×

尾崎豊作曲の歌詞一覧リスト  157曲中 1-157曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
157曲中 1-157曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
僕が僕であるために松下優也松下優也尾崎豊尾崎豊心すれちがう悲しい生き様に ため息もらしていた だけど この目に映る この街で僕はずっと 生きてゆかなければ 人を傷つける事に目を伏せるけど 優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  別れ際にもう一度君に確かめておきたいよ こんなに愛していた 誰がいけないとゆう訳でもないけど 人は皆わがままだ 慣れあいの様に暮しても 君を傷つけてばかりさ こんなに君を好きだけど明日さえ教えてやれないから  君が君であるために 勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのかそれがこの胸に解るまで 君は街にのまれて少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのかそれがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる
僕が僕であるために山内惠介山内惠介尾崎豊尾崎豊心すれちがう悲しい生き様に ため息もらしていた だけど この目に映る この街で僕はずっと 生きてゆかなければ 人を傷つける事に目を伏せるけど 優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  別れ際にもう一度 君に確かめておきたいよ こんなに愛していた 誰がいけないとゆう訳でもないけど 人は皆わがままだ 慣れあいの様に暮しても 君を傷つけてばかりさ こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから  君が君であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 君は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる
僕が僕であるために木山裕策木山裕策尾崎豊尾崎豊心すれちがう悲しい生き様に ため息もらしていた だけど この目に映る この街で僕はずっと 生きてゆかなければ 人を傷つける事に目を伏せるけど 優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  別れ際にもう一度 君に確かめておきたいよ こんなに愛していた 誰がいけないとゆう訳でもないけど 人は皆わがままだ 慣れあいの様に暮しても 君を傷つけてばかりさ こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから  君が君であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 君は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる
I love you城田優城田優尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
OH MY LITTLE GIRL加藤ミリヤ加藤ミリヤ尾崎豊尾崎豊こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とても小さく とても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を 撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
Forget-me-not大野雄大 (from Da-iCE)大野雄大 (from Da-iCE)尾崎豊尾崎豊小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人 窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた  幸せかい 昨晩のぬくもりに そっとささやいて 強く君を抱きしめた  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど 僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ 愛の行く方に答はなくて いつでもひとりぼっちだけど  幸せかい ささやかな暮しに 時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた  時々僕は無理に君を 僕の形に はめてしまいそうになるけれど 二人が育くむ 愛の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  行くあてのない街角にたたずみ 君に口づけても  幸せかい 狂った街では 二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草
OH MY LITTLE GIRL木山裕策木山裕策尾崎豊尾崎豊こんなにも 騒がしい 街並にたたずむ君は とても小さく とっても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角の Love Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を 撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を  Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
OH MY LITTLE GIRLToshlToshl尾崎豊尾崎豊こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とても小さく とっても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を 撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
15の夜島津亜矢島津亜矢尾崎豊尾崎豊落書きの教科書と外ばかり見てる俺 超高層ビルの上の空 届かない夢を見てる やりばのない気持の扉破りたい 校舎の裏 煙草をふかして見つかれば逃げ場もない しゃがんでかたまり 背を向けながら 心のひとつも解りあえない大人達をにらむ そして仲間達は今夜家出の計画をたてる とにかくもう 学校や家には帰りたくない 自分の存在が何なのかさえ 解らず震えている 15の夜  盗んだバイクで走り出す 行く先も解らぬまま 暗い夜の帳(とば)りの中へ 誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に 自由になれた気がした 15の夜  冷たい風 冷えた躰 人恋しくて 夢見てるあの娘の家の横を サヨナラつぶやき走り抜ける 闇の中 ぽつんと光る 自動販売機 100円玉で買えるぬくもり 熱い缶コーヒー握りしめ 恋の結末も解らないけど あの娘と俺は将来さえ ずっと夢に見てる 大人達は心を捨てろ捨てろと言うが 俺はいやなのさ 退屈な授業が俺達の全てならば なんてちっぽけで なんて意味のない なんて無力な 15の夜  盗んだバイクで走り出す 行く先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ 覚えたての煙草をふかし 星空を見つめながら 自由を求め続けた 15の夜  盗んだバイクで走り出す 行く先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ 誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に 自由になれた気がした 15の夜
Forget-me-notジェジュンジェジュン尾崎豊尾崎豊小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人  窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた 幸せかい 昨晩のぬくもりに そっとささやいて 強く君を抱きしめた  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど 僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ  愛の行く方に答はなくて いつでもひとりぼっちだけど 幸せかい ささやかな暮らしに 時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた  時々僕は無理に君を 僕の形に はめてしまいそうになるけれど 二人が育くむ 愛の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  行くあてのない街角にたたずみ 君に口づけても  幸せかい 狂った街では 二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草 
I LOVE YOU島田歌穂島田歌穂尾崎豊尾崎豊I Love You 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I Love You 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I Love You 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I Love You 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
I LOVE YOU宮本美季宮本美季尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落ち葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
Forget-me-not番匠谷紗衣番匠谷紗衣尾崎豊尾崎豊小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人 窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた  幸せかい 昨晩のぬくもりに そっとささやいて 強く君を抱きしめた  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど 僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ 愛の行く方に答はなくて いつでもひとりぼっちだけど  幸せかい ささやかな暮らしに 時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた  時々僕は無理に君を 僕の形に はめてしまいそうになるけれど 二人が育くむ 愛の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  行くあてのない街角にたたずみ 君に口づけても  幸せかい 狂った街では 二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草
I LOVE YOUToshlToshl尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮らしの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
OH MY LITTLE GIRLJerry YanJerry Yan尾崎豊尾崎豊こんなにも騒がしい街並みに たたずむ君は とても小さく とっても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 片寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を 撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  OH MY LITTLE GIRL 暖めてあげよう OH MY LITTLE GIRL こんなにも愛してる OH MY LITTLE GIRL 二人黄昏に 片寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
ふたつの心藤あや子藤あや子尾崎豊尾崎豊見つめ合うだけの暮らし 心の鼓動が 寂しさ塗りつぶし今日を温め合うよ ふたつの心ふたつの生き方を重ね合うから 君は時々涙を僕はため息を零(こぼ)すけど 二人求め合い暮らしてゆけるさ 夜明けまでずっと抱き締め合いながら  そっと扉閉じて僕が旅に行(ゆ)く時 君はいつまでも笑顔を浮かべていた 夜の明かりの向こうで君は僕の帰りを待つの 見知らぬ街の片隅で僕は君の面影抱き締めている 離れて過ごしても君の心が聞こえるよ 君に届くだろう僕のこの思いが  分け合うものなど初めからないけど 心さえあればいつでも二人はあるがまま そっと強く受け止め合いながら夜が明けるまですっと 抱き締め合っているよ 二人あるがまま……
OH MY LITTLE GIRL高橋克典高橋克典尾崎豊尾崎豊こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とても小さく とっても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を 撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を  Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
I LOVE YOUMs.OOJAMs.OOJA尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌 聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された 恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は 落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは 小猫の様な泣き声で きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には 触れられぬ秘密がある I love you 今の暮らしの中では 辿り着けない ひとつに重なり 生きてゆく恋を 夢見て 傷つくだけの二人だよ 何度も 愛してるって聞くおまえは この愛なしでは 生きてさえゆけないと きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に
Forget-me-not山崎育三郎山崎育三郎尾崎豊尾崎豊小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人 窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた  幸せかい 昨晩のぬくもりに そっとささやいて 強く君を抱きしめた  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど 僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ 愛の行く方に答はなくて いつでもひとりぼっちだけど  幸せかい ささやかな暮らしに 時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた  時々僕は無理に君を 僕の形に はめてしまいそうになるけれど 二人が育くむ 愛の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  行くあてのない街角にたたずみ 君に口づけても  幸せかい 狂った街では 二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでもさがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草
OH MY LITTLE GIRL城南海城南海尾崎豊尾崎豊こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とても小さく とっても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を 撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
I LOVE YOU和央ようか和央ようか尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは 悲しい歌 聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いた この部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰(からだ) 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には 触れられぬ秘密がある I love you 今の暮らしの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰(からだ) 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
Forget-me-not青木隆治青木隆治尾崎豊尾崎豊小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人 窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた  幸せかい 昨晩のぬくもりに そっとささやいて 強く君を抱きしめた  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど 僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ 愛の行く方に答はなくて いつでもひとりぼっちだけど  幸せかい ささやかな暮らしに 時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた  時々僕は無理に君を僕の形に はめてしまいそうになるけれど 二人が育くむ愛の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  行くあてのない街角にたたずみ 君に口づけても  幸せかい 狂った街では 二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる 初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草
I LOVE YOU玉置浩二玉置浩二尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
シェリー若旦那若旦那尾崎豊尾崎豊シェリー 俺は転がり続けて こんなとこにたどりついた シェリー 俺はあせりすぎたのか むやみに何もかも 捨てちまったけれど シェリー あの頃は夢だった 夢のために生きてきた俺だけど シェリー おまえの言うとおり 金か夢かわからない暮しさ  転がり続ける 俺の生きざまを 時には無様なかっこうでささえてる  シェリー 優しく俺をしかってくれ そして強く抱きしめておくれ おまえの愛が すべてを包むから シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう シェリー 俺は歌う 愛すべきものすべてに  シェリー 見知らぬところで 人に出会ったらどうすりゃいいかい シェリー 俺ははぐれ者だから おまえみたいにうまく笑えやしない シェリー 夢を求めるならば 孤独すら恐れやしないよね シェリー ひとりで生きるなら 涙なんか見せちゃいけないよね  転がり続ける 俺の生きざまを 時には涙をこらえてささえてる  シェリー あわれみなど 受けたくはない 俺は負け犬なんかじゃないから 俺は真実へと歩いて行く  シェリー 俺はうまく歌えているか 俺はうまく笑えているか 俺の笑顔は卑屈じゃないかい 俺は誤解されてはいないかい 俺はまだ馬鹿と呼ばれているか 俺はまだまだ恨まれているか 俺に愛される資格はあるか 俺は決してまちがっていないか 俺は真実へと歩いているかい  シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう シェリー 俺は歌う 愛すべきものすべてに
Forget-me-not遠藤舞遠藤舞尾崎豊尾崎豊小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人 窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた  幸せかい 昨晩のぬくもりに そっとささやいて 強く君を抱きしめた  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  時々愛の終りの 悲しい夢を君は見るけど 僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ 愛の行く方に答はなくて いつでもひとりぼっちだけど  幸せかい ささやかな暮らしに 時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた  時々僕は無理に君を僕の形に はめてしまいそうになるけれど 二人が育む愛の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  行くあてのない 街角にたたずみ 君に口づけても  幸せかい 狂った街では 二人のこの愛さえうつろい踏みにじられる  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草
I LOVE YOUFaylanFaylan尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌 聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は 落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは 小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には 触れられぬ秘密がある I love you 今の暮らしの中では 辿り着けない ひとつに重なり 生きてゆく恋を 夢見て 傷つくだけの二人だよ 何度も 愛してるって聞くおまえは この愛なしでは 生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に
Forget-me-notAcid Black CherryAcid Black Cherry尾崎豊尾崎豊小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人 窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた  幸せかい 昨晩のぬくもりに そっとささやいて 強く君を抱きしめた  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど 僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ 愛の行く方に答はなくて いつでもひとりぼっちだけど  幸せかい ささやかな暮しに 時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた  時々僕は無理に君を 僕の形に はめてしまいそうになるけれど 二人が育くむ 愛の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  行くあてのない街角にたたずみ 君に口づけても  幸せかい 狂った街では 二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでもさがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草
Forget-me-notMs.OOJAMs.OOJA尾崎豊尾崎豊小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人 窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた  幸せかい 昨晩のぬくもりに そっとささやいて 強く君を抱きしめた  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど 僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ 愛の行く方に答はなくて いつでもひとりぼっちだけど  幸せかい ささやかな暮らしに 時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた  時々僕は無理に君を 僕の形に はめてしまいそうになるけれど 二人が育くむ 愛の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  行くあてのない街角にたたずみ 君に口づけても  幸せかい 狂った街では 二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでもさがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草
I LOVE YOUD-LITE(from BIGBANG) feat. 葉加瀬太郎D-LITE(from BIGBANG) feat. 葉加瀬太郎尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
I LOVE YOU堂本剛堂本剛尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いた この部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた 空き箱みたい だからおまえは 小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけて しまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には 触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり 生きてゆく恋を 夢みて 傷つくだけの 二人だよ 何度も愛してるって聞く おまえは この愛なしでは 生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけて しまわぬ様に それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけて しまわぬ様に
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
卒業BUNNY THE PARTYBUNNY THE PARTY尾崎豊尾崎豊校舎の影 芝生の上 すいこまれる空 幻とリアルな気持 感じていた チャイムが鳴り 教室のいつもの席に座り 何に従い 従うべきか考えていた ざわめく心 今 俺にあるものは 意味なく思えて とまどっていた  放課後 街ふらつき 俺達は風の中 孤独 瞳にうかべ 寂しく歩いた 笑い声とため息の飽和した店で ピンボールのハイスコアー 競いあった 退屈な心 刺激さえあれば 何でも大げさにしゃべり続けた  行儀よくまじめなんて 出来やしなかった 夜の校舎 窓ガラス壊してまわった 逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった 信じられぬ大人との争いの中で 許しあい いったい何 解りあえただろう うんざりしながら それでも過した ひとつだけ 解ってたこと この支配からの 卒業  誰かの喧嘩の話に みんな熱くなり 自分がどれだけ強いか 知りたかった 力だけが必要だと 頑なに信じて 従うとは負けることと言いきかした 友だちにさえ 強がって見せた 時には誰かを傷つけても  やがて誰も恋に落ちて 愛の言葉と 理想の愛 それだけに心奪われた 生きる為に 計算高くなれと言うが 人を愛すまっすぐさを強く信じた 大切なのは何 愛することと 生きる為にすることの区別迷った  行儀よくまじめなんて クソくらえと思った 夜の校舎 窓ガラス壊してまわった 逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった 信じられぬ大人との争いの中で 許しあい いったい何 解りあえただろう うんざりしながら それでも過ごした ひとつだけ 解ってたこと この支配からの 卒業  卒業して いったい何解ると言うのか 想い出のほかに 何が残るというのか 人は誰も縛られた かよわき子羊ならば 先生あなたは かよわき大人の代弁者なのか 俺達の怒り どこへ向かうべきなのか これからは 何が俺を縛りつけるだろう あと何度自分自身 卒業すれば 本当の自分に たどりつけるだろう  仕組まれた自由に 誰も気づかずに あがいた日々も 終る この支配からの 卒業 闘いからの 卒業
I LOVE YOUBENIBENI尾崎豊・英語詞:BENI・Leo Imai尾崎豊I love you I don't wanna hear a sad song tonight amidst the stormy weather I love you We have run away together in the night, coming to life It's not like we were handed everything on a silver platter Nothing but stray cats cold in the dark, Searching through the leaves and looking for a place just a little bit better, Flickering eyes in the middle of the night, following the sparks Ooo-ooo-oooh  I've got to tell you now my darling, as we hold each other upon This old single bed that we rest our bodies on If we just close our eyes together now, it'll get us through somehow Cause our love won't scar from any sad song they sing, or the troubles they bring  I love you There are secrets into young lovers too young to ever be touched I love you How could we ever hope to find each other the way we live today? Dreaming of a love that wraps itself around everything Dreaming of it only to have them clip our wings All of the times that you ask 'Do you love me with all of your heart?' How, if I ever took my love away, it would just tear you apart Ooo-ooo-ooh  I've got to tell you now my darling, as we hold each other upon This old single bed that we rest our bodies on If we just close our eyes together now, it'll get us through somehow Cause our love won't scar from any sad song they sing, or the troubles they bring  If we just close our eyes together now, it'll get us through somehow Cause our love won't scar from any sad song they sing, or the troubles they bring
I LOVE YOU世良公則世良公則尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは子猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮らしの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に 愛がしらけてしまわぬ様に
僕が僕であるためにGOLD LYLICmiwaGOLD LYLICmiwa尾崎豊尾崎豊心すれちがう悲しい生き様に ため息もらしていた だけどこの目に映る この街で僕はずっと 生きてゆかなければ 人を傷つける事に目を伏せるけど 優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  別れ際にもう一度 君に確かめておきたいよ こんなに愛していた 誰がいけないとゆう訳でもないけど 人は皆わがままだ 慣れあいの様に暮しても 君を傷つけてばかりさ こんなに君を好きだけど明日さえ教えてやれないから  君が君であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 君は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる
I LOVE YOUZEROZERO尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
I LOVE YOU(韓国語バージョン)ZEROZERO尾崎豊・訳詞:Lee Seung ho尾崎豊I love you サランハンダヌン イマル パッケヌン ヘジュルマリ オップネヨ I love you ウイミ オップヌンマリ テオッチマン サランヘヨ イジェワソ ムスン ソヨン イッケッソヨ タシン ポルス オップヌン イピョリンデ トリキルス オップヌンコル チャル アルゴイッチマン オトッケドゥン クデ チャバドゥゴ シプンゴル フーフーフー  イセサン アニラド オンジェンガ ウリ タシ マンナルテンデ ヌンムル ハンバンウルド ポヨソン アンデケッチョ サランエ パジゲ マンドゥロットン ミソロ ナル トナヨ クミソ ハナロ オンジェラド クデル チャジャネルス イッケ  I love you キオッカナヨ チョウム クデエゲ ヌキン クトルリム I love you オレンフエソヤ ネゲヘジュン クデ クハンマディ ウリサラン アンデルコラ センガッケッチョ ノムナド アルムタウォッキエ トラソリョ ヘッソットン ネアペ クデヌン クムマンカトゥン サランウロ タガワッソッチョ フーフーフー  イセサン アニラド オンジェンガ ウリ タシ マンナルテンデ ヌンムル ハンバンウルド ポヨソン アンデケッチョ サランエ パジゲ マンドゥロットン ミソロ ナル トナヨ クミソ ハナロ オンジェラド クデル チャジャネルス イッケ  オンジェンガ ウリ タシ マンナミョン ヤッソック ハナマン ヘヨ イロッケ アプゲ ノム シップケ ヘオジル サランハジン マヨ
OH MY LITTLE GIRLMINMIMINMI尾崎豊尾崎豊こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とても小さく とっても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を 撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を  Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
僕が僕であるために馬場俊英馬場俊英尾崎豊尾崎豊心すれちがう悲しい生き様に ため息もらしていた だけど この目に映る この街で僕はずっと 生きてゆかなければ 人を傷つける事に目を伏せるけど 優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  別れ際にもう一度 君に確かめておきたいよ こんなに愛していた 誰がいけないとゆう訳でもないけど 人は皆わがままだ 慣れあいの様に暮しても 君を傷つけてばかりさ こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから  君が君であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 君は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる
Forget-me-notGOLD LYLIC清水翔太GOLD LYLIC清水翔太尾崎豊尾崎豊小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人 窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた  幸せかい 昨晩のぬくもりに そっとささやいて 強く君を抱きしめた  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど 僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ 愛の行く方に答はなくて いつでもひとりぼっちだけど  幸せかい ささやかな暮しに 時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた  時々僕は無理に君を 僕の形に はめてしまいそうになるけれど 二人が育くむ 愛の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  行くあてのない街角にたたずみ 君に口づけても  幸せかい 狂った街では 二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでもさがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草
I LOVE YOUコブクロコブクロ尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
シェリー伊禮俊一伊禮俊一尾崎豊尾崎豊シェリー 俺は転がり続けて こんなとこに たどりついた シェリー 俺はあせりすぎたのか むやみに何もかも 捨てちまったけれど  シェリー あの頃は夢だった 夢のために生きてきた 俺だけど シェリー おまえの言うとおり 金か夢か わからない暮しさ  転がり続ける 俺の生きざまを 時には涙をこらえてささえてる  シェリー あわれみなど 受けたくはない 俺は負け犬なんかじゃないから 俺は真実へと歩いて行く  シェリー 俺はうまく歌えているか 俺はうまく笑えているか 俺の笑顔は卑屈じゃないかい 俺は誤解されてはいないかい 俺はまだ馬鹿と呼ばれているか 俺はまだまだ恨まれているか 俺に愛される資格はあるか 俺は決してまちがっていないか 俺は真実へと歩いているかい  シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう シェリー 俺は歌う 愛すべきもの すべてに  シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう シェリー 俺は歌う 愛すべきもの すべてに
I LOVE YOUジェームス西田ジェームス西田尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい 歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ辿り着いた この部屋  何もかも許された 恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は 落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは 小猫のような泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には 触れられぬ秘密がある I love you 今の暮らしの中では 辿り着けない  ひとつに重なり 生きてゆく恋を 夢見て 傷つくだけの二人だよ 何度も 愛してるって聞くおまえは この愛なしでは 生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に
I LOVE YOU島谷ひとみ島谷ひとみ尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌 聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された 恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は 落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは 小猫の様な泣き声で きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には 触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり 生きてゆく恋を 夢見て 傷つくだけの二人だよ 何度も 愛してるって聞くおまえは この愛なしでは 生きてさえゆけないと きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に
OH MY LITTLE GIRL広瀬香美広瀬香美尾崎豊尾崎豊こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とても小さくとっても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を 撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
I LOVE YOU森進一森進一尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
I LOVE YOU中森明菜中森明菜尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
OH MY LITTLE GIRLCHIHOMICHIHOMI尾崎豊尾崎豊こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とても小さく とても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を 撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
15の夜Scott MurphyScott Murphy尾崎豊尾崎豊落書きの教科書と外ばかり見てる俺 超高層ビルの上の空 届かない夢を見てる やりばのない気持の扉破りたい 校舎の裏 煙草をふかして見つかれば逃げ場もない しゃがんでかたまり 背を向けながら 心のひとつも解りあえない大人達をにらむ そして仲間達は今夜家出の計画をたてる とにかくもう 学校や家には帰りたくない 自分の存在が何なのかさえ 解らず震えている 15の夜 ―――― 盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ 誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に 自由になれた気がした 15の夜  冷たい風 冷えた躰 人恋しくて 夢見てるあの娘の家の横を サヨナラつぶやき走り抜ける 闇の中 ぽつんと光る 自動販売機 100円玉で買えるぬくもり 熱い缶コーヒー握りしめ 恋の結末も解らないけど あの娘と俺は将来さえ ずっと夢に見てる 大人達は心を捨てろ捨てろと言うが 俺はいやなのさ 退屈な授業が俺達の全てならば なんてちっぽけで なんて意味のない なんて無力な 15の夜 ―――― 盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ 覚えたての煙草をふかし 星空を見つめながら 自由を求め続けた 15の夜  盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ 誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に 自由になれた気がした 15の夜
Forget-me-not中村あゆみ中村あゆみ尾崎豊尾崎豊小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人  窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた 幸せかい 昨晩のぬくもりに そっとささやいて 強く君を抱きしめた  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど 僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ  愛の行く方に答えはなくて いつでもひとりぼっちだけど 幸せかい ささやかな暮らしに 時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた  時々僕は無理に君を 僕の形に はめてしまいそうになるけれど 二人が育くむ 愛の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  行くあてのない街角にたたずみ 君に口づけても  幸せかい 狂った街では 二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草
OH MY LITTLE GIRL岡平健治岡平健治尾崎豊尾崎豊こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とてもちいさく とっても寒がりで 泣き虫な女の子さ 街角のLove song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた体そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl ふたり 黄昏に肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を  Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が ふたりの体すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl ふたり 黄昏に肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
僕が僕であるために中村あゆみ中村あゆみ尾崎豊尾崎豊心すれちがう悲しい生き様に ため息もらしていた だけど この目に映る この街で僕はずっと 生きてゆかなければ  人を傷つける事に目を伏せるけど 優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  別れ際にもう一度 君に確かめておきたいよ こんなに愛していた 誰がいけないとゆう訳でもないけど 人は皆わがままだ  慣れあいの様に暮しても 君を傷つけてばかりさ こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから  君が君であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 君は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる
I LOVE YOU布施明布施明尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
シェリー中村あゆみ中村あゆみ尾崎豊尾崎豊シェリー 俺は転がり続けて こんなとこにたどりついた シェリー 俺はあせりすぎたのか むやみに何もかも 捨てちまったけれど シェリー あの頃は夢だった 夢のために生きてきた俺だけど シェリー おまえの言うとおり 金か夢かわからない暮しさ  転がり続ける 俺の生きざまを 時には無様なかっこうでささえてる  シェリー 優しく俺をしかってくれ そして強く抱きしめておくれ おまえの愛が すべてを包むから シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう シェリー 俺は歌う 愛すべきものすべてに  シェリー 見知らぬところで 人に出会ったらどうすりゃいいかい シェリー 俺ははぐれ者だから おまえみたいにうまく笑えやしない シェリー 夢を求めるならば 孤独すら恐れやしないよね シェリー ひとりで生きるなら 涙なんか見せちゃいけないよね  転がり続ける 俺の生きざまを 時には涙をこらえてささえてる  シェリー あわれみなど 受けたくはない 俺は負け犬なんかじゃないから 俺は真実へと歩いて行く  シェリー 俺はうまく歌えているか 俺はうまく笑えているか 俺の笑顔は卑屈じゃないかい 俺は誤解されてはいないかい 俺はまだ馬鹿と呼ばれているか 俺はまだまだ恨まれているか 俺に愛される資格はあるか 俺は決してまちがっていないか 俺は真実へと歩いているかい  シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう シェリー 俺は歌う 愛すべきものすべてに  シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう シェリー 俺は歌う 愛すべきものすべてに  シェリー 俺はあせりすぎたのか むやみに何もかも 捨てちまったけれど
I LOVE YOU加藤登紀子加藤登紀子尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋  何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない  ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
OH MY LITTLE GIRL伴都美子伴都美子尾崎豊尾崎豊こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とても小さく とても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を 撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を  Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
I LOVE YOU甲斐よしひろ甲斐よしひろ尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌 聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された 恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は 落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは 小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には 触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり 生きてゆく恋を 夢見て 傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは 生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に
I LOVE YOU河村隆一河村隆一尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで捨て猫みたい この部屋は落ち葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮らしの中では辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
I LOVE YOU中西保志中西保志尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌 聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ辿り着いた この部屋  何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで捨て猫みたい この部屋は落ち葉に埋もれた空き箱みたい だからお前は子猫のような泣き声で Uh…  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく身体 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には 触れられぬ秘密がある I love you 今の暮らしの中では 辿り着けない  ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くお前は この愛なしでは生きてさえゆけないと Uh…  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく身体 抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に 愛がしらけてしまわぬ様に
I LOVE YOU中島美嘉中島美嘉尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは子猫の様な泣き声で きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
OH MY LITTLE GIRL河村隆一河村隆一尾崎豊尾崎豊こんなにも騒がしい街並に たたずむ 君は とても小さく とても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を 撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を  Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
I LOVE YOUPOSITIONPOSITION尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌 聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで捨て猫みたい この部屋は落ち葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫のような泣き声で きしむベッドの上で優しさを持ちより きつく身体 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮らしの中では辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で優しさを持ちより きつく体 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
I LOVE YOU河口恭吾河口恭吾尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
Forget-me-not槇原敬之槇原敬之尾崎豊尾崎豊小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人 窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた  幸せかい 昨晩のぬくもりに そっとささやいて 強く君を抱きしめた  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど 僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ 愛の行く方に答えはなくて いつでもひとりぼっちだけど  幸せかい ささやかな暮らしに 時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた  時々僕は無理に君を 僕の形に はめてしまいそうになるけれど 二人が育む 愛の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  行くあてのない街角にたたずみ 君に口づけても  幸せかい 狂った街では 二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草
I LOVE YOUクミコクミコ尾崎豊尾崎豊I LOVE YOU 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I LOVE YOU 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に 埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく 躰抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に愛が しらけてしまわぬ様に  I LOVE YOU 若すぎる二人の愛には 触れられぬ秘密がある I LOVE YOU 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく 躰抱きしめあえば それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に愛が しらけてしまわぬ様に  それからまた二人は 目を閉じるよ 悲しい歌に愛が しらけてしまわぬ様に
Forget-me-notCHEMISTRYCHEMISTRY尾崎豊尾崎豊小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人 窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた  幸せかい 昨晩のぬくもりに そっとささやいて 強く君を抱きしめた  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど 僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ 愛の行く方に答はなくて いつでもひとりぼっちだけど  幸せかい ささやかな暮しに 時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた  時々僕は無理に君を 僕の形に はめてしまいそうになるけれど 二人が育くむ 愛の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草 行くあてのない街角にたたずみ 君に口づけても  幸せかい 狂った街では 二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草
シェリー門倉有希門倉有希尾崎豊尾崎豊シェリー 俺は転がり続けて こんなとこに たどりついた シェリー 俺はあせりすぎたのか むやみに何もかも 捨てちまったけれど シェリー あの頃は夢だった 夢のために生きてきた 俺だけど シェリー おまえの言うとおり 金か夢か わからない暮しさ  転がり続ける 俺の生きざまを 時には無様な格好でささえてる  シェリー 優しく俺をしかってくれ そして強く抱きしめておくれ おまえの愛が すべてを包むから  シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう シェリー 俺は歌う 愛すべきものすべてに  シェリー 見知らぬところで 人に出会ったら どうすりゃいいかい シェリー 俺は はぐれ者だから おまえみたいに うまく笑えやしない シェリー 夢を求めるならば 孤独すら恐れやしないよね シェリー ひとりで生きるなら 涙なんか見せちゃいけないよね  転がり続ける 俺の生きざまを 時には涙をこらえてささえてる  シェリー あわれみなど 受けたくはない 俺は負け犬なんかじゃないから 俺は真実へと歩いて行く  シェリー 俺はうまく歌えているか 俺はうまく笑えているか 俺の笑顔は卑屈じゃないかい 俺は誤解されてはいないかい 俺はまだ馬鹿と呼ばれているか 俺はまだまだ恨まれているか 俺に愛される資格はあるか 俺は決してまちがっていないか 俺は真実へと歩いているかい  シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう シェリー 俺は歌う 愛すべきもの すべてに  シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう シェリー 俺は歌う 愛すべきもの すべてに
十七歳の地図175R175R尾崎豊尾崎豊十七のしゃがれたブルースを聞きながら 夢見がちな俺はセンチなため息をついている たいしていい事あるわけじゃないだろう 一時の笑顔を疲れも知らず探し回ってる バカ騒ぎしてる 街角の俺達の かたくなな心と黒い瞳には寂しい影が 喧嘩にナンパ 愚痴でもこぼせば皆同じさ うずうずした気持で踊り続け 汗まみれになれ くわえ煙草の Seventeen's map  街角では少女が自分を売りながら あぶく銭のために何でもやってるけど 夢を失い 愛をもて遊ぶ あの子忘れちまった 心をいつでも輝かしてなくちゃならないってことを 少しずつ色んな意味が解りかけてるけど 決して授業で教わったことなんかじゃない 口うるさい大人達のルーズな生活に縛られても 素敵な夢を忘れやしないよ  人波の中をかきわけ 壁づたいに歩けば すみからすみはいつくばり 強く生きなきゃと思うんだ ちっぽけな俺の心に 空っ風が吹いてくる 歩道橋の上 振り返り 焼けつくような夕陽が 今 心の地図の上で 起こる全ての出来事を照らすよ Seventeen's map  電車の中 押しあう人の背中にいくつものドラマを感じて 親の背中にひたむきさを感じて このごろふと涙こぼした 半分大人の Seventeen's map 何のために生きてるのか解らなくなるよ 手を差しのべて おまえを求めないさ この街 どんな生き方になるにしても自分を捨てやしないよ  人波の中をかきわけ 壁づたいに歩けば しがらみのこの街だから 強く生きなきゃと思うんだ ちっぽけな俺の心に 空っ風が吹いてくる 歩道橋の上 振り返り 焼けつく様な夕陽が 今 心の地図の上で 起こる全ての出来事を照らすよ Seventeen's map
I LOVE YOU宇多田ヒカル宇多田ヒカル尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
LOVE WAY大森洋平大森洋平尾崎豊尾崎豊ひどく煙たい朝に目覚めると俺は 何時しか何かに心が殺されそうだ 俺を捕らえる 不可能な夢 偽善に染まる 答えはすぐに打ち消されて矛盾になる Love Way Love Way 静寂の中の響きに体休み無く 心の傷(いた)みを蹴飛ばしながら暮らしてる Love Way Love Way 貧しさの憧れに 狂い出した太陽が 欲望の名を借りて何処までも果てし無い  Love Way 言葉も感じるままにやがて意味を変える Love Way 真実なんてそれは共同条理の原理の嘘 Love Way 生きる為に与えられてきたもの全ては 戦い 争い 奪って愛し合う Love Way  全てのものが置き換えられた幻想の中で 犯してしまっている気付けない過ちに 清らかに安らかに生まれて来るもの 全ての存在は罪を背負わされるだろう Love Way Love Way 生き残る為だけの愛ならば安らかに 祈り続けても心は脆く崩されく Love Way Love Way 真夜中の街並みに 狂い出した太陽が 欲望の形を変えて 素肌から心を奪ってく  Love Way 何ひとつ確かなものなどないと叫ぶ Love Way 足りないものがあるそれが俺の心 Love Way 満たされないものがあるそれが人の心 押されて 流され 愛は計られる Love Way  何時も何かが違う 生きて行くだけの為に こんなに犯した罪を 誰も背負いきれない  Love Way 何かに裁かれている様な気がする Love Way 何かが全てを罪に陥れていく様だ Love Way 何かを償う事すら出来ないとしても Love Way 生き残る為に愛し合う事は出来るだろうよ  欲望の暗闇に 狂い出した太陽が この狂った街の中で 慰安に身を隠す人々を照らし出してる  Love Way 心と体を支えている炎の欲望 Love Way 全ての終わりを感じてしまう時にさえ俺は Love Way 生きる為に汚れていく全てが愛しい 人間なんて愛に脆く Love Way
太陽の破片岡村靖幸岡村靖幸尾崎豊尾崎豊昨晩 眠れずに 失望と戦った 君が 悲しく見える 街が悲しいから 昨晩 一晩中 欲望と戦った 君を包むもの全てが 僕を壊すから  すり変ってゆく 現実との はざまに描いた夢が 愛を傷つける 暮しはただ 街明りに照らされ 何を信じるの どこへ向かうの 僕の手も握らずに 消えるのは何故  誰も手をさしのべず 何かにおびえるなら 自由 平和 そして 愛を何で示すのか だから 一晩中 絶望と戦った 僕はただ 清らかな 愛を信じている  目をつぶってみる 涙がほら 渇くまでの間に 忘れられるさ 破れた約束の前で 人はいつも 偽りつづける だけど 君を もう欲望の果てにただ 奪われたくはない  君を守りたい 悲しみ こぼれぬよう あわれみが 今希望の内に生まれるよう もし君が 暗闇に光を求めるなら ごらん 僕を 太陽の破片が 頬をつたう  昨晩 眠れずに 昨晩 眠れずに
ダンスホールCoccoCocco尾崎豊尾崎豊安いダンスホールは たくさんの人だかり 陽気な色と音楽と煙草の煙にまかれてた ギュウギュウづめのダンスホール しゃれた小さなステップ はしゃいで踊りつづけてる おまえを見つけた  子猫のような奴で なまいきな奴 小粋なドラ猫ってとこだよ おまえはずっと踊ったね  気どって水割り飲みほして 慣れた手つきで火をつける 気のきいた 流行文句(はやりもんく)だけに おまえは小さく うなづいた 次の水割り手にして 訳もないのに 乾杯 こんなものよと 微笑んだのは たしかに つくり笑いさ  少し酔ったおまえは 考えこんでいた 夢見る娘ってとこだよ 決して目覚めたくないんだろう  あたい グレはじめたのは ほんの些細なことなの 彼がいかれていたし でも本当は あたいの性分ね 学校はやめたわ 今は働いてるわ 長いスカートひきずってた のんびり気分じゃないわね 少し酔ったみたいね しゃべり過ぎてしまったわ  けど 金がすべてじゃないなんて きれいには言えないわ  夕べの 口説き文句も忘れちまって 今夜もさがしに行くのかい 寂しい影 落しながら  あくせくする毎日に 疲れたんだね 俺の胸で眠るがいい そうさおまえは孤独なダンサー
闇の告白斉藤和義斉藤和義尾崎豊尾崎豊何ひとつ語れずに うずくまる人々の 命が今日またひとつ 街に奪われた 憎しみの中の愛に 育まれながら 目覚めると やがて人は大人と呼ばれる 微笑みも 戸惑いも意味を失くしてゆく 心の中の言葉など 光さえ奪われる ただ一人 握りしめた引き金を引く 明日へと 全てを撃ち抜く ただ一人 答えを撃ち抜く  何ひとつ理由もしらず 悲しむ心への その哀れみは たやすく消し去られてゆく 暖かな温もりに 手を伸ばしてみても 誰一人 心の中を知る者などない ごらんこの涙が滴るのを その意味と訳を 人が一人で 生きられぬための悲しみなのに 疲れの中弾丸をこめ 引きがねを弾く 誰に向け 今日を撃ち抜く ただ一人 答えを撃ち抜く  血にまみれて 汚れてしまう心 償う術もなく生きる この世に生をうけた時から 人は誰もが 罪を背負い何時しか やがて銃の引きがねを弾く いつの日か 自分を撃ち抜く ただ一人 答えを撃ち抜く 明日へと 全てを撃ち抜く ただ一人 答えを撃ち抜く
OH MY LITTLE GIRL竹内めぐみ竹内めぐみ尾崎豊尾崎豊こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とても小さく とても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を 撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
路上のルール橘いずみ橘いずみ尾崎豊尾崎豊洗いざらいを捨てちまって 何もかもはじめから やり直すつもりだったと 街では夢が もう どれくらい流れたろう 今じゃ本当の自分 捜すたび 調和の中で ほら こんがらがってる  互い見すかした笑いの中で 言訳のつくものだけを すり替える夜 瞬きの中に 何もかも消えちまう  街の明りの下では 誰もが目を閉じ 闇さまよってる あくせく流す汗と 音楽だけは 止むことがなかった 今夜もともる街の明りに 俺は自分のため息に 微笑み おまえの笑顔を 捜してる  傷をなめあう ハイエナの道の脇で 転がって いったい俺は 何を主張し かかげるのか もう自分では 愚かさにすら気付き 論す事もなく 欲に意地はりあうことから 降りられない  疲れにむくんだ 顔で笑ってみせる おまえ抱きしめるには 互い失ってしまうものの方が 多いみたいだけれど  街の明りの下では 誰もが目を閉じ 闇さまよってる あくせく流す汗と 音楽だけは 止むことがなかった 今夜もともる街の明りに 俺は自分のため息に 微笑み おまえの笑顔を 捜してる  河のほとりに とり残された俺は 街の明りを 見つめてた 思い出が俺の心を 縛るんだ 月にくるまり 闇に吠え 償いが俺を とらえて縛る そいつに向って歌った  俺がはいつくばるのを待ってる 全ての勝敗のために 星はやさしく 風に吹かれて 俺は少しだけ笑った  街の明りの下では 誰もが目を閉じ 闇さまよってる あくせく流す汗と 音楽だけは 止むことがなかった 今夜もともる街の明りに 俺は自分のため息に 微笑み おまえの笑顔を 捜してる  おまえの笑顔を 捜している
僕が僕であるためにGOLD LYLICMr.ChildrenGOLD LYLICMr.Children尾崎豊尾崎豊心すれちがう悲しい生き様に ため息もらしていた だけど この目に映る この街で僕はずっと 生きてゆかなければ 人を傷つける事に目を伏せるけど 優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  別れ際にもう一度 君に確かめておきたいよ こんなに愛していた 誰がいけないとゆう訳でもないけど 人は皆わがままだ 慣れあいの様に暮しても 君を傷つけてばかりさ こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから  君が君であるために 勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 君は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる
街路樹山口晶山口晶尾崎豊尾崎豊踏み潰された空缶の前で 立ちつくしていた 俺は4時間も地下鉄の 風に吹き上げられていた 昨夜見た夢の 続きを見ていた 甘えるのが下手な 優しさに似た Rock'n Roll 誰ひとり抱きしめられず 歌ってる  Oh… 答えておくれよ これは愛なのか Oh… 運命のいたずらと 泣けるかな 別々の答えが 同じに見えただけ Oh… 過ちも正しさも 裁かれる  足音に降りそそぐ心もよう つかまえて 街路樹たちの歌を 最後まで愛ささやいている 壁の上 二人影ならべて  随分二人の仲も 知れた頃だった おまえはドアを蹴り開けて 毎日と尋ねた 考えちゃだめさ 答えてごらんよ 街角の紙くずの上 YESとNOを重ねた 積まれたタイヤの上で 夢中になった  Oh… 聞こえているなら 答えておくれ Oh… その意味は激しく 降り続く 心偽れずに 思い出すことさえも やがて僕の心を 洗うだろう  足音に降りそそぐ心もよう つかまえて 街路樹たちの歌を 見えるだろ  降りそそぐ雨たちは ずぶ濡れで 夢抱きしめている君さ  足音に降りそそぐ心もよう つかまえて 街路樹たちの歌を 最後まで愛ささやいている 壁の上 二人影ならべて
ダンスホール(風にうたえば)尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊安いダンスホールは たくさんの人だかり 陽気な色と音楽と 煙草の煙にまかれてた ぎゅうぎゅう詰めのダンスホール しゃれた小さなステップ はしゃいで踊り続けてる おまえを見つけた  子猫のような奴で なまいきな奴 小意気なドラ猫ってとこだよ おまえはずっと踊ったね  気取って水割り飲みほして 慣れた手つきで火を点ける 気のきいた流行(はやり)文句だけに おまえは小さくうなづいた 次の水割り手にして わけもないのに乾杯 こんなものよと微笑んだのは たしかにつくり笑いさ  少し酔ったおまえは考えこんでいた 夢見る娘ってとこだよ 決して目覚めたくないんだろう  「あたいグレはじめたのは ほんのささいなことなの 彼がイカれていたし でもほんとはあたいの性分ね 学校はやめたわ 今は働いてるわ 長いスカートひきずってた のんびり気分じゃないわね 少し酔ったみたいね しゃべり過ぎてしまったわ けど 金がすべてじゃないなんて きれいには言えないわ」  あくせくする毎日につかれたんだね 俺の胸でねむるがいい 今夜はもう眠らず  ゆうべのくどき文句も忘れちまって 今夜もさがしに行くのかい 今宵眠れるやさしい胸を そうさおまえは 孤独なダンサー
風にうたえば尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊道端に座り込み 風に歌っているよ 光りたい季節さえ 迷い込むこの風に ゴメンよ、ママ「サヨナラ」と置き手紙見たかい 若き迷いに何もかも見失ったんじゃない 甘ったれのこの俺が決めた 「見つけ出すための旅」なのさ ヘイ、ママ あなたの名前は呼ばずにいるよ この旅が終わるまで 何億マイルの果てしない旅だよ 辿りつく街で人の生きざま歌うよ  たった一人ぼっちで 風に歌っているよ 一粒の涙に 息づく俺の旅に 朝の光のまぶしさに驚き目覚めた人達 不確かな自分の気持ちをそれでも信じて生きている 街の熱気は夜まで続き ビール一杯に終わりを告げる ヘイ、ダーリン まるで名前さえ知りやしないよ 心は迷いに落ちる 何億マイルの果てしない旅だよ 一夜のぬくもり残し朝に旅立つよ  そしてまた座り込み 風に歌っているよ どうやらこの歌に 終わりはないんだね しがらみのこの街では視線を避けながら 怯えきって疲れている身体をひきずり歩いている ああ 優しさはきっとある 何よりも君の胸の中に ヘイ、ボーイ 忘れちまってる愛する術を さびしさの中に見つけて 何億マイルも走り続けるトラック 走らせる俺の愛を積んでどこまでも 街から街へと 夜から朝へと 誰もが旅人 むなしく走り続ける  何億マイルも走り続けるトラック 走らせる俺の愛を積んでどこまでも 街から街へと 夜から朝へと 誰もが旅人 むなしく走り続ける
もうおまえしか見えない尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊語り草 夏の夢恋なんてと 笑いとばしてみても おまえの姿 やきついたまま 消せやしないで 強がってるおいら ばかだよ サヨナラも うまくいえず ばかだよ 恋の中 落ちたままで そうさ 愛の影ばかりをつかもうとして 心のカギをなくしちまったんだ  だけど 信じておくれよ baby baby まわり道 まわり道 したけれど 信じておくれよ baby baby もう おまえしか 見えない おいらさ  少しの金と ちっぽけな心を 愛に置きかえてみても さみしくなるのは わかっていたのに なにもできないで 強がってるおいら ばかだよ 町の光に酔いしれて ばかだよ ふざけ気分のままでいたよ そうさ 心の言葉さえも持たないで おまえの心を悲しませたんだ  だけど 信じておくれよ baby baby まわり道 まわり道 したけれど 信じておくれよ baby baby もう おまえしか 見えない おいらさ
弱くてバカげてて尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊心が重いね 時間に押しつぶされちまう 弱いねおいらは 流されくじけちまうだけ おいらの好きな町の風 早足の人たちにもまれ 強い酒でも あおってみるさ バカげてても 気にしないさ このままでいい  心が重いね ひとりになっちまうから わかるかいおまえにも なぐさめておくれ一晩中 ほれたあいつに会いたいね 夢でも抱きたいね おどけて笑い 忘れちまうから バカげてても 気にしないさ 笑うがいい  心がおもいけど 今度会うとしたら 弱虫なんかじゃないさ おいらが抱いてやる 別れぎわまで甘えてる 弱い男の唄だよ 男と女 こんなもんかな? さよならのやさしさを贈るよ 最後に 最後に
町の風景尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊町の風に引き裂かれ 舞い上がった夢くずが 路上の隅で寒さに震え もみ消されてく 立ちならぶビルの中 ちっぽけなおいらさ のしかかる虚像の中で 心を奪われている  あてどない毎日を まるでのら犬みたいに 愛に飢え 心は乾き ふらつきまわるよ 灰色の壁の上 書きなぐった気持ちは それぞれの在り方の 空しさに震えてるんだ  追いたてられる町の中 アスファルトに耳をあて 雑踏の下うもれてる 歌をみつけ出したい からっぽの明日に 向けて投げてやるさ 誰もが寝りにつく前に  心のハーモニー 奏でよう ガラスづくりのうた 奏でよう 無限の色をちりばめた 町の風景  人間喜劇さ その通りだろうよ だけど何がこうさせるのか わからないよ 愛情の渦だよ 窮屈になるだけ だけど誰が止めるというの 祈るしかない生き物よ  だまってておくれよ 理屈なんかいらない 甘えだと 笑うのも よくわかったから 無意味の様な生き方 金のためじゃなく 夢のため 愛のため そんなものにかけて見るさ  追いたてられる町の中 めくるめく日の中で 人生を描いていく 歌い続け演じ続け 人生はキャンバスさ 人生は五線紙さ 人生は時を演じる舞台さ  心のハーモニー 奏でよう ガラスづくりのうた 奏でよう 無限の色をちりばめた 町の風景
酔いどれ尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊最終のプラットホームに 集まる酔いどれたち ちどり足のステップ踏み 笑顔で床にくずれる 見しらぬ淋しさが 少し風に吹かれれば 「ばかやろう」なんて 小声でつぶやく ああ 笑うがいい おいらは酔いどれ 今日も魂を 切り売りしてきた  眠りにつくまでは こうしていてもいいだろう 朝がくるまでは 素敵な夢をみさせてね 目覚めれば ラッシュアワーの中  ちっぽけな幸せも 届きやしないさ オレのもつ言葉じゃ 言いつくせやしない いつもの淋しさが すこし星に見られたら いきがってみて流されて また振り出しさ ああ ついてない おいらは酔いどれ こらえたさみしさを 今歌うのさ  眠りにつくまでは こうしていてもいいだろう 朝がくるまでは 素敵な夢を見させてね 目覚めれば ラッシュアワーの中  最終のプラットホームは 人生の語り場 ぼろきれまとう心に 泣き笑いの毎日 しらふの自分がまだ 俺をばかにする 弱いやつだね お前って奴は ああ 泣いてやる おいらは酔いどれ 泣いて おこって 笑ってみるのは おいらのすること おいらの人生かい 無駄使いのあぶくぜにさ 生きてるわけかい そんなものありゃしないよ 目覚めれば あたりまえに俺がいる  眠りにつくまでは こうしていてもいいだろう 朝がくるまでは 素敵な夢を見させてね 目覚めれば ラッシュアワーの中
秋風尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊色あせてゆく 町並は 秋の弱い光に 照らされてる 過ぎた夏の思い出が 落とす影の 色は濃いよ ふと かげろうの様なあの日 思い出しては はしゃぎすぎたみたいだと にが笑い  町は秋風 さみしくなるばかり 占いさえもこのごろは ついてないおいらさ  咲き遅れた白い花 捨てちまった愛を 思わせる 高くなる空の色に ひとりとり残されそう 愛はみなひと夜の夢だと 思ってたけど 今じゃあの子のぬくもり さがしてる  町は秋風 さみしくなるばかり 占いさえもこのごろは ついてないおいらさ  照りつけるそんな日に 強がって見せた それだけさ 小さな幸せを 見過ごしてしまった 心 狂わせてしまう光に ある日気づいてみれば 夏から秋へのおかしなものがたり  町は秋風 さみしくなるばかり 占いさえもこのごろは ついてないおいらさ
果てしない旅尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊道端に座り込み 風に歌っているよ 光りたい季節さえ 迷い込むこの風に ゴメンよ、ママ「サヨナラ」と置き手紙見たかい 若き迷いに何もかも見失ったんじゃない 甘ったれのこの俺が決めた 「みつけだったねの旅」なのさ ヘイ、ママ あなたの名前は呼ばずにいるよ この旅が終わる迄 何億マイルの果てしない旅だよ 辿りつく街で人の生き様歌うよ  たった一人ぼっちで 風に歌っているよ ひと粒の涙に いきずく俺の旅に 朝の光の眩しさに驚き目覚めた人達 不確かな自分の気持ちをそれでも信じて生きている 街の熱気は夜迄続き ビール一杯に終わりを告げる ヘイ、ダーリン まるで名前さえ知りやしないよ 心は迷いに落ちる 何億マイルの果てしない旅だよ 一夜のぬくもり残し朝に旅立つよ  そして又、座り込み 風に歌っているよ どうやらこの歌に 終わりはないんだね しがらみのこの街では視線を分けながら 怯えきって疲れている身体をひきずり歩いている ああ 優しさはきっとある 何よりも君の胸の中に ヘイ、ボーイ 忘れちまってる愛する術を 淋しさの中に見つけて  何億マイルも走り続けるトラック 走らせる俺の愛を積んでどこ迄も 街から街へと 夜から朝へと 誰もが旅人 むなしく走り続ける  何億マイルも走り続けるトラック 走らせる俺の愛を積んでどこ迄も 街から街へと 夜から朝へと 誰もが旅人 むなしく走り続ける   注意:一部歌詞を変えて歌っている個所があります、ご了承下さい。
Street Blues尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊いつもいつも 町へ行きたくて おちつかないさ そんなにいいこと あるわけじゃないけど きれいな光で ここよりゃましなユメが見られるさ ウソでも なんでも 歌ってくれるよ  そしてそして わけもわからず バカ騒ぎするさ ケンカに ナンパ ぐちでもこぼして 飢えた奴らの くもった目つきは俺も同じさ 似たよな連中の たまり場だね  頭の先から つま先まで ピカピカきめた 野郎ども 女目当てなら さっさと きめちまったらどうなんだい 女達は さっきからうずうず ずっとまってるぜ 早く なぐさめて やれよ  さみしがりや のら犬ブルース スマートにゃ きまりやしないさ 朝 昼 晩と ぶっ通し 踊れ いつものことなんか忘れ さあ 抜け出すさ いつもの地獄から ここは天国 のら犬Street  町角やまない人のざわめき 狂っているさ 笑い 叫び うめき声 すすり泣き 今の時代のモラルの中に 誰もが自分を殺して 耐えることだとうなづいている  だけどだけど ここは見せかけの ごまかしの町さ 愛 お笑いだ 夢 よく言うよ うわべでつくろうおまえの心は 時代に漂う空き缶みたいさ からっぽな気持ちにあきれちまうぜ  考えることを 1から10まで 変えちまうのもいいだろう 金が目当てなら さっさと 消えちまうのがいいだろう ひとりよがりで 楽しむがいいぜ ずっとそうして 泣きをみれば気がつくよ  さみしがりや のら犬ブルース スマートにゃ きまりやしないさ だけどここなら 好きにやれる 愛し合ってれば なんでもできる さあ 抜け出すさ いつもの地獄から ここは天国 のら犬Street  さみしがりや のら犬ブルース スマートにゃ きまりやしないさ 朝 昼 晩と ぶっ通し 踊れ いつものことなんか忘れ さあ 抜け出すさ いつもの地獄から ここは天国 のら犬Street
尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊何か話をしよう 何だかわからないけど 俺はひどく怯えてる 今夜は泊めてくれ テレビは消してくれないか 明かりもひとつにしてよ こんなに愛してるから 俺から離れないで  独りぼっちで路地裏 俺の背中の人影に怯えて 気持ちを尖らせて 今まで街灯にもたれてた  抱きしめて 愛してる 抱きしめていたい それだけなのに  何かが俺と社会を不調和にしていく 前から少しずつ 感じていた事なんだ いつからかそれをさえぎる 顔を持たない街の微笑み 少し疲れただけよって 君は身体すり寄せる  愛なら救うかもしれない 君の為なら犠牲になろう 愛という名のもとに 俺は生きたい 死ぬ為に生きる様な暮らしの中で ごめんよ こんな馬鹿げたこと聞かずにいてくれ  抱きしめて 愛してる 抱きしめていたい それだけなのに  真夜中 盛り場 人ごみを歩いていると 日常がすりかえた叫びに 誰もが気を失う 殺意に満ちた視線が 俺を包む 持たれる心を探す人は 誰も自分を語れない  何から身を守ろうというの 何かが少しおかしい様な街で ネオンライト クラクション 地下鉄の風 何もかも 元のままに見えるけれど 見えないかい 聞こえないかい 愛なんて口にできない  抱きしめて 愛してる 抱きしめていたい それだけなのに  ねぇ もしかしたら 俺の方が正しいかもしれないだろう 俺がこんな平和の中で 怯えているけれど 反戦 反核 いったい何が出来るというの 小さな叫びが 聞こえないこの街で  恋人達は 愛を語りあい 俺は身を粉にして働いている 誰が誰を責められる この生存競争 勝つ為に戦う人々を  俺の目を見てくれ いったい何が出来る  抱きしめて 愛してる 抱きしめていたい それだけなのに 抱きしめて 愛してる 抱きしめていたい それだけなのに
街路樹GOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊踏み潰された空缶の前で 立ちつくしていた 俺は4時間も地下鉄の 風に吹き上げられていた 昨日見た夢の 続きを見ていた 甘えるのが下手な 優しさに似た Rock'n Roll 誰ひとり抱きしめられず 歌ってる  Oh… 答えておくれよ これは愛なのか Oh… 運命のいたずらと 泣けるかな 別々の答えが 同じに見えただけ Oh… 過ちも正しさも 裁かれる  足音に降りそそぐ心もよう つかまえて 街路樹たちの歌を 最後まで愛ささやいている 壁の上 二人影ならべて  随分二人の仲も 知れた頃だった おまえはドアを蹴り開けて 毎日と尋ねた 考えちゃだめさ 答えてごらんよ 街角の紙くずの上 YESとNOを重ねた 積まれたタイヤの上で 夢中になった  Oh… 聞こえているなら 答えておくれ Oh… その意味は激しく 降り続く 心偽れずに 思い出すことさえも やがて僕の心を 洗うだろう  足音に降りそそぐ心もよう つかまえて 街路樹たちの歌を 見えるだろ 降りそそぐ雨たちは ずぶ濡れで 夢抱きしめている君さ  足音に降りそそぐ心もよう つかまえて 街路樹たちの歌を 最後まで愛ささやいている 壁の上 二人影ならべて
遠い空尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊世間知らずの俺だから 体を張って覚えこむ バカを気にして生きる程 世間は狭かないだろう 彼女の肩を抱き寄せて 約束と愛の重さを 遠くを見つめる二人は やがて静かに消えていくのだろう  風に吹かれて 歩き続けて かすかな明日の光りに 触れようとしている 風に吹かれて 歩き続けて 心を重ねた 遠い空  なれない仕事をかかえて 言葉より心信じた かばいあう様に見つめても 人は先を急ぐだけ 裏切りを知ったその日は 人目も気にせずに泣いた 情熱を明日の糧に 不器用な心を抱きしめた  風に吹かれて 歩き続けて 立ちつくす人の間を 失いそうな心を 風に吹かれて 歩き続けて 信じて見つめるた 遠い空  風に吹かれて 歩き続けて 立ちつくす人の間を 失いそうな心を 風に吹かれて 歩き続けて 信じて見つめるた 遠い空
紙切れとバイブル尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊土曜日の夜 口に頬ばる UP and DOWN 俺はいつもの通りに 顔を出せない BLUEのジャケット ならべられてる Falling in Love 抱きしめたい今夜 ビルの影にかくれて 「愛してる」なんて素直なだけ 無駄なJOKEにKISS 後悔なんかさせない 時は急いで夜にそそぐよ はじけるグラス 飲みほすためのDANCE!  全てはここにあり今はもう 全ては立ち去ろうとしてる 全てはここにあり俺はもう 夜を全て手にしてる 全てはここにあり今はもう 全ては立ち去ろうとしてる 全てをきれいに仕上げた あやふやなサヨナラもない  びしょ濡れになる 全てのさまよう Boys and Girls さっきから見ているのは あせらず Break Your Heart さまになるため 口にしてみる Poor My Heart 言葉もない 渇いているのは Period Love 彼女に影をかたむけても つまづく恋だけじゃ もう優しくなれない 痛みにゆれる 口づけ唱え 君の涙がこぼす Smile and Yeah!  全てはここにあり今はもう 全ては立ち去ろうとしてる 全てはここにあり君はもう 夜を全て手にしてる 全てはここにあり今はもう 全ては立ち去ろうとしてる 全てをきれいに仕上げた あやふやなサヨナラもない  むかい風にほえる 身をかがめた夜明け (今夜 風に吹かれた俺達は いつものように 目に映るもの全てを無視しながら歩いてゆく) やぶれたドレスに舞う (彼女達の胸の上でやさしさを) 売り買う心抱きしめた (そのままずっと 抱きしめた) 紙切れとバイブル  全てはここにあり今はもう 全ては立ち去ろうとしてる 全てはここにあり俺はもう 夜を全て手にしてる 全てはここにあり今はもう 全ては立ち去ろうとしてる 全てをきれいに仕上げた あやふやなサヨナラもない
COLD WIND尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊風のうわさもあてにならないさと 冷たい街に吹き出す 熱の中まぎれ込む 空を見上げて 今日のにおいをかぐ 遠くを見つめると 泣き出してしまいそう  風の止む所で 始まりを待ってる いつもの顔ぶれが 口々にいう 今日の COLD WIND  色んなものを売りつけられる通りでは サギ師と音楽に チップインする ヤッピーにまぎれこんだ 旅人は 瞳の中 捜してた 流れる道の上では 光と闇と時を示す 暮らしは路上にたわむれ 石の中うめこまれてる  アスファルトのキラキラを 追いかけてゆく午前0時 恋人が口づけする あいかわらずの 今日の COLD WIND  地下鉄の扉が 開くたびの痛みに タフになれと 今日の COLD WIND  神様を信じるから なんだかひとつひとつに祈りたくなる ごらん ひとつひとつは あんたや俺の事みたいだろ  信じろと言ったり 信じるなと言ったり すれちがいざま たずねる 理由もないのに 今日の COLD WIND  酒場の前のナイフ おしゃべりにふかすタバコ 落ち着かない連中が 吹かれているよ 今日の COLD WIND
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊流れて… 流れて…  一日が街に恵む 日射しに呟いている君 終わりと始まりとが 祈りを変えてゆくという 誰かが壁に歌を刻み込んでいる 風がそれを歌ってる 街では 色あせた心の影が 君の中で迷ってる 何を話せばいい 僕はあの頃より 少し大人に 憧れてるだけさ  通り過ぎる人混みの中 君は僕に気付くだろうか 触れようとしては傷つく痛みに 時は流れて  誰もが隠してる 自分に言い聞かせている 誰かが明日の君に 裏切りを振りかざしている だから今 君を包むその世界の 時を 止めてしまおう 僕は今 君を包むその世界の 時を いつも見つめてる 今君の手をとり 同じ時の中で 同じ夢 終わらずに見ている  ああ夢は形を変えてゆく この小さな心を守る様に 流れゆく先が 見つかる様に  通り過ぎる人混みの中 君は僕に気付くだろうか 同じ夢の中で人は触れあう 時は流れて  流れて… 流れて…
LIFE尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊時を削る部屋で 心を溶かした 渇いていたけれど TVと話せた 受話器越しの彼女を 抱きしめ泣いた これが現実なら 僕は何を奪い 奪われるのだろう もう理解らない  答などなくていい その理由(わけ)は 誰も皆 安らぎの始まりに 生きること  君を信じてみた 夢を見るために 耳をすましてみた 嘘を消すために 不安の上に君を 重ねて抱いた 意味を無くした僕の思い かき消し 僕に背負わせる愛 その罪を  裁くのが君という 神ならば 何を捨て何のため 愛すのが 生きること  答などなくていい その理由(わけ)は 誰も皆 安らぎの始まりに 生きること 生きること… 生きること…
・ISM尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊だいぶ話をそれて 街明かり 照らされて 音のないTVの前 完璧さを求めて 君を疑うたびに 無意味に思えてくる だけどチャンネルは同じさ はいつくばった夢の前 大抵は今日が何の日かさえも わからない 愛したい 愛したい 愛したい 愛したい  腹が満たされている 熱でうなされている 貪欲のボリュームを 上げたり下げたりして かわるがわるの君と俺が踊り続ける ある事無い事言っても 君が正しい訳じゃない 俺がなくした俺だけのものを…… なぐさめて 愛したい 愛したい 愛したい 愛したい  本当の意味がわからない 君が祈ると言ってくれたよね おかげで今でも信じるだけで…… 幸せさ 愛したい 愛したい 愛したい 愛したい  君の求める何かが 何かが足りないのさ このリズムの中では 失うものはないさ  君の求める何かが 何かが足りないのさ このリズムの中では それ以上解らない  君の求める何かが 何かが足りないのさ このリズムの中では 失うものはないさ  君の求める何かが 何かが足りないのさ このリズムの中では それ以外解らない
理由尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊さみしさは 誰もかくせない 君のやさしさの 嘘が繰り返してる だまされてる 訳じゃない 生活の上 こぼれるから  甘さにすりかえている 互いの言い訳すら  こんなにも 生きる為に いくつもの 光が並ぶ いつも見てたはずの君に いくつもの 影がおちる  僕さえも 忘れていた すりかえてる 足りない暮らし  君の優しさが バランスにかくれて 涙はこぼれて 愛に溺れてく  この傷の上に 生きて欲しい 傷を癒すように  僕は君を 守るのに 僕は君の 理由を奪う
I LOVE YOU桃井かおり桃井かおり尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で Woo  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢見て傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと Woo  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
I LOVE YOU沢田知可子沢田知可子尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
太陽の瞳尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊太陽が沈もうとしている夜が 唸りをあげて暴れている 心が釘打たれるような 傷みを感じている 何も失わぬようにと だからこんなに疲れている 僕はたった一人だ 僕は誰も知らない 誰も知らない僕がいる  こんな仕事は 早く終わらせてしまいたい まるでぼくを殺すために 働くようだ それでなければ 自由を求める 籠の中に閉じ込められてる 夢も現実も消えてしまえばいい 僕はたった一人だ 見知らぬ人々が 僕の知らない僕を見てる  一人になって 罪を消そうとしても 自分の戒律の罪は消せない 人は誰も罪人だから 覚えてきたものに捕まえられている 一人になりたくない 争い合いたくない 僕はたった一人だ 僕は僕と戦うんだ 誰も知らない 僕がいる
ふたつの心GOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊見つめ合うだけの暮らし心の鼓動が 寂しさ塗りつぶし今日を温め合うよ ふたつの心ふたつの生き方を重ね合うから 君は時々涙を僕はため息を零すけど 二人求め合い暮らしてゆけるさ 夜明けまでずっと抱き締め合いながら  そっと扉閉じて僕が旅に行く時 君はいつまでも笑顔を浮かべていた 夜の明かりの向こうで君は僕の帰りを待つの 見知らぬ街の片隅で僕は君の面影抱き締めている 離れて過ごしても君の心が聞こえるよ 君に届くだろう僕のこの思いが  分け合うものなど初めからないけど 心さえあればいつでも二人はあるがまま そっと強く受け止め合いながら夜が明けるまでずっと 抱き締め合っているよ 二人あるがまま……
Monday morning尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊Mondny Moming 傷んだ心 窓に映る一人ぽっちの影 ドアを開け踏み出す 積木の様な街の中 Blueな人波に流されてゆく時 仕事を抱えてジグソーパズルのひと駒の様に並べ替えられる Rambling Tambling 孤独な瞳の奥に浮かんでる Rambling Tambling このまま俺は明日を夢見る  Jungle City 踏み外したら ポップコーンの様にはじけてしまう 砂漠の中のエリートコース 騙されるようにあてがわれる このまま生き延びることだけのHappy Ending だけどこの戦いはいつまでも迫いかけて来る 逃げ場所はない Rambling Tambling 戦友は勝利の名に引き裂かれ RamblinB Tambling 笑顔だけ歪んだ今日の真実  Rambling Tambling 狐狐な瞳の奥に浮かんでる Rambling Tambling このまま俺は明日を夢見る
贖罪尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊静かに佇む色褪せた街並み すこしづつ言葉を無くして行く僕がいる 日常僅かな仕事でつなざ止め 無表情な人波に紛れ込み凍えてる 何を待ち続け何を求めるの 名もない日々が 訳もなく微笑む  時の流れすら見失いそうになる 凍えた日差しに怯えてるそれだけさ 孤独なのか安らぎと呼べるのか この暮らしに名を付けるというのならば 何処へ行くのだろう 何処へ辿り着く 名もない日々が訳もかく微笑む  僕は知っていた これが僕の暮らしだと 偽りを知る度 真実に戸惑う 風は柔らかに時を運んでゆく 寂しい心を優しくそっと包むから 何を待ち続け 何を求めるの 名もない日々が 訳もなく微笑む
Get it down尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊洒落たブルーのジーンズにサングラス ワイルドなウェスタンブーツ 仕事を終えて夜にくりだす俺は寂しがり屋のキング シャイな振りした彼女のハートにそっと火を点けて 弧独な心を持ち合って瞳の奥探り合う ネオンが吠えてる 誰もがため息ついている 夜の街ビール片手に今日の傷み抱きしめて Come on baby 踊ろうよ I wanna make true all night long Come on baby 今夜は Dream comes true いつまでも  俺の車はダークなブルー さあ急いで乗り込めよ アクセル吹かせばハイに心震わすギストノイズ 君の心をシフトアップアンドダウン アワトインアウトでコーナ抜けて R.P.M.を上げて俺の心をヒールアンドトゥー 二人で愛のクルージング 涙の海を見つめながら 悲しい気持ちをパッシングして追い抜くぜ Come on baby 走ろうぜ Drive you crazy all night long Come on baby 今夜は Dream comes true いつまでも  ベッドの上 ふっと見つめる星の様なイルミネイション 君も俺もこの街に埋もれた寂しがり屋のセレナーデ だけどいつもいつまでもこの世界のどこかで 小さくても美しく輝くきらめきなのさ なくしたりしても きっといつか辿り着く そぅさだって俺たちはずっとずっと同じ心の中 Come on baby 君のために I wanna make you true all night long Come on baby 今夜は Drive me crazy all night long Come on baby 抱きしめて I wanna make you true all night long Come on baby 一緒にいよう Dream comes true それが全て
自由への扉尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊今夜素敵な夢を描いて 自由への扉を開いてみるのさ きっとそこに信じていた全ての姿があるはず  公園通りの恋人達は片寄せながら愛を彷徨い 独りぼっちで人混みの中立ち止まれば見失いそうさ だけど何ひとつ不自然なものはない 全てが奏でるハーモニーに心委ねてみてもいいのさ  だって全ては触れ合いながらひとつひとつの心を生み出すよ きっとそこに信じていた 自分らしさがあるのだから  笑顔さえも見つからなくて 時は流れて寂しくなる 誰かに手をさしのべても悲しみだけが心彩る 分け合うことに心が届かぬままで 見つめるものがすれ違っても いつか分かりあえる大丈夫  君も僕もこの街で夢を追い求める輝きなのさ きっとそこに信じていた 僕らの姿があるはず  闇夜の国に浮かぶ月明かりに照らされて 星が揺らめきながら明日を信じてる 永遠に思える様な僅かな悲しみと暮らしは続く  裏切られても 信じることから 奪われても 与えることから 寂しくても 分け合うことから 悲しくても 微笑むことから 君なしじゃ僕のままでいられやしない 誰もが皆自由に生きてゆくことを許し合えばいいのさ
Mama, say good-bye尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊夜明けまであとすこし 俺はハイウェイを走る 疲れた心が 今過ぎ去る時を抱えてる 夜空に揺らめく 静かな星屑たちは生き急いでいる その答え知るようだ たった一人 こうして見つめてる 闇の中 明日が続くならば 溢れて零れる たった一粒の涙 星になった貴方の温もり 今でも覚えてる  貴方を覚えてきた 振り返ることもなく 夜のながさの片隅にだけ 暮らしを見つめながら 愛を育んで 費やした日々 休むことも知らず 生きる答えは何故 ねえ教えて ささやかな人生の願いは 一つでも叶ったの 誰にも見せぬように 一人零していた 貴方の涙を 今でも覚えてる  きっと人は やがて深い闇の中で 一人自由な 夢叶えて眠るのだろう だからお眠りよ もう何も悲しまなくていい 貴方の残した人生は さよならの言葉さえ、聞けなかった 本当のさよなら ずっと夢みて その安らかな笑顔で
闇の告白尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊何ひとつ語れずに うずくまる人々の 命が今日またひとつ 街に奪われた 憎しみの中の愛に 育まれながら 目覚めると やがて人は大人と呼ばれる 微笑みも 戸惑いも意味を失くしてゆく 心の中の言葉など 光さえ奪われる ただ一人 握りしめた引き金を引く 明日へと 全てを撃ち抜く ただ一人 答えを撃ち抜く  何ひとつ理由もしらず 悲しむ心への その哀れみは たやすく消し去られてゆく 暖かな温もりに 手を伸ばしてみても 誰一人 心の中知る者などない ごらんこの涙が滴るのを その意味と訳を 人が一人で 生きられぬための悲しみなのに 疲れの中弾丸をこめ 引きがねを弾く 誰に向け 今日を撃ち抜く ただ一人 答えを撃ち抜く  血にまみれて 汚れてしまう心 償う術もなく生きる この世に生をうけた時から 人は誰もが 罪を背負い何時しか やがて銃の引きがねを弾く いつの日か 自分を撃ち抜く ただ一人 答えを撃ち抜く 明日へと 全てを撃ち抜く ただ一人 答えを撃ち抜く
原色の孤独尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊名もない都会の空 虚しい光の色 嘘だらけの言葉に 張り裂けそうな俺の心 また同じように 風が激しく叫んでる 誰もが皆 力に押され変わってゆく 得意げに嘘やデマを口にする奴がいる だけど 真実など知る奴がいるはずもないだろう 舞台裏のルーレットはいつまでも回っている 破れた夢買い占めるようにコインが ほら 積まれてく  白昼夢の中で 弄ぶ慰安のうた まるで生と死彷徨い 踊る原色の彼女 むき出しのみじめな 欲望にルールは無い 街は今夜も誰かを ほら燃え上がらせている 彼女の肩や首筋に くちづけるだけで 何故人々が くるい出すのか 分かる気がする 心が壊れてく 俺にも分からない 鏡の中の俺は 今日も惨めに ほら吠えている  約束とは常識を 隠すためのメッセージ 破られた常識に ボロをだす人間の弱さ 恍惚と罪を犯すそれが 全てなんだぜ 本当のことを俺が ほら言っているんだぜ 孤独さ ありきたりの矛盾に 身を任せなよ そいつを卑しむことなど ないんだぜ サイコロは振られたぜ 命まるごと賭けろよ 生きている奴らは みなイカサマな賭博師さ サイコロは振られたぜ 命まるごと賭けろよ 生きている奴らは みなイカサマな賭博師さ
優しい陽射し尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊過ぎ行く日々の中で 寂しくなる君は うつろう心の理由に 一人唇 噛み締めている 誰かと恋に落ちて 名前は覚えるのに ふっと笑顔の影に 滲む涙が零れ落ちるから 明日を星で占うテーブルの上で 愛を探す夜に ぼんやり時を見つめているだけ 何も悲しまないと 暮らしを彩れば きっといつか 答えは育むものだと気付く  大切にしてるけど 壊れてしまうから 夢は夢のままだと 諦めてみて 戸惑うばかりで 意味のない物ばかり 集め積み重ねて 形の無いものが またきっと崩れてしまうから 思い出が静かに 心を包むから 夜に身を委ねて 心偽らず安らかに 何も悲しまないと 暮らしを彩れば きっといつか 答えは育むものだと気付く  憧れが何故か 心を傷めるから 瞳を閉じてみる 全てはきっと優しいはずだと 何も悲しまないと 暮らしを彩れば きっといつか 答えは育むものだと気付く 育むものだと気付く……
汚れた絆尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊俺たちは街の流れに すれ違う人混みの中で まるで運命に選ばれるように出会った  時が幾ら流れても 信じて見つめるものは いつでも同じだと誓い合う様に語り明かした 心の中を探り合えば 傷みと悲しさを覚え合う Oh 俺はまだ震えてる 二人を止めるものもなく 分け合う寂しさに 怯えた二人の絆が 凍えた風に吹かれてる  俺たちは気付かぬ振りをした 別々の人生の意味が いつか二人を引き裂いてしまうことを 嘘だけは決して付かないと約束したときから 裏切りがやがて訪れた ふと気付けば互いは互いを演じ 見つめ合うことすら出来ぬ Oh 俺はきっと忘れない 二人はこれで良かったのさ 今は汚れた絆も なにも変わらず信じている 俺たちの輝き奪われぬように  なぁ覚えているかい 俺たちの笑顔 今日またその意味が静かに流れて行く 失うことばかりが やけに多過ぎると 心かばうやつらにすがるように泣くのか 誰もが皆 一人じゃいられず 二人で分け合うことすら出来ない Oh いつかまた出会えるさ 俺たちを止めるものは何もない 汚れた絆のその意味を 俺たちは決して忘れない 求め続けた輝きを
失くした1/2GOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊ひとりぼっちの夜の闇が やがて静かに明けてゆくよ 色褪せそうな自由な夢に 追いたてられてしまう時も 幻の中 答はいつも 朝の風に空しく響き つらい思いに 愛することの色さえ 忘れてしまいそうだけど あきらめてしまわないでね ひとりぼっち感じても さあ心を開く鍵で 自由描いておくれ  安らかな君の愛に 真実はやがて訪れる 信じてごらん笑顔から すべてがはじまるから  ついてない時には 何もかもから目をそらすけれど 僕は壊れそうな愛の姿を 君の心に確かめたいだけ いつまでも見つからぬもの 捜すことも必要だけれど ひとつひとつを暖めながら 解ってゆくことが大切さ あきらめてしまわないでね ひとりぼっち感じても 誰もがみな 愛求めて 世界はほら 回るよ  安らかな君の愛に 真実はやがて訪れる 信じてごらん 笑顔からすべてがはじまるから  あきらめてしまわないでね ひとりぼっち感じても さあ 心を開く鍵で 自由描いておくれ  安らかな君の愛に 真実はやがて訪れる 信じてごらん 笑顔からすべてが はじまるから あきらめてしまわないで 真実はやがて訪れる 信じてごらん 笑顔からすべてがはじまるから
群衆の中の猫GOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊悲しみの色に  塗りつぶされて行く黄昏の街 家路を辿る人ごみの中 愛だけたよりに 雑踏の中に君を探している 時々君を見失いそうになる きらびやかな街に 君は目を奪われている 上手に笑っても 君の瞳に僕が映らないから  誰も少しずつ 生き方を変えて行くけど 求める愛の姿は変わらないから 輝き失わぬ様 君らしく 生きて欲しいから  やさしく肩を抱き寄せよう 君が悲しみにくれてしまわぬ様に やさしく肩を抱き寄せよう  群衆にまぎれ込んだ 子猫の様に 傷ついて路頭 さまよい続けているなら ねえここへおいでよ 笑顔を僕が守ってあげるから 突然降り出した雨から 君をつつむ時 僕のせいで 君が泣くこともあるだろう  僕の胸で泣いてよ 何もかも わかちあって行きたいから  やさしく肩を 抱き寄せよう 雨に街が輝やいて見えるまで やさしく肩を 抱き寄せよう  何を求めて人はさまようのだろうか 君も僕もこの街の中で もうおびえないで 君らしく輝いて欲しいから  やさしく肩を 抱き寄せよう 君が悲しみにくれてしまわぬ様に やさしく肩を 抱き寄せよう こんなに君を愛しているから
誰かのクラクション尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊毎日はあまりにも さらけ出されていて 街の素顔はこんなにも 悲しみに満ちてる 誰かと交した 言葉のひとつひとつが 紛れゆくと通り 見つめる僕の心 しめつける 街のどこかで 誰かのクラクションが泣いている 現実という名の壁に はねかえり 心つきささる 形の裏側を 君が知るまでは  誰もが心のポケットに 行くあて捜し歩く 何故だろう 何を捜して ビルの合間 街の影がやさしく心に語りかける “何を手にしただろう” ぬくもりの明りが やさしくゆれてる  少し聞いて 君は急ぐの ピアノの指先の様な 街の明かりの中 ほら街に生まれよう  さがし続けてる 素顔のままの愛を かざらない君の素顔の愛を 本物の愛を  毎日は君のせいじゃなく 汚れていても 落書さえ雨にうたれて 時に流される 正確に時を刻むものが あるとするならば 心やすらぐ君のリズムは かみあいはしない 街のどこかで 誰かのクラクションが泣いている 間違いが君の心を 孤独の世界にしても ほらごらん 全てが君のものなんだ  街の暮しは ささやかな愛につつまれて こんなにも 君が守る愛さえ たたずむ時には 地下鉄の乾いた風の中で “誰のために泣けるだろう” 大切なもの どこかに忘れた気がする  どこへ行くの わからぬまま ピアノの指先の様な 街の明りの中 ほら 街に生まれよう  さがし続けてる 素顔のままの愛を かざらない君の 素顔の愛を 本物の愛を  押し流され 通り抜ける 街の改札に 照れながら 愛を口にする あの日の恋人 心から愛された事が あるかって聞かれた 一緒に捜してたものなら あった気がする かざらぬ愛を 素顔の愛を 本物の愛を  かざらない君の 素顔の愛を 本物の愛を
米軍キャンプ尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊行き場のない街を 俺は一人ふらついてた 店も終わり 仲間も消えた 吸殻の道で 街頭の小さなノイズにさえ 心震えてた夜 初めて おまえの胸で 眠った  おまえはあんまり 上品に笑わなかった 人込みの中では 一言もしゃべらなかった 求め合う夜は 傷をなめるように 愛を探しては 二人で毛布にくるまって 眠った  夜の街 小さな店で働く おまえのこと 朝が来て ネオンに解き放たれるまで 俺は待っていた  0h おまえはこの街を呪い かたくなに夢を買い占め さまよってるだろう 0h こんな夜は 報われぬ愛に 失ったおまえを 抱きしめたい  昨夜は店の客にせがまれて 海へ行った ケンカばかりしてて つまらなかったと笑う 知らない男の名前を おまえが口にする夜 涙ではらました男の リングが光ってた  米軍キャンプ跡の崩れかけた工場 凍りつく闇にとけ 震えてる車の中 力なく伸ばした手で抱きつく おまえの髪を 撫でると 放さないでとつぶやき しがみついた  時には二人の生活が 夢さえ育んでいた 大切な物を 引き裂く何かに 二人が気付くまで  0h おまえはこの街を呪い かたくなに夢を買い占め さまよってるだろう 0h こんな夜は 報われぬ愛に 失ったおまえを 抱きしめたい
尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊もろい暮し しみつたコンクリート おきざられた公園 ちぎれた夢 ひろい集め 彼は育った  そこでは何もかもが 彼へとつながった 弱い陽ざしの窓辺から 彼はいつも夢見てた どこへ行くと言うのだろう いつまでも乾いていた  やがて遠く 街をたどると 水たまりのぞきこみ 闇をなげた 無口にならべた Drug  夢に泣きはちした目 静かに迷いこみ 時のベッドをたどって 形の中でさまよう 散らばる空にさがした あの詩の続きを  ぼやけた瞳で 彼はあの日をのぼった アスファルトを抱きしめて ぬくもりを失くしていた ほら 上も下もないさ 求めるとは失くすこと つながるもの否定すれば 過ちに傷つくだけ 彼は最後に祈った すべて許されることを
傷つけた人々へGOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊どれだけ言葉費し 君に話したろう どんな言葉でも言いつくせなかった事の答も ひとつしかないはずと 時の流れに心は変ってしまうから そして いったい何が 大切な事だったのかすら忘れさられてしまう 刹那に追われながら 傷つく事恐れる僕は あの日見つけたはずの真実とは まるで逆へと 歩いてしまう  僕をにらむ君の瞳の光は 忘れかけてた真心教えてくれた この胸に今刻もう 君の涙の美しさにありがとうと  センチメンタルな気持じゃ悔んでばかりだよ 僕はなんてまぬけな男だったろう 君にはもう許されることもない 僕の幾つもの思いが指のすきまから すべり落ちてゆくよ 僕が傷つけてしまった君の涙の様に 使い古しの台詞 また口にしておどける僕は 今度こそは 本当に ひとりぼっちになってしまうよ 何も言わないで  僕をにらむ君の瞳の光は 忘れかけてた真心教えてくれた この胸に今刻もう 君の涙の美しさにありがとうと  愛という言葉はなくても ひとりで生きてく訳じゃない 小さなプライドなんかで 傷つけあってもきっと君に 優しさ戻るだろう  僕をにらむ君の瞳の光は 忘れかけてた真心教えてくれた この胸に今刻もう 君の涙の美しさにありがとうと
愛の消えた街尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊道端に倒れた様に眠る人がいるよ 一度は目にするが すぐに目をそらして通りすぎる 誰もが不幸になるかもしれない自分を守り 自分の愛を向けることもバカらしくて出来ない まぬけな人ごみ  俺もまた先の解らぬ不安の中にいる 今を何とか生きる事で 心に余裕もないよ 金もとれない 学生に一体何が出来るのか どんな奴らも つまりは自分の将来以外 どうでもいいと思うはずさ  愛の消えた街さ 昔からそうなのだろうか それがあたりまえと言うには俺はまだ若すぎる 見つけたい 見つけたい 愛の光を  愛という言葉をたやすく口にするのを嫌うのも 一体何が愛なのか それは誰にも解らないから 男と女 心より躰で慰めあい 心を探して迷い道迷い込んで倒れるのが 見えるだろう  二人もまた先の解らぬ不安の中にいる 愛を誓い守る事が全てだと信じて 子供も産めない世の中の解らぬ二人に いったいどんな愛が 育てられるとゆうのか Oh! 今ここに  愛の消えた街さ 昔からそうなのだろうか それがあたりまえと言うには俺はまだ若すぎる 見つけたい 見つけたい 愛の光を 信じたい 信じたい 愛の光を
はじまりさえ歌えない尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊ふと目を閉じればアスファルトの道端に うずくまり黄昏の影に手を伸ばし何か求めてた 埃りだらけのビルディング ウイスキーの匂いがするよ 俺の心の中には求めるものがひとつも映らないよ 君の弾くピアノ まだ覚束ない 刺激の強すぎる この街では心が鈍くなってゆくよ 君を抱きしめ離したくない 愛の光を ともし続けたい  カラカラに乾いた喉 へたばるまで走るのかい ひとりぼっちの汗は誰の眼にもとまらない 蒸し熱い倉庫の中で 30分の休憩をとり つめ込むだけのメシを食べて 届かない窓に手を伸ばしている なけなしの金のためのアルバイト 楽しくやるには この街では金だけがたよりだよ 君のためなら死ねるさきっと 愛こそすべてだと 俺は信じてる  この街じゃ俺達 まだまだ世間知らずさ 情熱は空回りの 把みどころのない影 走り出してはいつも 路頭に迷い込んで 把むものも何もなくて はじまりさえ歌えない俺がいる 辿り着くといつも最終の電車 酔いどれのひとり言は この街では欲望に崩れてゆく この街から君を守りたい 愛の光を ともし続けたい 君を抱きしめ離したくない 愛の光を ともし続けたい
Forget-me-notPLATINA LYLIC尾崎豊PLATINA LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様に よりそう二人 窓をたたく風に目覚めて 君に頬をよせてみた  幸せかい 昨晩のぬくもりに そっとささやいて 強く君を抱きしめた  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  時々愛の終りの悲しい夢を 君は見るけど 僕の胸でおやすみよ 二人の人生 わけあい生きるんだ 愛の行く方に答はなくて いつでもひとりぼっちだけど  幸せかい ささやかな暮らしに 時はためらいさえも ごらん愛の強さに変えた  時々僕は無理に君を 僕の形に はめてしまいそうになるけれど 二人が育くむ 愛の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草  行くあてのない街角にたたずみ 君に口づけても  幸せかい 狂った街では 二人のこの愛さえ うつろい踏みにじられる  初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの 空をいつまでも さがしてた 君がおしえてくれた 花の名前は 街にうもれそうな 小さなわすれな草
坂の下に見えたあの街に尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊まとまった金をため ひとり街飛び出して行くことが 新しい夢の中 歩いて行くことだから でも寂しそうに見送りに立ちつくす母親にさえ さよならが言えずじまいで アクセルふみ込んでた あなたの夢に育ぐくまれて その夢奪ってくわけじゃない  小さな俺を眠らせた こわれちまった オルゴールが バッグの中で 時をかなでている 俺は車を止めて 手を振っていたよ 坂の下 暮れていく街に  仕事を終えて帰ると 俺のためにストーブをともして 親父はもう十九の俺の頭 なでながら 話す昔話の意味が その日俺にもやっとわかった 飛び立つ日から思い出は 夢の中で語るだけさ 排気ガスにすすけた窓 俺はひとり夢見ている 坂の下のあの街の中で 必死に探し続けてた物 あの日の親父と同じ様にね  坂道のぼり あの日街を出たよ いつも下ってた 坂道を 家庭を飛び出してきたのは それより上目指してたから やがて俺も家族を持ち 同じ様に築きあげるだろう 何もかもわけあって行く様にね  思い出す たそがれて行く街を 坂の下 たたずんでいた街を 俺はいくつもの 傷をきざみ込んだ 坂の下に見えたあの街の中
路上のルールGOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊洗いざらいを捨てちまって 何もかもはじめから やり直すつもりだったと 街では夢が もう どれくらい流れたろう 今じゃ本当の自分 捜すたび 調和の中で ほら こんがらがってる  互い見すかした笑いの中で 言訳のつくものだけを すり替える夜 瞬きの中に 何もかも消えちまう  街の明りの下では 誰もが目を閉じ 闇さまよってる あくせく流す汗と 音楽だけは 止むことがなかった 今夜もともる街の明りに 俺は自分のため息に 微笑み おまえの笑顔を 捜している  傷をなめあう ハイエナの道の脇で 転がって いったい俺は 何を主張し かかげるのか もう自分では 愚かさにすら気付き 論す事もなく 欲に意地はりあうことから 降りられない  疲れにむくんだ 顔で笑ってみせる おまえ抱きしめるには 互い失ってしまうものの方が 多いみたいだけれど  街の明りの下では 誰もが目を閉じ 闇さまよってる あくせく流す汗と 音楽だけは 止むことがなかった 今夜もともる街の明りに 俺は自分のため息に 微笑み おまえの笑顔を 捜している  河のほとりに とり残された俺は 街の明りを 見つめてた 思い出が俺の心を 縛るんだ 月にくるまり 闇に吠え 償いが俺を とらえて縛る そいつに向って歌った  俺がはいつくばるのを待ってる 全ての勝敗のために 星はやさしく 風に吹かれて 俺は少しだけ笑った  街の明りの下では 誰もが目を閉じ 闇さまよってる あくせく流す汗と 音楽だけは 止むことがなかった 今夜もともる街の明りに 俺は自分のため息に 微笑み おまえの笑顔を 捜している  おまえの笑顔を 捜している
街の風景GOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊街の風に引き裂かれ 舞い上った夢くずが 路上の隅で寒さに震え もみ消されてく 立ち並ぶビルの中 ちっぽけな俺らさ のしかかる虚像の中で 心を奪われている あてどない毎日を まるでのら犬みたいに 愛に飢え 心は乾き ふらつき回るよ 灰色の壁の上 書きなぐった気持は それぞれの在り方の空しさに震えてるんだ 追い立てられる街の中 アスファルトに耳をあて 雑踏の下埋もれてる歌を見つけ出したい 空っぽの明日に向けて投げてやるさ 誰もが眠りにつく前に  心のハーモニー 奏でよう ガラス作りの歌 奏でよう 無限の色を散りばめた 街の風景  黙っておくれよ 理屈なんかいらない 甘えだと笑うのも よく解ったから 無意味の様な生き方 金のためじゃなく 夢のため 愛のため そんなものにかけてみるさ 追いたてられる街の中 めくるめく日の中で 思い思いに描いてく 歌い続け 演じ続け 人生はキャンバスさ 人生は五線紙さ 人生は時を演じる舞台さ  心のハーモニー 奏でよう ガラス作りの歌 奏でよう 無限の色を散りばめた 街の風景
僕が僕であるためにPLATINA LYLIC尾崎豊PLATINA LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊心すれちがう悲しい生き様に ため息もらしていた だけど この目に映る この街で僕はずっと 生きてゆかなければ 人を傷つける事に目を伏せるけど 優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  別れ際にもう一度 君に確かめておきたいよ こんなに愛していた 誰がいけないとゆう訳でもないけど 人は皆わがままだ 慣れあいの様に暮しても 君を傷つけてばかりさ こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから  君が君であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 君は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる  僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで 僕は街にのまれて 少し心許しながら この冷たい街の風に歌い続けてる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Freeze Moon尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊キャデラック・メイン・アベニューでは 今ウブなあの娘の hip bangで 俺達はメロメロになる そして腹ペコをかかえた俺達は バーガー・ショップに駆けこんで ポテトをコーラで流しこむ みんないい気持ちになりたくて 何度も息を止めてみるけど そのたび 金網にへばりついては 転げ落ち いつでもさみしい思いをしている  俺は風を感じる 風を求めて wow oh 風がどこへ行こうとしてるか 俺は知りたい 胸をはるんだ  今夜は朝が来るまで 走り続けているから 君はエンジンの音の中で 眠ればいい  oh oh.... 翼をひろげ oh oh.... 風を求めて 俺達の真夜中の翼は ぼろぼろになっちまう どうしようもなく また街に戯れる 俺達の終わりなき dance  フェンスに腰かけ ビクビクしていた あの頃と似たような顔つきで みんなだまりこくっちまう 彼女は今夜も ドラッグにいかれて 昔みたいな ドラッグ・クィーンになろうとしている もうガラスをひっかく音は 聞こえないけれど 今でもストリートには ガラスの破片が星のようにちらばっている それはまるで まるであの頃の俺達の夢みたいに  みんな風を感じる 風を求めて wow oh 風がどこへ行こうとしてるか みんな知りたくないかい 胸をはるんだ  まだ まだ 何か足りないから 通りに出て 夜を買えばいい 誰も“どうして?”なんて聞かないから  oh oh.... 翼をひろげ oh oh.... 風を求めて 俺達の真夜中の翼は ぼろぼろになっちまう どうしようもなく また街に戯れる 俺達の終わりなき dance  夜はいつでも 凍りついていて 置きっぱなしのバイクにまたがると 昔みたいな気持ちになっちまう ボンネットに寝転んだやつらは この街で一番さみしい 星をみつけ 誰にもわからないような 一人言をつぶやいている  いったいなんだったんだ こんな暮し こんなリズム いったいなんだったんだ きっと 何もかもがちがう 何もかもがちがう 何もかもがちがう  oh oh.... 翼をひろげ oh oh.... 風を求めて
Bow!尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊否が応でも社会に飲み込まれてしまうものさ 若さにまかせ 挑んでくドンキホーテ達は 世の中のモラルをひとつ 飲み込んだだけで ひとつ崩れ ひとつ崩れ すべて壊れてしまうものなのさ  あいつは言っていたね サラリーマンにはなりたかねえ 朝夕のラッシュアワー 酒びたりの中年達 ちっぽけな金にしがみつき ぶらさがってるだけじゃ NO NO 救われない これが俺達の明日ならば  午後4時の工場のサイレンが鳴る 心の中の狼が叫ぶよ 鉄を喰え 飢えた狼よ 死んでもブタには 喰いつくな  夢を語って過ごした夜が明けると 逃げだせない渦が 日の出と共にやってくる 中卒・高卒・中退 学歴がやけに目につく 愛よりも夢よりも 金で買える自由が欲しいのかい  午後4時の工場のサイレンが鳴る 心の中の狼が叫ぶよ 鉄を喰え 飢えた狼よ 死んでもブタには 喰いつくな  鉄を喰え 飢えた狼よ 死んでもブタには 喰いつくな
ハイスクールRock'n Roll尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊Oh! 朝は目覚めても昨日の疲れひきずったまま 様にならない制服着て表へ出るよ そして ぞろぞろと駅へ歩く人達に まぎれ込んで 俺も歩いてゆくよ 満員電車に押し込まれ 言葉さえなくした Strange boy 何がどうなろうと 誰にもどうにも出来ないみたいさ セーラー服のLittle girl 小さな躰もみくちゃにされ それでも夢見てるの 失う事ばかりなのに  Rock'n' Roll 踊ろうよ Rock'n' Roll くさらずに Rock'n' Roll 手を伸ばせば自由はあと少しさ  Oh! これから半日は退屈な授業で費すだけで 身も心も疲れはて 魂さえも Knock Knock down こっそり抜け出し 小さなコーヒーショップの Smoking time ジュークボックスにいかした Rock'n' Roll 俺らに聞かせて欲しいのさ ちょっと! こんなラッシュアワーに死ぬまでもまれたくないよ 何がどうして誰のために縛られなくちゃならないの 逃れられない流れの中で 必死にあがいてる俺が見えるよ  Rock'n' Roll 踊ろうよ Rock'n' Roll くさらずに Rock'n' Roll 手を伸ばせば自由はあと少しさ
Driving All Night尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊さまようように 家路をたどり 冷たい部屋にころがりこむ 脱ぎすてたコートを押しのけ ヒーターにしがみついた この部屋にいることすら 俺をいらつかせたけど 疲れをまとい 床にへばりつき 眠った  ちっぽけな日々が ありあまる壁から逃れるように 街へ飛び出すと 冷えきった風に とり残されちまった 街角の白い街燈が とても優しかった 敗けないでってささやく あの娘のように見えた  街までのハーフ・マイル アクセル踏み込む スピードに目をやられ 退屈が見えなくなるまで 少しぐらいの時は 無駄にしてもいいさ 色褪せた 日常につぶやく 俺にとって俺だけが すべてというわけじゃないけど 今夜俺誰のために 生きてるわけじゃないだろう  Wow wow 行くあてのない Driving all night Wow wow 慰めのない Driving all night  見あきた街を通りぬけて 寂しい川の上を走った 追い抜いたトラックの向うに 闇に埋もれた日常が見える あの頃 わけもなく笑えた 俺の友達は みんなこの橋を 死物狂いで走った  Honey 俺は何処へ走って行くのか 街のドラッグにいかれて 俺の体はぶくぶく太りはじめた それでもまだこんなところに のさばっているのか あの頃みたいに 生きる気力もなくして  街までのハーフ・マイル アクセル踏み込む スピードに目をやられ 退屈が見えなくなるまで 少しぐらいの時は 無駄にしてもいいさ 色褪せた 日常につぶやく 俺はまだまだ だめになりゃしないさ 今夜俺 誰のために 生きてるわけじゃないだろ  Wow wow 行くあてのない Driving all night Wow wow 慰めのない Driving all night  俺にとって 俺だけが すべてというわけじゃないけど 今夜俺 誰のために 生きてるわけじゃないだろう  Wow wow 行くあてのない Driving all night Wow wow 慰めのない Driving all night Wow wow 行くあてのない Driving all night Wow wow 慰めのない Driving all night
ダンスホールGOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊安いダンスホールは たくさんの人だかり 陽気な色と音楽と煙草の煙にまかれてた ギュウギュウづめのダンスホール しゃれた小さなステップ はしゃいで踊りつづけてる おまえを見つけた  子猫のような奴で なまいきな奴 小粋なドラ猫ってとこだよ おまえはずっと踊ったね  気どって水割り飲みほして 慣れた手つきで 火をつける 気のきいた 流行文句(はやりもんく)だけに おまえは小さく うなづいた 次の水割り手にして 訳もないのに 乾杯 こんなものよと 微笑んだのは たしかに つくり笑いさ  少し酔ったおまえは 考えこんでいた 夢見る娘ってとこだよ 決して目覚めたくないんだろう  あたい グレはじめたのは ほんの些細なことなの 彼がいかれていたし でも本当は あたいの性分ね 学校はやめたわ 今は働いているわ 長いスカートひきずってた のんびり気分じゃないわね 少し酔ったみたいね しゃべり過ぎてしまったわ けど 金がすべてじゃないなんて きれいには言えないわ  夕べの 口説き文句も忘れちまって 今夜もさがしに行くのかい 寂しい影 落としながら  あくせくする毎日に 疲れたんだね 俺の胸で眠るがいい そうさおまえは孤独なダンサー
存在GOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊にぎやかな街 隠しきれないさみしさが ほら見つめてる 小さくかがめて守らなければ 自分の存在すら見失うよ 誰もかれもの存在ならば いつも認めざるをえないもの それでも僕の愛の言葉は 何の意味さえもたなくなる 満ちたりて行くことない 人の心なぐさめられる様な 夢求めていても まのあたりにするだろう 生存競争の中 夢はすりかえられてしまう  受け止めよう 目まいすらする 街の影の中 さあもう一度 愛や誠心で立ち向って行かなければ 受け止めよう 自分らしさに うちのめされても あるがままを受け止めながら 目に映るもの全てを愛したい  僕に見えるものは いつも当(まと)はずれが多かったけれど 現実と夢の区別くらいは ついていたはずだった 何もかもをあるがままに 受けとめ様とするけれど 君は運命 誰かの人生 背負うこととはちがうのさ どんな色でなぞればいい 自分の愛を否定してしまうまえに 笑ってもかまわないの でも君が愛や夢に 悩む時は どうか思い出して欲しい  受け止めよう 目まいすらする 街の影の中 さあもう一度 愛や誠心で たちむかって行かなければ 受け止めよう 本当のこと口にする君の目を 誰も傷つけぬ 気まぐれの様な やさしいうそすらさえも愛したい  愛は真実なのだろうか 愛は君を救ってくれるだろうか 背中あわせの裏切りに打ちのめされても それでいい 愛してる 他に何ができるの  受け止めよう 目まいすらする 街の影の中 さあもう一度 愛や誠心で立ち向かって行かなければ 受け止めよう 自分らしさに うちのめされても あるがままを 受け止めながら 目に映るもの全てを
卒業PLATINA LYLIC尾崎豊PLATINA LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊校舎の影 芝生の上 すいこまれる空 幻とリアルな気持 感じていた チャイムが鳴り 教室のいつもの席に座り 何に従い 従うべきか考えていた ざわめく心 今 俺にあるもの 意味なく思えて とまどっていた  放課後 街ふらつき 俺達は風の中 孤独 瞳にうかべ 寂しく歩いた 笑い声とため息の飽和した店で ピンボールのハイスコアー 競いあった 退屈な心 刺激さえあれば 何でも大げさにしゃべり続けた  行儀よくまじめなんて 出来やしなかった 夜の校舎 窓ガラス壊してまわった 逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった 信じられぬ大人との争いの中で 許しあい いったい何 解りあえただろう うんざりしながら それでも過ごした ひとつだけ 解っていたこと この支配からの 卒業  誰かの喧嘩の話に みんな熱くなり 自分がどれだけ強いか 知りたかった 力だけが必要だと 頑なに信じて 従うとは負けることと言いきかした 友だちにさえ 強がって見せた 時には誰かを傷つけても  やがて誰も恋に落ちて 愛の言葉と 理想の愛 それだけに心奪われた 生きる為に 計算高くなれと言うが 人を愛すまっすぐさを強く信じた 大切なのは何 愛することと 生きる為にすることの区別迷った  行儀よくまじめなんて クソくらえと思った 夜の校舎 窓ガラス壊してまわった 逆らい続け あがき続けた 早く自由になりたかった 信じられぬ大人との争いの中で 許しあい いったい何 解りあえただろう うんざりしながら それでも過ごした ひとつだけ 解ってたこと この支配からの 卒業  卒業して いったい何解ると言うのか 想い出のほかに 何が残るというのか 人は誰も縛られた かよわき子羊ならば 先生あなたは かよわき大人の代弁者なのか 俺達の怒り どこへ向うべきなのか これからは 何が俺を縛りつけるだろう あと何度自分自身 卒業すれば 本当の自分に たどりつけるだろう  仕組まれた自由に 誰も気づかずに あがいた日々も 終る この支配からの 卒業 闘いからの 卒業
Scrambling Rock'n' Roll尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊俺達何かを求めてはわめく うるさいRock'n'Roll Band 誰も見向もしない Scramble交差点で歌っている ごらんよ 寂しい心を閉ざして歩くよ Hard Worker 自分のくらしが一番自分を傷つけると泣いてる  俺達遠くの街から 少しの金にぎりやってきた 思う存分もはしゃぎまわれず Jungle Landに 迷いこむ  Scramblin' Rock'n'Roll  通りながりの 着飾ったあの娘は クールに夜を歩く 悲しませるもの すがりつけるもの 胸にいくつかかかえ 俺達そんな見知らぬ彼女を 夢中にくどいている 彼女の胸の上 優しい光ともして眠りたい  睡眠不足の Sleepy Boy 闇には孤独と 夢を織りまぜ おびえた心のアクセルふかしても 街からは逃げられやしねえよ  Scramblin' Rock'n'Roll  自由になりたくないかい 熱くなりたくはないかい 自由になりたくないかい 思う様に生きたくはないかい 自由っていったいなんだい どうすりゃ自由になるかい 自由っていったいなんだい 君は思う様に生きているかい  さかりのついた獣の様に 街はとてもDangerous 入口はあっても出口はないのさ 奪いあっては さまよう街角  自由になりたくないかい 熱くなりたくはないかい 自由になりたくないかい 思う様に生きたくはないかい 自由っていったいなんだい どうすりゃ自由になるかい 自由っていったいなんだい 君は思う様に生きているかい  寂しがりやの君の名前すら 誰も知りはしない Scramble交差点では 心を閉ざし解りあうことがない どんなふうに生きてゆくべきか わかってないねBaby 君の恐がってる ぎりぎりの暮らしなら なんとか見つかるはずさ  奪いあいの街角で 夢を消しちゃいけないよ 見栄と偏見のふきだまり 気をつけて まっすぐ歩いてほしいよ  Scrambln' Rock'n'Roll  Scrambln' Rock'n'Roll 奪いあいのRock'n'Roll
Scrap Alley尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊二人で中古の車に乗り込み ハイウェイを飛ばすおまえは 明け始めた眩しい朝日に 祝福された 俺がいくつになると 子供はいくつになるだなんて 一度ヘマしたあの時も 同じように話してた おまえは十九で父親になり 暖かい暮らしをみつけ 明けゆく空 あの日見つめながら 二人で愛の生活(くらし)を約束した 両手に抱えた生活(くらし)の中で おまえの汗は愛に費やされ 暖かい暮らしに小さな祝福をあげた 愛する者達は 俺だけをたよりに寄り添い暮し 幸せがどれほど大切か感じている 昔はチンピラだったと 笑うおまえ 少し淋しく うつむいた 昔みたいな事じゃ もう笑えやしないと 最後におまえは 何度も歌った  Say Good-bye Scrap Alley Say Good-bye 一人ぼっちのアクセル ON Say Good-bye おんぼろのギター Say Good-bye 擦り切れた Rock'n' Roll がむしゃらに傷つき求めた あの日より幸せになってくれ この胸に愛の生活(くらし)を誓うために おまえは何度も歌うのか Say Good-bye Scrap Alley  あの頃へたくそな Rock Band組んで 目立とうとして ボリュームを上げた 格好つけては 彼女の気を引いていた 割れるぐらいに音が上がると 警察が来て苦情を言われた 暫くは知らないふりで歌っていた 昔の事を思い出して 賛美して 懐かしがるつもりはない これからおまえの生きざまを思う時 おまえのShoutが 聞こえてくるんだ  Say Good-bye Scrap Alley Say Good-bye 一人ぼっちのアクセル ON Say Good-bye おんぼろのギター Say Good-bye 擦り切れた Rock'n' Roll がむしゃらに傷つき求めた あの日より幸せになってくれ この胸に愛の生活(くらし)を誓うために おまえは何度も歌うのか Say Good-bye Scrap Alley Say Good-bye Scrap Alley
十七歳の地図PLATINA LYLIC尾崎豊PLATINA LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊十七のしゃがれたブルースを聞きながら 夢見がちな俺はセンチなため息をついている たいしていい事あるわけじゃないだろう 一時の笑顔を疲れも知らず探し回ってる バカ騒ぎしてる 街角の俺達の かたくなな心と黒い瞳には寂しい影が 喧嘩にナンパ 愚痴でもこぼせば皆同じさ うずうずした気持で踊り続け 汗まみれになれ くわえ煙草のSeventeen's map  街角では少女が自分を売りながら あぶく銭のために何でもやってるけど 夢を失い 愛をもて遊ぶ あの子忘れちまった 心をいつでも輝かしてなくちゃならないってことを 少しずつ色んな意味が解りかけてるけど 決して授業で教わったことなんかじゃない 口うるさい大人達のルーズな生活に縛られても 素敵な夢を忘れやしないよ  人波の中をかきわけ 壁づたいに歩けば すみからすみはいつくばり 強く生きなきゃと思うんだ ちっぽけな俺の心に 空っ風が吹いてくる 歩道橋の上 振り返り 焼けつくような夕陽が 今 心の地図の上で 起こる全ての出来事を照らすよ Seventeen's map  電車の中 押しあう人の背中にいくつものドラマを感じて 親の背中にひたむきさを感じて このごろふと涙こぼした 半分大人のSeventeen's map 何のために生きてるのか解らなくなるよ 手を差しのべて おまえを求めないさ この街 どんな生き方になるにしても 自分を捨てやしないよ  人波の中をかきわけ 壁づたいに歩けば しがらみのこの街だから 強く生きなきゃと思うんだ ちっぽけな俺の心に 空っ風が吹いてくる 歩道橋の上 振り返り 焼けつく様な夕陽が 今 心の地図の上で 起こる全ての出来事を照らすよ Seventeen's map
15の夜PLATINA LYLIC尾崎豊PLATINA LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊落書きの教科書と外ばかり見てる俺 超高層ビルの上の空 届かない夢を見てる やりばのない気持の扉破りたい 校舎の裏 煙草をふかして見つかれば逃げ場もない しゃがんでかたまり 背を向けながら 心のひとつも解りあえない大人達をにらむ そして仲間達は今夜家出の計画をたてる とにかくもう 学校や家には帰りたくない 自分の存在が何なのかさえ 解らず震えている 15の夜  盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ 誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に 自由になれた気がした 15の夜  冷たい風 冷えた躰 人恋しくて 夢見てるあの娘の家の横を サヨナラつぶやき走り抜ける 闇の中 ぽつんと光る 自動販売機 100円玉で買えるぬくもり 熱い缶コーヒー握りしめ 恋の結末も解らないけど あの娘と俺は将来さえ ずっと夢に見てる 大人達は心を捨てろ捨てろと言うが 俺はいやなのさ 退屈な授業が俺達の全てならば なんてちっぽけで なんて意味のない なんて無力な 15の夜  盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ 覚えたての煙草をふかし 星空を見つめながら 自由を求め続けた 15の夜  盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ 誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に 自由になれた気がした 15の夜
シェリーPLATINA LYLIC尾崎豊PLATINA LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊シェリー 俺は転がり続けて こんなとこにたどりついた シェリー 俺はあせりすぎたのか むやみに何もかも捨てちまったけれど シェリー あの頃は夢だった 夢のために生きてきた俺だけど シェリー おまえの言うとおり 金か夢かわからない暮しさ  転がり続ける 俺の生きざまを 時には無様なかっこうでささえてる  シェリー 優しく俺をしかってくれ そして強く抱きしめておくれ おまえの愛が すべてを包むから シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう シェリー 俺は歌う 愛すべきものすべてに  シェリー 見知らぬところで 人に出会ったらどうすりゃいいかい シェリー 俺ははぐれ者だから おまえみたいにうまく笑えやしない シェリー 夢を求めるならば 孤独すら恐れやしないよね シェリー ひとりで生きるなら 涙なんか見せちゃいけないよね  転がり続ける 俺の生きざまを 時には涙をこらえてささえてる  シェリー あわれみなど 受けたくはない 俺は負け犬なんかじゃないから 俺は真実へと歩いて行く シェリー 俺はうまく歌えているか 俺はうまく笑えているか 俺の笑顔は卑屈じゃないかい 俺は誤解されてはいないかい 俺はまだ馬鹿と呼ばれているか 俺はまだまだ恨まれているか 俺に愛される資格はあるか 俺は決してまちがっていないか 俺は真実へと歩いているかい  シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう シェリー 俺は歌う 愛すべきものすべてに
ドーナツ・ショップ尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊あの頃僕が見ていた ガード・レール越しの黄昏 君の言う どうでもいいことに 心奪われてた 空の色を すこしだけ口にしても 本当は コンクリートの街並が さみしいんだよって うつむいた  僕は探しつづけてる  ドーナツ・ショップに流れる 音楽に足を止め 今日の君は 泣きたい気分なのと 目をふせてた 人や車の流れを自分のさみしさの様に見ていた ねえ 僕らの感じることは これだけのことなの  君は探しつづけてる  スタンドの油だらけの壁と 同じくらい黄昏た街 僕は何度も つぶやいた 本当は 何もかも違うんだ わかってよ  僕は探しつづけてる
Teenage Blue尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊埃っぽい街 壁に登って Teenage Blue ハーモニカ吹けば 淋しい街のノイズに合う 静かな Rock'n'Roll & Blues 一本の煙草を吸いつくすまでに どれくらい時を無駄にできるか 賭けよう 知らない顔でいる君を見てる 悲しいまでの僕 何もかも 燃えてしまえばいい  抱きしめてよ 震えてる心 愛を捜して さまよってるから 変わらないもの 街にはないけど それでもいいよ 抱きしめてほしい 静かな Rock'n'Roll & Blues 聞いていたい  ドラッグにチョコレート そしてRock'n'Roll 足元に舞う風のように 恋に落ちては枯れてしまう 静かな Rock'n'Roll & Blues 思い浮かべてた あの頃の笑顔を あの頃傷つけ合った 心の痛みを ほら坂道で歌う 少女の夢のよう 一日の終わり 燃えてる  抱きしめてよ 震えてる心 愛を捜して さまよってるから 変わらないもの 街にはないけど それでもいいよ 抱きしめてほしい  静かな Rock'n'Roll & Blues 聞いていたい
OH MY LITTLE GIRLPLATINA LYLIC尾崎豊PLATINA LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とても小さく とても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら 凍えた躰 そっとすりよせて 君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れられないでいるよ  君の髪を 撫でながら ぼんやりと君を見てるよ 甘えた声で 無邪気に笑う ぼくの腕に包まれた君を Oh My Little Girl 素敵な君だけを Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 冷たい風が 二人の躰すり抜け いつまでも いつまでも 離れられなくさせるよ  Oh My Little Girl 暖めてあげよう Oh My Little Girl こんなにも愛してる Oh My Little Girl 二人黄昏に 肩寄せ歩きながら いつまでも いつまでも 離れないと誓うんだ
I LOVE YOUPLATINA LYLIC尾崎豊PLATINA LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
太陽の破片GOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊昨晩 眠れずに 失望と戦った 君が悲しく見える 街が悲しいから 昨晩 一晩中 欲望と戦った 君を包むもの全てが 僕を壊すから  すり変ってゆく現実との はざまに 描いた夢が 愛を傷つける 暮しはただ 街明りに照らされ 何を信じるの どこへ向かうの 僕の手も握らずに 消えるのは何故  誰も手をさしのべず 何かにおびえるなら 自由 平和 そして 愛を何で示すのか だから 一晩中 絶望と戦った 僕はただ 清らかな 愛を信じている  目をつぶってみる 涙がほら渇くまでの間に 忘れられるさ 破れた約束の前で 人はいつも 偽りつづける だけど 君を もう欲望の果てに ただ 奪われたくはない  君を守りたい 悲しみ こぼれぬよう あわれみが 今希望の内に生まれるよう もし君が 暗闇に光を求めるなら ごらん 僕を 太陽の破片が頬をつたう  昨晩 眠れずに 昨晩 眠れずに
街角の風の中尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊街角には 人影もなく 失くした勇気捜して 優しさ無くす僕には ポケットの中に温もりもない 使い古された言葉でも ちょっと気を利かせてみると 口ごもるよりはましな 歌も探し出せるさ  風に吹かれているよ 他には何もなくて 君が心閉ざした 街並に包まれたまま  ねぇ 今日の僕は運がいい それぞれにあるわけの中 たった一言でも君に 傷つかずにいるなんて  どこかに向け 枯れそうな夢「僕はここだよ」と叫ぶ だけど見えない涙は こぼれる場所を捜し出せない よりそい歩く恋人達 人混みや影にのまれて 二人の道の終りが 僕には見えぬふりしよう  風が色を付けてく 恋を言葉に変えて 愛を守るというの 約束を自由に抱いて  ねぇ あれからどうしているの きっと君は生活に 奪われてゆく愛より 幸せになっただろう
永遠の胸GOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊一人きりの寂しさの意味を 抱きしめて暮らし続ける日々よ 見つかるだろうか 孤独を背負いながら生きてゆく 心汚れなき証示す道しるべが 色々な人との出会いがあり 心かよわせて戸惑いながら 本当の自分の姿を失いそうな時 君の中の僕だけがぼやけて見える ありのままの姿はとてもちっぽけすぎて 心が凍り付く時君を また見失ってしまうから 人はただ悲しみの意味を 探し出すために生まれてきたというのか 確かめたい 偽りと真実を 裁くものがあるなら僕は 君の面影を強く抱えて 何時しか辿り着くその答えを 心安らかに探し続けていてもいい いつまでも  受け止める術のない愛がある 消し去ること出来ぬ傷もある 忘れないように 全ての思い出が与えてくれた 心の糧を頼りに生きることを そこには様々な正義があり 幸せ求めて歩き続けている 欲望が心をもろく崩してゆきそうだ 人の心の愛を信じていたいけど 人の暮らしの幸せはとても小さすぎて 誰一人 心の掟を破ることなど出来ないから 今はただ幸せの意味を 守り続けるように君を抱きしめていたい 信じたい 偽りなき愛を 与えてくれるものがあるなら この身も心も捧げよう それが愛それが欲望 それが全てを司るものの真実 なのだから  断崖の絶壁に立つ様に夜空を見上げる 今にも吸い込まれてゆきそうな空に叫んでみるんだ 何処へ行くのか 大地に立ち尽くす僕は 何故生まれてきたの 生まれたことに意味があり 僕を求めるものがあるなら  伝えたい 僕が覚えた全てを 限り無く幸せを求めて来た全てを 分け合いたい 生きてゆくその全てを 心に宿るもののその姿を ありのままの僕の姿を 信じてほしい 受け止めてほしい それが生きてゆくための愛なら 今 心こめて  僕はいつでもここにいるから 涙溢れて何も見えなくても 僕はいつでもここにいるから
KISS尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊街中ほら Honky-Tonk Blue 息苦しい街風 滲み出した汗の雫が 排気ガスに解けてく 打ちつける鉄骨の 地響きが街を黙らせる 彼女の擦り減ったヒールと泣きそうな唇 地下鉄のレールのリズムで 新聞の文字を追う 子供達はイヤーホンで耳を 塞いで漫画を読む ガラス越しに 張り付く程 押し込まれて 肌を寄せ合えば 頭の中夢駆け回る 人生未だ語らず ひと駅毎待ち焦がれこみ上げる 敗北者と勝利者が自分の明日に描き出されて 扉の向こうで待ってる 全てが 終わるはずなく  踏み出して走り続けて 勇気に心躍らせ 勝ち抜いてしくじっても 陽気に笑い飛ばし 様子を見て誘い出して 切り札胸に隠し 調子合わせ 紛れ込んで 裏も表も感じるまま  デスクの書類の山の中 こめかみ突くテレホーンコール 乗換えと渋滞に骨折る カバン抱えた企業戦士 ハードの画面に ソフトデータからの憂鬱な文字 彼女の指先が セクシーにキーボードを叩く 軽いジョーク 噂話 社内恋愛 残業 家庭 仕事 ノイローゼ並べ 処方せん薬で生きる まともになりたいのに まともじゃない事に縛られる 苛立ちと吸殻の中 それでも何かが少しずつ蠢いているのが分かるのさ 心が壊れちまいそうだ 何を求めて暮らしているのか そして俺を何処かに加えておくれよ 愛しい君に  Money money diamond 欲望に身を焦がし Mad love 分けあえない 愛欲に溺れて Money money diamond 全ての輝きの様 Pure love sweet home カバンの隅に子供の写真  油まみれの City energy 泥だらけのCity light 夜の街に天使を装うアルコールの慰安婦 一日中 あくせくと働けば背広もくたくた 三杯目のバーボンを飲み干したら 世界が変わっちまう まだ生きてるぜ 分け合えない傷みを持った大人 安らかな心の一つが 励ますよに笑い飲みながら いつもの調子になる Hey 彼女 今夜のご機嫌は如何ですか 俺たち今日も働きました 明日に僅かな希望を握り締めて最終のホーム まだ燃え尽きぬ街を去り家に帰れば HoneyとBabyの寝顔にそっとキスしてやるつもりです そして俺は  I am a worker,hard worker 休みもない lonely worker I am a worker,get so tied I am working to get some money I am a worker,hard worker 疲れも見せずに lonely worker I am a worker,get so tied Wasted time leaves little money  Any way...
置き去りの愛尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊夕暮れが落とす影 枯木を揺らす風 遠く離れた君の事 失った愛の傷 もしもあの日に戻れるならば もう一度やり直せたら 探していたもの それが愛だと 伝えられるのに もう帰らない  心を体の 温もりで確かめてた だけどそれはただの愛の影 つかめるはずもない いつも君が包んでくれた 僕の心の傷みを 背伸びもせずに見ていた夢も あの頃の二人は もう戻らない  自分を責めて暮らしていると 風の便りに聞いたけど 二人が費やした汚れのない 愛に今ひざまずく もう帰らない
レガリテート尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊暗闇の中ひと粒の 光の様にたたずんだ 震えた体を纏ってる 心を無くした僕がいる 欲望の渦に巻かれ 君を失いそうになる 意味のない答えだけが 僕を強く祈らせた 心がざわめく何故こんな風に あてもない夢の中 ただ彷徨うだけなの  激しくなびく風が 僕の体殴りつけ まるで永遠に続く 解けぬ答え追うようだ ひとつの叫びが生まれ 時代は形を変える 愛は何時も永遠に足りぬ平和数えてる 教えて明日を呼ぶ声の意味を だけどただ眩しさの中 意味など見つからずに  君を愛と呼べるのか 愛は何処へ行くのか 君の愛がなければ僕はもう生きられない 君の愛の意味だけが明日の答え映し出す 幻の声が僕を少しずつ作り上げる 誰もが偽りの世界を彷徨い 何時かしら 心すら失ってしまうのか  心を暖めて欲しい 愛と神秘の力で 凍えた世界の心 真実で守っていこう まどろむ愛の世界の中で生まれた真実 何時しか君と分け合おう 自由な愛の姿を
RED SHOES STORY尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊昔の事なんかもう忘れちまいたいよ これでも昔は随分気取ってたのさ 慰めた女 慰められた男 酔いどれて演じては 逃れようもない様なダンスに明け暮れて 行き着けの店には毎晩顔出してさ くどかれたりくどいたり何時もの曲に合わせてさ でも本当は酔ってるから 顔もはっきり覚えちゃいねぇ 夢心地 幻 夢中で愛してた 自慢にもならねえのによ 朝日はアスファルトに寝ころぶ俺をつつきながら ベットに辿り着く俺は 旅に出る夢を見てた  儲け合ったやつらとも 今じゃ遠い縁になってさ 色々覚えたよ 上手くはめられたのは誰 ヤキが回ったぜ おまえも俺も どうなって行くのか どうすりゃいいのか ああ 用心にこした事はねぇ もう誰も信じやしないと よくある事さ あんたも同じ傷みを背負ってたってね 結局はビジネスさ あるところじゃ子供騙し 嘘だけの言葉に 誠実に答えても 互いに疲れちまうのさ なぁ 俺の置き忘れてきたギターはまだあるかい 返してくれねぇかい もう貸し借りはねぇぜ  気をつけた方がいいぜ若者よ 負い目を背負って生きてくなんてまっぴらだぜ 上手い話なんてあるもんじゃないさ 誰もかれも責任逃れ 知り尽くした顔して 弱みに付け込んで笑ってら笑ってら 頭じゃ分かってる事も体が付いてかなくてよ きらびやかな夜の街にのこのこと出かけて 朝になればうらぶれた 裏通りの街の被害者 だけど俺は知ってるぜ 次の仕事に間に合うまでの 寂しいゲームだと  心の傷アルコールで癒して 何処から何処まで行けばいい 愛しいおまえ受け止めるまで この旅は続くのさ  Lai la lai la la la la la....
LONELY ROSE尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊一晩中僕らは 恋のゲームに酔いしれて 次の朝には甘いコーヒーで目を覚ます ねぇ 覚えているかい 昨夜の約束 そうだね 今夜また君に会えそうさ 過ぎ行くままに 見つめていると 息も止まりそうさ 小さな嘘を 許し合おうか 何処かに捨ててしまおうか 雨の日は二人で 雨音に歌わせた 今夜また何処かで 安らかに夢見るの  グラスににじんだ小さな涙を飲み干して 二人の夜には甘い歌を分け合うように ねぇ 優しさだけじゃ二人を包めないから 信じているとだけ答えてよ 自由になれた 心はまるで 踊り疲れた天使のくちづけのような寂しさ 分かり合えるまで 強く抱きしめていようか 雨の日は二人で 雨音に歌わせた 雨音に打たれて 安らかに夢見るの  ときめく胸の奥には 何時もおきまりの寂しさまじりの笑顔 そんな無口な笑顔を見つめると 静かに時が流れてく 君を抱きしめたいよ 柔らかな温もりに触れながら くちづけたいよ 心を包んで離さない 過ぎ去った日々 何時までも思い出さないで 雨の日は二人で 雨音に歌わせた 今夜また何処かで 安らかに夢見るの 雨の日は二人で 雨音に歌わせた 雨音に打たれて 安らかに夢見るの
MARRIAGE尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊埃まみれの都会の空 独りきりの寂しさの訳 探しながら二人は出会った 背負い切れぬ悲しみの数 互いの笑顔の作り方 積木のように重ねて過ごした 人は誰も心の中に何かを 隠し続けているものだけれど 過ぎ去った時よりも 今は君のこと 愛している それが俺の答えだから I wanna marry you 諦めないから I wanna marry you 傷んだ心に 君が泣かぬように  壊れた愛の傷跡が 二人を悲しく包む 愛はとてももろいものだと 手探りの優しささえも 見つけられなくなる時に 愛が冷めてしまいそうだから 二人の幸せ 描けるものだとしても 何も語らず寄り添う姿だけだから ひとつひとつを 覚えておいてほしい 愛を償いながら二人は生きてる I wanna marry you 諦めないから I wanna marry you 終わりのない 優しさの始まり  I wanna marry you 諦めないから I wanna marry you 傷んだ心に 君が泣かぬように
尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊だから今日も雨が上がるのを ずぶ濡れで待つおいらさ おまえ呆れた顔をしないで 心のドアを開けて  街中を銀色に染めてゆくこの雨の 小さな雫が瞳の中に落ちてくる 閉じた傘からはこぼれた雨が流れてく 水たまりに映った 君の影が 僕の心を開く  だから今日も雨が上がるのを ずぶ濡れで待つおいらさ おまえ呆れた顔をしないで 心のドアを開けて  優しさだけなら素直になれるのに 嘘の痛みが僕の心を冷たくする 灰色の空の様な冷たさに震えてる 人波に心許せず 君を思う心だけが暖かい  だから今日も雨が上がるのを ずぶ濡れで待つおいらさ おまえ呆れた顔をしないで 心のドアを開けて 心を開いて
銃声の証明尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊俺は貧しさの中で生まれ 親の愛も知らずに育った 暴力だけが俺を育てた  街角で娼婦の客をとり 路地裏で薬を売りさばき だけどそれも俺の仮の姿 ある日 役目をまわされた 政治家を一人殺るやまさ 跳べと言われれば今の俺には それしか生きる術がない  Woo 渇いた銃声が 奴の頭をぶち抜いた Woo 次は俺が殺られる番だ 何も訳など知らないままに  政治なんて俺には分からない ただ生きるための手段覚えた 世間のことなど知りはしなかった 俺はテロリストに育てられ 言われた通りに生きてきた 十六の時初めて銃を手にした 俺にあるのは敵と味方だけ 裏切りが俺の心を いつでも正しくさせていた だから今まで生きてこれた  Woo 権力を潰すことだけを 教えられてきた俺はテロリスト Woo 平和など生み出せやしない 俺の命はテロリスト  この世に生きる人々の 一人一人に責任があるなら この革命と一緒に命を共にするんだ  Woo 生きていることに罪を 感じることなく生きる人々よ Woo おまえはこの世のテロリスト俺を育てたテロリスト
禁猟区尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊Alcohlic, Druggist, Evil thoughts, Pornographic magazine 上手くやれない日常から 逃げ出したくてはみ出してゆく 逃れられないままのパラノイアに陥ってく 気がつけばベッドに縛られて 白く冷たいシーツにくるまり 流し込む白い血液で 深く眠らされ 罪無き心 消し去ると言うの Help me 祈る言葉の代わりに バランスよく飲み干すメディセン Help me まともになれたとしても 連れ戻されるだけ  Cocaine, Marijuana, L.S.D., Amphetamine, Heroine 幻覚 幻聴 誰かが うごめいてる 囁いてる 答えなど無い ただ crazyなだけなのさそこでは 快楽 興奮 欲望 孤独なシステムに繁がれ 眠れない夜に縛られて 誠実で弱い心がいつも打ちのめされる Be cool 生き抜くための力を 握りしめ 信じこめ Be cool 誰も信じるな 欲望にきりはない  俺は背中に感じる 本当の心ってやつを 俺は誰も愛せない こんな世界じゃまともになれない 街に打ちつける太陽の下で のたうちまわる 俺はいつも裁かれる 分け合う平和など何もない どこにも真実などない 明日が平和でなければ誰にも生きる意味がない Sex and drugs and rock'n'roll 日常からはみだしてしまう Sex and drugs and rock'n'roll 意味などないのさ  Sex and drugs and rock'n'roll 日常からはみだしてしまう Sex and drugs and rock'n'roll 意味などないのさ
黄昏ゆく街で尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊57番街に吹く小さな風に 二人肩をすぼめて歩き続けた 待つ人もなくただ二人手をつなぎながら 僕は煙草に火を点けて 街は悲しくうつろう 壁の落書きには 思い出すものもない 何時誰が書いたのかすら 僕らは知らないけれど 雨に打たれ風にさらされ 時の過ぎゆくままに愛を 育んでいる二人に何処か似ていると 君の温もりの中 見つめていて 僕だけのこと  街には花がない 灰色の空が 上目づかいで歩く二人には見える 触れ合えば何時もきっと悲しみの傷みも 一筋の光の瞬きに救われればいい 枯れた噴水の淵に 僕らは腰掛けて 夢見る訳でもなくただ無口になっている 誰かが奏でる題名のない音楽に耳を傾けていると 君を見失いそうさ 肩を抱き寄せてみるけど 遠くに感じる 見つめていて 僕だけのこと  ベッドの中で夢見る 何時しか二人の心 優しくなれると胸の傷みをこらえながら 寝息をたてて眠る君の頬に優しく愛しくくちづけて 髪を撫でるとぼんやりと僕を見つめて こう聞く「ねぇ これでいいの…」 見つめていて 僕だけのこと
ロザーナGOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊心傷む理由のそのひとつひとつを 何度も噛み締めてみたけれど おまえは弱さを憎む様になり 優しさの意味さえも忘れていた 辛く激しく受け止めたこの愛や 見知らぬ人々の戸惑いの中で 答えを持てずにただ打ち消し合うだけの 長い日々を経ても誰も語り尽くせやしない ロザーナ まだ俺の知らぬおまえの心の優しさの中へ 手を引き寄せて抱きしめておくれよ ロザーナ 嘘で取り 繕 う暮らしに 涙 だけが 二人を優しくさせていたはずなのに ロザーナ  さよならを言おうと何度も試したけれど 愛はまるでシーソーゲームの様に おまえを愛してそして憎んで 二人の悲しみさえ汚れていった 思い出さぬ様に手紙も燃やして 思い浮かべぬ様に夢すら消して 費やした二人の時間(とき)と同じだけ 忘れる為の 涙 を二人はこぼすのだろう ロザーナ 二人が犯した罪の 償 いの前に なんて二人は勝手に生きてきたのだろう ロザーナ 触れ合うこと出来なかった 優しさの意味これから別々に探すのか ロザーナ  ロザーナ 二人は特別変わってた訳じゃないから いつか同じ 過 ちから解き放たれよう ロザーナ 新しいくらしみつけることできたなら 互いは互いのままでいれるだろうか ロザーナ
FIRE尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊思い切りエンジン吹かして いつもの夜の街の中飛ばし続けて行くのさ 可愛い彼女達が 街灯の下で たむろして 俺たちを 熱い瞳で見つめるのさ クラッシュしちまうまで 走り続けていようぜ 今夜は  ビールにウイスキー バーボン ウオッカを しこたま買い込んで シートに放り込んで 俺達は この街中で 一番今夜も ワイルドなやつらになってやるのさ そして ちょっとだけ クレイジーにわずかな夜をすり抜けて行くのさ  Woo 夜空の流星より早く Woo 滅びて行きそうな愛が この胸に 熱く燃え出しそうな Fire  体制に逆らいながら振りかざす 俺が手に持っているのは サーベル 脅え震えている人々の凍えた体を包んであげよう 優しく 俺は星空を見つめながら 明日の正義を待っている  女達は 安らかな瞳に映る 汚れたものを 打ち砕く 子供達は 清らかな愛に包まれ 明日を夢見る 男達は 鎧に身をかためながら 次に訪れる平和を待っている  Woo 矛盾するこの世界で Woo 一番大切なものがある この 燃え尽きることのない愛は Fire  素直な気持ちでさえも 語り尽くせぬこの世界 何が人の心を支配してるの 訳もないのに こぼれ落ちる涙を拭おう  抱きしめておくれ  おかしな奴だと マトモな振りした奴らに 笑われ続けていてもいいのさ 何がこの世で一番大切なのかを 知っているのは この俺の方だぜ だって 自然の醜さを知りながら 心をこめて歌っているんだぜ  Woo 悲しみに溢れる世界で Woo 孤独に打ちのめされても 熱い気持ちを 燃やし続けようぜ Fire
誕生GOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊俺の時計の針がちょうど午前零時を指した 過ぎ去る時は新しい日の中に消え去ってゆく 訳もない涙が溢れ そっとこぼれ落ちる 分からないものが俺の全てを狂わせてしまった 愛を失い 仕事すらなくし 俺は街を出た そして今俺は一体何を待ち続けているのか  ポケットには別れた家族の写真がある 皆で笑い俺は兄貴に肩を抱かれてる その写真をながめる度 分けあった訳の中に それぞれが選んだ生き方を思い浮かべてみる 人生はいつも誰にも冷たいものだから 捨ててしまうことの方がきっと多いものだから  街の風は凍ついたまま吹きつけ心隠さなければ 大切なもの何ひとつ守りきれやしないから そっと目を閉じて ふっと心を閉ざし 暮らしているけど  Hey baby 俺はクールにこの街で生きてみせる Hey baby 俺は祈りの言葉なんか忘れちまった 俺はきっとまだ マトモにやれるはずさ 街中の飢えた叫び声に立ち向かいながら 俺は走り続ける 叫び続ける 求め続けるさ 俺の生きる意味を  一人で生きる寂しさに疲れ やがて恋に落ちた 彼女と二人暮らし始めて半年が経った マトモな仕事が見つからずに 荒れ果てた暮らし 投げ出したくなるそんな暮らしが続く日毎に俺は 愛の温もりも忘れて 心はすさんでゆき 自分自身から逃げ出そうと 脅えて暮らした  心の弱さの逃げ道に罪を犯した俺は 捕えられ 牢獄の重い扉の奥で息をひそめた そして裁判の後 俺は手首ナイフで切り付け 気がつけば病院のベッドの上薬漬けにされた あぁ教えてくれ 俺のどこに間違いがあるのか 街の冷たい風から逃れて生きてきただけなのに  やがて俺もマトモな生活を見つめ彼女と暮した ある日彼女は 涙ぐむ笑顔の中でつぶやいた 二人の新しい命が宿り 生まれてくることを  Hey baby 俺はクールにこの街に生まれた Hey baby そして何もかも捨てちまって生きてきたんだ 生きる早さに追いたてられ 愛 求め 裏切られ 孤独を知り 振り返ることも出来ず 震え暮らした そして走り続けた 叫び続けた 求め続けていた 生きる意味も分からぬまま  産声を上げそして立ち上がり やがて歩き始め 一人きりになる 心が悲しみに 溢れかき乱されても 脅えることはない それが生きる意味なのさ  Hey baby 忘れないで強く生きることの意味を Hey baby 探している 答えなんかないかもしれない 何ひとつ確かなものなど見つからなくても 心の弱さに負けないように立ち向かうんだ さぁ走り続けよう 叫び続けよう求め続けよう この果てしない生きる 輝きを  新しく生まれてくるものよ おまえは間違ってはいない 誰も一人にはなりたくないんだ それが人生だ 分かるか
音のない部屋尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊風をかばい二人がくるまるジャケット 路地裏で見えない星の数かぞえ 触れ合うと壊れてしまいそうな 二人の唇は震えて 思い出ばかりに微笑む様な君 優しさに口ごもりうつむいてる僕 音のない部屋のドアを開けると 小さなテーブルがある 今は僕だけを見つめておくれ 君の幻を抱きしめていたい 強く二人が育んでいる暮らしの何時もの口癖  鏡の中僕の知らない君 君の背中抱きしめ目を伏せてる僕 手探りで振り返るといつもの君が僕に甘える 二人だけの暮らし数えてみるたび 口を塞ぐ様な接吻をかわす どんな風に心重ねよう 笑顔を絶やしたくないから  今は君だけを見つめていたい 時は悪戯に過ぎて行くだけ 通り過ぎて行く日々に愛が 優しさだけを残せるなら  優しさをひとつ部屋に残す 寂しさは同じ様に色あせる 部屋明かりがおとす光と影 それは二人の暮らし 二人の心はひとつ
COOKIE尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊Hey おいらの愛しい人よ おいらのためにクッキーを焼いてくれ 温かいミルクもいれてくれ おいらのためにクッキーを焼いてくれ  溢れかえる人混みの気忙しさにもまれながら とりとめのないほどに孤独を感じて歩く 駅のホームに立ち尽くしていると 目隠しされたまま仕事抱えてるようだ 目頭とがらせて競い合っているだけで 気取って見せる程幸せでもないだろ 言い訳なんかはまだしたくはないけど 生きてゆくための愛し方さえ誰も知らない  Hey おいらの愛しい人よ おいらのためにクッキーを焼いてくれ 温かいミルクもいれてくれ おいらのためにクッキーを焼いてくれ  新聞に書かれた人脅かすニュース 美味しい食事にさえぼくらはありつけない 空から降る雨はもう綺麗じゃないし 晴れた空の向こうは季節を狂わせている 正義や真実は偽られ語られる 人の命がたやすくもて遊ばれている 未来を信じて育てられて来たのに 早く僕たちを幸せにしてほしいよ  Hey おいらの愛しい人よ おいらのためにクッキーを焼いてくれ 温かいミルクもいれてくれ おいらのためにクッキーを焼いてくれ  好き嫌いなく食べろと言われ育った 大人の言うことを信じろと言われ育った 答えがあるならば出さなければならなかったし 嘘をつくなと言われて育てられた 僕たちの親が作った経済大国 だけど文明はどこかで一人歩きしている 法律の名のもとに作り上げた平和 だけど首をひねって悩んでいるのは何故  Hey おいらの愛しい人よ おいらのためにクッキーを焼いてくれ 温かいミルクもいれてくれ おいらのためにクッキーを焼いてくれ  今日が終わって迎える明日のための 答えはまだ何も出されてはいない ああ僕は明日を信じて生きてゆこう 急ぎ過ぎた世界の過ちを取り戻そう  Hey おいらの愛しい人よ おいらのためにクッキーを焼いてくれ 温かいミルクもいれてくれ おいらのためにクッキーを焼いてくれ
きっと忘れないGOLD LYLIC尾崎豊GOLD LYLIC尾崎豊尾崎豊尾崎豊街の暮らしにもすこしずつ慣れてきて 君の笑顔も素敵になってゆくようさ 忘れられない心の傷みの悲しみも 今夜全てを吹き消して 流れてゆく 変わってゆく 街灯りも形を変え 頬杖をついたまま 見つめてる 夜が訪れる Happy Birthday いつだって君を忘れはしない Happy Birthday 君が好きさ 心をこめて 生まれてきた喜びに 君が包まれるように 今日という日を祝うよ Happy Birthday to You  時の流れも見つからなくなるほどに 辛く孤独に過ごした日々もあったさ だけどいつかはそんな悲しみも報われると 信じて過ごした日々もある いつも夢を忘れないで 季節の中でうつろう君 探している答えに心が 届かなくても Happy Birthday いつだって君は大丈夫さ Happy Birthday 君が好きさ 心をこめて 探している優しさに 君が包まれるように 今日という日を祝おう Happy Birthday to You  誰だって いつの日にか 振り返る時が来るのだから 忘れないで 毎日は ささやかな 君へのプレゼント Happy Birthday いつだって君を忘れはしない Happy Birthday 君が好きさ 心をこめて 生まれてきた喜びに 君が包まれるように 今日という日を祝うよ Happy Birthday to You
LOVE WAY尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊ひどく煙たい朝に目覚めると俺は 何時しか何かに心が殺されそうだ 俺を捕らえる 不可能な夢 偽善に染まる 答えはすぐに打ち消されて矛盾になる Love Way Love Way 静寂の中の響きに体休み無く 心の傷(いた)みを蹴飛ばしながら暮らしてる Love Way Love Way 貧しさの憧れに 狂い出した太陽が 欲望の名を借りて何処までも果てし無い  Love Way 言葉も感じるままにやがて意味を変える Love Way 真実なんてそれは共同条理の原理の嘘 Love Way 生きる為に与えられてきたもの全ては 戦い 争い 奪って愛し合う Love Way  全てのものが置き換えられた幻想の中で 犯してしまっている気付けない過ちに 清らかに安らかに生まれて来るもの 全ての存在は罪を背負わされるだろう Love Way Love Way 生き残る為だけの愛ならば安らかに 祈り続けても心は脆く崩されてく Love Way Love Way 真夜中の街並みに 狂い出した太陽が 欲望の形を変えて 素肌から心を奪ってく  Love Way 何ひとつ確かなものなどないと叫ぶ Love Way 足りないものがあるそれが俺の心 Love Way 満たされないものがあるそれが人の心 押されて 流され 愛は計られる Love Way  何時も何かが違う 生きて行くだけの為に こんなに犯した罪を 誰も背負いきれない  Love Way 何かに裁かれている様な気がする Love Way 何かが全てを罪に陥れていく様だ Love Way 何かを償う事すら出来ないとしても Love Way 生き残る為に愛し合う事は出来るだろうよ  欲望の暗闇に 狂い出した太陽が この狂った街の中で 慰安に身を隠す人々を照らし出してる  Love Way 心と体を支えている炎の欲望 Love Way 全ての終わりを感じてしまう時にさえ俺は Love Way 生きる為に汚れていく全てが愛しい 人間なんて愛に跪く Love Way
COLD JAIL NIGHT尾崎豊尾崎豊尾崎豊尾崎豊スモッグに煙る街並みは渋滞のロードレース 空からはいつものように繋がれた人が踊る 不満とナイフ 押し込められた護送バスの中で誰もが 何かが少しだけ違う生き方強いられる この暮らしが始まる始まる前に一つだけ聞いておこう 動機と心の病の上に罪名が被さる 脅えと目眩 諦めに似た雑居房の中で誰もが 跪いて一滴の水を乞うのだろう  Cold jail night 都会の夜空は紅く燃えてる 罪を抱いて Cold jail night 吐く息は白く 脅え切った瞳の中 夢を見る  五十日振りに見る太陽は少しだけ痩せてた 監獄の太陽は俺の前でちぎれてゆく 寄りかかる壁に刻まれた傷 太陽のあたる場所を誰もが 忘れるために殴りつけた傷みもない 裁判という台本を読む真の正義が始まる 生き方を今削り取られて比べられている 毎日毎日覚え込ませる繰り返す仕事に誰もが 先を争い真実さえ口にする余裕などない  Cold jail night 都会の夜空は紅く燃えてる 罪を抱いて Cold jail night 吐く息は白く 脅え切った瞳の中 夢を見る
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 祝福
  2. Tot Musica
  3. SOUVENIR
  4. もう一度
  5. My Turn feat. JP THE WAVY

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. Let Go
  3. 445
  4. Only One For Me
  5. 秋桜

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照