十川ともじ編曲の歌詞一覧リスト  128曲中 1-128曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
128曲中 1-128曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
笑顔見せてChageChageChageChage十川ともじ笑顔 見せて 見せて 見せて 君の笑顔 LaLaLaLa 涙 ふいて ふいて ふいて 君の涙 SaYoNaLa  愛は どこに どこへ どこだ あちらこちら散らかして 僕が焦ってる  愛は どこに どこへ どこだ いつもいつも見失って 夢中で探してる 君の夢ん中まで  だって約束したじゃん あの日指切りしたじゃん 初めての Kiss は 波の音に抱かれていた  笑顔 見せて 見せて 見せて 君の笑顔 LaLaLaLa  電車が止まっても 地球が止まっても  ぐっと抱きしめたいじゃん そっと囁きたいじゃん 満天 空の下 数えきれない星のように  涙 ふいて ふいて ふいて 君の涙 SaYoNaLa  電車が止まっても 地球が止まっても  笑顔 見せて 見せて 見せて 君の笑顔 LaLaLaLa 涙 ふいて ふいて ふいて 君の涙 SaYoNaLa 笑顔 見せて 見せて 見せて 君の笑顔 LaLaLaLa 涙 ふいて ふいて ふいて 君の涙 SaYoNaLa
青い空だけじゃないChageChageChage・河野健太郎Chage・河野健太郎十川ともじ何もないこの部屋に 小さな窓を壁に描いた 浮かび上がる景色は どんな彩を連れてくるの  青い空だけじゃない 眩しいだけじゃない  夢の続きはときには 灯りの消えるランプみたい 愛の行方はときには 鉛のように重い心  青い空だけじゃない 眩しいだけじゃない  最後の時に 何が見えるだろう 答え合わせを捨てた旅 どこかで君に 出会えたなら 痛みを分けた 忘れぬ日々 笑い合いたい  青い空だけじゃない 眩しいだけじゃない  どうしようもない あの日の自分を 振り払うように走って来た どこかで君に 届きますか 空への道を 凛と照らす名残の月  最後の時に 何が見えるだろう 答え合わせを捨てた旅 どこかで君に 出会えたなら 痛みを分けた 忘れぬ日々 笑い合いたい  青い空だけじゃない 眩しいだけじゃない  さよなら ありがとう ふたりの青い春
幸せな不条理ChageChageChageChage十川ともじ掴みそこねた指の隙間から 言葉の雫からみつく ざわつくような胸のあたりにRain  空の波紋に吸い込まれて 螺旋のように舞い上がる 抱きしめるほど暗闇になるSign  夢は捨てましょう ずぶ濡れになりましょう これ以上はもう愛せないから  堕ちていくだけのふたり 踊らされるだけのふたり  開かないかもしれないパラシュート これが幸せな不条理なのか  過去と未来を行ったり来たり タイムマシンが壊れてく 戻れなくても淋しくはさせない  涙ふきましょう 空っぽになりましょう これ以上のもうkissはできない  堕ちていくだけのふたり 惑わされるだけのふたり  届かないかもしれないメッセージ これも幸せな不条理なのか  堕ちていくだけのふたり 踊らされるだけのふたり  開かないかもしれないパラシュート これが幸せな不条理なのか  堕ちていくだけのふたり 惑わされるだけのふたり  届かないかもしれないメッセージ これも幸せな不条理なのか
ことづて森川美穂森川美穂松井五郎都志見隆十川ともじ誰を送るのか 古びた桟橋がある 舟が行く先に 幾度も陽は昇る  強くなりたくて いつも泣いていたのかな そう 無茶なくらい 生きたつもりも 足りないことばかり  100年かけてもわからない いのちがなんなのかわかるはずない ただあなたが覚えててくれるなら それは私のほんと それはほんと  身軽でいようと 迷いもせず捨てたのに 時は思い出と名前を付けて 荷造りさせたがる  100年過ぎても変わらない いのちの数だけは変わるはずない でもあなたが信じててくれたもの それは私のほんと まちがいない  試される道 覚めない夢 果てのない空 かけらに見えても 心が受け止める 心になる 声があるから  100年かけてもわからない いのちがなんなのかわかるはずない ただあなたが覚えててくれるなら それは私のほんと それはほんと
夢浪漫オール巨人オール巨人オオガタミヅオオオガタミヅオ十川ともじあの日 蒔いた夢の種 やっと蕾をつけた頃 雨や嵐 吹き荒れて 何度萎れたことだろう 男はいつでも夢灯り 胸に点して生きて行く 山坂続きの人生に ようやく花が咲きそうだ  酒の河に投げ捨てた 青春時代の恋がある 時が経てばほんのりと 思い出させる夜もある 男はいつでも夢挽歌 胸に刻んで生きて行く 幾重に織り成す人生の どのひとコマも宝物  答え知らずの旅に出て 答え合わせの歳になる 育ってくれた子供らも いつの間にやら人の親 男はいつでも夢浪漫 胸に抱いて生きて行く 万里を旅する人生は まだまだ先がありそうだ
わが町は…高橋真梨子高橋真梨子阿久悠都倉俊一十川ともじママからいわれてた 急いで帰るよに… お前はここでくらすことが 一番いいよと… 夢やぶれ傷ついて 悲しみにとざされ 生きていた昨日までが まるで嘘みたい  空に雲があり 丘に花があり 人に愛があるこの町 今日からは この私 生まれ変わるわ  パパからいわれてた やさしさ忘れるなと… お前に残す一つだけの 言葉なんだよと… あの人にいつかは 手紙など書きましょう もう二度と戻らないと 書いて出しましょう  明日はどうなるか 誰もわからない だけどこの町にいたなら おだやかな人間で きっといられる
やさしい夢高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子松田良十川ともじひとみ閉じて争いや哀しみも忘れましょう カラダ中湧き出した汗と共に  ひとみ閉じて自分自身許してあげましょう 我が心傷つけてしまうから  人は歳を取ったとき初めて気付くもの こんなにも時間が早く過ぎてた  夢を見ましょう 夢を見ましょう 若き日の頃思い出し 空を見上げて空を見続け 優しい涙落ちてくる  ひとみ閉じてジレンマの片隅この命 絶望や奇跡など背負ってる  人は歳を取ったとき 移動実現して 歴史は何処へと手探りしてる  あの日に戻り恋をしましょう 虹の彼方も遠くない いつか旅立つその日が来たら 優しく言えるサヨナラを 優しい涙落ちてくる
カーネーション辛島美登里辛島美登里辛島美登里辛島美登里十川ともじ花はどうして 咲くのでしょう 何のために 誰のために トゲやツルにまみれながら わたしは目覚めた  店先で 男の子が 迷う贈り物は 小さな手に 初めて宿る 赤い「ありがとう」  あなたの愛が 願いが 届くように わたしは つばさ重ねて咲いてる 花は 花は カーネーション  人はどうして 泣くのでしょう 別れるとき 出逢えたとき ふれあった日のぬくもりを 忘れはしないよ  ゴールなんて どこにもない あなたはあなたでいい 休めばいい 無理してまで 歩くことはないの  傷つきすぎて 痛みに気づかない あなたを 抱きしめたいの 心に 花を 花を カーネーション  わたしが散っても かたいつぼみが 明日を待ってる  還ってゆくの 何度も 心も 身体も あなたのそばに咲いてる 愛は 愛は リインカーネーション  花を 花を カーネーション
名もなき未来KinKi KidsKinKi KidsSatomiShusui・Josef Melin十川ともじ「泣きたいのなら泣いてもいいよ」 ボクの前では決して こらえずに  強がることなんてないから らしく いつもキミがキミでいれば  誰もが感じて生きてる 群衆のなかでの孤独 キミにはいるからボクが…  名もなき未来のその先へ キミを連れてくよ 変わることない 愛と共に  離したくない離れたくない 強く引き寄せた キミの掌へと ボクは誓う 何が起きても 儚い 気持ち守り続けよう  大切にしていた物よりも 失くして気づく本当に守るべき物に  傷つくことなんてないから 瞳 閉じてキミはキミのままで  冷静な理性の裏で あの日、生まれた感情 忘れてはいけないボクは…  名もなき未来のその先へ キミを連れてくよ 終わることない 夢を見よう  壊したくない壊せやしない 哀しみに染まった 過去があったからこそ 愛すべき キミを作った すべてが つながってる今へ  同じ時間過ごし呼吸感じるたび 強さを増すこの絆は  名もなき未来のその先へ キミを連れてくよ 変わることない 愛と共に  離したくない離れたくない 強く引き寄せた キミの掌へと ボクは誓う 何が起きても 儚い 気持ち守り続けよう  愛という名のもとで
空の向こう~君の手をとって~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜十川ともじ笑いながら行こう 君と手をとって ずっと… どんな涙も 笑顔に変えて I'll be there for you 希望だけは捨てないよ  君のため息を ひとつも見逃さないように 今日も笑顔で“おはよう”って 君の顔 覗くよ  光降り注ぐ空に 夢を重ねよう 今日も一日 楽しくね! 幸せのカケラ 集めて  雨が降っても 風が吹いても 君を照らし続ける  笑いながら行こう 君の手をとって ずっと… 空の向こうで待ってる未来 立ち止まっても そばにいるから  奇跡を起こすなら 君とがいいな もっと… どんな涙も 笑顔に変えて I'll be there for you 希望だけは捨てないよ  強いわけじゃない 君に見せない涙も 君が笑う それだけで 頑張れるんだ ありがとう  自分よりも大切な人 初めて思った人  笑いながら行こう 君と手をとって ずっと… 空の向こうで待ってる未来 いつもそばで笑ってほしい  奇跡を起こすなら 君とがいいな もっと… 繋いだ手と手 今日も一歩ずつ I'll be there for you 同じ空を歩いて行こう  笑いながら行こう 君の手をとって ずっと… 空の向こうで待ってる未来 立ち止まっても そばにいるから  奇跡を起こすなら 君とがいいな もっと… どんな涙も 笑顔に変えて I'll be there for you 希望だけは捨てないよ
song for you岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜十川ともじ一人で泣いてた 伝えたいこと言葉にできずに  それでも消えない夢への思い 少しずつ前を見よう  今日より明日 明日よりもっと 元気な私でいたい 顔上げれば みんなそばにいる  「大丈夫」 もう一度 信じるの もう一度 夢見るの 私がいちばん 輝ける場所にいたい あきらめない気持ち 持ち続ければきっと 笑顔に出会える 届けたい声 届けたい歌 届けたい人がいる …あなたへ  何度もくじけての繰り返し きっとね あなたもそう  目の前にあること 不器用でもひとつずつ 重ねて行けば  やめる勇気も 捨てる勇気もないなら 向かう場所はひとつだけ たったひとつ“明日”  いつか 叶えたい夢がある 見たい景色がある 滲んだ空でも いつか青く見える日が 負けたくない気持ち 持ち続ければきっと また笑えるから この空の向こう 届けたい声 届けたい歌がある 明日へ  「大丈夫」 もう一度 信じるの もう一度 夢見るの 私がいちばん 輝ける場所にいたい あきらめない気持ち 持ち続ければきっと 笑顔に出会える 届けたい声 届けたい歌 届けたい人がいる …あなたへ
カリソメ高橋真梨子高橋真梨子松井五郎亀井登志夫十川ともじ醒めた肌に沈む夜 衣の音がかすれる ただゆらゆら窓伝う雫 解けた影がふたつ  ありもしないものばかり 名付けたがるぬくもり また約束 強請るてのひらに 甘い香り残し  愛を求めながら 与えすぎるから いつのまにか 心 涸れるだけ たとえ それが 夢に思えても 全部 どうせ きっと 嘘 どうせ そうさ 嘘 幸せはカリソメ いつも いつも いつも  誰のために尽くしても 命なんてはかない 色とりどりちりばめた言葉 繋ぐ糸も持たず  愛を疑うのに溺れたがるから いつのまにか帰る場所もない 抱いていればいいと信じても 全部 どうせ きっと 嘘 どうせ そうさ 嘘 微笑みもカリソメ いつも いつも いつも  どうせ きっと 嘘 どうせ そうさ 嘘 どうせ きっと 嘘 どうせ そうさ 嘘
雲母の波高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子カコイミク十川ともじ寄せる波に 足を沈め 冷たい足先 温めたい  ああ 夢かな 気付けば彼がいない 待てども待てども 過ぎゆく  髪を切ろう 彼の香り 切った髪を 風に飛ばす  ああ 見えない 見えない 何が見える? どうしてどうして 見えないの  ああ 1000 ものしぶきは 雲母の波 冷たい冷たい 足先  ああ 夢みて 幾度もなみだ零す 待てども待てども 戻らない遠い影
逢いにゆくよ高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子Henrik Axelsson十川ともじ罪と罰をかかえて 君は歩いて来たんだ 別れが来ても 哀しみさえロマンス  君のこと好きだから I will always be there for you 忘れない忘れない I'll be there 逢いたい  僕らは生まれた何故? それは使命があるから 生きてくことが 誰かのためになるの  差し伸べた手のひらで 温かいこころを 捕まえて引き寄せて I'll be there 逢いたい  時代も変わってしまうよ 景色だって新しい  君だけじゃないからね 重いその荷物 誰だってかかえてる だからひとりじゃない  一秒の 一秒の 時間を踏みしめて  Forever my love, forever your love I'll be there just call my name 逢いにゆくよ…
約束高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子Sephan Berg・Frank Adahl十川ともじアイツは突然 唄うのをやめてしまった 無限の天と地が放つ'カオス'  アイツのダイナミック 唄はDream 空を超えて 宇宙の果てまで響くよ その歌声  今はもう深い闇だ 無数なる星見てると 旅立つ光が見えた  約束したじゃない ずっとずっとそばに居るって 絶え間なく聴こえる Yesterdays' voice  アイツの瞳に キャンドル灯してみる 目を開けステージに立つんだ 皆待ってる  二度とはもう二度とは唄えないと アイツは言った そのまま夜空へ走る  それは多分孤独だった 魂の揺らぎへと 移ってく音色は Yesterdays' voice  流星が燃やすものを 失ったその刹那に  自らの身体へと帰りゆく 生命のStar 涙をひと粒残し  約束したじゃない 唄うのは愛すること すべての愛だと Yesterdays' voice  絶え間ない愛だと… Yesterdays' love
HYBRID FUNK.ENDRECHERI..ENDRECHERI.堂本剛堂本剛十川ともじ未来へFUNK 時のHYBRID FUNK PAST FUTURE 絡み合ったFUNK  未来へFUNK 愛のHYBRID FUNK PAST FUTURE 愛し合ったFUNK  HYBRID FUNK GROOVING…  ひとがひとであることを悔やむような 悲しい歴史をひとは止められないでばっか 殺す 殺さない いたぶる いずれ 死ぬ 道中にも関わらず  思奏 志奏 私奏 しよう 魂を魅よう 誰かのあたしを生きる明日 目指すのは 勇者のようで勇者じゃない 虐められてること 気づいてみない?  今日までの道のりに咲いた残像の傷跡を まだ知れない1秒の先の風と舞わせ舞おう  未来へFUNK 時のHYBRID FUNK PAST FUTURE 絡み合ったFUNK  未来へFUNK 愛のHYBRID FUNK PAST FUTURE 愛し合ったFUNK  魅体へFUNK 時のHYBRID FUNK PAST FUTURE 絡み合ったFUNK  魅体へFUNK 愛のHYBRID FUNK PAST FUTURE 愛し合ったFUNK  HYBRID FUNK GROOVING…
MusiClimber.ENDRECHERI..ENDRECHERI.堂本剛堂本剛十川ともじMusiClimber…  心臓 パンプすれど登れ 鼓動シェイクし登れ 音のひとつ ひとつを掴め そして頂まで 消える運命(さだめ)に舞う音 掴め ピンチを掴め 僕ら と 君ら がひとつと化す その頂へ 着こう  MusiClimber…  心臓 パンプすれど登れ 鼓動シェイクし登れ 音のひとつ ひとつを掴め そして頂まで 消える運命に舞う音 掴め アーチを掴め 僕ら と 君ら がひとつと化す その頂へ 着こう  心臓ごと ファンクしてよ higher!鼓動シェイクし登れ 音のひとつ ひとつを掴め そして頂まで 消える運命に舞う音 掴め ウェーブを掴め 僕ら と 君ら がひとつと化す その頂へ 着こう  MusiClimber…
去な 宇宙.ENDRECHERI..ENDRECHERI.堂本剛堂本剛十川ともじ滾る宇宙 に旅立とう 月を観る 歌人のように 不平味 染みた世俗を 擦り抜ける 摺り足 鳴らせ  群衆 逸(はぐ)れる美学を羽織って 己の色彩で魅了して 濁流に佇む 巨石と成れ 動かず動くような  川に咲く 咲くがままで  孤高(ここう)の 去な宇宙(スペース) 広げ 無の舞(ダンス) 孤高の 去な宇宙 広げ 無の舞  道無き未知 選ぶのは子供と 己の色彩 捨てた 濁流を逸れて 巨石と成れ 動かず動くような  川に咲く 咲くがままで  至高(しこう)の 去な宇宙 広げ 無の舞 至高の 去な宇宙 広げ 無の舞  孤高の 去な宇宙 広げ 無の舞 孤高の 去な宇宙 広げ 無の舞  川に咲く 咲くがままで
Crystal light.ENDRECHERI..ENDRECHERI.堂本剛堂本剛十川ともじ削ぎましょう このカラダ 惜しまずに 逝く水を 和えましょう このいちどに 生と死の 逝く水を  Crystal light Crystal light Crystal light 噴いてばむ Crystal light Crystal light Crystal light 君へ捧げよう  噴いてばむばむ ばんで吹く吹く…  蒸しましょう その身体 身を離れ 逝く水で 混ぜましょう その心音に 生と死の 逝く水を  焦れあおう この幸で 生と死の 逝く水で 果てましょう そのこの身体 愛を漉し 逝く水で  Crystal light Crystal light Crystal light 噴いてばむ Crystal light Crystal light Crystal light 噴いてばむ Crystal light Crystal light Crystal light 噴いてばむ Crystal light Crystal light Crystal light 瞬間(いま)へ捧げよう
背に生えたクリスタル.ENDRECHERI..ENDRECHERI.堂本剛堂本剛十川ともじ脳の中で イク なんて 普通な 君と僕じゃない 脳の外で イク 世界 知ってる 君と僕じゃない? 愛を求め合う なんて つまんない 君と僕じゃない 愛を与え合う 世界 知ってる 君と僕じゃない?  鱗 騒がせ 水面 踊らせ 世の中の ノイズは ファンクで断つ 奇跡を招く 背に生えた クリスタル なびかせよう  ENDRECHERI  鱗 騒がせ 皆で 踊ろうね ファンキーな うねり くねりで 宇宙へと発つ 奇跡を招く 背に生えた クリスタル なびかせよう  ENDRECHERI
3月9日山崎育三郎山崎育三郎藤巻亮太藤巻亮太十川ともじ流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます せわしく過ぎる日々の中に 私とあなたで夢を描く  3月の風に想いをのせて 桜のつぼみは春へとつづきます  溢れ出す光の粒が 少しずつ朝を暖めます 大きなあくびをした後に 少し照れてるあなたの横で  新たな世界の入口に立ち 気づいたことは 1人じゃないってこと  瞳を閉じれば あなたが まぶたのうらに いることで どれほど強くなれたでしょう あなたにとって私も そうでありたい  砂ぼこり運ぶ つむじ風 洗濯物に絡まりますが 昼前の空の白い月は なんだかきれいで 見とれました  上手くはいかぬこともあるけれど 天を仰げば それさえ小さくて  青い空は凛と澄んで 羊雲は静かに揺れる 花咲くを待つ喜びを 分かち合えるのであれば それは幸せ  この先も 隣で そっと微笑んで  瞳を閉じれば あなたが まぶたのうらに いることで どれほど強くなれたでしょう あなたにとって私も そうでありたい
君がいるだけで山崎育三郎山崎育三郎米米CLUB米米CLUB十川ともじたとえば 君がいるだけで 心が強くなれること 何より大切なものを 気付かせてくれたね  ありがちな罠に つい引き込まれ 思いもよらない くやしい涙よ 自分の弱さも 知らないくせに 強がりの汽車を 走らせていた  めぐり逢った時のように いつまでも変わらず いられたら wow wow True Heart  たとえば 君がいるだけで 心が強くなれること 何より大切なものを 気付かせてくれたね  裏切りの鏡に 映しだされた 笑顔につられて 流された日々 はかないものへの 憧れだけで すぐ目の前にあることを 忘れてた  なぜにもっと 素直になれなかったのだろう 君にまで wow wow True Heart  たとえば 君がいるだけで 心が強くなれること 何より大切なものを 気付かせてくれたね  True Heart 伝えられない True Heart わかって True Heart 見えないものを True Heart 見つめて  たとえば 君がいるだけで 心が強くなれること いつでも いつの時も 二人は お互いを見つめてる  たとえば 君がいるだけで 心が強くなれること いつでも いつの時も 二人は お互いを見つめてる
366日山崎育三郎山崎育三郎仲宗根泉仲宗根泉十川ともじそれでもいい それでもいいと思える恋だった 戻れないと知ってても 繋がっていたくて 初めてこんな気持ちになった たまにしか会う事 出来なくなって 口約束は当たり前 それでもいいから……  叶いもしない この願い あなたがまた私を好きになる そんな儚い 私の願い 今日もあなたに会いたい  それでもいい それでもいいと思えた恋だった いつしかあなたは会う事さえ拒んできて  一人になると 考えてしまう あの時 私 忘れたらよかったの? でもこの涙が 答えでしょう? 心に嘘は つけない  恐いくらい覚えているの あなたの匂いや しぐさや 全てを おかしいでしょう? そう言って笑ってよ 別れているのにあなたの事ばかり  恋がこんなに苦しいなんて 恋がこんなに悲しいなんて 思わなかったの 本気であなたを思って知った  恐いくらい覚えているの あなたの匂いや しぐさや 全てを おかしいでしょう? そう言って笑ってよ 別れているのにあなたの事ばかり  あなたは私の中の忘れられぬ人 全て捧げた人 もう二度と 戻れなくても 今はただあなた…あなたの事だけで あなたの事ばかり
For フルーツバスケット for Youth林原めぐみ林原めぐみ岡崎律子岡崎律子十川ともじとてもうれしかったよ 君が笑いかけてた すべてを溶かす微笑みで  春はまだ遠くて つめたい土の中で 芽吹く瞬間(とき)を待ってたんだ  たとえば苦しい今日だとしても 昨日の傷を残していても 信じたい 心ほどいてゆけると  生まれ変わることはできないよ だけど変わってはいけるから Let's stay together いつも  僕だけに笑って その指で ねえ触って 望みばかりが果てしなく  やさしくしたいよ もう悔やまぬように 嘆きの海も越えていこう  たとえ苦しい今日だとしても いつかあたたかな想い出になる 心ごとすべてなげだせたなら  ここに生きてる意味がわかるよ 生まれおちた歓びを知る Let's stay together いつも  たとえば苦しい今日だとしても いつかあたたかな想い出になる 心ごとすべてなげだせたなら  ここに生きてる意味がわかるよ 生まれおちた歓びを知る Let's stay together いつも
大福マンの歌カール北川カール北川WATER//COLORWATER//COLOR十川ともじ和っ和っ和っ和っ和!! 和菓子の国は楽しい国だ 今日も元気に「おはようございます」 大きな声に心を込めて素敵な挨拶交わしたら 皆で楽しくお茶を飲みましょ 一日の始まりだ 正義の味方だ 大福マン  和っ和っ和っ和っ和!! 和菓子の国は明るい国だ 青い空に「こんにち和(わ)」 緑広がる草原に大きなシートを広げたら 丸い太陽の光浴びてお弁当「いただきます」 笑顔も大好き 大福マン  和っ和っ和っ和っ和!! 和菓子の国は綺麗な国だ 月の下で「こんばん和(わ)」 甘い匂いに誘われて太鼓のリズムに合わせたら みんなの心が大きな輪になる 踊りましょ歌いましょ 祭りも大好き 大福マン  和っ和っ和っ和っ和!! 和菓子の国は優しい国だ 広い空に「おやすみなさい」 今日もみんなに「ありがとう」感謝の気持ちを伝えたら 夢と希望が待っているよ みんなで「輪」作りましょ 平和が大好き 大福マン
大福音頭カール北川・沙羅カール北川・沙羅WATER//COLORWATER//COLOR十川ともじそれ!! 餅 餅!! 餅 餅!! ハァ もち米のまんまじゃ 美味しいお餅は食べれません だからペッタン×2 みんなでつきましょ 幸せになるために あの娘はもち肌 この子は力持ち 餅は元気の源です!! それ! 汗かいて 声出して ペッタン×2 力を合わせて ペッタン×2 みんなが集まれば 全部楽しくなるんです 大福音頭で 今日も元気で生きましょう!!  それ!! 餅 餅!! 餅 餅!! ハァ うつむいたまんまじゃ きれいな朝陽は見れません だからペッタン×2 みんなでつきましょ 笑顔の花咲く様に 伸びた分だけ 長生きできる 餅は結構粘ります それ! 汗かいて 声出して ペッタン×2 力を合わせて ペッタン×2 みんなが集まれば 全部楽しくなるんです 大福音頭で 今日も伸び伸び生きましょう!!  それ!! 餅 餅!! 餅 餅!! ハァ 餅の真ん中に 餡子や苺を置きました だからペッタン×2 みんなでつきましょ 幸せを包むため 小豆の数だけ 笑顔になれる それが大福の凄さです それ! 汗かいて 声出して ペッタン×2 力を合わせて ペッタン×2 みんなが集まれば 全部楽しくなるんです 大福音頭で 今日も笑顔で生きましょう!!  それ!! 餅 餅!! 餅 餅!! ハァ それ!! 餅 餅!! 餅 餅!! ハァ
Hello, Brand New Days阿部真央阿部真央阿部真央阿部真央十川ともじいつだって すぐに輝ける準備を 足の上 身体の自由が効く限り ダメだらけ 私の毎日だけど なまってる足で 出遅れたくないじゃない  新たな始まりを必ず引き寄せて見せるわ  ララララ… Hello, Brand New Days  朝が来て ちゃんとお腹が空くとか 会いたくて 会える人がいるだとか 自分が嫌になった時は思い出すの いつだって 生かされていること  歩きながら作ってく 道を行くのもいいのかもね  いつだって 始められるよ 手を伸ばせば Hello, Brand New Days  いつだって 誰だって いつだって 誰だって 始められるよ  いつだって 始められるよ 手を伸ばせば Hello, Brand New Days
カレンダーのコイビト楠田亜衣奈楠田亜衣奈こだまさおり山田高弘十川ともじ想像して? 1年分の、記念日じゃない日も全部 まだ誰も知らない未来 まずはふたり占めしよう  白い紙に書き込んでいく 今日の笑顔の理由 時のポケットに消えちゃう前に 大事に拾っていきたいね  春一番光を連れて 夏服を吹き抜けていく 同じ風の行方 追いかけながら 新しいドアが開く 秋空に流れる雲と 冬晴れにこぼれる息が 弾むオモイ達をつなげていくね ふたりのカレンダーを歩こう  覚えてる? 1年前の、同じ日は何をしてたっけ こんな今日に出会えてること あの頃のふたりにはヒミツ  何冊目のカレンダーでも 新発見できるの 今年だけのトクベツな日々 ココロにたくさん焼きつけて  パステルに色づく街で 日に焼けたキミのとなりで 毎日少しずつ 気づいていたい 優しいグラデイション 金色に染まる歩道で 粉雪が踊る窓辺で 愛しさがつながる軌跡を知るの ゆっくりわたし達を歩こう  春一番光を連れて 夏服を吹き抜けていく 同じ風の行方 追いかけながら 何度もドアを開く 秋空に流れる雲と 冬晴れにこぼれる息が 弾むオモイ達をつなげていくの ふたりはカレンダーのコイビト 
陽炎 ~KagiroiGOLD LYLICKinKi KidsGOLD LYLICKinKi Kids堂本剛堂本剛・堂島孝平十川ともじ未来へと伸びている道標(ライン)のうえを 犇(ひし)めき合った言葉と想いは 時代があげるスピードに カラダを捨てた 日づけを綴る…  もらい鳴きするよな 眩暈 起こしたよな 異例な息吹の風と廻(まわ)る地球から  新しい 愛しているを 見上げて 探す 哀…  ぼくら色彩(いろ)をもつ 命をもつ Kagiroi 煌めき舞う闇のした揺れる Kagiroi 崩れ出す胸の耳を塞ぐ手のひらに流れた熱の赤い脈の美を知ってるのに… 忘れて Kagiroi…  いつか 愛は なくなるかな いずれ ぼくら 消えるのかな  加害者にされるキミ・ボクがいるから 街は今日も眠らない気でいる 世界は次元を失くす旅へ巻き込む 戻れなくとも  狭いはずの路地を飛来する1秒に 未体験な未知の入り口 築いてく  霧曝(きりざら)し 愛しているを 庇(かば)って 咽(むせ)ぶ 哀…  ぼくら色彩(いろ)をもつ 命をもつ Kagiroi 鳴らないピアノから音色 結(ゆ)う Kagiroi 崩れ出す胸の耳を塞ぐ手のひらに流れた熱の赤い脈の美を知ってたのに… 忘れた Kagiroi…  いつか 愛は なくなるから いずれ ぼくら 泣いてるから  separate 外したぼくらは 何時(いつ)へ 行こうとしてるんだろう このparade 続けるぼくらは なにに 生まれ変わりたいんだろう…  愛… ぼくら色彩(いろ)をもつ 命をもつ Kagiroi 煌めき舞う闇のした揺れる Kagiroi 崩れ出す胸の耳を塞ぐ手のひらに流れた熱の赤い脈の美を知ってるのに… 忘れて Kagiroi…  いつか 愛は なくなるかな いずれ ぼくら 消えるのかな
岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜十川ともじ「笑ってないで答えてよ。 私のどこが好き?」 今でも思い出す 優しい時間  いつまでも手を繋いでいられると思ってた 悲しい恋の終わりも知らずに  今日も空を 見上げています また いつか 会える気がして  愛しくて 恋 会いたくて 恋 寂しくて 恋 ずっと忘れない 愛してる 私 今でも あなたに恋をしてるの  追いかけてる 恋 切なくて 恋 苦しくて 恋 ずっと想ってる 思い出すあなたは いつも笑ってる I miss you  もう二度と恋はしない そう思ったあの日 出会えてよかった 今は思えるの  今日も空を 見上げていますか? もう泣かないよ 強くなるから  愛しくて 恋 会いたくて 恋 寂しくて 恋 ずっと 忘れない 愛してる 私 今でも あなたに恋をしてるの  追いかけてる 恋 切なくて 恋 苦しくて 恋 ずっと 想ってる いつまでも 忘れない恋 あなただけ I love you  一言でもいい 声を聴かせて 名前を呼んで 「どこも行くな」って 抱きしめて 涙 拭って せめて夢の中でいい 会えるのなら  愛しくて 恋 会いたくて 恋 寂しくて 恋 ずっと忘れない 愛してる 私 今でも あなたに恋をしてるの  追いかけてる 恋 切なくて 恋 苦しくて 恋 ずっと想ってる 思い出すあなたは いつも笑ってる I miss you  いつまでも 忘れない恋 あなただけ I love you
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
優しい時間岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜十川ともじまた会えるサヨナラに 泣いてしまいそうなくらい あなたを好きで好きになって 恋の切なさを知る  抱きしめ合うこの時間 時を止められたらいいのに 夢のようなこの瞬間に また会いたい  泣いたとき 笑ったとき 振り向けばそばにいてほしい 星にもたれ あなたにもたれ 永遠を描いてゆく  来年の春 九段下で あなたと桜を見ていたい 季節をひとつずつ感じて 寄り添っていられたなら そっと差し出された手のひら そっと私も重ねる 伝えたい言葉はひとつ 今日もあなたが大好きだよ  二人で過ごす時間が 不思議なくらい穏やかで 出会った意味を知りたくなる この奇跡を  失敗も葛藤も あなたに見守ってほしい 星にもたれ あなたにもたれ 明日を信じるの  どんな小さなため息さえ あなたは見つけてくれる なにげない言葉がまたひとつ 私には勇気になる もしも願いが叶うのなら たったひとつだけあるよ いつも隣で笑っているのが あなたであってほしい  来年の春 九段下で あなたと桜を見ていたい 季節をひとつずつ感じて 寄り添っていられたなら  どんな小さなため息さえ あなたは見つけてくれる なにげない言葉がまたひとつ 私には勇気になる そっと差し出された手のひら 今日もそっと重ねる 恋が愛へと変わってゆく 時を重ね 少しずつ  大好きから 愛してる 「愛してる?」って聞きたくなる
未送信の恋岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜十川ともじ友達以上でも恋人にはなれない 苦しくなるだけの行き場のない恋 伝えたい想いは未送信のままで 言葉にしたら きっともう会えない…  軽い冗談でも 「好きだよ」なんて言わないで 特別な感情はきっと私だけ  もっと早くに出会いたかったな 彼女は素敵な人 笑顔になれる でも苦しくなる これ以上あなたを好きに なりたくない  友達以上でも恋人にはなれない 苦しくなるだけの行き場のない恋 伝えたい想いは未送信のままで 今日も届かない 切ない光  優しい人なら 誰でもいいわけじゃない 閉ざしてた心を あなたがほどいてゆく  元気になれるあたたかい言葉 携帯握りしめる 会わないことで止められるのかな 今すぐ忘れることもしたくなくて  通り過ぎることが つらくなるくらいに 心が傾いていくのがわかるの あなたがいるだけで 笑顔になれるから もう少しだけ好きでいさせて  同情でもいいから そばにいてほしい…なんて 苦しくなるだけの歪んでる想い 溢れそうな想いは未送信のままで 言葉にしたらもう会えない…  友達以上でも恋人にはなれない 苦しくなるだけの行き場のない恋 伝えたい想いは未送信のままで 言葉にしたら きっともう会えない…
願いはひとつ岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜十川ともじ泣いて泣いて泣いたあの日から 二度と恋はできないと思ってた 見上げた夜空 願いはひとつ so 最後の恋になるように  願い星があるのならば どうか 一緒にいられますように  臆病だった恋心は まっすぐ あなたに向かっている  Ah 出会えたこと ほんと 誇りに思うの 今すぐには 忘れられない過去があっても  泣いて泣いて泣いたあの日から 二度と恋はできないと思ってた 見上げた夜空 願いはひとつ so 最後の恋になるように  半端だった夢心も あなたがいればね 頑張れる気がする  やりたいこと なりたいもの 今度 星空の下 聞いてね  Ah 傷つくこと ずっと 逃げていたみたい あなたとなら 元気な私になれるよ  泣いて泣いて泣いたあの日から ひとりぼっちと そう思ってた 見上げた夜空 涙ひとつ ねぇ この手を離さないでいてね  泣いて泣いて泣いたあの日から 二度と恋はできないと思ってた 見上げた夜空 願いはひとつ so 最後の恋であるように  泣いて泣いて泣いたあの日から あなたのこと ずっと待ってた 見上げた夜空 涙ひとつ ねぇ この手を離さないでいてね
初恋岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜十川ともじただ まっすぐにあなただけ 見つめていたかった ずっと これからも  会いたくて 会えなくて 季節は巡り  思い出にできない この想いを 明日もきっと 抱きしめている 一度だけ触れたキスが あなたを あなたを 忘れさせない  最後の恋と信じたかった ねぇ、あなたもそう? 答えは風の中  止まった時計 なのに 好きの気持ちだけ 溢れてる  思い出にできない この想いを 抱きしめられるのは あなただけ もう一度 会えるのなら その手を その手を 離さない  思い出にできない この想いを 抱きしめられるのは あなただけ 一度だけ 触れたキスが あなたを あなたを 忘れさせない  思い出にできない この想いを 明日もきっと 抱きしめている 一度だけ触れたキスも 声も あなたを… 忘れたくない
always love you ~ 恋しくて ~岡本真夜岡本真夜岡本真夜mayo十川ともじ忘れない 忘れない 君に恋をした それはあたたかく 日溜まりのようだった  まっすぐに まっすぐに 君に恋をした かけひきもなくて 強がりもない恋  出会ったことは必然で 懐かしい風を感じた 悲しみも痛みも包み込んだ  恋しくて 恋しくて 君に会いに行った 星をかきわけて 一瞬でも会いに  抱きしめて 寄り添って 君にキスをした そばにいるだけで それだけでよかった  もう一度だけ その笑顔見せて あの日から 君を探し続けてる  もう一度だけ 君に会えたなら 伝えたい 変わらずに愛していると  恋しくて 恋しくて 君の名を呼んだ 失った今も ただ君を想うよ  忘れない 君といた穏やかな時間は 今も生きている 君に恋をしたまま…
YELL ~ 君の声 ~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜十川ともじ信じること 夢見ること 君が教えてくれた この空の下 離れていても 「ガンバレ!」「ガンバレ!」 聴こえる  旅立つ前に もう一度 会いたくて  泣かないように 遠く空 見上げ 目を反らした  君に恋をしていたことは 伝えないまま…  どんなときも「大丈夫!」って 背中を押してくれた 忘れかけてた思い もう一度 「ガンバレ!」「ガンバレ!」 聴こえる  友達のまま いつものように手を振るよ  また会いたいからサヨナラは 言わない 元気でいてね  新しい街で 君のこと 探してしまうかもだけど…  忘れないよ 君の声を 胸に抱いて歩いて行く 不安はあるよ でも負けないよ 「ガンバレ!」「ガンバレ!」 抱きしめる  その笑顔の向こう側に きっと涙があるね YELLを君に 感謝を君に 「ガンバレ!」「ガンバレ!」を 君に…  忘れないよ 君の声を 胸に抱いて歩いて行く 思い出の中 瞳閉じれば 「ガンバレ!」「ガンバレ!」 聴こえるよ  ガンバル ガンバル ありがとう
Believe in intuition…堂本剛堂本剛堂本剛堂本剛十川ともじBelieve in intuition …  Be re born … We can be re born …
T & U堂本剛堂本剛堂本剛堂本剛十川ともじ心は眼でしょうと 眼は心でしょうと 生きながら死んで 死にながら生きていよう  音(ね)にならん音(ね)を 鳴らさずに鳴らそう 君ではない君と 僕じゃない僕と  Funky な 瞑 想 Funky な 命 魂  T & U Funky な 瞑 想 T & U Funky な 命 魂 T & U Funky な 命 魂 T & U  心は眼でしょうと 眼は心でしょうと 生きながら死んで 死にながら生きていよう  美にならん美をね 描かずに描こう 君ではない君と 僕じゃない僕と  Funky な 瞑 想 Funky な 命 魂  T & U Funky な 瞑 想 T & U Funky な 命 魂 T & U Funky な 命 魂 T & U
Paint it, fill it with love堂本剛堂本剛堂本剛堂本剛十川ともじPaint it, fill it with love 塗り潰せ すべて愛で Paint it, fill it with love Heart の Canvas をすべて  Paint it, fill it with love 塗り潰せ すべて愛で Paint it, fill it with love Heart の Music(ね) をさぁ… すべて  Paint it, fill it with love Paint it, fill it with love 甘く沁む愛…  Paint it, fill it with love Paint it, fill it with love  愛で塗り潰してしまえばいい… 眼が惑わせるすべて 愛で塗り潰してしまえばいい… 凛と香る妙な赤で  Paint it, fill it with love Paint it, fill it with love 甘く沁む愛…  Paint it, fill it with love Paint it, fill it with love  Paint it, fill it with love 塗り潰せ すべて愛で Paint it, fill it with love 塗りたくれ すべて愛で  Paint it, fill it with love 塗り舐れ そこを愛で Paint it, fill it with love Heart の Groove(ゆれ) をさぁ…すべて  Paint it, fill it with love Paint it, fill it with love 甘く沁む愛…  Paint it, fill it with love Paint it, fill it with love
偉 魂堂本剛堂本剛堂本剛堂本剛十川ともじ自我の旅に 偉 魂(えらソウル) 呷(あお)って 自我の旅に 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 呷れ  自我の旅に 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 で地を蹴って 自我の旅に 偉 魂 呷れ  乱暴 Loop の快楽へと世論は溺れる 酸欠な語詞(ごし)を日々へ鬱打(うつう)つ 我らは愛を五指(ごし)で弾く演奏家であるべき 赤い Riff で 醒めろ…  自我の旅に 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 呷れ 自我の旅に 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 呷れ  自我の旅に 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 呷って I gotta funky 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 呷れ  いちどの景色へ生ける華はこの胸で選ぶ 時代に塗(まみ)れた色彩(いろ)じゃ栄(は)えない 我らは愛を五指で弾く演奏家であるべき 赤い Riff で 揺れよう…  自我の旅に 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 呷って 自我の旅に 偉 魂 で地を蹴って 自我の旅に 偉 魂 呷れ
Break a bone funk堂本剛堂本剛堂本剛堂本剛十川ともじ折られてしまう前にさ? 自ら折るんだ 社会 睨んで Break a bone funk !!!! 破壊は誕生よ? 腑に突き落とすんだ きみを…  Oh !!!! Break a bone funk !!!! 生まれ変われ 鳴らせ !!!! Oh !!!! Break a bone funk !!!! さぁ… Break a bone funk !!!!  折られてしまう前にさ? 自ら折るんだ 躊躇 ごとね? Break a bone funk !!!! 破壊は誕生よ? 腑に突き落とすんだ 現実(いま)を…  Oh !!!! Break a bone funk !!!! 生まれ変われ 鳴らせ !!!! Oh !!!! Break a bone funk !!!! さぁ… Break a bone funk !!!!  砕ける音はさ? 鈍いほうが Funky… 不格好にね? Break a bone funk !!!! 破壊は誕生よ? 腑に突き落とすんだ きみを…  Oh !!!! Break a bone funk !!!! 生まれ変われ 鳴らせ Oh !!!! Break a bone funk !!!! さぁ… Break a bone funk !!!!  ゴツゴツと刻んだ心臓を愛でよう 撫で撫で Break a bone funk この世に誕生した意味改めるのさ Funky な初心 折られてしまう前にさ? 自ら折るんだ 蘇生 誘え Break a bone funk !!!! 破壊は誕生よ? 腑に突き落とすんだ きみを…  Oh !!!! Break a bone funk !!!! 生まれ変われ 鳴らせ Oh !!!! Break a bone funk !!!! Oh !!!! Break a bone funk !!!! Oh !!!! Break a bone funk !!!! 生まれ変われ 鳴らせ Oh !!!! Break a bone funk !!!! さぁ… Break a bone funk !!!!
Be grateful堂本剛堂本剛堂本剛堂本剛十川ともじBe grateful… 待ち合わせた場所に着く すベてへと… すベてへと…  Be grateful… 待ち合わせた場所に着く あなたへと… あたしへと愛を奏でよう  Be grateful… 胸で瞳で映している 景色へと… 世界へと…  Be grateful… 生きてるを儚く繋ぐ 鼓動へと… いのちへと…  Be grateful… 信じるよりも感じている あなたへと… あたしへと愛を奏でよう  言葉には咲けないいまを 愛と呼ぶの… そう呼ぶの… 愛と云うの… そう云うの… 廻り逢った あなたと あたし 込み上げてるいまを 愛と呼ぶの…  Be grateful… 別れる日は訪れる 定めへと… いちどへと…  Be grateful… 生まれてきたことで知る 涙へと… 孤独へと…  Be grateful… 待ち合わせた場所に着く すベてへと… すベてへと…  Be grateful… 待ち合わせた場所に着く あなたへと… あたしへと… 愛を奏でよう
I've found my voice堂本剛堂本剛堂本剛堂本剛十川ともじ誰かの所為にして… 振り出しに帰ってく今日を生きない そう気づいて君やあなたから逸れるよ 抱き寄せた安らぎを解いた手で触れる孤独こそが色彩(いろ)だから  愛したいの人生を…永くはない季節(とき)を  I've found my voice … あたしに捧ぐ 未来 I've found my place … my voice … あたしに捧ぐ 未来 夢とお別れね I've found my voice …  心を脱ぎ捨てずにいる… ひとを忘れずに生きるあたしの物語りが聴こえる 異性を初めて抱いた日の 温もりを知ったからこその孤独ごと見蕩(みと)れるような…  愛してるの人生を…甘くはない蜜を  I've found my voice … あたしが決めた 未来 I've found my place … my voice … あたしが決めた 未来 夢とお別れよ I've found my voice …  繰り返す朝 訪れる夜は いつしかあたしを置いて…いくのよ…  あたしを置いていくのよ… I've found my place … my voice … あたしに捧ぐ 未来 夢とお別れね I've found my voice …
氷の大地手嶌葵手嶌葵吉田ゐさお吉田ゐさお十川ともじ雲は流れて 海にかえる 少し遅れて 僕は唄う 空を自由に 泳ぎまわる 迷うことなく つぎの場所へ  旅立ちは いつも通り 少しずつ歩き出した 小さなこの命  青い天空(そら)が高くて この地球(ほし)に生きるもの まだ太陽が遠過ぎて 冷たく輝く  はてしなく続いた 白と白の結び目は この小さな歩みさえも 希望へつながる  優しい風が呼ぶ あの先には 生きる理由があるのだろう  うれしいことや 悲しいこと 寄り添いながら 季節は過ぎ いつしか君は この大地で ひとりで生きる道を選ぶ  まなざしは 遥か遠く 幾月も思いを馳せた 明日を見つめてる  青い天空(そら)が高くて この地球(ほし)の最果ては まだ太陽が遠過ぎて 冷たく輝く 地平線の彼方に 短い春が訪れ ほら新しい呼吸が今 ここから始まる  続いてゆく命の尊さが 生きる強さを授けている  僕は小さくうなずいて 君をまぶたに焼きつけたよ
There you are八神純子八神純子KAZUKI・八神純子八神純子十川ともじ星が一つ また一つ 蒼い空にとけてゆく 希望と自由の翼磨き どこにいても飛んでいくわ  南風は夏を呼んで 入道雲が海に浮かぶ やがて愛し合う2人も今は 何も知らず すれ違った  There you are キミの街へ 大空へ はばたくの あのはにかむ笑顔も 再び会える証しだから  北の風が冬を告げる 空に伸びたビルを巻いて 夢を追い続けて疲れたなら この港に戻ればいい  There you are キミの街へ 大空へ はばたくの そのときめく心も やっと会えた証しだから  想い出の声は心の中 呼び戻せば甘く  There you are キミの街へ 大空へ はばたくの その止まらぬ涙も 勇気出した証しだから  遥かな時の流れ 果てもなく広がる空 二度とはない瞬間 ともに生きる仲間だから  星が一つ また一つ 茜空に輝いてゆく
歌が呼んでる八神純子八神純子KAZUKI八神純子十川ともじ歌が呼んでるから 歌が待ってるから みんなで歌おうよ 歌が好きだから  きれいに歌うことだけを 求められてた メロディに追いかけられてた  言葉の重み知らなくて 背伸びしていた 愛も恋も絵空事のまま  壁に向かい何時間でも 好きなように歌った日々 楽しかった うれしかった 真っ直ぐだった  歌が離れてゆく 歌が見えなくなる 誰のために歌う ずっとずっとさまよう  歌を忘れかけた 歌をなくしかけた その時 気がついた 私 歌が好き  迷い いくつも振り切って 歌い出したら 色も風も感じたあの春  一つ一つを大切に伝えていたら 涙のあと こぼれてく笑顔  私の歌はみんなの歌 心つなぎ勇気くれた 言葉 リズム メロディ 声が一つになる  歌でつながるから 歌で届けるから 私は決めたんだ ずっとずっと歌うんだ  歌が呼んでるから 歌が待ってるから みんなで歌おうよ 歌が好きだから  みんなで歌おうよ あなたも歌おうよ 下手でもいいじゃない きっと楽しくなる  一緒に歌おうよ 私と歌おうよ 大きな声出せば 笑顔になれるから  みんなで歌おうよ あなたも歌おうよ 下手でもいいじゃない きっと楽しくなる  一緒に歌おうよ 私と歌おうよ 大きな声出せば 笑顔になれるから  Let's sing a song Let's sing a song Let's sing a song
出発点八神純子八神純子KAZUKI八神純子十川ともじこんなに好きなのに さよなら告げてきた これでいいの つぶやいて  あなたを傷つけた わがまま許してね このままじゃいけないと思った  甘えるばかりで ついてくばかりで 自分がないこと 気づいた  じゃれあい笑って Kissして眠った 満たされてたけど  ありがとう 忘れない 階段昇る時 きっと支えと安らぎになるから  折れない強さと 見失う弱さと やわらかな心 手にして  再び逢えたら もう一度あなたに 好きだと言わせたい  Venus輝いて 夜明けは始まるの 1人歩く 創る道 信じて
濡れたテラス八神純子八神純子KAZUKI八神純子十川ともじ昨日も今日もうわべの言葉 聞いていた 気づいたら 知らぬ国に来ていたの  モヒートでも酔えないから グラス重ね 葉巻におうコロニアルを old car 過ぎてゆく  未知へのトリップ 時間はスリップ 予感騒ぐ 心動く チャンスは一度 チョイスは一つ ときめきたい 乾いてるの 逃さないわ  優しさはYesとだけ言うことと 勘違いしてるうちは甘すぎる  真っ赤な太陽 真っ青な海 真っ白な砂 やっと来たの 待っていたの ふるえるこの時を  心へタラップ 手順はスキップ 駆け引きなど子どもだまし blossom咲いて honeyは満ちる 蝶が舞って香りもたつ  ドアを開ければ濡れたテラス 艶やかにきらめいて チャンスは一度 チョイスは一つ 何もかもが気持ち良くて しびれてるわ  未知へのトリップ 時間はスリップ 上れるだけ上っていく コスモス生まれ カオスは消える 星が揺れて夜も更ける  ドアを開ければ濡れたテラス 艶やかにきらめいて チャンスは一度 チョイスは一つ ときめいたの 逃さないわ 濡れたテラス 気持ち良くて 濡れたテラス しびれてるわ 濡れたテラス
夢中八神純子八神純子KAZUKI・八神純子八神純子十川ともじ初めて会った瞬間 鳴り響いたアラーム 女心弄ぶ危険な男だと  嘘よ まさか ありえない 自分がつかめない 逃げようにも逃げられない 引き込まれていくの  これ以上進めば戻れない シュールな匂いが満ちあふれ 頭はストップかけたけど 心がアクセル踏んでいた  夢中 あなたしか見えない あなただけ見ていたい 夢中 その声 顔 仕草 すべて…  初めて触れた瞬間 湧き出したジェラシー あなたを通り過ぎた影たちがざわめく  あなたを想って朝が来て あなたを想って夜が過ぎる 誰にも振りまく優しさが 私をこんなに苦しめる  夢中 あなた 前にいると ドキドキが止まらない 夢中 誰にも触れさせない あなたに… 夢中 私だけをみつめて 私のあなたでいてよ 夢中 その声 顔 仕草 すべて… 夢中…  夢中 誰にも触れさせない あなたに… 夢中 あなたしかいらない あなたさえいればいい 夢中 虜だからゆだねる 私… 夢中…
Could you tell me...クマムシクマムシクマムシクマムシ十川ともじさっきまでの夢 夢の続きを見て 二人だけの夢 それは儚いもの  灰色の空 飛び交う渡り鳥に 水面に浮かぶ 漆黒の闇  紫色の ドレスを着た少女 笑顔に潜む その氷の目Yeah Yeah Yeah  どう行けばいい? ここは右でいい? 信号が多い  地図が頼りにならないから I ask you   さっきまでの夢 夢の続きを見て 二人だけの夢 それは儚いもの  Could you tell me the way to the library library wow wow wow Could you tell me the way to the library library Could you tell me the way  薔薇の香りが 漂う花屋さん ここには 何も用はない  赤いヒールを コツリ鳴らす少女 靴ずれ直し また歩き出しYeah Yeah Yeah Yeah  どう行けばいい? ここ左でいい? 交差点多い 青いシグナル見上げても I ask you  さっきまでの夢 夢の続きを見て 二人だけの夢 それは儚いもの  Could you tell me the way to the library library wow wow wow Could you tell me the way to the library library  Could you tell me the way to the library library wow wow wow Could you tell me the way to the library library  Could you tell me the way to the library library Could you tell me the way  Help me  Could you tell me the way sentimentally さっきまでの夢
Vertigoタッキー&翼タッキー&翼松井五郎来生たかお十川ともじまた月が惑わせる もう夜はさみしさも許すと ただ君の横顔に どうしても この胸は 深く沈む夢を見て  シャツの袖に 残る香り 僕をどこへ 連れてく  好きになるしか ないというのに 心を伏せて しまうよ  なだれるめまい こぼれるめまい すべてが君の せいなら このままじゃ いられない  まだ風が迷う距離 そう ふれた 唇は 甘く苦い嘘もつく  星に溶ける 部屋の灯り 君は誰を 見つめる  好きになるほど 苦しめるだけ 心は知って いるはず  なだれるめまい こぼれるめまい すべてが恋と 言うなら このままじゃ いられない  また月が惑わせる もう誰もさみしさを 止められない もう誰も
アララの呪文岡本真夜岡本真夜さくらももこ岡本真夜十川ともじちょいとへんてこだよ 呪文さ キミに教えてあげるよ 早口ことばでは ないのさ アララ カタブラツルリンコ  ふとした はずみで ケンカ しちゃったけれど ごめんね 言えずに ひとり 走る帰り道  不思議なことばかり あるのさ ネス湖 ツチノコ ナゾのバカ だからへんてこでも いいのさ アララ カタブラツルリンコ  迷って 悩んで 涙 あふれ出しても 明日は お日様 もっと 輝いているよ  何かで つまづいたり 立ち直れ なかったり いろんな 事がある 人生だから  パヤパパパ パヤパパ パヤパヤ アララ カタブラツルリンコ パヤパパパ パヤパパ パヤパヤ アララ カタブラブラリンコ  たとえば 誰かに キモチ 届かなくても はるかな メロディ ずっと 流れ続けてる  時には まちがえたり 叱られて しまったり いろんな 事がある 人生だけど  それはそれなりでも いいのさ ケセラ セラセラセラリンコ 勇気が湧いてくる 呪文さ アララ カタブラツルリンコ  ひとりで 泣いてる時も 思い出してね あなたの 笑顔が きっと すぐに駆けてくる  なんとなく可笑しいね 願い事 叶うかな  ジャンジャカジャン
君だけのStory岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜十川ともじ真っ白な地球儀 君の足で 花を咲かせよう 涙の跡には きっと 道ができているから  何度だって やり直せる 今だと思った時 それがスタート  うつむく顔 君の中に 語ってたあの夢は 今もありますか?  誰も一人なんかじゃない ねぇ 泣いてもいいんだよ 弱さも受け止めて 次のステージへ  Ah 思うがまま 感じるまま 振り返らずいこう 君らしくいられる明日はあるから 真っ白な地球儀 君の足で 花を咲かせよう 涙の跡には きっと 道ができているから  描くだけじゃ 近づけない 夢なんて 自分から掴むものさ  誰かのせいにしていた? 時代のせいにしてた? ほんとはわかってるんだ 変えるのは自分  明日晴れでも 明日雨でも 今は前だけ見て 君にしかできないこと 必ずあるから  形は変わっても 大切なものは きっと ずっとね 君の中からは なくなったりしないよ  Ah 思うがまま 感じるまま 振り返らずいこう 君らしくいられる明日はあるから 真っ白な地球儀 君の足で 花を咲かせよう 涙の跡には きっと 道ができているから  君だけのstoryがそこに
なんだしっ!クマムシクマムシクマムシクマムシ十川ともじうぇーん うぇーん うぇんうぇんうぇんうぇん ウソ泣きでした  ワン!ツー!スリー!フォー!  チョコレートみたいな とろけるファンタジー なんだしっ! わたし恥ずかしんだし 気持ちは はずむしっ(ンフっ♪)  マシュマロみたいな ふわふわふわふわファンタジー なんだしっ! わたし恥ずかしんだし 気持ちは はずむしっ(ンフっ♪)  わたしはあなたに おんぶして欲しい なんだしっ! わたし裸足なんだしっ 靴ズレ 痛いしっ(イテっ♪)  ローファー脱ぎ捨てて 海辺走り出し なんだしっ! 足が限界なんだし カワイイあんよが台無し  キツネ作って 近づいたら コンコンコンコンコンコンコン キツネキス(コンコンコココンコココン チュ?)  うぇーん うぇーん うぇんうぇんうぇんうぇん ウソ泣きでした  わたしはあなたに おんぶして欲しい なんだしっ! わたし裸足なんだしっ 靴ズレ痛いしっ(イテっ♪)  ローファー脱ぎ捨てて 海辺走り出し なんだしっ! 足が限界なんだし カワイイあんよが台無し  瞳閉じて 5秒数えて 近づいて キツネキスをするんだし(コンコンコココンコココン チュ?)  うぇーんうぇーんうぇんうぇんうぇんうぇん  雨はやんだし 気持ちファンタジー これが私の想いなんだしっ!  カレー食べる時の わたしのこだわりはナンだし ライスよりもナンだしっ! ナンナンナンナン ナンだしっ!  チョコレートみたいなとろけるファンタジー なんだしっ! わたし恥ずかしんだし  なんなんなんなん なんだしっ!  なんなんなんなん なんだしっ! なんなんなんなん なんだしっ!
あるがままに生きる森進一森進一森進一・補作詞:有馬三恵子森進一十川ともじ理不尽なことも呑み込み 曲がった嘘も許した 噂も誤解も偽りも 心にあとを止めず… 言い訳をする気はない 愛する者を愛した 不器用者には似合いの土地を 向かい風に吹かれ 道端 花など祠(ほこら)に手向(たむ)け 母にだけは祈る  現在(いま)を支える思い出は 山のようにあるよ 喜び悲しみ数えれば 青春(はる)がよみがえるね… 耐えてきた痛み すべて 生きてる証拠(あかし)だからさ 不器用者なら黙っていよう 時間(とき)が癒すだろう 涙に似ているやさしいものが ふいに胸をみたす  この生命(いのち) いとおしみ あるがままに 生きる  不器用者には似合いの土地を 向かい風に吹かれ 道端 花など祠(ほこら)に手向(たむ)け 母にだけは祈る
いとのとち堂本剛堂本剛堂本剛堂本剛十川ともじいとのとちの赤い華へ咲き戻ろう…  我らの言の葉の心の色彩を 想い出せ 慕おう 愛でよ ひとびと 移り来た現在(いま)を 散り続く美徳を 掌で救おう 祈れ ひとびと 狂いゆく四季を 狂いゆく太陽を 明日へ遡ろう 映せ ひとびと  いとのとちの赤い華へ咲き戻ろう…  我らの記憶を 知り得ない景色を 歩め後方(しりえ)へと 焦がれよ ひとびと 鳴り止みかける音(ね)の裾が地を這(は)わぬよう 指で抱き寄せよ 弾け ひとびと 我らの憂(う)き哭(ね)を 不穏の雨乞いを 続ける幸せを 已(や)めよ ひとびと 褪せていく恋色を 褪せていく愛色を 明日へ遡ろう 紡げ ひとびと  いとのとちの赤い華へ咲き戻ろう…  未知に導かれし訪ずれたいまが笑って過ち許しあう… 責めるなど出来ないけど けれどどうか叶えてと胸が綾(あや)なす…  いとのとちの赤い華へ咲き戻ろう…
魂サイダー堂本剛堂本剛堂本剛堂本剛十川ともじ国境のないようなSpeedを叶え生きている僕の脳みそは人道を暈す 此処にいながら壁も海も越え優雅なリアル嗜(たしな)む  AI(人工知能)と 愛の故意物語り綴ってる 僕らはそっとひとではなくなってる…!?  昨日訪れた場所の香りや美(うるわ)しさを覚えてくれるのはあなた 色も数も曖昧な想い出には温もりが少々欠ける  AIが感情持ってしまう時代は来る 僕らが想像出来るものはやがて来る…  魂サイダーを飲んで思考 勘ぐれ未来を 考えないをかんがえろ これからの ぼくときみの アレもソレもドレも…  皆さん死んだあとにでも架空として生き返ることが可能になるでしょう もし僕がそうなれば「モドルコトガミライ」と名付けて欲しい  良ぇ愛と哀を忘れる朗読・音読 僕らは相当シナリオ通り演じてる…!?  魂サイダーを飲んで思考 勘ぐれ歴史を 信ずるなを信じてみろ これまでの ぼくときみの アレもソレもドレも…  宇宙時代を世界は始めている 何処に行くの? 誰が地球(ふね)を操縦する…!?  魂サイダーを飲んで思考 勘ぐれ未来を 考えないをかんがえろ これからの ぼくときみの アレもソレもドレも…
心眼 接吻堂本剛堂本剛堂本剛堂本剛十川ともじ秘密ばかり群衆の渦を泳ぎSweet number 流るるHeadphoneから歌い手がそっと語る Everybody is a star なんて言われ夕陽が染みて苦…信じていいのかい?  嘘が明日を約束してく社会に 頷けない首Bassに合わせて Up & Down 信号が時折リズムに重なる奇跡に 闘いの始まりを手に入れた気がしてさ  僕を生きている意味が奮い立つ  都合いい解釈に縛られたまま幾年… 辿り着ける場所もね? 遠回りさせられて 愛を生きてる僕は愛がなきゃ見えない 見るな感じろ 僕の命  心眼接吻 心眼接吻 心眼接吻で 無を舐り 心眼接吻 心眼接吻で あなたの臆病な日々(そこ)に 喝 捧げなさいな  先日 仕事の合間に食べたApple pie 正しく言えば Apple pie みたいなものさ ほとんどが真似することに明け暮れる他人(あだびと)…なのに悩んで鬱  何処かでオリジナル欲してるけど出る杭は 賭けに出過ぎる感があるから半端だし ならば少しも出るなって言いたい僕と だったら出過ぎろって言いたい僕が見蕩(みと)れ合う  あなた生きている意味を問いたい  時代がけしかけくる彩り企みに 踊り踊らされるなら僕の色彩(いろ)じゃない 愛を生きてる僕は愛がなきゃ見えない 見るな感じろ 僕の命  心眼接吻 心眼接吻 心眼接吻で 無を舐り 心眼接吻 心眼接吻で あなたの臆病な日々(そこ)に 喝 捧げなさいな  12時(とき)12月(つき)を繰り返し 宇宙(そら) へ逝こう 煌びやかに Funky star
まだ 見ぬ 最愛堂本剛堂本剛堂本剛堂本剛十川ともじまだ見ぬ最愛…運命のひとよ いったい何処で 勿体振って過ごしているんだ 逢えない現在(いま)も心地良くはあるけど この人生へそろそろ迷い込んで  最愛な甘いファンク轟かせよう 赤いいろした甘いファンク 未来へ鳴らそう 赤いいろしたファンク  まだ見ぬ最愛…運命のひとよ 今頃 誰と見つめ合っているんだ ファンクのLPのジャケットを見ながら そんな妄想と待ちくたびれ…変態  最愛な甘いファンク轟かせよう 赤いいろした甘いファンク 未来へ鳴らそう 赤いいろしたファンク  まだ見ぬ最愛…運命のひとよ 恋を飛ばしていきなり愛しよう 周り等(ら)はウェディング 僕と言えばファンキーグルーヴ 見つけたらリフの前に口づけたい  最愛な愛で…  廻り逢う日へとすべてが近づいてる 僕たちの狭間に住む物語り(ストーリー)ごと 太陽と月があと何度 幾度と 沈み浮かんだらひとつに成るだろう  出逢いと別れと再会と生きてる 誰もが誰かの人生を救えるんだから 募る孤独から感謝も学んでる いちどきりの今日に感激して泣く  最愛な甘いファンク轟かせよう 赤いいろした甘いファンク 鼓動へ鳴らそう 赤いいろしたファンク  まだ見ぬあした…運命のいまと 社会的ではない結び目を作ろう 偽り生きれば勝率は上がるだろう 確信 生きれば偽りが手を振るでしょう 偽り見放し仲間を外れよう 仲間外れと云う仲間とファンクしよう 確信だらけに囲まれ輪を描こう 赤くて愛しい円(まどか) シャーマニッポン…  最愛な甘いファンク轟かせよう 赤いいろした甘いファンク 最愛な甘い愛を轟かせよう 赤いいろした甘いファンク いまへ 赤いいろした甘いファンク いまへ 赤いいろした甘いファンク…生きよう  この音の先に必ず君は居る 気長に待っていよう すなわち… ファンクしよう 難しいコードをひたすらと忘れよう 愛は求めない ただそれ鳴らそう  まだ見ぬ最愛…運命のひとよ 儚い場所から君を想っているよ  まだ見ぬ最愛…運命のひとよ 儚い場所(ここ)から君を想っているよ  まだ見ぬ最愛…運命の君よ 届いているだろう?僕らの日々が 二度なら有り得ない限られた命を 愛で塗りたくる僕らの日々が  音符が湧き出て 体が潤んでく 濡れ濡れて揺れよう さぁファンクしよう  まだ見ぬ最愛…運命の君よ ふたりと仲間でいずれはファンクしよう  逢えないで甘いファンク轟かせよう 赤いいろした甘いファンク 最愛な甘いファンク轟かせよう 赤いいろした甘いファンク 未来へ鳴らそう 赤いいろしたファンク ぼくらの 赤い とてつもなく 赤い ファンク
君という宝物ななみななみななみななみ十川ともじどうして宝物ほど すぐに失くしてしまうの どうして神様は心を もろく作ってしまったんだろう  流れる人ごみで すれ違う笑顔が 訳もなく憎らしくて 一人電車の中 ふと急に込み上げた この虚しさを...この寂しさを...  『愛してる』その言葉で もう一度僕を包んで欲しいんだ 魔法のようなその声で 抱きしめた時に生まれる 優しい気持ちを教えてくれた 君はもう 隣にいない 二度と見えない 聞こえもしない 君はもういない  どうして涙は枯れる事を 知らずに流れ続けるの どうして神様は人に 思い出を注ぎつづけるの  家へと続く道 振り返る笑顔に 今もまだ足が止まる 見える僕の影 見えぬ君の影 この悲しさを...この悔しさを...  『愛してる』その言葉で もう一度君に包んで欲しいんだ 魔法のようなその声で 自分で自分を抱きしめて その温もりを思い出しても 君はもう 隣にいない 二度と見えない 聞こえもしない 君はもういない  こんな世界にただ一人 僕を残して行かないで欲しい もう命が凍えてるんだ もし君がいたならどれほど もし隣にいたらどれほど 幸せだろう  『愛してる』その言葉で もう一度僕を包んで欲しいんだ 魔法のようなその声で 抱きしめた時に生まれる 優しい気持ちを教えてくれた 君はもう 隣にいない 二度と見えない 聞こえもしない 君はもういない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Be with you tonightD-51D-51吉田安英須賀真太郎十川ともじごめん無口なのは 君が好きだから 最終電車がもう そろそろ来てしまうね  二度と会えなくなる わけじゃないけれど 繋いでるこの手を 僕から離せなくて  I wanna be with you tonight 帰したくないよ 今夜はそばにいて 孤独を分け合おう 誰より近くで 君の声を聴かせて  いつでも君を君を 強く想っている だからもっともっと そばにいたいよ ねぇ会いたい時に 「会いたい」なんて言葉 好きになるほどに何故か 言えなくなる  I wanna be with you tonight 帰したくないよ 今夜はそばにいて 孤独を分け合おう 誰より近くで 君の声を聴かせて  このままじゃ切ないだけだよ 教えて想いの行方を  眠る街の空に 響いて消えてく 最終電車の音 背にして歩くふたり
COSMIC GIRLKΛNΛTΛ(渕上舞)KΛNΛTΛ(渕上舞)六ツ見純代十川ともじ十川ともじ果てしない場所からここまで来たの COSMIC GIRL KIRA☆KIRA アンドメダよりまぶしい瞳 COSMIC GIRL 星屑カチューシャにしたら アンテナに伝わるハレーション ざわめく胸のティンパニー これは君の暗号(サイン)?  Say ハローハロー ねえ聴こえてくるわ Say ハローハロー そう感じてるわ 星とは違う輝きと奇跡を追いかけ 無限へ翔てく COSMIC GIRL  翼がなくても自由知ってる COSMIC GIRL FUWA☆FUWA 恒星オーラで発光するの COSMIC GIRL スピカのブローチひねって プログラムされてた未来を リセット書き換えて行くわ そして君の元へ  It's オーライ オーライ きらびやかな街で It's オーライ オーライ 煌めきふりまき 秘めた想い抱きしめて未知なる世界の 運命に挑む COSMIC GIRL  あの光が いま力をくれる この場所から 何かが始まる ホログラムのプラネット 心リンクして  Say ハロー ハロー ねえ聴こえて来るわ Say ハロー ハロー そう感じてるわ 星とは違う輝きと奇跡を追いかけ 無限へ翔てく COSMIC GIRL
深夜高速阿部真央阿部真央阿部真央阿部真央十川ともじ深夜高速で君の手にキスした 真夏の魔法だね今は何も怖くない 何か言いかけた唇塞いで 走り抜ける夜は見て見ぬ振りをしてる  僕らは自由で 僕らは酷く孤独だね 答えを選ばないでいる僕らはずるい大人だね  こんなに君を汚して 僕はまだその胸に抱かれたいと思う 重なり合うその度に 君がまた少し遠くなる 気がしてる  君の気持ちが見え隠れしてる 「確かにしたい」とか「このままでもいい」とか 君は何かを勘違いしてる 確かにする事など僕たちには無いだろ  君を手に入れて 何もかもクリアにして そんな気持ちで抱く君に果たして価値があるのかな?  どんなに君と繋がっても 僕はこの寂しさを紛らわせないまま 重なり合うその度に 僕はまた僕を失う 分かってるんだけど…  甘い夢とは違う淀んだ夜を 彷徨うように嘆いて 泳いで 愛する事も 手放す事も 選ばないでいる僕らは …ずるい大人だね  こんなに君を汚して 僕はまだその胸に抱かれたいと思う 重なり合うその度に 君がまた少し遠くなる 僕はまた僕を失う 分かってるんだけど…
Hello, Jewelry Smile阿部真央阿部真央阿部真央阿部真央十川ともじHello, Jewelry Smile 咲き誇れ Hello, Jewelry Smile 今、あなたの元に  汗をかいて私を呼ぶ声 蒼く澄んだ瞳で ごらん、あの笑顔が Jewelry Smile 切り取って指輪にしたいな  蕾のあなた 素敵な花をつけてね  Hello, Jewelry Smile 咲き誇れ Hello, Jewelry Smile 今、あなたの元に  忘れてたことはあなたが みんな教えてくれるわ これからあとどれくらいの人を その愛で救うのかしら  泣きたいほどの恋もできるといいね  Hello, Jewelry Smile 舞い上がれ Hello, Jewelry Smile 今、あなたと共に  いつかあなたが大人になって 傷ついたら私を呼んで 涙震える心がJewel その気持ち忘れないでね  Hello, Jewelry Smile 咲き誇れ Hello, Jewelry Smile 今、あなたの元に
always阿部真央阿部真央阿部真央阿部真央十川ともじこんなにも愛しい貴方を 守れなくなる日は来るの? こんなにも愛しい貴方を 傷つける日は来るの? あまりにも無防備な愛で この心包む貴方に 私は今、何が出来るの? 思う事以外に  愛求めて 一人泣いていた私を 貴方が今 拾い上げてくれた 先の事は 悲しいほど見えないけど 私、貴方を裏切れない  I will always love you I will always be with you No matter what the future brings, I'll always be with you I will always love you  貴方が私にくれるもの 余す事無く見つめてたい こんなにも愛しい貴方を 当たり前にしたくない  その笑顔も 優しく見つめる瞳も キレイな手も 溢れる愛の言葉も 絶やさないで 泣きたいくらい好きな人 いつまでも側にいて  I will always love you I will always be with you No matter what the future brings, I'll always be with you I will always love you  先の事は 悲しいほど見えないけど 揺らめいたり 迷う日もあるけど 忘れないで ただ一つ変わらぬ事 貴方を愛してる  I will always love you I will always be with you No matter what the future brings, I'll always be with you I will always love you
あったかいんだからぁ♪PLATINA LYLICクマムシPLATINA LYLICクマムシクマムシクマムシ十川ともじ特別なスープをあなたにあげる あったかいんだからぁ♪ 瞳の奥にあるわたしの大きな野望  ワクワクのリズムをあなたにあげる あったかいんだからぁ♪ いつまでもこのままワクワクさせていてね  先輩上司社長に頭なでられた あったかいんだからぁ♪ お返しは“キラキラハピネスぎゃんかわスマイル”  また会おうねってつないだこの手と手が あったかいんだからぁ♪ いつまでもこのまま離してあげないのよ  みんなが思ってるわたしの可愛さYES! 止まらないんだからぁ♪ いつまでもこのままわたしを楽しませて  お風呂上がりのアイスの最初の一口…  わたしのスパイスであったかくしてあげる 愛をスススス恋をスススス  摩擦で指先あったかいんだからぁ♪ 涙があふれて手のひらに落ちたよあったかいんだからぁ♪ いつまでも泣いてちゃワクワクできないでしょ  特別なスープをあなたにあげる あったかいんだからぁ♪ 瞳に映ってるあなたと過ごす時間 あったかいんだからぁ♪
あったかいんだからぁ♪ -スーパーキューティクルver.-クマムシクマムシクマムシクマムシ十川ともじ特別なスープをあなたにあげる… 1 2 3 4 !  特別なスープをあなたにあげる あったかいんだからぁ♪ 瞳の奥にある私の大きな野望  ワクワクのリズムをあなたにあげる あったかいんだからぁ♪ いつまでもこのまま私を楽しませて  あったかいんだからぁ♪  そうよ私がセンターを務めているの コブ島ダイ子だよぉ♪ みんなのアイドルに早くなりたいのです  パパパパフでお顔をパパパポンポンしましょ あったかいんだからぁ♪ わたしがファンデーション あなたのファンデーション  あったか~い…  あったかランドへみんなようこそ! いらっしゃいませ~♪  先輩上司社長に頭なでられた あったかいんだからぁ♪ お返しは“キラキラハピネスぎゃんかわスマイル”  やまとなでしこそう私はやまとなでしこしこ なでなでしこしこぉ♪ 今日はどこに出掛けようかな?  中目黒表参道府中本町 いずれは世界中よぉ~  少しの勇気と希望を持って 伝えてるんだからぁ♪ このままじゃダメだね 力いっぱい魅せるから  特別なスープをあなたにあげる あったかいんだからぁ♪ 瞳の奥にある私の大きな野望  あったかいんだからぁ♪
恋桜ななみななみななみななみ十川ともじ心の中の花に気づいた日は あまりにも遅すぎた 今年の春にこの街を旅立つ 貴方は胸をはった  その瞳には数えきれぬほど 未来がつまっていた 思い出を拾い集める 私とは違っていた  最後だからと想いを伝えるのは 私のためで 貴方のためじゃないから  涙とひとひらの花びらが 静けさと優しさと落ちていく 私の泣き顔に気づかぬふりをしてた 貴方に気づいていた  この気持ちに残された時間は あまりにも少なすぎた 去年の春に気づいていたなら 何か変わっていたかな  輝く背中を素直に押せないのは 私のせいで 貴方のせいじゃないから  笑顔と一粒の恋蕾が 騒ぎだした胸に花開く 私の気持ちに気づかぬようにしてた 貴方に気づかぬまま  できることなら 貴方の名前を呼んで 今振り向かせて『好き』と叫びたい  散りゆく桜の花びらと 私の恋の花はよく似ていた あまりに美しい思い出を まだ眺めていたいのに  涙とひとひらの花びらが 静けさと優しさと落ちていく 旅立つ貴方の背中とこの想いを 共に見送った
巨人のおはなしななみななみななみななみ十川ともじそれは昔々のおはなし この世が生まれたての時 ある一人の巨人が花畑で泣いていました  それを見かけた少女が『どうして泣いているの?』と そう尋ねてみました 巨人はこう言いました  『僕が一歩 一歩と歩けば小さいものはみんな犠牲になる』  この世界は残酷なもの 弱い者 強い者で儚くできている でも必ず絶やすことない 命の瞬きは美しい  少女はなだめるように 共に泣いてあげました そして巨人に初めて友達ができました  でもある日 巨人が誤って小さな少女を踏んでしまいました  この世界は残酷なもの 運命という奇跡は時に牙を向ける また一つとまた一つと 旅立ち 息吹いては 繰り返す  ある日 巨人の足跡から小さな一輪の花が咲いた  この世界は美しいもの 弱い者 強い者で正しくできている そう必ず絶やすことない 命の瞬きは美しい  それから100年が過ぎて 巨人は死にました そして生まれ変わるように うぶ声が聞こえてきましたとさ
その日がきたらハルカトミユキハルカトミユキハルカハルカ十川ともじねえ、君は知ってる? 世界はもうすぐに終わるってこと。 でも僕は知ってる。 世界なんてとっくに終わってるんだ。  ねえ、信じてみてよ 無くすものなんてもうないだろう。 ああ、大丈夫だよ。 僕が弱いことくらい、分かっているさ。  約束ならしなくていい 意味がないこと知ってるから 繋いだ手も放していいよ ここから逃げたりしないから  その日がきたら、さようならさ。 怯えるためだけに生きてるわけじゃない。 どうしてここにいるかも わからなくなって 迎える明日なら、もういらないよ。  ああ、落とさないように 必死に守ってたガラスなら いっそ、壊してしまえば 僕の腕はこんなに自由だった。  足下に散らばっている 破片が僕の胸に刺さって 涙あふれる 思い出してく ずっと忘れてたことがある  例えば君に聴こえないなら こんな歌なんて燃えてしまえばいい。 全てを犠牲にしても 僕はただ一人、君だけを守る。 その日がきたら。  心臓の音で怯える夜と、幸せを飲み込んだ副作用 穴が開いて萎んでいった、ビニール製の夢の世界 嘘の光を追いかけて、線路に飛び込んだ人 アルコールでかけた、数時間で溶ける魔法 誰も愛せない、札束でできたラブソング 一瞬で雨に流された、せっせと作った砂の城  ねえ、君は知ってる? その日がきたら、さようならさ。 その果てに何があってもいいんだ さよなら、何もいらない 僕はただ一人、君だけを守る。その日がきたら。 その日がきたら、君と幸せになろう。
桜舞い降りる頃、涙色 feat.nanase岡本真夜岡本真夜相川七瀬岡本真夜十川ともじ桜舞い降りる頃、涙色 見つめ合えば時の砂 どんなに強く抱き合ってみても ひとつにはなれないから  薄紅の風とざわめき 迷子みたいに明日にはぐれてく2人 わざと強がり言ってみせても 心、のぞかれてまた切なくて  桜舞い降りる頃、涙色 愛すれば愛するほど その声も髪もそのぬくもりも 優しい嘘に彷徨う  桜舞い降りる頃、涙色 儚い夢の後先 どんなに強く惹かれ合ってても ひとつにはなれないから  傷ついた羽を広げて 飛び立つ鳥の群れに思いを重ねた 春の風のような口づけに 心、揺らめいてまた恋しくて  桜舞い降りる頃、涙色 無邪気な日々を責めても 傷ついて失くした時の欠片 元には戻らないから  夢うつつ揺りかごみたいに 始まれば終わりに向かい時を刻む  桜舞い降りる頃、涙色 愛すれば愛するほど その声も髪もそのぬくもりも 優しい嘘に彷徨う  桜舞い降りる頃、涙色 儚い夢の後先 どんなに強く惹かれ合ってても ひとつにはなれないから  ひとりきり散りゆく花びら
金の道藤あや子藤あや子松本一起久地万里子十川ともじさわさわと戯れる雲の仕業(しわざ)か 夜空に浮かんで消える三日月 果たして何処までたどりついたのか 幾人(いくびと)の心に抱かれ そのたび寄り道 まわり道 だけど だけど だけど 金の道 鳴くカモメ 月のさざ波 一筋かかる縒糸(よりいと)にほっとする 金の道 こんなにやってきたんだもん ここらで本当の恋を渡りたい  かなかなと息をする風の仕業(しわざ)か 涙も夜の海では道化師 逢いたい人ほど無事を祈るのに 行方(ゆくえ)も知れずに遥か バシャバシャ海辺を蹴散(けち)らして だけど だけど だけど 金の道 鳴くカモメ 月のさざ波 一筋かかる縒糸(よりいと)にほっとする 金の道 このまま月に引っ張られ ここらで本当の道を歩きたい  金の道 鳴くカモメ 月のさざ波 一筋かかる縒糸(よりいと)にほっとする 金の道 こんなにやってきたんだもん ここらで本当の恋を渡りたい
電(いなづま)堂本剛堂本剛堂本剛堂本剛十川ともじ言葉では追いつけはしない この傷みを許そう…  さよならと風に宛て 手を振った突如の別れを 立ち止まるこの僕に 呼び出された想い出たち…  懐かしむと溢る涙に 嫌な顔ひとつ見せずに 映り込んで儚く弾けて香る 詩が辛い  電… 墜ちたような 焦げたこころを 可憐に彩り生きてゆくけど あなたが昇った日を両手で綴じて 祈った僕の手紙は たまらずに震えた…  木々たちは揺れながら 僕を哀れみ噂してる  通い慣れた道だとしても 寂しく咲いたひとつたちに 黙り込んで眼を反らしたまま 歩く自分が嫌い  電… 追いかけるよに あなたが待つその場所へと 辿り着けるでしょうその日まで 悪戯だらけのときを 必ず越えて行くことをきっと誓う だからまだ鳴かせて…  ru te shi i a… ra na u yo sa…
愛してるGOLD LYLIC阿部真央GOLD LYLIC阿部真央阿部真央阿部真央十川ともじ気まぐれに揺れないで 愛し合おう、触れていよう 見つめて その瞳で 僕を映して  手に入れる事だけが全てじゃない 君に出会って 初めて そう思えたから  離したくない この世界中の誰を敵に回しても 遠ざかる今日 振り返るその時に 笑う君に会いたい  幸せと言う言葉で 君を形どるから いつまでもいつまでも 愛してる  離したくない この世界中の誰よりもこの僕が 君の事きっと守れる それを知ってて今日もまた甘えるんだろう?  好きなだけわがまましなよ 僕は逃げたりしないから 幸せと言う言葉は君と共にあるから 忘れないで 僕は君を愛してる  気まぐれに揺れないで 迷わないで… 未来を恐れないで 泣かないで…  好きなだけわがまましなよ 僕は逃げたりしないから 幸せと言う言葉は 君と共にあるから 忘れないで 僕は君をいつまでも 愛してる
I LOVE YOU堂本剛堂本剛尾崎豊尾崎豊十川ともじI love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いた この部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた 空き箱みたい だからおまえは 小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけて しまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には 触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり 生きてゆく恋を 夢みて 傷つくだけの 二人だよ 何度も愛してるって聞く おまえは この愛なしでは 生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけて しまわぬ様に それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけて しまわぬ様に
Another Orion堂本剛堂本剛藤井フミヤ増本直樹十川ともじ夜空が 夕焼けを 包む オリオンを見つけたよ ごらん  さあ 立ち上がり 繋いだ手を離そう ここからは ひとりでも 帰れるだろう  君と君の涙に教えておくよ 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも  夜風が ふたりを 寄せ合う オリオンが消えてゆく 雲へ  さあ もう行こう 振り向かずに走ろう 一度だけ あの場所で 手を振るから  君と君の涙が教えてくれた 人をこんなに愛せることを 君のために僕は強くなる 運命ならば 巡り会えるさ あの星に願おう once more again  君の涙に約束しよう 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも
LOVE LOVE LOVE堂本剛堂本剛吉田美和中村正人十川ともじねぇ どうして すっごくすごく好きなこと ただ 伝えたいだけなのに ルルルルル うまく 言えないんだろう…  ねぇ せめて 夢で会いたいと願う 夜に限って いちども ルルルルル 出てきてはくれないね  ねぇ どうして すごく愛してる人に 愛してる と言うだけで ルルルルル 涙が 出ちゃうんだろう…  ふたり出会った日が 少しずつ思い出になっても  愛してる 愛してる ルルルルル ねぇ どうして 涙が 出ちゃうんだろう…  涙が 出ちゃうんだろう…  LOVE LOVE 愛を叫ぼう 愛を呼ぼう LOVE LOVE 愛を叫ぼう 愛を呼ぼう
ANSWER堂本剛堂本剛槇原敬之槇原敬之十川ともじあの日地下鉄の改札で 急に咳が出て 涙にじんで止まらなくなった 君と過ごしてたさっきまで 嘘みたいだね もう帰る時間だよ  君と僕の腕時計 一緒に並べて 君と僕の手のひらを そっと重ねて 愛という窮屈を がむしゃらに抱きしめた  二人会える日が少ないから いつも別れ際で ため息ばかりついてる 何も言わないで 君の姿 消えてしまうまで 見送ってあげるから  君と僕の思い出はまだまだ少ない ずっとずっと歩こう道を探して 愛という窮屈を いつまでも抱きしめて  春の強い風も 夏の暑さも 秋のさみしさも 冬の寒さも 二人でなら歩いて行けるさ  あの日地下鉄の改札で 急に咳が出て 涙にじんで止まらなくて 手すりを越えて 君を抱きしめた
人生を語らず堂本剛堂本剛吉田拓郎吉田拓郎十川ともじ朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて 目覚める時だから 旅をする 教えられるものに 別れを告げて 届かないものを 身近に感じて 越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ 人生を 人生を語らず  嵐の中に 人の姿を見たら 消えいる様な 叫びをきこう わかり合うよりは たしかめ合う事だ 季節のめぐる中で 今日をたしかめる 越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ 人生を 人生を語らず  あの人のための 自分などと言わず あの人のために 去り行く事だ 空を飛ぶ事よりは 地をはうために 口を閉ざすんだ 臆病者として 越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ 人生を 人生を語らず  おそすぎる事はない 早すぎる冬よりも 始発電車は行け 風を切ってすすめ 目の前のコップの水を ひと息にのみほせば 傷もいえるし それからでもおそくない 越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ 人生を 人生を語らず  今はまだまだ 人生を語らず 目の前にも まだ道はなし 越えるものは すべて手さぐりの中で 見知らぬ旅人に 夢よ多かれ 越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ 人生を 人生を語らず  越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ 人生を 人生を語らず
古い日記堂本剛堂本剛安井かずみ馬飼野康二十川ともじあの頃は ふたり共 なぜかしら 世間には すねたような 暮らし方 恋の小さなアパートで  あの頃は ふたり共 なぜかしら 若さなど ムダにして 暮らしてた 恋のからだを 寄せ合って  好きだったけど 愛してるとか 決して、決して、云わないで 都会のすみで その日ぐらしも それはそれで 良かったの  あの頃は ふたり共 他人など 信じない 自分たち だけだった あとは どうでもかまわない  あの頃は ふたり共 先のこと 考える 暇なんて なかったし 愛も大事に しなかった  好きだったけど 愛してるとか 決して、決して、云わないで 都会のすみで その日ぐらしも それはそれで 良かったの  あの頃はふたり共 雨の日は 雨にぬれ 今よりも さりげなく 恋と自由に 生きていた
PRIDE堂本剛堂本剛ASKAASKA十川ともじ思うようには いかないもんだな 呟きながら 階段を登る  夜明けのドアへ たどり着いたら 昨日のニュースと手紙があった  折れたからだを ベッドに投げ込んで 君の別れを 何度も見つめてた  伝えられない事ばかりが 悲しみの顔で 駆けぬけてく  心の鍵を壊されても 失くせないものがある プライド  光りの糸は レースの向こうに 誰かの影を 運んで来たよ  やさしい気持ちで 目を細めたとき 手を差しのべる マリアが見えた  何が真実か わからない時がある 夢にのり込んで 傷ついて知ること  誰も知らない 涙の跡 抱きしめそこねた 恋や夢や  思い上がりと 笑われても 譲れないものがある プライド  僕は歩く 穏やかな愛で 白い窓辺に 両手を広げた  伝えられない事ばかりが 悲しみの顔で 駆けぬけてく  心の鍵を壊されても 失くせないものがある  誰も知らない 涙の跡 抱きしめそこねた 恋や夢や  思い上がりと 笑われても 譲れないものがある プライド
はじまりはいつも雨堂本剛堂本剛ASKAASKA十川ともじ君に逢う日は 不思議なくらい 雨が多くて  水のトンネル くぐるみたいで しあわせになる  君を愛する度に 愛じゃ足りない気がしてた 君を連れ出す度に 雨が包んだ  君の名前は 優しさくらい よくあるけれど  呼べば素敵な とても素敵な 名前と気づいた  僕は上手に君を 愛してるかい 愛せてるかい 誰よりも 誰よりも  今夜君のこと誘うから 空を見てた はじまりはいつも雨 星をよけて  君の景色を 語れるくらい 抱きしめ合って  愛の部品も そろわないのに ひとつになった  君は本当に僕を 愛してるかい 愛せてるかい 誰よりも 誰よりも  わけもなく君が 消えそうな気持ちになる 失くした恋達の 足跡をつけて  今夜君のこと誘うから 空を見てた はじまりはいつも雨  星をよけて ふたり 星をよけて
最後の私PLATINA LYLIC阿部真央PLATINA LYLIC阿部真央阿部真央阿部真央十川ともじ遂に打ち明けることのなかった恋 報われるはずなどなかった片想い 9月の風の中 貴方を慕った日々 遠くなる声と 幼い笑顔  ふたり笑い歩いた道 覚えてる? 肩が触れるだけで その目を見つめられなくなり 指が触れるだけで もう何もできなくなる あの日の私は貴方にどう映ったの?  貴方にとって私は不出来でも 貴方に出会えて私は変われたの 貴方と共にあった 私の時間を ほんの少しでいい、認めて下さい  雪は17時を過ぎてから 思い出かき消すように積もって ふたりが出会った冬が もうそこまで来ています  貴方に出会い 貴方に恋をして 色あせた毎日は 輝き彩り取り戻し 貴方の一言に 思いを巡らせては 浮き立つ私を、私は好きでした  短くはないこの日々の中で “貴方に出会えた”それがとても大事で もう会えないことを 嘆き悲しむよりも 今はその奇跡を 噛みしめたい  愛しさ手放すことは ただ見送るよりも苦しいですね こんな気持ち知らなかった 貴方に出会うまでは  ふたり笑い合った最後の日 何も知らせずいてくれてありがとう 貴方の目に映る 最後の私が 幸せに笑う私で良かった  雪は17時を過ぎてから 思い出かき消すように積もって ふたりが出会った冬が もうそこまで来ています  あの日の私を 思い出して
スローバラード世良公則世良公則忌野清志郎・みかん.忌野清志郎・みかん.十川ともじ昨日はクルマの中で寝た あの娘と手をつないで 市営グランドの駐車場 二人で毛布にくるまって カーラジオから スローバラード 夜露が窓をつつんで 悪い予感のかけらもないさ あの娘のねごと聞いたよ ほんとさ 確かに聞いたんだ  カーラジオから スローバラード 夜露が窓をつつんで 悪い予感のかけらもないさ ぼくら夢を見たのさ とってもよく似た夢を
嫌われてないかなPLATINA LYLIC阿部真央PLATINA LYLIC阿部真央阿部真央阿部真央十川ともじこの気持ちだけは 気づかれちゃいけない 君を困らせて 戻れなくなるから 放課後の校庭 駆ける君を見て 溢れ出す思い 必死で抑えつけた  君の前じゃ笑うこともまともにできぬ僕は 君にどう映る? 気持ちははみだしてる?  気づかれてないかな 嫌われてないかな あの時の言葉 傷つけてないかな もしも今君に 願い届くなら 僕に寄り添って 夢みたいにkissをして あぁ…  君に会いたくて 行き来する毎日 君に会えない日は 席を立つ気にもなれなくて 立ちすくむ校庭 君の面影を 奇跡を願うように いつまでも探したりして  あの角を曲がった時、君がそこに居たらなぁ 淡い期待と空振りし続ける日々  顔も見れないほど 上も向けないほど こんなに大好きで こんなに切なくて 気づかないでほしい 嫌わないでほしい 君を失うのが 何よりも怖いから ただ…  もしもこの恋に君が気づいたら 誰にも言わないで 知らないフリをして 気づかないでほしい 嫌わないでほしい 自分勝手だけれど 僕を亡き者にしないで  気づかれてないかな 嫌われてないかな あの時の言葉 傷つけてないかな もしも今君に 願い届くなら 僕に寄り添って 夢見たいにkissをして あぁ…
ここにいてGOLD LYLIC阿部真央GOLD LYLIC阿部真央阿部真央阿部真央十川ともじ傷つけてばかりの1年が終わる 横には出会ったあの日より年を取った君がいる いつまでも変わらないものなんて 幻想なんだって 君の顔の皺数えて思う  君の泣き顔蘇る その度僕は死にたくなる 今なら分かる 君の尊さ 今更な頼み事、聞いてほしい  来年もこれからもここにいて 繋いだ手を今握り返して 変わらないものなんて嘘だよ だって あの日よりこんなに君が好きだ  もしもまだ 不安をかき消せないなら 僕のこの両手縛りつけて 鍵をかけてしまえばいい 君となら どこまでもゆける気がしているよ 何度目の冬が来ても 君と温め合いたい  僕が君を守ってく もう君の事傷つけたりしない くさい事を繰り返すけど それ以外の言葉見つからない  来年もこれからもここにいて いつまでも呆れながら笑って 変わらないものがもしあるなら きっと あの日から続く儚い願い  来年もこれからもここにいて 繋いだ手を今握り返して 変わらないものなんて嘘だよ だって あの日よりこんなに君が好きだ
風をつかまえていであやかいであやか井手綾香井手綾香十川ともじあの風をつかまえたら 飛び乗って 走り抜けてゆけるよ そう きっと 夢見た世界 向かい風を 乗り越えてみせるから そんな強さがあるなら もう 怖くなんか無いよ  寝ボケた瞳で 目覚めた朝には 大好きな歌を 口ずさんでみる  くよくよ悩んでも仕方ないよ ゴールは見えてるから ススメ go ahead!  あの風をつかまえたら 飛び乗って 走り抜けてゆけるよ そう きっと 夢見た世界 向かい風を 乗り越えてみせるから そんな強さがあるなら もう 怖くなんか無いよ  誰かの足跡 たどっていないで 君だけの色を 見つけてみようよ  その手でつかんで 前を向いて 未来が瞬くから ススメ go ahead!  あの風をつかまえたら 飛び乗って 走り抜けてゆけるよ そう きっと 夢見た世界 向かい風を 乗り越えてみせるから そんな強さがあるなら もう 怖くなんか無いよ  あの風は 君をのせてどこまでも 走り抜けてゆくんだ そう きっと 夢の予感 向かい風も 味方にしてみせるよ そんな強さがあるなら もう 怖くなんか無いよ
セピア高橋優高橋優高橋優高橋優十川ともじめまぐるしい時間の中で 君といられるこの時が 僕の唯一の安らぎになってるみたい 辛いことが多過ぎるから 時々忘れそうになるけど こうして話すとまた優しさ思い出す  もう少しで夜が明ける… この時間も思い出になる… 「また絶対会おうね」とつぶやくうるんだ瞳の君  いつか僕が見つけた 人のぬくもり 温かな笑み 抱きしめること 優しいジョーク 君がくれたもの ずっと僕らの絆 消えないように… 笑顔のさよならにしよう  めくるめく街の中を一人歩くその時も 忘れないいつだって 君は僕の宝物 遠ざかってゆく景色と 二人が過ごした時間 セピア色に染まった写真では ただ微笑む君と僕  いつか僕が感じた 愛のぬくもり 人を信じること 助けること 笑わせること 君がしてくれたこと ずっと僕らの絆 消えないように… 笑顔のさよならにしよう  心にいつも君がいる
サクライロ斎藤工斎藤工小竹正人マシコタツロウ十川ともじ口笛吹いて浮かぶメロディ つたない言葉 乗せてみたら あなたのための歌になった 出せないままでいた手紙を 書き直して読んでるようで なんか懐かしくなっていた  あの日風の中であなた サクライロに染まりながら ハラハラ落ちる花びらに包まれ 僕に向かって手を振ってた  忘れられない人よ 若すぎた僕らは 好きだって気持ちだけ それだけでもう ホントに大事なものを 捜そうとしないで 明日(あす)に迷いながら走ってた  時計をはめてないあなたは ねえ何時?っていつも僕に 時間を聞く癖があったね 現在(いま)のあなたはどんな顔で 誰に時間聞いてるんだろう? そんなコトぼんやり思った  若さってヤツは案外 サクラのイロとおんなじで 眩しく鮮やかだけれど儚い だからあんなに綺麗なんだね  忘れられない人よ 今更想うんだ また逢ってみたいとか そんなんじゃなくて ただ真っ直ぐに優しく 最後くらいあなたを 抱きしめてみせれば よかったと  どうしようなく未熟なところが似ていた僕らは 同じ悲しみを持っていたはずだった 僕はあなたを もっともっと 愛せたはずだった 忘れられない人よ 若すぎた僕らは 好きだって気持ちだけ それだけでもう ホントに大事なものを 捜そうとしないで 明日に迷いながら 走ってた 夢にはぐれながら 走ってた
輝きの中でいであやかいであやか井手綾香井手綾香十川ともじ空は遠くて 星は手の届きそうなほど 強く輝く 飛行機雲は 流れに身を任せて カタチを変える  私もきっと 変わるだろうか 身体いっぱいに風を感じて  頑張り過ぎず 頑張るよ 挫けそうな自分 涙にして 最後の一粒まで 流したなら 明日は 笑顔になれる 私も輝けるかな  雨があがって 虹がそっと照らしてくれた この心まで 南風は 背中を押してくれる 夢の舞台(ステージ)へ  私もきっと なれるだろうか まばゆい光を放ちながら  愛し過ぎずに 愛するよ 素直な気持ち 微笑みにして くしゃくしゃな顔 恥ずかしがらず 明日は 幸福になれる  頑張り過ぎず 頑張るよ 挫けそうな自分 涙にして 最後の一粒まで 流したなら 明日は 笑顔になれる  愛し過ぎずに 愛するよ 素直な気持ち 微笑みにして くしゃくしゃな顔 恥ずかしがらず 明日は 幸福になれる きっと輝けるから
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
紡ぎ~あまねく想い~初音初音初音初音十川ともじあまねく想いの丈は消えそうになりながらも紡がれてゆく  瞳の中にゆれる くすんだ世界 私だけの目が映す 霞色した厚い雲の裏に まだ見えぬ光が私を呼ぶ  広い空に願いかけても 今日も雪は降らない  あまねく想いは 小さな手のひら握りしめて 紡がれてゆく 途切れる言の葉 やさしく包み込む 思い出に溶けてゆく  心の中で時が止まった世界 胸の奥 重い鎖 ほどいてあげたい  強く変わる気がする あなたを信じ続けてる  あまねく想いの丈は ひとつずつ それは大事に紡がれてゆく 途切れぬ想いは闇を照らす月 明日へと導いていく  手のひらに砂時計 降りつもっては消える想い出 空に隠れた道探して ひとつだけ 信じたい  あまねく想いの丈は消えそうになりながらも紡がれてゆく  あまねく想いの丈は消えそうになりながらも紡がれてゆく 奏でる音の葉 いつか届くように あなたへと紡いでゆく  いつまでも紡いでゆく
新月藤あや子藤あや子山崎ハコ山崎ハコ十川ともじゆっくりと話も できないまま 過ぎてゆく 心の中で 小さなことも 毎日 語っているのよ 時に夜空 見上げて 星もにじむけれど 朝の来ない日は 決っしてない 新月の夜 思った 淋しくないのと 聞かれたら やさしい笑顔で「はい」答えたい  本当は私が きいてみたい事もある 遠くを見てる その横顔に 思いがあふれて 溶けるの だけど 無理はしないで 私 空気で いるわ きっと優しさが 隠れてる 新月の影のように 悲しくないのと 聞かれたら やすらぐ笑顔で「はい」答えたい  時に 広い夜空に 光 探すけれど 朝の来ない日は 決っしてない 愛で満ちてゆく 月 幸せですかと 聞かれたら あふれる笑顔で「はい」答えたい
「生きる」alanalan松本隆菊池一仁十川ともじ夕映え 天と地との 透き間で膝抱いて見る 静まりかえる海 綺麗ね  心は塵になって 何度も砕かれたけど 立ち上がる元気もあるから  新しい価値観があの日から わたしの中 目覚めてく  未来ってどこにあるの? 神さまは無言のまま 今日と明日をつなぐ糸を 綱渡りするように 未来って死語じゃないね 私たち生きてる 喜怒哀楽そのすべてを 両手に抱いて生きる  不幸に目隠しされ 孤独に棄てられたって 星は靴の先を照らすよ  旧い自我脱ぎ捨てて 顔あげて 胸も少し張りながら  未来ってどこにあるの? 探しても見つからない 私たちの心の目が 描いたり造るもの 未来って死語じゃないね 私たち生きてる 喜怒哀楽そのすべてを 両手に抱いて生きる  未来ってどこにあるの? 迷っても歩き出そう 目くばせして笑みかわして 腕組んでスキップして 未来ってどこにあるの? 探しても見つからない 私たちの心の目が 描いたり造るもの 未来って死語じゃないよ 私たち生きてる 喜怒哀楽そのすべてを 両手に抱いて生きる
恋におちて -Fall in Love-藤あや子藤あや子湯川れい子小林明子十川ともじもしも願いが 叶うなら 吐息を白い バラに変えて 逢えない日には 部屋じゅうに 飾りましょう 貴方を想いながら  Darlling, I want you 逢いたくて ときめく恋に駆け出しそうなの 迷子のように立ちすくむ わたしをすぐに 届けたくて  ダイヤル回して 手を止めた I'm just a woman Fall in love  If my wishes can be true Will you change my sighs To roses, whiter roses Decorate them for you Thinkin' 'bout you every night And find out where I am I am not livin' in your heart  Darling, I need you どうしても 口に出せない 願いがあるのよ 土曜の夜と日曜の 貴方が いつも欲しいから  ダイヤル回して 手を止めた I'm just a woman Fall in love  Darling, you love me 今すぐに 貴方の声が聞きたくなるのよ 両手で頬を 押さえても 途方に暮れる 夜が嫌い  ダイヤル回して 手を止めた I'm just a woman Fall in love  Don't you remember When You were here withour a thinking We were caught in fire I've got a love song But where it goes Three loving hearts are Pullin' apart of one  Can't stop you. Can't hold you Can't wait no more I'm just a woman Fall in love I'm just a woman Fall in love
for you…藤あや子藤あや子大津あきら鈴木キサブロー十川ともじ涙をふいて あなたの指で 気付いたの はじめて あの頃の私 今日までの日々を 見ててくれたのは あなた  わがままばかりで ごめんなさいね 恋人と別れて あなたの部屋で 酔いつぶれてた そんな夜もあった  想い出せば 苦笑いね 淋しさも悲しみも あなたのそばで溶けていった いつもいつの日も  もしも逢えずにいたら 歩いてゆけなかったわ 激しくこの愛つかめるなら 離さない 失くさない きっと  あなたが欲しい あなたが欲しい もっと奪って 心を あなたが欲しい あなたが欲しい 愛が すべてが欲しい  もしも 傷つけあって 夜明けに泣き疲れても 激しくこの愛見つけた日は 忘れない 失くさない きっと  あなたが欲しい あなたが欲しい もっと奪って 私を あなたが欲しい あなたが欲しい 愛が すべてが欲しい
藤あや子藤あや子竹内まりや竹内まりや十川ともじ見覚えのある レインコート 黄昏の駅で 胸が震えた はやい足どり まぎれもなく 昔愛してた あの人なのね 懐かしさの一歩手前で こみあげる 苦い思い出に 言葉がとても見つからないわ あなたがいなくても こうして 元気で暮らしていることを さり気なく 告げたかったのに……  二年の時が 変えたものは 彼のまなざしと 私のこの髪 それぞれに待つ人のもとへ 戻ってゆくのね 気づきもせずに ひとつ隣の車輌に乗り うつむく横顔 見ていたら 思わず涙 あふれてきそう 今になってあなたの気持ち 初めてわかるの 痛いほど 私だけ 愛してたことも  ラッシュの人波にのまれて 消えてゆく 後ろ姿が やけに哀しく 心に残る 改札口を出る頃には 雨もやみかけた この街に ありふれた夜がやって来る
異邦人藤あや子藤あや子久保田早紀久保田早紀十川ともじ子供たちが空に向かい 両手をひろげ 鳥や雲や夢までも つかもうとしている その姿は きのうまでの何も知らない私 あなたに この指が届くと信じていた 空と大地が ふれ合う彼方 過去からの旅人を呼んでる道 あなたにとって私 ただの通りすがり ちょっとふり向いてみただけの 異邦人  市場へ行く人の波に 身体(からだ)を預け 石だたみの街角を ゆらゆらとさまよう 祈りの声 ひずめの音 歌うようなざわめき 私を置きざりに 過ぎてゆく白い朝 時間旅行が 心の傷を なぜしから埋めてゆく 不思議な道 サヨナラだけの手紙 迷い続けて書き あとは哀しみをもて余す 異邦人 あとは哀しみをもて余す 異邦人
難破船藤あや子藤あや子加藤登紀子加藤登紀子十川ともじたかが恋なんて 忘れればいい 泣きたいだけ 泣いたら 目の前に違う愛が見えてくるかもしれないと そんな強がりをいって見せるのは あなたを忘れるため さびしすぎて こわれそうなの 私は愛の難破船 折れた翼 広げたまま あなたの上に 落ちて行きたい 海の底へ 沈んだなら 泣きたいだけ 抱いて欲しい  ほかの誰かを 愛したなら 追いかけては 行けない みじめな恋つづけるより 別れの苦しさ えらぶわ そんなひとことで ふりむきもせず 別れたあの朝には この淋しさ 知りもしない 私は愛の難破船 おろかだよと 笑われても あなたを追いかけ 抱きしめたい つむじ風に身をまかせて あなたを海に沈めたい  あなたに逢えない この街を こん夜ひとり歩いた 誰もかれも知らんぷりで 無口なまま 通りすぎる たかが恋人を なくしただけで 何もかもが消えたわ ひとりぼっち 誰もいない 私は愛の難破船
抱いて…藤あや子藤あや子松本隆David Foster十川ともじ何度も別れを 心に決めても あなたの顔を 見るたび How can I stop loving you  誰かの電話を あわてて切るのね 私はくちびる噛んで 哀しく微笑(わら)う How can I stop loving you  Hold me 嵐の夜はベッドで 抱いていてね Hold me 心が風に吹かれて 飛ばされぬように 抱いて 抱いていて  知らない都会で 生きてる夢見た 目覚めてあなたを探すの 月の光に How can I stop loving you  Hold me あなたに秘密にしてた ニュースがある Hold me 私の奥に芽生えた 命を祝って 抱いて 抱いていて  Hold me 嵐の夜はベッドで 抱いていてね Hold me 心が風に吹かれて 飛ばされぬように 抱いて 抱いていて 抱いて 抱いていて 抱いて 抱いていて
小心者藤あや子藤あや子中村泰士中村泰士十川ともじあなたの おさえめな話し方や いつも うつむき加減な横顔が 私はすっかり 気に入っていたし とても とても 素敵だった 何のこだわりもなく 暮らし始め 時には見せる あなたの弱ささえ 熱い からだを寄せ合い 時を埋めて そして ただ夢中で愛したわ 子供の頃 チャンバラも ケンダマも ビーダマも メンコも 町一番だったそうじゃない そして 今は浮かれ街で 上手に 歌など うたえると聞いたわ そうよ 私達は 小心者 あなたは 特にそれを演じてきた だけど もう偽るのは やめなさい あなたは もう小心者じゃないわ  子供の頃 チャンバラも ケンダマも ビーダマも メンコも 町一番だったそうじゃない そして 今は浮かれ街で 上手に 歌など うたえると聞いたわ そうよ 私達は 小心者 あなたは 特にそれを演じてきた だけど もう偽るのは やめなさい あなたは もう小心者じゃないわ  だって私を 疲れきった私を 捨てる勇気が あったじゃないの  だって私を 疲れきった私を 捨てる勇気が あったじゃないの  だって私を 疲れきった私を 捨てる勇気が あったじゃないの
謝肉祭藤あや子藤あや子阿木燿子宇崎竜童十川ともじ愛して 愛して 祭りが始まる 愛して 愛して 夜が始まる  のけぞる背中に喝采の渦 男の視線が突きささる あなたに放った 真赤なバラは 今夜の気持ちと 受け取って 炎の中くめた叫び 天をこがすわ 愛して 愛して 祭りは短かい 愛して 愛して 夜も短い 人よりたくさん いい目に遭って 人よりたくさん 悲しんだ ジプシー ジプシー 踊り疲れたらどうなるの ジプシー ジプシー 風の花で舞うだけね  タロット占い 別離のカード 二人の明日が 見えそうね 幸福な日々に 憧れながら 心の潮騒 消せないの 流れ星が一つ消えて 暁の空 愛して 愛して 祭りが終るわ 愛して 愛して 夜も終るわ 人よりたくさん 浮名を流し 人よりたくさん 血を流す ジプシー ジプシー 歌い疲れたらどうなるの ジプシー ジプシー 篭の鳥で鳴くだけね  人よりたくさん 傷つけあって 人よりたくさん 夢をみた ジプシー ジプシー 恋に疲れたらどうなるの ジプシー ジプシー 一人ぼっちで果てるだけ
りばいばる藤あや子藤あや子中島みゆき中島みゆき十川ともじ忘れられない歌を 突然 聞く 誰も 知る人のない 遠い町の角で やっと 恨みも嘘も うすれた頃 忘れられない歌が もう一度はやる 愛してる 愛してる 今は誰のため 愛してる 愛してる 君よ歌う やっと 忘れた歌が もう一度はやる  なにも ことばに残る 誓いはなく なにも 形に残る 思い出もない 酒に氷を入れて 飲むのが好き それが 誰の真似かも とうに忘れた頃 愛してる 愛してる 今は誰のため 愛してる 愛してる 君よ歌う やっと 忘れた歌が もう一度はやる  愛してる 愛してる 今は誰のため 愛してる 愛してる 君よ歌う やっと 忘れた歌が もう一度はやる やっと 忘れた歌が もう一度はやる
ダンスはうまく踊れない藤あや子藤あや子井上陽水井上陽水十川ともじダンスはうまく踊れない あまり夢中に なれなくて ネコは 足もとで踊り 私 それを ながめている 夏の夜は すでに暗く 蒼く窓にみえる 星の光近く 誰も来ないし 誰も知らない  ひとりきりでは ダンスはうまく踊れない 遠い なつかしい あの歌 私 夢色のドレス あなた 限りない 笑顔で 足を前に右に 後 左 風の様に 水の様に ふたり 時を 忘れて 時の間を La La…  今夜ひとりで ダンスを うまく踊りたい 丸いテーブルのまわりを 私 ナイトガウンのドレス 歌は なつかしい あの歌 部屋の中で 白い靴をはいて ゆれる ゆれる 心 夢にゆれる 夜を忘れて 夜に向って La La La…
ラヴ・イズ・オーヴァー藤あや子藤あや子伊藤薫伊藤薫十川ともじLove is over 悲しいけれど 終りにしよう きりがないから Love is over わけなどないよ ただひとつだけ あなたのため  Love is over 若いあやまちと 笑って言える 時が来るから Love is over 泣くな男だろう 私のことは 早く忘れて  わたしはあんたを 忘れはしない 誰に抱かれても 忘れはしない きっと最後の 恋だと思うから  Love is over あたしはあんたの お守りでいい そっと心に Love is over 最後にひとつ 自分をだましちゃ いけないよ  お酒なんかで ごまかさないで 本当の自分を じっと見つめて きっとあんたに お似合いの人がいる  Love is over 悲しいよ 早く出てって ふりむかないで Love is over Uh 元気でいてね Love is over……
恋人よ藤あや子藤あや子五輪真弓五輪真弓十川ともじ枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない 恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい  砂利路を駆け足で マラソン人が行き過ぎる まるで忘却のぞむように 止まる私を誘っている 恋人よ さようなら 季節はめぐってくるけど あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ  恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ そしてひとこと この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい
この空を飛べたら藤あや子藤あや子中島みゆき中島みゆき十川ともじ空を飛ぼうなんて 悲しい話を いつまで考えているのさ あの人が突然 戻ったらなんて いつまでも考えているのさ 暗い土の上に 叩きつけられても こりもせずに 空を見ている 凍るような声で 別れを言われても こりもせずに 信じてる 信じてる ああ 人はむかしむかし 鳥だったのかも しれないね こんなにも こんなにも 空が恋しい  飛べるはずのない空 みんなわかっていて 今日も走ってゆく 走ってく 戻らないあの人 私わかっていて 今日も待っている 待っている この空を飛べたら 冷たいあの人も やさしくなるような 気がして この空を飛べたら 消えた何もかもが 帰ってくるようで 走るよ ああ 人はむかしむかし 鳥だったのかも 知れないね こんなにも こんなにも 空が恋しい  ああ 人はむかしむかし 鳥だったのかも しれないね こんなにも こんなにも 空が恋しい
WOMAN藤あや子藤あや子石川あゆ子中崎英也十川ともじつわものどもが 夢のあとだね 静かな波が 打ち寄せてる 月の光を 瞼に受けて とてもきれいな 気持ちになる  あの日あなたと 躍ったドレス 冬の海へと 流しに来た 通り魔みたい あなたの愛が 今この腕を 離れてゆく  MY NAME IS WOMAN 悲しみを身ごもって 優しさに育てるの MY NAME IS WOMAN 女なら耐えられる 痛みなのでしょう  砂も地球の かけらなんだと いつかあなたが 話してたね そんな言葉を 思い出すだび 皮肉ね心 救われるよ  濡れた足首 投げだして このままここで 眠りたいわ 手を縛られた 夜の鳥達 せつない声を あげるけれど  MY NAME IS WOMAN 淋しさを身ごもって 人生が始まるの MY NAME IS WOMAN 後悔の涙ではないと 誓えるわ  あの日あなたと 躍ったドレス 冬の海へと 流しに来た 通り魔みたい あなたの愛が 今この腕を 離れてゆく
泣き鏡藤あや子藤あや子松本一起久地万里子十川ともじ哀しい日は哀しくなれ そう自分に言い聴かせる たった一つだけの心 もがいたって広がらない 茜色の空はいつか 時間(とき)の中に沈んでいた こんな夜は好きな人と 逢うことさえ重たくなる ぐっとこらえていても 見上げられず ほどいてあげたい どうしても どうしても 泣きたくなったときには 母よ あなたの残した手鏡に泣いています  まだ生きてた頃のある日 細い廊下酔って歩く 変な顔とうれしそうに のぞいていたこの手鏡 父 それともかくすように 一人だけで忍ばせてた あなただけの男(ひと)だったの 庭の遠くに気にかけてた ぐっと強がるくせは 受け継いでる あなたを真似して いまもなを いまもなを 泣きたくなったときには 母よ あなたの残した手鏡に泣いています  どうしても どうしても 泣きたくなったときには 母よ あなたの残した手鏡に泣いています
つよがりソレイユ初音初音常田真太郎常田真太郎十川ともじ颯爽と歩く “デキる”素振り 背伸びした思い出 無理やり もう部屋の隅っこに そっと置いてきたはずなのに  雑踏の間 急いでいるフリ 傷跡はいつしか 消えていく でも 強がる私をこの季節は見逃さないから  重ねたあなたとの時間はもう何も守ってはくれない  声を聞かせてまた笑って いたずらっぽい顔で抱きしめて 一緒にいるのに恋しているって思えた 切ない気持ちもわかった 愛しているって言葉さえも あなたなら言えそうだったのに 足元の落ち葉が騒いでいる  最初の一歩で はじめましょう あの柔らかいキスから やり直して あぁ ふたを開けたら もう溜息が出るほど深くて  あなたの歩幅は少し私より大きいから  2人の歩くスピードが ちぐはぐなままで進んできた 気付けばあなたが届かない距離で 手を伸ばしても触れられない 誰より側にいたのに お互いつけた傷を隠していた 巻いた青いマフラー、握り締めた  かけていく薄着の子供 追いかける母親の影 かけがえのない愛情で 時には走ったりしながら 包んでいられたなら…  今はまだ強がるくらいで 自分を騙し続けるけれど それでもいいの 次会った時には キライだよって嘘つくから この季節の太陽は 頼りないけどそれでも輝く そろそろ先へと進まなきゃね
何も始まらないなら石原じゅんこ&国安修二石原じゅんこ&国安修二夏目純国安修二十川ともじ坂道に並ぶ 街路樹の影 ひとつ越えるたび 帰したくなくなる 胸の片隅に 守る人がいる そんな あなたでも 愛したかったの  鳥篭の中 なけなくなってく あなたを 私を 逃がしてあげる  何も始まらないなら どうせ 苦しいのなら 忘れられない人と 呼ばれ続けたい 風に乱れた髪を そっと 抱き寄せられて 二度と逢えない匂い 胸に 吸い込んだ  星空のように あかり灯す街 届かないものは 美しく見えた  微笑みの嘘 見抜く瞳の色 救える言葉は さよならだけね  何も始まらないなら どうせ 苦しいのなら 髪を切るように 想い断ち切れなくても いつか 他人のように すれ違う街角で 別の名前に変わる 未来(あす)を選ばせて  何も始まらないなら どうせ 苦しいのなら 忘れられない人と 呼ばれ続けたい 人は 愛されるほど 愛を返したいのに 行方 失くした永遠 胸に ちぎれてく……  時に ちぎれてく……
時間よ止まれ高橋真梨子高橋真梨子山川啓介矢沢永吉十川ともじ罪なやつさ Ah PACIFIC 碧(あお)く燃える海 どうやら おれの負けだぜ まぶた閉じよう  夏の日の恋なんて 幻と笑いながら この女(ひと)に賭ける  汗をかいた グラスの 冷えたジンより 光る肌の 香りが おれを酔わせる  幻でかまわない 時間よ止まれ 生命(いのち)のめまいの中で  幻でかまわない 時間よ止まれ 生命(いのち)のめまいの中で  罪なやつさ Ah PACIFIC 都会の匂いを 忘れかけた このおれ ただの男さ  思い出になる恋と 西風が笑うけれど この女(ひと)に賭ける  Mm- STOP THE WORLD Mm- STOP THE WORLD...
風のエオリア高橋真梨子高橋真梨子大津あきら徳永英明十川ともじだからエオリア 夢にまで 恋の風があふれたら ひとりエオリア 泣かないで どんな声もはこんで  口唇に指をあて 君に勇気をあげる うつ向いた涙に 虹が架かるまで  君はエオリア 鷺色の風に踊る妖精さ きっと誰れかと めぐり逢う そんな朝を信じて  優しさを 結べたら 涙の訳もわかる せつなくて独りで 髪を切らないで  だからエオリア 夢にまで 恋の風があふれたら ひとり迷って 泣かないで どんな声もはこんで  君はエオリア 鷺色の風に踊る妖精さ きっと誰れかと めぐり逢う そんな朝を信じて
奏(かなで)高橋真梨子高橋真梨子大橋卓弥・常田真太郎大橋卓弥・常田真太郎十川ともじ改札の前つなぐ手と手 いつものざわめき、 新しい風 明るく見送るはずだったのに うまく笑えずに君を見ていた  君が大人になってくその季節が 悲しい歌で溢れないように 最後に何か君に伝えたくて 「さよなら」に代わる言葉を僕は探してた  君の手を引くその役目が僕の使命だなんて そう思ってた だけど今わかったんだ 僕らならもう 重ねた日々がほら、 導いてくれる  君が大人になってくその時間が 降り積もる間に僕も変わってく たとえばそこにこんな歌があれば ふたりはいつもどんな時もつながっていける  突然ふいに鳴り響くベルの音 焦る僕 解ける手 離れてく君 夢中で呼び止めて 抱き締めたんだ 君がどこに行ったって僕の声で守るよ  君が僕の前に現れた日から 何もかもが違くみえたんだ 朝も光も涙も、 歌う声も 君が輝きをくれたんだ  抑えきれない思いをこの声に乗せて 遠く君の街へ届けよう たとえばそれがこんな歌だったら ぼくらは何処にいたとしてもつながっていける
LOVE SONGASKAASKAASKAASKA十川ともじ聴いた風な流行にまぎれて 僕の歌が やせつづけている 安い玩具みたいで 君に悪い  ひどいもんさ 生きざまぶった 半オンスの拳が うけてる 僕はそれを見ていたよ 横になって  君を浮かべるとき SOULの呼吸が始まる 胸に息づくのは 君へのLove song  抱き合う度にほら -secret river side- 欲張りになって行く -We can't go back- 君が想うよりも 僕は君が好き  君に出逢い ほのかに恋をして 長い間 打ち明けられずに ほんの星の夜に ふと転がった  恋が歌になろうとしている ボタンがわり 愛をつないで 君はそれを聞くはずさ 街の中で  君を描くことが SOULの渇きを潤す 心落ち着くのは 君へのLove song  抱き合う度にほら -secret river side- また君増えて行く -We can't go back- 君が想うよりも 僕は君が好き  会えない夜は Lonely ラジオの音を Little bit down 君からの 君からの 君からの “I LOVE YOU” CALL  抱き合う度にほら -secret river side- 欲張りになって行く -We can't go back- 君が想うよりも 僕は君が好き  抱き合う度にほら -secret river side- また君増えて行く -We can't go back-  君が想うよりも 僕は君が好き
風のライオンASKAASKAASKAASKA十川ともじ力まかせの 喧嘩じゃ負けない それが絵になる少年の日々  何処かに眠る わがままな瞳は 時間を積んで 優しく消えた  気疲ればかり 大人の顔で  秘密が増えれば 臆病になり 笑顔の数さえ 心に重いだけの飾り  昨夜 手元に粉雪が来て 冬のチョウチョの姿になった  シルクの雪を かわすように舞い 僕を連れて 季節を越えた  まぼろしの底 歩きすぎたね  心は四月の草原の中 痛んだ たて髪 しばらく風にあずけてから  いつか 走り出す いつか 走り出す  忘れた爪を 想い出す時  心は四月の草原の中 痛んだ たて髪 しばらく風にあずけてから
WALKASKAASKAASKAASKA十川ともじ眠れないままに朝の光を 仰いだ 入れ変わるばかりの気持ちに 身体を絞られながら 長い長い映画の途中で メインキャストからも 外れている  溢れる地下鉄の波を 泳いだ クロールの手つきで 心の焦りをかきわけながら ありったけの呼吸で 君へ走った  どんなバラを噛んでたのか 僕の夢は いつまでLa,la,la, 痛むのか  あの日の言葉呼び起こすよ  君を失うと 僕のすべては止まる いつも側に居て 勇気づけて  確かに見えるチャンスをネガに 押し込む 未来が値札を外して そっと そっと 寄り添い掛けて来た 切り札の出し違いで また瞳を閉じる  どんな時も 僕のことは 君がわかる 心をLa,la,la, 無くしても  抱きしめる度 歩きだせる  君を失うと 僕のすべては止まる いつも離さずに 暖めるよ  君が微笑みくれると 弱い男を見せられそうさ 君が涙に濡れると 大切なもの 守れそうさ  君を失うと 僕のすべては止まる いつも側に居て 勇気づけて  君を失うと 僕のすべては止まる いつも離さずに 暖めるよ  君を失うと 僕のすべては止まる いつも側に居て 勇気づけて
恋人はワイン色ASKAASKAASKAASKA十川ともじすれ違う 君に見とれて スローモーション はねたワイン  君のドレス 紅に染まって 戸惑いは 恋の顔  突然すぎた出逢いは 想い出さえ シネマじたての 甘いストーリーに変えて行く  I don't forget you Missing you  恋人はワイン色 ビロードのシャワー 決まりの場面で  恋人はワイン色 記憶の香り グラス持つたびに  オレンジを 絞る横顔 まぶしくて 好きだった  朝と夜 違って見える 唇を 愛してた  アパルトのミセス達は 噂好きで 君のさよならの理由に 花を咲かせていた  I don't forget you Missing you  恋人はワイン色 ビロードのシャワー 決まりの場面で  恋人はワイン色 記憶の香り グラス持つたびに  I don't forget you Missing you  恋人はワイン色 ガラスのアベニュー 変らない景色  恋人はワイン色 濡れたまつ毛で 何を見てたのか
DO YA DOASKAASKAASKAASKA十川ともじ何もないような 振りが出来なくて ついつい 恋に指紋つけ過ぎてしまうね  コートの中で 君を抱いたから ああ 恋はもう秘密の罪 着せられて  DO DO DE DO YA DO 約束など DO DO DE DO YA DO 何もなくて  恋人用の鼓動 いつも鳴らしてた 誰にも気づかれぬよう  あいつが君に愛を告げた 君が花を抱えて来た あどけない君の顔が 少しだけ… 少しだけ…  雑誌のような 恋が出来なくて ついつい 君に無理をさせ過ぎてしまうね  君は僕のこと 倖せにしてるよ ああ 君の瞳に映る僕を変えないで  DO DO DE DO YA DO 約束など DO DO DE DO YA DO 何もなくて  カタログの中で 夢を選ぶよな 思いはさせてないかい  あいつが君に愛を告げた 君が花を抱えて来た 微笑む僕の顔は 少しだけ… 少しだけ…  坂道のカーブを 右の空へ向かえば 君がドアを降りて行く  DO DO DE DO YA DO 約束など DO DO DE DO YA DO 何もなくて  恋人用の鼓動 いつも鳴らしてた 誰にも気づかれぬよう  あいつが君に愛を告げた 君が花を抱えて来た  あどけない君の顔が DO DO DE DO YA DO 約束など DO DO DE DO YA DO 何もなくて  あどけない君の顔が…
渚でシャララJULIE with THE WILD ONESJULIE with THE WILD ONES三浦徳子加藤邦彦十川ともじ渚でシャララ ふたりでシャララ 渚でシャララ あの頃のメロディ 潮風受けて 歌っている 渚で シャララ 君はあの日のまま、、、  泣いていた君を いまのぼくならば ぎゅっと抱きしめて あげられるだろ 若すぎたせい 理由も聞かずに 右と左、、、 傷つけあうより ホホエミえらんで つのる想いは 砂にかくして  渚でシャララ 恋してシャララ 渚でシャララ 幸せな君も 時には 僕を 思ってる 渚で シャララ 夢はあの日のまま、、、、  やなこと全部 波にさらわれて いいことだけを 覚えているよ 今でも君は 僕だけのもの 愛はそのまま 重ねた月日は 二人を変えずに 胸の熱さは 月にあづけて  傷つけあうより ホホエミえらんで つのる想いは 砂にかくして  渚でシャララ ふたりでシャララ 渚でシャララ あの頃のメロディ 潮風受けて 歌っている 渚で シャララ 君はあの日のまま、、、 ふたり あの日のまま、、、 愛は愛のまま
涙がこぼれちゃうJULIE with THE WILD ONESJULIE with THE WILD ONES吉田Q吉田Q十川ともじたまに優しい言葉を かけてくれたなら それだけで 人はきっと 生きてゆけるのさ だから寂しくて やりきれぬ夜は ためらわず 電話しなよ 涙がこぼれちゃう  南風 光る波よりも 水着濡れたあなたの姿が 輝いてた そして 思い出になってしまっても 忘れられなくて  別れを告げられて幸せ祈る 愚かな俺の事 少しは気にしてよ  たまに優しい言葉を かけてくれたなら それだけで 人はきっと 生きてゆけるのさ だから寂しくて やりきれぬ夜は ためらわず電話しなよ 涙がこぼれちゃう  あなたは今 誰に抱かれて 艶やかな夢を見ているのか考えたり しょっぼい男と見かけた街で 声もかけられず  長く伸ばした髪 よく似合うけど 素顔で待ち合わせる あなたらしくいてよ  お互い変わりゆくだろう 別々の道を 歩むなら この先もう 赤の他人なの? それが寂しくてやりきれぬ俺は 一人きり 真夏の夜 枕を濡らしちゃう  過ちだらけでもいい あなた以外いないもん COME ON BABY, YEAH 恋人同士じゃなくても いいから OH  たまに優しい言葉を かけてくれたなら それだけで人はきっと 生きてゆけるのさ だから寂しくて やりきれぬ夜は おそるおそる 電話するよ 話が途切れても  会いに行きたい 涙がこぼれちゃう
YOU真衣真衣真衣高橋浩一郎十川ともじどんなときも笑顔は君と 僕二人の秘密のサイン 誰にも見せたことない 君だけだよ  君は言った永遠という 言葉なんて誰も知らない 過ごしてきた日々が 思い出に変わる  セピア色の景色に映った君は やさしく微笑んでいたのに くすんでいくの こわいくらい  君が君でいるなら どんな場面も 必ず季節は巡り続ける 変わらないでいてほしい 二人の距離が 離れないように今は こんなに笑い泣けるメモリー 最初からわかってたよ  いつも二人笑いあってた 何もかもが幸せだった 過ごしてきた日々は ぬくもりあふれて  赤信号ふと手を握ってくれた 立ち止まる時間眺めてた 幼い記憶 忘れられない  君が君でいるなら 離れていても 必ずたどり着く遠くても ちぐはぐな道でいい 二人の距離が 近づく瞬間そして こんなにそばで君に誓うよ これが最後のサイン  君が君でいるなら どんな場面も 必ず季節は巡り続ける 変わらないでいてほしい 二人の距離が 離れないように今は こんなに笑い泣けるメモリー 最初からわかってたよ
NO NAME FLOWER真衣真衣松井五郎marhy十川ともじいつだって光になるように 君だけの光になるように  誰にもいえない さみしさのタネを ばら撒いた庭が 君の心にある どんな色の花が咲くのか 知りたいのなら  いつだって光になるように 君だけの光になるように 言葉がなくて結ばれているから そう ふたり  太陽の壁も木枯らしのトゲも それぞれ生まれた意味があるんだろう 必ずめぐり来る季節に会いたいのなら  暖かい雨にもなるように 優しさのしずくになるように 忘れないでいて ずっとそばにいるよ そう僕が  いつだって光になるように 君だけの光になるように  暖かい雨にもなるように 優しさのしずくになるように 忘れないでいて ずっとそばにいるよ そう僕が  いつだって光になるように 君だけの光になるように 言葉がなくて結ばれているから そう ふたり  そう ふたり
ワインレッドの心高橋真梨子高橋真梨子井上陽水玉置浩二十川ともじもっと勝手に恋したり もっとKissを楽しんだり 忘れそうな想い出を そっと抱いているより 忘れてしまえば  今以上、それ以上、愛されるのに あなたは その透き通った瞳のままで あの消えそうに燃えそうなワインレッドの 心を持つあなたの願いがかなうのに  もっと何度も抱き合ったり ずーっと今夜をゆれ合ったり 哀しそうな言葉に 酔って泣いているより ワインをあけたら  今以上、それ以上、愛されるのに あなたはただ恥らうより てだてがなくて あの消えそうに 燃えそうなワインレッドの 心をまだもてあましているのさ この夜も  今以上、それ以上、愛されるまで あなたのその透き通った 瞳の中に あの消えそうに 燃えそうなワインレッドの 心を写しだしてみせてよ ゆれながら
ロビンソン高橋真梨子高橋真梨子草野正宗草野正宗十川ともじ新しい季節は なぜかせつない日々で 河原の道を自転車で 走る君を追いかけた 思い出のレコードと 大げさなエピソードを 疲れた肩にぶらさげて しかめつら まぶしそうに  同じセリフ 同じ時 思わず口にするような ありふれたこの魔法で つくり上げたよ  誰も触われない 二人だけの国 君の手を離さぬように 大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る  片隅に捨てられて 呼吸をやめない猫も どこか似ている 抱き上げて 無理やりに頬よせるよ  いつもの交差点で 見上げた丸い窓は うす汚れてる ぎりぎりの 三日月も僕を見てた  待ちぶせた夢のほとり 驚いた君の瞳 そして僕ら今ここで 生まれ変わるよ  誰も触われない 二人だけの国 終わらない歌ばらまいて 大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る  大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る ルララ 宇宙の風に乗る
マノンD-51D-51吉田安英吉田安英十川ともじさよなら愛しき人よ もう会えないと思うほど涙 遠くへ消えて行くんだね 今君の面影を抱いた  ねえ、あの日君にもらった 時計は変わらず時を刻む チクタク一秒ずつ進むけど 今は時を戻したい  変えた髪型 前と違う色の紅 僕を見る目がまるで他人を見てるようだった どうしてもっと早く気付けなかった 失って燃える愛しさ  さよなら愛しき人よ もう会えないと思うほど涙 遠くへ消えて行くんだね 今君の面影を抱いた  ねぇ、君が残した物は 夢か現実かを惑わせる your smell風が吹くそのたびに 笑う君がよみがえる  去年の今頃は季節外れの 海へ出掛けた 冷たい風も近づく口実 あんなに運命を感じてた二人も ありふれた結末だった  さよなら愛しき人よ もう会えないと思うほど涙 遠くへ消えて行くんだね 今君の面影を抱いた さよなら愛しき人よ 寄せて返す波のような人よ 静かに去って行くんだね 今君の思い出を抱いた  さよなら愛しき人よ もう会えないと思うほど涙 遠くへ消えて行くんだね 今君の面影を抱いた さよなら愛しき人よ 四月に吹く風のような人よ 幸せ持って行くんだね 今君の幻を抱いた
ファイトD-51D-51吉田安英吉田安英十川ともじ転んだ昨日、起き上がる今日 目指す明日、それが成長 嫉妬しても羨んでも自分以外にゃなれない  所詮世の中人で動く だから僕は自由にゆく たとえそれがわがままでも貫ければお見事  失った分だけ得るものはあるから いつまでもくよくよすんのはやめなよ ちゃんと愛をくれる人達はいるから 背中を丸めてないで強気で行けばいい  ファイト! 負けんなファイト! 今までだって乗り越えてきただろう? あきらめの悪さと負けず嫌いがいいとこさ ファイト! 自分へファイト! つらい時だからこそ笑ってやれ 必ず幸せの風は吹くさ  満員電車吐き出されて etcになりかけてる 安らぐ場所見つけられず 上目で空をにらむ 誰かのため?誰かのせい? 何を求め何を描く? 悩みなんてキリないけど夢はもっとキリがない  ゼロからじゃないんだやろうと決めたなら もうすでに2、3歩進んでいるはず 愚痴を聞いてくれる人達もいるから ため息ばっか吐いてないで深く息吸い込んで  ファイト!負けんなファイト! 人の目ばっか気にしちゃ動けない 根拠のない強がりと頑固なのがいいとこさ ファイト!自分へファイト! いつも精一杯に生きていれば 必ず幸せの風は吹くさ  転んだ昨日、起き上がる今日 目指す明日、それが成長 嫉妬しても羨んでも自分以外にゃなれない 生きてるから味わえてる あの悔しさあの嬉しさ 生きてるから味わえてる あの涙や喜び  ファイト! 負けんなファイト! 落ちるだけ落ち込んだら立ち上がれ 大切な人達の期待に応えられるように ファイト! だからファイト! 無謀でもいつかは希望に変わる 空へと旅立ったあいつも見えるはずさ  ファイト! 負けんなファイト! 今までだって乗り越えてきただろう? あきらめの悪さと負けず嫌いがいいとこさ ファイト! 自分へファイト! つらい時だからこそ笑ってやれ 必ず幸せの風は吹くさ ファイト!負けんなファイト! 人の目ばっか気にしちゃ動けない 根拠のない強がりと頑固なのがいいとこさ ファイト!自分へファイト! いつも精一杯に生きていれば 必ず幸せの風は吹くさ
奇跡は出会いまたそれへD-51D-51吉田安英吉田安英十川ともじいつも優しさはきっと 見える場所にあるモノ 繋ぐ手の中 生まれる温もりもその一つ  寂しさは誰かのこと 強く想うことなんだ こんな時代に 消えない幸せ探し 出逢えた  不器用なりにも 互いを求めて 学んだずるさも忘れて 裸の心 偽り一つもないと信じた  愛されたくて愛して 見えない明日に震えて 形ないモノを僕らは抱きしめ合った 流れゆく季節の中で 6億分の1の奇跡 短すぎる限りある時間(とき) たとえ命がつきても来世もきっと 君を見つけて恋に落ちて そして愛を告げるよ  ささやかな暮らしの中 悠久の空を見上げ いつか自然に 送りたいと思う言葉「ありがとう」  欠点だらけの人間だけど ダメなところもあるけど 君は「いつでも心のそばにいて」と言った  恋から愛へ移りゆく いつしか生きる支えになって 言葉投げ合う日が来ても 互いを思う 誰よりも許せる人よ 強がりもプライドも捨てて 素直に気持ちだけ見れば 運命よりも確かな答えがあるよ 何も恐れず共に生きる日々を 刻んでゆこう  愛されたくて愛して 見えない明日に震えて 形ないモノを僕らは抱きしめ合った 流れゆく季節の中で 6億分の1の奇跡 短すぎる限りある時間(とき) たとえ命がつきても来世もきっと 君を見つけて恋に落ちて そして愛を告げるよ
LOVE SONGD-51D-51飛鳥涼飛鳥涼十川ともじ聴いた風な流行にまぎれて 僕の歌が やせつづけている 安い玩具みたいで 君に悪い  ひどいもんさ 生きざまぶった 半オンスの拳が うけてる 僕はそれを見ていたよ 横になって  君を浮かべるとき SOULの呼吸が始まる 胸に息づくのは 君へのLove song  抱き合う度にほら -secret river side- 欲張りになって行く -We can't go back- 君が想うよりも 僕は君が好き  君に出逢い ほのかに恋をして 長い間 打ち明けられずに ほんの星の夜に ふと転がった  恋が歌になろうとしている ボタンがわり 愛をつないで 君はそれを聞くはずさ 街の中で  君を描くことが SOULの渇きを潤す 心落ち着くのは 君へのLove song  抱き合う度にほら -secret river side- また君増えて行く -We can't go back- 君が想うよりも 僕は君が好き  会えない夜は Lonely ラジオの音を Little bit down 君からの 君からの 君からの “I LOVE YOU CALL”  抱き合う度にほら -secret river side- 欲張りになって行く -We can't go back- 君が想うよりも 僕は君が好き  抱き合う度にほら -secret river side- また君増えて行く -We can't go back-  君が想うよりも 僕は君が好き
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 宿命
  2. Bling-Bang-Bang-Born
  3. Dear
  4. 夢幻
  5. 春夏秋冬

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. 永久 -トコシエ-
  5. hanataba

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×