矢野顕子の歌詞一覧リスト  178曲中 1-178曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
178曲中 1-178曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛があれば?~LOVE CAN'T BE BLIND~傾いた心ひとつ もっている どうしても なおらない あいしてる ほんとうにあいしてる どうしても なおらない  あいがあればなんでもゆるされる そんなことはありません 残念でした  Haw Han Ah Hahan  遠くには よろこびが見えている どうしても そこへ行くわ 近くには かなしみが横たわる どうしても またいでゆくわ Wow Wow  あいがあればなんでも越えられる それは本当のことです 正解でした  Haw Han Ah Hahan  あいがあればブラインドじゃいられない 目を開けばもっとすてきな気持ちなのに  あいがあればなんでも越えられる それは本当のことです 正解でした  Haw Han  あいがあればなんでもゆるされる そんなことはありません 残念でした Han  Haw Haw Haw Haw Haw Han Woo Woo  矢野顕子矢野顕子矢野顕子傾いた心ひとつ もっている どうしても なおらない あいしてる ほんとうにあいしてる どうしても なおらない  あいがあればなんでもゆるされる そんなことはありません 残念でした  Haw Han Ah Hahan  遠くには よろこびが見えている どうしても そこへ行くわ 近くには かなしみが横たわる どうしても またいでゆくわ Wow Wow  あいがあればなんでも越えられる それは本当のことです 正解でした  Haw Han Ah Hahan  あいがあればブラインドじゃいられない 目を開けばもっとすてきな気持ちなのに  あいがあればなんでも越えられる それは本当のことです 正解でした  Haw Han  あいがあればなんでもゆるされる そんなことはありません 残念でした Han  Haw Haw Haw Haw Haw Han Woo Woo  
愛がなくちゃねどんなことからはじまるのかしら? 愛だの恋だのそんなようなもの みんな夢中 そればかり 恋人がいなけりゃ仲間はずれ  みんな 毎日 おなじこと話す 同じ服きて同じテレビみて やさしそうな男の子 甘いささやき うらやましくないわけじゃないけど  目のまえ ごちそう並ぶ ここが がまんのしどころ  So you've got to know there must be love やっぱり愛がなくちゃね  The only time you come around is when things are wrong Is it just a sholder that you want from me to cry on  It's like two people in a forest Walking hand in hand Talking very little Familiar story  You're just playing I don't want to lose the real thing You're so slow How long do I have to want  So you've got to know there must be love やっぱり愛がなくちゃね矢野顕子矢野顕子・PETER BARAKAN矢野顕子どんなことからはじまるのかしら? 愛だの恋だのそんなようなもの みんな夢中 そればかり 恋人がいなけりゃ仲間はずれ  みんな 毎日 おなじこと話す 同じ服きて同じテレビみて やさしそうな男の子 甘いささやき うらやましくないわけじゃないけど  目のまえ ごちそう並ぶ ここが がまんのしどころ  So you've got to know there must be love やっぱり愛がなくちゃね  The only time you come around is when things are wrong Is it just a sholder that you want from me to cry on  It's like two people in a forest Walking hand in hand Talking very little Familiar story  You're just playing I don't want to lose the real thing You're so slow How long do I have to want  So you've got to know there must be love やっぱり愛がなくちゃね
I SingLike a pot fills the empty cup I just speak filling the air My men, my women Wanna love you, I love you  Forget about your run-away-boy Don't worry about your bad-breath My men, my women Wanna love you, I love you  I sing Yes I sing All the songs Would be sung  They'll ignore you So they don't like you It's because they'd find No lies on your lips My men, my women Wanna love you, I love you  Wishing you could keep your smiles Forever and ever Wherever  Something's up when something's clown Don't you cry It's not the worth thing to do My men, my women Wanna love you, I love you  Voices turn to be powers Another words turn to be flowers My men, my women Love to love you, I love you  I sing Yes I sing All the songs Would be sung  I sing Yes I sing All the songs Would be sung矢野顕子矢野顕子坂本龍一Like a pot fills the empty cup I just speak filling the air My men, my women Wanna love you, I love you  Forget about your run-away-boy Don't worry about your bad-breath My men, my women Wanna love you, I love you  I sing Yes I sing All the songs Would be sung  They'll ignore you So they don't like you It's because they'd find No lies on your lips My men, my women Wanna love you, I love you  Wishing you could keep your smiles Forever and ever Wherever  Something's up when something's clown Don't you cry It's not the worth thing to do My men, my women Wanna love you, I love you  Voices turn to be powers Another words turn to be flowers My men, my women Love to love you, I love you  I sing Yes I sing All the songs Would be sung  I sing Yes I sing All the songs Would be sung
愛について壁に二つの影が映っている 子と母の二つの影が映っている 二人は自転車をこいで 今、家へ帰るところ 子は母に話しながら 母は子にうなずきながら  子に父はいなく 母に夫はいない 父も夫もいない夜道を 二人はゴムまりのようにはずんでいく ぼくには愛が二つの ゴムまりになったように見える  父のいない子は 愛について考えつづける 夫のいない母も 愛について考えつづける 愛について考えることで 二人は結ばれている  道ばたである日 星のように遠いはずの男とすれ違う 愛のことを考えながら 子と母と、男は道端ですれ違う 星のように遠い場所から その夜、男は子と母に電話をかける  愛のことを考えながら 子と母は生きていく 愛のことを考えながら 男もまた生きていく 遠く離れた場所にいて どちらも愛について考えている  つかまえた、と壁に映った子の影が言う つかまえた、と壁に映った母の影が言う 子と母は自転車をこいで 家へ帰って行く つかまえた、とつぶやく二つの影を 道ばたの壁の上に残して矢野顕子友部正人友部正人矢野顕子壁に二つの影が映っている 子と母の二つの影が映っている 二人は自転車をこいで 今、家へ帰るところ 子は母に話しながら 母は子にうなずきながら  子に父はいなく 母に夫はいない 父も夫もいない夜道を 二人はゴムまりのようにはずんでいく ぼくには愛が二つの ゴムまりになったように見える  父のいない子は 愛について考えつづける 夫のいない母も 愛について考えつづける 愛について考えることで 二人は結ばれている  道ばたである日 星のように遠いはずの男とすれ違う 愛のことを考えながら 子と母と、男は道端ですれ違う 星のように遠い場所から その夜、男は子と母に電話をかける  愛のことを考えながら 子と母は生きていく 愛のことを考えながら 男もまた生きていく 遠く離れた場所にいて どちらも愛について考えている  つかまえた、と壁に映った子の影が言う つかまえた、と壁に映った母の影が言う 子と母は自転車をこいで 家へ帰って行く つかまえた、とつぶやく二つの影を 道ばたの壁の上に残して
愛の耐久テストたたいて伸ばしてみる 地球の果てまでひっぱってみる こわれてないかしら わたしの愛 耐久テスト中  言われたわけでもない しなくちゃいけないわけでもない 自分で決めたんだもん わたしの愛 耐久テスト中  愛し続けると決めたんだから 両手に荷物じゃ 愛し合えない 雲は流れ 星は形を変え だれよりも先に明日をむかえにいこう  ちょっと待った その涙 どんな理由があるのかしら ミシシッピに流しましょう わたしの愛 耐久テスト中  24/7(twenty-four/seven) 休まない 居眠りしたり あやまったり 忘れちゃいけないわ 本当の敵は Carelessness  愛し続けると決めたんだから 両手はあなたを抱きしめるため 暗い空が落ちてくる前に あなたといっしょに明日へ滑り込んでしまおう  時間だとか距離だとか 噂だとかどうでもいい 地雷原も越えてやる あなたへの愛 耐久テスト中 わたしの愛 耐久テスト中矢野顕子矢野顕子矢野顕子マーク・リーボウのセラミック・ドッグたたいて伸ばしてみる 地球の果てまでひっぱってみる こわれてないかしら わたしの愛 耐久テスト中  言われたわけでもない しなくちゃいけないわけでもない 自分で決めたんだもん わたしの愛 耐久テスト中  愛し続けると決めたんだから 両手に荷物じゃ 愛し合えない 雲は流れ 星は形を変え だれよりも先に明日をむかえにいこう  ちょっと待った その涙 どんな理由があるのかしら ミシシッピに流しましょう わたしの愛 耐久テスト中  24/7(twenty-four/seven) 休まない 居眠りしたり あやまったり 忘れちゃいけないわ 本当の敵は Carelessness  愛し続けると決めたんだから 両手はあなたを抱きしめるため 暗い空が落ちてくる前に あなたといっしょに明日へ滑り込んでしまおう  時間だとか距離だとか 噂だとかどうでもいい 地雷原も越えてやる あなたへの愛 耐久テスト中 わたしの愛 耐久テスト中
I'm So Lonesome I Could CryHear that lonesome whippoor-will He sounds too blue to fly The midnight train is whining low I'm so lonesome I could cry  I've never seen a night so long When time goes crawling by The moon just went behind a cloud To hide its face and cry  Did you ever see a robin weep When leaves began to die That means he's lost the will to live I'm so lonesome I could cry  The silence of a falling star Light up a purple sky And as I wonder where you are I'm so lonesome I could cry矢野顕子Hank WilliamsHank Williams矢野顕子Hear that lonesome whippoor-will He sounds too blue to fly The midnight train is whining low I'm so lonesome I could cry  I've never seen a night so long When time goes crawling by The moon just went behind a cloud To hide its face and cry  Did you ever see a robin weep When leaves began to die That means he's lost the will to live I'm so lonesome I could cry  The silence of a falling star Light up a purple sky And as I wonder where you are I'm so lonesome I could cry
愛を告げる小鳥ふくらませた手のなかに 愛を告げる小鳥がいる こどものときから ずっと ずっと 飼ってる 愛を告げる 赤い鳥 いつか君に 見せたいな  小鳥 手をひらけば 小鳥 飛んでゆく まっすぐに まっすぐに きみのもとへ  さみしい夜の胸の奥に 夢を見させる小鳥がいる まるい目をして いつも いつも 歌ってる 空を見上げる 赤い鳥 いつか君に あずけたいな  小鳥 その日のこと 小鳥 待っている 大好きと 大好きと きみに歌う  小鳥 手をはなせば 小鳥 飛んでゆく よろこんで よろこんで きみのもとへ  小鳥 手をひらけば 小鳥 飛んでゆく まっすぐに まっすぐに きみのもとへ矢野顕子糸井重里矢野顕子ふくらませた手のなかに 愛を告げる小鳥がいる こどものときから ずっと ずっと 飼ってる 愛を告げる 赤い鳥 いつか君に 見せたいな  小鳥 手をひらけば 小鳥 飛んでゆく まっすぐに まっすぐに きみのもとへ  さみしい夜の胸の奥に 夢を見させる小鳥がいる まるい目をして いつも いつも 歌ってる 空を見上げる 赤い鳥 いつか君に あずけたいな  小鳥 その日のこと 小鳥 待っている 大好きと 大好きと きみに歌う  小鳥 手をはなせば 小鳥 飛んでゆく よろこんで よろこんで きみのもとへ  小鳥 手をひらけば 小鳥 飛んでゆく まっすぐに まっすぐに きみのもとへ
青い山脈若くあかるい 歌声に 雪崩は消える 花も咲く 青い山脈 雪割桜 空のはて 今日もわれらの 夢を呼ぶ  古い上衣よ さようなら さみしい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に 鳥も啼く  父も夢みた 母も見た 旅路のはての その涯の 青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若いわれらに 鐘が鳴る矢野顕子西條八十服部良一若くあかるい 歌声に 雪崩は消える 花も咲く 青い山脈 雪割桜 空のはて 今日もわれらの 夢を呼ぶ  古い上衣よ さようなら さみしい夢よ さようなら 青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に 鳥も啼く  父も夢みた 母も見た 旅路のはての その涯の 青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若いわれらに 鐘が鳴る
あしたこそ、あなたお金持ちに所帯持ち 街を流れる 後ろ姿よ こころもち いいきもち もうすぐ 着くわ わたしの家  きかせてよ おとうちゃん きかせてよ わたしに きかせてよ おばあちゃん なにが一番 たいせつなの  あしたこそ 会えるかしら まだ見ぬあなた ほほえんで  正直者に 浮気者 わたしの肩に ふれてく風よ こわれものは この心 笑い声さえ いつか消える  おしえてよ おかあちゃん おしえてよ わたしに おしえてよ おじいちゃん なにが一番 しあわせなの  あしたこそ 会えるかしら まだ見ぬあなた ほほえんで  まだ見ぬあなた ほほえんで矢野顕子矢野顕子矢野顕子お金持ちに所帯持ち 街を流れる 後ろ姿よ こころもち いいきもち もうすぐ 着くわ わたしの家  きかせてよ おとうちゃん きかせてよ わたしに きかせてよ おばあちゃん なにが一番 たいせつなの  あしたこそ 会えるかしら まだ見ぬあなた ほほえんで  正直者に 浮気者 わたしの肩に ふれてく風よ こわれものは この心 笑い声さえ いつか消える  おしえてよ おかあちゃん おしえてよ わたしに おしえてよ おじいちゃん なにが一番 しあわせなの  あしたこそ 会えるかしら まだ見ぬあなた ほほえんで  まだ見ぬあなた ほほえんで
あたしンちおかあさんの料理が世界一って 言えたらいいのに おとうさんが理想の恋人って 言えたらいいのに  現実のカーテン 開けたら閉まらない。 風が微笑んで 説明のつかない 不思議なちから もしかしたら愛? これは愛?  ちょっと出かけてきます。 ほら、夢が呼んでます。 いつか きっと 帰ってきます。 夕ごはん前に。  おかあさんの論理は 水平線を 越えてゆく おとうさんの思いやりは 地平線で輝いてる  足りない言葉で 椅子を組み立てる 笑って こわれた 洗濯機の中 回ってる 3日分の愛 回る愛  ちょっと出かけてきます。 ほら、夢が呼んでます。 いつか きっと 帰ってきます。 夕ごはん前に。  まず、やることが大事です。 テレビが言います。 ポケットの中 入れたまま もう忘れてる。  地図の向こう側 見ている 探しつづける 決めなくてもいいでしょ まだ、朝が来る前に。  楽しいこと つらいこと ここから始まる 好きなこと きらいこと ここから始まる  ちょっと出かけてきます。 ほら、夢が呼んでます。 いつか きっと 帰ってきます。 夕ごはん前に。矢野顕子矢野顕子矢野顕子おかあさんの料理が世界一って 言えたらいいのに おとうさんが理想の恋人って 言えたらいいのに  現実のカーテン 開けたら閉まらない。 風が微笑んで 説明のつかない 不思議なちから もしかしたら愛? これは愛?  ちょっと出かけてきます。 ほら、夢が呼んでます。 いつか きっと 帰ってきます。 夕ごはん前に。  おかあさんの論理は 水平線を 越えてゆく おとうさんの思いやりは 地平線で輝いてる  足りない言葉で 椅子を組み立てる 笑って こわれた 洗濯機の中 回ってる 3日分の愛 回る愛  ちょっと出かけてきます。 ほら、夢が呼んでます。 いつか きっと 帰ってきます。 夕ごはん前に。  まず、やることが大事です。 テレビが言います。 ポケットの中 入れたまま もう忘れてる。  地図の向こう側 見ている 探しつづける 決めなくてもいいでしょ まだ、朝が来る前に。  楽しいこと つらいこと ここから始まる 好きなこと きらいこと ここから始まる  ちょっと出かけてきます。 ほら、夢が呼んでます。 いつか きっと 帰ってきます。 夕ごはん前に。
あたまがわるいあたまがわるいと気付いた 取り返しつくかな 真昼の月 わたしの間違いと気付いた 認める勇気をバッグにつめてきた  なぜだ またもや同じ間違いだ 同じいいわけだ なぜか 同じ景色だ 見飽きた空だ 何かが落ちて来る  実るほど 頭を垂れてく 稲穂に わたしは及ばない 賢いつもりで胸をはる 足りない考え 抱きしめている強く  なぜだ またもや同じ間違いだ 同じいいわけだ なぜか 同じ景色だ 見飽きた空だ 何かが落ちて来る  許してしまおう あしたが来るまえに わたしのこと あなたのこと みんな 許しちゃうんだ いいんだ  あたまがわるいと気付いた けれど こころはそんなに悪くはないはずだ そうか あたまがわるい訳がわかった よく考えてないからだ 想像力が足りないからだ そういうことだった  あたまは いつか 良くなる 大丈夫 こころは いつも みがいてる  そうか あたまがわるい訳がわかった よく考えてないからだ 想像力が足りないからだ そういうことだった  取り返しがついてもつかなくても 戻って来てはいけない 考えることは楽しいこと あたまは良くなります!矢野顕子矢野顕子矢野顕子AZUMA HITOMI・Sakana Hosomiあたまがわるいと気付いた 取り返しつくかな 真昼の月 わたしの間違いと気付いた 認める勇気をバッグにつめてきた  なぜだ またもや同じ間違いだ 同じいいわけだ なぜか 同じ景色だ 見飽きた空だ 何かが落ちて来る  実るほど 頭を垂れてく 稲穂に わたしは及ばない 賢いつもりで胸をはる 足りない考え 抱きしめている強く  なぜだ またもや同じ間違いだ 同じいいわけだ なぜか 同じ景色だ 見飽きた空だ 何かが落ちて来る  許してしまおう あしたが来るまえに わたしのこと あなたのこと みんな 許しちゃうんだ いいんだ  あたまがわるいと気付いた けれど こころはそんなに悪くはないはずだ そうか あたまがわるい訳がわかった よく考えてないからだ 想像力が足りないからだ そういうことだった  あたまは いつか 良くなる 大丈夫 こころは いつも みがいてる  そうか あたまがわるい訳がわかった よく考えてないからだ 想像力が足りないからだ そういうことだった  取り返しがついてもつかなくても 戻って来てはいけない 考えることは楽しいこと あたまは良くなります!
あなたには言えない(CAN'T TELL YOU)このいたみを だれに伝えよう あなたには言えない だけど他に見つからない  この喜び だれに伝えよう あなたには言えない だけど他に見つからない  ことばが少なくなってゆく 本当の事しか言いたくないから  このそわそわ だれに伝えよう あなたには言えない だけど他に見つからない  心が低くなってゆく いつまでもずっと見ていたいから  この愛をだれにあげよう あなたにはあげない だけど… だけど 愛をふくらませて 遠く高く飛んでゆける矢野顕子宮沢和史・矢野顕子矢野顕子このいたみを だれに伝えよう あなたには言えない だけど他に見つからない  この喜び だれに伝えよう あなたには言えない だけど他に見つからない  ことばが少なくなってゆく 本当の事しか言いたくないから  このそわそわ だれに伝えよう あなたには言えない だけど他に見つからない  心が低くなってゆく いつまでもずっと見ていたいから  この愛をだれにあげよう あなたにはあげない だけど… だけど 愛をふくらませて 遠く高く飛んでゆける
いい子だね小っちゃい時、列車の連結の渡り板のとこ 乗っかって揺れるのが好きだった あぶないでしょ、降りなさいってママに言われたけれど 揺れながら列車は海は向かう  何でもできると思ってた夜に 火災報知器と目が合った 押しちゃだめ、押したら絶対だめ、逮捕されるよって ボーイフレンドが言うけど 世界中にベルは鳴りひびいた  いい子だね ほんとうは  うそつきはどろぼうのはじまりでした 橋はもう燃やしてしまったから けど 向こう岸に灯りが見えるのは まぼろしじゃないって あきらめないでって  いい子だね ほんとうは いい子だもん 私は いい子だね いい子だね ほんとうは矢野顕子Akiko YanoAkiko Yano小っちゃい時、列車の連結の渡り板のとこ 乗っかって揺れるのが好きだった あぶないでしょ、降りなさいってママに言われたけれど 揺れながら列車は海は向かう  何でもできると思ってた夜に 火災報知器と目が合った 押しちゃだめ、押したら絶対だめ、逮捕されるよって ボーイフレンドが言うけど 世界中にベルは鳴りひびいた  いい子だね ほんとうは  うそつきはどろぼうのはじまりでした 橋はもう燃やしてしまったから けど 向こう岸に灯りが見えるのは まぼろしじゃないって あきらめないでって  いい子だね ほんとうは いい子だもん 私は いい子だね いい子だね ほんとうは
いい日旅立ち雪解け間近の 北の空に向かい 過ぎ去りし日々の夢を叫ぶとき 帰らぬ人達 熱い胸をよぎる せめて今日から一人きり 旅に出る  あゝ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる  いい日 旅立ち 夕焼けをさがしに 母の背中で聞いた歌を道連れに…  岬のはずれに少年は魚釣り 青い芒の小径を帰るのか 私は今から 想い出を創るため 砂に枯れ木で書くつもり“さよなら”と  あゝ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる  いい日 旅立ち 羊雲をさがしに 父が教えてくれた歌を道連れに…  あゝ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる  いい日 旅立ち 幸せをさがしに 子供の頃に歌った歌を道連れに…矢野顕子谷村新司谷村新司雪解け間近の 北の空に向かい 過ぎ去りし日々の夢を叫ぶとき 帰らぬ人達 熱い胸をよぎる せめて今日から一人きり 旅に出る  あゝ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる  いい日 旅立ち 夕焼けをさがしに 母の背中で聞いた歌を道連れに…  岬のはずれに少年は魚釣り 青い芒の小径を帰るのか 私は今から 想い出を創るため 砂に枯れ木で書くつもり“さよなら”と  あゝ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる  いい日 旅立ち 羊雲をさがしに 父が教えてくれた歌を道連れに…  あゝ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる  いい日 旅立ち 幸せをさがしに 子供の頃に歌った歌を道連れに…
YES-YES-YES君が思うよりきっと 僕は君が好きで でも君はいつも そんな顔して あの頃の僕はきっと どうかしていたんだね 失くすものはなにもない 君の他には YES-YES-YES…  消えないうちに愛を 預けておくから 切ないときには 開けてみればいい YES-YES-YES…  振り返らないで 今 君はすてきだよ WOO…僕のゆくところへ あなたを連れてゆくよ 手を離さないで  君の嫌いな東京も 秋はすてきな街 でも大切なことは ふたりでいること YES-YES-YES… …もっと大きな声で きこえない きこえない WOO… YES-YES-YES YES-YES-YES  振り返らないで 今 君はすてきだよ… WOO…僕のゆくところへ あなたを連れてゆくよ 手を離さないで矢野顕子小田和正小田和正アキコヤノ君が思うよりきっと 僕は君が好きで でも君はいつも そんな顔して あの頃の僕はきっと どうかしていたんだね 失くすものはなにもない 君の他には YES-YES-YES…  消えないうちに愛を 預けておくから 切ないときには 開けてみればいい YES-YES-YES…  振り返らないで 今 君はすてきだよ WOO…僕のゆくところへ あなたを連れてゆくよ 手を離さないで  君の嫌いな東京も 秋はすてきな街 でも大切なことは ふたりでいること YES-YES-YES… …もっと大きな声で きこえない きこえない WOO… YES-YES-YES YES-YES-YES  振り返らないで 今 君はすてきだよ… WOO…僕のゆくところへ あなたを連れてゆくよ 手を離さないで
椅子椅子を買いに出かけた 街の店をさがす 頑固だけを主張する 樫の椅子がほしい  春は木漏れ陽に置いて 本を読むとか、そんな 夏は短パンのままで しばしまどうむ、そんな  椅子がほしい 自分だけの この世にひとつの椅子がほしい  椅子を探し疲れて 道の石に座る こんなはずじゃないだろう 夜の闇が近い  秋は日溜まりに置いて 文を書くとか、そんな 冬はストーブのそばで 酒を飲んだり そんな  椅子がほしい 自分だけの さがしてさがした椅子がほしい  椅子がほしい 自分だけの この世にひとつの椅子が欲しい矢野顕子伊藤アキラ井上鑑椅子を買いに出かけた 街の店をさがす 頑固だけを主張する 樫の椅子がほしい  春は木漏れ陽に置いて 本を読むとか、そんな 夏は短パンのままで しばしまどうむ、そんな  椅子がほしい 自分だけの この世にひとつの椅子がほしい  椅子を探し疲れて 道の石に座る こんなはずじゃないだろう 夜の闇が近い  秋は日溜まりに置いて 文を書くとか、そんな 冬はストーブのそばで 酒を飲んだり そんな  椅子がほしい 自分だけの さがしてさがした椅子がほしい  椅子がほしい 自分だけの この世にひとつの椅子が欲しい
ISETAN-TAN-TANママに買ってあげたい 足が細くみえる靴 履いてゆくとこないでしょって 言わないで  パパにきっと似合う お腹へっこんでみえるズボン 手をつないであげようかな 思い切って  お金があっても無くても 買ってあげたい人がいる その日がくるまで待っててね 晴れた空でも雨の日でも 電車にのって出かけよう わたしが着くまで待っててね ISETAN-TAN-TAN  黄色とかピンクとか あふれてるよ 部屋の中 他の色 試してごらん 似合うかな?  わたしのこと ずっと 見ててくれたんだね あなた 気付かないふりしてて ごめんなさい  お金があっても無くても もらうばかりじゃつまんない その日がくるまで待っててね 晴れた空でも雨の日でも 電車にのって出かけよう もうすぐ着くから待っててね ISETAN-TAN-TAN矢野顕子矢野顕子矢野顕子Junichi Matsumotoママに買ってあげたい 足が細くみえる靴 履いてゆくとこないでしょって 言わないで  パパにきっと似合う お腹へっこんでみえるズボン 手をつないであげようかな 思い切って  お金があっても無くても 買ってあげたい人がいる その日がくるまで待っててね 晴れた空でも雨の日でも 電車にのって出かけよう わたしが着くまで待っててね ISETAN-TAN-TAN  黄色とかピンクとか あふれてるよ 部屋の中 他の色 試してごらん 似合うかな?  わたしのこと ずっと 見ててくれたんだね あなた 気付かないふりしてて ごめんなさい  お金があっても無くても もらうばかりじゃつまんない その日がくるまで待っててね 晴れた空でも雨の日でも 電車にのって出かけよう もうすぐ着くから待っててね ISETAN-TAN-TAN
いないと [It's Us]あなたは突然あらわれて あんまりフツーにそこにいたから すっかり忘れてしまったよ  わたしが名前を呼ぶ前に 振り返っていてくれたから すっかり忘れてしまったよ  いないとくるしい いないとくるしい  ひとりだけでいたあの頃の方が ひとりを知らずにいたんだ すっかりわかってしまったよ  いないとくるしい いないとくるしい  あいするって自由になること あいするって不自由を知ること  だれかにゆらゆらゆれる時 あなたの笑顔はかわらない ちょっぴりまちがえてしまったよ  くらべられない くらべたくない くらべられない くらべたくない いないとくるしい いないとさびしい いないとくるしい矢野顕子川村結花・矢野顕子矢野顕子あなたは突然あらわれて あんまりフツーにそこにいたから すっかり忘れてしまったよ  わたしが名前を呼ぶ前に 振り返っていてくれたから すっかり忘れてしまったよ  いないとくるしい いないとくるしい  ひとりだけでいたあの頃の方が ひとりを知らずにいたんだ すっかりわかってしまったよ  いないとくるしい いないとくるしい  あいするって自由になること あいするって不自由を知ること  だれかにゆらゆらゆれる時 あなたの笑顔はかわらない ちょっぴりまちがえてしまったよ  くらべられない くらべたくない くらべられない くらべたくない いないとくるしい いないとさびしい いないとくるしい
犬の帰宅娘から噂を聞いた 世の中は魔物だらけ 息子たちは話もしない 家の中は静かすぎる  幸せな家庭は? やさしさの答えは? 会社までの距離や 食事の中にある  目の前にある 静けさにある  テーブルに肘をついて眠る 疑問符にそっと毛布掛ける 質問は山ほどあるのに この家は静かすぎる  愛情の見返りは 物になりすましてる 感情の起伏は 愛に押しつぶされる  冷蔵庫をあけると カラッポの年月 働き続けた 噂の怪物が  イスに座って 答えさがして 肘をみつめて 疑問みすえて  目の前にある 静けさにある 目の前にある 静けさにある 目の前にある 静けさにある...矢野顕子鈴木慶一鈴木慶一娘から噂を聞いた 世の中は魔物だらけ 息子たちは話もしない 家の中は静かすぎる  幸せな家庭は? やさしさの答えは? 会社までの距離や 食事の中にある  目の前にある 静けさにある  テーブルに肘をついて眠る 疑問符にそっと毛布掛ける 質問は山ほどあるのに この家は静かすぎる  愛情の見返りは 物になりすましてる 感情の起伏は 愛に押しつぶされる  冷蔵庫をあけると カラッポの年月 働き続けた 噂の怪物が  イスに座って 答えさがして 肘をみつめて 疑問みすえて  目の前にある 静けさにある 目の前にある 静けさにある 目の前にある 静けさにある...
いろはにこんぺいとういろはにこんぺいとう こんぺいとうは私ね ちいちゃいけれども つのがある 甘いは砂糖だ 砂糖はあなたね 白いばかりで つまんない やぼな人 (私には わかるの)  白いはうさぎだ うさぎは私ね 逃げ足だけは 早いのよ はれるは蚤だよ 蚤はあなたね 女の子に きらわれる やぼな人 (私には わかるの)  赤いはほおずきだ 私達に似て うまくなるまで むずかしい やってはみるけど もうあきてきたし あなたも 私も やっぱり だめな人  いろはにこんぺいとう こんぺいとうは甘いよ 甘いはお砂糖 お砂糖は白いよ 白いはうさぎ うさぎははねる はねるは蚤 蚤は赤いよ 赤いほおずき矢野顕子矢野顕子矢野顕子いろはにこんぺいとう こんぺいとうは私ね ちいちゃいけれども つのがある 甘いは砂糖だ 砂糖はあなたね 白いばかりで つまんない やぼな人 (私には わかるの)  白いはうさぎだ うさぎは私ね 逃げ足だけは 早いのよ はれるは蚤だよ 蚤はあなたね 女の子に きらわれる やぼな人 (私には わかるの)  赤いはほおずきだ 私達に似て うまくなるまで むずかしい やってはみるけど もうあきてきたし あなたも 私も やっぱり だめな人  いろはにこんぺいとう こんぺいとうは甘いよ 甘いはお砂糖 お砂糖は白いよ 白いはうさぎ うさぎははねる はねるは蚤 蚤は赤いよ 赤いほおずき
Oui Ouiおやすみ言う前 ベッドの中で 今日の日をありがとう 写真にキッス  あなたのことを 想っているうち 一日が過ぎる しあわせもの  恋する心に いつでも返事は OUI OUI なくしちゃいけない 夢見ることを 愛することを  夜出る船に乗り込もう ひそかに 語り明かそう きのうきょうあした  小さなことでも 助けになれたら うれしい気持ちは 波のよう  恋する心に いつでも返事は OUI OUI なくしちゃいけない 夢見ることを 愛することを  恋する心に いつでも返事は OUI OUI なくしちゃいけない 夢見ることを 愛することを  恋する心に いつでも返事は OUI OUI あなたと歩ける その日来るまで いつでも OUI OUI  ラララ矢野顕子矢野顕子矢野顕子矢野顕子おやすみ言う前 ベッドの中で 今日の日をありがとう 写真にキッス  あなたのことを 想っているうち 一日が過ぎる しあわせもの  恋する心に いつでも返事は OUI OUI なくしちゃいけない 夢見ることを 愛することを  夜出る船に乗り込もう ひそかに 語り明かそう きのうきょうあした  小さなことでも 助けになれたら うれしい気持ちは 波のよう  恋する心に いつでも返事は OUI OUI なくしちゃいけない 夢見ることを 愛することを  恋する心に いつでも返事は OUI OUI なくしちゃいけない 夢見ることを 愛することを  恋する心に いつでも返事は OUI OUI あなたと歩ける その日来るまで いつでも OUI OUI  ラララ
Welcome to JupiterWelcome to Jupiter 遠い遠い旅 ごくろうさま 来てくれてうれしい とてもうれしい So nice to see you  追いすがる彗星かわし 降りそそぐガンマ線ぬけて There you are  Voyager も Galileo も Cassini も来たけど 雲の上から眺めてただけ But I miss them all  金星と並んで光る あなたの地球を照らすために  大きな秘密 教えてあげる  わたしの名前 Jupiter じゃないの もっと昔に 本当の名前が それは  Welcome to Jupiter 命かけて来てくれた わたしを知るため 理解するため  来てくれた  ヘリウムと水素の雲も 突き抜ける わたしたちの愛 High in the sky  思ってるより 知ってるより わたしは大きい 思ってるより 知ってるより わたしは近い  Welcome to Jupiter!矢野顕子大瀧詠一大瀧詠一TofubeatsWelcome to Jupiter 遠い遠い旅 ごくろうさま 来てくれてうれしい とてもうれしい So nice to see you  追いすがる彗星かわし 降りそそぐガンマ線ぬけて There you are  Voyager も Galileo も Cassini も来たけど 雲の上から眺めてただけ But I miss them all  金星と並んで光る あなたの地球を照らすために  大きな秘密 教えてあげる  わたしの名前 Jupiter じゃないの もっと昔に 本当の名前が それは  Welcome to Jupiter 命かけて来てくれた わたしを知るため 理解するため  来てくれた  ヘリウムと水素の雲も 突き抜ける わたしたちの愛 High in the sky  思ってるより 知ってるより わたしは大きい 思ってるより 知ってるより わたしは近い  Welcome to Jupiter!
