山川啓介作詞の歌詞一覧リスト  302曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
302曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
花嫁募集中ボニージャックスボニージャックス山川啓介平尾昌晃西脇久夫コーヒーショップはありません しゃれたブティックもありません だけど朝には 花が咲き 夜には星が 歌います 土の匂いの男ども ただ今 嫁さん募集中 求む やさしい娘さん 来たれ 明るい娘さん 静かなくらしはいかがですか  駅まで片道一時間 ファッション雑誌も月遅れ だけど 春 夏 秋 冬が どこより先に来るんです 澄んだ瞳の男ども ただ今 嫁さん募集中 求む やさしい娘さん 来たれ 明るい娘さん じょうぶな子供を生みませんか
時間よ止まれクレイジーケンバンドクレイジーケンバンド山川啓介矢沢永吉Masao Onose・Park・Ken Yokoyama罪なやつさ Ah PACIFIC 碧(あお)く燃える海 どうやら おれの負けだぜ まぶた閉じよう 夏の日の恋なんて 幻と 笑いながら この女(ひと)に 賭ける  汗をかいた グラスの 冷えたジンより 光る肌の 香りが おれを酔わせる  幻で かまわない 時間よ止まれ 生命(いのち)の めまいの中で  幻で かまわない 時間よ 止まれ 生命の めまいの中で  罪なやつさ Ah PACIFIC 都会(まち)の匂いを 忘れかけた このおれ ただの男さ 思い出になる恋と 西風が 笑うけれど この女(ひと)に 賭ける Mm-STOP THE WORLD Mm-STOP THE WORLD
春のゆくえ桜田淳子桜田淳子山川啓介鈴木邦彦乾裕樹今年も春が 来たけれど 去年の私は もういない 最初の恋の 思い出と 手紙の束が 残るだけ 誰か私を 知りませんか 花占いを信じてた 十五の少女を 知りませんか  これからいくつも 春が過ぎ いろんな恋を 知るでしょう そしてさよなら するたびに 大人になって 行くでしょう 誰か私を 知りませんか 春追いかけ旅に出た 十五の少女を 知りませんか
時代遅れの恋人たち氣志團氣志團山川啓介筒美京平手のひらに 澄んだ水をすくって お前の喉に 流し込む  そんな不器用で 強くやさしい つながりは ないものか  恋人よ 愛なんて言葉は捨てろよ 流行りの服も 生き方も 疲れるだけさ 裸足で 青い草を踏みしめ この腕に かけて来い  飛び上がって もいだ青いリンゴを かわるがわるに かじり合う  そんな飾らない だけど確かな つながりは ないものか  恋人よ 愛なんて言葉は捨てろよ 生まれたままの まごころを くれればいいさ かわりに誰も やれないものを その胸に 伝えよう  恋人よ 愛なんて言葉は捨てろよ ざわめく街は 青ざめた人々ばかり 迷わず熱く 肌を火照らせ この腕に かけて来い
星が歌った物語 ~ポロ兄ちゃんとタンちん君~由紀さおり 安田祥子 featuring 木山裕策由紀さおり 安田祥子 featuring 木山裕策山川啓介船村徹坂田晃一「消えてしまったいのちは、 どこへ行くか知ってますか? ポロ兄ちゃんは、ワン君。 タンちん君は、ニャーゴ。」 「これは星たちが歌ってくれた、 ちいさなちいさな物語です…」  いちばん星 みつけた なみだの中 みつけた 悲しくなんかないのに あまく心が うるみます 誰かが恋しく なるんです さあ帰ろう でも誰と?  もう帰ろう でもどこへ? とおいあの日の 原っぱに なにか忘れて きたようで 銀河の 五線紙の 星たちの歌 聞いてます  ポロ兄ちゃん ただいま タンちん君 お帰り  銀の小舟に ゆられて 生まれる前の 夜空に ぼくも帰って きたんだよ タンちん君 よくきたね ポロ兄ちゃん またいっしょ ならんで歌う あの星は  なかよしだった ペットたち 私の愛した おさない頃の 友だち  星がひとつ 流れた 生まれ変わる いのちさ 空へ帰った ぼくたちは いつか もいちど生まれて  やさしい家へ ゆくんだよ ポロ兄ちゃん その日まで タンちん君 また遊ぼう またたきつづける その声が 私だけには 聞こえます 誰も 知らない 星が歌った 物語
愛の休日川奈ルミ川奈ルミ山川啓介杉本真人佐野博美焼きたてのパンの香りが 人ごみに流れてる ありふれた街の片隅 ありふれた二人の愛  今度こそは 幸せに なれそうな 気がするのは 生きるのが下手などうし よく似てるせいかしら  あなたの腕の ぬくもりに 心あずける 休日(ホリデー)  オレンジの熟れた黄金(きん)色 あざやかに目に沁みる ポケットの銀貨を合わせて ひとつ買い かじり合うの  もしかしたら この人と 人生もわけ合いそう 会うたびに やすらぎが 深くなる人だもの  あなたの心 のぞいたら 私が住んでるかしら  今度こそは 幸せに なれそうな 気がするのは 生きるのが下手などうし よく似てるせいかしら  別れた人の 幸福も 祈れる やすらぎ日和
太陽がくれた季節ベイビーブーベイビーブー山川啓介いずみたく君は何を今 見つめているの 若い悲しみに 濡れた眸で 逃げてゆく白い鳩 それとも愛 君も今日からは ぼくらの仲間 とびだそう 青空の下へ  君は何を今 待ちつづけるの 街の片すみで ひざをかかえて とどかないあの手紙 別れた夢 君も今日からは ぼくらの仲間 とび込もう 青春の海へ  青春は 太陽がくれた季節 君も今日からは ぼくらの仲間 燃やそうよ 二度とない日々を 燃やそうよ 二度とない日々を
ふれあいベイビーブーベイビーブー山川啓介いずみたく悲しみに 出会うたび あの人を 思い出す こんな時 そばにいて 肩を抱いて ほしいと なぐさめも 涙もいらないさ ぬくもりが ほしいだけ ひとはみな 一人では 生きてゆけない ものだから  空(むな)しさに 悩む日は あの人を 誘いたい ひと言も 語らずに おなじ歌 歌おうと 何気ない 心のふれあいが 幸せを 連れてくる ひとはみな 一人では 生きてゆけない ものだから  何気ない 心のふれあいが 幸せを 連れてくる ひとはみな 一人では 生きてゆけない ものだから 生きてゆけない ものだから
夢の翼を串田アキラ串田アキラ山川啓介渡辺宙明いちひさし誰でも背中に 持っているのさ 夢という名の 見えない翼を そいつがあるなら お前も飛べる 大空高く 宇宙の果てまで フライ・ウィズ・ミー おれと行こうぜ フライ・ウィズ・ミー 大地を蹴って 見ろよ 果てしない空からみれば どんな悲しみも 小さなものさ  空には垣根も 国境もない 自由な雲と 風とがあるだけ 朝には太陽 夜には星が ここへ来いよと お前を呼ぶだろう フライ・ウィズ・ミー 夢の翼を フライ・ウィズ・ミー さあ ひろげよう 見ろよ 美しい地球の姿 ここがおれたちの ふるさとなのさ フライ・ウィズ・ミー 夢の翼を フライ・ウィズ・ミー さあ ひろげよう 見ろよ 美しい地球の姿 ここがおれたちの ふるさとなのさ
銀河のターザン串田アキラ串田アキラ山川啓介渡辺宙明田中公平父を知らない 母を知らない ぬくもりさえも おぼえていない だけどおれには 仲間がいるさ 誰よりも熱い 若さがある おれは銀河のターザン 夜明けを連れた 太陽になる 野生のいのち 自由な夢を 思いきり 燃やして  息がつまるぜ せまいこの街 規則(きまり)だらけの せわしい暮らし そうさおれには 宇宙が家さ あの星屑が ふるさとの灯だ おれは銀河のターザン 光を超えて 未来をつかむ 人が忘れた 冒険(ロマン)を求め 生きてゆく 男さ  おれは銀河のターザン 光を超えて 未来をつかむ 人が忘れた 冒険(ロマン)を求め 生きてゆく 男さ
空からひびく声串田アキラ串田アキラ山川啓介瑞木薫戸塚修戦い疲れた 瞳を上げれば 乾いた空にも 美しい星屑 なつかしい声が また聞こえる あれはもう一人の おれのメッセージ 「命ぎりぎり 今日も生きたか?」 「だいじな夢を 守りぬいたか?」 心の中で うなずけば まぶしい力が 満ちて来るのさ  笑顔のうしろに 孤独を隠した おれの強がりを 知っている星屑 子供のあの日を 思い出すよ 涙ぬぐいながら 聞いたメッセージ 「強いやつには 強くなれたか?」 「弱い自分を 許してないか?」 唇かんで ほほえめば 男の誇りが 燃えて来るのさ
リンゴ村だより由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅渋谷毅ゆれるコスモス分けて 丘へかけてゆくの 今年も赤く熟(う)れた リンゴに会いたくて お日さまを吸い込んだ ひとつずつの幸せ リンゴは笑って 私を見てる  もうすぐ父さん母さん リンゴもぎはじめる リンゴたちは大きな 都会(まち)へと旅立つの 夏休みに遊んで 手紙も来ないあの子 リンゴが届けば 思いだすでしょう  まっ赤に輝いてる ひとつずつの幸せ ひと口かじれば 秋がしみます ひと口かじれば 秋がしみます
月の子供たち由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅渋谷毅丸い秋の月が のぼったら ごらんよ お月さまに住んでる 子供たちが見える 金色の服を着て 金色の靴はいて 楽しそうに遊ぶ 小さな子供たち 去年の秋の日 神様に呼ばれて 空へ行った弟も ほらね あの中にいるよ  月に住んでる子たち ずっと子供のままで また生まれる時を 遊びながら待ってる 遠い遠い昔に 生まれる前のぼく 月の中に住んでた そんな気がするんだ 今夜も窓には 大きなお月さま きらきら笑う声や 歌う声が 聞こえるよ  お月さまに住んでる 子供たちが ほら見える お月さまに住んでる 子供たちが ほら見える
秋だったよ由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅渋谷毅目がさめたら 秋だったよ 風がなんだか ひんやりで 空がなんだか 高くって 誰かになんだか 会いたくて “赤とんぼ”の歌 思いだしたよ ……秋だったよ  海へ来たら 秋だったよ ゆうべ嵐が つれてった 夏のなごりが 散らばって 破れたパラソル かたむいて あなたのかたちに 空っぽの胸 ……秋だったよ  夕焼け空が 秋だったよ ふるさとなんて ないけれど 銀の線路のそのむこう どこかへ帰って ゆきたくて 遠い日の汽車を ずっと待ってたよ ……秋だったよ
さらば愛しき女よ太川陽介太川陽介山川啓介馬飼野康二別にあなたを 引きとめはしない 困らせるほど 子供じゃないさ LADY「じゃあネ」と キスを投げて 背を向けなよ ひとつ大人の その愛を知って 映画みたいに 美しく生きた LADY あなたを忘れないだろう ぼくに見送らせてくれないか  彼が相手じゃ あきらめる 言っておくれよ 「負けたよ」と 二人で幸せに だからあなたらしく去ってくれ そうさ踊るような足取りで  恋の悪魔は 気まぐれなやつさ ぼくとあなたを 出会わせるなんて LADY 今でも信じているよ まごころを さっき涙を ぬぐってたハンカチ せめて形見(かたみ)に もらっておくよ LADY あなたの甘い香りを 時々は振りむくだろうから  涙も流さず 見送れば 大人どうしの 恋になる そいつがなぐさめさ だからあなたらしく去ってくれ 美しい背中を見せてくれ
夏だよ 海だよ 音頭だよ由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅渋谷毅浜辺に父さん 櫓(やぐら)を組んで 大きな太鼓も のっけたよ オレンジの海 紫になって みんな浴衣(ゆかた)に 着がえたよ ぼん ぼん ぼん 盆おどり ぼん ぼん ぼん 盆おどり 遠くの都会(まち)から いとこも来たよ 夏だよ 海だよ 音頭だよ 灯台(とうだい)の灯(ひ)も 踊って回る みんな輪になり 楽しそう あんなにいつも おてんばのあの娘(こ) ちょっとすまして きれいだな ぼん ぼん ぼん 盆おどり ぼん ぼん ぼん 盆おどり 花火が笑いが はじけているよ 夏だよ 海だよ 音頭だよ  ぼん ぼん ぼん 盆おどり ぼん ぼん ぼん 盆おどり スイカもラムネも おいしく冷(ひ)えて 夏だよ 海だよ 音頭だよ  ぼん ぼん ぼん 盆おどり ぼん ぼん ぼん 盆おどり 朝までこのまま 浜辺にいたい 夏だよ 海だよ 音頭だよ
海の声、山の声由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅渋谷毅去年ひろった 貝がらを 耳にあてたら 声がする “今年も早く いらっしゃい 白い浜辺に” 心の中を 吹きぬける 波の音 熱い風 7月の私は 今でも少女です  螢袋(ほたるぶくろ)が はさまれた 詩集ひらけば 声がする “今年も早く お乗りなさい 高原列車に” カラマツ林の ベランダの ゆり椅子が くれた夢 あざやかに 思い出す 風のない 午後です  都会の空の むこうから 海の声 山の声 7月の私は 今でも少女です
夏休みの王様由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅渋谷毅ひまわり畑をぬけて あの子の家へ行こう 新しい麦わら帽子の においが涼しいな 絵日記帳は まっ白 休み帳も まっ白 気にしないさ 青空の 入道雲も まっ白 夏休みの ぼくたちは ランニングシャツの王様だ  “三角ベース”をしよう くぬぎ林へ行こう もぎたての盗んだトマトは 小川で冷やしとこう カブト虫を ごっそり ヘビがいて どっきり いちばん星 光っても やりたいことが どっさり 夏休みの ぼくたちは 朝から晩まで王様だ  絵日記帳は まっ白 休み帳も まっ白 気にしないさ 青空の 入道雲も まっ白  夏休みの ぼくたちは まっくろ黒(くろ)の王様だ
お母さんは春由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅渋谷毅おかあさんは春です あったかい春です 胸にふんわり 日なたのにおい 背中にやさしい 野原の広さ まわりでそよ風 うたいます ママ かあさん おふくろさん  おかあさんは春です まぶしい春です 傷のいたみも こごえた指も かくしたつもりの 涙のあとも たちまち笑顔で なおします ママ かあさん おふくろさん  おかあさんは春です ずっとずっと春です いつかこんなに 離れたけれど レンゲのむこうで 待っているようで ふりむく心が にじみます ママ かあさん おふくろさん  ママ かあさん おふくろさん
5月のこもりうた由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子山川啓介渋谷毅渋谷毅ねむれ赤ちゃん あなたがねたから さっきばたばた 泳いでた こいのぼりも おひるね  ねむれ赤ちゃん あなたがねたから さっききらきら 飛んでいた つばめたちも おひるね  ねむれ赤ちゃん あなたがねたから さっきざわざわ 笑ってた 青い麦も おひるね  この緑 この光 この空も土も みんなみんな のびてゆく あなたのもの  ねむれ赤ちゃん あなたがねたから ママもいっしょに 神さまの てのひらで おひるね 5月のなかで おひるね
太陽がくれた季節富士美高校サッカー部富士美高校サッカー部山川啓介いずみたくRegaSound君は何を今 見つめているの 若い悲しみに 濡れたひとみで 逃げてゆく白い鳩 それとも愛 君も今日からは 僕らの仲間 飛びだそう 青空の下へ  君は何を今 待ちつづけるの 街の片すみで ひざをかかえて とどかないあの手紙 別れた夢 君も今日からは 僕らの仲間 とび込もう 青春の海へ  青春は 太陽がくれた季節 君も今日からは 僕らの仲間 燃やそうよ 二度とない日々を  君は何を今 見つめているの 若い悲しみに 濡れたひとみで 逃げてゆく白い鳩 それとも愛 君も今日からは 僕らの仲間 飛びだそう 青空の下へ  君は何を今 待ちつづけるの 街の片すみで ひざをかかえて とどかないあの手紙 別れた夢 君も今日からは 僕らの仲間 とび込もう 青春の海へ  青春は 太陽がくれた季節 君も今日からは 僕らの仲間 燃やそうよ 二度とない日々を 燃やそうよ 二度とない日々を
戦士の休息薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子山川啓介大野雄二Ryo Yoshimataありがとう ぬくもりを ありがとう 愛を かわりに おれの生命を 置いてゆけたなら 男は誰もみな 無口な兵士 笑って死ねる人生 それさえ あればいい  ああ まぶたを開くな ああ 美しい女よ 無理に向ける この背中を 見られたくはないから 生まれて初めて つらい こんなにも 別れが  ああ 夢からさめるな ああ 美しい女よ 頬に落ちた 熱い涙 知られたくはないから この世を去る時 きっと その名前 呼ぶだろう
聖母たちのララバイ岩崎宏美 & 国府弘子岩崎宏美 & 国府弘子山川啓介木森敏之・John Scott国府弘子さあ 眠りなさい 疲れきった 体を投げだして 青いそのまぶたを 唇でそっと ふさぎましょう ああ できるのなら 生まれ変わり あなたの母になって 私のいのちさえ 差しだして あなたを守りたいのです  この都会は 戦場だから 男はみんな 傷を負った戦士 どうぞ 心の痛みをぬぐって 小さな子供の昔に帰って 熱い胸に 甘えて  そう私にだけ 見せてくれた あなたのその涙 あの日から決めたの その夢を支えて 生きてゆこうと  恋ならば いつかは消える けれども もっと深い愛があるの ある日あなたが 背中を向けても いつも私は あなたを遠くで 見つめている聖母(マドンナ)  今は 心の痛みをぬぐって 小さな子供の昔に帰って 熱い胸に 甘えて
ふれあい高橋真梨子高橋真梨子山川啓介いずみたく宮原慶太悲しみに 出会うたび あの人を 思い出す こんな時 そばにいて 肩を抱いて欲しいと なぐさめも 涙もいらないさ ぬくもりが ほしいだけ ひとはみな 一人では 生きてゆけない ものだから  空しさに 悩む日は あの人を 誘いたい ひとことも 語らずに 同じ歌 歌おうと 何気ない 心のふれあいが 幸せを 連れてくる ひとはみな 一人では 生きてゆけない ものだから  何気ない 心のふれあいが 幸せを 連れてくる ひとはみな 一人では 生きてゆけない ものだから  生きてゆけない ものだから
特捜エクシードラフト佐咲紗花佐咲紗花山川啓介鈴木キサブロー長澤孝志この星は 宇宙船だよエクシードラフト!  この星は 宇宙船だよ 誰だって明日への 乗組員 そうだよ生命は 地球の重さ だからこの手を さしのべるのさ Oh レスキュー ひるまないぜ レスキュー どんな危険も ふえる傷あとが おれたちの勲章 エクシードラフト 燃えろ 冴えろ 輝け エクシードラフト 魂の兄弟たちよ レッダー ブルース キース  君のため 世界は回る 見知らぬあしたへ つれて行く つくってくれよ やさしい未来 夢をそっくり 手渡すからさ Oh レスキュー 呼んでいるぜ レスキュー 叫びがほら 走る 風になる 一秒を惜しんで エクシードラフト 守れ 救え 戦え エクシードラフト 心も生命もひとつ レッダー ブルース キース  エクシードラフト 燃えろ 冴えろ 輝け エクシードラフト 魂の兄弟たちよ レッダー ブルース キース
星屑の砂時計yu-yuyu-yu山川啓介服部隆之服部隆之千億の星屑が 私に降りかかる 自分の小ささに すくむの心が 運命の箱船が 旅立つ時間(とき)の海 音のない序曲が ひびき始める ねえ私 この世に 生まれてよかったの? 答えのないまま 月は 欠けて 満ちて 私のなかの 少女が 大人になってゆく  なぜ人間(ひと)は愛し合い 傷つけ憎み合う 孤独な星たちが 引き合うみたいに でも今は信じたい 夢という遺伝子が 苦しみも涙も 越えて行くって ねえどんな あしたが 私を待ってるの? たずねてみるけど 月は ほほえむだけ 誰も知らない 未来へ 砂時計 落ちてゆく  何光年 離れようと ふるさとは やさしい胸  ねえ私 この世に 生まれてよかったの? 答えのないまま 月は 欠けて 満ちて 私のなかの 少女が 大人になってゆく  千億の星屑よ 私もきらめこう…
ブラディー・マリー古谷一行古谷一行山川啓介佐藤三樹夫渡辺博也幸せがお前をレディーに変えて 匂うようにきれいになったな 行きずりの酒場で肩をならべて 逃がした月日をぼんやりたどる ブラディー・マリーはおやめなさいと あの頃みたいにお前は言うけど 泣き顔ばかりさせてた男に 何ができよう酔いしれるほかに  うらんではいないは いい思い出と 遠い目をしてお前はつぶやく 屋根裏のあの部屋夢をたよりに 暮らした月日にまた戻れたら ブラディー・マリーはおやめなさいと サヨナラがわりにお前は笑って 背中でドアがやさしく閉まり おれの手の中でグラスが砕けた
宇宙刑事ギャバン -type G-串田アキラ串田アキラ山川啓介渡辺宙明男なんだろ? ぐずぐずするなよ 胸のエンジンに 火をつけろ おれはここだぜ ひと足お先 光の速さで あしたヘダッシユさ  若さ 若さってなんだ ふりむかないことさ 愛ってなんだ ためらわないことさ ギャバン! あばよ涙 ギャバン! よろしく勇気 宇宙刑事ギャバン!  悪いやつらは 天使の顔して 心で爪を といでるものさ おれもお前も 名もない花を 踏みつけられない 男になるのさ 若さ 若さってなんだ あきらめないことさ 愛ってなんだ くやまないことさ  ギャバン! あばよ過去(きのう) ギャバン! よろしく未来 宇宙刑事ギャバン! ギャバン! あばよ涙 ギャバン! よろしく勇気 宇宙刑事ギャバン!
今は想い出天地真理天地真理山川啓介網倉一也石川鷹彦セピアの街角に 春が香りだすと 今もあなたの顔が声が あざやかよ 歌うその横顔 ビートルズのポール 左ききのとこまで そうね似ていたわ  あの頃は誰も やさしいミュージシャン 愛とか自由を 歌って生きてた キスのしかたも 上手(うま)くない 私の Baby Face  今より湘南も 静かな海だった こわれかけた車で 夢を追った夏 あなたは長い髪 最後まで切らずに 仕事にもつかないで 都会(まち)を捨てたまま  この世界はもう 崩れた積み木で 私も大人の 瞳(め)をしているけど きっとあなたは 変わらない 私の Baby Face  あの恋が今も 心を支えて つかれた私に おどけてくれるの ずっと遠くで 見つめてね 私の Baby Face
なきむし倶楽部ジェロジェロ山川啓介堀江淳江口正祥両手をひろげた その幅(はば)は たかが背丈(せたけ)と おんなじ広さ それでもあんたの 悲しみくらい 抱いてやれるよ おれでいいなら 星屑小路(ほしくずこうじ)の 突き当たり ネオンもうるんだ“なきむし倶楽部” ぽつぽつと聞かせてよ 涙の理由(わけ)なんか 泣くだけ泣いたら 見える虹 人生 やさしい意地悪(いじわる)さ  誰より不幸と 嘆(なげ)く夜 そいつも時には 必要なのさ どこかに待ってる つぎの幸せ もっと大事に 抱きしめるから グラスの中には 海がある あんたがつぶやく“なきむし倶楽部” きれいだね いつかしら少女の瞳(め)をしてる つまずきべそかき 立ち上がる 誰もが死ぬまで おさな児(ご)さ  今夜は子供に お帰りと 母の声がする“なきむし倶楽部” この膝で眠りなよ 朝まで見てるから 生きてりゃ明日(あした)が きっと来る 人生愛しい いとおしい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
イージーダンスやしきたかじんやしきたかじん山川啓介家鋪隆仁踊りませんかお嬢さん 寂しいどうしで どうせ外は夜の雨 車もないんでしょう? 古いピアノにもたれ ため息ついてる その肩からメランコリー はずしませんか  イージーダンス…どうってことない イージーダンス…人生のステップ 難かしく考えたら 足がもつれますよ 青ざめてたその頬が ああー もうバラ色  眠りませんかお嬢さん ひとつのべッドで どうせ部屋へ帰っても 闇が待つだけでしょう? 濡れたグラスに指で 書いてる名前を もうそろそろ思い出に してみませんか  イージーラブ…男と女は イージーラブ…鍵穴とスペア・キー しっくりと行く誰かが 他にもいるんですよ このぼくかもしれません ああー いかがですか  イージーダンス…どうってことない イージーダンス…人生のステップ 難かしく考えたら 足がもつれますよ 不幸せというやつに ああー 捕まります
BGM上田知華上田知華山川啓介樋口康雄彼が好きだった古びたピアノの曲です ざわめくお店に流れています 忘れたあの日が流れています  長い指をした無口なお人好しでした 大人になれない お馬鹿さんでした 私が大人に先になりました  笑い転げて生きられたなら 少女は女にならずに済むわ  悲しいことなど何ひとつないはずなのに いつしか心がにじんでいます 帽子を目深にかぶり直します  笑い転げて生きられたなら 少女は女にならずに済むわ  彼が好きだった古びたピアノの曲です ざわめくお店に流れています あなたを待ってる昼さがりです あなたを待ってる昼さがりです
聖母たちのララバイジェロジェロ山川啓介木森敏之さあ 眠りなさい 疲れきった 体を投げだして 青いそのまぶたを 唇でそっと ふさぎましょう ああ できるのなら 生まれ変わり あなたの母になって 私のいのちさえ 差しだして あなたを守りたいのです  この都会(まち)は 戦場だから 男はみんな 傷を負った戦士 どうぞ 心の痛みをぬぐって 小さな子供の昔に帰って 熱い胸に 甘えて  そう 私にだけ 見せてくれた あなたのその涙 あの日から決めたの その夢を支えて 生きてゆこうと  恋ならば いつかは消える けれども もっと深い愛があるの ある日あなたが 背中を向けても いつも私は あなたを遠くで 見つめている 聖母(マドンナ)  今は 心の痛みをぬぐって 小さな子供の昔に帰って 熱い胸に 甘えて
真赤な髪で~にんじんまた泥だらけ~さみしいくせに大竹しのぶ大竹しのぶ山川啓介山本直純「真赤な髪で」 まっ赤な髪で そばかすだらけ そうさぼくは みにくい“にんじん” いねむりしてた 神様が つくりそこねた だめな子供 ぼくは“にんじん”  「にんじんまた泥だらけ」 にんじん! また泥だらけ にんじん! またなまけてるね にんじん! またいたずらかい? にんじん! またうそをつく! にんじん!… 村の鍛冶屋へすぐお行き いびつな心を たたいておもらい 曲った根性 のばしておもらい なまけ者! 意地っ張り! ふくれ面! あまのじゃく! にんじん!…  だめなにんじん にんじん…  「さみしいくせに」 さみしいくせに はしゃいでみせる ぼくはピエロ いやなやつ“にんじん” 鏡に映る 変な顔 ぼくもお前が 大きらいさ いじけたにんじん  まっ赤な髪で そばかすだらけ やっぱりぼくは ぼくは“にんじん”  ぼくだって ちゃんと 名前があるんだ フランソワさ
鳥になろう大竹しのぶ大竹しのぶ山川啓介山本直純ライ ライ ライ… ライ ライ ライ…  今度めざめたら 白い鳥になろう 青い空深く 飛びつづけよう 悲しみはみんな 土の上に置いて ひとり自由に 飛ぶ鳥になろう  ライ ライ ライ… ライ ライ ライ…  高く遠く 飛ぶ鳥になろう  ライ ライ ライ… ライ ライ ライ…
今夜はとってもいけない娘キノコホテルキノコホテル山川啓介いずみたく知らない街の 知らないお店で 小さな冒険 待ってる私なの どうでもいいじゃない なるようになるわ 今夜の私は いけない娘 お酒も飲んだし 電話もしないし さあママのやつ 悲しむだろうな  人生なんて 椅子取りゲームだわ ひと押しのけて どこがいいんだろう どうでもいいじゃない なるようになるわ 今夜の私は いけない娘 うんざりするの いい子でいるのに そうだこのまま 旅に出ようかな
シャングリラ久保田早紀久保田早紀山川啓介久保田早紀シャングリラ……ああ それは シャングリラ……どこに  インダスの水に浮かぶ 黄金の月を縫って あの人に よく似た影を 乗せた小舟が来る この夜に出会うために 私は生まれ さすらい いくつもの めぐり逢いと 別れを越えて来た  運命(さだめ)の河…誰も一度は この岸に立つ 夢の流れ…惑いという名の サリーを脱ぎ捨て  シャングリラ この地上の さがしつづけた 楽園 シャングリラ それはきっと あなたの胸の中  ひんやりと 花のしとね 火照った背中の大地 目を閉じているのにアア 一面の 星の海  “死ぬことのない愛など 求めるのはおよし”と 哀しみをたたえた目で クリシュナが見守る  運命(さだめ)の河…渡り終えたら もう戻れない 夢の流れ…いつしか あなたは 消えさり 私だけ  シャングリラ めざめれば 寂しく乾いた荒野 シャングリラ また私は 歩きだす旅人
時間よ止まれ五木ひろし五木ひろし山川啓介矢沢永吉坂本昌之罪なやつさ アー パシフィック 碧く燃える海 どうやら俺の負けだぜ まぶた閉じよう 夏の日の恋なんて 幻と笑いながら このひとに賭ける  汗をかいたグラスの 冷えたジンより 光る肌の香りが 俺を酔わせる 幻でかまわない 時間よ 止まれ 生命のめまいの中で  幻でかまわない 時間よ 止まれ 生命のめまいの中で  罪なやつさ アー パシフィック 都会の匂いを 忘れかけたこの俺 ただの男さ 思い出になる恋と 西風が笑うけれど このひとに賭ける Mm Stop the world Mm Stop the world
海を抱きしめて河口恭吾河口恭吾山川啓介筒美京平生まれて来なければ よかったなんて 心が つぶやく日は 人ごみに背を向け 会いに行くのさ なつかしい海に 幼な児よりも ひたむきに 遠い名前を叫んで 汗ばむ心潮風が 洗うにまかせれば いつのまにか生きることが また好きになるぼくだよ  誰かがぼくよりも まぶしく見えて 心が うつむく時 カモメの笑い声 間きに行くのさ いつもの渚に なんて小さな 悲しみに ひとは つまずくのだろう 船乗りたちがするように 海を抱きしめれば 忘れかけた大らかさを またとり戻すぼくだよ
お・か・え・り佐良直美佐良直美山川啓介渋谷毅斎藤ネコ久しぶりだね どうしていたの? あたしあんたの ふるさとの海 さよならする時 約束したじゃない 泣きたくなったら 帰って来てと  一度愛した 人だもの 別れたあとも 心の家族 なんにも言わずに この胸で おさな子(ご)みたいに 甘えていいよ  どんな若さの あやまちだって 時間(とき)はやさしく ゆるしてくれる あんたはあたしの 帆のない小舟 守ってあげたい いのちのかぎり  一度信じた 夢だもの あきらめないで 追いつづけなさい 心に汽笛が ひびいたら 寝たふりする間(ま)に 出てっていいよ  なんにも言わずに この胸で おさな子みたいに 甘えていいよ
100万回アゲイン佐良直美佐良直美山川啓介菊谷知樹菊谷知樹終わらない嵐も 涙もないよほらね キミの肩越しに もう虹が出てる 今の悲しみは やがて真珠になる つぎに出会う人 飾ってあげなさい  Smile Again! ほほえむたび 人は強くなる Dream Again! 何度だって やり直せるよ キミが主役の 素敵な人生を  どんな暗い夜も 眠ってめざめたら 地球は回ってる 過去から未来へ たとえ幸せが うしろ姿だって 追いつづけようよ おさな子(ご)みたいに  Smile Again! ほほえむたび やさしさがふえる Love Again! 恋するたび それが初恋 捧げなさいな まごころのすべてを  Smile Again! ほほえむたび 人は強くなる Dream Again! 何度だって やり直せるよ キミが主役の 素敵な人生を  キミが主役の 素敵な人生を
宇宙刑事ギャバン流田Project流田Project山川啓介渡辺宙明男なんだろ? ぐずぐずするなよ 胸のエンジンに 火をつけろ おれはここだぜ ひと足お先 光の速さで あしたへダッシュさ 若さ 若さってなんだ ふりむかないことさ 愛ってなんだ ためらわないことさ ギャバン! あばよ涙 ギャバン! よろしく勇気 宇宙刑事 ギャバン!  悪いやつらは 天使の顔して 心で爪を といでるものさ おれもお前も 名もない花を 踏みつけられない 男になるのさ 若さ 若さってなんだ あきらめないことさ 愛ってなんだ くやまないことさ ギャバン! あばよ過去 ギャバン! よろしく未来 宇宙刑事 ギャバン! 若さ 若さってなんだ ふりむかないことさ 愛ってなんだ ためらわないことさ ギャバン! あばよ涙 ギャバン! よろしく勇気 宇宙刑事 ギャバン!
小犬のワルツ森山良子森山良子山川啓介F.Chopin前田憲男ねえ聞いてよ 私のカレ かわいい犬が大好きで 遊びに来たって 私に見向きもしないで 小犬と ワン! 遊んでばかりで ワン! いやんなっちゃうのよ 小犬も小犬で うっとりしちゃって シッポを振り振り ワン! カレをなめてるの ワン! みじめなこの私  カレは小犬を やさしく抱き 鼻の頭に キッスしてる そばで私 指くわえて しょんぼり見ているだけなの 愛の言葉も あまいキスも カレは忘れて帰っちゃうの いつもいつも 私ひとり残され涙  そうよこの犬 女の子だ つまり私の恋敵だ もしもカレを取られたなら 二度と恋はできないかも きっと私は 売れ残って 一人ぼっちのおばあちゃんよ いやよいやよ 捨ててやるわ 憎い小犬め  さあいらっしゃい 遊びましょうよ 私のかわいい 小犬ちゃん なんにもしないわ なぜ逃げるの?  気配を察して 小犬は逃げだす 逃がしはしないと 目尻をつり上げ 私は裸足で 小犬を追跡 キャン! ドアから外へと キャン! あとから私も ホウキふり上げ 小犬を追う カレを返せと 叫びながら だけどだけど つかまらない 憎い小犬よ  ぶつかるクルマ 割れるガラス お巡りさんも 町の人も 私たちの あとを追って 息をきらせ 鬼ごっこ 町はメチャクチャ まるで戦争 やっと小犬を つかまえたら カレがカレが 腕組みして にらみつけてた ワン! ワン!
別れの曲森山良子森山良子山川啓介F. Chopin渡辺俊幸うなずいて ほほえみ あなたから背を向けて あしたもまた会う 二人のように どうぞ去って 涙をたたえた 心のピアノが鳴る ありがとう 言葉にならない あふれる思いを 両手で抱きしめて あなたのその姿 消えるまで 立ちましょうこのまま 笑顔で  ひとはみな 別れる めぐり逢う日のために あなたの言葉を 信じましょう つらいけれど 愛した月日は 終わりのないエチュード ありがとう 思い出があれば 心の痛みも やさしさになるでしょう そうなのいつまでも ただ一人 あなたが 私のふるさと
ほろ酔いの歌森山良子森山良子山川啓介J.Strauss II渡辺俊幸どうしちゃったのかしら 心臓が踊るのよ ポルカ めまいがするほど 楽しいのなぜか シャンペンの 泡みたい はじけてるの 幸せが 違うわ お酒のせいなんかじゃない  乾杯しよう もう一度だけ これ以上 飲めないってば お願い すすめないで ヨワいの あたし そう? じゃあ もう一杯! Ha ha ha ha ha ha ha!  回転木馬のように 回る バラ色の世界 いやなことなんか 飛んでゆけ過去へ お酒はそう 素敵な 魔法の おクスリなのよ 破れた心を なおしてくれるの  Oh, La la ―Tra ra ra ― バイバイ 涙 Oh, La la ―Tra ra ra ― 人生 バンザイ つらい恋の 二日酔いには つぎの恋に 酔うのがいちばん 男たちが ひざまずいてる ほらね あたしに Ah~ Ha ha ha ha ha ha ha!  どうしちゃったのかしら ほんとは飲めないんだけど 酔い足りないのよ 飲み足りないのよ 世界中のお酒を 飲み干すまで 帰さない つき合うでしょ? ねえ夜明けまで… ― あら 誰もいないわ
夕焼け西田敏行西田敏行山川啓介滝沢良夕焼け雲が赤く 街を抱きしめて ゆっくり時は流れ ぼくは少年になる 旅をつづける人 旅から帰る人 誰も孤独な 鳥さ 休めろよ いのちを 疲れた羽を 閉じて  生きてゆくことって つらいゲームだね だけど生きてるから あしたがやってくる どんな悲しみさえ 今なら忘れそうさ 空が静かに 笑う 今日はもう 終りと お帰り涙を ふいて  誰も孤独な 鳥さ それぞれの 人生 やさしくつつむ夕焼け
青いイナズマ串田アキラ串田アキラ山川啓介渡辺宙明田中公平闇にきらめく 青いイナズマ 正義の光だ Oh シャイダー 時間を越えて 空間を飛び 走れ 舞え 愛を とり戻す日まで シャイダー・ブルーフラッシュ! シャイダー・ブルーフラッシュ! 行くぞフーマ 行くぞフーマ 不思議獣 悪を切り裂け 悪を切り裂け レーザー・ブレード  夢が若さが 怒りが燃えて あふれるエネルギー Oh シャイダー この地球を 渡せるもんか 叫べ 追え 今日も 戦いはつづく シャイダー・ブルーフラッシュ! シャイダー・ブルーフラッシュ! どんな敵も どんな敵も おそれない 悪を切り裂け 悪を切り裂け レーザー・ブレード  シャイダー・ブルーフラッシュ! シャイダー・ブルーフラッシュ! どんな敵も どんな敵も おそれない 悪を切り裂け 悪を切り裂け レーザー・ブレード
若さはプラズマ串田アキラ・こおろぎ'73串田アキラ・こおろぎ'73山川啓介渡辺宙明渡辺宙明(プラズマ プラズマ) 一人より 二人がいいさ 二人より 三人がいい 力も夢も そして勇気も それだけ強く でかくなる 空をかける あいつ 海を守る あいつ 大地を走る あいつ 燃えあがる 燃えあがる 心はプラズマ どんな敵も どんな敵も 倒せる仲間さ (1・2・1・2・3) 行こうぜ行こうぜ サンバルカン  (プラズマ プラズマ) 君がもし 一人だったら 今すぐに 仲間をさがせ からっぽの手を にぎりあうのさ いっしょに明日へ 行くために 虹を越える あいつ 波とうたう あいつ 荒野に叫ぶ あいつ とけあった とけあった 若さはプラズマ 太陽から 太陽から もらった力さ (1・2・1・2・3) 行こうぜ行こうぜ サンバルカン  空をかける あいつ 海を守る あいつ 大地を走る あいつ 燃えあがる 燃えあがる 心はプラズマ どんな敵も どんな敵も 倒せる仲間さ (1・2・1・2・3) 行こうぜ行こうぜ サンバルカン
青春は最後のおとぎ話大塚博堂大塚博堂山川啓介大塚博堂キャンパス通りの スクランブル交差点 君は 明日(あす)へとわたる 僕は過去に立ち 行くなと言えなかった 背中をぼんやり見つめてる 道路(みち)の向こうは 実りない夢など 役に立たない世界 「結婚相手は ありふれた人だけど」 最後の言葉がつきささる  ハロー アンド グッバイ そうだね 君が つぶやいた様に ハロー アンド グッバイ 青春は最後の おとぎ話 自由という名の 魔法が消えたら とたんに 大人になるだけ  ビシネススーツの 色をした人ごみに 君が のまれて消える 僕は背中を向けて 二人の足あとを 来たのと逆に たどり出す 知らない間に このあたりも変って 明日(あす)へ急いでるんだね 学生街では 時間(とき)は夢の速さで ゆるやかなんだと 思ってた  ハロー アンド グッバイ そうだね 君が つぶやいた様に ハロー アンド グッバイ 青春は最後の おとぎ話 自由という名の 魔法が消えたら とたんに 大人になるだけ
私のラビ・アン・ローズ由紀さおり由紀さおり山川啓介前田憲男ビルの谷間のシャンソン喫茶の 私は名もない 貧しい歌い手 いつもおんなじ ステージ衣装で 歌っているわ 「ラビ・アン・ローズ」 お金なんか なくっても 恋人なんか いなくても 歌さえあれば 人生はバラ色 ラビ・アン・ローズ  母が死んだと 知らせが来た日も たしかあいつと 別れた夜にも まるで人生 悟ったみたいに 歌っていたっけ 「ラビ・アン・ローズ」 お金なんか なくっても 恋人なんか いなくても 歌さえあれば 人生はバラ色 ラビ・アン・ローズ  いつも空いてる シャンソン喫茶で 五年が過ぎたわ 知らないあいだに たぶんあしたも 両手をひろげて 歌っているでしょう 「ラビ・アン・ローズ」 お金なんか なくっても 恋人なんか いなくても 歌さえあれば 人生はバラ色 ラビ・アン・ローズ
My Better Life尾崎紀世彦尾崎紀世彦山川啓介大野雄二大野雄二死ぬまで心の肩 ふれて歩きたい 君の愛が消えたなら 友達でもいい 冬へと急ぐ街で めぐり逢った女(ひと) 二度とぼくは放せない そのぬくもりを  今日からベッドは おたがいの腕さ そして泳ごう 夢の海を 生きていることは なんて暖かい それさえぼくは 忘れていた  扉を叩く風も 歌う甘いララバイ 広い世界の片すみで 始まるベター・ライフ  寂しさを愛に 塗りかえるために ひとは一人で 生まれて来る 生きていることは なんて暖かい 悲しみさえも 溶けてゆくよ  瞳でうなずき合う 言葉のないグッド・ナイト あしたはきっと今日よりも 優しいベター・ライフ あしたはきっと今日よりも 優しいベター・ライフ
LAST SONG矢沢永吉矢沢永吉山川啓介矢沢永吉虹を見ちまったんだよ 遠い少年の夏 いのち賭けてもいいほど 美しい何かを  ほしいものすべて この手に握っても  あの日見た虹に たどりつけない 馬鹿な 人生さ  ごめんよ会った時から みんなわかってたんだよ お前の愛に酔いしれても 夢は騙せない  少年のおれが 今のおれに叫ぶ “旅をつづけろ”と  まだ歌えない My Last Song …  涙に濡れた頬 そっと胸に当てて  心の汽笛を 聴いてくれるかい Say , Good-bye 愛をありがとう  虹を見ちまったんだよ 遠い少年の夏 いのち賭けてもいいほど 美しい何かを La La La …
太陽がくれた季節天地真理天地真理山川啓介いずみたく君は何を今 見つめているの 若い悲しみに 濡れた瞳で 逃げてゆく白い鳩 それとも愛 君も今日からは ぼくらの仲間 とびだそう 青空の下へ  君は何を今 待ちつづけるの 街の片すみで ひざをかかえて とどかないあの手紙 別れた夢 君も今日からは ぼくらの仲間 とび込もう 青春の海へ  青春は太陽が くれた季節 君も今日からは ぼくらの仲間 燃やそうよ 二度とない日々を…
地球は君を待っていた京本政樹・森の木児童合唱団京本政樹・森の木児童合唱団山川啓介風戸慎介誰にもあるんだ 正義の心 眠っているんだ 戦う勇気 グレート oh グレート 地球は君を待っていた グレート oh グレート どんな武器より強いのは めざめた愛のエナジーさ 新しい力 新しい戦い ウルトラマン グレート ニュー・ヒーロー  壊そう 平和をさえぎる壁を 倒そう この夢奪う悪魔を グレート oh グレート 地球を君と回すんだ グレート oh グレート 見ろよ宇宙が手をひろげ ぼくらに来いと呼んでいる 新しい希望 新しい輝き ウルトラマン グレート ニュー・ヒーロー  新しい力 新しい戦い ウルトラマン グレート ニュー・ヒーロー
ふれあいカパエル(子安武人)カパエル(子安武人)山川啓介いずみたく鈴木慶一とムーンライダーズ悲しみに 出会うたび あの人を 思い出す こんな時 そばにいて 肩を抱いてほしいと  なぐさめも 涙もいらないさ ぬくもりが ほしいだけ ひとはみな 一人では 生きてゆけない ものだから  空しさに 悩む日は あの人を 誘いたい ひとことも 語らずに おなじ歌 歌おうと  何気ない 心のふれあいが 幸せを 連れてくる ひとはみな 一人では 生きてゆけない ものだから  何気ない 心のふれあいが 幸せを 連れてくる ひとはみな 一人では 生きてゆけない ものだから 生きてゆけない ものだから
ふれあい庄野真代庄野真代山川啓介いずみたくYuichiro Oda悲しみに 出会うたび あの人を 思い出す こんな時 そばにいて 肩を抱いてほしいと  なぐさめも 涙もいらないさ ぬくもりが ほしいだけ ひとはみな 一人では 生きてゆけない ものだから  空しさに 悩む日は あの人を 誘いたい ひとことも 語らずに おなじ歌 歌おうと  何気ない 心のふれあいが 幸せを 連れてくる ひとはみな 一人では 生きてゆけない ものだから  何気ない 心のふれあいが 幸せを 連れてくる ひとはみな 一人では 生きてゆけない ものだから 生きてゆけない ものだから
ふるさとのない秋森進一森進一山川啓介福田和禾子りんごのにおいの人恋しさが 風吹く町をつつんでいるよ 真夏の狂った 約束のように プラタナス ほら散る あんたがたどこさ あんたがたどこさ  回転扉が止まって気付けば あなたの あなたのいない秋  潮騒みたいな夢恋しさが 人波の中 聞こえて来るよ 遠く行こうと 少年の頃の 僕が僕を ほら呼ぶ あんたがたどこさ あんたがたどこさ  夕焼け列車に飛び乗り損ねて ふるさとの ふるさとのない秋 ふるさとの ふるさとのない秋
コスモス246渡辺徹渡辺徹山川啓介ばんばひろふみ246号線(ニー・ヨン・ロク)の はずれの歩道に コスモス咲いてる 場所がある ある朝おまえは 子供みたいに 息をはずませ おれに教えた  古いバイクを 友達に借りて おまえを乗せて 見に行った ただそれだけで 幸せだった 無邪気なおまえが 好きだった  若さのナイフは 哀しく気まぐれ ささいなあやまちで 愛をひき裂く 今でも涙ためて おまえは眠るのか コスモスの花咲く ふるさとの夢見て  おまえが拾った グレイの子猫を こっそり隠れて 飼った部屋 半年前に 出ていったあいつ おまえとおなじに 帰らない  若さのナイフは 哀しく気まぐれ ささいなあやまちで 愛をひき裂く 小雨が煙る都会(まち)に おまえが消えてから 246号線(ニー・ヨン・ロク)の コスモスも咲かない ……コスモスも咲かない
時代遅れの恋人たちイカロス(早見沙織)、ニンフ(野水伊織)、アストレア(福原香織)イカロス(早見沙織)、ニンフ(野水伊織)、アストレア(福原香織)山川啓介筒美京平手のひらに澄んだ 水をすくって お前の喉に 流し込む そんな不器用で 強くやさしい つながりは ないものか 恋人よ 愛なんて言葉は捨てろよ 流行りの服も 生き方も 疲れるだけさ 裸足で 青い草を踏みしめ この腕に かけて来い  飛び上がってもいだ 青いリンゴを かわるがわるに かじり合う そんな飾らない だけど確かな つながりは ないものか 恋人よ 愛なんて言葉は捨てろよ 生まれたままの まごころを くれればいいさ かわりに誰も やれないものを その胸に 伝えよう  恋人よ 愛なんて言葉は捨てろよ ざわめく街は 青ざめた人々ばかり 迷わず熱く 肌を火照らせ この腕に かけて来い
帰らざる日のために桜井智樹(保志総一朗)・イカロス(早見沙織)・見月そはら(美名)・守形英四郎(鈴木達央)・五月田根美香子(高垣彩陽)・ニンフ(野水伊織)・アストレア(福原香織)桜井智樹(保志総一朗)・イカロス(早見沙織)・見月そはら(美名)・守形英四郎(鈴木達央)・五月田根美香子(高垣彩陽)・ニンフ(野水伊織)・アストレア(福原香織)山川啓介いずみたく生まれて来たのは なぜさ 教えてぼくらは 誰さ 遠い雲に聞いてみても何も言わない だからさがすんだ 君と でかい青空の下で この若さをすべて賭けていい何かを 愛する人がいるなら 求めるものがあるなら なんにも怖くはないさ そいつが青春 涙は心の汗だ たっぷり流してみようよ 二度と戻らない 今日のために  生きてるってこと 何さ 走ってゆくのは どこさ 風は寒く笑いながら 頬を打つだけ だからしるすんだ 君と 荒れ果てた土の上に この力をすべてこめた足あとを 愛する人がいるなら 求めるものがあるなら なんにも怖くはないさ そいつが青春 燃えてる夢をいのちを 残らず 使ってみようよ 二度と戻らない 今日のために  愛する人がいるなら 求めるものがあるなら なんにも怖くはないさ そいつが青春 涙は心の汗だ たっぷり流してみようよ 二度と戻らない 今日のために
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
いのちの木陰佐良直美佐良直美山川啓介渋谷毅渋谷毅生まれて来たのは 幸せになるため 誰かに愛され 愛するため それなのに世界は 時々いじわるだね そのまごころをほら 人ごみが踏みつける  あなたのために ささやかな いのちの木陰に なりたい 傷だらけの 悲しみたち 私にあずけて そっとまどろんで  子供の頃には 夕焼けが教えた あしたは今日より いい日になるって それなのにあの時 信じていた未来は そのやさしさをほら 弱さだとあざ笑う  あなたのために すずやかな いのちの木陰に なりたい 倒れそうに 疲れた夢 私にあずけて また旅立って  あなたのために ささやかな いのちの木陰に なりたい 傷だらけの 悲しみたち 私にあずけて そっとまどろんで
銀河の子守唄佐良直美佐良直美山川啓介渋谷毅渋谷毅生まれる前にも こうして 見つめ合った 気がする そんな不思議な なつかしさ 瞳に たたえた人  おやすみ 眠るまで 見つめていてあげる おやすみ 目覚めるまで どこにも行かない  果てしない銀河の その片隅で 奇跡のように 出会えた あなただもの  何億光年 遠くに 離れる日が 来ても きっとあなたに また会える 何度も 生まれて変わって  おやすみ 幸せって さみしさに似てるね おやすみ 抱きしめると 永遠が見える  限りあるいのちを そっと寄せ合い この愛の 銀河を ただよいましょう 流れては 生まれる 星のように
聖母たちのララバイ島津亜矢島津亜矢山川啓介木森敏之・JOHN SCOTTさあ 眠りなさい 疲れきった体を 投げだして 青いそのまぶたを 唇でそっと ふさぎましょう  ああ できるのなら 生まれ変わり あなたの母になって 私のいのちさえ 差しだして あなたを守りたいのです この都会(まち)は戦場だから 男はみんな 傷を負った戦士 どうぞ心の痛みをぬぐって 小さな子供の昔にかえって 熱い胸に甘えて  そう私にだけ 見せてくれた あなたのその涙 あの日から決めたの その夢を 支えて生きてゆこうと 恋ならばいつかは消える けれどももっと 深い愛があるの ある日あなたが背中を向けても いつも私はあなたを遠くで 見つめている聖母(マドンナ)  今は心の痛みをぬぐって 小さな子供の昔にかえって 熱い胸に甘えて
時間よ止まれ高橋真梨子高橋真梨子山川啓介矢沢永吉十川ともじ罪なやつさ Ah PACIFIC 碧(あお)く燃える海 どうやら おれの負けだぜ まぶた閉じよう  夏の日の恋なんて 幻と笑いながら この女(ひと)に賭ける  汗をかいた グラスの 冷えたジンより 光る肌の 香りが おれを酔わせる  幻でかまわない 時間よ止まれ 生命(いのち)のめまいの中で  幻でかまわない 時間よ止まれ 生命(いのち)のめまいの中で  罪なやつさ Ah PACIFIC 都会の匂いを 忘れかけた このおれ ただの男さ  思い出になる恋と 西風が笑うけれど この女(ひと)に賭ける  Mm- STOP THE WORLD Mm- STOP THE WORLD...
カリブの夢ペドロ&カプリシャスペドロ&カプリシャス山川啓介筒美京平萩田光雄心が寒くなると 見上げる 壁のポスター コバルトのカリブの海に 寂しさを 旅立たせるため あなたは 笑うかしら 私の おとぎ話 待つことは つらくないから ひとつだけ 夢を見ていいでしょう  くもったガラス窓を 小指で そっとぬぐうと 陽に燃える カリブの海が 冬空の むこうに見えるの あなたは 笑うかしら 私の おとぎ話 灰色の 部屋の片すみ 足音に 耳を澄ませるの  たよりない 時の流れに すがりつく 何かがほしいの あなたがドアを叩く日まで
愛のエンターテイナーデューク・エイセスデューク・エイセス山川啓介小田裕一郎悲しい時ゃ いつも この店へ 来なよ 心うるおす 歌も 夢の味の 酒もある  重い靴を 脱ぎすて 裸足で はしゃげよ 辛い思いは みんな 汗に流せ しなやかに踊れ  When You're Lonely Feeling Blue ひとは 誰も 弱くて淋しい 羊なのさ 今夜は 美しい 獣に変われよ  幸せってやつは はにかみ屋だから ちょいと目をはなせば すぐに姿かくすのさ  若い陽は いつも 気まぐれに翳る 好きな人が いるなら 息の限り 追い続けなよ  When You're Tired Feeling Small 疲れたなら 気軽に呼びなよ 口笛 吹き そうとも 俺たちは 人生のエンターテイナー  When You're Tired Feeling Small 疲れたなら 気軽に呼びなよ 口笛 吹き そうとも 俺たちは 人生のエンターテイナー
美しい親友にデューク・エイセスデューク・エイセス山川啓介小田裕一郎人生という重い荷物を かわるがわる下げて 気がつけば ここまで来た お前と二人で 子どもたちに 愛を食べさせ 若さも消えたけれど おれだけは おぼえてるよ まぶしいお前を 広いこの世界の 片隅の幸せ 相手役をありがとう 美しい親友よ  つらいことも 通りすぎれば ただの昔話 笑ってる お前の目が 疲れをぬぐった 子供たちが 明日へ旅立ち 二人ぼっちになったら 若い日に語った夢 追おうよ もう一度 人生の真夏はいつしか過ぎたけど ぬくもりは深くなる 美しい親友よ  人生の真夏はいつしか過ぎたけど ぬくもりは深くなる 美しい親友よ
虞美人草デューク・エイセスデューク・エイセス山川啓介八木正生パラソルをかたむけ あの人は笑った “兄さんはあの町で 元気かしら”と ただ何も言えずに うなずいた このぼく 大好きなあの人は 兄貴の恋人 虞美人草の花が 日ざしにゆれる めまいがしそうな 昼さがり “兄さんにないしょ”と ぼくの汗ぬぐった ハンカチの移り香が 哀しかったよ  夕月を見上げて あの人は泣いてた “兄さんを誰よりも 愛してたの”と 絵のような横顔 いつまでも 見つめて もう二度と帰らない 兄貴を憎んだ 虞美人草の花は いつしか散って ぬくもり恋しい 夕まぐれ 初雪が来る頃 あの人は嫁いだ つぎの朝 ふるさとを捨てた ぼくだよ  虞美人草の花が 咲くたび思う 初めて愛した 人のこと あれはまだ この世が 美しく見えた日 あの人も ふるさとも 今は遠いよ
ライラック通りデューク・エイセスデューク・エイセス山川啓介八木正生ライラックが香る道を(君と歩いたね) あしたの夢 語りながら(肩をふれ合い) 行き交うのは 顔見知りばかりの 学生たちが通る道(ライラック通り) 生きることの悲しみなど(知らないあの頃) くちびるには 歌があふれ(あの日の歌が) 歩みを止め くり返す口づけ セピア色の あのたそがれ この街へ 来るたびに 思い出す 君のこと 時は流れ 君はいない(たよりもとだえた) 幸せなら いいのだけど(幸せだろうか) 今も君に 会えそうな気がして 長い影を 歩ませてる(ライラック通り)  (スキャット)  生きることの悲しみなど(知らないあの頃) くちびるには 歌があふれ(あの日の歌が) 歩みを止め くり返す口づけ どこへ消えた あの青春 時はゆく 人もゆく それが運命(さだめ)だけれど 君の名前 つぶやいても(風が過ぎるだけ) 幸せならいいのだけど(幸せだろうか) ライラックの花だけが 変わらず 日暮れ空に ゆれるばかり(ライラック通り) どこへ消えた あの青春 君もあの日を 思い出すだろうか
太陽がくれた季節イカロス(早見沙織)・見月そはら(美名)・五月田根美香子(高垣彩陽)・桜井智樹(保志総一朗)・守形英四郎(鈴木達央)イカロス(早見沙織)・見月そはら(美名)・五月田根美香子(高垣彩陽)・桜井智樹(保志総一朗)・守形英四郎(鈴木達央)山川啓介いずみたく君は何を今 見つめているの 若い悲しみに 濡れた眸で 逃げてゆく白い鳩 それとも愛 君も今日からは ぼくらの仲間 とびだそう 青空の下へ  君は何を今 待ちつづけるの 街の片すみで ひざをかかえて とどかないあの手紙 別れた夢 君も今日からは ぼくらの仲間 とび込もう 青春の海へ  青春は 太陽がくれた季節 君も今日からは ぼくらの仲間 燃やそうよ 二度とない日々を 燃やそうよ 二度とない日々を
戦士の休息桜井智樹(保志総一朗)桜井智樹(保志総一朗)山川啓介大野雄二ありがとう ぬくもりを ありがとう 愛を かわりに おれの生命(いのち)を 置いてゆけたなら 男は誰もみな 無口な兵士 笑って死ねる人生 それさえ あればいい  ああ まぶたを開くな ああ 美しい女(ひと)よ 無理に向ける この背中を 見られたくはないから 生まれて初めて つらい こんなにも 別れが  ああ 夢からさめるな ああ 美しい女(ひと)よ 頬に落ちた 熱い涙 知られたくはないから この世を去る時 きっと その名前 呼ぶだろう
プラチナの木漏れ日 ~30年目のありがとう~叶正子 feat. 大野真澄叶正子 feat. 大野真澄山川啓介岩本正樹記念日のプレゼント 二人で同時に開いて 思わず声をあげる 偶然ねどちらもプラチナ 三日月のイヤリング パレットのかたちのタイ・ピン “ありがとう”の言葉も おかしいね同時で 音もなく回りだす 思い出の回転木馬(メリー・ゴーラウンド) めぐり逢ったあの夏の ときめきはないけど 離れては寄りそって いつしかたどりついた 日だまりの匂いの この日々が愛しい  君のパパに会うため 借りたスーツとネクタイで 訪ねた家の屋根にかかってた きれいな三日月 パレットを手放して 就職を選んだあなたが 買ってくれた指輪は ささやかなシルバー “お帰り”と“ただ今”と“おやすみ”と“おはよう” 数えきれず分け合って 過ぎてきた年月(としつき) 掴(つか)めずに逃げていった 夢たちもあったけど かけがえのない今が 手のひらに残るよ  人生はよろこびと 哀しみの回転木馬(メリー・ゴーラウンド) ふと気づけばゆるやかな 幸せを回ってる 言葉にはならなくて ほほえみ重ね合えば ふりそそぐ木漏れ日 プラチナのきらめき
コバルト色の地図 ~あした出会う友に~叶正子 feat. 堀内孝雄叶正子 feat. 堀内孝雄山川啓介堀内孝雄まだどこかに きっとどこかに ふたり知らない 歌がある この渇(かわ)いた 唇を心を おいしい水のように うるおす歌が  まだどこかに そうさどこかに たどりつかない 街がある 人が誰も まろやかにほほえみ 両手をひろげて待つ やさしい街が  あなたといると たまらなく愛(いと)しい 生きてることが まだ見ぬものたちが あきらめ色の 涙を拭い合い 旅人になろう まなざしを上げて  まだどこかに きっとどこかに コバルト色の 明日(あす)がある 若い夢が 実らずに消えても 信じるものにもう一度 出会える明日が  あなたといると たまらなく愛しい 生きてることが まだ見ぬものたちが 故郷捨てた あの夏のように 旅人になろう 朝焼けの彼方
土に還(かえ)るまで由紀さおり由紀さおり山川啓介いずみたく誰もいなくなった この地球の上で ただあなたと二人 生きてみたいな 粗末な小屋建てて 野原に麦をまき 羊の毛を編んで 着せてあげるの  うれしいその時は 笑いころげ 叫び 悲しみには胸が 裂けるほど泣き 生まれた子供には あなたの名をつけて ある日森の果てに 旅立たせるの  あなたと年老いて あなたと共に死に 腕をからめたまま 土に還る
故郷(ふるさと)由紀さおり由紀さおり山川啓介大野雄二二度と会えないあなた いつかは私をなつかしむかしら ああ そんな時はひとりで 私のふるさと たずねてほしいの 金色の風が吹く 山かげのあの村 声あげて丘へかけてく 15の私が 今でもいるわ  あすは汚れた涙 流して生きてく私たちだけど ああ それが辛くなったら 私のふるさと たずねてほしいの 夕空に雁が鳴き 葉が落ちるあの村 愛という言葉の意味も 知らない私が 今でもいるわ  虫の音がしみわたり 星が降るあの村 いつか会う人を夢見て まどろむ私が 今でもいるわ
海の薔薇オルケスタ・デル・ソルオルケスタ・デル・ソル山川啓介高橋ゲタ夫・森村献海に投げた薔薇は 遠い夏の私 ああコバルトの波に 哀しくあざやか  4年ぶりのコテージの 広すぎる部屋で 風を抱いて 目を閉じれば ほら二人がいる  あなたは毎日 絵を描(か)き 私はパンを焼き 若さという名の ワインを 唇で飲ませ合って…  永遠の真夏が つづくと信じたのに 突然の嵐が 夢をひき裂いたの  あれから静かな倖せ 着こなしているけど 描きかけで あなたが捨てた 絵の中に 帰りたくて…  誰にもただ一度 生命(いのち)の夏があるの それは愛と未来(あす)が ひとつだった季節  海に投げた薔薇は 遠い夏の私 ねえ二度ともう人を あんなに愛せない
風のノスタルジア杉村尚美杉村尚美山川啓介芳野藤丸呼ばないで 呼ばないで 一人にしておいて 今は悲しみのむこうの 幸せだった日に 見とれているの LOVE IS GONE  孤独ですか?愛されていますか? あなただけは 離れても気がかり 心の傷痛む夜は ありませんか?  あなたとの ぬくもりに 慣れた胸が寒くて いつか自分の胸を抱く 癖をおぼえました 笑うでしょうか LOVE IS GONE  夢をどうぞ 落とさずに歩いて 私だけは あなたを信じてる 会えなくても ただのひとつの 生きがいなの  あたたかい足音に ふり向けば 違う顔 だけど つむじ風の中で また会える奇跡を 待ちつづけます LOVE IS GONE  LOVE IS GONE LOVE IS GONE LOVE IS GONE LOVE IS GONE
風の誘惑BIBIBIBI山川啓介小泉まさみ風の誘いに気づいたなら 出かけませんか 出かけませんか ピクニック  ねえあなた 不足気味だわ 愛のビタミンDが 頬づえ ついてちゃダメよ 窓を飛び出しなさい スニーカーをはいたプリンス 白い自転車に乗り 息をきらせて追って来て 太陽のワンダーランド もしかして 二人 友だちから恋人になる ほらネ BI(ビッ) BI(ビッ) BI(ビッー)って 鳴ってるわ 天使が押す 心のブザー  いい子ちゃんの 地図と磁石は 机の上に置いて 今日は 迷子になりたいの 思いきり フリー&ワイルド もしかして 二人 友だちから恋人になる ほらネ BI(ビッ) BI(ビッ) BI(ビッー)って 鳴ってるわ 天使が押す 心のブザー  紫のたそがれ 星空になり おやすみのキスをして 窓からカミング・ホーム 風の誘いに気づいたなら 出かけませんか 出かけませんか ピクニック……
素顔の時代BIBIBIBI山川啓介馬飼野康二素顔のままで 気どりを脱いで 私を私を あげます  心につけてた口紅(ルージュ)を 拭きとってくれた あなたです 飾らなくてもいい 背のびしなくていい そんな愛があるのね のびやかに獣が もつれあうように 寒い目をした人ごみをぬけ 自由が生きてゆくの 私が変わる 美しくなる あなたに出会えてよかった 素顔のままで 気どりを脱いで 私を私を あげます  流行(はや)りのドレスを脱ぎ捨て 素肌に着ましょう その愛を 洗いざらしの夢 いつでも熱い胸 力いっぱい抱いて 石鹸の匂いが たまらなくセクシー 片目つむって 笑うあなたを 最後の人にしたい  私が変わる 美しくなる あなたに出会えてよかった 素顔のままで 気どりを脱いで 私を私を あげます   ラララ…… 私を私を あげます ……
メロディー・ボーイBIBIBIBI山川啓介馬飼野康二メロディー 不思議な人 メロディー 見つめ合えば 涙ぐもりの心も たちまち歌いだす メロディー 躍らせてね メロディー 腕の中で あたたかい胸のビートに 悲しみも溶けるわ 木枯しの街を さまよう私に 心のマフラー かけてくれたあなた 窓の外は冬の こごえた空だけど ふたりの部屋には あふれる 甘い日ざし  メロディー 聞こえるでしょう メロディー 私の歌 ふれ合う 唇ごしに 幸せのハーモニー メロディー 二度と私 メロディー 戻れないわ あなたゆずりの ぬくもり 知る前の少女に きのうの私は こわれた人形 愛の仕草も 忘れかけていたわ ステップ軽く踏み あなたの名を呼べば 私だけに吹く きらめく南の風  この広い街じゅう 歌いたい気分よ あなたというラブ・ソング 私だけのメロディー
ちょっとメランコリーBIBIBIBI山川啓介馬飼野康二秋です 秋です Mm… メランコリー あなたのせいです Mm… メランコリー 今は誰に あげてしまったの ねえ 夏の海で 私がなくした幸せを まぶたを閉じても Mm… メランコリー あなたが見えます Mm… メランコリー なみだ色の フィルムの中で ほら 私甘えてます 握りしめてた宝石も No…… ただの小石に変ったわ No…… ああ 大人になってく私が わかる 秋の日です  秋です 秋です Mm… メランコリー 夕映え見てます Mm… メランコリー 空の中の あなたにたずねる ねえ つぎの恋をそろそろさがしていいですか ピアノをぽろぽろ Mm… メランコリー 詩集をぱらぱら Mm… メランコリー 何をしても 心の寒さが なお 深くなってきます ひとち旅でもしようかな No…… 髪を短く切ろうかな No…… ああ 迷子のハートが ゆらゆら ゆれる 秋の日です  秋です 秋です Mm… メランコリー あなたのせいです Mm… メランコリー
わたしのシュガー・ボーイ目黒ひとみ目黒ひとみ山川啓介中村泰士男のくせに 彼ったら キャンディーが好き ヘイヘイ デイトをするたび キャンディーを くれってせがむ ヘイヘイ ダメね ヘイヘイヘイ 泣きたくなっちゃう  ケンカが 始まれば スタコラ 逃げ出すし しかれば ゴメンネと しょんぼり涙ぐむ  男のくせに 彼ったら やさしすぎるの ヘイヘイ 理想のタイプと 違うのよ ため息が出る ヘイヘイ だけど ヘイヘイヘイ 愛しているのよ 食べてほしいわ キャンディーみたいに やさしいあなたの 唇で そうなの  あなたはきっと神様が くれた恋人 ヘイヘイ 弟みたいに この私 かばってあげる ヘイヘイ 好きよ ヘイヘイヘイ 私のシュガー・ボーイ ヘイヘイ  食べてほしいわ キャンディーみたいに やさしいあなたの 唇で そうなの男のくせに 彼ったら キャンディーが好きで ヘイヘイ キッスもしないで キャンディーを くれってせがむ ヘイヘイ ダメね ヘイヘイヘイ 泣きたくなっちゃう  星座は 乙女座で おしゃれで おしゃべりで スポーツ へたくそで 歌えば 音痴なの  あなたはきっと神様が くれた恋人 ヘイヘイ 弟みたいに この私 かばってあげる ヘイヘイ 好きよ ヘイヘイヘイ 私のシュガー・ボーイ ヘイヘイ
ラブ・コール10:30目黒ひとみ目黒ひとみ山川啓介中村泰士何から話せば いいかしら 電話が呼んでいる リンガリンリン 時計はぴったり 10時半 ふたりの秘密の ひとときよ 胸が熱く うるんでくるのよ oh ラブ…… あなたと私 教室では ともだちなの だけど夜は 恋人なの ラブ…… ヤ…… 愛しているの  見えるはずなんて ないけれど パジャマの胸を 合わせながら ほんのり冷たい 受話器に 火照った唇 押し当てる 愛してると 今日こそ言うのよ oh… (セリフ) 「……もしもし ええ 私 ……今日 あれからどうしたの ……あのネ 私 あなたのこと ……ううん なんでもないの」  ネエあなた 飛んで来て 今すぐに ここまで そして この私 さらって 行ってよ  言えない言葉が 胸のなか あふれているのよ リンガリンリン あれからそろそろ 一時間 おやすみなさいが つらいけど 夢で会ってくちずけしましょう oh… ラブ…… あなたと私 教室では ともだちなの だけど夜は 恋人なの ラブ…… ヤ…… 愛しているの ラララ……… ラララ………
アップル・パイが焼けるまで目黒ひとみ目黒ひとみ山川啓介中村泰士二人っきりなのお家に 日曜の昼下がり エプロン姿で私は アップル・パイ焼いてるの ネエ 黙ってちゃいや お話をして お願いだから 愛してると 叫びそうよ お茶を入れる指先もホラふるえているわ 酸っぱい リンゴの香りがたまらなく苦しいの 二人に何かが 起きるわ アップル・パイ 焼けるまで ララ……… 友だちどうしでいるのが つらすぎる二人なの  大人になってもこうして 向き合っているかしら お茶の時間に私は アップル・パイ焼くかしら ネエ 黙ってちゃいや お話をして お願いだから 愛してると 叫びそうよ これが恋とわかるけどアアなぜかこわいの 私の小さなハートが 音たててはじけそう 二人に何かが 起きるわ アップル・パイ 焼けるまで ララ……… 友だちどうしでいるのが つらすぎる二人なの
すてきなグランドマザー目黒ひとみ目黒ひとみ山川啓介中村泰士グランドマザー グランドマザー 私の親友 すてきなおばあちゃん グランドマザー グランドマザー おしゃれで 若くてたよれるわ だから大好き アー  カレとのデイト作戦 キッスのポーズも 片目をそっとつむって 教えてくれるわ グランドマザー グランドマザー 一緒に踊りに行きましょ おばあちゃん グランドマザー グランドマザー ママにはないしょよ約束よ だから大好き アー  グランドマザー グランドマザー 私の親友 すてきなおばあちゃん グランドマザー グランドマザー しょっちゅう誰かに恋してる だから大好き アー 悩みを抱いてるあの子も 寂しいあいつも 遊びにきたらたちまち 好きになるのよ グランドマザー グランドマザー 海までドライブしましょう おばあちゃん グランドマザー グランドマザー ママにはないしょよ約束よ だから大好き アー  グランドマザー グランドマザー 私の親友 すてきなおばあちゃん グランドマザー グランドマザー おしゃれで 若くてたよれるわ だから大好き アー
私が雪だった日天地真理天地真理山川啓介網倉一也私が雪だった日 きっときれいだった 誰かをはしゃがせて 誰かを凍らせた  私が雪だった日 とてもさみしかった 世界のひろがりを 埋められなかったから  あたたかい雪に もう一度なるわ あなたの心に もう一度降るわ めざめる前に 溶けて沁(し)みて 疲れきったいのちを うるおすため  私が雪だった日 軽く風に舞えた 私の輝きも 空まで届いたから  私が雪だった日 とても哀しかった やさしい雨になる 夢が幻だったから  あたたかい雪に もう一度なるわ あなたの心に もう一度降るわ こごえた都会(まち)の その片すみ 春を待ついのちを 育てるため  雪どけ頃(ごろ)に 思い出して ふくらんだつぼみに 私がいる ふくらんだつぼみに 私がいる
TONY-MY FRIENDS森山良子森山良子山川啓介森山良子太陽は大きなリンゴ 思いだすあなたの都市(まち) 海を越え その窓辺に おなじ今日を運ぶでしょう  お元気ですか? 幸せですか? Are you happy, My Friends? 合言葉はそうよ“TONY” T・O・N・Y LOVE! つよく結んだ心の糸 そのむこうには あなたが  この都会(まち)は今日も歌う 古く新しいシンフォニー あたたかく力強い あなたが好きなメロディー  あなたも夢 歌ってますか Are you happy, My Friends? 永遠(とわ)の愛のサイン“TONY” T・O・N・Y LOVE! 空をかける消えない虹(レインボウ) そのむこうには あなたが  あなたも夢 歌ってますか Are you happy, My Friends? 永遠(とわ)の愛のサイン“TONY” T・O・N・Y LOVE! 空をかける消えない虹(レインボウ) そのむこうには あなたが
誰よりも遠くへ日下まろん日下まろん山川啓介服部克久お前なら行けるさ トム 誰よりも遠くへ 地平線の彼方で 待っている すばらしい冒険が そうさ つらい時も 顔を空に向けろ 忘れた夢が 見えるよ 自由なけものみたいに 走ろうぜ  おれたちの胸には トム 流れてるミシシッピー のんびりと陽気に 力づよく おれたちも歩こうよ そうさ男の子は 回り道をしても 夢の海へ着けばいい 重たい靴など脱いで 生きようぜ  そうさ つらい時も 顔を空に向けろ 忘れた夢が 見えるよ 自由なけものみたいに 走ろうぜ
夏の感傷林寛子林寛子山川啓介平野秀典彼に言えない思い出が この海にあるの 月の光にまみれ 愛されたあの夜  彼の言葉 砂に落ちたしずく あの手のぬくもり すべてよみがえる 今ではこの愛に 賭けているのに 悲しみが うずくの  遊び仲間が眠る頃 満ち潮の海へ 古い日記で折った 紙の舟流すの  あれが愛と 信じられた頃の 私の心は きれいだったけど 幸せにむかしを 忘れてたのに 止まらない 涙が  彼のことも 思い出のひとつに なってしまう日が いつか来るかしら 私のうしろから しのびよる秋 誰もみな ひとりね
ピクルス清水由貴子清水由貴子山川啓介森山良子あなたの部屋のランプのわきに ピクルスのびん 置いて行きます あなたがいなくて いいのです どなたと会っても いいのです 読みかけの本や ひろげた地図に 近くて遠い あなたの香り 気がついたら 気が向いたら 酸っぱい思いの しみ込んだ 私のピクルス 食べてください  日暮れが窓を セピアに染めて もうお帰りと ささやいてます ほかには用事も ないのです 寂しくなんか ないのです 脱ぎ捨てたシャツを きれいにたたみ 灯りをつけて 部屋を出ましょう  気がついたら 気が向いたら 内気な少女の 味がする 私のピクルス 食べてください  気がついたら 気が向いたら 内気な少女の 味がする 私のピクルス 食べてください
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
それまでのさよなら清水由貴子清水由貴子山川啓介森山良子あたたかい思い出が“泣くな”と言うし やさしい寂しさが“お泣き”とささやく 胸いっぱいに 涙たちが鬼ごっこ あなたに会えてよかった……  さよなら さよなら お祭りは 終ったんです 見送る私は 原っぱに 落として忘れた 風車 いつかあなたは ここへ来て 見つけて拾ってくれますね  それまでの さみしさ それまでの さよなら それまでの さみしさ それまでの さよなら  さよなら さよなら 星空が 下りて来ました 見知らぬ街まで 行く汽笛 つめたい夜風が 運びます 少年みたいな 指切り かならず守ってくれますね  それまでの さみしさ それまでの さよなら それまでの さみしさ それまでの さよなら
機動刑事ジバン串田アキラ串田アキラ山川啓介鈴木キサブロージバン ジバン…! 人間(ひと)は誰でも ジバン ジバン…! ひとつの太陽 機動刑事 ジバン  光が激しく 降りそそぐ 生きてるわけを 問いかける わかっているさ 愛するものを 自分を捨てても 守るんだ ジバン ジバン…! 人間(ひと)は誰でも ジバン ジバン…! ひとつの太陽 だから燃える だから輝く 吹き飛ばす 闇を 機動刑事 ジバン  心に愛が なかったら ただのゲームさ 戦いも 君のほほえみ 美しいから 大きな敵にも 勝てるんだ ジバン ジバン…! 人間(ひと)は誰でも ジバン ジバン…! 小さな宇宙 だからこんなに いのちは重く ひかれ合う 強く 機動刑事 ジバン  ジバン ジバン…! 人間(ひと)は誰でも ジバン ジバン…! ひとつの太陽 だから燃える だから輝く 吹き飛ばす 闇を 機動刑事 ジバン
ジライヤ串田アキラ串田アキラ山川啓介鈴木キサブローこの地球を 抱きとめる そんなでっかい 心がほしい 誰もみんな 幸せに 輝いてる 未来がほしい 戦うのさ お前の弱さと 若さの剣を うならせて ジライヤ 風になれ ジライヤ 炎に変われ ファイティング忍者 ジライヤ  仲間がいる 敵がいる 夢を取り合う ライバルたちも 一度負けた くやしさは つぎには勝つ 強さに変えろ 飛び越えろよ きのうのお前を あしたはもっと 広いのさ ジライヤ 謎を解け ジライヤ 歴史を変えろ ファイティング忍者 ジライヤ ファイティング忍者 ジライヤ
SHI・NO・BI '88串田アキラ串田アキラ山川啓介鈴木キサブロー天には星 大地に花 人間(ひと)には愛 おれには夢 守ってみせるぜ かけがえのない 君のいのち あなたの未来 “忍び”とは 見えない悪を 倒して平和に 変えること 神秘のファイター ジライヤ ミラクル戦士 ジライヤ そうとも おれはジライヤ  今日の傷も この痛みも あすは若い パワーに変わる 約束できるぜ 無駄にはしない 君の願い あなたの祈り “忍び”とは 体と魂 磨いて きたえて 生きること 神秘のファイター ジライヤ ミラクル戦士 ジライヤ そうとも おれはジライヤ  神秘のファイター ジライヤ ミラクル戦士 ジライヤ そうとも おれはジライヤ
未来予報はいつも晴れ串田アキラ串田アキラ山川啓介鈴木キサブローヘビー・メタルの ボディーの中に 強くなる この魂 Oh ジバン  未来(あした)予報が もし嵐でも おれが変えるさ 青空に とらえた 悪のターゲット 逃がしはしない 行こうぜレゾン ヘビー・メタルの ボディーの中に 流れる正義の 熱い血潮 君とおなじさ 倒れるたびに 強くなる この魂 Oh ジバン  大空駆けろ 大地を走れ 誰より速く 遠くまで 最後の敵を 倒すまで うなりつづけろ マクシミリアン ヘビー・メタルの ボディーの中に はちきれそうな 夢のエナジー 君とおなじさ いっしょにつくろう まぶしい未来を Oh ジバン  ヘビー・メタルの ボディーの中に 流れる正義の 熱い血潮 君とおなじさ 倒れるたびに 強くなる この魂 Oh ジバン
帰郷南こうせつ南こうせつ山川啓介南こうせつねえドアを開けてよ 帰って来たんだ ぶちのめされてまた 青いアザだらけさ 抱いてくれ やわらかく  男なんてみんな 街角へ 愛をくすねに行く 少年さ ここにいつもお前が いるのにね ふるさとに似た絆 MY LOVE  ねえ信じてるかい 最後のこの夢 身勝手な男に つき合わせちまって うずくのさ この胸が  なつかしい寝息が ひびくまで やせた髪をなでて 見ているよ 借りた愛を返すよ 少しずつ かけがえのないやつさ MY LOVE  ねえドアを開けてよ 帰って来たんだ ぶちのめされてまた 青いアザだらけさ 抱いてくれ やわらかく
ジプシーの夏南こうせつ南こうせつ山川啓介南こうせつ夜の沈黙(しじま)の中で 一人握るグラス ワインの酔いに いつか 過去の荒野へ帰る 陽炎の彼方の 永遠の真夏 そこに長い髪の 陽気な仲間たちが ほら待っている あの日のぼくは そうさジプシー あふれる歌と 生きてた あの日のぼくは そうさジプシー いつも誰かを 愛してた  パンも夢も分け合って 歌うその日暮らし どんなつらさにも 勝てた 若さというナイフ 月あかりの中で 抱きしめるたび 君はずっと枯れない 野生の花のように香ってたね  あの日のぼくは そうさジプシー あふれる歌と 生きてた あの日のぼくは そうさジプシー いつも誰かを 愛してた  激しい時の嵐 目を閉じてひらけば 自由の焚き火 消えて 吹きすさぶ 木枯し 教えてくれ友よ 君は今でも 夢を歌をつれて いのちの夏の中を 歩いてるかい  あの日のぼくは そうさジプシー ひたむきに 歩いていた あの日のぼくは そうさジプシー どこかへ行くはずだった  あの日のぼくは そうさジプシー あふれる歌と 生きてた あの日のぼくは そうさジプシー いつも誰かを 愛してた
ストーミー・ラブあいざき進也あいざき進也山川啓介加瀬邦彦あなたは今 泣いている カバンを手に 傘もなく 吹きすさぶ雨風に 頬を打たれながら 置き手紙を 握りしめ 嵐の街 かけて来た 離さない 行かせない 誰にも渡せない “愛だけじゃ暮らせない きっと不幸になるわ” 青ざめた唇を ふるわせ つぶやく あなた 荒れ模様の つらい恋よ  濡れた切符 奪い取り ちぎり捨てて 抱きしめる この身体 この香り 誰にも渡せない “なんて馬鹿なの 二人 離れられなくなるわ” 泣きじゃくり ぼくの胸 こぶしで叩いた あなた 荒れ模様の つらい恋よ  街は嵐の季節 ひとは別れの季節 もっと降れ もっと吹け あなたをかばって 歩く 荒れ模様の つらい恋よ
君に、クラクラSKYSKY山川啓介堀内孝雄梅垣達志モノクロームの 人生の画面を 突然よぎった 黄金色(きんいろ)の日ざし 光を吸って 行きすぎる背中に 思わず声をかけてた 不思議な午後 女はいつも美しい謎 男はそれを生命(いのち)で解くのさ  きみにクラクラ 孤独よ消えちまえ きみにクラクラ めまいは熱い波 ドラマの海が呼ぶ まぶしい出会いさ  肩にもたれて 話しておくれよ 今まで愛した 男たちのこと それよりも深く 愛せないぼくなら 最後の恋の相手に なれないから 真夏の風が奇跡をたたえて 身体の中を吹きぬけて行くよ  きみにクラクラ 危険な女(ひと)でいい きみにクラクラ 生きてる証(あか)しさえ かわいたこの胸に 満たしてくれるなら  きみにクラクラ 孤独よ消えちまえ きみにクラクラ めまいは熱い波 ドラマの海が呼ぶ まぶしい出会いさ
さよならありがとう麻丘めぐみ麻丘めぐみ山川啓介穂口雄右小さなアパート 出てゆくの 一緒に暮らすの あの人と ギターのじょうずな お隣りさん どうもありがとう スミレをひと束 くださいな 二人のお部屋に 飾りましょう いつでも陽気な お花屋さん どうもありがとう  さみしさに泣いた日も この街が なぐさめて くれたっけ 誰もみな やさしい顔なじみ 忘れない いつまでも  ぼんやり頬づえ ついてると 冗談言っては 笑わせた コーヒー・ハウスの おじいさん どうもありがとう 明日から“おはよう”言えないわ 切符を買うのも おしまいね ちょっぴりステキな 駅員さん どうもありがとう  さみしさに泣いた日も この街が なぐさめて くれたっけ 誰もみな やさしい顔なじみ 忘れない いつまでも  きっと 幸せになります 私 どうもありがとう きっと 幸せになります 私 どうもありがとう………
太陽がくれた季節謎の新ユニットSTA☆MEN謎の新ユニットSTA☆MEN山川啓介いずみたく岩切芳郎君は何を今 見つめているの 若い悲しみに 濡れた眸で 逃げてゆく白い鳩 それとも愛 君も今日からは ぼくらの仲間 とびだそう 青空の下へ  君は何を今 待ちつづけるの 街の片すみで ひざをかかえて とどかないあの手紙 別れた夢 君も今日からは ぼくらの仲間 とび込もう 青春の海へ  青春は 太陽がくれた季節 君も今日からは ぼくらの仲間 燃やそうよ 二度とない日々を 燃やそうよ 二度とない日々を
ビューティフル・ミー大橋純子大橋純子山川啓介佐藤健Oh, Beautiful Me! Oh, Beautiful City!  恐々手をのばし 腕にふれてみる やっぱりあなたが 隣にいるのね 優しいぬくもりが まるで嘘のよう 都会の迷路で めぐり逢った愛  ねぇ私 子供の頃から 一度もきれいと 言われないけど きっと今夜は 美しいはず あなたの愛の 魔法で  Oh, Beautiful Me! Oh, Beautiful City!  生まれてきて よかった  きのうまで壊れた 夢の散らばった つめたいこの街 嫌いだったけど 突然あたたかく 輝いて見える 知らない人さえ とても愛おしい  ねぇ私 はじめて気付いた それぞれの窓に 愛があるのね きっと私と あなたのように 心を支えあってる  Oh, Beautiful Me! Oh, Beautiful City!  胸があつくにじむわ  Oh, Beautiful Me! Oh, Beautiful City!  今はじまる人生
菜の花畑でつかまえてジェロジェロ山川啓介都倉俊一鈴木豪年上の女だった 少年の恋だった 菜の花畑で待っていた 故郷の春だった おぼろ月 うるんだ夜風 黄八丈(きはちじょう) 伽羅(きゃら)の香り  どんなに強く 抱きしめても 心は笑って 逃げてった 花のむこうへ 吐息のむこうへ  あの女が嫁ぐ日に 故郷に背を向けた 菜の花畑に日が落ちる 夕映えの中だった 濡れた頬 上りの列車 ついて来る 伽羅(きゃら)の香り  ひと駅ごとに 大人になる そんな都会への つらい旅 汽笛は挽歌 青春の挽歌  菜の花もない街で ありふれた恋も知り それでも春にはぼくを呼ぶ 黄金色(きんいろ)の追憶が  あの夜に 似たおぼろ月 幻の 伽羅(きゃら)の香り きっと今でも 来ない女を 菜の花畑で 待っている あの日のぼくが 少年のぼくが
私達の伝説アグネス・ラムアグネス・ラム山川啓介弾厚作街が眠ったら 船を出しましょう ふたりぼっちの 島へ行く船 オレンジの枝と 二匹の子山羊と そして ひとつの 明日を積んで  あなたとめざめ あなたと眠り いのちのままに 暮らしたいの  夜明けのむこうで たどりつけるでしょう 誰も知らない 美しい島  あなたの悲しみは 私の悲しみ あなたの喜びは 私の喜び 二人で ひとつの明日 二人で ひとつの人生 ありふれた愛のひとつでも 私達には 生まれてきたことの 答なんです  あなたに生きて あなたに死んで 生まれた海へ 帰りたいの ふたりの子供は 歌いつぐでしょう 誰も知らない 愛の物語
Mr. Darknessアグネス・ラムアグネス・ラム山川啓介加藤和彦Mr. Darkness Please knock my door And come hide me away With your mysterious deep purple gown Yes, I'm crying 'cause love has gone You're smiling but I feel I'm the loneliest girl in the town  You smell like my daddy You touch like my mammy, So I can sail my tears to the dreamy sea I'm so small and so frail but I'll go on my way As long as you will be someone close to me  Mr. Darkness How old are you? How many lonely girls have you ever met and said good-night You know Juliet & Cinderella, But I know they never loved you more than Mr. Moonlight  You smell like my daddy You touch like my mammy, So I can sail my tears to the dreamy sea I'm so small and so frail but I'll go on my way As long as you will be someone close to me
ムーンライト・ビーチアグネス・ラムアグネス・ラム山川啓介加瀬邦彦こっそり抜け出しましょう 真夜中のパーティーを Ah ふたりで泳ぐのよ 月の入り江で お行儀のいいあなた いつもは 好きだけれど Ah 今夜は困らせて どうぞ私を  こうしてると 世界中に ふたりだけみたいね 泳ぎましょう ねえアダムとイヴになって ムーンライト・ビーチ ムーンライト・スイム Tu Tu Tu Tu Ga Loo- ムーンライト・ビーチ ムーンライト・ラブ Tu Tu Tu Tu Ga Loo-  つめたい水に燃える 炎のような若さ Ah まぶしくきらめくわ 月のしずくが 金の光を浴びた あなたは 美しいわ Ah 私を受けとめて やさしく強く  こうしてると 世界中に ふたりだけみたいね 泳ぎましょう ねえアダムとイヴになって ムーンライト・ビーチ ムーンライト・スイム Tu Tu Tu Tu Ga Loo- ムーンライト・ビーチ ムーンライト・ラブ Tu Tu Tu Tu Ga Loo-
ジプシーの森アグネス・ラムアグネス・ラム山川啓介加瀬邦彦この都会(まち)で今日は 眠りたくない ジプシーの森へ あなた 私を連れてって 飾らない愛の 匂いに酔いたい かかとの高い靴を 脱ぎ捨て 踊りたい 私たち 疲れきった 嘘つきみたい めぐり逢った あの頃の のびやかさで 愛し合えたなら――  気だるく ざわめく 人ごみのむこう ジプシーの森の 歌が 私を 呼んでいる 私たち 疲れきった 嘘つきみたい いつかしら 失なった 強い腕で 求め合えたなら――
雨あがりのダウンタウンアグネス・ラムアグネス・ラム山川啓介弾厚作雨あがり ダウンタウン 光のシャワー あざやかな 花の香り  この人ごみのぬくもりは 愛の病気をなおす お医者さま ごめんなさい あなた 仲直りのキス 私から させてください  雨あがり ダウンタウン 子供の笑顔 こぼれてる 古いラブ・ソング  手の中のリンゴのように あしたも分けあえたら ステキよね ごめんなさい あなた はぐれないように つよく肩 抱いてください  この人ごみのぬくもりは 愛の病気をなおす お医者さま ごめんなさい あなた 仲直りのキス 私から させてください
卒業麻丘めぐみ麻丘めぐみ山川啓介井上忠夫卒業します あなたの腕から 幸せでした どうもありがとう めぐり逢って 愛し合って ここまで来たけど 鳥が空へ 飛びたつように 別れてゆく 二人 何も知らずに 生きていた 私を 大人にした あなた 忘れはしないわ ジョン・レノンの あのレコード リルケの詩集は 残して ください かたみに  卒業します あなたの腕から 幸せでした だから泣かないわ お友達に なれるでしょう 手紙も書きます 好きな人が できた時は 最初に 知らせます 何も知らずに 生きていた 私を 大人にした あなた 忘れはしないわ そのぬくもり その言葉を 心に抱きしめ 歩いてゆきます ひとりで
20才麻丘めぐみ麻丘めぐみ山川啓介井上忠夫そうなの変わったのよ あいつに会って 素直に女らしく 生きてゆくわ 気まぐれな暮らしには サヨナラをしたの あいつを愛してるの ヨレヨレの おんなじ服着て ポケットは 空っぽだけれど 心があたたまるの 一緒にいるだけで そこがそこがたまらなく いいの  そうなの忘れたのよ むかしの恋は 傷つき泣いたことも なつかしいわ 口笛を吹きながら どこへでも行くわ あいつの行くとこなら 目を閉じて くちづけを待てば “眠いの?”と 不思議な顔する 女の気持なんて ちっともわからない そこがそこがたまらなく いいの  干草の匂いのする胸 もたれると 泣きたくなるのよ “お嫁においでよ”とは 言えない人だけど きっときっと結ばれるでしょう
幸せの日々佐良直美佐良直美山川啓介都倉俊一私がもしも ある日死んだら お墓に書いてね どうぞその手で ただあなただけ 愛した女 ここに眠ると それだけを あなたの愛に 今つつまれて 誰よりも幸せな 女だから たとえその日が あした来ようと 私は少しも 恐くない  私がもしも ある日死んでも 心のどこかに 生きていさせて さみしい夜は 涙になって 一緒に歌うわ 思い出を あなたの愛に 今つつまれて 誰よりも幸せな 女だから あなたに生きて あなたに死ぬの その手に抱かれて 安らかに
聖母(マドンナ)たちのララバイ都はるみ都はるみ山川啓介木森敏之さあ 眠りなさい 疲れきった体を投げだして 青いそのまぶたを 唇でそっと ふさぎましょう ああ できるのなら 生まれ変わり あなたの母になって 私のいのちさえ 差しだして あなたを守りたいのです  この都会(まち)は 戦場だから 男はみんな 傷を負った戦士 どうぞ 心の痛みをぬぐって 小さな子供の昔に帰って 熱い胸に 甘えて  そう私にだけ 見せてくれた あなたのその涙 あの日から決めたの その夢を支えて 生きてゆこうと  恋ならば いつかは消える けれども もっと深い愛があるの ある日あなたが 背中を向けても いつも私は あなたを遠くで 見つめている 聖母(マドンナ)  今は 心の痛みをぬぐって 小さな子供の昔に帰って 熱い胸に 甘えて
シャイダー・ブルー宮内タカユキ宮内タカユキ山川啓介渡辺宙明心の中に 空があるかい 夢のマシンで 飛べる空が あしたはいつでも 晴れのち晴れ くぐりぬけろよ 悲しみは  よろこび そいつは シャイダーの色 きらきらと まぶしい青 スカイ・ブルー マリン・ブルー 君の心も シャイダーの色 スカイ・ブルー マリン・ブルー そうさ シャイダー・ブルー  心の中に 海があるかい 君に勇気を くれる海が こんなにきれいな いのちの星 もっと変えよう 美しく  あこがれ そいつはシャイダーの色 どこまでも ひろがる青 スカイ・ブルー マリン・ブルー 君の未来も シャイダーの色 スカイ・ブルー マリン・ブルー そうさ シャイダー・ブルー  あこがれ そいつはシャイダーの色 どこまでも ひろがる青 スカイ・ブルー マリン・ブルー 君の未来も シャイダーの色 スカイ・ブルー マリン・ブルー そうさ シャイダー・ブルー
息を深く吸う森谷山浩子谷山浩子山川啓介谷山浩子もぎたての秋風が 貨物列車で着いたから 街中がいい匂い こもれび色の真昼です  知らず知らず 軽やかに 深い息 いきいき 好奇心の森でちょっと 行方不明になるの  あの人いつ 気づくかしら きのうと違う はつらつさに ハイヒールの 赤ずきんは いたずらっぽく メロウです  ハチミツの味がする りんごみたいに まろやかな この愛が実っても わたしの秋は緑です  心いっぱい あざやかに 深い息 いきいき 針葉樹になったような エバー・グリーンのエナジー  あの人にも 分けてあげよう この不思議な みずみずしさ コーヒー好きの 眠り姫は 白いバックが 自慢です
太陽がくれた季節本田路津子本田路津子山川啓介いずみたく馬飼野俊一君は何を今 見つめているの 若い悲しみに 濡れた眸で 逃げてゆく白い鳩 それとも愛 君も今日からは ぼくらの仲間 とびだそう 青空の下へ  君は何を今 待ちつづけるの 街の片すみで ひざをかかえて とどかないあの手紙 別れた夢 君も今日からは ぼくらの仲間 とび込もう 青春の海へ  青春は 太陽がくれた季節 君も今日からは ぼくらの仲間 燃やそうよ 二度とない日々を
DAWN八神純子八神純子山川啓介八神純子銀河の光が 夜明けに 溶ける空 さよなら 少女の私が 眠るふるさと 心のポケットには 勇気と つくりかけの歌  あなたは まだ夢の中 ごめんなさいね ドアの外の ライラックが 別れの言葉がわり  静かな暮しに 抱かれて 生きるより 見知らぬ明日に 私を賭けてみたいの 人は笑うでしょう“人生はゲームじゃない”って……  あなただけは いつの日か わかってほしい 迷いぬいた 旅立ちの つらさと 頼りなさを  あなたは まだ夢の中 ごめんなさいね あなただけを 愛してた 私を置いてゆくわ  あなたは まだ夢の中 ごめんなさいね あなただけを 愛してた 私を置いてゆくわ
みちづれ今陽子今陽子山川啓介いずみたくついてゆきます 陰のように いつもあなたが 歩くほうへ 今度この世に 生まれてきても あなたとこうして 生きたい  悲しい時は ほほえみ合って うれしい時は 涙ぐんで いのちも夢も ふたりで分けて おんなじ朝に 死にたい  名もない人に 会って別れ ぬくもりだけが 胸に残る うしろ姿は 誰もやさしい ひとは寂(さび)しい 旅人(たびびと)  春が咲かせた 小さな花が 秋には赤く 実るように あなたの夢も 実らせたい せめて私の まごころで
雨やどり夢やどり中村晃子中村晃子山川啓介三木たかし気だるい肌にシーツをまいて あなたが消し忘れた煙草くわえる タイヤを鳴らし車が消えて 早起きの小鳥が歌い始める 泣きたくて泣けなくて やめたくてやめられない恋よ 年下のわがままは甘くにがい媚薬(びやく) 少年のやさしさが 時折り走る目に魅かれたの 雨やどり夢やどり もう雨は上がったようね あなたが来るのは あの少年(こ)とうまくいかない夜だけみたい  枕をのせた電話が鳴って あの少年(こ)の溜息が泣いているよう 何も云わない受話器に云うの ごめんねもう彼を返してあげると うばいたいうばえない 捨てたくて捨てられない恋よ でもたぶんさり気(げ)なく身をひくのは私 今度こそ始めましょ やりかけてはよした荷(に)づくりを 雨やどり夢やどり 許しあい抱き合う頃ね 濡れてる心を かわかすだけの女は忘れなさい  雨やどり夢やどり 許しあい抱き合う頃ね 濡れてる心を かわかすだけの女は忘れなさい
しあわせのカノン~第2章~由紀さおり由紀さおり山川啓介パッヘルベル坂田晃一ルルルル… ルルルル… よろこび悲しみ 涙にほほえみ この世界に 生きること それはいのちの歌を 歌うこと めぐる時 めぐる幸せ  どんなにどんなに 今がつらくても ほらうしろに 聞こえてくるはず ひとりぼっちじゃないって 教える あなたに似た さみしい足音 そうよあなたは 誰かの幸せ ただ自分では 気づいてないだけ 両手をひろげ 心をひらいて 受けとめるの 追いついた愛を そうよ誰もが 誰かの幸せ そしてある日 さみしく生きてた 半分ずつの ハートが重なり 二人ぶんの あしたが歌いだす  広い銀河 星が生まれ 死んでゆくように 私たちも 生まれたの 誰かの生命(いのち)を もらって そして永遠(とわ)に ひびく カノン  ランララランララ… ランララランララ… ランララランララ… ランララランララ… ランララランララ… ランララランララ… ランララランララ… ランララランララ…  そうよあなたは 誰かの幸せ 愛された時 はじめてわかるの ひとりぼっちで 生きてた月日は そっくりの夢に めぐり逢(あ)うためと
ペニー・レーンからもう一度サーカスサーカス山川啓介叶高はじめて二人が 暮らした街は 金木犀(きんもくせい)の 香りがしたわ 急行電車も 停まらない駅 1DKの 小さなアパート  駅前からの せまい通りに 名前をつけた “ペニー・レーン”と あの頃二人も そして時代も まぶしいくらい 若かった  ペニー・レーンへ 行ってみない? 手をつないで 歩いてみない? 改札口で あなたを待ってた 携帯電話も ない頃みたいに  子供が生まれて 恋人たちは キスにも照れる 家族に変わった 生活(くらし)を背負って 仕事に追われ いつか あなたの ギターも錆びたわ  ようやく手にした 家の二人は 背中合わせの 夜がふえてった 空しさを無理に 幸せと呼び 別れを決めて ゆるしたわ  ペニー・レーンへ 行ってみない? あの二人を さがしてみない? 思い出の部屋 まだあるかしら? 金木犀は 香ってるかしら  子供が巣立って また二人だけ ときめきはもう 消えたけど 日だまりみたいな このぬくもりを 愛と呼びたい はにかんで  ペニー・レーンへ 行ってみない? 手をつないで 歩いてみない? またあそこから 肩をふれあい 人生の家路 たどるの二人で  ペニー・レーンへ 行ってみない? 手をつないで 歩いてみない? 改札口で あなたを待ってた 携帯電話も ない頃みたいに
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ステージ・ドアのむこうがわサーカスサーカス山川啓介上野義雄カーテン・コールの 幕が下りてく ライトが消えて 戻る静けさ 拍手のぬくもり 残る耳もと “おつかれさま”の 声が飛びかう  スーパー・スターに なれなかったけど 手にした現在(いま)を 愛してるの 誰かをそっと あたためる 日ざしのように 歌う日々  ステージ・ドアを くぐったら つらいことさえ 忘れるの 歌に恋した 少女に戻って 不思議の国の アリスみたいに 踊る心  街から街へと 歌う暮らしに いくつも恋を あきらめたけど グラスを片手に まだ夢見てる 最後の人に めぐり逢う日を  時代の夜空に 星は生まれて 輝きいつか 消えてくけど 私も時の 空の中 燃えつづけたい ささやかに  ステージ・ドアは 知ってるの 数えきれない 人生を そしていつかは 私のかわりに 歌に恋した 少女がくぐる 夢を抱いて  スーパー・スターに なれなかったけど まだまだショーは つづいてるわ メイクを落とした 鏡の 私にウインク ほほえむの  ステージ・ドアの むこうには 知らない街の 星の空 仲間と今日も 楽しく酔いしれ あしたの朝は また旅立とう つぎの夢へ
聖母たちのララバイ杏里杏里山川啓介木森敏之パパダイスケさあ 眠りなさい 疲れきった 体を投げだして 青いそのまぶたを 唇でそっと ふさぎましょう ああ できるのなら 生まれ変わり あなたの母になって 私のいのちさえ 差しだして あなたを守りたいのです  この都会(まち)は 戦場だから 男はみんな 傷を負った戦士 どうぞ 心の痛みをぬぐって 小さな子供の昔に帰って 熱い胸に 甘えて  そう 私にだけ 見せてくれた あなたのその涙 あの日から決めたの その夢を支えて 生きてゆこうと  恋ならば いつかは消える けれども もっと深い愛があるの ある日あなたが 背中を向けても いつも私は あなたを遠くで 見つめている聖母(マドンナ)  今は 心の痛みをぬぐって 小さな子供の昔に帰って 熱い胸に 甘えて
渚のホーム・カミング・クイーンブレッド&バターブレッド&バター山川啓介浜口茂外也やっぱり 君だったね 渚を見下ろす椅子 ぼくを見てる どこか気だるい ほほえみは ひそかに恋した 日のまま 彼(やつ)と 別れたって 噂が届いてから 何年だろう ぼくは今でも この店で グラスを磨いて 歌ってるのさ あの日の 仲間は もう誰も 来ないけど 夏が めぐるたび 日に焼けた君を 待ってた  いいかい また恋して? 渚を歩きながら 投げたジョーク 今もせつなく きれいだよ 素足でふり向き 笑ってる顔 よろこび 悲しみ 人生の 波の中 君は 君らしく あざやかに 生きておくれ  あの日の 仲間は もう誰も いないけど 君は いつでも みんなあこがれた Home Comin' Queen 二度とない夏の Home Comin' Queen
9月のプレリュードブレッド&バターブレッド&バター山川啓介岩澤二弓嵐が夏を つれて行き いつしか海は 秋の空 ぼくの肩に そっと頬をのせ 君が口ずさむ “CLOSE TO YOU” 今ならわかるよ いくつもの別れは 若すぎた 日々の彼方で 君にめぐり逢い 愛するため 9月の このやさしい日だまりを 歩きはじめよう 幸せへ  初めて君に 会った時 抱いてた猫も 今はもう ぼくの部屋で のんびり暮らして 時々ふたりの 邪魔してる 今なら話せる 孤独とひきかえに 追いかけた 夢の数々 また君のために夢を追うよ 9月は 人恋しさ実る国 育てよう愛を ゆるやかに ゆるやかに ゆるやかに…
青春の旅青い三角定規青い三角定規山川啓介いずみたく松岡直也きのうの夢に 住んでいられずに あしたの愛を もう待ちきれずに 君はとびだす まだ見ぬ海へと そうさ そいつが青春の旅だ  君にはあるか 幸せの地図が 答えられるか なぜそこへ行くか あてもないのに 顔をあげ歩く そうさ そいつが若さのしるしだ  唇かんで耐えても こぼれる 涙のわけを ぼくに教えろよ もどかしいほど 心が燃えてる そうさ そいつが生きてる理由だ  みつけてこいよ だいじな何かを 愛する人のために 生きてみろ 君のゆくのを待っているように 見ろよ あんなに太陽は近い  昨日の夢に 住んでいられずに 明日の愛を もう待ちきれずに 君はとびだす まだ見ぬ海へと そうさ そいつが青春の旅だ
花いちめん夢いっぱい須藤薫須藤薫山川啓介杉真理花いちめん 春いっぱい 誰だって 人はみな 心のフローリスト  大陸発の 高気圧が ペンキの缶を かついで来たよ 今年はどんな 色かしらね あなたと 私の愛 少年と少女に 戻ってさがしに行こうよ 胸がディン・ドン鳴るような 新鮮な生き方  花いちめん 春いっぱい 誰だって 人はみな 心のフローリスト  風のぬくもり 日ざしのシャワー 焼きたてパンの 香りがするね 人生という 童話を書きに ざわめく街に出よう 退屈な季節を 卒業したての 人ごみ みんなフレッシュ あざやかな 足どりで あしたへ  花いちめん 春いっぱい 誰だって 人はみな 心のフローリスト
デストロン讃歌影山ヒロノブ影山ヒロノブ山川啓介根岸孝旨Power! Power! Power! 力こそ正義だ Fight Fight Fight 戦いこそ使命だ  ひとが涙を流すなら デストロンは 血を流す 宇宙の地図を 塗りつぶせ おれたちの 野心の色に  Oh! デストロン Oh! デストロン 悪の王者 デストロン  Power! Power! Power! ぶちのめせ すべてを Fight Fight Fight 負け犬など いらない  ひとの心が 炎なら デストロンの 血は氷 何億光年はなれても 追いつめる ねらった敵は  Oh! デストロン Oh! デストロン 最後に笑う デストロン  ひとが涙を 流すなら デストロンは 血を流す 宇宙の地図を 塗りつぶせ おれたちの 野心の色に  Oh! デストロン Oh! デストロン 悪の王者 デストロン  Oh! デストロン Oh! デストロン 最後に笑う デストロン  Oh! デストロン Oh! デストロン 悪の王者 デストロン Oh! デストロン Oh! デストロン 最後に笑う デストロン…
TRANSFORM!影山ヒロノブ影山ヒロノブ山川啓介池毅夢の中で 君は 星の海の 旅人 心のままに 変われ もう一人の誰かに Transform! あすの朝まで Transform! 時の迷い子さ  銀河の 果てまで さあ 飛び立て 氷の星 炎の惑星 かけめぐる君は Transformer  君の夢に そうさ この世界は 小さい だけど 宇宙は 君を 英雄に 変えるよ Transform! 燃えろよ 熱く Transform! 愛するもののため  次元の 彼方へ さあ 飛び立て 過去から 現在 現在から 未来へ かけめぐる君は Transformer  銀河の果てまで さあ 飛び立て 氷の星 炎の惑星 かけめぐる君は Transforme
宇宙に架かる虹影山ヒロノブ・野口郁子影山ヒロノブ・野口郁子山川啓介池毅いつの日か宇宙に 見えない虹が 架かるだろう 戦った男たちの 消えることのない 心の橋が  The Rainbow Of Hearts 憎しみは夢に 闇は光に The Rainbow Of Love それを架けるのは 君だ  新しい生命が まぶしい未来 つくるでしょう 愛だけが 通い合うの 星から星へ 人から人へ  The Rainbow Of Hearts 平和に満ちた 美しい日々 The Rainbow Of Love それを生きるのは 君だ  The Rainbow Of Hearts 憎しみは夢に 闇は光に The Rainbow Of Love それを架けるのは 君だ  The Rainbow Of Hearts 憎しみは夢に 闇は光に The Rainbow Of Love それを架けるのは 君だ
逃亡者岩崎宏美岩崎宏美山川啓介木森敏之悲しみに 追われる男 隠れなさい 私の愛のベッドに 都会じゅうを 敵にしても 渡さないわ あなたの魂  深い眠りを めざめたら また飛びたつ男 外は今 嵐でも ここはそうよ 夢の入江  その心のナイフを しまって さあ 行くのよ 星の海を泳いで 眠れたあの日に  その耳に 胸押しあて 聞かせないわ 激しい風のノックを 不思議なの こうしてると 強くなれる この世の誰より  どうぞ黙って 出て行って あなたのあしたへ ふるさとに 背を向けた 遠い朝のように そっと  だいじょうぶよ 私は 目をつむって 見送る ”行かないで”と 心が 泣いても  いいの今は 世界に 二人だけで 生きてる 濡れて重い 記憶を 脱ぎ捨て 眠って
真昼のSILVER MOON岩崎宏美岩崎宏美山川啓介山川恵津子Day dream of you 真昼の海は Silky blue 私のほかには 誰もいないの 時間のとまった 青空に 薄い銀の Half moon  あなたは 不思議ね 翳のない男 まどろむみたいに 恋におちてた 真昼の月が まぶしげな 横顔になるの  お願いあなた 忘れさせて 生きることの罪 みんな どんなに短かい 恋でもいい  波はシンフォニー…… 引いて 満ちて 夢は うねり 流れて……  あなたは 不思議ね 翳のない男 まどろむみたいに 恋におちてた まぶしい 真昼の 海は蜃気楼  夢からさめれば 恋は 終るの  夢からさめれば 恋は 終るの
恋人以上岩崎宏美岩崎宏美山川啓介山川恵津子恋を失くすたび あなたと肩を並べて グラスを合わせる 辛口のワイン “翼をくじいた お前のとまり木だね”と 笑うまなざしに 痛みも消えるの  その胸で すこし眠らせて 陽だまりのような男 ねえ 恋じゃない愛が つないでる 不思議だけど 私たちを  パジャマのかわりに 借りるわ まっ白なシャツ 見ないふりしてて 着がえがすむまで  若すぎた頃 見えなかった すぐそばで ひろげてる腕が Ah-  その胸で すこし眠らせて きっとまた 飛びたつわ ねえ お返しは なにもないけれど 私らしく 生きてゆくわ  ごめんね 女は ひそかに 求めているの 恋人以上の 素敵なともだち
道がめざめる時岩崎宏美岩崎宏美山川啓介山川恵津子道がめざめるかけてる 眠そうに車体ゆするオールド・カー お前だけが道づれ この都市になぜか 車とめた日のようね 西へ行こう 今度は  そうよ彼は 夢の中よ 誰にだって好かれる いい人 うれしかったわ あのプロポーズ だけどまだ いたいの 恋と愛を 見分けて生きてく女で  月に濡れたテラスで 踊ったわ 彼の大きな家 パパもママも素敵で おだやかに暮らす幸せも 夢で見たわ でもそれは無理ね  走りたいの もうしばらく 地平線のむこうの なにかへ 先の見える 生き方より ときめきが ほしいの いつも素顔 風に向けてくわ一人  この都市では 泣かなかったわ 傷あとの痛みも 消えたわ 急ににじむ 彼の笑顔 だけどまだ いたいの 恋と愛を 見分けて生きてく女で
25時の愛の歌岩崎宏美岩崎宏美山川啓介大森敏之あたたかい胸に 抱かれると 闇が 白い炎になる 愛するふたつの 生命(いのち)が溶け合う たおやかな夜ね  ねえ私 なにもこわくない 運命(さだめ)が持つ ナイフさえ あなたと眠って めざめるそのたびに もう一度 生まれるの  Remember なんて美しい白夜 すべてが 赦されるひととき あんなに 明日を信じる人たちの群れが ゆるやかに やすらかに 夢を泳ぐわ  おしゃべりな胸が 黙り込み あまい寝息を たてる男(ひと) コーヒーの香りで 私を起こしてね 見つめてて あげるから  Remember なんて美しい白夜 貧しいわ 生き急ぐ生活(くらし)は 星屑みたいにまたたく 窓の灯が ささやかに たくましく 時をきざむの  Remember なんて美しい白夜 二度と会えなくなる その日まで あなたと 生きたい 今日よりも あたたかい明日を 信じて Remember Me, Remember Me
透きとおった時間岩崎宏美岩崎宏美山川啓介三木たかし“肩の力をぬいて 愛されてなさいね” ママによく似た声で 月がささやくの  熱い紅茶を入れる 指先ふるえる カップが立てる音に あなたが笑う ごめんね不器用で 私ふつうの娘に じょうずになれない 好きになるほど まぶしい沈黙を ゆるやかに 流れるサティー 透きとおった時間  夜の終りは いつも さよならの夜明け そんな寂しさと もう 会わずに済むのね  これが最初の 恋じゃなくてよかったわ 流れた涙のぶん 深く愛せる このまま眠らずに 愛を確かめたいけど まどろみが うねる 髪の先から 生まれる前にも 私たち こうしていたわ 透きとおった時間  海を信じて河が 流れてゆくように 私の心も ただ あなたに 注ぐの  “肩の力をぬいて 愛されてなさいね” ママによく似た声で 月がささやくの
未成年岩崎宏美岩崎宏美山川啓介三木たかし名前が変わると あなたに知らせた 手紙が戻る 木枯しのポスト 今でも背中を 丸めていますか 少年の夢 いっしょですか  私たちが この地球を 回していたなんて ふり向けば 嘘みたい  ねえみんな いくつになっても未成年 友達だもの ”幸せになれよ”って まぶしい声 聞こえるわ  若さを残らず 走りぬけたから 静かな愛へ 迷わずに行ける 私の弱さを 叱ってくれるの あの夏の海 みんなの顔が  またこの世に 生まれて来ても いっしょに 生きようね すばらしい仲間たち  ねえみんな いくつになっても未成年 さみしさのぶん 幸せになるからね 思い出に 負けないで  幸せになるからね ありがとう いい旅を
チェイス!ギャバン串田アキラ串田アキラ山川啓介渡辺宙明チェイス! チェイスチェイス ギャバン ファイト! ファイトファイト ギャバン 戦うために 生まれたおれさ 怒りの炎は 誰にも消せない 悪があるかぎり どこまでも追うぜ 命のかぎり 戦うぜ チェイス! チェイスチェイス ギャバン ファイト! ファイトファイト ギャバン おれは背中を 見せない男さ  チェイス! チェイスチェイス ギャバン ファイト! ファイトファイト ギャバン とめてもムダさ 一人で行くぜ ぎりぎり若さを 燃やして生きたい 敵が多いほど うれしくなるのさ 強いやつほど 大歓迎 チェイス! チェイスチェイス ギャバン ファイト! ファイトファイト ギャバン おれはやすらぎ いらない男さ  チェイス! チェイスチェイス ギャバン ファイト! ファイトファイト ギャバン おれは怖れを 知らない男さ
今日のおれからあしたの君へ宮内タカユキ宮内タカユキ山川啓介鈴木キサブロー知っているかい? この星が こんなに青く 美しいわけ どんな生命(いのち)も おなじまぶしさ おなじ重さで 生きてるからさ 今日の地球は おれたちが守る あしたは君が つくってくれ 情熱 希望 やすらぎ レッド イエロー グリーン 合言葉は“愛” ウインスペクター ウインスペクター  聞こえるだろう 遠い空 はるかに君を 呼んでる声が あれは夢見る 少年だけに 届く未来の メッセージなのさ 今日の大地を 思いきり蹴って あしたへ君は さあ飛び立て 激しく 熱く やさしく レッド イエロー グリーン おれたちのように ウインスペクター ウインスペクター  情熱 希望 やすらぎ レッド イエロー グリーン 合言葉は“愛” ウインスペクター ウインスペクター
ゴールは未来宮内タカユキ宮内タカユキ山川啓介鈴木キサブロー心に泌みる コバルトの空 そいつはおれたちの 若さの色だよ つらい嵐も 来るけれど 必ず晴れる 前よりまぶしく 太陽みたいに 幸せの光が 誰にもきらきら 降りそそぐまで レッダー ブルース 行くぜさあ キース 愛を届けに エクシードラフト おれたちのゴールは いつも未来さ  緑の大地 夕映えの街 君とこの地球に 生まれてよかった 教えてくれよ その夢を 歌ってくれよ 君だけの歌を 渚に残した 足あとのように 生きてるしるしを 熱く残そう レッダー ブルース 遅れるな キース 現在(いま)は つかのま エクシードラフト おれたちのスクラム いつも無敵さ  レッダー ブルース 行くぜさあ キース 愛を届けに エクシードラフト おれたちのゴールは いつも未来さ
チャイナタウン中森明菜中森明菜山川啓介矢沢永吉千住明チャイナタウン この街を行けば お前との想い出が 風のように頬を打つ チャイナタウン 空のポケットに 夢ばかり詰め込んで 生きていた二人さ  ポニー・テールは もう 切っただろう ベイビー 泣きながら 幸せならいいけれど ベイビー もう一度 お前に会いたい チャイナタウン 若すぎた恋の あの香り 甦る ほろ苦い ジャスミン・ティ  あのレコードは もう捨てただろう ベイビー つらくって 幸せなら いいけれど ベイビー もう一度 お前に逢いたい チャイナタウン ヨコハマ・トゥワイライトタイム 流れてる 俺たちの好きだった “ドック・オブ・ザ・ベイ”
しあわせのカノン由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子山川啓介パッヘルベルLu Lu Lu Lu … Lu Lu Lu Lu … よろこび悲しみ 涙にほほえみ この世界に 生きること それはいのちの歌を 歌うこと めぐる時 めぐる幸せ  どんなにどんなに 今がつらくても ほらうしろに 聞こえてくるはず ひとりぼっちじゃないって 教える あなたに似た さみしい足音 そうよあなたは 誰かの幸せ ただ自分では 気づいてないだけ 両手をひろげ 心をひらいて 受けとめるの 追いついた愛を そうよ誰もが 誰かの幸せ そしてある日 さみしく生きてた 半分ずつの ハートが重なり 二人ぶんの あしたが歌いだす  広い銀河 星が生まれ 死んでゆくように 私たちも 生まれたの 誰かの生命(いのち)を もらって そして永遠(とわ)に ひびかせるの 幸せという カノンを  La La La La … La La La La … La La La La … La La La La … そうよあなたは 誰かの幸せ 愛された時 はじめてわかるの ひとりぼっちで 生きてた月日は そっくりの夢に めぐり逢うためと
父よ大葉健二大葉健二山川啓介渡辺宙明おれの心には あなたが住んでる ゆくえ知らない はるかな父よ きっと生きている 必ず会える 信じて行くのさ 孤独な宇宙を この体も勇気も あなたゆずりさ 男の誇りも 胸にあふれる夢も  いつも遠くから 見つめてください そっとはげまし 叱ってほしい 旅は 苦しくて 戦いはつらい けれどもそれだけ あなたに近づく いつの日にか父よ 広い銀河を あなたと二人で 夢を描いて翔けたい  いつの日にか父よ 広い銀河を あなたと二人で 夢を描いて翔けたい
星空のメッセージ串田アキラ串田アキラ山川啓介渡辺宙明星空のどこかに ふるさとがある 愛する人が おれを呼んでいる 悲しみの重さに うつむく夜は 瞳を上げるのさ 銀河の彼方へ 立ちどまるな 弱音をはくな 夢をあきらめるな 数えきれない 光がささやく あたたかい 星空のメッセージ  あの人もどこかで 銀河を見上げ おれの名を つぶやいているだろうか さびしさは愛を 強くしてくれる 笑って会える日を 信じていてくれ おれもそうさ 負けやしないよ 元気でいてほしい 夜空に浮かぶ なつかしい顔に 呼びかける 星空のメッセージ  おれもそうさ 負けやしないよ 元気でいてほしい 夜空に浮かぶ なつかしい顔に 呼びかける 星空のメッセージ
強さは愛だ串田アキラ串田アキラ山川啓介渡辺宙明強いやつほど 笑顔はやさしい だって強さは 愛だもの おまえとおなじさ 握ったこぶしは 誰かの幸せ 守るため 倒れたら 立ち上がり 前よりも 強くなれ 苦しみを 苦しみを 越えようぜ Oh, Yes おれたち男さ 男さ  数えきれない 夜空の星でも きっと誰かが 夢見てる おまえとおなじさ あしたが今日より いい日になれと 祈ってる 悲しみに ほほえんで よろこびに うなずいて 思いきり 思いきり 生きようぜ Oh, Yes おれたち仲間さ 仲間さ  倒れたら 立ち上がり 前よりも 強くなれ 苦しみを 苦しみを 越えようぜ Oh, Yes おれたち男さ 男さ
ハロー!シャイダー串田アキラ串田アキラ山川啓介渡辺宙明よせよ よせよ 涙なんて よせよ よせよ すねるなんて 元気に今日を歌ったら 幸せはうしろから ついてくるぜ おもしろいことが 大好きで 悪いことは 許せない 君と同じさ つらいことは たちまち 忘れるぜ やあ!シャイダー ハロー!シャイダー いつでも声を かけてくれ 宇宙刑事 シャイダー  いいさ いいさ ひとりだって いいさ いいさ さみしくても 口笛ふいて待ってれば 友達が いいことがやってくるぜ きのうより今日が 大好きで あしたはもっと 楽しみだ 君と同じさ ふり向かすに 走るのさ 未来へ やあ!シャイダー ハロー!シャイダー いっしょに駆けよう 宇宙を 宇宙刑事 シャイダー  おもしろいことが 大好きで 悪いことは 許せない 君と同じさ つらいことは たちまち 忘れるぜ やあ!シャイダー ハロー!シャイダー いつでも声を かけてくれ 宇宙刑事 シャイダー
帰らざる日のためにGOLD LYLICいずみたくシンガーズGOLD LYLICいずみたくシンガーズ山川啓介いずみたく生まれて来たのは なぜさ 教えてぼくらは 誰さ 遠い雲に聞いてみても何も言わない だからさがすんだ 君と でかい青空の下で この若さをすべて賭けていい何かを  愛する人がいるなら 求めるものがあるなら なんにも怖くはないさ そいつが青春 涙は心の汗だ たっぷり流してみようよ 二度と戻らない 今日のために  生きてるってこと 何さ 走ってゆくのは どこさ 風は寒く笑いながら 頬を打つだけ だからしるすんだ 君と 荒れ果てた土の上に この力をすべてこめた足あとを  愛する人がいるなら 求めるものがあるなら なんにも怖くはないさ そいつが青 春 燃えてる夢をいのちを 残らず 使ってみようよ 二度と戻らない 今日のために  愛する人がいるなら 求めるものがあるなら なんにも怖くはないさ そいつが青春 涙は心の汗だ たっぷり流してみようよ 二度と戻らない 今日のために
ごめんね…ピアニスターHIROSHI・米良美一ピアニスターHIROSHI・米良美一山川啓介HIROSHI幸せを奪い合って ふり向かず走ってきた そんな生き方が踏みつけた たくさんの心 私の中のあの子が 夕映(ゆうば)えの過去に立ってる 口に出せないあのひと言 涙ぐみ噛みしめて ごめんね ごめんね 傷つけた痛みを 明日(あす)の朝は忘れて 人はみな歩いてく ごめんね ごめんね 誰の人生にも 言いそびれ捨ててきた あやまちのかけらが落ちてる  うつむく母の涙に 背を向けた友に 恋に もらったままで別れてきた やさしさに まごころに ごめんね ごめんね あの時言えたなら 今よりこの世界は あたたかいはずなのに ごめんね ごめんね 通り過ぎて気づく 数えきれない愛に 赦(ゆる)されてみんな生きてると  今なら言えるのに つぐなえないあの日の あの人に ”ごめんね”を そっと…
男たちの朝町田義人町田義人山川啓介木村昇木村昇何も言わずに 心が伝わる 友よお前は もう一人のおれ 寒い世界に 生まれて来たけど ふれ合う肩は こんなに熱い 夢はわけ合えば 大きくなるはず 力は寄せ合えば 強くなるはず 支え はげます ライバル同志さ めぐり逢えて よかった 友よ  闇におびえて 眠る人々に 友よ夜明けの 光を浴びせよう 生命差し出し 求める何かが なければ 生きてゆくかいがない 夢はわけ合えば 大きくなるはず 力は寄せ合えば 強くなるはず おなじ希望に つづいた人生 地平線へ走ろうよ 友よ  夢はわけ合えば 大きくなるはず 力は寄せ合えば 強くなるはず 夢はわけ合えば 大きくなるはず 力は寄せ合えば 強くなるはず…
戦士の休息GOLD LYLIC町田義人GOLD LYLIC町田義人山川啓介大野雄二大野雄二ありがとう ぬくもりを ありがとう 愛を かわりに おれの生命を 置いてゆけたなら 男は誰もみな 無口な兵士 笑って死ねる人生 それさえ あればいい  ああ まぶたを開くな ああ 美しい女よ 無理に向ける この背中を 見られたくはないから 生まれて初めて つらい こんなにも 別れが  ああ 夢からさめるな ああ 美しい女よ 頬に落ちた 熱い涙 知られたくはないから この世を去る時 きっと その名前 呼ぶだろう
ザ・ヘッドマスターズ影山ヒロノブ影山ヒロノブ山川啓介根岸孝旨お前と つくろう 戦いのない未来 愛する者に 残そう 美しい地球  変われ! ヘッドマスター 戦え! ヘッドマスター この痛み 今の苦しみ それが誰かを 幸せにするのさ トランスフォーマー トランスフォーマー ヘッドマスター  お前と 駆けよう 大地を空を海を 次元の時間(とき)の 果てまで 魂を燃やし  変われ! ヘッドマスター きらめけ! ヘッドマスター おそれるな ふり返るな 愛と怒りが おれたちのエナジー トランスフォーマー トランスフォーマー ヘッドマスター  変われ! ヘッドマスター 戦え! ヘッドマスター この痛み 今の苦しみ それが誰かを 幸せにするのさ トランスフォーマー トランスフォーマー ヘッドマスター
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
バトルフィーバーJMoJo、コロムビアゆりかご会、フィーリング・フリーMoJo、コロムビアゆりかご会、フィーリング・フリー山川啓介渡辺宙明地球が悲鳴を あげてるぜ(バトルフィーバー) 誰かがぼくらを 呼んでるぜ(バトルフィーバー) 海を行く 空を飛ぶ バトルフィーバー 五つの生命が 怒りに踊る バトル・フランス 「Oui!」 バトル・コサック 「Лa!」 バトル・ケニア 「ndiyo!」 ミス・アメリカ 「Yeah!」 バトル・ジャパン 「Oh!」 一人一人は 小さいけれど ひとつになれば ごらん無敵だ 君も (君も) 君も ぼくらのように 力あわせろ バトルフィーバーJ!  やさしい世界を つくろうぜ(バトルフィーバー) みんなの笑顔を 守ろうぜ(バトルフィーバー) 悪を撃て さあ今だ ペンタフォース 5つのリズムが 5人を変える バトル・フランス 「Oui!」 バトル・コサック 「Лa!」 バトル・ケニア 「ndiyo!」 ミス・アメリカ 「Yeah!」 バトル・ジャパン 「Oh!」 一人一人は 小さいけれど ひとつになれば ごらん無敵だ 君も (君も) 君も ぼくらのように 心をつなごう バトルフィーバーJ!  バトル・フランス 「Oui!」 バトル・コサック 「Лa!」 バトル・ケニア 「ndiyo!」 ミス・アメリカ 「Yeah!」 バトル・ジャパン 「Oh!」 一人一人は 小さいけれど ひとつになれば ごらん無敵だ 君も (君も) 君も ぼくらのように 心をつなごう バトルフィーバーJ!
