藤井フミヤ作詞の歌詞一覧リスト  253曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
253曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
TRUE LOVE 新曲宮迫博之 新曲宮迫博之藤井フミヤ藤井フミヤ谷口尚久振り返ると いつも君が笑ってくれた 風のようにそっと  まぶしすぎて 目を閉じても浮かんでくるよ 涙に変わってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるかはるか遠い未来を 夢見てたはずさ  立ち止まると なぜか君はうつむいたまま 雨のようにそっと  変わらないよ あの日君と出会った日から 涙に変わっても  君だけを見つめて 君だけしかいなくて 僕らは いつも はるかはるか遠い未来を 夢見てたはずさ 夢見てたはずさ
今さら I want you藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ大島賢治佐橋佳幸今さら I want you はぐらかさないで 今さら I miss you ときめいてよ 今さら I love you あの頃みたいに 今さら I miss you so much 見つめていたいよ  時がふたりの笑顔を 随分大人にしたけど もし目を閉じ Kiss me 戻れる  初めてのプレゼントは 星空の海さ 波打ち際 裸足で 手を取り踊ったね 魔法をかけたんだ あの夜ふたりは愛し合った  今さら I want you もう少しだけ 今さら I miss you so much 一緒にいたいよ  あれからいくつの恋を 君は経験したのかな 聞きたくもないけど 教えて  遠ざかる君の背中 今も目に浮かぶ 滲む歩道の灯り いつまでも見つめてた 世界が右左 あの夜ふたりは独りになった  情けないくらい 君のことが好きだった あの恋が運命を変えたよ  じゃあまたねと微笑んで 軽く投げキッス 恋愛ドラマのような ハッピーエンドなんてないか 魔法が解けたって あの夜ふたりは愛し合った あの夜と同じ 形の Moonlight  Like that cool moonlight
君の隣に藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ川村結花佐橋佳幸何も知らないふりしたまま 傍にいた 暗い街灯でも それくらいは気づくよ  無理に笑ってみたり 下手な嘘ついたりして 僕にできることなんて 限界があるけどね  ありがとうと 急に言われたら戸惑うよ 励まして抱いた肩が 小さく震えてる  もう泣いてもいいよ 上手く 慰めたりできないけど 心配だから ずっとここにいるから ずっと君の隣に  急に会いたいなんて 素直に嬉しすぎて 期待して気まずい空気になったかもな  大丈夫って 俯いたまま呟いた 星空の端っこまで 二人で歩こうか  もう笑ってごらん まだ 言葉では言えてないけど 君が好きだよ ずっと傍にいるから ずっと君の隣に ずっと君の隣に
Wana藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ大島賢治大島賢治どうしてかな 急に音信不通な君 二進も三進も訳もわからず行方不明 Lost Girl  何度留守電入れても メールも既読スルー どうすればいいの お手上げ One way  Wana 悪戯なジェラシーの Wana 棘を抜かなくちゃ 勝手に傷ついて 勝手に嫌わないで それは罠 目を覚ましておくれよ Wana 僕を信じてよ 自然消滅するつもり  もうダメかも ひとり取り越し苦労な日々 なんでもかんでも信じる占い大好き Cute Girl  今もフェイクな噂で 涙ぐんでるの ふたりの未来は 崩壊カウントダウン  Wana 早く救い出さなきゃ Wana 嘘に溺れちゃう BAD なイマジネーション DEAD なコミュニケーション それは罠 スマホに仕掛けられた Wana 誰を信じるの 自然消滅されそうさ  ピュアな真実の愛で その魔術は解ける 簡単な呪文 一緒に言おう I love you I love you  Wana 悪戯なジェラシーの Wana 棘を抜かなくちゃ 勝手に傷ついて 勝手に嫌わないで それは罠 目を覚ましておくれよ Wana 僕を信じてよ 自然消滅するつもり
So young藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ大島賢治大島賢治So young 太陽はまだ笑ってるかい So young 青空はまだ歌ってるかい  飛び跳ねるリズムと 甘酸っぱいメロディー 戯れあって歌えば 不思議とハモって  イントロは 口笛手拍子 英語の意味もわからずに サビは大声で踊ってたよ  So young 太陽はまだ笑ってるかい So young 青空はまだ歌ってるかい  さよならのコードを 指先で弾き 七色の音符が 風に舞ってゆく  片道切符 ポッケに入れ 無邪気なハグで手を振った また会おう 約束を交わして  So young 太陽はまだ笑ってるかい So young 青空はまだ歌ってるかい  心の奥の引き出しの中 マジック文字のカセットテープ 消えない落書きみたいなラブソング  So young 太陽はまだ笑ってるかい So young 青空はまだ歌ってるかい
無限なGrowing up藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹大島賢治その小さな手の平は 何を抱きしめてるの 恋と絵本とぬいぐるみと世界中の優しい笑顔  その小さな手の平は 何を掴んでるの ボールとマンガと地球儀と世界中の平和な手  無限な夢の Growing up 大人になったって ハートは同じ形 The world again Love again 愛を試しにゆこう  その透明な瞳に 数えきれない色 虹やサンゴやジャングルやカラフルな命たち  そのイヤホンじゃ聞けない 星と月のシンフォニー 象や鯨や狼や精霊たちのコーラス  無限な夢の Growing up 大人になったって ハートは同じ形 The world again Love again その背中に 翼があったはずさ みんな天使だったよ 自由な空のギフト The world again Love again 愛を試しにゆこう  叶わない夢ばかりの中に いつかきっと叶う夢がある そのエネルギーで僕らは生きてゆく  無限な夢の Growing up 大人になったって ハートは同じ形 The world again Love again その背中に 翼があったはずさ みんな天使だったよ 自由な空のギフト The world again Love again 愛を試しにゆこう
禁じられた約束藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ大土井裕二大島賢治前髪上げて おでこの傷を 舌で唾つけ 治してくれた 野良猫のように 陰に隠れて 大人の声に 息を潜めた  幽霊が出るらしい オンボロ空き家 帰りたくない僕らは 悪戯に戯れた  禁じられた約束 ゆ・び・き・り・げ・ん・まん ただ胸が怖くなるくらいに ドキドキしてた  大きな声に 逃げ出した瞬間 僕らは二度と 会えない気がした  紅いふたつの夕日 迷子になって ガムの味が消えても 涙の味 噛んでた  禁じられた約束 ゆ・び・き・り・げ・ん・まん 今も誰にも話してないよ 秘密さ  禁じられた約束 ゆ・び・き・り・げ・ん・まん ただ胸が怖くなるくらいに ドキドキしてた
IF藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄何気ない仕草が 急に浮かんできて 佇んだまま 君を見てる  ふと瞬きひとつ 現実に帰る また同じ景色の中にいたよ  もしふたりが もし君が戻るなら もしふたりが もし僕が戻るなら どの日の笑顔がいいかな  季節は繰り返し 色を変えてゆく いつまでも続くと思いながら  もしあの日に もし君が戻るなら もしあの日に もし僕が戻るなら 同じ言葉がいいかな 愛しているよ  もしふたりが もし君が戻るなら もしふたりが もし僕が戻るなら どの日の笑顔がいいかな 同じ言葉がいいかな 愛しているよ
君の手に初めて触れた日藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井尚之岸田勇気今 この手を 今 離せば 僕たちは どれくらい また離れてしまう もう 夕日が もう 無くなる 切なさと溜息の 砂時計さ  そっと指が触れ そっと繋ぎ合い そっと寄り添って そこから歩き出す 何を話したっけ 何を見ていたっけ 何だか上の空で  君の手に初めて触れた日 心 うまく コントロールできなくなって 君の手に初めて触れた夜 眠れないまま 遠くを遠くを 見つめてた  また この手を また 眺めて 馬鹿みたいさ 頬にあてて微笑んでる  ちょっと冷たくて ちょっと柔らかくて ちょっと伝わって ちょっとだけ見つめ合い こんなに好きになって こんなに胸が痛くて こんなにも愛がいっぱいで  君の手に初めて触れた日 心 うまく コントロールできなくなって 君の手に初めて触れた夜 眠れないまま 遠くを遠くを 見つめてた
慕情藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ川村結花有賀啓雄ひとりで ドア 閉じ なぜ泣いていたの 窓を開け 慰めよう そのために僕がいる  ふたりは 生まれて 知らず知らず 今 遠くても 見えなくても 信じてここにいるよ  潤んだ 瞳を 見つめられるまで 手をとり 傍にいて いつまでも君を待つ  ふたりの 物語の ページを捲ろう 小さくても つまずいても 声を聞いているから  優しい夜風 一筋の涙 抱き寄せるたび この心を 捧げよう  静かに 消えよう 星空の中へ もう涙も もう笑顔も 腕の中でおやすみ もう涙も もう笑顔も 腕の中でおやすみ
白い雲のように純烈&ダチョウ倶楽部純烈&ダチョウ倶楽部藤井フミヤ藤井尚之石井為人遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢みて  ポケットのコインを集めて 行けるところまで行こうかと君がつぶやく 見えない地図を広げて  くやしくて こぼれ落ちたあの涙も 瞳の奥へ沈んでいった夕日も 目を閉じると輝く宝物だよ  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  白い雲のように 白い雲のように  遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢みて  見えない未来を夢みて 白い雲のように
Another Orion前野智昭前野智昭藤井フミヤ増本直樹夜空が 夕焼けを 包む オリオンを見つけたよ ごらん  さあ 立ち上がり 繋いだ手を離そう ここからは ひとりでも 帰れるだろう  君と君の涙に教えておくよ 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも  夜風が ふたりを 寄せ合う オリオンが消えてゆく 雲へ  さあ もう行こう振り向かずに走ろう 一度だけ あの場所で 手を振るから  君と君の涙が教えてくれた 人をこんなに愛せることを 君のために僕は強くなる 運命ならば 巡り会えるさ あの星に願おう once more again  君の涙に約束しよう 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも
水色と空色藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ岸田勇気亀田誠治水色 一粒だけ 空 揺れてる 水色 指の先で 君が笑う 水色 息吹きかけ 光散って 思い出さない 今日はもう 晴れ時々雨 使い道のない天気と溜息  半透明に濡れた街 ビニール傘をひとつ開いた 半分 寄り添い 半分ずつ 幸せ抱き寄せ 半透明な僕たちが ガラスの向こうで微笑んでる 振り返ること ためらって また降りそうな空 見上げた  空色 アスファルトに 雲 流れる 空色 踏んだ靴が 輪を広げる 空色 いつか乾き どこにもない 寂しがらない 今日もまた 行こうか戻ろうか 立ち止まれない毎日の繰り返し  半透明な影法師 待ち合わせに遅れる気がして 胸のボタン掛け違えたまま 気づかず走ってる 半透明な僕たちが この街はすぐに見つかるから 彷徨う心 無視して もう晴れそうな空 見上げた
未完成タワー藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹亀田誠治壊れそう 挫けそうな時が 生きてれば起きることもあるよ 溢れてく 悔しさを睨みつけ また最初から また積み上げる  落ち込む時間長いほど 明日が無駄になる  今ここから見上げている 作りかけの未完成タワー 今ここから駆け上がろう 屋上まで続く階段  360度の空に 両手を広げるために  ひとつずつ重ねた努力さえ 一瞬で消えることもあるよ 自分だけで築ける夢じゃない いつも誰かの声に励まされ  孤独に生きてゆけるほど 心は強くない  今ここから見上げている 作りかけの未完成タワー 今ここから追いかけるよ 走り出したあの日の自分を  360度の笑顔に 両手を広げたいから  今ここから見上げている 作りかけの未完成タワー 今ここから駆け上がろう 屋上まで続く階段  360度の空に 両手を広げるために
タイムマシーン氣志團氣志團藤井フミヤ筒美京平君に初めて会った時 髪の先までくぎづけさ 目と目が合った あの瞬間だった 天使がいたのさ そこに  君と初めて話した時 なぜか無口なふりをした 名前さえも聞けないまま君はシンデレラのように消えた  ねえ 教えてよ 地球のどこへ行けば会えるの ねえ 教えてよ この胸 苦しみなくしたい  神様 お願い タイムマシーンに乗って あの娘の未来が ほしい  ふたり二度目に会った時 そばに誰かが座ってた アニメみたいに真っ赤なハートがバラバラと崩れ落ちた  ねえ もう一度 チャンスをなくしたら終わりさ ねえ もう一度 この夢 続きを見ていたい  神様 お願い タイムマシーンに乗って あの娘の 未来がほしい Oh… タイムマシーンに乗って あの娘の 未来がほしい
友よ feat. 藤井尚之, ヒロミ & 堀内健木梨憲武木梨憲武藤井フミヤ藤井尚之そうだな 友よ 今日の日に そうだな 友よ 乾杯しよう 煙草の煙みたいに 時は流れてゆくよな  そうだろ 友よ 忘れてただろ そうだろ 友よ 賭けをしたこと ほら あの時 惚れたあの娘 なぜか急に 思い出した  なんて名前か 忘れたけど どんな理由かは知らないけど 不思議と笑顔は 浮かんでくるもんだな きっと笑ってるよ 今も  デッキチェアーと缶ビール 内緒話の笑い声 ハートの中味はおんなじだな いつまでも恋の唄 歌ってるよ  そうだな 友よ 未来より そうだな 友よ 過去の方が いつのまに 長くなった 思い出がいっぱいだよ  いつも陽気な時間をサンキュー いつも自由な気分をサンキュー 人生の答えなんて わからないけど わかったふりをしていこうか  デッキチェアーと缶ビール 昔話の泣き笑い ハートの中味はおんなじだな どこまでも 青春がつづいてるよ
君を探しにF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治Wake up! Hey! Are you ready? 眩しい朝 背伸びをして Wake up! Hey! Are you ready? 形の無い 宝探し  さぁ夢の方角へ さぁ世界を変えにゆこう 遠くへ 遠くへ どこまでも  愛をもらい 愛をあげて 旅を続ける 遥か遠い空の下へ 君を探しに  Hello! How are we doing? 思い出を 交換しよう Hello! How are we doing? 無限の地図 広げよう  さぁ萌える若葉の さぁ光の粒子集め この胸に その胸に ばら撒くんだ  地球が回るたび必ず今日が生まれる 地球が回るたび必ず夢が生まれる  今 僕が立ってる この道の ずっと先に 今 君が立ってる 偶然は繋がってるって感じるんだ  愛をもらい 愛をあげて 旅を続ける 遥か遠い空の下へ 君を探しに 遠い空の下 君を探しに 遠い空の下 君を探しに
君は太陽F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治君は太陽 元気な朝日 まだ寝たいよ だって日曜日さ 君は太陽 剥がれる毛布 まだいたいよ ベッドにもう少しだけ  君は太陽 約束どおり 出かけたいよ でもちょっとだけ待ってよ  焦げたトースト 苦いコーヒー 甘すぎるホームメイドジャム 君は太陽 朝からハイテンション  なんだかきらら いいけど そうだけど 知ってるけど なんだかうらら 不思議だけど 天気予報は 雨だったのに  だんだんほら 青空になる 晴れ間が見えてる だんだんほら 青空になる 虹が掛かってる だんだんほら 青空になる 雨は0% だんだんほら 青空になる 僕の太陽さ  なんだかきらら いいけど そうだけど 知ってるけど なんだかうらら 不思議だけど 天気予報は 雨だったのに  だんだんほら 青空になる 晴れ間が見えてる だんだんほら 青空になる 虹が掛かってる だんだんほら 青空になる 雨は0% だんだんほら 青空になる 僕の太陽さ
遠い昔の話F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治それは遠い昔の話 君と僕だけしか知らない もしもどちらかが失くしたとしたら それはひとりぼっちの話  色褪せた指切りを守ってる 同じ景色の中に 残されたように 振り返り アーケードを逆戻りして 消えた時の町へ迷い込んでゆくよ  みんな 何回 恋をして 生きてきたのかな みんな どこへ 行ってしまったのかな みんな 何回 涙拭いて 生きてゆくのかな みんな どこかで 笑っているのかな  それは遠い昔の話 君と僕だけの場所がある 恋がふたつの影を伸ばしながら いつも夕日に手を振ったよ  手作りのビーズの指輪 貰ったよ 大切に胸のポッケに仕舞ってたのに 服の模様も靴の色も形も サヨナラも言わずに いつの間にか消えてた  みんな 何回 恋をして 生きたのかな みんな 何を覚えているのかな みんな 何回 涙拭いて 生きてゆくのかな みんな どこかで 頑張っているのかな  みんな 何回 恋をして 生きてきたのかな みんな どこへ 行ってしまったのかな みんな 何回 涙拭いて 生きてゆくのかな みんな どこかで 笑っているのかな
全速力F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治ただ 抱きしめたくて 走っているんだ 抱きしめるため この道を 全速力  面倒臭いトラブル続き 騒ぎは膨らむばかり 無責任不条理な行動 呆れて笑うしかない  無駄な討論続くけど 平和な解決も無理っぽい 答えの出ない 足し算で 堂々巡り繰り返す  何かをどこに隠したとか 何かを偽造してるとか 嘘で固めた言い訳とか 出来レースな結果とか  みんな 諦めきった目で みんな 無口なままの傍観者 早く家へ帰り着きたい 守ってるんだ 大切な愛を  ただ 抱きしめたくて 走っているんだ 抱きしめるため この道を  守ってるんだ 大切な愛を  まだ夢を見たくて 走っているんだ 未来へ続く この道を  ただ 抱きしめたくて 走っているんだ 抱きしめるため この道を 全速力
ファイト!F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治頑張れファイト! きっとうまくやれる やればできる もうちょいファイト! たぶんうまくやれる やればできる  踏ん張れファイト! きっとうまくやれる やればできる 気合でファイト! たぶんうまくやれる やればできる  重たい鞄も 分厚い書類も 溜まったデータも 段ボールの山も やってやるしかないだろ ほっとけるわけないだろ 誰のせいでもないだろ 自分で撒いた種だろ だってやるしかないだろ やっつけるしかないだろ 生きてりゃしょうがないだろ 人生 楽したいだろ  頑張れファイト! 問題は次から次に起きる 死ぬまでファイト! ガラクタは次から次に増える  仕事も会社も 納期も決算も 身内も他人も 貯金も財布も  やってやるしかないだろ ほっとけるわけないだろ 誰のせいでもないだろ 自分で撒いた種だろ だってやるしかないだろ やっつけるしかないだろ 生きてりゃしょうがないだろ 人生 楽したいだろ  やってやるしかないだろ ほっとけるわけないだろ 誰のせいでもないだろ 自分で撒いた種だろ だってやるしかないだろ やっつけるしかないだろ 生きてりゃしょうがないだろ 人生 楽したいだろ
最後の晩餐F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治それは綺麗な涙 それとも飾り涙 どちらでも構わないよ とうに許し合えてる  それは本当の愛 それとも上辺の愛 嘘をついたっていいよ 笑い話なら  言葉を選ぶ仕草 目線に迷う仕草 抱き寄せたときの香りに似てる  これが別れの夜になれば これが最後の晩餐だね ナイフとフォークを置いたら ただ席を立てばいい  背中の開いたドレスなら 哀しみも魅力的さ ワイングラスを翳すから 振り向かないで  終わりかけのレストラン 筋書きどおりのメニュー まばらなホールの片隅 舞台のための照明  白いテーブルクロス 赤い零れた滴 食べ残したデザートは ほろ苦く甘い  次もここで会おう 次も同じ席で 冗談はやめてと頬杖つく  ドラマチックにさよならを これが最後の晩餐なら ナプキンに紅を残し そっと椅子を引けばいい  背中の開いたドレスなら 哀しみも魅力的さ ワイングラスを翳すから 振り向かないで  これが別れの夜になれば これが最後の晩餐だね ナイフとフォークを置いたら ただ席を立てばいい  背中の開いたドレスなら 哀しみも魅力的さ ワイングラスを翳すから 振り向かないで
二十六夜の朧月F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治サヨナラはカタカナだった その後は文字が無く 二つ折り メモの残り香 曖昧な文  突然 遭った通り雨 細い路地 ふと流されて 雨宿りみたいな夜が 離れられない 糸を結んでいたよ  いつまでも覚えているのは ガラス窓 濡れた髪 二十六夜の朧月 見上げる背中  この街の嘘に疲れて 他愛ない優しさ求め 内ポケットに隠した笑顔 時折眺めた  何ひとつ欲しいものはなくて 触れてれば満たされていて 戸惑う紐を解くように 露わな素顔 包むように抱いた  いつからか哀しみの色も 優しさの色に変わる 星の消えた街角の空 流れる夜雲  微睡む白日夢の中に ぼんやり君が佇む 声をかけたら覚めそうで ただこのまま瞼閉じて眠ろう  いつからか哀しみの色も 優しさの色に変わる 星の消えた街角の空 流れる夜雲  いつまでも覚えているのは ガラス窓 濡れた髪 二十六夜の朧月 見上げる背中
One by OneF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治僕があげたのは不思議な鍵 君が開けたのは不思議なドア  その首に いつも掛けてあげるから 淋しい時には いつでも一緒さ  謎がひとつ解ける One by One 笑顔の意味 謎がふたつ増える One by One 涙のわけ 恋をするんだ 君と  君がくれたのは秘密の鍵 僕が閉じたのは秘密の箱  まだ誰も それを見たことないだろう 大事な箱なら 今まだ開けない  謎がみっつ解ける One by One 幼い夢 謎がよっつ増える One by One 口ずさむ唄 恋をするんだ 君と  ひとつずつ ふたり 鍵を開けてゆこう 知らない世界が ほらまた見つかる  謎がひとつ解ける One by One 笑顔の意味 謎がふたつ増える One by One 涙のわけ 恋をするんだ 君と 君と One by One  One by One
さりげない唄F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治笑顔がある 今日がある そして君がいるんだ 願いがある 明日がある さりげない唄がある  同じ歩幅で歩くから 心細くないよ ふたつ空いてる席がある そこへ座ろう  街路樹の歩道は 夕暮れモザイク ふたりで他愛のない 音符を集めて帰ろうか  笑顔がある 今日がある そして君がいるんだ 願いがある 明日がある さりげない唄を作ろう  不安な夢を見た夜は 指を絡めよう 曇った朝のカーテンは 僕が開けよう  涙の形の種 双葉が開いた 晴れた日の窓辺に どんな花が咲くだろう  ラララ… 今日がある それは君のためだよ ラララ… 明日がある それは僕らのためだよ  笑顔がある 今日がある そして君がいるんだ 願いがある 明日がある さりげない唄がある  ラララ… 今日がある それは君のためだよ ラララ… 明日がある それは僕らのためだよ
ポジティブR&RF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治あれじゃない これじゃない 欲をかいて何も無い 恋じゃない 愛じゃない 丸めて捨てる恋愛 意味がない 時間ない 何をそんな焦ってる  オギャーと生まれた時 どんな顔 ドキドキしてしたキス どんな顔 思い出すのさ 間抜けなベイビーフェイスを バックミラー覗いて 誰にも 言えない事だらけ そんなもんさ 人生  ツイてない 運がない 転がり落ちる石ころ 戻れない 後がない 崖っぷちから谷底 生きれない でも死んでない しがみついて踏ん張りな  失恋・涙鼻・水 どんな顔 呑んで縺れゲロした道 どんな顔 消えない消せない 大人になれないロンリーハート Tシャツの それ!メッセージか! 誰にも 言えない事だらけ そんなもんさ 人生  いいじゃない やるじゃない 調子に乗ってはしゃいで もうしない 嘘じゃない その場しのぎの反省 しかたない しょうがない だって人間なんだもん  ポジティブな唄うたい ポジティブなもの食べて ポジティブな夢抱いて ポジティブに笑おうよ ポジティブR&R  欲をかいて何も無い 恋じゃない 愛じゃない 丸めて捨てる恋愛 意味がない 時間ない 何をそんな焦ってる  いいじゃない やるじゃない 調子に乗ってはしゃいで もうしない 嘘じゃない その場しのぎの反省 しかたない しょうがない だって人間なんだもん 人間なんだもん ポジティブR&R
チョイ前 LOVE feat. 藤井フミヤ木梨憲武木梨憲武藤井フミヤJosef Melin・MUSOH昭和・平成・令和Girl それゆけ!Boy 昭和・平成・令和Love 昭和・平成・令和Girl それゆけ!Boy 昭和・平成・令和Love  君のくれたメール 急に胸に刺さって 気になって 気が散って 手がつかないTake my job  すぐ返したメール まだ既読にならないよ 気がせって 気が立って 早くしろTake it  小悪魔な笑みで ハート付きムービー 投げキッスなんてズルイだろ  好きになるチョイ前かも 遠くから遊ばれてるのさMy heart 恋になるチョイ前かも マジでヤバイよヤツにハマる罠 仕掛けられたよ  昭和・平成・令和Girl それゆけ!Boy 昭和・平成・令和Love  年下のくせして すぐ上から目線 気が置けない 気が気じゃない ヤキモキしてBad bad trip  気軽に誘われて なんだかデートになって 気が向いて 気が合って 気がつけばFeeling  コントロールできない また見ちゃうよ 目の前にある瞳(Your eyes baby!)  好きになるチョイ前かも 大胆に近づいてくるなよBaby キスになるチョイ前かも もし触れたらカッコつけないと 持ってかれるよ  やっぱり今のうち きっぱり手を引こうか 神様がシャツの襟を引く でも逢いたい でも逢いたくなる  好きになるチョイ前かも 遠くから遊ばれてるのさMy heart 好きになるチョイ前かも 大胆に近づいてくるなよBaby 恋になるチョイ前かも マジでヤバイよヤツにハマる罠 仕掛けられたよ  昭和・平成・令和Girl それゆけ!Boy 昭和・平成・令和Love 昭和・平成・令和Girl それゆけ!Boy 昭和・平成・令和Love
平原綾香平原綾香藤井フミヤ藤井フミヤニコラス・ファーマカリディス逢いたい あなたに この広い星空の彼方 今でも 優しい笑顔がある  聞きたい あの唄 ふと微笑む 記憶の欠片 他愛ない落書きのように 作った唄  もしも叶う時がくるなら 生まれ変わっても逢えるなら どこかでふたりはふと 振り返る  私は恋をした あの日 地上の片隅で この光 抱きしめ 空へ帰るだけ  触れたい あの手に 白いシャツの袖にもたれて 少女のように無邪気な 夢を見るの  ふたつの星座が重なって ふたりの瞳が溶け合って あの夜 生まれた 流れ星は 胸の中に  あなたと恋をした 美しい涙の粒を この光 抱きしめ 空へ帰るだけ  会いたい あなたに この広い星空の彼方 今でも 優しいあの日の笑顔がある
BET藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ大島賢治大島賢治男も女も今夜も BET ゲーム仕掛けてる 彼氏の彼女の瞳の きっと真ん中のカード 愛とか恋とか夢とか BET 何を狙ってる 紳士の淑女の心の きっと真ん中のカード  あいつもこいつもどいつも BET 何を隠してる 彼氏の彼女の体の きっと裏側のカード 運とかツキとか嘘とか BET 探り合ってる 紳士の淑女の笑顔の きっと裏側のカード  これから どうシャッフル (It's your turn.Look in my eyes.) どうなってく (It's your turn.Look in my eyes.) どうもってく (It's my turn.Look in your eyes.) ポーカーフェイスの視線は Danger  Ah-恋してる ほらその手をこの場で出してよ 今すぐ出しなよ Ah-恋したい ほらハートのカードを出してよ 切り札出しなよ  男も女も今夜も BET ゲーム仕掛けてる 彼氏の彼女の瞳の きっと真ん中のカード 愛とか恋とか夢とか BET 何を狙ってる 紳士の淑女の心の きっと真ん中のカード  これから どうシャッフル (It's your turn.Look in my eyes.) どうなってく (It's your turn.Look in my eyes.) どうもってく (It's my turn.Look in your eyes.) その場のゲームさ 降りたら負けさ  Ah-恋してる ほらその手をこの場で出してよ 今すぐ出しなよ Ah-恋したい ほらハートのカードを出してよ 切り札出しなよ  One two three four five 君と僕とで Game を始めようぜ Jack・Queen・King・Ace 役者は全部揃った Give me a heart Down card Poker face Good luck Good Good my hand Bluff で勝負さ Final Bets!  Hey! Ya! さぁ どうする? Hey! You! さぁ どうする?  ポーカーフェイスの視線は Danger  Ah-恋してる ほらその手をこの場で出してよ 今すぐ出しなよ Ah-恋したい ほらハートのカードを出してよ 切り札出しなよ  Ah-君が先 さぁその手をこの場で出してよ 今すぐ出しなよ Ah-僕が先 さぁハートのエースをあげるよ ゲームは終わりさ  Take me down Take me down Take me down  Showdown!
PINK藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ土屋昌巳大島賢治彼女は夢見る Teenage Girl 恋に悩む Morning Blue 芽生える16 目覚める17  彼女はすぐ 大人びてく だけど 素顔は Ever Green 初めて18 感じる19  それは秘密 誰にも内緒 胸の奥に 開いた Pink  彼女はもう 少女じゃない 唇の先 Pure Red 生意気20 惑わす21  それは秘密 誰にも内緒 胸の奥に 開いた Pink それは秘密 死ぬまで秘密
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Tokyo City Night藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄Tokyo City Night 愛・孤独 交差するロマンス Tokyo City Night 夢・リアル すれ違うロマンス  華やかな並木通りの 煌びやかなショーウィンドウ ガラスに映る僕らのランウェイ みんなチグハグなショーモデル  夢見がちな 壊れがちな 勘違いな Fast Fashion Fast Love 不釣り合いな High と Low な まだ未熟な Cool heart  Tokyo City Night 嘘・本当 惹かれ合うロマンス Tokyo City Night 裏・表 抱かれ合うロマンス  砂漠にそびえる摩天楼 虚像のオアシスの泉 切り取られた空を飛ぶ鳩 君とふたり座るベンチ  反射的な 発作的な プリミティブな Fast Kiss Fast Lover ひとりきりな 人見知りな 寂しがりな Sweet heart  Tokyo City Night 愛・孤独 交差するロマンス Tokyo City Night 夢・リアル すれ違うロマンス  排他的な 刹那的な 未解決な Fake News Fake Rumor 伏せ目がちな 不安定な 信じそうな Green heart  Tokyo City Night 愛・孤独 交差するロマンス Tokyo City Night 夢・リアル すれ違うロマンス  Tokyo City Night 嘘・本当 惹かれ合うロマンス Tokyo City Night 裏・表 抱かれ合うロマンス  Tokyo City Night I gotta get gone now Romance Tokyo City Night I gotta get gone now Romance
言葉しかない Love Song藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ大島賢治大島賢治瞳の中へ I love you, Baby 胸の奥まで Hold you tight, Baby 好きさ 大好きさ 君へ  誰かの冷めたメールで 君は 傷ついてるの 俯いてるの 声のない会話 ただのちっぽけな文字さ すぐに 消してしまえよ 消えてしまうよ 心の中の文字も  涙こぼれそうで すぐにそばにいたいけど 今は無理なんだ メールを送るよ 君への愛の唄 瞳の中へ I love you, Baby 胸の奥まで Hold you tight, Baby 好きさ 大好きさ 君へ  笑顔のイメージなんだ 君は 笑えるくらい甘いメッセージ 指先で打つよ ひとりぼっちの夜なら そっと 歌ってあげる 想像してみて 素敵なメロディーを  窓を開けてごらん そこに星が見えるだろう 一番光る星 ほら 聞こえてくるだろう 君への愛の唄  指の先だけ I kiss you, Baby 耳の奥から I miss you, Baby 好きさ 大好きさ 君へ 言葉しかない Sweet love song, Baby メールの中で Dance with me, Baby 踊ろう 星空で 君と  瞳の中へ I love you, Baby 胸の奥まで Hold you tight, Baby 好きさ 大好きさ 君へ 指の先だけ I kiss you, Baby 耳の奥から I miss you, Baby 好きさ 大好きさ 君へ 言葉しかない Sweet love song メールの中で Dance with me, Baby 踊ろう 星空で 君と
そのドアはもう開かない藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤKAN有賀啓雄これからどうしよう 僕はひとりぼっちになった 馬鹿な軽はずみな過ちで 大切な人が消えた  また同じ後悔してる あの笑顔 あの笑う声 また同じ幻を見てる そのドアはもう開かない  これから何処へ帰ろう この部屋には意味も理由もない おかえり その一言が 心の中に いつも灯る明かりだった  またひとつ浮かんで消える 青い約束 白い願い事 なにひとつ叶えないまま そのドアはもう開かない  疲れ果てた 瞳の影に気づいてたのに ただ時が癒すのを待ってた 愚かだね 勝手だね どれくらい君を傷つけていたのだろう  またひとつ想いが溢れ 止めどなく 零れ落ちる なにひとつ音のない部屋 そのドアはもう開かない  その手に触れていれば 元に戻れる気がしてた あの夜 君の手は 僕を拒み ただ静かにドアを閉じた
Tonight藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ大島賢治大島賢治暮れゆく空 沈む夕日 やがて闇に 僕も消える 星が煌めき 天がその素顔を見せる 果てしなく 無限な 夜を  Tonight 誰もが 孤独な命を見上げ 答えはない 心の中に 愛するあなたが浮かぶだけ 目覚めるたび 昇る朝日 いつかすべて 使い果たす 何気なく 今日が 終わりゆく ふとその時に 後悔が この胸を過る  Tonight いつまでも哀しみは ここにはいない 終わりはない これからが これまでの 自分を変えてゆくだろう  星が煌めき 天がその素顔を見せる 果てしなく 無限な 夜を  Tonight 誰もが 孤独な命を見上げ 答えはない 心の中に 愛するあなたが浮かぶだけ  Tonight いつまでも哀しみは ここにはいない 終わりはない これからが これまでの 自分を変えてゆくだろう  Tonight
千夜一夜幻夜藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹大島賢治プリンセス 夢見てるの 眩いゴージャスな宮殿 Hi! プリンセス お連れしましょう 煌めき滴り落ちるパラダイス Hi! プリンス 今すぐ 連れて行って ガラスの馬車に乗りましょう Hi! プリンス ちょっと待って メタモルフォーゼ どう見違える? バタフライ  ミラーボール 渦巻く森 キューピッドたち 金と銀の弓引いて さぁハートを射貫け Wow Wow Wow  マハラジャな夜に あなたを意のままにしたい この手で マハラジャのように 我儘に連れ去って  もしも 突然 もしもふたり 目と目が触れ合ったなら 呪文を唱えよう さぁ!ヒラケゴマ  プリンセス 跪いて その手を握り誓い立てよう Hi! プリンセス 白いレース隠された その素肌が見たい Hi! プリンス これ以上 迷わないで ハートの鍵をあげるわ Hi! プリンス もっと見て もっと囁いて ねぇ踊りましょう un, deux, trois  月の明かり 背中抱いて 目隠しされ 何を待ち望んでる 耳を撫でたキスが Wow Wow Wow  マハラジャな夢で あなたを覚醒させる 両手で マハラジャのように すべて我がものにする  もしも この夜 もしもふたり 記憶を見失ったら 呪文を唱えよう さぁ!ヒラケゴマ  マハラジャな夢で あなたを覚醒させる 両手で マハラジャのように すべて我がものにする  もしも この夜 もしもふたり 記憶を見失ったら 呪文を唱えよう 冒険の旅へ さぁ!ヒラケゴマ
ミラクルスマイル藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ大島賢治大島賢治あの人の笑う声 好きになる 今日も元気に頑張ろう 小さな幸せって不思議だな ポカポカ胸の奥 花が咲く  ミラクルスマイル 予感を抱いて ミラクルスマイル 想像抱いて  こんにちは!ありがとう! 青空に笑顔が浮かぶ ぐるんぐるん回る 地球が躍る 夢を乗せて  優しくて明るいあの人は まるで太陽みたいで ハートの片隅の片想い その光が今日のエネルギー  ミラクルスマイル 風に振り向き ミラクルスマイル 奇跡が起きる  じゃあまたね!ありがとう! 小さな翼が生える ぐるんぐるん回る 地球が躍る 夢を乗せて  今 ミラクルスマイル 恋してる ミラクルスマイル 未来の街で ミラクルスマイル 予感を抱いて ミラクルスマイル 想像抱いて  こんにちは!ありがとう! 青空に笑顔が浮かぶ ぐるんぐるん回る 地球が躍る 僕ら乗せて
フラワー藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹伊賀拓郎どんなに平凡なことにも 不思議な顔をするんだね そしていつもよく笑うよね だから好きになったと思う  何気ない日々の 何気ない場所に 光が集まりだして 普段着のままの朝 偶然 出会った きらめく季節の中のフラワー  きっと その花は風に導かれて この時代の この世界に 舞い降りた まるで天使の羽根のような 小さな双葉を開いた  そっと その花は閉じた蕾のまま 木漏れ日の唄に ふと誘われ 目覚めるように 花開いた その時に 目の前に僕がいたんだ  ふたり並んで歩くだけで 短い言葉で充分で どうしてかな 懐かしく感じるんだ まるで少年の恋のように  幸せってなんだろう 春の蝶々みたいに いつも探していたんだ それは遠い空の下 ひとり夢を見てた 手の届かぬ丘に咲くフラワー  きっと その花を好きになったあの時 泉のように喜びが溢れ出した 七色の虹を架けるように この想いを伝えたくて  そっと その花は閉じた蕾のまま 木漏れ日の唄に ふと誘われ 目覚めるように 花開いた その時に 目の前に僕がいたんだ  そっと その花に触れたその瞬間 まるで魔法が解けてゆくように 記憶の奥に 感じる光 その中に なぜだろう 君がいたんだ
ラブレター藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ松本圭司松本圭司懐かしい古いシネマを見てる ぼんやり あの頃僕は少年だった スクリーンの中の少女は そう あの子に似てて ハートがぽっと赤らむ  初恋 それは 流れ星の 遠い片想い 書き慣れた文字 何度名前を書いて 消しただろう あの日 手紙を君に渡したくて 夕暮れ ぽつんとひとり待った  僕の恋の物語 君が立ってるよ 短い場面 短い出来事だった 初めて見つめた瞳 走り去った鼓動 ほんのり痛い 小さな記憶  白い封筒 イニシャルだけ記し ときめき 溢れる想い 告げた  綴った愛の言葉は 覚えてないけど あの時の君に 今でも恋をしてるよ 初めて見つめた瞳 走り去った鼓動 ほんのり痛い 小さな記憶 君へのラブレター
TRUE LOVE植田圭輔植田圭輔藤井フミヤ藤井フミヤ湯澤真人振り返ると いつも君が笑ってくれた 風のようにそっと  まぶしすぎて 目を閉じても浮かんでくるよ 涙に変わってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるかはるか遠い未来を 夢見てたはずさ  立ち止まると なぜか君はうつむいたまま 雨のようにそっと  変わらないよ あの日君と出会った日から 涙に変わっても  君だけをみつめて 君だけしかいなくて 僕らは いつも はるかはるか遠い未来を 夢見てたはずさ  夢見てたはずさ
白い雲のようにはやぶさはやぶさ藤井フミヤ藤井尚之工藤恭彦遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢みて  ポケットのコインを集めて 行けるところまで行こうかと君がつぶやく 見えない地図を広げて  くやしくて こぼれ落ちたあの涙も 瞳の奥へ沈んでいった夕日も 目を閉じると輝く宝物だよ  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  白い雲のように 白い雲のように  遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢みて  見えない未来を夢みて 白い雲のように
君を大好きだKis-My-Ft2Kis-My-Ft2藤井フミヤヨシダタクミ亀田誠治触れ合って 生まれる夢がある 僕らは そうやって 繋がって  毎日 泣いたり 笑ったりして 空見て 前見て 歩いてく  心のどこかに僕がいるなら 綺麗な思い出になったかな  いつから こんなに傍にいたんだろう 涙が拭けるくらいに  ごめんね なんにもしてあげられなくて いっぱい いつも君に貰ってばかりだな  ありがとう 言いそびれて 追いかけても もう遠すぎて さよならは言わないでおくよ ずっと君を大好きだ  体のすべての細胞が 君への想いで できていて  笑顔を それだけを 守りたくて でも 空回りしてたのかな  頑張れる そんな気がしてた いつも過去も今も未来も一緒だった  全力で走っていた 呼吸が止まってもいいくらい 死にそうになる恋をしたよ まだ君を大好きだ  もしも 時計 戻せるなら もしも 言葉 交わせるなら 哀しみもきっと この心を強くする 過ぎ行く風は 再生させる この星の仕組み  ありがとう 言いそびれて 追いかけても もう遠すぎて さよならは言わないでおくよ ずっと君を大好きだ ずっと君を大好きだ
白い雲のようにゆうきひろきゆうきひろき藤井フミヤ藤井尚之笹路正徳遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢みて  ポケットのコインを集めて 行けるところまで行こうかと君がつぶやく 見えない地図を広げて  くやしくて こぼれ落ちたあの涙も 瞳の奥へ沈んでいった夕日も 目を閉じると輝く宝物だよ  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  白い雲のように 白い雲のように  遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢みて  見えない未来を夢みて 白い雲のように
Snow Crystal城南海城南海藤井フミヤ藤井フミヤ工藤拓人君の事をふと思い出した 雪が急に降りだしたせいさ 過ぎてゆく人の波 ひとり立ち止まったままで  君は今でも覚えてるかな イブの夜の映画館の前さ あの時もこんなふうに雪を見つめていた 冷えきった手を握りしめ ポケットに入れたね  会いたくて目を閉じたよ 何ひとつ変わらない君がいたからさ 手のひらの中に  君のいない冬が訪れる 季節は何も知らずに巡る きっと同じ雪をどこかで見つめてる 悲しみは消えたはずなのに 街の灯が滲むよ  会いたくて目を閉じたよ 何ひとつ変わらない君がいたからさ 手のひらの中に  淋しくて目を開いた 何ひとつ変わらない僕がいたからさ 手のひらの中に 手のひらの中に 涙の向こうに
TRUE LOVE大柴康介(前野智昭)、勢多川正広(増田俊樹)、支倉麻也(立花慎之介)、大柴健介(松岡禎丞)大柴康介(前野智昭)、勢多川正広(増田俊樹)、支倉麻也(立花慎之介)、大柴健介(松岡禎丞)藤井フミヤ藤井フミヤTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND振り返ると いつも君が笑ってくれた 風のようにそっと  まぶしすぎて 目を閉じても浮かんでくるよ 涙に変わってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ  立ち止まると なぜか君はうつむいたまま 雨のようにそっと  変わらないよ あの日君と出会った日から 涙に変わっても  君だけをみつめて 君だけしかいなくて 僕らは いつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ  夢見てたはずさ
BANG ON!氣志團氣志團藤井フミヤ藤井尚之大島賢治Chululu Chulululu Chululu ChuChu Chululu Chulululu アバンチュール  (あの娘はふりふり 恋したふりふり あの娘はふりふり 感じたふりふり)  だったらさ だったらさ そっちは何をしてほしい だったらさ だったらさ こっちを熱くしてほしい  奢り 奢り 今夜は 全部 奢りで ズルリ ズルリ オールで 身を任せなよ Chululu Chulululu Chululu ChuChu Chululu Chulululu アバンチュール  だんだん 弾けちゃって 明日の出勤忘れちゃうくらいに だんだん そそり立って つまんない彼氏なんて捨てちゃうくらいに BANG ON! BANG ON! BANG! (Don't you want my love? Don't you want my love now?) BANG ON! BANG ON! BANG! (あの娘はふりふり 恋したふりふり)  どうなのさ どうなのさ 今夜はどこまでイケるんだい どうしてさ どうしてさ 突然クールに睨むなよ  呑んで 呑んで 呑みほし 1本入れなよ 歌え 歌え オールで 踊り明かそうよ Chululu Chulululu Chululu ChuChu Chululu Chulululu アバンチュール  どんどん 壊れちゃって 飛び跳ねすぎて星が回るくらいに どんどん ハマっちゃって セクシーな秘密も漏らしちゃうくらいに BANG ON! BANG ON! BANG! (Don't you want my love? Don't you want my love now?) BANG ON! BANG ON! BANG! (あの娘はふりふり 恋したふりふり)  だんだん 弾けちゃって 明日の出勤忘れちゃうくらいに だんだん そそり立って つまんない彼氏なんて捨てちゃうくらいに BANG ON! BANG ON! BANG! (Don't you want my love? Don't you want my love now?) BANG ON! BANG ON! BANG! (Don't you want my love? Don't you want my love now?) Come on! BANG ON! BANG ON! BANG! (あの娘はふりふり 恋したふりふり あの娘はふりふり 感じたふりふり)  だったらさ だったらさ こっちを熱くしてほしい
ROCK BARF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治真夜中 霧の中 赤いネオン管のROCK BARで 今夜も 抱き愛 不可解男女 内緒話  世の中 籠の中 路地裏の端のROCK BARで 今夜も 馬鹿し愛 不可解男女 別れ話  Bang! 今もなお 星が生まれてゆく Bang! 今もなお 星が消滅してる  宇宙なんて関係なくて 愛の向くままに The Planet Planet Planet Planet 快楽のNever land 終わりなんてもちろんなくて 繋がるままに The Planet Planet Planet Planet 果てしなきEndless soul  井の中 渦の中 やっと流れ着いたROCK BARで 今夜も なぐさめ愛 不可解男女 昔話  Bang! 今もなお 愛は彷徨ってる Bang! 今もなお 愛は求め合ってる  天国なんて未来じゃなくて 人間のままに The Planet Planet Planet Planet 欲望のEver long 運命なんて決まってなくて 好奇心のままに The Planet Planet Planet Planet 終わりなきPleasure song  宇宙なんて関係なくて 愛の向くままに The Planet Planet Planet Planet 快楽のNever land 終わりなんてもちろんなくて 繋がるままに The Planet Planet Planet Planet 果てしなきEndless soul  ここはPlanet Earth ROCK BAR Planet Earth ここはPlanet Earth ROCK BAR Planet Earth
Want ChuF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治跳ねたままのくせ毛 Want Chu のんきそうな欠伸 Want Chu 少し伸びたパーカー Want Chu 全部好きさ Want Chu  はずれ気味のアニソン Want Chu 笑いすぎの涙 Want Chu 謎に高いテンション Want Chu 全部好きさ Want Chu  二人始まったばかり 恋に恋してる やっとたどりつけた 君の唇 ハレルヤ!  I want Chu to keep going きっとこれからだね I want Chu to keep going やっとこれからだね I want Chu to keep going ずっとこれからだね I want Chu to keep going もっとDeepになろうね  すねた時の上目 Want Chu 伏せた時のまつ毛 Want Chu 淋しがりな眉毛 Want Chu 全部好きさ Want Chu  同じ風景なのに 君といるだけで 世界は七色さ 恋はマジック ハレルヤ!  I want Chu to keep going きっとこれからだね I want Chu to keep going やっとこれからだね I want Chu to keep going ずっとこれからだね I want Chu to keep going もっとDeepになろうね  二人始まったばかり 恋に恋してる やっとたどりつけた 君の唇 ハレルヤ!  I want Chu to keep going きっとこれからだね I want Chu to keep going やっとこれからだね I want Chu to keep going ずっとこれからだね I want Chu to keep going もっとDeepになろうね
未来列車F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治さあ 新たな旅へ扉を開くんだ 少しの勇気と 少しだけの冒険  さあ 古い細胞が 今日も生まれ変わるよ 体の奥から 光がほとばしる  ためらい心 投げ捨てて きっと 君と 行こう Give me your hand  飛び乗ろう 未来列車へ Moment Take a moment 飛び出そう その手握りしめ Moment Take a moment to fall in love  もどかしい言葉より もっと伝えたいこと 触れ合う体温で 心は通じ合う  澄んだ瞳を 抱きしめて 遥か 遠く 行こう Holding your Heart  飛び乗ろう 未来列車へ Moment Take a moment 飛び出そう 知らない世界へ Moment Take a moment to fall in love  飛び乗ろう 未来列車へ Moment Take a moment 飛び出そう その手握りしめ Moment Take a moment to fall in love
Make meF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治Make me 何処へでも 共にゆける 君が望むなら Make me 何度でも トライできる 僕を愛するなら  諦めたあの日の自分も 溢れ出たあの日の涙も すべてはこの日のためにある そう思うよ  あやふやに続いた未来も 曖昧だった夢の形も 今 たしかな世界を たしかに抱いているよ  Make me 何処へでも 共にゆける 君が望むなら Make me 何度でも トライできる 僕を愛すなら  これからまだ続く人生も たった1度きりの命も そばに寄り添う君の笑顔のためにある  人は繰り返すよ How do I go on 愛も過ちも That nobody knows Baby Lead me along Please Baby Lead me along その両手で  Make me 何処へでも Make me 何度でも  Make me 何処へでも 共にゆける 君が望むなら Make me 何度でも トライできる 僕を愛すなら 君が僕を愛すなら
Full moon nightF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治Full moon night 今夜は Blue moon night 踊ろう  淡い夢に漂うように スカートを揺らして クルクルと回る君 プリマのバレリーナだね  青い影がシルクのように 僕の頬を撫でる 儚く消えそうで 思わず抱きしめたんだ  少女だった頃の 君が浮かんでくる 今日までのダイアリー 知ってる気がするよ なぜか  ふたりがもしもこのまま ふたりが突然 ふたりが風になっても ふたりは同じさ このまま  Full moon night 今夜は Blue moon night 踊ろう  約束を守るために 今を生きているよ 時間がかかるけど きっと叶えるからね  何気ない日々の中で 君が笑ってれば ただそれを見つめてる 僕がいればいい それだけ  願い事はひとつ 君のことだけだよ 幸せが何かを 教えてくれるよね 永遠に  ふたりがもしもこのまま ふたりが突然 ふたりが風になっても ふたりは同じさ このまま  Full moon night 今夜は Blue moon night 踊ろう このまま
東京StyleF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治東京Style 紳士淑女 闊歩して 東京Style 摩天楼を見下ろして 東京Style グラス合わせキスをして 東京Style 自分次第 恋をして  エナメルハイヒール 倒れこんだレザーのソファー 解けたネクタイ ビジネスは愛売買 とにかくさ なにもかもさ ノリノリで  Urban Lady 甘えて Urban Lady イカす One night Urban Lady 危ないね Urban Lady イカす All night  東京Style ワールドワイドなウィンクで 東京Style 隣の恋もチェックして  背中合わせ シャイなダンス 裏腹なステップ 微笑むアイライン 誘惑のララバイ 完璧さ なにもかもさ イケイケで  Urban Lady やめないで Urban Lady イカす One night Urban Lady たまんないね Urban Lady まだ終わんない  Urban Lady 甘えて Urban Lady イカす One night Urban Lady 危ないね Urban Lady イカす All night Urban Lady やめないで Urban Lady イカす One night Urban Lady たまんないね Urban Lady まだ終わんない
COOL BABYF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治Chu Chu Chu Night Chu Chu Chu Night  最初 誘ったの どっちよなんて だいぶ 酔ってたかな 覚えてないの  最初 キスしたの そっちよなんて そうかな シャツにべったり ルージュのマーク  シーツにくるまって 子犬みたいにさ ジャレ合い ふたりはDREAM 語り合ったよね  本気で恋したのに 切なすぎるよ 本気でキスしたのに Why Bye? Cool Baby 本気で感じたのに ツレなすぎるよ 本気で抱きしめたのに Don't be Cool Baby  身体中 君の香り 染み付いて 瞳 閉じれば まだ腕の中さ  シャワーで濡れた髪 乾かすように ふたりの世界は 消滅しちゃうの  本気で見つめたのに 目をそらすなよ 本気でキスしたのに Why Bye? Cool Baby 本気で囁いたのに 軽くかわすなよ 本気で好きになったのに Don't be Cool Baby  本気で恋したのに 切なすぎるよ 本気でキスしたのに Why Bye? Cool Baby 本気で感じたのに ツレなすぎるよ 本気で抱きしめたのに Don't be Cool Baby  Chu Chu Chu Night Chu Chu Chu Night
To be continued etc.F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治レンタカーのアメ車でKalakaua Ave. カーレディオのレゲエチャンネルでチェックイン 青い空と波に浮かぶサーフボード ビキニのままガールズトークとアイスクリーム  仕事のことなんて忘れちゃって 日本から遥か離れちゃって プルメリアのレイ Ah,Close my eyes, wishing Love & Peace  何度でもハネムーン気分で 小麦色の笑顔の輪へ 人生Choiリセットして To be continued etc.  オーシャンフロントのプールサイドテラスでマイタイ スチールギターに揺れるフラとハイビスカス  悩んでたことも忘れちゃって 過去の過ちも許しちゃって 水平線のサンセット Ah,In my eyes, wishing Love & Peace  楽園は恋人で溢れ 老若男女 夢の中へ ハートをChoiウォッシュして To be continued etc.  何度でもハネムーン気分で 小麦色の笑顔の輪へ 人生Choiリセットして To be continued etc. 楽園は恋人で溢れ 老若男女 夢の中へ ハートをChoiウォッシュして To be continued etc.
孤独のブラックダイヤモンドF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治Don't cry 真ん中 突然泣き出す交差点 赤い信号 しゃがむ背中 引きずったよ Don't catch 睨んでる 乾いた涙のその向こう 流れてゆく雑踏の中のハートブレイク  派手なネオンの街角 立ち止まった夜 悲しみより悔しくて あの日何処へ あの夜何処へ 消えた  突然 砕け 飛び散るダイヤ 戻らない 色も光も ブラックダイヤモンド 不揃いの指輪 孤独の黒い欠片  Won't cry 逆さま 自堕落な夜空を眺めてる よろけ 転げた 抜け殻の 虚ろな路地 Won't look back ウンザリさ 繰り返し何度も蘇る 寝ても覚めても悪夢のような笑顔  もしもう一度 抱けたなら 傷は癒えてゆくのか もしも影がよぎるなら 長い夜が 暗い朝が 来るよ  ガラスの割れたチープな腕時計 戻らない 過去も未来も ブラックダイヤモンド 揃いの小指に 食い込む  突然 砕け 飛び散るダイヤ 戻らない 色も光も ブラックダイヤモンド 不揃いの指輪 孤独の黒い欠片
Love is blindF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治Love is blind Love is blind 暗闇の中へ 恋の行方も ふたりの行方も  その人のことを それは好きで好きで好きで好きすぎて 取り憑かれたように それは愛し愛し愛し愛しすぎて  Love is blind Love is blind 運命の渦へ 跳び込み流れ 手と手を掴んだ  誰も止められない 神様に背く行為でも 人は愚かになる すべて失う 恋だと分かっていても  Love is blind Love is blind 暗闇の中へ 恋の行方も ふたりの行方も  不器用な男は その夜抱いて抱いて抱いて抱き疲れた 無口な女は その夜泣いて泣いて泣いて泣き途絶えた  その人のことを それは好きで好きで好きで好きすぎて 取り憑かれたように それは愛し愛し愛し愛しすぎて
THE FRUSTRATIONSF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之だから もう何度も 懺悔したけど 戻らない 静まらない だから もうこれ以上 何を言っても 通じない なす術がない  言い訳なんて無理 花火に油  愛はFrustation すべての恋はストレス でもなぜ I love you You're my Frustation! またも人生のレッドカード 懲りないもんだね  だけど もう限界 終わらない雷 聞こえない 聞きたくない だけど じっと嵐が過ぎてゆくまで 動けない 逃げられない  びしょ濡れだけど でも傘もさせない  愛はFrustation すべての恋はストレス でもなぜ I love you You're my Frustation! またも人生のレッドカード 懲りないもんだね
君だけのHEROF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之大島賢治もしも君のことを苦しめる敵がいたなら 僕は命をかけ救うことができるはずさ なれるかなHERO どんな時も立ち向かう なりたいよHERO 優しさと正義の剣で  だけど現実は臆病で情けなくて だけど君が泣いてる Let's Change 1・2・3・Go!  世界中にたったひとり 君のことだけを守るために 世界は救えないけれど ちょっと弱いけど 君だけを守るHERO  君を悲しませる怪物どもを退治しよう 弱点を探し出して奇襲攻撃 今のうちだ なれるかなHERO がむしゃらな勇気だけど なりたいよHERO マッチョでもワイルドでもないけど  実は驚かすことがある 内緒だよ ちょっと瞳を閉じてて Let's Change 1・2・3・Go!  世界中にたったひとつ 僕を呼ぶための指輪さ 世界のどこにいようと すぐに飛んで行く 君だけを守るHERO  世界中にたったひとり 君のことだけを守るために 世界は救えないけれど ちょっと弱いけど 君だけを守るHERO
TRUE LOVE藤あや子藤あや子藤井フミヤ藤井フミヤ小林信吾振り返ると いつも君が笑ってくれた 風のようにそっと  まぶしすぎて 目を閉じても浮かんでくるよ 涙に変わってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ  立ち止まると なぜか君はうつむいたまま 雨のようにそっと  変わらないよ あの日君と出会った日から 涙に変わっても  君だけをみつめて 君だけしかいなくて 僕らは いつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ  夢見てたはずさ
白い雲のようにCeleina AnnCeleina Ann藤井フミヤ藤井尚之Ricky遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく  見えない未来を夢見て  ポケットのコインを集めて 行けるところまで行こうかと君がつぶやく 見えない地図を広げて  くやしくて こぼれ落ちたあの涙も 瞳の奥へ沈んでいった夕日も 目を閉じると輝く宝物だよ  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  白い雲のように 白い雲のように  遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢みて  見えない未来を夢みて 白い雲のように
TRUE LOVE真琴つばさ真琴つばさ藤井フミヤ藤井フミヤ佐々木秀尚振り返ると いつも君が 笑ってくれた 風のようにそっと  まぶしすぎて 目を閉じても 浮かんでくるよ 涙に変わってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ  立ち止まると なぜか君は うつむいたまま 雨のようにそっと  変わらないよ あの日君と 出会った日から 涙に変わっても  君だけをみつめて 君だけしかいなくて 僕らはいつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ  夢見てたはずさ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
この空の真下で藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ大島賢治大島賢治気がかりな日々が連なり繋がる 垂れ流されてる ネットに脅され 経済学者の最後の答えは どうやら世界は貪り続ける  そんなことよりも死にそうなんだ 正気のない虚ろな瞳で 空を見上げ動かないんだ 雲だけが浮かんでるんだ  あの子の歌が聞こえてくるんだ 悲しみの真下で あの子は誰に歌っているんだ ひとりぼっちで あの子の歌が消えてゆくんだ この空の真下で あの子は誰に歌っていたんだ ひとりぼっちで  静かな者たちの平穏な日々を ゆがんだ者たちが踏みにじってゆく 巨大コントローラー 社会は操られ ゲームが終われば またすぐ始まる  そんなことよりも眠りたいんだ 夢の中は平和な星 天を見つめ動かないんだ 幼い日を辿ってるんだ  あの子の歌が聞こえてくるんだ 星空の真下で あの子は誰に歌っているんだ ひとりぼっちで  人を愛することだとここに書いてあるけど どうして愛を信じて傷つけ合うのだろう  あの子の歌が聞こえてくるんだ 悲しみの真下で あの子は誰に歌っているんだ ひとりぼっちで あの子の歌が消えてゆくんだ この空の真下で あの子は誰に歌っていたんだ ひとりぼっちで
GIRIGIRIナイト藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ大島賢治大島賢治猫だって踊りだすよ Tonight レコードだって まだ捨てたもんじゃない あほなGジュウ 結構イケてない どう? We got Red Wine ちょっとだけ You&Me  もう0時前 もうGIRIGIRI Don't stop Dance music もう少し1時まで More GIRIGIRI Let's Dance Dance Dance ラストダンス そのハート HUGしたいねぇ  犬だって甘えだすよ Tonight 人生だって 不思議な縁じゃない 窓にムーンライト それだけでいいんじゃない OK ロマンテックナイト ちょっとだけ You&Me  もう0時前 もうGIRIGIRI Don't stop Dance music もう少し1時まで More GIRIGIRI Let's Dance その瞳にドキドキしたいんだ もう0時前 もうGIRIGIRI Don't stop Dance music もう少し1時まで More GIRIGIRI Let's Dance Dance Dance ラストダンス そのハートHUGしたいねぇ どう?  もうGIRIGIRIです もうGIRIGIRIです Time limit!  0時前 もうGIRIGIRI Don't stop Dance music もう少し1時まで More GIRIGIRI Let's Dance その瞳にドキドキしたいんだ もう0時前 もうGIRIGIRI Don't stop Dance music もう少し1時まで More GIRIGIRI Let's Dance Dance Dance ラストダンス そのハート また逢いたくなるくらい そのハートHUGしたいねぇ どう?
愛しいゴースト藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ屋敷豪太大島賢治裸のままで寝てたよ 床に倒れ死んだように まるでからっぽなゾンビだよ それでも生きてる  形のない愛ってやつが もう二度と戻らない NO NO NO 答えのない愛ってやつが 苦しいよ Break my heart  愛しいあの子のゴーストのせいさ まとわりつき飛び回るんだ 思い出は抱きしめられない I miss you もう消えておくれ Baby so long  バスルームのミラー 顔を見て Hangover 吐きそうで 休みたいけど休めない 世の中ってそんなもん  やっかいだな 愛ってやつは 切なすぎるよ NO NO NO うんざりだな 愛ってやつは 涙になる I cry  愛しいあの子のゴーストのせいさ 優しい目で笑いかけるよ その唇には触れられない Kiss me もう消えておくれ Baby so long  いつまでもそばにいておくれよ Please don't go  愛しいあの子のゴーストのせいさ 透き通る面影追いかけ いつか悲しみが消える時が来たら そっといなくなるの  愛しいあの子のゴーストのせいさ まとわりつき飛び回るんだ 想い出は抱きしめられない I miss you もう消えておくれ Baby so long
エデンの起源藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ松本孝弘大島賢治この物語 ふたりはどうなるの 無防備に恋に落ちたけど  この物語 ふたり もっと深い園へ 誰にも探せない口づけが  弾んだ胸のコンパスが クルクル クルって どんどん引き返せない  エデンの起源へ 迷い込めば 世界が消えて ただふたりきり エデンの起源へ たどり着けば そこから先は満月だけが知ってる  この物語 たぶん切なくて 心 コントロールできないよ  この物語 きっと禁断の果実を もぎ取るほど 恋におぼれてゆくよ  赤い気持ちと青い夜 グルグル クルって だんだん紫の朝  エデンの起源へ 迷い込めば 世界が消えて ただふたりきり エデンの起源へ たどり着けば そこから先は満月だけが知ってる  エデンの起源へ 連れてゆこう 世界が消えて ただ君がいる エデンの起源へ もし行けたら そこから先はエンジェルだけが知ってる
どっちでもいいよ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤcoba大島賢治ど・ど・どうしたいの ど・ど・どうしようか ど・ど・どっちでもいいの ど・ど・どっちでもいいよ  泣いてたよな髪して 捨て猫みたいな目で 途絶えそうに紫煙吐く  遊びだったふりして 竹を割ったふりして 演歌 歌うつもり  ほっといてよ…ほっとけない それ以上 まだ飲む そっとしてよ…そっとできない 慰めてやるけど  そんなに深い行為じゃないし そんなに甘い前戯は必要ないし そんなにイケてる女じゃないし そんなにイケてる男じゃないし だよな?  ど・ど・どうしたいの ど・ど・どうしようか ど・ど・どっちでもいいの ど・ど・どっちでもいいよ  つきあってもいいけど 朝までならいいけど 未練涙 捨てちまえ  壊れたっていいけど 甘えたっていいけど 今夜は 貧乏くじさ  帰らない…帰ろうよ いい加減 飽きたよ 死にたいの…いつか死ぬよ 眠るしかないのに  そんなに後引くキスじゃないし そんなに好きになりたいタイプじゃないし そんなにイケてる女じゃないし そんなにイケてる男じゃないし だよな?  ど・ど・どうしたいの ど・ど・どうしようか ど・ど・どっちでもいいの ど・ど・どっちでもいいよ
ひとりごと藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ松本孝弘大島賢治脱ぎ捨てられた靴 消えたままの明かり 冷めたベッドの寝息  深夜の時計の音 閉じたままの瞼 頬の髪に触れた  他愛もないすれ違いで 今日まで 意地ばかりで素直じゃなくて  悪かったよ 言ったけど もう泣くなよ 言ってみたけど 愛してるよ 言ったけど 信じてくれよ 言ってみたけど 安らかに眠る横顔 ただひとりごとだよな  幼い夢のように涙の痕がある ひとりぼっちにしたよ  そっと手を重ねて体温を合わせた 棘が消えるように  夜明けが来て 魔法が解け 目覚めれば いつもの朝 いつものふたり  悪かったよ 言ったけど もう泣くなよ 言ってみたけど 愛してるよ 言ったけど 信じてくれよ 言ってみたけど 安らかに眠る横顔 ただひとりごとだよな  他愛もないすれ違いで 今日まで 意地ばかりで素直じゃなくて  悪かったよ 言ったけど もう泣くなよ 言ってみたけど 愛してるよ 言ったけど 信じてくれよ 言ってみたけど 安らかに眠る横顔 ただひとりごとだよな
消えないキャンドル藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹この日が来るたびに まだ蘇る 褪せてゆく淡い記憶 だけどまだ失せない  最後のプレゼントは 何をあげたっけ もう今はなくしたかな たぶん安物さ  小さなテーブル 炎の向こうに 浮かんだ笑顔 幸せだったな  Ah ふたりで灯した Ah 今も消えないキャンドル Ah ふたりで歌った あの夜 Happy birthday to you  この日を忘れること いつかあるだろう 新しい思い出に 押し流されて  小さな窓から 見上げた星空 ふたりでどんな 夢を願ったんだろう  Ah 心に灯る Ah 今も消えないキャンドル Ah 届かないけれど 歌うよ Happy birthday to you
命の名前藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤcoba大島賢治僕はひとり 今を生きてる それだけはわかってて みんなひとり 今日を生きてる どこかで繋がっていて  それぞれの道の上で夢を見上げ 疲れ果て 眠れる場所へ帰るよ  君はひとり だけど両手で 抱きしめることがあるだろう そして空は たとえ曇りでも 澄み渡ってゆくだろう  ひとりずつ胸の奥の ありがとうを ひとりずつ天の河へ流そう  その世に一度だけ 生まれた命の名前 いつかは消えること 授かった約束  無限なものが もしもあるなら 無限なものとは 心のことだろう  人はひとり 二度と戻らない 雲の形のように だけど過去も あの日の涙も 胸の奥で息づく  全てのこと 許せる日がもし来るなら その光に包まれる日まで  この世に一度だけ 生まれた命の名前 いつかは消えること 授かった約束  愛する人がいる 大切な人たちがいる その笑顔が見たい 1秒でも長く
ふるさと藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ石成正人もう戻れない 遠い路がある まっすぐな車線の国道 のろまな軽トラック 原付のヤンキー ふたり乗りの学生服 駆けてゆくランドセル  もう戻れない 遠い空がある 反射する硝子の夕焼け 低い鉄棒 逆さまの校舎 転げ落ちた10円玉 汚れてる手の平  瑞穂にそよぐ風を 見つめて 迷うことのない 遠い帰り道 瑞穂にそよぐ光 見つめて いつかそこへ帰る そんな幻 見ていた  もう戻れない 遠い唄がある 台所のトランジスターラジオ 夕飯の香り 母さんの背中 解きかけの宿題 小さな食卓  瑞穂にそよぐ風を 見つめて 迷うことのない 遠い帰り道 瑞穂にそよぐ光 見つめて いつかそこへ帰る そんな幻 見ていた
最終目的地藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ屋敷豪太大島賢治あれあれエンストしそうだよ ポンコツボディ やれやれオイル臭い煙 風に舞う 地図もないナビもない ボンネット開け見上げた Blue Sky  薄っぺら財布の中身 全財産と 捨てるに捨てられない 色褪せたお守り すっからかんまで 走り続けてみよう ゼロから始まるステージ 胸が高鳴るよ  水平線が見える町へ行こう 山と雲が連なって 川が流れ 花が揺れ 水平線が見える窓を探しに行こう そこで恋をする あぁ 憧れの最終目的地  青りんご齧りながらハンドルきって 何度も追い越し追い越され 競争やめた 人生の砂時計 あとどれくらいだろう 焦って飛ばしたって たどり着けないゴール  水平線を見つめ 暮らしてゆこう 空と海が繋がって 朝日と夕日を抱いて 水平線を見つめ のんびり愛してゆこう そこで年をとる あぁ 憧れの最終目的地  水平線が見える町へ行こう 山と雲が連なって 川が流れ 花が揺れ 水平線が見える窓を探しに行こう そこで恋をする あぁ 憧れの最終目的地
Another Orion feat. 藤井フミヤ古内東子古内東子藤井フミヤ増本直樹岡村トモ子・河野伸夜空が 夕焼けを 包む オリオンを見つけたよ ごらん  さあ 立ち上がり 繋いだ手を離そう ここからは ひとりでも 帰れるだろう  君と君の涙に教えておくよ 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも  夜風が ふたりを 寄せ合う オリオンが消えてゆく 雲へ  さあ もう行こう 振り向かずに走ろう 一度だけ あの場所で 手を振るから  君と君の涙が教えてくれた 人をこんなに愛せることを 君のために僕は強くなる 運命ならば 巡り会えるさ あの星に願おう once more again  君の涙に約束しよう 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも
危ない女 懲りない男TUBETUBE藤井フミヤ藤井尚之Peace Rug Productionsラテンな腰 揺らし 真っ赤なルージュ 舐める 亜熱帯なサルサ 胸の谷間 湿らす  女豹の爪が誘う 早くここへ触れてと ねぇ今夜は 忘れさせてほしい  恋とエロスは 寂しがりのTactics ラムコーク モヒート 飲んで 踊りゃ ふたり 始まる  危ない女 懲りない男 イケない 指と指の罠 髪へ耳へ頬へ首へ Lonely Heart & Lonely Heart  まだ眠らないでと 爪を背中に立てる 一夜限りの香り 唇で分け合う  パンプス履きながら 乱れた髪を束ね また今夜を 欲しがる夜が来る  愛とデザイアー 燃え尽きりゃ 冷めてゆく どんな素顔さ 何処の 誰か ふたり 嘘つき  儚い女 切ない男 飽きない 罪と罪の渦 抱いて抱いて抱かれ抱いて 見つめ合えば  危ない女 懲りない男 イケない 指と指の罠 髪へ耳へ頬へ首へ Lonely Heart & Lonely Heart  儚い女 切ない男 飽きない 罪と罪の渦 抱いて抱いて抱かれ抱いて 見つめ合えば  危ない女 懲りない男 イケない 指と指の罠 髪へ耳へ頬へ首へ Lonely Heart & Lonely Heart
友よ藤井フミヤ&憲武とヒロミ藤井フミヤ&憲武とヒロミ藤井フミヤ藤井尚之そうだな 友よ 今日の日に そうだな 友よ 乾杯しよう 煙草の煙みたいに 時は流れてゆくよな  そうだろ 友よ 忘れてただろ そうだろ 友よ 賭けをした事 ほら あの時 惚れたあの娘 なぜか急に 思い出した  なんて名前か 忘れたけど どんな理由かは知らないけど 不思議と笑顔は 浮かんでくるもんだな きっと笑ってるよ 今も  デッキチェアーと缶ビール 内緒話の笑い声 ハートの中味はおんなじだな いつまでも恋の唄 歌ってるよ  そうだな 友よ 未来より そうだな 友よ 過去の方が いつのまに 長くなった 思い出がいっぱいだよ  いつも陽気な時間をサンキュー いつも自由な気分をサンキュー 人生の答えなんて わからないけど わかったふりをしていこうか  デッキチェアーと缶ビール 昔話の泣き笑い ハートの中味はおんなじだな どこまでも 青春がつづいてるよ
天使のゆびきりYun*chiYun*chi藤井フミヤ有賀啓雄YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  目の前を過ぎる横顔 ときめきが踊り始める 話す声 耳を傾け またひとつあなたを知った  ほんの少し勇気だして その瞳を見つめたい  YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  面影がきらめくたびに 胸が傷んで目を閉じる 切なさが涙になって 自分勝手にこぼれてく  傷つくことを恐れずに 鏡に小指差し出す  YOU MAY DREAM 抱きしめて 今すぐこの想い 言葉に変えたい I LOVE YOU YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように
イッちゃえ!I LOVE YOU!KANIKAPILAKANIKAPILA藤井フミヤ藤井尚之大島賢治大好き イッちゃえ! 大好き イケイケ! 大好き イッちゃえ! I LOVE YOU  巷じゃシャイで清楚な女の子 ホントはコミック好きな妄想少女 興味ない素振りしてるけれど 別のアングルで 覗かれてたら 誰を好きなのか ミエミエ  このままじゃ平行線 勇気をだしな 誰かに取られちゃう 後悔してる 未来なんて 想像なんかしたくない  大好き イッちゃえ! 大好き イケイケ! 大好き イッちゃえ! I LOVE YOU 大好き 跳んじゃえ! 大好き 跳べ跳べ! 大好き 跳んじゃえ! アイツに  トキドキッこっちを見るのをマジやめて ひょっとしてこっちがあっちを見つめてる 自分じゃバレてないつもりなのに 近寄らないで 近づいてきて 近づこうかな ドキドキ  なぜ乙女心は すぐ惚れた腫れたで熱を出す 自問自答をリピートしても ジブンらしくなく 泣く? ない?  大好き イッちゃえ! 大好き イケイケ! 大好き イッちゃえ! I LOVE YOU 大好き 跳んじゃえ! 大好き 跳べ跳べ! 大好き 跳んじゃえ! アイツに  当たって砕けろ 一か八か  大好き イッちゃえ! 大好き イケイケ! 大好き イッちゃえ! I LOVE YOU 大好き 跳んじゃえ! 大好き 跳べ跳べ! 大好き 跳んじゃえ! アイツに  I LOVE YOU イッちゃえ! I LOVE YOU イケイケ! I LOVE YOU イッちゃえ! 今すぐ I LOVE YOU 跳んじゃえ! I LOVE YOU 跳べ跳べ! I LOVE YOU 跳んじゃえ! アイツに
卒業白書KANIKAPILAKANIKAPILA藤井フミヤ藤井尚之・木村篤史木村篤史ありがとう 空に向かって言ってみたよ ありがとう 本当は君に言いたかったよ ありがとう 照れくさい言葉すぎるよ そよぐ風に飛ばして 涙 隠すよ  いわゆる 片想いってやつで なにげに 友達みたいで 言えなくて切なくて 自分ではどうしょうもなくて  どうしてかな なんでなのかな いつも見守っていたかな 放課後かな 教室かな ひとりで泣いていたかな 日曜かな デートなのかな 楽しそうに歩いていたかな 別々の春が来るね 卒業かな  ごめんね 泣くなんて思わなかったよ ごめんね そんなつもりじゃなかったよ ごめんね 指切りして呟いたよ 制服のポケットにしまっておいてよ  毎日 君の事でいっぱいで 勝手に おせっかいなやつで 笑う声 眩しくて 青春が駆け抜けて行った  あの時かな 突然かな 君を好きになったのかな 帰り道かな 痛かったかな 胸のずっと奥だったかな 初めてかな 忘れないかな 少し大人になれたかな 別々の春が来るね 卒業かな  遠くなる 背中を見つめていた もう一度 こっちを向いてよ 大声で叫んでた 何度もフルネーム 笑顔と涙 ぐちゃぐちゃになった  どうしてかな なんでなのかな いつも見守っていたかな 放課後かな 教室かな ひとりで泣いていたかな 日曜かな デートなのかな 楽しそうに歩いていたかな 別々の春が来るね 卒業かな
白い雲のようにKANIKAPILAKANIKAPILA藤井フミヤ藤井尚之大島賢治遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢見て  ポケットのコインを集めて 行けるところまで行こうかと君がつぶやく 見えない地図を広げて  くやしくて こぼれ落ちたあの涙も 瞳の奥へ沈んでいった夕日も 目を閉じると輝く宝物だよ  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢見て  見えない未来を夢見て 白い雲のように
タイムマシーン太田裕美太田裕美藤井フミヤ筒美京平君に初めて会った時 髪の先までくぎづけさ 目と目が合った あの瞬間だった 天使がいたのさ そこに  君と初めて話した時 なぜか無口なふりをした 名前さえも聞けないまま君は シンデレラのように消えた  ねえ 教えてよ 地球のどこへ行けば会えるの ねえ 教えてよ この胸 苦しみなくしたい  神様 お願い タイムマシーンに乗って あの娘の未来がほしい  ふたり二度目に会った時 そばに誰かが座ってた アニメみたいに真っ赤なハートが バラバラと崩れ落ちた  ねえ もう一度 チャンスをなくしたら終わりさ ねえ もう一度 この夢 続きを見ていたい  神様 お願い タイムマシーンに乗って あの娘の未来がほしい Oh … タイムマシーンに乗って あの娘の未来がほしい
TRUE LOVEMs.OOJAMs.OOJA藤井フミヤ藤井フミヤ振り返ると いつも君が笑ってくれた 風のようにそっと  まぶしすぎて 目を閉じても浮かんでくるよ 涙に変わってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるかはるか遠い未来を 夢見てたはずさ  立ち止まると なぜか君はうつむいたまま 雨のようにそっと  変わらないよ あの日君と出あった日から 涙に変わっても  君だけを見つめて 君だけしかいなくて 僕らは いつも はるかはるか遠い未来を 夢見てたはずさ 夢見てたはずさ
青春藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井尚之有賀啓雄もしもあの時代に この電話があったらな 白い針が胸に 今も刺さったままだよ もし もし 話せますか もし もし どこにいるの  星は 廻るよ 後悔なんて とおに 遠く なって 君の背中を見過ごすのかな 時が 過ぎて いって  もしもあの日ふたり この電話があったらな 知りたいことがあり 知らないまま生きてゆく  もし もし 元気ですか もし もし 大丈夫  月は 欠けるよ 思い出なんて 細く 薄く なって 時代は巡り すべては消えて 同じ花が咲いて  もし もし ねぇ君なの もし もし もう行くよ  星は 廻るよ 後悔なんて とおに 遠く なって 君の背中を見過ごすのかな 時が 過ぎて いって  月は 欠けるよ 思い出なんて 細く 薄く なって 時代は巡り すべては消えて 同じ花が咲いて
GO BACK HOME藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井尚之有賀啓雄荒野を駆け抜け さぁ獲物を仕留めろ 愛と夢と今日を背負い 突き進むHunter  睨み合う刃 ぐっと息を呑みこむ 生きるために戦う 傷だらけのFighter  夕日に消える 翼の群れに 叫ぶ魂 くいしばり 立ち上がり 再び 走り出す  Go round Go Back Home Go round Go Back Home Go round Go Back Home Go round Go Back Home  その場所に すべてが あるんだ  隙を見せれば 運命さえも変わる 擦れて汚れた拳を じっと見つめた Loser  優しいララバイ 聞こえる夜は 背中抱きよせ 瞳を 閉じれば 孤独が消え失せる  Go round Go Back Home Go round Go Back Home Go round Go Back Home Go round Go Back Home  その場所にすべてが あるんだ  Go round Go Back Home Go round Go Back Home Go round Go Back Home Go round Go Back Home  この場所にすべてが あるんだ
孤独のDreamer藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井尚之有賀啓雄あの日信じたもの あの日の少年は 心の中 今も 走り続けてる 見失っちゃいない 静かに目を閉じる リアルな幻と リアルな鼓動  人は生まれた時に プログラミングされた ただ光を追い続けて 生きるように  かけがえのないものを 夢と呼んできたはずだ 風に立つ 孤独のDreamer 失うものは Never Nothing  火照る肉体から 溢れるエナジーが 全ての細胞を覚醒させる 限界を超えろ 魂を信じろ ふとよぎる影は 迷いと弱さ  転がり倒れたって 空見て笑っていよう もし すべてが無駄になって 消えたって  とどきそうで 掴めない 諦めたら消えるだけ 風に立つ 孤独のDreamer 失うものは Never Nothing  言葉になんて出来ない瞬間が 生きている意味を教えてくれるんだ どこから来てどこへ消えてゆくのかを  かけがえのないものを 夢と呼んできたはずだ とどきそうで 掴めない 諦めたら消えるだけ 風に立つ 孤独のDreamer 失うものは Never Nothing
夜明けの街藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井尚之有賀啓雄笑っていても じつは辛い事があったり 誰かといても なんだかひとりぼっちで  怒っていても 問題は自分にもあったり 涙 流れても 本当かどうかわからない  人はばらばらだね 自分勝手 それでも誰かを想い 幸せを祈ってる  今も必ず 世界のどこかに 夜明けの街があり 僕らは繋がり 生きてる 愛するために  眠れなくても 夜空に星はいつもあって 淋しすぎても 慣れてしまう事もある  遠くなっても そばに感じる時もあって 終わってみても そこから始まってゆく  人はそれぞれだね 十人十色 それでも寄り添いながら 同じ明日を見つめる  今も必ず 世界のどこかに 夜明けの街があり 僕らは繋がり 生きてる 愛するために  青い空はどこまでも つづいて いろんな夢になる 限りある日々を 生きてく 僕らのために  今も必ず 世界のどこかに 夜明けの街があり 僕らは繋がり 生きてる 愛するために
Another Orionヨソプ(from BEAST)ヨソプ(from BEAST)藤井フミヤ増本直樹夜空が 夕焼けを 包む オリオンを見つけたよ ごらん  さあ 立ち上がり 繋いだ手を離そう ここからは ひとりでも 帰れるだろう  君と君の涙に教えておくよ 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも  夜風が ふたりを 寄せ合う オリオンが消えてゆく 雲へ  さあ もう行こう 振り向かずに走ろう 一度だけ あの場所で 手を振るから  君と君の涙が教えてくれた 人をこんなに愛せることを 君のために僕は強くなる 運命ならば 巡り会えるさ あの星に願おう once more again  君の涙に約束しよう 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも
Another Orion堂本剛堂本剛藤井フミヤ増本直樹十川ともじ夜空が 夕焼けを 包む オリオンを見つけたよ ごらん  さあ 立ち上がり 繋いだ手を離そう ここからは ひとりでも 帰れるだろう  君と君の涙に教えておくよ 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも  夜風が ふたりを 寄せ合う オリオンが消えてゆく 雲へ  さあ もう行こう 振り向かずに走ろう 一度だけ あの場所で 手を振るから  君と君の涙が教えてくれた 人をこんなに愛せることを 君のために僕は強くなる 運命ならば 巡り会えるさ あの星に願おう once more again  君の涙に約束しよう 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも
白い雲のようにカサリンチュカサリンチュ藤井フミヤ藤井尚之遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢みて  ポケットのコインを集めて 行けるところまで行こうかと君がつぶやく 見えない地図を広げて  くやしくて こぼれ落ちたあの涙も 瞳の奥へ沈んでいった夕日も 目を閉じると輝く宝物だよ  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  白い雲のように 白い雲のように  遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢みて  見えない未来を夢みて 白い雲のように
TRUE LOVE大友康平大友康平藤井フミヤ藤井フミヤ振り返ると いつも君が笑ってくれた 風のようにそっと  まぶしすぎて 目を閉じても浮かんでくるよ 涙に変わってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるかはるか遠い未来を 夢見てたはずさ  立ち止まると なぜか君はうつむいたまま 雨のようにそっと  変わらないよ あの日君と出会った日から 涙に変わっても  君だけを見つめて 君だけしかいなくて 僕らは いつも はるかはるか遠い未来を 夢見てたはずさ 夢見てたはずさ
TRUE LOVEJohn-HoonJohn-Hoon藤井フミヤ藤井フミヤ振り返ると いつも君が笑ってくれた 風のようにそっと  まぶしすぎて 目を閉じても浮かんでくるよ 涙に変わってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ  立ち止まると なぜか君はうつむいたまま 雨のようにそっと  変わらないよ あの日君と出会った日から 涙に変わっても  君だけをみつめて 君だけしかいなくて 僕らは いつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ  夢見てたはずさ
透明人間藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄流れゆく 電車から 眺める 変化しない 小さな世界  イヤホンを 挿したまま 見つめる つま先の 汚れてる靴  好きな人のこと 想い浮かべてみる ほんの少しだけ 胸が赤く染まる  目の合わない 人たちに まぎれて 少しづつ 消えてゆくんだ  冷えた手に 吹きかけた 白い息 冬の空 同化してゆく  もしもこの世界 君がいなかったら 僕は何も無い 透明人間だよ  好きな人のこと 想い浮かべてみる ほんの少しだけ 胸が赤く染まる  もしもこの世界 君がいなかったら 僕は何も無い 透明人間だよ
彼女のタンバリン藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄タンバリン 君の胸 タンバリン その鼓動 タンバリン 弾んで 揺れる バルーンみたいに タンバリン 僕の胸 タンバリン この鼓動 タンバリン 弾けて 躍る 恋のリズム  出たとこ勝負 選曲は 全部UP BEAT OH! LOVE SONG それが悲劇の始まり NOT LOVE SONG どんだけ お互いベストフレンドだよな BUT LOVE SONG このクレッシェンド もう止められない  ホラホラ ユラユラ してるよ チラチラ クラクラ しちゃうよ ハラハラ メラメラ ジェラシー 音程外して 誤摩化してんだ  タンバリン 君の胸 タンバリン その鼓動 タンバリン 弾んで 揺れる バルーンみたいに タンバリン 僕の胸 タンバリン この鼓動 タンバリン 弾けて 躍る 恋のリズム  でたらめな恋 ありえないくらい CRY BALLAD OH LOVE SONG 無害 論外な関係 OH MY GOD! あんだけ 杭を刺されても TRUE LOVE SONG この痛み 受け止めるしかない  キラキラ ヒラヒラ してるよ コラコラ ムラムラ しちゃうよ ギラギラ グラグラ エネルギー 大騒ぎして 燃やしちゃおうぜ 燃え尽きるまで  タンバリン 君の胸 タンバリン その鼓動 タンバリン 弾んで 揺れる バルーンみたいに タンバリン 僕の胸 タンバリン この鼓動 タンバリン 弾けて 躍る 恋のリズムで 恋のリズムで 君のタンバリン
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
へそまがりSweet Heart藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤへそまがりSweet Heart まるで 天の邪鬼 馬鹿なジェラシー それがことの切っ掛けさ  そっぽ向いて 何もしゃべらない デートなんて あの日 指切りまでして 連れて来たのに  へそまがりSweet Heart 食べないの ソフトクリーム 下を向いて 舌も出さず 溶けてゆく  優しく差し出したハンカチーフ 知らんぷり 花柄 ピンクのネイルが ほらベトベトさ  Oh! へそまがりSweet Heart 素直になれるチャンスを 何度も 何度も あげてるのに  もしも 世界一の 優しい男でも こんなに我慢なんてできないからな  Oh! へそまがりSweet Heart だけど愛しい 誰よりも 誰よりも おまえのこと 可愛いからな Oh! baby baby baby 我がままで強がりで泣き虫な 俺の彼女
終わらないでクリスマスイブ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄・屋敷豪太終わらないでクリスマスイブ 今夜 君に渡したいものがあるんだ 終わらないでクリスマスイブ 早く どうしても君に伝えたいことがあるんだ  誰もいないオフィスでファイルを閉じる「はぁ やっと終わったよ」 のろまなエレベーター待てずに 階段を駆け下り 転びそうになる 恋人たちのイルミネーション すり抜け 白い息を吐く  終わらないでクリスマスイブ 今夜 君に渡したいものがあるんだ 終わらないでクリスマスイブ 早く 君が待ってる 暖かい部屋へ 終わらないでクリスマスイブ 今夜 今夜 どうしても君に伝えたいことがあるんだ  売れ残りのケーキ 最後のひとつ 「サンタさん それ下さい!」 君が何度もくれたメール ちっぽけなハートマークに 胸を撫で下ろす 運命を決めるサプライズは 小さな赤いリボンの箱  終わらないでクリスマスイブ 今夜 君に渡したいものがあるんだ 終わらないでクリスマスイブ 早く 君が待ってる 暖かい部屋へ 終わらないでクリスマスイブ 今夜 今夜 どうしても君に伝えたいことがあるんだ  来年も再来年も永遠に イブの夜を君と一緒に過ごしたい …なんてね  摩天楼の谷間 やっと捕まえたタクシー 「お願い 急いで!」 大騒ぎの街を抜けだし 澄み切った夜空見上げて ただ君を想う 腕時計のふたつの針が もうすぐ ひとつに重なる  終わらないでクリスマスイブ 今夜君に渡したいものがあるんだ 終わらないでクリスマスイブ 早く 君が待ってる 暖かい部屋へ 終わらないでクリスマスイブ 今夜 君を見つめて乾杯するために 終わらないでクリスマスイブ 早く 君の手料理が冷めないうちに 終わらないでクリスマスイブ 今夜 今夜 神様に誓う大切なことがあるんだ  来年も再来年も永遠に イブの夜を君と一緒に過ごしたい …なんてね
Life is Beautiful藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ斎藤有太雨上がりの見慣れた町の夕空に やけに大きな虹が浮かんだ 歩道を歩く 子供 大人 老人 立ち止まり 笑顔で空を見上げてる 過去を抱えて 落ち込んでたそんな時 なんだか元気をもらったよ 人の記憶はえんぴつの文字のように 消しゴムで消すことはできないけど  なあ なんで そんなに綺麗なんだよ からっぽな心 なぐさめてくれてるのかい ああ なんで 涙が零れるんだよ Life is Beautiful ありがとう さよなら 同じ虹に逢う事はできない  夕焼け雲に溶けるように消えてゆく とどめることはできやしない 止まった時計の針が動き始める みんな家路へと向かってゆく  なあ なんで そんなに優しいんだよ 真っ白な心 色を付けてくれたのかい ああ なんか 笑顔に戻れたんだよ Life is Beautiful ありがとう さよなら 同じ虹に逢う事はできない
なんかいいこと藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ亀田誠治なんかいいこと きっといいこと ちょっと素敵ないいことが 今日は君にいいことが 起きるからね  世の中は何次第 信じる気持ち次第 夜空の星も 君の心も買えないんだよ  天国へ持ってゆける 物なんて何もないよ この世は全部 心の中の夢の物語  さあ 両手広げて 受け止めてみて ほら 世界はすべて 君のものだよ  生まれた時に 神様が全部 君にくれたんだ  なんかいいこと きっといいこと それはなんだろう なんか簡単 きっと単純なことだよ なんかいいこと きっといいこと ちょっと素敵ないいことが 今日は君にいいことが 起きるからね  幸せは何次第 愛する気持ち次第 大好きな人 想うだけで 嬉しくなる  涙だって不思議だよ 勝手に溢れてくる 悲しい時も おかしい時も 嬉しすぎる時も  ほら 君が笑えば 誰かも笑う きっと みんな持ってる 魔法なんだよ  生まれた時に 誰もが貰った 不思議な力  なんかいいこと きっといいこと それはなんだろう なんか簡単 きっと単純なことだよ なんかいいこと きっといいこと ちょっと素敵ないいことが 今日は君にいいことが 起きるからね  なんかいいこと きっといいこと それはなんだろう なんか簡単 きっと単純なことだよ なんかいいこと きっといいこと ちょっと素敵ないいことが 今日は君にいいことが 起きるからね 今日は君にいいことが 起きるからね
三毛猫のキーホルダー藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄ふと時々 ふとぼんやり 君に逢いたくなる そんな日はなぜかいつも 澄み切った青空なんだ  浮かぶ雲が 何かの形に なんだか見えてきて そういえば三毛猫のキーホルダーは どこへ消えたんだ  お揃いだったけれど 先になくしたのは…  好きだったとこ また浮かんできて 空に微笑む まだ君のことが好きかも  ふと今でも 自転車で あの道を通るよ 線路沿いにコスモスが揺れ 君を後ろに乗せ  坂の上の 小さなカフェ レジの横だったかな たしか君が子供のようにねだった そんな気がする  いつも持ってたけど どこで切れたんだろう…  好きだったとこ また浮かんできて 空に微笑む まだ君のことが…  遠く離れた 二匹の三毛猫 時が流れて ふたりのハートの中に
赤いスイッチ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄ねぇ!君壊れてんの? マヌケな質問したけど ワンピースで隠した ハートブレイクの穴が気になる  えっ!また別の誰か そこはただのWaiting room? どこに火がついたの 使い捨てのライターで  ポテンシャルな 恋の粒子が ほらまたすぐ融合する いつでもどこでもヤツでもタコでも 世界は危険さ  どこに あるの 赤いスイッチ  それはスイッチ どんなスイッチ 君の熱いスイッチ それはスイッチ どこがスイッチ 君の赤いスイッチ  へぇ そんなに好きなの 作り笑顔で呆れて HI! 口先じゃWelcome! 結末は見えてるけどね  なぁ はっきり言おうか その目は ただの節穴 はぁ 溜め息をあげる よろけてる その背中に  ソーシャルな偽りダンス 呂律も羅列もキテレツ 誰でもどれでも 濡れても垂れても 世界は道化さ  どこに あるの 赤いスイッチ  それはスイッチ どんなスイッチ 君の甘いスイッチ それはスイッチ どこがスイッチ 君の赤いスイッチ  それはスイッチ どんなスイッチ 君の熱いスイッチ それはスイッチ どこがスイッチ 君の赤いスイッチ  どこに あるの 赤いスイッチ  ポテンシャルな 恋の粒子が ほらまたすぐ融合する いつでもどこでもヤツでもタコでも 世界は危険さ  ねぇ!君壊れてんの? マヌケな質問したけど ワンピースで隠した ハートブレイクの穴が気になる
突然に完全な空前の一目惚れ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・増本直樹Sha BaDaBaDaBa突然に Sha BaDaBaDaBaDa完全な Sha BaDaDaBaDaBaDa 空前の一目惚れ!  突然 君がLooking 慌てた胸がDokin! ハートが痛てててって な・な・なんだろ?  まるで弓矢のTarget 強張るChicken Nugget ケチャップがあちゃちゃちゃちゃ 飛び散ったよ  可憐な手口で ルパンがルビー 盗むように 目を離した隙に 跡形もなく消えていそう  酔ったダンスはCharming 交えた膝でTalking ほっぺたを痛たたたった 夢じゃない  リップがキラリTiming タッチはさらりKissing キューピッドがクックックックック 含み笑い  手のひらに走り書き 細いFinger くすぐったいWhat number? ほどけたセキュリティー 滑らかに金庫が 開いてゆく  Sha BaDaBaDaBa突然に Sha BaDaBaDaBaDa完全な Sha BaDaDaBaDaBaDa 空前の一目惚れ! Sha BaDaBaDaBa突然に Sha BaDaBaDaBaDa完全な Sha BaDaDaBaDaBaDa 空前の一目惚れ!  きっと今夜はGet up! もっと今夜は Get on! バーボンがおっとっとっとっと 回りすぎ  肩にもたれてSleeping ほんの束の間Dreaming 目覚めれば ゲゲゲゲ 後の祭りさ  可憐な手口で ルパンがルビー 盗むように 目を離した隙に 跡形もなく消えていたよ  Sha BaDaBaDaBa突然に Sha BaDaBaDaBaDa完全な Sha BaDaDaBaDaBaDa 空前の一目惚れ! Sha BaDaBaDaBa突然に Sha BaDaBaDaBaDa完全な Sha BaDaDaBaDaBaDa 風前の一目惚れ!
Me too I love you藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ亀田誠治亀田誠治太陽がフラッシュバックさせる 眩しいあのFall in love 小麦色の肌 ヒリヒリ痛む まだ  みんなで駆け出したよ Tシャツを脱ぎすて 空にはじけ飛ぶ レインボーカラーの粒  恋人たち はしゃぐ渚で ひとり海を 見つめてたね  「I love you」隣に座って おどけて 君の耳元 囁いてみたんだ 「Me too I love you」 驚いた僕の 唇に指を押しあてた 水平線より遠いあの夏  もしも もう逢えなくなっても 焼き付いたままのツーショット 青く光る波 風に靡く髪  悪戯好きなスコール びしょ濡れのサンセットビーチ そっと抱き寄せた肩 ちょっとだけ震えてた  太陽の欠片 反射するたび 君の笑顔 浮かび消えた  「I love you」 もっと好きだった 何度も この胸の奥 リフレインしてんだ 「Me too I love you」 あの時の声が ハートから涙腺まで響いて パーカーのフード深くかぶったよ  水平線より遠いあの夏
Next Dream藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ亀田誠治亀田誠治戸惑いは 突然に 諦めた夢を 君に打ち明けた  止め処ない その涙 絡めた指と指に 零れ落ちた  泣かないで 僕は愛をなくしたわけじゃないよ 明日は 新しい夢へ向かおう Next Dream そばにいてよ 優しい その涙を きっと 喜び合う涙にする この胸で  思い出の 切れ端を 繋いで 人は今日を 生きている  お守りのように 君は 胸の奥 真ん中で 見ててほしい  笑って 君の愛があるから頑張れるよ 強く 揺るぎない瞳を見つめて Next Dream ついておいで 優しい その笑顔を いつも 抱きしめたい 幸せにする 君をかならず  それは果てしなく遠い 場所なのかもしれない もしゴールがあるなら そこに君がいる  泣かないで 僕は愛をなくしたわけじゃないよ 明日は 新しい夢へ向かおう Next Dream そばにいてよ 優しい その涙を きっと 喜び合う涙にする この胸で
銀河放浪藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井尚之増本直樹あぁ 夜汽車はゆく あぁ 銀河の下 夢を揺らしながら 眠る君を揺らしながら  ふと 頬を撫でて そっと うつろな目を開く もう着いたのって 行き先なんてないのに  小さな駅の プラットホーム 無人改札を抜け ふたり 銀河放浪  最終列車の 赤いテールライトが 遥か遠い 夜へ 小さく消えたよ グッドバイ  さぁ 手を取り合い さぁ 銀河の中 ワルツ踊りながら ゆるい坂を下りてゆく  もし 星を見つめ 永遠(とわ)の眠りにつけるなら ただ美しい 涙だけ浮かぶかな  寂れた町の バス停の椅子 時刻表を眺める ふたり 銀河放浪  街灯の下の 小さなステージ 下手なパントマイムに 君はいつまでも 笑った
僕らの人生藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹増本直樹化粧する後ろ姿 ただぼんやり 眺めていた 学生時代に流行った あのメロディーを 口ずさんでる  モノクロームのフィルムのように いくつもの場面 浮かび消えてゆく  不思議だ なぜメロディーは 時を越えて輝きだす タイムマシンのように  全て変わりゆく この世界の中で たったひとつの星のように 何も変わらない 光がそこにある 振り向いた笑顔 僕らの人生  過ぎ去った時代の友よ 今日もどこかで笑っているかな あの夜みんなで歌った あのメロディーを覚えてるかな  大きな夢を 抱いた時も そして諦めた時も 君がいたよ  何だかあたりまえのように 今はそばにいるけれど 本当に出会えて良かった  いつも描いているラストシーンがあるんだ 何も持たずに歩いてる ふたり手を握り ただ木漏れ日の道を なぜだろう 涙が  全て変わりゆく この世界の中で たったひとつの星のように 何も変わらない 光がそこにある 振り向いた笑顔 僕らの人生
愚か者の詩藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ斎藤有太魂のない彫刻のように じっと地面を ただ見つめてた よろけ しゃがんだ 深夜の公園 後悔消せる術がない  蹴って 揺れてるブランコ 蛇口をひねり 顔を洗った 濡れた しわくちゃのバンダナ おまえの香りがしたよ 滲みだす瞳 強く押し付けた  男なんて 身勝手で 体裁だらけで 強がって淋しがりで でも温もりが欲しくて woo Baby Baby 性懲りもない Love Song 馬鹿で阿呆な 愚か者の詩だ  好きにすればいい 投げ捨てた声が 心で何度も木霊する 過去と未来 繋ぐ笑顔がなけりゃ 夢なんてすぐに消えちまう  ぽつりぽつり降り出した雨 情けない顔 濡らしてゆく どこへ向かってゆこうと 知らず知らず円を描き 気がつけば また元の俺がいる  一番 大事なものは いったいなんだよ どんな事より誰より 大切な愛じゃないのか  男なんて 身勝手で体裁だらけで 強がって淋しがりで でも温もりが欲しくて woo Baby Baby 性懲りもない Love Song 馬鹿で阿呆な 愚か者の詩だ
雨粒のBirthdaySoweluSowelu藤井フミヤ藤井尚之いつもより長いシャワー 涙流れたのかも 濡れてる髪もそのまま 夜空も泣いてる  神様はいじわるなの それともやさしいの 出かける気にもならないよ 雨粒のBirthday  友達から Happy! Happy? Happy! メッセージ まさか強がって ぽつり ひとり 部屋に いるなんて  おめでとう ただそれだけ あなたの声 聞けたら この雨も星に変わるよ 魔法をかけてよ  ねぇあなたは 今どこで何をしてるのかな 誰かと遊んでいるの それとも寝ちゃったの  ばかみたい 一人芝居  いつまで待ちぼうけ 携帯ふと見つめる 雨粒のBirthday  今夜またひとつ 大人に なるのかな キャンドルの炎 つけて 消して つけて また消して  おめでとう ただそれだけ あなたの声 聞けたら この雨も星に変わるよ 魔法をかけてよ
今、君に言っておこう藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄小さな少女の手からふうっと風船が 空に飛んでいった 追いかけて どうしようもなくて ただ空に両手を伸ばした  小さなピリオドのような風船が 白い雲の中へ もう二度ととどかない場所まで 君とふたりで眺めてた  それはまるで愛のようで それはまるで命のようで なんだか綺麗だね でもなぜか切ないね 大丈夫だよ 僕はどこへも行かない  たしかなことなんて 何があるんだろう 今 君に言っておこう 大好きさ ありがとう いつまでも いつまでも 見つめていよう 大空に飛んでゆく 小さな夢を  行き交うすべての人たちが風船を 握りしめているんだ 頑張って生きてゆくために それぞれ 夢をいっぱい 詰め込んで  一緒に笑ってくれたり 一緒に泣いてくれたり 何気ない毎日が 奇跡なのかもしれない 誰かを好きになることも きっとそうだよ  明日のことだって 誰もわからないさ 今 君に言っておこう 大好きさ ありがとう どこまでも どこまでも 追いかけてゆこう 大空に飛んでゆく 小さな夢を
TRUE LOVE和紗和紗藤井フミヤ藤井フミヤ川口大輔振り返ると いつも君が笑ってくれた 風のようにそっと  まぶしすぎて 目を閉じても浮かんでくるよ 涙に変わってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ  立ち止まると なぜか君はうつむいたまま 雨のようにそっと  変わらないよ あの日君と出会った日から 涙に変わっても  君だけをみつめて 君だけしかいなくて 僕らは いつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ  夢見てたはずさ
Another OrionClefClef藤井フミヤ増本直樹夜空が 夕焼けを 包む オリオンを見つけたよ ごらん  さあ 立ち上がり 繋いだ手を離そう ここからは ひとりでも 帰れるだろう  君と君の涙に教えておくよ 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも  夜風が ふたりを寄せ合う オリオンが消えてゆく雲へ  さあ もう行こう 振り向かずに走ろう 一度だけ あの場所で 手を振るから  君と君の涙が教えてくれた 人をこんなに愛せることを 君のために僕は強くなる 運命ならば巡り会えるさ あの星に願おう once more again  君の涙に約束しよう 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも
白い雲のように島谷ひとみ島谷ひとみ藤井フミヤ藤井尚之遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢見て  ポケットのコインを集めて 行けるところまで行こうかと君がつぶやく 見えない地図を広げて  くやしくて こぼれ落ちたあの涙も 瞳の奥へ沈んでいった夕日も 目を閉じると輝く宝物だよ  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  風に吹かれて消えてゆくのさ 僕らの足跡 風に吹かれて歩いてゆくのさ 白い雲のように  白い雲のように 白い雲のように  遠ざかる雲を見つめて まるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢みて  見えない未来を夢みて 白い雲のように
Final Valley藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ石野卓球石野卓球行け行け行け行け! 進め!行け行け! 進め!進め! 行け行け!進め!  心もとない瞳で 堅い腰が後退る 断崖絶壁 飛び越え 一蓮托生 相思相愛  行け行け行け行け! 進め!行け行け! 進め!進め! 行け行け!進め!  全身全霊 君を想う 誠心誠意 君を想う 正々堂々 君を想う 前進あるのみ 極楽浄土へ 無我夢中 君を想う 問答無用 君を想う 百発百中 君を想う 前進あるのみ 極楽浄土へ  心もとない瞳で 堅い腰が後退る 断崖絶壁 飛び越え 一蓮托生 相思相愛  Final Valley Final Valley Final Valley Final Valley  全身全霊 君を想う 誠心誠意 君を想う 正々堂々 君を想う 前進あるのみ 極楽浄土へ 無我夢中 君を想う 問答無用 君を想う 百発百中 君を想う 前進あるのみ 極楽浄土へ
TRUE LOVE中村あゆみ中村あゆみ藤井フミヤ藤井フミヤ振り返ると いつも君が笑ってくれた 風のようにそっと  まぶしすぎて 目を閉じても浮かんでくるよ 涙に変ってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるかはるか遠い未来を 夢見てたはずさ  立ち止まると なぜか君はうつむいたまま 雨のようにそっと  変わらないよ あの日君と出会った日から 涙に変っても  君だけをみつめて 君だけしかいなくて 僕らはいつもはるかはるか遠い未来を 夢見てたはずさ  夢見てたはずさ
天使のゆびきり白石涼子白石涼子藤井フミヤ有賀啓雄YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM まっ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  目の前を過ぎる横顔 ときめきが踊り始める 話す声 耳を傾け またひとつあなたを知った  ほんの少し勇気だして その瞳を見つめたい  YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM まっ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  面影がきらめくたびに 胸が傷んで目を閉じる 切なさが涙になって 自分勝手に零れてく  傷つくことを恐れずに 鏡に小指差し出す  YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM まっ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM まっ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように
未来永劫藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・佐橋佳幸雨は 川へ流れ 川は 海へとつづく 海は 雲をつくり 雲は やがて雨を降らす  花は 種を生む 種は 双葉を広げ 双葉は 茎を伸ばし 茎は やがて花を咲かす  未来永劫 僕らも恋をして 笑ったり泣いたり 繰り返す  乾きかけたこんな世界 やっと見つけたよ 美しい岸辺 清らかなその涙で 僕の心は潤されてゆくのさ 美しいオアシス  愛は 夢になり 夢は 未来を映す 未来は 君がそばにいて 君は あふれる愛の泉さ  無色透明 水や空気のように 心も循環してゆくのさ  終わりのないこんな世界 荷物下ろして 休憩しようか 清らかなその笑顔で 僕の心は癒されてゆくのさ 母のようなオアシス  笑ったり泣いたり 繰り返す  乾きかけたこんな世界 やっと見つけたよ 美しい岸辺 清らかなその涙で 僕の心は潤されてゆくのさ 清らかなその笑顔で 僕の心は癒されてゆくのさ 美しいオアシス
Down Town Rain藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤcrazyken夕立の Hard rain 夕暮れのラッシュ Train 濡れてる恋人 探す駅 Nowhere 声も電波も 届かない場所で 彷徨う心 離れてゆく  急に泣き出した その理由(わけ)を 駆け出したその理由(わけ)を ひとり抱えたまま No Baby Why 僕は君を見失い 君を救えない どこにいるの 傍にいるの 今すぐに行くよ  変わりゆくダウンタウン 高層ビルはモノトーン 変わらない過去を 探す路地 At last 濡れてる子猫 傘を差しだした 何も言えず肩 抱いたよ  空 雨雲が遠ざかる ほら オレンジ色のガラス窓 また お互い素直じゃないけど 夕日が沈む時までに Please  きっと夢だった 約束を 破った約束を ひとり信じたまま No Baby Why 僕はかならず叶えるよ 二人で叶えるよ 信じてほしい 見ててほしい 君の笑顔がほしいよ  変わりゆくダウンタウン 行き交う人はみなサイレント 変わらない夢を 探す街 Somehow 濡れてた子猫 もうどこにもいない 頬合わせ背中抱いたよ
天使のゆびきり米倉千尋米倉千尋藤井フミヤ有賀啓雄YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  目の前を過ぎる横顔 ときめきが踊り始める 話す声 耳を傾け またひとつあなたを知った  ほんの少し勇気だして その瞳を見つめたい  YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  面影がきらめくたびに 胸が傷んで目を閉じる 切なさが涙になって 自分勝手に零れてく  傷つくことを恐れずに 鏡に小指差し出す  YOU MAY DREAM 抱きしめて 今すぐこの想い 言葉に変えたい I LOVE YOU YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように
hand in handF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之君と手をつなぎ ふと見つけたよ ふたつ小さな花 寄り添って咲いていた 髪飾りにしようと しゃがんだけれど そっと首を横に振ったね  雨の日も風の日も どんな日も ふたりきり 髪を耳にかける 見慣れたその仕草  大切にするよ 君の愛を 同じ生きてる 小さな命さ 生まれてきたから ふたりは逢えた この花のように そばにいよう  僕と手をつなぎ 花びらに触れ 友達みたいに 話かけたね 伝わればいいな 手を振った時 そよぐ風 花も揺れてた  太陽と月と星 空の下 ふたりきり ふと消えてゆきそうな 見上げたその瞳  守りつづけるよ 君の愛を それぞれ違う 場所で生まれたよ でもふたりは今 手をつないでる このままずっと そばにいよう この花のように そばにいよう
SerendipityF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之すべての風は 心を抜ける 輝く美しい風は 心に宿る 幾千の偶然が魚群のように 目の前を無意識に通りすぎてく  この手の中に 包んだ光 暖かく心地よく愛おしくて 一瞬の魔法だよ 愛が生まれる  その眼差しの中から心の奥へ 初めて交わす言葉から物語になる 君が僕を知っていたそんな気がするのさ 大きな樹木の枝のように 若葉は空へ広がる  間違った道だって誰かに出会う 掛け違ったボタンだって 笑顔を作る  心と心の間を旋回するもの 形も色もないけど 天使のコンタクト いたずらな偶然が運命に変わる 知らない扉を開けると また知らない扉がある  すべての風は 心を抜ける 輝く美しい風は 心に宿る
I LOVE IT! ドーナッツ!F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之ドーナッツ化した無人の街で ドーナッツ盤のR & R回る 気分はだんだんハイファット ハートはどんどんハイカロリー  甘い丸い 君のドーナッツ 甘い穴の 開いたドーナッツ ドレドレ ドラドラ ドウナッ~てるの?  チョコレート カスタード ココナッツ 常夏 シナモン レモン エエモン カモン ドレドレ ドラドラ ドウナッ~てもいい!  ドーナッツ化した無人の街で ドーナッツ盤のR & R回る 気分はだんだんハイファット ハートはどんどんハイカロリー ほらほら シロップがしたたる ほらほら あふれだす  甘い丸い 君のドーナッツ 甘い穴の 開いたドーナッツ ドレドレ ドラドラ ドウナッ~てるの?  ドーナッツ化した無人の街で ドーナッツ盤のR & R回る 気分はだんだんハイファット ハートはどんどんハイカロリー ほらほら シロップがしたたる ほらほら あふれだす  エルビスも大好きだった ジョンもジョージも大好きだった ジムのジェームスも大好きだった 天国じゃ食べ放題らしいドーナッツ!  チョコレート カスタード ココナッツ 常夏 シナモン レモン エエモン カモン ドレドレ ドラドラ ドウナッ~てもいい!  エルビスも大好きだった ジョンもジョージも大好きだった ジムのジェームスも大好きだった 天国じゃ食べ放題らしいドーナッツ!  甘い丸い 君のドーナッツ 甘い穴の開いたドーナッツ ドレドレ ドラドラ ドウナッ~てるの?  チョコレート カスタード ココナッツ 常夏 シナモン レモン エエモン カモン ドレドレ ドラドラ I LOVE IT! ドーナッツ!
路地裏のからすたちF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之アンタのしゃがれたその声に なぜか癒されて真夜中になる ガラでもないのに牧師のように 告白 永遠 聞いてる  そんな噂なんて気にすんなよ 帳消しにできる強さをたぶんアンタは持ってる むかしの噂を知ってるなんて どこか繋がる 過去があるのさ  そんなに哀しい目で俺を見るな 抱きたくなるだろう こんな安物の上着でいいなら その肩にかけてやろう 変わりに優しい言葉をダブルで注ぎたしてくれりゃいい こんな路地裏の 止まり木に止まる淋しい雄がらす  時々敬語を使いながら 時々体をすり寄せてくる クモの巣のようにはびこる煙 俺を好きになれるかい  半分睡魔に襲われて 官能小説 心で書いてる  唾液が火薬に感じるくらいに 不意打ちなくちづけ 椅子から転げ落ち マリオネットのように手足がばらばらになる 信じる? 信じない? 自分できめてと煙草に火をつける こんな路地裏の 止まり木に止まる怪しい雌がらす  むかしの噂を知ってるなんて どこか繋がる 過去があるのさ  そんなに哀しい目で俺を見るな 抱きたくなるだろう こんな安物の上着でいいなら その肩にかけてやろう 変わりに優しい言葉をダブルで注ぎたしてくれりゃいい こんな路地裏の 止まり木に止まる淋しい雄がらす
口笛F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之面影は厄介だよ ふとした時 突然 浮かんできやがる  すべて捨てたよ 遠く離れてもみた 哀れなほどに未練がましいから  他の人を愛せるかな 一人きり 一度きり なのかもしれない  ただ意味もなく 口笛を吹いてる ただあてもなく口笛を吹いてる  ひとり寝転がり ひとり寝転がり ひとり果てを見てる
鼓動の夜曲F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之暗闇の中でしか見えないものがある 微かな鼓動と 心の奥の声 地上まで届かない 見えない星のように 存在しない光 静かに抱き合おう  閉じた瞼の線 感じる笑みを 薬指小指とでそっとなぞってゆく  いつの日にか 明かりが灯れば ふたりの世界は消える 今はただ見つめていよう 鼓動の夜曲(セレナーデ)  透明な言葉でも聞こえる時がある 重なった肌を抜け 静かに滲みてゆく 何気ないさよならが 香りに包まれる 片時も手を離さずに 今だけを信じよう  思い出はいつまで 美しいのさ ふと自分が泣いていることに気づいたよ  いつの日にか 離れる互いの 胸の中へ消えてゆこう そしてただ聞こえてくる 鼓動の夜曲(セレナーデ)  明かりが灯れば ふたりの世界は消える 今はただ見つめていよう 鼓動の夜曲(セレナーデ) そしてただ聞こえてくる 鼓動の夜曲(セレナーデ)
破滅の週末F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之どうすりゃ どうすりゃいい 口びるを 噛みしめ 探偵まがいに 煙草踏みつぶす だったら だったらいい ツバを吐き捨てて 勝手にしやがれ 未練くそくらえ  肩を掴んで 振り向かせろよ 情けない臆病者さ 半端に抱くから 腕ほどかれる どっちつかずさ 破滅の週末  街角で誰かを待つおまえを睨むだけ 街角で連れ去られるおまえを睨むだけ  見逃せ 見逃しゃいい 後ろ髪 引きずられ 壊れてしまうまで テキーラあおるだけ やられりゃ やられりゃいい 汚れた捨て台詞 壊れた確信 のたれ死ぬだけさ  瞬きしたら消えてゆきそうな 緊迫の鼓動の中で 今夜おとずれる 孤独の悪魔 誰が邪魔者さ 破滅の週末  街角で微笑んでるおまえを睨むだけ 街角で腕を組むおまえを睨むだけ  どっちつかずさ 破滅の週末  街角で微笑んでるおまえを睨むだけ 街角で立ちつくす自分を恨むだけ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
カモなのかもF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之カモなのかも アタシはかも カモなのかも アンタもかも なにもかもかも ズルいのかも 誰もかもかも 信じちゃうかも  カモなのかも アタシはかも カモなのかも アンタもかも 夢みてるかも 馬鹿みるかも 愛してるかも 死んじゃうかも  アンタから アタシから 仕掛けてくる どっちが先  アタシは知ってる この世界は底なし 欲が満ちたとたん次の口を開けて待ってる 嘘をつくなら 最後までつき通しなよ 大人になれと言うのなら もっとめちゃくちゃにして  カモなのかも アタシはかも カモなのかも アンタもかも なにもかもかも ズルいのかも 誰もかもかも 信じちゃうかも  カモなのかも アタシはかも カモなのかも アンタもかも 夢みてるかも 馬鹿みるかも 愛してるかも 死んじゃうかも  初めから 終わりまで 甘えさせろ 感じさせろ  熟(こな)れて濡れてる くちびるを好きにしな 惚れた腫れたと歌うならもっと時間かけろよ 切り傷の数 真実があっただけさ この口に食べられたいなら 順番に並びな  アタシは知ってる この世界は底なし 欲が満ちたとたん次の口をあけて待ってる 嘘つくなら 最後までつき通しなよ 大人になれと言うのなら もっとめちゃくちゃにして
太陽の唄F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之トタン屋根 のびをする 野良猫の 欠伸がうつる 瓦屋根 銭湯の 煙突から出る煙  文庫本 閉じ 想う人 本日休日 日だまりと木漏れ日 日和  ベランダの 洗濯物 白くそよいで 乾いて踊る 植木鉢の 花はうららかほころぶ 燦々と 降り注ぐサンシャイン 太陽が唄ってる  サンダルの自由人 適当な 俳句でも読んで 鼻歌と麦わら帽 風の向くまま気のまま  七色吐息 想う人 日進月歩 浮き雲と恋歌 日和  蟻たちが ブロック塀 餌を抱えて 連なってゆく ほら人間も 手をつないで歩いてゆく 燦々と 降り注ぐサンシャイン 太陽が唄ってる  ベランダの 洗濯物 白くそよいで 乾いて踊る 植木鉢の 花はうららかほころぶ 燦々と 降り注ぐサンシャイン 太陽が唄ってる 太陽が唄ってる
AntsF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之同じ 暗示 同時にかけられて 穴の中へ消えてゆく 飴を 愛を 明日を背負いながら 穴の中へ消えてゆく  Ah-でもまさか Ah-でもさだか Ah-そのまさかさだかなんだ リアルすぎる星さ  宇宙(そら)から見たこの地上は 静寂で美しい 近づけば近づくほど 蠢く欲の渦  派手な服で車ころがし 血の滴る 肉頬張る 汗、泥、油 汚れた指 冷めた握り飯を掴む ボロを纏う ひび割れた足 痩せた豆のスープすする  人だって蟻んこさ 天(うえ)から見りゃ  同じ 暗示 同時にかけられて 穴の中へ消えてゆく 飴を 愛を 明日を背負いながら 穴の中へ消えてゆく  Ah-それだけさ Ah-これだけさ Ah-それだけこれだけだよ シリアスな星さ  太陽はおしこむことなく光を降り注ぐ でもその光は同時に影を作ってゆく  金箔の椅子 絹のドレス 絵皿にフォーク突き刺す 歓楽の路地 チープなチーク イヤホーンでJ-POP ロリポップねぶる 目やにだらけ 痩せこけのベイビー 乳の枯れた乳房しゃぶる  人だって蟻んこさ 天(うえ)から見りゃ蟻んこさ
恋するPOWERF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之どんなに君を愛しているかなんて (どんなに君が愛されてるかなんて) そのPOWERは僕だけしか創れないよ どんなに君と頑張ってるかなんて (どんなに君が頑張ってるかなんて) そのDREAMはふたりにしか描けないよ  世の中なんてそんなこと 関係なくて回るけど 愛する人が中心に いなきゃ回らない  僕らの恋するPOWERは 世界をピカソにする 僕らの恋するPOWERは 地球をアートにする  一瞬でも迷うことがあるのなら (一瞬でも不安があるなら) そのLOVE SONGは どこか未完成 起きてる間中考えてるのなら (起きてる間中夢見てるなら) そのSYMPHONYはきっと完成するさ  人生なんていつだって くだらない事考えるけど そんな時が最高楽しいよ じゃなきゃつまらない  僕らの恋するPOWERは 世界をモーツァルトにする 僕らの恋するPOWERは 地球をオーケストラにする  僕らの恋するPOWERは 地球をアートにする 僕らの恋するPOWERは 地球をオーケストラにする 僕らの恋するPOWERは 地球をワンダーランドにする
世間知らずな膨らみF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之どこでそんな事 覚えたんだい どこであんな事まで  胸の谷間の 無邪気な隙間が 解放されたがる  カフェテラスで 脚を組む お茶を飲む 男どもの頭の中 おもちゃにされてろ  世間知らずなまま お前が誘ってる 世間知らずなまま お前がクネってる 世間知らずなまま お前は膨らんでゆく  どこでどんな嘘 ついてきたんだい どこでそんなエクボで  フィギア顔で イチャついて ムチャ言って 口の開いたバックの中 電池が震えてる  世間知らずなまま お前がズルをする 世間知らずなまま お前がズベをする 世間知らずなまま お前は膨らんでゆく  ヒルサイドで 腕を組む すぐからむ 女どもの心の中 下の下にされてろ  世間知らずなまま お前が誘ってる 世間知らずなまま お前がクネってる 世間知らずなまま お前がシナってる 世間知らずなまま お前は膨らんでゆく
Another Orion島谷ひとみ島谷ひとみ藤井フミヤ増本直樹中野雄太夜空が 夕焼けを 包む オリオンを見つけたよ ごらん さあ 立ち上がり 繋いだ手を離そう ここからは ひとりでも 帰れるだろう 君と君の涙に教えておくよ 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも  夜風が ふたりを 寄せ合う オリオンが消えてゆく 雲へ さあ もう行こう 振り向かずに走ろう 一度だけ あの場所で 手を振るから 君と君の涙が教えてくれた 人をこんなに愛せることを 君のために僕は強くなる 運命ならば 巡り会えるさ あの星に願おう once more again 君の涙に約束しよう 別れじゃなくて これが出会いさ 君のために僕は強くなる たとえどんなに離れていても あの星を見上げてる いつでも
TRUE LOVE河口恭吾河口恭吾藤井フミヤ藤井フミヤDr.kyOn振り返ると いつも君が笑ってくれた 風のようにそっと  まぶしすぎて 目を閉じても浮かんでくるよ 涙に変ってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるかはるか遠い未来を 夢見てたはずさ  立ち止まると なぜか君はうつむいたまま 雨のようにそっと  変わらないよ あの日君と出会った日から 涙に変っても  君だけをみつめて 君だけしかいなくて 僕らはいつもはるかはるか遠い未来を 夢見てたはずさ  夢見てたはずさ
Daydreamerタッキー&翼タッキー&翼藤井フミヤ藤井尚之増本直樹笑って見上げた ふたりの作り話 未来へ転がる ふたつのオレンジ雲 あの時の風は どこかにいるのかな どこかを旅しているのかな  ひとつずつだったけれど いつもはもどかしいけれど 単純で素直な自分がいたよ 初めてさ そう君が  きらきらと光る夢 今はそれだけしか 持ってないけど クローバーの上に寝ころんだ 僕らは同じ瞳の Daydreamer  季節は曖昧に 始まってゆくのかな スニーカーの先に 留まった白い蝶々 瞬きをしたら どこかへ飛んでいった どこかへ何かを探しに  偶然な時代の中で 偶然な人と出会い たくさんの笑顔と涙があったよ 運命かな そう君は  どこまでも つづく夢 右側 左側 レールの上を 話しながら歩いてゆこうよ 僕らは同じ瞳の Daydreamer  どこまでも つづく夢 右側 左側 レールの上を 話しながら歩いてゆこうよ 僕らは同じ瞳の Daydreamer
地上にない場所藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄the RAWGUNS長い橋を渡る人に 長い影を何度も踏まれ 流れてゆく きらめく光を見てる ここを渡っても ここを戻っても もうわかっていても 時は戻らない  地上のどこにもない ふたりがいたこの場所 記憶という名の幻さ 瞳(め)を閉じるしかない 地上のどこにもいない あんなに愛したふたり 見上げれば こぼれ落ちそうな 涙が  同じ場所に沈む夕日 同じようで違う夕暮れ 飛び立つ鳥 広がる波紋を残す  どこを探しても どこ見渡しても もうわかっていても 鳥は帰らない  地上のどこにもない ふたりが見ていた空 過ぎて行く時の中にだけ あの日々はあるのか 地上のどこにもいない あの時の僕らは 振り向けば 消えてゆきそうな 三日月
Sweet beans soup藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ斎藤有太the RAWGUNS人生は一度きり そんな事わかってても 今だ ただ 無駄に過ぎてゆく 運命の赤い糸 いつも切れっぱなしさ 一度 二度 三度目の正直で 目の前のコイツさ  ベロベロ酔った勢いで ズルズル始まった恋 あれあれ女房ヅラしてる やれやれ 相性いいのやら悪いのやら 愛嬌はあるけど 度胸もあるけれど なんやかんや すったもんだ 愛されてるのかな  人生はひとりきり それじゃ味気ないもんさ 気楽に抱く ROCK な恋もしたけど ふたり交じるオーラ ちょうどなんかいい感じ 笑う 歌う 飲む 吹かす そんな単純な ただの淋しがり屋  ベラベラしゃべりっぱなしで ダメダメだしばっかりで ツルツル頭禿げるまで つれづれ 面倒みるのやらみられるやら 気ばかり強いけど 荷ばかり重いけど なんやかんや すったもんだ 愛しているのかな  そう愛嬌はあるけど 度胸もあるけれど なんやかんや すったもんだ 愛されてるのかな  そう気ばかり強いけど 荷ばかり重いけど なんやかんや すったもんだ 愛しているのかな
野ばらの夢加藤登紀子加藤登紀子藤井フミヤ藤井フミヤゆくあてのない涙 何処へ流れてゆく 消えない面影 どれほど見つめて 砂漠の旅のように 彷徨い疲れて 窓辺の椅子に揺られ  ひっそりと咲く野ばら いつかいつか枯れゆく あの日の恋のように 今宵は 白く儚い夢に抱かれましょう  おぼろげな月明かり 口ずさむ恋唄 ぽろりぽろりと 想い出 爪弾き 長夜のひとり芝居 頬づえつきながら ふと誰かに 微笑む  ひっそりと咲く野ばら いつかいつか枯れゆく あの日の恋のように 今宵は 白く儚い夢を唄いましょう  ひっそりと咲く野ばら いつかいつか枯れゆく あの日の恋のように 今宵は 白く儚い夢に抱かれましょう
鎮守の里藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ大島俊一・西原祐二・屋敷豪太天の原より日は降りて 雪解の水に 芽吹く裾野の鈴の音よ 蕾も彩う ふうわり ふうわり ほころぶ そらふうわり ふうわり 漂う 幸の舞い込む華の宴 鎮守の里よ  天の原より雲沸きて 光あまねき 蒼き早苗へそそぎゆく 優しき瀬音 きらら きらら まばゆく そらきらら きらら うつろう 遠く広がる蝉しぐれ 鎮守の里よ  天の原より日が暮れて 茜の空に 穂すすき揺れて 夕月に蜻蛉(あきつ)が遊ぶ 帰ろ 帰ろ どこかで そら帰ろ 帰ろ 呼んでる 守が手を引きわらべ歌 鎮守の里よ  天の原より寒が来て 木枯らし吹いて 暖を囲んで幸炙りゃ 頬も赤らむ しんしん しんしん 白く そらしんしん しんしん 積もる 寝入る長夜の雪明かり 鎮守の里よ
大切な人へ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄・the RAWGUNS大切な あの人へ この詩を 贈りたい  穏やかな この想い 美しい 調べにして   いつまでも あの日の面影が いつまでも 心の灯火が 消えないように  大好きな あの人へ この詩を 伝えたい  どこまでも 春風に散りゆく どこまでも きらめく儚い 花びらのように  いつまでも あの日の面影が いつまでも 心の灯火が 消えないように  大切な あの人へ この詩を 贈りたい
ハート型の涙9nine9nine藤井フミヤ朝本浩文ひとりぼっちの部屋の中は 乙女心が破裂しそう 胸の奥のあたり 風船が膨らむ また溜息 ほらリピートしちゃう  ハート型の涙がポロリ落ちていく なぜなの 止まらないの ハート型の涙がポロリ落ちていく 信じられないくらい 恋にハマってるの  ベルが入るたびときめいて 期待するたびに外しちゃう 真夜中でもいいよ 今すぐでもいいよ 抜け出せたら 二人だけの秘密  ハート型の涙がポロリ落ちていく まるでおバカさんなの ハート型の涙がポロリ落ちていく ビックリしちゃうくらい 恋にハマってるの  ラブラブ熱で 体中がフニャフニャお腹もすかない  ハート型の涙がポロリ落ちていく なぜなの 止まらないの ハート型の涙がポロリ落ちていく 信じられないくらい 恋にハマってるの  ハート型の涙がポロリ落ちていく まるでおバカさんなの ハート型の涙がポロリ落ちていく ビックリしちゃうくらい 恋にハマってるの
下北以上 原宿未満上戸彩上戸彩藤井フミヤ藤井フミヤ・佐橋佳幸例えば電車に乗り 街へ行こう 僕らは路地を曲がり 迷路へ迷い込む 例えば青い鳥を 追いかけよう 僕らは好きな場所へ たどり着ける  例えば瞳の色 覗いてみよう 僕らの不思議な顔 見つめ合うように 例えば立ち止まって 裸足になろう 僕らの足下 ほら 四つ葉のクローバー  LaLaLa 下北以上 LaLaLa 原宿未満 そんな小さな恋の物語 LaLaLa 切なさ以上 LaLaLa 悲しみ未満 届きそうで もどかしい 物語  例えば無駄遣いの 買い物しよう 僕らは欲しいものを 本当は持ってない 例えば子供の頃 夢見たもの 僕らは小さな手で 抱きしめられる  例えば路の向こう 手を振り合おう 僕らはきっとすぐに 会いたくなるはず 例えば今 何となく 好きといえたら 僕らは偶然かな? 運命かな?  LaLaLa 下北以上 LaLaLa 原宿未満 そんな小さな恋の物語 LaLaLa 切なさ以上 LaLaLa 悲しみ未満 届きそうで もどかしい 物語  LaLaLa 下北以上 LaLaLa 原宿未満 そんな小さな恋の物語 LaLaLa 切なさ以上 LaLaLa 悲しみ未満 届きそうで もどかしい 物語
FUNKY MONEY藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ佐藤佳幸あいつね あいつね トンズラだね 愛だね 愛だね 足りなかったのは やばいね やばいね 本当の話 やだよね やだよね ここだけの話  誰かがすべって 誰かがオダブツ Funky Money…… じゃあまたね!  バカだね バカだね 運のつきさ 罰だね そりゃ罰だね 知った事じゃない たぶんね たぶんね 初めから罠 たまんねぇ もうたまんねぇ ギリギリ人生  誰かがしくじって 誰かが地獄行き Funky Money…… じゃあまたね!
IN THE BED藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ屋敷豪太In the bed こぼすなよ In the bed 冷めちまう そんな噂どこにでもあるさ じらす時間だけ損するぜ どうする? お前次第  In the bed 動くなよ In the bed 吐き出すなよ いつもよりも長いラインなぞって ずっと夜のままでもいいさ どうする? お前次第  でもBaby 別れの夜明けが降りてくる頃は かりそめの唇から 未来をねだるさ Bye ララバイ  In the bed 痛がゆい In the bed 点々と 騙し騙され 笑い笑われて 遊び遊ばれ 抱いて抱かれて どうなる? ふたり次第......  In the bed こぼすなよ In the bed 冷めちまう
Very Berry Flavor藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄連れてって  ストロベリーフレイバー ブルーベリーフレイバー 楽園への Flower Invitation クランベリーフレイバー ラズベリーフレイバー エデンへのSweet Sensation  渡すとき 試してと 飴細工の指絡めて 私たち 裸かも いつのまにか飛んでる  すべての蝶たちよ すべての鳥たちよ すべての天使たちよ 連れてって  ストロベリーフレイバー ブルーベリーフレイバー 楽園への Flower Invitation クランベリーフレイバー ラズベリーフレイバー エデンへのSweet Sensation  溶かすとき 真似してと 舌足らずな 滴る舌 私たち 回ってるかも いつのまにか浮いてる  すべての精霊たちよ すべての妖精たちよ すべての女神たちよ 連れてって  ストロベリーフレイバー ブルーベリーフレイバー 楽園への Flower Invitation クランベリーフレイバー ラズベリーフレイバー エデンへのSweet Sensation  すべての蝶たちよ すべての鳥たちよ すべての天使たちよ 連れてって  ストロベリーフレイバー ブルーベリーフレイバー 楽園への Flower Invitation クランベリーフレイバー ラズベリーフレイバー エデンへのSweet Sensation
平凡な雲藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ橋を渡ると 名も知らぬ町 歌う少年が 小石蹴ってる  道を渡ると 小さな学校 みんなかくれてる 鬼が数える  もういいかい どこにいるかな あれは遠き日々の 楡の木の下  もういいかい どこにいるかな あれは遠き日々の 平凡な雲 平凡な雲
Endless Snow藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄一夜一夜にFade-out 途切れ途切れにBreakout まだところどころに君がいて おぼろおぼろ笑ってて  ふたりはひとりきり 行くあてない 冬の下  100倍の雪が 今100倍の君が そして100倍の愛が 今100倍の涙が 凍える夜 Endless Snow 降りつづく  きらりきらめく Blue light 金と銀との Silent night まだゆらりゆらめく十字架 それぞれの胸の上  ふたりは結ばれた 記憶の糸たぐりよせ  100倍の雪が 今100倍の僕が そして100倍の罪が 今100倍の孤独が 震える夜 Endless Snow 降りつづく  行くあてない冬の下 100倍の雪が 今100倍の君が そして100倍の愛が 今100倍の涙が  100倍の雪が 今100倍の僕が そして100倍の罪が 今100倍の孤独が 震える夜 Endless Snow 降りつづく
トワイライト藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ風に吹かれ行くゴミだらけの路地に そびえる蜃気楼のビルの谷間に  すべてが終わるように 夕日が沈んでゆく そしてトワイライト  誰も彼もどこへ向かってゆくのか 「幸福」と書かれた標識 それは誰が立てたのさ  夢の中だけでいいから 君の笑顔にうずもれ眠りたい 夢の中だけでいいから ふたり三日月に腰掛け 星空 見上げよう  ショウウィンドの中のテレビに映る兵士 ベンチに寝る老人 キスをするカップル  幕が上がるように 物語が始まる そこはトワイライト  何が欲しくて 人は人を傷つける 遠い日の無邪気な瞳に 何を映したのさ  夢の中だけでいいから 君の笑顔にうずもれ眠りたい 夢の中だけでいいから ふたり三日月に腰掛け 星空 見上げよう  夢の中だけでいいから 君の笑顔にうずもれ眠りたい 夢の中だけでいいから ふたり三日月に腰掛け 星空 見上げよう
下北以上 原宿未満藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・佐橋佳幸佐橋佳幸たとえば電車に乗り 街へ行こう 僕らは路地を曲がり 迷路へ迷い込む  たとえば青い鳥を 追いかけよう 僕らは好きな場所へ たどり着ける  たとえば瞳の色 のぞいてみよう 僕らの不思議な顔 見つめ合うように  たとえば立ち止まって 裸足になろう 僕らの足もとほら 四葉のクローバー  ラララ下北以上 ラララ原宿未満 そんな小さな恋の物語 ラララ切なさ以上 ラララ悲しみ未満 とどきそうで もどかしい 物語  たとえば無駄使いの 買い物しよう 僕らは欲しい物を 本当は持ってない  たとえば子供の頃 夢みた物 僕らは小さな手で 抱きしめられる  たとえば道の向こう 手を振りあおう 僕らはきっとすぐに 逢いたくなるはず  たとえば今なんとなく 好きと言えたら 僕らは偶然かな 運命かな  ラララ下北以上 ラララ原宿未満 そんな小さな恋の物語 ラララ切なさ以上 ラララ悲しみ未満 とどきそうで もどかしい 物語  ラララ下北以上 ラララ原宿未満 そんな小さな恋の物語 ラララ切なさ以上 ラララ悲しみ未満 とどきそうで もどかしい 物語
TRUE LOVE平原綾香平原綾香藤井フミヤ藤井フミヤ佐橋佳幸振り返ると いつも君が笑ってくれた 風のようにそっと まぶしすぎて 目を閉じても浮かんでくるよ 涙に変わってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ  立ち止まると なぜか君はうつむいたまま 雨のようにそっと 変わらないよ あの日君と出会った日から 涙に変わっても  君だけをみつめて 君だけしかいなくて 僕らは いつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ 夢見てたはずさ
木漏れ日の風に吹かれ(New version)藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤふたりで歩いて来た道 もう今は 遠い空の下  あの頃 追いかけた夢は あの場所に置き忘れたままさ  光る若葉のメロディー 流れゆく季節の中 どれだけその名を呼んだことだろう  君の横顔を見つめていよう ふっと振り向いて 微笑むまで 君の横顔を見つめていよう 揺れる木漏れ日の風に吹かれ  ふたりで歩いて行く道 どこまでつづいてるのかな  遥かな虹の向こうに 寄り添う ふたつの影がある  七色の空を見上げ ありがとうと手を振るよ 涙色の雲へ消えてゆく  君の横顔を見つめていよう ふっと幸せを祈るように 君の横顔を見つめていよう 揺れる木漏れ日の風に吹かれ 風に吹かれ…
星空の片隅で藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤこれでいいんだ きっとこのままで なんども心にいい聞かせよう こんなに胸が苦しいなんて 時だけを見つめる 水彩で描かれた窓 すべての線が滲んでゆく  これでいいんだ きっとこのままで どこまでも一緒に歩きたかった 声も香りも手の温もりも 薄明かりの蜃気楼  子供の頃のような泪がこぼれてゆく 何もできなくて声をあげ膝を抱いて 飛べない鳥のように 君を見上げている 広い星空の片隅で 今 Love me  愛の証はどこにもなくて ふたりの心の中にあるだけ 何もいらないその方がいい いつもそばに感じる 色あせることのない 瞼の裏に永遠に  ふと風にのり旅に行きたい 地図にないくらい遥か遠くへ いつか思い出と振向けたなら ひとつ前に歩きだそう  子供の頃のように泣き疲れ眠りたい 夢を見た事も覚えてないほど深く 飛べない鳥のように君を見上げている 広い星空の片隅で 今 Love me
勝利の空へ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹空に夢をかかげ 行こう未来へと 向かい風の中を 高らかに歌い  誇り高き魂 胸に誓おう 勇者の翼ひろげ 今 羽ばたこう勝利の空へ  友よともに進め 心をひとつに  追い風の中を 希望へとつづけ  信じる者たちよ 光をあびて 勇者の翼ひろげ 今 羽ばたこう勝利の空へ 今 羽ばたこう勝利の空へ  
天使のゆびきり福田舞福田舞藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE You may dream 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  目の前を過ぎる横顔 ときめきが踊り始める 話す声 耳を傾け またひとつあなたを知った  ほんの少し勇気だして その瞳を見つめたい  YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  面影がきらめくたびに 胸が傷んで目を閉じる 切なさが涙になって 自分勝手に零れてく  傷つくことを恐れずに 鏡に小指差し出す  YOU MAY DREAM 抱きしめて 今すぐこの想い 言葉に変えたい I LOVE YOU YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように
瞳の中のGalaxyPLATINA LYLICPLATINA LYLIC藤井フミヤ藤井フミヤCHOKKAKUどうして流れ星に 願い事するんだろう 宇宙の彼方に消えてゆくのに 夜空の下 君がつぶやいた 願い事って儚(はかな)いのかな  僕らは風の中で鼓動を重ねた ペパーミントと涙の味がした 消えてゆきそう 君が手を握る 永遠なんてリアルじゃないけど  もしも君がこの銀河の中で迷っても どこまでもどこまでも 小さな光を探すよ そして僕は星座になって 君の傍にいるよ いつまでもいつまでもGalaxyなその瞳を見つめたい  どうして好きなんだろう ビッグバーンみたいだね 切なさが広がって胸が苦しい わがままだよね 君が目を伏せる 夜って恋のためにあるのかな  立ち入り禁止の壁 飛び越え走った 自由を手に入れたそんな気分 大丈夫かな 君が微笑んだ ついておいでよ 秘密をつくろう  そうさ君とこの銀河の中で出会ったよ 信じよう信じよう いつか聞いた星の神話 きっと僕の世界の君は女神になる 守りたい守りたいGalaxyなその瞳を抱きしめて  数えきれない 悲しみも 数えきれない 喜びも Shining Stars  もしも君がこの銀河の中で迷っても どこまでもどこまでも 小さな光を探すよ そして僕は星座になって 君の傍にいるよ いつまでもいつまでもGalaxyなその瞳を見つめたい
木漏れ日の風に吹かれ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ山内薫君の横顔を見つめていよう 揺れる木漏れ日の風に吹かれ  ふたりで歩いて来た道 もう今は 遠い空の下  あの頃 追いかけた夢は あの場所に置き忘れたままさ  光る若葉のメロディー 流れゆく季節の中 どれだけその名を呼んだことだろう  君の横顔を見つめていよう ふっと振り向いて 微笑むまで 君の横顔を見つめていよう 揺れる木漏れ日の風に吹かれ  ふたりで歩いて行く道 どこまでつづいてるのかな  遥かな虹の向こうに 寄り添う ふたつの影がある  七色の空を見上げ ありがとうと手を振るよ 涙色の雲へ消えてゆく  君の横顔を見つめていよう ふっと幸せを祈るように 君の横顔を見つめていよう 揺れる木漏れ日の風に吹かれ
BOY'S HEART藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ屋敷豪太なぜ なぜ 心が痛むと涙になる なぜ なぜ 涙が落ちるとひとりになる 小さな膝かかえ 遠くをまた見上げる 広い 広い この空より もっと広いはずだ 高い 高いあの雲より もっと高いはずだ 君の心も なぜ なぜ 心を開くと笑顔になる なぜ なぜ 笑顔を見てると勇気になる  大きな夢抱え 遠くをまた見上げる 広い 広い この空より もっと広いはずだ 高い 高いあの雲より もっと高いはずだ 遠い 遠い あの星より もっと遠いはずだ 行こう 行こう 両手広げ きっと行けるはずだ 君の心も
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
記憶 (Cloverfield Version)藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・屋敷豪太屋敷豪太いつか僕の長い旅もかならず終わる時がくる 探し続けている 自分の答 今はただその手に触れよう  So right 君が傍にいる そうさSo right このぬくもり 巡り逢えたことさ  流れ星 瞬く光 短い輝きを みつめていた 星空に消えていっても 僕はひとりじゃない 永遠の記憶  いつか君の長い旅もかならず終わる時がくる 数えきれないほど笑顔が浮かぶ ふと胸がせつなくなる  So right 聞こえてくる そうさSo right ふたりしか知らない 思い出  さざ波に煌めく夕日 果てしなく輝いて沈んでゆく 風の中に消えていっても 君はひとりじゃない 永遠の記憶  流れ星 瞬く光 短い輝きを みつめていた 星空に消えていっても 僕はひとりじゃない 永遠の記憶
Good day藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ屋敷豪太屋敷豪太Good day 目覚めはハミング 夢で君とダンスしてた Sun shine 背伸びして 洗いたてのデニム投げ High catch! グルグル回る地球の上で きめろ! Fighting pose!  ハートが踊れば体が弾けだす OH! Shake it! Shake it! Shake it! ハートを今すぐ君まで届けたい Are you ready! ready! ready! I wanna hold you!  Good day 悩みもあるけど 今は魔法にかかっていたい Blue sky 閉じられたすべてのドアをノックしたい 気分次第で自分次第で 行こう! Open my wing  ハートが騒げば鼓動が溢れだす OH! Good feel it! feel it! feel it! ハートを今すぐ君まで届けたい Are you ready! ready! ready! I wanna hold you!  Let's go! Open our wings.  ハートが踊れば体が弾けだす OH! Shake it! Shake it! Shake it! ハートが騒げば鼓動が溢れだす OH! Good feel it! feel it! feel it! ハートを今すぐ君まで届けたい Hey Are you ready! ready! ready! I wanna hold you!
方舟藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・屋敷豪太屋敷豪太走り去るパトカー 血のついたシャツの袖 路地裏の三日月が薄笑い浮かべてる  駆け下りる階段 地下から漏れるドラム 欲望が渦を巻く方舟へ潜り込む  噂が予言する 今夜は荒れるらしい 適当にじゃれ合える野良犬をにらんでる  ふてくされた笑顔 吸いかけのメンソール 差し出したつけ爪が船底へ誘ってる  掴んで触って遊んではまって野蛮で終って Dance in the ARK AHA- 噛まれて吐かれて汚れて潰れて倒れてまみれて Dance in the ARK AHA-  下界が遠ざかる 煙った光の筋 記憶のない口づけが浮かんでは消えて行く  夜明けを待つ少女 うずくまる繭の群れ 行くあても愛もなく方舟に揺られてる  叫んで笑って歪んで狂って絡んで回って Dance in the ARK AHA- 売られて買われて抱かれて乱れて壊れて掠れて Dance in the ARK AHA-  掴んで触って遊んではまって野蛮で終って Dance in the ARK AHA- 噛まれて吐かれて汚れて潰れて倒れてまみれて Dance in the ARK AHA-  叫んで笑って歪んで狂って絡んで回って Dance in the ARK AHA- 売られて買われて抱かれて乱れて壊れて掠れて Dance in the ARK AHA-
a song for you藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・屋敷豪太誰かが描いた 笑ってる似顔絵 道化師みたいな 涙を描かれて  夜風の口笛 過ぎてゆくメロディー 愛の唄なのか それとも哀しみ  抱きしめよう 傷つけるほど 孤独の蜜を舐め合うように 加速する心の奥深く 奥深く 嗚呼 壊れるほど 壊れるほど  雨上がりの道 アスファルトの水面 瞬き消えてゆく 煌めく刹那たち  確かめよう 濡れた肌に 隠した傷跡を摺り合せ 加速する心の奥深く 奥深く Forever 壊れるほど 壊れるほど 求め合うほど
La La La Stranger藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・屋敷豪太めずらしく早起きしたのに 朝からふざけたニュースばかりじゃん 疲れはてた総理大臣のコメント カメラに中指 立ててもいいじゃん  Ah la la la stranger 笑おうぜ お互いに Ah ah la la la stranger 頑張ろうぜ お互いに  満員電車に押し込められて 汗ばむスーツで抱き合うサラリーマン マンガみたいなふきだしつけたら 不満や愚痴や小言でヘトヘトじゃん  Ah la la la stranger 笑おうぜ お互いに Ah ah la la la stranger 叫ぼうぜ お互いに  普段通りのTopics No No いつも他人の事件を欲しがる 普段通りのFeelings No No いつも他人の秘密を欲しがってる  Ah la la la stranger 笑おうぜ お互いに Ah ah la la la stranger 笑えるぜ お互いに  ブランドバッグパクられパニくる彼女 財布 携帯 鍵に免許にカード 買えない食べれない会えない話せない 何ひとつできないなら 寝るしかないじゃん  Ah la la la stranger 笑おうぜ お互いに Ah ah la la la stranger 忘れようぜ お互いに  Ah ah la la la stranger 笑おうぜ お互いに Ah ah la la la stranger 笑えるぜ お互いに  普段通りのTopics No No 普段通りのFeelings No No
Fifteen藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ屋敷豪太飛び乗ろう あの列車にfifteenの翼 金網飛び越えて 走った 消える発車のベルに ガラスに映った 瞳を見つめた  The midnight train さよなら 行く先も知らないまま The midnight train すべてを 捨ててみたかっただけさ  最後のガムを噛んで あてのないdreams ただ夜明けに向かって走った きっと生まれ変われる それだけ信じて どこまでも遠くへ  The midnight train さよなら 真っ白な明日が欲しくて The midnight train 自由を確かめたかっただけさ  The midnight train Rock me now…
Crystal Blood藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・屋敷豪太後悔してる 君を愛したことを 今は涙も涸れ夜の闇に溺れ 乾ききった砂漠の街さまよう 壊れてしまうくらい酔わないと眠れない  つかめない刹那を追い掛け 過去ばかり漂うベッドに倒れこむ 繰り返す秒針に脈を重ね ふと指先を嗅ぎ千切れるほどに噛み  思い出は刃物さ 苦しみの傷跡広げてゆくのさ  美しいナイフが胸を刺す きらめく血を流し息絶える また今夜も  何もない心の真ん中 ただ朝が訪れ 殻の身体ささえ 繰り返す夢は 振り向いた影 ひび割れてゆく頬 砕け落ちる笑顔  止まりそうな鼓動さ 眠りたいこのまま記憶が消えるまで  透明な赤い血が滲んでく 君が流れてゆく少しずつ また今夜も  The crystal blood 美しいナイフが胸を刺す きらめく血を流し息絶える また今夜も  The crystal blood この未来切り裂いてしまいたい どこまでゆけばいい 十字架を背負ったまま  The crystal blood 美しいナイフが胸を刺す きらめく血を流し息絶える また今夜も
WINK藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ屋敷豪太ツキをくれWink いつものスマイルで 上げてくれよWink 不景気なこのテンション 熱いキスで 起こしてくれWink そそり立つ呪文で 飛ばしてくれWink 弱気なスロットル 熱く噴かして  女神よ 無重力なあの瞬間を I want もっとCrazy Crazyなスピードで Drop out 女神よ 癒されるあの魂を I want 早くCrazy Crazyな現実から Drop out You are my lucky girl  舐めさせろWink EnergyのPoisonを 拝ませろよWink 幸運の鍵穴をLOVE POWERだぜ 火をつけろよWink ガソリンのBodyに 狂わせろよWink 火の鳥のDanceで 火傷するほど  女神よ 毎日が馬鹿なギャンブル But I need もっとHighなHighなアドレナリンを Break out 女神よ 死に際はハートのエースを I need ずっとHighなHighな運とカンさ Break out You are my lucky girl  女神よ 無重力なあの瞬間を I want もっとCrazy Crazyなスピードで Drop out 女神よ 癒されるあの魂を I want 早くCrazy Crazyな現実から Drop out You are my lucky girl
White Sky藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・屋敷豪太ひとりきりはいつも季節の色に包まれ 今 君はどこで何を想って空を見てる Look up 自分だけの物語さ Look up どこまでも描こう  君が見てる White sky この場所まで繋がってる それだけで 僕が見てる White sky 同じ時の中に君が浮かんでくるよ  もしも君が何かにつまづくことがあったら 見えない手を差しのべゆっくり抱き起こそう  Look up どこへゆくのどんな世界へ Look up 見てみたいな 一緒に  君が見てる Same sky 雲の隙間 ほら光りが零れてる 僕が見てる Same sky 同じ場所をきっと見つめてるはずさ  君が見てる White sky この場所まで繋がってる それだけで 僕が見てる White sky 同じ時の中に君が浮かんでくるよ
See you藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ屋敷豪太オレンジに染まる長い坂道から 君は振り向いて手を振るよ 夕日のようにそっと消えてゆく影が 短いさよなら告げる 遠ざかる See you  バスの扉がいつものように閉じる 君の住む街を振り返る スローモーションのように ぼんやりと想う ふたり笑った場面を ひとつずつ See you  ひとりきりには慣れてたのに 君と出逢ってからなぜか淋しい もう もう逢いたいよ  赤い信号が青に変わってゆく ビルの地平線が流れてく 貸してくれた本を ふと開いてみたよ 君がそばにいるみたいさ 目を閉じる See you  いつも君は夕日の中へ そして僕は最初の星を探す ひとりきりには慣れてたのに 君と出逢ってからなぜか淋しい もう もう逢いたいよ もう君にもう逢いたいよ 君が好きだよ
You may藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・屋敷豪太ねぇ笑わない君がいる どうしてだろう 気になるよ ねぇ黙ってる君がいる なぜなんだろう 知りたいよ  愛はいつも淋しさを 分け合い 和らげてゆく  You may 僕の中へ May I 君の中へ You may 今のすべて 受け止めよう さぁ You may 僕の中へ May I 君の中へ 涙は ほら消えてゆく  ねぇ笑ってる君がいる どうしてだろう 気になるよ ねぇはしゃいでる君がいる なぜなんだろう 教えてよ  愛はいつも喜びを 分け合い 幸せになる  You may 僕の中へ May I 君の中へ You may 同じ記憶合わせよう さぁ You may 僕の中へ May I 君の中へ 笑顔は ほら繰り返す  You may 僕の中へ May I 君の中へ You may 今のすべてを受け止めよう さぁ You may 僕の中へ May I 君の中へ 笑顔は ほら繰り返す
Blue fire藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ屋敷豪太燃え尽きろ 燃え尽きて 灰になれ 踊れ炎よ 狂おしく熱く絡みあいながら ユラユラリユララ ユラリユララ We are Blue fire ユラユラリユララ 儚い恋の炎よ  隠れ逢うたびにキャンドルを灯し 濡れてゆく唇と孤独の性を重ね  燃え尽きろ 燃え尽きて 灰になれ 踊れ炎よ 狂おしく熱く絡みあいながら  愛を口にだせば壊れてゆくから 言葉よりも強く抱いてともしびを吹き消す  壊れたい 壊れるほど求めあう 蒼き炎よ素肌だけを照らしつづけておくれ  腕の中に罪と罰を感じながら見失う  燃え尽きろ 燃え尽きて 灰になれ 踊れ炎よ 狂おしく熱く絡みあいながら  壊れたい 壊れるほど求めあう 蒼き炎よ 素肌だけを照らしつづけておくれ  ユラユラリユララ ユラリユララ We are Blue fire ユラユラリユララ 儚い恋の炎よ
SEVEN WONDERS藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ屋敷豪太Ah- Love It's seven wonders 不思議なんだ 君をみつめると oh! why? Ah- Love It's seven wonders 痛みなんだ 切なさが胸を染める It's Blue  Ah- どうしてだろう Ah- Every day 君で始まり君で終わってゆく  恋は壊れた Amusement parks 止まらないメリーゴーランド 時を忘れはしゃぐ 何も見えないふたり  もしも深い闇の迷路で 手と手が離れても 君を見つけるまで 世界の果てまでゆこう  Ah- Love It's seven wonders 奇跡なんだ 君を感じると oh! why? Ah- Love It's seven wonders すべてなんだ 君と出会うまでの過去も It's true  Ah- 魔法の靴で Ah- Every where すべるように君の場所まで行ける  抱きしめあえば Flower ground 繰り返すよ Fall in love 瞳の奥は Forests 迷いこむのさ Forever もしも白雪姫みたいに 林檎をかじっても 君が目覚めるまで 世界が終わるまで I'll be kissing you  いつも  恋は壊れた Amusement parks 止まらないメリーゴーランド 時を忘れはしゃぐ 何も見えないふたり  夢を  抱きしめあえば Flower ground 繰り返すよ Fall in love 瞳の奥は Forests 迷いこむのさ Forever もしも白雪姫みたいに 林檎をかじっても 君が目覚めるまで 世界が終わるまで I'll be kissing you
ALL THIS LOVE藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井尚之F's family夢を抱いて生まれてきたくて 舞い降りた Shining stars 笑ったことも 泣いたことも それぞれの Love Story  Always time after time 砂時計の砂のように きらめき零れ Always day after day 身体の中 通り抜けて 残る Sweet Memories  時がすべて流しても 変わらない気持ちもあるさ  All this love is all my love 過去と未来の隙間で All this love is all your love 僕らは今を生きている 愛を失っても 愛は生まれ変るよ We have dream & heart  悲しみだって 涙になって ほら消えてゆく In the sky プラスがあって マイナスがあって 合わせれば 0の Start  Always boy after boy いろんな夢語り合って 道は分かれ Always girl after girl 恋に落ちて 傷つきあって 大人になって  君を孤独にはしない いつも瞳を見つめよう  All this love is all my love 分かれ道の間で All this love is all your love 僕らは自分を信じて All this love is all my love 過去と未来の隙間で All this love is all your love 僕らは今を生きている 愛を失っても 愛は生まれ変わるよ We have dream & heart
Moonlight magic川村結花川村結花藤井フミヤ川村結花深澤秀行目を閉じて風を見つめているの 合わせた背中が会話を消したまま  今 僕に必要なものはなに yesもnoもなく君は手を握った  時計をなくした僕らは長い夜に迷い 思い出を月に話そう ひとつひとつ帰り道を照らす  Moonlight magic 涙も君を知るために必要だから 零れ落ちた言葉をつないで Always love you 笑顔も抱きしめる胸が必要だから 瞳に映った月のあかりを重ねよう  雲の中 月が隠れるように 見えない時間が君をひとりにしたね  あの時出逢ってここまで写してきたフィルム 物語はまだつづくよ 壊れかけた映写機を回そう  Moonlight magic 心が素直に寄りそう場所を探して 蒼い影のシートに座ろう Always love you 体がやさしく触れ合う場所を探して 瞳に映った月のあかりを重ねよう  Moonlight magic 涙も君を知るために必要だから 零れ落ちた言葉をつないで Always love you 笑顔も抱きしめる胸が必要だから 瞳に映った月のあかりを重ねよう
明日天気にしておくれ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤたなかひろかず富田泰弘石ころをいくつ蹴って 帰り道の数え唄 遠回りして帰ろう 夕日が見えるところまで  てんてん 並んだ白い雲 ほら てんてん ゆっくり紅くなる  なんだかいい日だったな 明日天気にしておくれ  小さな手を振りながら 何度も何度も振り返る 遠くで聞こえる風に 子供達の「また明日」  だんだん 夕日が沈んでく ほら だんだん 星が瞬きだす  なんだかいい日だったな 明日天気にしておくれ  きらきら流れる川の音(ね)に ゆらゆら揺れてるお月様 戻ろうか帰ろうか 見上げた空にふっと ふるさとを想うよ  誰かが待っているかな 帰り道の月明かり 家路を急ぐ足音 虫たちの声を止めてゆく  てんてん 明かりの灯る窓 ほら てんてん いろんな夢見てる  なんだかいい日だったな 明日天気にしておくれ  明日天気にしておくれ 
天国までの百マイルF-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之富田素弘懐かしい手紙の文字 胸をしめつける あの日からどれくらい遠くなったのだろう  この街には思い出が多すぎるからと 手がかりもないままに 君は消えて行った  探しつづけた さ迷うように 海にこぼれ落ちた 涙の雫を 逢いにゆきたい HUNDRED MILES TO HEAVEN 天国より遠いその場所へ  別れを確かめた夜 受話器の向こうの 震えてるさよならを強く握りしめた  ふたりをつなげるものは 今は空だけだね 幸せでいるのなら そっと目を閉じよう  追いかけていた ただのわがまま 君につけた傷の深さも知らずに 逢いにゆきたい HUNDRED MILES TO HEAVEN 天国より遠いその場所へ  探しつづけた さ迷うように 海にこぼれ落ちた 涙の雫を HUNDRED MILES TO HEAVEN 君をみつけた 天国より遠いその場所へ 
翼の設計図V6V6藤井フミヤ藤井フミヤ鶴田海生One day 蒼い模型飛行機 あの日の君を乗せている  One Night 星と星をつないで 翼の設計図書いた  「広い野原に探しに行こう 夢を風に乗せて 遠くへ飛ばしてみよう」  プロペラを追いかけて 君と走り続けた 同じ空を見つめて 君と大地を蹴った  One day 壊れた模型飛行機 君は翼を拾った  「遠い未来へ約束しよう きっとまた逢えるよ さぁ行こう それぞれの空」  プロペラを止めた時 僕は少し笑った 沈む夕陽の中で 僕はひとりになった  「広い野原を探しに行こう 夢を風に乗せて 遠くへ飛ばしてみよう」  プロペラを追いかけて 僕は走りつづけた 同じ空を見つめて 僕は大地を蹴った
翼の設計図藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ佐橋佳幸One day 蒼い模型飛行機 あの日の君を乗せてる  One night 星と星をつないで 翼の設計図書いた  「広い野原を探しに行こう 夢を風に乗せて 遠くへ飛ばしてみよう」  プロペラを追いかけて 君と走りつづけた 同じ空を見つめて 君と大地を蹴った  One day 壊れた模型飛行機 君は翼を拾った  「遠い未来へ約束しよう きっとまた逢えるよ さぁ行こう それぞれの空」  プロぺラを止めた時 僕は少し笑った 沈む夕日の中で 僕はひとりになった  「広い野原を探しに行こう 夢を風に乗せて 遠くへ飛ばしてみよう」  プロペラを追いかけて 僕は走りつづけた 同じ空を見つめて 僕と大地を蹴った
BLUE藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹BEAT BEANS蒼い夜 明かりは切れて 残り香はモノクロームな夢 水槽にたたずむ魚 ゆらゆらと心無く揺れる すさむ部屋は波に打たれ 思い出が流木のように さまよう BLUEすべての色は深く ただ蒼く BLUEふたりは 二度と届かぬ深海へ沈む 男がみつめるものは 何もかもが ただBLUE  無造作に下ろした髪を 水草のように漂わせて 唇は閉じた貝殻 別れを告げたまま動かず やさしさが消える胸に 思い出がふと生まれて 零れる BLUEガラスの瞳 涙 閉じ込めて BLUEふたりは 二度と届かぬ深海へ沈む 女が見つめるものは 何もかもが ただBLUE
MY PACE藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ山森正之BEAT BEANSダラダラ朝が来て ダラダラ昼は見ず ダラダラ夜を待ち ダラダラ夢見て  ぼんやりと煙草吹かして 寝転がりTVは流れ 電話もメールもアイツも すべてOFFって顔も忘れて  口笛のシャワーを浴びて 冷蔵庫 奥を探して BEEFもFISHもVEGETABLEも インスタントのプラスチックで  CHEAPな欲望に 満足したら 下半身だけ子犬みたいに 尻尾を振って ワガママなMY PACE  ダラダラ朝が来て ダラダラ昼は見ず ダラダラ夜を待ち ダラダラ夢見て  グラビアな雑誌を広げ 大胆なポーズをめくり LADYもGIRLもVIRGINも 上目遣いに口を尖らせ  記憶無くしたHOMELESSのように 消えてみたいけど 愛だけ欲しい 逢いたくなって ワガママなMY PACE 抱きたくなって LONLINESSなMY PACE
死体のように藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ古賀森男BEAT BEANS傷つく夢を見て覚めて さまよう夢を見て覚めて  寂しさより切なさより 深い夜の底へ沈もう  抱いて抱かれた溜息は 爪を頬へと滑らせて 涙に似た香りを嗅ぎ タブーの単語を囁く I miss you.  触れたらそっと ふたりは酔って 重なりあって 甘えあう  過ぎればきっと 視線にふっと 別れがすっと 時を指す  死体のように瞬きを忘れ 倒れたまま見つめて 心中のように泣くことさえなく 指だけを絡ませて  恋ならもっと 傷つけあって 綺麗になって 口づける  会話はだって 途切れてまって そのまま去って 消えてゆく  死体のように 細く微笑んで 長い髪を広げて 心中のように明日を無くして 指だけを・・・・・絡ませて
琥珀の蝶藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹佐橋佳幸路地裏 ネオンの上 止まった琥珀の蝶 アルコールと煙草と 風に聞いた噂 幸せならいい それで…  今さら とどかない言葉を 今さら 注ぎたし傾け  動かない長い夜の中で 動けない体を丸めて 乾いたサナギに戻るよ  剥がれた壁の文字を なぞって瞬く蝶  昼と夜の糸を 背中むけたまま 手繰り寄せていた だけさ…  どうして傷ついた瞳に どうして涙を隠して  戻れない絆は切れたまま 戻らない約束抱きよせ  動かない長い夜の中で 動けない体を丸めて 乾いたサナギにもどるよ
Angel Voice藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ日比野信午BEAT BEANS何を言いかけ そして俯いているのか 聞かせてほしい 鏡に向かい 自分に話しかけるように 繋がらない言葉でいい その苦しみ薄れるまで 瞳乾くまで 何もせず ここにいるよ  CHANGE 変わってゆく 君の景色も そして君自身も 時のように止まることはない  前を見れずに 毎日を通り過ぎてく そんな背中を 軽く叩いて あの笑顔取り戻したい 少しでいい 思いだして 幼い日に描いていた 虹色の夢を そのつづき 書けるはずさ  CHANGE 変わってゆく 知らない道を 歩いて行くように 立ち止まらず探しつづけよう  聞こえるはずさこの声が 心の奥のすべての君を消して 目を閉じ見つめて  CHANGE 変わってゆく 君の景色も そして君自身も 時のように止まることはない  CHANGE 変わってゆく 知らない道を 歩いて行くように 立ち止まらず探しつづけよう
OUTSIDE(TO 21 CENTURY)藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤBEAT BEANSBEAT BEANSパパとママが恋に落ちて 命生まれ OUTSIDEへ 歩きはじめ  言葉覚え 学校へ行き 自転車乗り 橋を渡り 夕日あびて テレビの中の スターに憧れマネして  制服着て電車に乗り ゲーム 映画 長電話で 投げキス交わし  アクセルふかし夜の海へ ボリュームあげ チェックインして ジェラシー抱いて 愛を傷つけ 涙のバラードかけて  OUT! 遊びに行こうOUT! 唄いに行こうOUT! 踊りに行こうOUT! OUT! 恋をしようOUT! 夢を見ようOUT! 外へ行こうOUT! 飛行機に乗って青空まで OUTSIDE  アパートの鍵を渡して 仕事愚痴り 酒をあびて ウエディングベル聞いて  子供抱いて写真撮って 家を買って ローン組んで 先が見えて 振り返ると 石に名前刻まれ  OUT! 遊びに行こうOUT! 唄いに行こうOUT! 踊りに行こうOUT! OUT! 恋をしようOUT! 夢を見ようOUT! 外へ行こうOUT! OUT! 旅に出ようOUT! 君と行こうOUT! どこへ行こうOUT! ロケットに乗って宇宙まで OUTSIDE
Breakfast藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ田中裕千BEAT BEANS朝がふたりの隙間 割りこんできて 眠る君に初めて キスをしたよ Good morning girl! Good morning love! 過去と未来ゴミ箱へ クリックして 回る地球止めたまま 抱いていたい Good morning girl! Good morning love! ハートの隅まで 満たされてる だけどハラペコさ 足りないよ  君がくれたフリーパスは 期限切れかな 眠いのはわかるけど 目覚めろスノーホワイト Good morning girl! Good morning love! 膨らんだ胸の プッシュフォン押して Orderしたいんだ今すぐに It's Breakfast パンケーキにほら シロップ垂らし It's Breakfast ホットミルク香りを嗅ぎ It's Breakfast ボイルドエッグの殻を脱がせて It's Breakfast 銀のフォークをもて遊ぶ…Ah… Please Hurry up  次のディナーの約束まで 待てそうにないよ わかるだろ It's Breakfast ミントティーの 吐息を吐いて It's Breakfast バターとジャム 混ぜ合わせ It's Breakfast プレーンヨーグルト スプーンですくい It's Breakfast ペーパーナフキン口を拭こう…Ah… Please Hurry up Please Hurry up Good morning girl! Good morning love!
INSIDE藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ石川よしひろ富田素弘喜びも悲しみも 遠く今は胸の奥で 息をひそめ  何気ないタイミングに ソーダ水の 泡のように 浮かぶ記憶  あの日君に吹いた風 僕は見失い そっと落としてった夢 静かに拾った いつまでも君はそばにいるよ  偶然の幻に 人ごみへと影を追って さまよう影  歌詞のないメロディーを 囁いてはとぎれとぎれ 切なくなる  今も君がくれた夢 色褪せないまま いつもあの時の言葉 勇気をくれるよ 夢があるかぎり 君がいるよ
Stay with me.藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ林真史BEAT BEANSアヤフヤな返事に惑わされて 約束の時間が過ぎていって 絡み合うノイズのダンスで酔って 眠れるタイミング見失って  帰りたい 何げない あの部屋へ  限りなく透明な夢で 僕は目覚め 手を伸ばせばいつも Stay with me. 君に気がつく  恋はもう何度もテイスティングしてる ぴったりの唇 探している  戻ろうか 試そうか どのキスへ  限りなく透明な愛に 僕は抱かれ 子供のようにネダる Stay with me. ある日気がつく  限りなく透明な夢で 僕は目覚め 手を伸ばせばいつも Stay with me. 君に気がつく  限りなく透明な愛に 僕は抱かれ 子供のようにネダる Stay with me. ある日気がつく
夢の途中藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤBEAT BEANS恋はいつも夢の途中 目を閉じ 涙拭いて 腕の中においでよ 遠い場所で生まれてきた命が 不思議だよね 瞳みつめ合うのさ 君の鼓動を 肌に感じる それだけで嬉しいよ  何処へ行こう 広い空の真下で 話しよう 見えない星 指差し  ふたつの過去も ひとつの今も これからのプロローグ 同じ瞬間を ふたりで集めて 育てよう この愛を  強く負けない ハートにしよう ひとつずつ 傷ついて 眩しく短い時代を抱きしめ 伝えよう この愛を  恋はいつも夢の途中 目を閉じ 涙拭いて 腕の中においでよ
Moonlight magic藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ川村結花佐橋佳幸目を閉じて風を見つめているの 合わせた背中が会話を消したまま  今 僕に必要なものはなに yesもnoもなく君は手を握った  時計をなくした僕らは長い夜に迷い 思い出を月に話そう ひとつひとつ帰り道を照らす  Moonlight magic 涙も君を知るために必要だから 零れ落ちた言葉をつないで Always love you 笑顔も抱きしめる胸が必要だから 瞳に映った月のあかりを重ねよう  雲の中 月が隠れるように 見えない時間が君をひとりにしたね  あの時出逢ってここまで写してきたフィルム 物語はまだつづくよ 壊れかけた映写機を回そう  Moonlight magic 心が素直に寄りそう場所を探して 蒼い影のシートに座ろう Always love you 体がやさしく触れ合う場所を探して 瞳に映った月のあかりを重ねよう  時計をなくした僕らは長い夜に迷い 思い出を月に話そう ひとつひとつ帰り道を照らす  Moonlight magic 涙も君を知るために必要だから 零れ落ちた言葉をつないで Always love you 笑顔も抱きしめる胸が必要だから 瞳に映った月のあかりを重ねよう
ゼロ藤井尚之藤井尚之藤井フミヤ藤井尚之佐橋佳幸青い空を見上げるたび 胸の奥もブルーになる 白い雲が形を変え 笑いかけるアイツの顔 手を伸ばして追いかけた 届かない遠くなる  逃げ場のない地球の上 行き場もなく寝転がれば 切なすぎる重力たち 重たすぎて動けないよ 殴られたほうがマシさ この痛み辛すぎる  これ以上死んだフリしたって これ以上叶わぬ夢抱いて 明日を待っても  全部ゼロにして 白く塗りつぶし 走り出せたなら 今がスタートさ Ready Go!  むずかしいよ不器用だよ そんなうまく生きられない 口じゃうまく言えないから すれ違って空回りさ ひとり迷路の中で 愛にはぐれていった  涙の海を泳ぎ疲れた 魚のように無口な瞳で 過去を見上げても  全部ゼロにして 探しにゆこうか いつか見つかるさ 新しい夢が 全部ゼロにして 自分に戻ろう Ready Go!  全部ゼロにして 白く塗りつぶし 走り出せたなら 今がスタートさ 全部ゼロにして 自分に戻ろう Ready Go!  全部ゼロにして 自分に戻ろう 全部ゼロにして 自分に戻ろう Ready Go!
Aqua藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ林真史有賀啓雄体が乾いて干からびてゆくよ オアシスは今日も奪い合い  枯れかけた咽喉が夢を囁けば 砂ぼこりのように掴めない  白く濁った ケミカルな水 両手ですくい子猫のように舐めつづけてる  イカサマ手品で 手足を縛られ 最後の涙も吸い取られ  IKAれたガキが ナイフと遊ぶ 血だらけテレビ 冷や汗があふれる  Aquaが欲しいよ ハートが苦しい ミイラになるその前に Aquaが足りない 未来が危ない 砂場になるその前に はやくくれよ!  マネキン色の裸を抱いて Cock ひねれば断水してる F… me!  Aquaが欲しいよ ハートが苦しい ミイラになるその前に Aquaが足りない 未来が危ない 砂場になるその前に はやくくれよ!
I・N・G藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄I・N・G 夢見てる 今を生きている I・N・G 過ぎて行く 今を輝いて  ハートにビタミンとろう クヨクヨしたって始まらない 大小悩みの渦を かき分けパドリングするのさ  さぁ ブッ飛んだフリでもしてさ波に乗ろうよ いつも気にしすぎさ 楽に行こうよ  Come on! I・N・G あがいてる 今を生きている I・N・G 叫んでる 今を噛みしめて  So yesterday 二度と戻らない So tomorrow 未来はわからない 存在するのは今さ 毎日運命は変えられる  さぁ 素直な深呼吸してさ飛び出そうよ すべて経験さ でかく行こうよ  Come on! I・N・G 迷ってる 今を生きている I・N・G 進んでく 今を踏みしめて  Come on! I・N・G 笑ってる 今を生きている I・N・G 愛がある 今を信じよう  Come on! I・N・G 夢見てる 今を生きている I・N・G 過ぎてゆく 今を輝いて 輝いて 輝いて‥‥
列車の窓藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹有賀啓雄見つめてる列車の窓 みなれた景色遠ざかる 缶コーヒーで手を暖め 少し涙の味がしたよ さよならを言えなかったけど これでいいはずさ 何かを変えたくて 新しい自分へ  眠ってた いつのまにか 海岸線を揺られながら 時計もなくてあてもなくて 終着駅へ向かう旅 あの愛もいつか思い出に 変わる日がくるさ 勇気をあげたくて 新しい自分へ  冷えきった夜空にひとつ流れる星が 小さな夢になれ 新しい自分へ 小さな夢になれ 新しい明日へ
BELLS藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井尚之有賀啓雄夜明けのbellが鳴る 目覚めてゆく街に 伸ばした背中から 朝陽が昇ってゆく  ホームのbellが鳴る 時計の針の靴 呼吸を整えて 今日が発車してゆく  何かいいことが起きそうな そんな空さ 何気なく想うよ 君に逢いたい 君と逢いたい  いつも変わらない日々を 変える音色さ 遠く離れた場所から 聞こえてくる ほら君の声さ  帰りのbellが鳴る 萎れたポケットで 見上げたビルの窓 夕日が沈んで行く  何もいいことがない日だってあるはずさ 一秒だけでいい 君に触れたい 君と触れたい  いつもこの胸で高く 響く音色さ 遠く離れた場所から 聞こえてくる ほら君の声さ  いつも変わらない日々を 変える音色さ いつもこの胸で高く 響く音色さ 遠く離れた場所から 聞こえてくる 目を閉じよう きっと君のbellさ
藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ林真史有賀啓雄すべて知りたい 意味があるならすべてを 宇宙の中で僕らは愛しあうのか  すべて知りたい 君が生まれてきたこと 運命は出会い 何かが回り始める  ふたりは目を閉じて キスで確かめ 何度も抱かれ合う 答えが欲しくて  We are love 強く なぜ We are love 深く We are love 求め合うのか love 哀しく なぜ love 切なく love 涙を流すのか  すべて知りたい システムならばすべてを ヒトはどうして愛を探しにゆくのか  ふたりは存在を うまく重ねて いくつも夢を生む 未来が欲しくて  We are love 熱く なぜ We are love もろく We are love 傷ついてゆく love 激しく なぜ love 儚く love 燃え尽き消えてゆく  すべて知りたい 自分自身の力を 心は愛を無限に作り出すのか  すべて知りたい 僕らが出来るすべてを 長く短い時間の中へ 果てしない旅にでる  We are love 強く なぜ We are love 深く We are love 求め合うのか love 哀しく なぜ love 切なく love 涙を流すのか  We are love 熱く なぜ We are love もろく We are love 傷ついてゆく love 激しく なぜ love 儚く love 燃え尽き消えてゆく
ROCK'N ROLL VAMPIRE藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ田中裕千有賀啓雄俺の瞳 じっと見つめてごらん 吸い込まれる そんな感じだろう  ツバが出るぜ レアーな首筋だね 理性が消え野生が逆流  胸のクリップを壊し ディナーのハート撫でようか  気をつけろ! こんな月夜は 俺はバンパイヤに変わる 秘密だぜ! 今夜これから 白い牙で夢心地  ほら! 指先 まつ毛を閉じてごらん まるで蝶が止まったみたいさ  笑い声が急に途絶えてきたぜ 伸びた爪が背中を切り裂く  胸で揺れてる十字架 ドレスといっしょに外そうよ  気をつけろ! こんな月夜は 俺はバンパイヤに変わる 秘密だぜ! 今夜これから 白い牙で夢心地  しなだれたその体を 抱き上げベッドへ‥ woo woo woooooooo  気をつけろ! こんな月夜は 俺はバンパイヤに変わる 秘密だぜ! 今夜これから 白い牙で夢心地  気をつけろ! こんな月夜は 君もバンパイヤに変わる 本当だぜ! 男を見るたび 首の傷が疼きだす
恋の気圧藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ田中裕千有賀啓雄話しかけたい 声を聞きたい もっとそばにいたい 見つめ合いたい やさしくしたい 頭が気球になる  いつも胸の奥で叫んでる 早く飛んでみろよ 迷わずにダイビングさ  臆病で単純なハムスター 同じ場所をクルクル 1cmも進めないまま  時間の無駄遣い ため息の浪費 パラシュートなんていらない さぁ早く Let's go jumping  破裂しそうさ 恋の気圧で 気球が膨らんで 爆発しよう跡形もなく 大空の真ん中  高度はどれくらいあるだろう エンジェルが飛んでいる 天国まであと少し  AからZまで確かめて 不安を数えてたら 探し物は豆粒みたいさ  このまま上昇か それとも落下する 水平飛行禁止さ さぁ早く Let's go jumping  話しかけたい 声を聞きたい もっとそばにいたい 見つめ合いたい やさしくしたい 頭が気球になる  破裂しそうさ 恋の気圧で 気球が膨らんで 爆発しよう跡形もなく 大空の真ん中 自爆しそうさ
風の時代藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹有賀啓雄君は何処へ行くんだ 何を求め ひとりきり 水平線に浮かんでる  君は戻れないんだ 時と同じだ じっと睨んだ地図の上 今はまだ見えない時代へ行くだけさ  Running myself 僕はゆく 手作りの舟に乗って 吹きつける風をうけて 小さな帆を広げて  君は生きて行くんだ 何のために 今日という日を重ねよう いつかは消えてゆく 後悔はできないさ  Running myself 僕はゆく 手作りの舟に乗って 繰り返す波を蹴って 小さな帆を広げて  胸の奥で聞こえる声 記憶の中の愛は いつまでも消えない  Running myself 僕はゆく 手作りの舟に乗って 紅に光る空へ 小さな帆を広げて
PURE酒井法子酒井法子藤井フミヤ増本直樹土方隆行この空の下 なぜふたりは出会ったのだろう べつべつの手で 風に飛ばした愛の種が 時の流れに乗って 同じ場所へと降りた  触れ合うその瞬間に 生まれはじめる 涙のように あふれる気持ちが 白く幼いつぼみになれる あなたの胸で 静かに目を閉じていたい  傷つきながら 大人への階段を昇り 夜空を見上げ ひとり流れ星を待ってた 銀河の河にそっと 滲むひかりを流し  今は胸の奥で 輝いている 見守るような 暖かな星が どんな時でも 強くなれるよ あなたの夢で 静かに目を閉じていたい  触れ合うその瞬間に 生まれはじめる 涙のように あふれる気持ちが 白く幼いつぼみになれる あなたの胸で 静かに目を閉じていたい
WHITE BABE藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄ここはドコだろう?ボクはダレだろう?マッシロさ ウまれたばかりのノウミソみたいにマッサラさ I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオシえてよHEY HEY PLEASE! I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオボえるよHEY HEY COME ON! WHAT? NO RETURN?  それってイイことだろう えっ!それってワルいこと?どうしてさ? あのコがビジンで えっ!あのコがブサイク?それはなぜ? アレはえらい人 えっ!アレはダメな人?ホントなの? これがダイヤモンド えっ!これはガラスダマ?オナじだよ? I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオシえてよ?HEY HEY PLEASE! I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオボえるよ?HEY HEY COME ON! WHAT? NO RETURN?  ヨのナカすべてが ねぇイカれてるの? テンシとアクマのクベツもワカラナイ ワカラナイ‥ワカラナイ‥  I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオシえてよ?HEY HEY HEY PLEASE! I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオボえるよ?HEY HEY HEY PLEASE! I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオシえてよ?HEY HEY HEY PLEASE! I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオボえるよ?HEY HEY COME ON! WHAT? NO RETURN?
透明なバタフライ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ久保田洋司有賀啓雄僕らは探している 未来への道標  地球儀回しながら 夢見てる遠い世界  僕らはここに立っている 指先の小さな国  大きな虹の掛け橋 渡れるさいつかきっと  ほら君の白いシャツが 今光る風に羽ばたく  透明なバタフライ君は自由のヒト どこへでも飛んでゆける 透明なバタフライ遥かな夢を乗せ 天は君をみつめてるFLY・FLY・FLY・LET'S FLY  砂漠の孤独な夜も 星たちは降りてくる  樹海の迷い道でも 太陽が君を探す  さあ行こう空想の高原 沸き上がる雪の向こうへ  透明なバタフライ君は勇気のヒト 好奇心を追い続け 透明なバタフライ見えない明日へと 天は君をみつめてるFLY・FLY・FLY・LET'S FLY  透明なバタフライ君は自由のヒト
何もない部屋藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄窓辺で重なったふたつの鍵が 日差しを照らすよ  君はさよならと笑顔を残し そのドアを閉じた  風が枯れ葉の束 散らすように ふたり暮らした日々 過去へ消えてゆく  何もない白い部屋の中でひとり面影を見つめ膝を抱いた 何もない白い部屋の窓に移り変わる季節の風が吹いてた  いつも濡れた髪で星を数えて 床で眠ってた  小さな部屋なのにすれ違い どこかに寂しさを隠していたのさ  何もない白い部屋のドアを閉じてふたりの幻閉じ込めよう 何もない白い部屋の窓に移り変わる季節の風が吹いてた  ただ風が吹いてた
氷の箱藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄木枯らし街路樹の落ち葉を転がす どんより曇り空 冬が近づくよ 溜め息が白い霧を作り すれ違う肩の風に吹かれ  なぜ今を生きているのかも わからないまま時が過ぎ 誰でも見えない胸の傷 コートの中に隠して漂ってる 枯れ葉さ  氷の箱の中僕は立っている すべてが溶けるまで僕はこの中に  背をまるめ人混みを彷徨い 色のない街をただ振り向く  なぜ今ここにいるのかさえ 思い出すのも空しくて 信じられるやさしささえも 臆病な目を伏せてゆく  なぜ今を生きているのかも わからないまま時が過ぎ 誰でも見えない胸の傷 コートの中に隠して漂ってる 枯れ葉さ  氷の箱の中僕は立っている すべてが溶けるまで僕はこの中に
青春の道藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹有賀啓雄誰もいない教室でふたりの写真を撮った なにもないこの町で僕らは恋をした  自転車を押しながら君の夢を聞いてた 次の春が来た時君は都会へゆく  ずっとずっと変わらずに君の笑う声が ずっとずっと歩こうか夕日沈むまで  さみしくなった時にはこの道を歩くよ  時は流れてゆくよ君は大人になった 少し無口になって少し化粧してた  この町も変わったと寂しそうに呟いた 君もきれいになった恋をした数だけ  ずっとずっと話そうか君が笑うように ずっとずっと歩こうよ星を見上げて  さみしくなった時にはこの道を歩いた  ずっとずっと忘れずにあの頃の僕らを ずっとずっとこの胸で輝いている  さみしくなった時にはこの道を歩こう さみしくなった時にはこの道を歩こう
映画みたいに藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄道に迷い溜め息 駐車場でUターンしようか 眠むそうだよ帰ろう 朝が来るよ星も消えてゆく  知らない町抜けた時 ふたり同時に声をあげたよ  映画みたいさ夜明けの海がフロントガラスに広がった 水平線に昇るタイトルふたりの恋の物語始まった  FMから突然 流れてきた あのラストシーン その横顔不思議さ 似てないけど君はヒロインさ  ルームミラー見つめ合い 同じセリフを言ってみたくて  映画みたいに ふとさりげなくエンジン止めて低い声で 「何もいらない君さえいれば…」 初めてふたりのKISS SCENEになるはずさ  映画みたいにこの目に映るすべての今を閉じ込めたい 君の笑顔も広がる海もそれからふたりのくちづけも  映画みたいさ夜明けの海がフロントガラスに広がった 水平線に昇るタイトルふたりの恋の物語始まった
GENERATION GAPV6V6藤井フミヤ藤井尚之上野圭市・倉富義隆何を聞いても答えがCOOL プログラム決まったロボットみたいだね もっと自由に楽しめないかなぁ 我慢だらけのGENERATION GAP 抜け出そうよ 僕らの時代なんだ  そんな笑顔じゃ未来が不安 小さな夢でもいいから聞かせてよ あきらめることひとつもないのに 規則だらけのGENERATION GAP 窮屈なだけさ 僕らの時代なんだ GENERATION GAP ゆっくり話そう 時間はたっぷりあるはずさ  君と僕の秘密のかけら交換しよう どんな時も胸の奥で勇気づけてあげられる  手を伸ばして見つめ合おう もっと愛に触れたいから 手を広げて夢を見よう もっと大きなハートにしようよ  いつも心の扉が堅い マニュアル通りのアクセスじゃ開かない 知らない世界死ぬほどあるのに 押しつけだらけのGENERATION GAP ついてゆけない 僕らの時代なんだ GENERATION GAP MIXしようよ かなりいい味出るはずさ  泣くことさえうまくなくて小さな箱に 涙の粒ためてるからほら今すぐあふれそう  手を伸ばして受け止めよう もっと愛を知りたいから 手を伸ばして見つめ合おう もっと愛に触れたいから 手を広げて夢を見よう もっと大きなハートにしようよ  手を伸ばして受け止めよう もっと愛を知りたいから 手を伸ばして見つめ合おう もっと愛に触れたいから 手を広げて夢を見よう もっと大きなハートにしようよ
BIRD藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄水たまりに映った星空 悲しみが零れ落ち揺れてる  鳥のように翼が欲しいよ 行き止まりまで空を飛んで行く 川をくだりやがて海へでて 水平線をどこまでも見つめて  すべてを忘れられるかな どれくらい遠くまで行けばいい  あぁ涙かわくまで羽ばたいて 涙かわくまでフラフラと 涙の分だけ星を見て 涙の分だけフラリ…  どこへ行こう止まる枝もない あてもない風に乗り彷徨う 気が付けばまた夜が降りてきて 口笛のような切ない唄うたう  心を落としてしまったよ どれくらい探しつづければいい  あぁ涙かわくまで羽ばたいて 涙かわくまで夢を追い 涙の分だけ傷ついて 涙の分だけフラリ…  すべてを忘れられるかな どれくらい遠くまで行けばいい  あぁ涙かわくまで羽ばたいて 涙かわくまでフラフラと 涙の分だけ星を見て 涙の分だけフラリ舞い上がれ
知ってるよ吉川ひなの吉川ひなの藤井フミヤ朝本浩文岩城健太郎知ってるよ その子を好きなこと やきもちやいちゃうよ 優しい横顔 知ってるよ たぶん邪魔しちゃう 一緒にいたいけど 先に帰るね  いつもその背中 遠くなるのを ひとり振り返り 見つめているのに  知っててよ(知っててよ) 本当は(知っててよ) この笑顔全部うそよ 知っててよ(知っててよ) 少しだけ(知っててよ) あたしだってあなたのこと 好きなの  知ってるよ あの子と会ってるの 偶然聞いちゃった 悲しいうわさを 知ってるよ きっとマジラブね しばらく会えないね 誤解されるから  友達だけど 見たくないから 今は あたしから離れていくけど  知っててよ(知っててよ) 泣いてるの(知っててよ) 空気色した涙で 知っててよ(知っててよ) この気持ち(知っててよ) 大好きと言いたいけど こわいの  知っててよ(知っててよ) 本当は(知っててよ) この笑顔全部うそよ 知っててよ(知っててよ) 少しだけ(知っててよ) あたしだってあなたのこと 好きなの  知っててよ(知っててよ) 泣いてるの(知っててよ) 空気色した涙で 知っててよ(知っててよ) この気持ち(知っててよ) 大好きと言いたいけど こわいの
BLOOD #1F-BLOODF-BLOOD藤井フミヤ藤井尚之有賀啓雄・F-BLOOD・小倉博和あなたが教えてくれたこと 今の自分の中で生きてる あなたが与えてくれたもの 今ここにいる自分自身  あの頃の あの場所に 通じる道 今はない あの愛も あの夢も 流れゆく鼓動の中  あなたが教えてくれたこと 今の自分の中で生きてる あなたが与えてくれたもの 今ここにいる自分自身
全2ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. NO GRAVITY
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照