糸井重里作詞の歌詞一覧リスト  135曲中 1-135曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
135曲中 1-135曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
TOKIO 新曲倖田來未 新曲倖田來未糸井重里加瀬邦彦空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突きぬけ 星になる 火を吹いて 闇を裂き スーパー・シティが舞いあがる  TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  海に浮んだ 光の泡だと おまえは言ってたね 見つめていると 死にそうだと くわえ煙草で涙おとした  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOは夜に飛ぶ  欲しいなら 何もかも その手にできるよ A to Z 夢を飼う 恋人に 奇跡をうみだす スーパー・シティ  TOKIO 哀しい男が吠える街 TOKIO TOKIOが星になる  霧にけむった不思議の街に あやしい胸さわぎ やすらぎ知らない遊園地が スイッチひとつでまっ赤に燃えあがる  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが空を飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが星になる
ゆうがたフレンド (USEFUL SONG)大滝詠一と鈴木慶一 (冗談ぢゃねーやーず)大滝詠一と鈴木慶一 (冗談ぢゃねーやーず)糸井重里大瀧詠一多羅尾伴内・井上鑑あの頃は 空の下 あひるガァガァ 公園で おれたちは 半ズボン ほこりまみれ どろまみれ 昼寝のおじいさん 休む乳母車 ともだちも 同じバカ その日その日 ただ笑ってた  鈍色(にびいろ)の 空の下 ハスの花さく 公園で 昼日中 待ち合わせ これから先 どうしよう 走る剣道部 さぼるライトバン ともだちも 金はない 池の周り ぐるぐる  いつも呼べば かならず来るよ 笑いながら 手を振って  落ちこむ中高年 ふくらむ女子高生 ともだちも あてもなく それなりには まじめに  いつも呼べば かならず来るよ 「だいじょうぶさ」と 胸はって 金はない~ 金はない~  「生まれてきたときゃ はだかじゃないか」 聞いたよな 言葉かけるよ 「今日のめしにありつけて 雨つゆしのげ オレの名前 呼べれば 上等じゃないか……」 「生まれてきたときゃ はだかじゃないか」 「オレたちは 他人じゃないか」 「はだかじゃないか」 ‥‥よくわからない  何ひとつ 取り柄ない 力もない 知恵もない ともだちが いてくれる 天国まで たぶん来てくれる  いつも呼べば かならず来るよ 笑いながら 駆けてくる 金はない~ 金はない~ おれがいる おれがいる
ゆうがたフレンド (USEFUL SONG)とんねるずとんねるず糸井重里大瀧詠一多羅尾伴内・井上鑑あの頃は 空の下 あひるガァガァ 公園で おれたちは 半ズボン ほこりまみれ どろまみれ 昼寝のおじいさん 休む乳母車 ともだちも 同じバカ その日その日 ただ笑ってた  鈍色(にびいろ)の 空の下 ハスの花さく 公園で 昼日中 待ち合わせ これから先 どうしよう 走る剣道部 さぼるライトバン ともだちも 金はない 池の周り ぐるぐる  いつも呼べば かならず来るよ 笑いながら 手を振って  落ちこむ中高年 ふくらむ女子高生 ともだちも あてもなく それなりには まじめに  いつも呼べば かならず来るよ 「だいじょうぶさ」と 胸はって 金はない~ 金はない~  「生まれてきたときゃ はだかじゃないか」 聞いたよな 言葉かけるよ 「今日のめしにありつけて 雨つゆしのげ オレの名前 呼べれば 上等じゃないか……」 「生まれてきたときゃ はだかじゃないか」 「オレたちは 他人じゃないか」 「はだかじゃないか」 ‥‥よくわからない  何ひとつ 取り柄ない 力もない 知恵もない ともだちが いてくれる 天国まで たぶん来てくれる  いつも呼べば かならず来るよ 笑いながら 駆けてくる 金はない~ 金はない~ おれがいる おれがいる
夜は朝に追われて木村拓哉木村拓哉糸井重里Davy Bergier井出泰彰暗い闇のなかにいた 風に乗って 獣の 遠吠えが 聞こえる 焚き火はもう消えかけて 星も見えない  だけど いつも こんなとき 東の空 見つめて 時間(とき)を 待つのさ 夜は揺れてる  ああ もう 夜はやがて消える そう 闇と… ああ もう 夜は朝に追われ そう 逃げる  そうさ 東の空をごらん 山の影が淡く 朝焼けに染まり 明日がはじまる  ああ もう なにも怖くないさ さぁ 歩こう ああ もう 夜はやがて帰る そう 朝だ  (Morning will come, Morning will come again)  もう ここに 朝がくる 光が射すよ もうすぐさ 朝が来る 光がやってくる
わたしがうまれる矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子小原礼・佐橋佳幸・林立夫・矢野顕子いま わたしがうまれる いま わたしがうまれる  いままでわたしは まっていた そだちながら まっていた  ひとりじゃなかった おかあさんといたし みんなが こっちをみていてくれた  こえと ひかりに みちびかれ まぶしいな あたらしいせかい  いま わたしがうまれる いま わたしがうまれる  いまからわたしは あいにいく よろこびに あいにいく  ひとりじゃないよね おかあさんもいるし みんなが わたしをみていてくれる  こえと ひかりに みちあふれ まっているよ あたらしいせかい せかい  いま わたしがうまれる いま わたしがうまれる
なにそれ(NANISORE?)矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子小原礼・佐橋佳幸・林立夫・矢野顕子なにそれ それ おいしそう わぁ なにそれ ちょっとくれる? なにそれ それ おもしろい ねぇ なにそれ はじめてみた!  なにそれ それ たのしそう うん なにそれ おはなしして なにそれ それ いいうたね ああ なにそれ うたわせて  なにそれ なになにそれ なにそれ なになにそれ  みたことないとか すっごくいいとか びっくりしたとか ちょっとくやしいとか そういうときには おもわず いうね なにそれ いいね なにそれ みせて  なにそれ それ かわいいね ふふ なにそれ それ かわいすぎる  なにそれ なになにそれ なにそれ なになにそれ。。。。
遠い星、光の旅。矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子おおぐま こぐま オリオン さそり てんびん おひつじ みずがめ ふたご 星の遠きを 頭の中に 無理やり入れて 目を閉じる あれはたしかに それ其処に在り それはたしかに 輝きて  ぴかり ぴかぴか ぴかぴかぴかり きらり きらきら きらきらきらり  シリウス ポラリス ミザール ミモザ メローペ リゲル ミラ スピカ 幾千億年 旅する光 生まれたままに 目の中に 星の遠きは 夢の外洋(そとうみ) ゆらゆら揺れる 闇の波  ぴかり ぴかぴか ぴかぴかぴかり きらり きらきら きらきらきらり
TOKIO亜沙亜沙糸井重里加瀬邦彦Yocke空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突き抜け 星になる 火を吹いて 闇を裂き スーパー・シティが舞いあがる TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  海に浮かんだ 光の泡だと おまえは言ってたね 見つめていると 死にそうだと くわえ煙草で涙おとした  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOは夜に飛ぶ  欲しいなら 何もかも その手にできるよ A to Z 夢を飼う 恋人に 奇跡をうみだす スーパー・シティ TOKIO 哀しい男が吠える街 TOKIO TOKIOが星になる  霧にけむった不思議の街に あやしい胸さわぎ やすらぎ知らない遊園地が スイッチひとつでまっ赤に燃えあがる  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが空を飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが空を飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが星になる…
愛を告げる小鳥矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子ふくらませた手のなかに 愛を告げる小鳥がいる こどものときから ずっと ずっと 飼ってる 愛を告げる 赤い鳥 いつか君に 見せたいな  小鳥 手をひらけば 小鳥 飛んでゆく まっすぐに まっすぐに きみのもとへ  さみしい夜の胸の奥に 夢を見させる小鳥がいる まるい目をして いつも いつも 歌ってる 空を見上げる 赤い鳥 いつか君に あずけたいな  小鳥 その日のこと 小鳥 待っている 大好きと 大好きと きみに歌う  小鳥 手をはなせば 小鳥 飛んでゆく よろこんで よろこんで きみのもとへ  小鳥 手をひらけば 小鳥 飛んでゆく まっすぐに まっすぐに きみのもとへ
あなたとわたし矢野顕子&前川清矢野顕子&前川清糸井重里矢野顕子矢野顕子あま雲 わた雲 ひつじ雲 いまごろ おぼえた 雲のなまえ あなたに すこしずつ 教わった  くま雲 いぬ雲 かえる雲 でたらめ だけれど 雲のかたち 夏空 秋の空 寒い空  このまま 遠くへ行きましょうか ひとりでも いっしょでも どっちでも げんきで いるなら どっちでも  あさがお たんぽぽ おみなえし 見かけて つぶやく 花のなまえ 忘れて おぼえて また忘れ  ジョンに ポールに ジョージ リンゴ 飽きずに 聴いてる ビートルズ わたしも ひとりで 流してる  いつかは 遠くへ行きましょうか クルマでも 電車でも 歩きでも おいやで なければ ふたりでも  おいやで なければ ふたりでも
初恋 Love in fall前川清前川清糸井重里酒井省吾若草恵初めての恋を 初恋といいます  いたたまれないほどに 会いたくて 触れたくてたまらなくて触れられなくて それが 少女のときではなくて 初めての恋は いまの あなたへの思いです 春に花咲くようにでもなく 夏草燃える青空の下でもなく 秋に 人生の秋に 初めての恋 冬に 凍てつくの 怖くて こころ 燃やすの  Love in fall Love in fall  秋に 人生の秋に 初めての恋  幸せと不幸せ 数えたら 幸せの多すぎる人生でした なのに 少女のわがままに似て 初めての恋が いまの あなたへの思いです 春に花散ることも知りつつ 夏の花火の短い閃光(ひかり)でもなく 秋に 風の立つ秋に 初めての恋 やがて 春芽吹く つぼみを 抱いて 待ちます  Love in fall Love in fall  秋に 人生の秋に 初めての恋 初めての恋
それは、ラララ。前川清前川清糸井重里酒井省吾酒井省吾愛しているとか 好きだとか 言われたことって あったっけ 遠い思い出 訪ねても いまさら あなたに 尋ねても 照れた笑顔が 見えるだけ ラララ ララララ ラララララ きっと別れる やつらだと ずっと 何度も 言われてた だけどかな だからかな いつも なんだか おもしろかった  横顔だけなら よく見てた 好きなことだけ してたよね やさしい言葉 いりません ほんとの やさしさ 知ってるし 長い時間を つきあった ラララ ララララ ラララララ どうせ続かぬ ふたりだと ずっと 何度も 言われてた だけどかな だからかな けんか してても にくめなかった  心配かけたし かけられた 憎らしかったよ あの背中 たまにつないだ 手もあった 憶えてないなら それでいい みんな忘れた ことにする ラララ ララララ ラララララ きっと別れる やつらだと ずっと 何度も 言われてた だけどかな だからかな いつもなんだか おもしろかった
野球が好きだ矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子矢野顕子びゅびゅんと投げる ストライク どどっと湧く 歓声 ぶぶんと振る バット ぎゅぎゅんと飛ぶ ボール ヒットか アウトか ホームラン?  どうなるかしらん スコアボード ウインクする ビール売り ぐるぐる回る ランナー ざざっとすべって 審判 アウトか セーフか どっちかな?  みんな信じてほしいのだけど 野球場には 野球場にはね ダイヤモンドが 埋まってる デイゲーム ナイトゲーム 勝ちゲーム ナイトゲーム デイゲーム ナイスゲーム ダイヤモンドが 輝くよ 野球を観にいこう 野球が好きだ  ベーブルースの 昔から みんな大好き ベースボール どの選手の ファンなの どっちのチームが ひいきなの 勝ち星 敗け星 どっきどき  みんな信じてほしいのだけど 野球場には 野球場にはね ダイヤモンドが 埋まってる デイゲーム ナイトゲーム 勝ちゲーム ナイトゲーム デイゲーム ナイスゲーム ダイヤモンドが 輝くよ 野球を観にいこう 野球が好きだ
夕焼けのなかに矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子矢野顕子街の西の方 空と雲が茜色に染まり おおきな夕焼けの中に あなたがみえた いつでも あえるような気がする ずいぶん遠い いつでも話ができるような  会えないよ さみしいよ 会えないよ さみしいよ 私はあなたが いまもとても好き 私はあなたが 私はあなたが いまもとても好き 好き  旅の途中で 無口な夜は少し寒くて 疲れた足音の中に あなたを聞いた いつでも あえるような気がしてる でもずいぶん遠い いつでも話ができるような  会いたいよ さみしいよ 会えないよ さみしいよ 私はあなたが いまもとても好き 私はあなたが 私はあなたが いまもとても好き  私はあなたが いまもとても好き 私はあなたが 私はあなたが いまもとても好き 好き
SUPER FOLK SONG RETURNED矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子矢野顕子恋に遠慮はいらないけれど 愛だフナだも 顔をだす まさるとみどりの 逃避行 ハッピーエンドにゃ あとがある 川の流れか カッパの流れ 時は経つもの 座るもの ロミオの頭に 光射し ふくよかマダムの ジュリエット  指おり数え ワンツースリーフォー なんと When I'm sixty four! 春夏秋冬 そして春 やさしいあなたを見つめてた  スミレ タンポポ カボチャに キュウリ 浮気 借金 世の情け 仲のいい日も なくもなく 一姫二太郎 三は猫 笑う門には 犬もいる 棒に当たれば キャンとなく キャンプファイアー 遊園地 海へ山へも おべんとう  友や先生 世を去ることも そりゃぁ When I'm sixty four! わたしに会えば わかります どこかに ぽちんと 赤い色  憶えているのは あの貯金箱 何度こわそうと したことか 牛と馬との 約束も 豚のクールな はなむけも 若い身空の 瞳の奥に いまも見えます 映画館 各駅停車の 行く先は ふたりたたずむ ダイニング  しわとしわとで 三十二 倍して When I'm sixty four! じぶんで言うのも へんだけど 今日はなんだかキレイです  何が何してなんとやら どこでどうしてどしたやら ここでふたりはどこへゆく 残り時間のどこまでも イマジネーション ふくらまし ハッピーエンドにしておくれ ハッピーエンドにしてください
NAGOOOOOYABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦Masaki Iehara愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  NAGOYA NAGOYAが俺らを抱いたまま NAGOYA NAGOYAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  NAGOYA 偉大な歴史が眠る街 NAGOYA NAGOYAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  NAGOYA お祭り男が吠える街 NAGOYA NAGOYAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  NAGOYA でらいい女が歌う街 NAGOYA NAGOYAで愛を知る NAGOYA NAGOYAが俺らを抱いたまま NAGOYA NAGOYAが空を飛ぶ  NAGOYA 偉大な歴史が眠る街 NAGOYA NAGOYAが愛を知る NAGOYA NAGOYAが俺らを抱いたまま NAGOYA NAGOYAが星になる
はんぶん岸谷香岸谷香糸井重里奥居香Sugarbeans電話をありがとう 耳がうれしい 目を閉じてからも 声が残ってた …でも あいたいよ ほんとは いますぐ  離れているときは なにかたりない うれしいこととか 見つけにくくなる …いま あいたいよ こころが やせちゃうよ  もしも すぐに ここに きてくれたら なにも言わず 抱いて そして 指や顔を なでまわして たぶん 泣いちゃう  あなたは わたしの おおきな はんぶん わたしは あなたの ちいさな はんぶん ともだちや 恋人じゃ たりない  きっと つぎの春も 夏も 秋も 冬がきても いっしょ だけど すぐに ここに きてほしいよ 胸が さむいよ  あなたは わたしの おおきな はんぶん わたしは あなたの ちいさな はんぶん あなたは わたしの やさしい はんぶん わたしは あなたの さみしい はんぶん 離れてちゃ いけない
TOKIOHARCOHARCO糸井重里加瀬邦彦空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突きぬけ 星になる 火を吹いて 闇を裂き スーパー・シティが舞いあがる  TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  海に浮んだ 光の泡だと おまえは言ってたね 見つめていると 死にそうだと くわえ煙草で涙おとした  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOは夜に飛ぶ  欲しいなら 何もかも その手にできるよ A to Z 夢を飼う 恋人に 奇跡をうみだす スーパー・シティ  TOKIO 哀しい男が吠える街 TOKIO TOKIOが星になる  霧にけむった不思議の街に あやしい胸さわぎ やすらぎ知らない遊園地が スイッチひとつでまっ赤に燃えあがる  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが空を飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが空を飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが星になる
お江戸 -O・EDO-カブキブロックスカブキブロックス糸井重里加瀬邦彦堤博明空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突きぬけ 星になる 火を吹いて 闇を裂き スーパー・シティーが舞い踊る O・EDO OEDOが二人を抱いたまま O・EDO OEDOが空を飛ぶ  海に浮かんだ 光の泡だと おまえは言ってたね 見つめていると死にそうだと 吸い付けタバコで涙落とした O・EDO 優しい女(オナゴ)が眠る街 O・EDO OEDOが夜を飛ぶ  欲しいなら何もかも その手にできるよイロハニホヘト!! 夢を飼う 恋人に 奇跡をうみだす スーパー・シティ O・EDO 哀しい男が吠える街 O・EDO OEDOが星になる  霧にけむった不思議の街に あやしい胸さわぎ やすらぎ知らない遊園地が スイッチひとつでまっ赤に燃えあがる O・EDO 優しい女(オナゴ)が眠る街 O・EDO OEDOが夜に飛ぶ O・EDO 哀しい男が吠える街 O・EDO OEDOが時を飛ぶ
GIFUBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  GIFU GIFUが俺らを抱いたまま GIFU GIFUが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  GIFU 偉大な歴史が眠る街 GIFU GIFUで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  GIFU お祭り男が吠える街 GIFU GIFUが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  GIFU でーれーええ女が歌う街 GIFU GIFUで愛を知る GIFU GIFUが俺らを抱いたまま GIFU GIFUが空を飛ぶ  GIFU 偉大な歴史が眠る街 GIFU GIFUが愛を知る GIFU GIFUが俺らを抱いたまま GIFU GIFUが星になる
GUNMABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  GUNMA GUNMAが俺らを抱いたまま GUNMA GUNMAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  GUNMA 偉大な歴史が眠る街 GUNMA GUNMAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  GUNMA お祭り男が吠える街 GUNMA GUNMAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  GUNMA なからいい女が歌う街 GUNMA GUNMAで愛を知る GUNMA GUNMAが俺らを抱いたまま GUNMA GUNMAが空を飛ぶ  GUNMA 偉大な歴史が眠る街 GUNMA GUNMAが愛を知る GUNMA GUNMAが俺らを抱いたまま GUNMA GUNMAが星になる
CHIBABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  CHIBA CHIBAが俺らを抱いたまま CHIBA CHIBAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  CHIBA 偉大な歴史が眠る街 CHIBA CHIBAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  CHIBA お祭り男が吠える街 CHIBA CHIBAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  CHIBA 超いい女が歌う街 CHIBA CHIBAで愛を知る CHIBA CHIBAが俺らを抱いたまま CHIBA CHIBAが空を飛ぶ  CHIBA 偉大な歴史が眠る街 CHIBA CHIBAが愛を知る CHIBA CHIBAが俺らを抱いたまま CHIBA CHIBAが星になる
KANAGAWABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  KANAGAWA KANAGAWAが俺らを抱いたまま KANAGAWA KANAGAWAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  KANAGAWA 偉大な歴史が眠る街 KANAGAWA KANAGAWAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  KANAGAWA お祭り男が吠える街 KANAGAWA KANAGAWAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  KANAGAWA 超いい女が歌う街 KANAGAWA KANAGAWAで愛を知る KANAGAWA KANAGAWAが俺らを抱いたまま KANAGAWA KANAGAWAが空を飛ぶ  KANAGAWA 偉大な歴史が眠る街 KANAGAWA KANAGAWAが愛を知る KANAGAWA KANAGAWAが俺らを抱いたまま KANAGAWA KANAGAWAが星になる
TOKIOBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  TOKIO TOKIOが俺らを抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  TOKIO 偉大な歴史が眠る街 TOKIO TOKIOで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  TOKIO お祭り男が吠える街 TOKIO TOKIOが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  TOKIO 超いい女が歌う街 TOKIO TOKIOで愛を知る TOKIO TOKIOが俺らを抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  TOKIO 偉大な歴史が眠る街 TOKIO TOKIOが愛を知る TOKIO TOKIOが俺らを抱いたまま TOKIO TOKIOが星になる
ISHIKAWABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  ISHIKAWA ISHIKAWAが俺らを抱いたまま ISHIKAWA ISHIKAWAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  ISHIKAWA 偉大な歴史が眠る街 ISHIKAWA ISHIKAWAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  ISHIKAWA お祭り男が吠える街 ISHIKAWA ISHIKAWAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  ISHIKAWA たったええ女が歌う街 ISHIKAWA ISHIKAWAで愛を知る ISHIKAWA ISHIKAWAが俺らを抱いたまま ISHIKAWA ISHIKAWAが空を飛ぶ  ISHIKAWA 偉大な歴史が眠る街 ISHIKAWA ISHIKAWAが愛を知る ISHIKAWA ISHIKAWAが俺らを抱いたまま ISHIKAWA ISHIKAWAが星になる
FUKUIBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  FUKUI FUKUIが俺らを抱いたまま FUKUI FUKUIが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  FUKUI 偉大な歴史が眠る街 FUKUI FUKUIで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  FUKUI お祭り男が吠える街 FUKUI FUKUIが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  FUKUI とってもええ女が歌う街 FUKUI FUKUIで愛を知る FUKUI FUKUIが俺らを抱いたまま FUKUI FUKUIが空を飛ぶ  FUKUI 偉大な歴史が眠る街 FUKUI FUKUIが愛を知る FUKUI FUKUIが俺らを抱いたまま FUKUI FUKUIが星になる
HOKKAIDOBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  HOKKAIDO HOKKAIDOが俺らを抱いたまま HOKKAIDO HOKKAIDOが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  HOKKAIDO 偉大な歴史が眠る街 HOKKAIDO HOKKAIDOで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  HOKKAIDO お祭り男が吠える街 HOKKAIDO HOKKAIDOが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  HOKKAIDO なまらいい女が歌う街 HOKKAIDO HOKKAIDOで愛を知る HOKKAIDO HOKKAIDOが俺らを抱いたまま HOKKAIDO HOKKAIDOが空を飛ぶ  HOKKAIDO 偉大な歴史が眠る街 HOKKAIDO HOKKAIDOが愛を知る HOKKAIDO HOKKAIDOが俺らを抱いたまま HOKKAIDO HOKKAIDOが星になる
SHIZUOKABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  SHIZUOKA SHIZUOKAが俺らを抱いたまま SHIZUOKA SHIZUOKAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  SHIZUOKA 偉大な歴史が眠る街 SHIZUOKA SHIZUOKAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  SHIZUOKA お祭り男が吠える街 SHIZUOKA SHIZUOKAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  SHIZUOKA ばかいい女が歌う街 SHIZUOKA SHIZUOKAで愛を知る SHIZUOKA SHIZUOKAが俺らを抱いたまま SHIZUOKA SHIZUOKAが空を飛ぶ  SHIZUOKA 偉大な歴史が眠る街 SHIZUOKA SHIZUOKAが愛を知る SHIZUOKA SHIZUOKAが俺らを抱いたまま SHIZUOKA SHIZUOKAが星になる
IBARAKIBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  IBARAKI IBARAKIが俺らを抱いたまま IBARAKI IBARAKIが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  IBARAKI 偉大な歴史が眠る街 IBARAKI IBARAKIで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  IBARAKI お祭り男が吠える街 IBARAKI IBARAKIが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  IBARAKI すんげーいい女が歌う街 IBARAKI IBARAKIで愛を知る IBARAKI IBARAKIが俺らを抱いたまま IBARAKI IBARAKIが空を飛ぶ  IBARAKI 偉大な歴史が眠る街 IBARAKI IBARAKIが愛を知る IBARAKI IBARAKIが俺らを抱いたまま IBARAKI IBARAKIが星になる
TOCHIGIBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  TOCHIGI TOCHIGIが俺らを抱いたまま TOCHIGI TOCHIGIが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  TOCHIGI 偉大な歴史が眠る街 TOCHIGI TOCHIGIで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  TOCHIGI お祭り男が吠える街 TOCHIGI TOCHIGIが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  TOCHIGI まっさかいい女が歌う街 TOCHIGI TOCHIGIで愛を知る TOCHIGI TOCHIGIが俺らを抱いたまま TOCHIGI TOCHIGIが空を飛ぶ  TOCHIGI 偉大な歴史が眠る街 TOCHIGI TOCHIGIが愛を知る TOCHIGI TOCHIGIが俺らを抱いたまま TOCHIGI TOCHIGIが星になる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
SAITAMABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  SAITAMA SAITAMAが俺らを抱いたまま SAITAMA SAITAMAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  SAITAMA 偉大な歴史が眠る街 SAITAMA SAITAMAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  SAITAMA お祭り男が吠える街 SAITAMA SAITAMAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  SAITAMA 超いい女が歌う街 SAITAMA SAITAMAで愛を知る SAITAMA SAITAMAが俺らを抱いたまま SAITAMA SAITAMAが空を飛ぶ  SAITAMA 偉大な歴史が眠る街 SAITAMA SAITAMAが愛を知る SAITAMA SAITAMAが俺らを抱いたまま SAITAMA SAITAMAが星になる
NARABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  NARA NARAが俺らを抱いたまま NARA NARAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  NARA 偉大な歴史が眠る街 NARA NARAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  NARA お祭り男が吠える街 NARA NARAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  NARA ほんまええ女が歌う街 NARA NARAで愛を知る NARA NARAが俺らを抱いたまま NARA NARAが空を飛ぶ  NARA 偉大な歴史が眠る街 NARA NARAが愛を知る NARA NARAが俺らを抱いたまま NARA NARAが星になる
WAKAYAMABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  WAKAYAMA WAKAYAMAが俺らを抱いたまま WAKAYAMA WAKAYAMAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  WAKAYAMA 偉大な歴史が眠る街 WAKAYAMA WAKAYAMAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  WAKAYAMA お祭り男が吠える街 WAKAYAMA WAKAYAMAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  WAKAYAMA えらいええ女が歌う街 WAKAYAMA WAKAYAMAで愛を知る WAKAYAMA WAKAYAMAが俺らを抱いたまま WAKAYAMA WAKAYAMAが空を飛ぶ  WAKAYAMA 偉大な歴史が眠る街 WAKAYAMA WAKAYAMAが愛を知る WAKAYAMA WAKAYAMAが俺らを抱いたまま WAKAYAMA WAKAYAMAが星になる
HYOGOBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  HYOGO HYOGOが俺らを抱いたまま HYOGO HYOGOが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  HYOGO 偉大な歴史が眠る街 HYOGO HYOGOで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  HYOGO お祭り男が吠える街 HYOGO HYOGOが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  HYOGO めちゃええ女が歌う街 HYOGO HYOGOで愛を知る HYOGO HYOGOが俺らを抱いたまま HYOGO HYOGOが空を飛ぶ  HYOGO 偉大な歴史が眠る街 HYOGO HYOGOが愛を知る HYOGO HYOGOが俺らを抱いたまま HYOGO HYOGOが星になる
KYOTOBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  KYOTO KYOTOが俺らを抱いたまま KYOTO KYOTOが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  KYOTO 偉大な歴史が眠る街 KYOTO KYOTOで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  KYOTO お祭り男が吠える街 KYOTO KYOTOが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  KYOTO めちゃええ女が歌う街 KYOTO KYOTOで愛を知る KYOTO KYOTOが俺らを抱いたまま KYOTO KYOTOが空を飛ぶ  KYOTO 偉大な歴史が眠る街 KYOTO KYOTOが愛を知る KYOTO KYOTOが俺らを抱いたまま KYOTO KYOTOが星になる
OKAYAMABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  OKAYAMA OKAYAMAが俺らを抱いたまま OKAYAMA OKAYAMAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  OKAYAMA 偉大な歴史が眠る街 OKAYAMA OKAYAMAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  OKAYAMA お祭り男が吠える街 OKAYAMA OKAYAMAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  OKAYAMA でぇれーいい女が歌う街 OKAYAMA OKAYAMAで愛を知る OKAYAMA OKAYAMAが俺らを抱いたまま OKAYAMA OKAYAMAが空を飛ぶ  OKAYAMA 偉大な歴史が眠る街 OKAYAMA OKAYAMAが愛を知る OKAYAMA OKAYAMAが俺らを抱いたまま OKAYAMA OKAYAMAが星になる
KAGAWABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  KAGAWA KAGAWAが俺らを抱いたまま KAGAWA KAGAWAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  KAGAWA 偉大な歴史が眠る街 KAGAWA KAGAWAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  KAGAWA お祭り男が吠える街 KAGAWA KAGAWAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  KAGAWA ものっそええ女が歌う街 KAGAWA KAGAWAで愛を知る KAGAWA KAGAWAが俺らを抱いたまま KAGAWA KAGAWAが空を飛ぶ  KAGAWA 偉大な歴史が眠る街 KAGAWA KAGAWAが愛を知る KAGAWA KAGAWAが俺らを抱いたまま KAGAWA KAGAWAが星になる
EHIMEBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  EHIME EHIMEが俺らを抱いたまま EHIME EHIMEが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  EHIME 偉大な歴史が眠る街 EHIME EHIMEで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  EHIME お祭り男が吠える街 EHIME EHIMEが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  EHIME えらいええ女が歌う街 EHIME EHIMEで愛を知る EHIME EHIMEが俺らを抱いたまま EHIME EHIMEが空を飛ぶ  EHIME 偉大な歴史が眠る街 EHIME EHIMEが愛を知る EHIME EHIMEが俺らを抱いたまま EHIME EHIMEが星になる
TOKUSHIMABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  TOKUSHIMA TOKUSHIMAが俺らを抱いたまま TOKUSHIMA TOKUSHIMAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  TOKUSHIMA 偉大な歴史が眠る街 TOKUSHIMA TOKUSHIMAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  TOKUSHIMA お祭り男が吠える街 TOKUSHIMA TOKUSHIMAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  TOKUSHIMA ごっついええ女が歌う街 TOKUSHIMA TOKUSHIMAで愛を知る TOKUSHIMA TOKUSHIMAが俺らを抱いたまま TOKUSHIMA TOKUSHIMAが空を飛ぶ  TOKUSHIMA 偉大な歴史が眠る街 TOKUSHIMA TOKUSHIMAが愛を知る TOKUSHIMA TOKUSHIMAが俺らを抱いたまま TOKUSHIMA TOKUSHIMAが星になる
KOCHIBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  KOCHI KOCHIが俺らを抱いたまま KOCHI KOCHIが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  KOCHI 偉大な歴史が眠る街 KOCHI KOCHIで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  KOCHI お祭り男が吠える街 KOCHI KOCHIが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  KOCHI まっことええおなごが歌う街 KOCHI KOCHIで愛を知る KOCHI KOCHIが俺らを抱いたまま KOCHI KOCHIが空を飛ぶ  KOCHI 偉大な歴史が眠る街 KOCHI KOCHIが愛を知る KOCHI KOCHIが俺らを抱いたまま KOCHI KOCHIが星になる
SHIGABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  SHIGA SHIGAが俺らを抱いたまま SHIGA SHIGAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  SHIGA 偉大な歴史が眠る街 SHIGA SHIGAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  SHIGA お祭り男が吠える街 SHIGA SHIGAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  SHIGA めっちゃええ女が歌う街 SHIGA SHIGAで愛を知る SHIGA SHIGAが俺らを抱いたまま SHIGA SHIGAが空を飛ぶ  SHIGA 偉大な歴史が眠る街 SHIGA SHIGAが愛を知る SHIGA SHIGAが俺らを抱いたまま SHIGA SHIGAが星になる
TOYAMABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  TOYAMA TOYAMAが俺らを抱いたまま TOYAMA TOYAMAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  TOYAMA 偉大な歴史が眠る街 TOYAMA TOYAMAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  TOYAMA お祭り男が吠える街 TOYAMA TOYAMAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  TOYAMA まっでええ女が歌う街 TOYAMA TOYAMAで愛を知る TOYAMA TOYAMAが俺らを抱いたまま TOYAMA TOYAMAが空を飛ぶ  TOYAMA 偉大な歴史が眠る街 TOYAMA TOYAMAが愛を知る TOYAMA TOYAMAが俺らを抱いたまま TOYAMA TOYAMAが星になる
NIIGATABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  NIIGATA NIIGATAが俺らを抱いたまま NIIGATA NIIGATAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  NIIGATA 偉大な歴史が眠る街 NIIGATA NIIGATAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  NIIGATA お祭り男が吠える街 NIIGATA NIIGATAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  NIIGATA なまらいい女が歌う街 NIIGATA NIIGATAで愛を知る NIIGATA NIIGATAが俺らを抱いたまま NIIGATA NIIGATAが空を飛ぶ  NIIGATA 偉大な歴史が眠る街 NIIGATA NIIGATAが愛を知る NIIGATA NIIGATAが俺らを抱いたまま NIIGATA NIIGATAが星になる
YAMAGATABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  YAMAGATA YAMAGATAが俺らを抱いたまま YAMAGATA YAMAGATAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  YAMAGATA 偉大な歴史が眠る街 YAMAGATA YAMAGATAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  YAMAGATA お祭り男が吠える街 YAMAGATA YAMAGATAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  YAMAGATA めんこいおなごが歌う街 YAMAGATA YAMAGATAで愛を知る YAMAGATA YAMAGATAが俺らを抱いたまま YAMAGATA YAMAGATAが空を飛ぶ  YAMAGATA 偉大な歴史が眠る街 YAMAGATA YAMAGATAが愛を知る YAMAGATA YAMAGATAが俺らを抱いたまま YAMAGATA YAMAGATAが星になる
AKITABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  AKITA AKITAが俺らを抱いたまま AKITA AKITAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  AKITA 偉大な歴史が眠る街 AKITA AKITAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  AKITA お祭り男が吠える街 AKITA AKITAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  AKITA マンズいいおなごが歌う街 AKITA AKITAで愛を知る AKITA AKITAが俺らを抱いたまま AKITA AKITAが空を飛ぶ  AKITA 偉大な歴史が眠る街 AKITA AKITAが愛を知る AKITA AKITAが俺らを抱いたまま AKITA AKITAが星になる
IWATEBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  IWATE IWATEが俺らを抱いたまま IWATE IWATEが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  IWATE 偉大な歴史が眠る街 IWATE IWATEで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  IWATE お祭り男が吠える街 IWATE IWATEが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  IWATE めんけぇあねさんが歌う街 IWATE IWATEで愛を知る IWATE IWATEが俺らを抱いたまま IWATE IWATEが空を飛ぶ  IWATE 偉大な歴史が眠る街 IWATE IWATEが愛を知る IWATE IWATEが俺らを抱いたまま IWATE IWATEが星になる
AOMORIBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  AOMORI AOMORIが俺らを抱いたまま AOMORI AOMORIが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  AOMORI 偉大な歴史が眠る街 AOMORI AOMORIで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  AOMORI お祭り男が吠える街 AOMORI AOMORIが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  AOMORI たげいい女が歌う街 AOMORI AOMORIで愛を知る AOMORI AOMORIが俺らを抱いたまま AOMORI AOMORIが空を飛ぶ  AOMORI 偉大な歴史が眠る街 AOMORI AOMORIが愛を知る AOMORI AOMORIが俺らを抱いたまま AOMORI AOMORIが星になる
MIYAGIBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  MIYAGI MIYAGIが俺らを抱いたまま MIYAGI MIYAGIが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  MIYAGI 偉大な歴史が眠る街 MIYAGI MIYAGIで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  MIYAGI お祭り男が吠える街 MIYAGI MIYAGIが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  MIYAGI いぎなりいいおなごが歌う街 MIYAGI MIYAGIで愛を知る MIYAGI MIYAGIが俺らを抱いたまま MIYAGI MIYAGIが空を飛ぶ  MIYAGI 偉大な歴史が眠る街 MIYAGI MIYAGIが愛を知る MIYAGI MIYAGIが俺らを抱いたまま MIYAGI MIYAGIが星になる
FUKUSHIMABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  FUKUSHIMA FUKUSHIMAが俺らを抱いたまま FUKUSHIMA FUKUSHIMAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  FUKUSHIMA 偉大な歴史が眠る街 FUKUSHIMA FUKUSHIMAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  FUKUSHIMA お祭り男が吠える街 FUKUSHIMA FUKUSHIMAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  FUKUSHIMA めんこいおなごが歌う街 FUKUSHIMA FUKUSHIMAで愛を知る FUKUSHIMA FUKUSHIMAが俺らを抱いたまま FUKUSHIMA FUKUSHIMAが空を飛ぶ  FUKUSHIMA 偉大な歴史が眠る街 FUKUSHIMA FUKUSHIMAが愛を知る FUKUSHIMA FUKUSHIMAが俺らを抱いたまま FUKUSHIMA FUKUSHIMAが星になる
YAMANASHIBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  YAMANASHI YAMANASHIが俺らを抱いたまま YAMANASHI YAMANASHIが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  YAMANASHI 偉大な歴史が眠る街 YAMANASHI YAMANASHIで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  YAMANASHI お祭り男が吠える街 YAMANASHI YAMANASHIが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  YAMANASHI もろいい女が歌う街 YAMANASHI YAMANASHIで愛を知る YAMANASHI YAMANASHIが俺らを抱いたまま YAMANASHI YAMANASHIが空を飛ぶ  YAMANASHI 偉大な歴史が眠る街 YAMANASHI YAMANASHIが愛を知る YAMANASHI YAMANASHIが俺らを抱いたまま YAMANASHI YAMANASHIが星になる
NAGANOBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  NAGANO NAGANOが俺らを抱いたまま NAGANO NAGANOが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  NAGANO 偉大な歴史が眠る街 NAGANO NAGANOで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  NAGANO お祭り男が吠える街 NAGANO NAGANOが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  NAGANO えれーいい女が歌う街 NAGANO NAGANOで愛を知る NAGANO NAGANOが俺らを抱いたまま NAGANO NAGANOが空を飛ぶ  NAGANO 偉大な歴史が眠る街 NAGANO NAGANOが愛を知る NAGANO NAGANOが俺らを抱いたまま NAGANO NAGANOが星になる
OSAKABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  OSAKA OSAKAが俺らを抱いたまま OSAKA OSAKAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  OSAKA 偉大な歴史が眠る街 OSAKA OSAKAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  OSAKA お祭り男が吠える街 OSAKA OSAKAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  OSAKA めちゃええ女が歌う街 OSAKA OSAKAで愛を知る OSAKA OSAKAが俺らを抱いたまま OSAKA OSAKAが空を飛ぶ  OSAKA 偉大な歴史が眠る街 OSAKA OSAKAが愛を知る OSAKA OSAKAが俺らを抱いたまま OSAKA OSAKAが星になる
TOTTORIBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  TOTTORI TOTTORIが俺らを抱いたまま TOTTORI TOTTORIが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  TOTTORI 偉大な歴史が眠る街 TOTTORI TOTTORIで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  TOTTORI お祭り男が吠える街 TOTTORI TOTTORIが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  TOTTORI ごっついいい女が歌う街 TOTTORI TOTTORIで愛を知る TOTTORI TOTTORIが俺らを抱いたまま TOTTORI TOTTORIが空を飛ぶ  TOTTORI 偉大な歴史が眠る街 TOTTORI TOTTORIが愛を知る TOTTORI TOTTORIが俺らを抱いたまま TOTTORI TOTTORIが星になる
SHIMANEBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  SHIMANE SHIMANEが俺らを抱いたまま SHIMANE SHIMANEが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  SHIMANE 偉大な歴史が眠る街 SHIMANE SHIMANEで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  SHIMANE お祭り男が吠える街 SHIMANE SHIMANEが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  SHIMANE がいにええにょばが歌う街 SHIMANE SHIMANEで愛を知る SHIMANE SHIMANEが俺らを抱いたまま SHIMANE SHIMANEが空を飛ぶ  SHIMANE 偉大な歴史が眠る街 SHIMANE SHIMANEが愛を知る SHIMANE SHIMANEが俺らを抱いたまま SHIMANE SHIMANEが星になる
HIROSHIMABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  HIROSHIMA HIROSHIMAが俺らを抱いたまま HIROSHIMA HIROSHIMAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  HIROSHIMA 偉大な歴史が眠る街 HIROSHIMA HIROSHIMAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  HIROSHIMA お祭り男が吠える街 HIROSHIMA HIROSHIMAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  HIROSHIMA バリいい女が歌う街 HIROSHIMA HIROSHIMAで愛を知る HIROSHIMA HIROSHIMAが俺らを抱いたまま HIROSHIMA HIROSHIMAが空を飛ぶ  HIROSHIMA 偉大な歴史が眠る街 HIROSHIMA HIROSHIMAが愛を知る HIROSHIMA HIROSHIMAが俺らを抱いたまま HIROSHIMA HIROSHIMAが星になる
YAMAGUCHIBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  YAMAGUCHI YAMAGUCHIが俺らを抱いたまま YAMAGUCHI YAMAGUCHIが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  YAMAGUCHI 偉大な歴史が眠る街 YAMAGUCHI YAMAGUCHIで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  YAMAGUCHI お祭り男が吠える街 YAMAGUCHI YAMAGUCHIが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  YAMAGUCHI ぶちええ女が歌う街 YAMAGUCHI YAMAGUCHIで愛を知る YAMAGUCHI YAMAGUCHIが俺らを抱いたまま YAMAGUCHI YAMAGUCHIが空を飛ぶ  YAMAGUCHI 偉大な歴史が眠る街 YAMAGUCHI YAMAGUCHIが愛を知る YAMAGUCHI YAMAGUCHIが俺らを抱いたまま YAMAGUCHI YAMAGUCHIが星になる
OITABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  OITA OITAが俺らを抱いたまま OITA OITAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  OITA 偉大な歴史が眠る街 OITA OITAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  OITA お祭り男が吠える街 OITA OITAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  OITA しんけんいい女が歌う街 OITA OITAで愛を知る OITA OITAが俺らを抱いたまま OITA OITAが空を飛ぶ  OITA 偉大な歴史が眠る街 OITA OITAが愛を知る OITA OITAが俺らを抱いたまま OITA OITAが星になる
NAGASAKIBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  NAGASAKI NAGASAKIが俺らを抱いたまま NAGASAKI NAGASAKIが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  NAGASAKI 偉大な歴史が眠る街 NAGASAKI NAGASAKIで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  NAGASAKI お祭り男が吠える街 NAGASAKI NAGASAKIが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  NAGASAKI バリよか女が歌う街 NAGASAKI NAGASAKIで愛を知る NAGASAKI NAGASAKIが俺らを抱いたまま NAGASAKI NAGASAKIが空を飛ぶ  NAGASAKI 偉大な歴史が眠る街 NAGASAKI NAGASAKIが愛を知る NAGASAKI NAGASAKIが俺らを抱いたまま NAGASAKI NAGASAKIが星になる
FUKUOKABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  FUKUOKA FUKUOKAが俺らを抱いたまま FUKUOKA FUKUOKAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  FUKUOKA 偉大な歴史が眠る街 FUKUOKA FUKUOKAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  FUKUOKA お祭り男が吠える街 FUKUOKA FUKUOKAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  FUKUOKA バリよか女が歌う街 FUKUOKA FUKUOKAで愛を知る FUKUOKA FUKUOKAが俺らを抱いたまま FUKUOKA FUKUOKAが空を飛ぶ  FUKUOKA 偉大な歴史が眠る街 FUKUOKA FUKUOKAが愛を知る FUKUOKA FUKUOKAが俺らを抱いたまま FUKUOKA FUKUOKAが星になる
SAGABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  SAGA SAGAが俺らを抱いたまま SAGA SAGAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  SAGA 偉大な歴史が眠る街 SAGA SAGAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  SAGA お祭り男が吠える街 SAGA SAGAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  SAGA がばいよか女が歌う街 SAGA SAGAで愛を知る SAGA SAGAが俺らを抱いたまま SAGA SAGAが空を飛ぶ  SAGA 偉大な歴史が眠る街 SAGA SAGAが愛を知る SAGA SAGAが俺らを抱いたまま SAGA SAGAが星になる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
KUMAMOTOBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  KUMAMOTO KUMAMOTOが俺らを抱いたまま KUMAMOTO KUMAMOTOが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  KUMAMOTO 偉大な歴史が眠る街 KUMAMOTO KUMAMOTOで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  KUMAMOTO お祭り男が吠える街 KUMAMOTO KUMAMOTOが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  KUMAMOTO だぎゃよか女が歌う街 KUMAMOTO KUMAMOTOで愛を知る KUMAMOTO KUMAMOTOが俺らを抱いたまま KUMAMOTO KUMAMOTOが空を飛ぶ  KUMAMOTO 偉大な歴史が眠る街 KUMAMOTO KUMAMOTOが愛を知る KUMAMOTO KUMAMOTOが俺らを抱いたまま KUMAMOTO KUMAMOTOが星になる
KAGOSHIMABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  KAGOSHIMA KAGOSHIMAが俺らを抱いたまま KAGOSHIMA KAGOSHIMAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  KAGOSHIMA 偉大な歴史が眠る街 KAGOSHIMA KAGOSHIMAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  KAGOSHIMA お祭り男が吠える街 KAGOSHIMA KAGOSHIMAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  KAGOSHIMA わっぜよかおごじょが歌う街 KAGOSHIMA KAGOSHIMAで愛を知る KAGOSHIMA KAGOSHIMAが俺らを抱いたまま KAGOSHIMA KAGOSHIMAが空を飛ぶ  KAGOSHIMA 偉大な歴史が眠る街 KAGOSHIMA KAGOSHIMAが愛を知る KAGOSHIMA KAGOSHIMAが俺らを抱いたまま KAGOSHIMA KAGOSHIMAが星になる
MIYAZAKIBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  MIYAZAKI MIYAZAKIが俺らを抱いたまま MIYAZAKI MIYAZAKIが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  MIYAZAKI 偉大な歴史が眠る街 MIYAZAKI MIYAZAKIで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  MIYAZAKI お祭り男が吠える街 MIYAZAKI MIYAZAKIが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  MIYAZAKI てげいい女が歌う街 MIYAZAKI MIYAZAKIで愛を知る MIYAZAKI MIYAZAKIが俺らを抱いたまま MIYAZAKI MIYAZAKIが空を飛ぶ  MIYAZAKI 偉大な歴史が眠る街 MIYAZAKI MIYAZAKIが愛を知る MIYAZAKI MIYAZAKIが俺らを抱いたまま MIYAZAKI MIYAZAKIが星になる
OKINAWABOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  OKINAWA OKINAWAが俺らを抱いたまま OKINAWA OKINAWAが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  OKINAWA 偉大な歴史が眠る街 OKINAWA OKINAWAで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  OKINAWA お祭り男が吠える街 OKINAWA OKINAWAが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  OKINAWA でーじちゅらかーぎーが歌う街 OKINAWA OKINAWAで愛を知る OKINAWA OKINAWAが俺らを抱いたまま OKINAWA OKINAWAが空を飛ぶ  OKINAWA 偉大な歴史が眠る街 OKINAWA OKINAWAが愛を知る OKINAWA OKINAWAが俺らを抱いたまま OKINAWA OKINAWAが星になる
MIEBOYS AND MENBOYS AND MEN糸井重里加瀬邦彦愛を知り 空へ飛ぶ 心突き抜け 星になる 汗かいて 声を上げ スーパー・シティが盛り上がる  MIE MIEが俺らを抱いたまま MIE MIEが空を飛ぶ  ホームタウンを 思い出してと アイツは言ってたね 想い馳せれば いつもそこに ある優しさに 涙こぼした  MIE 偉大な歴史が眠る街 MIE MIEで愛を知る  欲しいなら 何もかも この地でできるよ A to Z 夢を追う 君ならば 奇跡をうみだす スーパー・シティ  MIE お祭り男が吠える街 MIE MIEが星になる  窓に映った 煌めく街の 人々 誇らしく 恐れを知らない 勇者たちが 掛け声一つで 一気に燃えあがる  MIE むっちゃええ女が歌う街 MIE MIEで愛を知る MIE MIEが俺らを抱いたまま MIE MIEが空を飛ぶ  MIE 偉大な歴史が眠る街 MIE MIEが愛を知る MIE MIEが俺らを抱いたまま MIE MIEが星になる
TOKIO山崎育三郎山崎育三郎糸井重里加瀬邦彦宗本康兵空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突きぬけ 星になる 火を吹いて 闇を裂き スーパー・シティが舞いあがる TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  海に浮かんだ 光の泡だと おまえは言ってたね 見つめていると 死にそうだと くわえ煙草で涙おとした  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOは夜に飛ぶ  欲しいなら 何もかも その手にできるよ A to Z 夢を飼う 恋人に 奇跡をうみだす スーパー・シティ TOKIO 哀しい男が吠える街 TOKIO TOKIOが星になる  霧にけむった不思議の街に あやしい胸さわぎ やすらぎ知らない遊園地が スイッチひとつでまっ赤に燃えあがる  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが空を飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが空を飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが星になる
TOKIO及川光博及川光博糸井重里加瀬邦彦SAKOSHIN空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突きぬけ 星になる 火を吹いて 闇を裂き スーパー・シティが舞いあがる TOKIO TOKIO が二人を抱いたまま TOKIO TOKIO が空を飛ぶ  海に浮かんだ 光の泡だと おまえは言ってたね 見つめていると 死にそうだと くわえ煙草で涙おとした  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIO は夜に飛ぶ  欲しいなら 何もかも その手にできるよ A to Z 夢を飼う 恋人に 奇跡をうみだす スーパー・シティ TOKIO 哀しい男が吠える街 TOKIO TOKIO が星になる  霧にけむった不思議の街に あやしい胸さわぎ やすらぎ知らない遊園地が スイッチひとつでまっ赤に燃えあがる  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIO が空を飛ぶ TOKIO TOKIO が二人を抱いたまま TOKIO TOKIO が空を飛ぶ  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIO が空を飛ぶ TOKIO TOKIO が二人を抱いたまま TOKIO TOKIO が星になる
へびの泣く夜矢野顕子+TIN PAN矢野顕子+TIN PAN糸井重里矢野顕子へび泣く夜に 雨が降る 毒あるワニも その歯に涙 だってそこは 悲しみのサイハテ 見るものすべてが ブルーブルーブルー 悲しみが いろんなものに すがたを変えて現れる 回り舞台  誰より悲しいあの人と 悲しみのサイハテまで 旅をしよう 誰より悲しいあの人と 悲しみの丑三つまで 歩いて行こう 悲しみを突き抜けて ここに帰ろう  海鳴る夜に 船を出す 紅さす類に 猫の爪痕 だってここは 悲しみのサイハテ 聞くことすべてが ブルーブルーブルー 悲しみが いろんなものに 声質を変えて歌わせる 古いラジオ  誰より悲しいこの人と 悲しみのサイハテまで 旅をしよう 誰より悲しいこの人と 悲しみの密林まで 歩いて行こう 悲しみを突き抜けて ここに戻ろう  誰より悲しいわたしたち 悲しみのサイハテまで 旅をしよう 誰より悲しいわたしたち 悲しみの氷原まで 歩いて行こう 悲しみを突き抜けて うちに帰ろう
お江戸 ~21st Century ver.~カブキロックスカブキロックス糸井重里加瀬邦彦カブキロックス空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突きぬけ 星になる 火を吹いて 闇を裂き スーパー・シティーが舞い踊る O・E・DO お江戸が二人を抱いたまま O・E・DO お江戸が空を飛ぶ  海に浮かんだ 光の泡だと お前は言ってたね 見つめていると 死にそうだと 吸い付け煙草で 涙 落した O・E・DO 優しい女が眠る街 O・E・DO お江戸が夜に飛ぶ  欲しいなら 何もかも その手にできるよ イロハニホヘト!! 夢を飼う 恋人に 奇跡をうみだす スーパーシティ O・E・DO 哀しい男が吠える街 O・E・DO お江戸が星になる  霧にけむった不思議の街に あやしい胸さわぎ やすらぎ知らない遊園地が スイッチひとつでまっ赤に燃えあがる O・E・DO 優しい女が眠る街 O・E・DO お江戸が空を飛ぶ  O・E・DO お江戸が二人を抱いたまま O・E・DO お江戸が空を飛ぶ  O・E・DO 優しい女が眠る街 O・E・DO お江戸が空を飛ぶ O・E・DO お江戸が二人を抱いたまま O・E・DO お江戸が時を(TOKIO)飛ぶ
プレゼント矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子泳ぎ疲れた魚 夜の海なら 月をみてごらん 浮かんでずっと 月を見てればいい 泳ぎ疲れた魚 昼の海なら 雲をみてごらん のんびりずっと 雲を見てればいい この海はみんなあなたのものさ この世界 すべて あなたとひとつだよ 月も雲も空も あなたへのプレゼント 遠慮なんかせずに 受け取っておくれ
パパの歌カサリンチュカサリンチュ糸井重里忌野清志郎家のなかでは トドみたいでさ ゴロゴロしてて あくびして ときどき プーっと やらかして 新聞みながら ビール飲む  だけどよ 昼間のパパは ちょっとちがう 昼間のパパは 光ってる 昼間のパパは いい汗かいてる 昼間のパパは 男だぜ (カックィー)  休みの日には 10時半に起きる シャワーをあびて テレビみて 時々ぶらっと 散歩して お腹のでっぱり 気にしてる  んでもさ 働くパパは ちょっとちがう 働くパパは 光ってる 働くパパは いい汗かいてる 働くパパは 男だぜ(へーえ)  そうだぜ 昼間のパパは ちょっとちがう 昼間のパパは 光ってる 昼間のパパは いい汗かいてる 昼間のパパは 男だぜ  昼間のパパは いい汗かいてる 昼間のパパは 男だぜ 昼間のパパは 光ってる
キリンおおはた雄一おおはた雄一糸井重里おおはた雄一まとわりついて はりつくような 霧雨のなか  群れを離れた キリンが じっと 立ちすくんでいた  それはまるで 静止した時間そのもので キリンは キリンの こころを見つめていた  じっと じっと みずからの憎しみを 噛み殺していた  泣きはしない 動きもしない 泣きはしない 殴りもしない ただ 雨に濡れつづける キリン キリン キリン キリン  目に見えるもの すべてみどりの 草原にひとつ  鉄塔のように キリンが そこに 聳(そび)え立っていた  それはまるで 約束の景色そのもので キリンは キリンの 赤い血 感じていた  じっと じっと はじめての憎しみを 噛み殺していた  泣きはしない 走りもしない 泣きはしない 謗(そし)りもしない ただ 雨に濡れつづける キリン キリン キリン キリン
レモン・シャワー須藤薫須藤薫糸井重里大瀧詠一大瀧詠一やさしさは すっぱい しのびよる スパイ 大人たちは みんな みんな 恋のスパイ
自転車でおいで村上ゆき村上ゆき糸井重里矢野顕子○月×日 雨のちくもり 僕はだれかを好きと書く それがだれかはわからない 窓の外を犬が歩くてゆく 黒いはな 黒いあし いつもひとりでいる犬だ 知らないあなたに会いたいな 自転車でおいでよ 僕の家はすぐそこだよ とうふ屋のかどから四軒め ○月×日 晴れのちくもり 僕はだれかがだれかを知る そして名前を書いてみる 庭の池を猫がのぞいている 小さな猫 小さな水 いつもおなかをへらしてる いつかはあなたに会いたいな 自転車でおいでよ 僕の家はすぐそこだよ 牛乳のあきびんがめじるしさ 自転車でおいでよ 僕の家はまだあるのさ 朝日と夕陽があたる家
へびの泣く夜矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子へび泣く夜に 雨が降る 毒あるワニも その歯に涙 だってそこは 悲しみのサイハテ 見るものすべてが ブルーブルーブルー 悲しみが いろんなものに すがたを変えて現れる 回り舞台  誰より悲しいあの人と 悲しみのサイハテまで 旅をしよう 誰より悲しいあの人と 悲しみの丑三つまで 歩いて行こう 悲しみを突き抜けて ここに帰ろう  海鳴る夜に 船を出す 紅さす類に 猫の爪痕 だってここは 悲しみのサイハテ 聞くことすべてが ブルーブルーブルー 悲しみが いろんなものに 声質を変えて歌わせる 古いラジオ  誰より悲しいこの人と 悲しみのサイハテまで 旅をしよう 誰より悲しいこの人と 悲しみの密林まで 歩いて行こう 悲しみを突き抜けて ここに戻ろう  誰より悲しいわたしたち 悲しみのサイハテまで 旅をしよう 誰より悲しいわたしたち 悲しみの氷原まで 歩いて行こう 悲しみを突き抜けて うちに帰ろう
お江戸-O・EDO-カブキロックスカブキロックス糸井重里加瀬邦彦空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突きぬけ 星になる 火を吹いて 闇を裂き スーパー・シティーが舞い踊る  O・EDO OEDOが二人を抱いたまま O・EDO OEDOが空を飛ぶ  海に浮かんだ 光の泡だと お前は言ってたね 見つめていると 死にそうだと 吸い付けタバコで 涙落とした  O・EDO 優しい女が眠る街 O・EDO OEDOが夜を飛ぶ  欲しいなら 何もかも その手にできるよ イロハニホヘト!! 夢を飼う 恋人に 奇跡をうみだす スーパーシティ  O・EDO 哀しい男が吠える街 O・EDO OEDOが星になる  霧にけむった不思議の街に あやしい胸さわぎ やすらぎ知らない遊園地が スイッチひとつでまっ赤に燃えあがる  O・EDO 優しい女が眠る街 O・EDO OEDOが夜に飛ぶ  O・EDO 哀しい男が吠える街 O・EDO OEDOが時を飛ぶ
魔女っ子セブンティーン松本伊代松本伊代糸井重里筒美京平地下鉄の窓に カリブの海見せてあげる 悲しい涙は パールにして指輪つくる まだヘタな魔法かけたくて いまもじれったい 右のポケットのなかの指先出したい PiPi PiPi PiPi したい かけちゃうぞ魔法を わたし魔女のコ ガマンできない性格 いいでしょ フシギ フカシギ アヤシ メチャメチャ とんでデタラメ ナゾナゾ 好きなことをしましょ  銀河の果てから パパとママが迎えにくる その日がくるまで 遊んでゆくつもりだけど まだ恋の魔法知らなくて いつも片思いばかり 教科書も家に忘れてきちゃった PiPi PiPi PiPi したい 女の子だったら みんな魔女のコ きっと彼には魔法をかけてる フシギ フカシギ アヤシ メチャメチャ とんでバラバラ ゴチャゴチャ うまくいくといいな  決めた かけちゃうぞ魔法を わたし魔女のコ 魔女の見習いだけれど いいでしょ フシギ フカシギ アヤシ メチャメチャ とんでデタラメ ナゾナゾ したいことはなぁに
借り物の海辺山田邦子山田邦子糸井重里矢野顕子恋人みたいだけど アベックみたいだけど ン そーじゃない たまたまいっしょにいるだけよ 海岸なんか歩く 夕暮なんか見てる ン だけど このひと他のひとのもの  いまは わたしがちょっとだけ 借りてるひと るすばんがわりを たのまれて そばにいるだけなの  楽しい気分だけど しあわせみたいだけど ン たぶん ほんとにそうかもしれないな  いつかわたしが ちょっとだけ好きになって だれにも知られず かたおもいしてたひとなの  横顔だけを見たり 足さきだけを見たり ン ずっとこのまま いっしょにいられたら 毎日どこか歩く 毎日見つめている ン だけど このひと他のひとのもの  Bye-bye
雪列車GOLD LYLIC前川清GOLD LYLIC前川清糸井重里坂本龍一匂うように 笑うように 雪が降る 白い景色 逃げるように 汽車は走る サヨナラが 夢ならば ひき返すけど あの頃が 夢ならば このまま行く あたたかいものを 何かください こころも からだも 寒すぎるので…どうぞ  少しばかり 離れた席 恋人たち 無邪気色の ひざかけを かけて眠る なにげなく 髪を切れた 幸せな日は 同じように 雪の日で あなたといた あたたかいひとに もたれていたい ひとりで いたけど 冷えてきたので…どうか  サヨナラが 夢ならば ひき返すけど あの頃が 夢ならば このまま行く あたたかいものを 何かください こころも からだも 寒すぎるので…どうぞ
あなたは「おもしろマガジン」榊原郁恵榊原郁恵糸井重里水谷公生大谷和夫ボタンダウンに こげ茶のスリッポン ファッションページ ぬけでたあなた 車の Key 指先 ジャラジャラ音させてる ひとつだけ 年上でも いっぱしいっぱしナマイキ シブイつもりでいるけど せっかくふたりでいるのに 他にもすることあるでしょう あなたはおもしろマガジン おとなのページはないの? 例えば誘惑特集 開いて教えて くれても いいでしょう  映画を見て ワクワクさせて Chic な店で カクテルすすめ ややこしそうな話で 私を煙(けむ)にまくの 逢うたびに ニュースが変わる X(エックス) X(エックス) 不思議な 危ないナニカが見えない せっかくとなりで美人が 見つめているのになぜなの? あなたはおもしろマガジン 退屈させないけれど 時々危険なページ 読ませて くれても 誰にもいわない  いっぱしいっぱしナマイキ シブイつもりでいるけど せっかくふたりでいるのに 他にもすることあるでしょう あなたはおもしろマガジン おとなのページはないの? 例えば誘惑特集 開いて教えて くれても いいでしょう
We miss you ~愛のテーマ~大貫妙子大貫妙子糸井重里酒井省吾深い闇 遠い町 知らないことば 騒めく 迷い子の 悲しみを 拾い集めて たどろう  何処に いても わたしは いのち あなたの あたたかな ひとときと あたたかな夢 見せたい  幼な子の 微笑みは まぶたのなかに いまでも 呼べば 届く きっと いつか振り向く  ただひとり 道を行く 小さきものに 灯を  ただひとり 道を行く 小さきものに 灯を
花咲く乙女よ穴を掘れmoonridersmoonriders糸井重里鈴木慶一花咲く乙女よ庭に来て さあ 私の合図で穴を掘れ 花咲く乙女よ服を脱げ さあ 私のリズムで汗をかけ まっ赤な星の光 まぶしい月の光 サーチライトの真似して 導くように おまえを照らす 花咲く乙女よ連れだって さあ 私に習って穴を掘れ 花咲く乙女よ微笑みは もう 忘れてその手にシャベルを持って 土の山を築けよ 遥か空に届く 命果てる時まで 何も言わず掘り続けよう 家に帰れば パパとママが パパとママが待っている 家に帰れば パパとママが 待ってる 待ってる 花咲く乙女よ泣くがいい さあ 私を愛して泣くがいい 花咲く乙女よ休むでない さあ 涙を流して穴を掘れ 土の山を築けよ 遥か空に届く 命果てる時まで 何も言わず掘り続けよう
いまのキミはピカピカに光って斉藤哲夫斉藤哲夫糸井重里金木慶一いまのキミはピカピカに光って あきれかえるほどステキ ぼくの情熱うけとめてくるくる踊れ キミがいればいつだって真昼 月も星もおそれいる太陽  ナインティーン?たぶん19の輝きざかり エイティーン?もしや18はねざかり トゥエンティ?ひょっと20の花ざかり ナインティーン エイティーン トゥエンティ  いまにぼくはクラクラにへたって しかしなおかつ I love you キミのマゴコロつかまえてくるくる踊る キミといればいつだって真夏 雪も風も逃げてゆく空さ ナインティーン?たぶん19の輝きざかり エイティーン?もしや18はねざかり トゥエンティ?ひょっと20の花ざかり ナインティーン エイティーン トゥエンティ  ナインティーン?たぶん19の輝きざかり エイティーン?もしや18はねざかり トゥエンティ?ひょっと20の花ざかり ナインティーン エイティーン トゥエンティ
にぎりめしとえりまき矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子ある冬の雪の日じゃ 木こりがの しごとして 帰り道 ひとやすみ ささやぶで音がした  カラスすずめもいないのに 雪がどさんと落ちる音 クマもすやすや寝とるのに なんぞあやしい白い息  たぬきがの ひもじゅうて ひとの子にばけていた 木の葉をの頭にの のせてから宙がえり  寒いこどもが雪の中 腹をへらして立っている 誰ぞくだされにぎりめし せめてくだされ いものつる  たぬきがの ばけてもの しっぽがの 見えとった それでもの 吾作はの にぎりめしとりだして  どこのこどもじゃ雪の中 わけてやろうぞ にぎりめし ふといしっぽととりかえじゃ さぁさ手をだせしっぽだせ  たぬきはの あわてての しっぽをのひょいと持ち 首にまき 鼻すすり えりまきのふりをした  遠いところで かかさまが わしをおもうて あんでくれた たぬき色したえりまきを はなすわけには いきませぬ  ふたりして思案した えりまきとにぎりめし ひもじさは おたがいじゃ どうしたら よいのじゃろう  思案してても 雪はふる 寒いひもじぃ 日は暮れる やがてたぬきは泣きだした しっぽぷらぷらにげだした  吾作はの 追いかけた にぎりめし わたそうと えりまきは にげていく にぎりめし 追いかける  いつか追いつけ にぎりめし 走るしっぽも つめたかろう 行けど行けども白い道 行けば行くほどひもじかろう
カラスカラス忌野清志郎忌野清志郎糸井重里忌野清志郎気だてのいい まっくろなカラスと いじのわるい まっしろな白鳥が どこかで あらそっていたら おれは カラスに味方するつもりさ だけどカラスや白鳥の 性格をみわける方法が わからねぇんだよ カラス! ふきつそうで ふけつそうなカラス  気だてのいい まっくろなカラスと いじのわるい まっくろなカラスは おそらく つきあっているぜ おれは そいつもわかってるはずさ だけどカラスの交際に 口をだすようなバカなまね したくねぇんだよ カラス! きたなそうで こずるそうなカラス  天気のいい まっさおな空も 花の咲いた みどりの公園も どこだって 飛びまわっていい おれは カラスをひいきするつもりさ だけどカラスは夜が好き ぬりこめられた闇のなかで 暮らしたいんだろ カラス! ふまんそうで かわいそうなカラス ふまんそうで かわいそうなカラス ふまんそうで かわいそうなカラス カラス カー カー カ・カ・カ・カ カラス
パパの歌GOLD LYLIC忌野清志郎GOLD LYLIC忌野清志郎糸井重里忌野清志郎家のなかでは トドみたいでさ ゴロゴロしてて あくびして ときどき プーっと やらかして 新聞みながら ビールのむ  だけどよ 昼間のパパは ちょっとちがう 昼間のパパは 光ってる 昼間のパパは いい汗かいてる 昼間のパパは 男だぜ (カックイー)  休みの日には 10時半に起きる シャワーをあびて テレビみて 時々ぶらっと 散歩して お腹のでっぱり 気にしてる  んでもさ 働くパパは ちょっとちがう 働くパパは 光ってる 働くパパは いい汗かいてる 働くパパは 男だぜえ(へーえ)  そうだぜ 昼間のパパは ちょっとちがう 昼間のパパは 光ってる 昼間のパパは いい汗かいてる 昼間のパパは 男だぜ  昼間のパパは いい汗かいてる 昼間のパパは 男だぜ 昼間のパパは 光ってる
パパの手の歌忌野清志郎&2・3' S忌野清志郎&2・3' S糸井重里忌野清志郎むかしちいさかったパパの手は いまはすっかり おおきくなって いろんなことをしています ビルをたてたりしています [橋をかけたりしています] きのうやさしかったパパの手は きょうはグィーンとつよくなって だいじなしごとしています もじをかいたりしています (でんわかけたりしています)  手・手・手 にぎってみよう 手・手・手 ちかくでみよう 手・手・手 すごいなパパの手 手・手・手 さわってみよう 手・手・手 かじってみよう 手・手・手 ひるまのパパの手  ひるまがんばってたパパの手は よるはすっかりほんわかして たのしみながらやすみます ビールのんだりしています (あたまかいたりしています)  手・手・手 にぎってみよう 手・手・手 ちかくでみよう 手・手・手 すごいなパパの手 手・手・手 さわってみよう 手・手・手 かじってみよう 手・手・手 ひるまのパパの手
ずっと読みかけの夏 feat.CHEMISTRY冨田ラボ冨田ラボ糸井重里冨田恵一秋の風 海を渡ってくる 蝉しぐれ 遠くに あのひとは 白いブラウス着て 目を細め バスを待つ  思いでは 嘘をつくもの あの町も 遠い  ただひとり どこへ 旅立つつもり 微笑みだけ 残して  ずっと 読みかけの夏は いまも 読みかけのままさ 初恋までも届かない背丈で 胸の高鳴り 聴いてた  少年の 投げる石つぶては(燃える) 青草の ジェラシー  思いでは 嘘をつくもの あのひとは おとな  秘密とか 乳房 胸に隠して 微笑みだけをくれる  ずっと 読みかけの本は いまも 読みかけのままさ 初恋さえもしらない頁に 指を挿んで  ずっと 読みかけの夏は いまも 読みかけのままさ 初恋までも届かない心が 雲の動きを 見上げてた  微笑みだけをくれた  ずっと 読みかけの本は いまも 読みかけのままさ 初恋なんか忘れかけた いまも 捨てていないよ  ずっと 読みかけの夏は いまも 読みかけのままさ 初恋までも届かない背丈で 胸の高鳴り 聴いてた
追跡ハートエイク桑名正博桑名正博糸井重里桑名正博桑名正博Baby 幸せな女だよ Baby 男まるごと Baby…本気にさせて 晴れた午後は恋に破れた 男には迷惑さ だからワイパー忙しそうに 涙をはじいてる ハートエイク 胸にキリキリ突きささるおまえ ハートエイク やけどするまで近づいてほしいのさ だから恋に間に合うように頼むぜ Oh Yeah!! 走りまくれセダンスニーカー  Baby 人混みが笑うよ Baby 街の景色が Baby…ちがって見えるぜ 愛を忘れてジョーク混じりで 生きてもいられたさ こんなせつない気持どこにも見あたらなかったよ  ハートエイク 胸が焦げてる火を点けたおまえ ハートエイク ひとり俺だけつらい夢見ているぜ だから恋が逃げないように頼むぜ Oh Yeah!! 走りぬけろセダンスニーカー  ハートエイク 胸にキリキリ突きささるおまえ ハートエイク どこにいるのかどこまでも追いかける 急げ恋が逃げないように頼むぜ Oh Yeah!! 走りまくれセダンスニーカー
MITSUKO沢田研二沢田研二糸井重里加瀬邦彦後藤次利めざめたら サテンのシーツ 柔らかに くぼんでいる 置き手紙がわり 残してる香り 消えていくよ MITSUKO 毛布から指だけ出して 想い出を数えていた 悲しい笑顔で 唇をかさね 泣いていたね MITSUKO NON……おまえを好きになればよかった NON……いっしょに不幸になればよかった 枯葉だけが MITSUKO 窓をたたくよ MITSUKO  花束も 言葉もあげず 蜜の味だけを吸った 冷たい季節を あたためさせてた やさしかった MITSUKO  NON……あたためかえして やればよかった NON……いっしょに 不幸に なればよかった NON……逢えなくなる日がくるより先に NON……ほんとの名前を聞けばよかった  肌の移り香さえも 消えていくよ MITSUKO 朝も明けるよ MITSUKO 朝も明けるよ MITSUKO
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
TOKIOPLATINA LYLIC沢田研二PLATINA LYLIC沢田研二糸井重里加瀬邦彦後藤次利空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突きぬけ 星になる 火を吹いて 闇を裂き スーパー・シティが舞いあがる TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  海に浮んだ 光の泡だと おまえは言ってたね 見つめていると 死にそうだと くわえ煙草で涙おとした  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOは夜に飛ぶ  欲しいなら 何もかも その手にできるよ A to Z 夢を飼う 恋人に 奇跡をうみだす スーパー・シティ TOKIO 哀しい男が吠える街 TOKIO TOKIOが星になる  霧にけむった不思議の街に あやしい胸さわぎ やすらぎ知らない遊園地が スイッチひとつでまっ赤に燃えあがる  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが空を飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが空を飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが星になる……
恋のバッド・チューニング沢田研二沢田研二糸井重里加瀬邦彦後藤次利Bad Bad Bad Tuning ずれてるほうがいい Bad Bad Bad Tuning 男と女  似合うはずもない 二人と 噂されるのもいいさ キメすぎばかりじゃ息もできない 心の奥を のぞいて 愛を確かめるなんて 男と女の 謎のたのしさ 知らず知らずに 捨ててるだけだよ  はじめからちょっとずれてる周波数 無理も我慢もしなくていい ちょっとずれてる周波数 100も承知でいたよ 気持がいいから このままで 恋の Bad Bad Bad Tuning  Bad Bad Bad Tuning ずれてるほうがいい Bad Bad Bad Tuning 男と女  火の玉みたいに熱いハートの温度があれば 抱きしめあったらわかりあえるさ 心の距離も少しは遠くにあるほうがいい 愛の電波はどこでも届く 離れているから優しくなれるよ  はじめから ちょっとずれてる周波数 意地もてらいも捨てていい ちょっとずれてる周波数 夢を見るように酔えばいい その気があるなら このままで 恋の Bad Bad Bad Tuning   はじめからちょっとずれてる周波数 無理も我慢もしなくていい ちょっとずれてる周波数 100も承知でいたよ 気持がいいから このままで 恋の Bad Bad Bad Tuning  Bad Bad Bad Tuning ずれてるほうがいい Bad Bad Bad Tuning 男と女
君の名はサイコ郷ひろみ郷ひろみ糸井重里坂本龍一坂本龍一雨音だけ聞いてた ひとりの夜 ラジオの音でもなく 女の声 耳のそばで ささやく くすぐるように 出逢いの時 いまでも 思い出すよ 君の名はサイコ 僕だけが抱いた 君の名はサイコ 夢と現(うつつ)の境界(さかいめ)で抱いた  胸と胸をあわせて 眠った夜 指に髪をからめて 遊んだ夜 ドアを叩く気配に 君を匿(かく)し 息ひそめていたこと おぼえている 君の名はサイコ いつか消えたひと 君の名はサイコ 記憶のなかに住んでいる女(おんな)  君の名はサイコ 僕だけが抱いた 君の名はサイコ 夢と現の境界で抱いた  君の名はサイコ いつか消えたひと 君の名はサイコ 記憶のなかに住んでいる女(おんな)
愛の空中ブランコ郷ひろみ郷ひろみ糸井重里坂本龍一坂本龍一愛の愛の愛の空中ブランコ ひとりの女が堕ちた 偽ものの宝石を からだいちめんぶちまけ 胸の谷間にくちづけの跡 眩しくきらめくあなたは 上(かみ)手には僕が待つ 下手(しもて)遠くを見つめる 客の視線は期待している 男か女の墜落  あなたが手をのべる ああ僕の手はとどかない 墜ちるあなたを目で追って 僕はまだ揺れている  愛の愛の愛の空中ブランコ ひとりの男が残る  スポットが注がれる 愛に倒れた女に どんな不幸もキラキラ光る 妖しく続くよサーカス 地上には何がある 誰も教えてくれない 空中から叫ぶ言葉は ドラムロールに消された  あなたは手をのべた ああ僕の手は届かずに 墜ちるあなたをつかめない 僕はまだ揺れている  愛の愛の愛の空中ブランコ ひとりの女が堕ちた 愛の愛の愛の空中ブランコ ひとりの男が残る
独身貴族郷ひろみ郷ひろみ糸井重里矢野顕子坂本龍一悪いけどテレビのスイッチを点けてくれ パジャマの足先に言ってみる 朝10時 「モーニングコール」と昨夜(ゆうべ)こじれた かわりをみつけておかなきゃ  ペパーミントの鉢植え ベストセラーのアルバム よぶんなもの捨てたらもう少し広くなる 退屈だけど暮らしていたい ひとりで部屋ごと旅人  愛に背中をもたれてるより 椅子にこころよりかけている 人と人がよりそう時は 嵐の夜か寒い朝だけ  靴のひも結んでエンジンを暖めて まずい煙草くわえ どこへ行く午後1時 退屈だけど走っていたい ひとりでいるから旅人 ひとりでいるから旅人
恋は千里眼山口百恵山口百恵糸井重里来生たかお大谷和夫絵葉書の 白い余白に 女の横顔描いた 似てないと すぐに言葉を となりに書き添えていた About you あなたのことよ About you あなたの姿 見えるのよ 恋は千里眼 だから私のほうを向いて  見なれない お酒の壜ね ひとりで半分空けた 夕暮は チャイナドレスを 目で追う浮気もしてた  About you あなたのことよ About you あなたの行方 追えるのよ 恋は千里眼 だから私の目に気をつけて  寝る前に ひとりプールで 泳いでシャワーを浴びた 早口の ラジオのニュース 聞きながら さみしくなった About you あなたのことよ About you あなたのことが わかるのよ 恋は千里眼 だけど私は遠くにいる  About you あなたと逢って About you あなたのからだ 触れたいの 恋は千里眼 だけど私をひとりにしないで About you あなたのことよ…
春咲小紅安藤裕子安藤裕子糸井重里矢野顕子山本隆二ほ~ら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね わたしのココロ ふわふわ舞い上がる  いつ咲くかしらと待ちぼうけ 指折り数えていたかしら お返事出します 微笑みの どこかにポチッと赤い色 わたしに逢えばわかります 自分で言うのもヘンだけど 今日はなんだかキレイです  ほ~ら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね 陽だまりかげろう ユラユラ春の夢  ほ~ら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね ガラスの花びん キラキラ午後の星  春夏秋冬 そして春 やさしいあなたを見つめてた お返事おくれてごめんなさい 窓の景色もとりかえて あなたがくるのを待ってます 自分で言うのもヘンだけど 今日はなんだかいじらしい…  ほ~ら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね 思い出回る くるくる かざぐるま  ほ~ら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね わたしのココロ ふわふわ fu...  ほ~ら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね わたしのココロ ひらひら踊ってる…
AMENIC(逆回転のシネマ)ピンク・レディーピンク・レディー糸井重里梅林茂EX後(うしろ)から観(み)る 映画みたいに 終(おしま)いのSceneは 始りの 胸ときめく プロローグなの  さよならは Hello 沈む陽は Sunrise 悲しみのSceneは いつかきっと 結ばれてくはずのラブ・ストーリー  Happy endはきっと ふたりはじめて 会えた時ね 恋の逆回転 さよならは Hello  後から見る あなたの背中 振り向いちゃだめよ いまだから 見つめられる ほんとのふたり
天使たちの場所矢沢永吉矢沢永吉糸井重里矢沢永吉背中に細い腕をまわし 胸で 泣けるなら  忘れられるさ 何もかもが つらい想いに Good-bye  酔っているのは お前にさ やさしい まなざしに 時計がにじむ  二人だけの夜は 流れる 昔こうして 見つめあい 同じ夢を 追いかけた  ひとりだけの ru… 寒い夜を どれほど 数えた  酔っているのは お前にさ やさしい まなざしに  言葉は後で 探すけれど このまま 抱いていたい woo…  (Ha…ha…ha…tu…)
雪列車甲斐よしひろ甲斐よしひろ糸井重里坂本龍一前野知常匂うように 笑うように 雪が降る 白い景色 逃げるように 汽車は走る  サヨナラが 夢ならば ひき返すけど あの頃が 夢ならば このまま行く あたたかいものを 何かください こころも からだも 寒すぎるので…どうぞ  少しばかり 離れた席 恋人たち 無邪気色の ひざかけを かけて眠る  何気なく 髪を切れた 幸せな日は 同じように 雪の日で あなたといた あたたかいひとに もたれていたい ひとりで いたけど 冷えてきたので…どうか
豚の丸焼き背中にかついで上條恒彦上條恒彦糸井重里クニ河内豚の丸焼き背中にかついで やってきました。 おまえさまに 食ってもらいたいで。 豚をぶったたいて 火をたいて 焼きました。 山の向こうから、走って来ました。  汗かいてるし 汚れているので 会わねえで 帰ります。  なまえのわからねぇ 花もひっこぬいて持ってきました。  汗かいてるし 汚れているので 会わねえで 帰ります。
ひとつ やくそく上條恒彦上條恒彦糸井重里クニ河内なにを いうかと おもうだろうが そんなこと しるかと おもうだろうが  おやより さきに しんでは いかん おやより さきに しんでは いかん  いくつも いったら まもれないけど どうせだったら ひとつだけ  おやより さきに しんでは いかん おやより さきに しんでは いかん  ほかには なんにも いらないけれど それだけ ひとつ やくそくだ  おやより さきに しんでは いかん おやより さきに しんでは いかん  なにを いうかと おもうだろうが そんなこと しるかと おもうだろうが  おやより さきに しんでは いかん おやより さきに しんでは いかん  おやより さきに しんでは いかん
ピンナップ・ベイビー・ブルースシーナ&ロケッツシーナ&ロケッツ糸井重里鮎川誠鮎川誠いつもの地下鉄プラットホーム 水着姿のおまえを見たよ いそがしそうに行きすぎる 人の流れに微笑んでたね  ピンナップベイビィ 恋をした ピンナップベイビィ オレのもの ピンナップベイビィ ひとりじめ お前をはがしてさらってゆきたい  海辺が見えたよプラットホーム ドアがしまればお別れだから 電車とびおり立ちつくす 壁のポスターおまえの写真 ピンナップベイビィ 恋をした ピンナップベイビィ ひとりぼっち ピンナップベイビィ 見つめて お前と二人で くらしていたい  真夏(なつ)が終わればプラットホーム 赤いビキニのおまえはいない 誰もがみんな小麦色 秋をむかえに行くはずなのに ピンナップベイビィ I LOVE YOU ピンナップベイビィ I NEED YOU ピンナップベイビィ I LOVE YOU お前をはがしてさらってゆきたい  ピンナップベイビィ ×3  お前をはがしてさらってゆきたい  ピンナップベイビィ ×3 ピンナップベイビィ ×3 さらってゆきたい
くまんばちがとんできた矢野顕子・坂本美雨矢野顕子・坂本美雨糸井重里矢野顕子くまんばちがとんできた くまんばちがとんできた ビビビービービー ビビビビー ビービービビビビー  おうちのなかを ぶんぶんぶん あいつにさされたら たいへんだ わたしも ははも にげまわる いぬも いっしょに にげまわる  くまんばちがとんでいる くまんばちがとんでいる ビビビービービー ビビビビー ビービービビビビー  おうちのなかは おおさわぎ ちらかる ころがる さけぶ なく ふたりで ちからあわせたら なんか 方法が あるんじゃない  くまんばちがとんでいる くまんばちがとんでいる ビビビービービー ビビビビー ビービービビビビー  でんきそうじき とりだして ゆうきをだして すいこんじゃえ こわいぞ とてもこわいけど いぬも たよりに ならないし  くまんばちをすいこんだ くまんばちをすいこんだ くまんばちをすいこんだ くまんばちをすいこんだ くまんばちをすいこんだ くまんばちをすいこんだ ビビビービービー ビビビビー ビービービビビビー  ちょっとだけ かわいそうな気もしたよ
走れウサギコシミハルコシミハル糸井重里細野晴臣あきらめてた恋のカケラ持って もいちど来て赤いベスパに乗り ま夜中の街 走りぬけてウサギのように急いで 星占いしてもあわないけど ケンカばかりだけどいいじゃないの ま夜中の街 走りぬけてウサギのようにいちずに  窓から細い道を見てるラジオの音さみしすぎて 低く流してる夜は更けひとりで つらい気持 抱きしめる woh woh  ピンボールはいつも自慢の腕 ひとり乗りの赤いベスパが好き いつでもそばにいたわ二人誰よりわかりあってた 黄色い靴キザに見えてたひと 流行の髪なぜか似合わなくて それでも好きよ 走ってきてウサギのように急いで  電話をかけてきてもだめよ 声を聞いて抱きしめられなくて そのままで夜が明けひとりで 雨の朝をむかえるの? woh woh  走りぬけてよ わたしのため 走りぬけてよ ウサギのように 
トキオッTOKIOキーヤキッスぱにっくキーヤキッスぱにっく糸井重里加瀬邦彦空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突きぬけ 星になる 火を吹いて 闇を裂き スーパー・シティが舞いあがる  TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  海に浮んだ 光の泡だと おまえは言ってたね 見つめていると 死にそうだと くわえ煙草で涙おとした  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOは夜に飛ぶ  欲しいなら 何もかも その手にできるよ A to Z 夢を飼う 恋人に 奇跡をうみだす スーパー・シティ  TOKIO 哀しい男が吠える街 TOKIO TOKIOが星になる  霧にけむった 不思議の街に あやしい胸さわぎ やすらぎ知らない 遊園地が スイッチひとつで まっ赤に燃えあがる  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOが夜に飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが空を飛ぶ  TOKIO やさしい女が眠る街 TOKIO TOKIOは夜に飛ぶ TOKIO TOKIOが二人を抱いたまま TOKIO TOKIOが星になる…
ニットキャップマン矢野顕子矢野顕子糸井重里岡田徹矢野顕子山田川(さんだがわ)のほとりのテトラポットのとぎれる所 三畳くらいの空き地があって そこにフジオさんが住んでいた うすら寒い三月 テトラポットのすきまの穴に パチンコ帰りの散歩してた 僕が落ちて足をくじいた  ずぶぬれの僕を背負い 家まで 連れていってくれた オー フジオさん 川岸を息を荒げ 家まで 急ぎ足で歩く オー フジオさん  ダシの効いた感じのニットキャップのお似合いな人 常田富士男にそっくりなので ぼくはフジオさんと呼んでいた やがて夏が来たけど ニットキャップはかぶったままで 煮しめたみたいなTシャツ着てた(m m m) フジオさんは生きていた  知り合ってから何か月 ンー ぼくらは 女のことだとか バクチのこと くだらない話したり ビールを 炊んで川を見てた オー フジオさん  知り合って 6ヶ月で オー 別れた 女たちはいたが オー フジオさん 死んじまつた 男なんて ンー いないよ 誰に知らせようか オー フジオさん オー フジオさん  いつもつながれていた雑種ドックが 声をからして たぶん助けを呼んでたのだろう ぼくはフジオさんを見つけた 山田川のほとりのテトラポットのとぎれる所 三畳くらいの空き地のそばで そばでフジオさんが死んでいた  誰に会いたかったのか? オー フジオさん 墓はどこにしようか オー フジオさん 犬はどうしようか オー フジオさん 誰に知らせようか オー フジオさん オー フジオさん オー フジオさん  
あなたに熱中浜田朱里浜田朱里糸井重里馬飼野康二あなたと夢なら抱きしめあえる あなたは夢なら KISS してくれる ほんとのあなたは ふたりだけでいても おしゃべりばかりで なんにもできないの 好きよ あげたいの 待ちくたびれて こころつなぐ糸 もうほどけそうよ だめよ ためらいは 愛してるなら かたく結ばれて もう離れない 離せない 離さないで  あなたと夢なら ほほよせあえる あなたは夢だとおとなに見える ほんとは いつでも 無邪気な笑顔だけね 悲しいことだって ほしい季節なのに 好きよ あなただけ 泣きたいくらい だから たしかめて もう何もかも いいの ためらいは 愛してるなら きつく抱きしめて もう離れない 離せない 離さないで  好きよ 好きだから いつでもいいの 胸に咲いた花 もうこぼれそうよ いやよ ためらいは 愛してるなら つよくひきとめて もう帰れない 帰せない 帰さないで
ラスト・プリテンダーピンク・レディーピンク・レディー糸井重里高橋ユキヒロ失くしたものはいつも キラキラの ダイヤモンドに思えるの 探しちゃいけない ちっぽけな恋のガラス玉 それはそれで 素敵だけど ふたりの部屋を逃げて コロコロと 地の果てまでも転がるの ため息ひとつだけで 毀(こわ)れそうな恋のガラス玉 つくり微笑(わら)い ふたり似合い プリテンダー わたしは (I know you see it in my eyes) プリテンダー 飽き飽きしたわ 偽りはとても優しい ほんとの愛よりも たぶんずっと それが好きなら いつまでも ひとりだけで 酔っていてよ プリテンダー わたしは (I know you see it in my eyes) プリテンダー 飽き飽きしたわ だから最後のひと言は 愛するため 愛するため 手を離して…… (Sorry, I have to go now)
タンポポ急行奥居香奥居香糸井重里奥居香ふたつおきに 通り過ぎていく駅は いつかふたり おなじ車窓(まど)から見た駅 おなじ色の服着ていた 恋人のつもりで  電車のなか 早春(はる)の顔の高校生 線路のはじっこ 黄色いタンポポ サミシサについておしゃべり 薄い汗 まぶしい  いますぐ あのひとの住む場所に 運んでいってよ さよならだけ言うの 山には残る雪 思いでも もうじき溶けてく さよならだけ言うの 冬の恋人(ひと)に  はじまりは 寒い風の吹く駅で あたためあうように 寄りそっていたね 離れたら凍えそうだと 思いこんでいたよ  あの頃 着たかったセーターも しまったままなの さよならして着るの ふたりで はじめての旅行して みるつもりだった タンポポの花も きっと もう見たよ  いますぐ あのひとの住む場所に 急いで走って さよならだけ乗せて いますぐ あのひとの住む場所に 運んでいってよ さよならだけ言うの
ともだちだからね(桜桃)奥居香奥居香糸井重里奥居香ともだちだからね 迷惑かけていいんだよ ともだちだからね なんでも言ってよ  やさしい人や親切な人 いっぱいいるけどわたしはちがう いじわるするし けんかもしたし ちからはぜんぜんないけれど  味方になるよいつだって 理由なんか知らない ひとりにはさせないよ だってきっとずっと  ともだちだからね ひとりで泣いちゃいけないよ ともだちだからね 甘えにこなきゃだめよ ともだちだからね ひとりになっちゃいけないよ ともだちだからね わかるよ…なんか…  恋人のこと学校のこと くだらないこともいっぱいあって なんとかしてた ふたりでいつも じょうずじゃぜんぜんないけれど  孤独じゃないよいつだって 世界中が敵でも ふたりならだいじょうぶ だってきっとずっと  ともだちだからね わたしにとって大切な ともだちだからね じぶんよりだいじだよ ともだちだからね いつもはふざけているけど ともだちだからね なんでも言ってよ
ひまわり奥居香奥居香糸井重里奥居香青い青い青い空は ドアの奥をのぞけないし 白い白い白い雲は 雨の気持ちわからない あなたは わたしを 知らない  闇を溶かす朝日だって 沈む夕陽見たことない 大きな海 泳ぐイルカ 森の緑知らない  たまにそんなこと 言いたくて 言いだしかけてそのままやめて…でも ときどき  ひまわりだって泣きたいんだ 太陽なんか見たくもない その気持 みんなに だまっているだけ  ひまわりだって 飛びたいんだ 大空たかく 踊るように そんなこと みんなにかくしているだけ  ながいながいながい時間(とき)を かさねあわせ過ごしてきた 遠く遠く遠い旅も 手をつないで歩いたね  いつもやさしくてありがとう 世界一大切なひとだよ でも ときには  ひまわりだって 悲しいんだ 雨にうたれて 倒れてもいい そんな時 あなたにわかってほしいよ  ひまわりだって 走りたいんだ 仔犬みたいに 転げながら そんな日はあなたに守ってほしいよ
わがまま前川清前川清糸井重里後藤次利あなたの腕でなら 眠れる あなたの胸でなら 涙おとせる あなたの指先は どんな櫛よりも素敵 あなたのまなざしは どんな鏡よりも明るい  くちに出して言いたい 死ぬほど愛していると おとなでいたいけど おとなでいられないのよ しかられてもいい わがままを言わせて  やさしいひとときが 時計で はかれるはずもない だけどいつでも あなたの靴音は 遠く消えて行く夜に わたしは ドアの鍵 音をたてないでかけてる  甘えさせてたまには 死ぬまで抱いていてよ おとなでいたいけど おとなでいられないのよ めいわくなくらい わがままを言わせて  くちに出して言いたい 死ぬほど愛していると おとなでいたいけど おとなでいられないのよ しかられてもいい わがままを言わせて
絶望的に泣いている生きものへ<涙が海とおなじものなら、海も涙とおんなじなんだ>奥居香奥居香糸井重里奥居香涙のしおからさ 涙のあたたかさ あなたは知ってる 涙は海だと 気づいている  怒りも失くすほど 疲れてたおれてる あなたは知らない 海こそ涙と 聞いていない  海に会いたくて 泣いているひとよ 生きていてごらん 夜明けを見ようよ  他人がみんな 敵に見えるなら まぶた閉じて 逃げてもいいんだ ツキと運を つかい果たしたら 愛のカケラ 拾おう  海になりたくて 泣いているひとよ 生きていてごらん 晴れた日もくるよ  他人のコトバ 嘘に思うなら 耳をふさぎ 歩けばいいんだ どんな歌も 遠く感じたら 胸の音を 聴くんだ  生きていてごらん あたたかな 涙 生きていてごらん やわらかな からだ 生きていてごらん 生きていてごらん
はんぶん奥居香奥居香糸井重里奥居香電話をありがとう 耳がうれしい 目を閉じてからも 声が残ってた …でも あいたいよ ほんとは いますぐ  離れているときは なにかたりない うれしいこととか 見つけにくくなる …いま あいたいよ こころが やせちゃうよ  もしも すぐに ここに きてくれたら なにも言わず 抱いて そして 指や顔を なでまわして たぶん 泣いちゃう  あなたは わたしの おおきな はんぶん わたしは あなたの ちいさな はんぶん ともだちや 恋人じゃ たりない  あなたは わたしの やさしい はんぶん わたしは あなたの さみしい はんぶん 離れてちゃ いけない  きっと つぎの春も 夏も 秋も 冬がきても いっしょ だけど すぐに ここに きてほしいよ 胸が さむいよ
Happiness矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子矢野顕子髪のながい 微笑みのきれいな ハイヒールの女のひとと わたし 人生をとりかえた 地下鉄のなか 寒さ寒い みぞれのふる夜に わたし 人生をとりかえた  しあわせそうにみえたんだ しあわせそうにみえたんだ だけどそうでもなかった だけどそんなことなかった なかった  いい服を着た とても背の高い 金持ちそうな男のひとと 僕は人生をとりかえた 高いクルマで 走る走る ハイウェイをとばした ぼくは人生をとりかえた  しあわせそうにみえたんだ しあわせそうにみえたんだ だけどそうでもなかった だけど そんなことなかった なかった  街のどこか かなしさをかかえた ぼくたちみたいな男や女が そっと人生をとりかえる  しあわせそうにみえるんだ しあわせそうにみえるんだ だけどそうでもないんだ だけど そうでも そうでも そうでも なかった なかった
クリームシチュー矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子槇原敬之傷つくことは とても痛いけど 傷つくことは 怖くはないんだ 激しい雨が降る夜は 晴れた朝の空をかくしてる ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ  あったかいクリームシチューを食べよう 鍋のなかには とろんとおいしい あったかいクリームシチューを食べよう ほら おなかから あたたまるだろう  ひとの気持ちは とても不確かだ ひとの気持ちは ゆらゆら揺れてる 冷たい風の吹く冬は やがて芽吹く花をかくしてる 言葉なんていらない 床にこぼれるだけ 言葉なんていらない 床にこぼれるだけ  あったかいクリームシチューを食べよう 鍋のなかでは 湯気までおいしい あったかいクリームシチューを食べよう ほら おなかから あたたまるだろう  ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ  あったかいクリームシチューを食べよう 鍋のなかには とろんとおいしい あったかいクリームシチューを食べよう ほら おなかから あたたまるだろう
ニットキャップマンmoonridersmoonriders糸井重里岡田徹岡田徹山田川のほとりの テトラポットのとぎれる所 三畳くらいの空地があって そこにフジオさんが住んでいた うすら寒い三月 テトラポットのすきまの穴に パチンコ帰りの散歩をしてた ぼくが落ちて足をくじいた  ずぶぬれのぼくを背負い家まで 連れていってくれた オー フジオさん 川岸を息をあらげ家まで 急ぎ足で歩く オー フジオさん  ダシの効いた感じの ニットキャップのお似合いな人 常田富士男にそっくりなので ぼくはフジオさんと呼んでいた やがて夏が来たけど ニットキャップはかぶったままで 煮しめたみたいなTシャツ着てた(mmm) フジオさんは生きていた  知り合って何カ月か ンー ぼくらは 女のことだとか バクチのこと くだらない話したり ビールを 飲んで川を見てた オー フジオさん  知り合って 6ヶ月で オー 別れた 女たちはいたが オー フジオさん 死んじまった男なんて ンー いないよ 誰に知らせようか オー フジオさん オー フジオさん  いつもつながれてた雑種ドックが 声をからして たぶん助けを呼んでたのだろう ぼくはフジオさんを見つけた 山田川のほとりの テトラポットのとぎれる所 三畳くらいの空地のそばで そばでフジオさんは死んでいた  誰に会いたかったのか? オー フジオさん 墓はどこにしようか? オー フジオさん 犬はどうしようか? オー フジオさん 誰に知らせようか? オー フジオさん オー フジオさん オー フジオさん
SUPER FOLK SONG矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子I READ THE NEWS TODAY, OH BOY  恋に遠慮はいらないけれど 遠慮は恋が嫌いです 逢いたい気持は夜の道 人目忍んで野球帽 特に名は秘すロミオ様 ほんとの名前はマサル君 逢いたさ見たさの急ぎ足 ライト点けずにラッタッター  花も恥じらうジュリエット 村でも1・2のミドリちゃん 親と親とは敵どうし 選挙のたびになぐりあい 人の恋路は曲り道 そそぐ油でまた燃える  愛は後悔しないものです 後悔は先に立ちません 星も輝く空気もいい キツネもタヌキもお嫁入り 勇気リンリンロミオ様 汽車の切符をにぎりしめ 「いざとなったら貯金箱こわしていいわ」 とジュリエット  山は紅 明日は雪 三月桜の夏の夢 牛と馬とでお見送り 豚はクールに背を向けた 味方もあれば敵もある 各駅停車の逃避行  愛は優しくはかないもので はかなきゃ夜空が身にしみる かえすがえすも残念なのは 残り時間のやるせなさ イマジネーションふくらまし ハッピー・エンドにしてください ハッピー・エンドにしておくれ
ヘンタイよい子の唄moonridersmoonriders糸井重里鈴木慶一緑なす つけよ心の糖に釘 千々に乱るる 垂乳根は 逢うも 逢わぬも 二歩 三歩 ああ 時のみぞ いたずらに ああ 時のみぞ いたずらに 輝く我等は ヘンタイよい子  ひねもすの 浮かぶ海辺に春来たる 学の窓に 明けガラス 勝つな 敗けるな 我イモよ ああ 幻の青春に ああ 幻の青春に あやしく旗めく ヘンタイよい子  いざ行かん 登る夕日の故郷へ 砕けよ 金玉(キンギョク) 百ハッの 一つ一つが 万兆に ああ 人は知る DNA ああ 人は知る DNA 捩じれる明日の ヘンタイよい子  青空と つがう バベルの 安普請 蛍の光 肌の艶 節の穴よりもれいでり ああ 言の葉はわくらばり ああ 言の葉はわくらばり 黙せよ愛もて ヘンタイよい子
アフリカの夢をスリー・グレイセススリー・グレイセス糸井重里矢野顕子井上鑑月あかりにうかんだ キリンの影 ながいまつげ 水辺にはピンクの フラミンゴも集い眠る  アフリカの夢を ふたりでみよう トーキョーの部屋 夢が醒めたら ティータイムにして 笑いながら 話そう  昼寝してる あなた 窓の外は みどりはるか アフリカ  山あいにしずんだ 夕陽がもう 帰ってくる 朝つゆはいまごろ まるくなって 待っているね  アフリカの夢を ふたりでみよう トーキョーの部屋 夢で迷子に なりそうな時は 名前呼びあう  昼寝してる わたし 夢の中は 遠く近い アフリカ 昼寝してる ふたり 夢はひとつ いつか行こう アフリカ
夢のヒヨコ矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子コドモはオトナじゃないんですけれど オトナじゃできないこともする 3000万人コドモがいたら なんでもできそうなきがするよ だってコドモは コドモは 夢のヒヨコを飼ってるもん 夢のヒヨコを飼ってるもん ピヨピヨピピピー ヒヨコがぴょん ピヨピヨピピピー あつまって ピヨピヨピピピー いろんなことを かんがえる  コドモはオトナになれるんだけど オトナもコドモになれるって おおきなコドモとちいさなコドモ どっちもヒヨコを飼えばいい だってだれでも だれでも 夢のヒヨコを飼えるんだもん 夢のヒヨコを飼えるんだもん ピヨピヨピピピー ヒヨコはぴょん ピヨピヨピピピー なかよしで ピヨピヨピピピー いろんなこと あそんでる  ピヨピヨピピピー ヒヨコがぴょん ピヨピヨピピピー あつまって ピヨピヨピピピー いろんなことを かんがえる ピヨピヨピピピー ヒヨコはぴょん ピヨピヨピピピー なかよしで ピヨピヨピピピー いろんなこと あそんでる  ピヨピヨピピピー ピヨピヨピピピー ピヨピヨピピピー
地平線を見て育ちました安全地帯安全地帯糸井重里玉置浩二安全地帯あなたの目は 信じられる 遠くを見つめてきたから あなたの手は 信じられる 大地をさわってきたから  白い息が 語りかける 凍えそうな わたしの耳に そのまま腕を ひろげ そのまま腕を ひらいて すべてを包みこんでください  あなたの影 牧草(くさ)のうえで しずかにわたしを 見ている つかれたかと たずねている やさしさ 強さでかくして  北の朝は しかりつける ちぢみかけた わたしのこころ おおきく息を すって おおきくひとみ ひらいて 真直(まっす)ぐに歩きだしてごらん  地平線を見てた わたし 地平線が育てた わたし  そのまま腕を ひろげ そのまま腕を ひろげ おおきく息を すって おおきくひとみ ひらいて 真直(まっす)ぐに歩きだしてごらん  あなたの目は 信じられる 遠くを見つめてきたから あなたの手は 信じられる 大地をさわってきたから  あなたの目は 信じられる 遠くを見つめてきたから あなたの手は 信じられる 大地をさわってきたから
暗い部屋でビートたけしビートたけし糸井重里小田裕一郎女には 逃げられた 相棒にも 捨てられた ヤクザには からまれた おまわりさんには おこられた 暗い 暗い 暗い… かわいそうだなぁ このオレも 夜の四谷で 暗い四谷で 石投げた  女には謝った 相棒には へつらった ヤクザには 土下座した おまわりさんには おじぎした ごめん ごめん ごめん… かわいそうだなぁ このオレも いやな夢みて 悪い夢見て うなされた  女には 嫌われた 何もかも 嫌われた 逃げられて 追いかけて おまわりさんには つかまった 痛い 痛い 痛い… かわいそうだなぁ このオレも 胸が痛くて 金がなくて 水飲んだ  暗い 暗い 暗い…
ただいま矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子ひとりの部屋は夕方はまっくら いやだな誰もいないから いやだな 階段から手を振り駆け足してみたいね テレビの角力の音とか聞きながらね 片手に夕刊つかんでKISSしたいな あわてて転んであなたに笑われたい  ニャンニャンニャニャニャンニャンニャン にぎやかにして ワンワンワワワンワンワン むかえに来てよ みんなただいま むかえにおいで みんなただいま 返事がないね  いつ頃かしらただいまを忘れた 自分の声が夕暮に盗られた 花束でもケーキやお茶でもひとりぶんで ピアノを弾くのも邪魔するひともいない ほんとはわがまま気ままが大好きでも 時にはあの頃みたいにケンカしたい  ニャンニャンニャニャニャンニャンニャン 迷い子の仔猫 ワンワンワワワンワンワン 迷い子の仔犬 みんなでおいで ふざけにおいで みんなただいま ずいぶん待った?  ニャンニャンニャニャニャンニャンニャン 泥足のまま ワンワンワワワンワンワン 走っておいで おいしいものもたくさんあるよ みんなただいま むかえに来てよ
ふりむけばカエル矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子青空にたなびく 洗濯ものよ 白い雲より せいけつな かわいい いじらしい 洗濯ものよ ところが 突然 雨がふる  洗濯ものは びしょぬれ みじめ 悲しい わたし 悲しい その時 「どうにかなるさ」と声がして ふりむけばカエル その声はカエル カエルに言われちゃ しょうがない カエルに言われちゃ 笑っちゃう  黄色くてまあるい 目玉焼きよ 白身にかこまれ しあわせね おいしい うつくしい 目玉焼よ だけどね 突然 こわれちゃう  目玉焼は ぐしゃぐしゃ つぶれ 悲しい わたし 悲しい その時 「おいしくなるさ」と声がして ふりむけばカエル その声はカエル カエルに言われちゃ あきらめよう カエルのまねして 笑っちゃう  その時 「うまーくゆくさ」と声がして ふりむけばカエル その声はカエル カエルに言われちゃ どうしょうもない カエルにまかせて 笑っちゃお
春咲小紅GOLD LYLIC矢野顕子GOLD LYLIC矢野顕子糸井重里矢野顕子ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね わたしのココロ ふわふわ舞い上がる  いつ咲くかしらと 待ちぼうけ 指折り数えて いたかしら お返事出します 微笑みの どこかにボチッと 赤い色 わたしに逢えばわかります 自分で言うのも ヘンだけど 今日はなんだかキレイです  ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね 陽だまりかげろう ユラユラ 春の夢  ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね ガラスの花びん キラキラ 午後の星  春夏秋冬 そして春 やさしいあなたを 見つめてた  お返事遅れてごめんなさい 窓の景色も とりかえて あなたがくるのを待ってます 自分で言うのも ヘンだけど 今日はなんだかいじらしい  ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね 思い出回る くるくる かざぐるま ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね わたしのココロ ふわふわ 舞い上がる  ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね わたしのココロ ひらひら 踊ってる
応援歌、いきます細川たかし細川たかし糸井重里岩崎元是ああー あー あー ツイているとか いないとか ノッているとか ノリそこなったとか 逃げたサカナは 泳ぎがとくい ため息ついても うそつくな ハーハー 生ビールが あるじゃないか 生ビールが あるじゃないか ぐっとぐっと いこうよ 中村くんよォ  おもい おもわれ ふりふられ 雨や荷物じゃ あるまいものを 人の半分 男か女 トカゲ飼っても ケンカは買うな ハーハー 生ビールが あるじゃないか 生ビールが あるじゃないか ぐぐいっとぐぐいっと いこうよ 鈴木さんよォ  でかいちいさい あー言うまえに 見せてごらんよ おまえのまごころを みんなチョボチョボ どんぐりごっこ リンゴむいても 下むくな ハーハー 生ビールが あるじゃないか 生ビールが あるじゃないか あるじゃないか あるじゃないか  生ビールが あるじゃないか ぐいんとぐいんと いこうよ 細川くんよォ ああー あー あー
ワン・ナイト・ショー矢沢永吉矢沢永吉糸井重里矢沢永吉Are you ready? tonight 街中の眠りを さますまで叫ぶぜ ひと晩かぎり 何もかも吹き飛ばし荒れ狂う Typhoon! 拍手だけが俺さ こんな夜は 一人のこらず片想い  Are you ready? I'm OK Don't forget,Have a nice night Are you ready? tonight ハートはむずむず 暴れたい気分さ お前泣かせて帰る 汗も涙もこのまま置きざりさ  Are you ready? あいつは 観てくれているだろう It's alright, We're ready Sexy night ah 何もかも忘れ 今夜かぎりさ 朝にゃお別れ ONE NIGHT SHOW
自転車でおいで矢野顕子矢野顕子糸井重里矢野顕子○月×日 雨のちくもり 僕はだれかを好きと書く それがだれかはわからない  窓の外を犬が歩くてゆく 黒いはな 黒いあし いつもひとりでいる犬だ  知らないあなたに会いたいな  自転車でおいでよ 僕の家はすぐそこだよ とうふ屋のかどから四軒め  ○月×日 晴れのちくもり 僕はだれかがだれかを知る そして名前を書いてみる  庭の池を猫がのぞいている 小さな猫 小さな水 いつもおなかをへらしてる  いつかはあなたに会いたいな  自転車でおいでよ 僕の家はすぐそこだよ 牛乳のあきびんがめじるしさ  自転車でおいでよ 僕の家はまだあるのさ 朝日と夕陽があたる家
あなたのひざで宮沢りえ宮沢りえ糸井重里Bobby Watsonあなたのひざに 腰をかけた ちいさな頃の わたしをまねて あたたかで なつかしくて そのまま うごけない (いろいろ いろんなこと アリガト)  あなたが昔 なみだをながした 映画のことを もっと おしえて もうおとな わかりそうなの もうすこし 背のびさせえて (たぶん たいていのこと わかるよ)  窓のそとから 月がのぞいてる おやすみ言うの 惜しいみたいで おきてようか こんな夜は 思いで かぞえよう (ほんとに あなたがいて よかった)
エスプレッソで眠れない杏里杏里糸井重里鈴木慶一赤い靴はいてた男のコ ライムグリーンのフィアットで さよならしたまま 帰ってこない 「好きだったのになあ……」 誘ってくれたら どこまでも ついて行っても よかったのに またあえるかなあ またあえるかなあ  エスプレッソで眠れない ドアチェーン外したままの夜 赤い靴音 聞こえそう エスプレッソで眠れない エスプレッソで眠れない エスプレッソで眠れない エスプレッソで眠れない  赤い靴はいてた男のコ カサノバみたいに見えたけど ほんとは陽気なフィオルッチ 「趣味だったのになあ……」 いっしょに行くなら ミラノかな 赤と緑のアリタリア またあえそうだなあ またあえそうだなあ  エスプレッソで眠れない 壁にかかった地中海 蒼い海から風の音 エスプレッソで眠れない エスプレッソで眠れない エスプレッソで眠れない エスプレッソで眠れない
他の男・別の女前川清前川清糸井重里坂本龍一たぶん あなたの好きな花 あなたは まだ 名前も知らない だけど わたしの窓辺に 咲いています いまでも たぶん あなたの好きな歌も はんぶんだけしか 憶えていない でも わたしは歌ってる まだ忘れず あなたのくせを うつされた なおすつもりも ないけれど 他の男を愛せない 別の女にいまはなれない  たぶん グラスを鳴らすくせ あなたが氷を揺らす音 だけど わたしの夜更けも おなじあの音 聞こえます たぶん あなたは急ぎ足で ひとり歩いているのでしょう でも わたしの肩を抱くと 遅くなったね あなたのくせが うつってる なおるはずなど ありません 他の男じゃなおせない ちがう女に変われない  あなたのくせを うつされた なおすつもりも ないけれど 他の男を愛せない 別の女にいまはなれない
TVの国からキラキラ松本伊代松本伊代糸井重里筒美京平ねえ こんなの信じていいの ああ わたしは嘘だと思う 古い少女マンガの まるでヒロインみたい いつも夢みていた あのひとが わたしのこと好きらしいのよ 夜空の星もキラキラ わたしの瞳キラキラ お花いっぱいフワフワ 飛んでいるわ 見つめられたらキラキラ 彼の瞳もキラキラ 見つめかえせばドキドキ どうなるかしら?  ねえ 神様 冗談ですか ああ 夢ならさめずにいてよ だけど少女マンガは いつもハッピーエンド たぶん夕陽のなか あのひとが わたしのこと抱きしめるでしょう 涙おちてもキラキラ 思い出になるキラキラ 街の景色もキラキラ 輝いてる 彼の微笑みキラキラ まぶしいくらいキラキラ わたしの瞳キラキラ もう もどれない  「ねえ 君ってキラキラ」  ともだちの顔キラキラ 先生の顔キラキラ カンニングさえサラサラ なんだかヘン 黒板までもキラキラ 恋の光でキラキラ なにもかもがキラキラ もう もどれない
オトナじゃないの松本伊代松本伊代糸井重里筒美京平約束してください 誰にも秘密にして 好きなことはなんでも あなたにさせてあげる 三日月でブランコ ピラミッドで積み木 かけちゃうぞ ピーピピピ わたしは魔女のコ 魔法のコ おとなじゃないけど 子供じゃない 女じゃないけど 少女じゃない くすぐったいような 魔法のコ  明るい日もあるけど ブルーな夜もあるわ 人間のままでいても 気分は変らないね あなたは犬になり わたしは猫になる かけちゃうぞ ピーピピピ わたしは魔女のコ 魔法のコ コーハじゃないけど ナンパじゃない やさしくないけど ツッパらない だけどあなたと 遊びたい  かけちゃうぞ ピーピピピ かけちゃうぞ ピーピピピ かけちゃうぞ…魔法のコ ホントじゃないけど ウソじゃない フツーじゃないけど イジョーじゃない 魔女の国ではフツーのコ あなただけには おしえたい
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. 366日
  4. キミがいれば
  5. Masterplan

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. Penalty
  4. 笑い話
  5. カリスマジャンボリー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×