試聴する

砂の睡り

この曲の表示回数 2,608
歌手:

池田聡


作詞:

小西康陽


作曲:

川上明彦


少しずつ
愛が色褪せてゆく
ふたり今もこうして
抱きあっているのに

柔かい月が
影を刻む
きみの裸の胸に
痕のように

訳もなく
悲しくてふたりは
訳もなく
くちびるを重ねる

そして
砂のような
睡りに堕ちてゆくよ
砂のように
渇いた
夢を見るよ
ふたり

耳もとで
愛を囁くたび
きみの裸の胸が
震える

訳もなく
さよならを言えずに
もう一度
くちびるを重ねる

そして砂のような
睡りに堕ちてゆくよ
砂の上で
ぼくらは
ふたりきりさ
いつも

訳もなく
悲しくてふたりは
もう一度
くちびるを重ねる

やがて
夢は醒めて
すべてが
消えてしまう
砂のように
指から
こぼれてゆく
愛が
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:砂の睡り 歌手:池田聡

池田聡の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

商品番号:TECN-28027
(unknown)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP