この曲の表示回数 21,787
歌手:

尾崎豊


作詞:

尾崎豊


作曲:

尾崎豊


時を削る部屋で 心を溶かした
渇いていたけれど TVと話せた
受話器越しの彼女を 抱きしめ泣いた
これが現実なら 僕は何を奪い
奪われるのだろう もう理解らない

答などなくていい その理由(わけ)は
誰も皆 安らぎの始まりに 生きること

君を信じてみた 夢を見るために
耳をすましてみた 嘘を消すために
不安の上に君を 重ねて抱いた
意味を無くした僕の思い かき消し
僕に背負わせる愛 その罪を

裁くのが君という 神ならば
何を捨て何のため 愛すのが 生きること

答などなくていい その理由(わけ)は
誰も皆 安らぎの始まりに 生きること
生きること… 生きること…
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:LIFE 歌手:尾崎豊

尾崎豊の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-08-20
商品番号:AMCM-5048
イーストウエスト・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP