尾崎豊

核

作詞:尾崎豊
作曲:尾崎豊
発売日:1996/08/20
この曲の表示回数:43,051回

核
何か話をしよう 何だかわからないけど
俺はひどく怯えてる 今夜は泊めてくれ
テレビは消してくれないか 明かりもひとつにしてよ
こんなに愛してるから 俺から離れないで

独りぼっちで路地裏 俺の背中の人影に怯えて
気持ちを尖らせて 今まで街灯にもたれてた

抱きしめて 愛してる 抱きしめていたい それだけなのに

何かが俺と社会を不調和にしていく
前から少しずつ 感じていた事なんだ
いつからかそれをさえぎる 顔を持たない街の微笑み
少し疲れただけよって 君は身体すり寄せる

愛なら救うかもしれない
君の為なら犠牲になろう
愛という名のもとに 俺は生きたい
死ぬ為に生きる様な暮らしの中で
ごめんよ こんな馬鹿げたこと聞かずにいてくれ

抱きしめて 愛してる 抱きしめていたい それだけなのに

真夜中 盛り場 人ごみを歩いていると
日常がすりかえた叫びに 誰もが気を失う
殺意に満ちた視線が 俺を包む
持たれる心を探す人は 誰も自分を語れない

何から身を守ろうというの
何かが少しおかしい様な街で
ネオンライト クラクション 地下鉄の風
何もかも 元のままに見えるけれど
見えないかい 聞こえないかい 愛なんて口にできない

抱きしめて 愛してる 抱きしめていたい それだけなのに

ねぇ もしかしたら 俺の方が正しいかもしれないだろう
俺がこんな平和の中で 怯えているけれど
反戦 反核 いったい何が出来るというの
小さな叫びが 聞こえないこの街で

恋人達は 愛を語りあい
俺は身を粉にして働いている
誰が誰を責められる この生存競争
勝つ為に戦う人々を

俺の目を見てくれ
いったい何が出来る

抱きしめて 愛してる 抱きしめていたい それだけなのに
抱きしめて 愛してる 抱きしめていたい それだけなのに

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません