試聴する

こわれゆく男

この曲の表示回数 2,335

ポケベルを
何度 鳴らしたって
君からは
何も 返って来ない
“愛しさ”の外にいる

いつもなら
テリトリーの街に
残る香りさえ
消えてしまった
真夜中の隙間

誰かが
そばにいるなら
そいつを
殺したい

ジェラシーに血を流して
僕は 君の夢を見てた
自虐的だと
わかってる
悲しみに胸を裂かれ
僕は 君になすすべなく
それが愛だと
自分に言い聞かせてる

この傷が
癒えるよりも先に
君を見かけたと
噂を聞いた
傷口が痛み出す

きっと また
擦れ違いの街に
残されたままで
酔いつぶれてく
迷宮でひとり

誰かを
こんなに愛せる
ことなど
ありえない

ジェラシーの血を流して
僕は 君を求めていた
破滅的だと
笑ってる
思い出は 脈を打って
僕は 君を抱きしめてる
そんな記憶に
今さら しがみついても…

理性では 止められない
愛に 身動きもできずに

ジェラシーに血を流して
僕は 君の夢を見てた
自虐的だと
わかってる
悲しみに胸を裂かれ
僕は 君になすすべなく
それが愛だと
自分に言い聞かせてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:こわれゆく男 歌手:池田聡

池田聡の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-09-23
商品番号:COCA-11946
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP