歌詞を

ヘルプ

由紀さおり・安田祥子の歌詞一覧リスト

99 曲中 1-99 曲を表示
2018年11月21日(水)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
仰げば尊し由紀さおり・安田祥子文部省唱歌文部省唱歌仰げばとうとしわが師の恩
赤い鳥小鳥由紀さおり・安田祥子北原白秋成田為三あかいとりことり
赤とんぼ由紀さおり・安田祥子三木露風山田耕筰夕焼小焼の赤とんぼ
秋だったよ由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅目がさめたら秋だったよ
秋の子由紀さおり・安田祥子サトウハチロー末広恭雄すすきの中の子一二の三人
あざみの歌由紀さおり・安田祥子横井弘八洲秀章山には山の愁いあり
あした由紀さおり・安田祥子清水かつら弘田龍太郎お母さま泣かずに
あの素晴しい愛をもう一度由紀さおり・安田祥子北山修加藤和彦命かけてと誓った日から
十六夜(いざよい)の月由紀さおり・安田祥子河口京吾河口京吾打ち明けられず過ぎた十五夜
一月一日由紀さおり・安田祥子千家尊福上真行年のはじめのためしとて
一杯のコーヒーから由紀さおり・安田祥子藤浦洸服部良一一杯のコーヒーから夢の花咲く
由紀さおり・安田祥子中島みゆき中島みゆきなぜめぐり逢うのかを
上を向いて歩こう由紀さおり・安田祥子永六輔中村八大上を向いて歩こう
うさぎ由紀さおり・安田祥子わらべうたわらべうたうさぎうさぎなにみてはねる
海の声、山の声由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅去年ひろった貝がらを
うれしいひなまつり由紀さおり・安田祥子サトウハチロー河村光陽あかりをつけましょぼんぼりに
エーデルワイス由紀さおり・安田祥子Oscar HammersteinII・訳詞:山川啓介Richard Rodgersエーデルワイスエーデルワイス
大きな古時計由紀さおり・安田祥子Henry Clay Work・訳詞:保富康午Henry Clay Work大きなのっぽの古時計
お母さんは春由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅おかあさんは春です
お花のホテル由紀さおり・安田祥子加藤省吾海沼実青いお風にゆれているお花の
おぼろ月夜由紀さおり・安田祥子文部省唱歌文部省唱歌菜の花畠に入日薄れ
霞か雲か由紀さおり・安田祥子ドイツ民謡・訳詞:勝承夫ドイツ民謡かすみか雲かほのぼのと
由紀さおり・安田祥子北山修端田宣彦人は誰もただ一人旅に出て
可愛い花由紀さおり・安田祥子F.Bonifay・訳詞:音羽たかしS.Bechetプティットフルール可愛い花
汽車由紀さおり・安田祥子文部省唱歌大和田愛羅今は山中今は浜今は鉄橋渡るぞ
帰省由紀さおり・安田祥子中島みゆき中島みゆき遠い国の客には笑われる
君をのせて由紀さおり・安田祥子宮崎駿久石譲あの地平線輝くのは
グッド・バイ由紀さおり・安田祥子佐藤義美河村光陽グッドバイグッドバイ
恋のバカンス由紀さおり・安田祥子岩谷時子宮川泰ためいきの出るような
鯉のぼり由紀さおり・安田祥子文部省唱歌文部省唱歌甍の波と雲の波重なる波の
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
秋桜由紀さおり・安田祥子さだまさしさだまさし淡紅の秋桜が秋の日の
この星のどこかで由紀さおり・安田祥子上村美保子大江千里忘れないでこの星に不思議
5月のこもりうた由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅ねむれ赤ちゃんあなたが
さくら由紀さおり・安田祥子日本古謡日本古謡さくらさくらやよいの空は
里の秋由紀さおり・安田祥子斎藤信夫海沼実静かな静かな里の秋お背戸に
しあわせのカノン由紀さおり・安田祥子山川啓介パッヘルベルよろこび悲しみ涙にほほえみ
しゃぼん玉由紀さおり・安田祥子野口雨情中山晋平しゃぼん玉飛んだ屋根まで
証城寺の狸囃子由紀さおり・安田祥子野口雨情中山晋平しょしょしょうじょうじ
少年時代由紀さおり・安田祥子井上陽水井上陽水・平井夏美夏が過ぎ風あざみ
白い色は恋人の色由紀さおり・安田祥子北山修加藤和彦花びらの白い色は恋人の色
白い花の咲く頃由紀さおり・安田祥子寺尾智沙田村しげる白い花が咲いてたふるさとの
十五夜お月さん由紀さおり・安田祥子野口雨情本居長世十五夜お月さんごきげんさん
酸模の咲く頃由紀さおり・安田祥子北原白秋山田耕作土手のすかんぽジャワ更紗
船頭さん由紀さおり・安田祥子武内俊子河村光陽村のわたしのせんどうさんは
早春賦由紀さおり・安田祥子吉丸一昌吉丸一昌春は名のみの風の寒さや
たき火由紀さおり・安田祥子巽聖歌渡辺茂かきねのかきねのまがりかど
たなばたさま由紀さおり・安田祥子林柳波下総皖一ささの葉さらさら
