試聴する

太陽は知っている

この曲の表示回数 15,091

太陽が燃えていた 夢にKissをした
過ぎてゆくふたりの夏 胸に刻みつけた

卒業や就職は いつかはやってくる
人生の区切りに みんなと違う道 選んだ

連帯感で結ぶ友情も
小さな誤解であきらめて
それでも何か信じて 今日まで私 生きてきた

夏は十年前から変わらない
だけど一年先よりちょっと前
きっと永遠なんてどこにもない あるのは今日だけ

八月のこの場所で 空をつく雲と
移りゆく街をみてると 時の速さ知ったよ

幼い頃 聞いていた 母の愛の唄と
同じ唄 子供のためにも いつの日か歌うでしょう

世界の風向きは 少しずつ
形を変えてゆくけれど
いつもココロのすみでは あの日のキミを想ってる

夏の太陽だけが知ってる
誰もひとりきりじゃいられない
昨日よりも今よりも もっとみんな愛のそばにいる

夏は十年前から変わらない
今もあの日のまま輝いてる
君が走り続けた今日までは まちがいじゃないよ

連帯感で結ぶ友情も
小さな誤解であきらめて
それでも何か信じて 今日まで私 生きてきた

夏は十年前から変わらない
だけど一年先よりちょっと前
きっと永遠なんてどこにもない あるのは今日だけ

夏の太陽だけが知ってる
誰もひとりきりじゃいられない
昨日よりも今よりも もっとみんな愛のそばにいる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:太陽は知っている 歌手:渡辺美里

渡辺美里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998/06/20
商品番号:ESDB-3848
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP