沢田研二の歌詞一覧リスト  215曲中 1-215曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
215曲中 1-215曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛だけが世界基準hey またとない自由だい hey say 今日からは一人だい 借りてた平和に捨て台詞キメたから 今 ただ愛が世界基準  金色の鎖を放たれた 不安でも かなり僕ハイテンション カタギの道はずれたら もう戻れない いいんだ携帯捨てよう  hey またとない自由だい hey say 今日からは一人だい 数字にアセってネットにからまってた バイバイ 囚人の生活  センチュリー橋を跨いだとたんに 何もかも まぶしくなんかならない 信じるもの ひとつあったらイケそうだ 最後の名詞を記念に  線路に風が吹いて空の高さに気づく イタイほどに満ちていけ はじまりの時よ  hey 時代は変わったかい 平成 世の中変わったかい 君さえいたなら マイペース揺るがない だって愛が世界基準  hey またとない自由だい hey say 今日からは一人だい 借りてた平和に捨て台詞キメた今 ただ愛が世界基準 愛が世界基準沢田研二覚和歌子吉田光hey またとない自由だい hey say 今日からは一人だい 借りてた平和に捨て台詞キメたから 今 ただ愛が世界基準  金色の鎖を放たれた 不安でも かなり僕ハイテンション カタギの道はずれたら もう戻れない いいんだ携帯捨てよう  hey またとない自由だい hey say 今日からは一人だい 数字にアセってネットにからまってた バイバイ 囚人の生活  センチュリー橋を跨いだとたんに 何もかも まぶしくなんかならない 信じるもの ひとつあったらイケそうだ 最後の名詞を記念に  線路に風が吹いて空の高さに気づく イタイほどに満ちていけ はじまりの時よ  hey 時代は変わったかい 平成 世の中変わったかい 君さえいたなら マイペース揺るがない だって愛が世界基準  hey またとない自由だい hey say 今日からは一人だい 借りてた平和に捨て台詞キメた今 ただ愛が世界基準 愛が世界基準
愛の世界のために世界を も一度 光と希望に みたしてくれた 君こそ命 何にも かえがたい やさしさが 僕をひきつける 世界を再び みどりと平和に 返してくれた 君こそすべて 何より 美しい まごころが 僕をやすませる  何より 美しい まごころが 僕をやすませる 世界を広げて 涙と幸せ みつけてくれた 君こそ人生 誰より あたたかい なぐさめが 僕を力づける沢田研二安井かずみ村井邦彦世界を も一度 光と希望に みたしてくれた 君こそ命 何にも かえがたい やさしさが 僕をひきつける 世界を再び みどりと平和に 返してくれた 君こそすべて 何より 美しい まごころが 僕をやすませる  何より 美しい まごころが 僕をやすませる 世界を広げて 涙と幸せ みつけてくれた 君こそ人生 誰より あたたかい なぐさめが 僕を力づける
愛の逃亡者(The Fugitive)This story is of my life An' it cuts ME like a knife Cause it don't read the way that I planned it  When I was born, I was hooked On trouble each place I looked Though by some evil iron I was branded  Fugitive kind… Run with the devil  Trouble all the time…Some kind of rebel But I'm no different in my mind Heaven help the fugitive Fugitive kind  Trouble just follows me round An' then it run me to ground Well, maybe you just can't understand that  An' when it does no one help So I guess I help myself An' Baby, You should know that's where I'm at  Fugitive kind… Run with the devil  Trouble all the time…Some kind of rebel But I'm no different in my mind Heaven help the fugitive Fugitive kind  Fugitive kind Fugitive kind  Fugitive kind Fugitive kind沢田研二Tony Waddington & Wayne BickertonTony Waddington & Wayne BickertonThis story is of my life An' it cuts ME like a knife Cause it don't read the way that I planned it  When I was born, I was hooked On trouble each place I looked Though by some evil iron I was branded  Fugitive kind… Run with the devil  Trouble all the time…Some kind of rebel But I'm no different in my mind Heaven help the fugitive Fugitive kind  Trouble just follows me round An' then it run me to ground Well, maybe you just can't understand that  An' when it does no one help So I guess I help myself An' Baby, You should know that's where I'm at  Fugitive kind… Run with the devil  Trouble all the time…Some kind of rebel But I'm no different in my mind Heaven help the fugitive Fugitive kind  Fugitive kind Fugitive kind  Fugitive kind Fugitive kind
愛のプレリュード泣きだしそうな 瞳の中に 僕はみつけた ひとつの愛を からんだ指に 想いをこめて 僕は知りたい 君の気持ちを  どこまでも ふたり いつまでも ふたり 愛はどんな風に抱きしめあうのかも知らないまま  言葉にしたら こわれそうな そんな不安が 僕をとらえる ひたいにかかる 細いおくれ毛 どうしてゆれたの 風もないのに  だまってる ふたり たちどまる ふたり 愛はどんな風に確かめあうのかも知らないまま ラ・ラ・ラ………沢田研二安井かずみ村井邦彦泣きだしそうな 瞳の中に 僕はみつけた ひとつの愛を からんだ指に 想いをこめて 僕は知りたい 君の気持ちを  どこまでも ふたり いつまでも ふたり 愛はどんな風に抱きしめあうのかも知らないまま  言葉にしたら こわれそうな そんな不安が 僕をとらえる ひたいにかかる 細いおくれ毛 どうしてゆれたの 風もないのに  だまってる ふたり たちどまる ふたり 愛はどんな風に確かめあうのかも知らないまま ラ・ラ・ラ………
愛は痛い逢いたくて 触れたくて 胸でいつも痛かった この気持ち 忘れちゃいないさ  逢えなくて 近すぎる 電話の声辛かった 仕事を持つ二人だものね  こんな事を言い出しちゃったら 君は怒っちゃうだろうか 一人でも 一人でも 生きていける二人だし  人一倍自分が 好きな僕だけど 君がいなくちゃ痛い痛い 君を想うことって とても気持ちいい 一人じゃとても痛い痛い  あ~ぁ 愛したいよ それで癒される 君は僕の愛で痛い  君といて 僕といて 何もいやじゃないよね 喧嘩をしたとき以外はね  こんな事は珍しいんだよ 僕も笑っちゃうんだけど 君ももう 僕ももう お互いが大切だし  誰より君のこと 好きになった僕 君と一緒に痛い痛い 誰より僕のこと 好きになった君 僕と一緒に痛い痛い  あ~ぁ 愛されてる すごく癒される 僕は君の愛で痛い  人一倍自分が 好きな僕だけど 君がいなくちゃ痛い痛い 君を歓こばすって ほんと気持ちいい 二人でいつも痛い痛い  あ~ぁ 愛したいよ それで癒される 僕と君で愛は痛い沢田研二沢田研二樋口了一逢いたくて 触れたくて 胸でいつも痛かった この気持ち 忘れちゃいないさ  逢えなくて 近すぎる 電話の声辛かった 仕事を持つ二人だものね  こんな事を言い出しちゃったら 君は怒っちゃうだろうか 一人でも 一人でも 生きていける二人だし  人一倍自分が 好きな僕だけど 君がいなくちゃ痛い痛い 君を想うことって とても気持ちいい 一人じゃとても痛い痛い  あ~ぁ 愛したいよ それで癒される 君は僕の愛で痛い  君といて 僕といて 何もいやじゃないよね 喧嘩をしたとき以外はね  こんな事は珍しいんだよ 僕も笑っちゃうんだけど 君ももう 僕ももう お互いが大切だし  誰より君のこと 好きになった僕 君と一緒に痛い痛い 誰より僕のこと 好きになった君 僕と一緒に痛い痛い  あ~ぁ 愛されてる すごく癒される 僕は君の愛で痛い  人一倍自分が 好きな僕だけど 君がいなくちゃ痛い痛い 君を歓こばすって ほんと気持ちいい 二人でいつも痛い痛い  あ~ぁ 愛したいよ それで癒される 僕と君で愛は痛い
I Believe In MusicI believe in music I believe in love I believe in music I believe in love  いつまででも みんなの前で歌いたい 迷ったり ころんだりしながらも たとえ 誰が何と言おうとも 僕自身の選んだ道だから I believe in music I believe in love I believe in music I believe in love  歌の力わかりかけた 時だから 色んな歌を もっと歌ってみたい そして一緒に 手を打って そのすばらしさ みんなで確かめたい I believe in music I believe in love I believe in music I believe in love  幸せを感じられる 歌う時 心も強く 生きてゆけそうだよ そしてみんなで 声合わせ 歌えたら 何よりも嬉しいんだ ラララララ I believe in music I believe in love I believe in music I believe in love I believe in ……沢田研二Mac Davis・訳詞:沢田研二Mac DavisI believe in music I believe in love I believe in music I believe in love  いつまででも みんなの前で歌いたい 迷ったり ころんだりしながらも たとえ 誰が何と言おうとも 僕自身の選んだ道だから I believe in music I believe in love I believe in music I believe in love  歌の力わかりかけた 時だから 色んな歌を もっと歌ってみたい そして一緒に 手を打って そのすばらしさ みんなで確かめたい I believe in music I believe in love I believe in music I believe in love  幸せを感じられる 歌う時 心も強く 生きてゆけそうだよ そしてみんなで 声合わせ 歌えたら 何よりも嬉しいんだ ラララララ I believe in music I believe in love I believe in music I believe in love I believe in ……
AZAYAKANIずっとずうっと 君の変わらぬ愛に生きたい あざやかに あざやかに 200万光年の彼方まで あざやかに あざやかに 僕の変わらぬ愛にくるみたい あざやかに あざやかに 200万光年の彼方まで あざやかに あざやかに  君と書いた遺言をビリビリに破ってしまったけど あの時の涙は決して忘れはしない 君がいなくなってしまった後を想っただけで どんなに切なく悲しかったことか  幸福だったこと あの世で生きる糧にしたいんだ 約束した場所で迷っても待っている  ずっとずうっと 君の記憶の中に生きたい あざやかに あざやかに 200万光年の彼方まで あざやかに あざやかに 君の記憶の中に残りたい あざやかに あざやかに 200万光年の彼方まで あざやかに あざやかに  人に言えない馬鹿っ話でゲラゲラとよく笑ったね あの時の真剣さは決してただ事ではない 君と僕がほかに代わりのいない相棒ということ どんなに嬉しく いとしかったことか  尽くせなかったこと あの世で護る力になるんだ 約束のメロディー聴こえるのを待っている  ずっとずうっと 君の記憶の中に生きたい あざやかに あざやかに 200万光年の彼方まで あざやかに あざやかに 君の記憶の中に残りたい あざやかに あざやかに 200万光年の彼方まで あざやかに あざやかに沢田研二沢田研二沢田研二ずっとずうっと 君の変わらぬ愛に生きたい あざやかに あざやかに 200万光年の彼方まで あざやかに あざやかに 僕の変わらぬ愛にくるみたい あざやかに あざやかに 200万光年の彼方まで あざやかに あざやかに  君と書いた遺言をビリビリに破ってしまったけど あの時の涙は決して忘れはしない 君がいなくなってしまった後を想っただけで どんなに切なく悲しかったことか  幸福だったこと あの世で生きる糧にしたいんだ 約束した場所で迷っても待っている  ずっとずうっと 君の記憶の中に生きたい あざやかに あざやかに 200万光年の彼方まで あざやかに あざやかに 君の記憶の中に残りたい あざやかに あざやかに 200万光年の彼方まで あざやかに あざやかに  人に言えない馬鹿っ話でゲラゲラとよく笑ったね あの時の真剣さは決してただ事ではない 君と僕がほかに代わりのいない相棒ということ どんなに嬉しく いとしかったことか  尽くせなかったこと あの世で護る力になるんだ 約束のメロディー聴こえるのを待っている  ずっとずうっと 君の記憶の中に生きたい あざやかに あざやかに 200万光年の彼方まで あざやかに あざやかに 君の記憶の中に残りたい あざやかに あざやかに 200万光年の彼方まで あざやかに あざやかに
明日(get a way) 明日はまたやってくる 時は焦り迫る ループしてる日々は oh no (get a way) 限りあるエナジー このタイミングかけて あの峠越えよう 少しふかし登ろう my life  ホンネは言わない しがらみ面倒 だから愛想笑いもしない 誤解は極力 避けたいけれど 理解されるのもごめんさ  捕われない 自由なんて いつの日にか 彼方へと蹴散らした  (go on way) 希望という憂鬱 ひきかえに現実 キープしてくのも あぁ リスキー (go on way) 減速は早すぎる もう少しチャージして もうひとっ走りしよう 角を曲がりきるまで my life  あえて言うならば 僕らの日々は いつも誰かの為にあって すり減っていく自分の何かを 時と共に感じている  飽きるほどの 勝利なんて いつの日にか どこかへ捨て去った  (get a way) 明日はまたやってくる 時は焦り迫る ループしてる日々は oh no (get a way) 限りあるエナジー このタイミングかけて あの峠越えよう woh yeah !!  (go on way) 希望という憂鬱 ひきかえに現実 キープしてくのも あぁ リスキー (go on way) 減速は早すぎる もう少しチャージして もうひとっ走りしよう 角を曲がりきるまで my life沢田研二GRACE八島順一(get a way) 明日はまたやってくる 時は焦り迫る ループしてる日々は oh no (get a way) 限りあるエナジー このタイミングかけて あの峠越えよう 少しふかし登ろう my life  ホンネは言わない しがらみ面倒 だから愛想笑いもしない 誤解は極力 避けたいけれど 理解されるのもごめんさ  捕われない 自由なんて いつの日にか 彼方へと蹴散らした  (go on way) 希望という憂鬱 ひきかえに現実 キープしてくのも あぁ リスキー (go on way) 減速は早すぎる もう少しチャージして もうひとっ走りしよう 角を曲がりきるまで my life  あえて言うならば 僕らの日々は いつも誰かの為にあって すり減っていく自分の何かを 時と共に感じている  飽きるほどの 勝利なんて いつの日にか どこかへ捨て去った  (get a way) 明日はまたやってくる 時は焦り迫る ループしてる日々は oh no (get a way) 限りあるエナジー このタイミングかけて あの峠越えよう woh yeah !!  (go on way) 希望という憂鬱 ひきかえに現実 キープしてくのも あぁ リスキー (go on way) 減速は早すぎる もう少しチャージして もうひとっ走りしよう 角を曲がりきるまで my life
A・C・B「A C B」と言う 宝物さ 60年代の 激動の時 華の東京 夢と同じで 二度とは戻れない 「A C B」のハナシ yeah yeah  新宿は 明治通り 甲州街道の 交わる駅側 「ボリューム」と「登り亭」 間の地下のジャズ喫茶で 今で言うところのライブハウス やんちゃな姉ちゃん 物知りで  アシベ新宿 銀座じゃなく とても見やすいのよ どの席でも 君たち関西 初めてでしょ 教えて上げたいな 知らない事とか yeah yeah  「トッポジージョ」 流行ったね 色んな人想い出すけれど 「竹中労」 いたっけね 音楽には関係ないけれど ガツンと来た「カムイ伝」 訛言葉 笑われた  アシベの頃 どんな事も すごい誘惑だった 青春って苦い 自分のことで 余裕なくて 無責任だったね 怒ってもしょうがない しょうがない hoo  チュッチュルッチュ チュッチュルッチュ チュッチュルッチューチュルルルチュールチュ チュッチュルッチュ チュッチュルッチュ チュッチュルッチューチュルルルチュールチュ  物語はドキュメント 記憶の数だけ 謎はいらない yeah!  アシベの頃も 醒めていたよ 歳は食ったけれど 相変わらずで 2000年でも くたばってなかった 驚いているのは この僕なんだよ  おめでとうなんだね 黙々と 続けることしか 信じられないんだ ハピネスなら 少し解る 人の情けと笑顔 今も変わっちゃいない沢田研二沢田研二伊豆田洋之「A C B」と言う 宝物さ 60年代の 激動の時 華の東京 夢と同じで 二度とは戻れない 「A C B」のハナシ yeah yeah  新宿は 明治通り 甲州街道の 交わる駅側 「ボリューム」と「登り亭」 間の地下のジャズ喫茶で 今で言うところのライブハウス やんちゃな姉ちゃん 物知りで  アシベ新宿 銀座じゃなく とても見やすいのよ どの席でも 君たち関西 初めてでしょ 教えて上げたいな 知らない事とか yeah yeah  「トッポジージョ」 流行ったね 色んな人想い出すけれど 「竹中労」 いたっけね 音楽には関係ないけれど ガツンと来た「カムイ伝」 訛言葉 笑われた  アシベの頃 どんな事も すごい誘惑だった 青春って苦い 自分のことで 余裕なくて 無責任だったね 怒ってもしょうがない しょうがない hoo  チュッチュルッチュ チュッチュルッチュ チュッチュルッチューチュルルルチュールチュ チュッチュルッチュ チュッチュルッチュ チュッチュルッチューチュルルルチュールチュ  物語はドキュメント 記憶の数だけ 謎はいらない yeah!  アシベの頃も 醒めていたよ 歳は食ったけれど 相変わらずで 2000年でも くたばってなかった 驚いているのは この僕なんだよ  おめでとうなんだね 黙々と 続けることしか 信じられないんだ ハピネスなら 少し解る 人の情けと笑顔 今も変わっちゃいない
atom power星の数だけ馬鹿をしてきた取り戻せない後悔の山 挫けそうな影になる時に 虹の向こうと世界の端と呼び合う音が脳に響いて 生きる力呼び覚まさせるよ 優しい太陽抱きしめられて atom power 絶対死なない ああ続くよ記憶は消えない  夢の数だけ無茶も出来たな浮かれはしゃいだ輝いた日々 枯れることを怯えはしないさ 雄々しい大気に抱きしめられて atom power 絶対死なない ああ勇気だ10万馬力だ 優しい太陽抱きしめられて atom power 絶対死なない ああ続くよ記憶は消えない  Go Go Go Go Go Go Go......沢田研二沢田研二下山淳星の数だけ馬鹿をしてきた取り戻せない後悔の山 挫けそうな影になる時に 虹の向こうと世界の端と呼び合う音が脳に響いて 生きる力呼び覚まさせるよ 優しい太陽抱きしめられて atom power 絶対死なない ああ続くよ記憶は消えない  夢の数だけ無茶も出来たな浮かれはしゃいだ輝いた日々 枯れることを怯えはしないさ 雄々しい大気に抱きしめられて atom power 絶対死なない ああ勇気だ10万馬力だ 優しい太陽抱きしめられて atom power 絶対死なない ああ続くよ記憶は消えない  Go Go Go Go Go Go Go......
あなただけでいいあなただけでいい 何もなくていい どこか遠く 二人だけで 愛よもう一度  あなただけでいい 一人だけでいい そのくちびる 手を伸ばせば そこにはもういない 虚しい夜  忘れようとして 忘れられない 愛よ 愛よ 胸しめつける  あなただけでいい 抱いていればいい 生きることの 苦しみさえ 忘れさせてくれる そのやさしさ  あなただけでいい 何もなくていい どこへ行こう これから先 疲れた体を ひきずるように  忘れようとして 忘れられない 愛よ 愛よ もう一度だけ  あなただけでいい それで死んでいい 幸せには 出来なかった いとしいあなたを 呼びつづける  ラララ………………… ラララ………………… …………………………沢田研二安井かずみ平尾昌晃あなただけでいい 何もなくていい どこか遠く 二人だけで 愛よもう一度  あなただけでいい 一人だけでいい そのくちびる 手を伸ばせば そこにはもういない 虚しい夜  忘れようとして 忘れられない 愛よ 愛よ 胸しめつける  あなただけでいい 抱いていればいい 生きることの 苦しみさえ 忘れさせてくれる そのやさしさ  あなただけでいい 何もなくていい どこへ行こう これから先 疲れた体を ひきずるように  忘れようとして 忘れられない 愛よ 愛よ もう一度だけ  あなただけでいい それで死んでいい 幸せには 出来なかった いとしいあなたを 呼びつづける  ラララ………………… ラララ………………… …………………………
あなたでよかったひたいを押しつける 上着に染みついた 強い煙草の匂いと  抱き上げられるたび とても安心した 浮かぶ雲さえ この手に触れそうな近く  長い指 広げた手のカタチ あなたから もらった  やさしさと弱さを 裏おもてにして 目立たぬようにと 歩いてきたよね  時代がちがうこと わかりあえないまま 口をきかなくなってく  ひとりで生きていくと 思い込む若さを どんな気持ちで あなたは許してたんだろう  夕映えの坂道 思うたび 泣けるのを こらえる  気づけば どんな日も 満たされていたよ 受けとめきれぬほど ぎこちない愛に  傷つきやすさなら もう恨まないよ あなたが父親で よかったと言える  気づけば どんな日も 満たされていたよ 受けとめきれぬほど ぎこちない愛に  傷つきやすさなら もう恨まないよ あなたが父親で よかったと言える沢田研二覚和歌子依知川伸一ひたいを押しつける 上着に染みついた 強い煙草の匂いと  抱き上げられるたび とても安心した 浮かぶ雲さえ この手に触れそうな近く  長い指 広げた手のカタチ あなたから もらった  やさしさと弱さを 裏おもてにして 目立たぬようにと 歩いてきたよね  時代がちがうこと わかりあえないまま 口をきかなくなってく  ひとりで生きていくと 思い込む若さを どんな気持ちで あなたは許してたんだろう  夕映えの坂道 思うたび 泣けるのを こらえる  気づけば どんな日も 満たされていたよ 受けとめきれぬほど ぎこちない愛に  傷つきやすさなら もう恨まないよ あなたが父親で よかったと言える  気づけば どんな日も 満たされていたよ 受けとめきれぬほど ぎこちない愛に  傷つきやすさなら もう恨まないよ あなたが父親で よかったと言える
あなたに今夜はワインをふりかけあなたに今夜はワインをふりかけ 心まで 酔わせたい 酔わせたい アア あなたを  何か悪いことでもしている顔して 愛してはいけない  ぼくの胸に抱かれて夢みる時には 何もかも忘れて  悪ぶるくらい はしゃいでくれよ 酒も少し飲んでみたっていいさ あなたがそれでおそれを捨てて 愛の言葉をいえるのならば  あなたに今夜はワインをふりかけ 心まで 酔わせたい 酔わせたい アア あなたを  蒼い肌を転がる 涙の真珠を くちびるですくって  何で泣いているのと たずねてみたけど 爪を噛むばかりさ  はすっぱな口きいてもいいよ 好きと一度くらいいわせてみたい 仮面をぬいであなたの素顔 ぼくにはそっと見せておくれよ  あなたに今夜はワインをふりかけ 心まで 酔わせたい 酔わせたい アア あなたを  あなたに今夜はワインをふりかけ 心まで 酔わせたい 酔わせたい あなたに今夜はワインをふりかけ 心まで 酔わせたい 酔わせたい ラララ 心まで 酔わせたい 酔わせたい アア あなたを沢田研二阿久悠大野克夫あなたに今夜はワインをふりかけ 心まで 酔わせたい 酔わせたい アア あなたを  何か悪いことでもしている顔して 愛してはいけない  ぼくの胸に抱かれて夢みる時には 何もかも忘れて  悪ぶるくらい はしゃいでくれよ 酒も少し飲んでみたっていいさ あなたがそれでおそれを捨てて 愛の言葉をいえるのならば  あなたに今夜はワインをふりかけ 心まで 酔わせたい 酔わせたい アア あなたを  蒼い肌を転がる 涙の真珠を くちびるですくって  何で泣いているのと たずねてみたけど 爪を噛むばかりさ  はすっぱな口きいてもいいよ 好きと一度くらいいわせてみたい 仮面をぬいであなたの素顔 ぼくにはそっと見せておくれよ  あなたに今夜はワインをふりかけ 心まで 酔わせたい 酔わせたい アア あなたを  あなたに今夜はワインをふりかけ 心まで 酔わせたい 酔わせたい あなたに今夜はワインをふりかけ 心まで 酔わせたい 酔わせたい ラララ 心まで 酔わせたい 酔わせたい アア あなたを
あなたへの愛あなたが 言い出せば 悲しく 聞こえる 星もまばらな夜 何故か 遠い道  いつもなら 自然に つなぎ合う手と手も 跡切れがちな愛の 風に泣いている  誰れにも負けない ああ あなたへの愛を ああ 胸に抱きしめて ああ 今日まで来たのに  分り過ぎる程の あなたの気持を 傷つけるつもりは ないのに お互い  冷たい 指先を 暖めて あげたら 風の吹く日もまた 楽しかった 二人  愛を 引き止める ああ 鎖があるなら ああ 二人つながれて ああ どこまで行きたい  愛を 引き止める ああ 鎖があるなら ああ 二人つながれて ああ どこまで行きたい沢田研二安井かずみ加瀬邦彦あなたが 言い出せば 悲しく 聞こえる 星もまばらな夜 何故か 遠い道  いつもなら 自然に つなぎ合う手と手も 跡切れがちな愛の 風に泣いている  誰れにも負けない ああ あなたへの愛を ああ 胸に抱きしめて ああ 今日まで来たのに  分り過ぎる程の あなたの気持を 傷つけるつもりは ないのに お互い  冷たい 指先を 暖めて あげたら 風の吹く日もまた 楽しかった 二人  愛を 引き止める ああ 鎖があるなら ああ 二人つながれて ああ どこまで行きたい  愛を 引き止める ああ 鎖があるなら ああ 二人つながれて ああ どこまで行きたい
あの娘に御用心顔を見ちゃだめさ 視線をあわせないように あわせたが最後 君はあの娘のとりこ  毎日あの娘の夢ばかり 睡眠術にかかって 目覚めるのに5年はかかるよ  何はともあれ御用心御用心 逃げた方がいい 心を奪われる前に  顔を見ちゃだめさ 視線をあわせないように あわせたが最後 君はあの娘のとりこ  甘い誘惑知らんぷり 目を伏せて素通り 開いたが最後 君はあの娘のとりこ  追いかけ追いかけても つかまらない夢の中 5年もねたまま金縛り  何はともあれ御用心御用心 逃げた方がいい 心を奪われる前に  甘い誘惑知らんぷり 目を伏せて素通り 開いたが最後 君はあの娘のとりこ  何はともあれ御用心御用心 逃げた方がいい 心を奪われる前に  僕はとりこの第一号 その後ギセイ者数知れず お次は誰の番やら 君ももうすぐとりこ沢田研二大瀧詠一大瀧詠一顔を見ちゃだめさ 視線をあわせないように あわせたが最後 君はあの娘のとりこ  毎日あの娘の夢ばかり 睡眠術にかかって 目覚めるのに5年はかかるよ  何はともあれ御用心御用心 逃げた方がいい 心を奪われる前に  顔を見ちゃだめさ 視線をあわせないように あわせたが最後 君はあの娘のとりこ  甘い誘惑知らんぷり 目を伏せて素通り 開いたが最後 君はあの娘のとりこ  追いかけ追いかけても つかまらない夢の中 5年もねたまま金縛り  何はともあれ御用心御用心 逃げた方がいい 心を奪われる前に  甘い誘惑知らんぷり 目を伏せて素通り 開いたが最後 君はあの娘のとりこ  何はともあれ御用心御用心 逃げた方がいい 心を奪われる前に  僕はとりこの第一号 その後ギセイ者数知れず お次は誰の番やら 君ももうすぐとりこ
あの日は雨空の椅子に 話かける君は あきらめたように 笑う癖おぼえた  すぐに変わる 人も街景色も 流行り歌のよに 僕だけを置いて  同じ毛布に潜り込んだままで 陽が移りゆくのを一日眺めてた いとおしい日々  ごめんよ さよならさえ告げないで 約束誓ったのに ずっと一緒だと  朝から あの日は雨 雨だった ひとりで僕は逝った 煙ったHighway  写真嫌いの恋人じゃなかったら せめて少しマシな笑顔残せたのに 君のために  後悔なしになんか 生きられない どんなに抱きしめても 足りないはずだから  悲しむ君に 何もできないまま 愛してる叫んだって もう遅すぎるけど  潮騒 揺れる光 横切る風 すべてに僕はいるよ 空耳じゃない  終わりのない旅 また始めるまで いつでも僕はいるよ 気づいてほしいけど沢田研二覚和歌子下山淳空の椅子に 話かける君は あきらめたように 笑う癖おぼえた  すぐに変わる 人も街景色も 流行り歌のよに 僕だけを置いて  同じ毛布に潜り込んだままで 陽が移りゆくのを一日眺めてた いとおしい日々  ごめんよ さよならさえ告げないで 約束誓ったのに ずっと一緒だと  朝から あの日は雨 雨だった ひとりで僕は逝った 煙ったHighway  写真嫌いの恋人じゃなかったら せめて少しマシな笑顔残せたのに 君のために  後悔なしになんか 生きられない どんなに抱きしめても 足りないはずだから  悲しむ君に 何もできないまま 愛してる叫んだって もう遅すぎるけど  潮騒 揺れる光 横切る風 すべてに僕はいるよ 空耳じゃない  終わりのない旅 また始めるまで いつでも僕はいるよ 気づいてほしいけど
AMAPOLA(アマポーラ)AMAPOLA my pretty little poppy You're like that lovely flow'r so sweet and heavenly Since I found you my heart is wrapped around you And loving you it seems to beat a rhapsody  AMAPOLA the pretty little poppy Must copy its endearing charm from you  AMAPOLA,AMAPOLA How I long to hear you say “I love you”  アマポーラ 見つめつづけて来た 遠い 歳月 心を焦がして アマポーラ 清らかな天使 くちびるに 指さえ触れずに  アマポーラ 哀しすぎた 恋よ 求めても 面影 遥か  アマポーラ アマポーラ 今日も 夢路に 踊るよ沢田研二ALBERT GAMSE・湯川れいこJOSEPH M.LACALLEAMAPOLA my pretty little poppy You're like that lovely flow'r so sweet and heavenly Since I found you my heart is wrapped around you And loving you it seems to beat a rhapsody  AMAPOLA the pretty little poppy Must copy its endearing charm from you  AMAPOLA,AMAPOLA How I long to hear you say “I love you”  アマポーラ 見つめつづけて来た 遠い 歳月 心を焦がして アマポーラ 清らかな天使 くちびるに 指さえ触れずに  アマポーラ 哀しすぎた 恋よ 求めても 面影 遥か  アマポーラ アマポーラ 今日も 夢路に 踊るよ
アムネジア何もわかっちゃいないんだな お前の罪 今さら帰っても また出てゆくだけだろう ドアを3回 こきざみにノックをする お前が帰ってきたことの合図さ おれの愛した 香水ふりかけて 涙がつきものの I'm Sorry くりかえすだけだろう  Cry No More Baby お前のことは忘れちまった Everything Is Cancel おれの女でいたいなら きのうのお前をクールにすてろ  ちょっと ころんですりむいた 心のきず いえてしまえば あの男のところに くつを手に持ち しのびあしで あるいてゆく しらんふりして また たばこに火をつける 都会のネオンに 写ったその顔は おれといるよりも So Happy くりかえすだけだろう  Cry No More Baby お前のことは忘れちまった Everything Is Cancel おれの女でいたいなら きのうのお前をクールにすてろ  Cry No More Baby お前のことは忘れちまった Everything Is Cancel おれの女でいたいなら きのうのお前をクールにすてろ……沢田研二りりィりりィ何もわかっちゃいないんだな お前の罪 今さら帰っても また出てゆくだけだろう ドアを3回 こきざみにノックをする お前が帰ってきたことの合図さ おれの愛した 香水ふりかけて 涙がつきものの I'm Sorry くりかえすだけだろう  Cry No More Baby お前のことは忘れちまった Everything Is Cancel おれの女でいたいなら きのうのお前をクールにすてろ  ちょっと ころんですりむいた 心のきず いえてしまえば あの男のところに くつを手に持ち しのびあしで あるいてゆく しらんふりして また たばこに火をつける 都会のネオンに 写ったその顔は おれといるよりも So Happy くりかえすだけだろう  Cry No More Baby お前のことは忘れちまった Everything Is Cancel おれの女でいたいなら きのうのお前をクールにすてろ  Cry No More Baby お前のことは忘れちまった Everything Is Cancel おれの女でいたいなら きのうのお前をクールにすてろ……
雨の日の出来事君が誰かと 通りすぎたのを 僕はみてた 雨の夜 今日まで大事に 取っておいたのに 僕は捨てた あの手紙 ふりしきる雨に聞いても知らない 今ではもう言いわけもいらない 君はどこかで 知らない誰かと 僕のことを 忘れてる 淋しく雨の街角をさまよう 誰にも今は会いたくないのさ やさしい言葉は むなしく聞こえる 僕は憎む いつわりを沢田研二安井かずみ村井邦彦君が誰かと 通りすぎたのを 僕はみてた 雨の夜 今日まで大事に 取っておいたのに 僕は捨てた あの手紙 ふりしきる雨に聞いても知らない 今ではもう言いわけもいらない 君はどこかで 知らない誰かと 僕のことを 忘れてる 淋しく雨の街角をさまよう 誰にも今は会いたくないのさ やさしい言葉は むなしく聞こえる 僕は憎む いつわりを
アルシオネ瞳を閉じた 寒風の空 その星はある ひときわ輝いて その星をそっと仰ぐキミ キミの廻りを めぐるボク 無限に走る この空間は いつか限りを見つけ出す 闇を抜けて  引き裂かれそう たとえ夜が明けても ボクは完全な 孤独にうちふるえ 聖なる球体を見上げてる 両手拡げ  紅くにじんだ この世の果てに キミを盗んだ 土ぼこりが舞うよ  何も無いのが悟りなの? 受け入れるのが愛なのか? 罪を背負って たどり着く場所 時よ放たれ塵になれ 光る海に  引き裂かれそう たとえ夜が明けても ボクは完全な 孤独にうちふるえ 聖なる球体を見上げてる 抱いて欲しい  引き裂かれそう たとえ夜が明けても ボクは完全な 孤独にうちふるえ 聖なる球体を見上げてる 両手拡げ沢田研二GRACE伊藤銀次瞳を閉じた 寒風の空 その星はある ひときわ輝いて その星をそっと仰ぐキミ キミの廻りを めぐるボク 無限に走る この空間は いつか限りを見つけ出す 闇を抜けて  引き裂かれそう たとえ夜が明けても ボクは完全な 孤独にうちふるえ 聖なる球体を見上げてる 両手拡げ  紅くにじんだ この世の果てに キミを盗んだ 土ぼこりが舞うよ  何も無いのが悟りなの? 受け入れるのが愛なのか? 罪を背負って たどり着く場所 時よ放たれ塵になれ 光る海に  引き裂かれそう たとえ夜が明けても ボクは完全な 孤独にうちふるえ 聖なる球体を見上げてる 抱いて欲しい  引き裂かれそう たとえ夜が明けても ボクは完全な 孤独にうちふるえ 聖なる球体を見上げてる 両手拡げ
いい風よ吹けいい風よ吹け 眠りに誘い 君を汗ばませたら いい風よ吹け  いい風よ吹け 目覚めたときに  僕を想い出すような いい風よ吹け あそこに吹け  西日に透ける影にどっきり ハンモックから すり抜けてくる  あと何回抱きしめたら 君は壊れてしまう 僕も溶けて行くんだね この目に記して 赤い血が流れているのが 哀しいのではなくて いとおしいと想える そっといい風よ吹け  いい風が吹く 夕闇に吹く 君が慰めるような いい風が吹く  いい風が吹く 夜露もうれし 君を温められる いい風が吹く ここにも吹く  月の光に乳房くっきり キャミソールから 背伸びしている  あと何回夏を越えて 僕は楽になれるか 君と溶けて行くんだね 記憶に灼きつけ 青い空飛んで行く鳥が 羨ましくはなくて  辛いだろうと想う そっといい風よ吹け  二人過ごした密度は Lovely 無駄なことなど何もなかった  あと何回抱きしめたら 君は壊れてしまう 僕も溶けて行くんだね 記憶に灼きつけ 青い空飛んで行く鳥が 羨ましくはなくて いとおしいと想える そっといい風よ吹け沢田研二沢田研二樋口了一いい風よ吹け 眠りに誘い 君を汗ばませたら いい風よ吹け  いい風よ吹け 目覚めたときに  僕を想い出すような いい風よ吹け あそこに吹け  西日に透ける影にどっきり ハンモックから すり抜けてくる  あと何回抱きしめたら 君は壊れてしまう 僕も溶けて行くんだね この目に記して 赤い血が流れているのが 哀しいのではなくて いとおしいと想える そっといい風よ吹け  いい風が吹く 夕闇に吹く 君が慰めるような いい風が吹く  いい風が吹く 夜露もうれし 君を温められる いい風が吹く ここにも吹く  月の光に乳房くっきり キャミソールから 背伸びしている  あと何回夏を越えて 僕は楽になれるか 君と溶けて行くんだね 記憶に灼きつけ 青い空飛んで行く鳥が 羨ましくはなくて  辛いだろうと想う そっといい風よ吹け  二人過ごした密度は Lovely 無駄なことなど何もなかった  あと何回抱きしめたら 君は壊れてしまう 僕も溶けて行くんだね 記憶に灼きつけ 青い空飛んで行く鳥が 羨ましくはなくて いとおしいと想える そっといい風よ吹け
生きてたらシアワセ万難排して来たよ 君ととうとうこんなとこまで Dual Life だなんて 何が新しい生き方 悠悠自適が良いの 互い干渉しないで良いの 君も縛られないか 僕も自由で清々かな 生きてたらシアワセ どんな僕も抱きしめ どんな僕も受け止め ok 僕が必要だから どんな僕も許して oh yeah  愛の深さだって 想う強さも計れない 解ってるのにいつも 取り乱してしまってる僕 どうか信じて欲しい 悲しい結末は御免だ 「ともに白髪の」ならば 微笑み合える未来が 生きてたらシアワセ 言って良い どんな君も抱きしめ どんな君も受け止め ok 僕が必要なのは 君と歩く道のり oh yeah 君がいてこそだよね 手を広げ待つ明日 ok 空気と水みたいだし 火と油みたいだし oh yeah  感謝してるよずっと 憎い奴だと思う 生きてたらシアワセ どんな君も抱きしめ どんな君も受け止め ok どんな君も抱きしめ どんな君も受け止め oh yeah  どんな君も抱きしめ どんな君も受け止め ok どんな君も抱きしめ どんな君も受け止め oh yeah どんな君も抱きしめ どんな君も受け止め……沢田研二沢田研二白井良明万難排して来たよ 君ととうとうこんなとこまで Dual Life だなんて 何が新しい生き方 悠悠自適が良いの 互い干渉しないで良いの 君も縛られないか 僕も自由で清々かな 生きてたらシアワセ どんな僕も抱きしめ どんな僕も受け止め ok 僕が必要だから どんな僕も許して oh yeah  愛の深さだって 想う強さも計れない 解ってるのにいつも 取り乱してしまってる僕 どうか信じて欲しい 悲しい結末は御免だ 「ともに白髪の」ならば 微笑み合える未来が 生きてたらシアワセ 言って良い どんな君も抱きしめ どんな君も受け止め ok 僕が必要なのは 君と歩く道のり oh yeah 君がいてこそだよね 手を広げ待つ明日 ok 空気と水みたいだし 火と油みたいだし oh yeah  感謝してるよずっと 憎い奴だと思う 生きてたらシアワセ どんな君も抱きしめ どんな君も受け止め ok どんな君も抱きしめ どんな君も受け止め oh yeah  どんな君も抱きしめ どんな君も受け止め ok どんな君も抱きしめ どんな君も受け止め oh yeah どんな君も抱きしめ どんな君も受け止め……
生きてる実感君にどうしようもない嘘をついては 今日に追われたり 言い訳ばかりが先回りをして ヤケに黙り込む  馬鹿ですね人間は 毎日が反省だ そう妬み 嫉み うとましいコトも きっと生きてる実感なんだ  いつもの坂道駆け抜けて行けば 汗が風になる 色めいた季節始まる匂いに しばし休んだり  賢いね歳月は 瞬間の連続だ でも揺れる 笑う いとおしいコトも 実に生きてる実感なんだ  倦怠は迷い 偽善は憮然だ あああ 生きてゆく 気付く度に  でも揺れる 笑う いとおしいコトも 実に生きてる実感なんだ 実に生きてる実感なんだ沢田研二GRACE加藤ひさし君にどうしようもない嘘をついては 今日に追われたり 言い訳ばかりが先回りをして ヤケに黙り込む  馬鹿ですね人間は 毎日が反省だ そう妬み 嫉み うとましいコトも きっと生きてる実感なんだ  いつもの坂道駆け抜けて行けば 汗が風になる 色めいた季節始まる匂いに しばし休んだり  賢いね歳月は 瞬間の連続だ でも揺れる 笑う いとおしいコトも 実に生きてる実感なんだ  倦怠は迷い 偽善は憮然だ あああ 生きてゆく 気付く度に  でも揺れる 笑う いとおしいコトも 実に生きてる実感なんだ 実に生きてる実感なんだ
いとしいひとがいる癒せぬ痛みで背を向けた あの日もこんな雨さ 二年振り出会った笑顔に 応える僕がいる  切なさで できた恋は きっと あなたが最初で最後 尖った三日月 ふたつで きらめいていたね だけど過ぎた時間(とき) それは胸にしまえる静けさになって 思い出よりも いとしいひとがいる 今は  見慣れぬルージュのくちびるが 鮮やかすぎるみたい 流れる季節は 世界ごと 僕を変えていった  恋した頃には まるでぴかぴかしてた言葉や仕草 離れた距離だけ 光を失うと 知るよ そうさ過ぎた時間(とき) 語る 懐かしさならもういらないさ 思い出よりも いとしいひとがいる 今は  あなたの笑顔に 二度と動かぬ心で確かめてる 心はいつでもひとつの恋だけで 足りる そして胸の中灯る 明かり見つめて僕はつぶやく 思い出よりも いとしいひとがいる 今は沢田研二覚和歌子芹澤廣明癒せぬ痛みで背を向けた あの日もこんな雨さ 二年振り出会った笑顔に 応える僕がいる  切なさで できた恋は きっと あなたが最初で最後 尖った三日月 ふたつで きらめいていたね だけど過ぎた時間(とき) それは胸にしまえる静けさになって 思い出よりも いとしいひとがいる 今は  見慣れぬルージュのくちびるが 鮮やかすぎるみたい 流れる季節は 世界ごと 僕を変えていった  恋した頃には まるでぴかぴかしてた言葉や仕草 離れた距離だけ 光を失うと 知るよ そうさ過ぎた時間(とき) 語る 懐かしさならもういらないさ 思い出よりも いとしいひとがいる 今は  あなたの笑顔に 二度と動かぬ心で確かめてる 心はいつでもひとつの恋だけで 足りる そして胸の中灯る 明かり見つめて僕はつぶやく 思い出よりも いとしいひとがいる 今は
いとしの惑星ふたり出会った惑星(ほし)が 手の中で呼吸をしてる 銀河の外れで ひそやかに光る青は いとしさの色だよ  波音を聞いていると 言葉がいらなくなる 心ごと奪った 君の全ては ねえ今でも しあわせ  鮮やかなイノチほどに 生きるのが切なくて  ふたり出会った惑星が 手の中で呼吸をしてる 東の最果て 星降るまぶしい夜に 抱かれて  過ちも悲しみも 繰り返されてしまう 測れる広さの 大地の上で 涙はなぜ尽きない  消えていくイノチだけど ひとつずつが特別  君を見つけた惑星が こんなにも ときめいてる 銀河の外れで ひそやかに光る青は いとしさの色だよ  この世は 女神の 描いた夢  ふたり出会った惑星が 手の中で呼吸をしてる 銀河の外れで ひそやかに光る青は いとしさの色だよ  君を見つけた惑星が こんなにも ときめいてる 銀河の外れで ひそやかに光る青は いとしさの色だよ  ふたり出会った惑星が 手の中で呼吸をしてる 銀河の外れで ……………沢田研二覚和歌子吉田光ふたり出会った惑星(ほし)が 手の中で呼吸をしてる 銀河の外れで ひそやかに光る青は いとしさの色だよ  波音を聞いていると 言葉がいらなくなる 心ごと奪った 君の全ては ねえ今でも しあわせ  鮮やかなイノチほどに 生きるのが切なくて  ふたり出会った惑星が 手の中で呼吸をしてる 東の最果て 星降るまぶしい夜に 抱かれて  過ちも悲しみも 繰り返されてしまう 測れる広さの 大地の上で 涙はなぜ尽きない  消えていくイノチだけど ひとつずつが特別  君を見つけた惑星が こんなにも ときめいてる 銀河の外れで ひそやかに光る青は いとしさの色だよ  この世は 女神の 描いた夢  ふたり出会った惑星が 手の中で呼吸をしてる 銀河の外れで ひそやかに光る青は いとしさの色だよ  君を見つけた惑星が こんなにも ときめいてる 銀河の外れで ひそやかに光る青は いとしさの色だよ  ふたり出会った惑星が 手の中で呼吸をしてる 銀河の外れで ……………
インチキ小町ドアを蹴立てて ナナメに振り向き 君はヒール投げる 天衣無縫 弾けすぎてる 海が見たいと 言ったのは誰だ  きっとこのまま ひきずられて 行くんだろう 世界の果てまで  勘弁して 君は若い そりゃもう 天災だね ふってわいた 災難 感電した 僕が悪い そりゃそう 「全敗でしょ」 勝ち誇って 言うなよ  高速 裸足で 逆さに歩いて 逮捕されてしまえ 馬耳東風 後ろ姿の インチキ小町 これだから負ける  つらぬいてこそ 愛なんだよ モラルには たまにしばられる  勘弁して どんなことも 聞くから 尋常じゃない あとのまつり 手おくれ 散々だね すかんぴんさ 身ぐるみ 降参する ウソじゃないよ 愛してるよ ほんとか  ねえ 試練を 投げない 者だけに ねえ 授かる 平和が あるよね  勘弁して 君は若い そりゃもう 天災だね ふってわいた 災難 感電した 僕が悪い そりゃそう 降参する ウソじゃないよ 愛してるよ あとのまつり すかんぴんさ バンザイ...沢田研二覚和歌子依知川伸一ドアを蹴立てて ナナメに振り向き 君はヒール投げる 天衣無縫 弾けすぎてる 海が見たいと 言ったのは誰だ  きっとこのまま ひきずられて 行くんだろう 世界の果てまで  勘弁して 君は若い そりゃもう 天災だね ふってわいた 災難 感電した 僕が悪い そりゃそう 「全敗でしょ」 勝ち誇って 言うなよ  高速 裸足で 逆さに歩いて 逮捕されてしまえ 馬耳東風 後ろ姿の インチキ小町 これだから負ける  つらぬいてこそ 愛なんだよ モラルには たまにしばられる  勘弁して どんなことも 聞くから 尋常じゃない あとのまつり 手おくれ 散々だね すかんぴんさ 身ぐるみ 降参する ウソじゃないよ 愛してるよ ほんとか  ねえ 試練を 投げない 者だけに ねえ 授かる 平和が あるよね  勘弁して 君は若い そりゃもう 天災だね ふってわいた 災難 感電した 僕が悪い そりゃそう 降参する ウソじゃないよ 愛してるよ あとのまつり すかんぴんさ バンザイ...
ウィンクでさよならあなたの写真を裏返し 別の誰かと 部屋でキッス なんだか あわてた浮気では 心はちっとも 燃えなかった  あなたと出会ったときめきが この頃 色あせて 塗りかえなくちゃいけないと 思っただけなのさ  I LOVE YOU I NEED YOU 決まりのせりふで悪いけど I LOVE YOU I NEED YOU それしか僕にはいえないよ  ベッドに 見馴れぬコンパクト あなたは気づかぬふりをする どうしてそんなに クールなの 立場が ますます悪くなる  あなたにあっさりウィンクで さよならされそうで 気が気じゃないのは 誠実な 気持のしるしだよ  I LOVE YOU I NEED YOU 決まりの せりふで悪いけど I LOVE YOU I NEED YOU やっぱり あなたのほかにない沢田研二荒井由実加瀬邦彦あなたの写真を裏返し 別の誰かと 部屋でキッス なんだか あわてた浮気では 心はちっとも 燃えなかった  あなたと出会ったときめきが この頃 色あせて 塗りかえなくちゃいけないと 思っただけなのさ  I LOVE YOU I NEED YOU 決まりのせりふで悪いけど I LOVE YOU I NEED YOU それしか僕にはいえないよ  ベッドに 見馴れぬコンパクト あなたは気づかぬふりをする どうしてそんなに クールなの 立場が ますます悪くなる  あなたにあっさりウィンクで さよならされそうで 気が気じゃないのは 誠実な 気持のしるしだよ  I LOVE YOU I NEED YOU 決まりの せりふで悪いけど I LOVE YOU I NEED YOU やっぱり あなたのほかにない
海に還るべき・だろう月に行くなんて とても行けない すごいなと思うけれども どうしても怖いんだ 星になるのが 欲張り僕等は  この地球でさえ 手に余ってる 違うなと思ってるんだ そうまでも行かなきゃあ ならないのか 僕さえ宇宙さ  神秘への旅は海がいいな 海に還るべきなんじゃない どうだろう  海を見ていると 懐かしいのは 遠すぎる記憶なんだよ この星に生まれつき 棲み続けて 分け合おう護ろう  山を見ていると 落ち着けるのは 進化した証なんだよ いつだって見つめてた 答えなんだ ひとつの本能  神秘への旅は海がいいじゃん 海に還るべきなんじゃない そうだろう  月に行くなんて 今でも不思議 君残し尚更行けない 宇宙から見なくても 青いんだよ 地球は海だよ  神秘への旅は海がいいな 海に還るべきなんじゃない どうだろう  ララララララララ ララララララララ ラララララ ラララララララ ダダダダダ ダダダダダ ダダダダダ ダダダダダ ダダダダダ沢田研二沢田研二沢田研二月に行くなんて とても行けない すごいなと思うけれども どうしても怖いんだ 星になるのが 欲張り僕等は  この地球でさえ 手に余ってる 違うなと思ってるんだ そうまでも行かなきゃあ ならないのか 僕さえ宇宙さ  神秘への旅は海がいいな 海に還るべきなんじゃない どうだろう  海を見ていると 懐かしいのは 遠すぎる記憶なんだよ この星に生まれつき 棲み続けて 分け合おう護ろう  山を見ていると 落ち着けるのは 進化した証なんだよ いつだって見つめてた 答えなんだ ひとつの本能  神秘への旅は海がいいじゃん 海に還るべきなんじゃない そうだろう  月に行くなんて 今でも不思議 君残し尚更行けない 宇宙から見なくても 青いんだよ 地球は海だよ  神秘への旅は海がいいな 海に還るべきなんじゃない どうだろう  ララララララララ ララララララララ ラララララ ラララララララ ダダダダダ ダダダダダ ダダダダダ ダダダダダ ダダダダダ
麗しき裏切りある夜の偶然 始まりはなりゆき 会うたびに 好きになるなんて  イメージは激しく その心優しく その谷間(みぞ)に 落ちてゆく僕さ  ほどいてゆく君はとても 素敵で追いつけない  僕をどこまで 惑わせるの 麗しき裏切りで こんなはずじゃなかったのに 騙される快楽に溺れて 溺れて  さりげない微笑み それだけで充分 この僕を 振りまわすなんて  噂では冷たく 真実は純情 影を脱ぎ 光へと変わる  時間が流れてゆくほど 君しか見えなくなる  僕をどこまで 連れてゆくの 麗しき裏切りで キリがなく 終わりもなく 抱きしめる 君だけを 夢中で 夢中で  涙が流れてゆくほど 君しか見えなくなる  僕をどこまで 惑わせるの 麗しき裏切りで こんなはずじゃなかったのに 騙される快楽に  どこまでも 連れてゆくの 麗しき裏切りで キリがなく 終わりもなく 抱きしめる 君だけを 夢中で沢田研二朝水彼方依知川伸一ある夜の偶然 始まりはなりゆき 会うたびに 好きになるなんて  イメージは激しく その心優しく その谷間(みぞ)に 落ちてゆく僕さ  ほどいてゆく君はとても 素敵で追いつけない  僕をどこまで 惑わせるの 麗しき裏切りで こんなはずじゃなかったのに 騙される快楽に溺れて 溺れて  さりげない微笑み それだけで充分 この僕を 振りまわすなんて  噂では冷たく 真実は純情 影を脱ぎ 光へと変わる  時間が流れてゆくほど 君しか見えなくなる  僕をどこまで 連れてゆくの 麗しき裏切りで キリがなく 終わりもなく 抱きしめる 君だけを 夢中で 夢中で  涙が流れてゆくほど 君しか見えなくなる  僕をどこまで 惑わせるの 麗しき裏切りで こんなはずじゃなかったのに 騙される快楽に  どこまでも 連れてゆくの 麗しき裏切りで キリがなく 終わりもなく 抱きしめる 君だけを 夢中で
噂のモニター俺の体を 切り刻む 噂 熱い体を 切り刻む 噂 すじ書き通り 流せよ お前のねらいは わかっているさ  俺の体が 空飛んだ NEWS どこに体が 飛べるんだ? NEWS 思惑通り 飛ばせよ 俺の手足は ここしかないさ  噂のモニター Everybodyモニター 応援するぜ Tu Tu Tu Tu 噂のモニター Everybodyキャスター 俺もいっしょに Tu Tu Tu going on  俺のハートが バラバラな噂 熱いハートが バラバラな噂 夜空いっぱい バラせよ お前の誤解は 自分のためさ  俺のハートを バラまいた ヴィジョン 冬の花火で バラまいた ヴィジョン 彼方いっぱい 照らせよ 熱い火種は たっぷりあるさ  噂のモニター Everybodyモニター 指を鳴らして Tu Tu Tu Tu 噂のモニター Everybodyキャスター 君もいっしょに Tu Tu Tu Tu  噂のモニター Everybodyモニター ヴォリュームあげて Tu Tu Tu Tu 噂のモニター Everybodyキャスター 街をゆるがせ Tu Tu Tu going on沢田研二サエキけんぞう吉田建俺の体を 切り刻む 噂 熱い体を 切り刻む 噂 すじ書き通り 流せよ お前のねらいは わかっているさ  俺の体が 空飛んだ NEWS どこに体が 飛べるんだ? NEWS 思惑通り 飛ばせよ 俺の手足は ここしかないさ  噂のモニター Everybodyモニター 応援するぜ Tu Tu Tu Tu 噂のモニター Everybodyキャスター 俺もいっしょに Tu Tu Tu going on  俺のハートが バラバラな噂 熱いハートが バラバラな噂 夜空いっぱい バラせよ お前の誤解は 自分のためさ  俺のハートを バラまいた ヴィジョン 冬の花火で バラまいた ヴィジョン 彼方いっぱい 照らせよ 熱い火種は たっぷりあるさ  噂のモニター Everybodyモニター 指を鳴らして Tu Tu Tu Tu 噂のモニター Everybodyキャスター 君もいっしょに Tu Tu Tu Tu  噂のモニター Everybodyモニター ヴォリュームあげて Tu Tu Tu Tu 噂のモニター Everybodyキャスター 街をゆるがせ Tu Tu Tu going on
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
永遠系はなさない この星がたとえ壊れても 君の手を強く つかんでる 変わらないトキメキに驚いてしまう 覚めぬ夢連れて生きていこう  なぜ飽きないの 毎日同じ顔見て まるで初恋なのは 誰の仕業なんだろう 見えない幸せは説明ができない  昨日より今日が不確かな時代だが これは小説のような類い稀な現実 天使の計画ははかれない誰にも はなさない このからだたとえ朽ちても 君だけを強く抱いている 終わらない悦びがふたりの船さ どこまでも永遠の波に揺れて  はなさない このからだたとえ朽ちても 君だけを強く抱いている 終わらない悦びがふたりの船さ どこまでも永遠の波に揺れて沢田研二覚和歌子八島順一はなさない この星がたとえ壊れても 君の手を強く つかんでる 変わらないトキメキに驚いてしまう 覚めぬ夢連れて生きていこう  なぜ飽きないの 毎日同じ顔見て まるで初恋なのは 誰の仕業なんだろう 見えない幸せは説明ができない  昨日より今日が不確かな時代だが これは小説のような類い稀な現実 天使の計画ははかれない誰にも はなさない このからだたとえ朽ちても 君だけを強く抱いている 終わらない悦びがふたりの船さ どこまでも永遠の波に揺れて  はなさない このからだたとえ朽ちても 君だけを強く抱いている 終わらない悦びがふたりの船さ どこまでも永遠の波に揺れて
永遠に君どこか遠くへ ただ二人だけで でかけないか 何も持たず 風のように 旅をしよう  いま愛の渇きを 君と癒したい いつもだけど このわがまま 笑いながら 聞いてよ  誰も知らない丘の上で よりそえば よみがえる いつか ここまで辿りついた 僕たちの年月  おいで僕の腕に おいで鳥が飛ぶよ あの空のように 輝いて愛したい  君 信じて欲しい 君 泣いているの 君 僕はいつも君のものさ 二人は 変わらない  君いつも淋しい 思いをさせたね 男の夢 追いつづけて 憩いはただ 君の胸  君 僕を支えた 愛に応えたい 嬉しいとき くちづけする 君の癖が 可愛い  白い浜辺の砂に寝よう まぶしさに瞳(め)をとじて いつか 地球が終る日まで このままでいたいね  聞こう波がさわぐ 聞こう時の流れ いま手を重ねて 歓びを伝えあおう  君 信じて欲しい 君 泣いているの 君 僕はいつも君のものさ 二人は 変わらない  君 信じて欲しい 君 泣いているの 君 僕はいつも君のものさ 二人は 変わらない沢田研二岩谷時子宮川泰君どこか遠くへ ただ二人だけで でかけないか 何も持たず 風のように 旅をしよう  いま愛の渇きを 君と癒したい いつもだけど このわがまま 笑いながら 聞いてよ  誰も知らない丘の上で よりそえば よみがえる いつか ここまで辿りついた 僕たちの年月  おいで僕の腕に おいで鳥が飛ぶよ あの空のように 輝いて愛したい  君 信じて欲しい 君 泣いているの 君 僕はいつも君のものさ 二人は 変わらない  君いつも淋しい 思いをさせたね 男の夢 追いつづけて 憩いはただ 君の胸  君 僕を支えた 愛に応えたい 嬉しいとき くちづけする 君の癖が 可愛い  白い浜辺の砂に寝よう まぶしさに瞳(め)をとじて いつか 地球が終る日まで このままでいたいね  聞こう波がさわぐ 聞こう時の流れ いま手を重ねて 歓びを伝えあおう  君 信じて欲しい 君 泣いているの 君 僕はいつも君のものさ 二人は 変わらない  君 信じて欲しい 君 泣いているの 君 僕はいつも君のものさ 二人は 変わらない
everyday Joeそりゃもう あれこれ いい加減 切羽つまってたら まさかのタイミングで登場したもんだから やってられない やってられない とんだタヌキ 化けたもんだ あんなこと こんなこと みんなに言われても もう あっと言う間もなく惚れられちゃったのよ ああ 天と地がさかさになったよな騒ぎで やってられない やってられない 好きにしてちょ 限度なしで あ まさかのシッチェションで惚れられちゃったのよ  愁いにじんだ この背中 女心をイカすのさ わけもないぜ  Everyday Joe Everyday Joe あんなトコ こんなトコ 発見してドキドキ あ あんなトコ こんなトコ 早朝からズキズキ やってられない やってられない 予告なしで 限度なしで あ まさかのタイミングで惚れられちゃってんから  寡黙に冷めた この声が 女心を濡らすのは 無理もないぜ  あ あんなこと こんなこと発表して何もかんも あ いったい どんなとこまで連れてってあげよか やってられない やってられない 好きにしてちょ 限度なしで あ まさかのシッチェションで惚れられちゃってんから沢田研二覚和歌子ムッシュかまやつそりゃもう あれこれ いい加減 切羽つまってたら まさかのタイミングで登場したもんだから やってられない やってられない とんだタヌキ 化けたもんだ あんなこと こんなこと みんなに言われても もう あっと言う間もなく惚れられちゃったのよ ああ 天と地がさかさになったよな騒ぎで やってられない やってられない 好きにしてちょ 限度なしで あ まさかのシッチェションで惚れられちゃったのよ  愁いにじんだ この背中 女心をイカすのさ わけもないぜ  Everyday Joe Everyday Joe あんなトコ こんなトコ 発見してドキドキ あ あんなトコ こんなトコ 早朝からズキズキ やってられない やってられない 予告なしで 限度なしで あ まさかのタイミングで惚れられちゃってんから  寡黙に冷めた この声が 女心を濡らすのは 無理もないぜ  あ あんなこと こんなこと発表して何もかんも あ いったい どんなとこまで連れてってあげよか やってられない やってられない 好きにしてちょ 限度なしで あ まさかのシッチェションで惚れられちゃってんから
エンジェル天気予報はずれ 突然 雨 今日も 日が悪いよね Z2飛ばし君は びしょ濡れだね メット外して  ポニイテイルほどく 君 しぐさが眩しい シビレル 愛した訳解った  キツネのヨメイリだ 太陽が射し込んで 大粒のシャワーも 止んではくれない ワァオ! 映画のワンシーンみたいだ ゾクゾクするよ  ジッパー ヂリリ 下ろして レザースーツ脱いだ  僕の予想ピタリ いきなりキス 今日の 空にアリガト ベッドカバー剥がし 滑りこむよ 君と手を取り  バァディートークからみ 君 素肌が優しい フルエル のぼせる意味感じて  タヌキのオマツリだ カミナリが閃いた くしゃくしゃのシーツを すっぽり被って ワァオ! 映画のクライマックスみたい ウルウル来るよ  ルウジュ ゴクリ 舐めたら エンジェル肩を噛んだ沢田研二沢田研二川村結花天気予報はずれ 突然 雨 今日も 日が悪いよね Z2飛ばし君は びしょ濡れだね メット外して  ポニイテイルほどく 君 しぐさが眩しい シビレル 愛した訳解った  キツネのヨメイリだ 太陽が射し込んで 大粒のシャワーも 止んではくれない ワァオ! 映画のワンシーンみたいだ ゾクゾクするよ  ジッパー ヂリリ 下ろして レザースーツ脱いだ  僕の予想ピタリ いきなりキス 今日の 空にアリガト ベッドカバー剥がし 滑りこむよ 君と手を取り  バァディートークからみ 君 素肌が優しい フルエル のぼせる意味感じて  タヌキのオマツリだ カミナリが閃いた くしゃくしゃのシーツを すっぽり被って ワァオ! 映画のクライマックスみたい ウルウル来るよ  ルウジュ ゴクリ 舐めたら エンジェル肩を噛んだ
a・b・c.....i love you順番ならやってみよう 高い気持ちに着きたいから ガイドブックの矢印通りに 公園から手をつないで 君と満足できるまで a b c d e f g h i love you  地図があるなら教えておくれ だれもがまだ知らないような すごいピークに連れてゆきたいから 気がぬけちゃうラブ・スケープへ 君が満足できるまで a b c d e f g h i love you  思いがけない出来事 甘い場所に出会うたびに 好奇心鋭くなるね 求めたりない No No No No No No  クリアするほど君はキレイに うるむ瞳で あっちとねだる ページすべてめくったというのにまだまだ レモン一つ 絞り切れてないみたい いつか満足できるよね 心配だけれど後悔なんかしない a b c d e f g h i love you  十字架切って キスを スペースシャトルくらいグラグラする 愛に登りつめそうさ 下を見ないで Go Go Go Go Go Go Go i love you…  i love you… i love you… i love you…沢田研二サエキけんぞうDual Dream順番ならやってみよう 高い気持ちに着きたいから ガイドブックの矢印通りに 公園から手をつないで 君と満足できるまで a b c d e f g h i love you  地図があるなら教えておくれ だれもがまだ知らないような すごいピークに連れてゆきたいから 気がぬけちゃうラブ・スケープへ 君が満足できるまで a b c d e f g h i love you  思いがけない出来事 甘い場所に出会うたびに 好奇心鋭くなるね 求めたりない No No No No No No  クリアするほど君はキレイに うるむ瞳で あっちとねだる ページすべてめくったというのにまだまだ レモン一つ 絞り切れてないみたい いつか満足できるよね 心配だけれど後悔なんかしない a b c d e f g h i love you  十字架切って キスを スペースシャトルくらいグラグラする 愛に登りつめそうさ 下を見ないで Go Go Go Go Go Go Go i love you…  i love you… i love you… i love you…
お気楽が極楽イカシタ 話し ほんと ないね こんな 時こそ パーッと やろう 世界で たった ひとり だけの 君に ハートに 今日も 叫ぶ ニューソング  君に気づきたくないんだろ 素敵なんだぞ 夢じゃないんだぞ (optimistic) 誰も傷つきたくないんだよ 察しいいんだぞ こたえるんだよね ガキに言われて  右から左に聞き流して お気楽が極楽 阿呆ちゃうで  とぼけた 振りを しても 苦い だけど 時には パーッと 行こう 世界で たった ひとつ だけの 顔を 晒して 明日も 笑う ラブソング  僕に気づきたくなかったんだ 醜いんだぞ 恐ろしいんだぞ (optimistic) 誰も助けてくれないんだよ 空回りだぞ 震えるんだよね グズと言われて  糠には釘だと蓋を閉じて お元気は能天気 頭ええ  弾ける 明日 きっと 来るさ 死んで たまるか パーッと 行くぜ 世界で たった ひとつ だけの 服を まとって 今日も 走る ニューソング  西へと犬が行く尾は東 ええ加減がいい加減 格好ええねん  ナナナナ ナナナ ナナナ ナナナ ナナナ ナナナ ナナナ ナナナ お気楽 極楽 お気楽 極楽 呪文 唱えて 明日も 叫ぶ ニューソング沢田研二沢田研二依知川伸一イカシタ 話し ほんと ないね こんな 時こそ パーッと やろう 世界で たった ひとり だけの 君に ハートに 今日も 叫ぶ ニューソング  君に気づきたくないんだろ 素敵なんだぞ 夢じゃないんだぞ (optimistic) 誰も傷つきたくないんだよ 察しいいんだぞ こたえるんだよね ガキに言われて  右から左に聞き流して お気楽が極楽 阿呆ちゃうで  とぼけた 振りを しても 苦い だけど 時には パーッと 行こう 世界で たった ひとつ だけの 顔を 晒して 明日も 笑う ラブソング  僕に気づきたくなかったんだ 醜いんだぞ 恐ろしいんだぞ (optimistic) 誰も助けてくれないんだよ 空回りだぞ 震えるんだよね グズと言われて  糠には釘だと蓋を閉じて お元気は能天気 頭ええ  弾ける 明日 きっと 来るさ 死んで たまるか パーッと 行くぜ 世界で たった ひとつ だけの 服を まとって 今日も 走る ニューソング  西へと犬が行く尾は東 ええ加減がいい加減 格好ええねん  ナナナナ ナナナ ナナナ ナナナ ナナナ ナナナ ナナナ ナナナ お気楽 極楽 お気楽 極楽 呪文 唱えて 明日も 叫ぶ ニューソング
おまえがパラダイス淡い黄昏 なだらかな丘 カーブを描いて おまえの姿を 想い出させる Please Stay… Please Stay 待っているかい オレの帰りを 窓辺にもたれて 髪にはあの日の 黄色いリボン Please Stay… Please Stay  Oh…抱きしめたならば 離さないさ二度と おまえがパラダイス Oh…涙ならば吸って くちびるならかんで おまえがパラダイス Oh yeah,Oh yeah,Oh Yeah…  見知らぬ街で 雨に打たれて おまえの素肌が 矢のように 恋しくて 千里をとんだ  Please Stay…Please Stay  Oh…抱きしめたならば 離さないさ二度と おまえがパラダイス Oh…涙ならば吸って くちびるならかんで おまえがパラダイス Oh yeah,Oh yeah,Oh Yeah…沢田研二三浦徳子加瀬邦彦淡い黄昏 なだらかな丘 カーブを描いて おまえの姿を 想い出させる Please Stay… Please Stay 待っているかい オレの帰りを 窓辺にもたれて 髪にはあの日の 黄色いリボン Please Stay… Please Stay  Oh…抱きしめたならば 離さないさ二度と おまえがパラダイス Oh…涙ならば吸って くちびるならかんで おまえがパラダイス Oh yeah,Oh yeah,Oh Yeah…  見知らぬ街で 雨に打たれて おまえの素肌が 矢のように 恋しくて 千里をとんだ  Please Stay…Please Stay  Oh…抱きしめたならば 離さないさ二度と おまえがパラダイス Oh…涙ならば吸って くちびるならかんで おまえがパラダイス Oh yeah,Oh yeah,Oh Yeah…
おまえにチェックインおまえの部屋にチェックインしたロンリーナイト ふたり目と目を見つめ合う  覚えたばかりおまえのなまえセクシーイブ まぶしい夜に堕ちてゆく 白い素肌と黒い瞳にアアア 吸いこまれたら OH MY GOD  HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT  昔から恋人同士みたいさ HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT ,HOLD ME TIGHT ひとつのシーツにくるまっていると アダムとイブは今愛し合ってる  そうだね  生まれたままの朝はけだるいハッピネス ふたりぬくもり惜しんでる  モーニングコーヒー沸くまで待つ間に 少し後悔懺悔の時間 髪をとかしてコロンつけたらアアア いつもの顔でHALLELUJAH  HOLD ME TIGHT ,HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT 一晩だけのハネムーンみたいさ HOLD ME TIGHT ,HOLD ME TIGHT ,HOLD ME TIGHT ひとつのシーツにくるまっていると アダムとイブは今愛し合ってる  HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT  昔から恋人同士みたいさ HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT ,HOLD ME TIGHT ひとつのシーツにくるまっていると アダムとイブは今愛し合ってる沢田研二柳川英己大沢誉志幸おまえの部屋にチェックインしたロンリーナイト ふたり目と目を見つめ合う  覚えたばかりおまえのなまえセクシーイブ まぶしい夜に堕ちてゆく 白い素肌と黒い瞳にアアア 吸いこまれたら OH MY GOD  HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT  昔から恋人同士みたいさ HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT ,HOLD ME TIGHT ひとつのシーツにくるまっていると アダムとイブは今愛し合ってる  そうだね  生まれたままの朝はけだるいハッピネス ふたりぬくもり惜しんでる  モーニングコーヒー沸くまで待つ間に 少し後悔懺悔の時間 髪をとかしてコロンつけたらアアア いつもの顔でHALLELUJAH  HOLD ME TIGHT ,HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT 一晩だけのハネムーンみたいさ HOLD ME TIGHT ,HOLD ME TIGHT ,HOLD ME TIGHT ひとつのシーツにくるまっていると アダムとイブは今愛し合ってる  HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT  昔から恋人同士みたいさ HOLD ME TIGHT, HOLD ME TIGHT ,HOLD ME TIGHT ひとつのシーツにくるまっていると アダムとイブは今愛し合ってる
思いきり気障な人生たとえひとの目に愚かに見えても 思いきり気障(きざ)な人生をおくりたい  あなたはぼくを 愛する資格がない あなたの心に洒落っけがない  あんなに粋な女に 見えたのに いつしか只の女になって行く  あなたもぼくをしばりたいのか たったひとりの男にしたいのか  いやだよ そんな 面白くもない 毎日同じ服着ているみたい  蝶々は空をとんでる時が蝶々さ カゴに入れたら只の虫なんだよ  アアア …… アアア ……  やさしくなけりゃ生きてる資格がない 悲しみしらなきゃ よろこびもない  あなたは気障を悪いというけれど 心に気障をなくしちゃつら過ぎる  毎日嘘でかためたいのか 愛を汚してくらしてみたいのか  いやだよ そんな 見てくればかりの しあわせなんか 悪酔いしそうだよ  お酒は酔うと思える時がお酒さ 酔ってしまえば いやな毒なんだよ  アアア …… アアア ……沢田研二阿久悠大野克夫たとえひとの目に愚かに見えても 思いきり気障(きざ)な人生をおくりたい  あなたはぼくを 愛する資格がない あなたの心に洒落っけがない  あんなに粋な女に 見えたのに いつしか只の女になって行く  あなたもぼくをしばりたいのか たったひとりの男にしたいのか  いやだよ そんな 面白くもない 毎日同じ服着ているみたい  蝶々は空をとんでる時が蝶々さ カゴに入れたら只の虫なんだよ  アアア …… アアア ……  やさしくなけりゃ生きてる資格がない 悲しみしらなきゃ よろこびもない  あなたは気障を悪いというけれど 心に気障をなくしちゃつら過ぎる  毎日嘘でかためたいのか 愛を汚してくらしてみたいのか  いやだよ そんな 見てくればかりの しあわせなんか 悪酔いしそうだよ  お酒は酔うと思える時がお酒さ 酔ってしまえば いやな毒なんだよ  アアア …… アアア ……
想い出のアニー・ローリーOH! BABY, BABY, BABY 好きなんだ ポニー・テール揺らして 踊った あの夏から ずっと好きだったのさ  OH! BABY, BABY, BABY 変わらずに  みんなが君の噂するたび 胸をしめつけられた僕も OH! BABY, BABY, BABY 卒業さ  Come On, Come On ドレスの裾なんか Come On, Come On いじるのはやめて おいでよ ひざの上へ くちづけさせて  あいつと 別れた ことなど 聞かないつもり やきもちやいたけれど OH! BABY, BABY, BABY 好きなんだ  Come On, Come On まわるレコードは Come On, Come On 想い出のアニー・ロリー おいでよ ひざの上へ くちづけしたい くちづけしたい沢田研二三浦徳子かまやつひろしOH! BABY, BABY, BABY 好きなんだ ポニー・テール揺らして 踊った あの夏から ずっと好きだったのさ  OH! BABY, BABY, BABY 変わらずに  みんなが君の噂するたび 胸をしめつけられた僕も OH! BABY, BABY, BABY 卒業さ  Come On, Come On ドレスの裾なんか Come On, Come On いじるのはやめて おいでよ ひざの上へ くちづけさせて  あいつと 別れた ことなど 聞かないつもり やきもちやいたけれど OH! BABY, BABY, BABY 好きなんだ  Come On, Come On まわるレコードは Come On, Come On 想い出のアニー・ロリー おいでよ ひざの上へ くちづけしたい くちづけしたい
オリーヴ・オイル背中を噛んで 胸をつかんで 愛なら もうびしょ濡れだよ オイルと汗を 頬ばりながら ふたりは 溶けていく  会わないときは クールな僕が 君には もうわからないよ はじめてのよな 愛は夜ごとに 深みに はまるだけ  ため息の クレシェンドの角度で 微熱から情熱に変わるのさ 君だけが 僕に匂いを移せる 刹那を生きることに 身体はためらわない  背中を噛んで 胸をつかんで 今夜は もうびしょ濡れだよ 奪って愛を 頬ばり合って どこまで 溶けていく  ひとりの僕は 割り切れるのに どうして ああ不可思議だよ ひりひりさせて 愛は夜ごとに 深みに はまるだけ  後ろ指をさされるのは 好きさ ふたりには 天使も匙を投げる 切なさで 身体をぬりつぶしたら 運命は正しいと わけもなくわかるのさ  背中を噛んで 胸をつかんで 愛なら もうびしょ濡れだよ オイルと汗を 頬ばりながら ふたりは溶けていく  ひとりの僕は 割り切れるのに どうして ああ不可思議だよ ひりひりさせて 愛は夜ごとに 深みに はまるだけ  背中を噛んで 胸をつかんで 今夜は もうびしょ濡れだよ 奪って愛を 頬ばり合って どこまで 溶けていく  背中を噛んで 胸をつかんで 愛なら もうびしょ濡れだよ オイルと汗を 頬ばりながら ふたりは 溶けていく  背中を噛んで 胸をつかんで 今夜は もうびしょ濡れだよ 奪って愛を 頬ばり合って どこまで 溶けていく  背中を噛んで 胸をつかんで 愛なら もうびしょ濡れだよ オイルと汗を 頬ばりながら ふたりは 溶けていく  背中を噛んで 胸をつかんで 今夜は もうびしょ濡れだよ 奪って愛を 頬ばり合って どこまで 溶けていく沢田研二覚和歌子吉田光背中を噛んで 胸をつかんで 愛なら もうびしょ濡れだよ オイルと汗を 頬ばりながら ふたりは 溶けていく  会わないときは クールな僕が 君には もうわからないよ はじめてのよな 愛は夜ごとに 深みに はまるだけ  ため息の クレシェンドの角度で 微熱から情熱に変わるのさ 君だけが 僕に匂いを移せる 刹那を生きることに 身体はためらわない  背中を噛んで 胸をつかんで 今夜は もうびしょ濡れだよ 奪って愛を 頬ばり合って どこまで 溶けていく  ひとりの僕は 割り切れるのに どうして ああ不可思議だよ ひりひりさせて 愛は夜ごとに 深みに はまるだけ  後ろ指をさされるのは 好きさ ふたりには 天使も匙を投げる 切なさで 身体をぬりつぶしたら 運命は正しいと わけもなくわかるのさ  背中を噛んで 胸をつかんで 愛なら もうびしょ濡れだよ オイルと汗を 頬ばりながら ふたりは溶けていく  ひとりの僕は 割り切れるのに どうして ああ不可思議だよ ひりひりさせて 愛は夜ごとに 深みに はまるだけ  背中を噛んで 胸をつかんで 今夜は もうびしょ濡れだよ 奪って愛を 頬ばり合って どこまで 溶けていく  背中を噛んで 胸をつかんで 愛なら もうびしょ濡れだよ オイルと汗を 頬ばりながら ふたりは 溶けていく  背中を噛んで 胸をつかんで 今夜は もうびしょ濡れだよ 奪って愛を 頬ばり合って どこまで 溶けていく  背中を噛んで 胸をつかんで 愛なら もうびしょ濡れだよ オイルと汗を 頬ばりながら ふたりは 溶けていく  背中を噛んで 胸をつかんで 今夜は もうびしょ濡れだよ 奪って愛を 頬ばり合って どこまで 溶けていく
OH! ギャルOH ギャル ギャル ギャル…… OH ギャル ギャル ギャル…… 女は誰でもスーパースター  MONDAY よろいで固めた聖女で過ごせたよ TUESDAY 男のベースで生きては駄目さ WEDNESDAY せつない恋など知らないふりして THURSDAY まだまだ気軽に落ちてはいけない FRIDAY ルージュで心の熱さを教えて SATURDAY 蝶々を迷わす妖しい花になる SUNDAY SUNDAY 女の辞書には不可能はないよ ビキニはずしてマストに飾ろう  OH ギャル ギャル ギャル…… OH ギャル ギャル ギャル…… 女は誰でもスーパースター  MONDAY 昨日のつづきで浮かれちゃ駄目だよ TUESDAY 燃えない女もたまにはいいさ WEDNESDAY 気安い誘いはさらりとかわして THURSDAY 一人でいる夜つくってみせろ FRIDAY 仮面はずして素顔に戻って SATURDAY 季節の主役で人気を一人じめ SUNDAY SUNDAY 女の辞書には退屈はないよ ワインのシャワーを裸にあびよう  OH ギャル ギャル ギャル…… OH ギャル ギャル ギャル…… 女は誰でもスーパースター  OH ギャル ギャル ギャル…… OH ギャル ギャル ギャル……沢田研二阿久悠大野克夫OH ギャル ギャル ギャル…… OH ギャル ギャル ギャル…… 女は誰でもスーパースター  MONDAY よろいで固めた聖女で過ごせたよ TUESDAY 男のベースで生きては駄目さ WEDNESDAY せつない恋など知らないふりして THURSDAY まだまだ気軽に落ちてはいけない FRIDAY ルージュで心の熱さを教えて SATURDAY 蝶々を迷わす妖しい花になる SUNDAY SUNDAY 女の辞書には不可能はないよ ビキニはずしてマストに飾ろう  OH ギャル ギャル ギャル…… OH ギャル ギャル ギャル…… 女は誰でもスーパースター  MONDAY 昨日のつづきで浮かれちゃ駄目だよ TUESDAY 燃えない女もたまにはいいさ WEDNESDAY 気安い誘いはさらりとかわして THURSDAY 一人でいる夜つくってみせろ FRIDAY 仮面はずして素顔に戻って SATURDAY 季節の主役で人気を一人じめ SUNDAY SUNDAY 女の辞書には退屈はないよ ワインのシャワーを裸にあびよう  OH ギャル ギャル ギャル…… OH ギャル ギャル ギャル…… 女は誰でもスーパースター  OH ギャル ギャル ギャル…… OH ギャル ギャル ギャル……
確信金色の夕暮れに 今をただ歩いてく ちっぽけな確信を ぎゅっと握りしめて  カッコイイとか ワルイとか そんなコト もうどうでもいいよ 負けない気持ちが有りさえするなら ただそれだけで  わかりたいとか わからないコトとか まだあるだろうけれど くじけぬ想いを 止めさえしなけりゃ ただそれだけで  まっすぐすぎる心が周りを敵に仕上げた でもたったヒトツだけの大切を守るコトが出来ればいい  あの頃の生き方は 生き急いだ英雄(ヒーロー) 誰もが後へ続く ズタズタにされても  金色の夕暮れに 影を重ね合わせて ちっぽけな確信を 抱(いだ)き歩いていく  流されたり流してしまうコトも 時にはおこるだろう 心の眼の正しささえあるなら ただそれだけで  やっと気付いた心の端でうずく古傷 癒される きっとそうさ 蒼い風のかけらのヒトツになる  金色の夕暮れが ボクをただ包み込む ちっぽけな確信を そっと暖めてる  金色の夕暮れに 今をただ歩いてく ちっぽけな確信を ぎゅっと握りしめて沢田研二GRACE吉田建金色の夕暮れに 今をただ歩いてく ちっぽけな確信を ぎゅっと握りしめて  カッコイイとか ワルイとか そんなコト もうどうでもいいよ 負けない気持ちが有りさえするなら ただそれだけで  わかりたいとか わからないコトとか まだあるだろうけれど くじけぬ想いを 止めさえしなけりゃ ただそれだけで  まっすぐすぎる心が周りを敵に仕上げた でもたったヒトツだけの大切を守るコトが出来ればいい  あの頃の生き方は 生き急いだ英雄(ヒーロー) 誰もが後へ続く ズタズタにされても  金色の夕暮れに 影を重ね合わせて ちっぽけな確信を 抱(いだ)き歩いていく  流されたり流してしまうコトも 時にはおこるだろう 心の眼の正しささえあるなら ただそれだけで  やっと気付いた心の端でうずく古傷 癒される きっとそうさ 蒼い風のかけらのヒトツになる  金色の夕暮れが ボクをただ包み込む ちっぽけな確信を そっと暖めてる  金色の夕暮れに 今をただ歩いてく ちっぽけな確信を ぎゅっと握りしめて
カサブランカ・ダンディGOLD LYLICききわけのない女の頬を 一つ二つはりたおして 背中を向けて煙草をすえば それで何もいうことはない  うれしい頃のピアノのメロディー 苦しい顔できかないふりして 男と女は流れのままに パントマイムを演じていたよ  ボギー ボギー あんたの時代はよかった 男がピカピカの気障でいられた ボギー ボギー あんたの時代はよかった 男がピカピカの気障でいられた  しゃべりが過ぎる女の口を さめたキスでふさぎながら 背中のジッパーつまんでおろす 他に何もすることはない  想い出ばかり積み重ねても 明日を生きる夢にはならない 男と女は承知の上で つらい芝居をつづけていたよ  ボギー ボギー あんたの時代はよかった 男のやせがまん粋に見えたよ ボギー ボギー あんたの時代はよかった 男のやせがまん粋に見えたよ  ボギー ボギー あんたの時代はよかった 男がピカピカの気障でいられた ボギー ボギー あんたの時代はよかった 男がピカピカの気障でいられたGOLD LYLIC沢田研二阿久悠大野克夫ききわけのない女の頬を 一つ二つはりたおして 背中を向けて煙草をすえば それで何もいうことはない  うれしい頃のピアノのメロディー 苦しい顔できかないふりして 男と女は流れのままに パントマイムを演じていたよ  ボギー ボギー あんたの時代はよかった 男がピカピカの気障でいられた ボギー ボギー あんたの時代はよかった 男がピカピカの気障でいられた  しゃべりが過ぎる女の口を さめたキスでふさぎながら 背中のジッパーつまんでおろす 他に何もすることはない  想い出ばかり積み重ねても 明日を生きる夢にはならない 男と女は承知の上で つらい芝居をつづけていたよ  ボギー ボギー あんたの時代はよかった 男のやせがまん粋に見えたよ ボギー ボギー あんたの時代はよかった 男のやせがまん粋に見えたよ  ボギー ボギー あんたの時代はよかった 男がピカピカの気障でいられた ボギー ボギー あんたの時代はよかった 男がピカピカの気障でいられた
風にそよいで風にそよいで 君の憂(うれ)いは深いよ 右に倣(なら)えの 暮らしは 虚しいだけ じゃない 実(じつ)がない  ふたり似合った 好きに愛し方探る 醒めてるようでも 熱いよ とぼけるだけ じゃない 本当さ  答えを急ぐと 君を見失う ゆったり触れ合えば 信じられるかもね 頑張るのはイヤ 幸福(しあわせ)なら ラァッキー いつも呟くさ 荒れ野に微笑む オリーブの木 風にそよいで 風にそよいで  風にそよいで 僕らは汚(よご)れはしない 左のホクロ にじんで 変わっただけ じゃない 星(うん)もある  心を曝(さら)すと 君に辿(たど)り着く 夕焼けの明日を 楽しめるといいね 欲張るのはイヤ 悲しくても オォッケイ いつも呟くさ 荒れ野に微笑む オリーブの木 風にそよいで  風にそよいで チュルッチュッチュウ チュルッチュッチュウ チュルッチュウ チュルッチュッチュッチュウ チュルウ チュッチュルチュッチュウ  風にそよいで チュルッチュッチュウ チュルッチュッチュウ チュルッチュウ チュルッチュッチュッチュウ チュルウ チュッチュルチュッチュウ沢田研二沢田研二白井良明風にそよいで 君の憂(うれ)いは深いよ 右に倣(なら)えの 暮らしは 虚しいだけ じゃない 実(じつ)がない  ふたり似合った 好きに愛し方探る 醒めてるようでも 熱いよ とぼけるだけ じゃない 本当さ  答えを急ぐと 君を見失う ゆったり触れ合えば 信じられるかもね 頑張るのはイヤ 幸福(しあわせ)なら ラァッキー いつも呟くさ 荒れ野に微笑む オリーブの木 風にそよいで 風にそよいで  風にそよいで 僕らは汚(よご)れはしない 左のホクロ にじんで 変わっただけ じゃない 星(うん)もある  心を曝(さら)すと 君に辿(たど)り着く 夕焼けの明日を 楽しめるといいね 欲張るのはイヤ 悲しくても オォッケイ いつも呟くさ 荒れ野に微笑む オリーブの木 風にそよいで  風にそよいで チュルッチュッチュウ チュルッチュッチュウ チュルッチュウ チュルッチュッチュッチュウ チュルウ チュッチュルチュッチュウ  風にそよいで チュルッチュッチュウ チュルッチュッチュウ チュルッチュウ チュルッチュッチュッチュウ チュルウ チュッチュルチュッチュウ
勝手にしやがれPLATINA LYLIC壁ぎわに寝がえりうって 背中できいている やっぱりお前は出て行くんだな  悪いことばかりじゃないと 想い出かき集め 鞄につめこむ気配がしてる  行ったきりならしあわせになるがいい 戻る気になりゃいつでもおいでよ  せめて少しはカッコつけさせてくれ 寝たふりしてる間に出て行ってくれ  アア アアア アアア アア アア アアア アアア アア  バーボンのボトルを抱いて 夜ふけの窓に立つ お前がふらふら行くのが見える  さよならというのもなぜか しらけた感じだし あばよとサラリと送ってみるか  別にふざけて困らせたわけじゃない 愛というのに照れてただけだよ  夜というのに派手なレコードかけて 朝までふざけようワンマンショーで アア アアア アアア アア アア アアア アアア アア  夜というのに派手なレコードかけて 朝までふざけようワンマンショーで アア アアア アアア アア アア アアア アアア アアPLATINA LYLIC沢田研二阿久悠大野克夫壁ぎわに寝がえりうって 背中できいている やっぱりお前は出て行くんだな  悪いことばかりじゃないと 想い出かき集め 鞄につめこむ気配がしてる  行ったきりならしあわせになるがいい 戻る気になりゃいつでもおいでよ  せめて少しはカッコつけさせてくれ 寝たふりしてる間に出て行ってくれ  アア アアア アアア アア アア アアア アアア アア  バーボンのボトルを抱いて 夜ふけの窓に立つ お前がふらふら行くのが見える  さよならというのもなぜか しらけた感じだし あばよとサラリと送ってみるか  別にふざけて困らせたわけじゃない 愛というのに照れてただけだよ  夜というのに派手なレコードかけて 朝までふざけようワンマンショーで アア アアア アアア アア アア アアア アアア アア  夜というのに派手なレコードかけて 朝までふざけようワンマンショーで アア アアア アアア アア アア アアア アアア アア
彼は眠れない海の向こうで戦争もはじまっている 女王陛下がBedに忍びこんでる 耳鳴りみたいに Telephone 世界が追いかけまわす センチメンタルで濡れた 心は逃がしてやるしかない  黒いランジェリー Starが情事に走る 時代遅れのジゴロはTVではしゃぐ Kissが効いてる二人 モラルは関係がない こわれやすいものばかり 愛と呼んで楽しんでいる  彼は眠れない 感じすぎてる 彼は眠れない わかりすぎてる 彼は眠れない 心が騒がしい とても眠れない 追いこまれても きっと眠れない 愛しきれない 彼は眠れない 夢がショートしてる  月夜にまぎれるシルエット 夢中で黙っていれば 明日は別のNewsが 秘密をかくまってくれる  彼は眠れない 堕落できない 彼は眠れない 自滅できない 彼は眠れない 孤独に魅せられて とても眠れない 騙しきれない きっと眠れない あせりすぎてる 彼は眠れない 夢がショートしてる  彼は眠れない 感じすぎてる 彼は眠れない わかりすぎてる 彼は眠れない 心が騒がしい とても眠れない 追いこまれても きっと眠れない 愛しきれない 彼は眠れない 夢がショートしてる  彼は眠れない 堕落できない 彼は眠れない彼は眠れない 孤独に魅せられて沢田研二松井五郎NOBODY海の向こうで戦争もはじまっている 女王陛下がBedに忍びこんでる 耳鳴りみたいに Telephone 世界が追いかけまわす センチメンタルで濡れた 心は逃がしてやるしかない  黒いランジェリー Starが情事に走る 時代遅れのジゴロはTVではしゃぐ Kissが効いてる二人 モラルは関係がない こわれやすいものばかり 愛と呼んで楽しんでいる  彼は眠れない 感じすぎてる 彼は眠れない わかりすぎてる 彼は眠れない 心が騒がしい とても眠れない 追いこまれても きっと眠れない 愛しきれない 彼は眠れない 夢がショートしてる  月夜にまぎれるシルエット 夢中で黙っていれば 明日は別のNewsが 秘密をかくまってくれる  彼は眠れない 堕落できない 彼は眠れない 自滅できない 彼は眠れない 孤独に魅せられて とても眠れない 騙しきれない きっと眠れない あせりすぎてる 彼は眠れない 夢がショートしてる  彼は眠れない 感じすぎてる 彼は眠れない わかりすぎてる 彼は眠れない 心が騒がしい とても眠れない 追いこまれても きっと眠れない 愛しきれない 彼は眠れない 夢がショートしてる  彼は眠れない 堕落できない 彼は眠れない彼は眠れない 孤独に魅せられて
危険なふたりGOLD LYLIC今日まで 二人は 恋という 名の 旅をして いたと 言える あなたは 年上の女 美し過ぎる あゝあゝ それでも 愛しているのに  何気無さそうに 別れましょうと あなたは言うけど 心の底に 涙色した 二人の想い出 あゝあゝ 無理して 消そうとしている  僕には出来ない まだ愛してる あなたは大人の 振りをしても 別れるつもり  きれいな顔には 恋に疲れた 虚ろな瞳が 又似合うけど なんで世間をあなたは気にする あゝあゝ 聞きたい 本当の事を  僕には出来ない まだ愛している あなたは大人の 振りをしても 別れるつもり  今日まで 二人は 恋という 名の 旅をして いたと 言える あなたは 年上の女 美しすぎる あゝあゝ それでも 愛しているのに あゝあゝ それでも 愛しているのにGOLD LYLIC沢田研二安井かずみ加瀬邦彦今日まで 二人は 恋という 名の 旅をして いたと 言える あなたは 年上の女 美し過ぎる あゝあゝ それでも 愛しているのに  何気無さそうに 別れましょうと あなたは言うけど 心の底に 涙色した 二人の想い出 あゝあゝ 無理して 消そうとしている  僕には出来ない まだ愛してる あなたは大人の 振りをしても 別れるつもり  きれいな顔には 恋に疲れた 虚ろな瞳が 又似合うけど なんで世間をあなたは気にする あゝあゝ 聞きたい 本当の事を  僕には出来ない まだ愛している あなたは大人の 振りをしても 別れるつもり  今日まで 二人は 恋という 名の 旅をして いたと 言える あなたは 年上の女 美しすぎる あゝあゝ それでも 愛しているのに あゝあゝ それでも 愛しているのに
奇跡勇気のいることに 近づかない僕が 君に声かけたの なぜだ  引き際が早くて がんばらない僕が あきらめなかったの なぜだ  歌え尽くせぬ 思い出たち いつか灰になると 知ってても  心の真ん中 君にふれてる ホントのこと 目に見えないね 小さなキスさえ 奇跡にみちて この世はまだ 捨てたものじゃないよ 熱い夏が 終わり告げても  しっぽつかまれても お茶をにごす僕が 君にウソつかない なぜだ  ヒトのためになんか 何もしない僕が 幸せ祈るのは なぜだ  乾いた世界 泳いでいくよ そのほほ笑みだけを 地図にして  心を丸ごと 明け渡してる ホントのこと 感じてほしい 出会いのときめき 奇跡のままに ふたりはまだ 捨てたものじゃないよ 遠い夏が 幕を閉じても  心の真ん中 君にふれてる ホントのこと 目に見えないね  小さなキスさえ 奇跡にみちて この世はまだ 捨てたものじゃないよ 夢を見てたように 風が過ぎるように 熱い夏が 終わり告げても沢田研二覚和歌子大山泰輝勇気のいることに 近づかない僕が 君に声かけたの なぜだ  引き際が早くて がんばらない僕が あきらめなかったの なぜだ  歌え尽くせぬ 思い出たち いつか灰になると 知ってても  心の真ん中 君にふれてる ホントのこと 目に見えないね 小さなキスさえ 奇跡にみちて この世はまだ 捨てたものじゃないよ 熱い夏が 終わり告げても  しっぽつかまれても お茶をにごす僕が 君にウソつかない なぜだ  ヒトのためになんか 何もしない僕が 幸せ祈るのは なぜだ  乾いた世界 泳いでいくよ そのほほ笑みだけを 地図にして  心を丸ごと 明け渡してる ホントのこと 感じてほしい 出会いのときめき 奇跡のままに ふたりはまだ 捨てたものじゃないよ 遠い夏が 幕を閉じても  心の真ん中 君にふれてる ホントのこと 目に見えないね  小さなキスさえ 奇跡にみちて この世はまだ 捨てたものじゃないよ 夢を見てたように 風が過ぎるように 熱い夏が 終わり告げても
耒タルベキ素敵ほら 見えないけど ほら 感じるだろう 足音もなく訪れる 静かなファンファーレ 時代は 生き物さ 付き合うのは 恋よりややこしいけど  あと もう少し待ちなよ そう 後回しのラッキー ハヤリモノ好きというセンス 時にあなどれない 昨日の ことにしたら あのピーク センチな意味しか持たなくなるよ  夜に注げよ 星屑のシャワー 輝くものが 弾け合うのが 耒タルベキ未来だろう 感じすぎちゃう ぼくたちだからさ ときめきだけで 生きていけると 君はそっとささやいた  事件などまっぴらなのさ 普段が強烈だから 汲めども尽きぬ イマジネーション 明日へと漕ぎ出せる 闇夜へ 追われてても ひそやかに 操られず続いてきたことさ  あかりを点けて 強く抱いたら まぶたの裏に 流星の群れ 青く翳る尾を引いた 何もいらない ぼくたちの夢が この世の平和と 告白したら みんな笑うだろうな  夜に注げよ 星屑のシャワー 輝くものが 弾け合うのが 耒タルベキ素敵だろう 何もいらない ぼくたちの夢が この世の平和と 告白したら みんな笑うだろうな沢田研二覚和歌子吉田光ほら 見えないけど ほら 感じるだろう 足音もなく訪れる 静かなファンファーレ 時代は 生き物さ 付き合うのは 恋よりややこしいけど  あと もう少し待ちなよ そう 後回しのラッキー ハヤリモノ好きというセンス 時にあなどれない 昨日の ことにしたら あのピーク センチな意味しか持たなくなるよ  夜に注げよ 星屑のシャワー 輝くものが 弾け合うのが 耒タルベキ未来だろう 感じすぎちゃう ぼくたちだからさ ときめきだけで 生きていけると 君はそっとささやいた  事件などまっぴらなのさ 普段が強烈だから 汲めども尽きぬ イマジネーション 明日へと漕ぎ出せる 闇夜へ 追われてても ひそやかに 操られず続いてきたことさ  あかりを点けて 強く抱いたら まぶたの裏に 流星の群れ 青く翳る尾を引いた 何もいらない ぼくたちの夢が この世の平和と 告白したら みんな笑うだろうな  夜に注げよ 星屑のシャワー 輝くものが 弾け合うのが 耒タルベキ素敵だろう 何もいらない ぼくたちの夢が この世の平和と 告白したら みんな笑うだろうな
気にしてないI don't mind 気にしてない I don't mind 気にしてない I don't mind 気にしてない I don't mind …‥  今朝も気分は優れない サラダに混ぜたアスピリン 脳にサボテンはえてる 何が起きても変じゃない  2か月ぶりに抱きしめた 妙に優しい彼女が 「部屋に忘れていたわよ」と 渡してくれた誰かの時計...気にしてない  I don't mind 気にしてない I don't mind 怒ってない だから %「ダレモ、ダレモアイセナイ」?¥ I don't mind 気にしてない I don't mind 信じてない I don't mind 本気じゃない...I don't cry!  いつも道路は渋滞 自殺した夢 重体 ロック・スタァは10代 変わらナイナイ嘆かない  黒いマネーで太り過ぎ チャック出来ない POLITICAN 陳腐な恋に削られて どうせハートも痩せてく俺さ...気にしてない  I don't mind 気にしてない I don't mind 怒ってない だから %「ダレモ、ダレモアイセナイ」?¥ I don't mind 気にしてない I don't mind 信じてない I don't mind 本気じゃない...I don't cry!  眠ったままで眼を開けて 悲しい夢を観ている 俺はコメディー消すように 彼女に向けてリモコン切った...気にしてない  I don't mind 気にしてない I don't mind 怒ってない だから %「ダレモ、ダレモアイセナイ」?¥ I don't mind 気にしてない I don't mind 信じてない I don't mind 本気じゃない...I don't cry!沢田研二森雪之丞いまみちともたかI don't mind 気にしてない I don't mind 気にしてない I don't mind 気にしてない I don't mind …‥  今朝も気分は優れない サラダに混ぜたアスピリン 脳にサボテンはえてる 何が起きても変じゃない  2か月ぶりに抱きしめた 妙に優しい彼女が 「部屋に忘れていたわよ」と 渡してくれた誰かの時計...気にしてない  I don't mind 気にしてない I don't mind 怒ってない だから %「ダレモ、ダレモアイセナイ」?¥ I don't mind 気にしてない I don't mind 信じてない I don't mind 本気じゃない...I don't cry!  いつも道路は渋滞 自殺した夢 重体 ロック・スタァは10代 変わらナイナイ嘆かない  黒いマネーで太り過ぎ チャック出来ない POLITICAN 陳腐な恋に削られて どうせハートも痩せてく俺さ...気にしてない  I don't mind 気にしてない I don't mind 怒ってない だから %「ダレモ、ダレモアイセナイ」?¥ I don't mind 気にしてない I don't mind 信じてない I don't mind 本気じゃない...I don't cry!  眠ったままで眼を開けて 悲しい夢を観ている 俺はコメディー消すように 彼女に向けてリモコン切った...気にしてない  I don't mind 気にしてない I don't mind 怒ってない だから %「ダレモ、ダレモアイセナイ」?¥ I don't mind 気にしてない I don't mind 信じてない I don't mind 本気じゃない...I don't cry!
希望希望平和  イエス アラー 百花繚乱 LOVE & PEACE We are 苦しんでる一人の為 世界平和希望  世界の隅で 今日もシアワセ これで満足かな 心の平和欲しがる人に 何故手が届かない 歌に祈りこめ 届けよMUSIC  希望平和 アラー モーゼ 百花繚乱 LOVE & PEACE We are 悲しんでる一人の為 世界平和希望  金持ち喧嘩せず 笑ってる貴方 一握りの人に 命を無駄に捨てない方法 貴方に教えて欲しい 鼓膜ふるわせて 届けよMUSIC  希望平和 ブッダ ブッダ 百花繚乱 LOVE & PEACE We are 悲しんでる一人の為 世界平和希望  希望平和 アラー アラー 百花繚乱 LOVE & PEACE We are 苦しんでる一人の為 世界平和希望沢田研二沢田研二白井良明希望平和  イエス アラー 百花繚乱 LOVE & PEACE We are 苦しんでる一人の為 世界平和希望  世界の隅で 今日もシアワセ これで満足かな 心の平和欲しがる人に 何故手が届かない 歌に祈りこめ 届けよMUSIC  希望平和 アラー モーゼ 百花繚乱 LOVE & PEACE We are 悲しんでる一人の為 世界平和希望  金持ち喧嘩せず 笑ってる貴方 一握りの人に 命を無駄に捨てない方法 貴方に教えて欲しい 鼓膜ふるわせて 届けよMUSIC  希望平和 ブッダ ブッダ 百花繚乱 LOVE & PEACE We are 悲しんでる一人の為 世界平和希望  希望平和 アラー アラー 百花繚乱 LOVE & PEACE We are 苦しんでる一人の為 世界平和希望
KI・MA・GU・REK・I・M・A・G・U・R・E K・I・M・A・G・U・R・E 気まぐれ Yeah 気まぐれ Yeah  誰かの事さ 誰かさんか I don't know 俺の事じゃ あるまいか どこの誰だか 知らないが  Ah Ah Ah Ah…  K・I・M・A・G・U・R・E K・I・M・A・G・U・R・E 気まぐれ 気まぐれ  笑わせないでよ ママ くすぐらないでネ 眠れないよ ママ くすぐらないでよ  K・I・M・A・G・U・R・E K・I・M・A・G・U・R・E 気まぐれ Great 気まぐれ Yeah  誰かの事さ 誰かさんか You don't know 俺の事じゃ あるまいか どこの誰だか 知らないか  Ah Ah Ah Ah…  気まぐれ Just like a まぐれ  気まぐれ Yeah Just like a まぐれ  気まぐれ GURE 気まぐれ Great沢田研二忌野清志郎・小原礼忌野清志郎・小原礼K・I・M・A・G・U・R・E K・I・M・A・G・U・R・E 気まぐれ Yeah 気まぐれ Yeah  誰かの事さ 誰かさんか I don't know 俺の事じゃ あるまいか どこの誰だか 知らないが  Ah Ah Ah Ah…  K・I・M・A・G・U・R・E K・I・M・A・G・U・R・E 気まぐれ 気まぐれ  笑わせないでよ ママ くすぐらないでネ 眠れないよ ママ くすぐらないでよ  K・I・M・A・G・U・R・E K・I・M・A・G・U・R・E 気まぐれ Great 気まぐれ Yeah  誰かの事さ 誰かさんか You don't know 俺の事じゃ あるまいか どこの誰だか 知らないか  Ah Ah Ah Ah…  気まぐれ Just like a まぐれ  気まぐれ Yeah Just like a まぐれ  気まぐれ GURE 気まぐれ Great
君がいる窓君あてのハガキが朝陽の中舞い込む テーブルの上のエアメール 最後に P.S.彼によろしく なんて書き添えてある  ハガキを指でつまんで煙草に火をつける 君と別れた朝が ふと心をよぎるもう一年も前のことなのか  晴れた空の一日 失うものもわからないまま 一人になった気ままさに うかれてたんだ あの頃2人  朝焼けの窓から街並を見おろす まるで長いバカンスから 帰ってくる君を待ってるようなそんな気がしてる  たぶん今は誰かの胸の中で 幸福な僕らが 揺れる朝の光をまぶしそうに見つめている  晴れた空の一日 失うものもわからないまま 一人になった気ままさに うかれてたんだ あの頃2人  たぶん今も誰かの心の中で 幸福な僕らが 肩と肩を寄せ合い朝陽の中で微笑んでる沢田研二尾上文大沢誉志幸君あてのハガキが朝陽の中舞い込む テーブルの上のエアメール 最後に P.S.彼によろしく なんて書き添えてある  ハガキを指でつまんで煙草に火をつける 君と別れた朝が ふと心をよぎるもう一年も前のことなのか  晴れた空の一日 失うものもわからないまま 一人になった気ままさに うかれてたんだ あの頃2人  朝焼けの窓から街並を見おろす まるで長いバカンスから 帰ってくる君を待ってるようなそんな気がしてる  たぶん今は誰かの胸の中で 幸福な僕らが 揺れる朝の光をまぶしそうに見つめている  晴れた空の一日 失うものもわからないまま 一人になった気ままさに うかれてたんだ あの頃2人  たぶん今も誰かの心の中で 幸福な僕らが 肩と肩を寄せ合い朝陽の中で微笑んでる
君が泣くのを見た一緒にいたいから 毎日 約束して 二時間待たされても 苦にならない 雨が降りだせば 君に胸を痛め あやしげな夢を 逆に期待した  いつも遅刻するのは 君の方だった 不機嫌な心を ついに口に出した それでも愛は 深まっていった 孤独も嫉妬も 夢に変えながら  だけど 君が泣くのを見た 流したものは とても貴重な涙 そしていつか 二人でいることに麻痺していった 夜の淋しさも いたわることも  すべての金を使い 綺麗な花を買った 幸せなんですねと 娘が言う 君の喜んだ顔が 見たいだけさ あの頃の 僕は きっと光ってた  愛に慣れすぎ 傷つけ合ってた 君がいることさえ 自然だった いつしか君は ときめき求めてた 同じ場所にいて 違う空を見た  そして 君が泣くのを見た 失くしたものは 僕の後悔と明日 泣いて泣いて やり直す涙 もう枯れたのか 君の無関心が 何よりツライ  そして 君が泣くのを見た 失くしたものは 僕の後悔と明日 泣いて泣いて やり直す涙 もう枯れたのか 君の無関心が 何よりツライ沢田研二松本一起大野克夫一緒にいたいから 毎日 約束して 二時間待たされても 苦にならない 雨が降りだせば 君に胸を痛め あやしげな夢を 逆に期待した  いつも遅刻するのは 君の方だった 不機嫌な心を ついに口に出した それでも愛は 深まっていった 孤独も嫉妬も 夢に変えながら  だけど 君が泣くのを見た 流したものは とても貴重な涙 そしていつか 二人でいることに麻痺していった 夜の淋しさも いたわることも  すべての金を使い 綺麗な花を買った 幸せなんですねと 娘が言う 君の喜んだ顔が 見たいだけさ あの頃の 僕は きっと光ってた  愛に慣れすぎ 傷つけ合ってた 君がいることさえ 自然だった いつしか君は ときめき求めてた 同じ場所にいて 違う空を見た  そして 君が泣くのを見た 失くしたものは 僕の後悔と明日 泣いて泣いて やり直す涙 もう枯れたのか 君の無関心が 何よりツライ  そして 君が泣くのを見た 失くしたものは 僕の後悔と明日 泣いて泣いて やり直す涙 もう枯れたのか 君の無関心が 何よりツライ
君にだけの感情(第六感)どんな事をしても君が 欲しいそうさそうだった 君は僕を感じてたんだ 聴いたね僕の沈黙を  ボロボロ涙も 陽だまりの笑顔も 何度も話し合った もう大丈夫だ  今も尚 いとおしくもどかしい 君にだけの感情 僕の誠を賭け 君に届けたい歌 海にまで響く声で 柔らかなその胸を 黒い髪 乱らせて みたい  どんな事をしても君を 守るそうさそうだった 僕は君を信じてたんだ 見えたね君との未来が  ザラザラな夢も 暗闇のkissも 何度も揺れに揺れた もう想い出だね  今も尚 いとおしくもどかしい 君にだけの感情 君よ瞳を閉じ 僕に許して欲しい 月にまで跳ねる歌に 五感ごとそれ以上 刹那まで 解き放して おくれ沢田研二沢田研二樋口了一どんな事をしても君が 欲しいそうさそうだった 君は僕を感じてたんだ 聴いたね僕の沈黙を  ボロボロ涙も 陽だまりの笑顔も 何度も話し合った もう大丈夫だ  今も尚 いとおしくもどかしい 君にだけの感情 僕の誠を賭け 君に届けたい歌 海にまで響く声で 柔らかなその胸を 黒い髪 乱らせて みたい  どんな事をしても君を 守るそうさそうだった 僕は君を信じてたんだ 見えたね君との未来が  ザラザラな夢も 暗闇のkissも 何度も揺れに揺れた もう想い出だね  今も尚 いとおしくもどかしい 君にだけの感情 君よ瞳を閉じ 僕に許して欲しい 月にまで跳ねる歌に 五感ごとそれ以上 刹那まで 解き放して おくれ
君の笑顔が最高君の笑顔が最高なんだ だから つぶらな瞳濡らさないで どうか 君が瞳を曇らせたのは 僕の刺のある言葉 まとも受けとめてつらくさせたね  僕の気持ちは空回りして君を 怯えさせたね呆れさせた きっと 僕の懐深かったなら こんな不本意なことで 悲しませないさ悔やんでいるよ  ごめん素直になれば すぐに謝り許し乞うのに ごめん溢れる想い 持て余してもがいてる包み込めない  君の笑顔が最高なのに僕は求めすぎるのか もっと幸せになれると思う  君の笑顔が最高なんだ だから つぶらな瞳輝かせて いつも 君の瞳が七色になる 僕を手のひらにのせて 撥ねっ返り方見極めている  ごめん正気なんだよ 大人の心しまいこんでる ごめん甘えてばかり 殻に閉じこもったままやりきれないね  君の笑顔が最高なのに君を縛りすぎるのか もっと幸せになりたいんだよ沢田研二沢田研二白井良明君の笑顔が最高なんだ だから つぶらな瞳濡らさないで どうか 君が瞳を曇らせたのは 僕の刺のある言葉 まとも受けとめてつらくさせたね  僕の気持ちは空回りして君を 怯えさせたね呆れさせた きっと 僕の懐深かったなら こんな不本意なことで 悲しませないさ悔やんでいるよ  ごめん素直になれば すぐに謝り許し乞うのに ごめん溢れる想い 持て余してもがいてる包み込めない  君の笑顔が最高なのに僕は求めすぎるのか もっと幸せになれると思う  君の笑顔が最高なんだ だから つぶらな瞳輝かせて いつも 君の瞳が七色になる 僕を手のひらにのせて 撥ねっ返り方見極めている  ごめん正気なんだよ 大人の心しまいこんでる ごめん甘えてばかり 殻に閉じこもったままやりきれないね  君の笑顔が最高なのに君を縛りすぎるのか もっと幸せになりたいんだよ
君のキレイのためにTu Tu……you are so fantastic  メイクの顔も素顔も 24時間見ていたい 「しょうがないひと」と笑って 出掛けてく背中  君がもっと輝くなら オフィスの視線浴びといで ハウスキープはまかせてよ 仕事より楽園  このままの僕でいい 君はいつも言うけど はかりしれない愛だろうか 季節いくつ分の 君はまだ まぶしいな  Tu Tu……you are so fantastic  後指さえ快感 打たれ強くもなったみたい 人並みに気も配るけど 役立たず ごめん  このままの僕でいい 君のキレイのために こんな男で もしよければ 好きにしてよ どうか それだけが できること  このままの僕がいい さらりと言える君の 海より深い愛だろうか 季節いくつ分の  このままの僕でいい 君のキレイのために こんな男で もしよければ 好きにしてよ どうか それだけが したいこと  Tu Tu……you are so fantastic沢田研二覚和歌子大沢誉志幸Tu Tu……you are so fantastic  メイクの顔も素顔も 24時間見ていたい 「しょうがないひと」と笑って 出掛けてく背中  君がもっと輝くなら オフィスの視線浴びといで ハウスキープはまかせてよ 仕事より楽園  このままの僕でいい 君はいつも言うけど はかりしれない愛だろうか 季節いくつ分の 君はまだ まぶしいな  Tu Tu……you are so fantastic  後指さえ快感 打たれ強くもなったみたい 人並みに気も配るけど 役立たず ごめん  このままの僕でいい 君のキレイのために こんな男で もしよければ 好きにしてよ どうか それだけが できること  このままの僕がいい さらりと言える君の 海より深い愛だろうか 季節いくつ分の  このままの僕でいい 君のキレイのために こんな男で もしよければ 好きにしてよ どうか それだけが したいこと  Tu Tu……you are so fantastic
君をさがして小雨の中を うなだれながら 君をさがして 悲しい夜 この手に残る 君のやさしさ いなくなって はじめてわかる どこかで きっと君も ひとりぼっちさ もう一度だけ あいたくて わずかな望み 抱きしめながら 君をさがしに いつかの道  あの時 二人とも 若すぎたのさ もう一度だけ 会いたくて 後姿が 似ていたけれど 見知らぬ人の 冷たい影沢田研二安井かずみ村井邦彦小雨の中を うなだれながら 君をさがして 悲しい夜 この手に残る 君のやさしさ いなくなって はじめてわかる どこかで きっと君も ひとりぼっちさ もう一度だけ あいたくて わずかな望み 抱きしめながら 君をさがしに いつかの道  あの時 二人とも 若すぎたのさ もう一度だけ 会いたくて 後姿が 似ていたけれど 見知らぬ人の 冷たい影
君をのせてGOLD LYLIC風に向いながら 皮の靴をはいて 肩と肩をぶつけながら 遠い道を歩く  僕の地図はやぶれ くれる人もいない だから僕ら 肩を抱いて 二人だけで歩く  君のこころ ふさぐ時には 粋な粋な歌をうたい 君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  人の言葉 夢のむなしさ どうせどうせ 知った時には 君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  ラララ……… ラララ………  君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  君をのせて 夜の海を 渡る舟になろうGOLD LYLIC沢田研二岩谷時子宮川泰風に向いながら 皮の靴をはいて 肩と肩をぶつけながら 遠い道を歩く  僕の地図はやぶれ くれる人もいない だから僕ら 肩を抱いて 二人だけで歩く  君のこころ ふさぐ時には 粋な粋な歌をうたい 君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  人の言葉 夢のむなしさ どうせどうせ 知った時には 君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  ラララ……… ラララ………  君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう  君をのせて 夜の海を 渡る舟になろう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
君を許す君のねむりの中に とじたまつげふるえて 何か云いたそうな くちびるに近づく 君のねむりの中に 見知らぬ愛をうつして 僕を傷つけながら 君だけの夢をみてる こんなに君を 愛してるのに わかってもらえない苦しさに わがままな愛の幻に僕をひきつけてゆく やっと捜した 白い指より その心がほしいのに 愛がほしいのに いつでも君を 許してるのに ほんとの愛を気づかないの まぶしい愛のたわむれに 僕をまどわせてゆく 星をねだるような 君の瞳より その心がほしいのに 愛がほしいのに沢田研二安井かずみ村井邦彦君のねむりの中に とじたまつげふるえて 何か云いたそうな くちびるに近づく 君のねむりの中に 見知らぬ愛をうつして 僕を傷つけながら 君だけの夢をみてる こんなに君を 愛してるのに わかってもらえない苦しさに わがままな愛の幻に僕をひきつけてゆく やっと捜した 白い指より その心がほしいのに 愛がほしいのに いつでも君を 許してるのに ほんとの愛を気づかないの まぶしい愛のたわむれに 僕をまどわせてゆく 星をねだるような 君の瞳より その心がほしいのに 愛がほしいのに
きめてやる今夜いいから聞きなよ 今夜はお前の為に イカしたラブソング 歌ってやるぜ いいから飲みなよ 今夜はお前の為に シャレでシャンペン おごってやるぜ oh oh oh やばい目でみるなよ その気になるんじゃないよ oh oh oh 女なら星の数 気まぐれなんだぜ 俺は 泣いてたっていいんなら きめてやる今夜  いいから聞きなよ 今夜は俺の話を イカしたロックンロール 俺にはすべて いいから飲みなよ 今夜の俺の酒は シャレにもなりゃしない 酔いもしない oh oh oh やばい目で見られて 悪い気はしないけれど oh oh oh 勘ちがいするなよ 見せかけだけだぜ俺は 泣いたっていいんなら きめてやる今夜  oh oh oh やばい目でみるなよ その気になるんじゃないよ oh oh oh 甘く見ちゃいけない 気まぐれなんだぜ俺は 泣いたっていいんなら きめてやる今夜沢田研二沢田研二井上大輔いいから聞きなよ 今夜はお前の為に イカしたラブソング 歌ってやるぜ いいから飲みなよ 今夜はお前の為に シャレでシャンペン おごってやるぜ oh oh oh やばい目でみるなよ その気になるんじゃないよ oh oh oh 女なら星の数 気まぐれなんだぜ 俺は 泣いてたっていいんなら きめてやる今夜  いいから聞きなよ 今夜は俺の話を イカしたロックンロール 俺にはすべて いいから飲みなよ 今夜の俺の酒は シャレにもなりゃしない 酔いもしない oh oh oh やばい目で見られて 悪い気はしないけれど oh oh oh 勘ちがいするなよ 見せかけだけだぜ俺は 泣いたっていいんなら きめてやる今夜  oh oh oh やばい目でみるなよ その気になるんじゃないよ oh oh oh 甘く見ちゃいけない 気まぐれなんだぜ俺は 泣いたっていいんなら きめてやる今夜
CANDYCandy I love you girl you know I do I want you to distraction girl You know its true I know it too What can I do Candy, you know you got me hooked on you I need your love I need it girl you know I do I want you got to have your love You know its true I know it too What can I do Candy, you know that I'm in love with you  Oh Candy,I know where you belong Chained to my pillow all night long And with you soul at my command Ruled from may castle in the sand All I would ask would be your hand Candy, can't you understand?  Candy I love you girl you know I do I want you to distraction girl You know its true I know it too What can I do Candy, you know you got me hooked on you I need your love I need it girl you know I do I want you got to have your love You know its true I know it too What can I do Candy, you know that I'm in love with you  Oh, I love you Candy Girl you got me hooked on you You know its true I know it too What can I do Candy,you know that I'm in love with you  Candy I love you girl you know I do I want you to distraction girl You know its true I know it too What can I do Candy, you know you got me hooked on you I need your love I need it girl you know I do I want you got to have your love You know its true I know it too What can I do Candy, you know that I'm in love with you Candy沢田研二Tony Waddington・Wayne BickertonTony Waddington・Wayne BickertonCandy I love you girl you know I do I want you to distraction girl You know its true I know it too What can I do Candy, you know you got me hooked on you I need your love I need it girl you know I do I want you got to have your love You know its true I know it too What can I do Candy, you know that I'm in love with you  Oh Candy,I know where you belong Chained to my pillow all night long And with you soul at my command Ruled from may castle in the sand All I would ask would be your hand Candy, can't you understand?  Candy I love you girl you know I do I want you to distraction girl You know its true I know it too What can I do Candy, you know you got me hooked on you I need your love I need it girl you know I do I want you got to have your love You know its true I know it too What can I do Candy, you know that I'm in love with you  Oh, I love you Candy Girl you got me hooked on you You know its true I know it too What can I do Candy,you know that I'm in love with you  Candy I love you girl you know I do I want you to distraction girl You know its true I know it too What can I do Candy, you know you got me hooked on you I need your love I need it girl you know I do I want you got to have your love You know its true I know it too What can I do Candy, you know that I'm in love with you Candy
キューバな女その胸でチーク酔わせて 今夜はあなた次第よ 女は気だるく微笑む その眼はうなずいた  ケツ振ってる 乳房揺すってる スカート翻し キューバなリズムに とりつかれてる  髪掻き揚げ 唇噛んでる 眉間に刹那色 キューバな褐色 疲れ知らない  男達卑猥な視線浴びせ その女尾籠な糸をほどく 女は昴まる汗に濡れていく 男達が鏡輝かせてく  夜の太陽 真っ黄っ黄っ黄っ キューバ キューバな女だな 朝も太陽 真っ黄っ黄っ黄っ キューバ 白けるしかないね  くわえ葉巻 乾杯だグラス 匂うようにきれいだ キューバな眼つきが 吸いつきそうだ  ちょっと待ってよ ちっとも待ってない 続く行け行けミュージック キューバな肉体(カラダ)は 快感だらけ  その女媚(コビ)を撒き散らかす この男ブルーな糸を投げる 男は焦がれる勇気が痺れる その女が欲しい金縛りだな  夜の太陽 真っ黄っ黄っ黄っ キューバ キューバな女だな 朝も太陽 真っ黄っ黄っ黄っ キューバ 白けるしかないね 昼も太陽 真っ黄っ黄っ黄っ キューバ キューバな女だな沢田研二沢田研二大野克夫その胸でチーク酔わせて 今夜はあなた次第よ 女は気だるく微笑む その眼はうなずいた  ケツ振ってる 乳房揺すってる スカート翻し キューバなリズムに とりつかれてる  髪掻き揚げ 唇噛んでる 眉間に刹那色 キューバな褐色 疲れ知らない  男達卑猥な視線浴びせ その女尾籠な糸をほどく 女は昴まる汗に濡れていく 男達が鏡輝かせてく  夜の太陽 真っ黄っ黄っ黄っ キューバ キューバな女だな 朝も太陽 真っ黄っ黄っ黄っ キューバ 白けるしかないね  くわえ葉巻 乾杯だグラス 匂うようにきれいだ キューバな眼つきが 吸いつきそうだ  ちょっと待ってよ ちっとも待ってない 続く行け行けミュージック キューバな肉体(カラダ)は 快感だらけ  その女媚(コビ)を撒き散らかす この男ブルーな糸を投げる 男は焦がれる勇気が痺れる その女が欲しい金縛りだな  夜の太陽 真っ黄っ黄っ黄っ キューバ キューバな女だな 朝も太陽 真っ黄っ黄っ黄っ キューバ 白けるしかないね 昼も太陽 真っ黄っ黄っ黄っ キューバ キューバな女だな
きわどい季節遊びつかれたら この胸に来て 少し懐かしい夢見たらいい 湿りがちな髪の毛を 拭きもせずにのせて 君の素肌には きわどい季節 いつもからみつき 危うくさせる 触れる指をしびれさせ 甘い時が過ぎて  ふり向けば乙女が まぶしい女になり 抱きしめてみたいと 両手をひろげる  今日で何日と ふと顔を上げ 見せたこともない 涙を流し ドレスアップするきみの 背なのファスナー上げて  ふり向けば乙女が まぶしい女になり 抱きしめてみたいと 両手をひろげる  ふり向けば乙女が まぶしい女になり 抱きしめてみたいと 両手をひろげる沢田研二阿久悠加瀬邦彦遊びつかれたら この胸に来て 少し懐かしい夢見たらいい 湿りがちな髪の毛を 拭きもせずにのせて 君の素肌には きわどい季節 いつもからみつき 危うくさせる 触れる指をしびれさせ 甘い時が過ぎて  ふり向けば乙女が まぶしい女になり 抱きしめてみたいと 両手をひろげる  今日で何日と ふと顔を上げ 見せたこともない 涙を流し ドレスアップするきみの 背なのファスナー上げて  ふり向けば乙女が まぶしい女になり 抱きしめてみたいと 両手をひろげる  ふり向けば乙女が まぶしい女になり 抱きしめてみたいと 両手をひろげる
黒いピエロと黒いマリア小さな羽根であそび 黒いピエロは夜を飛ぶ 笑ってるように 怒っている  嘆くことしか知らない 黒いマリアが途方にくれ 化粧が剥がれて ふるえている 彼はマリアに声をかける  「どうしました」「いいえ別に」「こんな処でどうも その」 瞬きの時に恋に堕ちたとさ 堕ちたとさ  大人の恋は純情 大人の汚れ落ちていく 夜明けが二人を 清めてくれたら 白いピエロとマリアになり  「永久の愛を」「永久に誓う」「平和な日続いて欲しいよ」 抱き合ったまま地上に堕ちたとさ 堕ちたとさ 目覚めた沢田研二沢田研二GRACE小さな羽根であそび 黒いピエロは夜を飛ぶ 笑ってるように 怒っている  嘆くことしか知らない 黒いマリアが途方にくれ 化粧が剥がれて ふるえている 彼はマリアに声をかける  「どうしました」「いいえ別に」「こんな処でどうも その」 瞬きの時に恋に堕ちたとさ 堕ちたとさ  大人の恋は純情 大人の汚れ落ちていく 夜明けが二人を 清めてくれたら 白いピエロとマリアになり  「永久の愛を」「永久に誓う」「平和な日続いて欲しいよ」 抱き合ったまま地上に堕ちたとさ 堕ちたとさ 目覚めた
Good good day生きる気持ちが沸き上がったら 苦い薬もいらない Good good day 優しい気持ちで腹をくくって 試してみよう眩ゆい Good good day  新しい想い出 たくさん たくさん作ろう 温めたいんだよ こわれたハート 君の心意気重いよね  朝陽を見に行こう 希望持ちたいだろ 使い果たしてない 蓄えておいた Lucky  楽な生き方は難しいよね 憧れること見つけて Good good day  黒い誘惑 甘い暴力 酷い経験逃れて Good good day  新しい想い出 いっぱい いっぱい生きよう ずっと味方だから 柔らかハート 君の純粋が不可欠だ沢田研二沢田研二沢田研二生きる気持ちが沸き上がったら 苦い薬もいらない Good good day 優しい気持ちで腹をくくって 試してみよう眩ゆい Good good day  新しい想い出 たくさん たくさん作ろう 温めたいんだよ こわれたハート 君の心意気重いよね  朝陽を見に行こう 希望持ちたいだろ 使い果たしてない 蓄えておいた Lucky  楽な生き方は難しいよね 憧れること見つけて Good good day  黒い誘惑 甘い暴力 酷い経験逃れて Good good day  新しい想い出 いっぱい いっぱい生きよう ずっと味方だから 柔らかハート 君の純粋が不可欠だ
グランドクロス稲妻が幾度も光って すぐに夕立 毎日この空の下 思いがけない 出来事 起きてる  一生分ヒマもらって 君とふたりで 行くあて何も決めずに 船に乗ろうか 馴染んだ シャツを着て  奪わずに 狙わずに アブクみたいに もう 夢はもう 何も見ない  いらないもの 捨ててみたら 君のほかに何も残らない こんな 手ぶらな未来に つきあえる 君 素敵すぎるよ もう 遠のいていく 夏 グランドクロスに抱かれながら  戦いやめられなかった 兵士の耳に キリギリスの僕の歌は 届くだろうか ノイズを かきわけて  くたびれた パノラマは 両腕のなか もう 街はもう 夢そのもの  何でもできる気がしたけど 続かない真夏が いとしいよ こんな あてない言葉に つきあえる 君 まぶしすぎるよ もう 光速で消えてく 20世紀なら 祭りのあと  いらないもの 捨ててみたら 君のほかに何も残らない こんな 手ぶらな未来に つきあえる 君 素敵すぎるよ もう 遠のいていく 夏 グランドクロスに抱かれながら沢田研二覚和歌子白井良明稲妻が幾度も光って すぐに夕立 毎日この空の下 思いがけない 出来事 起きてる  一生分ヒマもらって 君とふたりで 行くあて何も決めずに 船に乗ろうか 馴染んだ シャツを着て  奪わずに 狙わずに アブクみたいに もう 夢はもう 何も見ない  いらないもの 捨ててみたら 君のほかに何も残らない こんな 手ぶらな未来に つきあえる 君 素敵すぎるよ もう 遠のいていく 夏 グランドクロスに抱かれながら  戦いやめられなかった 兵士の耳に キリギリスの僕の歌は 届くだろうか ノイズを かきわけて  くたびれた パノラマは 両腕のなか もう 街はもう 夢そのもの  何でもできる気がしたけど 続かない真夏が いとしいよ こんな あてない言葉に つきあえる 君 まぶしすぎるよ もう 光速で消えてく 20世紀なら 祭りのあと  いらないもの 捨ててみたら 君のほかに何も残らない こんな 手ぶらな未来に つきあえる 君 素敵すぎるよ もう 遠のいていく 夏 グランドクロスに抱かれながら
greenboy道理外れた大人ほど 哀れを感じるものはない どうせ赤ん坊に帰っていくと 遠い目で笑う老人は笑う greenboy 上目使いで 暗い笑顔の少年がいた greenboy 駈けっこ好きな ひとり上手の君がいた  病気みたいな世界なら 覗いてみてやれ一度だけ 一切合切何かを解れば 明日が見える一から始めるさ greenboy 泣き虫だった 星を見上げた少年がいた greenboy 危なっかしい ガラスみたいな君がいた  きれいな大人夢みてた ビートポップにとがってた どうしようもなく生きていく 空から墜ちるように歳をとる  greenboy 風に向かって 髪をなびかせ少年がいた greenboy 太陽の中 女神みつけた君がいた greenboy 荒れ狂う海 放り出されて少年がいた greenboy 地上に果てた 自分を見てる君がいた greenboy greenboy greenboy沢田研二沢田研二吉田光道理外れた大人ほど 哀れを感じるものはない どうせ赤ん坊に帰っていくと 遠い目で笑う老人は笑う greenboy 上目使いで 暗い笑顔の少年がいた greenboy 駈けっこ好きな ひとり上手の君がいた  病気みたいな世界なら 覗いてみてやれ一度だけ 一切合切何かを解れば 明日が見える一から始めるさ greenboy 泣き虫だった 星を見上げた少年がいた greenboy 危なっかしい ガラスみたいな君がいた  きれいな大人夢みてた ビートポップにとがってた どうしようもなく生きていく 空から墜ちるように歳をとる  greenboy 風に向かって 髪をなびかせ少年がいた greenboy 太陽の中 女神みつけた君がいた greenboy 荒れ狂う海 放り出されて少年がいた greenboy 地上に果てた 自分を見てる君がいた greenboy greenboy greenboy
恋なんて呼ばない金星とタワーライト 交じる黄昏の時刻 いつものスクランブル 君は気がついた  サカナの群れをはさんで まなざしを交差させて そのままいつもどおり すれちがうはず  触れずに話さずに ときめくこの瞬間(とき)を ポケットに隠すよな 密(ひそ)かさがいいのに  今 君のくちびるは動いて 何かを伝えようとしている 涼やかに瞳は輝いて ふたつの宇宙が出会いそうさ 街のノイズ ふっと途切れ 時が止まる 立ちつくす ただふたり  君は今日も素敵だね まっすぐな髪なびかせ 煙るようなジャスミン 匂い立たせてる  使い捨ての街で 見つけた永遠さ 終わるのが辛いなら はじまりはいらない  今 君は静かに微笑んで つつましく宇宙は満ち足りて それからふたりはすれちがうよ まるで何もなかったように 光る石をそっとしまう 夕暮れ時 恋なんて 呼ばないよ 恋なんて 呼ばないよ沢田研二覚和歌子八島順一金星とタワーライト 交じる黄昏の時刻 いつものスクランブル 君は気がついた  サカナの群れをはさんで まなざしを交差させて そのままいつもどおり すれちがうはず  触れずに話さずに ときめくこの瞬間(とき)を ポケットに隠すよな 密(ひそ)かさがいいのに  今 君のくちびるは動いて 何かを伝えようとしている 涼やかに瞳は輝いて ふたつの宇宙が出会いそうさ 街のノイズ ふっと途切れ 時が止まる 立ちつくす ただふたり  君は今日も素敵だね まっすぐな髪なびかせ 煙るようなジャスミン 匂い立たせてる  使い捨ての街で 見つけた永遠さ 終わるのが辛いなら はじまりはいらない  今 君は静かに微笑んで つつましく宇宙は満ち足りて それからふたりはすれちがうよ まるで何もなかったように 光る石をそっとしまう 夕暮れ時 恋なんて 呼ばないよ 恋なんて 呼ばないよ
恋のバッド・チューニングBad Bad Bad Tuning ずれてるほうがいい Bad Bad Bad Tuning 男と女  似合うはずもない 二人と 噂されるのもいいさ キメすぎばかりじゃ息もできない 心の奥を のぞいて 愛を確かめるなんて 男と女の 謎のたのしさ 知らず知らずに 捨ててるだけだよ  はじめからちょっとずれてる周波数 無理も我慢もしなくていい ちょっとずれてる周波数 100も承知でいたよ 気持がいいから このままで 恋の Bad Bad Bad Tuning  Bad Bad Bad Tuning ずれてるほうがいい Bad Bad Bad Tuning 男と女  火の玉みたいに熱いハートの温度があれば 抱きしめあったらわかりあえるさ 心の距離も少しは遠くにあるほうがいい 愛の電波はどこでも届く 離れているから優しくなれるよ  はじめから ちょっとずれてる周波数 意地もてらいも捨てていい ちょっとずれてる周波数 夢を見るように酔えばいい その気があるなら このままで 恋の Bad Bad Bad Tuning   はじめからちょっとずれてる周波数 無理も我慢もしなくていい ちょっとずれてる周波数 100も承知でいたよ 気持がいいから このままで 恋の Bad Bad Bad Tuning  Bad Bad Bad Tuning ずれてるほうがいい Bad Bad Bad Tuning 男と女沢田研二糸井重里加瀬邦彦Bad Bad Bad Tuning ずれてるほうがいい Bad Bad Bad Tuning 男と女  似合うはずもない 二人と 噂されるのもいいさ キメすぎばかりじゃ息もできない 心の奥を のぞいて 愛を確かめるなんて 男と女の 謎のたのしさ 知らず知らずに 捨ててるだけだよ  はじめからちょっとずれてる周波数 無理も我慢もしなくていい ちょっとずれてる周波数 100も承知でいたよ 気持がいいから このままで 恋の Bad Bad Bad Tuning  Bad Bad Bad Tuning ずれてるほうがいい Bad Bad Bad Tuning 男と女  火の玉みたいに熱いハートの温度があれば 抱きしめあったらわかりあえるさ 心の距離も少しは遠くにあるほうがいい 愛の電波はどこでも届く 離れているから優しくなれるよ  はじめから ちょっとずれてる周波数 意地もてらいも捨てていい ちょっとずれてる周波数 夢を見るように酔えばいい その気があるなら このままで 恋の Bad Bad Bad Tuning   はじめからちょっとずれてる周波数 無理も我慢もしなくていい ちょっとずれてる周波数 100も承知でいたよ 気持がいいから このままで 恋の Bad Bad Bad Tuning  Bad Bad Bad Tuning ずれてるほうがいい Bad Bad Bad Tuning 男と女
恋は邪魔もの何も知らないお前に 優しくされて見つめる 昨日まで愛していた 女に似ているよ これ以上側にいると 僕の気持が動くよ 幼さがどこか残る お前の白い肌  恋は邪魔さ 僕は僕で 顔を背け 今暫くは まだ心に 僕は僕で 別な女(ひと)の 切ない恋と 別れたばかり  お前の視線を避けて ひとりで飲む夜は  時々僕の心に 割り込んでくるお前は ほろ苦い恋の夜に 僕を迷わせるよ  恋は邪魔さ 僕は僕で 顔を背け 今暫くは まだ心に 僕は僕で 別な女の 切ない恋と 別れたばかり  事情(わけ)を知らないお前の 小さな手が燃える沢田研二安井かずみ加瀬邦彦何も知らないお前に 優しくされて見つめる 昨日まで愛していた 女に似ているよ これ以上側にいると 僕の気持が動くよ 幼さがどこか残る お前の白い肌  恋は邪魔さ 僕は僕で 顔を背け 今暫くは まだ心に 僕は僕で 別な女(ひと)の 切ない恋と 別れたばかり  お前の視線を避けて ひとりで飲む夜は  時々僕の心に 割り込んでくるお前は ほろ苦い恋の夜に 僕を迷わせるよ  恋は邪魔さ 僕は僕で 顔を背け 今暫くは まだ心に 僕は僕で 別な女の 切ない恋と 別れたばかり  事情(わけ)を知らないお前の 小さな手が燃える
コインに任せて今夜は陽気にバカ騒ぎ とっておきのシャンパン 理由もなく乾杯 お前 酔わせてくれる女 色褪せたカーテン まとい 戯れの パーティドレス 最初の夜のやり直し  酔って笑って遊んだ後で コイン一枚 投げてみる も一度 惚れよか 笑いとばそか そいつはコインに任せるさ 悲劇と喜劇は裏表  今夜は陽気にバカ騒ぎ すりきれたレコード 何度目のダンス お前 心惑わす女 おどけて 昔の口説き文句 この手になじんだ肩抱いて 最初の夜の 焼直し  騒ぎ疲れたお前の寝顔 コイン そこらに投げてみる このまま いようか 別れようか そいつは コインに任せるさ 悲劇と喜劇は裏表  騒ぎ疲れたお前の寝顔 コイン そこらに投げてみる このまま いようか 別れようか そいつは コインに任せるさ 悲劇と喜劇は裏表 悲劇と喜劇は裏表沢田研二武衛尚子速水清司今夜は陽気にバカ騒ぎ とっておきのシャンパン 理由もなく乾杯 お前 酔わせてくれる女 色褪せたカーテン まとい 戯れの パーティドレス 最初の夜のやり直し  酔って笑って遊んだ後で コイン一枚 投げてみる も一度 惚れよか 笑いとばそか そいつはコインに任せるさ 悲劇と喜劇は裏表  今夜は陽気にバカ騒ぎ すりきれたレコード 何度目のダンス お前 心惑わす女 おどけて 昔の口説き文句 この手になじんだ肩抱いて 最初の夜の 焼直し  騒ぎ疲れたお前の寝顔 コイン そこらに投げてみる このまま いようか 別れようか そいつは コインに任せるさ 悲劇と喜劇は裏表  騒ぎ疲れたお前の寝顔 コイン そこらに投げてみる このまま いようか 別れようか そいつは コインに任せるさ 悲劇と喜劇は裏表 悲劇と喜劇は裏表
光線暗闇をひとすじの 光線がかけぬけてく 後ろ手をしばられた 僕達の目をつきさし こわれかけたロマネスク 残がいの街を照らす 読みとれないニュース画面 イナヅマの乱れ走り かすかに渦巻く予感 愛の符号(サイン)シンクロニシティー  Run ガレキの時空から Jump 飛び越えておいでよ Out すれ違うまなざし Cut ふり返るひまはないみたい  僕だらけの未来から 愛の符号(サイン)シンクロニシティー  Run 変わる景色の中 Dive とびこんでおいでよ Out 割れた鏡は昨日 Look 何も映してくれないから  Run 照らした光線を Get つかまえておいでよ Out 滅びゆくもの今 Cut 見つめてるひまはないみたい沢田研二サエキけんぞう吉田光暗闇をひとすじの 光線がかけぬけてく 後ろ手をしばられた 僕達の目をつきさし こわれかけたロマネスク 残がいの街を照らす 読みとれないニュース画面 イナヅマの乱れ走り かすかに渦巻く予感 愛の符号(サイン)シンクロニシティー  Run ガレキの時空から Jump 飛び越えておいでよ Out すれ違うまなざし Cut ふり返るひまはないみたい  僕だらけの未来から 愛の符号(サイン)シンクロニシティー  Run 変わる景色の中 Dive とびこんでおいでよ Out 割れた鏡は昨日 Look 何も映してくれないから  Run 照らした光線を Get つかまえておいでよ Out 滅びゆくもの今 Cut 見つめてるひまはないみたい
孤高のピアニストくもりないプレイは 心を映し出すよ 君はとても尊すぎて 跪くより他にない  洗われる罪さえ すべての許し乞うよ 君はいつも眩しすぎて 真っ直ぐ見つめられないよ  神業指先 拒絶も寛容も 目新しさ哀愁さえも 操りながら 優しく僕も泣かせておくれよ  孤高のピアニスト君は 自惚れや羨望や劣等感 弱さそれは力だってこと 知らしめたよね求めてた灯り  寄り添ってメロディー 重なり上り詰める 僕はかなり夢見心地 とけてなくなってしまうよ  ため息足技 みやびもふしだらも 古めかしさ歓びさえも さらりと捉え 微かに君は微笑みかけてる  孤高のピアニスト君は 緊張や戸惑いや優越感 弱さそれは救いだってこと 教えてくれた何よりの光沢田研二沢田研二宮川泰くもりないプレイは 心を映し出すよ 君はとても尊すぎて 跪くより他にない  洗われる罪さえ すべての許し乞うよ 君はいつも眩しすぎて 真っ直ぐ見つめられないよ  神業指先 拒絶も寛容も 目新しさ哀愁さえも 操りながら 優しく僕も泣かせておくれよ  孤高のピアニスト君は 自惚れや羨望や劣等感 弱さそれは力だってこと 知らしめたよね求めてた灯り  寄り添ってメロディー 重なり上り詰める 僕はかなり夢見心地 とけてなくなってしまうよ  ため息足技 みやびもふしだらも 古めかしさ歓びさえも さらりと捉え 微かに君は微笑みかけてる  孤高のピアニスト君は 緊張や戸惑いや優越感 弱さそれは救いだってこと 教えてくれた何よりの光
心の宇宙(ソラ)あの時 確かに彼等は降り立ち 隣星(トナリボシ)に足跡しるしていた  あの頃 僕等は少しの絶望と 明日(アス)の光 心弾ませていた  月の海を行く 銀色のアーチから 青いその星浮かぶマボロシを見た そう まぎれなく  光のプラント鮮やか 闇には星の街が真空に漂うよ  あなたの大事な遺伝子たちも いずれ旅する時が来るのだろうか?  想い馳せるなら そこへ飛び立つがいい 僕は此処(ココ)で見送る 心の宇宙(ソラ)へと旅立つから  チュルルル‥‥‥‥  限りある日々に 出来るだけ速度あげ 虹のスロープ走る 心の宇宙(ソラ)で そう まぎれなく  チュルルル‥‥‥‥沢田研二GRACE下山淳あの時 確かに彼等は降り立ち 隣星(トナリボシ)に足跡しるしていた  あの頃 僕等は少しの絶望と 明日(アス)の光 心弾ませていた  月の海を行く 銀色のアーチから 青いその星浮かぶマボロシを見た そう まぎれなく  光のプラント鮮やか 闇には星の街が真空に漂うよ  あなたの大事な遺伝子たちも いずれ旅する時が来るのだろうか?  想い馳せるなら そこへ飛び立つがいい 僕は此処(ココ)で見送る 心の宇宙(ソラ)へと旅立つから  チュルルル‥‥‥‥  限りある日々に 出来るだけ速度あげ 虹のスロープ走る 心の宇宙(ソラ)で そう まぎれなく  チュルルル‥‥‥‥
言葉にできない僕の気持ち吐息の落書き 遠巻きな瞳 とりとめのない 気の迷い  黙ってるのは たまらない 伝えたくって あせってる  き、きき君には イカレたよ イ、イツノマニ  立て膝を噛んで この世は深いと 饒舌なのは ひとりごと  声にださなきゃ はじまらない 言葉にすれば おしまいだ  あふれる愛がつんのめる 君を前に 不器用なほどに 真実(ホント)があることを わからせたい  遠い夏の 無口な少年 切実な瞳 欲しい気持ち せっぱつまるたび いくつ逃がしてきたろ  抱きしめることと 見つめてるだけじゃ 恋には 足りなすぎるから  せきとめられても 届けたい 届けたいけど もどかしい  き、きき君にはシビレてる こ、こんなにも 微笑まないでよ 切なくあえいでいる こんな僕を  クリームソーダ 氷は溶けてく 時間は過ぎてく 欲しい気持ち せっぱつまるほど いくつ逃がしてきたろ沢田研二覚和歌子藤井尚之吐息の落書き 遠巻きな瞳 とりとめのない 気の迷い  黙ってるのは たまらない 伝えたくって あせってる  き、きき君には イカレたよ イ、イツノマニ  立て膝を噛んで この世は深いと 饒舌なのは ひとりごと  声にださなきゃ はじまらない 言葉にすれば おしまいだ  あふれる愛がつんのめる 君を前に 不器用なほどに 真実(ホント)があることを わからせたい  遠い夏の 無口な少年 切実な瞳 欲しい気持ち せっぱつまるたび いくつ逃がしてきたろ  抱きしめることと 見つめてるだけじゃ 恋には 足りなすぎるから  せきとめられても 届けたい 届けたいけど もどかしい  き、きき君にはシビレてる こ、こんなにも 微笑まないでよ 切なくあえいでいる こんな僕を  クリームソーダ 氷は溶けてく 時間は過ぎてく 欲しい気持ち せっぱつまるほど いくつ逃がしてきたろ
鼓動君 それはあいまいな 夢 遠い日々たちの 美しく 甘い宝石  頬 つたわる涙は 空 やがて戻るだろう 繰り返し 永遠(とわ)に続く STORY  これだけ生きてたら 誰もが知らないはずの 想いや場面 乗り越えた自負もある このすべてを 捧げよう  午後の空に白い 月がたたずんでるように 見えない星の 鼓動があふれている そのすべてを 信じよう  時 流れていずこへ 波 漂う うたかた 限りなく またたく星  花 咲く朽ちる日まで 風 吹き上げる綿毛 その命 永遠(とわ)に続く STORY  不確かな現実 形を変える毎日 立ち止まり ふと 君の匂い探すよ このメロディーを 伝えよう  青い空を見上げ その向こう側にまして 呆れる程に 広がる宇宙感じ このメロディーが 廻り出す  これだけ生きてたら 誰もが知らないはずの 想いや場面 乗り越えた自負もある ここに今 ボクは居る沢田研二GRACE白井良明君 それはあいまいな 夢 遠い日々たちの 美しく 甘い宝石  頬 つたわる涙は 空 やがて戻るだろう 繰り返し 永遠(とわ)に続く STORY  これだけ生きてたら 誰もが知らないはずの 想いや場面 乗り越えた自負もある このすべてを 捧げよう  午後の空に白い 月がたたずんでるように 見えない星の 鼓動があふれている そのすべてを 信じよう  時 流れていずこへ 波 漂う うたかた 限りなく またたく星  花 咲く朽ちる日まで 風 吹き上げる綿毛 その命 永遠(とわ)に続く STORY  不確かな現実 形を変える毎日 立ち止まり ふと 君の匂い探すよ このメロディーを 伝えよう  青い空を見上げ その向こう側にまして 呆れる程に 広がる宇宙感じ このメロディーが 廻り出す  これだけ生きてたら 誰もが知らないはずの 想いや場面 乗り越えた自負もある ここに今 ボクは居る
この空を見てたら目も眩む海原 ギラギラ 底ぬけの青空 笑う太陽 焦げる太陽 これ以上望まない ギラギラ 仕事しない 空と遊ぶ 煩わしさ ポイ ポイ ポイ ごん箱  南国熱い風 ムンムン 珊瑚の白い浜 ウインドサーフィン ウォーターモービル これ以上望むなら ムンムン シュノーケルで 海に浮かぶ 竜宮城 スイ スイ スイ 万華鏡  優しさが最高 正しさはその次 この空を見てたら 何故か解っちゃうよ ジン ジン ジン  風が蹴散らす雲 ゴウゴウ 横殴りだぞ雨 来るぞ台風 これぞ台風 これ以下望みたい ゴウゴウ 慌てないの じっと辛抱 雲の上は スコーン スコーン スコーン 快晴  優しさが最高 正しさはその次 この空を見てたら 何故か解っちゃうよ ジン ジン ジン沢田研二沢田研二すぎやまこういち目も眩む海原 ギラギラ 底ぬけの青空 笑う太陽 焦げる太陽 これ以上望まない ギラギラ 仕事しない 空と遊ぶ 煩わしさ ポイ ポイ ポイ ごん箱  南国熱い風 ムンムン 珊瑚の白い浜 ウインドサーフィン ウォーターモービル これ以上望むなら ムンムン シュノーケルで 海に浮かぶ 竜宮城 スイ スイ スイ 万華鏡  優しさが最高 正しさはその次 この空を見てたら 何故か解っちゃうよ ジン ジン ジン  風が蹴散らす雲 ゴウゴウ 横殴りだぞ雨 来るぞ台風 これぞ台風 これ以下望みたい ゴウゴウ 慌てないの じっと辛抱 雲の上は スコーン スコーン スコーン 快晴  優しさが最高 正しさはその次 この空を見てたら 何故か解っちゃうよ ジン ジン ジン
この僕が消える時近頃考える 住みづらい世の中だ この僕の上には 問題が山積みだ どんなに愛しても この僕が消える時 幸せ感じても この僕が消える時  ト・キ・オ シティも 住みづらい世の中だ 注目されなきゃ パラシュートも開かない どんなに夢見ても この僕が消える時 輝こうとしても この僕が消える時  テレビジョン・スターも 住みずらい世の中だ ニュースに押されて バラエティは打ち切りだ どんなに綺麗でも この僕が消える時 チヤホヤされても この僕が消える時 全て 錯覚 全て幻覚 …  君にも解る筈 住みづらい世の中だ この星の上には 問題が山積みだ 支配者さえでも この星が消える時 不幸な奴でも この星が消える時  ジェームス・ディーンも 住みづらい世の中だ 歯止めのきかない“356” エデンには帰れない 格好いい生き方も この星が消える時 無様な生き方も この星が消える時  ロックンロール・スターも 住みづらい世の中だ 平和を歌うよ お目あてはわかってる どれだけ伝えても この星が消える時 これだけ叫んでも この星が消える時 全て 錯覚 全ては …  近頃考える 住みづらい世の中だ この僕の上には 問題が山積みだ どんなに愛しても この僕が消える時 幸せ感じても この僕が消える時沢田研二佐藤大吉田光近頃考える 住みづらい世の中だ この僕の上には 問題が山積みだ どんなに愛しても この僕が消える時 幸せ感じても この僕が消える時  ト・キ・オ シティも 住みづらい世の中だ 注目されなきゃ パラシュートも開かない どんなに夢見ても この僕が消える時 輝こうとしても この僕が消える時  テレビジョン・スターも 住みずらい世の中だ ニュースに押されて バラエティは打ち切りだ どんなに綺麗でも この僕が消える時 チヤホヤされても この僕が消える時 全て 錯覚 全て幻覚 …  君にも解る筈 住みづらい世の中だ この星の上には 問題が山積みだ 支配者さえでも この星が消える時 不幸な奴でも この星が消える時  ジェームス・ディーンも 住みづらい世の中だ 歯止めのきかない“356” エデンには帰れない 格好いい生き方も この星が消える時 無様な生き方も この星が消える時  ロックンロール・スターも 住みづらい世の中だ 平和を歌うよ お目あてはわかってる どれだけ伝えても この星が消える時 これだけ叫んでも この星が消える時 全て 錯覚 全ては …  近頃考える 住みづらい世の中だ この僕の上には 問題が山積みだ どんなに愛しても この僕が消える時 幸せ感じても この僕が消える時
コバルトの季節の中で髪形が かわりましたね 秋風に よく似合いますね 何か悲しいこと あったのでしょうか コバルトが 目にしみますね 誰だって 秋は独りですね だから今朝はなにも 話しかけません  しあわせの手ざわりが いまとても懐しく 足早に過ぎて行く この秋の中で あなたを 見失いたくないのです  風の日は きらいでしたね 忘れたい 何かあるのですね だけど人はきっと 愛しあえるでしょう コバルトが 目にしみますね 誰だって 過去はつらいですね だから明日のこと 話してみませんか  ひとりぼっちだったから やさしさが 好きでした 絶え間なく揺れている この秋の中で あなたを 見失いたくないのです あなたを 見失いたくないのです沢田研二小谷夏沢田研二髪形が かわりましたね 秋風に よく似合いますね 何か悲しいこと あったのでしょうか コバルトが 目にしみますね 誰だって 秋は独りですね だから今朝はなにも 話しかけません  しあわせの手ざわりが いまとても懐しく 足早に過ぎて行く この秋の中で あなたを 見失いたくないのです  風の日は きらいでしたね 忘れたい 何かあるのですね だけど人はきっと 愛しあえるでしょう コバルトが 目にしみますね 誰だって 過去はつらいですね だから明日のこと 話してみませんか  ひとりぼっちだったから やさしさが 好きでした 絶え間なく揺れている この秋の中で あなたを 見失いたくないのです あなたを 見失いたくないのです
God Bless Youまだ肌寒い息が白いじゃん いつもの路地裏 少し花の香り クリームみたい おぼろな月が まわり道するじゃん  星がひとつ煌めいた後 尾を引く 願い事するヒマなんてない ひとつくしゃみしたじゃん  God Bless You そう呟く ささやかなハピネスじゃん God Bless You 救われるよ 天空のサインにいつも  心に雫ポツリ落ちたら 気持ちが動くじゃん  すっとそっと街はとても静かじゃん 憂いも不安もリリースして 早く家に帰るじゃん  Good Bless You 明日も イイコトがあるよう Good Bless You あなたにも 笑顔がこぼれるように Good Bless You 七転び八起きして生きてる だから Good Bless You ハピネスを見つけよう 明日も沢田研二GRACE下山淳まだ肌寒い息が白いじゃん いつもの路地裏 少し花の香り クリームみたい おぼろな月が まわり道するじゃん  星がひとつ煌めいた後 尾を引く 願い事するヒマなんてない ひとつくしゃみしたじゃん  God Bless You そう呟く ささやかなハピネスじゃん God Bless You 救われるよ 天空のサインにいつも  心に雫ポツリ落ちたら 気持ちが動くじゃん  すっとそっと街はとても静かじゃん 憂いも不安もリリースして 早く家に帰るじゃん  Good Bless You 明日も イイコトがあるよう Good Bless You あなたにも 笑顔がこぼれるように Good Bless You 七転び八起きして生きてる だから Good Bless You ハピネスを見つけよう 明日も
GO-READY-GO遥かTOKIOの高度2000メートル 一大決意したよ 覚悟を決めてダイブ 頼みの綱は背中に背負うパラシュート 準備万端だから 覚悟を決めてダイブ  ヒトの荷物を背負い込む前に 自分の責任とるのがスジだろ? 自分の足で生きて歩いて クタクタになって尚 人生は続くから 恐れの中に飛び込む勇気だけが 難関突破できる 生きる為ならダイブ  凡庸な日々嘆いているなら 自分で流れ変える努力しよう 風向き変わる瞬間にあなたは 案外と平凡が一番イイなんてね? カウントダウン視界に目を背けず 一心不乱に臨め 生きる為ならダイブ  恐れの中に飛び込む勇気だけが 難関突破できる 覚悟を決めたダイブ 準備万端だから 生きる為ならダイブ 覚悟を決めたダイブ 覚悟 決めて ダイブ!沢田研二GRACE白井良明遥かTOKIOの高度2000メートル 一大決意したよ 覚悟を決めてダイブ 頼みの綱は背中に背負うパラシュート 準備万端だから 覚悟を決めてダイブ  ヒトの荷物を背負い込む前に 自分の責任とるのがスジだろ? 自分の足で生きて歩いて クタクタになって尚 人生は続くから 恐れの中に飛び込む勇気だけが 難関突破できる 生きる為ならダイブ  凡庸な日々嘆いているなら 自分で流れ変える努力しよう 風向き変わる瞬間にあなたは 案外と平凡が一番イイなんてね? カウントダウン視界に目を背けず 一心不乱に臨め 生きる為ならダイブ  恐れの中に飛び込む勇気だけが 難関突破できる 覚悟を決めたダイブ 準備万端だから 生きる為ならダイブ 覚悟を決めたダイブ 覚悟 決めて ダイブ!
再会あなたが背負った 不幸の重さは どんなに愛しても わからない あなたは心を 開いてくれない 心配しないでと横を向く それぞれが生きて来た 人生は違うから さわれない想い出も 心にはあるだろう あなたを愛するなら 不幸も想い出も すべて愛するのが まごころだろう  忘れてほしいと いってはいけない あなたを傷つける ことになる 何にもいわずに やさしく抱きしめ 体のぬくもりを伝えよう 待つことが何よりの やさしさと思うなら かたくなな扉でも 開く日があるだろう あなたを愛するなら 不幸も想い出も すべて愛するのが まごころだろう  あなたを愛するなら 不幸も想い出も すべて愛するのが まごころだろう沢田研二阿久悠大野克夫あなたが背負った 不幸の重さは どんなに愛しても わからない あなたは心を 開いてくれない 心配しないでと横を向く それぞれが生きて来た 人生は違うから さわれない想い出も 心にはあるだろう あなたを愛するなら 不幸も想い出も すべて愛するのが まごころだろう  忘れてほしいと いってはいけない あなたを傷つける ことになる 何にもいわずに やさしく抱きしめ 体のぬくもりを伝えよう 待つことが何よりの やさしさと思うなら かたくなな扉でも 開く日があるだろう あなたを愛するなら 不幸も想い出も すべて愛するのが まごころだろう  あなたを愛するなら 不幸も想い出も すべて愛するのが まごころだろう
酒場でDABADA酒場を探して 見えない時は 近くの墓場を探してみろよ ダブルのグラスに花をさし ゆっくり眠っているはずだから ダバダ ディディ ダバダ ディダ ダバダ ディディ ダバダ ディダ 『ちょっといいジョークだね』  お前が性悪女であれば そのまま一緒に暮したけれど 心のやさしい女だと わかってしまえば おさらばするよ ダバダ ディディ ダバダ ディダ ダバダ ディディ ダバダ ディダ 『美しい話だね』  七時を過ぎたら この顔に ブルーの影が出て 頬ずりして来た女の子 チクチクするわと痛がった よせよ よせよ 酔えなくなるよ ダバダ ディディ ダバダ ディダ ダバダ ディディ ダバダ ディダ 『じゃまっけな女だね』  ゆっくり生きたら百年かかる 急いで生きたら三十いくつ どうやら俺には短かめの 酒場と墓場の二幕芝居 ダバダ ディディ ダバダ ディダ ダバダ ディディ ダバダ ディダ 『ギンギラの男だね』  真夜中過ぎたら左手が お前を恋しがり 豊かな体を思い出し ビリビリふるえることもある よせよ よせよ 悪酔いするよ  真夜中過ぎたら左手が お前を恋しがり 豊かな体を思い出し ビリビリふるえることもある よせよ よせよ 悪酔いするよ  ダバダ ディディ ダバダ ディダ ダバダ ディディ ダバダ ディダ 『それもまたせつないね』 ダバダ ディディ ダバダ ディダ ダバダ ディディ ダバダ ディダ 『ギンギラの男だね』沢田研二阿久悠鈴木キサブロー酒場を探して 見えない時は 近くの墓場を探してみろよ ダブルのグラスに花をさし ゆっくり眠っているはずだから ダバダ ディディ ダバダ ディダ ダバダ ディディ ダバダ ディダ 『ちょっといいジョークだね』  お前が性悪女であれば そのまま一緒に暮したけれど 心のやさしい女だと わかってしまえば おさらばするよ ダバダ ディディ ダバダ ディダ ダバダ ディディ ダバダ ディダ 『美しい話だね』  七時を過ぎたら この顔に ブルーの影が出て 頬ずりして来た女の子 チクチクするわと痛がった よせよ よせよ 酔えなくなるよ ダバダ ディディ ダバダ ディダ ダバダ ディディ ダバダ ディダ 『じゃまっけな女だね』  ゆっくり生きたら百年かかる 急いで生きたら三十いくつ どうやら俺には短かめの 酒場と墓場の二幕芝居 ダバダ ディディ ダバダ ディダ ダバダ ディディ ダバダ ディダ 『ギンギラの男だね』  真夜中過ぎたら左手が お前を恋しがり 豊かな体を思い出し ビリビリふるえることもある よせよ よせよ 悪酔いするよ  真夜中過ぎたら左手が お前を恋しがり 豊かな体を思い出し ビリビリふるえることもある よせよ よせよ 悪酔いするよ  ダバダ ディディ ダバダ ディダ ダバダ ディディ ダバダ ディダ 『それもまたせつないね』 ダバダ ディディ ダバダ ディダ ダバダ ディディ ダバダ ディダ 『ギンギラの男だね』
サムライGOLD LYLIC片手にピストル 心に花束 唇に火の酒 背中に人生を アアア アアア  ありがとう ジェニー お前はいい女だった はんぱなワインより酔わせてくれたよ だけど ジェニー あばよ ジェニー 俺は行かなくちゃいけないんだよ  寝顔にキスでもしてあげたいけど そしたら一日 旅立ちが延びるだろう  男は誰でも 不幸なサムライ 花園で眠れぬこともあるんだよ  片手にピストル 心に花束 唇に火の酒 背中に人生を アアア アアア  ありがとう ジェニー お前はいい女だった お前とくらすのが しあわせだろうな だけど ジェニー あばよ ジェニー それが男には出来ないのだよ  部屋から出たならつめたい木枯し お前の体のぬくもりが消えて行く  男はいつでも 悲しいサムライ しあわせに照れてることもあるんだよ  片手にピストル 心に花束 唇に火の酒 背中に人生を アアア アアア  片手にピストル 心に花束 唇に火の酒 背中に人生を アアア アアアGOLD LYLIC沢田研二阿久悠大野克夫片手にピストル 心に花束 唇に火の酒 背中に人生を アアア アアア  ありがとう ジェニー お前はいい女だった はんぱなワインより酔わせてくれたよ だけど ジェニー あばよ ジェニー 俺は行かなくちゃいけないんだよ  寝顔にキスでもしてあげたいけど そしたら一日 旅立ちが延びるだろう  男は誰でも 不幸なサムライ 花園で眠れぬこともあるんだよ  片手にピストル 心に花束 唇に火の酒 背中に人生を アアア アアア  ありがとう ジェニー お前はいい女だった お前とくらすのが しあわせだろうな だけど ジェニー あばよ ジェニー それが男には出来ないのだよ  部屋から出たならつめたい木枯し お前の体のぬくもりが消えて行く  男はいつでも 悲しいサムライ しあわせに照れてることもあるんだよ  片手にピストル 心に花束 唇に火の酒 背中に人生を アアア アアア  片手にピストル 心に花束 唇に火の酒 背中に人生を アアア アアア
さよならをいう気もないハイヒールのかかとが折れて歩けない ああ この先へは進めない 歩けない はしゃぎ過ぎた子供がベソをかくように ああ なんて私 ついてない 運がない  男と女はいつも悲しい手さぐりで 心のやすらぎ求め合うけれど 季節を見送る詩人のように さよならをいう気もない 悲し過ぎて  ハイヒールを両手に下げ歩き出す ああ この場所へはとまれない いたくない ミュージカルの場面のようにおかしくて ああ だけど私 歌えない 踊れない  男と女はみんな孤独に気がついて 不幸を忘れてしまいたくなるが 季節を見送る詩人のように さよならをいう気もない 悲し過ぎて  男と女はみんな孤独に気がついて 不幸を忘れてしまいたくなるが 季節を見送る詩人のように さよならをいう気もない 悲し過ぎて沢田研二阿久悠大野克夫ハイヒールのかかとが折れて歩けない ああ この先へは進めない 歩けない はしゃぎ過ぎた子供がベソをかくように ああ なんて私 ついてない 運がない  男と女はいつも悲しい手さぐりで 心のやすらぎ求め合うけれど 季節を見送る詩人のように さよならをいう気もない 悲し過ぎて  ハイヒールを両手に下げ歩き出す ああ この場所へはとまれない いたくない ミュージカルの場面のようにおかしくて ああ だけど私 歌えない 踊れない  男と女はみんな孤独に気がついて 不幸を忘れてしまいたくなるが 季節を見送る詩人のように さよならをいう気もない 悲し過ぎて  男と女はみんな孤独に気がついて 不幸を忘れてしまいたくなるが 季節を見送る詩人のように さよならをいう気もない 悲し過ぎて
サーモスタットな夏WILD WILD WILD LOVE & PEACE ZOOM ZOOM ZOOM サーモスタットな夏 WILD WILD WILD FIRE & ICE BOON BOON BOON サーモスタットな夏  どんなに待ち焦がれたって夢だよ そんなに熱くなったら恋なんだ 常夏はどこ夏 今年も暖冬さ ワイルドブルー&シーガイヤ  彼女のハートには愛す!が重要さ BODYを冷やさなくちゃ 僕がドクターで 君がナースなんだ 二人 アッ!ウン!の呼吸  JUMP JUMP JUMP ROSE & PEACH ZOOM ZOOM ZOOM サーモスタットな夏 JUMP JUMP JUMP LEARN & TEACH BOON BOON BOON サーモスタットな夏  こんなに楽しすぎちゃ幻だよ シャンな後ろ姿に目眩がする フルーティーなフルボトル 毎日が乾杯 パリ&グレイトバリアリーフ  彼女のコスモには 安堵!が不可欠だ POWERを暖めなくちゃ 僕の頭脳の中 ゼンマイが延びている 一瞬‥君は誰?彼!  君のシェラシーには シカト!を決めてやれ ENERGYを大切にしよう 彼女の夢の中 君と現の中 みんな アッ!ウン!で暑ちぃちぃ!!!  WILD WILD WILD LOVE & PEACE ZOOM ZOOM ZOOM サーモスタットな夏 WILD WILD WILD FIRE & ICE BOON BOON BOON サーモスタットな夏沢田研二沢田研二朝本浩文WILD WILD WILD LOVE & PEACE ZOOM ZOOM ZOOM サーモスタットな夏 WILD WILD WILD FIRE & ICE BOON BOON BOON サーモスタットな夏  どんなに待ち焦がれたって夢だよ そんなに熱くなったら恋なんだ 常夏はどこ夏 今年も暖冬さ ワイルドブルー&シーガイヤ  彼女のハートには愛す!が重要さ BODYを冷やさなくちゃ 僕がドクターで 君がナースなんだ 二人 アッ!ウン!の呼吸  JUMP JUMP JUMP ROSE & PEACH ZOOM ZOOM ZOOM サーモスタットな夏 JUMP JUMP JUMP LEARN & TEACH BOON BOON BOON サーモスタットな夏  こんなに楽しすぎちゃ幻だよ シャンな後ろ姿に目眩がする フルーティーなフルボトル 毎日が乾杯 パリ&グレイトバリアリーフ  彼女のコスモには 安堵!が不可欠だ POWERを暖めなくちゃ 僕の頭脳の中 ゼンマイが延びている 一瞬‥君は誰?彼!  君のシェラシーには シカト!を決めてやれ ENERGYを大切にしよう 彼女の夢の中 君と現の中 みんな アッ!ウン!で暑ちぃちぃ!!!  WILD WILD WILD LOVE & PEACE ZOOM ZOOM ZOOM サーモスタットな夏 WILD WILD WILD FIRE & ICE BOON BOON BOON サーモスタットな夏
静かなまぼろし通りのドアが開き 雑踏が迷い込む そのとき まぼろしを見てる気がした 小走りのシルエット ガラスを押して あなたが店に入ってきた  もしも微笑み この席で向き合えば 時は戻ってしまうよ 遠い日に  全てを分かち合い 歩いた二人が 今では柱越し 別のテーブル だれかとメニュウを選ぶささやき 振り向く勇気がなかった  会わない日々を云いつくす言葉など もういらないよ 気づかずいて欲しい  昔の恋をなつかしく思うのは 今の自分が幸せだからこそ沢田研二松任谷由実松任谷由実通りのドアが開き 雑踏が迷い込む そのとき まぼろしを見てる気がした 小走りのシルエット ガラスを押して あなたが店に入ってきた  もしも微笑み この席で向き合えば 時は戻ってしまうよ 遠い日に  全てを分かち合い 歩いた二人が 今では柱越し 別のテーブル だれかとメニュウを選ぶささやき 振り向く勇気がなかった  会わない日々を云いつくす言葉など もういらないよ 気づかずいて欲しい  昔の恋をなつかしく思うのは 今の自分が幸せだからこそ
シャワーBaby, Can't you see ラジオが映し出す Threw The Screen ここは海の底  誰かが呼んでる Threw The Screen ヴェランダのセロリに水をやり グリーンを濃く仕上げようか Baby Can't You See 朝陽が燃えている Threw The Screen ここは海の底 クラクションが鳴る Threw The Screen Take A Little Time 歯をみがいたならば Take A Little Chance 光ってくるのさ My Heart Yeah!  だから Chance 素敵な Chance もっと もっと もっともっと 素敵な Chance  だから Chance 素敵な Chance もっと もっと もっともっと 素敵な Chance  Chance……Chance……Chance……  Baby, Can't You See シャワーを浴びながら ひげをそる 体の裏側で 血が飛び散っては止まらない ドアの下 置かれた Newspaper 手に取れば文字が消えてゆくぜ  だから Chance 素敵な Chance もっと もっと もっともっと 素敵な Chance  だから Chance 素敵な Chance もっと もっと もっともっと 素敵な Chance  Chance……Chance……Chance……沢田研二三浦徳子吉田建Baby, Can't you see ラジオが映し出す Threw The Screen ここは海の底  誰かが呼んでる Threw The Screen ヴェランダのセロリに水をやり グリーンを濃く仕上げようか Baby Can't You See 朝陽が燃えている Threw The Screen ここは海の底 クラクションが鳴る Threw The Screen Take A Little Time 歯をみがいたならば Take A Little Chance 光ってくるのさ My Heart Yeah!  だから Chance 素敵な Chance もっと もっと もっともっと 素敵な Chance  だから Chance 素敵な Chance もっと もっと もっともっと 素敵な Chance  Chance……Chance……Chance……  Baby, Can't You See シャワーを浴びながら ひげをそる 体の裏側で 血が飛び散っては止まらない ドアの下 置かれた Newspaper 手に取れば文字が消えてゆくぜ  だから Chance 素敵な Chance もっと もっと もっともっと 素敵な Chance  だから Chance 素敵な Chance もっと もっと もっともっと 素敵な Chance  Chance……Chance……Chance……
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
白い部屋朝の光に ひとりめざめて なにげなしに あなた呼んだ 答えなんか 聞こえて来ない わかっていたはずだ 僕は いつもコーヒー 冷めてしまうと 僕をゆすり 起こした人 それが今は かけがえのない だいじな やさしさと 知った  あなたが消えて こんなに部屋は うつろに 冷たいばかり むなしい広さ うずめるものは あなたのほかにない  いつか二人で 買ったレコード かけてみれば 想い出すよ ふざけながら 踊ってみせた あなたの あの姿 うかぶ そこのゆり椅子 いつもすわって 毛糸編んで 唄っていた 今は白い 広がりばかり あの日の暖かさ 消えた  あなたが消えて こんなに部屋は うつろに 冷たいばかり むなしい広さ うずめるものは あなたのほかにない  あなたが消えて こんなに部屋は うつろに 冷たいばかり むなしい広さ うずめるものは あなたの愛だけ沢田研二山上路夫加瀬邦彦朝の光に ひとりめざめて なにげなしに あなた呼んだ 答えなんか 聞こえて来ない わかっていたはずだ 僕は いつもコーヒー 冷めてしまうと 僕をゆすり 起こした人 それが今は かけがえのない だいじな やさしさと 知った  あなたが消えて こんなに部屋は うつろに 冷たいばかり むなしい広さ うずめるものは あなたのほかにない  いつか二人で 買ったレコード かけてみれば 想い出すよ ふざけながら 踊ってみせた あなたの あの姿 うかぶ そこのゆり椅子 いつもすわって 毛糸編んで 唄っていた 今は白い 広がりばかり あの日の暖かさ 消えた  あなたが消えて こんなに部屋は うつろに 冷たいばかり むなしい広さ うずめるものは あなたのほかにない  あなたが消えて こんなに部屋は うつろに 冷たいばかり むなしい広さ うずめるものは あなたの愛だけ
死んでもいい抱きしめたい あなたのこと こわれるほど この手で あなたは今 髪をとかし 灯り消して 眠る頃だろ 僕など余計ものだよ あの人そばにいるから だけど だけどこの命 あなたにあげたものなら 愛の 愛の 愛のため 死んでもいい 僕は今  抱きしめたい あなたのこと こわれるほど この手で 僕のことを 想うだろうか ひとりの午後 窓にもたれて けれども日暮れせまれば やさしい人を待つだろ 僕は 僕は旅の果て これより先はないから 愛の 愛の 愛のため 死んでもいい 僕は今沢田研二山上路夫加藤邦彦抱きしめたい あなたのこと こわれるほど この手で あなたは今 髪をとかし 灯り消して 眠る頃だろ 僕など余計ものだよ あの人そばにいるから だけど だけどこの命 あなたにあげたものなら 愛の 愛の 愛のため 死んでもいい 僕は今  抱きしめたい あなたのこと こわれるほど この手で 僕のことを 想うだろうか ひとりの午後 窓にもたれて けれども日暮れせまれば やさしい人を待つだろ 僕は 僕は旅の果て これより先はないから 愛の 愛の 愛のため 死んでもいい 僕は今
単純な永遠夜が去った 2人の空 青い色に 飾りなんかまるでない 夢が消えて 朝が残る 日射しからは 無言のエネルギーだけ  信じることは くずれてしまうけど ゼロの空気は透明 なぜかまぶしい  君に All want is you 素敵なヒントさ 単なる永遠 感じておくれよ All want is you それでOK!  星が消えて 風が騒ぐ 物語はもう だれも覚えてないさ 嘘が白く かすんでいく 失うこと 慣れすぎている瞳に  欲ばることで 傷つけすぎたね 今 渡せるのは 小さなプレゼントだけど  それは All want is you 素敵なあいづち 確かな情熱 受けとめておくれ All want is you そしたらOK!  予測してなかった 宝石の時間 シンプルだけど 満更じゃないメロディー  君に All want is you 素敵なヒントさ 単なる永遠 感じておくれよ All want is you それでOK!  それは All want is you 素敵なあいづち 確かな情熱 受けとめておくれ All want is you 素敵なヒントさ  単なる永遠 感じておくれよ All want is you 素敵なあいづち 確かな情熱 受けとめておくれ All want is you 素敵なヒントさ 単なる永遠 感じておくれよ沢田研二サエキけんぞう吉田建夜が去った 2人の空 青い色に 飾りなんかまるでない 夢が消えて 朝が残る 日射しからは 無言のエネルギーだけ  信じることは くずれてしまうけど ゼロの空気は透明 なぜかまぶしい  君に All want is you 素敵なヒントさ 単なる永遠 感じておくれよ All want is you それでOK!  星が消えて 風が騒ぐ 物語はもう だれも覚えてないさ 嘘が白く かすんでいく 失うこと 慣れすぎている瞳に  欲ばることで 傷つけすぎたね 今 渡せるのは 小さなプレゼントだけど  それは All want is you 素敵なあいづち 確かな情熱 受けとめておくれ All want is you そしたらOK!  予測してなかった 宝石の時間 シンプルだけど 満更じゃないメロディー  君に All want is you 素敵なヒントさ 単なる永遠 感じておくれよ All want is you それでOK!  それは All want is you 素敵なあいづち 確かな情熱 受けとめておくれ All want is you 素敵なヒントさ  単なる永遠 感じておくれよ All want is you 素敵なあいづち 確かな情熱 受けとめておくれ All want is you 素敵なヒントさ 単なる永遠 感じておくれよ
「C」君をいつも欲してる 君をいつも崇めてる 君をいつも試してる 君をいつも欲してる oh Honey Love is Diamond  君の汗のにおいと 君の謎めく囁き 君の瞳の深さと 君の細い足首 oh Honey Love is Diamond  いつかボクが燃え尽きて灰になっても ボクの「C」は時を超えダイヤへと  君がそっとそのダイヤ手にスル夢を 見てるボクは「C」になる全然悪くないさ  君はボクを見透かして 君は昨日とくらべる 君は自由を奪って 君は空ナミダ落とす oh Honey Love is Diamond  君に軽いめまいと 君に熱い快感 君に甘い疼きを 君に愛を痛める oh Honey Love is Diamond  いつかボクが燃え尽きて灰になっても ボクの「C」は時を超えダイヤへと  君がそっとそのダイヤ手にスル夢を 見てるボクは「C」になる全然悪くないさ いつかボクが燃え尽きて灰になっても ボクの「C」は時を超えダイヤへと  君がそっとそのダイヤ手にスル夢を 見てるボクは「C」になる全然悪くないさ沢田研二GRACE白井良明君をいつも欲してる 君をいつも崇めてる 君をいつも試してる 君をいつも欲してる oh Honey Love is Diamond  君の汗のにおいと 君の謎めく囁き 君の瞳の深さと 君の細い足首 oh Honey Love is Diamond  いつかボクが燃え尽きて灰になっても ボクの「C」は時を超えダイヤへと  君がそっとそのダイヤ手にスル夢を 見てるボクは「C」になる全然悪くないさ  君はボクを見透かして 君は昨日とくらべる 君は自由を奪って 君は空ナミダ落とす oh Honey Love is Diamond  君に軽いめまいと 君に熱い快感 君に甘い疼きを 君に愛を痛める oh Honey Love is Diamond  いつかボクが燃え尽きて灰になっても ボクの「C」は時を超えダイヤへと  君がそっとそのダイヤ手にスル夢を 見てるボクは「C」になる全然悪くないさ いつかボクが燃え尽きて灰になっても ボクの「C」は時を超えダイヤへと  君がそっとそのダイヤ手にスル夢を 見てるボクは「C」になる全然悪くないさ
シーサイド・バウンド踊りに行こうよ 青い海のもとへ 二人で唄おう 明るい恋のリズム でっかい太陽が恋の女神なのさ 踊りに行こうよ 海は友だちなのさ  シーサイド・バウンド ゴー・バウンド  シーサイド・バウンド ゴー・バウンド  踊りに行こうよ 青い海のもとへ 二人で唄おう 明るい恋のリズム でっかい太陽が恋の女神なのさ 踊りに行こうよ 海は友だちなのさ  シーサイド・バウンド ゴー・バウンド  シーサイド・バウンド ゴー・バウンド …………………沢田研二橋本淳すぎやまこういち踊りに行こうよ 青い海のもとへ 二人で唄おう 明るい恋のリズム でっかい太陽が恋の女神なのさ 踊りに行こうよ 海は友だちなのさ  シーサイド・バウンド ゴー・バウンド  シーサイド・バウンド ゴー・バウンド  踊りに行こうよ 青い海のもとへ 二人で唄おう 明るい恋のリズム でっかい太陽が恋の女神なのさ 踊りに行こうよ 海は友だちなのさ  シーサイド・バウンド ゴー・バウンド  シーサイド・バウンド ゴー・バウンド …………………
シー・シー・シー愛のピエロが かぞえた 愛のこころを かぞえた たして引いても かけても ABC and ABC and C-C-C-C  愛のピエロが かぞえた 愛のこころを かぞえた たして引いても かけても ABC and ABC and C-C-C-C  I'm so high, No, No, No, I'm so down, No, No, No, I'm so blue, No, No, No, C-C-C-C  愛の女神は ジプシー 砂でうらなう 土曜日 ルビーのように 輝く C-C Yea C-C Yea C-C-C-C C-C-C-C……  I'm so high, No, No, No, I'm so down, No, No, No, I'm so blue, No, No, No, C-C-C-C  愛の女神は ジプシー 砂でうらなう 土曜日 ルビーのように 輝く C-C Yea C-C Yea C-C-C-C C-C-C-C……沢田研二安井かずみ加瀬邦彦愛のピエロが かぞえた 愛のこころを かぞえた たして引いても かけても ABC and ABC and C-C-C-C  愛のピエロが かぞえた 愛のこころを かぞえた たして引いても かけても ABC and ABC and C-C-C-C  I'm so high, No, No, No, I'm so down, No, No, No, I'm so blue, No, No, No, C-C-C-C  愛の女神は ジプシー 砂でうらなう 土曜日 ルビーのように 輝く C-C Yea C-C Yea C-C-C-C C-C-C-C……  I'm so high, No, No, No, I'm so down, No, No, No, I'm so blue, No, No, No, C-C-C-C  愛の女神は ジプシー 砂でうらなう 土曜日 ルビーのように 輝く C-C Yea C-C Yea C-C-C-C C-C-C-C……
ジェラシーが濡れてゆくグレイウィンド 中途半端な温度で 視線からそらす仕草は思いすごしではない  Not So Serious バツの悪い変化さ いつもより感じるなんて愛のせいじゃないから  これ以上追えば雨になってしまう これ以上呼べば霧に消えてしまう  ジェラシーが濡れてゆく スリットからのぞく嘘に ジェラシーが濡れている 乾いたのどうるおすように  いくつあっても夜が足りない いくつあっても朝が足りない  Blue Air 居心地のいいゲームが この街に似合っているといったのは俺さ  Not So Curious 少し手おくれみたいさ ひきよせる瞳の影に驚いてるなんて  これ以上噛めば糸が切れてしまう これ以上行けば闇に触れてしまう  ジェラシーが濡れてゆく アリバイから逃げた夢に ジェラシーが濡れている キスの中に蜜が満ちてく  いくつあっても夜が足りない いくつあっても朝が足りない  ジェラシーが濡れてゆく スリットからのぞく嘘に ジェラシーが濡れている 乾いたのどうるおすように沢田研二サエキけんぞう鮎川誠グレイウィンド 中途半端な温度で 視線からそらす仕草は思いすごしではない  Not So Serious バツの悪い変化さ いつもより感じるなんて愛のせいじゃないから  これ以上追えば雨になってしまう これ以上呼べば霧に消えてしまう  ジェラシーが濡れてゆく スリットからのぞく嘘に ジェラシーが濡れている 乾いたのどうるおすように  いくつあっても夜が足りない いくつあっても朝が足りない  Blue Air 居心地のいいゲームが この街に似合っているといったのは俺さ  Not So Curious 少し手おくれみたいさ ひきよせる瞳の影に驚いてるなんて  これ以上噛めば糸が切れてしまう これ以上行けば闇に触れてしまう  ジェラシーが濡れてゆく アリバイから逃げた夢に ジェラシーが濡れている キスの中に蜜が満ちてく  いくつあっても夜が足りない いくつあっても朝が足りない  ジェラシーが濡れてゆく スリットからのぞく嘘に ジェラシーが濡れている 乾いたのどうるおすように
ジャスト フィットステーションワゴンに俺は乗り込んで 夜の荒野をかけているところ バックミラーはあとを見るかがみ ヘッドライトは前を知るあかり  チークダンス メロディー カーラジオがからかう メイン道路のはずれで 女がトップモードの ドレスでタップダンス踊ってた  パンクナイトに見とれてるうちに 女は俺の横にすべり込み スーツケースにはみ出た下着で 俺の視線のゆく先 調べた  スターダスト パラダイス ゆく先がわからない Red・ルージュ ローズ・ワイン 女はちょっとうつむき 車はUPライトに転がる  いろんな夜を転がりつづけて 知らないうちに知りすぎたけれど 今でも肌を重ねあったまま ステーション ワゴンの中で暮してる  Midnight Sexy 急カーブにUターン 女が俺にささやく “いいのよ、ずっとこのまま” “二人はジャスト フィットなんだから” “ジャスト フィットなんだから”沢田研二井上陽水井上陽水ステーションワゴンに俺は乗り込んで 夜の荒野をかけているところ バックミラーはあとを見るかがみ ヘッドライトは前を知るあかり  チークダンス メロディー カーラジオがからかう メイン道路のはずれで 女がトップモードの ドレスでタップダンス踊ってた  パンクナイトに見とれてるうちに 女は俺の横にすべり込み スーツケースにはみ出た下着で 俺の視線のゆく先 調べた  スターダスト パラダイス ゆく先がわからない Red・ルージュ ローズ・ワイン 女はちょっとうつむき 車はUPライトに転がる  いろんな夜を転がりつづけて 知らないうちに知りすぎたけれど 今でも肌を重ねあったまま ステーション ワゴンの中で暮してる  Midnight Sexy 急カーブにUターン 女が俺にささやく “いいのよ、ずっとこのまま” “二人はジャスト フィットなんだから” “ジャスト フィットなんだから”
自由に歩いて愛して誰かが今 ドアをたたいた この心の とびらを開けろと 今 やさしい 季節が来たんだ  空はみんなの 愛はあなたの ものになる時 今こそ  誰かが今 ドアをたたいた この心の 鎖をほどいて もう自由に 歩いて愛して  空はみんなの 愛はあなたの ものになる時 今こそ  この心の 鎖をほどいて もう自由に 歩いて愛して  空はみんなの 愛はあなたの ものになる時 今こそ  Now The Time For Love Now The Time For Love Now The Time For Love Now The Time For Love Oh! Yeah!沢田研二安井かずみ井上尭之誰かが今 ドアをたたいた この心の とびらを開けろと 今 やさしい 季節が来たんだ  空はみんなの 愛はあなたの ものになる時 今こそ  誰かが今 ドアをたたいた この心の 鎖をほどいて もう自由に 歩いて愛して  空はみんなの 愛はあなたの ものになる時 今こそ  この心の 鎖をほどいて もう自由に 歩いて愛して  空はみんなの 愛はあなたの ものになる時 今こそ  Now The Time For Love Now The Time For Love Now The Time For Love Now The Time For Love Oh! Yeah!
G.S.I LOVE YOUMisty night for lovers Feeling your eyes so near mine Oh! G.S.I LOVE YOU How can you be here How can you be so divne  Music all around me Our song still alive in my ears Brings back times together Wherever I sing There ever I'm full of tears La La La………  Nights we spent alone Days our hearts were so in tune Oh! G.S.I LOVE YOU Why wasn't I smart Why did you depart so soon? La La La………沢田研二Maria Messina沢田研二Misty night for lovers Feeling your eyes so near mine Oh! G.S.I LOVE YOU How can you be here How can you be so divne  Music all around me Our song still alive in my ears Brings back times together Wherever I sing There ever I'm full of tears La La La………  Nights we spent alone Days our hearts were so in tune Oh! G.S.I LOVE YOU Why wasn't I smart Why did you depart so soon? La La La………
捨てぜりふあんたの顔なんか 見たくないよと 酔った眼をして お前は叫んだ ざわめく酒場の そのどまんなか 涙ぼろぼろ こぼれていたよ  黙ってしまえば それで済むのを 聞こえよがしに おいらは答えた 男にくだまく あばずれ女 おとといおいでと グラスを投げた  ああ 売りことばに買いことば 出会って愛して 笑って泣いて さまよう心は 行きどまり 男は 失した夢追いかけて きのうの女に 捨てぜりふ  とめる仲間の 腕振り切って 成りゆきついでに 立ちあがるおれ 行きたい所へ 行っちまいなと 平気な素振りで 見送るお前  おいらズタズタ お前もズタズタ こんなつもりじゃ なかったはずさ 力まかせに お前のぬれた ほっぺた たたけば くずれてゆくよ  ああ 売りことばに買いことば 出会って愛して 笑って泣いて さまよう心は 行きどまり 女は 壊れた夢抱きしめて 逃げてく男に 捨てぜりふ  女は 壊れた夢抱きしめて 逃げてく男に 捨てぜりふ沢田研二康珍化BOROあんたの顔なんか 見たくないよと 酔った眼をして お前は叫んだ ざわめく酒場の そのどまんなか 涙ぼろぼろ こぼれていたよ  黙ってしまえば それで済むのを 聞こえよがしに おいらは答えた 男にくだまく あばずれ女 おとといおいでと グラスを投げた  ああ 売りことばに買いことば 出会って愛して 笑って泣いて さまよう心は 行きどまり 男は 失した夢追いかけて きのうの女に 捨てぜりふ  とめる仲間の 腕振り切って 成りゆきついでに 立ちあがるおれ 行きたい所へ 行っちまいなと 平気な素振りで 見送るお前  おいらズタズタ お前もズタズタ こんなつもりじゃ なかったはずさ 力まかせに お前のぬれた ほっぺた たたけば くずれてゆくよ  ああ 売りことばに買いことば 出会って愛して 笑って泣いて さまよう心は 行きどまり 女は 壊れた夢抱きしめて 逃げてく男に 捨てぜりふ  女は 壊れた夢抱きしめて 逃げてく男に 捨てぜりふ
STEPPIN' STONESめざす道にかすか見える光 虹色 夜の奥で拳かざす髪を清めて 祈る言葉も響かない 静かな日々に別れ告げ サイは投げた鳥は去った朝は蒼褪め 愛をこめて鬼になれば花は乱れる 息をはずませ舞い下りる 自由と言う名の妖かしが  さあ襟をはずして さあ肉を躍らせ さあ遙か見つける HALLELUJA  Keep on Keep on running STEPPIN' STONES Keep on Keep on running STEPPIN' STONES  AH……AH……AH AH……AH……AH  追いかけたらつかめそうな人の血の色 汚れのない胸に刺さる声をさえぎる 涙の糸を手繰り寄せ 悩みの棘を解き放つ  さあ我を忘れて さあ肌を立たせて さあ遥か見つける HALLELUJA  Keep on Keep on running STEPPIN' STONES Keep on Keep on running STEPPIN' STONES  AH……AH……AH AH……AH……AH  さあ我を忘れて さあ肌を立たせて さあ遙か見つける HALLELUJA  Keep on Keep on running STEPPIN' STONES Keep on Keep on running STEPPIN' STONES  Keep on Keep on running STEPPIN' STONES Keep on Keep on running STEPPIN' STONES  AH……AH……AH AH……AH……AH AH……AH……AH沢田研二沢田研二沢田研二めざす道にかすか見える光 虹色 夜の奥で拳かざす髪を清めて 祈る言葉も響かない 静かな日々に別れ告げ サイは投げた鳥は去った朝は蒼褪め 愛をこめて鬼になれば花は乱れる 息をはずませ舞い下りる 自由と言う名の妖かしが  さあ襟をはずして さあ肉を躍らせ さあ遙か見つける HALLELUJA  Keep on Keep on running STEPPIN' STONES Keep on Keep on running STEPPIN' STONES  AH……AH……AH AH……AH……AH  追いかけたらつかめそうな人の血の色 汚れのない胸に刺さる声をさえぎる 涙の糸を手繰り寄せ 悩みの棘を解き放つ  さあ我を忘れて さあ肌を立たせて さあ遥か見つける HALLELUJA  Keep on Keep on running STEPPIN' STONES Keep on Keep on running STEPPIN' STONES  AH……AH……AH AH……AH……AH  さあ我を忘れて さあ肌を立たせて さあ遙か見つける HALLELUJA  Keep on Keep on running STEPPIN' STONES Keep on Keep on running STEPPIN' STONES  Keep on Keep on running STEPPIN' STONES Keep on Keep on running STEPPIN' STONES  AH……AH……AH AH……AH……AH AH……AH……AH
ス・ト・リ・ッ・パーヒールを脱ぎ捨て ルージュを脱ぎ捨て すべてを脱ぎ捨てたら おいで 裸にならなきゃ 始まらない ショーの始まりさ……  過去を脱ぎ捨て 昨日を脱ぎ捨て すべてを脱ぎ捨てたら おいで 瞳を隠して 逃げ込むなら 話にならないぜ  朝でも夜でも 真昼でも 恋はストリッパー 裸の触れあい 春でも 秋でも 真冬でも 愛はストリッパー 見せるが勝ちだぜ  オレのすべてを 見せてやる オマエのすべてを 見たい  嘘を脱ぎ捨て 罪を脱ぎ捨て すべてを脱ぎ捨てたらおいで 男と女はアダムとイブ 可愛いいものだよ  未来を脱ぎ捨て 明日を脱ぎ捨て すべてを脱ぎ捨てたらおいで 弱いとこも見せちまえば 綺麗に変われる  朝でも夜でも 真昼でも 恋はストリッパー 人生のステージ 春でも 秋でも 真冬でも 愛はストリツパー 幕は上がってる  オレのすべてを 見せてやる オマエのすべてを 見たい  オレのすべてを 見せてやる オマエのすべてを 見たい沢田研二三浦徳子沢田研二ヒールを脱ぎ捨て ルージュを脱ぎ捨て すべてを脱ぎ捨てたら おいで 裸にならなきゃ 始まらない ショーの始まりさ……  過去を脱ぎ捨て 昨日を脱ぎ捨て すべてを脱ぎ捨てたら おいで 瞳を隠して 逃げ込むなら 話にならないぜ  朝でも夜でも 真昼でも 恋はストリッパー 裸の触れあい 春でも 秋でも 真冬でも 愛はストリッパー 見せるが勝ちだぜ  オレのすべてを 見せてやる オマエのすべてを 見たい  嘘を脱ぎ捨て 罪を脱ぎ捨て すべてを脱ぎ捨てたらおいで 男と女はアダムとイブ 可愛いいものだよ  未来を脱ぎ捨て 明日を脱ぎ捨て すべてを脱ぎ捨てたらおいで 弱いとこも見せちまえば 綺麗に変われる  朝でも夜でも 真昼でも 恋はストリッパー 人生のステージ 春でも 秋でも 真冬でも 愛はストリツパー 幕は上がってる  オレのすべてを 見せてやる オマエのすべてを 見たい  オレのすべてを 見せてやる オマエのすべてを 見たい
Snow Blind降り積もるよ君の謎が 愛のように雪のように 温もりなら確かなのに 匂いさえも感じるのに  君の知らない僕もいるよ 僕の知らない君がいようと まじ I love you  降り積もれよ君の愛よ 夢のように雪のように  君の代わり誰もいない 僕の代わりいるよきっとね でも I need you  君の信じる僕になれる 君の信じる君が好きだよ いま会いたいよ  解けておくれ君の謎よ 愛のように雪のように 離れてると切なくなる 大人だから揺れてしまう沢田研二沢田研二伊豆田洋之降り積もるよ君の謎が 愛のように雪のように 温もりなら確かなのに 匂いさえも感じるのに  君の知らない僕もいるよ 僕の知らない君がいようと まじ I love you  降り積もれよ君の愛よ 夢のように雪のように  君の代わり誰もいない 僕の代わりいるよきっとね でも I need you  君の信じる僕になれる 君の信じる君が好きだよ いま会いたいよ  解けておくれ君の謎よ 愛のように雪のように 離れてると切なくなる 大人だから揺れてしまう
SPLEEN~六月の風にゆれて~君をみつけたのは そうさ 僕の方 黒い瞳には 春が映ってた  小鳥のような声で笑い 気ままな娘を気取ったね  そして二人は 優しい風の中 淡い夢と接吻(くちづけ)ばかりの とても急いで 咲く花びらのように 二人の上に 太陽がくるおしく降りそそぐ  甘やかな日々が 永遠(とわ)に過ぎ去って 想い出の中に 深い雪が降る  僕のコートにくるまって 頬寄せた遠い街角  君はいつも 幸福(しあわせ)をためらい 哀しみ隠し 未来に目を伏せた いつの日か君を きっとさらいに行くよ 悪い僕の手紙が 溶けてゆく 炎に  “愛しているの” 今も聞こえてくる 君の素直な透き通る涙が  僕はこんなに大人になって 初めて恋をしたのに 今では何もかも 失くした 失くした 失くした沢田研二コシミハル小林考至君をみつけたのは そうさ 僕の方 黒い瞳には 春が映ってた  小鳥のような声で笑い 気ままな娘を気取ったね  そして二人は 優しい風の中 淡い夢と接吻(くちづけ)ばかりの とても急いで 咲く花びらのように 二人の上に 太陽がくるおしく降りそそぐ  甘やかな日々が 永遠(とわ)に過ぎ去って 想い出の中に 深い雪が降る  僕のコートにくるまって 頬寄せた遠い街角  君はいつも 幸福(しあわせ)をためらい 哀しみ隠し 未来に目を伏せた いつの日か君を きっとさらいに行くよ 悪い僕の手紙が 溶けてゆく 炎に  “愛しているの” 今も聞こえてくる 君の素直な透き通る涙が  僕はこんなに大人になって 初めて恋をしたのに 今では何もかも 失くした 失くした 失くした
Smash the Rockゴツゴツしてる 手強さがいい 年季入って 黒光りしている こいつを 小脇抱え  転がり続け すり切れるような やわな作りじゃ 既に壊れてる 今日もさ 相変わらず  Smash the Rock いつか唸らせてやるさ Smash the Rock ごらん ほら  無骨なやつさ 直球入魂いつも 真摯にいくさ 僕の胸にゴング響く  裏切りは昔 あった気もするけど 励まし諭され 元の鞘戻る こいつと 百戦錬磨  Smash the Rock 愛情たっぷりとかけて Smash the Rock 頬ばるよ  気楽にやるさ 誇りを胸に抱き 銀のハンマーを 振り下ろしたらビート弾ける  憧れ とうの 昔に捨てた 年輪刻む 枯れて行くまで こいつと 今日も歩こう  Smash the Rock いつか唸らせてやるさ Smash the Rock ごらん ほら  気楽にやるさ 誇りを胸に抱き 銀のハンマーを 振り下ろしたら ビート弾ける 僕の胸にゴング響く沢田研二GRACE柴山和彦ゴツゴツしてる 手強さがいい 年季入って 黒光りしている こいつを 小脇抱え  転がり続け すり切れるような やわな作りじゃ 既に壊れてる 今日もさ 相変わらず  Smash the Rock いつか唸らせてやるさ Smash the Rock ごらん ほら  無骨なやつさ 直球入魂いつも 真摯にいくさ 僕の胸にゴング響く  裏切りは昔 あった気もするけど 励まし諭され 元の鞘戻る こいつと 百戦錬磨  Smash the Rock 愛情たっぷりとかけて Smash the Rock 頬ばるよ  気楽にやるさ 誇りを胸に抱き 銀のハンマーを 振り下ろしたらビート弾ける  憧れ とうの 昔に捨てた 年輪刻む 枯れて行くまで こいつと 今日も歩こう  Smash the Rock いつか唸らせてやるさ Smash the Rock ごらん ほら  気楽にやるさ 誇りを胸に抱き 銀のハンマーを 振り下ろしたら ビート弾ける 僕の胸にゴング響く
世紀の片恋聞いておくれよ またフラレたよ俺ら つきあわないで フラレたはないよってか 王手かける 相手はおなじ 君でなくっちゃ 意味ないもんね  聞き届けてよ いじらしい望みなの 君の使ったピンクのストロー ちょうだい 欲しいものは ハートだけどね 本命だけが いつでも叶わぬキマリか  神様 しぶとい愛です ちょっと見は 無理そな恋です この先も まとまりはなくていい うつむいたら あきらめなくちゃならない だから  それだけ待てりゃ 何だってできるとか 別のところへ そのパワー使えとか みんな黙れ 大きなお世話 好きでしてる 俺らの勝手  この健気さが 自分で泣ける夜 誰も知らない この胸は敏感肌 若い誰が 真似たとして 今日びこんな 一途な片恋できよか  神様 たゆまぬ愛です ちょっと見は だめそな感じね いいんです 世の中ってそんなもの 君を見てたら それで ハッピー ハッピー ハッピー沢田研二覚和歌子下山淳聞いておくれよ またフラレたよ俺ら つきあわないで フラレたはないよってか 王手かける 相手はおなじ 君でなくっちゃ 意味ないもんね  聞き届けてよ いじらしい望みなの 君の使ったピンクのストロー ちょうだい 欲しいものは ハートだけどね 本命だけが いつでも叶わぬキマリか  神様 しぶとい愛です ちょっと見は 無理そな恋です この先も まとまりはなくていい うつむいたら あきらめなくちゃならない だから  それだけ待てりゃ 何だってできるとか 別のところへ そのパワー使えとか みんな黙れ 大きなお世話 好きでしてる 俺らの勝手  この健気さが 自分で泣ける夜 誰も知らない この胸は敏感肌 若い誰が 真似たとして 今日びこんな 一途な片恋できよか  神様 たゆまぬ愛です ちょっと見は だめそな感じね いいんです 世の中ってそんなもの 君を見てたら それで ハッピー ハッピー ハッピー
世界はUp&Fall地下鉄の迷路の様な階段まぎれてキリキリ 自分が何かわからなくなる人混み毎日ウンザリ  きっとこのままじゃだめだよと悩みながらひそかに まなこのはじっこにスパークさせるイマジンはダダっ子  上っちゃったらおしまい 曖昧だから面白い 下っちゃうからのぼれる チャンスは明日だよって 上っちゃうほど怖くて どん底だから堂々 笑っちゃうけどこの次 一気に破裂させなよ  人待ち顔をえらそうに見おろす摩天楼ツンツン 鉄とガラスに囲まれてクラッシュしかけたドリーム  ほんの少しのミスでずれてゆくデジタル・システム・ストレス ボディー真中のパワーをオンラインできるのはいつ?  上っちゃったらジョーカー トボけていればクイーン 下っちゃったらポーカーフェイス どっちもどっちだよって 上っちゃったらケイレン フツーでいれば安眠 笑っちゃうけどないしょで花火を準備してなよ  きっとこのままじゃだめだよ悩みながらひそかに まなこのはじっこにスパークさせるイマジンはダダっ子  上っちゃったらおしまい 曖昧だから面白い 下っちゃうからのぼれる チャンスは明日だよって 上っちゃうほど怖くて どん底だから堂々 笑っちゃうけどこの次 一気に破裂させなよ沢田研二サエキけんぞうDual Dream地下鉄の迷路の様な階段まぎれてキリキリ 自分が何かわからなくなる人混み毎日ウンザリ  きっとこのままじゃだめだよと悩みながらひそかに まなこのはじっこにスパークさせるイマジンはダダっ子  上っちゃったらおしまい 曖昧だから面白い 下っちゃうからのぼれる チャンスは明日だよって 上っちゃうほど怖くて どん底だから堂々 笑っちゃうけどこの次 一気に破裂させなよ  人待ち顔をえらそうに見おろす摩天楼ツンツン 鉄とガラスに囲まれてクラッシュしかけたドリーム  ほんの少しのミスでずれてゆくデジタル・システム・ストレス ボディー真中のパワーをオンラインできるのはいつ?  上っちゃったらジョーカー トボけていればクイーン 下っちゃったらポーカーフェイス どっちもどっちだよって 上っちゃったらケイレン フツーでいれば安眠 笑っちゃうけどないしょで花火を準備してなよ  きっとこのままじゃだめだよ悩みながらひそかに まなこのはじっこにスパークさせるイマジンはダダっ子  上っちゃったらおしまい 曖昧だから面白い 下っちゃうからのぼれる チャンスは明日だよって 上っちゃうほど怖くて どん底だから堂々 笑っちゃうけどこの次 一気に破裂させなよ
背中まで45分出逢いの場所は ホテルのロビー 目と目があって あいさつはなく 夜は始まり それが45分前 会話の為に 名前を聞いて ありふれた名で すぐに忘れた 指が動いて それが35分前 それからよりそい 二人で恋をし 長い廊下 転がされて 迷い込んだ ホテル ラウンジバー  二人で飲んだ トロピカルシャワー めまいのように はじけてとんだ 歌も聞こえて それが25分前 笑った後は けだるい気分 眠りませんか? 僕の部屋でも 夢に向った それが15分前 二人で手をとり ダンスをしながら 出てゆくのを 見送るのは 誰もいない ホテル ラウンジショウ  部屋に入れば それがちようど5分前 ドレスを脱いで 抱きあう時に 背中の指が 静かにはねた それがちょうど それがちょうど 今 背中まで45分 背中まで45分 背中まで45分 背中まで45分………沢田研二井上陽水井上陽水出逢いの場所は ホテルのロビー 目と目があって あいさつはなく 夜は始まり それが45分前 会話の為に 名前を聞いて ありふれた名で すぐに忘れた 指が動いて それが35分前 それからよりそい 二人で恋をし 長い廊下 転がされて 迷い込んだ ホテル ラウンジバー  二人で飲んだ トロピカルシャワー めまいのように はじけてとんだ 歌も聞こえて それが25分前 笑った後は けだるい気分 眠りませんか? 僕の部屋でも 夢に向った それが15分前 二人で手をとり ダンスをしながら 出てゆくのを 見送るのは 誰もいない ホテル ラウンジショウ  部屋に入れば それがちようど5分前 ドレスを脱いで 抱きあう時に 背中の指が 静かにはねた それがちょうど それがちょうど 今 背中まで45分 背中まで45分 背中まで45分 背中まで45分………
ゼロになれもう眠りなよ もう全て忘れて ねえ思い出と きっと言える日が来るよ  死んだフリしてていいのさ 時間の優しさにまかせて カラダ切るよな痛みさえ 甘い記憶に変えてくれるから  カーブ 折れながら 空に飛びたかった ほんとの悲しみは 泣けない涙さ  もう笑いなよ もう ひとりじゃないよ ねえ切なさは そっと幻に帰る  ずるく逃げてく背中さえ 許される場合がある 気持ち入れてた証拠だね 手負いの傷は思いの外シリアス  カーブ 折れながら 茜雲 傾いだ メモリよゼロになれ 心が叫ぶよ  もう眠りなよ もう全て忘れて ああ苦い夢 きっと終わる日が来るよ きっと 来るよ きっと沢田研二覚和歌子原田真二もう眠りなよ もう全て忘れて ねえ思い出と きっと言える日が来るよ  死んだフリしてていいのさ 時間の優しさにまかせて カラダ切るよな痛みさえ 甘い記憶に変えてくれるから  カーブ 折れながら 空に飛びたかった ほんとの悲しみは 泣けない涙さ  もう笑いなよ もう ひとりじゃないよ ねえ切なさは そっと幻に帰る  ずるく逃げてく背中さえ 許される場合がある 気持ち入れてた証拠だね 手負いの傷は思いの外シリアス  カーブ 折れながら 茜雲 傾いだ メモリよゼロになれ 心が叫ぶよ  もう眠りなよ もう全て忘れて ああ苦い夢 きっと終わる日が来るよ きっと 来るよ きっと
そっとくちづけを神様お願い あの人をかえしてよ 輝く夜空に 心を込めて詩(うた)を  歌うからどうぞ叶えてよ 夢だよね離さないで あの人を抱いて眠りたい まだぼくの腕に温もりがある  永遠を信じてぼくらが ひとつずつ重ねた愛 何度でも築き上げるんだ 壊されて崩されても 言葉だけでなく君を守るんだ ぼくの命だから  尖った三日月 心に刺さってるよ 切ない光が ぼくの弱さを照らす  目を閉じているからそおっと くちづけをして欲しいよ 紫の羽をした蝶に 姿を変えても君だとわかる  ぼくは夜の森に咲く花 限りなく君を待つよ 何度でも生まれ変わるんだ もう一度抱きしめるまで 夜空を見上げれば丸い月がほら 君の笑顔のよう  流れ星ぼくの頬つたう 君の愛したすべては ぼくの心に生き続ける 果てしない時空を越え 言葉だけでなく君を忘れない ぼくの命だから 君は命なんだ沢田研二安珠泰輝神様お願い あの人をかえしてよ 輝く夜空に 心を込めて詩(うた)を  歌うからどうぞ叶えてよ 夢だよね離さないで あの人を抱いて眠りたい まだぼくの腕に温もりがある  永遠を信じてぼくらが ひとつずつ重ねた愛 何度でも築き上げるんだ 壊されて崩されても 言葉だけでなく君を守るんだ ぼくの命だから  尖った三日月 心に刺さってるよ 切ない光が ぼくの弱さを照らす  目を閉じているからそおっと くちづけをして欲しいよ 紫の羽をした蝶に 姿を変えても君だとわかる  ぼくは夜の森に咲く花 限りなく君を待つよ 何度でも生まれ変わるんだ もう一度抱きしめるまで 夜空を見上げれば丸い月がほら 君の笑顔のよう  流れ星ぼくの頬つたう 君の愛したすべては ぼくの心に生き続ける 果てしない時空を越え 言葉だけでなく君を忘れない ぼくの命だから 君は命なんだ
そのキスが欲しいそのキスが欲しい 花束に囲まれ 遊び疲れて 帰り着く頃には 夢も醒めてる RANDOM PLAYの恋人 あなたはいつまで彷徨うつもりなの  そのキスが欲しい 熱いダメージ受けるよな 情熱の雨だ 甘くハードに狂おしく  HEARTで激しく抱いて Yeah… あなたは僕の腕の中じゃ 飾りはいらない  気紛れなスタイル 漂いながら 幸せの条件 選び続ける RUNTHROUGH THRILLなこの街 あなたはいつでも視線を気にしてる  そのキスが欲しい 明日にダメージ受けるほど 抱きしめてあげる 現実のイメージ壊すまで  HEARTで激しく泣いた あなたはもう今夜からは 素顔がきれいだ  そのキスが欲しい 熱いダメージ受けるよな 情熱の雨だ 甘くハードに狂おしく  そのキスが欲しい 明日にダメージ受けるほど 抱きしめてあげる 現実のイメージ壊すまで  HEARTで激しく泣いた あなたはもう今夜からは 素顔がきれいだ沢田研二朝水彼方SAKI&MATSUZAKIそのキスが欲しい 花束に囲まれ 遊び疲れて 帰り着く頃には 夢も醒めてる RANDOM PLAYの恋人 あなたはいつまで彷徨うつもりなの  そのキスが欲しい 熱いダメージ受けるよな 情熱の雨だ 甘くハードに狂おしく  HEARTで激しく抱いて Yeah… あなたは僕の腕の中じゃ 飾りはいらない  気紛れなスタイル 漂いながら 幸せの条件 選び続ける RUNTHROUGH THRILLなこの街 あなたはいつでも視線を気にしてる  そのキスが欲しい 明日にダメージ受けるほど 抱きしめてあげる 現実のイメージ壊すまで  HEARTで激しく泣いた あなたはもう今夜からは 素顔がきれいだ  そのキスが欲しい 熱いダメージ受けるよな 情熱の雨だ 甘くハードに狂おしく  そのキスが欲しい 明日にダメージ受けるほど 抱きしめてあげる 現実のイメージ壊すまで  HEARTで激しく泣いた あなたはもう今夜からは 素顔がきれいだ
そばにいたいPlease, Please, そばにいたい 夜は淋しくて オマエひとりにしたこと 悔んでるオレ  Please, Please, そばにいたい やわらかな肌に 今は誰が触れるのか 心が騒ぐ  オマエは BLUE MOON オレは BLUE SKY 抱きしめたいのさ 強く強く朝まで  Please, Please, そばにいたい 夜はせつなくて 枕を濡らし  オマエの名前を叫ぶよ 名前を叫ぶよ  オマエは BLUE MOON オレは BLUE SKY 抱きしめたいのさ 強く強く朝まで沢田研二三浦徳子小田裕一郎Please, Please, そばにいたい 夜は淋しくて オマエひとりにしたこと 悔んでるオレ  Please, Please, そばにいたい やわらかな肌に 今は誰が触れるのか 心が騒ぐ  オマエは BLUE MOON オレは BLUE SKY 抱きしめたいのさ 強く強く朝まで  Please, Please, そばにいたい 夜はせつなくて 枕を濡らし  オマエの名前を叫ぶよ 名前を叫ぶよ  オマエは BLUE MOON オレは BLUE SKY 抱きしめたいのさ 強く強く朝まで
大切な普通ツナガル ツムグ ツチカウ ツクス I Know I Know サワグ サカラウ サソウ サスラウ I Know 愛の  キーワード縛られて 時々本当の意味飛び出してボクラを弄び嘲笑う  君だけに 君だけに送るよテレパシー 愛は呼吸と同じだよ 大切な普通 苦しむ必要なんて全然いらない 大切な普通  シンジル シミル シトメル シブル I Know I Know ユルス ユサブル ユズル ユダネル I Know 愛の  パスワード握りしめ 時々本当の意味投げ出してボクラは取り繕い泣く  君だけに 君だけに送るよテレパシー 愛は呼吸と同じだよ 大切な普通 苦しむ必要なんて全然いらない 大切な普通  パスワード握りしめ 時々本当の意味投げ出してボクラは取り繕い泣く  君だけに 君だけに送るよテレパシー 愛は呼吸と同じだよ 大切な普通 苦しむ必要なんて全然いらない 大切な普通 大切な普通 大切な普通沢田研二GRACE白井良明ツナガル ツムグ ツチカウ ツクス I Know I Know サワグ サカラウ サソウ サスラウ I Know 愛の  キーワード縛られて 時々本当の意味飛び出してボクラを弄び嘲笑う  君だけに 君だけに送るよテレパシー 愛は呼吸と同じだよ 大切な普通 苦しむ必要なんて全然いらない 大切な普通  シンジル シミル シトメル シブル I Know I Know ユルス ユサブル ユズル ユダネル I Know 愛の  パスワード握りしめ 時々本当の意味投げ出してボクラは取り繕い泣く  君だけに 君だけに送るよテレパシー 愛は呼吸と同じだよ 大切な普通 苦しむ必要なんて全然いらない 大切な普通  パスワード握りしめ 時々本当の意味投げ出してボクラは取り繕い泣く  君だけに 君だけに送るよテレパシー 愛は呼吸と同じだよ 大切な普通 苦しむ必要なんて全然いらない 大切な普通 大切な普通 大切な普通
太陽君と過ごした日々が 鮮やかに浮かぶよ 君と迎える明日は 平和な日々だろうか  あやまちも 後悔も 繰り返し 変われない 僕たちの いとなみは ぎこちなく やるせなく いとおしい いつの日か シアワセな サヨナラが  太陽は月も照らし 惜しまずに いつだって与えてくれる  太陽のように wo wohw wo wohw なれない 月の姿は wo wohw wo wohw 君だよ wo wohw wo wo wohw なれないよ  何もかも 嫌になる 悪い癖 この胸の 奥底に 眠ってた 人間て 本当は 強いのに 弱虫が 頭出す 口を出す  青空は海を照らし 無関心変わらずに よそおっている  青空のように wo wohw wo wohw なれない 海の姿は wo wohw wo wohw 君だよ  太陽のように wo wohw wo wohw なれない 雲の姿は wo wohw wo wohw 僕だよ wo wohw wo wo wohw なれないよ wo wohw wo wo wohw なれないよ wo wohw wo wo wohw沢田研二沢田研二泰輝君と過ごした日々が 鮮やかに浮かぶよ 君と迎える明日は 平和な日々だろうか  あやまちも 後悔も 繰り返し 変われない 僕たちの いとなみは ぎこちなく やるせなく いとおしい いつの日か シアワセな サヨナラが  太陽は月も照らし 惜しまずに いつだって与えてくれる  太陽のように wo wohw wo wohw なれない 月の姿は wo wohw wo wohw 君だよ wo wohw wo wo wohw なれないよ  何もかも 嫌になる 悪い癖 この胸の 奥底に 眠ってた 人間て 本当は 強いのに 弱虫が 頭出す 口を出す  青空は海を照らし 無関心変わらずに よそおっている  青空のように wo wohw wo wohw なれない 海の姿は wo wohw wo wohw 君だよ  太陽のように wo wohw wo wohw なれない 雲の姿は wo wohw wo wohw 僕だよ wo wohw wo wo wohw なれないよ wo wohw wo wo wohw なれないよ wo wohw wo wo wohw
立ちどまるな ふりむくな立ちどまるな ふりむくな あなた ちぎれた糸をたぐってはいけない  誰かがブルース 口ずさむ道を コートのえりを立て 走って行けよ 心に悲しみの青いあざをつくり 生きて行くことはせつないけれど  ふたりの愛は確かに終った 色あせたフィルムのように  立ちどまるな ふりむくな あなた つめたい握手 もう二度と出来ない 通りに出たなら 人ごみにまぎれ あてなくゆれながら 歩いて行けよ  心に悲しみの青いあざをつくり 生きて行くことはせつないけれど 楽しい夢は昨日で終った とざされたウィンドウのように  立ちどまるな ふりむくな あなた つめたい握手 もう二度と出来ない 通りに出たなら 人ごみにまぎれ あてなくゆれながら 歩いて行けよ沢田研二阿久悠大野克夫立ちどまるな ふりむくな あなた ちぎれた糸をたぐってはいけない  誰かがブルース 口ずさむ道を コートのえりを立て 走って行けよ 心に悲しみの青いあざをつくり 生きて行くことはせつないけれど  ふたりの愛は確かに終った 色あせたフィルムのように  立ちどまるな ふりむくな あなた つめたい握手 もう二度と出来ない 通りに出たなら 人ごみにまぎれ あてなくゆれながら 歩いて行けよ  心に悲しみの青いあざをつくり 生きて行くことはせつないけれど 楽しい夢は昨日で終った とざされたウィンドウのように  立ちどまるな ふりむくな あなた つめたい握手 もう二度と出来ない 通りに出たなら 人ごみにまぎれ あてなくゆれながら 歩いて行けよ
DOWNひたいにグラスをあてながら 無邪気に笑ってる 君とこうして過ごす時間が ウソに思えてくる まるで趣味の合わない2人なら 何か変わるはずさ I say down down down こわれてく この夜 俺は  酔い過ぎた君のくちびるが ドリルのように吐きだすquestion ほんとはあなたも無理してると シャベルのようにかきまわす ふいに抱きしめたくなると君を ジョークで笑わせる I say down down down こわれてく この夜 君は  すれちがう夢が 重なり合っていく Oh  時々ふと遠くを見つめてる 君の横顔に I say down down down おぼれてく この夜 俺は  すれちがう夢が 重なり合っていく Oh  I say down down down こわれてく この夜 2人 I say down down down おぼれてく この夜 2人沢田研二尾上文NOBODYひたいにグラスをあてながら 無邪気に笑ってる 君とこうして過ごす時間が ウソに思えてくる まるで趣味の合わない2人なら 何か変わるはずさ I say down down down こわれてく この夜 俺は  酔い過ぎた君のくちびるが ドリルのように吐きだすquestion ほんとはあなたも無理してると シャベルのようにかきまわす ふいに抱きしめたくなると君を ジョークで笑わせる I say down down down こわれてく この夜 君は  すれちがう夢が 重なり合っていく Oh  時々ふと遠くを見つめてる 君の横顔に I say down down down おぼれてく この夜 俺は  すれちがう夢が 重なり合っていく Oh  I say down down down こわれてく この夜 2人 I say down down down おぼれてく この夜 2人
堕天使の羽音Baby, hold me tight. You just close your eyes. You wanna listen to the sounds of my wings.  くるまったシーツはレーヴァン・ブラウン無防備な姿で 大きな枕抱きしめて少女が寝返った  目の前に舞い降りた 天使の羽音が聞こえる 傍らで横たわる 天使の羽音が聞こえる  ミルクで冷えたコップの汗 拭った唇を 眠る君の肩 急に押し当てていたずらしてしまう  目を閉じて酔わされる 甘く狂おしい羽音に 耳元で惑わせる 甘く狂おしい羽音が  息がそっとかかるたび 溢れるほどの思い 眩しいほどあどけなくて何も言えずに抱きしめる  私より子供みたいだと僕の髪を指で梳く キスを交わしたら 君に導かれ 戻れないどこかへ  目の前に舞い降りた 天使の羽音が聞こえる 傍らで横たわる 天使の羽音が聞こえる  Baby, hold me tight. You just close your eyes. You wanna listen to the sounds of my wings. tu la la沢田研二西尾佐栄子吉田建Baby, hold me tight. You just close your eyes. You wanna listen to the sounds of my wings.  くるまったシーツはレーヴァン・ブラウン無防備な姿で 大きな枕抱きしめて少女が寝返った  目の前に舞い降りた 天使の羽音が聞こえる 傍らで横たわる 天使の羽音が聞こえる  ミルクで冷えたコップの汗 拭った唇を 眠る君の肩 急に押し当てていたずらしてしまう  目を閉じて酔わされる 甘く狂おしい羽音に 耳元で惑わせる 甘く狂おしい羽音が  息がそっとかかるたび 溢れるほどの思い 眩しいほどあどけなくて何も言えずに抱きしめる  私より子供みたいだと僕の髪を指で梳く キスを交わしたら 君に導かれ 戻れないどこかへ  目の前に舞い降りた 天使の羽音が聞こえる 傍らで横たわる 天使の羽音が聞こえる  Baby, hold me tight. You just close your eyes. You wanna listen to the sounds of my wings. tu la la
ダメ会いたくて 電話して 呼び出して あまりにも 冷たくて 傷ついた お願い 慰めておくれよ  睨まれて 嫌われて グサリきて 抱きついて 噛みついて 叱られた  ふざけないでなんて君は 冷静な女 だらしないよ僕は ダメな男さ  もっと 笑ってくれよ 僕が ダメになってゆくとこを そっと キスしてくれよ イヤだ イヤだ どうにかなりそう 君がいなきゃ  言い聞かす 問いただす 答え出す 女って りりしくて 優しいな お願い もっと教えてくれよ  憎まれる 叩かれる 目が覚める 癒されて 救われて 生き返れ  いつも いつも君がいなきゃ 立ち直れなくて 情けないよ僕は ダメな男さ  そっと 寝かせてくれよ 君の膝の上で 気持ちいい ずっと 夢が見たいよ 悪い 悪い さらけだせるのは 君だけだよ  いつも いつも君がいなきゃ 立ち直れなくて 情けないよ僕は ダメな男さ  もっと 笑ってくれよ 僕が ダメになってゆくとこを そっと キスしてくれよ イヤだ イヤだ どうにかなりそう 君がいなきゃ沢田研二朝水彼方芹澤廣明会いたくて 電話して 呼び出して あまりにも 冷たくて 傷ついた お願い 慰めておくれよ  睨まれて 嫌われて グサリきて 抱きついて 噛みついて 叱られた  ふざけないでなんて君は 冷静な女 だらしないよ僕は ダメな男さ  もっと 笑ってくれよ 僕が ダメになってゆくとこを そっと キスしてくれよ イヤだ イヤだ どうにかなりそう 君がいなきゃ  言い聞かす 問いただす 答え出す 女って りりしくて 優しいな お願い もっと教えてくれよ  憎まれる 叩かれる 目が覚める 癒されて 救われて 生き返れ  いつも いつも君がいなきゃ 立ち直れなくて 情けないよ僕は ダメな男さ  そっと 寝かせてくれよ 君の膝の上で 気持ちいい ずっと 夢が見たいよ 悪い 悪い さらけだせるのは 君だけだよ  いつも いつも君がいなきゃ 立ち直れなくて 情けないよ僕は ダメな男さ  もっと 笑ってくれよ 僕が ダメになってゆくとこを そっと キスしてくれよ イヤだ イヤだ どうにかなりそう 君がいなきゃ
誰もとめはしない忘れるために ひとりきた 見知らぬ街は 陽もくれる 誰もとめはしない 海のみえる丘で 思い切り泣いても 波の音が  しあわせそうな 家の窓 やさしい母の 声がする 誰もとめはしない ふるさとに帰ろう 疲れた心は 重すぎる  こわれた夢の その先に もひとつ夢が 待っている 誰もとめはしない 東の空には 夜明けの星が今 光ってる沢田研二安井かずみ村井邦彦忘れるために ひとりきた 見知らぬ街は 陽もくれる 誰もとめはしない 海のみえる丘で 思い切り泣いても 波の音が  しあわせそうな 家の窓 やさしい母の 声がする 誰もとめはしない ふるさとに帰ろう 疲れた心は 重すぎる  こわれた夢の その先に もひとつ夢が 待っている 誰もとめはしない 東の空には 夜明けの星が今 光ってる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
DIRTY WORK18才になった その日のことだぜ ストッキングで顔をかくして 右手にガン プランを立てて 時計を見ていた 秒読み係さ 6・7・8・9 ON TIME  20才になった その日の朝のことさ 陽の当る場所へやっと もどってきたんだ プランも立てず 車を盗んだ すぐに逆もどりさ 6・7・8・9 ON TIME  若さにまかせて 走っていた Dirty Road バカなことさ カッコだけをつけていた 得意気に何もかもを 無駄にしてた ONLY A FOOL  オマエを好きになった日のことだぜ またまたやる気を 起こしてしまった 追われていたのに 気づかずこのザマ バッチリ撃たれて 6・7・8・9 ON TIME  今さら天国 行けやしない Dirty Road これを最後にオマエと二人 ウェディング・ベル 暮らすつもりが 最後の仕上げ しくじったぜ  今さら天国 行けやしない Dirty Road これを最後にオマエと二人 ウェディング・ベル 暮らすつもりが 最後の仕上げ しくじったぜ  ONLY A FOOL ONLY A FOOL沢田研二三浦徳子小田裕一郎18才になった その日のことだぜ ストッキングで顔をかくして 右手にガン プランを立てて 時計を見ていた 秒読み係さ 6・7・8・9 ON TIME  20才になった その日の朝のことさ 陽の当る場所へやっと もどってきたんだ プランも立てず 車を盗んだ すぐに逆もどりさ 6・7・8・9 ON TIME  若さにまかせて 走っていた Dirty Road バカなことさ カッコだけをつけていた 得意気に何もかもを 無駄にしてた ONLY A FOOL  オマエを好きになった日のことだぜ またまたやる気を 起こしてしまった 追われていたのに 気づかずこのザマ バッチリ撃たれて 6・7・8・9 ON TIME  今さら天国 行けやしない Dirty Road これを最後にオマエと二人 ウェディング・ベル 暮らすつもりが 最後の仕上げ しくじったぜ  今さら天国 行けやしない Dirty Road これを最後にオマエと二人 ウェディング・ベル 暮らすつもりが 最後の仕上げ しくじったぜ  ONLY A FOOL ONLY A FOOL
DarlingDarling! 早くおいで 君に触れたいから Oh― Darling! ここにおいで 夢をかなえるから この世は男と女がひしめく 陽気でゆかいな遊び場 おしゃべりボーイもおすましガールも 一人になれない理由は 恐いから、つらいから 誰もかれも恋をするのさ だから Darling! すぐにおいで 強く抱きたいから Oh――Darling!  Darling! 見つめさせて 君は天使だから Oh― Darling! からまさせて 君は悪魔だから 二つの間にはさまれるまでが 一番ステキなトキメキ やさしいしぐさといけない体に ひきつけられてる視線も ゆれるまで、ゆれるから いまもいつも恋をするのさ  だから Darling! 求めさせて 全部愛せるから Oh―― Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling  Darling! 早くおいで 君を抱きたいから Oh― Darling! かなえさせて 深い喜びまで Oh-Darling 一人の男と一人の女が 自然に夜へ消えるのも 言葉にならない言葉で 求めるものを一緒に探すのも 長いから、朝までが 君と僕は恋をするのさ  だから Darling! そばにおいで 早く、ここにおいで Oh― Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling  Darling――――――――――沢田研二井上陽水井上陽水Darling! 早くおいで 君に触れたいから Oh― Darling! ここにおいで 夢をかなえるから この世は男と女がひしめく 陽気でゆかいな遊び場 おしゃべりボーイもおすましガールも 一人になれない理由は 恐いから、つらいから 誰もかれも恋をするのさ だから Darling! すぐにおいで 強く抱きたいから Oh――Darling!  Darling! 見つめさせて 君は天使だから Oh― Darling! からまさせて 君は悪魔だから 二つの間にはさまれるまでが 一番ステキなトキメキ やさしいしぐさといけない体に ひきつけられてる視線も ゆれるまで、ゆれるから いまもいつも恋をするのさ  だから Darling! 求めさせて 全部愛せるから Oh―― Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling  Darling! 早くおいで 君を抱きたいから Oh― Darling! かなえさせて 深い喜びまで Oh-Darling 一人の男と一人の女が 自然に夜へ消えるのも 言葉にならない言葉で 求めるものを一緒に探すのも 長いから、朝までが 君と僕は恋をするのさ  だから Darling! そばにおいで 早く、ここにおいで Oh― Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling Darling  Darling――――――――――
ダーリングここへすわってくれ 足を組んでくれ 黄昏に顔を向けてくれ その指で髪をかきあげてくれ ダーリング ダーリング ダーリング  これからいうことをきいてくれ 笑わないと約束してくれ あなたがほしい あなたがほしい あなたがほしい ダーリング ダーリング ダーリング  ぼくにはもうあなたしかない 夜が来ても 朝が来ても 春が来ても 夏が来ても 秋が来ても 冬が来ても ぼくにはもうあなたしかない ダーリング  声をきかせてくれ キスをかわしてくれ あたたかい涙わけてくれ その声で熱くささやいてくれ ダーリング ダーリング ダーリング  すべてがわかったといってくれ 世界中に発表してくれ あなたがほしい あなたがほしい あなたがほしい ダーリング ダーリング ダーリング  ぼくにはもうあなたしかない 夜が来ても 朝が来ても 春が来ても 夏が来ても 秋が来ても 冬が来ても ぼくにはもうあなたしかない ダーリング  ぼくにはもうあなたしかない 夜が来ても 朝が来ても 春が来ても 夏が来ても 秋が来ても 冬が来ても ぼくにはもうあなたしかない ダーリング沢田研二阿久悠大野克夫ここへすわってくれ 足を組んでくれ 黄昏に顔を向けてくれ その指で髪をかきあげてくれ ダーリング ダーリング ダーリング  これからいうことをきいてくれ 笑わないと約束してくれ あなたがほしい あなたがほしい あなたがほしい ダーリング ダーリング ダーリング  ぼくにはもうあなたしかない 夜が来ても 朝が来ても 春が来ても 夏が来ても 秋が来ても 冬が来ても ぼくにはもうあなたしかない ダーリング  声をきかせてくれ キスをかわしてくれ あたたかい涙わけてくれ その声で熱くささやいてくれ ダーリング ダーリング ダーリング  すべてがわかったといってくれ 世界中に発表してくれ あなたがほしい あなたがほしい あなたがほしい ダーリング ダーリング ダーリング  ぼくにはもうあなたしかない 夜が来ても 朝が来ても 春が来ても 夏が来ても 秋が来ても 冬が来ても ぼくにはもうあなたしかない ダーリング  ぼくにはもうあなたしかない 夜が来ても 朝が来ても 春が来ても 夏が来ても 秋が来ても 冬が来ても ぼくにはもうあなたしかない ダーリング
追憶小雨降れば ひとり待つ ニーナ! 何も聞かず 読みかけの本を 捨てて抱きあった おまえの肌 ニーナ! 素顔がきれいだ  夜の風を恐がった ニーナ! ひとつ灯 残し あの部屋で おまえの気持は 甘く崩れ ニーナ! 泣いたよ  オー! ニーナ! 忘れられない 許して 尽くして 側にいて オーオー オー! ニーナ! もし今なら お前を二度とは 悲しませない オー! ニーナ!  長い髪を切ってきた ニーナ! 僕に愛を誓う その為に おまえの瞳が 思い詰めて ニーナ! 胸に突き刺さる  白いバラの花びらを散らし 愛の明日を 占うお前を 無理に 止めさせて見つめた目を ニーナ! 信じて  オー! ニーナ! 忘れられない 許して 尽くして 側にいて オーオー オー! ニーナ! もし今なら お前を二度とは 悲しませない オー! ニーナ!  オー! ニーナ! 忘れられない 許して 尽くして 側にいて オーオー オー! ニーナ! もし今なら お前を二度とは 離さない  オーオー オー! ニーナ! 忘れられない 許して 尽くして 側にいて  オーオー オー! ニーナ! もし今なら おまえを二度とは 離さない オーオー オー! ニーナ! 忘れられない……沢田研二安井かずみ加瀬邦彦小雨降れば ひとり待つ ニーナ! 何も聞かず 読みかけの本を 捨てて抱きあった おまえの肌 ニーナ! 素顔がきれいだ  夜の風を恐がった ニーナ! ひとつ灯 残し あの部屋で おまえの気持は 甘く崩れ ニーナ! 泣いたよ  オー! ニーナ! 忘れられない 許して 尽くして 側にいて オーオー オー! ニーナ! もし今なら お前を二度とは 悲しませない オー! ニーナ!  長い髪を切ってきた ニーナ! 僕に愛を誓う その為に おまえの瞳が 思い詰めて ニーナ! 胸に突き刺さる  白いバラの花びらを散らし 愛の明日を 占うお前を 無理に 止めさせて見つめた目を ニーナ! 信じて  オー! ニーナ! 忘れられない 許して 尽くして 側にいて オーオー オー! ニーナ! もし今なら お前を二度とは 悲しませない オー! ニーナ!  オー! ニーナ! 忘れられない 許して 尽くして 側にいて オーオー オー! ニーナ! もし今なら お前を二度とは 離さない  オーオー オー! ニーナ! 忘れられない 許して 尽くして 側にいて  オーオー オー! ニーナ! もし今なら おまえを二度とは 離さない オーオー オー! ニーナ! 忘れられない……
月からの秋波静かにしないでお願いだ 沈黙は語る御機嫌さ この静寂こそ怖いだろ 邪魔なんかしないよ アイヤイヤイ  今宵も始まるMime 季節ならではのスペクタクル  揺り椅子寝転んでよ 空を仰いで月光のソナタ 影の隙間チラリ魅せる アプローズで受ける 月からの秋波 月からの秋波  語尾を上げるなよ頼むから 平坦な発音違うだろ 元気で結構疲労しない 病気じゃないだろうね アイヤイヤイ  宴もたけなわのGigueは 期間限定のオーケストラ  目隠ししてあげるよ 月に届けよ地上のソナチネ 芝のしずくキラリ光り ノクタンビュールは怖い!  世界の粋人たち 億の瞳が月光のソネット 心さらいニヤリ視線 ノクトビジョンで奪う 月からの秋波 月からの秋波沢田研二沢田研二川村結花静かにしないでお願いだ 沈黙は語る御機嫌さ この静寂こそ怖いだろ 邪魔なんかしないよ アイヤイヤイ  今宵も始まるMime 季節ならではのスペクタクル  揺り椅子寝転んでよ 空を仰いで月光のソナタ 影の隙間チラリ魅せる アプローズで受ける 月からの秋波 月からの秋波  語尾を上げるなよ頼むから 平坦な発音違うだろ 元気で結構疲労しない 病気じゃないだろうね アイヤイヤイ  宴もたけなわのGigueは 期間限定のオーケストラ  目隠ししてあげるよ 月に届けよ地上のソナチネ 芝のしずくキラリ光り ノクタンビュールは怖い!  世界の粋人たち 億の瞳が月光のソネット 心さらいニヤリ視線 ノクトビジョンで奪う 月からの秋波 月からの秋波
月のギター背中あわせで弾いてるアコースティック 奇麗に満ちた月 きみがこのまま吸い込まれてく そんな気がしてる  頬の温もり確かめロマンティック こんな側にいても ささいな事に不安になって きみを傷つけた  白い光りが写しだすのは 僕のいらだち  こんな風にただねじ切れて ずっと心持て余してる きみのすべて 僕 狂わせてく 月の真下で  きみが昔に歌ったア・カペラ メロディーをなぞれば いまでも鼓動聞こえるほどに高鳴っているから  変わらぬ気持ち確かめたくて脅えていたよ  僕はひとりただ苦しんで ずっと心持て余してる きみはすべて 胸 しめつけてる 月の真下で  白い光りが写しだすのは 僕のいらだち  こんな風にただねじ切れて ずっと心持て余してる きみのすべて 僕 狂わせてく 月の真下で沢田研二西尾佐栄子NOBODY背中あわせで弾いてるアコースティック 奇麗に満ちた月 きみがこのまま吸い込まれてく そんな気がしてる  頬の温もり確かめロマンティック こんな側にいても ささいな事に不安になって きみを傷つけた  白い光りが写しだすのは 僕のいらだち  こんな風にただねじ切れて ずっと心持て余してる きみのすべて 僕 狂わせてく 月の真下で  きみが昔に歌ったア・カペラ メロディーをなぞれば いまでも鼓動聞こえるほどに高鳴っているから  変わらぬ気持ち確かめたくて脅えていたよ  僕はひとりただ苦しんで ずっと心持て余してる きみはすべて 胸 しめつけてる 月の真下で  白い光りが写しだすのは 僕のいらだち  こんな風にただねじ切れて ずっと心持て余してる きみのすべて 僕 狂わせてく 月の真下で
次のデイト赤いルージュに誘われるままに 白いホテルの階段をのぼり 長い廊下をくぐりぬけて 青いシーツにすべり込む時に 目をとじた恋人は 口をあけ俺に聞く  次のデイト、いつよ? 次のデイト、どこよ? 二人きりの次のデイトは? こんなデイトは? 次のデイトの時間と場所は?  長い話は口づけのあとで 遠い未来は喜びのあとで 甘いワインをのみほしたら 明日のことでも考えてみよう うなずいた恋人は くり返し俺に言う  次のデイト、いつよ? 次のデイト、どこよ? 二人きりの次のデイトは? こんなデイトは? 次のデイトの時間と場所は?  それじゃ二人が抱き合えた頃に 高いレベルに持ち込めた時に 次のデイトの話をしよう だから二人でかこまれてみよう この夜に それまでは この闇に その時に  次のデイト、いつか 次のデイト、どこか 次の次の次のデイトの こんなデイトの 次のデイトの 時間と場所を 決めよう沢田研二井上陽水井上陽水赤いルージュに誘われるままに 白いホテルの階段をのぼり 長い廊下をくぐりぬけて 青いシーツにすべり込む時に 目をとじた恋人は 口をあけ俺に聞く  次のデイト、いつよ? 次のデイト、どこよ? 二人きりの次のデイトは? こんなデイトは? 次のデイトの時間と場所は?  長い話は口づけのあとで 遠い未来は喜びのあとで 甘いワインをのみほしたら 明日のことでも考えてみよう うなずいた恋人は くり返し俺に言う  次のデイト、いつよ? 次のデイト、どこよ? 二人きりの次のデイトは? こんなデイトは? 次のデイトの時間と場所は?  それじゃ二人が抱き合えた頃に 高いレベルに持ち込めた時に 次のデイトの話をしよう だから二人でかこまれてみよう この夜に それまでは この闇に その時に  次のデイト、いつか 次のデイト、どこか 次の次の次のデイトの こんなデイトの 次のデイトの 時間と場所を 決めよう
ティキティキ物語いつになっても 止まんない だらしがないのなら 伊達じゃない 人生そつなく やってたら おまえになんかは 惚れちゃいないやい  めぐり合わせは うまくできてる 札つき同士で 上等  ちゃんとするのは しゃらくさい ズルイふたりだから 良い加減 せこくまとまる つもりなら こんな関係は 続けてないやい  ひらきなおるよ おたがいさまさ ここで逢ったが 定めと  wow wow メチャクチャな 浮き世のつれづれに wow wow ティキティキな 愛を探そう wow wow 結末の こない物語 wow wow ふたりは ダメでダメで もともと  イイひとぶっちゃ 先がない 説教する資格 ありっこない 聞き分けなんか よくなって あえなく死んだら おさまらないやい  ばらけたままで どこまでいこか そうこなくっちゃ Cha Cha Cha  wow wow デタラメな 浮き世に漂って wow wow ティキティキな 愛を見せよう wow wow 結末の こない物語 wow wow ふたりは ダメでダメで もっと もっと  wow wow べらぼう ブラボー wow wow 因果は 応報応報 wow wow すこぶるつきの 乱痴気 wow wow 朝まで寝ようよ  wow wow デタラメな 浮き世に漂って wow wow ティキティキな 愛を見せよう wow wow 結末の こない物語 wow wow ふたりは ダメでダメで もっと もっと沢田研二覚和歌子吉田光いつになっても 止まんない だらしがないのなら 伊達じゃない 人生そつなく やってたら おまえになんかは 惚れちゃいないやい  めぐり合わせは うまくできてる 札つき同士で 上等  ちゃんとするのは しゃらくさい ズルイふたりだから 良い加減 せこくまとまる つもりなら こんな関係は 続けてないやい  ひらきなおるよ おたがいさまさ ここで逢ったが 定めと  wow wow メチャクチャな 浮き世のつれづれに wow wow ティキティキな 愛を探そう wow wow 結末の こない物語 wow wow ふたりは ダメでダメで もともと  イイひとぶっちゃ 先がない 説教する資格 ありっこない 聞き分けなんか よくなって あえなく死んだら おさまらないやい  ばらけたままで どこまでいこか そうこなくっちゃ Cha Cha Cha  wow wow デタラメな 浮き世に漂って wow wow ティキティキな 愛を見せよう wow wow 結末の こない物語 wow wow ふたりは ダメでダメで もっと もっと  wow wow べらぼう ブラボー wow wow 因果は 応報応報 wow wow すこぶるつきの 乱痴気 wow wow 朝まで寝ようよ  wow wow デタラメな 浮き世に漂って wow wow ティキティキな 愛を見せよう wow wow 結末の こない物語 wow wow ふたりは ダメでダメで もっと もっと
Tell Me... blue「愛している」それだけさ ooh baby ほかに何が欲しい Tell Me…blue  もう2度と触れないあの長い髪 振り向く微笑みに輝いた街 どんな嘘つきにだってなれた 1秒でも長く夢を見たかった おまえとなら  「愛してくれ」それだけさ ooh baby ほかに何もいらない Tell Me…blue  もう2度と戻せない時の流れ わがままに選べない明日ならば どんな答えも今はいい この指先は探しているいつだって おまえだけを  「愛している」それだけさ ooh baby ほかに何が欲しい Tell Me…blue  もう2度と映せない写真の中の もう2度と愛せないあの唇 抜けるような蒼空をバックに 笑うおまえの瞳はまだ俺だけを 見つめていた  「愛してくれ」それだけさ ooh baby ほかに何もいらない Tell Me…blue  「愛している」それだけを ooh baby ずっとささやいてくれ Tell Me…blue  Tell Me…blue Tell Me…blue Tell Me…blue……沢田研二井ノ上和宏大沢誉志幸「愛している」それだけさ ooh baby ほかに何が欲しい Tell Me…blue  もう2度と触れないあの長い髪 振り向く微笑みに輝いた街 どんな嘘つきにだってなれた 1秒でも長く夢を見たかった おまえとなら  「愛してくれ」それだけさ ooh baby ほかに何もいらない Tell Me…blue  もう2度と戻せない時の流れ わがままに選べない明日ならば どんな答えも今はいい この指先は探しているいつだって おまえだけを  「愛している」それだけさ ooh baby ほかに何が欲しい Tell Me…blue  もう2度と映せない写真の中の もう2度と愛せないあの唇 抜けるような蒼空をバックに 笑うおまえの瞳はまだ俺だけを 見つめていた  「愛してくれ」それだけさ ooh baby ほかに何もいらない Tell Me…blue  「愛している」それだけを ooh baby ずっとささやいてくれ Tell Me…blue  Tell Me…blue Tell Me…blue Tell Me…blue……
テレフォンお前の電話と知ってたさ ベルが鳴るたびふるえたさ Ah……壁に貼られた 奴のポートレート だけど受話器はとらない これきり……  今夜はだめだと 言うんだろ 熱でも出たのと 聞き返す Ah……昨夜忘れた 赤い皮のダイヤリー 誰に逢うのか 知ってるのさ MY ANGEL  あいつの腕くるまりながら ごめんなさい 可愛いい顔で言ってくれるよ 愛してる  Oh No! Oh No! 筋書き Oh No! Oh No! 通りには Oh No! Oh No! いかないぜ 電話の線を切る  ラジオをかければ 一日中 朝から晩までヒット・パレードさ Ah……つまらないのは百も承知なのさ だけど受話器が気になる この俺  いやな時代さ ロマンの香り それさえも お前はいつも電話の中で 買おうとする  Oh No! Oh No! 筋書き Oh No! Oh No! 通りには Oh No! Oh No! いかないぜ 明日への線を切る  Crazy Crazy Crazy テレフォン Crazy Crazy Crazy テレフォン……沢田研二三浦徳子加瀬邦彦お前の電話と知ってたさ ベルが鳴るたびふるえたさ Ah……壁に貼られた 奴のポートレート だけど受話器はとらない これきり……  今夜はだめだと 言うんだろ 熱でも出たのと 聞き返す Ah……昨夜忘れた 赤い皮のダイヤリー 誰に逢うのか 知ってるのさ MY ANGEL  あいつの腕くるまりながら ごめんなさい 可愛いい顔で言ってくれるよ 愛してる  Oh No! Oh No! 筋書き Oh No! Oh No! 通りには Oh No! Oh No! いかないぜ 電話の線を切る  ラジオをかければ 一日中 朝から晩までヒット・パレードさ Ah……つまらないのは百も承知なのさ だけど受話器が気になる この俺  いやな時代さ ロマンの香り それさえも お前はいつも電話の中で 買おうとする  Oh No! Oh No! 筋書き Oh No! Oh No! 通りには Oh No! Oh No! いかないぜ 明日への線を切る  Crazy Crazy Crazy テレフォン Crazy Crazy Crazy テレフォン……
天使に涙は似合わないミツミって名はいい名前だ パパの光ママの誠実 パパ似じゃなくて性格もね 真っ直ぐ育ったママのお陰だ  小さい時にパパと離れて暮らし ママの愛情そそがれ 本当に良かった素直な良い娘 名付けた小父さん嬉しいよ  パパの病気治したいね 君の気持ち届きますよう  パパは心で手を合わせてる きっと 上手い言葉が探せない きれいな心に天使は宿る 許して下さい祈りましょう 代わりはいないよ本当のパハさ 天使に涙は似合わない沢田研二沢田研二柴山和彦ミツミって名はいい名前だ パパの光ママの誠実 パパ似じゃなくて性格もね 真っ直ぐ育ったママのお陰だ  小さい時にパパと離れて暮らし ママの愛情そそがれ 本当に良かった素直な良い娘 名付けた小父さん嬉しいよ  パパの病気治したいね 君の気持ち届きますよう  パパは心で手を合わせてる きっと 上手い言葉が探せない きれいな心に天使は宿る 許して下さい祈りましょう 代わりはいないよ本当のパハさ 天使に涙は似合わない
テーブル4の女エプロン姿が 立ちどまり 何しますかと 聞いてゆく たったひと言 コーヒーと言うために 今日もテーブル4にすわるぜ 窓際の席  ブルーに煙る 街の角 ついでにフロア タバコの煙 あの娘の笑顔はまるで 天使のようだから 見つめてればそれだけで ゴキゲンになれる  あの娘にゃこの店は毒さ 連れだしたいんだ It's one, It's two, It's three 数えてるのは シュガーの数じゃない It's one, It's two, It's three 今夜こそ 3度目の正直  夕暮れ時は 見知らぬ男 あの娘のまわり ウロウロするのさ のどまで出かけた 言葉を言えずに 今日もテーブル4にすわるぜ 窓際の席  酔っぱらい男たちとは 今夜限りだぜ It's one, It's two, It's three オレと一緒に 暮らしてみようぜ It's one, It's two, It's three 今夜こそ 3度目の正直  It's one, It's two, It's three 今夜こそ 3度目の正直沢田研二三浦徳子加瀬邦彦エプロン姿が 立ちどまり 何しますかと 聞いてゆく たったひと言 コーヒーと言うために 今日もテーブル4にすわるぜ 窓際の席  ブルーに煙る 街の角 ついでにフロア タバコの煙 あの娘の笑顔はまるで 天使のようだから 見つめてればそれだけで ゴキゲンになれる  あの娘にゃこの店は毒さ 連れだしたいんだ It's one, It's two, It's three 数えてるのは シュガーの数じゃない It's one, It's two, It's three 今夜こそ 3度目の正直  夕暮れ時は 見知らぬ男 あの娘のまわり ウロウロするのさ のどまで出かけた 言葉を言えずに 今日もテーブル4にすわるぜ 窓際の席  酔っぱらい男たちとは 今夜限りだぜ It's one, It's two, It's three オレと一緒に 暮らしてみようぜ It's one, It's two, It's three 今夜こそ 3度目の正直  It's one, It's two, It's three 今夜こそ 3度目の正直
DEARDear― 元気でいるかい 窓の花さえ 枯れちまったよ ほこりかぶった 写真の中で おまえが優しく 笑ってる 時も忘れて おれ達ふたり 楽しい事なら なんでも やったさ 映画も観たし 海にも行った 浮かれ 騒いだね あかりともした ひとりの部屋で グラスもつ手に ペンを握り おまえに初めて 書く手紙だよ  Dear― 白状するよ ホントはみんな 知っていたんだ とびらのかげで 子ネコをだいて おまえがひとり 泣いてたことを 口をひらけば だれかのうわさ 真面目な話は 笑って逃げたね さびしさなんか 知らないふりで ふたり暮したよ 傷つくことが 恐かったのさ いまでは みんな 遅すぎたけど おまえに初めて 書く手紙だよ あかりともした ひとりの部屋で グラスもつ手に ペンを握り おまえに初めて 書く手紙だよ沢田研二康珍化井上堯之Dear― 元気でいるかい 窓の花さえ 枯れちまったよ ほこりかぶった 写真の中で おまえが優しく 笑ってる 時も忘れて おれ達ふたり 楽しい事なら なんでも やったさ 映画も観たし 海にも行った 浮かれ 騒いだね あかりともした ひとりの部屋で グラスもつ手に ペンを握り おまえに初めて 書く手紙だよ  Dear― 白状するよ ホントはみんな 知っていたんだ とびらのかげで 子ネコをだいて おまえがひとり 泣いてたことを 口をひらけば だれかのうわさ 真面目な話は 笑って逃げたね さびしさなんか 知らないふりで ふたり暮したよ 傷つくことが 恐かったのさ いまでは みんな 遅すぎたけど おまえに初めて 書く手紙だよ あかりともした ひとりの部屋で グラスもつ手に ペンを握り おまえに初めて 書く手紙だよ
DAYSwithout your love さみしいことにも疲れた瞳 きみを襲う 寒い声 今夜は腕のなかでみつけたもの 愛と名前つけた Without your love 誰かが作りはじめてる悲劇 心までなくしてゆく ふれあうてのひらに忘れかけてた 星がひとつあった Oh… 遠く 遠く もっと遠くへ きみがくれる愛に誘われてゆきたい 遠く 遠く どこか遠くへ いつかかならず 美しい夜明けが見えるまで   Without your love つきにロマンスを隠したふたり ことばより大切な夜 はじめてしたときのようにピアスを 耳につけてあげた Oh… 遠く 遠く もっと遠くへ きみがくれる愛に誘われてゆきたい 遠く 遠く どこか遠くへ いつかかならず 美しい夜明けが見えるまで  Without your love きみがいなければ 夜は きっと終わらない 悲しみは消えない沢田研二松井五郎徳永英明without your love さみしいことにも疲れた瞳 きみを襲う 寒い声 今夜は腕のなかでみつけたもの 愛と名前つけた Without your love 誰かが作りはじめてる悲劇 心までなくしてゆく ふれあうてのひらに忘れかけてた 星がひとつあった Oh… 遠く 遠く もっと遠くへ きみがくれる愛に誘われてゆきたい 遠く 遠く どこか遠くへ いつかかならず 美しい夜明けが見えるまで   Without your love つきにロマンスを隠したふたり ことばより大切な夜 はじめてしたときのようにピアスを 耳につけてあげた Oh… 遠く 遠く もっと遠くへ きみがくれる愛に誘われてゆきたい 遠く 遠く どこか遠くへ いつかかならず 美しい夜明けが見えるまで  Without your love きみがいなければ 夜は きっと終わらない 悲しみは消えない
デモンストレーション Air Lineデモンストレーション Air Line ジェットプレーン 俺を乗せて飛び上るジェット機は 管制塔の指示を待ち待機中 デモンストレーション Air Line 急いで  アナウンスがあわてて時間をつげている お別れを惜んでる人はすぐ止めて ジェット機が飛びたつ時はもうすぐ  忘れないさ、忘れられないさ サヨナラをしに集まってくれたみんなのことは  スキャンダラスなおまえのことも ロールダンスのあの娘の胸も Bed Make が上手なおまえも 誰かの秘書と名のったおまえも  デモンストレーション Air Line ジェットプレーン 俺を乗せて飛び上るジェット機は 管制塔の指示を待ち待機中 デモンストレーション Air Line 急いで  ロマンスに明け暮れた夜をかぞえたら 星空に向っているので止めにした 明日から知らない恋にゆれるのさ  忘れないさ、忘れないさ 花たばかかえ見送りをしてるみんなの顔は  ロックビートなおまえの口も トップモデルのおまえの鼻も レディーポリスといわれたおまえも うわさだらけのおまえの恋も  デモンストレーション Air Line ジェットプレーン 俺を乗せて飛び上るジェット機は 管制塔の指示を待ち待機中 デモンストレーション Air Line 急いで  デモンストレーション Air Line ジェットプレーン デモンストレーション Air Line………沢田研二井上陽水井上陽水デモンストレーション Air Line ジェットプレーン 俺を乗せて飛び上るジェット機は 管制塔の指示を待ち待機中 デモンストレーション Air Line 急いで  アナウンスがあわてて時間をつげている お別れを惜んでる人はすぐ止めて ジェット機が飛びたつ時はもうすぐ  忘れないさ、忘れられないさ サヨナラをしに集まってくれたみんなのことは  スキャンダラスなおまえのことも ロールダンスのあの娘の胸も Bed Make が上手なおまえも 誰かの秘書と名のったおまえも  デモンストレーション Air Line ジェットプレーン 俺を乗せて飛び上るジェット機は 管制塔の指示を待ち待機中 デモンストレーション Air Line 急いで  ロマンスに明け暮れた夜をかぞえたら 星空に向っているので止めにした 明日から知らない恋にゆれるのさ  忘れないさ、忘れないさ 花たばかかえ見送りをしてるみんなの顔は  ロックビートなおまえの口も トップモデルのおまえの鼻も レディーポリスといわれたおまえも うわさだらけのおまえの恋も  デモンストレーション Air Line ジェットプレーン 俺を乗せて飛び上るジェット機は 管制塔の指示を待ち待機中 デモンストレーション Air Line 急いで  デモンストレーション Air Line ジェットプレーン デモンストレーション Air Line………
等圧線低気圧 居座ってる 息の根の 止まった夜  カーラジオ 流れるのは ダーティマネーと 自殺のニュース  なんでもありの美学と アメーバみたいな未来  ひとり タイフーン 走り抜け せめて つまづかずに あなたへと たどりついてやる  断末魔 悲鳴の街(ダウン・タウン) 押し流す 罪も夢も  カウントダウンの時代 誰もが試されている  ひどい タイフーン 走り抜け せめて この気持を 確かさを わからせたいのさ  ひとり タイフーン 走り抜け せめて つまづかずに あなたへと たどりついてやる沢田研二覚和歌子吉田光低気圧 居座ってる 息の根の 止まった夜  カーラジオ 流れるのは ダーティマネーと 自殺のニュース  なんでもありの美学と アメーバみたいな未来  ひとり タイフーン 走り抜け せめて つまづかずに あなたへと たどりついてやる  断末魔 悲鳴の街(ダウン・タウン) 押し流す 罪も夢も  カウントダウンの時代 誰もが試されている  ひどい タイフーン 走り抜け せめて この気持を 確かさを わからせたいのさ  ひとり タイフーン 走り抜け せめて つまづかずに あなたへと たどりついてやる
遠い夜明け痛いくらいのまなざし 注がれていたあの頃 光に抱かれ 届けた夢なら 間違いじゃなかったと言えるよ  めくるめく毎日が グラビアのようだったね 確かに時を積み上げ この胸に築いた塔  しなやかさとか したたかさ うまくやれない それでいい 手放すことで 僕は選んだ 誰よりも行きにくいルートを  幸運と呼ぶものが しあわせのすべてならば こんなに心さらして 僕はもう歌わないだろう  遠い地平線を 夜明けが染めてく  ゆずれない人生は 終わるとき わかるのだろう こんなに心もがいて 生きる日々のその意味が  幸運と呼ぶものが しあわせのすべてならば こんなに心さらして 僕はもう歌わないだろう 僕はもう歌わないだろう沢田研二覚和歌子平井夏美痛いくらいのまなざし 注がれていたあの頃 光に抱かれ 届けた夢なら 間違いじゃなかったと言えるよ  めくるめく毎日が グラビアのようだったね 確かに時を積み上げ この胸に築いた塔  しなやかさとか したたかさ うまくやれない それでいい 手放すことで 僕は選んだ 誰よりも行きにくいルートを  幸運と呼ぶものが しあわせのすべてならば こんなに心さらして 僕はもう歌わないだろう  遠い地平線を 夜明けが染めてく  ゆずれない人生は 終わるとき わかるのだろう こんなに心もがいて 生きる日々のその意味が  幸運と呼ぶものが しあわせのすべてならば こんなに心さらして 僕はもう歌わないだろう 僕はもう歌わないだろう
TOKIOPLATINA LYLIC空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突きぬけ 星になる 火を吹いて 闇を裂き スーパー・シティが舞いあがる TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  海に浮んだ 光の泡だと おまえは言ってたね 見つめていると 死にそうだと くわえ煙草で涙おとした  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOは夜に飛ぶ  欲しいなら 何もかも その手にできるよ A to Z 夢を飼う 恋人に 奇跡をうみだす スーパー・シティ TOKIO 哀しい男が吠える街 TOKIO TOKIOが星になる  霧にけむった不思議の街に あやしい胸さわぎ やすらぎ知らない遊園地が スイッチひとつでまっ赤に燃えあがる  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが空を飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが空を飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが星になる……PLATINA LYLIC沢田研二糸井重里加瀬邦彦空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突きぬけ 星になる 火を吹いて 闇を裂き スーパー・シティが舞いあがる TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  海に浮んだ 光の泡だと おまえは言ってたね 見つめていると 死にそうだと くわえ煙草で涙おとした  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOは夜に飛ぶ  欲しいなら 何もかも その手にできるよ A to Z 夢を飼う 恋人に 奇跡をうみだす スーパー・シティ TOKIO 哀しい男が吠える街 TOKIO TOKIOが星になる  霧にけむった不思議の街に あやしい胸さわぎ やすらぎ知らない遊園地が スイッチひとつでまっ赤に燃えあがる  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが空を飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが空を飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが星になる……
時の過ぎゆくままにPLATINA LYLICあなたはすっかり つかれてしまい 生きてることさえ いやだと泣いた こわれたピアノで 想い出の歌 片手でひいては ためいきついた  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら 堕ちてゆくのも しあわせだよと 二人つめたい からだ合わせる  からだの傷なら なおせるけれど 心のいたでは いやせはしない 小指に食い込む 指輪を見つめ あなたは昔を 思って泣いた  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も かわってゆくだろう  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も かわってゆくだろうPLATINA LYLIC沢田研二阿久悠大野克夫あなたはすっかり つかれてしまい 生きてることさえ いやだと泣いた こわれたピアノで 想い出の歌 片手でひいては ためいきついた  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら 堕ちてゆくのも しあわせだよと 二人つめたい からだ合わせる  からだの傷なら なおせるけれど 心のいたでは いやせはしない 小指に食い込む 指輪を見つめ あなたは昔を 思って泣いた  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も かわってゆくだろう  時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も かわってゆくだろう
どん底やけっぱちな結末さ 黙りこくって 今夜も二人 甘やかな酒も 会話もないし  紅い薔薇の花束を お前の頬にたたき投げて せめてやさしさ 裏切ってやるぜ  今が最悪 男と女 続けてゆくなら 涙をおくれよ サヨナラするなら 台詞はいらない 答えは背中に投げてくれ どっちにしたって どっちにしたって やってられない どん底さ  Dadadadada Dadadadada Dadadadadada Dadadadada Dadadadada Dadadadadada  首ったけのあの頃は 祭りのように一緒に生きて 真夜中も朝もはずれっぱなし  ドアを蹴って行ってくれ しゃくなドラマに仕立ててくれ やけに想い出 しぼんでいるから  今が最悪 男と女 あばずれやるなら一人で行きなよ ぬくもり抱きたきゃ二人で眠ろう 答えは背中に投げてくれ どっちにしたって どっちにしたって やってられない どん底さ  今が最悪 男と女 続けてゆくなら 涙をおくれよ サヨナラするなら 台詞はいらない 答えは背中に投げてくれ どっちにしたって どっちにしたって やってられない どん底さ  Dadadadada Dadadadada Dadadadadada Dadadadada Dadadadada Dadadadadada沢田研二大津あきら井上大輔やけっぱちな結末さ 黙りこくって 今夜も二人 甘やかな酒も 会話もないし  紅い薔薇の花束を お前の頬にたたき投げて せめてやさしさ 裏切ってやるぜ  今が最悪 男と女 続けてゆくなら 涙をおくれよ サヨナラするなら 台詞はいらない 答えは背中に投げてくれ どっちにしたって どっちにしたって やってられない どん底さ  Dadadadada Dadadadada Dadadadadada Dadadadada Dadadadada Dadadadadada  首ったけのあの頃は 祭りのように一緒に生きて 真夜中も朝もはずれっぱなし  ドアを蹴って行ってくれ しゃくなドラマに仕立ててくれ やけに想い出 しぼんでいるから  今が最悪 男と女 あばずれやるなら一人で行きなよ ぬくもり抱きたきゃ二人で眠ろう 答えは背中に投げてくれ どっちにしたって どっちにしたって やってられない どん底さ  今が最悪 男と女 続けてゆくなら 涙をおくれよ サヨナラするなら 台詞はいらない 答えは背中に投げてくれ どっちにしたって どっちにしたって やってられない どん底さ  Dadadadada Dadadadada Dadadadadada Dadadadada Dadadadada Dadadadadada
Don't be afraid to LOVEまわり道ばかりの 色んな日々を過ぎ 僕は決めたけれど 君は自信がないと言う Don't be afraid to LOVE 二人なら プラトニックなエクスタシー Don't be afraid to LOVE 跳びこんでくれ  君の望む未来 ありきたりじゃないね やすらぎは誰にも きっと必要な筈だよ Don't be afraid to LOVE ウソじゃない エゴイストはストイック Don't be afraid to LOVE 素直になって  小さな背中 後からそっと抱きしめたいよ  Don't be afraid to LOVE 泣かないで ファナティックなサイレンス Don't be afraid to LOVE 信じてほしい  Don't be afraid to LOVE 永遠の エレクトラとエディプスさ Don't be afraid to LOVE もう離さない  I love you more and more Please! Don't be afraid to LOVE沢田研二沢田研二平井夏美まわり道ばかりの 色んな日々を過ぎ 僕は決めたけれど 君は自信がないと言う Don't be afraid to LOVE 二人なら プラトニックなエクスタシー Don't be afraid to LOVE 跳びこんでくれ  君の望む未来 ありきたりじゃないね やすらぎは誰にも きっと必要な筈だよ Don't be afraid to LOVE ウソじゃない エゴイストはストイック Don't be afraid to LOVE 素直になって  小さな背中 後からそっと抱きしめたいよ  Don't be afraid to LOVE 泣かないで ファナティックなサイレンス Don't be afraid to LOVE 信じてほしい  Don't be afraid to LOVE 永遠の エレクトラとエディプスさ Don't be afraid to LOVE もう離さない  I love you more and more Please! Don't be afraid to LOVE
ナイフをとれよレモンをしぼり テキーラを飲め さあ酔ってしまえ 何にもいうな ごろりと寝ろ 朝まで死んだように 女の愛に傷つけられて あゝ暗い目をするな 俺に何をしてほしい なぐさめてほしいのかい  めそめそ話など らしくないぜ ボトルが今日の枕さ 裸になれよ シャワーでも浴び さあ洗い流せ それから先は ケロリとしろ 昔のお前らしく ゆうべは酔って しまったなんて あゝその顔がいいよ 迎え酒なんかどうだ 一息に飲んでみろよ  あばよといいながら 消えて行けよ 煙草の煙のこして 悲しいのなら ナイフをとれよ あゝ泣き言はいうな 俺は夜明けまで見たよ 泣きながら眠るお前 あれからうわささえ 消えたけれど お前はどこにいるのか沢田研二阿久悠大野克夫レモンをしぼり テキーラを飲め さあ酔ってしまえ 何にもいうな ごろりと寝ろ 朝まで死んだように 女の愛に傷つけられて あゝ暗い目をするな 俺に何をしてほしい なぐさめてほしいのかい  めそめそ話など らしくないぜ ボトルが今日の枕さ 裸になれよ シャワーでも浴び さあ洗い流せ それから先は ケロリとしろ 昔のお前らしく ゆうべは酔って しまったなんて あゝその顔がいいよ 迎え酒なんかどうだ 一息に飲んでみろよ  あばよといいながら 消えて行けよ 煙草の煙のこして 悲しいのなら ナイフをとれよ あゝ泣き言はいうな 俺は夜明けまで見たよ 泣きながら眠るお前 あれからうわささえ 消えたけれど お前はどこにいるのか
渚のラブレター最後の夜だから 少し歩こう 人影まばらな道 二人えらんで はじめて逢った頃の気分になれるさ  恋人同士のよう 肩を寄せ合い 時々くちづけして ヒーロー気取って 潮風流れてくる 海辺に向おう  口笛 吹いたら それがラストのlove letter 今なら取り消せる Baby おまえが言った さよなら  おまえは黙ったまま 足音 聞いてる  最後の夜だから 打ち明けよう 涙を流すおれを 知っているのは もちろんおまえだけさ 他には探せない  口笛 吹いたら それがラストのlove letter 今なら取り消せる Baby おまえが言った さよなら  今なら取り消せる Baby おまえが言った さよなら Last love letter沢田研二三浦徳子沢田研二最後の夜だから 少し歩こう 人影まばらな道 二人えらんで はじめて逢った頃の気分になれるさ  恋人同士のよう 肩を寄せ合い 時々くちづけして ヒーロー気取って 潮風流れてくる 海辺に向おう  口笛 吹いたら それがラストのlove letter 今なら取り消せる Baby おまえが言った さよなら  おまえは黙ったまま 足音 聞いてる  最後の夜だから 打ち明けよう 涙を流すおれを 知っているのは もちろんおまえだけさ 他には探せない  口笛 吹いたら それがラストのlove letter 今なら取り消せる Baby おまえが言った さよなら  今なら取り消せる Baby おまえが言った さよなら Last love letter
夏の陽炎ぼくの眼をごらんよ 燃えているだろう 二人にはわかる 夏の日の陽炎 寄せては返す 波の音も ことばのない 恋歌  貝がらを拾う 君は綺麗だ 変わらない空の 青さにも似て いいことだけを 思い出そう 歩き出そう 明日へ  愛したから結ばれ 君とぼくの陽は 沈みはしない  人影も消えた 海辺こそ夢 踊ろうよ此処で 誰もいないよ 手をとりあえば 二人の世界 ついておいで ワン ツー ワン ツー  愛したから結ばれ 君とぼくの陽は 沈みはしない  愛したから結ばれ 君とぼくの陽は 沈みはしない沢田研二岩谷時子大山泰輝ぼくの眼をごらんよ 燃えているだろう 二人にはわかる 夏の日の陽炎 寄せては返す 波の音も ことばのない 恋歌  貝がらを拾う 君は綺麗だ 変わらない空の 青さにも似て いいことだけを 思い出そう 歩き出そう 明日へ  愛したから結ばれ 君とぼくの陽は 沈みはしない  人影も消えた 海辺こそ夢 踊ろうよ此処で 誰もいないよ 手をとりあえば 二人の世界 ついておいで ワン ツー ワン ツー  愛したから結ばれ 君とぼくの陽は 沈みはしない  愛したから結ばれ 君とぼくの陽は 沈みはしない
NAPOLITAIN機械仕掛けのVOICE シートベルト着用促すタクシーの 無駄な話押しつけるドライバー 孤独は大好物だ EXPERIENCE  光に音に溢れすぎない このままじゃ困らないか 言葉に無知に かまけすぎない 緩みっぱ  化粧勤しむMETOROマドモワゼル 携帯か本かスリープか 脳へと繋がってるiPod 自由は嗜好品だ EXPERIENCE  景気に趣味に過敏すぎない いつだって終らないか 病に神に畏れすぎない 挑みっぱ  METROPOLITAIN SO NAPOLITAIN METROPOLITAIN SO NAPOLITAIN SO NAPOLITAIN  仕事に夢に はずれすぎない どの顔で生きりゃいいか 命に愛に はまりすぎない 乾きっぱ  未来に金に のめりすぎない ほどほどに感じればいい 血肉にエコに溺れすぎない つるみっぱ  Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo沢田研二沢田研二下山淳機械仕掛けのVOICE シートベルト着用促すタクシーの 無駄な話押しつけるドライバー 孤独は大好物だ EXPERIENCE  光に音に溢れすぎない このままじゃ困らないか 言葉に無知に かまけすぎない 緩みっぱ  化粧勤しむMETOROマドモワゼル 携帯か本かスリープか 脳へと繋がってるiPod 自由は嗜好品だ EXPERIENCE  景気に趣味に過敏すぎない いつだって終らないか 病に神に畏れすぎない 挑みっぱ  METROPOLITAIN SO NAPOLITAIN METROPOLITAIN SO NAPOLITAIN SO NAPOLITAIN  仕事に夢に はずれすぎない どの顔で生きりゃいいか 命に愛に はまりすぎない 乾きっぱ  未来に金に のめりすぎない ほどほどに感じればいい 血肉にエコに溺れすぎない つるみっぱ  Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo Huoo
涙と微笑み君がこんな 大変な時に 僕は仕事なんか していられない あいつのこと ないがしろにするな 悪いけど その気になってる  涙で ご魔化さないで あいつの 夢を聞いたろ  まっすぐな 君の愛さ 思い切り 抱きしめてやれよ あいつには 笑顔見せてやれ  君がこんな 大変な時に 僕は仕事なんか していられない あいつのこと とても好きなんだろ 良かったね ほんとに好かれて  笑って 過ごして行けば 君には あいつがいるよ  まっすぐな 君の愛で 手をひろげ 抱きしめさせなきゃ あいつにも 涙わけてやれ  かけがえのない ふたりなら ささやかな 歓びに 微笑む沢田研二沢田研二小林亜星君がこんな 大変な時に 僕は仕事なんか していられない あいつのこと ないがしろにするな 悪いけど その気になってる  涙で ご魔化さないで あいつの 夢を聞いたろ  まっすぐな 君の愛さ 思い切り 抱きしめてやれよ あいつには 笑顔見せてやれ  君がこんな 大変な時に 僕は仕事なんか していられない あいつのこと とても好きなんだろ 良かったね ほんとに好かれて  笑って 過ごして行けば 君には あいつがいるよ  まっすぐな 君の愛で 手をひろげ 抱きしめさせなきゃ あいつにも 涙わけてやれ  かけがえのない ふたりなら ささやかな 歓びに 微笑む
憎みきれないろくでなし昨日は昨日で どこかで浮かれて 過ごした筈だが 忘れてしまったよ ……気障な台詞だね  明日は明日で 楽しいだろうが 余りに遠くて 予想も出来ないよ ……使い古しだね  傷つけ合うのが嫌いだからと ずるずるみんなをひきずって 最後にあなたはあなたは どうするどうするつもり 恋に埋もれ死ぬ気でいるの 憎みきれないろくでなし  こんなに真面目に 愛しているのに 昨日や明日は関係ないだろう ……きまり文句だね  女は不思議だ くちずけするより 綺麗な約束ほしがるものなのか ……破れかぶれだね  ひとりも不幸にしたくはないと 天使の気分でいるけれど 最後は疲れて疲れて私の私の胸で 眠るつもりでいるでしょうね 憎みきれないろくでなし 憎みきれないろくでなし沢田研二阿久悠大野克夫昨日は昨日で どこかで浮かれて 過ごした筈だが 忘れてしまったよ ……気障な台詞だね  明日は明日で 楽しいだろうが 余りに遠くて 予想も出来ないよ ……使い古しだね  傷つけ合うのが嫌いだからと ずるずるみんなをひきずって 最後にあなたはあなたは どうするどうするつもり 恋に埋もれ死ぬ気でいるの 憎みきれないろくでなし  こんなに真面目に 愛しているのに 昨日や明日は関係ないだろう ……きまり文句だね  女は不思議だ くちずけするより 綺麗な約束ほしがるものなのか ……破れかぶれだね  ひとりも不幸にしたくはないと 天使の気分でいるけれど 最後は疲れて疲れて私の私の胸で 眠るつもりでいるでしょうね 憎みきれないろくでなし 憎みきれないろくでなし
News俺は黒いシューズ 君は首にビーズ 夜の中で Kiss ラジオからはクレイジーで グルービーな News  こんなに暑さがつづいているのは 管区気象台のしわざ どなたのせいでもないので 一夏の恋でその身をこがして 燃えるまですすめます ラララ………  俺は黒いシューズ 君は首にビーズ 夜の中で Kiss ラジオからはクレイジーで グルービーな News  お金のレートが下がっているのは 計算器時代のしくみ なるべくみんなは数字を忘れて 心のままにしたがって 恋をして下さいネ ラララ………  俺は黒いシューズ 君は首にビーズ 夜の中で Kiss ラジオからはクレイジーで グルービーな News  こんなに地球が動いているのは 眠れる時代の幕あけ 男と女はいつでも一緒に 両手をつないでおやすみ ゆれるまで ゆれるまで ラララ………  俺は黒いシューズ 君は首にビーズ 夜の中で Kiss ラジオからはクレイジーで グルービーな News沢田研二井上陽水井上陽水俺は黒いシューズ 君は首にビーズ 夜の中で Kiss ラジオからはクレイジーで グルービーな News  こんなに暑さがつづいているのは 管区気象台のしわざ どなたのせいでもないので 一夏の恋でその身をこがして 燃えるまですすめます ラララ………  俺は黒いシューズ 君は首にビーズ 夜の中で Kiss ラジオからはクレイジーで グルービーな News  お金のレートが下がっているのは 計算器時代のしくみ なるべくみんなは数字を忘れて 心のままにしたがって 恋をして下さいネ ラララ………  俺は黒いシューズ 君は首にビーズ 夜の中で Kiss ラジオからはクレイジーで グルービーな News  こんなに地球が動いているのは 眠れる時代の幕あけ 男と女はいつでも一緒に 両手をつないでおやすみ ゆれるまで ゆれるまで ラララ………  俺は黒いシューズ 君は首にビーズ 夜の中で Kiss ラジオからはクレイジーで グルービーな News
New Song波がきて君のひざを洗ってる 風がきて君の髪を揺らしてる  金色の光が交差する海 透明な空を渡って行く虹  いつまでこうして君といられる 同じせせらぎ漂って  世界が終わり迎える朝も 君を胸に抱きしめていたい  ふり向いた君が僕を呼んでいる 君といる幸福に包まれてる  いつまでこうして君といられる 同じせせらぎ漂って  世界が終わり迎える朝も 君を胸に抱きしめていたい沢田研二尾上文吉田慎一波がきて君のひざを洗ってる 風がきて君の髪を揺らしてる  金色の光が交差する海 透明な空を渡って行く虹  いつまでこうして君といられる 同じせせらぎ漂って  世界が終わり迎える朝も 君を胸に抱きしめていたい  ふり向いた君が僕を呼んでいる 君といる幸福に包まれてる  いつまでこうして君といられる 同じせせらぎ漂って  世界が終わり迎える朝も 君を胸に抱きしめていたい
ねじれた祈りありふれた孤独と ありきたりの現実 呪縛なら 振りほどいた でもまだ楽ではない  なめらかなコノ皮フ 下でうごめいてる 真赤な血 細胞たち 求める ただキミだけ  ねぇ 使いモノにならない 自由なんてイミないじゃない  ねじれた祈りがきしむ 歪んだキオクの中で ジリ・ジリ 火照りが じらしている  今日と明日の間で 吐き捨てる ため息 白く染め 闇に消え でもまだ楽ではない  よどんでる内部の もっとオクが叫ぶ ざわめいて さざめいて 求める またキミだけ  ねぇ 使いモノにならない 自由なんてイミないじゃない  しびれた記号がかすむ 背中を向けてみたって キリ・キリ 痛みで 目を覚まして  ねじれた祈りがきしむ 歪んだキオクの中で しびれた記号がかすむ 背中を向けてみたって キリ・キリ 痛みで 目を覚まして ジリ・ジリ 火照りが じらしている沢田研二GRACE加瀬邦彦ありふれた孤独と ありきたりの現実 呪縛なら 振りほどいた でもまだ楽ではない  なめらかなコノ皮フ 下でうごめいてる 真赤な血 細胞たち 求める ただキミだけ  ねぇ 使いモノにならない 自由なんてイミないじゃない  ねじれた祈りがきしむ 歪んだキオクの中で ジリ・ジリ 火照りが じらしている  今日と明日の間で 吐き捨てる ため息 白く染め 闇に消え でもまだ楽ではない  よどんでる内部の もっとオクが叫ぶ ざわめいて さざめいて 求める またキミだけ  ねぇ 使いモノにならない 自由なんてイミないじゃない  しびれた記号がかすむ 背中を向けてみたって キリ・キリ 痛みで 目を覚まして  ねじれた祈りがきしむ 歪んだキオクの中で しびれた記号がかすむ 背中を向けてみたって キリ・キリ 痛みで 目を覚まして ジリ・ジリ 火照りが じらしている
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
KNOCK TURN一晩ばっかのことで 恋人面はまっぴらと お前の言い草 気に入らない 惚れたはれたと いうわけじゃないが ほかの男と 腕組んで これみよがしはみっともないぜ  2度目に訪ねる お前の部屋で きれいなホホに 一発お見舞い 黙って そのまま 帰ってきちまおうか お前に捧げる ノクターン お前に捧げる ノクターン ノノノノ…… ノクターン ノノノノ…… ノクターン ノクターン ノクターン ノクターン  小耳にはさんだ噂 あいつも昔 純な恋 一途な想いに肩すかしさ 今じゃ 一夜の熱い胸 さがす きどった奴だと思ったが そういや時々淋しい瞳  2度目に訪ねたお前の部屋で オレの未練に 一発お見舞い 黙ってそのまま 帰ってきちまった お前に捧げる ノクターン お前に捧げる ノクターン ノノノノ…… ノクターン ノノノノ…… ノクターン ノクターン ノクターン ノクターン沢田研二武衛尚子BORO一晩ばっかのことで 恋人面はまっぴらと お前の言い草 気に入らない 惚れたはれたと いうわけじゃないが ほかの男と 腕組んで これみよがしはみっともないぜ  2度目に訪ねる お前の部屋で きれいなホホに 一発お見舞い 黙って そのまま 帰ってきちまおうか お前に捧げる ノクターン お前に捧げる ノクターン ノノノノ…… ノクターン ノノノノ…… ノクターン ノクターン ノクターン ノクターン  小耳にはさんだ噂 あいつも昔 純な恋 一途な想いに肩すかしさ 今じゃ 一夜の熱い胸 さがす きどった奴だと思ったが そういや時々淋しい瞳  2度目に訪ねたお前の部屋で オレの未練に 一発お見舞い 黙ってそのまま 帰ってきちまった お前に捧げる ノクターン お前に捧げる ノクターン ノノノノ…… ノクターン ノノノノ…… ノクターン ノクターン ノクターン ノクターン
ノンポリシービルの屋上 見えるHIWAY 白いテーブル2人のミッドナイトパーティ 肩にグラスを置いて踊れば 空にクルクル星色ミラーボール  Baby Baby とにかく Baby さあ 陽気に Baby もっと 愛し合おうよ  SPレコード 針を落として 泣いたリズムもおどけてラッタッタッタラー 遠く聞こえる 車のホーン 音をはずしたサックスみたい Yeah…  Darlin' Darlin' 例えば Darlin' さあ 気ままに Darlin' もっと 愛し合いましょ  明日のことなんか どうでもいいから 無駄使いしたい 恋さ アア Oh 良くもない 悪くもない ノンポリシー  朝が来るまでキッスしながら ワインのコルク抜き続けていた All Night まるではじけた真珠みたいさ まとまりつかない2人だけシチュエーション  Darlin' Darlin' 例えば Darlin' さあ 気ままに Darlin' もっと 愛し合いましょ  雨が降っても 晴れになっても 問題なのは シャワーを浴びる 温度くらいだよ  Darlin' Darlin' 例えば Darlin' さあ 気ままに Darlin' もっと 愛し合いましょ  どうせ時間だけ 持て余し気味で 疲れてるとこさ パーティ アア Oh 良くもない 悪くもない ノンポリシー  もしか 雨でも降ってくれたら わりとステキなシーンになってたのに 今は このまま男と女 フラフラフラフラフラ楽でいたいね  Baby Baby とにかく Baby さあ 陽気に Baby もっと 愛し合おうよ  Darlin' Darlin' 例えば Darlin' さあ 気ままに Darlin' もっと 愛し合いましょ  Darlin' Baby ごちゃまぜして 愛し合おうよ 愛し合おうね 愛し合おうよ 愛し合おうね沢田研二秋元康原田真二ビルの屋上 見えるHIWAY 白いテーブル2人のミッドナイトパーティ 肩にグラスを置いて踊れば 空にクルクル星色ミラーボール  Baby Baby とにかく Baby さあ 陽気に Baby もっと 愛し合おうよ  SPレコード 針を落として 泣いたリズムもおどけてラッタッタッタラー 遠く聞こえる 車のホーン 音をはずしたサックスみたい Yeah…  Darlin' Darlin' 例えば Darlin' さあ 気ままに Darlin' もっと 愛し合いましょ  明日のことなんか どうでもいいから 無駄使いしたい 恋さ アア Oh 良くもない 悪くもない ノンポリシー  朝が来るまでキッスしながら ワインのコルク抜き続けていた All Night まるではじけた真珠みたいさ まとまりつかない2人だけシチュエーション  Darlin' Darlin' 例えば Darlin' さあ 気ままに Darlin' もっと 愛し合いましょ  雨が降っても 晴れになっても 問題なのは シャワーを浴びる 温度くらいだよ  Darlin' Darlin' 例えば Darlin' さあ 気ままに Darlin' もっと 愛し合いましょ  どうせ時間だけ 持て余し気味で 疲れてるとこさ パーティ アア Oh 良くもない 悪くもない ノンポリシー  もしか 雨でも降ってくれたら わりとステキなシーンになってたのに 今は このまま男と女 フラフラフラフラフラ楽でいたいね  Baby Baby とにかく Baby さあ 陽気に Baby もっと 愛し合おうよ  Darlin' Darlin' 例えば Darlin' さあ 気ままに Darlin' もっと 愛し合いましょ  Darlin' Baby ごちゃまぜして 愛し合おうよ 愛し合おうね 愛し合おうよ 愛し合おうね
灰とダイヤモンド喋るな憂いが薄れてゆく 動くな艶が失せてゆく 衣装で育ちは隠せやしない 僕たちいつも妖しかった 魔性の微笑み忘れてしまい OH お喋りに お戯れに あいつ! こいつ! 好きなように楽しみなさい 笑いなさい 素敵なこと 先の事など忘れてしまえ 嫌いな事 お辞めなさいお泣きなさい可愛いよ 僕の目の届く処でなら  シャララララ 許してあげる シャララララ お前のすべて  黙るな景色に溶けこむな 辞めるな時代に逆らうな 仮面で心理を隠してみても 僕達みんな狼だった 獣の叫びを忘れてしまい OH 酒に飲まれ人に飲まれ どいつ! こいつ! 好きなようにおやりなさい叫びなさいそれでいい 想い出だけが友達じゃない 嫌いな事は辞めてしまえ涙流せ愛嬌だよ 君の命の求めるままに  シャララララ 許してあげる シャララララ お前のすべて  好きなように楽しみなさい 笑いなさい 素敵なこと 先の事など忘れてしまえ 嫌な事は辞めてしまえ 涙流せ 愛嬌だよ 君の命の求めるままに  シャララララ 許してあげる シャララララ お前のすべて沢田研二李花幻李花幻喋るな憂いが薄れてゆく 動くな艶が失せてゆく 衣装で育ちは隠せやしない 僕たちいつも妖しかった 魔性の微笑み忘れてしまい OH お喋りに お戯れに あいつ! こいつ! 好きなように楽しみなさい 笑いなさい 素敵なこと 先の事など忘れてしまえ 嫌いな事 お辞めなさいお泣きなさい可愛いよ 僕の目の届く処でなら  シャララララ 許してあげる シャララララ お前のすべて  黙るな景色に溶けこむな 辞めるな時代に逆らうな 仮面で心理を隠してみても 僕達みんな狼だった 獣の叫びを忘れてしまい OH 酒に飲まれ人に飲まれ どいつ! こいつ! 好きなようにおやりなさい叫びなさいそれでいい 想い出だけが友達じゃない 嫌いな事は辞めてしまえ涙流せ愛嬌だよ 君の命の求めるままに  シャララララ 許してあげる シャララララ お前のすべて  好きなように楽しみなさい 笑いなさい 素敵なこと 先の事など忘れてしまえ 嫌な事は辞めてしまえ 涙流せ 愛嬌だよ 君の命の求めるままに  シャララララ 許してあげる シャララララ お前のすべて
How Many “Good Bye”Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling HAHAHAN Bye, Bye, Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling HAHAHAN Bye, Bye, Bye,  なんとなく、そして、突然に、俺は 急に、妙に、とてもせつないムード  いずれどんな夢も終るのさ 愛の日々も早く過ぎるのさ 忘れられぬ夜も捨てるのさ 次の夜といつか出会う為 スピードをもっとあげて そして君に言うよ  Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling HAHAHAN Bye, Bye, Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling HAHAHAN Bye, Bye, Bye,  いつの日か、俺はこの頃は、特に 急に、妙に、遠いせつないムード  雨に恋の胸がぬれたから 風に愛の肌がさめたから 夏にどんな夢もやけたから 冬に言葉さえも白いから それ以上、君と僕の 為にもっと言うよ  Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling HAHAHAN Bye, Bye, Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling HAHAHAN Bye, Bye, Bye,  なんとなく、そして突然に、俺は 急に、妙に、とてもせつないムード  Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling Good Bye!沢田研二井上陽水井上陽水Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling HAHAHAN Bye, Bye, Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling HAHAHAN Bye, Bye, Bye,  なんとなく、そして、突然に、俺は 急に、妙に、とてもせつないムード  いずれどんな夢も終るのさ 愛の日々も早く過ぎるのさ 忘れられぬ夜も捨てるのさ 次の夜といつか出会う為 スピードをもっとあげて そして君に言うよ  Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling HAHAHAN Bye, Bye, Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling HAHAHAN Bye, Bye, Bye,  いつの日か、俺はこの頃は、特に 急に、妙に、遠いせつないムード  雨に恋の胸がぬれたから 風に愛の肌がさめたから 夏にどんな夢もやけたから 冬に言葉さえも白いから それ以上、君と僕の 為にもっと言うよ  Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling HAHAHAN Bye, Bye, Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling HAHAHAN Bye, Bye, Bye,  なんとなく、そして突然に、俺は 急に、妙に、とてもせつないムード  Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling Good Bye, Good Bye, Good Bye, Good Bye, Darling Good Bye!
晴れのちBLUE BOY青いシーツのジャングルで 後ずさりしすぎたライオン whoo-cha-cha-cha whoo-cha-cha-cha ブラインドの細い空に フワリとブラウスゆれてる whoo-cha-cha-cha whoo-cha-cha-cha Good-Night Good-Night あの娘はラジオつけっぱなしで Good-Night Good-Night あの娘は窓から出てって Good-good-good-Night  おやすみなさいのキッスより ヘタなjokeがうまかった whoo-cha-cha-cha whoo-cha-cha-cha フライパンはハムエッグより 僕の頭とよく会った whoo-cha-cha-cha whoo-cha-cha-cha Good-Night Good-Night あの娘はメロンかくしたままで Good-Night Good-Night あの娘は窓から出てって Good-good-good-Night  言いたいことはヤシの実の中 言いたいことはヤシの実の中 僕は花火よりひとりぼっち  僕は朝までスポーツマン ベッドはダンス グラスはキッス whoo-cha-cha-cha whoo-cha-cha-cha 返事はいつも「なぜ」ばかり 僕の言葉は点になる whoo-cha-cha-cha whoo-cha-cha-cha Good-Night Good-Night あの娘は僕を愛したままで Good-Night Good-Night あの娘は窓から出てって Good-good-good-Night  言いたいことはヤシの実の中 言いたいことはヤシの実の中 僕は花火よりひとりぼっち  言いたいことはヤシの実の中 言いたいことはヤシの実の中……沢田研二銀色夏生大沢誉志幸青いシーツのジャングルで 後ずさりしすぎたライオン whoo-cha-cha-cha whoo-cha-cha-cha ブラインドの細い空に フワリとブラウスゆれてる whoo-cha-cha-cha whoo-cha-cha-cha Good-Night Good-Night あの娘はラジオつけっぱなしで Good-Night Good-Night あの娘は窓から出てって Good-good-good-Night  おやすみなさいのキッスより ヘタなjokeがうまかった whoo-cha-cha-cha whoo-cha-cha-cha フライパンはハムエッグより 僕の頭とよく会った whoo-cha-cha-cha whoo-cha-cha-cha Good-Night Good-Night あの娘はメロンかくしたままで Good-Night Good-Night あの娘は窓から出てって Good-good-good-Night  言いたいことはヤシの実の中 言いたいことはヤシの実の中 僕は花火よりひとりぼっち  僕は朝までスポーツマン ベッドはダンス グラスはキッス whoo-cha-cha-cha whoo-cha-cha-cha 返事はいつも「なぜ」ばかり 僕の言葉は点になる whoo-cha-cha-cha whoo-cha-cha-cha Good-Night Good-Night あの娘は僕を愛したままで Good-Night Good-Night あの娘は窓から出てって Good-good-good-Night  言いたいことはヤシの実の中 言いたいことはヤシの実の中 僕は花火よりひとりぼっち  言いたいことはヤシの実の中 言いたいことはヤシの実の中……
ハートの青さなら 空にさえ負けないLove you いつまでも冷めない思いに Love you 感じてよ この愛の深さ  Love you いとしさで あなたを困らせても Love you この心 眠らせないと決めた  永遠を誓う気持ちは 初恋にも似てるね 本物はうたれづよくて 汚れ知らないから 呆れるほど青春でも ウォウ ウォウ いいよね  Love you 誰もまだ やらない愛し方 Love you 「初めて」は苦いだけじゃないんだ  砂漠が素敵なのは ピラミッドを隠すから 僕たちの行く未来に何が待ってても 愛するほど 謎になれば ウォウ ウォウ いいよね  Love you 背中から切なく抱きしめたら Hold you 祝福の鐘の音が響いた  青い青い僕のハート もてあますけど ほらね空の色にも 負けていないよ 青い青い僕のハート 笑わないで ほらね海の色より 輝いてるよ  ほらね海の色より輝いてるよ 輝いてるよ沢田研二覚和歌子伊豆田洋之Love you いつまでも冷めない思いに Love you 感じてよ この愛の深さ  Love you いとしさで あなたを困らせても Love you この心 眠らせないと決めた  永遠を誓う気持ちは 初恋にも似てるね 本物はうたれづよくて 汚れ知らないから 呆れるほど青春でも ウォウ ウォウ いいよね  Love you 誰もまだ やらない愛し方 Love you 「初めて」は苦いだけじゃないんだ  砂漠が素敵なのは ピラミッドを隠すから 僕たちの行く未来に何が待ってても 愛するほど 謎になれば ウォウ ウォウ いいよね  Love you 背中から切なく抱きしめたら Hold you 祝福の鐘の音が響いた  青い青い僕のハート もてあますけど ほらね空の色にも 負けていないよ 青い青い僕のハート 笑わないで ほらね海の色より 輝いてるよ  ほらね海の色より輝いてるよ 輝いてるよ
バイバイジェラシーKISSぐらいはしたけど ほんのはずみさ 意味はない 眉ひそめ責めるほど 大した事じゃない  ペンダントなら何処かで 落として来た それだけさ あの女にあげたのと 聞かれるまでもない  スタンドを 暗くして ハートを見せてみな 女なら君だけさ 他は知らないぜ  Bye Bye ジェラシー 朝までお泣きよ Bye Bye ジェラシー 僕のためならば 真夏の夜空に光る 星屑集めてさ  噂はみんな デタラメさ 名前も知っちゃいないから あのBarで隣り合わせ すわっただけの事  月明かり 顔向けて 涙を見せてみな 女なら君だけさ この目で感じたい  Bye Bye ジェラシー 朝までお泣きよ Bye Bye ジェラシー 僕のためならば 星降る夜に 君の肌 きらめき 溶けるまで  Bye Bye ジェラシー 朝までお泣きよ Bye Bye ジェラシー 僕のためならば 星降る夜に 君の肌 きらめき 溶けるまで沢田研二三浦徳子加瀬邦彦KISSぐらいはしたけど ほんのはずみさ 意味はない 眉ひそめ責めるほど 大した事じゃない  ペンダントなら何処かで 落として来た それだけさ あの女にあげたのと 聞かれるまでもない  スタンドを 暗くして ハートを見せてみな 女なら君だけさ 他は知らないぜ  Bye Bye ジェラシー 朝までお泣きよ Bye Bye ジェラシー 僕のためならば 真夏の夜空に光る 星屑集めてさ  噂はみんな デタラメさ 名前も知っちゃいないから あのBarで隣り合わせ すわっただけの事  月明かり 顔向けて 涙を見せてみな 女なら君だけさ この目で感じたい  Bye Bye ジェラシー 朝までお泣きよ Bye Bye ジェラシー 僕のためならば 星降る夜に 君の肌 きらめき 溶けるまで  Bye Bye ジェラシー 朝までお泣きよ Bye Bye ジェラシー 僕のためならば 星降る夜に 君の肌 きらめき 溶けるまで
BYE BYE HANDY LOVEパーティ帰りの フェアリーテール 淋しがりやのファニー・フェイス TIME UP 泣かないで BYE BYE HANDY LOVE  真夜中のラジオのAIR PLAY GAL 通りすがりの HAZY TOUR TIME UP 泣かないで BYE BYE HANDY LOVE  いつのまにか 二人とも ひとりの夜に かくれて さがしたり あわてたり NO NO NO NO  パーティ帰りの フェアリーテール 淋しがりやのファニー・フェイス TIME UP フィナーレは BYE BYE HANDY LOVE  愛を求めてる STAY EYES 淋しげに 揺れたまま TIME UP 泣かないで BYE BYE HANDY LOVE  二人でかなでる メロディ たったひとつの メモリー TIME UP 泣かないで BYE BYE HANDY LOVE  ゆれてる心お前が どんなにかくしてみても 見えてしまうのさ俺には OH! YEAH! OH! YEAH! 愛を求めてる STAY EYES さみしげに揺れたまま TIME UP フィナーレは BYE BYE HANDY LOVE  誰もが探してる 心の港 やみの歩道 くぐりぬけて たどりつく パラダイス  スケジュール狂わせて プライドに 落書きして パーフェクトをせがんで NO NO NO NO  パーティ帰りの フェアリーテール 淋しがりやのファニー・フェイス TIME UP フィナーレは BYE BYE HANDY LOVE沢田研二佐野元春佐野元春パーティ帰りの フェアリーテール 淋しがりやのファニー・フェイス TIME UP 泣かないで BYE BYE HANDY LOVE  真夜中のラジオのAIR PLAY GAL 通りすがりの HAZY TOUR TIME UP 泣かないで BYE BYE HANDY LOVE  いつのまにか 二人とも ひとりの夜に かくれて さがしたり あわてたり NO NO NO NO  パーティ帰りの フェアリーテール 淋しがりやのファニー・フェイス TIME UP フィナーレは BYE BYE HANDY LOVE  愛を求めてる STAY EYES 淋しげに 揺れたまま TIME UP 泣かないで BYE BYE HANDY LOVE  二人でかなでる メロディ たったひとつの メモリー TIME UP 泣かないで BYE BYE HANDY LOVE  ゆれてる心お前が どんなにかくしてみても 見えてしまうのさ俺には OH! YEAH! OH! YEAH! 愛を求めてる STAY EYES さみしげに揺れたまま TIME UP フィナーレは BYE BYE HANDY LOVE  誰もが探してる 心の港 やみの歩道 くぐりぬけて たどりつく パラダイス  スケジュール狂わせて プライドに 落書きして パーフェクトをせがんで NO NO NO NO  パーティ帰りの フェアリーテール 淋しがりやのファニー・フェイス TIME UP フィナーレは BYE BYE HANDY LOVE
バタフライ・ムーン風に揺れる赤いスカーフ 男達が取り巻く 足をならし 口笛吹けば カーニバル 道に出したテーブルには テキーラそしてシャンパン 浴びるように飲めば 背中に羽根さえ持てる  人生はバタフライ 花から花へ飛ぶよ 人生はバタフライ 月の光をあびながら飛ぶ……  イヤな事も イヤな奴も忘れちまえる夜さ 腕を組んで踊ろうぜ 夜明けまで バカな女 バカな男 それしかない人生 うつ向いたり気取ってみたって始まらない  人生はバタフライ 燃え上るのが花さ 人生はバタフライ 燃え尽きるまで燃えてゆくだけ  人生はバタフライ 燃え上るのが花さ 人生はバタフライ 燃え尽きるまで燃えてゆくだけ沢田研二三浦徳子沢田研二風に揺れる赤いスカーフ 男達が取り巻く 足をならし 口笛吹けば カーニバル 道に出したテーブルには テキーラそしてシャンパン 浴びるように飲めば 背中に羽根さえ持てる  人生はバタフライ 花から花へ飛ぶよ 人生はバタフライ 月の光をあびながら飛ぶ……  イヤな事も イヤな奴も忘れちまえる夜さ 腕を組んで踊ろうぜ 夜明けまで バカな女 バカな男 それしかない人生 うつ向いたり気取ってみたって始まらない  人生はバタフライ 燃え上るのが花さ 人生はバタフライ 燃え尽きるまで燃えてゆくだけ  人生はバタフライ 燃え上るのが花さ 人生はバタフライ 燃え尽きるまで燃えてゆくだけ
バラを捨ててバラを捨てて 僕の所に 帰ってくる 涙うかべ 君は今 帰ってくる バラを捨てて 意地を捨てて 帰ってくる 許しあおう 君はもう離れない すべては過ぎたこと 朝陽の中を バラを捨てて 愛をかかえて 帰ってくる 僕のために 君は今帰ってくる  すべては過ぎたこと 朝陽の中を バラを捨てて 愛をかかえて 帰ってくる 僕のために 君は今帰ってくる沢田研二安井かずみ村井邦彦バラを捨てて 僕の所に 帰ってくる 涙うかべ 君は今 帰ってくる バラを捨てて 意地を捨てて 帰ってくる 許しあおう 君はもう離れない すべては過ぎたこと 朝陽の中を バラを捨てて 愛をかかえて 帰ってくる 僕のために 君は今帰ってくる  すべては過ぎたこと 朝陽の中を バラを捨てて 愛をかかえて 帰ってくる 僕のために 君は今帰ってくる
バラード491揺れる木立 日曜日 君とまどろんでる 思うこともしなかったよ 僕こんな未来を  枯れて捨てて 許されて 落ち着いて見せたら ときめかない思い出さえ もう愛せそな気持ち  昔嫌いだった こんな秋にくるまれて ほら恋だけが消えない欲望さ いいよ笑って いいよ笑って  街のノイズひとつさえ いとしい気持ちになる よくないかな ああこんなに 僕おだやかになって  普通じゃない道のりを 走ってきた僕は 心までも違うのかな? ねえ教えてほしい  遠い旅の果てに 僕はまだ抱きしめてる ほら君だけに消えない欲望さ いいよ笑って いいよ笑って いいよ沢田研二覚和歌子すぎやまこういち揺れる木立 日曜日 君とまどろんでる 思うこともしなかったよ 僕こんな未来を  枯れて捨てて 許されて 落ち着いて見せたら ときめかない思い出さえ もう愛せそな気持ち  昔嫌いだった こんな秋にくるまれて ほら恋だけが消えない欲望さ いいよ笑って いいよ笑って  街のノイズひとつさえ いとしい気持ちになる よくないかな ああこんなに 僕おだやかになって  普通じゃない道のりを 走ってきた僕は 心までも違うのかな? ねえ教えてほしい  遠い旅の果てに 僕はまだ抱きしめてる ほら君だけに消えない欲望さ いいよ笑って いいよ笑って いいよ
BAMBINO EXCUSEONNAひとりもシアワセに出来ないで なにが男だ笑われる ONNAひとりもシアワセに出来ないで ダメな男は酒を飲む HA HA HA WA HA HA HA  BAMBINO EX EX EX EXCUSE BAMBINO EX EX EX EXCUSE  ONNAひとりはシアワセに出来ないと 軽い男が酒あおる ONNAひとりがシアワセに出来ないと 馬鹿な男が酒に酔う YOU YOU YOU YOU YOU YOU YOU  BAMBINO EX EX EX EXCUSE BAMBINO EX EX EX EXCUSE  デジタルでいい アナログでいい 哀しくても生きてきゃ good good  ONNAひとりじゃシアワセになれないっしょ やわい男が酒に舞う ONNAひとりもシアワセに出来ないで なにが男だ泣いていろ WOW WOW WOW WOW WOW WOW  EXCUSE BA BA BA BAMBINO EXCUSE BA BA BA BAMBINO  ネガティブでいい ポジティブでいい 苦しくても生きてきゃ good good  BAMBINO EX EX EX EXCUSE BAMBINO EX EX EX EXCUSE  EXCUSE BA BA BA BAMBINO EXCUSE BA BA BA BAMBINO  BAMBINO EX EX EX EXCUSE BAMBINO EX EX EX EXCUSE  WAO WAO WAO WAO WA WA WA WAO WAO WAO WAO WA WA WA WAO WAO WAO WAO WA WA WA沢田研二沢田研二沢田研二ONNAひとりもシアワセに出来ないで なにが男だ笑われる ONNAひとりもシアワセに出来ないで ダメな男は酒を飲む HA HA HA WA HA HA HA  BAMBINO EX EX EX EXCUSE BAMBINO EX EX EX EXCUSE  ONNAひとりはシアワセに出来ないと 軽い男が酒あおる ONNAひとりがシアワセに出来ないと 馬鹿な男が酒に酔う YOU YOU YOU YOU YOU YOU YOU  BAMBINO EX EX EX EXCUSE BAMBINO EX EX EX EXCUSE  デジタルでいい アナログでいい 哀しくても生きてきゃ good good  ONNAひとりじゃシアワセになれないっしょ やわい男が酒に舞う ONNAひとりもシアワセに出来ないで なにが男だ泣いていろ WOW WOW WOW WOW WOW WOW  EXCUSE BA BA BA BAMBINO EXCUSE BA BA BA BAMBINO  ネガティブでいい ポジティブでいい 苦しくても生きてきゃ good good  BAMBINO EX EX EX EXCUSE BAMBINO EX EX EX EXCUSE  EXCUSE BA BA BA BAMBINO EXCUSE BA BA BA BAMBINO  BAMBINO EX EX EX EXCUSE BAMBINO EX EX EX EXCUSE  WAO WAO WAO WAO WA WA WA WAO WAO WAO WAO WA WA WA WAO WAO WAO WAO WA WA WA
巴里にひとりあなたをなぜ残し ここへ来たのだろう 何を見てもあなた かんじるばかり ア…… あまりに美しいこの街を歩けば よけいに哀しみが この胸つつむ ア…… パリ・ラ・セーヌ 今では遠くの人 帰らぬあの日が 心に痛い あなたがいないまま 時は流れ過ぎる 孤独な心には まぶしい街よ ア……  パリ・ラ・セーヌ 午後の陽映した水 どこへとゆくのか これからひとり あなたがいないまま 時は流れ過ぎる 孤独な心には まぶしい街よ沢田研二山上路夫・G.Sinoue・G.CostaG.Sinoue・G.Costaあなたをなぜ残し ここへ来たのだろう 何を見てもあなた かんじるばかり ア…… あまりに美しいこの街を歩けば よけいに哀しみが この胸つつむ ア…… パリ・ラ・セーヌ 今では遠くの人 帰らぬあの日が 心に痛い あなたがいないまま 時は流れ過ぎる 孤独な心には まぶしい街よ ア……  パリ・ラ・セーヌ 午後の陽映した水 どこへとゆくのか これからひとり あなたがいないまま 時は流れ過ぎる 孤独な心には まぶしい街よ
PEARL HARBOR LOVE STORYエメラルドの海に 砕かれた二人の哀しい伝説は叶わぬ純愛 二人の魂は 真珠貝の中で 永遠に結ばれた Pearl Harbor Love Story  彼女はHawaiianタウマ ふくよかな笑顔で 彼との小さな幸せ夢見てた 15歳 彼はJapaneseマコト 涼やかな瞳の 彼女だけを愛してた 17歳  マコトは移民の子 慎ましい暮らしの タウマは生まれも良く独りっ娘だから 二人 運命に裂かれる 許されぬ恋 神に全て委ねると覚悟  互いに慈しみ 育んだ夢 神の許し 胸焦がし待った  12月8日は 晴れわたり穏やか 近づく轟音は悲劇の序曲 二人乗せたカヌー 海の藻屑と消え リーフに風荒ぶ Pearl Harbor Love Story  タウマはマーメイド 海深く沈んで マコトはドルフィンになり追いかけ もつれ闇に 愛は幻覚に 輝いて燃え 歴史の渦 一瞬を奪う 二人行方さえ 解らずに謎 大人たちの 後悔は重く  12月8日の 5年後の雨の日 真珠貝が一つ 浜辺に寄せた 奇跡か偶然か 中にハート型の 物言わぬ真珠が……。 Pearl Harbor Love Story  彼女はHawaiianタウマ たおやかな黒髪 彼との小さな命望んでいた 15歳 彼はJapaneseマコト 端正な胸 彼女こそが 生きがいの 17歳  あまりに真っ直ぐな 幼気な愛 涙色の ひとしずく 憐れ  エメラルドの海に 砕かれた二人の哀しい伝説は叶わぬ純愛 二人の魂は 真珠貝の中で 永遠に結ばれた Pearl Harbor Love Story沢田研二沢田研二朝本浩文エメラルドの海に 砕かれた二人の哀しい伝説は叶わぬ純愛 二人の魂は 真珠貝の中で 永遠に結ばれた Pearl Harbor Love Story  彼女はHawaiianタウマ ふくよかな笑顔で 彼との小さな幸せ夢見てた 15歳 彼はJapaneseマコト 涼やかな瞳の 彼女だけを愛してた 17歳  マコトは移民の子 慎ましい暮らしの タウマは生まれも良く独りっ娘だから 二人 運命に裂かれる 許されぬ恋 神に全て委ねると覚悟  互いに慈しみ 育んだ夢 神の許し 胸焦がし待った  12月8日は 晴れわたり穏やか 近づく轟音は悲劇の序曲 二人乗せたカヌー 海の藻屑と消え リーフに風荒ぶ Pearl Harbor Love Story  タウマはマーメイド 海深く沈んで マコトはドルフィンになり追いかけ もつれ闇に 愛は幻覚に 輝いて燃え 歴史の渦 一瞬を奪う 二人行方さえ 解らずに謎 大人たちの 後悔は重く  12月8日の 5年後の雨の日 真珠貝が一つ 浜辺に寄せた 奇跡か偶然か 中にハート型の 物言わぬ真珠が……。 Pearl Harbor Love Story  彼女はHawaiianタウマ たおやかな黒髪 彼との小さな命望んでいた 15歳 彼はJapaneseマコト 端正な胸 彼女こそが 生きがいの 17歳  あまりに真っ直ぐな 幼気な愛 涙色の ひとしずく 憐れ  エメラルドの海に 砕かれた二人の哀しい伝説は叶わぬ純愛 二人の魂は 真珠貝の中で 永遠に結ばれた Pearl Harbor Love Story
ひかり静寂 夜明けの前 自転車がきしむ音 こぼれた笑顔につたう涙  切望 深い痛み 出逢いにも別れにも 輝きあなたの中染み入る  この空の下で全ては美しいから ひかり射すあの場所へ 歩いていこう 闇のカーテン抜けて 歩いていこう 目に映る今だけを信じて  街路樹 そよいだ風 咲き誇る花々 喉鳴らす猫の小さな影  伝説 背負った罪 喜びも哀しみも この世はこんなにも危うい  この空の下の全ては美しいから ひかり射すあの場所へ 歩いていこう 闇のカーテン抜けて 歩いていこう 目に映る今だけが真実  この空の下の全ては美しいから ひかり射すあの場所へ 歩いていこう 闇のカーテン抜けて 歩いていこう きっと あなたの中染み入る ひかりやがて この世界鮮やかに彩ってく この時を越えてゆけ あのひかり越えてゆけ沢田研二GRACEGRACE静寂 夜明けの前 自転車がきしむ音 こぼれた笑顔につたう涙  切望 深い痛み 出逢いにも別れにも 輝きあなたの中染み入る  この空の下で全ては美しいから ひかり射すあの場所へ 歩いていこう 闇のカーテン抜けて 歩いていこう 目に映る今だけを信じて  街路樹 そよいだ風 咲き誇る花々 喉鳴らす猫の小さな影  伝説 背負った罪 喜びも哀しみも この世はこんなにも危うい  この空の下の全ては美しいから ひかり射すあの場所へ 歩いていこう 闇のカーテン抜けて 歩いていこう 目に映る今だけが真実  この空の下の全ては美しいから ひかり射すあの場所へ 歩いていこう 闇のカーテン抜けて 歩いていこう きっと あなたの中染み入る ひかりやがて この世界鮮やかに彩ってく この時を越えてゆけ あのひかり越えてゆけ
光と花の思い出なぜ美しいことだけ いつでも思い出す 苦しみよごれはてた 傷あとをかくしながら なぜ悲しいことだけ いつでも思い出す ひとり涙は短い 恋の終わりを伝える 愛の思い出は 川と流れ君と二人で 古びたボートに 花をのせて浮かんでた なぜ美しいことだけ いつでも思い出す 君を見失う日は 夕焼けも悲しすぎた  なぜ美しいことだけ いつでも思い出す 苦しみよごれはてた 傷あとをかくしながら なぜ悲しいことだけ いつでも思い出す ひとり涙は短い 恋の終わりを伝える 愛の思い出は 川と流れ君と二人で 古びたボートに 花をのせて浮かんでた なぜ美しいことだけ いつでも思い出す 君を見失う日は 夕焼けも悲しすぎた  夕焼けも悲しすぎた沢田研二安井かずみ村井邦彦なぜ美しいことだけ いつでも思い出す 苦しみよごれはてた 傷あとをかくしながら なぜ悲しいことだけ いつでも思い出す ひとり涙は短い 恋の終わりを伝える 愛の思い出は 川と流れ君と二人で 古びたボートに 花をのせて浮かんでた なぜ美しいことだけ いつでも思い出す 君を見失う日は 夕焼けも悲しすぎた  なぜ美しいことだけ いつでも思い出す 苦しみよごれはてた 傷あとをかくしながら なぜ悲しいことだけ いつでも思い出す ひとり涙は短い 恋の終わりを伝える 愛の思い出は 川と流れ君と二人で 古びたボートに 花をのせて浮かんでた なぜ美しいことだけ いつでも思い出す 君を見失う日は 夕焼けも悲しすぎた  夕焼けも悲しすぎた
ひとりぼっちのバラードいつも いつも傷つきながら 愛を 愛を失いながら 生きて 生きてゆくこの命 それはどこまで続く すべて すべて移りすぎてゆく 何か はかり知れぬちからで 僕は 僕はおし流されて そしていつかは終わる  たった一度の人生だから 力の限り明日を捜そう いつも いつも傷つきながら 愛を 愛を失いながら 生きて 生きてゆくこの命 それはどこまで続く  たった一度の人生だから 力の限り明日を捜そう いつも いつも傷つきながら 愛を 愛を失いながら 生きて 生きてゆくこの命 それはどこまで続く  そして いつかは終わる沢田研二安井かずみ村井邦彦いつも いつも傷つきながら 愛を 愛を失いながら 生きて 生きてゆくこの命 それはどこまで続く すべて すべて移りすぎてゆく 何か はかり知れぬちからで 僕は 僕はおし流されて そしていつかは終わる  たった一度の人生だから 力の限り明日を捜そう いつも いつも傷つきながら 愛を 愛を失いながら 生きて 生きてゆくこの命 それはどこまで続く  たった一度の人生だから 力の限り明日を捜そう いつも いつも傷つきながら 愛を 愛を失いながら 生きて 生きてゆくこの命 それはどこまで続く  そして いつかは終わる
ビロードの風通りすぎてゆくものは 人生 風のささやき はかない夏のうた 通りすぎてゆくものは 悲しみ 風のゆうわく 人の世のあらそい そして何が残る 何が僕の所に残る 通りすぎてゆくものは 足音 風のやさしさ つかの間の若い日 祈る 祈るように 君の愛だけは変わらないで 通りすぎてゆくものは 幸せ 風のなぐさめ はじめてのくちづけ ラ・ラ・ラ………沢田研二安井かずみ村井邦彦通りすぎてゆくものは 人生 風のささやき はかない夏のうた 通りすぎてゆくものは 悲しみ 風のゆうわく 人の世のあらそい そして何が残る 何が僕の所に残る 通りすぎてゆくものは 足音 風のやさしさ つかの間の若い日 祈る 祈るように 君の愛だけは変わらないで 通りすぎてゆくものは 幸せ 風のなぐさめ はじめてのくちづけ ラ・ラ・ラ………
不安にさせよう週刊誌に 適齢期に 君は 見張られてる ステイタスに 評論家に 僕は 尾行(つけ)られてる 平和な街に忍び寄る 情報のファシズム  流行(はやり)の服 事故のニュース 別に 知らなくても 君の事は 世界中の 誰より 詳しいさ 淋しそうな接吻の 理由(わけ)もわかってる  二人は 奇妙な恋人 ミエナイモノを 愛してる  耳をふさいで 愛を聴くのさ 君がいるだけで Alright! Alright! Alright! It's Alright! Alright! Alright!  月に幾ら¥ 週に何度♂ 夢を選ぶ レシピー まるで恋を 言葉じゃなく 数字で 話してる キャッシュで未来買うなんて 君に出来るかい?  二人は 素敵な反逆者(レジスタント) みんなを不安に させよう  君を壊して 僕を溶かして 僕らになれたら Alright! Alright! Alright! It's Alright! Alright! Alright!  二人は 奇妙な恋人 ミエナイモノを 愛してる  耳をふさいで 愛を聴くのさ 君がいるだけで Alright! Alright! Alright! It's Alright! Alright! Alright!沢田研二森雪之丞NOBODY週刊誌に 適齢期に 君は 見張られてる ステイタスに 評論家に 僕は 尾行(つけ)られてる 平和な街に忍び寄る 情報のファシズム  流行(はやり)の服 事故のニュース 別に 知らなくても 君の事は 世界中の 誰より 詳しいさ 淋しそうな接吻の 理由(わけ)もわかってる  二人は 奇妙な恋人 ミエナイモノを 愛してる  耳をふさいで 愛を聴くのさ 君がいるだけで Alright! Alright! Alright! It's Alright! Alright! Alright!  月に幾ら¥ 週に何度♂ 夢を選ぶ レシピー まるで恋を 言葉じゃなく 数字で 話してる キャッシュで未来買うなんて 君に出来るかい?  二人は 素敵な反逆者(レジスタント) みんなを不安に させよう  君を壊して 僕を溶かして 僕らになれたら Alright! Alright! Alright! It's Alright! Alright! Alright!  二人は 奇妙な恋人 ミエナイモノを 愛してる  耳をふさいで 愛を聴くのさ 君がいるだけで Alright! Alright! Alright! It's Alright! Alright! Alright!
FOXY FOXOH! OH! OH! You just a Foxy Fox OH! OH! OH! You just a Foxy Fox  うわさに聞いたとおりの スキニー legs 黒い下着 そして入墨どくろ 絵に描いたような 金髪で ホテルのロビーを オフィスがわりのEvery Night  OH! OH! OH! You just a Foxy Fox OH! OH! OH! You just a Foxy Fox  ものうげなしぐさ お決まりのセリフ 口唇の横には もちろんほくろ 夜しか似合わぬ 歩き方 なぞが売りものの 国籍不明 Every Night  OH! OH! OH! You just a Foxy Fox OH! OH! OH! You just a Foxy Fox  かせいだ金で何を買うの まさか『しあわせ』なんて言わないで その手にゃ のらない AH! 涙さえも OH! イミテーション  黒ぬりのリムジーン ミンクのコート 商売道具に だまされちゃダメさ アリ地獄なのさ 近よれば ウインクひとつで 時間を止める Every Night OH! OH! OH! You just a Foxy Fox OH! OH! OH! You just a Foxy Fox沢田研二近田春夫吉田建OH! OH! OH! You just a Foxy Fox OH! OH! OH! You just a Foxy Fox  うわさに聞いたとおりの スキニー legs 黒い下着 そして入墨どくろ 絵に描いたような 金髪で ホテルのロビーを オフィスがわりのEvery Night  OH! OH! OH! You just a Foxy Fox OH! OH! OH! You just a Foxy Fox  ものうげなしぐさ お決まりのセリフ 口唇の横には もちろんほくろ 夜しか似合わぬ 歩き方 なぞが売りものの 国籍不明 Every Night  OH! OH! OH! You just a Foxy Fox OH! OH! OH! You just a Foxy Fox  かせいだ金で何を買うの まさか『しあわせ』なんて言わないで その手にゃ のらない AH! 涙さえも OH! イミテーション  黒ぬりのリムジーン ミンクのコート 商売道具に だまされちゃダメさ アリ地獄なのさ 近よれば ウインクひとつで 時間を止める Every Night OH! OH! OH! You just a Foxy Fox OH! OH! OH! You just a Foxy Fox
ふたりの橋いつもふたりちぐはぐ デコとボコのコンビさ 同じモノ見てたって全く違うセンス  幾つ歳をとっても 理解不可能さ君は こんなにも正反対惹かれるの何故だろう? ねえ?  相反するものなんてさ 山道登れば崖は深くなって 光が強きゃ影も濃くなる それが2元の法則  すねる横顔もイイ 見てて飽きないよ君は ずっと繋がるように 大きな橋をさあ架けようよ  相反するものなんてさ 山道登れば崖は深くなって 光が強きゃ影も濃くなる 背中合わせのセオリー  わかり合うの無理でも わかち合おうこの時 ふたり繋がるように 大きな橋架けようよ  ふたり繋がるように 大きな橋架けようよ沢田研二GRACE伊豆田洋之いつもふたりちぐはぐ デコとボコのコンビさ 同じモノ見てたって全く違うセンス  幾つ歳をとっても 理解不可能さ君は こんなにも正反対惹かれるの何故だろう? ねえ?  相反するものなんてさ 山道登れば崖は深くなって 光が強きゃ影も濃くなる それが2元の法則  すねる横顔もイイ 見てて飽きないよ君は ずっと繋がるように 大きな橋をさあ架けようよ  相反するものなんてさ 山道登れば崖は深くなって 光が強きゃ影も濃くなる 背中合わせのセオリー  わかり合うの無理でも わかち合おうこの時 ふたり繋がるように 大きな橋架けようよ  ふたり繋がるように 大きな橋架けようよ
無事でありますよう当たり前じゃないことが 当たり前に思え 当たり前に 過ぎる時間を短いと感じる  もう冬色の日射しが 黄金色に変わり 着膨れした君が見つめる 赤トンボたち  誰かに何かに夕焼けに ありがとう告げて 夕陽に祈ろう どうぞ無事 無事でありますよう  当たり前であることが 当り前ではなく 当り前じゃ 見えぬ一瞬 長いと感じてる  落ち葉焚きのぬくもりが 白い煙上げて 猫も散歩 君が笑った 時が弾んだ  大地に大空に夕焼けに 軽くキス投げて 昨日に明日に 夕陽に幸福祈る  誰かに何かに夕焼けに ありがとう告げて 夕陽に祈るよ どうぞ無事 無事でありますよう  誰かに何かに夕焼けに ありがとう告げて 夕陽に祈ろう どうか無事 無事でいて欲しい沢田研二沢田研二大山泰輝当たり前じゃないことが 当たり前に思え 当たり前に 過ぎる時間を短いと感じる  もう冬色の日射しが 黄金色に変わり 着膨れした君が見つめる 赤トンボたち  誰かに何かに夕焼けに ありがとう告げて 夕陽に祈ろう どうぞ無事 無事でありますよう  当たり前であることが 当り前ではなく 当り前じゃ 見えぬ一瞬 長いと感じてる  落ち葉焚きのぬくもりが 白い煙上げて 猫も散歩 君が笑った 時が弾んだ  大地に大空に夕焼けに 軽くキス投げて 昨日に明日に 夕陽に幸福祈る  誰かに何かに夕焼けに ありがとう告げて 夕陽に祈るよ どうぞ無事 無事でありますよう  誰かに何かに夕焼けに ありがとう告げて 夕陽に祈ろう どうか無事 無事でいて欲しい
ブルーバード ブルーバードブルーバード ブルーバード 夢に見た 叶う夢ならいいと願ってたけど すべもなく もがいてた若い日を 酸っぱく噛み締める  きらめく恋も 苦しい恋も クリアした今だから 空へと羽ばたけ ブルーバード ブルーバード  ブルーバード ブルーバード 夢じゃない 僕に勇気などない そう言われたんだ 力なく目を伏せた辛い日を この胸灼きつけた  道を逸れるか 真っ直ぐ行くか クリアした今だから 明日へ飛んでけ ブルーバード ブルーバード  夢で終われば 物語だね 胸せまる いとしさよ 明日へ飛んでけ ブルーバード ブルーバード沢田研二沢田研二森本太郎ブルーバード ブルーバード 夢に見た 叶う夢ならいいと願ってたけど すべもなく もがいてた若い日を 酸っぱく噛み締める  きらめく恋も 苦しい恋も クリアした今だから 空へと羽ばたけ ブルーバード ブルーバード  ブルーバード ブルーバード 夢じゃない 僕に勇気などない そう言われたんだ 力なく目を伏せた辛い日を この胸灼きつけた  道を逸れるか 真っ直ぐ行くか クリアした今だから 明日へ飛んでけ ブルーバード ブルーバード  夢で終われば 物語だね 胸せまる いとしさよ 明日へ飛んでけ ブルーバード ブルーバード
プライド東京発 アジアへ 飛び立ってく Money Game ばらまかれた コインが 青空を 照りかえす  午前2時の ハイウェイ 深く 溜息 つく 今夜 俺は 切り倒される 森林(もり)の 夢を 見る  でっちあげの コラムが ふれまわってる パラダイス 『コーラルブルーの浜辺 週末には2人で』  午前3時の Telephone 重く 寝がえり 打つ 今夜 俺は 埋め立てられる 海の 夢を 見る  I just stop stop stop みじめな未来を 手に入れる前に You just stop stop stop ドアの向こうに 足を踏みだすのさ Hold on Pride  Dirty Business アジアを 塗りつぶす 欲望 汚れた 手のひらで 花びらを むしりとる  午前4時の Big Town シーツが からみつく 今夜 俺は 逃げ続ける 夢で 飛び起きる  I just stop stop stop あきれた未来を 手に入れる前に You just stop stop stop 成り行きまかせに できやしないのさ Hold on Pride  I just stop stop stop みじめな 未来を 手に入れる前に You just stop stop stop あきれた未来を 手に入れる前に  I just stop stop stop みじめな未来を 手に入れる前に You just stop stop stop あきれた未来を 手に入れる前に  I just stop stop stop こしゃくな未来を 手に入れる前に You just stop stop stop ドアの向こうに 足を踏み出すのさ Hold on Pride沢田研二尾上文NOBODY東京発 アジアへ 飛び立ってく Money Game ばらまかれた コインが 青空を 照りかえす  午前2時の ハイウェイ 深く 溜息 つく 今夜 俺は 切り倒される 森林(もり)の 夢を 見る  でっちあげの コラムが ふれまわってる パラダイス 『コーラルブルーの浜辺 週末には2人で』  午前3時の Telephone 重く 寝がえり 打つ 今夜 俺は 埋め立てられる 海の 夢を 見る  I just stop stop stop みじめな未来を 手に入れる前に You just stop stop stop ドアの向こうに 足を踏みだすのさ Hold on Pride  Dirty Business アジアを 塗りつぶす 欲望 汚れた 手のひらで 花びらを むしりとる  午前4時の Big Town シーツが からみつく 今夜 俺は 逃げ続ける 夢で 飛び起きる  I just stop stop stop あきれた未来を 手に入れる前に You just stop stop stop 成り行きまかせに できやしないのさ Hold on Pride  I just stop stop stop みじめな 未来を 手に入れる前に You just stop stop stop あきれた未来を 手に入れる前に  I just stop stop stop みじめな未来を 手に入れる前に You just stop stop stop あきれた未来を 手に入れる前に  I just stop stop stop こしゃくな未来を 手に入れる前に You just stop stop stop ドアの向こうに 足を踏み出すのさ Hold on Pride
PLANET直角にレイアウトされた テキサス・ハイウェイ抜けて 夜明けのダイナで 見知らぬ恋におちる baby baby 軌道をはずれてく遊星 dancing in the space 行きつくとこなど誰も知らない  2人の愛ほどに yeah! たよりない未来を タンジールの波止場から 海に投げ捨てれば baby baby 時間をつきぬける遊星 dancing in the space 次のページなど誰も知らない  Woo Woo 僕はパリ 僕はN.Y Woo Woo 僕はローマ 僕は上海 Woo Woo かけぬける 僕は Planet  昼下がりのバルセロナ 不思議な夢を見た バラバラに砕けてく 青い惑星の夢 baby baby 炎に包まれる遊星 dancing in the space 行きつくとこなど誰も知らない  Woo Woo 僕はロンドン 僕はベルリン Woo Woo 僕はバグダッド 僕は香港 Woo Woo かけぬける 僕は Planet  Woo Woo ニューオリンズ リバプール Woo Woo キングストン シンガポール Woo Woo ヴェノスアイレス ナイロビ Woo Woo かけぬける 僕は Planet沢田研二尾上文加藤ひさし直角にレイアウトされた テキサス・ハイウェイ抜けて 夜明けのダイナで 見知らぬ恋におちる baby baby 軌道をはずれてく遊星 dancing in the space 行きつくとこなど誰も知らない  2人の愛ほどに yeah! たよりない未来を タンジールの波止場から 海に投げ捨てれば baby baby 時間をつきぬける遊星 dancing in the space 次のページなど誰も知らない  Woo Woo 僕はパリ 僕はN.Y Woo Woo 僕はローマ 僕は上海 Woo Woo かけぬける 僕は Planet  昼下がりのバルセロナ 不思議な夢を見た バラバラに砕けてく 青い惑星の夢 baby baby 炎に包まれる遊星 dancing in the space 行きつくとこなど誰も知らない  Woo Woo 僕はロンドン 僕はベルリン Woo Woo 僕はバグダッド 僕は香港 Woo Woo かけぬける 僕は Planet  Woo Woo ニューオリンズ リバプール Woo Woo キングストン シンガポール Woo Woo ヴェノスアイレス ナイロビ Woo Woo かけぬける 僕は Planet
Pleasure Pleasure夢ならいらないと 言ってる訳じゃない 今が豊かなだけだよ ありがとうね いつもそばに 居てくれ ずっとさ  ルートはいくつでも チョイスはいくらでも 楽にはなれないけれど 運命なんて書き替えて ゆけるはず hey!  Pleasure Pleasure お互いに かえがたき季節越えた Pleasure Pleasure 笑っていよう 朗らかに肩を並べ  目が合ったなら このフレーズで  光差し込むのが時代の狭間なら 嘘も罪さえもない ただ粛々と営み続け チャンスは巡るよ  今なら掴めるさ どっしり構えてさ 答えは手の内にある いつだってHAPPY すぐそこに きっとある  Pleasure Pleasure 歓びは 引き寄せてパワー貰う Pleasure Pleasure 現実は 満ち足りて今が一番  目が合ったなら このフレーズで  今なら掴めるさ どっしり構えてさ 答えは手の内にある いつだってHAPPY すぐそこにあるさ 慌てず行こうよ  夢ならいらないと 言ってる訳じゃない 今が豊かなだけだよ ありがとうね ずっとそばに 君が居る沢田研二GRACE白井良明夢ならいらないと 言ってる訳じゃない 今が豊かなだけだよ ありがとうね いつもそばに 居てくれ ずっとさ  ルートはいくつでも チョイスはいくらでも 楽にはなれないけれど 運命なんて書き替えて ゆけるはず hey!  Pleasure Pleasure お互いに かえがたき季節越えた Pleasure Pleasure 笑っていよう 朗らかに肩を並べ  目が合ったなら このフレーズで  光差し込むのが時代の狭間なら 嘘も罪さえもない ただ粛々と営み続け チャンスは巡るよ  今なら掴めるさ どっしり構えてさ 答えは手の内にある いつだってHAPPY すぐそこに きっとある  Pleasure Pleasure 歓びは 引き寄せてパワー貰う Pleasure Pleasure 現実は 満ち足りて今が一番  目が合ったなら このフレーズで  今なら掴めるさ どっしり構えてさ 答えは手の内にある いつだってHAPPY すぐそこにあるさ 慌てず行こうよ  夢ならいらないと 言ってる訳じゃない 今が豊かなだけだよ ありがとうね ずっとそばに 君が居る
ベンチャー・サーフ流行りすたる 時代変わる 世代感じる 利益にらむ 明日にらむ 企(くわだ)てる  リサーチ済み プレゼン済み 企画山積み ノルかソルか イチかバチか 限界か?  使い捨てのカタログみたい スタイルだけボードにのる 情報のサーファーだ  まるで時流の波間かきわけ 手に手を取り けおとしあう ヒトトキのサーファーだ  ライバルなし シグナル無視 もうサバイバル 限定好き ギャンブル好き プレミアム  モバイル持ち ブランド持ち 話す横文字 ソフトハード インターネット ドットコム  使い捨てのカタログみたい スタイルだけボードにのる 情報のサーファーだ  スピード出す 脇目ふらず 負債気にせず 融資狙う 勇気嘲笑(わら)う でも迷う  まるで時流の波間かきわけ せめぎあって ゆらぎにのる ヒトトキのサーファーだ沢田研二GRACE井上堯之流行りすたる 時代変わる 世代感じる 利益にらむ 明日にらむ 企(くわだ)てる  リサーチ済み プレゼン済み 企画山積み ノルかソルか イチかバチか 限界か?  使い捨てのカタログみたい スタイルだけボードにのる 情報のサーファーだ  まるで時流の波間かきわけ 手に手を取り けおとしあう ヒトトキのサーファーだ  ライバルなし シグナル無視 もうサバイバル 限定好き ギャンブル好き プレミアム  モバイル持ち ブランド持ち 話す横文字 ソフトハード インターネット ドットコム  使い捨てのカタログみたい スタイルだけボードにのる 情報のサーファーだ  スピード出す 脇目ふらず 負債気にせず 融資狙う 勇気嘲笑(わら)う でも迷う  まるで時流の波間かきわけ せめぎあって ゆらぎにのる ヒトトキのサーファーだ
ホームページLOVE君が誰かと 抱き合って笑ってる 窓を見上げた 影が見下ろした 僕の他にも 怪しげな奴がいる しょうがないけど 傷ついてるけど  壊れはじめた夜に 紡ぎ築いた妄想  僕が見つけた 青ざめた顔の女 僕を見つけて 思いとどまり泣いた 『君の希望に 僕はなれないだろうか』 思い切って言う 真っ直ぐに  覚え切れない君で 繋ぎ合わせた迷想  こんな 楽しみなら 罪などない ジャないですか 希望 ないよ僕の恋 こんな ツライ未来 消せやしない ジャないですか みんな ホームページlove LOVE  僕は創った いる筈もない男 思い通りさ 存在以外に 君は僕だけ いじめていればいいさ ねじれた世界 孤独の戯れ  凍りつくよな事実 混乱だけの結末  こんな 味気なさは 耐えられない ジャないですか 乱暴 ばかり僕の恋 こんな ヤバイ趣味 悪気がある ジャないですか みんな ホームページlove LOVE  こんな 感情から 麻痺していく ジャないですか 細胞 立てない僕の恋 こんな ホームページlove ホームページlove ホームページlove みんな ホームページlove LOVE沢田研二沢田研二吉田光君が誰かと 抱き合って笑ってる 窓を見上げた 影が見下ろした 僕の他にも 怪しげな奴がいる しょうがないけど 傷ついてるけど  壊れはじめた夜に 紡ぎ築いた妄想  僕が見つけた 青ざめた顔の女 僕を見つけて 思いとどまり泣いた 『君の希望に 僕はなれないだろうか』 思い切って言う 真っ直ぐに  覚え切れない君で 繋ぎ合わせた迷想  こんな 楽しみなら 罪などない ジャないですか 希望 ないよ僕の恋 こんな ツライ未来 消せやしない ジャないですか みんな ホームページlove LOVE  僕は創った いる筈もない男 思い通りさ 存在以外に 君は僕だけ いじめていればいいさ ねじれた世界 孤独の戯れ  凍りつくよな事実 混乱だけの結末  こんな 味気なさは 耐えられない ジャないですか 乱暴 ばかり僕の恋 こんな ヤバイ趣味 悪気がある ジャないですか みんな ホームページlove LOVE  こんな 感情から 麻痺していく ジャないですか 細胞 立てない僕の恋 こんな ホームページlove ホームページlove ホームページlove みんな ホームページlove LOVE
僕がせめぎあう冷蔵庫の隙間から 青く漏れる光と 止まない 電話のコール  昨夜(ゆうべ) 指先に真珠 蜜の溶けた手触り 記憶が早送りする  君を逃げ出す僕と 君を欲しがる僕と 僕の中じゃどちらも 傷い真実  誘ってくれ 誘わないでくれ あとずさり 近づく 薔薇は闇の迷路 呆れてくれ 呆れないでくれ 忘れ去れるほどに 僕は強くなくて  ぶちまけた缶のビール ガラス窓を横切る 耳鳴り 加速する夜  追うものと追われるもの 捕まれたパスワード たどれば この部屋に着く  君を振り切る僕と 君に触れたい僕と からだごと心ごと せめぎあうのさ  見つめてくれ 見つめないでくれ ときめきに縛られ 動けなくなるから 忘れてくれ 忘れないでくれ あきらめ切れるなら 心は叫ばない  見つめてくれ 見つめないでくれ ときめきに縛られ 動けなくなるから 忘れてくれ 忘れないでくれ あきらめ切れるなら 心は叫ばない沢田研二覚和歌子吉田光冷蔵庫の隙間から 青く漏れる光と 止まない 電話のコール  昨夜(ゆうべ) 指先に真珠 蜜の溶けた手触り 記憶が早送りする  君を逃げ出す僕と 君を欲しがる僕と 僕の中じゃどちらも 傷い真実  誘ってくれ 誘わないでくれ あとずさり 近づく 薔薇は闇の迷路 呆れてくれ 呆れないでくれ 忘れ去れるほどに 僕は強くなくて  ぶちまけた缶のビール ガラス窓を横切る 耳鳴り 加速する夜  追うものと追われるもの 捕まれたパスワード たどれば この部屋に着く  君を振り切る僕と 君に触れたい僕と からだごと心ごと せめぎあうのさ  見つめてくれ 見つめないでくれ ときめきに縛られ 動けなくなるから 忘れてくれ 忘れないでくれ あきらめ切れるなら 心は叫ばない  見つめてくれ 見つめないでくれ ときめきに縛られ 動けなくなるから 忘れてくれ 忘れないでくれ あきらめ切れるなら 心は叫ばない
僕は歌うよあなたが僕に夢を見てくれるから 僕は夢に生きられる  時代を超えて 見守るあなたがいた だから今も夢の中  儚い命だとしても あなたと違う世界を生きても  愛の歌 歌おう それぞれの人生が 心ひとつになるなら 同じ夢を見よう  愛の歌 歌おう 青空の彼方へと続く 未来に夢を見て 僕は歌うよ あなたのために  あなたが僕の背を押してくれるから 僕は夢に羽ばたける  時代の影に 重なる人の涙 翼折れて夢忘れ  見果てぬ夢に憧れて 孤独な夜に傷つき泣いても  愛の歌 歌おう それぞれの人生が 心強くなれるなら 永久の夢を見よう  愛の歌 歌おう 悲しみも消えてゆく すべて癒す夢の中で 僕は歌うよ あなたのために  Uuuu-n沢田研二安珠GRACEあなたが僕に夢を見てくれるから 僕は夢に生きられる  時代を超えて 見守るあなたがいた だから今も夢の中  儚い命だとしても あなたと違う世界を生きても  愛の歌 歌おう それぞれの人生が 心ひとつになるなら 同じ夢を見よう  愛の歌 歌おう 青空の彼方へと続く 未来に夢を見て 僕は歌うよ あなたのために  あなたが僕の背を押してくれるから 僕は夢に羽ばたける  時代の影に 重なる人の涙 翼折れて夢忘れ  見果てぬ夢に憧れて 孤独な夜に傷つき泣いても  愛の歌 歌おう それぞれの人生が 心強くなれるなら 永久の夢を見よう  愛の歌 歌おう 悲しみも消えてゆく すべて癒す夢の中で 僕は歌うよ あなたのために  Uuuu-n
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
僕は泣く受話器を置いた沈黙を 雨の音が埋めていく 窓越しに夜の 街を見つめている  君の声を漂って あの夏に迷い込んでた 引き潮の海が風を運んだとき(somewhere) ふと気づいた(nowhere) ここにいる 君のいないこの部屋に  不思議な気がしてるんだ ふたり (forever love you forever love me) 分かれた理由を 今の僕はもう 何ひとつ 見つけられない  まぶしい陽差しに揺れてた 君の微笑み広がる 僕は泣く(somewhere) 僕は泣く(nowhere) 戻らない 夏の日の一言に  不思議な気がしてるんだ ふたり (forever love you forever love me) 分かれた理由を 今の僕はもう 何ひとつ 見つけられない  夕陽の砂に揺れていた 君のしぐさが広がる 僕は泣く(somewhere) 僕は泣く(nowhere) 戻らない 夏の日の一言に 僕は泣く 僕は泣く 僕は泣く 戻らない 一言に沢田研二尾上文鶴久政治受話器を置いた沈黙を 雨の音が埋めていく 窓越しに夜の 街を見つめている  君の声を漂って あの夏に迷い込んでた 引き潮の海が風を運んだとき(somewhere) ふと気づいた(nowhere) ここにいる 君のいないこの部屋に  不思議な気がしてるんだ ふたり (forever love you forever love me) 分かれた理由を 今の僕はもう 何ひとつ 見つけられない  まぶしい陽差しに揺れてた 君の微笑み広がる 僕は泣く(somewhere) 僕は泣く(nowhere) 戻らない 夏の日の一言に  不思議な気がしてるんだ ふたり (forever love you forever love me) 分かれた理由を 今の僕はもう 何ひとつ 見つけられない  夕陽の砂に揺れていた 君のしぐさが広がる 僕は泣く(somewhere) 僕は泣く(nowhere) 戻らない 夏の日の一言に 僕は泣く 僕は泣く 僕は泣く 戻らない 一言に
凡庸がいいな便利な世の中で逆に大慌て 情報は迷子 大難を小難 循環疲労沸騰点 マルチ回路にウイルス 張り切りすぎるな 爆裂しちゃうから  騙されないで 欺かないで 凡庸がいいな What Say 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸  軟らか好みで味覚も恍惚だ 頑丈は偉い 小難は無難 喜怒哀楽は短兵急 ノルマ不足のワクチン 知識がなにする 風邪なんか追っ払え  騙されないで 欺かないで 凡庸がいいな What Say 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸  痺れた時には食う寝る泣く黙る 甘く誘うカーマ 囁くドラッグ 起死回生の静かな脱出劇 自分を褒めない 楽にやりましょうよ  騙されないで 欺かないで 騙されないで 欺かないで 騙されないで 欺かないで 凡庸がいいな What Say 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸沢田研二沢田研二白井良明便利な世の中で逆に大慌て 情報は迷子 大難を小難 循環疲労沸騰点 マルチ回路にウイルス 張り切りすぎるな 爆裂しちゃうから  騙されないで 欺かないで 凡庸がいいな What Say 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸  軟らか好みで味覚も恍惚だ 頑丈は偉い 小難は無難 喜怒哀楽は短兵急 ノルマ不足のワクチン 知識がなにする 風邪なんか追っ払え  騙されないで 欺かないで 凡庸がいいな What Say 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸  痺れた時には食う寝る泣く黙る 甘く誘うカーマ 囁くドラッグ 起死回生の静かな脱出劇 自分を褒めない 楽にやりましょうよ  騙されないで 欺かないで 騙されないで 欺かないで 騙されないで 欺かないで 凡庸がいいな What Say 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸 凡庸
ポラロイドGIRL色が浮かびあがる 一瞬 誘惑のリプレイ 君の気まぐれ Over exposure (過露出) チャンスは一度だけ Woow Wow ポラロイドGirl  モザイクの微笑み すずしげ 0.1秒で 胸はやけどさ 次のシーン スルリと誰の手に Woow Wow ポラロイドGirl  Darling Darling 君はなんにも知らない唇 Darling Darling Common Darling 子供のまま深入りしている Darling Darling キスの向こうは大変な未来 大人びたポーズだけ ままで  逃げ出しておいで 今 逃げ出しておいで ほら うかれっぱなしの 奴をおいて Woow Wow ポラロイドGirl  写されたまま 反対に ズームを手にしてる 君の目あては コメディー・ショット ピエロの泣き笑い Woow Wow ポラロイドGirl  Darling Darling 君はとってもあぶない口元 Darling Darling Common Darling 知らないまま ファインダーのぞいて Darling Darling 夢のポーズで純情なセリフ 傷ついた空気だけ ままで  とびだしておいで 部屋 とびだしておいで ほら こわれっぱなしの 奴をおいて Woow Wow ポラロイドGirl  Darling Darling 君はなんにも知らない唇 Darling Darling Common Darling 子供のまま深入りしている Darling Darling キスの向こうは大変な未来 大人びたポーズだけ ままで  とびだしておいで 部屋 とびだしておいで ほら こわれっぱなしの 奴をおいて Woow Wow ポラロイドGirl沢田研二サエキけんぞう奥居香色が浮かびあがる 一瞬 誘惑のリプレイ 君の気まぐれ Over exposure (過露出) チャンスは一度だけ Woow Wow ポラロイドGirl  モザイクの微笑み すずしげ 0.1秒で 胸はやけどさ 次のシーン スルリと誰の手に Woow Wow ポラロイドGirl  Darling Darling 君はなんにも知らない唇 Darling Darling Common Darling 子供のまま深入りしている Darling Darling キスの向こうは大変な未来 大人びたポーズだけ ままで  逃げ出しておいで 今 逃げ出しておいで ほら うかれっぱなしの 奴をおいて Woow Wow ポラロイドGirl  写されたまま 反対に ズームを手にしてる 君の目あては コメディー・ショット ピエロの泣き笑い Woow Wow ポラロイドGirl  Darling Darling 君はとってもあぶない口元 Darling Darling Common Darling 知らないまま ファインダーのぞいて Darling Darling 夢のポーズで純情なセリフ 傷ついた空気だけ ままで  とびだしておいで 部屋 とびだしておいで ほら こわれっぱなしの 奴をおいて Woow Wow ポラロイドGirl  Darling Darling 君はなんにも知らない唇 Darling Darling Common Darling 子供のまま深入りしている Darling Darling キスの向こうは大変な未来 大人びたポーズだけ ままで  とびだしておいで 部屋 とびだしておいで ほら こわれっぱなしの 奴をおいて Woow Wow ポラロイドGirl
マイ・ラブマイ・ラブ 誰も 誰も こわせない ふたりだけの 世界を 初めて 信じられた 愛をみつけたから マイ・ラブ 二度と 二度と 離さない ふたりだけの しあわせ 初めて この胸に 光をくれたから マイ・ラブ さびしい時に 分けあうのさ ふたりだけの くちづけ沢田研二安井かずみ村井邦彦マイ・ラブ 誰も 誰も こわせない ふたりだけの 世界を 初めて 信じられた 愛をみつけたから マイ・ラブ 二度と 二度と 離さない ふたりだけの しあわせ 初めて この胸に 光をくれたから マイ・ラブ さびしい時に 分けあうのさ ふたりだけの くちづけ
マッサラずっとずっとで一緒だね 此処まで来りゃ感動サ 微笑みは 覚悟だよね Wow Wow Wow Wow  知らず知らず変わったね 今日も純粋マッサラさ 寡黙ほど解る  僕想い 君想い きっと気付かぬ間に 時を咀嚼した  AH! 鳩が飛ぶ 歓喜に鳩が飛び立つ 君なしに在りえない 平和な日を 貪る 快楽 戒めることさえ AH! Mmm 在りえない  冴えに冴える蒼い空 今日も颯爽マッサラさ 憂鬱なら自在だよね Wow Wow Wow Wow  耐えに耐えてる不況風 立ち直れりゃ御祝儀サ 占いは吉さ  君努力 僕努力 きっといつか結実 愛を疎通する  AH! 虹が立つ 涙に虹が架かるよ 君なしに在りえない 河を渡る 決断 悲しみ 乗り超えることなど AH! Mmm 在りえない  AH! 鳩が飛ぶ 歓喜に鳩が飛び立つ 君なしに在りえない 河を渡る 決断 悲しみ 乗り超えることなど AH! Mmm 在りえない沢田研二沢田研二西平彰ずっとずっとで一緒だね 此処まで来りゃ感動サ 微笑みは 覚悟だよね Wow Wow Wow Wow  知らず知らず変わったね 今日も純粋マッサラさ 寡黙ほど解る  僕想い 君想い きっと気付かぬ間に 時を咀嚼した  AH! 鳩が飛ぶ 歓喜に鳩が飛び立つ 君なしに在りえない 平和な日を 貪る 快楽 戒めることさえ AH! Mmm 在りえない  冴えに冴える蒼い空 今日も颯爽マッサラさ 憂鬱なら自在だよね Wow Wow Wow Wow  耐えに耐えてる不況風 立ち直れりゃ御祝儀サ 占いは吉さ  君努力 僕努力 きっといつか結実 愛を疎通する  AH! 虹が立つ 涙に虹が架かるよ 君なしに在りえない 河を渡る 決断 悲しみ 乗り超えることなど AH! Mmm 在りえない  AH! 鳩が飛ぶ 歓喜に鳩が飛び立つ 君なしに在りえない 河を渡る 決断 悲しみ 乗り超えることなど AH! Mmm 在りえない
真夏・白昼夢そんな 震えた声して どうした 怒っている君 可愛ゆい ここは真夏のビーチ みんなが僕たち 注目 がんがん太陽 芋洗ってる 泳げない混浴  とても 透き通る声で かすかに ハミングする君 ご機嫌 そこは初秋のビーチ コバルトの季節 追憶 ずきずき夕焼け 傷なだめてる 危険だね沈黙 熟れ時だ  夏 秋 冬 春はとても遠い この冬を越せたらば君も もう 夏 秋 冬 春はめぐり来るぞ じっくりと君をゲットだぜ 真夏 真夏・白昼夢  かなり しわがれた声で 辛そう 微笑んでる君 心配 多分真冬のビーチ とんびがくるりと 芸術 どんどん焚き火だ エコロジーだめ 温めた純情  甘く 切れ切れ溜息 悩まし 徘徊する君 おかしい きっと早春のビーチ 桜も見迷う 満開 づかづか暁 眠い目をして お喋りな春雷 散り時だ  春 夏 秋 冬はあっという間 この春に許してよ君は どう 春 夏 秋 冬くぐり抜けるぞ 約束さ君をゲットだぜ 真夏 真夏・白昼夢沢田研二沢田研二白井良明そんな 震えた声して どうした 怒っている君 可愛ゆい ここは真夏のビーチ みんなが僕たち 注目 がんがん太陽 芋洗ってる 泳げない混浴  とても 透き通る声で かすかに ハミングする君 ご機嫌 そこは初秋のビーチ コバルトの季節 追憶 ずきずき夕焼け 傷なだめてる 危険だね沈黙 熟れ時だ  夏 秋 冬 春はとても遠い この冬を越せたらば君も もう 夏 秋 冬 春はめぐり来るぞ じっくりと君をゲットだぜ 真夏 真夏・白昼夢  かなり しわがれた声で 辛そう 微笑んでる君 心配 多分真冬のビーチ とんびがくるりと 芸術 どんどん焚き火だ エコロジーだめ 温めた純情  甘く 切れ切れ溜息 悩まし 徘徊する君 おかしい きっと早春のビーチ 桜も見迷う 満開 づかづか暁 眠い目をして お喋りな春雷 散り時だ  春 夏 秋 冬はあっという間 この春に許してよ君は どう 春 夏 秋 冬くぐり抜けるぞ 約束さ君をゲットだぜ 真夏 真夏・白昼夢
ママ……ママ…… ぼくの膝(ひざ)に残るあとは 何の時の傷なのでしょう 一度もママはそれについて 話をしてくれない 何故なのでしょう  ママ……  もしかしたらぼくは過去に 重い罪を背負ったのでは 誰かに傷をおわせたのか 不幸にしてしまった きっとそうでしょう  何故かしら そんな風に思われる 夢見た苦しさに似ている 幼い時にこのぼくは あゝ 何をしたの 何を  肌寒い午後にはいつも思う シクシク痛む傷を ウイスキー片手に持って 遠い日の景色を思い出して いるのです  ママ……  何かきっと深いわけが この傷にはあるのでしょう 一度もママはそれについて 話をしてくれずに 死んで行った  ママ……  ただのけがといったけれど ただのけがが今になって どうして心の中までも いためつけるのでしょう 暗い絵のように  しあわせを思う時に苦しめる まだ償(つぐな)わない罪がある 幼い時にこのぼくは あゝ 何をしたの 何を  この先も重たい荷物背負い 木枯しの道を歩く サングラス グレイに染まり 目の前の景色を見つめながら いるのです  なつかしいママを呼び 出来ることならばたずねたい 幼い時にこのぼくは あゝ 何をしたの 何を  この先も重たい荷物背負い 木枯しの道を歩く サングラス グレイに染まり 目の前の景色を見つめながら いるのです沢田研二阿久悠大野克夫ママ…… ぼくの膝(ひざ)に残るあとは 何の時の傷なのでしょう 一度もママはそれについて 話をしてくれない 何故なのでしょう  ママ……  もしかしたらぼくは過去に 重い罪を背負ったのでは 誰かに傷をおわせたのか 不幸にしてしまった きっとそうでしょう  何故かしら そんな風に思われる 夢見た苦しさに似ている 幼い時にこのぼくは あゝ 何をしたの 何を  肌寒い午後にはいつも思う シクシク痛む傷を ウイスキー片手に持って 遠い日の景色を思い出して いるのです  ママ……  何かきっと深いわけが この傷にはあるのでしょう 一度もママはそれについて 話をしてくれずに 死んで行った  ママ……  ただのけがといったけれど ただのけがが今になって どうして心の中までも いためつけるのでしょう 暗い絵のように  しあわせを思う時に苦しめる まだ償(つぐな)わない罪がある 幼い時にこのぼくは あゝ 何をしたの 何を  この先も重たい荷物背負い 木枯しの道を歩く サングラス グレイに染まり 目の前の景色を見つめながら いるのです  なつかしいママを呼び 出来ることならばたずねたい 幼い時にこのぼくは あゝ 何をしたの 何を  この先も重たい荷物背負い 木枯しの道を歩く サングラス グレイに染まり 目の前の景色を見つめながら いるのです
マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!情事は非常時 勲章は致命傷 アテがはずれても 運命が救うさ  隣の芝生は 勝手に萌えてろ ちがうハートは 比べられない La bella vita 僕には自慢の君がいる  そうさ 食べること(マジャーレ) 歌うこと(カンターレ) 愛すること(アモーレ) それで全部 食べ尽くしたいよ 歌い尽くしたい 愛し尽くしたい 君のこと (La bella, bella vita)  欠けたグラスでも シャンパンはイケルさ 崖っぷち立ってても 生きてれば上等  お祭りさわぎに 手本はないけど すべてのハートに パラダイスがある La bella vita 僕には女神の君がいる  そうさ 食べること(マジャーレ) 歌うこと(カンターレ) 愛すること(アモーレ) それで全部 食べ尽くしてない 歌い尽くしてない 愛し尽くしてない まだこれじゃ (La bella, bella vita)  そうさ 食べること(マジャーレ) 歌うこと(カンターレ) 愛すること(アモーレ) それで全部 食べ尽くしたいよ 歌い尽くしたい 愛し尽くしたい 君のこと (La bella, vita)  そうさ 食べること(マジャーレ) 歌うこと(カンターレ) 愛すること(アモーレ) それで全部 食べ尽くしてない 歌い尽くしてない 愛し尽くしてない これからさ (La bella, bella vita)沢田研二覚和歌子八島順一情事は非常時 勲章は致命傷 アテがはずれても 運命が救うさ  隣の芝生は 勝手に萌えてろ ちがうハートは 比べられない La bella vita 僕には自慢の君がいる  そうさ 食べること(マジャーレ) 歌うこと(カンターレ) 愛すること(アモーレ) それで全部 食べ尽くしたいよ 歌い尽くしたい 愛し尽くしたい 君のこと (La bella, bella vita)  欠けたグラスでも シャンパンはイケルさ 崖っぷち立ってても 生きてれば上等  お祭りさわぎに 手本はないけど すべてのハートに パラダイスがある La bella vita 僕には女神の君がいる  そうさ 食べること(マジャーレ) 歌うこと(カンターレ) 愛すること(アモーレ) それで全部 食べ尽くしてない 歌い尽くしてない 愛し尽くしてない まだこれじゃ (La bella, bella vita)  そうさ 食べること(マジャーレ) 歌うこと(カンターレ) 愛すること(アモーレ) それで全部 食べ尽くしたいよ 歌い尽くしたい 愛し尽くしたい 君のこと (La bella, vita)  そうさ 食べること(マジャーレ) 歌うこと(カンターレ) 愛すること(アモーレ) それで全部 食べ尽くしてない 歌い尽くしてない 愛し尽くしてない これからさ (La bella, bella vita)
ミスキャスト正確に言ってやろうか 思いきり言ってやろうか あれはミスキャスト、ミスキャスト 悲しいだけのミスキャスト ひどい話のミスキャスト  奴の前歯のすきまから秘めたセリフまでがもれてくる 奴の涙は流れすぎでセンチメンタリズムまでぬれる 笑い顔にやすらぎもないので まごころのまん中で計画された嘘をつく 奴の特技は右手で愛してるとラブレターを書き 奴は同時に左手でギャラの札たばをかぞえられる 母親はスタジオで毎日 サイン帳に俳優の名前をねだる  正確に言ってやろうか 何回も言ってやろうか あれはミスキャスト、ミスキャスト 悲しいだけのミスキャスト 信じられないミスキャスト  奴は鼻まで貧しく女優達のニオイアレルギー 奴は自宅の電話のべルの音を聞こえなくしてる ロマンスの言葉ひとつ知らずに 若い頃の体験をみんなのまえでさらけだす 奴は人間の心理など読み切れるとうぬぼれているが 奴の心の動きは食事中の時にだけゆれる 友達を暗闇でねぶみして 自分だけの幸せに女を使う  正確に言ってやろうか 最後まで言ってやろうか あれは ミスキャスト、ミスキャスト 悲しいだけのミスキャスト 恐い話のミスキャスト沢田研二井上陽水井上陽水正確に言ってやろうか 思いきり言ってやろうか あれはミスキャスト、ミスキャスト 悲しいだけのミスキャスト ひどい話のミスキャスト  奴の前歯のすきまから秘めたセリフまでがもれてくる 奴の涙は流れすぎでセンチメンタリズムまでぬれる 笑い顔にやすらぎもないので まごころのまん中で計画された嘘をつく 奴の特技は右手で愛してるとラブレターを書き 奴は同時に左手でギャラの札たばをかぞえられる 母親はスタジオで毎日 サイン帳に俳優の名前をねだる  正確に言ってやろうか 何回も言ってやろうか あれはミスキャスト、ミスキャスト 悲しいだけのミスキャスト 信じられないミスキャスト  奴は鼻まで貧しく女優達のニオイアレルギー 奴は自宅の電話のべルの音を聞こえなくしてる ロマンスの言葉ひとつ知らずに 若い頃の体験をみんなのまえでさらけだす 奴は人間の心理など読み切れるとうぬぼれているが 奴の心の動きは食事中の時にだけゆれる 友達を暗闇でねぶみして 自分だけの幸せに女を使う  正確に言ってやろうか 最後まで言ってやろうか あれは ミスキャスト、ミスキャスト 悲しいだけのミスキャスト 恐い話のミスキャスト
魅せられた夜(MAIS DANS LA LUMIERE)濡れた夜に抱かれて あなたの体は 月の光の中で 熱く燃える  あゝ あなたはその涙を 拭おうともしないで 言い続ける 愛している ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム あゝ あなたがいる限り ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム もう離さない 金色に輝く夜に 落ちてゆくよ  ガラスの夜を映す あなたの瞳は 愛のしずくをためて 見つめている  あゝ あなたは今 この世の優しさの すべてで 言い続ける 愛している ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム あゝ あなたがいる限り ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム もう離さない 光の海へと さまよう さまよう沢田研二J. Renard・訳詩:安井かずみJ. Renard濡れた夜に抱かれて あなたの体は 月の光の中で 熱く燃える  あゝ あなたはその涙を 拭おうともしないで 言い続ける 愛している ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム あゝ あなたがいる限り ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム もう離さない 金色に輝く夜に 落ちてゆくよ  ガラスの夜を映す あなたの瞳は 愛のしずくをためて 見つめている  あゝ あなたは今 この世の優しさの すべてで 言い続ける 愛している ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム あゝ あなたがいる限り ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム ジュ・テーム もう離さない 光の海へと さまよう さまよう
未知の友へ誰かがきいててくれるのだろうか? 僕の心の話をこの願いを 誰かがわかってくれるのだろうか? 時には希望が消えはて泣きたい夜を 人はやさしくほほえみ通りすぎてゆくけれど 風は見てても知らぬふりするだけ 誰かがわかってくれるのだろうか? 小さな夢でも僕には命かけたもの  誰かがわかってくれるのだろうか? 小さな夢でも僕には命かけたもの 人はいつでも手をとり慰めてくれるけれど 風は涙をとばしてくれるけど 誰かが聞いててくれるのだろうか? 言葉にならない君への愛の誓いを沢田研二安井かずみ村井邦彦誰かがきいててくれるのだろうか? 僕の心の話をこの願いを 誰かがわかってくれるのだろうか? 時には希望が消えはて泣きたい夜を 人はやさしくほほえみ通りすぎてゆくけれど 風は見てても知らぬふりするだけ 誰かがわかってくれるのだろうか? 小さな夢でも僕には命かけたもの  誰かがわかってくれるのだろうか? 小さな夢でも僕には命かけたもの 人はいつでも手をとり慰めてくれるけれど 風は涙をとばしてくれるけど 誰かが聞いててくれるのだろうか? 言葉にならない君への愛の誓いを
蜜月何処へ出かけるにも 最初は少し照れたけど 楽なんだよ 手もつなぐよ 喧嘩もしてるけど 優しくもなれた気がするよ 笑っちゃうよ 見つめてなきゃ  WOW!WOW!WOW! 枯れ木に WOW!WOW!WOW! 花よ咲け WOW!WOW!WOW! 最後の WOW!WOW!WOW! 恋してる  シビレパターンで揺れていりゃ いつか芽生えるいたわり うまいムードはにやけてりゃ 痒いところがムズムズ  WOW!WOW!WOW! 花よ咲け 血が騒ぐ 蜜月 WOW!WOW!WOW! 花よ咲け 血が騒ぐ 蜜月  誰に何言わりょうと 結局まったく動じない 変なんだよ シカトなのよ 悩みもあるけれど 幸せになれる気がするよ 信じなきゃね 分けあってね  WOW!WOW!WOW! 砂漠に WOW!WOW!WOW! 雨よ降れ WOW!WOW!WOW! 最高の WOW!WOW!WOW! 恋してる  テストパターンな会話すりゃ たまたまはもる冗談 まずいムードも誘われりゃ 痛いところがチクチク  WOW!WOW!WOW! 雨よ降れ 胸躍る 蜜月 WOW!WOW!WOW! 雨よ降れ 胸躍る 蜜月沢田研二沢田研二白井良明何処へ出かけるにも 最初は少し照れたけど 楽なんだよ 手もつなぐよ 喧嘩もしてるけど 優しくもなれた気がするよ 笑っちゃうよ 見つめてなきゃ  WOW!WOW!WOW! 枯れ木に WOW!WOW!WOW! 花よ咲け WOW!WOW!WOW! 最後の WOW!WOW!WOW! 恋してる  シビレパターンで揺れていりゃ いつか芽生えるいたわり うまいムードはにやけてりゃ 痒いところがムズムズ  WOW!WOW!WOW! 花よ咲け 血が騒ぐ 蜜月 WOW!WOW!WOW! 花よ咲け 血が騒ぐ 蜜月  誰に何言わりょうと 結局まったく動じない 変なんだよ シカトなのよ 悩みもあるけれど 幸せになれる気がするよ 信じなきゃね 分けあってね  WOW!WOW!WOW! 砂漠に WOW!WOW!WOW! 雨よ降れ WOW!WOW!WOW! 最高の WOW!WOW!WOW! 恋してる  テストパターンな会話すりゃ たまたまはもる冗談 まずいムードも誘われりゃ 痛いところがチクチク  WOW!WOW!WOW! 雨よ降れ 胸躍る 蜜月 WOW!WOW!WOW! 雨よ降れ 胸躍る 蜜月
MITSUKOめざめたら サテンのシーツ 柔らかに くぼんでいる 置き手紙がわり 残してる香り 消えていくよ MITSUKO 毛布から指だけ出して 想い出を数えていた 悲しい笑顔で 唇をかさね 泣いていたね MITSUKO NON……おまえを好きになればよかった NON……いっしょに不幸になればよかった 枯葉だけが MITSUKO 窓をたたくよ MITSUKO  花束も 言葉もあげず 蜜の味だけを吸った 冷たい季節を あたためさせてた やさしかった MITSUKO  NON……あたためかえして やればよかった NON……いっしょに 不幸に なればよかった NON……逢えなくなる日がくるより先に NON……ほんとの名前を聞けばよかった  肌の移り香さえも 消えていくよ MITSUKO 朝も明けるよ MITSUKO 朝も明けるよ MITSUKO沢田研二糸井重里加瀬邦彦めざめたら サテンのシーツ 柔らかに くぼんでいる 置き手紙がわり 残してる香り 消えていくよ MITSUKO 毛布から指だけ出して 想い出を数えていた 悲しい笑顔で 唇をかさね 泣いていたね MITSUKO NON……おまえを好きになればよかった NON……いっしょに不幸になればよかった 枯葉だけが MITSUKO 窓をたたくよ MITSUKO  花束も 言葉もあげず 蜜の味だけを吸った 冷たい季節を あたためさせてた やさしかった MITSUKO  NON……あたためかえして やればよかった NON……いっしょに 不幸に なればよかった NON……逢えなくなる日がくるより先に NON……ほんとの名前を聞けばよかった  肌の移り香さえも 消えていくよ MITSUKO 朝も明けるよ MITSUKO 朝も明けるよ MITSUKO
緑色のkiss kiss kiss美しい地球だから護りたいんだよ 横浜の角で平和を祈るよ ややこしいことなんか ないんだけれどね POLITICSでなく ひたすら祈るよ  黙した声を集めて 挫けぬ力集めて あらゆる知恵を集めて 高く空へ飛ばそう  横浜の空から 緑色の風を 緑色の風の kiss kiss kissを悲しみの世界へ届けたい  宇宙への夢よりも地球への愛を―だ 横浜の角で平和を願うよ  埋めた涙集めて 消せない後悔集めて すべての痛み集めて 遥か海へ流そう  横浜の空から 緑色の風を 緑色の風の kiss kiss kissを悲しみの世界へ届けたい  希望の未来描いて 逃げない愛をかかえて 新たな許し信じて 遠く空へ放とう  横浜の空から 緑色の風を 緑色の風の kiss kiss kissを悲しみの世界へ 横浜の空から 緑色の風を 緑色の風の kiss kiss kissを悲しみの世界へ届けたい沢田研二沢田研二泰輝美しい地球だから護りたいんだよ 横浜の角で平和を祈るよ ややこしいことなんか ないんだけれどね POLITICSでなく ひたすら祈るよ  黙した声を集めて 挫けぬ力集めて あらゆる知恵を集めて 高く空へ飛ばそう  横浜の空から 緑色の風を 緑色の風の kiss kiss kissを悲しみの世界へ届けたい  宇宙への夢よりも地球への愛を―だ 横浜の角で平和を願うよ  埋めた涙集めて 消せない後悔集めて すべての痛み集めて 遥か海へ流そう  横浜の空から 緑色の風を 緑色の風の kiss kiss kissを悲しみの世界へ届けたい  希望の未来描いて 逃げない愛をかかえて 新たな許し信じて 遠く空へ放とう  横浜の空から 緑色の風を 緑色の風の kiss kiss kissを悲しみの世界へ 横浜の空から 緑色の風を 緑色の風の kiss kiss kissを悲しみの世界へ届けたい
ミネラル・ランチまた君きれいになった 陽の光連れてきて テーブルに座った瞬間(とき) 僕には眩し過ぎたよ  軽い食事をしよう 緑の香りがする ミネラルのグラスがきて 透き通る夢の中へ  風が君の腕に そして僕も君の腕にくっついて じっともたれていたい 午後のまどろみの泡にうとうとと 何もしたくない 何もしたくない  廻りを歩いてゆく 人が見ていたっていい 君に甘えているときが これが本当の僕だろう  もしも僕が深い 眠りにこのまま落ちても 行かないで 君が口をつけた その甘い水を飲んだだけなのに 力が抜けてゆく 情けないほど  風が君の腕に そして僕も君の腕にくっついて じっともたれていたい 午後のまどろみの泡にうとうとと 何もしたくない 何もしたくない沢田研二朝水彼方藤井尚之また君きれいになった 陽の光連れてきて テーブルに座った瞬間(とき) 僕には眩し過ぎたよ  軽い食事をしよう 緑の香りがする ミネラルのグラスがきて 透き通る夢の中へ  風が君の腕に そして僕も君の腕にくっついて じっともたれていたい 午後のまどろみの泡にうとうとと 何もしたくない 何もしたくない  廻りを歩いてゆく 人が見ていたっていい 君に甘えているときが これが本当の僕だろう  もしも僕が深い 眠りにこのまま落ちても 行かないで 君が口をつけた その甘い水を飲んだだけなのに 力が抜けてゆく 情けないほど  風が君の腕に そして僕も君の腕にくっついて じっともたれていたい 午後のまどろみの泡にうとうとと 何もしたくない 何もしたくない
ミュータント都会の夜にうごめいて 女を求める男たち その赤い血にとりついた アア アア…ミュータント  愛すべき女たちよ 吸われているのさ その魔力で 吸われているのさ 夢のように  どんなに愛を探しても 体を重ねる夜ばかり ただひたすらにしがみつく アア アア…ミュータント  あどけない女たちよ 吸われているのさ その魔力で 吸われているのさ 蜜のように  月夜の晩にいつの日か 男を抜け出るミュータント ああその時は 真実に アア アア…愛される  気づかない女たちよ 吸われているのさ その魔力で 吸われているのさ 赤い口で沢田研二門谷憲二後藤次利都会の夜にうごめいて 女を求める男たち その赤い血にとりついた アア アア…ミュータント  愛すべき女たちよ 吸われているのさ その魔力で 吸われているのさ 夢のように  どんなに愛を探しても 体を重ねる夜ばかり ただひたすらにしがみつく アア アア…ミュータント  あどけない女たちよ 吸われているのさ その魔力で 吸われているのさ 蜜のように  月夜の晩にいつの日か 男を抜け出るミュータント ああその時は 真実に アア アア…愛される  気づかない女たちよ 吸われているのさ その魔力で 吸われているのさ 赤い口で
むくわれない水曜日バスタブに頭をつっ込んで 鳴り続くcallをのがれてる 溜息ひとつのユウウツで 愛してるなんてまったくどうかしてる 夢見てる年頃だとしても 君の夢をかなえられるのは 俺じゃないのさ  街角でGood Night さよならを言った 気づかずにGood Luck 君がより添えば むくわれない on Wednesday Night  別れた男の悪口を 一晩かけて電話で話す マニュアル通りのステロタイフ 背のびした恋のお相手はもうやめた 愛した夜はほんととしても 永遠を約束できるのは 俺じゃないのさ  はじめから Get Right 気づいてたことさ たたずんで Get Back 君を見送った 夜風の中  街角で Good Night さよならを言った ふり向いて Good Luck 君が泣きだせば むくわれない on Wednesday Night沢田研二尾上文大羽義光バスタブに頭をつっ込んで 鳴り続くcallをのがれてる 溜息ひとつのユウウツで 愛してるなんてまったくどうかしてる 夢見てる年頃だとしても 君の夢をかなえられるのは 俺じゃないのさ  街角でGood Night さよならを言った 気づかずにGood Luck 君がより添えば むくわれない on Wednesday Night  別れた男の悪口を 一晩かけて電話で話す マニュアル通りのステロタイフ 背のびした恋のお相手はもうやめた 愛した夜はほんととしても 永遠を約束できるのは 俺じゃないのさ  はじめから Get Right 気づいてたことさ たたずんで Get Back 君を見送った 夜風の中  街角で Good Night さよならを言った ふり向いて Good Luck 君が泣きだせば むくわれない on Wednesday Night
無邪気な酔っぱらい無邪気な酔っぱらい いい訳ないじゃない 信じらんない あらゆる時の 緊張解きほぐす どこがすごい妙薬 健康のこと きちんとしてね 毎日飲るんでしょう カア しがらみに カア くぢけた倫理 やめて 酔狂 憎い たまらない やっぱ手に余る  健気な酔っぱらい 寝る訳ないじゃない やってらんない 絶好調は 限度を越えたから かなりやばい 最低 環境のこと 思いやってね 今日から優しくね カア ぶっ千切り カア ある晴れた日に 翔んで いいね ぎくり 隅もいい 相当来てるよね  カア 恐れ多い カア 知らない同志 責めて 耐えて 恥を 塗らないで おととい話すから 責めて 耐えて 恥を 塗らないで おととい話すから沢田研二沢田研二吉田光無邪気な酔っぱらい いい訳ないじゃない 信じらんない あらゆる時の 緊張解きほぐす どこがすごい妙薬 健康のこと きちんとしてね 毎日飲るんでしょう カア しがらみに カア くぢけた倫理 やめて 酔狂 憎い たまらない やっぱ手に余る  健気な酔っぱらい 寝る訳ないじゃない やってらんない 絶好調は 限度を越えたから かなりやばい 最低 環境のこと 思いやってね 今日から優しくね カア ぶっ千切り カア ある晴れた日に 翔んで いいね ぎくり 隅もいい 相当来てるよね  カア 恐れ多い カア 知らない同志 責めて 耐えて 恥を 塗らないで おととい話すから 責めて 耐えて 恥を 塗らないで おととい話すから
胸いっぱいの悲しみこれでもう 逢えないと あなたの瞳に こらえた 涙をみた時 僕には 何も出来なくて  聞けば又 辛くなる 今更ひとりで あの頃 流行った歌には あなたの 楽しい思い出  短い夏の恋に 悲しむ あなたが 今とても 気にかかる 新しい倖せ 祈るよ  落ち葉舞う 秋風に わかる はずもない ギターを 弾く手を 休めて あなたの 面影 しのべば  思い切り 抱きよせて 行くなと あの時 言えずに たたずむ 扉の 向こうに 悲しい別れが  短い夏の恋に 悲しむ あなたが 今とても 気にかかる 新しい倖せ 祈るよ沢田研二安井かずみ加瀬邦彦これでもう 逢えないと あなたの瞳に こらえた 涙をみた時 僕には 何も出来なくて  聞けば又 辛くなる 今更ひとりで あの頃 流行った歌には あなたの 楽しい思い出  短い夏の恋に 悲しむ あなたが 今とても 気にかかる 新しい倖せ 祈るよ  落ち葉舞う 秋風に わかる はずもない ギターを 弾く手を 休めて あなたの 面影 しのべば  思い切り 抱きよせて 行くなと あの時 言えずに たたずむ 扉の 向こうに 悲しい別れが  短い夏の恋に 悲しむ あなたが 今とても 気にかかる 新しい倖せ 祈るよ
MENOPAUSE最近元気じゃない 怒りっぽいんじゃない 汗っぽい感じ違うかな 集中出来ないじゃない 疲れたまるじゃない 困った手立て無いのかな うれしいこと見つけて 笑うこと見つけて ビタミン満たしてベストを尽くそうよ ちゃんと向きあいましょ きっと乗り越えるよ 時間かけようメノポーズ hey!hey!hey! ぎゅっと抱きしめ合おう そうね楽しめない 惨め ため息を吐こう  気分晴れないんだ 記憶少しだめなんだ むなしい風が吹くんだな 限界悟ってくる 不安さいなまれる マジに眠り浅いかな 少しスポーツしよう何処か出かけてみよう ワインも縋ろうベスト目指しアハハン ちゃんと向き合いましょ やっぱ逃げ出したい マネーもかけようメノポーズ hey!hey!hey! もっと励まし合おう ずっとそばにいてね ふたり ため息をつこう  うれしいこと見つけて 笑うこと見つけて ホルモンガッツだ ベストを尽くそうよ ちゃんと向きあいましょ きっと乗り越えるよ マネーもかけようメノポーズ hey!hey!hey! もっと励まし合おう ずっとそばにいてね ふたり ため息をつこう ちゃんと向きあいましょ きっと乗り越えるよ 時間かけようメノポーズ hey!hey!hey! ぎゅっと抱きしめ合おう きっと乗り越えるよ 一緒に ため息を吐こう沢田研二沢田研二伊豆田洋之最近元気じゃない 怒りっぽいんじゃない 汗っぽい感じ違うかな 集中出来ないじゃない 疲れたまるじゃない 困った手立て無いのかな うれしいこと見つけて 笑うこと見つけて ビタミン満たしてベストを尽くそうよ ちゃんと向きあいましょ きっと乗り越えるよ 時間かけようメノポーズ hey!hey!hey! ぎゅっと抱きしめ合おう そうね楽しめない 惨め ため息を吐こう  気分晴れないんだ 記憶少しだめなんだ むなしい風が吹くんだな 限界悟ってくる 不安さいなまれる マジに眠り浅いかな 少しスポーツしよう何処か出かけてみよう ワインも縋ろうベスト目指しアハハン ちゃんと向き合いましょ やっぱ逃げ出したい マネーもかけようメノポーズ hey!hey!hey! もっと励まし合おう ずっとそばにいてね ふたり ため息をつこう  うれしいこと見つけて 笑うこと見つけて ホルモンガッツだ ベストを尽くそうよ ちゃんと向きあいましょ きっと乗り越えるよ マネーもかけようメノポーズ hey!hey!hey! もっと励まし合おう ずっとそばにいてね ふたり ため息をつこう ちゃんと向きあいましょ きっと乗り越えるよ 時間かけようメノポーズ hey!hey!hey! ぎゅっと抱きしめ合おう きっと乗り越えるよ 一緒に ため息を吐こう
猛毒の蜜乾いたネオン光る 夜と朝 消えた街 国籍の無いオンナ 餓えた眼差し  快楽のビート ヤバイ ポーズきめて 治外法権だ ここに踏み込んだら  一体ドコカラキテ ナニヲ モトメテイル? ハマリそうな予感 胸のサイレンが響く  自分を売り払っても 悦楽を買う少女 バーチャルじゃないスリル 甘美に香る  猥雑が騒ぐ 生け贄のリズムで 一触即発 ここに踏み込んだら  一体ドコカラキテ ナニヲ モトメテイル? ハマリそうな予感 2度と戻れそうもない  快楽のビート ヤバイ ポーズきめて 治外法権だ ここに住み込んだら  一体ドコカラキテ ナニヲ モトメテイル? ハマリそうな予感 胸のサイレン  一体ドコカラキテ ナニヲ モトメテイル? ハマリそうな予感 胸のサイレンが響く  秘めた欲望放つ 底なしの罠 きれぎれの意識さえ 猛毒の蜜  秘めた欲望放つ 底なしの罠 きれぎれの意識さえ 猛毒の蜜沢田研二GRACE山下尚輝乾いたネオン光る 夜と朝 消えた街 国籍の無いオンナ 餓えた眼差し  快楽のビート ヤバイ ポーズきめて 治外法権だ ここに踏み込んだら  一体ドコカラキテ ナニヲ モトメテイル? ハマリそうな予感 胸のサイレンが響く  自分を売り払っても 悦楽を買う少女 バーチャルじゃないスリル 甘美に香る  猥雑が騒ぐ 生け贄のリズムで 一触即発 ここに踏み込んだら  一体ドコカラキテ ナニヲ モトメテイル? ハマリそうな予感 2度と戻れそうもない  快楽のビート ヤバイ ポーズきめて 治外法権だ ここに住み込んだら  一体ドコカラキテ ナニヲ モトメテイル? ハマリそうな予感 胸のサイレン  一体ドコカラキテ ナニヲ モトメテイル? ハマリそうな予感 胸のサイレンが響く  秘めた欲望放つ 底なしの罠 きれぎれの意識さえ 猛毒の蜜  秘めた欲望放つ 底なしの罠 きれぎれの意識さえ 猛毒の蜜
ヤマトより愛をこめてGOLD LYLICその人のやさしさが 花にまさるなら その人の美しさが 星にまさるなら  君は手をひろげて守るがいい からだを投げ出す値打ちがある ひとりひとりが思うことは 愛するひとのためだけでいい 君に話すことがあるとしたら 今はそれだけかもしれない  今はさらばといわせないでくれ 今はさらばといわせないでくれ  いつの日か唇に 歌がよみがえり いつの日か人の胸に 愛がよみがえり  君は手をひろげて抱くがいい たしかに愛した証(あか)しがある 遠い明日を思うことは 愛するひとのためだけでいい 君に話すことがあるとしたら 今はそれだけかもしれない  今はさらばといわせないでくれ 今はさらばといわせないでくれ  今はさらばといわせないでくれ 今はさらばといわせないでくれGOLD LYLIC沢田研二阿久悠大野克夫その人のやさしさが 花にまさるなら その人の美しさが 星にまさるなら  君は手をひろげて守るがいい からだを投げ出す値打ちがある ひとりひとりが思うことは 愛するひとのためだけでいい 君に話すことがあるとしたら 今はそれだけかもしれない  今はさらばといわせないでくれ 今はさらばといわせないでくれ  いつの日か唇に 歌がよみがえり いつの日か人の胸に 愛がよみがえり  君は手をひろげて抱くがいい たしかに愛した証(あか)しがある 遠い明日を思うことは 愛するひとのためだけでいい 君に話すことがあるとしたら 今はそれだけかもしれない  今はさらばといわせないでくれ 今はさらばといわせないでくれ  今はさらばといわせないでくれ 今はさらばといわせないでくれ
夢を語れる相手がいればざわめきのあとの静かさがきらいで にぎやかな祭に背を向けて来た 孤独が好きなわけじゃない 今より孤独になりたくないだけさ  三年前から深酒はやめにした その朝悲しい女の顔を見たから だけど今夜は君と出会えて 久々に飲もうかと思っているよ  夢を語れる相手がいれば 男の心はほぐれるものさ ム…… ム……  抱きしめただけの名も知らぬ女でも しあわせにしたいと思ってしまう そいつはとても重たくて うぬぼれだけでは出来ないことなのさ  女がきらいな男などいるものか 生身の俺には迷惑過ぎる話さ そうさこうして君に向って あれこれ話すのも愛したからさ  夢を語れる相手がいれば 男の心はほぐれるものさ 夢を語れる相手がいれば 男の心はほぐれるものさ ム…… ム……沢田研二阿久悠大野克夫ざわめきのあとの静かさがきらいで にぎやかな祭に背を向けて来た 孤独が好きなわけじゃない 今より孤独になりたくないだけさ  三年前から深酒はやめにした その朝悲しい女の顔を見たから だけど今夜は君と出会えて 久々に飲もうかと思っているよ  夢を語れる相手がいれば 男の心はほぐれるものさ ム…… ム……  抱きしめただけの名も知らぬ女でも しあわせにしたいと思ってしまう そいつはとても重たくて うぬぼれだけでは出来ないことなのさ  女がきらいな男などいるものか 生身の俺には迷惑過ぎる話さ そうさこうして君に向って あれこれ話すのも愛したからさ  夢を語れる相手がいれば 男の心はほぐれるものさ 夢を語れる相手がいれば 男の心はほぐれるものさ ム…… ム……
許されない愛忘れられないけど 忘れようあなたを めぐり逢う時が 二人遅すぎた 愛の炎は消し 暗い絶望だけ 胸に抱きしめて 僕は生きてゆく  だけどもしも ここにあなたが いたなら駆け寄り すぐに抱くだろ あなたを連れ去り 逃げて行きたい  忘れられないけど 忘れようあなたを 誰も許さない 愛のさだめなら 帰るところのある あなたなら遠くで 僕は幸せを ひとり祈るだけ  だけど命 かけた愛なら 今すぐあなたの もとへ戻って どこかに奪って 逃げて行きたい沢田研二山上路夫加瀬邦彦忘れられないけど 忘れようあなたを めぐり逢う時が 二人遅すぎた 愛の炎は消し 暗い絶望だけ 胸に抱きしめて 僕は生きてゆく  だけどもしも ここにあなたが いたなら駆け寄り すぐに抱くだろ あなたを連れ去り 逃げて行きたい  忘れられないけど 忘れようあなたを 誰も許さない 愛のさだめなら 帰るところのある あなたなら遠くで 僕は幸せを ひとり祈るだけ  だけど命 かけた愛なら 今すぐあなたの もとへ戻って どこかに奪って 逃げて行きたい
ラジカル ヒストリーサボテン 最後に投げつけ これで 痛み分け今日も キモチいい汗かいた  時とトコロ 選ばすに 火種 見つけ出すふたり ドラマな恋を 越えてきて 犬も食わないわけだ  愛 愛じゃなきゃ 何なのさ 愛 スタイルは 何だっていい きっと ほかの誰にも わからない  タメが きかないハートは キズとkissが 同じ数 ささやかな夢 悪い夢 巡り合わせは ビンゴ  ふたり 夜毎に新しく 続け ラジカル ヒストリー  愛 愛じゃなきゃ 何だっての 愛 出会いから 運の尽き なぜか 甘い生活(くらし)と ひとは呼ぶ  愛 愛じゃなきゃ 何なのさ 愛 スタイルは 何だっていい そうさ 二人にだって わからない沢田研二覚和歌子吉田光サボテン 最後に投げつけ これで 痛み分け今日も キモチいい汗かいた  時とトコロ 選ばすに 火種 見つけ出すふたり ドラマな恋を 越えてきて 犬も食わないわけだ  愛 愛じゃなきゃ 何なのさ 愛 スタイルは 何だっていい きっと ほかの誰にも わからない  タメが きかないハートは キズとkissが 同じ数 ささやかな夢 悪い夢 巡り合わせは ビンゴ  ふたり 夜毎に新しく 続け ラジカル ヒストリー  愛 愛じゃなきゃ 何だっての 愛 出会いから 運の尽き なぜか 甘い生活(くらし)と ひとは呼ぶ  愛 愛じゃなきゃ 何なのさ 愛 スタイルは 何だっていい そうさ 二人にだって わからない
LOVE ~抱きしめたい~GOLD LYLIC抱きしめたい 抱きしめたい 抱きしめたい 抱きしめたい  皮のコートを 袖も通さず 風に吹かれ 出て行くあのひとを 色あせた絵のような 黄昏がつつみ ヒールの音だけ コツコツ響く あなたは帰る家がある やさしくつつむ人がいる 指輪はずして愛し合う いけない女と呼ばせたくない  秋に枯葉が 冬に風花 つらく悲しく 舞い踊る さよなら さよなら さよなら さよなら  抱きしめたい 抱きしめたい 抱きしめたい 抱きしめたい  ぼくは今夜 少しばかりの 酒をのんで 眠ればいいけど 灰色の冬の街 駆けぬけたひとの 心はどうして あたためるのか あなたは帰る家がある やさしくつつむ人がいる 顔をかくして生きてゆく 不幸な女と呼ばせたくない  街にみぞれが 人に涙が 暗くさびしく凍らせる さよなら さよなら さよなら さよなら  街にみぞれが 人に涙が 暗くさびしく凍らせる さよなら さよなら さよなら さよならGOLD LYLIC沢田研二阿久悠大野克夫抱きしめたい 抱きしめたい 抱きしめたい 抱きしめたい  皮のコートを 袖も通さず 風に吹かれ 出て行くあのひとを 色あせた絵のような 黄昏がつつみ ヒールの音だけ コツコツ響く あなたは帰る家がある やさしくつつむ人がいる 指輪はずして愛し合う いけない女と呼ばせたくない  秋に枯葉が 冬に風花 つらく悲しく 舞い踊る さよなら さよなら さよなら さよなら  抱きしめたい 抱きしめたい 抱きしめたい 抱きしめたい  ぼくは今夜 少しばかりの 酒をのんで 眠ればいいけど 灰色の冬の街 駆けぬけたひとの 心はどうして あたためるのか あなたは帰る家がある やさしくつつむ人がいる 顔をかくして生きてゆく 不幸な女と呼ばせたくない  街にみぞれが 人に涙が 暗くさびしく凍らせる さよなら さよなら さよなら さよなら  街にみぞれが 人に涙が 暗くさびしく凍らせる さよなら さよなら さよなら さよなら
ラヴ・ラヴ・ラヴ時はあまりにも はやく過ぎゆく 喜びも悲しみも すべてつかのま  時はあまりにも はやく過ぎゆく ただひとつ変わらない愛の世界  ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛ある限り ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛こそすべて  時はあまりにも はやく過ぎゆく ただひとつ変わらない愛の世界  ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛ある限り ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛こそすべて  ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛ある限り ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛こそすべて……沢田研二安井かずみ村井邦彦時はあまりにも はやく過ぎゆく 喜びも悲しみも すべてつかのま  時はあまりにも はやく過ぎゆく ただひとつ変わらない愛の世界  ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛ある限り ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛こそすべて  時はあまりにも はやく過ぎゆく ただひとつ変わらない愛の世界  ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛ある限り ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛こそすべて  ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛ある限り ラヴ・ラヴ・ラヴ 愛こそすべて……
ラム酒入りのオレンジオレンジみたいなひとと思って 唇ふれてみたら めまいがしそうなラムの匂いに 心を奪われたよ あどけない顔は 誘い水だよ 中味は大人さ 知らぬまに 深い川に溺れる 思いに誘われる 可愛いしぐさが罠と 気づいて 逃げても手遅れだよ なまめくあの娘の腕に 抱かれて どうでもよくなってる 天国へ行って みたいけれど どうやら地獄さ こうなれば もっと 堕ちてみたいよ あの娘を道づれに (あゝ男と女) こういうものさ (あゝ男と女) だましてだまされ (あゝ男と女) 表と裏の (あゝ男と女) 二つの顔だよ  目がさめた時は いつも二人で ベッドの中だよ この胸にそっと 唇ふれ いい夢みたなんて おさない娘のように はじらい まぶたを伏せたりする 芝居とわかっていても やっぱり 可愛く思えて来る 天国へ行って みたいけれど どうやら地獄さ こうなれば もっと 堕ちてみたいよ あの娘を道づれに (あゝ男と女) こういうものさ (あゝ男と女) だましてだまされ (あゝ男と女) 表と裏の (あゝ男と女) 二つの顔だよ沢田研二阿久悠大野克夫オレンジみたいなひとと思って 唇ふれてみたら めまいがしそうなラムの匂いに 心を奪われたよ あどけない顔は 誘い水だよ 中味は大人さ 知らぬまに 深い川に溺れる 思いに誘われる 可愛いしぐさが罠と 気づいて 逃げても手遅れだよ なまめくあの娘の腕に 抱かれて どうでもよくなってる 天国へ行って みたいけれど どうやら地獄さ こうなれば もっと 堕ちてみたいよ あの娘を道づれに (あゝ男と女) こういうものさ (あゝ男と女) だましてだまされ (あゝ男と女) 表と裏の (あゝ男と女) 二つの顔だよ  目がさめた時は いつも二人で ベッドの中だよ この胸にそっと 唇ふれ いい夢みたなんて おさない娘のように はじらい まぶたを伏せたりする 芝居とわかっていても やっぱり 可愛く思えて来る 天国へ行って みたいけれど どうやら地獄さ こうなれば もっと 堕ちてみたいよ あの娘を道づれに (あゝ男と女) こういうものさ (あゝ男と女) だましてだまされ (あゝ男と女) 表と裏の (あゝ男と女) 二つの顔だよ
リアリズムカモフラの雑踏 あまりに若すぎる街 見上げると ぽっかり空に穴があいてる  喧騒スラロームして ペダルを強く踏み込めば 風に追い付く  アラレもないリアリズム ウラハラなポーズはフェイク 今に賭けるリアリズム (so real emotion) マギレもないリアリズム キレイゴト連ねフェイク 今を駆けるリアリズム (that's true emotion)  その胸にこの手を 当てて心澄ませば ノイジーに響くビートが君の現実  欲望かわし背を向け サドルにもう一度ライド 風を追い越す アラレもないリアリズム ウラハラなポーズはフェイク 今に賭けるリアリズム (so real emotion) マギレもないリアリズム キレイゴト連ねフェイク 今を駆けるリアリズム (that's true emotion) da da da da da........沢田研二GRACE下山淳カモフラの雑踏 あまりに若すぎる街 見上げると ぽっかり空に穴があいてる  喧騒スラロームして ペダルを強く踏み込めば 風に追い付く  アラレもないリアリズム ウラハラなポーズはフェイク 今に賭けるリアリズム (so real emotion) マギレもないリアリズム キレイゴト連ねフェイク 今を駆けるリアリズム (that's true emotion)  その胸にこの手を 当てて心澄ませば ノイジーに響くビートが君の現実  欲望かわし背を向け サドルにもう一度ライド 風を追い越す アラレもないリアリズム ウラハラなポーズはフェイク 今に賭けるリアリズム (so real emotion) マギレもないリアリズム キレイゴト連ねフェイク 今を駆けるリアリズム (that's true emotion) da da da da da........
ルナAh 月のしかけた幻さ ひきあう力に流されて 誘ったつぶやき誘われた微笑 見えない未来と戯れてみただけ まぶしすぎる街並も何もかも 夢にさらわれてく  Ah 君の体が波打つと 静かな欲望に包まれる とぎれたささやき重ね合う吐息 消えない過去さえ消しさってしまう まぶしすぎる指先も何もかも 夢にさらわれてく  誘ったつぶやきさそわれた微笑 2つの鼓動がひとつに高鳴る もうどこにも戻れない永遠の 夢にさらわれてく沢田研二尾上文徳永英明Ah 月のしかけた幻さ ひきあう力に流されて 誘ったつぶやき誘われた微笑 見えない未来と戯れてみただけ まぶしすぎる街並も何もかも 夢にさらわれてく  Ah 君の体が波打つと 静かな欲望に包まれる とぎれたささやき重ね合う吐息 消えない過去さえ消しさってしまう まぶしすぎる指先も何もかも 夢にさらわれてく  誘ったつぶやきさそわれた微笑 2つの鼓動がひとつに高鳴る もうどこにも戻れない永遠の 夢にさらわれてく
麗人結婚という言葉はタブーにしよう 小さなジェラシーも束縛も ありふれたしあわせの未来図も あなたの前でわ忘れよう 気ままな夢をひろげる自由を あなたの腕から奪っちゃいけない 唇が乾いたらワインでぬらし 退屈な指先はピアノを叩く  恋はもともとそういうもの 炎の中の綱渡り 心ばかりか身体までも堕ちて行く あれもタブーこれもタブー たったひとつ愛するだけ  永遠の約束などタブーにしよう ドラマのなりゆきも結末も ささやかなやすらぎを求めたら あなたはどこかへ行くだろう 昨日の夢を忘れる自由を あなたの胸から奪っちゃいけない 音楽が聴こえない抱擁ならば 華やかな幕切れにした方がいい  恋はもともとそういうもの 炎の中の綱渡り 心ばかりか身体までも堕ちて行く あれもタブーこれもタブー たったひとつ愛するだけ  恋はもともとそういうもの 炎の中の綱渡り 心ばかりか身体までも堕ちて行く あれもタブーこれもタブー たったひとつ愛するだけ沢田研二阿久悠沢田研二結婚という言葉はタブーにしよう 小さなジェラシーも束縛も ありふれたしあわせの未来図も あなたの前でわ忘れよう 気ままな夢をひろげる自由を あなたの腕から奪っちゃいけない 唇が乾いたらワインでぬらし 退屈な指先はピアノを叩く  恋はもともとそういうもの 炎の中の綱渡り 心ばかりか身体までも堕ちて行く あれもタブーこれもタブー たったひとつ愛するだけ  永遠の約束などタブーにしよう ドラマのなりゆきも結末も ささやかなやすらぎを求めたら あなたはどこかへ行くだろう 昨日の夢を忘れる自由を あなたの胸から奪っちゃいけない 音楽が聴こえない抱擁ならば 華やかな幕切れにした方がいい  恋はもともとそういうもの 炎の中の綱渡り 心ばかりか身体までも堕ちて行く あれもタブーこれもタブー たったひとつ愛するだけ  恋はもともとそういうもの 炎の中の綱渡り 心ばかりか身体までも堕ちて行く あれもタブーこれもタブー たったひとつ愛するだけ
6番目のユ・ウ・ウ・ツ泣きたい時には いつも 聖母(マドンナ)のほほえみで…ほら レースのハンカチーフ 僕に差し出すよ できすぎた恋人さ  僕のくちびるについた ルージュをぬぐわないで…くれ 誰もがあなたと 暮らす夢 見るけど… 一人で歩かせてくれ  愛があふれすぎているよ この部屋は暖かすぎる まるで…safety zone  毎日 僕 眠れない やるせない 毎日 僕 生きてない 愛せない あなたを抱いても だれかを抱いても ユ・ウ・ウ・ツだよ…  あなたには ガラスの靴が 僕には 氷の靴が…合う 果てしない夢を… 追いかけてゆきたい 今よりはきっとましさ  もっと 血を流してみたい 見知らぬナイフに 傷つけば そこは misty zone  毎日 僕 眠れない やるせない 毎日 僕 生きてない 愛せない あなたを抱いても だれかを抱いても ユ・ウ・ウ・ツだよ…  毎日 僕 眠れない やるせない 毎日 僕 生きてない 愛せない あなたを抱いても だれかを抱いても ユ・ウ・ウ・ツだよ…沢田研二三浦徳子西平彰泣きたい時には いつも 聖母(マドンナ)のほほえみで…ほら レースのハンカチーフ 僕に差し出すよ できすぎた恋人さ  僕のくちびるについた ルージュをぬぐわないで…くれ 誰もがあなたと 暮らす夢 見るけど… 一人で歩かせてくれ  愛があふれすぎているよ この部屋は暖かすぎる まるで…safety zone  毎日 僕 眠れない やるせない 毎日 僕 生きてない 愛せない あなたを抱いても だれかを抱いても ユ・ウ・ウ・ツだよ…  あなたには ガラスの靴が 僕には 氷の靴が…合う 果てしない夢を… 追いかけてゆきたい 今よりはきっとましさ  もっと 血を流してみたい 見知らぬナイフに 傷つけば そこは misty zone  毎日 僕 眠れない やるせない 毎日 僕 生きてない 愛せない あなたを抱いても だれかを抱いても ユ・ウ・ウ・ツだよ…  毎日 僕 眠れない やるせない 毎日 僕 生きてない 愛せない あなたを抱いても だれかを抱いても ユ・ウ・ウ・ツだよ…
ロンリーウルフ愚かな女は 時にはかわいい 愚かな男は ただ愚かだね 夜のベッドの 片隅に 背中を向けた 男と女 これで愛なら 抱くんじゃなかった まるで淋しさに  Kissしたみたいだ  ロンリー ロンリー ロンリー・ウルフ 闇に目ざめて 煙草を吸えば 男の影は ロンリー・ウルフ  夢みる女は いつでもきれいだ 夢みる男は なぜ汚れてる いつか言い出す さよならを 隠して眠る 男と女 これで夢なら 見るんじゃなかった まるで幸せと ひきかえたみたいだ ロンリー ロンリー ロンリー・ウルフ もっと無邪気に 微笑ってみせろ 出会った時の お前のように  ロンリー ロンリー ロンリー・ウルフ 闇に目ざめて 煙草を吸えば 男の影は ロンリー・ウルフ沢田研二喜多條忠大野克夫愚かな女は 時にはかわいい 愚かな男は ただ愚かだね 夜のベッドの 片隅に 背中を向けた 男と女 これで愛なら 抱くんじゃなかった まるで淋しさに  Kissしたみたいだ  ロンリー ロンリー ロンリー・ウルフ 闇に目ざめて 煙草を吸えば 男の影は ロンリー・ウルフ  夢みる女は いつでもきれいだ 夢みる男は なぜ汚れてる いつか言い出す さよならを 隠して眠る 男と女 これで夢なら 見るんじゃなかった まるで幸せと ひきかえたみたいだ ロンリー ロンリー ロンリー・ウルフ もっと無邪気に 微笑ってみせろ 出会った時の お前のように  ロンリー ロンリー ロンリー・ウルフ 闇に目ざめて 煙草を吸えば 男の影は ロンリー・ウルフ
渡り鳥、はぐれ鳥港町 おいら渡り鳥 口笛であのドアを叩く  おまえの望み通りに 冬になる前に帰ったと 鼻歌混じり 見慣れた階段登った…  Ah,Ah,Ah やり切れない やり切れない ドキュメント… あいつは何 あいつは誰 おまえを抱きしめ 港町 おいら渡り鳥 背中向け そのドアを閉めた  急な坂の上から見えた 昼下がり死んだような町 靴音が追いかけて来る オマエもバカだね Ah,Ah,Ah やり切れない やり切れない ドキュメント… おまえは何 おまえは誰 名前も知らない  港町 おいら渡り鳥 口笛でまたどこか 飛ぶさ  Ah,Ah,Ah やり切れない やり切れない ドキュメント… あいつは何 あいつは誰 おまえを抱きしめ 港町 おいら渡り鳥 背中向け そのドアを閉めた  港町 おいら渡り鳥 口笛でまたどこか 飛ぶさ沢田研二三浦徳子新田一郎港町 おいら渡り鳥 口笛であのドアを叩く  おまえの望み通りに 冬になる前に帰ったと 鼻歌混じり 見慣れた階段登った…  Ah,Ah,Ah やり切れない やり切れない ドキュメント… あいつは何 あいつは誰 おまえを抱きしめ 港町 おいら渡り鳥 背中向け そのドアを閉めた  急な坂の上から見えた 昼下がり死んだような町 靴音が追いかけて来る オマエもバカだね Ah,Ah,Ah やり切れない やり切れない ドキュメント… おまえは何 おまえは誰 名前も知らない  港町 おいら渡り鳥 口笛でまたどこか 飛ぶさ  Ah,Ah,Ah やり切れない やり切れない ドキュメント… あいつは何 あいつは誰 おまえを抱きしめ 港町 おいら渡り鳥 背中向け そのドアを閉めた  港町 おいら渡り鳥 口笛でまたどこか 飛ぶさ
笑う動物じゃれ合って向かい合って ケンカしてわかっていく日常は忙しい 妥協のポイント踏み外しながらいつも 照れ笑いしつつ愛を育むふたり そうさ僕らは笑う動物 笑う為に生きる動物  知り尽くす酸いも甘いも やりきれない時尚更笑わなきゃ始まらない ここから一番美しい季節だから ハッピー探そう いついつまでもふたり そうさ僕らは笑う動物 生きる為に笑う動物 そうさ僕らは笑う動物 生きる為に笑う動物  世の中に溢れている 疑問符や憂いは笑い忘れた産物さ しかめっ面より君の笑顔は 僕の拠り所になる だから笑える僕も そうさ僕らは笑う動物 生きる為に笑う動物 そうさ僕らは笑う動物 笑う為に生きる動物沢田研二GRACE白井良明じゃれ合って向かい合って ケンカしてわかっていく日常は忙しい 妥協のポイント踏み外しながらいつも 照れ笑いしつつ愛を育むふたり そうさ僕らは笑う動物 笑う為に生きる動物  知り尽くす酸いも甘いも やりきれない時尚更笑わなきゃ始まらない ここから一番美しい季節だから ハッピー探そう いついつまでもふたり そうさ僕らは笑う動物 生きる為に笑う動物 そうさ僕らは笑う動物 生きる為に笑う動物  世の中に溢れている 疑問符や憂いは笑い忘れた産物さ しかめっ面より君の笑顔は 僕の拠り所になる だから笑える僕も そうさ僕らは笑う動物 生きる為に笑う動物 そうさ僕らは笑う動物 笑う為に生きる動物
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. 風のゆくえ
  3. ウタカタララバイ
  4. 世界のつづき
  5. Ride on Time

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. Scream
  3. Beautiful
  4. Be Free
  5. ベルベットの詩

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照