歌詞を

ヘルプ

桜田誠一作曲の歌詞一覧リスト

135 曲中 1-135 曲を表示
2020年1月26日(日)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
北の漁場大江裕新條カオル桜田誠一いのち温めて酔いながら
あの娘たずねて福田こうへい永井浩桜田誠一花の東京のどまン中
あの娘たずねて三丘翔太永井ひろし桜田誠一花の東京のどまン中
女の雪国小桜舞子星野哲郎桜田誠一雪が私の母ですとほほえむ肌に
川は流れる山口ひろみ横井弘桜田誠一病葉を今日も浮かべて
北の漁場三丘翔太新条カオル桜田誠一いのち温めて酔いながら
三笠優子里村龍一桜田誠一風は春でもヨー都会の春は
船場の男真山一郎藤間哲郎桜田誠一七つ転んで八つで起きる
王将真山一郎藤間哲郎桜田誠一露地に飛び出りゃ夜空の星が
東京流れもの杉良太郎永井ひろし桜田誠一流れ流れて東京を
瀬戸内情歌神野美伽たきのえいじ桜田誠一南火の国よ北雪の国ここは
奄美恋しや仲宗根美樹藤間哲郎桜田誠一波に夕日を大きく染めて
刃傷松の廊下真山一郎藤間哲郎桜田誠一勅使下向の春弥生
一本刀土俵入り真山一郎・二葉百合子藤間哲郎桜田誠一山と積まれたお宝さえも
冬はかならず春になる米倉ますみ松井由利夫桜田誠一花の都と言うけれどどこに
望郷酒場GOLD LYLIC千昌夫里村龍一桜田誠一おやじみたいなヨー酒呑みなどに
心の駅大月みやこ石本美由起桜田誠一人眼人眼を忍ぶ涙涙も凍る
夜の雪大月みやこ石本美由起桜田誠一噛んでくださいこゞえる指を
女の駅大月みやこ石本美由起桜田誠一もいちど抱いてねあなた
一本刀土俵入り二葉百合子藤間哲郎桜田誠一山と積まれたお宝さえも
川は流れる小林旭横井弘桜田誠一病葉を今日も浮かべて
命うた松川未樹高田ゆきお・補作詞:水木れいじ桜田誠一おまえが泣いた涙のぶんは
北のわらべ唄佐々木新一塚口けんじ桜田誠一故里はどこさと聞いたから
若さの世界佐々木新一横井弘桜田誠一その瞳をみたなら判る
ジェット南へ飛ぶ佐々木新一矢野亮桜田誠一嫌だやだやだよ泪はごめん
あの娘といっしょ佐々木新一永井ひろし桜田誠一銀座どまん中あの娘と逢う時
兄ちゃん帰ってもいいかい佐々木新一下條ひでと桜田誠一兄ちゃんヨーほんとに俺らは
若い涙よ風に散れ佐々木新一赤堀英夫桜田誠一若い涙よ風に散れ散って
望郷の雪佐々木新一小野塚清一桜田誠一ふるさとは北の涯夜汽車の
恋に生きたい佐々木新一横井弘桜田誠一ひとりぼっちの星さあの星は
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
源氏の若大将佐々木新一横井弘桜田誠一鞍馬夜風に火の意気を
涙の霧がいっぱいだ佐々木新一横井弘桜田誠一君だけ好きになるために
リンゴの花が咲いていた佐々木新一横井弘桜田誠一リンゴの花が咲いていたよ
赤い皮ジャン竹越ひろ子永井ひろし桜田誠一赤い皮ジャン風きる肩に
お酒が泣いている竹越ひろ子永井ひろし桜田誠一酒が泣いたこぼれて泣いた
男の行く道竹越ひろ子たなかゆきを桜田誠一ひとりだひとりだ男の行く道は
二人でスク・スク仲宗根美樹横井弘桜田誠一スクスク!唄はハートで
しのび逢い仲宗根美樹藤間哲郎桜田誠一想い出は想い出のままで
雲は流れる仲宗根美樹横井弘桜田誠一幸せはかげろうか束の間に
裏磐梯よいつまでも仲宗根美樹藤間哲郎桜田誠一若いこころのあこがれに旅は
次郎ちゃん仲宗根美樹藤間哲郎桜田誠一次郎ちゃん次郎ちゃん
さよなら十代仲宗根美樹横井弘桜田誠一長いお下髪をほどけば指に
私は泣かない二宮ゆき子たなかゆきを桜田誠一たとえこのまま別れても見せは
あいあい小唄二宮ゆき子熱海みつる桜田誠一笑った口もとがとっても
温泉小唄二宮ゆき子たなかゆきを桜田誠一湯の香ほんのり見かわす顔も
番場の忠太郎水城一狼藤間哲郎桜田誠一旅の鳥でも烏でも母の乳房が
恋なんか捨てっちまえ三船浩藤間哲郎桜田誠一背かれたんだってフン
渡り鳥三沢あけみ野村耕三桜田誠一波を凍らせ吹雪の海は
水たまり鏡五郎海老原秀元桜田誠一いっそ泣けたらどんなにいいか
不如帰瀬口侑希星野哲郎桜田誠一命二つを結ぶ糸ちぎれて哀し
川は流れる仲宗根美樹横井弘桜田誠一病葉を今日も浮かべて
北の漁場島津亜矢新條カオル桜田誠一いのち温めて酔いながら
夕霧大月みやこ石本美由起桜田誠一そうよ言葉はいりません
乱れ雪大月みやこ石本美由起桜田誠一雪の花こころの中へつもる想いを
刃傷松の廊下氷川きよし藤間哲郎桜田誠一勅使下向の春弥生
三笠優子里村龍一桜田誠一風は春でもヨー都会の春は
玄海おんな節三笠優子たきのえいじ桜田誠一撥をさばけば天下一お酒飲む
女の舞大月みやこ石本美由起桜田誠一ねえあなたなぜにあなた
残り雪鏡五郎水木れいじ桜田誠一ひとつ枕に身をよせながら
刃傷松の廊下鏡五郎藤間哲郎桜田誠一勅使下向の春弥生
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
愛の河原田悠里石本美由起桜田誠一雨雨の声よ泣かないで
湯の町しぐれ~草津湯もみ唄入り~長瀬和子大倉絢子桜田誠一紅い蛇の目に他人目を忍ぶ
海峡瀬口侑希石原信一桜田誠一寝息をたてるあなたの背中
恋銀河三沢あけみ野村耕三桜田誠一男は夢に賭けている
かすみ草松島詩子木下龍太郎桜田誠一この花が好きなのは日差しの
旅の居酒屋千昌夫山田孝雄桜田誠一一人かいお前さん内地の人だね
うた瀬口侑希塚口けんじ桜田誠一酒場には酒場の唄があり
灯り大月みやこ石本美由紀桜田誠一秋から冬へ哀しみの涙たたんで
雪文大月みやこ池田充男桜田誠一ああ堅むすび紅ひもを
冬の駅大月みやこ石本美由起桜田誠一好きになるのが罪ならば
越冬平野大黒裕貴幸田りえ桜田誠一灯りかざして燃える雪
俺に咲いた花原田悠里やしろよう桜田誠一流れて故郷もう遠い
命かけても原田悠里高田ゆきお桜田誠一心にさびたおまえの傷を
君が好きだよ佐々木新一横井弘桜田誠一夜空の星になりたいなんて
あの娘たずねて佐々木新一永井ひろし桜田誠一花の東京のどまン中
夢街道佐々木新一新條カオル桜田誠一何が何して何んとやら
番場の忠太郎真山一郎藤間哲郎桜田誠一水熊のおかみさんはお浜って
望郷酒場吉幾三里村龍一桜田誠一おやじみたいなヨー酒呑みなどに
ほっといてんか大黒裕貴石原信一桜田誠一夢も明日もおきざりにして
ふるさとで暮らそうよ中村美律子里村龍一桜田誠一あんた涙でョー飲む酒ならば
なみだ海峡大黒裕貴かず翼桜田誠一雨に未練が姿を変えて
しあわせたずね人遠山洋子山田由紀桜田誠一甘えてよ甘えてよ甘えていいわ
なごり宿遠山洋子山田由紀桜田誠一くるくるくるり闇の中
岩木山みち乃く兄弟野村耕三桜田誠一お山だョー岩木だョー津軽の秋は
川は流れる原由子横井弘桜田誠一病葉を今日も浮かべて
京の雪小町雪乃小橋美絵桜田誠一京の加茂川ちらちら小雪
望郷はぐれ街大門三郎海老原秀元桜田誠一切ったつもりのあいつの面影が
雪よ飾れ瀬口侑希新條カオル桜田誠一別れも恋だと知りました
あの娘たずねて氷川きよし永井ひろし桜田誠一花の東京のどまン中ぐるり廻る
嘘と真実の一人酒長保有紀あべとら桜田誠一お酒は心の絵の具かしら
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
あばれ船渡辺ひろ美水木れいじ桜田誠一時化がかじったおんぼろ船でヨー
コップ酒芦屋雁之助高田ひろお桜田誠一手塩にかけた娘も嫁ぎ
おんなの情歌立樹みか新條カオル桜田誠一あなたがいるからこの世川…
恋火立樹みか新條カオル桜田誠一どこまでどこまで落とされようと
北の浜唄原田有望新條カオル桜田誠一雪に祠が埋もれて
愛の海峡明日香ゆう子新條カオル桜田誠一惚れているから出直せる
夢を下さい青山和子赤堀英夫桜田誠一赤いネオンで火傷した
土佐っぽ情歌米倉ますみあべとら桜田誠一火照る乳房をさらしに巻いて
大和撫子花吹雪西尾夕紀斎藤夕紀桜田誠一惚れて女は花になり泣いて男の
骨頂節渥美二郎星野哲郎桜田誠一どうあがいてもどう力んでも
鶴の舞橋華かほり川口武男桜田誠一羽根をいためた丹頂が
娘海唄華かほり川口武男桜田誠一風だよ風が吠えれば龍になり
港宿松原のぶえ蛭田まさに・補作詞:石本美由起桜田誠一鴎どり啼いて啼いてョー
不如帰村上幸子星野哲郎桜田誠一命二つを結ぶ糸ちぎれて哀し
放浪記村上幸子星野哲郎桜田誠一束ねた髪に ほこりをためて
にごりえ村上幸子星野哲郎桜田誠一灯り喰えて 沈む身に
風群上杉香緒里里村龍一桜田誠一空は晴れても津軽の里は
夜の雪真帆花ゆり石本美由起桜田誠一噛んでくださいこゞえる指を
あばれ玄海天童よしみ野村耕三桜田誠一時化がさらった男船
海峡駅綾世一美水木れいじ桜田誠一好きで好きで好きで好きで
流氷原野華かほり海老原秀元桜田誠一流氷は蒼ざめてはぐれたゴメが
じょんがら男節華かほり佐藤八十路桜田誠一一の糸からあてる撥唄が唸って
雨あがり五木ひろし荒木とよひさ桜田誠一雨降る道ならこの手を傘に
能登の海鳥二葉百合子高橋掬太郎桜田誠一かわいがられた思い出だけを
川は流れる美空ひばり横井弘桜田誠一病葉を今日も浮かべて街の谷
東京流れ者美空ひばり永井ひろし桜田誠一流れ流れて東京をそぞろ歩きは
北の漁場細川たかし新條カオル桜田誠一いのち温めて酔いながら
望郷酒場細川たかし里村龍一桜田誠一おやじみたいなヨー酒呑み
友情出水二郎野本高平桜田誠一泣いて倒れている奴を
恋来恋イーリン星野哲郎桜田誠一しかたないのよ好きだから
露地裏鏡五郎海老原秀元桜田誠一からからと木枯らしに泣きながら
ガッツ石松石井文生・行徳哲男桜田誠一一寸先は闇の現代に勇気は
富山の夜北森啓介まるやままさみ桜田誠一あなたの恋をなくして泣いた
おまえさがして小金沢昇司吉田旺桜田誠一逢いたかったぜばかやろう
望郷祭唄さかえ里美新條カオル桜田誠一盆が来るから呑みに来る
東京旅鴉さかえ里美新條カオル桜田誠一暖簾をくぐれば故郷が見える
親子船さくら美穂栗田章弘桜田誠一腹の晒にエンヤコラ巻きつけた
霧挽歌さくら美穂桜田誠一桜田誠一恋にはぐれた女には
女の夜霧原田悠里石本美由起桜田誠一私ひとりがこの身を引けば
蟹船吹越通相馬美好桜田誠一木箱に腰かけてヨ
雪の華真木柚布子石本美由起桜田誠一ねえあなた愛するために人は
わがまま三沢あけみ熊たけし桜田誠一うわさ覚悟の忍び立ち
惚れたよ三沢あけみ野村耕三桜田誠一惚れたよ 惚れたよ
北国恋歌三沢あけみ中谷純平桜田誠一ハマナス岬 あなたの面影も
粋な京都の恋の夜美松弘二・暁美和結城和也桜田誠一お酒の所為ねときめく心