佐藤健作曲の歌詞一覧リスト  212曲中 1-212曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
212曲中 1-212曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Sweet Love feat. 大橋純子DJ HASEBEDJ HASEBEJUNKO佐藤健朝焼けの中であなたの寝顔みてると なぜか 信じられないの 幸せすぎて不安になるわ 胸が熱くなる その髪にふれただけで 愛を確かめながら そっと唇重ねてみるの  ああ こんなにも輝いて見える街の風景 そう ゆるやかに流れてく時を感じてる今 I'm just falling love with you  めぐり逢えたから憂鬱な雨の日も 好きよ 街灯り揺れて 心まできらめいているみたい 甘いささやきに 息もつけないほどなの 2人抱き合ったまま 濡れていいのよ 離れたくない  ああ いつまでも降りしきる雨に時を忘れて もう これ以上なにも望まないあなたがいれば I'm just falling love with you  もしもこの恋に 終わりがあるとしても きっと忘れはしない 人を愛するステキなことを  ああ こんなにも輝いて見える街の風景 そう ゆるやかに流れてく時を感じてる今 I'm just falling love with you
夏の日の1993はやぶさはやぶさ松本一起佐藤健工藤恭彦まるで別人のプロポーション Ah 水ぎわのAngel 君は初めて僕の目に見せた その素肌 そのSexy 超高層ビル 走るHighway Ah 銀色のプール ざわめく街を切るように君は トビウオになった ドラマティックに Say Love ミステリアスに So Tight こんなに一緒にいたのに…  1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  服の上からは計れないね Ah 色っぽいチャーミング 僕の視線を避けるようにいたね 意識してしまう スキャンダラスに Say Love ダイアモンドに So Tight 宝の山だよすべてが  1993 ジェラシーさ oh 君に夢中 僕には合わない人だと思った Love 今日からは oh とんでもない 不思議な気分に戸惑うよ 夏の日の君に  ドラマティックに Say Love ミステリアスに So Tight こんなに一緒にいたのに…  1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に
夏の日の2016 ~女子道~MK-twintyMK-twinty松本一起・追加詞:MK-twinty佐藤健Tomoyuki Haraguchiまるで絵に描いたドラマみたい Ah 暑い夏 sunset 君は初めて私に見せたね 無邪気な その笑顔  大きなバイクで 走る Highway Ah 突然の story 慣れないスピード君に回す腕 熱くなる気持ち  ドラマティックに Say Love ミステリアスに So Tight こんなに一緒にいたのに…  2016 恋をした oh 君に夢中 言葉にしちゃうと壊れそうだけど Love 勘違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  眠れない夜を繰り返して Ah 季節が過ぎてく 何でだろう? 私、君のことばかり 意識してしまう  君は知らない Say Love ダイアモンドに So Tight 宝の山だよすべてが  2016 ジェラシーね oh 君に夢中 私に合わないひとだと思った Love 今日からは oh とんでもない 不思議な気持ちに戸惑うよ 夏の日の君に  ドラマティックに Say Love ミステリアスに So Tight こんなに一緒にいたのに…  2016 恋をした oh 君に夢中 言葉にしちゃうと壊れそうだけど Love 勘違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に
RAINBOW大橋純子大橋純子大橋純子佐藤健JKB40流れた年月 思えば愛しい 出会いや別れを 重ねてく その中で ずっと 大事な 友 いつかは RAINBOW 虹を きっと みつけられるよ いつかは RAINBOW 友を キミも みつけられるよ その悲しみも その苦しみも 一人で抱えないで  これから いろんな できごとに出会い 希望と 挫折を 繰り返す その中で ずっと 大事な 夢 いつかは RAINBOW 虹を きっと つかまえられる いつかは RAINBOW 夢を キミも つかまえられるよ あきらめないで あきらめないで 未来を生きていこう  いつかは RAINBOW 虹を きっと みつけられるよ いつかは RAINBOW 友を キミも みつけられるよ いつかは RAINBOW 虹を きっと つかまえられる いつかは RAINBOW 夢を キミも つかまえられるよ  そう! RAINBOW
夏の日の1993FaylanFaylan松本一起佐藤健1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  まるで別人のプロポーション Ah 水ぎわのAngel 君は初めて僕の目に見せた その素肌 そのSexy  超高層ビル 走るHighway Ah 銀色のプール ざわめく街を切るように君は トビウオになった  ドラマティックにSay Love ミステリアスにSo Tight こんなに一緒にいたのに …  1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  服の上からは計れないね Ah 色っぽいチャーミング 僕の視線を避けるようにいたね 意識してしまう  スキャンダラスにSay Love ダイアモンドにSo Tight 宝の山だよすべてが  1993 ジェラシーさ oh 君に夢中 僕には合わないひとだと思った Love 今日からは oh とんでもない 不思議な気分に戸惑うよ 夏の日の君に  ドラマティックにSay Love ミステリアスにSo Tight こんなに一緒にいたのに…  1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に
夏の日の1993山根万理奈山根万理奈松本一起佐藤健まるで別人のプロポーション Ah 水際のエンジェル 君は初めて僕の目に見せた その素肌そのセクシー  超高層ビル 走るハイウェイ Ah 銀色のプール ざわめく街を切るように君は トビウオになった  ドラマティックにSay Love ミステリアスにSo Tight こんなに一緒にいたのに  1993 恋をした Oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど LOVE 人違い Ohそうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  服の上からは計れないね Ah 色っぽいチャーミング 僕の視線を避けるようにいたね 意識してしまう  スキャンダラスにSay Love ダイアモンドにSo Tight 宝の山だよすべてが  1993 ジェラシーさ Oh 君に夢中 僕には合わない人だと思った Love 今日からは Oh とんでもない 不思議な気分にとまどうよ 夏の日の君に  ドラマティックにSay Love ミステリアスにSo Tight こんなに一緒にいたのに  1993 恋をした Oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど LOVE 人違い Ohそうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に
空からこぼれたStorymarblemarble三浦徳子佐藤健街に流れてる 時計台の鐘の音 霧が晴れたなら 窓を開けてごらん 石だたみに 影がのびる 愛というなの 足音… 隠せないさ 僕の瞳は ホンの小さなことまで 隠せないさ やがてhappy end キミのポストに 届くよ 空からこぼれた Story  何を見つめてる キミの黒い瞳は 何を映してる キミの緑のハート この広い 空の下で どこへだって 飛べるから… キミの声を 僕に聞かせて 今朝見た夢で いいから キミの夢を 僕に聞かせて いつもの キャフェのテーブル 空からこぼれた Story  隠せないさ 僕の瞳は ホンの小さなことまで 隠せないさ やがてhappy end キミのポストに 届くよ 空からこぼれた Story
大人の恋をしましょう大橋純子大橋純子森雪之丞佐藤健萩田光雄不思議ねこんなところで あなたとまた逢うなんて ロマンティストに偶然はないの これは運命  いろんな事があったわ 消せない傷もあるけど 若い頃よりいい女でしょう? 今の私  照れずにお願い 何か話してよ 胸のときめきを 聞かれてしまいそう  大人の恋をしましょう 上手に愛せなくても 生きているって素晴らしいじゃない それでいいの  あなたの笑顔が 青空に溶ける 世界はいつでも 光にあふれてた  大人の恋をしましょう 優しく時を重ねて 生きてゆけたら素晴らしいじゃない それでいいの  ねえ恋をしましょう
alone杉山清貴杉山清貴松井五郎佐藤健佐藤健ビルの影がたおれて 星空をよこぎる 車 停めてひとり 消えそうなあの星 名前が知りたくなった  午前2時の時報に 街もはだかになる そっとラジオ消して 君のことも忘れ 胸の音 聴いていたい  風のささやきに 身をまかせて 心のゆくえを捜そう 忘れそうになる ほんとうの自分が見えるまでは…  ラブシーンはいつでも 絵にかきたがるけど どこかぎこちなくて じつはただの男 ミラーが笑いかけてる  風のささやきが 流れてゆく 遠い想い出を運んで なくしてきたもの やさしいまなざしでみつめられるまで lonely alone  風のささやきに 身をまかせて 心のゆくえを捜そう 流れ星になる 君の願いごとがみえるまでいまは lonely alone lonely alone
Sunrise to Sunset浅香唯浅香唯森雪之丞佐藤健夕陽が小舟のように 恋人達だけ夜の国へ さらってゆく 人影まばらなビーチ 風が出てきてもサヨナラしないのは なぜ?  好きなんて まだ言えないけど …好きなの  だから Sunrise to Sunset 明日も光の中 きっと Sunrise to Sunset ハートを透かしあうの …胸に滲む せつなさの絵具 同じなら恋ね  出逢ったばかりのくせに 肩がふれるのは アイランドの魔力のせい 都会で返せばいいと 聴いてたカセット私に渡すのは なぜ?  あなたなら くちづけされても …いいのに  恋の Sunrise to Sunset 秘密の急がせないで そうよ Sunrise to Sunset 優しくみつめあうの …夏が運ぶ 物語はまだ 始まったばかり  だから Sunrise to Sunset 明日も光の中 きっと Sunrise to Sunset ハートを透かしあうの …胸に滲む せつなさの絵具 同じなら恋ね
Hold Me Tight浅香唯浅香唯兼松正人佐藤健真夜中にクラクション騒いでる 透きとおった闇をひきさくね 夢ばかり追いかけてたあなたを 想い出すの こんな夜更けには  誰に邪魔されても 自分らしく見つめた あの日  Hold Me Tight もう一度 髪に煙草の匂いを 感じる Memory 呼び戻したいね One More Night もう一度 熱い胸にとびこんで 抱きしめられたい 想いのすべてを ぶつけて  真夜中に蜃気楼 浮かんでる 真ん中を突っ走りたいね 気まぐれに海が見たくなるのは たぶんきっと あなたに似たから  いつも自分のこと 伝えたいの 逢えなくなって  Hold Me Tight もう一度 照れて笑ってる時の あのまなざしを 呼び戻したいの One More Night もう一度 えがく夢は違っても 歩いてゆきたい 想いのすべてを つないで  Hold Me Tight もう一度 髪に煙草の匂いを 感じる Memory 呼び戻したいね One More Night もう一度 熱い胸にとびこんで 抱きしめられたい 想いのすべてを ぶつけて
夢に刺されて……炎達炎達大津あきら佐藤健入江純・炎達今も馬鹿騒ぎの 日々が聴こえる 嵐みたいに駆け抜け 生きていたあの頃  街のドアを開けて そして汚され 悔やし涙の数だけ 胸に刻んで来た  悲しみがたどり着く夜 飢えた目で 空に輝く 星が俺の神様だと 泣いた路地裏  夢が刺さるぜ この胸に 疾(はし)り続けろ 明日へと  仕事帰りの街 足を速める 叫びたいほど あの女(こ)の顔が優しかった  淋しさを振りきるように 呟いた 最後の言葉 “少年のまま生きてみて”と 遠い路地裏  時が刺さるぜ この胸に 疾り続けろ 明日へと  夢が刺さるぜ この胸に 疾(はし)り続けろ 明日へと
つむじ風の天使炎達炎達大津あきら佐藤健入江純1000マイル 離れても 俺の答え 変わらないのさ 抱きしめていたいだけ つむじ風のお前  はずっぱな ポーズして 俺のセリフ 聞き流すけど その瞳 あどけなく 濡れて 泣いているぜ  窓辺のグラス取って バーボンをあおれば ろくな夢も見せてやれず 過ぎた日が痛くて  あふれだす 涙さえ すべて今夜 俺のものだね うなずいた お前だけ 連れて行くぜ 明日(あす)に  その手のひらにそっと 合鍵を落とせば 通り過ぎたつらい夏も 想い出にできるか  1000マイル 離れても 俺の答え 変わらないのさ 抱きしめていたいだけ つむじ風のお前…… つむじ風のお前…… つむじ風の天使(エンジェル)……
悪魔にくちづけフィーバーフィーバー森雪之丞佐藤健悪魔がとんでるミッドナイト 何かが起こりそう  そういやあいつの 八重歯が 謎めいて光るの 熱い吐息で 愛の言葉 A~ha~ くすぐられるのは 耳たぶだけじゃないのよ 女としてかなりかなり ヤバイわー Love is Fever 心の砂漠に Love is Fever 吹き荒れて ハリケーン 男の強さが見える時 女の背中に稲妻走る  悪魔が微笑むミッドナイト 危険がいっぱいね いつもは内気な あいつが 宙返り変わるの よしてよしてと叫ぶけれど A~ha~ たんなるポーズと 自分でわかってしまう 女としてかなりかなり ヤバイわー Love is Fever 心の砂漠に Love is Fever 吹き荒れて ハリケーン 男のやさしさ消える時 女の瞳に炎が走る Love is Fever……
ポキチ・ペキチ・パキチ水谷麻里水谷麻里松本一起佐藤健灼けた砂の上Paradise 南風肌を染めてゆく 熱い視線(まなざし)で 抱きしめて 夏が来て恋をして ポキチ・ペキチ・パキチ  ツンとすまし海辺歩いてた 私びしょ濡れ 波を蹴り上げた変なヤツ 大声で笑ってる  人違いをされて 黙ってる訳にいかない 銀の太陽がまぶしくて 輪郭が見えるだけ  ねえ!どうしてくれるのよ 走り寄って顔を見れば 不思議感覚のドッキン! めまいするドッキン! ムリに笑顔見せた  恋は偶然に咲かないね 逢うべき二人が逢ったのよ 熱にうかされて ショートする 謎めいてときめいて ポキチ・ペキチ・パキチ  小麦色の貴方照れながら ジュースさし出す 浮かぶゴムボート 少年が口笛で茶化してる  恋人たち躍るDance music ボリュームUpして フリースタイルの夏の恋 摂氏100度に燃える  ねえ!始めは誰だって ギクシャクした他人だけど 瞳重ねればズッキン! はじらってズッキン! 同じ夢みたい  もっとセクシーなポーズして 渚のヒロイン一人じめ 熱に浮かされて ショートする 謎めいてときめいて ポキチ・ペキチ・パキチ  灼けた砂の上Paradise 南風肌を染めてゆく 熱い視線(まなざし)で 抱きしめて 夏が来て恋をして ポキチ・ペキチ・パキチ
灼熱…ドキュメント水谷麻里水谷麻里尾関昌也佐藤健星降る渚は 誰もいない 波音奏でる ブラスバンド あなたと素足を 濡らしながら 2人きり躍るCarnival  月の照明(ライト) 風の舞台(セット) 灼熱の夏の夜 ドキュメンタリー…  胸の底に沈んでいる きらめく真珠 強奪(うば)って深く もっと深くよ 朝陽が星くずたちを 塗りつぶす前 涙腺そっと ねぇゆるめて…  激しいStep 飛沫(しぶき)あげる 波間を漂う 人魚みたい 私を女性と 視(み)てほしくて 切れこんだ 胸のドレス  恋の過程(つづり) 教えられて 予防線外していく ドキュメンタリー…  夏という名の トアレに酔わされてゆく 二重人格 こわいくらいよ ヒミツ ウシミツドキなら おねがいMoonlight くちづけそっと ねぇ匿(かく)して  胸の底に沈んでいる きらめく真珠 強奪(うば)って深く もっと深くよ 朝陽が星くずたちを 塗りつぶす前 涙腺そっと ねぇゆるめて…
赤いジェラシー水谷麻里水谷麻里松本一起佐藤健雨が降る 2月の窓 カーテンの色を変えた 退屈な私に 部屋がまぶし過ぎる ずっと赤い 不安の影に包まれ  昨夜(ゆうべ)の彼 変よ よく電話をしてた 駅で 街で 喫茶店で 最後の電話から 私の手をさけた ジェラシー 触(さわ)れない 彼の指  雨が降る 心の中 彼は何故 留守だったの 日曜日の朝は いつも家(うち)にいたわ 一人だけで 出かける人じゃないのに  電話してもいない 電話もかからない 誰と 何処で 笑ってるの 私だけが一人 赤い砂漠にいる ジェラシー 掴(つか)めない 彼の指  電話してもいない 電話もかからない 誰と 何処で 笑ってるの 私だけが一人 赤い砂漠にいる ジェラシー 掴(つか)めない 彼の指
ミラーボールのためいき水谷麻里水谷麻里いしいめぐみ佐藤健踊り疲れた 時には 孤独(ひとり)に させてほしいわ 見知らぬ人に 誘われ 今夜の私 不機嫌  午前0時 夜と朝が すれ違うの Dancin' area あいつ今日も 一人きりで 来てるみたいだわ  ミラーボールのWhisper 「踊りましょう」 さみしい人に ささやくの ミラーボールのWhisper ためいきなの? スローな曲が 終わるまで 遠くで見つめる Lonly girl  遊び慣れてるみたいと みんな 思ってるけど あいつ以外の 人とは 私 躍る気もないわ  私のこと 見てるみたい… 銀のフロアー 振り向けば 強いライト 蜃気楼よ すべて まぼろしね  ミラーボールのWhisper 「躍りましょう」 さり気なさそに 近づく ミラーボールのWhisper ためいきなの? まぶゆい光 悲しくて 朝まで躍るわ Lonly girl  ミラーボールのWhisper 「踊りましょう」 さみしい人に ささやくの ミラーボールのWhisper ためいきなの? スローな曲が 終わるまで 遠くで見つめる Lonly girl
春が来た水谷麻里水谷麻里松本一起佐藤健三時間だけ南へ Busに乗り 三時間だけ季節を 先回りすれば 彼と別れた冬が ずっと遠くに見えました 風は光り緑は萌えて 鳥が歌う  Shoesの紐をほどいて 心を脱いだ 岩場の影で膝まで 川に入ると 思い出の涙が 一滴一滴こぼれる 今日は足をすべらしても 彼の手はないのね  春が来た 春が来た キュンと一人の春が来た サヨナラの代わりに 春行きキップを買った 春が来た 春が来た ツンとすまして立ってても もう一度 あの瞳(め)にくずれたい 私がいるわ  木綿の風に包んだ 心がとける 悲しい事は忘れなさいと ざわめく 水面の鏡に 映った私をにらんで アカンベーと鼻の先を 上に向け笑った  春が来た 春が来た ジッと待ってた春が来た 寂しさをこらえて 春行きキップを買った 春が来た 春が来た アッとゆう間に忘れるわ 強くなきゃ女を生きてく 資格はないね  春が来た 春が来た キュンと一人の春が来た サヨナラの代わりに 春行きキップを買った 春が来た 春が来た ツンとすまして立ってても もう一度 あの瞳(め)にくずれたい 私がいるわ
君のヒトミは・よいところ水谷麻里水谷麻里岩里祐穂佐藤健プールサイドに天気雨 シュロの木に隠れろ 濡れたTシャツくっついて 君は照れているの?  金のバイクまたがり 飛んで来た夏休み 私だけのヒーロー 世界中を止めてみせて  あなたの、君のヒトミは、 Wow Wow Wow 天国みたいにネ よいところ 私の、胸の鼓動が、 Wow Wow Wow 熱い腕の中でハートになる  白いチェアーに寝そべって 指でほら ウィンク ばかネ ムードにあせるよに とたん 水しぶきよ  恋は女の子たち みんな 欲張りにする 灼けた君はヒーロー 私だけをさらいに来て  あなたの、君のヒトミは、 Wow Wow Wow 青空みたいにネ よいところ 明日も、そして笑顔も、 Wow Wow Wow 風の箱につめて 君にあげる  避暑地の掲示板に“さようなら”の文字 夏はいつか行くけど 二人だけは 永遠だわ  あなたの、君のヒトミは、 Wow Wow Wow 天国みたいにネ よいところ 私の、胸の鼓動が、 Wow Wow Wow 熱い腕の中でハートになる
ある夜のWonder大橋純子大橋純子松井五郎佐藤健Danceの後の 甘い誘い耳をふさぎ ガラスの扉(ドア)を 壊すように飛び出す街 そう突然すべて もう色あせて どこか遠くへ 行けそうな気がしてる このまま  Wondering 胸の響き いまWondering 聞こえてくるから あきらめない自分を見て Wondering 輝きたい いまWondering 自由になりたい 誰でもない このハート  流行りの服が 心にまで重たくなる 交わすことばは なぜか違うニュアンスだし そうまわりを見たら もう目がまわる まるでみんなと 同じ自分がいるわ いますぐ  Wondering 瞳(め)をひらいて このWondering 夢が新しい 縛られない自分を見て Wondering なにもかもを いまWondering 思い切るときよ たったひとつ このハート  Wondering 胸の響き いまWondering 聞こえてくるから あきらめない自分を見て Wondering 輝きたい いまWondering 自由になりたい 誰でもない このハート
ふたとおりの告白大橋純子大橋純子松井五郎佐藤健Dreaming of the day Leave me faraway It's just like lonely yesterday  静かな陽ざしが 唇にそっとこぼれてる ふたりの間に 気がつけば時があふれてる 消えたことばのように 愛も過ぎてゆくのなら ひとりでいたい  こわれかけた胸 ふれないで 愛がわからない なくしかけている やさしさに 迷うだけなら さよならと愛してる おんなじ響き  瞳のどこかに 隠れてる遠い朝の風 あなたに確かに 抱かれてた熱い夢のあと 肌がさめないように そばにいるだけでわかる 気持ちがあるわ  こわれかけた胸 ふれないで 愛がわからない 忘れかけている さみしさに 帰りたくない ふたとおり打ち明けて 心が揺れる  こわれかけた胸 ふれないで 愛がわからない なくしかけている やさしさに 迷うだけなら さよならと愛してる おんなじ響き
さよならと同じRain大橋純子大橋純子松井五郎佐藤健なぜ まなざしはいつも遠い夏を見るの なぜ 唇はいまも熱くふるえてるの さみしさのめまいから 抱かれてみたひとは つらいほどあなたに似てた 腕をふりはらって 駆けだしたアスファルト 長い夜 追いかけてくるのは さよならの8月とおなじ雨 あぁつかまえてこのからだ Passion In The Rain…  なぜ 捨てたはずなのに夢はあたたかいの なぜ 消した名前だけ夜に思いだすの ふたりで着てたシャツを 連れていった日から ずっと裸でいるようで すれちがう季節が あなたの消息さえ隠してる わたしだけがなにも きっと知らないでいる雨のなか あぁつかまえてこの想い Passion In The Rain…  涙とちがうのに 心まで濡らしてる熱い雨 あなたを思いだす さよならの8月とおなじ雨 あぁつかまえてこの想い Passion In The Rain…
惑いのWicked Woman大橋純子大橋純子徒然草佐藤健ざわめく ダンスの渦から ひとり離れて 横切る あなたに感じた 不思議な予感  Ah どこにいても 追いつく視線に Woo.... Ah 気がついたら ほほえみ返して  誘われてTonightまなざしを 酔いしれてMy Heartそらさないで 唇を 盗まれて みたい...  誘われてTonight今夜だけ ときめいてMy Heart惑いの A Wicked Woman  ほのかな 月灯りの中 テラスに逃げて きかせて 耳もとで熱く 愛の神話を  Ah 運命ならば あの星になれば Woo.... Ah 夜明けまでに 燃えつきてしまう  揺れながらTonight約束は 酔いしれてMy Heart一夜の夢 ヒロインは真夜中に消える  揺れながらTonightその先は ときめいてMy Heart言わないで A Wicked Woman  誘われてTonight腕の中 酔いしれてMy Heart夢見心地 さよならは くちづけで 消して 誘われてTonight今夜だけ ときめいてMy Heart惑いの A Wicked Woman  誘われてTonight腕の中 酔いしれてMy Heart夢見心地 さよならは くちづけで 消して 誘われてTonight今夜だけ ときめいてMy Heart惑いの A Wicked Woman
横顔−Profile−大橋純子大橋純子徒然草佐藤健時間を 追いかける O.A. 世界を かけぬける News 気休め だけの Weather Report 予測が つかない 未来 なぜか 無表情の毎日 探してる 熱い何か…  いつしか 死語の“友情” “理想”は 机上の夢 計算ずくの やさしさ 欺瞞は 恋の秘薬 軽いジョーク 笑いとばして 忘れてる 涙の味…  埃にまみれた都会(まち) 無機質な風が吹く 気分次第で この景色も 華やいで 見えるよ Profile…  誰もが 迷信さえ 信じた 時代がある 心 解き放せば自由に はばたける 日がくる Profile…  Come on! Dancing tonight in the moonlight
あなたにつつまれて大橋純子大橋純子松井五郎佐藤健帰れと言うの いますぐ 誰もいない部屋へ 電話のそばで ひとりきりで眠ればいいの めぐり逢えて よかった いまは思えるけど 逢えない夜は すべてを忘れたくて  この愛にゆれながら みえてくる夢が好き ただあなたにつつまれ いつまでと言わず どこへとも聞かず 流されたい 吐息のような ささやき 耳に残ったまま さみしくないと 言えないから まだ Hold Me Tight  この愛にふれるまで 自分がみえなかった いまあなたにつつまれ やさしくなりたい あたたかくいたい そのこころに… 帰れと言うの このまま はなれたくないのに らしくなくても わがままでも まだ Hold Me Tight
地球儀上の夏大橋純子大橋純子西尾佐栄子佐藤健景色を変えてる白テント 増えていく街で 遠い国のトピックス ラジオで聞いたのよ  埃をはらった地球儀の回転を指で 速めてから狙いを定めて止めたら  輝いて生きていたいからと 違う道選んで 遠い空の下 歩いている あの夏追った瞳には波が見えてる  頭の上では轟音を残してくジャンボ 名前さえも知らない海へと運んで  南からの風 吸い込んでる 地球儀上の夏 抜けた空 胸をしめつけるの あなたの街の喧噪が私に届く  それぞれに生きて輝いてる 後悔はないから この街の光 抱きしめてる 地球儀上の夏 同じ空きっと見上げている あの夏追った耳にだけ波が聞こえる 波が聞こえる 波が見えてる
Sleepless Heart大橋純子大橋純子森雪之丞佐藤健地球が壊れる夢みて 目を覚ました1A.M. 何処かで工事のドリルが アスファルトを削るの 都会(まち)じゃいつもの事よ ナーバスじゃ暮らせない 明日も仕事よ さぁ眠らなきゃ…  別れた恋人(あいつ)の笑顔に 寝返り打つ3A.M. 遊びだったけど心に 同じ色の淋しさ たまに逢いたいけれど 引きずっちゃ見逃すわ 次のチャンスを そう探さなきゃ…  Ah 悩み事は 答えが出ればいつも Ah 胸に光る アクセサリーになるわ  ただちょっと 眠れないの 理由(わけ)もなく 眠れないの Terrible…Trouble…Bible… 眠れない  Oh! It's Terrible…  Ah 泣きたいほど 悲しいわけじゃないわ Ah 苦しいほど ときめいてもいないわ  ただちょっと 眠れないの 理由もなく 眠れないの Terrible…Trouble…Bible… 眠れない  二年後どうしているのか 考えだす5A.M. いけないいつものパターンに はまり込んだみたいね 窓に白々朝の 気配が忍び寄るの 少しだけでも そう眠らなきゃ…  心を Uh休めなきゃ… 疲れた Sleepy Heart…眠れない
悲しいほどジェラシー大橋純子大橋純子松井五郎佐藤健濡れた服を脱いで ふりむく雨の街 肌のほてりだけが あなたを恋しがる 無口になった唇に 秘密が熟す夜 心ってなぜ 知りたがる いつも…  ジェラシー 悲し過ぎて ふりきれたはずの涙に ジェラシー 追いこまれて ひとりじめできるのなら 抱きしめて なにも言わず  鍵をかける指が 昨日よりも痩せた 耳が冷たいのは 声が消えてくから あなたのことが みえにくい 許したはずの嘘 女ってなぜ ずるくなる いつも…  ジェラシー 悲しすぎて 追いこまれ胸がはりさけ 傷つくことばかり わかってるふりしている だけなのに 愛が揺れる  ジェラシー 悲し過ぎて ふりきれたはずの涙に ジェラシー 追いこまれて ひとりじめできるのなら 抱きしめて なにも言わず
楽園大橋純子大橋純子森雪之丞佐藤健四角い星屑は オフィスの窓 摩天楼の都会(まち)は 夕闇に目を覚ます 30分(Thirty Minutes)早く来た ビルのバルコニー 月が満ちる前の ときめきに酔いたくて  見つめ合うのは 今夜(きょう)でお終い 未来が眠る 胸をほどきあうのね  夢の実が枯れ落ちた エデンだと 人は言うけど この都会のきらめきは 恋しなきゃ わからないわ 巡り逢えたあなたがwhoo…楽園(パラダイス)  地上はゲーム盤 交差点で 赤や青の駒が 倖せに迷うから あの日の淋しさは 罪なデスティニー あなたに似た人に 誘われて踊ったわ  遠い想い出 痛みだしたら 鎮痛剤(くすり)はひとつ 甘いくちづけだけね  哀しみの砂が降る 砂漠でも かまわないのよ 傷ついて見えてくる 色彩(いろ)のない 優しい愛 映しあえるあなたがwhoo…楽園  夢の実が枯れ落ちた エデンだと 人は言うけど この都会のきらめきは 恋しなきゃ わからないわ 巡り逢えたあなたがwhoo…楽園(パラダイス)
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Panorama大橋純子大橋純子西尾佐栄子佐藤健泡立っているコップの中を 片目で覗きこむ望遠鏡  歪んだ世界 閉じ込めたまま すべて飲み干しても淋しさ消えない  今日よりは素敵になれる 自分強く信じてきたはず  手の中では独り占めしてる LANDSCAPE 頬つたった涙に広がる風景 今夜 光集めて望む PANORAMA  月日数えて判ったように 答えなど出しても空しさ増すだけ  いつだって変わらぬ速度 自分らしさ信じてきたはず  胸深くに焼き付けていたい LANDSCAPE 頬つたった涙に広がる風景 今夜 光集めて望む PANORAMA  胸深くに焼き付けていたい LANDSCAPE 頬つたった涙に広がる風景 今夜 光集めて望む PANORAMA  手の中では独り占めしてる LANDSCAPE 頬つたった涙に広がる風景 今夜 光集めて望む PANORAMA
時のバザール大橋純子大橋純子竜真知子佐藤健金色の夕陽に 振り向けば バザールの異邦人 目を伏せた  過去から届く 風の歌に ベールが 揺れた  Time has come to go 幻ならば Time to say“adieu” 早く めざめて  かなしみは 乱れたアルペジオ 癒すのは 流れ去る時間だけ  あなたと同じ夢を見たと 信じた あの日  Time has come to go あなたを越えて Time to say“adieu” 先へ 行かせて  Time has come to go 幻ならば Time to say“adieu” 早く めざめて
Tokyo Calling大橋純子大橋純子竜真知子佐藤健一日ワープロ叩いた 手を休めて ぼんやり見ている オフィスのガラス窓 夕暮れに 並んだビルが ため息をついた  Yes,it's foolish dream あなたはもういないのに あてもなく奇跡を待ってる I know it's foolish dream わかってるの だけどまだ さよならが 信じられない This is Tokyo calling Can you hear me?  グレイの机で調べる 書類の束 電話の応対 長びく打合せ 手放した 小さな愛が 瞬いて消えた  Yes,it's daily life そして何も起こらない ありふれた 一日が終わる I know it's daily life 肩をすくめ 忘れたい さよならに つまづくなんて This is Tokyo calling Can you hear me?  Yes,it's only life なんでもある都会(まち)なのに ささやかな愛が 望めない I know it's only life 明かりつけた タワーさえ 独りでは 孤独な時間 This is Tokyo calling Can you hear me?
微笑みの向こう側大橋純子大橋純子竜真知子佐藤健車のライト 流れる交差点 見つめあった なつかしいひと 元気ですかと おだやかな笑顔に 言葉さがす とまどいの舗道  In the twilight blue 微笑みの向こうに 忘れたはずの あの日なのに In the twilight blue 夕闇がにじんで よみがえらせる 遠い想い In your eyes  不器用だけど ひたむきだった頃 そんな時代 分けあったひと あなたの瞳 変わらない光が 今も心 連れ戻すけれど  In the twilight blue 微笑みがつらいわ あの日の私 さがさないで In the twilight blue 振り向いた街角 同じ場所には 帰れないの Far away  時は過ぎて In the twilight blue 微笑みの向こうに とぎれた想い 隠しながら In the twilight blue 夕闇にまぎれて 思い出させて 今も あなた Still my heart
朝焼けに消えて大橋純子大橋純子竜真知子佐藤健緩いカーブ描いて 流れる高速 朝焼けのグラデーション ビル街 ふちどる もう言わないで 彼女のことは 不思議ね 今は 憎む気になれない  そうよ こだわり・プライド・ジェラシー 執着さえも あなたが戸惑うくらいに 忘れてみせる やるせないのは 消え残った 星がきれい過ぎるせいなの  謝らないで あなた 同情はいらない どうにもならないこと知ってる 二人よ 朝焼けが今 オレンジになる せめて心を 暖めて 照らして  そうよ 誘惑・ささやき・情熱 終わったすべて あなたが後悔するほど きれいに見せて 恐れてるのは目覚めた時 夢の続きがないことだけ  そうよ こだわり・プライド・ジェラシー 執着さえも あなたが戸惑うくらいに 忘れてみせる やるせないのは 消え残った 星がきれい過ぎるせいなの  Star light, star light 覚えておくわ Star light, star light 瞳を閉じて
Snow Fall大橋純子大橋純子竜真知子佐藤健二人で待っていた ゲイト入りの 時間気にして 遅れるようだねと つぶやいた あなた  空港のガラス越し 雪が降ってた 積もらずに消えるから ひとり 目を伏せた  言えばよかった 言えばよかったね ためらいの心 ふるわせた Snow fall  いつしか 見分けてた かなう夢と かなわぬ願い あなたと生きる日は 遠い気がしたの  春先の気まぐれな 雪が降るたび あのときのさよならが 空に舞い散るの  愛してたのに 愛しきれなくて 手放した想い 許してね Snow fall  遥かな空に 飛び立ったあなた 届かない愛を 伝えてよ Snow fall
THE POWER OF CITY大橋純子大橋純子徒然草佐藤健耳元 騒音が駆け抜ける ライトが目の前で Flash 乱れたリズムが渦巻いている 誘惑されそう  街中カーニバル 夜明けまで 身体を駆り立てる Up Beat 心の乾きを埋める人波 やすらぎ欲しくて  The Power Of Midnight, The Power Of Love 受け止めて ひとときでも逃げ込みたい 熱い腕の中  弾けたシャンパンの泡のよう 憂鬱またひとつ Crush すべてを飲みこむ やさしさが好き 無口なビル街  The Power Of City, The Power Of Love 込み上げる 忘れていた懐かしさに 触れたそのときに  The Power Of Midnight, The Power Of Love 受け止めて The Power Of City, The Power Of Love 抱きしめて きらめきから逃げられない 心奪われて
バラードにして大橋純子大橋純子竜真知子佐藤健遠くの岬を眺めて ひとり歩く入り江 渚に止めた車には 出せなかった手紙  どうしてなの Um…いつも さよならは苦手よ  輝いた日々 バラードにして 風がさらう午後 今もあなたを呼んでる心 なだめながら叱りながら 見つめてる In The Wind  あなたを愛した分だけ 憎んだ日もあった 心は勝手な生きもの かなしいけど真実(ほんとう)ね  風の色が Um…変わる もう次の季節ね  帰らない日々 バラードにして 空へ還す午後 いつかすべてを許しあいたい 会えたことを感謝したい その日まで In The Wind  帰らない日々 バラードにして 空へ還す午後 いつかすべてを許しあいたい 会えたことを感謝したい その日まで In The Wind
彼女のApril Morning大橋純子大橋純子竜真知子佐藤健街じゅうで 跳ねてる陽射し ブラインド越し 待ちかねている 少しだけ 寝起きの悪い 恋人たち 目覚める 時間  そっと 片目開けて ふっと 腕を伸ばし ふれてみるの あなたがいる 朝  Don't be so shy, Don't be so cool ねぇ 少しずつ 近づいた 心に今 ふれたい It's not so bad, It's not so sad ねぇ この街も 悪くない そんな気分 抱きしめて  開け放つ 窓から見てる 動き出した 一日が好き  きっと 生きることは もっと 素朴なこと 迷わないで 始めてみる 今  Don't be so shy, Don't be so cool ねぇ 何度でもやり直す そんな勇気 欲しいね It's not so bad, It's not so sad まだ寒いけど 透明な 風の中へ 出かけるの  Don't be so shy, Don't be so cool ねぇ 少しずつ 近づいた 心に今 ふれたい It's not so bad, It's not so sad ねぇ この街も 悪くない そんな気分 抱きしめて
YOU CAN LOVE SOMEONE大橋純子大橋純子竜真知子佐藤健家路をたどる 道の途中 気づけば 雲が輝く 夕暮れ あなたはふっと 空を見上げ 何かを 思い出そうとしている  そう 心に眠らせずに めざめて あなた自身の力に そう 誰かを愛した日のきらめき もう一度 You Can Love Someone  涙の中で学んだこと いつかは きっと光に変わるの 同じ思いで 同じ空を見つめる そんな出会いを信じて  そう あなたが恐れている すべては あなた自身の とまどい ねぇ 自由にめざす場所へ 歩いて 求めれば You Can Love Someone  今 優しくあふれてくる想いは あなた自身の輝き そう 愛する力を信じて もう一度 Yes, You Can Love Someone
My Jenny池田聡池田聡松本一起佐藤健All Right しばらく隣りの部屋に行くよ 読みかけのチャンドラーで 時間をつぶせる All Right パーティーは 未だ始まらないから ゆっくり鏡に向かい 奇麗になればいい  好きだよと素直に言えば Woo きっと 届かない視線で僕を笑うさ  My Jenny 正直言って いつも不安さ 今より素敵な君は 視線集める Lady  Last night 昨夜は別々の部屋にいて 落ち着かないまま朝を迎えてしまった Last night ホテルの最上階に泊まり 鳴らないBellを見つめて 一人で横わたる  泣くほどの嫉妬は君に Woo ないさ いつだって二人は近く遠いさ  My Jenny 愛されながら 愛を知らない パーティー終わった後も 僕を知らない Lady  着飾ったオトナの君は微笑む 誰よりも話題を集めて 二人の存在は消えてく 愛し合えない僕たち  My Jenny 正直言って いつも不安さ 今より素敵な君は 視線集める Lady  My Jenny 愛されながら 愛を知らない パーティー終わった後も 僕を知らない Lady
tears池田聡池田聡大津あきら佐藤健残したMEMOに 一言“サヨナラ” 涙さえも置き忘れた 君が辛過ぎて  夜に逃げ込み 夢さえ壊して 傷つけたね 疑ったね 君の愛だけ  いつか二人で出かけた あの雨の映画は ヒロインを探す声が CAN HEAR ME CAN HEAR ME 届いたけれど…  いつか二人で出かけた あの映画のように 君をただ ひとつの傘 CAN SHOW YOU CAN SHOW YOU 抱きしめたくて…  ドアを開けるよ 鍵をつけたまま 君が部屋に置き忘れた 涙 奪いに 涙 奪いに
ビューティフル・ミー大橋純子大橋純子山川啓介佐藤健Oh, Beautiful Me! Oh, Beautiful City!  恐々手をのばし 腕にふれてみる やっぱりあなたが 隣にいるのね 優しいぬくもりが まるで嘘のよう 都会の迷路で めぐり逢った愛  ねぇ私 子供の頃から 一度もきれいと 言われないけど きっと今夜は 美しいはず あなたの愛の 魔法で  Oh, Beautiful Me! Oh, Beautiful City!  生まれてきて よかった  きのうまで壊れた 夢の散らばった つめたいこの街 嫌いだったけど 突然あたたかく 輝いて見える 知らない人さえ とても愛おしい  ねぇ私 はじめて気付いた それぞれの窓に 愛があるのね きっと私と あなたのように 心を支えあってる  Oh, Beautiful Me! Oh, Beautiful City!  胸があつくにじむわ  Oh, Beautiful Me! Oh, Beautiful City!  今はじまる人生
眠れないダイヤモンド大橋純子大橋純子松井五郎佐藤健エアポートホテルの夜 バーの隅で ガラスの靴をはいてる 気分でいた  うまく誘われながら 恋に揺れていたくて そっとなげかけた瞳で ただYesと言わせて  眠れないダイヤモンド つかのまにきらめく 眠れないときめきに 激しさを知りたい 一夜だけの夢よ  長距離電話の向う 誰もいない ひとりでこの国へきた 嘘を聴いて  甘く抱きしめられて 胸を熱くあわせて いまは名前よりさきに ただ好きと言わせて  眠れないダイヤモンド 気がつけばまぼろし 眠れないやさしさは あきられてしまうわ 一夜だけの恋よ  終りのない 夜などないから 微笑みだけ 残して  眠れないダイヤモンド つかのまにきらめく 眠れないときめきに 激しさを知りたい  眠れないダイヤモンド つかのまにきらめく 眠れないときめきに 激しさを知りたい
冬の日の2009classclass松本一起佐藤健enzoLove 想い出は oh あの日のまま 今からもう一度始めよう  まるであの頃と変わらないね ah 振り向いた君の 遠い夏の日僕だけに見せた その笑顔 その涙  二人で過ごした街の色も ah 銀色に染まる 降り積もる雪 残した足跡 数え切れないね  ロマンティックに Say Love 白い吐息も So Tight やっぱり君しかいないよ  2009 愛してる oh 君がすべて 見慣れた笑顔をたどればときめく Love 今日からは oh 泣かせないよ このままもう一度始めよう 冬の日の君に  いくつになっても変わらないね ah 君の誕生日 ポケットの中 忍ばせたリング なんとなく照れる  ロマンティックに Say Love ダイヤモンドに So Tight 宝の想い出広げて  2009 君がいて oh 僕になれる たまには無邪気な二人もいいよね Love すれ違う oh そんな時も 描いた未来を 信じよう 冬の日の君に  あれから長い時が過ぎて 忘れかけてた胸の鼓動 思えば君は僕のそばで ずっと今まで微笑んでいてくれた 永遠に一緒さ  2009 愛してる oh 君がすべて 見慣れた笑顔をたどればときめく Love 今日からは oh 泣かせないよ このままもう一度始めよう 冬の日の君に
走りゆく明日立花理佐立花理佐風見律子佐藤健中村哲卒業式の日の 朝早く 黒板に書いた “ありがとう” 通り過ぎてゆく 毎日を大切にしたわ 宝石ね  日向の匂いしみ込んだ机 好きだった子のイニシャルを指でなぞる  教室の隅で笑いころげた事 一つも忘れはしないのよ  桜が咲く頃 このアーチ(門)をくぐった あれから 少しは大人になった気がする  小さくなったエンピツを 空に高く投げ 始まるの ランチタイムには お互いに悩み事話し盛り上る  木の葉の色が変わる度毎に さよなら云う日 近づいて悲しくなる  バレンタインデー チョコレート渡せず 泣いてた友達 いつまでも  それぞれの思いたくさん ポケットに つめこみ少年の靴は 走り出してる  最後の歌を唄い終えた時 先生の目に涙が 光っていた  教室の隅で笑いころげた事 一つも忘れはしないのよ  桜が咲く頃 このアーチ(門)をくぐった あれから 少しは大人になった気がする
ジュ・テーム木之内みどり木之内みどり松本隆佐藤健南の海じゃもう半袖の 恋人たちがあふれてるって あなたの腕でまどろんでいると ひと足早い夏が広がる  ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム あなたの胸にまごころ重ね ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム 捧げるものはそれしかないの  ギターの弦が震えだすように 響き合うのよ 揺れる 揺れる 揺れる 愛の調べ  哀しく響く電話のベルが 夢の後ろに遠のいてゆく 臆病だった昨日までの私 あなたの色で塗り替えて欲しい  ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム あなたを知って変わる私を ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム 時はやさしく見守るでしょう  愛はそよ風手に掴めないもの 漂うふたり 揺れる 揺れる 揺れる 愛の調べ  ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム 愛の言葉は不確かだから ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム このぬくもりを信じたいのよ  炎のように美しく燃えて 感じあうのよ 揺れる 揺れる 揺れる 愛の調べ
モノクローム・ヴィーナスAcid Black CherryAcid Black Cherry松本一起佐藤健Nobuhiro Mitomo忘れたくて 楽しんで 忘れたくて 偽りの恋をしてた今まで  走り過ぎた 車には あの日よりも ほっそりとした横顔 確かに君だったよ  Back-mirror に僕は飛び込んでも 君は気づかないまま 街に消えた 寂しさを憎しみに変えても もう一度 君に逢える日 心のスミで 信じていたけど  静か過ぎた 毎日が 騒ぎ出した 突然のめぐり逢いがツラくて  胸に閉じた 君はヴィーナス きっと二人 あの日まで帰れるなら 前より愛し合える  Show-Window に映る 僕は一人 古い写真のように君はいない たとえ今 何かを求めても 遠すぎて 見つめ合えない二人になった 季節は変わって  忘れたくて 楽しんで 忘れたくて 偽りの恋をしてた今まで  胸に閉じた 君はヴィーナス あの日よりも ほっそりとした横顔 確かに君だったよ
SMILE AGAIN大橋純子大橋純子竜真知子佐藤健空は かげりおびた ブルーね ふりむけば あなたの瞳 あの日のように 優しく 私の肩を 抱いて  そして いつのまにか二人は ささやかな 嘘をついた それは愛を続ける かなしい 心づかい  Smile again, Smile again 愛しているなら Smile again, Smile again 心を見せて  さびしさを 分けて欲しいの 今もあなたは 私のすべて  たとえ 心痛い メモリィ 私たち 遠去けても 愛の絆 信じて のり越えて ゆけるはずよ  Smile again, Smile again 悲しいときこそ Smile again, Smile again 心を見せて  めぐりあい 時はすぎても そうよ あなたは 私のすべて
Liar小泉今日子小泉今日子美夏夜佐藤健きれいな涙を 流す瞳には 悲しみを溶かす 魔法があるのよ  生まれる前 あの空の上で 眠る天使 それが私達 風と光 歌うメロディ 何も知らぬ We are Angel  愛するため 夢みるため 翼すてた We are Liar
ローストシティラブ新井満新井満新井満佐藤健忘れていたはずなのに 忘れていたはずなのに  すれ違い 息を飲んだ フラワーロード 見知らぬ人の 後姿 君によく似ていた 二人の愛が終わった日の 想い出が今蘇える 黙ってただ見送った 心では追いかけながら 忘れていたはずなのに 忘れていたはずなのに  どこからか聴こえて来た ローストシティ 名も知らぬ愛のメロディー 君の好きだった 初めて愛を知った日の 想い出が今蘇える 季節の色があせて行くのも あの頃は 恐くなかった 忘れていたはずなのに 忘れていたはずなのに  全てを失くしたあの夜の 想い出が今蘇える 黙ってただ海を見ていた 心では叫びながら 忘れていたはずなのに 忘れていたはずなのに
サンライズ・サンセット高橋真梨子高橋真梨子竜真知子佐藤健佐藤健夕陽を背にして ふりむくまなざし 変わらない あなたなのね  両手を広げて 私を迎えて 待ってたの ずっとこの日を  そう 若すぎたのね あの日ふたり もう どこへも 行かないで  サンライズ・サンセット 時は過ぎても サンライズ・サンセット よみがえるの 愛は あなただけに um From my heart  悲しい昨日も 忘れてみせるわ その胸に 帰るのなら そう 傷ついただけ 優しくなれる もう どこへも 行かないで  サンライズ・サンセット はじまるのね サンライズ・サンセット まぶしい日々 愛は あなただけに um From my heart  サンライズ・サンセット 時は過ぎても サンライズ・サンセット よみがえるの 愛は あなただけに um From my heart  From my heart From my heart
夏の日の2006 -based on 1993-rockwellrockwell松本一起佐藤健木村真也2006 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  まるで別人のプロポーション Ah 水際のAngel 君は初めて僕の目に見せた その素肌 そのSexy  超高層ビル走るHighway Ah 銀色のプール ざわめく街を切るように君は トビウオになった  ドラマティックにSay Love ミステリアスにSo Tight こんなに一緒にいたのに…  2006 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  服の上からは計れないね Ah 色っぽいチャーミング 僕の視線を避けるようにいたね 意識してしまう  スキャンダラスにSay Love ダイヤモンドにSo Tight 宝の山だよすべてが  2006 ジェラシーさ oh 君に夢中 僕には合わない人だと思った Love 今日からは oh とんでもない 不思議な気分に戸惑うよ 夏の日の君に  ドラマティックにSay Love ミステリアスにSo Tight こんなに一緒にいたのに  2006 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に
FAREWELL中森明菜中森明菜許瑛子佐藤健夜の闇を切り裂くライト 加速してゆく車 バックミラー 街の灯りを もう映しもしない  やりきれない孤独な心 誰かといても一人 あなたがまだ 息をひそめて 私の中にいる  Farewell そして ひとりぼっち 愛を捨てる場所 探してる Farewell 星が涙になり 海に落ちたなら 運んでね 遠く  忘れてねと まつげをふせて あの時 私 言った 傷が深く なってゆくから さよならした筈ね  Farewell そしてひとりぼっち こんな寂しさも 知りながら Farewell 砂に切なさ埋め 胸に吹く風を 抱き締めて行くわ  あなたはもう 悪い奴だと 言われないで 済むわ  Farewell そして ひとりぼっち 愛を捨てる場所 探してる Farewell 星が涙になり 海に落ちたなら 運んでね 遠く
恋人よ おやすみ森山良子森山良子松本隆佐藤健佐藤健おやすみ恋人よ 腕の中に 暮し疲れた体を そっと横たえて 息をつく間もなく生きたあなた 二人だけのささやかな倖せのため 誰もさわらないで眠らせてあげて 生きる辛さを解き放たれて やすらぎの中で微笑むあなたを おやすみ恋人よわかるでしょう あなたは眠ってるだけ 今、瞳を閉じて  誰も邪魔しないで二人だけにして 短いけれどあなたと生きた 傷だらけの日々二度ともどらない おやすみ恋人よわかるでしょう あなたは眠ってるだけ 今、やすらかに
青空石嶺聡子石嶺聡子高杉理恵佐藤健恋人達で賑わう街を 一人歩く淋しさ 背すじを伸ばし よそ見もせずに つくる笑顔 かたく崩さないで ああ やりきれない気持ちでも 通り過ぎれば変わるのと 自分に叱るの  好きだから信じてる 離れているけど 幸福 風にまかせて loving you 青空に約束したのよ 力まず強く生きるの まわる 季節のようにやさしく I love you so  雨の止まない日曜日には 壁に地図を拡げて あなたの好きな花を飾って 元気してる 少しすねてみせる  ああ せつない気持ちになれば すべてがうまくいかないと 不安になるけど  永遠の愛だから あせらず 掴むの 悲しみ 風に吹かれて loving you 星空に輝く小さな 夢達 勇気くれるの いつか願い叶う日が来る I love you so  好きだから信じてる 離れているけど 幸福 風にまかせて loving you 青空に約束したのよ 力まず 強く生きるの まわる 季節のようにやさしく I love you so
風を感じたい石嶺聡子石嶺聡子松本一起佐藤健いつも瞳は未来を見つめている 人に気をつかったjokeなんて一度もない  光るHighway 車を飛ばす貴方 そっと触れた指が熱くなるの 二人でどこまででも生きてゆきたい  風を感じたい 貴方と一緒ならすべて新しい 恋を抱きしめて ヒールや強がりも海に捨てられる 貴方から優しさはタフと教えられたわ  青い入り江にヨットがつながれてる ふっとかけた息で倒れそうよ お願い私の手を強くにぎって  風を感じたい 二人の手掛かりを胸に忍ばせて 恋に触れながら 出逢いのときめきをいつも忘れない 貴方から真実はタフと教えられたわ  風を感じたい 貴方と一緒ならすべて新しい 恋を抱きしめて ヒールや強がりも海に捨てられる 貴方から優しさはタフと教えられたわ
銀河鉄道は遙かなりささきいさおささきいさお相吉志保佐藤健亀山耕一郎一つの命 抱く夢は この宇宙(そら)よりも果てしない 時を重ねて育つ夢は 出会いの瞬間(とき)を待っている  交わす言葉が心震わす 巡り会いは未来変えるだろう  人は誰でも夢に向かって 新たな軌道(みち)を行ける 勇気を持っているよ 生きた証を残す旅路へ 僕らが進む銀河鉄道は遙かなり  百億年の遠い昔 生まれた銀河は時を越え 幾多の歴史 見送っただろう 僕の未来も 映すだろう  出逢いと別れ 生まれた絆 胸に残る笑顔忘れない  人はいつでも夢を抱いて 限りのある命を ロマンに変えられるよ いつか誰かと語る日が来る 僕らの夢と銀河鉄道は遙かなり  人は誰でも夢に向かって 新たな軌道(みち)を行ける 勇気を持っているよ 生きた証を残す旅路へ 僕らが進む銀河鉄道は遙かなり
倉庫(ロフト)BARにて池田聡池田聡松本一起佐藤健奥慶一貴女に もっと素敵なTokyoを見せてあげたい 貴女は 愛した人の背中だけ追いかけてた  夜の高速 見下ろす 海に近い倉庫(ロフト)BAR 缶ビール空けて 酔えばイイ  窮屈過ぎるDressの肩は 彼の手だけを待ってた 孤独 愛する事で 愛されるなら どんな小説も書けやしない Tokyo Night 都会の夜は夜明けに向かってる  貴女は きっと自分の仕方なさ 傷つけてる 貴女は 愛した人の抱きしめる 影を見てる  窓に映ってる顔は 夜が明ければ消えて ざわめきの中で輝くさ  街中さがす ヒールを脱いで 視線を楽にしてれば見える 与える愛が 強い分だけ 僕の愛に気づかない貴女 Tokyo Night もっと素敵な夜明けを教えたい  窮屈過ぎるDressの肩は 彼の手だけを待ってた 孤独 与える愛が 強い分だけ 僕の愛に気づかない貴女 Tokyo Night もっと素敵な夜明けを教えたい
土曜日とペンと腕時計石嶺聡子石嶺聡子松本一起佐藤健門倉聡グラビアにはデートに着るファッション モデルたちは微笑みを作り 何も予定がない日は これで何日だろう 彼のいない私には夜もゆっくり  強がりを少し抱きしめて 理想を守りたい たやすく手に入る恋は未だいい 土曜日とペンと腕時計 いつもときめくけど 私があせっても明日は明日ね  もしも彼がいれば忙しいわ ドライブとか映画や食事とか きっと私じゃなくなる それに気をつかったり テーブルにはクッキーと少しさびしさ  優しさをずっと抱きしめて 瞳輝かせて 週末分かちあう人を待ってる 土曜日とペンと腕時計 街はニュースの海 空には星屑がキラキラ ドキドキ  いま白い時間に何かを描きたいけど なんとなく見つからない Ah… 強がりを少し抱きしめて 理想を守りたい たやすく手に入る恋は未だいい 土曜日とペンと腕時計 いつもときめくけど 私があせっても明日は明日ね 
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
くもりのち晴れ石嶺聡子石嶺聡子許瑛子・佐藤英子佐藤健小林信吾明日は晴れるね曇りのち晴れね 見てよこの星どこまでも大きい だんだん元気にすぐには無理でも かたく閉ざしたその心ほぐれる 泣きたくなったらつき合ってあげる コバルトの海漂い波になろう  すぐに Let's take a vacation VIVA 疲れた気持ちサヨナラ Let's take a vacation VIVA 新しい私に Changing my mind  陽気なリオたちライムの香りね 楽しむために重ねてく人生 初めて知ったのテキーラの味も 本を片手に見違える乙女ね 計画変更しなくてよかった しぼんだ元気ふくらむうれしくなる  みんな Let's take a vacation VIVA 騒いで食べて踊って Let's take a vacation VIVA 幸せになろうね Changing your mind  すぐに Let's take a vacation VIVA 疲れた気持ちサヨナラ Let's take a vacation VIVA 新しい私に  すぐに Let's take a vacation VIVA 疲れた気持ちサヨナラ Let's take a vacation VIVA 新しい私に Changing my mind
愛を教えて椎名恵椎名恵椎名恵佐藤健誰かを好きになると いつも別れの辛さが怖いから 傷ついてしまわないように 線を引いてつき合った  Loving you もうこれから逃げはしないわ あなたが欲しいと望んだのは 嘘じゃないから  愛をもっと、私にもっと教えて ほらね、こんな素晴らしいと きっと、私をきっと見ててね 朝も、夜も、その瞳で 本当の女になる あなたに逢えたから  愛は認め合うことだよと 真剣に話してくれたね 最後のパズルが見つかって 愛の謎が解けていく  Loving you 今こうしてあなたと居ると 太陽みたいな暖かさと 強さ感じる  愛にもっと、私をもっと誘って ほらね、夢は叶うんだと きっと、私はきっと変わるよ 空も、風も、見守ってる あなたとの時間が今 回り始めたから  愛をもっと、私にもっと教えて ほらね、こんな素晴らしいと きっと、私をきっと見ててね 朝も、夜も、その瞳で 本当の女になる あなたに逢えたから
Rainy Lane吉川晃司吉川晃司さがらよしあき・麻生圭子佐藤健失うものは もう何もない僕なのさ 君を抱きしめるRainy Lane 不確かなこの夜に  レイニー 立ちつくしても 誰もふり返らない 僕の選んだ孤独が責めるのさ 君へのHighway 最後のDreamin' way  悲しみが 教えてくれたのさ 誰よりも今 素敵な君に 背中で贈るさ My Love 見つめていて 欲しいのさ 愛には眠れないから  ひとりじゃない僕さ 君だけはここにいる  レイニー 僕しか出来ない 何かを見つけたいのさ 歩きはじめてくRainy Lane 昨日は振り向かずに  レイニー 月灯かりがアスファルトににじんでる 心の傷みを 消すようにきらめいて 君へのHighway 最後のDreamin' way  悲しみが 教えてくれたのさ 誰よりも今 素敵な君に 背中で贈るさ My Love 見つめていて 欲しいのさ 愛には眠れないから  ひとりじゃない僕さ 君だけはここにいる  ひとりじゃない僕さ 君だけはここにいる
できごと弘田三枝子弘田三枝子我谷和夫佐藤健服部克久どうしてあなたは帰ってこない ひとり待ちわびる愛のまごころ 悲しい心は涙にぬれて 今夜もこんなにふるえているの さよならを言うまえに もう一度逢いたい  約束を今も覚えているわ しあわせにすると言ったことばを 愛にみちたりた白い部屋で 灯りもつけずに夜明けを待つの さよならを言うまえに もう一度逢いたい  さだめというにはあまりにむごい おもいもよらないできごとなのね さよならを言うまえに もう一度逢いたい
GROWING UP伊藤かずえ伊藤かずえ秋元康佐藤健小林信吾地下鉄のガラスの窓に 好きになれない自分の顔が 不自然な姿勢のままに 身動きとれないラッシュアワー  誰かに背中押され 生きていくなんて 夢見ることを忘れた ただの抜け殻  GROWING UP GROWING UP もう君は一人じゃないさ GROWING UP GROWING UP いま僕の愛を信じて 時代の流れを逆に泳いで  同じ顔した人達の 同じリズムにせかされながら 変わらないプラットホーム 毎日 並んでいるよ  孤独になれる勇気を 持っているのなら いつもと違う行き先 選んでごらん  FOR YOUR LIFE FOR YOUR LIFE もう君は夢の旅人 FOR YOUR LIFE FOR YOUR LIFE いま僕の愛を信じて 時代の流れに流されないで  自由でいたい  GROWING UP GROWING UP もう君は臆病じゃない GROWING UP GROWING UP いま僕のこの手つかんで  FOR YOUR LIFE FOR YOUR LIFE もう君はひとりじゃないさ FOR YOUR LIFE FOR YOUR LIFE いま胸の奥にまぶしい レールのゆくえは 心のままに 心のままに 心のままに
DON'T WORRY少女隊少女隊小林まさみ佐藤健夜のガードレールに腰をおろし きつく耳をふさいだ土曜日のNOISE よそいきの微笑みで恋を探してる 人ごみの中誰よりも独り  瞳閉じたらまるでスライドシネマ とまれ ふたりのメモリーズ 泣けてきちゃう ベイエリアから街へいつものルートで たどりついたのは華やぐLonely Night  でも愛は DON'T WORRY かっこいいだけの優しさなんて 忘れてあげるわ  きっとひとつ約束 うちあけてくれた大げさな夢 失くしちゃイヤだよ 素敵に投げキッス  不意に背中ごしクラクション甘い誘い かなり気障(きざ)な車ね顔と同じ ブランドだけじゃハートつかめやしないわ 頭にきちゃうはじけちゃう Lonely Heart  今 愛は NO THANK YOU よくある魔法でシンデレラにはなりたくないから きっと心 DON'T WORRY まだあなたのこと嫌いになれない 夢からさめないくやしいけれど  もう愛は DON'T WORRY あの日のまなざし照れた笑顔は 忘れてあげない  きっとひとつ約束 うちあけてくれた大げさな夢 失くしちゃイヤだよ 素敵に投げキッス 涙で Smile For You
E=MC2山口百恵山口百恵ちあき哲也佐藤健萩田光雄あんな ねんねに 旅先でまで よろめくなんて なさけないひと… 浮気横目にデッキの椅子で にがいヴァカルディのみほしながら 気分しずめてる… カリブにやさしい貿易風  そしてあなたの やさしさは うしろめたさの副作用  だけど女のエナジー いのちまるごとエナジー つかいきるまで 燃えつきるまで 愛しぬくしかない ム… E=MC がんじがらめ しゃくな人生  たしか1から やりなおそうと あの時乗った 船だったはず 今日はディナーもパーティーもいや アスピリンでもボーイにもらい 先にやすませて… カリブに移り気熱帯雨  そしてあなたの移り気は 昔もててた後遺症  だけど女のエナジー いのち目隠しエナジー 他のひとでは 他の恋では 生きる力もない ム… E=MC がんじがらめ しゃくな人生  だけど女のエナジー いのちまるごとエナジー つかいきるまで 燃えつきるまで 愛しぬくしかない ム… E=MC がんじがらめ しゃくな人生
Oh! クッキーフェイス夏目雅子夏目雅子Biddu Appaiah・訳詞:伊藤アキラ佐藤健「クッキーフェイス!」  焼けた砂よりも 熱いあなたの愛 みつめないで さわらないで 私 もう やけどしそう あなたは私をだきしめて 好きだとあまくささやいた 君はクッキーフェイス たべてしまおうかな なめるだけじゃつまらない 恋のクッキー クッキー クク クッキーフェイス  夏の空よりも 燃えるあなたの愛 あふれそうよ こぼれそうよ 私 もう 負けてもいい あなたは何気ない顔で 私にそっとつぶやいた ぼくのクッキーフェイス たべていいだろね 夏が過ぎるその前に 恋のクッキー クッキー クク クッキーフェイス  ぼくのクッキーフェイス たべていいだろね 夏が過ぎるその前に 恋のクッキー クッキー クク クッキーフェイス
陽のあたる坂道山口百恵山口百恵松本隆佐藤健萩田光雄陽のあたる坂道で あなたとすれ違いました 女のひとと御一緒なので 声もかけられませんでした  幸せと悲しみが 目をそらし すれ違います いつもあなたと登った坂を 影をふみふみ下ります  霊南坂の夕陽は 暖かい春の色 でも心は冬のように寒い  霊南坂の夕陽は レンガ塀に燃えます でも心は夜のように青い  教会は坂の上 鐘が背中に響きます 結ばれる日を夢みた私 追われる様に坂をおります
星を探して大橋純子大橋純子及川眠子佐藤健和田春比古悲しみよりももっと強くなりたいと 願うのになぜ 涙がこぼれる 叶わない夢なんてないと信じてた 気持ちさえもう どこかへ置き忘れて  めくるめく時の中 希望という名の星 それでもひとり探してる もしも見つけられたら 小さな私の星 そう名付けて 輝く日を待ちながら きっと生きてゆけるから  誰かを愛するたび 深く傷ついて それなのにまた 優しさにすがる そっと指をのばして ふれるその腕は あたたかいから たとえ愛が嘘でも  つれづれの夜の中 孤独という名の星 心の闇に散りばめて もしも雲が晴れたら 淋しい私の星 同じような光に出逢える いつか 遠い空の片隅で  何も残さず 生まれて消える 六十億個の星屑たちよ 私がここに今も生きてる 奇跡だけ見つめて  めくるめく時の中 希望という名の星 それでもひとり探してる もしも見つけられたら 小さな私の星 そう名付けて 輝く日を待ちながら きっと生きてゆけるから
あの頃のように大橋純子 with 中西圭三大橋純子 with 中西圭三及川眠子佐藤健和田春比古木洩れ陽に手をかざし 微笑んだ横顔は 昔より穏やかで だけど相変わらずで  恋したり悩んだり 何度もくりかえして それぞれの未来でまためぐり逢えた  まだ投げ出してないね あきらめてないね かたくなに 自分の生き方を 時が流れても あの頃のように 夢を見る力が胸に残ってる二人だから 今でも  気の早い半袖で 街を行くその背中 まっすぐに生きてきた 証しが宿っている  立ち止まることをただ許さない人だけが 永遠に輝けるよ 風のなかで  まだ失ってないね 色あせてないね 目の前に道が続く限り 歩いて行けるよ あの頃のように 幸せの途中にいると思ってる二人だから いつでも  変わってく強さと 変わらない優しさ 大切に抱きしめ そっと手を振る Oh…  まだ投げ出してないね あきらめてないね かたくなに 自分の生き方を 時が流れても あの頃のように 夢を見る力が胸に残ってる二人だから 今でも まだ 今でも 二人だから 今でも…
黄昏大橋純子大橋純子三浦徳子佐藤健佐藤健・Tom Tom 84Love・・・ とぎれとぎれ青いメロディー Love・・・ 風に折れた細い小枝・・・ Love・・・ 雨のステイション後姿 Love・・・ 午前2時のあなたの顔 波が洗うのは 白い砂じゃなく・・・想い出・・・  Love・・・ 白いカモメ 低く飛べば Love・・・ 二人の愛 あやうげで 波が洗うのは ねじを巻き過ぎた オルゴール Love・・・ 遠い街で暮らす人 Love・・・ 聞かせたいの・・・ alone・・・ again
東京Sickness芳本美代子芳本美代子戸沢暢美佐藤健ミント・ブルーのカクテルひとくち飲んだ エアコンがききすぎた Barのかたすみ いつも彼が抱いた 肩が冷えてゆく たぶん東京Sickness 涙が出ない 忘れ去るス早さを身につけた街 ホントの愛意外はすべて手に入る  Summer Nights うち着できた 肌の下で また心を装うのが うまくなるのね  Summer Nights 孤独なんて 知らないふり なんにもない心のおく せめて意味深 ほほえみで読ませない そうよ東京Sickess 痛みに慣れる 恋をなくしたことも きっと忘れる 踊る金のアンクレット 街をさ迷うの  Summer Nights 真実より嘘がキレイ 広告燈ルージュの色きらびやかだわ Summer Nights ビルの影で風が止まる あつくるしい やるせなさを 抱きしめたまま 悲しみに戻れない  Summer Nights うち着できた 肌の下で また心を装うのが うまくなるのね  Sunner Nights 退屈そう恋人達 手近な愛 逃げこむより ひとり ネオンと戯れてはしゃぎたい
空からこぼれたStoryダ・カーポダ・カーポ三浦徳子佐藤健街に流れてる 時計台の鐘の音 霧が晴れたなら 窓を開けてごらん 石だたみに 影がのびる 愛という名の 足音… 隠せないさ 僕の瞳は ホンの 小さなことまで 隠せないさ やがてhappy end キミのポストに 届くよ 空からこぼれた Story  何を見つめてる キミの黒い瞳は 何を映してる キミの緑のハ-ト この広い 空の下で どこへだって 飛べるから… キミの声を 僕に聞かせて 今朝見た夢で いいから キミの夢を 僕に聞かせて いつもの キャフェのテ-ブルで 空からこぼれた Story  隠せないさ 僕の瞳は ホンの 小さなことまで 隠せないさ やがてhappy end キミのポストに 届くよ 空からこぼれた Story
ホームタウン急行サーカスサーカス山川啓介佐藤健坂本龍一ホームタウンまで 切符をちょうだい ちょうど夜明けに 着く汽車の 駅には彼が 待ってるはずなの 結ばれるのよ 私たち  オレンジの花 咲いてる道を 肩を並べて 丘のチャペルへ 都会でおぼえた 悲しみたちを 忘れて私 生まれ変わるの  ホームタウン急行 ホームタウン急行  ホームタウンから 届いた手紙に 返事も出さず 暮らしたわ ほんとの愛は ふるさとにあると やっと気づいた 私なの  パパとママとが そうしたように 彼とつくるわ 小さな幸福(ハピネス) 人ごみに消えた 素顔の夢を 今度は私 手放さないわ  ホームタウン急行 ホームタウン急行 めざめれば ふるさとの町 ホームタウン急行 ホームタウン急行 めざめれば 彼の腕の中  ホームタウン急行 ホームタウン急行 ホームタウン急行 ホームタウン急行
ビートルズはもう聞かないガロガロ松本隆佐藤健ビートルズはもう聞かないなんて きみは言ってたね 吸えない煙草に火を点けて 涙もこぼさずに 出て行ったきみと 入れ違いに訪れた孤独 涙さえ見せてくれれば 引きとめられたのに さよならきみと過した日々よ 燃えつきた愛の重さ ただそれがふたりの真実さ ビートルズはもう聞かないなんて きみは言ってたね すりきれたレコードだけが 悲しみ廻してる  素顔のきみがああ好きだったのに くち紅つけてたね 過ぎゆく季節がきみを変え ぼくをも変えたのか さよならぼくの短い春よ ポスターのあとも今はただ壁の白さが眼に沁みる ビートルズはもう聞かないなんて きみは言ってたね すりきれたレコードだけが 悲しみ廻してる
微笑むための勇気大橋純子大橋純子及川眠子佐藤健和田春比古優しさをあつめて 許しあうのは 憎み続けるより簡単なのに  愛の力 愛の意味は すれ違うだけで あの日街は 行き場のない 痛みにあふれてた  微笑むための勇気 静かに抱きしめる 私にできるのはただそれだけでも  蒼い星に生まれ 輝くすべて 夢を見る気持ちは同んなじなのに  正しいこと 信じるもの かさねあえなくて 私もまだ風のなかに 答えを捜してる  微笑むための勇気 それでも伝えたい 悲しむよりもずっと人は強いから  愛の力 愛の意味を まだあきらめない いつか何か変えられると 思っていたいから  涙をぬぐう勇気 大事なものたちは 思い出よりもきっと未来にあるはず  微笑むための勇気 静かに抱きしめる 私にできるのはただそれだけでも
My Home Island石嶺聡子石嶺聡子工藤哲雄佐藤健どこまでも 高い空 雲は ずっと 動かない 時間さえも 止まってる ここは 南の島  脱ぎすてた サンダルを 青い 波が 揺らしてる 季節はもう 秋なのに 肌に やさしい風  あの海に 白い雪が 積もる景色が見たいと 叶わぬ夢を 想っただけで なぜか 泣けてきたの  叶わぬ夢を 叶えるために ここを 離れたのに…  沖をゆく 貨物船 どこの国の 船だろう 鳥は 遠い 岩影で 羽根を 休めている  素足には 砂の粒 はらい落とし 帰ろうか 水平線 オレンジに 染まり始めている  いつまでも 抱いてくれる こんな風景みたいに 変わらぬように 歩いてみよう 心 流されずに  誰もが夢を 叶えるために 生きてゆくんだから…  いつまでも 抱いてくれる こんな風景みたいに 変わらぬように 歩いてみよう 心 流されずに  誰もが夢を 叶えるために 生きてゆくんだから…
SERIOUS NIGHT~Everlasting Harmony~真田広之真田広之秋元康佐藤健笹路正徳錆びた心にGINを傾けて 都会の荒野を見てた おまえはふいにピアスを外して 細い指で弾きグラスに落とす  振り向かないで そのままでいい 背中から抱いてやるさ 振り向かないで ゲームは終わりと 愛のかけらを ブルーの窓に捨ててしまえば 不思議に シリアス・ナイト  古いレコード 針を落としたら 傷ついた恋のノイズ あの頃みたく友達の仲に 戻れないと知っているはずだから  JOKEのように 終わりにしよう 唇は閉じたままで JOKEのように “じゃあね”と笑って 軽くキスして いつかどこかで会ってみたいね 最後のシリアス・ナイト  振り向かないで そのままでいい 背中から抱いてやるさ 振り向かないで ゲームは終りと 愛のかけらを ブルーの窓に捨ててしまえば 不思議に シリアス・ナイト
長距離電話あべ静江あべ静江藤公之介佐藤健海はかすんで 潮騒は哀しげで けだるい波が 寄せ返す まるで映画の ラストシーンのように 白みはじめた 渚をひとり  ゆうべの長距離電話 とぎれた会話 気まずい沈黙 もう おしまいですか  ここまで 追って来てくれる あなたの姿を 待っていました 海のそばの 白いホテルで  砂はしめって 潮風はやさしげで 早起きカモメ 空を舞う ふいに悲しみが この胸に突き上げて 波うちぎわを 駈け出していた  ゆうべの長距離電話 つれない返事 電話を切る音 もう おしまいですね  ふたりは また元どおりに 愛し合えると 思ってました 海の見える ホテルの部屋で
AMNESIANICOTINENICOTINE佐藤健佐藤健NICOTINEI don't know nothing about yesterday What am I suppose to do? Tell me what to do with this tragedy  Hey, mister! You should have not fake me 'cause I wasn't fool enough It doesn't make no difference from yesterday 'Cause I'm not fool enough to believe in what you say  And I am I am believing in the word you have never told me
ギンザ・レッド・ウィ・ウィ野宮真貴野宮真貴ロワソー・パトリック・イヴォン・ガイ佐藤健倉光延行Je la voyais marcher devant moi Sur les trotoirs de Ginza En la suivant je cherchais les mots Pour pouvoir l'aborder Ses longs cheveux lancaient dans son dos Sous les lumieres de Ginza Je lui ai dis,Bonjour Mademoiselle, Et elle s'est retournee  Elle etait plus belle Que j'aurais pu l'imaginer Et son sourire me disait  Ginza, Red, Red, Oui, Oui Ginza, Red, Red, Oui, Oui Ginza, Red, Red, Oui, Oui Et tout l'amour de la terre Je l'ai trouve sur les levres De la fille de Ginza  Je voulais la serrer dans mes bras Sur les trotoirs de Ginza Et mes yeux ont du parler pour moi Car elle m'a embrasse Je n'oublirais jamais se baiser Sur les lumieres de Ginza  Et ses levres donnaient a mon coeur La couleur du bonheur
永遠大橋純子大橋純子romAntic high佐藤健和田春彦夢から醒めたとき あなたは消えていた こんなにもこの胸が軋んでいることに 驚き 戸惑い 揺れ続けている  なにもない自分をあなたは責めていた なのになぜ わがままで確かめようとした 無口なくちびる 悲しがる瞳  終わることのないパズルの 埋めきれない隙間が いまも探し続けている答ならば かならずどこかにあるはず  永遠はいつでも 瞬間にあるもの 触れようとする指を すりぬけてゆくもの 信じあう心にだけ映る世界  終わることのないパズルの 埋めきれない隙間に あの夏の日の青空を 見上げている心が 伝えているから  終わることのないパズルの 埋めきれない隙間に 出逢った頃の優しさを 描けたなら もう一度 歩いてゆけると…  never gonna look back never gonna look back
メロディ~SINGIN' IN THE LOVE~大橋純子大橋純子村野耕治佐藤健そばにいればすぐに 指も胸も温まるでしょう キスをすればそっと 髪に肩に ほほえみが揺れてる  あなたへの愛を 強く抱いていれば この道 いつまでも 歩いて行ける…  SINGIN' IN THE LOVE ずっと大事にしたい 出逢ったこのときめき ずっとずっと響いている いま二人に流れるメロディ uh… SINGIN' IN THE LOVE uh… SINGIN' IN THE LOVE  雨になれば花の かたいつぼみ 色づくでしょう 晴れになればきっと 光る雲が 夏空にひろがる  叶えたい夢に 向かう勇気あれば 永遠さえ二人 探して行ける  SINGIN' IN THE LOVE 風に口ずさんで 長い道を歩こう ずっとずっと溢れている いつも胸に感じるメロディ  あなたへの愛を 強く抱いていれば この道 どこまでも 歩いて行ける…  SINGIN' IN THE LOVE 今日も歌ってあげる ひとり ふさぐ時にも めぐり逢った気分のまま 優しすぎない 愛しすぎない 二人に流れるメロディ  SINGIN' IN THE LOVE…
Don't Think, Feel it!大橋純子大橋純子村野耕治佐藤健佐藤健・中山大輔・和田春彦街じゅうがジラジラと明ける頃 眠れない鳥は ドコに行くの 季節はビルのすき間で育ち こんなにハシャイデルノニ  いつから 目に見えるものだけを 信じることしか できなくなった 逃げ道 言い訳 交差点に溢れ 一日がまた今日も始まる…  人はみんな夢を持って生まれ 不安の中 悲鳴をあげて 愛を知って それを確かめて きっと生きていくだけ  Don't Think, Feel it! この街に隠れた空も 光 抱いて待っている Don't Think, Feel it! 壊れそうなココロの中をきっと きっと照らす Don't Think, Feel it! Don't Think, Feel it! 見上げてみよう いますぐ 何度も  どうして 失うことに 脅え あなたの瞳を見ずにいたの どんなに大事に考えてみても 永遠を望んでみても…  愛はきっと胸の中 揺れて 花火のように 形 見せて 全て賭け 夢を色どって きっと燃えていくもの  Don't Think, Feel it! せつなさに出合ったとは もっと涙 流せばいい Don't Think, Feel it! 崩れそうなココロの奥を そっと そっと抱いて Don't Think, Feel it! Don't Think, Feel it! 感じてみよう 優しさの色を  Don't Think, Feel it! 夏空の流れた星は いつか夢を連れてくれる Don't Think, Feel it! よろこびに出合った時は すぐに両手 広げて Don't Think, Feel it! Don't Think, Feel it! 朝の来ない夜などないから
izm大橋純子大橋純子romAntic high佐藤健和田春彦駆け込むホーム 滑り出す電車の窓 今日も朝からトラブルばかり 嫌な予感 やりきれないと溜め息数えるより 小さなことに喜ぶような自分でいたいね それが  なにを失くしても それよりもっと大切な答を ひきかえに手にするための この胸のizm  I know it's my heart Everything I do will draw my life now and forever  なんてことない今日一日のNewsを 聞かせてあげる かげがえないあなただけど 頼りすぎれば 心の糸はちぎれる 誰かのせいにしたくないから 自分の手で未来を描いていくの  恋がすべてだと言わないけれど いつわれない夢を 隠せないこのときめきが 伝えてるizm  We'll never be apart Only things I feel in love can change my life now and forever  青い空の下 両手広げたら 頼りない昨日も 降りそそぐこの瞬間も 限りない明日も すべて受け止めて 抱きしめるのがこの胸のizm  I know it's my heart Everything I do will draw my life now and forever  I know it's my heart Everything I do will draw my life now and forever
Rhythm~鼓動~大橋純子大橋純子romAntic high佐藤健暮れゆく街並み パステルの空 週末の人波 あなたを待つの  最初の言葉を探す この胸の奥に 聴こえてくるあの鼓動 おさえきれぬ想い それは走り出すRhythm  熱い想い胸に抱いて…  窓辺に揺らめく 月の灯に 願いをかけたら 来てくれるかな?  ゆうべの余韻をまとい 眠れない夜に 聴こえてくるあの鼓動 静かに瞳を閉じる それはひたむきなRhythm  夢のなかで逢えるかしら 夢のなかで… 夢のなかへ…  I close my eyes by moonlight Fallin' for dreamy night I can say I'm in love And your love sends me high  I close my eyes by moonlight Fallin' for dreamy night  I close my eyes Here we are
Game大橋純子大橋純子romAntic high佐藤健和田春彦きまずい時間(とき)が流れる Don't bother me どうして答を急ぐのよ Don't bother me  ようするにあなたには 1か0かだけど a game  たやすく割り切れるほど この胸は器用じゃないの 揺れていたのに tonight Give it up!  確かにそんな自分が Do you tease me? かつてはいたのかもしれない Do you tease me?  でもそれはできないの 安売りはいやなの no more game  どうして? あなたの目には こんな心 隙だらけなの? やりきれないわ tonight  Give it up! おなじことをくりかえすなら Give it up! またきっと虚しくなるだけ  ほんとの優しさなんて you weary me たやすく見つかるものじゃない you weary me  寂しさが誘いこむ 1か0かだけど a game  もう二度と 惑わされない この想い ゆずれないから ごめんなさいね good night  Give it up! 探してるのはあなたじゃない Give it up! 今日のことはなかったことに Give it up!
Good Night大橋純子大橋純子村野耕治佐藤健佐藤健なぜ ひとりきり泣いているの わたし なぜ こんなにもせつなくなる 想うたび  ただひとつの愛 胸の奥 ほら 育ちはじめてる ただひとつ いま あなたへと 心の中で呼んで Good night…  なぜ ぬくもりは夢になるの 夜に また こんなにも体じゅうが 包まれて  ただひとつの愛 抱くために そう 生まれてきたから この愛をそっと あたためて 心に響く声に Good night…  ただひとつの愛 胸の奥 ほら 育ちはじめてる ただひとつ いま あなたへと 心の中で呼んで Good night…
Time Flies大橋純子大橋純子村野耕治佐藤健和田春彦Time Files like an arrow 過ぎ去っていくよ Time Files like an arrow 矢のように速く  人生(きせつ)は瞬き 一瞬のランデブー 揺られて 流れて 夢が咲き 夢が舞う 振り向くヒマはないね  ALIVE どこまでも行こう HEAVEN 空の続く先へ SO LOVE 生きてく限りは SUNRISE 今がまた生まれる SUNSHINE すべての愛へと Time Files…  Time Files like an arrow 乗り込んでいくよ Time Files like an arrow チケットはあるかい  今宵も始まる 永遠のメリーゴーランド トキメキ 輝き 夢の先 夢のあと ためらうことはないよ  ALIVE 素敵な世界へ HEVEN 虹の架かる場所へ SO DREAM 一緒に探そう TONIGHT 夜はまだこれから MOON LIGHT すべての夢まで Time Files…  ALIVE どこまでも行こう HEAVEN 空の続く先へ SO LOVE 生きてく限りは SUNRISE 今がまた生まれる SUNSHINE すべての愛へと Time Files…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夏のページサーカスサーカス伊達歩佐藤健駅の階段から 私の髪を やさしく包む潮風 あの夏の色 白く光る雲 ほほ笑む陽刺し 海岸回る バスの窓 あの日の二人  忘れ得ぬ 夏のページ 一つずつ たどれば 風景は もの言わず 流れて消える 今は帰れない 遠い愛の影  遠く光る波に さよなら告げて まぶしすぎた口づけを みつめる私  忘れ得ぬ 夏のページ 一つずつ たどれば 泣いていた わがままな私がみえる 今は思い出の まぶしい愛の色  忘れ得ぬ 夏のページ 一つずつ たどれば 風景は もの言わず 流れて消える 今は帰れない 遠い愛の影 今は帰れない 遠い愛の影 今は思い出の まぶしい愛の色
ヒッチハイクサーカスサーカス山川啓介佐藤健銀貨を投げたら 表が出たから 私また 旅に出るわ 踊り子暮らしよ この町には 退屈したの バイ・バイ  結婚しようと 言ってくれたけど 私たち これからゆく 世界が違うわ 愛だけでは 生きられないのよ バイ・バイ  私のことなど 気にしないで 似合いの いい娘(こ)をさがしなさい そうなの私は 歌とダンスが恋人なの つぎのチャンスを また追うわ  お金が切れたら 親指立てては ウィンクして車を停(と)め 旅をつづけるわ だいじょうぶよ それで幸せ バイ・バイ  このつぎこの町 訪ねた時には いいパパになってるでしょう 私を忘れて そんなものよ 激しい愛も バイ・バイ  私は私で 夢を追うわ あなたも その夢 つかみなさい そうなの私は 歌とダンスが恋人なの ヒッチハイクで 生きてくわ
鏡の中のJ中森明菜中森明菜三浦徳子佐藤健萩田光雄バス・ルームで見つけた 私のじゃないルージュ 思わず中を見れば ひどく濃い紫よ Oh…ジェイBoy Oh…ジェイBoy  ノックの音覚えて あなたの部屋来始め 冷蔵庫の扉も 何げなく開けていた Oh…ジェイBoy Oh…ジェイBoy こんなことも知らずに  別にあなただけが 男の人じゃない 強がり言っても ジェラシーのJ ジェラシーのJ 鏡の中のJ  Vにあいた胸元 冷たい手すべり込む 身体中に見知らぬ ショックが走ってゆく Oh…ジェイBoy Oh…ジェイBoy 急におどろくじゃない  別にあなただけが 男の人じゃない 強がり言っても ジェラシーのJ ジェラシーのJ 鏡の中のJ
想い出は煙にとけて松崎しげる松崎しげる三浦徳子佐藤健近くに来たの 元気そうねと あなたは少し やせたみたいね 僕の頬を そっと 包みこんでみせたよ コーヒーでもいれようかと席を立ち 目ざめたよ 夢の中 このまま  南の島で とった写真も 色あせてきた 時の波間で だけど僕の気持は 色あざやか そのまま 二人で過ごした月日を消さないで 夢見てる いつだって あなたを
雨のTraveller吉川晃司吉川晃司松本一起佐藤健夜どおし走ったバス 雨の中をふり返る コートに隠したのは寒さじゃない 寂しい街角をうろついた日々  右手でにぎった街のリズム ハイウェイに捨ててきた 不安を消す為に急がない 引き返す道などもうないのさ  雨の Traveller 誰でも独りで生きてゆけない 雨の Traveller どこから来てどこへ行くのか 君のぬくもり 昨日より近くに感じてる  雨のシューズが光ってる 見えない地図を歩いてく わずかな時間と軽すぎるバッグ ゴールはどこにもないのさ  雨の Traveller 誰だって明日を知るはずない 雨の Traveller どんな暗闇も孤独じゃない 君のぬくもり 昨日より近くに感じてる  雨の Traveller 誰でも独りで生きてゆけない 雨の Traveller どこから来てどこへ行くのか 君のぬくもり 昨日より近くに感じてる
Good-byeの次の朝吉川晃司吉川晃司柳川英巳佐藤健ゆるやかな陽ざし 君はもういない ゆっくりシャツを着て ゆっくり窓をあけて 意味のない時計 消し忘れたRadio 黙りこむ部屋が 僕を見つめているGood-byeの次の朝  行きたいところへ行けるだろう 胸ふるわせるものを見つければいいさ 君は風よりも静かにドアを閉めて消えた  予定のない午後 君はもう遠い どこかへ出かけよう こんなに空が青い Good-byeの次の朝 ぼんやり動いてる 街を吸い込んだ Good-byeの次の朝 Good-byeの次の朝 Good-byeの次の朝
Drive 夜の終わりに吉川晃司吉川晃司安藤秀樹佐藤健Drive 夜の中で君を感じている Drive 風の中で心溶けてゆくよ  寂しさの中に君を求めていた 暗闇の中に灯りを求めるように今 いつの日からか怒りの眼にもやがて愛が宿り いつの日からか悲しい眼にもやがて夢が宿り すべてが君と歩いてゆく  君のいない休日は退屈なだけ 太陽はのろまで明るい月は永遠のよう 悪夢のように君の背中がいつか浮かんでは消え 悪夢のように僕の心はいつかこわされてしまう ためいきさえも震えてしまうのさ  Drive 夜の中で君を感じている Drive 風の中で心溶けてゆくよ  痛みのぶんだけ微笑みを持っている 消えた夢まで今夜はきらめく星に変わる 夜の終わりに君の胸の中の天使がうたう 夜の終わりに確かな夢の中に出口はいらない 君に見た失わない季節  Drive 夜の中で君を感じている Drive 風の中で心溶けてゆくよ
Be my J‐Girl吉川晃司吉川晃司松尾由紀夫佐藤健サングラスはずして 君を見つめてた 夏のきらめきなくしたくない 日ざしに打たれて ふりかえりざまに JOKE & KISS さりげなくかわす Be my J-Girl  PoolsideのAvenue きみの髪濡れたまま いつか見たScene口笛で ラヴソング 今夜のDance Party Moon Light 抱きしめて 瞳に 流れ星 Just fallin' Love  きみのまなざしは 誰にも うばえるはずないさ きみのまぶしさを 忘れたくない Lost Summer Days  ほかの誰かが声をかけても 振り向かないさ ぼくがいたから 偶然のふりして すれちがいざまに WINK & KISS さりげなく受けて Be my J-Girl  Beachsideのプラットホーム 迷い込んだ Down Town 見つめあうシルエット肩ごしに Twilight 砂浜に足跡 アフロディーテ抱きしめて 瞳をそっと閉じて Just Hold Me Tight  きみのまなざしは 誰にも うばえるはずないさ きみのまぶしさを 忘れたくない Lost Summer Days'  サングラスはずして 君を見つめてた 夏のきらめきなくしたくない 日ざしに打たれて ふりかえりざまに JOKE & KISS さりげなくかわす Be my J-Girl
INNOCENT SKY吉川晃司吉川晃司松本一起佐藤健声をかければ 街が身を引く 理解されずに 逆らう誤解 リズムが狂い 空が曇る ツキがすべて 逃げたのさ  いたわる嘘も きれいなKissも いらないのさ こんな夜は 求めるものが 多過ぎたのか 時間を急ぎ過ぎたのか この胸  Innocent Sky Innocent Sky 遠くに置き忘れた夢 Innocent Sky Innocent Sky 優しさで曇らせないでくれ  誰でもいい 傷つけたいのさ 昨日の笑顔 欲しくないから ガラスの割れた 気持ちを知れば 深い椅子に座れない もう二度と  Innocent Sky Innocent Sky 汚れたプライドはイラナイさ Innocent Sky Innocent Sky 瞳を曇らせないでくれ  Innocent Sky Innocent Sky 忘れない いつか見た空を Innocent Sky Innocent Sky 心に閉じ込めたくはないさ  Innocent Sky Innocent Sky 遠くに置き忘れた夢 Innocent Sky Innocent Sky 優しさで曇らせないでくれ  Innocent Sky Innocent Sky 忘れない いつか見た空を Innocent Sky Innocent Sky 心に閉じ込めたくはないさ  Innocent Sky Innocent Sky 遠くに置き忘れた夢 Innocent Sky Innocent Sky 優しさで曇らせないでくれ
a day good night吉川晃司吉川晃司安藤秀樹佐藤健ラッシュの過ぎた夜ふけのプールヴァード かたすみに落ちてるニュースペーパー 日付けの見えない バイオレンスのページが 風に吹かれてとんでく いつだって同じ出来事がくり返されるエブリデー 薄明り灯る ガラスのショーウィンドー 眠りを忘れたマネキン達 何か言いたげに 夜の街角を冷たくのぞいてる 君がほしがってたジャケット クールに背中にひっかけて  今夜も君に電話して 1日にグッドナイト 君の声を聞くだけで メランコリックを消せる  誰もが同じくり返しの中 きみだけはちがう場所にいる 誰もが同じに見える中 きみだけはちがう気がしてる そしてやさしく僕を迎えてくれるのさ a day・good night ア デイ・グッド ナイト a day・good night ア デイ・グッド ナイト 静まり返った夜ふけのプールヴァード 遠くにきこえるサイレンの音 雨に洗われる メインストリートが月に照らされ にじんでる いつだって同じ出来事が くり返されるエブリデー  今夜も君に電話して 1日にグッドナイト 君の声を聞くだけで メランコリックを消せる  誰もが同じくり返しの中 きみだけはちがう場所にいる 誰もが同じに見える中 きみだけはちがう気がしてる そしてやさしく僕を迎えてくれるのさ a day・good night ア デイ・グッド ナイト a day・good night ア デイ・グッド ナイト
ささやきのステップ薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子松本隆佐藤健Talk to me 水のように あなたのささやきが流れこんでくる Talk to me 不思議なほど 素直になれるのよあなたの前だと  二度と恋などしないと心に 誓ってたのに  ほらまるで少女みたい燃える頬 今踊り出すの胸のときめき あなたとなら一緒に生きてゆけそうだわ 生きる歓び感じて  Talk to me おしゃべりして 私ひざを抱いて目を閉じて聞くわ Talk to me あなたのこと 生まれた町のこと友だちのことを  Kissはあなたが最初じゃないのに 夢がふるえる  ほらまるで少女みたい揺れる髪 今熱い息が耳に触れるの 一人で生きてきた強がりを脱ぎ捨て やさしい肩にもたれる  ほらまるで少女みたい燃える頬 今踊り出すの胸のときめき あなたとなら一緒に生きてゆけそうだわ 生きる歓び感じて
RAIN-DANCEがきこえる吉川晃司吉川晃司安藤秀樹佐藤健後藤次利走りぬけてく レイニーストリート 心は雨にうたれてく 君のくれた 言葉の半分は かくれた月に眠らせたまま  同じ夜に つつまれても 別れはとりもどせない 見覚えのない ミラーの景色 いたみを流してゆく  RAIN-DANCEがきこえる あの雨の日に 泣けた君はましさ RAIN-DANCEがきこえる 無口なさよならが 闇をてらしてる  素敵な孤独など どこにもないのさ 君がいなければ ただの寂しがりや  わからずやの dreamer life サディスティックな夜の door 君がのこした やさしさのランゲージ でも本当のとこ 何も言ってない  RAIN-DANCEがきこえる あの雨の日に 泣けた君はましさ RAIN-DANCEがきこえる 君の小さなクツ音 耳にのこっている  素敵な孤独など どこにもないのさ 君がいなければ ただの寂しがりや  RAIN-DANCEがきこえる あの雨の日に 泣けた君はましさ RAIN-DANCEがきこえる 無口なさよならが 闇をてらしてる RAIN-DANCEがきこえる RAIN-DANCEがきこえる
きっと一人じゃない上田正樹上田正樹上田正樹佐藤健長岡忠治Yeah yeah… Yes my friend…  月の灯りがさむくて 心が小さくなる 一人じゃ とても 強くなれない  人をきずつけた事や 悲しませた時も 眠れなかった夜が きしんでいた  感じるままにすればいい 遠い日の夢を抱き寄せて  Yes my friend, You've got a friend 微笑う君が好きだよ 愛しさでいっぱいになるよ Yes my friend, You've got a friend たとえ何があっても 元気になれるなら いつでも歌うから 俺が迎えにゆくから  たとえば君が想ってた あの人が戻らない 夜空の星に なったとしても  街の暮らしに疲れて 心がかすれても おぼえていてほしい ずっと君のそばに  どんな時でもかばいたい 抱いていたいささえになりたい  Yes my friend, You've got a friend 君を見続けたい 輝きと暗闇の中で Yes my friend, You've got a friend きっと一人じゃない 気ままに生きてきた 俺が言えることは 君が本当の Yes my friend  Yes I love you…  Yes my friend, You've got a friend 微笑う君が好きだよ 愛しさでいっぱいになるよ Yes my friend, You've got a friend たとえ何があっても 元気になれるなら いつでも歌うから 俺が迎えにゆくから
黄昏のようにここにいる杉山清貴杉山清貴白峰美津子佐藤健梁邦彦そっと 暮れはじめた街は 優しく 空を見るフリして ホントは何を見てるの  さっき はしゃいでいた 君の瞳が ただ訳もなく 打ち沈むたび いつも戸惑うけど  黄昏のように僕は 君の心を包んで行きたい 悲しみのように立ってる 君の背中を見守ってるよ 笑いながら君が そっと 振り返るまで 待っている  どんな事があったか 無理に聞かない 本を読むフリして しばらくそっとしておこう  その胸の奥の 深いところに 忘れることの出来ない恋が たとえあるとしても  黄昏のように僕は 君の未来を包んで行きたい 諦めたように笑う 君の痛みを分かりたいよ こんな夜に君を ただ 抱き締めるため 待っている  黄昏のように僕は 君の心を包んで行きたい 悲しみのように立ってる 君の背中を見守ってるよ どんな時も君を ただ 抱き締めるため 待っている
心からSHINING STAR米倉千尋米倉千尋工藤哲雄佐藤健見良津健雄どんなに冷たい雨も いつかは必ずやむのさ… ずぶぬれの哀しみを 抱きしめてくれたひと  あなたに返せるものが 私のどこかにあるなら 何もかも取り出して 心から捧げるのに 星のように生まれた 淋しさは 愛という名前で あたたかく輝いている  You are shinin' star for me あなたのまぶしさの隣りで いつまでも微笑んでいたい You are shinin' star for me あふれるほどの愛しさに 涙はもう似合わない  あなたに抱かれていると 私に生まれたことさえ こんなにも嬉しくて きっと強くなれそうなの 昼の星が日差しに 隠れてる 気づかずにいたのよ 目の前のこの愛にも  You are shinin' star for me あなたの輝きを信じて どこまでもついて行くことを You are shinin' star for me 大きな声で叫びたい 心に今誓ったの  You are shinin' star for me あなたのまぶしさの隣りで いつまでも微笑んでいたい You are shinin' star for me あふれるほどの愛しさに 涙はもう似合わない
素顔の街大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健憧れはいつも 心にしまって 打ちあける時を ずっと待ってた 懐かしい気持ち こみ上げてくるの 愛しいこの街 あなたに会えた 愛せる人に……  ビルの谷間で 遊ぶ鳥や 長くうねった 高速も あなたの好きな 素顔のこの街 初めて知った 気がする  数え切れない 窓の明かり ここに息づく 温もりと ほんの一言 やさしさのカケラ 私にわけて くれたね  憧れはいつも 心にしまって 打ちあける時を ずっと待ってた 気づかないうちに 心を閉ざして 臆病だったね 愛することに 今まできっと……  もしもあなたに 会わなければ こんなざわめく TOKYOで 生きて行くのは 辛いと思った あなたに会えて 良かった  黄昏の空に ぽっかり浮かんだ 明かりを灯した タワーを見ると 忘れてた夢が 胸によみがえる 傷ついた日々や 悲しい過去も 霞んで行くの…  憧れはいつも 心にしまって 打ちあける時を ずっと待ってた 懐かしい気持ち こみ上げてくるの 愛しいこの街 あなたに会えた 愛せる人に……
恋に溺れて ~Crazy about you~大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健走り出した 恋の炎 もうどうにも止められないの 昼も夜も 自分さえ 見失う程  あなたの声が 一日中 呪文のようにまとわりつく 動けない 一人では 為す術もない  何故 切なくなるの こんな月を見ていると そう 理由もないのに つのる不安とジェラシー  構わない 悔やまない このまま死んでも 眠れない 離れない 愛しい面影 忘れない 二度とない あなたに夢中よ I'm so crazy about you  出口のない 恋に迷い 答えのない愛に泣いたわ それも今 霞んでいく あなたに会って  生まれついた 星はきっと あなたの愛で 輝くはず 遠回り したけれど その時は今  何故 涙が出るの いつもその腕の中で ねえ もう一度 強く抱いて 別れが惜しくて  構わない 悔やまない 未来がなくても 眠れない 離れない 吐息に抱かれて 忘れない 二度とない あなたが全てよ I'm so crazy about you  何故 切なくなるの こんな月を見ていると そう 理由もないのに つのる不安とジェラシー  構わない 悔やまない このまま死んでも 眠れない 離れない 愛しい面影 忘れない 二度とない あなたに夢中よ I'm so crazy about you  構わない 悔やまない 未来がなくても 眠れない 離れない 吐息に抱かれて 忘れない 二度とない あなたが全てよ I'm so crazy about you
禁じられた夢の中で大橋純子大橋純子荒木とよひさ佐藤健あなたのこと 愛し始め もう何も見えなくて 平和だった胸の奥に 切なさが また目覚める Ah...... 届かない 泣きたいくらい そう...... この慕いを  あなただけは 他の男性とは ちがう たとえ 愛の形が 禁じられた 夢の中 閉じ込められて しまっても 心は forever...... あなたに  あなたのこと 奪えるなら 生き方は選ばない 終わりのない 愛があれば 倖せと 引き換えても Ah...... 解らない 愛することが そう...... 遠すぎて  わたしだけが 悲しくなるのは 何故 たとえ 抱かれていても 禁じられた 夢の中 永遠なんて ないけれど 心は forever....... あなたに  いつか 生まれ変わって あなたになれるのなら 決して わたしのことを 離したりしない  あなただけは 他の男性とは ちがう たとえ 愛の形が 禁じられた 夢の中 閉じ込められて しまっても 心は forever...... いつも そばで
Mystery of 0 a.m.大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健眠りに落ちたビル街 都会の闇に紛れて 密やかなLove affair 向かいのビルの窓には ほんのり明かりが灯り もつれ合うシルエット  あの窓に愛が生まれ この夜に消えて行く 恋はいつも危険なゲーム  見えない心 つかめない 追う程 逃げて行く 本気と遊び 裏腹に Mystery of 0 a.m. in the dark  青白い月もいつか 黒い雲に覆われて 忍び逢う二人 時計の針が重なる 午前零時を告げると 裏窓を閉めて  また同じ日常へと その顔で戻ってく 心に棲む二人の女  あなたの中の 別人が 目覚める その夜は 真っ赤なルージュ 引いた時 Mystery of 0 a.m. in the night.  見えない心 つかめない 追う程 逃げて行く 本気と遊び 裏腹に さまよう心  あなたの中の 別人が 目覚める その夜は 真っ赤なルージュ 引いた時 Mystery of 0 a.m. in the night.
Let's have a good time大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健Let's have a good time あなたとなら うまく行く気がしてる Let's have a good time その気分を 何よりも大切に  そう 先のことなど 誰にもきっと わからないはずよ このひらめきだけは 信じてみたい 今は…  出会いは 偶然でも あなたと 生きてみたい 居心地のいい自由あるなら 間違い 気づいたとき 笑って 別れようね そんな約束が出来る二人でいたい  Let's have a fun night 一人きりで 過ごしたい夜もある Let's have a fun night 二人だけの 甘すぎる夜もいい  そう わがままじゃない お互いきっと 無理はしたくない そう 心では今 一緒にいたい ずっと…  一番 好きな人と どこまで 行けるだろう そんな不安抱いて過ごすより 一度の 人生なら 素敵に 生きていたい あなたの目に輝いた私が映る  一番 気の合う人 何でも 話せる人 穏やかな気持ちになれたから 今まで 知らなかった 自分を 見つけられた 正直な私でいられるの  出会いは 偶然でも あなたと 生きてみたい 居心地のいい自由あるなら 間違い 気づいたとき 笑って 別れようね そんな約束が出来る二人でいたい
恋人のままでいい大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健腕の中で 黄昏の気配 感じて 吐息まじり あなたの名前を 呟く  そっと触れたその手に 指を絡ませて 何も話さなくても 見つめ合うだけでいい  恋人のままでいい 今が続くなら おびえてる 心では あの人の影に I want you I need you でもあなたは  married man 悲しいけど married man 辛い響き  この窓から 暮れて行く街を 眺める 空の上に 二人浮かんでる 気がする  強く抱いてほしいの 時間を忘れたい 辛い現実さえも 心から消して欲しい  あなたを奪えるなら 全てを失くしても あの人に 深い傷 負わせてもいいの I want you I need you この願いが  married man 涙の中 married man 届かないの  あなたを奪えるなら 全てを失くしても あの人に 深い傷 負わせてもいいの I want you I need you この願いが  I want you I need you この願いが この言葉が  married man 悲しいけど married man 涙の中 married man 届かないの married man
Time after time大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健哀しみを抱えたまま その腕に抱かれたけど “もう誰も愛せない”なんて 投げやりな言い方に  少し寂しそうな 目をしたけど “待てるだけ待つよ”と言ってくれた あなた......  Time after time 泣きたいくらい Time after time いい人なのに Time after time わかってても とびこめないのよ やさしさが辛い 今でもmum...... 哀しい  少しだけ落ち着いたら 死ぬ程に思いつめた あの日々が色褪せて来たわ だけどまだ許せない  “仕方がないんだ”と 呟いてた あの時の場面が焼きついてる 今も......  Night after night 泣くだけ泣いて Night after night 疲れて眠る Night after night 何をしても 戻って来ないと どこかで知ってた  “どうにもならない”と 繰り返して 謝り続けてた あの日のこと 今も……  Time after time 哀しみ抱いて Time after time 迷ってばかり Time after time うつろな日々 忘れることなど 出来ないの 彼を今でも mum...... 切ない
Weekendはブルー大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健地下鉄の階段ひと息 急いで通りに駆け出す 溢れ出した車の列も 週末の風景  It's Friday 街中が華やいで見えるわ It's weekend 心まで軽い  通いなれたコース officeまで 足どりも軽やかに 忘れてたはずのミスが今 頭の隅かすめて  だけど無事に今日が終われば 明日は自由になれる 週末には!  掃除をして 洗濯も ビデオに目は釘付け アッという間の weekend  こんなにも時間の経つのが 今月は早く感じる あなたのせいだね 通勤で 見かけるステキな人  It's Friday 毎朝の楽しみが増えても It's weekend お遊びのひとつ  待っていたはずの週末が 急に色褪せて来た 頭痛が出そうな月曜日 早起きになったけど  何故かむなしさが沸いてくる 同じ繰り返しに それでも又!  料理をして 電話して 友達とも会いたい アッという間の weekend  待っていたはずの週末が 急に色褪せて来た 頭痛が出そうな月曜日 早起きになったけど
Hey! Mr. Rhythm大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健Dancing 陽気に Dancing 街中が 踊り出す Swinging あなたと Swinging You're the rhythm 誘うよ!  街の騒音 聞きかたで Music 体が押されて 揺れる Heartbeat 工事の音も 慣れれば平気 通りでClash 花火みたい  雨の日も憂鬱も あなたに会えば Winkで吹き飛ぶわ みんなの憧れ  うらやむ程の 視線を浴びて 得意げに踊る Hey! Mr. Rhythm  腰を振るその度に 悲鳴が上がる 投げKiss されたなら 体が溶けちゃう  噂はひとつ 相手は誰か? ミスかミセスかミスター??? That's the mystery  Dancing 陽気に Dancing この世は バラ色さ Swinging 酔わせて Swinging You're the rhythm はじける!  いつも通りの にぎやかな街 お祭り騒ぎで 夜が明ける 噂はいつも 女の仕業 根も葉もないけど 笑っちゃうわ  ひと回りした頃に ナゾがナゾ呼び 話題なら中心は Mr. Rhythm あなたよ  噂はひとつ 相手は誰か? ミスかミセスかミスター??? That's the mystery That's the mystery Hey! Mr. Rhythm That's the mystery  Dancing 陽気に Dancing この世は バラ色さ Swinging 酔わせて Swinging You're the rhythm はじける!  Dancing 陽気に Dancing 街中が 踊り出す Swinging あなたと Swinging You're the rhythm 誘うよ!
禁じられた夢の中で大橋純子大橋純子荒木とよひさ佐藤健あなたのこと 愛し始め もう何も見えなくて 平和だった胸の奥に 切なさが また目覚める Ah… 届かない 泣きたいくらい そう…この慕いを  あなただけは 他の男性とはちがう たとえ 愛の形が禁じられた 夢の中 閉じこめられてしまっても 心は forever…あなたに  あなたのこと奪えるなら 生き方は選ばない 終わりのない愛があれば 倖せと引き換えても Ah… 解らない 愛することが そう…遠すぎて  わたしだけが悲しくなるのは 何故 たとえ 抱かれていても 禁じられた夢の中 永遠なんて ないけれど 心は forever…あなたに  いつか 生まれ変わって あなたになれるのなら 決して わたしのことを 離したりしない  あなただけは 他の男性とは ちがう たとえ 愛の形が 禁じられた 夢の中 閉じこめられてしまっても 心は forever…いつも そばで
アマリリスWinkWink森雪之丞佐藤健鈴木茂アマリリスの雫が 頬にきらめいて 怖い夢に震えてた 私を揺り起こすの 待ち疲れた電話を 抱いて眠ってた 喧嘩した後は早く 声が聴きたい  素直になれば 言えたの(ごめんね…) 泣きたいくらい 好きなの(好きよ) あなたと永遠を 旅したいほど  窓辺のアマリリス 春まで 咲いてたら せつない恋心 あなたに 優しく届けたいの  薬指に見えない 指輪があるのよ 二人高原のチャペル 忍び込んだ日の事 はしゃぎすぎのあなたが 式のまねをした きっと天使は知らずに 本気にしたわ  ジョークの好きなふりして(あの時) あなたもちょっと夢見た(未来) 信じているなんて 身勝手ですか?  恋するアマリリス 心を映すから はかない恋心 お願い このまま枯らさないで  窓辺のアマリリス 春まで 咲いてたら せつない恋心 あなたに 優しく届けたいの  あなたが… 好きだから
SAYONARAの行方今井美樹今井美樹青木景子佐藤健サヨナラと言って 手のひらに渡された 同じ夢を見ていた日の やさしい小石をひとつ にぎりしめたまま いつまでも見送った 強い風が寒い胸を 吹き抜ける街角 人ごみにまぎれたあと 手を振った 幻につまづいたら ダメよ  なつかしいしぐさで 振り返らないでネ にじんでく思い出に まぶたを閉じた 私達は海へ 向かう河のように いつかしら会うのネ 誓えるわ  降りそそいでいた 春の陽差しの道で はじめて見た微笑みさえ 時間がたたんでゆくわ 何気ないように 肩を寄せあう舗道 通りすぎる恋人より 幸せだった日ね なくせない夢を 叶えてゆくたび 少年を脱ぎすててく背中  きっと追いつくから 振り返らないでネ 戻らないサヨナラを 心に秘めて 私達は海へ 向かう河のように いつかしら会うのネ 誓えるわ  なつかしいしぐさで 振り返らないでネ にじんでく思い出に まぶたを閉じた 私達は海へ 向かう河のように いつかしら会うのネ 誓えるわ
星のデジャ・ブー鹿取容子鹿取容子三浦徳子佐藤健どこか遠い時代に 二人 すれ違ってた きっと恋人をそっと抱いた時のFeeling  デジャ・ブー あなたとは シャワーなんかじゃ消せない愛がある デジャ・ブー あなたとは 一つの星 ハートで光ってる  サザンクロスロード サザンクロスロード きらめく ララバイ  傷をつけてもいいよ あなた淋しい日には きっとやるせなく 涙流す時の music  デジャ・ブー 誰にでも 今夜 似合うドレスは一つだけ デジャ・ブー 誰にでも ディストニィだと思える愛がある  サザンクロスロード サザンクロスロード 愛しいララバイ  デジャ・ブー あなたとは シャワーなんかじゃ消せない愛がある デジャ・ブー あなたとは 一つの星 ハートで光ってる  サザンクロスロード サザンクロスロード きらめく ララバイ  サザンクロスロード サザンクロスロード 愛しいララバイ
西暦1986早見優早見優松本一起佐藤健アクセルふむ横顔 ヤケに孤独してる わりと当り前だわ その気 見え過ぎる  口をかたくするなら すべて許すつもり モテるくせに 貴方 純粋だから  まぶしいHighway 気にし過ぎるBack-mirror 古い愛し方じゃ ついて行けないわ  in the year 1986 in the year 1986 誰より熱い きわどい愛を与えて欲しい in the year 1986 in the year 1986 貴方の腕を 自由に泳ぎ夢を見たい  今以上に貴方を 好きになりたいから 軽はずみの言葉で 戸惑わせないわ  苦しいけどときめく 貴方しか見えない 夢の先を一人 信じているの  流れるCity-light もっと遠くRun away 次のエリアさがす スリル感じてる  in the year 1986 in the year 1986 気の早い窓 Sea-sideから夏を呼んでる in the year 1986 in the year 1986 シャープな息が時間を急ぐ 気づかないの  in the year 1986 in the year 1986 誰より熱い きわどい愛を与えて欲しい in the year 1986 in the year 1986 貴方の腕を 自由に泳ぎ夢を見たい
ピュアになれ小野正利小野正利松本一起佐藤健佐藤健青よりも もっと 青くなれ その身体を溶かすぐらいに 僕を思う気持ちpureになれ  君の宇宙の中に 億千の細胞が光ってる その一つ一つに触れたとき 僕は愛した  夏服に 着替えながら 君ははにかんで 僕を見た  輝いて もっと 輝いて その心を僕は信じて 君を慕う気持ちpureになれ  人は未来を見つめ めぐり逢う奇跡から招かれる その一つ一つに触れたとき 君は愛した  よく泣いた 君の過去も ずっと見守るよ 永遠に  青よりも もっと 青くなれ その身体を溶かすぐらいに 僕を思う気持ちpureになれ 君の中に 僕のIslands  君の中に 僕のIslands  君の中に 僕のIslands
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
もう恋しか見えない小野正利小野正利池永康記佐藤健関根安里騒めく都会の夕暮れ 君との出会いの想い出が 甘い風によみがえる  季節を越えてゆくたびに 君は憂いを身にまとって 綺麗になってゆく  絡んだ視線に胸が弾ける 戸惑い…隠せないよ  今はもう恋しか見えない あの日から心奪われて 今はもう恋しか見えない 一秒毎に…君に I Love You  週末になれば朝まで 時間を忘れて騒いだね 瞳を閉じれば聞こえるよ  邪な気持ち忍ばせ 誰もが君を狙っていた 想い出話しさ  はにかむ笑顔にゆれるときめき 愛しい…君を抱いた  恋を確かな愛にかえて 遥かな夢わかち合えたなら 恋を確かな愛にかえて 24時間…側にいたい  絡んだ視線に胸が弾ける 戸惑い…隠せないよ  今はもう恋しか見えない あの日から心奪われて 今はもう恋しか見えない 一秒毎に…君に I Love You
Fly Away小野正利小野正利前田たかひろ・松本一起佐藤健小林信吾あふれる君を抱きしめて 雪のプリズム抜けてゆくよ 逆光線に招かれて きっとそれは未来をむすぶ  どれだけ君を好きになれば おさまるのか 逢えないときは淋しさより 優しくなれる  遠く遠く遠くまで 君と 青い空 白い雪にとけそうな国 君を君を好きだよと言おう ロマンチストになれそうさ 都会じゃ言えないからね  ロマンティックに触れたいと 君はシュプールはずれ滑る ときめく胸に雪が降る 空は高いほど近づける  どこまで君を追いかけても 愛は謎さ 冷たい君の両手をもち 吐息でとかす  遠く遠く遠くまで 君と 青い空 白い雪にとけそうな国 見つめながら気持ちさがすより 身体中で君といたい 都会じゃ遠すぎるから  遠く遠く遠くまで 君と 青い空 白い雪にとけそうな国 君を君を好きだよと言おう ロマンチストになれそうさ 都会じゃ言えないからね
Sweet Love大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健佐藤健朝焼けの中であなたの寝顔みてると なぜか 信じられないの 幸せすぎて不安になるわ 胸が熱くなる その髪にふれただけで 愛を確かめながら そっと唇重ねてみるの  ああ こんなにも輝いて見える街の風景 そう ゆるやかに流れてく時を感じてる今 I'm just falling love with you  めぐり逢えたから憂鬱な雨の日も 好きよ 街灯り揺れて 心まできらめいてるみたい 甘いささやきに 息もつけないほどなの 2人抱き合ったまま 濡れていいのよ 離れたくない  ああ いつまでも降りしきる雨に時を忘れて もう これ以上なにも望まないあなたがいれば I'm just falling love with you  もしもこの恋に 終わりがあるとしても きっと忘れはしない 人を愛するステキなことを  ああ こんなにも輝いて見える街の風景 そう ゆるやかに流れていくときを感じている今 I'm just falling love with you
For Tomorrow大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健佐藤健この部屋で今日まで 育てて来た愛 時間(とき)を忘れて話した 二人の夢や未来 だけどこの頃 あなたは無口になった 愛を置き忘れてきた理由(わけ) 話して欲しい 誰のせい?  I've been waiting 寂しさを抱きしめながら つのる想いやるせなくて 遠回りしていいの いつか本当の気持ちを打ちあけて欲しい Tomorrow for me  思い出が多すぎて 一人に慣れない あの時の曲聴けない 涙が止まらなくて いつも強がっていたね あなたの前で もっと素直になれたら 甘えられたね 不器用で  I've been waiting 燃える心をなだめ 今も答えを探すけど 悔いを残したままで 愛を終わらせることなど出来ないわ だから Tomorrow for me  やさしさを感じたり 冷たかったり 心はざね移り気なの 好きなのに  I've been waiting 寂しさを抱きながら つのる想いやるせなくて 悔いを残したままで 愛を終わらせることなど出来ないわ だから Tomorrow for me
Celebration大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健佐藤健Feeling so nice 何かいい事ありそうな気がするよ And I feel so nice すれ違いざまに恋におちる そんな奇跡あるなんて 捨てたもんじゃない  Need Somebody 胸を打つ愛の言葉をささやいて To Love Somebody 体中かけめぐる熱さを 止めないで今ひととき 酔わせてほしい  抱きしめてKissをして The sweetest illusion 本気にはならないわ そうよ One night standing “恋はCelebration…… ひと夜だけの!”  Need somebody 恋は占い通りには行かなくて To Love Somebody 二度目のチャンスに賭けたカード これが最後の一枚 祈る気持ちで  少しだけ甘い夢 The sweetest illusion 未来などほしくない どうせ One night standing “恋はCelebration…… 今夜だけは!”  目をとじてKissをして The sweetest illusion 本気だと気づいても そうよ One night standing “恋はCelebration…… ひと夜だけの!”  “恋はCelebration…… 夢見ている!”
Just Friend大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健遠山淳恋に破れ辛い時も いつでも側に居てくれた 夢がなくて落ち込んでも 何も言わずうなずいてた  思えばいつも聞き役で私だけ1人しゃべってた 心の中をはき出せたの  Oh, Dear my friend, just friend やさしかった どんな時も味方でいてくれた  Dear my friend でも あなたの目にそれ以上の想いが見えて この関係がこわれる事が あの時は怖かった  時がたてば人も変わり 生きる世界も変ってく そんな風に言いながらも 今もそばにあなたがいる  親友と呼ぶ言い訳でさりげなく線を引いた でも かけがえのない大事な人  Oh, Dear my friend, just friend 気がついてた いつの頃かあなたの気持ちには  Dear my friend でも ずるいけれどそれを恋と思えなかった 友情だけで行けるものだと 心から信じてた  Dear my friend, just frend やさしかった どんな時も味方でいて  Oh, Dear my friend, just friend 気がついてた いつの頃かあなたの気持ちには  Dear my friend でも いつの日にかそれを恋と呼べる時まで 急がせないで ずっと一緒に歩いて行きたいから
Innocent Dream Maker大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健佐藤健雨上がりなら空は虹色 悲しみのあときっと幸せに そう言いながら気楽な人生 夢を追い続ける  You are my innocent dream maker 無邪気さが抜けない 何となく気になってしまう なぜ? You are my innocent dream maker 約束が出来ない 頼りないあいつをどこかで I love you!  嫌なことならすぐに忘れて 悲しい映画観ては涙ぐむ そう言いながら安らぎをくれる 気取らない性格  You are my innocent dream make 深刻になれない やさしさを誰にでもあげる なぜ? You are my innocent dream maker 正直に生きる 憎めないあいつが心に残る  夢を追うふりをして 強がりを言うけれど 誰より信じている  You are my innocent dream maker 誘惑に勝てない You are my innocent dream maker 愛してはいけない  You are my innocent dream maker 無邪気さが抜けない 何となく気になってしまう なぜ? You are my innocent dream maker 約束が出来ない 頼りないあいつをどこかで I love you!
ソフィアの秋大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健佐藤健誰のために生きるのか 今になって知った 愛をつらぬく強さは 年を重ねて知る 枯れた街路樹ふるわせて 冷たい雨が秋の訪れ 告げるソフィアの街  なぜあなたのいない この街をさまよう 手放した愛が遠ざかる 幸せだった日々 振り返るその度 また切ない  自由すぎる毎日に 人は孤独になり 愛を求め過ぎたから あなた嘘をついた 濡れた落ち葉の石畳 愛を誓った古い教会 今もあの日のまま  なぜ溢れるほどの この想いを抱いて ほとばしる愛をもてあます あきらめ切れなくて 心はあなたへと まだ向かうの  “今寂しさを抱き 行くあてもないのに”  なぜあなたのいない この街をさまよう 手放した愛が遠ざかる 幸せだった日々 振り返るその度 また切ない  一人のソフィア……
Until September大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健佐藤健今でもぬくもりを覚えているわ 愛しいその声が聞こえるようで あなたと過ごした短い夏も Until September mum…… The end of love  陽射しをよけながら抱き合う度に 生きてる喜びをかみしめていた あなたと出会えた海辺の町で Until September mum…… I lived my life  許されぬ愛に 身をこがして 罪を背負いながら 二人追われて 世界中さまよう今……  こんなに愛した身も心も Until September mum…… I lost my love  もしもかなうなら 時を止めて あの日に戻れたら 腕に抱かれて この命果ててもいい…  出会いが運命といえるのならば 別離はめぐり逢うためにあるから 激しく燃えても短い夏は Until September mum…… The end of love Until September mum…… The end of love
空っぽの未来図大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健遠山淳時間通りに今日も街は目覚め 流れを変えてみる勇気もない だけどこんな日には風を感じたい ずっと忘れていた空の青さ気づいて  心はガラクタばかりをつめこんで こだわる理由も今では忘れてる 未来に描いていた夢がかけめぐる 誰かにこの熱い想い今すぐ届けて  この街のどこかで愛が生まれ 夜明けにまたひとつ消えてしまう だから臆病になる恋をする度に いつも傷つくのは自分だけと思って  哀しい思い出ばかりを集めても 明日の予測は誰にもわからない 続き失くす前に予感を信じて あふれるその愛を今はすぐにも伝えて  心に空っぽの未来気づいたら ひとときあの雲の行方ながめたい 未来に描いていた夢がかけめぐる 誰かにこの熱い想い今すぐ届けて  心に空っぽの未来気づいたら もう一度その熱い想い今こそ損じて  心に空っぽの未来 どこかに置き忘れた夢
さよならが言えなくて大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健遠山淳黄昏が いつか 海に溶けて 気がつけば 星が 生まれる “Love you” その言葉 待ち続けて 通り過ぎる 季節をただ 見つめてる  明日への 夢を 胸に秘めた あなたの 側に 今はいたくて  “Love me” 心から 望むけれど あなたの瞳に 今も愛が 見えなくて  いくつもの 愛に 迷うけれど あなたに Say Good-bye いつも言えない  多分そう Say Good-bye きっと言えない
20才の頃大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健遠山淳あの時あなたがくれた本 忘れていた 淡い恋 ページの隅の 指の跡にも 懐かしい青春が見える  難しい言葉の羅列にも 意地っ張りで 通したね 幼いけれど精一杯の 愛の表現  目の前にあるすべて あの頃は 新鮮だった 初めて知る現実 どれも眩しくて  世界中で起きている 出来事に 歴史が変わる 予感すると言ってたね 輝く瞳の あなたに憧れてた  流行りのJAZZに浸る仕草 見よう見まね おかしくて タバコにむせた 苦い事件も 今は笑える  輝いた日々 今も切なくて 一途なまでに追いかけたね あなたを 夢が知りたくて  あの時暮らしていた あの彼女(ひと)も 元気でいるの? きっと困らせたよね 胸は痛むけど 悔いなどない青春  輝いた日々 今も切なくて 一途なまでに追いかけたね あなたを 夢が知りたくて  思い出に刻まれた 初恋に 流した涙 そのぬくもり今でも 胸によみがえる 愛しい20才の頃
夜明け前 (故 円谷皐氏に捧ぐ)杉山清貴杉山清貴杉山清貴佐藤健夜明け前の 海岸に たたずみ 静かすぎる この時を 胸にきざむ あなたが見てた夢は 今も生きつづけて この海の向うの子供達にも 必ず届いてる  愛しあう事のすばらしさを教えてた あなたの笑顔 信じあう事の美しさを教えてた いつの時代にも 心の中に for ever 夢に生かされていたい  はるか空で新しい星が生まれる 愛と勇気にみちあふれる人生なら 風の中 あなたのやさしい声が必ず届いてる  愛しあう事のすばらしさを語ってた 瞳の奥で 信じあう事の美しさを語ってた どんな時代でも 明日に続く for ever 夢に生かされていたい  愛しあう事のすばらしさを語ってた 瞳の奥で 信じあう事の美しさを語ってた どんな時代でも 明日に続く for ever 夢に生かされていたい  ラ・ラ・ラ・ラ・ラ ラ・ラ・ラ・ラ・ラ 愛のシンフォニー
モノローグ杉山清貴杉山清貴松井五郎佐藤健白い防波堤 ひとり腰かけて 波をみてた  18才の夏に ここで見送った あの恋人の 熱い瞳が まだきらめいて揺れる  忘れかけた とてもやさしい気持ちが わかる場所  時が流れても 想い出がただそのまま 変らずにこみあげる  まぶしい 心がみたい もう一度  サングラスの海 にじむ太陽が なつかしいね  髪のかたちだけ 気にかけてばかりいた 仲間たち 風の便りも きかなくなったけれど  忘れないで ふれるために傷ついた てのひらを  時が流れても はてしない空のように 誰にでも おなじだけ  ひろがる 心でいたい いつまでも  青い潮風が胸にしみる ひとりきり 時が流れても はてしない空のように 誰にでも おなじだけ  ひろがる 心でいたい もう一度  Once Again Once Again
miss. Dreamer杉山清貴杉山清貴大津あきら佐藤健砕ける波の後方 夕陽が悲しみ越える  硝子の舟に乗った 君の夢は壊れたけど  涙を拭うように 聴いてた風の音が 歌になって 星に旅立つまで  lookin' a way miss. Dreamer loving you 心を濡らさないで もいちどめぐり逢える 夢の国を胸に秘めて just through the days  約束のない空に 飛び立つ鳥のようだね  漂う想い出たち 君も涙 断ち切るのさ  夢見た素顔だけが 無邪気な少女だった 時の海に優しさ溺れても  see you again miss. Dreamer say good-bye 瞳を汚さないで  もいちど歩き出せる 愛をいつか君の傍に believin' love  lookin' a way miss. Dreamer loving you 心を濡らさないで もいちどめぐり逢える 夢の国を胸に秘めて just through the days
風のメルヘンサーカスサーカス山川啓介佐藤健子供みたいな あなたを見てると 私は小さな 海になる 遠い過去から 私たち 愛してたような 気がするの 胸に火照(ほて)った 耳を当てれば せつなくてあたたかい 生命(いのち)のひびき 都会の風は 気まぐれで 今にも別れが 来そうだけど 花が散っては 咲くように このつぎの人生も 会いましょう  めぐり逢うのが 遅すぎたけど それだけきれいね この今が 結ばれなくて かまわない 幸せだけが 残るもの 人間(ひと)が生まれて 愛をおぼえて 私たち何度めの 恋人かしら あかりがにじむ 窓ごとに いろんな顔した 愛がゆれる 誰もが時の 河をゆく さみしくて ひたむきな旅人  都会の風は 気まぐれで 今にも別れが 来そうだけど 花が散っては 咲くように このつぎの人生も 会いましょう
デクレッシェンド池田聡池田聡大津あきら佐藤健清水信之モザイクの朝焼けが 銀の肌を染めるよ 熱帯夜すり抜けて カーニバルは終わった  君も又 夢の余韻を 覚ますのか 片言のサ・ヨ・ナ・ラ部屋に残して  惑(まど)わせて 瑠璃色に 一夜だけ踊り明かしても コパカバーナ この国じゃ君も僕も異邦人さ  記憶さえ失くすほど 君の胸に溺れた 窓越しにパレードの 歌声聴きながら  もう一度 マスカレードを 見たいわと 歩いたね 海岸通り 裸足で  惑わせて 淋しさは昨夜(ゆうべ)のうちに捨てたはずさ コパカバーナ ドアを出る君の背中を抱きしめて  最後まで君は名前をためらった めぐり逢い 信じさせない 二人が哀しいね WOW…  惑(まど)わせて 瑠璃色に 一夜だけ踊り明かしても コパカバーナ この国じゃ君も僕も異邦人さ 惑わせて 淋しさは昨夜(ゆうべ)のうちに捨てたはずさ コパカバーナ ドアを出る君の背中を抱きしめて
モノクローム・ヴィーナスGOLD LYLIC池田聡GOLD LYLIC池田聡松本一起佐藤健清水信之忘れたくて 楽しんで 忘れたくて 偽りの恋をしてた今まで  走り過ぎた 車には あの日よりも ほっそりとした横顔 確かに君だったよ  Back-mirror に僕は飛び込んでも 君は気づかないまま 街に消えた  寂しさを憎しみに変えても もう一度 君に逢える日 心のスミで 信じていたけど  静か過ぎた 毎日が 騒ぎ出した 突然のめぐり合いがツラくて  胸に閉じた 君はヴィーナス きっと二人 あの日まで帰れるなら 前より愛し合える  Show-windowに映る 僕は一人 古い写真のように君はいない  たとえ今 何かを求めても 遠すぎて 見つめ合えない二人になった 季節は変わって  忘れたくて 楽しんで 忘れたくて 偽りの恋をしてた今まで  胸に閉じた 君はヴィーナス あの日よりも ほっそりとした横顔 確かに君だったよ
Before池田聡池田聡川村真澄佐藤健清水信之もっと笑顔 もっと見せて そらさないで 揺れる瞳 他の誰を見つめるのか  砂時計のくびれたライン 君の中を時間が堕ちてゆく 迷いながら狂った地図も 今は一人捨てる気になれない 何故 美しくなる 何故 果てしなくなる その横顔 いつの間にか遠くなるほど  長い髪も 白い肩も 僕じゃなくて 今は違う腕の中で眠れるのか もっと夢を もっと見せて 君のすべて 信じたくない 離れてゆくまえぶれだから  いつもならば君から決める 約束にもあいまいにうなづく 僕のいない夜更けのたびに 覚えたのか 寂しさの行き場を もし 許せなくても もし 忘れたくても 胸のどこか 君のことを待っているだろう  甘い声も 細い影も 僕じやなくて いつか違う夜の中で息づいても もっと笑顔 もっと見せて そらさないで どんな言葉も 逢えなくなるまえぶれだから 
Kiss池田聡池田聡松本一起佐藤健新川博君が楽しいのは 僕のせいじゃなくて この街を過ぎれば 君を待つ誰か 二人でいるときも 僕以外の人と 逢った時に交わす シナリオを考えている 愛しあえる星屑の下で とどかない君の唇を見つめ 次の言葉さがす 触れるぐらい近くにいながら 見つめあうための 沈黙もなくて 迷いながら 時間だけが 過ぎる  僕といるときには 彼を忘れてくれ 一人でいるよりも隔てられツライ ビルの影にもたれ 抱きあう人たちを 君は見ないフリで街角の明かりに向かう 愛しあえる 摩天楼の下 遠すぎる君の心を 追いかけ アスファルトをよぎる 君以外の 誰にも出来る Kiss 見つめあうための 沈黙もなくて 近づけない 風の距離を守る 
心の庭BEGINBEGIN川村真澄佐藤健椎名和夫笑い声と 泣き顔と 砂の匂いだけ 君について 知っている わずかな出来事  枯れ葉が北風を 待つように 小さな思い出 行き場を 探して  心の庭 ずっと 僕は ここにいるよ  寒い夏は 君の膝 白いままにした 始まらない恋だから 終わることもない  どうして 電車の窓 ほほ笑む 君に手を振ることさえできずに  心の駅 ずっと 僕は そこにいるよ  両手を痛む場所に 当てるように 季節が 思い出 ふさいで ゆくから  心の庭 ずっと 僕は ここにいるよ
どうしようもなく 君だけに杉山清貴杉山清貴戸沢暢美佐藤健トム・キーン何をみつけたら 君を守れるのか ひとり 旅に出たのは 自分 見つめるため  すれ違う愛を かたくなにして 傷つけたのは 君の清らかさ  何を失って ひとは壊れるのか まるで 着のみ着のまま 知らない土地に立つ  市場の物売り 道行く少女 表情のない 視線 投げかける  どうしようもなく逢いたい いますぐ 君だけに さびしさが ホントの気持ちを 見せつけにくる どうしようもなくいとしい 離れてわかるほど 君と暮らすことを 君の愛を 粗末にしてた 僕だよ  何を夢見たら 強く生きれるのか 今日も 歩き疲れて たおれる安ホテル  しぼり出すように 泣いて 告げたね 他の誰かと あの日 寝たことを  どうしようもなくせつない いますぐ許したい あやまちにこだわる男に 時間は過ぎる どうしようもなくさびしい ゆがんだ窓を開け 遠い空 もいちど笑いあえる そう思おうとしている  ひとり つらがって さがす答えは まちがわない 不器用だと責めてもいい oh  君に君だけに 僕は 心を 悩ませる 帰りたいところはいつでも 君のとこだけ どうしようもなくいとしい 逢えない時の中で 君は何を思い どうしてたか 話してほしい 僕だよ
燃える朝焼け杉山清貴杉山清貴田口俊佐藤健トム・キーンビルの地平線が 夜明けに染まってゆく 僕らは 長いキスのあとに目をあける 太陽と月が 今 同じ空にゆらめいて 静かに動きはじめる世界を見てる もう うつむかなくてもいい 君を悲しませた すべてのもの この手にあずけて 聞こえているよ 感じているよ 君が心を震わせるとき いつでもいるよ 近くにいるよ 燃える朝焼けの あの向こうに始まる どんな日々も  反射するガラスが 地上にひろがってゆく 僕らは ただ黙ったまま 素肌よせる 瞳の中にある 互いを映す鏡 静かに変わりはじめる自分に気づく もう あきらめなくてもいい いつか思いがけずなくしたもの 必ず探せる 守っているよ 見つめているよ 君が笑顔を思い出すとき 信しているよ 信じあえるよ 燃える朝焼けが運んてくる 不思議な この予感を  守っているよ 見つめているよ 君か笑顔を思い出すとき 信じているよ 信じあえるよ 燃える朝焼けが運んでくる 不思議な この予感を
風の歌声に耳をすまして光GENJI光GENJI谷亜ヒロコ佐藤健眠れないこんな夜は 星を見つめていたい いろんなことがあって 小さく見えない星でも かげりゆく街の中 行くあてのない想い こんな時にも風の歌は 低く流れていた  コンクリートの隅にはえた雑草だって しっかりと息をひそめ生きてる  遠い夜明けを 待っている僕たちも 弱い存在 すぐ落ち込むけど 人は誰も 生まれたわけがあるはずさ 愛する人を見つける力が あふれるから  子供のときに 聞いていた風の歌声に 耳をすましてごらんよ 風はどこにいてもいつでも 同じように吹いているよね すれ違う僕たち いつか会える
Without YouMITSUOMITSUOMITSUO佐藤健太田美智彦見つめ合った あの頃のお前の笑顔は いつも俺に 深い眠り与えてくれたね  日々に慣れ過ぎて お前の涙気づかずいた ゛Stay with me″ もう言葉に出来ない 今はただ 心に響くよ  側にいて もっと強く抱きしめ合えてたら 二人だけの夢 きっと叶っていたはずさ Ah… すべてが想い出に変わる Without you now  胸に刺さる お前の影消える時まで 何を求め 暮らしてゆけばいいのだろう  そっと手に取った お前が思い告げた手紙 ゛I love you″ だけど二人のために これ以上 そばにはいれない  離さずに もっと深く寄り添い合えてたら 二人だけの愛 ずっと変わらずいたはずさ Ah… 痛みを胸に眠るだけ Without you now  側にいて もっと強く抱きしめ合えてたら 二人だけの夢 きっと叶っていたはずさ Ah… すべてが想い出に変わる Without you now
Rain大橋純子大橋純子松本一起佐藤健佐藤健生きてることは罪ですか どんなに優しい貴方だって きっと私だけで愛を終わらせない ねェ 心は死ぬまで眠らないわ  目を閉じれば 哀しい色した空が見えたり ときめく空が見えたりするの 同じ空なのに 幾つもの姿があるわ  Rain  貴方がにじんで見えなくなっても 誰も恨まないわ Rain たとえ誰かに心奪われても すべて許せる 貴方への愛がいつもあるから  生きてくための愛じゃない 貴方と出逢ったあの喜び 時がたつにつれてもっと深まってく ねェ 貴方を守っていたくなるの  歩きなさい 決して自分に嘘をつかないで 私はいつもそばにいるから どんな貴方でも 変わらなく見つめられるわ  Rain  夜更けの雨には希望があるのね すべて洗い流す Rain  たとえ誰かに 心奪われても すべて許せる 貴方への愛がいつもあるから  Rain  貴方がにじんで見えなくなっても 誰も恨まないわ Rain たとえ誰かに心奪われても すべて許せる 貴方への愛がいつもあるから
それぞれの朝小野正利小野正利池永康記佐藤健ジョーイ・カルボーン冷たい風の街で 君を想い出してる 長い黒髪 細い指先 今も胸を刺すよ  二度目の秋も過ぎて 僕らしく生きてるよ 君に聴かせた 夢もこの手に 強く抱きしめてる  急ぎすぎて 二人求めすぎて 傷つけ合った  君を想えば ちぎれそうになるけど 今はもう 二人の日々は遠い 君を想えば ちぎれそうになるけど 二人は 他人にも もう 恋人にも 戻れないこと 君も僕も 知ってる  想い出は思うほど 綺麗なものじゃないね 君を一途に 愛した気持ち 早く消えてしまえ  降り始めた 雪を君はどこで 見ているのだろう?  それぞれの朝 それぞれの生き方を あの夜 選んだ二人だから それぞれの朝 それぞれの生き方を 密かに 心から そう 願うだけで あの日の君に 振り向かない  君を想えば ちぎれそうになるけど 今はもう 二人の日々は遠い 君を想えば ちぎれそうになるけど 二人は 他人にも もう 恋人にも 戻れないこと 君も僕も 知ってる
恋のホットライン山口百恵山口百恵森雪之丞佐藤健萩田光雄プールサイドに 飛沫(しぶき)をあげて しなやかに あなたが泳ぐ 目で追いかけ 描く 流線型の夢 いつまでも あなたのそばに あざやかな女でいるわ 灼けた肌を重ね リオの恋をまねる あなたによく似てる彼(ひと)の名前を この頃 思い出せないの だから今よ 熱い One more kiss! 恋のホット・ライン ホット・ライン抱きしめて 恋のホット・ライン ホット・ライン悩ましく Mu…金縛りよ  人波にもつれて ふれた 指だけで 熱くさせたい いたずらな彼だけど 笑うあなたが好き 突然 稲妻が走る季節は 一瞬 めまいが襲うの だから今よ 熱い One more kiss! 恋のホット・ライン ホット・ライン抱きしめて 恋のホット・ライン ホット・ライン悩ましく Mu…金縛りよ
サファリ・ナイト大橋純子大橋純子竜真知子佐藤健熱い砂けむり上げて 走るジープを見たよ それは恋に憑かれた 悲しいハンター 渇いた都会はまるで 草も生えないサバンナ 失くした何かが めざめる午前0時  サファリ・ナイト 男と女は サファリ・ナイト さびしいめぐりあわせね 追われる方も 追う方も 傷つけあわずに 生きてゆけないなんて  アスファルトに 降る雨は すぐに 乾く 都会の涙  光るライフル向けて 強くひきがね引けば ビルのすきま 狙った あのひとはいない 痛み出してから知った 傷の深さがせつない 夜空の星ひとつ 撃ちおとせないまま  サファリ・ナイト 男と女は サファリ・ナイト さまよう悲しいけもの 追われる方も 追う方も 愛しあい方を なぜか知らないなんて  アスファルトに 降る雨は すぐに 消える 私の涙  サファリ・ナイト 男と女は サファリ・ナイト さまよう悲しいけもの 追われる方も 追う方も 愛しあい方を なぜか知らないなんて  アスファルトに 降る雨は すぐに 消える 私の涙
クリスタル シティー大橋純子大橋純子竜真知子佐藤健ブルーグレイの空に消える星座は 夜明けを告げるイルミネーション インクの匂い 新しい新聞に 並んだニュース まだ眠たそう Take a little shine  数えきれない顔を持っている 街はブリリアンカット そのひとつひとつがキラキラと やがて きらめくの  52階のスカイ・レストランにも 暗いあの地下鉄の駅にも 同じひとつの朝がめぐってくるの そして街は今日も新しい いつでも探してる 見えない何かを Let me fly, Let me fly  さまざまな人生 知りながら  街は何も言わない すべてそのままに受け止めて 今日も暮れてゆく  走る高速道路は光の帯ね このまま行けばマンハッタン 軽いリズムで すぎてゆく日々の中 このきらめき ひとつあればいい  ここはいつでも不思議な街クリスタル・シティー そうよ 今日もあなたを待ってる  ここはいつでも不思議な街クリスタル・シティー そうよ 今日もあなたを待ってる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
LOST LOVE -愛の踊り場-大橋純子大橋純子三浦徳子佐藤健素足で歩く舗道 風がゆきすぎる ドレスの裾を持てば あなたになびいて Ah… 愛はいつも中途半端  迷い子の踊り場ね 赤いルージュ かんでみても この愛 消せない  どこかで鳴る カスタネット 情熱のかけら 白壁 耳を寄せて まぶたを閉じれば Ah… 月が満ちて 潮が引いて  甘いジェラシーだけが 心の中 渦巻くけど この愛 消せない  このままひき返して ベットのぬくもり さりげなく 明日を待てば 明るいテラスで Ah… 愛はいつも中途半端  迷い子の踊り場ね 赤いルージュ かんでみても この愛 消せない  愛はいつも中途半端  迷い子の踊り場ね 赤いルージュ かんでみても この愛 消せない
サンバ・ソレイユ大橋純子大橋純子三浦徳子佐藤健赤い花を髪に飾っては 坂の道をカーニバル急ぐ 浜辺で見かけた あなたの姿 きっとどこかで探しだす  ソレイユ… あなたが太陽 ソレイユ… まぶしい太陽 Ah Ah降り注ぐ光浴びて 生きるわ 爪の先まで 愛で焦がして めぐり逢いなら ただ一度よ サンバ・ソレイユ!  黄昏に燃えるわ コルコヴァド バルコニーで二人 見つめたい のどが渇いたら いやすのはもう そうよワインじゃないはずよ  ソレイユ… あなたが太陽 ソレイユ… まぶしい太陽 Ah Ahこの世のすべてを 胸に抱きしめ 踊り明かして 愛を誓うわ めぐり逢いなら ただ一度よ サンバ・ソレイユ!  ソレイユ… あなたが太陽 ソレイユ… まぶしい太陽 Ah Ah降り注ぐ光浴びて 生きるわ 爪の先まで 愛で焦がして めぐり逢いなら ただ一度よ サンバ・ソレイユ!
シンプル・ラヴ大橋純子大橋純子松本隆佐藤健シンプル・ラブ 考えすぎねあなた シンプル・ラブ 心の向くまま 私の腕が居心地いいのなら そっと包んであげる  シンプル・ラブ 生きてる悩みなんか シンプル・ラブ 此処では忘れて 触れあう指が心の音楽を 奏でてくれるのです  朝露に光る野バラに 安らぐ蝶のよう あなたと二人 季節のたわむれの中で幸福ならばいいの  何もいらない不確かな言葉は ぬくもりだけが欲しい  ため息は街に煌めく 青い木の葉のよう あなたと二人 季節のさざ波の中でゆらゆら揺れて踊る  シンプル・ラブ 考えすぎねあなた シンプル・ラブ 心の向くまま 私の腕が居心地いいのなら そっと包んであげる
Freeze小野正利小野正利小野正利佐藤健街はざわめきはじめ 君の噂走る 魅力的なまなざし 僕の気持ちゆれる  届かぬ想いもてあます 淡い残り香忘れない  いつでも迎えに行く どこでも迎えに行くから 誰かを愛してても 背中を向けられてもいい  指先求める 追いかけたい Just Now  時は止まってるのさ 君に会った日から 昼も夜もいつでも 君の瞳浮かぶ  閉ざした氷の心を 少しずつ溶かしてゆくよ  いつでも迎えに行く どこでも迎えに行くから 体は覚えている 温もり柔らかな背中  唇求める 追いかけたい Just Now  いつでも迎えに行く どこでも迎えに行くから 誰かを愛してても 背中を向けられてもいい  いつでも迎えに行く どこでも迎えに行くから 体は覚えている 温もり柔らかな背中
静かな日曜日小野正利小野正利松本一起佐藤健さよならして見えた 君の顔が愛しくて 懐かしさと呼ぶには早くて 未だ痛みに包まれてる  誤解とジェラシーで 僕たちよくケンカした 今になればすぐ解けるパズル 何故あの日は解けなかった?  高速見下ろす美術館の窓 静かな日曜日だった 君の好きな絵はモディリアニだよね 時間を忘れて見てたね  僕の部屋には未だ 描きかけの似顔絵 君がいるよ  次の誕生日に 贈りたいと思ってた 僕は君を誰より知ってる そう今でも心がある  テレフォン・カード持ち 記憶してる君のナンバー やり直せる期待にあふれた でも一人で窓を見たよ  高速見下ろす思い出の夏に 二度とは帰れないんだね 僕の好きだった君の横顔に 時折映る哀しみに 愛しあい過ぎると 苦しくなるんだね 君がいまも  高速見下ろす美術館の窓 静かな日曜日だった 君の好きな絵はモディリアニだよね 時間を忘れて見てたね  高速見下ろす思い出の夏に 二度とは帰れないんだね 僕の好きだった君の横顔に 時折映る哀しみに 愛しあい過ぎると 苦しくなるんだね 君がいまも
Keep on Shining小野正利小野正利松本一起佐藤健迷わないで ここにおいで 失った愛を捨て  髪を切り出て行った あの日の君 途切れないシナリオを信じたよ  一人だけと長くいると息もつまる 心変わりじゃない 君は違った景色に夢を見ただけ  さぁ Play back 思い出より新しい愛を さぁ Shinin' 今以上に輝いて欲しい 僕が君にエールおくるから  照れながら爪をかむ君の癖は 幼さと大人とを想わせる  どんな君も愛せるのはきっと僕で いつも君を見てる たぶん心のカタチが二人似ている  さぁ Stand up 心燃やす南風にのり さぁ Shinin' 生まれ変わる朝陽を浴びよう 僕が君にエールおくるから  さぁ Play back 思い出より新しい愛を さぁ Shinin' 今以上に輝いて欲しい 僕が君にエールおくるから
Forever My Love小野正利小野正利松本一起佐藤健朝の香りを吸って かすかなラジオ聴いて 未だ眠りから覚めぬ 君の横顔見てる  そっと寝返りうち 僕に見せた肩は 崩れそうにふるえている 夢を見たの?  長く長く こんなに長く君を見つめているのに Forever 心は落ち着かない 見つめ返されたら めぐり逢った頃へ戻りそうな気がする Forever My Love  光が揺れるたびに 次の季節が招く 君と一緒にいれば どんな時代も行ける  君の少女時代 古い写真見たよ あの幸せ あどけなさは僕が守る  遥か遥か どんなに長い旅も君を連れてゆく Forever 二度とは苦しめない 君の泣いた顔を 思うたびに僕はもっと愛しくなる Forever My Love  もしも僕が倒れかけたり もしも君が強がり言ったら いつも愛に戻ろう 心に  長く長く こんなに長く君を見つめているのに Forever 心は落ち着かない 見つめ返されたら めぐり逢った頃へ戻りそうな気がする Forever My Love
夏の日の1993PLATINA LYLICclassPLATINA LYLICclass松本一起佐藤健十川知司まるで別人のプロポーション Ah 水ぎわのAngel 君は初めて僕の目に見せた その素肌 そのSexy  超高層ビル 走るHighway Ah 銀色のプール ざわめく街を切るように君は トビウオになった  ドラマティックに Say Love ミステリアスに So Tight こんなに一緒にいたのに…  1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  服の上からは計れないね Ah 色っぽいチャーミング 僕の視線を避けるようにいたね 意識してしまう  スキャンダラスに Say Love ダイアモンドに So Tight 宝の山だよすべてが  1993 ジェラシーさ oh 君に夢中 僕には合わない人だと思った Love 今日からは oh とんでもない 不思議な気分に戸惑うよ 夏の日の君に  ドラマティックに Say Love ミステリアスに So Tight こんなに一緒にいたのに…  1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に
Cafe Blue大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健佐藤健降りしきる雨を よけて 迷い込んだ 路地のBAR 濡れたドレスの裾を手で 払いながら かすかにからだ 震えているの  IN THE CAFE BLUE 破れかけた シェード 揺れる明かり Woo 心揺らす 切ないくらいに あなただけを見てた 苦しいほど Woo 今も胸を締めつけるの BROKEN HEART IN THE RAIN  WOO… IN THE CAFE BLUE WOO… IN THE CAFE BLUE  どこからか 愛のメロディー 悲しいほど 胸を刺す グラスをあけて ため息くり返せば 海の底へと沈んでいくわ  IN THE CAFE BLUE 忘れられた ピアノ 似合いすぎる Woo 今の私 つまびく誰かを じっと待っているの 砕け散った Woo 恋のかけら数えながら BROKEN HEART IN THE RAIN  WOO… IN THE CAFE BLUE WOO… IN THE CAFE BLUE  CAFE BLUE 破れかけた シェード 揺れる明かり Woo 心揺らす どんなに 泣いても 憎めないあなたを 昼も夜も Woo 面影から逃げられない BROKEN HEART IN THE RAIN  WOO… IN THE CAFE BLUE WOO… IN THE CAFE BLUE
クリスタル・ムーン大橋純子大橋純子松本一起佐藤健佐藤健摩天楼すり抜けヒール響かせる 女ほど素敵なものは他にない 夢を与えながら ジェラシーさわがせる胸 いつか星は輝いて  街はShow-timeあふれる恋 Show-time別の顔で 愛しい人だけに見せる媚薬 妖しげに Star-light燃えるような Star-light肌に浴びて その指でKill-me  透明なグラスを泳ぐ乙女たち 蠍座は男の腕に寄りかかる きっと女だけが分かる いたたかな爪 何をしても許させる  夜はShow-time月のしずく Show-time抱きしめられ 二人は川になり流れていく 揺れながら Star-light胸に灯る Star-lightこぼす吐息 その指に  きっと少女にもなれる アマン真似てもいい 誰も知らない私を 憎まれるほど綺麗に  夜はShow-time月のしずく Show-time抱きしめられ 二人は川になり流れていく 揺れながら Star-light胸に灯る Star-lightこぼす吐息 その指で Kill-me
ハートに火をつけて大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健佐藤健溢れ出した車の列 きしむタイヤ耳を裂く アスファルトゆがんだ道に 熱い陽射し影を落として (WOO FASCINATION) 同じ空の下で (PASSION) めぐり逢う誰かを 探すように 夕日がビルに 落ちてゆくわ  ああ ハートに火をつけて 今すぐ 自由を求めて ああ だから この都会(まち)にひとりいるのよ 確かな自分を見つめて  時間通り変わる景色 蒼い吐息漂えば ビルの窓に踊るライト 夜の長さ教えるように (WOO FASCINATION) 星を数えながら (PASSION) この胸を焦がした男達 甘く切ない 恋の記憶  ああ ハートに火をつけて もう一度 自由に生きたい ああ 空に 流れ星ひとつ消えたら こだわる何かが はじけて飛んだ  星降る夜に包まれてると まるで この世のすべてを抱えてる  (WOO FASCINATION) 夢を探しながら (PASSION) 熱い腕の中をさまようの 甘く切ない 恋の記憶  ああ ハートに火をつけて 今すぐ 自由を求めて ああ だから この都会(まち)にひとりいるのよ ときめいて  ああ ハートに火をつけて もう一度 自由に生きたい ああ 空に 流れ星ひとつ消えたら こだわる何かが はじけて飛んでく
片思いだけど大橋純子大橋純子松本一起佐藤健佐藤健人のいない海はあたたかいね 慰められるのは好きじゃないよ 入り江にはランプが一つ二つ揺れる… 好きという気持ちが胸に揺れてる…  I Love You I Love You I Love You 君に逢いたいのに I Love You I Love You I Love You 好きと言えない僕  片思いを僕は憎まないよ 二人になる前は一人だから 逢うたびに それでも君が消えるようで 僕なんてjokeで冬のままなのさ…  人を好きになると 風が恋しいね I Love You I Love You I Love You 君も感じてる  覚えてるすべてが君の顔や姿 夕暮の浜辺にめぐるこの想い…  I Love You I Love You I Love You 今度 逢ったなら I Love You I Love You I Love You 好きと言えるはずさ  I Love You I Love You I Love You 君に逢いたいのに I Love You I Love You I Love You 好きと言えない僕
愛しいHappy Birthday大橋純子大橋純子松本一起佐藤健北村仁志貴方のために生まれたと 今 感謝してる 君の魔法は何だって よく叶えてくれる  一つ二つと増えてきた炎に 祈る気持ち一つ  FOREVER 一年に一度 二人が出逢った日 愛しいHAPPY Birthday FOREVER 永遠の愛をしっかり抱きしめて 生きてゆきたい ずっと  強い男を演じても よく振り向いたよ 可愛い女 憧れた でも強がり言った  時が過ぎても思いやる心は 懐かしさにしない  FOREVER この世に生まれて めぐり逢えたことが 二人のHAPPY Birthday FOREVER 永遠の愛をしっかり抱きしめて 生きてゆきたい  FOREVER 一年に一度 二人が出逢った日 愛しいHAPPY Birthday FOREVER 永遠の愛をしっかり抱きしめて 生きてゆきたい ずっと
胸さわぎ大橋純子大橋純子JUNKO佐藤健佐藤健Don't Touch!胸がはり裂けそうに波打つ 目の前にあるあなた懐かしい顔 まるで異次元の悪夢のよう Don't Touch!胸の扉を強く押されて 切なさに溢れ出した情熱 二度と会わないと決めたはずなのに  ああ あの日自分から別れを告げたの 激しさが愛だと信じてたあの頃 ああ だから乱さないで今は幸せ ありふれた愛でも穏やかな日々がいいの……  WHY NOT?そんな悩ましい目で見ないで 惑わせる刺激的なくちびる ふいによみがえる灼(あつ)い夏 WHY NOT?愛をもて遊ぶほど退屈? うらはらな気持ちを見すかされてる なのに揺れ出した危険なハートが  ああ たとえすべてゼロにしてもいいから 私をさらってとどこかで叫んでる ああ ずっとかくしてた悲しい真実 本当は誰よりもあなたが欲しい今でも…  ああ 今もあの夏の陽射しがまぶしい 帰らない季節の輝いたひとコマ ああ だから乱さないで今は幸せ ありふれた愛でも穏やかな日々がいいの…
東京大橋純子大橋純子松本一起佐藤健佐藤健次のカーブの先で降りるからね とても一緒にいたわ 貴方こそ元気でいて AH目に見えない運命だった AH最後の日がいつか来るとわかっていたわ  さよならめぐり逢った時から 一緒にはなれない人と思った 愛を越えた2年間 東京この街なら必ず 戸惑(とまど)うほど愛する人がいるはず それでいいと思うの  別れられないときはにじんだ街 心きまってからは すれ違う街がさわぐ AHもの思いにふける横顔 AH明日を見る細い視線きれいだったわ  さよならドアをしめた瞬間 他人になる私が歩き始める バックミラーで見ないで 東京イルミネーションきらめく ステキすぎるパートナー連れていたいわ いつか逢ったときには  “心に嘘をついて 貴方の好きな人に負けたくなかった”  さよならめぐり逢った時から 一緒にはなれない人と思った 愛を越えた2年間 東京この街なら必ず 戸惑(とまど)うほど愛する人がいるはず それでいいと思うの
結婚の理想と現実大橋純子大橋純子Junko佐藤健遠山淳男と女は不可解なもの 出会いと別れは筋書きのないドラマだね ゴールインまではツメをかくして 10年たったらツメをといでた  ジョーダンじゃない!愛し合えばあの日に帰りたい やってられない!夜は長い星でも数えながら  愛と憎しみは背中合わせで 深さと量なら測ればわかるパパとママ 勇気を出して家を 建てたら 遠くてせまい峠の我が家  ジョーダンじゃない!笑顔の裏疲れたパパの顔 やってられない!いいじゃないのみんなが幸せなら  愛の絆で死をわかつまで 運命だからあなたといるの?  ジョーダンじゃない!生まれ変わる時代をまちがえて やってられない!いつの間にか夜明けがやって来たよ  ジョーダンじゃない!人生とは長いようで短いよ やってられない!急がなくちゃ月さえ欠けて行く DA.DA.DA.…今度こそは女に生まれたい DA.DA.DA.…玉の輿の大きな夢を抱いて… 
結婚大橋純子大橋純子松本一起佐藤健佐藤健一緒になりたいね 一緒になれるとも 貴方の口癖が嘘じゃなくなった日 私は泣いた  何故もっと早く言ってくれなかったの あの日 雨は冷たくて 貴方は傘を差しながら ずぶ濡れ 涙も今は にが笑いになる  友だちは言ってくれた 幸せになりなさいね 貴女によく似合う人だと  JUST MY LOVE 恋と結婚は違う 思い出とは一緒になれない 今はそんな日々が懐かしい 私のとなりに居眠りの人がいる  あのとき貴方より愛せる人は いないなんて思ってた 心に残る後悔を隠して それでも今は幸せになった  友だちも同じように 安らげる家庭を持ち 静かな日曜日を待ってる  JUST MY LOVE 愛は優しさを越えて わがままなど もう言えないけど 今はおだやかな日々の中で 私のとなりに居眠りの人がいる  JUST MY LOVE 恋と結婚は違う 思い出とは一緒になれない 今はそんな日々が懐かしい 私のとなりに居眠りの人がいる
愛しいHappy Birthday大橋純子・佐藤健大橋純子・佐藤健松本一起佐藤健北村仁志貴方のために生まれたと 今 感謝してる 君の魔法は何だって よく叶えてくれる 一つ二つと増えてきた炎に 祈る気持ち一つ  FOREVER 一年に一度 二人が出逢った日 愛しい Happy Birthday FOREVER 永遠の愛をしっかり抱きしめて 生きてゆきたい ずっと  強い男を演じても よく振り向いたよ 可愛いい女 憧れた でも強がり言った 時が過ぎても思いやる心は 懐かしさにしない  FOREVER この世に生まれて めぐり逢えたことが 二人の Happy Birthday FOREVER 永遠の愛をしっかり抱きしめて 生きてゆきたい  FOREVER 一年に一度 二人が出逢った日 愛しい Happy Birthday FOREVER 永遠の愛をしっかり抱きしめて 生きてゆきたい ずっと
声・ロマン小野正利小野正利松本一起佐藤健咲き乱れる季節の谷で 届かぬ人 今いずこ 雨のしずく伝ううなじ 目を閉じれぱ遠き日々  優しさに聴き惚れた耳 目覚め半分 眠り半分  貴女に逢いたい 貴女に触れたい 三日もただ待つだけで 僕は人生も 僕は語れない いつまでも Ah 声・ロマン  うす紫 夜明けの風に シルクの雨 忍ぴよる 傘はいらない思い出せば このぬくもり永遼に  愛しさを記憶する指 恋は半分 愛は半分  貴女に逢いたい 貴女に触れたい どこかに身を隠しても 僕は貴女だけ 僕は聴いている いつまでも Ah 声・ロマン  貴女に逢いたい 貴女に触れたい 三日もただ待つだけで 僕は人生も 僕は語れない いつまでも Ah 声・ロマン
Shining Forever小野正利小野正利松本一起佐藤健君が不安になったなら 空を見上げて いつも僕はそばにいて 照らしてる  たとえ涙を流しても まだ好きになる 愛しすぎて夏が終わっても 季節は次の言葉を招く  Sun Shine for You 君だけが愛される人生を Sun Shine for Me 照り返す輝きを Shinin' Forever  とても愛しい人だから 苦しませないさ 風 光 虹を乗りついで 優しく生きる姿 知ってる  Sun Shine for You 永遠に愛されるときめきを Sun Shine for Me 灼けたまま消えてゆく Shinin' Forever  夏は騒がしいスキマから 切なさが胸を痛めつける  Sun Shine for You 君だけが愛される人生を Sun Shine for Me 照り返す輝きを Shinin' Forever  Sun Shine for You 永遠に愛されるときめきを Sun Shine for Me 灼けたまま消えてゆく Shinin' Forever
Love and Pain小野正利小野正利松本一起佐藤健街が動きだす Show window 着飾る人が行く みんな ときめきを待つ人に Ah 逢いにゆくんだね  きっと君を愛せない理由はない だけど 君の恋してる顔を知っている  僕には分かるのさ 出逢いのすれ違い 好きと言っただけで崩れる 失う前にLost Love 守っていたいけど 君をたった一度 抱いて忘れたい  君の愛してるその人は いい人なんだろう もっと大切にされないと Ah 僕まで寂しい  たぶん君の優しさが痛みになる きっと 誰に対しても君は微笑むよ  黄昏せまる街 どうにもならなくて 髪に触れることも出来ない 近くて遠すぎる 僕には分かるのさ 夜を越えるたぴに きっと忘れるよ  きっと君を愛せない理由はない だけど 君の恋してる顔を知っている  黄昏せまる街 どうにもならなくて 髪に触れることも出来ない 近くて遠すぎる 僕には分かるのさ 夜を越えるたぴに きっと忘れるよ
See You Again小野正利小野正利小野正利佐藤健今も変わらない 青い海と君の笑顔 僕はアルバムの中の君と話してる  二年の想い出が 永遠の時のようなのさ 遠くに離れても 君の香りが都屋に残る  もうさよなら言わないのさ また会える日恋人だね きっと今も 素敵なはず 君に贈る言葉 So, See You Again  通いなれた街 聞こえてくる 懐しい歌 君の声がする よく口ずさんでたよね  はしゃいで いつまでも このままで確かめあえたら 溢れるこの想い 好きと言えれば 明日が見えた  だけど今は 僕の中の記憶なのさ 君との事 「きっといつか 生まれ変わる」 そう言い残し 星になった君  もしも運命が徴笑んでくれたら そうさ 君と僕 時を越えて  もうさよなら言わないのさ また会える日恋人だね きっと今も 素敵なはず 君に贈る言葉 So, See You Again  だけど今は 僕の中の記憶なのさ 君との事 「きっといつか 生まれ変わる」 そう言い残し 星になった君
朝は窓にこぼれて小野正利小野正利松本一起佐藤健朝の中で例えば僕がいなくなっても どうか取り乱さないで欲しい  愛情は微妙に深まるよ 争いが多いほどに  幸せがいきなり崩れたり 哀しみが突然 微笑んで  憎しみは愛を抱きしめて 君と僕を迷わせる情熱  朝は窓にこぼれて部屋に君があふれて 物足りなさを忘れてしまうよ  朝の中で例えば君がいなくなっても それを僕は哀しみにしない  退屈な時など誰だって 僕のこと誘えるけど  君よりも素敵な声なんて めぐり逢う前にはなかったね  誰よりも君が大切で 背中ごしに迷わせる情熱  花は床にこぼれて胸に涙あふれて 愛は意味さえないのに傷つく  朝の中で例えば僕が消えていたなら 君をもっと愛したいジェラシー  君はポケットにミラー忍ばせて いつも明日だけ映す もっと君だけを愛しぬくために 誰も僕を止められなくて  朝は窓にこぼれて部屋に君があふれて 物足りなさを忘れてしまうよ  朝の中で例えば君がいなくなっても それを僕は哀しみにしない
八月の夏小野正利小野正利松本一起佐藤健手紙を書くのが好きで カタチのいい文字だった 君は未だ ピアノを弾いて 人気者なんだろう 僕は未だ 瞳をとじて 君の映る写真見ている  さよなら八月の夏 影だけはしゃいでいる 身体は明日に向かうけれど 心だけが立ち止まるよ 深まる愛が痛みに変わり 別の夏を抱きしめた  遠くに聴こえるラジオ 陽ざしが揺れるベランダ 君はもう ここにはいない 涙さえ聴こえない 僕はもう 振り向かないよ 君がいない部屋が優しい  さよなら八月の夏 一人に慣れてゆくよ こんなに穏やかな僕なんて 君もきっと知らないはず 言い聞かせても言い聞かせても 夏はきっと未だ遠い  さよなら八月の夏 影だけはしゃいでいる 身体は明日に向かうけれど 心だけが立ち止まるよ 深まる愛が痛みに変わり 別の夏を抱きしめた
鎖の楽園的場浩司 with 炎達的場浩司 with 炎達大津あきら佐藤健入江純・炎達抱きしめるしか出来なかった俺 気休めにその涙 奪いたくはなかった ひとつのジャンパー お前を包んで クソミソに呼ばれても 突っ走って来たはず 腹ペコの夢だけとがらせ そんな俺、好きだと微笑った あの日… さいごに…  鎖を切れ 鎖を切れ しらけた金網の中の 楽園から脱け出せ 鎖を切れ 鎖を切れ 無駄な声が呼び続けても wow…  吹きっさらしの この街の壁に ×の文字 何度でも塗りつぶし駆け抜けた お前のいないやるせなさだけが 傷痕になる前に もういちど抱きしめたい スクラップころがる 空き地に 俺達の明日が泣いてる 風に…うたれて  鎖を切れ 鎖を切れ 誰にも言えない 悲しみ 俺の胸に吐き出せ 鎖を切れ 鎖を切れ どんな時も お前守るから  鎖を切れ 鎖を切れ しらけた金網の中の 楽園から脱け出せ 鎖を切れ 鎖を切れ 無駄な声が呼び続けても wow…
デリンジャー刀根麻理子刀根麻理子三浦徳子佐藤健I need you Sailing in your love I need you Sailing in your feeling You need me Sailing with my time You need me Sailing with my life 混じりあう lonesome dream  シグナルに映る「昨日」 heavy days 一人ぼっち歩くbrown eyes いつも誰かを探して 今日まで 今日から生まれ変わる ハートのTV.Gig Zagのためらいはデリンジャー 混線してるね 誰でもホントの 愛には不慣れな 獣のようにふるえるわ  I need you Sailing in your love I need you Sailing in your feeling You need me Sailing with my time You need me Sailing with my life 魅かれあう lonesome dream  テーブルに置いた「グラス」 bluesy songs 青い水はいつかseven seas 続いているのよ 雨上がりのevening 道を聞かれ ふり向いたその時に 恋に陥ちてゆく… どうでもいいよな 瞳(め)をしているから つかの間 二人の肌を寄せてみたくなる  空から見つめる 瞳があるのさ それはもう一人 もう一人の誰か 魅かれあう lonesome dream  I need you Sailing in your love I need you Sailing in your feeling You need me Sailing with my time You need me Sailing with my life
プロセス田村英里子田村英里子尾崎昌也佐藤健武部聡志どこまであなたのこと 深入りしてゆくの 自分自身怖い 胸が張り裂けそうに 大きくなってゆく 熱い気持ち 異性を感じすぎてる  誰か……あやしいかげ 狙われてる 恋心を 盗まれそう 愛全部を 手にするまで あなたのこと 目が離せない  知性と理性なんて 泉に投げ捨てる 子供じゃない私 まるでナイフの上の シーソーゲームだわ 恋は同じ高さで 見つめあえない  夢が……刻めないの 攫(さら)えないの くちびるまだ 未遂(みすい)のまま 愛した分 不安になる 私のこと あきらめないで  誰か……あやしいかげ 狙われてる 恋心を 盗まれそう 愛全部を 手にするまで あなたのこと 目が離せない
一つの朝太田裕美太田裕美松本隆佐藤健「好きだよ」と言わないで ふたしかな言葉です 生まれたばかりの恋なんて 決まり文句では語れない 朝焼けを見る人は 淋しがりだという その横顔を私は信じたい  散歩して出逢っても あいさつは抜きにして ただつないだ手のぬくもりで ほんとの優しさ伝えてよ 道ばたの石ころを 何気なく投げたら 倖せの影がキラリとのぞいたよ  道ばたの石ころを 何気なく投げたら 倖せの影がキラリとのぞいたよ
春風にイイネ!少年隊少年隊宮下智佐藤健昨日渡した 小さな指輪を いつも君は してくれるだろうか 不安な気持ち 教科書をよけて のぞき見すれば キラリ春の風  Only you, I love you いつからぼくは こんなふうに 弾みがついて  Good good, Good to my life 君香る恋の日 瞬間 目と目が合う そうさその時 Show me, You're in love 君開く心に もっと触れたいよ イイネ  悲しい時や 淋しい夜更けは きっとぼくを 想ってくれるね どんな遠くに 二人離れても 君のところへ 飛んで行くつもり  Only you, I love you 確かな胸の予感 大きく ふくらんでゆく  Good good, Good to my life 君揺れる恋の日 大人になったら 二人 そうさその時 Show me, You're in love 春の日射しの中 結婚するのさ イイネ  Good good, Good to my life 君香る恋の日 瞬間 目と目が合う そうさその時 Show me, You're in love 君開く心に もっと触れたいよ イイネ
FinGOLD LYLIC中森明菜GOLD LYLIC中森明菜松本一起佐藤健情熱は ガラスの扉 燃えるほど 悲しく冷める めぐり逢った あの日のまま 二人して星座になれれば 夜の火も消えないわ 愛していたい 愛されながら でもその手は 美しい人を いつか抱くわ 心の中の コートにかくす 手でピストル真似て 涙をのむ  酔いつぶれ 甘える貴方 膝に抱き むさぼる私 女なんて 待ってるだけ 男より孤独なピエロよ 悪い夢ほど 光る わかっているわ 愚かな愛よ 百の罪も 一輪の薔薇で許せるのよ 愛する距離を急ぐ分だけ いつ別れが来ても 不思議じゃない Ah Ah Ah  愛していたい 愛されながら でもその手は 美しい人を いつか抱くわ 心の中の コートにかくす 手でピストル真似て 涙をのむ Ah Ah Ah  手でピストル真似て 涙をのむ私 手でピストル真似て 涙をのむ私
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
青春のしおり太田裕美太田裕美松本隆佐藤健机の上の赤毛のアンに しおりがわりのあなたの手紙 涙にしみた青いインクが 遠い昨日ににじんでいるわ 悩みといえばソバカスなんて 今おもったら夢のようだわ キスがちっとも甘くないこと 気付いてからの味気ない日々  CSNYなど聞きだしてから あなたは人が変わったようね 髪をのばして授業をさぼり 自由に生きてみたいと言った みんな自分のウッドストック 緑の園を探していたの 夢ひとつずつ消えてゆくたび 大人になった味気ない日々  他の娘連れたあなたの背中 ウインドウ越しに元町で見た 背のびをしてた自分の影を 舗道の上に見つけて泣いた 若い季節のかわり目だから 誰も心の風邪をひくのね 童話の本を閉じてしまえば 全てまぼろし味気ない日々
愛はかえらない佐野量子佐野量子佐野量子佐藤健あの日二人捜した 坂道の部屋 暮らしはじめたときは 夢をかぞえた 季節はすぎて 何か壊れた いつか話した 言葉が嘘に 窓から見える背中 すこしづつ小さくなる 風吹く街の中で あの角通りすぎてく 最初の夜にそっと ほほに優しく手をあて 確かめあった二人の 愛はもうかえらない  チーズとパンと野菜を 両手に抱え 二人いつも歩いた レンガの小道 肩よせあって 部屋のドアあけ そんなことも いまは遠い 窓辺に飾ったまま 一輪挿しの花びんに あなたの好きな薔薇が いまにも泣きそうです 二人、想い出詰めた ページのあまったアルバム 手のひら残るぬくもり 愛はもうかえらない  季節はすぎて 二度めの冬ね 春を待たずに 離れてゆくの いまも耳に残る あなたの悲しい口ぐせ すねたふりする仕草 抱きよせる指先が 最後の夜は何も 話さずただ見つめてた 窓を閉ざした部屋に 愛はもうかえらない
瞳は永遠の香り杏里杏里三浦徳子佐藤健さまよう心はタイムマシン 綺麗にさせたの SHADE OF PALE BABY、ガラスの街今日も JUST, ONLY LOVING YOU 誰を探すあなた  WONDERLAND、壁に耳をつけ 聞いた足音は WONDERLAND、空に散りばめた あきらめのブレスレット 瞳は永遠の香り 夢から覚めて また夢の中 I DON'T KNOW,WHO I AM?  見上げた空にはエレファント ビルボード踊るシルエット BABY、サバンナの記憶は JUST, ONLY LOVING YOU 夜の雨に打たれて  壊れたネオンが WINK AND KISS しゅろの葉を濡らす KNOK AND LOCK BABY、どこからかスクリーン JUST, ONLY LOVING YOU めぐりめぐるハッピーエンド  WONDERLAND、コーヒーカップに 組まれたテレフォンコール WONDERLAND、ビルの谷間から のぞいてるピラミッド ハートは永遠の香り 夢から覚めて また夢の中 I DON'T KNOW, WHO I AM?  WONDERLAND、壁に耳をつけ 聞いた足音は WONDERLAND、空に散りばめた あきらめのブレスレット 瞳は永遠の香り 夢から覚めて また夢の中 I DON'T KNOW,WHO I AM?
seventeen田村英里子田村英里子兼松正人佐藤健川上了受けとめてほしいの 変わって行く私のこと 驚いてほしいの いつかはきっと  傷ついた友だちをすぐ なぐさめるジョーク 見つからない 不思議ね 思っていたほど 大人でもないの 17才は  TRY AGAIN さがしたいの こんな時 強い自分 光る風の中に  受けとめてほしいの 変わって行く私のこと 輝いてみたいの いつかはきっと  幼い頃の思い出を 話すのが今も いちばん好き ほんとよ 無邪気になるたび 悲しみもどこか 消えてしまうの  TRY AGAIN つかまえたい こんな時 自分らしさ 踊る風の中に 受けとめてほしいの 変わって行く私のこと 驚いてほしいの いつかはきっと 白い服 青空 赤いピアノ ポニーテール Vサイン スクラム ときめく言葉
エスケイプ田村英里子田村英里子尾関昌也佐藤健川上了窓に小石をぶつける合図(サイン) 時計の針が ひとつになる Moonlight ひと晩だけの エスケイプなら 家族(いえ)の誰にも 見抜かれたくない………  好きと言わない あなたの 真剣すぎる 瞳こわい  だけど 愛がほしいの…愛がほしいの…いけないこと? 途切れた会話 胸が苦しい 秘密めいてる 2人のメモリー………  あなたの影を ふまないように 少し離れて 歩いてゆくペーブメント まわりの誰か傷つけたって あなたなしでは 1日閉じない………  街を信号機(シグナル)が 蒼く 染めてゆくけど 帰さないで  だから 愛がほしいの…愛がほしいの…哀しいほど 2人の愛を あせる時間を 深くレリーフみたいに 彫刻(きざ)んで…  同じ夢を抱いてても 見せ合うことが 何故かこわい  だけど 愛がほしいの…愛がほしいの…いけないこと? 途切れた会話 胸が苦しい 秘密めいてる 2人のメモリー………
プレゼント田村英里子田村英里子尾関昌也佐藤健川上了苺のように 染め上がる胸 春の街並みは クレヨン画 ワードロープから 自慢のドレス 出して 鏡でチェックしたら 彼の部屋 ためらって 白い扉(ドア)のノッカー 鳴らした  心に匿(かく)してる 誰にも見せない まごころを受けとって 心に沈んでる きらめく真実だけを みせてほしいの  誕生日でも バレンタインでもない だけど あげたいものよ カードも書かず リボンも掛けず そうよ ラッピングさえ ないの つま先で“好き”と描(か)く どうかそんな気持 読んでね  恋してニュートンの法則 見えない引力で魅かれてく 愛してせつなくて 苦しい 壊れるまえに キスをください  心に匿(かく)してる 誰にも見せない まごころを受けとって 心に沈んでる きらめく真実だけを 信じさせてね
若い季節岡田奈々岡田奈々松本隆佐藤健白いズックが 駆けてくるたび あいつのことが よみがえるのよ 隣り下宿に 住んでたあいつ 窓を開ければ 笑顔が見えた ああ 愛しき人よ プレイボーイを 気取ってるくせ 私にキスも せまれないのよ 純情なんです  屋根にのぼって U・F・Oを 見つけて足を すべらした人 夜中に起きて ブルース・リーの 真似をしながら 寝呆けたあいつ ああ 憎めぬ人よ いつもドジして 頭をかいた だから私が そばにいないと 心配なんです  深夜放送 人生相談 馬鹿らしいよと ウソぶきながら サラリーマンに なりたくないと 頭ひねって 悩んだあいつ ああ やさしき人よ 人があきらめ 見捨てた夢を 地平線まで 追いかけてゆく あなたが好きです  あいつがくれた 硝子の指輪 薄いサイフに 北風吹いた ダイアモンドが 色褪せるほど 若い季節が 光ってました ああ 恋しい人よ 隣り下宿を 越してったきり どうしているか 風のうわさで 教えて下さい  ああ 懐かしき人よ ただ いたずらに時は流れて 花火のように 炎えた青春 あなたはいません
手編みのプレゼント岡田奈々岡田奈々松本隆佐藤健まっすぐにまっすぐに生きてきたのに まっすぐにまっすぐに愛してたのに 青春はわかれ道  きっとあなたは都会の隅で 私の顔も忘れるわ 週に一度の手紙もいつか 届かなくなる朝が来る いやよいやです「さよなら」なんて もうこれっきり逢えなくなりそう 裏切る事が男の子なら 信じる事が女の子なの  まっすぐにまっすぐに生きてきたのに まっすぐにまっすぐに愛してたのに 青春はわかれ道  あれは日暮れの河原の道ね 乱暴な手で抱いたでしょ とまどいながら逃げる私に ゴメンとポツリつぶやいた いやよいやです 何故あの時に 無理にくちづけ奪わなかったの 旅立つ夢が男の子なら 待つ事だけが女の子なの  いやよいやです もうすぐ冬よ 寒い都会で風邪ひかないで そうよ心が凍えないよう 手編みのセーターあなたにあげる  まっすぐにまっすぐに生きてきたのに まっすぐにまっすぐに愛してたのに 青春はわかれ道
かざらない青春岡田奈々岡田奈々松本隆佐藤健逢いたさばかり つのるから あなたの街に 飛んで来た たった半年 離れても あなたは違う 人みたい 街の灯りに 染まって見える 冷たい人は 誰ですか? 生きてることが ぶきっちょだから 愛の言葉も 言えないけれど 頬に涙が 煌めいてたら 私の気持 察して下さい  あなたにとって 私はもう 置き忘れてた 想い出なの かざりけのない まごころも きっとあなたに 通わない 胸のリボンは 似合いませんか? このスカートは 長すぎますか? 生きてることが ぶきっちょだから 愛の仕草も 出来ないけれど 頬に涙が 煌めいてたら 私の気持 察して下さい  頬に涙が 煌めいてたら 私の気持 察して下さい
バイバイ・ララバイ岡田奈々岡田奈々竜真知子佐藤健忘れたはずでも 思い出してしまう 交差点で バスの中で あなたを そして くちびる かむの  待ち合わせした 駅の改札口 シャツの色は クリーム色 あなたはいつも ちょっと遅れた  バイバイ・ララバイ 誰でも一度は そこを通るのに 気づかないの バイバイ・ララバイ ふりむいてあなた あの頃のように 笑いながら 駆けてゆきたい もいちどだけ  出かける場所など どこでもよかったの 公園でも 図書館でも あなたと もっと 話したかった  バイバイ・ララバイ 誰でも一度は きらめく日がある そうよ みんな  バイバイ・ララバイ ふりむけばひとり 風が散ってゆく みんなどこへ 消えてしまうの あの頃から  バイバイ・ララバイ ふりむけばひとり 風が散ってゆく みんなどこへ 消えてしまうの あの頃から あの頃から
賭け岡田奈々岡田奈々山川啓介佐藤健待ち伏せていたの あなたを その腕に 私を投げ出したくて グラスを片手に決めたの 今夜こそあなたを奪うわ ホールドミータイト 目をそらさないで ホールドミータイト 強く抱きしめて あの女には悪いけれど 賭けるわ この心 この私 この明日を  人形のように生きたら 誰も傷つけずに暮せるけれど 生まれてはじめて知ったの もう一人の私の強さを ホールドミータイト その手をのばして ホールドミータイト 強く抱きしめて あの女には悪いけれど 負けない もどれない 渡せない そんな愛よ
静舞岡田奈々岡田奈々三浦徳子佐藤健愛はただ静かに踊り続けている 時の踊り子ね  あなたの居た 椅子をかくして あなたと見た 夏をかくして 楽しい夢 見るふりをしても あなたのこと 思うだけよ ああ quiet dance quiet dance 一人の部屋 ああ 飛び出したいのにからみつく 氷のような ため息横切る 愛してると ささやいたのは 愛の形をなぞっただけ  窓を開けて 風を入れても ドレスの裾 ひるがえしても 薔薇の花が 咲いたとしても あなたのこと 思うだけよ ああ quiet dance quiet dance くちずさむわ あぁ あなたと出逢った愛の歌 灼けつくような 夕日が横切る 忘れないと ささやいたのは 愛の形をなぞっただけ  愛はただ静かに 踊り続けている 時の踊り子ね
雨のささやき岡田奈々岡田奈々松本隆佐藤健空にしとしと雨もよう 頬にしとしと涙もよう  あなたのいない淋しさ刻む 軒の雨だれ数えて泣いた 今日の小さなケンカの事が 心の奥でチクチク痛む ごめんなさいね そのひと言が 声にならない いじっぱりなの 二月の雨は水彩絵の具 街を淋しく塗りかえてるわ  もしもし わ・た・し もう寝てた? ううん ひとりよ 散歩してたの ねえ まだおこってる? 今日のこと ごめんね… ううん その事だけ言っときたかったの 何でもない 泣いてなんかいない ほんと平気よ… 何かホッとしたら 眠くなっちゃった 明日逢ってくれる 電話してくださる? じゃ おやすみ うん 私も好きよ…  耳に残った最後の言葉 ほら くり返しつぶやいてみる 二月の雨は水彩絵の具 街を 淋しく塗り変えてるわ  空にしとしと雨もよう 頬にしとしと涙もよう
黄昏に愛をこめてヒデとロザンナヒデとロザンナありそのみ佐藤健船山基紀街は今 女達をさらう船 ダイヤより 光る時間の波にさまよう 君はもう どんな声も聴こえない 夢の中 走り出してしまった  グレイの空でも 欲しいと言うのなら 翔んでみたらいいさ 思いきり  僕はいつでも いつまでも この場所で 君を待って 一人いるだろう だから いつでも いつまでも 見つめているよ 黄昏に愛をこめて  幸せをはかる すべをさがすより 腕の中 逃げて行けば それでいいのか 何もかも 作り事じゃなかったはず それだけは 忘れないでいてくれ  冷たい風より たよりになるものが きっと そばにあると わかるだろう  僕は誰より 誰よりも 君のことを 知っていると 今は言えるから そうさ誰より 誰よりも さり気ないけど 黄昏に愛をこめて  僕はいつでも いつまでも この場所で 君を待って 一人いるだろう だから いつでも いつまでも 見つめているよ 黄昏に愛をこめて
Night池田聡池田聡松本一起佐藤健たった一度だけ交わし合ったkissも たった一度だけ 別れる理由も  君には それほど大きな意味も無くて 始めから友だちでいるべきの 僕の過(あやま)ち  over Night 最後の夜を今 カーブ切る over Night 二人で この夜は超えてゆけない  もしも君の目が 誰も見ないなら もしも今以上 夢を見ないなら  夜空に浮かんだ 夜景も輝くのに サヨナラを近づける 高速に風が聴こえる  over Night すべてを知らないでいたかった over Night 二人で この夜は超えてゆけない  over Night 最後の夜を今 カーブ切る over Night 二人で この夜は超えてゆけない
Desperate池田聡池田聡川村真澄佐藤健太陽の門に続く 石だたみの迷路 僕を見て 逃げるのは たぶん あなただろう  金色の羽根をつけた 蝶のように軽く 噴水とブロンズを すり抜けて 消えてく  抱きしめたい 追いつめて 引きよせて 問いかけたい あの夜は 嘘なのか  Angelina 灼けたカラダは ため息と 罪で できてる Luna bella 月の光を 従えたように 何故か Angelina 遠ざかる  握った指を離さず リカルドを飲んでは ブラインド傾ける それさえ 忘れてた  あなたをそっとかくまう この街のジオラマ 人ごみに まどわされ これきりになるのか  バラの刺を 敷きつめた ゆりかごで 眠るような 苦しみを 教えたい  Angelina 黒い瞳は 悲しみの風が 住んでる Luna bella 月の見えない 夜更けには 僕のもとに Angelina もう一度  Angelina 灼けたカラダは ため息と 罪で できてる Luna bella 月の光を 従えたように 何故か Angelina 遠ざかる  Angelina 黒い瞳は 悲しみの風が 住んでる Luna bella 月の見えない 夜更けには 僕のもとに Angelina もう一度
Dear Friend池田聡池田聡松本一起佐藤健どんなに貴女を好きでも愛されない ただのDear Friend いつでも貴女と逢えても 約束だけ求められない  都会を見下ろすsingle-room 一人check-inして room-servicceを頼んだ時に僕らしさを思い出して安らぐ  5時間前には二人で海を見てた ただのDear Friend 3時間前に貴女はクルマを降り電話をかけた  back-mirrorから見える唇 彼を追いかけている 僕には見せない哀しい顔が 僕一人を無関係に隔てる  Ah 貴女といて心から楽しめることもなく Ah 貴女といて永遠に分かち合える愛もなくて 今以上に魅かれてゆくMy Dear Friend  1時間前にside-seatの甘い香り消えても 僕がサヨナラを言わない限り又逢えると言いきかせて…
恋するJellyと7月渡辺満里奈渡辺満里奈真名杏樹佐藤健汗のしずく Tシャツの裾でぬぐって あなたはまだ パンクしたタイヤに夢中 海にむかう 初めてのドライブだから あたりまえじゃない方が素敵だね  空にポッカリ浮かんだ 遠い雲を見てるふりをして  7月の呪文をつぶやく私 Jolly Jully Jam To A Jelly 二人こそ ふくらんだハートに気をつけなくちゃ そっとそっと 真夏になれたらいいね  頬にあてた 缶コーラ急に投げても ストライクで受けとめて 陽射しみたいに ヤシの影があと5ミリ 伸びる頃には 予定どおり 入江まで行けそうね  胸にゆっくり あなたと 会った時の気持ち あふれてく  7月の妖精 教えてくれた Jolly Jully Jam To A Jelly 今度こそ 透明になるほど 恋をしなくちゃ もっともっと 素直になれたらいいね  7月の呪文をつぶやく私 Jolly Jully Jam To A Jelly 二人こそ ふくらんだハートに気をつけなくちゃ そっとそっと 真夏になれたらいいね
少年の瞳森川美穂森川美穂森川美穂佐藤健幼ない君は 小さな手で 大きな夢をたくさん抱いていた 大人になるたびに その指のすき間から 夢のかけら こぼれてゆく  誰も一度は 立ち止まるよ 追いかけた夢 届かないと知って どんな強い意志(こころ) 持っている人だって 痛み隠し 歩いている OH!  少年の瞳 忘れないでいて 心の中で いいから大事にして  夕日が赤く 空を 染める 時間忘れて駆け回ったあの日 あんなに何故今は夢中になれないのよ どこで 記憶にかわったのよ OH!  夢をなくしたと 人は言うけれど 視線をそらしているのは 誰の心 届かないことを 恐れないで 私は君のこと 信じてるよ OH!  置き去りの夢を 手さぐりで探し もう一度 自分 見つめて… 少年の瞳 忘れないでいて 心の中でいいから大事にして
ジェラス・ガール和田加奈子和田加奈子大津あきら佐藤健囁きあう 受話器の中へと もいちど Darlin'あたためあえたら  誰が止めてるの 夢のエクスタシー 見え透いたあなたに ベルが鳴り響く  Jealous Girl 甘くなれない 心花(ときめき)たすけて Jealous Girl 笑おうとして 頬がぬれてるわ  Say“Hello”Say“Good-bye” Say“I love you” 媚薬の気持ちが欲しいの  星座の窓 あなたのシルエット 見知らぬ女性 だぶって見えるわ  最後のつもりで 手に取ったテレフォン 捨て台詞しかない 答えでもいいの  Jealous Girl 受話器に落ちた吐息を奪って Jealous Girl 心にはしゃぐ あの日のハイウェイ  Say“Hello”Say“Good-bye” Say“I love you”届けて  瞼から口唇へと 一秒ごとにエンドマーク  Jealous Girl 胸に刻んだ 時間を戻して Jealous Girl 悲しい程に 夜は長いから Say“Hello”Say“Good-bye” Say“I love you” 媚薬の気持ちが欲しいの  Jealous Girl 受話器に落ちた吐息を奪って Jealous Girl 心にはしゃぐ あの日のハイウェイ  Jealous Girl 甘くなれない 心花(ときめき)たすけて Jealous Girl 笑おうとして 頬がぬれてるわ
冬のサブリナ和田加奈子和田加奈子麻生圭子佐藤健情けないような顔をして 人目 気にしてる 喧嘩にも疲れたふたりは 黙ったままで別れてしまう  友達だったあの頃に 気づけばよかったよね 合わないこと  ホラ 行けば そこへ 待たせると泣いたりしちゃう かわいい女の子なんでしょ ホラ 行けば 早く 私もこれから人に会うの ちょうどいいわ  あぁ 嘘しかつけない  迷ったってしかたないでしょ そんな気分して 知りつくしたこの街角で あなたの顔が判らなくなる  素直に許してと言えば 今ならきっと元に 戻れるけど  ホラ 行けば 別に どっちにしてもダメだから お互い傷つけあうだけで ホラ いいよ 早く 目の前からいなくなって これじゃアトを引くわ  あぁ ふられてしまった  ねぇ きっと 私 こんなに誰かを好きに なったりもうできないから サブリナで冬を 蹴散らしながら歩く舗道 人はみんな わがままだね いいけど
七夕の夜に畠田理恵畠田理恵麻生圭子佐藤健ほてった耳おさえ 夜空を待ってる 想う人には想われなくて……  私の性格を言い当てるような 怖い恋にね なります きっとあなた  恋結び 縁結びに 瞳の糸で この指とその指を 結べるなら 大切なものを 捨てたってかまわない その恋か この恋か 今選んで…… 七夕です  笑顔が下手なのは 暗いからじゃない 思いつめてる恋の深さに  こんなそばにいても唇は遠い 天の川よりもすずしい イヤよあなた  恋結び 縁結びに 涙の糸で 笹の葉に願いごと 結びましょう そんな顔 ずるい 後ずさりをしないで 他の人 他の恋 傷つけても…… 七夕です  恋結び 縁結びに 瞳の糸で この指とその指を 結べるなら 大切なものを 捨てたってかまわない その恋か この恋か 今選んで…… 七夕です
反レトロ畠田理恵畠田理恵麻生圭子佐藤健結婚しようなんて 何言ってるの 私たちいくつだと思っているの だって 恋は数ふまなきゃ判らないわ 今のままでふたりいいじゃないの  誰とKissをしたって よけいなお世話 俺のものって顔を ちょっとしないで 何んで そんなふうに熱くなっているの 何よ だったら私 帰らせてもらう  売り言葉 買い言葉 一生に1人だけ? 今どきそんなの気持ち悪いわ すれ違い 勘違い これ以上ムダかもね どっちにしても寂しい時代ね  さよならでもいいのよ 別に私は めんどくさくなるよりその方がいい 先に 好きだと言ったのは私だけど そうよ 今そんなこと関係ないわ  事ごとに 事なかれ そういうの古いわよ 最初の男性(ひと)だからどうというの? 男とか 女とか その態度 重荷だわ どっちにしても パズルな時代ね  売り言葉 買い言葉 純愛がどうしたの あんまり夢は 見ないほうがいい すれ違い 勘違い 価値観の不一致ね どっちにしても ささいな時代ね
That's All松原みき松原みき森田由美佐藤健耳鳴りのなかで 遠のいてゆく 碧い影 なにを喋ってるの 窓をつたう雨 たどる指先はもうわたしを 忘れているのね 濡れたドレスにまぎれてにじむ涙 もうなにもみえない  Please turn to me, don't say good-bye あなたを愛した日々は この手につかめない 夢をみてただけ that's all……  あなたには別の行き場所があるとわかっていたのよ わたしは さりげなくそそぐ 半分だけのやさしさ つらくなるだけよ 血がにじむほど 唇かんだ 愛に 紅いルージュを 塗る  Please turn to me, don't say good-bye 冷たい壁にもたれて この手に戻らない 想いに抱かれ that's all…… that's all……
堕ちないでマドンナ田原俊彦田原俊彦佐藤ありす佐藤健この手に 堕ちないで マドンナ たやすく 堕ちないで マドンナ 聞き分けいい 男じゃないさ 今夜 僕のプラトニック くじけそうだぜ  ナイフみたいに 痛い 月明かり 君を抱いたら グサリ刺さるね 視線弾けて 吐息が気まずくて 僕は両手を 今もてあますだけ 恋はキワどい タイトロープさ すべり落ちた I want you  この手に 堕ちないで マドンナ たやすく 堕ちないで マドンナ 傷つくのも 時にはいいね 今夜 僕のプラトニック くじけそうだぜ  ルージュ なぞった 指があやしくて 僕はビールで その気 飲みこんだ 余裕ないけど クールなふりしてさ 最後のスリル 今 楽しんでるよ 恋はキワどい タイトロープさ すべり落ちた I want you  この手に 堕ちないで マドンナ たやすく 堕ちないで マドンナ 聞き分けいい 男じゃないさ 今夜 僕のプラトニック  この手に 堕ちないで マドンナ たやすく 堕ちないで マドンナ この手に 堕ちないで マドンナ
黄昏のLove Letter森川美穂森川美穂三浦徳子佐藤健今(いま)頃 あなたのことがわかる 冷たい雨が降り出した街… 私の頬をぶった左手は 愛をも一度 告げるためだと 車のガラス窓 流れる雨は涙なの…  黄昏…淋しい love letter 黄昏…ハートの last dance 何故 あの日に 気づかないの あなたが パートナー  あの部屋 一日待っていたこと 次の日 人伝てに聞いたけど 心の時計は止ったままで 誰のコトバもむなしすぎたの… 肩先 痛い程 人波 もまれ ゆくけれど 黄昏…悲しい love letter 黄昏…ハートの last dance 何故 あの日に もどれないの あなたが パートナー  黄昏…淋しい love letter 黄昏…ハートの last dance 何故 あの日に 気づかないの あなたが パートナー
傷心飛行大橋純子大橋純子竜真知子佐藤健見知らぬ街を 見つけたら 気ままにひとり 着陸姿勢 私は 銀のセスナよ 自由な空に 翼を広げて  昨日は さびれた地中海 明日は 遠くモロッコあたり もう私が どこへゆこうと かまわないのね あなた  そうよ 私は 銀のセスナ ただよう碧空 ここはどこなの そうよ 私は 銀のセスナ コースはずれた 哀しいセスナ  あなたの愛を 知りながら 気まぐれついでに そむいた私 軌道修正するには 遅すぎるのね あなたのさよなら  港をさがして バルセロナ 明日は 暗い海峡越えて もう私が どこで泣こうと 気にもとめない あなた  そうよ 私は 銀のセスナ 気流に流され ここはどこなの そうよ 私は 銀のセスナ コースをはずれた 哀しいセスナ
マイ・ソング大橋純子大橋純子竜真知子佐藤健白いライトの中 私は 今 歩き出す 待ちうける あのメロディー くちびるには 愛の詩  いくつかの 出逢いと 別れを くぐりぬけた今 もう ふりむきはしないわ  窓辺にともる 灯りのように この歌を 抱きしめ 歩いてゆきたい 心のままに 今日も My song  低い空を 見上げ 訳もなく 涙する日々 もしも 想い出したなら 私の名前を 呼んで  暖かなぬくもり ほんの ひとかけらでもいい 歌にのせて 届けたい  まぶしい愛を 教えてくれた この歌を 抱きしめ 歩いてゆきたい 心のままに 今日も My song for you
Get Down Tonight伊藤かずえ伊藤かずえ永井美由紀佐藤健フロントガラスの向う 波に揺れる 船のあかり ひとりで見てる 夕べここでさよならを 告げてからの 胸の不安 消しに来ていた 彼の香り 漂わす 写真ふせて 想い出など 捨てたくて 髪を切った Get Down Tonight くちべにの色に 合わせた イヤリングつけて Get Down Tonight 生まれ変われそう 予感に 心ときめいて 海を見てるわ  スターダストの魔法が 降りているわ 遠く波が きらめいている 目の前を通り過ぎる 恋人たち 肩を寄せて 幸せそうよ 昨日までの わたしたち 見た気がして 突然目が 覚めるように 不安消えた Get Down Tonight 首を横に振る 勇気を 胸に抱きしめて Get Down Tonight 彼の手が届く エリアに かえりはしないの 車をだすわ  Get Down Tonight アクセル踏み込み スピード 上げて走ったら Get Down Tonight 髪を切ったぶん 心も 軽くなってゆく 風がそよぐわ
愛について私が知ってる2、3の事宇都美慶子宇都美慶子松本隆佐藤健元気ない日のあなた 肩が落ちてるね 強がったまなざしの奥が微妙なの  私あなたの味方よ 世界 敵にまわしても 一人にはさせないわ いつも後ろにいるから  愛は両手のブリッジ 時は激しく流れる 抱いた腕のその下を 日々が過ぎる 切れ切れに 愛は両手のブリッジ 指がほどけたら終わる だから強く抱いていて 流れ変わるまで  歩道橋たたずめば 街は青い海 私たち漂流をしてる船のよう  どんな苦しい時でも 私 背中を向けない そのかわり痛みまで 二等分してほしいの  愛は両手のブリッジ 崩れそうな橋だけど ひとりぼっちじゃないんだと 天の星に叫びたい 愛は両手のブリッジ 辛い冬のすぐ後に 楽しそうな春が来る 今は負けないで  触れあう手のひらが何かを伝える 愛について知っている ほんのささいなことを Wow  愛は両手のブリッジ 時は激しく流れる 抱いた腕のその下を 日々が過ぎる 切れ切れに 愛は両手のブリッジ 指がほどけたら終わる だから強く抱いていて 流れ変わるまで
もうちょっとでヒーロー高橋良明高橋良明蓮田ひろか佐藤健細い腕に 教科書抱きしめて かけよるスクールゲイト 君はヒロイン 退屈のとらわれ人 ずっと助けを 待っていたんだね 祈るような瞳 ボクをせかすのさ 月曜の朝だって 笑わせてあげたい ポーズを決めたつもりが 片足がこけて リアリティに欠ける ボクの正義  もうちょっとでヒーロー オールマイティ I wish キッスひとつで 空も飛べる なんてね もうちょっとでヒーロー オールウェーザー happy  胸のマークは君の スマイル そうさ あと一歩 つきまとうアイツに 困らされたなら 街角 テレフォン・ボックス ボクは かけこみ 情熱の色のマント 羽織って I will go すそ踏んで転んでも 負けるもんかい  もうちょっとでヒーロー オールマイティ I can キッスひとつで 星もつかめる なんてね もうちょっとでヒーロー OK, promise to do ぴかぴかの未来 君にあげたい 守りたいんだよ  もうちょっとでヒーロー オールマイティ I can キッスひとつで 空も飛べる なんてね もうちょっとでヒーロー OK, promise to do ぴかぴかの未来 君にあげたい だから あと一歩 その胸で 眠らせて その胸で 眠らせて その胸で 眠らせて その胸で 眠らせて
黄昏に愛をこめて出門英出門英ありそのみ佐藤健街は今 女達をさらう船 ダイヤより 光る時間に波にさまよう 君はもう どんな声も 聴こえない 夢の中 走り出してしまった グレイの空でも 欲しいというのなら 翔んでみたらいいさ 思い切り 僕はいつでも いつまでも この場所で 君を待って 一人いるだろう だからいつでも いつまでも 見つめているよ 黄昏に愛をこめて  幸せをはかる すべをさがすより 腕の中 逃げて行けば それでいいのか 何もかも 作り事じゃなかったはず それだけは 忘れないでいてくれ 冷たい風より たよりになるものが きっと そばにあると わかるだろう 僕は誰より 誰よりも 君のことを 知っていると 今は言えるから そうさ誰より 誰よりも さり気ないけど 黄昏に 愛をこめて  僕はいつでも いつまでも この場所で 君を待って 一人いるだろう だからいつでも いつまでも 見つめているよ 黄昏に 愛をこめて
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. KICK BACK
  3. すずめ feat.十明
  4. ツキヨミ
  5. ポケモン言えるかな?

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Blue Moon
  2. ギターと孤独と蒼い惑星
  3. 好きじゃないよ
  4. SPECTRA
  5. 倶に

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照