鳥のように消えた日 feat. 奥田民生

この曲の表示回数 5,207
歌手:

Fairlife


作詞:

春嵐


作曲:

浜田省吾


覚えている 白い雲は
虹目指して 丘をこえて 飛んで行く

風に抱かれ 翼 はためかせ
猛スピードで 鳥のように消えた

力を振りしぼり 両手を振りかざし
僕は走って行ったよ 雲を追いかけて

茜色の 空の下で
自転車のれずに 悔しく 俯いていた

何度でも 何度でも 転んで 擦りむいて
夕暮れ冷たく 夢は果てしなく

傷だらけ 僕の心 飛べない鳥のように
もうダメだ、と 涙を流す

1120回目 ふわりと風にのり
光る雨の小道を 走りだしていた

景色が遠ざかる 色と色 混ざり合う
光のしっぽを ぎゅっと 握りしめ

忘れない 風の匂い
空の色 僕のシルエット

はじめて自転車にのれた あの日
あの夏を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鳥のように消えた日 feat. 奥田民生 歌手:Fairlife

Fairlifeの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-03-07
商品番号:SECL-491
SME Records

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP