小林信吾編曲の歌詞一覧リスト  147曲中 1-147曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
147曲中 1-147曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
メリーゴーラウンド高橋真梨子高橋真梨子喜多條忠都倉俊一小林信吾人は誰でも さみしい時 何故か やさしくなるわ 夕陽がおちる 遊園地へ 白い銀貨 ひとつ握って メリーメリーゴーラウンド 風にまかれてまわれ 過ぎた愛の悲しみ まわれ まわれ ドレスの裾もちぎれるほど まわれ まわれ 涙かくして  顔のペンキも はげ落ちてる 木馬よ お前たちは その瞳(め)を赤く 泣きはらせて 夕陽の中 何を見てるの メリーメリーゴーラウンド 白い木馬に揺られ 愛が残るあの街 遠くながめ 淋しさだけが ひとつふたつ 家の窓に 灯り始める  メリーメリーゴーラウンド 風にまかれてまわれ 過ぎた愛の悲しみ まわれ まわれ
恋人たちの時間高橋真梨子高橋真梨子増永直子ヘンリー広瀬小林信吾時計が約束を忘れて テレビは退屈を流す 悲しい小説を開けば ようやく待ちかねた電話 彼の声の優しさが 私の仮面をはがす 鏡に微笑みがこぼれて 不安が駆け足で逃げる 恋はいつも不意を突き 私の心を捉まえる  きれいな灰皿を揃えて 部屋にはコーヒーの香り 写真が想い出をささやき 期待がドアに手をかける 彼が愛をさし出して 私の孤独は終わる 時計は約束を守って 静かに夜明けまで眠る 恋は夜を誘いこみ 二人の時間を奪い去る
愛する人へのメッセージ高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子鈴木キサブロー小林信吾思い思いの日々 愛する人へのメッセージ やり残したコトは無いか? 頭をふりしぼってる  この世の中の意味 繙いて行きましょう それでなくちゃ 進めない前を見つめ  未来は過去から 読めないもの 逆らわず 季節も急ぎ巡り 流されるまま生きてく  前に進んで行こう どんな事があっても 悲しい術や苦しみも どこ吹く風  忘れ得ぬ友や 野に咲く花遠ざかる 涙を流さないで 涙ころして泣きなさい  この現実を今 受け止めるのもいいでしょう 切ない痛み踏みしめて 幸せ道 険しい道 自分の道
追憶高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子鈴木キサブロー小林信吾騒ぎ疲れて 離れてく 仲間がいた頃 眠ってたあの記憶へと ふいに蘇る  言葉にも そう 気持ちにも 追いつけないから せめてもの想い出が 香るように  追憶の日々 振り返って探して 急ぎ足世の中 季節廻ってたんだ  元気だよって 忘れないよって 海に投げかけた 君といた砂浜は ダイアモンド  そんな時代が 通り過ぎる前に 時間を止めていたい それぞれの形で  月日は流れ 涙して安らぎに揺れる 追いかけた青春は 夢のひととき  こみ上げる青春は 眩しい景色
キレイな女高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子飯岡隆志小林信吾映画を観るときは ひとり泣くのがいい 泣き顔愛して 微睡みの空間で  この世に無いものが あの世にあるならば 優しく殺して キレイな女にして  言い訳のような セリフのような 素直な心へと受け止める I'm just killing me softly 耳もとで囁いてso long  映画の中のムービースター 私によく似てる ストーリー掻い摘んで sensitiveに演技して  ドラマのエンディングのように うまくはいかないね 優しく殺して キレイな女のまま  ビロード色の口づけくれた それが哀しみを呼び起こすよ Wow, killing me softly ただの物語なのso long  耳もとでこれきりの love you
サンタマリアの青高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子ARI小林信吾こんな哀しみ生き抜いたら いつか幸せが来るだろうか? 懐かしき輝き 酒に酔い目覚めた  '君と別れる'と言った人は 悪いのは時間の流れだと 今宵最後の夜だ… なんてただつぶやく  素気なく暮らしたあの頃 どよめく笑い足音で振り向いた 貴方と歩いたサンタマリア そよ風退屈と偽りながら  心に落ち着きが戻って 貴方私より傷ついた そう思う毎日 詫びる見えない壁  手をかざす街は憧れ 女の明日そして恋のかたちも 貴方の背中が愛しく 去りし影残る仄かな温もり  書き留められたメモ 何処から来たのか? サヨナラと云う不思議な文字 あの街へ行けない 果てしない海を超えられる翼もない  澄んだお月様も青色 静かな夜暗い海も青色 瞬きの記憶青色 愛する人へ孤独は青色
黄昏motif高橋真梨子高橋真梨子鮎川めぐみ松田良小林信吾夢を見る頃を過ぎて 恋するなら 懐かしい話はもう しないでいよう  あふれ出す想いあれば 隠さないで 時計は忘れて 流れるままに  はしゃぎ過ぎた余韻が 漂う街 燃えるような夕陽が 消えても暖かい  黄昏は 恋の色  行く夏を惜しむ様に 寄り添うなら 何気ないひと時 モティーフになる  肩に降りた宵闇 揺れて満ちて ふいに黙る隙間を 静かに埋めてゆく  黄昏は 恋の色  きっと気がついていないと思うけれど 笑い方優しく 変わったね  解り合える誰かが 幸せなら 空に残る夕焼け 消えても暖かい  黄昏は 恋の色 恋の色
ミントの靴音高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子塙一郎小林信吾靴音聴こえるたび 部屋の扉耳をすます ミントの花が散ってしまう 空気を風に変えないでいて  流れてゆく 流れてゆく 人は恋からすべり落ちる もどかしい悩ましさなど 傷みに囲まれる  そして想い出に囚われぬよう 過去に縛られないようにね 嵐が吹き荒んでも 諦めきれない  きっとヤワなまま生きてゆけない 逃れられる術を下さい 2人してこころが戻るように ドアの前で待つ  カラダ中のキーボード打ち続けて 鼓動の胸 ミントの花が香り放つ 空気がため息に変わるとき  愛するほど 愛するほど 人は愛から崩れ落ちる 頼りないときめきの中 不安に包まれる  そんな気持ちが高まるのなら 他人に笑われないようにね 嵐に巻き込まれても 静かに見守る  優しい声が聴けないのなら ピリオド無いメッセージ下さい 靴音がやがて止まるでしょうか ドアの前で待つ
あの恋高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子Rie小林信吾赤レンガの落書き 文字の色が 私の中の悪魔を起こしている  どんな仕業も 慣れてしまうのが人間だと 教えてくれた人がいる  悪びれる風も無い 傲慢な 燃え尽きたあの恋に Good-bye for now bye for now 無作法で ずうずうしく鮮やかな 逆行の走馬灯が Good-bye for now bye for now  青レンガの落書き 何故か虚しい 辞書を見るような目つきで私を抱く  過ぎた愛は きっと美しい日々だったと 憎しみ合うだけじゃないと  優しさも真実も幸せも 不器用な恋人に Good-bye for now bye for now 横顔の冷たさが心地よい 二度とないあの恋に Good-bye for now bye for now
素肌藤あや子藤あや子中村中小野彩小林信吾こんな深くに 迷い込むなんて いつもの通り 歩けないのね 無理に言葉に しなくてもいいの 聞こえすぎる程 静かな夜ね  都会は人を 強がりに変える 無傷の肌じゃいけないみたいに 戦うことを 覚える代わりに 甘えることを 忘れてしまう  傷がついてて 悪いのだけど 私で良ければ 側にいるわ  何も言わないで 何も聞かないで 抱きしめることしか出来ないけど 何も言わないで 何も聞かないで まどろんだ 貴方の寝息を 見守るわ  都会は人を 弱虫に変える 心の奥に 本音を溜めてる 今夜は少し こぼしておゆきよ 涙も罪も 聞き流すから  綺麗じゃなくて 悪いのだけど 私で良ければ 毛布になる  何も言わないで 何も聞かないで あたためることしか出来ないけど 何も言わないで 何も聞かないで めざめたら 貴方の背中を 見送るわ
ジェラシー藤あや子藤あや子井上陽水井上陽水小林信吾ジェラシー 愛の言葉は 愛の裏側 ジェラシー  窓辺にたたずんでる 君を見てると 長い年月に 触れたような気がする 夕焼けの空のどこかで 忘れた愛が忍び込む 流れるのは 涙ではなく汗 君によせる愛は ジェラシー 春風吹き 秋風が吹き さみしいと言いながら 君によせる愛は ジェラシー ジェラシー  はまゆりが咲いている ところをみると どうやら僕等は 海に来ているらしい ハンドバックの とめがねが はずれて化粧が散らばる 波がそれを 海の底へ引き込む ジェラシー 愛の言葉は 愛の裏側 ジェラシー  ワンピースを重ね着する 君の心は 不思議な世界を さまよい歩いていたんだ 誰にも云えないことがある 泣く泣く僕も空を見る むなさわぎで 夏が来るのが恐い 君によせる愛は ジェラシー 春風吹き 秋風が吹き 悲しみに暮れながら 君によせる愛は ジェラシージェラシー 君によせる愛は ジェラシージェラシー ジェラシー オー ジェラシー
恋の予感藤あや子藤あや子井上陽水玉置浩二小林信吾なぜ なぜ あなたは きれいに なりたいの? その目を誰もが 見つめて くれないの?  夜は気ままに あなたを躍らせるだけ 恋の予感が ただかけぬけるだけ  なぜ なぜ あなたは 「好きだ」と 言えないの? 届かぬ 想いが 夜空に ゆれたまま  風は気まぐれ あなたを惑わせるだけ 恋の予感が ただかけぬけるだけ  誰かを待っても どんなに待っても あなたたは今夜も  星のあいだを さまよい流されるだけ 夢のつづきを またみせられるだけ  風は気まぐれ あなたを惑わせるだけ 恋の予感が ただかけぬけるだけ
片想い藤あや子藤あや子浜田省吾浜田省吾小林信吾あの人のことなど もう忘れたいよ だって どんなに想いを寄せても 遠く叶わぬ恋なら  気がついた時には もう愛していた もっと早く「さよなら…」言えたなら こんなに辛くは なかったのに  ああせめて一度だけでも その愛しい腕の中で 「このまま傍に居て夜が明けるまで」と 泣けたなら  ああ肩寄せ歩く恋人達 すれ違う帰り道 寂しさ風のように いやされぬ心を もて遊ぶ…  あの人の微笑 やさしさだけだと 知っていたのに それだけでいいはずなのに 愛を求めた片想い 愛を求めた片想い
藤あや子藤あや子草野正宗草野正宗小林信吾忘れはしないよ 時が流れても いたずらなやりとりや 心のトゲさえも 君が笑えばもう 小さく丸くなっていたこと  かわるがわるのぞいた穴から 何を見てたかなぁ? 一人きりじゃ叶えられない 夢もあったけれど  さよなら 君の声を抱いて歩いていく ああ 僕のままで どこまで届くだろう  探していたのさ 君と会う日まで 今じゃ懐かしい言葉 ガラスの向こうには 水玉の雲が 散らかっていた あの日まで  風が吹いて飛ばされそうな 軽いタマシイで 他人と同じような幸せを 信じていたのに  これから 傷ついたり 誰か 傷つけても ああ 僕のままで どこまで届くのだろう  瞬きするほど長い季節が来て 呼び合う名前がこだまし始める 聴こえる?  さよなら 君の声を抱いて歩いていく ああ 僕のままで どこまで届くだろう  ああ 君の声を抱いて歩いていく ああ 僕のままで どこまで届くだろう  ああ 君の声を…
恋しくて藤あや子藤あや子BEGINBEGIN小林信吾恋しくて 泣き出した 日々などもう 忘れたの 今さらは 戻れない キズつけあった日々がながすぎたの 戻る気は ないなんて ウソをついて 笑ってても 信じてた もう一度 もう一度 あの頃の 夢の中  かわす言葉 ゆきづまりのウソ 好きなら好きと Say again 言えばよかった  I Remember Do You Remember わけもなくて笑った頃 I Remember Wow Wow  かわす言葉 ゆきづまりのウソ 好きなら好きと Say again 言えばよかった  せつなくて 悲しくて 恋しくて 泣きたくなる そんな夜は OH ブルース OH ブルース
銀の雨藤あや子藤あや子松山千春松山千春小林信吾貴方と暮らした わずかな時間 通り過ぎれば 楽しかったわ これ以上私が そばに居たなら 貴方がだめに なってしまうのね  いつの間にか 降りだした雨 窓の外は 銀の雨が降る  貴方のそばで 貴方のために 暮せただけで 幸せだけど せめて貴方の さびしさ少し わかってあげれば 良かったのに  貴方がくれた 思い出だけが ひとつふたつ 銀の雨の中  ごめんと私に いってくれたのは 貴方の最後の やさしさですね いいのよ貴方に ついて来たのは みんな私の わがままだから  貴方の夢が かなうように 祈る心に 銀の雨が降る 銀の雨が降る 銀の雨が降る
恋人藤あや子藤あや子西尾佐栄子松尾清憲小林信吾想いを いま届けたい この先ずっと あなただけを いまでも ここで見ている  近づいた肩 寄り添うふたり 星空にためされてる 時々なぜか 触れる指先を つかまえてしまいそう いまはただ 何も気づかなくていい 僕の気持ち 何ひとつ あなたが いま望むなら いますぐ強く 抱きしめたい 奪ってしまいたい どうして困らせるほど つのる想いは ただ僕には 泣きたいくらい 恋人  泣いているのに 微笑まないで 唇が震えている ちがう愛ほど余計つらいこと 誰よりもわかるから 強がってみせる 友達のままで 見つめている 僕にまで 想いを いま届けたい この街角で 抱きしめたい かわらない強さで あなたを いま見つめてる この先ずっと ただ誰より 瞳きれいな 恋人  あなたが いま望むなら いますぐ強く 抱きしめたい 奪ってしまいたい どうして 困らせるほど つのる想いは ただ僕には 泣きたいくらい 恋人  想いをいま届けたい この先ずっと 抱きしめたい かわらない強さで あなたをいま見つめてる いつでも側で ただ誰より 瞳きれいな 恋人
真夏の果実藤あや子藤あや子桑田佳祐桑田佳祐小林信吾涙があふれる 悲しい季節は 誰かに抱かれた夢を見る 泣きたい気持ちは言葉に出来ない 今夜も冷たい雨が降る こらえきれなくて ため息ばかり 今もこの胸に 夏は巡る  四六時中も好きと言って 夢の中へ連れて行って 忘れられない Heart & Soul 声にならない 砂に書いた名前消して 波はどこへ帰るのか 通り過ぎ行く Love & Roll 夢をそのままに  マイナス100度の太陽みたいに 身体を湿らす恋をして めまいがしそうな真夏の果実は 今でも心に咲いている 遠く離れても 黄昏時は 熱い面影が胸に迫る  四六時中も好きと言って 夢の中へ連れて行って 忘れられない Heart & Soul 夜が待てない 砂に書いた名前消して 波はどこへ帰るのか 通り過ぎ行く Love & Roll 夢をそのままに  こんな夜は涙見せずに また逢えると言って欲しい 忘れられない Heart & Soul 涙の果実よ
Angel藤あや子藤あや子Tyler ChildTyler Child小林信吾I'm alone Yeah I don't know if I can face the night I'm in tears And the cryin'n that I do is for you I want your love let's break the wall between us Don't make it tough I'll put away my pride Enough's enough, I've suffered and I've seen the light  You're my angel, Come and save me tonight You're my angel, Come and make it alright You're my angel, Come and save me tonight  Don't know what I'm gonna do about This feeling inside Yes, it's true loneliness took me for a ride Without your love I'm nothing but a beggar Without your love, a dog without a bone What can I do? I'm sleepin' in this bed alone  You're my angel, Come and save me tonight You're my angel, Come and make it alright You're my angel, Come and save me tonight  You're the reason I live You're the reason I die You're the reason I give when I break Down and cry Don't need no reason why Baby,baby,baby  You're my angel, Come and save me tonight You're my angel, Come and make it alright You're my angel, Come and save me tonight
たしかなこと藤あや子藤あや子小田和正小田和正小林信吾雨上がりの空を見ていた 通り過ぎてゆく人の中で 哀しみは絶えないから 小さな幸せに 気づかないんだろ  時を越えて君を愛せるか ほんとうに君を守れるか 空を見て考えてた 君のために 今何ができるか  忘れないで どんな時も きっとそばにいるから そのために僕らは この場所で 同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ  自分のこと大切にして 誰かのこと そっと想うみたいに 切ないとき ひとりでいないで 遠く 遠く離れていかないで  疑うより信じていたい たとえ心の傷は消えなくても なくしたもの探しにいこう いつか いつの日か見つかるはず  いちばん大切なことは 特別なことではなく ありふれた日々の中で 君を 今の気持ちのまゝで 見つめていること  君にまだ 言葉にして 伝えてないことがあるんだ それは ずっと出会った日から 君を愛しているということ  君は空を見てるか 風の音を聞いてるか もう二度とこゝへは戻れない でもそれを哀しいと 決して思わないで  いちばん大切なことは 特別なことではなく ありふれた日々の中で 君を 今の気持ちのまゝで 見つめていること  忘れないで どんな時も きっとそばにいるから そのために僕らは この場所で 同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ  どんな時も きっとそばにいるから
TRUE LOVE藤あや子藤あや子藤井フミヤ藤井フミヤ小林信吾振り返ると いつも君が笑ってくれた 風のようにそっと  まぶしすぎて 目を閉じても浮かんでくるよ 涙に変わってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ  立ち止まると なぜか君はうつむいたまま 雨のようにそっと  変わらないよ あの日君と出会った日から 涙に変わっても  君だけをみつめて 君だけしかいなくて 僕らは いつも はるか はるか 遠い未来を 夢見てたはずさ  夢見てたはずさ
ふたつの心藤あや子藤あや子尾崎豊尾崎豊小林信吾見つめ合うだけの暮らし 心の鼓動が 寂しさ塗りつぶし今日を温め合うよ ふたつの心ふたつの生き方を重ね合うから 君は時々涙を僕はため息を零(こぼ)すけど 二人求め合い暮らしてゆけるさ 夜明けまでずっと抱き締め合いながら  そっと扉閉じて僕が旅に行(ゆ)く時 君はいつまでも笑顔を浮かべていた 夜の明かりの向こうで君は僕の帰りを待つの 見知らぬ街の片隅で僕は君の面影抱き締めている 離れて過ごしても君の心が聞こえるよ 君に届くだろう僕のこの思いが  分け合うものなど初めからないけど 心さえあればいつでも二人はあるがまま そっと強く受け止め合いながら夜が明けるまですっと 抱き締め合っているよ 二人あるがまま……
愛みたいなもの阿部真央阿部真央阿部真央阿部真央小林信吾怒鳴り合うたび 相容れぬ気はしてた でも見て見ぬ振り決め込んでいた 責められるたび そうかそうかと頷き 愛みたいなものにしがみついてた  バカな私は傷が深くなるまで その横顔にケチつけられずにいた  あなたは私を強い子にする人だった それは見事に でも本当は一度でも守られたかった あなたの腕の中  上手に育てた花はやがて枝を伸ばし 見なくていいもの 探り当てた  生ぬるく濁った花瓶の底の水 この根ふやかし 気づけば立てなくなってた  あなたってばまるで小さな子でもあやすかのように その指先で あぁ 綻ぶつぼみをいたずらに暖めて 枯らしてしまったよ  愛した誰かに伝えられない哀しみよ あなたには欠片すら持たせられなかった この愛よ 永久に散れ
HEAVEN杉山清貴杉山清貴青木久美子杉山清貴小林信吾そよ風と波の音 ふとまどろむ瞬間 記憶の海 浮かんでは消える 永遠 遠回りした意味も 痛みからのメッセージも キミの元へ たどり着くための それはギフト  夕陽が眠れば 次は星が目覚める  Silent shine, Silent sign 今ここが キミと僕の in Heaven 空も海も 生きている 地球という パラダイス  青臭い苛立ちも 照れくさい躓きも 現在になれば 愛おしいほどの それはプロセス  月が消える頃 朝は今日を始める  Silent shine, Silent sign 今ここで 息づいている on the earth 雨も闇も 生きて行く 糧にしたい パラダイス  Wonderful, Wonder world 今ここが キミと僕の in Heaven 愛も夢も 何度でも 生まれ変わる パラダイス
あの夏の君と杉山清貴杉山清貴渡辺なつみ杉山清貴小林信吾ふいに訳もなく 海が見たくなる ほんの 数分でも 光る海原も 響く潮騒も 足を運ぶたびに 違う  月日は 思うより早く 過ぎて行ったけど  あの夏の君と あの頃の僕は たくさんの時を染めて 生きてたんだね  もしももうひとつ 道があるのなら 同じ 今を選ぶ どんな後悔も 夜の淋しさも 歩み重ねた日の 続き  明日は 誰も分からない 吹く風のようさ  この海を君と この空を僕と 幾つもの 色に染めよう  あの夏の君と あの頃の僕は たくさんの時を染めて 生きてたんだね
風の記憶杉山清貴 with 菊池桃子杉山清貴 with 菊池桃子秋元康杉山清貴小林信吾海のそばに止めた 古いカブリオレ 気圧配置 変わり 夏の気配がする 何年ぶりだろう? ここに来るのは… 潮の香りが 懐かしい  風の記憶 恋を覚えている 胸の奥の あの日 甘く (甘く) 苦い (苦い) 二人 若かったね 今も風は吹いてる  サングラス 外しながら 君が微笑んだ 見つめ合った瞳 何も変わってない いろいろあって ここに立ってる 遠い昔の 恋人  波のように 歳月(とき)が打ち寄せるよ 愛のかけら 運ぶ 砂の (砂の) 上に (上に) 夢が取り残され やがて波は引いてく  風の記憶 恋を覚えている 胸の奥の あの日 甘く (甘く) 苦い (苦い) 二人 若かったね 今も風は吹いてる
君に会いたい高橋真梨子高橋真梨子清川正一清川正一小林信吾若さゆえ 苦しみ 若さゆえ 悩み 心のいたみに 今宵も ひとり泣く 忘られぬ あの日 思い出の あの時  初めての口づけに 知った 恋のよろこびよ 帰れ 僕のこの胸に My baby, want you, Want you see again  日の暮れた 森を あてもなく 歩いた あの日の涙は いつまでも かわかない 忘られぬ 瞳は 今 誰を見つめる  初めての口づけに 知った 恋のよろこびよ 帰れ 僕のこの胸に My baby, want you, Want you see again  My baby, want you, Want you see again Want you see again
思案橋ブルース高橋真梨子高橋真梨子川原弘川原弘小林信吾哭いているような 長崎の町 雨に打たれて ながれた ふたつの 心は かえらない かえらない 無情の雨よ ああ 長崎 思案橋ブルース  呼んでくれるな 俺のなまえを もどりはしないさ 昔の 気ままな この俺 忘れてよ 忘れてよ つれない雨よ ああ 長崎 思案橋ブルース  夢は捨てたのさ 今のこの俺 じっと孤独を かみしめ お前を 好きだと いってみた いってみた 冷たい雨に ああ 長崎 思案橋ブルース
死ぬまで一緒に高橋真梨子高橋真梨子水木かおる藤原秀行小林信吾好きなの 好きなの 死ぬほど好きなの 好きだといって……  どんなに冷たくされたって いいえ 私はついてゆく……  死ぬまで あなたと一緒にいたい 死ぬまで あなたと一緒にいたい  泣かせて 泣かせて しみじみ泣かせて いとしい胸で……  あなたに抱かれる幸福(しあわせ)を じっと夢みて生きてきた……  何もいらない あなたが欲しい 何もいらない あなたが欲しい  好きなの 好きなの うそでもいいから 好きだといって……  あなたのためなら この生命 どこで死のうと生きようと……  死ぬまで あなたと一緒にいたい 死ぬまで あなたと一緒にいたい
さらば恋人高橋真梨子高橋真梨子北山修筒美京平小林信吾さよならと 書いた手紙 テーブルの上に 置いたよ あなたの眠る顔みて 黙って外へ飛びだした  いつも幸せすぎたのに 気づかない 二人だった 冷たい風にふかれて 夜明けの町を 一人行く 悪いのは 僕のほうさ 君じゃない  ゆれてる 汽車の窓から 小さく家が 見えたとき 思わず胸にさけんだ 必ず帰って来るよと いつも幸せすぎたのに 気づかない 二人だった ふるさとへ帰る地図は 涙の海に 捨てて行こう 悪いのは僕のほうさ 君じゃない  いつも幸せすぎたのに 気づかない 二人だった ふるさとへ帰る地図は 涙の海に 捨てて行こう 悪いのは僕のほうさ 君じゃない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
白いサンゴ礁高橋真梨子高橋真梨子阿久悠村井邦彦小林信吾青い海原 群れ飛ぶ鴎 心ひかれた 白いサンゴ礁  いつか愛する 人ができたら きっと二人で 訪(おとづ)れるだろう  南の果ての 海の彼方に ひそかに眠る 白いサンゴ礁 まことの愛を 見つけたときに きっと二人で 訪れるだろう  南の果ての 海の彼方に ひそかに眠る 白いサンゴ礁 まことの愛を 見つけたときに きっと二人で 訪れるだろう
瞳はダイアモンド高橋真梨子高橋真梨子松本隆呉田軽穂小林信吾愛してたって言わないで…  映画色の街 美しい日々が 切れ切れに映る いつ過去形に変わったの?…  あなたの傘から飛びだしたシグナル 背中に感じた 追いかけてくれる優しさも無い  Ah 泣かないで MEMORIES 幾千粒の雨の矢たち 見上げながら うるんだ 瞳はダイアモンド  哀しいうわさも微笑(わら)い飛ばしたの あなたに限って 裏切ることはないわって…  でもあなたの眼を覗きこんだ時 黒い雨雲が 二人の青空 消すのが見えた  Ah 揺れないで MEMORIES 時の流れが傷つけても 傷つかない心は 小さなダイアモンド  Ah 泣かないで MEMORIES 私はもっと強いはずよ でもあふれて止まらぬ 涙はダイアモンド
New York State of Mind高橋真梨子高橋真梨子Billy JoelBilly Joel小林信吾Some folks like to get away, take a holiday from the neighborhood, Hop a flight to Miami Beach or to Hollywood. I'm taking a Greyhound on the Hudson River line- I'm in a New York state of mind. I've seen all the movie stars in their fancy cars and their limousines, Been high in the Rockies under the evergreens, But I know what I'm needing and I don't want to waste more time- I'm in a New York state of mind.  It was so easy living day by day, Out of touch with the rhythm and blues, But now I need a little give and take, The New York Times, the Daily News... It comes down to reality-and it's fine with me 'cause I've let it slide, Don't care if it's Chinatown or on Riverside, I don't have any reasons, I've left them all behind- I'm in a New York state of mind.  It was so easy living day by day, Out of touch with the rhythm and blues, But now I need a little give and take, The New York Times, the Daily News... It comes down to reality-and it's fine with me 'cause I've let it slide, Don't care if it's Chinatown or on Riverside, I don't have any reasons, I've left them all behind- I'm in a New York state of mind.  I'm just taking a Greyhound on the Hudson River line- 'Cause I'm in a New York state of mind.
木蘭の涙松原健之松原健之山田ひろし柿沼清史小林信吾逢いたくて 逢いたくて この胸のささやきが あなたを探している あなたを呼んでいる  いとしさの花篭 抱えては 微笑んだ あなたを見つめてた 遠い春の日々  やさしさを紡いで 織りあげた 恋の羽根 緑の風が吹く 丘によりそって  やがて 時はゆき過ぎ 幾度目かの春の日 あなたは眠る様に 空へと旅立った  いつまでも いつまでも 側にいると 言ってた あなたは嘘つきだね わたしを 置き去りに  木蘭のつぼみが 開くのを見るたびに あふれだす涙は 夢のあとさきに  あなたが 来たがってた この丘にひとりきり さよならと言いかけて 何度も振り返る  逢いたくて 逢いたくて この胸のささやきが あなたを探している あなたを呼んでいる  いつまでも いつまでも 側にいると 言ってた あなたは嘘つきだね わたしを 置き去りに
酒と泪と男と女高橋真梨子高橋真梨子河島英五河島英五小林信吾忘れてしまいたいことや どうしようもない寂しさに 包まれたときに男は 酒を飲むのでしょう 飲んで飲んで 飲まれて飲んで 飲んで飲みつぶれて 眠るまで飲んで やがて男は静かに 眠るのでしょう  忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに女は 泪みせるのでしょう 泣いて泣いて 一人泣いて 泣いて泣きつかれて 眠るまで泣いて やがて女は静かに 眠るのでしょう  またひとつ女の方が 偉く思えてきた またひとつ男のずるさが 見えてきた 俺は男 泣きとおすなんて出来ないよ 今夜も酒をあおって 眠ってしまうのさ 俺は男 泪はみせられないもの 飲んで飲んで 飲まれて飲んで 飲んで飲みつぶれて 眠るまで飲んで やがて男は静かに 眠るのでしょう
雨に咲く花高橋真梨子高橋真梨子高橋掬太郎池田不二男小林信吾およばぬことと 諦めました だけど恋しい あの人よ 儘になるなら いま一度 一目だけでも 逢いたいの  別れた人を 思えばかなし 呼んでみたとて 遠い空 雨に打たれて 咲いている 花がわたしの 恋かしら  はかない夢に すぎないけれど 忘れられない あの人よ 空に涙の セレナーデ ひとり泣くのよ 咽ぶのよ
夢の途中高橋真梨子高橋真梨子来生えつこ来生たかお小林信吾さよならは別れの言葉じゃなくて 再び逢うまでの遠い約束 現在を嘆いても胸を痛めても ほんの夢の途中 このまま何時間でも抱いていたいけど ただこのまま冷たい頬をあたためたいけど  都会は秒刻みのあわただしさ 恋もコンクリートの篭の中 君がめぐり逢う 愛に疲れたら きっともどっておいで 愛した男たちを 想い出にかえて いつの日にか僕のことを想い出すがいい ただ心の片隅にでも 小さくメモして  スーツケースいっぱいにつめこんだ 希望という名の重い荷物を 君は軽々ときっと持ち上げて 笑顔を見せるだろう 愛した男たちをかがやきにかえて いつの日にか僕のことを想い出すがいい ただ心の片隅にでも 小さくメモして
バス・ストップ高橋真梨子高橋真梨子千家和也葵まさひこ小林信吾バスを待つあいだに 涙を拭くわ 知ってる誰かに見られたら あなたが傷つく なにをとりあげても わたしがわるい あやまちつぐなう その前に 別れが来たのね どうぞ 口をひらかないで 甘い言葉聞かせないで ひとりで帰る道が とてもつらいわ バスを待つあいだに 気持を変える つないだこの手の ぬくもりを わすれるためにも  どうぞ 顔をのぞかないで あとのことを 気にしないで ひとりであける 部屋の鍵は重たい バスを待つあいだに 気持を変える うるんだその目の うつくしさ わすれるためにも
遠くへ行きたい高橋真梨子高橋真梨子永六輔中村八大小林信吾知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい 知らない海をながめていたい どこか遠くへ行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅  愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい  愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを  愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい
川は流れる高橋真梨子高橋真梨子横井弘櫻田誠一小林信吾病葉(わくらば)を きょうも浮かべて 街の谷 川は流れる ささやかな 望み破れて 哀しみに 染まる瞳に たそがれの 水のまぶしさ  思い出の 橋のたもとに 錆ついた 夢のかずかず ある人は 心つめたく ある人は 好きで別れて 吹き抜ける 風に泣いてる  ともしびも 薄い谷間を 一筋に 川は流れる 人の世の 塵にまみれて なお生きる 水をみつめて 嘆くまい あすは明るく
words阿部真央阿部真央阿部真央阿部真央小林信吾「愛してる」とは なんて無力な言葉だろう 私は今も 貴方しか要らないのに  ねぇ 私の中の貴方を まだ嘘つきにしないでよ 私はもうあの日の貴方にしか しがみついては行けないのに 「もう、ひとりにはしないよ」と 抱き締めてたその腕は、どこにも無い 触れて欲しい胸の傷は 貴方には見つけてもらえなかった  もう会えないなら せめて憎ませて欲しかった 優しく笑う 貴方しか知らないのに  信じること 恐れないように もっと強くなりたかった 不安の苦し紛れにもう貴方を 傷つけたりしたくなかった 季節のように生きる貴方を 息をするのも忘れて、愛していた やっと見つけた幸せは 音も無くこの手を滑り落ちた  「愛してる」とは なんて無力な言葉だろう 私は今も 貴方しか要らないのに  「さよなら」は無かった 何も言わず消え去ってしまった こんなに満たしておいて 最後の言葉はくれなかった  「愛してる」とは なんて無力な言葉だろう 私は今も まだひとりここから歩み出せない  明けてく空に まだ見ぬ明日を願って 「さよなら、貴方」 私からこの言葉を また前を向けるように
虹色のアーチMILLEAMILLEA堂野晶敬堂野晶敬小林信吾スタートライン 今ここであなたが何かを 始めようと瞳を輝かせてるのなら 私は何か あなたの為になれるかな? そしてあなたも誰かの為と生きてますか?  水撒きした庭には 虹色のアーチ あなたのその光も いろんな色輝く  今、心から あなたの夢が 叶いますようにと祈る どうか負けずに 笑ってて下さい その笑顔こそ光  私は何を 照らす光になれるかな? 私の持っている色の光を誰か待ってる 光の裏に 陰も潜んでいるのでしょう 時に傷つけ傷つけられ でも尚 生きる  幸せはかくれんぼ 指折り数えて 笑顔でいればきっと いつか巡り逢うでしょう  今、虹色の アーチをくぐり 新しい世界へと向かう 全てのことを 乗り越えてゆけるわ あの空の向こうまで  どうか叶いますように あなたのその夢 そしてあなたは誰を 照らし輝かせるの?  今、虹色の アーチをくぐり 新しい世界へと向かう 全てのことを 乗り越えてゆけるわ あの空の向こうまで  ほら誰かが待ってる
愛が叫んでるななみななみななみななみ小林信吾光さえ見えない 海の底にいるように 苦しくて怖くて 瞳さえ閉じたまま 犯した罪 失くしたもの 今も消えない 白と黒が混ざりあって 今になる  I'm just keeping all my Love Keeping all my Love 今日もどこかで 愛が泣いてる Keeping all my Love Keeping all my Love どうしようもなく 一人で 愛が泣いてる  「元気がない時は 元気を出すための準備期間だ」と 誰かが言った言葉も 光 無くし錆びついた 「助けて」と叫んでみても 見て見ぬフリで 「人間なんてそんなものだ」と決めつけた  I'm just keeping all my Love Keeping all my Love 今日もどこかで 愛が泣いてる Keeping all my Love Keeping all my Love どうしようもなく 一人で 愛が泣いてる  Help! この世界中の叫びが地響きに変わって 大切なもの 大切な人 全て奪ってく Help! どうしてこんなに身勝手な生き物に変わった? 聞こえないか? 愛の叫びが...  I'm just keeping all my Love Keeping all my Love 今日もどこかで...  Keeping all my Love Keeping all my Love どうしようもなく 一人で 愛を叫ぶ 「愛」。
Romantic Puzzle高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子ari小林信吾眠れぬ夜が来る ハートが波打つ wow 灯りを暗くして 目を凝らして朝もや  それは真水の中に こぼれ落ちたオイルのよう 近づいてもはじけて 混じり合えることがない  縛られない恋愛 貴方を求める体が 冷たくても柔らかな 欲望が果てるときよ  もっと愛しあえる すべて心委ねたい 何故なんだろう 何故なんだろう なぜすれ違う  夜空の星が降る 素肌に絡まる 燦めくふりをして 毎日を繰り返す  熱い口づけのあと 何気無く出て行く人は ホクロの場所知る女 黄昏れるほど愛撫する  ここに戻ってくれば 静けさに暮れる笑顔 だから違う どこか違う Romantic Puzzle  出会いの馴れ初めは まばゆい星屑 涙はダイヤ色 散りばめて恋をする 眠れぬ夜の二人
愛のAxel高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子石川清貴小林信吾こころにある消しゴム すり減るまで消しても残ってしまう こころと言う名のこの不可解なもの 身体通り抜けてく  恋の終わり ほろ苦い 疲れゆくダンスさえほろ苦い 漂う演技 やりきれない演技 少しキツい衝撃受ける  飛躍できる未来がステキでも 古き良きの時代に戻ってみたい  もう一度踊れる日も もう一度あの恋も蘇るのならば きっとそれがラストでも ゆとりの出来映えが光る  こころ迷う虚ろは 何年も何年もそのままで 時計の針は逆には進まない そっと後悔巻くぜんまい  取り返しのつかないことをした 一人ぼっちの自分期待はずれ  愛を閉ざす涙が溢れても やり直す自信がここにある 再び恋を踊る 立ち上がれる勇気抱いて  ひとつ涙終わる頃に人々は前を向く それはときめきの喜びへ  あのイタい出来事も これからの生き方を極める誇らしく 恐れることも捨てて 二度とこのこころは消さない 最後のダンスも恋も消さない
砂漠の館高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子亀井登志夫小林信吾いつか貴方が言ってた 明けぬ夜はないと もしもたどり着けるなら 新たな時空へと  ここは罪深き宿 聖なるものを探し求め  誰もが無口で情熱を閉じ込め 真実の剣を研ぎ続ける  既に愛の無い砂漠 渇きを癒すため それは許されぬ人と恋に落ちてしまう  やがて迷える日々に どこまで臆病に暮らすの  愚かさ恥じらい眠ったふりをする ひとときの過ち夢の奥へ  始まりはサイレント 終わりもサイレント サイレント  幸せたどれば季節は廻って行く ためらう余韻が萌える日まで  貴方に逢いたい季節は変わり行く 荒んだ砂漠じゃ生きられない
YOU'RE SO FAR AWAY高橋真梨子高橋真梨子竜真知子ヘンリー広瀬小林信吾ベランダに日は落ちて トパーズに染まる街 もう あなたいいのよ 気にしないで私なら  コーヒーはコロンビア ゆらゆらと琥珀色 そう幸せだった日々が見える  もっとあなたのことを わかってあげれば こんな苦いさよなら 知らずにいたのに You're so far away  一度だけ屋上で ダンスした夏の夜 ねえ あなた 今ごろ どんな暮らししているの  いたわりを忘れたの 枯れそうなゼラニウム ねえ はかないものね幸せなんて  ひとり残されてから はじめて知ったの そうよ誰より深く 愛していたのに You're so far away
幸せ涙cry高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子水島康宏小林信吾この細長いデコボコな道 無数の傷でも無数の心地よさも そんな歳月の重さを知った 理解される 理解することも  今伝わるよその気持ち 受け止めてみる 手遅れにならなくて 幸せ涙cry  揺らぐふたりのストレスも何となく過ぎた 言葉には思いやり 投げかけるように  “What's always on your mind?”  光る湖の水面を眺め 身を寄せ手を取り なんて静かなんだろう あの日我慢して いずれ別れよう 私 貴方 思ったことでしょう  思い出せない哀しみは そよ風と消えた 育くめる世界など 危うい日も来る  時間がこぼした青春を 呼び戻す水を 飲みながら寄り添って そばに居させて  I believe in you ながき路 forever
DJがいつもかけるうた高橋真梨子高橋真梨子阿久悠都倉俊一小林信吾夜の終り DJひとり またいつものレコード 不幸にさせたひとに 心をこめてわびる そういう男のうた 私が聴けばあなたとわかる 十年が過ぎても はるかな昔のひととき 傷ついて生きていた  朝が近い時間のラジオ また今夜も聴いてた グラスに酒をついで ベッドの上でひとり 眠りを忘れたように もうかけないで このレコードを今は はるかな遠い昔のひととき 愛し合い生きていた
キミ高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子ari小林信吾これからだったのに楽しい事 もっと話したい事だって もっとしてあげたかった事も 沢山あるのに  別れはいつしか 生きるための決め事 キミがいなくなっても 笑って過ごせるかな?  花が咲いている なんて鮮やかな色 花びらが散った後 やがては土に帰る  いつもこれからの夢 いつも手を延ばすキミ それは憧れ それは希望を約束したじゃない  一人の部屋は刹那の罠に 容易くはまってしまうから 許されるのならキミを連れて 命ある国へと  未練は男の 産物と言われてる 女は明日に走る 燃え尽きないキャンドル  そのキャンドルはもう 今消えてしまうんだね この街並みもビルの谷間も生きているのに  奇跡のような笑顔をくれた 細い体を抱きしめたら 人知れず涙落ちる瞬間 命ある国へと  さぁ これからの夢 さぁ 手を延ばすボク キミの憧れ キミの希望を約束したから  そして ボクはキミを失うことを知る 大空へ駆け上って行く でも役割りはボクを遠くで 近くで見守る
出逢いに帰らせて高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子松田良小林信吾寂しくて悲しくて ぽつんと陽だまりの中に 前向きとほほ笑みも忘れず 不器用な私に言葉残した  人はいつか何になるかを 求め目指し歩いて行く  愛ください 過去りし日々顔を埋め 枯れた想いしなやかにして すぐにあの人に逢いたい  青空が遠くなり手を伸ばす 気持ち募るとき 大丈夫よ元気よと目を閉じ 不安へと揺らいであの人の夢  人は誰も形の見えぬ 希望信じ走って行く  春が来ても 一年過ぎて季節巡る 切なくなり変わった私 どうぞこころ開いてみて  誘う恋 不思議な恋  愛ください 大事な愛を置いて来たんです 大きな愛をそうあの人の愛を あの日に置いて来た  もいちど出逢いに帰らせて
道しるべ高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子亀井登志夫小林信吾どこまで行けば この愛見える どこまで行けば あの風感じる  ときめきなら 意識の中 限りの無い 姿求める 心のままに振り返らず 歳月がよぎる  雨降るとき 大地濡れる 踏みしめたら 君たちの街 この雨がきっと 悲しみさえ 流してくれるね  人々は道に迷うんだ常に 扉を開け飛び立つよ 明日へと  道しるべは必ずあるから あの穏やかな風を胸に受け止め Love,誰にでも出来ること 共に前に進もう  どこまで行けば この愛見える どこまで行けば あの風感じる  遥かな街 落ちる夕陽 不安が来る 暗闇が来る 辛い時こそ 笑ってみる 永遠(とわ)に続くこと  幸せ求めよう 空っぽは無意味 扉を開け飛び立つよ 明日へと  もしも君と過去に戻り その優雅な命 愛にひざまずく Love,あるか無いかの時間 ここを離れられない  このままでもう少し このままでもう少し 休んでいよう  道しるべは必ずあるから それは輝く人たちの道しるべ Love, あまりにも美しく 君と涙流すよ  どこまで行けば この愛見える どこまで行けば あの風感じる どこまで行けば 運命を信じる どこまで行けば 世界が見える
愛をひと雫川上大輔川上大輔平義隆平義隆小林信吾二杯目の水割りを マスターにオーダーしたら あなた好きなジャズが流れてきて ふとせつなさが込み上げてきたの  鈴が鳴る手押し戸を 開く度振り返るの 来るはずのないあなたのことを いつものカウンター待っているのよ  グラスに愛をひと雫だけ 浮かべてください あなた ガラス細工の恋のかけらを 飲み干したらみんな忘れるから  三杯目の水割りは 濃い目に作ってください 酔えない夜はまるで悲しい 喜劇を演じてるみたいだから  優しすぎると罪になるのよ 嘘つきな人 あなた 叶わぬ恋に濡れた瞳が 渇く頃にそっと忘れるから  グラスに愛をひと雫だけ 浮かべてください あなた ガラス細工の恋のかけらを 飲み干したらみんな忘れるから
片想いのロマンス川上大輔川上大輔岡田冨美子松本俊明小林信吾夜空高く光る星に 熱い胸をかき乱され 身体じゅうがしびれて行く… もう待てない もう待てない 今夜が欲しい  うしろ姿にキッス 片想いのロマンス 傷つくのがこわくて言いだせない いつかふり向かせると 強がればつらくて 泣けてくるから…  バラ一輪 話し相手 淋しいよとゆらしてみる 今すぐにでも会いたければ 棄ててしまえ 棄ててしまえ プライドなんか  あなたが今ここにいたら 夢に酔って甘えながら 愛の国で遊べるのに… もう待てない もう待てない 今夜が欲しい  なみだ心(ごころ)にキッス 片想いのロマンス あなたはもう私に気付いてるわ 結ばれる日がくると どんなに信じても 泣けてくるから…  スローダンス踊り続け 月あかりをゆらしてみる 今すぐにも会いたければ 棄ててしまえ 棄ててしまえ プライドなんか
雨に煙る街川上大輔川上大輔山上路夫川副克弥小林信吾雨に煙る街でひとり お茶を前に外を見ている いくら待っても 君は来ない そんなに深い 理由はないのに こわれてしまった ふたりの恋よ  この街で君を恋した ミュージカルをふたり見たっけ お酒を飲んで 唄いさわいだ ふたりのあれが 青春なのか 流れる雨粒 黄昏どきよ  街に灯りふえてまたたく 君のいないそんな生き方 探すことは 今も出来ない 今さら僕の こんな女々しさ 帰らぬあの頃 ふたりの恋よ
赤い街八代亜紀八代亜紀さくらももこ松雪陽小林信吾赤い灯が水面に揺れている 行き交う人の群れは 流れる川のように さざめいて…知る人もいない街の片隅で 置き去りにしてた  記憶をといてみましょうか おぼろげな眼差しに 映るのは白い指 少し流れてみましょうか いつからここにいるの? 誰のためにでもない 鐘の音が聞こえる ダビダ ダバダバ ドゥビドゥバ  石だたみ 足音過ぎてく 月影の路地裏は 壊れたギターみたい 傾いて…思い出もない店の片隅で 放り投げていた  パズルを解いてみましょうか 不揃いなキューブたち 永久にそろわない いちど崩してみましょうか 目的なんてないのよ 誰のためにでもない 低い歌が聞こえる ダダダ ダビダドゥバドゥビドゥバ  とめどなく溢れ出す 哀しさと愛のフィーリング 向こう側に見えるのは あなたの幻  記憶を解いてみましょうか おぼろげな眼差しに 映るのは白い指 少し流れてみましょうか いつからここにいるの? 誰のためにでもない 鐘の音が聞こえる ダビダ ダバダドゥバドゥビドゥバ  赤い灯が水面に揺れてる 行き交う人の群れは 流れる川のように
Happy Version和田青児和田青児及川眠子林浩司小林信吾北風が吹き抜ける 道の途中 君に出会い かけがえのない あたたかなもの 心にこぼれたよ  いまは頼りない腕だけど 思い出より強く生きてゆこう 幸せに続く二人の旅は ここから始まる  「あいしてる」をかたちにしたくて 永遠(とわ)を誓う指輪とともに 悲しくても二人 嬉しくても二人 君の隣で微笑むよ 今日からは  夢だけをめじるしに 歩いてきた 僕はいつも そんな自分が好きで嫌いで 迷ってばかりいた  だけど君を抱きしめるたび 少しずつ変わること覚えたよ 大切にしたい 誰かのために 紡ぐ優しさを  「あいしてる」を失くさないように アルバムには日付を書いて 肩を寄せて二人 手をつないで二人 僕の隣で微笑んで いつまでも  「あいしてる」をかたちにしたくて 永遠(とわ)を誓う指輪とともに 悲しくても二人 嬉しくても二人 君の隣で微笑むよ 今日からは
年上の彼GOLD LYLIC奥華子GOLD LYLIC奥華子奥華子奥華子小林信吾着慣れたスーツに 難しい書類 詰め込んだ鞄抱えて お酒の頼み方 自分に似合う服知っている 年上の彼  少し前歩く 大きなあなたの腕に ぶら下がるように 背伸びして オシャレして それでもまだ届かない 年上の彼  どんな時も 冷静なあなたとは 喧嘩もできずに 不完全燃焼したまま 気持ちはいつも空回り  やっと私も あの頃の あなたの歳になりました いつもまでたっても 追いつけない 追い越せなかったの きっとあの頃の私が 埋められなかったものは 7つの年の差じゃなくて 空いた心の中  誕生日もまだ覚えてるくらい あなたは私にとって 特別な人よ 今も昔も 変わらない 年上の彼  仕事の疲れも 悩みも弱みも 私に見せてくれないね ふてくされている 私の横で笑っていた 年上の彼  もしあなたを見かけたら 迷わずに声かけられるかな? 少しは大人になったと 思ってもらえるのかな?  やっと私も あの頃の あなたの歳になりました いつもまでたっても 追いつけない 追い越せなかったの 絶対的にかなわない お財布も知識も経験も 私の方が多かったのは 好きだという気持ち  やっと私も あの頃の あなたの歳になりました いつもまでたっても 追いつけない 追い越せなかったの きっとあの頃の私が 埋められなかったものは 7つの年の差じゃなくて 空いた心の中 私の方が多かったのは 好きだという気持ち
足跡奥華子奥華子奥華子奥華子小林信吾あなたの足跡たどってみたい どんな人に出会っていたのだろう どんな事が嬉しかったのだろう どこで涙を流してたのだろう  目の前を通り過ぎた季節も 暖かな光であなたがいたこと 今 この胸に強く生き続けている  優しさは あげるものじゃなくて 気づけば 誰かの心に残るものだから 幸せは なるものじゃなくて きっと心で 気づいてゆくものだから  あなたの足跡たどってみたい どんな夢を持っていたのだろう どんな事が楽しかったのだろう 誰に涙を見せていたのだろう  振り返る昨日に 言葉を探して たくさんの人に囲まれていたこと 今 この胸にあなたが生き続けている  悲しみは 消えるものじゃなくて 心で静かに眠っているものなのかな 幸せは 見えるものじゃなく きっと心で 気づいてゆくものだから  優しさは あげるものじゃなくて 気づけば 誰かの心に残るものだから 幸せは なるものじゃなくて きっと心で 気づいてゆくものだから きっと心で 気づいてゆくものだから
空に星があるように高橋真梨子高橋真梨子荒木一郎荒木一郎小林信吾空に星が あるように 浜辺に砂が あるように ボクの心に たった一つの 小さな夢が ありました  風が東に 吹くように 川が流れて 行くように 時の流れに たった一つの 小さな夢は 消えました  淋しく 淋しく 星を見つめ ひとりで ひとりで 涙にぬれる 何もかも すべては 終ってしまったけれど 何もかも まわりは 消えてしまったけれど  春に小雨が 降るように 秋に枯葉が 散るように それは誰にも あるような ただの季節の かわりめの頃
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ブルーシャトウ高橋真梨子高橋真梨子橋本淳井上忠夫小林信吾森と泉に かこまれて 静かに眠る ブルーブルーブルーシャトウ  あなたが僕を 待っている 暗くて淋しい ブルーブルーブルーシャトウ  きっとあなたは 紅いバラの バラの香りが 苦しくて 涙をそっと 流すでしょう  夜霧のガウンに 包まれて 静かに眠る ブルーブルーブルーシャトウ ブルーブルーブルーブルーブルーブルー シャトウ  きっとあなたは 紅いバラの バラの香りが 苦しくて 涙をそっと 流すでしょう  夜霧のガウンに 包まれて 静かに眠る ブルーブルーブルーシャトウ ブルーブルーブルーブルーブルーブルー シャトウ
人間の証明のテーマ高橋真梨子高橋真梨子西条八十・角川春樹・ジョー山中大野雄二小林信吾Mama, Do you remember the old straw hat you gave to me I lost the hat long ago, flew to the foggy canyon Wow Mama, I wonder what happened to that old straw hat Falling down the mountain side, out of my reach like your heart  Suddenly the wind came up Stealing my hat from me yeh Swirling whirling gusts of wind Blowing it higher away  Mama, that old straw hat was the only one I really loved But we lost it, no one could bring it back Like the life you gave me  Suddenly the wind came up Stealing my hat from me yeh Swirling whirling gusts of wind Blowing it higher away  Mama, that old straw hat was the only one I really loved But we lost it, no one could bring it back Like the life you gave me Like the life you gave me
もう君がいない高橋真梨子高橋真梨子FUNKY MONKEY BABYS・菅谷豊・大塚利恵FUNKY MONKEY BABYS・菅谷豊・大塚利恵小林信吾いっそのこと忘れたい こんなにも切ないなら 涙溢れ 瞳閉じれば 今でも君の笑顔 今でも君の香り こんなにも大好きだったなんて  夕暮れの駅のホーム 二人 隅っこのベンチに座り 君が乗るはずの電車を 何本見送ったんだろう 僕はうつむいたまま 君の涙に気づいていたから さよならするのが恐かった その右手を離せなかった 最終電車のベルが鳴り響いて 君は急に立ちあがって 無理して作った笑顔で 「今までありがとう」って言った 顔を上げたら 走り去ってく小さな背中 行き場を失った左手は さびしく震えてた  いっそのこと忘れたい こんなにも切ないなら 涙溢れ 瞳閉じれば 今でも君の笑顔 今でも君の香り こんなにも大好きだったなんて  いつからか心二人すれちがい 楽しかったあの頃嘘みたい 夢みたいに過ごした毎日 の中でずれていってたタイミング もうあの頃に戻れないの 見慣れたはずの景色さえも Woo 少し何かが違う 想いがにじんで 涙が出ちゃう 車の中や街の中や 一緒に過ごした部屋の中 歩んできたいろんな季節を これから一人だけで見てくの 大切な気持ちや想いで 頭の中巡る思い出 いつもの隣 僕のそばに もう君がいない  まだ忘れられない そこに君はいないのに 涙溢れ 瞳閉じれば いまも君のすべてを体中がおぼえてる 誰よりも僕を愛してくれてた  ねえ君は今頃 どこの空の下を歩いているの? どんな人と出会いながら どんな日々を過ごしているの ほんとは君の幸せを 僕は願うべきだけど ごめんね まだそんなに強くなれない  いっそのこと忘れたい こんなにも切ないなら 涙溢れ 瞳閉じれば 今でも君の笑顔 今でも君の香り こんなにも大好きだったんだ  まだ忘れられない そこに君はいないのに 涙溢れ 瞳閉じれば いまも君のすべてを体中がおぼえてる 誰よりも僕を愛してくれてた
ネグレスコ・ホテル高橋真梨子高橋真梨子BORO井上大輔小林信吾ネグレスコ・ホテルに たどりつくまで あと50マイル 南へ走ろう 右に陽が 傾くまでに  風が円を描いて 蜃気楼を横切った あれは大地の ため息 震えるほどに せつなく消えた  あの日の二人のStepはもう踊れない あの日の二人のStepは踊れない あの日のStepはもう踊れない  ネグレスコ・ホテルに 灯がともる 兵士のように 横たわれば 傷も癒せるだろう  くもる窓のガラスに Endマークを書いた 役者をきどり 笑えば ノイズの街が 拍手をくれた  あの日の二人のStepはもう踊れない あの日の二人のStepは踊れない あの日のStepはもう踊れない
マイレディー高橋真梨子高橋真梨子唐沢晴之介唐沢晴之介小林信吾Ah このままでは胸がはりさけそうだ My Lady Only You  かけがえのない 一人の人と 気づいた時に 恋が芽ばえる もうもどれない 友達同志に 若さにまかせて 燃えつきるのもいい それでいい 男と女  My Lady Under the Sun Shine 胸を焦がすよ My Lady Under the Moon Light 僕を酔わすよ  Ah 昼も夜も君で心はいっぱい My Lady Only You  できることなら 君をかえたい この胸に今 とびこむように 我慢できない 慣れ合いなんて 燃える体で 火花散らせばいい それでいい 男と女  My Lady Under the Sun Shine 君はまぶしい My Lady Under the Moon Light 君は怪しげ  Ah このままでは胸がはりさけそうだ My Lady Only You  My Lady Under the Sun Shine 君はまぶしい My Lady Under the Moon Light 君は怪しげ  Ah このままでは胸がはりさけそうだ My Lady Only You  My Lady Under the Sun Shine 胸を焦がすよ My Lady Under the Moon Light 僕を酔わすよ…
恋人高橋真梨子高橋真梨子福山雅治福山雅治小林信吾黄昏に染まる街 そんな季節 切なくて この頬に ひとつこぼれ落ちた涙のあと  君が描いた夢の中で 僕は生きることが出来ず……  恋人よ もうあの頃は 眩しい光の中 恋人よ もう抱きしめることなど出来ないのに  なくしても まだ忘れられぬ 君のぬくもりが 消えなくて  さよならを言葉にせず 恋の終り迷わせた やさしさの意味さえも 知らない僕がいた  あの日 君より傷つくのが 僕は怖かった とても……  恋人よ もうあの頃は 眩しい光の中 恋人よ もう名も知らぬ 誰かを愛してるの  逢えないと わかっているから 君にとても 今 逢いたくて  恋人よ もうあの頃は 眩しい光の中 恋人よ もう抱きしめることなど出来ないのに  なくしても まだ忘れられぬ 君のぬくもりが 消えなくて
ルビーの指環高橋真梨子高橋真梨子松本隆寺尾聰小林信吾くもり硝子の向うは 風の街 問わず語りの 心が切ないね 枯葉ひとつの 重さもない命 貴女を失ってから  背中を丸めながら 指のリング抜き取ったね 俺に返す つもりならば 捨ててくれ  そうね 誕生石ならルビーなの そんな言葉が 頭に渦巻くよ あれは八月 目映い陽の中で 誓った愛の幻  孤独が好きな俺さ 気にしないで行っていいよ 気が変わらぬうちに早く 消えてくれ  くもり硝子の向うは 風の街 さめた紅茶が 残ったテーブルで 襟を合わせて 日暮れの人波に 紛れる貴女を見てた  そして二年の月日が 流れ去り 街でベージュのコートを 見かけると 指にルビーのリングを 探すのさ 貴女を失ってから  そして二年の月日が 流れ去り 街でベージュのコートを 見かけると 指にルビーのリングを 探すのさ 貴女を失ってから
Everlasting Love高橋真梨子高橋真梨子SKOOPSKOOP小林信吾終わりのない愛を求め 人はあてのない旅を続ける 疲れ果てて眠る夜でさえも その胸に夢を抱いて  灰色の空に浮かぶ雲は 僕の目の前に現れた君 昨日までの悲しい出来事は この雨に洗い流そう  君がくれた琥珀色の Dream 君の声に心うごいたあのときめきを いま無限の星に向けて うたおう心をふるわせて  時の流れに色あせてく かたちあるものは やがて消え行く 出会いがさよならの始まりでも 人はまた繰り返して行く  辿り着いたこの場所は Ever-green 暮れゆく空 儚く時は過ぎ行くけれど いま無限の星に向けて うたおう心をふるわせて  終わりのない愛を求め 人はあてのない旅を続ける いつか Everlasting Love あの丘目指して 君と二人歩き始めよう  夢を胸に今すぐ出かけよう 終わらない愛を求めて 色あせない夢を抱いて 君こそが僕の Everlasting Love
あいつ高橋真梨子高橋真梨子平岡精二平岡精二小林信吾ゆうべあいつに 聞いたけど あれから君は 独りきり 悪かったのは 僕だけど 君のためだと あきらめた だからあいつに言ったんだ もしも今でも 僕だけを 想ってくれて いるならば 僕に知らせて ほしいんだ  どんなに君に 逢いたくて 眠れぬ夜も 幾度か 逢いに行けない 今の僕 思い浮かべる 君の顔 あいつもゆうべ 言っていた 悪かったのは お前だと あいつに言って もらいたい 僕を許すと それだけを それだけを
勝手にしやがれ高橋真梨子高橋真梨子阿久悠大野克夫小林信吾壁ぎわに寝がえりうって 背中できいている やっぱりお前は出て行くんだな 悪いことばかりじゃないと 想い出かき集め 鞄につめこむ気配がしてる 行ったきりならしあわせになるがいい 戻る気になりゃいつでもおいでよ せめて少しはカッコつけさせてくれ 寝たふりしてる間に出て行ってくれ アア アアア アアア アア アア アアア アアア アア  バーボンのボトルを抱いて 夜ふけの窓に立つ お前がふらふら行くのが見える さよならというのもなぜか しらけた感じだし あばよとサラリと送ってみるか 別にふざけて困らせたわけじゃない 愛というのに照れてただけだよ 夜というのに派手なレコードかけて 朝までふざけようワンマンショーで アア アアア アアア アア アア アアア アアア アア  夜というのに派手なレコードかけて 朝までふざけようワンマンショーで アア アアア アアア アア アア アアア アアア アア
サヨナラCOLOR高橋真梨子高橋真梨子永積タカシ永積タカシ小林信吾そこから旅立つことは とても力がいるよ 波風たてられること きらう人 ばかりで  でも 君はそれでいいの? 楽がしたかっただけなの? 僕をだましてもいいけど 自分はもう だまさないで  サヨナラから はじまることが たくさん あるんだよ 本当のことが 見えてるなら その思いを 僕に見せて  自分をつらぬくことは とても勇気がいるよ だれも一人ボッチには なりたくはないから  でも 君はそれでいいの? 夢の続きはどうしたの? 僕を忘れてもいいけど 自分はもう はなさないで  サヨナラから はじまることが たくさん あるんだよ 本当のことが 見えてるなら その思いを 捨てないで  サヨナラから はじまることが たくさん あるんだよ 本当のことは 見えてるんだろ その思いよ 消えないで その思いを 僕に見せて
君といつまでも高橋真梨子高橋真梨子岩谷時子弾厚作小林信吾二人を夕闇が 包むこの窓辺に 明日も素晴らしい 幸せが来るだろう 君の瞳は 星と輝き 恋するこの胸は 炎と燃えている  大空染めてゆく 夕陽色あせても ふたりの心は変わらない いつまでも  「しあわせだな、僕は君といるときが いちばんしあわせなんだ 僕は死ぬまで君をはなさないぞいいだろ!」  君はそよかぜに 髪を梳かせて 優しくこの僕の しとねにしておくれ  今宵も日がくれて 時は去りゆくとも 二人の想いは変わらない いつまでも
高橋真梨子高橋真梨子小渕健太郎・黒田俊介小渕健太郎・黒田俊介小林信吾名もない花には名前を付けましょう この世に一つしかない 冬の寒さに打ちひしがれないように 誰かの声でまた起き上がれるように  土の中で眠る命のかたまり アスファルト押しのけて 会うたびにいつも 会えない時の寂しさ 分けあう二人 太陽と月のようで  実のならない花も 蕾のまま散る花も あなたと誰かのこれからを 春の風を浴びて見てる  桜の花びら散るたびに 届かぬ思いがまた一つ 涙と笑顔に消されてく そしてまた大人になった 追いかけるだけの悲しみは 強く清らかな悲しみは いつまでも変わることの無い 無くさないで 君の中に 咲く Love...  街の中見かけた君は寂しげに 人ごみに紛れてた あの頃の 澄んだ瞳の奥の輝き 時の速さに汚されてしまわぬように  何も話さないで 言葉にならないはずさ 流した涙は雨となり 僕の心の傷いやす  人はみな 心の岸辺に 手放したくない花がある それはたくましい花じゃなく 儚く揺れる 一輪花 花びらの数と同じだけ 生きていく強さを感じる 嵐 吹く 風に打たれても やまない雨は無いはずと  桜の花びら散るたびに 届かぬ思いがまた一つ 涙と笑顔に消されてく そしてまた大人になった 追いかけるだけの悲しみは 強く清らかな悲しみは いつまでも変わることの無い 君の中に 僕の中に 咲く Love...  名もない花には名前を付けましょう この世に一つしかない 冬の寒さに打ちひしがれないように 誰かの声でまた起き上がれるように
よろしくね立花理佐立花理佐FUMIKO伊豆一彦小林信吾好きだよなんて 恥ずかしいこと 今さら 言えないよね ターミナル 走り出す バスが ブルーに見える そばにいるのは きっとあのこね サッカー 見て来たのね 窓の中 笑いあう 二人が 私 見つけた 思いっきり投げたジェラシー あなたへの告白  Do you know 強がるオトメは そうよ純情 マフラー知らずに かんでいた あなたが 私を意識してると このごろ 聞いたの よろしくね We can be  ひとり残った 夕暮れの街 バスが見えなくなった 淋しいと 少しずつ ハート ひねくれてゆく Gジャンを着たあなたの腕に あの娘 つかまってたね 何度めの デイトなの ちゃんと送って 私も 思いきり投げたジェラシー あなたへの告白  Do you know? 哀しいオトメは 涙見せない うれしいときしか 泣けないわ 気のないふりする くせをなおして あなたに 逢いたい よろしくね We can be  思いっきり投げたジェラシー あなたへの告白  Do you know 強がるオトメは そうよ純情 マフラー知らずに かんでいた あなたが 私を意識してると このごろ 聞いたの よろしくね We can be
目を見て語れ 恋人たちよ高橋真梨子高橋真梨子阿久悠宇崎竜童小林信吾いつの間に きみたちは 面と対って 話せなくなった 電話では あんなにも 夜が朝になるまで 話しつづけていたのに  人間と人間は やがて重たくなってしまうから 逃げ場所を 用意して 遠い会話ばかりで 心つないでいるのか  目を見て語れ 恋人たちよ 瞳の色の真実を 時に怯える瞼の動きを 心いためて探り合えよ それが愛になる それが愛になる  おたがいを 語るのに 衛星のたすけを借りてどうするの すぐそばに いるひとの 胸のふるえ感じる 何か変化があったか  目を見て語れ 恋人たちよ ガラスの壁を取り外し 時に重たい現実受けとめ 呼吸乱して 語り合えよ それが愛になる  目を見て語れ 恋人たちよ 瞳の色の真実を 時に怯える瞼の動きを 心いためて探り合えよ それが愛になる それが愛になる
好きな気持ちはあふれてるから松田聖子松田聖子Seiko MatsudaSeiko Matsuda小林信吾夢が覚めたらあなたはいない 白い部屋の中陽射しが揺れている ふたつ残ったグラスを見つめ 頬にぬくもりを思い出してみるの  一緒だと過ぎてゆく時が早すぎるの もう少しゆっくりと進んでほしい  好きな気持ちはあふれてるから こんなにも伝えたいのに 言葉にできず うつむくだけよ 大切に守りたいから いつの日にかあなたの胸 走っていけたならば  今度 会えたら何を話そう そんな事ばかり考えてしまうの あなたの心には私はいるのかな 不安な思いだけ大きくなるの  好きな気持ちはあふれてるから 隠せないの切な過ぎて 言葉にしても許されるなら 誰よりも大切だと 言えなかった この想いを 打ち明けられるならば  好きな気持ちはあふれてるから こんなにも伝えたいのに 言葉にできず うつむくだけよ 大切に守りたいから いつの日にかあなたの胸 もうこわがらずに 走っていけたならば
Lucky star高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子鈴木キサブロー小林信吾主役に躍り出る star lucky lucky な勝利者は 冷たい風も受け止める 時間の壁を破って  だけど幸せが大きすぎる人たち 悲しみとか 苦しみとか 倍になるなんていうけど  キラリキラリ 光る水辺 unlucky を沈めて 終わった恋 新しい恋 眩しさを追いかけてゆく  不幸せと 幸せ噛みしめ 誰もがきっと 持ってる Lucky star  ときに人よりもついてないと嘆いて 知らない間に 傷つけたり 優しい気持ちにさせたり  ハラリハラリ 涙流す 三日月を観るだび 欠けた月が こんなふうに 感動させてくれるのは  今を生きる この世のときめき 誰もが皆 隠れた Lucky star
たったひとつ高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子岩田雅之小林信吾変りゆくメモリィ ずっと昔をたどる 幼い日枯れ葉の山 虚ろに見てた  遠い雲のグレイに 宿る小さな虹が 少年の日の夢の如く 未来の如く 慈しむ道しるべ  I believe in you, 大人になり記憶すり抜け 君を愛し 夢に疲れ 星くずになるまで  繰り返し 人は生まれ 雪が溶けても きっと叉この世の果て それは over and over again  I believe in you, 陽は沈んで明日が来ても 時間とともに 街は変わる そびえ立つモザイク  絶え間なく 争い合い 月が揺れても 世界中終わりはない それは never ending story  だけどたったひとつ 何も変わらないのは 生あるものの不滅の愛 生あるものの
まァるい涙高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子小林信吾小林信吾初めてながす まるくて重い 不思議な涙 光り射す 粒の日溜まり  空は永遠 続くと信じ 太陽は無限にそそぐと信じ続けていた  朝から晩まで束縛したから? 出かけるときでも誰と会うのと聞いてたから?  貴方は癒される 場所へ逃げる そよ風に散った花びらのように  もう逢えない もう逢えない 貴方を待つ 涙とともに心ごとまるくなって  愛する人を いのちに例え それならば いのちのありかた大切にするはず  男の移り気 たしかにあるけど 貴方を信じてあげればよかったと思うの  気付けばひとりきり 貴方は去った 打ち寄せる波が引いていくように  叉逢えたら 今逢えたら 約束する 絶対貴方を責めないと…  もういちど最後の ねぇ最後の チャンスを下さい まァるい涙が  重たいのは 貴方のため 約束する 涙とともに心ごとまるくなると
not so bad高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子茂村泰彦小林信吾バス停を降り立った傍に 小さな駄菓子屋がある 垣根がそびえる向こう側 大きな海が広がる  ふるさとへと 戻った日に 気持ちも洗えた  それは not so bad my life きっと悪い生き方じゃなかったと 広い海をながめて 少し心の中 疲れを癒そう  雑踏の中 もまれすぎて こころ患ったとき 頑張らなくてもいいからと 君は優しく支えた  別れのとき 声をあげて おいおい泣いた  ふるさとに戻って 悲しいこともつらさも忘れよう 広い海で泳いだ 笑顔のあの頃を探してみたいんだ  ごく普通に 食べて飲んで 歩いているとか  それが幸せと とっても幸せだったんだと分かった だから not so bad my life この歳月の流れを受け止めて  広い海の彼方で 愛する君が今 笑った気がした 笑った気がした
メランコリー高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子松田良小林信吾道なき道でも 歩いて行く 夢とか 人生とか 愚痴などこぼしつつ  湖畔の周りに 張り付いてる 生き抜く 草花たち 道なき道に咲く  然るべき 大切な 時間を越えてゆこう  愛するアナタ 茜射す 明日を身にまとい 想いのままに 続いてる 道なき道が  曰くのふたりは 黄昏ベストフレンド 優しい 小雨の中 泣いては笑ったね  正しさも 揺れ動く 遥か旅の果て  運命のアナタ ものうげな 静けさが漂う 我がままだった 若すぎて メランコリーベストフレンド  茜空 ほろほろと 涙溢れ来る  愛するアナタ ここにいて 肩が触れ合うほど 道なき道を 歩いてく メランコリーベストフレンド  愛するアナタ そばにいて メランコリーベストフレンド
my little song (english version)高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子鈴木キサブロー小林信吾Remember all those days we shared How could I forget what you did for me Suddenly you were there to find the truth You gave to me something I wanted most  Maybe it's too late to tell you how I feel I didn't know what you did when sadness came to me What can I say, what can I do, where do I go You are the air giving life  All I need is you. Stay with me by my side It's for sure you are water to give me what I need Take my hand leading to the times ahead It's our song of hope with gratitude  All I need is you. Stay with me by my side It's for sure you are the road to make all my destiny Take my hand leading to the times ahead Forever, I sing my little song  Maybe it's too late to tell you how I feel I didn't know what you did when sadness came to me What can I say, what can I do, where do I go You are the air giving life All I need is you. Stay with me by my side It's for sure you are water to give me what I need Take my hand leading to the times ahead It's our song of hope with gratitude  All I need is you. so please! Stay with me by my side It's for sure you are the road to make all my destiny Take my hand leading to the times ahead Forever, I sing my little song
さよなら森山良子森山良子小田和正小田和正小林信吾もう 終りだね 君が小さく見える 僕は思わず君を抱きしめたくなる  私は泣かないから このままひとりにして 君の頬を涙が流れては落ちる  僕等は自由だね いつかそう話したね まるで今日のことなんて 思いもしないで  さよなら さよなら さよなら もうすぐ外は白い冬 愛したのはたしかに君だけ そのままの君だけ  愛は哀しいね 僕のかわりに君が 今日は誰かの胸に眠るかも知れない  僕が照れるから 誰も見ていない道を 寄りそい歩ける寒い日が君は好きだった  さよなら さよなら さよなら もうすぐ外は白い冬 愛したのはたしかに君だけ そのままの君だけ  さよなら さよなら さよなら もうすぐ外は白い冬 愛したのはたしかに君だけ そのままの君だけ  さよなら さよなら さよなら もうすぐ外は白い冬 愛したのはたしかに君だけ そのままの君だけ  外は今日も雨 やがて雪になって 僕等の心の中に降りつもるだろう 降りつもるだろう
三日月森山良子森山良子絢香絢香・西尾芳彦小林信吾ずっと一緒にいた 二人で歩いた一本道 二つに分かれて 別々の方歩いてく  寂しさで溢れたこの胸かかえて 今にも泣き出しそうな空見上げて あなたを想った…  君がいない夜だって そうno more cry もう泣かないよ がんばっているからねって 強くなるからねって 君も見ているだろう この消えそうな三日月 つながっているからねって 愛してるからねって  冷えきった手を 一人で温める日々 君の温もり 恋しくて恋しくて  どれだけ電話で「好き」と言われたって 君によりかかる事はできない 涙をぬぐった…  君がいない夜だって そうno more cry もう泣かないよ がんばっているからねって 強くなるからねって  今度いつ会えるんだろう それまでの電池は 抱きしめながら言った あなたの「愛してる」の一言  君がいない夜だって そうno more cry もう泣かないよ がんばっているからねって 強くなるからねって 君も見ているだろう この消えそうな三日月 つながっているからねって 愛してるからねって  三日月に手をのばした 君に届けこの想い
もっとチャールストン少女隊少女隊秋元康前田保小林信吾街で噂のJAJAUMA GANG ちょっと手ごわい私達なのさ ウインクひとつでハートは粉々 男達はノックダウン 狙った恋はみんな手に入れたけど 今度ばかりはいつもと違う MAMAMA…マイッター 不思議なのよ MAMAMA…マイッター あなただけには MAMAMA…マイッター 今までの武器は 何も通じない  もっとチャールストン あなたのために 踊ってあげるわ KISS KISS KISS KISS ME!  今日でやめるわ JAJAUMA GANG ちょっと鳴らした私達なのに… トレードマークのセクシーな衣裳 2度と着れやしない 普通の女の子に 戻りたいほど 人を好きになってしまった LA LA LA…だって!ピュアな瞳 LA LA LA…だって!やさしいしぐさ LA LA LA…だって!いつもとは逆に 愛で殺された  もっとチャールストン あなたのために 踊ってあげるわ LOVE LOVE LOVE LOVE ME!  もっとチャールストン あなたのために 踊ってあげるわ KISS KISS KISS KISS ME!
淡き恋人高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子森川直紀小林信吾あの季節(とき)吹いた 風は変わらない 同じ空は青さを貫く 流した涙 無数にあるから まばゆい陽が時を交差してる  ヴィラのテラスから樹海を見れば 傷も癒えると思ってた  愛おしさに貴方の名前呼ぶ 許されぬ遠き恋病 痩せ細る身の 眼差しは美しく悲しげで 色褪せぬ淡き恋人よ あの隠れ家の休日  もしも再び抱きあえるなら 赤く染まる樹海の彼方へ  魔法に触れたような二人の絆 波の鼓動の胸元が  狂おしさに1羽の鳥になり 海を翔ぶ夢を見つづけた 貴方追いかけ そんな過ぎた空間を振り返る 幸せも捨ててしまいたい あの隠れ家の休日  肌と肌奪い合う切なくも 魂を抜かれる瞬間 男と女 眼差しは美しく悲しげで 色褪せぬ淡き恋人よ 儚い明日があるから
Liberty Girl石嶺聡子石嶺聡子根津洋子都志見隆小林信吾さよなら 昨日までの涙 青空の上で日付を追い越せば オーロラ色の海がほら 手招きしてる 心のすみまで風が吹き抜けてゆく  ちっぽけな夢も積もれば 明日に手が届くね あなたの言葉がはるか遠くで 波のように何度も打ち寄せる  ハレルヤ! (ハレルヤ!) くじけず行こう 夢は遠いほど熱くなる Liberty Girl (Liberty Girl) 心の翼で さわやかに自由な空へ はばたくから  生まれてきた朝に見たよな 水彩絵具をこぼした空の色 いつも憧ればかり追いかけてきたけど 夢と肩並べ今 歩き始めてる  少しだけせつなくなって 白夜の空を見てた 太陽も星も眠らぬ街で 誰も知らない私に会いたい  ハレルヤ! (ハレルヤ!) あせらず行こう 夢は信じなきゃ叶わない Liberty Girl (Liberty Girl) 今ケリをつけて もっともっと自由な空を泳いでみよう  ちっぽけな夢も積もれば 明日に手が届くね あなたの言葉がはるか遠くで 波のように何度も打ち寄せる  ハレルヤ! (ハレルヤ!) くじけず行こう 夢は遠いほど熱くなる Liberty Girl (Liberty Girl) 心の翼で さわやかに自由な空へ はばたくから  あせらず行こう 夢は信じなきゃ叶わない Liberty Girl (Liberty Girl) 今ケリをつけて もっともっと自由な空を泳いでみよう  (ハレルヤ!) ハレルヤ! (Liberty Girl) Liberty Girl 
くもりのち晴れ石嶺聡子石嶺聡子許瑛子・佐藤英子佐藤健小林信吾明日は晴れるね曇りのち晴れね 見てよこの星どこまでも大きい だんだん元気にすぐには無理でも かたく閉ざしたその心ほぐれる 泣きたくなったらつき合ってあげる コバルトの海漂い波になろう  すぐに Let's take a vacation VIVA 疲れた気持ちサヨナラ Let's take a vacation VIVA 新しい私に Changing my mind  陽気なリオたちライムの香りね 楽しむために重ねてく人生 初めて知ったのテキーラの味も 本を片手に見違える乙女ね 計画変更しなくてよかった しぼんだ元気ふくらむうれしくなる  みんな Let's take a vacation VIVA 騒いで食べて踊って Let's take a vacation VIVA 幸せになろうね Changing your mind  すぐに Let's take a vacation VIVA 疲れた気持ちサヨナラ Let's take a vacation VIVA 新しい私に  すぐに Let's take a vacation VIVA 疲れた気持ちサヨナラ Let's take a vacation VIVA 新しい私に Changing my mind
涙はいらない石嶺聡子石嶺聡子工藤哲雄都志見隆小林信吾哀しみや泣き顔は誰にもみせない 悩んだりあきらめたり 悔やんでもみるけれど あなたが愛してくれている 取り得だけはなくさずに 微笑みで  いつでも私らしくなれ 会いたい人がいること こんな強い勇気はないよね 自分のために流す もう涙はいらない  Good days Sweet love 今 伝えたい Good dreams あなたと二人なら どこまでも行きたい  君のその明るさで元気になるって さりげなく言われてから 何だって出来そうで いつでも自由な夢をみて たとえうまくいかなくて転んでも  明日はめぐり続くから 泣きたい夜もあるけど あなただから信じていたいよ 優しさねだるだけの もう涙はみせない  Good time Sunrise ねえ いつまでも Good dreams 笑顔のとなりには 幸せがあるはず Good days Sweet love 今 伝えたい Good dreams あなたと二人なら どこまでも行きたい
BE TOGETHER小林明子小林明子湯川れい子小林明子小林信吾微笑みの 優しさは 涙から 生まれるの 大らかな愛を 受け止めて ここまで 歩いて来たわ  悲しみに 押されて 寄り添う 心は もう誰にも 負けない  空と海とが 溶け合う 世界のように いつもふたり BE TOGETHER  泣きながら 夢を見て 目が覚める 夜もあるわ すがりつく背中 小刻みに ふるわせた あなたがいた  手をつなぎ 見上げる 都会の片隅 白い雲が 流れる  そうよ貴方と重ねる ぬくもりだけが つきぬ思い 運ぶから  空と海とが 溶け合う 世界のように いつもふたり このまま いつもふたり BE TOGETHER
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
GROWING UP伊藤かずえ伊藤かずえ秋元康佐藤健小林信吾地下鉄のガラスの窓に 好きになれない自分の顔が 不自然な姿勢のままに 身動きとれないラッシュアワー  誰かに背中押され 生きていくなんて 夢見ることを忘れた ただの抜け殻  GROWING UP GROWING UP もう君は一人じゃないさ GROWING UP GROWING UP いま僕の愛を信じて 時代の流れを逆に泳いで  同じ顔した人達の 同じリズムにせかされながら 変わらないプラットホーム 毎日 並んでいるよ  孤独になれる勇気を 持っているのなら いつもと違う行き先 選んでごらん  FOR YOUR LIFE FOR YOUR LIFE もう君は夢の旅人 FOR YOUR LIFE FOR YOUR LIFE いま僕の愛を信じて 時代の流れに流されないで  自由でいたい  GROWING UP GROWING UP もう君は臆病じゃない GROWING UP GROWING UP いま僕のこの手つかんで  FOR YOUR LIFE FOR YOUR LIFE もう君はひとりじゃないさ FOR YOUR LIFE FOR YOUR LIFE いま胸の奥にまぶしい レールのゆくえは 心のままに 心のままに 心のままに
一枚の写真柴田恭兵柴田恭兵HIROKO吉松隆小林信吾君が見つけた一枚の写真 ふたり並んで すこし滲んで よみがえる日々と 夢  素顔になれる夜に包まれて いま 鮮やかに 時間(とき)を旅してる 肩を寄せて  変わらないのは ふたりのまなざし 守りたいのは 君の微笑みさ そのまま いつでも Beside You Forever…  あの頃君と出逢えなければ ほんとの自分を生きただろうか  変わらないのは 瞳のかがやき 夜空の星の 光をあつめて このまま ふたりで m m m… m m m…
RETURN柴田恭兵柴田恭兵田久保真見羽田一郎小林信吾Fall in night It's a crazy night People say now is all of life Fall in night It's a lonely night Take my heart Faraway true life  時代から愛された あでやかな女たち プライドをすりむいた哀し気な あぁ男たち  この街は眠らない 夢を見るあてがない 偽りを突き放し ざわめきに背中を向けた  Return オレは俺に戻ろう 何も飾ることなんてない  Fall in night It's a crazy night People say so sweet lie for life Fall in night It's a lonely night Catch my heart Get into myself  時代から捨てられた やさしさを拾おうか プライドを砂にして風の中 あぁ飛ばそうか  かけ引きはしたくない 傷ついてかまわない 人波に逆らって 右足をまた踏みだした  Return オレは俺を生きよう 何も迷うことなんかない  Fall in night It's a crazy night People say now is all of life Fall in night It's a lonely night Take my heart Faraway true life  Return オレは俺に戻ろう 何も飾ることなんてない
平原綾香平原綾香平原綾香平原綾香小林信吾答えを決して曲げないことが 真の自分らしさじゃなくて 変わろうとする勇気も 一歩前へ進んでゆくこと  儚く褪せてゆく望みを 誰かのせいにするんじゃなくて 分かりあえない現状も 全て愛してしまえばいい  今以上 これ以上 ひとりという君が もっと高みを目指すから 僕という名の 私という名の自分にはまだ敵わない  愛のない言葉の前で 返す言葉探すんじゃなくて 狼狽える心も 全て包んであげればいい  忘れたい昨日が 今日の自分を支えて 何度でも繰り返す とぎれ間のない毎日がそう 明日へ続く未来なら 君と約束の場所へ 今そこに行くわ 自分と約束のあの場所へ  狼狽える心も 全て包んであげればいい  これからもそばにいる ひとりという君に 完ペキなんてなくていいから 心はいつも  今以上 これ以上 ひとりという君が もっと高みを目指すから 僕という名の 私という名の自分にはまだ敵わない  ひとりという名の“i”
BLESSING 祝福平原綾香平原綾香Lionel Florence・Patrice Guirao 日本語詞:吉元由美Pascal Obispo小林信吾孤独なときほど 誰かを感じて 生きてゆく強さを 支える誰かを  変わってゆくもの 変わらないこと 信じる気持ちに 素直でいたい  あなたを愛して 自分のように 奪うことも奪われることも 愛とは言わない  渇いた大地に こぼれた水が 潤う間もなく また渇くように  愛は求めるものではなくて 心の中に 涸れることのない泉のように  傷つくたびに 流した涙で 自分を知り あなたを知って 愛を知るの  あなたはつぶやいたわ 私を胸に 悲しい愛など この世界にないのだと  この手この手に 奇跡はある 痛みを勇気に変えたときに 約束されてる  両手を捧げて 見上げる空は あなたが思うよりも はるかに青く拡がる  両手を捧げて 見上げる空は あなたが思うよりも はるかに青く拡がる We can fly with the wings of love
歌う風平原綾香平原綾香平原綾香小林信吾小林信吾ねえ、海の向こうには 新しい自分が待ってる? あこがれだった大きな夢の続きを この手で叶えるために 明日という未来が見えるでしょう そしていつか出会う あなたが待ってる だから昨日の涙捨てて  lapalilenla…いつか この海を越えてゆける 今 lapalilenla…いつも 大好きだった心集めて もっと夢を照らしだして  ねえ、大きな壁や 少しの「キライ」も 今ここにある全てが愛しいと思えるの あなたがいれば 私、歌う風になれる  lapalilenla…ここで 未来を持つ手伸ばして そう lapalilenla…見えた 広い空であなたに出会えた きっと偶然じゃないから  信じられるものは すぐにあきらめないで ただ見つめて ほらやさしい色が にじんでくるはず
君といる時間の中で平原綾香平原綾香平原綾香小林信吾小林信吾君の心にある風景は 私と同じあの夕陽ですか 会いたいと 涙のせつない色に うかぶ笑顔 君を想う  どうか 感じて 一瞬でいい 心でしか見えない大切なものを  涙も笑顔も 今歌う願いは いつも心に描く空 一秒一秒 ただ強く生きれば 私の胸にきっと聴こえる 「叶わぬ夢など ないんだ」と  君といる時間の中で 私には今 何ができるだろう みどりの光 輝く日には 「いつまでも一緒に」と願う  どんな 時も 心から自分より大切だと思えるの  このまま一緒に伝えたい言葉は 答えのない今の繰り返し 一秒一秒 ただ強く生きれば 私の胸に刻む想い出は いつまでも消えない  私がいて 大好きな君と歌があって あと何回 この夕陽を一緒に見られるんだろう  涙も笑顔も 今歌う願いは いつも心に描く空 一秒一秒 ただ強く生きれば この目に映る夕陽へ  このまま一緒に伝えたい言葉は 答えのない今の繰り返し 一秒一秒 ただ強く生きれば 私の胸にきっと聴こえる 「叶わぬ夢など ないんだ」と
You turned to wind高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子中山有小林信吾YOU やはり君は 風になったんだ 丘の上で YOU 何時間も 見つめていたforever  だけど そこへは 行けず 翼を 求め 悔んでた  YOU とうとう君は 風になったんだ あの日限り YOU 燃える夕陽に 恋をしてたever lasting  だから I LOVE YOU I LOVE YOU 今日も I LOVE YOU I LOVE YOU 聞こえる  世界がなぜ 悲しいの 世界中なぜ もどかしいいつも You turned to wind  YOU 今は君が 羨ましいと 思っているよ YOU 願い通り 風になったforever WOO  ああ 全てのものを 愛せることって…  
真っ白いシャツ~Lonely girl Lonely boy~高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子大田黒裕司小林信吾あの子はいつも Runaway 逃げて行くの 幼いころきっと決めたことね あの子夢は Runaway 熱く燃えて こぼれる陽射しがそっと舞うように走る  ある日 長い髪 ばっさり切り落として 沿道の声横目でうけて 逃げて行くLonely girl 何倍という早さで 真っ白いシャツで 時計は駆け巡る そう私も Lonely women あの子大人のmiles 走り続けてる ゴールは長くて険しい  彼の夢は Flying 翔んで行くの 幼いころきっと決めたことね 彼の夢は Flying 虹を渡り 地球の外から ずっと世界を見るため  ある日 マジ顔で 私に言った言葉 あの青い空をgetするって 翔んで行く Lonely boy 何倍という早さで 真っ白いシャツで 時計は回ってく そう私もLonely women 彼は大人の大空 翔び続けるなら 最果ての絆 結んで  Lonely girl Lonely boy 愛してる それぞれの道を 支えていたいから そう私は Lonely women 秋の季節ただよう 涙がひとひら 憂いもひとひら Lonely women
my life高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子五島良子小林信吾路上の隅には アンティークの店 街路樹の傍で 楽器を奏でている  恋をなくした人 恋をみつけた人が通る だれもが惜しみない 拍手おくる街角  my life, your life, still love 音色に理ずもれてたい 理屈など 考えず 貴方を愛したい  命が一番 大切だなんて 思って生きたら 明日が苦しくなる  人を好きになれば星が輝きを増してくる 人を好きになれば月明かりが眩しい  my life, your life, with love 軟らかなそのメロディー 細い指 すべらせて 夜空を染めていく  my life, your life. 貴方は まだ私のものですか? 命より大切な 愛を無くしそうで  貴方を愛したい  
色のたより高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子崎谷健次郎小林信吾歩き疲れて 休みたくなるココロの色は何色? 疲れた君を支えてあげる余裕が ないままで 愛しあい 遠く離れた それは何色?  春一番 桜散る君へのこの想い 届けてよと この青い空に願う  あるとき君が つぶやいた言葉が今 耳を過ぎる ココロの色が見えたらきっと貴方は 砂のよう 紙のよう 時を刻む 春を待つ色  石の壁を割って強く咲いた 花模様 その姿が好きだった君恋しい  風の中に白く見えた君のそのココロ 花びらから包まれた優しい色  列車の窓に君の 笑顔が映されてる ふるさとは君だった もうすぐそこへ行くよ  あれからもう何年経っただろう 昨日のよう どんな時も 君を大事にするから  不器用さは とりあえずあの日のままだけど ココロの色素直に出せる気がする  どんな時も君を愛してゆくから…  
夢って高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子松田良小林信吾夢って不思議ですね 思い通りに事がはこぶ 夢って不思議ですね いとしい人と愛を育む  例えられぬ 闇と光 自由に飛んでゆく  鋼色 紅色の大地を見下ろす 出来るなら限りないまどろみ揺れていたいのに 朝霧の夜明けにて 目覚め行く  夢ってせつないもの 忘れ去ろうとしてた人が 夢ってせつないもの 無造作に現れ涙する  仕事をして 友と集い 忙しく明け暮れ  わが胸が熱くなる いにしえの人が 微笑んで語り合う手を差し伸べたその刹那 木漏れ日のすき間から 目覚め行く  逢いたいのに 逢えなくなり 写真を胸に抱く  願うほど遠くなる 夢でも逢えない モザイクで作られた世界を生きて行く為に 希望へと 進むため 夢を見る  
愛の温度℃七海るちあ(中田あすみ)・宝生波音(寺門仁美)・洞院リナ(浅野まゆみ)七海るちあ(中田あすみ)・宝生波音(寺門仁美)・洞院リナ(浅野まゆみ)三井ゆきこ小林信吾小林信吾だって 愛の温度を non・stop! 伝えたい たった 一つの世界を… 冷たい世界には しないで。  波間に光る 未来のレンズ のぞきこんだ すべての海を 一つに結ぶ 母の歌の輪が 見えるの  悲しむ (気持ちも) 大切なシンパシー ナミダも (小さな) 海だって?…信じてる  だって 一人の愛が non・stop! すべてを たった 一夜で 変えてく 奇跡もある 太陽から生まれた わたしたちの ねえ きっと 恋の微熱も たしかな 愛の温度だから。  宝物はね みんなのために 還したいの… 純粋(きれい)なものは 残ってゆくわ 時のいたずらに 負けずに  心は (いつでも) 暖かい場所へ 流れて (ゆくから) またいつか 会えるでしょう  だって 裸の風が island 抜けたら ねえ きっと 夜明けが近い サインだから 本当の 愛の温度を non・stop! 感じて たった 一つの世界を 冷たい世界には しないで。  だって 裸の風が island 抜けたら ねえ きっと 夜明けが近い サインだから  だって 一人の愛が non・stop! すべてを たった 一夜で変えてく 奇跡もある 太陽から生まれた わたしたちの ねえ きっと 恋の微熱も たしかな 愛の温度だから。
明日GOLD LYLIC平原綾香GOLD LYLIC平原綾香松井五郎Andre Gagnon小林信吾ずっとそばにいると あんなに言ったのに 今はひとり見てる夜空 はかない約束  きっとこの街なら どこかですれちがう そんなときは笑いながら 逢えたらいいのに  もう泣かない もう負けない 想い出を越えられる 明日があるから  そっと閉じた本に 続きがあるなら まだなんにも書かれてない ページがあるだけ  もう泣かない もう逃げない なつかしい夢だって 終わりじゃないもの  あの星屑 あの輝き 手を伸ばしていま 心にしまおう 明日は新しい わたしがはじまる
Skool for AH平原綾香平原綾香平原綾香小林信吾小林信吾上に広がる空が見えますか 息を止めて見上げれば 私にしかできない何かを見つけられるはず  教科書開いて 今歩き出さなきゃ 見えるものも見えなくなってしまいそうだから  夢見た数だけ未来があるなら 探してた答えは まだないけれど あなたを見ていると 全てが見えるの 答えはここに 私の中にあると教えてくれた  私の歌が聞こえますか 伝えたいのあなたに 私だけの大事な Skool for AH 胸にしまおう  今の気持ちが色あせないように ね、いつまでも変わらない私でいたいから  夢見た数だけ願いは叶うの? 探してた答えは自分にあると 強くなれるように 自分に負けないように 歌い続けるから 離れていたって 歌い続けるから 空を見上げれば いつも
Any more平原綾香平原綾香平原綾香平原綾香小林信吾息をつく夜の空に 赤い目の星ひとつ残して 大事なものすべて消えていく 何もない 誰もいない 胸を刺す悲しい嘘も いつの日にか消えていくのかな?  誰にも見えない私のかすかな光 大切なものはここにある きっと戻らない時間を抱きしめて泣けばいい いつか苦しみも悲しみも 幸せの光に変えられるように  そばにいて得たものさえ 今は何ひとつ残らないの? 眩しい海 温かい手 私の隣りにいたはずなのに 胸を刺す苦しい過去も いつかすべて私の力になるから  ひとり涙を夏の海に返して もう一度熱い心を持ちたい きっと戻らない時間に キスをして笑えばいい いつかまた会えるときまで 歩いていくわ ずっと前を向いて  きっと戻らない時間を 抱きしめて泣けばいい いつか苦しみも悲しみも 幸せの光に変えられるように
あなたの腕のなかで平原綾香平原綾香妹尾武妹尾武小林信吾夜明けの空がふたりを照らす 新しい朝に目を開けたら 眩しい光のなか あなたがいる  つないだ手からあふれる想い 優しく体を風が包む 夢のような瞬間が押し寄せる 永遠を誓う言葉を聞いた 今 この場所で  あなたを信じて 降り注ぐ愛に終わりはないと感じた あなたの腕のなかで  逢えない夜は空を見上げて あなたの好きな歌 口ずさんだ 遠く長い未来 描きながら このまま心を深く重ねて 歩いてゆくの あなたと  果てしなく広いこの世界 あなたに出逢えた奇跡 空を高く旅立つ鳥のように ここから飛び出そう  翼を広げて どんな嵐でも越えてゆけるよ ふたりで明日へ We're the one, and we can fly 夜空に輝く星に抱かれ すべてを今 あなたと生きてゆく
Precious Time平原綾香平原綾香平原綾香平原綾香小林信吾いつも遠回りして 自分の夢さえもあとまわしだけど でも今はしあわせなこと いつだってあるよ 前髪でかくしてたおでこも 今ならちゃんと見せられる Precious Time 言葉だけじゃ伝えられない気持ちを そう Precious Time ずっといつも忘れないで この日を  この手でつかんだものさえ 正しいかなんて決めなくていい ながした涙のぶんだけ 強くなれるから 昨日までなくしてた笑顔も 手を伸ばし しあわせだ!って言える Precious Time いつかわかる この瞬間があるから そう Precious Time いつまでも思い出して この時間を
蘇州夜曲平原綾香平原綾香西條八十服部良一小林信吾君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船歌 鳥の歌 水の蘇州の 花ちる春を 惜しむか 柳がすすり泣く  花をうかべて 流れる水の 明日のゆくえは 知らねども こよい映した ふたりの姿 消えてくれるな いつまでも  髪に飾ろか 接吻しよか 君が手折りし 桃の花 涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺
連絡高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子ari小林信吾今日も君からの 連絡ないまま 時計は夜中の4時を指す そんな毎日で  スーツを着る時 ふと 思い出した 君の手がいつも優しくて 石鹸の香り  軽はずみなひとことたった一度のそのひとことで 物語の機嫌を損ねてしまった  銀色の星空が今夜はさらに夜を染めてる 君のこと 失ったあの日もこんな 銀色の夜  眠り誘う頃 夢で追いかける ほんの平日の午後なのに君を抱きしめた  二人愛を育てたはずなのになぜ?そんな言葉を 別れ際の瞬間 聞こえた気がした  君からの連絡を待ち続けてる携帯電話 メッセージ ドアのポスト 枯れ葉が舞う 君に逢いたい  何一つ変わらない部屋の間取りも並ぶ歯ブラシ ただ眠るベッドに君がいないだけ  銀色の星空が今夜はさらに夜を染めてる 君のこと 失ったあの日もこんな 銀色の夜  二人愛を育てたはずなのになぜ?そんな言葉を 別れ際の瞬間 聞こえた気がした  君からの連絡を待ち続けてる携帯電話 メッセージ ドアのポスト 枯れ葉が舞う 君に逢いたい
ラスト・メールGOLD LYLIC高橋真梨子GOLD LYLIC高橋真梨子森岡勝森岡勝小林信吾「また逢えるよね」って届いた 最後のメール フォルダーにしまって 終わったはずの恋なのに 何度も何度も読み返す  飲んで飲んでもつらいよ 泣いて泣いてもダメだよ  くちに出せない切ない思いを ずっと抱きしめ生きて行こう きっと送るよ 返事のメール 明日迎えに行くよと  愛がすべてを変えてくれると 信じ自分に言い聞かせる 君の悲しい人生さえも 変えて見せると言い聞かせる  飲んで飲んでもつらいよ 泣いて泣いてもダメだよ  自分勝手な言い訳をして 何度も君を傷つけた ランドマークの 地下のパーキング 君を泣かせた大通り  私の好きなこの山下で 小さな店をやるんだって 腕に抱かれて笑って言った 君のかおりを忘れはしない  飲んで飲んでもつらいよ 泣いて泣いてもダメだよ  きっといつかは 叶えてあげるよ 愛を知らない君のために そして もうすぐ迎えに行くよ 港の見えるあの町へ  愛を誓った ラスト・メール
20才の頃ムッシュかまやつムッシュかまやつ安井かずみ・なかにし礼かまやつひろし小林信吾あの頃 想うたび 涙が 出るんだよ きみとぼく 20才の頃 帰らない昔  毎日絵を描いた モデルは君ひとり 肩や腰 胸の線を 描いては消して  たまには 口づけなどかわしてふざけあい そのまま愛し合って 日暮れになったね  ショパンを聞きながら 夜には詩をよんだ ベルレーヌやポートレール おぼえているかい  ときには いじわるした あなたの指先 そのまま もえながら 夜空に消えた 夜明けを 待ちながら 散らした 花びらに 白い朝 うつってたの おぼえているわ  あの頃 想うたび… あの頃 想うたび… あの頃 想うたび… あの頃 想うたび…
So depecher堀江由衣堀江由衣有森聡美expo小林信吾真昼のプリズム受けながら 眩しさに立ちくらむ 町を横切る無数の道 果てに何があるの? 信じる事から逃げた かくれんぼは 誰にも探せない… その場所を求め 潜り込めば非現実的(ゆめ)の入口  So depecher So depecher 呪文を唱えるのは誰? 聞こえる So depecher So depecher 忘れかけた 夢を抱えてる 私が心の奥に…  真昼の蜃気楼の中で 幼い私、見つけ 手を繋いだら遊びましょう 何処へ何処へ行こう… なのにあなたは悲しい 瞳(め)をして この手を振りはらって 何か言いたげに ビルの谷間消えてしまった  So depecher So depecher 呪文のように繰り返して あなたは So depecher So depecher 私を非現実(ここ)から 追い返すの 自分に負けない 現実(せかい)へ  信じる事から逃げた かくれんぼは 誰にも探せない… その場所を求め 潜り込めば非現実的(ゆめ)の入口  So depecher So depecher 呪文を唱えるのは誰? 聞こえる So depecher So depecher 忘れかけた 夢を抱えてる 私が心の奥に…
月の気球堀江由衣堀江由衣雲子雲子小林信吾ゆらゆらと ゆらめく淡い灯りに なぜか誘われたようで 見上げると ふわふわと ただよい微笑んでいる 届くかな? 夜空に浮かぶ月の気球  怖くて 一歩踏み出せない私に 「大丈夫だよ」とやさしく 手を引いてくれたの  たくさんの夢をのせて 大空へ 月の気球にのって 今を踏みしめながら たくさんの愛をのせて 星空を キラキラと飾るよ そして新しい朝へ  はらはらと 開けてく淡い灯りが 胸の勇気を照らしてる ずっと見守っていてね 月の気球  これから もし道に迷ったとしても 「こっちにおいで」とやさしく 導いて 私を‥  たくさんの夢をのせて 大空へ 月の気球にのって 夜を飛び越えながら たくさんの愛をのせて 星空を キラキラと描くよ そして新しい朝へ  たくさんの夢をのせて 大空へ 月の気球にのって 今を踏みしめながら たくさんの愛をのせて 星空を キラキラと飾るよ そして新しい朝へ  たくさんの夢をのせて‥ たくさんの‥  たくさんの愛をのせて‥
どんなことだって堀江由衣堀江由衣雲子雲子小林信吾どんなことだって 希望はあって 強く信じていれば どんなことだって 未来はあって 前へ前へと Go! Go! GO!  ずっと閉じてた 厚い絵本を そっと開けたら 物語のはじまり  突然目の前に広がった いばらの道も 隣に現われた王子様 一緒に進んでいこう…  どんなことだって 光はあって 思い続けていれば どんなことだって 明日はあって 前へ前へと Go! Go! GO!  ずっと閉じてた 心の底を そっと開けたら 虹の橋がかかった  突然目の前に広がった 急な坂道も 足元現われた花畑 一緒に笑いながら…  どんなことだって ゴールはあって 歩き続けていれば どんなことだって 未来はあって 前へ前へと Go! Go! GO!  どんなことだって 希望はあって 強く信じていれば どんなことだって 未来はあって 前へ前へと Go! Go! GO!  どんなことだって ゴールはあって 歩き続けていれば どんなことだって 未来はあって 前へ前へと Go! Go! GO!
Pure堀江由衣堀江由衣有森聡美expo小林信吾あなたがスキで でも言えなくって 遠回りしてる 目が合うとどうして そらしちゃうんだろう… 街を彩る いちょう並木が もう寒くなるよ 一人で帰るには とても長い道 偶然を装って どこかで会えたら 今までより ずっと近い距離で 話せたりするかな  あなたをずっとスキでいいの? 二人が重なる場所あるの? 悩んでも仕方ないくらい もう、あなたしか見えないから  時間が経つ程 想いが募って 空回りする 声をかけられても 普通にしなくちゃ… 踊る心に いちょう並木も もう寒くないよ 二人で歩く道 とても短いな 他の女の子とは 一緒にしないで 素直にこの想いを告げたら 今が消えちゃいそうで  あなたのポケットの中には 繋いだ手がドキドキしてる でも私からは「スキ」なんて 言わない、大切な“恋”だから  あなたをずっとスキでいいの? 二人が重なる場所あるの?  あなたをずっとスキでいいの? 二人が重なる場所あるの?  悩んでも仕方ないくらい もう、あなたしか見えないから
とりあえずは元気で行こうぜ西田敏行西田敏行青島幸男青島幸男小林信吾マグロだってイワシだって一匹は一匹だ お前だって俺だって一人は一人 時には昇る朝日の様に ギンギラギンのギンギラギン 時には空飛ぶカモメの様に ヒラヒラのヒラヒラリン  とりあえずは元気で行こうぜ  ギンギラギンのギンギラギン ヒラヒラのヒラヒラリン ギンギラギンのギンギラギン ヒラヒラのヒラヒラリン  ヒゴイだってメダカだって一匹は一匹だ 大人だって子どもだって一人は一人 時には燃える炎の様に ギンギラギンのギンギラギン 時には浮かれる蝶々の様に ヒラヒラのヒラヒラリン  とりあえずは元気で行こうぜ  ギンギラギンのギンギラギン ヒラヒラのヒラヒラリン ギンギラギンのギンギラギン ヒラヒラのヒラヒラリン  ヒラメだってオコゼだって一匹は一匹だ 男だって女だって一人は一人 時には逆巻く怒涛の様に ギンギラギンのギンギラギン 時には舞い散るコノハの様に ヒラヒラのヒラヒラリン  とりあえずは元気で行こうぜ  ギンギラギンのギンギラギン ヒラヒラのヒラヒラリン ギンギラギンのギンギラギン ヒラヒラのヒラヒラリン  ギンギラギンのギンギラギン ヒラヒラのヒラヒラリン ギンギラギンのギンギラギン ヒラヒラのヒラヒラリン
Love Destiny堀江由衣堀江由衣伊藤千夏伊藤千夏小林信吾アイタイ LoveLoveLoveLoveのに アエナイ LoveLoveLove 今夜は 窓を打つ雨より激しい嵐に揺れてる アエナイ LoveLoveLoveLoveから もっと愛 LoveLove つのるよ 燃え尽きてもいい これが最後の真実  初めての出会いは平凡だったけど 会う度に過去の誰よりも惹かれてく こんな気持ちの訳 うまく言えないけど 運命の恋と 人は呼ぶのでしょう ひとみ 閉じたら ふたりになれる 今たとえ この部屋ひとりでも It's my only destiny  アイタイ LoveLoveLoveLoveのに アエナイ LoveLoveLove 今夜は 勝手にあふれてく激情を止められない だから LoveLoveLove アイタイ だけど LoveLoveLove アエナイ もう戻れはしない これが最後の真実  誰かを思う時 苦しくなるなんてね これまでの自分が 次々に崩れてく ポーズとは裏腹 巻き込まれてゆく感じ 見えない力で 引き寄せられてゆく ひとみ そらさず ふたりになれた あの夜の鼓動 忘れない It's my last destiny  アイタイ LoveLoveLoveLoveのに アエナイ LoveLoveLove 今夜は 窓を打つ雨より激しい嵐に揺れてる アエナイ LoveLoveLoveLoveから もっと愛 LoveLove つのるよ 燃え尽きてもいい これが最後の真実  ねえ不思議 彼を想って泣ける夜があるって まるで Love Song  だから LoveLoveLove アイタイ だけど LoveLoveLove アエナイ もう戻れはしない これが最後の真実
光が生まれる日まで松崎ナオ松崎ナオ松崎ナオ松崎ナオ小林信吾私は泣かないよ  また光が生まれてくる日まで 目を閉じてうずくまって待ってようと思ってた  でもきっとあなたが喜ばない 最近雨ばかりよく降るんです 心が水溜まりの中 泳ぐ 落ち着かない…  螺旋の空 狂おしく あなたを辿れば 水槽の中の魚のように 背中しか浮かばない私の心は 危やの刹那  また光が生まれてくる日を 心の隅に入れとこうかなあ 晴れのち曇りでもいい 笑ってたい 笑っていたい  螺旋の空 狂おしく あなたを辿れば 水槽の中の魚のように 背中しか浮かばない私の心は 危やの刹那  あなたの瞳をあの頃のように まっすぐ見つめ 大きな手が頭を撫でる その日まで私は泣かないよ  螺旋の空 狂おしく あなたを辿れば 水槽の中の魚のように 背中しか浮かばない私の心は 危やの刹那 螺旋の中瞬きながら あなた辿れば また会えるね 光が生まれる日まで…
オドレオルガ松崎ナオ松崎ナオ松崎ナオ松崎ナオ小林信吾少しも自由な気持ちになれない ただれた瞼をこすり ヒリヒリする 今日は風が強い 雲が早く流れる ワガママなボクをワガママだなんて 言わないで 普通でいれるようになった あなたの前にいても 火花と共に めまいと共に  溶け込み 叶える手を 片目をつぶるやさしさを 心がつながるすべを  水増し細工を転がし床冷え 心に水差し さりげなく生きてく ただれたコトバを言う コトバにならない想い 似ている2人の頬の色 指の形 差しのべゆくすえ 何も残らなかった 乾いて見えた朝日 火花と共に めまいと共に  溶け込み 叶える手を 片目をつぶるやさしさを 心がつながるすべを  オドレ オルガ
teddy bearGOLD LYLIC浜崎あゆみGOLD LYLIC浜崎あゆみayumi hamasakiD・A・I小林信吾あなたは昔言いました 目覚めれば枕元には ステキなプレゼントが 置いてあるよと 髪を撫でながら  相変わらずその背中は 小さく頼りなくて だけど楽しい話なら 笑い合えていた  それなのに人はどうして 同じような過ち あと何度繰り返したら 後悔できるの  思い出している 葬ったハズの いつかの夜  あなたは昔言いました 目覚めれば枕元には ステキなプレゼントが 置いてあるよと 髪を撫でながら  私は期待に弾む胸 抱えながらも眠りにつきました やがて訪れる夜明けを 心待ちにして  目覚めた私の枕元 大きなクマのぬいぐるみいました 隣にいるはずのあなたの 姿と引き換えに  あなたは昔言いました 目覚めれば枕元には ステキなプレゼントが 置いてあるよと 髪を撫でながら…
君の休日杉山清貴杉山清貴森浩美杉山清貴小林信吾トランク開いて水着を広げて 潮風の吹くバルコニー 悩みも疲れも名前も忘れる ただ楽しむため  忙しい毎日 少しだけ休息 君に約束した そうようこそ楽園へ  I need you... stay by my side あの街から遠く離れて I'll lead you... stay by my side きれいな笑顔君にもどればいい  午後から車を借りたらどこまで? 地図にも載らない場所へ キスして笑って話してそれから 星空見ようか?  蒸せ返る太陽 白い雲湧き立つ 擦り減ったココロに またチカラ吹き込んでく  I need you... stay by my side 僕が見る風景の中に I'll lead you... stay by my side 光る素肌の君と海と空と…  “ありがとう”なんてと 呟いた横顔 何よりも愛しい そう素直に思えるよ  I need you... stay by my side ホントは僕も癒やされてる I'll lead you... stay by my side 光る素肌の君と海と空に… I need you... stay by my side 灼けた胸の音が聞こえる I'll lead you... stay by my side きれいな笑顔 君にもどればいい  to get back‥your heart‥
もっと空へ杉山清貴杉山清貴森浩美杉山清貴小林信吾みんな苛立ち募るばかり 街の悲鳴の中 頼り切った愛情や夢も キレそうな人込み  君のことも時々なぜか 忘れたくなる  理由もわからず不安になって 空を狭くしてた ふと見上げればヒコーキ雲は あの頃へと延びてる  このくだらない生き方すぐ 変えてしまおう  もっとかがやくあの空 さぁココロ飛ばしにゆくんだ  誰もが同じモノを求めて 両手塞いだ荷物 棄ててしまえば楽になれる まだ走れそうだろう?  青臭いと笑われたって 構いやしない  遠く見果てぬ明日へ さぁツバサ広げて飛び立て  望みは何だ? もう恐れるな 向かい風でも…  もっと自由に fly to the sky さぁ愛をこの手に fly to the sky もっとかがやくあの空 さぁココロ飛ばしにゆくんだ 遠く見果てぬ明日へ ツバサ広げて飛び立て
永遠のもう少し杉山清貴杉山清貴大森祥子杉山清貴小林信吾深い深い胸の奥に きみが住みついてる 何も届かないと ずっと信じた場所に  気づかないふりで きみは そっと目を伏せるから また今夜も眠れない  あともう少し その距離がただ遠い 恋になれない二人 好きでしょうがない 好きでもしょうがないと わかっているのに  碧い碧い海の底に 一緒になら沈みたい 音も光さえもいらない きみがいれば  友人の顔をするたびに 傷つく関係なら いっそ他人でいたかった  あともう少し その距離がなぜ遠い まるで永遠のように 好きじゃしょうがない 好きなように奪いたい 罪でもいいから  未来中の願いと ああ、引き換えても今 きみが欲しい  あともう少し その距離がただ遠い 恋になれない二人 好きでしょうがない 好きでもしょうがないと わかっているのに  あともう少し その距離がただ遠い 恋になれない二人 好きでしょうがない 好きでもしょうがないと わかっているのに
IN THE WINDV6V6小幡英之佐藤竹善小林信吾ビルの隙間を貫く風が 微熱を帯びた頬を冷ました  繰り返してる君へのメロディー 四角い空の蒼さに滲む  全てが崩れそうに刻む街のrhythmも 見据えた視線を 惑わすことはない  言葉だけじゃ足りない 溢れていく想いは 加速して風を切り その強さを確かめてる  いつも見慣れた日々のシーンに 愛しさ満たすそれでいいのに  思い通りにいかない道を 照らす光を君は欲しがる  うまくやる術など持たないままでもいい いつもの鞄に 勇気だけ詰め込んで  迷う時はいつでも 心自由に吹かれ それぞれの抱く涙 持ち寄って笑い合える  夢のように僕達は 走り続けていくだろう 向かい風プラスに変え 失敗を味方に付け  答えなどない旅でも  言葉だけじゃ足りない 溢れていく想いは 雑踏を引き裂いて 君の胸叩けばいい  夢のように僕達を 運んでくれる翼は この街の何処かにも 眠ってる 僕らの未来を優しく包んで  醒めない 夢のように
夜の囁き辛島美登里辛島美登里Midori KarashimaMidori Karashima小林信吾今日と明日のロープを 渡ってゆくの あなたは 割れんほどの拍手と ライトに浮かぶ舞台(ステージ)  油断しちゃ、だめ つまづく瞬間(とき)を 息を殺し 息を殺し みんな待ってる  ひと足 ひと足 心静めて 照明(あかり)が導く 遠くをみつめて  今日と明日のつづきを ほんとは 誰も知らない 信じてる人だけに 夢は語り続けるの  迷っては、だめ そのすき間から よくないこと よくないこと 生まれるから  ひと足 ひと足 瞳こらして 私がさしだす この手をつかんで  ひと足 ひと足 心静めて 照明(あかり)が導く 遠くをみつめて
年下の彼辛島美登里辛島美登里Midori KarashimaMidori Karashima小林信吾電話もせず急に 訪ねてきて、ゴメン あなた 仔犬みたいに 瞳を丸くしてる やましいこと何も無いのなら、どうして 妙に背中でかばう 冷蔵庫あけてみせて  恋した人は 年下の彼 愛があるなら 年の差なんて 何とかなるって 思ってたけど 少し 甘くみてた みたい  “違うよ、誤解だよ”って 見つけた写真は、ツーショット あなたと彼女と海 凍えて出てきたわ  かわいい方が好き? 大人の女が好き? こんな私でいいの? それともただの遊び? あれこれ悩んでも 女友達へと 相談しても 結局 自分で決めなくちゃね  “年下なんて、やったじゃない!”って “応援する!”って みんな言うけど 2年ももてば いまか いまかと 別れ話 期待してる  “本当さ、信じてよ”って 心を許しちゃ、負け 本音を言い出すまで シッポは離さない  恋した人は 年下の彼 愛があるなら 年の差なんて 何とかなるって 思ってたけど 少し 甘くみてた みたい  “違うよ、誤解だよ”って 見つけた写真は、ツーショット あなたと彼女と海 凍えて出てきたわ  “本当さ、信じてよ”って 心を許しちゃ、負け 本気で大好きだって 覚悟を決めたから
Jealousy辛島美登里辛島美登里Midori KarashimaMidori Karashima小林信吾お帰りなさい 私のもとへ 海の底から 光がさして あなたが 戻ってきたわ やっと…‥やっと  気ままな恋に 別れを告げて 強がる背中 紅茶をいれた 私は 何も聞かない だけど…‥だけど  Tell me うしろの正面はだれ? 心にうずまいて  Jealousy ひとつになれるまで 好きだとは言わないの Jealousy その手に入れたなら ダイヤもね、ただの石ころみたいでしょう  お休みなさい 私の中で 次の夢へと はばたくまでの 私は とまり木だけど ずっと…‥ずっと  Tell me うしろの正面はだれ? ゆらめく人魚たち  Jealousy 嘘だと知りながらで 何もかも許してく Jealousy その手に熱いのは 真紅(あか)より ね、蒼白(あお)く燃えてる炎でしょう  Jealousy ひとつになれるまで 好きだとは言わないの Jealousy その手に入れたなら ダイヤもね、ただの石ころみたいでしょう
フィンガー森川美穂森川美穂石川あゆ子小林信吾小林信吾私には愛してる人がいるの… あなたには通じない言い訳ね  六番目の指のように ささやく言葉が耳をくすぐる  本当の事なんか言わせないで 飲まされた怪しげな自白剤  だまされない女のまま 生きてゆくことに行き詰ってた  汚れてくみたいなこの感じが たまらない 男と女よりリアルなもの 何もない 昨日までが色褪せて見える 今があまりにも すご過ぎて  思い出すためだけの恋をしてた 自分にも美しさ求めてた  ふいに刺さる逆さ睫毛(まつげ) 一秒だけ心が痛むけど  見知らぬ生き物になってくのが 気持ちいい 心は考えるためだけに あるんじゃない 気がついたら迷わない指が 自分で自分を誘ってる  運河に浮かぶゴミのように どこかへ流されてゆきたい 愛じゃなくてもいいの  汚れてくみたいなこの感じが たまらない 男と女よりリアルなもの 何もない 見知らぬ生き物になってくのが 気持ちいい 心は考えるためだけに あるんじゃない  気がついたら 止まらない指が 自分で自分を 誘ってる
夏からの手紙杉山清貴杉山清貴青木久美子杉山清貴小林信吾夏から届いた water blueの手紙 封を開けて こぼれ落ちた 白い砂と写真 “2人の笑顔にもう一度逢いたい”と たった1行 君の文字が 僕を見つめているよ  時間が導く 結論(こたえ)があるね 傷(いた)みが癒えて 見えてくること  Summer Love Song For You… 君に逢いたい 僕がいる 1年前の光りも影も 愛しくて Summer Love Song For You… 翼が生えた 手紙だね 熱い想いが舞い降りてきて 眩しいよ  朝日のかけらが 波の上で光る 「あれは夢が歩く道」と 君は言い張ったね 2人でよく来た この入り江に立てば どんな未来も きらめきへと 続くような気がする  眠れぬ夜も 星を見上げて 何が大事か 確かめていた  Summer Love Song For You… 君を愛した 僕がいる そんな自分を誇りに思う …照れるけど Summer Love Song For You… 翼が生えた 手紙だね すべてのドアが開かれたようで 嬉しいよ  Summer Love Song For You… 君に逢いたい 僕がいる 1年前の光りも影も 愛しくて Summer Love Song For You… 翼が生えた 手紙だね 熱い想いが舞い降りてきて 眩しいよ
夏リフトから森川美穂森川美穂小林和子小森田実小林信吾光の輪の中を 遊覧船がすべる 風がそよぐ 足元で 夏草が 萌えて揺れた  空に近づいてく ピュアな自分に会える わざと 傷つけたあの日 私だけの やさしさと  嫌なやつだと 言われたら 別れやすいわ かわいくなんて なれないの 大事な時に  昔のことにこだわって 時を無駄にはしたくない 空に終りが ないように もっと 遠くを見たら 光が 跳ねて WANDER LAND  渋滞のバイパス まるでミニチュアの街 やがて 大きな痛みも 点のように 見えるでしょ  出すあてのない 絵葉書は 風に飛ばすよ ごめんねってただ それだけを 伝えたかった  私のために 立ち止まり 夢を忘れてほしくない この夏よりも 輝いて 今は 会えないけれど あなたを タフに生きて  昔のことにこだわって 時を無駄にはしたくない 空に終わりが ないように もっと 遠くを見たら 光が 跳ねて WANDER LAND
Fly Away小野正利小野正利前田たかひろ・松本一起佐藤健小林信吾あふれる君を抱きしめて 雪のプリズム抜けてゆくよ 逆光線に招かれて きっとそれは未来をむすぶ  どれだけ君を好きになれば おさまるのか 逢えないときは淋しさより 優しくなれる  遠く遠く遠くまで 君と 青い空 白い雪にとけそうな国 君を君を好きだよと言おう ロマンチストになれそうさ 都会じゃ言えないからね  ロマンティックに触れたいと 君はシュプールはずれ滑る ときめく胸に雪が降る 空は高いほど近づける  どこまで君を追いかけても 愛は謎さ 冷たい君の両手をもち 吐息でとかす  遠く遠く遠くまで 君と 青い空 白い雪にとけそうな国 見つめながら気持ちさがすより 身体中で君といたい 都会じゃ遠すぎるから  遠く遠く遠くまで 君と 青い空 白い雪にとけそうな国 君を君を好きだよと言おう ロマンチストになれそうさ 都会じゃ言えないからね
Summer Again杉山清貴杉山清貴芹沢類杉山清貴小林信吾窓辺に立つ君 風になびく髪 陽射しがとかしてさらう かざした手のひら 涼しい横顔 まだ白い肩を抱きしめる  去年の夏 灼けた肌に 眩しかった水着のあと くちびる寄せるたび思い出すよ  明日の今ごろ 二人はこうして 潮騒の中にいるね 二つのトランク 旅立ちのしたく はしゃいでた君が愛しくて  こんなそばに 腕の中に いつもそっと寄り添うひと 今でも僕はまだ戸惑ってる  遠いあの島から 夏の匂いの風が きまぐれな夢のような君を少女に変えるよ 夏の幻だと くちづけをした夜の くるおしいあのまなざし せつなさ 胸をよぎる  エメラルドの海 空に舞うしぶき 濡れたその肌が光る 珊瑚礁の中 熱い砂の上 新しい君と出会うだろう  遊びつかれた棕櫚の木陰 すべて落ちた本を閉じて あどけなくまどろむ君がみたい  そして何度もそう そっと確かめるだろう ふりむいて笑う君をもう僕だけのものだと 時が止まってゆく 何もしないでいよう 贅沢な退屈だけ楽しむ 君と二人  遠いあの島から 夏の匂いの風が きまぐれな夢のような君を少女に変えるよ 夏の幻だと くちづけをした夜の くるおしいあのまなざし せつなさ 胸をよぎる
君のすべてを包みたい杉山清貴杉山清貴渡辺なつみ杉山清貴小林信吾愛なんて言葉も 忘れるほど 気づけば 夢中で 君と歩いて来た  いつの間にか増えた 写真の中 たくさんの君が 僕をみつめている  風が 季節を渡るように 二人 明日を重ねたくて  君のすべてを包みたい あふれる涙も 弱さも まだ遠い夢さえも 迷わず抱きしめて 間違いでも 正しくても 君と歩く今が好きさ その瞳の眩しさ 受け止めながら 君を愛し続けよう  僕と出逢う前の 君はどんな 夢を見ていたの? そばに来て聴かせて  幼い日の君を 浮かべながら 今夜は 朝まで 肌を寄せ 眠ろう  時が 夢をつなぐように 君を ひとつずつ知りたくて  君のすべてを包みたい 嵐の夜も晴れた日も その胸にこみあげる せつなさを教えて 永遠でも ひとときでも 思いきり 生きてみたいよ 昨日よりも確かな 愛しさ抱いて 君と二人 歩きたい  君のすべてを包みたい あふれる涙も 弱さも まだ遠い夢さえも 迷わず抱きしめて 間違いでも 正しくても 君と歩く今が好きさ その瞳の眩しさ 受け止めながら 君を愛し続けよう
楽園伝説西田ひかる西田ひかる竜真知子佐藤準小林信吾南の風は カリビアン・ブルー あっという間に 夏 色とりどりの 娘があふれ パッと華やぐ 夏 だけど あなたがいなけりゃ 心は モノクロ どんな誘いもデートも ただの から騒ぎ  そうよ アダムとイヴの頃から 女は 知ってるわ 100の言葉も 色褪せるような それが 真実の恋 世界中の誰よりも あなたが欲しいの 今すぐ 両手広げて 私を さらって  あなたとなら どこでも 素敵な パラダイス もう 離さないでいて 愛しあえば いつでも そこが楽園 そんな恋の 伝説を信じるわ あなたとなら 幸せ  昔むかしの 恋も悩みも 笑い話にする 時はいつでも 二人の味方 だから kissして my love  世界でたった一人の あなたを見つけた どんな奇跡より 不思議 出会いに 乾杯  あなたとなら どこでも 素敵な パラダイス ねぇ しみじみ思うの 愛しあえば いつでも そこが楽園 二人だけの 伝説が始まるの あなたとなら 幸せ  あなたとなら どこでも 素敵な パラダイス もう 離さないでいて 愛しあえば いつでも そこが楽園 そんな恋の 伝説を信じるわ あなたとなら 幸せ
人生変えちゃう夏かもね西田ひかる西田ひかる湯川れい子羽田一郎小林信吾OH OH OH MY SUMMER TIME 陽に焼けた笑顔がたくましいね OH OH OH MY SUMMER DAYS 人生変えちゃう夏かもね ステキだね  レンズにサンシャイン眩しくて しかめた顔になる やめてよ これ以上私撮さないで 本当は切ないくらい感じてきたわ 運命の手を あの時から  OH OH OH MY SUMMER TIME 白い歯のドラキュラ 悩ましいね OH OH OH MY SUMMER DAYS 生涯最初の夏かもね スリルだね  心はオーシャン ゆれてるわ クールなふりしても 無邪気にはしゃいでた夏を盗まないで キスをするその時の瞳が SEXY すぎて 気が遠くなる 受け止めてよ  OH OH OH MY SUMMER TIME のどを濡らして乾杯しようよ OH OH OH MY SUMMER DAYS 短い夏と恋のために 夜明けまで  OH OH OH MY SUMMER TIME 陽に焼けた笑顔がたくましいね OH OH OH MY SUMMER DAYS 人生変えちゃう夏かもね  OH OH OH MY SUMMER TIME 白い歯のドラキュラ 悩ましいね OH OH OH MY SUMMER DAYS 目隠ししたなら連れてって FLY ME TO THE SUN
ポニーテールの顔で辛島美登里辛島美登里辛島美登里辛島美登里小林信吾天気のいい日は オフィスをぬけて ランチを片手に 公園に行く 調子外れのSaxや 読みかけの本 やっと一人を 楽しめる 私になった  「悲しみは続かない……」口ぐせを真似てる 孤独と 焦りで 落ちこむ度に 「また会える、きっと会える」それは嘘と、泣いた だけど あなたがいたから 今日の私 元気でいるの  アドレス帳から 名前消しても ほんとは 忘れた 訳じゃないけど 最後の電話 抱きしめた 同んなじ指で 今、五月の風の中 パンをほうばる  「悲しみは続かない……」笑顔のみつけ方 サヨナラで あなたは 教えてくれた  「また会える、きっと会える……」そうね 涙は乾く もっと 素敵な私になっていたい、この次までに  あともう少し、短く切った髪が伸びたら ポニーテールの顔で 新しい恋を始めよう  「悲しみは続かない……」言いきかせて 生きてる 孤独と 焦りで 落ちこむ度に 「また会える、きっと会える」そうね 涙は乾く もっと素敵な私になっていたい、この次までに……
REMEMBER横山輝一横山輝一国分広城横山輝一小林信吾寒空が広がる渚の波に 熱い記憶を僕は 刻むのさ 世界に たった一人の 君を見つめて  奇跡を 感じながら 深くなる愛は 離れない いつまでも  Remember あの2月を Remember 呼び起こして 新しい心に 包まれ Remember 近すぎても Remember 変わらないさ 巡り逢えた時の 胸の痛み …探していた“愛”は君だから…  「優しさは 知らずに 消えてしまう…」と いつか淋しく君は 言ったけど 二人に その哀しみは 似合わないだろう  奇跡を 重ねるなら 迷いはいらない 愛をただ いつまでも  Remember あの出逢いが Remember この渚で もう1度できると 気付いて Remember あの場面を Remember 思い出して 巡り逢えた時の 胸の痛み  …一番きらめいた 君だから…  Remember あの出逢いが Remember この渚で もう1度できると 気付いて Remember あの場面を Remember 思い出して 巡り逢えた時の 胸の痛み  …擦れ違えば君を 知らないさ…
元気だしてよ谷村有美谷村有美谷村有美谷村有美小林信吾久しぶりね あれから毎日忙しかったの 元気だった? 何だかちょっとだけ痩せたみたいだね  「最近失恋しちゃってさ 自由になったんだ」 何気なく強がっているけど 心が泣いてるよ  あした海でも行こうよ たまには気ままに女同士で 蒼い空を見上げて あの頃の友達(ふたり)に戻って話そうよ  いつもいつも笑顔絶やさない そんなあなたでも 時には涙くらい流すことも必要だわ  流した涙も痛みも いつか想い出になる 思うよりあなたは強いはず だから勇気をだして  誰も抱えきれない 悲しみを乗り越えて強くなれる 胸の奥にため込んだ 何もかも 遠慮しないで話してよ  あした海でも行こうよ たまには気ままに女同士で 時間も仕事も忘れて あの頃の友達(ふたり)に戻って話そうよ  思う存分 とことんくよくよ落ち込んだ後は 次のチャンスつかむため さっさと立ち直らなくちゃね  いい恋をしようよ 元気をだして
イルカに逢った夏SMAPSMAP相田毅野崎昌利小林信吾毎日が バケツをひっくり返したような雨 今年はとうに 夏をあきらめた 部屋の隅 中古のサーフボード出番がない うらめしそうに 空を睨んで  そんな夏に 岬の海泳いでいる人を見た 美しい イルカのような君を  夏のせいじゃない こんな出逢い方したのは 神様が仕組んだ 雨の午後 肩の水着が 少しずれてのぞいてる 白い肌は街の人の色さ  太陽が 意地悪やめて顔出した午後 君とよく 浜に寝転んだ 陽焼した オイルの匂いツンと鼻をついて 薄目開け そっと見つめる  耳を飾る 小さな銀のピアスをとる仕草 なんだか 大人びている眩しい  夏のせいじゃない 喉の奥カラカラなのは 水平線に囲まれた この島で 息を吸い込み 海の中君と潜って 何かを探すように泳ぐ二人  夏のせいじゃない 君を好きになりかけてる 帰る日を聞くのが 辛いね 波に乗るように うまく気持ちを言えたなら さよならの言葉を止められたなら  夏のせいじゃない こんな出逢い方したのは 神様が仕組んだ 雨の午後 肩の水着が 少しずれてのぞいてる 白い肌は街の人の色さ  夏のせいじゃない 君を好きになりかけてる 帰る日を聞くのが 辛いね 波に乗るように うまく気持ちを言えたなら さよならの言葉を止められたなら
LIVIN' IN A PARADISE杉山清貴杉山清貴杉山清貴杉山清貴小林信吾遠のいてく街に 投げKISSを送る 上目づかいにかけたSUNGLASS 潮の香り近づくSEA SIDE DRIVE  BEACH SIDEに止めた BIG SIZEのコンバーティブル 灼けた君の横顔SMILING 積んでおいたBOARDがTAKE ON ME  かわいた風を抱きしめて 輝く波をけちらして LIVIN'IN A PARADISE 胸が熱くなる  君の笑顔を抱きしめて かわいた HEART 濡らしてく LIVIN'IN A PARADISE 踊る太陽の下で YOU & ME  ゆっくりとくずれる 波の中をくぐる いつまでもこのままで GOOD WAVE 夢を連れて流れる ISLAND TIME  BEACH TOWEL にCOOLER BOX HIP UPの君が 投げたジュース 日射しにSPARKLING 灼けたのどにしみてくHAPPY DAYS  かわいた風を抱きしめて 光る椰子の葉騒いでる LIVIN'IN A PARADISE 空も近くなる  君の笑顔を抱きしめて 高鳴るHEARTおさえても LIVIN'IN A PARADISE もっと熱い二人で YOU & ME  かわいた風を抱きしめて 輝く波をけちらして LIVIN'IN A PARADISE 胸が熱くなる  かわいた風を抱きしめて 光る椰子の葉騒いでる LIVIN'IN A PARADISE 空も近くなる  君の笑顔を抱きしめて 高鳴るHEARTおさえても LIVIN'IN A PARADISE もっと熱い二人で YOU & ME
アフリカの風森川美穂森川美穂田辺智沙朝倉紀幸小林信吾三人集まれば 気さくな仲間達 ガイドブックを広げて 旅に出ようよ 女同志だもの 気どらなくていいの 制服の頃みたいに はずんでいるわ  それぞれの地図に描いた 遙かな異国の街へ  サバンナのパノラマと 空にそびえるミナレット ガゼルがほら駆けて行く アフリカの風に乗り 心オアシスに鳴る 最後の楽園を届けるわ  卒業してからは いろいろあったけど みんなのラフな笑顔が 宝物だね オフィスで泣いたこと 指輪はずしたこと 果てなく続く大地で ちっぽけにして  時計のいらない景色が ラッシュの君を呼んでる  ランドローバーに乗り ゼブラの群れを見よう ここへおいで そのままで 広がるドラマの中 野性の色みつけて 眩しい好奇心 飛び出すの  夢をあきらめないで もっと自由に生きて ここへおいで そのまま アフリカの風に乗り 心オアシスになる 最後の楽園を届けるわ
月に濡れて森川美穂森川美穂山田ひろし佐藤準小林信吾くちづけにほどかれて 月の雫に濡れる  あなたが今 隣にいる 砂の上でワインを開けて 月の満ちる夜だから 舟を出すなら きっと今夜  ゆらり ゆらり 揺れて あなたの腕の中 きっと きっと もう 戻れないわ  くちづけにほどかれて 月の雫に濡れる あなたと私だけが 愛に連れ去られてく  抱きしめあうことだけを 覚えていた子供の様ね 愛しすぎてしまえたら 永遠さえも手にできそう  Ce'st la vie Ce'st la vie Ce'st la vie 愛しさの海へと サラリ サラリ 髪 ほどけてゆく  くちづけにほどかれて あなたに落ちてゆくの 月が沈む頃には 秘密 増やしてるでしょう  くちづけにほどかれて 月の雫に濡れる あなたと私だけが 愛に連れ去られてく
YOUR LOVE THAN ANGEL柳ジョージ柳ジョージ平出よしかつ羽場仁志小林信吾鎖につながれた魂 お前の愛がほどいてくれる 手掛かりさえない明日 歩き出せるはずさ  激しい雨に打たれて 胸が錆付く夜もあるさ  Please Sing For Me ララバイ こんな夜は天使より娼婦の愛がいい  One Night Stand, Hold Me Tight 何も聞かず 眠らせてほしい その腕で  お前はささやく 何度もチャンスは巡ると  お前を倖せにできる 男なら俺じゃないと言えば ルージュが香る唇で 俺の口を塞ぐ  窓の灯りが消えてく 街は行き交うサイレンの色  Please Sing For Me ララバイ 傷を癒やす 言葉より細い指先で  One Night Stand, Hold Me Tight 苦い焦り お前に包まれ 消えてゆく  お前はささやく 何度もチャンスは巡ると  激しい雨に打たれて 胸が錆付く夜もあるさ  お前はささやく 何度もチャンスは巡ると  お前はささやく 何度もチャンスは巡ると
AGAIN柳ジョージ柳ジョージKURO金田一郎小林信吾重い扉も 壁の絵も この店のすべて あの日のまま  だけどお前にも 俺にとっても 重ねた季節は 短くない  窓から 海が見える 馴染みの席で お前は 若い頃の 微笑みのままさ 優しさだと わかりはじめたから もう一度 Again, I love you  低くにじむ声 スローバラード なつかしい唄を 覚えてるか  お前が愛した すべてのものを 今もひとつずつ 思い出せる…  夢だけぶつけ合った 激しさも過ぎて お前に云えずにいる 傷跡もあるのさ 悲しみさえ わかりはじめたから もう一度 Again, I love you  せつなく過ぎてゆく時にゆれるだけ 遠くに波が光るのを見つめるだけ  窓から 海が見える 馴染みの席で お前は 若い頃の 微笑みのままさ 優しさだと わかりはじめたから もう一度 Again, I love you
Infinite Love (無限の愛)中原めいこ中原めいこ中原めいこ中原めいこ小林信吾I call this Infinite Love 今宵踊りましょう アナタの腕の中で  Infinite Love 羽が生えたように 軽いステップで  Infinite Love ふたりが会えたこと とても感謝してるの  Infinite Love 例えジャングルでも いっしょに行けるわ  いつまででも踊りたいの 裾の広がるドレスで 世界でただひとりのパートナー バラ色の Everyday  あれは Infinite Love あの日の私たち 永遠だと思った  Infinite Love だけど時はいつも 皮肉な観客  変わってゆく感じ方も はなれてゆく生き方も 止めることはできない Destiny 木枯しの Everyday  すべて終わりが来るまで 何も言えない だけど愛はくり返し 人生は Like a joke  いつまででも踊りたいの 裾の広がるドレスで 世界でただひとりのパートナー 想い出の shining days  雨に濡れて歩いたら こんなものなの いつか虹も見えるでしょう 人生は Like a joke  La la la………
ビーチ・バーからの手紙中原めいこ中原めいこ中原めいこ中原めいこ小林信吾乾いたギターが奏でるボサノバ 麦わら帽子と2ドルのレモネード  短いロープにいつもサングラス 裸足で歩けばポップコーンみたい  Hello, my friend 私は今 地球をへだて裏側あたりで 相変わらず陽気なあなたを 瞳に浮かべて……  わがままな旅に出かける私に なんとかなるって肩をたたいたの  チョコレート色の子供たちの声 別の惑星に迷い込んだよう  今は流れに身を任せるように 生きていたいだけ 昼と夜がくり返す限り 何かに出会うわ……  人の情熱が移ろうものでも 今好きなものを信じていたいの  封筒に入れた象牙色の砂 手紙を開けたら風を感じるわ  乾いたギターが奏でるボサノバ 麦わら帽子と2ドルのレモネード……
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. LOUD
  2. Bling-Bang-Bang-Born
  3. hanataba
  4. さよなら大好きな人
  5. True Kiss

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. CONNECT
  2. About You
  3. NOW
  4. ベガとアルタイル
  5. 愛だけがあればいい

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×