歌詞を

ヘルプ

船村徹の歌詞一覧リスト

35 曲中 1-35 曲を表示
2021年6月12日(土)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
紅とんぼ船村徹吉田旺船村徹空にしてって酒も肴も
あけみ船村徹星野哲郎吉田正ぐっすり眠れたかい疲れはとれた
あの娘が泣いてる波止場船村徹高野公男船村徹思い出したんだとさ
雨の夜あなたは帰る船村徹吉岡治船村徹雨の夜にあなたは帰る
王将船村徹西條八十船村徹吹けば飛ぶよな将棋の駒に
男の友情船村徹高野公男船村徹昨夜も君の夢見たよ
おんなの宿船村徹星野哲郎船村徹想い出に降る雨もある
柿の木坂の家船村徹石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
風待ち食堂船村徹新本創子船村徹人の世の坂ころげ落ち
兄弟船船村徹星野哲郎船村徹波の谷間に命の花が
ご機嫌さんよ達者かね船村徹高野公男船村徹ご機嫌さんよ達者かね
歳月河船村徹新本創子船村徹昔のままにお前を抱けば
酒場川船村徹石本美由起船村徹あなたの憎くさといとしさが
里子月夜船村徹高野公男船村徹生みの親より育ての親の
サンチャゴの鐘船村徹横井弘船村徹城あとにひとり登れば
志津子船村徹吉岡治船村徹志津子と呼べば霧が流れる
三味線マドロス船村徹高野公男船村徹波の小唄に三味線弾けば
新宿情話船村徹猪又良船村徹新宿は西口の間口五尺の
宗谷岬船村徹吉田弘船村徹流氷とけて春風吹いて
巷の唄船村徹船村徹佐伯一郎巷の唄はどんなうた
追憶船村徹ビートたけし船村徹もうちょっと想い出があったら
なみだの宿船村徹古木花江船村徹想い出の想い出の湯の街あかり
のぞみ(希望)船村徹船村徹船村徹ここから出たら母に会いたい
花ひばり船村徹美空ひばり船村徹花は美しく散りゆくもの
母のいない故郷船村徹新本創子船村徹母のいない故郷は風の村
早く帰ってコ船村徹高野公男船村徹おふくろも親父もみんな
風雪ながれ旅船村徹星野哲郎船村徹破れ単衣に三味線だけば
冬知らず船村徹喜多条忠船村徹愛し過ぎれば別れが来ると
坊やの終列車船村徹枯野迅一郎船村徹坊やごめんねゆるしてね
マッチ箱のよな駅船村徹田久保真見船村徹雪の原っぱにぽつんとひとつ
みだれ髪船村徹星野哲郎船村徹髪のみだれに手をやれば
都の雨に船村徹星野哲郎船村徹故里を想いださせて降りしきる
夕笛船村徹西條八十船村徹故郷の蒼い月夜に流れくる
夜がわらっている船村徹星野哲郎船村徹酒があたいに惚れたのさ
別れの一本杉船村徹高野公男船村徹泣けた泣けたこらえ切れずに

船村 徹(ふなむら とおる、1932年6月12日 - )は、日本の作曲家。日本音楽著作権協会(JASRAC)名誉会長、日本作曲家協会最高顧問。横綱審議委員会委員、保守系国民団体「日本会議」会員等も務めている。本名は福田博郎(ふくだ ひろお)。歌謡曲作曲家の大御所として知られ、手掛けた曲は5000曲以上にのぼる。 wikipedia