試聴する

MIDNIGHT TRAVELER

この曲の表示回数 19,347
歌手:

鈴木雅之


作詞:

大下きつま


作曲:

大沢誉志幸


流星の様な 街灯
瞳に写して 流れてる

哀愁列車 二人乗せて 夜をかける

左の頬に 泣きぼくろ
めまいのしそうな KISSをする

二人現実 残したまま 旅に出るね

このまま二人どこへ行くの
ぎゅっと手をにぎった
この想いをかばんにつめ
二人 MIDNIGHT TRAVELER

背中にもたれて 夢をみた
寝汗が首すじ 光ってる

堕ちるとこまで 堕ちてみようか もう戻れない

このまま二人どこへ行くの
そっと肩寄せ合う
この想いをかばんにつめ
二人 MIDNIGHT TRAVELER

ねぇ見てごらん 海が見えてきた
微笑む君の横顔が いつもよりせつなくて

もうすぐ朝がやってくる
そっと肩引き寄せ
この想いを乗せて走る
君の髪なびかせ

このまま二人どこへ行くの
ぎゅっと手をにぎった
この想いをかばんにつめ
二人 MIDNIGHT TRAVELER
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:MIDNIGHT TRAVELER 歌手:鈴木雅之

鈴木雅之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-09-09
商品番号:ESCB-1415
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP