矢野亮作詞の歌詞一覧リスト  135曲中 1-135曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
135曲中 1-135曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
星影の小径T字路sT字路s矢野亮利根一郎静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁きは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱(いだ)かれて たたずみましょう 星影の小径よ
星影の小径一条貫太一条貫太矢野亮利根一郎伊戸のりお静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁やきは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱(いだ)かれて たたずみましょう 星影の小径よ
おーい中村君一条貫太一条貫太矢野亮中野忠晴伊戸のりおおーい 中村君 ちょいとまちたまえ いかに新婚 ほやほやだとて 伝書鳩でも あるまいものを 昔なじみの 二人じゃないか たまにゃつきあえ いいじゃないか 中村君  おーい 中村君 そりゃ つれなかろう 入社当時は いつでも一緒 くぐりなれてた 横丁ののれん 可愛いえくぼの 看板娘 噂してるぜ  いいじゃないか 中村君  おーい 中村君 心配するな どうせなれてる 貧乏くじにゃ みんなこっちが 悪者ですと 詫びの言葉は まかせておきな おくってゆくから いいじゃないか 中村君
星影の小径木山裕策木山裕策矢野亮利根一郎宇戸俊秀静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁やきは アカシヤの 香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の 小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は 散ってゆく アカシヤの 花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱(いだ)かれて たたずみましょう 星影の 小径よ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の 小径よ
喫茶店の片隅で菅原洋一菅原洋一矢野亮中野忠晴大貫祐一郎アカシヤ並木の 黄昏は 淡い灯がつく 喫茶店 いつもあなたと 逢った日の 小さな赤い 椅子二つ モカの香りが にじんでた  ふたり黙って 向き合って 聞いたショパンの ノクターン もれるピアノの 音(ね)につれて つんではくずし またつんだ 夢はいずこに 消えたやら  遠いあの日が 忘られず ひとり来てみた 喫茶店 散った窓辺の 紅(べに)バラが はるかに過ぎた 想い出を 胸にしみじみ 呼ぶ今宵(こよい)
星影の小径菅原洋一菅原洋一矢野亮利根一郎大貫祐一郎静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁きは アカシヤの 香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は 散ってゆく アカシヤの 花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱(いだ)かれて たたずみましょう 星影の小径よ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱(いだ)かれて たたずみましょう 星影の小径よ
神輿音頭えひめ憲一えひめ憲一矢野亮中野忠晴森藤晶司神輿百貫(みこしひゃっかん)ヨー ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 神輿百貫 ロープが百貫 〆(しめ)て掛(かか)った この肩に ソレ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 背負(しょ)って立ったぞ この肩に それもめ やれもめ  ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 神輿音頭で ソレ ソレ ソレ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ナー  粋(いき)なあの娘(こ)のヨー ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 粋なあの娘の 湯上(ゆあが)り姿 こっち向きゃんせ 見やしゃんせ ソレ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 伊達(だて)のハッピを 見やしゃんせ それもめ やれもめ  ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 神輿音頭で ソレ ソレ ソレ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ナー  祭りは松山 荒神輿(あらみこし) 持って来ーい 持って来ーい 四十五度で 持って来ーい がんと打(ぶ)つかりゃ 火が出るぞ その火で一ぷく やってくれ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ  神輿ゃ四角(しかく)にヨー ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 神輿ゃ四角に 八角(はっかく)ながら かつぐ氏子(うじこ)は 丸(まる)い仲(なか) ソレ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ みんな笑顔(えがお)の 丸い仲 それもめ やれもめ  ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 神輿音頭で ソレ ソレ ソレ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ナー
おーい中村君水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-矢野亮中野忠晴周防泰臣おーい 中村君 ちょいとまちたまえ いかに新婚 ほやほやだとて 伝書鳩でも あるまいものを 昔なじみの 二人じゃないか たまにゃつきあえ いゝじゃないか 中村君  おーい 中村君 そりゃつれなかろう 入社当時は いつでも一緒 くぐりなれてた 横丁ののれん 可愛いえくぼの 看板娘 噂してるぜ いいじゃないか 中村君  おーい 中村君 心配するな どうせなれてる 貧乏くじにゃ みんなこっちが 悪者ですと 詫びの言葉は まかせておきな おくってゆくから いいじゃないか 中村君
あん時ゃどしゃ降り福田こうへい福田こうへい矢野亮佐伯としを高田弘あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 胸をはずませ 濡れて待ってた 街の角 アーアー 初恋ってゆう奴ァ すばらしいもんさ 遠い日のこと みんな夢 ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中  あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 離れられずに 濡れて歩いた どこまでも アーアー 別れるってゆう奴ァ たまんないもんさ つらい運命(さだめ)を 恨んだよ ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中  あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 やけのやん八 濡れて泣いたぜ 思いきり アーアー 想い出ってゆう奴ァ ほろ苦いもんさ 今じゃあの娘も どうしてか ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中
リンゴ村から三山ひろし三山ひろし矢野亮林伊佐緒伊戸のりおおぼえているかい 故郷の村を たよりもとだえて 幾年(いくとせ)過ぎた 都へ積み出す まっかなリンゴ 見るたびつらいよ 俺(おい)らのナ 俺らの胸が  おぼえているかい 別れたあの夜 泣き泣き走った 小雨のホーム 上りの夜汽車の にじんだ汽笛 せつなく揺するよ 俺らのナ 俺らの胸を  おぼえているかい 子供の頃に 二人で遊んだ あの山・小川 昔とちっとも 変わっちゃいない 帰っておくれよ 俺らのナ 俺らの胸に
母恋吹雪福田こうへい福田こうへい矢野亮林伊佐緒川上英一酔ってくだまく 父(とと)さの声を 逃げて飛び出しゃ 吹雪(ふぶき)の夜道 つらい気持は わかっちゃいるが 俺(おい)らばかりに あゝ なぜあたる  こんなときには 母(かか)さが恋し なんで俺らを 残して死んだ 呼んでみたって ちぎれて消える 星のかけらも あゝ 見えぬ空  徳利(とくり)かこった 凍(しば)れる指に 岩手おろしが じんじとしみる たったふたりの 親子であれば 涙ぬぐって あゝ もどる道
夕焼とんび福田こうへい福田こうへい矢野亮吉田矢健治小町昭夕焼け空が マッカッカ とんびがくるりと 輪を描(か)いた ホーイのホイ そこから東京が 見えるかい 見えたらここまで 降りて来な 火傷(やけど)をせぬうち 早くこヨ ホーイホイ  上りの汽車が ピーポッポ とんびもつられて 笛吹いた ホーイのホイ 兄(あん)ちゃはどうして いるんだい ちょっぴり教えて くんないか 油揚げ一丁 進上(しんじょう)ヨ ホーイホイ  一番星が チーカチカ とんびは意地悪 知らぬ顔 ホーイのホイ 祭りにゃ必ず 帰るって 俺(おい)らをだまして 置いてった 兄ちゃもおまえも ばかっちょヨ ホーイホイ
リンゴ村から福田こうへい福田こうへい矢野亮林伊佐緒川上英一おぼえているかい 故郷の村を たよりもとだえて 幾年(いくとせ)過ぎた 都へ積み出す まっかなリンゴ 見るたびつらいよ 俺(おい)らのナ 俺らの胸が  おぼえているかい 別れたあの夜 泣き泣き走った 小雨のホーム 上りの夜汽車の にじんだ汽笛 せつなく揺するよ 俺らのナ 俺らの胸を  おぼえているかい 子供の頃に 二人で遊んだ あの山・小川 昔とちっとも 変わっちゃいない 帰っておくれよ 俺らのナ 俺らの胸に
夕焼けとんび三丘翔太三丘翔太矢野亮吉田矢健治伊藤雪彦夕焼け空が まっかっか とんびがくるりと 輪をかいた ホーイノホイ そこから東京が 見えるかい 見えたらここまで 降(お)りて来な 火傷(やけど)をせぬうち 早ッコヨ ホーイホイ  上(のぼ)りの汽車が ピーポッポ とんびもつられて 笛吹いた ホーイノホイ 兄(あん)ちゃんはどうして いるんだい ちょっぴり教えて くんないか 油揚一丁 進上ヨ ホーイホイ  一番星が チーカチカ とんびはいじ悪 知らぬ顔 ホーイノホイ 祭りにゃ かならず帰るって おいらをだまして 置いてった 兄ちゃも お前も 馬鹿っちょヨ ホーイホイ
あん時ゃどしゃ降り三山ひろし三山ひろし矢野亮佐伯としを伊戸のりおあん時ゃどしゃ降り 雨ん中 胸をはずませ 濡れて待ってた 町の角 ああ 初恋ってゆう奴ぁ すばらしいもんさ 遠い日のこと みんな夢 一人しみじみ 思い出してる 雨ん中  あん時ゃどしゃ降り 雨ん中 はなれられずに 濡れて歩いた どこまでも ああ 別れるってゆう奴ぁ たまんないもんさ 辛い運命(さだめ)を 恨んだよ 一人しみじみ 思いだしてる 雨ん中  あん時ゃどしゃ降り 雨ん中 やけのやんぱち 濡れて泣いたぜ 思い切り ああ 想い出ってゆう奴ぁ ほろ苦いもんさ 今じゃあの娘も どうしてか 一人しみじみ 思い出してる 雨ん中
星影の小径純名里沙純名里沙矢野亮利根一郎笹子重治・純名里沙静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁やきは アカシヤの香りよ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの  アイラブユー アイラブユー いつまでもいつまでも 抱(いだ)かれて たたずみましょう 星影の小径よ
星影の小径伍代夏子伍代夏子矢野亮利根一郎石田勝範静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの囁やきは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱(いだ)かれて たたずみましょう 星影の小径よ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ
星影の小径高岡早紀高岡早紀矢野亮利根一郎Takashi Yanagawa静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの囁やきは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ
星影の小径フランク永井フランク永井矢野亮利根一郎寺岡真三静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁きは アカシアの香りよ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシアの花なの  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ
ギター鴎清水博正清水博正矢野亮吉田矢健治夜の裏町 ネオンの海に 今日もただよう かもめ鳥 淋しくなんか 淋しくなんか あるもんか 俺らにゃギターが 残ってる  ここは都の 波止場じゃないか 逢えば別れが あたりまえ あきらめちゃいな あきらめちゃいな あの娘なら 俺らのギターが そういった  波のしぶきに つばさを濡らし どうせとべない かもめ鳥 明日があるぜ 明日があるぜ 本当さ 俺らとギターが 唄うだけ
リンゴ村からレーモンド松屋レーモンド松屋矢野亮林伊佐緒おぼえているかい 故郷の村を たよりもとだえて 幾年(いくとせ)過ぎた 都へ積み出す まっかなリンゴ 見るたびつらいよ 俺(おい)らのナ 俺(おい)らの胸が  おぼえているかい 別れたあの夜 泣き泣き走った 小雨のホーム 上りの夜汽車の にじんだ汽笛 せつなく揺するよ 俺(おい)らのナ 俺(おい)らの胸を  おぼえているかい 子供の頃に 二人で遊んだ あの山小川 昔とちっとも 変わっちゃいない 帰っておくれよ 俺(おい)らのナ 俺(おい)らの胸に
母恋吹雪氷川きよし氷川きよし矢野亮林伊佐緒石倉重信酔ってくだまく 父(とと)さの声を 逃げて飛び出しゃ 吹雪(ふぶき)の夜道 つらい気持は わかっちゃいるが 俺(おい)らばかりに あゝ なぜあたる  こんなときには 母(かか)さが恋し なんで俺らを 残して死んだ 呼んでみたって ちぎれて消える 星のかけらも あゝ 見えぬ空  徳利(とくり)かこった 凍(しば)れる指に 岩手おろしが じんじとしみる たったふたりの 親子であれば 涙ぬぐって あゝ もどる道
星影の小径秋元順子秋元順子矢野亮利根一郎矢野立美静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁きは アカシアの香りよ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシアの花なの  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ
喫茶店の片隅で大月みやこ大月みやこ矢野亮中野忠晴丸山雅仁アカシヤ並木の 黄昏(たそがれ)は 淡い灯(ひ)がつく 喫茶店 いつも貴方(あなた)と 逢った日の 小さな赤い 椅子二つ モカの香りが にじんでた  ふたりだまって 向き合って 聞いたショパンの ノクターン 洩れるピアノの 音(ね)につれて つんではくずし またつんだ 夢はいずこに 消えたやら  遠いあの日が 忘られず ひとり来てみた 喫茶店 散った窓べの 紅バラが はるかに過ぎた 想い出を 胸にしみじみ 呼ぶ今宵
星影の小径大月みやこ大月みやこ矢野亮利根一郎丸山雅仁静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁やきは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱(いだ)かれて たたずみましょう 星影の小径よ
あなたと共に大月みやこ大月みやこ矢野亮吉田矢健治小町昭あなたと共に 行きましょう 恋の甘さと 切なさを はじめて教えて くれた人 それが 私の運命(さだめ)なら あなたと共に 行きましょう  あなたと共に 泣きましょう 辛い浮世の 波風に 破れた翼の はぐれ鳥 それが 女の弱さなら あなたと共に 泣きましょう  あなたと共に 呼びましょう 胸に灯った このあかり 消さずにかばって 抱きしめて それが 本当の希望(のぞみ)なら あなたと共に 呼びましょう
形見の詩集大津美子大津美子矢野亮渡久地政信淡紅(うすべに)色の スタンドに はじめて知った 痛む胸 乙女の夢を そのままに のせて静かに 春は逝く  うつろな指に 採りあげる かたみの詩は ヴェルレーヌ 儚い恋を 泣かすやら ほろりと風に 散る花よ  せつない想い 窓に寄せ ながめる空は いぶし銀 別れの夜を 偲ばせて にじんで溶けた おぼろ月
星影の小径AHN MIKAAHN MIKA矢野亮利根一郎静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁やきは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ
星影の小径PUSHIMPUSHIM矢野亮利根一郎静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁やきは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ
星影の小径一青窈一青窈矢野亮利根一郎武部聡志静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁やきは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱(いだ)かれて たたずみましょう 星影の小径よ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夕焼けとんび三山ひろし三山ひろし矢野亮吉田矢健治夕焼け空が まっかっか とんびがくるりと 輪をかいた ホーイノホイ そこから東京が 見えるかい 見えたらここまで 降りて来な 火傷をせぬうち 早ッコヨ ホーイホイ  上りの汽車が ピーポッポ とんびもつられて 笛吹いた ホーイノホイ 兄(あん)ちゃんはどうして いるんだい ちょっぴり教えて くんないか 油揚一丁 進上ヨ ホーイホイ  一番星が チーカチカ とんびはいじ悪 知らぬ顔 ホーイノホイ 祭りにゃ かならず帰るって おいらをだまして 置いてった 兄ちゃんも お前も 馬鹿っちょヨ ホーイホイ
星影の小径TOKYO No.1 SOUL SET+真木よう子TOKYO No.1 SOUL SET+真木よう子矢野亮利根一郎静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの囁きは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれてたたずみましょう 星影の小径よ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれてたたずみましょう 星影の小径よ  きっと この世界には 何もないのだろう 朝も昼も夜も きっと この世界には 何もないのだろう 海も空も大地も きっと この世界には 何もないのだろう 昨日も今日も明日も きっと この世界には 何もないのだろう 夢も希望も未来も きっと この世界には…‥  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも
母恋吹雪三門忠司三門忠司矢野亮林伊佐緒酔ってくだまく 父(とと)さの声を 逃げて飛び出しゃ 吹雪(ふぶき)の夜道 つらい気持ちは わかっちゃいるが 俺(おい)らばかりに あゝ なぜあたる  こんなときには 母(かか)さが恋し なんで俺らを 残して死んだ 呼んでみたって ちぎれて消える 星のかけらも あゝ 見えぬ空  徳利(とくり)かこった 凍(しば)れる指に 岩手おろしが じんじとしみる たったふたりの 親子であれば 涙ぬぐって あゝ もどる道
あん時ゃどしゃ降り三門忠司三門忠司矢野亮佐伯としをあん時ゃどしゃ降り 雨ん中 胸をはずませ 濡れて待ってた 街の角(かど) ああ 初恋っていう奴(やつ)ぁ すばらしいもんさ 遠い日のこと みんな夢 ひとりしみじみ 思い出してる 雨ん中  あん時ゃどしゃ降り 雨の中 離れられずに 濡れて歩いた どこまでも ああ 別れるっていう奴ぁ たまんないもんさ 辛い運命(さだめ)を 恨んだよ ひとりしみじみ 思い出してる 雨ん中  あん時ゃどしゃ降り 雨ん中 やけのやんぱち 濡れて泣いたぜ 思い切り ああ 思い出っていう奴ぁ ほろ苦(にが)いもんさ 今じゃあの娘(こ)も どうしてか ひとりしみじみ 思い出してる 雨ん中
流れのジプシー娘大津美子大津美子矢野亮飯田三郎風の吹くまま 流れて暮らす 私ァジプシー ジプシーの娘 一夜限りで 別れる町に せめてかがりよ 燃え上がれ 燃え上がれ あーあ 胸をこがして 燃え上がれ  いつか年ごろ まっかに咲いた 私ァジプシー ジプシーの娘 恋の蜜蜂 誘ったバラの とげを承知で 寄ってきな 寄ってきな あーあ 月が落ちたら 寄ってきな  旅に生まれて 故郷も知らぬ 私ァジプシー ジプシーの娘 馴れたうつろが 苦しくなって 遠い面影 呼ぶんだよ 呼ぶんだよ あーあ 星のない夜は 叫ぶんだよ
純愛の砂大津美子大津美子矢野亮飯田三郎愛のなぎさを さすらいの 旅は悲しい 我が運命(さだめ) さらさらと さらさらと 指より逃げる 砂に似て はかなき故に なおさらに  風にさらされ 波に揺れ 泣けば涙で また濡れる さらさらと さらさらと 崩れて消える 砂の搭 いつの日届く あの夢に  燃える乙女の 祈りこめ 一人積みましょ いつまでも さらさらと さらさらと せめても歌え 愛の砂 虚(うつ)ろな小さい この胸に
待ちましょう津村謙津村謙矢野亮渡久地政信待ちましょう 待ちましょう やがて来る その日まで 淋しくって 淋しくって とても たまらぬ朝は そよ風に 逃げてゆく 夢のあと追いながら 待ちましょう 待ちましょう 胸のうつろを 抱きしめて  待ちましょう 待ちましょう 二度と来ぬ さだめでも 苦しくって 苦しくって とても たまらぬ夜は 遥かなる 空ながめ 星に呼びかけながら  待ちましょう 待ちましょう 胸のカレンダー 抱きしめて
あん時ゃどしゃ降り春日八郎春日八郎矢野亮佐伯としをあん時ゃどしゃ降り 雨ン中 胸をはずませ 濡れて待ってた 街の角(かど) アーアー 初恋っていう奴(やつ)ァ すばらしいもんさ 遠い日のこと みんな夢 ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中  あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 離れられずに 濡れて歩いた どこまでも アーアー 別れるっていう奴ァ たまんないもんさ つらい運命(さだめ)を 恨んだよ ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中  あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 やけのやん八 濡れて泣いたぜ 思いきり アーアー 思い出っていう奴ァ ほろ苦(にが)いもんさ 今じゃあの娘も どうしてか ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中
夕焼とんび三橋美智也三橋美智也矢野亮吉田矢健治夕焼け空が マッカッカ とんびがくるりと 輪を描(か)いた ホーイのホイ そこから東京が 見えるかい 見えたらここまで 降りて来な 火傷(やけど)をせぬうち 早くこヨ ホーイホイ  上りの汽車が ピーポッポ とんびもつられて 笛吹いた ホーイのホイ 兄(あん)ちゃはどうして いるんだい ちょっぴり教えて くんないか 油揚げ一丁 進上(しんじょう)ヨ ホーイホイ  一番星が チーカチカ とんびは意地悪 知らぬ顔 ホーイのホイ 祭りにゃ必ず 帰るって 俺らをだまして 置いてった 兄ちゃもおまえも ばかっちょヨ ホーイホイ
リンゴ村から天童よしみ天童よしみ矢野亮林伊佐緒おぼえているかい 故郷の村を 便りも途絶えて 幾年(いくとせ)過ぎた 都へ積出す 真赤なリンゴ 見る度辛いよ 俺らのナ俺らの胸が  おぼえているかい 別れたあの夜 泣き泣き走った 小雨のホーム 上りの夜汽車の にじんだ汽笛 切なく揺(ゆす)るよ 俺らのナ俺らの胸を  おぼえているかい 子供の頃に 二人で遊んだ あの山小川 昔とちっとも 変わっちゃいない 帰っておくれよ 俺らのナ俺らの胸に
夕焼けとんび氷川きよし氷川きよし矢野亮吉田矢健治石倉重信夕焼け空が まっかっか とんびがくるりと 輪をかいた ホーイノホイ そこから東京が 見えるかい 見えたらここまで 降(お)りて来な 火傷(やけど)をせぬうち 早ッコヨ ホーイホイ  上(のぼ)りの汽車が ピーポッポ とんびもつられて 笛吹いた ホーイノホイ 兄(あん)ちゃんはどうして いるんだい ちょっぴり教えて くんないか 油揚一丁 進上ヨ ホーイホイ  一番星が チーカチカ とんびはいじ悪 知らぬ顔 ホーイノホイ 祭りにゃ かならず帰るって おいらをだまして 置いてった 兄ちゃんも お前も 馬鹿っちょヨ ホーイホイ
ひとり泣く夜のワルツ江利チエミ江利チエミ矢野亮吉田矢健治花が咲いても 淋しくて 花が散ったら なお悲し 誰が私を こうさせた 夜が 夜が泣かせるの 好きと何度も 書いた文字 いつか涙で 溶けてゆく どうせ貴方にゃ とどかない 夜が 夜が泣かせるの  酔って忘れる お酒さえ 思い出させる 苦い味 胸にせつなく なぜ沁みる 夜が 夜が泣かせるの とぎれとぎれの 夢にまで 追えば遠のく じれったさ 醒めりゃやつれた 影ばかり 夜が 夜がなかせるの
海猫の啼く波止場春日八郎春日八郎矢野亮林伊佐緒崩(くず)れた岸壁 洗う波 さびれた波止場(はとば)にゃ 海猫ばかり おまえを知った あの夜から 俺の恋人は 海じゃなくなった それに気づいたは 出船の汽笛が 出船の汽笛が 鳴ったあと  夕陽(ゆうひ)にしょんぼり 浮ぶブイ 人待ち顔なは 海猫ばかり 南で遭(あ)った ハリケーンも 俺の思いほど 荒れはしなかった ひとり眠られず 甲板(デッキ)で呼んだよ 甲板で呼んだよ 恋しさに  せつない痛手(いたで)に しみる風 いっしょに泣くのは 海猫ばかり おまえはどこへ 行ったのか 俺のともしびは 消えてしまってた 胸に書きとめた 航海日記も 航海日記も 聞かないで
あれから十年たったかなァ春日八郎春日八郎矢野亮渡部実暗い下宿の 四畳半 友とふたりで 手をとりあって きっといつかは 陽(ひ)が照ると 泣いて誓った あの夜から ああ もう十年 たったかなァ  俺の帰りを 待ちきれず 嫁に行ったと たよりを前に あの娘(こ)恨んで 寝もやらず 飲んで明かした あの夜から ああ もう十年 たったかなァ  過ぎてしまえば 早いもの 若い心を 燃やしたほのお 今じゃかえって なつかしく 思い出してる しみじみと ああ もう十年 たったかなァ
島の船唄三橋美智也三橋美智也矢野亮渡久地政信茜流して もう陽が沈む 胸の思いも つい燃える エッサホイ エッサホイ 海はぎらなぎ 船足ァ遅い 磯で待つ身を エンヤコラホイ エンヤコラホイ 思やんせ  帰る鵜の鳥 せきゃるなしばし 知らぬふりとは つれなかろ エッサホイ エッサホイ あせりゃ櫓(ろ)べそも ギギッと泣いて ほんにせつない エンヤコラホイ エンヤコラホイ もどり船  なぜか気になる 灯台あかり ちらり浮気に また消える エッサホイ エッサホイ せめて落ちるな 裏山椿 わしが錨を エンヤコラホイ エンヤコラホイ おろすまで
民謡酒場三橋美智也三橋美智也矢野亮中野忠晴都夜ふけの 民謡酒場 太鼓たたきな 三味弾(しゃみひ)いておくれ ハー スッチョイ スッチョイ スッチョイナ おらが故郷(くに)さの 踊りを出そか 村じゃ自慢(なら)した チョイサ この手振り  あの娘(こ)見染めた 鎮守(ちんじゅ)の祭り 手と手をつないで 踊った月夜 ハー スッチョイ スッチョイ スッチョイナ 末は夫婦(めおと)と 誓ったけれど とうに他人と チョイサ 風だより  酔ってくずれて 民謡酒場 踊りゃこの胸 きゅっと痛む ハー スッチョイ スッチョイ スッチョイナ せめて笑って くださいますな 遠い昔の チョイサ 夢だもの
君は海鳥渡り鳥三橋美智也三橋美智也矢野亮真木陽海の鳥だと 承知で好いたにヨー なまじ翼が うらめしい いって聞かせてヨー いって聞かせてヨー 銅鑼(ドラ)にせかれりゃ また泣ける  波に身をもむ 波止場(はとば)の浮標(ブイ)ならヨー 残る未練の 灯(ひ)をともす 忘れしゃんすなヨー 忘れしゃんすなヨー 一夜(ひとよ)泊りの 情けとて  きまり文句で 必ず帰るとヨー 風の変わりが 気にかかる ちぎれテープにヨー ちぎれテープにヨー かけた生命(いのち)の 恋もある
岩手の和尚さん三橋美智也三橋美智也矢野亮吉田矢健治大寒(おおさむ) 小寒(こさむ) 山からこがらし 降りて来た 岩手の和尚(おしょう)さん 寒がりで すっぽりかぶった 白頭巾(ずきん) それではお里で 踊ろかな トッピキピーヒャラ ピーヒャラリ 笛ッコ吹き吹き やって来た  大寒 小寒 山から小僧が 逃げて来た お寺はひっそり 冬ごもり おかあがしみじみ 恋しゅうて 念仏あげるも うわのそら ナンマイダーブツ ナンマイダー 木魚(もくぎょ)をかついで 抜け出した  大寒 小寒 山からいっしょに 降りて来た 墨染め衣に 風入れて 来てみりゃお里は お祭りだ 吹きゃんせ打たんせ 踊りゃんせ スッテンテレツク テレドンドン 頭巾をぬぐまで 泊まりゃんせ
縁があったらまた逢おう三橋美智也三橋美智也矢野亮船村徹あばよさよなら 港の鴎 海が呼ぶから 俺らは行くぜ 親の代から マドロス稼業 胸ににじんだ 潮の香りは 一夜じゃ抜けぬ あゝ あてさえないが 御縁があったら 又逢おう  あばよさよなら 港の鴎 無理に作った 小粋な笑顔 波止場出るまじゃ くずさぬものさ 一人しょんぼり やけに淋しい あの娘の姿 あゝ そむけた瞳 のぞいちゃいけない 仁義だぜ  あばよさよなら 港の鴎 どうせつなげぬ ちぎれたテープ 未練残さず 波間に棄てて 別れ汽笛を 思い切りよく 鳴らしておくれ あゝ マドロスさんは 錨をあげたら 海のもの
リンゴ花咲く故郷へ三橋美智也三橋美智也矢野亮林伊佐緒生れ故郷を 何で忘れてなるもんか 昨夜(ゆんべ)も夢見て しみじみ泣いた そろそろお山の 雪さえ溶けて 白いリンゴの 花がちらほら あゝ 咲くだろな  いとしお前を 何で忘れてなるもんか 木立も芽をふく 鎮守の小路 好きよ好きだと 手をとりあった 紅のたすきが 今も揺れてる あゝ 目の中に  遠く離りょと 何で忘れてなるもんか 待ってておくれよ 必ず帰る 俺とお前と あの日のように 歌をうたって リンゴもぎする あゝ それまでは
星影の小径香西かおり香西かおり矢野亮利根一郎薗広昭静かに静かに 手をとり手をとり あなたの囁きは アカシヤの香りよ アイラブユーアイラブユー いつまでもいつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに静かに じっとしてじっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユーアイラブユー いつまでもいつまでも 抱(いだ)かれて たたずみましょう 星影の小径よ
リンゴ村から五木ひろし五木ひろし矢野亮林伊佐緒おぼえているかい 故郷の村を たよりもとだえて 幾年過ぎた 都へ積み出す まっかなリンゴ 見るたびつらいよ 俺らのナ 俺らの胸が  おぼえているかい 子供の頃に 二人で遊んだ あの山・小川 昔とちっとも 変っちゃいない 帰っておくれよ 俺らのナ 俺らの胸に
星影の小径一葉一葉矢野亮利根一郎静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁やきは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ
瀬戸内海大津美子大津美子矢野亮江口浩司君と行く旅を行く 船路は愉し オリーブの小豆島 渦潮の鳴門の瀬戸よ あゝ ブルースカイ ブルーシー 船もゆれるよ ブルースカイ ブルーシー 瀬戸の内海  君と呼ぶ白帆呼ぶ 頬を寄せながら 緑はく姿し 巡らせば屋島は霞む あゝ ブルースカイ ブルーシー 風も薫るよ ブルースカイ ブルーシー 瀬戸の内海  君と聞く波に聞く 想いは遥か なに語る鞆の裏  厳島くれない流し あゝ ブルースカイ ブルーシー 夢も染まるよ ブルースカイ ブルーシー 瀬戸の内海 
ひとり行く旅なれば大津美子大津美子矢野亮小町昭夕陽に燃える 砂の丘 何故に焦がすか この胸を 儚き夢と 諦めて せめて面影 埋めんと あゝ ひとり来し 旅なれば  泪と共に たどたどと 記す愛しい 君の名よ 崩れし恋の 十字架を そっと立てよか その上に あゝ 流れ木の 枝くみて  果なく続く 砂の丘 越えて見たとて 何があろ やつれて長き わが影の 空に溶け込む 処まで あゝ ひとり行く 旅なれば
青い貝殻大津美子大津美子矢野亮飯田三郎愛の別れの なぐさめなんて 信じられないの 切ないだけで いつも貴方に 抱かれ 甘えすぎてた わたし 夜のなぎさの 砂にこぼれた 青い 青い貝殻  何も言わずに いつもの様に たゞ歩き度いの 振り向かないで つけた足跡 ならば 波がさらって ゆくわ 知って居るのは 泪いろした 青い 青い貝殻  愛のよろこび 失なう時が やがて追いつくの 逃げられないで こゝで貴方と いつか 星を見つけた 夜明け 遠いむかしの 風に泣いてる 青い 青い貝殻
いのちの限り大津美子大津美子矢野亮江□浩司愛していたけれど 何も言わないで あの人とあの人と 別れて来たの 泣かないで 泣かないで 涙をこらえて ラブユーラブユー いつまでも いのちの限り  楽しいその後(あと)は 嘆きが来ると言う 何時(いつ)からか何時からか きまった運命(さだめ) 諦めて 諦めて あてない希望(のぞみ)を ラブユーラブユー いつまでも いのちの限り  はかなく燃えつきた 二人の恋の火よ それだけでそれだけで 幸福(しあわせ)でした ただ一人 ただ一人 想い出あたため ラブユーラブユー いつまでも いのちの限り
南の島に雪が降る岡晴夫岡晴夫矢野亮林伊佐緒南海の果て マノクワリ 孤塁を守る 我が部隊 故国へ繋ぐ 一筋の 思いをこめし 演劇班 あゝ 南の島に 雪が降る 南の島に 雪が降る  病に細る 首もたげ 食い入る如く 見る瞳 焼けつく飢えも 何かある 写さん恋し 面影を あゝ 南の島に 雪が降る 南の島に 雪が降る  昨日も一人 今日も亦 次々欠ける 戦友よ 十字の砲火 浴びながら 倒れてやまん この舞台 あゝ 南の島に 雪が降る 南の島に 雪が降る  戦う武器と ならずとも 泪で刻む パラシュート 心に積り 溶けやらぬ 思い出語る 日もあらん あゝ 南の島に 雪が降る 南の島に 雪が降る
港に赤い灯がともる岡晴夫岡晴夫矢野亮八洲秀章暗い空だよ きらりと光る 切れたテープか 鴎の鳥か あゝ 港に赤い灯がともりゃ 残る未練の すすり泣き  今日の出船は 東か西か ドラがしみこむ 俺らの胸に あゝ 港に赤い灯がともりゃ 海が恋しい 船乗りさ  (セリフ) 『今度こそこの町へ落ち着こうと、何度考えた かしれねえが、あの海の呼ぶ声を聞くと、なぜ かじっとしちゃいられねえんだよ。そりゃ俺だ ってたまには岸壁にへばりつくこともあるんだ が、いつかまたあの広い海へ出ていってしまう んだ。あばよ、港よ陸よ、あすはまた海へ行く』  歩みつかれて 錨をおろす なれた酒場の あの娘のえくぼ あゝ 港に赤い灯がともりゃ せめて一夜の 陸(おか)の夢
港のエトランゼ岡晴夫岡晴夫矢野亮渡久地政信流れ流れて たどりつく 知らぬ港は 青い霧 もっとお寄りよ 淋しじゃないか どうせ故郷にゃ 帰れぬ二人 俺もお前も エトランゼ  抱いたギターを 爪弾けば すすり泣きする いじらしさ そっと唄およ 切ない胸を 待てど来るやら 花咲く春が 俺もお前も エトランゼ  残る未練に ひかされて 風にまかせた 旅の空 ほって置いてよ 流しの唄は 届くあてない 儚い夢さ 俺もお前も エトランゼ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
幸福はあの空から岡晴夫岡晴夫矢野亮渡久地政信黄昏の並木路 ひとり見てましょう 淋しさに 恋しさに ひとり窓辺で見てましょう やがてつく 街の灯が 暗い心を 照らして 照らして 来る来る 来る来る来る 来るよ 幸福(しあわせ)は あの街から かならず やって来る 来るよ  あの頃の思い出を そっと呼びましょう 過ぎし日を 夢の日を そっと小声で呼びましょう やがて出る 月さえも 愛し面影 浮かべて 浮かべて 来る来る 来る来る来る 来るよ 幸福は あの空から かならず やって来る 来るよ  思い出を抱きしめて じっと待ちましょう 苦しみも かなしみも じっと耐(こら)えて待ちましょう やがて来る 幸福に 涙なんかは おさらば おさらば 来る来る 来る来る来る 来るよ 幸福は いつの日にか かならず やって来る 来るよ
白い夜霧小畑実小畑実矢野亮山口俊郎振り返る 街の角 たたずみし 影一つ 断ち切れぬ この想い へだて行く 白い夜の霧 手をふれば 手を上げて 繰り返し 胸でつぶやく言葉 グッバイ  今別れ いつの日に 又逢わん 運命(さだめ)やら 焼きつけし 面影の うすれ行く 白い夜の霧 うなだれて とぼとぼと 繰り返し 胸でつぶやく言葉 グッバイ
故郷はいいなァ小宮恵子小宮恵子矢野亮吉田矢健治あの山も この川も みんな昔と そのまゝに 迎えてくれる 懐しさ つきない夢を 秘めている 故郷はいいなァ あゝ やっぱり いいなァ  あの人も この顔も 幼なじみの 仲間なら 語れば胸も 溶けてゆく 心に沁みる くになまり 故郷はいいなァ あゝ やっぱり いいなァ  悲しさも 嬉しさも そっと包んで 只ひとり 抱かれて泣けば 気も晴れる いついつまでも 変らない 故郷はいいなァ あゝ やっぱり いいなァ
