歌詞を

ヘルプ

石本美由起作詞の歌詞一覧リスト

378 曲中 1-200 曲を表示
2019年12月13日(金)更新
並び順:
全2ページ中 1ページを表示 [前の200曲|次の200曲]
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
望郷祭り唄大江裕石本美由起原譲二祭り笛旅の囃子に人はみな
河内おとこ節前川清石本美由起岡千秋河内生れの風来坊は
雪 深深前川清石本美由起桧原さとし誰かが生きようと言っても
哀愁波止場朝花美穂石本美由起船村徹夜の波止場にゃ誰あれもいない
男の城えひめ憲一石本美由起古関裕而瀬戸内海を見下ろして
逢いたかったぜ三山ひろし石本美由起上原げんと逢いたかったぜ三年振りに
人生一路市川由紀乃石本美由起かとう哲也一度決めたら二度とは変えぬ
憧れのハワイ航路福田こうへい石本美由起江口夜詩晴れた空そよぐ風港出船の
人生一路三山ひろし石本美由起かとう哲也一度決めたら二度とは変えぬ
人生一路はるな愛石本美由起かとう哲也一度決めたら二度とは変えぬ
長良川艶歌福田こうへい石本美由起岡千秋水にきらめくかがり火は
長良川艶歌三丘翔太石本美由起岡千秋水にきらめくかがり火は
矢切の渡し市川由紀乃石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
大ちゃん数え唄三山ひろし石本美由起市川昭介一ツ他人より力もち二ツ
好きなのさ嶺陽子石本美由起市川昭介なんど逢ってもただの人
悲しい酒嶺陽子石本美由起古賀政男ひとり酒場で飲む酒は
人生一路嶺陽子石本美由起かとう哲也一度決めたら二度とは変えぬ
悲しい酒天童よしみ石本美由起古賀政男ひとり酒場で飲む酒は
港町十三番地天童よしみ石本美由起上原げんと長い旅路の航海終えて
お島千太郎天童よしみ石本美由起古賀政男花は咲いても他国の春は
ひばり仁義天童よしみ石本美由起市川昭介お見かけ通りの渡り鳥
哀愁波止場天童よしみ石本美由起船村徹夜の波止場にゃ誰ァれもいない
浪曲渡り鳥天童よしみ石本美由起安藤実親旅のこころをひかれるままに
河内おとこ節氷川きよし石本美由起岡千秋河内生れの風来坊は
柿の木坂の家三山ひろし石本美由起船村徹春には柿の花が咲き秋には柿の
湯けむり情話杜このみ石本美由起南郷孝別れられないあなたが好きよ
燃える赤ヘル僕らのカープ加納ひろし石本美由起横山菁児空の青さに生き生きと
おんなの海峡山口ひろみ石本美由起猪俣公章別れることは死ぬよりも
柿の木坂の家三丘翔太石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
矢切の渡し西方裕之石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
柿の木坂の家西方裕之石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
さだめ川西方裕之石本美由起船村徹明日のゆくえさがしても
人生一路清水博正石本美由起かとう哲也一度決めたら二度とは変えぬ
港町十三番地三山ひろし石本美由起上原げんと長い旅路の航海終えて
土佐女房中村美律子石本美由起叶弦大女荒波惚れたら一途
哀愁波止場秋川雅史石本美由起船村徹夜の波止場にゃ誰あれもいない
哀愁波止場市川由紀乃石本美由起船村徹夜の波止場にゃ誰あれもいない
ソーラン渡り鳥水森かおり石本美由起遠藤実津軽の海を越えて来た
矢切の渡し美空ひばり石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
さだめ川角川博石本美由起船村徹明日のゆくえさがしても
長崎のザボン売り東京大衆歌謡楽団石本美由起江口夜詩鐘が鳴る鳴るマリヤの鐘が
矢切の渡し永井裕子石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
酒きずな永井裕子石本美由起水森英夫一度結んだ命のきずな
ソーラン渡り鳥黒木姉妹石本美由起遠藤実津軽の海を越えて来た
人生一路華かほり石本美由起かとう哲也一度決めたら二度とは変えぬ
長良川艶歌大川栄策石本美由起岡千秋水にきらめくかがり火は
悲しい酒細川たかし石本美由起古賀政男ひとり酒場で飲む酒は
悲しい酒畠山美由紀石本美由起古賀政男ひとり酒場で飲む酒は
悲しい酒(セリフ入り)秋山涼子石本美由起古賀政男ひとり酒場で飲む酒は
ソーラン渡り鳥秋山涼子石本美由起遠藤実津軽の海を越えて来た
矢切の渡し福田こうへい石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
哀愁波止場岩本公水石本美由起船村徹夜の波止場にゃ誰あれもいない
さだめ川岩本公水石本美由起船村徹明日のゆくえさがしても
哀愁波止場清水博正石本美由起船村徹夜の波止場にゃ誰あれもいない
柿の木坂の家福田こうへい石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
港町十三番地氷川きよし石本美由起上原げんと長い旅路の航海終えて
長良川艶歌増位山太志郎石本美由起岡千秋水にきらめくかがり火は
憧れのハワイ航路石原詢子石本美由起江口夜詩晴れた空そよぐ風港出船の
酒場えれじい大川栄策石本美由起古賀政男かくしきれないこころの傷を
長良川艶歌中条きよし石本美由起岡千秋水にきらめくかがり火は
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
はるみの花笠ばやし都はるみ石本美由起市川昭介ハアー花にもいろいろある
きっと、きっと、また来てネ都はるみ石本美由起市川昭介きっとねきっとまた来てね
酒場川船村徹石本美由起船村徹あなたの憎くさといとしさが
矢切の渡し船村徹・島倉千代子石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
人生一路マルシア石本美由起かとう哲也一度決めたら二度とは変えぬ
僕は流しの運転手青木光一石本美由起船村徹粋にかぶった烏打帽子
ソーラン渡り鳥氷川きよし石本美由起遠藤実津軽の海を越えて来た
酔ごころ山内惠介石本美由起水森英夫あきらめきれず死ねもせず
糸満かもめ畠山みどり石本美由起上原げんと泣いて呼んでも振り向かず
明るい唄声美空ひばり石本美由起米山正夫歌だよ歌だよ唄いましょう
竹川美子・叶弦大石本美由起叶弦大俺と苦労をする気なら
花の奴さん花村菊江石本美由起上原げんと奴さん奴さん奴さんどちらへ
木曽の花嫁さん花村菊江石本美由起上原げんと三里笹山二里松林嫁入り峠は
ソーラン渡り鳥花村菊江石本美由起遠藤実津軽の海を越えて来た
柿の木坂の家船村徹石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
悲しい酒徳永英明石本美由起古賀政男ひとり酒場で飲む酒は
娘道中伊達姿美空ひばり石本美由起市川昭介花の振袖化粧も忘れ
天草哀歌美空ひばり石本美由起竹岡信幸約束もない恋だけど
ふるさと太鼓美空ひばり石本美由起船村徹旅の空から帰って来たよ
浅草の鳩ポッポこまどり姉妹石本美由起遠藤実観音様のポッポポッポ鳩ポッポ
姉妹酒場こまどり姉妹石本美由起船村徹黒田節なら盃乾して
りんごっ子三味線こまどり姉妹石本美由起遠藤実上りの夜汽車でりんごっ子
じょんがら三味線こまどり姉妹石本美由起遠藤実津軽育ちの娘ッ子なら
幸せになりたいこまどり姉妹石本美由起和田香苗この世に生きるよろこびなんか
二度目の春を信じますこまどり姉妹石本美由起遠藤実夢がこの世の道しるべ
情け川中村美律子石本美由起弦哲也生きるこの世が川ならば
倉敷川遠歌中村美律子石本美由起弦哲也水にこぼれる柳の落葉
憧れのハワイ航路Temiyan.石本美由起江口夜詩晴れた空そよぐ風
港町十三番地清水博正石本美由起上原げんと長い旅路の航海終えて
孤愁人山本あき石本美由起三木たかし祭りが過ぎたら町に
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
憧れのハワイ航路天童よしみ石本美由起江口夜詩晴れた空そよぐ風
矢切の渡し五木ひろし石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
アジャパー天国泉友子、伴淳三郎石本美由起上原げんとはじめ浮気で恋したけれど
柿の木坂の家西尾夕紀石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
悲しい酒松山千春石本美由起古賀政男ひとり酒場で飲む酒は
矢切の渡し歌恋石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
港町十三番地島津亜矢石本美由起上原げんと長い旅路の航海終えて
ソーラン渡り鳥島津亜矢石本美由起遠藤実津軽の海を越えて来た
酒場ひとり中村美律子石本美由起岡千秋叶う夢やら叶わぬ夢か
渡り鳥いつ帰る初代コロムビア・ローズ石本美由起上原げんと別れちゃ嫌だと泣いたとて
河内おとこ節大江裕石本美由起岡千秋河内生れの風来坊は
矢切の渡し藤田まこと石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
矢切の渡し三船和子石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
長良川艶歌三船和子石本美由起岡千秋水にきらめくかがり火は
おんなの海峡三船和子石本美由起猪俣公章別れることは死ぬよりも
契り川三船和子石本美由起岡千秋この舟に運命を乗せた二人なら
人生渡し舟三船和子石本美由起岡千秋惚れて一生あずけたいのち
いで湯炎歌三船和子石本美由起岡千秋小雪の駅で待ちあって
矢切の渡し清水博正石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
青春遊覧飛行神戸一郎石本美由起遠藤実銀の翼で銀ブラしよう胸のすく
夜汽車で帰ろう神戸一郎石本美由起遠藤実虹より儚い初恋のあの娘を
十代の恋よさようなら神戸一郎石本美由起上原げんと好きでならない人なれど
若い明日北原謙二石本美由起遠藤実赤い野の花あの娘と摘めば
ボン・ボヤージ守屋浩石本美由起浜口庫之助長いまつ毛がぬれている
長良川艶歌岡千秋石本美由起岡千秋水にきらめくかがり火は
酒場ひとり岡千秋石本美由起岡千秋叶う夢やら叶わぬ夢か夢を
悲しい酒岡林信康石本美由起古賀政男ひとり酒場で飲む酒は
逢いたかったぜ三門忠司石本美由起上原げんと逢いたかったぜ三年振りに
長良川艶歌西方裕之石本美由起岡千秋水にきらめくかがり火は
ぐい呑み酒川中美幸石本美由起聖川湧好きで一緒になったのだから
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
河内おとこ節竹川美子石本美由起岡千秋河内生まれの風来坊は
くちべに挽歌島倉千代子石本美由起浜圭介いのちのかぎり咲いたとて
悲しい酒島津亜矢石本美由起古賀政男ひとり酒場で飲む酒は
湯けむり情話細川たかし石本美由起南郷孝別れられないあなたが好きよ
矢切の渡しGOLD LYLIC細川たかし石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
君はマドロス海つばめ美空ひばり石本美由起上原げんと赤いランプがマストにともりゃ
お島千太郎美空ひばり石本美由起古賀政男花はさいても他国の春は
哀愁波止場美空ひばり石本美由起船村徹夜の波止場にゃ誰あれもいない
悲しい酒GOLD LYLIC美空ひばり石本美由起古賀政男ひとり酒場で飲む酒は
港町十三番地GOLD LYLIC美空ひばり石本美由起上原げんと長い旅路の航海終えて
心の駅大月みやこ石本美由起桜田誠一人眼人眼を忍ぶ涙涙も凍る
夜の雪大月みやこ石本美由起桜田誠一噛んでくださいこゞえる指を
女の駅大月みやこ石本美由起桜田誠一もいちど抱いてねあなた
矢切の渡し天童よしみ石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
柿の木坂の家天童よしみ石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
燃える赤ヘル僕らのカープ事崎正司・コロムビアゆりかご会石本美由起横山菁児空の青さに生き生きと
柿の木坂の家五木ひろし石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
お島千太郎山内惠介石本美由起古賀政男花は咲いても他国の春は
ソーラン渡り鳥こまどり姉妹石本美由起遠藤実津軽の海を越えて来た
浅草姉妹こまどり姉妹石本美由起遠藤実なにも言うまい言問橋の
憧れのハワイ航路小林旭石本美由起江口夜詩晴れた空そよぐ風港出船の
愛傷歌森昌子石本美由起三木たかし命がいつか終るよに
大ちゃん数え唄天童よしみ石本美由起市川昭介一ツ他人より力もち二ツ
港町十三番地香西かおり石本美由起上原げんと長い旅路の航海終えて
哀愁波止場五木ひろし石本美由起船村徹夜の波止場にゃ誰ァれもいない
長良川艶歌GOLD LYLIC五木ひろし石本美由起岡千秋水にきらめくかがり火は
おんなの海峡都はるみ石本美由起猪俣公章別れることは死ぬよりも
さだめ波藤あや子石本美由起幸耕平こころに激しく寄せる波
雪 深深藤あや子石本美由起桧原さとし誰かが生きようと言っても
憧れのハワイ航路遊佐未森石本美由起江口夜詩晴れた空そよぐ風港出船の
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
柿の木坂の家GOLD LYLIC青木光一石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
東京の空青い空岡晴夫石本美由起江口夜詩鳩が飛び立つ可愛い可愛い
男のエレジー岡晴夫石本美由起岡晴夫街の灯影に背中を向けて
逢いたかったぜ岡晴夫石本美由起上原げんと逢いたかったぜ三年ぶりに
憧れのハワイ航路GOLD LYLIC岡晴夫石本美由起江口夜詩晴れた空そよぐ風港出船の
薔薇を召しませ小畑実石本美由起上原げんと若いあこがれ楽しい夢をそっと
アメリカ通いの白い船小畑実石本美由起利根一郎小鳥さえずる森蔭すぎて丘に
函館のランタン娘小畑実石本美由起江口夜詩たれを待つのかランタン
彼岸坂千葉紘子石本美由起堀内孝雄ごめんなさいねお母さんいくら
男のエレジー水城一狼石本美由起岡晴夫街の灯影に背中を向けて
アカシヤ列車若原一郎石本美由起浜圭介今日かぎり泣いた日にさよなら
酒場ひとり島津悦子石本美由起岡千秋叶う夢やら叶わぬ夢か
愛妻 北挽歌新沼謙治石本美由起市川昭介鰊が獲れたあの頃は俺も女房も
さだめ川市川由紀乃石本美由起船村徹明日のゆくえさがしても
憧れのハワイ航路氷川きよし石本美由起江口夜詩晴れた空そよぐ風
逢いたいなァあの人に島倉千代子石本美由起上原げんと島の日暮れの段々畑
恋きずな森昌子石本美由起三木たかしすがりたいすがりたい
二人づれ森昌子石本美由起徳久広司私のいのちはあなたと決めた
幸せありがとう森昌子石本美由起三木たかしこの道をともに見つけて
悲しい酒中森明菜石本美由起古賀政男ひとり酒場で飲む酒は
矢切の渡し中森明菜石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
平成5・5音頭村田英雄・坂本冬美石本美由起猪俣公章富士が男の姿ならみんな
さすらい小鳩都はるみ石本美由起市川昭介あの山この丘幾つも越えて
よさこい鴎都はるみ石本美由起市川昭介土佐の荒波ヨイショと越える
馬鹿っちょ出船都はるみ石本美由起市川昭介赤いランプを灯した船が
はるみのマドロスさん都はるみ石本美由起市川昭介風にきらめくしぶきの虹が
金四郎お江戸若衆都はるみ石本美由起市川昭介女は愛嬌男は度胸そこが
フレンド東京都はるみ石本美由起市川昭介ヤンヤンヤンヤンヤヤヤ
思い出に咲く花都はるみ石本美由起市川昭介いのちに終りのあるように
明日に生きる都はるみ石本美由起市川昭介かなしみに泣いた泣いた涙は
いなかっぺ大将吉田よしみ石本美由起市川昭介ゆくと決めたら一歩も退くな
柿の木坂の家ちあきなおみ石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
矢切の渡し坂本冬美石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
旅まくら永井裕子石本美由起水森英夫誰を探してここまで来たと
ソーラン渡り鳥山口ひろみ石本美由起遠藤実津軽の海を越えて来た
夕霧大月みやこ石本美由起桜田誠一そうよ言葉はいりません
乱れ雪大月みやこ石本美由起桜田誠一雪の花こころの中へつもる想いを
浪花盃五木ひろし石本美由起市川昭介約束のうれしさ胸に口紅をさす
愛彩川森昌子石本美由起三木たかし熱い涙をあなたに捧げ
夢追い女川中美幸石本美由起聖川湧明日が見えないこの世でも
炎情歌川中美幸石本美由起弦哲也風に抱かれて雲は揺れ
柿の木坂の家氷川きよし石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
悲しい酒(セリフなし)美空ひばり石本美由起古賀政男ひとり酒場で飲む酒は
人生将棋美空ひばり石本美由起かとう哲也指であやつる将棋の駒も
女の舞大月みやこ石本美由起桜田誠一ねえあなたなぜにあなた
愛愁歌島津悦子石本美由起弦哲也愛に命を縛られながら
蛍道島津悦子石本美由起東田やすし燃える 命を あずけても
愛の河原田悠里石本美由起桜田誠一雨雨の声よ泣かないで
お吉三味線三笠優子石本美由起岡千秋無理やりに弱い女の運命を
小春王将三笠優子石本美由起聖川湧勝つか負けるか勝負の読みは
12>