんだもの
お願いおせーてとことん知りたい 知りぬきたい 何がなんでも 知りぬきたい 無理を承知で  知りぬきたい とことん知りたい 知りぬきたい 何がなんでも 知りぬきたい 知れば知るほど 知りぬきたい ああ とことん  お願いおせーて 何でもするから ドングリ百コ よこせと云うなら 森じゅう走って 集めるよ デングリ返り ずっとと云うなら 一晩中でも やってるよ お願いおせーて お願いおせーて いい子でいるから おせーてよ  とことん知りたい 知りぬきたい 何がなんでも 知りぬきたい 無理を承知で  知りぬきたい とことん知りたい 知りぬきたい 何がなんでも 知りぬきたい 知れば知るほど 知りぬきたい ああ とことん堀江美都子中山千夏宇野誠一郎とことん知りたい 知りぬきたい 何がなんでも 知りぬきたい 無理を承知で  知りぬきたい とことん知りたい 知りぬきたい 何がなんでも 知りぬきたい 知れば知るほど 知りぬきたい ああ とことん  お願いおせーて 何でもするから ドングリ百コ よこせと云うなら 森じゅう走って 集めるよ デングリ返り ずっとと云うなら 一晩中でも やってるよ お願いおせーて お願いおせーて いい子でいるから おせーてよ  とことん知りたい 知りぬきたい 何がなんでも 知りぬきたい 無理を承知で  知りぬきたい とことん知りたい 知りぬきたい 何がなんでも 知りぬきたい 知れば知るほど 知りぬきたい ああ とことん
おふろジャブジャブおふろ ジャブジャブ ジャブジャブ してたら さかなに なっちゃうの ね タオルで ママが つかまえに くるよ  おふろ ジャブジャブ ジャブジャブ してたら さかなに なっちゃって ね タオルの あみで つかまえられたよ  おふろ ジャブジャブ ジャブジャブ してたら くじらに なっちゃうの ね とても ママには つかまえられない堀江美都子さとう・よしみ服部公一おふろ ジャブジャブ ジャブジャブ してたら さかなに なっちゃうの ね タオルで ママが つかまえに くるよ  おふろ ジャブジャブ ジャブジャブ してたら さかなに なっちゃって ね タオルの あみで つかまえられたよ  おふろ ジャブジャブ ジャブジャブ してたら くじらに なっちゃうの ね とても ママには つかまえられない
おべんとバスおべんとバスが はしります のせて のせてと やってきた いちごさん にんじんさん さくらんぼさん ギュッギュッギュッ ギュッギュッギュッ  おべんとバスが はしります のせて のせてと やってきた しおじゃけさん ごぼうさん むきえびさん ギュッギュッギュッ ギュッギュッギュッ  おべんとバスが はしります のせて のせてと やってきた なるとさん はんぺんさん きゅうりさん ギュッギュッギュッ ギュッギュッギュウ 「おーい のせてくれ」 「もうまんいん つぶれちゃうから おやめなさい」 「いや ぜったいのるぞ!」  おべんとバスが はしります のせて のせてと やってきた トントントン トントントン とうふさん ギュッギュッギュッ ギュッギュッギュッ 「ワア~ッ」 「だいじょうぶですか、とうふさん」 「ウーン がんばるぞ」 ギュッギュッギュッ ギュッギュッギュッ ギュッ ギュッ ギュウ堀江美都子阿部直美阿部直美おべんとバスが はしります のせて のせてと やってきた いちごさん にんじんさん さくらんぼさん ギュッギュッギュッ ギュッギュッギュッ  おべんとバスが はしります のせて のせてと やってきた しおじゃけさん ごぼうさん むきえびさん ギュッギュッギュッ ギュッギュッギュッ  おべんとバスが はしります のせて のせてと やってきた なるとさん はんぺんさん きゅうりさん ギュッギュッギュッ ギュッギュッギュウ 「おーい のせてくれ」 「もうまんいん つぶれちゃうから おやめなさい」 「いや ぜったいのるぞ!」  おべんとバスが はしります のせて のせてと やってきた トントントン トントントン とうふさん ギュッギュッギュッ ギュッギュッギュッ 「ワア~ッ」 「だいじょうぶですか、とうふさん」 「ウーン がんばるぞ」 ギュッギュッギュッ ギュッギュッギュッ ギュッ ギュッ ギュウ
オボッチャマンでございますものには順番がありまして お先に失礼 自己紹介 オボッチャマンでございます 名前の通りおとなしく 容姿端麗 かわいくて 成績優秀 できがいい 「いけない また目立ってしまった」 すぐに反省 性格素直 人柄善良 真実一路 オボッチャマンでございます  知ってる人はご存知で 知らない人もまた多い オボッチャマンでございます 名前の通り上品で 礼儀作法も美しく 乱暴言葉 使わない 「いけない また売りこんでしまった」 すぐに反省 性格素直 人柄善良 真実一路 オボッチャマンでございます  すぐに反省 性格素直 人柄善良 真実一路 オボッチャマンでございます堀江美都子くのたかし菊池俊輔ものには順番がありまして お先に失礼 自己紹介 オボッチャマンでございます 名前の通りおとなしく 容姿端麗 かわいくて 成績優秀 できがいい 「いけない また目立ってしまった」 すぐに反省 性格素直 人柄善良 真実一路 オボッチャマンでございます  知ってる人はご存知で 知らない人もまた多い オボッチャマンでございます 名前の通り上品で 礼儀作法も美しく 乱暴言葉 使わない 「いけない また売りこんでしまった」 すぐに反省 性格素直 人柄善良 真実一路 オボッチャマンでございます  すぐに反省 性格素直 人柄善良 真実一路 オボッチャマンでございます
想い出のうたあのこがばしゃで ゆくとき ゆうびんやさんが くるとき そんなとき いつも のぼった おとうさんの おおきなき ああ ふるさとは ゆめのなか いまも だれかが のぼるのかしら  ことりとはなに つつまれ アニーと トムと ジョンたち あつまると いつも にぎやか ポニーせんせい レインせんせい ああ あのこえが きこえます いつも やさしい かあさんだった  ゆうやけぞらを みるたび おもいだすのは ともだち なげなわや そして なわとび おもいでのおか ポニーのいえ ああ かえりたい あのうちへ みんな げんきで いるのでしょうか堀江美都子丘灯至夫渡辺岳夫あのこがばしゃで ゆくとき ゆうびんやさんが くるとき そんなとき いつも のぼった おとうさんの おおきなき ああ ふるさとは ゆめのなか いまも だれかが のぼるのかしら  ことりとはなに つつまれ アニーと トムと ジョンたち あつまると いつも にぎやか ポニーせんせい レインせんせい ああ あのこえが きこえます いつも やさしい かあさんだった  ゆうやけぞらを みるたび おもいだすのは ともだち なげなわや そして なわとび おもいでのおか ポニーのいえ ああ かえりたい あのうちへ みんな げんきで いるのでしょうか
思い出の鏡思い出の鏡 のぞいてみたら おさない日の場面が 胸に流れて来る  大好きだった 真っ赤なシューズ 草原や丘を ねぇ 自由にくぐり抜けた  もう着られない レエスのドレス 少しずつみんな ああ 大人に近づくけど あこがれをそっと だきしめながら あきらめずに行きたい 遠いあなたのもとへ  思い出の鏡 のぞいてみたら まぶしいあの景色が 胸にあふれてくる  やさしい膝で せがんだ絵本 冒険や恋に ねぇ 心を弾ませてた  夢中になって 遊んだ広場 友達はみんな ああ 離れてしまうけれど  なつかしい日々を だきしめながら 振り向かずに行きたい 遠いあなたのもとへ堀江美都子白峰美津子島津秀雄思い出の鏡 のぞいてみたら おさない日の場面が 胸に流れて来る  大好きだった 真っ赤なシューズ 草原や丘を ねぇ 自由にくぐり抜けた  もう着られない レエスのドレス 少しずつみんな ああ 大人に近づくけど あこがれをそっと だきしめながら あきらめずに行きたい 遠いあなたのもとへ  思い出の鏡 のぞいてみたら まぶしいあの景色が 胸にあふれてくる  やさしい膝で せがんだ絵本 冒険や恋に ねぇ 心を弾ませてた  夢中になって 遊んだ広場 友達はみんな ああ 離れてしまうけれど  なつかしい日々を だきしめながら 振り向かずに行きたい 遠いあなたのもとへ
おもかげ星見つめて下さい 寂しいときは 呼んで下さい どこかでそっと  ひとつは 愛 ひとつは 夢 ひとつは 泪 ひとつは サーシャ ほほえみだけで 別れた人を わたしはいつも 忘れない 見つめて下さい 寂しいときは 呼んで下さい どこかでそっと  ひとつは 恋 ひとつは kiss ひとつは 昨日(むかし) ひとつは 明日(みらい) かならず逢える 愛さえあれば おもかげ星が あるかぎり 見つめて下さい 寂しいときは 呼んで下さい どこかでそっと堀江美都子山口洋子宮川泰見つめて下さい 寂しいときは 呼んで下さい どこかでそっと  ひとつは 愛 ひとつは 夢 ひとつは 泪 ひとつは サーシャ ほほえみだけで 別れた人を わたしはいつも 忘れない 見つめて下さい 寂しいときは 呼んで下さい どこかでそっと  ひとつは 恋 ひとつは kiss ひとつは 昨日(むかし) ひとつは 明日(みらい) かならず逢える 愛さえあれば おもかげ星が あるかぎり 見つめて下さい 寂しいときは 呼んで下さい どこかでそっと
おもちゃ作りは大忙しどれだけ食べても おなかはへる 森はあっちこっちで グーグームニャムニャ キューキューキュー 大さわぎ 3時のおやつは ネ! イチゴのパイだ 切ってひろげて トトントトント 丸めてぬって トトントトント もう少しみんなで ガンバロウ!  急がなくちゃ トトントトント 急がなくちゃ トトントトント もうすぐクリスマス まってる まってる こどもたちが こどもたちが  おひさま沈めば 眠たくなる 森はあっちこっちで あくびのパレード ファファファ 大さわぎ フカフカベッドに ネ! まっ白シーツ 織ってつなげて トトントトント けずってはって トトントトント 最後の仕上げだ ガンバロウ!  急がなくちゃ トトントトント 急がなくちゃ トトントトント もうすぐクリスマス まってる まってる こどもたちが こどもたちが  もうすぐクリスマス まってる まってる こどもたちが こどもたちが堀江美都子佐藤ありす渡辺岳夫どれだけ食べても おなかはへる 森はあっちこっちで グーグームニャムニャ キューキューキュー 大さわぎ 3時のおやつは ネ! イチゴのパイだ 切ってひろげて トトントトント 丸めてぬって トトントトント もう少しみんなで ガンバロウ!  急がなくちゃ トトントトント 急がなくちゃ トトントトント もうすぐクリスマス まってる まってる こどもたちが こどもたちが  おひさま沈めば 眠たくなる 森はあっちこっちで あくびのパレード ファファファ 大さわぎ フカフカベッドに ネ! まっ白シーツ 織ってつなげて トトントトント けずってはって トトントトント 最後の仕上げだ ガンバロウ!  急がなくちゃ トトントトント 急がなくちゃ トトントトント もうすぐクリスマス まってる まってる こどもたちが こどもたちが  もうすぐクリスマス まってる まってる こどもたちが こどもたちが
おろかな日記今日はじめてはいた 絹のくつした あの子の前で足を組んでみたけれど いつも私が憧れてたような 悲しいくらい素敵な気持ちだった 私になんて興味がないのですか? 手紙を出してもお返事さえくれない あなたの姿 おもい描きながら いつかは 会えると信じてるのに こんな私 きらいでしょうね? せつない想い そよ風の中 溶けて なんだか 私…  あわてず静かにマナーが大事よ ろうかは決して走ってはいけません 楽しいことが たくさんありすぎて 夢中になると 忘れがちな私 失敗かさねて 成長するって 何かの本で 読んだ記憶あるけれど しかられる数 このままふえたなら シェークスピアにだって なれるかもね こんな私 きらいでしょうね? 夜空に夢を 広げてみたら ふしぎ 小さなことは 星屑に消えてゆく  あしたもきっと 別の私に会える やくそくするね やさしい人になると堀江美都子川田多磨喜池毅今日はじめてはいた 絹のくつした あの子の前で足を組んでみたけれど いつも私が憧れてたような 悲しいくらい素敵な気持ちだった 私になんて興味がないのですか? 手紙を出してもお返事さえくれない あなたの姿 おもい描きながら いつかは 会えると信じてるのに こんな私 きらいでしょうね? せつない想い そよ風の中 溶けて なんだか 私…  あわてず静かにマナーが大事よ ろうかは決して走ってはいけません 楽しいことが たくさんありすぎて 夢中になると 忘れがちな私 失敗かさねて 成長するって 何かの本で 読んだ記憶あるけれど しかられる数 このままふえたなら シェークスピアにだって なれるかもね こんな私 きらいでしょうね? 夜空に夢を 広げてみたら ふしぎ 小さなことは 星屑に消えてゆく  あしたもきっと 別の私に会える やくそくするね やさしい人になると
オー!リバル肌を焦がすような南風が吹いた ほんの少し しゃべりすぎた さぁ始めよう Soul & Soul  真白なクロスに覆われた テーブルの上に残るグラス キャンドルの紅い火を映す  フロアを踏み鳴らすリズムが 運命の足音なのなら 煽るような手拍子は Heart Beat  魂 削りあうことでしか 分かりあえないことだってある 千の文字よりも確かに刻まれていくんだ  オー!リバル 肌を焦がすような南風が吹いた 言葉は意味を失くし 熱で感じあう 嵐呼ぶロンド もっと別の場所で何気ない場面で もし会えていたならどうだったろう? 手と手を取りあえたかな?  咽せ返る生命のにおいと 目を細めるほどの色彩 我は今 生きている My Life  音楽や絵画にあるように 過ぎていく日々ひとつひとつに ささやかな題名をつけて見送ってあげたい  オー!リバル お前は誰でもない 鏡の向こう側 この姿を映してる ありのままにただ演じているだけ 心の中に棲む 弱さを恐れてた ウイルスみたいに いつかこの身を蝕む時がくることを  オー!リバル オー!リバル 姿なき姿を追い続けた先が 楽園ではなくても 夢ではなくても この目で見てみたい ギターが刻むのは踊り子のステップ 銀の髪飾りを揺らしながらどこへと我をいざなう?  呼びあう Soul & Soul堀江美都子新藤晴一岡野昭仁肌を焦がすような南風が吹いた ほんの少し しゃべりすぎた さぁ始めよう Soul & Soul  真白なクロスに覆われた テーブルの上に残るグラス キャンドルの紅い火を映す  フロアを踏み鳴らすリズムが 運命の足音なのなら 煽るような手拍子は Heart Beat  魂 削りあうことでしか 分かりあえないことだってある 千の文字よりも確かに刻まれていくんだ  オー!リバル 肌を焦がすような南風が吹いた 言葉は意味を失くし 熱で感じあう 嵐呼ぶロンド もっと別の場所で何気ない場面で もし会えていたならどうだったろう? 手と手を取りあえたかな?  咽せ返る生命のにおいと 目を細めるほどの色彩 我は今 生きている My Life  音楽や絵画にあるように 過ぎていく日々ひとつひとつに ささやかな題名をつけて見送ってあげたい  オー!リバル お前は誰でもない 鏡の向こう側 この姿を映してる ありのままにただ演じているだけ 心の中に棲む 弱さを恐れてた ウイルスみたいに いつかこの身を蝕む時がくることを  オー!リバル オー!リバル 姿なき姿を追い続けた先が 楽園ではなくても 夢ではなくても この目で見てみたい ギターが刻むのは踊り子のステップ 銀の髪飾りを揺らしながらどこへと我をいざなう?  呼びあう Soul & Soul
かあさんごめんねかあさんなんか きらいって いっちゃった なぜだか なぜだか いっちゃった はしっておへやに いきながら おもわずポロポロ ないちゃった なぜだか なぜだか ないちゃった  かあさんなんか きらいって いっちゃった つめたく つめたく いっちゃった いまごろかあさん ひとりきり ごはんのしたくを してるかな てつだいたいのに いけないの  かあさんなんか きらいって いっちゃった どうして どうして あんなこと つくえにポタポタ おちてくる なみだでこっそり かいてみた かあさん ごめんね わるい子ね堀江美都子保富康午藤家虹ニかあさんなんか きらいって いっちゃった なぜだか なぜだか いっちゃった はしっておへやに いきながら おもわずポロポロ ないちゃった なぜだか なぜだか ないちゃった  かあさんなんか きらいって いっちゃった つめたく つめたく いっちゃった いまごろかあさん ひとりきり ごはんのしたくを してるかな てつだいたいのに いけないの  かあさんなんか きらいって いっちゃった どうして どうして あんなこと つくえにポタポタ おちてくる なみだでこっそり かいてみた かあさん ごめんね わるい子ね
母さんは雪おんな母さんは 雪おんな 白いきものに 長い髪 桑の実色した くちびるで さらり ふわりと 歌います ゆき ゆき ふれふれ  母さんは 雪おんな 雪をふらせに ゆく夜は あたしはひとりで おるすばん 銀色ぎつねと ねむります ゆき ゆき さらさら  母さんは 雪おんな だからあたしは 雪むすめ 100年たったら 一人前 きらり粉雪 ふらせます ゆき ゆき ふれふれ  ゆき ゆき さらさら堀江美都子井出隆夫福田和禾子母さんは 雪おんな 白いきものに 長い髪 桑の実色した くちびるで さらり ふわりと 歌います ゆき ゆき ふれふれ  母さんは 雪おんな 雪をふらせに ゆく夜は あたしはひとりで おるすばん 銀色ぎつねと ねむります ゆき ゆき さらさら  母さんは 雪おんな だからあたしは 雪むすめ 100年たったら 一人前 きらり粉雪 ふらせます ゆき ゆき ふれふれ  ゆき ゆき さらさら
かぐや姫先生のうたどこから来たのかな 魔女じゃないのかな 明るい笑顔で やさしくて 指輪が光れば あら あら不思議 ひとのできない ことばかり 女先生ピカピカひかる すてきな先生 みんなの みんなの かぐや姫先生  どこから来たのかな 月の世界かな 悲しい子どもは なぐさめて 弱い子どもは はげまして 今日も 正しく たくましく 女先生ピカピカひかる すてきな先生 みんなの みんなの かぐや姫先生  どこから来たのかな ちょっぴりお茶目だな 信じていこうよ どこまでも そばにいたいな いついつまでも どこの誰でも あこがれる 女先生ピカピカひかる すてきな先生 みんなの みんなの かぐや姫先生 かぐや姫先生堀江美都子丘灯至夫・辻真先渡辺岳夫どこから来たのかな 魔女じゃないのかな 明るい笑顔で やさしくて 指輪が光れば あら あら不思議 ひとのできない ことばかり 女先生ピカピカひかる すてきな先生 みんなの みんなの かぐや姫先生  どこから来たのかな 月の世界かな 悲しい子どもは なぐさめて 弱い子どもは はげまして 今日も 正しく たくましく 女先生ピカピカひかる すてきな先生 みんなの みんなの かぐや姫先生  どこから来たのかな ちょっぴりお茶目だな 信じていこうよ どこまでも そばにいたいな いついつまでも どこの誰でも あこがれる 女先生ピカピカひかる すてきな先生 みんなの みんなの かぐや姫先生 かぐや姫先生
風に負けないで夕暮れは 思い出つれてくるの 小さなころきいてた 子守り歌なの それは夢 それともママのささやき なみだがあふれるとき きこえてくるの 風にも負けないでよね ひとりぼっちのときも ウウ  光る朝 勇気をつれてくるの 小さな花きらめく 愛の歌なの いつか夢 まくらの下はさんだ 手紙にかかれた文字 かなえるために 風にも負けないわよと 空のむこうにさけぶ アア  風にも負けないでよね ひとりぼっちのときも ウウ……堀江美都子三浦徳子渡辺岳夫夕暮れは 思い出つれてくるの 小さなころきいてた 子守り歌なの それは夢 それともママのささやき なみだがあふれるとき きこえてくるの 風にも負けないでよね ひとりぼっちのときも ウウ  光る朝 勇気をつれてくるの 小さな花きらめく 愛の歌なの いつか夢 まくらの下はさんだ 手紙にかかれた文字 かなえるために 風にも負けないわよと 空のむこうにさけぶ アア  風にも負けないでよね ひとりぼっちのときも ウウ……
風の少女風の色見たことがある? 草原を吹いていく 輝きを 思いのまま 飛ぶ鳥のように どこまでも どこまでも駆けていこう  どんなことが 私を待っていても 大丈夫 きっと越えていけるわ  夢の向こう側に 明日が待っている ときめく気持ちを信じているの だからきっと何かできる 今は見えなくとも 明日きらめく風を心に感じて  目を閉じたらりんごの匂い 耳をすましたら 風の歌声 森の小径 木もれ日を集めて 大好きな友達に会いにいこう  どんなときも 微笑みを忘れない 大丈夫 いつか叶えられるわ  みんな胸の奥に 未来を抱いているの まぶしい笑顔が勇気をくれる いつかきっと生まれてきた 不思議がわかるから いつもやさしい風を瞳に映して  夢の向こう側に 明日が待っている ときめく気持ちを信じているの だからきっと何かできる 今は見えなくとも 明日きらめく風を心に感じて堀江美都子吉元由美宮川彬良風の色見たことがある? 草原を吹いていく 輝きを 思いのまま 飛ぶ鳥のように どこまでも どこまでも駆けていこう  どんなことが 私を待っていても 大丈夫 きっと越えていけるわ  夢の向こう側に 明日が待っている ときめく気持ちを信じているの だからきっと何かできる 今は見えなくとも 明日きらめく風を心に感じて  目を閉じたらりんごの匂い 耳をすましたら 風の歌声 森の小径 木もれ日を集めて 大好きな友達に会いにいこう  どんなときも 微笑みを忘れない 大丈夫 いつか叶えられるわ  みんな胸の奥に 未来を抱いているの まぶしい笑顔が勇気をくれる いつかきっと生まれてきた 不思議がわかるから いつもやさしい風を瞳に映して  夢の向こう側に 明日が待っている ときめく気持ちを信じているの だからきっと何かできる 今は見えなくとも 明日きらめく風を心に感じて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
悲しみは天に還して雨に 雨に 翔ぶ蝶が ぼくに ぼくに 教えるよ 未来という名の 女神が棲む場所 きみがあの日さしだした 壊れかけたオルゴール とぎれとぎれの言葉で ぼくにうたってた 静かな海の底まで 届くような光 いつも心に抱いていてと 胸に響くきみの声 確かな明かりを灯すから 明日へ愛をつないで行く旅 すべては生きるべき場所へ  高く剣をふりかざし 誰のために闘うの? 強さと弱さを この瞳に隠して 青く蝶は舞い上がり 美しさだけを誇るよう 醜い人の間を そっとすり抜ける 夢を浮力に変えたら もっと高く飛べる 朝の光に闇を消して 銀の月が問いかける これからどこへと向かうのか 地図はいつも未来をさしてる  弱い心につきささる あったかな刃はきみの愛 どうかぼくを導く力に すべては生きるべき場所へ堀江美都子円谷一美円谷一美雨に 雨に 翔ぶ蝶が ぼくに ぼくに 教えるよ 未来という名の 女神が棲む場所 きみがあの日さしだした 壊れかけたオルゴール とぎれとぎれの言葉で ぼくにうたってた 静かな海の底まで 届くような光 いつも心に抱いていてと 胸に響くきみの声 確かな明かりを灯すから 明日へ愛をつないで行く旅 すべては生きるべき場所へ  高く剣をふりかざし 誰のために闘うの? 強さと弱さを この瞳に隠して 青く蝶は舞い上がり 美しさだけを誇るよう 醜い人の間を そっとすり抜ける 夢を浮力に変えたら もっと高く飛べる 朝の光に闇を消して 銀の月が問いかける これからどこへと向かうのか 地図はいつも未来をさしてる  弱い心につきささる あったかな刃はきみの愛 どうかぼくを導く力に すべては生きるべき場所へ
かめさんのうたおおあわて おおいそぎ かけだせ はやく  びっくりしたびっくりしたときは あたまをあたまをひっこめろ たまにはてあしもひっこめろ  もしもしと 言われても しばらくこのまま ほっといて  ゆっくりで いいじゃない じかんは万年あるさ  ひっくりかえったひっくりかえったときは なかなかおきあがれない それでもいつかはおきる  もしもしと 言われても しばらく返事は できない しばらくこのまま ほっといて堀江美都子木本慶子佐橋俊彦おおあわて おおいそぎ かけだせ はやく  びっくりしたびっくりしたときは あたまをあたまをひっこめろ たまにはてあしもひっこめろ  もしもしと 言われても しばらくこのまま ほっといて  ゆっくりで いいじゃない じかんは万年あるさ  ひっくりかえったひっくりかえったときは なかなかおきあがれない それでもいつかはおきる  もしもしと 言われても しばらく返事は できない しばらくこのまま ほっといて
かわいいエリサぶなの森の中に 赤いぼうしが見えかくれ はずんだ歌声きこえるでしょう きこえるでしょう りすとお話したり 花のつぼみにキスしたり 道草しながらこっちへやってくる  あの子はエリサ かわいいエリサ チュラララ バラ色ほっぺが見えた おいでよエリサ あそぼうエリサ チュラララ 秘密の鳥の巣見にゆこう  澄んだ水にうつし おさげのリボンなおしてる 湖わたって あそびに来た風に こんにちは 向こう岸のお山に いつか登りにいきますと 約束しながらその手をふっている  あの子はエリサ かわいいエリサ チュラララ 今すぐふりむいてよね おねがいエリサ みんなのエリサ チュラララ もいちど微笑見たいから  あの子はエリサ かわいいエリサ チュラララ 今すぐふりむいてよね おねがいエリサ みんなのエリサ チュラララ もいちど微笑見たいから堀江美都子冬杜花代子渡辺岳夫ぶなの森の中に 赤いぼうしが見えかくれ はずんだ歌声きこえるでしょう きこえるでしょう りすとお話したり 花のつぼみにキスしたり 道草しながらこっちへやってくる  あの子はエリサ かわいいエリサ チュラララ バラ色ほっぺが見えた おいでよエリサ あそぼうエリサ チュラララ 秘密の鳥の巣見にゆこう  澄んだ水にうつし おさげのリボンなおしてる 湖わたって あそびに来た風に こんにちは 向こう岸のお山に いつか登りにいきますと 約束しながらその手をふっている  あの子はエリサ かわいいエリサ チュラララ 今すぐふりむいてよね おねがいエリサ みんなのエリサ チュラララ もいちど微笑見たいから  あの子はエリサ かわいいエリサ チュラララ 今すぐふりむいてよね おねがいエリサ みんなのエリサ チュラララ もいちど微笑見たいから
かわいいジーナ「わたし、ご意見します」 どこまでいくの ピコリーノ こわいわ やめましょうよ ジーナは いやよ 「わたし、こわいの、ねえ、やめて!」 それでもゆくのね あなたは男の子 いいのよついてく わたしは女の子 そうよ あぶない ア! たびも あなたの そばにいるなら こわくは ア! なくなる ほんとにそうなるかしら ほんとにそうだといいわ  「わたし、やっぱりご意見します」 こちらをむいて ピコリーノ イタズラ やめなさいよ ジーナが こまる 「わたし、ドキドキしちゃう、みんな大騒ぎよ!」 心配しちゃうわ あなたをみていると だけれど ちょっぴり きもちもいいんだわ そうよ たのしく ア! わらう あなたを みつめていると なんでも ア! ゆるせる みんなもそうなるかしら みんなもそうだといいわ  「わたし、どうしてもご意見します」 冒険ずきの ピコリーノ やっぱり やめないのね  ジーナは ダメよ 「もう、しらないわ、かってにしなさい!」 それでもやっぱり あなたが気になるの いいのよやっぱり わたしは女の子 そうよ はてない ア! たびも あなたに ついてゆくなら わたしの ア! いきがい ほんとにそうなるかしら いつかはそうなるでしょう堀江美都子保富康午中村泰士「わたし、ご意見します」 どこまでいくの ピコリーノ こわいわ やめましょうよ ジーナは いやよ 「わたし、こわいの、ねえ、やめて!」 それでもゆくのね あなたは男の子 いいのよついてく わたしは女の子 そうよ あぶない ア! たびも あなたの そばにいるなら こわくは ア! なくなる ほんとにそうなるかしら ほんとにそうだといいわ  「わたし、やっぱりご意見します」 こちらをむいて ピコリーノ イタズラ やめなさいよ ジーナが こまる 「わたし、ドキドキしちゃう、みんな大騒ぎよ!」 心配しちゃうわ あなたをみていると だけれど ちょっぴり きもちもいいんだわ そうよ たのしく ア! わらう あなたを みつめていると なんでも ア! ゆるせる みんなもそうなるかしら みんなもそうだといいわ  「わたし、どうしてもご意見します」 冒険ずきの ピコリーノ やっぱり やめないのね  ジーナは ダメよ 「もう、しらないわ、かってにしなさい!」 それでもやっぱり あなたが気になるの いいのよやっぱり わたしは女の子 そうよ はてない ア! たびも あなたに ついてゆくなら わたしの ア! いきがい ほんとにそうなるかしら いつかはそうなるでしょう
がんばれキャンディさよならばかりじゃないわ キャンディ またあうこともあるわよ キャンディ なみだをふいて あおぞらながめて げんきだすのよ あかるくわらって しあわせになってね しあわせになってね がんばれ キャンディ がんばれ キャンディ  なくことばかりじゃないわ キャンディ うれしいこともあるわよ キャンディ なみだはわすれて うたって わらって よんでごらんよ やさしいともだちを しあわせになってね しあわせになってね がんばれ キャンディ がんばれ キャンディ  ためいきばかりじゃないわ キャンディ たのしいこともあるわよ キャンディ なみだはさよなら あしたがくるのよ おもいだすのよ ポニーのあのいえを しあわせになってね しあわせになってね がんばれ キャンディ がんばれ キャンディ堀江美都子丘灯至夫渡辺岳夫さよならばかりじゃないわ キャンディ またあうこともあるわよ キャンディ なみだをふいて あおぞらながめて げんきだすのよ あかるくわらって しあわせになってね しあわせになってね がんばれ キャンディ がんばれ キャンディ  なくことばかりじゃないわ キャンディ うれしいこともあるわよ キャンディ なみだはわすれて うたって わらって よんでごらんよ やさしいともだちを しあわせになってね しあわせになってね がんばれ キャンディ がんばれ キャンディ  ためいきばかりじゃないわ キャンディ たのしいこともあるわよ キャンディ なみだはさよなら あしたがくるのよ おもいだすのよ ポニーのあのいえを しあわせになってね しあわせになってね がんばれ キャンディ がんばれ キャンディ
君が創る詩君の目の前に広がっている この世界は 避けられぬ壁と手探りの明日 だけど いつも自由に翔びまわる 翼を持ってるね 不思議さ  懐かしい 新しい はじめての夢 いつか 力に 変わるよ 懐かしい 新しい はじめて聴こえる メロディ 君が創る詩  今見えるモノを忘れないでいて その瞳は 悲しい涙を何度も知ってる だけど いつか笑顔に変える鍵 自然に知ってるね 不思議さ  懐かしい 新しい はじめての夢 いつか 力に 変わるよ 懐かしい 新しい はじめて聴こえる メロディ  懐かしい 新しい はじめての夢 いつか 力に 変わるよ 懐かしい 新しい はじめて聴こえる メロディ  懐かしい 新しい はじめての夢 いつか 力に 変わるよ 懐かしい 新しい はじめて聴こえる メロディ 君が創る詩堀江美都子佐藤大清岡千穂君の目の前に広がっている この世界は 避けられぬ壁と手探りの明日 だけど いつも自由に翔びまわる 翼を持ってるね 不思議さ  懐かしい 新しい はじめての夢 いつか 力に 変わるよ 懐かしい 新しい はじめて聴こえる メロディ 君が創る詩  今見えるモノを忘れないでいて その瞳は 悲しい涙を何度も知ってる だけど いつか笑顔に変える鍵 自然に知ってるね 不思議さ  懐かしい 新しい はじめての夢 いつか 力に 変わるよ 懐かしい 新しい はじめて聴こえる メロディ  懐かしい 新しい はじめての夢 いつか 力に 変わるよ 懐かしい 新しい はじめて聴こえる メロディ  懐かしい 新しい はじめての夢 いつか 力に 変わるよ 懐かしい 新しい はじめて聴こえる メロディ 君が創る詩
きみのてやわらかな陽射しにまもられて きみの笑顔がまぶしいよ ぬくもりがつたわるその先に きみがいる、きみがいる、だけでいい きみのちっちゃな手 かわいいきみのちっちゃな手 おぼえていてね こうしていっしょにあるいた日 ママのやさしい手 おおきなパパのあったかい手 おぼえていてね いつでもきみのそばに いつでもきみのそばに いつでもきみのそばにあるよ のばしてごらん ほらね いつかは夢にとどくよ つかんでごらん おおきなあした  むちゅうになってあそんでる きみの笑顔がだいすきさ ふりむけば未来をみつめてる きみがいる、きみがいる、うれしいよ きみのちっちゃな手 かわいいきみのちっちゃな手 ひろげてごらん りょうて 空にとどくまで きみのちっちゃな手 ときにはなみだぬぐうだろう おぼえていてね みんながすきだって みんながすきだって みんながきみをすきだってこと のばしてごらん ほらね いつかは夢にとどくよ つかんでごらん おおきなあした堀江美都子鈴木みゆき三枝成彰やわらかな陽射しにまもられて きみの笑顔がまぶしいよ ぬくもりがつたわるその先に きみがいる、きみがいる、だけでいい きみのちっちゃな手 かわいいきみのちっちゃな手 おぼえていてね こうしていっしょにあるいた日 ママのやさしい手 おおきなパパのあったかい手 おぼえていてね いつでもきみのそばに いつでもきみのそばに いつでもきみのそばにあるよ のばしてごらん ほらね いつかは夢にとどくよ つかんでごらん おおきなあした  むちゅうになってあそんでる きみの笑顔がだいすきさ ふりむけば未来をみつめてる きみがいる、きみがいる、うれしいよ きみのちっちゃな手 かわいいきみのちっちゃな手 ひろげてごらん りょうて 空にとどくまで きみのちっちゃな手 ときにはなみだぬぐうだろう おぼえていてね みんながすきだって みんながすきだって みんながきみをすきだってこと のばしてごらん ほらね いつかは夢にとどくよ つかんでごらん おおきなあした
キミのなかののび太あやとりみたいに ぜんぶうまくいかない ちゃんとわたせずに こんがらがったり べんきょう・スポーツ ともだちとのことも がんばっているのに なにもかわらない  ボクは にがてや しっぱい やるせないきもち そのもの きっとだれもが もってる おくびょうなきもち そのもの  キミのなかの のび太 いまは どうしていますか? こころのかたすみで ないていますか?  ともだちができた みらいからやってきた ふしぎなちからに おどろかされた ピンチをたすけて くれてることよりも いっしょにいることが うれしかったよ  キミが ゆうきや アイデア まえむきなきもち くれたら なやんでもいい やさしく 手をさしのべて くれたら  キミのなかの のび太 ボクも かわってゆくよ こころのかたすみで 笑ってるでしょう  キミが ゆうきや アイデア まえむきなきもち くれたら なやんでもいい やさしく 手をさしのべて くれたら  キミのなかの のび太 ボクは 歩いてゆくよ こころのまんなかで つよさになるよ  キミを守るような つよさになるよ堀江美都子マイクスギヤマ沢田完あやとりみたいに ぜんぶうまくいかない ちゃんとわたせずに こんがらがったり べんきょう・スポーツ ともだちとのことも がんばっているのに なにもかわらない  ボクは にがてや しっぱい やるせないきもち そのもの きっとだれもが もってる おくびょうなきもち そのもの  キミのなかの のび太 いまは どうしていますか? こころのかたすみで ないていますか?  ともだちができた みらいからやってきた ふしぎなちからに おどろかされた ピンチをたすけて くれてることよりも いっしょにいることが うれしかったよ  キミが ゆうきや アイデア まえむきなきもち くれたら なやんでもいい やさしく 手をさしのべて くれたら  キミのなかの のび太 ボクも かわってゆくよ こころのかたすみで 笑ってるでしょう  キミが ゆうきや アイデア まえむきなきもち くれたら なやんでもいい やさしく 手をさしのべて くれたら  キミのなかの のび太 ボクは 歩いてゆくよ こころのまんなかで つよさになるよ  キミを守るような つよさになるよ
キミのひかりその瞳 キミが閉じていたら 心は 暗い闇のままさ 見上げてごらん このセカイ変わっても ひかりは見える そう ボクら キミと同じだよ さみしさ歌う いびつな星 それぞれ いつも 別々の輝きで たがいを求め  みんなの想いが つながれば 「オリオン」や「はくちょう」になるよ ただ強く美しく 時代照らして ほかの誰かの空 勇気づけてる  臆病で 少し意地っ張りで かよわく青い キミのひかり それでもいいさ 誰にも似てないから ボクは好きだよ そうどんな つらい思い出も いつかは きっと 優しくなる 夢を抱いて キミだけができること 探しに行こう  みんなの想いが つながれば 「流星」や「オーロラ」になるよ ただ遠く果てしなく 時代飛び越え あした生まれる空 希望を灯す  みんなの想いが つながれば 微笑みは太陽になるよ ただ清くけがれなく 響き渡って ボクら望んだ空 幸せ満る  キミのひかりが 今 届いているよ堀江美都子マイクスギヤマ沢田完その瞳 キミが閉じていたら 心は 暗い闇のままさ 見上げてごらん このセカイ変わっても ひかりは見える そう ボクら キミと同じだよ さみしさ歌う いびつな星 それぞれ いつも 別々の輝きで たがいを求め  みんなの想いが つながれば 「オリオン」や「はくちょう」になるよ ただ強く美しく 時代照らして ほかの誰かの空 勇気づけてる  臆病で 少し意地っ張りで かよわく青い キミのひかり それでもいいさ 誰にも似てないから ボクは好きだよ そうどんな つらい思い出も いつかは きっと 優しくなる 夢を抱いて キミだけができること 探しに行こう  みんなの想いが つながれば 「流星」や「オーロラ」になるよ ただ遠く果てしなく 時代飛び越え あした生まれる空 希望を灯す  みんなの想いが つながれば 微笑みは太陽になるよ ただ清くけがれなく 響き渡って ボクら望んだ空 幸せ満る  キミのひかりが 今 届いているよ
きめろ!スマッシュきめろきめろ! スマッシュ スマッシュをきめろ! きらめく青春 きらめくボール 打込めコートへ! 涙と汗を サーブ!レシーブ! きめろ!スマッシュ たとえふたりは 姉妹でも テニスにかける ライバルよ あしたはきっと! あすこそきっと! 勝利めざして 道はひとすじ  きめろきめろ! スマッシュ スマッシュを きめろ! はじけるスピード はじける力 ねらおうエースを! 瞳を据えて サーブ!レシーブ! きめろ!スマッシュ たとえふたりは ライバルでも いっしょに泣ける 姉妹よ あしたはきっと!あすこそきっと! 勝利踏み越え 道は遥かに堀江美都子武鹿悦子小林亜星きめろきめろ! スマッシュ スマッシュをきめろ! きらめく青春 きらめくボール 打込めコートへ! 涙と汗を サーブ!レシーブ! きめろ!スマッシュ たとえふたりは 姉妹でも テニスにかける ライバルよ あしたはきっと! あすこそきっと! 勝利めざして 道はひとすじ  きめろきめろ! スマッシュ スマッシュを きめろ! はじけるスピード はじける力 ねらおうエースを! 瞳を据えて サーブ!レシーブ! きめろ!スマッシュ たとえふたりは ライバルでも いっしょに泣ける 姉妹よ あしたはきっと!あすこそきっと! 勝利踏み越え 道は遥かに
Carry a Dreamどれほどの 声紡げば 愛はこの星を 包むでしょう? どれほどの 暦(とき)巡れば 新しい明日に 届くでしょう? 歌は生命(いのち) 諦めない  Carry a dream どんなに 夢みたいな奇跡さえも Carry a dream そうよ 夢を抱(いだ)くことから はじまるの  それぞれの 声はきっと 微(わず)か小さくて 無力でも 心ごと 響き合えば 寄り添ったハーモニー 強くなる 歌は生命(いのち) 終わりはない  Carry a dream 誰もが 夢を運ぶ旅人 Carry a dream そうよ 夢を遥か彼方に 繋いで行く  Carry a dream どんなに 夢みたいな奇跡さえも Carry a dream そうよ 夢を抱(いだ)くことから はじまるの堀江美都子LINDA HENNRICK・日本語訳詞:マイクスギヤマ岩代太郎どれほどの 声紡げば 愛はこの星を 包むでしょう? どれほどの 暦(とき)巡れば 新しい明日に 届くでしょう? 歌は生命(いのち) 諦めない  Carry a dream どんなに 夢みたいな奇跡さえも Carry a dream そうよ 夢を抱(いだ)くことから はじまるの  それぞれの 声はきっと 微(わず)か小さくて 無力でも 心ごと 響き合えば 寄り添ったハーモニー 強くなる 歌は生命(いのち) 終わりはない  Carry a dream 誰もが 夢を運ぶ旅人 Carry a dream そうよ 夢を遥か彼方に 繋いで行く  Carry a dream どんなに 夢みたいな奇跡さえも Carry a dream そうよ 夢を抱(いだ)くことから はじまるの
キャンディキャンディ'92そばかすなんて きにしないわ ハナペチャだって だって だって おきにいり オテンバ いたずら だいすき かけっこ スキップ だいすき わたしは わたしは わたしはキャンディ ひとりぽっちでいると ちょっぴりさみしい そんなとき こういうの かがみをみつめて  わらって わらって わらってキャンディ なきべそなんて サヨナラ ね キャンディ キャンディ  スタイルなんて きにしないわ ふとっちょだって だって だって かわいいもん なげなわ きのぼり だいすき くちぶえ おしゃべり だいすき わたしは わたしは わたしはキャンディ そらをみあげていると ちょっぴりさみしい そんなとき こういうの ほっぺをつねって  わらって わらって わらってキャンディ なきべそなんて サヨナラ ね キャンディ キャンディ  いじわるされても きにしないわ わるくちだって だって だって へっちゃらよ ケーキに クッキー だいすき みどりの ドレスも だいすき わたしは わたしは わたしはキャンディ ほしをかぞえていると ちょっぴりさみしい そんなとき こういうの ウインクしながら  わらって わらって わらってキャンディ なきべそなんて サヨナラ ね キャンディ キャンディ堀江美都子名木田恵子渡辺岳夫そばかすなんて きにしないわ ハナペチャだって だって だって おきにいり オテンバ いたずら だいすき かけっこ スキップ だいすき わたしは わたしは わたしはキャンディ ひとりぽっちでいると ちょっぴりさみしい そんなとき こういうの かがみをみつめて  わらって わらって わらってキャンディ なきべそなんて サヨナラ ね キャンディ キャンディ  スタイルなんて きにしないわ ふとっちょだって だって だって かわいいもん なげなわ きのぼり だいすき くちぶえ おしゃべり だいすき わたしは わたしは わたしはキャンディ そらをみあげていると ちょっぴりさみしい そんなとき こういうの ほっぺをつねって  わらって わらって わらってキャンディ なきべそなんて サヨナラ ね キャンディ キャンディ  いじわるされても きにしないわ わるくちだって だって だって へっちゃらよ ケーキに クッキー だいすき みどりの ドレスも だいすき わたしは わたしは わたしはキャンディ ほしをかぞえていると ちょっぴりさみしい そんなとき こういうの ウインクしながら  わらって わらって わらってキャンディ なきべそなんて サヨナラ ね キャンディ キャンディ
キャンディタイムへようこそキャンディータイムへようこそ My best friend キャンディータイムへようこそ My best friend 女の子だけの素敵な時間  相談したいの 憧れの彼と 恋人になるには どうしたらいいの Tell me Tell me 恋のA・B・C Tell me Tell me 片思いから Lesson 1  キャンディータイムへようこそ My best friend キャンディータイムへようこそ My best friend 女の子だけの素敵な時間  聞いてほしいのよ 大好きな彼に デートの帰り道 「好き」と言われたの Tell me Tell me 恋のA・B・C Tell me Tell me くちづけからは Lesson 2  キャンディータイムへようこそ My best friend キャンディータイムへようこそ My best friend 女の子だけの素敵な時間  教えてほしいの 恋を失くした時 涙を止めるには どんなおまじない Tell me Tell me 恋のA・B・C Tell me Tell me 失恋までの Lesson 3堀江美都子佐藤ありす風戸慎介キャンディータイムへようこそ My best friend キャンディータイムへようこそ My best friend 女の子だけの素敵な時間  相談したいの 憧れの彼と 恋人になるには どうしたらいいの Tell me Tell me 恋のA・B・C Tell me Tell me 片思いから Lesson 1  キャンディータイムへようこそ My best friend キャンディータイムへようこそ My best friend 女の子だけの素敵な時間  聞いてほしいのよ 大好きな彼に デートの帰り道 「好き」と言われたの Tell me Tell me 恋のA・B・C Tell me Tell me くちづけからは Lesson 2  キャンディータイムへようこそ My best friend キャンディータイムへようこそ My best friend 女の子だけの素敵な時間  教えてほしいの 恋を失くした時 涙を止めるには どんなおまじない Tell me Tell me 恋のA・B・C Tell me Tell me 失恋までの Lesson 3
キャンディ ワルツあまいかおりは バラのはなよ ゆめのよう うでをくんで おどりましょ おどりましょ キャンディワルツ あなたははなかしら わたしはちょうちょ おどりましょ おどりましょ よのあけるまで おどりましょ おどりましょ キャンディワルツを おどりましょ おどりましょ よのあけるまで キャンディワルツを おどりましょ  ここはどこかしら てんごくみたい ゆめのよう おてをどうぞ おどりましょ おどりましょ キャンディワルツ あなたはおひさまよ わたしはかぜよ おどりましょ おどりましょ かたよせながら おどりましょ おどりましょ キャンディワルツを おどりましょ おどりましょ かたよせながら キャンディワルツを おどりましょ  かねはチャペルよ サンタマリア ゆめのよう いつもふたり おどりましょ おどりましょ キャンディワルツ あなたはふねかしら わたしはかもめ おどりましょ おどりましょ いつもたのしく おどりましょ おどりましょ キャンディワルツを おどりましょ おどりましょ いつもたのしく キャンディワルツを おどりましょ堀江美都子丘灯至夫渡辺岳夫あまいかおりは バラのはなよ ゆめのよう うでをくんで おどりましょ おどりましょ キャンディワルツ あなたははなかしら わたしはちょうちょ おどりましょ おどりましょ よのあけるまで おどりましょ おどりましょ キャンディワルツを おどりましょ おどりましょ よのあけるまで キャンディワルツを おどりましょ  ここはどこかしら てんごくみたい ゆめのよう おてをどうぞ おどりましょ おどりましょ キャンディワルツ あなたはおひさまよ わたしはかぜよ おどりましょ おどりましょ かたよせながら おどりましょ おどりましょ キャンディワルツを おどりましょ おどりましょ かたよせながら キャンディワルツを おどりましょ  かねはチャペルよ サンタマリア ゆめのよう いつもふたり おどりましょ おどりましょ キャンディワルツ あなたはふねかしら わたしはかもめ おどりましょ おどりましょ いつもたのしく おどりましょ おどりましょ キャンディワルツを おどりましょ おどりましょ いつもたのしく キャンディワルツを おどりましょ
銀河鉄道999さあ行くんだ その顔を上げて 新しい風に 心を洗おう 古い夢は 置いて行くがいい ふたたび始まる ドラマのために あの人はもう 思い出だけど 君を遠くで 見つめてる  The Galaxy Express 999 Will take you on a journey A never ending journey A journey to the stars  そうさ君は 気づいてしまった やすらぎよりも 素晴らしいものに 地平線に 消える瞳には いつしかまぶしい 男の光 あの人の目が うなずいていたよ 別れも愛の ひとつだと  The Galaxy Express 999 Will take you on a journey A never ending journey A journey to the stars  The Galaxy Express 999 Will take you on a journey A never ending journey A journey to the stars…堀江美都子奈良橋陽子・山川啓介タケカワユキヒデさあ行くんだ その顔を上げて 新しい風に 心を洗おう 古い夢は 置いて行くがいい ふたたび始まる ドラマのために あの人はもう 思い出だけど 君を遠くで 見つめてる  The Galaxy Express 999 Will take you on a journey A never ending journey A journey to the stars  そうさ君は 気づいてしまった やすらぎよりも 素晴らしいものに 地平線に 消える瞳には いつしかまぶしい 男の光 あの人の目が うなずいていたよ 別れも愛の ひとつだと  The Galaxy Express 999 Will take you on a journey A never ending journey A journey to the stars  The Galaxy Express 999 Will take you on a journey A never ending journey A journey to the stars…
クリスとエレンクリス エレン…… すき? すき? あたしがすき どう どうなの クリス ん クリス ん クリス…… ねぇー クリス どう クリス あたし きれい どう いかが みりょくある え どう ん どう…… ねぇー クリス…… 外へ…… つれてって おねがーい ねぇー ん…… クリス あ……  あっ そう あんたって弱虫 なあーんて 弱虫 ああ そう いいわよ いいわよ あたしのこと ちっとも 考えて くれないんだもん エレン… さわらないで あんたなんか きらーい クリス……クリス エレン…… すき スキ きらい スキ……… すき スキ すき堀江美都子宇野誠一郎宇野誠一郎クリス エレン…… すき? すき? あたしがすき どう どうなの クリス ん クリス ん クリス…… ねぇー クリス どう クリス あたし きれい どう いかが みりょくある え どう ん どう…… ねぇー クリス…… 外へ…… つれてって おねがーい ねぇー ん…… クリス あ……  あっ そう あんたって弱虫 なあーんて 弱虫 ああ そう いいわよ いいわよ あたしのこと ちっとも 考えて くれないんだもん エレン… さわらないで あんたなんか きらーい クリス……クリス エレン…… すき スキ きらい スキ……… すき スキ すき
Good Morningじっとしてられない なんてキレイな blue sky 朝日の向こうで天使が 笑ってる  屋根に登って Morninng! 窓の小鳥に Morninng! 今日は一番早起き 瞳だって 深呼吸 いちょう並木に Morninng! さびたポストに Morninng! あくびしているポリスマン 思い切り 手をふるの ほんとワクワクしちゃう ドキドキしちゃう おしゃれするだけで  じっとしてられない なんて愉快な My heart 昨日にさよならするのよ 新しいトキメキ ほら見逃さないで  胸の憂鬱に Bye bye 寂しがりやに Bye bye 今日はいいことありそう 奇跡だって 信じるわ すぐにソワソワしちゃう ウキウキしちゃう つらくなる時も  だって一人じゃない みんなステキな My Friend 朝日に挨拶するのよ 新しい元気で ほら 頑張るからね  じっとしてられない なんて愉快な My heart 昨日にさよならするのよ 新しいトキメキ ほら 見逃さないで堀江美都子白峰美津子小坂明子じっとしてられない なんてキレイな blue sky 朝日の向こうで天使が 笑ってる  屋根に登って Morninng! 窓の小鳥に Morninng! 今日は一番早起き 瞳だって 深呼吸 いちょう並木に Morninng! さびたポストに Morninng! あくびしているポリスマン 思い切り 手をふるの ほんとワクワクしちゃう ドキドキしちゃう おしゃれするだけで  じっとしてられない なんて愉快な My heart 昨日にさよならするのよ 新しいトキメキ ほら見逃さないで  胸の憂鬱に Bye bye 寂しがりやに Bye bye 今日はいいことありそう 奇跡だって 信じるわ すぐにソワソワしちゃう ウキウキしちゃう つらくなる時も  だって一人じゃない みんなステキな My Friend 朝日に挨拶するのよ 新しい元気で ほら 頑張るからね  じっとしてられない なんて愉快な My heart 昨日にさよならするのよ 新しいトキメキ ほら 見逃さないで
グローイング・アップきれいごとは 苦手なの 愛のことば あふれても だけど涙は 嘘じゃない あらがえない 真実 覚え立ての いとしさは 手紙の中 書き切れず あなたへ向けて 押し寄せる まだ言えない とまどい すべてはこれから いつでもこれから Now I'm ready to be a lady for love  風が頬に キスしてる 雲は二つ 寄り添って 時計が示す 時間より 私なりの 真実 同じ夢を 見てほしい いとしいひと お願いよ あなたへ向けて 育ってく かけがえない 愛情 すべてはあすへの 愛への追伸 Now I'm dreamin' to love, to grow always  すべてはあすへの 愛への追伸 Now I'm dreamin' to love, to grow always堀江美都子来生えつこ来生たかおきれいごとは 苦手なの 愛のことば あふれても だけど涙は 嘘じゃない あらがえない 真実 覚え立ての いとしさは 手紙の中 書き切れず あなたへ向けて 押し寄せる まだ言えない とまどい すべてはこれから いつでもこれから Now I'm ready to be a lady for love  風が頬に キスしてる 雲は二つ 寄り添って 時計が示す 時間より 私なりの 真実 同じ夢を 見てほしい いとしいひと お願いよ あなたへ向けて 育ってく かけがえない 愛情 すべてはあすへの 愛への追伸 Now I'm dreamin' to love, to grow always  すべてはあすへの 愛への追伸 Now I'm dreamin' to love, to grow always
あれは去年のこと 毛の抜け変る季節 僕は どきどきして 新しい毛が生えるのを待った 今度の毛皮は どんな毛皮かな トラみたいな しましまか ヒョウみたいな 点々か それとも たてがみのライオンか だけど がっかりさ 毛の抜け変った僕は 前のまんまの 茶色い毛皮 ただの何でもない 茶色いキツネ 今年 またくる 毛の抜けかわる季節 やっぱり僕は どきどきしてる  あれは去年のこと 毛の抜け変る季節 私は どきどきして 新しい毛が生えるのを待った 今度の羽根は どんな羽根かな オオムさんの きらきらか クジャクさんの ひらひらか それとも 美しい白鳥か だけど がっかりよ 毛の抜け変った私 前のまんまの 真黒い羽根 ただの何でもない 真黒いカラス 今年 またくる 毛の抜けかわる季節 やっぱり私 どきどきしてる  神様 教えて下しゃんせ せっかく毛が抜け変るのに 変身できないのはなぜ? 神様 かなえて下しゃんせ せっかく毛が抜け変るから 一度は変身してみたい堀江美都子中山千夏宇野誠一郎あれは去年のこと 毛の抜け変る季節 僕は どきどきして 新しい毛が生えるのを待った 今度の毛皮は どんな毛皮かな トラみたいな しましまか ヒョウみたいな 点々か それとも たてがみのライオンか だけど がっかりさ 毛の抜け変った僕は 前のまんまの 茶色い毛皮 ただの何でもない 茶色いキツネ 今年 またくる 毛の抜けかわる季節 やっぱり僕は どきどきしてる  あれは去年のこと 毛の抜け変る季節 私は どきどきして 新しい毛が生えるのを待った 今度の羽根は どんな羽根かな オオムさんの きらきらか クジャクさんの ひらひらか それとも 美しい白鳥か だけど がっかりよ 毛の抜け変った私 前のまんまの 真黒い羽根 ただの何でもない 真黒いカラス 今年 またくる 毛の抜けかわる季節 やっぱり私 どきどきしてる  神様 教えて下しゃんせ せっかく毛が抜け変るのに 変身できないのはなぜ? 神様 かなえて下しゃんせ せっかく毛が抜け変るから 一度は変身してみたい
けっけけっけ誰かをちょっと ひっかけるには 慎重な計画が 必要であります ああやって こうやってと 頭を使って 考えるのが 計画であります 計画ちゃんと できましたらば ていねいな用意が 必要であります ああしたり こうしたりと 体を使って 細工するのが 用意であります 用意がちゃんと できましたらば じっくり待つことが 必要であります ああなるなる こうなるなと あせらずじっくり 成功だけを 待つことであります   うふ…… うひ…… うっひ…… うっひ うっひひっひ ひっひひっひ ひっかかった ひっかかった ひっかかった かったかった かっかかっか かっかかっか けっけけっけ けっけけっけ けー けけけけけ……………………  成功ちゃんと しましたならば 早々に逃げるのが 必要であります ああやった こうやったと 自慢をしてると 母ちゃんなどに 怒られて損です堀江美都子中山千夏宇野誠一郎誰かをちょっと ひっかけるには 慎重な計画が 必要であります ああやって こうやってと 頭を使って 考えるのが 計画であります 計画ちゃんと できましたらば ていねいな用意が 必要であります ああしたり こうしたりと 体を使って 細工するのが 用意であります 用意がちゃんと できましたらば じっくり待つことが 必要であります ああなるなる こうなるなと あせらずじっくり 成功だけを 待つことであります   うふ…… うひ…… うっひ…… うっひ うっひひっひ ひっひひっひ ひっかかった ひっかかった ひっかかった かったかった かっかかっか かっかかっか けっけけっけ けっけけっけ けー けけけけけ……………………  成功ちゃんと しましたならば 早々に逃げるのが 必要であります ああやった こうやったと 自慢をしてると 母ちゃんなどに 怒られて損です
けろっこデメタンけろっこデメタン おまえが泣けば 虹のお池が 雨になる けっとばされても すぐ起きろ ふんずけられても また起きろ 負けても泣かずに 笛を吹け ピーヒョロケロケロ ピーヒョロロン ピーヒョロケロケロ ピーヒョロロン ほらほらラナタンが とんで来る  けろっこデメタン おまえが泣けば かわいいラナタンも 泣くだろう ひっくりかえって 立ち上がれ でんぐりかえって 立ち上がれ めだまをこすって 笛を吹け ピーヒョロケロケロ ピーヒョロロン ピーヒョロケロケロ ピーヒョロロン ほらほら勇気が わいてくる  けろっこデメタン おまえが泣けば 虹のお池が 雨になる いじわるするやつ いやなやつ 背中を向けるな とびかかれ おなかをさすって 笛を吹け ピーヒョロケロケロ ピーヒョロロン ピーヒョロケロケロ ピーヒョロロン ほらほらお池に 陽がのぼる堀江美都子丘灯至夫越部信義けろっこデメタン おまえが泣けば 虹のお池が 雨になる けっとばされても すぐ起きろ ふんずけられても また起きろ 負けても泣かずに 笛を吹け ピーヒョロケロケロ ピーヒョロロン ピーヒョロケロケロ ピーヒョロロン ほらほらラナタンが とんで来る  けろっこデメタン おまえが泣けば かわいいラナタンも 泣くだろう ひっくりかえって 立ち上がれ でんぐりかえって 立ち上がれ めだまをこすって 笛を吹け ピーヒョロケロケロ ピーヒョロロン ピーヒョロケロケロ ピーヒョロロン ほらほら勇気が わいてくる  けろっこデメタン おまえが泣けば 虹のお池が 雨になる いじわるするやつ いやなやつ 背中を向けるな とびかかれ おなかをさすって 笛を吹け ピーヒョロケロケロ ピーヒョロロン ピーヒョロケロケロ ピーヒョロロン ほらほらお池に 陽がのぼる
恋がほしい雲が流れくる 青空のかなたから ほのかな思い出住む あの町から あなたと私 夢中になったわね 恋がほしいと 夢みた私ネ 雲は流れゆく しあわせそうに どこまでも  風が流れくる ひそやかな かおりのせて せつなくもなつかしい 思い出から あの日の私 子供だったのね 恋に恋した 幼い私ネ 風は流れゆく しらないかおして いつまでも  あなたを知って 大人になったのね いまはしあわせ 恋する私ネ 雲は流れゆく しあわせそうに どこまでも堀江美都子寿美花代高島忠夫雲が流れくる 青空のかなたから ほのかな思い出住む あの町から あなたと私 夢中になったわね 恋がほしいと 夢みた私ネ 雲は流れゆく しあわせそうに どこまでも  風が流れくる ひそやかな かおりのせて せつなくもなつかしい 思い出から あの日の私 子供だったのね 恋に恋した 幼い私ネ 風は流れゆく しらないかおして いつまでも  あなたを知って 大人になったのね いまはしあわせ 恋する私ネ 雲は流れゆく しあわせそうに どこまでも
恋のゆくえひとりでいるとき 私は知らずに あなたのほほえみ 心にうかべる どうしてなの 私だけには 小さなミスも 許さない あなた なのに きびしい男の 瞳にふるえて それでも進もう あなたをみつめて  疲れた夜更けに 私が知らずに 夢みて泣くのは あなたの胸なの わがままなど とても云えない  とおく愛も とどかない あなた なのに 誰にもきけない この恋のゆくえ それでも歩こう あなたのあとから堀江美都子岩谷時子筒美京平ひとりでいるとき 私は知らずに あなたのほほえみ 心にうかべる どうしてなの 私だけには 小さなミスも 許さない あなた なのに きびしい男の 瞳にふるえて それでも進もう あなたをみつめて  疲れた夜更けに 私が知らずに 夢みて泣くのは あなたの胸なの わがままなど とても云えない  とおく愛も とどかない あなた なのに 誰にもきけない この恋のゆくえ それでも歩こう あなたのあとから
恋は突然胸の端っこ うずうずと うずき出したら 気をつけて 耳のうしろが むずむずと かゆくなったら 気をつけて  恋は突然 やってくる 前ぶれもなく やってくる 12星座の 占いを たしかめる間も ないほどに  髪にブラシが こころよい そんな朝には 気をつけて 風が心を 吹き抜ける そんな気分も 気をつけて  恋が私を つかまえる 待ち伏せしてて つかまえる はきなれた靴 揃えたら ふらり気まぐれ 風まかせ  恋は突然 やってくる 前ぶれもなく やってくる 12星座の 占いを たしかめる間も ないほどに堀江美都子藤公之介小田裕一郎胸の端っこ うずうずと うずき出したら 気をつけて 耳のうしろが むずむずと かゆくなったら 気をつけて  恋は突然 やってくる 前ぶれもなく やってくる 12星座の 占いを たしかめる間も ないほどに  髪にブラシが こころよい そんな朝には 気をつけて 風が心を 吹き抜ける そんな気分も 気をつけて  恋が私を つかまえる 待ち伏せしてて つかまえる はきなれた靴 揃えたら ふらり気まぐれ 風まかせ  恋は突然 やってくる 前ぶれもなく やってくる 12星座の 占いを たしかめる間も ないほどに
紅白大決戦!(バンジョー鳴らし)からだはでかい 力も強い 何か言わせりゃ わるぐちばかり ダメなおいらは 笑われどうし 女という奴ァ 扱いずらい 者どもよ腕を組もう 戦いの日は近づいた  何をこしゃくな ヘナチョコヤロウ 弱虫 毛虫に 何ができるか 我ら女に さからうなんて 男という奴ァ わかっちゃいない 者どもよ腕を組もう 戦いの日は近づいた  女なんかに 負けてはならぬ もともと日本は 男の国さ  男なんかに 負けてはならぬ これから日本は 女の国さ  者どもよ腕を組もう 戦いの日は近づいた  女なんかに もともと日本は まけてはならぬ 女という奴ァ  男なんかに これから日本は 勝たねばならぬ 男ときたら  者どもよ腕を組もう 戦いの日は近づいた堀江美都子伊藤アキラフォスターからだはでかい 力も強い 何か言わせりゃ わるぐちばかり ダメなおいらは 笑われどうし 女という奴ァ 扱いずらい 者どもよ腕を組もう 戦いの日は近づいた  何をこしゃくな ヘナチョコヤロウ 弱虫 毛虫に 何ができるか 我ら女に さからうなんて 男という奴ァ わかっちゃいない 者どもよ腕を組もう 戦いの日は近づいた  女なんかに 負けてはならぬ もともと日本は 男の国さ  男なんかに 負けてはならぬ これから日本は 女の国さ  者どもよ腕を組もう 戦いの日は近づいた  女なんかに もともと日本は まけてはならぬ 女という奴ァ  男なんかに これから日本は 勝たねばならぬ 男ときたら  者どもよ腕を組もう 戦いの日は近づいた
心のうたうたは私の 友達だから 苦しい時も 私の味方 たった一人で 淋しいけれど 心のうたを みんなのうたに みんなのうたが 町いっぱいに いつか広がる 明日を信じよう  うたはあなたの 友達だから 悲しい時も あなたの味方 私とあなたが 手を取り合って 希望のうたを みんなのうたに みんなのうたが 空いっぱいに いつか広がる 明日を信じよう いつか広がる 明日を信じよう堀江美都子三条たかしいずみたくうたは私の 友達だから 苦しい時も 私の味方 たった一人で 淋しいけれど 心のうたを みんなのうたに みんなのうたが 町いっぱいに いつか広がる 明日を信じよう  うたはあなたの 友達だから 悲しい時も あなたの味方 私とあなたが 手を取り合って 希望のうたを みんなのうたに みんなのうたが 空いっぱいに いつか広がる 明日を信じよう いつか広がる 明日を信じよう
心のオネスティー空の海 淡やかに 幸せが青になる 夢のかたち 胸に染めて もっと SAILIN' FOREVER この指のすき間から 愛が今 映ったら YESTERDAY ゆうべみた星より 明日はきらめく  いつからか傷つけ合う 星座の片隅 もう一度 忘れないで 心の HONESTY めぐり逢う 心花と 優しさを道しるべに  想い出の彼方へと 飛ばしたい雲がある 何故争う その訳さえ 今は FLY IN THE SKY HIGH 歩き出す つま先に 愛を今 感じたら LEAD ME NOW 私 導いてと 風に囁く  独りでは 誰れも皆んな 生きられないから 確かめて いつの日にも 心の HONESTY 誘い合う 季節まで 微笑みをただ絆に  いつからか傷つけ合う 星座の片隅 もう一度 忘れないで 心の HONESTY めぐり逢う 心花と 優しさを道しるべに堀江美都子大津あきら渡辺宙明空の海 淡やかに 幸せが青になる 夢のかたち 胸に染めて もっと SAILIN' FOREVER この指のすき間から 愛が今 映ったら YESTERDAY ゆうべみた星より 明日はきらめく  いつからか傷つけ合う 星座の片隅 もう一度 忘れないで 心の HONESTY めぐり逢う 心花と 優しさを道しるべに  想い出の彼方へと 飛ばしたい雲がある 何故争う その訳さえ 今は FLY IN THE SKY HIGH 歩き出す つま先に 愛を今 感じたら LEAD ME NOW 私 導いてと 風に囁く  独りでは 誰れも皆んな 生きられないから 確かめて いつの日にも 心の HONESTY 誘い合う 季節まで 微笑みをただ絆に  いつからか傷つけ合う 星座の片隅 もう一度 忘れないで 心の HONESTY めぐり逢う 心花と 優しさを道しるべに
心の鏡私…今日は 何だか とてもセンチメンタル アン・ドゥル・ル・ル トゥ・トゥ アン・ドゥル・ル・ル 心が泣いてる  そんな 時は 鏡に そっと話しかけるの アン・ドゥル・ル・ル トゥ・トゥ アン・ドゥル・ル・ル 元気を下さい…と  鏡の 私に“こ・ん・に・ち・は” なんて不思議 鏡の世界は 飾りのない 心を映すのよ だから私 素直な心と とびっきりの 笑顔を忘れない  ほんの 少し 元気が 欲しい時は心に アン・ドゥル・ル・ル トゥ・トゥ アン・ドゥル・ル・ル みんなを誘って  鳥や花が ささやく 歌にそっと合わせて アン・ドゥル・ル・ル トゥ・トゥ アン・ドゥル・ル・ル ダンスを踊りましょう  鏡の 世界で 舞踏会 なんて不思議 鏡の世界は 飾りのない 心を映すのよ いつか私 素敵なレディーに なりたいから 優しさ忘れない  鏡の 私に“こ・ん・に・ち・は” なんて不思議 鏡の世界は 飾りのない 心を映すのよ だから私 素直な心と とびっきりの 笑顔を忘れない堀江美都子池永康記山田晃大私…今日は 何だか とてもセンチメンタル アン・ドゥル・ル・ル トゥ・トゥ アン・ドゥル・ル・ル 心が泣いてる  そんな 時は 鏡に そっと話しかけるの アン・ドゥル・ル・ル トゥ・トゥ アン・ドゥル・ル・ル 元気を下さい…と  鏡の 私に“こ・ん・に・ち・は” なんて不思議 鏡の世界は 飾りのない 心を映すのよ だから私 素直な心と とびっきりの 笑顔を忘れない  ほんの 少し 元気が 欲しい時は心に アン・ドゥル・ル・ル トゥ・トゥ アン・ドゥル・ル・ル みんなを誘って  鳥や花が ささやく 歌にそっと合わせて アン・ドゥル・ル・ル トゥ・トゥ アン・ドゥル・ル・ル ダンスを踊りましょう  鏡の 世界で 舞踏会 なんて不思議 鏡の世界は 飾りのない 心を映すのよ いつか私 素敵なレディーに なりたいから 優しさ忘れない  鏡の 私に“こ・ん・に・ち・は” なんて不思議 鏡の世界は 飾りのない 心を映すのよ だから私 素直な心と とびっきりの 笑顔を忘れない
こころの旅夢が ひっそり眠ります 夕焼けみたいに愛が燃えます そうしていつかみんな忘れて 旅はあしたも 続きます  風が ひっそり渡ります 思い出みたいに花が揺れます 心も目には見えないけれど 旅に出ました ひとりきり  道が ひっそり続きます かげろうみたいに人が行きます 旅してどこで逢うのでしょうか 遠いあなたは 誰ですか堀江美都子保富康午市川昭介夢が ひっそり眠ります 夕焼けみたいに愛が燃えます そうしていつかみんな忘れて 旅はあしたも 続きます  風が ひっそり渡ります 思い出みたいに花が揺れます 心も目には見えないけれど 旅に出ました ひとりきり  道が ひっそり続きます かげろうみたいに人が行きます 旅してどこで逢うのでしょうか 遠いあなたは 誰ですか
心の童話こんな童話を しっていますか 窓をひらいて 夜空を見れば うそをついた その数だけ 幸せが流れ星になって 落ちてゆくのです  笑顔となみだが ゆびきりしました 心の中でしっかりと やさしさだけは わすれないで 夢のあかりは たやさないで 生きてゆこうよ 生きてゆこうよ  こんな童話を しっていますか 光をあびて スキップすれば 信じあえた その数だけ 喜びが赤いバラになって 咲きほこるのです  笑顔となみだが ゆびきりしました 心の中でしっかりと やさしさだけは わすれないで 夢のあかりは たやさないで 生きてゆこうよ 生きてゆこうよ堀江美都子森雪之丞すぎやまこういちこんな童話を しっていますか 窓をひらいて 夜空を見れば うそをついた その数だけ 幸せが流れ星になって 落ちてゆくのです  笑顔となみだが ゆびきりしました 心の中でしっかりと やさしさだけは わすれないで 夢のあかりは たやさないで 生きてゆこうよ 生きてゆこうよ  こんな童話を しっていますか 光をあびて スキップすれば 信じあえた その数だけ 喜びが赤いバラになって 咲きほこるのです  笑顔となみだが ゆびきりしました 心の中でしっかりと やさしさだけは わすれないで 夢のあかりは たやさないで 生きてゆこうよ 生きてゆこうよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
心の中のエバーグリーン大好きな場所がある 草原のまん中に 青空に届くほど 大きな木 木もれ陽を浴びながら 居ねむりをしていたら そよ風に くすぐられ 目が覚めた それはもしかして 夢で見た景色 どこにあるのか わからないけれど  心の中のエバーグリーン きっと忘れないよ 大人になっても どこに行っても 心の中のエバーグリーン いつも輝いてる 大切な宝物の様に  大好きな場所のこと 目を閉じて想ったら 悲しみや退屈が消えるんだ 鳥たちの歌声や 草や木のいいにおい 胸の中一杯に ひろがるよ それはもしかして 今はない景色 でも想い出に したくはないから  心の中のエバーグリーン いつかまた行けるよ 僕だけの地図を 持っているのさ 心の中のエバーグリーン ずっと守りたいよ 大切な宝物だから堀江美都子佐藤ありす葦澤伸太郎大好きな場所がある 草原のまん中に 青空に届くほど 大きな木 木もれ陽を浴びながら 居ねむりをしていたら そよ風に くすぐられ 目が覚めた それはもしかして 夢で見た景色 どこにあるのか わからないけれど  心の中のエバーグリーン きっと忘れないよ 大人になっても どこに行っても 心の中のエバーグリーン いつも輝いてる 大切な宝物の様に  大好きな場所のこと 目を閉じて想ったら 悲しみや退屈が消えるんだ 鳥たちの歌声や 草や木のいいにおい 胸の中一杯に ひろがるよ それはもしかして 今はない景色 でも想い出に したくはないから  心の中のエバーグリーン いつかまた行けるよ 僕だけの地図を 持っているのさ 心の中のエバーグリーン ずっと守りたいよ 大切な宝物だから
小鈴のうた男みたいな 女の子 だけど ほんとは やさしい子 小鈴 小鈴 笛の音きけば 恋しいお方よ 天平さまよ  唐手ふるえば 敵はない だけど ほんとは かわいい子 小鈴 小鈴 小鈴の夢は 明るく楽しい 平和な国よ  男まさりの 女の子 だけど ちょっぴり 淋しい子 小鈴 小鈴 天平さまの お役に立ちたい おそばにいたい堀江美都子丘灯至夫和田香苗男みたいな 女の子 だけど ほんとは やさしい子 小鈴 小鈴 笛の音きけば 恋しいお方よ 天平さまよ  唐手ふるえば 敵はない だけど ほんとは かわいい子 小鈴 小鈴 小鈴の夢は 明るく楽しい 平和な国よ  男まさりの 女の子 だけど ちょっぴり 淋しい子 小鈴 小鈴 天平さまの お役に立ちたい おそばにいたい
こどもかがく音頭咲いたよ 咲いたよ つくばの空に 咲いたよ 咲いたよ 科学の花が ワープロだって 科学だもン ラジコンだって 科学だもン 西も東も 世界のひとが 科学ひらいて 手をとって アテンション アテンション アテンションプリーズ 夢がはばたく またのびる  あつまる あつまる つくばの空に あつまる あつまる 世界の知恵が レーザーだって 科学だもン パソコンだって 科学だもン 科学万博 世界はひとつ こころむすんで 手をとって アテンション アテンション アテンションプリーズ 愛と平和で まるくなる  ひろがる ひろがる つくばの空に ひろがる ひろがる 科学の夢が ロボットだって 科学だもン ロケットだって 科学だもン どこもかしこも 笑顔と笑顔 科学みがいて いつまでも アテンション アテンション アテンションプリーズ 夢がひろがる またひらく堀江美都子丘灯至夫坂下滉咲いたよ 咲いたよ つくばの空に 咲いたよ 咲いたよ 科学の花が ワープロだって 科学だもン ラジコンだって 科学だもン 西も東も 世界のひとが 科学ひらいて 手をとって アテンション アテンション アテンションプリーズ 夢がはばたく またのびる  あつまる あつまる つくばの空に あつまる あつまる 世界の知恵が レーザーだって 科学だもン パソコンだって 科学だもン 科学万博 世界はひとつ こころむすんで 手をとって アテンション アテンション アテンションプリーズ 愛と平和で まるくなる  ひろがる ひろがる つくばの空に ひろがる ひろがる 科学の夢が ロボットだって 科学だもン ロケットだって 科学だもン どこもかしこも 笑顔と笑顔 科学みがいて いつまでも アテンション アテンション アテンションプリーズ 夢がひろがる またひらく
こまったかみさまからだのなかの かみさまが きょうは おなかに すわってて なんか ちょうだい うんと ちょうだい もっと ちょうだい こまった かみさま こまった かみさま  からだのなかの かみさまが きょうは あしに すわってて どか どか どか がた がた がた ばた ばた ばた こまった かみさま こまった かみさま  からだのなかの  かみさまが きょうは こころに すわってて きっといいこ ずっといいこ ずっといいこ だから くたびれた だから くたびれた堀江美都子香山美子小林亜星からだのなかの かみさまが きょうは おなかに すわってて なんか ちょうだい うんと ちょうだい もっと ちょうだい こまった かみさま こまった かみさま  からだのなかの かみさまが きょうは あしに すわってて どか どか どか がた がた がた ばた ばた ばた こまった かみさま こまった かみさま  からだのなかの  かみさまが きょうは こころに すわってて きっといいこ ずっといいこ ずっといいこ だから くたびれた だから くたびれた
Coffee鏡のなかでおどけて 朝のコーヒー 元気ですとひとり芝居の 肩がさみしい  出逢いとわかれ重ね はじまる愛もあるわ 生まれたばかりの朝の陽に つつまれて二人 子どものようにはしゃいだ あの日のように 出来ることなら時を停めて ふたりのために  小雨を連れた夜明けは あついカフェ・オレ 窓の外にしまい忘れた 花が泣いてる  出逢いとわかれ重ね 唄える歌もあるわ 置きざりのままの想い出を どうすればいいの 季節が移りゆこうと 変らぬ愛を 軽いジョークでふりむいてよ わたしがいるわ  出逢いとわかれ重ね はじまる愛もあるわ 生まれたばかりの朝の陽に つつまれて二人 子どものようにはしゃいだ あの日のように 出来ることなら時を停めて ふたりのために堀江美都子杉信香・吉岡治西直樹鏡のなかでおどけて 朝のコーヒー 元気ですとひとり芝居の 肩がさみしい  出逢いとわかれ重ね はじまる愛もあるわ 生まれたばかりの朝の陽に つつまれて二人 子どものようにはしゃいだ あの日のように 出来ることなら時を停めて ふたりのために  小雨を連れた夜明けは あついカフェ・オレ 窓の外にしまい忘れた 花が泣いてる  出逢いとわかれ重ね 唄える歌もあるわ 置きざりのままの想い出を どうすればいいの 季節が移りゆこうと 変らぬ愛を 軽いジョークでふりむいてよ わたしがいるわ  出逢いとわかれ重ね はじまる愛もあるわ 生まれたばかりの朝の陽に つつまれて二人 子どものようにはしゃいだ あの日のように 出来ることなら時を停めて ふたりのために
咲花小学校スクールソングあなたがみつけた 花びらは どんな人に にあうでしょう しょんぼり泣いてる あの子にあげたら きっと 笑ってくれるでしょう みんなで花を みんなに花を 咲花 咲花 咲花小学校  あなたがなくした 花びらは どんな風に のるのでしょう 遠くであなたを 見ていたあの子が きっと ひろってくれるでしょう 小さな花を 大きな花に 咲花 咲花 咲花小学校  あなたの心の 花の種 どんな時に 咲くのでしょう 知らない誰かと  友だちになれた きっと その時咲くのでしょう みんなで花を みんなに花を 咲花 咲花 咲花小学校堀江美都子伊藤アキラいずみたくあなたがみつけた 花びらは どんな人に にあうでしょう しょんぼり泣いてる あの子にあげたら きっと 笑ってくれるでしょう みんなで花を みんなに花を 咲花 咲花 咲花小学校  あなたがなくした 花びらは どんな風に のるのでしょう 遠くであなたを 見ていたあの子が きっと ひろってくれるでしょう 小さな花を 大きな花に 咲花 咲花 咲花小学校  あなたの心の 花の種 どんな時に 咲くのでしょう 知らない誰かと  友だちになれた きっと その時咲くのでしょう みんなで花を みんなに花を 咲花 咲花 咲花小学校
サザエさんのうたGOLD LYLIC窓をあけましょう ルルル 呼んでみましょう “サザエさん”! 明るい窓の おむかいさん ニコニコ顔出す ゆかいな家族 うちとおんなじね 仲良しね 私もサザエさん あなたもサザエさん 笑う声までおんなじね ハハハハ おんなじね  ドアをあけましょう ルルル 呼んでみましょう “サザエさん”! いつでも出逢う ご町内 ニコニコあいさつ やさしい家族 うちとおんなじね たのしいね がんこなお父さん やさしいお母さん 叱る声までおんなじね ハハハハ おんなじね  誰か呼んでいる ルルル 叫んでみましょう “サザエさん”! みんなが好きな おとなりさん ニコニコはたらく 元気な家族 うちとおんなじね ほがらかね やんちゃな弟と かわいい妹と 遊ぶ声までおんなじね ハハハハ おんなじねGOLD LYLIC堀江美都子保富康午渡辺宙明窓をあけましょう ルルル 呼んでみましょう “サザエさん”! 明るい窓の おむかいさん ニコニコ顔出す ゆかいな家族 うちとおんなじね 仲良しね 私もサザエさん あなたもサザエさん 笑う声までおんなじね ハハハハ おんなじね  ドアをあけましょう ルルル 呼んでみましょう “サザエさん”! いつでも出逢う ご町内 ニコニコあいさつ やさしい家族 うちとおんなじね たのしいね がんこなお父さん やさしいお母さん 叱る声までおんなじね ハハハハ おんなじね  誰か呼んでいる ルルル 叫んでみましょう “サザエさん”! みんなが好きな おとなりさん ニコニコはたらく 元気な家族 うちとおんなじね ほがらかね やんちゃな弟と かわいい妹と 遊ぶ声までおんなじね ハハハハ おんなじね
さすらいの太陽誰かに踏まれた 野の草も いつか空をふり仰ぐ 涙でなにも 見えないときにも 私達は生きているのよ  さすらいながら 傷つきながら 明日の太陽を さがしているの 風吹く荒野に 花が咲く それが花の命だから  悲しみだけが 続くときにも 私達は生きているのよ  さすらいながら 傷つきながら 明日の太陽を さがしているの 幸福のうた 遠いときにも 私達は生きているのよ  さすらいながら 傷つきながら 明日の太陽を さがしているの堀江美都子山上路夫いずみたく誰かに踏まれた 野の草も いつか空をふり仰ぐ 涙でなにも 見えないときにも 私達は生きているのよ  さすらいながら 傷つきながら 明日の太陽を さがしているの 風吹く荒野に 花が咲く それが花の命だから  悲しみだけが 続くときにも 私達は生きているのよ  さすらいながら 傷つきながら 明日の太陽を さがしているの 幸福のうた 遠いときにも 私達は生きているのよ  さすらいながら 傷つきながら 明日の太陽を さがしているの
さみしさにまけないちいさな小石に つまづく石畳 見わたせば だれもいない こんな時 あなたがいれば 笑ってくれるのに 会えなくて つらいのは わたしだけですか さみしさ ひとつ 負けない 心をください ほほえみ ひとつ こわれる 夕暮れの前に  きらめく光に 見上げた青い空 飛んでゆく 鳥のように あしたへと 翼があれば 迷わずいけるのに ぶつけたい わがままは 消えるだけですか さみしさ 越えて 飛び立つ 心をください いつかは 会える その日に たどりつくために  会えなくて つらくても 強くなれるなら さみしさ ひとつ 負けない 心をください ほほえみ ひとつ あなたに 贈る日のために堀江美都子川田多麿喜小坂明子ちいさな小石に つまづく石畳 見わたせば だれもいない こんな時 あなたがいれば 笑ってくれるのに 会えなくて つらいのは わたしだけですか さみしさ ひとつ 負けない 心をください ほほえみ ひとつ こわれる 夕暮れの前に  きらめく光に 見上げた青い空 飛んでゆく 鳥のように あしたへと 翼があれば 迷わずいけるのに ぶつけたい わがままは 消えるだけですか さみしさ 越えて 飛び立つ 心をください いつかは 会える その日に たどりつくために  会えなくて つらくても 強くなれるなら さみしさ ひとつ 負けない 心をください ほほえみ ひとつ あなたに 贈る日のために
サンディベル号にのってあなたの街でみかけたら かならず やくそくよ ね! ウインクウインク してね ね!  なにがあるのか わからない わからない ハラハラハ ドキドキド だいすきよ ピンチにたっても なかないわ なかないわ こころはキラキラ おんなのこ 長いくつした 色ちがい ララ 車のボディも 色ちがい ララ  あなたの街でみかけたら かならず やくそくよ ね! ウインクウインク してね ね!  だれがくるのか わからない わからない ウキウキウ キョトキョトキョ だいすきよ かなしいときにも まけないわ まけないわ いつでもキラキラ おんなのこ  長いくつした 色ちがい ララ 車のボディも 色ちがい ララ  あなたの街でみかけたら かならず やくそくよ ね! ウインクウインク してね ね!  あなたの街でみかけたら かならず やくそくよ ね! ウインクウインク してね ね!堀江美都子神保史郎渡辺岳夫あなたの街でみかけたら かならず やくそくよ ね! ウインクウインク してね ね!  なにがあるのか わからない わからない ハラハラハ ドキドキド だいすきよ ピンチにたっても なかないわ なかないわ こころはキラキラ おんなのこ 長いくつした 色ちがい ララ 車のボディも 色ちがい ララ  あなたの街でみかけたら かならず やくそくよ ね! ウインクウインク してね ね!  だれがくるのか わからない わからない ウキウキウ キョトキョトキョ だいすきよ かなしいときにも まけないわ まけないわ いつでもキラキラ おんなのこ  長いくつした 色ちがい ララ 車のボディも 色ちがい ララ  あなたの街でみかけたら かならず やくそくよ ね! ウインクウインク してね ね!  あなたの街でみかけたら かならず やくそくよ ね! ウインクウインク してね ね!
The FighterYou are the fighter! きずだらけの孤独な戦士 燃える心 いだいて ひろげよう 炎のつばさ You are the fighter! 空駆けること おそれないで はばたこう 高く 夢に手がとどくまで  瞳のなかにあこがれがやどり いつかはげしい誓いとなる 少年の日々にわかれを告げて 風にのって旅立とう  You are the fighter! きずだらけの孤独な戦士 燃える心 いだいて ひろげよう 炎のつばさ You are the fighter! 空駆けること おそれないで はばたこう 高く 夢に手がとどくまで  ふるえる心に愛がうまれ いつかかがやく希望となる 新しい日々を見つけるために 波にのって船出しよう  You are the fighter! 夢にみちた やさしい戦士 熱い望み いだいて ひろげよう 心の帆 You are the fighter! なつかしい思い だきしめて こぎだそう 強く 愛にめぐりあえるまで堀江美都子小山真弓根岸孝旨You are the fighter! きずだらけの孤独な戦士 燃える心 いだいて ひろげよう 炎のつばさ You are the fighter! 空駆けること おそれないで はばたこう 高く 夢に手がとどくまで  瞳のなかにあこがれがやどり いつかはげしい誓いとなる 少年の日々にわかれを告げて 風にのって旅立とう  You are the fighter! きずだらけの孤独な戦士 燃える心 いだいて ひろげよう 炎のつばさ You are the fighter! 空駆けること おそれないで はばたこう 高く 夢に手がとどくまで  ふるえる心に愛がうまれ いつかかがやく希望となる 新しい日々を見つけるために 波にのって船出しよう  You are the fighter! 夢にみちた やさしい戦士 熱い望み いだいて ひろげよう 心の帆 You are the fighter! なつかしい思い だきしめて こぎだそう 強く 愛にめぐりあえるまで
しあわせの森はるかな谷を越えて 届いたみどりの風 やあこんにちは元気かい? 丘の上まで走ろうよ 夜明けにおりた露が きらきら笑っている ほら見てごらん きれいだね 咲いたばかりの雪割草さ  すこしねむいねだけど平気 みんなが待っているよ 急ごう急ごう見えてきたね 大きく手をふるふるよ  しめった土の上に 足跡ブレットだね ほら忘れ物かわいいね 近くにいるの?出ておいで みんなの赤いぼうし ゆれるよ森の中で ねえおみやげができました かごにいっぱい木の実がすわる  耳をすましてきいてごらん 笛の音がきこえるよ うたをうたってうちに帰ろ お空がまっかにもえる堀江美都子佐藤純子渡辺岳夫はるかな谷を越えて 届いたみどりの風 やあこんにちは元気かい? 丘の上まで走ろうよ 夜明けにおりた露が きらきら笑っている ほら見てごらん きれいだね 咲いたばかりの雪割草さ  すこしねむいねだけど平気 みんなが待っているよ 急ごう急ごう見えてきたね 大きく手をふるふるよ  しめった土の上に 足跡ブレットだね ほら忘れ物かわいいね 近くにいるの?出ておいで みんなの赤いぼうし ゆれるよ森の中で ねえおみやげができました かごにいっぱい木の実がすわる  耳をすましてきいてごらん 笛の音がきこえるよ うたをうたってうちに帰ろ お空がまっかにもえる
しあわせをあなたに別れの歌は なみだをふいて あかるい声で 歌いましょう 歌いましょう あの街のかどの すてきな出会いに 感謝をこめて さようなら  いついつまでも 思い出をわたしに アハハ いついつまでも しあわせをあなたに  別れの声は こだまとなって はるかな旅へ ゆくのでしょう ゆくのでしょう 夕日をあびて 手をふるあの子に 祈りをこめて さようなら  いついつまでも 思い出をわたしに アハハ いついつまでも しあわせをあなたに堀江美都子碓氷夕焼久石譲別れの歌は なみだをふいて あかるい声で 歌いましょう 歌いましょう あの街のかどの すてきな出会いに 感謝をこめて さようなら  いついつまでも 思い出をわたしに アハハ いついつまでも しあわせをあなたに  別れの声は こだまとなって はるかな旅へ ゆくのでしょう ゆくのでしょう 夕日をあびて 手をふるあの子に 祈りをこめて さようなら  いついつまでも 思い出をわたしに アハハ いついつまでも しあわせをあなたに
しずくはあなたのサイン返事が書けない あなただから たましいだけの あなただから せめて 雨の日 ガラス窓に 返事をちょうだい 雨のしずくの ハートマーク あなたのサインにそっとくちびる あててみる  電話もできない あなただから 光にとけてる あなただから せめて 風の日 リンゴの木に 電話をちょうだい 白いリンゴの花ふぶき あなたに呼ばれたそんな気がして ふりかえる  だから 真夜中 夜の空で こたえてちょうだい わたしにむかって流れ星 あなたのほほ笑み胸に抱きしめ 涙ぐむ堀江美都子名木田恵子岡田徹返事が書けない あなただから たましいだけの あなただから せめて 雨の日 ガラス窓に 返事をちょうだい 雨のしずくの ハートマーク あなたのサインにそっとくちびる あててみる  電話もできない あなただから 光にとけてる あなただから せめて 風の日 リンゴの木に 電話をちょうだい 白いリンゴの花ふぶき あなたに呼ばれたそんな気がして ふりかえる  だから 真夜中 夜の空で こたえてちょうだい わたしにむかって流れ星 あなたのほほ笑み胸に抱きしめ 涙ぐむ
Shining DreamIn the night 見上げれば 夜の彼方 遥かな銀河 きらめくように In my heart いつの日か この地上に 光が戻る日を 信じてる今も  Shinging sky 負けないで 生きていたなら いつかまた会えるから Shinging dream あのときの熱い瞳を きっと 忘れないで  Flying high 旅立とう 翼ひろげ 遠い明日に 近づくために Don't give up いつだってひとりじゃない 同じ心を持つ 仲間がいるから  Shining sky 輝いた空の青さに いつかまた会えるから Shining dream 抱きしめた まぶしい夢を きっと忘れないで  Shinging sky 負けないで 生きていたなら いつかまた会えるから Shinging dream あのときの熱い瞳を きっと 忘れないで  Shinging dream あのときの熱い瞳を きっと 忘れないで堀江美都子竜真知子小杉保夫In the night 見上げれば 夜の彼方 遥かな銀河 きらめくように In my heart いつの日か この地上に 光が戻る日を 信じてる今も  Shinging sky 負けないで 生きていたなら いつかまた会えるから Shinging dream あのときの熱い瞳を きっと 忘れないで  Flying high 旅立とう 翼ひろげ 遠い明日に 近づくために Don't give up いつだってひとりじゃない 同じ心を持つ 仲間がいるから  Shining sky 輝いた空の青さに いつかまた会えるから Shining dream 抱きしめた まぶしい夢を きっと忘れないで  Shinging sky 負けないで 生きていたなら いつかまた会えるから Shinging dream あのときの熱い瞳を きっと 忘れないで  Shinging dream あのときの熱い瞳を きっと 忘れないで
Shine on ~永遠の夢~眠りなさい 星くずたち 幼い 少年の日に戻って やすらぎこそ 今は あなたたちの義務  眠りなさい 星くずたち 後には 心配なんて要らない  今日もまた 宇宙の光りは いく千の 時空を飛び越え この空に 巡り来る  Shine on me Shine on you Shine on you Shine on me それは言葉も 声さえもない 歓喜(よろこび)の歌 生命(いのち)の歌  夢は愛になり ただ 思い出という 軌跡になる そして思い出は いつか 永遠(とわ)へと 旅立って行くわ 夢は愛になり ただ 思い出という 軌跡になる そして思い出は いつか 永遠(とわ)の夢に 帰り着く  夢は愛になり ただ 思い出という 軌跡になる そして思い出は いつか 永遠(とわ)へと 旅立って行くわ 夢は愛になり ただ 思い出という 軌跡になる そして思い出は いつか 永遠(とわ)の夢に 帰り着く堀江美都子そのべかずのりつのごうじ眠りなさい 星くずたち 幼い 少年の日に戻って やすらぎこそ 今は あなたたちの義務  眠りなさい 星くずたち 後には 心配なんて要らない  今日もまた 宇宙の光りは いく千の 時空を飛び越え この空に 巡り来る  Shine on me Shine on you Shine on you Shine on me それは言葉も 声さえもない 歓喜(よろこび)の歌 生命(いのち)の歌  夢は愛になり ただ 思い出という 軌跡になる そして思い出は いつか 永遠(とわ)へと 旅立って行くわ 夢は愛になり ただ 思い出という 軌跡になる そして思い出は いつか 永遠(とわ)の夢に 帰り着く  夢は愛になり ただ 思い出という 軌跡になる そして思い出は いつか 永遠(とわ)へと 旅立って行くわ 夢は愛になり ただ 思い出という 軌跡になる そして思い出は いつか 永遠(とわ)の夢に 帰り着く
しゃべれないけれどしあわせ王子さま 王子さま あなたに会うために 人間に生まれ変わったの そのかわり 私は しゃべれませんの 魔女に声をあげたから 私はおしになったのです 私は おはなし出来ません 私の気持を 王子様 あなたに つたえることが出来ない それでも それでも 私はしあわせ あなたのそばにいられるだけで  王子さま 王子さま あなたに会うために 人魚姫をすてました そのかわり 私は あなたのそばに  いつまでも いつまでも おれるなら たとえ 言葉がしゃべれなくても 私は悲しくありません 私の気持を 王子さま あなたに つたえることが出来れば それだけで それだけで 私はしあわせ 私はしあわせ堀江美都子宇野誠一郎宇野誠一郎王子さま 王子さま あなたに会うために 人間に生まれ変わったの そのかわり 私は しゃべれませんの 魔女に声をあげたから 私はおしになったのです 私は おはなし出来ません 私の気持を 王子様 あなたに つたえることが出来ない それでも それでも 私はしあわせ あなたのそばにいられるだけで  王子さま 王子さま あなたに会うために 人魚姫をすてました そのかわり 私は あなたのそばに  いつまでも いつまでも おれるなら たとえ 言葉がしゃべれなくても 私は悲しくありません 私の気持を 王子さま あなたに つたえることが出来れば それだけで それだけで 私はしあわせ 私はしあわせ
しゅうまいまーいあちちの ちっちっ ほっほかほっ あたまに みどりの おまめがちょこん おにくが ギュッギュッ おおうまい しゅうまい まい しゅうまいまーい しゅうまいまーい ころんと ころげて おくちにはいれ  あちちの ちっちっ ほっほかほっ しろいようふく ひらひらかざり おにくが ギュッギュッ おおうまい しゅうまい まい しゅうまいまーい しゅうまいまーい ぱくんと ひとくち おくちにはいれ  あちちの ちっちっ ほっほかほっ おさらに ならんで こっちをみてる おにくが ギュッギュッ おおうまい しゅうまい まい しゅうまいまーい しゅうまいまーい にこにこわらって おくちにはいれ堀江美都子阿部直美阿部直美あちちの ちっちっ ほっほかほっ あたまに みどりの おまめがちょこん おにくが ギュッギュッ おおうまい しゅうまい まい しゅうまいまーい しゅうまいまーい ころんと ころげて おくちにはいれ  あちちの ちっちっ ほっほかほっ しろいようふく ひらひらかざり おにくが ギュッギュッ おおうまい しゅうまい まい しゅうまいまーい しゅうまいまーい ぱくんと ひとくち おくちにはいれ  あちちの ちっちっ ほっほかほっ おさらに ならんで こっちをみてる おにくが ギュッギュッ おおうまい しゅうまい まい しゅうまいまーい しゅうまいまーい にこにこわらって おくちにはいれ
白い花びら名前も知らない 白い花びら みつけたあの日 恋がめばえた  名前も知らない あの人なのに 私の胸は ほのかにゆれた 幸せなひとときに 白い白い花びら バラ色に ラララ………  また逢いましょう 白い花びら 二人のちかい 忘れないで  よろこびが あふれくる 青い青い大空 バラ色にラララ…… 貴方にあげた 白い花びら 清らなかおり いついつまでも いついつまでも堀江美都子寿美花代高島忠夫名前も知らない 白い花びら みつけたあの日 恋がめばえた  名前も知らない あの人なのに 私の胸は ほのかにゆれた 幸せなひとときに 白い白い花びら バラ色に ラララ………  また逢いましょう 白い花びら 二人のちかい 忘れないで  よろこびが あふれくる 青い青い大空 バラ色にラララ…… 貴方にあげた 白い花びら 清らなかおり いついつまでも いついつまでも
純白のジューン・ブライド南フランス コートダジュールがいい カリフォルニアの サンタモニカでもいいわ 三本マスト 夢の帆船 あなたの愛に 包まれ 二人だけの 結婚式 潮風の中  純白のジューン・ブライド 六月の花嫁には 純白のジューン・ブライド 風が似合う 風が似合う……  あなたの心 夜明けの大海原 私はカモメ 波間を翔び回るだけ セールいっぱい 夢をはらんだ あなたと二人の旅は 見つめ合って 抱き合って 幸せの中  純白のジューン・ブライド 六月の花嫁には 純白のジューン・ブライド 風が似合う 風が似合う……  純白のジューン・ブライド 六月の花嫁には 純白のジューン・ブライド 風が似合う 風が似合う……堀江美都子藤公之介田中公平南フランス コートダジュールがいい カリフォルニアの サンタモニカでもいいわ 三本マスト 夢の帆船 あなたの愛に 包まれ 二人だけの 結婚式 潮風の中  純白のジューン・ブライド 六月の花嫁には 純白のジューン・ブライド 風が似合う 風が似合う……  あなたの心 夜明けの大海原 私はカモメ 波間を翔び回るだけ セールいっぱい 夢をはらんだ あなたと二人の旅は 見つめ合って 抱き合って 幸せの中  純白のジューン・ブライド 六月の花嫁には 純白のジューン・ブライド 風が似合う 風が似合う……  純白のジューン・ブライド 六月の花嫁には 純白のジューン・ブライド 風が似合う 風が似合う……
すてきな変身いつもとちがう私 自分じゃない私 変わる変わる変わる変わる 私は変わる 「フレール……」  私はしゃれたムードの マドモアゼル カクテルドレスに 真珠のかざり 瞳やさしく みつめていれば シックなムッシュー プロポーズ こんな自分に こんな自分に しびれちゃう しびれちゃうのよ 私  いつもとちがう私 自分じゃない私 変わる変わる変わる変わる 私は変わる 「フレール……」  私はちょいといかした ダンディボーイ チェックのジャケット キッドのブーツ くちぶえふいて キッスをなげりゃ かわいい娘が ほほ染める こんな自分に こんな自分に しびれちゃう しびれちゃうのよ 私  いつもとちがう私 自分じゃない私 変わる変わる変わる変わる 私は変わる 「フレール……」  私はおちゃめで陽気な チャーミングガール しましまTシャツ キュートなパンツ 笑顔もニッコリ ウインクすれば 内気な彼が こまってる こんな自分に こんな自分に しびれちゃう しびれちゃうのよ 私……堀江美都子碓氷夕焼武市昌久いつもとちがう私 自分じゃない私 変わる変わる変わる変わる 私は変わる 「フレール……」  私はしゃれたムードの マドモアゼル カクテルドレスに 真珠のかざり 瞳やさしく みつめていれば シックなムッシュー プロポーズ こんな自分に こんな自分に しびれちゃう しびれちゃうのよ 私  いつもとちがう私 自分じゃない私 変わる変わる変わる変わる 私は変わる 「フレール……」  私はちょいといかした ダンディボーイ チェックのジャケット キッドのブーツ くちぶえふいて キッスをなげりゃ かわいい娘が ほほ染める こんな自分に こんな自分に しびれちゃう しびれちゃうのよ 私  いつもとちがう私 自分じゃない私 変わる変わる変わる変わる 私は変わる 「フレール……」  私はおちゃめで陽気な チャーミングガール しましまTシャツ キュートなパンツ 笑顔もニッコリ ウインクすれば 内気な彼が こまってる こんな自分に こんな自分に しびれちゃう しびれちゃうのよ 私……
せいいっぱいの瞳緑の そよ風 君のドレスと ダンスしてる 眩しい 素足に 鳥が口笛 鳴らしてく 意地を張って むちゃをしても 憎めないの  (Keep your dream) せいいっぱいの 瞳だから ステキになれるよ (Keep your dream) せいいっぱいの 心だから どんな願いもかなうはずよ  昨日のことより 今が一番 大切なの 嬉しい 瞬間 君は誰より 輝くよ 悩む顔も 笑う顔も あどけないの  (Keep your dream) せいいっぱいの 瞳だから きっと大丈夫 (Keep your dream) せいいっぱいの 勇気だから 誰もが君を 好きになるよ  涙だって 宝物に かえるエナジー  (Keep your dream) せいいっぱいの 瞳だから ステキになれるよ (Keep your dream) せいいっぱいの 心だから どんな願いもかなうはずよ堀江美都子白峰美津子上田知華緑の そよ風 君のドレスと ダンスしてる 眩しい 素足に 鳥が口笛 鳴らしてく 意地を張って むちゃをしても 憎めないの  (Keep your dream) せいいっぱいの 瞳だから ステキになれるよ (Keep your dream) せいいっぱいの 心だから どんな願いもかなうはずよ  昨日のことより 今が一番 大切なの 嬉しい 瞬間 君は誰より 輝くよ 悩む顔も 笑う顔も あどけないの  (Keep your dream) せいいっぱいの 瞳だから きっと大丈夫 (Keep your dream) せいいっぱいの 勇気だから 誰もが君を 好きになるよ  涙だって 宝物に かえるエナジー  (Keep your dream) せいいっぱいの 瞳だから ステキになれるよ (Keep your dream) せいいっぱいの 心だから どんな願いもかなうはずよ
星間飛行水面が揺らぐ 風の輪が拡がる 触れ合った指先の 青い電流  見つめあうだけで 孤独な加速度が 一瞬に砕け散る あなたが好きよ  透明な真珠のように 宙に浮く涙 悲劇だってかまわない あなたと生きたい  キラッ! 流星にまたがって あなたに急降下 ah ah 濃紺の星空に 私たち花火みたい 心が光の矢を放つ  会話などなしに 内側に潜って 考えが読み取れる 不思議な夜  あなたの名 呪文みたいに 無限のリピート 憎らしくて手の甲に 爪をたててみる  キラッ! 身体ごと透き通り 絵のように漂う uh uh けし粒の生命でも 私たち瞬いてる 魂に銀河 雪崩れてく  流星にまたがって あなたは急上昇 oh oh 濃紺の星空に 私たち花火みたい 心が光の矢を放つ  けし粒の生命でも 私たち瞬いてる 魂に銀河 雪崩れてく 魂に銀河 雪崩れてく堀江美都子松本隆菅野よう子水面が揺らぐ 風の輪が拡がる 触れ合った指先の 青い電流  見つめあうだけで 孤独な加速度が 一瞬に砕け散る あなたが好きよ  透明な真珠のように 宙に浮く涙 悲劇だってかまわない あなたと生きたい  キラッ! 流星にまたがって あなたに急降下 ah ah 濃紺の星空に 私たち花火みたい 心が光の矢を放つ  会話などなしに 内側に潜って 考えが読み取れる 不思議な夜  あなたの名 呪文みたいに 無限のリピート 憎らしくて手の甲に 爪をたててみる  キラッ! 身体ごと透き通り 絵のように漂う uh uh けし粒の生命でも 私たち瞬いてる 魂に銀河 雪崩れてく  流星にまたがって あなたは急上昇 oh oh 濃紺の星空に 私たち花火みたい 心が光の矢を放つ  けし粒の生命でも 私たち瞬いてる 魂に銀河 雪崩れてく 魂に銀河 雪崩れてく
sailing day目を閉じたその中に 見えた 微かな眩しさを 掴み取ろうとした 愚かなドリーマー  伸ばした手は 閉じた目に 写らなくて 途方に暮れる 射程距離から 随分遠く 滲む  どうにかまだ 僕は僕を 辞めないで生きている たった一度 笑えるなら 何度でも 泣いたっていいや  精一杯 運命に抵抗 正解・不正解の判断 自分だけに許された権利  sailing day 舵を取れ 夜明けを待たないで 帆を張った 愚かなドリーマー  数えたら キリが無い程の 危険や不安でさえも 愛して迎え撃った 呆れたビリーヴァー  目を開いたその先に 見える 確かな眩しさが 空になったハートに 理由を注ぐ  そうしてまた 僕は僕の 背中を押していく たった一つ 掴む為に 幾つでも 失うんだ  精一杯 存在の証明 過ちも 間違いも 自分だけに価値のある財宝  sailing day 舵を取れ 哀しみも 絶望も 拾っていく 呆れたビリーヴァー  誰もが皆 それぞれの船を出す それぞれの見た 眩しさが 灯台なんだ  そうだよ まだ 僕は僕の 魂を持ってる たった一秒 生きる為に いつだって 命懸け 当たり前だ  精一杯 存在の証明 敗北も 後悔も 自分だけに意味のある財宝  sailing day 舵を取れ 冒険の日々全て 拾っていく 呆れたビリーヴァー  精一杯 運命に抵抗 決して消えはしない 僕だけを照らし出す灯台  sailing day 舵を取れ 嵐の中 嬉しそうに 帆を張った 愚かなドリーマー  誰もがビリーヴァー  永遠のドリーマー堀江美都子藤原基央藤原基央目を閉じたその中に 見えた 微かな眩しさを 掴み取ろうとした 愚かなドリーマー  伸ばした手は 閉じた目に 写らなくて 途方に暮れる 射程距離から 随分遠く 滲む  どうにかまだ 僕は僕を 辞めないで生きている たった一度 笑えるなら 何度でも 泣いたっていいや  精一杯 運命に抵抗 正解・不正解の判断 自分だけに許された権利  sailing day 舵を取れ 夜明けを待たないで 帆を張った 愚かなドリーマー  数えたら キリが無い程の 危険や不安でさえも 愛して迎え撃った 呆れたビリーヴァー  目を開いたその先に 見える 確かな眩しさが 空になったハートに 理由を注ぐ  そうしてまた 僕は僕の 背中を押していく たった一つ 掴む為に 幾つでも 失うんだ  精一杯 存在の証明 過ちも 間違いも 自分だけに価値のある財宝  sailing day 舵を取れ 哀しみも 絶望も 拾っていく 呆れたビリーヴァー  誰もが皆 それぞれの船を出す それぞれの見た 眩しさが 灯台なんだ  そうだよ まだ 僕は僕の 魂を持ってる たった一秒 生きる為に いつだって 命懸け 当たり前だ  精一杯 存在の証明 敗北も 後悔も 自分だけに意味のある財宝  sailing day 舵を取れ 冒険の日々全て 拾っていく 呆れたビリーヴァー  精一杯 運命に抵抗 決して消えはしない 僕だけを照らし出す灯台  sailing day 舵を取れ 嵐の中 嬉しそうに 帆を張った 愚かなドリーマー  誰もがビリーヴァー  永遠のドリーマー
世界の約束涙の奥にゆらぐほほえみは 時の始めからの世界の約束  いまは一人でも二人の昨日から 今日は生まれきらめく 初めて会った日のように  思い出のうちにあなたはいない そよかぜとなって頬に触れてくる  木漏れ日の午後の別れのあとも 決して終わらない世界の約束  いまは一人でも明日は限りない あなたが教えてくれた 夜にひそむやさしさ  思い出のうちにあなたはいない せせらぎの歌にこの空の色に 花の香りにいつまでも生きて堀江美都子谷川俊太郎木村弓涙の奥にゆらぐほほえみは 時の始めからの世界の約束  いまは一人でも二人の昨日から 今日は生まれきらめく 初めて会った日のように  思い出のうちにあなたはいない そよかぜとなって頬に触れてくる  木漏れ日の午後の別れのあとも 決して終わらない世界の約束  いまは一人でも明日は限りない あなたが教えてくれた 夜にひそむやさしさ  思い出のうちにあなたはいない せせらぎの歌にこの空の色に 花の香りにいつまでも生きて
セーラースターソングかなしみが いま セーラースマイル 奇跡をおこすの セーラーウィング だれだってかがやく星を持つ まけない! あしたへ セーラーエール ゼッタイ! つかまえる! セーラースター このちかい とどけ 銀河まで  あなたが 消えたそのときから さがしつづける旅がはじまった 黄ばんだ地図には ステンシルの天使の絵 指さす 先はダークなコロセウムがまってる ふるえる ムネには あの日のヒミツのキス どんなにつらい 宿命でも 追いつづけるから  後悔はしない セーラーアイズ あなたについてく セーラーウィンド この歌は 星の道しるべ まけない! あしたへ セーラーエール ゼッタイ! みつけるよ! セーラースター 天使の羽で とびたつの  ひとりで走る 見知らぬ道 やっとたどりついた この砦に フラスコの底 あなたがのこしていった 試練の星のひとかけら さあ 呪文をとなえよう  これは 2人の ミラクルな 宿命 過去も未来も とびこえて 追いついてみせる  苦しさが いま セーラーアイズ 奇跡をおこすの セーラーウィング だれだって 運命の 星をもつ まけない! あしたへ セーラーエール ゼッタイ! つかまえる! セーラースター このちかい とどけ 銀河まで  後悔はしない セーラーアイズ あなたについてく セーラーウィンド この歌は 星の道しるべ まけない! あしたへ セーラーエール ゼッタイ! みつけるよ!セーラースター 天使の羽で とびたつの堀江美都子武内直子荒木将器かなしみが いま セーラースマイル 奇跡をおこすの セーラーウィング だれだってかがやく星を持つ まけない! あしたへ セーラーエール ゼッタイ! つかまえる! セーラースター このちかい とどけ 銀河まで  あなたが 消えたそのときから さがしつづける旅がはじまった 黄ばんだ地図には ステンシルの天使の絵 指さす 先はダークなコロセウムがまってる ふるえる ムネには あの日のヒミツのキス どんなにつらい 宿命でも 追いつづけるから  後悔はしない セーラーアイズ あなたについてく セーラーウィンド この歌は 星の道しるべ まけない! あしたへ セーラーエール ゼッタイ! みつけるよ! セーラースター 天使の羽で とびたつの  ひとりで走る 見知らぬ道 やっとたどりついた この砦に フラスコの底 あなたがのこしていった 試練の星のひとかけら さあ 呪文をとなえよう  これは 2人の ミラクルな 宿命 過去も未来も とびこえて 追いついてみせる  苦しさが いま セーラーアイズ 奇跡をおこすの セーラーウィング だれだって 運命の 星をもつ まけない! あしたへ セーラーエール ゼッタイ! つかまえる! セーラースター このちかい とどけ 銀河まで  後悔はしない セーラーアイズ あなたについてく セーラーウィンド この歌は 星の道しるべ まけない! あしたへ セーラーエール ゼッタイ! みつけるよ!セーラースター 天使の羽で とびたつの
そいつあだれだ!チャイムは とっくになっちゃって みんなは とっくに教室で だれも だれもいない運動場 エッサカエッサカ かけてくる  そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく あさねぼう そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく あさねぼう  問題とっくにやっちゃって みんなは とっくに運動場 だれも だれもいない教室で 頭ばっかり かいている  そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく しまらねえ そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく しまらねえ  夕日は とっぷりくれちゃって みんなは とっくにうちの中 だれも だれもいない公園を めんたまむきだし かけぬける  そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく あそびすぎ そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく あそびすぎ  そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく あさねぼう そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく あさねぼう堀江美都子山中恒渡辺岳夫チャイムは とっくになっちゃって みんなは とっくに教室で だれも だれもいない運動場 エッサカエッサカ かけてくる  そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく あさねぼう そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく あさねぼう  問題とっくにやっちゃって みんなは とっくに運動場 だれも だれもいない教室で 頭ばっかり かいている  そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく しまらねえ そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく しまらねえ  夕日は とっぷりくれちゃって みんなは とっくにうちの中 だれも だれもいない公園を めんたまむきだし かけぬける  そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく あそびすぎ そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく あそびすぎ  そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく あさねぼう そいつぁだれだ そいつぁだれだ あばれはっちゃく あさねぼう
その名はジュリー(老犬トウレー)まだ見ぬひと どこにいるの たくましく やさしいひとよ 夢に見ては 頬を染めて あこがれるひとよ その名はジュリー バラいろ空に 呼んでみるの いつか逢える わたしの恋人  夢見るひと どこにいるの ほほえみを 忘れぬひとよ 愛の言葉 ひとり抱いて 待ちわびるひとよ その名はジュリー 夕焼け空に 呼んでみるの 顔を見せて 私の恋人  愛するひと どこにいるの 世の中に ひとりのひとよ いつか逢える その日まで 夢に見るひとよ その名はジュリー 夜明けの空に 呼んでみるの どこにいるの わたしの恋人堀江美都子丘灯至夫フォスターまだ見ぬひと どこにいるの たくましく やさしいひとよ 夢に見ては 頬を染めて あこがれるひとよ その名はジュリー バラいろ空に 呼んでみるの いつか逢える わたしの恋人  夢見るひと どこにいるの ほほえみを 忘れぬひとよ 愛の言葉 ひとり抱いて 待ちわびるひとよ その名はジュリー 夕焼け空に 呼んでみるの 顔を見せて 私の恋人  愛するひと どこにいるの 世の中に ひとりのひとよ いつか逢える その日まで 夢に見るひとよ その名はジュリー 夜明けの空に 呼んでみるの どこにいるの わたしの恋人
それからそれからどうしたのズズズン ズイズイ ズズズン ズイ…… 桃から生まれた キンタロー 鉄砲かついで 鬼退治 ジャブにフックに 廻し蹴り それからそれから どうしたの とらを捕まえ 子猫ちゃん  ズズズン ズイズイ ズズズン ズイ…… 木の葉ハラハラ ヒラリンコ お金にかえた 豆だぬき カチカチ山は 火がボウボウ それからそれから どうしたの 煙モクモク 玉手箱  ミミズが三匹 寄ってきて 卵が三つ 転がって 雨がザァザァ 降ってきて アラレがボツボツ 降ってきて アッと言う間に たこ入道……  ズズズン ズイズイ ズズズン ズイ…… おにぎりペッタン きびだんご 茶壷に追われて トッピンシャン お寺の和尚さん ナムチンカン それからそれから どうしたの 欲ばりばあさん お嫁入り  ズズズン ズイズイ ズズズン ズイ……堀江美都子高野文邦菊池俊輔ズズズン ズイズイ ズズズン ズイ…… 桃から生まれた キンタロー 鉄砲かついで 鬼退治 ジャブにフックに 廻し蹴り それからそれから どうしたの とらを捕まえ 子猫ちゃん  ズズズン ズイズイ ズズズン ズイ…… 木の葉ハラハラ ヒラリンコ お金にかえた 豆だぬき カチカチ山は 火がボウボウ それからそれから どうしたの 煙モクモク 玉手箱  ミミズが三匹 寄ってきて 卵が三つ 転がって 雨がザァザァ 降ってきて アラレがボツボツ 降ってきて アッと言う間に たこ入道……  ズズズン ズイズイ ズズズン ズイ…… おにぎりペッタン きびだんご 茶壷に追われて トッピンシャン お寺の和尚さん ナムチンカン それからそれから どうしたの 欲ばりばあさん お嫁入り  ズズズン ズイズイ ズズズン ズイ……
太陽を追いかけて太陽を 追いかけて 新しい 風が吹いてく 昨日まで 眠ってた ときめきが 目を覚ましてく  このまま 走っていたい この気持ち 消えないように  青い草原 渡って 私は今 生まれ変わる あなたに会って 心は 空も 飛べるって 知ったの  夕焼けも 星たちも はじめての 色をしている 雨の日の ほおづえも 今日からは 好きになれそう  ゆっくり 時を越えたい 移り行く 季節のように  広い草原 いっぱい 私は今 夢を見てる あなたとならば どんなに 遠い ところへも 行けるわ  青い草原 渡って 私は今 生まれ変わる あなたに会って 心は 空も 飛べるって 知ったの堀江美都子そのべかずのり長谷川智樹太陽を 追いかけて 新しい 風が吹いてく 昨日まで 眠ってた ときめきが 目を覚ましてく  このまま 走っていたい この気持ち 消えないように  青い草原 渡って 私は今 生まれ変わる あなたに会って 心は 空も 飛べるって 知ったの  夕焼けも 星たちも はじめての 色をしている 雨の日の ほおづえも 今日からは 好きになれそう  ゆっくり 時を越えたい 移り行く 季節のように  広い草原 いっぱい 私は今 夢を見てる あなたとならば どんなに 遠い ところへも 行けるわ  青い草原 渡って 私は今 生まれ変わる あなたに会って 心は 空も 飛べるって 知ったの
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
たたかいの野に花束をきょうも 戦いの野に 花がさくわ 友のためなら おそれをしらない 美しい 友情の 花がさくわ うまれやそだちは ちがっても 大空魔竜に のりくめば いまはひとつの 花の束 地球のために 戦うの  もえる戦いの ほのおよりあつく かわすまなざし 友から友へと きよらかな 星よりも すんだひかり こころとこころに 花ひらく 大空魔竜の 同志愛 いきるしあわせ しみじみと いのちのうたが あふれるの  いつか散るときは いさぎよく散ろう それがみんなの ちかいのことばよ かぎりある 人生を もやしつくそう それぞれちがった 花の色  大空魔竜の 空の上 高くさかせる こころいき 戦いの野に花束を堀江美都子保富康午菊池俊輔きょうも 戦いの野に 花がさくわ 友のためなら おそれをしらない 美しい 友情の 花がさくわ うまれやそだちは ちがっても 大空魔竜に のりくめば いまはひとつの 花の束 地球のために 戦うの  もえる戦いの ほのおよりあつく かわすまなざし 友から友へと きよらかな 星よりも すんだひかり こころとこころに 花ひらく 大空魔竜の 同志愛 いきるしあわせ しみじみと いのちのうたが あふれるの  いつか散るときは いさぎよく散ろう それがみんなの ちかいのことばよ かぎりある 人生を もやしつくそう それぞれちがった 花の色  大空魔竜の 空の上 高くさかせる こころいき 戦いの野に花束を
タンゴむりすんな!むりすんな むりすんな よばれたら「ハイ」 おへんじ むりすんな むりすんな ぼくはかしこいよい子です けんかはしません いじわるもしません みんなとなかよく すすんでします なんちゃって なんちゃって その気もないのに むりすんな あばれはっちゃく はなつまみ おいらは はなの おちこぼれ  むりすんな むりすんな よばれたら「ハイ」 おへんじ むりすんな むりすんな ぼくはあかるいよい子です テレビは見ません マンガも見ません おさらい 宿題 すすんでします なんちゃって なんちゃって その気もないのに むりすんな あばれはっちゃく はなつまみ おいらは はなの おちこぼれ  むりすんな むりすんな よばれたら「ハイ」 おへんじ むりすんな むりすんな ぼくはすなおなよい子です いたずらしません わるさもしません おつかい てつだい すすんでします なんちゃって なんちゃって その気もないのに むりすんな あばれはっちゃく はなつまみ おいらは はなの おちこぼれ堀江美都子山中恒渡辺岳夫むりすんな むりすんな よばれたら「ハイ」 おへんじ むりすんな むりすんな ぼくはかしこいよい子です けんかはしません いじわるもしません みんなとなかよく すすんでします なんちゃって なんちゃって その気もないのに むりすんな あばれはっちゃく はなつまみ おいらは はなの おちこぼれ  むりすんな むりすんな よばれたら「ハイ」 おへんじ むりすんな むりすんな ぼくはあかるいよい子です テレビは見ません マンガも見ません おさらい 宿題 すすんでします なんちゃって なんちゃって その気もないのに むりすんな あばれはっちゃく はなつまみ おいらは はなの おちこぼれ  むりすんな むりすんな よばれたら「ハイ」 おへんじ むりすんな むりすんな ぼくはすなおなよい子です いたずらしません わるさもしません おつかい てつだい すすんでします なんちゃって なんちゃって その気もないのに むりすんな あばれはっちゃく はなつまみ おいらは はなの おちこぼれ
たんじょうび イェイちっちゃな たまご プチン われました プチン ハッピー バースディ うまれてきたのは おたまじゃくし イエイ 「おめでとう」「ありがとう」  ちゅうくらいの たまご ミシ われました ミシ ハッピー バースディ うまれてきたのは ひよこちゃん イエイ 「おめでとう」「ありがとう」  おおきな たまご バリン われました バリン ハッピー バースディ うまれてきたのは かいじゅうくん イェイ 「お……おめでとう」「ありがとう」  うれしいな ラン たんじょうび ラン ハッピー バースディ ランランランラン おともだち イエイ 「おめでとう」「ありがとう」堀江美都子阿部直美阿部直美ちっちゃな たまご プチン われました プチン ハッピー バースディ うまれてきたのは おたまじゃくし イエイ 「おめでとう」「ありがとう」  ちゅうくらいの たまご ミシ われました ミシ ハッピー バースディ うまれてきたのは ひよこちゃん イエイ 「おめでとう」「ありがとう」  おおきな たまご バリン われました バリン ハッピー バースディ うまれてきたのは かいじゅうくん イェイ 「お……おめでとう」「ありがとう」  うれしいな ラン たんじょうび ラン ハッピー バースディ ランランランラン おともだち イエイ 「おめでとう」「ありがとう」
だれかが私を待っている誰か 私を待っている 空へとつづく道 そのむこうで  心の中の風見鶏が くるりと南をさす 住みなれた部屋 出ておいでと 旅だつ朝が来たと 少しこわいけど ひとりで飛びたつわ  グッバイ きのうまでの私 恋に恋していた さみしい少女 そうよ あんなに夢みてた 私だけのドラマが はじまるの  夢があるから すばらしいの そうよ 生きてることが いつかわかるさ この世界は おとぎ話じゃないと  みんな笑うけど 私は信じてる きっと 私に会うために 生まれてきた人が どこかにいるわ そうよ つらい出来事さえ 幸せへとつづく 道しるべ  グッバイ きのうまでの私 恋に恋していた さみしい少女 そうよ あんなに夢みてた 私だけのドラマが はじまるの堀江美都子山川啓介小田裕一郎誰か 私を待っている 空へとつづく道 そのむこうで  心の中の風見鶏が くるりと南をさす 住みなれた部屋 出ておいでと 旅だつ朝が来たと 少しこわいけど ひとりで飛びたつわ  グッバイ きのうまでの私 恋に恋していた さみしい少女 そうよ あんなに夢みてた 私だけのドラマが はじまるの  夢があるから すばらしいの そうよ 生きてることが いつかわかるさ この世界は おとぎ話じゃないと  みんな笑うけど 私は信じてる きっと 私に会うために 生まれてきた人が どこかにいるわ そうよ つらい出来事さえ 幸せへとつづく 道しるべ  グッバイ きのうまでの私 恋に恋していた さみしい少女 そうよ あんなに夢みてた 私だけのドラマが はじまるの
ちいさな思い小さな花が 咲いていました あなたの部屋の 窓の下で 小さな思いも 育てるうちに いつかは花を ひらくでしょうか 私も野に咲く 小さな花よ 風の冷たい 朝もあるけど そんな日には 空が青いものよ 涙で見上げちゃ もったいないわ  小さな星が 咲いていました あなたの部屋の 窓の上で 小さな思いも みつめるうちに いつかは星と 光るでしょうか 私も夜空の 小さな星よ なにもみえない 闇もあるけど そんな夜は 星がめだつものよ 淋しくなっても 信じて待つわ  大きな夢が 咲いていました あなたの部屋の 窓の中に 小さな思いも 寄り添ううちに いつかは夢が かなうでしょうか 私も恋する 小さな夢よ 夢をいっぱい 生きるあなたの 胸のすみに そっと住んでいたい その日がいつでも ひとりで待つわ堀江美都子保富康午宮川泰小さな花が 咲いていました あなたの部屋の 窓の下で 小さな思いも 育てるうちに いつかは花を ひらくでしょうか 私も野に咲く 小さな花よ 風の冷たい 朝もあるけど そんな日には 空が青いものよ 涙で見上げちゃ もったいないわ  小さな星が 咲いていました あなたの部屋の 窓の上で 小さな思いも みつめるうちに いつかは星と 光るでしょうか 私も夜空の 小さな星よ なにもみえない 闇もあるけど そんな夜は 星がめだつものよ 淋しくなっても 信じて待つわ  大きな夢が 咲いていました あなたの部屋の 窓の中に 小さな思いも 寄り添ううちに いつかは夢が かなうでしょうか 私も恋する 小さな夢よ 夢をいっぱい 生きるあなたの 胸のすみに そっと住んでいたい その日がいつでも ひとりで待つわ
ちっちゃな昔さようならわすれない わすれない あの日のこと その人が だれよりも すきなのでした うつくしいこえで やさしくゆする それは ママ……… ふたつの あの日 こどものあたし さようなら ふたつのおもいで さようなら  わすれない わすれない あの日のこと お庭には 白い風 ながれてました サルビアの花と キッスをしたの あまかった……… 五つの あの日 こどものあたし さようなら 五つのおもいで さようなら  わすれない わすれない あの日のこと お月夜に かくれんぼ してたのでした けやきのかげに つかまえられて 泣きだした……… 七つの あの日 こどものあたし さようなら 七つのおもいで さようなら  わすれない わすれない あの日のこと 学校の ゆき帰り であうのでした すれちがうだけで なんにもいわない 男のこ……… 十ニの あの日 こどものあたし さようなら かわいい恋たち さようなら堀江美都子武鹿悦子藤家虹ニわすれない わすれない あの日のこと その人が だれよりも すきなのでした うつくしいこえで やさしくゆする それは ママ……… ふたつの あの日 こどものあたし さようなら ふたつのおもいで さようなら  わすれない わすれない あの日のこと お庭には 白い風 ながれてました サルビアの花と キッスをしたの あまかった……… 五つの あの日 こどものあたし さようなら 五つのおもいで さようなら  わすれない わすれない あの日のこと お月夜に かくれんぼ してたのでした けやきのかげに つかまえられて 泣きだした……… 七つの あの日 こどものあたし さようなら 七つのおもいで さようなら  わすれない わすれない あの日のこと 学校の ゆき帰り であうのでした すれちがうだけで なんにもいわない 男のこ……… 十ニの あの日 こどものあたし さようなら かわいい恋たち さようなら
月の光月のしずくの レモンのムーンライト そおっと 教えて あしたの空 晴れるや 花びらの スカーフ 揺れる丘に 光る風と 緑色の夢 探しに行くから  夜にやさしい レモンのムーンライト ねぇ はやく 教えて あしたの空 晴れるや  星の しとねの ミルクの スターライト そおっと 教えて あしたの空 晴れるや  妖精の歌声 はずむ森に 光る風と 虹色のワルツ 踊りに行くから  夜に流れる ミルクのスターライト ねぇ はやく 教えて あしたの空 晴れるや堀江美都子生田萬手塚理月のしずくの レモンのムーンライト そおっと 教えて あしたの空 晴れるや 花びらの スカーフ 揺れる丘に 光る風と 緑色の夢 探しに行くから  夜にやさしい レモンのムーンライト ねぇ はやく 教えて あしたの空 晴れるや  星の しとねの ミルクの スターライト そおっと 教えて あしたの空 晴れるや  妖精の歌声 はずむ森に 光る風と 虹色のワルツ 踊りに行くから  夜に流れる ミルクのスターライト ねぇ はやく 教えて あしたの空 晴れるや
てんとう虫のマーチダンプ・ストップ バイクもとまれ てんとう虫の お通りだい 町のかたすみ さく花に ちっちゃな羽を ふるわせて ちっちゃな歌を うたってく てんとう虫の お通りだい 羽のマークは 七人兄弟 おてんとさまと わらってらい  お説教タンマだ 怒るな先生 てんとう虫の お通りだい 教室のまど さく花に かわいい羽を ふるわせて とんぼがえりを みせていく てんとう虫の お通りだい 羽のマークは 七人兄弟 青空めざして のぼってかい  なみだひっこめ なくなよ坊や てんとう虫の お通りだい 町のアパート のきさきを ちっちゃな羽を ふるわせて げんきにこんちは いっていく てんとう虫の お通りだい 羽のマークは 七人兄弟 ぼくらののぞみを のせていかい堀江美都子若林一郎菊池俊輔ダンプ・ストップ バイクもとまれ てんとう虫の お通りだい 町のかたすみ さく花に ちっちゃな羽を ふるわせて ちっちゃな歌を うたってく てんとう虫の お通りだい 羽のマークは 七人兄弟 おてんとさまと わらってらい  お説教タンマだ 怒るな先生 てんとう虫の お通りだい 教室のまど さく花に かわいい羽を ふるわせて とんぼがえりを みせていく てんとう虫の お通りだい 羽のマークは 七人兄弟 青空めざして のぼってかい  なみだひっこめ なくなよ坊や てんとう虫の お通りだい 町のアパート のきさきを ちっちゃな羽を ふるわせて げんきにこんちは いっていく てんとう虫の お通りだい 羽のマークは 七人兄弟 ぼくらののぞみを のせていかい
ディックを呼ぶ唄フーイ ホホ ホブディ バブディ ホー ホー ホバディ ディック 家付き 世話好き 妖精よ フーイ ホホ ホブディ バブディ ホー ホー ホバディ ディック 正直 お屋敷 守るのよ いたずら 野原 春の空 口笛吹くのは だれかしら  それは フーイ ホホ ホブディ バブディ ホー ホー ホバディ ディック ぼろ着た のんきな妖精よ フーイ ホホ ホブディ バブディ ホー ホー ホバディ ディック だけども 子供が大好きよ 友達 小道 夏の土 足あと つけたの だれかしら  フーイ ホホ ホブディ バブディ ホー ホー ホバディ ディック ちっこい はしこい妖精よ フーイ ホホ ホブディ バブディ ホー ホー ホバディ ディック 魔法で 秘宝を 守るのよ 星屑 しずく 冬の道 氷を割るのは だれかしら堀江美都子生田萬手塚理フーイ ホホ ホブディ バブディ ホー ホー ホバディ ディック 家付き 世話好き 妖精よ フーイ ホホ ホブディ バブディ ホー ホー ホバディ ディック 正直 お屋敷 守るのよ いたずら 野原 春の空 口笛吹くのは だれかしら  それは フーイ ホホ ホブディ バブディ ホー ホー ホバディ ディック ぼろ着た のんきな妖精よ フーイ ホホ ホブディ バブディ ホー ホー ホバディ ディック だけども 子供が大好きよ 友達 小道 夏の土 足あと つけたの だれかしら  フーイ ホホ ホブディ バブディ ホー ホー ホバディ ディック ちっこい はしこい妖精よ フーイ ホホ ホブディ バブディ ホー ホー ホバディ ディック 魔法で 秘宝を 守るのよ 星屑 しずく 冬の道 氷を割るのは だれかしら
電光超特急ヒカリアン未来の星からきたヒーロー すすめ ヒカリアン Let's Get It On(ゲリロン)!  冒険!だよね エブリデイ ボクたちはどこでも びっくりのかたまり キミといると エブリデイ 不思議だけど パワーが倍になる  チェンジ! Go! Do the チャレンジ! トライ! Yeah! Are you オーライ? (Yeah!) 明日(あした)はそこだ  未来の星からきたヒーロー その気になれば キミだってヒーロー 電光超特急ヒカリアン いくぞ ヒカリアン Let's Get It On(ゲリロン)!  飛びたい 知りたい 食べたい 見つけたい つかまえたい 歌いたい 走りだしたい 「やりたい」「したい」ことばっか 頭ん中 くるくる 浮かぶんだ  Flash! Go!友情!ライトニング! Fresh! Yo!常勝!ファイティング! (Yeah!) ボクたち 仲間  未来の星からきたヒーロー 青い地球を 守るのが使命 電光超特急ヒカリアン すすめ ヒカリアン Let's Get It On(ゲリロン)!  チェンジ! Go! Do the チャレンジ! トライ! Yeah! Are you オーライ? (Yeah!) 明日はそこだ  未来の星からきたヒーロー その気になれば キミだってヒーロー 電光超特急ヒカリアン いくぞ ヒカリアン Let's Get It On(ゲリロン)!  電光超特急ヒカリアン すすめ ヒカリアン Let's Get It On(ゲリロン)! Let's Get It On(ゲリロン)!堀江美都子岩里祐穂前田克樹未来の星からきたヒーロー すすめ ヒカリアン Let's Get It On(ゲリロン)!  冒険!だよね エブリデイ ボクたちはどこでも びっくりのかたまり キミといると エブリデイ 不思議だけど パワーが倍になる  チェンジ! Go! Do the チャレンジ! トライ! Yeah! Are you オーライ? (Yeah!) 明日(あした)はそこだ  未来の星からきたヒーロー その気になれば キミだってヒーロー 電光超特急ヒカリアン いくぞ ヒカリアン Let's Get It On(ゲリロン)!  飛びたい 知りたい 食べたい 見つけたい つかまえたい 歌いたい 走りだしたい 「やりたい」「したい」ことばっか 頭ん中 くるくる 浮かぶんだ  Flash! Go!友情!ライトニング! Fresh! Yo!常勝!ファイティング! (Yeah!) ボクたち 仲間  未来の星からきたヒーロー 青い地球を 守るのが使命 電光超特急ヒカリアン すすめ ヒカリアン Let's Get It On(ゲリロン)!  チェンジ! Go! Do the チャレンジ! トライ! Yeah! Are you オーライ? (Yeah!) 明日はそこだ  未来の星からきたヒーロー その気になれば キミだってヒーロー 電光超特急ヒカリアン いくぞ ヒカリアン Let's Get It On(ゲリロン)!  電光超特急ヒカリアン すすめ ヒカリアン Let's Get It On(ゲリロン)! Let's Get It On(ゲリロン)!
トイちゃんたらッタトイちゃんたらッタ ラッタッタ おねぼうしちゃうし いたずらしちゃうし なきべそかくけど トイちゃんたらッタ ラッタッタ わざとじゃないし わるぎもないし あやまっちゃうから なんだか とっても だいすき だいすき トイちゃん だいすき なんだか とっても だいすき トイちゃん だいすき ラッタッタラッタ ラッタッタラッタ ラッタッタラッタラ~  トイちゃんたらッタ ラッタッタ おやつはくれるし あそんでくれるし いいこにするけど トイちゃんたらッタ ラッタッタ そんなのたまだし きぶんはかわるし おこりっぽいから なんだか とっても わがまま わがまま トイちゃん わがまま なんだか とっても わがまま トイちゃん わがまま ラッタッタラッタ ラッタッタラッタ ラッタッタラッタラ~  トイちゃんたらッタ ラッタッタ おこりっぽいけど すぐにわすれるし にこにこわらうし トイちゃんたらッタ ラッタッタ わがままだけれど おやつはくれるし あそんでくれるし なんだか やっぱり だいすき だいすき トイちゃん だいすき なんだか やっぱり だいすき トイちゃん だいすき ラッタッタラッタ ラッタッタラッタ ラッタッタラッタラ~  ラッタッタラッタ ラッタッタラッタ ラッタッタラッタラ~堀江美都子木本慶子池毅トイちゃんたらッタ ラッタッタ おねぼうしちゃうし いたずらしちゃうし なきべそかくけど トイちゃんたらッタ ラッタッタ わざとじゃないし わるぎもないし あやまっちゃうから なんだか とっても だいすき だいすき トイちゃん だいすき なんだか とっても だいすき トイちゃん だいすき ラッタッタラッタ ラッタッタラッタ ラッタッタラッタラ~  トイちゃんたらッタ ラッタッタ おやつはくれるし あそんでくれるし いいこにするけど トイちゃんたらッタ ラッタッタ そんなのたまだし きぶんはかわるし おこりっぽいから なんだか とっても わがまま わがまま トイちゃん わがまま なんだか とっても わがまま トイちゃん わがまま ラッタッタラッタ ラッタッタラッタ ラッタッタラッタラ~  トイちゃんたらッタ ラッタッタ おこりっぽいけど すぐにわすれるし にこにこわらうし トイちゃんたらッタ ラッタッタ わがままだけれど おやつはくれるし あそんでくれるし なんだか やっぱり だいすき だいすき トイちゃん だいすき なんだか やっぱり だいすき トイちゃん だいすき ラッタッタラッタ ラッタッタラッタ ラッタッタラッタラ~  ラッタッタラッタ ラッタッタラッタ ラッタッタラッタラ~
とにかくニンジンそんでもって突然クイズ (クイズ?) ちょっとキミたちには ムズカシイ かナ? あかくって あかくって しっぽには はっぱ この世で イチバン おいしいモノ!  ちょっと待ったオマケでヒント (ヒント…?) なんでキミたちには わからない かナ? にのじと んのじと じのじと んのじ ここまで言ったら こたえはニンジン  東にニンジンあれば 行ってたべます 西にニンジンあれば やっぱり行ってたべます  ぼくのゆめは 世界中のニンジン この手にかかえて あー シアワセ!  だってさって言わずに聞いて (はーい…) ちゃんとキミたちに お願いしとく どこかで どこかで おいしそなニンジン みつけて みつけて ぼくにちょーダイ  ちょっと待って帰っちゃダメよ (ダメ…?) そんな顔しないで 聞いてお願い にのじと んのじと じのじと んのじ おぼえておいてよ その名はニンジン  南にニンジンあれば 行ってたべます 北にニンジンあれば たまには持って帰ろう  ぼくの胸は このハートはニンジン ニンジンまみれで あー シアワセ!  兎に角ニンジン うさぎにつのはない堀江美都子木本慶子佐橋俊彦そんでもって突然クイズ (クイズ?) ちょっとキミたちには ムズカシイ かナ? あかくって あかくって しっぽには はっぱ この世で イチバン おいしいモノ!  ちょっと待ったオマケでヒント (ヒント…?) なんでキミたちには わからない かナ? にのじと んのじと じのじと んのじ ここまで言ったら こたえはニンジン  東にニンジンあれば 行ってたべます 西にニンジンあれば やっぱり行ってたべます  ぼくのゆめは 世界中のニンジン この手にかかえて あー シアワセ!  だってさって言わずに聞いて (はーい…) ちゃんとキミたちに お願いしとく どこかで どこかで おいしそなニンジン みつけて みつけて ぼくにちょーダイ  ちょっと待って帰っちゃダメよ (ダメ…?) そんな顔しないで 聞いてお願い にのじと んのじと じのじと んのじ おぼえておいてよ その名はニンジン  南にニンジンあれば 行ってたべます 北にニンジンあれば たまには持って帰ろう  ぼくの胸は このハートはニンジン ニンジンまみれで あー シアワセ!  兎に角ニンジン うさぎにつのはない
とろろんとろろん ろん とろろん ろんろん とろろん ろん とろろん おねむだよ おねむだよ たったの みっつ 数えただけで  とろろん ろん とろろん ろんろん とろろん ろん とろろん とろろん ろん ろん とろろん ろん おねむだよ おねむだよ  ひとつひつじが初めの使い 白い毛皮で 顔をなでる ふたつ ふくろう二番の使い 夢のふくろを 持ってくる みっつ みみずく三番使い 耳にとまって 子守歌  とろろん ろん とろろん ろんろん とろろん ろん とろろん おねむだよ おねむだよ たったの 三匹 そろっただけで  とろろん ろん とろろん ろんろん とろろん ろん とろろん とろろん ろん ろん とろろん ろん おねむだよ おねむだよ堀江美都子中山千夏宇野誠一郎とろろん ろん とろろん ろんろん とろろん ろん とろろん おねむだよ おねむだよ たったの みっつ 数えただけで  とろろん ろん とろろん ろんろん とろろん ろん とろろん とろろん ろん ろん とろろん ろん おねむだよ おねむだよ  ひとつひつじが初めの使い 白い毛皮で 顔をなでる ふたつ ふくろう二番の使い 夢のふくろを 持ってくる みっつ みみずく三番使い 耳にとまって 子守歌  とろろん ろん とろろん ろんろん とろろん ろん とろろん おねむだよ おねむだよ たったの 三匹 そろっただけで  とろろん ろん とろろん ろんろん とろろん ろん とろろん とろろん ろん ろん とろろん ろん おねむだよ おねむだよ
トント トント トントン雪どけ小川さん 走るの速いね ぼくらとどっちが速いかな 水車小屋まで走りっこしよう トントン かったらパンジー流してあげる トント トント トントン 流してあげる  ぽっかり雲さん お空で見てたら あの木の鳥の巣見えるでしょ たまごがいくつあるのかおしえて トントン 生まれるひなにおぼうし作る トント トント トントン おぼうし作る  もみじの風さん シマリス親子が おいしい木の実を待っている ゆっくり吹いて木いちごこけもも トントン  いっぱい甘くみのらせたげて トント トント トントン みのらせたげて  ゆうべの雪さん 広場につもって ぼくらは楽しいそりあそび いつかみんなでヨールプッキの トントン おっきなそりにのってみたいな トント トント トントン のってみたいな堀江美都子冬杜花代子渡辺岳夫雪どけ小川さん 走るの速いね ぼくらとどっちが速いかな 水車小屋まで走りっこしよう トントン かったらパンジー流してあげる トント トント トントン 流してあげる  ぽっかり雲さん お空で見てたら あの木の鳥の巣見えるでしょ たまごがいくつあるのかおしえて トントン 生まれるひなにおぼうし作る トント トント トントン おぼうし作る  もみじの風さん シマリス親子が おいしい木の実を待っている ゆっくり吹いて木いちごこけもも トントン  いっぱい甘くみのらせたげて トント トント トントン みのらせたげて  ゆうべの雪さん 広場につもって ぼくらは楽しいそりあそび いつかみんなでヨールプッキの トントン おっきなそりにのってみたいな トント トント トントン のってみたいな
とんとんともだちとんとん ともだち みんなで くにん いっちゃん じろくん さぶちょん しげぼう ごろやん ろくんぼ ななちん やっちゃんこに きゅうどんどん だれかが しかられた みんなで ごめんなさい  とんとん ともだち かぞえて くにん いっちゃん じろくん さぶちょん しげぼう ごろやん ろくんぼ ななちん やっちゃんこに きゅうどんどん だれかが くしゃみした みんなが かぜひいた  とんとん ともだち なかよし くにん いっちゃん じろくん さぶちょん しげぼう ごろやん ろくんぼ ななちん やっちゃんこに きゅうどんどん だれかが けがをした みんなが べそかいた堀江美都子サトウハチロー中田喜直とんとん ともだち みんなで くにん いっちゃん じろくん さぶちょん しげぼう ごろやん ろくんぼ ななちん やっちゃんこに きゅうどんどん だれかが しかられた みんなで ごめんなさい  とんとん ともだち かぞえて くにん いっちゃん じろくん さぶちょん しげぼう ごろやん ろくんぼ ななちん やっちゃんこに きゅうどんどん だれかが くしゃみした みんなが かぜひいた  とんとん ともだち なかよし くにん いっちゃん じろくん さぶちょん しげぼう ごろやん ろくんぼ ななちん やっちゃんこに きゅうどんどん だれかが けがをした みんなが べそかいた
DON'T YOU…?本当はね 腕をくんで にぎやか街で 噂になりたい 背のびのルージュ あなたはあせるけど 純情してると 冒険できない DON'T YOU, DON'T YOU THINK SO?  恋のハートが いったりきたり 瞳で抱きしめて あげているのに キッスのチャンスに おどけるなんて ちょっとね 愛が足りないよ  あんまりね 頼りないと 淋しくなって 意地悪しちゃうの 弱気なあなた それでも叱らない やさしいだけじゃ 男じゃないよ DON'T YOU, DON'T YOU THINK SO?  待っててあげる 強くなってね 感じているくせに あさって向いて 私がせまると 逃げ腰になる ちょっとね 愛が足りないよ  恋のハートが いったりきたり 瞳で抱きしめて あげているのに キッスのチャンスに おどけるなんて ちょっとね 愛が足りないよ堀江美都子岡田ふみ子芹澤廣明本当はね 腕をくんで にぎやか街で 噂になりたい 背のびのルージュ あなたはあせるけど 純情してると 冒険できない DON'T YOU, DON'T YOU THINK SO?  恋のハートが いったりきたり 瞳で抱きしめて あげているのに キッスのチャンスに おどけるなんて ちょっとね 愛が足りないよ  あんまりね 頼りないと 淋しくなって 意地悪しちゃうの 弱気なあなた それでも叱らない やさしいだけじゃ 男じゃないよ DON'T YOU, DON'T YOU THINK SO?  待っててあげる 強くなってね 感じているくせに あさって向いて 私がせまると 逃げ腰になる ちょっとね 愛が足りないよ  恋のハートが いったりきたり 瞳で抱きしめて あげているのに キッスのチャンスに おどけるなんて ちょっとね 愛が足りないよ
ドーベルマンのようにあなたは 朝もや あなたは そよ風 あなたは 夕なぎ どうして 優しすぎるの  ドーベルマンのように ドーベルマンのように 足音しのばせ 突然すばやく ドーベルマンのように ドーベルマンのように ときめくハートを 奪い去って (誰を見ているの) (誰を見ているの) 私はここよ ここよ  いきなり 嵐を いきなり 津波を いきなり 光を 私に浴びせかけてよ  ドーベルマンのように ドーベルマンのように 冷たくするどく 激しくしゃにむに ドーベルマンのように ドーベルマンのように 私のハートを 駆けぬけて (誰が気になるの) (誰が気になるの) 私はここよ ここよ  (誰を見ているの) (誰を見ているの) LaLaLa……堀江美都子藤公之介久石譲あなたは 朝もや あなたは そよ風 あなたは 夕なぎ どうして 優しすぎるの  ドーベルマンのように ドーベルマンのように 足音しのばせ 突然すばやく ドーベルマンのように ドーベルマンのように ときめくハートを 奪い去って (誰を見ているの) (誰を見ているの) 私はここよ ここよ  いきなり 嵐を いきなり 津波を いきなり 光を 私に浴びせかけてよ  ドーベルマンのように ドーベルマンのように 冷たくするどく 激しくしゃにむに ドーベルマンのように ドーベルマンのように 私のハートを 駆けぬけて (誰が気になるの) (誰が気になるの) 私はここよ ここよ  (誰を見ているの) (誰を見ているの) LaLaLa……
仲よしクリンおいでクリン あそぼうクリン おまえの うまれは どこかしら おはなしきかせて クリン ひとりぼっちは なれてるけれど おまえがいないと わたしはさみしいの ラララ なかよしクリン  おいでクリン おすわりクリン おまえの みたゆめ なにかしら はなしがあうのよ クリン ひとりぼっちの どうしだからよ わたしのきもち おまえはわかるのよ ラララ なかよしクリン  おいでクリン なかよしクリン おまえが げんきな そのときは わたしもげんきよ クリン ひとりぼっちでいきてるけれど おまえがいると あかるくなれるのよ ラララ なかよしクリン ラララ なかよしクリン堀江美都子丘灯至夫渡辺岳夫おいでクリン あそぼうクリン おまえの うまれは どこかしら おはなしきかせて クリン ひとりぼっちは なれてるけれど おまえがいないと わたしはさみしいの ラララ なかよしクリン  おいでクリン おすわりクリン おまえの みたゆめ なにかしら はなしがあうのよ クリン ひとりぼっちの どうしだからよ わたしのきもち おまえはわかるのよ ラララ なかよしクリン  おいでクリン なかよしクリン おまえが げんきな そのときは わたしもげんきよ クリン ひとりぼっちでいきてるけれど おまえがいると あかるくなれるのよ ラララ なかよしクリン ラララ なかよしクリン
ながれ椅子なぎさの 古いす こわれいす  だあれが むかしに かけたやら  月夜の なぎさは 風ばかり  ときどき かもめが とまってる堀江美都子西条八十宇野誠一郎なぎさの 古いす こわれいす  だあれが むかしに かけたやら  月夜の なぎさは 風ばかり  ときどき かもめが とまってる
菜の花と女の子菜の花道で 泣いていた かわいい 女の子 どこ行った 菜の花道で けんかした あの子のリボンも まっきいろ  菜の花道を とんでいた 白いちょうちょう どこ行った 菜の花道で おいかけた ちょうちょう あのこに ついてった  だれでも とても ちいさいときの おもいでなんか すぐわすれちゃう だけども だれでも なつかしく いつでも おもいで ゆめに見る  菜の花道で あそんでた ちいさな 女の子 どこ行った 菜の花道に おちていた リボン さみしい かえりみち堀江美都子植田俤子藤家虹二菜の花道で 泣いていた かわいい 女の子 どこ行った 菜の花道で けんかした あの子のリボンも まっきいろ  菜の花道を とんでいた 白いちょうちょう どこ行った 菜の花道で おいかけた ちょうちょう あのこに ついてった  だれでも とても ちいさいときの おもいでなんか すぐわすれちゃう だけども だれでも なつかしく いつでも おもいで ゆめに見る  菜の花道で あそんでた ちいさな 女の子 どこ行った 菜の花道に おちていた リボン さみしい かえりみち
何ていうのかな今のこの気持ち 色で云うなら 例えば 一面まっ黄色 そこへ真赤が いっぱいはじけて 時々 黒いすじが走る 何て云うのかな この気持ち  今のこの気持ち 音で云うなら 例えば ころろんりんからりん そこへまむまむ むむむまむまむ 時々 バダバダバダ ダバダー 何て云うのかな この気持ち  今のこの気持ち 形で云うなら 例えば 大きいまっしかく そこへまんまる ふんわり重なり 時々 軽い星が光る 何て云うのかな この気持ち堀江美都子中山千夏宇野誠一郎今のこの気持ち 色で云うなら 例えば 一面まっ黄色 そこへ真赤が いっぱいはじけて 時々 黒いすじが走る 何て云うのかな この気持ち  今のこの気持ち 音で云うなら 例えば ころろんりんからりん そこへまむまむ むむむまむまむ 時々 バダバダバダ ダバダー 何て云うのかな この気持ち  今のこの気持ち 形で云うなら 例えば 大きいまっしかく そこへまんまる ふんわり重なり 時々 軽い星が光る 何て云うのかな この気持ち
なんでもないや(movie ver.)二人の間 通り過ぎた風は どこから寂しさを運んできたの 泣いたりした そのあとの空は やけに透き通っていたりしたんだ  いつもは尖ってた父の言葉が 今日は暖かく感じました 優しさも笑顔も夢の語り方も 知らなくて全部 君を真似たよ  もう少しだけでいい あと少しだけでいい もう少しだけでいいから もう少しだけでいい あと少しだけでいい もう少しだけ くっついていようか  僕らタイムフライヤー 時を駆け上がるクライマー 時のかくれんぼ はぐれっこはもういやなんだ  嬉しくて泣くのは 悲しくて笑うのは 君の心が 君を追い越したんだよ  星にまで願って 手にいれたオモチャも 部屋の隅っこに今 転がってる 叶えたい夢も 今日で100個できたよ たった一つといつか 交換こしよう  いつもは喋らないあの子に今日は 放課後「また明日」と声をかけた 慣れないこともたまにならいいね 特にあなたが 隣にいたら  もう少しだけでいい あと少しだけでいい もう少しだけでいいから もう少しだけでいい あと少しだけでいい もう少しだけ くっついていようよ  僕らタイムフライヤー 君を知っていたんだ 僕が 僕の名前を 覚えるよりずっと前に  君のいない 世界にも 何かの意味はきっとあって でも君のいない 世界など 夏休みのない 八月のよう 君のいない 世界など 笑うことない サンタのよう 君のいない 世界など  僕らタイムフライヤー 時を駆け上がるクライマー 時のかくれんぼ はぐれっこはもういやなんだ  なんでもないや やっぱりなんでもないや 今から行くよ  僕らタイムフライヤー 時を駆け上がるクライマー 時のかくれんぼ はぐれっこはもういいよ  君は派手なクライヤー その涙 止めてみたいな だけど 君は拒んだ 零れるままの涙を見てわかった  嬉しくて泣くのは 悲しくて笑うのは 僕の心が 僕を追い越したんだよ堀江美都子野田洋次郎野田洋次郎二人の間 通り過ぎた風は どこから寂しさを運んできたの 泣いたりした そのあとの空は やけに透き通っていたりしたんだ  いつもは尖ってた父の言葉が 今日は暖かく感じました 優しさも笑顔も夢の語り方も 知らなくて全部 君を真似たよ  もう少しだけでいい あと少しだけでいい もう少しだけでいいから もう少しだけでいい あと少しだけでいい もう少しだけ くっついていようか  僕らタイムフライヤー 時を駆け上がるクライマー 時のかくれんぼ はぐれっこはもういやなんだ  嬉しくて泣くのは 悲しくて笑うのは 君の心が 君を追い越したんだよ  星にまで願って 手にいれたオモチャも 部屋の隅っこに今 転がってる 叶えたい夢も 今日で100個できたよ たった一つといつか 交換こしよう  いつもは喋らないあの子に今日は 放課後「また明日」と声をかけた 慣れないこともたまにならいいね 特にあなたが 隣にいたら  もう少しだけでいい あと少しだけでいい もう少しだけでいいから もう少しだけでいい あと少しだけでいい もう少しだけ くっついていようよ  僕らタイムフライヤー 君を知っていたんだ 僕が 僕の名前を 覚えるよりずっと前に  君のいない 世界にも 何かの意味はきっとあって でも君のいない 世界など 夏休みのない 八月のよう 君のいない 世界など 笑うことない サンタのよう 君のいない 世界など  僕らタイムフライヤー 時を駆け上がるクライマー 時のかくれんぼ はぐれっこはもういやなんだ  なんでもないや やっぱりなんでもないや 今から行くよ  僕らタイムフライヤー 時を駆け上がるクライマー 時のかくれんぼ はぐれっこはもういいよ  君は派手なクライヤー その涙 止めてみたいな だけど 君は拒んだ 零れるままの涙を見てわかった  嬉しくて泣くのは 悲しくて笑うのは 僕の心が 僕を追い越したんだよ
虹のかけらどんな色がたりないの しあわせになるには 明日の空にかかる虹 まだわからないけど  青いひとみの彼は 海の広さで やさしく守ってくれる でも 夕日のような情熱も あこがれてるの 恋 何色かしら  あんまり 望みすぎると どこかで 神様が ゴホンとひとつ せきばらい ねえ いけないのかな  ふたり息をきらして かける草原 真夏の匂いがしてる でも 凍える冬のきびしさも 恋しくなるの 夢 何色かしら  どんな色がたりないの しあわせになるには どこかで私待つ人が そう きっといるのね 少し てれちゃう堀江美都子川田多麿喜小坂明子どんな色がたりないの しあわせになるには 明日の空にかかる虹 まだわからないけど  青いひとみの彼は 海の広さで やさしく守ってくれる でも 夕日のような情熱も あこがれてるの 恋 何色かしら  あんまり 望みすぎると どこかで 神様が ゴホンとひとつ せきばらい ねえ いけないのかな  ふたり息をきらして かける草原 真夏の匂いがしてる でも 凍える冬のきびしさも 恋しくなるの 夢 何色かしら  どんな色がたりないの しあわせになるには どこかで私待つ人が そう きっといるのね 少し てれちゃう
日曜の翼日曜日には翼があるの 誰にも見えない翼があるの だからしっかりつかまえないと たちまちどこかへ飛んでゆく  すばらしい日にしたいから 逃がしたくない日曜日 いつもとちがう一日を つくりたいあなたと私で 日曜日の翼にのって 日曜日の翼にのって  大きな空へ翼が駆ける 地球のリズムで翼がおどる ひとりぼんやりながめていると きのうの彼方へ消えてゆく 幸せな日にしたいから 高く飛びたい日曜日  光のような青春を つかみたいあなたと私で 日曜日の翼にのって 日曜日の翼にのって  すばらしい日にしたいから 逃がしたくない日曜日 いつもとちがう一日を つくりたいあなたと私で 日曜日の翼にのって 日曜日の翼にのって堀江美都子伊藤アキラ萩田光雄日曜日には翼があるの 誰にも見えない翼があるの だからしっかりつかまえないと たちまちどこかへ飛んでゆく  すばらしい日にしたいから 逃がしたくない日曜日 いつもとちがう一日を つくりたいあなたと私で 日曜日の翼にのって 日曜日の翼にのって  大きな空へ翼が駆ける 地球のリズムで翼がおどる ひとりぼんやりながめていると きのうの彼方へ消えてゆく 幸せな日にしたいから 高く飛びたい日曜日  光のような青春を つかみたいあなたと私で 日曜日の翼にのって 日曜日の翼にのって  すばらしい日にしたいから 逃がしたくない日曜日 いつもとちがう一日を つくりたいあなたと私で 日曜日の翼にのって 日曜日の翼にのって
日本列島 どっこいしょ温泉ほかほか 北海道 おじさんのぼせて 青森県 なにをきいても 岩手県 早くお医者さん 秋田県  父さん おかえり 宮城県 ママのボインは 山形県 おなべでおでんが 新潟県 赤ちゃん よだれを 福島県  日光 けっこう 栃木県 黄門さまなら 茨城県 さくらに茶の花 埼玉県 からから からっ風 群馬県  日本列島 どっこいしょ ほって ほって またほって ここらで ひと風呂 いい湯だな  あの犬 なにケン ほら 千葉県 あいつはおどけて すっ東京 ママはつよくて 神奈川県 やさしい父さん 静岡県  お山があるのに 山梨県 まるい顔でも 長野県 毒消しゃいらんか 富山県 じゃんけんパーチョキ 石川県  ちょうちんぶらぶら あれ岐阜県 ぴーひゃらひゃらりこ 福井県 あの子とこの子は 愛知県 英語で砂糖は 滋賀県  日本列島 どっこいしょ ほって ほって またほって ここらで ひと風呂 いい湯だな  昨日の明日は ほら京都 ジェット機速いな もう三重県 お手々ふりましょ さよ奈良県 じいちゃん元気で 和歌山県  水の都は 大阪府 お城を見るなら 兵庫県 砂丘はここだよ 鳥取県 桃からうまれた 岡山県  宍道湖めぐりは 島根県 あなたのひたいは 広島県 海があるのに 山口県 瀬戸内わたって まだある県  日本列島 どっこいしょ ほって ほって またほって ここらで ひと風呂 いい湯だな  オリーブ咲いた咲いた 香川県 財布をひろって 徳島県 先生 野球を 高知県 かわいいあの子は 愛媛県  母さん おそうじ 福岡県 腰に手ぬぐい あれ 佐賀県 姉さん 電話が 長崎県 すべってころんで 大分県  阿蘇のお山は 熊本県 花は霧島 宮崎県 おいもが好きなら 鹿児島県 チンダラカヌシャマ 沖縄県  日本列島 どっこいしょ ほって ほって またほって ここらで ひと風呂 いい湯だな堀江美都子丘灯至夫小森昭宏温泉ほかほか 北海道 おじさんのぼせて 青森県 なにをきいても 岩手県 早くお医者さん 秋田県  父さん おかえり 宮城県 ママのボインは 山形県 おなべでおでんが 新潟県 赤ちゃん よだれを 福島県  日光 けっこう 栃木県 黄門さまなら 茨城県 さくらに茶の花 埼玉県 からから からっ風 群馬県  日本列島 どっこいしょ ほって ほって またほって ここらで ひと風呂 いい湯だな  あの犬 なにケン ほら 千葉県 あいつはおどけて すっ東京 ママはつよくて 神奈川県 やさしい父さん 静岡県  お山があるのに 山梨県 まるい顔でも 長野県 毒消しゃいらんか 富山県 じゃんけんパーチョキ 石川県  ちょうちんぶらぶら あれ岐阜県 ぴーひゃらひゃらりこ 福井県 あの子とこの子は 愛知県 英語で砂糖は 滋賀県  日本列島 どっこいしょ ほって ほって またほって ここらで ひと風呂 いい湯だな  昨日の明日は ほら京都 ジェット機速いな もう三重県 お手々ふりましょ さよ奈良県 じいちゃん元気で 和歌山県  水の都は 大阪府 お城を見るなら 兵庫県 砂丘はここだよ 鳥取県 桃からうまれた 岡山県  宍道湖めぐりは 島根県 あなたのひたいは 広島県 海があるのに 山口県 瀬戸内わたって まだある県  日本列島 どっこいしょ ほって ほって またほって ここらで ひと風呂 いい湯だな  オリーブ咲いた咲いた 香川県 財布をひろって 徳島県 先生 野球を 高知県 かわいいあの子は 愛媛県  母さん おそうじ 福岡県 腰に手ぬぐい あれ 佐賀県 姉さん 電話が 長崎県 すべってころんで 大分県  阿蘇のお山は 熊本県 花は霧島 宮崎県 おいもが好きなら 鹿児島県 チンダラカヌシャマ 沖縄県  日本列島 どっこいしょ ほって ほって またほって ここらで ひと風呂 いい湯だな
ニュームーンに恋して恋せよ乙女 花の命は儚く美しい なりたいものに なれる魔法かけてあげる  揺れるそのまなざし 微熱がみせる幻は 悲しいほどに 完璧な世界 笑えないよ  今夜何かが起きる 予感が扉を叩く 月明りが消えて パレードのはじまりはニュームーン  キラキラめくるめく流星群 ときめき満ちていく きみの引力に気づいてしまった  求めよどんな時も 祈りは正しく美しく 間違うことに 慣れる方が楽になれる  突きつけられた切っ先 視覚野が見せる現実は 悔しいほどに 明白な世界 笑えちゃうよ  ほんのわずかなことで パタンと扉が閉まる 月明りが射して パレードの結末は  ムーンライト 消えそうな夜に ナイトフライト 舞い上がるように 高く飛んで この銀河ごと抱きしめて  どうか神様お月様 開いた扉を閉めないで 月並みなお願いをちょっと 聞いてよ少しだけ 今夜何かが起きる 予感が扉を叩く 月明りが消えて パレードのはじまりはニュームーン  キラキラ光る宇宙には未来 めくるめいて流星群 ときめき満ちていく きみの引力に囚われそう  ピカピカと舞う宇宙から未来 きらめいて流星群 ドキドキ止まらない きみの引力に気づいてしまった  はじまりはニュームーン堀江美都子ティカ・αティカ・α恋せよ乙女 花の命は儚く美しい なりたいものに なれる魔法かけてあげる  揺れるそのまなざし 微熱がみせる幻は 悲しいほどに 完璧な世界 笑えないよ  今夜何かが起きる 予感が扉を叩く 月明りが消えて パレードのはじまりはニュームーン  キラキラめくるめく流星群 ときめき満ちていく きみの引力に気づいてしまった  求めよどんな時も 祈りは正しく美しく 間違うことに 慣れる方が楽になれる  突きつけられた切っ先 視覚野が見せる現実は 悔しいほどに 明白な世界 笑えちゃうよ  ほんのわずかなことで パタンと扉が閉まる 月明りが射して パレードの結末は  ムーンライト 消えそうな夜に ナイトフライト 舞い上がるように 高く飛んで この銀河ごと抱きしめて  どうか神様お月様 開いた扉を閉めないで 月並みなお願いをちょっと 聞いてよ少しだけ 今夜何かが起きる 予感が扉を叩く 月明りが消えて パレードのはじまりはニュームーン  キラキラ光る宇宙には未来 めくるめいて流星群 ときめき満ちていく きみの引力に囚われそう  ピカピカと舞う宇宙から未来 きらめいて流星群 ドキドキ止まらない きみの引力に気づいてしまった  はじまりはニュームーン
ねっ、ムスティムスティ ムスティ ねぇ ムスティ きょうもあそぼう ねぇ ムスティ  ムスティ ムスティ ねっ、 ムスティ  ほら ほら みて ムスティ きれいなおはな ほら ムスティ  ムスティ ムスティ ねっ、ムスティ  ムスティ ムスティ ねぇ ムスティ いつでもいっしょ ねぇ ムスティ  ムスティ ムスティ ねっ、ムスティ  でも でも ねぇ ムスティ おそらはゆうぐれ もう ムスティ  でも でも ねっ、ムスティ  ムスティ ムスティ ねぇ ムスティ あしたもきっと ねぇ ムスティ  ムスティ ムスティ ねっ、ムスティ堀江美都子木本慶子佐藤俊彦ムスティ ムスティ ねぇ ムスティ きょうもあそぼう ねぇ ムスティ  ムスティ ムスティ ねっ、 ムスティ  ほら ほら みて ムスティ きれいなおはな ほら ムスティ  ムスティ ムスティ ねっ、ムスティ  ムスティ ムスティ ねぇ ムスティ いつでもいっしょ ねぇ ムスティ  ムスティ ムスティ ねっ、ムスティ  でも でも ねぇ ムスティ おそらはゆうぐれ もう ムスティ  でも でも ねっ、ムスティ  ムスティ ムスティ ねぇ ムスティ あしたもきっと ねぇ ムスティ  ムスティ ムスティ ねっ、ムスティ
ねむりの国へ瞳をとじて ほら 夢の中へ ねむりの国から 聞こえる子守歌は 妖精のメロディー  お月さまと星が ねむるころに きみにはすてきな 夜明けが待っているわ かがやく明日が  たのしい夢を見て ねむりましょう ねむりの国へと 静かにドアをあけて やすらかにねむれ堀江美都子木本慶子佐藤俊彦瞳をとじて ほら 夢の中へ ねむりの国から 聞こえる子守歌は 妖精のメロディー  お月さまと星が ねむるころに きみにはすてきな 夜明けが待っているわ かがやく明日が  たのしい夢を見て ねむりましょう ねむりの国へと 静かにドアをあけて やすらかにねむれ
萩 恋ごころひとはしずかに足をとめ 旅に別れを告げるでしょう もとめつづけた故里を 「萩」にみつけて 「萩」にみつけて  藍場川には鯉が棲む 白壁土蔵のつづく道 もいちど逢いたいあのひとの 花びらほどの耳のたぶ 幼さのこる耳のたぶ  指月橋から猫の丁 菊屋横丁 蔵田筋 昔ながらの優しさに 「萩」はひっそり 「萩」はひっそり  旅のこころは傷くなる 小窓の格子も朽ちかけて 崩れた築地にこぼれてる 入陽の色の夏ミカン たわわに揺れる夏ミカン  藍場川には鯉が棲む 白壁土蔵のつづく道 もいちど逢いたいあのひとの 花びらほどの耳のたぶ 幼さのこる耳のたぶ堀江美都子武鹿悦子田中正史ひとはしずかに足をとめ 旅に別れを告げるでしょう もとめつづけた故里を 「萩」にみつけて 「萩」にみつけて  藍場川には鯉が棲む 白壁土蔵のつづく道 もいちど逢いたいあのひとの 花びらほどの耳のたぶ 幼さのこる耳のたぶ  指月橋から猫の丁 菊屋横丁 蔵田筋 昔ながらの優しさに 「萩」はひっそり 「萩」はひっそり  旅のこころは傷くなる 小窓の格子も朽ちかけて 崩れた築地にこぼれてる 入陽の色の夏ミカン たわわに揺れる夏ミカン  藍場川には鯉が棲む 白壁土蔵のつづく道 もいちど逢いたいあのひとの 花びらほどの耳のたぶ 幼さのこる耳のたぶ
裸の心そんなに見つめないで はずかしくなるから 目をそらしてもおこらないで 強がる自分がくずれそう  傷つくことがこわくて 意地をはって生きてきた きれいごともなぐさめも 淋しくなるだけいつわりの愛のようで  今あなたの瞳にうつるわたし可愛いですか すべてはこれから I'm just a lady… うまれたばかりの裸の心  こんなにやるせなくて もどかしい想いを 言葉にしたら消えそうだけど 心のさけびでつたえたい  傷ついてもかまわない ひとりじゃない?これからは あなたに逢えてうれしくて きのうをぬけだしあたらしいわたしがいる  今あなたの瞳にうつるわたし可愛いですか すべてはこれから I'm just a lady… うまれたばかりの裸の心 すべてはこれから I'm just a lady… うまれたばかりの裸の心堀江美都子堀江美都子堀江美都子そんなに見つめないで はずかしくなるから 目をそらしてもおこらないで 強がる自分がくずれそう  傷つくことがこわくて 意地をはって生きてきた きれいごともなぐさめも 淋しくなるだけいつわりの愛のようで  今あなたの瞳にうつるわたし可愛いですか すべてはこれから I'm just a lady… うまれたばかりの裸の心  こんなにやるせなくて もどかしい想いを 言葉にしたら消えそうだけど 心のさけびでつたえたい  傷ついてもかまわない ひとりじゃない?これからは あなたに逢えてうれしくて きのうをぬけだしあたらしいわたしがいる  今あなたの瞳にうつるわたし可愛いですか すべてはこれから I'm just a lady… うまれたばかりの裸の心 すべてはこれから I'm just a lady… うまれたばかりの裸の心
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
はっちゃくひとりうたいわなきゃよかった あのひとことで 今のおいらは はなつまみ だけどいわずにゃ いられなかった おいらのきもちが ゆるさねえ どおせおいらは へそまがり あばれはっちゃく ひとりぼち ひとりぼち  みのがしゃよかった あのかげぐちは 今もおいらは 気がおもい だけどだまっちゃ いられなかった おいらのほこりが ゆるさねえ どおせおいらは いしあたま あばれはっちゃく ひとりごと ひとりごと  やらなきゃよかった あのひとつきは 今のおいらは はなつまみ だけどやらずにゃ いられなかった おいらのいじが ゆるさねえ どおせおいらは あばれんぼ あばれはっちゃく ひとりうた ひとりうた堀江美都子山中恒渡辺岳夫いわなきゃよかった あのひとことで 今のおいらは はなつまみ だけどいわずにゃ いられなかった おいらのきもちが ゆるさねえ どおせおいらは へそまがり あばれはっちゃく ひとりぼち ひとりぼち  みのがしゃよかった あのかげぐちは 今もおいらは 気がおもい だけどだまっちゃ いられなかった おいらのほこりが ゆるさねえ どおせおいらは いしあたま あばれはっちゃく ひとりごと ひとりごと  やらなきゃよかった あのひとつきは 今のおいらは はなつまみ だけどやらずにゃ いられなかった おいらのいじが ゆるさねえ どおせおいらは あばれんぼ あばれはっちゃく ひとりうた ひとりうた
腹へりのタンゴ腹がへる しんとへる ずずずずしんと へる  思い出すのは 昨日のリンゴ シンをどうして 捨てたのか いかにもおしい 勿体ない 今ならシンでも ごちそうなんだ  あ~あ リンゴ リンゴ リンゴ リンゴ 腹ヘリの 腹ヘリのタンゴ タンゴ  腹がへる しんとへる ずずずずしんと へる  思い出すのは 昨日のタマゴ カラをどうして 捨てたのか いかにもおしい 勿体ない 今ならカラでも ごちそうなんだ  あ~あ タマゴ タマゴ タマゴ タマゴ 腹ヘリの 腹ヘリのタンゴ タンゴ  腹がへる しんとへる ずずずずしんと へる  思い出すのは 昨日のダンゴ クシをどうして 捨てたのか いかにもおしい 勿体ない 今ならクシでも ごちそうなんだ  あ~あ ダンゴ ダンゴ ダンゴ ダンゴ 腹ヘリの 腹ヘリのタンゴ タンゴ堀江美都子中山千夏宇野誠一郎腹がへる しんとへる ずずずずしんと へる  思い出すのは 昨日のリンゴ シンをどうして 捨てたのか いかにもおしい 勿体ない 今ならシンでも ごちそうなんだ  あ~あ リンゴ リンゴ リンゴ リンゴ 腹ヘリの 腹ヘリのタンゴ タンゴ  腹がへる しんとへる ずずずずしんと へる  思い出すのは 昨日のタマゴ カラをどうして 捨てたのか いかにもおしい 勿体ない 今ならカラでも ごちそうなんだ  あ~あ タマゴ タマゴ タマゴ タマゴ 腹ヘリの 腹ヘリのタンゴ タンゴ  腹がへる しんとへる ずずずずしんと へる  思い出すのは 昨日のダンゴ クシをどうして 捨てたのか いかにもおしい 勿体ない 今ならクシでも ごちそうなんだ  あ~あ ダンゴ ダンゴ ダンゴ ダンゴ 腹ヘリの 腹ヘリのタンゴ タンゴ
バレーボールが好き白いボールに青春を スパイクさせよう ルラルンルンララー ごらん見てるよ 太陽が ごらん見てるよ 青い空 胸はずませて アタックすれば ほら 苦しいおもいでも みんなみんな どこかへどこかへ消えてゆく バレーが好き バレーが好き バレーが バレーが 好き好き好き好き好き  白いシューズで 青春を レシーブ ジャンプ ルラルンルンララー いつも一緒よ チームメイト いつも一緒よ かがやく瞳 目と目をかわして サーブを打てば ほら 六つのあこがれが みんなみんな 大きく大きく花ひらく バレーが好き バレーが好き バレーが バレーが 好き好き好き好き好き  白いシャツに 青春が 明るくふくらむ ルラルンルンララー きょうも見てるわ あのひとが きょうも見てるわ 遠くから 頬ほてらせて ダッシュをすれば ほら あしたのしあわせが みんなみんな コートで コートではじけるわ バレーが好き バレーが好き バレーが バレーが 好き好き好き好き好き堀江美都子神保史朗越部信義白いボールに青春を スパイクさせよう ルラルンルンララー ごらん見てるよ 太陽が ごらん見てるよ 青い空 胸はずませて アタックすれば ほら 苦しいおもいでも みんなみんな どこかへどこかへ消えてゆく バレーが好き バレーが好き バレーが バレーが 好き好き好き好き好き  白いシューズで 青春を レシーブ ジャンプ ルラルンルンララー いつも一緒よ チームメイト いつも一緒よ かがやく瞳 目と目をかわして サーブを打てば ほら 六つのあこがれが みんなみんな 大きく大きく花ひらく バレーが好き バレーが好き バレーが バレーが 好き好き好き好き好き  白いシャツに 青春が 明るくふくらむ ルラルンルンララー きょうも見てるわ あのひとが きょうも見てるわ 遠くから 頬ほてらせて ダッシュをすれば ほら あしたのしあわせが みんなみんな コートで コートではじけるわ バレーが好き バレーが好き バレーが バレーが 好き好き好き好き好き
Birthday Smile生まれて初めて見せた 笑顔を憶えてますか? 悲しい時には思いだして バースディ・スマイル  君の瞳 揺れてるから 僕の気持ち ポケットで 「の」の字を書いてる  そんな風にうつむいてちゃ 空のカケラ つかめない 宝石になれない  街に溢れ出した陽炎のピルエット 明日はきっと誰にも来るから 焦らずに  小さなひだまりだけど 君を温めているよ 胸の奥にあるその強さを 信じていて  夢の続き 追いかけたり ささくれてる毎日に バンソコ貼ったり  人目なんて気にしないで いつもココロ隠さない 君のまま笑って  はみ出したクレヨン 子供の頃 描いた 大きな未来に負けないように 誇らしく  生まれて初めて見せた 笑顔を憶えてますか? 悲しい時には思いだして バースディ・スマイル  つないだ手のひらに 溢れ出すメッセージ 大事な物は目に見えないけど 側にある  生まれて初めて見せた 笑顔を憶えてますか? 悲しい時には思いだして バースディ・スマイル  小さなひだまりだけど 君を温めているよ 胸の奥にあるその強さを 信じていて  飾らない気持ち 思いだして バースディ・スマイル堀江美都子田辺智沙田辺智沙生まれて初めて見せた 笑顔を憶えてますか? 悲しい時には思いだして バースディ・スマイル  君の瞳 揺れてるから 僕の気持ち ポケットで 「の」の字を書いてる  そんな風にうつむいてちゃ 空のカケラ つかめない 宝石になれない  街に溢れ出した陽炎のピルエット 明日はきっと誰にも来るから 焦らずに  小さなひだまりだけど 君を温めているよ 胸の奥にあるその強さを 信じていて  夢の続き 追いかけたり ささくれてる毎日に バンソコ貼ったり  人目なんて気にしないで いつもココロ隠さない 君のまま笑って  はみ出したクレヨン 子供の頃 描いた 大きな未来に負けないように 誇らしく  生まれて初めて見せた 笑顔を憶えてますか? 悲しい時には思いだして バースディ・スマイル  つないだ手のひらに 溢れ出すメッセージ 大事な物は目に見えないけど 側にある  生まれて初めて見せた 笑顔を憶えてますか? 悲しい時には思いだして バースディ・スマイル  小さなひだまりだけど 君を温めているよ 胸の奥にあるその強さを 信じていて  飾らない気持ち 思いだして バースディ・スマイル
バースデイの唄おめでとう おめでとう 誕生日 おめでとう ろうそくが一本 ふえましたね  おめでとう おめでとう 心から おめでとう 友だちが大勢 ふえましたね  シャンペンひとつ ケーキがひとつ ほほえみひとつ 涙がひとつ ラララ……… 想い出ひとつ 希望がひとつ  いくつでも いくつでも おめでとう いくつでも 今日の日はあなたの 特別の日  何度でも 何度でも 照れないで 何度でも 去年よりうれしさ ふえてますね  リボンがひとつ 花束ひとつ 握手がひとつ くちづけひとつ ラララ……… おめでとうひとつ ありがとうひとつ …………………………堀江美都子阿久悠三木たかしおめでとう おめでとう 誕生日 おめでとう ろうそくが一本 ふえましたね  おめでとう おめでとう 心から おめでとう 友だちが大勢 ふえましたね  シャンペンひとつ ケーキがひとつ ほほえみひとつ 涙がひとつ ラララ……… 想い出ひとつ 希望がひとつ  いくつでも いくつでも おめでとう いくつでも 今日の日はあなたの 特別の日  何度でも 何度でも 照れないで 何度でも 去年よりうれしさ ふえてますね  リボンがひとつ 花束ひとつ 握手がひとつ くちづけひとつ ラララ……… おめでとうひとつ ありがとうひとつ …………………………
ひつじのラムダ羊の羊のラムダはね しろくて まるくて ふわふわで おひるねするのが大好きで いつでも夢みているみたい  広い緑の草原に おひさまいっぱいふりそそぐ 羊のラムダは おひるねラムダ しろくて まるくて ふわふわで  羊の羊のラムダはね ちっちゃな しっぽも ふわふわで お散歩するのが大好きで いつでもスキップしてるみたい  青いお空に風が吹く お歌を教えにやってくる 羊のラムダは お散歩ラムダ ちっちゃな しっぽも スキップで  羊の羊のラムダはね しろくて まるくて ふわふわで 小鳥もお花も友達で 誰でも仲良くなれるみたい  広い緑の草原で みんなといっぱい遊びます 羊のラムダは 仲良しラムダ しろくて まるくて ふわふわで堀江美都子木本慶子池毅羊の羊のラムダはね しろくて まるくて ふわふわで おひるねするのが大好きで いつでも夢みているみたい  広い緑の草原に おひさまいっぱいふりそそぐ 羊のラムダは おひるねラムダ しろくて まるくて ふわふわで  羊の羊のラムダはね ちっちゃな しっぽも ふわふわで お散歩するのが大好きで いつでもスキップしてるみたい  青いお空に風が吹く お歌を教えにやってくる 羊のラムダは お散歩ラムダ ちっちゃな しっぽも スキップで  羊の羊のラムダはね しろくて まるくて ふわふわで 小鳥もお花も友達で 誰でも仲良くなれるみたい  広い緑の草原で みんなといっぱい遊びます 羊のラムダは 仲良しラムダ しろくて まるくて ふわふわで
ひつじのラムダの子守歌羊のラムダ ふわふわ ラムダ 見上げた お空に浮かぶ雲 羊のラムダ まっしろ ラムダ 高いお山も 越えて行く  風がそよそよ 吹きぬける 広い緑の草原に たった一匹 羊のラムダ  羊のラムダ ふわふわ ラムダ おひさま 優しく微笑んで 羊のラムダ まっしろ ラムダ ひなたぼっこで まるくなる  お花畑の まんなかで 遊ぶみたいに夢を見る たった一匹 羊のラムダ  羊のラムダ ふわふわ ラムダ 見上げた お空はあかねいろ 羊のラムダ まっしろ ラムダ 星を幾千 数えましょう  月はゆりかご 三日月の 遠く静かな子守歌 たった一匹 羊のラムダ堀江美都子木本慶子池毅羊のラムダ ふわふわ ラムダ 見上げた お空に浮かぶ雲 羊のラムダ まっしろ ラムダ 高いお山も 越えて行く  風がそよそよ 吹きぬける 広い緑の草原に たった一匹 羊のラムダ  羊のラムダ ふわふわ ラムダ おひさま 優しく微笑んで 羊のラムダ まっしろ ラムダ ひなたぼっこで まるくなる  お花畑の まんなかで 遊ぶみたいに夢を見る たった一匹 羊のラムダ  羊のラムダ ふわふわ ラムダ 見上げた お空はあかねいろ 羊のラムダ まっしろ ラムダ 星を幾千 数えましょう  月はゆりかご 三日月の 遠く静かな子守歌 たった一匹 羊のラムダ
ひとりごと琥珀色に 映る面影 開く扉 足音 あの人じゃない 夜を数えて 夢を飲み干す 愛になれぬ 恋の話  また今日も 想い出と 待ち合わせしてる ひとりごと グラスに落ちた 許したら 忘れちゃうでしょ  カウンターに ついた頬杖 誰かからの おごりは 遠慮しとくわ 唄が流れて 時間(とき)を飲み干す 愛のような 恋は悲し  ほろほろと この店で 待ちぼうけしてる ひとりごと グラスに溶けた 抱かれたら 許しちゃうでしょ  また今日も 想い出と 待ち合わせしてる ひとりごと グラスに落ちた 許したら 忘れちゃう 忘れちゃう ものでしょ堀江美都子マイクスギヤマ若林タカツグ琥珀色に 映る面影 開く扉 足音 あの人じゃない 夜を数えて 夢を飲み干す 愛になれぬ 恋の話  また今日も 想い出と 待ち合わせしてる ひとりごと グラスに落ちた 許したら 忘れちゃうでしょ  カウンターに ついた頬杖 誰かからの おごりは 遠慮しとくわ 唄が流れて 時間(とき)を飲み干す 愛のような 恋は悲し  ほろほろと この店で 待ちぼうけしてる ひとりごと グラスに溶けた 抱かれたら 許しちゃうでしょ  また今日も 想い出と 待ち合わせしてる ひとりごと グラスに落ちた 許したら 忘れちゃう 忘れちゃう ものでしょ
ひまわりの約束どうして君が泣くの まだ僕も泣いていないのに 自分より 悲しむから つらいのがどっちか わからなくなるよ  ガラクタだったはずの今日が ふたりなら 宝物になる  そばにいたいよ 君のために出来ることが 僕にあるかな いつも君に ずっと君に 笑っていてほしくて ひまわりのような まっすぐなその優しさを 温もりを 全部 これからは僕も 届けていきたい ここにある幸せに 気づいたから  遠くで ともる未来 もしも 僕らが離れても それぞれ歩いていく その先で また 出会えると信じて  ちぐはぐだったはずの歩幅 ひとつのように 今 重なる  そばにいること なにげないこの瞬間も 忘れはしないよ 旅立ちの日 手を振る時 笑顔でいられるように ひまわりのような まっすぐなその優しさを 温もりを 全部 返したいけれど 君のことだから もう充分だよって きっと言うかな  そばにいたいよ 君のために出来ることが 僕にあるかな いつも君に ずっと君に 笑っていてほしくて ひまわりのような まっすぐなその優しさを 温もりを 全部 これからは僕も 届けていきたい 本当の幸せの意味を見つけたから堀江美都子秦基博秦基博どうして君が泣くの まだ僕も泣いていないのに 自分より 悲しむから つらいのがどっちか わからなくなるよ  ガラクタだったはずの今日が ふたりなら 宝物になる  そばにいたいよ 君のために出来ることが 僕にあるかな いつも君に ずっと君に 笑っていてほしくて ひまわりのような まっすぐなその優しさを 温もりを 全部 これからは僕も 届けていきたい ここにある幸せに 気づいたから  遠くで ともる未来 もしも 僕らが離れても それぞれ歩いていく その先で また 出会えると信じて  ちぐはぐだったはずの歩幅 ひとつのように 今 重なる  そばにいること なにげないこの瞬間も 忘れはしないよ 旅立ちの日 手を振る時 笑顔でいられるように ひまわりのような まっすぐなその優しさを 温もりを 全部 返したいけれど 君のことだから もう充分だよって きっと言うかな  そばにいたいよ 君のために出来ることが 僕にあるかな いつも君に ずっと君に 笑っていてほしくて ひまわりのような まっすぐなその優しさを 温もりを 全部 これからは僕も 届けていきたい 本当の幸せの意味を見つけたから
ひみつのアッコちゃんそいつの前では女の子 つーんとおすまし それはなに それは鏡 鏡の中から ツンツンツン シンデレラ姫が あらわれた ツンツンツン それはだあれ それはひみつ ひみつひみつ ひみつのアッコちゃん  朝から晩までまねばかり ひとまねじょうず それはなに それは鏡 鏡の中から エッヘヘ いたずらぼうずがとびだした エッヘヘ それはだあれ それはひみつ ひみつひみつ ひみつのアッコちゃん  人でも犬でもおばけでも すいこむ怪物それはなに それは鏡 鏡の中から ブーブーブー リボンをつけたブタが出た ブーブーブー それはだあれ それはひみつ ひみつひみつ ひみつのアッコちゃん堀江美都子山元護久・井上ひさし小林亜星そいつの前では女の子 つーんとおすまし それはなに それは鏡 鏡の中から ツンツンツン シンデレラ姫が あらわれた ツンツンツン それはだあれ それはひみつ ひみつひみつ ひみつのアッコちゃん  朝から晩までまねばかり ひとまねじょうず それはなに それは鏡 鏡の中から エッヘヘ いたずらぼうずがとびだした エッヘヘ それはだあれ それはひみつ ひみつひみつ ひみつのアッコちゃん  人でも犬でもおばけでも すいこむ怪物それはなに それは鏡 鏡の中から ブーブーブー リボンをつけたブタが出た ブーブーブー それはだあれ それはひみつ ひみつひみつ ひみつのアッコちゃん
ひみつのアッコちゃん音頭わたし ひみつが あるのよ (ヨイショ) ひとに いえない ことなの (ハテ) みんな かがみが しっている (エッ) ひかり まぶしい おはなし (ソレ)  おどれ!ひみつのアッコちゃん (アッコちゃん) いくつ ひみつが あるのかな (あるのかな) ひとつ・ふたつ・ひみっつ! ひとつ・ふたつ・ひみっつ! おどれ!ひみつのアッコちゃん  わたし ひみつが スキなの (ヨイショ) それは あなたも おなじね (ハテ) ひとに いいたい おしえたい (エッ) だけど ないしょの ことなの (ソレ)  おどれ!ひみつのアッコちゃん (アッコちゃん) いくつ ひみつが ふえたかな (ふえたかな) ひとつ・ふたつ・ひみっつ! ひとつ・ふたつ・ひみっつ! おどれ!ひみつのアッコちゃん  いつか ひみつを おしえる (ヨイショ) いいえ やっぱり やめとく (ハテ) そっと ひみつの コンパクト (エッ) ひとに みられちゃ こまるの (ソレ)  おどれ!ひみつのアッコちゃん (アッコちゃん) いくつ ひみつが ふえたかな (てをつなぎ) ひとつ・ふたつ・ひみっつ! ひとつ・ふたつ・ひみっつ! おどれ!ひみつのアッコちゃん堀江美都子伊藤アキラ有澤孝紀わたし ひみつが あるのよ (ヨイショ) ひとに いえない ことなの (ハテ) みんな かがみが しっている (エッ) ひかり まぶしい おはなし (ソレ)  おどれ!ひみつのアッコちゃん (アッコちゃん) いくつ ひみつが あるのかな (あるのかな) ひとつ・ふたつ・ひみっつ! ひとつ・ふたつ・ひみっつ! おどれ!ひみつのアッコちゃん  わたし ひみつが スキなの (ヨイショ) それは あなたも おなじね (ハテ) ひとに いいたい おしえたい (エッ) だけど ないしょの ことなの (ソレ)  おどれ!ひみつのアッコちゃん (アッコちゃん) いくつ ひみつが ふえたかな (ふえたかな) ひとつ・ふたつ・ひみっつ! ひとつ・ふたつ・ひみっつ! おどれ!ひみつのアッコちゃん  いつか ひみつを おしえる (ヨイショ) いいえ やっぱり やめとく (ハテ) そっと ひみつの コンパクト (エッ) ひとに みられちゃ こまるの (ソレ)  おどれ!ひみつのアッコちゃん (アッコちゃん) いくつ ひみつが ふえたかな (てをつなぎ) ひとつ・ふたつ・ひみっつ! ひとつ・ふたつ・ひみっつ! おどれ!ひみつのアッコちゃん
ビバ!!サンディベル歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ うでをくんで 歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ 笑顔みせて  むねの中なみだの 湖がゆれては かなしみがひとみの奥 あふれてきそうなの らしくないよ なみだなんて なきまねをしただけよ  歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ 空をあおぎ 歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ いつものように  恋するということ わかりかけたみたい なぜかしら夕暮れには ひとりになりたいの らしくないよ ひとりなんて 女の子のしょうこよ  歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ うでをくんで 歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ 笑顔みせて堀江美都子三浦徳子久石譲歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ うでをくんで 歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ 笑顔みせて  むねの中なみだの 湖がゆれては かなしみがひとみの奥 あふれてきそうなの らしくないよ なみだなんて なきまねをしただけよ  歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ 空をあおぎ 歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ いつものように  恋するということ わかりかけたみたい なぜかしら夕暮れには ひとりになりたいの らしくないよ ひとりなんて 女の子のしょうこよ  歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ うでをくんで 歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ 笑顔みせて
ビューティフル・チャイルド-Beautiful Child-けがれを知らぬ人の心は なぜいつか汚れて憎しみ合うの いっしょに夢を描いた空は 今日もまたきれいに澄んでいるのに 私の愛する力ごと 守ってあげたい あなたを  Ah Beautiful, Beautiful Child Ah Beautiful, Beautiful Child Ah Beautiful あなたは光る原石…for you  孤独という名の砂漠に生まれ 戦いを生きてる証と呼んで それでもいつか胸に芽生えた 小さなやさしさ手放さないで いつかはあなたもその腕に 抱きしめる人と出会うわ  Ah Beautiful, Beautiful Child Ah Beautiful, Beautiful Child Ah Beautiful 生命はダイヤモンド…for you  Ah Beautiful, Beautiful Child……堀江美都子園部和範藤田大土けがれを知らぬ人の心は なぜいつか汚れて憎しみ合うの いっしょに夢を描いた空は 今日もまたきれいに澄んでいるのに 私の愛する力ごと 守ってあげたい あなたを  Ah Beautiful, Beautiful Child Ah Beautiful, Beautiful Child Ah Beautiful あなたは光る原石…for you  孤独という名の砂漠に生まれ 戦いを生きてる証と呼んで それでもいつか胸に芽生えた 小さなやさしさ手放さないで いつかはあなたもその腕に 抱きしめる人と出会うわ  Ah Beautiful, Beautiful Child Ah Beautiful, Beautiful Child Ah Beautiful 生命はダイヤモンド…for you  Ah Beautiful, Beautiful Child……
ファイナル・ソルジャー-FINAL SOLDIER-走り出したら もう止められない 君の瞳に 燃えてるファイティング・スピリッツ どこへ行くのか 答えられないまま 目の前の敵をただ 倒してゆくだけ 少年の日は いつも 迷路の真ん中 夢を求めて さまよう それでも Don't give up 明日も Don't give up  覚えておこう 君のまなざしを そのひたむきさ 心に刻んで いつもまっすぐ 生きてゆく気持ちは いつまでも忘れない 胸のモニュメント 少年の日は いつも 短かいメモリー すぎる月日が 悔しい それでも Don't give up 明日も Don't give up  いつもまっすぐ 生きてゆく気持ちは いつまでも忘れない 胸のモニュメント 少年の日は いつも 短かいメモリー すぎる月日が 悔しい それでも Don't give up 明日も Don't give up堀江美都子竜真知子藤田大土走り出したら もう止められない 君の瞳に 燃えてるファイティング・スピリッツ どこへ行くのか 答えられないまま 目の前の敵をただ 倒してゆくだけ 少年の日は いつも 迷路の真ん中 夢を求めて さまよう それでも Don't give up 明日も Don't give up  覚えておこう 君のまなざしを そのひたむきさ 心に刻んで いつもまっすぐ 生きてゆく気持ちは いつまでも忘れない 胸のモニュメント 少年の日は いつも 短かいメモリー すぎる月日が 悔しい それでも Don't give up 明日も Don't give up  いつもまっすぐ 生きてゆく気持ちは いつまでも忘れない 胸のモニュメント 少年の日は いつも 短かいメモリー すぎる月日が 悔しい それでも Don't give up 明日も Don't give up
ふかふかジョリィふかふかふーか なでてごらん ぼくのせなか ふかふか せなかは とうさんゆずり いつか きみを のせてあげよう ふかふかふーか なでてごらん ぼくのせなか  ふわふわふーわ さわってごらん ぼくのしっぽ ふわふわ しっぽは かあさんゆずり どんな ときにも そっとゆするよ ふわふわふーわ さわってごらん ぼくのしっぽ  ふかふかふーか なでてごらん ぼくのせなか ふかふか せなかは とうさんゆずり いつか きみを のせてあげよう ふかふかふーか なでてごらん ぼくのせなか堀江美都子小川千景・若谷和子小森昭宏ふかふかふーか なでてごらん ぼくのせなか ふかふか せなかは とうさんゆずり いつか きみを のせてあげよう ふかふかふーか なでてごらん ぼくのせなか  ふわふわふーわ さわってごらん ぼくのしっぽ ふわふわ しっぽは かあさんゆずり どんな ときにも そっとゆするよ ふわふわふーわ さわってごらん ぼくのしっぽ  ふかふかふーか なでてごらん ぼくのせなか ふかふか せなかは とうさんゆずり いつか きみを のせてあげよう ふかふかふーか なでてごらん ぼくのせなか
不思議を探そうママに内緒で 冒険 探検 不思議の国を見つけるのさ アリと友達になって みんなで出発しよう 水たまりをジャンプして 駆け出してみるよ 流れる雲 追いかけて 知りたいことが溢れて 胸をくすぐるよ 新しい世界が動きだす 鳥のようには飛べないけれど こんなに速く走れるよ  パパに隠れて発見 経験 不思議の国を覗いたのさ 今日は虫メガネ持って どこかへ出発しよう トンボだって怪獣に 見える魔法だね 次は何を見つけよう ジャングルジムの上から 見渡す世界は 謎めいて輝く宝物 たまにひざもすりむくけれど 大人になれる痛みだね  僕はいつでも真剣 体験 不思議の国を見つけたのさ 好きなブランコに乗って 空まで高くこごう 風のように自由だね 夢はふくらんで どんなことも出来そうさ 秘密の基地は僕らが 強くなれる場所 合言葉交わして変身さ 今日も僕は探してるんだ 笑顔にみんななれること  今日も僕は探してるんだ 笑顔にみんななれること堀江美都子又紀仁美又紀仁美ママに内緒で 冒険 探検 不思議の国を見つけるのさ アリと友達になって みんなで出発しよう 水たまりをジャンプして 駆け出してみるよ 流れる雲 追いかけて 知りたいことが溢れて 胸をくすぐるよ 新しい世界が動きだす 鳥のようには飛べないけれど こんなに速く走れるよ  パパに隠れて発見 経験 不思議の国を覗いたのさ 今日は虫メガネ持って どこかへ出発しよう トンボだって怪獣に 見える魔法だね 次は何を見つけよう ジャングルジムの上から 見渡す世界は 謎めいて輝く宝物 たまにひざもすりむくけれど 大人になれる痛みだね  僕はいつでも真剣 体験 不思議の国を見つけたのさ 好きなブランコに乗って 空まで高くこごう 風のように自由だね 夢はふくらんで どんなことも出来そうさ 秘密の基地は僕らが 強くなれる場所 合言葉交わして変身さ 今日も僕は探してるんだ 笑顔にみんななれること  今日も僕は探してるんだ 笑顔にみんななれること
冬の日の子守歌なぜ憶いだすのか 幼い日のことを あふれる陽の中で やさしいパパとママ なにも知らずにすごした あのころ  つるくさにからまり 左足くじいた 夏の日の夕暮 泣きじゃくったあたし 憶いでの光いまは 遠くに  紅いバラはもう咲かない 青い鳥も謳わない ただ風がふくの  紅いバラはもう咲かない 青い鳥も謳わない ただ風がふくの  冬の日の浜辺に 十字架をたてよう 憶いで色をした 幼い日のために ふたたび還らない あのころ堀江美都子仲倉重郎G マルゴーニなぜ憶いだすのか 幼い日のことを あふれる陽の中で やさしいパパとママ なにも知らずにすごした あのころ  つるくさにからまり 左足くじいた 夏の日の夕暮 泣きじゃくったあたし 憶いでの光いまは 遠くに  紅いバラはもう咲かない 青い鳥も謳わない ただ風がふくの  紅いバラはもう咲かない 青い鳥も謳わない ただ風がふくの  冬の日の浜辺に 十字架をたてよう 憶いで色をした 幼い日のために ふたたび還らない あのころ
Fly away−夢の飛行機−虹が滑走路 空に描いた 風は南風 夢飛行日和さ 知らない国へも 未来へだって 行けるパスポート 誰にもあるから あきらめないで Dreaming いつも 憧れを大事にして  そう Fly away 僕たちは夢の飛行機 今 Faraway どこまでも飛んでゆくのさ さあ Fly away ときめきのプロペラまわし 今 Faraway 冒険旅行始めるのさ  昨日より今日が 今日より明日 ほんの少しでも いい日だといいね 振り向くよりも Dreaming いつも 憧れを追いかけたい  そう Fly away 僕たちは夢の飛行機 今 Faraway 銀色の鳥になるのさ さあ Fly away 太陽の光はじいて 今 Faraway 昇り続ける高く高く  そう Fly away 僕たちは夢の飛行機 今 Faraway どこまでも飛んでゆくのさ さあ Fly away ときめきのプロペラまわし 今 Faraway 冒険旅行始めるのさ堀江美都子佐藤ありす有澤孝紀虹が滑走路 空に描いた 風は南風 夢飛行日和さ 知らない国へも 未来へだって 行けるパスポート 誰にもあるから あきらめないで Dreaming いつも 憧れを大事にして  そう Fly away 僕たちは夢の飛行機 今 Faraway どこまでも飛んでゆくのさ さあ Fly away ときめきのプロペラまわし 今 Faraway 冒険旅行始めるのさ  昨日より今日が 今日より明日 ほんの少しでも いい日だといいね 振り向くよりも Dreaming いつも 憧れを追いかけたい  そう Fly away 僕たちは夢の飛行機 今 Faraway 銀色の鳥になるのさ さあ Fly away 太陽の光はじいて 今 Faraway 昇り続ける高く高く  そう Fly away 僕たちは夢の飛行機 今 Faraway どこまでも飛んでゆくのさ さあ Fly away ときめきのプロペラまわし 今 Faraway 冒険旅行始めるのさ
Fly to Space!見上げてごらんよ 星の輝きを 無限に広がる夢を抱しめて 信じてごらんよ 君の輝きを さあ 始まる宇宙の旅  天の川をかすめながら 流れ星が降る 月がはなつ 花火みたい 七色の海 Fly to space  空のはてまで夢をとばして Yes! you can fly to every sky. きっと未来は君を見ている 信じられたら夢はかなうよ Yes! you can fly to every dream. 遠く高くをめざしてゆこう  これから知らない星にめぐり会い 時にはひとりで闇を突き抜ける どこかで誰かが君を信じてる 忘れないで 旅は続く  星座の中 駆け抜けよう はてしないドラマ 君の胸に光る翼 思いどおりに Fly to space  くじけそうなら空を見上げて Yes! you can fly to every sky. きっと未来は君を待っている 約束できる 夢はかなうよ Yes! you can fly to every dream 遠く高くを目指せるなら  空のはてまで夢をとばして Yes! you can fly to every sky. きっと未来は君を見ている 信じられたら夢はかなうよ Yes! you can fly to every dream. 遠く高くをめざしてゆこう堀江美都子木本慶子佐橋俊彦見上げてごらんよ 星の輝きを 無限に広がる夢を抱しめて 信じてごらんよ 君の輝きを さあ 始まる宇宙の旅  天の川をかすめながら 流れ星が降る 月がはなつ 花火みたい 七色の海 Fly to space  空のはてまで夢をとばして Yes! you can fly to every sky. きっと未来は君を見ている 信じられたら夢はかなうよ Yes! you can fly to every dream. 遠く高くをめざしてゆこう  これから知らない星にめぐり会い 時にはひとりで闇を突き抜ける どこかで誰かが君を信じてる 忘れないで 旅は続く  星座の中 駆け抜けよう はてしないドラマ 君の胸に光る翼 思いどおりに Fly to space  くじけそうなら空を見上げて Yes! you can fly to every sky. きっと未来は君を待っている 約束できる 夢はかなうよ Yes! you can fly to every dream 遠く高くを目指せるなら  空のはてまで夢をとばして Yes! you can fly to every sky. きっと未来は君を見ている 信じられたら夢はかなうよ Yes! you can fly to every dream. 遠く高くをめざしてゆこう
F・F・マーチ(Flying Feather March)愛して愛しあって ついでによそ見もしたら そこからまた からみ合った関係 どこまでほんとなのか だれかが嘘つきなのか いり乱れて 見えなくなる関係 なんとかしなきゃ 逃げなくちゃ 心があせる それなのに 気がつきゃ ヤツラのとりこになっていた  They're crazy, and some noisy とびきりの仲間 Flyin' high everyday They're crazy, and some noisy 軽くて複雑 Flyin' high everyday Dreamin' all their dreams  ひとりでいる時には どーってことないヤツが ふたり以上 そろうとおかしくなる ニンゲンにはいろいろ ふしぎな性格あって 時と場合 ちがえばベツジンだよ こんなはずない ボクじゃない 心があせる それなのに 気がつきゃ ヤツラのとりこになっていた  They're crazy, and some noisy とびきりの仲間 Flyin' high everyday They're crazy, and some noisy 軽くて複雑 Flyin' high everyday Dreamin' all their dreams  They're crazy, and some noisy とびきりの仲間 Flyin' high everyday They're crazy, and some noisy 軽くて複雑 Flyin' high everyday Dreamin' all their dreams  They're crazy, and some noisy とびきりの仲間 Flyin' high everyday They're crazy, and some noisy 軽くて複雑 Flyin' high everyday Dreamin' all their dreams堀江美都子冬杜花代子樫原伸彦愛して愛しあって ついでによそ見もしたら そこからまた からみ合った関係 どこまでほんとなのか だれかが嘘つきなのか いり乱れて 見えなくなる関係 なんとかしなきゃ 逃げなくちゃ 心があせる それなのに 気がつきゃ ヤツラのとりこになっていた  They're crazy, and some noisy とびきりの仲間 Flyin' high everyday They're crazy, and some noisy 軽くて複雑 Flyin' high everyday Dreamin' all their dreams  ひとりでいる時には どーってことないヤツが ふたり以上 そろうとおかしくなる ニンゲンにはいろいろ ふしぎな性格あって 時と場合 ちがえばベツジンだよ こんなはずない ボクじゃない 心があせる それなのに 気がつきゃ ヤツラのとりこになっていた  They're crazy, and some noisy とびきりの仲間 Flyin' high everyday They're crazy, and some noisy 軽くて複雑 Flyin' high everyday Dreamin' all their dreams  They're crazy, and some noisy とびきりの仲間 Flyin' high everyday They're crazy, and some noisy 軽くて複雑 Flyin' high everyday Dreamin' all their dreams  They're crazy, and some noisy とびきりの仲間 Flyin' high everyday They're crazy, and some noisy 軽くて複雑 Flyin' high everyday Dreamin' all their dreams
ふりむけばDanger!傷つくことは 決して こわくない だから Never cry だから Never stop 走れ 奪われたもの 奪い返すまで 迷わないと 誓いあった日から 戦いは Lonely game 果てしないけど 立ち上がれ Soldier boy 負けないで  Danger!Danger!Danger! 撃ちおとせ 熱いパワーこめて Danger!Danger!Danger! 明日こそ You gonna be free in the sky  哀しみだって きっと 越えられる だから Never lose だから Never stop 走れ 強く 引き金 引いた 手ごたえは 熱い絆 育てるのさ My heart 燃え上がれ Burning shot 狙いをつけて 君はもう Soldier boy 戻れない  Danger!Danger!Danger! 撃ちおとせ ふりむけば 負けさ Danger!Danger!Danger! いつの日か You gonna be free in the sky  いつだって Endless Love 覚えておいて 愛してる Soldier boy 君だけを  Danger!Danger!Danger! 撃ちおとせ 熱いパワーこめて Danger!Danger!Danger! 明日こそ You gonna be free in the sky  You gonna be free in the sky Danger!堀江美都子竜真知子小杉保夫傷つくことは 決して こわくない だから Never cry だから Never stop 走れ 奪われたもの 奪い返すまで 迷わないと 誓いあった日から 戦いは Lonely game 果てしないけど 立ち上がれ Soldier boy 負けないで  Danger!Danger!Danger! 撃ちおとせ 熱いパワーこめて Danger!Danger!Danger! 明日こそ You gonna be free in the sky  哀しみだって きっと 越えられる だから Never lose だから Never stop 走れ 強く 引き金 引いた 手ごたえは 熱い絆 育てるのさ My heart 燃え上がれ Burning shot 狙いをつけて 君はもう Soldier boy 戻れない  Danger!Danger!Danger! 撃ちおとせ ふりむけば 負けさ Danger!Danger!Danger! いつの日か You gonna be free in the sky  いつだって Endless Love 覚えておいて 愛してる Soldier boy 君だけを  Danger!Danger!Danger! 撃ちおとせ 熱いパワーこめて Danger!Danger!Danger! 明日こそ You gonna be free in the sky  You gonna be free in the sky Danger!
ふるさとが聴こえる~ノスタルジア~瞳を閉じれば あの日が聴こえるわ 風と木のおしゃべり 小鳥のコーラス そして あなたの 奏でるハーモニカ  記憶をふちどる 故郷は優しくて 手をつなぎはしゃいだ 光る草原 まるで夢へと 続いていたみたい  Ah 心の五線紙を いろどるノスタルジア それは私の宝物だけれど  歩いてゆくわ いまは明日へと めざしてゆくわ あなたの住む都会へ 想い出を口ずさみ 未来へ飛立つの  列車の窓から あの日に手を振れば 涙ぐむ青空 けれど遠くには 晴れた陽差しが 私を手招くわ  Ah 青春の入り口 きらめくメモリアル それは私の誇りだけれど  歩いてゆくわ 大人への線路 めざしてゆくわ 新しい私を ときめきをポケットに あなたへ向かうのよ  歩いてゆくわ いまは明日へと めざしてゆくわ あなたの住む都会へ 想い出を口ずさみ 未来へ飛立つの堀江美都子森由里子島津秀雄瞳を閉じれば あの日が聴こえるわ 風と木のおしゃべり 小鳥のコーラス そして あなたの 奏でるハーモニカ  記憶をふちどる 故郷は優しくて 手をつなぎはしゃいだ 光る草原 まるで夢へと 続いていたみたい  Ah 心の五線紙を いろどるノスタルジア それは私の宝物だけれど  歩いてゆくわ いまは明日へと めざしてゆくわ あなたの住む都会へ 想い出を口ずさみ 未来へ飛立つの  列車の窓から あの日に手を振れば 涙ぐむ青空 けれど遠くには 晴れた陽差しが 私を手招くわ  Ah 青春の入り口 きらめくメモリアル それは私の誇りだけれど  歩いてゆくわ 大人への線路 めざしてゆくわ 新しい私を ときめきをポケットに あなたへ向かうのよ  歩いてゆくわ いまは明日へと めざしてゆくわ あなたの住む都会へ 想い出を口ずさみ 未来へ飛立つの
Blue WednesdayWednesday, Wednesday, Blue Wednesday  今日は第一水よう日 評議員の皆さまが 馬車や車でやってくる Wednesday, Wednesday, Blue Wednesday みんな一日いい子になって 朝から晩までたいへんなんだ  床はつるつる 窓はぴかぴか 椅子も机も ほこりをなくし ベッドメイクに シャワーにシャンプー 服はのり付き ギンガムチェック  Wednesday, Wednesday, Blue Wednesday 月に一度のこの日がなけりゃ ここのくらしも まんざらじゃないのに ああ ああ いやだな水よう日 水よう日なんて こなきゃいいのに  今日は第一水よう日 評議員の皆さまに 月に一度のごあいさつ Wednesday, Wednesday, Blue Wednesday みんな一日お行儀良くし おまけに食事も出さなきゃならぬ  返事はきはきはい、先生! 姿勢正しく いいえ、先生! ボタンはぜんぶ きちんとはめて けんか泣き虫 おしゃべりだめよ  Wednesday, Wednesday, Blue Wednesday 勇気出して耐えてしまおう 明日がくれば忘れてしまえるさ ああ ああ いやだな水よう日 水よう日なんて こなきゃいいのに堀江美都子冬杜花代子川辺真Wednesday, Wednesday, Blue Wednesday  今日は第一水よう日 評議員の皆さまが 馬車や車でやってくる Wednesday, Wednesday, Blue Wednesday みんな一日いい子になって 朝から晩までたいへんなんだ  床はつるつる 窓はぴかぴか 椅子も机も ほこりをなくし ベッドメイクに シャワーにシャンプー 服はのり付き ギンガムチェック  Wednesday, Wednesday, Blue Wednesday 月に一度のこの日がなけりゃ ここのくらしも まんざらじゃないのに ああ ああ いやだな水よう日 水よう日なんて こなきゃいいのに  今日は第一水よう日 評議員の皆さまに 月に一度のごあいさつ Wednesday, Wednesday, Blue Wednesday みんな一日お行儀良くし おまけに食事も出さなきゃならぬ  返事はきはきはい、先生! 姿勢正しく いいえ、先生! ボタンはぜんぶ きちんとはめて けんか泣き虫 おしゃべりだめよ  Wednesday, Wednesday, Blue Wednesday 勇気出して耐えてしまおう 明日がくれば忘れてしまえるさ ああ ああ いやだな水よう日 水よう日なんて こなきゃいいのに
Breakin' MeBreakin' me, Breakin' you こわがり屋じゃはじまらない Genkist Breakin' me, Breakin' you かっこつけるだけじゃ アウト Dasaist  あっあっあっ 熱いビーム あっあっあっ あなたに投げつけて  わたし あざやかに ゆくわ 迫力 びびらずにいてね 好きと言えたら ひとまず サクセス  Breakin' me, Breakin' you 見たがり屋で どこが悪い Genkist Breakin' me, Breakin' you 夢のままで がまんなんて Dasaist  あっあっあっ 熱いビーム あっあっあっ あなたはうけとめて ふたりのオーラが やがて重なる みせてくれるわね キスができたら もうひとつ サクセス  わたし あざやかに ゆくわ 迫力 びびらずにいてね 好きと言えたら ひとまず サクセス堀江美都子冬杜花代子根岸孝旨Breakin' me, Breakin' you こわがり屋じゃはじまらない Genkist Breakin' me, Breakin' you かっこつけるだけじゃ アウト Dasaist  あっあっあっ 熱いビーム あっあっあっ あなたに投げつけて  わたし あざやかに ゆくわ 迫力 びびらずにいてね 好きと言えたら ひとまず サクセス  Breakin' me, Breakin' you 見たがり屋で どこが悪い Genkist Breakin' me, Breakin' you 夢のままで がまんなんて Dasaist  あっあっあっ 熱いビーム あっあっあっ あなたはうけとめて ふたりのオーラが やがて重なる みせてくれるわね キスができたら もうひとつ サクセス  わたし あざやかに ゆくわ 迫力 びびらずにいてね 好きと言えたら ひとまず サクセス
別離いまも心にのこる いとしいおもかげ ひかる泪のなかの 優しいほほえみ はるか宇宙のかなた 旅立っていった 愛と勇気のひとよ 忘れ得ぬあなた 風に呼ばれたしろい 花びらのように 永遠の愛を信じきって 手をさしのべる わたし 空は暗いですか 淋しいですか  青い地球をあなた いつも忘れないで 永遠の愛を胸に秘めて 生きつづけます わたし きっと帰りますね 愛あるかぎり 愛あるかぎり堀江美都子和田順子・補作詞:山口洋子宮川泰いまも心にのこる いとしいおもかげ ひかる泪のなかの 優しいほほえみ はるか宇宙のかなた 旅立っていった 愛と勇気のひとよ 忘れ得ぬあなた 風に呼ばれたしろい 花びらのように 永遠の愛を信じきって 手をさしのべる わたし 空は暗いですか 淋しいですか  青い地球をあなた いつも忘れないで 永遠の愛を胸に秘めて 生きつづけます わたし きっと帰りますね 愛あるかぎり 愛あるかぎり
ペガサスのメモリー諦めなきゃ もうこんな気持ち 決めたのに ぼんやりとただ 落ちる砂時計 見てる 素敵な日々 鍵を回しては 広げてる 立ち去るあなた 引き止められない わたし 好きなのは あなただけ さようなら 今ならまだ 帰る場所が この胸には 淡い色の やさしすぎる メモリー  ごめんなさい ほんとうのことが 言えなくて 約束すれば もっとつらくなる 秘密 涙ぐむ こんな夜 これからは どこにいても 忘れないわ 支えになる あたたかくて せつなすぎる メモリー  星よ お願い 寂しい想いに 翼を  あなたはきっと ペガサスの輝き SO LONG堀江美都子浅田有理若草恵諦めなきゃ もうこんな気持ち 決めたのに ぼんやりとただ 落ちる砂時計 見てる 素敵な日々 鍵を回しては 広げてる 立ち去るあなた 引き止められない わたし 好きなのは あなただけ さようなら 今ならまだ 帰る場所が この胸には 淡い色の やさしすぎる メモリー  ごめんなさい ほんとうのことが 言えなくて 約束すれば もっとつらくなる 秘密 涙ぐむ こんな夜 これからは どこにいても 忘れないわ 支えになる あたたかくて せつなすぎる メモリー  星よ お願い 寂しい想いに 翼を  あなたはきっと ペガサスの輝き SO LONG
ペペロの冒険黄金のコンドルよ 大きな羽を広げて このぼくを エル・ドラドへ 幸せのまつ エル・ドラドへ つれていっておくれ まいあがれ 大空へ アンデスの 広い空 白い雲も 青い風も みんなぼくの友達 黄金のコンドルよ お父さんのいる エル・ドラドへ つれていっておくれ  黄金のコンドルよ 大きな羽を広げて このぼくを エル・ドラドへ 幸せのまつ エル・ドラドへ つれていっておくれ まいあがれ 大空へ アンデスの 高い山 雨も 嵐も 竜巻も みんなのりこえろ 黄金のコンドルよ お父さんのいる エル・ドラドへ つれていっておくれ  まいあがれ 大空へ アンデスの 広い空 白い雲も 青い風も みんなぼくの友達 黄金のコンドルよ お父さんのいる エル・ドラドへ つれていっておくれ堀江美都子楳図かずお山下毅雄黄金のコンドルよ 大きな羽を広げて このぼくを エル・ドラドへ 幸せのまつ エル・ドラドへ つれていっておくれ まいあがれ 大空へ アンデスの 広い空 白い雲も 青い風も みんなぼくの友達 黄金のコンドルよ お父さんのいる エル・ドラドへ つれていっておくれ  黄金のコンドルよ 大きな羽を広げて このぼくを エル・ドラドへ 幸せのまつ エル・ドラドへ つれていっておくれ まいあがれ 大空へ アンデスの 高い山 雨も 嵐も 竜巻も みんなのりこえろ 黄金のコンドルよ お父さんのいる エル・ドラドへ つれていっておくれ  まいあがれ 大空へ アンデスの 広い空 白い雲も 青い風も みんなぼくの友達 黄金のコンドルよ お父さんのいる エル・ドラドへ つれていっておくれ
星屑のシャンデリアこの手に あふれる カトレアの花を かかえて あなたの 窓辺で そっと名前を 呼ぶの キラキラ またたく 星屑の シャンデリアたち 二人を うつすわ やさしい光 投げて 一人なら 長い夜も 二人ならば 映画のよう 眠ることも 忘れてしまう ほほえみに 包まれて  いつでも あなたが 淋しさを 感じた時は 私を 呼んでね だって 友達だもの キラキラ またたく 星屑の シャンデリアたち お願い 二人を ずっと 守っていてね 夢見ること 忘れている 大人になら なりたくない 今のままの あなたでいてね ほほえみに 包まれて  一人なら 長い夜も 二人ならば 映画のよう 今のままの あなたでいてね ほほえみに 包まれて堀江美都子小坂明子小坂明子この手に あふれる カトレアの花を かかえて あなたの 窓辺で そっと名前を 呼ぶの キラキラ またたく 星屑の シャンデリアたち 二人を うつすわ やさしい光 投げて 一人なら 長い夜も 二人ならば 映画のよう 眠ることも 忘れてしまう ほほえみに 包まれて  いつでも あなたが 淋しさを 感じた時は 私を 呼んでね だって 友達だもの キラキラ またたく 星屑の シャンデリアたち お願い 二人を ずっと 守っていてね 夢見ること 忘れている 大人になら なりたくない 今のままの あなたでいてね ほほえみに 包まれて  一人なら 長い夜も 二人ならば 映画のよう 今のままの あなたでいてね ほほえみに 包まれて
星に願いを愛よ 私達の愛よ 今は 小さくても やがて大きく はばたいて 大空を飛んでゆくよ 星に 星に願いを かけたから  愛よ 私達の愛よ 今は悲しくても いつか明るく よみがえり 涙さえわすれられる 星に 星に願いを かけたから  愛よ 私達の愛よ 今は みえなくても 心の中に あるのなら いつまでも消えはしない 星に 星に願いを かけたから堀江美都子田村多津夫菊池俊輔愛よ 私達の愛よ 今は 小さくても やがて大きく はばたいて 大空を飛んでゆくよ 星に 星に願いを かけたから  愛よ 私達の愛よ 今は悲しくても いつか明るく よみがえり 涙さえわすれられる 星に 星に願いを かけたから  愛よ 私達の愛よ 今は みえなくても 心の中に あるのなら いつまでも消えはしない 星に 星に願いを かけたから
ホネはどこだどこだ どこだ ホネは みつからナイナイナイ どこにもナイナイナイ さがせ さがせ ホネを  どこにかくしたのか どこでなくしたのか どこだ どこだ ホネは きおくがナイナイ仕方ない  このごろちょっとモノワスレ 大事なモノがなくなっちゃう たしかにここにおいたのに ところでなにをさがしてんの?  ハラペコ ワンワンワン 泣けてきちゃう  そうだ そうだ ホネだ やっぱりナイナイナイ ゼンゼンナイナイナイ さがせ さがせ ホネを  ぼくのホネを知らない? 知ってるわけがないか どこだ どこだ ホネは ちからも出ない仕方ない  自慢のハナもきかなくて けんとうさえもつかない お庭のすみにうめたっけ? それともあれは夢だったの?  たそがれ ワンワンワン 泣けてきちゃう堀江美都子木本慶子佐橋俊彦どこだ どこだ ホネは みつからナイナイナイ どこにもナイナイナイ さがせ さがせ ホネを  どこにかくしたのか どこでなくしたのか どこだ どこだ ホネは きおくがナイナイ仕方ない  このごろちょっとモノワスレ 大事なモノがなくなっちゃう たしかにここにおいたのに ところでなにをさがしてんの?  ハラペコ ワンワンワン 泣けてきちゃう  そうだ そうだ ホネだ やっぱりナイナイナイ ゼンゼンナイナイナイ さがせ さがせ ホネを  ぼくのホネを知らない? 知ってるわけがないか どこだ どこだ ホネは ちからも出ない仕方ない  自慢のハナもきかなくて けんとうさえもつかない お庭のすみにうめたっけ? それともあれは夢だったの?  たそがれ ワンワンワン 泣けてきちゃう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
炎のたからもの幸せを訪ねて 私は行きたい いばらの道も 凍てつく夜も 二人で渡って 行きたい  旅人のさむいこころを 誰が抱いてあげるの 誰が夢を かなえてくれる  炎と燃えさかる 私のこの愛 あなたにだけは わかって欲しい 絆で私をつつんで…  荒野をさすらうあなたを 眠らせてあげたいの 流れ星は あなたのことね  炎と燃えさかる 私のこの愛 あなたにだけは わかって欲しい なぞめく霧も晴れて行く堀江美都子橋本淳大野雄二幸せを訪ねて 私は行きたい いばらの道も 凍てつく夜も 二人で渡って 行きたい  旅人のさむいこころを 誰が抱いてあげるの 誰が夢を かなえてくれる  炎と燃えさかる 私のこの愛 あなたにだけは わかって欲しい 絆で私をつつんで…  荒野をさすらうあなたを 眠らせてあげたいの 流れ星は あなたのことね  炎と燃えさかる 私のこの愛 あなたにだけは わかって欲しい なぞめく霧も晴れて行く
冒険パンチ!好きな言葉は 冒険! 趣味はもちろん 冒険!  さわぐんだ さわぐんだ 胸の真ん中が タイフーン  カッコいい クルマに乗って あっちっち 砂漠走ろう 何かが待ってる…ムズムズしちゃう!  ススメ!ココロの磁石信じて 涙出たって 勇気でぶっとばせ! 冒険パンチ!  いつでも夢は 冒険! 心にいつも 冒険!  見たいんだ 見たいんだ 初めての不思議 大コ―フン  ピカピカの 飛行機のって ひとっ飛び 地上絵見よう まだまだ世界は ナゾに満ちてる!  ススメ!ココロの磁石信じて 擦りむいたって 勇気でぶっとばせ! 冒険パンチ!  なにがなんでも 冒険! マチガイナイよ 冒険!  たのしいんだ たのしいんだ ガマン出来ないよ あと1分!  じゃぶじゃぶと 船にのって 大発見! 宝の地図 いつか行きたいな かなり本気で  ススメ!ココロの磁石信じて きっと見つけよう キミの宝物を 冒険パンチ!堀江美都子藤林聖子田代智一好きな言葉は 冒険! 趣味はもちろん 冒険!  さわぐんだ さわぐんだ 胸の真ん中が タイフーン  カッコいい クルマに乗って あっちっち 砂漠走ろう 何かが待ってる…ムズムズしちゃう!  ススメ!ココロの磁石信じて 涙出たって 勇気でぶっとばせ! 冒険パンチ!  いつでも夢は 冒険! 心にいつも 冒険!  見たいんだ 見たいんだ 初めての不思議 大コ―フン  ピカピカの 飛行機のって ひとっ飛び 地上絵見よう まだまだ世界は ナゾに満ちてる!  ススメ!ココロの磁石信じて 擦りむいたって 勇気でぶっとばせ! 冒険パンチ!  なにがなんでも 冒険! マチガイナイよ 冒険!  たのしいんだ たのしいんだ ガマン出来ないよ あと1分!  じゃぶじゃぶと 船にのって 大発見! 宝の地図 いつか行きたいな かなり本気で  ススメ!ココロの磁石信じて きっと見つけよう キミの宝物を 冒険パンチ!
ぼくたち地球人みてみてよ ほら 花や草木が おはようのあいさつ しているよ だからみんなで スキップふんで ラララ ランラ ラララ ランラ うたをうたおう  ぼくたち地球人 大きなうちゅうの 小さな星に えがおがいっぱい 夢のくに 手と手をつないで つくろうよ  きいてごらんよ 川のせせらぎ とりたちとおしゃべり しているよ だからみんなで 口ぶえならし ピピピ ピッピ ピピピ ピッピ おはなししよう  ぼくたち地球人 きょうもあしたも あさっても みどりがいっぱい 夢のまち ちからをあわせて つくろうよ  ぼくたち地球人 大きなうちゅうの 小さな星に えがおがいっぱい 夢のくに 手と手をつないで つくろうよ堀江美都子みなもとたかし菊池俊輔みてみてよ ほら 花や草木が おはようのあいさつ しているよ だからみんなで スキップふんで ラララ ランラ ラララ ランラ うたをうたおう  ぼくたち地球人 大きなうちゅうの 小さな星に えがおがいっぱい 夢のくに 手と手をつないで つくろうよ  きいてごらんよ 川のせせらぎ とりたちとおしゃべり しているよ だからみんなで 口ぶえならし ピピピ ピッピ ピピピ ピッピ おはなししよう  ぼくたち地球人 きょうもあしたも あさっても みどりがいっぱい 夢のまち ちからをあわせて つくろうよ  ぼくたち地球人 大きなうちゅうの 小さな星に えがおがいっぱい 夢のくに 手と手をつないで つくろうよ
ぼくのプループルー あれからぼくは いろんな街で小鳥のように 優しい指をさがしていた おまえになら哀しみさえも 夢のように話しただろう  プルー おまえと生きた 短かい夏を写真のように ぼくの胸にひろげてみる 栗毛色のおまえの耳から 空のような匂いがした  プルー だれに逢っても どこかにいてもさびしいのなら 今もおまえと暮らしたい ゆくえの知れない子犬のプルー なんでも話して聞かせた ぼくのプルーぼくのプルー堀江美都子林櫂三郎広瀬量平プルー あれからぼくは いろんな街で小鳥のように 優しい指をさがしていた おまえになら哀しみさえも 夢のように話しただろう  プルー おまえと生きた 短かい夏を写真のように ぼくの胸にひろげてみる 栗毛色のおまえの耳から 空のような匂いがした  プルー だれに逢っても どこかにいてもさびしいのなら 今もおまえと暮らしたい ゆくえの知れない子犬のプルー なんでも話して聞かせた ぼくのプルーぼくのプルー
僕らの島誰よりも好きなあなたに 誰にも言わない言葉あげよう 太陽が沈む前に伝えたい 一番大切な物語  いつから ここにいたのか 思い出すことはないけど 君が君がいればそれでいい 海の底の記憶たぐり寄せ 波に消えた言葉見つけた時 今日が終わる 明日が始まる 僕らの島の物語  その人はもういないけど 僕しか知らない夢をあげよう 青い月登る前に伝えたい 一番大切な物語  僕はずっと忘れない 想い出はうすれてゆくけど 君が君がいればそれでいい 海の底の記憶たぐり寄せ 波に消えた言葉見つけた時 そこで終わる そして始まる 僕らの島の物語  僕らの島の物語堀江美都子柴田亜美中村暢之誰よりも好きなあなたに 誰にも言わない言葉あげよう 太陽が沈む前に伝えたい 一番大切な物語  いつから ここにいたのか 思い出すことはないけど 君が君がいればそれでいい 海の底の記憶たぐり寄せ 波に消えた言葉見つけた時 今日が終わる 明日が始まる 僕らの島の物語  その人はもういないけど 僕しか知らない夢をあげよう 青い月登る前に伝えたい 一番大切な物語  僕はずっと忘れない 想い出はうすれてゆくけど 君が君がいればそれでいい 海の底の記憶たぐり寄せ 波に消えた言葉見つけた時 そこで終わる そして始まる 僕らの島の物語  僕らの島の物語
僕らの宝箱青い空に 浮かぶ雲 キミは覚えているだろうか  僕らの胸の宝箱 大人になっても 忘れないよ  ペダルをこぐたび スピードあげて 夢さがそう  キミと僕との間に吹いてくる風 夏の日の 空の匂いがしてる きょうとあしたの間に かかる橋は 雨上がりの空の 虹色ダイヤモンドさ  小さなことで つまづいても ナミダは明日の 勇気になる  僕らはココロの つばさひろげて 夢つかもう  キミと僕との間に降りそそいでる 太陽のシャワー ゲンキを浴びて こんなまぶしい季節を 駆け抜けたから ココロの日時計 今でもあの日のままさ  キミと僕との間に吹いてくる風 夏の日の 空の匂いがしてる きょうとあしたの間に かかる橋は 雨上がりの空の 虹色ダイヤモンドさ堀江美都子まつざきゆうこ松本俊明青い空に 浮かぶ雲 キミは覚えているだろうか  僕らの胸の宝箱 大人になっても 忘れないよ  ペダルをこぐたび スピードあげて 夢さがそう  キミと僕との間に吹いてくる風 夏の日の 空の匂いがしてる きょうとあしたの間に かかる橋は 雨上がりの空の 虹色ダイヤモンドさ  小さなことで つまづいても ナミダは明日の 勇気になる  僕らはココロの つばさひろげて 夢つかもう  キミと僕との間に降りそそいでる 太陽のシャワー ゲンキを浴びて こんなまぶしい季節を 駆け抜けたから ココロの日時計 今でもあの日のままさ  キミと僕との間に吹いてくる風 夏の日の 空の匂いがしてる きょうとあしたの間に かかる橋は 雨上がりの空の 虹色ダイヤモンドさ
ボーイフレンド教えてよ あなたは誰? 気になるの あなたは誰? いつのまに 私のハート しのびこんでいたの 気がつくと フワフワ気分 夢の中 ユラユラ気分 ときめきは赤い風船 その手 離さないで  まだ 恋と呼べない 憧れ色の空 目と目でわかる想いは あなただけ あなただけ 心に決めた ボーイフレンド  いたずらも 憎めないほど はじめから あなたのペース 会うたびに ドキドキさせる そこが とても魅力 急がなくていいの 私は待ってるわ 瞳に映る笑顔は あなただけ あなただけ 心に決めた ボーイフレンド  まだ 恋と呼べない 憧れ色の空 目と目でわかる想いは あなただけ あなただけ 心に決めた ボーイフレンド堀江美都子竜真知子小林克己教えてよ あなたは誰? 気になるの あなたは誰? いつのまに 私のハート しのびこんでいたの 気がつくと フワフワ気分 夢の中 ユラユラ気分 ときめきは赤い風船 その手 離さないで  まだ 恋と呼べない 憧れ色の空 目と目でわかる想いは あなただけ あなただけ 心に決めた ボーイフレンド  いたずらも 憎めないほど はじめから あなたのペース 会うたびに ドキドキさせる そこが とても魅力 急がなくていいの 私は待ってるわ 瞳に映る笑顔は あなただけ あなただけ 心に決めた ボーイフレンド  まだ 恋と呼べない 憧れ色の空 目と目でわかる想いは あなただけ あなただけ 心に決めた ボーイフレンド
ポップコーンになろうギラギラ太陽はだかで ポップ あの雲つきぬけとびあがれ 両手をひろげてはねれば ポップ みんなではじけろ ポップポップコーン  Oneポップ Twoポップ Three Four Fiveポップ Sixポップ Sevenポップ Eight Nine Tenポップ ポップコーン はじけて ポップコーン ポーン!  ジリジリ砂浜やけたら ポップ 素足のうらがわ大さわぎ すべってころんであわてて ポップ 空まではじけろ ポップポップコーン  Oneポップ Twoポップ Three Four Fiveポップ Sixポップ Sevenポップ Eight Nine Tenポップ ポップコーン はじけて ポップコーン ポーン!  ヒリヒリこげてる背中で ポップ となりでびっくり飛行船 気分は宇宙さとび出せ ポップ みんなではじけろ ポップポップコーン  Oneポップ Twoポップ Three Four Fiveポップ Sixポップ Sevenポップ Eight Nine Tenポップ ポップコーン はじけて ポップコーン ポーン!堀江美都子冬杜花代子越部信義ギラギラ太陽はだかで ポップ あの雲つきぬけとびあがれ 両手をひろげてはねれば ポップ みんなではじけろ ポップポップコーン  Oneポップ Twoポップ Three Four Fiveポップ Sixポップ Sevenポップ Eight Nine Tenポップ ポップコーン はじけて ポップコーン ポーン!  ジリジリ砂浜やけたら ポップ 素足のうらがわ大さわぎ すべってころんであわてて ポップ 空まではじけろ ポップポップコーン  Oneポップ Twoポップ Three Four Fiveポップ Sixポップ Sevenポップ Eight Nine Tenポップ ポップコーン はじけて ポップコーン ポーン!  ヒリヒリこげてる背中で ポップ となりでびっくり飛行船 気分は宇宙さとび出せ ポップ みんなではじけろ ポップポップコーン  Oneポップ Twoポップ Three Four Fiveポップ Sixポップ Sevenポップ Eight Nine Tenポップ ポップコーン はじけて ポップコーン ポーン!
マイビューティフルタウン私の町の空は どこの空よりきれい それは町のみんなが やさしく見上げるから ほら だれかの声が きょうも空にはじけて ほら だれかの声が やさしくこたえている オー マイ ビューティフル タウン いつの日か あなたと オー マイ ビューティフル タウン あなたと あるきたい  私の町の風は みんなの胸にとけて わすれられない歌を 心にのこしてゆく ほら どこかで鐘が いっしょに歌っている ほら どこかで鳥が つばさをひろげている  オー マイ ビューティフル タウン いつの日か あなたに オー マイ ビューティフル タウン あなたに おしえたい  オー マイ ビューティフル タウン いつの日か あなたに オー マイ ビューティフル タウン あなたに おしえたい堀江美都子伊藤アキラ渡辺岳夫私の町の空は どこの空よりきれい それは町のみんなが やさしく見上げるから ほら だれかの声が きょうも空にはじけて ほら だれかの声が やさしくこたえている オー マイ ビューティフル タウン いつの日か あなたと オー マイ ビューティフル タウン あなたと あるきたい  私の町の風は みんなの胸にとけて わすれられない歌を 心にのこしてゆく ほら どこかで鐘が いっしょに歌っている ほら どこかで鳥が つばさをひろげている  オー マイ ビューティフル タウン いつの日か あなたに オー マイ ビューティフル タウン あなたに おしえたい  オー マイ ビューティフル タウン いつの日か あなたに オー マイ ビューティフル タウン あなたに おしえたい
まけるなデメタンぼくはデメタン けろっこデメタン 虹のお池の かえるのデメタン アー! 上がり目 下がり目 かえるの目 ひっくりかえりも おてのもの あぶなくなったら ジャンプでにげろ デメタン 出番だ まかせておくれ 平和が来るまで ぼくはやる けろっこデメタン  ぼくはデメタン けろっこデメタン ケロケロ笛吹く かえるのデメタン アー! はばとび たかとび かえるとび でんぐりかえりも おてのもの いじわるイボ吉 ギャー太もにくい デメタン 出番だ よしきた行くぞ お池のためなら ぼくはやる けろっこデメタン  ぼくはデメタン けろっこデメタン 虹のお池の 元気なデメタン アー! なぐられ こずかれ けとばされ まわした目玉も おてのもの ふくれたほっぺた たたいておきろ デメタン 出番だ まかせておくれ ラナタンついてる ぼくはやる けろっこデメタン堀江美都子丘灯至夫越部信義ぼくはデメタン けろっこデメタン 虹のお池の かえるのデメタン アー! 上がり目 下がり目 かえるの目 ひっくりかえりも おてのもの あぶなくなったら ジャンプでにげろ デメタン 出番だ まかせておくれ 平和が来るまで ぼくはやる けろっこデメタン  ぼくはデメタン けろっこデメタン ケロケロ笛吹く かえるのデメタン アー! はばとび たかとび かえるとび でんぐりかえりも おてのもの いじわるイボ吉 ギャー太もにくい デメタン 出番だ よしきた行くぞ お池のためなら ぼくはやる けろっこデメタン  ぼくはデメタン けろっこデメタン 虹のお池の 元気なデメタン アー! なぐられ こずかれ けとばされ まわした目玉も おてのもの ふくれたほっぺた たたいておきろ デメタン 出番だ まかせておくれ ラナタンついてる ぼくはやる けろっこデメタン
魔法のマコちゃんどこからきたの マコ ねえマコ なにをもとめてさまようの マコ 青いひとみに 涙が光り 白いすあしに血がにじむ そんなとき そんなひは ふるえるこの手で おさえても ひとつぶ涙が こぼれちゃうのよ 「だって年頃なんですもの わかってー」  どこからきたの マコ ねえマコ なにをもとめてさまようの マコ 小さなかたで 涙をこらえ ながれる星に たずねるの そんなとき そんな夜 ふるえるこの手で おさえても ひとつぶ涙が こぼれちゃうのよ 「だって年頃なんですもの わかってー」  どこからきたの マコ ねえマコ なにをもとめてさまようの マコ あかいマフラーで 涙をおさえ とおいふるさと よんでみる そんなとき そんなひは ふるえるこの手で おさえても ひとつぶ涙が こぼれちゃうのよ 「だって年頃なんですもの わかってー」堀江美都子渡辺岳夫渡辺岳夫どこからきたの マコ ねえマコ なにをもとめてさまようの マコ 青いひとみに 涙が光り 白いすあしに血がにじむ そんなとき そんなひは ふるえるこの手で おさえても ひとつぶ涙が こぼれちゃうのよ 「だって年頃なんですもの わかってー」  どこからきたの マコ ねえマコ なにをもとめてさまようの マコ 小さなかたで 涙をこらえ ながれる星に たずねるの そんなとき そんな夜 ふるえるこの手で おさえても ひとつぶ涙が こぼれちゃうのよ 「だって年頃なんですもの わかってー」  どこからきたの マコ ねえマコ なにをもとめてさまようの マコ あかいマフラーで 涙をおさえ とおいふるさと よんでみる そんなとき そんなひは ふるえるこの手で おさえても ひとつぶ涙が こぼれちゃうのよ 「だって年頃なんですもの わかってー」
ママとぼくとママ ママ おしえて ママ ママ ぼくはね ママ ママ てをつないで  ママとぼくと ぼくとママと  ママのそばに いるだけで ママのそばに いるだけで  ママ ママ いつでも ママ ママ ぼくはね ママ ママ みつけたんだ  ママがわらう  ぼくもわらう  ママがそばに いるだけで ママがそばに いるだけで堀江美都子木本慶子佐橋俊彦ママ ママ おしえて ママ ママ ぼくはね ママ ママ てをつないで  ママとぼくと ぼくとママと  ママのそばに いるだけで ママのそばに いるだけで  ママ ママ いつでも ママ ママ ぼくはね ママ ママ みつけたんだ  ママがわらう  ぼくもわらう  ママがそばに いるだけで ママがそばに いるだけで
ムーミンのテーマねえムーミン こっちむいて はずかしがらないで モジモジしないで おねんねネ あらまあ どして けどでも わかるけど 男の子でしょ だからねえ こっちむいて  ねえムーミン あたしに話して かくしたりしないで なんでもうちあけて おばかさんね だって そんな まさか ううん さあいいから 男の子でしょ だからねえ あたしに話して堀江美都子堀江美都子宇野誠一郎ねえムーミン こっちむいて はずかしがらないで モジモジしないで おねんねネ あらまあ どして けどでも わかるけど 男の子でしょ だからねえ こっちむいて  ねえムーミン あたしに話して かくしたりしないで なんでもうちあけて おばかさんね だって そんな まさか ううん さあいいから 男の子でしょ だからねえ あたしに話して
MOON LIGHTMOONLIGHT MOONLIGHT なぜこんなに やわらかな 夢のように こぼれる STARLIGHT STARLIGHT どこへゆくの? さわやかな 風を受けて 行く船 すべてを知らせて やすらぎを覚え あなたへと揺れる 光りなの 水辺のさざ波 オルゴールのよう くりかえし寄せる 想いなの はじめて聞いた歌 なくしたくない愛  白い帆をあげて ふくらむ想いは 少しせつなくて 青い羽根 あなたのほほえみ 日だまりのように わたしの瞳に 映るから やさしく降りる夜 素足のままの愛  MOONLIGHT MOONLIGHT なぜこんなに やわらかな 夢のように HUM……堀江美都子浅田有理若草恵MOONLIGHT MOONLIGHT なぜこんなに やわらかな 夢のように こぼれる STARLIGHT STARLIGHT どこへゆくの? さわやかな 風を受けて 行く船 すべてを知らせて やすらぎを覚え あなたへと揺れる 光りなの 水辺のさざ波 オルゴールのよう くりかえし寄せる 想いなの はじめて聞いた歌 なくしたくない愛  白い帆をあげて ふくらむ想いは 少しせつなくて 青い羽根 あなたのほほえみ 日だまりのように わたしの瞳に 映るから やさしく降りる夜 素足のままの愛  MOONLIGHT MOONLIGHT なぜこんなに やわらかな 夢のように HUM……
ももいろの象今夜も つれていってね ももいろの象 空の向こうに 何があるの ももいろの象 窓をあけて 待っているんだよ ランラ ララ 月の 光に乗って おまえがむかえに 来てくれるのを  今夜は どこまで行くの ももいろの象 みんなが眠る 夜の空を ももいろの象 行けるかしら おまえの国まで ランラ ララ 星の 河をわたって すてきなお花を つんでこようよ  みんなは 笑うだけなの ももいろの象 おまえのはなしを するといつも ももいろの象 だけどだけど 待っているんだよ ランラ ララ 月の 光に乗って おまえがむかえに 来てくれるのを堀江美都子森窓一郎・近江靖子湯山昭今夜も つれていってね ももいろの象 空の向こうに 何があるの ももいろの象 窓をあけて 待っているんだよ ランラ ララ 月の 光に乗って おまえがむかえに 来てくれるのを  今夜は どこまで行くの ももいろの象 みんなが眠る 夜の空を ももいろの象 行けるかしら おまえの国まで ランラ ララ 星の 河をわたって すてきなお花を つんでこようよ  みんなは 笑うだけなの ももいろの象 おまえのはなしを するといつも ももいろの象 だけどだけど 待っているんだよ ランラ ララ 月の 光に乗って おまえがむかえに 来てくれるのを
森のトントたちもみの木 草原 白かばの橋 おもちゃ工場 水車小屋 森のトントは仕事が大好き きょうも朝からいそがしい 仕事の山が大きけりゃ それがじまんのたねになるのさ  ウクシ カクシ コウルメ ネイリヤ ホイホイホイ ウクシ カクシ コウルメ ネイリヤ ホイホイホイホイホイ  木ぼりの汽車や オルゴール 心をこめてほりあげる だれかによろこび贈りたいから  湖 牧場 トロールの森 お菓子工場 りんご園 森のトントがその気になれば なんでもできちゃう造れちゃう 見たことないものひねりだし 得意満面みせびらかして  ウクシ カクシ コウルメ ネイリヤ ホイホイホイ ウクシ カクシ コウルメ ネイリヤ ホイホイホイホイホイ  くだもの入りのチョコレート 食べすぎだめよと言いそえて ぎゅうぎゅう つめてる ブリキの箱に  白鳥 トナカイ 太陽広場 ガラス工場 紡ぎうた 森のトントはみんな仲良し おひさまのもとで生きている 自然のきまりを大切に 鳥もけものも仲間に入れて  ウクシ カクシ コウルメ ネイリヤ ホイホイホイ ウクシ カクシ コウルメ ネイリヤ ホイホイホイホイホイ  一年一度の荷造りが 多けりゃ そいつが幸福の 目じるし みんなの 生きがいなのさ堀江美都子冬杜花代子渡辺岳夫もみの木 草原 白かばの橋 おもちゃ工場 水車小屋 森のトントは仕事が大好き きょうも朝からいそがしい 仕事の山が大きけりゃ それがじまんのたねになるのさ  ウクシ カクシ コウルメ ネイリヤ ホイホイホイ ウクシ カクシ コウルメ ネイリヤ ホイホイホイホイホイ  木ぼりの汽車や オルゴール 心をこめてほりあげる だれかによろこび贈りたいから  湖 牧場 トロールの森 お菓子工場 りんご園 森のトントがその気になれば なんでもできちゃう造れちゃう 見たことないものひねりだし 得意満面みせびらかして  ウクシ カクシ コウルメ ネイリヤ ホイホイホイ ウクシ カクシ コウルメ ネイリヤ ホイホイホイホイホイ  くだもの入りのチョコレート 食べすぎだめよと言いそえて ぎゅうぎゅう つめてる ブリキの箱に  白鳥 トナカイ 太陽広場 ガラス工場 紡ぎうた 森のトントはみんな仲良し おひさまのもとで生きている 自然のきまりを大切に 鳥もけものも仲間に入れて  ウクシ カクシ コウルメ ネイリヤ ホイホイホイ ウクシ カクシ コウルメ ネイリヤ ホイホイホイホイホイ  一年一度の荷造りが 多けりゃ そいつが幸福の 目じるし みんなの 生きがいなのさ
モンキーパズルモンキーパズル モンキーパズル だれがつけたか 木の名前 アンデスの ふもとの村の 大きい大きい 木だったよ  杉のはっぱに よくにてて 狐のシッポの ジャンボのおばけ プランタン(プランタン) プランタン(プランタン) プランタン プランタン  モンキーパズル モンキーパズル むかしひとりの 老人が 旅にでた 少年待って 一羽のオウムと 暮してた  ある日たおれた 老人の 庭からふしぎな 木が生えた プランタン(プランタン) プランタン(プランタン) プランタン プランタン  モンキーパズル モンキーパズル だれがつけたか 木の名前 アンデスの みどりの丘の せいたかのっぽの 木だったよ  ふといシッポの そのさきに 緑の大きい ボールをさげて プランタン(プランタン) プランタン(プランタン) プランタン プランタン  やがてかえった 少年は 木かげでオウムと 住んでいた プランタン(プランタン) プランタン(プランタン) プランタン プランタン堀江美都子小黒恵子小六禮次郎モンキーパズル モンキーパズル だれがつけたか 木の名前 アンデスの ふもとの村の 大きい大きい 木だったよ  杉のはっぱに よくにてて 狐のシッポの ジャンボのおばけ プランタン(プランタン) プランタン(プランタン) プランタン プランタン  モンキーパズル モンキーパズル むかしひとりの 老人が 旅にでた 少年待って 一羽のオウムと 暮してた  ある日たおれた 老人の 庭からふしぎな 木が生えた プランタン(プランタン) プランタン(プランタン) プランタン プランタン  モンキーパズル モンキーパズル だれがつけたか 木の名前 アンデスの みどりの丘の せいたかのっぽの 木だったよ  ふといシッポの そのさきに 緑の大きい ボールをさげて プランタン(プランタン) プランタン(プランタン) プランタン プランタン  やがてかえった 少年は 木かげでオウムと 住んでいた プランタン(プランタン) プランタン(プランタン) プランタン プランタン
やくそくはやくそくは ハンカチのように たたんでね  やくそくは てのひらで そっと つつんでね  やくそくは ひとりごとのように しまってね そして まもった やくそくは いつか あなたの だいじな おもいでに なるでしょう  やくそくは ゆびさきでかいた てがみです やくそくは 詩のほんにはさむ しおりです  やくそくは ほそいほそい ぎんのくさりです だから はたした やくそくは きっと あなたの だいじな おもいでに なるでしょう  やくそくは ほそいほそい ぎんのくさりです だから はたした やくそくは きっと あなたの だいじな おもいでに なるでしょう堀江美都子香山美子小森明宏やくそくは ハンカチのように たたんでね  やくそくは てのひらで そっと つつんでね  やくそくは ひとりごとのように しまってね そして まもった やくそくは いつか あなたの だいじな おもいでに なるでしょう  やくそくは ゆびさきでかいた てがみです やくそくは 詩のほんにはさむ しおりです  やくそくは ほそいほそい ぎんのくさりです だから はたした やくそくは きっと あなたの だいじな おもいでに なるでしょう  やくそくは ほそいほそい ぎんのくさりです だから はたした やくそくは きっと あなたの だいじな おもいでに なるでしょう
勇気のテーマたたかいの広場に おとこの広場に 咲いたかれんな 花ひとつ 小さな胸に ひめた闘志は すんだひとみと 決意の口びる 大きな心で ナインを信じて あしたへむかって はばたけ われらの天使 はばたけ 勇気 勇気 ドリームボール  こどくの広場に 苦しみの広場に たえて明るい 笑顔がひとつ 小さな胸に ひめた闘志は 光る黒髪 もえるこの腕 汗と涙で つかんだボール あしたへむかって はばたけ われらの天使 はばたけ 勇気 勇気 ドリームボール 小さな胸に ひめた闘志は すんだひとみと 決意の口びる 大きな心で ナインを信じて あしたへむかって はばたけ われらの天使 はばたけ 勇気 勇気 ドリームボール堀江美都子水島新司渡辺宙明たたかいの広場に おとこの広場に 咲いたかれんな 花ひとつ 小さな胸に ひめた闘志は すんだひとみと 決意の口びる 大きな心で ナインを信じて あしたへむかって はばたけ われらの天使 はばたけ 勇気 勇気 ドリームボール  こどくの広場に 苦しみの広場に たえて明るい 笑顔がひとつ 小さな胸に ひめた闘志は 光る黒髪 もえるこの腕 汗と涙で つかんだボール あしたへむかって はばたけ われらの天使 はばたけ 勇気 勇気 ドリームボール 小さな胸に ひめた闘志は すんだひとみと 決意の口びる 大きな心で ナインを信じて あしたへむかって はばたけ われらの天使 はばたけ 勇気 勇気 ドリームボール
勇躍! ミラクルロボットフォース「ガッシーン!」 「レッツ・テレポート!」 「フリーダム・セットイン!」 「メカンダーマックスGO!」 いま奇跡を呼ぶ ミラクルロボ! ミラクルロボット4(フォー)! ミラクルロボットフォース!  ふたたび狂いはじめた この世界に眉さえひそめず 大人になるって そんなことじゃないだろう? 震えながら 正義の怒りの拳 振り上げるんだ  ブン ブン ブブン!投げろ!ダイアポロンボール! ガン ガン ガガン!当たれ!超常スマッシュ! ザン ザン!砕け!円月廻転! バン バン!燃やせ!メカンダー・フレイム!  断崖絶対絶命の 危機こそ 荒ぶる 大胆無敵無双の 技で 君と!君と!君とならば きっと!  いま奇跡へ飛ぶ ミラクルロボ! ミラクルロボット4(フォー)! ミラクルロボットフォース!  弱きを助け強きを挫くこと いつ忘れたんだ 変わってないと うそぶくなら証(あか)せよ もう一歩も 引くなよ 沸き立つ血潮命じるままに  ダン ダ ダ ダ ダッ!撃てよ!メカンダー・ロケットガン! ギュルギュルギュギュン!弾(はじ)け!不動組み! ビーム ビーム!放て!ダイアポロンビーム! ドン ドン!決めろ!ファイヤークラッシャー!  疾風怒髪 天を衝く 熱い魂で 陸・海・空前絶後の 連携 君と!君と!君と力 合わせ!  いま奇跡を超える ミラクルロボ! ミラクルロボット4(フォー)! ミラクルロボットフォース!!  冷酷無残無道の悪 諸共に倒す 風雲急転一隅の チャンス 君と!君と!君とならば きっと!!――もっと!!!  なお奇跡は続く ミラクルロボ! ミラクルロボット4(フォー)! ミラクルロボットフォース!!堀江美都子桑原永江渡辺宙明「ガッシーン!」 「レッツ・テレポート!」 「フリーダム・セットイン!」 「メカンダーマックスGO!」 いま奇跡を呼ぶ ミラクルロボ! ミラクルロボット4(フォー)! ミラクルロボットフォース!  ふたたび狂いはじめた この世界に眉さえひそめず 大人になるって そんなことじゃないだろう? 震えながら 正義の怒りの拳 振り上げるんだ  ブン ブン ブブン!投げろ!ダイアポロンボール! ガン ガン ガガン!当たれ!超常スマッシュ! ザン ザン!砕け!円月廻転! バン バン!燃やせ!メカンダー・フレイム!  断崖絶対絶命の 危機こそ 荒ぶる 大胆無敵無双の 技で 君と!君と!君とならば きっと!  いま奇跡へ飛ぶ ミラクルロボ! ミラクルロボット4(フォー)! ミラクルロボットフォース!  弱きを助け強きを挫くこと いつ忘れたんだ 変わってないと うそぶくなら証(あか)せよ もう一歩も 引くなよ 沸き立つ血潮命じるままに  ダン ダ ダ ダ ダッ!撃てよ!メカンダー・ロケットガン! ギュルギュルギュギュン!弾(はじ)け!不動組み! ビーム ビーム!放て!ダイアポロンビーム! ドン ドン!決めろ!ファイヤークラッシャー!  疾風怒髪 天を衝く 熱い魂で 陸・海・空前絶後の 連携 君と!君と!君と力 合わせ!  いま奇跡を超える ミラクルロボ! ミラクルロボット4(フォー)! ミラクルロボットフォース!!  冷酷無残無道の悪 諸共に倒す 風雲急転一隅の チャンス 君と!君と!君とならば きっと!!――もっと!!!  なお奇跡は続く ミラクルロボ! ミラクルロボット4(フォー)! ミラクルロボットフォース!!