ちいさい秋みつけた由紀さおり・安田祥子サトウハチロー中田喜直だれかさんがだれかさんが
つき由紀さおり・安田祥子文部省唱歌文部省唱歌でたでたつきがまるいまるい
月の子供たち由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅丸い秋の月がのぼったら
翼をください由紀さおり・安田祥子山上路夫村井邦彦今私の願いごとが
手のひらを太陽に由紀さおり・安田祥子やなせたかしいずみたくぼくらはみんな生きている
遠くへ行きたい由紀さおり・安田祥子永六輔中村八大知らない街を歩いてみたい
通りゃんせ由紀さおり・安田祥子わらべうたわらべうた通りゃんせ通りゃんせ
どこかで春が由紀さおり・安田祥子百田宗治草川信どこかで春が生まれてる
なごり雪由紀さおり・安田祥子伊勢正三伊勢正三汽車を待つ君の横で
夏だよ 海だよ 音頭だよ由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅浜辺に父さん櫓を組んで
夏の思い出由紀さおり・安田祥子江間章子中田喜直夏がくれば思い出すはるかな
夏は来ぬ由紀さおり・安田祥子佐々木信綱小山作之助卯の花のにおう垣根に
夏休みの王様由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅ひまわり畑をぬけて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
七つの子由紀さおり・安田祥子野口雨情本居長世烏なぜ啼くの烏は山に
七才の夏まつり由紀さおり・安田祥子安田章子安田祥子笛や太鼓にそわそわと
庭の千草由紀さおり・安田祥子里見義ムーア庭の千草も虫の音も
由紀さおり・安田祥子武島羽衣滝廉太郎春のうららの隅田川
花かげ由紀さおり・安田祥子大村主計豊田義一十五夜お月さまひとりぼち
花~すべての人の心に花を~由紀さおり・安田祥子喜納昌吉喜納昌吉川は流れてどこどこ行くの
花と小父さん由紀さおり・安田祥子浜口庫之助浜口庫之助小さい花にくちづけをしたら
花の街由紀さおり・安田祥子江間章子團伊玖磨七色の谷を越えて
花火由紀さおり・安田祥子井上赳下総皖一ドンとなった花火だきれいだな
ハナミズキ由紀さおり・安田祥子一青窈マシコタツロウ空を押し上げて手を伸ばす君
浜辺の歌由紀さおり・安田祥子林古渓成田為三あした浜辺をさまよえば
早おきどけい由紀さおり・安田祥子富原薫河村光陽ちっくたっくちっくたっく
春の唄由紀さおり・安田祥子喜志邦三内田元ラララあかい花束車につんで
春の歌由紀さおり・安田祥子野口雨情草川信さくらの花の咲く頃は
春の小川由紀さおり・安田祥子高野辰之岡野貞一春の小川はさらさら行くよ
百万本のバラ由紀さおり・安田祥子V.Andrei・訳詞:山川啓介P.Raimonds遠い昔のこと名もない絵描きが
富士山由紀さおり・安田祥子巌谷小波文部省唱歌あたまを雲の上に出し四方の
故郷由紀さおり・安田祥子文部省唱歌文部省唱歌兎追いしかの山小鮒釣りし
由紀さおり・安田祥子井上赳下総皖一螢のやどは川ばた柳
螢の光由紀さおり・安田祥子不明スコットラントド民謡螢の光窓の雪書よむ月日
牧場の朝由紀さおり・安田祥子不詳船橋栄吉ただいちめんにたちこめた
待ちぼうけ由紀さおり・安田祥子北原白秋山田耕筰待ちぼうけ待ちぼうけ
見上げてごらん夜の星を由紀さおり・安田祥子永六輔いずみたく見上げてごらん夜の星を
みかんの花咲く丘由紀さおり・安田祥子加藤省吾海沼実みかんの花が咲いている
緑のそよ風由紀さおり・安田祥子清水かつら草川信緑のそよ風いい日だねちょうちょも
由紀さおり・安田祥子旗野十一郎・林柳波吉田信太空も港も夜は晴れて
虫のこえ由紀さおり・安田祥子文部省唱歌文部省唱歌あれ松虫が鳴いている
村祭由紀さおり・安田祥子文部省唱歌文部省唱歌村の鎮守の神さまの
めんこい子馬由紀さおり・安田祥子サトウハチロー仁木他喜雄ぬれた子馬のたてがみを
紅葉由紀さおり・安田祥子文部省唱歌文部省唱歌秋の夕日に照る山もみじ
森の小人由紀さおり・安田祥子山川清・玉木登美夫山本雅之森のこかげでドンジャラホイ
椰子の実由紀さおり・安田祥子島崎藤村大中寅二名も知らぬ遠き島より
夕日由紀さおり・安田祥子葛原しげる室崎琴月ぎんぎんぎらぎら夕日が沈む
夕やけこやけ由紀さおり・安田祥子中村雨紅草川信夕焼小焼で日が暮れて
旅愁由紀さおり・安田祥子犬童球渓オードウェイ更けゆく秋の夜旅の空の
リンゴ村だより由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅ゆれるコスモス分けて
わか葉由紀さおり・安田祥子松永みやお平岡均之あざやかなみどりよあかるい
忘れな草をあなたに由紀さおり・安田祥子木下龍太郎江口浩司別れても別れても心の奥に
われは海の子由紀さおり・安田祥子文部省唱歌文部省唱歌われは海の子白浪の