勇者ライディーン子門真人・コロムビアゆりかご会子門真人・コロムビアゆりかご会山川啓介小森昭宏小森昭宏(ラライラーイ ラララーイ ライディーン ライディーン) まぶしい空を かがやく海を 渡せるもんか 悪魔の手には みんなの願い からだに受けて さあ よみがえれ ライディーン ライディーン フェードイン フェードイン たちまちあふれる 神秘の力 ゆけ ゆけ 勇者ライディーン ライディーン  (ライディーン ライディーン) 緑の国を 平和な町を 守ろう今日も 力のかぎり 謎が解ける日 幸せが来る さあ たちあがれ ライディーン ライディーン フェードイン フェードイン やさしい心を 怒りに変えて ゆけ ゆけ 勇者ライディーン ライディーン
旧友ボニージャックスボニージャックス山川啓介南安雄肩につもった 歳月を 払い落として 語ろうよ 喜劇みたいな あの青春や 夢中で生きた それからを 友よ グラスを干してくれ 昔のあだ名で 呼んでくれ よせて しんみりなんて らしくない らしくない  二人ふられた あの女(ひと)は 今もきれいで いるだろうか ゆくえ知れずの 仲間はどこで どんな夢見て 暮らすだろう 友よ 緑のキャンパスに 心が帰って ゆくようだ そうさ 誰もが熱く 若かった 若かった  いつか世の中 変えようと 語り明かした 日もあった せめて悔いなく 歩いて行こう いのちの秋の 人ごみを 友よ 今度はいつだろう こうして手と手を 握る日は じゃあな お前も元気で しあわせに しあわせに
真夜中の子守唄ヒデとロザンナヒデとロザンナ山川啓介橋場清馬飼野康二Tu Tuー 街が眠る頃 夜の虹が出る 名もない人の希望が かける夢の虹が おいで鎖りをはずし しなやかな獣になり 奪い取られた何かを 取り戻しに行こう 夜はあたたかい 夜は美しい 愛し合うだけ 他に何がある もう一人のお前を もうひとつの人生を 誰も知らない  Tu Tuー 時は歩みを止め 星は流れない ブルーの闇は自由を たたえた海のよう おいで悲しみを脱ぎ 生まれたままの心で とらわれている明日を 解き放しに行こう 夜はあたたかい 夜は美しい 愛し合うだけ 他に何がある もう一人のお前を もうひとつの人生を 誰も知らない
特捜エクシードラフト宮内タカユキ宮内タカユキ山川啓介鈴木キサブロー矢野立美エクシードラフト!  この星は 宇宙船だよ 誰だって明日への 乗組員 そうだよ生命(いのち)は 地球の重さ だからこの手を さしのべるのさ oh レスキュー ひるまないぜ レスキュー どんな危険も ふえる傷あとが おれたちの勲章 エクシードラフト 燃えろ 冴えろ 輝け エクシードラフト 魂の兄弟たちよ レッダー ブルース キース  君のため 世界は回る 見知らぬあしたへ つれて行く つくってくれよ やさしい未来 夢をそっくり 手渡すからさ oh レスキュー 呼んでいるぜ レスキュー 叫びがほら 走る 風になる 一秒を惜しんで エクシードラフト 守れ 救え 戦え エクシードラフト 心も生命(いのち)もひとつ レッダー ブルース キース  エクシードラフト 燃えろ 冴えろ 輝け エクシードラフト 魂の兄弟たちよ レッダー ブルース キース
特警ウインスペクター宮内タカユキ宮内タカユキ山川啓介鈴木キサブロー矢野立美(MAY DAY MAY DAY, SOS!) (MAY DAY MAY DAY, SOS!)  心をつき刺す 必死の悲鳴 さあ行くぜ おれたちの出番だ みんなのほほえみ 戻るなら どんなつらさも 越えるのさ 地球を救え 勇気と知恵で 未来を救え 大きな夢で ファイアー (レッド!) バイクル (イエロー!) ウォルター (グリーン!) いつだって 呼んでくれ ウインスペクター ウインスペクター (MAY DAY, MAY DAY, MAY DAY, MAY DAY)  三つの力を ひとつに合わせ さあ燃えろ 魂の兄弟 戦いの痛み 苦しみは おれたちだけが 知ればいい 地球を救え 悪の手から 未来を救え あやまちから ファイアー (レッド!) バイクル (イエロー!) ウォルター (グリーン!) この生命(いのち) 君のもの ウインスペクター ウインスペクター (MAY DAY, MAY DAY, MAY DAY, MAY DAY)  ファイアー (レッド!) バイクル (イエロー!) ウォルター (グリーン!) いつだって 呼んでくれ ウインスペクター ウインスペクター (MAY DAY, MAY DAY, MAY DAY, MAY DAY)
1001曲のLove Song伊東ゆかり伊東ゆかり山川啓介林哲司松本峰明日だまりみたいな その胸に抱かれると めまいの中で 歌い出すの生命が……  二度と恋は しないなんて 閉ざした心に さりげなく 忍び込んだ やさしさ 幸せには 臆病なの 時間をかけて 寄りそわせて あなたの 人生に 数えきれないほど 歌ってきた愛の歌 だけどそれは 名も知らない 誰かをあたためる歌 幕が下りて 時のバスに ゆられながら つづけた旅は あなたに 出会うため  数えきれないほど 歌ってきた愛の歌 心をこめ ほほえんでも ライトが消えれば ひとり はじめて今 あなただけに はにかむ素顔で 歌わせて 誰も知らない  LOVE SONG
このままで このままで伊東ゆかり伊東ゆかり山川啓介林哲司松本峰明肩を並べて ふれあうグラス ほほえみ合えば 青春に戻れる やわらかな瞳の 男ともだち ごめんねいつも わがままに誘って 今のカレと ダメになったの “こりないやつだ”と 笑ってよねまた このままで このままでいいのよ 恋にならずに 時を重ねたふたりの愛 流れてる 出会った日のオールディーズ おたがい 誰を好きになっても そうよ 変わらなかった ちょっとときめく 心の距離  “今でもあなた ひとり暮らしは 私のせい?”と 聞きたいのに聞けない タクシー待たせ 扉の前で 抱き合うだけの お決まりのさよなら 胸に頬を 埋めるたび パパと兄貴と 少年のにおい このままで このままでいいのよ ワインのように まろやかになるふたりの愛 朝焼けの さよならのかわりに ふたりで眠り ふたりめざめる 日々を とっておきましょう 人生という 旅の最後に
いつかどこかで伊東ゆかり伊東ゆかり山川啓介前田憲男私の最後のわがまま どうぞ聞いてね さよならは言わずに 別れてゆきましょう 夕日の野原で“明日またね”と 振り向き手を振る 子供のように いつかどこかで きっと会おうね ほほえみ合って うなずき合って その時あなたは 幸せでいて 私の好きな あなたでいてね  いつかどこかで また歌おうね 燃え尽きないで 残った愛を 一人になっても 時々そっと 口ずさむでしょう あなたのことを  不器用だから うまく言えない にじみ始めた この思いを いつかどこかで きっと合おうね それがどんなに 遠い明日でも これから二人に なにが起きても それがどんなに 遠い場所でも  いつか どこかで きっと きっと ……
Mr.メトロポリス八神純子八神純子山川啓介八神純子瀬尾一三都会は一日に一度だけ 素顔を見せてくれる 私は好きなの 夜明け前の ブルーグレイの横顔 あなたも疲れて悲しそう 大きな街 Mr.メトロポリス けれど新しい陽が昇れば あなたは また スーパースター  輝き始めた窓ごとに 名もない命が目をさます そして聞こえだす今日のシンフォニー そうね 私はひとりじゃない ああ 素晴らしい道づれに出逢えそう  あなたの冷たさに泣く人も 生きてることがわかる 私も昨日を振り向かず 今日を歌って歩くわ あなたは気ままで ひたむきな 私の街 Mr.メトロポリス けれど新しい陽が昇れば 悲しみさえ 思い出
ドレミファ・ララバイ白鳥英美子白鳥英美子山川啓介森山良子夢の海を泳ぐ お前の顔 見つめるたびに 私は祈る いつまでも きれいな心失くさないでと  私たちも最初 子供だったわ けれどいつか 大人になって 人生の重たい靴で 歩いてたの  子守歌は 夢の海へのドア 眠りの波で 洗いなさい 悲しみも疲れもみんな あすのために  ひとつの音では 歌ができないように 私たちも 愛と愛をふれ合わせ 今日というメロディー 歌ってるの  Don't Lay Me Far, Baby So I Lull You, See You Till Dawn Doll, Sweet Doll, Life's A Song Your Father & Me Keep Off From Rain Drops Don't Lay Me Far, Baby So I Lull You, See You Till Dawn  Don't Lay Me Far, Baby So I Lull You, See You Till Dawn Doll, Sweet Doll, Life's A Song
AGAIN柴田恭兵柴田恭兵山川啓介深町栄瀬尾一三Smile... さりげなくほほえんで 去ってくれ 出会うのが遅すぎた 君だもの いつまでも待つさ 戻る日まで Oh, Dear ShaLalalala See You ShaLalala Again.... 見送ることも愛の一つ ShaLalalala Hold Me ShaLalala Again.... 約束が潤むよ  Smile.... 横顔に物語 秘めた女 美しい背中には おれだけに 読みとれる 愛がにじんでるね Oh, Dear ShaLalalala See You ShaLalala Again.... 君のあしたに いつもいるよ ShaLalalala Hold Me ShaLalala Again.... 熱い胸ひろげて  Woo 二人の現在は 生き続ける めざめるたびに 生まれ変わる この街の何処かで  ShaLalalala See You ShaLalala Again.... 港へ船が帰るように ShaLalalala Hold Me ShaLalala Again.... おれだけに戻れよ
横浜 DAYBREAK柴田恭兵柴田恭兵山川啓介川上明彦佐藤準たまらなく 心が渇く日は お前に会いに来る 遠い瞳で カモメを見つめてる おれという名の少年  夜明けのこの街は いくつのサヨナラを 今までに 見てきただろうね  横浜Daybreak 男なんて 弱くて愚かだから こだわるものなしに 生きてはゆけない 横浜Heartbreak よせばいいのに あの頃見ていた夢 今でも 抱きしめたまま だめだね…  哀しみを 怒りに変えられた 若い日が恋しい 浮わついた 時代をなぐっても 痛むのは おれの拳さ  夜明けのこの街は 白夜の港だね 去る愛と たどりつく愛と  横浜Daybreak カーニバルが 終わったあとのように ちぎれた夢たちが 風に吹かれてる 横浜Heartbreak この街では 誰も涙見せない 心をかくしたダンディー つらいね…  夜明けのこの街は いくつのサヨナラを 今までに 見てきただろうね  横浜Daybreak 男なんて 弱くて愚かだから こだわるものなしに 生きてはゆけない 横浜Heartbreak よせばいいのに あの頃見ていた夢 今でも 抱きしめたまま だめだね…
カモン!アステカイザー子門真人・コロムビアゆりかご会子門真人・コロムビアゆりかご会山川啓介津島利章筒井広志カモン! カモン! カモン! カモン! カモン カモン カモン カモン アステカイザー カモン カモン カモン カモン アステカイザー おれはやってきた きみにあうために 悪の力と たたかうために カイザーガッツ カイザースマッシュ かがやけ かがやけ アステカの星 パワーとファイトが もえあがる アステカイザー おれはゆく アステカイザー おれはまけない カモン!  カモン カモン カモン カモン アステカイザー カモン カモン カモン カモン アステカイザー おれは生きてゆく きみのすぐそばで どんなときにも まもってやろう カイザーガッツ カイザースマッシュ とどろけ とどろけ マッハビート号 だれかがよんでる まっている アステカイザー おれはゆく アステカイザー おれはたたかう カモン!  カイザーガッツ カイザースマッシュ かがやけ かがやけ アステカの星 パワーとファイトが もえあがる アステカイザー おれはゆく アステカイザー おれはまけない カモン!
ファイト!アステカイザー子門真人・コロムビアゆりかご会子門真人・コロムビアゆりかご会山川啓介津島利章筒井広志ファイト ファイト オー ファイト アステカイザー つよくなるんだ いつかはぼくも つよくなるんだ あなたのように ファイト ファイト オー ファイト アステカイザー 正義の戦士 アステカイザー マスクにもえる アステカの星は だれにもまけない つよさのしるし がんばれきょうも ぼくらのために ファイト ファイト オー ファイト アステカイザー  まけていいのか ただしいものが まけていいのか わるいやつらに ファイト ファイト オー ファイト アステカイザー 正義の戦士 アステカイザー ルアーにデモン ブラック ミストを ほろぼすために たたかうすがた きこえるだろう ぼくらの声が ファイト ファイト オー ファイト アステカイザー
まごころ神田正輝神田正輝山川啓介羽田健太郎小六禮次郎渡しそこねた真心ひとつ 手をすりぬけて人混みにおちる 迷い続けて背中を向けた おまえの姿が遠く消えてく できるならその心のポケットを 幸せでふくらませてやりたかった みじめな僕をせめるみたいに 日暮れの街は 笑いさざめく  ほほの涙が乾いた後で きっとおまえも気がつくだろう 人は心を補(おぎな)いあって はじめて今日を生きられることを できるならその心のポケットを 幸せでふくらませてやりたかった にじみはじめたこの眼の中に あたたかい灯(ひ)が ともりまたたく  できるならその心のポケットを 幸せでふくらませてやりたかった にじみはじめたこの眼の中に あたたかい灯(ひ)が ともりまたたく
新しい空小出正則小出正則山川啓介吉田拓郎木森敏之地図のない道を 走って行くんだ 心のすり傷は 承知の上だよ 右手に抱えた 魂のボールを 新しい空深く 蹴り上げてやるのさ Movin' On! あばよ 昨日までの Movin' On! よどんだ 安らぎ ヘッド・ホーンで ふさぎ続けた耳には 風切る音さえ 美しい 追いかけようぜ 若さの蜃気楼 ああ生きてる 生きてるんだ おれたち  右はどこへ出る 左には何が 青春の交差点 道しるべもない どっちにしたって 明日は明日さ 立ちどまる時間など 残されてないはず Movin' On! あばよ 昨日までの Movin' On! 湿った 夢たち コミックブックを 眺め続けたこの目に 寂しい荒野も 美しい 追いかけようぜ 見えない飛行船 ああ生きてる 生きてるんだ おれたち  Movin' On! あばよ 昨日までの Movin' On! よどんだ 安らぎ ヘッド・ホーンで ふさぎ続けた耳には 風切る音さえ 美しい 追いかけようぜ 若さの蜃気楼 ああ生きてる 生きてるんだ おれたち
センチメンタル・ハリケーン山口百恵山口百恵山川啓介梅垣達志B.Fasman嵐の前の海は くもった鏡みたいね ふたりの愛に どこか似ている 先が見えない 体をかけめぐる 胸さわぎは やっぱり今夜 あなたを失くす 前ぶれでしょうか Ah―――  港へ帰る船を カーテン越しに数えて 黒いシルクの 服に着がえて あなたを思う ありふれた恋なら 笑えるけど はじめて明日を 賭けた人よ それだからつらい Ah―――  雨の匂い 雲の色 涙の予感 センチメンタル・ハリケーン 今夜は荒れそう  嵐の前の街は 寂しいゴースト・タウンね 無理やりドアを 開けてもらった いつもの酒場 あなたが来なければ 雨のシャワー 激しく浴びて そして泣いて 忘れるつもりよ Ah―――  風の叫び 雨の音 よろめく心 センチメンタル・ハリケーン 今夜は荒れそう
NAVY HILL山口百恵山口百恵山川啓介芳野藤丸B.Fasmanなつかしい風に 髪を洗わせて ひとり登る 港の丘 あの人の腕に たどりつく前に サヨナラを 置いて行くの Hi! NAVY HILL 幼なじみの景色 Hi! NAVY HILL ブルー・グレイの NAVY BAY よく似た色をしていた 私の目も ほのかに燃えてるはず  Bye! NAVY HILL ひとりぼっちの少女は Bye! NAVY HILL 死んでカモメになったわ もう二度と ここに立たずむこともない あの子に どうぞよろしく  生まれて来たから しかたなく生きる 罪なゲームは おしまいなの おしまいなの
デイ・ドゥリーム山口百恵山口百恵山川啓介水谷公生Day Dream ひとり酔う幻 Day Dream 私は 素足のジプシー 青空に真昼の 白い満月 哀しげに 流れるギター タロット・カード 荒野の風に散らし うらなうの あなたとの愛のゆくえを Day Dream 笑う 死のカードが Day Dream やっぱり 不幸せが  Day Dream 夢はふっと流れて Day Dream 私は インカの女王(クィーン) 黄金の腕輪が けだるく重い 笛の音(ね)が 眠りをさそう 足をひそめ あなたは背中を向ける アンデスの山を越え 旅に出てゆく Day Dream 呼んでも 声にならない Day Dream 泣いても ふり向かない  涙ぐんで ひとり目覚める私 唇に ほろ苦い人恋しさが Day Dream 都会(まち)は もうたそがれ Day Dream やっぱり あなたは来ない
愛の神話かおりくみこ・大倉正丈かおりくみこ・大倉正丈山川啓介菊池俊輔菊池俊輔夢でいいから この広い地球に 君と二人だけで 暮せたら めざめた時から 眠りにつくまで 見えるのはあなただけ ただ愛だけ アダムとイヴより おおらかに 太陽の下で 笑いころげ 星空に抱かれて 眠ろう ただ二人だけ ただ二人だけ  生きる悩みも 悲しみも知らない 涙流すことも ないでしょう 二人の子供は やさしく育って 争いのない世界 つくるだろう 緑の大地に 種をまき コバルトの海に 舟をうかべ やすらぎにつつまれ 暮そう ただ二人だけ ただ二人だけ  アダムとイヴより おおらかに 太陽の下で 笑いころげ 星空に抱かれて 眠ろう ただ二人だけ ただ二人だけ
おれは生きているささきいさおささきいさお山川啓介菊池俊輔小笠原寛戦いのない青春が どこにあるだろう それはほんとの 若さじゃないはずだ 心の汗を流すたび ひとは強くなる 大地に根を張る 大きな樹のように 愛する人よ 君ならわかる この夢の熱さを 大きさを 激しい嵐が ほほを打つほどに おれは幸せさ おれは生きている  苦しみのないよろこびが どこにあるだろう それはたちまち 消えてしまうはずだ 翼を風に羽ばたかせ 遠く飛びつづけ はじめてたしかな 自由が手に入る 愛する人よ 君は教えた なぜひとり生まれて来たのかを 二人でひとつの 夢を分けあう おれは幸せさ おれは生きている  愛する人よ 君にあげよう この命 この愛 何もかも 若さを愛するものに使える おれは幸せさ おれは生きている
特捜ロボ ジャンパーソン大矢晋大矢晋山川啓介浜圭介若草恵君が来る 稲妻の中を 君が見すえる 正義のの視線で 風を切る JPカード 吹きすさぶ 怒りのつむじ風 教えてくれ 君は誰だ どこから来て そしてどこへ 君の謎は ぼくたちの夢さ 特捜ロボ ジャンパーソン!  ゆるさない 闇にいる悪を ひとり闘う 死さえもおそれず 君が行く 道のかなた きらめくよ 愛というオーロラが 守ってくれ このやすらぎ 緑の地球(ほし) その未来を 君を追って ぼくたちも走る 特捜ロボ ジャンパーソン!  教えてくれ 君は誰だ どこから来て そしてどこへ 君の謎は ぼくたちの夢さ 特捜ロボ ジャンパーソン! 特捜ロボ ジャンパーソン!
時空戦士スピルバン水木一郎水木一郎山川啓介渡辺宙明渡辺宙明あきらめないぜ 投げ出さないぜ 最後の最後の 最後まで負けないぜ 平和を切り裂く 悲鳴を聞いたら たちまちおれの 血が燃える 行くぜ行くぜ 結晶 まかせろまかせろ 結晶 おれの怒りは 爆発寸前 光を超えて あしたを守る 時空戦士だ おれはスピルバン  あきれちまうぜ 悪ってやつは 倒して倒して 倒しても消えないぜ 心配するなよ 追いつめられても そのたびおれは 強くなる 行くぜ行くぜ 結晶 まかせろまかせろ 結晶 おれの勝利が 秒読み開始だ 君の祈りが 支えてくれる 時空戦士だ おれはスピルバン  行くぜ行くぜ 結晶 まかせろまかせろ 結晶 おれは生まれた 戦うために 億光年も 軽やかに飛ぶ 時空戦士だ おれはスピルバン
朝焼けのララバイ大矢晋大矢晋山川啓介浜圭介若草恵あいつも夢を 見るのだろうか 誰かを愛して いるのだろうか 朝焼けに燃える 無口な頬に きらめく光は 涙だろうか やさしさは時には 闘うことだと 言ってるような あいつの背中 ジャンパーソン Oh ジャンパーソン 独りどこへ行く  悪魔が笑い 正しさが泣く 悲しい世界を あいつが変える 苦しみを越えて 痛みに耐えて あいつは夜明けを 連れて来るのさ 美しいあしたを 信じて生きろと 言ってるような あいつの背中 ジャンパーソン Oh ジャンパーソン 風と 消えて行く  やさしさは時には 闘うことだと 言ってるような あいつの背中 ジャンパーソン Oh ジャンパーソン 独りどこへ行く 独りどこへ行く
Misty Night にさよならを…太田裕美太田裕美山川啓介網倉一也萩田光雄あなたに悪いけど あの娘(こ)と話したわ 噂どおり 美しい獣みたいに 素敵な娘(こ) 旅仕度をしたら 空港へ送って だいじょうぶ泣かないし あなたのことも責めはしない  Melancholy Misty Night この都会(まち)を出るのが 二人へのお祝い Melancholy Misty Night お別れの場面(シーン)に お似合いの夜ふけね  ねえ そんな目で見つめないで いい女 気取らせてよ  友達にはどうぞ よろしく伝えてね “季節風に誘われて ぷいとどこかへ行ったよ”と あの娘ならあなたを 支えて行けるでしょう 幸せにしてあげて 私のことを気づかうより  Melancholy Misty Night いつのまにか夏が 秋に変わったのね Melancholy Misty Night コートの襟立てても たまらなく寒いわ  ねえ 私たち愛の夏と どこではぐれたのかしら  Melancholy Misty Night いつのまにか夏が 秋に変わったのね Melancholy Misty Night コートの襟立てても たまらなく寒いわ  ねえ 行く先は聞かないでね ただそれは 霧の彼方
HAPPY BIRTHDAY TO ME太田裕美太田裕美山川啓介浜田金吾飛澤宏元Oh. Happy Happy Birthday To Me…… この都会(まち)に来て 5年が過ぎて そして5度目の誕生日 ゆうべ母から電話がなければ そんなことさえ 忘れていたわ 幸せ日和の休日なのに 寂しい自由を もて余しそう Happy Birthday, Dear Miss Blue おもいで発の 電車にゆられて あなたが住んでた 駅まで行こう Oh, Happy Happy Birthday To Me……  木もれ日ゆれる 公園の道 かわいい子供つれた人 もしもあの時 結ばれていたら おなじ幸せ つれているのに 時の流れって 見えない河ね 流れてしまえば 何もかも過去 Happy Birthday, Dear Miss Blue 愛する人も 憎い人もない 悲しいことも 美しいメモリー Oh, Happy Happy Birthday To Me……  Oh, Happy Birthday, Dear Miss Blue 帰りに買った まっ白な子猫 それが 私から 私へのプレゼント Oh, Happy Happy Birthday To Me Oh, Happy Happy Birthday To Me……
行こうぜ兄弟!日下まろん日下まろん山川啓介服部克久服部克久冒険のにおいの 風がまぶしいぞ 行こうぜ兄弟 いいことみつけに 教室はスヤスヤ いねむりするところ こんなに世界は広い やりたいことが ポケットいっぱいで とてもたりない 今日一日じゃ ラ ラ ラ……… 河が待ってるぜ 森が呼んでるぜ 急ごう兄弟 のびのび仲間  海賊になろうか サーカスでいこうか 走ろう兄弟 うしろは見ないで 大好きなあの子が 行くなととめたって こんなに天気は最高さ いたずらっ子だと みんな言うけれど 見えないクサリ ちぎっただけさ ラ ラ ラ……… イカダをつくれ 明日へ船出だ 急ごう兄弟 生き生き仲間  ラ ラ ラ……… 河が待ってるぜ 森が呼んでるぜ 急ごう兄弟 のびのび仲間
おれが正義だ!ジャスピオンアイ高野アイ高野山川啓介渡辺宙明藤田大土Come on Boy! つらい時ほど Come on Boy! 笑おうぜ そうさ勇気が すぐもどる 男だもんな 若さだもんな 心の炎が まぶしいもんな ふりむけば 小さなきのう 目を上げれば 無限のあした  ジャスピオン 巨きな悪ほど ジャスピオン 不足はないぜ おれが おれが おれが正義だ ジャスピオン  Come on Boy! 弱いやつには Come on Boy! やさしいか 苦しみには 負けないか 男だもんな 強さだもんな 心の握手を 信じるもんな 銀河には 平和が命 このおれには 戦闘(ファイト)がにあう  ジャスピオン 何人でもこい ジャスピオン 一人でいいさ おれが おれが おれが正義だ ジャスピオン  ふりむけば 小さなきのう 目を上げれば 無限のあした
銀河狼ジャスピオンアイ高野アイ高野山川啓介渡辺宙明藤田大土おれは宇宙に 一人だけ 君も宇宙に ただ一人 追いかけようぜ とことん遠く ほかのやつには 見えない星を 甘えん坊の 羊は眠れ さあ行くぜ 銀河のオオカミよ ジャスピオン 魂が ジャスピオン 吠えている スペース・ウルフ ジャスピオン  おれは誰にも 縛られない 君の心も おんなじさ 燃えてみようぜ ぎんぎら熱く いつも自由な 光になって 弱い犬ほど 鎖が好きさ さあやるぜ 銀河のオオカミよ ジャスピオン 悪の手を ジャスピオン 引きちぎれ スペース・ウルフ ジャスピオン  ジャスピオン 魂が ジャスピオン 吠えている スペース・ウルフ ジャスピオン
ひき潮矢沢永吉矢沢永吉山川啓介矢沢永吉さらば夏よ つらい恋よ あなただけは幸せに あなたとたたずむ 渚はもう秋 ひと晩がかりの 別れは終わった 海よ わかってくれ   たった一度だけの いのちも賭けた そんな愛を ふりむくあなたの 別れの叫びを 空しくかき消す 冷たい潮騒 海よ 笑ってくれ   いのち賭けた人を 奪って行けない 弱い俺を こんなさようならに  なるとわかりながら 真夏のめまいに負けた二人 さらば夏よ つらい恋よ  あなただけは幸せに 
ブルーベリーの頃H2OH2O山川啓介中沢堅司・赤塩正樹杉山トム風に消えた日 捜しに来たんだ 想い出の草原 街のにおいがしみついた僕を憶えているかい  ああ 君の笑い声が呼んでいる あんなにも遠く 寝ころんだ僕の両手をすり抜けた そばかすの少女  君を裏切るつもりはなかった 故郷を捨てた日 街の魔法に酔いしれていつか忘れた約束  ああ 青いブルーベリーが実ったね あの頃のように 待ちわびた君の涙の粒のよう 今どこにいるの  ああ 君の名前つぶやき噛みしめる ブルーベリーの味は 遠い日の唄を恋れた唇に たまらなくすっぱい
Good-byeシーズンH2OH2O山川啓介鈴木キサブロ−萩田光雄ガラス細工の都会(まち)に 夏の終わりの雨 君の横顔に 退屈が翳る とてもきれいになったね 知らない女(ひと)のよう 心でぼくは サヨナラを言うよ  Woo Baby この都会(まち)を出てゆくぼくと 新しい愛 目で追う君 Good-bye Season いつか 住所のない手紙 Season 君の扉に届くだろう ああ つらいけれど今夜は ソファーで眠るよ  ちょうど4年たつね 君と出会ってから 兄妹みたいに 若さを歩いた 最初のキスはぼくが 教えてあげたけど 今では君が 教えるジェラシー  Woo Baby 学園祭のポスターに 1年前の 二人がいる Good-bye Season 君はもう 夢を卒業 Season ぼくは自由を追いかける ああ 誰のせいでもないさ 大人になるのは  Good-bye Season まだ青い 季節のように Season 気の早い枯れ葉が濡れる ああ 息を飲むほど君は 美しくなれよ
酔いしれてDeja Vu円道一成円道一成山川啓介山下達郎山下達郎抱いてくれ よろめくハートを 雨が都会(まち)を 抱くように ゆきずりに ふれあうお前に さがしていた ぬくもり  狂おしくDeja Vu ずっと昔に そうさ愛してた この香り 燃える髪 ガラスの肌 何も見えない お前だけさ  生き急ぐ 男の心は いつも空の グラスさ かわく夢 うるおすお前を 街から街 さがした  酔いしれてDeja Vu 忘れかけてた 熱いブルースが かけめぐる 言葉など 脱ぎ捨てろよ よく似た孤独 おれにくれよ  二度と醒めないさ この夢は  愛してた お前だけを 恋に恋してた あの時から おれは純情な 少年さ  さがしてた お前だけを 外は9月の つめたい雨 二度と醒めないさ この夢は  愛してた お前だけを 恋に恋した あの時から まるで純情な 少年さ  さがしてた お前だけを 外は9月の つめたい雨 二度と醒めないさ この夢は
NATURALLY八神純子八神純子山川啓介八神純子流行(はや)りのステップ 踊りつづけるあなた 置いてきぼりが こわい人 軽いジョークに 街中が笑っても 私の胸は 風が吹く 少年色のきらめきを 愛していたのよ  都会で見える星座の 名前教えてくれた夜 ついてゆくと決めたの My Love, My Dream, My Life…  みんな時代の渦へと 知らずに落ちてゆくけれど あなたらしく愛して Love Me, Love Me, Love Me Naturally  夏が終れば 紺色のスーツ着て みんな大人に なってゆく あなたも夢を 思い出にするかしら ビールの缶でも つぶすように 私を抱いた 肩ごしに きのうを見つめて  草原の風のような 若さがとてもまぶしくて 私の夢 賭けたの My Love, My Dream, My Life…  変わらずにいる勇気を そうよ 私は信じてる あなたらしく愛して Love Me, Love Me, Love Me Naturally
わが青春のアルカディア渋谷哲平渋谷哲平山川啓介平尾昌晃前だけを見つめて おれは旅立つ 終ったきのうに 悔いはないから やすらぎはいらない 孤独がほしい 孤独でなければ 夢は追えない 宇宙よ 凍った星の海よ おれの魂は 挑みつづける お前が冷たく きびしいほど おれの血は熱く 燃えつづけるだろう  自由とひきかえに ふえる傷あと 灼けつく痛みも 生きるしるしだ 愛にふと歩みを とめた日もある そいつもはるかな 過去のひとつだ 宇宙よ 乾いた星の荒野よ おれのこの命 すべて賭けよう おれがただひとつ めざすものは 最後に笑って 死ねる人生だけ  宇宙よ 凍った星の海よ おれの魂は 挑みつづける お前が冷たく きびしいほど おれの血は熱く 燃えつづけるだろう
宇宙刑事シャイダー串田アキラ串田アキラ山川啓介渡辺宙明誰だ! 光あふれる世界に 誰だ! 嵐を起こすのは まぶしい太陽を 隠す黒い雲を 吹きはらうのさ 愛と勇気で 君も走れ 君も戦え 思いきり明るく 叫べ 笑え シャイダー 守ろうぜ シャイダー 美しい地球を 宇宙刑事 シャイダー  誰だ! やさしく弱い瞳を 誰だ! 涙でよごすのは 幸せの花を 枯れさせるやつらに 立ちむかうのさ 苦しくたって 君も燃えろ 君も飛びたて さあ広い宇宙が 呼んでいるぜ シャイダー 貸してくれ シャイダー 君のその力を 宇宙刑事 シャイダー  君も走れ 君も戦え 思いきり明るく 叫べ 笑え シャイダー つくろうぜ シャイダー あたたかい明日を 宇宙刑事 シャイダー
宇宙刑事シャリバン串田アキラ串田アキラ山川啓介渡辺宙明Hey Boy 空を見ろ うつむかないでさ おれがいる 君がいる 太陽が呼んでいる いいじゃないか いいじゃないか 夢があれば いいじゃないか いいじゃないか あしたがあれば Shine Shine Shine シャリバン Shine Dash Dash Dash シャリバン Dash 男 強さ やさしさ 力 勇気 かがやき 宇宙刑事シャリバン  Hey Boy この地球 緑の大地に 生きている 育ってる いのちは仲間さ ついて来いよ ついて来いよ 戦おうぜ ついて来いよ ついて来いよ 誰かのために Shine Shine Shine シャリバン Shine Dash Dash Dash シャリバン Dash 怒り 涙 ほほえみ 自由 未来 きらめき 宇宙刑事シャリバン  Shine Shine Shine シャリバン Shine Dash Dash Dash シャリバン Dash 怒り 涙 ほほえみ 自由 未来 きらめき 宇宙刑事シャリバン
太陽戦隊サンバルカン串田アキラ・こおろぎ'73串田アキラ・こおろぎ'73山川啓介渡辺宙明太陽がもしもなかったら 地球はたちまち凍りつく 花は枯れ 鳥は空をすて 人は ほほえみなくすだろう 太陽はオー生命の星だ 幸せをオー守る炎だ イーグル! シャーク! パンサー! イーグル! シャーク! パンサー! おれたちの魂も 燃えている Follow The Sun, Catch The Sun 太陽戦隊サンバルカン  太陽が燃えているかぎり かならずまぶしい朝がくる 悲しみの夜が つづいても 君は 負けずに朝を待て 太陽はオーみんなのものだ 誰にでもオー光をくれる イーグル! シャーク! パンサー! イーグル! シャーク! パンサー! おれたちも輝いて 生きようぜ Follow The Sun, Catch The Sun 太陽戦隊サンバルカン  太陽はオー生命の星だ 幸せをオー守る炎だ イーグル! シャーク! パンサー! イーグル! シャーク! パンサー! おれたちの魂も 燃えている Follow The Sun, Catch The Sun 太陽戦隊サンバルカン
1たす2たすサンバルカン串田アキラ・コロムビアゆりかご会串田アキラ・コロムビアゆりかご会山川啓介渡辺宙明オゥ!ノー! 強さは力じゃないのさ 男らしさと 正しさだ 燃える腕 組み合えば あふれる きらめく トリプル・パワー 「イーグル!」「シャーク!」「パンサー!」 1たす2たす 1たす2たす サンバルカン もっともっと強くなろうぜ 君たちも 三つの力 ひとつの心 太陽戦隊サンバルカン  オゥ!ノー! 渡してたまるか 地球を 悪いやつらの その手には 空と海 この大地 守って たたかう トリプルパワー 「イーグル!」「シャーク!」「パンサー!」 1たす2たす 1たす2たす サンバルカン きっときっと平和な明日を つくろうぜ 三つの夢に ひとつの使命 太陽戦隊サンバルカン  1たす2たす 1たす2たす サンバルカン もっともっと強くなろうぜ 君たちも 三つの力 ひとつの心 太陽戦隊サンバルカン
夢の舟乗りヒデ夕樹ヒデ夕樹山川啓介大野雄二子供の頃は 空を飛べたよ 草に寝ころび 心の翼ひろげ どこへだって 行けたぼくだった 君を愛した時 忘れてた翼が もう一度 夢の空 飛ぶことを教えた どっちを向いても 宇宙 どっちを向いても 未来 どこまで行っても 宇宙 どこまで行っても 未来  男は誰も 夢の舟乗り 少年の日のあこがれ 死ぬ時まで 忘れずに 抱いてるものだよ 君の愛があれば つめたい闇の中 おそれずに くぐりぬけ 明日へ行けるだろう どっちを向いても 宇宙 どっちを向いても 未来 どこまで行っても 宇宙 どこまで行っても 未来  どっちを向いても 宇宙 どっちを向いても 未来 どこまで行っても 宇宙 どこまで行っても 未来
太陽がくれた季節dicotdicot山川啓介いずみたく本間昭光君は何を今 見つめているの 若い悲しみに 濡れた眸で 逃げてゆく白い鳩 それとも愛 君も今日からは ぼくらの仲間 とびだそう 青空の下へ  君は何を今 待ちつづけるの 街の片すみで ひざをかかえて とどかないあの手紙 別れた夢 君も今日からは ぼくらの仲間 とびこもう 青春の海へ  青春は 太陽がくれた季節 君も今日からは ぼくらの仲間 燃やそうよ 二度とない日々を…  
サマー イン サマー八神純子八神純子山川啓介八神純子海から 光のシンフォニー 響く めまいの午後 あなたの 視線に抱かれて 夢に落ちてく  もしかして 何もかもが コバルトの蜃気楼(サマー イン サマー) でもいいの 今私は真夏のヒロイン(サマー イン サマー)  カフェ・オ・レ色に 心まで灼いてしまいたい あなたと言う名の 激しくやさしい太陽で  サマー イン ミー けだるい都会の日々が 素肌に溶けてく  サマー イン ミー あなたの海になりたい このまま  もしかして 何もかもが コバルトの蜃気楼(サマー イン サマー) でもいいの 今私は確かに生きてる(サマー イン サマー)  カフェ・オ・レ色に 心まで灼いてしまいたい こんなに暑い真夏は 二度とは来ないわ  カフェ・オ・レ色に 心まで灼いてしまいたい あなたと言う名の 激しくやさしい太陽で  サマー イン ミー サマー イン ミー……
あて名のない手紙石川セリ石川セリ山川啓介樋口康雄あなたと育てた まっ赤バラが ゆうべの嵐に 散りました あの日で終った 愛なのに 心が寂しく 痛みます お元気ですか そうならいいけど 幸せですか そうならいいけど  胸を光らせ 話してくれた 夢には今頃 会えたかな よく似た話を 聞くたびに  心が悲しく 騒ぎます お元気ですか そうならいいけど 幸せですか そうならいいけど  お元気ですか そうならいいけど 幸せですか そうならいいけど お元気ですか そうならいいけど 幸せですか そうならいいけど ……
小さな日曜日石川セリ石川セリ山川啓介樋口康雄ある月曜日 夜明けを一緒に見ました 愛を知るには おさない二人でした ある水曜日 二つのカバンを捨てて 海の街まで 最後の汽車にのりました  悪いことだと二人 責められたけど 信じられる何かを 求めてみただけ  ある日曜日 持ち主をなくしたくつが 二つ寄りそい 潮騒をきいていました  悪いことだと二人 責められたけど 信じられる何かが 欲しかっただけ 悪いことだと二人 責められたけど 信じられる何かを 求めてみただけ  ララ ラララ………
小さな日曜日(デモ・ヴァージョン)石川セリ石川セリ山川啓介樋口康雄ある月曜日 心にふれてみました 恋と呼ぶには 小さな出来事でした ある水曜日 夜明けを一緒に見ました 愛を知るには おさない二人でした 悪いことだと二人 責められたけど 信じられる何かが 欲しかっただけ  ある金曜日 二つのカバンを捨てて 海の街まで 最後の汽車に乗りました 悪いことだと二人 責められたけど 信じられる何かが 欲しかっただけ  ある日曜日 持ち主をなくしたくつが 二つ寄り添い 潮騒がきいていました 悪いことだと二人 責められたけど 信じられる何かが 欲しかっただけ  悪いことだと二人 責められたけど 信じられる何かが 欲しかっただけ
ホームタウン急行サーカスサーカス山川啓介佐藤健坂本龍一ホームタウンまで 切符をちょうだい ちょうど夜明けに 着く汽車の 駅には彼が 待ってるはずなの 結ばれるのよ 私たち  オレンジの花 咲いてる道を 肩を並べて 丘のチャペルへ 都会でおぼえた 悲しみたちを 忘れて私 生まれ変わるの  ホームタウン急行 ホームタウン急行  ホームタウンから 届いた手紙に 返事も出さず 暮らしたわ ほんとの愛は ふるさとにあると やっと気づいた 私なの  パパとママとが そうしたように 彼とつくるわ 小さな幸福(ハピネス) 人ごみに消えた 素顔の夢を 今度は私 手放さないわ  ホームタウン急行 ホームタウン急行 めざめれば ふるさとの町 ホームタウン急行 ホームタウン急行 めざめれば 彼の腕の中  ホームタウン急行 ホームタウン急行 ホームタウン急行 ホームタウン急行
人生すばらしきドラマヤング101ヤング101山川啓介和田昭治和田昭治人生 人生 ぼくが 君たちが つくるすばらしい たった 一度だけのドラマ  だれの目にも あしたなんて見えないさ なにが起きるのか 神様だけがごぞんじ  船乗りは教える 人生は海 旅人はつぶやく 人生は旅 そうさ 君の人生は 君だけのもの 光の中を さあ歩きだそう 地球は ぼくたちのためにあるんだ  人生 人生 若いぼくらには なんて美しい ひびきがするこの言葉  窓を閉めて 泣いてる人に教えよう 外をごらん ほらいつのまにか花が咲いた  もしもどこかで君とぼくがであったら 大きな声でさけぼう みんな生きている  子供たちは見上げる 遠くの空 大人たちはふり向く 今きた道 そして 君はかけて行く 歌いながら 太陽は まだ今昇ったばかり 地球は ぼくたちのためにあるんだ  地球は ぼくたちのためにあるんだ
神と悪魔子門真人子門真人山川啓介小森昭宏神の力と 悪魔の力 ぶつかる ぶつかる 火花をちらし ただしい心と ゆがんだ心 戦う 戦う 命をかけて きっとその手に 勝利をつかめ 負けるなぼくらの ライディーン  神の明日と 悪魔の明日 ぶつかる ぶつかる 火花をちらし きれいな夢と みにくい夢 戦う 戦う 命をかけて 道はとおくて けわしいけれど 負けるなぼくらの ライディーン  きっとその手に 勝利をつかめ 負けるなぼくらの ライディーン
おれは洸だ子門真人・コロムビアゆりかご会子門真人・コロムビアゆりかご会山川啓介小森昭宏なぜだろうなぜだろう 心が燃える たたかえとたたかえと 誰かが叫ぶ 行くぞライディーン はてしない空へ ライライ ライライ ラーイ おれは洸だ きみの仲間だ  どこだろうどこだろう 悪魔の国は ためしたいためしたい 力と知恵を 急げライディーン 待っている敵が ライライ ライライ ラーイ おれは洸だ きみの仲間だ  いつだろういつだろう 平和が来る日 つらくてもつらくても 泣きはしないさ 守れライディーン みんなの夢を ライライ ライライ ラーイ おれは洸だ きみの仲間だ
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. KICK BACK
  3. first death
  4. すずめ feat.十明
  5. ツキヨミ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Blue Moon
  2. ギターと孤独と蒼い惑星
  3. 好きじゃないよ
  4. SPECTRA
  5. 倶に

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照