ゆかいな大脱走ある晩 センセが寝たころに ぴょっこり とびだす 本のうえ ほっぺた つねって みたんだよ イッチッチッチッチッ 夢じゃないっ ゆかいなゆかいな大脱走 ワイワイワイドな大脱走 ころんじゃったよ テヘヘのヘ ゆかいなゆかいな大脱走 ワイワイワイドな大脱走 はじまるはじまる ムービータイム  街中かけぬけ バック転 ひらりと とびこす 水たまり 仲間が どどっと 大拍手 アップップップップッ 天才だっ ゆかいなゆかいな大脱走 ワイワイワイドな大脱走 おくれないでよ ウハハのハ ゆかいなゆかいな大脱走 ワイワイワイドな大脱走 はじまるはじまる ムービータイム  七つの海こえ 空をぬけ ちいさな 地球に 手をふれば すいすい 消えてく 流れ星 オットットットットッ おさきにねっ ゆかいなゆかいな大脱走 ワイワイワイドな大脱走 まちにまってた キララのラ ゆかいなゆかいな大脱走 ワイワイワイドな大脱走 はじまるはじまる ムービータイム堀江美都子篠塚満由美和泉常寛ある晩 センセが寝たころに ぴょっこり とびだす 本のうえ ほっぺた つねって みたんだよ イッチッチッチッチッ 夢じゃないっ ゆかいなゆかいな大脱走 ワイワイワイドな大脱走 ころんじゃったよ テヘヘのヘ ゆかいなゆかいな大脱走 ワイワイワイドな大脱走 はじまるはじまる ムービータイム  街中かけぬけ バック転 ひらりと とびこす 水たまり 仲間が どどっと 大拍手 アップップップップッ 天才だっ ゆかいなゆかいな大脱走 ワイワイワイドな大脱走 おくれないでよ ウハハのハ ゆかいなゆかいな大脱走 ワイワイワイドな大脱走 はじまるはじまる ムービータイム  七つの海こえ 空をぬけ ちいさな 地球に 手をふれば すいすい 消えてく 流れ星 オットットットットッ おさきにねっ ゆかいなゆかいな大脱走 ワイワイワイドな大脱走 まちにまってた キララのラ ゆかいなゆかいな大脱走 ワイワイワイドな大脱走 はじまるはじまる ムービータイム
夢色天使あなたに会えて よかった 笑顔で会えて よかった 一人じゃなくて よかった バラ色のハート ありがとう!!  短めのおさげに 麦わら帽子 それだけが私のトレードマーク 淋しい時こそ 微笑んでみて 夢色天使が ステキをくれる  心の窓を 開けてごらんよ オレンジに 光る街が 見ていてくれるから  あなたに会えて よかった 笑顔で会えて よかった 一人じゃなくて よかった バラ色のハート ありがとう!!  誰にでもあるのよ 悲しいことが だけどまた楽しい こともあるでしょ 泣きたい時こそ 歌をうたうの 夢色天使が フシギをくれる  鏡の中の 私に言うの 明日は もっと幸せ きっと待っていると  あなたに会えて よかった 笑顔で会えて よかった 一人じゃなくて よかった バラ色のハート ありがとう!!  バラ色のハート ありがとう!!堀江美都子小坂明子小坂明子あなたに会えて よかった 笑顔で会えて よかった 一人じゃなくて よかった バラ色のハート ありがとう!!  短めのおさげに 麦わら帽子 それだけが私のトレードマーク 淋しい時こそ 微笑んでみて 夢色天使が ステキをくれる  心の窓を 開けてごらんよ オレンジに 光る街が 見ていてくれるから  あなたに会えて よかった 笑顔で会えて よかった 一人じゃなくて よかった バラ色のハート ありがとう!!  誰にでもあるのよ 悲しいことが だけどまた楽しい こともあるでしょ 泣きたい時こそ 歌をうたうの 夢色天使が フシギをくれる  鏡の中の 私に言うの 明日は もっと幸せ きっと待っていると  あなたに会えて よかった 笑顔で会えて よかった 一人じゃなくて よかった バラ色のハート ありがとう!!  バラ色のハート ありがとう!!
夢ならさめないでさめないで さめないで これがゆめなら さめないで あなたは おうじさま わたしは おひめさま はなのかおりに ゆらゆら かぜにふかれて ゆらゆら さめないで さめないで これがゆめなら さめないで  このままで このままで これがゆめなら このままで あなたは りりしくて わたしは しあわせよ かたをだかれて ゆらゆら ゆびをからめて ゆらゆら このままで このままで これがゆめなら このままで  いつまでも いつまでも これがゆめなら いつまでも あなたは あかるくて わたしは たのしくて きょうもいっしょに ゆらゆら いつもいっしょに ゆらゆら いつまでも いつまでも これがゆめなら いつまでも堀江美都子丘灯至夫渡辺宙明さめないで さめないで これがゆめなら さめないで あなたは おうじさま わたしは おひめさま はなのかおりに ゆらゆら かぜにふかれて ゆらゆら さめないで さめないで これがゆめなら さめないで  このままで このままで これがゆめなら このままで あなたは りりしくて わたしは しあわせよ かたをだかれて ゆらゆら ゆびをからめて ゆらゆら このままで このままで これがゆめなら このままで  いつまでも いつまでも これがゆめなら いつまでも あなたは あかるくて わたしは たのしくて きょうもいっしょに ゆらゆら いつもいっしょに ゆらゆら いつまでも いつまでも これがゆめなら いつまでも
夢の草原夢はいつの日か 叶えられるよと あの人からの贈り物 小さな緑が 芽生えた心に 草原を夢見ているの 風を切って 走りだした まっすぐな憧れ 聞いてみたい 触れてみたい できることを探してく 胸をノックする この音は何? 今日から明日への 招待状? めぐり逢うそのとき のびやかに感じられる 心を持ちたいの 胸に落ちたいくつもの涙たちは 未来を 変える力  青空に浮かぶ 白い雲の下 天使たちがいるようで 寂しいとき 追い越してく いたずらなはばたき 退屈より ため息より 少しだけはやい笑顔 思わずあげる 驚きの声 生きてる証のメッセージ めぐり逢う いろんな人や自然や自分と 心を広げてく いつか逢える あの人に見てほしいの はぐくむ この緑を堀江美都子浅田有理若草恵夢はいつの日か 叶えられるよと あの人からの贈り物 小さな緑が 芽生えた心に 草原を夢見ているの 風を切って 走りだした まっすぐな憧れ 聞いてみたい 触れてみたい できることを探してく 胸をノックする この音は何? 今日から明日への 招待状? めぐり逢うそのとき のびやかに感じられる 心を持ちたいの 胸に落ちたいくつもの涙たちは 未来を 変える力  青空に浮かぶ 白い雲の下 天使たちがいるようで 寂しいとき 追い越してく いたずらなはばたき 退屈より ため息より 少しだけはやい笑顔 思わずあげる 驚きの声 生きてる証のメッセージ めぐり逢う いろんな人や自然や自分と 心を広げてく いつか逢える あの人に見てほしいの はぐくむ この緑を
夢のララバイ眠れ 眠れ やがて来る 夜明けに 時の流れを つかの間でも 止めてみよう つらい思い出 旅も終わりさ Gonna get back you again 愛のララバイ  眠れ 眠れ 今日という 舞台の 幕を下ろした 神様は いつの日にか ほかの幸せ あなたにあげる Gonna get back you again 夢のララバイ  星に安らぎ 永遠に求めた Gonna get back you again 歌うララバイ堀江美都子石ノ森章太郎・丹羽しげお芳野藤丸眠れ 眠れ やがて来る 夜明けに 時の流れを つかの間でも 止めてみよう つらい思い出 旅も終わりさ Gonna get back you again 愛のララバイ  眠れ 眠れ 今日という 舞台の 幕を下ろした 神様は いつの日にか ほかの幸せ あなたにあげる Gonna get back you again 夢のララバイ  星に安らぎ 永遠に求めた Gonna get back you again 歌うララバイ
弱虫ママあなたが生まれて もう一年になる 小さな口元が好きよ 指をくわえて寝るのがくせなのね ずんぐりあんよも すてきだわ 夜中に泣き声で 何度も目が覚める とてもつらい日があるの 小さな声で子守唄うたったら なみだがこぼれたわ  弱虫ママで ごめんなさいね これからもよろしく 弱虫ママで ごめんなさいね あなたを愛しているわ  かぜひくとあなたは まっかなほっぺして 小さな体でがんばる きれいなおめめ 熱そうにうるませて ときどきママに 笑ってみせる たまにはおしゃれして ひとりで歩きたい ひさしぶりに映画を見るの すてきな店でワンピースみつけるの ゆっくり食事をするの  弱虫ママで ごめんなさいね これからもよろしく 弱虫ママで ごめんなさいね あなたを愛しているわ堀江美都子清水静江・倉田良江吉田喜昭あなたが生まれて もう一年になる 小さな口元が好きよ 指をくわえて寝るのがくせなのね ずんぐりあんよも すてきだわ 夜中に泣き声で 何度も目が覚める とてもつらい日があるの 小さな声で子守唄うたったら なみだがこぼれたわ  弱虫ママで ごめんなさいね これからもよろしく 弱虫ママで ごめんなさいね あなたを愛しているわ  かぜひくとあなたは まっかなほっぺして 小さな体でがんばる きれいなおめめ 熱そうにうるませて ときどきママに 笑ってみせる たまにはおしゃれして ひとりで歩きたい ひさしぶりに映画を見るの すてきな店でワンピースみつけるの ゆっくり食事をするの  弱虫ママで ごめんなさいね これからもよろしく 弱虫ママで ごめんなさいね あなたを愛しているわ
よんでいるよんでいる よんでいるよ りんごの木 日の光り こうまのたてがみ かぜのなかから こだまのように よんでいる とびらをあけると  さそっている さそっているよ もりのこえ むぎばたけ はねてるこうさぎ いつかの春も きのうの秋も さそっている 小川のむこうで  きこえてる きこえてるよ なみのおと かいのおと ことりのはばたき うれしい日にも ひとりぼっちでも きこえてる よあけのうみから堀江美都子岸田衿子宇野誠一郎よんでいる よんでいるよ りんごの木 日の光り こうまのたてがみ かぜのなかから こだまのように よんでいる とびらをあけると  さそっている さそっているよ もりのこえ むぎばたけ はねてるこうさぎ いつかの春も きのうの秋も さそっている 小川のむこうで  きこえてる きこえてるよ なみのおと かいのおと ことりのはばたき うれしい日にも ひとりぼっちでも きこえてる よあけのうみから
ララベルマーチ(1 2 3 4 1 2 3) 燃える光に つつまれて わたしの心は おどりだす あつまれ 地球の女の子 バトンひとつで ハイ いかが ああ 華麗なる変身に あの ビーナスもにげてゆくわ 1 2 3 4 1 2 3 4 すすめ! (すすめ) すすめ! (すすめ) ララベルマーチ  (1 2 3 4 1 2 3) わたしみつめる ためいきが 風にかわって うずをまく あつまれ 世界の女の子 バトンひとつで まあ みごと ああ 華麗なるほほえみに あの モナリザも下をむくわ 1 2 3 4 1 2 3 4 すすめ! (すすめ) すすめ! (すすめ) ララベルマーチ  (1 2 3 4 1 2 3) 風もまぶしい 一日が 時間をわすれて まわりだす あつまれ あしたのレディたち バトンひとふり ハイ いかが ああ 華麗なる大行進 ああ ララベルのなかまたちよ 1 2 3 4 1 2 3 4 すすめ! (すすめ) すすめ! (すすめ) ララベルマーチ堀江美都子伊藤アキラ武市昌久(1 2 3 4 1 2 3) 燃える光に つつまれて わたしの心は おどりだす あつまれ 地球の女の子 バトンひとつで ハイ いかが ああ 華麗なる変身に あの ビーナスもにげてゆくわ 1 2 3 4 1 2 3 4 すすめ! (すすめ) すすめ! (すすめ) ララベルマーチ  (1 2 3 4 1 2 3) わたしみつめる ためいきが 風にかわって うずをまく あつまれ 世界の女の子 バトンひとつで まあ みごと ああ 華麗なるほほえみに あの モナリザも下をむくわ 1 2 3 4 1 2 3 4 すすめ! (すすめ) すすめ! (すすめ) ララベルマーチ  (1 2 3 4 1 2 3) 風もまぶしい 一日が 時間をわすれて まわりだす あつまれ あしたのレディたち バトンひとふり ハイ いかが ああ 華麗なる大行進 ああ ララベルのなかまたちよ 1 2 3 4 1 2 3 4 すすめ! (すすめ) すすめ! (すすめ) ララベルマーチ
ラ・ラ・ルーラ・ラ・ルー ラ・ラ・ルー やさしい夜風に ゆられながら ラ・ラ・ルー ラ・ラ・ルー 恋するふたりの夢は おどるの ラ・ラ・ルー ラ・ラ・ルー 雲はすてきな 愛のゆりかご ラ・ラ・ルー ラ・ラ・ルー 夢路はてなく ラ・ラ・ルー ラ・ラ・ルー ラ・ラ・ルー  la la lu, la la lu Oh, my little star sweeper, I'll sweep the star dust, for you. la la lu, la la lu Little soft, fluffy sleeper, Here comes a pink cloud for you. la la lu, la la lu Little wander'ing angel, Fold up your wings for tonight. la la lu, la la lu And may love be your keeper la la lu, la la lu, La la lu堀江美都子カンベタカオペギー・リー&ソニー・バークラ・ラ・ルー ラ・ラ・ルー やさしい夜風に ゆられながら ラ・ラ・ルー ラ・ラ・ルー 恋するふたりの夢は おどるの ラ・ラ・ルー ラ・ラ・ルー 雲はすてきな 愛のゆりかご ラ・ラ・ルー ラ・ラ・ルー 夢路はてなく ラ・ラ・ルー ラ・ラ・ルー ラ・ラ・ルー  la la lu, la la lu Oh, my little star sweeper, I'll sweep the star dust, for you. la la lu, la la lu Little soft, fluffy sleeper, Here comes a pink cloud for you. la la lu, la la lu Little wander'ing angel, Fold up your wings for tonight. la la lu, la la lu And may love be your keeper la la lu, la la lu, La la lu
リサの願いあの人が 飛び立つ空に ひとすじ光る 流れ星  流れ星は 宇宙の塵だと知ってるけれど でも わたしは願うの 流れ星の 消えぬ間に あの人の勇気を 願うの  あの人が 戦う空に 白く流れる 天の川 天の川は 銀河の影だと知ってるけれど でも わたしは祈るの 天の川の 伝説に 二人の幸せ 祈るの  ラララ…  流れ星は 宇宙の塵だと知ってるけれど でも わたしは願うの 流れ星の 消えぬ間に あの人の勇気を 願うの堀江美都子田村多津夫菊池俊輔あの人が 飛び立つ空に ひとすじ光る 流れ星  流れ星は 宇宙の塵だと知ってるけれど でも わたしは願うの 流れ星の 消えぬ間に あの人の勇気を 願うの  あの人が 戦う空に 白く流れる 天の川 天の川は 銀河の影だと知ってるけれど でも わたしは祈るの 天の川の 伝説に 二人の幸せ 祈るの  ラララ…  流れ星は 宇宙の塵だと知ってるけれど でも わたしは願うの 流れ星の 消えぬ間に あの人の勇気を 願うの
リトル・ルルとちっちゃい仲間ちっちゃいなんて ちっちゃいなんて おもってないわ おとながちょっと おおきすぎるのよ いたずらなんて いたずらなんて してやしないわ あたまをつかって みてるだけ わすれてなんか わすれてなんか いたんじゃないわ とちゅうできもちが かわるだけ リトル・ルル リトル・ルル きにしているのよ ダディー リトル・ルル リトル・ルル きにかけてるのよ マミー リトル・ルルと ちっちゃいなかまたち  やくそくなんて やくそくなんて わすれてないわ はなしがよこを むいただけ ふくれることも ふくれることも たまにはあるわ つきあいだって あるでしょう しかられたって しかられたって いじけてないわ おもいちがいって いうでしょう リトル・ルル リトル・ルル きにしているのよ ダディー リトル・ルル リトル・ルル きにかけてるのよ マミー リトル・ルルと ちっちゃいなかまたち堀江美都子香山美子越部信義ちっちゃいなんて ちっちゃいなんて おもってないわ おとながちょっと おおきすぎるのよ いたずらなんて いたずらなんて してやしないわ あたまをつかって みてるだけ わすれてなんか わすれてなんか いたんじゃないわ とちゅうできもちが かわるだけ リトル・ルル リトル・ルル きにしているのよ ダディー リトル・ルル リトル・ルル きにかけてるのよ マミー リトル・ルルと ちっちゃいなかまたち  やくそくなんて やくそくなんて わすれてないわ はなしがよこを むいただけ ふくれることも ふくれることも たまにはあるわ つきあいだって あるでしょう しかられたって しかられたって いじけてないわ おもいちがいって いうでしょう リトル・ルル リトル・ルル きにしているのよ ダディー リトル・ルル リトル・ルル きにかけてるのよ マミー リトル・ルルと ちっちゃいなかまたち
ルウは風の中で耳をすましてごらん 風は角笛の音 神話よりも 遠い日から 届いて来る歌よ  君に会える気がして 街をひとり彷徨う ため息さえ空へさらう 夢はTORNADO  涙の果てまで 飛んでゆきたい 子供のように 運命の銀河を ふたり渡れば めぐり逢うよ  違う声で呼んでも 違う指でふれても 幾千年 この心は 君を忘れない  ルウは風の中で……Shining again  みんな誰か求めて 時に引き裂かれても 夜空の星 蒼く染める 愛はTORNADO  未来の果てまで 君と行きたい ホルンの風が 寒がりの胸に きらめきながら 吹き抜けるよ  どんな辛い時代も どんな長い夜でも 幾光年 あの微笑み きっと忘れない あした風の中で……See you again堀江美都子真名杏樹宮川泰耳をすましてごらん 風は角笛の音 神話よりも 遠い日から 届いて来る歌よ  君に会える気がして 街をひとり彷徨う ため息さえ空へさらう 夢はTORNADO  涙の果てまで 飛んでゆきたい 子供のように 運命の銀河を ふたり渡れば めぐり逢うよ  違う声で呼んでも 違う指でふれても 幾千年 この心は 君を忘れない  ルウは風の中で……Shining again  みんな誰か求めて 時に引き裂かれても 夜空の星 蒼く染める 愛はTORNADO  未来の果てまで 君と行きたい ホルンの風が 寒がりの胸に きらめきながら 吹き抜けるよ  どんな辛い時代も どんな長い夜でも 幾光年 あの微笑み きっと忘れない あした風の中で……See you again
ルンペンとお父さんずるがしこい ルンペンが おなかがいたいよ いたいのよって しょうじきで おひとよしの とうさんを だましたんだ おひとよしの とうさんは おうおう それは かわいそうって だいじなうまを うっぱらって めんどうみてあげた  ずるがしこい ルンペンは こっそり こころのなかで ウヒヒヒヒのウヒヒヒヒ うまくいったぞ おひとよしの とうさんは そーっと こころのなかで かわいそう ルンペンさん たすけて あげたいなあ  どっちがリッパで どっちがだめか みなさんは もうわかった でしょう ね!堀江美都子宇野誠一郎宇野誠一郎ずるがしこい ルンペンが おなかがいたいよ いたいのよって しょうじきで おひとよしの とうさんを だましたんだ おひとよしの とうさんは おうおう それは かわいそうって だいじなうまを うっぱらって めんどうみてあげた  ずるがしこい ルンペンは こっそり こころのなかで ウヒヒヒヒのウヒヒヒヒ うまくいったぞ おひとよしの とうさんは そーっと こころのなかで かわいそう ルンペンさん たすけて あげたいなあ  どっちがリッパで どっちがだめか みなさんは もうわかった でしょう ね!
レディのたまごあんな事じゃダメ! そんな事じゃダメ! 怒鳴られてる毎日 胸がキュンと する ペダルをふみこみ アスファルトの道 ここじゃないどこかへ とんでゆきたい いま 一人 シーツにくるまり 泣きベソかいても 始まらない  Don't you know レディのたまご 今にみてて Don't you know レディのたまご 生まれ変わる Brand new day  すましているParty 落ち着かないDress なれない靴もつれて 胸がシュンと する トラブルになんか 意地悪になんか 絶対に振り回されるなんて イヤよ! いつか 気取ったあいつを 威張ったあいつを 見返したい  Don't you know レディのたまご 今にみてて Don't you know レディのたまご あわてないで Get your love 一人 シーツにくるまり 泣きベソかいても 始まらない  Don't you know レディのたまご 今にみてて Don't you know レディのたまご 生まれ変わる Brand new day  Don't you know レディのたまご 今にみてて Don't you know レディのたまご 生まれ変わる Brand new day堀江美都子白峰美津子上田知華あんな事じゃダメ! そんな事じゃダメ! 怒鳴られてる毎日 胸がキュンと する ペダルをふみこみ アスファルトの道 ここじゃないどこかへ とんでゆきたい いま 一人 シーツにくるまり 泣きベソかいても 始まらない  Don't you know レディのたまご 今にみてて Don't you know レディのたまご 生まれ変わる Brand new day  すましているParty 落ち着かないDress なれない靴もつれて 胸がシュンと する トラブルになんか 意地悪になんか 絶対に振り回されるなんて イヤよ! いつか 気取ったあいつを 威張ったあいつを 見返したい  Don't you know レディのたまご 今にみてて Don't you know レディのたまご あわてないで Get your love 一人 シーツにくるまり 泣きベソかいても 始まらない  Don't you know レディのたまご 今にみてて Don't you know レディのたまご 生まれ変わる Brand new day  Don't you know レディのたまご 今にみてて Don't you know レディのたまご 生まれ変わる Brand new day
ロンリー・ストレイキャット鏡に姿うつし 時がMidnight告げたら 闇の呪文で あたし猫に変身るの  Downtown 虹色の海 あるけば Headlight ゆがんだ心 照らすわ おとなは皆 Actor&Actress 嘘の愛やしあわせ 演じてる  ざけんじゃねーよ ざけんじゃねーよ ざけんじゃねーよ So I'm 今日もひとり いつもひとり Dancing to the beat tonight  しなやかに伸びる肢 キラリ光る長い爪 闇にまぎれて ジ…ッと獲物狙うわ  Catch you 甘い思い出 引き裂いて Hold you 燃えるHeart 盗むの いつの日にか 呪文解かれて 素直に I want you 言える時まで  ざけんじゃねーよ ざけんじゃねーよ ざけんじゃねーよ So I'm 今日もだれか いつもだれか 求めているの So I'm 今日もひとり いつもひとり Dancing to the beat tonight堀江美都子松井亜弥割田康彦鏡に姿うつし 時がMidnight告げたら 闇の呪文で あたし猫に変身るの  Downtown 虹色の海 あるけば Headlight ゆがんだ心 照らすわ おとなは皆 Actor&Actress 嘘の愛やしあわせ 演じてる  ざけんじゃねーよ ざけんじゃねーよ ざけんじゃねーよ So I'm 今日もひとり いつもひとり Dancing to the beat tonight  しなやかに伸びる肢 キラリ光る長い爪 闇にまぎれて ジ…ッと獲物狙うわ  Catch you 甘い思い出 引き裂いて Hold you 燃えるHeart 盗むの いつの日にか 呪文解かれて 素直に I want you 言える時まで  ざけんじゃねーよ ざけんじゃねーよ ざけんじゃねーよ So I'm 今日もだれか いつもだれか 求めているの So I'm 今日もひとり いつもひとり Dancing to the beat tonight
別れをつげて旅に出るあなたを愛して あなたと別れた はかなく消えた幸せに 別れをつげて旅に出る さすらいの夜さすらいの風 長い夜明けを私はひとり 人はいつも愛を求めて いつも愛に傷つく はてしなく歩きつづける この道はもう帰れない  さようなら裏街 さようなら黄昏 あなたと歩いた街角に 別れをつげて旅に出る さすらいの雲さすらいの星 運命の時を流れてひとり 人はだれも明日を求めて だれも明日に傷つく はてしなく歩きつづけて 故郷をいま想い出す  あなたの微笑み あなたのひとこと むなしく残る想い出に 別れをつげて旅に出る さすらいの夢さすらいのうた やすらぎの日を信じてひとり 人は今日も愛を求めて 今日も愛に傷つく はてしなく歩きつづける この道をいまなつかしむ堀江美都子中村しのぶ渡辺宙明あなたを愛して あなたと別れた はかなく消えた幸せに 別れをつげて旅に出る さすらいの夜さすらいの風 長い夜明けを私はひとり 人はいつも愛を求めて いつも愛に傷つく はてしなく歩きつづける この道はもう帰れない  さようなら裏街 さようなら黄昏 あなたと歩いた街角に 別れをつげて旅に出る さすらいの雲さすらいの星 運命の時を流れてひとり 人はだれも明日を求めて だれも明日に傷つく はてしなく歩きつづけて 故郷をいま想い出す  あなたの微笑み あなたのひとこと むなしく残る想い出に 別れをつげて旅に出る さすらいの夢さすらいのうた やすらぎの日を信じてひとり 人は今日も愛を求めて 今日も愛に傷つく はてしなく歩きつづける この道をいまなつかしむ
わくわくサンタクロースあなたがほんとはだれだか だれも知らないの だけど白いおひげの顔なら みんな知ってる 今年のクリスマスイヴ 眠らずにあなたを 待っていたいけど いけないでしょうか  サンタクロースおじさん 世界中みんなの欲しがるものを おぼえてる まちがわないでね おねがい ホックス ポックス ピリ オックス お礼のお手紙書きます アドレスをおしえて ほかに聞きたいこと いろいろあるから  あなたがどこから来るのか だれも知らないの だけどなぜかこっそり だれもが信じているよ 毎年粉雪舞うころ どこからかあなたの うわさひろがって わくわくするの  サンタクロースおじさん 世界中みんなの欲しがるものを 集めるのは たいへんでしょうね ほんとに ホックス ポックス ピリ オックス 遠いラップランドの 森の奥どこかで 今日も トント達と 暮らしているかな堀江美都子冬社花代子渡辺岳夫あなたがほんとはだれだか だれも知らないの だけど白いおひげの顔なら みんな知ってる 今年のクリスマスイヴ 眠らずにあなたを 待っていたいけど いけないでしょうか  サンタクロースおじさん 世界中みんなの欲しがるものを おぼえてる まちがわないでね おねがい ホックス ポックス ピリ オックス お礼のお手紙書きます アドレスをおしえて ほかに聞きたいこと いろいろあるから  あなたがどこから来るのか だれも知らないの だけどなぜかこっそり だれもが信じているよ 毎年粉雪舞うころ どこからかあなたの うわさひろがって わくわくするの  サンタクロースおじさん 世界中みんなの欲しがるものを 集めるのは たいへんでしょうね ほんとに ホックス ポックス ピリ オックス 遠いラップランドの 森の奥どこかで 今日も トント達と 暮らしているかな
私のふるさと(主人は眠る)汚れはててる 空だけど 星を見る夜も 少いけれど それでも私は 忘れない 七色の虹が かかる日もある この道を どこまでも 私がそだった ふるさとだから  光もささない 川だけど 魚もすまなく なったけれど それでも私は 忘れない 木の葉が流れて 行くこともある この道を どこまでも 私がそだった ふるさとだから  ひばりも鳴かなく なったけど 千草も咲かなく なったけれど はなれることなど できないの 私がそだった ふるさとだから この道を どこまでも 私がそだった ふるさとだから堀江美都子伊藤アキラフォスター汚れはててる 空だけど 星を見る夜も 少いけれど それでも私は 忘れない 七色の虹が かかる日もある この道を どこまでも 私がそだった ふるさとだから  光もささない 川だけど 魚もすまなく なったけれど それでも私は 忘れない 木の葉が流れて 行くこともある この道を どこまでも 私がそだった ふるさとだから  ひばりも鳴かなく なったけど 千草も咲かなく なったけれど はなれることなど できないの 私がそだった ふるさとだから この道を どこまでも 私がそだった ふるさとだから
わたしの恋人青い背広とても似合う かわいい紳士 愛して愛して わたしの恋人よ 「ボンジュール マドモアゼル」 「ボンジュール ムッシュ」 花をあげましょ 野の花つんで 愛して愛して わたしの恋人よ  赤いバラを胸にさして おしゃれな紳士 愛して愛して わたしの恋人よ 「ジュテーム マドモアゼル」 「ジュテーム ムッシュ」 腕をくみましょう あなたとわたし 愛して愛して わたしの恋人よ  いつもいつもそばにいたい かわいい紳士 愛して愛して わたしの恋人よ 「ボンソワール マドモアゼル」 「ボンソワール ムッシュ」 忘れないでね わたしのことを 愛して愛して わたしの恋人よ堀江美都子丘灯至夫田辺信一青い背広とても似合う かわいい紳士 愛して愛して わたしの恋人よ 「ボンジュール マドモアゼル」 「ボンジュール ムッシュ」 花をあげましょ 野の花つんで 愛して愛して わたしの恋人よ  赤いバラを胸にさして おしゃれな紳士 愛して愛して わたしの恋人よ 「ジュテーム マドモアゼル」 「ジュテーム ムッシュ」 腕をくみましょう あなたとわたし 愛して愛して わたしの恋人よ  いつもいつもそばにいたい かわいい紳士 愛して愛して わたしの恋人よ 「ボンソワール マドモアゼル」 「ボンソワール ムッシュ」 忘れないでね わたしのことを 愛して愛して わたしの恋人よ
わたしは沙織と申します幼な心の 思い出は 母の匂いを 知っている 頭をなでた ぬくもりも おぼえています 長い髪 わたしは沙織と申します  何のさだめか 獅子丸さんと 今は世のため 人のため ゴースン ドクロ 怪人と たたかう日々の わざみがく わたしは沙織と申します  亡き父母と 恩師の加護で 今日も冴えます 太刀さばき 平和になった その時は お墓まいりに 行きましょう わたしは沙織と申します堀江美都子うしおそうじ小林亜星幼な心の 思い出は 母の匂いを 知っている 頭をなでた ぬくもりも おぼえています 長い髪 わたしは沙織と申します  何のさだめか 獅子丸さんと 今は世のため 人のため ゴースン ドクロ 怪人と たたかう日々の わざみがく わたしは沙織と申します  亡き父母と 恩師の加護で 今日も冴えます 太刀さばき 平和になった その時は お墓まいりに 行きましょう わたしは沙織と申します
ワンニャンDRポチとタマ ワンニャン じゃれ合って ハイ! ポーズ ポチタマ ポチタマ ワンニャン ワンニャン ポチとタマ  よく笑ったり よく転んだり 人気のヒーローたちは おっちょこちょいさ もう行かなくちゃ もう飛ばなくちゃ みんなが出発しても チョロチョロしてる  でもでもね 見かけより 二人 天才的なの もしもしも いなければ ゲッター出来なかったの  また走ったり また隠れたり まあるいメガネの奥で何を見てるの  ポチとタマ ワンニャン じゃれ合って ハイ! ポーズ ポチタマ ポチタマ ワンニャン ワンニャン ポチとタマ  よく怖がって よく飛びはねる 大きな頭の中はぎっしり科学 またニューヨーク またモスクワと 二人は世界中から期待されてる  いまいまも むずかしい アルファベットをにらんで ひくひくと しわを寄せ ネイサー基地を作ってる  立派な髭の三枚目半 笑顔がとっても似合う楽しい仲間  ポチとタマ ワンニャン じゃれ合って ハイ! ポーズ ポチタマ ポチタマ ワンニャン ワンニャン ポチとタマ堀江美都子松本一起渡辺宙明ポチとタマ ワンニャン じゃれ合って ハイ! ポーズ ポチタマ ポチタマ ワンニャン ワンニャン ポチとタマ  よく笑ったり よく転んだり 人気のヒーローたちは おっちょこちょいさ もう行かなくちゃ もう飛ばなくちゃ みんなが出発しても チョロチョロしてる  でもでもね 見かけより 二人 天才的なの もしもしも いなければ ゲッター出来なかったの  また走ったり また隠れたり まあるいメガネの奥で何を見てるの  ポチとタマ ワンニャン じゃれ合って ハイ! ポーズ ポチタマ ポチタマ ワンニャン ワンニャン ポチとタマ  よく怖がって よく飛びはねる 大きな頭の中はぎっしり科学 またニューヨーク またモスクワと 二人は世界中から期待されてる  いまいまも むずかしい アルファベットをにらんで ひくひくと しわを寄せ ネイサー基地を作ってる  立派な髭の三枚目半 笑顔がとっても似合う楽しい仲間  ポチとタマ ワンニャン じゃれ合って ハイ! ポーズ ポチタマ ポチタマ ワンニャン ワンニャン ポチとタマ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 百万本のバラ
  2. 最愛
  3. 十五夜お月さん
  4. 新時代
  5. ミッドナイト・トレンディ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. スーパーレア
  3. ELEVEN -Japanese ver.-
  4. 出町柳パラレルユニバース
  5. LOVE, SO GOOD.

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照