久石譲作曲の歌詞一覧リスト  128曲中 1-128曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
128曲中 1-128曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
いのちの名前 新曲山田姉妹 新曲山田姉妹覚和歌子久石譲内門卓也青空に線を引く ひこうき雲の白さは ずっとどこまでも ずっと続いてく 明日を知ってたみたい  胸で浅く息をしてた 熱い頬 さました風も おぼえてる  未来の前にすくむ手足は 静かな声にほどかれて 叫びたいほど なつかしいのは ひとつのいのち 真夏の光 あなたの肩に 揺れてた木漏れ日  つぶれた白いボール 風が散らした花びら ふたつを浮かべて 見えない川は 歌いながら流れてく  秘密も嘘も喜びも 宇宙を生んだ神さまの 子供たち  未来の前にすくむ心が いつか名前を思い出す 叫びたいほど いとおしいのは ひとつのいのち 帰りつく場所 わたしの指に 消えない夏の日
さんぽいっちー&なる(ボンボンアカデミー)いっちー&なる(ボンボンアカデミー)中川李枝子久石譲本田洋一郎あるこう あるこう わたしはげんき あるくのだいすき どんどんいこう(ゆこう)  さかみち トンネル くさっぱら いっぽんばしに でこぼこじゃりみち くものすくぐって くだりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくのだいすき どんどんいこう(ゆこう)  みつばち ぶんぶん はなばたけ ひなたに とかげ へびはひるね バッタがとんで まがりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくのだいすき どんどんいこう(ゆこう)  きつねも たぬきも でておいで たんけんしよう はやしのおくまで ともだちたくさん うれしいな ともだちたくさん うれしいな
いのちの名前 - from CrosSing石川由依石川由依覚和歌子久石譲青空に線を引く ひこうき雲の白さは ずっとどこまでも ずっと続いてく 明日を知ってたみたい  胸で淺く息をしてた 熱い頬 さました風も おぼえてる  未來の前にすくむ手足は 静かな声にほどかれて 叫びたいほど なつかしいのは ひとつのいのち  真夏の光 あなたの肩に 揺れてた木漏れ日  つぶれた白いボール 風が散らした花びら ふたつを浮かべて 見えない川は 歌いながら流れてく  秘密も嘘も喜びも 宇宙を生んだ神さまの 子供たち  未來の前にすくむ心が いつか名前を思い出す 叫びたいほど いとおしいのは ひとつのいのち 帰りつく場所 わたしの指に 消えない夏の日  未來の前にすくむ心が いつか名前を思い出す 叫びたいほど いとおしいのは ひとつのいのち 帰りつく場所 わたしの指に 消えない夏の日 woo...
もののけ姫LA DIVALA DIVA宮崎駿久石譲武部聡志はりつめた弓の ふるえる弦よ 月の光にざわめく おまえの心 とぎすまされた 刃の美しい そのきっさきによく似た そなたの横顔  悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ  悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ もののけ達だけ もののけ達だけ もののけ達だけ
君をのせて天路恵梨天路恵梨宮崎駿久石譲Shinji Tamuraあの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯が なつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから  さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
風のとおり道天路恵梨天路恵梨宮崎駿久石譲Shinji Tamura森の奥で生まれた風が原っぱに ひとり立つ 楡の木 フワリ かすめ やって来た あれは 風のとおり道  森の奥で生まれた風が見えない手 さしのべて 麦の穂 フワリ かすめ あなたの髪をゆらして 通りすぎてく  はるかな地 旅ゆく風 道しるべ ひとりゆくあなたに送る 髪のかざり  森の奥で生まれた風が フワリ かすめ 消えていく  森の奥で生まれた風が原っぱに ひとり立つ 楡の木 フワリ かすめ やって来たあれは 風のとおり道  フワリ かすめ 消えてゆく 
おくりびと鶫真衣鶫真衣AI久石譲三浦秀秋小さなかけらを 握り しめながら こらえる。 人は。 それでもあふれる 涙がまたこぼれてく  見送る時くらい 笑顔でいたい  愛は刃物より 胸につきささる そして「いつかまた会おうの。」と…  空を見上げれば 雲や流れ星 静かに光る この瞳に映る あなたも今見てるかな…?  時に傷ついて 愛し、愛されて 出会いや別れ 繰り返すたび きっとまたあなたを想う…
もののけ姫阿部真央阿部真央宮崎駿久石譲笹路正徳はりつめた弓の ふるえる弦よ  月の光にざわめく おまえの心  とぎすまされた刃の美しい  そのきっさきによく似た  そなたの横顔  悲しみと怒りにひそむ  まことの心を知るは  森の精  もののけ達だけ  もののけ達だけ
いのちの名前WakanaWakana覚和歌子久石譲兼松衆青空に線を引く ひこうき雲の白さは ずっとどこまでも ずっと続いてく 明日を知ってたみたい  胸で浅く息をしてた 熱い頬 さました風も おぼえてる  未来の前にすくむ手足は 静かな声にほどかれて 叫びたいほど なつかしいのは ひとつのいのち 真夏の光 あなたの肩に 揺れてた木漏れ日  つぶれた白いボール 風が散らした花びら ふたつを浮かべて 見えない川は 歌いながら流れてく  秘密も嘘も喜びも 宇宙を生んだ神さまの 子供たち  未来の前にすくむ心が いつか名前を思い出す 叫びたいほど いとおしいのは ひとつのいのち 帰りつく場所 わたしの指に 消えない夏の日
風のとおり道WakanaWakana宮崎駿久石譲櫻井美希森の奥で 生まれた風が 原っぱに ひとり立つ 楡の木 フワリ かすめ やって来た あれは風のとおり道  森の奥で 生まれた風が 見えない手 さしのべて 麦の穂 フワリ かすめ あなたの髪を ゆらして 通りすぎてく  はるかな地 旅ゆく風 道しるべ ひとりゆく あなたに送る 髪のかざり  森の奥で 生まれた風が 原っぱに ひとり立つ 楡の木 フワリ かすめ 消えていく あれは 風のとおり道  森の奥で 生まれた風が 見えない手 さしのべて 麦の穂 フワリ かすめ あなたの髪を ゆらして 通りすぎてく
君をのせてWakanaWakana宮崎駿久石譲橋本しん(Sin)あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯が なつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから  さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
もののけ姫ユカリサユカリサ宮崎駿久石譲はりつめた弓の ふるえる弦よ 月の光にざわめく おまえの心  とぎすまされた刃の美しい そのきっさきによく似た そなたの横顔  悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ  Uh...Uh...Uh...Uh...Uh... Ah...Ah...Ah...Ah...Ah...
World Dreams with Chorus鶫真衣鶫真衣麻衣久石譲三浦秀秋遥かなるこの大地 朝日を浴び 澄み渡る青い空 時の歩みをうつす 世界の声は 希望の力 時を越え響き渡れ 愛を歌おう  哀しみにつまずけば 自由がみえる 歓びの灯が消えても 共に歩き続けよう 世界の夢よ 全ての人に 届けようこの歌声 愛を信じて  夢をみるひとすじの小さな光 千年の時を経て 明日を照らし続ける 愛を歌おう  遥かなるこの大地 朝日を浴び 澄み渡る青い空 時の歩みをうつす 世界の夢よ すべての人よ 誇り高きこの夢に 愛を誓おう 永久に誓おう
もののけ姫朝倉さや朝倉さや宮崎駿久石譲はりつめた弓の ふるえる弦よ 月の光にざわめく おまえの心  とぎすまされた刃の美しい そのきっさきによく似た そなたの横顔  悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ
となりのトトロ朝倉さや朝倉さや宮崎駿久石譲トトロ トトロ トトロ トトロ  だれかが こっそり 小路に 木の実 うずめて ちっさな芽 生えたら 秘密の暗号 森へのパスポート すてきな冒険はじまる  となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪れる 不思議な出会い  雨降り バス停 ズブヌレ オバケがいたら あなたの雨ガサ さしてあげましょう 森へのパスポート 魔法の扉 あきます  となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 月夜の晩に オカリナ吹いてる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ もしも会えたなら すてきな しあわせが あなたに 来るわ  となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪れる 不思議な出会い  トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ…
崖の上のポニョ朝倉さや朝倉さや近藤勝也・補作詞:宮崎駿久石譲ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  ペータペタ ピョーンピョン 足っていいな かけちゃお! ニーギニギ ブーンブン おててはいいな つないじゃお!  あの子とはねると 心もおどるよ パークパクチュッギュッ! パークパクチュッギュッ! あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  フークフク いいにおい おなかがすいた 食べちゃお! よーくよく 見てみよう あの子もきっと見ている  いっしょに笑うと ホッペがあついよ ワークワクチュッギュッ! ワークワクチュッギュッ! あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 崖の上にやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ 女の子 まんまるおなかの元気な子
君をのせて朝倉さや朝倉さや宮崎駿久石譲あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯がなつかしいのは あのどれか一つに 君がいるから  さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんに つめこんで  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球は回る 君をのせて いつかきっと出会う 僕らをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球は回る 君を隠して 輝く瞳 きらめく灯 地球は回る 君をのせて いつかきっと出会う 僕らをのせて
山の向こうへ松本穂香松本穂香岡田惠和久石譲夜になった カラス 空になれぬ ウサギ  水になりたかったのに 野に咲く 花たちよ  あの山の向こうなにが あるのだというのだろ  空を飛べる あなた 野山駆ける わたし  まだ見ぬ世界の丘に 誰とともに向かう  あの海の向こうきっと 大事な人がいる  ともに生きる 人に 何処にゆけば 会える  上る坂をはねのけて 下る坂を笑う  あの空の向こう どこか 二人の家がある
君をのせてMay J.May J.宮崎駿久石譲石田まり・上條頌・村田泰子あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯がなつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで 父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
さんぽスマイルキッズスマイルキッズ中川李枝子久石譲本田洋一郎あるこう あるこう わたしは げんき あるくの だいすき どんどん いこう  さかみち トンネル くさっぱら いっぽんばしに でこぼこ じゃりみち くものす くぐって くだりみち  あるこう あるこう わたしは げんき あるくの だいすき どんどん いこう  みつばち ぶんぶん はなばたけ ひなたに とかげ へびは ひるね バッタが とんで まがり みち  あるこう あるこう わたしは げんき あるくの だいすき どんどん いこう  きつねも たぬきも でておいで たんけんしよう はやしの おくまで ともだち たくさん うれしいな ともだち たくさん うれしいな
いのちの名前鶫真衣鶫真衣覚和歌子久石譲青空に線を引く ひこうき雲の白さは ずっとどこまでも ずっと続いてく 明日(あす)を知ってたみたい  胸で浅く息をしてた 熱い頬 さました風も おぼえてる  未来の前にすくむ手足は 静かな声にほどかれて 叫びたいほど なつかしいのは ひとつのいのち 真夏の光 あなたの肩に 揺れてた木漏れ日  つぶれた白いボール 風が散らした花びら ふたつを浮かべて 見えない川は 歌いながら流れてく  秘密も嘘も喜びも 宇宙を生んだ神さまの 子供たち  未来の前にすくむ心が いつか名前を思い出す 叫びたいほど いとおしいのは ひとつのいのち 帰りつく場所 わたしの指に 消えない夏の日
君をのせて由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子宮崎駿久石譲坂田晃一あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯がなつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで 父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
さんぽ三山ひろし三山ひろし中川李枝子久石譲周防泰臣あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  さかみち トンネル くさっぱら いっぽんばしに でこぼこじゃりみち くものすくぐって くだりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  みつばち ぶんぶん はなばたけ ひなたにとかげ へびはひるね ばったがとんで まがりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  きつねも たぬきも でておいで たんけんしよう はやしのおくまで ともだちたくさん うれしいな ともだちたくさん うれしいな
天音EXILE ATSUSHI & 久石譲EXILE ATSUSHI & 久石譲EXILE ATSUSHI久石譲遥か遠い昔の記憶 答えを探して旅に出たあの日  迷いながら 立ち止まっても 歴史は問いかけ 導かれている 無数の報せを 頼りに  星たちの輝き… 木々と虫たちの囁き… 変わりゆく街並み… 変わらぬ生命の営み… 嗚呼…  声に出しても 形ないもの 言葉に変えても 感じ難いもの  どんな色でも どんな縁取りでも 宿る想いは 大和の魂 誇り高き祈り 全てに…  子供達の嘆き 母なる大地の深い揺らぎ 忘れてゆく其の学び 忘られぬ儚き願い… 嗚呼…  歴史は問いかけ 導かれている 無数の報せを 頼りに  星たちの輝き… 木々と虫たちの囁き… 変わりゆく街並み… 変わらぬ生命の営み… 嗚呼…  遥か遠いあの光 共に生きる師の教え 歴史が示す 旅の行方 宇宙の創造超えて… 嗚呼…
旅立ちの時~Asian Dream Song~音羽ゆりかご会音羽ゆりかご会ドリアン助川久石譲岡崎雄二郎君の瞳に 花開く 夢をかなでる 心 風に吹かれるこの道さえも 星明かりに照らされ 今 ただ一人歩こう  胸を震わせるときめきを 空と大地に歌おう 哀しみも笑顔もぬくもりも 熱い思いに揺れて 今 抱きしめて歩こう  旅立ちの勇気を 地平線の光と分かち合うこの時 微笑みながら ふりむかずに  夢をつかむ者たちよ 君だけの花を咲かせよう  争いの日々を乗り越えて 青空に歌う時 かけがえのない命のはてに 名もない花を咲かそう 今 地球(ここ)に生きる者よ  旅立ちの勇気を 虹色の彼方に語りかけるこの時 微笑みながら ふりむかずに  夢をつかむ者たちよ 君だけの花を咲かせよう  夢をつかむ者たちよ 君だけの花を咲かせよう
君をのせてELISAELISA宮崎駿久石譲大久保薫あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから  たくさんの灯がなつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから  さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯  地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
君をのせて桐原アイ(新田恵海)桐原アイ(新田恵海)宮崎駿久石譲あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯がなつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんに 詰め込んで 父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝くひとみ きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて 父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝くひとみ きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
いのちの名前蘭寿とむ蘭寿とむ覚和歌子久石譲三枝伸太郎青空に線を引く ひこうき雲の白さは ずっとどこまでも ずっと続いてく 明日を知ってたみたい  胸で浅く息をしてた 熱い頬 さました風も おぼえてる  未来の前に すくむ手足は 静かな声に ほどかれて 叫びたいほど なつかしいのは ひとつのいのち 真夏の光 あなたの肩に揺れてた木漏れ日  つぶれた白いボール 風が散らした花びら ふたつを浮かべて 見えない川は 歌いながら流れてく  秘密も嘘も喜びも 宇宙を生んだ神さまの 子供たち  未来の前に すくむ心が いつか名前を思い出す 叫びたいほど いとおしいのは ひとつのいのち 帰りつく場所 わたしの指に 消えない夏の日  未来の前に すくむ心が いつか名前を思い出す 叫びたいほど いとおしいのは ひとつのいのち 帰りつく場所 わたしの指に 消えない夏の日
となりのトトロ白鳥英美子白鳥英美子宮崎駿久石譲卜トロ トトロ トトロ トトロ  だれかが こっそり 小路に 木の実 うずめて ちっさな芽 生えたら 秘密の暗号 森へのパスポート すてきな冒険はじまる  となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪れる 不思議な出会い  雨ふり バス停 ズブヌレ オバケがいたら あなたの雨ガサ さしてあげましょう 森へのパスポート 魔法の扉 あきます  となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 月夜の晩に オカリナ吹いてる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ もしも会えたなら すてきな しあわせが あなたに来るわ  卜卜ロ 卜トロ 卜トロ 卜トロ 森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪れる 不思議な出会い  トトロ トトロ トトロ トトロ
Stand Alone安倍なつみ安倍なつみ小山薫堂久石譲ちいさな光が 歩んだ道を照らす 希望のつぼみが 遠くを見つめていた 迷い悩むほどに 人は強さを掴むから 夢をみる 凛として旅立つ 一朶の雲を目指し  あなたと歩んだ あの日の道を探す ひとりの祈りが 心をつないでゆく 空に 手を広げ ふりそそぐ光あつめて 友に 届けと放てば 夢叶う はてなき想いを 明日の風に乗せて  わたしは信じる 新たな時がめぐる 凛として旅立つ 一朶の雲を目指し
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
もののけ姫流田Project流田Project宮崎駿久石譲流田Projectはりつめた弓の ふるえる弦(つる)よ 月の光にざわめく おまえの心  とぎすまされた刃の美しい そのきっさきによく似た そなたの横顔 悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ
もののけ姫ELISAELISA宮崎駿久石譲大久保薫はりつめた弓の ふるえる弦よ 月の光にざわめく おまえの心  とぎすまされた刃の美しい そのきっさきによく似た そなたの横顔 悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ
君をのせてMachicoMachico宮崎駿久石譲あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯が なつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから  さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
君をのせて二階堂和美二階堂和美宮崎駿久石譲あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯が なつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから  さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
懺悔EXILE ATSUSHI & 久石譲EXILE ATSUSHI & 久石譲ATSUSHI久石譲Joe Hisaishi想いなくして何も生まれず 意図なくして意味も生まれず ただ生きるのか…  時代(とき)を越えて伝わる想いは 命の結晶 今想ふ あなたの心  愛を失った肉体 魂さえも腐らせる 浮世の世界に かすかな光 絶やす事なく 照らし続けたまえ  響き渡る篳篥(ひちりき)のしらべたち 遥か彼方 消えてしまったのだろうか…  時間(とき)を刻む針の音色は 無情なほどに美しい 螺旋を描く  迫り来る終わりをただ 静かに迎えようと それが人の定めと 思えるほど 強くもなければ 清いわけでもない  響き渡る嘆きの叫びたち いつの日にか 天に届くのだろうか…  流れる人々の刹那たち 姿を変え どこへたどり着くだろうか…  激しい荒波と 怖いほどの静寂を 繰り返して 今を超えてゆけるだろうか…  犯した数多の罪たちも 愚かささえ すべて消えゆくだろうか…
宇宙へのドア井上あずみ井上あずみ中尾陽子・補作詞:伊藤アキラ久石譲きょうは 風を つかみましたか きのう 光に さわりましたか あるいは ずっと 昔でもいい 大地の 音を 見てたのは いつ  生まれた時は 奇跡の力 私も確か 持っていた 自然の心 信じてみたら  あそこのドアの 向こうは宇宙 希望の海へ 星が導く あふれる歌は あなたへの LaLaLa声援 声援  きょうは 水に 抱きしめられて あした 炎と 踊っていたい あるいは ずっと 未来のある日 はるかな空を 歩くのも いい  地球の広さ みつめ過ぎると あなたは 息ができない ひとりにひとつ 星を燃やして  あそこのドアの 向こうは宇宙 時を繋いで そして銀河に あふれる歌は わたしへの LaLaLa声援 声援  あそこのドアの 向こうは宇宙 希望の海へ 星が導く あふれる歌は はばたいて LaLaLaデンソー デンソー  あそこのドアの 向こうは宇宙 時を繋いで そして銀河に あふれる歌は かがやいて LaLaLaデンソー デンソー
Predestinate feat. 麻衣DAISHI DANCEDAISHI DANCE森雪之丞・訳詞:麻衣久石譲A feeble light, a faint glimmer of hope I see you in the dark as if seeking a star  Where we grew pain A cloud of sorrow Where a love is reborn To sparkle with its joy We through our tears all away Let me hold your hands  Everytime, we take the path Lead us nowhere The destiny lights, to lead us to meet  Believe in myself That I find you, my love So I was alone Nothing I can lean on Solitude in the dark  We are in journey Wander around the wild land Trusting what awaits Place I have dreamed of, Promise we've made Love will find us a way  Dawn surely comes At the end of the tear And begin new life here Mh hold on together  The sound of life Just like Knocks on the door Feeling strength and the warmth Want my head lean against Embracing heartbeats in your arms All it takes us to live  As we die As we are born It circle around It may lead my way And fall in love  Believe you someday Warm my hands, my love So I lived with the cold Nothing I can lean on Solitude in the dark  Gaze into your eyes Rain of scattered petal Pause in the air Nothing can break us apart The two lives The String of destiny
さんぽET-KINGET-KING中川李枝子久石譲あるこう あるこう わたしは げんき あるくの だいすき どんどん いこう さかみち トンネル くさっぱら いっぽんばしに でこぼこ じゃりみち くものす くぐって くだりみち  あるこう あるこう わたしは げんき あるくの だいすき どんどん いこう みつばち ブンブン はなばたけ ひなたに とかげ へびは ひるね ばったが とんで まがりみち  あるこう あるこう わたしは げんき あるくの だいすき どんどん いこう きつねも たぬきも でておいで たんけん しよう はやしの おくまで ともだち たくさん うれしいな ともだち たくさん うれしいな
君をのせてScott MurphyScott Murphy宮崎駿久石譲スコット・マーフィーあの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯が なつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから  さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
もののけ姫笹川美和笹川美和宮崎駿久石譲はりつめた弓の ふるえる弦(ツル)よ 月の光にざわめく おまえの心  はりつめた弓の ふるえる弦(ツル)よ 月の光にざわめく おまえの心  研ぎすまされた 刃の美しい その切っ先によく似た そなたの横顔  悲しみと怒りにひそむまことの心を知るは森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ  はりつめた弓の ふるえる弦(ツル)よ 月の光にざわめく おまえの心  研ぎすまされた 刃の美しい その切っ先によく似た そなたの横顔  悲しみと怒りにひそむまことの心を知るは森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ もののけ達だけ もののけ達だけ
崖の上のポニョ長谷川久美子長谷川久美子近藤勝也・補作詞:宮崎駿久石譲ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  ペータペタ ピョーンピョン 足っていいな かけちゃお!  ニーギニギ ブーンブン おててはいいな つないじゃお!  あの子とはねると 心もおどるよ パークパク チュッギュッ! パークパク チュッギュッ!  あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  フークフク いいにおい おなかがすいた 食べちゃお!  よーくよく 見てみよう あの子もきっと見ている  いっしょに笑うと ホッペがあついよ ワークワク チュッギュッ! ワークワク チュッギュッ!  あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 崖の上にやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ 女の子 まんまるおなかの元気な子
君をのせて長谷川久美子長谷川久美子宮崎駿久石譲あの地平線 輝くのは どこかに君を 隠しているから たくさんの灯が 懐かしいのは あのどれか一つに 君がいるから  さあ出掛けよう 一切れのパン ナイフ ランプ鞄に 詰め込んで  父さんが残した 熱い想い  母さんがくれた あのまなざし  地球は回る 君を隠して 輝く瞳 きらめく灯火 地球は回る 君をのせて いつかきっと出逢う 僕らをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球は回る 君を隠して 輝く瞳 きらめく灯火 地球は回る 君をのせて いつかきっと出逢う 僕らをのせて
となりのトトロ堀下さゆり堀下さゆり宮崎駿久石譲トトロ トトロ トトロ トトロ  だれかが こっそり 小路に 木の実 うずめて  ちっさな芽 生えたら 秘密の暗号 森へのパスポート すてきな冒険はじまる  となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪れる 不思議な出会い  雨降り バス停 ズブ濡れ オバケが居たら あなたの 雨傘 さしてあげましょ 森へのパスポート 魔法の扉 あきます  となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 月夜の晩に オカリナ吹いてる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ もしも会えたなら 素敵な幸せが あなたに来るわ  トトロ トトロ トトロ トトロ 森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪れる 不思議な出会い トトロ トトロ トトロ トトロ…
さんぽ堀下さゆり堀下さゆり中川李枝子久石譲あるこう あるこう わたしは元気 歩くの大好き どんどん行こう  坂道 トンネル 草っぱら 一本橋に デコボコじゃりみち クモの巣くぐって くだりみち  あるこう あるこう わたしは元気 歩くの大好き どんどん行こう  蜜蜂 ブンブン 花畑 日向にトカゲ ヘビは昼寝 バッタが飛んで 曲がり道  あるこう あるこう わたしは元気 歩くの大好き どんどん行こう  キツネも タヌキも でておいで たんけんしよう 林の奥まで  友達たくさん うれしいな 友達たくさん うれしいな  あるこう あるこう わたしは元気 歩くの大好き どんどん行こう  坂道 トンネル 草っぱら 一本橋に デコボコじゃりみち クモの巣くぐって くだりみち  あるこう あるこう わたしは元気 歩くの大好き どんどん行こう  蜜蜂 ブンブン 花畑 日向にトカゲ ヘビは昼寝 バッタが飛んで 曲がり道  あるこう あるこう わたしは元気 歩くの大好き どんどん行こう  キツネも タヌキも でておいで たんけんしよう 林の奥まで  友達たくさん うれしいな 友達たくさん うれしいな
Your Story福原美穂福原美穂胡麻本りさ久石譲It's dark and cold, out where we stand alone Beneath the ground, down deep the ocean What have I done? What have you done wrong? Our deep embrace, will you remember? The silence's gone  There used to be an empty space There was no fear there's nothing to chase Until you came and opened the way And fear that loneliness will tear my heart away  Come stay and hear the hearts of melody The warmth of skin, the gentle kisses Could this be love…?  Sometimes I ask, why things have gone so wrong? I've waited long, believed for so long My angel face, has slept with tears in her eyes “Don't leave me please”, will desert her how it was done?  She has no one, no place to go She dreamed to have a place to belong What we both long a place, sweet home If I could un-wine the time and stay with you  Still dark and cold, out where we atand alone Beneath the ground, down deep the ocean We both have lied, and kissed, a sad good-bye Your deepest love remains in my heart, how I love you so...
I will be麻衣麻衣麻衣久石譲Fly away to the innocence Run away left me with no sence  時を知らず かがやき旅立つ  You get on the ride I ride on the sky That sky knows the future Future is unknown  あすにひかれ このときめき もうまよわないで I will be the one to take flight 虹 誓う ゆめ  かすむ景色 It's the fact とおい期待 Life is hard  やまない風 みえない夜明け  You get on the ride I ride on the sky That sky knows the future Future is unknown  ゆれる世界 うつす碧 立ち止まっても  I will be the one to grab that sky うつくしくとべ  この手拓く It's my hope 決める未来 Keep with me  ながれる雲 無上の空  That sky knows the future Future is unknown  あすにひかれ このときめき もうまよわないで I will be the one to take flight 虹 誓う ゆめ
心のかけら麻衣麻衣鈴木麻実子久石譲白い羊雲 追いかけて走った いつかあの空に 届きそうな気がして  涙の しずくは 希望の糧と 教えて くれたよ  会いたい もう一度 強く抱きしめて 心のかけらを 見つける旅にでよう 悲しみの向こう岸の 新しい世界へ  遥か昔から つながれた絆に 命選ばれて 生まれるという奇跡  絶望の涙 救う光を あなたが 照らした  まぶた閉じれば 浮かぶあの笑顔 一人でも平気さ あなたはここにいるから 未来へと続く道を 僕は今 進むよ  会いたい もう一度 強く抱きしめて 心のかけらを 見つける旅に出よう あの光に包まれた 新しい世界へ
君をのせて新垣勉新垣勉宮崎駿久石譲あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯がなつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで 父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
崖の上のポニョ新垣勉新垣勉近藤勝也・宮崎駿久石譲ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  ペータペタ ピョーンピョン 足っていいな かけちゃお! ニーギニギ ブーンブン おててはいいな つないじゃお!  あの子とはねると 心もおどるよ パークパクチュッギュ! パークパクチュッギュ! あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  フークフク いいにおい おなかがすいた 食べちゃお! よーくよく 見てみよう あの子もきっと見ている  いっしょに笑うと ホッペがあついよ ワークワクチュッギュ! ワークワクチュッギュ!  あの子が大好き まっかっかの ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 崖の上にやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ 女の子 まんまるおなかの元気な子
となりのトトロ新垣勉新垣勉宮崎駿久石譲トトロ トトロ トトロ トトロ だれかが こっそり 小路に 木の実うずめて ちっさな芽 生えたら 秘密の暗号 森へのパスポート すてきな冒険はじまる  となりのトトロ トトロ トトロ トトロ  森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪れる 不思議な出会い  雨ふり バス停 ズブヌレ オバケがいたら あなたの雨ガサ さしてあげましょう 森へのパスポート 魔法の扉 あきます  となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 月夜の晩に オカリナ吹いてる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ  もしも会えたなら すてきな しあわせが あなたに来るわ  トトロ トトロ トトロ トトロ  森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪れる 不思議な出会い  トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ……
さんぽ新垣勉新垣勉中川李枝子久石譲あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  さかみち トンネル くさっぱらいっぽんばしに でこぼこじゃりみち くものすくぐって くだりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  みつばち ぶんぶん はなばたけ ひなたにとかげ へびはひるね ばったがとんで まがりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  きつねも たぬきも でておいで たんけんしよう はやしのおくまで ともだちたくさん うれしいな ともだちたくさん うれしいな
もののけ姫新垣勉新垣勉宮崎駿久石譲はりつめた弓の ふるえる弦よ 月の光にざわめくおまえの心 とぎすまされた刃の美しい そのきっさきによく似た そなたの横顔  悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ  Uh... Uh... Uh... Uh... Uh... Ah... Ah... Ah... Ah... Ah...
人生のメリーゴーランド新垣勉新垣勉覚和歌子久石譲回れ星のように 歌え花火のように 向かい風にも止められない メリーゴーランド  夕焼け見渡せる 楽屋口のドアは 軋ませないで閉めきるのに コツがあるの  裾のよれたコート 隠れるようにはおっては 灼けてく地平線 いつまでも眺めてた  夢から覚めた顔で 出ていったひと 信じたのにかぎって 続きやしないわ 寒い心もさびしさからも もう自由になるんだと 泣いたあの日  かかとのとれかけた サンダル放り投げたら 間抜な弧を描いて アスファルトに落ちた  捨て台詞みたいに 人生は終われない やりきれないこと ばかりならば なおのこと  回れ星のように 歌え花火のように 向かい風にも止められない メリーゴーランド  めくるめく浮き世に まだ愛は探せそうで のばした指の先 まだ明日がありそうで
さんぽ辻希美辻希美中川李枝子久石譲あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  さかみち トンネル くさっぱら いっぽんばしに でこぼこじゃりみち くものすくぐって くだりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  みつばち ぶんぶん はなばたけ ひなたにとかげ へびはひるね ばったがとんで まがりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  きつねも たぬきも でておいで たんけんしよう はやしのおくまで ともだちたくさん うれしいな ともだちたくさん うれしいな
君をのせてUnlimited toneUnlimited tone宮崎駿久石譲あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯がなつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで 父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
もののけ姫チキン ガーリック ステーキチキン ガーリック ステーキ宮崎駿久石譲はりつめた弓の ふるえる弦よ 月の光にざわめく おまえの心  とぎすまされた刃の美しい そのきっさきによく似た そなたの横顔 悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ
さんぽPermanent FishPermanent Fish中川李枝子久石譲あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  さかみち トンネル くさっぱら いっぽんばしに でこぼこじゃりみち くものすくぐって くだりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  みつばち ぶんぶん はなばたけ ひなたにとかげ へびはひるね ばったがとんで まがりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  きつねも たぬきも でておいで たんけんしよう はやしのおくまで ともだちたくさん うれしいな ともだちたくさん うれしいな
崖の上のポニョPermanent FishPermanent Fish近藤勝也・補作詞:宮崎駿久石譲ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  ペータペタ ピョーンピョン 足っていいな かけちゃお! ニーギニギ ブーンブン おててはいいな つないじゃお!  あの子とはねると 心もおどるよ パークパクチュッギュ! パークパクチュッギュ! あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  フークフク いいにおい おなかがすいた 食べちゃお! よーくよく 見てみよう あの子もきっと見ている  いっしょに笑うと ホッペがあついよ ワークワクチュッギュ! ワークワクチュッギュ! あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 崖の上にやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ 女の子 まんまるおなかの元気な子
We are SMAP!SMAPSMAP太田光久石譲久石譲奇跡みたいな空が燃えてた。 僕らはまだ、出会ったばかり。 一番、白く、輝いてる石を。 見つけることを、競争してた。  未来の知らない国の、小さな五人の子供へ。 この冒険を繋げよう。  エンジンは、好奇心さ。科学でもなくて。 笑い声。歌の音。魔法のエネルギーさ。  あの日飛べた空の、高さよりも高く。 「飛べるよ」ってキミが、言ったんだ! ボクを見て。  オレンジ色、嘘みたいな空で。 一つの星が、こっち見てた。 キミの見つけた石が一番似てて。 僕らはそれを勲章にした。  地球を彩る羽を。 ナイフの代わりに持とう。 そして冒険を続けよう。  歩こうか。怖くても、口笛を吹いて。 優しさは才能と、キミを見たから知った。  あの日行けた場所の、遠くよりも遠く。 「行けるよ」ってキミが言ったんだ! 何度も。  歴史は僕らの思い出。見つめて苦しくなっても。 きっと「誇り」を渡すと約束しよう。  先へ…  繋ぐのは、物語。権利でもなくて。 キミの声。笑い声。 無限のエネルギーさ。  軌道が見えるよに、靴の紐を抜いて。 石に結び付け、投げたよね。…宇宙へ。  エンジンは、好奇心さ。科学でもなくて。 笑い声。歌の音。魔法のエネルギーさ。  繋ぐのは、物語。権利でもなくて。 キミの声。笑い声。無限のエネルギーさ。
君をのせて高橋洋子高橋洋子宮崎駿久石譲島健あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯がなつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ、ランプ かばんにつめこんで  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
もののけ姫井上あずみ井上あずみ宮崎駿久石譲未知瑠はりつめた弓の ふるえる弦よ 月の光にざわめく おまえの心  とぎすまされた刃の美しい そのきっさきによく似た そなたの横顔 悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ  悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ
崖の上のポニョ井上あずみ井上あずみ近藤勝也・補作詞:宮崎駿久石譲米光亮ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  ペータペタ ピョーンピョン 足っていいな かけちゃお! ニーギニギ ブーンブン おててはいいな つないじゃお!  あの子とはねると 心もおどるよ パークパクチュッギュッ! パークパクチュッギュッ! あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  フークフク いいにおい おなかがすいた 食べちゃお! よーくよく 見てみよう あの子もきっと見ている  いっしょに笑うと ホッペがあついよ ワークワクチュッギュッ! ワークワクチュッギュッ! あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 崖の上にやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ 女の子 まんまるおなかの元気な子
遠い街から如月千早(今井麻美)如月千早(今井麻美)今井美樹久石譲暮れゆく街角に 冬の匂い漂う あなたのいない初めての 雪が舞い降りてくる 届いた絵はがきに 懐かしい癖の文字 優しい言葉にあなたの笑顔が 映っている  外はイルミネーションが 星屑のように光る 浮かれた気持ちで 時を過ごすざわめきたち 淋しい心に響く  あなたと歩いてた 街を一人歩こう 遠く離れても 続く空から 雪は降りる  離れた時間に今も慣れないから 返事のかわりに電話をかけよう 遠い街へ  新しい年が明けて 桜の季節の頃に 約束通りここへ あなたが帰ってくると思うだけで この胸がせつない  あなたと歩いてた 街を一人歩こう さみしさは風が さらって空へと 飛んでゆくわ
ウルルの唄麻衣麻衣麻衣久石譲久石譲ウルル ウルル いとしいそのひとみ ウルル ウルル ぼくらはともだち  深い深い森 銀色のひかりが 僕たちのことを やさしく包み込む  うれしい出会いより かなしい別れが たくさんあるけど  泣かないよ ウルル ぼくらは歩きだす ウルル ウルル 明日は待っている  この大地と海 かわらぬかがやきは 大切なものを 守る勇気をてらす  きみがおしえてくれた 愛するつよさを ぼくらは忘れない  大好きよ ウルル たとえ離れてても ウルル ウルル おなじ夢をみよう  ウルル おやすみ 月の光の下 ウルル ウルル おなじ夢をみよう  ウルル ウルル 気高きそのひとみ ウルル ウルル いつかまた会える  ウルル ウルル おなじ夢をみよう ウルル ウルル いつかまた会える
メイビィ・ベイビィ樋浦一帆樋浦一帆山本優久石譲中島正雄ひとみの なかに なにかが みえて もしかしたらと 思ったけれどさ メイビィ・ベイビィ それがはじまり イッツ オールライト ベイビィ この気分 なんていったら いいんだ はりさけそうな オレのハート このまま メイビィ ゴーイング  maybe maybe my baby なんて いかした気分 maybe maybe my baby イッツ オールナイト オールナイト このまま このまま イン ユア アイズ maybe baby yeah  こころの うみに さざなみ おきて もしかしたらと 思ったけれどさ メイビィ ベイビィ これがそいつさ イッツ オールライト ベイビィ この気分 なんて しあわせなんだ やけどしそうな オレのハート このまま メイビィ ゴーイング  maybe maybe my baby なんて いかした気分 maybe maybe my baby イッツ オールナイト オールナイト このまま このまま イン ユア アイズ maybe baby yeah  maybe maybe my baby なんて いかした気分 maybe maybe my baby イッツ オールナイト オールナイト イッツ オールナイト オールナイト イッツ オールナイト オールナイト このまま このまま イン ユア アイズ maybe baby yeah
恋人たちの星まつり山形ユキオ山形ユキオ山本優久石譲久石譲遠いむかしに 星がうまれて 出あい 出あえし 恋人たちが しあわせ うらなう 星まつり トゥィンクル トゥィンクル 銀河のウィンクル トゥィンクル トゥィンクル 夜空のミルキィーウェイ きみが ぼくの ぼくが きみの トゥィンクル ウィンクル Ah 星まつり  はるか みらいに 星をあわせて つどい つどいし 恋人たちが しあわせ さがして 星まつり トゥィンクル トゥィンクル 銀河のウィンクル トゥィンクル トゥィンクル 夜空のミルキィーウェイ きみが ぼくの ぼくが きみの トゥィンクル ウィンクル Ah 星まつり トゥィンクル ウィンクル Ah 星まつり
君をのせて島本須美島本須美宮崎駿久石譲あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯がなつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで 父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
となりのトトロ島本須美島本須美宮崎駿久石譲トトロ トトロ トトロ トトロ だれかが こっそり 小路に 木の実 うずめて ちっさな芽 生えたら 秘密の暗号 森へのパスポート すてきな冒険はじまる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ  森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪れる 不思議な 出会い  雨ふり バス停 ズブヌレ オバケがいたら あなたの雨ガサ さしてあげましょ 森へのパスポート 魔法の扉 あきます となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 月夜の晩に オカリナ吹いてる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ もしも会えたなら すてきな しあわせが あなたに来るわ  トトロ トトロ トトロ トトロ 森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪(おとず)れる 不思議な出会い  トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ……
さんぽ島本須美島本須美中川李枝子久石譲あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  さかみち トンネル くさっぱら いっぽんばしに でこぼこじゃりみち くものすくぐって くだりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  みつばち ぶんぶん はなばたけ ひなたにとかげ へびはひるね ばったがとんで まがりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  きつねも たぬきも でておいで たんけんしよう はやしのおくまで ともだちたくさん うれしいな
崖の上のポニョ島本須美島本須美近藤勝也・補詞:宮崎駿久石譲ペータペタ ピョーンピョン 足っていいな かけちゃお! ニーギニギ ブーンブン おててはいいな つないじゃお!  あの子とはねると 心もおどるよ パークパクチュッギュッ! パークパクチュッギュッ! あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  フークフク いいにおい おなかがすいた 食べちゃお! よーくよく 見てみよう あの子もきっと見ている  いっしょに笑うと ホッペがあついよ ワークワクチュッギュッ! ワークワクチュッギュッ! あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 崖の上にやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ 女の子 まんまるおなかの元気な子
もののけ姫島本須美島本須美宮崎駿久石譲はりつめた弓の ふるえる弦よ 月の光にざわめく おまえの心  とぎすまされた刃の美しい そのきっさきによく似た そなたの横顔 悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ
さんぽ大橋のぞみ大橋のぞみ中川季枝子久石譲川田瑠夏歩こう 歩こう わたしは元気 歩くの大好き どんどん行こう 坂道 トンネル 草っ原 一本橋に でこぼこ砂利道 クモの巣くぐって 下り道  歩こう 歩こう わたしは元気 歩くの大好き どんどん行こう ミツバチ ブンブン 花畑 ひなたにトカゲ ヘビは昼寝 バッタがとんで 曲がり道  歩こう 歩こう わたしは元気 歩くの大好き どんどん行こう キツネも タヌキも 出ておいで 探検しよう 林の奥まで 友だちたくさん うれしいな 友だちたくさん うれしいな
となりのトトロScott MurphyScott Murphy宮崎駿久石譲トトロ トトロ トトロ トトロ だれかが こっそり 小路に 木の実 うずめて ちっさな芽 生えたら 秘密の暗号 森へのパスポート すてきな冒険はじまる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ  森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪れる 不思議な出会い  雨ふり バス停 ズブヌレ オバケがいたら あなたの雨ガサ さしてあげましょう 森へのパスポート 魔法の扉 あきます  となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 月夜の晩に オカリナ吹いてる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ もしも会えたなら すてきな しあわせが あなたに来るわ  トトロ トトロ トトロ トトロ 森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪れる 不思議な出会い  トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ……
おくりびとAIAIAI久石譲久石譲小さなかけらを 握りしめながら こらえる。人は。 それでもあふれる 涙がまたこぼれてく  見送る時くらい 笑顔でいたい  愛は刃物より 胸につきささる そして「いつかまた会おうの。」と…  空を見上げれば 雲や流れ星 静かに光る この瞳に映る あなたも今見てるかな…?  愛は刃物より 胸につきささる そして「いつかまた会おうの。」と…  時に傷ついて 愛し、愛されて 出会いや別れ 繰り返すたび きっとまたあなたを想う…
君をのせてLiaLia宮崎駿久石譲あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯が なつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから  さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
おとぎの国は眠らない立花理佐立花理佐森田由美久石譲久石譲あなた つかまえて ほんとのわたし 今すぐ ここまできて 抱きしめてよ おとぎの国はまだ 眠らないわ…  人影もまばらな遊園地 広場で花を抱いたピエロ 観客はわたしの寒そうな影だけ ねぇ そんな哀しい笑顔しないで  あどけないリボンをほどいて 少しずつけずられる想い 恋すると どうしておとなにさせたがる いつまでも ここにいたいのに…  もうすぐ とまる 夕陽のメリーゴーランド  ずっと乗せていて 夢の背中に かけめぐる光たち まつ毛が濡れてにじむよ 初めてのキスに とまどった あの日 子供のままでいたい 瞳の色 あなただけは 半分 わかってほしい…  無邪気にするぬけるジェットコースター シュガーにとろけてるティーカップ 変わらない景色と 変わってく少女を みつめてる 小さな観覧車  寂しいのは あなたがいないから…  ゲート(扉)が閉まれば 夢もお終い だけど心のなかで 少女は帰りたくない あなた つかまえて ほんとのわたし 今すぐ 抱きしめてよ ここまで来てよ おとぎの国はまだ 眠らないわ  ずっと乗せていて 夢の背中に かけめぐる光たち まつ毛が濡れてにじむよ  ゲート(扉)が閉まれば 夢もお終い だけど心のなかで 少女は帰りたくない
サヨナラを言わせないで立花理佐立花理佐真名杏樹久石譲久石譲星よりまぶしい 風よりやさしい キミと出会えて よかった 昨日の私に 右手を振ったの ふたり分の 夢を連れて  気持ちだけが 溢れそうだから サヨナラを今は言わせないで 夜の空に光る地図 ふたり散りばめたダイヤモンドみたい  ちょっと微笑むRed あれは私 ちょっと切ないBlue あれはキミの瞳 オトナの目にはBlack 暗くて捜せない 熱いハートを抱きしめ めぐり逢えるよ  星よりまぶしく 風よりやさしく いつか愛してみたいの 銀河を旅する 神話に似てるわ 16才 夢を駆けて  時のパズル ひろい集めたら 傷ついた事も思い出なの みんな胸に隠してる そうよ 美しいダイヤモンドひとつ  キラリ揺れてるRed 涙じゃナイ キラリにじんだBlue きっと流れ星よ 悲しい顔はBlack 嫌いなはずだから ふりかえらずに このまま歩いていくわ  ちょっと微笑むRed あれは私 ちょっと切ないBlue あれはキミの瞳 オトナの目にはBlack 暗くて捜せない 熱いハートを抱きしめ めぐり逢えるよ
クレヨン'S HILLへつれてって立花理佐立花理佐真名杏樹久石譲久石譲もうすぐ 目を覚ますよ 青い羽根の小鳥たちが ふたりで こんな朝は あの雲よりも高く 飛べそうだネ  タンポポのクレヨンで あなたのハート描きたいナ  さびしい時でも 冬の日でも きっと勇気をくれたこと 気づいてたの 谷間の近道ぬけて あの丘まで 私をつれてって!  かがやく 銀の綿毛 風に合わせ 踊ってるよ ふたりで摘んだベリー くちづけよりも甘い味がするの  タンポポのラブレター 照れずに読んでくれるカナ  楽しい時でも 辛い時も そのまなざしは暖かい 木もれ陽なの 野原のせせらぎ越えて あの丘まで ナイショでつれてって!  さびしい時でも 冬の日でも きっと勇気をくれたこと 気づいてたの 谷間の近道ぬけて あの丘まで 私をつれてって!
海のおかあさん林正子林正子覚和歌子・宮崎駿久石譲久石譲海ゆりゆれる 青いうち かぞえきれない きょうだいたちと あぶくのことばで はなしていたの  おぼえていますか ずっと昔に お前は青いうみに いっしょにくらしていたの  クラゲもウニも サカナもカニも みんな きょうだいだっ おぼえていますか ずっと昔に お前は青いうみに いっしょにくらしていたの  海ゆりゆれる 青いうち おぼえていますか きょうだいたちを
崖の上のポニョ(映画バージョン)藤岡藤巻と大橋のぞみ藤岡藤巻と大橋のぞみ近藤勝也・宮崎駿久石譲久石譲ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  ペータペタ ピョーンピョン 足っていいな かけちゃお! ニーギニギ ブーンブン おててはいいな つないじゃお!  あの子とはねると 心もおどるよ パークパクチュッギュッ! パークパクチュッキュッ! あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子
鈴木建設社歌戸川純戸川純鈴木敏夫久石譲(見よ東の 空明けて 平和の光 差すところ 緑と青を 保ちつつ) 住み良い国を 作るため 明日の幸せ 一筋に 探し求めん 槌音高く 鈴木建設 鈴木建設 未来に向けて いざ羽ばたかん
もののけ姫遠藤正明遠藤正明宮崎駿久石譲はりつめた弓の ふるえる弦(つる)よ 月の光にざわめく おまえの心  とぎすまされた刃の美しい そのきっさきによく似た そなたの横顔  悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ  Lu…  La…
フジモトのテーマ藤岡藤巻藤岡藤巻藤岡藤巻久石譲久石譲夢は 何処に捨てたのか 愛は いつ忘れたのか 涙は もう 出なくなった  疲れ果てた この地球(ほし)で 刹那に生きる人々 希望なんて 忘れた様に  神が街にあふれ 導くこともない 私は どこへ帰ればいい?  誰かを傷つけるなら 誰とも逢わずにいたい だから一人 遠くへ行く  海はその深さを変え 空は重くなり過ぎた 変わっていく 何もかもが  女はいつも気まぐれ 男はいつも傷つき 心閉ざす 恋する度  神が街にあふれ 導くこともない 私は どこへ帰ればいい?  珊瑚は女と違い 美しいのに儚(はかな)い だから守りたくなるのさ  全てを包んだ海は 全てを許す母親 だから一人海に帰る
崖の上のポニョPLATINA LYLIC藤岡藤巻と大橋のぞみPLATINA LYLIC藤岡藤巻と大橋のぞみ近藤勝也・宮崎駿久石譲久石譲ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  ペータペタ ピョーンピョン 足っていいな かけちゃお! ニーギニギ ブーンブン おててはいいな つないじゃお!  あの子とはねると 心もおどるよ パークパクチュッギュッ! パークパクチュッギュッ! あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ まんまるおなかの女の子  フークフク いいにおい おなかがすいた 食べちゃお! よーくよく 見てみよう あの子もきっと見ている  いっしょに笑うと ホッペがあついよ ワークワクチュッギュッ! ワークワクチュッギュッ! あの子が大好き まっかっかの  ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 崖の上にやってきた ポーニョ ポーニョ ポニョ 女の子 まんまるおなかの元気な子
今、風の中で平原綾香平原綾香平原綾香久石譲島健僕らの明日に どんな夢を託しても 心は 弱くて 昨日ばかり追いかけてた  負けないと誓いあった 夕日染まるあの丘は いつまでも どこまでも 輝いてた  空へ手をのばして この願い届けて つないだ手と手 僕らはあきらめないと  遠くで呼んでる 君の小さな声でも 僕には聴こえる なつかしいふるさとのように  誰もが きっと誰かに愛されるため 生まれてきた いつだって どこだって ひとりじゃない  空へ手をのばして この願い届けて たったひとつのいのちを 生きて  今 風の中で どこまでも歩こう 涙がいつか 笑顔に変わる日まで
さんぽ林原めぐみ林原めぐみ中川李枝子久石譲あるこう あるこう わたしはげんき あるくのだいすき どんどんいこう  さかみち トンネル くさっぱら いっぽんばしに でこぼこじゃりみち くものすくぐって くだりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくのだいすき どんどんいこう  みつばち ぶんぶん はなばたけ ひなたに とかげ へびはひるね バッタがとんで まがりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくのだいすき どんどんいこう  きつねも たぬきも でておいで たんけんしよう はやしのおくまで ともだちたくさん うれしいな ともだちたくさん うれしいな
人生のメリーゴーランドクミコクミコ覚和歌子久石譲回れ 星のように 歌え 花火のように 向かい風にも止められない メリーゴーランド ――  夕焼け見渡せる 楽屋口のドアは 軋ませないで閉めきるのに コツがあるの  裾のよれたコート 隠れるようにはおっては 灼けてく地平線 いつまでも眺めてた  夢から覚めた顔で 出ていったひと 信じたのにかぎって 続きやしないわ 寒い心も さびしさからも もう自由になるんだと 泣いたあの日  かかとのとれかけた サンダル 放り投げたら 間抜けな弧を描いて アスファルトに落ちた  捨て台詞みたいに 人生は終われない やりきれないことばかりならば なおのこと  回れ 星のように 歌え 花火のように 向かい風にも止められない メリーゴーランド ――  めくるめく浮き世に まだ愛は探せそうで のばした指の先 まだ明日がありそうで
あなたになら…中山美穂中山美穂中山美穂久石譲ねえ 大人になる 道はいくつもの 扉と鍵と涙 白い壁に描けるのよ  でもいちばん夢 胸にすみつかせ 眠らない季節 肌に 覚えていて 冷たくても  誰も教えない 太陽のすむ夜明け…  水に漂うShine 掌(てのひら)ですくったら ほのかな 笑み浮かべられるから 迷うときは 見つめて  Dear My brother song for you 感じてね あなたになら 探し出せるわ 果てしない旅人 かなえられる  幼い頃 見た 夏の陽炎は 思いがけない力を くれるはずと 信じていた  炎揺らめかせ 愛する人が 見える…  空に輝くShine 瞼(まぶた)閉じ 願ったら ほのかな 勇気 与えあえるから 迷うときは 見つめて  Oh My Dreams song for me 感じたい 私になら 探し出せるわ 果てしない旅人 かなえられる  水に漂うShine 掌(てのひら)ですくったら ほのかな 笑み浮かべられるから 迷うときは 見つめて  Dear My brother song for you 感じてね あなたになら 探し出せるわ 果てしない旅人 かなえられる
いのちの名前GOLD LYLIC平原綾香 with 久石譲GOLD LYLIC平原綾香 with 久石譲覚和歌子久石譲久石譲青空に線を引く ひこうき雲の白さは ずっとどこまでも ずっと続いてく 明日を知ってたみたい  胸で浅く息をしてた 熱い頬 さました風も おぼえてる  未来の前にすくむ手足は 静かな声にほどかれて 叫びたいほど なつかしいのは ひとつのいのち 真夏の光 あなたの肩に 揺れてた木漏れ日  つぶれた白いボール 風が散らした花びら ふたつを浮かべて 見えない川は 歌いながら流れてく  秘密も嘘も喜びも 宇宙を生んだ神さまの 子供たち  未来の前にすくむ心が いつか名前を思い出す 叫びたいほど いとおしいのは ひとつのいのち 帰りつく場所 わたしの指に 消えない夏の日
もののけ姫PLATINA LYLIC米良美一PLATINA LYLIC米良美一宮崎駿久石譲久石譲はりつめた弓の ふるえる弦よ 月の光にざわめく おまえの心  とぎすまされた刃の美しい そのきっさきによく似た そなたの横顔  悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ  Uh… Uh… Uh… Uh… Uh… Ah… Ah… Ah… Ah… Ah…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
風のとおり道杉並児童合唱団杉並児童合唱団宮崎駿久石譲もりのおくでうまれたかぜが はらっぱにひとり立つにれの木 フワリかすめ やって来た あれはかぜのとおりみち  もりのおくでうまれたかぜが 見えない手さしのべてむぎの穂 フワリかすめ あなたのかみを ゆらしてとおりすぎてく  はるかな地 たびゆくかぜ みちしるべ ひとりゆく あなたにおくる かみのかざり  もりのおくでうまれたかぜが はらっぱにひとり立つにれの木 フワリかすめ 消えていく あれはかぜのとおりみち  はるかな地 たびゆくかぜ みちしるべ ひとりゆく あなたにおくる かみのかざり  もりのおくでうまれたかぜが はらっぱにひとり立つにれの木 フワリかすめ やって来た あれはかぜのとおりみち  もりのおくでうまれたかぜが 見えない手さしのべてむぎの穂 フワリかすめ あなたのかみを ゆらしてとおりすぎてく
お母さんの写真上條恒彦上條恒彦宮崎駿久石譲アルバムの古い写真の中で 色あせた麦ワラ帽子かしげて 笑ってる 小さな女の子 白く光ったエクボ まぶしい笑顔  お母さんが小さな女の子だった頃の写真 帰らない遠い夏の日の 届かない あこがれ  サルスベリ 影おとす古い家の 門の脇 知らない仔犬だきしめ 笑ってる 小さな女の子 ゆれる短いおさげ やさしいひとみ  お母さんが小さな女の子だった頃の写真 帰らない遠い夏の日の 届かない あこがれ  お母さんが小さな女の子だった頃の写真 いつまでも変わらぬ輝き 遠い夏の日
油屋上條恒彦上條恒彦宮崎駿久石譲さっき寝たと思ったら もう仕事だ 終わったと思ったら もうはじまりだ 身体は重いぜ 気持ちはもっと重いぜ 仕事があるうちが 華なんだって お前さん  婆ちゃんが言ったよ さっきまで娘だった婆ちゃんが きれいなのは若いうちだけだよって  爺ちゃんが言ったよ さっきまで若かった爺ちゃんが 残るのは人生だけさ 重くてだるい人生だけだってさ
想い出がかけぬけてゆく井上あずみ井上あずみ風堂美起久石譲久しぶりの友だちにあう つもる話ふくらませてた しゃれた洋服も しゃれた靴さえもないけど 心ははしゃいだあの頃に  濡れた髪に風をあびて 街をいそぐ 想い出までかけぬけてゆく  笑い声が頭の中であふれてゆく 午後の街に  こみあうカフェテラスで 待ちあわせしてた みんなきれいだわ 私だけ変われない  久しぶりの友だちだけど かわす瞳胸が痛くて せめてルージュでも せめて持ってたら すこしはましだと思えた私がいや  雲のすきま光がさした帰り道 ずっとずっとうしろに消えた 笑い声が夕陽の中でこぼれてゆく 午後の空に
何かをさがして井上あずみ井上あずみ風堂美起久石譲濡れた歩道 たたずんで なんて静かな朝 空も雲もゆっくりと 呼吸してる感じ ひざであごを ささえてた 昨日とちがう風 私だけの宝もの さがしに飛びたとう  かばんにつめこんだ ときめきと不安 驚いたり しずんだりするけれど  だいじょうぶ きっと平気 すこし困りながら みんなちょっとづつ 大人になってゆくから  急な雨に打たれたら 心ごとシュンとした ひとりぼっちにつまづいて 人恋しくなった 雨上がりの街ひとり とぼとぼ歩いた 晴れた午後に風が吹く 神様信じて  かがんにつめこんだ いろんな気持ち 遠まわりしてみてもいいから  だいじょうぶ きっと平気 すこし困りながら みんなちょっとずつ 大人になってゆくのね
風のとおり道GOLD LYLIC井上あずみGOLD LYLIC井上あずみ宮崎駿久石譲森の奥で 生まれた風が 原っぱに ひとり立つ 楡の木 フワリ かすめ やって来た あれは風のとおり道  森の奥で 生まれた風が 見えない手 さしのべて 麦の穂 フワリ かすめ あなたの髪を ゆらして 通りすぎてく  はるかな地 旅ゆく風 道しるべ ひとりゆく あなたに送る 髪のかざり  森の奥で 生まれた風が 原っぱに ひとり立つ 楡の木 フワリ かすめ 消えていく あれは 風のとおり道
ドンドコまつり井上あずみ井上あずみW.シティ制作部久石譲ドンドン ドンドコまつり ドンドン ドンドコまつり 庭でひびく 不思議な音に こっそり雨戸を開けてみた 月の光にうかぶ影は あれはオバケかもののけか こわいものみたさにおもわず 庭に飛びだした オバケ 気づかずにおどっているよ  ドンドン おばけがおどる ドンドン わたしもおどる おやおや不思議 昼間にまいた ドングリ しいの実 芽を出した 月の光にてらされて みるみる伸びてく 葉がしげる オバケ よろこび またおどる わたしもおどる ゆめのようだね ドンドコまつり  満月の夜 なにかがはじまる オバケといっしょに おどろうよ 君もいつかは 出会えるだろう こんなオバケたち ゆめのようにね ドンドコまつり
わたしのこころ井上あずみ・MAI & YUMIKO-Chan井上あずみ・MAI & YUMIKO-Chan角野栄子久石譲おかしをつくる きもちになったの すこしすっぱく すこしあまくするつもり いたずらいっぱい ねがいもいっぱい つたわるかしら あたしのこころふるえてる  とろけぐすりに ひみついっぱい しのばせたらこんがりやいて まつだけ すこしすっぱく すこしあまく しらんぷりは もうおしまいです おきのどく  あみものをする きもちになったの すこしきつく もっときつくあむつもり いたずらいっぱい ねがいもいっぱい できるかしら あなたのセーター あったかく  おまじないとね なみだひとつぶ あみこんでね あたしのこころふるえてる すこしきつく もっときつく とじこみたいの あなたのこころ いいわね
君をのせて石井竜也石井竜也宮崎駿久石譲光田健一あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯がなつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ、ランプ かばんにつめこんで 父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ、ランプ かばんにつめこんで 父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし 地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
君をつれて石井竜也石井竜也石井竜也久石譲光田健一あの頃僕は 君を捜して 旅を始めたばかりの少年  夢は未だに掴めないけど 隣には君が微笑んでいる  勇気を出して 今 言える事 胸の中に光る 夢ひとつ  もう一度 君と旅に出よう もう一度 僕は探しに行く  季節は巡る 二人を変えて 過ぎて行く日々 揺らめく想い出  季節は巡る 心を染めて だけどきっと掴もう 君と二人で  明日のことは 解らないから 今日も歩いて行く 遥かな道  もう一度 君と旅に出よう もう一度 僕は探しに行く  もう一度 夢を追い掛けよう もう二度と僕は迷わないだろう  季節は巡る 二人を変えて あの頃の夢 揺らめく想い出  季節は巡る 心を染めて だけどきっと掴もう 君と二人で
いのちの名前PLATINA LYLIC木村弓PLATINA LYLIC木村弓覚和歌子久石譲久石譲青空に線を引く ひこうき雲の白さは ずっとどこまでも ずっと続いてく 明日を知ってたみたい  胸で浅く息をしてた 熱い頬 さました風も おぼえてる  未来の前にすくむ手足は 静かな声にほどかれて 叫びたいほど なつかしいのは ひとつのいのち 真夏の光 あなたの肩に 揺れてた木漏れ日  つぶれた白いボール 風が散らした花びら ふたつを浮かべて 見えない川は 歌いながら流れてく  秘密も嘘も喜びも 宇宙を生んだ神さまの 子供たち  未来の前にすくむ心が いつか名前を思い出す 叫びたいほど いとおしいのは ひとつのいのち 帰りつく場所 わたしの指に 消えない夏の日  未来の前にすくむ心が いつか名前を思い出す 叫びたいほど いとおしいのは ひとつのいのち 帰りつく場所 わたしの指に 消えない夏の日 woo…
神々さまおおたか静流おおたか静流宮崎駿久石譲久石譲およそ名も無き 神々は 今日もほとほと くたびれて 腰はガタガタ 膝は折れ 腹のたるみは 手にあまる  およそ名も無き 神々は 今日もほとほと くたびれて 腰はガタガタ 膝は折れ 腹のたるみは 手にあまる  長い間の念願の 二泊三日の骨休め やって来たのは となりの世界の湯屋「油屋」 よもぎ湯 硫黄湯 泥湯に塩湯 たぎる熱(あつ)風呂 ぬるぬる風呂 氷の浮いた冷やし風呂 少しは元気になりたいと やっと貯めたる銭いくばくか 握りしめても 熱くもならぬ  およそ名も無き 神々は 今日もほとほと くたびれて 腰はガタガタ 膝は折れ 腹のたるみは 手にあまる  長い間の念願の 二泊三日の骨休め やって来たのは となりの世界の湯屋「油屋」 竃(かまど)神 井戸神 雨戸神 屋根神 柱神 便所神 田の神 畑神 山の神 舗装道路の並木神 汚れもひどき川の神 長い間の念願の 二泊三日の骨休め (腰の抜けたる泉神) やって来たのは となりの世界の湯屋「油屋」 (空気の神はもう来ない) (電気達には神はない)
白い竜RIKKIRIKKI宮崎駿久石譲久石譲月の海 かすめてとぶ わたしのたいせつな 白い竜 はやく はやく もっとはやく わたしの元へと  銀の鱗 血にまみれて 奪われた名前求めて あてどなく さすらう 美しい白い竜 いとしい白い竜 千の夜を飲み 千尋の澪に鎮め  錆の風 塩吹く土 わたしの高なる 白い胸 はやく はやく もっとはやく 豊かにあふれよ  青いたてがみは 火にやかれ 埋められた 河を求めて あてどなく さすらう 美しい白い竜 いとしい白い竜 かくされた わたしの わき出づる流れへ  千の夜を飲み 千尋の澪に鎮め
魔法のぬくもり井上あずみ井上あずみ麻生圭子久石譲久石譲ひとつずつ窓辺から 灯りが消える あなたのことを想うの  頬づえをつきながら あふれる涙 小指でそっとぬぐった  一人じゃないよ いつでも見つめてる 僕らの想い出は 魔法のぬくもりさ  しあわせな寂しさを かみしめながら 大きな夢を捜す  誰だってあやまちを 繰り返しては 大人になっていくのね  流れ星、いいことが きっと明日は 起こりそうな気がする  君にならできるから ここから見つめてる 信じる想い出は 魔法のぬくもりさ  やさしさに手を引かれ 人は誰でも 自分で夢ひらくの
めぐる季節GOLD LYLIC井上あずみGOLD LYLIC井上あずみ吉元由美久石譲久石譲薄紅 花景色 せつなさを知った春 はかなく散ってゆく 風の指先ふれて 静かに見える波 まぶしすぎる夏の日 心の海岸で白く砕けていった  過ぎゆく季節の果てにたたずむ人は誰なの? ゆれる想い 自分をだきしめたの ひとり 明日はどんな日に 頬づえの窓辺から かたちのない夢をきっと見つけにゆこう  色づく街ゆけば 誰かに逢いたい秋 やさしくなれそうな 夕暮れのさみしさよ 凍えた手のひらで とけてゆく粉雪は 涙によく似てた ぬくもりに出会う冬  幸せを探す人が一番幸せだって めぐる季節 想い出に変えながら ふたり  明日はどんな風 歩きだす窓辺から もうすぐ見えてくる夢を渡ってゆこう
君をのせてPLATINA LYLIC井上あずみPLATINA LYLIC井上あずみ宮崎駿久石譲久石譲あの地平線 輝くのは どこかに君をかくしているから たくさんの灯が なつかしいのは あのどれかひとつに 君がいるから  さあ でかけよう ひときれのパン ナイフ ランプ かばんにつめこんで  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて  父さんが残した 熱い想い 母さんがくれた あのまなざし  地球はまわる 君をかくして 輝く瞳 きらめく灯 地球はまわる 君をのせて いつかきっと出会う ぼくらをのせて
おかあさん井上あずみ井上あずみ中川李枝子久石譲おかあさんが まっているから うさぎになって とびはねていきたいな ことりになって あおいそら とんで いけたらな はやく あいたい  おかあさんに とびついて おはなし したいの あのこと ふたりきりで きいてほしいの わたしの ねがい だれにも いえない ひみつ  おかあさんが よんでいるの みみを すませば きこえる やさしいこえ わたしもよぶの おかあさん げんきになってねと そつとつぶやく  まほうのゆびで あんでくれる わたしのおさげを かたちよく かがみのまえの すました ふたり にているかしら しあわせ おはなも ゆれる  おかあさんは かなしくても なきがおなんか みせないわ いつも きれい ほほえんでいる わたしもわらう だいすき すてきな おかあさん
まいご井上あずみ井上あずみ中川李枝子久石譲さがしても みつからない まいごの子 はなをつみに いったの ふりむかないで とんぼを おいかけて いったのかしら おばけが でてきたら どうしたらいいの  かくれんぼが だーいすき なきむしの あまえんぼ へんじして おねがいだから きえてしまった ちいさな子 どこかしら  おひさまが しずむのに かえらない こいぬと はらっぱじゅう はしりまわって こねこと くさむらで じゃれあって さよなら できないで べそをかく わからずや  おにごっこが だーいすき げんきな きかんぼう もどってきて おねがいだから にげてしまった いけない子 どこかしら  どうしよう こまったわ のはらにひとりきり かえってきて おねがいだから わたしの だいじな いもうと どこかしら どこかしら
さんぽPLATINA LYLIC井上あずみPLATINA LYLIC井上あずみ中川李枝子久石譲あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  さかみち トンネル くさっぱら いっぽんばしに でこぼこじゃりみち くものすくぐって くだりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  みつばち ぶんぶん はなばたけ ひなたにとかげ へびはひるね ばったがとんで まがりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  きつねも たぬきも でておいで たんけんしよう はやしのおくまで ともだちたくさん うれしいな ともだちたくさん うれしいな
となりのトトロPLATINA LYLIC井上あずみPLATINA LYLIC井上あずみ宮崎駿久石譲久石譲トトロ トトロ トトロ トトロ  だれかが こっそり 小路に 木の実 うずめて ちっさな芽 生えたら 秘密の暗号 森へのパスポート すてきな冒険はじまる  となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪れる 不思議な出会い  雨降り バス停 ズブヌレ オバケがいたら あなたの雨ガサ さしてあげましょう 森へのパスポート 魔法の扉 あきます  となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 月夜の晩に オカリナ吹いてる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ もしも会えたなら すてきな しあわせが あなたに 来るわ  となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 森の中に むかしから住んでる となりのトトロ トトロ トトロ トトロ 子供のときにだけ あなたに訪れる 不思議な出会い  トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ トトロ…
忍豚レゲエ田中真弓田中真弓ひのこういち久石譲「忍豚~ッ」 忍者は 影 人の影 木の影 葉影 貴方のお影 あの手 この手 わしゃやり手 手違い ま違い 感違い あ手がはずれた 影忍豚  一豚 二豚 三豚デブ 陰豚 忍豚 三飛 一豚 二豚 三豚デブ 陰豚 忍豚 三飛  「忍豚~ッ」 忍者は 影 物の影 月影 日影 貴方のお影 抜き足 さし足 忍び足 足跡残さず 肉残せ 謙虚 ひかえめ 影忍豚  一豚 二豚 三豚デブ 陰豚 忍豚 三飛 一豚 二豚 三豚デブ 陰豚 忍豚 三飛  一豚 二豚 三豚デブ 陰豚 忍豚 三飛 一豚 二豚 三豚デブ 陰豚 忍豚 三飛
愛されたこと。西田ひかる西田ひかる和田琢磨久石譲久石譲あなたが そっとくれた 「じゃあ、またね」のkissで 時が止まっていれば 幸せだったのに… あの時わたし「帰りたくない」と ワガママを言えたらよかったのに…ナゼ? 愛したあなたが星になるなんて 晴れた夜ほど胸が痛い 逢いたくて 逢いたくて 涙ぐんでばかり あなたが好きなのは 笑顔だったのにね 海を見つめて 風にあたってみる やさしさとぬくもり 会える気がするの 遠くはなれても愛しあえたこと そう、抱きしめ また歩けるわ いつも見ていてね もう泣かない わたしになるわ 遠くはなれても ずっと見ていてね もう泣かない わたしになるわ
私は私西田ひかる西田ひかる秋元康久石譲久石譲人ごみの中 歩くのは 好きじゃないけど 押し流されるのは もっと 好きじゃないわ どこへ歩いて行きたいか? 道を見つけて 世の中とは 反対の向きだって いいよね 人生の地図なんて 誰にもないでしょう 私は私 他の人と 比べたって 私は私 一人言をつぶやく “強く生きる”呪文のように…… 大事なものが 少しずつ 削り取られて 群れの中の人は 同じ顔をしてる 自分に嘘をつきながら 歩き続けて 多数決に 妥協して生きるのは できない 近道じゃないけれど 一人で歩きたい 私は私 理屈じゃなく 信じるまま 楽しいことを 見つけながら進むわ “元気になる”魔法として…… 私は私 他の人と 比べたって 私は私 一人言をつぶやく “強く生きる”呪文のように……
pure西田ひかる西田ひかる秋元康久石譲久石譲あなたに愛されて 自分を好きになれた 心を飾らずに 私は もっと ピュアになりたい  丘の上から 両手を広げ 風と太陽を 受け止めるように……  あなたの腕に 抱かれたままで 静かに瞳を閉じたら 何かがわかってきた  大切なことは 自分の気持ちを知ること  私は誰よりも あなたを愛している “らしさ”を気にせずに すべてを捨てて ピュアになりたい  空に浮かんだ 白い雲が どこへ行ったって 雲であるように……  悲しい雨に 降られた日には どこにも隠れないで 私は濡れるでしょう  真実はいつも どこかに紛れているから あなたに愛されて 自分を好きになれた 心を飾らずに 私は もっと ピュアになりたい  私は誰よりも あなたを愛している “らしさ”を気にせずに すべてを捨てて ピュアになりたい
旅立ちの時 ~Asian Dream Song~PLATINA LYLIC宮沢和史・久石譲PLATINA LYLIC宮沢和史・久石譲ドリアン助川久石譲君の瞳に 花開く夢をかなでる  心風に吹かれるこの道さえも 星明かりに照らされ今 ただ一人歩こう 胸を震わせるときめきを 空と大地に歌おう 哀しみも笑顔もぬくもりも 熱い思いに揺れて 今 抱きしめて歩こう 旅立ちの勇気を  地平線の光と分かち合うこの時 微笑みながらふりむかずに 夢をつかむ者たちよ 君だけの花を咲かせよう 争いの日々を乗り越えて 青空に歌う時 かけがえのない命のはてに 名もない花を咲かそう 今 地球に生きる者よ 旅立ちの勇気を  虹色の彼方に語りかけるこの時 微笑みながらふりむかずに 夢をつかむ者たちよ君だけの花を咲かせよう 夢をつかむ者たちよ君だけの花を咲かせよう 
ぴあの純名里沙・JOE'SPROJECT純名里沙・JOE'SPROJECT松本隆久石譲久石譲DREAM 硝子の TEARS 都会で 迷ったとき 私の名前 呼んでみて DREAM 何にも TEARS 出来ない でも あなたの肩を抱いてきっと愛の歌を 窓のそばの 陽だまりで歌うでしょう  DREAM セピアの TEARS 写真に 集まってる すまし顔した家族たち DREAM 心は TEARS アルバム 夢のように過ぎてしまう日々の 1 頁 に 今あなたの 微笑みをそっと貼るの  DREAM おもちゃの TEARS ピアノで 昔 母が歌ってくれた子守歌 DREAM 時間は TEARS 五線紙 いつの日にか あなたに似た子供胸に抱いて 窓のそばの 陽だまりで歌うでしょう
永遠が終わるとき今井美樹今井美樹川村真澄久石譲目を閉じて 吐息を聞いてる 波のような永遠が しあわせだった 傷ついて また強くなって 街路樹のように 続く生命 窓ガラス 枝ごしに 朝がくる  白いフェリーで 海峡渡る 車借りて 今日 旅に出る 燃え尽きたい 流星のように 一度きりの ひとりきりの今  街角で 誰かを見つけて はりさける 思い出も なくしてみたい あの人は わたしがいないと 生きてゆけない人でしょうか パスポートのスタンプがゆがんでる  白い壁と 赤いレンガと 砂ぼこりでくすむ島影 帰る場所を 待ってる人を 本当はただ 確かめたいだけ  誕生日も 好きな歌も 輪廻さえも忘れ  愛していた 愛されていた 永遠から 解き放されて 自由という 束縛という 日常から 飛び出したい  夜明けのフェリーで 海峡渡る 車借りて 今日 旅に出る 燃え尽きたい 流星のように 一度きりの ひとりきりの今
遠い街から今井美樹今井美樹今井美樹久石譲暮れゆく街角に 冬の匂い漂う あなたのいない初めての 雪が舞い降りてくる 届いた絵はがきに 懐かしい癖の文字 優しい言葉にあなたの笑顔が 映っている  外はイルミネーションが 星屑のように光る 浮かれた気持ちで 時を過ごすざわめきたち 淋しい心に響く  あなたと歩いてた 街を一人歩こう 遠く離れても 続く空から 雪は降りる  離れた時間に今も慣れないから 返事のかわりに電話をかけよう 遠い街へ  新しい年が明けて 桜の季節の頃に 約束通りここへ あなたが帰ってくると思うだけで この胸がせつない  あなたと歩いてた 街を一人歩こう さみしさは風が さらって空へと 飛んでゆくわ
雨のララバイ堀江美都子堀江美都子藤公之介久石譲ぼくにはでっかい夢がある 私も大きな夢がある つかまえちゃったら夢じゃない 新しい夢を探せばいい  雨の日に出会った二人だもの 晴れない雨は ないんだもの ぼくには お母ちゃま いないけど 私があなたの そばにいる ラララン  私は私よ キミじゃない ぼくだってぼくだよ キミじゃない だけど一人じゃ いられない みんながいるから ぼくがいる  雨の日に出会った二人だもの 晴れない雨は ないんだもの おねがいなってよ お母ちゃまに 私でよければいつだって ラララン  雨の日に出会った二人だもの 晴れない雨は ないんだもの おねがいなってよ お母ちゃまに 私でよければいつだって ラララン
愛は光の中で堀江美都子堀江美都子藤公之介久石譲空 あなたの笑顔 海 あなたの心 雨 あなたの吐息 風 あなたのやさしさ めぐり逢って 愛を見つけて 生きることの 素晴らしさ 感じあえた ふたり 愛は光の中で 愛はぬくもりはじめて  頬 あなたが触れて 腕 あなたがすがり 髪 あなたが撫でて 肩 あなたがもたれる めぐり逢って 愛を見つけて 生きることの 素晴らしさ 感じあえた ふたり 愛はゆるやかにいま 愛はせせらぎになって  LaLaLa…… 感じあえた ふたり  愛はとめどなくいま 愛は輝きをまして もう 何もいらない あなたがそばにいれば
ドーベルマンのように堀江美都子堀江美都子藤公之介久石譲あなたは 朝もや あなたは そよ風 あなたは 夕なぎ どうして 優しすぎるの  ドーベルマンのように ドーベルマンのように 足音しのばせ 突然すばやく ドーベルマンのように ドーベルマンのように ときめくハートを 奪い去って (誰を見ているの) (誰を見ているの) 私はここよ ここよ  いきなり 嵐を いきなり 津波を いきなり 光を 私に浴びせかけてよ  ドーベルマンのように ドーベルマンのように 冷たくするどく 激しくしゃにむに ドーベルマンのように ドーベルマンのように 私のハートを 駆けぬけて (誰が気になるの) (誰が気になるの) 私はここよ ここよ  (誰を見ているの) (誰を見ているの) LaLaLa……
あなたの似顔絵堀江美都子堀江美都子藤公之介久石譲数学のノートの 最後のページに 細いペンで 劇画風に かいたあなたの似顔絵 うつむいた横顔 フワフワのヘアー その中でも ほほえむ目が 得意なんです  あなたのために わたし何か何か できるでしょか 熱い想いを ペンにこめ かいたあなたの唇に 胸をドキドキ揺らしながら 押し当ててみる くちびる  誰を見つめてるの 似顔絵の瞳 この私を見てるように やさしく描き直して 世界中でひとり お前だけだぜと あなたが言う セリフなんか かいちゃおうかな  あなたのために わたし何か何か できるでしょか 上手にかけた 似顔絵を 淡い色で染めたあとで 吐息まじりの 熱いコトバ ささやきかける 夜です  あなたのために わたし何か何か できるでしょか 熱い想いを ペンにこめ かいたあなたの唇に 胸をドキドキ揺らしながら 押し当ててみる くちびる
しあわせをあなたに堀江美都子堀江美都子碓氷夕焼久石譲別れの歌は なみだをふいて あかるい声で 歌いましょう 歌いましょう あの街のかどの すてきな出会いに 感謝をこめて さようなら  いついつまでも 思い出をわたしに アハハ いついつまでも しあわせをあなたに  別れの声は こだまとなって はるかな旅へ ゆくのでしょう ゆくのでしょう 夕日をあびて 手をふるあの子に 祈りをこめて さようなら  いついつまでも 思い出をわたしに アハハ いついつまでも しあわせをあなたに
ビバ!!サンディベル堀江美都子堀江美都子三浦徳子久石譲歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ うでをくんで 歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ 笑顔みせて  むねの中なみだの 湖がゆれては かなしみがひとみの奥 あふれてきそうなの らしくないよ なみだなんて なきまねをしただけよ  歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ 空をあおぎ 歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ いつものように  恋するということ わかりかけたみたい なぜかしら夕暮れには ひとりになりたいの らしくないよ ひとりなんて 女の子のしょうこよ  歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ うでをくんで 歌おう ビバ ビバ サンディベル さあ 笑顔みせて
山梨県南巨摩郡南部町立南部中学校校歌校歌校歌谷川俊太郎久石譲わからないなら 問いかける 失敗したら やり直す 知るおもしろさ わかる楽しさ 木々の緑に 囲まれて 教室は 世界を宇宙を 呼吸している  今日が昨日の 子どもなら 明日を生むのは 私たち ここからどこへ向かうのだろう 朝の光に きらめいて 富士川は ふるさとうるおし うねり波立つ  明るく強く のびやかに 耳をすまして 目をみはり ひとりひとりが 声を合わせる 歌のしらべに むすばれて 南部中 地球の未来を 夢見ていこう 夢見ていこう
夢の翼コニーコニー及川恒平久石譲バラのアジア 遠い歌声 ひそかな不思議たち ふと気づいた その時から 物語はじまるの  ひとり歩きの季節が 窓のすき間からしのび込み そばにいた  夢の終わりは 夢の続き 旅の終わりは 旅の続き つばさを広げ飛んで行きたい 昨日見た夢その通りにして 誰かに会える そんな気がする  白い楽譜 開かない扉 隠れた不思議たち でも私のこの瞳は ひとりでに 見つけてる  何かせつない思いは 愛の 愛のため 愛のせい わからない  時間の迷路くぐり抜けて 遥かかなたを見渡すとき つばさを広げ飛んで行きたい 夜の向こうの光の国へ 誰かに会える そんな気がする  夢の終わりは 夢の続き 旅の終わりは 旅の続き つばさを広げ飛んで行きたい 昨日見た夢その通りにして 誰かに会える そんな気がする
ふるさとの空(富山県ふるさとの歌)都道府県歌都道府県歌布村勝志・補作詞:須藤晃久石譲耳を澄ませたなら 川の清き音 かたかごの花が 朝の里を飾る 春には 春の歌 千本桜の町 ああ 光のなか そこにふるさとがある  茜色の夕暮れ 立山の姿 風に舞うおわら 歌い踊り願う 夏には 夏の歌 七色の花火たち ああ 青き海よ そこにふるさとがある  黄金色の稲穂 星が降りそそいでる 五箇山こきりこが デデレコデン聞こえてきて 雪降る海原 心のたき火燃え 秋には秋の歌声 冬には冬の歌が  はるか道の彼方 夢を描いてた あの頃の笑顔 忘れられない日々 我には 我の歌 あたたかき高志(こし)(越)の国 ああ また帰るよ いつかふるさとの空
歌の力Various ArtistsVarious Artistsあなたの「歌の力」久石譲歌の力 よみがえるあの時 出会えた奇跡 同じ空の下 あなたの笑顔 ふと素直になれた 踏み出す勇気 何かが変わる 流れ落ちる涙 それでも私は 想いを伝える 大丈夫ひとりじゃない 歌の力 心の声のせて あなたに届け 100年先も  時のアルバム 明日への記憶 果てない想い 今風に乗せて 子供たちの未来 母との思い出 通い合う心 よみがえる夢の続き 歌の力 あなたが生きた証 時代を超えて 100年先も 歌の力 生きる喜びこめて すべてをつなぐ 無限の力 歌の力 あなたが生きた証 世界に響け! 100年先も
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. アルジャーノン
  4. 第ゼロ感
  5. KICK BACK

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. NO GRAVITY
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照