Watching Youあなたのねがお わたしはみてた 少しわたしもねむっておきて あなたのねがお まだまだみてた よかった あなたがいて よかった あなたといて よかった よかった  あなたのおしり わたしはみてた 少しやさしくつねってなでて あなたのおしり じろじろみてた よかった あなたがいて よかった あなたといて よかった よかった  たった ひとつ ちいさな命 世界中にあふれる命をだきしめる この手で  よかった あなたがいて よかった あなたといて よかった よかった  やがて旅立つ 愛をまとって 世界中の暗闇の中で灯をともす その手で  あなたのねがお わたしはみてた 少しわたしもねむっておきて あなたのねがお まだまだみてた よかった あなたがいて よかった あなたといて よかった よかった矢野顕子糸井重里・矢野顕子矢野顕子あなたのねがお わたしはみてた 少しわたしもねむっておきて あなたのねがお まだまだみてた よかった あなたがいて よかった あなたといて よかった よかった  あなたのおしり わたしはみてた 少しやさしくつねってなでて あなたのおしり じろじろみてた よかった あなたがいて よかった あなたといて よかった よかった  たった ひとつ ちいさな命 世界中にあふれる命をだきしめる この手で  よかった あなたがいて よかった あなたといて よかった よかった  やがて旅立つ 愛をまとって 世界中の暗闇の中で灯をともす その手で  あなたのねがお わたしはみてた 少しわたしもねむっておきて あなたのねがお まだまだみてた よかった あなたがいて よかった あなたといて よかった よかった
ウナ・セラ・ディ東京哀しいことも ないのになぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 いけない人じゃ ないのにどうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい  街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい  街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ウナ・セラ・ディ東京矢野顕子岩谷時子宮川泰哀しいことも ないのになぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 いけない人じゃ ないのにどうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい  街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京  あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても淋しい  街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ウナ・セラ・ディ東京
海と少年夕陽は暮る海に 溶けだして 熱い体をつつむよ かけだした砂浜に 影のびて 夏の日の終りを告げる 陽射のまぶしさ いつしか消えさり 素足に潮風 明日にはちりぢり街へもどるよ いつかまた  海なり聞こえてくる 浜辺には 人の足あともきえて くずれとびちるしぶき 浴びながら 秋の気配かんじてる 独りで寝そべり 船出を夢みる この海 渡るさ 手を振って 港を遠くながめる いつの日か矢野顕子大貫妙子大貫妙子夕陽は暮る海に 溶けだして 熱い体をつつむよ かけだした砂浜に 影のびて 夏の日の終りを告げる 陽射のまぶしさ いつしか消えさり 素足に潮風 明日にはちりぢり街へもどるよ いつかまた  海なり聞こえてくる 浜辺には 人の足あともきえて くずれとびちるしぶき 浴びながら 秋の気配かんじてる 独りで寝そべり 船出を夢みる この海 渡るさ 手を振って 港を遠くながめる いつの日か
海のものでも、山のものでも(piano version)はじめましてと こんにちは お茶をいっぱい ごゆっくり 海のもの 山のもの ここで出会うから  金色のかぼちゃ ほっくりと 厚い昆布が お手伝い 海のもの 山のもの ここで出会うから  どうせやってもだめだよと 冷たく言わないで うまくいけば もうけもの そのくらいで行ってみよう  階段上がり 見上げてる 昔の歌が聞こえてる 泣いてても 笑ってても 明日はやってくる  いくらやっても変わらないって そう見えてるだけさ 人の心 変わるもの きっと笑顔が見える  生きているのはいいことだ 命があるのはいいことだ 泣いてても 笑ってても 明日はやってくる  悔しくても 腹がたっても 寂しくても 弱くても 金が無くても 子供に会えなくても 明日の行方がわからなくても 明日はやってくる矢野顕子矢野顕子矢野顕子はじめましてと こんにちは お茶をいっぱい ごゆっくり 海のもの 山のもの ここで出会うから  金色のかぼちゃ ほっくりと 厚い昆布が お手伝い 海のもの 山のもの ここで出会うから  どうせやってもだめだよと 冷たく言わないで うまくいけば もうけもの そのくらいで行ってみよう  階段上がり 見上げてる 昔の歌が聞こえてる 泣いてても 笑ってても 明日はやってくる  いくらやっても変わらないって そう見えてるだけさ 人の心 変わるもの きっと笑顔が見える  生きているのはいいことだ 命があるのはいいことだ 泣いてても 笑ってても 明日はやってくる  悔しくても 腹がたっても 寂しくても 弱くても 金が無くても 子供に会えなくても 明日の行方がわからなくても 明日はやってくる
N.Y.C.No tokens taken anymore Just leave the house in Jersey shore This is the city you abore Nothing compares to New York  変わるものは変わればいい 居たいものは居ればいい ひとつずつ分かってゆく Here in the City, we're all magnetized  So wicked, irresistable Can't help to stop by Chocolate Bar Remember the history you've learned It's all in the taste of your bite  世界中ここにしかない うそなことならいらない 居られない 働くこといとわない It only happens here in New York  人と国と愛と 混ざってゆく離れてゆく うんこふんでも歩いてく Here in the City, we're all magnetized!!矢野顕子矢野顕子岸田繁・矢野顕子No tokens taken anymore Just leave the house in Jersey shore This is the city you abore Nothing compares to New York  変わるものは変わればいい 居たいものは居ればいい ひとつずつ分かってゆく Here in the City, we're all magnetized  So wicked, irresistable Can't help to stop by Chocolate Bar Remember the history you've learned It's all in the taste of your bite  世界中ここにしかない うそなことならいらない 居られない 働くこといとわない It only happens here in New York  人と国と愛と 混ざってゆく離れてゆく うんこふんでも歩いてく Here in the City, we're all magnetized!!
Evacuation Planあ、まだそこに居たのね 息をひそめ小さくなって 待っているんでしょ 私がしっぽまいて泣き出すのを  Evacuation Plan あなたが教えてくれたとおり 車は乗り棄てる 台所は使っていたままで  走りぬける 暗く湿った夜 ひとりで Stay Awake  木の葉のように 昨日が干からびてぶらさがる あたたかな夢は何度も わたしたちを泣かせる  Evacuation Plan あなたが教えてくれたとおり 買ったばかりの靴も 子供の頃の写真も置いてく  走りぬける あなたの手は はなさない Stay Awake矢野顕子Akiko YanoAkiko Yanoあ、まだそこに居たのね 息をひそめ小さくなって 待っているんでしょ 私がしっぽまいて泣き出すのを  Evacuation Plan あなたが教えてくれたとおり 車は乗り棄てる 台所は使っていたままで  走りぬける 暗く湿った夜 ひとりで Stay Awake  木の葉のように 昨日が干からびてぶらさがる あたたかな夢は何度も わたしたちを泣かせる  Evacuation Plan あなたが教えてくれたとおり 買ったばかりの靴も 子供の頃の写真も置いてく  走りぬける あなたの手は はなさない Stay Awake
おいしい生活たたみいわし ひざまくら プラモデル 散歩てくてく 大きいテレビ ブリキのバッジ いいお天気 しらたき ホームラン ピンクの色紙 耳そうじ 新しいシャツ 夕焼け小焼け くちづけ うーん こちそうさま。矢野顕子糸井重里・矢野顕子矢野顕子たたみいわし ひざまくら プラモデル 散歩てくてく 大きいテレビ ブリキのバッジ いいお天気 しらたき ホームラン ピンクの色紙 耳そうじ 新しいシャツ 夕焼け小焼け くちづけ うーん こちそうさま。
大寒町大寒町にロマンは沈む 星にのって 銀河を渡ろう  かわいいあの娘と踊った場所は 今じゃあ 場末のビリヤード  大寒町に雪降るころは もうじきだね 呼んでみようよ  輝け星よ 月よりも あの娘のしあわせ てらしだせ  大寒町にロマンは沈む 星にのって 銀河を渡ろう矢野顕子鈴木博文鈴木博文大寒町にロマンは沈む 星にのって 銀河を渡ろう  かわいいあの娘と踊った場所は 今じゃあ 場末のビリヤード  大寒町に雪降るころは もうじきだね 呼んでみようよ  輝け星よ 月よりも あの娘のしあわせ てらしだせ  大寒町にロマンは沈む 星にのって 銀河を渡ろう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
おおパリとうとう来たじゃない パリ!  なんで熱が出てしまったの エッフェル塔がゆがんでる ベルサイユが崩れ落ちる リュクサンブールは火の海だ とうとう来たのに パリ!  モンマルトルから転げ落ち ムーランルージュで息も絶え絶え コンコルド広場を這いずって 凱旋門の股を見上げた とうとう来たのに おおパリ!  セーヌ川に頭をつっこみ 少しでも熱を下げるのよ なんとか夜のパリに間にあって! 金は円で払ってやる とうとう来たのよ おおパリ!矢野顕子イッセー尾形矢野顕子とうとう来たじゃない パリ!  なんで熱が出てしまったの エッフェル塔がゆがんでる ベルサイユが崩れ落ちる リュクサンブールは火の海だ とうとう来たのに パリ!  モンマルトルから転げ落ち ムーランルージュで息も絶え絶え コンコルド広場を這いずって 凱旋門の股を見上げた とうとう来たのに おおパリ!  セーヌ川に頭をつっこみ 少しでも熱を下げるのよ なんとか夜のパリに間にあって! 金は円で払ってやる とうとう来たのよ おおパリ!
大家さんと僕紫陽花の花の色 冬の朝の匂い いつでも思い出せるよ あなたのほほえみ  虫の声に誘われ 秋の中たたずむ いつでも思い出せるよ あなたのその声  デパ地下の果てしない海を泳ごう 病院も車椅子もない世界で  旅する心には ふるさとが見えてる いつでも思い出せるよ あなたの優しさ  ごきげんようって 春の光差し込む ごきげんようって 悲しい夜にさよなら  旅する心には ふるさとが見えてる いつでも思い出せるよ あなたの優しさ矢野顕子矢野顕子矢野顕子紫陽花の花の色 冬の朝の匂い いつでも思い出せるよ あなたのほほえみ  虫の声に誘われ 秋の中たたずむ いつでも思い出せるよ あなたのその声  デパ地下の果てしない海を泳ごう 病院も車椅子もない世界で  旅する心には ふるさとが見えてる いつでも思い出せるよ あなたの優しさ  ごきげんようって 春の光差し込む ごきげんようって 悲しい夜にさよなら  旅する心には ふるさとが見えてる いつでも思い出せるよ あなたの優しさ
おかあさんおかあさん おかあさんと そっと呼んでみる 大人になっても 遠くはなれても あなたはいつも 青い空 淋しさも 悲しみも みんな すいとってくれる 何もいわないで じっとこらえていたとき すぐわかってくださった おかあさん  おかあさん おかあさんと そっと呼んでみる うれしいときは 誰より喜んでくださいました おかあさん 忘れててごめんなさい 私のおかあさん 一人で大人になった顔してみたって ふと呼んでみたくなる おかあさん ふと呼んでみたくなる おかあさん矢野顕子江間章子中田喜直おかあさん おかあさんと そっと呼んでみる 大人になっても 遠くはなれても あなたはいつも 青い空 淋しさも 悲しみも みんな すいとってくれる 何もいわないで じっとこらえていたとき すぐわかってくださった おかあさん  おかあさん おかあさんと そっと呼んでみる うれしいときは 誰より喜んでくださいました おかあさん 忘れててごめんなさい 私のおかあさん 一人で大人になった顔してみたって ふと呼んでみたくなる おかあさん ふと呼んでみたくなる おかあさん
丘を越えて丘を越えて行こうよ 真澄の空は朗らかに 晴れて楽しい心 鳴るは胸の血潮よ たたえよ我が青春を いざ行け はるか希望の 丘を越えて  丘を越えて行こうよ 小春の空はうららかに 澄みてうれしい心 わくは胸の泉よ たたえよ我が青春を いざきけ 遠く希望の 鐘は鳴るよ矢野顕子島田芳文古賀政男丘を越えて行こうよ 真澄の空は朗らかに 晴れて楽しい心 鳴るは胸の血潮よ たたえよ我が青春を いざ行け はるか希望の 丘を越えて  丘を越えて行こうよ 小春の空はうららかに 澄みてうれしい心 わくは胸の泉よ たたえよ我が青春を いざきけ 遠く希望の 鐘は鳴るよ
音楽はおくりもの丸い ちいちゃな声で 疲れはてて 泣きつかれて すわりこんだ その命 そっと抱きよせる  わたしはあなたのそばに わたしたち それぞれのとなりに  きょうは 大貫妙子の曲を聴こう そして キャロルキングの歌も聴こう そうよ 音楽はおくりもの 心燃やし 立ち上がる 気持ち  光ささやく星は 夜の窓に あふれ出す 低く 見え隠れしてる 光さえ 見逃さず さがし出す  わたしはあなたのために わたしたち それぞれのために  きょうは モウタウンのリズムに乗って踊ろう そして オーケストラの音を からだに浴びよう そうよ 音楽はおくりもの 心燃やし 立ち上がる  きょうは みんなの大好きな歌を歌おう 笑いながら 泣きながら 歌おう  きょうはあなたのために歌を歌おう いつか 会える時まで 愛を送ろう矢野顕子矢野顕子矢野顕子小原礼・佐橋佳幸・林立夫・矢野顕子丸い ちいちゃな声で 疲れはてて 泣きつかれて すわりこんだ その命 そっと抱きよせる  わたしはあなたのそばに わたしたち それぞれのとなりに  きょうは 大貫妙子の曲を聴こう そして キャロルキングの歌も聴こう そうよ 音楽はおくりもの 心燃やし 立ち上がる 気持ち  光ささやく星は 夜の窓に あふれ出す 低く 見え隠れしてる 光さえ 見逃さず さがし出す  わたしはあなたのために わたしたち それぞれのために  きょうは モウタウンのリズムに乗って踊ろう そして オーケストラの音を からだに浴びよう そうよ 音楽はおくりもの 心燃やし 立ち上がる  きょうは みんなの大好きな歌を歌おう 笑いながら 泣きながら 歌おう  きょうはあなたのために歌を歌おう いつか 会える時まで 愛を送ろう
恩赦新しい時代が 始まったから 犯罪者達に 恩赦がある Woh Woh 罪深い俺にも どうぞ 恩赦 恩赦 恩赦 On my mind 恩赦 for me  充分にもう 悔い改めた あいつも恩赦が きっともらえるさ Woh Woh 俺も 同罪だから どうぞ 恩赦 恩赦 恩赦 On my mind 恩赦 for me  牢屋の中は不自由な世界 誰もが今夜も許しを乞う  古い時代が 終わったなら すべての人に 恩赦があるのさ Woh Woh 罪深い人たちに どうぞ 恩赦 恩赦 恩赦 on your mind 恩赦 for you 恩赦 恩赦 恩赦 on my mind 恩赦 on me 恩赦 恩赦 on my mind 恩赦 for you 恩赦 恩赦 for me 恩赦 on my mind 恩赦 for me矢野顕子忌野清志郎忌野清志郎新しい時代が 始まったから 犯罪者達に 恩赦がある Woh Woh 罪深い俺にも どうぞ 恩赦 恩赦 恩赦 On my mind 恩赦 for me  充分にもう 悔い改めた あいつも恩赦が きっともらえるさ Woh Woh 俺も 同罪だから どうぞ 恩赦 恩赦 恩赦 On my mind 恩赦 for me  牢屋の中は不自由な世界 誰もが今夜も許しを乞う  古い時代が 終わったなら すべての人に 恩赦があるのさ Woh Woh 罪深い人たちに どうぞ 恩赦 恩赦 恩赦 on your mind 恩赦 for you 恩赦 恩赦 恩赦 on my mind 恩赦 on me 恩赦 恩赦 on my mind 恩赦 for you 恩赦 恩赦 for me 恩赦 on my mind 恩赦 for me
OVERひねりつぶしたい あの夏の重い思いは 夕立にのっかって あの日のオレを殺そう 入道雲の向こう 大男がのぞいてる 追いやられた正義が ぶくぶく 醜く太ってる  変わることはない とんぼは秋に飛ぶんだ 昭和の台風は オレをわくわくさせてくれた 君に会いたいよ 君にとても会いたいんだ あの頃はありがとう オレは君に何かあげられたかな  悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ 悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ 悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ 悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ  ふわふわ舞いおちる ぼたん雪 東京の空 冬の青空を期待しすぎて 鳴くカラス ぼけっとしてるあいまに 時間は たくさん過ぎていった 得るも失うも ひとつになって どっか飛んでいった  悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ 悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ 悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ 悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ  白とピンクのちょうどあいだくらいの 桜の花びらが歩道の脇にたまってる 春の母は命をひとつ多く持ち 春の太陽は世界を初夏に変えてゆく 変えてゆくんだ矢野顕子YO-KINGYO-KING矢野顕子ひねりつぶしたい あの夏の重い思いは 夕立にのっかって あの日のオレを殺そう 入道雲の向こう 大男がのぞいてる 追いやられた正義が ぶくぶく 醜く太ってる  変わることはない とんぼは秋に飛ぶんだ 昭和の台風は オレをわくわくさせてくれた 君に会いたいよ 君にとても会いたいんだ あの頃はありがとう オレは君に何かあげられたかな  悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ 悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ 悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ 悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ  ふわふわ舞いおちる ぼたん雪 東京の空 冬の青空を期待しすぎて 鳴くカラス ぼけっとしてるあいまに 時間は たくさん過ぎていった 得るも失うも ひとつになって どっか飛んでいった  悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ 悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ 悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ 悪いときは過ぎたよ 今からもっと良くなってくんだ  白とピンクのちょうどあいだくらいの 桜の花びらが歩道の脇にたまってる 春の母は命をひとつ多く持ち 春の太陽は世界を初夏に変えてゆく 変えてゆくんだ
All The Bones Are White会いたいな あの人に わたしを 愛してくれた あの人に  いつの日か また会える だきよせた 私の肩に 風が止まる  なんでも できると思ってた あの頃 どんなに ゆるしてもらったか 今わかる  つれないね この思い 本当に 会いたい時は こころの中  なんにも 成しとげられない なにひとつ こんなにも 罪深い わたしたちのこころ  つれないね この思い 本当に 会いたい時は こころの中 いつの日か また会える時 だきしめて矢野顕子矢野顕子矢野顕子矢野顕子会いたいな あの人に わたしを 愛してくれた あの人に  いつの日か また会える だきよせた 私の肩に 風が止まる  なんでも できると思ってた あの頃 どんなに ゆるしてもらったか 今わかる  つれないね この思い 本当に 会いたい時は こころの中  なんにも 成しとげられない なにひとつ こんなにも 罪深い わたしたちのこころ  つれないね この思い 本当に 会いたい時は こころの中 いつの日か また会える時 だきしめて
かくれんぼの村草いろのきっぷを買って トンネルをななつぬけて 終点のひとつてまえの駅でおりると かくれんぼの村はもうそこです  シジミチョウ シオカラトンボ アゲハチョウ コガネムシ それにクマもシカもリスもウサギも みんなかくれんぼのなかまです  もういいかい もういいかい きこえないくらいちいさな声は テントウムシかしら  もういいよったら もういいよ あのどら声は ササダヌキかしら  クローバーの花のなかから ウサギの耳がのぞいていたり ヘビがモグラの穴に かくれようとしていたり かくれんぼの村はおもしろい  ここにきて 帰るのをわすれた こどもたちもいます矢野顕子岸田衿子矢野誠矢野顕子草いろのきっぷを買って トンネルをななつぬけて 終点のひとつてまえの駅でおりると かくれんぼの村はもうそこです  シジミチョウ シオカラトンボ アゲハチョウ コガネムシ それにクマもシカもリスもウサギも みんなかくれんぼのなかまです  もういいかい もういいかい きこえないくらいちいさな声は テントウムシかしら  もういいよったら もういいよ あのどら声は ササダヌキかしら  クローバーの花のなかから ウサギの耳がのぞいていたり ヘビがモグラの穴に かくれようとしていたり かくれんぼの村はおもしろい  ここにきて 帰るのをわすれた こどもたちもいます
かたおもい待っているの じっと 見えかくれしてるあなたなのに 朝霧色をした やさしさみつけ 近寄れないままに 今日もおしまい  一目ぼれね ほんと いてもたってもいられなくて 向こう岸にめがけ 石を投げつけ 手ごたえないままに 今日もおしまい  涙がでるほど あなたが好き  きこえるはずよ きっと つぶやく思いは 雲の上 小さな日だまりに さそいこまれた 猫のように私 背中まるめる  鏡だらけの へやにも どこかに出口は あるはずなの 手さぐりで たしかめ 追いかけるけど あなたの足跡は まだ見えないの  手さぐりで たしかめ 追いかけるけど あなたの 歩く道 なんて寒いの矢野顕子矢野顕子矢野顕子AZUMA HITOMI・Sakana Hosomi待っているの じっと 見えかくれしてるあなたなのに 朝霧色をした やさしさみつけ 近寄れないままに 今日もおしまい  一目ぼれね ほんと いてもたってもいられなくて 向こう岸にめがけ 石を投げつけ 手ごたえないままに 今日もおしまい  涙がでるほど あなたが好き  きこえるはずよ きっと つぶやく思いは 雲の上 小さな日だまりに さそいこまれた 猫のように私 背中まるめる  鏡だらけの へやにも どこかに出口は あるはずなの 手さぐりで たしかめ 追いかけるけど あなたの足跡は まだ見えないの  手さぐりで たしかめ 追いかけるけど あなたの 歩く道 なんて寒いの
悲しくてやりきれない胸にしみる空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  悲しくて悲しくて とてもやりきれない この限りないむなしさの 救いはないだろうか  深い森のみどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる苦しさは 明日も続くのか矢野顕子サトウハチロー加藤和彦胸にしみる空のかがやき 今日も遠くながめ 涙をながす 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このやるせない モヤモヤを だれかに告げようか  悲しくて悲しくて とてもやりきれない この限りないむなしさの 救いはないだろうか  深い森のみどりにだかれ 今日も風の唄に しみじみ嘆く 悲しくて悲しくて とてもやりきれない このもえたぎる苦しさは 明日も続くのか
雷が鳴る前に突然雨が降り出して 僕のリュックと肩がにじんで 何だか急に君に 会いたくなった 駅前のTAXI乗り場は 明日の休み知ってる人達 笑顔の比率が高い 僕は明日も早い  とにかく公衆電話まで行こう 確かコンビニが近くにあった 憶えたて君の番号 もうソラで言えるかな!?  次の雷が鳴るまでに 数を数えたあの頃は まだ君を好きになるなんて思わなかった 雷鳴が記憶のジャマをするけど なんとか思い出すよ こういう気持ち”セツナイ”と言うんだろ?  そっちも雨が降ってるの? ホラまた今 空光った ごめん いざとなると急に テレてしまう こんなことをしてるうちに 新しい靴がもうビショぬれ 「次の雷が鳴る前に 言ってと君が笑う」 例えば紙くずを投げ入れたり 横断歩道を渡るときに 何か1つルールを決めて 願いをかけたりしてる  だから雷が鳴る前に 僕の想いを全部言うよ 雨をよける傘よりも君が大切なんだ こんなにびしょ濡れだけど 雨やどりしている気分だよ もう少しだけ 僕と話していて  次の雷が鳴る前に 僕の想いを全部言うよ 雨をよける傘よりも君が大切なんだ こんなにびしょ濡れだけど 雨やどりしている気分だよ もう少しだけ 僕と話していて矢野顕子槇原敬之槇原敬之矢野顕子突然雨が降り出して 僕のリュックと肩がにじんで 何だか急に君に 会いたくなった 駅前のTAXI乗り場は 明日の休み知ってる人達 笑顔の比率が高い 僕は明日も早い  とにかく公衆電話まで行こう 確かコンビニが近くにあった 憶えたて君の番号 もうソラで言えるかな!?  次の雷が鳴るまでに 数を数えたあの頃は まだ君を好きになるなんて思わなかった 雷鳴が記憶のジャマをするけど なんとか思い出すよ こういう気持ち”セツナイ”と言うんだろ?  そっちも雨が降ってるの? ホラまた今 空光った ごめん いざとなると急に テレてしまう こんなことをしてるうちに 新しい靴がもうビショぬれ 「次の雷が鳴る前に 言ってと君が笑う」 例えば紙くずを投げ入れたり 横断歩道を渡るときに 何か1つルールを決めて 願いをかけたりしてる  だから雷が鳴る前に 僕の想いを全部言うよ 雨をよける傘よりも君が大切なんだ こんなにびしょ濡れだけど 雨やどりしている気分だよ もう少しだけ 僕と話していて  次の雷が鳴る前に 僕の想いを全部言うよ 雨をよける傘よりも君が大切なんだ こんなにびしょ濡れだけど 雨やどりしている気分だよ もう少しだけ 僕と話していて
変わるし大好きなお店がまた 無くなっちゃうし 大切な親も猫も死んでしまうし あたりまえだけど あきらめられないのよ  あんなにも大好きだった あの人なのに いつの間にか意識の外 あら ごめんなさい あたりまえじゃないけど あきらめてほしいの  目にみえるもの みんな変わるし 涙も忘れる 欲しがるものは みんな変わるし 笑って見送る  いっしょけん命育てた子も 帰ってこないし あふれるほどの酒も金も あら どこ行ったの? 楽しい時をありがとう どうもありがとう  目にみえるもの みんな変わるし 涙も忘れる 欲しがるものは みんな変わるし 笑って見送る矢野顕子Akiko YanoAkiko Yano大好きなお店がまた 無くなっちゃうし 大切な親も猫も死んでしまうし あたりまえだけど あきらめられないのよ  あんなにも大好きだった あの人なのに いつの間にか意識の外 あら ごめんなさい あたりまえじゃないけど あきらめてほしいの  目にみえるもの みんな変わるし 涙も忘れる 欲しがるものは みんな変わるし 笑って見送る  いっしょけん命育てた子も 帰ってこないし あふれるほどの酒も金も あら どこ行ったの? 楽しい時をありがとう どうもありがとう  目にみえるもの みんな変わるし 涙も忘れる 欲しがるものは みんな変わるし 笑って見送る
気球にのって気球にのって 舞いあがれ 未練の綱を 断ちきって 二度ともどって 来れないように さよなら  沈む雲に 手をのばし 少しちぎって 食べたなら 雨が追いかけて 来ぬうちに さよなら  雷 竜巻 サイクロン カサブランカまで あと少し たまにゃ思いだす あの人だけど ―サヨナラ―矢野顕子矢野顕子矢野顕子気球にのって 舞いあがれ 未練の綱を 断ちきって 二度ともどって 来れないように さよなら  沈む雲に 手をのばし 少しちぎって 食べたなら 雨が追いかけて 来ぬうちに さよなら  雷 竜巻 サイクロン カサブランカまで あと少し たまにゃ思いだす あの人だけど ―サヨナラ―
汽車に乗って落馬した 砂漠の民は 働いた 働いた 故郷離れ 故郷離れ 思い出すのは 君のことさ  待ち合わせは 夕日が丘 アカシアの遠い木陰 君は 小さな白い花びらを 髪につけて  走り出した 僕らの汽車は 虹を見た 夜を見た 星を探して 星を探して うずくまるのは 君の胸さ  待ち合わせは 夕日が丘 アカシアの遠い木陰 君は 小さな白い花びらを 髪につけて  もし あの日に 帰れるのならば おもいきり 抱きしめようか 夢の場所へ 揺られながら 汽車に乗って  幸せは ふたつの 飛行機雲 カナリアは 歌を 忘れた 君は 小さな紅い唇を 指で撫でて もし あの日に 帰れるのならば 手に手をとって 逃げようか 夢の場所は 夢のままに 汽車に乗って矢野顕子YUKI大川カズト矢野顕子落馬した 砂漠の民は 働いた 働いた 故郷離れ 故郷離れ 思い出すのは 君のことさ  待ち合わせは 夕日が丘 アカシアの遠い木陰 君は 小さな白い花びらを 髪につけて  走り出した 僕らの汽車は 虹を見た 夜を見た 星を探して 星を探して うずくまるのは 君の胸さ  待ち合わせは 夕日が丘 アカシアの遠い木陰 君は 小さな白い花びらを 髪につけて  もし あの日に 帰れるのならば おもいきり 抱きしめようか 夢の場所へ 揺られながら 汽車に乗って  幸せは ふたつの 飛行機雲 カナリアは 歌を 忘れた 君は 小さな紅い唇を 指で撫でて もし あの日に 帰れるのならば 手に手をとって 逃げようか 夢の場所は 夢のままに 汽車に乗って
昨日はもう昨日はもう きれてしまった けい光燈 もう使えない あとはすてるだけ それは新幹線の レールの上 つぎつぎと景色は 消えてゆく ふしぎな速さで 速さで  昨日はもう 何年も前のカレンダー もう用もない あとはかえるだけ それは 飛行機で 雲の上 つぎつぎと時差は やってくる ふしぎなサイクルで サイクルで  ―――このサイクルの中 大好きな人と 走りぬけてしまいたい―――  今日はもう わけもない常備薬 ただ飲みほし 一日が終る それは 365の数の中 つぎつぎとチャンスは くり返す ふしぎな気分で 気分で矢野顕子石川セリ矢野顕子昨日はもう きれてしまった けい光燈 もう使えない あとはすてるだけ それは新幹線の レールの上 つぎつぎと景色は 消えてゆく ふしぎな速さで 速さで  昨日はもう 何年も前のカレンダー もう用もない あとはかえるだけ それは 飛行機で 雲の上 つぎつぎと時差は やってくる ふしぎなサイクルで サイクルで  ―――このサイクルの中 大好きな人と 走りぬけてしまいたい―――  今日はもう わけもない常備薬 ただ飲みほし 一日が終る それは 365の数の中 つぎつぎとチャンスは くり返す ふしぎな気分で 気分で
Captured MomentYou stood beside a fountain, And my camera caught the moment Even though I did not yet know you, In that instant, you were mine.  You smiled with compassion And reflected joy that I've never known Then deep in my imagination, Suddenly, my heart had grown.  But now the crowd has swallowed Everything my mind created. My eyes search across the plaza. In an instant you are gone.  Somehow my heart is open I can feel you in the distance Surely if I keep on pursuing You will know that I'm the one.  I walk through the city, Passing thousands who are not there for me. A flower begins to open Its beauty not yet seen.  I stand beside a fountain, Where my camera caught a moment. From then on, I am ever searching, For our lives are intertwined.矢野顕子Jeff McLean矢野顕子Sasakure.UKYou stood beside a fountain, And my camera caught the moment Even though I did not yet know you, In that instant, you were mine.  You smiled with compassion And reflected joy that I've never known Then deep in my imagination, Suddenly, my heart had grown.  But now the crowd has swallowed Everything my mind created. My eyes search across the plaza. In an instant you are gone.  Somehow my heart is open I can feel you in the distance Surely if I keep on pursuing You will know that I'm the one.  I walk through the city, Passing thousands who are not there for me. A flower begins to open Its beauty not yet seen.  I stand beside a fountain, Where my camera caught a moment. From then on, I am ever searching, For our lives are intertwined.
Kyotoあの人の姿 懐しい 黄昏の河原町 恋は 恋は弱い女を どうしてなかせるの  苦しめないで ああ責めないで 別れのつらさ知りながら あの人の言葉想い出す 夕焼けの高瀬川  遠い日の愛の残り火が 燃えてる嵐山 すべてすべてあなたのことが どうして消せないの  苦しめないで ああ責めないで 別れのつらさ知りながら 遠い日は二度と帰らない 夕やみの東山  苦しめないで ああ責めないで 別れのつらさ知りながら 遠い日は二度と帰らない 夕やみの桂川矢野顕子林春生D.Wilson・M.Taylor・J.MacGee・J.Durril矢野顕子あの人の姿 懐しい 黄昏の河原町 恋は 恋は弱い女を どうしてなかせるの  苦しめないで ああ責めないで 別れのつらさ知りながら あの人の言葉想い出す 夕焼けの高瀬川  遠い日の愛の残り火が 燃えてる嵐山 すべてすべてあなたのことが どうして消せないの  苦しめないで ああ責めないで 別れのつらさ知りながら 遠い日は二度と帰らない 夕やみの東山  苦しめないで ああ責めないで 別れのつらさ知りながら 遠い日は二度と帰らない 夕やみの桂川
きよしちゃんきよしちゃん いい曲だね きよしちゃん きよしちゃん いい歌だね きよしちゃん きよしちゃん いい曲だね きよしちゃん  いけない事して こんがらがってる 終わらない坂道 立ちどまってみる この手をはなさない はなしてはいけない ことばはいらない Everything's gonna be alright We'll do anything to end this fight  きよしちゃん いい曲だね きよしちゃん きよしちゃん いい歌だね きよしちゃん きよしちゃん いい曲だね きよしちゃん  おしゃれな服着て 町へ繰り出そう 新しいブーツを作ってもらおう この手ははなさない はなしてはいけない ことばはいらない Everything's gonna be alright We'll do anything to end this fight  Everything's gonna be alright We'll do anything to end this fight矢野顕子矢野顕子矢野顕子きよしちゃん いい曲だね きよしちゃん きよしちゃん いい歌だね きよしちゃん きよしちゃん いい曲だね きよしちゃん  いけない事して こんがらがってる 終わらない坂道 立ちどまってみる この手をはなさない はなしてはいけない ことばはいらない Everything's gonna be alright We'll do anything to end this fight  きよしちゃん いい曲だね きよしちゃん きよしちゃん いい歌だね きよしちゃん きよしちゃん いい曲だね きよしちゃん  おしゃれな服着て 町へ繰り出そう 新しいブーツを作ってもらおう この手ははなさない はなしてはいけない ことばはいらない Everything's gonna be alright We'll do anything to end this fight  Everything's gonna be alright We'll do anything to end this fight
魚肉ソーセージと人うちへ帰りたい 今すぐ帰りたい やわらかいもの 包まれたい  弾んだボールを 追いかけてるうち 見失って どうしようもない  魚肉ソーセージと野菜をさっと炒めて 母が作った ありあわせは同じ味  母も逃げ出したいことが いつか あったのだろうか  うちへおいでよ いつでもおいでよ ありったけのハグもあるよ  助けが欲しいって 言えなかったから せめて今 助けてあげたい  魚肉ソーセージは ラーメンの鍋の中 父が作った 小腹が空く 同じ時  父も泣くしかない時が いつか あったのだろうか  ひとりひとりは ひとりを生きる 夫婦でも 5人家族でも  ひとりひとりは ひとりを生きる 魚肉ソーセージと 共に生きる矢野顕子矢野顕子矢野顕子小原礼・佐橋佳幸・林立夫・矢野顕子うちへ帰りたい 今すぐ帰りたい やわらかいもの 包まれたい  弾んだボールを 追いかけてるうち 見失って どうしようもない  魚肉ソーセージと野菜をさっと炒めて 母が作った ありあわせは同じ味  母も逃げ出したいことが いつか あったのだろうか  うちへおいでよ いつでもおいでよ ありったけのハグもあるよ  助けが欲しいって 言えなかったから せめて今 助けてあげたい  魚肉ソーセージは ラーメンの鍋の中 父が作った 小腹が空く 同じ時  父も泣くしかない時が いつか あったのだろうか  ひとりひとりは ひとりを生きる 夫婦でも 5人家族でも  ひとりひとりは ひとりを生きる 魚肉ソーセージと 共に生きる
クリームシチュー傷つくことは とても痛いけど 傷つくことは 怖くはないんだ 激しい雨が降る夜は 晴れた朝の空をかくしてる ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ  あったかいクリームシチューを食べよう 鍋のなかには とろんとおいしい あったかいクリームシチューを食べよう ほら おなかから あたたまるだろう  ひとの気持ちは とても不確かだ ひとの気持ちは ゆらゆら揺れてる 冷たい風の吹く冬は やがて芽吹く花をかくしてる 言葉なんていらない 床にこぼれるだけ 言葉なんていらない 床にこぼれるだけ  あったかいクリームシチューを食べよう 鍋のなかでは 湯気までおいしい あったかいクリームシチューを食べよう ほら おなかから あたたまるだろう  ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ  あったかいクリームシチューを食べよう 鍋のなかには とろんとおいしい あったかいクリームシチューを食べよう ほら おなかから あたたまるだろう矢野顕子糸井重里矢野顕子槇原敬之傷つくことは とても痛いけど 傷つくことは 怖くはないんだ 激しい雨が降る夜は 晴れた朝の空をかくしてる ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ  あったかいクリームシチューを食べよう 鍋のなかには とろんとおいしい あったかいクリームシチューを食べよう ほら おなかから あたたまるだろう  ひとの気持ちは とても不確かだ ひとの気持ちは ゆらゆら揺れてる 冷たい風の吹く冬は やがて芽吹く花をかくしてる 言葉なんていらない 床にこぼれるだけ 言葉なんていらない 床にこぼれるだけ  あったかいクリームシチューを食べよう 鍋のなかでは 湯気までおいしい あったかいクリームシチューを食べよう ほら おなかから あたたまるだろう  ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ  あったかいクリームシチューを食べよう 鍋のなかには とろんとおいしい あったかいクリームシチューを食べよう ほら おなかから あたたまるだろう
グッドモーニング夜行バスは新宿へ向かう 眠気とともに灯りは消えてゆく 君の腕枕で眠る 夜行バスは新宿に着いた 予定より三十分早く 冬の真夜中のようさ  白い息は道標にもなりゃしない やけに広い横断歩道手を引き渡る 何処へ向かう  早朝喫茶は夜の香り 男女は音楽の話 女の方が趣味がいいね 早朝喫茶夜が明けて 街を見下ろすコートの群れは色とりどり 行き交う電車の渋滞  君は眠る不安残るまなざしで 僕の上着を枕にして 手があたたかい 口づけをした  夢は歩むここから始まる スクランブルは広がってゆく そこらじゅうに 歩いてゆく 歩いてゆく矢野顕子岸田繁岸田繁夜行バスは新宿へ向かう 眠気とともに灯りは消えてゆく 君の腕枕で眠る 夜行バスは新宿に着いた 予定より三十分早く 冬の真夜中のようさ  白い息は道標にもなりゃしない やけに広い横断歩道手を引き渡る 何処へ向かう  早朝喫茶は夜の香り 男女は音楽の話 女の方が趣味がいいね 早朝喫茶夜が明けて 街を見下ろすコートの群れは色とりどり 行き交う電車の渋滞  君は眠る不安残るまなざしで 僕の上着を枕にして 手があたたかい 口づけをした  夢は歩むここから始まる スクランブルは広がってゆく そこらじゅうに 歩いてゆく 歩いてゆく
Green Tea Farm初めておぼえた気持ち ただ愛しくて ただ懐かしくて あの頃見た夢 見た景色 まだここにある 同じ笑顔で  離れてやっと気づいた あなたの強さ あなたの優しさ 今日もこの音に願いを込める ありがとう ありがとう 本当にありがとう  私は今この場所で そっと目を閉じる 耳を澄ます 緑の畑と青い海 まだここにある 同じ笑顔で  急いで過ぎ行く日々を 私は生きる 大地踏みしめて あなたがいるから頑張れる いつもありがとう ありがとう 本当にありがとう矢野顕子上原ひろみ上原ひろみ初めておぼえた気持ち ただ愛しくて ただ懐かしくて あの頃見た夢 見た景色 まだここにある 同じ笑顔で  離れてやっと気づいた あなたの強さ あなたの優しさ 今日もこの音に願いを込める ありがとう ありがとう 本当にありがとう  私は今この場所で そっと目を閉じる 耳を澄ます 緑の畑と青い海 まだここにある 同じ笑顔で  急いで過ぎ行く日々を 私は生きる 大地踏みしめて あなたがいるから頑張れる いつもありがとう ありがとう 本当にありがとう
GREENFIELDS昔はそこらに 穴があって 私もよく 落ちたものよ おいしいもんと まずいもん食べて 背は伸びる 眼は開く and then 心は冷える たんすの中 もういっぱいなのに 欲しい もっと欲しい でも本当は さびしい ほほえみの中 不きげんの中 うそつきの中 笑いとばそう  あなたの名前 よばれるまで たくさんのこと いっぱいのこと 集めて 悲しみの中から 光る石をみつけたら みがいてそっと 新しい話 見知らぬ人と 話しはじめる 聞いたことのない 新しい話 私の耳は 光かがやき ひそやかな涙を ききわける  Weary days have gone Won't be back again  よく晴れた冬の朝 おじいちゃんがいて セーターの色に とびこむと “よくきたね。” ぶどう畑の向こう 今では私の新しい家 今度こそ私から “よくきたね。” 私の腕は 黄金となり 私達の愛を 押し広げる  Weary days have gone Won't be back again  Talk about and talk about Talk about the greenfields Hear me now and hear me now Here me have the greenfields矢野顕子矢野顕子矢野顕子昔はそこらに 穴があって 私もよく 落ちたものよ おいしいもんと まずいもん食べて 背は伸びる 眼は開く and then 心は冷える たんすの中 もういっぱいなのに 欲しい もっと欲しい でも本当は さびしい ほほえみの中 不きげんの中 うそつきの中 笑いとばそう  あなたの名前 よばれるまで たくさんのこと いっぱいのこと 集めて 悲しみの中から 光る石をみつけたら みがいてそっと 新しい話 見知らぬ人と 話しはじめる 聞いたことのない 新しい話 私の耳は 光かがやき ひそやかな涙を ききわける  Weary days have gone Won't be back again  よく晴れた冬の朝 おじいちゃんがいて セーターの色に とびこむと “よくきたね。” ぶどう畑の向こう 今では私の新しい家 今度こそ私から “よくきたね。” 私の腕は 黄金となり 私達の愛を 押し広げる  Weary days have gone Won't be back again  Talk about and talk about Talk about the greenfields Hear me now and hear me now Here me have the greenfields
GLORY DAYS四月雨の降る朝 混み合う駅の中 ホームで手をふる あなたがぼやける  ごめんね夢すてられない たとえもどれなくても  電車の窓はまるで 映画のスクリーン 過去へ私を まきもどしていく  ひとつひとつの シーンの中の あなたにありがとう  OH GLORY DAYS 失うものがあるから 手に 入れるものがある そう言って笑ってくれた あなたのこと きっと忘れないよ  卒業証書と引きかえにした 想い出にさよなら  OH GLORY DAYS 失うものがあるから 手に 入れるものがある そう言って笑ってくれた あなただけが すべてだったのに  OH GLORY DAYS 失うものがあるから 手に 入れるものがある そう言って笑ってくれた あなたのこと ずっと忘れないよ矢野顕子渡瀬マキ平川達也四月雨の降る朝 混み合う駅の中 ホームで手をふる あなたがぼやける  ごめんね夢すてられない たとえもどれなくても  電車の窓はまるで 映画のスクリーン 過去へ私を まきもどしていく  ひとつひとつの シーンの中の あなたにありがとう  OH GLORY DAYS 失うものがあるから 手に 入れるものがある そう言って笑ってくれた あなたのこと きっと忘れないよ  卒業証書と引きかえにした 想い出にさよなら  OH GLORY DAYS 失うものがあるから 手に 入れるものがある そう言って笑ってくれた あなただけが すべてだったのに  OH GLORY DAYS 失うものがあるから 手に 入れるものがある そう言って笑ってくれた あなたのこと ずっと忘れないよ
恋は桃色ここがどこなのか どうでもいいことさ どうやって来たのか 忘れられるかな 土の香りこのペンキのにおい 壁は象牙色 空は硝子の色  夜をつかって辿り着くまで 陽気な唄を吐き出しながら 闇へとつっぱしる火の車 赤いお月様と鬼ごっこ  ここは前に来た道 川沿いの道 雲の切れ目からのぞいた 見覚えのある街 トゥー トゥー トゥー  おまえの中で 雨が降れば 僕は傘を閉じて濡れていけるかな 雨の香りこの黴のくさみ 空は鼠色 恋は桃色矢野顕子細野晴臣細野晴臣矢野顕子ここがどこなのか どうでもいいことさ どうやって来たのか 忘れられるかな 土の香りこのペンキのにおい 壁は象牙色 空は硝子の色  夜をつかって辿り着くまで 陽気な唄を吐き出しながら 闇へとつっぱしる火の車 赤いお月様と鬼ごっこ  ここは前に来た道 川沿いの道 雲の切れ目からのぞいた 見覚えのある街 トゥー トゥー トゥー  おまえの中で 雨が降れば 僕は傘を閉じて濡れていけるかな 雨の香りこの黴のくさみ 空は鼠色 恋は桃色
こんなところにいてはいけないどこへでも どこからでも ぼくらは旅に出るべきなんだ こんなところにいてはいけない  散らかってる部屋のなかで 迷ってるのは もう やめにして こんなところにいてはいけない  花が枯れるとき 陽が沈むとき いっしょにいよう すべてが新しくなる時まで  いつでも いつまでも ぼくらは笑顔でいるべきなんだ こんな気分でいてはいけない  弱いちからと 小さなお金 集めてごらん そして さよならのひとことだ  どこへでも どこからでも ぼくらは旅に出るべきなんだ こんなところにいてはいけない矢野顕子糸井重里・矢野顕子矢野顕子どこへでも どこからでも ぼくらは旅に出るべきなんだ こんなところにいてはいけない  散らかってる部屋のなかで 迷ってるのは もう やめにして こんなところにいてはいけない  花が枯れるとき 陽が沈むとき いっしょにいよう すべてが新しくなる時まで  いつでも いつまでも ぼくらは笑顔でいるべきなんだ こんな気分でいてはいけない  弱いちからと 小さなお金 集めてごらん そして さよならのひとことだ  どこへでも どこからでも ぼくらは旅に出るべきなんだ こんなところにいてはいけない
CALLING YOU悲しいことがあった日は 早くひとりになりたい 手をにぎってほしい時は いつもいつも ひとりきり  声がみえるから でんわをしたよ 今あいたいから でんわにしたよ 届けてほしい わたしの願い きかせてほしい あなたのきもち  悲しいことがあったけど 新しい気持ちになりたい ほほえむ風がさそうから 緑の中 歩きだす  声がみえるから でんわをしたよ 今あいたいから でんわにしたよ 届けてほしい わたしの願い きかせてほしい あなたのこころ  届けてほしい わたしの願い きかせてほしい あなたのきもち  声がみえるから でんわをしたよ 今あいたいから でんわにしたよ  声がみえるから でんわをしたよ 今あいたいから矢野顕子矢野顕子矢野顕子悲しいことがあった日は 早くひとりになりたい 手をにぎってほしい時は いつもいつも ひとりきり  声がみえるから でんわをしたよ 今あいたいから でんわにしたよ 届けてほしい わたしの願い きかせてほしい あなたのきもち  悲しいことがあったけど 新しい気持ちになりたい ほほえむ風がさそうから 緑の中 歩きだす  声がみえるから でんわをしたよ 今あいたいから でんわにしたよ 届けてほしい わたしの願い きかせてほしい あなたのこころ  届けてほしい わたしの願い きかせてほしい あなたのきもち  声がみえるから でんわをしたよ 今あいたいから でんわにしたよ  声がみえるから でんわをしたよ 今あいたいから
ごはんができたよごはんができたよって かあさんの叫ぶ声 ボールが見えなくなった とうさんも帰る頃さ 楽しかったよ きょうも うれしかったんだ きょうも ちょっぴり泣いたけど こんなに元気さ  楽しかったよ きょうも うれしかったんだ きょうも ちょっぴり泣いたけど こんなに元気さ  八百屋のみいちゃんにも お医者さんちのあっこちゃんにも 静かに夜は来る みんなの上に来る 甘ったれのふうちゃんにも 鼻ったれのかずちゃんにも 静かに夜は来る みんなの上に来る  ごはんができたよって かあさんの声がなつかしい 怒られてばかりいたけど とうさんも元気かしら 淋しかったんだ きょうも 悲しかったのさ きょうも ちょっぴり笑ったけど それが何になるのさ  淋しかったんだ きょうも 悲しかったのさ きょうも ちょっぴり笑ったけど それが何になるのさ  義なるものの上にも 不義なる者の上にも 静かに夜は来る みんなの上に来る いい人の上にも 悪い人の上にも 静かに夜は来る みんなの上に来る  つらいことばかりあるなら 帰って帰っておいで 泣きたいことばかりなら 帰って帰っておいで矢野顕子矢野顕子矢野顕子ごはんができたよって かあさんの叫ぶ声 ボールが見えなくなった とうさんも帰る頃さ 楽しかったよ きょうも うれしかったんだ きょうも ちょっぴり泣いたけど こんなに元気さ  楽しかったよ きょうも うれしかったんだ きょうも ちょっぴり泣いたけど こんなに元気さ  八百屋のみいちゃんにも お医者さんちのあっこちゃんにも 静かに夜は来る みんなの上に来る 甘ったれのふうちゃんにも 鼻ったれのかずちゃんにも 静かに夜は来る みんなの上に来る  ごはんができたよって かあさんの声がなつかしい 怒られてばかりいたけど とうさんも元気かしら 淋しかったんだ きょうも 悲しかったのさ きょうも ちょっぴり笑ったけど それが何になるのさ  淋しかったんだ きょうも 悲しかったのさ きょうも ちょっぴり笑ったけど それが何になるのさ  義なるものの上にも 不義なる者の上にも 静かに夜は来る みんなの上に来る いい人の上にも 悪い人の上にも 静かに夜は来る みんなの上に来る  つらいことばかりあるなら 帰って帰っておいで 泣きたいことばかりなら 帰って帰っておいで
ごはんとおかず炊きたてごはんみたいだね あなたって みんなをしあわせにする ほっかほかの時 昨日 残った おかずなの わたしって あなたと一緒なら おいしくなれる  聞こえるように 忘れないように 何回でも言います 届けます 大好きだよ  炊きたてごはん いつの間にか 冷めてる 口数 少なくなる あなたを見ている 何品も おかずが ある日もある 無い日もある あなたと一緒なら おいしくなれる  楽しいことも つまんないことも 二人で作るから キッチンはいつも満杯さ  聞こえるように 忘れないように 何回でも言います 届けます 大好きだよ矢野顕子矢野顕子矢野顕子Sasakure.UK炊きたてごはんみたいだね あなたって みんなをしあわせにする ほっかほかの時 昨日 残った おかずなの わたしって あなたと一緒なら おいしくなれる  聞こえるように 忘れないように 何回でも言います 届けます 大好きだよ  炊きたてごはん いつの間にか 冷めてる 口数 少なくなる あなたを見ている 何品も おかずが ある日もある 無い日もある あなたと一緒なら おいしくなれる  楽しいことも つまんないことも 二人で作るから キッチンはいつも満杯さ  聞こえるように 忘れないように 何回でも言います 届けます 大好きだよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
500マイル次の汽車が 駅に着いたら この街を離れ 遠く 500マイルの 見知らぬ街へ 僕は出て行く 500マイル  ひとつ ふたつ みっつ よっつ 思い出数えて 500マイル 優しい人よ 愛しい友よ 懐かしい家よ さようなら  汽車の窓に 映った夢よ 帰りたい心 抑えて 抑えて 抑えて 抑えて 抑えて 悲しくなるのを 抑えて  次の汽車が 駅に着いたら この街を離れ 500マイル矢野顕子ヘイディ・ウェスト・日本語詞:忌野清志郎ヘイディ・ウェスト松本淳一次の汽車が 駅に着いたら この街を離れ 遠く 500マイルの 見知らぬ街へ 僕は出て行く 500マイル  ひとつ ふたつ みっつ よっつ 思い出数えて 500マイル 優しい人よ 愛しい友よ 懐かしい家よ さようなら  汽車の窓に 映った夢よ 帰りたい心 抑えて 抑えて 抑えて 抑えて 抑えて 悲しくなるのを 抑えて  次の汽車が 駅に着いたら この街を離れ 500マイル
GO GIRLここにいてもしょうがない なにも変わらない ガソリン満たんにして 風にのって走れよ GO GIRL 歌おうよ  星占いはいらない あてにはしない 本当のこと知ったから もう うそにはもどれない GO GIRL ふり向かない 昨日は  丸まって眠る 火星の下で はちみつをなめて 明日を待ってる あざわらい うしろゆび つめたいひとたち そんなもんに負けちゃだめよ ほほえみで返せよ GO GIRL ほめてあげる きっと  落ちてくる涙 ワイパーにまかせて 窓をすべて開けて 虹を待っている  あなたのこと大好きって 決めてしまった この愛えらんだから 戦いは続くけど GO GIRL アクセルして 大丈夫だよ 愛はどこまでも行く矢野顕子矢野顕子矢野顕子矢野顕子ここにいてもしょうがない なにも変わらない ガソリン満たんにして 風にのって走れよ GO GIRL 歌おうよ  星占いはいらない あてにはしない 本当のこと知ったから もう うそにはもどれない GO GIRL ふり向かない 昨日は  丸まって眠る 火星の下で はちみつをなめて 明日を待ってる あざわらい うしろゆび つめたいひとたち そんなもんに負けちゃだめよ ほほえみで返せよ GO GIRL ほめてあげる きっと  落ちてくる涙 ワイパーにまかせて 窓をすべて開けて 虹を待っている  あなたのこと大好きって 決めてしまった この愛えらんだから 戦いは続くけど GO GIRL アクセルして 大丈夫だよ 愛はどこまでも行く
さあ冒険だ晴れた日は 出かけよう どこか遠くへ 知らないとこ 目指して歩いて行こう さあ冒険だ 昨日より 今日が好き 新しいから ワクワクする この気持ち なんだろう さあ冒険だ  迷い道 裏道 信号 ガードレール 風にたずねならがら お気楽に行こう  晴れた日は 出かけよう こころ裸で うれしいこと 探して歩いて行こう さあ冒険だ  家の中にいても そうだつまんない 犬に道をきけば どこへでも行ける  晴れた日は 出かけよう 口笛ふいて 悲しいこと 忘れて歩いて行こう さあ冒険だ矢野顕子森高千里・S.Itoiカールスモーキー石井晴れた日は 出かけよう どこか遠くへ 知らないとこ 目指して歩いて行こう さあ冒険だ 昨日より 今日が好き 新しいから ワクワクする この気持ち なんだろう さあ冒険だ  迷い道 裏道 信号 ガードレール 風にたずねならがら お気楽に行こう  晴れた日は 出かけよう こころ裸で うれしいこと 探して歩いて行こう さあ冒険だ  家の中にいても そうだつまんない 犬に道をきけば どこへでも行ける  晴れた日は 出かけよう 口笛ふいて 悲しいこと 忘れて歩いて行こう さあ冒険だ
SOMEDAY街の唄が聴こえてきて 真夜中に恋を抱きしめた あの頃 踊り続けていた 夜のフラッシュライト浴びながら 時の流れも感じないまま 窓辺にもたれ夢のひとつひとつを 消してゆくのはつらいけど 若すぎてなんだか解からなかったことが リアルに感じてしまうこの頃さ Happiness & Rest 約束してくれた君 だからもう一度あきらめないで まごころがつかめるその時まで SOMEDAY この胸にSOMEDAY ちかうよSOMEDAY 信じる心いつまでも SOMEDAY  「手おくれ」と言われても 口笛で答えていたあの頃 誰にも従わず 傷の手当もせずただ 時の流れに身をゆだねて いつかは誰でも 愛の謎が解けて ひとりきりじゃいられなくなる Oh!ダーリン こんな気持ちに揺れてしまうのは 君のせいかもしれないんだぜ Happiness & Rest 約束してくれた君 だからもう一度あきらめないで まごころがつかめるその時まで  SOMEDAY この胸にSOMEDAY ちかうよSOMEDAY 信じる心いつまでも SOMEDAY  いつかは誰でも 愛の謎が解けて ひとりきりじゃいられなくなる ステキなことはステキだと 無邪気に笑える心がスキさ矢野顕子佐野元春佐野元春街の唄が聴こえてきて 真夜中に恋を抱きしめた あの頃 踊り続けていた 夜のフラッシュライト浴びながら 時の流れも感じないまま 窓辺にもたれ夢のひとつひとつを 消してゆくのはつらいけど 若すぎてなんだか解からなかったことが リアルに感じてしまうこの頃さ Happiness & Rest 約束してくれた君 だからもう一度あきらめないで まごころがつかめるその時まで SOMEDAY この胸にSOMEDAY ちかうよSOMEDAY 信じる心いつまでも SOMEDAY  「手おくれ」と言われても 口笛で答えていたあの頃 誰にも従わず 傷の手当もせずただ 時の流れに身をゆだねて いつかは誰でも 愛の謎が解けて ひとりきりじゃいられなくなる Oh!ダーリン こんな気持ちに揺れてしまうのは 君のせいかもしれないんだぜ Happiness & Rest 約束してくれた君 だからもう一度あきらめないで まごころがつかめるその時まで  SOMEDAY この胸にSOMEDAY ちかうよSOMEDAY 信じる心いつまでも SOMEDAY  いつかは誰でも 愛の謎が解けて ひとりきりじゃいられなくなる ステキなことはステキだと 無邪気に笑える心がスキさ
さようならぼくもういかなきゃなんない すぐいかなきゃなんない どこへいくのかわからないけど さくらなみきのしたをとおって おおどおりをしんごうでわたって いつもながめてるやまをめじるしに ひとりでいかなきゃなんない すぐいかなきゃなんない どおしてなのかしらないけど おかあさんごめんなさい おとうさんにやさしくしてあげて ぼくすききらいいわずになんでもたべる ほんもいまよりたくさんよむとおもう  よるになればほしをみる ひるはいろんなひととはなしをする そしてきっといちばんすきなものをみつける みつけたらたいせつにしてしぬまでいきる  だからとおくにいてもさびしくないよ ぼくもういかなきゃなんない すぐいかなきゃなんない ひとりでいかなきゃなんない すぐいかなきゃなんない  矢野顕子谷川俊太郎谷川賢作矢野顕子ぼくもういかなきゃなんない すぐいかなきゃなんない どこへいくのかわからないけど さくらなみきのしたをとおって おおどおりをしんごうでわたって いつもながめてるやまをめじるしに ひとりでいかなきゃなんない すぐいかなきゃなんない どおしてなのかしらないけど おかあさんごめんなさい おとうさんにやさしくしてあげて ぼくすききらいいわずになんでもたべる ほんもいまよりたくさんよむとおもう  よるになればほしをみる ひるはいろんなひととはなしをする そしてきっといちばんすきなものをみつける みつけたらたいせつにしてしぬまでいきる  だからとおくにいてもさびしくないよ ぼくもういかなきゃなんない すぐいかなきゃなんない ひとりでいかなきゃなんない すぐいかなきゃなんない  
在広東少年黒い瞳の中に 赤い花が咲いて 黒い瞳の中に 黄色い風が吹く 黒い瞳の中に 海の水が揺れて 黒い瞳の中に 白い壁が崩れる  おまえはほほえむ わたしにむかってほほえむ 目が見えないわたしに  ふくらんだ指の中に 電話のベルが鳴り ふくらんだ指の中に ジェット機が墜ちる  おまえはうたう わたしにむかってうたう 耳がこわれたわたしに  おまえはほほえむ わたしにむかってほほえむ 目が見えないわたしに矢野顕子矢野顕子矢野顕子黒い瞳の中に 赤い花が咲いて 黒い瞳の中に 黄色い風が吹く 黒い瞳の中に 海の水が揺れて 黒い瞳の中に 白い壁が崩れる  おまえはほほえむ わたしにむかってほほえむ 目が見えないわたしに  ふくらんだ指の中に 電話のベルが鳴り ふくらんだ指の中に ジェット機が墜ちる  おまえはうたう わたしにむかってうたう 耳がこわれたわたしに  おまえはほほえむ わたしにむかってほほえむ 目が見えないわたしに
The Wall踊りましょうって 誘ってみた あなたの方が うんと上手だった  いつもいつも 考えている あなたをしあわせな 気持ちにすること  The Wall 高くて だれものぼれない The Wall 遠くて 声がきこえない  武装解除を お願いします GoogleとCNNとTimesで 固められたあなた  The Wall 今夜は よじのぼっていきます The Wall いつかは わかりあえる時を 崩れ落ちる前に  だって愛してる 待ってるんだもん あなたをいっぱい 抱きしめる時を  Let's sway in the rhythm Let's stay in the rhythm矢野顕子Akiko YanoAkiko Yano踊りましょうって 誘ってみた あなたの方が うんと上手だった  いつもいつも 考えている あなたをしあわせな 気持ちにすること  The Wall 高くて だれものぼれない The Wall 遠くて 声がきこえない  武装解除を お願いします GoogleとCNNとTimesで 固められたあなた  The Wall 今夜は よじのぼっていきます The Wall いつかは わかりあえる時を 崩れ落ちる前に  だって愛してる 待ってるんだもん あなたをいっぱい 抱きしめる時を  Let's sway in the rhythm Let's stay in the rhythm
雑踏雨の音で 歌が作れたなら かわかないうちに 君に贈らなくちゃ 雲にのせて 君の傘の上に  夜の黒で 絵が描けたなら 朝が来る前に 君に見せなくちゃ 夜露に包んで 君の部屋の窓に  Hey 会いたい人がいるんだ どうしようもなく どうしようもなく Hey 会いたい人がいるんだ  朝の街の 雑踏の中で すべてが消えて 無くなったように感じる 気のせいだろう 君がいない事も  Hey 会いたい人がいるんだ どうしようもなく どうしようもなく Hey 会いたい人がいるんだ  いるんだ いるんだ 会いたい人が 会いたい 会いたい どうしようもなく 会いたい 会いたい どうしようもなく 会いたい 会いたい 会いたい 会いたい矢野顕子忌野清志郎・三宅伸治忌野清志郎・三宅伸治雨の音で 歌が作れたなら かわかないうちに 君に贈らなくちゃ 雲にのせて 君の傘の上に  夜の黒で 絵が描けたなら 朝が来る前に 君に見せなくちゃ 夜露に包んで 君の部屋の窓に  Hey 会いたい人がいるんだ どうしようもなく どうしようもなく Hey 会いたい人がいるんだ  朝の街の 雑踏の中で すべてが消えて 無くなったように感じる 気のせいだろう 君がいない事も  Hey 会いたい人がいるんだ どうしようもなく どうしようもなく Hey 会いたい人がいるんだ  いるんだ いるんだ 会いたい人が 会いたい 会いたい どうしようもなく 会いたい 会いたい どうしようもなく 会いたい 会いたい 会いたい 会いたい
THE LETTERGive me a ticket for an airplane Ain't got time to take a fast train Lonely days are gone I'm going home My baby just wrote me a letter  I don't care how much money I got to spend Got to get back to my baby again Lonely days are gone I'm going home My baby, just wrote me a letter  Well she wrote me a letter Said she couldn't live without me no more Listen mister, can't you see I have to get back To my baby wants me home Anyway  Give me a ticket for an airplane Ain't got time to take a fast train Lonely days are gone I'm going home My baby just wrote me a letter  Well she wrote me a letter Said she couldn't live without me no more Listen mister , can't you see I have to get back To my baby wants me home Anyway  Give me a ticket for an airplane Ain't got time to take a fast train Lonely days are gone I'm going home My baby just wrote me a letter  My baby she wrote me a letter矢野顕子Wayne CarsonWayne CarsonGive me a ticket for an airplane Ain't got time to take a fast train Lonely days are gone I'm going home My baby just wrote me a letter  I don't care how much money I got to spend Got to get back to my baby again Lonely days are gone I'm going home My baby, just wrote me a letter  Well she wrote me a letter Said she couldn't live without me no more Listen mister, can't you see I have to get back To my baby wants me home Anyway  Give me a ticket for an airplane Ain't got time to take a fast train Lonely days are gone I'm going home My baby just wrote me a letter  Well she wrote me a letter Said she couldn't live without me no more Listen mister , can't you see I have to get back To my baby wants me home Anyway  Give me a ticket for an airplane Ain't got time to take a fast train Lonely days are gone I'm going home My baby just wrote me a letter  My baby she wrote me a letter
The Long Time NowI been waiting for a long, long time I been waiting for a long, long time I been waiting for a long, long time I been waiting for the long time now  I can hear the footsteps Following behind me Trying to find me But when I turn around I can't see where the path goes Into the shadows Into the shadows  I been waiting for a long, long time I been waiting for a long, long time I been waiting for a long, long time I been waiting for the long time now  I can hear you breathing Whispering in my ear There is nothing to fear But when I turn around As I see the trees bow I only hear the wind blow  By mistake I felt alone In my heart I've always known You'd be there to bring me home  I been waiting for a long, long time I been waiting for a long, long time I been waiting for a long, long time I been waiting for the long time now矢野顕子Bob Neuwirth・T Bone BurnettBob Neuwirth・T Bone BurnettI been waiting for a long, long time I been waiting for a long, long time I been waiting for a long, long time I been waiting for the long time now  I can hear the footsteps Following behind me Trying to find me But when I turn around I can't see where the path goes Into the shadows Into the shadows  I been waiting for a long, long time I been waiting for a long, long time I been waiting for a long, long time I been waiting for the long time now  I can hear you breathing Whispering in my ear There is nothing to fear But when I turn around As I see the trees bow I only hear the wind blow  By mistake I felt alone In my heart I've always known You'd be there to bring me home  I been waiting for a long, long time I been waiting for a long, long time I been waiting for a long, long time I been waiting for the long time now
SHENANDOAHO Shenandoah, I hear you calling, Hi-O! you rolling river, O Shenandoah, I long to hear you, Hi-O! I'm bound away, 'Cross the wide Missouri  Missouri she's a mighty river, Hi-O! you rolling river, When she rolls down her top sails shiver, Hi-O! I'm bound away, 'Cross the wide Missouri  Farewell my dearest, I'm bound to leave you Hi-O! you rolling river, O Shenandoah, I'll not deceive you, Hi-O! I'm bound away, 'Cross the wide Missouri矢野顕子アメリカ民謡アメリカ民謡O Shenandoah, I hear you calling, Hi-O! you rolling river, O Shenandoah, I long to hear you, Hi-O! I'm bound away, 'Cross the wide Missouri  Missouri she's a mighty river, Hi-O! you rolling river, When she rolls down her top sails shiver, Hi-O! I'm bound away, 'Cross the wide Missouri  Farewell my dearest, I'm bound to leave you Hi-O! you rolling river, O Shenandoah, I'll not deceive you, Hi-O! I'm bound away, 'Cross the wide Missouri
しまったあっしまった! あなたの顔 わすれてしまった 思い出せないんだ  あっこまった! 知ってることが 少なすぎるな 月がのぼるな  好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのに  あっしまった! あなたの名前 わすれてしまった かばんの中だ  こんなことじゃいけないじゃん だけど思い出せないんだ 本当のことおしえて 本当のことおしえて  好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのに  好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのに矢野顕子Akiko YanoAkiko Yanoあっしまった! あなたの顔 わすれてしまった 思い出せないんだ  あっこまった! 知ってることが 少なすぎるな 月がのぼるな  好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのに  あっしまった! あなたの名前 わすれてしまった かばんの中だ  こんなことじゃいけないじゃん だけど思い出せないんだ 本当のことおしえて 本当のことおしえて  好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのに  好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのにな 好きなのに 好きなのに
しようよこの頃さ 少しずつ君とうまくいかない 理由は何だろう? 背中とか痒いのに手が届かない感じ ま、そんなところかなぁ…  忙しくなってろくに話す暇さえ なくなったなんて嘘だろう? これじゃ本当にマズいなって思ってる あぶないね  微笑みに 分かった顔しないでさ いつだって 気持ち素直に伝えよう 正直に とにかく何でも隠さずに 話をしようよ  時々は疲れてさ ちょっと面倒になって 適当に答えて そこんとこ分かるって そうごまかしながらで 困ったもんだね  毎日楽しいことばかりじゃないし もうほとんど繰り返しで 話すネタだって探すのに苦労するけど 努力しよう  微笑みに 分かった顔しないでさ いつだって 気持ち素直に伝えよう 正直に とにかく何でも隠さずに 話をしようよ しあわせが 逃げてゆかないように いつまでも 僕等笑って暮らそうよ 今すぐに 最初から始めてみよう きっと簡単さ  なんとなく 分かった顔しないでさ もう一度 ふたり出会ったときみたい 正直に とにかく何でも気づいたら 話をしようよ しあわせが 逃げてゆかないように いつまでも 僕等笑って暮らそうよ 今すぐに 最初から始めてみよう きっと簡単さ  話そうよ 目をみれば分かるなんて ちゃんと言わなきゃ分からない 君がいなけりゃ淋しい 正直に どんなことでもかまわない 話をしようよ  僕はただ君のことやっぱり好きで好きで… 君はどうなんだろう? もし僕と同じなら今からふたりもっと 話をしようよ…  矢野顕子森浩美Jimmy Jhonson矢野顕子この頃さ 少しずつ君とうまくいかない 理由は何だろう? 背中とか痒いのに手が届かない感じ ま、そんなところかなぁ…  忙しくなってろくに話す暇さえ なくなったなんて嘘だろう? これじゃ本当にマズいなって思ってる あぶないね  微笑みに 分かった顔しないでさ いつだって 気持ち素直に伝えよう 正直に とにかく何でも隠さずに 話をしようよ  時々は疲れてさ ちょっと面倒になって 適当に答えて そこんとこ分かるって そうごまかしながらで 困ったもんだね  毎日楽しいことばかりじゃないし もうほとんど繰り返しで 話すネタだって探すのに苦労するけど 努力しよう  微笑みに 分かった顔しないでさ いつだって 気持ち素直に伝えよう 正直に とにかく何でも隠さずに 話をしようよ しあわせが 逃げてゆかないように いつまでも 僕等笑って暮らそうよ 今すぐに 最初から始めてみよう きっと簡単さ  なんとなく 分かった顔しないでさ もう一度 ふたり出会ったときみたい 正直に とにかく何でも気づいたら 話をしようよ しあわせが 逃げてゆかないように いつまでも 僕等笑って暮らそうよ 今すぐに 最初から始めてみよう きっと簡単さ  話そうよ 目をみれば分かるなんて ちゃんと言わなきゃ分からない 君がいなけりゃ淋しい 正直に どんなことでもかまわない 話をしようよ  僕はただ君のことやっぱり好きで好きで… 君はどうなんだろう? もし僕と同じなら今からふたりもっと 話をしようよ…  
自転車でおいで○月×日 雨のちくもり 僕はだれかを好きと書く それがだれかはわからない  窓の外を犬が歩くてゆく 黒いはな 黒いあし いつもひとりでいる犬だ  知らないあなたに会いたいな  自転車でおいでよ 僕の家はすぐそこだよ とうふ屋のかどから四軒め  ○月×日 晴れのちくもり 僕はだれかがだれかを知る そして名前を書いてみる  庭の池を猫がのぞいている 小さな猫 小さな水 いつもおなかをへらしてる  いつかはあなたに会いたいな  自転車でおいでよ 僕の家はすぐそこだよ 牛乳のあきびんがめじるしさ  自転車でおいでよ 僕の家はまだあるのさ 朝日と夕陽があたる家矢野顕子糸井重里矢野顕子○月×日 雨のちくもり 僕はだれかを好きと書く それがだれかはわからない  窓の外を犬が歩くてゆく 黒いはな 黒いあし いつもひとりでいる犬だ  知らないあなたに会いたいな  自転車でおいでよ 僕の家はすぐそこだよ とうふ屋のかどから四軒め  ○月×日 晴れのちくもり 僕はだれかがだれかを知る そして名前を書いてみる  庭の池を猫がのぞいている 小さな猫 小さな水 いつもおなかをへらしてる  いつかはあなたに会いたいな  自転車でおいでよ 僕の家はすぐそこだよ 牛乳のあきびんがめじるしさ  自転車でおいでよ 僕の家はまだあるのさ 朝日と夕陽があたる家
Jin Jinじんじん じんじん 酒屋ぬ水食てい うていりょう じんじん あがりょう じんじん  じんじん じんじん ちぶやぬ水食てい うていりょう じんじん あがりょう じんじん矢野顕子沖縄民謡沖縄民謡矢野顕子じんじん じんじん 酒屋ぬ水食てい うていりょう じんじん あがりょう じんじん  じんじん じんじん ちぶやぬ水食てい うていりょう じんじん あがりょう じんじん
Snowそらから たびをしながら おりてきた雪。 じめんについて あたりを見ると  たくさんの雪が じめんでねむっている。  そこに たくさんの 雪のともだちが 空から ゆらり ゆらりと おちてきた。  いまおちてきた雪も すやすや ねむってしまった。  Traveling down Far from the sky Here I am It's snow  Touch the ground Take a look around Faces I've known Smiling, Welcoming Now we are snow  Sound that I hear Coming close Through the thicket clouds  All folks coming down Taking about their destinations can you hear it? Cover the land All the lies and hatred Can you see it?  Then we sleep for a while矢野顕子中村志津代・矢野顕子矢野顕子矢野顕子そらから たびをしながら おりてきた雪。 じめんについて あたりを見ると  たくさんの雪が じめんでねむっている。  そこに たくさんの 雪のともだちが 空から ゆらり ゆらりと おちてきた。  いまおちてきた雪も すやすや ねむってしまった。  Traveling down Far from the sky Here I am It's snow  Touch the ground Take a look around Faces I've known Smiling, Welcoming Now we are snow  Sound that I hear Coming close Through the thicket clouds  All folks coming down Taking about their destinations can you hear it? Cover the land All the lies and hatred Can you see it?  Then we sleep for a while
すばらしい日々僕らは離ればなれ たまに会っても話題がない いっしょにいたいけれど とにかく時間がたりない 人がいないとこに行こう 休みがとれたら いつの間にか僕らも 若いつもりが年をとった 暗い話にばかり やたらくわしくなったもんだ それぞれ二人忙しく 汗かいて  すばらしい日々だ 力あふれ すべてを捨てて僕は生きてる 君は僕を忘れるから その頃にはすぐに君に会いに行ける  なつかしい歌も笑い顔も すべてを捨てて僕は生きてる それでも君を思い出せば そんな時は何もせずに眠る眠る 朝も夜も歌いながら 時々はぼんやり考える 君は僕を忘れるから そうすればもうすぐに君に会いに行ける矢野顕子奥田民生奥田民生僕らは離ればなれ たまに会っても話題がない いっしょにいたいけれど とにかく時間がたりない 人がいないとこに行こう 休みがとれたら いつの間にか僕らも 若いつもりが年をとった 暗い話にばかり やたらくわしくなったもんだ それぞれ二人忙しく 汗かいて  すばらしい日々だ 力あふれ すべてを捨てて僕は生きてる 君は僕を忘れるから その頃にはすぐに君に会いに行ける  なつかしい歌も笑い顔も すべてを捨てて僕は生きてる それでも君を思い出せば そんな時は何もせずに眠る眠る 朝も夜も歌いながら 時々はぼんやり考える 君は僕を忘れるから そうすればもうすぐに君に会いに行ける
スプリンクラー10日ぶりの雨の日 握りしめた手をふりほどいた 光る舗道  地下鉄の階段を 泣きながら駆け降りていく君の 後姿  君の許に跪いて 許して欲しいと 僕が言えばそれで済むの? 愛は…  薄暗い地下道へと 流れ落ちる雨 それはまるで 壊れたスプリンクラー  愛の為に2人で 何をしたというの 僕は君の おもちゃじゃない  君なしでは生きられない 悲しい言葉さ 言い出したらそれで終り 愛は…  冷たいざわめきを 心のざわめきを 消し止めて 消し止めて スプリンクラー!矢野顕子山下達郎山下達郎10日ぶりの雨の日 握りしめた手をふりほどいた 光る舗道  地下鉄の階段を 泣きながら駆け降りていく君の 後姿  君の許に跪いて 許して欲しいと 僕が言えばそれで済むの? 愛は…  薄暗い地下道へと 流れ落ちる雨 それはまるで 壊れたスプリンクラー  愛の為に2人で 何をしたというの 僕は君の おもちゃじゃない  君なしでは生きられない 悲しい言葉さ 言い出したらそれで終り 愛は…  冷たいざわめきを 心のざわめきを 消し止めて 消し止めて スプリンクラー!
SUPER FOLK SONGI READ THE NEWS TODAY, OH BOY  恋に遠慮はいらないけれど 遠慮は恋が嫌いです 逢いたい気持は夜の道 人目忍んで野球帽 特に名は秘すロミオ様 ほんとの名前はマサル君 逢いたさ見たさの急ぎ足 ライト点けずにラッタッター  花も恥じらうジュリエット 村でも1・2のミドリちゃん 親と親とは敵どうし 選挙のたびになぐりあい 人の恋路は曲り道 そそぐ油でまた燃える  愛は後悔しないものです 後悔は先に立ちません 星も輝く空気もいい キツネもタヌキもお嫁入り 勇気リンリンロミオ様 汽車の切符をにぎりしめ 「いざとなったら貯金箱こわしていいわ」 とジュリエット  山は紅 明日は雪 三月桜の夏の夢 牛と馬とでお見送り 豚はクールに背を向けた 味方もあれば敵もある 各駅停車の逃避行  愛は優しくはかないもので はかなきゃ夜空が身にしみる かえすがえすも残念なのは 残り時間のやるせなさ イマジネーションふくらまし ハッピー・エンドにしてください ハッピー・エンドにしておくれ矢野顕子糸井重里矢野顕子I READ THE NEWS TODAY, OH BOY  恋に遠慮はいらないけれど 遠慮は恋が嫌いです 逢いたい気持は夜の道 人目忍んで野球帽 特に名は秘すロミオ様 ほんとの名前はマサル君 逢いたさ見たさの急ぎ足 ライト点けずにラッタッター  花も恥じらうジュリエット 村でも1・2のミドリちゃん 親と親とは敵どうし 選挙のたびになぐりあい 人の恋路は曲り道 そそぐ油でまた燃える  愛は後悔しないものです 後悔は先に立ちません 星も輝く空気もいい キツネもタヌキもお嫁入り 勇気リンリンロミオ様 汽車の切符をにぎりしめ 「いざとなったら貯金箱こわしていいわ」 とジュリエット  山は紅 明日は雪 三月桜の夏の夢 牛と馬とでお見送り 豚はクールに背を向けた 味方もあれば敵もある 各駅停車の逃避行  愛は優しくはかないもので はかなきゃ夜空が身にしみる かえすがえすも残念なのは 残り時間のやるせなさ イマジネーションふくらまし ハッピー・エンドにしてください ハッピー・エンドにしておくれ
SUPER FOLK SONG RETURNED恋に遠慮はいらないけれど 愛だフナだも 顔をだす まさるとみどりの 逃避行 ハッピーエンドにゃ あとがある 川の流れか カッパの流れ 時は経つもの 座るもの ロミオの頭に 光射し ふくよかマダムの ジュリエット  指おり数え ワンツースリーフォー なんと When I'm sixty four! 春夏秋冬 そして春 やさしいあなたを見つめてた  スミレ タンポポ カボチャに キュウリ 浮気 借金 世の情け 仲のいい日も なくもなく 一姫二太郎 三は猫 笑う門には 犬もいる 棒に当たれば キャンとなく キャンプファイアー 遊園地 海へ山へも おべんとう  友や先生 世を去ることも そりゃぁ When I'm sixty four! わたしに会えば わかります どこかに ぽちんと 赤い色  憶えているのは あの貯金箱 何度こわそうと したことか 牛と馬との 約束も 豚のクールな はなむけも 若い身空の 瞳の奥に いまも見えます 映画館 各駅停車の 行く先は ふたりたたずむ ダイニング  しわとしわとで 三十二 倍して When I'm sixty four! じぶんで言うのも へんだけど 今日はなんだかキレイです  何が何してなんとやら どこでどうしてどしたやら ここでふたりはどこへゆく 残り時間のどこまでも イマジネーション ふくらまし ハッピーエンドにしておくれ ハッピーエンドにしてください矢野顕子糸井重里矢野顕子矢野顕子恋に遠慮はいらないけれど 愛だフナだも 顔をだす まさるとみどりの 逃避行 ハッピーエンドにゃ あとがある 川の流れか カッパの流れ 時は経つもの 座るもの ロミオの頭に 光射し ふくよかマダムの ジュリエット  指おり数え ワンツースリーフォー なんと When I'm sixty four! 春夏秋冬 そして春 やさしいあなたを見つめてた  スミレ タンポポ カボチャに キュウリ 浮気 借金 世の情け 仲のいい日も なくもなく 一姫二太郎 三は猫 笑う門には 犬もいる 棒に当たれば キャンとなく キャンプファイアー 遊園地 海へ山へも おべんとう  友や先生 世を去ることも そりゃぁ When I'm sixty four! わたしに会えば わかります どこかに ぽちんと 赤い色  憶えているのは あの貯金箱 何度こわそうと したことか 牛と馬との 約束も 豚のクールな はなむけも 若い身空の 瞳の奥に いまも見えます 映画館 各駅停車の 行く先は ふたりたたずむ ダイニング  しわとしわとで 三十二 倍して When I'm sixty four! じぶんで言うのも へんだけど 今日はなんだかキレイです  何が何してなんとやら どこでどうしてどしたやら ここでふたりはどこへゆく 残り時間のどこまでも イマジネーション ふくらまし ハッピーエンドにしておくれ ハッピーエンドにしてください
Say It Ain't SoSomebody's Heine' Is crowdin' my icebox Somebody's cold one Is givin' me chills Guess I'll just close my eyes Flip on the tele' Wrestle with Jimmy Something is bubbling Behind my back The bottle is ready to blow  Say it ain't so Your drug is a heartbreaker Say it ain't so My love is a lifetaker  I can't confront you I never could do That which might hurt you So try and be cool When I say This way is a waterslied away from me That takes you further every day So be cool  Say it ain't so Your drug is a heartbreaker Say it ain't so My love is a lifetaker  Dear Daddy I write you in spite of years of silence. You've cleaned up, found Jesus, things are good or so I hear. This bottle of Steven's awakens ancient feelings. Like father, stepfather, the son is drowning in the flood.  Say it ain't so Your drug is a heartbreaker Say it ain't so My love is a lifetaker矢野顕子Rivers CuomoRivers CuomoSomebody's Heine' Is crowdin' my icebox Somebody's cold one Is givin' me chills Guess I'll just close my eyes Flip on the tele' Wrestle with Jimmy Something is bubbling Behind my back The bottle is ready to blow  Say it ain't so Your drug is a heartbreaker Say it ain't so My love is a lifetaker  I can't confront you I never could do That which might hurt you So try and be cool When I say This way is a waterslied away from me That takes you further every day So be cool  Say it ain't so Your drug is a heartbreaker Say it ain't so My love is a lifetaker  Dear Daddy I write you in spite of years of silence. You've cleaned up, found Jesus, things are good or so I hear. This bottle of Steven's awakens ancient feelings. Like father, stepfather, the son is drowning in the flood.  Say it ain't so Your drug is a heartbreaker Say it ain't so My love is a lifetaker
セラピー沈黙がこわくて オシャベリしすぎて いつでも一人ぼっちの あいつに贈ろう  本当の心は 言い出せずじまい いつでも感じすぎる 孤独なため息  そんな奴も たまにいるものさ 頭のなかは 大変だろうな  果てしない夜 おびえるクツで どこまで歩けるか また試してる  そんなに 心配するなよ 頭の外も大変なだけさ  愛されるために 生まれて来ても 最後までそれだけじゃ ものたりない夜  笑ってごらんよ 退屈なジョ-クさ 誰かがさしのべてる はげましの歌さ  そんな奴も たまにいるものさ 頭の中が 混乱していても  そんなに 心配するなよ 頭の外も 混乱してるから  そんなに 心配するなよ 頭の中が 感じるだけさ  そんなに 心配するなよ矢野顕子忌野清志郎忌野清志郎沈黙がこわくて オシャベリしすぎて いつでも一人ぼっちの あいつに贈ろう  本当の心は 言い出せずじまい いつでも感じすぎる 孤独なため息  そんな奴も たまにいるものさ 頭のなかは 大変だろうな  果てしない夜 おびえるクツで どこまで歩けるか また試してる  そんなに 心配するなよ 頭の外も大変なだけさ  愛されるために 生まれて来ても 最後までそれだけじゃ ものたりない夜  笑ってごらんよ 退屈なジョ-クさ 誰かがさしのべてる はげましの歌さ  そんな奴も たまにいるものさ 頭の中が 混乱していても  そんなに 心配するなよ 頭の外も 混乱してるから  そんなに 心配するなよ 頭の中が 感じるだけさ  そんなに 心配するなよ
そこのアイロンに告ぐそこのアイロンに告ぐ ただちに熱くなれ 他のなにも考えず なにも要求されず そこのアイロンに告ぐ 密かに熱くなるべし 涙も汗もあとかたもなく 今すぐ ただひたすらに  200万人分の赤ん坊のおしめを喜んで乾かす 地球を等しく覆う布のしわを伸ばして  そこのアイロンに告ぐ ただちに光放て 他の光によらず 自ら輝いて そこのアイロンに告ぐ ただちに熱くなれ なにも言わずだれにも見られず 今すぐ ただひたすらに さらに矢野顕子矢野顕子矢野顕子そこのアイロンに告ぐ ただちに熱くなれ 他のなにも考えず なにも要求されず そこのアイロンに告ぐ 密かに熱くなるべし 涙も汗もあとかたもなく 今すぐ ただひたすらに  200万人分の赤ん坊のおしめを喜んで乾かす 地球を等しく覆う布のしわを伸ばして  そこのアイロンに告ぐ ただちに光放て 他の光によらず 自ら輝いて そこのアイロンに告ぐ ただちに熱くなれ なにも言わずだれにも見られず 今すぐ ただひたすらに さらに
Soft LandingAh 見えてくる あなたをのせた船のへさきが Ah 待っていた 一光年の時間の終わり すぐそこに  終わりが見えない雨と風の日々 二人の影が重なる時を信じていた  Ah がんばった わたしの心 離さなかった Ah ねがうのは 抱きとめるから やわらかな着地 Soft Landing  闇に甘えてしまいそうな夜 あなたの苦労(を) 心にうかべ 歩き出した  Ah がんばった あなたの笑顔 はなさなかった Ah 願うのは 抱きとめるから やわらかな着地 Soft Landing矢野顕子矢野顕子矢野顕子矢野顕子Ah 見えてくる あなたをのせた船のへさきが Ah 待っていた 一光年の時間の終わり すぐそこに  終わりが見えない雨と風の日々 二人の影が重なる時を信じていた  Ah がんばった わたしの心 離さなかった Ah ねがうのは 抱きとめるから やわらかな着地 Soft Landing  闇に甘えてしまいそうな夜 あなたの苦労(を) 心にうかべ 歩き出した  Ah がんばった あなたの笑顔 はなさなかった Ah 願うのは 抱きとめるから やわらかな着地 Soft Landing
そりゃムリだにこにこしてたら 星が降ってくる ちょこちょこ いろいろあった 笑いとばした すべすべしてくる ざらざらだった気持ち ちょっと痛いけど スクラブをしてみました  全部手に入れたい そりゃムリだ もれなく愛されたい そりゃムリだ いつも全速力 そりゃムリだ 愛することだけはやめられないんです  にこにこしてたら 満月にほめられた 一晩中いっしょにいる 照らしてあげる  何も失いたくない そりゃムリだ ずっと変わらないで そりゃムリだ あの夢をもう一度 そりゃムリだ 愛することだけはやめられないんです  全部手に入れたい そりゃムリだ もれなく愛されたい そりゃムリだ いつも全速力 そりゃムリだ 愛することだけはやめられないんです  にこにこしてるのは 無理じゃない 愛することだけはやめられないです矢野顕子矢野顕子矢野顕子AZUMA HITOMI・Sakana Hosomiにこにこしてたら 星が降ってくる ちょこちょこ いろいろあった 笑いとばした すべすべしてくる ざらざらだった気持ち ちょっと痛いけど スクラブをしてみました  全部手に入れたい そりゃムリだ もれなく愛されたい そりゃムリだ いつも全速力 そりゃムリだ 愛することだけはやめられないんです  にこにこしてたら 満月にほめられた 一晩中いっしょにいる 照らしてあげる  何も失いたくない そりゃムリだ ずっと変わらないで そりゃムリだ あの夢をもう一度 そりゃムリだ 愛することだけはやめられないんです  全部手に入れたい そりゃムリだ もれなく愛されたい そりゃムリだ いつも全速力 そりゃムリだ 愛することだけはやめられないんです  にこにこしてるのは 無理じゃない 愛することだけはやめられないです
それだけでうれしいいつも思っていることなのに 君に会うと忘れてしまう 顔をみているとうれしい 声をきいているとうれしい それだけで それだけで うれしい。  いつも座っているんだけれど 思い切って立ってみるよ 顔がみえないとかなしい 声がきけないとかなしい それだけで それだけで かなしい。  夢のまんなかを歩いていよう 途切れることなく 心がひとりでいる時も いつも愛しています。 いつも愛しています。  いつだって歌っているよ 悲しみを通り越すまで 顔をみているとうれしい 声をきいているとうれしい それだけで それだけで うれしい。  夢のまんなかを歩いていよう 途切れることなく 心がひとりでいる時も いつも愛しています。 いつも愛しています。矢野顕子矢野顕子宮沢和史いつも思っていることなのに 君に会うと忘れてしまう 顔をみているとうれしい 声をきいているとうれしい それだけで それだけで うれしい。  いつも座っているんだけれど 思い切って立ってみるよ 顔がみえないとかなしい 声がきけないとかなしい それだけで それだけで かなしい。  夢のまんなかを歩いていよう 途切れることなく 心がひとりでいる時も いつも愛しています。 いつも愛しています。  いつだって歌っているよ 悲しみを通り越すまで 顔をみているとうれしい 声をきいているとうれしい それだけで それだけで うれしい。  夢のまんなかを歩いていよう 途切れることなく 心がひとりでいる時も いつも愛しています。 いつも愛しています。
Song For The Sunだれも近づけない場所で あなたはひとりほほえんで あたたかくて 涙かわいてく  会いたいな 会いたいな  絶えることなく続いてく あなたのように 力強く ひとり立つ 愛を作り出す  会いたいな 会いたいな 会いたいな 会いたいな  会いたいな 会いたいな矢野顕子Akiko YanoAkiko Yanoだれも近づけない場所で あなたはひとりほほえんで あたたかくて 涙かわいてく  会いたいな 会いたいな  絶えることなく続いてく あなたのように 力強く ひとり立つ 愛を作り出す  会いたいな 会いたいな 会いたいな 会いたいな  会いたいな 会いたいな
颱風四辺は俄かにかき曇り 窓の簾を洌たい風が    ぐらぐらゆさぶる 正午のてれびじょんの天気予報が 台風第二十三号の 接近を知らせる 空を鼠色の雲が 迅く迅く迅く迅くはしり 風は どんどんどんどんふいてくる 台風 台風 どどどどどっどー どどどどどっどーみんな吹き飛ばす  街はしーんと闇くなり 樋からあふれ落ちた水は道の真ん中を 我物顔ですべる 地面にぴしぴしとびはねる 雨は天の投げ飛礫 地上の洗濯に 風と雨粒は我武者羅にそこら一面 ぐるぐるぐるぐる踊りまわる 台風 台風 どどどどどっどー どどどどどっどーみんな吹き飛ばせ矢野顕子大瀧詠一大瀧詠一Akiko Yano四辺は俄かにかき曇り 窓の簾を洌たい風が    ぐらぐらゆさぶる 正午のてれびじょんの天気予報が 台風第二十三号の 接近を知らせる 空を鼠色の雲が 迅く迅く迅く迅くはしり 風は どんどんどんどんふいてくる 台風 台風 どどどどどっどー どどどどどっどーみんな吹き飛ばす  街はしーんと闇くなり 樋からあふれ落ちた水は道の真ん中を 我物顔ですべる 地面にぴしぴしとびはねる 雨は天の投げ飛礫 地上の洗濯に 風と雨粒は我武者羅にそこら一面 ぐるぐるぐるぐる踊りまわる 台風 台風 どどどどどっどー どどどどどっどーみんな吹き飛ばせ
ただいまひとりの部屋は夕方はまっくら いやだな誰もいないから いやだな 階段から手を振り駆け足してみたいね テレビの角力の音とか聞きながらね 片手に夕刊つかんでKISSしたいな あわてて転んであなたに笑われたい  ニャンニャンニャニャニャンニャンニャン にぎやかにして ワンワンワワワンワンワン むかえに来てよ みんなただいま むかえにおいで みんなただいま 返事がないね  いつ頃かしらただいまを忘れた 自分の声が夕暮に盗られた 花束でもケーキやお茶でもひとりぶんで ピアノを弾くのも邪魔するひともいない ほんとはわがまま気ままが大好きでも 時にはあの頃みたいにケンカしたい  ニャンニャンニャニャニャンニャンニャン 迷い子の仔猫 ワンワンワワワンワンワン 迷い子の仔犬 みんなでおいで ふざけにおいで みんなただいま ずいぶん待った?  ニャンニャンニャニャニャンニャンニャン 泥足のまま ワンワンワワワンワンワン 走っておいで おいしいものもたくさんあるよ みんなただいま むかえに来てよ矢野顕子糸井重里矢野顕子ひとりの部屋は夕方はまっくら いやだな誰もいないから いやだな 階段から手を振り駆け足してみたいね テレビの角力の音とか聞きながらね 片手に夕刊つかんでKISSしたいな あわてて転んであなたに笑われたい  ニャンニャンニャニャニャンニャンニャン にぎやかにして ワンワンワワワンワンワン むかえに来てよ みんなただいま むかえにおいで みんなただいま 返事がないね  いつ頃かしらただいまを忘れた 自分の声が夕暮に盗られた 花束でもケーキやお茶でもひとりぶんで ピアノを弾くのも邪魔するひともいない ほんとはわがまま気ままが大好きでも 時にはあの頃みたいにケンカしたい  ニャンニャンニャニャニャンニャンニャン 迷い子の仔猫 ワンワンワワワンワンワン 迷い子の仔犬 みんなでおいで ふざけにおいで みんなただいま ずいぶん待った?  ニャンニャンニャニャニャンニャンニャン 泥足のまま ワンワンワワワンワンワン 走っておいで おいしいものもたくさんあるよ みんなただいま むかえに来てよ
多摩蘭坂夜に腰かけてた 中途半端な夢は 電話のベルで醒まされた 無口になったぼくは ふさわしく暮らしてる 言い忘れたことあるけれど  多摩蘭坂を登りきる手前の 坂の途中の家を借りて住んでる だけど どうも苦手さ こんな夜は  お月様のぞいてる 君の口に似てる キスしておくれよ 窓から  多摩蘭坂を登りきる手前の 坂の途中の家を借りて住んでる だけど どうも苦手さ こんな季節は  お月様のぞいてる 君の口に似てる キスしておくれよ 窓から矢野顕子忌野清志郎忌野清志郎夜に腰かけてた 中途半端な夢は 電話のベルで醒まされた 無口になったぼくは ふさわしく暮らしてる 言い忘れたことあるけれど  多摩蘭坂を登りきる手前の 坂の途中の家を借りて住んでる だけど どうも苦手さ こんな夜は  お月様のぞいてる 君の口に似てる キスしておくれよ 窓から  多摩蘭坂を登りきる手前の 坂の途中の家を借りて住んでる だけど どうも苦手さ こんな季節は  お月様のぞいてる 君の口に似てる キスしておくれよ 窓から
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
大丈夫です大丈夫ですって 手を振った 電車のまど 通いなれた喫茶店も 葉のしげった桜の枝も みんなありがとう いっぱいありがとう また会えるのはいつかな?  大丈夫ですよねって 大きな荷物 降り出した雨に くじけてたのは あの日のわたし 昨日にありがとう 明日もありがとう 今日の日ありがとう 一番いい日  冷たくて何もつかめない あなたの言葉だけあたたかい 丸まって くるまって  大丈夫です メールも電話もなくても わたしが笑顔でいること あなたが願うこと みんなありがとう いっぱいありがとう また会えるかな?いつかな? 待っててくれるかな?矢野顕子矢野顕子矢野顕子Keiichi Tomita大丈夫ですって 手を振った 電車のまど 通いなれた喫茶店も 葉のしげった桜の枝も みんなありがとう いっぱいありがとう また会えるのはいつかな?  大丈夫ですよねって 大きな荷物 降り出した雨に くじけてたのは あの日のわたし 昨日にありがとう 明日もありがとう 今日の日ありがとう 一番いい日  冷たくて何もつかめない あなたの言葉だけあたたかい 丸まって くるまって  大丈夫です メールも電話もなくても わたしが笑顔でいること あなたが願うこと みんなありがとう いっぱいありがとう また会えるかな?いつかな? 待っててくれるかな?
中央線君の家のほうに 流れ星が落ちた 僕はハミガキやめて 電車に飛び乗る 今頃君は 流れ星くだいて 湯舟に浮かべて 僕を待ってる  走り出せ 中央線 夜を越え 僕を乗せて  逃げ出した猫を 探しに出たまま もう二度と君は 帰ってこなかった 今頃君は どこか居心地のいい 町を見つけて 猫と暮らしてるんだね  走り出せ 中央線 夜を越え 僕を乗せて矢野顕子宮沢和史宮沢和史君の家のほうに 流れ星が落ちた 僕はハミガキやめて 電車に飛び乗る 今頃君は 流れ星くだいて 湯舟に浮かべて 僕を待ってる  走り出せ 中央線 夜を越え 僕を乗せて  逃げ出した猫を 探しに出たまま もう二度と君は 帰ってこなかった 今頃君は どこか居心地のいい 町を見つけて 猫と暮らしてるんだね  走り出せ 中央線 夜を越え 僕を乗せて
津軽海峡・冬景色上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は 雪の中 北へ帰る人の群れは 誰も無口で 海鳴りだけを きいている 私もひとり 連絡船に乗り こごえそうな鴎見つめ 泣いていました ああ 津軽海峡・冬景色  ごらんあれが竜飛岬 北のはずれと 見知らぬ人が 指をさす 息でくもる窓のガラス ふいてみたけど はるかにかすみ 見えるだけ さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに ああ 津軽海峡・冬景色  さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに ああ 津軽海峡・冬景色矢野顕子阿久悠三木たかし小原礼・佐橋佳幸・林立夫・矢野顕子上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は 雪の中 北へ帰る人の群れは 誰も無口で 海鳴りだけを きいている 私もひとり 連絡船に乗り こごえそうな鴎見つめ 泣いていました ああ 津軽海峡・冬景色  ごらんあれが竜飛岬 北のはずれと 見知らぬ人が 指をさす 息でくもる窓のガラス ふいてみたけど はるかにかすみ 見えるだけ さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに ああ 津軽海峡・冬景色  さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに ああ 津軽海峡・冬景色
てぃんさぐぬ花てぃんさぐぬ花や 爪先に 染みてぃ 親ぬゆし事や 肝に染みり  夜走らす船や にぬふぁ星見当てぃ 我んなちぇる親や 我んど見当てぃ  天ぬぶり星や ゆみばゆまりしが 親ぬゆし事や ゆみやならん  言ち足らん事や ちゅいたれいだれい 互にうじなてぃる 年やゆゆる  宝玉やてぃん みがかにばさびす 朝夕肝みがち 浮世渡ら矢野顕子沖縄民謡沖縄民謡てぃんさぐぬ花や 爪先に 染みてぃ 親ぬゆし事や 肝に染みり  夜走らす船や にぬふぁ星見当てぃ 我んなちぇる親や 我んど見当てぃ  天ぬぶり星や ゆみばゆまりしが 親ぬゆし事や ゆみやならん  言ち足らん事や ちゅいたれいだれい 互にうじなてぃる 年やゆゆる  宝玉やてぃん みがかにばさびす 朝夕肝みがち 浮世渡ら
てはつたえる→てつだえる雨の日でも 暑い日でも あなたのこと きっと見てる 星も降らず 暗い夜も あなたのこと きっと見てる  右の手と左の手 祈りが生まれ 左の手と右の手 ほほえみをつくる  いつの日にか ふれさせてね あなたの中 心の中  海を隔て 霧の中も わたしの声 きっと届く うずを巻いて 流れる街で あなたの声 きっと聴ける  右の手と左の手 祈りが生まれ 左の手と右の手 ほほえみをつくる  いつの日にか ふれさせてね あなたの中 心の中 (repeat)矢野顕子矢野顕子矢野顕子雨の日でも 暑い日でも あなたのこと きっと見てる 星も降らず 暗い夜も あなたのこと きっと見てる  右の手と左の手 祈りが生まれ 左の手と右の手 ほほえみをつくる  いつの日にか ふれさせてね あなたの中 心の中  海を隔て 霧の中も わたしの声 きっと届く うずを巻いて 流れる街で あなたの声 きっと聴ける  右の手と左の手 祈りが生まれ 左の手と右の手 ほほえみをつくる  いつの日にか ふれさせてね あなたの中 心の中 (repeat)
デイ・ドリーム・ビリーバーもう今は 彼女はどこにもいない 朝はやく 目覚ましがなっても そういつも 彼女とくらしてきたよ ケンカしたり 仲直りしたり  ずっと夢を見て 安心してた 僕は Day Dream Believer そんで 彼女は クイーン  でも それは 遠い遠い思い出 日がくれて テーブルにすわっても Ah 今は彼女 写真の中で やさしい目で 僕に微笑む  ずっと夢を見て 幸せだったな 僕は Day Dream Believer そんで 彼女は クイーン  ずっと夢を見て 安心してた 僕は Day Dream Believer そんで 彼女は クイーン  Ah Ah Ah Ah Ah Ah Ah Ah  ずっと夢を見て いまもみてる 僕は Day Dream Believer そんで 彼女は クイーン  ずっと夢を見て 安心してた 僕は Day Dream Believer そんで 彼女は クイーン  ずっと夢見させてくれてありがとう 僕は Day Dream Believer そんで 彼女が クイーン矢野顕子JOHN STEWART・日本語詞:ZERRYJOHN STEWART松本淳一もう今は 彼女はどこにもいない 朝はやく 目覚ましがなっても そういつも 彼女とくらしてきたよ ケンカしたり 仲直りしたり  ずっと夢を見て 安心してた 僕は Day Dream Believer そんで 彼女は クイーン  でも それは 遠い遠い思い出 日がくれて テーブルにすわっても Ah 今は彼女 写真の中で やさしい目で 僕に微笑む  ずっと夢を見て 幸せだったな 僕は Day Dream Believer そんで 彼女は クイーン  ずっと夢を見て 安心してた 僕は Day Dream Believer そんで 彼女は クイーン  Ah Ah Ah Ah Ah Ah Ah Ah  ずっと夢を見て いまもみてる 僕は Day Dream Believer そんで 彼女は クイーン  ずっと夢を見て 安心してた 僕は Day Dream Believer そんで 彼女は クイーン  ずっと夢見させてくれてありがとう 僕は Day Dream Believer そんで 彼女が クイーン
David果てしなく広がる街から ひとりはなれて 読み返すあなたの手紙 漂よう思い出  David 私達はこんなに遠い 時間も場所も ここへ置いていって 静かな微笑みを 遠い日々のうたを  どんなにかつらかった日々を あなたは見つめた  よく笑いよく泣くあなたの 話しをきかせて  David 私達はこんなに近い 同じ思いで ここで待っているよ 聴こえるでしょメロディ みんなで待ってるよ  大きな声でさけびたい あなたの名前を わたしのともだち David矢野顕子矢野顕子矢野顕子果てしなく広がる街から ひとりはなれて 読み返すあなたの手紙 漂よう思い出  David 私達はこんなに遠い 時間も場所も ここへ置いていって 静かな微笑みを 遠い日々のうたを  どんなにかつらかった日々を あなたは見つめた  よく笑いよく泣くあなたの 話しをきかせて  David 私達はこんなに近い 同じ思いで ここで待っているよ 聴こえるでしょメロディ みんなで待ってるよ  大きな声でさけびたい あなたの名前を わたしのともだち David
電話線細い声をのせた電話線は 夢中で空を かけてゆくの やまぶき色の気流にのって すみれ色の湖をこえて あなたの耳へ  どんなに遠くはなれていても 私の心は ついてゆく あなたを守るため あなたをつつむため 微笑んでもらうため あなたの耳へ  舞いおちた涙をかき集めて 手のひらにのせて 私にください そのかわり 暖かな歌を うたって あげるから  どこかに置き忘れた言葉を つなぎとめる 鍵をなくし とびうお色の雲の中を探しつづけ あなただけに歌う あなたの耳へ  くだけ散った夢のかけらは 少しづつ 集めていきましょう アネモネ色の光はなち くちなしのにおい まき散らして あなたの耳へ矢野顕子矢野顕子矢野顕子細い声をのせた電話線は 夢中で空を かけてゆくの やまぶき色の気流にのって すみれ色の湖をこえて あなたの耳へ  どんなに遠くはなれていても 私の心は ついてゆく あなたを守るため あなたをつつむため 微笑んでもらうため あなたの耳へ  舞いおちた涙をかき集めて 手のひらにのせて 私にください そのかわり 暖かな歌を うたって あげるから  どこかに置き忘れた言葉を つなぎとめる 鍵をなくし とびうお色の雲の中を探しつづけ あなただけに歌う あなたの耳へ  くだけ散った夢のかけらは 少しづつ 集めていきましょう アネモネ色の光はなち くちなしのにおい まき散らして あなたの耳へ
遠い星、光の旅。おおぐま こぐま オリオン さそり てんびん おひつじ みずがめ ふたご 星の遠きを 頭の中に 無理やり入れて 目を閉じる あれはたしかに それ其処に在り それはたしかに 輝きて  ぴかり ぴかぴか ぴかぴかぴかり きらり きらきら きらきらきらり  シリウス ポラリス ミザール ミモザ メローペ リゲル ミラ スピカ 幾千億年 旅する光 生まれたままに 目の中に 星の遠きは 夢の外洋(そとうみ) ゆらゆら揺れる 闇の波  ぴかり ぴかぴか ぴかぴかぴかり きらり きらきら きらきらきらり矢野顕子糸井重里矢野顕子おおぐま こぐま オリオン さそり てんびん おひつじ みずがめ ふたご 星の遠きを 頭の中に 無理やり入れて 目を閉じる あれはたしかに それ其処に在り それはたしかに 輝きて  ぴかり ぴかぴか ぴかぴかぴかり きらり きらきら きらきらきらり  シリウス ポラリス ミザール ミモザ メローペ リゲル ミラ スピカ 幾千億年 旅する光 生まれたままに 目の中に 星の遠きは 夢の外洋(そとうみ) ゆらゆら揺れる 闇の波  ぴかり ぴかぴか ぴかぴかぴかり きらり きらきら きらきらきらり
ト・キ・メ・キとんぼもくるよ てんとう虫もくるよ みみずもくるよ かめ虫もくるよ ~~~蚊もくるよ ~~~蛾もくるよ みんなくるよ みんなみんなおいで  きりんもくるよ 象さんもくるよ 白馬もくるよ 縞馬もくるよ 犬も猫もくるよ レッサーパンダもくるよ みんなくるよ みんなみんなおいで  ト・キ・メ・キの時がくる ト・キ・メ・キの声がきこえる ト・キ・メ・キの時がくる ト・キ・メ・キの声がきこえる 集まれ集まれ集まれ!  いいものみつけた みんなに知らせよ いいものみつけた みんなで見てみよ いいものみつけた みんなで聞いてみよ いいものみつけた みんなみんなおいで  WHY DON'T YOU COMR & GET IT?矢野顕子矢野顕子矢野顕子とんぼもくるよ てんとう虫もくるよ みみずもくるよ かめ虫もくるよ ~~~蚊もくるよ ~~~蛾もくるよ みんなくるよ みんなみんなおいで  きりんもくるよ 象さんもくるよ 白馬もくるよ 縞馬もくるよ 犬も猫もくるよ レッサーパンダもくるよ みんなくるよ みんなみんなおいで  ト・キ・メ・キの時がくる ト・キ・メ・キの声がきこえる ト・キ・メ・キの時がくる ト・キ・メ・キの声がきこえる 集まれ集まれ集まれ!  いいものみつけた みんなに知らせよ いいものみつけた みんなで見てみよ いいものみつけた みんなで聞いてみよ いいものみつけた みんなみんなおいで  WHY DON'T YOU COMR & GET IT?
飛ばしていくよ待ってなくていいかな 発車してもいいかな とっくに定刻すぎてるし 気にしなくていいよね 自分のことでいいよね とっくに夜はむかえにきてるし  だれもが大好きな Negativeness だきしめてるけど もういいんじゃないの そろそろ そいつを突きとばして 走り去れ  この心だれのもの、わたしだけのものでしょ 守ってあげるよ 全力で 気にしなくていいよね ちょっとくらい血がでても 命の方が大切でしょ  だれもがほしいよ Positiveness だきしめてるけど 昨日が追いかけてくるの 見える さぁ もう 飛ばしていくよ  Why can't we be courageous to take flight ?矢野顕子矢野顕子矢野顕子AZUMA HITOMI・Sakana Hosomi待ってなくていいかな 発車してもいいかな とっくに定刻すぎてるし 気にしなくていいよね 自分のことでいいよね とっくに夜はむかえにきてるし  だれもが大好きな Negativeness だきしめてるけど もういいんじゃないの そろそろ そいつを突きとばして 走り去れ  この心だれのもの、わたしだけのものでしょ 守ってあげるよ 全力で 気にしなくていいよね ちょっとくらい血がでても 命の方が大切でしょ  だれもがほしいよ Positiveness だきしめてるけど 昨日が追いかけてくるの 見える さぁ もう 飛ばしていくよ  Why can't we be courageous to take flight ?
Tong Pooわたしのからだの中に風がおこる あなたに見えるかしら?これが あなたのからだの中の雲を払う あなたに届くかしら?これが  −東の国から西の果てへ 南の島北の果て どこまでもゆく−  わたしたちの上の雲は白く広く 永遠の生命へと続く わたしたちの前の海は青く深く 永遠の生命へと誘う  わたしの体の中に朝日がのぼる あなたに見えるかしら?これが  −東の国から西の果てへ 南の島北の果て どこまでもゆく−  わたしたちの上の雲は白く広く 永遠の生命へと続く わたしたちの前の海は青く深く 永遠の生命へと誘う矢野顕子矢野顕子坂本龍一Seihoわたしのからだの中に風がおこる あなたに見えるかしら?これが あなたのからだの中の雲を払う あなたに届くかしら?これが  −東の国から西の果てへ 南の島北の果て どこまでもゆく−  わたしたちの上の雲は白く広く 永遠の生命へと続く わたしたちの前の海は青く深く 永遠の生命へと誘う  わたしの体の中に朝日がのぼる あなたに見えるかしら?これが  −東の国から西の果てへ 南の島北の果て どこまでもゆく−  わたしたちの上の雲は白く広く 永遠の生命へと続く わたしたちの前の海は青く深く 永遠の生命へと誘う
Drivin', Cryin', Missin' YouI'm sittin' in traffic Stop n' go An old song comes on the radio An old time feelin' that I thougt was gone Makes me sad and blue Then the tears start fallin' from my eyes From out of nowhere, to my surprise I'M DRIVIN', CRYIN', MISSIN' YOU  I hope nobody sees me Nobody I know Cause I feel like such a fool for losin' control I thought that I was over you finally, for real  Its not that easy, I'll tell you true I'm a member of a Heartbreak Club I'm still payin dues I'M DRIVIN', CRYIN', MISSIN' YOU  I hope nobody sees me Nobody I know Cause I feel like such a fool for losin' control I thought that I was over you finally, for real  Its not that easy, I'll tell you true I'm a member of a Heartbreak Club I'm still payin dues I'M DRIVIN', CRYIN', MISSIN' YOU  I'M DRIVIN', CRYIN', MISSIN' YOU矢野顕子K.T. Oslin・Micheal SmothermanK.T. Oslin・Micheal Smotherman矢野顕子I'm sittin' in traffic Stop n' go An old song comes on the radio An old time feelin' that I thougt was gone Makes me sad and blue Then the tears start fallin' from my eyes From out of nowhere, to my surprise I'M DRIVIN', CRYIN', MISSIN' YOU  I hope nobody sees me Nobody I know Cause I feel like such a fool for losin' control I thought that I was over you finally, for real  Its not that easy, I'll tell you true I'm a member of a Heartbreak Club I'm still payin dues I'M DRIVIN', CRYIN', MISSIN' YOU  I hope nobody sees me Nobody I know Cause I feel like such a fool for losin' control I thought that I was over you finally, for real  Its not that easy, I'll tell you true I'm a member of a Heartbreak Club I'm still payin dues I'M DRIVIN', CRYIN', MISSIN' YOU  I'M DRIVIN', CRYIN', MISSIN' YOU
Dreaming Girlこの空の向こう 夢見てる 風の来た道を 夢見てる  昨日のことはもう思い出の中 明日しか見てない  小さい時から 夢見てる 大人になっても 夢見てる  「現実を見なさい」 言われてもいいじゃない 希望しか持てない  ひとり歩く 歌いながら 大きなほほえみで ありがとうと言える 今日からは THANK YOU!  ひとり歩く 時には さよならもあるけど ありがとうと言える 今日からは  夢見てたことが ここにある 消えてゆく夢も ここにある  終わらない夕陽 夢見てる 果てしなく続く 夢見てる  La La… 夢見てる かなってもかなわなくても 夢見てる 矢野顕子矢野顕子矢野顕子Clif Almond・矢野顕子この空の向こう 夢見てる 風の来た道を 夢見てる  昨日のことはもう思い出の中 明日しか見てない  小さい時から 夢見てる 大人になっても 夢見てる  「現実を見なさい」 言われてもいいじゃない 希望しか持てない  ひとり歩く 歌いながら 大きなほほえみで ありがとうと言える 今日からは THANK YOU!  ひとり歩く 時には さよならもあるけど ありがとうと言える 今日からは  夢見てたことが ここにある 消えてゆく夢も ここにある  終わらない夕陽 夢見てる 果てしなく続く 夢見てる  La La… 夢見てる かなってもかなわなくても 夢見てる 
どんなときも どんなときも どんなときもすこしだけ 君は僕のもの またすこしだけ 君は僕のもの take it easy take it easy  すこしだけ 君は ほほえんで またすこしだけ 僕に しあわせを take it easy take it easy 僕の君をのこしたい  すこしだけ 君の哀しみを またすこしだけ 僕にあずけて take it easy take it easy  すこしだけ 君は僕のもの またすこしだけ 君は僕のもの take it easy take it easy 僕の君をのこしたい  どんなときも どんなときも どんなときも 君は すてきだよ どんなときも 君はすてきだよ矢野顕子糸井重里・矢野顕子矢野顕子すこしだけ 君は僕のもの またすこしだけ 君は僕のもの take it easy take it easy  すこしだけ 君は ほほえんで またすこしだけ 僕に しあわせを take it easy take it easy 僕の君をのこしたい  すこしだけ 君の哀しみを またすこしだけ 僕にあずけて take it easy take it easy  すこしだけ 君は僕のもの またすこしだけ 君は僕のもの take it easy take it easy 僕の君をのこしたい  どんなときも どんなときも どんなときも 君は すてきだよ どんなときも 君はすてきだよ
嘆きの淵にある時も果てない雪に立ち尽くして 歩むことさえ かなわぬまま 望みも今は 雪に埋もれて 全てのものが 死に絶える時  季節の流れ瞳こらし 命の言葉聞きとるなら 重たい雪の下ではすでに 息づく緑ささやくように  望みがこの大いなる 命の流れに沿うものなら かなわぬ事がなぜあるだろう 実らぬことがなぜあるだろう  春に枯葉は舞い踊らず 秋に緑の芽はふかない 夏に裸の梢を知らず 冬に花びら咲くこともない  季節の流れ瞳こらし 命の言葉聞きとるなら 全てを委ねこの身を任す たとえ行方が見えない時も  望みがこの大いなる 命の流れに沿うものなら かなわぬ事がなぜあるだろう 実らぬことがなぜあるだろう かなわぬ事がなぜあるだろう 実らぬことがなぜあるだろう矢野顕子岡林信康岡林信康果てない雪に立ち尽くして 歩むことさえ かなわぬまま 望みも今は 雪に埋もれて 全てのものが 死に絶える時  季節の流れ瞳こらし 命の言葉聞きとるなら 重たい雪の下ではすでに 息づく緑ささやくように  望みがこの大いなる 命の流れに沿うものなら かなわぬ事がなぜあるだろう 実らぬことがなぜあるだろう  春に枯葉は舞い踊らず 秋に緑の芽はふかない 夏に裸の梢を知らず 冬に花びら咲くこともない  季節の流れ瞳こらし 命の言葉聞きとるなら 全てを委ねこの身を任す たとえ行方が見えない時も  望みがこの大いなる 命の流れに沿うものなら かなわぬ事がなぜあるだろう 実らぬことがなぜあるだろう かなわぬ事がなぜあるだろう 実らぬことがなぜあるだろう
Nothing In TowBoats are resting on the shore Applause, no more Screeching brakes and chocolate ice cream We laughed, we cried  Miles, we drove through the night Loving you, so right Silly dog and bikes and anxiety We built, we're torn  There's nothing in tow There's nothing in tow There's nothing in tow Our summer's almost gone I've been waiting for the dawn  Joy and sorrow, we all tow In the dark, we're aglow Sing a song of newly found love For you and for me  There's nothing in tow There's nothing in tow There's nothing in tow Our summer's almost gone I've been waiting for the dawn  There's nothing in tow There's nothing in tow There's nothing in tow Our summer's almost gone Golden light is in the dawn矢野顕子矢野顕子矢野顕子小原礼・佐橋佳幸・林立夫・矢野顕子Boats are resting on the shore Applause, no more Screeching brakes and chocolate ice cream We laughed, we cried  Miles, we drove through the night Loving you, so right Silly dog and bikes and anxiety We built, we're torn  There's nothing in tow There's nothing in tow There's nothing in tow Our summer's almost gone I've been waiting for the dawn  Joy and sorrow, we all tow In the dark, we're aglow Sing a song of newly found love For you and for me  There's nothing in tow There's nothing in tow There's nothing in tow Our summer's almost gone I've been waiting for the dawn  There's nothing in tow There's nothing in tow There's nothing in tow Our summer's almost gone Golden light is in the dawn
夏が終るあせたような 薄い青空 とうすみとんぼが とんでゆく ききょう かるかや おみなえし あざみ ゆうすげ われもこう  なぞのような 人の裏切り 白いよろい戸が 閉じられる あげは くわがた くまんばち おけら あしなが きりぎりす  一人たどる 夜の山道 どこへ帰るのか あてどない いてざ オリオン 海王星 スピカ こぐまざ カシオペア矢野顕子谷川俊太郎小室等あせたような 薄い青空 とうすみとんぼが とんでゆく ききょう かるかや おみなえし あざみ ゆうすげ われもこう  なぞのような 人の裏切り 白いよろい戸が 閉じられる あげは くわがた くまんばち おけら あしなが きりぎりす  一人たどる 夜の山道 どこへ帰るのか あてどない いてざ オリオン 海王星 スピカ こぐまざ カシオペア
夏の終り夏は冬に憧れて 冬は夏に帰りたい あの頃のこと今では すてきにみえる  誰れよりも なつかしいひとは この丘の空が好きだった  あきらめないで うたうことだけは 誰にでも朝は訪れるから  やさしかった恋びとよ そのあと何をいいかけたの ぼくの言葉があなたをさえぎるように こぼれたあの時  駆けぬけてゆく夏の終りは 薄れてゆくあなたの匂い  今日はあなたの声もきかないで このままここから帰るつもり  そっとそこにそのまゝで かすかにかがやくべきもの 決してもういちど この手で触れてはいけないもの  でも あなたが私を愛したように  誰かをあなたが愛しているとしたら あゝ 時はさらさら 流れているよ  夏は冬に憧れて 冬は夏に帰りたい あの頃のこと今では すてきにみえる  そっとそこにそのまゝで かすかにかがやくべきもの 決してもういちど この手で触れてはいけないもの矢野顕子小田和正小田和正夏は冬に憧れて 冬は夏に帰りたい あの頃のこと今では すてきにみえる  誰れよりも なつかしいひとは この丘の空が好きだった  あきらめないで うたうことだけは 誰にでも朝は訪れるから  やさしかった恋びとよ そのあと何をいいかけたの ぼくの言葉があなたをさえぎるように こぼれたあの時  駆けぬけてゆく夏の終りは 薄れてゆくあなたの匂い  今日はあなたの声もきかないで このままここから帰るつもり  そっとそこにそのまゝで かすかにかがやくべきもの 決してもういちど この手で触れてはいけないもの  でも あなたが私を愛したように  誰かをあなたが愛しているとしたら あゝ 時はさらさら 流れているよ  夏は冬に憧れて 冬は夏に帰りたい あの頃のこと今では すてきにみえる  そっとそこにそのまゝで かすかにかがやくべきもの 決してもういちど この手で触れてはいけないもの
なにそれ(NANISORE?)なにそれ それ おいしそう わぁ なにそれ ちょっとくれる? なにそれ それ おもしろい ねぇ なにそれ はじめてみた!  なにそれ それ たのしそう うん なにそれ おはなしして なにそれ それ いいうたね ああ なにそれ うたわせて  なにそれ なになにそれ なにそれ なになにそれ  みたことないとか すっごくいいとか びっくりしたとか ちょっとくやしいとか そういうときには おもわず いうね なにそれ いいね なにそれ みせて  なにそれ それ かわいいね ふふ なにそれ それ かわいすぎる  なにそれ なになにそれ なにそれ なになにそれ。。。。矢野顕子糸井重里矢野顕子小原礼・佐橋佳幸・林立夫・矢野顕子なにそれ それ おいしそう わぁ なにそれ ちょっとくれる? なにそれ それ おもしろい ねぇ なにそれ はじめてみた!  なにそれ それ たのしそう うん なにそれ おはなしして なにそれ それ いいうたね ああ なにそれ うたわせて  なにそれ なになにそれ なにそれ なになにそれ  みたことないとか すっごくいいとか びっくりしたとか ちょっとくやしいとか そういうときには おもわず いうね なにそれ いいね なにそれ みせて  なにそれ それ かわいいね ふふ なにそれ それ かわいすぎる  なにそれ なになにそれ なにそれ なになにそれ。。。。
にぎりめしとえりまきある冬の雪の日じゃ 木こりがの しごとして 帰り道 ひとやすみ ささやぶで音がした  カラスすずめもいないのに 雪がどさんと落ちる音 クマもすやすや寝とるのに なんぞあやしい白い息  たぬきがの ひもじゅうて ひとの子にばけていた 木の葉をの頭にの のせてから宙がえり  寒いこどもが雪の中 腹をへらして立っている 誰ぞくだされにぎりめし せめてくだされ いものつる  たぬきがの ばけてもの しっぽがの 見えとった それでもの 吾作はの にぎりめしとりだして  どこのこどもじゃ雪の中 わけてやろうぞ にぎりめし ふといしっぽととりかえじゃ さぁさ手をだせしっぽだせ  たぬきはの あわてての しっぽをのひょいと持ち 首にまき 鼻すすり えりまきのふりをした  遠いところで かかさまが わしをおもうて あんでくれた たぬき色したえりまきを はなすわけには いきませぬ  ふたりして思案した えりまきとにぎりめし ひもじさは おたがいじゃ どうしたら よいのじゃろう  思案してても 雪はふる 寒いひもじぃ 日は暮れる やがてたぬきは泣きだした しっぽぷらぷらにげだした  吾作はの 追いかけた にぎりめし わたそうと えりまきは にげていく にぎりめし 追いかける  いつか追いつけ にぎりめし 走るしっぽも つめたかろう 行けど行けども白い道 行けば行くほどひもじかろう矢野顕子糸井重里矢野顕子ある冬の雪の日じゃ 木こりがの しごとして 帰り道 ひとやすみ ささやぶで音がした  カラスすずめもいないのに 雪がどさんと落ちる音 クマもすやすや寝とるのに なんぞあやしい白い息  たぬきがの ひもじゅうて ひとの子にばけていた 木の葉をの頭にの のせてから宙がえり  寒いこどもが雪の中 腹をへらして立っている 誰ぞくだされにぎりめし せめてくだされ いものつる  たぬきがの ばけてもの しっぽがの 見えとった それでもの 吾作はの にぎりめしとりだして  どこのこどもじゃ雪の中 わけてやろうぞ にぎりめし ふといしっぽととりかえじゃ さぁさ手をだせしっぽだせ  たぬきはの あわてての しっぽをのひょいと持ち 首にまき 鼻すすり えりまきのふりをした  遠いところで かかさまが わしをおもうて あんでくれた たぬき色したえりまきを はなすわけには いきませぬ  ふたりして思案した えりまきとにぎりめし ひもじさは おたがいじゃ どうしたら よいのじゃろう  思案してても 雪はふる 寒いひもじぃ 日は暮れる やがてたぬきは泣きだした しっぽぷらぷらにげだした  吾作はの 追いかけた にぎりめし わたそうと えりまきは にげていく にぎりめし 追いかける  いつか追いつけ にぎりめし 走るしっぽも つめたかろう 行けど行けども白い道 行けば行くほどひもじかろう
ニットキャップマン山田川(さんだがわ)のほとりのテトラポットのとぎれる所 三畳くらいの空き地があって そこにフジオさんが住んでいた うすら寒い三月 テトラポットのすきまの穴に パチンコ帰りの散歩してた 僕が落ちて足をくじいた  ずぶぬれの僕を背負い 家まで 連れていってくれた オー フジオさん 川岸を息を荒げ 家まで 急ぎ足で歩く オー フジオさん  ダシの効いた感じのニットキャップのお似合いな人 常田富士男にそっくりなので ぼくはフジオさんと呼んでいた やがて夏が来たけど ニットキャップはかぶったままで 煮しめたみたいなTシャツ着てた(m m m) フジオさんは生きていた  知り合ってから何か月 ンー ぼくらは 女のことだとか バクチのこと くだらない話したり ビールを 炊んで川を見てた オー フジオさん  知り合って 6ヶ月で オー 別れた 女たちはいたが オー フジオさん 死んじまつた 男なんて ンー いないよ 誰に知らせようか オー フジオさん オー フジオさん  いつもつながれていた雑種ドックが 声をからして たぶん助けを呼んでたのだろう ぼくはフジオさんを見つけた 山田川のほとりのテトラポットのとぎれる所 三畳くらいの空き地のそばで そばでフジオさんが死んでいた  誰に会いたかったのか? オー フジオさん 墓はどこにしようか オー フジオさん 犬はどうしようか オー フジオさん 誰に知らせようか オー フジオさん オー フジオさん オー フジオさん  矢野顕子糸井重里岡田徹矢野顕子山田川(さんだがわ)のほとりのテトラポットのとぎれる所 三畳くらいの空き地があって そこにフジオさんが住んでいた うすら寒い三月 テトラポットのすきまの穴に パチンコ帰りの散歩してた 僕が落ちて足をくじいた  ずぶぬれの僕を背負い 家まで 連れていってくれた オー フジオさん 川岸を息を荒げ 家まで 急ぎ足で歩く オー フジオさん  ダシの効いた感じのニットキャップのお似合いな人 常田富士男にそっくりなので ぼくはフジオさんと呼んでいた やがて夏が来たけど ニットキャップはかぶったままで 煮しめたみたいなTシャツ着てた(m m m) フジオさんは生きていた  知り合ってから何か月 ンー ぼくらは 女のことだとか バクチのこと くだらない話したり ビールを 炊んで川を見てた オー フジオさん  知り合って 6ヶ月で オー 別れた 女たちはいたが オー フジオさん 死んじまつた 男なんて ンー いないよ 誰に知らせようか オー フジオさん オー フジオさん  いつもつながれていた雑種ドックが 声をからして たぶん助けを呼んでたのだろう ぼくはフジオさんを見つけた 山田川のほとりのテトラポットのとぎれる所 三畳くらいの空き地のそばで そばでフジオさんが死んでいた  誰に会いたかったのか? オー フジオさん 墓はどこにしようか オー フジオさん 犬はどうしようか オー フジオさん 誰に知らせようか オー フジオさん オー フジオさん オー フジオさん  
NEW SONGいま やわらかな光が ほら わたしたちをつつむ くらやみの夜も ゆううつな日も 思い出さない  いま たからかなオーケストラ ほら わたしたちにうたう きずついた心 にじんだ涙 あとかたもなく  街をはなれれば もう 淋しさは 風にとけてゆくから  いま ひとりぼっちじゃない ほら 忘れてはいけない どんなことでも どんな時でも 分け合えるから  ここに生きるよろこび だきしめてるから はなさないでね  ここに生きるよろこび わたしたちの中 ふくらんでゆく  矢野顕子矢野顕子矢野顕子矢野顕子いま やわらかな光が ほら わたしたちをつつむ くらやみの夜も ゆううつな日も 思い出さない  いま たからかなオーケストラ ほら わたしたちにうたう きずついた心 にじんだ涙 あとかたもなく  街をはなれれば もう 淋しさは 風にとけてゆくから  いま ひとりぼっちじゃない ほら 忘れてはいけない どんなことでも どんな時でも 分け合えるから  ここに生きるよろこび だきしめてるから はなさないでね  ここに生きるよろこび わたしたちの中 ふくらんでゆく  
Never Give Up on Youかゆくて 手が届かない わたしの心のそのあたり あなたの手が欲しいのに わかりあえる時間があれば  小さな よろこび集め 大きな旗をつくったから あなたの目に 見えるように 右に左に降ってる  I will never give up on you Let me be with you  鷹が羽いっぱいに広げ 上昇気流をつかんでゆく わたしたちも いつの日にか 軽々とすべて越えてゆこう  I will never give up on you Let me be with you  許し合うこと 愛し合うこと 同じことみたい  I will never give up on you Let me be with you  I will never give up on you Help me see it through矢野顕子矢野顕子矢野顕子BOOM BOOM SATELLITESかゆくて 手が届かない わたしの心のそのあたり あなたの手が欲しいのに わかりあえる時間があれば  小さな よろこび集め 大きな旗をつくったから あなたの目に 見えるように 右に左に降ってる  I will never give up on you Let me be with you  鷹が羽いっぱいに広げ 上昇気流をつかんでゆく わたしたちも いつの日にか 軽々とすべて越えてゆこう  I will never give up on you Let me be with you  許し合うこと 愛し合うこと 同じことみたい  I will never give up on you Let me be with you  I will never give up on you Help me see it through
野ばら雲行きが気になって見ていたら 君んとこは昨日から下り坂 まだ空には 星光ってる 風は西からひゅう 天気予報の確率が高まれば 君の機嫌がある程度わかるのだ とそういうわけには いかないかなぁ いい調子でやってるかなぁ 机に野ばら 飾って暮らす たまにはサンダーが小雨を降らす  君の声を欲しがってる 風が強くなるびゅう 机に野ばら 飾って暮らす たまにはサンダーが小雨を降らす ときにウィンターは 切ないけれど そばにあんたが いないのだけど矢野顕子奥田民生奥田民生矢野顕子雲行きが気になって見ていたら 君んとこは昨日から下り坂 まだ空には 星光ってる 風は西からひゅう 天気予報の確率が高まれば 君の機嫌がある程度わかるのだ とそういうわけには いかないかなぁ いい調子でやってるかなぁ 机に野ばら 飾って暮らす たまにはサンダーが小雨を降らす  君の声を欲しがってる 風が強くなるびゅう 机に野ばら 飾って暮らす たまにはサンダーが小雨を降らす ときにウィンターは 切ないけれど そばにあんたが いないのだけど
Nobukoわたしの名前は Nobuko です 信じる子と書きます 小さい島の 紙と竹でできた家で 夢みてる ここじゃないどこかに  庭のひまわりより大きくなったら 私の舟を出す 雨ばかり うそばかりの 島を出る 乳と蜜の流れるとこへいく  Sail away 雨と風のまんなかで Come what may 雲が晴れる その日まで  大好きな人の名前はHero 息子の名前も同じ 見上げた空に 風のかく海図 舟を出す時間 ここじゃないどこかに  戦争ばかりしてるこの場所には 乳と蜜は流れない 順番を待つ収容所のとびらは 大きく広く 開けてゆく  Sail away 雨と風のまんなかで Come what may 雲が晴れる その日まで Sail away あきらめないで 笑顔捨てないで Come what may We will get away矢野顕子矢野顕子矢野顕子わたしの名前は Nobuko です 信じる子と書きます 小さい島の 紙と竹でできた家で 夢みてる ここじゃないどこかに  庭のひまわりより大きくなったら 私の舟を出す 雨ばかり うそばかりの 島を出る 乳と蜜の流れるとこへいく  Sail away 雨と風のまんなかで Come what may 雲が晴れる その日まで  大好きな人の名前はHero 息子の名前も同じ 見上げた空に 風のかく海図 舟を出す時間 ここじゃないどこかに  戦争ばかりしてるこの場所には 乳と蜜は流れない 順番を待つ収容所のとびらは 大きく広く 開けてゆく  Sail away 雨と風のまんなかで Come what may 雲が晴れる その日まで Sail away あきらめないで 笑顔捨てないで Come what may We will get away
HI,HI,HIごきげんいかが HI,HI,HI, ねむそうなハート あなた すわっていたいな HI,HI,HI, あなたのとなりに わたし ひとりぼっち さびしい時 思い出すの あなた いつの日か むかえにきて 両手を広げて たそがれの中で HI,HI,HI, ギターをひいてね あなた 新らしいうたを HI,HI,HI, おしえてほしいの わたし  つらい時 苦しい時 思い出すの あなた 笑いながら むかえにきて 両手を広げて わたしのすがたを HI,HI,HI, みていてほしいの あなた よくがんばるから HI,HI,HI, ほめてほしいの わたし あなたがいるから HI,HI,HI, わたしはうれしい HI,HI,HI, HI,HI,HI, HI,HI,HI,矢野顕子Akiko YanoAkiko Yanoごきげんいかが HI,HI,HI, ねむそうなハート あなた すわっていたいな HI,HI,HI, あなたのとなりに わたし ひとりぼっち さびしい時 思い出すの あなた いつの日か むかえにきて 両手を広げて たそがれの中で HI,HI,HI, ギターをひいてね あなた 新らしいうたを HI,HI,HI, おしえてほしいの わたし  つらい時 苦しい時 思い出すの あなた 笑いながら むかえにきて 両手を広げて わたしのすがたを HI,HI,HI, みていてほしいの あなた よくがんばるから HI,HI,HI, ほめてほしいの わたし あなたがいるから HI,HI,HI, わたしはうれしい HI,HI,HI, HI,HI,HI, HI,HI,HI,
HOW CAN I BE SUREHow can I be sure In a world that's constantly changing How can I be sure Where I stand with you Whenever I whenever I-I'm away From you-I want to die Cause you know I wanna stay with you How do I know maybe you're trying to use me Flyins too high can confuse me Touch me but don't take me down  Whenever I whenever I-I'm away From you-my alibi Is tellin' people I don't care for you Maybe I'm just hanging around with my head upside down it's a pity I can't seem to find someone who's as pretty and lovely as you  How can I be sure I really really really want to know I really really really want to know How's the weather Whether or not we're together Together we'll see it much better I love you I love you forever You know where I can be found  How can I be sure In a world that's constantly changing How can I be sure I'll be sure with you  矢野顕子Felix Cavaliere・Eddie BrigatiFelix Cavaliere・Eddie BrigatiHow can I be sure In a world that's constantly changing How can I be sure Where I stand with you Whenever I whenever I-I'm away From you-I want to die Cause you know I wanna stay with you How do I know maybe you're trying to use me Flyins too high can confuse me Touch me but don't take me down  Whenever I whenever I-I'm away From you-my alibi Is tellin' people I don't care for you Maybe I'm just hanging around with my head upside down it's a pity I can't seem to find someone who's as pretty and lovely as you  How can I be sure I really really really want to know I really really really want to know How's the weather Whether or not we're together Together we'll see it much better I love you I love you forever You know where I can be found  How can I be sure In a world that's constantly changing How can I be sure I'll be sure with you  
How Beautifulこのこのいろ いろいろ おや おやのいろ いろいろ おやこのいろ いろいろ いろいろ いろいろいろいろいろいろ きれいだね矢野顕子仲畑貴志矢野顕子このこのいろ いろいろ おや おやのいろ いろいろ おやこのいろ いろいろ いろいろ いろいろいろいろいろいろ きれいだね
はこだれもなにも いれてくれなかったので はこはいつまでも からっぽで おまけにとても しかくかったが ひとことも いいわけはしなかった かわいいボールがみの においが じぶんでも きにいっていた それはでも きょねんの六がつのこと  ことしにはいって はこはかわった こごえで ベルディのアリアをうたい あきかんたちに あたりちらし  どうしても なかになにかいれるんだ たとえばにんじん それがだめなら てあしのもげた にんぎょうでもいいと なみだながらに いいはるのだ矢野顕子谷川俊太郎高橋悠治だれもなにも いれてくれなかったので はこはいつまでも からっぽで おまけにとても しかくかったが ひとことも いいわけはしなかった かわいいボールがみの においが じぶんでも きにいっていた それはでも きょねんの六がつのこと  ことしにはいって はこはかわった こごえで ベルディのアリアをうたい あきかんたちに あたりちらし  どうしても なかになにかいれるんだ たとえばにんじん それがだめなら てあしのもげた にんぎょうでもいいと なみだながらに いいはるのだ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
花のようにつくってね わたしのために たいせつな気持ち 受けとるポケット あげたいな あなたのために どんなかなしみも ふきとるハンカチ 閉じていた心をのぞけば 春の陽を待ちわびている  花のように 香り高く 花のように ほほえむ 花のように 色とりどり わたしの中に 愛があふれる 愛があふれる  ききたいな あなたのうたを 冷えきった心 あたためるミルク あけてみて ドアのむこうに 思いもかけない 大きなプレゼント しょんぼりとたたずむ昨日に 春の陽はもうすぐそこまで  花のように 香り高く 花のように ほほえむ 花のように 色とりどり わたしの中に 愛があふれる 愛があふれる  閉じていた心をのぞけば 春の陽をまちわびている  花のように 香り高く 花のように ほほえむ 花のように 色とりどり わたしの中に 愛があふれる 愛があふれる矢野顕子矢野顕子矢野顕子つくってね わたしのために たいせつな気持ち 受けとるポケット あげたいな あなたのために どんなかなしみも ふきとるハンカチ 閉じていた心をのぞけば 春の陽を待ちわびている  花のように 香り高く 花のように ほほえむ 花のように 色とりどり わたしの中に 愛があふれる 愛があふれる  ききたいな あなたのうたを 冷えきった心 あたためるミルク あけてみて ドアのむこうに 思いもかけない 大きなプレゼント しょんぼりとたたずむ昨日に 春の陽はもうすぐそこまで  花のように 香り高く 花のように ほほえむ 花のように 色とりどり わたしの中に 愛があふれる 愛があふれる  閉じていた心をのぞけば 春の陽をまちわびている  花のように 香り高く 花のように ほほえむ 花のように 色とりどり わたしの中に 愛があふれる 愛があふれる
Happiness髪のながい 微笑みのきれいな ハイヒールの女のひとと わたし 人生をとりかえた 地下鉄のなか 寒さ寒い みぞれのふる夜に わたし 人生をとりかえた  しあわせそうにみえたんだ しあわせそうにみえたんだ だけどそうでもなかった だけどそんなことなかった なかった  いい服を着た とても背の高い 金持ちそうな男のひとと 僕は人生をとりかえた 高いクルマで 走る走る ハイウェイをとばした ぼくは人生をとりかえた  しあわせそうにみえたんだ しあわせそうにみえたんだ だけどそうでもなかった だけど そんなことなかった なかった  街のどこか かなしさをかかえた ぼくたちみたいな男や女が そっと人生をとりかえる  しあわせそうにみえるんだ しあわせそうにみえるんだ だけどそうでもないんだ だけど そうでも そうでも そうでも なかった なかった矢野顕子糸井重里矢野顕子矢野顕子髪のながい 微笑みのきれいな ハイヒールの女のひとと わたし 人生をとりかえた 地下鉄のなか 寒さ寒い みぞれのふる夜に わたし 人生をとりかえた  しあわせそうにみえたんだ しあわせそうにみえたんだ だけどそうでもなかった だけどそんなことなかった なかった  いい服を着た とても背の高い 金持ちそうな男のひとと 僕は人生をとりかえた 高いクルマで 走る走る ハイウェイをとばした ぼくは人生をとりかえた  しあわせそうにみえたんだ しあわせそうにみえたんだ だけどそうでもなかった だけど そんなことなかった なかった  街のどこか かなしさをかかえた ぼくたちみたいな男や女が そっと人生をとりかえる  しあわせそうにみえるんだ しあわせそうにみえるんだ だけどそうでもないんだ だけど そうでも そうでも そうでも なかった なかった
春風揺るがない幸せがただ欲しいのです 僕はあなたにそっと言います 言葉をひとつひとつ探して 花の名前をひとつ覚えてあなたに教えるんです  気づいたら雨が降ってどこかへ行って消えてゆき 手を握り確かめあったなら 眠ってる間くちづけして 少しだけ火を灯すんです  シロツメ草で編んだネックレスを 解けないように 解けないように 溶けてなくなった氷のように花の名前をひとつ忘れて あなたを抱くのです  遠く汽車の窓辺からは春風も見えるでしょう ここで涙が出ないのも幸せのひとつなんです ほらまた雨が降りそうです  帰り道バスはなぜか動かなくなってしまいました 傘を探してあなたを探して 遠く汽車の窓辺からは春風も見えるでしょう矢野顕子岸田繁岸田繁揺るがない幸せがただ欲しいのです 僕はあなたにそっと言います 言葉をひとつひとつ探して 花の名前をひとつ覚えてあなたに教えるんです  気づいたら雨が降ってどこかへ行って消えてゆき 手を握り確かめあったなら 眠ってる間くちづけして 少しだけ火を灯すんです  シロツメ草で編んだネックレスを 解けないように 解けないように 溶けてなくなった氷のように花の名前をひとつ忘れて あなたを抱くのです  遠く汽車の窓辺からは春風も見えるでしょう ここで涙が出ないのも幸せのひとつなんです ほらまた雨が降りそうです  帰り道バスはなぜか動かなくなってしまいました 傘を探してあなたを探して 遠く汽車の窓辺からは春風も見えるでしょう
春咲小紅ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね わたしのココロ ふわふわ舞い上がる  いつ咲くかしらと 待ちぼうけ 指折り数えて いたかしら お返事出します 微笑みの どこかにボチッと 赤い色 わたしに逢えばわかります 自分で言うのも ヘンだけど 今日はなんだかキレイです  ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね 陽だまりかげろう ユラユラ 春の夢  ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね ガラスの花びん キラキラ 午後の星  春夏秋冬 そして春 やさしいあなたを 見つめてた  お返事遅れてごめんなさい 窓の景色も とりかえて あなたがくるのを待ってます 自分で言うのも ヘンだけど 今日はなんだかいじらしい  ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね 思い出回る くるくる かざぐるま ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね わたしのココロ ふわふわ 舞い上がる  ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね わたしのココロ ひらひら 踊ってる矢野顕子糸井重里矢野顕子ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね わたしのココロ ふわふわ舞い上がる  いつ咲くかしらと 待ちぼうけ 指折り数えて いたかしら お返事出します 微笑みの どこかにボチッと 赤い色 わたしに逢えばわかります 自分で言うのも ヘンだけど 今日はなんだかキレイです  ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね 陽だまりかげろう ユラユラ 春の夢  ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね ガラスの花びん キラキラ 午後の星  春夏秋冬 そして春 やさしいあなたを 見つめてた  お返事遅れてごめんなさい 窓の景色も とりかえて あなたがくるのを待ってます 自分で言うのも ヘンだけど 今日はなんだかいじらしい  ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね 思い出回る くるくる かざぐるま ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね わたしのココロ ふわふわ 舞い上がる  ほら 春咲小紅 ミニミニ 見に来てね わたしのココロ ひらひら 踊ってる
Bye Bye待ちに待った土曜日 映画に誘ってみたら 二つ返事の君と 手を繋ぎ 街歩いた  晴れわたった空には 大きな入道雲が いつもこうしてなんでも 何気なく過ごしていた  それじゃバイバイ またバイバイ 繰り返しても帰れない 離したくても離せない手だ  君が居なくても こちらは元気でいられるよ 言い聞かせていても 涙が出るよ  君の選んだ人は とても優しい人なんだろな 遠くに行っても そう どうか元気で  冷めきったこの部屋 君がいるんじゃないかと 鍵を開ければ現実 そっとライトを付けるよ  「愛」は何だい 分からない 分かるもんなら困らない 手はもう離してしまった  君の横顔が とても素敵だったことはもう 忘れたつもりでも 涙が出るよ  君の選んだ人は とても優しい人なんだろな 遠くに行っても そう どうか元気で  久しぶりに来た駅のホーム 何気なく電車に乗った 扉が閉まる瞬間に 窓越しに君を見つけた  君の横顔は 今では誰かのものなんだな 離れてく君見て 涙こらえて  君の横の人 想像通りの人だったね 心の中で祈る 幸せでいて矢野顕子志村正彦志村正彦矢野顕子待ちに待った土曜日 映画に誘ってみたら 二つ返事の君と 手を繋ぎ 街歩いた  晴れわたった空には 大きな入道雲が いつもこうしてなんでも 何気なく過ごしていた  それじゃバイバイ またバイバイ 繰り返しても帰れない 離したくても離せない手だ  君が居なくても こちらは元気でいられるよ 言い聞かせていても 涙が出るよ  君の選んだ人は とても優しい人なんだろな 遠くに行っても そう どうか元気で  冷めきったこの部屋 君がいるんじゃないかと 鍵を開ければ現実 そっとライトを付けるよ  「愛」は何だい 分からない 分かるもんなら困らない 手はもう離してしまった  君の横顔が とても素敵だったことはもう 忘れたつもりでも 涙が出るよ  君の選んだ人は とても優しい人なんだろな 遠くに行っても そう どうか元気で  久しぶりに来た駅のホーム 何気なく電車に乗った 扉が閉まる瞬間に 窓越しに君を見つけた  君の横顔は 今では誰かのものなんだな 離れてく君見て 涙こらえて  君の横の人 想像通りの人だったね 心の中で祈る 幸せでいて
BAKABONこれでいいのだ  バカボンのママ バカボンのパパ たかめられた しあわせ バカボンにパパ バカボンにママ つよめられた 約束  望んでいるものは 大きなもの 握りしめてるのは 小さなもの ほうきで掃き出す 家中のかなしみを たんすの中から取り出した よろこびを  これでいいのだ  バカボンのママ バカボンのパパ たかめられた しあわせ バカボンにパパ バカボンにママ つよめられた 約束  金で買えるものは 銀色のもの 守りつづけてるのは 金の心 海を渡る風にふくらむ かけぶとん 見知らぬ国へひらかれた ふすまたち  これでいいのだ  バカボンのママ バカボンのパパ たかめられた しあわせ バカボンにパパ 私にもママ つよめられた 約束矢野顕子矢野顕子矢野顕子これでいいのだ  バカボンのママ バカボンのパパ たかめられた しあわせ バカボンにパパ バカボンにママ つよめられた 約束  望んでいるものは 大きなもの 握りしめてるのは 小さなもの ほうきで掃き出す 家中のかなしみを たんすの中から取り出した よろこびを  これでいいのだ  バカボンのママ バカボンのパパ たかめられた しあわせ バカボンにパパ バカボンにママ つよめられた 約束  金で買えるものは 銀色のもの 守りつづけてるのは 金の心 海を渡る風にふくらむ かけぶとん 見知らぬ国へひらかれた ふすまたち  これでいいのだ  バカボンのママ バカボンのパパ たかめられた しあわせ バカボンにパパ 私にもママ つよめられた 約束
ばらの花雨降りの朝で今日も会えないや 何となく でも少しほっとして 飲み干したジンジャーエール 気が抜けて  安心な僕らは旅に出ようぜ 思い切り泣いたり笑ったりしようぜ  愛のばらを掲げて 遠回りしてまた転んで 相づち打つよ 君の弱さを探す為に  安心な僕らは旅に出ようぜ 思い切り泣いたり笑ったりしようぜ 僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える  暗がりを走る 君が見てるから でもいない君も僕も  最終バス乗り過ごしてもう君に会えない あんなに近づいたのに遠くなってゆく だけどこんなに胸が痛むのは 何の花に例えられましょう ジンジャーエール買って飲んだ こんな味だったっけな ジンジャーエール買って飲んだ こんな味だったっけな 安心な僕らは旅に出ようぜ 思い切り泣いたり笑ったりしようぜ  矢野顕子岸田繁岸田繁雨降りの朝で今日も会えないや 何となく でも少しほっとして 飲み干したジンジャーエール 気が抜けて  安心な僕らは旅に出ようぜ 思い切り泣いたり笑ったりしようぜ  愛のばらを掲げて 遠回りしてまた転んで 相づち打つよ 君の弱さを探す為に  安心な僕らは旅に出ようぜ 思い切り泣いたり笑ったりしようぜ 僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える  暗がりを走る 君が見てるから でもいない君も僕も  最終バス乗り過ごしてもう君に会えない あんなに近づいたのに遠くなってゆく だけどこんなに胸が痛むのは 何の花に例えられましょう ジンジャーエール買って飲んだ こんな味だったっけな ジンジャーエール買って飲んだ こんな味だったっけな 安心な僕らは旅に出ようぜ 思い切り泣いたり笑ったりしようぜ  
barbie jungle (Japanese Version)屋根裏部屋で ひとり待ってた 忘れられてた barbie jungle 洋服は死ぬほど 持っているけれど 持っていないのは 愛なの  待っているのも 疲れちゃったわ いつか 誰か わたしを  疲れてる barbie 足が短い barbie doll でもいつも笑顔 Oh, yeah おんなのこはみんな だれもが barbie doll かわいがってね  屋根裏部屋から 外に出てみる 足がふらつく barbie doll プリンセスのドレス サテン・ボール・ガウン みんな置いてゆく さよなら!  待っているのも 疲れちゃったわ いつか 誰か わたしを  鼻が低い barbie アレルギーの barbie doll でもいつも笑顔 Oh, yeah おんなのこはみんな だれもが barbie doll かわいがってね  Ken が来てくれなくてもいいの いつか 愛する人に出会うの  シワのある barbie 胸が小っちゃい barbie doll でもいつも笑顔 Oh, yeah おんなのこはみんな だれもが barbie doll かわいがってね  おんなのこはみんな だれもが barbie doll かわいがってね矢野顕子矢野顕子矢野顕子・Jeff Bova屋根裏部屋で ひとり待ってた 忘れられてた barbie jungle 洋服は死ぬほど 持っているけれど 持っていないのは 愛なの  待っているのも 疲れちゃったわ いつか 誰か わたしを  疲れてる barbie 足が短い barbie doll でもいつも笑顔 Oh, yeah おんなのこはみんな だれもが barbie doll かわいがってね  屋根裏部屋から 外に出てみる 足がふらつく barbie doll プリンセスのドレス サテン・ボール・ガウン みんな置いてゆく さよなら!  待っているのも 疲れちゃったわ いつか 誰か わたしを  鼻が低い barbie アレルギーの barbie doll でもいつも笑顔 Oh, yeah おんなのこはみんな だれもが barbie doll かわいがってね  Ken が来てくれなくてもいいの いつか 愛する人に出会うの  シワのある barbie 胸が小っちゃい barbie doll でもいつも笑顔 Oh, yeah おんなのこはみんな だれもが barbie doll かわいがってね  おんなのこはみんな だれもが barbie doll かわいがってね
引っ越しペアのマグ 兎が描いてある ロンドンで買った 去年の冬 ペアで使ったのは半年だけ  道化の仮面 泣き笑い ベニスで買った かぶって鏡を見た あの人が出てった夜  「トスカ」のCD 一緒に観たあと ミラノで買った 一度も聴かなかった 長すぎて  古い冷蔵庫 母が使ってた 新しいのを買ってあげた うちを出たとき 初めての給料で  捨ててゆく みんな 捨てなければ 希望は生まれない だから捨ててゆく みんな矢野顕子谷川俊太郎矢野顕子矢野顕子ペアのマグ 兎が描いてある ロンドンで買った 去年の冬 ペアで使ったのは半年だけ  道化の仮面 泣き笑い ベニスで買った かぶって鏡を見た あの人が出てった夜  「トスカ」のCD 一緒に観たあと ミラノで買った 一度も聴かなかった 長すぎて  古い冷蔵庫 母が使ってた 新しいのを買ってあげた うちを出たとき 初めての給料で  捨ててゆく みんな 捨てなければ 希望は生まれない だから捨ててゆく みんな
ひとつだけ欲しいものは たくさんあるの きらめく星くずの指輪 寄せる波で 組み立てた椅子 世界中の花 集めつくる オーデコロン  けれども今 気がついたこと とっても大切なこと 欲しいものは ただひとつだけ あなたの心の 白い扉 ひらく鍵  離れている時でも わたしのこと 忘れないでいてほしいの ねぇ おねがい 悲しい気分の時も わたしのこと すぐに呼びだしてほしいの ねぇ おねがい  楽しいことは ほかにもある 満月の下のパーティー テニスコートを 駆けまわる 選びぬいたもの 集めつくる 中華料理  けれども今 気がついたこと とっても大切なこと 一番楽しいことは あなたの口から あなたの夢きくこと oh…  離れている時でも わたしのこと 忘れないでいてほしいの ねぇ おねがい La la la… la la la…  ねぇ おねがい ねぇ おねがい矢野顕子矢野顕子矢野顕子欲しいものは たくさんあるの きらめく星くずの指輪 寄せる波で 組み立てた椅子 世界中の花 集めつくる オーデコロン  けれども今 気がついたこと とっても大切なこと 欲しいものは ただひとつだけ あなたの心の 白い扉 ひらく鍵  離れている時でも わたしのこと 忘れないでいてほしいの ねぇ おねがい 悲しい気分の時も わたしのこと すぐに呼びだしてほしいの ねぇ おねがい  楽しいことは ほかにもある 満月の下のパーティー テニスコートを 駆けまわる 選びぬいたもの 集めつくる 中華料理  けれども今 気がついたこと とっても大切なこと 一番楽しいことは あなたの口から あなたの夢きくこと oh…  離れている時でも わたしのこと 忘れないでいてほしいの ねぇ おねがい La la la… la la la…  ねぇ おねがい ねぇ おねがい
ひとりぼっちはやめた雨があがった朝の光 胸にいっぱい吸いこんだから あなたに会いにゆくんだ 電車にのってゆくんだ  さよならだけが人生なんて ほんとのことかな? それだけかな? こんにちはだってあるよね 毎日あるよね  だれも気づかない この気持ち あなたにだけにはわかってほしい  ひとりぼっちはやめた 楽しい気持ちを分けてあげる  窓のガラスに夜が映る たたんでおいた心 広げ いじわるしてごめんね あやまれなくてごめんね  力がないの こんな時 しかたがないの 泣きたい時 あなたの声が必要 抱きしめてほしいよ  だれも気づかない この気持ち あなたにだけにはわかってほしい  ひとりぼっちはやめた 楽しい気持ちを分けてあげる矢野顕子矢野顕子矢野顕子雨があがった朝の光 胸にいっぱい吸いこんだから あなたに会いにゆくんだ 電車にのってゆくんだ  さよならだけが人生なんて ほんとのことかな? それだけかな? こんにちはだってあるよね 毎日あるよね  だれも気づかない この気持ち あなたにだけにはわかってほしい  ひとりぼっちはやめた 楽しい気持ちを分けてあげる  窓のガラスに夜が映る たたんでおいた心 広げ いじわるしてごめんね あやまれなくてごめんね  力がないの こんな時 しかたがないの 泣きたい時 あなたの声が必要 抱きしめてほしいよ  だれも気づかない この気持ち あなたにだけにはわかってほしい  ひとりぼっちはやめた 楽しい気持ちを分けてあげる
VincentStarry starry night Paint your palette blue and grey Look out on a summer's day With eyes that know the darkness in my soul Shadows on the hills Sketch the trees and the daffodils Catch the breeze and the winter chills In colors on the snowy linen land  Now I understand What you tried to say to me And how you suffered for your sanity And how you tried to set them free They would not listen They did not know how Perhaps they'll listen now  Starry starry night Flaming flowers that brightly blaze Swirling clouds in violet haze Reflect in Vincent's eyes of china blue Colors changing hue Morning fields of amber grain Weathered faces lined in pain Are soothed beneath The artist's loving hand  Now I understand What you tried to say to me And how you suffered for your sanity And how you tried to set them free They would not listen They did not know how Perhaps they'll listen now  For they could not love you But still your love was true And when no hope was left in sight On that starry starry night You took your life as lovers often do But I could have told you, Vincent This world was never meant For one as beautiful as you  Starry starry night Portraits hung in empty halls Frameless heads on nameless walls With eyes that watch the world And can't forget Like the stranger that you've met The ragged men in ragged clothes A silver thorn, a bloody rose Lie crushed and broken on the virgin snow  Now I think I know What you tried to say to me And how you suffered for your sanity And how you tried to set them free They would not listen They're not listening still Perhaps they never will矢野顕子Don McLeanDon McLeanStarry starry night Paint your palette blue and grey Look out on a summer's day With eyes that know the darkness in my soul Shadows on the hills Sketch the trees and the daffodils Catch the breeze and the winter chills In colors on the snowy linen land  Now I understand What you tried to say to me And how you suffered for your sanity And how you tried to set them free They would not listen They did not know how Perhaps they'll listen now  Starry starry night Flaming flowers that brightly blaze Swirling clouds in violet haze Reflect in Vincent's eyes of china blue Colors changing hue Morning fields of amber grain Weathered faces lined in pain Are soothed beneath The artist's loving hand  Now I understand What you tried to say to me And how you suffered for your sanity And how you tried to set them free They would not listen They did not know how Perhaps they'll listen now  For they could not love you But still your love was true And when no hope was left in sight On that starry starry night You took your life as lovers often do But I could have told you, Vincent This world was never meant For one as beautiful as you  Starry starry night Portraits hung in empty halls Frameless heads on nameless walls With eyes that watch the world And can't forget Like the stranger that you've met The ragged men in ragged clothes A silver thorn, a bloody rose Lie crushed and broken on the virgin snow  Now I think I know What you tried to say to me And how you suffered for your sanity And how you tried to set them free They would not listen They're not listening still Perhaps they never will
People Are StrangePeople are strange when you're a stranger Faces look ugly when you're alone Women seem wicked when you're unwanted Streets are uneven when you're down  When you're strange Faces come out of the rain When you're strange No one remembers your name When you're strange When you're strange When you're strange  People are strange when you're a stranger Faces look ugly when you're alone Women seem wicked when you're unwanted Streets are uneven when you're down  When you're strange Faces come out of the rain When you're strange No one remembers your name When you're strange When you're strange When you're strange  People are strange when you're a stranger People are strange矢野顕子John Paul Densmore・Robert A.Krieger・Raymond D.Manzarek & Jim MorrisonJohn Paul Densmore・Robert A.Krieger・Raymond D.Manzarek & Jim MorrisonPeople are strange when you're a stranger Faces look ugly when you're alone Women seem wicked when you're unwanted Streets are uneven when you're down  When you're strange Faces come out of the rain When you're strange No one remembers your name When you're strange When you're strange When you're strange  People are strange when you're a stranger Faces look ugly when you're alone Women seem wicked when you're unwanted Streets are uneven when you're down  When you're strange Faces come out of the rain When you're strange No one remembers your name When you're strange When you're strange When you're strange  People are strange when you're a stranger People are strange
People Got To Be FreeAll the world over, so easy to see People everywhere just wanna be free Listen, please listen, that's the way it should be Peace in the valley, people got to be free  You should see, what a lovely, lovely world it would be If everyone learned to live together, ah-hah-unh Seems to me such an easy, easy thing this should be Why can't you and me learn to love one another  All the world over, so easy to see People everywhere just wanna be free I can't understand it, so simple to me People everywhere just got to be free Ah, ah, yeah... ah, ah, yeah  If there's a man who is down and needs a helping hand All it takes is you to understand and to see him through, ah-hah-unh Seems to me, we got to solve it individually And I'll do unto you what you do to me  There'll be shoutin' from the mountains on out to sea No two ways about it, people got to be free Ask me my opinion, my opinion will be It's a natural situation for a man to be free  Oh, what a feelin's just come over me Enough to move a mountain, make a blind man see Everybody's dancing, come on, let's go see Peace in the valley, now we ought to be free矢野顕子Edward Brigati・Felix CavaliereEdward Brigati・Felix CavaliereAll the world over, so easy to see People everywhere just wanna be free Listen, please listen, that's the way it should be Peace in the valley, people got to be free  You should see, what a lovely, lovely world it would be If everyone learned to live together, ah-hah-unh Seems to me such an easy, easy thing this should be Why can't you and me learn to love one another  All the world over, so easy to see People everywhere just wanna be free I can't understand it, so simple to me People everywhere just got to be free Ah, ah, yeah... ah, ah, yeah  If there's a man who is down and needs a helping hand All it takes is you to understand and to see him through, ah-hah-unh Seems to me, we got to solve it individually And I'll do unto you what you do to me  There'll be shoutin' from the mountains on out to sea No two ways about it, people got to be free Ask me my opinion, my opinion will be It's a natural situation for a man to be free  Oh, what a feelin's just come over me Enough to move a mountain, make a blind man see Everybody's dancing, come on, let's go see Peace in the valley, now we ought to be free
ふなまち唄 Part II帰り来る船は 帰るやいなや 海のにおいを 岸壁にあずける  まだ来ぬ船は 帰るや否や 海のもくずに 岸壁見ぬうちに矢野顕子矢野顕子矢野顕子帰り来る船は 帰るやいなや 海のにおいを 岸壁にあずける  まだ来ぬ船は 帰るや否や 海のもくずに 岸壁見ぬうちに
ふりむけばカエル青空にたなびく 洗濯ものよ 白い雲より せいけつな かわいい いじらしい 洗濯ものよ ところが 突然 雨がふる  洗濯ものは びしょぬれ みじめ 悲しい わたし 悲しい その時 「どうにかなるさ」と声がして ふりむけばカエル その声はカエル カエルに言われちゃ しょうがない カエルに言われちゃ 笑っちゃう  黄色くてまあるい 目玉焼きよ 白身にかこまれ しあわせね おいしい うつくしい 目玉焼よ だけどね 突然 こわれちゃう  目玉焼は ぐしゃぐしゃ つぶれ 悲しい わたし 悲しい その時 「おいしくなるさ」と声がして ふりむけばカエル その声はカエル カエルに言われちゃ あきらめよう カエルのまねして 笑っちゃう  その時 「うまーくゆくさ」と声がして ふりむけばカエル その声はカエル カエルに言われちゃ どうしょうもない カエルにまかせて 笑っちゃお矢野顕子糸井重里矢野顕子青空にたなびく 洗濯ものよ 白い雲より せいけつな かわいい いじらしい 洗濯ものよ ところが 突然 雨がふる  洗濯ものは びしょぬれ みじめ 悲しい わたし 悲しい その時 「どうにかなるさ」と声がして ふりむけばカエル その声はカエル カエルに言われちゃ しょうがない カエルに言われちゃ 笑っちゃう  黄色くてまあるい 目玉焼きよ 白身にかこまれ しあわせね おいしい うつくしい 目玉焼よ だけどね 突然 こわれちゃう  目玉焼は ぐしゃぐしゃ つぶれ 悲しい わたし 悲しい その時 「おいしくなるさ」と声がして ふりむけばカエル その声はカエル カエルに言われちゃ あきらめよう カエルのまねして 笑っちゃう  その時 「うまーくゆくさ」と声がして ふりむけばカエル その声はカエル カエルに言われちゃ どうしょうもない カエルにまかせて 笑っちゃお
Full Moon TomorrowTomorrow is a full moon I saw it once, twice, and many times Tomorrow is a full moon Triumphantly over the tallest building  Higher than our mind Watching all the cloud formations  And there was you Talk to me, talk to me Always knew Still our hope is high  Tomorrow is a full moon Accompanied by Jupiter's silence Tomorrow is a full moon Quietly, the water runs Beneath the history  Deeper than our thoughts Waiting for the sky to darken  And there was you Talk to me, talk to me Always knew Still our hope is high  And there was you Talk to me, talk to me As you do Still our hope is high  Still our hope is high矢野顕子Akiko Yano・Jeff McLeanAkiko Yano・Jeff McLean矢野顕子Tomorrow is a full moon I saw it once, twice, and many times Tomorrow is a full moon Triumphantly over the tallest building  Higher than our mind Watching all the cloud formations  And there was you Talk to me, talk to me Always knew Still our hope is high  Tomorrow is a full moon Accompanied by Jupiter's silence Tomorrow is a full moon Quietly, the water runs Beneath the history  Deeper than our thoughts Waiting for the sky to darken  And there was you Talk to me, talk to me Always knew Still our hope is high  And there was you Talk to me, talk to me As you do Still our hope is high  Still our hope is high
Brooklyn Bridgeわたってゆくよ 生まれた街は無く 終わりも見えず あなたへの愛 愛だけつめてきた 心の中 手をふれば 見つけれくれるの?  きこえてくるよ ロシア語の笑顔 イタリアへの想い わたしをみる クロエイシアの瞳 チャイニーズ・レストランの逆さの鶏 どこへでも この橋はかかる  涙と願いが 橋の下 流れてゆく 映画のわくの外 わたしたちはここに  Crossing Brooklyn Bridge Crossing Brooklyn Bridge Crossing Brooklyn Bridge Touching tomorrow's edge  かえってきたよ 生まれた街離れ たどりついた 深い霧に あなたを呼ぶから 声のかぎり どこへでも この橋はかかる  悲しみ溶かして イースト・リバーに 流してゆく みんなそうしてきた わたしたちは共に  Crossing Brooklyn Bridge Crossing Brooklyn Bridge Crossing Brooklyn Bridge Touching tomorrow's edge矢野顕子矢野顕子矢野顕子矢野顕子わたってゆくよ 生まれた街は無く 終わりも見えず あなたへの愛 愛だけつめてきた 心の中 手をふれば 見つけれくれるの?  きこえてくるよ ロシア語の笑顔 イタリアへの想い わたしをみる クロエイシアの瞳 チャイニーズ・レストランの逆さの鶏 どこへでも この橋はかかる  涙と願いが 橋の下 流れてゆく 映画のわくの外 わたしたちはここに  Crossing Brooklyn Bridge Crossing Brooklyn Bridge Crossing Brooklyn Bridge Touching tomorrow's edge  かえってきたよ 生まれた街離れ たどりついた 深い霧に あなたを呼ぶから 声のかぎり どこへでも この橋はかかる  悲しみ溶かして イースト・リバーに 流してゆく みんなそうしてきた わたしたちは共に  Crossing Brooklyn Bridge Crossing Brooklyn Bridge Crossing Brooklyn Bridge Touching tomorrow's edge
PRAYER夕暮れの光が溶けて消えないうちに あなたの名前を呼んでみる ゆれうごく街 ひとりたたずんでいる時 あなたのことを 思ってる  時を越え 空を越え たどりつくから 降りつもる悲しみに 負けることなく  私の目が閉じられてゆく時が来ても あなたの声も 指先も 心も 愛に包まれているように  時を越え 空を越え たどりつくから 降りつもる悲しみに 負けることなく  祈ることだけ 今 強く願うことだけ あなたが 今日も 明日も いつまでも 愛に包まれているように矢野顕子矢野顕子Pat Metheny夕暮れの光が溶けて消えないうちに あなたの名前を呼んでみる ゆれうごく街 ひとりたたずんでいる時 あなたのことを 思ってる  時を越え 空を越え たどりつくから 降りつもる悲しみに 負けることなく  私の目が閉じられてゆく時が来ても あなたの声も 指先も 心も 愛に包まれているように  時を越え 空を越え たどりつくから 降りつもる悲しみに 負けることなく  祈ることだけ 今 強く願うことだけ あなたが 今日も 明日も いつまでも 愛に包まれているように
PRESTO知らない街の朝 記憶の真ん中の 君の歌を 思い出せば ピアノは思い出す カンナの花の赤と 同じメロディ 僕のメロディ 心拍数を保つ 胸ん中のぞかれたいよ 君ならわかってくれる  錆色の高原を ただひたすら走る 君の街が遠くなってく  夕暮れの合い言葉 言い出せないままで 同じ匂い 僕らの匂い あいたかったんだ ずっと 胸ん中落ちてきた木の実 すっぱい味がした 涙出てきたから あいたかったんだ ずっと あいたかったんだ 今日も 明日も多分そうだろう矢野顕子矢野顕子・岸田繁矢野顕子・岸田繁知らない街の朝 記憶の真ん中の 君の歌を 思い出せば ピアノは思い出す カンナの花の赤と 同じメロディ 僕のメロディ 心拍数を保つ 胸ん中のぞかれたいよ 君ならわかってくれる  錆色の高原を ただひたすら走る 君の街が遠くなってく  夕暮れの合い言葉 言い出せないままで 同じ匂い 僕らの匂い あいたかったんだ ずっと 胸ん中落ちてきた木の実 すっぱい味がした 涙出てきたから あいたかったんだ ずっと あいたかったんだ 今日も 明日も多分そうだろう
プレゼント泳ぎ疲れた魚 夜の海なら 月をみてごらん 浮かんでずっと 月を見てればいい 泳ぎ疲れた魚 昼の海なら 雲をみてごらん のんびりずっと 雲を見てればいい この海はみんなあなたのものさ この世界 すべて あなたとひとつだよ 月も雲も空も あなたへのプレゼント 遠慮なんかせずに 受け取っておくれ矢野顕子糸井重里矢野顕子泳ぎ疲れた魚 夜の海なら 月をみてごらん 浮かんでずっと 月を見てればいい 泳ぎ疲れた魚 昼の海なら 雲をみてごらん のんびりずっと 雲を見てればいい この海はみんなあなたのものさ この世界 すべて あなたとひとつだよ 月も雲も空も あなたへのプレゼント 遠慮なんかせずに 受け取っておくれ
塀の上で空は未だ群青色の朝 外はそぼ降る純色の雨 窓にこびりついた残り顔流し 牛乳瓶に注ぎ込む雨よ  惚れられ惚れて早一年経って 若さと馬鹿さ空転りするさ ヒールが七糎のブーツをはいて ぼくを踏み潰して出ていった 朝よ  塀の上で 塀の上で ぼくは雨に流れみてただけさ  誘導灯が流し目くれて 広告塔が空に投げキッス 羽田から飛行機でロンドンへ ぼくの嘆き持ってお嫁に行くんだね 今日は  塀の上で 塀の上で ぼくは雨に流れみてただけさ矢野顕子鈴木慶一鈴木慶一空は未だ群青色の朝 外はそぼ降る純色の雨 窓にこびりついた残り顔流し 牛乳瓶に注ぎ込む雨よ  惚れられ惚れて早一年経って 若さと馬鹿さ空転りするさ ヒールが七糎のブーツをはいて ぼくを踏み潰して出ていった 朝よ  塀の上で 塀の上で ぼくは雨に流れみてただけさ  誘導灯が流し目くれて 広告塔が空に投げキッス 羽田から飛行機でロンドンへ ぼくの嘆き持ってお嫁に行くんだね 今日は  塀の上で 塀の上で ぼくは雨に流れみてただけさ
へびの泣く夜へび泣く夜に 雨が降る 毒あるワニも その歯に涙 だってそこは 悲しみのサイハテ 見るものすべてが ブルーブルーブルー 悲しみが いろんなものに すがたを変えて現れる 回り舞台  誰より悲しいあの人と 悲しみのサイハテまで 旅をしよう 誰より悲しいあの人と 悲しみの丑三つまで 歩いて行こう 悲しみを突き抜けて ここに帰ろう  海鳴る夜に 船を出す 紅さす類に 猫の爪痕 だってここは 悲しみのサイハテ 聞くことすべてが ブルーブルーブルー 悲しみが いろんなものに 声質を変えて歌わせる 古いラジオ  誰より悲しいこの人と 悲しみのサイハテまで 旅をしよう 誰より悲しいこの人と 悲しみの密林まで 歩いて行こう 悲しみを突き抜けて ここに戻ろう  誰より悲しいわたしたち 悲しみのサイハテまで 旅をしよう 誰より悲しいわたしたち 悲しみの氷原まで 歩いて行こう 悲しみを突き抜けて うちに帰ろう矢野顕子糸井重里矢野顕子へび泣く夜に 雨が降る 毒あるワニも その歯に涙 だってそこは 悲しみのサイハテ 見るものすべてが ブルーブルーブルー 悲しみが いろんなものに すがたを変えて現れる 回り舞台  誰より悲しいあの人と 悲しみのサイハテまで 旅をしよう 誰より悲しいあの人と 悲しみの丑三つまで 歩いて行こう 悲しみを突き抜けて ここに帰ろう  海鳴る夜に 船を出す 紅さす類に 猫の爪痕 だってここは 悲しみのサイハテ 聞くことすべてが ブルーブルーブルー 悲しみが いろんなものに 声質を変えて歌わせる 古いラジオ  誰より悲しいこの人と 悲しみのサイハテまで 旅をしよう 誰より悲しいこの人と 悲しみの密林まで 歩いて行こう 悲しみを突き抜けて ここに戻ろう  誰より悲しいわたしたち 悲しみのサイハテまで 旅をしよう 誰より悲しいわたしたち 悲しみの氷原まで 歩いて行こう 悲しみを突き抜けて うちに帰ろう
When I DieWhen I die You would cry Take your car Go far  You'll look for the voice I left you A long time before  When I die You'll realize Sometime I smiled  There are some things never solved No matter how hard you tried It's so good to know that You are finally finding me this way  I want to be forgiven I want to be loved Never desert me I want to be yours  When I die It's alright Time flies Tears dry  Tell me about the truth you learned When you were on the road Tell me about the love you found When I see you again  I want to be forgiven I want to be loved Never desert me I want to be yours  I want to be forgiven I want to be loved Never desert me I want to be yours矢野顕子Akiko YanoAkiko YanoWhen I die You would cry Take your car Go far  You'll look for the voice I left you A long time before  When I die You'll realize Sometime I smiled  There are some things never solved No matter how hard you tried It's so good to know that You are finally finding me this way  I want to be forgiven I want to be loved Never desert me I want to be yours  When I die It's alright Time flies Tears dry  Tell me about the truth you learned When you were on the road Tell me about the love you found When I see you again  I want to be forgiven I want to be loved Never desert me I want to be yours  I want to be forgiven I want to be loved Never desert me I want to be yours
誇り高く生きようわけもなく 涙ぐむのは 君のこと 想ってるから 悲しい涙じゃない あったかい気持  この胸に あふれるのは 君に寄せる 熱い想い どんなに暗い夜も のり越えて行ける  口ぐせのような ありふれたラブ・ソング 今夜も君に歌うよ 本当の気持だから 風に消されそうな ちっぽけなラブ・ソング 君が受け止めてくれる 強く抱きしめておくれ  勇気が ほら わいてくるよ 朽ち果てそうだった心に 誇り高く生きよう 喜びにあふれ  口ぐせのような ありふれたラブ・ソング 今夜も君に歌うよ 本当の気持だから 風に消されそうな ちっぽけなラブ・ソング 君が受け止めてくれる 強く抱きしめておくれ  わけもなく 涙ぐむのは 君のこと 想ってるから 誇り高く生きよう 喜びにあふれ  Yeah 誇り高く生きよう 君のために Yeah 誇り高く生きよう 君のために矢野顕子忌野清志郎忌野清志郎わけもなく 涙ぐむのは 君のこと 想ってるから 悲しい涙じゃない あったかい気持  この胸に あふれるのは 君に寄せる 熱い想い どんなに暗い夜も のり越えて行ける  口ぐせのような ありふれたラブ・ソング 今夜も君に歌うよ 本当の気持だから 風に消されそうな ちっぽけなラブ・ソング 君が受け止めてくれる 強く抱きしめておくれ  勇気が ほら わいてくるよ 朽ち果てそうだった心に 誇り高く生きよう 喜びにあふれ  口ぐせのような ありふれたラブ・ソング 今夜も君に歌うよ 本当の気持だから 風に消されそうな ちっぽけなラブ・ソング 君が受け止めてくれる 強く抱きしめておくれ  わけもなく 涙ぐむのは 君のこと 想ってるから 誇り高く生きよう 喜びにあふれ  Yeah 誇り高く生きよう 君のために Yeah 誇り高く生きよう 君のために
Home Sweet Home大きい家 小さなアパート 人が寝るところ どこも少し淋しいね 小さい窓からにじむにおい もうすぐ集まる家族のごちそうの音  あれがHome Sweet Home いつも夢見る 今はひとり 一緒にいた時は知らない気持ち Home Sweet Home  遠くはなれてても あなたを忘れない 愛をおしえてくれた あなたが大好きよ  誰もわかってくれないの ここにいられない やっとひとりになれるね 壊した家を出たくせに 今 私達は 新しい家をつくる  ここがHome Sweet Home 愛する人たち されどHome Sweet Home たとえ ひとりきりになったとしても Home Sweet Home  遠くはなれてても あなたを忘れない 愛をおしえてくれた あなたが大好きよ矢野顕子矢野顕子矢野顕子大きい家 小さなアパート 人が寝るところ どこも少し淋しいね 小さい窓からにじむにおい もうすぐ集まる家族のごちそうの音  あれがHome Sweet Home いつも夢見る 今はひとり 一緒にいた時は知らない気持ち Home Sweet Home  遠くはなれてても あなたを忘れない 愛をおしえてくれた あなたが大好きよ  誰もわかってくれないの ここにいられない やっとひとりになれるね 壊した家を出たくせに 今 私達は 新しい家をつくる  ここがHome Sweet Home 愛する人たち されどHome Sweet Home たとえ ひとりきりになったとしても Home Sweet Home  遠くはなれてても あなたを忘れない 愛をおしえてくれた あなたが大好きよ
Whole Lotta LoveYou need coolin', baby, I'm not foolin' I'm gonna send you back to schoollin' Way down inside, honey you need it,  I'm gonna give you my love I'm gonna give you my love  Wanna Whole Lotta Love Wanna Whole Lotta Love  You've been learnin' baby, I been learnin' All them good times, baby, baby,I've been yearnin', Way, way down inside, honey you need it,  I'm gonna give you my love I'm gonna give you my love  Wanna Whole Lotta Love Wanna Whole Lotta Love  You've been coolin', baby, I've been droolin', All the good times baby I've been misusin' Way, way down inside, honey you need it,  I'm gonna give you my love I'm gonna give you my love  Wanna Whole Lotta Love Wanna Whole Lotta Love矢野顕子John Bonham・John Paul Jones・Jimmy Page & Robert PlantJohn Bonham・John Paul Jones・Jimmy Page & Robert PlantYou need coolin', baby, I'm not foolin' I'm gonna send you back to schoollin' Way down inside, honey you need it,  I'm gonna give you my love I'm gonna give you my love  Wanna Whole Lotta Love Wanna Whole Lotta Love  You've been learnin' baby, I been learnin' All them good times, baby, baby,I've been yearnin', Way, way down inside, honey you need it,  I'm gonna give you my love I'm gonna give you my love  Wanna Whole Lotta Love Wanna Whole Lotta Love  You've been coolin', baby, I've been droolin', All the good times baby I've been misusin' Way, way down inside, honey you need it,  I'm gonna give you my love I'm gonna give you my love  Wanna Whole Lotta Love Wanna Whole Lotta Love
毎日がブランニューデイ君と真夜中に話した いろんな事 75%は 忘れてしまった  君と長い間過した この人生 80%以上は 覚えてないかも  Hey Hey Hey でもいいのさ Hey Hey Hey 問題ない 君がいつもそばにいるから 毎日が新しい  僕とこれからも うまくやって行けるか 20%くらいは 疑問を感じるかい?  Hey Hey Hey でもいいのさ Hey Hey Hey 問題ない 君がいつもそばにいるから 毎日が新しい  Hey Hey Hey でもいいのさ Hey Hey Hey 問題ない 君が僕のそばにいるから 毎日が新しい  今日も朝が来て 君の笑顔を見て 100%以上の 幸福を感じる 100%以上の 幸福を感じる 365% 完全に幸福矢野顕子忌野清志郎仲井戸麗市君と真夜中に話した いろんな事 75%は 忘れてしまった  君と長い間過した この人生 80%以上は 覚えてないかも  Hey Hey Hey でもいいのさ Hey Hey Hey 問題ない 君がいつもそばにいるから 毎日が新しい  僕とこれからも うまくやって行けるか 20%くらいは 疑問を感じるかい?  Hey Hey Hey でもいいのさ Hey Hey Hey 問題ない 君がいつもそばにいるから 毎日が新しい  Hey Hey Hey でもいいのさ Hey Hey Hey 問題ない 君が僕のそばにいるから 毎日が新しい  今日も朝が来て 君の笑顔を見て 100%以上の 幸福を感じる 100%以上の 幸福を感じる 365% 完全に幸福
My LoveMy love... I wonder who will be... my love. I turn my head and hope to see that love Can suddenly appear, my love. I fear that I may never share my love.  I want to give my love away Please tell me that you care for me I've waited for so many years To find you...  My love... Is stronger than you know... my love. Allow me time to show you that my love Can satisfy your need, to love. Indeed I look to you for lasting love.  I'm asking just one thing of you To give your heart a chance to feel Emotions only two can share Together...  My love... I give it all to you... my love. I offer up my soul to do what love Can build within your heart, my love. The art of living knows no bounds with love.  I pray that you will stay with me Eternal life is what we'll share I cannot face anothe day Without you...  My love... Abounds with all that's pure... my love. And since you need to know enduring love. Can change the way you live, my love. I give you every freedom with my love.  I give you all your freedom with my love.矢野顕子Jeff McLeanJeff McLeanMy love... I wonder who will be... my love. I turn my head and hope to see that love Can suddenly appear, my love. I fear that I may never share my love.  I want to give my love away Please tell me that you care for me I've waited for so many years To find you...  My love... Is stronger than you know... my love. Allow me time to show you that my love Can satisfy your need, to love. Indeed I look to you for lasting love.  I'm asking just one thing of you To give your heart a chance to feel Emotions only two can share Together...  My love... I give it all to you... my love. I offer up my soul to do what love Can build within your heart, my love. The art of living knows no bounds with love.  I pray that you will stay with me Eternal life is what we'll share I cannot face anothe day Without you...  My love... Abounds with all that's pure... my love. And since you need to know enduring love. Can change the way you live, my love. I give you every freedom with my love.  I give you all your freedom with my love.
また会おねはじける光 わたしの指で 編んであげるわ へたっぴいだけど わたしがここに いたことさえも 色褪せるでしょう かなしいけれど  忘れない忘れない この家この街 忘れない忘れない あの目をあの手をあの日を  あふれる想い あなたの前へ 置いてきたのよ だれも見てない  鏡の前で ほほえんでみる ほっぺたがちょっぴり ひきつるけれど さよならを言う 練習中に もう涙がとまらない ヤだわ  忘れない忘れない この家この街 忘れない忘れない あの目あの手を 忘れない忘れない この家この街 忘れない忘れない あの目あの手を  忘れない忘れない この家この街 忘れない忘れない あの目をあの手をあの日を  あふれる想い あなたの家(うち)の前へ 置いてきたのよ だれも見てない  サヨナラ サヨナラ矢野顕子矢野顕子矢野顕子はじける光 わたしの指で 編んであげるわ へたっぴいだけど わたしがここに いたことさえも 色褪せるでしょう かなしいけれど  忘れない忘れない この家この街 忘れない忘れない あの目をあの手をあの日を  あふれる想い あなたの前へ 置いてきたのよ だれも見てない  鏡の前で ほほえんでみる ほっぺたがちょっぴり ひきつるけれど さよならを言う 練習中に もう涙がとまらない ヤだわ  忘れない忘れない この家この街 忘れない忘れない あの目あの手を 忘れない忘れない この家この街 忘れない忘れない あの目あの手を  忘れない忘れない この家この街 忘れない忘れない あの目をあの手をあの日を  あふれる想い あなたの家(うち)の前へ 置いてきたのよ だれも見てない  サヨナラ サヨナラ
学べよぶっこわれてる脳は 乾くばかり 修復可能ですと あなた 怪我をしてるから 動けないから 助けがいるから お願いします 学べよ わたし  ぶっちぎれた心 茫然自失 修復してみせる わたし 泣くだけ泣いたら はい、次 行きます! 礼儀は大切 ごちそうさまでした 学べよ わたし矢野顕子矢野顕子矢野顕子ぶっこわれてる脳は 乾くばかり 修復可能ですと あなた 怪我をしてるから 動けないから 助けがいるから お願いします 学べよ わたし  ぶっちぎれた心 茫然自失 修復してみせる わたし 泣くだけ泣いたら はい、次 行きます! 礼儀は大切 ごちそうさまでした 学べよ わたし
Money SongKANE 金があればなんでもできる KANE 金があれば君はよろこぶ MONEY 金があれば見る目も変わる まーね あればあるほどいいのカネ  そう思ってたけど ちがうかも 金があっても しあわせじゃない人がいるのは なぜ? そうじゃない? ないないない 答えはない  KANE 金がすべてのことを決める WAKE 与える人 ひとりじめする人 HANE 僕のところから飛んでゆく HONEY 僕たちの愛はかわらないよね  そう思ってるけど 心配だ 君は笑うけど 金がある時だけなら愛じゃない そうじゃない? ないないない 返事はない  KANE 金があればなんでもできる KANE 金があってもなにもできない さーね 誰にきいてもわからないけど MONEY 金のために泣くのはいやだ 死ぬのもいやだ つらいのはやだー!矢野顕子奥田民生・矢野顕子奥田民生・矢野顕子KANE 金があればなんでもできる KANE 金があれば君はよろこぶ MONEY 金があれば見る目も変わる まーね あればあるほどいいのカネ  そう思ってたけど ちがうかも 金があっても しあわせじゃない人がいるのは なぜ? そうじゃない? ないないない 答えはない  KANE 金がすべてのことを決める WAKE 与える人 ひとりじめする人 HANE 僕のところから飛んでゆく HONEY 僕たちの愛はかわらないよね  そう思ってるけど 心配だ 君は笑うけど 金がある時だけなら愛じゃない そうじゃない? ないないない 返事はない  KANE 金があればなんでもできる KANE 金があってもなにもできない さーね 誰にきいてもわからないけど MONEY 金のために泣くのはいやだ 死ぬのもいやだ つらいのはやだー!
右手誰がいいだとか 誰が悪いとか 興味すらないよ 争いのわけや 勝利の行方 僕が知りたいのは そんな大それたことじゃなくて  僕らの両手はどこまで伸ばせば 誰かに触れるかって  運がいいだとか 僕が悪いだとか そんなこと言うつもりもない この星の未来 生きてゆく意味 僕が知りたいのは そんな大それたことじゃなくて そんなありふれたことでもなくて  僕らの両手はどこまで伸ばせば 誰かに触れるかって 僕らの右手はどこまで上げれば 誰かに見えるかって それだけ  何一つ知らない僕らは ただひとりじゃなきゃいいんだ  僕らの両手はどこまで伸ばせば 誰かに触れるかって 僕らの右手はどこまで上げれば 誰かに見えるかって  僕らの両手はどこまで伸ばせば 誰かに触れるかって 僕らの右手はどこまで上げれば 誰かに見えるかって それだけ  それだけ…矢野顕子細美武士細美武士誰がいいだとか 誰が悪いとか 興味すらないよ 争いのわけや 勝利の行方 僕が知りたいのは そんな大それたことじゃなくて  僕らの両手はどこまで伸ばせば 誰かに触れるかって  運がいいだとか 僕が悪いだとか そんなこと言うつもりもない この星の未来 生きてゆく意味 僕が知りたいのは そんな大それたことじゃなくて そんなありふれたことでもなくて  僕らの両手はどこまで伸ばせば 誰かに触れるかって 僕らの右手はどこまで上げれば 誰かに見えるかって それだけ  何一つ知らない僕らは ただひとりじゃなきゃいいんだ  僕らの両手はどこまで伸ばせば 誰かに触れるかって 僕らの右手はどこまで上げれば 誰かに見えるかって  僕らの両手はどこまで伸ばせば 誰かに触れるかって 僕らの右手はどこまで上げれば 誰かに見えるかって それだけ  それだけ…
湖のふもとでねこと暮らしている湖のふもとで ねこときょうも暮らしてる あの山のふもとで 犬と暮らしてるあなた 手紙がとどく 鳥がはこぶ 字のない手紙 なつかしい あなたのにおい そっと抱きしめてる  きっとたくさん さかなが捕れたんだね よかったね あの山のふもとに 煙がたつからわかる あなたの声で聞きたかった たった一言 ひとりで書いてみたの 「元気ですか I love you」  季節はそれぞれ二人の上を あくびしながら過ぎてった 話すことに疲れ果てた あなたと二人で暮らしたいの  森のようす見てたら あなたの一日が終わる あの山の方から あたたかな風が吹く とどいた手紙 読んでほしいと ねこが甘える あなたの声をまねして 「元気ですか I love you」  湖のふもとで ねこときょうも暮らしてる あの山のふもとで 犬と暮らしてるあなた いつか犬と二人で 帰らぬ旅に出ても わたしきっと あなたを きっと好きでいるから矢野顕子矢野顕子・宮沢和史矢野顕子湖のふもとで ねこときょうも暮らしてる あの山のふもとで 犬と暮らしてるあなた 手紙がとどく 鳥がはこぶ 字のない手紙 なつかしい あなたのにおい そっと抱きしめてる  きっとたくさん さかなが捕れたんだね よかったね あの山のふもとに 煙がたつからわかる あなたの声で聞きたかった たった一言 ひとりで書いてみたの 「元気ですか I love you」  季節はそれぞれ二人の上を あくびしながら過ぎてった 話すことに疲れ果てた あなたと二人で暮らしたいの  森のようす見てたら あなたの一日が終わる あの山の方から あたたかな風が吹く とどいた手紙 読んでほしいと ねこが甘える あなたの声をまねして 「元気ですか I love you」  湖のふもとで ねこときょうも暮らしてる あの山のふもとで 犬と暮らしてるあなた いつか犬と二人で 帰らぬ旅に出ても わたしきっと あなたを きっと好きでいるから
胸が張り裂けそうBaby 忘れられない Baby お前のこと思うと 胸が張り裂けそうだ  Baby 泣きわめいても Baby 後戻りは出来ない 胸が張り裂けそうだ  ふられたんだ 捨てられたんだ 嫌われたんだ 可愛いお前に ふられたんだ どうにもならないんだ もう 真っ暗なんだ この絶望に張り裂け 裂け 裂けそうだ 張り裂けそうだ  Baby 沈む夕陽に Baby お前が浮かんでいる 胸が張り裂けそうだ 張り裂けそうだ  ふられたんだ 捨てられたんだ 嫌われたんだ 可愛いお前に ふられたんだ どうにもならないんだ もう 真っ暗なんだ この絶望に張り裂け 裂け 裂けそうだ 張り裂けそうだ  Baby こんな世界で Baby お前は歌っている 胸が張り裂けそうだ 張り裂けそうだ 裂けそうだ もうギリギリだ ギリギリだ 張り裂けそうだ 胸が張り裂けそうだ 胸が張り裂け 裂け 裂け 裂けそうだ そうだ ギリギリだ もうギリギリだ 胸が張り裂けそうだ矢野顕子忌野清志郎・三宅伸治忌野清志郎・三宅伸治Baby 忘れられない Baby お前のこと思うと 胸が張り裂けそうだ  Baby 泣きわめいても Baby 後戻りは出来ない 胸が張り裂けそうだ  ふられたんだ 捨てられたんだ 嫌われたんだ 可愛いお前に ふられたんだ どうにもならないんだ もう 真っ暗なんだ この絶望に張り裂け 裂け 裂けそうだ 張り裂けそうだ  Baby 沈む夕陽に Baby お前が浮かんでいる 胸が張り裂けそうだ 張り裂けそうだ  ふられたんだ 捨てられたんだ 嫌われたんだ 可愛いお前に ふられたんだ どうにもならないんだ もう 真っ暗なんだ この絶望に張り裂け 裂け 裂けそうだ 張り裂けそうだ  Baby こんな世界で Baby お前は歌っている 胸が張り裂けそうだ 張り裂けそうだ 裂けそうだ もうギリギリだ ギリギリだ 張り裂けそうだ 胸が張り裂けそうだ 胸が張り裂け 裂け 裂け 裂けそうだ そうだ ギリギリだ もうギリギリだ 胸が張り裂けそうだ
モスラの歌モスラヤ モスラ ドゥンガン カサクヤン インドゥムウ ルスト ウィラードア ハンバ ハンバムヤン ランダバン ウンラダン トゥンジュカンラーカサクヤーンム  モスラヤ モスラ ドゥンガン カサクヤン インドゥムウ ルスト ウィラードア ハンバ ハンバムヤン ランダバン ウンラダン トゥンジュカンラー カサクヤーンム矢野顕子本多猪四郎・田中友幸・関沢新一古関裕而Akiko Yanoモスラヤ モスラ ドゥンガン カサクヤン インドゥムウ ルスト ウィラードア ハンバ ハンバムヤン ランダバン ウンラダン トゥンジュカンラーカサクヤーンム  モスラヤ モスラ ドゥンガン カサクヤン インドゥムウ ルスト ウィラードア ハンバ ハンバムヤン ランダバン ウンラダン トゥンジュカンラー カサクヤーンム
野球が好きだびゅびゅんと投げる ストライク どどっと湧く 歓声 ぶぶんと振る バット ぎゅぎゅんと飛ぶ ボール ヒットか アウトか ホームラン?  どうなるかしらん スコアボード ウインクする ビール売り ぐるぐる回る ランナー ざざっとすべって 審判 アウトか セーフか どっちかな?  みんな信じてほしいのだけど 野球場には 野球場にはね ダイヤモンドが 埋まってる デイゲーム ナイトゲーム 勝ちゲーム ナイトゲーム デイゲーム ナイスゲーム ダイヤモンドが 輝くよ 野球を観にいこう 野球が好きだ  ベーブルースの 昔から みんな大好き ベースボール どの選手の ファンなの どっちのチームが ひいきなの 勝ち星 敗け星 どっきどき  みんな信じてほしいのだけど 野球場には 野球場にはね ダイヤモンドが 埋まってる デイゲーム ナイトゲーム 勝ちゲーム ナイトゲーム デイゲーム ナイスゲーム ダイヤモンドが 輝くよ 野球を観にいこう 野球が好きだ矢野顕子糸井重里矢野顕子矢野顕子びゅびゅんと投げる ストライク どどっと湧く 歓声 ぶぶんと振る バット ぎゅぎゅんと飛ぶ ボール ヒットか アウトか ホームラン?  どうなるかしらん スコアボード ウインクする ビール売り ぐるぐる回る ランナー ざざっとすべって 審判 アウトか セーフか どっちかな?  みんな信じてほしいのだけど 野球場には 野球場にはね ダイヤモンドが 埋まってる デイゲーム ナイトゲーム 勝ちゲーム ナイトゲーム デイゲーム ナイスゲーム ダイヤモンドが 輝くよ 野球を観にいこう 野球が好きだ  ベーブルースの 昔から みんな大好き ベースボール どの選手の ファンなの どっちのチームが ひいきなの 勝ち星 敗け星 どっきどき  みんな信じてほしいのだけど 野球場には 野球場にはね ダイヤモンドが 埋まってる デイゲーム ナイトゲーム 勝ちゲーム ナイトゲーム デイゲーム ナイスゲーム ダイヤモンドが 輝くよ 野球を観にいこう 野球が好きだ
約束約束もしないけど また今度会いたいね ありがとう 夢のような あたたかいこの夜を  月が照らす帰り道 君のこと 想い出して 今度いつ会える  忘れない今日のこと また今度会いたいね  月が照らす帰り道 君のこと 想い出して 今度いつ会える  約束は要らないさぁ また きっと会えるから  ララララ ララララ ララララ矢野顕子忌野清志郎・三宅伸治忌野清志郎・三宅伸治約束もしないけど また今度会いたいね ありがとう 夢のような あたたかいこの夜を  月が照らす帰り道 君のこと 想い出して 今度いつ会える  忘れない今日のこと また今度会いたいね  月が照らす帰り道 君のこと 想い出して 今度いつ会える  約束は要らないさぁ また きっと会えるから  ララララ ララララ ララララ
椰子の実名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実一つ  故郷(ふるさと)の岸を 離れて 汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)  旧(もと)の木は 生(お)いや茂れる 枝はなお 影をやなせる  われもまた 渚(なぎさ)を枕 孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ  実をとりて 胸にあつれば 新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)  海の日の 沈むを見れば 激(たぎ)り落つ 異郷(いきょう)の涙  思いやる 八重(やえ)の汐々(しおじお) いずれの日にか 国に帰らん矢野顕子島崎藤村大中寅二矢野顕子名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実一つ  故郷(ふるさと)の岸を 離れて 汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)  旧(もと)の木は 生(お)いや茂れる 枝はなお 影をやなせる  われもまた 渚(なぎさ)を枕 孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ  実をとりて 胸にあつれば 新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)  海の日の 沈むを見れば 激(たぎ)り落つ 異郷(いきょう)の涙  思いやる 八重(やえ)の汐々(しおじお) いずれの日にか 国に帰らん
夕焼けのなかに街の西の方 空と雲が茜色に染まり おおきな夕焼けの中に あなたがみえた いつでも あえるような気がする ずいぶん遠い いつでも話ができるような  会えないよ さみしいよ 会えないよ さみしいよ 私はあなたが いまもとても好き 私はあなたが 私はあなたが いまもとても好き 好き  旅の途中で 無口な夜は少し寒くて 疲れた足音の中に あなたを聞いた いつでも あえるような気がしてる でもずいぶん遠い いつでも話ができるような  会いたいよ さみしいよ 会えないよ さみしいよ 私はあなたが いまもとても好き 私はあなたが 私はあなたが いまもとても好き  私はあなたが いまもとても好き 私はあなたが 私はあなたが いまもとても好き 好き矢野顕子糸井重里矢野顕子矢野顕子街の西の方 空と雲が茜色に染まり おおきな夕焼けの中に あなたがみえた いつでも あえるような気がする ずいぶん遠い いつでも話ができるような  会えないよ さみしいよ 会えないよ さみしいよ 私はあなたが いまもとても好き 私はあなたが 私はあなたが いまもとても好き 好き  旅の途中で 無口な夜は少し寒くて 疲れた足音の中に あなたを聞いた いつでも あえるような気がしてる でもずいぶん遠い いつでも話ができるような  会いたいよ さみしいよ 会えないよ さみしいよ 私はあなたが いまもとても好き 私はあなたが 私はあなたが いまもとても好き  私はあなたが いまもとても好き 私はあなたが 私はあなたが いまもとても好き 好き
行け 柳田さぁさ そろそろ 始まる時間 コップ片手に ラジオの前へ さぁさ そろそろ 仕事もやめて 今日のオーダー どんなかな?  行け柳田 行け柳田 行け柳田 行け長嶋 行けよみうり ジャイアンツ  一番柴田 二番に高田 三番張本 四番王 五番柳田 六番土井 七番河埜に 八番吉田  行け柳田 行け柳田 行け柳田 行け長嶋 行けよみうり ジャイアンツ  グラウンドは 滝つぼに 一塁側は お祭り騒ぎ 王貞治 打てば 打てば ダッグアウトは 火の玉に  行け柳田 行け柳田 行け柳田 行け長嶋 行けよみうり ジャイアンツ  さぁさ そろそろ チャンス到来 ツーアウト満塁 出番はあなたよ 初級打ちなんか だめだめよ 待てば 海路の どまんなか  行け柳田 行け柳田 行け柳田 行け長嶋 行けよみうり ジャイアンツ  グラウンドは 滝つぼに 一塁側は お祭り騒ぎ 王貞治 打てば 打てば ダッグアウトは 火の玉に  行け柳田 行け柳田 行け柳田 行け長嶋 行けよみうり ジャイアンツ矢野顕子矢野顕子矢野顕子さぁさ そろそろ 始まる時間 コップ片手に ラジオの前へ さぁさ そろそろ 仕事もやめて 今日のオーダー どんなかな?  行け柳田 行け柳田 行け柳田 行け長嶋 行けよみうり ジャイアンツ  一番柴田 二番に高田 三番張本 四番王 五番柳田 六番土井 七番河埜に 八番吉田  行け柳田 行け柳田 行け柳田 行け長嶋 行けよみうり ジャイアンツ  グラウンドは 滝つぼに 一塁側は お祭り騒ぎ 王貞治 打てば 打てば ダッグアウトは 火の玉に  行け柳田 行け柳田 行け柳田 行け長嶋 行けよみうり ジャイアンツ  さぁさ そろそろ チャンス到来 ツーアウト満塁 出番はあなたよ 初級打ちなんか だめだめよ 待てば 海路の どまんなか  行け柳田 行け柳田 行け柳田 行け長嶋 行けよみうり ジャイアンツ  グラウンドは 滝つぼに 一塁側は お祭り騒ぎ 王貞治 打てば 打てば ダッグアウトは 火の玉に  行け柳田 行け柳田 行け柳田 行け長嶋 行けよみうり ジャイアンツ
夢のヒヨココドモはオトナじゃないんですけれど オトナじゃできないこともする 3000万人コドモがいたら なんでもできそうなきがするよ だってコドモは コドモは 夢のヒヨコを飼ってるもん 夢のヒヨコを飼ってるもん ピヨピヨピピピー ヒヨコがぴょん ピヨピヨピピピー あつまって ピヨピヨピピピー いろんなことを かんがえる  コドモはオトナになれるんだけど オトナもコドモになれるって おおきなコドモとちいさなコドモ どっちもヒヨコを飼えばいい だってだれでも だれでも 夢のヒヨコを飼えるんだもん 夢のヒヨコを飼えるんだもん ピヨピヨピピピー ヒヨコはぴょん ピヨピヨピピピー なかよしで ピヨピヨピピピー いろんなこと あそんでる  ピヨピヨピピピー ヒヨコがぴょん ピヨピヨピピピー あつまって ピヨピヨピピピー いろんなことを かんがえる ピヨピヨピピピー ヒヨコはぴょん ピヨピヨピピピー なかよしで ピヨピヨピピピー いろんなこと あそんでる  ピヨピヨピピピー ピヨピヨピピピー ピヨピヨピピピー矢野顕子糸井重里矢野顕子コドモはオトナじゃないんですけれど オトナじゃできないこともする 3000万人コドモがいたら なんでもできそうなきがするよ だってコドモは コドモは 夢のヒヨコを飼ってるもん 夢のヒヨコを飼ってるもん ピヨピヨピピピー ヒヨコがぴょん ピヨピヨピピピー あつまって ピヨピヨピピピー いろんなことを かんがえる  コドモはオトナになれるんだけど オトナもコドモになれるって おおきなコドモとちいさなコドモ どっちもヒヨコを飼えばいい だってだれでも だれでも 夢のヒヨコを飼えるんだもん 夢のヒヨコを飼えるんだもん ピヨピヨピピピー ヒヨコはぴょん ピヨピヨピピピー なかよしで ピヨピヨピピピー いろんなこと あそんでる  ピヨピヨピピピー ヒヨコがぴょん ピヨピヨピピピー あつまって ピヨピヨピピピー いろんなことを かんがえる ピヨピヨピピピー ヒヨコはぴょん ピヨピヨピピピー なかよしで ピヨピヨピピピー いろんなこと あそんでる  ピヨピヨピピピー ピヨピヨピピピー ピヨピヨピピピー
You Really Got MeGirl, you really got me goin You got me so I don't know what Im doin Yeah, you really got me now You got me so I can't sleep at night  Yeah, you really got me now You got me so I don't know what Im doin, now Oh yeah, you really got me now You got me so I can't sleep at night  You really got me You really got me You really got me  See, don't ever set me free I always wanna be by your side Girl, you really got me now You got me so I can't sleep at night  Yeah, you really got me now You got me so I don't know what Im doin, now Oh yeah, you really got me now You got me so I can't sleep at night  You really got me You really got me You really got me Oh no...  See, don't ever set me free  I always wanna be by your side Girl, you really got me now You got me so I can't sleep at night  Yeah, you really got me now You got me so I don't know what Im doin, now Oh yeah, you really got me now You got me so I can't sleep at night  You really got me You really got me You really got me矢野顕子Ray DaviesRay DaviesGirl, you really got me goin You got me so I don't know what Im doin Yeah, you really got me now You got me so I can't sleep at night  Yeah, you really got me now You got me so I don't know what Im doin, now Oh yeah, you really got me now You got me so I can't sleep at night  You really got me You really got me You really got me  See, don't ever set me free I always wanna be by your side Girl, you really got me now You got me so I can't sleep at night  Yeah, you really got me now You got me so I don't know what Im doin, now Oh yeah, you really got me now You got me so I can't sleep at night  You really got me You really got me You really got me Oh no...  See, don't ever set me free  I always wanna be by your side Girl, you really got me now You got me so I can't sleep at night  Yeah, you really got me now You got me so I don't know what Im doin, now Oh yeah, you really got me now You got me so I can't sleep at night  You really got me You really got me You really got me
横顔いつか声をかけてくれるかしら あなたの隣りに坐りたい それだけ きっと邪魔をしないようにするわ 話を聞かせてほしいだけ 一緒に 同じテーブルの端で 横顔 見つめてるの 大きな声であなたが笑ったら 何故か私も楽しくなる 不思議ね  今は違う友達にかこまれて 私を覚えていないのねやっぱり 小さく呟いた さよなら 心に届くかしら 誰も知らない あの時の横顔 昔のあなた見失って 欲しくないの矢野顕子大貫妙子大貫妙子いつか声をかけてくれるかしら あなたの隣りに坐りたい それだけ きっと邪魔をしないようにするわ 話を聞かせてほしいだけ 一緒に 同じテーブルの端で 横顔 見つめてるの 大きな声であなたが笑ったら 何故か私も楽しくなる 不思議ね  今は違う友達にかこまれて 私を覚えていないのねやっぱり 小さく呟いた さよなら 心に届くかしら 誰も知らない あの時の横顔 昔のあなた見失って 欲しくないの
ヨ・ロ・コ・ビはれたる青空 ただよう雲よ 小鳥はうたえり 林に森に 心はほがらか ヨ・ロ・コ・ビ満ちて 見交わす我等の 明るい笑顔  花咲く丘辺に いこえる友よ 吹く風さわやか みなぎる日ざし 心は楽しく しあわせあふれ ひびくよ我等の ヨ・ロ・コ・ビのうた矢野顕子岩佐東一郎Beethovenはれたる青空 ただよう雲よ 小鳥はうたえり 林に森に 心はほがらか ヨ・ロ・コ・ビ満ちて 見交わす我等の 明るい笑顔  花咲く丘辺に いこえる友よ 吹く風さわやか みなぎる日ざし 心は楽しく しあわせあふれ ひびくよ我等の ヨ・ロ・コ・ビのうた
ラーメンたべたいラーメンたべたい うまいのたべたい 熱いのたべたい ラーメンたべたい 今すぐたべたい ひとりでたべたい チャーシューはいらない なるともいらない ぜいたくいわない けど けど ねぎはいれてね にんにくもいれて 山盛りいれて  男もつらいけど 女もつらいのよ 友達になれたらいいのに くたびれる毎日 話がしたいから 思いきり大きな字の手紙  となりにすわる 恋人達には 目もくれずたべる わたしはわたしのラーメンたべる 責任もって汁までのむ 今度くるときゃ みんなでくるわ うちのじいちゃんもばあちゃんもつれてくる けど けど 今日はひとりで ひとりでたべたい ラーメンたべたい  男もつらいけど 女もつらいのよ 友達になれたらいいのに あきらめたくないの 泣きたくなるけれど わたしのこと どうぞ思いだして  ラーメンたべたい ひとりでたべたい 熱いのたべたい ラーメンたべたい うまいのたべたい 今すぐたべたい矢野顕子Akiko YanoAkiko Yanoラーメンたべたい うまいのたべたい 熱いのたべたい ラーメンたべたい 今すぐたべたい ひとりでたべたい チャーシューはいらない なるともいらない ぜいたくいわない けど けど ねぎはいれてね にんにくもいれて 山盛りいれて  男もつらいけど 女もつらいのよ 友達になれたらいいのに くたびれる毎日 話がしたいから 思いきり大きな字の手紙  となりにすわる 恋人達には 目もくれずたべる わたしはわたしのラーメンたべる 責任もって汁までのむ 今度くるときゃ みんなでくるわ うちのじいちゃんもばあちゃんもつれてくる けど けど 今日はひとりで ひとりでたべたい ラーメンたべたい  男もつらいけど 女もつらいのよ 友達になれたらいいのに あきらめたくないの 泣きたくなるけれど わたしのこと どうぞ思いだして  ラーメンたべたい ひとりでたべたい 熱いのたべたい ラーメンたべたい うまいのたべたい 今すぐたべたい
リラックマのわたし今日のおやつは なにがいいかな? またひとりごと 言っている ホットケーキは3枚重ね またひとりで食べている  特別な時じゃないけど 私をほめてあげたいな  だららだららら だららだららら だららだららら 今日もごきげん  またころんだよ 擦りむいたよ 何につまづいたのかさえ わからないけど ため息ばかり またひとりで泣いている  助けてくれる君の手がある 一緒におやつを食べよう  だららだららら だららだららら だららだららら 今日もごきげん矢野顕子矢野顕子矢野顕子今日のおやつは なにがいいかな? またひとりごと 言っている ホットケーキは3枚重ね またひとりで食べている  特別な時じゃないけど 私をほめてあげたいな  だららだららら だららだららら だららだららら 今日もごきげん  またころんだよ 擦りむいたよ 何につまづいたのかさえ わからないけど ため息ばかり またひとりで泣いている  助けてくれる君の手がある 一緒におやつを食べよう  だららだららら だららだららら だららだららら 今日もごきげん
リンゴあそこのリンゴ あと数分で おちるでしょう じっとみてます じっとみてます  リンゴは もうえだと くっついていないかも しれないのに おちません おちません  なんだかみていると まぶしくなります リンゴが日光に 反射するからですか? それとも  あのしんぼうづよさが まぶしいのですか? じっとみてます じっとみてます じっとみてます矢野顕子岡真史高橋悠治あそこのリンゴ あと数分で おちるでしょう じっとみてます じっとみてます  リンゴは もうえだと くっついていないかも しれないのに おちません おちません  なんだかみていると まぶしくなります リンゴが日光に 反射するからですか? それとも  あのしんぼうづよさが まぶしいのですか? じっとみてます じっとみてます じっとみてます
Reach Outあきらめるもんですか 負け続ける時も 今たどりついてやる矢野顕子矢野顕子矢野顕子あきらめるもんですか 負け続ける時も 今たどりついてやる
六本木で会いましょう夏の光をポケットにつめて 出かけよう 追い風にのって 公園の長い坂を下って ガラス越し あなたをさがす  思い出がかくれてる この街へ 新しい時と場所 生まれている  10年前も今も あなたの笑顔が好き 六本木で会いましょう  冬のにおいをポケットにつめて 出かけよう 夕陽の向こう 半分忘れた歌の文句に さそわれて あなたをさがす  今日こそは わたしからごちそうします 新しい時と場所 探しにいこう  10年前も今も あなたの笑顔が好き 六本木で会いましょう矢野顕子矢野顕子矢野顕子矢野顕子夏の光をポケットにつめて 出かけよう 追い風にのって 公園の長い坂を下って ガラス越し あなたをさがす  思い出がかくれてる この街へ 新しい時と場所 生まれている  10年前も今も あなたの笑顔が好き 六本木で会いましょう  冬のにおいをポケットにつめて 出かけよう 夕陽の向こう 半分忘れた歌の文句に さそわれて あなたをさがす  今日こそは わたしからごちそうします 新しい時と場所 探しにいこう  10年前も今も あなたの笑顔が好き 六本木で会いましょう
ROSE GARDENこれに終りがあるものだから だもんで たいせつなわけであります今が  これが枯れるときがきますので そしたら ひとつ残らずかたづけなくちゃきれいに  バラ園はこちらのバラ園は 手入れよく育ちよく バラ園はわたしのバラ園は 肥料よく色香よく  観てくれる人がひとりでもいれば ために 花を咲かせるバラがいとしい  これを育てはぐくむ人 それは ひろいひろい世界中にいるあなた  バラ園はこちらのバラ園は 手入れよく育ちよく バラ園はわたしのバラ園は 肥料よく色香よく矢野顕子矢野顕子矢野顕子これに終りがあるものだから だもんで たいせつなわけであります今が  これが枯れるときがきますので そしたら ひとつ残らずかたづけなくちゃきれいに  バラ園はこちらのバラ園は 手入れよく育ちよく バラ園はわたしのバラ園は 肥料よく色香よく  観てくれる人がひとりでもいれば ために 花を咲かせるバラがいとしい  これを育てはぐくむ人 それは ひろいひろい世界中にいるあなた  バラ園はこちらのバラ園は 手入れよく育ちよく バラ園はわたしのバラ園は 肥料よく色香よく
Wives and LoversHey! Little girl Comb your hair, fix your makeup Soon he will open the door Don't think because there's a ring on your finger You needn't try anymore  For wives should always be lovers too Run to his arms the moment he comes home to you I'm warning you…  Day after day There are girls at the office And men will always be men Don't send him off with your hair still in curlers You may not see him again  For wives should always be lovers too Run to his arms the moment he comes home to you He's almost here…  Hey! Little girl Better wear something pretty Something you'd wear to go to the city and Dim all the lights, pour the wine, start the music Time to get ready for love Time to get ready Time to get ready for love矢野顕子Hal DavidBurt F Bacharach矢野顕子Hey! Little girl Comb your hair, fix your makeup Soon he will open the door Don't think because there's a ring on your finger You needn't try anymore  For wives should always be lovers too Run to his arms the moment he comes home to you I'm warning you…  Day after day There are girls at the office And men will always be men Don't send him off with your hair still in curlers You may not see him again  For wives should always be lovers too Run to his arms the moment he comes home to you He's almost here…  Hey! Little girl Better wear something pretty Something you'd wear to go to the city and Dim all the lights, pour the wine, start the music Time to get ready for love Time to get ready Time to get ready for love
わたしがうまれるいま わたしがうまれる いま わたしがうまれる  いままでわたしは まっていた そだちながら まっていた  ひとりじゃなかった おかあさんといたし みんなが こっちをみていてくれた  こえと ひかりに みちびかれ まぶしいな あたらしいせかい  いま わたしがうまれる いま わたしがうまれる  いまからわたしは あいにいく よろこびに あいにいく  ひとりじゃないよね おかあさんもいるし みんなが わたしをみていてくれる  こえと ひかりに みちあふれ まっているよ あたらしいせかい せかい  いま わたしがうまれる いま わたしがうまれる矢野顕子糸井重里矢野顕子小原礼・佐橋佳幸・林立夫・矢野顕子いま わたしがうまれる いま わたしがうまれる  いままでわたしは まっていた そだちながら まっていた  ひとりじゃなかった おかあさんといたし みんなが こっちをみていてくれた  こえと ひかりに みちびかれ まぶしいな あたらしいせかい  いま わたしがうまれる いま わたしがうまれる  いまからわたしは あいにいく よろこびに あいにいく  ひとりじゃないよね おかあさんもいるし みんなが わたしをみていてくれる  こえと ひかりに みちあふれ まっているよ あたらしいせかい せかい  いま わたしがうまれる いま わたしがうまれる
わたしたち長い時間も短かすぎる わたしたち わからないから見つめ合う ひたすらに  小さな言葉があれば ほほえむ心ふくらむ 朝の光をたばねて 午後に届ける 夜の闇が忍び寄る その日照らすため  つかの間の恋 吹き消して 走り出す 手のひらに愛 にぎりしめ 駆け寄った  まちがいならば許される いくつでも かくされた窓 開け放つ わたしたち  小さな言葉があれば 知らない心 ふり向く 『涙と共にまく種 喜び刈り取る』 高く低く流れてる時間を渡るため  愛するために愛してる わたしたち 愛してるから考える わたしたち 愛するために愛してる わたしたち 愛してるから考える わたしたち矢野顕子矢野顕子矢野顕子長い時間も短かすぎる わたしたち わからないから見つめ合う ひたすらに  小さな言葉があれば ほほえむ心ふくらむ 朝の光をたばねて 午後に届ける 夜の闇が忍び寄る その日照らすため  つかの間の恋 吹き消して 走り出す 手のひらに愛 にぎりしめ 駆け寄った  まちがいならば許される いくつでも かくされた窓 開け放つ わたしたち  小さな言葉があれば 知らない心 ふり向く 『涙と共にまく種 喜び刈り取る』 高く低く流れてる時間を渡るため  愛するために愛してる わたしたち 愛してるから考える わたしたち 愛するために愛してる わたしたち 愛してるから考える わたしたち
わたしと宇宙とあなた問題は問題点がわからない そのことだ 宿題は猫がかくしてしまった もう見つからない  かゆいところには手が届かない あなたのその気持ちに届かない  わたしに会えて良かったと あなたに言わせたい 離れたあとで しまった!と あなたを泣かせたい そんな気分  惑星は恒星と違う動き 惑わす星さ かなわない力の法則の中 自転する愛  あふれまくる こぼれまくる わたしたち 不安な部屋の中 今日でさよなら わたしに会えて良かったと あなたに言わせたい 離れたあとで しまった!と あなたを泣かせたい そんな気分  時間いっぱい 鞄いっぱい ふくらんでる 精いっぱいの心は抑えきれない 報われる 報われない だれが知ってる? 変われます 変われません だれが決める? 今までで一番速いロケットを飛ばすよ 今までで一番でかい空を突きぬけるよ  わたしに会えて良かったと あなたに言わせたい 離れたあとで しまった!と あなたを泣かせたい そんな気分矢野顕子矢野顕子矢野顕子AZUMA HITOMI・Sakana Hosomi問題は問題点がわからない そのことだ 宿題は猫がかくしてしまった もう見つからない  かゆいところには手が届かない あなたのその気持ちに届かない  わたしに会えて良かったと あなたに言わせたい 離れたあとで しまった!と あなたを泣かせたい そんな気分  惑星は恒星と違う動き 惑わす星さ かなわない力の法則の中 自転する愛  あふれまくる こぼれまくる わたしたち 不安な部屋の中 今日でさよなら わたしに会えて良かったと あなたに言わせたい 離れたあとで しまった!と あなたを泣かせたい そんな気分  時間いっぱい 鞄いっぱい ふくらんでる 精いっぱいの心は抑えきれない 報われる 報われない だれが知ってる? 変われます 変われません だれが決める? 今までで一番速いロケットを飛ばすよ 今までで一番でかい空を突きぬけるよ  わたしに会えて良かったと あなたに言わせたい 離れたあとで しまった!と あなたを泣かせたい そんな気分
わたしとどうぶつと。生まれながらのプリンセス 気が強くてもいいんです 杉並で一番きれい 消えてゆくまできれい  姉は弟のために 過去も未来も捨てる ピアノが弾きたかったの 本当はマノロがはきたかったの  今居ても居なくても 思いはいつもかわらない ひとりでもひとりじゃない わたしの腕は弱くない  金貯めたのは East Village 人の道の in and out 男の命 こうやって使うんだぜって 見せてくれた  近くても遠くても寄りそう心はかわらない ひとりでもひとりじゃない 雲を越えてさがしにいくよ  愛されたくて愛してって からだ全部あずけて やっと手に入れたもの 消えてゆくまでひとりじめ  たかが猫と犬と たかが象とイグアナと ひとつひとつ違う命 いっぱい持ってる 最後まで使う命 最後まで生きる命 最後まで使う命 最後まで生きる命矢野顕子矢野顕子矢野顕子OVALL生まれながらのプリンセス 気が強くてもいいんです 杉並で一番きれい 消えてゆくまできれい  姉は弟のために 過去も未来も捨てる ピアノが弾きたかったの 本当はマノロがはきたかったの  今居ても居なくても 思いはいつもかわらない ひとりでもひとりじゃない わたしの腕は弱くない  金貯めたのは East Village 人の道の in and out 男の命 こうやって使うんだぜって 見せてくれた  近くても遠くても寄りそう心はかわらない ひとりでもひとりじゃない 雲を越えてさがしにいくよ  愛されたくて愛してって からだ全部あずけて やっと手に入れたもの 消えてゆくまでひとりじめ  たかが猫と犬と たかが象とイグアナと ひとつひとつ違う命 いっぱい持ってる 最後まで使う命 最後まで生きる命 最後まで使う命 最後まで生きる命
わたしのにゃんこいつもと同じ帰りみち オー にゃんこ かわいいなきごえ 聞こえる オー にゃんこ どこからきたの? だれかを待っていたの? わたしのともだち 小さなともだち  給食ののこりのコロッケ あげる 冷蔵庫からあじの干物 あげる うちじゃ飼えない ママに叱られるから わたしのともだち 小さなともだち  にゃんこ にゃんにゃんにゃんにゃんこ にゃにゃにゃにゃ  ようこちゃんもしんじくんも きたよ わたしたちみんなで飼うって きめた 知らない街の話をきかせてよ わたしのともだち 小さなともだち  いつもと同じ帰りみち オー にゃんこ おまえの姿がみえない オー にゃんこ みんなでさがす 夕焼けがきえるまで わたしのともだち 小さなともだち 幸せでいるの? わたしのともだち  にゃんこ にゃんにゃんにゃんにゃんこ にゃにゃにゃにゃ矢野顕子矢野顕子矢野顕子坂本龍一いつもと同じ帰りみち オー にゃんこ かわいいなきごえ 聞こえる オー にゃんこ どこからきたの? だれかを待っていたの? わたしのともだち 小さなともだち  給食ののこりのコロッケ あげる 冷蔵庫からあじの干物 あげる うちじゃ飼えない ママに叱られるから わたしのともだち 小さなともだち  にゃんこ にゃんにゃんにゃんにゃんこ にゃにゃにゃにゃ  ようこちゃんもしんじくんも きたよ わたしたちみんなで飼うって きめた 知らない街の話をきかせてよ わたしのともだち 小さなともだち  いつもと同じ帰りみち オー にゃんこ おまえの姿がみえない オー にゃんこ みんなでさがす 夕焼けがきえるまで わたしのともだち 小さなともだち 幸せでいるの? わたしのともだち  にゃんこ にゃんにゃんにゃんにゃんこ にゃにゃにゃにゃ
わたしのバス (Version 2)街がそよそよ さわいでる わたしはごきげん さようなら 月がいそいそ ついてくる わたしはごきげん さようなら  甘い言葉 いらないわ うそじゃない 強がりじゃない  のって みんなのって わたしのバス もうすぐ出る のって みんなみんなのって まにあうように 走ってきて  エンジンは愛で まわしてます どんな坂も のりこえます  開けた窓から 見知らぬ風 わたしはごきげん さようなら  暗いところ きもちいいけど もどらない 怖れてはいない  のって みんなのって わたしのバス もうすぐ出る のって みんなみんなのって まにあうように 走ってきて  エンジンは愛で まわしてます どんな坂も のりこえます エンジンは愛で まわしてます どんな坂も のりこえます  No tears and fears When you're on the bus Love is the fuel Never running out矢野顕子矢野顕子矢野顕子街がそよそよ さわいでる わたしはごきげん さようなら 月がいそいそ ついてくる わたしはごきげん さようなら  甘い言葉 いらないわ うそじゃない 強がりじゃない  のって みんなのって わたしのバス もうすぐ出る のって みんなみんなのって まにあうように 走ってきて  エンジンは愛で まわしてます どんな坂も のりこえます  開けた窓から 見知らぬ風 わたしはごきげん さようなら  暗いところ きもちいいけど もどらない 怖れてはいない  のって みんなのって わたしのバス もうすぐ出る のって みんなみんなのって まにあうように 走ってきて  エンジンは愛で まわしてます どんな坂も のりこえます エンジンは愛で まわしてます どんな坂も のりこえます  No tears and fears When you're on the bus Love is the fuel Never running out
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 転生したら王子様だった件!
  3. サウダージ
  4. チョコと私
  5. 灯火

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 転生したら王子様だった件!
  2. FROG MAN
  3. Here We Go!!
  4. 倶に
  5. Blue Moon

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照