前川清の歌詞一覧リスト  185曲中 1-185曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
185曲中 1-185曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
I WANT YOU,I NEED YOU,I LOVE YOUHold me close, hold me tight Make me thrill with delight Let me know where I stand from start I want you, I need you, I love you With all my heart  Ev'ry time that you're near All my cares disappear Darling, you're all that I'm living for I want you, I need you, I love you More and more  I thought I could live without romance Umm.. Until you came to me But now I know that I will go on loving you eternally  Won't you please be my own? Never leave me alone 'Cause I die ev'ry time we're apart I want you, I need you, I love you With all my heart  Well I thought I could live without romance Until you came to me But now I know that I will go on loving you eternally  Won't you please be my own? Never leave me alone 'Cause I die ev'ry time we're apart I want you, I need you, I love you With all my heart前川清Ira Kosloff・Maurice MyselsIra Kosloff・Maurice MyselsHold me close, hold me tight Make me thrill with delight Let me know where I stand from start I want you, I need you, I love you With all my heart  Ev'ry time that you're near All my cares disappear Darling, you're all that I'm living for I want you, I need you, I love you More and more  I thought I could live without romance Umm.. Until you came to me But now I know that I will go on loving you eternally  Won't you please be my own? Never leave me alone 'Cause I die ev'ry time we're apart I want you, I need you, I love you With all my heart  Well I thought I could live without romance Until you came to me But now I know that I will go on loving you eternally  Won't you please be my own? Never leave me alone 'Cause I die ev'ry time we're apart I want you, I need you, I love you With all my heart
I GOTTA KNOWGet up in the mornin' feelin' mighty weak, A tossin' and a turnin'. Well, I ain't had no sleep. Oh, baby, what roads our love takin'? To romance or heartbreakin' Won't you say which way you're gonna go. I gotta know, gotta know, gotta know.  Nine and nine make fourteen, four and four make nine. The clock is strikin' thirteen, I think I lost my mind. You know it's gettin' aggravatin' How long can I keep waitin'? Tell me if you love me, yes or no. I gotta know, gotta know, gotta know  Oh, how much I need you! Have pity on this heart of mine. Well, if you need and want me too, I'll be your one and only till the end of time.  Saw the fortune teller, had my fortune read. She sent me to the doctor, who sent me straight to bed. He said I'm lonesome and I'm lovesick. I've got my mind on lipstick. Will you kiss away my cares and woe? I gotta know, gotta know, gotta know.  Oh, how much I need you! Have pity on this heart of mine. Well, if you need and want me too, I'll be your one and only till the end of time.  Saw the fortune teller, had my fortune read. She sent me to the doctor, who sent me straight to bed. He said I'm lonesome and I'm lovesick. I've got my mind on lipstick. Will you kiss away my cares and woe? I gotta know, gotta know, gotta know. I gotta know, gotta know, gotta know. I gotta know, gotta know, gotta know. I gotta know, gotta know, gotta know.前川清Paul Evans・Matt WilliamsPaul Evans・Matt WilliamsGet up in the mornin' feelin' mighty weak, A tossin' and a turnin'. Well, I ain't had no sleep. Oh, baby, what roads our love takin'? To romance or heartbreakin' Won't you say which way you're gonna go. I gotta know, gotta know, gotta know.  Nine and nine make fourteen, four and four make nine. The clock is strikin' thirteen, I think I lost my mind. You know it's gettin' aggravatin' How long can I keep waitin'? Tell me if you love me, yes or no. I gotta know, gotta know, gotta know  Oh, how much I need you! Have pity on this heart of mine. Well, if you need and want me too, I'll be your one and only till the end of time.  Saw the fortune teller, had my fortune read. She sent me to the doctor, who sent me straight to bed. He said I'm lonesome and I'm lovesick. I've got my mind on lipstick. Will you kiss away my cares and woe? I gotta know, gotta know, gotta know.  Oh, how much I need you! Have pity on this heart of mine. Well, if you need and want me too, I'll be your one and only till the end of time.  Saw the fortune teller, had my fortune read. She sent me to the doctor, who sent me straight to bed. He said I'm lonesome and I'm lovesick. I've got my mind on lipstick. Will you kiss away my cares and woe? I gotta know, gotta know, gotta know. I gotta know, gotta know, gotta know. I gotta know, gotta know, gotta know. I gotta know, gotta know, gotta know.
愛がほしいGOLD LYLICああ 雨の夜は 誰か酔わせてください ああ 水割りの グラスがくもる  指輪のあとの白さの 理由は言えない 想い出と言うにはまだ 辛すぎるから  愛がほしい 心に 今がほしい ぬくもり 一人じゃ哀しい 季節の変わりめは……  ああ 酔うほどに あなたが昔の人に ああ 見えて来る お酒のせいね  窓灯のひとつひとつに 愛があるのね 雨よ降り続いてよ 涙かくして  あなたはもう 行くのね 時間が来れば 行くのね 女に淋しい 季節の変わりめは……  愛がほしい 心に 今がほしい ぬくもり 一人じゃ哀しい 季節の変わりめは……GOLD LYLIC前川清伊藤薫伊藤薫ああ 雨の夜は 誰か酔わせてください ああ 水割りの グラスがくもる  指輪のあとの白さの 理由は言えない 想い出と言うにはまだ 辛すぎるから  愛がほしい 心に 今がほしい ぬくもり 一人じゃ哀しい 季節の変わりめは……  ああ 酔うほどに あなたが昔の人に ああ 見えて来る お酒のせいね  窓灯のひとつひとつに 愛があるのね 雨よ降り続いてよ 涙かくして  あなたはもう 行くのね 時間が来れば 行くのね 女に淋しい 季節の変わりめは……  愛がほしい 心に 今がほしい ぬくもり 一人じゃ哀しい 季節の変わりめは……
愛愁路なにをさがしに どこまでゆけば すむというのか 男の旅は にげた女の 噂を追って さすらう心 酒で割る 答え あきらめ 余りは未練  汽車よ 急ぐな 宛てない身には 旅の灯りも 愛しいものよ 冷えた駅弁 ひろげた膝に こぼれてつもる 思い出を 箸でひろえば 涙が落ちる  世間知らずと 笑われながら 好きを通して 南へ走る 汽車にあずけた 命の軽さ 七つを捨てた 人生に 残る一つの 灯りをたずね 前川清星野哲郎猪俣公章なにをさがしに どこまでゆけば すむというのか 男の旅は にげた女の 噂を追って さすらう心 酒で割る 答え あきらめ 余りは未練  汽車よ 急ぐな 宛てない身には 旅の灯りも 愛しいものよ 冷えた駅弁 ひろげた膝に こぼれてつもる 思い出を 箸でひろえば 涙が落ちる  世間知らずと 笑われながら 好きを通して 南へ走る 汽車にあずけた 命の軽さ 七つを捨てた 人生に 残る一つの 灯りをたずね 
哀愁夫人おぼえていませんか? あなたはぼくを 最初にその愛を もらった男です 時はいたずらな 回転木馬 都会(まち)の片すみの めぐり逢い 見開かれた瞳だけ あの頃のまま あなたはもうかぐわしい 哀愁夫人  許してくれますか? あの日のぼくを 若さで傷つけて 泣かせた生活(くらし)を 今も酔いしれた 夢の中で ミルク色の肌 抱きしめる やり直せるその時を 夢見てたけど 手の届かぬ美しさ 哀愁夫人  日暮れの石だたみ 車が消える 忘れてくれますか どうぞ幸せに どうぞ幸せに………前川清山川啓介水谷公生おぼえていませんか? あなたはぼくを 最初にその愛を もらった男です 時はいたずらな 回転木馬 都会(まち)の片すみの めぐり逢い 見開かれた瞳だけ あの頃のまま あなたはもうかぐわしい 哀愁夫人  許してくれますか? あの日のぼくを 若さで傷つけて 泣かせた生活(くらし)を 今も酔いしれた 夢の中で ミルク色の肌 抱きしめる やり直せるその時を 夢見てたけど 手の届かぬ美しさ 哀愁夫人  日暮れの石だたみ 車が消える 忘れてくれますか どうぞ幸せに どうぞ幸せに………
愛と戯れの隣りに…悲しい女は 涙が本当は友達 あなたに飛び込み 心開いても… それが愛なら 時を止めたままで 過去も未来も すべてたち切り あなたひとりに 肌を守りとおし きっと最後の 恋にするのに 男のずるい 戯れにされても この涙 別れても 裏切りはしない  賢い女の 生き方出来たらいいけど 優しい嘘にも 身体また許す… それも愛なら 息を殺しながら 夢の毛布で 右手からませ あなたひとりを 縛りつけてしまい これで最後の 人にするのに 男のずるい 戯れにされても この不幸 別れても 捨てたりはしない  それが愛なら 時を止めたままで 過去も未来も すべてたち切り あなたひとりに 肌を守りとおし きっと最後の 恋にするのに 男のずるい 戯れにされても この涙 別れても 裏切りはしない前川清荒木とよひさ徳久広司竜崎孝路悲しい女は 涙が本当は友達 あなたに飛び込み 心開いても… それが愛なら 時を止めたままで 過去も未来も すべてたち切り あなたひとりに 肌を守りとおし きっと最後の 恋にするのに 男のずるい 戯れにされても この涙 別れても 裏切りはしない  賢い女の 生き方出来たらいいけど 優しい嘘にも 身体また許す… それも愛なら 息を殺しながら 夢の毛布で 右手からませ あなたひとりを 縛りつけてしまい これで最後の 人にするのに 男のずるい 戯れにされても この不幸 別れても 捨てたりはしない  それが愛なら 時を止めたままで 過去も未来も すべてたち切り あなたひとりに 肌を守りとおし きっと最後の 恋にするのに 男のずるい 戯れにされても この涙 別れても 裏切りはしない
愛のいたずらあなたはもういないと 心にきめたのに…… 愛のさだめのいたずらなのね 会えて 会えて ときめく 会えて 会えて ふるえる もう迷わせないで 夢をもたせないで あなたあなたそんな風にしないでね  あなたをもう見ないと やっと慣れたのに…… 愛に女は弱すぎるのね そばで そばで 息づく そばで そばで きらめく もう燃えさせないで 夜を飾らないで あなたあなたそんな風に見ないでね あなたあなたそんな風に見ないでね前川清安井かずみ彩木雅夫大嶋吾郎あなたはもういないと 心にきめたのに…… 愛のさだめのいたずらなのね 会えて 会えて ときめく 会えて 会えて ふるえる もう迷わせないで 夢をもたせないで あなたあなたそんな風にしないでね  あなたをもう見ないと やっと慣れたのに…… 愛に女は弱すぎるのね そばで そばで 息づく そばで そばで きらめく もう燃えさせないで 夜を飾らないで あなたあなたそんな風に見ないでね あなたあなたそんな風に見ないでね
愛の続きは…神戸愛の愛の続きは…神戸 だけどあなた 放浪(さすらい)鴎 私の胸で 翼を休め 愛の波間を 船出する ゆらゆら揺れる 恋ごころ 置き去りに 無情出船が 帰る 涙 糸ひく…神戸  夢の夢の続きは…神戸 そして独り 哀しみホテル 窓辺に立てば 異国のような 港夜景の 華(はな)が咲く めらめら燃える 恋ごころ あやしても 眠りつけない 愛が 別れ泣きする…神戸  愛の愛の続きは…神戸 白い夜明け 告げてる霧笛 鏡を覗き ルージュをひけば ちがう女の 化粧(かお)がある ゆらゆら揺れる 恋ごころ 海に捨て 遊び上手な 鴎(ひと) めぐり逢いたい…神戸前川清中谷純平山本譲二愛の愛の続きは…神戸 だけどあなた 放浪(さすらい)鴎 私の胸で 翼を休め 愛の波間を 船出する ゆらゆら揺れる 恋ごころ 置き去りに 無情出船が 帰る 涙 糸ひく…神戸  夢の夢の続きは…神戸 そして独り 哀しみホテル 窓辺に立てば 異国のような 港夜景の 華(はな)が咲く めらめら燃える 恋ごころ あやしても 眠りつけない 愛が 別れ泣きする…神戸  愛の愛の続きは…神戸 白い夜明け 告げてる霧笛 鏡を覗き ルージュをひけば ちがう女の 化粧(かお)がある ゆらゆら揺れる 恋ごころ 海に捨て 遊び上手な 鴎(ひと) めぐり逢いたい…神戸
I'M GONNA KNOCK ON YOUR DOORI'm gonna knock on your door, ring on your bell Tap on your window too If you don't come out tonight when the moon is bright I'm gonna knock and ring and tap until you do  I'm gonna knock on your door, call out your name Wake up the town, you'll see I'm gonna hoot, hoot and howl like a lovesick owl Until you say you're gonna come out with me  Hey little girl, this ain't no time to sleep Let's count kisses stead of counting sheep How, how can I hold you near With you up there and me down here  I'm gonna knock on your door, ring on your bell Tap on your window too If you don't come out tonight when the moon is bright I'm gonna knock and ring and tap until you do  Hey little girl, this ain't no time to sleep Let's count kisses stead of counting sheep How, how can I hold you near With you up there and me down here  I'm gonna knock on your door, ring on your bell Tap on your window too If you don't come out tonight when the moon is bright I'm gonna knock and ring and tap until you do  I'm gonna knock and ring and tap and knock and ring and tap and knock and ring and tap and knock and ring until you do前川清Aaron Schroeder・Sid WayneAaron Schroeder・Sid WayneI'm gonna knock on your door, ring on your bell Tap on your window too If you don't come out tonight when the moon is bright I'm gonna knock and ring and tap until you do  I'm gonna knock on your door, call out your name Wake up the town, you'll see I'm gonna hoot, hoot and howl like a lovesick owl Until you say you're gonna come out with me  Hey little girl, this ain't no time to sleep Let's count kisses stead of counting sheep How, how can I hold you near With you up there and me down here  I'm gonna knock on your door, ring on your bell Tap on your window too If you don't come out tonight when the moon is bright I'm gonna knock and ring and tap until you do  Hey little girl, this ain't no time to sleep Let's count kisses stead of counting sheep How, how can I hold you near With you up there and me down here  I'm gonna knock on your door, ring on your bell Tap on your window too If you don't come out tonight when the moon is bright I'm gonna knock and ring and tap until you do  I'm gonna knock and ring and tap and knock and ring and tap and knock and ring and tap and knock and ring until you do
I LOVE YOU SO突然の風に さらわれて 二ヶ月前を 夢見る ありふれた窓の 景色に おまえの ささやき かすかに どこへでも行ける 船を止め 二人とも 降りてしまった やせすぎた心 そのまま あずける ところも 知らずに I Love You So, I Love You So I Love You So, I Love You So  気がつけば こんなにも遠く 熱く湿った 風の中 「今すぐに帰ってきて」と おまえの 手紙に くちづけ I Love You So, I Love You So I Love You So, I Love You So  I Love You So, I Love You So....前川清矢野顕子矢野顕子突然の風に さらわれて 二ヶ月前を 夢見る ありふれた窓の 景色に おまえの ささやき かすかに どこへでも行ける 船を止め 二人とも 降りてしまった やせすぎた心 そのまま あずける ところも 知らずに I Love You So, I Love You So I Love You So, I Love You So  気がつけば こんなにも遠く 熱く湿った 風の中 「今すぐに帰ってきて」と おまえの 手紙に くちづけ I Love You So, I Love You So I Love You So, I Love You So  I Love You So, I Love You So....
愛を下さい話しかけるだけで熱くなるから 誰もがあなたに恋をしてる 抱き寄せてみたくて今も苦しい あなたの匂いがつらい事を消してくれる 夢を追いかけて こころ奪われた 私を待つ親しい人に背いて 夢を追いかけて 遠く弾かれた 全てを賭け尽くしたけれど足りない 愛を下さい  ツキに見放されて許せなかった 無力な自分が悲しかった 深い闇の中へどうぞ招いて あなたの為なら痛い事も忘れられる 夢を追いかけて 全て傷ついた 私を待つやさしい声に気付いた 夢を追いかけて霧に包まれた あなたの眼をあなたの愛を感じて 光あふれた  夢を追いかけて虹を渡る時 あなたの眼をあなたの愛を感じた こころ震えた前川清橋本淳筒美京平若草恵話しかけるだけで熱くなるから 誰もがあなたに恋をしてる 抱き寄せてみたくて今も苦しい あなたの匂いがつらい事を消してくれる 夢を追いかけて こころ奪われた 私を待つ親しい人に背いて 夢を追いかけて 遠く弾かれた 全てを賭け尽くしたけれど足りない 愛を下さい  ツキに見放されて許せなかった 無力な自分が悲しかった 深い闇の中へどうぞ招いて あなたの為なら痛い事も忘れられる 夢を追いかけて 全て傷ついた 私を待つやさしい声に気付いた 夢を追いかけて霧に包まれた あなたの眼をあなたの愛を感じて 光あふれた  夢を追いかけて虹を渡る時 あなたの眼をあなたの愛を感じた こころ震えた
愛をもう一度きみの優しい言葉を くり返し 思い出す 過ぎた遠い日の夢が どうしても まだ消せない  ふたりで一緒に 暮そうと なんども約束したのに  季節は流れゆく もうもどれない だけど どうしようもない  きみを忘れ あたらしい人生へと 旅立つ そのために もう一度 愛を  いつも煙草をやめてと 口ぐせに 言ってたね それで喧嘩してたのに 気がつけば もう吸わない  部屋から見える 海が好きで あきずに眺めていたのに  季節は流れゆく もうもどれない だから忘れるしかない  顔をあげて これからの人生へと 出なおす そのために もう一度 愛を  日暮れの坂道 あの海も もう見えないよ  きみを忘れ あたらしい人生へと 旅立つ そのために もう一度 愛を前川清五木寛之都志見隆井上鑑きみの優しい言葉を くり返し 思い出す 過ぎた遠い日の夢が どうしても まだ消せない  ふたりで一緒に 暮そうと なんども約束したのに  季節は流れゆく もうもどれない だけど どうしようもない  きみを忘れ あたらしい人生へと 旅立つ そのために もう一度 愛を  いつも煙草をやめてと 口ぐせに 言ってたね それで喧嘩してたのに 気がつけば もう吸わない  部屋から見える 海が好きで あきずに眺めていたのに  季節は流れゆく もうもどれない だから忘れるしかない  顔をあげて これからの人生へと 出なおす そのために もう一度 愛を  日暮れの坂道 あの海も もう見えないよ  きみを忘れ あたらしい人生へと 旅立つ そのために もう一度 愛を
愛を忘れた季節愛を忘れた季節に ひとり寂しく咲く花は いつか心も 枯れ果てて 震えているだけ…… あの女性(ひと)は私よりも 綺麗でしょうか  諦めて 傷ついて 今・逢いたくて 面影に 叫んでも 声も届かない 重ね合う胸の ぬくもりを 信じていたのに  季節が窓をのぞいて 無理に笑えば虚しくて 触れる唇 色褪せて 戸惑う指先…… さよならの言葉もなく 終わりでしょうか  悔やんでも 憎んでも まだ・愛(いと)しくて 過ぎ去りし 思い出に 涙届かない 恋なんていつも 幻想(まぼろし)と わかっているのに  夢を失(な)くした心に 夜が静かに忍び込む 凍る素肌の 哀しみを 優しく抱きしめて…… 幸せにすがる私 愚かでしょうか  置き去りの 残り香に ただ・身を寄せて 思い出に 包まれて せめて眠りたい 輝いた日々の 儚(はかな)さを 感じていたのに前川清麻こよみ金田一郎若草恵愛を忘れた季節に ひとり寂しく咲く花は いつか心も 枯れ果てて 震えているだけ…… あの女性(ひと)は私よりも 綺麗でしょうか  諦めて 傷ついて 今・逢いたくて 面影に 叫んでも 声も届かない 重ね合う胸の ぬくもりを 信じていたのに  季節が窓をのぞいて 無理に笑えば虚しくて 触れる唇 色褪せて 戸惑う指先…… さよならの言葉もなく 終わりでしょうか  悔やんでも 憎んでも まだ・愛(いと)しくて 過ぎ去りし 思い出に 涙届かない 恋なんていつも 幻想(まぼろし)と わかっているのに  夢を失(な)くした心に 夜が静かに忍び込む 凍る素肌の 哀しみを 優しく抱きしめて…… 幸せにすがる私 愚かでしょうか  置き去りの 残り香に ただ・身を寄せて 思い出に 包まれて せめて眠りたい 輝いた日々の 儚(はかな)さを 感じていたのに
青い港風が 風が 波立てる 港の船溜まりで 「馬鹿なやつ…」と呟いた 夜の静寂(しじま) 星色のメリーゴーラウンド 廻る幸せ灯かり 投げ捨てた 指輪さえ 光の中へ 青い港 石畳 あの日のまま  かもめ 港 冬花火 誰かが泣いてるのか 長い髪が揺れていた 帰らぬ人 嘘もつけないのなら 星屑になればいい サヨナラの代わりなら やさしい嘘を 胸の汽笛 風の唄 あの日のまま  待つ人の哀しみに 何ひとつ気付かずに 夢ばかり追いかけた 若き苦さよ 青い港 赤煉瓦(レンガ) あの日のまま前川清喜多條忠伊勢正三佐藤準風が 風が 波立てる 港の船溜まりで 「馬鹿なやつ…」と呟いた 夜の静寂(しじま) 星色のメリーゴーラウンド 廻る幸せ灯かり 投げ捨てた 指輪さえ 光の中へ 青い港 石畳 あの日のまま  かもめ 港 冬花火 誰かが泣いてるのか 長い髪が揺れていた 帰らぬ人 嘘もつけないのなら 星屑になればいい サヨナラの代わりなら やさしい嘘を 胸の汽笛 風の唄 あの日のまま  待つ人の哀しみに 何ひとつ気付かずに 夢ばかり追いかけた 若き苦さよ 青い港 赤煉瓦(レンガ) あの日のまま
赤い糸の伝説観覧車 仰ぎながら 未来を語り合った 都会は真夜中も 時に虹がかかるの  赤い糸がからみ合っても なぜか本気になれぬままに 夜のピエロを気どりながら 消えてしまった  きっと今ごろ 悔いているでしょう まごころをなくし  恋文を燃やす日ぐれ すべての過去は消えて やがては迫りくる 夜の闇に涙を  赤い糸をたぐり寄せても 二度とあなたはここに来ない 人はいつしか恋を捨てて 生きるものなの  これでいいのね こんな毎日 寂しくはないの  赤い糸はとうにちぎれて 胸のいたみも癒(い)えたけれど 暗い目をした人に会うと じっと見つめる  あなた おはよう あなた おやすみ そんな日があった  あなた おはよう あなた おやすみ そんな日があった前川清阿久悠都志見隆川村栄二観覧車 仰ぎながら 未来を語り合った 都会は真夜中も 時に虹がかかるの  赤い糸がからみ合っても なぜか本気になれぬままに 夜のピエロを気どりながら 消えてしまった  きっと今ごろ 悔いているでしょう まごころをなくし  恋文を燃やす日ぐれ すべての過去は消えて やがては迫りくる 夜の闇に涙を  赤い糸をたぐり寄せても 二度とあなたはここに来ない 人はいつしか恋を捨てて 生きるものなの  これでいいのね こんな毎日 寂しくはないの  赤い糸はとうにちぎれて 胸のいたみも癒(い)えたけれど 暗い目をした人に会うと じっと見つめる  あなた おはよう あなた おやすみ そんな日があった  あなた おはよう あなた おやすみ そんな日があった
あかり灯して春は名のみの風の頃に 散ってゆくのも知りながら 花は戻らぬ時の中で咲くのがいい  夏は蚊遣りの香りがして やさしい女(ひと)を想い出す 酔えばいつしかひざ枕の 夢の跡に  もどかしいくらいに もどらぬダイヤル あの頃ってなぜか 恋もゆっくり 時のまにまに  あの日下宿の大家さんは 家賃を下げてくれた人 人の情けがまかり通る時代がいい  雨の形は見えないもの 雲は流れてしまうもの 時は移ろい 枯れ葉が舞う 無常の空に  秋の心のはぐれ雲よ 一人旅なら分かるだろう 旅に出るのは…寂しさとは友達だから  星降る夜には 涙はいらない 過ぎ去った日々の あかり一つ一つ 胸に灯して  冬の言葉を指でなぞり 息で曇った窓に書く 人が暮らせば温もるよな時代になれ前川清伊勢正三伊勢正三春は名のみの風の頃に 散ってゆくのも知りながら 花は戻らぬ時の中で咲くのがいい  夏は蚊遣りの香りがして やさしい女(ひと)を想い出す 酔えばいつしかひざ枕の 夢の跡に  もどかしいくらいに もどらぬダイヤル あの頃ってなぜか 恋もゆっくり 時のまにまに  あの日下宿の大家さんは 家賃を下げてくれた人 人の情けがまかり通る時代がいい  雨の形は見えないもの 雲は流れてしまうもの 時は移ろい 枯れ葉が舞う 無常の空に  秋の心のはぐれ雲よ 一人旅なら分かるだろう 旅に出るのは…寂しさとは友達だから  星降る夜には 涙はいらない 過ぎ去った日々の あかり一つ一つ 胸に灯して  冬の言葉を指でなぞり 息で曇った窓に書く 人が暮らせば温もるよな時代になれ
朝やけさみしさを なだめすかして ベッドに もぐりこむ 人生に 春が あるなら 綺麗で いたいけど 愛して 愛して 捨てられて あなたに はじめて 愛された 迷路から ぬけだした 私への あー 朝やけ  胸ふかく 傷を 宿して 寒さに おびえてた あきらめちゃ 未来(あす)は ないこと 本当の ことだった 尽くして 尽くして 捨てられて この目が この手が あたたかい 砂漠から 海に出た 私への あー 朝やけ  泣いても 泣いても まだ泣けて いのちを わけても 削っても 荒野(あれの)から 道の駅 私への あー 朝やけ前川清高畠じゅん子四方章人さみしさを なだめすかして ベッドに もぐりこむ 人生に 春が あるなら 綺麗で いたいけど 愛して 愛して 捨てられて あなたに はじめて 愛された 迷路から ぬけだした 私への あー 朝やけ  胸ふかく 傷を 宿して 寒さに おびえてた あきらめちゃ 未来(あす)は ないこと 本当の ことだった 尽くして 尽くして 捨てられて この目が この手が あたたかい 砂漠から 海に出た 私への あー 朝やけ  泣いても 泣いても まだ泣けて いのちを わけても 削っても 荒野(あれの)から 道の駅 私への あー 朝やけ
明日にはりつめたまま 眠りにもぐって いろんな事を考えても しょうがないけど すり減った鍵じゃ 夜に向かう扉 何度まわしても 空回りするから 愛しい人よ どこにいる 心の中じゃ 抱けない ひとりで生きてく自由と 寂しさを僕は はき違えていた 明日に君がいるだけで 強くなれると感じていたのに  どこかできっと 頑張りすぎてる 上手くいかないからって 焦りすぎている 暗やみの中 手探りをしても 探したいものはきっと 見つからないから 愛しい人よ どこにいる 君の明かりをともして ひとりで生きてく自由と 寂しさの中を迷い続けてる 明日に君がいるだけで 強くなれると感じていたのに  ひとりで生きてく自由と 寂しさを僕は はき違えていた 明日に君がいるだけで 強くなれると感じていたのに 強くなれると感じていたのに前川清梶原茂人梶原茂人はりつめたまま 眠りにもぐって いろんな事を考えても しょうがないけど すり減った鍵じゃ 夜に向かう扉 何度まわしても 空回りするから 愛しい人よ どこにいる 心の中じゃ 抱けない ひとりで生きてく自由と 寂しさを僕は はき違えていた 明日に君がいるだけで 強くなれると感じていたのに  どこかできっと 頑張りすぎてる 上手くいかないからって 焦りすぎている 暗やみの中 手探りをしても 探したいものはきっと 見つからないから 愛しい人よ どこにいる 君の明かりをともして ひとりで生きてく自由と 寂しさの中を迷い続けてる 明日に君がいるだけで 強くなれると感じていたのに  ひとりで生きてく自由と 寂しさを僕は はき違えていた 明日に君がいるだけで 強くなれると感じていたのに 強くなれると感じていたのに
アデュー明日から 誰が笑うの その胸で 明日から 誰につくすの わたし あなた あなたで 明けくれた 愛のくらしは 二度とかえらない アデュー 水割りを呷(あお)るあなたの横顔に 愛は見えない つめの先ほども  もうやめて かたちばかりのなぐさめは もうやめて 決めたこころが迷う 何がどうして こんなにもきらわれたのか いまもわからない アデュー 愛なんていちど冷めたら他人より もっとつめたい 仕打ちをするものね  アデュー 愛なんていちど冷めたら他人より もっとつめたい 仕打ちをするものね前川清吉田旺曽根幸明明日から 誰が笑うの その胸で 明日から 誰につくすの わたし あなた あなたで 明けくれた 愛のくらしは 二度とかえらない アデュー 水割りを呷(あお)るあなたの横顔に 愛は見えない つめの先ほども  もうやめて かたちばかりのなぐさめは もうやめて 決めたこころが迷う 何がどうして こんなにもきらわれたのか いまもわからない アデュー 愛なんていちど冷めたら他人より もっとつめたい 仕打ちをするものね  アデュー 愛なんていちど冷めたら他人より もっとつめたい 仕打ちをするものね
あなただけ大人の恋をした だけど割り切れない 一人旅もしたけど 忘れられない人  絶望の夢を見て 眠れない夜更け あなたの閉ざした 心を知りたい  急ぎあしで行く 季節の朝に 取り残されそうな 孤独と若さ  あなただけを あなただけを 愛し続けて 年月(とき)が過ぎる  ベランダに 咲いた花 愛しく思える 私にはこのまま 春など来ないと…  人ごみに押され 現実の中 叫びたいほどに 胸が痛むの  あなただけを あなただけを 信じて 歩き始めるの  あなただけを あなただけを前川清円広志円広志大人の恋をした だけど割り切れない 一人旅もしたけど 忘れられない人  絶望の夢を見て 眠れない夜更け あなたの閉ざした 心を知りたい  急ぎあしで行く 季節の朝に 取り残されそうな 孤独と若さ  あなただけを あなただけを 愛し続けて 年月(とき)が過ぎる  ベランダに 咲いた花 愛しく思える 私にはこのまま 春など来ないと…  人ごみに押され 現実の中 叫びたいほどに 胸が痛むの  あなただけを あなただけを 信じて 歩き始めるの  あなただけを あなただけを
あの時代にはもどれないいま人生を いま振り返る せつないほど 深く なぜめぐりあい なぜ愛しあう みつめている あなたを このときめきを この温もりを 奪われないように いつ花が咲き いつ実をつけて 小鳥たちが ついばむ 過ぎた日々 いとしめば あすはまた あたたかい 長い時間を止めて 少し振り向くけれど 二度と会えない春よ あの時代(とき)には もどれない  ただもがいてた ただいたずらに 傷つけあい ながら あの若さだけ あの駆け抜けた 記憶さえも 閉じ込め もう哀しみは もう遠去かり やすらぐ日はいつか まだ綺麗なら まだいいけれど 愛は薄い 氷よ 涙さえ かわくなら 折れるほど 抱きしめて 誰も心のすみに 苦い想い出かくす 過去は幻影(まぼろし)だから あの時代(とき)には もどれない  過ぎた日々 いとしめば あすはまた あたたかい 長い時間を止めて 少し振り向くけれど 二度と会えない春よ あの時代(とき)には もどれない前川清高畠じゅん子彩木雅夫田代修二いま人生を いま振り返る せつないほど 深く なぜめぐりあい なぜ愛しあう みつめている あなたを このときめきを この温もりを 奪われないように いつ花が咲き いつ実をつけて 小鳥たちが ついばむ 過ぎた日々 いとしめば あすはまた あたたかい 長い時間を止めて 少し振り向くけれど 二度と会えない春よ あの時代(とき)には もどれない  ただもがいてた ただいたずらに 傷つけあい ながら あの若さだけ あの駆け抜けた 記憶さえも 閉じ込め もう哀しみは もう遠去かり やすらぐ日はいつか まだ綺麗なら まだいいけれど 愛は薄い 氷よ 涙さえ かわくなら 折れるほど 抱きしめて 誰も心のすみに 苦い想い出かくす 過去は幻影(まぼろし)だから あの時代(とき)には もどれない  過ぎた日々 いとしめば あすはまた あたたかい 長い時間を止めて 少し振り向くけれど 二度と会えない春よ あの時代(とき)には もどれない
A WHITER SHADE OF PALEWe skipped the light fandango turned cartwheels 'cross the floor I was feeling kind a seasick but the crowd called out for more The room was humming harder as the ceiling flew away When we called out for another drink the waiter brought a tray  And so it was that later as the miller told his tale that her face, at first just ghostly, turned a whiter shade of pale  She said,‘There is no reason and the truth is plain to see.’ But I wandered through my playing cards and would not let her be one of sixteen vestal virgins who were leaving for the coast And although my eyes were open they might have just as well've been closed  And so it was that later as the miller told his tale that her face, at first just ghostly, turned a whiter shade of pale  And so it was that later as the miller told his tale that her face, at first just ghostly, turned a whiter shade of pale前川清Matthew Fisher・Keith Reid・Gary BrookerMatthew Fisher・Keith Reid・Gary BrookerWe skipped the light fandango turned cartwheels 'cross the floor I was feeling kind a seasick but the crowd called out for more The room was humming harder as the ceiling flew away When we called out for another drink the waiter brought a tray  And so it was that later as the miller told his tale that her face, at first just ghostly, turned a whiter shade of pale  She said,‘There is no reason and the truth is plain to see.’ But I wandered through my playing cards and would not let her be one of sixteen vestal virgins who were leaving for the coast And although my eyes were open they might have just as well've been closed  And so it was that later as the miller told his tale that her face, at first just ghostly, turned a whiter shade of pale  And so it was that later as the miller told his tale that her face, at first just ghostly, turned a whiter shade of pale
天城越え隠しきれない 移り香(が)が いつしかあなたに 浸みついた 誰かに盗られる くらいなら あなたを 殺していいですか 寝乱れて 隠れ宿 九十九(つくも)折り 浄蓮(じょうれん)の滝 舞い上がり 揺れ墜ちる 肩の向こうに あなた… 山が燃える 何があっても もういいの くらくら燃える 火をくぐり あなたと越えたい 天城越え  口を開けば 別れると 刺さったまんまの 割れ硝子 ふたりで居たって 寒いけど 嘘でも抱かれりゃ あたたかい わさび沢 隠れ径 小夜時雨 寒天橋 恨んでも 恨んでも 躯うらはら あなた… 山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え  走り水 迷い恋 風の群れ 天城隧道(ずいどう) 恨んでも 恨んでも 躯うらはら あなた… 山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え前川清吉岡治弦哲也伊戸のりお隠しきれない 移り香(が)が いつしかあなたに 浸みついた 誰かに盗られる くらいなら あなたを 殺していいですか 寝乱れて 隠れ宿 九十九(つくも)折り 浄蓮(じょうれん)の滝 舞い上がり 揺れ墜ちる 肩の向こうに あなた… 山が燃える 何があっても もういいの くらくら燃える 火をくぐり あなたと越えたい 天城越え  口を開けば 別れると 刺さったまんまの 割れ硝子 ふたりで居たって 寒いけど 嘘でも抱かれりゃ あたたかい わさび沢 隠れ径 小夜時雨 寒天橋 恨んでも 恨んでも 躯うらはら あなた… 山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え  走り水 迷い恋 風の群れ 天城隧道(ずいどう) 恨んでも 恨んでも 躯うらはら あなた… 山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え
雨を聴きながら川の畔 古いホテル 壁のシャガール この部屋 ガラス越しに チャペルの鐘 叩く雨音 解け合う  Rainy day 言葉をなくした Rainy day 雨を聴きながら…  石畳に 流れる雨 孤独な人たち 行き交う 窓に映る 静かな顔 醒めた唇 この部屋  Rainy day 心が壊れた Rainy day 雨を聴きながら…  Rainy day 言葉をなくした Rainy day 雨を聴きながら…  Rainy day 心が壊れた Rainy day 雨を聴きながら…前川清福山雅治福山雅治吉川忠英川の畔 古いホテル 壁のシャガール この部屋 ガラス越しに チャペルの鐘 叩く雨音 解け合う  Rainy day 言葉をなくした Rainy day 雨を聴きながら…  石畳に 流れる雨 孤独な人たち 行き交う 窓に映る 静かな顔 醒めた唇 この部屋  Rainy day 心が壊れた Rainy day 雨を聴きながら…  Rainy day 言葉をなくした Rainy day 雨を聴きながら…  Rainy day 心が壊れた Rainy day 雨を聴きながら…
歩いて行こうラララ 出会いの数 何かがある 旅って人生のようだね  さあ旅が始まるよ 頑張ってきたお父さんも いっぱい泣いたお母さんも ほら素顔のままで 一緒に笑おう歌おう  春になれば 桜の川が流れてった 夏になれば 汗水かいて イビキまでかいてる  ラララ 歩いて行く 見たこともない道を行けば ラララ 出会いの数 何かがある 旅って人生のようだね  さあ旅は続くよ 夢破れたお兄さんも 赤ちゃん抱いたお姉さんも ほら素顔のままで 一緒に笑おう歌おう  秋になれば 松葉も枯れて空に舞った 冬になれば こたつにもぐって またイビキかいてる  ラララ 歩いて行く 誰も知らない道を行けば ラララ 別れの数 強くなれる 旅って人生のようだね  ラララ 歩いて行く 見たこともない道を行けば ラララ 出会いの数 何かがある 旅って人生のようだね前川清紘毅紘毅堀向彦輝ラララ 出会いの数 何かがある 旅って人生のようだね  さあ旅が始まるよ 頑張ってきたお父さんも いっぱい泣いたお母さんも ほら素顔のままで 一緒に笑おう歌おう  春になれば 桜の川が流れてった 夏になれば 汗水かいて イビキまでかいてる  ラララ 歩いて行く 見たこともない道を行けば ラララ 出会いの数 何かがある 旅って人生のようだね  さあ旅は続くよ 夢破れたお兄さんも 赤ちゃん抱いたお姉さんも ほら素顔のままで 一緒に笑おう歌おう  秋になれば 松葉も枯れて空に舞った 冬になれば こたつにもぐって またイビキかいてる  ラララ 歩いて行く 誰も知らない道を行けば ラララ 別れの数 強くなれる 旅って人生のようだね  ラララ 歩いて行く 見たこともない道を行けば ラララ 出会いの数 何かがある 旅って人生のようだね
ALONE AGAIN (NATURALLY)In a little while from now If I'm not feeling any less sour I promise myself to treat myself And visit a nearby tower  And climbing to the top Will throw myself off In an effort to make it clear to whomever What it's like when you're shattered  Left standing in the lurch At a church where people saying My God, that's tough, she stood him up No point in us remaining  We may as well go home As I did on my own Alone again, naturally  To think that only yesterday I was cheerful, bright and gay Looking forward to who wouldn't do The role I was about to play  But as if to knock me down Reality came around And without so much as a mere touch Cut me into little pieces  Leaving me to doubt Talk about God in His mercy Who, if He really does exist Why did He desert me?  And in my hour of need I truly am, indeed Alone again, naturally  It seems to me that there are more hearts Broken in the world that can't be mended Left unattended What do we do? What do we do?  Alone again, naturally  Now, looking back over the years And whatever else that appears I remember I cried when my father died Never wishing to hide the tears  And at sixty-five years old My mother, God rest her soul Couldn't understand why the only man She had ever loved had been taken  Leaving her to start With a heart so badly broken Despite encouragement from me No words were ever spoken  And when she passed away I cried and cried all day Alone again, naturally Alone again, naturally前川清Raymond O'SullivanRaymond O'SullivanIn a little while from now If I'm not feeling any less sour I promise myself to treat myself And visit a nearby tower  And climbing to the top Will throw myself off In an effort to make it clear to whomever What it's like when you're shattered  Left standing in the lurch At a church where people saying My God, that's tough, she stood him up No point in us remaining  We may as well go home As I did on my own Alone again, naturally  To think that only yesterday I was cheerful, bright and gay Looking forward to who wouldn't do The role I was about to play  But as if to knock me down Reality came around And without so much as a mere touch Cut me into little pieces  Leaving me to doubt Talk about God in His mercy Who, if He really does exist Why did He desert me?  And in my hour of need I truly am, indeed Alone again, naturally  It seems to me that there are more hearts Broken in the world that can't be mended Left unattended What do we do? What do we do?  Alone again, naturally  Now, looking back over the years And whatever else that appears I remember I cried when my father died Never wishing to hide the tears  And at sixty-five years old My mother, God rest her soul Couldn't understand why the only man She had ever loved had been taken  Leaving her to start With a heart so badly broken Despite encouragement from me No words were ever spoken  And when she passed away I cried and cried all day Alone again, naturally Alone again, naturally
逢わずに愛して涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど 夢の 夢のかけらを せめて せめてこころに ああ 永久(とわ)にちりばめ 逢わずに愛して いついつまでも  逢えば別れが つらくて泣ける 恋のねぐらは どこにある 鳥に 鳥になりたい そっと そっとこころで ああ 紅(べに)の命を 逢わずに愛して いついつまでも  はなればなれの 運命におかれ 愛がなおさら つよくなる 何が 何があっても すがり すがり生きぬく ああ 死にはしないわ 逢わずに愛して いついつまでも前川清川内康範彩木雅夫涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど 夢の 夢のかけらを せめて せめてこころに ああ 永久(とわ)にちりばめ 逢わずに愛して いついつまでも  逢えば別れが つらくて泣ける 恋のねぐらは どこにある 鳥に 鳥になりたい そっと そっとこころで ああ 紅(べに)の命を 逢わずに愛して いついつまでも  はなればなれの 運命におかれ 愛がなおさら つよくなる 何が 何があっても すがり すがり生きぬく ああ 死にはしないわ 逢わずに愛して いついつまでも
Unchain My HeartUnchain my heart, baby let me be Unchain my heart 'cause you don't care about me You've got me sewed up like a pillow case But you're letting my love go to waste So unchain my heart, baby set me free  Unchain my heart, baby let me go Unchain my heart, 'cause you don't love me no more Ev'ry time I call you on the phone Sometimes tells me that you're not at home so Unchain my heart, baby set me free  I'm under your spell like a man in a trance But I know darn well, that I don't stand a chance So unchain my heart, let me go my way Unchain my heart, you worry me night and day Why lead me thro' a life of misery When you don't care a bag of beans for me So unchain my heart, baby set me free  I'm under your spell like a man in a trance But I know darn well, that I don't stand a chance So unchain my heart, let me go my way Unchain my heart, you worry me night and day Why lead me thro' a life of misery When you don't care a bag of beans for me So unchain my heart, baby set me free  Oh won't you set me free Oh won't you set me free Oh won't you set me free Oh won't you set me free前川清Teddy Powell・Robert L Sharp Jr.Teddy Powell・Robert L Sharp Jr.伊戸のりおUnchain my heart, baby let me be Unchain my heart 'cause you don't care about me You've got me sewed up like a pillow case But you're letting my love go to waste So unchain my heart, baby set me free  Unchain my heart, baby let me go Unchain my heart, 'cause you don't love me no more Ev'ry time I call you on the phone Sometimes tells me that you're not at home so Unchain my heart, baby set me free  I'm under your spell like a man in a trance But I know darn well, that I don't stand a chance So unchain my heart, let me go my way Unchain my heart, you worry me night and day Why lead me thro' a life of misery When you don't care a bag of beans for me So unchain my heart, baby set me free  I'm under your spell like a man in a trance But I know darn well, that I don't stand a chance So unchain my heart, let me go my way Unchain my heart, you worry me night and day Why lead me thro' a life of misery When you don't care a bag of beans for me So unchain my heart, baby set me free  Oh won't you set me free Oh won't you set me free Oh won't you set me free Oh won't you set me free
And I Love You SoAnd I love you so The people ask me how How I've lived till now I tell them I don't know  I guess they understand How lonely life has been But life began again The day you took my hand  And yes, I know how lonely life can be The shadows follow me 'n' the night won't set me free But I don't let the evening get me down Now that you're around me  And you love me, too Your thoughts are just for me You set my spirit free I'm happy that you do  The book of life is brief And once a page is read All but life is dead This is my belief  And yes, I know how lonely life can be The shadows follow me 'n' the night won't set me free But I don't let the evening get me down Now that you're around me前川清Don McLeanDon McLean佐野博美And I love you so The people ask me how How I've lived till now I tell them I don't know  I guess they understand How lonely life has been But life began again The day you took my hand  And yes, I know how lonely life can be The shadows follow me 'n' the night won't set me free But I don't let the evening get me down Now that you're around me  And you love me, too Your thoughts are just for me You set my spirit free I'm happy that you do  The book of life is brief And once a page is read All but life is dead This is my belief  And yes, I know how lonely life can be The shadows follow me 'n' the night won't set me free But I don't let the evening get me down Now that you're around me
今がチャンスさどんな気持ちで 明日は生きているだろう 今日もそれなり 笑って過ごせたけど この胸のなか 忘れかけていたはずの 情熱がビート刻んでる  暮れゆく空に そっと手を振り背を向ける 安らぐ場所へ 帰るにはまだ早い 何かやり残したような 気がしないかい 人生にほんの少しだけ  苦しさばかりを思い出す 夢だけ見ていたあの頃を だけど ひたむきな瞳のままで もう一度 Oh…  今がチャンスさ 心に炎抱きしめて 負けるなよ 日々は終わらない  ネオンと星とが混ざり合う 七色に揺れるこの街で いつか輝きを見つけるために もう一度 Oh…  今がチャンスさ 手強い夢を追いかけて 負けるなよ 日々は終わらない 負けないさ また会えるまで前川清及川眠子渡部大介若草恵どんな気持ちで 明日は生きているだろう 今日もそれなり 笑って過ごせたけど この胸のなか 忘れかけていたはずの 情熱がビート刻んでる  暮れゆく空に そっと手を振り背を向ける 安らぐ場所へ 帰るにはまだ早い 何かやり残したような 気がしないかい 人生にほんの少しだけ  苦しさばかりを思い出す 夢だけ見ていたあの頃を だけど ひたむきな瞳のままで もう一度 Oh…  今がチャンスさ 心に炎抱きしめて 負けるなよ 日々は終わらない  ネオンと星とが混ざり合う 七色に揺れるこの街で いつか輝きを見つけるために もう一度 Oh…  今がチャンスさ 手強い夢を追いかけて 負けるなよ 日々は終わらない 負けないさ また会えるまで
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
IMAGINEImagine there's no heaven, It's easy if you try No hell below us, above us only sky Imagine all the people living for today Aha...  Imagine there's no countries, it isn't hard to do Nothing to kill or die for, and no religion, too Imagine all the people living life in peace You fu...  You may say I'm a dreamer, but I'm not the only one I hope some day you'll join us, and the world will be as one  Imagine no possessions, I wonder if you can No need for greed or hunger a brotherhood of man Imagine all the people sharing all the world You fu...  You may say I'm a dreamer, but I'm not the only one I hope some day you'll join us, and the world will live as one前川清John LennonJohn LennonImagine there's no heaven, It's easy if you try No hell below us, above us only sky Imagine all the people living for today Aha...  Imagine there's no countries, it isn't hard to do Nothing to kill or die for, and no religion, too Imagine all the people living life in peace You fu...  You may say I'm a dreamer, but I'm not the only one I hope some day you'll join us, and the world will be as one  Imagine no possessions, I wonder if you can No need for greed or hunger a brotherhood of man Imagine all the people sharing all the world You fu...  You may say I'm a dreamer, but I'm not the only one I hope some day you'll join us, and the world will live as one
Without YouNo I can't forget this evening Nor your face as you were leaving But I guess that's just the way the story goes, You always smile but in your eyes your sorrow shows, Yes, it shows.  No I can't forget tomorrow When I think of all my sorrow And I had you there but then I let you go, And now it's only fair that I should let you know What you should know.  I can't live If living is without you, I can't live, I can't give anymore, I can't live Living is without you, I can't live, I can't give anymore.  Well I can't forget this evening And your face as you were leaving But I guess that's just the way the story goes, You always smile but in your eyes your sorrow shows, Yes, it shows.  I can't live If living is without you, I can't live, I can't give anymore, I can't live Living is without you, I can't live, I can't give anymore.前川清Pate Ham・Tom EvansPate Ham・Tom Evans田代修二No I can't forget this evening Nor your face as you were leaving But I guess that's just the way the story goes, You always smile but in your eyes your sorrow shows, Yes, it shows.  No I can't forget tomorrow When I think of all my sorrow And I had you there but then I let you go, And now it's only fair that I should let you know What you should know.  I can't live If living is without you, I can't live, I can't give anymore, I can't live Living is without you, I can't live, I can't give anymore.  Well I can't forget this evening And your face as you were leaving But I guess that's just the way the story goes, You always smile but in your eyes your sorrow shows, Yes, it shows.  I can't live If living is without you, I can't live, I can't give anymore, I can't live Living is without you, I can't live, I can't give anymore.
嘘よ泣いたって 泣いたって 何もない世界さ 一世の花の 夢は消えて ただ一人 泣けば悩みを忘れるなんて 嘘よ 嘘よ にじむネオンにギターの音  燃えたって 燃えたって 帰れない世界さ 幼き頃の 夢は枯れて 夜に咲く 泣けばあなたを忘れるなんて 嘘よ 嘘よ 酔えばなおさら 切ないものよ  信じても 信じても 寄る辺なき世界さ つれない仕打ちに 傷つきながら 夜の花 明日はいいことあるだなんて 嘘よ 嘘よ 明日は昨日の繰り返し前川清久野征四郎弾厚作川村栄二泣いたって 泣いたって 何もない世界さ 一世の花の 夢は消えて ただ一人 泣けば悩みを忘れるなんて 嘘よ 嘘よ にじむネオンにギターの音  燃えたって 燃えたって 帰れない世界さ 幼き頃の 夢は枯れて 夜に咲く 泣けばあなたを忘れるなんて 嘘よ 嘘よ 酔えばなおさら 切ないものよ  信じても 信じても 寄る辺なき世界さ つれない仕打ちに 傷つきながら 夜の花 明日はいいことあるだなんて 嘘よ 嘘よ 明日は昨日の繰り返し
海霧の花咲港で海霧の 花咲港(なはさき)へ 一人旅立ち 来たけれど 古い映画(シネマ)の 場面(え)のように 別れ際 汽車のデッキへ あなたをさらえば よかったよ たとえ…涙がながれても くちづけて あなただけ…この胸に 今も 抱きしめたいよ  霧笛鳴る 花咲港(はなさき)は 闇ににじんだ 灯台が 恋の苦しさ 照らすよで 水割りの 氷ゆらして あきずに一人で 見ていたよ  ここは…愛のまぼろしの 花が咲く 港だと…ふたり来て 今も 抱きしめたいよ  海霧の 花咲港(はなさき)は 波も鴎も 哀しくて 人の瞳も うるんでる 居酒屋で 都会(まち)の地下街 より添うあなたを 想い出す  たとえ…すべてなくしても くちづけて あなただけ…人生に 今も 抱きしめたいよ前川清新本創子鳥羽一郎海霧の 花咲港(なはさき)へ 一人旅立ち 来たけれど 古い映画(シネマ)の 場面(え)のように 別れ際 汽車のデッキへ あなたをさらえば よかったよ たとえ…涙がながれても くちづけて あなただけ…この胸に 今も 抱きしめたいよ  霧笛鳴る 花咲港(はなさき)は 闇ににじんだ 灯台が 恋の苦しさ 照らすよで 水割りの 氷ゆらして あきずに一人で 見ていたよ  ここは…愛のまぼろしの 花が咲く 港だと…ふたり来て 今も 抱きしめたいよ  海霧の 花咲港(はなさき)は 波も鴎も 哀しくて 人の瞳も うるんでる 居酒屋で 都会(まち)の地下街 より添うあなたを 想い出す  たとえ…すべてなくしても くちづけて あなただけ…人生に 今も 抱きしめたいよ
海鳴り海鳴り聞こえる 旅路の宿 今宵も泪で 枕を濡らす 老いたる父や母 今頃いかに 想いは遥るか 故郷の空よ  心を許した 友も消えて 愛した女も いつしか離れ 風吹く波の上 一羽の海鴎(かもめ) お前とだけは 話しがしたい  明日は夜汽車で 北の街へ はまなす咲いてる 名も無い街へ 私が旅先で 死んだら誰か 浜辺に骨を うずめておくれ前川清千家和也劉家昌海鳴り聞こえる 旅路の宿 今宵も泪で 枕を濡らす 老いたる父や母 今頃いかに 想いは遥るか 故郷の空よ  心を許した 友も消えて 愛した女も いつしか離れ 風吹く波の上 一羽の海鴎(かもめ) お前とだけは 話しがしたい  明日は夜汽車で 北の街へ はまなす咲いてる 名も無い街へ 私が旅先で 死んだら誰か 浜辺に骨を うずめておくれ
噂の女女心の悲しさなんて わかりゃしないわ 世間の人に 止して 止してよ なぐさめなんか 嘘と泪のしみついた どうせ私は噂の女  はなさないでと甘える指に 男心はいつでも遠い そうよ そうなの 昨日の夜も すがりつきたい あの人に 夢を消された噂の女  街の噂に追われて泣けば 褪せてみえます くちびるさえも つらい つらいわ つめたい青春(はる)を 怨むことさえあきらめた 弱い私は噂の女前川清山口洋子猪俣公章女心の悲しさなんて わかりゃしないわ 世間の人に 止して 止してよ なぐさめなんか 嘘と泪のしみついた どうせ私は噂の女  はなさないでと甘える指に 男心はいつでも遠い そうよ そうなの 昨日の夜も すがりつきたい あの人に 夢を消された噂の女  街の噂に追われて泣けば 褪せてみえます くちびるさえも つらい つらいわ つめたい青春(はる)を 怨むことさえあきらめた 弱い私は噂の女
永遠あなたにふれても 身体(からだ)が 悲しくなるほど開(ひら)かず 心の半分だけなら それでも愛だと わたしは悪い女 何かがそうさせるから あなたが先に わたしを捨てて 傷つきなんか しないから 愛したことは 綺麗なことで 永遠なんて きっと疲れる  あなたの弱さも 優しさも 泣きたくなるほど寂しく 冷たくするけど 本当は 自分が切ない わたしは悪い女 何かがそうさせるから あなたが先に 不幸を捨てて 今度はもっと いい女性(ひと)を 抱かれたことも 綺麗なことで 永遠なんて きっとまぼろし  わたしは悪い女 何かがそうさせるから あなたが先に わたしを捨てて 傷つきなんか しないから 愛したことは 綺麗なことで 永遠なんて きっと疲れる きっと疲れる前川清荒木とよひさ新井正人あなたにふれても 身体(からだ)が 悲しくなるほど開(ひら)かず 心の半分だけなら それでも愛だと わたしは悪い女 何かがそうさせるから あなたが先に わたしを捨てて 傷つきなんか しないから 愛したことは 綺麗なことで 永遠なんて きっと疲れる  あなたの弱さも 優しさも 泣きたくなるほど寂しく 冷たくするけど 本当は 自分が切ない わたしは悪い女 何かがそうさせるから あなたが先に 不幸を捨てて 今度はもっと いい女性(ひと)を 抱かれたことも 綺麗なことで 永遠なんて きっとまぼろし  わたしは悪い女 何かがそうさせるから あなたが先に わたしを捨てて 傷つきなんか しないから 愛したことは 綺麗なことで 永遠なんて きっと疲れる きっと疲れる
駅舎 -ターミナル-人は過去という駅舎(えき)の 寒い停車場に 重い鞄に腰を下ろして 今日も誰かを待っている それは古いセピア色 まるで映画の中に 自分がいるような… 時計の針を左に回し あの日の場所へもどれたなら 始発の汽車に 何かを賭ける 途中下車した女の背中 切符一枚破いて  人は愛という駅舎(えき)の Barのカウンター 少し汚れた外套(コート)はおって 明日も誰かが待っている それは煉瓦(れんが)むきだしで 時代がかったJAZZが 似合っているような… 時間も止めて心も止めて あの日の写真撮(うつ)せるなら 銀貨(コイン)をはじき 表か裏か 途中下車した女の影に 何か一杯奢って  時計の針を左に回し あの日の場所へもどれたなら 始発の汽車に 何かを賭ける 途中下車した女の背中 切符一枚破いて前川清荒木とよひさ都志見隆人は過去という駅舎(えき)の 寒い停車場に 重い鞄に腰を下ろして 今日も誰かを待っている それは古いセピア色 まるで映画の中に 自分がいるような… 時計の針を左に回し あの日の場所へもどれたなら 始発の汽車に 何かを賭ける 途中下車した女の背中 切符一枚破いて  人は愛という駅舎(えき)の Barのカウンター 少し汚れた外套(コート)はおって 明日も誰かが待っている それは煉瓦(れんが)むきだしで 時代がかったJAZZが 似合っているような… 時間も止めて心も止めて あの日の写真撮(うつ)せるなら 銀貨(コイン)をはじき 表か裏か 途中下車した女の影に 何か一杯奢って  時計の針を左に回し あの日の場所へもどれたなら 始発の汽車に 何かを賭ける 途中下車した女の背中 切符一枚破いて
越冬つばめ娘盛りを 無駄にするなと 時雨(しぐれ)の宿で 背を向ける人 報われないと 知りつつ抱かれ 飛び立つ鳥を 見送る私 季節そむいた 冬のつばめよ 吹雪に打たれりゃ 寒かろに ヒュルリ ヒュルリララ ついておいでと 啼(な)いてます ヒュルリ ヒュルリララ ききわけのない 女です  絵に描いたような 幸せなんて 爪の先ほども 望んでません からめた小指 互いに噛めば あなたと痛み 分けあえますか 燃えて燃えつき 冬のつばめよ なきがらになるなら それもいい ヒュルリ ヒュルリララ 忘れてしまえと 啼いてます ヒュルリ ヒュルリララ 古い恋ですか 女です  ヒュルリ ヒュルリララ ついておいでと 啼(な)いてます ヒュルリ ヒュルリララ ききわけのない 女です前川清石原信一篠原義彦伊戸のりお娘盛りを 無駄にするなと 時雨(しぐれ)の宿で 背を向ける人 報われないと 知りつつ抱かれ 飛び立つ鳥を 見送る私 季節そむいた 冬のつばめよ 吹雪に打たれりゃ 寒かろに ヒュルリ ヒュルリララ ついておいでと 啼(な)いてます ヒュルリ ヒュルリララ ききわけのない 女です  絵に描いたような 幸せなんて 爪の先ほども 望んでません からめた小指 互いに噛めば あなたと痛み 分けあえますか 燃えて燃えつき 冬のつばめよ なきがらになるなら それもいい ヒュルリ ヒュルリララ 忘れてしまえと 啼いてます ヒュルリ ヒュルリララ 古い恋ですか 女です  ヒュルリ ヒュルリララ ついておいでと 啼(な)いてます ヒュルリ ヒュルリララ ききわけのない 女です
おいしい水十字路の迷(まよ)い子たちよ それは おとな ただ今日を生きるおもいに 喉が乾く  愛の水があったなら 心やさしくなれるのに  ハートを少し濡らし 半分 涙で流して さびしさ分けあえる人に 声をかけてみよう  たたかいに向かう顔して だれも 急ぐ その先に何があるのか あてもなくて  愛の水を口にして はずむ言葉を取り戻し  心を少し語れ 半分だけでもいいから そのときふり向いた人に 笑いかけてみよう  迷い子たちよどこへ 迷えるままでは 走るな やさしい時代まで戻り 歩きだしてみよう  やさしい時代まで戻り 歩きだしてみよう前川清阿久悠都志見隆十字路の迷(まよ)い子たちよ それは おとな ただ今日を生きるおもいに 喉が乾く  愛の水があったなら 心やさしくなれるのに  ハートを少し濡らし 半分 涙で流して さびしさ分けあえる人に 声をかけてみよう  たたかいに向かう顔して だれも 急ぐ その先に何があるのか あてもなくて  愛の水を口にして はずむ言葉を取り戻し  心を少し語れ 半分だけでもいいから そのときふり向いた人に 笑いかけてみよう  迷い子たちよどこへ 迷えるままでは 走るな やさしい時代まで戻り 歩きだしてみよう  やさしい時代まで戻り 歩きだしてみよう
大阪にぎわう街並 時間は止まり 過去(きのう)と同じ情景(けしき)で あなたの優しさが 見えなくなっても 街は優しく 迎える  夢も 涙も せつなくて 声も 香りも せつなくて 過ぎ去りし日 抱きしめて あなたと  大阪 この街に めぐり逢えた奇跡を 今もこのままで あたためて  途切れる会話に 淋しさ募る 見えない 携帯の先 あなたの優しさが 悲しく感じても 街はにぎわい きらめく  雨も 浴衣も はかなくて 川も 花火も はかなくて 想い出の日 抱きしめて あなたと  大阪 この街に たどり着いた軌跡を 今も変わらずに あたためて  夢も 涙も せつなくて 声も 香りも せつなくて 過ぎ去りし日 抱きしめて あなたと  大阪 この街に めぐり逢えた奇跡を 今もこのままで あたためて前川清前川清・岩井薫都志見隆にぎわう街並 時間は止まり 過去(きのう)と同じ情景(けしき)で あなたの優しさが 見えなくなっても 街は優しく 迎える  夢も 涙も せつなくて 声も 香りも せつなくて 過ぎ去りし日 抱きしめて あなたと  大阪 この街に めぐり逢えた奇跡を 今もこのままで あたためて  途切れる会話に 淋しさ募る 見えない 携帯の先 あなたの優しさが 悲しく感じても 街はにぎわい きらめく  雨も 浴衣も はかなくて 川も 花火も はかなくて 想い出の日 抱きしめて あなたと  大阪 この街に たどり着いた軌跡を 今も変わらずに あたためて  夢も 涙も せつなくて 声も 香りも せつなくて 過ぎ去りし日 抱きしめて あなたと  大阪 この街に めぐり逢えた奇跡を 今もこのままで あたためて
男と女の破片GOLD LYLIC抱かれたら終る 男と女より 手枕のままで 何んにもしないで 指さきを拒む 心の裏側で 悲しいほど 好きでいればいい 愛が涙の 破片(かけら)になっても 心にあなたを宿して 生きていけるよう 二度と恋など 出来ないくらいに 身体のすみまで あなたと すべて取り換えて あしたなんか もういらない  満月に吠える 男と女より 口紅も拭(ふ)かず 眠りにつかせて 優しさが 逃げる どんなに抱かれても 少し離れ 泣いていればいい 愛が別れの 破片(かけら)になっても 寂しいあなたは この世にひとりきりだから 夢の続きが どこかにあるなら 時間の果てまで あなたの 色に塗り変えて  二度と恋など 出来ないくらいに 身体のすみまで あなたと すべて取り換えて あしたなんか もういらないGOLD LYLIC前川清荒木とよひさ都志見隆抱かれたら終る 男と女より 手枕のままで 何んにもしないで 指さきを拒む 心の裏側で 悲しいほど 好きでいればいい 愛が涙の 破片(かけら)になっても 心にあなたを宿して 生きていけるよう 二度と恋など 出来ないくらいに 身体のすみまで あなたと すべて取り換えて あしたなんか もういらない  満月に吠える 男と女より 口紅も拭(ふ)かず 眠りにつかせて 優しさが 逃げる どんなに抱かれても 少し離れ 泣いていればいい 愛が別れの 破片(かけら)になっても 寂しいあなたは この世にひとりきりだから 夢の続きが どこかにあるなら 時間の果てまで あなたの 色に塗り変えて  二度と恋など 出来ないくらいに 身体のすみまで あなたと すべて取り換えて あしたなんか もういらない
思い切り橋(ここは長崎長崎 思い切り橋)  男が一人 女が一人 たった二人の 愛なのに ささいなことで 別れてしまう 難し過ぎます 大人の恋は あ…あ…あ夜が泣かせる ここは長崎長崎 思い切り橋  小さな河が 一つになって 海に流れて 行くように あなたと二人 手を取り合って 愛されたかった 海より深く あ…あ…あ夜にさまよう ここは長崎長崎 思い切り橋  見返り橋から あなたを呼べば 泣いて答える サヨナラが 思い切るわ 未練の糸は たぐれば痛むの 傷跡だけが あ…あ…あ夜に流れる ここは長崎長崎 思い切り橋前川清山田孝雄浜圭介大嶋吾郎(ここは長崎長崎 思い切り橋)  男が一人 女が一人 たった二人の 愛なのに ささいなことで 別れてしまう 難し過ぎます 大人の恋は あ…あ…あ夜が泣かせる ここは長崎長崎 思い切り橋  小さな河が 一つになって 海に流れて 行くように あなたと二人 手を取り合って 愛されたかった 海より深く あ…あ…あ夜にさまよう ここは長崎長崎 思い切り橋  見返り橋から あなたを呼べば 泣いて答える サヨナラが 思い切るわ 未練の糸は たぐれば痛むの 傷跡だけが あ…あ…あ夜に流れる ここは長崎長崎 思い切り橋
思い出は恋しくて、見た夢は儚くてああ 振り向けば 時間だけが過ぎて もう 同じように 走ることも辛くて ああ あの頃は いつも前を見てた そう 楽しかった 記憶だけが残った  思い出は愛しくて 見た夢は儚くて あなたたちに会えたこと 誇らしく思えた 残された僕たちに 限界はまだ早くて 歩くことが辛いなら いつまでも 手を貸そう  もう おかしかった 話さえも忘れて ええ そんなこと あったかねと笑った  時代は変わって 言葉も変わって 見た目も変わったけれど 僕らが放った 言葉や声は 変わらず生きていくから  思い出は愛しくて 見た夢は儚くて あなたたちに会えたこと 誇らしく思えた 残された僕たちに 限界はまだ早くて 歩くことが辛いなら あの頃と 同じように いつまでも 手を貸して前川清紘毅紘毅坂本昌之ああ 振り向けば 時間だけが過ぎて もう 同じように 走ることも辛くて ああ あの頃は いつも前を見てた そう 楽しかった 記憶だけが残った  思い出は愛しくて 見た夢は儚くて あなたたちに会えたこと 誇らしく思えた 残された僕たちに 限界はまだ早くて 歩くことが辛いなら いつまでも 手を貸そう  もう おかしかった 話さえも忘れて ええ そんなこと あったかねと笑った  時代は変わって 言葉も変わって 見た目も変わったけれど 僕らが放った 言葉や声は 変わらず生きていくから  思い出は愛しくて 見た夢は儚くて あなたたちに会えたこと 誇らしく思えた 残された僕たちに 限界はまだ早くて 歩くことが辛いなら あの頃と 同じように いつまでも 手を貸して
女のためいき死んでもお前を 離しはしない そんな男の約束を 嘘と知らずに 信じてた 夜が 夜が 夜が泣いてる ああ 女のためいき  どうでもなるよに なったらいいと 思いなやんだ 時もある なににすがって 生きるのか 暗い 暗い 暗い灯影の ああ 女のためいき  男と女の 悲しいさだめ なんで涙がつきまとう ほれているから憎いのよ 未練 未練 未練一つが ああ 女のためいき前川清吉川静夫猪俣公章伊戸のりお死んでもお前を 離しはしない そんな男の約束を 嘘と知らずに 信じてた 夜が 夜が 夜が泣いてる ああ 女のためいき  どうでもなるよに なったらいいと 思いなやんだ 時もある なににすがって 生きるのか 暗い 暗い 暗い灯影の ああ 女のためいき  男と女の 悲しいさだめ なんで涙がつきまとう ほれているから憎いのよ 未練 未練 未練一つが ああ 女のためいき
OH! CAROLOh! Carol, I am but a fool, Darling I love you though you treat me cruel, You hurt me and you make me cry But if you leave me I will surely die.  Darling there will never be another 'Cause I love you so, Don't ever leave me, Say you'll never go I will always want you for my sweetheart No matter what you do Oh! oh oh Carol, I'm so in love with you.  Oh! Carol, I am but a fool, Darling I love you though you treat me cruel, You hurt me and you make me cry But if you leave me I will surely die.  Darlin' there will never be another 'Cause I love you so, Don't ever leave me, Say you'll never go I will always want you for my sweetheart No matter what you do Oh! oh oh Carol, I'm so in love with you.前川清Howard Greenfield・Neil SedakaHoward Greenfield・Neil SedakaOh! Carol, I am but a fool, Darling I love you though you treat me cruel, You hurt me and you make me cry But if you leave me I will surely die.  Darling there will never be another 'Cause I love you so, Don't ever leave me, Say you'll never go I will always want you for my sweetheart No matter what you do Oh! oh oh Carol, I'm so in love with you.  Oh! Carol, I am but a fool, Darling I love you though you treat me cruel, You hurt me and you make me cry But if you leave me I will surely die.  Darlin' there will never be another 'Cause I love you so, Don't ever leave me, Say you'll never go I will always want you for my sweetheart No matter what you do Oh! oh oh Carol, I'm so in love with you.
OH, PRETTY WOMANPretty woman, walking down the street Pretty woman, the kind I like to meet Pretty woman I don't believe you, you're not the truth No one could look as good as you  Mercy  Pretty woman, won't you pardon me? Pretty woman, I couldn't help but see Pretty woman That you look lovely as can be Are you lonely just like me?  Wow  Pretty woman, stop a while Pretty woman, talk a while Pretty woman, give your smile to me Pretty woman, yeah, yeah, yeah Pretty woman, look my way Pretty woman, say you'll stay with me  'Cause I need you, I'll treat you so right Come with me baby, be mine tonight  Pretty woman, don't walk on by Pretty woman, don't make me cry Pretty woman, don't walk away, hey... OK  If that's the way it must be, OK I guess I'll go on home, it's late There'll be tomorrow night, but wait― What do I see?  Is she walking back to me? Yeah, she's walking back to me Oh, oh, pretty woman前川清Bill Dees・Roy OrbisonBill Dees・Roy OrbisonPretty woman, walking down the street Pretty woman, the kind I like to meet Pretty woman I don't believe you, you're not the truth No one could look as good as you  Mercy  Pretty woman, won't you pardon me? Pretty woman, I couldn't help but see Pretty woman That you look lovely as can be Are you lonely just like me?  Wow  Pretty woman, stop a while Pretty woman, talk a while Pretty woman, give your smile to me Pretty woman, yeah, yeah, yeah Pretty woman, look my way Pretty woman, say you'll stay with me  'Cause I need you, I'll treat you so right Come with me baby, be mine tonight  Pretty woman, don't walk on by Pretty woman, don't make me cry Pretty woman, don't walk away, hey... OK  If that's the way it must be, OK I guess I'll go on home, it's late There'll be tomorrow night, but wait― What do I see?  Is she walking back to me? Yeah, she's walking back to me Oh, oh, pretty woman
帰って来た女夜霧の桟橋 泊まり船 ゆめが幾つも ゆれてるわ 深い都会の ネオンの海を 泳ぎつかれた かなしい魚 そうよ そうなの わたし港に 帰って来た女  駆け落ちみたいな 恋をして いつかやつれた 白い頬 男・うそつき 東京無情 だから解った 故郷のよさが そうよ そうなの わたし港に 帰って来た女  昔のチャペルの 鐘の音を 聞けばこころが 癒される なみだぼろぼろ 泣く夜もあるが 春に抱かれて 出なおすつもり そうよ そうなの わたし港に 帰って来た女前川清池田充男徳久広司竜崎孝路夜霧の桟橋 泊まり船 ゆめが幾つも ゆれてるわ 深い都会の ネオンの海を 泳ぎつかれた かなしい魚 そうよ そうなの わたし港に 帰って来た女  駆け落ちみたいな 恋をして いつかやつれた 白い頬 男・うそつき 東京無情 だから解った 故郷のよさが そうよ そうなの わたし港に 帰って来た女  昔のチャペルの 鐘の音を 聞けばこころが 癒される なみだぼろぼろ 泣く夜もあるが 春に抱かれて 出なおすつもり そうよ そうなの わたし港に 帰って来た女
風に吹かれて思い出だけにしないでと いつでも寒い眼をしてた おまえと同じ夢をみて うつろう季節を忘れた 西風 北風 いつしか夢もちぎれとぶ……… 風に吹かれてあの頃を 思い出してコートの衿をたてる すでに遠いことと知りながら ひとりもて余す 淋しさ  よく似たひととすれちがい 優しさ刻むくちびるに おまえと同じ色をみて 思わずたちすくむ街に たそがれ 木枯らし ちぎれた夢はかえらない……… 風に吹かれて懐かしむ 時の流れやるせないこの想い せめて愛のかけら抱きすくめ あしたへと向かう 人生  風に吹かれて懐かしむ 時の流れやるせないこの想い せめて愛のかけら抱きすくめ あしたへと向かう 人生前川清杉紀彦鈴木邦彦思い出だけにしないでと いつでも寒い眼をしてた おまえと同じ夢をみて うつろう季節を忘れた 西風 北風 いつしか夢もちぎれとぶ……… 風に吹かれてあの頃を 思い出してコートの衿をたてる すでに遠いことと知りながら ひとりもて余す 淋しさ  よく似たひととすれちがい 優しさ刻むくちびるに おまえと同じ色をみて 思わずたちすくむ街に たそがれ 木枯らし ちぎれた夢はかえらない……… 風に吹かれて懐かしむ 時の流れやるせないこの想い せめて愛のかけら抱きすくめ あしたへと向かう 人生  風に吹かれて懐かしむ 時の流れやるせないこの想い せめて愛のかけら抱きすくめ あしたへと向かう 人生
哀しみの終りに今年また夏が来て あなたみたいに光る 大好きだった紫陽花(あじさい)が あなたの窓叩く いなくなってしまうと わかっていたのなら ドアは開(あ)けなかった 二度と帰らないのが わかっていたのなら 離しはしなかったのに 本当ですか 哀しみにもやがて 終りが来るって 本当ですね 哀しみが終って いつか笑える日が来る  空に星たちが来て あの夏の日が揺れる あなたに似ているアネモネが ほほえみかけてくる いなくなってしまうと わかっていたのなら 駅へ行かせなかった 二度と逢えないことが わかっていたのなら 抱きしめ続けてたのに 本当ですか 哀しみにもやがて 終りが来るって 本当ですね 哀しみが終って いつか笑える日が来る  本当ですか 哀しみにもやがて 終りが来るって 本当ですね 哀しみが終って いつか笑える日が来る前川清伊集院静都志見隆萩田光雄今年また夏が来て あなたみたいに光る 大好きだった紫陽花(あじさい)が あなたの窓叩く いなくなってしまうと わかっていたのなら ドアは開(あ)けなかった 二度と帰らないのが わかっていたのなら 離しはしなかったのに 本当ですか 哀しみにもやがて 終りが来るって 本当ですね 哀しみが終って いつか笑える日が来る  空に星たちが来て あの夏の日が揺れる あなたに似ているアネモネが ほほえみかけてくる いなくなってしまうと わかっていたのなら 駅へ行かせなかった 二度と逢えないことが わかっていたのなら 抱きしめ続けてたのに 本当ですか 哀しみにもやがて 終りが来るって 本当ですね 哀しみが終って いつか笑える日が来る  本当ですか 哀しみにもやがて 終りが来るって 本当ですね 哀しみが終って いつか笑える日が来る
悲しみの恋世界もえて 悲しい くすり指に あつい ぬくもり そっと のこす 嘘と知ってて 夢を誓って ふたりだけの 恋世界 感じたい 違う 女性が待ってる せめて瞬間 忘れさせ つよく 抱かれるならば あなたの二番目でいい 帰る場所を 仕草で 見せて欲しくはないの いつか無理な わがままきいて そらさないで・・・・・・  泣いて さまよう 濡れた髪が 眠り さがして あなた 呼ぶの 嘘のしあわせ 夢で結んで ひとりいやす 傷あとが逢いたくて 明日をつなぐ いいわけ はかない ため息になる あなた 呼び止めたまま よりそい 死ねるならいい 奪うことも 出来ずに 遠いふたりに戻る いつか胸で わがままきいて 「帰らないで」  違う女性が 待ってる せめて瞬間 忘れさせて つよく 抱かれるならば あなたの二番目でいい たどり着けない 愛の 痛み 涙にうつす いつか無理な わがままきいて 「帰らないで」前川清森川ゆう都志見隆もえて 悲しい くすり指に あつい ぬくもり そっと のこす 嘘と知ってて 夢を誓って ふたりだけの 恋世界 感じたい 違う 女性が待ってる せめて瞬間 忘れさせ つよく 抱かれるならば あなたの二番目でいい 帰る場所を 仕草で 見せて欲しくはないの いつか無理な わがままきいて そらさないで・・・・・・  泣いて さまよう 濡れた髪が 眠り さがして あなた 呼ぶの 嘘のしあわせ 夢で結んで ひとりいやす 傷あとが逢いたくて 明日をつなぐ いいわけ はかない ため息になる あなた 呼び止めたまま よりそい 死ねるならいい 奪うことも 出来ずに 遠いふたりに戻る いつか胸で わがままきいて 「帰らないで」  違う女性が 待ってる せめて瞬間 忘れさせて つよく 抱かれるならば あなたの二番目でいい たどり着けない 愛の 痛み 涙にうつす いつか無理な わがままきいて 「帰らないで」
哀しみへの伝言あなたの愛が 落葉のように 金色に染めて 疲れ果てたまま 恋の終りを告げる 誰のせいでもなくて 糸の切れた きっと運命 時が見捨てた ふたりは 見知らぬ あしたからは他人 愛はいつでも 弱い生き物 不幸が好きだけど せめてあなたは 違う あしたへ 誰かと逃げだして  あなたの心 知りすぎたから 涙だけを連れて 遠い夢のまま 恋に別れを告げる 胸の奥まで寒い 心細い 秋の日暮れ やせた想い出 たぐれば悲しい 優しすぎた他人 愛はいつでも 過去のまぼろし つかめぬものだから せめてあなたは 違う あしたへ 誰かと逃げだして  愛はいつでも 弱い生き物 不幸が好きだけど せめてあなたは 違う あしたへ 誰かと逃げだして  あなたの愛が 落葉のように 金色に染めて 疲れ果てたまま 恋の終りを告げる前川清荒木とよひさ都志見隆あなたの愛が 落葉のように 金色に染めて 疲れ果てたまま 恋の終りを告げる 誰のせいでもなくて 糸の切れた きっと運命 時が見捨てた ふたりは 見知らぬ あしたからは他人 愛はいつでも 弱い生き物 不幸が好きだけど せめてあなたは 違う あしたへ 誰かと逃げだして  あなたの心 知りすぎたから 涙だけを連れて 遠い夢のまま 恋に別れを告げる 胸の奥まで寒い 心細い 秋の日暮れ やせた想い出 たぐれば悲しい 優しすぎた他人 愛はいつでも 過去のまぼろし つかめぬものだから せめてあなたは 違う あしたへ 誰かと逃げだして  愛はいつでも 弱い生き物 不幸が好きだけど せめてあなたは 違う あしたへ 誰かと逃げだして  あなたの愛が 落葉のように 金色に染めて 疲れ果てたまま 恋の終りを告げる
枯葉小僧の子守唄枯葉小僧が 飛んでいる 寒い晩です 銀座です 恋の終りか 恋のはじまりか 午前0時の 裏通り  夜のながさが 夜のながさが 夜のながさが気にかかる 夜のながさが 夜のながさが 夜のながさが気にかかる  酔えぬ酒にも酔った振り 嫌な人にも 惚れた振り 馬鹿と悧口の この使い分け 銀座勤めに 夢はない  朝があんまり 朝があんまり 朝があんまり遠すぎる 朝があんまり 朝があんまり 朝があんまり遠すぎる  枯葉小僧が 泣いている 愛しちゃったと 酒を呑み 別れちゃったと また酒を呑む そんな銀座の 明け暮れが  淋しすぎると 淋しすぎると 淋しすぎると 泣いている 淋しすぎると 淋しすぎると 淋しすぎると 泣いている  淋しすぎると 淋しすぎると 淋しすぎると 泣いている 淋しすぎると 淋しすぎると 淋しすぎると 泣いている前川清藤田まさと内山田洋枯葉小僧が 飛んでいる 寒い晩です 銀座です 恋の終りか 恋のはじまりか 午前0時の 裏通り  夜のながさが 夜のながさが 夜のながさが気にかかる 夜のながさが 夜のながさが 夜のながさが気にかかる  酔えぬ酒にも酔った振り 嫌な人にも 惚れた振り 馬鹿と悧口の この使い分け 銀座勤めに 夢はない  朝があんまり 朝があんまり 朝があんまり遠すぎる 朝があんまり 朝があんまり 朝があんまり遠すぎる  枯葉小僧が 泣いている 愛しちゃったと 酒を呑み 別れちゃったと また酒を呑む そんな銀座の 明け暮れが  淋しすぎると 淋しすぎると 淋しすぎると 泣いている 淋しすぎると 淋しすぎると 淋しすぎると 泣いている  淋しすぎると 淋しすぎると 淋しすぎると 泣いている 淋しすぎると 淋しすぎると 淋しすぎると 泣いている
河内おとこ節河内(かわち)生れの 風来坊は 生きのいゝのが あゝ… 売りもんや サテモ 皆さま おそまつながら こゝが男の 舞台なら 太鼓叩いて 見栄を切る 喧嘩囃子(けんかばやし)の 河内ぶし  一に度胸や 二に人情や 後は腕ずく あゝ… 腕しだい サテモ 皆さま 悪声(あくせい)ながら 坂田三吉 物語り 派手な掛声 頂いて 唸る男の 河内ぶし  馬鹿な息子と 叱ってくれる 俺(わい)の親父(おやじ)は あゝ… 生駒山(いこまやま) サテモ 皆さま おゝそれながら 肌は鉄火の 勇み肌 グイと冷酒 飲みほして 仁義がわりの 河内ぶし前川清石本美由起岡千秋伊戸のりお河内(かわち)生れの 風来坊は 生きのいゝのが あゝ… 売りもんや サテモ 皆さま おそまつながら こゝが男の 舞台なら 太鼓叩いて 見栄を切る 喧嘩囃子(けんかばやし)の 河内ぶし  一に度胸や 二に人情や 後は腕ずく あゝ… 腕しだい サテモ 皆さま 悪声(あくせい)ながら 坂田三吉 物語り 派手な掛声 頂いて 唸る男の 河内ぶし  馬鹿な息子と 叱ってくれる 俺(わい)の親父(おやじ)は あゝ… 生駒山(いこまやま) サテモ 皆さま おゝそれながら 肌は鉄火の 勇み肌 グイと冷酒 飲みほして 仁義がわりの 河内ぶし
乾杯かたい絆に 想いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった あの日  あれから どれくらいたったのだろう 沈む夕日を いくつ数えたろう 故郷の友は 今でも君の心の中にいますか  乾杯 今 君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを歩き始めた 君に 幸せあれ  キャンドルライトの中の二人を 今こうして 目を細めてる 大きな喜びと 少しのさみしさを 涙の言葉で歌いたい  明日の光を 身体にあびて ふり返らずに そのまま行けばよい 風に吹かれても 雨に打たれても 信じた愛に 背を向けるな  乾杯 今 君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを歩き始めた 君に 幸せあれ  乾杯 今 君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを歩き始めた 君に 幸せあれ 君に 幸せあれ前川清長渕剛長渕剛かたい絆に 想いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった あの日  あれから どれくらいたったのだろう 沈む夕日を いくつ数えたろう 故郷の友は 今でも君の心の中にいますか  乾杯 今 君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを歩き始めた 君に 幸せあれ  キャンドルライトの中の二人を 今こうして 目を細めてる 大きな喜びと 少しのさみしさを 涙の言葉で歌いたい  明日の光を 身体にあびて ふり返らずに そのまま行けばよい 風に吹かれても 雨に打たれても 信じた愛に 背を向けるな  乾杯 今 君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを歩き始めた 君に 幸せあれ  乾杯 今 君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを歩き始めた 君に 幸せあれ 君に 幸せあれ
北のHOTELあゝ ガラス窓にあなたの 名前を書いて ため息で小さく さよなら つぶやく  あゝ 忘れる為に旅なのに 見るものすべてが あなたにつながって 涙さそうばかり  淋しくて 淋しくて あなたのやさしい想い出 胸に 抱きしめて 抱きしめて あの頃の私に戻りたい  あゝ あなたを不幸にしてまで 愛を続けたくない つらい夜を重ねてきた わがままを許して  あゝ 白い街並がみえる 北のホテル あなたの声が聞きたい いけないことでしょうか  淋しくて 淋しくて あなたのやさしい想い出 胸に 抱きしめて 抱きしめて あの頃の私に戻りたい  淋しくて 淋しくて あなたのやさしい想い出 胸に 抱きしめて 抱きしめて あの頃の私に戻りたい前川清高見沢俊彦高見沢俊彦あゝ ガラス窓にあなたの 名前を書いて ため息で小さく さよなら つぶやく  あゝ 忘れる為に旅なのに 見るものすべてが あなたにつながって 涙さそうばかり  淋しくて 淋しくて あなたのやさしい想い出 胸に 抱きしめて 抱きしめて あの頃の私に戻りたい  あゝ あなたを不幸にしてまで 愛を続けたくない つらい夜を重ねてきた わがままを許して  あゝ 白い街並がみえる 北のホテル あなたの声が聞きたい いけないことでしょうか  淋しくて 淋しくて あなたのやさしい想い出 胸に 抱きしめて 抱きしめて あの頃の私に戻りたい  淋しくて 淋しくて あなたのやさしい想い出 胸に 抱きしめて 抱きしめて あの頃の私に戻りたい
君が恋しくて君と出逢った 北国札幌の町 粉雪舞い散る 日暮れ時 噂訪ねて すすきのあたり 赤いネオンが ゆらゆらゆらり あぁ… 逢いたいなぁ  恋の残り灯(び) トンボリ大阪の町 小雨に泣いてる 北新地 辛い思いは こころの隅へ 涙グラスに はらはらはらり あぁ… 切ないなぁ  昔馴染みの 坂道長崎の町 面影振り向く 思案橋 さがし求めた 銅座(どうざ)の灯(あか)り 胸にしみるさ じんじんじんと あぁ… 淋(さみ)しいなぁ あぁ… 君が恋しくて前川清原譲二原譲二川村栄二君と出逢った 北国札幌の町 粉雪舞い散る 日暮れ時 噂訪ねて すすきのあたり 赤いネオンが ゆらゆらゆらり あぁ… 逢いたいなぁ  恋の残り灯(び) トンボリ大阪の町 小雨に泣いてる 北新地 辛い思いは こころの隅へ 涙グラスに はらはらはらり あぁ… 切ないなぁ  昔馴染みの 坂道長崎の町 面影振り向く 思案橋 さがし求めた 銅座(どうざ)の灯(あか)り 胸にしみるさ じんじんじんと あぁ… 淋(さみ)しいなぁ あぁ… 君が恋しくて
君は薔薇より美しい息をきらし胸をおさえて 久しぶりねと君が笑う ばかだね そんなに急ぐなんて うっすら汗までかいて  なぜか今日は君が欲しいよ 違う女と逢ったみたいだ 体にまとったかげりを脱ぎすて かすかに色づく口唇  目にみえない翼ひろげて 確かに君は変わった  歩くほどに踊るほどに ふざけながら じらしながら 薔薇より美しい ああ 君は変わった  愛の日々と呼べるほどには 心は何も知っていない いつでも抱きしめ急ぐばかり 見つめることさえ忘れ  笑いながら風を追いかけ 君に誘われ行ってみよう だました男がだまされる時 はじめて女を知るのか  目に見えない翼ひろげて 静かに君は変わった  走るほどに笑うほどに 夢みながら 愛しながら 薔薇より美しい ああ 君は変わった  歩くほどに踊るほどに ふざけながら じらしながら 薔薇より美しい ああ 君は変わった前川清門谷憲二ミッキー吉野石倉重信息をきらし胸をおさえて 久しぶりねと君が笑う ばかだね そんなに急ぐなんて うっすら汗までかいて  なぜか今日は君が欲しいよ 違う女と逢ったみたいだ 体にまとったかげりを脱ぎすて かすかに色づく口唇  目にみえない翼ひろげて 確かに君は変わった  歩くほどに踊るほどに ふざけながら じらしながら 薔薇より美しい ああ 君は変わった  愛の日々と呼べるほどには 心は何も知っていない いつでも抱きしめ急ぐばかり 見つめることさえ忘れ  笑いながら風を追いかけ 君に誘われ行ってみよう だました男がだまされる時 はじめて女を知るのか  目に見えない翼ひろげて 静かに君は変わった  走るほどに笑うほどに 夢みながら 愛しながら 薔薇より美しい ああ 君は変わった  歩くほどに踊るほどに ふざけながら じらしながら 薔薇より美しい ああ 君は変わった
Can't Help Falling In LoveWise men say only fools rush in but I can't help falling in love with you Shall I stay would it be a sin If I can't help falling in love with you  Like a river flows surely to the sea Darling so it goes some things are meant to be take my hand, take my whole life too for I can't help falling in love with you  Like a river flows surely to the sea Darling so it goes some things are meant to be take my hand, take my whole life too for I can't help falling in love with you for I can't help falling in love with you前川清Luigi Creatore・Hugo Pretti・George WeissLuigi Creatore・Hugo Pretti・George WeissWise men say only fools rush in but I can't help falling in love with you Shall I stay would it be a sin If I can't help falling in love with you  Like a river flows surely to the sea Darling so it goes some things are meant to be take my hand, take my whole life too for I can't help falling in love with you  Like a river flows surely to the sea Darling so it goes some things are meant to be take my hand, take my whole life too for I can't help falling in love with you for I can't help falling in love with you
Cutie PieAh, ha, ah, ha, cutie pie. A cutie pie, yeah, yeah, yeah Yea, yea, yea, yea A cutie pie, yeah, yeah, yeah Yea, yea, yea, yea Rock-in' little angel That looks so nice, Cu'te little messenger From Paradise Cutie pie  Well, she's the cutiest little girl That I ever did see, And what thrills me so is she belongs to me Just an angel without wings A beautiful heavenly thing Ah, ha, ah, ha, cutie pie.  A cutie pie, yeah, yeah, yeah Yea, yea, yea, yea A cutie pie, yeah, yeah, yeah Yea, yea, yea, yea Rock-in' little angel That looks so nice, Cu'te little messenger From Paradise Cutie pie  Ah, ha, ah, ha, cutie pie. Oh well I love you lovin' in the silvery moon Like a king has stolen On a night in June Just a girl I hope 'n' pray Is-a-gonna be mine someday Ah, ha, ah, ha, cutie pie.  A cutie pie, yeah, yeah, yeah Yea, yea, yea, yea A cutie pie, yeah, yeah, yeah Yea, yea, yea, yea Rock-in' little angel That looks so nice, Cu'te little messenger From Paradise Cutie pie  My little cutie pie My pretty cutie pie My little cutie pie前川清Johnny TillotsonJohnny Tillotson伊戸のりおAh, ha, ah, ha, cutie pie. A cutie pie, yeah, yeah, yeah Yea, yea, yea, yea A cutie pie, yeah, yeah, yeah Yea, yea, yea, yea Rock-in' little angel That looks so nice, Cu'te little messenger From Paradise Cutie pie  Well, she's the cutiest little girl That I ever did see, And what thrills me so is she belongs to me Just an angel without wings A beautiful heavenly thing Ah, ha, ah, ha, cutie pie.  A cutie pie, yeah, yeah, yeah Yea, yea, yea, yea A cutie pie, yeah, yeah, yeah Yea, yea, yea, yea Rock-in' little angel That looks so nice, Cu'te little messenger From Paradise Cutie pie  Ah, ha, ah, ha, cutie pie. Oh well I love you lovin' in the silvery moon Like a king has stolen On a night in June Just a girl I hope 'n' pray Is-a-gonna be mine someday Ah, ha, ah, ha, cutie pie.  A cutie pie, yeah, yeah, yeah Yea, yea, yea, yea A cutie pie, yeah, yeah, yeah Yea, yea, yea, yea Rock-in' little angel That looks so nice, Cu'te little messenger From Paradise Cutie pie  My little cutie pie My pretty cutie pie My little cutie pie
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
京都から博多まで肩につめたい 小雨が重い 思いきれない 未練(みれん)が重い 鐘(かね)が鳴る鳴る 憐(あわ)れむように 馬鹿な女と 云うように 京都から博多(はかた)まで あなたを追って 西へ流れて 行(ゆ)く女  二度も三度も 恋したあげく やはりあなたと 心にきめた 汽車が行(ゆ)く行く 瀬戸内ぞいに 沈む気持を ふり捨てて 京都から博多まで あなたを追って 恋をたずねて 行く女  京都育ちが 博多になれて 可愛(かわ)いなまりも いつしか消えた ひとりしみじみ 不幸を感じ ついてないわと 云いながら 京都から博多まで あなたを追って 今日も逢(あ)えずに 泣く女前川清阿久悠猪俣公章伊戸のりお肩につめたい 小雨が重い 思いきれない 未練(みれん)が重い 鐘(かね)が鳴る鳴る 憐(あわ)れむように 馬鹿な女と 云うように 京都から博多(はかた)まで あなたを追って 西へ流れて 行(ゆ)く女  二度も三度も 恋したあげく やはりあなたと 心にきめた 汽車が行(ゆ)く行く 瀬戸内ぞいに 沈む気持を ふり捨てて 京都から博多まで あなたを追って 恋をたずねて 行く女  京都育ちが 博多になれて 可愛(かわ)いなまりも いつしか消えた ひとりしみじみ 不幸を感じ ついてないわと 云いながら 京都から博多まで あなたを追って 今日も逢(あ)えずに 泣く女
切り札~ジョーカー~別れ心 感じとった あなたのずるさは 切り札の 優しさ 隠しているから 泣かせ言葉 耳にからめ 身体をすり寄せ 寂しさを いつでも 武器にしてる それでもそばにいるだけで また許して 同じ夢にくるまった 今日があるけれど あなたの理想の女に 私なんか なれはしない  なみだ心 引き止めても あなたはどこかで 乗り換えの だれかを 用意してる いつかは そんな日がくると いいきかせて 同じ夢を巻きもどす 夜がくるけれど あなたの描いた女に 私なんか なれはしない  同じ夢にくるまった 今日があるけれど あなたの理想の女に 私なんか なれはしない前川清荒木とよひさEDISON別れ心 感じとった あなたのずるさは 切り札の 優しさ 隠しているから 泣かせ言葉 耳にからめ 身体をすり寄せ 寂しさを いつでも 武器にしてる それでもそばにいるだけで また許して 同じ夢にくるまった 今日があるけれど あなたの理想の女に 私なんか なれはしない  なみだ心 引き止めても あなたはどこかで 乗り換えの だれかを 用意してる いつかは そんな日がくると いいきかせて 同じ夢を巻きもどす 夜がくるけれど あなたの描いた女に 私なんか なれはしない  同じ夢にくるまった 今日があるけれど あなたの理想の女に 私なんか なれはしない
決断ときめきの午後 肩寄せてた 窓越しに風 芝生をゆく 表から見た男心 見抜かれないと 自由になるものさ ウーロンの熱い香り 安らぐ胸 ざわめきの夕暮れまでに いくつ交わす言葉 都会はふちどられて 西日に赤く燃えている このまま別れようと お前は ふと そんな目をしてる  お前のしぐさ 心揺らす 見果てぬ夢をなぞっていた 愛情として 成り立つのは 男の心がけ次第と思え ジャスミンの花の色は ノスタルジア しゃべらない茜雲に 明日を聞くよりも もう一度やり直して 心が通う時を待つ 若さだけで許されること 成し遂げてしまったよ すべて前川清伊勢正三佐藤準ときめきの午後 肩寄せてた 窓越しに風 芝生をゆく 表から見た男心 見抜かれないと 自由になるものさ ウーロンの熱い香り 安らぐ胸 ざわめきの夕暮れまでに いくつ交わす言葉 都会はふちどられて 西日に赤く燃えている このまま別れようと お前は ふと そんな目をしてる  お前のしぐさ 心揺らす 見果てぬ夢をなぞっていた 愛情として 成り立つのは 男の心がけ次第と思え ジャスミンの花の色は ノスタルジア しゃべらない茜雲に 明日を聞くよりも もう一度やり直して 心が通う時を待つ 若さだけで許されること 成し遂げてしまったよ すべて
恋唄GOLD LYLICほんのみじかい夢でも とてもしあわせだった 逢えてほんとによかった だけど帰るあなた 泣かないと誓ったけれど それは無理なことだと知った 折れるほど抱きしめたいと 心からそう思う はかないだけの恋唄  少しやつれた姿に 胸が痛んでならない ついていきたいけれど ひとり帰るあなた 何ゆえに結ばれないか 出逢う時が遅すぎたのか 人前でくちづけたいと 心からそう思う せつないだけの恋唄  何ゆえに結ばれないか 出逢う時が遅すぎたのか 人前でくちづけたいと 心からそう思う せつないだけの恋唄GOLD LYLIC前川清阿久悠鈴木邦彦ほんのみじかい夢でも とてもしあわせだった 逢えてほんとによかった だけど帰るあなた 泣かないと誓ったけれど それは無理なことだと知った 折れるほど抱きしめたいと 心からそう思う はかないだけの恋唄  少しやつれた姿に 胸が痛んでならない ついていきたいけれど ひとり帰るあなた 何ゆえに結ばれないか 出逢う時が遅すぎたのか 人前でくちづけたいと 心からそう思う せつないだけの恋唄  何ゆえに結ばれないか 出逢う時が遅すぎたのか 人前でくちづけたいと 心からそう思う せつないだけの恋唄
恋ごころ募らせて夜の帷がそっと降りて  人影 靴音 銀杏の並木 風に押されて歩道を行けば ポツリと涙がこぼれた 首を振って 信じられない別れの言葉 かき消す  あなたのために あなたのために 生きてゆきたかったのに さんざめく 街に隠れて  涙を 涙を置いてゆきます  黒いコートの襟を立てて 地下鉄 階段 最終電車 涙にくれた 私のことを 気遣う人などいないわ 何のために人は生まれて出会いと別れ重ねる  あなたのために あなたのために 生きてゆきたかったのに 恋ごころ募る思いに こころも こころも痩せてしまうわ  部屋の明かりをうすく灯し 長椅子 鏡台 化粧のポーチ 街で纏った匂いを みんな熱めのシャワーで流すわ 窓の外は星のキャンドル 変わらぬ光届ける  あなたのために あなたのために  生きてゆきたかったのに 櫛る髪も泣いてる  あなたのあなたの 胸が恋しい 前川清松本礼児美樹克彦川口真夜の帷がそっと降りて  人影 靴音 銀杏の並木 風に押されて歩道を行けば ポツリと涙がこぼれた 首を振って 信じられない別れの言葉 かき消す  あなたのために あなたのために 生きてゆきたかったのに さんざめく 街に隠れて  涙を 涙を置いてゆきます  黒いコートの襟を立てて 地下鉄 階段 最終電車 涙にくれた 私のことを 気遣う人などいないわ 何のために人は生まれて出会いと別れ重ねる  あなたのために あなたのために 生きてゆきたかったのに 恋ごころ募る思いに こころも こころも痩せてしまうわ  部屋の明かりをうすく灯し 長椅子 鏡台 化粧のポーチ 街で纏った匂いを みんな熱めのシャワーで流すわ 窓の外は星のキャンドル 変わらぬ光届ける  あなたのために あなたのために  生きてゆきたかったのに 櫛る髪も泣いてる  あなたのあなたの 胸が恋しい 
恋さぐり夢さぐりそんな辛(つら)い顔して 私を抱かないでよ 恋さぐり 夢さぐり 男と女 紅い葡萄の酒に 別れの香り ゆれて 誰も愛せない あなた以上は…  ふるえながら愛して すがりながら夢見て 泣く日から 始まるの 女はいつも… この部屋がとても好きよ いつもの言葉 欲しい 誰も愛せない あなた以上は…  分かっているわ あなた 何もかも まぼろし けれど愛せない あなた以上は…前川清嶺岸未来ニール・セダカそんな辛(つら)い顔して 私を抱かないでよ 恋さぐり 夢さぐり 男と女 紅い葡萄の酒に 別れの香り ゆれて 誰も愛せない あなた以上は…  ふるえながら愛して すがりながら夢見て 泣く日から 始まるの 女はいつも… この部屋がとても好きよ いつもの言葉 欲しい 誰も愛せない あなた以上は…  分かっているわ あなた 何もかも まぼろし けれど愛せない あなた以上は…
恋するお店盛り場地図で 場末のはずれ 見落としそうな ちいさな店よ 港で暮らす 荒くれたちを なじみの客に かれこれ四年 ぶしつけですが 案内状を 今日出しました 迷ったあげく 別れておいて 会いたいなんて いまさら言えた 義理ではないですが 私の生きざまを 女の生きざまを あなたにひと目 見てほしくって  時化(シケ)ともなれば 昼日なかから 酔いどれたちで にぎわう店よ 誰にも告げず 力も借りず 色気も売らず どうにか四年 いきなりですが 案内状を 今日出しました 本名書いて ひとりでいると 女の身には 泪のたねが いろいろありますが 私の生きざまを 女の生きざまを あなたにひと目 見てほしくって  身勝手ですが 案内状を 今日出しました 思いを込めて 昔のように 戻れるなんて いい気なことは 考えてませんが 私の生きざまを 女の生きざまを あなたにひと目 見てほしくって前川清千家和也伊藤薫盛り場地図で 場末のはずれ 見落としそうな ちいさな店よ 港で暮らす 荒くれたちを なじみの客に かれこれ四年 ぶしつけですが 案内状を 今日出しました 迷ったあげく 別れておいて 会いたいなんて いまさら言えた 義理ではないですが 私の生きざまを 女の生きざまを あなたにひと目 見てほしくって  時化(シケ)ともなれば 昼日なかから 酔いどれたちで にぎわう店よ 誰にも告げず 力も借りず 色気も売らず どうにか四年 いきなりですが 案内状を 今日出しました 本名書いて ひとりでいると 女の身には 泪のたねが いろいろありますが 私の生きざまを 女の生きざまを あなたにひと目 見てほしくって  身勝手ですが 案内状を 今日出しました 思いを込めて 昔のように 戻れるなんて いい気なことは 考えてませんが 私の生きざまを 女の生きざまを あなたにひと目 見てほしくって
恋未遂ねぇ心が忘れない そう あのときの夜明けを 指さえもふれない あなた憎みながら 吸い殻を数えて 悲しい気持ちに濡れた  恋未遂の傷あとだけ この胸に残したまま 時が過ぎて 色あせても まだ夢を見てる  だってまた逢いたい 信じているから 想い出の街を 離れられないの  ねぇ許してくれますか そう 急ぎすぎた愛を せめて一夜でもいい 抱いてくれと泣いた この腕をほどいて あなたは背中を向けた  恋未遂の赤い炎 幻にはできなくて いつかあなた 想うだけが 生きがいになるの  だってまた逢えるわ 運命の糸に もしかしてふたり 結ばれてるなら  だってまた逢いたい 信じているから 想い出の街を 離れられないの  だってまた逢いたい 信じているから 想い出の街を 離れられないの前川清及川眠子高橋ヒロ松永直樹ねぇ心が忘れない そう あのときの夜明けを 指さえもふれない あなた憎みながら 吸い殻を数えて 悲しい気持ちに濡れた  恋未遂の傷あとだけ この胸に残したまま 時が過ぎて 色あせても まだ夢を見てる  だってまた逢いたい 信じているから 想い出の街を 離れられないの  ねぇ許してくれますか そう 急ぎすぎた愛を せめて一夜でもいい 抱いてくれと泣いた この腕をほどいて あなたは背中を向けた  恋未遂の赤い炎 幻にはできなくて いつかあなた 想うだけが 生きがいになるの  だってまた逢えるわ 運命の糸に もしかしてふたり 結ばれてるなら  だってまた逢いたい 信じているから 想い出の街を 離れられないの  だってまた逢いたい 信じているから 想い出の街を 離れられないの
恋模様都会はいつも 行くひと来るひとの 港そのもの やすらぐ場所もない 傷ついて流されて 愛に生きられぬ 何処か私の やつれた旅路に なぜだか似てる 恋模様  降り立つ駅は 何年ぶりでしょう 汐の匂いに 目頭熱くなる 海峡の街を行く 旅のその先に ぬくもり運ぶ 春がありますか 見果てぬ夢の 恋模様  人生なんて 泣く時笑う時 時が過ぎれば 想い出に変わるの ハマナスの赤い花 心の窓から 遠くに咲いて 明日が見えます ひとりで描く 恋模様前川清坂口照幸弦哲也伊戸のりお都会はいつも 行くひと来るひとの 港そのもの やすらぐ場所もない 傷ついて流されて 愛に生きられぬ 何処か私の やつれた旅路に なぜだか似てる 恋模様  降り立つ駅は 何年ぶりでしょう 汐の匂いに 目頭熱くなる 海峡の街を行く 旅のその先に ぬくもり運ぶ 春がありますか 見果てぬ夢の 恋模様  人生なんて 泣く時笑う時 時が過ぎれば 想い出に変わるの ハマナスの赤い花 心の窓から 遠くに咲いて 明日が見えます ひとりで描く 恋模様
神戸トンネルをくぐりぬけ 降りたつ駅は ドラの音の 似合う街 少しだけ寂しい 想い出ばかり たどってみても 愛した人 別れた人 今… 神戸 叫んでも 届かぬ思い いつも見てた 灯かりさえも 見えなくて 神戸 変わり行く景色の中で 夢を ゆめを 探してる  風見鶏揺れている 夕暮れ時は 赤い靴 似合う街 少しだけ 悲しい 季節外れの 野路菊なのに 愛した人 別れた人 今… 神戸 消えそうな夢を 追いかけ 時を止めて あの頃へと 戻れたら 神戸 流れ行く景色の中で 心 こころ 探してる  神戸 流れ行く景色の中で 心 こころ 探してる前川清前川清都志見隆トンネルをくぐりぬけ 降りたつ駅は ドラの音の 似合う街 少しだけ寂しい 想い出ばかり たどってみても 愛した人 別れた人 今… 神戸 叫んでも 届かぬ思い いつも見てた 灯かりさえも 見えなくて 神戸 変わり行く景色の中で 夢を ゆめを 探してる  風見鶏揺れている 夕暮れ時は 赤い靴 似合う街 少しだけ 悲しい 季節外れの 野路菊なのに 愛した人 別れた人 今… 神戸 消えそうな夢を 追いかけ 時を止めて あの頃へと 戻れたら 神戸 流れ行く景色の中で 心 こころ 探してる  神戸 流れ行く景色の中で 心 こころ 探してる
心にくちづけてさみしくなると 電話してしまう 「いつもの店で八時に」 さらりと飲んで少し笑って 手を振りタクシーを拾う  少しだけ不幸でひとりで泣いてる そんな女のままだね 今夜もあの頃も  近すぎて遠すぎるふたり 時は戻せない 抱きしめてしまいたいけれど そっと心に くちづけて  悲しいときは逢わない方がいい いつもの店でひとりで さらりと飲んで溜め息すてて ざわめく街角を歩く  たよりない背中のほくろの場所さえ 今は思い出せなくて 夜空を見上げる  燃えそうで消えそうなふたり 今はこのままで 逢いたくてしかたない夜は せめて心に くちづけて  危なげで優しげなふたり ずっとこのままで 逢いたくてしかたない夜は せめて心に くちづけて前川清田久保真見網倉一也萩田光雄さみしくなると 電話してしまう 「いつもの店で八時に」 さらりと飲んで少し笑って 手を振りタクシーを拾う  少しだけ不幸でひとりで泣いてる そんな女のままだね 今夜もあの頃も  近すぎて遠すぎるふたり 時は戻せない 抱きしめてしまいたいけれど そっと心に くちづけて  悲しいときは逢わない方がいい いつもの店でひとりで さらりと飲んで溜め息すてて ざわめく街角を歩く  たよりない背中のほくろの場所さえ 今は思い出せなくて 夜空を見上げる  燃えそうで消えそうなふたり 今はこのままで 逢いたくてしかたない夜は せめて心に くちづけて  危なげで優しげなふたり ずっとこのままで 逢いたくてしかたない夜は せめて心に くちづけて
この愛に生きてあのひとを愛しては いけないと云われ 旅に出て忘れようと 悩んでもみたが 思いきれぬ恋よ 雨の街で人目しのんで 愛を告げたあとのしあわせ 許されぬ愛だから なおさらつのり 許されぬ愛だから ひとときに賭ける こみあげる涙  つかのまのしあわせが はかなくも過ぎて しのび寄る夜明けにも 悲しみがあふれ はなれられぬ恋よ 肩を抱いて心かよわせ つらい胸の中を忘れる 別れても別れても この愛に生きて 別れても別れても あきらめはしない かさね合う心  帰るひとを送る苦しさ だれに云えばいいと云うのか うしろ指さされても しのび逢う恋を うしろ指さされても あのひとのために この身まで捨てる前川清阿久悠彩木雅夫あのひとを愛しては いけないと云われ 旅に出て忘れようと 悩んでもみたが 思いきれぬ恋よ 雨の街で人目しのんで 愛を告げたあとのしあわせ 許されぬ愛だから なおさらつのり 許されぬ愛だから ひとときに賭ける こみあげる涙  つかのまのしあわせが はかなくも過ぎて しのび寄る夜明けにも 悲しみがあふれ はなれられぬ恋よ 肩を抱いて心かよわせ つらい胸の中を忘れる 別れても別れても この愛に生きて 別れても別れても あきらめはしない かさね合う心  帰るひとを送る苦しさ だれに云えばいいと云うのか うしろ指さされても しのび逢う恋を うしろ指さされても あのひとのために この身まで捨てる
最後の雨さよなら呟く君が 僕の傘 残して 駆けだしてゆく 哀しみ降り出す街中が 銀色に煙って 君だけ 消せない 最後の雨に 濡れないように 追い掛けて ただ 抱き寄せ 瞳閉じた 本気で忘れるくらいなら 泣けるほど愛したりしない 誰かに盗られるくらいなら 強く抱いて 君を壊したい  ほどいた髪を広げて 僕の夜 包んだ優しい人さ… 不安な波にさらわれる 砂の城 怖くて 誰かを求めたの? 強がりだけを 覚えさせたね 微笑みは もう 二人の夢を見ない 本気で忘れるくらいなら 泣けるほど愛したりしない さよならを言った唇も 僕のものさ 君を忘れない  明日の君を 救える愛は 僕じゃない でも このまま 見つめている 言葉に出来ないのが愛さ 言葉では君を繋げない 行き場ない愛がとまらない 傘を捨てて 雨を見上げてた  本気で忘れるくらいなら 泣けるほど愛したりしない 誰かに 盗られるくらいなら 強く抱いて 君を壊したい前川清夏目純都志見隆さよなら呟く君が 僕の傘 残して 駆けだしてゆく 哀しみ降り出す街中が 銀色に煙って 君だけ 消せない 最後の雨に 濡れないように 追い掛けて ただ 抱き寄せ 瞳閉じた 本気で忘れるくらいなら 泣けるほど愛したりしない 誰かに盗られるくらいなら 強く抱いて 君を壊したい  ほどいた髪を広げて 僕の夜 包んだ優しい人さ… 不安な波にさらわれる 砂の城 怖くて 誰かを求めたの? 強がりだけを 覚えさせたね 微笑みは もう 二人の夢を見ない 本気で忘れるくらいなら 泣けるほど愛したりしない さよならを言った唇も 僕のものさ 君を忘れない  明日の君を 救える愛は 僕じゃない でも このまま 見つめている 言葉に出来ないのが愛さ 言葉では君を繋げない 行き場ない愛がとまらない 傘を捨てて 雨を見上げてた  本気で忘れるくらいなら 泣けるほど愛したりしない 誰かに 盗られるくらいなら 強く抱いて 君を壊したい
櫻と雲と男は煤(すす)けた青春と 掴めぬ夢に挟(はさ)まれた 切ないだけの生き物と 本当は心で知っている 女は昨日も明日(あす)もなく 誰かにふれている時の 現実(いま)だけあれば倖(しあわ)せと 悲しいくらいに解ってる 男と女 どこか櫻の花に似て はらはら咲いて はらはら咲いて それを愛だと 信じてる  男は心に井戸があり 覗けば何も見えなくて 小石を落とす水音の 谺(こだま)の痛さを知っている 女は時間を止めたまま いつも生命(いのち)を引き換えに 母よりもっと美しい 自分の姿を宿してる 男と女 どこか霞(かす)んだ雲に似て ふわふわ流れ ふわふわ流れ それを愛だと 信じてる  男と女 どこか蛍の夢に似て ゆらゆら灯(とも)し ゆらゆら灯(とも)し それを愛だと 信じてる前川清荒木とよひさ都志見隆都志見隆男は煤(すす)けた青春と 掴めぬ夢に挟(はさ)まれた 切ないだけの生き物と 本当は心で知っている 女は昨日も明日(あす)もなく 誰かにふれている時の 現実(いま)だけあれば倖(しあわ)せと 悲しいくらいに解ってる 男と女 どこか櫻の花に似て はらはら咲いて はらはら咲いて それを愛だと 信じてる  男は心に井戸があり 覗けば何も見えなくて 小石を落とす水音の 谺(こだま)の痛さを知っている 女は時間を止めたまま いつも生命(いのち)を引き換えに 母よりもっと美しい 自分の姿を宿してる 男と女 どこか霞(かす)んだ雲に似て ふわふわ流れ ふわふわ流れ それを愛だと 信じてる  男と女 どこか蛍の夢に似て ゆらゆら灯(とも)し ゆらゆら灯(とも)し それを愛だと 信じてる
SuspicionEv'rytime you kiss me I'm still not certain that you love me Ev'ry time you hold me I'm still not certain that you care Though you keep on saying you really, really, really love me do you speak the same words To someone else when I'm not there  Suspicion torments my heart Suspicion keeps us apart Suspicion why torture me  Ev'rytime you call me and tell me we should meet tomorrow I can't help but think that you're meeting someone else tonight Why should our romance just keep on causing me such sorrow? Why am I so doubtful whenever you're out of sight?  Suspicion torments my heart Suspicion keeps us apart Suspicion why torture me  Darling, if you love me, I beg you wait a little longer Wait until I drive all these foolish fears out of my mind How I hope and pray that our love will keep on growing stronger Maybe I'm suspicious 'cause true love is so hard to find  Suspicion torments my heart Suspicion keeps us apart Suspicion why torture me前川清Doc Pomus・Mort ShumanDoc Pomus・Mort Shuman伊戸のりおEv'rytime you kiss me I'm still not certain that you love me Ev'ry time you hold me I'm still not certain that you care Though you keep on saying you really, really, really love me do you speak the same words To someone else when I'm not there  Suspicion torments my heart Suspicion keeps us apart Suspicion why torture me  Ev'rytime you call me and tell me we should meet tomorrow I can't help but think that you're meeting someone else tonight Why should our romance just keep on causing me such sorrow? Why am I so doubtful whenever you're out of sight?  Suspicion torments my heart Suspicion keeps us apart Suspicion why torture me  Darling, if you love me, I beg you wait a little longer Wait until I drive all these foolish fears out of my mind How I hope and pray that our love will keep on growing stronger Maybe I'm suspicious 'cause true love is so hard to find  Suspicion torments my heart Suspicion keeps us apart Suspicion why torture me
さようならの彼方へ振り返れば 翼の下で町の灯が 揺れて燃える この国をあとに  他国の人に まわり囲まれて 夜の国際線で ただひとり飛び立つの 愛に愛に 傷ついたふたりが 同じ場所に 住んじゃいけない  あなたの とめるその声が 指でふさぐ 耳にしのび込む I'll never fall in love again  ひとくちすする 熱い珈琲の 湯気が形をつくる 想い出のひとこまを 二度と二度と 逢うこともないでしょう 遥か下で 送るあなたに  今更 のぞくこの窓に 泣いてゆがむ 顔がうつってる I'll never fall in love again  別れたあとは 他人なんて嘘 肌を重ねた過去は いつまでもつきまとう 愛を愛を 失なった女は 消える他に 術がないのよ  あなたの 夢に目覚めれば 空が赤い やがて日が変わる I'll never fall in love again前川清千家和也筒美京平振り返れば 翼の下で町の灯が 揺れて燃える この国をあとに  他国の人に まわり囲まれて 夜の国際線で ただひとり飛び立つの 愛に愛に 傷ついたふたりが 同じ場所に 住んじゃいけない  あなたの とめるその声が 指でふさぐ 耳にしのび込む I'll never fall in love again  ひとくちすする 熱い珈琲の 湯気が形をつくる 想い出のひとこまを 二度と二度と 逢うこともないでしょう 遥か下で 送るあなたに  今更 のぞくこの窓に 泣いてゆがむ 顔がうつってる I'll never fall in love again  別れたあとは 他人なんて嘘 肌を重ねた過去は いつまでもつきまとう 愛を愛を 失なった女は 消える他に 術がないのよ  あなたの 夢に目覚めれば 空が赤い やがて日が変わる I'll never fall in love again
さよならさよならを するために あなたに 会いに来た その腕に 抱かれても 今夜のわたしは 乱れない 好きよ 好きよ 好きよ たまらなく だけど だけど ここで 別れてなきゃ 離れられなく なりそうで……… あなたには あなたには 守る人がいる わたしには わたしには 別れられない人がいる  それ以上 寄らないで わたしに 触れるほど 淋し気な 眼を向けて そんなにわたしを 見ないでよ つらく つらく つらく させないで 燃える 燃える 燃える 恋ごころ 押さえ切れなく なりそうで……… あなたには あなたには 守る人がいる わたしには わたしには 別れられない人がいる  あなたには あなたには 守る人がいる わたしには わたしには 別れられない人がいる前川清陣吾郎美樹克彦さよならを するために あなたに 会いに来た その腕に 抱かれても 今夜のわたしは 乱れない 好きよ 好きよ 好きよ たまらなく だけど だけど ここで 別れてなきゃ 離れられなく なりそうで……… あなたには あなたには 守る人がいる わたしには わたしには 別れられない人がいる  それ以上 寄らないで わたしに 触れるほど 淋し気な 眼を向けて そんなにわたしを 見ないでよ つらく つらく つらく させないで 燃える 燃える 燃える 恋ごころ 押さえ切れなく なりそうで……… あなたには あなたには 守る人がいる わたしには わたしには 別れられない人がいる  あなたには あなたには 守る人がいる わたしには わたしには 別れられない人がいる
SURFIN' U.S.AIf everybody had an ocean Across the U.S.A. Then everybody'd be surfin' Like Californi-a You'd see'em wearing their baggies Huarachi sandals too A bushy bushy blonde hairdo Surfin' U.S.A.  You'd catch 'em surfin' at Del Mar Ventura County line Santa Cruz and Trestle Australia's Narrabeen All over Manhattan And down Doheny Way  Everybody's gone surfin' Surfin' U.S.A.  We'll all be planning that route We're gonna take real soon We're waxing down our surfboards We can't wait for June We'll all be gone for the summer We're on surfari to stay Tell the teacher we're surfin' Surfin' U.S.A.  Haggerties and Swamies Pacific Palisades San Onofre and Sunset Redondo Beach L.A. All over La Jolla At Waimea Bay  Everybody's gone surfin' Surfin' U.S.A.  Everybody's gone surfin' Surfin' U.S.A.  Everybody's gone surfin' Surfin' U.S.A.  Everybody's gone surfin' Surfin' U.S.A.  Everybody's gone surfin' Surfin' U.S.A. 前川清Brian Wilson・Chuck BerryBrian Wilson・Chuck BerryIf everybody had an ocean Across the U.S.A. Then everybody'd be surfin' Like Californi-a You'd see'em wearing their baggies Huarachi sandals too A bushy bushy blonde hairdo Surfin' U.S.A.  You'd catch 'em surfin' at Del Mar Ventura County line Santa Cruz and Trestle Australia's Narrabeen All over Manhattan And down Doheny Way  Everybody's gone surfin' Surfin' U.S.A.  We'll all be planning that route We're gonna take real soon We're waxing down our surfboards We can't wait for June We'll all be gone for the summer We're on surfari to stay Tell the teacher we're surfin' Surfin' U.S.A.  Haggerties and Swamies Pacific Palisades San Onofre and Sunset Redondo Beach L.A. All over La Jolla At Waimea Bay  Everybody's gone surfin' Surfin' U.S.A.  Everybody's gone surfin' Surfin' U.S.A.  Everybody's gone surfin' Surfin' U.S.A.  Everybody's gone surfin' Surfin' U.S.A.  Everybody's gone surfin' Surfin' U.S.A. 
SURF CITYTwo girls for every boy  I bought a '30 Ford wagon and we call it a woody (Surf City, here we come) You know it's not very cherry, it's an oldie but a goody (Surf City, here we come) Well, it ain't got a back seat or a rear window But it still gets me where I wanna go  Yeah, we're goin' to Surf City, 'cause it's two to one You know we're goin' to Surf City, gonna have some fun You know we're goin' to Surf City, 'cause it's two to one You know we're goin' to Surf City, gonna have some fun, now Two girls for every boy  They say they never roll the streets up 'cause there's always somethin' goin' (Surf City, here we come) You know they're either out surfin' or they got a party growin' (Surf City, here we come) Well, with two swingin' honeys for every guy And all you gotta do is just wink your eye  And we're goin' to Surf City, gonna have some fun, now goin' to Surf City, 'cause it's two to one You know we're goin' to Surf City, gonna have some fun You know we're goin' to Surf City, 'cause it's two to one, now Two girls for every boy  And if my woody breaks down on me somewhere on the surf route (Surf City, here we come) I'll strap my board to my back and hitch a ride in my wetsuit (Surf City, here we come) And when I get to Surf City I'll be shootin' the curl And checkin' out the parties for a surfer girl  Yeah, we're goin' to Surf City, 'cause it's two to one You know we're goin' to Surf City, gonna have some fun You know we're goin' to Surf City, 'cause it's two to one You know we're goin' to Surf City, gonna have some fun, now Two girls for every Two airls for everv boy前川清Berry Jan・Brian WilsonBerry Jan・Brian WilsonTwo girls for every boy  I bought a '30 Ford wagon and we call it a woody (Surf City, here we come) You know it's not very cherry, it's an oldie but a goody (Surf City, here we come) Well, it ain't got a back seat or a rear window But it still gets me where I wanna go  Yeah, we're goin' to Surf City, 'cause it's two to one You know we're goin' to Surf City, gonna have some fun You know we're goin' to Surf City, 'cause it's two to one You know we're goin' to Surf City, gonna have some fun, now Two girls for every boy  They say they never roll the streets up 'cause there's always somethin' goin' (Surf City, here we come) You know they're either out surfin' or they got a party growin' (Surf City, here we come) Well, with two swingin' honeys for every guy And all you gotta do is just wink your eye  And we're goin' to Surf City, gonna have some fun, now goin' to Surf City, 'cause it's two to one You know we're goin' to Surf City, gonna have some fun You know we're goin' to Surf City, 'cause it's two to one, now Two girls for every boy  And if my woody breaks down on me somewhere on the surf route (Surf City, here we come) I'll strap my board to my back and hitch a ride in my wetsuit (Surf City, here we come) And when I get to Surf City I'll be shootin' the curl And checkin' out the parties for a surfer girl  Yeah, we're goin' to Surf City, 'cause it's two to one You know we're goin' to Surf City, gonna have some fun You know we're goin' to Surf City, 'cause it's two to one You know we're goin' to Surf City, gonna have some fun, now Two girls for every Two airls for everv boy
The Loco-motionEverybody's doin' a brand new dance now, (C'mon baby, do the Locomotion) I know you'll get to like it if you give it a chance now. (C'mon baby, do the Locomotion)  My little baby sister can do it with ease, It's easier than learnin' you're A-B-C's. So come on, come on, do the Locomotion with me.  You gotta swing your hips now. Come on, baby, jump up, jump back. Oh, well, I think you got the knack.  Now that you can do it, let's make a chain now. (C'mon, baby, do the Locomotion) A chug-a chug-a motion like a railroad train now. (C'mon, baby, do the Locomotion)  Do it nice and easy now, and don't lose control, A little bit of rhythm and a lot of soul. Come on, come on, do the Locomotion with me.  Move around the floor in a locomotion (C'mon, baby, do the Locomotion) Do it holdin' hands if you get the notion (C'mon, baby, do the Locomotion)  There's never been a dance that's so easy to do. It even makes you happy when you're feeling blue, Come on, come on, do the Locomotion with me. The Locomotion with me. The Locomotion with me.前川清Gerry Goffin・Carole KingGerry Goffin・Carole KingEverybody's doin' a brand new dance now, (C'mon baby, do the Locomotion) I know you'll get to like it if you give it a chance now. (C'mon baby, do the Locomotion)  My little baby sister can do it with ease, It's easier than learnin' you're A-B-C's. So come on, come on, do the Locomotion with me.  You gotta swing your hips now. Come on, baby, jump up, jump back. Oh, well, I think you got the knack.  Now that you can do it, let's make a chain now. (C'mon, baby, do the Locomotion) A chug-a chug-a motion like a railroad train now. (C'mon, baby, do the Locomotion)  Do it nice and easy now, and don't lose control, A little bit of rhythm and a lot of soul. Come on, come on, do the Locomotion with me.  Move around the floor in a locomotion (C'mon, baby, do the Locomotion) Do it holdin' hands if you get the notion (C'mon, baby, do the Locomotion)  There's never been a dance that's so easy to do. It even makes you happy when you're feeling blue, Come on, come on, do the Locomotion with me. The Locomotion with me. The Locomotion with me.
倖せの背中他人(ひと)を妬(ねた)まず そして他人(ひと)を羨(うらや)まず 今日まで君とふたり 歩いて来たけれど 花束(はな)のひとつも 贈ることもしない そんな男の 生き方だったから 近道の人生より 遠回りしてる恋を 君と…もう一度  明日(ゆめ)を急がず そして明日(ゆめ)を諦(あきら)めず 心を君と重ね 暮らせる喜びと そんな気持ちを 言葉には出来ない 古い男の 背中のままだから 手でふれる倖せより 温めあってる恋を 君と…もう一度  花束(はな)のひとつも 贈ることもしない そんな男の 生き方だったから 近道の人生より 遠回りしてる恋を 君と…もう一度前川清荒木とよひさ弦哲也伊戸のりお他人(ひと)を妬(ねた)まず そして他人(ひと)を羨(うらや)まず 今日まで君とふたり 歩いて来たけれど 花束(はな)のひとつも 贈ることもしない そんな男の 生き方だったから 近道の人生より 遠回りしてる恋を 君と…もう一度  明日(ゆめ)を急がず そして明日(ゆめ)を諦(あきら)めず 心を君と重ね 暮らせる喜びと そんな気持ちを 言葉には出来ない 古い男の 背中のままだから 手でふれる倖せより 温めあってる恋を 君と…もう一度  花束(はな)のひとつも 贈ることもしない そんな男の 生き方だったから 近道の人生より 遠回りしてる恋を 君と…もう一度
倖せの約束 -男のありがとう-君とめぐり逢えたことは 奇跡じゃなく人生 倖せの約束 してたはず 白い薬指に そして時は急ぎ足で 想い出ふやすけれども 微笑を投げる 君の美しさ 今も今も変わらない ありがとう…言葉で言えば 消えそうだから 言おうかな よそうかな 本当はいつも… 一杯目は 今日の日に 二杯目は 人生に 三杯目は 君だけに 男のありがとう  そして時を少し止めて ふたりの時間ゆらせば 愛よりも深い 君の愛おしさ 今も今も変わらない ありがとう…背中に言えば 照れそうだから 言おうかな よそうかな 本当はいつも… 一杯目は 想い出に 二杯目は 明日の日に 三杯目は 君だけに 男のありがとう  一杯目は 今日の日に 二杯目は 人生に 三杯目は 君だけに 男のありがとう  男のありがとう前川清荒木とよひさ谷本新谷本新君とめぐり逢えたことは 奇跡じゃなく人生 倖せの約束 してたはず 白い薬指に そして時は急ぎ足で 想い出ふやすけれども 微笑を投げる 君の美しさ 今も今も変わらない ありがとう…言葉で言えば 消えそうだから 言おうかな よそうかな 本当はいつも… 一杯目は 今日の日に 二杯目は 人生に 三杯目は 君だけに 男のありがとう  そして時を少し止めて ふたりの時間ゆらせば 愛よりも深い 君の愛おしさ 今も今も変わらない ありがとう…背中に言えば 照れそうだから 言おうかな よそうかな 本当はいつも… 一杯目は 想い出に 二杯目は 明日の日に 三杯目は 君だけに 男のありがとう  一杯目は 今日の日に 二杯目は 人生に 三杯目は 君だけに 男のありがとう  男のありがとう
しばらくはここにいよう誰にも話せない 静かな恋が終って 人には愚かに見えただろう それでも恋しい 夕暮れの駅で 君が歩いてた 声をかけようか 長い黒髪に もう一人の影 君が笑ってる あの頃と同じで まぶしい 秋は忍びより しばらくはここにいよう  元気にしていたね 髪も長いままだね 誰より君が好きだった いまでも恋しい 最後の手紙は 元気ですからと あとで聞いたんだ 泣いてやつれたと しあわせそうだね えくぼが見えてた あの頃と同じで まぶしい 雨になりそうだ しばらくはここにいよう  夕暮れの駅で 君が歩いてた 声をかけようか 長い黒髪に もう一人の影 君が笑ってる あの頃と同じで まぶしい 秋は忍びより しばらくはここにいよう前川清伊集院静都志見隆萩田光雄誰にも話せない 静かな恋が終って 人には愚かに見えただろう それでも恋しい 夕暮れの駅で 君が歩いてた 声をかけようか 長い黒髪に もう一人の影 君が笑ってる あの頃と同じで まぶしい 秋は忍びより しばらくはここにいよう  元気にしていたね 髪も長いままだね 誰より君が好きだった いまでも恋しい 最後の手紙は 元気ですからと あとで聞いたんだ 泣いてやつれたと しあわせそうだね えくぼが見えてた あの頃と同じで まぶしい 雨になりそうだ しばらくはここにいよう  夕暮れの駅で 君が歩いてた 声をかけようか 長い黒髪に もう一人の影 君が笑ってる あの頃と同じで まぶしい 秋は忍びより しばらくはここにいよう
終着駅 長崎終着駅 長崎 嘘をつかれたことよりも 約束を忘れられたことが 少し悲しい  紫陽花の花言葉は 移り気な心と聞いた 雨に打たれ 石畳に それでもより添う その花 坂道いつも 坂道ずっと 子供の頃から そうだった 終着駅 長崎 また ふりだしに戻る  終着駅 長崎 港を出るよその国の 白い船の汽笛が今夜も 少し哀しい  町灯かりが美しいと あなたが言ったことがある その灯かりのひとつひとつ 密んだ悲しみ知りもせず はずれくじ はずれくじ 子供の頃から そうだった 終着駅 長崎 だから ふりだしに戻る  終着駅 長崎 嘘をつかれたことよりも 約束を忘れられたことが 少し悲しい前川清さだまさしさだまさし終着駅 長崎 嘘をつかれたことよりも 約束を忘れられたことが 少し悲しい  紫陽花の花言葉は 移り気な心と聞いた 雨に打たれ 石畳に それでもより添う その花 坂道いつも 坂道ずっと 子供の頃から そうだった 終着駅 長崎 また ふりだしに戻る  終着駅 長崎 港を出るよその国の 白い船の汽笛が今夜も 少し哀しい  町灯かりが美しいと あなたが言ったことがある その灯かりのひとつひとつ 密んだ悲しみ知りもせず はずれくじ はずれくじ 子供の頃から そうだった 終着駅 長崎 だから ふりだしに戻る  終着駅 長崎 嘘をつかれたことよりも 約束を忘れられたことが 少し悲しい
修羅シュシュシュ!大人になんてなれないまま 大人になってしまったな みんな多分そんな感じだろ? 修業は永遠に続くみたい 逆上がりは もう無理だけどね  修羅シュシュシュ 修羅シュシュシュ アスファルトをスキップして Wow Wow in the sky 青い春、春、春、どこまでも海原は続くよ修羅シュシュシュ! 修羅シュシュシュ!  子どもになんて戻れなくていい 今回はこの僕でよろしくな みんな多分そんな感じだろ? 後悔が咲かせる花もある おまじない 今でも効いているぜ  修羅シュシュシュ 修羅シュシュシュ 明日ファイトでジャンプしよう Wow Wow with me 青い春、春、春、どこまでも線路は続くよ修羅シュシュシュ!  頑張って生きてきた君に 花丸あげよう 適当に時代にふりまわされ 適当に幸せでいてくれ 適当に…適当に…思い出すから  修羅シュシュシュ 修羅シュシュシュ アスファルトをスキップして つまずいて 修羅シュシュシュ 修羅シュシュシュ 明日ファイトでジャンプして 尻もち 青い春、夏、秋 どこまでも海原続くよ修羅シュシュシュ! 修羅シュシュシュ!修羅シュシュシュ!  大人になんてなれないまま 大人になってしまったな前川清高橋久美子水野良樹川村栄二大人になんてなれないまま 大人になってしまったな みんな多分そんな感じだろ? 修業は永遠に続くみたい 逆上がりは もう無理だけどね  修羅シュシュシュ 修羅シュシュシュ アスファルトをスキップして Wow Wow in the sky 青い春、春、春、どこまでも海原は続くよ修羅シュシュシュ! 修羅シュシュシュ!  子どもになんて戻れなくていい 今回はこの僕でよろしくな みんな多分そんな感じだろ? 後悔が咲かせる花もある おまじない 今でも効いているぜ  修羅シュシュシュ 修羅シュシュシュ 明日ファイトでジャンプしよう Wow Wow with me 青い春、春、春、どこまでも線路は続くよ修羅シュシュシュ!  頑張って生きてきた君に 花丸あげよう 適当に時代にふりまわされ 適当に幸せでいてくれ 適当に…適当に…思い出すから  修羅シュシュシュ 修羅シュシュシュ アスファルトをスキップして つまずいて 修羅シュシュシュ 修羅シュシュシュ 明日ファイトでジャンプして 尻もち 青い春、夏、秋 どこまでも海原続くよ修羅シュシュシュ! 修羅シュシュシュ!修羅シュシュシュ!  大人になんてなれないまま 大人になってしまったな
昭和から電話のダイヤル回す指が震えた 声を聞くだけで幸せだった 駅の伝言板に君の名前を書いた 君はやがてそこにサヨナラと書いた あの日貧しかったけど諦めなかった あの頃夢は次々と生まれては消えてった 僕は昭和から来て 今未来にたどり着いた まだ終わらない物語を も少し読んでみようか  手紙の下書き書いては消して 出せないまんまちぎって捨てた 原っぱに仲間とごろりと寝転んで 星を見てたら涙がこぼれた 苦しかったけど自分を捨てずに済んだ 誰かがそっと遠くで支えてくれてた 僕は昭和から来て 今未来を生きているんだ 故郷行きの夜汽車は消えて ああ故郷がほどけてゆく  亡き友の懐かしい声が聞こえる まあお前は慌てず急がずのんびり来いと 僕は令和まで来て まだ少し未来があるようだ お前の分まで生きてやるよと 一人で酒を酌む お前の分まで生きてやるよと 二人で酒を酌む前川清さだまさしさだまさし坂本昌之電話のダイヤル回す指が震えた 声を聞くだけで幸せだった 駅の伝言板に君の名前を書いた 君はやがてそこにサヨナラと書いた あの日貧しかったけど諦めなかった あの頃夢は次々と生まれては消えてった 僕は昭和から来て 今未来にたどり着いた まだ終わらない物語を も少し読んでみようか  手紙の下書き書いては消して 出せないまんまちぎって捨てた 原っぱに仲間とごろりと寝転んで 星を見てたら涙がこぼれた 苦しかったけど自分を捨てずに済んだ 誰かがそっと遠くで支えてくれてた 僕は昭和から来て 今未来を生きているんだ 故郷行きの夜汽車は消えて ああ故郷がほどけてゆく  亡き友の懐かしい声が聞こえる まあお前は慌てず急がずのんびり来いと 僕は令和まで来て まだ少し未来があるようだ お前の分まで生きてやるよと 一人で酒を酌む お前の分まで生きてやるよと 二人で酒を酌む
CI.008便目覚めるとひとりの朝 時計の文字が霞む テーブルに長く伸びて glass 突き射す 日差し 言い争った あとのすがしさ感じていた 羽田発の国際線で 行ってしまったお前の うしろ姿に謝ること できなかったけど  くやしさがホノルルまで つきまとうくらいなら 夕暮れを涙で溶き すぐに帰っておいで そしてほほでも ぶっていいから 気がすむまで さよならは流れる星くず 一度なくしたお前を こんな愛しい気持のまま 迎えてみたくて 迎えてみたくて前川清伊勢正三水谷公生目覚めるとひとりの朝 時計の文字が霞む テーブルに長く伸びて glass 突き射す 日差し 言い争った あとのすがしさ感じていた 羽田発の国際線で 行ってしまったお前の うしろ姿に謝ること できなかったけど  くやしさがホノルルまで つきまとうくらいなら 夕暮れを涙で溶き すぐに帰っておいで そしてほほでも ぶっていいから 気がすむまで さよならは流れる星くず 一度なくしたお前を こんな愛しい気持のまま 迎えてみたくて 迎えてみたくて
SEA SIDE WOMAN BLUES惚れてフラれた女性(ひと)の名を 酔ったフリして呼んでみた あの日から大人になれなくて 独り身じゃ眠れない  夏の終わりと知りながら 逢えば浮世(うきよ)の恋塒(こいねぐら) 情けない男と言われても 振り返る渚橋  悲しくて酔えないこともある 涙を浮かべた水割りのせいだよ 今宵こそ濡れたい雨の中 口づけを交わした傘は無く ひとり泣いた 嗚呼 夜です  “愛”という字は真心(まごころ)で “恋”という字にゃ下心(したごころ) 江ノ島に明かりが灯(とも)る頃 艶(いろ)づくは片瀬川  やるせない今宵の南風 あの日と同(おんな)じ波音のせいだよ 夏の夜の花火と消えたのは 黄昏(たそがれ)という名の月明かり 君を抱いた 嗚呼 夜です  悲しくて酔えないこともある 涙を浮かべた水割りのせいだよ 今宵こそ濡れたい雨の中 口づけを交わした傘は無く ひとり泣いた 嗚呼 夜です 君がいない 嗚呼 海です前川清桑田佳祐桑田佳祐斎藤誠惚れてフラれた女性(ひと)の名を 酔ったフリして呼んでみた あの日から大人になれなくて 独り身じゃ眠れない  夏の終わりと知りながら 逢えば浮世(うきよ)の恋塒(こいねぐら) 情けない男と言われても 振り返る渚橋  悲しくて酔えないこともある 涙を浮かべた水割りのせいだよ 今宵こそ濡れたい雨の中 口づけを交わした傘は無く ひとり泣いた 嗚呼 夜です  “愛”という字は真心(まごころ)で “恋”という字にゃ下心(したごころ) 江ノ島に明かりが灯(とも)る頃 艶(いろ)づくは片瀬川  やるせない今宵の南風 あの日と同(おんな)じ波音のせいだよ 夏の夜の花火と消えたのは 黄昏(たそがれ)という名の月明かり 君を抱いた 嗚呼 夜です  悲しくて酔えないこともある 涙を浮かべた水割りのせいだよ 今宵こそ濡れたい雨の中 口づけを交わした傘は無く ひとり泣いた 嗚呼 夜です 君がいない 嗚呼 海です
人生の小瓶 -OH MY LOVELY DAY-大人になるというのは 何かを忘れること 出せなかったラブレター 夢のようににじむ あなたが 誰より好きだった 何度も駅に行って一人 泣いてた  青いインクの小瓶に 言えなかった言葉がにじむ あの日の二人に 手紙を書きましょう  春の岬を飛び交う 二人 カモメのように 何度も寄りそっていた 見つめ合って揺れた 時間が永遠(とわ)に思えたわ すべてを投げ出せる勇気が なかった  人は悔やみを抱きしめて 生きて行くものなの あなた 一人いる場所に 手紙を出しましょう  ああ 今日もまた 人生は (OH MY LOVELY DAY) ああ くり返す 素敵よね (OH MY LOVELY DAY)  青いインクの小瓶に 言えなかった言葉がにじむ あの日の二人に 手紙を書きましょう ときめきの予感に 手紙を出しましょう前川清伊集院静都志見隆都志見隆大人になるというのは 何かを忘れること 出せなかったラブレター 夢のようににじむ あなたが 誰より好きだった 何度も駅に行って一人 泣いてた  青いインクの小瓶に 言えなかった言葉がにじむ あの日の二人に 手紙を書きましょう  春の岬を飛び交う 二人 カモメのように 何度も寄りそっていた 見つめ合って揺れた 時間が永遠(とわ)に思えたわ すべてを投げ出せる勇気が なかった  人は悔やみを抱きしめて 生きて行くものなの あなた 一人いる場所に 手紙を出しましょう  ああ 今日もまた 人生は (OH MY LOVELY DAY) ああ くり返す 素敵よね (OH MY LOVELY DAY)  青いインクの小瓶に 言えなかった言葉がにじむ あの日の二人に 手紙を書きましょう ときめきの予感に 手紙を出しましょう
ステキで悲しいそして愛は愛のままで 消えていくの ステキで悲しい 軽くなった こころ抱いて ひとりきり 泣いて 泣いて 泣いて さよなら  言わない約束でしょう「ごめん」なんてもう馬鹿にしないで ふたり 決めた終幕(おわかれ)あなたとちゃんと演じきりたいの くちびるが離れるとき ほほえんで もう一度 おもいでになるその前に  そして愛は愛のままで 消えていくの ステキで悲しい 軽くなった こころ抱いて ひとりきり 泣いて 泣いて 泣いて さよなら  夢でも会いたくないの まぼろしに 甘えてしまうから でもね 忘れはしない それだけの恋だったから 寒空に身をゆだねて すこしだけ 震えたい ひとりに慣れてしまう前に  月をながめつぶやいたの あなたの名を 白い息揺れる これが最後 もう呼ばない ひとりきり 泣いて 泣いて 泣いて さよなら  わたしも愛しさ いま越えてしまうわ 愛していた こんな恋は二度とないと わかっていたけど 振り向いたら 壊れそうで さびしさを 越えて 越えて 越えて  そして愛は愛のままで 消えていくの ステキで悲しい 軽くなった こころ抱いて ひとりきり 泣いて 泣いて 泣いて さよなら前川清水野良樹水野良樹川村栄二そして愛は愛のままで 消えていくの ステキで悲しい 軽くなった こころ抱いて ひとりきり 泣いて 泣いて 泣いて さよなら  言わない約束でしょう「ごめん」なんてもう馬鹿にしないで ふたり 決めた終幕(おわかれ)あなたとちゃんと演じきりたいの くちびるが離れるとき ほほえんで もう一度 おもいでになるその前に  そして愛は愛のままで 消えていくの ステキで悲しい 軽くなった こころ抱いて ひとりきり 泣いて 泣いて 泣いて さよなら  夢でも会いたくないの まぼろしに 甘えてしまうから でもね 忘れはしない それだけの恋だったから 寒空に身をゆだねて すこしだけ 震えたい ひとりに慣れてしまう前に  月をながめつぶやいたの あなたの名を 白い息揺れる これが最後 もう呼ばない ひとりきり 泣いて 泣いて 泣いて さよなら  わたしも愛しさ いま越えてしまうわ 愛していた こんな恋は二度とないと わかっていたけど 振り向いたら 壊れそうで さびしさを 越えて 越えて 越えて  そして愛は愛のままで 消えていくの ステキで悲しい 軽くなった こころ抱いて ひとりきり 泣いて 泣いて 泣いて さよなら
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
SPEEDY GONZALESIt was a moonlit night in old Mexico. I walked alone between some old Adobe haciendas. Suddenly, I heard the plaintive cry of a young Mexican girl.  You better come home, Speedy Gonzales Away from tannery row Stop alla your a-drinkin' With that floozie named Flo Come on home to your adobe And slap some mud on the wall The roof is leakin' like a strainer There's loadsa roaches in the hall  Speedy Gonzales, why don't cha come home? Speedy Gonzales, how come ya leave me all alone?  “Hey, Rosita-I hafta go shopping downtown For my mudder-she needs some tortillas and chili peppers.”  Your doggy's gonna have a puppy And we're runnin' outta coke No enchiladas in the icebox And the television's broke I saw some lipstick on your sweatshirt I smelled some perfume in your ear Well if you're gonna keep on messin' Don't bring your business back a-here  Mmm, Speedy Gonzales, why don't cha come home? Oh, Speedy Gonzales, how come ya leave me all alone?  “Hey, Rosita-come queek-down at the cantina They giving green stamps with tequila!!”前川清David Hess・Buddy Kaye・Ethel LeeDavid Hess・Buddy Kaye・Ethel LeeIt was a moonlit night in old Mexico. I walked alone between some old Adobe haciendas. Suddenly, I heard the plaintive cry of a young Mexican girl.  You better come home, Speedy Gonzales Away from tannery row Stop alla your a-drinkin' With that floozie named Flo Come on home to your adobe And slap some mud on the wall The roof is leakin' like a strainer There's loadsa roaches in the hall  Speedy Gonzales, why don't cha come home? Speedy Gonzales, how come ya leave me all alone?  “Hey, Rosita-I hafta go shopping downtown For my mudder-she needs some tortillas and chili peppers.”  Your doggy's gonna have a puppy And we're runnin' outta coke No enchiladas in the icebox And the television's broke I saw some lipstick on your sweatshirt I smelled some perfume in your ear Well if you're gonna keep on messin' Don't bring your business back a-here  Mmm, Speedy Gonzales, why don't cha come home? Oh, Speedy Gonzales, how come ya leave me all alone?  “Hey, Rosita-come queek-down at the cantina They giving green stamps with tequila!!”
Smile ~ほゝえみ~昨日と今日と そして明日と 人生は三つの きっと繰り返し この世に生まれ この世の続き 愛する人の そばに居れるなら 倖せの近道を 探すよりも 愛おしい心を 見つめるだけでいい Smile for You 輝いて Smile for You ときめいて 微笑はバラより もっと美しい  出逢いと別れ そして想い出 人生は切なさ きっと抱いている もどれぬ過去に 傷ついていたら 隣りでいつも 聞いてあげるから 悲しみの忘れ方 急ぐよりも もとめあう指先が ふれるだけでいい Smile for You 輝いて Smile for You ときめいて 微笑はバラより もっと美しい  Smile for You 輝いて Smile for You ときめいて 微笑はバラより もっと美しい もっと美しい前川清荒木とよひさ都志見隆川村栄二昨日と今日と そして明日と 人生は三つの きっと繰り返し この世に生まれ この世の続き 愛する人の そばに居れるなら 倖せの近道を 探すよりも 愛おしい心を 見つめるだけでいい Smile for You 輝いて Smile for You ときめいて 微笑はバラより もっと美しい  出逢いと別れ そして想い出 人生は切なさ きっと抱いている もどれぬ過去に 傷ついていたら 隣りでいつも 聞いてあげるから 悲しみの忘れ方 急ぐよりも もとめあう指先が ふれるだけでいい Smile for You 輝いて Smile for You ときめいて 微笑はバラより もっと美しい  Smile for You 輝いて Smile for You ときめいて 微笑はバラより もっと美しい もっと美しい
せめて今夜だけはせめて今夜だけは 酔ったふりをして 貴方に抱かれる夢を見ながら眠らせて  忘れたはずの恋なのに 見果てぬ夢に酔いしれて 許されない二人のままで 重ねすぎた思い出の日々 もうこれで最後の夜 誰のせいでもないけど  せめて今夜だけは 酔ったふりをして 貴方に抱かれる夢を見ながら眠らせて  悲しい朝が来る前に 気付かぬ様に出ていって あなたの胸のぬくもりだけは いつまでも忘れないわ もう二度と逢えないの 時に流されて行くだけ  せめて今夜だけは 酔ったふりをして 貴方に抱かれる夢を見ながら眠らせて  せめて今夜だけは 酔ったふりをして 貴方に抱かれる夢を見ながら眠らせて前川清伊勢正三脇山和夫萩田光雄せめて今夜だけは 酔ったふりをして 貴方に抱かれる夢を見ながら眠らせて  忘れたはずの恋なのに 見果てぬ夢に酔いしれて 許されない二人のままで 重ねすぎた思い出の日々 もうこれで最後の夜 誰のせいでもないけど  せめて今夜だけは 酔ったふりをして 貴方に抱かれる夢を見ながら眠らせて  悲しい朝が来る前に 気付かぬ様に出ていって あなたの胸のぬくもりだけは いつまでも忘れないわ もう二度と逢えないの 時に流されて行くだけ  せめて今夜だけは 酔ったふりをして 貴方に抱かれる夢を見ながら眠らせて  せめて今夜だけは 酔ったふりをして 貴方に抱かれる夢を見ながら眠らせて
そして、神戸GOLD LYLIC神戸 泣いて どうなるのか 捨てられた我身が みじめになるだけ 神戸 船の灯うつす 濁り水の中に 靴を投げ落す そして ひとつが 終わり そして ひとつが 生まれ 夢の続き 見せてくれる 相手 捜すのよ  神戸 呼んで帰る人か 傷ついた心が みにくくなるだけ 神戸 無理に足を運び 眼についた名もない 花を踏みにじる そして ひとつが 終わり そして ひとつが 生まれ 誰か うまい 嘘のつける 相手 捜すのよ  誰か うまい 嘘のつける 相手 捜すのよGOLD LYLIC前川清千家和也浜圭介神戸 泣いて どうなるのか 捨てられた我身が みじめになるだけ 神戸 船の灯うつす 濁り水の中に 靴を投げ落す そして ひとつが 終わり そして ひとつが 生まれ 夢の続き 見せてくれる 相手 捜すのよ  神戸 呼んで帰る人か 傷ついた心が みにくくなるだけ 神戸 無理に足を運び 眼についた名もない 花を踏みにじる そして ひとつが 終わり そして ひとつが 生まれ 誰か うまい 嘘のつける 相手 捜すのよ  誰か うまい 嘘のつける 相手 捜すのよ
それは、ラララ。愛しているとか 好きだとか 言われたことって あったっけ 遠い思い出 訪ねても いまさら あなたに 尋ねても 照れた笑顔が 見えるだけ ラララ ララララ ラララララ きっと別れる やつらだと ずっと 何度も 言われてた だけどかな だからかな いつも なんだか おもしろかった  横顔だけなら よく見てた 好きなことだけ してたよね やさしい言葉 いりません ほんとの やさしさ 知ってるし 長い時間を つきあった ラララ ララララ ラララララ どうせ続かぬ ふたりだと ずっと 何度も 言われてた だけどかな だからかな けんか してても にくめなかった  心配かけたし かけられた 憎らしかったよ あの背中 たまにつないだ 手もあった 憶えてないなら それでいい みんな忘れた ことにする ラララ ララララ ラララララ きっと別れる やつらだと ずっと 何度も 言われてた だけどかな だからかな いつもなんだか おもしろかった前川清糸井重里酒井省吾酒井省吾愛しているとか 好きだとか 言われたことって あったっけ 遠い思い出 訪ねても いまさら あなたに 尋ねても 照れた笑顔が 見えるだけ ラララ ララララ ラララララ きっと別れる やつらだと ずっと 何度も 言われてた だけどかな だからかな いつも なんだか おもしろかった  横顔だけなら よく見てた 好きなことだけ してたよね やさしい言葉 いりません ほんとの やさしさ 知ってるし 長い時間を つきあった ラララ ララララ ラララララ どうせ続かぬ ふたりだと ずっと 何度も 言われてた だけどかな だからかな けんか してても にくめなかった  心配かけたし かけられた 憎らしかったよ あの背中 たまにつないだ 手もあった 憶えてないなら それでいい みんな忘れた ことにする ラララ ララララ ラララララ きっと別れる やつらだと ずっと 何度も 言われてた だけどかな だからかな いつもなんだか おもしろかった
黄昏の匂いあなたの愛は ときめく匂い 逢えるその日は 窓辺(まど)に花を置き うれしい心と ざわつく身体が 時間を急いで おさえ切れない 倖せなんかほんの 少しでいい 死ぬまであなただけを 好きでいたら そんな人生も 私だけのもの いつも遠くの 人でいいから  あなたの過去は 涙の匂い ちがう誰かの 影が見えるから 嫌いなあしたと 恋しい夕暮れ 靴音それだけ 連れて帰って 泣きだすくらい すぐに抱かれたくて 何度も服を着換え 口紅(べに)を選ぶ 綺麗じゃないけど 最後の人なら せめて小さな 夢でいいから  倖せなんかほんの 少しでいい 死ぬまであなただけを 好きでいたら そんな人生も 私だけのもの いつも遠くの 人でいいから前川清荒木とよひさ都志見隆伊戸のりおあなたの愛は ときめく匂い 逢えるその日は 窓辺(まど)に花を置き うれしい心と ざわつく身体が 時間を急いで おさえ切れない 倖せなんかほんの 少しでいい 死ぬまであなただけを 好きでいたら そんな人生も 私だけのもの いつも遠くの 人でいいから  あなたの過去は 涙の匂い ちがう誰かの 影が見えるから 嫌いなあしたと 恋しい夕暮れ 靴音それだけ 連れて帰って 泣きだすくらい すぐに抱かれたくて 何度も服を着換え 口紅(べに)を選ぶ 綺麗じゃないけど 最後の人なら せめて小さな 夢でいいから  倖せなんかほんの 少しでいい 死ぬまであなただけを 好きでいたら そんな人生も 私だけのもの いつも遠くの 人でいいから
Diana君は僕より年上と まわりの人は言うけれど なんてったって構わない 僕は君に首ったけ 死んでも君を はなさない 地獄の底まで ついていく Oh, please stay by me, Diana  君に抱かれているときが Oh, my darling you're the most I love you, but do you love me? Oh, Diana わかるかい? 僕は君が好きなんだ 本当に うんと好きなんだ Oh, please stay by me, Diana  Oh, my darling, oh my lover 誰もいないと言ってくれ I love you 心から Oh, oh, oh, oh, oh...  Only you can take my heart Only 僕には君だけだ When you hold me in your loving arms I can feel you giving all your charms 抱いて 抱いて だ だ 抱きしめて 力いっぱい 抱きしめて Oh, please stay by me, Diana  Oh, please Diana Oh, please Diana前川清Paul Anka・訳詞:渡舟人Paul Anka伊戸のりお君は僕より年上と まわりの人は言うけれど なんてったって構わない 僕は君に首ったけ 死んでも君を はなさない 地獄の底まで ついていく Oh, please stay by me, Diana  君に抱かれているときが Oh, my darling you're the most I love you, but do you love me? Oh, Diana わかるかい? 僕は君が好きなんだ 本当に うんと好きなんだ Oh, please stay by me, Diana  Oh, my darling, oh my lover 誰もいないと言ってくれ I love you 心から Oh, oh, oh, oh, oh...  Only you can take my heart Only 僕には君だけだ When you hold me in your loving arms I can feel you giving all your charms 抱いて 抱いて だ だ 抱きしめて 力いっぱい 抱きしめて Oh, please stay by me, Diana  Oh, please Diana Oh, please Diana
抱きしめて別れの前にもいちど あなたの笑顔 見させて それで戯(はしゃ)いだ季節を 忘れてしまいたいから  今日が一番つらくて あなたが優し過ぎて 離れられない 手を振れない 切ない後ろ姿にきっと…  抱きしめて 抱きしめて 哀しみがこわれるほど さよならまで さよならまで 想い出にしたくない  あなたの肩にもたれて 夜明けを見てたあの頃 いつも心の何処(どこ)かで さよならに怯(おび)えていた  今日が一番つらくて 心が震え過ぎて こぼれる涙 止められない あなたが背中向けたらきっと…  抱きしめて 抱きしめて 恋人のままで抱いて さよならへと さよならへと 歩き出す二人でも  抱きしめて 抱きしめて 哀しみがこわれるほど さよならまで さよならまで 想い出にしたくない 想い出にしたくない前川清大津あきら浜圭介別れの前にもいちど あなたの笑顔 見させて それで戯(はしゃ)いだ季節を 忘れてしまいたいから  今日が一番つらくて あなたが優し過ぎて 離れられない 手を振れない 切ない後ろ姿にきっと…  抱きしめて 抱きしめて 哀しみがこわれるほど さよならまで さよならまで 想い出にしたくない  あなたの肩にもたれて 夜明けを見てたあの頃 いつも心の何処(どこ)かで さよならに怯(おび)えていた  今日が一番つらくて 心が震え過ぎて こぼれる涙 止められない あなたが背中向けたらきっと…  抱きしめて 抱きしめて 恋人のままで抱いて さよならへと さよならへと 歩き出す二人でも  抱きしめて 抱きしめて 哀しみがこわれるほど さよならまで さよならまで 想い出にしたくない 想い出にしたくない
契りあなたは誰と 契りますか 永遠の心を 結びますか  波のうねりが 岸にとどく 過去の歌をのせて 激しい想いが砕ける涙のように 緑は今も みずみずしいか 乙女はあでやかか 人の心は鴎のように 真白だろうか 愛するひとよ 美しく 愛するひとよ すこやかに  朝の光が 海を染める 生きる夢に満ちて まぶしい願いがきらめくいのちのように 流れは今も 清らかだろうか 子供はほがらかか 人はいつでも桜のように 微笑むだろうか 愛するひとよ 美しく 愛するひとよ すこやかに  愛するひとよ 美しく 愛するひとよ すこやかに前川清阿久悠五木ひろし伊戸のりおあなたは誰と 契りますか 永遠の心を 結びますか  波のうねりが 岸にとどく 過去の歌をのせて 激しい想いが砕ける涙のように 緑は今も みずみずしいか 乙女はあでやかか 人の心は鴎のように 真白だろうか 愛するひとよ 美しく 愛するひとよ すこやかに  朝の光が 海を染める 生きる夢に満ちて まぶしい願いがきらめくいのちのように 流れは今も 清らかだろうか 子供はほがらかか 人はいつでも桜のように 微笑むだろうか 愛するひとよ 美しく 愛するひとよ すこやかに  愛するひとよ 美しく 愛するひとよ すこやかに
天使のえくぼ恋にやつれて 泣いてる人よ 夢にはぐれて いるなら 胸にしまった 心の痛み この掌でさわって あげる  哀しみが 似合う女だけで 生きてるよりも 口紅をふいて 暮らせば 想い出は 過去の中へ みんな忘れるだけで 昨日から 生まれ変われる 横顔の泣きえくぼ 涙渇いた あしたが  愛に溺れて 飲んでる人よ 涙つぎたす だけなら ひとり身体を いじめるだけで 夢から目覚めは しない  人生が 下手な女なんて 星より多い うしろ髪 切ってしまえぱ 傷ついて生きることも みんな夢の途中 またいつか 生まれ変われる 横顔の泣きえくぼ 涙渇いた あしたが  哀しみが 似合う女だけで 生きてるよりも 口紅ふいて 暮らせば 想い出は 過去の中へ みんな忘れるだけで 昨日から 生まれ変われる 横顔の泣きえくぼ 涙渇いた あしたが  涙渇いた あしたが前川清荒木とよひさ近江孝彦恋にやつれて 泣いてる人よ 夢にはぐれて いるなら 胸にしまった 心の痛み この掌でさわって あげる  哀しみが 似合う女だけで 生きてるよりも 口紅をふいて 暮らせば 想い出は 過去の中へ みんな忘れるだけで 昨日から 生まれ変われる 横顔の泣きえくぼ 涙渇いた あしたが  愛に溺れて 飲んでる人よ 涙つぎたす だけなら ひとり身体を いじめるだけで 夢から目覚めは しない  人生が 下手な女なんて 星より多い うしろ髪 切ってしまえぱ 傷ついて生きることも みんな夢の途中 またいつか 生まれ変われる 横顔の泣きえくぼ 涙渇いた あしたが  哀しみが 似合う女だけで 生きてるよりも 口紅ふいて 暮らせば 想い出は 過去の中へ みんな忘れるだけで 昨日から 生まれ変われる 横顔の泣きえくぼ 涙渇いた あしたが  涙渇いた あしたが
DAYDREAM BELIEVEROh, I could hide 'neath the wings Of the bluebird as she sings. The six o'clock alarm would never ring. But it rings and I rise, Wipe the sleep out of my eyes. My shavin' razor's cold and it stings.  Cheer up, Sleepy Jean. Oh, what can it mean. To a daydream believer And a homecoming a queen.  You once thought of me As a white knight on a steed. Now you know how happy I can be. Oh, and our good times start and end Without dollar one to spend. But how much, baby, do we really need.  Cheer up, Sleepy Jean. Oh, what can it mean. To a daydream believer And a homecoming queen.  Cheer up, Sleepy Jean. Oh, what can it mean. To a daydream believer And a homecoming queen.  Cheer up, Sleepy Jean. Oh, what can it mean. To a daydream believer And a homecoming queen.  Cheer up, Sleepy Jean. Oh, what can it mean. To a daydream believer And a homecoming queen.前川清John StewartJohn StewartOh, I could hide 'neath the wings Of the bluebird as she sings. The six o'clock alarm would never ring. But it rings and I rise, Wipe the sleep out of my eyes. My shavin' razor's cold and it stings.  Cheer up, Sleepy Jean. Oh, what can it mean. To a daydream believer And a homecoming a queen.  You once thought of me As a white knight on a steed. Now you know how happy I can be. Oh, and our good times start and end Without dollar one to spend. But how much, baby, do we really need.  Cheer up, Sleepy Jean. Oh, what can it mean. To a daydream believer And a homecoming queen.  Cheer up, Sleepy Jean. Oh, what can it mean. To a daydream believer And a homecoming queen.  Cheer up, Sleepy Jean. Oh, what can it mean. To a daydream believer And a homecoming queen.  Cheer up, Sleepy Jean. Oh, what can it mean. To a daydream believer And a homecoming queen.
東京砂漠GOLD LYLIC空が哭いてる 煤け汚されて ひとはやさしさを どこに棄ててきたの だけどわたしは 好きよこの都会(まち)が 肩を寄せあえる あなた…あなたがいる あなたの傍で あゝ暮らせるならば つらくはないわ この東京砂漠 あなたがいれば あゝうつむかないで 歩いて行ける この東京砂漠  ビルの谷間の 川は流れない 人の波だけが 黒く流れて行く あなた…あなたに めぐり逢うまでは そうよこの都会(まち)を 逃げていきたかった あなたの愛に あゝつかまりながら しあわせなのよ この東京砂漠 あなたがいれば あゝあなたがいれば 陽はまた昇る この東京砂漠  あなたがいれば あゝあなたがいれば 陽はまた昇る この東京砂漠  あなたがいれば あゝあなたがいれば 陽はまた昇る この東京砂漠GOLD LYLIC前川清吉田旺内山田洋空が哭いてる 煤け汚されて ひとはやさしさを どこに棄ててきたの だけどわたしは 好きよこの都会(まち)が 肩を寄せあえる あなた…あなたがいる あなたの傍で あゝ暮らせるならば つらくはないわ この東京砂漠 あなたがいれば あゝうつむかないで 歩いて行ける この東京砂漠  ビルの谷間の 川は流れない 人の波だけが 黒く流れて行く あなた…あなたに めぐり逢うまでは そうよこの都会(まち)を 逃げていきたかった あなたの愛に あゝつかまりながら しあわせなのよ この東京砂漠 あなたがいれば あゝあなたがいれば 陽はまた昇る この東京砂漠  あなたがいれば あゝあなたがいれば 陽はまた昇る この東京砂漠  あなたがいれば あゝあなたがいれば 陽はまた昇る この東京砂漠
時の想い引き出しの 奥にしまう なつかしい あなたの時計 古びた ベルトつけた 細い腕 してたんだね  ここまできたと 振り返る それぞれの瞬間(とき)を 想い出す あなたの歳に 近づく度に 似てきたしぐさ 気が付く  ありがとうと言う唇を 今でも忘れないから まだまだたくさんしてあげたかった どうして悲しい  ありがとうともし言われたら 涙がこぼれてしまう 最後の言葉は悲しすぎるから これからもずっとありがとう  今もまだ 心残る 想い出を 見つめている あなたの うしろ姿 追いかけた 幼き日々  住所の文字を 見つけると 景色が広がる 目の前に 手をつなぎ歩く 坂道の家 温かい笑顔 うかぶ  ありがとうという花束を 今でも忘れないから あなたにもらった溢れる想いは 胸にいきてる  ありがとうともし言われたら 前を向ける気がする 背中を押す手を感じられるから これからもずっとありがとう  ずっと ずっと ありがとう前川清前川清BOUNCEBACK若草恵引き出しの 奥にしまう なつかしい あなたの時計 古びた ベルトつけた 細い腕 してたんだね  ここまできたと 振り返る それぞれの瞬間(とき)を 想い出す あなたの歳に 近づく度に 似てきたしぐさ 気が付く  ありがとうと言う唇を 今でも忘れないから まだまだたくさんしてあげたかった どうして悲しい  ありがとうともし言われたら 涙がこぼれてしまう 最後の言葉は悲しすぎるから これからもずっとありがとう  今もまだ 心残る 想い出を 見つめている あなたの うしろ姿 追いかけた 幼き日々  住所の文字を 見つけると 景色が広がる 目の前に 手をつなぎ歩く 坂道の家 温かい笑顔 うかぶ  ありがとうという花束を 今でも忘れないから あなたにもらった溢れる想いは 胸にいきてる  ありがとうともし言われたら 前を向ける気がする 背中を押す手を感じられるから これからもずっとありがとう  ずっと ずっと ありがとう
DON'T BE CRUELYou know I can be found, Sitting home all alone, If you can't come around, at least please telephone. Don't be cruel to a heart that's true.  Baby, if I made you mad for something I might have said, Please, let's forget the past, The future looks bright ahead, Don't be cruel to a heart that's true. I don't want no other love, Baby it's just you I'm thinking of.  Don't stop thinking of me, don't make me feel this way, Come on over here and love me, you know what I want you to say. Don't be cruel to a heart that's true. Why should we be apart? I really love you baby, cross my heart.  Let's walk up to the preacher and let us say I do, Then you'll know you'll have me, and I'll know that I'll have you, Don't be cruel to a heart that's true. I don't want no other love, Baby it's just you I'm thinking of.  Don't be cruel to a heart that's true. Don't be cruel to a heart that's true. I don't want no other love, Baby it's just you I'm thinking of.前川清Otis Blackwell・Elvis PresleyOtis Blackwell・Elvis PresleyYou know I can be found, Sitting home all alone, If you can't come around, at least please telephone. Don't be cruel to a heart that's true.  Baby, if I made you mad for something I might have said, Please, let's forget the past, The future looks bright ahead, Don't be cruel to a heart that's true. I don't want no other love, Baby it's just you I'm thinking of.  Don't stop thinking of me, don't make me feel this way, Come on over here and love me, you know what I want you to say. Don't be cruel to a heart that's true. Why should we be apart? I really love you baby, cross my heart.  Let's walk up to the preacher and let us say I do, Then you'll know you'll have me, and I'll know that I'll have you, Don't be cruel to a heart that's true. I don't want no other love, Baby it's just you I'm thinking of.  Don't be cruel to a heart that's true. Don't be cruel to a heart that's true. I don't want no other love, Baby it's just you I'm thinking of.
中の島ブルース赤いネオンに 身をまかせ 燃えて花咲く アカシアの あまい香りに 誘われて あなたと二人 散った街 あゝ ここは札幌 中の島ブルースよ  水の都にすてた 恋 泣いて別れた 淀屋橋 ほろり落した 幸せを あなたと二人 拾う街 あゝ ここは大阪 中の島ブルースよ  会えば別れが つらいのと 泣いてすがった 思い出の 小雨そぼ降る 石畳 あなたと二人 濡れた街 あゝ ここは長崎 中の島ブルースよ前川清斉藤保吉田佐赤いネオンに 身をまかせ 燃えて花咲く アカシアの あまい香りに 誘われて あなたと二人 散った街 あゝ ここは札幌 中の島ブルースよ  水の都にすてた 恋 泣いて別れた 淀屋橋 ほろり落した 幸せを あなたと二人 拾う街 あゝ ここは大阪 中の島ブルースよ  会えば別れが つらいのと 泣いてすがった 思い出の 小雨そぼ降る 石畳 あなたと二人 濡れた街 あゝ ここは長崎 中の島ブルースよ
長崎は今日も雨だったGOLD LYLICあなたひとりに かけた恋 愛の言葉を 信じたの さがし さがし求めて ひとり ひとりさまよえば 行けど切ない 石だたみ あゝ 長崎は今日も雨だった  夜の丸山 たずねても 冷たい風が 身に沁みる 愛(いと)し 愛(いと)しのひとは どこに どこにいるのか 教えて欲しい 街の灯よ あゝ 長崎は今日も雨だった  頬にこぼれる なみだの雨に 命も恋も 捨てたのに こころ こころ乱れて 飲んで 飲んで酔いしれる 酒に恨みは ないものを あゝ 長崎は今日も雨だったGOLD LYLIC前川清永田貴子彩木雅夫あなたひとりに かけた恋 愛の言葉を 信じたの さがし さがし求めて ひとり ひとりさまよえば 行けど切ない 石だたみ あゝ 長崎は今日も雨だった  夜の丸山 たずねても 冷たい風が 身に沁みる 愛(いと)し 愛(いと)しのひとは どこに どこにいるのか 教えて欲しい 街の灯よ あゝ 長崎は今日も雨だった  頬にこぼれる なみだの雨に 命も恋も 捨てたのに こころ こころ乱れて 飲んで 飲んで酔いしれる 酒に恨みは ないものを あゝ 長崎は今日も雨だった
なきむし姫の物語特別 哀しいわけじゃない それなのに 涙が……… 近寄る暗闇 動かない洗濯機 それさえ……… 嫁にもらうにゃ なきむしすぎる その一言で また涙 どうしても 止まらない 思い通りには シナリオは はこばない そうだろう? 疲れてきたなら 僕がおんぶしてやるよ ほんとうさ  今日から おまえを なきむし姫とよばせて 大切に 嫁にほしいと いいたい心に 映るのは おまえの笑顔さ みせてくれ 僕だけに 秋の空の下 おまえと二人 うで組み ふるさと なきむし姫の物語 もう そろそろ おしまいさ またいつか………前川清矢野顕子矢野顕子特別 哀しいわけじゃない それなのに 涙が……… 近寄る暗闇 動かない洗濯機 それさえ……… 嫁にもらうにゃ なきむしすぎる その一言で また涙 どうしても 止まらない 思い通りには シナリオは はこばない そうだろう? 疲れてきたなら 僕がおんぶしてやるよ ほんとうさ  今日から おまえを なきむし姫とよばせて 大切に 嫁にほしいと いいたい心に 映るのは おまえの笑顔さ みせてくれ 僕だけに 秋の空の下 おまえと二人 うで組み ふるさと なきむし姫の物語 もう そろそろ おしまいさ またいつか………
懐かしい女よ久しぶりに会う あなたの顔は 思っていたより 倖せそうで……… 誰が あなたを そうさせたのか 口に出さずに 酒をくみかわす 問わず語らず 懐かしい女よ  うつむく横顔も 変わらないけど ちょっと気になる 指輪が光る あれからどうして 何があったやら 口に出さずに 酒をくみかわす 問わず語らず 懐かしい女よ  グラスをゆらして 時は優しく 見つめあいながら 昔の事を 思い出している お互いだけど 口に出さずに 酒をくみかわす 問わず語らず 懐かしい女よ前川清安井かずみ加藤和彦久しぶりに会う あなたの顔は 思っていたより 倖せそうで……… 誰が あなたを そうさせたのか 口に出さずに 酒をくみかわす 問わず語らず 懐かしい女よ  うつむく横顔も 変わらないけど ちょっと気になる 指輪が光る あれからどうして 何があったやら 口に出さずに 酒をくみかわす 問わず語らず 懐かしい女よ  グラスをゆらして 時は優しく 見つめあいながら 昔の事を 思い出している お互いだけど 口に出さずに 酒をくみかわす 問わず語らず 懐かしい女よ
夏の花よお前を抱いたら 軽い 軽い こんなにも 泣いてくらす時が長過ぎて やせてしまったか 花園に戻したら 咲くかもしれない 別れるなら この季節 もいちど咲ける 夏に  いつでも お前が 損な役を引き受けて 笑うことが苦手だったのと いってくれたけど 微笑めばしあわせが 来るかもしれない 別れるなら この季節 もいちど咲ける 夏に  背中を見たなら 細い 細い あんなにも 雨とまじる影がはかなくて 消えて行きそうだ この部屋に 忘れもの あるかもしれない 別れるなら この季節 もいちど咲ける 夏に前川清阿久悠三木たかしお前を抱いたら 軽い 軽い こんなにも 泣いてくらす時が長過ぎて やせてしまったか 花園に戻したら 咲くかもしれない 別れるなら この季節 もいちど咲ける 夏に  いつでも お前が 損な役を引き受けて 笑うことが苦手だったのと いってくれたけど 微笑めばしあわせが 来るかもしれない 別れるなら この季節 もいちど咲ける 夏に  背中を見たなら 細い 細い あんなにも 雨とまじる影がはかなくて 消えて行きそうだ この部屋に 忘れもの あるかもしれない 別れるなら この季節 もいちど咲ける 夏に
忘れようと心を決めたのは ひと足の途絶えだした公園通り メッキだらけの けばい茶店の隅っこは 雨やどりの女のための席ね 今ごろどうしておいでだろうか 今夜は煙草が目にしみる 男運は悪くなかった あんないい人いやしないもの 男運は悪くなかった Made In Tears wow wo  陽に灼けたサンルーフのたもとから 季節終わりの雨がしたたってる 安っぽい格子がうるんで見えるのは 安っぽいシェリーがまわるせいね 今ごろどうしておいでだろうか 今夜は煙草が目にしみる 男運は悪くなかった あんないい人いやしないもの 男運は悪くなかった Made In Tears wow wo  きれいなビルに変わったこのあたり 出会った日にはさえない街だったね だめかもねと怯えていたんじゃないの やっぱりねと哄(わら)えば筋が合うわ 今ごろどうしておいでだろうか 今夜は煙草が目にしみる 男運は悪くなかった あんないい人いやしないもの 男運は悪くなかった Made In Tears wow wo  男運は悪くなかった あんないい人いやしないもの 男運は悪くなかった Made In Tears wow wo前川清中島みゆき中島みゆき忘れようと心を決めたのは ひと足の途絶えだした公園通り メッキだらけの けばい茶店の隅っこは 雨やどりの女のための席ね 今ごろどうしておいでだろうか 今夜は煙草が目にしみる 男運は悪くなかった あんないい人いやしないもの 男運は悪くなかった Made In Tears wow wo  陽に灼けたサンルーフのたもとから 季節終わりの雨がしたたってる 安っぽい格子がうるんで見えるのは 安っぽいシェリーがまわるせいね 今ごろどうしておいでだろうか 今夜は煙草が目にしみる 男運は悪くなかった あんないい人いやしないもの 男運は悪くなかった Made In Tears wow wo  きれいなビルに変わったこのあたり 出会った日にはさえない街だったね だめかもねと怯えていたんじゃないの やっぱりねと哄(わら)えば筋が合うわ 今ごろどうしておいでだろうか 今夜は煙草が目にしみる 男運は悪くなかった あんないい人いやしないもの 男運は悪くなかった Made In Tears wow wo  男運は悪くなかった あんないい人いやしないもの 男運は悪くなかった Made In Tears wow wo
涙しぐれ愛し疲れて 私の胸で 子供みたいに 眠っていたわ 朝が来たなら 他人の顔で 部屋を出て行くあなた 心だけは置いていってね 忘れないで離れても 人目しのんで 愛すしかない 二人の恋に せつない涙しぐれ  どんな暮らしを しているなんて 私聞かない 知りたくないの もっと尽くして あげたいけれど それはかなわぬ 夢ね わたしだけの あなたなのに 電話ひとつ 出来ないの 夜が来るたび 息をひそめて 足音待てば せつない涙しぐれ  心だけは置いていってね 忘れないで離れても 人目しのんで 愛すしかない 二人の恋に せつない涙しぐれ前川清角川博角川博愛し疲れて 私の胸で 子供みたいに 眠っていたわ 朝が来たなら 他人の顔で 部屋を出て行くあなた 心だけは置いていってね 忘れないで離れても 人目しのんで 愛すしかない 二人の恋に せつない涙しぐれ  どんな暮らしを しているなんて 私聞かない 知りたくないの もっと尽くして あげたいけれど それはかなわぬ 夢ね わたしだけの あなたなのに 電話ひとつ 出来ないの 夜が来るたび 息をひそめて 足音待てば せつない涙しぐれ  心だけは置いていってね 忘れないで離れても 人目しのんで 愛すしかない 二人の恋に せつない涙しぐれ
虹がかかるように歩き疲れた どこまで続くのか 見えない未来を 無理矢理描いてた  そう一人取り残されたようでそっと 写真のあなたの頬に手を当てるの  雨の降った今日も 繰り返しの明日も あなたがいたなら 笑えたのに 悲しかった過去は 消えもしないくせに どうして涙を 流させてくれないの  歩き始めた 新しい人生を 遠くで聞こえた 口笛マネしてた  そう僕ら争ってる場合じゃなくて 大切なものを守り続けている  苦しかった今日も それでも来る明日も まわりを見てごらん 一人じゃない 晴れ渡った空に 虹がかかるように 未来はきっと キレイな色をしてる  ラララ ララララララ ラララ ララララララ  あなたが残した 思い出や言葉を 新しい命に語りかけた 嫌いだった今日が 嘘みたいな明日に 変わってゆくから 歩いていこう  苦しかった今日も それでも来る明日も まわりを見てごらん 一人じゃない 晴れ渡った空に 虹がかかるように 未来はきっと キレイな色をしてる前川清紘毅紘毅杉山ユカリ歩き疲れた どこまで続くのか 見えない未来を 無理矢理描いてた  そう一人取り残されたようでそっと 写真のあなたの頬に手を当てるの  雨の降った今日も 繰り返しの明日も あなたがいたなら 笑えたのに 悲しかった過去は 消えもしないくせに どうして涙を 流させてくれないの  歩き始めた 新しい人生を 遠くで聞こえた 口笛マネしてた  そう僕ら争ってる場合じゃなくて 大切なものを守り続けている  苦しかった今日も それでも来る明日も まわりを見てごらん 一人じゃない 晴れ渡った空に 虹がかかるように 未来はきっと キレイな色をしてる  ラララ ララララララ ラララ ララララララ  あなたが残した 思い出や言葉を 新しい命に語りかけた 嫌いだった今日が 嘘みたいな明日に 変わってゆくから 歩いていこう  苦しかった今日も それでも来る明日も まわりを見てごらん 一人じゃない 晴れ渡った空に 虹がかかるように 未来はきっと キレイな色をしてる
HOWEVERやわらかな風が吹く この場所で 今二人ゆっくりと歩き出す  幾千の出会い別れ全て この地球(ほし)で生まれて すれ違うだけの人もいたね わかり合えないままに 慣れない街の届かぬ夢に 迷いそうな時にも 暗闇を駆けぬける勇気をくれたのはあなたでした  絶え間なく注ぐ愛の名を 永遠と呼ぶ事ができたなら 言葉では伝える事が どうしてもできなかった 愛しさの意味を知る あなたを幸せにしたい… 胸に宿る未来図を 悲しみの涙に濡らさぬ様 紡ぎ合い生きてる  愛の始まりに心戸惑い 背を向けた夏の午後 今思えば頼りなく揺れてた 若すぎた日々の罪 それでもどんなに離れていても あなたを感じてるよ 今度戻ったら一緒に暮らそう やっぱり二人がいいね いつも  Fu…孤独を背負う人々の群れにたたずんでいた Fu…心寄せる場所を探してた 「出会うのが遅すぎたね」と 泣き出した夜もある 二人の遠まわりさえ 一片の人生 傷つけたあなたに 今告げよう 誰よりも 愛してると…  絶え間なく注ぐ愛の名を 永遠と呼ぶ事ができたなら 言葉では伝える事が どうしてもできなかった 優しさの意味を知る 恋した日の胸騒ぎを 何気ない週末を 幼さの残るその声を 気の強いまなざしを あなたを彩る全てを抱きしめて ゆっくりと歩き出す  やわらかな風が吹く この場所で前川清TAKUROTAKUROやわらかな風が吹く この場所で 今二人ゆっくりと歩き出す  幾千の出会い別れ全て この地球(ほし)で生まれて すれ違うだけの人もいたね わかり合えないままに 慣れない街の届かぬ夢に 迷いそうな時にも 暗闇を駆けぬける勇気をくれたのはあなたでした  絶え間なく注ぐ愛の名を 永遠と呼ぶ事ができたなら 言葉では伝える事が どうしてもできなかった 愛しさの意味を知る あなたを幸せにしたい… 胸に宿る未来図を 悲しみの涙に濡らさぬ様 紡ぎ合い生きてる  愛の始まりに心戸惑い 背を向けた夏の午後 今思えば頼りなく揺れてた 若すぎた日々の罪 それでもどんなに離れていても あなたを感じてるよ 今度戻ったら一緒に暮らそう やっぱり二人がいいね いつも  Fu…孤独を背負う人々の群れにたたずんでいた Fu…心寄せる場所を探してた 「出会うのが遅すぎたね」と 泣き出した夜もある 二人の遠まわりさえ 一片の人生 傷つけたあなたに 今告げよう 誰よりも 愛してると…  絶え間なく注ぐ愛の名を 永遠と呼ぶ事ができたなら 言葉では伝える事が どうしてもできなかった 優しさの意味を知る 恋した日の胸騒ぎを 何気ない週末を 幼さの残るその声を 気の強いまなざしを あなたを彩る全てを抱きしめて ゆっくりと歩き出す  やわらかな風が吹く この場所で
博多駅駅前の広くなった道 慣れずに端っこを歩いていた 嫌なことは忘れられるから 新しい道を歩き出そうか  改札越しに手を振る人 あの日のことを思い出した  博多駅だけ綺麗になって 私たちは 年老いて行く 最終列車が過ぎる頃には 思い出まで 眠るこの街 博多  筑紫口通り過ぎたのは ネクタイ外したスーツ姿 眠る子供抱き抱えながら 地下鉄へ向かう母の姿  改札の前抱き合う人 あの人のこと思い出した  博多駅だけ綺麗になって 私たちは 年老いて行く 最終列車が過ぎる頃には 思い出まで 眠るこの街  思い出まで 眠るこの街 博多前川清紘毅紘毅杉山ユカリ駅前の広くなった道 慣れずに端っこを歩いていた 嫌なことは忘れられるから 新しい道を歩き出そうか  改札越しに手を振る人 あの日のことを思い出した  博多駅だけ綺麗になって 私たちは 年老いて行く 最終列車が過ぎる頃には 思い出まで 眠るこの街 博多  筑紫口通り過ぎたのは ネクタイ外したスーツ姿 眠る子供抱き抱えながら 地下鉄へ向かう母の姿  改札の前抱き合う人 あの人のこと思い出した  博多駅だけ綺麗になって 私たちは 年老いて行く 最終列車が過ぎる頃には 思い出まで 眠るこの街  思い出まで 眠るこの街 博多
初恋 Love in fall初めての恋を 初恋といいます  いたたまれないほどに 会いたくて 触れたくてたまらなくて触れられなくて それが 少女のときではなくて 初めての恋は いまの あなたへの思いです 春に花咲くようにでもなく 夏草燃える青空の下でもなく 秋に 人生の秋に 初めての恋 冬に 凍てつくの 怖くて こころ 燃やすの  Love in fall Love in fall  秋に 人生の秋に 初めての恋  幸せと不幸せ 数えたら 幸せの多すぎる人生でした なのに 少女のわがままに似て 初めての恋が いまの あなたへの思いです 春に花散ることも知りつつ 夏の花火の短い閃光(ひかり)でもなく 秋に 風の立つ秋に 初めての恋 やがて 春芽吹く つぼみを 抱いて 待ちます  Love in fall Love in fall  秋に 人生の秋に 初めての恋 初めての恋前川清糸井重里酒井省吾若草恵初めての恋を 初恋といいます  いたたまれないほどに 会いたくて 触れたくてたまらなくて触れられなくて それが 少女のときではなくて 初めての恋は いまの あなたへの思いです 春に花咲くようにでもなく 夏草燃える青空の下でもなく 秋に 人生の秋に 初めての恋 冬に 凍てつくの 怖くて こころ 燃やすの  Love in fall Love in fall  秋に 人生の秋に 初めての恋  幸せと不幸せ 数えたら 幸せの多すぎる人生でした なのに 少女のわがままに似て 初めての恋が いまの あなたへの思いです 春に花散ることも知りつつ 夏の花火の短い閃光(ひかり)でもなく 秋に 風の立つ秋に 初めての恋 やがて 春芽吹く つぼみを 抱いて 待ちます  Love in fall Love in fall  秋に 人生の秋に 初めての恋 初めての恋
花の時・愛の時GOLD LYLIC君が部屋を出たあと ぼくはじっと動かない あたりにただよう 君の残り香を 胸に吸い込み 酔いしれる 君の弾いたギターの 細い弦は切れたまま 読みかけの本は 投げだされたまま そんなすべてが いとしい 時には花のやさしさで つつんでみたいと思う 時には愛のはげしさで 泣かせてみたいと思う また逢えるのに 今すぐに逢いたくて 切なくなる 海の底で二人 貝になりたい  君がもたれかかった あとののこるクッションに 額をうずめて 移り香をさがし 夢のつづきを 追いかける 胸にさわぐ想いを 口で言えぬもどかしさ 恋はため息か 恋はときめきか 恋は愚かな悩みか 時には花のやさしさで つつんでほしいと思う 時には愛のはげしさで 泣かせてほしいと思う この世のすべて 限りある命なら 君と行こう 青い空で二人 雲になりたい  この世のすべて 限りある命なら 君と行こう 青い空で二人 雲になりたいGOLD LYLIC前川清なかにし礼三木たかし君が部屋を出たあと ぼくはじっと動かない あたりにただよう 君の残り香を 胸に吸い込み 酔いしれる 君の弾いたギターの 細い弦は切れたまま 読みかけの本は 投げだされたまま そんなすべてが いとしい 時には花のやさしさで つつんでみたいと思う 時には愛のはげしさで 泣かせてみたいと思う また逢えるのに 今すぐに逢いたくて 切なくなる 海の底で二人 貝になりたい  君がもたれかかった あとののこるクッションに 額をうずめて 移り香をさがし 夢のつづきを 追いかける 胸にさわぐ想いを 口で言えぬもどかしさ 恋はため息か 恋はときめきか 恋は愚かな悩みか 時には花のやさしさで つつんでほしいと思う 時には愛のはげしさで 泣かせてほしいと思う この世のすべて 限りある命なら 君と行こう 青い空で二人 雲になりたい  この世のすべて 限りある命なら 君と行こう 青い空で二人 雲になりたい
花美~はなび~ビルの間咲いている 小さな花は 急ぐ人や街並みに 何を思うだろう そこにあるはずないのは どちらなのかと 忘れそうになるけれど 花は咲き続けて  過ぎ去って行く時の早さに いつだって人は惑わされるだけ  世界中が変わって行くけど 誰もが幸せ願ってる かわいそうに見えて咲いてる 花も大切に思えた  花火の音 桜色 もう何度見たでしょう 色褪せた記憶にまた 夢を思い出すの  気遣って自分を後回し そうやって今も生きて行けるから  世界中が変わって行くけど 誰もが幸せ願ってる 昔は良かったねって言うけど 変わらないものを見つけた  咲かされた花なんてないから いつまでも忘れないで 後に続くたくさんの人が 同じ気持ちでいれるように  世界中が変わって行くけど 誰もが幸せ願ってる かわいそうに見えて咲いてる 花も大切に思えた  笑顔の花が咲いてた前川清紘毅紘毅堀向彦輝ビルの間咲いている 小さな花は 急ぐ人や街並みに 何を思うだろう そこにあるはずないのは どちらなのかと 忘れそうになるけれど 花は咲き続けて  過ぎ去って行く時の早さに いつだって人は惑わされるだけ  世界中が変わって行くけど 誰もが幸せ願ってる かわいそうに見えて咲いてる 花も大切に思えた  花火の音 桜色 もう何度見たでしょう 色褪せた記憶にまた 夢を思い出すの  気遣って自分を後回し そうやって今も生きて行けるから  世界中が変わって行くけど 誰もが幸せ願ってる 昔は良かったねって言うけど 変わらないものを見つけた  咲かされた花なんてないから いつまでも忘れないで 後に続くたくさんの人が 同じ気持ちでいれるように  世界中が変わって行くけど 誰もが幸せ願ってる かわいそうに見えて咲いてる 花も大切に思えた  笑顔の花が咲いてた
花微笑人がうらやむ 幸福の隣りには 悲しみがどこかに 潜んでるよ 君はいつでも 君らしくいればいい ひたむきに生きてる それだけで もしも ひとり悩み ひとり泣いていたら 胸の殻をあけて 話してごらんよ 風と遊ぶ 子供たちのそんな姿を 想い出せるはずだから 涙はふいて そばでいつも 支えながら見つめている 微笑の花束を 君に投げながら  今日が少しの 不幸に出逢っても さよならの言葉で 昨日になる もしも夢の積木 誰かこわしても 時のせいにすれば 許せるはずだよ 丘を駈けて 雲に乗れば すべて小さな 毎日の出来ごとと 涙はふいて そばでいつも 支えながら見つめている 微笑の花束を 君に投げながら  そばでいつも 支えながら見つめている 微笑の花束を 君に投げながら前川清荒木とよひさ都志見隆人がうらやむ 幸福の隣りには 悲しみがどこかに 潜んでるよ 君はいつでも 君らしくいればいい ひたむきに生きてる それだけで もしも ひとり悩み ひとり泣いていたら 胸の殻をあけて 話してごらんよ 風と遊ぶ 子供たちのそんな姿を 想い出せるはずだから 涙はふいて そばでいつも 支えながら見つめている 微笑の花束を 君に投げながら  今日が少しの 不幸に出逢っても さよならの言葉で 昨日になる もしも夢の積木 誰かこわしても 時のせいにすれば 許せるはずだよ 丘を駈けて 雲に乗れば すべて小さな 毎日の出来ごとと 涙はふいて そばでいつも 支えながら見つめている 微笑の花束を 君に投げながら  そばでいつも 支えながら見つめている 微笑の花束を 君に投げながら
流行歌夢を肴に飲むだけ飲んで 酔っぱらった夜更けは 悲しいくらいおまえが恋しい 逢いたくてつらい 人間(ひと)は過去へ帰れないから 歌うのだろうか 流行歌(はやりうた)の頁をめくり おまえを追いかける  他人(ひと)に言えない話がしたい あの部屋でおまえと 思い出が降る小雨の舗道 似た女(ひと)を捜す 人間(ひと)は見果てぬ夢のかわりに 歌うのだろうか 流行歌(はやりうた)の頁の向こう おまえは仕合わせか  胸のまんなか今でも熱い 情熱のかけらが 昔のドアを叩いているよ 中へ入れてくれ 人間(ひと)は泣くに泣けない時に 歌うのだろうか 流行歌(はやりうた)の頁の裏で おまえを抱きしめる 前川清岡田冨美子市川昭介夢を肴に飲むだけ飲んで 酔っぱらった夜更けは 悲しいくらいおまえが恋しい 逢いたくてつらい 人間(ひと)は過去へ帰れないから 歌うのだろうか 流行歌(はやりうた)の頁をめくり おまえを追いかける  他人(ひと)に言えない話がしたい あの部屋でおまえと 思い出が降る小雨の舗道 似た女(ひと)を捜す 人間(ひと)は見果てぬ夢のかわりに 歌うのだろうか 流行歌(はやりうた)の頁の向こう おまえは仕合わせか  胸のまんなか今でも熱い 情熱のかけらが 昔のドアを叩いているよ 中へ入れてくれ 人間(ひと)は泣くに泣けない時に 歌うのだろうか 流行歌(はやりうた)の頁の裏で おまえを抱きしめる 
春の旅人雪解けの 窓に映る あなたのまぶしい顔に 涙きらりと見えて また春 しあわせに 生きてますか 誰かと笑ってますか もし一人でいるなら 今すぐ逢いに行きたい  今年も あなたを 探して 春風を見てる もうすぐ 岸辺に いとしいほど 花びら  この空の どこか 水辺(みずべ) あなたが立っていそうで 旅を続けています あなたの面影追って  最後の 言葉は 出逢えて しあわせだったと 一度で いいです あの笑顔を 返して  若過ぎて やさしさが見えずに あなたを哀しませた ふざけ過ぎた 日々が悔まれて できるなら あの日に 帰りたい  この空の どこか 水辺 あなたが立っていそうで 旅を続けています もうすぐ いとしいほど 花びらが 降りかかる前川清伊集院静都志見隆都志見隆雪解けの 窓に映る あなたのまぶしい顔に 涙きらりと見えて また春 しあわせに 生きてますか 誰かと笑ってますか もし一人でいるなら 今すぐ逢いに行きたい  今年も あなたを 探して 春風を見てる もうすぐ 岸辺に いとしいほど 花びら  この空の どこか 水辺(みずべ) あなたが立っていそうで 旅を続けています あなたの面影追って  最後の 言葉は 出逢えて しあわせだったと 一度で いいです あの笑顔を 返して  若過ぎて やさしさが見えずに あなたを哀しませた ふざけ過ぎた 日々が悔まれて できるなら あの日に 帰りたい  この空の どこか 水辺 あなたが立っていそうで 旅を続けています もうすぐ いとしいほど 花びらが 降りかかる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Heartbreak HotelWell since my baby left me I've found a new place to dwell Down at end of lonely street At Heart break hotel Oh I'm so lonely, oh I'm so lonely Oh I'm so lonely I could die.  あなたは僕を すてて行っちまった 思いきって泣きたい ハートブレイク・ホテル むかしの夢を さびしくだいて ひとりでとまろう  恋にやぶれた 若者たちで いつでもこんでる ハートブレイク・ホテル それでもへやは とれると思うさ ひとりで泣くんだ  淋しい町じゃ 誰でも淋しい うらぶれた淋しい ハートブレイク・ホテル ホテルの人も 黒い背広で 泪浮かべてる  もしもあなたが 別れた人の 思い出に 泣く時は ハートブレイク・ホテル 苦しみと悩みに 生きようと死のうと あなたの勝手さ前川清Elvis Presley・Mae Boren Axton・Thomas Durden・訳詞:レイモンド服部Elvis Presley・Mae Boren Axton・Thomas Durden伊戸のりおWell since my baby left me I've found a new place to dwell Down at end of lonely street At Heart break hotel Oh I'm so lonely, oh I'm so lonely Oh I'm so lonely I could die.  あなたは僕を すてて行っちまった 思いきって泣きたい ハートブレイク・ホテル むかしの夢を さびしくだいて ひとりでとまろう  恋にやぶれた 若者たちで いつでもこんでる ハートブレイク・ホテル それでもへやは とれると思うさ ひとりで泣くんだ  淋しい町じゃ 誰でも淋しい うらぶれた淋しい ハートブレイク・ホテル ホテルの人も 黒い背広で 泪浮かべてる  もしもあなたが 別れた人の 思い出に 泣く時は ハートブレイク・ホテル 苦しみと悩みに 生きようと死のうと あなたの勝手さ
VACATIONV-A-C-A-T-I-O-N in the summer sun  Put away the books, we're out of school The weather's warm but we'll play it cool We're on vacation, havin' lots of fun V-A-C-A-T-I-O-N in the summer sun  We're gonna grab a bite at the pizza stand I'll write love letters in the sand We're on vacation and the world is ours V-A-C-A-T-I-O-N Under summer stars  Yeah, we'll hop in a jalopy to a drive-in movie and never look at the show We're gonna hug and kiss just like this and I can't wait to go, go, go  We're gonna mashed potato to a jukebox tune I'll park your car 'neath an August moon We're on vacation till the start of the fall  V-A-C-A-T-I-O-N, we're gonna have a ball  V-A-C-A-T-I-O-N, we're gonna have a ball  Uh-huh, we'll hop in a jalopy to a drive-in movie and never look at the show We're gonna hug and kiss just like this and I can't wait to go, go, go  We're gonna mashed potato to a jukebox tune I'll park your car 'neath an August moon We're on vacation till the start of the fall  V-A-C-A-T-I-O-N, we're gonna have a ball  V-A-C-A-T-I-O-N, we're gonna have a ball  V-A-C-A-T-I-O-N, we're gonna have a ball前川清Connie Francis・Hank Hunter・Gary KnightConnie Francis・Hank Hunter・Gary KnightV-A-C-A-T-I-O-N in the summer sun  Put away the books, we're out of school The weather's warm but we'll play it cool We're on vacation, havin' lots of fun V-A-C-A-T-I-O-N in the summer sun  We're gonna grab a bite at the pizza stand I'll write love letters in the sand We're on vacation and the world is ours V-A-C-A-T-I-O-N Under summer stars  Yeah, we'll hop in a jalopy to a drive-in movie and never look at the show We're gonna hug and kiss just like this and I can't wait to go, go, go  We're gonna mashed potato to a jukebox tune I'll park your car 'neath an August moon We're on vacation till the start of the fall  V-A-C-A-T-I-O-N, we're gonna have a ball  V-A-C-A-T-I-O-N, we're gonna have a ball  Uh-huh, we'll hop in a jalopy to a drive-in movie and never look at the show We're gonna hug and kiss just like this and I can't wait to go, go, go  We're gonna mashed potato to a jukebox tune I'll park your car 'neath an August moon We're on vacation till the start of the fall  V-A-C-A-T-I-O-N, we're gonna have a ball  V-A-C-A-T-I-O-N, we're gonna have a ball  V-A-C-A-T-I-O-N, we're gonna have a ball
薔薇のオルゴールGOLD LYLICやっと忘れかけた頃に  こんな風に逢いに来るひと 上目遣い 今も好きか聞くのね やめて、あたし 玩具じゃない… 街に いつか聴いた 歌は流れ 女のもろさ また揺らすけれど… 愛には愛を 罪には罰を 今夜はじめて 憎んでる 愛には愛を 薔薇には棘を 次にあなたが 傷つけばいい  だって無神経なあなた ひとが耐えた傷の痛さも 許すまでの 胸も思いやれない 誰があの日 裏切ったの… むきに くれた指輪 放りすてて 女のけじめ つけてみたつもり… 愛には愛を 罪には罰を にどとあたしを 落とせない 愛には愛を 蜜には毒を それが務めと 信じてるから  愛には愛を 薔薇には棘を そうよ最後の 贈りものなの  あぁ 恋はひと幕…芝居は終わったGOLD LYLIC前川清ちあき哲也杉本真人川村栄二やっと忘れかけた頃に  こんな風に逢いに来るひと 上目遣い 今も好きか聞くのね やめて、あたし 玩具じゃない… 街に いつか聴いた 歌は流れ 女のもろさ また揺らすけれど… 愛には愛を 罪には罰を 今夜はじめて 憎んでる 愛には愛を 薔薇には棘を 次にあなたが 傷つけばいい  だって無神経なあなた ひとが耐えた傷の痛さも 許すまでの 胸も思いやれない 誰があの日 裏切ったの… むきに くれた指輪 放りすてて 女のけじめ つけてみたつもり… 愛には愛を 罪には罰を にどとあたしを 落とせない 愛には愛を 蜜には毒を それが務めと 信じてるから  愛には愛を 薔薇には棘を そうよ最後の 贈りものなの  あぁ 恋はひと幕…芝居は終わった
火遊び抱かれるために髪を洗って 逢いにゆくのが ふいに淋しい  男なんてずるい 女なんて寒い 胸の奥に夢で火をつける  さよならより哀しいものは 明日のない優しさですか 燃え上がれば重荷になるから 涙でそっと消せるほどの火遊びでいい  帰さないよと決して言わない そんなあなたがいつも淋しい  愛は追えば逃げる 風が泣いてうねる 熱い闇に夢がやけどする  幻よりはかないものは 心のないぬくもりですか 燃え尽きれば終りになるから 吐息にそっと揺れるほどの火遊びでいい  さよならより哀しいものは 明日のない優しさですか 燃え上がれば重荷になるから 涙でそっと消せるほどの火遊びでいい前川清田久保真見都志見隆抱かれるために髪を洗って 逢いにゆくのが ふいに淋しい  男なんてずるい 女なんて寒い 胸の奥に夢で火をつける  さよならより哀しいものは 明日のない優しさですか 燃え上がれば重荷になるから 涙でそっと消せるほどの火遊びでいい  帰さないよと決して言わない そんなあなたがいつも淋しい  愛は追えば逃げる 風が泣いてうねる 熱い闇に夢がやけどする  幻よりはかないものは 心のないぬくもりですか 燃え尽きれば終りになるから 吐息にそっと揺れるほどの火遊びでいい  さよならより哀しいものは 明日のない優しさですか 燃え上がれば重荷になるから 涙でそっと消せるほどの火遊びでいい
ひまわりGOLD LYLIC夢を見ていました あなたと暮らした夏 それは かけがえのない 永遠の季節のこと  まっすぐに 伸びてゆく ひまわりのような人でした  黄昏に 頬染めて ひざ枕 薫る風 風鈴は 子守歌  いつだって いつだって あなたがそばにいてくれるだけで それでよかった  ふたり 乗り遅れた あのバスは走ってますか ふたり ずっと歩いた あの海はそのままですか  儚(はかな)げに戯れる 蛍火のような日々でした  夕涼み 肩寄せて 宵祭り 洗い髪 濡れたまま 氷菓子  嬉しくて 嬉しくて なんどもあなたの名前呼んだ それが嬉しくて…  黄昏に 頬染めて ひざ枕 夕涼み 肩寄せて 宵祭り  いつだって いつだって あなたがそばにいてくれるだけで 本当によかった  夢を見ていました あなたと暮らした夏 ふたりのあの夏のように ひまわりが 今 咲きましたGOLD LYLIC前川清福山雅治福山雅治井上鑑夢を見ていました あなたと暮らした夏 それは かけがえのない 永遠の季節のこと  まっすぐに 伸びてゆく ひまわりのような人でした  黄昏に 頬染めて ひざ枕 薫る風 風鈴は 子守歌  いつだって いつだって あなたがそばにいてくれるだけで それでよかった  ふたり 乗り遅れた あのバスは走ってますか ふたり ずっと歩いた あの海はそのままですか  儚(はかな)げに戯れる 蛍火のような日々でした  夕涼み 肩寄せて 宵祭り 洗い髪 濡れたまま 氷菓子  嬉しくて 嬉しくて なんどもあなたの名前呼んだ それが嬉しくて…  黄昏に 頬染めて ひざ枕 夕涼み 肩寄せて 宵祭り  いつだって いつだって あなたがそばにいてくれるだけで 本当によかった  夢を見ていました あなたと暮らした夏 ふたりのあの夏のように ひまわりが 今 咲きました
ファニー古い港の町で あの娘(むすめ)に もしも会ったら 渡してくれないか この青い指輪を 別れた日から もしも つらい暮らし しているなら 指輪がゆるいだろう 気がかりさ そいつが ファニー あだ名はファニー やさしい娘(こ)さ 肌 寄せ合って暮らした ふり向くたびに過去は ひと駅ずつ遠くなってく わがままなこの夢 責めてた泣き顔も  都会の海に呑まれ 誰もみんな 変わってゆく おれも夢を売って あの娘が幸せなら なにも言わず 戻っておくれ 翡翠色の海に 指輪を捨ててくれ ファニー ふるさとファニー 帰りたい でも 遠すぎるお前さ グラスの中の海は 過去とおなじ セピアの色 お前が愛してた あのおれは 死んだよ ファニー………前川清山川啓介鈴木茂古い港の町で あの娘(むすめ)に もしも会ったら 渡してくれないか この青い指輪を 別れた日から もしも つらい暮らし しているなら 指輪がゆるいだろう 気がかりさ そいつが ファニー あだ名はファニー やさしい娘(こ)さ 肌 寄せ合って暮らした ふり向くたびに過去は ひと駅ずつ遠くなってく わがままなこの夢 責めてた泣き顔も  都会の海に呑まれ 誰もみんな 変わってゆく おれも夢を売って あの娘が幸せなら なにも言わず 戻っておくれ 翡翠色の海に 指輪を捨ててくれ ファニー ふるさとファニー 帰りたい でも 遠すぎるお前さ グラスの中の海は 過去とおなじ セピアの色 お前が愛してた あのおれは 死んだよ ファニー………
フィクションのように眠れぬまま ひとりの朝へ 吸い込まれてく あせる気持ちはリフレイン カーテン越し弱い光が 夢と嘘を 照らしだすように  フィクションのようにすれ違って 誤解を重ね モノクロームの心 フィクションのようにはじめて見た あなたの涙 離さないと告げよう あやまるかわりに あやまるかわりに  強い女と疑りもせず 甘えてばかり 馬鹿な男と笑えよ 肩をすぼめ 黙ったままで 爪を見てた 姿よみがえる  フィクションのようにすれ違って 誤解を重ね モノクロームの心 フィクションのようにはじめて見た あなたの涙 離さないと告げよう あやまるかわりに あやまるかわりに  あやまるかわりに前川清竹花いち子井上大輔井上大輔眠れぬまま ひとりの朝へ 吸い込まれてく あせる気持ちはリフレイン カーテン越し弱い光が 夢と嘘を 照らしだすように  フィクションのようにすれ違って 誤解を重ね モノクロームの心 フィクションのようにはじめて見た あなたの涙 離さないと告げよう あやまるかわりに あやまるかわりに  強い女と疑りもせず 甘えてばかり 馬鹿な男と笑えよ 肩をすぼめ 黙ったままで 爪を見てた 姿よみがえる  フィクションのようにすれ違って 誤解を重ね モノクロームの心 フィクションのようにはじめて見た あなたの涙 離さないと告げよう あやまるかわりに あやまるかわりに  あやまるかわりに
風雪ながれ旅破れ単衣(ひとえ)に 三味線だけば よされよされと 雪が降る 泣きの十六 短い指に 息をふきかけ 越えて来た アイヤー アイヤー 津軽 八戸(はちのへ) 大湊(おおみなと)  三味が折れたら 両手を叩け バチがなければ 櫛でひけ 音の出るもの 何でも好きで かもめ啼く声 ききながら アイヤー アイヤー 小樽 函館 苫小牧(とまこまい)  鍋のコゲ飯(めし) 袂(たもと)でかくし 抜けてきたのか 親の目を 通い妻だと 笑ったひとの 髪の匂いも なつかしい アイヤー アイヤー 留萌(るもい) 滝川 稚内(わっかない)前川清星野哲郎船村徹伊戸のりお破れ単衣(ひとえ)に 三味線だけば よされよされと 雪が降る 泣きの十六 短い指に 息をふきかけ 越えて来た アイヤー アイヤー 津軽 八戸(はちのへ) 大湊(おおみなと)  三味が折れたら 両手を叩け バチがなければ 櫛でひけ 音の出るもの 何でも好きで かもめ啼く声 ききながら アイヤー アイヤー 小樽 函館 苫小牧(とまこまい)  鍋のコゲ飯(めし) 袂(たもと)でかくし 抜けてきたのか 親の目を 通い妻だと 笑ったひとの 髪の匂いも なつかしい アイヤー アイヤー 留萌(るもい) 滝川 稚内(わっかない)
舟唄お酒はぬるめの 燗(かん)がいい 肴(さかな)はあぶった イカでいい 女は無口な ひとがいい 灯りはぼんやり 灯(とも)りゃいい しみじみ飲めば しみじみと 想い出だけが 行き過ぎる 涙がポロリと こぼれたら 歌いだすのさ 舟唄を  沖の鴎に深酒させてョ いとしあの娘とョ 朝寝する ダンチョネ  店には飾りが ないがいい 窓から港が 見えりゃいい はやりの歌など なくていい 時々霧笛が 鳴ればいい ほろほろ飲めば ほろほろと 心がすすり 泣いている あの頃あの娘を 思ったら 歌いだすのさ 舟唄を  ぽつぽつ飲めば ぽつぽつと 未練が胸に 舞い戻る 夜ふけてさびしく なったなら 歌いだすのさ 舟唄を ルルル………前川清阿久悠浜圭介伊戸のりおお酒はぬるめの 燗(かん)がいい 肴(さかな)はあぶった イカでいい 女は無口な ひとがいい 灯りはぼんやり 灯(とも)りゃいい しみじみ飲めば しみじみと 想い出だけが 行き過ぎる 涙がポロリと こぼれたら 歌いだすのさ 舟唄を  沖の鴎に深酒させてョ いとしあの娘とョ 朝寝する ダンチョネ  店には飾りが ないがいい 窓から港が 見えりゃいい はやりの歌など なくていい 時々霧笛が 鳴ればいい ほろほろ飲めば ほろほろと 心がすすり 泣いている あの頃あの娘を 思ったら 歌いだすのさ 舟唄を  ぽつぽつ飲めば ぽつぽつと 未練が胸に 舞い戻る 夜ふけてさびしく なったなら 歌いだすのさ 舟唄を ルルル………
フライトリムジンバスが 遠ざかる あなたを残して 街から このまま二人 つづけたら どちらも傷つく 気がして あゝ何も言わず あゝ逃げるような こんな別れ こんな別れ 女だから 悲しい 夜の空港 未知(みし)らぬ国へ ひとり 旅立つ  南の空へ 飛んで行く ひとりの時間が 悲しい 手を振る人の その中に あなたの姿を 探した あゝ好きなくせに あゝ逃げるような こんな女 こんな女 あなた早く 忘れて  夜の空港 未知らぬ国へ ひとり 旅立つ  夜の空港 未知らぬ国へ ひとり 旅立つ前川清さいとう大三馬飼野俊一リムジンバスが 遠ざかる あなたを残して 街から このまま二人 つづけたら どちらも傷つく 気がして あゝ何も言わず あゝ逃げるような こんな別れ こんな別れ 女だから 悲しい 夜の空港 未知(みし)らぬ国へ ひとり 旅立つ  南の空へ 飛んで行く ひとりの時間が 悲しい 手を振る人の その中に あなたの姿を 探した あゝ好きなくせに あゝ逃げるような こんな女 こんな女 あなた早く 忘れて  夜の空港 未知らぬ国へ ひとり 旅立つ  夜の空港 未知らぬ国へ ひとり 旅立つ
故郷の花のようにあなたの愛を 確かめたくて 背中をむけて 拗ねてたあの日 月日を重ね 愛されるほど おんなはいつも 臆病になる…… どうぞ わがままを許して 季節が 時を変えるように さくら舞い散る 黄昏空に ずっと ずっと 揺られたい あなたひとりに 故郷の花のように そっと咲いてる 私です  あなたの胸に 抱かれていても なぜだか急に 泣きたくなるわ 散る花のように 二人にいつか 別れの時が 来るのでしょうか…… どうぞ 私だけ見つめて そよ風 虹の彼方へ 愛していると言葉に ずっと ずっと 揺られたい あなたひとりに 故郷の花のように そっと咲いてる 私です  この世の中で やっと出逢えた かけがえのない 大切な人 まぶたとじれば 夕立 木立ち 母の面影 思い出の道…… どうぞ 私だけ見つめて 星降る 夢の世界で やさしく肩を両手で ずっと ずっと 揺られたい あなたひとりに 故郷の花のように そっと咲いてる 私です前川清麻こよみ金田一郎矢野立美あなたの愛を 確かめたくて 背中をむけて 拗ねてたあの日 月日を重ね 愛されるほど おんなはいつも 臆病になる…… どうぞ わがままを許して 季節が 時を変えるように さくら舞い散る 黄昏空に ずっと ずっと 揺られたい あなたひとりに 故郷の花のように そっと咲いてる 私です  あなたの胸に 抱かれていても なぜだか急に 泣きたくなるわ 散る花のように 二人にいつか 別れの時が 来るのでしょうか…… どうぞ 私だけ見つめて そよ風 虹の彼方へ 愛していると言葉に ずっと ずっと 揺られたい あなたひとりに 故郷の花のように そっと咲いてる 私です  この世の中で やっと出逢えた かけがえのない 大切な人 まぶたとじれば 夕立 木立ち 母の面影 思い出の道…… どうぞ 私だけ見つめて 星降る 夢の世界で やさしく肩を両手で ずっと ずっと 揺られたい あなたひとりに 故郷の花のように そっと咲いてる 私です
ぶっきらぼうにおまえを都会の夜に 独(ひと)りで残して来たよ 泣くだけ泣けよ 飲んでそのまま眠れよ 恋なんか またできる 男と女の別れ 心が音立てきしむ 短いけれど 二人生きてた人生 時の中 流れ去る ただ ぶっきらぼうに 別れることしかできないよ ぶっきらぼうに 背中を向けて Woo Woo Woo そいつが俺なりの 思いやりなのさ  恋など知らずにいれば 明るく暮していたろう 悲しい翳(かげ)は 脱(ぬ)いで明るい通りを 明日から また歩け ただ ぶっきらぼうに おまえにサラバを告げたのさ ぶっきらぼうに 終りにしたよ Woo Woo Woo そいつが俺なりの 思いやりなのさ  ただ ぶっきらぼうに おまえにサラバを告げたのさ ぶっきらぼうに 終りにしたよ Woo Woo Woo そいつが俺なりの 思いやりなのさ前川清山上路夫森田公一おまえを都会の夜に 独(ひと)りで残して来たよ 泣くだけ泣けよ 飲んでそのまま眠れよ 恋なんか またできる 男と女の別れ 心が音立てきしむ 短いけれど 二人生きてた人生 時の中 流れ去る ただ ぶっきらぼうに 別れることしかできないよ ぶっきらぼうに 背中を向けて Woo Woo Woo そいつが俺なりの 思いやりなのさ  恋など知らずにいれば 明るく暮していたろう 悲しい翳(かげ)は 脱(ぬ)いで明るい通りを 明日から また歩け ただ ぶっきらぼうに おまえにサラバを告げたのさ ぶっきらぼうに 終りにしたよ Woo Woo Woo そいつが俺なりの 思いやりなのさ  ただ ぶっきらぼうに おまえにサラバを告げたのさ ぶっきらぼうに 終りにしたよ Woo Woo Woo そいつが俺なりの 思いやりなのさ
BLUE SUEDE SHOESWell, it's one for the money Two for the show Three to get ready Now go, cat, go But don't you Step on my blue suede shoes Well you can do anything But lay off of my blue suede shoes  Well, you can knock me down Step on my face Slander my name All over the place Do anything that you want to do But uh-uh, honey Lay off of my shoes And don't you step on my blue suede shoes Well, you can do anything But stay off of my blue suede shoes  You can burn my house Steal my car Drink my liquor From an old fruit jar Do anything that you want to do But uh-uh, honey Lay off of my shoes And don't you Step on my blue suede shoes Well, you can do anything But stay off of my blue suede shoes  Well, it's one for the money Two for the show Three to get ready Now go, cat, go!  But don't you Step on my blue suede shoes Well, you can do anything But stay off of my blue suede shoes  Blue, blue Blue suede shoes Blue, blue Blue suede shoes, yeah! Blue, blue Blue suede shoes, baby Blue, blue Blue suede shoes Well, you can do anything But stay off of my blue suede shoes!前川清Carl PerkinsCarl Perkins高島政晴Well, it's one for the money Two for the show Three to get ready Now go, cat, go But don't you Step on my blue suede shoes Well you can do anything But lay off of my blue suede shoes  Well, you can knock me down Step on my face Slander my name All over the place Do anything that you want to do But uh-uh, honey Lay off of my shoes And don't you step on my blue suede shoes Well, you can do anything But stay off of my blue suede shoes  You can burn my house Steal my car Drink my liquor From an old fruit jar Do anything that you want to do But uh-uh, honey Lay off of my shoes And don't you Step on my blue suede shoes Well, you can do anything But stay off of my blue suede shoes  Well, it's one for the money Two for the show Three to get ready Now go, cat, go!  But don't you Step on my blue suede shoes Well, you can do anything But stay off of my blue suede shoes  Blue, blue Blue suede shoes Blue, blue Blue suede shoes, yeah! Blue, blue Blue suede shoes, baby Blue, blue Blue suede shoes Well, you can do anything But stay off of my blue suede shoes!
PLEASE MR. POSTMAN(Stop) Oh yes, wait a minute Mister Postman (Wait) Wait Mister Postman  (Please Mister Postman, look and see) Oh yeah (If there's a letter in your bag for me) Please, Please Mister Postman (I've been waiting such a long time) Oh yeah (Since I heard from that girl of mine)  There must be some word today From my girlfriend so far away Please Mister Postman, look and see If there's letter, a letter for me  I've been standin' here waitin' Mister Postman So patiently For just a card, or just a letter Sayin' she's returnin' home to me  Mister Postman (Please Mister Postman, look and see) Oh yeah (If there's a letter in your bag for me) Please, Please Mister Postman (I've been waiting such a long time) Oh yeah (Since I heard from that girl of mine)  So many days You passed me by See the tears standin' in my eyes You didn't stop to make me feel better By leavin' me a card or a letter  Mister Postman (Please Mister Postman, look and see) Oh yeah (If there's a letter in your bag for me) Please, Please Mister Postman (I've been waiting such a long time)  Why don't you check it and see one more time for me, you gotta Wait a minute Wait a minute Wait a minute Wait a minute Mister Postman (Mister Postman look and see)  C'mon deliver the letter, the sooner the better (Mister Postman)前川清Robert Bateman・Georgia Dobbins・William E Garrett・Frederick C Gorman・Brian HollandRobert Bateman・Georgia Dobbins・William E Garrett・Frederick C Gorman・Brian Holland伊戸のりお(Stop) Oh yes, wait a minute Mister Postman (Wait) Wait Mister Postman  (Please Mister Postman, look and see) Oh yeah (If there's a letter in your bag for me) Please, Please Mister Postman (I've been waiting such a long time) Oh yeah (Since I heard from that girl of mine)  There must be some word today From my girlfriend so far away Please Mister Postman, look and see If there's letter, a letter for me  I've been standin' here waitin' Mister Postman So patiently For just a card, or just a letter Sayin' she's returnin' home to me  Mister Postman (Please Mister Postman, look and see) Oh yeah (If there's a letter in your bag for me) Please, Please Mister Postman (I've been waiting such a long time) Oh yeah (Since I heard from that girl of mine)  So many days You passed me by See the tears standin' in my eyes You didn't stop to make me feel better By leavin' me a card or a letter  Mister Postman (Please Mister Postman, look and see) Oh yeah (If there's a letter in your bag for me) Please, Please Mister Postman (I've been waiting such a long time)  Why don't you check it and see one more time for me, you gotta Wait a minute Wait a minute Wait a minute Wait a minute Mister Postman (Mister Postman look and see)  C'mon deliver the letter, the sooner the better (Mister Postman)
他の男・別の女たぶん あなたの好きな花 あなたは まだ 名前も知らない だけど わたしの窓辺に 咲いています いまでも たぶん あなたの好きな歌も はんぶんだけしか 憶えていない でも わたしは歌ってる まだ忘れず あなたのくせを うつされた なおすつもりも ないけれど 他の男を愛せない 別の女にいまはなれない  たぶん グラスを鳴らすくせ あなたが氷を揺らす音 だけど わたしの夜更けも おなじあの音 聞こえます たぶん あなたは急ぎ足で ひとり歩いているのでしょう でも わたしの肩を抱くと 遅くなったね あなたのくせが うつってる なおるはずなど ありません 他の男じゃなおせない ちがう女に変われない  あなたのくせを うつされた なおすつもりも ないけれど 他の男を愛せない 別の女にいまはなれない前川清糸井重里坂本龍一たぶん あなたの好きな花 あなたは まだ 名前も知らない だけど わたしの窓辺に 咲いています いまでも たぶん あなたの好きな歌も はんぶんだけしか 憶えていない でも わたしは歌ってる まだ忘れず あなたのくせを うつされた なおすつもりも ないけれど 他の男を愛せない 別の女にいまはなれない  たぶん グラスを鳴らすくせ あなたが氷を揺らす音 だけど わたしの夜更けも おなじあの音 聞こえます たぶん あなたは急ぎ足で ひとり歩いているのでしょう でも わたしの肩を抱くと 遅くなったね あなたのくせが うつってる なおるはずなど ありません 他の男じゃなおせない ちがう女に変われない  あなたのくせを うつされた なおすつもりも ないけれど 他の男を愛せない 別の女にいまはなれない
蛍…どこかでいつか来た道を 歩いてみれば 恋しく揺れる あなたの面影 こぼれた涙が 乾いてゆくまで 寂しさ抱いて 夜明けを待つわ あなたと別れた雨ヶ瀬橋(あまがせばし)で いつまでも いつまでも あなたを想って  どこから来たのか 孤独な蛍よ 愛しいひとを 追いかけてきたの…? 川のせせらぎ この世のはかなさ 悲しい風に 流れる涙 あなたと出会った雨ヶ瀬橋で どこかで どこかで 暮してゆくわ  傘もささずに 別れ惜しんで 雨に消された さよならの言葉 あなたが残した 思い出の中に 今もわたしは 生きているから 涙流した雨ヶ瀬橋が いつまでも いつまでも 心に宿る いつまでも いつまでも 心に宿る前川清福士久美子井上大輔いつか来た道を 歩いてみれば 恋しく揺れる あなたの面影 こぼれた涙が 乾いてゆくまで 寂しさ抱いて 夜明けを待つわ あなたと別れた雨ヶ瀬橋(あまがせばし)で いつまでも いつまでも あなたを想って  どこから来たのか 孤独な蛍よ 愛しいひとを 追いかけてきたの…? 川のせせらぎ この世のはかなさ 悲しい風に 流れる涙 あなたと出会った雨ヶ瀬橋で どこかで どこかで 暮してゆくわ  傘もささずに 別れ惜しんで 雨に消された さよならの言葉 あなたが残した 思い出の中に 今もわたしは 生きているから 涙流した雨ヶ瀬橋が いつまでも いつまでも 心に宿る いつまでも いつまでも 心に宿る
HOTEL CALIFORNIAOn a dark desert highway, cool wind in my hair Warm smell of colitas, rising up through the air Up ahead in the distance, I saw a shimmering light My head grew heavy and my sight grew dim I had to stop for the night  There she stood in the doorway; I heard the mission bell And I was thinking to myself, “This could be Heaven or this could be Hell” Then she lit up a candle and she showed me the way There were voices down the corridor, I thought I heard them say...  Welcome to the Hotel California Such a lovely place (Such a lovely place) Such a lovely face Plenty of room at the Hotel California Any time of year (Any time of year) You can find it here  Her mind is Tiffany-twisted she got the Mercedes bends She got a lot of pretty, pretty boys she calls friends How they dance in the courtyard, sweet summer sweat. Some dance to remember, some dance to forget  So I called up the Captain “Please bring me my wine” He said,“We haven't had that spirit here since nineteen sixty nine” And still those voices are calling from far away, Wake you up in the middle of the night Just to hear them say...  Welcome to the Hotel California Such a lovely place (Such a lovely place) Such a lovely face They livin' it up at the Hotel California What a nice surprise (what a nice surprise) Bring your alibis  Mirrors on the ceiling, The pink champagne on ice And she said“We are all just prisoners here, of our own device” And in the master's chambers, They gathered for the feast They stab it with their steely knives, But they just can't kill the beast  Last thing I remember, I was Running for the door I had to find the passage back To the place I was before “Relax,”said the night man, “We are programmed to receive. You can check-out any time you like, But you can never leave!”前川清Glenn Frey・Don Henley・Don FelderGlenn Frey・Don Henley・Don Felder高島政晴On a dark desert highway, cool wind in my hair Warm smell of colitas, rising up through the air Up ahead in the distance, I saw a shimmering light My head grew heavy and my sight grew dim I had to stop for the night  There she stood in the doorway; I heard the mission bell And I was thinking to myself, “This could be Heaven or this could be Hell” Then she lit up a candle and she showed me the way There were voices down the corridor, I thought I heard them say...  Welcome to the Hotel California Such a lovely place (Such a lovely place) Such a lovely face Plenty of room at the Hotel California Any time of year (Any time of year) You can find it here  Her mind is Tiffany-twisted she got the Mercedes bends She got a lot of pretty, pretty boys she calls friends How they dance in the courtyard, sweet summer sweat. Some dance to remember, some dance to forget  So I called up the Captain “Please bring me my wine” He said,“We haven't had that spirit here since nineteen sixty nine” And still those voices are calling from far away, Wake you up in the middle of the night Just to hear them say...  Welcome to the Hotel California Such a lovely place (Such a lovely place) Such a lovely face They livin' it up at the Hotel California What a nice surprise (what a nice surprise) Bring your alibis  Mirrors on the ceiling, The pink champagne on ice And she said“We are all just prisoners here, of our own device” And in the master's chambers, They gathered for the feast They stab it with their steely knives, But they just can't kill the beast  Last thing I remember, I was Running for the door I had to find the passage back To the place I was before “Relax,”said the night man, “We are programmed to receive. You can check-out any time you like, But you can never leave!”
POETRY IN MOTIONWhen I see my baby What do I see Poetry Poetry in motion  Poetry in motion Walkin' by my side Her lovely locomotion Keeps my eyes open wide  Poetry in motion See her gentle sway A wave out on the ocean Could never move that way  I love every movement There's nothing I would change She doesn't need improvement She's much too nice to rearrange  Poetry in motion Dancing close to me A flower of devotion A swaying gracefully  Whoa Whoa, whoa, whoa, whoa, whoa Whoa, whoa, whoa, whoa, whoa Whoa, whoa, whoa, whoa, whoa Whooooooooa  Poetry in motion See her gentle sway A wave out on the ocean Could never move that way  I love every movement There's nothing I would change She doesn't need improvement She's much too nice to rearrange  Poetry in motion All that I adore No number-nine love potion Could make me love her more  Whoa Whoa, whoa, whoa, whoa, whoa Whoa, whoa, whoa, whoa, whoa Whoa, whoa, whoa, whoa, whoa Whooooooooa前川清Paul Kaufman・Mike AnthonyPaul Kaufman・Mike Anthony伊戸のりおWhen I see my baby What do I see Poetry Poetry in motion  Poetry in motion Walkin' by my side Her lovely locomotion Keeps my eyes open wide  Poetry in motion See her gentle sway A wave out on the ocean Could never move that way  I love every movement There's nothing I would change She doesn't need improvement She's much too nice to rearrange  Poetry in motion Dancing close to me A flower of devotion A swaying gracefully  Whoa Whoa, whoa, whoa, whoa, whoa Whoa, whoa, whoa, whoa, whoa Whoa, whoa, whoa, whoa, whoa Whooooooooa  Poetry in motion See her gentle sway A wave out on the ocean Could never move that way  I love every movement There's nothing I would change She doesn't need improvement She's much too nice to rearrange  Poetry in motion All that I adore No number-nine love potion Could make me love her more  Whoa Whoa, whoa, whoa, whoa, whoa Whoa, whoa, whoa, whoa, whoa Whoa, whoa, whoa, whoa, whoa Whooooooooa
MY WAYAnd now the end is near And so I face the final curtain My friend, I'll say it clear I'll state my case of which I'm certain.  I've lived a life that's full, I travelled each and every highway, And more, much more than this, I did it My Way.  Regrets, I've had a few, But then again too few to mention I did what I had to do And saw it through without exemption I planned each charted course Each careful step along the byway And more, much more than this, I did it My Way.  Yes there were times, I'm sure you knew When I bit off more than I could chew But through it all when there was doubt I ate it up and spit it out I faced it all and I stood tall And did it My Way.  I've loved, I've laughed and cried, I've had my fill, my share of losing And now as tears subside I find it all so amusing To think I did all that And may I say not in a shy way  Oh no, oh no not me I did it My Way  For what is a man, what has he got? If not himself, then he has naught. To say the things he truly feels And not the words of one who kneels. The record shows I took the blows And did it my way!  Yes, it was my way!前川清Gilles Thibaut・Paul Anka・Lucien Marie Antoine ThibautJacques Revaux・Claude FrancoisAnd now the end is near And so I face the final curtain My friend, I'll say it clear I'll state my case of which I'm certain.  I've lived a life that's full, I travelled each and every highway, And more, much more than this, I did it My Way.  Regrets, I've had a few, But then again too few to mention I did what I had to do And saw it through without exemption I planned each charted course Each careful step along the byway And more, much more than this, I did it My Way.  Yes there were times, I'm sure you knew When I bit off more than I could chew But through it all when there was doubt I ate it up and spit it out I faced it all and I stood tall And did it My Way.  I've loved, I've laughed and cried, I've had my fill, my share of losing And now as tears subside I find it all so amusing To think I did all that And may I say not in a shy way  Oh no, oh no not me I did it My Way  For what is a man, what has he got? If not himself, then he has naught. To say the things he truly feels And not the words of one who kneels. The record shows I took the blows And did it my way!  Yes, it was my way!
女性(おんな)ひとりで 生きることより もっと淋しく させるのは 窓に差し込む 寒い黄昏 急に涙こぼれる 声かける人が そばにいて 平凡な暮らし していたら… 胸の渇きも やせた身体も あなたしか知らない 愛は綺麗な ずるい生き物 飼い慣らすそれだけ Ah…ありふれた恋話(はなし) それも人生  林檎剥(りんごむ)く指 怪我をするより もっと痛みが 走るのは 服を着換える 寒いこの部屋 灯かり点(つ)けて出かける 置き手紙書いて 残しても 紙屑になって しまうだけ… 都会(まち)のネオンに 泳ぐ気持ちは あなたしか知らない 愛はいつでも ただの借り物 返す日がくるだけ Ah…ありふれた終幕(おわり) それも人生  胸の渇きも やせた身体も あなたしか知らない 愛は綺麗な ずるい生き物 飼い慣らすそれだけ Ah…ありふれた恋話(はなし) それも人生前川清荒木とよひさ徳久広司杉山正明女性(おんな)ひとりで 生きることより もっと淋しく させるのは 窓に差し込む 寒い黄昏 急に涙こぼれる 声かける人が そばにいて 平凡な暮らし していたら… 胸の渇きも やせた身体も あなたしか知らない 愛は綺麗な ずるい生き物 飼い慣らすそれだけ Ah…ありふれた恋話(はなし) それも人生  林檎剥(りんごむ)く指 怪我をするより もっと痛みが 走るのは 服を着換える 寒いこの部屋 灯かり点(つ)けて出かける 置き手紙書いて 残しても 紙屑になって しまうだけ… 都会(まち)のネオンに 泳ぐ気持ちは あなたしか知らない 愛はいつでも ただの借り物 返す日がくるだけ Ah…ありふれた終幕(おわり) それも人生  胸の渇きも やせた身体も あなたしか知らない 愛は綺麗な ずるい生き物 飼い慣らすそれだけ Ah…ありふれた恋話(はなし) それも人生
真夏の果実涙があふれる 悲しい季節は 誰かに抱かれた夢を見る 泣きたい気持ちは言葉に出来ない 今夜も冷たい雨が降る こらえきれなくて ため息ばかり 今もこの胸に 夏は巡る  四六時中も好きと言って 夢の中へ連れて行って 忘れられない Heart & Soul 声にならない 砂に書いた名前消して 波はどこへ帰るのか 通り過ぎ行く Love & Roll 愛をそのままに  マイナス100度の太陽みたいに 身体を湿らす恋をして めまいがしそうな真夏の果実は 今でも心に咲いている 遠く離れても 黄昏時は 熱い面影が胸に迫る  四六時中も好きと言って 夢の中へ連れて行って 忘れられない Heart & Soul 夜が待てない 砂に書いた名前消して 波はどこへ帰るのか 通り過ぎ行く Love & Roll 愛をそのままに  こんな夜は涙見せずに また逢えると言って欲しい 忘れられない Heart & Soul 涙の果実よ前川清桑田佳祐桑田佳祐竜崎孝路涙があふれる 悲しい季節は 誰かに抱かれた夢を見る 泣きたい気持ちは言葉に出来ない 今夜も冷たい雨が降る こらえきれなくて ため息ばかり 今もこの胸に 夏は巡る  四六時中も好きと言って 夢の中へ連れて行って 忘れられない Heart & Soul 声にならない 砂に書いた名前消して 波はどこへ帰るのか 通り過ぎ行く Love & Roll 愛をそのままに  マイナス100度の太陽みたいに 身体を湿らす恋をして めまいがしそうな真夏の果実は 今でも心に咲いている 遠く離れても 黄昏時は 熱い面影が胸に迫る  四六時中も好きと言って 夢の中へ連れて行って 忘れられない Heart & Soul 夜が待てない 砂に書いた名前消して 波はどこへ帰るのか 通り過ぎ行く Love & Roll 愛をそのままに  こんな夜は涙見せずに また逢えると言って欲しい 忘れられない Heart & Soul 涙の果実よ
マンハッタンこの街では 誰もが皆 蒼い旅人 愛に迷う 物語は 今夜もうラストシーン  東向きの 窓に映る 光の海と 五番街の 人の波に 思い出を捨てましょう  55丁目の ホテルの部屋には はしゃぎ疲れた 二人のワイングラスだけ  明日(あす)になれば ふたり別の空に飛び立つ 少し眠り 夢から醒め もう二度と出会わない  55丁目の ホテルの窓には 揺れるキャンドル 吐息のジャズが聴こえてる  朝がきたら 最後のキス ふたり交わして エアポートの ゲートを抜け 他人に戻っていく 少し眠り 夢から醒め 愛を口笛にする前川清秋谷銀四郎彩木雅夫若草恵この街では 誰もが皆 蒼い旅人 愛に迷う 物語は 今夜もうラストシーン  東向きの 窓に映る 光の海と 五番街の 人の波に 思い出を捨てましょう  55丁目の ホテルの部屋には はしゃぎ疲れた 二人のワイングラスだけ  明日(あす)になれば ふたり別の空に飛び立つ 少し眠り 夢から醒め もう二度と出会わない  55丁目の ホテルの窓には 揺れるキャンドル 吐息のジャズが聴こえてる  朝がきたら 最後のキス ふたり交わして エアポートの ゲートを抜け 他人に戻っていく 少し眠り 夢から醒め 愛を口笛にする
MR.BASSMAN(Ba ba ba ...) Mr. Bass Man, you've got that certain somethin' Mr. Bass Man, you set that music thumpin' To you it's easy when you go 1-2-3, Ba ba ba ba ba ba (you mean ba ba ba ...)  Yeah! Mr. Bass Man, you're on all the songs With the boo-boo-boo-boom-boom, and the dit-dit--boom-boom-booom Hey Mr. Bass Man, you're the hidden King of Rock 'n' Roll, Ba ba ba ba ba ba (No no ba ba ba ...)  Oh, it don't mean a thing when the lead is singin' Or when he goes “Hi-yi-yi-yi-yi-yah”  Hey Mr. Bass Man, I'm askin' just one thing: Will you teach me? umm, Yeah, the way you sing 'Cause Mr. Bass Man, I wanna be a bass man too, Ba ba ba ba ba ba (Try this ba ba ba ...)  Oh, Mr. Bass Man, I really think I'm with it Boo-boo-boo-boom-boom, and the du-du-du-du-du-du-du-du Come on, Mr. Bass Man, now I'm a bass man too, Du du ba ba ba ba (That's it ba ba ba ...) (Now you...) Boom-boom-boom... (With me...)  Oh, It don't mean a thing when the lead is singin' Or when he goes “Hi-yi-yi-yi-yi-yah” Hey Mr. Bass Man, I'm askin' just one thing Will you teach me? umm, Yeah, the way you sing 'Cause Mr. Bass Man, I wanna be a bass man too, Du du ba ba ba ba (Try this ba ba ba ...)  Yeah! Mr. Bass Man, I think I'm really with it With the du-du-du-boom-boom, and the bu-bu-bu-du-du-du-du-du  C'mon, Mr. Bass Man, now I'm a bass man too, Du du ba ba ba ba (Now you ba ba ba ...) Boom-boom... Boom-boom... Oh, yeah前川清Johnny CymbalJohnny Cymbal(Ba ba ba ...) Mr. Bass Man, you've got that certain somethin' Mr. Bass Man, you set that music thumpin' To you it's easy when you go 1-2-3, Ba ba ba ba ba ba (you mean ba ba ba ...)  Yeah! Mr. Bass Man, you're on all the songs With the boo-boo-boo-boom-boom, and the dit-dit--boom-boom-booom Hey Mr. Bass Man, you're the hidden King of Rock 'n' Roll, Ba ba ba ba ba ba (No no ba ba ba ...)  Oh, it don't mean a thing when the lead is singin' Or when he goes “Hi-yi-yi-yi-yi-yah”  Hey Mr. Bass Man, I'm askin' just one thing: Will you teach me? umm, Yeah, the way you sing 'Cause Mr. Bass Man, I wanna be a bass man too, Ba ba ba ba ba ba (Try this ba ba ba ...)  Oh, Mr. Bass Man, I really think I'm with it Boo-boo-boo-boom-boom, and the du-du-du-du-du-du-du-du Come on, Mr. Bass Man, now I'm a bass man too, Du du ba ba ba ba (That's it ba ba ba ...) (Now you...) Boom-boom-boom... (With me...)  Oh, It don't mean a thing when the lead is singin' Or when he goes “Hi-yi-yi-yi-yi-yah” Hey Mr. Bass Man, I'm askin' just one thing Will you teach me? umm, Yeah, the way you sing 'Cause Mr. Bass Man, I wanna be a bass man too, Du du ba ba ba ba (Try this ba ba ba ...)  Yeah! Mr. Bass Man, I think I'm really with it With the du-du-du-boom-boom, and the bu-bu-bu-du-du-du-du-du  C'mon, Mr. Bass Man, now I'm a bass man too, Du du ba ba ba ba (Now you ba ba ba ...) Boom-boom... Boom-boom... Oh, yeah
みぞれ投げ出せば終わる そんな恋 しがみつくだけの そんな恋 あなたやさしさを 私に下さい ことばにして つなぎとめて 冬が過ぎればまた 想い出ひとつ いつしか 夢さえ 浅い眠りにうなされて 降り始めた雪がみぞれに変わる なぜか心もように似た 景色をながめながら  消え残るあかり 夜明け前 くるまの立ち去る音だけが 響いては遠く 一日延ばしの 愛に疲れ ふりかえれば いくつ冬が来たら 忘れるでしょう ため息 ついては 曇るガラス窓の向こう 降り始めた雪がみぞれに変わる なぜか心もように似た 景色をながめながら  降り始めた雪がみぞれに変わる なぜか心もように似た 景色をながめながら  なぜか心もように似た 景色をながめながら前川清近田春夫都志見隆投げ出せば終わる そんな恋 しがみつくだけの そんな恋 あなたやさしさを 私に下さい ことばにして つなぎとめて 冬が過ぎればまた 想い出ひとつ いつしか 夢さえ 浅い眠りにうなされて 降り始めた雪がみぞれに変わる なぜか心もように似た 景色をながめながら  消え残るあかり 夜明け前 くるまの立ち去る音だけが 響いては遠く 一日延ばしの 愛に疲れ ふりかえれば いくつ冬が来たら 忘れるでしょう ため息 ついては 曇るガラス窓の向こう 降り始めた雪がみぞれに変わる なぜか心もように似た 景色をながめながら  降り始めた雪がみぞれに変わる なぜか心もように似た 景色をながめながら  なぜか心もように似た 景色をながめながら
三日三晩のブルース三日三晩は 家にも 帰える気にもなれずに 街をうろつくブルージン 行くあてもなく いいじゃないか 元もと 他人同志だよ あなたの 最後の 置き手紙には ただ ごめんなさいと 許してと 人の気持も 知らないブルース  三日三晩は 世間を 振り向く気にもなれず 雨の歩道で 幻 足音をきいた どんな時にも本気で 交際(つきあ)っていたよ あなたの 忘れたハンカチーフには まだ あじさい色の 匂いがする 恋の終りを 彷徨(さまよ)うブルース  三日三晩の 記憶が 酒で流れて おぼろ 「よしなさいよ」と誰かが グラスをどけた ただひとつだけききたい 一緒の間は あなたは それでも倖せだったのか あの もの言いたげな くちびるが 人の心を 迷わすブルース前川清安井かずみ加藤和彦三日三晩は 家にも 帰える気にもなれずに 街をうろつくブルージン 行くあてもなく いいじゃないか 元もと 他人同志だよ あなたの 最後の 置き手紙には ただ ごめんなさいと 許してと 人の気持も 知らないブルース  三日三晩は 世間を 振り向く気にもなれず 雨の歩道で 幻 足音をきいた どんな時にも本気で 交際(つきあ)っていたよ あなたの 忘れたハンカチーフには まだ あじさい色の 匂いがする 恋の終りを 彷徨(さまよ)うブルース  三日三晩の 記憶が 酒で流れて おぼろ 「よしなさいよ」と誰かが グラスをどけた ただひとつだけききたい 一緒の間は あなたは それでも倖せだったのか あの もの言いたげな くちびるが 人の心を 迷わすブルース
南風通信おまえに会いに みんな 海に来たよ おまえが 昔 消えた海… 遠くの 水平線の あの雲の上かい おまえの 場所は そこから 見えているか 俺たち 変わっただろ あの頃 おまえと笑ってた ギャグはもう古い…  同窓会は 昨日 終わったけど 仲間と 行くと 決めた海… おまえの おふくろさんが 懐かしい顔だと 喜び 泣いた そこから 見えているか もらった 菓子を食べて 俺たち 子供のままだよな 夢を見つめてる…  遠くの 水平線の あの雲の上かい おまえの 場所は そこから 何か言えよ 目を閉じ 感じるから その時 ふわりと南風 胸を吹き抜けた…前川清立花美雪杉内信介櫻庭伸幸おまえに会いに みんな 海に来たよ おまえが 昔 消えた海… 遠くの 水平線の あの雲の上かい おまえの 場所は そこから 見えているか 俺たち 変わっただろ あの頃 おまえと笑ってた ギャグはもう古い…  同窓会は 昨日 終わったけど 仲間と 行くと 決めた海… おまえの おふくろさんが 懐かしい顔だと 喜び 泣いた そこから 見えているか もらった 菓子を食べて 俺たち 子供のままだよな 夢を見つめてる…  遠くの 水平線の あの雲の上かい おまえの 場所は そこから 何か言えよ 目を閉じ 感じるから その時 ふわりと南風 胸を吹き抜けた…
都風昔 都があった ここを あの人も歩いた かつて誰かの 袖を揺らした 風が 今も吹いている  さよならって そんなにも 優しく言ったら またすぐに会える 気がしてしまうよ  悲しくて 切ないのは 愛しさを 知ったせいさ 都風 今ここにいない人に 会いたいと 会いたいと 歌ってる  昔 都があった 花は 幾度も咲き散った その肩先に 触れた一片(ひとひら) 連れて帰るもできずに  元気でって そんなにも 笑顔で手を振る 遠く離れても この胸に迫る  十六夜(いざよい)の月の下じゃ 明るくて 泣けもしない 都風 今ここにいない人に 会いたいと 会いたいと 歌ってる  悲しくて 切ないのは 愛しさを 知ったせいさ 都風 今ここにいない人に 会いたいと 会いたいと 歌ってる 会いたいと 会いたいと 歌ってる前川清久保田洋司谷本新川村栄二昔 都があった ここを あの人も歩いた かつて誰かの 袖を揺らした 風が 今も吹いている  さよならって そんなにも 優しく言ったら またすぐに会える 気がしてしまうよ  悲しくて 切ないのは 愛しさを 知ったせいさ 都風 今ここにいない人に 会いたいと 会いたいと 歌ってる  昔 都があった 花は 幾度も咲き散った その肩先に 触れた一片(ひとひら) 連れて帰るもできずに  元気でって そんなにも 笑顔で手を振る 遠く離れても この胸に迫る  十六夜(いざよい)の月の下じゃ 明るくて 泣けもしない 都風 今ここにいない人に 会いたいと 会いたいと 歌ってる  悲しくて 切ないのは 愛しさを 知ったせいさ 都風 今ここにいない人に 会いたいと 会いたいと 歌ってる 会いたいと 会いたいと 歌ってる
昔があるからふりかえる径に 風が吹く 冷たすぎる 風が吹く 苦労話は したくないけど つらい憶いで 消えはしない 恨みごとを云いだせば 切りがない 哀しい私の 青春でした けれど今 憶いでのぬくもりが やさしく 私をつつんでくれる 寒い風よ ありがとう つらい昔よ ありがとう 昔があるから私は 私は生きて行ける  ひとりぽっちの 歳月を すさみ乍ら 生きて来た そんな私に 春がめぐる だから深酒 やめにするわ これからは あなただけ抱きしめて 不幸な私にさよならします けれど今もう一度ふりむくと 涙の昔がわらっています 寒い風よ ありがとう つらい昔よ ありがとう 昔があるから私は あなたと生きて行ける  昔があるから私は あなたと生きて行ける前川清杉紀彦曽根幸明ふりかえる径に 風が吹く 冷たすぎる 風が吹く 苦労話は したくないけど つらい憶いで 消えはしない 恨みごとを云いだせば 切りがない 哀しい私の 青春でした けれど今 憶いでのぬくもりが やさしく 私をつつんでくれる 寒い風よ ありがとう つらい昔よ ありがとう 昔があるから私は 私は生きて行ける  ひとりぽっちの 歳月を すさみ乍ら 生きて来た そんな私に 春がめぐる だから深酒 やめにするわ これからは あなただけ抱きしめて 不幸な私にさよならします けれど今もう一度ふりむくと 涙の昔がわらっています 寒い風よ ありがとう つらい昔よ ありがとう 昔があるから私は あなたと生きて行ける  昔があるから私は あなたと生きて行ける
無言坂あの窓も この窓も 灯がともり 暖かな しあわせが 見える 一つずつ 積み上げた つもりでも いつだって すれ違う 二人 こんな つらい恋 口に出したら 嘘になる 帰りたい 帰れない ここは無言坂 帰りたい 帰れない ひとり日暮坂  あの町も この町も 雨模様 どこへ行く はぐれ犬 ひとり 慰めも 言い訳も いらないわ 答えなら すぐにでも 出せる こんな つらい恋 口を閉ざして 貝になる 許したい 許せない ここは無言坂 許したい 許せない 雨の迷い坂  帰りたい 帰れない ここは無言坂 許したい 許せない 雨の迷い坂 ここは無言坂前川清市川睦月玉置浩二伊戸のりおあの窓も この窓も 灯がともり 暖かな しあわせが 見える 一つずつ 積み上げた つもりでも いつだって すれ違う 二人 こんな つらい恋 口に出したら 嘘になる 帰りたい 帰れない ここは無言坂 帰りたい 帰れない ひとり日暮坂  あの町も この町も 雨模様 どこへ行く はぐれ犬 ひとり 慰めも 言い訳も いらないわ 答えなら すぐにでも 出せる こんな つらい恋 口を閉ざして 貝になる 許したい 許せない ここは無言坂 許したい 許せない 雨の迷い坂  帰りたい 帰れない ここは無言坂 許したい 許せない 雨の迷い坂 ここは無言坂
胸の汽笛は今も見飽きた暮らしの窓にも 生まれたての朝日が届く 素知らぬ顔して月日は 砂のようにこぼれるけれど… 日暮れるにはまだ間がある 行き着く先はまだまだ先 古いギター膝に抱けば 胸の汽笛は今も鳴るよ  粗末にしてきた若さが 眠らせない夜更けもあるが 迷いも挫折もしたから 曲がりなりにここまでこれた 老い込むにはまだ間がある 諦めるのはまだまだ先 バイク駆って風になれば 胸の汽笛は今も鳴るよ  時には立ちどまり 人生を思う なぜかあなたがそこに居る oh oh~  日暮れるにはまだ間がある 行き着く先はまだまだ先 恋の頃を思い出せば 胸の汽笛は今も鳴るよ 胸の汽笛は今も鳴るよ前川清有馬三恵子都志見隆萩田光雄見飽きた暮らしの窓にも 生まれたての朝日が届く 素知らぬ顔して月日は 砂のようにこぼれるけれど… 日暮れるにはまだ間がある 行き着く先はまだまだ先 古いギター膝に抱けば 胸の汽笛は今も鳴るよ  粗末にしてきた若さが 眠らせない夜更けもあるが 迷いも挫折もしたから 曲がりなりにここまでこれた 老い込むにはまだ間がある 諦めるのはまだまだ先 バイク駆って風になれば 胸の汽笛は今も鳴るよ  時には立ちどまり 人生を思う なぜかあなたがそこに居る oh oh~  日暮れるにはまだ間がある 行き着く先はまだまだ先 恋の頃を思い出せば 胸の汽笛は今も鳴るよ 胸の汽笛は今も鳴るよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
憂愁ナガサキ船の灯りも泪ぐんでる…ナガサキ メランコリー…ナガサキ 待てど戻(もと)らぬ あなた信じて…ナガサキ メランコリー…ナガサキ 私はひとり 雨おんな 最終便(さいしゅうびん)は着いたけれど あのひともこのひとも 他人の空似 淋しさがせつなさが 傘を持つ手を重くする みれんほつれ髪(げ) ゆびに絡(から)めて…ナガサキ メランコリー…ナガサキ  みなと鴎が唄うブルース…ナガサキ メランコリー…ナガサキ 心細さがつのる夜更けの…ナガサキ メランコリー…ナガサキ あなたはどうして いるのでしょう OSAKEに抱かれて はしゃいでみても かくせないだませない あなたが欲しい 涕(な)きぬれて 酔いしれて あなた待っても無駄ですか 遠い霧笛が誘うためいき…ナガサキ メランコリー…ナガサキ  あなたはどうして いるのでしょう OSAKAに抱かれて はしゃいでみても かくせないだませない あなたが欲しい 涕(な)きぬれて 酔いしれて あなた待っても無駄ですか 遠い霧笛が誘うためいき…ナガサキ メランコリー…ナガサキ  あなたはどうして いるのでしょう OSAKAに抱かれて はしゃいでみても かくせないだませない あなたが欲しい 涕(な)きぬれて 酔いしれて あなた待っても無駄ですか 遠い霧笛が誘うためいき…ナガサキ メランコリー…ナガサキ前川清吉田旺中村泰士船の灯りも泪ぐんでる…ナガサキ メランコリー…ナガサキ 待てど戻(もと)らぬ あなた信じて…ナガサキ メランコリー…ナガサキ 私はひとり 雨おんな 最終便(さいしゅうびん)は着いたけれど あのひともこのひとも 他人の空似 淋しさがせつなさが 傘を持つ手を重くする みれんほつれ髪(げ) ゆびに絡(から)めて…ナガサキ メランコリー…ナガサキ  みなと鴎が唄うブルース…ナガサキ メランコリー…ナガサキ 心細さがつのる夜更けの…ナガサキ メランコリー…ナガサキ あなたはどうして いるのでしょう OSAKEに抱かれて はしゃいでみても かくせないだませない あなたが欲しい 涕(な)きぬれて 酔いしれて あなた待っても無駄ですか 遠い霧笛が誘うためいき…ナガサキ メランコリー…ナガサキ  あなたはどうして いるのでしょう OSAKAに抱かれて はしゃいでみても かくせないだませない あなたが欲しい 涕(な)きぬれて 酔いしれて あなた待っても無駄ですか 遠い霧笛が誘うためいき…ナガサキ メランコリー…ナガサキ  あなたはどうして いるのでしょう OSAKAに抱かれて はしゃいでみても かくせないだませない あなたが欲しい 涕(な)きぬれて 酔いしれて あなた待っても無駄ですか 遠い霧笛が誘うためいき…ナガサキ メランコリー…ナガサキ
もういちど恋にまぶしげな顔でふり向いたわ それがあなたとの出逢い にぎわうホテルの黄昏どき 昔の映画の始まりのよう 恋が安らぎをこわして 少し人生を変えるなら 二人の眠りを今 二人でさますの だから 愛の哀しさを知りすぎたように そんなまなざしで 私を見ないで あゝもう一度だけ もう一度だけ恋に めくるめく日々を 生きてみたい  にぎわうホテルをぬけ出したら セピアの画面に変わる あなたのその手を腰にまわし 石だたみの道あるいて行く 恋が安らぎをこわして 少し人生を変えるなら 見知らぬ街さえ今 ときめく黄昏 だから すぎた思い出に迷わされないで 男と女の小径辿りましょう あゝもう一度だけ もう一度だけ恋に めくるめく日々を 生きてみたい  だから 愛の哀しさを知りすぎたように そんなまなざしで 私を見ないで あゝもう一度だけ もう一度だけ恋に めくるめく日々を 生きてみたい前川清杉紀彦鈴木邦彦まぶしげな顔でふり向いたわ それがあなたとの出逢い にぎわうホテルの黄昏どき 昔の映画の始まりのよう 恋が安らぎをこわして 少し人生を変えるなら 二人の眠りを今 二人でさますの だから 愛の哀しさを知りすぎたように そんなまなざしで 私を見ないで あゝもう一度だけ もう一度だけ恋に めくるめく日々を 生きてみたい  にぎわうホテルをぬけ出したら セピアの画面に変わる あなたのその手を腰にまわし 石だたみの道あるいて行く 恋が安らぎをこわして 少し人生を変えるなら 見知らぬ街さえ今 ときめく黄昏 だから すぎた思い出に迷わされないで 男と女の小径辿りましょう あゝもう一度だけ もう一度だけ恋に めくるめく日々を 生きてみたい  だから 愛の哀しさを知りすぎたように そんなまなざしで 私を見ないで あゝもう一度だけ もう一度だけ恋に めくるめく日々を 生きてみたい
もっと愛してどうでした人生 長い長い道を歩いていた 振り返る想いが なぜかめぐってくるの  よく頑張ったね よく泣いてきたね そんな人生もいずれ燃えてしまうなら 心踊らせて  もっと笑えばいい 一緒に歌わないか? いつかは独りになるなら もっと愛せばいい 激しく求め合って 雪と共に溶けてく  どうでした人生 人なんてよごれた者だらけで それなのに誰かが 泣けば肩を貸すの  不器用なものね わがままなものね そんな運命もいずれつきてしまうから 心弾ませて  もっと笑えばいい 楽しく生きてますか? 隣りに私がいるから もっと叫べばいい 幸せになりたいと 声は永久(とわ)に消せない  もっと笑えばいい 一緒に歌わないか? いつかは独りになるなら もっと愛せばいい 激しく求め合って 雪と共に溶けてく前川清紘毅谷本新川村栄二どうでした人生 長い長い道を歩いていた 振り返る想いが なぜかめぐってくるの  よく頑張ったね よく泣いてきたね そんな人生もいずれ燃えてしまうなら 心踊らせて  もっと笑えばいい 一緒に歌わないか? いつかは独りになるなら もっと愛せばいい 激しく求め合って 雪と共に溶けてく  どうでした人生 人なんてよごれた者だらけで それなのに誰かが 泣けば肩を貸すの  不器用なものね わがままなものね そんな運命もいずれつきてしまうから 心弾ませて  もっと笑えばいい 楽しく生きてますか? 隣りに私がいるから もっと叫べばいい 幸せになりたいと 声は永久(とわ)に消せない  もっと笑えばいい 一緒に歌わないか? いつかは独りになるなら もっと愛せばいい 激しく求め合って 雪と共に溶けてく
夜間飛行街のあかり遠く この胸にまたたく こわれた 夢 地上に 星空のエア・ライン  哀しみ ひとつ 切なさ ふたつ ひろい集めて 飾ろうか 思い出 ひとつ ため息 ふたつ 数えきれない  あの人も この人も みんな みんな 優しかった  きみの笑顔信じ ひと筋につくした きのうの 恋 わすれて 北へ飛ぶエア・ライン  哀しみ ひとつ 切なさ ふたつ キャリー・バックに 隠そうか 思い出 ひとつ ため息 ふたつ 涙見せない  あの愛も この愛も みんな みんな きれいだった  哀しみ ひとつ 切なさ ふたつ ひろい集めて 飾ろうか 思い出 ひとつ ため息 ふたつ 数えきれない  あの人も この人も みんな みんな 優しかった前川清五木寛之都志見隆街のあかり遠く この胸にまたたく こわれた 夢 地上に 星空のエア・ライン  哀しみ ひとつ 切なさ ふたつ ひろい集めて 飾ろうか 思い出 ひとつ ため息 ふたつ 数えきれない  あの人も この人も みんな みんな 優しかった  きみの笑顔信じ ひと筋につくした きのうの 恋 わすれて 北へ飛ぶエア・ライン  哀しみ ひとつ 切なさ ふたつ キャリー・バックに 隠そうか 思い出 ひとつ ため息 ふたつ 涙見せない  あの愛も この愛も みんな みんな きれいだった  哀しみ ひとつ 切なさ ふたつ ひろい集めて 飾ろうか 思い出 ひとつ ため息 ふたつ 数えきれない  あの人も この人も みんな みんな 優しかった
雪 深深誰かが生きようと 言ってもだめです あなたと別れたら 私には明日はない 生きる命は いらないの 恋に落ちたも さだめ 泣いたのも さだめ これでいゝのよ でも、いまも好き… 愛に燃えた 夏は過ぎて 独り 心は冬景色 しんしんしん 雪が降る降る しんしんしんしん 命が凍る  一途に愛したら 戻れぬ細道 注がれた酒に酔い 人知れず解いた帯 風の噂も 気にせずに 夜にまかせた命 求め合う命 消えた炎ね でも、いまも好き… 肌を寄せた 愛を失くし 胸に淋しさ 突き刺さる しんしんしん 雪が舞う舞う しんしんしんしん 夜明けはいづこ  人はこの世の 行きずりに 恋のときめき 唄い あきらめを唄う 罪な出会いね でも、いまも好き… 愛に燃えた 夏は過ぎて 独り 心は冬景色 しんしんしん 雪が降る降る しんしんしんしん 命が凍る前川清石本美由起桧原さとし石倉重信誰かが生きようと 言ってもだめです あなたと別れたら 私には明日はない 生きる命は いらないの 恋に落ちたも さだめ 泣いたのも さだめ これでいゝのよ でも、いまも好き… 愛に燃えた 夏は過ぎて 独り 心は冬景色 しんしんしん 雪が降る降る しんしんしんしん 命が凍る  一途に愛したら 戻れぬ細道 注がれた酒に酔い 人知れず解いた帯 風の噂も 気にせずに 夜にまかせた命 求め合う命 消えた炎ね でも、いまも好き… 肌を寄せた 愛を失くし 胸に淋しさ 突き刺さる しんしんしん 雪が舞う舞う しんしんしんしん 夜明けはいづこ  人はこの世の 行きずりに 恋のときめき 唄い あきらめを唄う 罪な出会いね でも、いまも好き… 愛に燃えた 夏は過ぎて 独り 心は冬景色 しんしんしん 雪が降る降る しんしんしんしん 命が凍る
雪列車GOLD LYLIC匂うように 笑うように 雪が降る 白い景色 逃げるように 汽車は走る サヨナラが 夢ならば ひき返すけど あの頃が 夢ならば このまま行く あたたかいものを 何かください こころも からだも 寒すぎるので…どうぞ  少しばかり 離れた席 恋人たち 無邪気色の ひざかけを かけて眠る なにげなく 髪を切れた 幸せな日は 同じように 雪の日で あなたといた あたたかいひとに もたれていたい ひとりで いたけど 冷えてきたので…どうか  サヨナラが 夢ならば ひき返すけど あの頃が 夢ならば このまま行く あたたかいものを 何かください こころも からだも 寒すぎるので…どうぞGOLD LYLIC前川清糸井重里坂本龍一匂うように 笑うように 雪が降る 白い景色 逃げるように 汽車は走る サヨナラが 夢ならば ひき返すけど あの頃が 夢ならば このまま行く あたたかいものを 何かください こころも からだも 寒すぎるので…どうぞ  少しばかり 離れた席 恋人たち 無邪気色の ひざかけを かけて眠る なにげなく 髪を切れた 幸せな日は 同じように 雪の日で あなたといた あたたかいひとに もたれていたい ひとりで いたけど 冷えてきたので…どうか  サヨナラが 夢ならば ひき返すけど あの頃が 夢ならば このまま行く あたたかいものを 何かください こころも からだも 寒すぎるので…どうぞ
夢一秒夢に生まれ 夢で終る それが恋だけど あなたには幸福の 貸しがいまもある 涙なんか飾り物と人は笑うけど 素肌から想い出を 追い出せなくて  Ah 愛することに いまは疲れても 女でいること嫌いにさせないで Ah 過去は一秒 それだけだから またちがう人 好きになればいい  今日に生きて 明日に死ねる それも恋だから あなたしか天国の 夜は探せない 好きと嫌い 胸の中で嵐になるたび 昨日からまた涙 呼びだしている  Ah 抱かれることを 少し忘れても 女でいること 捨てたりさせないで Ah 夢は一秒 それだけだから また人生を 好きになればいい  Ah 愛することに いまは疲れても 女でいること嫌いにさせないで Ah 過去は一秒 それだけだから またちがう人 好きになればいい  またちがう人 好きになればいい前川清荒木とよひさ都志見隆夢に生まれ 夢で終る それが恋だけど あなたには幸福の 貸しがいまもある 涙なんか飾り物と人は笑うけど 素肌から想い出を 追い出せなくて  Ah 愛することに いまは疲れても 女でいること嫌いにさせないで Ah 過去は一秒 それだけだから またちがう人 好きになればいい  今日に生きて 明日に死ねる それも恋だから あなたしか天国の 夜は探せない 好きと嫌い 胸の中で嵐になるたび 昨日からまた涙 呼びだしている  Ah 抱かれることを 少し忘れても 女でいること 捨てたりさせないで Ah 夢は一秒 それだけだから また人生を 好きになればいい  Ah 愛することに いまは疲れても 女でいること嫌いにさせないで Ah 過去は一秒 それだけだから またちがう人 好きになればいい  またちがう人 好きになればいい
夢のあとさき針で 針で刺すように 雨が 雨が降りしきる 肩や胸のふくらみが 濡れて透けて目に痛い 息をとめたまま 立ちつくすおまえ こころ鬼にして むりに追いはらう 男ゆえに女ゆえに 夢のあとさき切ない  鞭で 鞭で打つように 風が 風が吹きつのる 赤い薄いくちびるが もろく弱くふるえてる 声を噛みころし 泣きじゃくるおまえ 他人事(ひとごと)のように わざと目をそらす 男ゆえに女ゆえに 夢のあとさき悲しい  口をきいたなら 死にそうなおまえ せめて倖せを かげで祈るだけ 男ゆえに女ゆえに 夢のあとさき虚しい前川清千家和也内山田洋針で 針で刺すように 雨が 雨が降りしきる 肩や胸のふくらみが 濡れて透けて目に痛い 息をとめたまま 立ちつくすおまえ こころ鬼にして むりに追いはらう 男ゆえに女ゆえに 夢のあとさき切ない  鞭で 鞭で打つように 風が 風が吹きつのる 赤い薄いくちびるが もろく弱くふるえてる 声を噛みころし 泣きじゃくるおまえ 他人事(ひとごと)のように わざと目をそらす 男ゆえに女ゆえに 夢のあとさき悲しい  口をきいたなら 死にそうなおまえ せめて倖せを かげで祈るだけ 男ゆえに女ゆえに 夢のあとさき虚しい
夢の隣り心が見えない 暖かいひとの心が… 星空またたく 摩天楼の街ほど 愛がただ欲しい とても今欲しい あの日の涙は 終りを知らない あゝこの街で もう一度 めぐり逢えるまで 二度と寂しい風の 旅には出ない どうぞあなたの 夢の隣りに…  笑顔を下さい 私にも似合う笑顔を… 華やぐ街ほど そうよ影も濃いのよ 燃える暖炉の火 今も赫々と あなたへ尽きない 私の残り火 あゝあなたしか 愛せない 道はつづくけど 二度と寂しい風の 旅には出ない どうぞあなたの 夢の隣りに…  私はどこへも どこへも行かない あゝこの街で もう一度 めぐり逢えるまで 二度と寂しい風の 旅には出ない どうぞあなたの 夢の隣りに…前川清坂口照幸弦哲也川村栄二心が見えない 暖かいひとの心が… 星空またたく 摩天楼の街ほど 愛がただ欲しい とても今欲しい あの日の涙は 終りを知らない あゝこの街で もう一度 めぐり逢えるまで 二度と寂しい風の 旅には出ない どうぞあなたの 夢の隣りに…  笑顔を下さい 私にも似合う笑顔を… 華やぐ街ほど そうよ影も濃いのよ 燃える暖炉の火 今も赫々と あなたへ尽きない 私の残り火 あゝあなたしか 愛せない 道はつづくけど 二度と寂しい風の 旅には出ない どうぞあなたの 夢の隣りに…  私はどこへも どこへも行かない あゝこの街で もう一度 めぐり逢えるまで 二度と寂しい風の 旅には出ない どうぞあなたの 夢の隣りに…
夢物語深い闇に迷い込んで ただ一人たたずんでる 遠くから聞こえた声に 振り返って目を凝らした  「欲しいもの3つあげるから 他の全部奪い去る」と 天使か悪魔なのかさえも 分からぬ君が問いかける  変な夢だったと 笑えるなら何を願おうか 1つ目の願いを とびついて とびついて 叶えていた  欲しいものよりこの運命が どうやって終わるか考えてたけど Lan-LaLa-Lan 楽しい唄だけ 聴こえてる明日に何があるの  「あと2つ残っている」と また君が声をかける 手にしたって一人喜んで 鼻で笑う人もいない  嘘で塗りつぶした 世の中でずっと生きてたけど 正しいことはいつも 間違って 間違って 見つけてきた  手の届かない宝石よりも 手に入れたものが宝物だった Lan-LaLa-Lan 悲しい唄さえ 聴こえない明日に何があるの  夢が覚めたらどこに行こうか 何もいらないから元に戻してよ Dan-DaLa-Dan 夢物語 何もなかったように消えていた  手の届かない宝石よりも 手に入れたものが宝物だった Lan-LaLa-Lan 悲しい唄さえ 聴こえない明日に何があるの前川清紘毅紘毅堀向彦輝深い闇に迷い込んで ただ一人たたずんでる 遠くから聞こえた声に 振り返って目を凝らした  「欲しいもの3つあげるから 他の全部奪い去る」と 天使か悪魔なのかさえも 分からぬ君が問いかける  変な夢だったと 笑えるなら何を願おうか 1つ目の願いを とびついて とびついて 叶えていた  欲しいものよりこの運命が どうやって終わるか考えてたけど Lan-LaLa-Lan 楽しい唄だけ 聴こえてる明日に何があるの  「あと2つ残っている」と また君が声をかける 手にしたって一人喜んで 鼻で笑う人もいない  嘘で塗りつぶした 世の中でずっと生きてたけど 正しいことはいつも 間違って 間違って 見つけてきた  手の届かない宝石よりも 手に入れたものが宝物だった Lan-LaLa-Lan 悲しい唄さえ 聴こえない明日に何があるの  夢が覚めたらどこに行こうか 何もいらないから元に戻してよ Dan-DaLa-Dan 夢物語 何もなかったように消えていた  手の届かない宝石よりも 手に入れたものが宝物だった Lan-LaLa-Lan 悲しい唄さえ 聴こえない明日に何があるの
ゆれて博多で些細(ささい)なことが きっかけで あなたと過ごした この街で ひとり飲んでる 屋台酒 心をゆさぶる 思い出達  博多訛りの 優しさに 気付くことさえ 出来たなら…  ゆれて ゆれて ゆれて 博多で すべて すべて すべて 捨て去り あなたを あなたを 探して ゆれて 博多で  無くして気付く ことなんか たくさんあるのは 分かってた ふらりと寄った 屋台酒 中洲の風さえ 知らん顔ね  純な男の 一途さに もっと素直に なれたなら…  抱いて 抱いて 抱いて 博多で 熱く 熱く 熱く もう一度 あなたが あなたが 恋しい ゆれて 博多で  ゆれて ゆれて ゆれて 博多で 泣いて 泣いて 泣いて 泣き濡れ 止まらない 涙は 那珂川 水面(みなも)に流すわ 抱いて 抱いて 抱いて 博多で 強く 強く 強く その手で あなたを あなたを 探して ゆれて 博多で前川清井田実上野浩司櫻庭伸幸些細(ささい)なことが きっかけで あなたと過ごした この街で ひとり飲んでる 屋台酒 心をゆさぶる 思い出達  博多訛りの 優しさに 気付くことさえ 出来たなら…  ゆれて ゆれて ゆれて 博多で すべて すべて すべて 捨て去り あなたを あなたを 探して ゆれて 博多で  無くして気付く ことなんか たくさんあるのは 分かってた ふらりと寄った 屋台酒 中洲の風さえ 知らん顔ね  純な男の 一途さに もっと素直に なれたなら…  抱いて 抱いて 抱いて 博多で 熱く 熱く 熱く もう一度 あなたが あなたが 恋しい ゆれて 博多で  ゆれて ゆれて ゆれて 博多で 泣いて 泣いて 泣いて 泣き濡れ 止まらない 涙は 那珂川 水面(みなも)に流すわ 抱いて 抱いて 抱いて 博多で 強く 強く 強く その手で あなたを あなたを 探して ゆれて 博多で
YOU ARE MY DESTINYYou are my destiny You are what you are to me You are my happiness That's what you are  You have my sweet caress You share my loneliness You are my dream come true That's what you are  Heaven and heaven alone Can take your love from me 'Cause I'd be a fool To ever leave you dear And a fool I'd never be  You are my destiny You share my reverie You're more than life to me That's what you are  You are my destiny You share my reverie You're more than happiness That's what you are前川清Paul AnkaPaul AnkaYou are my destiny You are what you are to me You are my happiness That's what you are  You have my sweet caress You share my loneliness You are my dream come true That's what you are  Heaven and heaven alone Can take your love from me 'Cause I'd be a fool To ever leave you dear And a fool I'd never be  You are my destiny You share my reverie You're more than life to me That's what you are  You are my destiny You share my reverie You're more than happiness That's what you are
You Don't Have To Say You Love MeWhen I said, I needed you You said you would always stay It wasn't me who changed, but you and now you've gone away  Don't you know that now you've gone And I'm left here on my own Then I have to follow you and beg you to come home  You don't have to say you love me Just be close at hand You don't have to stay forever I will understand Believe me, believe me I can't help but love you But believe me, I'll never tie you down  Left alone with just a memory Life seems dead and so unreal All that's left is loneliness There's nothing left to feel  You don't have to say you love me Just be close at hand You don't have to stay forever I will understand Believe me, believe me  You don't have to say you love me Just be close at hand You don't have to stay forever I will understand Believe me, believe me, believe me前川清Pino Donaggio・Vito Pallavicini・Simon Napier-Bell・Vicki WickhamPino Donaggio・Vito Pallavicini・Simon Napier-Bell・Vicki WickhamWhen I said, I needed you You said you would always stay It wasn't me who changed, but you and now you've gone away  Don't you know that now you've gone And I'm left here on my own Then I have to follow you and beg you to come home  You don't have to say you love me Just be close at hand You don't have to stay forever I will understand Believe me, believe me I can't help but love you But believe me, I'll never tie you down  Left alone with just a memory Life seems dead and so unreal All that's left is loneliness There's nothing left to feel  You don't have to say you love me Just be close at hand You don't have to stay forever I will understand Believe me, believe me  You don't have to say you love me Just be close at hand You don't have to stay forever I will understand Believe me, believe me, believe me
夜桜お七赤い鼻緒がぷつりと切れた すげてくれる手ありゃしない 置いてけ堀をけとばして 駆けだす指に血がにじむ さくら さくら いつまで待っても来ぬひとと 死んだひととは おなじこと さくら さくら はな吹雪 燃えて燃やした肌より白い花 浴びてわたしは 夜桜お七 さくら さくら 弥生の空に さくら さくら はな吹雪  口紅をつけてティッシュをくわえたら 涙が ぽろり もうひとつ ぽろり  熱い唇おしあててきた あの日のあんたもういない たいした恋じゃなかったと すくめる肩に風が吹く さくら さくら いつまで待っても来ぬひとと 死んだひととは おなじこと さくら さくら はな吹雪 抱いて抱かれた 二十歳の夢のあと おぼろ月夜の 夜桜お七 さくら さくら 見渡すかぎり さくら さくら はな吹雪 さくら さくら さよならあんた さくら さくら はな吹雪前川清林あまり三木たかし石倉重信赤い鼻緒がぷつりと切れた すげてくれる手ありゃしない 置いてけ堀をけとばして 駆けだす指に血がにじむ さくら さくら いつまで待っても来ぬひとと 死んだひととは おなじこと さくら さくら はな吹雪 燃えて燃やした肌より白い花 浴びてわたしは 夜桜お七 さくら さくら 弥生の空に さくら さくら はな吹雪  口紅をつけてティッシュをくわえたら 涙が ぽろり もうひとつ ぽろり  熱い唇おしあててきた あの日のあんたもういない たいした恋じゃなかったと すくめる肩に風が吹く さくら さくら いつまで待っても来ぬひとと 死んだひととは おなじこと さくら さくら はな吹雪 抱いて抱かれた 二十歳の夢のあと おぼろ月夜の 夜桜お七 さくら さくら 見渡すかぎり さくら さくら はな吹雪 さくら さくら さよならあんた さくら さくら はな吹雪
よろこびの予感甘えさせてあげたかった 喜ばせてあげたかった さよならをしても 思い出す涙 迷わずあなたの手を 握れば良かったかも あーにくらしい 幸せになれた 港町の小さな店 今も綺麗かなあなたは  離れないであげたかった 楽しませてあげたかった 抱きしめる度に よろこびの予感 隣にあなたがいて 伝わる言葉がある あーありふれた毎日が過ぎる 丘の上の小さな部屋 愛のキャンドルは燃えてる  愛の色で包みたくて 別れたけど捜している 幸せになれる コーヒーを飲もう 素直にあなたの恋 選べば良かったかも あー目の前で 恋人が消えた 雨の日には静かな店 今も綺麗かなあなたは きっと綺麗だねあなたは たぶん綺麗だよあなたは前川清橋本淳筒美京平若草恵甘えさせてあげたかった 喜ばせてあげたかった さよならをしても 思い出す涙 迷わずあなたの手を 握れば良かったかも あーにくらしい 幸せになれた 港町の小さな店 今も綺麗かなあなたは  離れないであげたかった 楽しませてあげたかった 抱きしめる度に よろこびの予感 隣にあなたがいて 伝わる言葉がある あーありふれた毎日が過ぎる 丘の上の小さな部屋 愛のキャンドルは燃えてる  愛の色で包みたくて 別れたけど捜している 幸せになれる コーヒーを飲もう 素直にあなたの恋 選べば良かったかも あー目の前で 恋人が消えた 雨の日には静かな店 今も綺麗かなあなたは きっと綺麗だねあなたは たぶん綺麗だよあなたは
Last Songあなたを優しく 包んでやれなかった 外套(コート)の襟を立てる 本当は辛く 泣いていた あの日を思い出す  季節が流れて 街のショーウィンドーに もう若くない自分と 昔のままの空が見える  誰か あの歌を聴かせてくれないか あの優しかった 人達はどこにいるのか 誰か あの歌を聴かせてくれないか  歌える人は もうここにはいないのか  あの時素直に 好きだと言えなかった 名前を指でたどる も一度腕で 強く抱き寄せてやりたくて  冷たい舗道に 寄り添う恋人は 帰りはしない あの日に 後姿が どこか似てる  誰か あの歌を聴かせてくれないか あの優しかった ほほえみはどこにあるのか 誰か あの歌を聴かせてくれないか  歌える人は もうここにはいないのか 歌える人は もうここにはいないのか前川清伊達歩都倉俊一あなたを優しく 包んでやれなかった 外套(コート)の襟を立てる 本当は辛く 泣いていた あの日を思い出す  季節が流れて 街のショーウィンドーに もう若くない自分と 昔のままの空が見える  誰か あの歌を聴かせてくれないか あの優しかった 人達はどこにいるのか 誰か あの歌を聴かせてくれないか  歌える人は もうここにはいないのか  あの時素直に 好きだと言えなかった 名前を指でたどる も一度腕で 強く抱き寄せてやりたくて  冷たい舗道に 寄り添う恋人は 帰りはしない あの日に 後姿が どこか似てる  誰か あの歌を聴かせてくれないか あの優しかった ほほえみはどこにあるのか 誰か あの歌を聴かせてくれないか  歌える人は もうここにはいないのか 歌える人は もうここにはいないのか
Lucky LipsWhen I was just a little baby I didn't have many toys, But my mama used to say, son, you've got more than other boys. Now you may not be good looking, And you may not be too rich. But you'll never ever be alone, Cause you've got lucky lips.  Lucky lips are always kissing Lucky lips are never blue. Lucky lips will always find a pair of lips so true. Don't need a four-leaf clover, Rabbit's foot or a good luck charm. With lucky lips you'll always have, A baby in your arms.  Now I never get heartbroken, No, I never get the blues. And if I play that game of love I know I just can't lose. When they spin that wheel of fortune, All I do is kiss my chips, And I know I'm 'bout to win, Yeah! Cause I've got lucky lips.  Lucky lips are always kissing, Lucky lips are never blue Lucky lips will always find a pair of lips so true. Don't need a four-leaf clover, Rabbit's foot or a good luck charm. With lucky lips you'll always have, A baby in your arms.  Lucky lips are always kissing, Lucky lips are never blue Lucky lips will always find a pair of lips so true. Don't need a four-leaf clover, Rabbit's foot or a good luck charm. With lucky lips you'll always have, A baby in your arms.前川清Jerry Leiber・Mike StollerJerry Leiber・Mike Stoller田代修二When I was just a little baby I didn't have many toys, But my mama used to say, son, you've got more than other boys. Now you may not be good looking, And you may not be too rich. But you'll never ever be alone, Cause you've got lucky lips.  Lucky lips are always kissing Lucky lips are never blue. Lucky lips will always find a pair of lips so true. Don't need a four-leaf clover, Rabbit's foot or a good luck charm. With lucky lips you'll always have, A baby in your arms.  Now I never get heartbroken, No, I never get the blues. And if I play that game of love I know I just can't lose. When they spin that wheel of fortune, All I do is kiss my chips, And I know I'm 'bout to win, Yeah! Cause I've got lucky lips.  Lucky lips are always kissing, Lucky lips are never blue Lucky lips will always find a pair of lips so true. Don't need a four-leaf clover, Rabbit's foot or a good luck charm. With lucky lips you'll always have, A baby in your arms.  Lucky lips are always kissing, Lucky lips are never blue Lucky lips will always find a pair of lips so true. Don't need a four-leaf clover, Rabbit's foot or a good luck charm. With lucky lips you'll always have, A baby in your arms.
LANALing-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ling Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ma-ma-ma-ma ma-ma-ma-ma-ma  Oh, beautiful Lana I told it my mama And my dad What I had You are the sweetest And the neatest Little girl In the world  Oh La-La-La-La-La-La-La Lana Oh La-La-La-La-La-La-La Lana Oh Lana  O- Oh Lana Don't make me blue O- Oh Lana Don't you know Don't you know I love you  Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ling Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ma-ma-ma-ma ma-ma-ma-ma-ma  Oh beautiful Lana Don't you know that I wanna Hug and kiss you And let you know that I miss you While we're apart  Oh my heart All it can say is L-A-N-A L-A-N-A L-A-N-A L-A-N-A LANA  Oh La-La-La-La-La-La-La Lana Oh La-La-La-La-La-La-La Lana Oh La-La-La-La-La-La-La Lana Oh La-La-La-La-La-La-La Lana Oh Lana前川清Joe Melson・Roy OrbisonJoe Melson・Roy OrbisonLing-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ling Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ma-ma-ma-ma ma-ma-ma-ma-ma  Oh, beautiful Lana I told it my mama And my dad What I had You are the sweetest And the neatest Little girl In the world  Oh La-La-La-La-La-La-La Lana Oh La-La-La-La-La-La-La Lana Oh Lana  O- Oh Lana Don't make me blue O- Oh Lana Don't you know Don't you know I love you  Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ling Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ling-a Ling-a-ling-a Ma-ma-ma-ma ma-ma-ma-ma-ma  Oh beautiful Lana Don't you know that I wanna Hug and kiss you And let you know that I miss you While we're apart  Oh my heart All it can say is L-A-N-A L-A-N-A L-A-N-A L-A-N-A LANA  Oh La-La-La-La-La-La-La Lana Oh La-La-La-La-La-La-La Lana Oh La-La-La-La-La-La-La Lana Oh La-La-La-La-La-La-La Lana Oh Lana
LOVE ME TENDERLove me tender, Love me sweet, Never let me go. You have made my life complete, And I love you so.  Love me tender, Love me true, All my dreams fulfilled. For my darlin' I love you, And I always will.  Love me tender, Love me long, Take me to your heart. For it's there that I belong, And we'll never part.  Love me tender, Love me true, All my dreams fulfilled. For my darlin' I love you, And I always will.  Love me tender, Love me dear, Tell me you are mine. I'll be yours through all the years, Till the end of time.  Love me tender, Love me true, All my dreams fulfilled. For my darlin' I love you, And I always will.前川清Elvis Presley・Vera MatsonElvis Presley・Vera MatsonLove me tender, Love me sweet, Never let me go. You have made my life complete, And I love you so.  Love me tender, Love me true, All my dreams fulfilled. For my darlin' I love you, And I always will.  Love me tender, Love me long, Take me to your heart. For it's there that I belong, And we'll never part.  Love me tender, Love me true, All my dreams fulfilled. For my darlin' I love you, And I always will.  Love me tender, Love me dear, Tell me you are mine. I'll be yours through all the years, Till the end of time.  Love me tender, Love me true, All my dreams fulfilled. For my darlin' I love you, And I always will.
Love LettersLove letters straight from your heart Keep us so near while apart I'm not alone in the night When I can have all the love you write  I memorize ev'ry line And I kiss the name that you sign And darlin, then I read again right from the start Love letters straight, from your heart  I memorize ev'ry little line And I kiss the name that you sign And darlin, then I read again right from the start Love letters straight from your heart前川清Edward Heyman・Victor YoungEdward Heyman・Victor Young伊戸のりおLove letters straight from your heart Keep us so near while apart I'm not alone in the night When I can have all the love you write  I memorize ev'ry line And I kiss the name that you sign And darlin, then I read again right from the start Love letters straight, from your heart  I memorize ev'ry little line And I kiss the name that you sign And darlin, then I read again right from the start Love letters straight from your heart
RUNAWAYAs I walk along, I wonder A what went wrong with our love A love that was so strong  And as I still walk on, I think of The things we've done together A while our hearts were young  I'm a-walkin' in the rain Tears are fallin' and I feel the pain Wishin' you were here by me To end this misery  And I wonder I wah-wah-wah-wah-wonder Why why, why, why, why, why She ran away  And I wonder Where she will stay My little runaway A run, run, run, run, runaway  I'm a-walkin' in the rain Tears are fallin' and I feel the pain Wishin' you were here by me To end this misery  And I wonder I wah-wah-wah-wah-wonder Why why, why, why, why, why She ran away  And I wonder Where she will stay My little runaway A run, run, run, run, runaway A run, run, run, run, runaway A run, run, run, run, runaway前川清Del Shannon・Max CrookDel Shannon・Max CrookAs I walk along, I wonder A what went wrong with our love A love that was so strong  And as I still walk on, I think of The things we've done together A while our hearts were young  I'm a-walkin' in the rain Tears are fallin' and I feel the pain Wishin' you were here by me To end this misery  And I wonder I wah-wah-wah-wah-wonder Why why, why, why, why, why She ran away  And I wonder Where she will stay My little runaway A run, run, run, run, runaway  I'm a-walkin' in the rain Tears are fallin' and I feel the pain Wishin' you were here by me To end this misery  And I wonder I wah-wah-wah-wah-wonder Why why, why, why, why, why She ran away  And I wonder Where she will stay My little runaway A run, run, run, run, runaway A run, run, run, run, runaway A run, run, run, run, runaway
RHYTHEM OF THE RAINListen to the rhythm of the falling rain Telling me just what a fool I've been I wish that it would go and let me cry in vain And let me be alone again. The only girl I care about has gone away lookin' for a brand new start. But little does she know that when she left that day Along with her she took my heart.  Rain please tell me now does that seem fair For her to steal my heart away when she don't care I can't love another when my heart's somewhere far away The only girl I care about has gone away Lookin' for a brand new start But little does she know that when she left that day along with her she took my heart.  Rain won't you tell her that I love her so Please ask the sun to set her heart aglow Rain in her heart and let the love we knew start to grow Listen to the rhythm of the falling rain Tellin' me just what a fool I've been I wish that it would go and let me cry in vain And let me be alone again  Oh listen to the falling rain. Pitter-patter, pitter-patter woo- Listen, listen to the falling rain. Pitter-patter, pitter-patter woo- Listen, listen to the falling rain. Pitter-patter, pitter-patter woo-前川清John C GummoeJohn C GummoeListen to the rhythm of the falling rain Telling me just what a fool I've been I wish that it would go and let me cry in vain And let me be alone again. The only girl I care about has gone away lookin' for a brand new start. But little does she know that when she left that day Along with her she took my heart.  Rain please tell me now does that seem fair For her to steal my heart away when she don't care I can't love another when my heart's somewhere far away The only girl I care about has gone away Lookin' for a brand new start But little does she know that when she left that day along with her she took my heart.  Rain won't you tell her that I love her so Please ask the sun to set her heart aglow Rain in her heart and let the love we knew start to grow Listen to the rhythm of the falling rain Tellin' me just what a fool I've been I wish that it would go and let me cry in vain And let me be alone again  Oh listen to the falling rain. Pitter-patter, pitter-patter woo- Listen, listen to the falling rain. Pitter-patter, pitter-patter woo- Listen, listen to the falling rain. Pitter-patter, pitter-patter woo-
LITTLE DARLIN'Ya YaYaYaYa YaYaYaYa YaYa Ya  Hey, little darlin' Oh, little darlin' Oh Ho where are you My love-a I was wrong-a To try To love two A hoopa, hoopa, hoopa Kno-ow well-a That my love-a Wa-as just for you Oh only you  My darlin' I need you To call my own And never do wrong To hold in mine Your little hand I'll know too soon That all is so grand Please, hold my hand  My dear-a I was wrong-a To try To love two A hoopa, hoopa, hoopa Kno-ow well-a That my love-a Wa-as just for you Oh only you前川清Maurice WilliamsMaurice Williams伊戸のりおYa YaYaYaYa YaYaYaYa YaYa Ya  Hey, little darlin' Oh, little darlin' Oh Ho where are you My love-a I was wrong-a To try To love two A hoopa, hoopa, hoopa Kno-ow well-a That my love-a Wa-as just for you Oh only you  My darlin' I need you To call my own And never do wrong To hold in mine Your little hand I'll know too soon That all is so grand Please, hold my hand  My dear-a I was wrong-a To try To love two A hoopa, hoopa, hoopa Kno-ow well-a That my love-a Wa-as just for you Oh only you
Live YoungLIVE YOUNG, you're like a butterfly trying it's wings Love young and you'll discover such fabulous things Don't be afraid to give your heart away, Why save your love and kisses for a rainy day?  LIVE YOUNG, when all your dreams are so shiny and new Let lose, do all the swingin' things you want to do, Climb up love's ladder to the highest rung Take that magic carpet ride LIVE YOUNG  And if someone like me should want to take you kissin' Let yourself go and you'll find out What you've been missin'  LIVE YOUNG, and let me show you how sweet life can be LIVE YOUNG, the world's a wonderland; Share it with me Let's start tonight and make a memory, you and me Let's dream young, love young LIVE YOUNG前川清Paul Evans・Larry KusikPaul Evans・Larry KusikLIVE YOUNG, you're like a butterfly trying it's wings Love young and you'll discover such fabulous things Don't be afraid to give your heart away, Why save your love and kisses for a rainy day?  LIVE YOUNG, when all your dreams are so shiny and new Let lose, do all the swingin' things you want to do, Climb up love's ladder to the highest rung Take that magic carpet ride LIVE YOUNG  And if someone like me should want to take you kissin' Let yourself go and you'll find out What you've been missin'  LIVE YOUNG, and let me show you how sweet life can be LIVE YOUNG, the world's a wonderland; Share it with me Let's start tonight and make a memory, you and me Let's dream young, love young LIVE YOUNG
流木流れながれて 旅を終えたとき 戻るあてなど すてたつもりでも 風にまかれて 一人岬まで 足を運べば 海鳴りが遠く  月並みなシナリオのように もう一度やり直せるなら 立ち尽くす ここは北の果て 雲がちぎれちぎれに 走り去る 空を 見つめ あなたが恋しい  忘れられたら 楽になるでしょう 歩き疲れた 岬の彼方に 人の助けを 求めるように 荒れた波間を 漂う流木  うみどりの声を聞きながら 帰れないあの日を思えば 北の果てここはオホーツク 雲がちぎれちぎれに 走り去る 空を 見つめ あなたに逢いたい  月並みなシナリオのように もう一度やり直せるなら 立ち尽くすここは北の果て 雲がちぎれちぎれに 走り去る 空を 見つめ あなたが恋しい前川清近田春夫都志見隆流れながれて 旅を終えたとき 戻るあてなど すてたつもりでも 風にまかれて 一人岬まで 足を運べば 海鳴りが遠く  月並みなシナリオのように もう一度やり直せるなら 立ち尽くす ここは北の果て 雲がちぎれちぎれに 走り去る 空を 見つめ あなたが恋しい  忘れられたら 楽になるでしょう 歩き疲れた 岬の彼方に 人の助けを 求めるように 荒れた波間を 漂う流木  うみどりの声を聞きながら 帰れないあの日を思えば 北の果てここはオホーツク 雲がちぎれちぎれに 走り去る 空を 見つめ あなたに逢いたい  月並みなシナリオのように もう一度やり直せるなら 立ち尽くすここは北の果て 雲がちぎれちぎれに 走り去る 空を 見つめ あなたが恋しい
りんどう小唄こころは泣いていたけれど 笑ってそっと言ったのさ 今度生まれてくる時は あのりんどうの花のよに ふたつよりそい咲きましょう  飲めない酒でついたうそ 本当はわかってほしかった 今度生まれてくる時は あのりんどうの花のよに 清らな里で暮らしたい  ふみにじられた草のよに ふんでふまれた二人でも 今度生まれてくる時は あのりんどうの花のよに かわいく結ばれそいとげましょう  かわいく結ばれそいとげましょう 前川清峰森一早季弾厚作川村栄二こころは泣いていたけれど 笑ってそっと言ったのさ 今度生まれてくる時は あのりんどうの花のよに ふたつよりそい咲きましょう  飲めない酒でついたうそ 本当はわかってほしかった 今度生まれてくる時は あのりんどうの花のよに 清らな里で暮らしたい  ふみにじられた草のよに ふんでふまれた二人でも 今度生まれてくる時は あのりんどうの花のよに かわいく結ばれそいとげましょう  かわいく結ばれそいとげましょう 
霖霖と心の中の水溜り 願いの光の差す庭に 雫の珠が落ちました あなたの声が聞きたい…  云えなかった言葉が一片(ひとひら) 今も愛しい人  霖霖(りんりん)と降る 雨の音 逢えない雨の音 心に響きます…  この手でふたり慰(あい)し合い その手に唇あてながら 身体を合わせ夢合わせ すべてが昨日のように…  寂しかった心が泣きます そして切ない夜  霖霖(りんりん)と吹く 風の音 逢えない風の音 恋しと響きます…  云えなかった言葉が一片(ひとひら) 今も愛しい人  霖霖(りんりん)と降る 雨の音 逢えない雨の音 心に響きます…前川清阿閉真琴都志見隆心の中の水溜り 願いの光の差す庭に 雫の珠が落ちました あなたの声が聞きたい…  云えなかった言葉が一片(ひとひら) 今も愛しい人  霖霖(りんりん)と降る 雨の音 逢えない雨の音 心に響きます…  この手でふたり慰(あい)し合い その手に唇あてながら 身体を合わせ夢合わせ すべてが昨日のように…  寂しかった心が泣きます そして切ない夜  霖霖(りんりん)と吹く 風の音 逢えない風の音 恋しと響きます…  云えなかった言葉が一片(ひとひら) 今も愛しい人  霖霖(りんりん)と降る 雨の音 逢えない雨の音 心に響きます…
Louisiana Mamaあの娘は ルイジアナママ やってきたのは ニューオリンズ 髪は金色 目は青く ほんものだよ ディキシークィーン  マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ  みんながちょっかい だしたけど 誰にもよろめかぬ 誰があの娘を 射止めるか 町中のうわさ  マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ  祭りがあった ある晩に あの娘さそって 二人きり ダンスにいったのさ  そしたら あの娘はそっと 打ちあけた ぼくが好きだって ビックリ仰天有頂天 コロリといかれたよ  マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ  みんながちょっかい だしたのに 誰にもよろめかぬ あの娘をどうして 射止めたか 町中のうわさ  マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ  恋のてくだに かけたなら 誰にも負けない ぼくだもの あたりき しゃりき  さあさ陽気に 騒いで踊ろう ジルバにマンボ スクスク ドドンパ チャチャチャ 踊ろうよ ロックンロール  マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ前川清Gene Pitney・訳詞:漣健児Gene Pitney田代修二あの娘は ルイジアナママ やってきたのは ニューオリンズ 髪は金色 目は青く ほんものだよ ディキシークィーン  マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ  みんながちょっかい だしたけど 誰にもよろめかぬ 誰があの娘を 射止めるか 町中のうわさ  マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ  祭りがあった ある晩に あの娘さそって 二人きり ダンスにいったのさ  そしたら あの娘はそっと 打ちあけた ぼくが好きだって ビックリ仰天有頂天 コロリといかれたよ  マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ  みんながちょっかい だしたのに 誰にもよろめかぬ あの娘をどうして 射止めたか 町中のうわさ  マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ  恋のてくだに かけたなら 誰にも負けない ぼくだもの あたりき しゃりき  さあさ陽気に 騒いで踊ろう ジルバにマンボ スクスク ドドンパ チャチャチャ 踊ろうよ ロックンロール  マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ マイ ルイジアナママ フロム ニューオリンズ
RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEADRaindrops keep falling on my head and just like the guy whose feet are too big for his bed  Nothing seems to fit, those Raindrops are falling on my head they keep falling  So I just did me some talking to the sun and I said I didn't like the way he got things done  Sleeping on the job, those raindrops are falling on my head they keep falling  But there's one thing I know the blues they send to meet me Won't defeat me  It won't be long Till happiness steps up to greet me  Raindrops keep falling on my head but that doesn't mean my eyes will soon be turning red crying's not for me, 'cause I'm never gonna stop the rain by complaining  Because I'm free nothing's worrying me  It won't be long till happiness steps up to greet me  Raindrops keep falling on my head but that doesn't mean my eyes will soon be turning red crying's not for me, 'cause I'm never gonna stop the rain by complaining  Because I'm free  Nothing's worrying me前川清Burt Bacharach・Hal DavidBurt Bacharach・Hal DavidRaindrops keep falling on my head and just like the guy whose feet are too big for his bed  Nothing seems to fit, those Raindrops are falling on my head they keep falling  So I just did me some talking to the sun and I said I didn't like the way he got things done  Sleeping on the job, those raindrops are falling on my head they keep falling  But there's one thing I know the blues they send to meet me Won't defeat me  It won't be long Till happiness steps up to greet me  Raindrops keep falling on my head but that doesn't mean my eyes will soon be turning red crying's not for me, 'cause I'm never gonna stop the rain by complaining  Because I'm free nothing's worrying me  It won't be long till happiness steps up to greet me  Raindrops keep falling on my head but that doesn't mean my eyes will soon be turning red crying's not for me, 'cause I'm never gonna stop the rain by complaining  Because I'm free  Nothing's worrying me
Let's Make A MemoryLet's make a memory, let's try Making a memory you and I, Take my hand, promise me, Before the night is over We'll make a memory  I'm gonna open up my arms, So you can thrill me with all your charms Come along dance with me Before the night is over Let's make a memory  A memory of one kiss warm and tender Two lips in sweet surrender Three chosen words of love Four thousand stars above  Let's make a memory to share, I want to show you I really care Take a chance and you'll see Before the night is over Let's make a memory  A memory of one kiss warm and tender Two lips in sweet surrender Three chosen words of love Four thousand stars above  Let's make a memory to share, I want to show you I really care Take a chance and you'll see Before the night is over We'll make a memory  Take a chance and you'll see Before the night is over We'll make a memory Let's make a memory前川清Joe Melson・Roy OrbisonJoe Melson・Roy Orbison伊戸のりおLet's make a memory, let's try Making a memory you and I, Take my hand, promise me, Before the night is over We'll make a memory  I'm gonna open up my arms, So you can thrill me with all your charms Come along dance with me Before the night is over Let's make a memory  A memory of one kiss warm and tender Two lips in sweet surrender Three chosen words of love Four thousand stars above  Let's make a memory to share, I want to show you I really care Take a chance and you'll see Before the night is over Let's make a memory  A memory of one kiss warm and tender Two lips in sweet surrender Three chosen words of love Four thousand stars above  Let's make a memory to share, I want to show you I really care Take a chance and you'll see Before the night is over We'll make a memory  Take a chance and you'll see Before the night is over We'll make a memory Let's make a memory
LET IT BEWhen I find myself in times of trouble Mother Mary comes to me Speaking words of wisdom Let it be  And in my hour of darkness She is standing right in front of me Speaking words of wisdom, Let it be  Let it be, let it be, let it be, let it be Whisper words of wisdom Let it be  And when the broken-hearted people Living in the world agree There will be an answer Let it be  For though they may be parted there is Still a chance that they will see There will be an answer Let it be  Let it be, let it be, let it be, let it be There will be an answer Let it be  Let it be, let it be, let it be, let it be Whisper words of wisdom Let it be  Let it be, let it be, let it be, let it be Whisper words of wisdom Let it be  And when the night is cloudy There is still a light that shines on me Shine until tomorrow Let it be  I wake up to the sound of music Mother Mary comes to me Speaking words of wisdom Let it be  Let it be, let it be, let it be, let it be There will be an answer Let it be  Let it be, let it be, let it be, let it be Whisper words of wisdom Let it be前川清John Lennon・Paul McCartneyJohn Lennon・Paul McCartney伊戸のりおWhen I find myself in times of trouble Mother Mary comes to me Speaking words of wisdom Let it be  And in my hour of darkness She is standing right in front of me Speaking words of wisdom, Let it be  Let it be, let it be, let it be, let it be Whisper words of wisdom Let it be  And when the broken-hearted people Living in the world agree There will be an answer Let it be  For though they may be parted there is Still a chance that they will see There will be an answer Let it be  Let it be, let it be, let it be, let it be There will be an answer Let it be  Let it be, let it be, let it be, let it be Whisper words of wisdom Let it be  Let it be, let it be, let it be, let it be Whisper words of wisdom Let it be  And when the night is cloudy There is still a light that shines on me Shine until tomorrow Let it be  I wake up to the sound of music Mother Mary comes to me Speaking words of wisdom Let it be  Let it be, let it be, let it be, let it be There will be an answer Let it be  Let it be, let it be, let it be, let it be Whisper words of wisdom Let it be
終曲ほんきじゃなくて よかったと つよがるそばから 涕(な)き笑顔(えがお) 見ないふりして もういいの あなたと出逢えた あゝしあわせに せめてせめていわせて ありがとう  この先おまえ どうすると やさしい眸(め)をして きかないで 決めたこころの 結びめが いまにもハラリと あゝほどけそう だめねだめねほんとに あたしって  あなたの胸の あたたかさ 忘れやしません あの世(よ)まで 咲かずじまいの 花一輪(はないちりん) 浮かべたグラスは あゝ重いけど あなたあなたかんぱい さようなら前川清吉田旺曽根幸明ほんきじゃなくて よかったと つよがるそばから 涕(な)き笑顔(えがお) 見ないふりして もういいの あなたと出逢えた あゝしあわせに せめてせめていわせて ありがとう  この先おまえ どうすると やさしい眸(め)をして きかないで 決めたこころの 結びめが いまにもハラリと あゝほどけそう だめねだめねほんとに あたしって  あなたの胸の あたたかさ 忘れやしません あの世(よ)まで 咲かずじまいの 花一輪(はないちりん) 浮かべたグラスは あゝ重いけど あなたあなたかんぱい さようなら
別れ曲でも唄ってGOLD LYLICそれを愛だと信じて 抱いてもらえば哀しい 指がくいこむ背中は ちがう女になるけど 夏の嵐 身も心も 奪いとってどこか逃げても 泣かないわ ひとり上手の 別れ曲(うた)でも唄って  それを女と呼んだら 恋をするのが恐くて 今度生まれてくるなら きっと男になりたい 過去も未来(あす)も 生きる途中 涙なんて夢のぬけがら 泣かないわ いい女なら 別れ曲でも唄って  それを涙と言うなら 愛は明日を知らない これが最後の人だと いつも幻燈(まぼろし)みるだけ 白い夜明け 夢の深さ 胸の中が痛みだしても 泣かないわ 若くないから 別れ曲でも唄って 泣かないわ 若くないから 別れ曲でも唄ってGOLD LYLIC前川清荒木とよひさ都志見隆それを愛だと信じて 抱いてもらえば哀しい 指がくいこむ背中は ちがう女になるけど 夏の嵐 身も心も 奪いとってどこか逃げても 泣かないわ ひとり上手の 別れ曲(うた)でも唄って  それを女と呼んだら 恋をするのが恐くて 今度生まれてくるなら きっと男になりたい 過去も未来(あす)も 生きる途中 涙なんて夢のぬけがら 泣かないわ いい女なら 別れ曲でも唄って  それを涙と言うなら 愛は明日を知らない これが最後の人だと いつも幻燈(まぼろし)みるだけ 白い夜明け 夢の深さ 胸の中が痛みだしても 泣かないわ 若くないから 別れ曲でも唄って 泣かないわ 若くないから 別れ曲でも唄って
別れて生きる時もいつとはなしの秋のように つらいさだめがしのび寄る日 泣きはしないと言いつつあふれた 君の涙を忘れはしない 罪は罪だと知って燃えた 熱い二人の恋だから 別れ別れで生きる時も 愛が心の支えだよ  黄昏 変る空のように とどめきれないしあわせ色 いつかかならずもどると誓えば 君は信じるふりしてくれた 思い思いに耐えた気持 他人(ひと)に言えない歳月(としつき)さ 別れ別れで生きる時も 愛が心の支えだよ  ひとりひとりにかえるけれど 夢でいつでも逢えるから 別れ別れで生きる時も 愛が心の支えだよ前川清有馬三恵子馬飼野俊一いつとはなしの秋のように つらいさだめがしのび寄る日 泣きはしないと言いつつあふれた 君の涙を忘れはしない 罪は罪だと知って燃えた 熱い二人の恋だから 別れ別れで生きる時も 愛が心の支えだよ  黄昏 変る空のように とどめきれないしあわせ色 いつかかならずもどると誓えば 君は信じるふりしてくれた 思い思いに耐えた気持 他人(ひと)に言えない歳月(としつき)さ 別れ別れで生きる時も 愛が心の支えだよ  ひとりひとりにかえるけれど 夢でいつでも逢えるから 別れ別れで生きる時も 愛が心の支えだよ
わがままあなたの腕でなら 眠れる あなたの胸でなら 涙おとせる あなたの指先は どんな櫛よりも素敵 あなたのまなざしは どんな鏡よりも明るい  くちに出して言いたい 死ぬほど愛していると おとなでいたいけど おとなでいられないのよ しかられてもいい わがままを言わせて  やさしいひとときが 時計で はかれるはずもない だけどいつでも あなたの靴音は 遠く消えて行く夜に わたしは ドアの鍵 音をたてないでかけてる  甘えさせてたまには 死ぬまで抱いていてよ おとなでいたいけど おとなでいられないのよ めいわくなくらい わがままを言わせて  くちに出して言いたい 死ぬほど愛していると おとなでいたいけど おとなでいられないのよ しかられてもいい わがままを言わせて前川清糸井重里後藤次利あなたの腕でなら 眠れる あなたの胸でなら 涙おとせる あなたの指先は どんな櫛よりも素敵 あなたのまなざしは どんな鏡よりも明るい  くちに出して言いたい 死ぬほど愛していると おとなでいたいけど おとなでいられないのよ しかられてもいい わがままを言わせて  やさしいひとときが 時計で はかれるはずもない だけどいつでも あなたの靴音は 遠く消えて行く夜に わたしは ドアの鍵 音をたてないでかけてる  甘えさせてたまには 死ぬまで抱いていてよ おとなでいたいけど おとなでいられないのよ めいわくなくらい わがままを言わせて  くちに出して言いたい 死ぬほど愛していると おとなでいたいけど おとなでいられないのよ しかられてもいい わがままを言わせて
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. さよーならまたいつか!
  3. ライラック
  4. ゆめいっぱい
  5. 366日

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×