試聴する

嘆きの淵にある時も

この曲の表示回数 5,800
歌手:

矢野顕子


作詞:

岡林信康


作曲:

岡林信康


果てない雪に立ち尽くして
歩むことさえ かなわぬまま
望みも今は 雪に埋もれて
全てのものが 死に絶える時

季節の流れ瞳こらし
命の言葉聞きとるなら
重たい雪の下ではすでに
息づく緑ささやくように

望みがこの大いなる
命の流れに沿うものなら
かなわぬ事がなぜあるだろう
実らぬことがなぜあるだろう

春に枯葉は舞い踊らず
秋に緑の芽はふかない
夏に裸の梢を知らず
冬に花びら咲くこともない

季節の流れ瞳こらし
命の言葉聞きとるなら
全てを委ねこの身を任す
たとえ行方が見えない時も

望みがこの大いなる
命の流れに沿うものなら
かなわぬ事がなぜあるだろう
実らぬことがなぜあるだろう
かなわぬ事がなぜあるだろう
実らぬことがなぜあるだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:嘆きの淵にある時も 歌手:矢野顕子

矢野顕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-02-10
商品番号:YCCW-10108
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP