試聴する

塀の上で

この曲の表示回数 5,713
歌手:

矢野顕子


作詞:

鈴木慶一


作曲:

鈴木慶一


空は未だ群青色の朝
外はそぼ降る純色の雨
窓にこびりついた残り顔流し
牛乳瓶に注ぎ込む雨よ

惚れられ惚れて早一年経って
若さと馬鹿さ空転りするさ
ヒールが七糎のブーツをはいて
ぼくを踏み潰して出ていった
朝よ

塀の上で 塀の上で
ぼくは雨に流れみてただけさ

誘導灯が流し目くれて
広告塔が空に投げキッス
羽田から飛行機でロンドンへ
ぼくの嘆き持ってお嫁に行くんだね
今日は

塀の上で 塀の上で
ぼくは雨に流れみてただけさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:塀の上で 歌手:矢野顕子

矢野顕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-06-01
商品番号:ESCB-1294
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP