浜田省吾作曲の歌詞一覧リスト  257曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
257曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
悲しみは雪のように (Single Version)三浦祐太朗三浦祐太朗浜田省吾浜田省吾君の肩に悲しみが 雪のように積もる夜には 心の底から 誰かを愛することが出来るはず 孤独で 君のからっぽの そのグラスを 満たさないで  誰もが泣いてる I'm crying for you 涙を人には見せずに You're crying for him 誰もが愛する人の前を He's crying for her 気付かずに通り過ぎてく She's crying for me  君は怒りの中で 子供の頃を生きてきたね でも時には 誰かを許すことも 覚えて欲しい 泣いてもいい 恥じることなく 俺も独り泣いたよ  誰もが泣いてる 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  君の幻想(ゆめ) 時の中で 壊れるまで 抱きしめるがいい  誰もが泣いてる 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  悲しみが雪のように積もる夜に…
この新しい朝に浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾目深にフードを かぶって走ってる 誰もいない通りを 風は冷たく でも春の気配を微かに感じながら ビルの地平を染める 新しい太陽 君も見てるかな ささやかな祈りの言葉を胸に  この長い坂道の向こうに広がる景色は まだ見えてはこないけど 長い坂道の上に広がる空は高く 青く深く 強く凛と輝いてる  孤独な心と 途切れた未来図を抱えた 街が目覚める でも人は弱くない そう君も弱くない ただ少し疲れてるだけ 愛する人の寝顔に そっとキスして 君は立ち上がる 好きな歌口ずさみ 強い意志を胸に  この長い坂道の向こうに広がる景色は まだ見えてはこないけど 長い坂道の上に広がる空は高く 青く深く 強く凛と輝いてる  たどり着くまで涙は見せない 大丈夫って 大丈夫って 大丈夫だからって  この長い坂道の向こうに広がる未来は まだ見えないけど  この長い坂道の向こうに広がる世界は まだ見えてはこないけど 長い坂道の上に広がる空は高く 青く深く 強く凛と輝いてる
みちくさ浜田省吾浜田省吾春嵐浜田省吾あの頃 夢を見ていた 君の未来には 出会えたかな? ついてない 時もあるよね 泣きたくなる朝も  無理して走らなくても いいと僕は 思っているから たまには 足を休めて 深く息を吸おう  道に迷い込んで 眠れない夜更けには 見上げてごらん ほら キラキラ  輝く小さな星は 闇の中でしか 見つからないよ 人生 いいことだけじゃ つまんなくないかな?  時には立ち止まって みちくさ すればいい 今しか出会えない 世界で  人生って悪いものじゃ ないと僕は 思っているけど そんなに信じないなら 手を繋いで行こう  目を閉じてもいいよ きっと大丈夫さ
てがみ浜田省吾浜田省吾春嵐浜田省吾しあわせに 暮らしているのですか? あなたは今 愛する人と出会い にこやかに 生きていますか?  一日に一度は 空を見上げて 笑ってますか? 一人でしくしくと 泣いたりなど してませんよね?  誕生日も クリスマスも なんでもない毎日さえ 日だまりに 満たされていて  あなたさえ しあわせなら 僕は消えてしまってもいい 降り積もる 雪のように あなたを想うよ  独りぼっちの夜は あなたの好きな リンゴを齧り 甘酸っぱい記憶 紡ぎ出すよ 両手広げ  晴れの日も 雨の日も 嵐の夜も 雨上がりも 健やかに 生きていてくれ  いつの日か あなたよりも 愛する人が現れても この想い 永遠に 胸に重なるよ  しあわせに 暮らしているのですか? あなたは今 大切な家族を 愛しながら 生きていますか?  一日に一度は 声を出して 歌ってますか? 誰かと手を繋ぎ 夕暮れの道 歩いてますか?
砂の祈り浜田省吾浜田省吾春嵐・浜田省吾浜田省吾TVニュースに 映る砂の嵐 いとしい人の 姿さがす  身を切るような 不安と哀しみを 誰が分かち合えるのだろう  あなたの 名前も行方も 知らない人達 今日も街を行き交う  血の味で 目覚めた夜の静寂 くちびる 噛みしめ 朝を待ってる  あなたのいない この部屋のどこに 空しくひとり 座ればいい?  ささやかな日々 視界の向こうに さらわれてく 砂と共に  あなたの 誕生日には 家族と 友達が 集まり あなたのことを話した  一抹の 砂と共に今夜 訪ねて来て笑顔で 夢の中へ  何気ない 小さな出来事 山茶花 咲いては 涙こぼれて落ちる  いつの日か この世のすべてが 等しく 平和で あるように  地平に 揺れる 陽炎 あなたの 無事を 祈ってる
アイラブピース浜田省吾浜田省吾春嵐浜田省吾ある日午後 口ゲンカ 仲直りに 夜のお散歩 コンビニで スイカ買って 甘いキッス 夜明けまで  ハラペコの 泥棒が 食べかけの スイカ盗んで 公園で 一休み ちょうちょ達にも おすそわけ  どこにいても 何をしてても 足元に転がり落ちてる 幸せ達は 繋がってる 気付かないまま そよ風のように  渡り鳥 やって来て うたたねする ちょうちょと共に 黒い種 飲み込んだ 渡り鳥 海を越える  どこにいても 何をしてても 見上げる空に広がってる 幸せ達は 繋がってる 気付かないまま 光のように  顔を出した スイカの芽 見知らぬ土地 いのち芽吹いて 大空に 手を伸ばし 宇宙に広がれ ネットワーク  見つめ合う 君と僕 お星様 キラキラ 公園 テレながら プロポーズ あの日やって来た 赤ん坊
左手で書いたラブレター浜田省吾浜田省吾春嵐浜田省吾尽きせぬ 心 天まで 登りつめ 重なる言葉達は 青空を見上げた  右手で この想い 記したら 饒舌に この気持ち 綴るけれど 永遠に 終わらない  あなたへ届け あなたに届け 左でしたためた 手紙 二文字の  とめどない この想い あなたへと 届いて 「好き」という つたない文字が 便箋に広がる  許されぬ ラブレター 炎に 包む それでも その心 自由 空を飛ぶ  許されぬ この体 火柱で くるんだら 燃え尽きて 灰となるよ 切ないこの想い  魂にまたがって 愛しい処へ
木霊浜田省吾浜田省吾春嵐浜田省吾あなたに 触れて いたいと 願い 一度も 触れられず 悲しく 泣いた  もしもまた この星に 降り立てるのなら 人間として生きるのは 辛すぎるから  この体 この心 サヨナラを告げて 空に なろう  あなたを 守る 梢に なろう  永遠に いつまでも いつだって そばに いられるなら 言葉さえ手放してもいい  この体 この心 サヨナラを告げて ここに 座ろう  あなたの 好きな 梢に なろう あなたに 触れられて いたいと夢見る
ソウルメイト浜田省吾浜田省吾春嵐浜田省吾僕は海の中 孤独な姿で 月夜に溺れる 魚だった  君は空を飛ぶ 紅の羽衣 星に涙する 鳥だった  いつの時代も 僕らは出会っている 繰り返す “Hello!” 永久に続く “I miss you...”  やっと出会えたネ 人と人として 甘い雨の中 手をつなぐ  僕らはうたかた かりそめの手足 刹那に煌き 風に舞う  こころに灯る たましいの色めざし 僕らは踊る  この暗闇の中  いつの時代も 僕らは出会っている 繰り返す “Hello!” 永久に続く “I miss you...”  もしも僕が この世界から消えても そばにいるよ  僕らのたましい 寄り添って愛し合って 重なる  はるかな未来 また出会えるように あの丘の上 目印を作ろうよ  いつか必ず 迎えに来るからね UFOに乗って 君に手を振るかも...  いつの時代も 僕らは出会っている 繰り返す “Hello!” 永久に続く “I miss you...”
片想い加藤和樹加藤和樹浜田省吾浜田省吾あの人のことなど もう忘れたいよ だって どんなに想いを寄せても 遠く叶わぬ恋なら  気がついた時には もう愛していた もっと早く“さよなら…”言えたなら こんなに辛くはなかったのに  ああ せめて一度だけでも その愛しい腕の中で “このまま 傍に居て 夜が明けるまで”と 泣けたなら  ああ 肩寄せ歩く恋人達 すれ違う帰り道 寂しさ 風のように いやされぬ心を もて遊ぶ  あの人の微笑 やさしさだけだと 知っていたのに それだけでいいはずなのに 愛を求めた 片想い 愛を求めた 片想い
もうひとつの土曜日真田ナオキ真田ナオキ浜田省吾浜田省吾吉川さくら昨夜 眠れずに泣いていたんだろう? 彼からの電話 待ち続けて テーブルの向こうで 君は笑うけど 瞳ふちどる 悲しみの影  息がつまる程 人波に押されて 夕暮れ 電車でアパートへ帰る ただ週末の 僅かな彼との時を つなぎ合わせて 君は生きてる  もう彼のことは 忘れてしまえよ まだ君は若く その頬の涙 乾かせる誰かが この街のどこかで 君のことを 待ち続けてる  Woo 振り向いて Ha-Woo 探して 探して  君を想う時 喜びと悲しみ ふたつの想いに 揺れ動いている 君を裁こうとする その心が 時におれを 傷つけてしまう  今夜 町に出よう 友達に借りた オンボロ車で 海まで走ろう この週末の夜は おれにくれないか? たとえ最初で 最後の夜でも  Woo 真直ぐに Ha‐Woo 見つめて 見つめて  子供の頃 君が夢みてたもの 叶えることなど 出来ないかもしれない ただ いつも傍にいて 手をかしてあげよう 受け取って欲しい この指輪を 受け取って欲しい この心を Oh…
左手で書いたラブレター中嶋ユキノ中嶋ユキノ春嵐浜田省吾尽きせぬ 心 天まで 登りつめ 重なる言葉達は 青空を見上げた  右手で この想い 記したら 饒舌に この気持ち 綴るけれど 永遠に終わらない  あなたへ届け あなたに届け 左でしたためた 手紙 二文字の  とめどない この想い あなたへと 届いて  「好き」という 拙い文字が 便箋に広がる  許されぬ ラブレター 炎に 包む それでも その心 自由 空を飛ぶ  許されぬ この体 火柱で 包んだら 燃え尽きて 灰となるよ 切ないこの想い  魂にまたがって 愛しい処へ
てがみ中嶋ユキノ中嶋ユキノ春嵐浜田省吾しあわせに 暮らしているのですか? あなたは今 愛する人と出会い にこやかに 生きていますか?  一日に一度は 空を見上げて 笑ってますか? 一人でしくしくと 泣いたりなど してませんよね?  誕生日も クリスマスも なんでもない毎日さえ 日だまりに 満たされていて あなたさえ しあわせなら 僕は消えてしまってもいい 降り積もる 雪のように あなたを想うよ  独りぼっちの夜は あなたの好きな リンゴを齧り 甘酸っぱい記憶 紡ぎ出すよ 両手広げ  晴れの日も 雨の日も 嵐の夜も 雨上がりも 健やかに 生きていて  いつの日か あなたよりも 愛する人が現れても この想い 永遠に 胸に重なるよ  しあわせに 暮らしているのですか? あなたは今 大切な家族を 愛しながら 生きていますか?  一日に一度は 声を出して 歌ってますか? 誰かと手を繋ぎ 夕暮れの道 歩いてますか?
片想い藤あや子藤あや子浜田省吾浜田省吾小林信吾あの人のことなど もう忘れたいよ だって どんなに想いを寄せても 遠く叶わぬ恋なら  気がついた時には もう愛していた もっと早く「さよなら…」言えたなら こんなに辛くは なかったのに  ああせめて一度だけでも その愛しい腕の中で 「このまま傍に居て夜が明けるまで」と 泣けたなら  ああ肩寄せ歩く恋人達 すれ違う帰り道 寂しさ風のように いやされぬ心を もて遊ぶ…  あの人の微笑 やさしさだけだと 知っていたのに それだけでいいはずなのに 愛を求めた片想い 愛を求めた片想い
もうひとつの土曜日中森明菜中森明菜浜田省吾浜田省吾鳥山雄司昨夜眠れずに泣いていたんだろう 彼からの電話待ち続けて テーブルの向こうで君は笑うけど 瞳ふちどる悲しみの影  息がつまる程 人波に押されて 夕暮れ電車でアパートへ帰る ただ週末の僅かな彼との時を つなぎ合わせて君は生きてる  もう彼のことは忘れてしまえよ まだ君は若く その頬の涙 乾かせる誰かがこの町のどこかで 君のことを待ち続けてる  振り向いて 探して 探して  君を想う時 喜びと悲しみ ふたつの想いに揺れ動いている 君を裁こうとする その心が 時におれを傷つけてしまう  今夜町に出よう 友達に借りた オンボロ車で海まで走ろう この週末の夜は おれにくれないか たとえ最初で最後の夜でも  真直ぐに 見つめて 見つめて  子供の頃 君が夢見てたもの 叶えることなど出来ないかもしれない ただいつも傍にいて手をかしてあげよう 受け取って欲しい この指輪を 受け取って欲しい この心を
夜はこれから (N.Y. Version)中嶋ユキノ中嶋ユキノ浜田省吾浜田省吾「最終電車 もう出たみたい」 「おごるぜ 喉は渇いてないかい? 外はヤバイ連中で一杯 ここにいるなら オレが傍にいる」 「あなた信用できる人かな?」 「礼節くらい わきまえているよ」 「期待したって何も起こんないよ 名前くらい教えてあげるけど」  そうね たったひとつの望みは 君の肩に手をかけて そして… 踊ろう 夜明けまで 重低音の響くダンスフロア 泳ごう バリーライトの海に飛び込み 人魚みたいに Night is young. It's Friday night. Everything is going to be all right. 叫ぼう 両手あげ 流れる汗に酔って Dance Dance Dance!  「濡れた肌にシャツが絡んでる 脱いでも誰も気にしちゃいないさ」 「喜ばせてあげるつもりないよ 何か飲もうよ シャンパンがいいな」  からかったつもりの言葉に 自分で顔赤らめた まぁいいけど… 踊ろう 夜明けまで 重低音の響くダンスフロア 泳ごう バリーライトの海に飛び込み 人魚みたいに Night is young. It's Friday night. Everything is going to be all right. 叫ぼう 両手あげ 流れる汗に酔って Dance Dance Dance!  Dance! Everybody Hey Hey Hey! Hey! Pretty boys Dance Dance Dance! Dance! Everybody Hey Hey Hey! Hey! Pretty Girls Dance Dance Dance!  誰にも出会えず独りで生きてく そうあきらめてた みんな踊ってるダンスフロア 仲間と見ていた ふいに感じた視線 内気そうな その笑顔 初めて感じた切なさ 光に戸惑う孤独  明日 偶然 街角で君に出会えても すれ違うだけ? それとも… 踊ろう 夜明けまで 重低音の響くダンスフロア 泳ごう バリーライトの海に飛び込み 人魚みたいに Night is young. It's Friday night. Everything is going to be all right. 叫ぼう 両手あげ 流れる汗に酔って Dance Dance Dance!
悲しみは雪のようにSHOW-YASHOW-YA浜田省吾浜田省吾君の肩に悲しみが 雪のように積もる夜には 心の底から 誰かを 愛することが出来るはず 孤独で 君のからっぽの そのグラスを 満たさないで 誰もが 泣いてる 涙を 人には見せずに 誰もが 愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  君は怒りの中で 子どもの頃を生きてきたね でも時には 誰かを許すことも 覚えて欲しい 泣いてもいい 恥じることなく 俺も独り泣いたよ 誰もが泣いてる 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  君の幻想(ゆめ) 時の中で 壊れるまで 抱きしめるがいい  誰もが泣いてる 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  悲しみが雪のように積もる夜に……
光の糸GOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutani早春の入り江に さざ波寄せる 茜色に染まった雲間に沈む夕日 波打ち際 跳ねる子ども達の笑い声に包まれ このかけがえのない静かな世界を 守ることを誓う 心に強く  命の炎を高くかざして道を照らせ 命の炎が燃え尽きるまで 友よ共に  未来へ連なる光の糸を紡いでいこう 暗闇に支配されないように つないだ小さな手の温もりを闘う勇気にかえて 残された僅かな時間の中で 焦らないで 緩まないで生きる  命の炎を高くかざして道を照らせ 来る日も来る日も燃え尽きるまで 友よ共に  陽は落ち 黄昏の青に縁どられて 自転車こぐ子どもらの弾んだ声 わが家への道を辿る 新しい歌 懐かしい唄 歌って  命の炎を高くかざして道を照らせ 来る日も来る日も燃え尽きるまで 友よ共に
旅するソングライターGOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutani君の歌が聴こえてくる 心の一番きれいなところから オレの声は届いてるか? 遠く離れても 遠く離れても  どこにいたって君を想ってる ロンドン パリ ニューヨークシティー 札幌 博多 でも どこにいようと オレはオレで変わりようがない ナイスガイってタイプの人生規範から見事に外れて 曇り 土砂降り後 快晴  青空の下を駆ける 時には嵐の日だってある でも生きるんだ呼吸止めずに 成し遂げたことより 今をどう生きるかって考えてる 自分忘れの旅の途上で  君がいなけりゃ生きていけない 何をしたって意味が無い でも いつも傍にいるわけじゃない 旅は今日も続く 失われた時さがして 月に向って唸る 歌う 吠える  最後は空に手を伸ばし 慈愛と許しを乞うかも 浅い夢が終わる時に いつか帰るはずの故郷 今もイメージ出来てないけど どこだっていいんだ 君がいれば  アスファルトを踏みしめて 高層ビルの隙間から昇る太陽 同じ太陽 世界中で見た 涙と笑いと嘆きの入り混る感情抱いて 人は生きてた 生きてた 生きてる
きっと明日浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutani波乱含みの恋に 強引な君らしく当たって碎けたね 粉々に壊れたね 肌を重ねて果てた後 空虚な沈黙の空間 埋める術も無く ひとり暗がり見つめて  きっと明日 君は目の周り黒く塗って きっと明日 君はオレを誘う夕食に きっと明日 きっといつか きっと君の瞳の中に立ちすくむオレに気づくだろう  罪の無い世界に生きるなら独りがいい 嘘の無い言葉を声に出すこともない Good luck and Good bye 無言のまま去って行くべきだって分かってる 間抜けな道化やらかしてる What a damn fool…  きっと明日 君は彼の底 見抜くだろう きっと明日 君は君の価値 気づくだろう きっと明日 きっといつか きっと君の世界と君が見事に重なる日が来るだろう  星座も動いてる 季節も変わってく 心も…  きっと明日 君は化粧を落とし素顔で きっと明日 君は眩しいほどの笑顔で きっと明日 きっといつか きっと 君のモノクロの夢 光さし込んで色づき きっと明日 きっといつか きっと君の瞳の中に立ちすくむオレに気づくだろう  波乱含みの恋に 粉々に砕けたって…
マグノリアの小径浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutaniもっと自由でいいんだ 太陽の下 もっと自分でいいんだ 人波の中  低い雲間に一筋の光の帯 山並み照らしてる 二人で旅に出よう トスカーナに行こう 通りのカフェテラスで君を口説こう 木蓮の花の下で踊ろう 夕暮れの淡い闇にまぎれて そっとキスしよう それを君が許してくれるなら  儚い世界 透明なギターで描いてみる シュールな和音で 幸せに決まり込んだ形なんて無い 自由は思ってるほど危険な夢じゃ無い 新しい朝に寄り添って パンと炒りたてのコーヒー ベッドに運んであげよう それを君が望んでくれるなら  ひとしずくのワイン ボトルを満たして 時を経て いつか君を酔わせる  もっと自由でいいんだ 太陽の下 もっと自分でいいんだ 人波の中  木蓮の花の下で踊ろう 夕暮れの淡い闇にまぎれて そっとキスしよう それを君が許してくれるなら オレを君が望んでくれるなら
美しい一夜浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutani美しい一夜 湖の畔歩く 風になびく木々 月明かり揺れる カーラジオ 古いラブソング微かに流れ 繰り返すリフレインの歌詞 思い出し 口ずさむ二人 踊る君の手をとって スローなバラードに体寄せて 躍る心感じてる 出会った頃のまま 美しい一夜 忘れない今も  滑らかな肌に手を這わせ 奏でるメロディー 寄せては引いてく波のような吐息 遠くに夏祭りの花火の音響く ねぇ…あれはいつ? 人波の中 見失った君をずっと探して 走る まるで永遠に会えぬ別れの痛み感じて 君を見つけ 見上げれば夜空焦がす花火  時は時に触れるもの全て色あせ変えてゆく 今夜二人初めての時を過ごした場所で 踊る君の手をとって スローなバラードに体寄せて 躍る心感じてる 出会った頃のまま 美しい一夜 湖の畔歩く 美しい人の面影を胸に
サンシャイン・クリスマスソング浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutani夏の日焼けがまだ肌に残ってる なのに 街角 クリスマスツリー 全然出来てないよ心の準備 彼女との出逢い まるで Daydream  去年も 一昨年も その前の年も 映画館で ひとりビール飲んでた Christmas Days 書店で集めた読みたかった本を 枕にして ひとりワイン飲んでた Christmas Nights いつもと同じ街並み 違って見える今年は 不思議!  見つめられたら言葉がとんでしまう 笑顔見るたび舞い上がる これって何って感情? もしかして恋? ありえないだろ…このオレが?  ポップコーン頬ばって フットボール観ながら スタジアムで ふたりビール飲んでる Christmas Day 並んで料理して ろうそく燈して オレの部屋で ふたりワイン飲んでる Christmas Night 今日まで どんな風にオレ呼吸してたんだろう 不思議!  曇りガラスの窓に滲んだ青空 孤独と折り合いつけて静かに暮らしてた  オレの心 オレの人生の真ん中に降りてきた My Girl オレの体 オレの世界の中心で輝いてる My Love もっとずっと遠くまで走ることになりそうだ It's All Right!
五月の絵画浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutani五月の柔らかな陽差しが跳ねるテーブル その向こうに笑顔の君 紅茶を手にして 街並みを背にして一枚の絵画のよう オレは見てる 言葉もなく 心を奪われて  あれは君 15の春 涙うかべて 家を出るオレを許さず唇噛んでた 言葉を探したけれど すべて的外れで ドアを閉じて 息が出来ず 舗道に崩れ落ちた  もうすぐ昼休みは終って 二人 別の世界に戻る 「また、会えるよね?」って君 その言葉「許す」って意味かな…  五月の柔らかな陽射しが跳ねるテーブル その向こうに笑顔の君 真っ直ぐオレを見てる 街の音も 人の声も すべてが消えてく 笑顔の娘の前に
瓶につめたラブレター浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutaniおかしな手紙書いて 君を少し戸惑わせたと思う この頃 オレちょっとこわれてる 誰にも会いたくない 誰とも話したくない でも心の中 言葉の洪水 まるで瓶につめたSOSみたいな… Love Letter 最初で最後の まるで独り言のようなラブレター 書きなぐった文字 読む前に破り捨てられたかな  君が屋上でポケットに手を入れてさ ぼんやり空を見てる顔の角度がちょっと切なくて 君が髪束ねてデスクに向かってさ キーボードを打つ背中が寂しそうだったから 惹かれた理由は そんなとこかな… Love Letter 君だっていつかは まるで独り言のようなラブレター 書きたくなるような人に 出逢う時 ふいに来るだろう 孤独な心が まるで独り言のような ラブレター 書かせる夜には オレの妙な手紙 思い出してくれ
ハッピー・バースデイソング浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutaniパパとママにありがとう 二人の努力実って 今 君はここにいる Happy Birthday to you  ケーキの上にキャンドル 歳の数だけ灯して 祈ろう君の幸せ ハッピー・バースデイ・トゥ・ユウ  世界にひとつの尊い命 かけがえのない人  君が生まれた日の夜 パパは涙目でママに「ありがとう」ってキスした はっぴい・ばーすでい・とぅ・ゆう  世界にひとつの尊い命 かけがえのない人  明日は昨日よりも もっといい日になるだろう そう信じて生きていこう Happy Birthday to you
夜はこれから浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutani「最終電車 もう出たみたい」 「おごるぜ 喉は渇いてないかい? 外はヤバイ連中で一杯 ここにいるなら オレが傍にいる」 「あなた信用できる人かな?」 「礼節くらい わきまえているよ」 「期待したって何も起こんないよ」 「名前くらい教えてくれるだろ?」  オレのたったひとつの望みは 君の腰に手を伸ばし そして… 踊ろう夜明けまで 重低音の響くダンスフロア 泳ぎなバリーライトの海に飛び込み 人魚みたいに Night is young. It's Friday night. Every thing is going to be all right. 叫びな両手あげ 流れる汗に酔って Dance Dance Dance!  「濡れた肌にシャツが絡んでる 脱いでも誰も気にしちゃいないさ」 「喜ばせてあげるつもりないよ 何か飲もうよ シャンパンがいいな」  仕掛けられた罠に落ちたのは 君じゃなくてオレみたい まぁいいけど… 踊ろう夜明けまで 重低音の響くダンスフロア 泳ぎなバリーライトの海に飛び込み 人魚みたいに Night is young. It's Friday night. Every thing is going to be all right. 叫びな両手あげ 流れる汗に酔って Dance Dance Dance!  Dance! Everybody Hey Hey Hey! Hey! Pretty woman Dance Dance Dance! Dance! Everybody Hey Hey Hey! Hey! Pretty lady Dance Dance Dance!  誰にも出会えず独りで生きてく そうあきらめてた みんな踊ってるダンスフロア 壁にもたれて見ていた ふいに現われた彼女 眩しいその笑顔 初めて感じた切なさ 光に戸惑う孤独  明日 偶然街角で君に出会えても すれ違うだけ? それとも… 踊ろう夜明けまで 重低音の響くダンスフロア 泳ぎなバリーライトの海に飛び込み 人魚みたいに Night is young. It's Friday night. Every thing is going to be all right. 叫びな両手あげ 流れる汗に酔って Dance Dance Dance!
恋する気分浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutaniひとりで食事も出来る 借りてきた映画を観ながら ひとりで旅行も出来る 二週間 誰とも話さずに 寂しさなんて感じない自由な心 気ままな毎日 あの娘がオレの前に 突然現れた時から 静かで平和な日々 一瞬で消えた で It's OK. 恋に落ちてる この気分 ぜんぜん悪くない  ふたりで待ち合わせ 初めて時計を気にして駆け足 ふたりで並んで観る映画 妙なラブコメディー あくび出そう そっと手を握ったら オレの肩に頭をのせてスマイル あの娘の家の前で 初めてのキスして おやすみ まだ帰したくないけど 明日も逢えるから t's OK. 恋に落ちてる この気分 ぜんぜん悪くない  煙草の数も減ったよ ふと気づくと 真面目に働いてる あの娘がオレの前に 突然現れた時から 静かで平和な日々 一瞬で消えた でも It's OK. 恋に落ちてる この気分 ぜんぜん悪くない
永遠のワルツ浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutani君の手をとり砂浜を歩く 篝火の下 照らされて浮かんでる 友や家族の笑顔と笑い声 風と波と音楽が春の宵に溶けて  愛を誓い 指輪交し 君を抱き寄せて べールあげて 口づけした  にぎやかな楽団が やがてスローなワルツを奏ではじめる 僕ら二人 雨の朝 風の午後 嵐の夜 穏やかな日常 君の手をとり 瞬間を重ねよう 光の意図 紡いで いつも寄り添って 踊ろう この懐かしいメロディー口ずさみ
アジアの風 青空 祈り part-1 風浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutani兵士よ どこにいるの? Soldier, Can you hear my voice? 悲しみの追憶のつづれ織りを身にまとい 光を遮って I want you to know. 伝えたくて I miss you. 青空に 星空に 誓うよ 砂漠 街頭 密林 孤島 雪原 山岳 海底 忘れないよ 忘れないよ ずっと きっと 届くこと いつか届くこと信じてる 祈る想い 陽の下で 月の下で誓おう No More War. Asia, Where are you going to? アジア どこへ行くの?
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
アジアの風 青空 祈り part-2 青空浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutaniまるで二人 ロミオとジュリエットみたい 憎しみの壁 偏見の海に阻まれ 逢えない 逢いたいのに  透き通る真夏の青空を 切り裂いた白い光 黒い雨 あれはいつ? 氷雨降る早春の午後 押し寄せる高波に砕けた未来  あまりに多く血が流された とてつもない悲しみが襲った あまりに尊い犠牲払った 充分過ぎるくらい学んだ…違うか?  銀色の林檎が枝から落ちて 少年の手の中 静かに少女と分け合い 未知の世界へと旅立つ  自ら「指導者」と名乗る驕れる者達 思想 教義 大儀 無理強いする奴等 遥か地平目指す彼 空高く舞う彼女 二人に構うな!  あまりに多く血が流された とてつもない悲しみが襲った あまりに尊い犠牲払った 充分過ぎるくらい学んだ…違うか?
アジアの風 青空 祈り part-3 祈り浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutani明かりを暗くして眠る時が来た 窓から差し込む月や星の仄かな光 シーツに燈して 朝陽に肩を揺さぶられ目覚めるまで寄り添い眠ろう 明日も逢える 来る日も来る日も 命の炎 消えるまで 明日も逢おう 来る日も来る日も 命の炎 燃やして
誓い浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Kanji Choshi・Kimio Mizutani最後まで諦めずに闘った友を 小雪舞う初冬の朝 仲間と見送る 陽気な男だった 涙は似合わない 飲もう グラスに無邪気な思い出 満たして 弾こう ギターに敬う心を託して そして 再会の時を今ここに誓う  最後まで案じてた この国のゆくえ 愚かさの果てにある悲劇を見据え 遺した志は世代が引き継ぐ 飲もう グラスに不屈の希望を満たして 弾こう ギターに朽ちない理想を託して そして 再生の時を今ここに誓う  海に漕ぎ出そう 生まれたところへと 長く短い旅の終わりを祝って  飲もう グラスに無邪気な思い出 満たして 弾こう ギターに敬う心を託して そして 再生の時を 今ここに集う すべての心ある仲間と誓う
Midnight Blue Train福山雅治福山雅治浜田省吾浜田省吾福山雅治カーテンコール ステージライト ざわめき… 今でも 火照る躰 ギター抱えて 夜汽車に揺られ 次の町まで ただ眠るだけさ どこへ行くのか 何をしてるのか 時々 わからなくなるよ  飛び去ってゆくレールの上で 時は過ぎてく瞬く間に 描いた夢と 叶った夢が まるで違うのに やり直せもしない もう帰ろう みんな 投げ捨てて でもどこへ 一体どこへ  Midnight Blue Train 連れ去って どこへでも行く 思いのまま 走り続けることだけが生きることだと 迷わずに答えて  人を傷つけ 嘘もついたよ 弱音を吐きながら ここまで来た 愛する人を引き止めようと 時には 自分を裏切りもしたよ 何をなくし 何を手にしたか わからない もう わからない  Midnight Blue Train 連れ去って どこへでも行く 思いのまま 走り続けることだけが生きることだと 迷わずに答えて  Midnight Blue Train 連れ去って どこへでも行く 思いのまま 走り続けることだけが生きることだと 迷わずに答えて   ※一部、原詞と異なる部分があります。
MONEY青木隆治青木隆治浜田省吾浜田省吾古池孝浩この町のメインストリート 僅か数百メートル さびれた映画館と バーが5、6軒 ハイスクール出た奴等は 次の朝 バックをかかえて出てゆく 兄貴は消えちまった親父のかわりに 油にまみれて 俺を育てた 奴は自分の夢 俺に背負わせて 心ごまかしているのさ  Money, Money makes him crazy Money, Money changes everything いつか奴等の足元にBIG MONEY叩きつけてやる  彼女は夢見てる 華やかなMOVIE STAR 湖の畔に車を止めて 俺達楽しむのさシートを倒してむし暑く長い夏の夜 あの時彼女はこう喘ぎ続ける “愛してる……愛してる……もっともっと……” だけどゆうべどこかの金持ちの男と町を出て行った  Money, Money makes her crazy Money, Money changes everything いつかあいつの足元にBIG MONEY叩きつけてやる  俺は 何も信じない 俺は 誰も許さない 俺は 何も夢見ない 何もかもみんな 爆破したい  純白のメルセデス プール付きのマンション 最高の女と ベッドでドン・ペリニヨン 欲しいものは全て ブラウン管の中 まるで悪夢のように  Money, Money makes me crazy Money, Money changes everything いつかこの手につかむぜ BIG MONEY I've got nothing nothing to lose
夢のつづき浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾水谷公生君が投げ返してくるボール 日毎速くなり 今ではオレより背も高くて 何だか眩しい だけど話し始めると まだ頼りなく子どもで… 明日の朝早く 家を出てく息子 遠い街で ひとり暮らす君の無事を いつも祈ってる  君が鏡にむかい口紅ひいてる姿 母さんの若い頃に似てきて 何だか眩しい 今夜のデートの相手は前の奴よりマシだろうか 空高く飛び立ってく娘 美しく翼ひろげる君の幸せ 深く祈ってる  妻とオレ コーヒー片手に時間が止まったよう いつか遠く憧れてた場所 どこか遠く陽のあふれる場所へ出かけよう 二人で そっと あの頃の夢をたどって
片想い丸山圭子丸山圭子浜田省吾浜田省吾あの人のことなど もう忘れたいよ だって どんなに想いを寄せても 遠く叶わぬ恋なら  気が付いた時には もう愛していた もっと早く“さよなら…”言えたなら こんなに辛くは なかったのに  ああ せめて一度だけでも その愛しい腕の中で “このまま 傍に居て 夜が明けるまで”と 泣けたなら  ああ 肩寄せ歩く恋人達 すれ違う帰り道 寂しさ 風のように いやされぬ心を もて遊ぶ  あの人の微笑 やさしさだけだと 知っていたのに それだけでいいはずなのに 愛を求めた 片想い 愛を求めた 片想い
片想い石井聖子石井聖子浜田省吾浜田省吾あの人のことなど もう忘れたいよ だって どんなに想いを寄せても 遠く叶わぬ恋なら  気がついた時には もう愛していた もっと早く「さよなら...」言えたなら こんなに辛くは なかったのに  あゝせめて一度だけでも その愛しい腕の中で 「このまま 傍に居て 夜が明けるまで」と 泣けたなら...  あゝ肩寄せ歩く恋人達 すれ違う 帰り道 寂しさ風のように いやされぬ心を もて遊ぶ  あの人の微笑 やさしさだけだと 知っていたのに それだけでいいはずなのに 愛を求めた片想い  愛を求めた片想い
もうひとつの土曜日今陽子今陽子浜田省吾浜田省吾昨夜眠れずに泣いていたんだろう 彼からの電話待ち続けて テーブルの向こうで君は笑うけど 瞳ふちどる悲しみの影  息がつまる程 人波に押されて 夕暮れ電車でアパートへ帰る ただ週末の僅かな彼との時を つなぎ合わせて君は生きてる  もう彼のことは忘れてしまえよ まだ君は若く その頬の涙 乾かせる誰かがこの町のどこかで 君のことを待ち続けてる  振り向いて 探して  君を想う時 喜びと悲しみ ふたつの想いに揺れ動いている 君を裁こうとする その心が 時におれを傷つけてしまう  今夜町に出よう 友達に借りた オンボロ車で海まで走ろう この週末の夜は おれにくれないか たとえ最初で最後の夜でも  真直ぐに 見つめて  子供の頃 君が夢見てたもの 叶えることなど出来ないかもしれない ただ いつも傍にいて手をかしてあげよう 受け取って欲しい この指輪を 受け取って欲しい この心を
我が心のマリア~MARIA~高橋洋子高橋洋子浜田省吾浜田省吾Maria, I call your name into the air every moment. You'll never know how much I wanted Just one tender touch.  Maria, you asked me why But I don't know why I'm in love with you. Something inside your heart called out to my loneliness.  I can't go on without you But I know you have to go. Maria, I call your name into the air. Maria  I know I can't see you again no matter what I do. Maria, I call your name into the air every moment. You'll never know how much I wanted Just one tender touch.  Maria...
もうひとつの土曜日世良公則世良公則浜田省吾浜田省吾浅田信一昨夜 眠れずに泣いていたんだろう? 彼からの電話 待ち続けて テーブルの向こうで 君は笑うけど 瞳ふちどる 悲しみの影  息がつまる程 人波に押されて 夕暮れ電車でアパートへ帰る ただ週末の 僅かな彼との時を つなぎ合わせて君は生きてる  もう彼のことは忘れてしまえよ まだ君は若く その頬の涙 乾かせる誰かがこの街のどこかで 君のことを待ち続けてる  Woo 振り向いて Ha-Woo 探して 探して  君を想う時 喜びと悲しみ ふたつの想いに揺れ動いている 君を裁こうとする その心が 時におれを傷つけてしまう  今夜町に出よう 友達に借りた オンボロ車で海まで走ろう この週末の夜は おれにくれないか? たとえ最初で最後の夜でも  Woo 真直ぐに Ha-Woo 見つめて 見つめて  子供の頃 君が夢見てたもの 叶えることなど出来ないかもしれない ただ いつも傍にいて 手をかしてあげよう 受け取って欲しい この指輪を 受け取って欲しい この心を Oh…
もうひとつの土曜日ダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ浜田省吾浜田省吾昨夜眠れずに 泣いていたんだろう 彼からの電話 待ち続けて テーブルの向こうで 君は笑うけど 瞳ふちどる 悲しみの影  息がつまる程 人波に押されて 夕暮れ電車で アパートへ帰る ただ週末の僅かな 彼との時を つなぎ合わせて 君は生きてる  もう彼のことは 忘れてしまえよ まだ君は若く その頬の涙 乾かせる誰かが この町のどこかで 君のことを 待ち続けてる  Uh 振り向いて wooo woo Uh 探して 探して  君を想う時 喜びと悲しみ ふたつの想いに 揺れ動いている 君を裁こうとする その心が 時におれを 傷つけてしまう  今夜町に出よう 友達に借りた オンボロ車で 海まで走ろう この週末の夜は おれにくれないか? たとえ最初で 最後の夜でも  Uh 真直ぐに wooo woo Uh 見つめて 見つめて  子供の頃 君が夢見てたもの 叶えることなど 出来ないかもしれない ただいつも傍にいて 手をかしてあげよう 受け取って欲しい この指輪を 受け取って欲しい この心を
荒野を駆けて真田広之真田広之浜田省吾浜田省吾君の頬の涙 乾かせるのは この僕だけ ほかの誰も見ないで  君のぬくもり今夜感じていたい 星空の下 波の音に包まれて でも夜が明けたら 僕を行かせて 心砕ける前に  I am a dreamer 君への愛をおきざりにした訳じゃない I am a dreamer 荒野へと 駆けて行きたい まっすぐに I'm lonely, so lonely 走り続ける 今はただひとりで  幼い夢は いつかこわれてしまう でも泣かないで 悲しみだけを見ないで 失うものなんて 何ひとつない 心をときはなって  I am a dreamer 若き翼をひろげ 飛び立つ風の中 I am a dreamer いつの日か 帰るところは君の胸 I'm lonely, so lonely 走り続ける 今はただ遠くへと  I'm lonely, so lonely 走り続ける 今はただひとりで
悲しみは雪のように中西保志中西保志浜田省吾浜田省吾君の肩に悲しみが 雪のように積もる夜には 心の底から 誰かを愛することが出来るはず 孤独で 君のからっぽのそのグラスを 満さないで  誰もが泣いてる 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  君は怒りの中で 子供の頃を生きてきたね でも時には 誰かを許すことも覚えて欲しい 泣いてもいい 恥ることなく 俺も独り泣いたよ  誰もが泣いてる 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  君の幻想(ゆめ) 時の中で 壊れるまで 抱きしめるがいい  誰もが泣いてる 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  悲しみが雪のように積もる夜に・・・・・
もうひとつの土曜日コブクロコブクロ浜田省吾浜田省吾コブクロ昨夜眠れずに 泣いていたんだろう 彼からの電話 待ち続けて テーブルの向こうで 君は笑うけど 瞳ふちどる 悲しみの影  息がつまる程 人波に押されて 夕暮れ電車で アパートへ帰る ただ週末の僅かな 彼との時を つなぎ合わせて 君は生きてる  もう彼のことは 忘れてしまえよ まだ君は若く その頬の涙 乾かせる誰かが この町のどこかで 君のことを 待ち続けてる  Uh 振り向いて wooo woo Uh 探して 探して  君を想う時 喜びと悲しみ ふたつの想いに 揺れ動いている 君を裁こうとする その心が 時におれを 傷つけてしまう  今夜町に出よう 友達に借りた オンボロ車で 海まで走ろう この週末の夜は おれにくれないか? たとえ最初で 最後の夜でも  Uh 真直ぐに wooo woo Uh 見つめて 見つめて  子供の頃 君が夢見てたもの 叶えることなど 出来ないかもしれない ただいつも傍にいて 手をかしてあげよう 受け取って欲しい この指輪を 受け取って欲しい この心を
愛して和田アキ子和田アキ子浜田省吾浜田省吾井上鑑あきらめたはずの人 ふっと思い出す こんな夜 火花のように 闇の中 たった一度の淡い絆 Woo Baby 灯りを消して Woo Baby やさしく愛して あたしがどこから来たか 聞かないで どうかこのまま 愛して  凍えそうな さみしさに 膝かかえて 震えながら 目を閉じては 帰らない 面影また追いかけてる Woo Baby 灯りを消して Woo Baby やさしく愛して あたしがどこから来たか 聞かないで どうかこのまま 愛して  Woo Baby 灯りを消して Woo Baby やさしく愛して あたしがどこから来たか 聞かないで どうかこのまま 愛して
みちくさ feat. 岡野昭仁 from ポルノグラフィティFairlifeFairlife春嵐浜田省吾あの頃 夢を見ていた 君の未来には 出会えたかな? ついてない 時もあるよね 泣きたくなる朝も  無理して走らなくても いいと僕は 思っているから たまには 足を休めて 深く息を吸おう  道に迷い込んで 眠れない夜更けには 見上げてごらん ほら キラキラ  輝く小さな星は 闇の中でしか 見つからないよ 人生 いいことだけじゃ つまんなくないかな?  時には立ち止まって みちくさ すればいい 今しか出会えない 世界で  人生って悪いものじゃ ないと僕は 思っているけど そんなに信じないなら 手を繋いで行こう  目を閉じてもいいよ きっと大丈夫さ
by bicycle feat. 大橋卓弥 from スキマスイッチFairlifeFairlife春嵐浜田省吾雨上がりの午後 虹が出ているよ 自転車飛ばして 見に行こう  風が笑ってる 光が囁く 雲が踊ってる smiling day  失恋、失業 乗り越えて 人生楽ありゃ苦もあるさ 野を越え 山越え 海越えて 出かけよう 遠くへ  背伸びして 欠伸して 寝転んで それから 夢見て ありがとう さようなら バイバイ crying days  風が笑ってる 光が弾ける 雲が流れてく smiling day  生麦生米生卵 人生 笑顔で ケセラセラ 世界の宇宙の果てまでも 飛びだそう 未来へ  ジャンプして 手を伸ばし キャッチして それでも ダメなら もう一度 ジャンプして つかまえよう  大丈夫 大丈夫 明日また 笑えば 必ず いつの日か 虹が見えるから 漕ぎだそう さぁ 自転車で
マーメイド feat. 我那覇美奈FairlifeFairlife春嵐浜田省吾抱き寄せて キスして あなたの胸で 私のときめきを 受け止めてね  海の見える部屋に 明るく 優しく 射し込む 月の光  もしも叶うならば 時間よ止まれ 許される魔法は たったひとつ  潮騒に守られ ふたりは ゆらゆら 泳いで 夢の中へ  愛して 私だけ見て 今だけでいい そばにいて  波間に消えてゆく あなたの 愛しい 背中を ただ見送る  美しく 闇夜を照らす 月の光に なりたい  からっぽの手のひら かすかな 温もり あなたを 抱きしめるの  海の見える部屋に 眩しく 切なく 射し込む 月の光
セツナワルツ feat. chieFairlifeFairlife春嵐浜田省吾さようなら ありがとう 愛しい人よ あなたに巡り逢えた それだけでいい  泣かないで お願いよ 涙は見せずに 最後に 抱き寄せて 私を抱きしめて  バラ色に染まる 夕暮れの空 こぼれ落ちる セツナを 静かに撫でる  ささやかな毎日が 奇跡だったから ぎゅっと抱きしめよう ふたりの思い出を  あなたに会うために 生まれてきたのだと 信じて 束の間の安らぎさえ 愛しかった  思い残すことは 何一つないけど ただただ あなたに伝えたいだけ 私の言葉  さようなら ありがとう 愛しい人よ あなたに巡り逢えた それだけでいい  何気ない毎日が 幸せだったから 最後は 笑ってね また会える時まで  いつか風になって あなたに会いに来る あなたを愛してる
乱れ雪 feat. CHEMISTRYFairlifeFairlife春嵐浜田省吾雪よ 吹ぶいて 私を染めて 雪よ 許して 乱れる心  結ばれぬ 定めに 流れ流されて 迷い  もう一度 あなたに 愛されたいと 願う  一夜 限り  雪よ 包んで 最後の刹那 雪よ 結んで 重なる孤独  切なさの 赤いリボンを 解くように 抱いて  もう二度と 誰にも 愛されないと 誓う  凍る 涙  温もりの上で静かに消える命 私の手のひらに抱かれ息を殺す それでもあなたに愛されたくて 今夜  降り続く 想い  わがままな 乱れ雪  雪よ 縛って 私の体 雪よ 再び 求めぬように
cookin' girl feat. NUUFairlifeFairlife春嵐浜田省吾今日は 愛しの彼が 遊びに来るの やっと誘ったの  今夜 ふたりで食べる ご飯を作る 恋はバラ色  コトコトコトコトグツグツグツグツ お鍋の中で 人参 玉ねぎ じゃが芋 生クリーム 愛情ご飯  ドキドキドキドキワクワクワクワク 恋をしている 夢のような マカロニ  だけど はりきりすぎて 塩と砂糖を 間違えちゃった  コトコトコトコトグツグツグツグツ ハートのお鍋で お醤油 白味噌 蜂蜜 塩コショウ 入れすぎたかな?  豚肉 鳥肉 シーチキン カレールゥ 何でも入れちゃえ! 摩訶不思議 グラタン  ごめん! 明日早いから 今日は帰るね きっとメールする  ひとり 空しく食べる もったいないから 全部食べちゃった  今夜 ご飯を作る 愛しの彼に  明日も ご飯を作る 愛しの彼に  (がんばれよ!) (めげるなよ!) (Keep on Cook and Roll!)
浜辺で見つけた宝物 feat. jimamaFairlifeFairlife春嵐浜田省吾潮騒 切ない ひとり旅の終わり 夕暮れ 肩越しに 突然 君に話しかけられた 砂浜 夏の日の恋なんて はかなく消えるもの 分かってても 高鳴る胸  出逢いは さだめのように 訪れて 予感も 覚悟も無いまま 愛しく つのる想いを かがり火に ときめき 波打つ恋 月と星 寄り添って輝く夜空に 遠花火  ボサノバ 窓辺の 小さなラジオ キャンドル 潮風 懐かしいメロディー 陽に焼けた体 ささやく 寄り添って 触れ合って 重なって 愛を知った どこにいたの…今日まで?  この世で 出逢えたことの奇跡を 抱きしめ 酔いしれよう すべては ふたりを包む 煌き 眩しく 果てしなく 喜びも悲しみも 未来への大切な宝物  君の知らない僕がここに 僕の知らない君がここにいる  出逢いは さだめのように 訪れて 予感も 覚悟も無いまま 愛しく つのる想いを かがり火に ときめき 波打つ恋 誰よりも 君のこと知りたい すべては宝物  未来への大切な宝物 贈り物
愛妻日和 feat. 曽我部恵一FairlifeFairlife春嵐浜田省吾今日は仕事休んで パジャマ着たまま家で 寝ぼけ眼で口づけ 妻と二人でダラダラ  たまにはオシャレをして デートするのもいいね 5時に銀座でブラブラ もっ、いいか  時々忘れてしまうけれど 本当はいつも 君のことを愛しているよ 海より空より大きくね  今日は仕事休んで 普段着のままベッドで 子供達いないうちに ラブラブ  時々忘れてしまうけれど 本当はいつも 君のことを愛しているよ 海より空より深くね  今日は仕事休んで パジャマ着たまま家で 寝ぼけ眼で口づけ 妻と二人でイチャイチャ  たまにはオシャレをして デートするのもいいね 5時に銀座でブラブラ もっ、いいか  君と二人でランデブー もう一度 いつもありがとう!
太陽 feat. 吉井レインFairlifeFairlife春嵐浜田省吾土砂降りの中 傘もささずに あなたへと走る 冷たい水しぶき 震える恋心 悴む手足 さ迷う  光と影の 狭間でひとり 濡れそぼつブランコ うつろな存在の 愛のことば達は 触れてはすぐに 消えうせる  手と手を重ね合わせて 肩を寄せ合い ただ同じ雨の中 仔猫のように うずくまっていた 15's winter  雨が途切れた 夕暮れの町 宝物探す びしょぬれの心が 温もりを求めて あなたの肌に 潜り込む  誰もいない公園 はぐれた二人 おもちゃのような希望で 凍えた指を 温め合ってた 16's winter  あなたの背中越し 見上げた空高く 果てしなく  あなたしか見えなくて 寝転んだけれど ある日空がひび割れ はがれ落ちる プラネタリウム  鳥はたまごの中から 抜け出すために 世界を打ち砕いて 暗闇から 自力で飛び出す 17 summer  青空と 太陽へ
野に咲く花 feat. 宮沢和史FairlifeFairlife春嵐浜田省吾冷たい雪に おされても 春はまだかと 耐え忍ぶ  焼けつく太陽 夏の日も 口を閉ざして 根を伸ばす  美しき山と 果てしなき海 人知れず咲く 誇らしげに  何度も何度も 踏まれても 凛と顔上げ 背を伸ばす  麗しき山と 澄み渡る空 やがて誰かの 道となり  ただひたすらに あるがままに 野に咲く花に 君を見る 野に咲く花よ 永遠に
悲しみは雪のように広瀬香美広瀬香美浜田省吾浜田省吾広瀬香美君の肩に悲しみが 雪のように積もる夜には 心の底から 誰かを愛することが出来るはず 孤独で 君のからっぽの そのグラスを 満たさないで 誰もが泣いてる 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  君は怒りの中で 子供の頃を生きてきたね でも時には 誰かを許すことも 覚えて欲しい 泣いてもいい 恥ることなく 俺も独り泣いたよ 誰もが泣いてる 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  君の幻想(ゆめ) 時の中で 壊れるまで 抱きしめるがいい  誰もが泣いてる 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  悲しみが雪のように積もる夜に……
てがみ feat. 浜田省吾FairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生しあわせに 暮らしているのですか? あなたは今 愛する人と出会い にこやかに 生きていますか?  一日に一度は 空を見上げて 笑ってますか? 一人でしくしくと 泣いたりなど してませんよね?  誕生日も クリスマスも なんでもない毎日さえ 日だまりに 満たされていて  あなたさえ しあわせなら 僕は消えてしまってもいい 降り積もる 雪のように あなたを想うよ  独りぼっちの夜は あなたの好きな リンゴを齧り 甘酸っぱい記憶 紡ぎ出すよ 両手広げ  晴れの日も 雨の日も 嵐の夜も 雨上がりも 健やかに 生きていてくれ  いつの日か あなたよりも 愛する人が現れても この想い 永遠に 胸に重なるよ  しあわせに 暮らしているのですか? あなたは今 大切な家族を 愛しながら 生きていますか?  一日に一度は 声を出して 歌ってますか? 誰かと手を繋ぎ 夕暮れの道 歩いてますか?
旅せよ若人 feat. 岡野昭仁 from ポルノグラフィティFairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生旅立て 若人よ 君の体が 燃え尽き 灰になる前 出かけよう 知らない町 名もなき土地 旅せよ  いらないもの 全部捨てて 鍵もIDカードも車も全部捨てて ほんの一握りの サバイバル 知恵を 詰め込んで  飛び出せ 青い星へ 荒れた大地を 耕せ 腹が減ったら 食えるものみんな どんな物も食べて生きよ 狩人  命と命がぶつかる 生き残るために必要なものって何? この目で 今確かめたい 鳥の羽ばたきを  どうして 人は 生まれた? この星の上 どうして 人に 生まれた? 時空の風の中  追いかけてくる何かを がむしゃらに振り払いながらも 前に進む それでも 拭えない何かを ここで受け止める ここに受け入れる  道は 果てしなく続いてく 旅は 果てしなく続いてく
悲しみは雪のように稲垣潤一 Duet with 中村あゆみ稲垣潤一 Duet with 中村あゆみ浜田省吾浜田省吾佐藤準君の肩に悲しみが 雪のように積もる夜には 心の底から 誰かを愛することが出来るはず 孤独で 君のからっぽの そのグラスを 満たさないで 誰もが泣いてる I'm crying for you 涙を人には見せずに You're crying for him 誰もが愛する人の前を He's crying for her 気付かずに通り過ぎてく She's crying for me  君は怒りの中で 子供の頃を生きてきたね でも時には 誰かを許すことも 覚えて欲しい 泣いてもいい 恥ることなく 俺も独り泣いたよ 誰もが泣いてる 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  君の幻想(ゆめ) 時の中で 壊れるまで 抱きしめるがいい  誰もが泣いている 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  悲しみが雪のように積もる夜に…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
片想い坂本冬美坂本冬美浜田省吾浜田省吾若草恵あの人のことなど もう忘れたいよ だって どんなに想いを寄せても 遠く叶わぬ恋なら  気がついた時には もう愛していた もっと早く「さよなら…」言えたなら こんなに辛くは なかったのに  せめて一度だけでも その愛しい腕の中で 「このまま 傍に居て 夜が明けるまで」と 泣けたなら…  肩寄せ歩く恋人達 すれ違う 帰り道 寂しさ風のように いやされぬ心を もて遊ぶ  あの人の微笑 やさしさだけだと 知っていたのに それだけでいいはずなのに 愛を求めた 片想い
左手で書いたラブレター一十三十一一十三十一春嵐浜田省吾尽きせぬ 心 天まで 登りつめ 重なる言葉達は 青空を見上げた  右手で この想い 記したら 饒舌に この気持ち 綴るけれど 永遠に 終わらない  あなたへ届け あなたに届け 左でしたためた 手紙 二文字の  とめどない この想い あなたへと 届いて 「好き」という つたない文字が 便箋に広がる  許されぬ ラブレター 炎に 包む それでも その心 自由 空を飛ぶ  許されぬ この体 火柱で くるんだら 燃え尽きて 灰となるよ 切ないこの想い  魂にまたがって 愛しい処へ
悲しみは雪のように五木ひろし五木ひろし浜田省吾浜田省吾君の肩に 悲しみが 雪のように積もる 夜には 心の底から 誰かを 愛すること が出来るはず 孤独で 君のからっぽの そのグラスを 満たさないで 誰もが 泣いてる 涙を 人には見せずに 誰もが 愛する 人の前を 気付かずに 通り過ぎてく  君は怒りの 中で 子供の頃を 生きてきたね でも時には 誰かを 許すことも 覚えて欲しい 泣いてもいい 恥ることなく 俺も独り 泣いたよ  誰もが 泣いてる 涙を 人には見せずに 誰もが 愛する 人の前を 気付かずに 通り過ぎてく  君の幻想 時の中で 壊れるまで 抱きしめるがいい  誰もが 泣いてる 涙を 人には見せずに 誰もが 愛する 人の前を 気付かずに 通り過ぎてく  悲しみが 雪のように 積もる夜に……
君に会うまではつるの剛士つるの剛士浜田省吾浜田省吾鈴木Daichi秀行腕組み歩くよ 夜の町 二人 踊り疲れて 少しだけ お酒も飲んで 最終電車に 遅れないように いつもは もう駅への道を歩いている頃なのに  今夜は そっと時計を君はバッグにしまい 僕も気付かない振りで どこまでも 歩くよ  古い橋の上から 電車が行くのを見ている 少し 震える君の肩先「僕のセーターかけなよ」  君に恋して気付いた 僕はまだ子供だと それとも 初めて自分を 見つけたのかな  またひとつ町の灯り 消えてゆくよ 愛したことなど 一度も無かった こうして君に会うまでは  愛したことなど 一度も無かった こうして君に会うまでは
悲しみは雪のように中村あゆみ中村あゆみ浜田省吾浜田省吾君の肩に悲しみが 雪のように積もる夜には 心の底から 誰かを愛することが出来るはず 孤独で 君のからっぽの そのグラスを 満たさないで 誰もが泣いてる I'm crying for you 涙を人には見せずに You're crying for him 誰もが愛する人の前を He's crying for her 気付かずに通り過ぎてく She's crying for me  君は怒りの中で 子供の頃を生きてきたね でも時には 誰かを許すことも 覚えて欲しい 泣いてもいい 恥ることなく 俺も独り泣いたよ 誰もが泣いてる 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  君の幻想(ゆめ) 時の中で 壊れるまで 抱きしめるがいい  誰もが泣いてる 涙を人には見せずに 誰もが愛する人の前を 気付かずに通り過ぎてく  悲しみが雪のように積もる夜に……
ソウルメイト feat. 浜田省吾FairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生僕は海の中 孤独な姿で 月夜に溺れる 魚だった  君は空を飛ぶ 紅の羽衣 星に涙する 鳥だった  いつの時代も 僕らは出会っている 繰り返す ‘Hello!' 永久に続く ‘I miss you…'  やっと出会えたネ 人と人として 甘い雨の中 手をつなぐ  僕らはうたかた かりそめの手足 刹那に煌き 風に舞う  こころに灯る たましいの色めざし 僕らは踊る この暗闇の中  いつの時代も 僕らは出会っている 繰り返す ‘Hello!' 永久に続く ‘I miss you…'  もしも僕が この世界から消えても そばにいるよ  僕らのたましい 寄り添って愛し合って 重なる  はるかな未来 また出会えるように あの丘の上 目印を作ろうよ  いつか必ず 迎えに来るからね UFOに乗って 君に手を振るかも…  いつの時代も 僕らは出会っている 繰り返す ‘Hello!' 永久に続く ‘I miss you…'
詩人 feat. 我那覇美奈FairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生lalala…♪ ことばが出てこない  私はちっぽけな 名も無き詩人です 両手広げ おひさまの下  一枚一枚に ことばを書き記し 風に乗せて 葉っぱを贈ります  苦しくて 涙こぼして 眠れずに あたためる  やっとヒラヒラと たった一片の ことばが踊る  ある日の午後でした かわいい男の子 ラブレターを 書いてと やってきました  キスをして 無理に恋して 言の葉が 芽吹くなら 偽りでいい だれか私に 魔法をかけて  せっかく書いたのに 毛虫がやって来て ラブレターを むしゃむしゃ食べる  冷たい風の中 裸の木の上で 小鳥達に クスクス笑われちゃった  木枯らしが吹き荒れる 寒くて 指が痛い  誰もいない公園 春風を待ってる 明日は晴れるかな?
モンスター feat. 岡野昭仁 from ポルノグラフィティFairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生どうして人は 僕に出会うと 怯えるのだろう?  どうして僕は みんなと同じ 形じゃないの?  雨あがりの 水溜りの中 憂鬱な姿 さらけ出す 春の陽だまり  どこまでもずっと付いてくるこの体を 今は 愛せないよ だけど  いつまでも僕を守り育てた体は きっと 神様からの 贈り物  ある人は言う 心は顔に 現れるよ、と  鏡よ、鏡 僕の心は 醜いのかな?  誰だって 美しい手足と 愛を囁く 従順な言葉が欲しい  お願いだから僕をそんな目で 見ないで 君に 愛されたい だから  どこまでもずっと付いてくるこの体と いつか サヨナラしたい 生まれ変って  もし君の腕に抱かれ眠れるのならば 命 惜しくはない だけど  僕の心を守る体が命令に 背き 夕暮れへと 帰ってしまう  どこまでもずっと付いてくるこの体を もっと 愛したいよ 僕のままで
七面鳥のうた♪ feat. NUUFairlifeFairlife春嵐浜田省吾あー 私は 七面鳥 たくさんの子どもを 生み育てた 肝っ玉かーさん  今年もそろそろやって来る にんげん達のお祭り きよしこの夜  おしりの大きなコックが メガネをかけて品定め 「どの子がおいしいかな?」  逃げまどう子ども達 力尽き果てて 捕えられ 運ばれて Oh my God…  だいきらい クリスマス サンタクロースも だいきらい! 家族を返せ  手塩にかけて育てた 甘えん坊やの三男 今ごろ キッチンで  甘いソースでおめかし 熱いオーブンの中で こんがり焼かれている  男は頼りにならない いつだって若い女に よそ見して ゴメンナサイ Oh my God…  意地悪な クリスマス ソリもトナカイも ツリーもだいきらい! おなかペコペコ  たのしそうな キャンドルライト 家族みんな笑顔ハッピークリスマスナイト  だいきらい クリスマス かわいい坊やは ローストターキー 残さず食べてね
rock'n roll farmer feat. 森広隆FairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生春は 種蒔き 双葉 顔出す 雨の子守歌  ミミズの家族 耕す 緑の大地  夏は 草取り 木陰で 昼寝 風の子守歌  キャベツ畑は 保育所 赤ちゃん蝶々の  ありがとう 空の雲 ひのひかり 君の愛  秋は 刈り取り 稲穂 ゆさゆさ 山の子守歌  動物たちも 野菜も せっせと冬支度  ありがとう 空の雲 ひのひかり 君の愛  冬は手仕事 納屋で種取り お茶で一休み  長い静寂を 待ってる 雪の足音  冬の月夜は 愛のまほろば かまくらの中で  やっと出会えた かわいい オレの嫁さんと  布団の中で 朝までrock‘n'roll
woman feat. 古内東子FairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生着飾るものはいらないの あなたと二人 嵐をしのげる 屋根さえあれば  胸のリボンを紐解けば 小さな鳥が 星のシャンデリア 見上げて祈る  必要なものは 明日が来ると 信じて 夢見て 目覚めること  ありふれた日々と スープとパンと あなたの笑顔があればそれで 幸せ  例えば今日戦になって 空が割れても 二人は裸で 愛するだろう  もしも世界が滅ぶなら 彫刻のように 体を溶かして すべてを見よう  大切なことは やさしい気持ち キスして 感じて 触れ合うこと  穏やかな夜と 楽しい歌と 空飛ぶベッドがあればいつも 幸せ  哀しみは こころ 抜け出して 飛んで行け  本当のことは まぶたを閉じて 探して 気づいて 見つめるもの  新しい朝と スープとパンと 二人で月夜を超える船を 漕ぎ出そう  遥かなる 未来へ
うつぼかずら feat. ゴスペラーズFairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生八百万の神が 目覚める 囁く 微笑む 手招く 流れる 堤防  チョコレイトの指が 誘惑 食べてと 耳打ち 暴れる 本能  迸る 指先から 罪深き 静寂の影  あの女よりも 私の世界へ 寄ってって  八百万の神が 咎める 哀れむ 皮肉な 微笑み 波打つ 絶望  チョコレイトの声が 懇願 出してと 苦しむ 汚れた 煩悩  溢れ出す 爪先から 慈悲深き 天使の雨  あの女よりも 私の世界へ  若き聖者は 井戸の底から 見上げて叫ぶ 嗚呼々  老いた亡者は 浅き夢見し 恋の刹那を 笑う  古の 賢者達も 血を流す 堕落と罰  (八百万の神が ときめく ざわめく チョコレイトの波が 溶け出す 広がる 私の 理性が 躓く 溺れる 私の 体が 悶える)  あの女よりも 私の世界へ 落っこちて  甘い夜へ まっしぐら 私の夜へ 落っこちて
二番目に好きな人 feat. 我那覇美奈FairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生一番好きな あの人は 私の 片想い  誘ってるのに 知らんぷり 触れても くれない 何故なの?  そんな男は こっちから 忘れたくて  二番目に 好きな あなたと共に 暮らして みようかな?  小さな 一軒家に はじける朝は いたいけな 同棲ごっこ  寝ぼけ眼で お味噌汁 着慣れた パジャマは お揃い  日曜日には 縁側で Bask in the sunshine  二番目に 好きな あなたとの日々 ゆっくりと 紡いだら  二番目に 好きな あなたのことを 気がつけば 愛していた  知らないふり してくれた 優しさ ありがとう  仲良しで ずっと 番でいようね あの空飛ぶ 鳥のように  二番目に 好きな あなたが今は 一番 愛する人  おやすみ my love…
I love you… feat. chieFairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生あなたが触れたら 泡のように 砕け散ってしまう  だから私には 息をすること それしかできない  大きく吸い込み 遠くへ飛ばす 呼吸  可憐な泰山木の 手のひらに拾われ 花になる 甘く優しい香りで 化粧して あなたの 風になる あなたに溶ける  あなたの背中を 甘い香りが そっと撫でたなら  どうか お願いよ 瞳を閉じて 私を想って  大きく吸い込み 遠くへ飛ばす 呼吸  孤独な無花果の木の 営みに紛れて 実を結ぶ 甘く優しい香りで 化粧して あなたの 糧になる あなたに消える  だけどあなたが もしも淋しくて 泣いてしまうなら 私も泣くでしょう そして涙を  川の流れに託して 海へと辿り着き 雲になる そよ風の背中に乗り 優しく包み込む 雨になる あなたに贈る  I love you…
淋時雨 feat. 岡野昭仁 from ポルノグラフィティFairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生フキノトウ 僕の恋 雪の下で かくれんぼ  大切な 友だちの 恋人に 横恋慕  冷たい風 一番星 夢見る 月影  流れる雲 冬の匂い 菜の花 揺れる  蜃気楼 名残り雪 いないいないばぁ、って 笑いかける  吹き抜ける 南風 「川」のように 並ぶ 僕らの未来  芽を伸ばす 片想い 箱の中で 通せん坊  香り立つ ヒヤシンス 胸の奥で 暴れん坊  桜の道 相合傘 秘密の ランデブー  靴を脱いで 髪をほどき 恋する 季節  雨上がり 蝉の声 あなたを好きです、と 言えないまま  打ち上がる 遠花火 「人」のように ふたつ 寄り添う背中  遥かな空 見果てぬ夢 終わりの足音  今年最後 胸に響く つくつく法師  愛してる 愛してる こだまする 黄昏 恋心  愛しくて 愛しくて 切なくて 僕の 心の窓辺  蝉と共に 秋に 暮れなずむ恋
鳥のように消えた日 feat. 奥田民生FairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生覚えている 白い雲は 虹目指して 丘をこえて 飛んで行く  風に抱かれ 翼 はためかせ 猛スピードで 鳥のように消えた  力を振りしぼり 両手を振りかざし 僕は走って行ったよ 雲を追いかけて  茜色の 空の下で 自転車のれずに 悔しく 俯いていた  何度でも 何度でも 転んで 擦りむいて 夕暮れ冷たく 夢は果てしなく  傷だらけ 僕の心 飛べない鳥のように もうダメだ、と 涙を流す  1120回目 ふわりと風にのり 光る雨の小道を 走りだしていた  景色が遠ざかる 色と色 混ざり合う 光のしっぽを ぎゅっと 握りしめ  忘れない 風の匂い 空の色 僕のシルエット  はじめて自転車にのれた あの日 あの夏を
風のスカート feat. 曽我部恵一FairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生夜が窓を たたいたら ベッドを出て 遠くへ行こう  象の耳に つかまって ヒマラヤこえて どこまでも  羊たちと ライオンと 流れ星と 夜空のダンス  お月様に キスをして 今日という日に感謝しよう  おかあさんから みんな生まれたよ   夜のてのひら ふわふわ はねて どこまでも つづいてく 子どもたちの パレード  オレンジの手で ぎゅっと抱かれたい  風のつま先 ひらひら ゆれて 大切なことがチラリ 見え隠れ スカート  夜のせなかで 子どもたちが 歌ってる 祈ってる 探してる かみさま  バイバイ また明日
もうひとつの土曜日中西保志中西保志浜田省吾浜田省吾京田誠一昨夜(ゆうべ)眠れずに 泣いていたんだろう? 彼からの電話 待ち続けて テーブルの向こうで 君は笑うけど 瞳ふちどる 悲しみの影  息がつまる程 人波に押されて 夕暮れ電車で アパートへ帰る だだ週末の僅かな 彼との時を つなぎ合わせて 君は生きてる  もう彼のことは 忘れてしまえよ まだ君は若く その頬の涙 乾かせる誰かが この街のどこかで 君のことを 待ち続けてる  Woo 振り向いて Ha-Woo 探して 探して  君を想う時 喜びと悲しみ ふたつの想いに 揺れ動いている 君を裁こうとする その心が 時におれを 傷つけてしまう  今夜町に出よう 友達に借りた オンボロ車で 海まで走ろう この週末の夜は おれにくれないか? たとえ最初で 最後の夜でも  Woo 真直ぐに Ha-Woo 見つめて 見つめて  子供の頃君が 夢見てたもの 叶えることなど 出来ないかもしれない ただ いつも傍にいて 手をかしてあげよう 受け取って欲しい この指輪を 受け取って欲しい この心を
もうひとつの土曜日平川地一丁目平川地一丁目浜田省吾浜田省吾林龍之介昨夜眠れずに泣いていたんだろう 彼からの電話待ち続けて テーブルの向こうで君は笑うけど 瞳ふちどる悲しみの影  息がつまる程 人波に押されて 夕暮れ 電車でアパートへ帰る ただ週末の僅かな彼との時を つなぎ合わせて君は生きてる  もう彼のことは忘れてしまえよ まだ君は若く その頬の涙 乾かせる誰かがこの町のどこかで 君のことを待ち続けてる  振り向いて 探して  君を想う時 喜びと悲しみ ふたつの想いに揺れ動いている 君を裁こうとする その心が 時におれを傷つけてしまう  今夜町に出よう 友達に借りた オンボロ車で海まで走ろう この週末の夜は おれにくれないか たとえ 最初で最後の夜でも  真直ぐに 見つめて  子供の頃 君が夢見ていたもの 叶えることなど出来ないかもしれない ただ いつも傍にいて手をかしてあげよう 受け取って欲しい この指輪を 受け取って欲しい この心を
生まれたところを遠く離れて浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾生まれたところを遠く離れてうたう この子に いつの日にか光がみえるように  車窓ごしで見送るお袋の忘れられぬ涙よ 捨てちゃならねえものを おれはたわいもなく失くしたようだ  どこの町でも 聞かせてやるさ 捨てた故郷とひきかえの馬鹿息子の Rock & Roll だけどもし少しばかりの紙切れを稼げたら 両親に小さな家を買ってやりたかったおれさ  誰もが何かを売りわたし 生きてゆくさ この世じゃ だけど何も売るものが無かった あの娘が何を売ったか  「お前にゃ どうせ理解るまい 鉛色のその目じゃ!」 追われて生きた人の悲しかったあの日の別れが  どこの町でも 聞こえてくるよ 貧しい暮し 精一杯やってみても抜け出せない そうさ親父も16の時から働いて きたけど この世に住む家もなく その日暮しの毎日さ  どこの町でも 聞こえてくるよ 道を失くした男達の行き場の無い呻き声が だけど誰も自分のことさえ救えないのこの世じゃ 痛みを理解り合えても 言葉はただ「さよなら」だけさ  生まれたところを遠く離れて生きる この子に いつの日にか光がみえるように
日はまた昇るGOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾・水谷公生海鳴りの聞こえる丘で 青空を見上げて想う この旅の途上で 愛した人の懐かしい面影を  今日まで何度も厄介な事に 見舞われて来たけれど 今も こうして暮らしてる これからも 生きてゆけるさ  夕日が空を 染めてゆく 明日の 朝も 日はまた昇る おれが ここにいるかぎり おれが そこにいようといまいと  激しい河の流れを 静かに見つめて  闇の向こうに何があるのか 誰ひとりわからない わからぬことを わずらうよりも 今日 この時を 生きていたい  河を渡り 谷間をぬって 頂きを越えて  長い旅路の色んな場所で 数えきれぬ人に出会う 誰もが 皆 自分の人生と闘っている  荒野にひとり君は立ってる 行く道は幾つもある だけど たどりつくべき場所は きっとただ ひとつだけ  どの道を歩いて行こうと 君は君の その人生を 受け入れて楽しむ他ない 最後には 笑えるように
彼女浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾SHOGO HAMADA・KIMIO MIZUTANI彼女が交差点 渡って来る 待ち合わせの場所へと急ぐ おれを見つけて 輝く笑顔見せて 手を振る 手を振る  誰もが息をのむ I know she in so beautiful. 誰が居ようと構わず おれを強く抱き寄せて 舌からませて熱いKiss 激しく 激しく  今でも解らない 彼女が何故こんな俺を選んだのか  彼女の部屋のドアの前に立ってる 俺の手をとり 中へと招く 灯りを消して 何も問わず 静かに 導く 導く 俺を光へと 明日へと
DARKNESS IN THE HEART(少年の夏)浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾最後のギターケースを トラックに積み込むローディー 熱は去り バンドを待っているのは次の町 走り始めた 1974年 瞬きの中 15年間 Rock & Roll 何を少年に あの夏 約束した 今も Travelin' Bus 夜の国道 突走る 見つけたのは 風に舞っている心の奥の 暗闇  思い出す 病室で痩せてゆく 父の姿を 痛みから 解かれて 去って行った 独りきり 車の窓に映ってるおれの顔 彼に似てる Father's son 何処へ向っているの 何を手にしたいの 今夜 On the Road 空しく拳を突き上げ 叫ぶ歌は 答えの無い心の奥の暗闇  Father's son 答えを探さないで 何も意味など無い You're only Father's son Carry on 覗かないで 勝利も敗北もなく 横たわっている 心の奥の―暗闇
あの娘は誰浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾星勝水しぶき上げて海に飛び込んでゆく焼けた素肌 まるでダイヤのようにカットされた波に光が踊ってる 彼女の柔らかな体の曲線を伝って 流れ落ちる海水になれたらいいな この瞬間  あの娘は誰…どこから来たの…誰の彼女…? みんなの噂の的  夕暮れの海辺のカフェ ウォッカベースのカクテルを そっと静かに置いた手をたどって 見上げると そこに彼女 オレの目を真っ直ぐに見つめて微笑んで 「もう少しで帰れるから 待っててくれる?」そう囁く  あの娘は誰…どこから来たの…誰の彼女…? みんなの噂の的  今年も大好きなサマータイム 一秒毎 抱きしめたい 心に刻むんだ…  「今年も南の海上の台風 見事な最上の波を捧げる 彼女の板を口説くように…」  空に上弦の月 風と潮騒の音  ふいに白いシースルーのドレス着た 彼女がオレの助手席に そっと滑り込んで頬にキス カーラジオから昔のRhythm and Blues  あの娘は誰…どこから来たの…誰の彼女…何て名前…? あの娘は誰…どこから来たの…誰の彼女…? みんなの噂の的  “Who's that girl?”
ある晴れた夏の日の午後浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾星勝風が青い稲の穂を撫で抜けてく畦道 静寂 蝉の声 自分の付く息 足音 真上から照りつける八月の太陽 鋭い刃で切り取った影を踏みながら 額から背中から流れ落ちる汗 視線の向こうは陽炎  写真の中の君 無邪気に笑ってる浜辺で この時 君は 二十歳過ぎで あどけなさの中に 強い心 秘めている  生命の輝き ほとばしる瞬間をとらえたのはこのオレ 名付けようも無い感情で  つむじ風 湧き立ち 手招くように 導くように 明日へと  いつかまた逢える日が来た時 君に恥じない日々 送ることを誓おう青空に 愛された感触が素肌と心に今も消えずにあるから
この夜に乾杯!浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾星勝心の準備いいかい!? 夜はこれから 君が幾つだろうと 何をしていようと 恥ずかしがらないで叫んでくれ ステージの上 最高級のバンド 全身でビート 感じてくれ この夜に乾杯!始めるぜParty!  服を一枚づつ脱いでいくように 怒りも退屈も沈んだ気分も 投げ捨て大声で叫ぶんだ オレはヴィンテージの最高級のワイン 舌の上で味わってくれ この夜に乾杯!一夜限りのParty!  上手く踊れなくても 君が腰を振るだけで 切なくて 眩暈して 登りつめてく絶頂  生きる意味なんて もう見つからなくても構わない 生きている喜びを感じていたい毎日  日々の暮らしが どんなものか知ってるぜ オレも手を焼いてら 今夜 吹き飛ばすんだ 両手挙げWow-oh! ステージの上 最高級のバンド 全身でビート 感じてくれ この夜に乾杯!待ち焦がれたParty! 人生に乾杯!この夜に乾杯!
Thank you浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾星勝スノッブな君が まさかあんな安モーテルで手首切って 真夜中に救急病棟 運び込まれるなんて 悪い冗談 聞かされてるみたいだったぜ でもとにかく… 今も君がこの世界に生きていることにThank you 本当だぜ  財布一杯のクレジットカード 体中に高そうな宝石 似合うだけに心配だった 誰に買ってもらったのか… 悪い噂が友達の中で飛び交ってたけど… 今も君がこの世界に生きていることにThank you  まるで君は自分を燃やして辺りを照らす太陽 燃え尽きることなんて無いと思ってた でも そりゃ無理だぜ  今も君がこの世界に生きていることに Thank you  「看護婦に聞いたよ こう言ったんだって? もし誰か呼ばなきゃいけないなら 親なんか呼ばないで この番号の人を呼んでって 何故オレなんだよ? まぁ嬉しかったけどさ…」  友達は「あんな女やめときなよ」って言うけど 誰も本当の君を知らない 子供の頃のことや オレ達二人だけの時の優しい笑顔や仕草 今も君がこの世界に生きていることに Thank you 君がこの世界に生きていることに Thank you 本気だぜ
I am a fatherGOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾星勝額が床に付くくらい頭を下げ毎日働いてる 家族の明日を案じて 子供達に未来を託して 傷ついてる暇なんか無い 前だけ見て進む スーパーマンじゃない ヒーローでもない 疲れたどり着いた家 窓の明かり まるでダイヤモンド I am a father.  TVニュース観るたびに 子供達が巻き込まれた事件 ドアの外 すぐそこまで近づいてること感じて眠れない 嘆いてる暇なんか無い 命がけで守る チャンピオンじゃない リーダーでもない 妻と今日一日を 無事に過ごせたことを祈ってる I am a father.  子供が幼く尋ねる「何故人は殺し合うの?」 抱き寄せ 命の儚さに熱くなる胸の奥…  He was so lonely in the days of youth. He never thought of fatherhood. But now his life is like a Merry-go-round.  迷ってる暇なんか無い 選んだ道進む ムービースターじゃない ロックスターでもない 明日は今日よりも良い日になることを信じてる I am a father. かつて夢見る少年だったこのオレも今ではFather.
DANCIN' IN THE RAIN山口百恵山口百恵横須賀恵浜田省吾萩田光雄Dnacin' in the rain 霧のような 雨に流れて街は 哀しい程 静けさだけ 漂っていた Dnacin' in the rain 終ったのね 暖めあった夢 言葉もなく 見送るしか 出来ない 今では  旅に出るわ 私ならば 気づかいなどいらない 倖せな想い出も 抱きしめれば 独りでも生きて行けそう お願い たったひとことでいいの あの人に伝えて “愛していたかった”と  Dnacin' in the rain 幕切れには 似合いすぎる雨だわ 軽くほゝを つたわるのは 涙じゃないの Dnacin' in the rain 道行く人 ふり返る事もなく 取り残され 歩けなくて すがる場所もない  朝が来れば 涙だって 乾いて行くものだわ 悲しすぎる別離も 夢のように通りすぎた 過去のひとコマ お願い たったひとことでいいの あの人に伝えて “愛していたかった”と
光と影の季節浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾星勝やけつく砂漠で見上げた太陽 綺麗な街 見とれて迷い込んだ路地 果てなく続いてるフリーウェイの彼方 荒れ狂う海を越えて目指した港 光と影 興奮と失意 でも どんな時にも想うことは ただ… 君に逢いたくて戻って来たよ 長い旅路の果てに見つけた絆  静かな雪原に沈んでく夕日 大都市 汗ばむ午後 鄙びたホテル 谷間に架かる橋 尾根を渡る風 優しい一夜だけの湿った肌 光と影 過ちと償い でも どんな時にも想うことは ただ… 君に逢いたくて戻って来たよ 長い旅路の果てに見つけた絆  光と影 栄光と挫折 でも どんな時にも想うことは ただ… 君に逢いたくて戻って来たよ 長い旅路の果てに見つけた絆  長い旅の途上で夢見た季節
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
こんな気持のまま~I WANNA BE WITH YOU TONIGHT~浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾梁邦彦Wow… wow wow wow yeah… wow wow wow yeah… wow wow wow…  Wow… wow wow wow yeah… wow wow wow yeah… wow wow wow…  君に電話して いつものように踊って 食事して そこらドライブしてさ 0時になる前に 君を家まで送ってゆく そんな お決りの デート・メニュー もう待てないと言ったら 君 どうするの? ついて来るかい? 今夜 僕に  こんな気持のまま 帰れない… 帰せない…  こんな気持のまま 帰れない… 帰せない…  君に会うまでは 土曜の夜は ひとり茅ヶ崎あたり 単車 転がしてたよ 君をなくしたら また あの頃の何もない空っぽな毎日に逆戻り だけど今夜も キスした後で “おやすみ…”じゃ もう耐えられない 苦しくて  こんな気持のまま 帰れない… 帰せない… こんな気持のまま 帰れない… 帰せない…  こんな気持のまま 帰れない… 帰せない… こんな気持のまま 帰れない… 帰せない…  Wow… wow wow wow yeah… wow wow wow yeah… wow wow wow…  Wow… wow wow wow yeah… wow wow wow yeah… wow wow wow wo…  Wow… wow wow wow yeah… wow wow wow yeah… wow wow wow… woo…  Wow… wow wow wow yeah… wow wow wow yeah… wow wow wow… woo…
星の指輪GOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾星勝・梁邦彦髪をとかし 化粧して 一番好きな服を着て 子供達 お袋にあずけて 出かけよう 今夜  歩こう 雨上がりの街 踊ろう 夜が明けるまで  ほら 誰もが振り返るよ 君のことを 今も変わらず 俺 君に恋してる 一番きれいな君を知ってるから…  若い頃の計画(ゆめ)なんて もう思い出せない 忙しいだけの仕事に 追われているうちに 時には 貧しさの中 夢見る心 捨てたけど  君がいなきゃ たとえすべて手にしても うつろで孤独な日々が続くだけさ 一番大事なもの気づいたから…  贈ろう 夜明け前の空に 輝く星を指輪にして  ほら 誰もが振り返るよ 君のことを 今も変わらず 俺 君に恋してる 一番きれいな君を知ってるから…
我が心のマリア浜田省吾・THE R&S INSPIRATIONS浜田省吾・THE R&S INSPIRATIONS浜田省吾浜田省吾梁邦彦Maria, I call your name into the air every moment. You'll never know how much I wanted Just one tender touch.  Maria, you asked me why But I don't know why I'm in love with you. Something inside your heart called out to my loneliness.  I can't go on without you But I know you have to go Sancta Maria,I call your name into air. Maria  I know I can't see you again no matter what I do. Maria,I call your name into the air every moment. You'll never know how much I wanted Just one tender touch.  Maria...
マイ ホーム タウンBank BandBank Band浜田省吾浜田省吾Bank Bandパワーシャベルでけずった 丘の上幾つもの 同じ様な小さな家 何処までも続くハイウェイ 彼らはそこを名付けた 希望ヶ丘ニュータウン 赤茶けた太陽が 工業地帯の向こう沈んでく  俺はこの街で生まれ 16年教科書を かかえ手にしたものは ただの紙きれ 同じ様な服を着て 同じ様な夢を見て 瞳の中 少しずつ死を運び込むような仕事に 追われてる  今夜誰もが夢見ている いつの日にか この街から 出て行くことを  扉をひとつ閉ざす度 窓をひとつ開けておく 夢と挫折の中を 人はさまよっている それが彼らのやり方 だけど 人の心まで 積み重ねてロッカーの中 ファイルすることなんか出来ないさ  今夜誰もが夢見ている いつの日にか この街から 出て行くことを  彼女は昼間オフィス・レディ まるでエンジェル でも土曜の夜は 着飾り踊るよディスコ 真夜中ひとり 帰り道の暗がり 誰かがナイフ光らせ 彼女の背に No No No No No  今夜誰もが夢見ている いつの日にか この街から 出て行くことを  今夜誰もが夢見ている いつの日にか この街から 出て行くことを
砂の祈り feat.SHOGO HAMADAFairlifeFairlife春嵐・浜田省吾浜田省吾水谷公生TVニュースに 映る砂の嵐 いとしい人の 姿探す 身を切るような 不安と哀しみを 誰が分かち合えるのだろう  あなたの 名前も行方も 知らない人達 今日も町を行き交う 血の味で 目覚めた夜のしじま くちびる かみしめ 朝を待ってる  あなたのいない この部屋のどこに 空しくひとり 座ればいい? ささやかな日々 視界のむこうに さらわれてく 砂と共に  あなたの 誕生日には 家族と 友達が 集まり あなたのことを話した 一抹の砂とともに 今夜 訪ねて来て 笑顔で 夢の中へ  何気ない 小さな出来事 山茶花(さざんか) 咲いては 涙 こぼれ落ちる いつの日か この世のすべてが 等しく 平和で あるように  地平に揺れる陽炎 あなたの無事を 祈ってる
永遠のともだち feat.AKIHITO OKANO from porno graffittiFairlifeFairlife春嵐浜田省吾水谷公生いつも観てた地球 暗闇の中 浮かんでいた 青い船 あこがれだった地球 すごくきれいで 夢見ていた 降り立つのを  どうすれば あの地球(ほし)を愛せるのかも かつて皆 知っていたんだ その魂 生まれ落ちた瞬間に すべてが光となった 僕は言葉を忘れ ただの子供に戻る  ママの温もりを感じ それでも何もできずに 窓の外 蜃気楼 ゆらゆらと 揺れていた いつかの夢叶い 大地を踏みしめて 草原を 駆け抜けた でもその大地には チリが積もって 汚れていた 傷ついてた 人間達が 何度もおかわりをしつづけたまま 居座って 暴れていたよ 欲のままに  空は煙に汚れ 鳥は住処をなくし 動物はレジスタンス 人と人 殺し合う 壊れたビルのすきまで 花は命をうばわれ 弱い立場のものから つぎつぎと消えてゆく  どうすれば この地球を いやせるのかも すべて皆 知っていたんだ この魂 真新しいランドセル 背負って門をくぐった 6年前のあの春 桜が風に舞ってた  はじめて仲間に出会い 一緒に机をならべ この星をどうすべきか すこしずつ 思い出す みんなで給食わけて たまにはケンカをしたり はじめて誰か恋して 大人の世界にふれた でもいつまでも忘れない この星は青い星 僕らは使命を果たす そのためにここにいる
二人の夏Something ELseSomething ELse浜田省吾浜田省吾鈴木惣一朗二人の夏は蒼い月影につつまれた 二十歳の夢の断片  濡れた髪 風に梳かせ 波寄せる砂浜で うつむいて肩をふるわせた君は夏の汐風 月は君の瞳の中で小舟のように揺れてた  二人の夏は蒼い月影につつまれた 二十歳の夢の断片  月は君の瞳の中で小舟のように揺れてた  二人の夏は蒼い月影につつまれた 二十歳の夢の断片
BACK TO BACK(背中合わせ)山口百恵山口百恵篠塚満由美浜田省吾口紅のついたカップを あなたのシャツに 投げつける 鼻歌に悪口のせ あなた待ってやるつもり おきがけの言葉は あまりにも あたしを傷つけ だめよ! それきり放っておくなんて このままじゃ(なきそうよ) 許せない(さみしさで) 愛し方 うらおもて Woo―――  あの頃のあなたは まだかけだしだった ギタリスト 歌うこと忘れたシンガー それがあの頃の私 そのうちにきっと いいことが も一度あるさと あなた私に 今をくれたけど つかれたわ(どこまでも) 歩けない(つれてって) 愛し方 うらおもて Woo―――  流されて泣きつかれて マジなあなたに 抱かれたこと 忘れてるわけじゃないわ とぼけていたいだけなの 野放しのわがまま ふるまって あなたをなめてる だめよ! かかとで蹴ってしかってよ 欲しいなら(おねがいよ) こわしてよ(やさしさで) 愛し方 うらおもて Woo―――
君に捧げるlove song浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾・星勝「もう行かなきゃ…」と手を振る君の後姿を見送って ここで強く生きてく  季節はずれの台風顔負けの低気圧が 窓や屋根に雨を叩きつけて荒れ狂ってる  ベッドルームに目を覚ました君がいるような気がしてさ 思わず名前を呼びそうになる  目を閉じれば君がいる、どの部屋にも… 思い出と呼ぶには切なくて リアル過ぎて ふいに胸がつまる 「…泣かないで」と笑ってる君が見守っていてくれるから ここで強く生きてく  埃被ったアルバム取り出してページめくる 出会った頃のまだ少女のような君の写真  与えられた時間の中を精一杯生きた君 いつでも家族の港だった  目を閉じれば君がいる 長く暮らしたこの町のすべての季節の中 過ぎた日々が今永遠になる 「…泣かないで」と笑ってる君が見守っていてくれるから ここで強く生きてく  雨音が静かになり 訪れる朝の気配が別れの時を告げる  「もう行かなきゃ…」と手を振る君の後姿を見送って ここで強く生きてく  目を閉じれば君がいる、どの部屋にも… 思い出と呼ぶには切なくて リアル過ぎて ふいに胸がつまる 「…泣かないで」と笑ってる君が見守っていてくれるから ここで強く生きてく  ここでひとり生きてく
AIR MAIL山口百恵山口百恵加藤アキラ浜田省吾手紙を書いてるホテルの窓に 近づく夏の光がゆれます あなたと別れたあれは三月 花屋の窓が明るくなる頃  あなた今でも愛してくれますか 私のことを忘れませんか  さよなら、春の日 燃えたつ夢 季節は変った ふたりの愛は二度と もどることはないわ さよなら、春の恋人  あなたにもらった記念のペンで ふり向く文字を書いてはみたけど 私は手紙を千切って捨てます まぶしい空へ小雪のように  恋はいつでも悲しい出会いです 会えばかならず別れがきます  さよなら、秋の日 ふたりの愛 季節は変った 花咲く朝の光 胸に閉じたままで さよなら、春の恋人
愛のTWILIGHT TIME山口百恵山口百恵伊藤アキラ浜田省吾街にもうすぐ日暮がくるわ 薄いブルーの夕闇が 涙だいてさよなら告げるため  あのひともうこない 私ももう会いたくない 思い出見えかくれ 汚れた川面をみつめてる 会いたくなくて 会いたくなくて 迷う 迷う  渡りかけて途中でとまる とまりかけてはまた渡る どこへ続く恋人たちの橋  短い髪の毛も 腕輪もあのひとの好み にぎわう人ごみに ポツンと私の影がある 愛していても 愛されなくて ひとり ひとり  渡りかけて途中でとまる とまりかけてはまた渡る どこへ続く恋人たちの橋  どこへ続く恋人たちの橋
PORTBELLOの銀時計山口百恵山口百恵伊藤アキラ浜田省吾土曜の朝早く ひとりで歩いてるPORTBELLO ふと手にとる古びた銀時計 眠りかけていた時が…Woh Woh Woh Woh  かすかに読みとれる 時計の裏蓋のイニシャル この人にも恋人いたでしょう 今はどこにいるふたり…Woh Woh Woh Woh  かなしい思い出刻んだ時計 いつしかこわれて愛も… Woh Woh Woh Woh  私の手のひらで 突然目をさます過ぎし日 ただわけもなくそれがさみしくて 熱いお茶をのむ場所へ…Woh Woh Woh Woh  ふたつの心は重ならないで いつしか時計の針も… Woh Woh Woh Woh  私の手のひらに 静かに横たわる過ぎし日 もうふり向くことにも耐えられず ひとり歩きだす私…Woh Woh Woh Woh  古びた銀時計…… 古びた銀時計……
片想い中西圭三中西圭三浜田省吾浜田省吾有賀啓雄あの人のことなど もう忘れたいよ だって どんなに想いを寄せても 遠く叶わぬ恋なら  気がついた時には もう愛していた もっと早く「さよなら…」言えたなら こんなに辛くは なかったのに  せめて一度だけでも その愛しい腕の中で 「このまま 傍に居て 夜が明けるまで」と 泣けたなら…  肩寄せ歩く恋人たち すれ違う 帰り道 寂しさ風のように いやされぬ心を もて遊ぶ  あの人の微笑み やさしさだけだと 知っていたのに それだけでいいはずなのに 愛を求めた片想い
アテンション・プリーズ能瀬慶子能瀬慶子喜多條忠浜田省吾土曜日の闇の中 光の帯をひいて あなたの住む街まで アテンション・プリーズ  ひきかえすことなんか私もう できません あなたの胸にまっすぐ アテンション・プリーズ  キラキラゆれる 街あかり あなたの待つエアポート 急いで急いで翼よ  I'm flying, flying to you 体ごと 心ごと I'm flying, flying to you あなたにあずけます  オリオン星のいわれ 話してあげたくて あなたの住む街まで アテンション・プリーズ  涙こらえたくても なぜかもう止まらない あなたの胸にまっすぐ アテンション・プリーズ  やさしいほほえみ下さい タラップ 降りるのも フラフラ フラフラ もどかしく  I'm flying, flying to you 体ごと 心ごと I'm flying, flying to you 私をうけとめて  I'm flying, flying to you 体ごと 心ごと I'm flying, flying to you 私をうけとめて  どうか私をうけとめて
裸足でヤングラブ能瀬慶子能瀬慶子浜田省吾浜田省吾Young Love Young Love Never Stop! Young Love Young Love Never Stop! ひきかえせない  夏までは まだ あともう少し 人影のない 浜辺の 鍵がこわれた ビーチハウス 「中へ入ろう…」とあなた誘うけど  Stop! 考えさせて あなたの心が 読みとれない どうしよう どうしよう どうしよう  Young Love Young Love Never Stop! Young Love Young Love Never Stop! ひきかえせない  クラスの皆に ひやかされるの あなた達まだ 口づけの 味も知らないの 子供ねと だからルージュも つけてきたけど  Stop! 考えさせて 口づけだけよね? それから先は どうしよう どうしよう どうしよう  Young Love Young Love Never Stop! Young Love Young Love Never Stop! ひきかえせない  Stop! 考えさせて 口づけだけよね? それから先は どうしよう どうしよう どうしよう  Young Love Young Love Never Stop! Young Love Young Love Never Stop! ひきかえせない
あい色の手紙浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾SHOGO HAMADA・KIMIO MIZUTANI青空に ひとすじの飛行機雲を見上げた 昼休み あい色の見慣れた文字 あの娘の手紙読み終えた 父にぶたれて 母に泣かれて それでも私あなたと暮らしたい  塀の向こう 壁にボールを弾ませ 遊ぶ子供らの笑い声 人はどこで 人はいつから つぐなえぬほどの罪を背負うのか 父にぶたれて 母に泣かれて それでも私あなたと暮らしたい いいさ君の好きなように 僕も君がほしい ひび割れた夢のかけら 捨てて人の心知った  つかのまの若き日々よ いまこそ僕にやさしい季節を
午前4時の物語浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾SHOGO HAMADA・KIMIO MIZUTANI午前4時 かすむ目をこすり 駐車場から車を出し アホな上司もうこりごり むかつく胸おさえる薬 かみ砕き飲む缶コーヒー 眠らない都市の通り いつもどおり 家路たどり 欲しいのはただ深い眠り  交差点の手前 人影 寝ころんだまま動かぬ影 俺の車をただ見るだけ 薄ら笑いを浮かべるだけ 仲間たちは舗道の影 膝かかえ笑ってるだけ 俺は車をすこしだけ 近づけ 叫んだ そこをどけ  そいつはゆっくり立ち上がり ポケットからナイフ取り出し 前輪のタイヤに突き刺し ボンネットの上飛び上がり 俺に突き出した中指 仲間たちにうけるそぶり 勝ち誇ったような身振り 俺の中でなにかがキラリ  バックシートのベースボールバット 掴んだ俺は車道に降り ナイフ持ってるそいつの右手 狙って振り下ろす そいつはそれをかわすつもり 頭を下げたそこに 俺の振り下ろされたベースボールバット
君の名を呼ぶGOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾・水谷公生火の中に飛び込むような恋 愚かだとわかっている プールの底 沈んで見上げた太陽のように ゆらめいて砕けて掴めない でもキラキラ輝いてる 黄昏に 真夜中に 明け方の空に ギター弾くように君の名を呼ぶ せつなくて 苦しくて 息が止まるほど君が欲しい 今すぐ  時計の針 12時 指している 触れてくれ帰らずに 見つめ合うと言葉を失う 友達のままでいい 心の中ささやく声 だけど 街角で 仕事場で 地下鉄の中で 歌うように君の名を呼ぶ 愛される事なんて無いと知っていても 君が欲しい 今すぐ  ふとみせる寂しそうなしぐさ 誰かに恋しているの?  黄昏に 真夜中に 明け方の空に ギター弾くように君の名を呼ぶ せつなくて 苦しくて 息が止まるほど君が欲しい 今すぐ  黄昏に 真夜中に 明け方の空に 愛しい君の名を呼ぶ
真夏の路上浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾・水谷公生最後の煙草に火をつけ 何もかもに理由もなく噛みついてる 午前3時の Wild Boy 行く場所の無い 自由さ 自由 自由さ 行き止まりの  闇に紛れて 熱にうなされて Shalala… 今夜も闇に紛れて 真夏の路上で Shalala… 嵐を待ってる  ガラスのハイヒール履いて 恋のかけひき 街角で躓(つまづ)いてる 午前3時の Lonely Girl 泣きたいくせに Coolに Cool Coolに 摩天楼にKiss  闇に紛れて 愛をもてあまして Shalala… 今夜も闇に紛れて 真夏の路上で Shalala… 嵐を待ってる  ビルとビルの間 昇ってゆく月(MOON) 数え切れる程の青白い星(STARS) 汗ばんだシーツの海 溶けてゆくイルミネーション 引き金にかけた指に 体震わせて 押し寄せる波のように 岸辺で砕け散ってゆく 今すぐ 今 今すぐに Oh-Yeah  闇に紛れて 熱をもてあまして Shalala… 今夜も闇に紛れて 真夏の路上で Shalala… 夜明け前 嵐を待ってる
…to be“Kissin' you”浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾・水谷公生夜にもたれて破り捨てられ風に舞う愛の契約(CONTRACT) 都市の舗道に響く加工された夢の織りなす協奏曲(CONCERTO) 奔放なPassion 身にまとい No Satisfaction 身をまかせ 今夜誰か慰めてくれる人はいるの? What can I do? What should I do? 君の想いも言葉も 誰にも届かない All I can say is,“I love you” All I can to do is to be “Kissin'you”  夏が近づく汗ばんだ欲望に溺れてもっと混乱(CONFUSE) シャワーの下で 白い記憶 洗い流して履きかえる靴(SHOES) 艶やかなFashion 身をつつみ No Consolation 身をさらし 今夜誰か行かせてくれる人はいるの? What can I do? What should I do? 君の祈りもせつなさも どこにも届かない All I can say is,“I love you” All I can to do is to be “Kissin'you”  泣いていいのに 泣けばいいのに 頑張らずに 愛せるのに 愛せばいいのに 自分のこと  死と生 無と有 綻(ほころ)んだ心の縫い目 継ぎ足し妥協(COMPROMISE) 絹のブーツを濡して受け取った金で転がすCheapなDice 真夜中のStation 身を隠し No Destination 身を委ね 今夜誰か迎えに来てくれる人はいるの? What can I do? What should I do? 遠く祈りもせつなさも どこにも届かない What can I do? What should I do? 君の孤独も 悲しみも癒せない All I can say is,“I love you” All I want to do is to be “Kissin'you”
BASEBALL KID'S ROCK浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾肩と肘のあたりが痺れてる 寝返り打つ度に痛む膝 眠れないホテルのベッド 今日で連続7試合ずっとノーヒット打席が続いてる 街へ出る気にもなれない  若い奴等が飢えた目でおれを狙ってる 記者席じゃシーズンオフのトレード話  Baseball Kid 今も Baseball Kid 雨上りの芝生のにおい Baseball Kid ただの Baseball Kid 意味などないのさ ただ好きなだけ  同期の奴等はもう今では 少し寂しげな顔をして 穏やかに家族と暮してる 昨夜彼女がふっと呟いた “独りの夜は寂しいわ”と 真夜中の長距離電話  高く舞い上がるボールも必ず落ちてくる いつユニフォームを脱いでも悔いなどないけど  Baseball Kid 今も Baseball Kid カクテル光線に浮かんだ球場(Ball Park) Baseball Kid ただの Baseball Kid 意味などないのさ ただ好きなだけ  金のため? No! 名誉のため? No! チームのため? No! ただ野球が好きなだけ  Baseball Kid 今も Baseball Kid 走る 投げる 捕る 打つ シンプルなゲーム Baseball Kid ただの Baseball Kid 意味などないのさ ただ好きなだけ Baseball Kid 今も Baseball Kid 子供の頃親父と遊んだキャッチボール Baseball Kid 永遠の Baseball Kid 意味などないのさ ただ好きなだけ いつまでたっても ただの Baseball Kid
WHAT'S THE MATTER, BABY?浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Monday morning 地下鉄 無表情な人波 デスクに山積み 書類とメッセージ・カード コンピューター画面(CRT)の図形と文字 目の奥に電流が走るような痛み 今朝また Work a hol-ic ノイローゼ 退職 社内の医務室 まるで野戦病院 括れた足首の OL達の腰つき 横切るのは ただ 欲求不満  夜になれば でも夜になれば あいつのベッドで ソファで Making love all night long She says “What's the matter, baby?” I say “I'm all right”  ウォール街の悪夢 パニック 発狂した為替レート 噂では この秋 10%解雇 無表情 装って 急に誰もが無遅刻 上司の言葉に Yes Yes Yes  夜になれば でも夜になれば あいつのベッドで バスルームで Making love all night long She says “What's the matter, baby?” I say “I'm all right”  I don't mind! I don't care! I'm so tough all day long She says “What's the matter, baby?” I say “I'm all right”
A LONG GOOD-BYE(長い別れ)浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾ボンネットに弾ける雨に包まれて Your Kiss 別れの言葉 そっと遮ってくれ  東京湾 夜明けの悼頭に車止めて もう何も見えない 君の心も雨に煙って 遠く見つめたまま  It's time for a long good-bye まだ若く 無防備な君の胸の 小さな悲しみの種子を育てたのは このおれ 時間をかけ償うことも出来ず 君が壊れてゆく  Why 東京 二人の涙に気付かれないように 今日も同じ横顔  It's time to say Hello もし いつか街角で 出逢えたら 初めから やり直せるかい  It's time for a long good-bye 想い出は永遠に I love you I love you forever 憎んで許さずに  愛することは罪なのか こんなにも重すぎる罰背負い 別れてゆくなんて It's a Long Good-bye
I DON'T LIKE“FRIDAY”(戦士の週末)浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾She waits for you 地下鉄なら まだ走ってるはずさ グラス空にしたら もう行きな  声をかけたのは彼女の方だぜ お前をベッドに誘ったのも 「愛してる…」とだけは 決して言うんじゃないと おれからの忠告 耳も貸さずに  She waits for you さよなら My friend 寂しくなるぜ Friday night 馬鹿だぜ Old friend 恋するなんて  十字砲火の中 くぐり抜けて おれ達 ここまで生き残った 女も Business も蹴散らし 幾つもの敵陣を突破して 戦ってきた  She waits for you 情け無いぜ 武器を捨て幸福かい 最前線に戦友を残し  She waits for you 彼女は Lady 確かにいい女さ タフなお前 ものにするなんて  お断りさ 夕食への招待も お前達の子供を抱くのも  地下鉄なら まだ走ってるはずさ グラス空にしたら もう行きな
RIVER OF TEARS浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾応えてくれ そこにいるなら  年を重ね 幾つもの偽りと悲しみを 空を仰ぎ 受け入れた もう 今はむなしさもない  連れ戻してくれ 光の中へ  今も おれを苦しめる 欲望の炎 倒れるまで 走るだけ もう夢を見ることもない  向こう岸まで 濁流の中を辿り着きたい 光の中へ  許してくれるか 愛の名のもとに 幾つもの罪を 背負わせたことを 払わせてくれ 負債のすべてを 少しずつローンで  応えてくれ そこにいるなら 連れ戻してくれ 光の中へ 向こう岸まで 濁流の中を辿り着きたい 光の中へ  導いてくれ お前の愛で
THEME OF FATHER'S SON -遥かなる我家浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾思い出すよ あの砂浜 歩いた日々の 父と母の姿  聞こえてくる あのあばら家 暮らした日々の 家族の笑い声  夕凪の海に 小舟浮かべて 空を見上げる 遥か彼方遠く 轟く稲妻 水面走る
パーキング・メーターに気をつけろ!浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾ひとりきり 映画を観た後 バーで2・3杯 飲んだ帰り道 いらいらした気分 吹き飛ばすことだけ考えてた  どうか あの娘を助けて おれのナイフが あの娘の背に… わからない わからない 愛していた それだけさ  汗まみれ 1日10時間 働きどおしで 疲れ果てていた LAST NIGHT あの娘を食事に誘って 冷たく あしらわれた  ジェラシー 嵐のような ジェラシー あの娘が 誰が他の奴と 街角を 腕を組み 歩いていた それだけさ  サイレンが鳴り響く まばゆい サーチライト  誰が おれを静かに眠らせてくれ もう疲れた 走れない もう走れない おれの胸を 打ち抜いてくれ  どうか あの娘を助けて おれのナイフが あの娘の背に… わからない わからない 愛していた それだけさ
DJお願い!浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾ひとりぼっちで 窓に腰かけ ギター弾いてた 子供の頃 寂しさだけが 友達だったよ でも 今夜は あの娘と二人 海までドライブ DJお願い 聞かせておくれ いかしたR & R 素敵なR & R
バックシート・ラブ浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾放課後 体育館の裏 早く着替えて 来るんだぜ 今夜の Rock & Roll show ワインも ほら買っといたよ  車は兄貴の70年型 今夜二人きり 夜が更けるまで 走るぜ  踊る君の揺れる腰 見てるとゾクゾク来ちゃうぜ Showが終ったら 君をどこへ連れて行こう  ディスコじゃ気が滅入るだけさ こんな夜は丘に登り 街を遠く見下して Dance そして Kiss そして Woo-hoo  上にも下にも行けない こんな町はもうじきすぐ 卒業したら さようなら ついて来るかい  Hey 起きなよ もう2時だぜ ねぇ 俺のTシャツはどこ うまい言い訳を 考えといた方がいい  車は兄貴の70年型 いつか二人きり 夜が明けるまで走ろう
さよならスウィート・ホーム浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾卒業して すぐ町の教会で 彼女とウエディング・ベルを鳴らした 土曜日は二人待ち合わせ 腕を組み 映画の後食事に出掛けた  Good-by Sweet Home あの頃二人 描いたひとつひとつの 夢が 今でも胸をしめつける  彼女はデパート 俺は町の工場で 働いて帰る夜道 日毎に 押し寄せる 理由のわからない 苛立ちが 二人の心 引き裂き始めた  Good-by Sweet Home 若すぎたのか 愛を探し出す前に 孤独な心 見つけた二人  乾いた 砂の城 わけもなく 崩れ落ちた  Good-by Sweet Home 彼女の名前 つぶやいてみる 冷たい雨の街ひとり さまよいながら  Good-by Sweet Home 若すぎたのか 愛を探し出す前に 孤独な心 見つけた二人
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
A RICH MAN'S GIRL浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾教室じゃ天使 キャンパスじゃ天使 でも街では She's a rich man's girl. “Money is money” 君の口ぐせ“愛などあてにならない” She's a rich man's girl You're a pretender 望みはすべて Never surrender 手に入れても Don't you remember 寂しいのは何故  Tokyo city lights 夜にはぐれないように Tokyo midnight girl 祈るよ Good luck.  タフなハートと息をのむ程の美しさ I'm crazy for you. 夜の街へ出て行く君を止められずに I've been cryin' for you. Too many hands 冷たい腕に Too many chains 抱かれた後の Too much pain ため息は何故  Tokyo city lights 君を買い占めたいよ Tokyo midnight girl いくらだい How much is your love?  夜にはぐれないように祈るよ Good luck. 涙あふれる時は いつでも Call on me.  I've been waitin' for you. I've been cryin' for you. I'm still crazy for you.
SILENCE浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾明け方の街 仕事を終えて ハイウェイ家へと アクセルふかす 時々思う 何もかも投げ出し どこか このまま消えようかと 家を飛び出し 都会をさまよい 恋に落ち同じような 家を手にした  わからないよ 今も何を求めて この心 さまようのか  乱れたシーツ 恋人の寝息 窓をつたう雨の雫 彼女はそっとベッドを抜け出し Make up, dress up ため息ついて 空き部屋と書いた 誰かのネオン サイン 探して真夜中の 通りへ出てゆく  わからないよ 今も何を求めて この心 さまようのか  オレはどこへ 今も たどり着こうとしているのだろう  わからないよ 今も何を求めて この心 さまようのか
EDGE OF THE KNIFE浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾真夜中のハイスクール 金網こえて プールで 泳いだね 水着も着けずに  濡れた君の髪 月のあかりに 青く揺れて 息を飲む程 Sexy  水面に浮んで 絡めた 指と指 二人の上に こぼれて落ちそうな星空  水の跳ねる音 甘い息づかい 今も 聞こえるよ Tonight I miss you so much  誰もが二人を 若すぎると言った まるで ナイフのエッジを 歩いているようだと  一秒だって 離れているのが 辛くて せつなくて 別れた あの夏 今も Tonight I miss you so much
凱旋門浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾もう少し傍にいて 幾つもの夜を ひとりきり過ごしてきた ぬくもり ほほえみ 頬にかかる甘い吐息  愛はいつも悲しみだけを 君のもとに 残してきたけど もう泣かないで 僕は君だけのもの  別れたあの時と 同じように今夜 窓の外 静かな雨 いつでもポケットに 君の写真 抱いて寝たよ  人はいつも 失くしたものの 重さだけを 背負ってゆくけど もう離さない 君は僕だけのもの  戦い疲れた兵士が今 帰って来たよ 帰って来たよ  愛はいつも悲しみだけを 君のもとに 残してきたけど  人はいつも 失くしたものの 重さだけを 背負ってゆくけど  愛はいつも悲しみだけを 君のもとに 残してきたけど…
家路GOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾青く沈んだ夕闇に浮かぶ街を見おろし この人生が 何処へ俺を導くのか尋ねてみる 手に入れた形あるもの やがて失うのに 人はそれを夢と名付け 迷いの中さまよう  そして女達は愛という名のもとに 俺を上と下に引き裂いた だけど今でも信じている 心のすべてを奪い去るような真実の愛  悲しみ果てしなく風は夜毎冷たく 人は去り人は来る でも気付けば 道標もない道に一人  そして夜が明けたらまた生きてくために 生活(くらし)を背負って歩き出す 疲れた体 次第に何も 聞こえなくなる 感じなくなる だけど  どんなに遠くてもたどり着いてみせる 石のような孤独を道連れに 空とこの道出会う場所へ  青く沈んだ夕闇に浮かぶ街を見おろし  どんなに遠くてもたどり着いてみせる 時のはざまにいつの日か 魂を解き放って どんなに遠くてもたどり着いてみせる 石のような孤独を道連れに 空とこの道出会う場所へ
今夜こそ浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾仕事が終わりベルが鳴る時 君は自分を取り戻す 化粧直して黄昏の中溶け込んでゆく 一人の部屋は気が滅いる程寒々しくて 今夜はまだ帰りたくない きらめく通り 踊れる店へ まるで夜のために昼を生きる君 何もかもを投げやりにただ受け入れるだけ  今夜こそ今夜こそ 君をここから連れ出す 夜更けまでに夜明けまでに 今夜こそ今夜こそ 君とここから抜け出す 夜の縁からころげ落ちぬうちに  君の体を通り過ぎた かけひきだけの男達 今度は君がまるで復讐してるみたいに 揺れるスカート 汗ばんだ胸 ライトの中 クイーンのように 踊り続ける誰も傍に近づけずに 数え切れぬ嘘に満ちた恋の中 真実の愛見つける事も諦めた君  今夜こそ今夜こそ 君をここから連れ出す 夜更けまでに夜明けまでに 今夜こそ今夜こそ 君とここから抜け出す 夜の縁からころげ落ちぬうちに  鏡の中の汗と涙でかすんだ自分を支えてる君は誰?  今夜こそ今夜こそ 君をここから連れ出す 夜更けまでに夜明けまでに 今夜こそ今夜こそ 君とここから抜け出す 夜の縁からころげ落ちぬうちに
RISING SUN -風の勲章浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾焼跡の灰の中から強く高く飛び立った 落ちてゆく夕日めがけ西の空を見上げて  飢えを枕に 敗北を発条(バネ)に 風向きを道しるべに 駆け抜けて来た  過ぎ去った昔の事と 子供達に 何ひとつ伝えずに この国 何を学んできたのだろう  飽和した都会 集う家は遠く ブラウン管の前でしか笑わぬ子供  老いてゆく 孤独の影に脅え 明日に目を伏せて 踊るだけBeatに委ねバリーライトの海で  何を支えに 何を誇りに 走り続けて行こう You just believe in money  焼跡の灰の中から強く高く飛び立った 1945年打ちのめされ砕けた心のまま  1945年焼跡から遠く飛び立った今
A NEW STYLE WAR浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾地下から地下へ運ばれた爆発物(BOMB) 国家に養われたテロリスト 成層圏に軍事衛星(MILITARY SATELLITE) It's A NEW STYLE WAR  飽食の北を支えている 飢えた南の痩せた土地 払うべき代償は高く いつか A NEW STYLE WAR  貧困は差別へと 怒りは暴力へと  受け入れるか 立ち向かうか どこへも逃げ出す場所は無い It's A NEW STYLE WAR  ひび割れた原子力(NUCLEAR POWER) 雨に溶け 風に乗って  受け止めるか 立ち止まるか どこへも隠れる場所は無い It's A NEW STYLE WAR  愛は時に あまりに脆く 自由はシステムに組み込まれ 正義はバランスで計られ It's A NEW STYLE WAR
僕と彼女と週末に浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾この星が 何処へ行こうとしてるのか もう誰にも わからない 権力と権力の See-Saw-Game から 降りることさえ出来ない 人は一瞬の刹那に生きる 子供は夢見ることを知らない  君を守りたい 君を守りたい この手で 愛を信じたい 人の心の 愛を信じたい いつの日か  昨日の絵具で 破れたキャンバスに 明日を描く 愚かな人 売れるものなら どんなものでも売る それを支える 欲望 恐れを知らぬ 自惚れた人は 宇宙の力を 悪魔に変えた  君を守りたい ただひとりの 君を守りたい この手で 愛を信じたい 人の心の 愛を信じたい いつの日か  いつか子供達に この時代を伝えたい どんなふうに人が 希望を継いできたか  君を守りたい ただひとりの 君を守りたい この手で 愛を信じたい 人の心の 愛を信じたい いつの日か  君を守りたい ただひとつの 君を守りたい この手で 愛を信じたい 人の心の 愛を信じたい 今こそ
八月の歌浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾砂浜で戯れてる 焼けた肌の女の子達 おれは修理車を工場へ運んで渋滞の中 TVじゃ この国 豊かだと悩んでる だけど おれの暮しは何も変らない 今日も Hard rain is fallin'. 心に Hard rain is fallin'. 意味もなく年老いてゆく 報われず 裏切られ 何ひとつ誇りを持てないまま  八月になるたびに “広島-ヒロシマ”の名のもとに 平和を唱えるこの国 アジアに何を償ってきた おれ達が組み立てた車が アジアのどこかの街角で 焼かれるニュースを見た 今日も Hard rain is fallin'. 心に Hard rain is fallin'. 子供等の肩をうつ 飢えてゆく すさんでゆく 明日への希望など持てないまま  満たされぬ想い この からまわりの怒り 八月の朝は ひどく悲しすぎる No winner. No loser. ゴール無き闘いに 疲れて あきらめて やがて痛みも麻痺して Mad love. Desire. 狂気が発火する 暑さのせいさ 暑さのせいさ  今日も Hard rain is fallin'. 心に Hard rain is fallin'. 意味もなく年老いてゆく 報われず 裏切られ 何ひとつ誇りを持てないまま 
こんな夜は I miss you.浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾窓の外はどしゃ降り 体中きしむ ホテルのシングル・ルーム ギターとでっかいバッグ こんな夜は I miss you.  テレビのナイト・ムービー お決りのエンディング おれが観たいのは その後のストーリー こんな夜は I miss you.  ビールを片手に バスに乗り込み 夜を走る 眩ゆい光は 濃い影をおとす  詩は すべて おれに戻って来る 歓声も熱気も 移ろい消えてく こんな夜は I miss you. こんな夜は I miss you.
悲しみの岸辺浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾何度も別れ話になるたびに 最後はいつも涙に黙りこむ 君を愛し 君を憎み 今はもう二人の絆 途切れていること 気付かぬ振りでいるだけ  愛が片翼の旅なら はばたけもせず 遠く悲しみの岸辺に打ち上げられたまま  おれには どこか心に欠けたところがあるのか 触れるすべてを壊しちまう 強さなのか 脆さなのか わからない でも気付けば 大切なもの いつもおきざりにして  愛が片翼の旅なら はばたけもせず 遠く悲しみの岸辺に打ち上げられて  ただ受け入れてきた ひとつ ひとつの別れを まるで氷のような心ですべてのドア閉して  君を もし失したら この旅も終りさ 何も この世界につなぎ止めるものは無いから  愛が片翼の旅なら はばたけもせず 遠く悲しみの岸辺に打ち上げられたまま
NEW YEAR'S EVE浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾もう泣かないで 彼の待つ場所へ急がないと 最終の電車 ベルが鳴っている 子供達に伝えて 時には 会いに行くからと  Kissしていいかい 君の髪の匂いを 覚えていたい 笑顔の君だけ 心の奥に  You don't have to say you're sory You don't have to say you love me さよならは 誰のせいじゃなく すべて移ろう 時の流れの中 消えてゆく My sweet lady... さよなら  離れて暮らした 答えを二人 探して 「戻ってきて…」 君が泣いた夜 今も覚えてる  You don't have to say you're sory You don't have to say you love me 幸せの方へ真っ直ぐに歩いておくれ 見送る僕を振り返らずに My sweet lady... さよなら
PAINGOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾君を失った時に 手のひらから 世界も一緒に こぼれて落ちた 何も 感じられない  街へ出れば いつもと同じ様に 意味のない仕事に 追われて走る 何も 聞こえない  二度と立てぬ 痛手なのに 受け入れてく 不思議だ人は 追いつけない この悲しみ 後に残して 今日も 明日も  君の部屋の窓辺に 車とめて つくはずもないのに あかりを探す 何も 見えない  思い出は 砂に書いた文字のように あらわれてく いつも二人 波打際 歩いていたね もろく つよく  二度と立てぬ 痛手さえも 受け入れてく 不思議だ人は 追いつけない この悲しみ 後に残して
ガラスの部屋浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾床の軋む狭い部屋で体寄せて眠ったね いつかお前こんなとこから 連れ出すと誓った闇の中で  固い喉にコーヒーだけ流しこんで走ったね 駅のホーム 陽ざし浴びて お前は誰よりも素敵だった  疲れ果てて すれ違って少しずつ欠けてゆく やさしさ でも愛まで かわれてくとは思いもせずに  待ち合わせて食事しても何も話すことがない いつから こんなに遠く離れてしまった 二人の心  車なんて欲しくもない 広い部屋もいらないよ 寒い夜をあたためあえた 二人のぬくもり ただそれだけで
SENTIMENTAL CHRISTMAS浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾夜の とばりにまぎれ そっと 君に口づけ 浮かれた街を 背にして  君は おれのコートの中 もぐりこんで かじかんだ心 ひらくよ はにかんで  忘れかけていた 愛しいぬくもり 君を この手に抱きしめて 取り戻せた気がする  どうか せめて ひと夜だけの 安らぎを運んでおくれ Sentimental Christmas  冷たい風に襟を立て 家路を急ぐ人 酔い潰れて ひとり 誰かの名を呼ぶ人  どうか 世界中の人に 安らぎ運んでおくれ Sentimental Christmas Sentimental Christmas Sentimental Christmas
モダンガール浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾昨夜 俺のベッドを抜け出しソファーで ぼんやり窓の外を見てたね ラジオつけて Wow“気にしないで” 化粧直し出て行く君 Modern girl 寂しさが何処から来るのか More than a girl 理解るまで さまようつもりなの?  “友達と一緒なの 今夜は逢えないわ” 受話器ごしに聞こえる口笛 シャワーの音 Wow 明け方に電話しても出てこない Modern girl 傷跡の残らない夜は More than a girl 君の背中 爪跡を残すだけ  馬鹿だぜ 俺 そんな君に恋してる でも このままじゃ いつか さよならさ  Wow 誰の腕の中でも眠れない君  Modern girl 寂しさが何処から来るのか Modern girl 理解るまで さまようつもりなの? More than a girl 傷跡の残らない夜は More than a girl 君の背中 爪跡を残すだけ Modern girl 寂しさが何処から来るのか Modern girl 理解るまで さまようつもりなの?  Wow… Wow… Wow… 
詩人の鐘浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾銀行と土地ブローカーに生涯を捧げるような 悪夢のようなこの国の 飽食とエゴに満ちた豊さの裏側で 痩せ細る南の大地  未来へのシュミレーション 破滅を示す時  鐘が鳴ってる 約束の地に 打ち上げられた罪を知る者に 鐘が鳴ってる 聖者のように 魂の声を聞く者に 闇を裂いて閃いてる ――1999  タブーだらけの自由の中で葬られてゆく 孤立した叫び声 自浄出来ぬシステムに真実はねじ曲げられ 幻想だけ煽られてく  プラスティック・インフォメーション メディアを満たす時  鐘が鳴ってる 非武装の地を 争うことなく追われる者に 鐘が鳴ってる 天使のように 愛しい人を導く者に 見守るように遠く深く ――1999  蒼ざめたイルミネーション 孤独を照らす時  鐘が鳴ってる 欲望の地で 誇りと理想に生きる者に 鐘が鳴ってる 詩人のように 傷ついた心いたわる者に 輝いてる清く強く ――1999
ロマンス・ブルー浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾「さよなら」も言わず 出てゆく彼を 君はベッドの中で ぼんやり見てただけ 誰か他の男(ひと)を もう一度 初めから愛せるかい 今も…  君はひとり街角に立ち 探してみる心もとなく 彼と出逢うまで気ままに 歩いていた道の続きを 君を失くした あの時の僕のように  新しい恋は 生まれて消えてく 気づいた時はいつも ひとりきりだったね 君の無邪気だった 笑顔は 消えたけど その眼差しは深くやさしい  君を許すことが出来ず 張り裂けそうな夜を過した まるで炎を炎で消そうと 僕も何度か恋に落ちたけど 今も変わらず 君だけを愛している  今も変わらず 君だけを愛している 君だけを愛している
MY OLD 50'S GUITAR浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾40回目の誕生日に 自分の頭を撃ち抜く奴は あまりに一途な理想と望みを 描き続けたそんな男さ  Darlin' 俺を強く抱き締め つなぎ止めてくれ 何ひとつリアルに感じられない  My old guitar 荒んだ心 静めてくれ Emptiness まるでマイナーブルース 続くよ永遠に  愛がすべての扉 開けてくれると 信じていた少年の日々 穏やかな幸福 あまりに脆くて 強い男を演じてきた  Darlin' おれは 臆病風に吹かれてるだけなのか それとも見なくてもいい闇を見たのか  My old guitar 歪んだ苦痛 麻痺させてくれ Loneliness まるでマイナーブルース 続くよ永遠に  あの夏の日 草原の輝きの中 見上げた空の透き通った蒼さに目をやられたまま My old 50's guitar 何を弾こうと何処へ行こうと自由なんだぜ でも Old guitar 魅せられたように3コードが Restless heart まるでマイナーブルース 続くよ永遠に
AMERICA浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾ロスからサンフランシスコへ続くフリーウェイを おれ達 ヒッチハイクした1984年 あの娘はダンサー ニューヨークで踊る日を夢見てた おれは ただ東京から逃れたかった We were lookin’for AMERICA 映画の中のアメリカン・ドリーム 今も AMERICA あの娘の輝いてた瞳 想い出す  煙草も缶のビールも 寂しさという愛も モーテルのきしむベッドの上で分け合った 窓に流れるヘッドライト ラジオからロックン・ロール “もっと強く抱いて”と震えてたあの娘 We were lookin’for AMERICA 映画の中のアメリカン・ドリーム 今も AMERICA あの娘の輝いてた瞳 想い出す  ショーウィンドゥに映った黒い目をしたJ. BOY 帰る故郷を見失って……  We were lookin’for AMERICA 映画の中のアメリカン・ドリーム 今も AMERICA あの娘の輝いていた瞳 想い出す We were just lookin’for“AMERICA”
マイ ホーム タウン浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾パワーシャベルで削った 丘の上幾つもの 同じ様な小さな家 何処までも続くハイウェイ 彼らはそこを名付けた 希望ケ丘ニュータウン 赤茶けた太陽が 工業地帯の向こう沈んでく  俺はこの街で生まれ 16年教科書を かかえ手にしたものは ただの紙きれ 同じ様な服を着て 同じ様な夢を見て 瞳の中 少しずつ死を 運び込むような仕事に 追われてる  今夜誰もが夢見ている いつの日にか この街から 出て行くことを  扉をひとつ閉ざす度 窓をひとつ開けておく 夢と挫折の中を 人はさまよってる それが彼らのやり方 だけど 人の心まで 積み重ねてロッカーの中 ファイルすることなんか出来ないさ  今夜誰もが夢見ている いつの日にか この街から 出て行くことを  彼女は昼間オフィス・レディ まるでエンジェル でも土曜の夜は 着飾り踊るよディスコ 真夜中ひとり 帰り道の暗がり 誰かがナイフを光らせ 彼女の背に No No No No No  今夜誰もが夢見ている いつの日にか この街から 出て行くことを  今夜誰もが夢見ている いつの日にか この街から 出て行くことを
想い出のファイヤー・ストーム浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾あいつはハイスクールで 一番タフでクール そしてワイルド 彼女が街角を歩けば  皆 振り返る まるでクイーン 二人恋に落ちて 誰もが憧れる キャンパスで最高のカップル  卒業式の後 二人は教会の鐘を鳴らしたのさ ハネムーンは束の間 仕事はきつく 生活はささやか やがて喧嘩ばかり やつは家 飛び出し 酔ったまま 高速 飛した  二人踊ったロックン・ロール 浜辺で囲んだファイヤー・ストーム 今夜あいつの為に あの季節に乾杯  答など無いのさ 悲しむこともない すべては移ろい消えてゆく  たまり場だったバーガー・ショップ 今年もなまいきな新入生達(FRESHMEN) あの頃のおれ達と同じ様に騒いでる  思い出の断片を集めて あの浜辺で燃そうおれ達の為に  答など無いのさ 悲しむことはない すべては移ろい消えてゆく
愛しい人へGOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾君を この手に 抱きしめた時 初めて 誰の為に 僕が 生まれて来たのか わかった  失くした愛も こわれた夢のかけらも すべて その腕に かかえて 僕についておいで  冷たい夜の暗闇の中 風の音にさえも おびえて 君は今日まで この町 ひとり 生きてきた でも もう 泣かないで 僕が 傍にいるから  友達のように いつも遠くで見ていた ふれようとしたけど 失うことが こわかった  愛はいつも 傷つくだけの 寂しがりやのゲームだと 僕は君を 愛するまで そう信じてた おろか者さ ひとりぼっちの…  愛はいつも 失うだけの 寂しがりやのゲームだと 僕は君を 愛するまでは そう信じてた ひとりぼっちで
LONELY −愛という約束事浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾これは愛なのと おれに尋ねるのはやめてくれ 体と心 重ね合う理由は ただ…… Lonely 止むことのない雨のように降りしきる 一人は一人 出逢った頃も そして今でも  愛という仕草 愛という約束事 何度も互いに 裏切ってきたはずさ Lonely ホテルの窓に映ってる 二人はもう若くない このままでいい 夜を背にして  Lonely 夜が明けたら 二人は別々の地下鉄の中 紛れ込んでいく 心かくして  Lonely 抱きしめてくれ もう何も問わないで傍にいて このままでいい このままでいい
ラストショーGOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾さよなら バック・ミラーの中に あの頃の君を探して走る さよなら 二人 演じた場面(シーン)を 想い出す もう一度 もう一度  ハンバーガー・スタンドで俺達 待ち合わせて 君の親父の車 夜更けに盗み出し 遠くへ 街の灯り背にして 遠くへ 誰もいない海まで 君の肩を抱いて飛ばしたね真夜中  浜辺に車止めて 毛布にくるまって 互いの胸の鼓動 感じたね夜明けまで あの頃 カーラジオから 俺の あの頃 お気に入りの“Like A Rolling Stone” 星は君のもので 月は俺のものだった  さよなら 想い出の中の二人 まるで スクリーンのヒーローだった さよなら セピア色のフィルムに 苛立ちと優しさと怒りを焼き付けた二人  シートに身を沈めて ぽつんと呟いた “あなたの夢の中で 生きてゆけるかしら” きっと 別々の車線を きっと 走り始めていたんだね 二人違う景色の中を ひとりぼっちで  さよなら エピローグは俺ひとり 明け方の海岸線を走る さよなら フラッシュ・バッグのような 過ぎた日々 抱きしめて もう1度 忘れるために  さよなら バック・ミラーの中に あの頃の君を探したけど さよなら ボンネットを叩く雨 もう何も見えないよ もう何も聞こえないよ さよなら…
もうひとつの土曜日PLATINA LYLIC浜田省吾PLATINA LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾昨夜眠れずに泣いていたんだろう 彼からの電話待ち続けて テーブルの向こうで君は笑うけど 瞳ふちどる悲しみの影  息がつまる程 人波に押されて 夕暮れ電車でアパートへ帰る ただ週末の僅かな彼との時を つなぎ合わせて君は生きてる  もう彼のことは忘れてしまえよ まだ君は若く その頬の涙 乾かせる誰かがこの町のどこかで 君のことを待ち続けてる  振り向いて 探して  君を想う時 喜びと悲しみ ふたつの想いに揺れ動いている 君を裁こうとする その心が 時におれを傷つけてしまう  今夜町に出よう 友達に借りた オンボロ車で海まで走ろう この週末の夜は おれにくれないか たとえ最初で最後の夜でも  真直ぐに 見つめて  子供の頃 君が夢見てたもの 叶えることなど出来ないかもしれない ただ いつも傍にいて手をかしてあげよう 受け取って欲しい この指輪を 受け取って欲しい この心を
MONEYPLATINA LYLIC浜田省吾PLATINA LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾この町のメインストリート 僅か数百メートル さびれた映画館と バーが5、6軒 ハイスクール出た奴等は 次の朝 バックをかかえて出てゆく 兄貴は消えちまった 親父のかわりに 油にまみれて 俺を育てた 奴は自分の夢 俺に背負わせて 心ごまかしているのさ  Money, Money makes him crazy Money, Money changes everything いつか奴等の 足元に BIG MONEY 叩きつけてやる  彼女は夢見てる 華やかなMOVIE STAR 湖の畔に車を止めて 俺達 楽しむのさシートを倒して むし暑く長い夏の夜 あの時彼女は こう喘ぎ続ける “愛してる…… 愛してる…… もっと もっと……” だけど ゆうべどこかの金持ちの男と 町を出て行った  Money, Money makes her crazy Money, Money changes everything いつかあいつの足元に BIG MONEY 叩きつけてやる  俺は 何も信じない 俺は 誰も許さない 俺は 何も夢見ない 何もかもみんな 爆破したい  純白のメルセデス プール付きのマンション 最高の女と ベットでドン・ペリニヨン 欲しいものは全て ブラウン管の中 まるで悪夢のように  Money, Money makes me crazy Money, Money changes everything いつかこの手に つかむぜ BIG MONEY I've got nothing nothing to lose
防波堤の上浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾防波堤に打ち寄せて 砕ける波を見てた 海の色に震えては 急いで走り去った  悲しい程 自由 防波堤の上 車の窓から見下した時 空と海の間 遠く ひとすじの稲妻が走った  扉(ドア)を開けて 人に出会い 恋に落ち 誰かと眠る 期待されて 裏切られて 信号が変わるのを待っている  ラジオ聴きながら 朝を待つ夜 遠くに波の音 聞こえてくる 語る言葉 見つけられず 聞く人は誰もいない夜  悲しい程 自由 防波堤の上 今日も 独り立ち竦(すく)む 風よ 不意に俺の背中 押すがいい 躇(ためら)わないで
BLOOD LINE -フェンスの向こうの星条旗浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾基地のフェンスの向こうに 揺れる星条旗 見上げてた17才  黒く巨大な爆撃機 校舎の窓を 震わせた1969年 擦り切れた Old Blue Jeans まだ若かった Rock & Roll  教室で FEN-Like a American boy Kids were looking for Father  母親には 愛し方さえ わからず 探しても Father 苛立つだけ かき鳴らす ノイズ ロックギター  青い目をした CFガール 笑うTVブルース 夢見る様な Like a west coast life 見なよ街行く奴等を まるで W・A・S・Pだぜ クールにきめーLike a New York style 犯されて Since 1945 生まれて 詰めこんだ 大量の ジャンクフードとアメリカンパイ They're looking for Father 彼女には 愛し方など わからず 探しても Father 見つからずに バックシートで ねじれるだけ  今夜 真冬の八番街(8th Avenue) 凍えて歩いてる 感じる おれの中 もうひとつの Blood Line  I've been looking for Father 帰る場所も たどり着く場所も無くて 見つけても Father 戸惑うだけ 幻想を背負う Rock Star
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
BREATHLESS LOVE浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾出逢って一秒 この恋 火花…真夏の 汗ばむシーツ もつれた髪を束ねて 名前を聞いた その時初めて You smile on me... 眩しそうに 愛と名付けるには暗く激しすぎて 奪っても 満たしきれない 逢うたび せつなくて 別れは 苦しくて 喜びと戸惑いの中で揺れている Breathless Love  ホテルのドアを閉じた後 二人 互いに 何処へ行くのか 誰に逢うのか 知らない 確かめたら 失いそうで You smile on me... 悲しそうに 愛と名付けるには暗く激しすぎて 言葉では 癒しきれない 抱いても 悲しくて 果てても 寂しくて 堕ちる様に 押し寄せる様に繰り返す Breathless Love  愛と名付けるには暗く激しすぎて 求めても 与えきれない 夜を さ迷う 様に 闇に 紛れる 様に 世界から遠く離れて 二人だけ Breathless Love
BIG BOY BLUES浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾どこへ たどり着くのか 自分で わかってるのか? ビッグサクセス 手にしても You're just dancin' on “Big boy blues” 踊れるか? 今でも自由に あの日のダンシング・シューズ ロッカーの中で泣いてら  愛を失っても それは ただのゲームなんだと クールにきめてるけど You're just dancin' on “Big boy blues” 彼女の涙が見えるか? お前を虚しく愛して泣いてら  Hey! Mr.Winner 気分はどうだい? 誰もが皆 振り向いてくれるのは  眠れるか 冷たい夢にうなされて 彼女も誰かのベッドの中で哭いてら  跳べるか 今でも怯えずに 踊れるか 今でも自由に
遠くへ -1973年・春・20才浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾やっと試験に受かったと 喜び勇んで歩く並木道 肩にセーターと おろしたてのバスケット・シューズ 長髪をひるがえし駆け上がる校舎  初めてあの娘に出会った朝は 僕は20才で まだキャンパスも春 赤いヘルメットの奥の瞳に 見透されたようで 何とか照れ笑い  遠くへ 遠くへと願った日々 真直ぐに見ておくれ 僕は泣いてる 君のために  ポケットの中 僅かなバイト料 最終電車を待つプラット・ホームから あの娘に電話「やあ僕さ 元気かい」 「今から出て来ないか どこかで飲もうぜ」  駅前通りの馴染みの店で グラスを重ねて そして初めての夜 その日 あの娘の恋が終ったとは 知らない僕もひとり寂しかったし  遠くへ 遠くへと願った日々 真直ぐに見ておくれ 僕は泣いてる 君のために  紺と銀色の楯の前で 空を仰いで祈り続けた “神よ 僕等に力をかして でなけりゃ今にも倒れてしまいそう”  振り向くと 遠くにあの娘の眼差し 笑っているのか泣き出しそうなのか 違う 違う こんな風に僕は 打ちのめされる為に 生きてきた訳じゃない  遠くへ 遠くへと願った日々 真直ぐに見ておくれ 僕は泣いてる 君のために  “星がひとつ空から降りて来て あなたの道を照らすのよ”と 話してくれた きっとそうだね いつまでたっても 石ころじゃないさ  遠くへ 遠くへと願った日々 真直ぐに見ておくれ 僕は泣いてる 君のために
SWEET LITTLE DARLIN'浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾Sweet little darlin' 誰よりも お前のこと気にかけてるおれさ ひとり崩れ落ちそうな夜は おれのテレフォン・ナンバー思い出せよ  Sweet little darlin' 誰ひとり 子供のまま生きてはゆけない 悲しみひとつ背おうたびに 輝いてくれ昨日よりも  お前が大切にしてきた幻想が脆く 流されてく波打ち際 砂の城のように  でもSweet little darlin' 今は ただ陽差しの中 輝いている すべての美しいもの達を見つめて その心 翳りをおとさないで  愛だけが最後の答とわかるまでは おれもひとり彷徨ってる悪い夢の中を  Sweet little darlin' いつの日か 愛する人見つけるまで その凍えそうな寂しい気持ちを 大切にずっと守ってくれ Sweet little darlin' もう泣かないで
傷心浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾どれ程泣いたなら あなたを諦められる どれだけ遠くへ 行けば忘れられる 他の誰かを好きになろうとしたけど いつも あなたとの眩しい時が 蘇えるだけ 手紙も想い出の指輪も捨てた今でも  受話器を握りしめて 夜がまた明けてゆく ひと言その声を聞けたら眠れるはずなのに あの人いつもやさしく あなたを忘れる事が できるまで待ち続けると言ってくれるけど 冷たいあなたの背に ひかれ顔をうずめこのまま
19のままさGOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾予備校の湿っぽい廊下で あの娘を見つけた 放課後の図書館のロビーで 思い切って声をかけた 夏が終る頃には もう二人 すり切れたスニーカーはいて 恋を追いかけてた  いつまでも忘れない 今でも目をこうして閉じれば19のままさ でも僕等 もう二度と あの日のきらめき この腕に取り戻せない  受験日は そこまで来ているのに 何も手につかず 二人でいると せつなくて 理由もなく喧嘩ばかり 春になれば すべてうまくゆくさと 別れたよ 映画の後 クリスマスの夜  いつまでも忘れない 今でも目をこうして閉じれば19のままさ でも僕等 もう二度と あの日のきらめき この腕に取り戻せない  今もあの娘 長い髪のままかな 僕はほら ネクタイしめて 僕が僕じゃないみたい  いつまでも忘れない 今でも目をこうして閉じれば19のままさ でも僕等 もう二度と あの日のきらめき この腕に取り戻せない
J.BOYGOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾仕事終わりのベルに とらわれの心と体 取り返す 夕暮れ時 家路たどる人波 おれはネクタイほどき 時に理由もなく叫びたくなる 怒りに J. Boy 掲げてた理想も今は遠く J. Boy 守るべき誇りも見失い  果てしなく続く生存競争 走り疲れ 家庭も仕事も投げ出し 逝った友人 そして おれは心の空白 埋めようと 山のような仕事 抱えこんで凌いでる J. Boy 頼りなく豊かなこの国に J. Boy 何を賭け何を夢見よう J. Boy…I'm a J. Boy.  午前4時 眠れずに 彼女をベッドに残し バイクにkey差し込み 闇の中 滑り込む すべてが消え去るまで 風を切り 突走る J. Boy. Show me your way!  水平線 昇る太陽の中 突き抜けたい  J. Boy 打ち砕け 日常ってやつを 乗り越えろ もう悲しみってやつを J. Boy 受け止めろ 弧独ってやつを 吹き飛ばせ その空虚ってやつを J. Boy…J. Boy.
丘の上の愛GOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾笑顔ひとつで君はどんな恋でもたやすく手に入れた でも誰ひとり愛さず ただのボーイフレンド遊び相手 貧しさの中でこわれて消える愛の生活は嫌だと まるでショーウィンドゥに自分を並べるように 着飾って誰かを待ってた  愛が買えるなら その涙の理由を教えて 愛が買えるなら ため息の理由を聞かせて いつわらずに  君がただひとり心を奪われた あいつはまだ若く 夢の他には何も持たない貧しい学生 だけど九月の雨の夜君は丘の上に住む誰かの 氷のような腕に抱かれて 未来を手に入れた 愛とひきかえに  愛が買えるなら その涙の理由を教えて 愛が買えるなら ため息の理由を聞かせて いつわらずに  夜毎冷たいベットで夢見る 丘を駆け降りてく夢 愛しい人のもとへ戻ってゆくがいい 愛だけを まっすぐに見て 愛が買えるなら その涙の理由を教えて 愛が買えるなら ため息の理由を聞かせて いつわらずに
愛という名のもとにGOLD LYLIC浜田省吾GOLD LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾ごらん街の灯りが消えて行くよ もうすぐ始発が走り出す さよならだね 君の肩を抱くことも出来ないまま… ドアの前に ふたつのスーツ・ケース 鍵は机の上  眠れぬ夜は電話しておくれ ひとりで 朝を待たず 真夜中のドライブ・イン 昔のように 急いで 迎えに行くよ  いつの間にか二人 ベッドの中 時計の音だけ聞いてたね 互いに欠けてる夢の色を 別の何かに 置きかえて 今は二人 別れて暮らす他に答はないけど  眠れぬ夜は 電話しておくれ 二人 もう一度 探そう 恋人達が胸を ときめかせ 寄り添い迎える朝を  眠れぬ夜は電話しておくれ 二人 もう一度 探そう 愛という名のもとに なくした 無邪気な君の笑顔を 無邪気な僕の笑顔も
勝利への道浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾古村敏比古おれには車とギター お前には日のような情熱 汗ばむ夏の舗道で 出逢った火花散して 死んだ様な町を拒み続け まるでストレンジャー いつもストレンジャー 誰からも受け入れられずに  髪をほどいて 今夜むかえてくれ スーツ・ケース 愛だけ詰めて待っててくれ  親父は16才の時から 町はずれの工場で 背中 痛めながら 働き続けてきた 繰り返す口ぐせはいつも “おれの様な…おれの様な人生を お前は選ぶな”  髪をほどいて 今夜むかえてくれ 残されたチャンスをおれに賭けてくれ  あきらめてた 二人出逢うまでは 明日への 明日へのドアどこにも見つけ出せないで  髪をほどいて 今夜むかえてくれ 投げ出した計画をもう一度集めて  髪をほどいて 今夜むかえてくれ 勝利への道を おれと走ってくれ
GIVE ME ONE MORE CHANCE浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾・水谷公生誰から聞いたの そんな噂を? おれが誰も愛せない男だと 機械(MACHINE)のように冷たく 働くだけの奴 たぶん 本当さ  独りでいるのは 苦痛じゃない 二人でいる寂しさなら知りすぎてる だけど 君に出会ってから 胸の奥かすかな痛み感じはじめてる  この手をとって 暗闇の中 光に導いてくれる人を 待ち続けてた 君がその人? Give me one more chance to go back to my life  立ち直ることが出来ない位 傷つけた人がいる 若い頃 その娘を思い出すたびに 自分が嫌になる 愛される資格なんて無いんだと  もう秘密なんてない 嘘もつかない ありのままのおれ 君に差し出す NOでもYESでも 受け入れる Give me one more chance to go back to my life  季節の他には 何ひとつ変わらぬこの街 さまよって 終わりが来ること望んでた でもそれでも…  この手をとって 暗闇の中 光に導いてくれる人を 待ち続けてた 君がその人 Give me one more chance to go back to my life
LOVE HAS NO PRIDE浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾彼女がメタルのドレスに身を固めて通りすぎる時の あの冷たい視線は軽蔑かな? “知りたかないよ” 女って自分のことを好きな男に なんであんなに冷たい素振りが出来るんだろう? LOVE HAS NO PRIDE 跪いて 魂までさし出して 億(BILLION)単位の札束積んでも あの娘が 乗るのは あいつ “この街の男は女のことで悩みすぎてる” この恋まるで氷の上で 燃える青白い炎のよう この恋まるで氷の中で 冷たく頬をつたう涙のよう  彼女が目のまわり腫らし 奴に殴られたアザを化粧で隠し 今日もofficeで働いてる “見たかないよ” 女って自分が好きなった男が どんなにひどい奴でも なんであんなに尽くすんだろう? LOVE IS BLIND 踊りたいよ 月明かりの下 腰を抱き寄せ でもそれは夢 あの娘に 乗るのは あいつ “この街の女は男のことで悩みすぎてる” この恋まるで嵐の海に浮かぶ オール失くした小舟のよう この恋まるで砂漠の砂の中に こぼれ落ちたダイアモンドのよう  But it's all right She's so coll むなしく一途な恋に生きてる  “この街には無数の孤独な男と女がいて でも理想の恋人に出会う確率はゼロ やっと見つけた彼女には もう彼氏がいて 男のオレから見れば そいつはまるでクズ だけど彼女は そいつを一途に愛している 未来もチャンスも幸せも 掴み損ねている”  LOVE IS BLIND 踊りたいよ 月明かりの下 腰を抱き寄せ でもそれは夢 あの娘に乗るのはあいつ  “この街の女は男のことで悩みすぎてる” “この街の女は男のことで悩みすぎてる”  But it's all right She's so coll むなしく一途な恋に生きてる  この恋まるで氷の上で 燃える青白い炎のよう この恋まるで氷の中で 冷たく頬をつたう涙のよう この恋まるで嵐の海に浮かぶ オール失くした小舟のよう (She never ever never ever no there) この恋まるで砂漠の砂なの中に こぼれ落ちたダイアモンドのよう
青空浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾星勝青空を見てた 流れゆく雲と太陽の動きを 壁にもたれて 窓を見上げて 扉を閉ざして 夏が過ぎてく風の無い部屋  海鳴りの浜辺を 群れる野生の馬を追いかけ 歩く 素足で 走る 歓声あげて 叫ぶ 目を閉じて 冬の気配を波に感じて  君は何処から来たの? 瞳の奥に太陽を育み 夕映えの入江のほとりに  雪の重さに耐える 強さを与えてくれた君の 真っすぐな愛する心  青空を見てる 桜吹雪舞う 川沿いを歩く  行こう どんな明日が 聴こう どんな音が 立とう どんな場所が 僕ら二人を待っていようと
モノクロームの虹浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾ワイパーも歪む程の雨 青ざめた光の闇に迷い込んで スピンした車体が 中央分離帯のガードレールかすめてゆく まるでスローモーション 動かない心  こんな夜には逢いたい 君に抱かれ眠りたい どんな未来も受け入れる 君がそこにいれば  モノクロの虹のような夢に傷つき 壊れた心を見てきた 再生と死を繰り返し 転がるよ 終りが辿り着くところへ 解放への幻想(ILLUSION) 胸に抱いて  こんな夜には逢いたい 君に抱かれ眠りたい どんな未来も受け入れる 君がそこにいれば  もう風の声も 世界が軋む音も 刹那の河深くに沈めて 今日を生きる  こんな夜には逢いたい 君に抱かれ眠りたい どんな未来も受け入れる 君がそこにいれば
夢にいざなえ浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾古賀森男いつでも風の中に君 見つけて微笑む そんな時過ぎた日々にやさしく灯がともる ひとりもそんなに辛くない 小さな呟き 町はずれ河のほとりで水切り遊び 思い出を投げ ひとつひとつの季節に今さようならを  この街 何故か寂しげな人波流れる 緑なす草むらは今 アスファルトの下に眠る いつの日にか また夢にいざなえ 夢にさよならを
あの頃の僕浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾白井良明あの頃の僕といえば 両手に溢れるほどの 悲しみをもてあまして 一人朝まで踊ってた  あの頃の僕といえば 錆びついたバイクの上で すれ違う少女みんなに 一人勝手に恋してた  もう誰も僕の心を 傷つけ引き裂くことはないよ でも今は感じることも 出来ないあまりに難しくて  あの頃の僕といえば 悲しみの理由など知らず 何もかもに噛みついては ウォウウォ イェイイェ歌ってた
初夏の頃浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾土方隆行蒼い雲が河を流れる此処は僕等の最後の世界 木立に透けて見える初夏の陽差しと甘い憂鬱 押し寄せる何もかもまるで夏の雨のように 独り何処かに隠れて生きてゆけたかな  顔を背け何も信じなかった 昨日までのことがまるで夢のように遠い  きっと君も僕と同じように ひとりぼっちの日を歩き続けてきたんだろう  行ってしまうよ 僕が泣き出さないように 君の胸の中に強く抱きしめておくれ 行ってしまうよ 僕が泣き出す前に 君の腕の中に強く抱きしめておくれ
あれから二人浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾星勝この想いが どこに辿り着くのか 今は まだわからないけど 重ねた唇の その柔らかな温もり感じてる いつも 放課後 君が教科書をかかえて グラウンドを歩く姿 遠くから見送ってた 校舎の窓にもたれて 16才の夏 あれから二人 別々の夢追いかけ 都会をさまよい あれから二人 別々の愛失い 今夜 いたわるように ふれあう  おれのレコードを聴いたことがあると からかうように話す君の 髪をかきあげる癖も 笑い声も 仕草も あの頃のまま 駅のホームで 君を見たとき 夢中で追いかけた 想い出話 途切れる頃には気付いた 今でも君が好きだと  君が駆け抜けた日々の 痛みも喜びも 感じる 君の肌から 君の吐息から  傷つくことも 失うことも 覚悟の上で恋に落ちる 裏切ることも 奪い取ることも 恐れず 今夜 いたわるように ふれあう  失くした愛も くじけた夢も かかえて いたわるように ふれあう
君がいるところがMy sweet home浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾古村敏比古電車乗り換え 歩き回り 仕事見つけてきた ちょっときつい仕事だけど 太陽の下の作業 仲間が集まり おれの為に開いたパーティー “お前も やっと大人になったんだ”なんて言われてさ  でも心は いつだっておれのもの 鳥のように自由さ 風のように気ままさ 雨のように穏やかさ 君への愛があればこそ  失うものは何もない 悔やむこともない 助手席を片付けて 君のためにあけとくよ  そうさ心は いつだっておれのもの 恋は盲目じゃなくて 君に恋して始めて 自分を見つけられたよ 君への愛があればこそ  いろんな国を旅してきた 遠い空の下で 帰るべき場所が どこかわからなかったよ 愛する人の住むところが どこだろうが故郷さ 君の住む町が My home town. 君のいるところが My sweet home.
紫陽花のうた浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾梁邦彦六月の雨の雫 紫陽花の花 北鎌倉 横須賀線のプラットホームに君と… 静かな 静かな雨の午後 微かな 微かな木々の声 何も奪わずに 何も求めず 君を愛したいと願う  誰にも 話せない恋だから 誰にも ゆずれない恋だから すべてを与えて 何も求めぬ 君と暮らしたいと願う  渋滞の海岸通り そぼ降る雨に煙る江ノ島 水平線に 頬づえつく君の 愛しい横顔  I'll give you my heart. I'll give you my soul. Stay with me forever.  I'll give you my heart. I'll give you my soul. We can be together.  So close and so far. Every time when we touch each other.
さよならゲーム浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾水谷公生奇跡なんだ 出会う確率なんて 魔法なんだ 恋するなんて ひとつ すれ違ってたら 今も誰も愛せないで 地下鉄の中 息が止まってた 今すぐ 未来も 傷だらけの昨日も 束ねてダッシュボードに放り込んで 洗いざらしの ブルージーンズ 履き慣れてる スニーカーで 無理やり 休暇をとって 旅に出ないか  不思議なんだ 今朝も君の腕の中 抱きしめられ 目覚めるなんて 朝の街のノイズの中 仕事に出掛ける前 背中にキスして いつのまにか Makin'love 今すぐ 憂鬱も 張りついている退屈も みんな バックシートに投げ込んで でかい面したコンピューターも 鳴りっぱなしの携帯電話も 部屋に残したまま 旅に出ないか  午前4時のテレフォンコール “寂しいの”って 呼び出され 靴も履かずに 車走らせる 今すぐ ルールも 子供じみた 駆け引きも まとめて スーツケースに詰め込んで 砕けて消えた 計画(ゆめ)も 答などない 真実も 抱えて おれの部屋で暮らさないか  本気だぜ Road map も 書き込まれた予定表も 破り捨てて おれと生きてみないか
恋は魔法さ浜田省吾・THE R&S INSPIRATIONS浜田省吾・THE R&S INSPIRATIONS浜田省吾浜田省吾水谷公生夜の海見てたのさ ボンネット腰掛けて 六甲アイランドの埠頭に 車停めてさ 振り向くとドアのところに 彼女が立ってたのさ 「夜風が気持ちいいね。夜景が ほら きれいだね」  Magic in the summer night. 夢のようだった 誰だって 恋に落ちるさ 見つめたら 心 高鳴った いつだって恋は魔法さ 一目で恋したよ 神戸Girl  他愛無い話したのさ 好きなバンドのこととか 野球とか サッカーとか 二人笑い転げてさ 夜明け前 別れる時は 胸がギュッと軋んだよ 「また会えるか?」と訊いたら 「今夜どこか連れ出して…」  Magic in the summer night. 夢のようだった 誰だって 恋に落ちるさ いつだって ひとりきりだった 「寂しくなかった?」 凍えるくらい… 君に夢中なんだ 神戸Girl  「涙なんて似合わないよ。ちょっとシャイな神戸Boy」  Magic in the summer night. 夢のようだった 誰だって 恋に落ちるさ 見つめたら 心 高鳴った いつだって恋は魔法さ 君に夢中なんだ 神戸Girl  Magic in the summer night...
Love Letter区麗情 with 浜田省吾区麗情 with 浜田省吾区麗情・浜田省吾浜田省吾Love letter あの日の想いを 初恋のあなたに 何故か伝えたくて  真夏のグラウンド走ってた あなたを見てた ノート抱えた胸を焦がして  あれから二人は 夢という名の 別々の道を 遠い幻 走り続けて 追いかけて  今は遠く離れて  今も君を あなたを 忘れられない 思い出すたび どこにいるの? 恋しくて せつなくて  傾く西日の校舎の廊下で 制服のまま口ずけた日が 焼きついたまま  あの笑い方も 時はあまりに その話し声も 遠く過ぎてく 変わらずにいて 瞬きの中 すべてが好きだったの  今も君を あなたを 忘れられない 思い出すたび どこにいるの? 恋しくて  せつなくて  Love letter 思い出の中の面影に 探してみるわ 見失いそうな 私の心  真っ直ぐ 人を愛せた日々へ 差し出す Love letter
悲しみは雪のようにPLATINA LYLIC浜田省吾PLATINA LYLIC浜田省吾浜田省吾浜田省吾君の肩に悲しみが 雪のように積もる夜には 心の底から 誰かを愛することが出来るはず 孤独で 君のからっぽの そのグラスを 満たさないで  誰もが泣いてる I'm crying for you 涙を人には見せずに You're crying for him 誰もが愛する人の前を He's crying for her 気付かずに通り過ぎてく She's crying for me  君は怒りの中で 子供の頃を生きてきたね でも時には 誰かを許すことも 覚えて欲しい 泣いてもいい 恥ることなく 俺も独り泣いたよ  誰もが泣いてる I'm crying for you 涙を人には見せずに You're crying for him 誰もが愛する人の前を He's crying for her 気付かずに通り過ぎてく She's crying for me  君の幻想(ゆめ) 時の中で 壊れるまで 抱きしめるがいい  誰もが泣いてる I'm crying for you 涙を人には見せずに You're crying for him 誰もが愛する人の前を He's crying for her 気付かずに通り過ぎてく She's crying for me  悲しみが雪のように積もる夜に…
真夏の路上~午前3時のWILD BOY~吉田栄作吉田栄作浜田省吾浜田省吾梁邦彦最後の煙草に火をつけ 何もかもに 理由もなく 噛み付いてる 午前3時の WILD BOY 行く場所の無い 自由さ 自由 自由さ 行き止まりの  闇に紛れて 熱にうなされて Sha la la la la la la la la la la la la 今夜も 闇に紛れて 真夏の路上で Sha la la la la la la la 嵐を待ってる  ガラスのハイヒール履いて 恋のかけひき 街角で躓いてる 午前3時の LONELY GIRL 泣きたいくせに COOLに COOL COOLに 摩天楼にKiss  闇に紛れて 愛をもてあまして Sha la la la la la la la la la la la la 今夜も 闇に紛れて 真夏の路上で Sha la la la la la la la 嵐を待ってる  ビルとビルの間 昇ってゆく MOON 数え切れる程の 青白い STARS(STARS) 汗ばんだシーツの海 溶けてゆく イルミネーション 引き金にかけた指に 体震わせて 押し寄せる波のように 岸辺で砕け散ってゆく 今すぐ 今 今すぐに Oh Yes Yes Yes Oh Yeah…  闇に紛れて 真夏の路上で 闇に紛れて 熱をもてあまして Sha la la la la la la la la la la la la 今夜も 闇に紛れて 真夏の路上で Sha la la la la la la la 夜明け前 嵐を待ってる  Yeah…  
朝からごきげん愛奴愛奴浜田省吾浜田省吾白いベッドに残る 甘いお前の香り 水色の風が 窓の花散らすと 秋はもうすぐそこまでなんです だから 髪をほどくんだよね  粋な昔の歌 鏡に映しながら 亜麻色の瞳 何か言いたそうだな 窓の外は 強い日ざし 陽炎に 都会は溶けてしまうよ  もう何も思わずに 何も言わないで ただそっと見ていたい ただそれだけさ  誰かが塀のむこうで イカレた歌 歌うよ 俺達で終りの世代さ 諦めな 穏やかな黄昏が舞いおりて 君と 夕立ち 僕は待ってる
裸の王達浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾寒さに凍えてる者達に 木を切るなと誰が言えるだろう 飢えている者達に その土地を耕すなと誰が言えるだろう 俺達は まず 火と水と食糧を求めて森を切る 罪人を 誰が裁ける  今夜 お前はガソリンを燃やして恋人の所へ向かう 情熱という名の車の 孤独という名の車輪を廻して  おろかな男達 権力にむらがり閉ざしていく未来への最後のドア 混乱と憎悪と暴力に満ちてるこの世界 祈りを銃弾に変え 壁は崩れ 溝は深まり 人を愛すにも命がけ 罪人を 誰が裁ける  今夜 お前はガソリンを燃やして家族の待つ家へ帰る 幸福という名の車の エゴという名の車輪を廻して  今夜 俺はガソリンを燃やして荒れはてた聖地を走る 欲望という名の車の 絶望という名の車輪を廻して
初秋浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾戦火に倒れた恋人を抱きしめて 泣き崩れる男を映す TVニュース  誰かを愛したら その喜びと同じ重さの哀しみも 手にするのか  永遠の別れが いつか来ることに 人は 皆 気づいているから 君と出逢って こんなにせつない 胸の奥が苦しい程  ふれあい いたわり 陽ざしの中で 短い時を共に過したい  いつか君を見送る時が来たなら 笑顔で別れを告げよう 君が僕を見送る時は この歌を思い出して  どんなに 二人で過ごした人生が 幸せに満ちてたか  愛してる いつまでも 傍にいても 離れていても いつでも  僕の名を呼ぶ声も 僕の手にふれる ぬくもりも はかなくて 愛しい  約束も 誓いの言葉も 何もいらない 君がそこにいるだけで  
傷だらけの欲望浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾コントロール出来ない欲望 空のウイスキーボトルにつめて 火をつけた ミッドナイト 髪をかきあげて 濡れたうなじ引き寄せて 引き下ろすファスナー 途切れ途切れの 名前を呼ぶ声も どこか意識の彼方 遠く 消えてゆく  Give me your love 一瞬の I wanna give you my love 永遠の Ache of desire 刹那に身を委ねて  Give me your love 一瞬の I wanna give you my love 永遠の Sweet sweet love 狂気の炎  おまえをくるんだシーツを かかえてシャワールームの壁に押しつけた ほんの束の間の夢さ 苦いエゴだけ残った 痛いキスの後 何度 拒んでも 何度 受け入れても いつも最後は闇の中に溶けてく  Give me your love 一瞬の I wanna give you my love 永遠の Ache of desire 刹那に身を委ねて Give me your love 一瞬の I wanna give you my love 永遠の Sweet sweet love 狂気の炎  かいかぶらないで 見つけてくれ 俺を 愛じゃなくたって ありのままの 俺を 抱きしめてくれ  Give me your love 一瞬の I wanna give you my love 永遠の Ache of desire 刹那に身を委ねて Give me your love 一瞬の I wanna give you my love 永遠の Sweet sweet love 狂気の炎  Give me your love I wanna give you my love Ache of desire   Give me your love 一瞬の I wanna give you my love 永遠の Sweet sweet love 狂気の炎
最後のキス浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾目を閉じて スローダンス踊ろう 君の鼓動 感じたい こんなに近く こんなにも遠く… 叶わない…  旅に出るよ どこか遠くへ まるでナイフのように ふれるたびに 癒えることのない傷が いつかきっと自由まで奪うから  Dance with me… Stay with me 最後の曲が終わるまで 一秒だけの 想い出の Kiss  報われず いつも君は誰かに恋してる むなしく 激しく でも それでいい…  最後の曲が終わるまで 一秒だけの 想い出の Kiss
境界線上のアリア浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾「愛してる…」と甘い声でささやくけど 本当に愛してるのは自分だろ? 自分のために泣いているんだろ? 独りきりで生きてゆく覚悟もなく 自信もなく 幸福を当然のように  誰かにいつも求めてるんだろ?  ひとり、ひとりきり…  誰だって泣く時はひとり ひとり、ひとりきり…  だから本気で愛し抜くんだ!  子供の頃 素直で  すべてのルール守ってきた 社会に出て真面目に  不平も言わず働いてきた 皆 こう言っていた“いい人だ…”と 会社も “君は優秀だ…”と だけど 心も躰も病んだ時には切り捨てられた  ひとり、ひとりきり… 誰だって翔ぶ時はひとり ひとり、ひとりきり… 大丈夫 やってゆけるさ!  黄金色の夕映えの空の彼方 光海を越えてゆく 裸足のまま 神は我等に太陽と 空と 海と  この大地を与えて委ねられた 美しい この世界を… 俺の短い人生も一瞬の夢さ 意味など無い どこから来て どこへ行くのか わからない その必要もない  ひとり、ひとりきり…  誰だって死ぬときはひとり ひとり、ひとりきり…  今日一日を生き抜くんだ! 
ベイ・ブリッジ・セレナーデ浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾A long lonery night... 夜明け前の 横浜 ひとり ドライブ 橋の上 車止めて街あかり見ている  いつか出逢う恋人よ 君もまた この夜空の下で 今 眠れずにいるのか?  誰かに愛され 誰かを愛せば おだやかな 明日へのドア 見つけられるのかな?  A long lonely night... 風が車体揺らしてる 心まで どこか遠く吹き飛ばされ 帰りたい場所もない  A long lonely night... 橋の上 街あかり見ている
宇宙旅行のパンフレット山口百恵山口百恵伊藤アキラ浜田省吾萩田光雄宇宙へのご旅行をおすすめします 四泊五日の惑星めぐりよ 恋人の場合は今月限り特別価格の二割引! パスポート、住民票、ご用意下されば あとは予防注射をするだけ、それだけ その他、ご予算のことならば 月賦でもいいです あなたのアイディアをおきかせ下さいね ただ今募集中!wowowo……今がチャンス!  宇宙へのご旅行は安全本位 サービスいいよとわが社は評判 新型のロケットいつでもそろえあなたのおいでを大歓迎! カバンに二、三枚着替があればいい ほしいものは現地で買うだけ、それだけ その他、わからない事柄は お問合せ下さい あなたのお電話を お待ち申上げます ただ今募集中!wowowo……今がチャンス!
銀色のジプシー山口百恵山口百恵横須賀恵浜田省吾萩田光雄こわれかけた 銀色の道しるべ mu…… 夢だけを 見続けてる 長い旅は 続く 蒼く白くきらめいてる 星くずは mu…… 寂しくて こぼれ落ちた 涙のしずくなのに 藍より深い静かな 暗闇に ひとすじの灯(ともしび)を 探しあぐね たどりついて また何も無くて 何処まで 行くのよ 私ひとり これ以上 優しい人など 何処にも居ないのに 道の無い道を… 銀色のジプシー  忘れたはずのいくつかの優しさを mu…… いつの間にか振り返る 長い旅の果てに 明ける事ない この夜の片隅で mu…… くだけ散ってしまえたら 旅は終わるでしょう 藍より深い 冷たい 暗闇に 時を刻む音さえ ありはしない 風でさえも 凍りついたまま 何処まで行くのよ 私ひとりこれ以上 優しい人など 何処にも居ないのに 道の無い道を…… 銀色のジプシー
片想い沢田知可子沢田知可子浜田省吾浜田省吾あの人のことなど もう忘れたいよ だって どんなに想いを寄せても 遠く叶わぬ恋なら  気がついた時には もう愛していた もっと早く「さよなら…」言えたなら こんなに辛くは なかったのに  ああ せめて一度だけでも その愛しい腕の中で 「このまま 傍に居て 夜が明けるまで」と 泣けたなら……  ああ 肩寄せ歩く恋人達 すれ違う 帰り道 寂しさ 風のように いやされぬ心を もて遊ぶ  あの人の微笑 やさしさだけだと 知っていたのに それだけでいいはずなのに 愛を求めた片想い
キャンパスの冬浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾キャンパスの冬は いつも灰色で ゆうべの争いの跡が 雨に流れる どうしてあの娘は クラスにでてこない あの時学生課で 見かけた以来  憧れてた 若き日々の 愛の暮し 春の陽射し 何も叶わす 独りきりでこの街 さまよえば 今日も人に流されて 襟を立てるだけ  故郷ではおふくろが 指折り数えては 僕が卒業する日を 待ってるだろう どこか寂しげな 面影のあの娘に もう二度と会えない そんな気がする  僅かばかりの故郷の仕送りも 使い果し 今日もバイト 夜の工場 独りきりじゃこの街 辛すぎる せめてあの娘に伝えたい 君が好きだと 君が好きだと
WALKIN' IN the RAIN時任三郎時任三郎浜田省吾浜田省吾I'm just walkin' in the rain 口笛吹きながら えりを立て ずぶぬれで I'm just walkin' in the rain  I'm just walkin' in the rain 立ち止まりなぜかと 尋ねても 分からない I'm just walkin' in the rain  どこか 陽のあたるところを さがしたけれど 今も見つからない  So just walkin' in the rain I'm just walkin' in the rain 何もかも 遠ざかる I'm just walkin' in the rain  ときどき 誰かのぬくもり なぐさめられて 泣きたくなるけれど  But I'm walkin' in the rain I'm just walkin' in the rain 一人きりさ いつだって I'm just walkin' in the rain 一人きりさ いつだって I'm just walkin' in the rain
WALKIN' IN THE RAIN時任三郎時任三郎浜田省吾浜田省吾I'm just walkin' in the rain 口笛を吹きながら えりを立て ずぶぬれで I'm just walkin' in the rain  I'm just walkin' in the rain 立ち止まりなぜかと 尋ねても わからない I'm just walkin' in the rain  どこか 陽のあたるところを さがしたけれど 今も見つからない  So I'm walkin' in the rain I'm just walkin' in the rain 何もかも 遠ざかる I'm just walkin' in the rain  ときどき 誰かのぬくもり なぐさめられて 泣きたくなるけれど  But I'm walkin' in the rain I'm just walkin' in the rain 一人きりさ いつだって I'm just walkin' in the rain 一人きりさ いつだって I'm just walkin' in the rain
初夏の頃愛奴愛奴浜田省吾浜田省吾蒼い雲が河を流れる此処は僕等の最後の世界 木立に透けて見える初夏の陽差しと甘い憂鬱 押し寄せる何もかもまるで夏の雨のように 独り何処かに隠れて生きてゆけたかな  顔を背け何も信じなかった 昨日までのことがまるで夢のように遠い きっと君も僕と同じように ひとりぼっちの日を歩き続けてきたんだろう  行ってしまうよ 僕が泣き出さないように 君の胸の中に強く抱きしめておくれ 行ってしまうよ 僕が泣き出す前に 君の腕の中に強く抱きしめておくれ
あの娘は僕の大事なべぇぃびぃ愛奴愛奴浜田省吾浜田省吾あの娘は僕の大事なBaby あの娘のいれる旨いCoffee 風にふるえる長いまつげ 夢中にさせる甘いKiss だけどあの娘は僕のことなど知らんふりで いつもどこかの誰かと遊びまわる そうさ僕は間抜けな道化師 だけどかまわないのさ あの娘のそばにいるだけで  ある日あの娘が僕に言った 「あんたは間抜けでおまけにチビで 眼鏡なければ歩きもしない 喧嘩やっても殴られるだけ だけどあんたのその困ったような 仕草があたし大好きよ だからもっと強く抱きしめて」
夢にいざなえ愛奴愛奴浜田省吾浜田省吾いつでも風の中に君 見つけて微笑む そんな時過ぎた日々にやさしく灯がともる ひとりもそんなに辛くない 小さな呟き 町はずれ河のほとりで水切り遊び 想い出を投げ ひとつひとつの季節に今さようならを  この街 何故か寂しげな人波流れる 緑なす草むらは今 アスファルトの下に眠る いつの日にか また夢にいざなえ 夢にさよならを
恋の西武新宿線愛奴愛奴浜田省吾浜田省吾白いホームにビルの影が 蒼くひろがりベルが鳴り響く 九月の夕暮れ人波流れる 街灯りともる西早稲田通り  うつむいて さよならこれでもうお別れね ふりむいて独り言 愛してるいつまでも 明日からはまたもとの寂しいギター弾き 煙草けむるキャバレー 君に聞かせてあげよう悲しい気持ちを 作り笑いの陰のため息  君の髪もう少し長ければ恋したよ あなたの唄もう少し聴けたなら恋したわ お願いだから次の電車に遅らせて 夜の街を歩こう 君に聞かせてあげよう悲しい気持ちを これが僕の言葉さ
二人の夏愛奴愛奴浜田省吾浜田省吾二人の夏は蒼い月影につつまれた 二十歳の夢の断片  濡れた髪 風に梳かせ 波寄せる砂浜で うつむいて肩をふるわせた君は夏の汐風 月は君の瞳の中で小舟のように揺れてた  二人の夏は蒼い月影につつまれた 二十歳の夢の断片  月に抱かれ二人肩寄せ浜辺を歩く 街の灯り遠くに揺れ二人を酔わす いつの日にかこの浜辺想い出す日がくる
ラブ・トレイン浜田省吾浜田省吾松本隆浜田省吾故郷を出て 五つ目の駅 君は小さく ホッと一息 籠を逃げた 小鳥のような アーア 笑顔の色 いじらしいね  「ネェ 君 流れる景色のように 二人の愛を綴っていこう 幸せ半分 あと 悲しみ半分 それでもいいね」  ラブ・トレイン ラブ・トレイン 夜を曳いて走れよ 僕から 君へと 愛の線路は引いた  君はとびさる 想い出に泣く 僕は行く手の 闇を見つめる 夜汽車の窓 鏡のように 膝ふれあう恋 映している  「ネェ 君 僕達 行くあてもない 暮す部屋さえ 決めてないんだ 青空半分 あと 雨雲半分 それでもいいね」  ラブ・トレイン ラブ・トレイン 夜を曳いて走れよ 君から 僕へと 愛の橋を渡れよ
五月の風に浜田省吾浜田省吾伊藤アキラ浜田省吾五月の風に 吹かれている君 誰より可愛い 少女に見える ゆうべの雨も きれいに上って 悲しみまでも 洗い流した  気まずい思いで 昨日は別れて 明日会おうと約束はした 君は来ないだろうと 思っていたんだよ 再び 会えないと  二人の愛は そっとふりむき 五月の風に 新しく光る  ゆうべは一晩 眠れなかった 想い出ばかり 浮かんで消えた 君は 来ててくれたね 五月の風の中で やさしく微笑んで  二人の愛は きっとこれから 近づく夏を 越えてゆくだろう
青春のヴィジョン浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾何ひとつ守るべきものは無いと感じる ひとりの凍えそうな夜には 見知らぬ町の夜景がひろがる ホテルの開かぬ窓 こわしたくなる スポットライトに手をかざしながら ここまで来たけど 夢見たはずの明日は ただ今日になるだけ 僕はどこへ行こうとしてたんだ 疲れ果てた でもまだ眠れない もうこれ以上 走れないよ そう叫びながら −走り続けてる  心の中に描いた僕の人生へのヴィジョン 片手でかばながら今日も 時には道化師 時には優しい男を 演じる まるでゲームのように 悲しみを ふりほどこうと 夜の町 飛び出せば 過ぎた日々 買い戻そうと さまよう人と すれ違う 僕は何を欲しがってるんだ 手にしたもの 日毎 色あせてく もうこれ以上 走れないよ そう叫びながら −走り続けてる
恋の西武新宿線浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾白いホームにビルの影が 蒼くひろがりベルが鳴り響く 九月の夕暮れ人波流れる 街灯りともる西早稲田通り  うつむいて「さよなら これでもうお別れね」 ふりむいて独り言「愛してるいつまでも」 明日からはまたもとの寂しいギター弾き 煙草けむるキャバレー 君に聞かせてあげよう悲しい気持ちを 作り笑いの陰のため息  「君の髪もう少し長ければ恋したよ」 「あなたの唄もう少し聴けたなら恋したわ」 お願いだから次の電車に遅らせて 夜の街を歩こう 君に聞かせてあげよう悲しい気持ちを これが僕の言葉さ
青春の絆浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾今日の日を生きてくと誓ったね あの時 どうせ今 夢見ても理解ってるだろう 叶わぬと 悲しいぜ 遠い日々の 陽気なお前 似ている少女が 停車場の並木道 振り向く夕暮れ  いつの日も 貧しい軒に雨が降り続く 「もう嫌だ!」何度か叫びながら でも流されてく 悲しいぜ 想い出すと あんなにお前 求めていたのに 追われては泣きながら 別れたあの時  悲しいぜ お前見ると あんなに若く きれいだったのに 追われては泣きながら 身を売る毎日
朝からごきげん浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾白いベッドに残る甘いお前の香り 水色の風が窓の花散らすと 秋はもう すぐそこまでなんです だから髪をほどくんだよね  粋な昔の唄 鏡に映しながら 亜麻色の瞳 何か言いたそうだな 窓の外は強い陽ざし 陽炎に都会は溶けてしまうよ  もう何も想わずに 何も言わないで ただそっと見ていたい ただそれだけさ  誰かが塀の向こうで いかれた歌 うたうよ 「おれ達で終りの世代さ あきらめるな!」 穏やかな黄昏が舞い降りて 夕立 僕は待っている
壁にむかって浜田省吾浜田省吾浜田省吾浜田省吾こんなに惨めな暮しの中でさえ まだ 愛想笑い怯えている もう止めようぜ 毎日々々同じ誤ちばかり繰り返して 疲れ果てた もう止めようぜ 躰屈めて奪い取れ お前はお前の 俺は俺の道で  死にかけてるぜ 蹉跌の空で 帰るところも見つけられずに 失(な)くするものも何ひとつ無いまま 雨にうたれて 壁にむかって 両刃(もろは)のやいば肩にかざして 脅え続けた いつもの通りへ  奴等は乾いたところで笑ってられる だけどいつまで それも続くか 逃げ出せもしないで もうじき全ては終ると理解(わか)ってながら 愛に奪われ 叫び続けた 逃げ出せもしないで ドアの外は今日も どしゃ降りさ 嵐の中では皆ずぶ濡れさ  死にかけてるぜ 蹉跌の空で 帰るところも見つけられずに 失くするものも何ひとつ無いまま 雨にうたれて 壁にむかって 怒りのやいば肩にかざして 脅え続けた いつもの通りへ
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. KICK BACK
  4. こきりこ節
  5. この空がトリガー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. アルジャーノン
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照