有賀啓雄編曲の歌詞一覧リスト  139曲中 1-139曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
139曲中 1-139曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
IF藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄何気ない仕草が 急に浮かんできて 佇んだまま 君を見てる  ふと瞬きひとつ 現実に帰る また同じ景色の中にいたよ  もしふたりが もし君が戻るなら もしふたりが もし僕が戻るなら どの日の笑顔がいいかな  季節は繰り返し 色を変えてゆく いつまでも続くと思いながら  もしあの日に もし君が戻るなら もしあの日に もし僕が戻るなら 同じ言葉がいいかな 愛しているよ  もしふたりが もし君が戻るなら もしふたりが もし僕が戻るなら どの日の笑顔がいいかな 同じ言葉がいいかな 愛しているよ
慕情藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ川村結花有賀啓雄ひとりで ドア 閉じ なぜ泣いていたの 窓を開け 慰めよう そのために僕がいる  ふたりは 生まれて 知らず知らず 今 遠くても 見えなくても 信じてここにいるよ  潤んだ 瞳を 見つめられるまで 手をとり 傍にいて いつまでも君を待つ  ふたりの 物語の ページを捲ろう 小さくても つまずいても 声を聞いているから  優しい夜風 一筋の涙 抱き寄せるたび この心を 捧げよう  静かに 消えよう 星空の中へ もう涙も もう笑顔も 腕の中でおやすみ もう涙も もう笑顔も 腕の中でおやすみ
すきのその先へ渡辺美里渡辺美里大江千里大江千里有賀啓雄あっという間に時は流れて いくつの夏残した 浴衣の色も忘れる程 夢中で人生を乗り越えて  ああ 次のカーブに広がる ひまわりが君と この街で過ごした日々を 運んでく  すきと心で告げた あの駅が左で揺れてる 愛する誰かのため 今でも 生き続けているよ  母の背中で遠くに聞いた 祭囃子の笛や ペダルを漕いで夕焼けまで 線路沿いの土手を走った  ああ はしゃぎすぎた改札で 無邪気に笑ってた みんなと分け合った瞬間が 響く  長い旅の途中で すきな君にまた会えるよね 会ったら何を話そう 大好き あの頃よりもっと  ああ 時が追い越していても 色あせない君の 横顔はいつだって この胸にあるさ  夏が来るたびもう一回 歳を重ねほら増えてゆく まっさらな君に会いたい 伝えたい 輝くその場所で  すきと心で告げた あの駅が左で揺れてる 愛する誰かのため 今でも 生き続けているよ
Tokyo City Night藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄Tokyo City Night 愛・孤独 交差するロマンス Tokyo City Night 夢・リアル すれ違うロマンス  華やかな並木通りの 煌びやかなショーウィンドウ ガラスに映る僕らのランウェイ みんなチグハグなショーモデル  夢見がちな 壊れがちな 勘違いな Fast Fashion Fast Love 不釣り合いな High と Low な まだ未熟な Cool heart  Tokyo City Night 嘘・本当 惹かれ合うロマンス Tokyo City Night 裏・表 抱かれ合うロマンス  砂漠にそびえる摩天楼 虚像のオアシスの泉 切り取られた空を飛ぶ鳩 君とふたり座るベンチ  反射的な 発作的な プリミティブな Fast Kiss Fast Lover ひとりきりな 人見知りな 寂しがりな Sweet heart  Tokyo City Night 愛・孤独 交差するロマンス Tokyo City Night 夢・リアル すれ違うロマンス  排他的な 刹那的な 未解決な Fake News Fake Rumor 伏せ目がちな 不安定な 信じそうな Green heart  Tokyo City Night 愛・孤独 交差するロマンス Tokyo City Night 夢・リアル すれ違うロマンス  Tokyo City Night 嘘・本当 惹かれ合うロマンス Tokyo City Night 裏・表 抱かれ合うロマンス  Tokyo City Night I gotta get gone now Romance Tokyo City Night I gotta get gone now Romance
そのドアはもう開かない藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤKAN有賀啓雄これからどうしよう 僕はひとりぼっちになった 馬鹿な軽はずみな過ちで 大切な人が消えた  また同じ後悔してる あの笑顔 あの笑う声 また同じ幻を見てる そのドアはもう開かない  これから何処へ帰ろう この部屋には意味も理由もない おかえり その一言が 心の中に いつも灯る明かりだった  またひとつ浮かんで消える 青い約束 白い願い事 なにひとつ叶えないまま そのドアはもう開かない  疲れ果てた 瞳の影に気づいてたのに ただ時が癒すのを待ってた 愚かだね 勝手だね どれくらい君を傷つけていたのだろう  またひとつ想いが溢れ 止めどなく 零れ落ちる なにひとつ音のない部屋 そのドアはもう開かない  その手に触れていれば 元に戻れる気がしてた あの夜 君の手は 僕を拒み ただ静かにドアを閉じた
真っ赤な月渡辺美里渡辺美里片寄明人伊秩弘将有賀啓雄まるで薔薇のように 真っ赤な月が 見守る夜は 心割れて 涙がこぼれて 堕ちる  帰れない あの日 遠く やるせない想い ささくれたまま 夢の中で あなたと もう一度踊る  体の奧で燃える 抑えきれない想いが怖い 壊れた心は 夜の闇の中に 隠して 愛してる 苦しいくらいに いまも  痛み 開くように 頼りない秘密 溢れ出しても 止めることができずに 漂い 眠る  願い 祈り きっと 叶わない それでもかまわないの いまはひとり あなたの記憶をなぞる  体の奧で燃える 抑えきれない想いが怖い 壊れた心は 夜の闇の中に 隠して 愛してる 苦しいくらいに…  すべてを許せたなら 救われるとわかってる でも 壊れた心が 闇を手放せずに歌うの  真っ赤な 月が 見てる
青春藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井尚之有賀啓雄もしもあの時代に この電話があったらな 白い針が胸に 今も刺さったままだよ もし もし 話せますか もし もし どこにいるの  星は 廻るよ 後悔なんて とおに 遠く なって 君の背中を見過ごすのかな 時が 過ぎて いって  もしもあの日ふたり この電話があったらな 知りたいことがあり 知らないまま生きてゆく  もし もし 元気ですか もし もし 大丈夫  月は 欠けるよ 思い出なんて 細く 薄く なって 時代は巡り すべては消えて 同じ花が咲いて  もし もし ねぇ君なの もし もし もう行くよ  星は 廻るよ 後悔なんて とおに 遠く なって 君の背中を見過ごすのかな 時が 過ぎて いって  月は 欠けるよ 思い出なんて 細く 薄く なって 時代は巡り すべては消えて 同じ花が咲いて
GO BACK HOME藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井尚之有賀啓雄荒野を駆け抜け さぁ獲物を仕留めろ 愛と夢と今日を背負い 突き進むHunter  睨み合う刃 ぐっと息を呑みこむ 生きるために戦う 傷だらけのFighter  夕日に消える 翼の群れに 叫ぶ魂 くいしばり 立ち上がり 再び 走り出す  Go round Go Back Home Go round Go Back Home Go round Go Back Home Go round Go Back Home  その場所に すべてが あるんだ  隙を見せれば 運命さえも変わる 擦れて汚れた拳を じっと見つめた Loser  優しいララバイ 聞こえる夜は 背中抱きよせ 瞳を 閉じれば 孤独が消え失せる  Go round Go Back Home Go round Go Back Home Go round Go Back Home Go round Go Back Home  その場所にすべてが あるんだ  Go round Go Back Home Go round Go Back Home Go round Go Back Home Go round Go Back Home  この場所にすべてが あるんだ
孤独のDreamer藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井尚之有賀啓雄あの日信じたもの あの日の少年は 心の中 今も 走り続けてる 見失っちゃいない 静かに目を閉じる リアルな幻と リアルな鼓動  人は生まれた時に プログラミングされた ただ光を追い続けて 生きるように  かけがえのないものを 夢と呼んできたはずだ 風に立つ 孤独のDreamer 失うものは Never Nothing  火照る肉体から 溢れるエナジーが 全ての細胞を覚醒させる 限界を超えろ 魂を信じろ ふとよぎる影は 迷いと弱さ  転がり倒れたって 空見て笑っていよう もし すべてが無駄になって 消えたって  とどきそうで 掴めない 諦めたら消えるだけ 風に立つ 孤独のDreamer 失うものは Never Nothing  言葉になんて出来ない瞬間が 生きている意味を教えてくれるんだ どこから来てどこへ消えてゆくのかを  かけがえのないものを 夢と呼んできたはずだ とどきそうで 掴めない 諦めたら消えるだけ 風に立つ 孤独のDreamer 失うものは Never Nothing
夜明けの街藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井尚之有賀啓雄笑っていても じつは辛い事があったり 誰かといても なんだかひとりぼっちで  怒っていても 問題は自分にもあったり 涙 流れても 本当かどうかわからない  人はばらばらだね 自分勝手 それでも誰かを想い 幸せを祈ってる  今も必ず 世界のどこかに 夜明けの街があり 僕らは繋がり 生きてる 愛するために  眠れなくても 夜空に星はいつもあって 淋しすぎても 慣れてしまう事もある  遠くなっても そばに感じる時もあって 終わってみても そこから始まってゆく  人はそれぞれだね 十人十色 それでも寄り添いながら 同じ明日を見つめる  今も必ず 世界のどこかに 夜明けの街があり 僕らは繋がり 生きてる 愛するために  青い空はどこまでも つづいて いろんな夢になる 限りある日々を 生きてく 僕らのために  今も必ず 世界のどこかに 夜明けの街があり 僕らは繋がり 生きてる 愛するために
透明人間藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄流れゆく 電車から 眺める 変化しない 小さな世界  イヤホンを 挿したまま 見つめる つま先の 汚れてる靴  好きな人のこと 想い浮かべてみる ほんの少しだけ 胸が赤く染まる  目の合わない 人たちに まぎれて 少しづつ 消えてゆくんだ  冷えた手に 吹きかけた 白い息 冬の空 同化してゆく  もしもこの世界 君がいなかったら 僕は何も無い 透明人間だよ  好きな人のこと 想い浮かべてみる ほんの少しだけ 胸が赤く染まる  もしもこの世界 君がいなかったら 僕は何も無い 透明人間だよ
彼女のタンバリン藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄タンバリン 君の胸 タンバリン その鼓動 タンバリン 弾んで 揺れる バルーンみたいに タンバリン 僕の胸 タンバリン この鼓動 タンバリン 弾けて 躍る 恋のリズム  出たとこ勝負 選曲は 全部UP BEAT OH! LOVE SONG それが悲劇の始まり NOT LOVE SONG どんだけ お互いベストフレンドだよな BUT LOVE SONG このクレッシェンド もう止められない  ホラホラ ユラユラ してるよ チラチラ クラクラ しちゃうよ ハラハラ メラメラ ジェラシー 音程外して 誤摩化してんだ  タンバリン 君の胸 タンバリン その鼓動 タンバリン 弾んで 揺れる バルーンみたいに タンバリン 僕の胸 タンバリン この鼓動 タンバリン 弾けて 躍る 恋のリズム  でたらめな恋 ありえないくらい CRY BALLAD OH LOVE SONG 無害 論外な関係 OH MY GOD! あんだけ 杭を刺されても TRUE LOVE SONG この痛み 受け止めるしかない  キラキラ ヒラヒラ してるよ コラコラ ムラムラ しちゃうよ ギラギラ グラグラ エネルギー 大騒ぎして 燃やしちゃおうぜ 燃え尽きるまで  タンバリン 君の胸 タンバリン その鼓動 タンバリン 弾んで 揺れる バルーンみたいに タンバリン 僕の胸 タンバリン この鼓動 タンバリン 弾けて 躍る 恋のリズムで 恋のリズムで 君のタンバリン
三毛猫のキーホルダー藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄ふと時々 ふとぼんやり 君に逢いたくなる そんな日はなぜかいつも 澄み切った青空なんだ  浮かぶ雲が 何かの形に なんだか見えてきて そういえば三毛猫のキーホルダーは どこへ消えたんだ  お揃いだったけれど 先になくしたのは…  好きだったとこ また浮かんできて 空に微笑む まだ君のことが好きかも  ふと今でも 自転車で あの道を通るよ 線路沿いにコスモスが揺れ 君を後ろに乗せ  坂の上の 小さなカフェ レジの横だったかな たしか君が子供のようにねだった そんな気がする  いつも持ってたけど どこで切れたんだろう…  好きだったとこ また浮かんできて 空に微笑む まだ君のことが…  遠く離れた 二匹の三毛猫 時が流れて ふたりのハートの中に
点線藤井フミヤ藤井フミヤ河野丈洋河野丈洋有賀啓雄時間通りに来ないバスを待って 茫として突っ立ってる あいつなんかはどうせ馬鹿な奴だと 思えたらもっと楽だろう 信じ合えばいい 認め合えばいいって そう簡単に言うけど そんなの安売りしたくはない 黙っているよ 僕ひとりいなくても世界に変化は何にもない  ねえ君 聞かせてくれ 子供の頃にあった話を 何を信じ 何に傷つき どんなことを許してきたのかを  真っ白な心を持って この目には天使の光を宿して 僕ら生まれてきたんじゃないのか 体にいくつも引っ付いた 汚れはいつしか重い枷になって 暗い水の中でまた溺れている  コントロールが利かなくなったような暴走に頼って 喧嘩したつもりかい 君のルールはべつに好きじゃないけど 君の全部を その言葉の裏を 嫌いになりたくはないと思っていて どうしたってやり場なんかない 信じるべきものは神なんかじゃなくて 君も僕も それぞれ持ってる  ねえ君 答えてくれ いま僕の目に映っている 人と人をつなぐ点線は 本当はありもしない幻なのか?  真っ白な心を持って この目には天使の光を宿して 僕ら生まれてきたんじゃないのか 誰かを必要としたくて それでも毒を飲み下したくなくて 人を思う方法をまた忘れている  何もかもを言葉で伝えようなんて考えちゃいないし 真実はひとつだけじゃないから 誤解されたまんまで過ごしていくなら それもいいだろう 楽なもんさ 自分の弱いところばっかり気にして 守って 痛い思いしたくないからって そいつにしがみついて生きてれば いつか決定的に人を傷つけてしまうかもしれないなんて 思いもしないでいい だだガキみたいに愛とか言ってりゃいい  まっすぐな心を持って 互いに信じているものがあるから 永遠に平行線で 決して交わることはないと あきらめに近い気持ちで思っても 醜さまで愛してみたい どんなにもがいても届かない 対岸に向かってひたすら泳ぐよ すべてを許して 笑わせてくれる あの歌が聞こえる方へ
赤いスイッチ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄ねぇ!君壊れてんの? マヌケな質問したけど ワンピースで隠した ハートブレイクの穴が気になる  えっ!また別の誰か そこはただのWaiting room? どこに火がついたの 使い捨てのライターで  ポテンシャルな 恋の粒子が ほらまたすぐ融合する いつでもどこでもヤツでもタコでも 世界は危険さ  どこに あるの 赤いスイッチ  それはスイッチ どんなスイッチ 君の熱いスイッチ それはスイッチ どこがスイッチ 君の赤いスイッチ  へぇ そんなに好きなの 作り笑顔で呆れて HI! 口先じゃWelcome! 結末は見えてるけどね  なぁ はっきり言おうか その目は ただの節穴 はぁ 溜め息をあげる よろけてる その背中に  ソーシャルな偽りダンス 呂律も羅列もキテレツ 誰でもどれでも 濡れても垂れても 世界は道化さ  どこに あるの 赤いスイッチ  それはスイッチ どんなスイッチ 君の甘いスイッチ それはスイッチ どこがスイッチ 君の赤いスイッチ  それはスイッチ どんなスイッチ 君の熱いスイッチ それはスイッチ どこがスイッチ 君の赤いスイッチ  どこに あるの 赤いスイッチ  ポテンシャルな 恋の粒子が ほらまたすぐ融合する いつでもどこでもヤツでもタコでも 世界は危険さ  ねぇ!君壊れてんの? マヌケな質問したけど ワンピースで隠した ハートブレイクの穴が気になる
君に会えてよかった(2012 Album Version)藤井フミヤ藤井フミヤ河口京吾・藤井フミヤ河口京吾有賀啓雄疲れ果てた夜に 君に会えてよかった 何も言わずにただ 見つめ返してそこにいる  君を今 守りたい 僕には自分さえもいらない そして今 安らかに 変わらぬ想いで君を抱きしめて 眠りにつこう  僕に言える事は 君に会えてよかった 確かな事など 何一つも無いけど  君を今 守りたい 僕には自分さえもいらない そして今 安らかに 変わらぬ想いで君を抱きしめて  どんな一日だったの? 耳元で聞かせてよ つまらなくなどないよ その一つ一つが 空っぽだった心 埋めてくれる  君が笑顔 くれたなら 俯いた今日にさえ意味がある 君の瞳 曇らぬように 同じ気持ち二人で分け合おう  君を今 守りたい 僕には自分さえもいらない そして今 安らかに 変わらぬ想いで君を抱きしめて 眠りにつこう
どうしようもない僕に天使が降りてきた藤井フミヤ藤井フミヤNoriyuki MakiharaNoriyuki Makihara有賀啓雄勢い良くしまったドアで 舞いあがった枕の羽根 今夜はついに彼女を 怒らせてしまった 昔の恋人のくれた めざまし時計を 何度言われてもずっと 使ったのが気にいらない  飛び出した彼女の手の中で チクタク まるで時限爆弾 近くの空き地に違いない 今すぐ 追いかけよう  走る君の髪で シャツで 揺れるたくさんの白い羽根 いっぱい道路に落ちてる 「本当は探してほしい」 走る僕の髪で シャツで 揺れるたくさんの白い羽根 君はきっと どうしようもない 僕に降りてきた天使  付き合ってもうすぐ1年で ずいぶん仲良くなったから キスしたって 抱きしめたって 挨拶みたいに思ってた やっぱり空き地で見つけた 君はなんだか他人みたいに 僕におじぎをしてみせた 「愛を勘違いしないでください」って  君が両手をそらに上げて 目覚まし時計は飛んでいった まるで誰かを見送るように そっと微笑んで  まだ君の髪で シャツで 揺れるたくさんの白い羽根 壊れた目覚ましよりもっと 痛かった君の気持ち 時々天使は僕らに 悪戯をして教えるよ 誰かを愛するためには もっと努力が必要  まだ君の髪で シャツで 揺れるたくさんの白い羽根 壊れた目覚ましよりもっと 痛かった君の気持ち まだ僕の髪で シャツで 揺れるたくさんの白い羽根 君はきっと どうしようもない 僕に降りてきた天使  帰ったら部屋の掃除は 僕が全部やるから  一緒に帰ろう
今、君に言っておこう藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄小さな少女の手からふうっと風船が 空に飛んでいった 追いかけて どうしようもなくて ただ空に両手を伸ばした  小さなピリオドのような風船が 白い雲の中へ もう二度ととどかない場所まで 君とふたりで眺めてた  それはまるで愛のようで それはまるで命のようで なんだか綺麗だね でもなぜか切ないね 大丈夫だよ 僕はどこへも行かない  たしかなことなんて 何があるんだろう 今 君に言っておこう 大好きさ ありがとう いつまでも いつまでも 見つめていよう 大空に飛んでゆく 小さな夢を  行き交うすべての人たちが風船を 握りしめているんだ 頑張って生きてゆくために それぞれ 夢をいっぱい 詰め込んで  一緒に笑ってくれたり 一緒に泣いてくれたり 何気ない毎日が 奇跡なのかもしれない 誰かを好きになることも きっとそうだよ  明日のことだって 誰もわからないさ 今 君に言っておこう 大好きさ ありがとう どこまでも どこまでも 追いかけてゆこう 大空に飛んでゆく 小さな夢を
恋のフライトタイム~12pm~鈴木雅之&菊池桃子鈴木雅之&菊池桃子朝水彼方鈴木雅之有賀啓雄行先は同じさ チケット ほら2枚 いつも遅い 君が今 ロビーで手を振るよ  内緒なの 会社に ごまかしたわ うまく やっとあなた 忙しい時間を 抜け出して  ちょっと 二人で出かけよう 全てを置き去りに  もしも このまま 帰れなくても そう かまわない  あの時はごめんね その気持ちを込めて 聞こえないわ もう何も この手をつかまえて  ちょっと 遠くへ出かけよう この街 飛び越えて  恋も 仕事も あきらめないで そう 叶えたい  さあ 急ごう 12:00発の便 二人でゲートにまぎれた  ちょっと 二人で出かけよう 全てを置き去りに  もしも このまま 帰れなくても そう かまわない  ちょっと 遠くへ出かけよう (手をつなぎ) この街 飛び越えて  恋も 仕事も あきらめないで そう 叶えたい  そう 叶えたい
私のカルテ渡辺美里渡辺美里渡辺美里斎藤有太有賀啓雄□ 疲れを残さずに明日をはじめたい □ 繰り返し読みたい本がある □ 似合う服がなかなかみつからない □ 突然手がふれてどぎまぎしてた  □ ほろにがチョコレートと枝豆がすき □ コーヒーにたくさんミルクを入れる □ いい感じに放っておいてくれる店がいい □ 忘れられない恋がある..yes…  □ メイクさえ落さずに 眠りこんでしまって □ 罪悪感で目覚めた朝も 新しい朝だから  □ ココロにあざを何度も作っては □ そのたび手当てしてきた □ 情けなくなるくらいに一人でも □ 愛おしく自由な Just my days  □ どうしても手に入れたい鞄がある □ ビタミン不足は 否めない □ 真夜中 男友達と話したい日もある □ あきらめたくない 夢がある..yes…  □ 容赦なく目の前に 突きつけられてるような □ 時間とか常識だとか むこう見ずな日々さえも  □ ココロがはぐれてしまいそうになる □ 体当たりで走ってきた □ ホントに自分自身を生きてるなら □ そんなに悩まないで Just my days  □ 茶色いリボンを そっときれいにほどいて □ 抱きしめたくなる毎日を プレゼントして  □ ココロにあざを何度も作っては □ そのたび手当てしてきた □ いつかは大切な誰かと共に □ 人生を歩きたい  □ だけどそのいつかはいつかはわからない □ 運命を越えてゆく □ ホントに自分自身を生きてるから □ そんなに悩まないで Just my days
熱情渡辺美里渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄恋が音もなく降りつもる 軋むベッドに肌に涙に この唇に 熱をおびた空はゆっくり 紫色の朝を染めてく まどろむように  脱ぎしててしまいたい 弱い自分も白いシャツも 燃え尽きてしまうほど 求め合うふたつのココロ 今  遠く手をのばす 光集めて 過去も永遠も 羽ばたくように 見えない傷口が深く広がってゆくような 熱情を 甘く哀しい歌のように 離れられず繰り返してる  恋が音もなく降りつもる やけに指輪が重く感じる 土曜の午後 少し乱暴なやり方で 寂しくならないように自分を試したりした  デジタル時計の 数字がバースデイを灯す きれいな時間だけ 重なり響き合うように 今  雲がちぎれてく 季節を乗せて 髪をなびかせて 指をからませ 胸に横たわる痛みを分け合うような 熱情は 不確かな恋に身をゆだねて それでもまだ信じあえるの  見慣れた世界が 輝きを増してゆくように 小さな祈りも 輝きに変えてゆくように 今  遠く手をのばす 光集めて 過去も永遠も 羽ばたくように 見えない傷口が深く広がってゆくような 熱情を 甘く哀しい歌のように 離れられず繰り返してる
Cosmic Girl渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄有賀啓雄ア・イ・タ・イ!ア・エ・ナ・イ? セツナイナイ メッセージ 送信中… 夏のキラメキを全部集めて ア・イ・タ・イ!イ・エ・ナ・イ? 触れ合いアイ愛したい コズミックガール ホントノキモチヨ  埠頭を目指し 走り出した 窓からの風 海が近いことを知らせる インディゴブルーに 暮れてゆく空 女同士 久しぶりに 気ままなドライブ  恋愛に ナビは無いし 二人迷子に なりそうだね  ア・イ・タ・イ!ア・エ・ナ・イ? ちょっぴりぴり泣いたけど コズミックガール 夏の恋心全部預けて イ・イ・タ・イ!イ・エ・ナ・イ? 悲しみしみ しみてくる コズミックガール ホンキダッタカラ  ポケットの中 携帯電話 小さな宇宙みたい 彼の交信を待ってる テトラポッドに寄せては返し 砕け散った波を 二人ぼんやり見てた  思い出の 観覧車が 遠い空に 浮かんでる  夜に揺られ 彷徨うよう その先に コズミックガール 夏の終わりを告げるHANABIよ 同じ夢を もっと描きたかった コズミックボーイ! ホントノキモチヨ  ア・イ・タ・イ!ア・エ・ナ・イ? セツナイナイ メッセージ 送信中… 夏のキラメキを全部集めて 消えない 消せない 唇へのメッセージ コズミックガール アシタヲテラシテ!!!
風待草 ~かぜまちぐさ~渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄有賀啓雄薔薇や向日葵や桜でもなくて 君は小さな風待草 誰かといつも 争うのがイヤで 自分のこと 後回しにしてた  生きてゆくことが辛くても 冬の晴れ間から光はさす 涙の数だけ 自分を信じて時を待つチカラを持てたら 一輪ごと 春を連れてくるよ  ほのかに香るやさしい匂いの 君は小さな風待草 抱きしめられずに 壊れそうだから この手のひら そっと温める  小さな願いもやがては 紅い実を結ぶ 頑ななイメージをほどいて 言葉に言葉を重ねても解りあえない日 一色ごと 春をつかまえるよ  生きてゆくことが辛くても 冬の晴れ間から光はさす 涙の数だけ 自分を信じて時を待つチカラを持てたら 一輪ごと 春を連れてくるよ
また、明日渡辺美里渡辺美里川村結花川村結花有賀啓雄君がまだそばにいる夢で 目覚めた朝は ベッドから抜け出せない 目を開けるのが怖くて  ひとりぶんのコーヒー、ひとりぶんのトースト がらんとしたリビングに 乾いたニュースの声  もとにもどっただけ そう思おうとしたけど ぽっかりとスペースの空いた この部屋も僕自身も まだ片せないでいるよ  また、明日ね、って言ったから すぐに会えるって思ったから 知らず知らず先延ばした 一番伝えたかったこと 渡しそびれた指輪も 間に合わなかった約来も 今もまだ この部屋の隅に 転がったまま  帰りのホーム 改札に急ぐ人波 ぶつかられて追い越されて どうでもよくて溜息  ポケットのケータイ 震えるたびにひとつ 望みつないでは消えてく こんな長い夜を僕は いつまで続けるんだろう  また、明日ね、って言葉が いつも通りの笑い顔が 僕を守ってくれてたこと 今になってわかるなんて つないだ手のぬくもりを ありきたりの毎日を 今はまだ 思い出になんて 出来そうにないよ  また、明日ね、って言ったから すぐに会えるって思ったから 知らず知らず先延ばした 一番伝えたかったこと 渡しそびれた指輪も 間に合わなかった約束も 今もまだ この胸にずっと 転がったまま
その手をつないで渡辺美里渡辺美里渡辺美里伊秩弘将有賀啓雄忘れないよ 手をつないで 歩いた帰り道 夕暮れ空 広がる街 どこまでも  あったかいね わかりあえる きみが側にいるなら 遠い未来へ 漕ぎ出せるよ  白い花びら 舞う季節に 魔法の時が 降りそそぐよ 答え見つからずに もどかしくなる日も  いつも何かを追いかけてた 誰にも言えない 夢もキズも やさしさに帰れる大事な場所 ぼくは探してた  忘れないよ 手をつないで 歩いた帰り道 夕暮れ空 広がる街 どこまでも  あったかいね わかりあえる きみが側にいるなら 遠い未来へ 漕ぎ出せるよ  バス通りには 光あふれ きみに偶然 逢えないかな 見慣れた景色さえも せつなくなったよ  時の流れに のまれそうで ココロは何処へ 行くんだろう 誰かが忘れた自転車ひとつ 風に吹かれてた  逢いたかったよ 泣きたかったよ 誰かに伝えたいよ こみあげてくる この気持ちは もう 隠さない  生きてくんだ 信じてるんだ その瞳とじないで きみの弱さも 抱きしめるよ  忘れないよ 手をつないで 歩き出すこの道 新しい扉を 大きく ノックして  あったかいね 見つめあえる 少しの勇気あれば 碧い(あお)宇宙(そら)へと 旅にでるよ
青い鳥渡辺美里渡辺美里渡辺美里川村結花有賀啓雄泣きたいくらい一人でも きみはひとりぼっちじゃないよ  深い緑の 風の中 久しぶりに 深呼吸 ココロの重荷を そっとほどいて きみを思う時  ねえ 幼い頃に あぁ 描いてた未来 世界も 海も 人も 夢さえ 変わってゆくけど  泣きたいくらい一人でも きみはひとりぼっちじゃないよ 青い鳥を みつけたよ 遠く 近く この胸に  白い湯気の 向こう側に 変わらない やさしさがある すてきな景色を見るたびに きみに見せたいと思う  そう 笑顔も 涙も あぁ 器用じゃないけど 言葉の奥に 宿るぬくもり ぼくは 知ってる  何気ない 暮らしの中で さりげなく 生きてく強さ 大切と思える人に 出会えた時 輝きだすよ  そう 笑顔も 涙も あぁ 器用じゃないけど 言葉の奥に 宿るぬくもり ぼくは 知ってる  青い鳥を みつけたよ つばさ広げ 空に舞うよ 泣きたいくらい一人でも きみはひとりぼっちじゃないよ  ありがとうと言えるうれしさ 何べんだって伝えたくて 青い鳥をみつけたよ 遠く 近く この胸に
願い中西圭三中西圭三村野耕治・及川眠子中西圭三 with J stack有賀啓雄出口が見つからない夜明け前 くじけた体がもうつぶれそうなんだ  闇にまぎれて揺れる ただ一筋の光を もう一度つかまえたくて 手のひらをのばしてる Oh  Over Night 届け 願いよ 苦しみのドア 何度でも叩け Over There たどりつくまで なくしかけてた夢のもとへ Get Up Once Again  痛んだ心がまだ求めてる 誰もが夢を超える訳じゃないけれど  たとえ闇が深くても 朝のこない夜はない 信じることを忘れたなら どこへも行けはしない Oh  Over Night 届け 願いよ あふれる想い 空の彼方へと Over There 悲しみさえも 生きる力に変えるために Get Up Once Again  風をうけてなびく 明日に続くみちを行け まだ見たことのない 果てなき場所に出逢うために Oh  Over Night 届け 願いよ 雲の切れ間に 輝きが見える Over There たどりつくまで なくしかけてた夢のもとへ Get Up Once Again
Precious Love渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄有賀啓雄さぁ ここへおいでよ 金色に輝いた王国 体中感じて ハダカのリズムで more天国  仕事も ジェラシーも ブルースも 迷路で吠えて チョコレート色した 甘くほろ苦い夜に スコール!!  太陽のしずく この胸に集めて Precious Love ホントの愛だけ ホントの君だけに 出逢いたい  さぁ ここへおいでよ 言葉を超えた夢の王国 シャンパンゴールドに 飛び散る汗がキレイ天国  口笛ふきながら さまよえる真夜中のカウボーイ 恋の魔法の鍵 ウィンクに溶かしてシミュレーション  僕らの夜空に 星を散りばめてさ Precious Love 見えない速度で 近づく未来へと 漕ぎ出してゆけ!!  太陽のしずく この胸に集めて 祈りを込めて 満ち足りた痛み どこまでも続いてゆく Precious Love ホントの愛だけ ホントの君だけに 出逢いたい  誰にも内緒だよ 君と僕の遥かな天国……
恋愛とコーヒーと。渡辺美里渡辺美里渡辺美里森山公一有賀啓雄Tonight 窓辺に蒼い夜が来る 髪を洗って こころ解いて  Tonight 空から届いたヒカリは 途方もなく 美しくゆれる  ミルク色の月と コーヒーの苦さに 横顔 燻らせて  ココロ帰れる場所 二人なら見つかるよ 言葉足りなくて すれ違う日々も ルルル…  「おやすみ」言えること 幸せに感じるよ 一瞬のせつなさを 永遠に変えてゆく  恋とコーヒーと きみと。  Tonight 深夜の映画のセリフが 針とびして きみへとリピートしてる  耳たぶの記憶も コーヒーの香りも ほんのり 染まる頃‥  ココロ帰れる場所 二人なら見つかるよ それぞれの孤独と それぞれの毎日 抱いて生きてた  「おやすみ」言えること 幸せに感じるよ やがてくる朝に 未来を重ねて  恋とコーヒーと きみと。
MUSIC FLOWER渡辺美里渡辺美里小渕健太郎小渕健太郎有賀啓雄GOOD MORNING! 今日の始まりには どんなメロディー流れてた? 曇る鏡に映る寝ぼけ顔 冷たい水でバシャバシャ吹き飛ばす GOOD MORNING! スイッチ入れなくちゃ もう外は朝の香りでいっぱいさ 君を待ってる 通勤快速 今日も キャパシティーオーバー  夕べ 電話で言われた「まだまだやれるでしょ?」って 親友からのそんな無責任な一言が 今日はグルグル回っている あの歌と一緒に そんなの本当は自分が 一番 わかってるはずなのに  (MUSIC FLOWER) いつか蒔いた音符の種が 君の萎れかけた心の 五線紙から芽を出した ほら始まりの合図 (MUSIC FLOWER) その笑顔が太陽となり 涙さえも吸い上げて グングンまっすぐに 空に向かって 咲く花 見つけて!MUSIC FLOWER  GOOD MORNING! たまの休みなのに 目覚まし時計 容赦なくベルを叩く おろしたての靴で出かければ どうしてよ!? RAINY SUNDAY  今日はちゃんと言わなきゃ! 目を見て「好きだよ」って シンプル且つ そんな当たり前な一言が 今日はグルグル回っている あの歌と一緒に こんなに何だって話せる 一番 気の知れた奴なのに  (MUSIC FLOWER) いつか咲いた勇気の花が 君の閉じかけてた心の 引き出しから飛び出した 鍵はもうゴミ箱に (MUSIC FLOWER) その笑顔が太陽となり 涙さえも吸い上げて グングンまっすぐに 空に向かって 咲く花 見つけて!MUSIC FLOWER  花びらが散って 真冬の風にさらされても 数えきれない程の 種をちゃんとかかえてる やがてはじけ飛び 誰かのもとに届けば きっと 夏が来るたびに ほら ここは一面 花畑!  (MUSIC FLOWER) いつか蒔いた音符の種が 君の萎れかけた心の 五線紙から芽を出した ほら始まりの合図 (MUSIC FLOWER) その笑顔が太陽となり 涙さえも吸い上げて グングンまっすぐに 空に向かって 咲く花 見つけて 咲かせて MUSIC FLOWER MUSIC FLOWER
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あなたの目 あなたの手渡辺美里渡辺美里川村真澄有賀啓雄有賀啓雄流れてる 聴こえてる  心の中に 結び目がある わずかにきしむ 孤独な夜 乾いた傘を 折りたたむ様に 慣れた動作で やり過ごせる  ほほ笑むだけで すれ違う人 糸くずほどの出逢いの朝 自動扉が 閉まるリズムは 無言の列を吸い込んで  もう間違うこと 恐れないと あなたは言う  流れてる あなたの目から 言葉にはならない答えが 聴こえてる あなたの手から 守り続ける声が 愛してる その目の中の 悲しみも予感も希望も 待っている いつかそのまま すべてを愛せる日を 待っている  まぶしく揺れる 街の景色も 光だけでできてはいない 読み終えた本 ひざで閉じれば 差し引きゼロで 振り出しに  もう忘れること 罪じゃないと あなたは言う  迷わない あなたの目なら ときめきは ありふれはしない 離れない あなたの手なら ぬれた砂 つかむように 信じてる その手の中の 後悔も不安も弱さも 待っている いつか誰かに すべてを話せる日を  あなたの目から 瞳の奥にある答えが あなたの手から  結び目がほどける日を  流れてる あなたの目から 言葉にはならない答えが 聴こえてる あなたの手から 守り続ける声が 愛してる その目の中の 悲しみも予感も希望も 待っている いつかそのまま すべてを愛せる日を 待っている
No Side渡辺美里渡辺美里渡辺美里木根尚登有賀啓雄秋の風がほんの少し 冷たい冬に近づいてる ぐるぐる巻きのマフラー いつもの冬の定番  二人暮らす 街のアーケード 年々と早くなる X'mas song 遊歩道沿いの店にも 小さな明かり灯る  大きく息を吸いこんで 言葉探していた  まばたきするのも おしいほど見つめた 青春と呼べる日は 短すぎて 負けたくないのは 自分の弱さ 悲しみや さよならじゃない  頬さす風 寒い夜は「柚子湯がいいよ」と、いつも言ってた 心の芯のほうまで ぬくもり感じたいよ  二人暮らした 街のアーケード うつむいたあの頃の X'mas song 遊歩道沿いの店には 今年も明かり灯る  トウルル…と鳴った携帯が ぼくらのノーサイド  終わりは始まり 正直すぎるのが お互いの いいところ 不器用なとこ この先二人を 待ってるゴールは 悲しみや さよならじゃない  まばたきするのも おしいほど見つめた 青春と呼べる日は 短すぎて 負けたくないのは 自分の弱さ 悲しみや さよならじゃない  終わりは始まり いつかもう一度 みつめあえたら それがkick off この先二人を 待ってるゴールは 悲しみや さよならじゃない
夢のあいだ渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄有賀啓雄まぶしい季節に ぼくらは出会った 永遠さえ感じて 夢見てた 伝えきれずにいる 想い溢れても 時はまた今を 過去に変える  あの日の笑顔も あの日のメロディーも あの日の涙も いつも一緒にいたから 今はまだ 夢のあいだ… 虹の向こう側には 何があるの  凍てつく季節に 心破れても 夏はまた来ると 信じてた やり過ごさなければ 前へは進めない あの日の自分を 愛せるように  燃えるよな 夕焼けも どしゃぶりの雨の日にも 花散る木々は萌え いつか また会える日まで 今はまだ 夢のあいだ… 虹の向こう側へと 行きたい  本当は泣きたくて 本当は抱きしめたくて だいじな何かを もう一度見つけたくて 今はまだ 夢のあいだ… 虹の向こう側には 何があるの
メロディ渡辺美里渡辺美里大江千里大江千里有賀啓雄LIFE 君とであったあの朝の つよい風が吹いた街のノイズ 僕は忘れない LIFE 幾つもの季節過ぎて はぐれたときもあったけど もう君を放さない  大丈夫なふりしていても 全然大丈夫なんかじゃないよ 君だけが僕のメロディ 僕はそれだけで 強くやさしくなれるんだ  LIFE ただひとつ君のために 僕が出来ること それをいま もういちど教えて LIFE 僕らが見つめるこの空に 国境なんてどこにもない君は あの日言っていたね  こんな日は君に会いたくて こんな日は君を抱きしめたくて 君だけが僕のメロディ 僕が歌う声 君に届けてみたいんだ  大丈夫なふりしていても 全然大丈夫なんかじゃないよ こんな日は君に会いたくて こんな日は君を抱きしめたくて  ラララ…  君だけが僕のメロディ 僕はそれだけで強くやさしく はげしくおだやかに 強くやさしく なれるんだ
トマト渡辺美里渡辺美里槙原敬之槙原敬之有賀啓雄あなたが残してくれたものは 今でも何も変わらずに 私と一緒に生きている トマトだって今も大好きなまま 自分に何ができるかを いつもまじめに考えて さりげなく くれた気持ち今頃 心で芽吹いて愛と気がついた  わがままだった ほんとうにごめんね もうすぐ結婚するあなたに 伝えられない想い抱えたまま 夕暮れ空見上げた  この空をたどればきっと あなたにつながっている 形のない心 この空を超え 必ず届くと今信じられる 愛する人とあなたがこの先 幸せでいられるように 祈る事が今の私には 出来る事に気が付いた  思い出すのはいつだって 優しいあの笑顔だから 心配させまいと隠してた 姿たくさんあったでしょう  そんな事に気づくどころか 嫌いだったトマトだけじゃなくて あなたのくれた想いを全部 お皿のはじによけていた  食べきれない分を冷蔵庫にしまおう 一人で暮らす部屋の窓 どこかの風鈴が 残暑の歌を歌っている  この空をたどればきっと あなたにつながっている 形のない心 この空を超え 必ず届くと今信じられる あなたが私にくれた想いが こんな後になっても 何も変わらず私の心を 支えてくれているから  同じように私もこれから愛する人に 何が出来るか真面目に考えた事を さりげなく伝えられる あなたのようになるからね がんばらなくちゃ  この空をたどればきっと あなたにつながっている 形のない心 この空を超え 必ず届くと今信じられる 愛する人とあなたがこの先も 幸せでいられるように どこにいても 心から祈ろう 赤いトマトを食べながら  I say a little prayer for you.
Body TALK鈴木雅之鈴木雅之松井五郎Char有賀啓雄ハリあっても しょうがない まだ相手にならない まちがってる場所に そんなKissじゃ感じない  なぜ もっといいのに そうしないの ほら 中途半端にやめないで  したがってるBaby Face 唇からReaction 見たがってるものは あきれるほどあるじゃない  I Say Body TALKなにから欲しい High and Lowどこまで欲しい Body TALK誰よりずっと どうなっても離れられない  自分勝手に 試したい 時間なんか気にしない 奮い立ってるMr.John 世界だって溺れるさ  I Say Body TALKなにから欲しい High and Lowどこまで欲しい Body TALK誰よりずっと Get It On Oh Yeah  Body TALKどうして欲しい High and Lowどれだけ欲しい Body TALK誰よりもっと Get It On Oh Yeah Body TALKこのままずっと どうなっても離れられない  なぜ もっといいのに そうしないの ほら 中途半端にやめないで なぜ ずっといいのに そうしないの なぜ 中途半端にやめちゃうの
天使のゆびきり福田舞福田舞藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE You may dream 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  目の前を過ぎる横顔 ときめきが踊り始める 話す声 耳を傾け またひとつあなたを知った  ほんの少し勇気だして その瞳を見つめたい  YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  面影がきらめくたびに 胸が傷んで目を閉じる 切なさが涙になって 自分勝手に零れてく  傷つくことを恐れずに 鏡に小指差し出す  YOU MAY DREAM 抱きしめて 今すぐこの想い 言葉に変えたい I LOVE YOU YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように
ミッドナイト パフェ渡辺美里渡辺美里染谷俊染谷俊有賀啓雄自分の思想と 自分のモラルと 自分のルールで 鎧をかぶって 自分の歴史と 自分と自問自答で 見い出した答えを信じて  19の頃から 身体で覚えた世知辛い世を生き抜く術と 孤高の世界を貫き守って 灰色の街を一途に走って  だから今日も 空を見たんだ 泣くことなんか 忘れたふりで 一人きりだって やっていけるって いつもみたいに笑うはずだったのに  「自分が自分であるために 自分を失わずに生きていくために…」  なんか足りない きっと足りない ずっとそうだ あたしの人生 知ってるんだ わかってるんだ やっぱそうだ あたしの人生  今君に逢いに行こう 今君に伝えに行こう 今こそは 越えて行こう 今君に愛を歌おう  例えば本気で 明日の世界を変えてゆくために 何をすればいいんだろう 例えば自分を身代わりにしても 大切な人を守る時がくるだろう  だから今日は 歩いてたんだ グシャグシャになった顔も拭かずに 本気だしたらやっていけるって あの日みたいに いっそ歌ってみようか  「自分が自分であるために 自分を失わずに生きていくために…」  なんか足りない きっと足りない ずっとそうだ あたしの人生 知ってるんだ わかってるんだ やっぱそうだ あたしの人生  今君に逢いに行こう 今君に伝えに行こう 今こそは 越えて行こう 今君に愛を歌おう  生きてるんだ もっとそうだ 生ききりたい あたしの人生 逃げないで 裸になって 行かなくちゃ あたしの人生 見つけたんだ 気づいたんだ 君もそうだ きっとそうだ 逃げないで 裸になって 行かなくちゃ あたしの人生  なんか足りない きっと足りない ずっとそうだ あたしの人生 知ってるんだ わかってるんだ やっぱそうだ あたしの人生  今君に逢いに行こう 今君に伝えに行こう 今こそは 越えて行こう 今君に愛を歌おう
Blue Butterfly渡辺美里渡辺美里渡辺美里森山公一有賀啓雄通りすがりの きみになんか 何も言えない ほんとうのことは まるで呪文を唱えるように 溢れてるのは ラブソング  ハダカニナンテナレナイ いつまで経っても  泡のように 消えてくだけの 日々はいらない 実感したいだけ 夜が静かに音もたてず 舞い降りてくる  びしょ濡れだって構わない 汚れたりしない  紺碧の夢を抱いて 目覚める瞬間(とき)を待つよ 美しき羽広げて 飛び立つ日まで  熟れた果実の しみるような 甘い香りが 瞼に残る 煙のように まとわりつく寂しささえも 拭えず  びしょ濡れだって構わない 汚れたりしない  信じられる一つのこと ただそれだけでいいよ 美しき羽広げて 飛び立つ日まで  ハダカニナンテナレナイ  紺碧の夢を抱いて 目覚める瞬間(とき)を待つよ 美しき羽広げて 飛び立つ日まで  信じられる一つのこと ただそれだけでいいよ 美しき羽広げて 飛び立つ日まで
茉莉花~ジャスミン~渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄有賀啓雄…夢里来相見… 遥か彼方に 仰ぎ見る空は 浅葱色(あさぎいろ)した 母のような やさしい空 深く眠る魂が 呼び覚まされる あなたに会いたくて…好想イ尓…  まるで静かな 夏の序章のように 輝きに満ちた世界 まどろむ時 夕凪に沈みゆく あの太陽 あなたに触れもせず…難相見…  自分さえも愛せずに傷つくのは もうやめて 痛みを学んだ 世界で  好象那 茉莉花 恋は一色 夢みることを忘れてるだけ あなたは 茉莉花 強く静かに 夜明けと共に 咲き誇るよ  鼻をくすぐる 記憶の向こうに 白く透きとおる横顔 うかんでくる つまびき奏でる言葉は芳(かぐわ)しく あなたは わたしのもの…イ尓是我的…  自分さえも愛せずに傷つくのは もうやめて 痛みを学んだ 世界で  好象那 茉莉花 恋は一色 まるで秘密を咎(とが)めるように あなたは 茉莉花 甘い香りと 朝の光に包まれるよ  明日になれば 飛び立てるよ
amagumo渡辺美里渡辺美里森山公一森山公一有賀啓雄いくつもの過ちを繰り返して 僕らは少しずつ ほんの少しずつ 大人になる  見慣れてた街並みも 君の目も 本当は少しずつ ほんの少しずつ 変わっていた  失くしたものは何もないはずなのに なぜ人は すきま風の中 宝探しに行くのだろう  さよならが君のことを想い出に変えてゆく 二度とはもう戻らない 触れられない寂しさで 僕はまた強くなる? でもいまは記憶に寄り添うだけ  夢のようなひとときも 手触りも 本当は少しずつ ほんの少しずつ ぼやけていた  今も未来も 預けたはずなのに なぜ人は 雨雲の下へ 傘も持たずに行くのだろう  さよならが君のことを想い出に変えてゆく 二度とはもう戻らない 触れられない寂しさで 僕はまた強くなる? でも今は記憶に寄り添うだけ  悲しみを堪えたような 君のその口元に 切なくて目を閉じた 触れられない寂しさで 僕はまた強くなる? でも今は記憶に寄り添うだけ
蝶のように 花のように~You are the only one!~渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄有賀啓雄愛を叫ぼう 炎のように 咲き誇れよ 花のように You are the only one! 蝶々のように しなやかに 舞い踊れよ  蜂蜜色の月が照らす 青い地球を 薔薇には棘が 蓮には泥が キミにはボクが  罪には罰を 光に影を 愛には誠が くちびるに歌 ココロに太陽 キミにはボクが  誰かの嘆きが 不協和音を重ねる 祈りを込めて 抱きしめ合って  何のためだ? どこへゆくんだ 闘うこと 争うこと You are the only one! どこにいるんだ? 正義の味方 勇気の印  分別もある 分別もする 青い地球で どこにでもある癒しなんて ボクはいらない  育め愛情 汚すな純情 おかしな同情 気分は上々 察する心情 変わらぬ友情  歓びはいつも 苦しみの後にくるよ いきづまりそうな 現実越えて  愛を叫ぼう 炎のように 咲き誇れよ 花のように You are the only one! 蝶々のように しなやかに 舞い踊れよ  何のためだ? どこへゆくんだ 闘うこと 争うこと You are the only one! どこにいるんだ? 正義の味方 勇気の印  愛を叫ぼう 炎のように 咲き誇れよ 花のように You are the only one! 蝶々のように しなやかに 舞い踊れよ
Smile渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄有賀啓雄この海の 先の先に住む あの人へ この空の 青の青さを今 伝えたい 争いは とどまることを知らずに 今日もまた 傷ついたり 傷つけあったり  憎しみからは何も生まれない 溜息が こぼれる  堪えきれず 溢れ出す想いを 今 すぐに 届けて  Smile for me. Smile for you どうか 笑顔で 春の芽生えも 夏の陽射しも 秋のうつろい 冬の風花も 眩しく あおい季節は巡るよ  朝露に 濡れた蕾をほら見つけたよ 思い出して 夢みた日 こころ通った日  不安と不安 重ね合わせても 一歩も前へ 進めない  今はどんなに小さな願いでも 慈しめば育つよ  Smile for me. Smile for you 泣くだけ泣いたら  Smile for me. Smile for you どうか笑顔で  Smile for me. Smile for you 心細くて 眠れぬ夜は 同じさ  春の芽生えも 夏の陽射しも 秋のうつろい 冬の風花も Smile for me. Smile for you どうか笑顔で 眩しく あおい季節は巡るよ
Do Da Dance!~オンタイムではじまるよ~渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄有賀啓雄例えば もっと弾けてみたり 例えば もっと恋してみたり 例えば もっと自由だったり 例えば もっと孤独だったり  そんな憂鬱な顔しないで めげそなニュースで もう クラッシュ マイハート  正直ちょっと混乱してる 正直ちょっと落胆してる 正直もっと勇気をだして 歪んだリアル ゆらぎの快感  傍若無人な メイクアップガール 眉間のしわも深くなるわ  暮れなずむ空に今夜 一番星みつけて まだ見ぬ幸せの島 漕ぎ出して行くのさ  あの日の歌 あの日のキス あの日の嘘 あの日の決意 触発されて 誘惑されて 翻弄されて 傷ついて  たったひとつの 確かな今日と 「本物」を見抜く心 あればいい  燃え尽きてしまうほどの 情熱の花が咲いて 絶え間なく光輝く 愛をふりそそぐよ  Do Da Dance! 勝どき上げて リズムを刻めば ほら Shake your body  スパンコールの波を行け! 青い海 青い空 Blue Blue Heaven  Do Da Dance! 取舵いっぱい 宝探しの旅さ Go! Go! パイレーツ  サーチライトで照らし出せ! この夜を この闇 この時代を  暮れなずむ空に 一番星みつけて まだ見ぬ幸せの島 漕ぎ出して行くのさ  Do Da Dance! 勝どき上げて リズムを刻めば ほら Don't stop the music  オンタイムではじまるよ! 人生のステージはこれから  Do Da Dance! 勝どき上げて リズムを刻めば ほら Shake your body  スパンコールの波を行け! 青い海 青い空 Blue Blue Heaven  Do Da Dance! 取舵いっぱい 宝探しの旅さ Go! Go! パイレーツ  サーチライトで照らし出せ! この夜を この闇 この時代を
Heart of Gold渡辺美里渡辺美里川村真澄染谷俊有賀啓雄風の合図に目覚めて あなたは 息を吸い込んで 特別じゃない一日が 始まる  人ごみに流されても あなたは昨日を忘れない 愛されたり 信じたり 泣いたり  悲しみは宝物のように 金色に心を染める  その手を離さないで その目を曇らせないで ひとりきりで眠る夜も 光が流れ出す朝も 空はいつも 何も言わず 僕らの上にあるよ  坂道を帰りながら あなたは 笑顔まねてみる 爪を切るような ささいなちからで  空っぽの両手が重すぎて 差し出せるものがなくても  その手がなくしたもの その目が見つめてたもの 胸の中で いつのまにか 形を変えてゆくから 空がいつも 違う顔で 僕らを包むように  lalalalala…… lalalalala Heart of gold lalalalala lalalalala…… lalalalala in the wind lalalalala……  風の合図に目覚めて あなたは 息を吸い込んで 特別じゃない一日が 始まる
悲しいくちづけ渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄有賀啓雄輝きだす 季節はほら すぐそこまで来ているよ 真夏の夢 一夜の夢 心がざわめきだす  風を追い越し ギアを入れると あの日のきみの言葉が 巡り出すよ  どこかの国の おみやげにくれた ターコイズブルーのブレス ふわり揺れる  ほのかにともる こころの明かり 女の友情 後回しにしてもいいかな?  流れてゆく 流れてゆく 大切な瞬間(とき)がずっと 愛したいの? 愛せないの? 心がざわめきだす  夜中の電話も とぼけたメールも 返事がこないとやけに 気になるのに  「誰といるの?」とか「誰かいるの?」とか お互い大人だから 踏み込まないし  『ふわぁー』っとした 楽しさの中で 生きてゆけるよな 気がしていた それは無理かな?  まわるまわる 光の中 スカートの裾揺らして せつなさとか やさしさとか 心がざわめきだす  あの日一瞬 風が止まって くちづけした 照れ笑いで 走りだした ド・オ・シ・ヨ!  今年の夏 はじまる夏 背筋をピンと伸ばして 仕事もする 疲れもする それがわたしの毎日  輝きだす 季節はほら すぐそこまで来ているよ 真夏の夢 一夜の夢 心がざわめきだす
十の秘密渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄有賀啓雄ひとつだけ ひとつだけ この愛を おもいきり叫びたい 愛しさのあまり 哀しくて… 迷い込んでしまった  風が バス通りを吹きぬけてゆく 通りにあふれる人波 泳いでく 私のココロの奥底にしまった 言葉をあなたにだけは 伝えたい  光と影 時に夢にうなされて 誰もが ひとりぼっち 感じている  泣きながら 生まれる子供のように この愛を おもいきり叫びたい 藍色に染まる 大空が迫りくる 秘密の香りがした  夜のとばりが静かに降りる頃 幾つもの物語が動き出す 小さな 願いが不安に変わってしまわぬように 二人で歩いてく  出会いと別れ 紡いでゆく この街で うつむかずに 今を 生きてゆけたら  ひとつだけ ひとつだけ この愛を おもいきり叫びたい 月あかり プラチナに輝く 遠い空 秘密の香りがした  ひとつだけ ひとつだけ 見つけたい ほんとの優しさを 愛しさのあまり 哀しくて… 迷い込んでしまった…
知らないままじゃなくてよかった川村結花川村結花川村結花川村結花有賀啓雄「Hello It's Me」 教えてくれたあの歌が どこかで流れてる いつからか 胸は少しも痛まなくて  2つの季節が通り過ぎた町 風に吹かれながら 振り返る時がやって来ること ずっと怖かったけど  しあわせかどうかも 関係なくなったころ やっと しあわせを祈れる わたしになれたと気付いたよ  あなたを 知らないままじゃなくてよかった 触れないままじゃなくてよかった 刻んだ笑顔も夕暮れも 最後の背中も あなたを 知らないままじゃなくてよかった 触れないままじゃなくてよかった 叶わない夢と約束と サヨナラをひきかえにしても  「I Saw The Light」 素通りできなかった人 いつか追いかけてた おだやかに生きてくこと覚えた 毎日の中でさえも  本当に怖かったのは 傷つくことではなくて 痛みも喜びも全部 記憶に埋もれてしまうこと  あなたを 知らないままじゃなくてよかった 触れないままじゃなくてよかった わたしに背を向けてたわたしが 今ふりかえったよ あなたを 知らないままじゃなくてよかった 触れないままじゃなくてよかった 叶わない夢と約束と サヨナラをひきかえにしても  あなたを 知らないままじゃなくてよかった 触れないままじゃなくてよかった 刻んだ笑顔も夕暮れも 最後の背中も あなたを 知らないままじゃなくてよかった 触れないままじゃなくてよかった 叶わない夢と約束と サヨナラをひきかえにしても サヨナラをひきかえにしても
12月の神様渡辺美里渡辺美里川村真澄渡辺美里有賀啓雄一人で映画を見るなんて… スクリーンの中の メグが笑ってた 泡立つ心を静めては 人込み かき分けた  12月 神様は たくさんの幸せを欲しがるけど 本当のプレゼントは 少し遅れて来るもの  Merry Xmas 大丈夫 答え合わせをするように Merry Xmas 恋人は 出逢う その時を待ってる  読み終えなかった文庫本 自分の欠点を 愛せる日は遠い 誰かが忘れた花束が バスの座席にあった  一年 一日 運命では すべてが予定通り 本当に好きな人は どこか 待ち伏せしてるよ  Merry Xmas しょげないで 聖書物語のように Merry Xmas その恋は 生まれる夜更けを待ってる  Merry Xmas 大丈夫 答え合わせをするように Merry Xmas 恋人は 出逢う その時を待ってる  Merry Xmas しょげないで 聖書物語のように Merry Xmas その恋は 生まれる夜更けを待ってる出違う その時を待ってる
Here We Are中西圭三中西圭三中西圭三中西圭三有賀啓雄Here We Are いつまで こうして いられるのだろう いつかは 消え行くなら 抱きしめて このひととき  Here We Are 思えば なんて 素敵な奇跡 「ありがとう」共に行こう 二度とない 今 重ねて  探した虹の彼方には 凍えた星の破片達 ささやかな日々 暖ね合えば We'll Find The Love 出会える 確かな答えに  Here We Are 他には 望む事などなくて あなたに とって僕が 笑顔の理由であるなら  探した虹の彼方には 凍えた星の破片達 はかない夢の こぼす涙で We'll Find The Love とかして あげたい いつでも  Here We Are 他には 望む事などなくて あなたに とって僕が 笑顔の理由であるなら  「さよなら」を言う その日まで…
ガラス越しに消えた夏中西圭三中西圭三松本一起大沢誉志幸有賀啓雄やがて 夜が明ける 今は 冷めた色  次のカーブ切れば あの日 消えた夏  君は 先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきととまどいをその胸にしのばせて  ツライ夜を数え 瞳くもらせた ガラス越しの波も 今はあたたかい  君がいないだけ 今は苦しくはない 二度とは帰れない あの日が呼び戻すけれど  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきととまどいをその胸にしのばせて  君は 先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきととまどいをその胸に  さよならを言えただけ 君は大人だったね ときめきととまどいをその胸にしのばせて
時の流れに身をまかせ中西圭三中西圭三荒木とよひさ三木たかし有賀啓雄もしもあなたと 逢えずにいたら わたしは何を してたでしょうか 平凡だけど 誰かを愛し 普通の暮し してたでしょうか  時の流れに身をまかせ あなたの色に染められ 一度の人生それさえ 捨てることもかまわない だからお願い そばに置いてね いまはあなたしか愛せない  もしもあなたに 嫌われたなら 明日という日 失してしまうわ 約束なんか いらないけれど 想い出だけじゃ 生きてゆけない  時の流れに身をまかせ あなたの胸により添い 綺麗になれた それだけで いのちさえもいらないわ だからお願い そばに置いてね いまはあなたしか 見えないの  時の流れに身をまかせ あなたの色に染められ 一度の人生それさえ 捨てることもかまわない だからお願い そばに置いてね いまはあなたしか愛せない
片想い中西圭三中西圭三浜田省吾浜田省吾有賀啓雄あの人のことなど もう忘れたいよ だって どんなに想いを寄せても 遠く叶わぬ恋なら  気がついた時には もう愛していた もっと早く「さよなら…」言えたなら こんなに辛くは なかったのに  せめて一度だけでも その愛しい腕の中で 「このまま 傍に居て 夜が明けるまで」と 泣けたなら…  肩寄せ歩く恋人たち すれ違う 帰り道 寂しさ風のように いやされぬ心を もて遊ぶ  あの人の微笑み やさしさだけだと 知っていたのに それだけでいいはずなのに 愛を求めた片想い
「人間の証明」のテーマ中西圭三中西圭三西条八十・角川春樹・ジョー山中大野雄二有賀啓雄Mama, Do you remember the old straw hat you gave to me I lost the hat long ago, flew to the foggy canyon Yeah  Mama, I wonder what happened to that old straw hat Falling down the mountain side, out of my reach like your heart  Suddenly the wind came up Stealing my hat from me Ah Swirling whirling gust of wind Blowing it higher away  Mama, that old straw hat was the only one I really loved But we lost it, no one could bring it back like the life you gave me  Suddenly the wind came up Stealing my hat from me Ah Swirling whirling gust of wind Blowing it higher away  Mama, that old straw hat was the only I really loved But we lost it, no one could bring it back like the life you gave me Like the life you gave me
egoism渡辺美里渡辺美里大江千里伊秩弘将有賀啓雄rainy day この雨 たたきつづけて これ以上憎しみ 胸にためないように rainy day さよなら 怖いんじゃなくて 別れてしまえば それきりなのきっと  惜しみない 求めない 愛情はどこにあるの? 嵐のように叫んでる  綺麗な星など見たくない どしゃぶりでいいよ ずぶぬれの肩を抱いて 悲しみを洗い流して この世に生まれたことのペイン 気づかせてくれる あなただけがわたしの 存在 あゝエゴイズムでも  rainy day この雨 かわりに泣いてる 泪のでない 不器用な誰かの  照れもない 嘘もない 人間がどこにいるの? 静かに迷いに身を投げる  激しい街のざわめきに 遅れないために 犠牲にできることと 投げ出しちゃいけないことと ひとつだけ夢が叶うなら 傷ついてもいい 自分らしく生きたい 存在 あゝエゴイズムでも  世界があと一日でも 嘆いたりしない あなたのそのくちびるに キスを捧げつづける 地球が青く見えるのは 人が悲しみを ためて生きる瞳が 空をあゝ映すから  綺麗な星など見たくない どしゃぶりでいいよ ずぶぬれの肩を抱いて 悲しみを洗い流して この世に生まれたことのペイン 気づかせてくれる あなただけがわたしの 存在 あゝエゴイズムでも
truth渡辺美里渡辺美里渡辺美里染谷俊有賀啓雄木漏れ日 きらきら あふれて 住み慣れたこの街 包み込んでる まるで気怠い 現在(いま)を隠すように  こんなに自由なのに こんなに苦しいのは何故 風の通り抜ける部屋で 自分さえ愛せずにいたの  かなえたい夢が いくつも 指と指の間を こぼれおちてく まるで言葉は 壊れた砂時計ね  悲しみの数だけ ちいさなkissをあげるよ 幸せの数だけ ちいさなkissをあげるよ  ひとつだけの真実があれば飛び立てる  あなたの愛は空 あなたの愛は風 Because you are here I don't feel lonely I can fly to the sky forever 真っ直ぐに見つめていて ほんとうをみつめていて  あなたの夢がすき あなたの声がすき I'll kiss you numbers of the sadness I'll kiss you numbers of the happiness その手を離さないで その手をほどかないで  濡れたアスファルト 遠い雲 伝えたいことばかりで 泣き出しそうだよ すぐそばにある 明日をみつけたいよ  悲しみの数だけ ちいさなkissをください 幸せの数だけ ちいさなkissをください  ひとつだけの真実があれば飛び立てる  あなたの愛は空 あなたの愛は風 Because you are here I don't feel lonely I can fly to the sky forever 真っ直ぐに見つめていて ほんとうをみつめていて  あなたの夢がすき あなたの声がすき I'll kiss you numbers of the sadness I'll kiss you numbers of the happiness その手を離さないで その手をほどかないで  ひとつだけの真実があれば飛び立てる あなたと二人で ほんとうを見つめて その手をつないで ほんとうを見つめて
ソレイユ渡辺美里渡辺美里渡辺美里石井妥師有賀啓雄夏の地図を空に広げ 青い風を吸い込んでみる 南南西に向って 湾岸沿いを行けば 今年最初の波に出会えるよ  海よりも深い愛情で 太陽よりも熱い想いで すきになってもいいじゃない 泣いちゃいそうなくらいに あなたへ動きだしてる!  I say Hello! まだ見ぬ新しい自分(ひと)に I say Goodbye! 昨日の苦い悲しみに I say Hello! いつかはきっと辿り着ける  高気圧はりだしたらはじまりの予感 あなたの笑顔 太陽の輝きのように 心とろかすようなトリコロールの夢 届けてよ サマーブリーズ  束ね髪をそっとほどいて 旅をするなら夜のヒコーキ 滑走路の光が 流線型の横顔と 二人の未来照らしてくれるよ  煮つまったり いきづまったり 今も悩みはつきないけれど 劣等感ふきとばして 水平線の彼方へ あなたとならこぎだせる  I say Hello! まだ見ぬ新しい場所へ I say Goodbye! 昨日のイタイ苦しみに I say Hello! いつかはきっと辿り着ける  天空へとかけ昇るペガサスのように 翼広げてはるかなコバルトの宇宙へ 心とろかすようなロマンチックなムーンライト 映してよ サマーブリーズ  I say Hollo! LA LA LA … I say Gooddye! LA LA LA … I say Hello! まだ見ぬ新しい場所へ I say Goodbye! いつかはきっと辿り着ける  I say Hello! まだ見ぬ新しい自分(ひと)に I say Goodbye! 昨日の苦い悲しみに I say Hello! いつかはきっと辿り着ける  高気圧はりだしたらはじまりの予感 あなたの笑顔 太陽の輝きのように 心とろかすようなトリコロールの夢 届けてよ サマーブリーズ
私が好きな孤独渡辺美里渡辺美里川村真澄木根尚登有賀啓雄高層ビルの窓に 映る大きな雲が 遠い大陸に見えた 胸の痛む場所に 手を当てると 空がため息を吹かせた  公園の石段を 飛び越えるように 軽く誰かを傷つけたこと 悲しい出来事があると 少し泣いて 少し安心した  目を閉じて ほら 見えるよ まぶたに溶けてく太陽が 思い出す どんな恋も無駄ではないと 感じている  ただ 一人 歩いて でも 一人じゃなくて 漂えば あなたにたどり着くから 今 私が好きな孤独を見つけた やさしい寂しさが 心を確かめてる  誰にも会いたくない だけど 誰かに声をかけてもらいたい日暮れ 急ぎ足で歩くあなたも 振り向けば 私を探すでしょう  目を閉じて ほら 聴こえる 自動扉が開く音が たぶんそう 信じることは 信じようとすることなの  ただ 一人 生まれて でも 一人じゃなくて 気付かないで 何かを 待ち続けても 今 私が好きな孤独を見つけた やさしい一日が ここから始まるから  ただ 一人 歩いて でも 一人じゃなくて 漂えば あなたにたどり着くから 今 私が好きな孤独を見つけた やさしい寂しさが 心を確かめてる
Blue渡辺美里渡辺美里渡辺美里佐橋佳幸有賀啓雄青い夢を見ていた 月夜のうさぎを 追いかけながら この愛に 迷ってしまった…  都会の森の向こうに 二人だけの世界があるのなら どこまでも 歩き続けたい  水面に映った 高層ビルの影は 哀しみに 咲く花  あなたのことを考えている 静かに every time every where 月はやさしく 舗道を照らし 頬を濡らす  愛はきっと 本物だけど 隣りに さよならの予感 暗闇に怯える 私のココロ そっと射抜いて I'm in Blue  週明け空いた プールの向こう側で ゆっくりと ターンした  あなたのことを感じている まぶしく every time every where 二人を待つゴールは 息つぎなしじゃ 泳げない  愛はきっと 本物だけど 隣りに さよならの予感 ぬくもりに包まれた あなたのココロ 隠さないで I'm in Blue  青い夢を見ていた 月夜のうさぎを 追いかけながら この愛に 迷ってしまった
Song of the Asking渡辺美里渡辺美里川村真澄渡辺美里・有賀啓雄有賀啓雄静かすぎる夜は 眠れませんか 美しすぎる夢を 今も見ますか 地下鉄のコンコースを翔抜ける鳩が 生まれて死んでく場所を 知りませんか  落ちた果実が枝には戻れないように 涙のあとの 果てしない自由  ざわめき続ける 日付けのない街 黄砂の匂い 悲しみない世界で 人は 何故だろう 安らげない ah 何故だろう  うまくしゃべれないことがありますか 許してくれる人が 誰かいますか 見知らぬ子供に ふいに手を握られて 忘れてたことが 一瞬 蘇りました  鉄を打ち込む響きが 絶え間ない朝は 窓の結露にかすんだ日を思う  出口の見えない テレビの毎日 コスモス色の 憎しみない世界に 人は 何故だろう 生きられない ah 何故だろう  輝き疲れて 横たわる夕陽 くるぶし染めて 終わりのある世界を 人は流れてく 笛の音 追って まだざわめき続ける 日付けのない街 黄砂の匂い 悲しみない世界に 人は 何故だろう 生きられない ah 何故だろう  静かすぎる夜は 眠れませんか 美しすぎる夢を 今も見ますか 地下鉄のコンコースを翔抜ける鳩が 生まれて死んでく場所を 知りませんか
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋のうた渡辺美里渡辺美里渡辺美里石井妥師有賀啓雄目と目があって ココロとココロふるえて 指と指をからませて 生きてる眩しさ 体中に感じたい 大人だもの頬を染めたら恋のうた Song For You  真夏の太陽ジリジリ照らす アスファルトにゆらゆら陽炎ゆれる  レモンソーダの泡のような すっぱい思い出に涙をこぼして 二度と恋などしたくないと 夜通し泣いたあの頃 まるで遠い夢… 泣いたカラスがもう笑った  本当の出会いはそんなに簡単じゃない Ai Ai 大事なこと気づいたら ひとりぼっちじゃ この夏はやりきれない Ai Ai 大人だもの唇ぬらす恋のうた Song For You  まんまるの月 二人をゆらす 波打ち際 瀬戸際で戸惑っている  まるでシネマのシーンのように 置き去りになったこの恋心 浮かんでは消えてく 花火に映る横顔は まるで浅き夢… きっとあなたが運命の人  目と目があって ココロとココロふるえて 指と指をからませて 生きてる眩しさ 体中に感じたい 大人だもの頬を染めたら恋のうた Song For You  傷だらけでも それでも私生きている 恋するために 生まれてきた あ・うんの呼吸で感じ合えたなら One! Two! Three! このトキメキわかるでしょう 全力Playの恋はいつの日も Two Top 押してだめなら引いてみよ  目と目があって ココロとココロふるえて 指と指をからませて 生きてる眩しさ 体中に感じたい 大人だもの頬を染めたら恋のうた Song For You
Caramel Blood渡辺美里渡辺美里川村真澄石井妥師有賀啓雄寒い夜更けの毛布のように 君の髪 手繰り寄せる 埋め立て地を見下ろす たそがれ 土煙が 上がってた  「人は 一番小さな指で なぜ約束するのだろう」 永遠は意外に短いと 君が僕の胸をたたいた  愛がすべてだよと言えない 時代を僕らは越えてゆくのさ 臆病風に 飛ばされないように 流れ星に 惑わないように  いいかげんな僕を叱る時 キャラメルの匂いがした 君の強さが 完璧なのは なつかしくて 優しいから  心が離れたくても たぶん 求める血が流れてる 展示場あとの 枯れ野原で 急に 君を抱きしめてみる  ずっと一緒だよと言うのが こんなに難しいのに気付いた だから この手握りしめているよ たとえ君が 笑っても 泣いても  くちびるをそっと噛んでみたら 甘い香りがするだろう 心が忘れたくても きっと 求める血が流れてるから  愛がすべてだよと言えない 時代を僕らは越えてゆくのさ 臆病風に 飛ばされないように 流れ星に負けぬよに  ずっと一緒だよと言うのが こんなに難しいのに気付いた だから この手握りしめているよ たとえ君が 笑っても 泣いても
エチュード川村結花川村結花川村結花川村結花有賀啓雄いつのまにか風は 次の季節を連れて 新しい人波が 町に溢れだして  持ち帰る場所のない 一日をつめこんだ ひとりぶんの荷物の 重さをたしかめてる  あなたじゃない誰かと笑う わたしになんかなりたくないよ あなたじゃない誰かと出会うための 涙ならいらないよ 別れは明日へのエチュード そうして歩いて行くとしたら 歩いてなんか行けなくてもいい なにもかもをあの日に戻して  生まれて初めての やわらかだった時間 越えなきゃいけないものなど もうないと思ってた  あなたじゃない誰かと笑う わたしになんかなりたくないよ あなたじゃない誰かと出会うための 涙ならいらないよ わたしでいるためのエチュード 答はいつもサヨナラとしたら 宝物いくつ引きかえればいい これ以上なにを置いていけばいい  あなたじゃない誰かと笑う わたしに明日も朝が来て あなたじゃない誰かと出会うために 時がまた繰り返して 忘れていくためのエチュード ひとつずつかさねてしまうのでしょう 声も名前も懐かしい歌も なにもかもが昨日に変わるまで
花~このぼくで生きてゆく~渡辺美里渡辺美里渡辺美里伊秩弘将有賀啓雄走り続けてく 風を受けて あの季節を  きみを感じてる 今 かなえたい願いがある  雪の中眠る 小さな種も光集めて いつの日にか 誰かのために キラリ咲く花になる  Welcome to the Glorious days もう一度 会いたい人がいる さ迷い続ける 時代の中を このぼくで生きてゆく  Welcome to the Glorious days この空の向こう とき放たれ 終わりなき旅の途中に咲く 一輪の花になる  ゆらゆらと揺れる 街の灯り 遠い窓  雑踏 ためいき 恋人達 蒼いメロディー  笑顔の向こうの このイラダチを 誰に告げよう 悲しまないで 傷だらけのDreamer キラリ咲く花になれ  Welcome to the Glorious days もう二度と 会えない人がいる あふれだす 涙の意味を知って このぼくは生きてゆく  Welcome to the Glorious days つかみたい 何かがあるのなら 自分の勇気 もう一度信じて 一輪の花になる 一輪の花になる  Welcome to the Glorious days 生きてゆくチカラ胸に抱いて さ迷い続ける 時代の中を このぼくで生きてゆく  Welcome to the Glorious days この空の向こう とき放たれ 終わりなき旅の途中に咲く 一輪の花になる  このぼくで生きてゆく このぼくで生きてゆく
YOU~新しい場所~渡辺美里渡辺美里小渕健太郎小渕健太郎有賀啓雄君とおんなじ名前の花を見付けたよ 道の端で だけど この街じゃ君とすれ違っても僕は気付かない いつも窓辺に置いてた 時計はむこうに置いてきたよ 何もかもが新しく刻んでいけるようにこの場所で  赤い星たちがビルの上に沈む 壊れたプラネタリウムみたいに それぞれのリズムで悲鳴をあげてるようだね  いつか この胸にとどめた夢が 今すこしずつ動きだす 灰色の空晴れる日は 七色の虹が架かるよ 乾いた雨が街を通り抜ける  君とおんなじ名前の花はしおれてた 雨の後で 遠く離れた君を鮮やかに 感じられた場所なのに  鈴を外された捨て猫みたいに つかれたプラットホームに肩をすぼめてる 自分に壁の文字たちが呼びかける  Uh Uh Uh 戦うことだけが人を強くするとは限らない 誰かに流した涙のぬくもりがムネつたう時 本当の強さの意味を知ってく 生まれた時は誰も弱いから…  戦うことだけが人を強くするとは限らない 誰かに流した涙のぬくもりがムネつたう時  この胸にとどめた夢が 今すこしずつ動きだす 灰色の空晴れる日は 七色の虹が架かるよ 乾いた雨が街を通り抜ける 乾いた夢は壁にはりついてる 破れる前にもう一度だけ このムネに抱きしめてる あの日夢見た自分を
バナナ川村結花川村結花川村結花川村結花有賀啓雄僕が君を大好きな理由は 条件なんかとは無関係 どうしてバナナが好きかなんて 分からないのとかなり近いこと  何かといちいち評価したがる世の中で がんばる君が好き がんばれなくて悩む君も好き  今の何もかもイヤになって やれるだけのこと全部やって それでも君が君をやめたくなったら 僕は僕に出来る全てで 君のことプロテクトしよう それからゆっくり考えればいい これからの方がずっと長いよ  頭がいいのにヌケてるとこ いただきますって言う時の顔 こんなにしょっちゅうずっといても 僕は君に退屈なんてしない  行き止まりが見えたなら 別の道を探せばいいね 今日からの僕たちがいつか 今日を正しくすればいいから  今の何もかもイヤになって やれるだけのこと全部やって それでも君が君をやめたくなったら 僕は僕に出来る全てで 君のことプロテクトしよう それからゆっくり考えればいい これからの方がずっと長いよ  行き止まりが見えたなら 別の道を探せばいいね 今日からの僕たちがいつか 今日を正しくすればいいから  今の何もかもイヤになって やれるだけのこと全部やって それでも君が君をやめたくなったら 僕は僕に出来る全てで 君のことプロテクトしよう それからゆっくり考えればいい  食べたいもの死ぬほど食べよう 毎日バナナを買ってあげよう 今までやれなかったこと全部やろう 僕は僕に出来る全てで 君のことプロテクトしよう それからゆっくり考えればいい これからの方がずっと長いよ  大丈夫 大丈夫、、、
砂丘鈴木雅之鈴木雅之大下きつまジョー・リノイエ有賀啓雄果てしない砂丘を 君と歩き続けてる 足跡 急に風がさらって消えた  それはまるで 二人の過去をあざ笑うように 砂煙 悲しみだけを消してくれた  だから歩いてゆこう ずっと歩いてゆくんだよ 海が見えるまで 急に泣きたくなったら ぎゅっと胸で泣いたらいいよ 君を抱きしめてる  安らかに瞳閉じて 君は眠るのか? 君の心 元気か? それとも弱虫か?  いつも変わり続けた 僕はあの雲の様に 流されるままに だけど変わらぬものよ それは君がくれる光 僕を抱きしめてよ  だから歩いてゆこう ずっと歩いてゆくんだよ 海が見えるまで 急に泣きたくなったら ぎゅっと胸で泣いたらいいよ 風が吹いてる  だから歩いてゆこう ずっと歩いてゆくんだよ 海が見えるまで だから胸で泣きなよ ぎゅっと胸で泣いたらいいよ 君を抱きしめてる 風が吹いてる
鈴木雅之鈴木雅之安藤秀樹中崎英也有賀啓雄古い写真が色褪せて 本棚からこぼれ落ち 笑ってる君の顔も ふざけてるこの僕も 時々どこかへ消えてしまいそう 失いたくないもの  脱ぎ捨てた靴そろえながら 疲れた目でたどり着く その寝顔 その背中をすれ違うたび傷つけて  君の飾った花が 夜明けの窓辺で 風に揺らされている  約束に縛られそうな気持ちは いつでもそう伝えてほしい 同じ歩幅できっと歩いて行けるから  いい時ばかりじゃないのは分かっている でも不安にならないで 転がっても 傷ついても その手を離さない 離せない 離したくはないんだ  揺れる電車の窓に写る ビルの群れ遠ざかる この街で安らげる場所は その瞳に映る時 空にこうしてずっと星があるように 君の傍で生きたい  悲しくてくずれそうになった時 いつでも寄りかかってほしい 同じ歩幅できっと歩いて行けるから  ふたりが見つめる夢だよ消せないよ その想いなくさないで 転がっても 傷ついても ふたりは離れない 離せない 離したくはないんだ  いい時ばかりじゃないのは分かっている でも不安にならないで 転がっても 傷ついても その手を離さない 離せない 離したくはないんだ  いい時ばかりじゃないのは分かっている でも不安にならないで 転がっても 傷ついても その手を離さない 離せない 離したくはないんだ
ランプ川村結花川村結花川村結花川村結花有賀啓雄いつからかわたしは 凍えそうな空の下 消えない灯りを見つけた  消えない灯りはいつか 冬を全部飲み込んで 季節のない世界を広げた  どこまでも続く 真昼間の中で わたしはただ 夕焼けが見たかった  ぬくもりはやがて 慣れてしまうことで それはもう ぬくもりじゃなかった ぬくもりじゃなかった  記憶の丘をさまよって カケラを拾い集めて つなげた輝きは続かず  強い雷鳴さえも いつかは通り過ぎるなら 答はひとつしかないらしい  いつまでも見てた きんいろの空を わたしはもう 思い出せなかった  永遠という 迷路の突き当たりで 灯りをただ 吹き消すしかなかった 吹き消すしかなかった  どこまでも続く 真昼間の中で わたしはただ 夕焼けが見たかった  この手で壊した ひび割れたランプに 灯りはもう 灯ることはなかった 灯ることはなかった
夏灼きたまご渡辺美里渡辺美里チェリー☆ボンボン佐橋佳幸・渡辺美里有賀啓雄こんがり焼くのこの肌 夏灼きたまご 半袖シャツに「ぼんきゅっぱっ」 夏灼きたまごbaby!  日焼けするわ「綺麗!」にね わたし今年は決心したの ちょっと昼寝してるまに ビキニ線残さないようにね  10年先も変わんないRock'n Roll つま先立ちで  去年はひとり泣いていた 半熟たまご 今年は違うやる気の 弾けるたまごbaby!  フライパンのあちちだわ ビーチの砂は足にからんで ライフセイバー年下の 彼がわたしをちらちら見てる  駐車場の子にウインクして キーを預けたつもりが 「満車です!」なんて言われ ちょっと胸きゅんきたんじゃないの 夏の日は短すぎて 麦わらに白い歯して 彼に恋をしそう 神様!よそ見などさせないで  あずき氷をしゃりしゃり 夏灼きたまご オフィスの残務処理なんか忘れちゃうぞbaby!  子供の頃無茶したわ 今じゃ少しも名残りがないの 世界中の男の子 皆残らず幸せになれ  ビーチバレーのトスあげて バーベキューの煙しみて 「一緒にいかがですか?」 ちょっとありがちなんだけど 夏の胸は早鐘で 突然に抱かれそうで ひとつシシカバブを 神様!頂いてもいいわね  夕陽の椰子の木陰で 波の音を聞きながら 夏を見送ると 泪ぽろりこぼれそう 感じる心のままに やんちゃな子供のままに どきどきし続け いつかあなたに逢いたい  駐車場の子にウインクしてキーを預けたつもりが 「勝手にお帰りなさい」 ちょっとそれってないんじゃないの 夏の日は短すぎて 最後までせつなすぎて 夏にやけどしそう 神様!どうか終わらせないで
夏色松下萌子松下萌子田辺智沙bice有賀啓雄思い出の坂道 あの日から吹いてくる 優しい風を感じてる 迷いそうな日には 背中を押していてね うつむかずに歩いて 行けるように  懐かし過ぎて 思わずふと 目を閉じた きゅんと切なくて 穏やかな 海辺の匂い  放課後には桟橋まで 手を繋いで歩いたね 悲しいほど澄んだ青空 ずっと続いて行くと思ってたのに  陽に焼けた背中も くしゃくしゃの笑顔も 本当に大好きだったよ 夏色に輝く あなたと過ごした街 もうすぐ同じ季節が やって来るね  好きだった歌 ペアで選んだキーホルダー 毎日の隙間で 今もまだ 揺れているから  サーフボードかかえて行く あなたに似たシルエット こんなに晴れた日じゃなくって 雨の日だったら 多分泣けちゃってたね  思い出の坂道 あの日から吹いてくる 優しい風を感じてる 迷いそうな日には 背中を押していてね うつむかずに歩いて 行けるように  きっと子供だったね ずっと背伸びばかりして 大事な物 見失ったね 降り注ぐ太陽 戻れない時間ほど 眩しく思えるのは どうして?  焼けた背中も くしゃくしゃの笑顔も 本当に大好きだったよ 夏色に輝く あなたと過ごした街 もうすぐ同じ季節が やって来るね
ラブ ゴーゴー!!渡辺美里渡辺美里渡辺美里石井妥師有賀啓雄陽射しがこんなに気持ちイイから はなうたまじりで出かけよう ドライブモードにセットして チキンバスケット持って  LOVE IS GO GO!! HERE WE GO GO!! 肝心な事はいつも あの日 あの場所 あの夏からはじまるよ スタンバイOK  車を磨いた次の日は 決まってにわか雨が降る お気に入りのミュールもびしょ濡れ 台無しになっちゃっても  めげないで しょげないで 遠回りして帰ろう トランクいっぱいのジェラシーも 風に吹かれ笑顔に変わる  ハートのボリューム フルにして グッと アクセル踏み込んで 帰りたくない 帰したくない 恋に近道なんてないよ  真っ赤な果実をほおばって 夏の呪文を唱えたら このままずっと とけないでいて 瞳そらさないで ラブ ゴーゴー!!  オレンジの太陽ギラギラ UVケアも上々に ドライブモードを解除して 海まで歩いてゆこう  LOVE IS GO GO!! HERE WE GO GO!! アイツの言った一言が 虫歯みたいにイタムけれど 日焼けのあとは後悔しない  シャイな唇に気づいてよ 裸足で駆け出す サマーデイズ 真夏の恋は短いなんて ダメよ ダメ ダメ 信じないの  誰にも負けない恋をした そう言えるわたしになりたい まつ毛の先に予感がしたら キラリ光っていたいの ラブ ゴーゴー!! ラブ ゴーゴー!!  LOVE IS GO GO!! HERE WE GO GO!! 肝心な事はいつも あの日 あの場所 あの夏からはじまるよ スタンバイOK  ハートのボリューム フルにして グッと アクセル踏み込んで 帰りたくない 帰したくない 恋に近道なんてないよ  真っ赤な果実をほおばって 夏の呪文を唱えたら このままずっと とけないでいて 瞳そらさないで  ラブ ゴーゴー!! ラブ ゴーゴー!!
Lovers universe渡辺美里渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄今日も またひとつ 愛のうた 生まれて 今日も またどこかで 愛が消されてゆく  法則どおりにいかない 宇宙は宇宙 空は空 kissはkiss  今日も またひとつ 友情が生まれて 今日も またどこかで 絆が断ち切られる  思いどおりいかないから 魚は魚 風は風 愛は愛  傷ついたハトが つばさ 休めてる 激しい雨 それは oracle…  この道の向こうに 真実はあるのか 言葉の向こう側 偽りがみえるか  死ぬほど だれか愛したい 感じて 信じて 自分で考えて  抱きしめて universe 恋人たちは ゆめを見てる 甦れよ universe 美しく 人生は illusion もっと確かめあっていたい いつの日にか paradise 見つけだす  満月の夜に 愛が暴れだし 珊瑚礁の神秘が揺らめき 侵蝕する  キャンセルされたヒューマニティー 理性と感情 ノーコントロール だいじなことを 置き去りにスピードだけが増してゆく 祈りをこめてリスペクト エゴにあふれた この世界の中で 悲しすぎて笑いながら うたえばいいのか…  オリーブをはこぶ ハトが翔んでゆく 輝く太陽 それは oracle…  泣かないで universe 生きてゆく力を もっと どこへ行くの universe 果てしなく 彷徨う evolution 立ち止まらずに 振り向かずに きみの revolution もう一度  抱きしめて universe 恋人たちは ゆめを見てる 甦れよ universe 美しく
荒ぶる胸のシンバル鳴らせ渡辺美里渡辺美里渡辺美里石井妥師有賀啓雄碧い碧い海の向こう 高く高く空の彼方 どんな世界が待っているんだろう 幼い頃に地図を広げ 遠い遠い国の風を集めて 七色の絵の具 ちりばめた  虹の架け橋 渡れば そこには 昨日までとは違う道が 果てしなく どこまでも続く  GET A CHANCE! 歓喜の時が産声をあげる GET A CHANCE! 聖なるココロに光は照らすよ GET A CHANCE! 今 変わりゆく歴史の中で YES YES YES YES OH YES! GET A CHANCE! 数えきれないほどの涙のつぶを GET A CHANCE! キミがたった一つの笑顔に変える GET A CHANCE! 荒ぶる胸のシンバル鳴らせ YES YES YES YES TAKE A CHANCE!!  夜の芝生にねころんで 輝くペガサス見上げたら 夢さえ手放しそうになる日にも より強く より美しく より速く より清らかに 翔んでゆける 気持ちになれる  膝小僧に作った キズもそのままに ボクは大人になってゆく あこがれと現実を胸に抱いて  OH YES! みんな泣きながら生まれてきた OH YES! 夢をみるために生まれてきた OH YES! 今 移りゆく季節の中で YES YES YES YES OH YES! OH YES! 暗闇を一人彷徨う時も OH YES! 黄金に輝く祈りは届く OH YES! 荒ぶる胸のシンバル鳴らせ YES YES YES YES TAKE A CHANCE!!  虹の架け橋 渡れば そこには 昨日までとは違う道が 果てしなく どこまでも続く  GET A CHANCE! 歓喜の時が産声をあげる GET A CHANCE! 聖なるココロに光は照らすよ GET A CHANCE! 今 変わりゆく歴史の中で YES YES YES YES OH YES! GET A CHANCE! 数えきれないほどの涙のつぶを GET A CHANCE! キミがたった一つの笑顔に変える GET A CHANCE! 荒ぶる胸のシンバル鳴らせ YES YES YES YES TAKE A CHANCE!!
ホームラン・ラン・ラン渡辺美里渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄遥か銀河の彼方から ボールがひとつ飛んできた 弾丸ライナー ホームラン  お友達になりたいし Eメールでもなんだから 青い地球に届けにゆこう  ホームランラン 場外弾 チャンスは今だ 勇気凛々わいてくるん そこは夢のスタジアム ホームランラン 大逆転 虹のアーチ架けよう ミラクルンルン DE ミラクルン 奇跡をおこすよ  キラキラ輝く カッコイイ大人になりたい 大好きなあのコに 笑顔と勝利のプレゼント HOME SWEET SWEET HOME  せっかく地球に来たんだし 世界一周 五大陸 七つの海でクロールだ  赤い華が咲いていた アルプス ロッキー エベレスト バオバブの木をみつけよう  ジャマイカンカン DE ラスタマン ごきげんなリズム アメリカンカン DE メキシカン アジアンバーベキュー フレンチカンカン DE カフェモカン ぐるぐる回るよ イタリアンアン DE ナポリタン ゴールをきめチャオ  いろんな人がいて いろんな物語がある 大切な誰かと がんばってステキに生きてる HOME SWEET SWEET HOME  ホームランラン 場外弾 おうちに帰ろう 勇気凛々わいてくるん 誰かが待ってる ホームランラン 大逆転 きっとまた逢える ミラクルンルン DE ミラクルン 約束まもるよ  ちょっぴりホームシック 叱られても けんかしても みんなみんな たいせつ ぼくの花に水あげなきゃ HOME SWEET SWEET HOME
こぶし渡辺美里渡辺美里渡辺美里木根尚登有賀啓雄なみだが こぼれそうな時には 遠い空にきらめく 星を見上げよう だけど 悔しくて 眠れない そんな日は 握りしめた こぶしを どこへ投げよう  いつも きみからのメールは 月が膨らむ頃 届く 明日のことは 誰にも 判らずにページを開く  なみだが こぼれそうな時には 遠い空にきらめく 星を見上げよう stay in your dream with my heart  世界中の窓の下 恋人たちのさよならが なみだの 湖になるの… 清らかな しずくの雨  夜明けの まぶしさの向こう側に 輝きの海へ続く 真新しい朝が来る 沈黙が二人を超える瞬間 くちびるが震えていた stay in your dream with my heart  逢いたくて 眠れないそんな日は きみにメール送るよ 月が膨らむ頃に 今はまだ つぼみのような想いも 明日は 必ず咲くよ きっと咲くよ…  なみだが こぼれそうな時には 遠い空にきらめく 星を見上げよう  stay in your dream with my heart
サンキュ渡辺美里渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄会いたいと想うことが こんなにも胸を熱くする いっぱい泣いて いっぱい笑って 今 あなたにココロからサンキュ  さよならが悲しいことも 愛することが苦しいことも あなたが教えてくれた 重ねてゆく季節の中で  これこそはと想う たったひとつを いつの日か みつけだして お日様みたいに笑っていてね たとえ 世界が暗闇でも  こんなに広い都会の片隅で めぐり逢えたのは きっと偶然じゃない  大切と思う人が こんなにも 私にはいることを おおきな声で伝えたい 今 あなたにココロからサンキュ  不器用だけれど 生真面目すぎるけど あなたは私の勇気 ささやかな出来事に目を細めて うなずきあって抱きしめていたいから  小さな星の瞬きが 宝石のよに輝く夜は 大空に向かい歌いたい 今 あなたにココロからサンキュ  これこそはと想う たったひとつを いつの日か みつけだして お日様みたいに笑っていてね たとえ この道が険しくても  こんなに広い都会の片隅で めぐり逢えたのは きっと偶然じゃない  今 あなたにココロからサンキュ
Lazy sunny afternoon渡辺美里渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄もう少しだけ 眠っていようかな カフェラテでも いれようかな 太陽の淡い誘惑に 勝てそで 勝てない そんな Lazy afternoon  プールサイド 甘い花の香り グラスに氷 ゆれる音 南の島の恋のバカンス 一日中 水着で過ごしたい  間違い電話に起こされて ほんのちょっとだけ 不機嫌 wo~ だって 今日は一日中 パジャマのスケジュール  ちいさなベランダに オレンジのプールで 私だけのオアシスで バシャバシャ素足ぬらし 本でも読んで はなうたなど 歌ってる Lazy sunny day  電話もでない 会いにもいかない けんかの理由さえ忘れたのに はちみつケーキも焼けるころ 言えそで 言えない I miss you  風にゆれるカーテンも 涙もシーツも洗濯すれば パリッと乾いて おひさまの匂いに包まれて  まどろみの中 ふと考える 仕事のこと あなたのこと はしゃぎすぎた 去年の夏よりも なぜか 少しだけ物憂げな Lazy afternoon  結婚しない訳じゃない ひとりがすきな訳でもないけれど 今はひとりを選んでる 年頃の Lazy sunny day  オムライスを作ろう ケチャップでイニシャルとハートマーク書いてみた 苦手なトマトぬきの サラダも付けて 夜は一緒に食べようよ  南の島のバカンスは遠いけど サッカーなど つけながら 違うチームを応援したり そんな時間が なんとなく Lazy afternoon
あなたのすきな歌渡辺美里渡辺美里渡辺美里石井妥師有賀啓雄真昼の月がボンヤリ あの日の記憶みたいに浮かんでいる あなたのすきなあの歌 不意にカーラジオから聞こえてくる  魂の震えるような 口づけを交わした日は 夕映えの中  この広い宇宙の どこかで きっと出会える 祈りを込めて 愛を叫んでいたい 輝いた季節に あなたと私がいる 祈りを込めて 愛を叫んでいたい  もっと強くなりたいと願う もっとやさしくなりたいと願う 両手 ひろげて  孤独も愛情も涙も 全部のみこまれそな時も ひかり あつめて  一瞬を強く生きる 神様が舞い降りてくる この場所から  この広い宇宙の どこかで きっと出会える 祈りを込めて 愛を叫んでいたい 果てしない夢の中 旅をしている私は あの未来へ 未来へと走り出す  魂の震えるような 口づけを交わした日は 夕映えの中  この広い宇宙の どこかで きっと出会える 祈りを込めて 愛を叫んでいたい 輝いた季節に あなたと私がいる 祈りを込めて 愛を叫んでる  果てしない夢の中 旅をしている私は あの未来へ 未来へと走り出す そして私はひとり うたい続けるだろう この場所から あなたのすきな歌を
十六夜の月~izayoinotsuki~渡辺美里渡辺美里渡辺美里石井妥師有賀啓雄十六夜の月 ためらいがちの月 夜をつつんでる  入り江の向こうに あの夏の花火が そっと 静かにあがる  薄紅色のドレスの砂をはらう 汚さぬように 濡らさぬように 子供みたいに笑う あなたの横顔 ずっと みつめていたい  ちらちらと街の灯が 海岸沿いに滲む はまゆうの花が咲いていた  泣きたくなるよな やさしさの中で眠る いっそこのまま 今の二人に 現実はいらない  逢いたいときに 逢えない夢ならば この海に捨てましょか  ささやく潮風 衣擦れのため息 もっと 知りたいことがある  寄せては返す想い 砕けては散る波に たいがい二人は黙っていた  遅すぎることはない 早すぎるわけもない いっそこのまま この恋 二人で罪深く落ちてゆく  ちらちらと街の灯が 海岸沿いに滲む はまゆうの花が咲いていた  寄せては返す想い 砕けては散る波に たいがい二人は黙っていた  入り江の向こうに あの夏の花火があがる いっそこのまま 今の二人に 現実はいらない
唄人羽唄人羽本多哲郎本多哲郎有賀啓雄教科書に書いた 落書きの跡 影のように忘れかけている 初恋の帰り道  一人で歩く線路の上 落ちないように確かめて進む 夕暮れの帰り道  となり町まで行って泥んこになって帰った 友達ということの 素晴らしさが 今  ポポポポポポロ それは誰にでも一度はある ポポポポポポロ 懐かしき日の帰り道 どんなに年をとっても 忘れられない  庭に出ると 母さんが 水播きしながら歌っている 日曜の昼下がり  いじめられて 泣いている時 親父からぶん殴られた 大きく感じた木の下  悔しくて家出をしても 夕飯前には帰った 家族ということの素晴らしさが 今  ポポポポポポロ それは昨日のように思い出す ポポポポポポロ あの日には帰れない 写真や絵などじゃ 語ることはできない  ポポポポポポロ それは誰にでも一度はある ポポポポポポロ 懐かしき日の帰り道 どんなに年をとっても 忘れられない  写真や絵などじゃ 語ることはできない
もっと 遠くへ…渡辺美里渡辺美里渡辺美里渡辺美里有賀啓雄真白な 花びらが 遊歩道に踊ってる 街灯が揺れていた 都会の空は春おぼろ  大切なことはいつだって 目に見えないけど 響きあう胸のときめきは 確かに感じてる  やわらかな春の風が そっと耳たぶ撫でるよ 傷ついたり 傷つけたり 人は何故 別れるの  全てを失ったとしても 守りたいものがある 誰かを求めてゆくことは イケナイコトですか  永遠の地図を広げ 奇跡の海へ あなたと二人きりで漕ぎ出したい このまま もっと遠くへ もっと遠くへ あなたと輝く星になりたい  放課後のグラウンドに 転がった紅い夕焼け まぶたを閉じれば あなたの笑顔浮かぶよ  ちいさな頃には 月にさえ手が届くと信じた 二人のココロの きずなまで だれも たち切れない  この街の片隅で 今 ちぎれた愛を そっと掌の中 あつめている それぞれの悲しみと それぞれの情熱と あふれだす あなたへの愛しさと  永遠の地図を広げ 奇跡の海へ あなたと二人きりで漕ぎ出したい このまま もっと遠くへ もっと遠くへ あなたと輝く星になりたい  走っても 走っても 追いつけない 新しいこの時代に 勇気をください 数えきれないほどの 痛みの波を あなたと手をつないで泳いでゆく  永遠の地図を広げ 奇跡の海へ あなたと二人きりで漕ぎ出したい このまま もっと遠くへ もっと遠くへ あなたと輝く星になりたい
届くといいね just wishingJ-FRIENDSJ-FRIENDS伊達歩加藤和彦有賀啓雄きっと逢えるはずだと 君を探し続けた 汗の中にキラリと 君が手を振ったね  あの日の痛みは 涙に変えて 涙の数だけ やさしくなろう 届くといいね U. FU. FU. 夢の中まで想いが 届くといいね U. FU. FU. こんなに胸が熱いよ ああ~ どんな時も  君を離さないさ いつでも  街のシグナルさえが とてももどかしくて 二人 走り出そうよ 明日にむかって  哀しい時間を 星に投げよう かがやく未来を 見つめあおうよ 届くといいね U. FU. FU.  君が光に変わるよ 届くといいね U. FU. FU.  二人の夢がはじける ああ~ この日のため 僕たちは生きてた 愛 just wishing  あの日の痛みは 涙に変えて 涙の数だけ やさしくなろう 届くといいね U. FU. FU. 夢の中まで想いが 届くといいね U. FU. FU. こんなに胸が熱いよ 届くといいね U. FU. FU. 君が光に変わるよ  届くといいね U. FU. FU. 二人の夢がはじける ああ~ この日のため 僕たちは生きてた 愛 just wishing
Touch of your lips中西圭三中西圭三川村真澄中西圭三有賀啓雄かすかに 閉じてゆく 空になった心に くちびるで 鍵をかけて  確かに 君のその 悲しみさえ 奪えない こんなにも そばにいる 僕は 子供のように ちからなく手をさしのべ  Oh the touch of your lips Feeling for my fingertips 感じてる in my heart Oh the touch of your lips Baby look into my eyes 泣いてもいいから  足音 聞き慣れた アスファルトの夜明けに 思い出の鍵を 捨てて  後ろで 抱きしめて 奇跡さえも起こせない 君がもし 望むなら そっと触れていたいよ 優しく眠れるように  Oh the touch of your lips Feeling for my fingertips ぬくもりを in my heart Oh the touch of your lips Baby look into my eyes 愛したいだけ  Oh the touch of your lips Feeling for my fingertips 感じてる in my heart Oh the touch of your lips Baby look into my eyes 泣いてもいいから  Oh the touch of your lips Feeling for my fingertips ぬくもりを in my heart Oh the touch of your lips Baby look into my eyes 愛したいだけ
Recede ~遠ざかりゆく想い~鈴木雅之鈴木雅之高杉碧山口美央子有賀啓雄冷めたカップに沈む 西の陽がまぶしいカフェ 交わす言葉もなくて 叙情詩だけが巡る 額縁に合うように 未来を切りとる きまじめな瞳が 重くなりはじめてた  重ねた時間に 夢に 愛に いつしか 僕は怯え 空回りする 言葉 心 知らず 知らず 君を傷つけていた  まるでマリアのような 君の微笑みが辛い 大きすぎたその愛 喉につまりそうだった 穏やかな春よりも 刺激の海へと 飛び込んだきまぐれ 許されるはずもない  壊れるほどに 夢を 明日を 抱きしめあえた頃が 遠ざかりゆく 香り 想い 二人いつか 別の道 歩いていた  重ねた時間に 夢に 愛に いつしか 僕は怯え 空回りする 言葉 心 知らず 知らず 君を…  壊れるほどに 夢を 明日を 抱きしめあえた頃が 遠ざかりゆく 香り 想い 二人いつか 別の道 歩いていた
ESPACE ~あなたがいるから中西圭三中西圭三朝水彼方中西圭三有賀啓雄広い空の下 寝転んだら また違う景色 雲の流れさえも 今一人で 抱いてるような気持ち  見えないものが見えるよ 大きな空間に あたりまえすぎるせいで いつもは云えないこと  あなたがいたから ここまできたのさ 流れるように ゆっくりと 心が空へと ひらいてゆく今 この幸せ 映し出される  いつも悩んだら その笑顔で 背を押してくれる 遠く感じた場所 いつのまにか たどり着いていたよ  この繰り返す日常を 支えてる人々 思い浮かべて感謝を うまくは云えないけど  あなたがいるから ここまできたのさ 出会えることを 知っていた 静かな宇宙(じかん)と 向き合う一日 大事なこと 忘れないように  あなたがいるから 続いてゆくから これからの道 どこまでも 心が空へと ひらいている今 この歓び 伝えられそう
ONE LOVE中西圭三中西圭三朝水彼方中西圭三有賀啓雄どんな誓いの言葉も 月日の中で薄れると 思い始めているの 背中を向けるのかい  同じ道を歩いたり 同じベッドで眠っても 時には違う夢に うなされ泣いてるひと  小さく揺れる 肩を引き寄せ 抱きしめるしかできないけれど  one love one heart あなたをいつも one love one heart 包めるように one love one heart 何があっても one love one heart ここにいるから  出会いの時ほど 愛を語らなくなったせいだね でも変わらない気持ち 心がやすらいでる  一緒にいれば そう一緒にいれば 今よりもっと 信じ合えるから  one love one heart あなたひとりを one love one heart 受けとめるから one love one heart 伝えていたい one love one heart 逢えてよかった  one love one heart あなたをいつも one love one heart 包めるように one love one heart 何があっても one love one heart ここにいるから  one love one heart あなたひとりを one love one heart 受けとめるから one love one heart 伝えていたい one love one heart 逢えてよかった
雨のMelodyPLATINA LYLICKinKi KidsPLATINA LYLICKinKi Kids康珍化武藤敏史・坂井秀陽有賀啓雄好きだよ 壊したいくらい 夢中で きみを抱いたね 好きだよ 今でもリアルさ きみからもらったキスは  Ah きみのウワサ 気になってた 次の彼のことも 聞いたよ なぜ あの日 きみがいちばん 淋しかった夜に ぼくは近くにいてあげなかった  雨はギターの涙と叫び 悲しみだけ 包んでく 過ぎた時間はもう戻せない それはそうさ 確かに そうだけど  好きだよ 誰にも内緒で 最後に 呼び出したよね 戸惑う頬に 触れたのは 温もり 覚えたくて  Ah 雨に煙る駅の前で 不意にきみと すれ違ったよ ずっと 会わないようにしてたのに 忘れようとしたのに きみの香りに凍りついてたよ  雨はギターの涙と痛み 強がりまで 濡らしてく ぼくを大人にしたのはきみさ こんなつらい孤独や 淋しさで  Ah 捨てずにいたペアリング 明日 森の奥に隠そう でも ぼくはきみをこころに しまっておくだろう モノや形にできない姿で  雨はギターの涙と迷い 淋しささえ 癒してく 過ぎた時間はもう戻せない それはそうさ 確かに そうだけど  雨はギターの涙と叫び 悲しみという フレーズを ひとりぼっちでかき鳴らすのさ ぼくの空に 静かに雨が降る
Aqua藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ林真史有賀啓雄体が乾いて干からびてゆくよ オアシスは今日も奪い合い  枯れかけた咽喉が夢を囁けば 砂ぼこりのように掴めない  白く濁った ケミカルな水 両手ですくい子猫のように舐めつづけてる  イカサマ手品で 手足を縛られ 最後の涙も吸い取られ  IKAれたガキが ナイフと遊ぶ 血だらけテレビ 冷や汗があふれる  Aquaが欲しいよ ハートが苦しい ミイラになるその前に Aquaが足りない 未来が危ない 砂場になるその前に はやくくれよ!  マネキン色の裸を抱いて Cock ひねれば断水してる F… me!  Aquaが欲しいよ ハートが苦しい ミイラになるその前に Aquaが足りない 未来が危ない 砂場になるその前に はやくくれよ!
Far away藤井フミヤ藤井フミヤ近田春夫有賀啓雄有賀啓雄神様 オレの願いを 聞いて 聞いてくれ 神様 オレの願いを 聞いて 聞いてくれ この世に咲く花そのすべて 手に触れるものをダイアモンドに 世界の果て 見下ろす摩天楼 オレのものにする夢を見たのは いつだったか 全ては 遠い日のこと  神様 オレの望みは ひとつ ひとつだけ あの日に 戻れるのなら 何も いらないよ 欲しいものなら買えるすべて アンタの予言はホントだったよ 手を伸ばせば月さえ微笑む かなわぬ夢は何ひとつ ないけど BUT ロンリネス でも 心かわいてる オレを  オレが唄うのはくるしいから 札束で頬を張りとばせ! ひとりぼっちの夜を駆け抜け 張りさけそうな胸の叫びを うたい続ける それがさだめと 引き替えにした あの人の 心を 神様 バカだったよ 気付くのが 遅すぎた あの人の心を あの人に 会いたいよ  会いたいよ  会いたいよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
I・N・G藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄I・N・G 夢見てる 今を生きている I・N・G 過ぎて行く 今を輝いて  ハートにビタミンとろう クヨクヨしたって始まらない 大小悩みの渦を かき分けパドリングするのさ  さぁ ブッ飛んだフリでもしてさ波に乗ろうよ いつも気にしすぎさ 楽に行こうよ  Come on! I・N・G あがいてる 今を生きている I・N・G 叫んでる 今を噛みしめて  So yesterday 二度と戻らない So tomorrow 未来はわからない 存在するのは今さ 毎日運命は変えられる  さぁ 素直な深呼吸してさ飛び出そうよ すべて経験さ でかく行こうよ  Come on! I・N・G 迷ってる 今を生きている I・N・G 進んでく 今を踏みしめて  Come on! I・N・G 笑ってる 今を生きている I・N・G 愛がある 今を信じよう  Come on! I・N・G 夢見てる 今を生きている I・N・G 過ぎてゆく 今を輝いて 輝いて 輝いて‥‥
列車の窓藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹有賀啓雄見つめてる列車の窓 みなれた景色遠ざかる 缶コーヒーで手を暖め 少し涙の味がしたよ さよならを言えなかったけど これでいいはずさ 何かを変えたくて 新しい自分へ  眠ってた いつのまにか 海岸線を揺られながら 時計もなくてあてもなくて 終着駅へ向かう旅 あの愛もいつか思い出に 変わる日がくるさ 勇気をあげたくて 新しい自分へ  冷えきった夜空にひとつ流れる星が 小さな夢になれ 新しい自分へ 小さな夢になれ 新しい明日へ
BELLS藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井尚之有賀啓雄夜明けのbellが鳴る 目覚めてゆく街に 伸ばした背中から 朝陽が昇ってゆく  ホームのbellが鳴る 時計の針の靴 呼吸を整えて 今日が発車してゆく  何かいいことが起きそうな そんな空さ 何気なく想うよ 君に逢いたい 君と逢いたい  いつも変わらない日々を 変える音色さ 遠く離れた場所から 聞こえてくる ほら君の声さ  帰りのbellが鳴る 萎れたポケットで 見上げたビルの窓 夕日が沈んで行く  何もいいことがない日だってあるはずさ 一秒だけでいい 君に触れたい 君と触れたい  いつもこの胸で高く 響く音色さ 遠く離れた場所から 聞こえてくる ほら君の声さ  いつも変わらない日々を 変える音色さ いつもこの胸で高く 響く音色さ 遠く離れた場所から 聞こえてくる 目を閉じよう きっと君のbellさ
藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・藤島美音子(スウィンギング・ポプシクル)嶋田修(スウィンギング・ポプシクル)有賀啓雄寂しがりやの独り言が ハミングになってゆく 子供が弾くピアノみたいに おぼろげなメロディが 零れて音符になる  哀しい詩を唄いたい すべてを涙に閉じ込めて そう いつもいつもあの日々が止まって見えるように 色あせぬ華のように  壁にもたれたマリオネット 操り糸を見上げ 誰かが来るのをまっている いつもひとりぼっちで おどけた顔のままで  哀しい詩を唄ってる 誰にも聞こえない言葉で そう 遠く遠くこの想い風にまぎれてゆく 淡い華びらのように  哀しい詩を唄いたい すべてを涙に閉じ込めて そう いつもいつもあの日々が止まって見えるように 色あせぬ華のように
藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ林真史有賀啓雄すべて知りたい 意味があるならすべてを 宇宙の中で僕らは愛しあうのか  すべて知りたい 君が生まれてきたこと 運命は出会い 何かが回り始める  ふたりは目を閉じて キスで確かめ 何度も抱かれ合う 答えが欲しくて  We are love 強く なぜ We are love 深く We are love 求め合うのか love 哀しく なぜ love 切なく love 涙を流すのか  すべて知りたい システムならばすべてを ヒトはどうして愛を探しにゆくのか  ふたりは存在を うまく重ねて いくつも夢を生む 未来が欲しくて  We are love 熱く なぜ We are love もろく We are love 傷ついてゆく love 激しく なぜ love 儚く love 燃え尽き消えてゆく  すべて知りたい 自分自身の力を 心は愛を無限に作り出すのか  すべて知りたい 僕らが出来るすべてを 長く短い時間の中へ 果てしない旅にでる  We are love 強く なぜ We are love 深く We are love 求め合うのか love 哀しく なぜ love 切なく love 涙を流すのか  We are love 熱く なぜ We are love もろく We are love 傷ついてゆく love 激しく なぜ love 儚く love 燃え尽き消えてゆく
ROCK'N ROLL VAMPIRE藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ田中裕千有賀啓雄俺の瞳 じっと見つめてごらん 吸い込まれる そんな感じだろう  ツバが出るぜ レアーな首筋だね 理性が消え野生が逆流  胸のクリップを壊し ディナーのハート撫でようか  気をつけろ! こんな月夜は 俺はバンパイヤに変わる 秘密だぜ! 今夜これから 白い牙で夢心地  ほら! 指先 まつ毛を閉じてごらん まるで蝶が止まったみたいさ  笑い声が急に途絶えてきたぜ 伸びた爪が背中を切り裂く  胸で揺れてる十字架 ドレスといっしょに外そうよ  気をつけろ! こんな月夜は 俺はバンパイヤに変わる 秘密だぜ! 今夜これから 白い牙で夢心地  しなだれたその体を 抱き上げベッドへ‥ woo woo woooooooo  気をつけろ! こんな月夜は 俺はバンパイヤに変わる 秘密だぜ! 今夜これから 白い牙で夢心地  気をつけろ! こんな月夜は 君もバンパイヤに変わる 本当だぜ! 男を見るたび 首の傷が疼きだす
恋の気圧藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ田中裕千有賀啓雄話しかけたい 声を聞きたい もっとそばにいたい 見つめ合いたい やさしくしたい 頭が気球になる  いつも胸の奥で叫んでる 早く飛んでみろよ 迷わずにダイビングさ  臆病で単純なハムスター 同じ場所をクルクル 1cmも進めないまま  時間の無駄遣い ため息の浪費 パラシュートなんていらない さぁ早く Let's go jumping  破裂しそうさ 恋の気圧で 気球が膨らんで 爆発しよう跡形もなく 大空の真ん中  高度はどれくらいあるだろう エンジェルが飛んでいる 天国まであと少し  AからZまで確かめて 不安を数えてたら 探し物は豆粒みたいさ  このまま上昇か それとも落下する 水平飛行禁止さ さぁ早く Let's go jumping  話しかけたい 声を聞きたい もっとそばにいたい 見つめ合いたい やさしくしたい 頭が気球になる  破裂しそうさ 恋の気圧で 気球が膨らんで 爆発しよう跡形もなく 大空の真ん中 自爆しそうさ
風の時代藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹有賀啓雄君は何処へ行くんだ 何を求め ひとりきり 水平線に浮かんでる  君は戻れないんだ 時と同じだ じっと睨んだ地図の上 今はまだ見えない時代へ行くだけさ  Running myself 僕はゆく 手作りの舟に乗って 吹きつける風をうけて 小さな帆を広げて  君は生きて行くんだ 何のために 今日という日を重ねよう いつかは消えてゆく 後悔はできないさ  Running myself 僕はゆく 手作りの舟に乗って 繰り返す波を蹴って 小さな帆を広げて  胸の奥で聞こえる声 記憶の中の愛は いつまでも消えない  Running myself 僕はゆく 手作りの舟に乗って 紅に光る空へ 小さな帆を広げて
WHITE BABE藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄ここはドコだろう?ボクはダレだろう?マッシロさ ウまれたばかりのノウミソみたいにマッサラさ I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオシえてよHEY HEY PLEASE! I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオボえるよHEY HEY COME ON! WHAT? NO RETURN?  それってイイことだろう えっ!それってワルいこと?どうしてさ? あのコがビジンで えっ!あのコがブサイク?それはなぜ? アレはえらい人 えっ!アレはダメな人?ホントなの? これがダイヤモンド えっ!これはガラスダマ?オナじだよ? I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオシえてよ?HEY HEY PLEASE! I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオボえるよ?HEY HEY COME ON! WHAT? NO RETURN?  ヨのナカすべてが ねぇイカれてるの? テンシとアクマのクベツもワカラナイ ワカラナイ‥ワカラナイ‥  I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオシえてよ?HEY HEY HEY PLEASE! I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオボえるよ?HEY HEY HEY PLEASE! I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオシえてよ?HEY HEY HEY PLEASE! I'M WHITE BABE I'M HUNGRY BABEオボえるよ?HEY HEY COME ON! WHAT? NO RETURN?
恋人は地球人藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・水政創史郎藤井フミヤ有賀啓雄ワクワクするような恋人さYou're ALIEN! メビウスハネムーンへCome on RIDE ON! 今夜はすべての星を呼び寄せ 流星のミラーボール回そう  無重力な夜 彷徨うサテライトLOVE BALLAD  不思議なキスでメロディーを奏でて BABY BABY STRANGE LOVE生まれるのさ この宇宙に小さな生命  ハデな新型のドレスさYou're ALIEN! 超光速な加速でCome on MOVE ON! 今夜は地上の傷跡を忘れて 空を突き抜けてTRIPさ  四次元のENGAGE RING 君をイブと名づけよう  銀河系のベッド ソケットにプラグを差して BABY BABY STRANGE LOVE進化させる RED&BLUE血液を混ぜ合わせ BABY BABY STRANGE LOVE生まれるのさ この宇宙に新種の生命  四次元のENGAGE RING 君をイブと名づけよう  銀河系のベッド ソケットにプラグを差して BABY BABY STRANGE LOVE進化させる RED&BLUE血液を混ぜ合わせ BABY BABY STRANGE LOVE生まれるのさ この宇宙に この世界に 新種の生命
透明なバタフライ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ久保田洋司有賀啓雄僕らは探している 未来への道標  地球儀回しながら 夢見てる遠い世界  僕らはここに立っている 指先の小さな国  大きな虹の掛け橋 渡れるさいつかきっと  ほら君の白いシャツが 今光る風に羽ばたく  透明なバタフライ君は自由のヒト どこへでも飛んでゆける 透明なバタフライ遥かな夢を乗せ 天は君をみつめてるFLY・FLY・FLY・LET'S FLY  砂漠の孤独な夜も 星たちは降りてくる  樹海の迷い道でも 太陽が君を探す  さあ行こう空想の高原 沸き上がる雪の向こうへ  透明なバタフライ君は勇気のヒト 好奇心を追い続け 透明なバタフライ見えない明日へと 天は君をみつめてるFLY・FLY・FLY・LET'S FLY  透明なバタフライ君は自由のヒト
ロリータ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・水政創史郎佐橋佳幸有賀啓雄銀のチープな首飾り 髪を絡めながら 誰かの胸で震えている  薬指の隙間から 零れ落ちてく涙 アクリルのダイヤの光  夜に目覚めたミツバチたち 閉じた花抱きしめて 帰る場所さえも見失い 蜘蛛の糸に身を絡ませてゆく  上目遣いな瞳で 小さな胸の痛み 無邪気にもてあそんでるよ  誰も知らないところへ 甘い蜜を探しに 下手なダンス踊るように  夜に目覚めたミツバチたち 閉じられたガラスのドア ささやくみたいにくちづけて 蜘蛛の巣へとその身を投げてゆく  夜に目覚めたミツバチたち 閉じた花抱きしめて 帰る場所さえも見失い 落ちてゆくよ  夜に目覚めたミツバチたち 閉じられたガラスのドア ささやくみたいにくちづけて 蜘蛛の巣へとその身を投げてゆく
何もない部屋藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄窓辺で重なったふたつの鍵が 日差しを照らすよ  君はさよならと笑顔を残し そのドアを閉じた  風が枯れ葉の束 散らすように ふたり暮らした日々 過去へ消えてゆく  何もない白い部屋の中でひとり面影を見つめ膝を抱いた 何もない白い部屋の窓に移り変わる季節の風が吹いてた  いつも濡れた髪で星を数えて 床で眠ってた  小さな部屋なのにすれ違い どこかに寂しさを隠していたのさ  何もない白い部屋のドアを閉じてふたりの幻閉じ込めよう 何もない白い部屋の窓に移り変わる季節の風が吹いてた  ただ風が吹いてた
氷の箱藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄有賀啓雄木枯らし街路樹の落ち葉を転がす どんより曇り空 冬が近づくよ 溜め息が白い霧を作り すれ違う肩の風に吹かれ  なぜ今を生きているのかも わからないまま時が過ぎ 誰でも見えない胸の傷 コートの中に隠して漂ってる 枯れ葉さ  氷の箱の中僕は立っている すべてが溶けるまで僕はこの中に  背をまるめ人混みを彷徨い 色のない街をただ振り向く  なぜ今ここにいるのかさえ 思い出すのも空しくて 信じられるやさしささえも 臆病な目を伏せてゆく  なぜ今を生きているのかも わからないまま時が過ぎ 誰でも見えない胸の傷 コートの中に隠して漂ってる 枯れ葉さ  氷の箱の中僕は立っている すべてが溶けるまで僕はこの中に
青春の道藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ増本直樹有賀啓雄誰もいない教室でふたりの写真を撮った なにもないこの町で僕らは恋をした  自転車を押しながら君の夢を聞いてた 次の春が来た時君は都会へゆく  ずっとずっと変わらずに君の笑う声が ずっとずっと歩こうか夕日沈むまで  さみしくなった時にはこの道を歩くよ  時は流れてゆくよ君は大人になった 少し無口になって少し化粧してた  この町も変わったと寂しそうに呟いた 君もきれいになった恋をした数だけ  ずっとずっと話そうか君が笑うように ずっとずっと歩こうよ星を見上げて  さみしくなった時にはこの道を歩いた  ずっとずっと忘れずにあの頃の僕らを ずっとずっとこの胸で輝いている  さみしくなった時にはこの道を歩こう さみしくなった時にはこの道を歩こう
映画みたいに藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄道に迷い溜め息 駐車場でUターンしようか 眠むそうだよ帰ろう 朝が来るよ星も消えてゆく  知らない町抜けた時 ふたり同時に声をあげたよ  映画みたいさ夜明けの海がフロントガラスに広がった 水平線に昇るタイトルふたりの恋の物語始まった  FMから突然 流れてきた あのラストシーン その横顔不思議さ 似てないけど君はヒロインさ  ルームミラー見つめ合い 同じセリフを言ってみたくて  映画みたいに ふとさりげなくエンジン止めて低い声で 「何もいらない君さえいれば…」 初めてふたりのKISS SCENEになるはずさ  映画みたいにこの目に映るすべての今を閉じ込めたい 君の笑顔も広がる海もそれからふたりのくちづけも  映画みたいさ夜明けの海がフロントガラスに広がった 水平線に昇るタイトルふたりの恋の物語始まった
三日月藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ・水政創史郎水政創史郎有賀啓雄ひび割れたガラス窓 泣き顔を写してた 瞼を伏せるたびに 小さな嘘になる  蒼い夜の底に裸のまま沈んでゆく 儚い泡をつかみながら  CRESCENT MOON 折れそうな細い光抱きしめて CRESCENT MOON 消えるようにこの腕の中に沈め LOVE・IF・EVER LOVE・IF・EVER  夜明けの露のように零れ落ちる雫 乾いた指に流れ静かに目を開けた  時計捜すように窓の明かり見上げている 夜明けがふたりの顔を照らす  CRESCENT MOON 薄い闇に細い光震わせて CRESCENT MOON 白い影を残したまま消えてゆく  CRESCENT MOON しがみついて 夜をいくつも過ごした CRESCENT MOON 風のような見えない未来みつめて CRESCENT MOON 折れそうな細い光抱きしめて CRESCENT MOON 消えるようにこの腕の中に沈め LOVE・IF・EVER LOVE・IF・EVER...
BIRD藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ藤井フミヤ有賀啓雄水たまりに映った星空 悲しみが零れ落ち揺れてる  鳥のように翼が欲しいよ 行き止まりまで空を飛んで行く 川をくだりやがて海へでて 水平線をどこまでも見つめて  すべてを忘れられるかな どれくらい遠くまで行けばいい  あぁ涙かわくまで羽ばたいて 涙かわくまでフラフラと 涙の分だけ星を見て 涙の分だけフラリ…  どこへ行こう止まる枝もない あてもない風に乗り彷徨う 気が付けばまた夜が降りてきて 口笛のような切ない唄うたう  心を落としてしまったよ どれくらい探しつづければいい  あぁ涙かわくまで羽ばたいて 涙かわくまで夢を追い 涙の分だけ傷ついて 涙の分だけフラリ…  すべてを忘れられるかな どれくらい遠くまで行けばいい  あぁ涙かわくまで羽ばたいて 涙かわくまでフラフラと 涙の分だけ星を見て 涙の分だけフラリ舞い上がれ
わらの犬藤井フミヤ藤井フミヤ水政創史郎水政創史郎有賀啓雄街は 雨.. 雨... 雨.... やがては変わる時代を流して 誰かを深く愛したい oh boy どうして こんな世界へ  君の肩にも やさしい雨がふる こらえきれぬ 涙のように びしょ濡れの僕は とてもなさけなく 君さえ守れない まるでわらの犬.  きれいな 雨.. 雨... 雨.... 凍える僕らを暖めるように 誰かを強く信じたい oh girl どうして こんな世界へ  君を抱きしめた なんども抱きしめた こわれそうな 瞳をみつめて 微笑んだ涙が とても切なくて 声さえ届かない まるでわらの犬  君の肩にも やさしい雨がふる こらえきれぬ 涙のように びしょ濡れの僕は とてもなさけなく 君さえ守れない まるでわらの犬  in the rain in the rain  きれいな 雨.. 雨... 雨....
マイセルフ渡辺美里渡辺美里渡辺美里村部潤一有賀啓雄今年も夏が終わるよ 泳ぎつかれて はしゃぎつかれて セミしぐれの風に 追いたてられて  変わってく街の夕陽が 遮断機の上 線路づたいに あくびしたヒマワリ 赤く染めてる  どうして生きていいのか 空の彼方 聞こえてくる 誰かのSOSの声に 耳をふさいでいた ボクがみえる  明日はきっと うまくとんでみせるから 心のイタミをやさしさにかえて 名もない花も 生命もやして咲いているから きっと きれいなんだよね  本当はボク 生まれてきてよかったよ いろんな人を傷つけたけれど 強く強く抱きしめていたい ボクだけにしかできない やりかたで きみを  今年も夏が終わるよ 陽ざしの中を 通り雨のように消えてく きみにハガキを書こう  「はなれてみて 気づいたよ 何もなくても たとえ 世界に終わりがこようと きみと生きたい」  幸せになれますように 星に願いをかけたけど ボクたちは どう終わるかじゃなく ふたり どう 始めてゆくかだよね  明日はきっと うまくとんでみせるから 自分がなければ たどりつけない 名もない花も 生命もやして咲いているから きっときれいなんだよね  本当はボク 生まれてきてよかったよ つまづいた時は やり直せばいい きみのイラダチ きみの悲しみも きみの全部を見失わないように きみを
太陽は知っている渡辺美里渡辺美里渡辺美里・大江千里大江千里有賀啓雄太陽が燃えていた 夢にKissをした 過ぎてゆくふたりの夏 胸に刻みつけた  卒業や就職は いつかはやってくる 人生の区切りに みんなと違う道 選んだ  連帯感で結ぶ友情も 小さな誤解であきらめて それでも何か信じて 今日まで私 生きてきた  夏は十年前から変わらない だけど一年先よりちょっと前 きっと永遠なんてどこにもない あるのは今日だけ  八月のこの場所で 空をつく雲と 移りゆく街をみてると 時の速さ知ったよ  幼い頃 聞いていた 母の愛の唄と 同じ唄 子供のためにも いつの日か歌うでしょう  世界の風向きは 少しずつ 形を変えてゆくけれど いつもココロのすみでは あの日のキミを想ってる  夏の太陽だけが知ってる 誰もひとりきりじゃいられない 昨日よりも今よりも もっとみんな愛のそばにいる  夏は十年前から変わらない 今もあの日のまま輝いてる 君が走り続けた今日までは まちがいじゃないよ  連帯感で結ぶ友情も 小さな誤解であきらめて それでも何か信じて 今日まで私 生きてきた  夏は十年前から変わらない だけど一年先よりちょっと前 きっと永遠なんてどこにもない あるのは今日だけ  夏の太陽だけが知ってる 誰もひとりきりじゃいられない 昨日よりも今よりも もっとみんな愛のそばにいる
愛苦鈴木雅之鈴木雅之朝水彼方有賀啓雄有賀啓雄信号の赤 止まるたびに むさぼるような 激しいキス 「夢見たんだ 追われてたよ 君と」  逢える以外 自分じゃない 枕濡らし 日々が過ぎる 薬のない 病いだから こわい  愛のわがままに苦しんで 愛のぬくもりを引き連れて 逃げて… 逃げて… 逃げて…  唇が肌を引き裂いて ため息の声が聞こえてる 抱いて… 抱いて… 抱いて…  ある日 電車見過ごすほど 僕のことを 考えてたと 「もういいんだよ 行くとこまで ふたり」  愛の責任に苦しんで 愛の贅沢を楽しんで 泣いて… 泣いて… 泣いて…  汚れても僕はかまわない 情熱と君を信じてる 抱いて… 抱いて… 抱いて…  現実の雨に叩かれて 欲望の海に流されて 君と 僕は 何処へ…  嘘と真実に苦しんで 微笑みと月に癒される 濡れて… 濡れて… 濡れて…  愛の苛立ちに苦しんで 愛の自堕落に燃え上がる 抱いて… 抱いて… 抱いて…  君と離れるなんてできない この命落とすことだから 生きて… 生きて… 生きて…
君の空になりたかった池田聡池田聡池田聡池田聡有賀啓雄何も言わなくても 気づき始めていた 離れてゆく気持ちには 佇むだけで  助手席に座った 君が遠く見える もうすぐついてしまうよ 君の街まで  誰だって迷いや 寂しさを胸に 隠して生きている いつだって君が 僕のささえだった 失した地図を 探せないまま 夏が終ってゆく  君が降りた後に 空は明け始める とり残されたのは僕 それとも君かい  優しさやいたわりが 時には胸に 痛みを残してく ひとつだけ願いを かなえられたなら 君のすべてを 包み込むような 空になりたかった  さよなら輝く想い出 笑顔の君が霞んでゆく  誰だって迷いや 寂しさを胸に 隠して生きている いつだって君が 僕のささえだった 失した地図を 探せないまま 恋が終ってゆく  君の心の 空になりたかった 翳りない空に…
白夜 ~離したくない~鈴木雅之鈴木雅之大下きつま松尾清憲有賀啓雄抱きしめてよ ぎゅっと 会えないから もっと そんなこと くり返すのか?  眠れないよ ずっと 考えてる じっと せつなくて 気持ち廻ってる  背中にKissして 言葉なぞろうか? つらい つらい 夜だから  離したくない 離れられない 離れてわかる 君のことが きっと 今夜このまま さよならするのか 冗談じゃない 離したくない  愛してるよ ずっと 憎んでるよ きっと こんなにも くり返してる  まぶた閉じて そっと 動かないで じっと 白い夜 2人を包んで  耳たぶ熱くて 夢にさまよい 白い 白い 夜だから  離したくない 離れられない 輝いてるよ 瞳の奥が きっと 悲しさだね なぐさめてるのか 冗談じゃない 離したくない  不幸という闇が そっとひそんでるよ 白い 白い 夜だから  離したくない 離れられない 輝いてるよ 瞳の奥が きっと 悲しさだね なぐさめてるのか 冗談じゃない  離したくない 離れられない 離れてわかる 君のことが きっと 今夜このまま さよならするのか 冗談じゃない 離したくない
まだまだまだ神奈弓子神奈弓子白峰美津子伊秩弘将有賀啓雄いつもの甘いキスにも 夢中になれない夜 トキメキさえ 冷めてくスピードに 今は追い付けない  欠かさず電話をくれる わがまま聞いてくれる 許すことと ほんとの優しさは 違うと思ってた  まだまだまだまだ まだ足りない 情熱も 勇気も涙も言葉も もう他に なんにも見えなくなるような ah 強くきつく 愛で 抱き締めて  夜更けにつかまらないと かみつきそうなジェラシー しばることと 気持ちの深さとは 違うと感じてた  まだまだまだまだ まだやめない 愛しさを 本気を未来をあなたを いつだって その腕から離れないから ah もっときつく 熱く 抱き締めて  あなたとなら 誰より深く 傷付いて かまわない  与えるとか 何かを奪うとか 違うと思ってた  まだまだまだまだ まだ足りない 情熱も 勇気も涙も言葉も もう他に なんにも見えなくなるような ah 強くきつく 愛で 抱き締めて  まだまだまだまだ まだときめく くちびるも 素肌も視線も鼓動も そばにいて 見つめているただそれだけが ah 幸せだと ずっと思わせて
僕は君じゃない池田聡池田聡及川眠子八田雅弘有賀啓雄黙りこむ君の 背中がいま もどかしさにふるえている 愛の深さをかたちにして つたえること できないから  僕は君じゃない だからわからない 君がわからない 涙の意味さえも  茜に染まる川面見つめてる 同じ時間をわけあうふたり 細い肩先 そっと抱きよせる 君の気持ちを話しておくれ  優しさだけしか愛と呼べてる てだてがなく せつないよね ききわけのない仕草もただ 痛いほどにいとしいけど  僕は君じゃない いつもわからない 君がわからない 戸惑うだけなのさ  季節しらせる花を手に摘んで きれいと言った あの日のふたり このぬくもりは君のためだから もっと心の近くにおいで  風に吹かれて舗道歩き出す 時の中ではちいさなふたり いまは肩先 そっと抱きよせる 君の気持ちを話しておくれ 僕の心に
My love米米CLUB米米CLUB米米CLUB米米CLUB有賀啓雄晴れた冬の朝 息をきらして 読みかけた小説 小脇に抱え ドアを開いて 肩の雪をはらった  窓の外は今 白い絨毯 あの道を君が 駆けてきたんだね 冷たいその頬が みょうに嬉しい  あの日観た 映画のよう 離れても 忘れられない my love, your love, come back once again 再会の恋 my love, your love, come back once again 再会の恋  一年前には 気づかなかった あんなに愛した 心のかけらを 水色のコートなら まだ覚えてる  テーブルの向こう側で 震えてた 君がつけた コーヒーの染みなら 薄く残ってる my love, your love, come back once again 再会の恋  瞳を濡らす ためいきの陰には まだ愛してることの 切なさが 胸の中で 揺れる  come back once again 再会の恋 my love, your love, come back once again 再会の恋  come back once again 再会の恋 my love, your love, come back once again 再会の恋  my love, your love, true love, one's love, come back my girl my love, your love, true love …
SO COOL米米CLUB米米CLUB米米CLUB米米CLUB有賀啓雄水瓶座のおまえは 蠍座あたりの男と今頃は 肩透かしの横顔 薄い唇のルージュは色褪せて  SO COOL いつも不利なのは こっちの方さ 愛を感じさせることも出来ない 言葉さえぎる冷たい瞳 哀しい女さ  Just a COOL 抱きよせて COOL 心の奥まで COOL, in your sigh, in your dream  あんなに燃えてたのは ただの嘘の始まり いつわりの夜 黒いシーツの上に横たわっているおまえは まるで小悪魔  SO COOL 憎いほど白い絹色の肌を 誰も手なづけることは出来ない 優しささえも置き去りにした 孤独な女さ  Just a COOL 抱きよせて COOL 心の奥まで COOL, in your sigh, in your dream, …cool  開けた胸元に輝くものには 誰かの愛が染み込んでいるんだろう かさねた指の隙間を縫ってワインが流れてく  Just a COOL 抱きよせて COOL 心の奥まで COOL, in your sigh, in your dream, …cool 君だけに贈ろう  COOL 抱きよせて COOL 心の奥まで COOL, in your sigh, in your dream, …cool 君だけに贈ろう  愛をどんなに燃やしても 届かない恋 折られた心の羽 消えない思い
底なしの海鈴木雅之鈴木雅之大下きつま安雲公亮有賀啓雄ふと口のなかを 少しくすぐる 髪の毛 舌に絡んだ またついた嘘が 君にわかって 黒い糸になったね…  もうどれくらい ああ 抱きあってるの 夜明けのカーテンひいた ゆらゆら揺れて 二人流されている 運命の海愛情の波で  ふと足の裏が熱くなって 背中で記憶失くした また涙流して 夢みているの 一番つらくなるよね…  もうどれくらい ああ こうしているの 朝だね 水色の月 ぐるぐる廻る 二人堕ちてゆくのか 悲しみの果て 底なしの愛へ  決断という嵐が吹いて 繰り返し 繰り返し あなたを抱いた ゆらゆら揺れて 二人流されている 運命の海愛情の波で  ぐるぐる廻る 二人堕ちてゆくのか 悲しみの果て 底なしの愛の中へ  ぐるぐる廻る 愛に堕ちてゆくのか 二人の果ては 底なしの海の中へ
何も言わずに鈴木雅之鈴木雅之安藤秀樹筒美京平有賀啓雄何も言わず その眼をふせて 何も言わず そっと微笑む くちびるが触れた今 ただ 熱く 熱く この胸 熱く 何も言わずに 指先がふれ 何も言わず そっと寄り添う 星空を見上げた瞳 深く 深く この夢 深く祈る 君の事で 眠れない夜 僕の事で 悲しい夜明け どこまでも遠い眼をした 君の横顔 せつなく僕を映す  どうかしてるよ 君の事だけ 心の中 甘く辛い 涙が今 あふれそう 何も言わず その眼をふせて 何も言わず そっと微笑む くちびるが触れた今 ただ 熱く 熱く この胸 熱く 何も言わずに 指先がふれ 何も言わず そっと寄り添う 星空を見上げた瞳 深く 深く この夢 深く 瞳に深く この夢 二人祈る
ここに地終わり 海始まる鈴木雅之鈴木雅之大下きつま鈴木雅之有賀啓雄やわらかな乳房に 少し触れてみた いたずらな僕の瞳に 君は少し微笑んだ  十六夜の月光り 背中を照らした 海猫の鳴き声が 夜の終わり告げている  なぜ君は許してくれるの なぜ君は僕と生きてゆくの  ここで地が終わって 海始まる 君は海 二人の愛は ここに流れる  静かに瞼閉じて つげを濡らした 「幸せになろうね」君は少し頷いた  いま君と出会った気がする いま君と僕は一つになる  あぁ朝焼けがただまぶしい 幾つもの悲しみ背負い歩いてゆこう  ここで地が終わって 海始まる 君は海 二人の愛は ここに流れる  やわらかな乳房に 少し触れてみた いたずらな僕の瞳に 君は少し微笑んだ  君は少し微笑んだ…
第2ターミナル鈴木雅之・池内心鈴木雅之・池内心朝水彼方鈴木雅之有賀啓雄行先は同じさ チケット ほら2枚 いつも遅い 君が今 ロビーで手を振るよ  内緒なの 会社に ごまかしたわ うまく やっとあなた 忙しい時間を 抜け出して  ちょっと 二人で出かけよう 全てを置き去りに  もしも このまま 帰れなくても そう かまわない  あの時はごめんね その気持ちを込めて 聞こえないわ もう何も この手をつかまえて  ちょっと 遠くへ出かけよう この街 飛び越えて  恋も 仕事も あきらめないで そう 叶えたい  さあ 急ごう 12:00発の便 二人でゲートにまぎれた  ちょっと 二人で出かけよう 全てを置き去りに  もしも このまま 帰れなくても そう かまわない  ちょっと 遠くへ出かけよう この街 飛び越えて  恋も 仕事も あきらめないで そう 叶えたい  そう 叶えたい
きっとうまく言える松田博幸松田博幸Goro MatsuiHiroyuki Matsuda有賀啓雄洗いざらしの 白いスニーカー 少年みたいに 手を振る君  拾った小犬 切り過ぎた髪 今日も昨日と なにか違うね  逢うたびいつも 新しいことが 待ち受けてる  ただの友達 その先はなに? 揺れる気持ちが ちょっと泣けるよ  ふたりにしかない 答え捜してみたい  いままでの 距離より たとえ1mmでも もう少し あと少し そばにいられたら  JUST WALKIN' きっとうまく言える だれより優しく どんなに愛しているか きっとすぐにわかる ふたりにできる恋  ふざけて抱いた 肩がなんだか 柔らかすぎて 戸惑ったよ  君が綺麗に なってゆくのを 確かめるのも 怖い気がした  もしもこのままで 君がいたいとしても  打ちあけるCHANCEを 一度だけでもいい どうしても どうしても 僕にくれないか  JUST WALKIN' きっとうまく言える いつでも君だけ ほんとうに愛していると きっとうまくやれる ときめき ここにある  きっとうまく言える だれより優しく どんなに愛しているか きっとすぐにわかる ふたりにできる恋  きっとうまく言える いつでも君だけ ほんとうに愛していると きっとうまくやれる ときめき ここにある
悲しいときはいつも松田博幸松田博幸Goro MatsuiHiroyuki Matsuda有賀啓雄悲しいときはいつも 蒼い夜空を見上げてた 君がくれた優しい想い出 星になるまで  いまは遠い何処か なにを忘れてきたのか 季節ごとの風の名前でも 思い出せれば……  こんな涙のあとには どんな夢に眠るのだろう 君の微笑みばかりが あればいいのに  海が見える丘で 摘んだ花の色だけが 胸に夏を知らせにくるよ 忘れないで  どんな涙のあとにも やがて虹がかならず架かる いつか君が眠る場所 届くようにと  いつまでも いつまでも 消えないまま 瞳に揺れる 好きだった あの微笑み 僕は失くしたくない  どこまでも どこまでも 終わりのない 空につつまれて 君と見た 淡い夜明け 僕は忘れたくない  いつまでも いつまでも 消えないまま 心に響く 少年の 胸の音を 僕は失くしたくない
いつでも FACE TO FACE松田博幸松田博幸松井五郎松田博幸有賀啓雄誰ひとり 知るひともいないまちかどで 駆けてくる 君を見た あのときの気持ち  瞼を閉じて わかるほど そばにいる君に 幸せは ほんとうに 届いているかい  ことばがたりなくて 孤独な夜もある だけど君を あゝどんなときも あゝもっと君を 優しく愛したい  きっときっと 微笑みあげる いつでもFACE TO FACE 忘れないで 愛のために 二人できることを  夢を夢で 終わらせないよ 信じてほしい 過ぎた日より 素敵な日は いくらでもあるさ  いつでもFACE TO FACE  唇が ためいきに 疲れたりしたら KISSをして やるせなさ 追いだせばいいよ  うっかりしていると 季節に流される だから君を あゝふりむかずに あゝもっと君を 確かに愛したい  ずっとずっと 心にふれて いつでもFACE TO FACE 忘れないで 君をつつむ 青い空でいたい  夢が夢じゃ なくなるはずさ 見つめてほしい 手を伸ばせば 大事なもの 抱きしめられるさ  いつでもFACE TO FACE  きっときっと 微笑みあげる いつでもFACE TO FACE 忘れないで 愛のために 二人できることを  夢を夢で 終わらせないよ 信じてほしい 過ぎた日より 素敵な日は いくらでもあるさ  ずっとずっと 心にふれて いつでもFACE TO FACE 忘れないで 君をつつむ 青い空でいたい  夢が夢じゃ なくなるはずさ 見つめてほしい 手を伸ばせば 大事なもの 抱きしめられるさ いつでもFACE TO FACE
もう一度生まれ来るならば鈴木雅之鈴木雅之鈴木雅之鈴木雅之有賀啓雄神様もう一度 生まれ来るなら 君を愛して 暮らしてゆけたら… 神様もう一度 生まれ来るなら 自由とこの愛 与え給え  幼い頃 母に 背負われながら 背中に響く声 いつも聞いてた  父の背中は いつも大きくて 今でも聞こえる 僕を呼ぶ声  神様もう一度 生まれ来るなら あなたとやっぱり 出会いたいよ  いくつものさよなら いくつもの出会い 悲しみ 喜びを いつも抱いて  一人でいるより どんなにつらくても 君といっしょに 生きてゆきたい  神様もう一度 生まれ来るなら 今度は 今より 早く出会えて  神様もう一度 生まれ来るなら 自由と この愛 終わらぬように 守り給え 君を愛して
MIDNIGHT TRAVELER鈴木雅之鈴木雅之大下きつま大沢誉志幸有賀啓雄流星の様な 街灯 瞳に写して 流れてる  哀愁列車 二人乗せて 夜をかける  左の頬に 泣きぼくろ めまいのしそうな KISSをする  二人現実 残したまま 旅に出るね  このまま二人どこへ行くの ぎゅっと手をにぎった この想いをかばんにつめ 二人 MIDNIGHT TRAVELER  背中にもたれて 夢をみた 寝汗が首すじ 光ってる  堕ちるとこまで 堕ちてみようか もう戻れない  このまま二人どこへ行くの そっと肩寄せ合う この想いをかばんにつめ 二人 MIDNIGHT TRAVELER  ねぇ見てごらん 海が見えてきた 微笑む君の横顔が いつもよりせつなくて  もうすぐ朝がやってくる そっと肩引き寄せ この想いを乗せて走る 君の髪なびかせ  このまま二人どこへ行くの ぎゅっと手をにぎった この想いをかばんにつめ 二人 MIDNIGHT TRAVELER
渋谷で5時GOLD LYLIC鈴木雅之&菊池桃子GOLD LYLIC鈴木雅之&菊池桃子朝水彼方鈴木雅之有賀啓雄ざわめく交差点の 風の中で 僕より先を急ぐ この想いが  10分前 ちらちら見てる腕時計さ ときめきと云う 坂をのぼれば逢える  今日は渋谷で5時 ふたりでサボタージュ ちょうど渋谷で5時 そう今から恋が始まる  シアタービルの中の 2階の店 笑顔とその心を 連れ出すのさ  10分後は キラキラしてる街の角で ぎゅっとつないだ ふたり出会えたことを  今日は渋谷で5時 その手をナビゲート それは渋谷で5時 もう今なら恋が輝く  君となら走って行きたい 帰れない このままずっと  今日は渋谷で5時 ふたりでサボタージュ ちょうど渋谷で5時 抱きしめたい OH BABY  今日は渋谷で5時 その手をカモフラージュ それは渋谷で5時 見つめ合えば OH BABY  今日も渋谷で5時 ふたりでサボタージュ ちょうど渋谷で5時 今 本当の恋が始まる
ためいき鈴木雅之鈴木雅之大下きつま松尾清憲有賀啓雄強く 強く 君に咬まれた 右の胸が痛くて 弱い 弱い 僕のためいき 君を想いせつない  耳たぶの裏 小さなほくろ 知らなかったよ こんな所に ささやきすぎた 僕の心が 黒い点になった  こんな真昼深く抱き合えば 世間なんて どうでもよくなるね  強く 強く 君が抱きつき 僕の背中引き裂く 弱い 弱い 僕の言葉が 君の気持ち曇らす  余韻残して 消えてしまった それぞれの午後 欲望の街 もう会わないと 何度も思った これで最後だね  愛情の階段 登りつめると 憎しみの屋上が見えるよ  強く 強く 君に咬まれた 右の胸が痛くて 弱い 弱い 僕のためいき 君を想い苦しい  強く 強く 君が手をふる 胸の中の幻 弱い 弱い 僕のためいき 君を想い……  強く 強く 君に咬まれた 右の胸が痛くて ah~ ah~ 僕のためいき 君を想いせつない
さよならいとしのBaby Blues鈴木雅之鈴木雅之安藤秀樹安藤秀樹有賀啓雄水たまりけって走り出した君の背中が 遠ざかる思い出が凍る 見慣れたネオンライト ぼやけてこの眼の片隅 人込みにこの身をまかせて  後悔するよ きっとこんなさよならは 今日までの二人 どこへ消えてしまうのか  追うことさえ出来なかったのは 俺の方で 泣くことしか出来なかったのは 君の方で 春も夏も秋も冬も君はそばにいたのに さよなら いとしのBaby Blues  橋を渡る時決まって君が囁いた きれいな高速の灯 心はたたずみこのあらゆる東京の風が 片隅で憂いでいる  後悔するよ きっとこんなさよならは くちづけのたび 自惚れるほど信じた  追うことさえ出来なかったのは 俺の方で 泣くことしか出来なかったのは 君の方で 雨も雪も砂も風も 同じ道を歩いたのに さよなら いとしのBaby Blues  後悔するよ きっとこんなさよならは 今日までの二人 どこへ消えてしまうのか  追うことさえ出来なかったのは 俺の方で 泣くことしか出来なかったのは 君の方で 春も夏も秋も冬も君はそばにいたのに さよなら いとしのBaby Blues  追うことさえ出来なかったのは 俺の方で 泣くことしか出来なかったのは 君の方で 雨も雪も砂も風も 同じ道を歩いたのに さよなら いとしのBaby Blues
Treasure中山美穂中山美穂西脇唯西脇唯・緒里原洋子有賀啓雄誰の胸の中にも 輝く恋があるの 甘い時間へと 運んでゆく Treasure  冬の寒さをしのぐ 羽のような気持ちで あわい日だまりへ 飛んでゆける いつでも  抱きしめるたびに ふえてゆくわ 悲しみをつつむ強さたち あなたがいるから 始まるすべて 愛という なまえで………  過ぎてゆく時間から とりもどしたいものは 熱いせつなさを 運んでくる Treasure  髪をそよがせる風 永遠を旅してる もっとゆっくりと歩きましょう 二人で  くちびるに指に おぼえさせて 苦しみをとかすぬくもりを あなたがいるから 始まるすべて ほんとうの私が………  眠らない街を くり返す朝が 光の腕で 守るように  抱きしめるたびに ふえてゆくわ 悲しみをつつむ強さたち あなたがいるから 始まるすべて 愛という なまえで………  くちびるに指に おぼえさせて 苦しみをとかすぬくもりを あなたがいるから 始まるすべて ほんとうのTreasure………
どうかしてるよ岡村靖幸岡村靖幸有賀啓雄岡村靖幸有賀啓雄すこしずつ君の横顔忘れてしまいそう 電話に君がでない夜 どんなに好きになっても君の目の前じゃ いつでも言えないままさ  どうかしてるよ いつも どうかしてるよ 君を どうかしてるよ こんなに好きなのに wow wow 呼び出しの音だけに伝えてる  真夜中の街は今日だけ君を隠してる 今頃何をしてるの こんな夜がくる前に言えばよかったよ でもきっと眠ってるだけさ  どうかしてるよ いつも どうかしてるよ 君に どうかしてるよ こんなに逢いたいのに wow wow 窓の外 街路樹がぼやけてく  どうかしてるよ いつも どうかしてるよ 君を どうかしてるよ こんなに好きなのに wow wow 呼び出しの音だけに伝えてる
Long Summer Night池田聡池田聡佐々木その子伊秩弘将有賀啓雄君だとわかった 擦れ違う うなじから同じ香り 車のライトが線を引く 腕を組んだ シルエット  気付いていたのさ ことさらに 赤いドレスで出かける 寝ててもいいわ、とさり気なく こころ隠す Kissを  苦しいlong summer night 出てゆく 愛を追えば辛いよ 笑って いなけりゃ やりきれないほど  本気になったの? ひと頃の 遊びとは違うムード つじつま合わせる言葉なら もっと上手く 言って  苦しいlong summer night 迷って 心痛めてるなら 選べる 時まで まだ抱いていいの?  シーツにながれる甘い髪 ほかの誰が 今夜  苦しいlong summer night 好きだよ 眠れそうもないほど 笑って いなけりゃ やりきれないほど  苦しいlong summer night 迷って 心痛めてるなら 選べる 時まで まだ抱いていいの?
fuzzyな天使池田聡池田聡池田聡池田聡有賀啓雄頬をなでた風が 陽光(ひかり)運んでくる 逢う度にときめく 昼下りのふたり  恋人も知らない君を 知っているのに いたずらな瞳で いつもかわされるよ  愛しあう事は秘密と 罪な微笑みさ  舞い上がれ天使のよう 今夜も初めて恋をしよう 不思議なきらめき fuzzy な 天使 君は恋の行方 心の中 楽しんでる  口笛吹きながら 並木道を行けば ふたり写すshow window 揺れているbalance  やがて星座が変わるとき 終る夢ならば  舞い上がれ天使のよう 幻の恋に見つめあおう 不思議なきらめき fuzzy な 天使 いつか堕ちる前に 僕を捨てて 羽ばたくのさ 恋は思うまま  舞い上がれ天使のよう 今夜も初めて恋をしよう 不思議なきらめき fuzzy な 天使 いつか堕ちるまえに 僕を捨てて 羽ばたくのさ 見えない翼で
10月のひまわり池田聡池田聡有賀啓雄松尾清憲有賀啓雄過ぎる風に 振り返ると オレンジの街が浮いてる 少し寒い 通りに今 夏服のはしゃぐ君がよぎる  あの三叉路の カフェ・スタンドに 君は もう待っていない  Oh Twilight 銀の風の中で 君を抱きしめている Oh Twilight 10月のひまわり 君はいまでも僕に微笑む  染まってゆく 街の色を きっと今どこかで見てる すれ違った 人がみんな 君じゃないことが悲しい  ずっと好きだと 言った君だけ いつも あの夏にいる  Oh Twilight 銀の風の中で 君を抱きしめている Oh Twilight 10月のひまわり 君はいまでも僕に微笑む  Oh Twilight 廻(めぐ)る思い出さえ 今は胸が痛いよ Oh Twilight 10月のひまわり 僕はいまでも君に微笑む
僕たちの約束池田聡池田聡並河祥太木戸やすひろ有賀啓雄君と歩いた夏 やさしい瞳を愛した 二度と逢えないのに いまでも 心の中  フィルムに焼きついた 君と僕を透かすように オレンジ色の海 見つめている この頃さ  僕たちの約束………… 想い出に変わる日まで 振り返らないと サヨナラの約束 まなざしで 交わしたのに 守れないままだね  ありふれた恋とは 呼べない ふたりの激しさも 確かに おぼえてる 身体を 抱きしめても  輝かない瞳 片方だけなくした「靴」 夢中だった夢も からっぽのまま ひとりぶん  僕たちの約束………… 微笑みに もどれるなら 振り返らないと サヨナラの約束 想い出に出来ないまま あたらしい夏だね  僕たちの約束………… 想い出に変わる日まで 振り返らないと サヨナラの約束 まなざしで 交わしたのに 守れないままだね
砂の睡り池田聡池田聡小西康陽川上明彦有賀啓雄少しずつ 愛が色褪せてゆく ふたり今もこうして 抱きあっているのに  柔かい月が 影を刻む きみの裸の胸に 痕のように  訳もなく 悲しくてふたりは 訳もなく くちびるを重ねる  そして 砂のような 睡りに堕ちてゆくよ 砂のように 渇いた 夢を見るよ ふたり  耳もとで 愛を囁くたび きみの裸の胸が 震える  訳もなく さよならを言えずに もう一度 くちびるを重ねる  そして砂のような 睡りに堕ちてゆくよ 砂の上で ぼくらは ふたりきりさ いつも  訳もなく 悲しくてふたりは もう一度 くちびるを重ねる  やがて 夢は醒めて すべてが 消えてしまう 砂のように 指から こぼれてゆく 愛が
Snow Waltz池田聡池田聡池田聡水島康宏有賀啓雄恋人ではないふたりにとっては 静かに降り続く雪は切なくて このまま時間を止めてしまいたい ふたりが永遠にひとつでいられるよう なぜ、愛はまた悲しみを抱きしめる 求めあう心が罪を越えてしまう 髪にも肩にも降り続く雪は 一夜で世界さえ変えてしまえるのに…  なぜ、愛はまた悲しみを抱きしめる 結末をふたりはすでに知ってしまう 言葉にできない想いのすべてを 静かに降り続くこの雪にたくして…
prayer池田聡池田聡池田聡池田聡有賀啓雄穏やかな 午後の陽 街を包む ひとりの週末には なれてしまったけど  思い出す度ごと 胸を過(よぎ)る いつでも僕は 君を迷わせつづけてた  今さら やりなおせないと 僕にも わかっている  あの時 君の瞳から こぼれ落ちた涙 言葉では語りつくせない 心の痛み  信じることの 切なさと 疑うことの つらさ  自分を選んでみたいと 君は目を伏せたね 愛に頼り過ぎていたのは 僕の方だよ  あの時 君の瞳から こぼれ落ちた涙 言葉では伝えつくせない 心の破片(かけら)  穏やかな午後には 君を想う 幸せになることを ずっと祈っている
全1ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照