初恋りんごっこ小宮恵子小宮恵子矢野亮林伊佐緒一人こっそり 抜けて来た リンゴ畑は 風ばかり リンゴッコ リンゴッコ なぜなぜ うれた 青いまんまで 放って置けば 涙なんかは 知らずにいたろう  空を飛んでく ちぎれ雲 遠い都は あのあたり リンゴッコ リンゴッコ なぜなぜ 呼んだ 赤い頬っぺを 両手ではさみ とても可愛いと 言ったはうそか  燃えた夕陽が 沈んでも 胸の炎は きえやせぬ リンゴッコ リンゴッコ なぜなぜ 泣いた じれて結んだ お下髪のもつれ 誰も知るまい 解かれもすまい
ジェット南へ飛ぶ佐々木新一佐々木新一矢野亮桜田誠一嫌だ やだ やだよ 泪はごめん 覗く羽田の 灯が濡れる 持ったハンカチ 大きく振りな 行くぜ さよなら さよならだい  何だ なんだ なんだよ 未練ぢゃないか 南十字の星が呼ぶ 若い二人さ 又逢う日まで 恋は おあずけ おあずけだい  そうだ そうだ そうだよ 後からおいで 椰子の葉蔭で 待ってるぜ 広い大空 ジェットで飛べば ほんの すぐそこ すぐそこだい
想い出のランプに灯を入れて三条町子三条町子矢野亮渡久地政信淋しくなれば モン・シェール 想い出のランプに 灯をいれて 過ぎし日の たのし夢 くりかえす わたし 貴方は いつかきっと この胸にかえる  逢いたくなれば モン・シェール あの空にまたたく 星を呼び なつかしい 面影の あとを追う わたし 貴方は 今はどこで この星を見てる  泣きたくなれば モン・シェール マロニエの花咲く 街に来て あてのない 幸福(しあわせ)を 待ちわびる わたし 貴方は いつか逢った この街にかえる
ゆううつな夜三条町子三条町子矢野亮細川潤一ネオンの小路(こうじ)を流してく ギターも切ない恋の唄 あゝゆううつでたまんない夜だわ ようやく忘れたあの人を 思い出させて泣かす気か  冷たいガラスにほゝあてりゃ 夜霧の白さに更ける街 あゝゆううつでたまんない夜だわ あてにもならない約束に すがる私の身になって  探してみたとて星もない 心のすき間と同じ空 あゝゆううつでたまんない夜だわ けしてくそばからうかぶのは みんな悲しいいやな事
十九の春はゆく三条町子三条町子矢野亮飯田三郎空をはるばる流れゆく 雲にもにたる恋悲し のせしちかいもあの夢も 風はいづこに消えるやら 哀れ十九の春はゆく  香る野の花つみながら たどる小路は愛の道 幹にきざみし文字あとの 残る嘆きを君知るや 哀れ十九の春はゆく  去りて帰らぬ若き日の 清き乙女の思い出よ 胸をぬらしてふる霧(きり)の 晴れる明日(あした)のあるものを 哀れ十九の春はゆく
真赤な地平線新川二朗新川二朗矢野亮中野忠晴呼んでみようよ 呼んでみようよ 沈む夕陽の あの空を 尋ねさがした 幸福は きっとあそこに あるんだろう 待ってておくれ 真赤な地平線  胸をこがすよ 胸をこがすよ 抱いた恋しい 面影が たとえ遠くも めぐり合う 夢を捨てずに いつまでも 待ってておくれ 真赤な地平線  燃えて行こうよ 燃えて行こうよ 茜雲だぜ この俺は いつか誓った 愛の星 やがてこの手で つかむんだ 待ってておくれ 真赤な地平線
一筆しめし参らせ候津村謙津村謙矢野亮吉田矢健治一筆しめし参らせ候  そなたの去った 長崎は 恋のむくろの 港街 暮れて出島に 灯る燈(ひ)も 泣いているよに 泣いているよに あゝ うるみ候  そなたと聞いた 浦上の 鐘が消えゆく 夜の空 燃える想いを とどけてと サンタマリヤに サンタマリヤに あゝ 祈り候  そなたを呼べば 丸山に 今日も降る降る 涙霧 せめて愛(いと)しい 面影を 抱いてあきらめ 抱いてあきらめ あゝ 暮し候  あらあらかしこ
マドロス追分津村謙津村謙矢野亮渡久地政信愛(いと)しおまえをヨー 甲板(デッキ)で呼べばヨー 暗い波間を 鴎になって 恋し恋しと 泣き泣き飛んだ 遠い港へ 泣き泣き飛んだ 無事で着いたかヨー おまえの夢にヨー  俺らマドロスヨー 北海道暮らしヨー 荒(すさ)ぶ暴風(あらし)も 怖くはないが 愛(いと)しおまえと せつない別れ ままにならない せつない別れ せめて逢おうかヨー 夜ごとの夢でヨー  愛しおまえをヨー 船倉(ハッチ)で偲びゃヨー 暗い夜空の 粉雪となって 窓のガラスに 凍って積もる 痛む思いが 凍って積もる さぞや寒かろヨー 今夜の夢はヨー
霧雨のけむる道津村謙津村謙矢野亮林伊佐緒霧雨が 煙る道 何処までも 何処までも 明日はいずこの 空の下 別れ別れの 運命(さだめ)なら あゝ せめて せめて この一刻(ひととき)を  街の灯も にじむ道 泣きながら 泣きながら そっとからんだ 指先も 離す嘆きを 知るゆえに あゝ せめて せめて あの夢だけを  あゝ せめて せめて その果てまでを
夕陽に走る汽車津村謙津村謙矢野亮林伊佐緒赤い夕陽の 光りを分けて 汽車は行く行く 汽笛は叫ぶ シュッポ シュッポ シュッポ シュッポ シュッポー 何だか 旅に出たくって 一人でやって 来たものの さぞや今頃 銀座の街にゃ 灯るネオンが 呼ぶだろな  煙草くわえて ライターつけりゃ 何故か心も ちろりと燃える シュッポ シュッポ シュッポ シュッポ シュッポー なんでもないと 聞かせたが やっぱり恋を してたのか すがりつくよな あの娘の瞳 いつか揺れてる 浮んでる  迷う思いを 抱えた俺に 知らぬふりして 轍がきざむ シュッポ シュッポ シュッポ シュッポ シュッポー なんにも言わず このままで どこまで逃げて 見たとても 影とつれだつ あてない旅の 山の湯宿は 淋しかろ
あなたと共に津村謙・吉岡妙子津村謙・吉岡妙子矢野亮吉田矢健治あなたと共に 行きましょう 恋の甘さと 切なさを はじめて教えて くれた人 それが 私の運命(さだめ)なら あなたと共に 行きましょう  あなたと共に 泣きましょう 辛い浮世の 波風に 破れた翼の はぐれ鳥 それが 女の弱さなら あなたと共に 泣きましょう  あなたと共に 呼びましょう 胸に灯(とも)った このあかり 消さずにかばって 抱きしめて それが 本当の希望(のぞみ)なら あなたと共に 呼びましょう
銀座夜曲林伊佐緒林伊佐緒矢野亮林伊佐緒むらさきふかみゆき 銀座はほのかに暮れて チャペルの鐘の音も 夕べの祈りをつげる たれやらうたうか 胸にしみるあの歌は 踊るリズム 甘いメロディー なつかし面影浮かび はるか偲ぶふるさと  柳の並木路(なみきじ)に 街(まち)の灯うるみてともり 茶房のカーテンは ピンクの夢をばはらむ どこからもれくる 胸にしみるあの歌は 踊るリズム 甘いメロディー あの娘(こ)を待ちつつえがく 楽し恋のプラン  夜空に消え残る ホールのネオンは燃えて おぐらきビルの蔭 小霧(さぎり)は音なくこめる 舗道(ほどう)に流れて 胸にしみるあの歌は 踊るリズム 甘いメロディー 飛びかう星影かぞえ 君とたどる家路
草原をゆく男林伊佐緒林伊佐緒矢野亮林伊佐緒真赤な夕陽が 燃えつきて 落ちてく遥かな 地平線 何時の日にはてるやら さすらいの旅 オーイゝ 泣かすな 草原をゆく風が 呼んでるゝ 遠い日の夢  夜霧が泌みこむ ジャンバーの 切ない重さを 知った肩 抱きしめるあてもない 愛(いと)しあの人 オーイゝ 泣かすな むらさきの空の涯 揺れてるゝ 遠い星影  砂地を刻んで 行く馬の ひづめの音だけ 続く夜 たどたどと口ずさむ 想い出の唄 オーイゝ 泣かすな 荒れ果てた胸底に 浮かべるゝ 遠いふるさと
恋の幌馬車林伊佐緒林伊佐緒矢野亮林伊佐緒走れ幌馬車 急げ幌馬車 ヤッホーホーイ  望む地平の ちらちら灯り かわいあの娘(こ)が 住んでる町さ 燃える唇 輝く瞳 咲いた南の シャボテン娘 恋は一筋 パンパス越えて 通う俺(おい)らは 夢心地 ヤッホーホーイ 夢心地  赤い月さえ ほのぼのかすむ かわいあの娘に 逢いたい宵さ 甘いメロディー とろける歌で 開く小窓の シャボテン娘 恋は一筋 ギターを抱いて 通う俺らは 夢心地 ヤッホーホーイ 夢心地  はずむわだちに 飛ぶ飛ぶ思い かわいあの娘も さぞ待つだろさ とげがあるなら 刺されてみたい 男殺しの シャボテン娘 恋は一筋 きのうもきょうも 通う俺らは 夢心地 ヤッホーホーイ 夢心地
三つの恋林伊佐緒林伊佐緒矢野亮林伊佐緒逢うが別れの 縁(えにし)なら 残るいたみは なにゆえぞ のがれて遠く 旅路の空に ふかむ瞼(まぶた)の かげいとし  愛という字は 変わらねど むすぶあてない 道二つ あきらめながら あきらめきれず 祈る涙を 君知るや  燃えた炎が まことなら 消すなつれない 夜の風 相呼びかわす 心と心 迷う十字路 涯(はて)いずこ
山男の歌林伊佐緒林伊佐緒矢野亮林伊佐緒俺らと お前は山男 行く先ァ 言わずと知れたこと ザイルでつないだ 友情は 死ぬ時ゃ一緒と きめた仲 ランララン ランララン ララランラララ 唄おじゃないか 山の歌  都の空気は ごみだらけ お山でよごれを 洗おうぜ 打ち込むピッケル 踏むアイゼン 下界の奴等にゃ 判るまい ランララン ランララン ララランラララ 唄おじゃないか 山の歌  ネオンの花には 用はない あの娘が待ってる 花畠 谺に呼ばれて 越えてゆく 雪渓づたいの 恋の道 ランララン ランララン ララランラララ 唄おじゃないか 山の歌  夜空を こがしてもえ上る キャンプのかがりは 若い血だあ あしたはケルンを 積んでやろ くっきりそびえる あの峯に ランララン ランララン ララランラララ 唄おじゃないか 山の歌
旅路林伊佐緒林伊佐緒矢野亮林伊佐緒はるばると 一人旅ゆく あの空の 星を目指して その下に 何があるやら ひとすじに 夢を探して 今日もまた 明日もまた この旅路 果はいずこか  喜びの 出逢い幾度 悲しみの 別れ重ねつ この胸を 過ぎし面影 思い出となりて 痛むを 今日もまた 明日もまた この旅路 果はいずこか  夕焼けの 彩(いろ)もうすれて また空に 星がまたたく 虚しくも 選びたる道 ひたすらに 夢を追いゆく 今日もまた 明日もまた この旅路 果はいずこか
加奈子の雨バーブ佐竹バーブ佐竹矢野亮吉田矢健治加奈子 加奈子よ あの夜は雨 そぼ降る雨 別れにゃならぬと 知りながら ただひとことの さよならを 言えずに 濡れて歩いたな 加奈子 加奈子よ 今夜も 加奈子の雨が降る  加奈子 加奈子よ あの夜は雨 つめたい雨 からんでそむけた 瞳の中で にじんで溶けた 街の灯が せつなく俺を 呼んでいる 加奈子 加奈子よ 今夜も 加奈子の雨が降る  加奈子 加奈子よ あの夜は雨 涙の雨 愛しているから 好きだから つれないそぶり したけれど 泣いてはせぬか 今ごろは 加奈子 加奈子よ 今夜も 加奈子の雨が降る
真赤なバラよバーブ佐竹バーブ佐竹矢野亮吉田矢健治愛しているって 言ったなら あんたはきっと 笑うだろ それでも これだけは 本当なのさ お酒で荒れた わたしの胸に 間違えて咲いたわ 真赤なバラよ  愛しているって 同じよに あんたが言って くれたって とっても そんなこと 信じるもんか だまされつけた わたしの胸を こりもせず焦す 真赤なバラよ  愛しているって 言えないで あんたをじっと 見てるのが どんなに 苦しいか わかっておくれ 黙って抱いた わたしの胸で 散ってゆくだけの 真赤なバラよ
カクテル小唄バーブ佐竹バーブ佐竹矢野亮吉田矢健治おれとおまえの ふたつのグラス 離れ離れは 淋(さび)しいネ 振ってみようか シェーカーに入れて 恋のカクテル 甘い味  そっとふれれば すぐ散りそうな かわいあの娘の 片えくぼ だますつもりが ついだまされて 乗ったあぶない サイドカー  恋の終わりは お金の切れ目 ノック・アウトで さようなら やけであおった ミリオン・ダラー せめてさめるな いつまでも  東京_大阪 ふたりをつなぐ 恋のルートの 新幹線 遠く別れて 一日だって とてもマティニー 深い仲  燃えるお酒と 冷たい氷 なかで身をもむ この私(わたし) ほれちゃいけない バーテンさんに どうせ振るのは お手のもの  おいら土産子(どさんこ) おまえは博多 今じゃ東京の どまん中 ピンク・レディーと マンハッタンの グラス合わせて 夢を見る
それでいいのよ三門順子三門順子矢野亮細川潤一悲しい時は 窓をあけ あなたの名前を 呼びましょか そっと夜風に 消えてゆく どうせとどかぬ この思い ああ それでいいのよ それでいいのよ それだけよ  ひとりで強く 生きてゆく 冷たい女と 言うけれど 燃ゆる血潮は あるものと どうせ知られぬ この心 ああ それでいいのよ それでいいのよ それだけよ  くちびるじっと かみしめて 化粧でかくした 泣きぼくろ どんな涙で とけるでしょ どうせ小声で 呼ぶ名前 ああ それでいいのよ それでいいのよ それだけよ
灯影の兄妹三船浩三船浩矢野亮林伊佐緒暗い灯影に さしうつむいて 夜毎やつれる 横顔いとし むくな心を だまして逃げた あんな男が あゝ 何故忘られぬ  同じふところ 子守の唄を 聞いて育った 兄ではないか わけておくれよ お前の悩み じっと黙って あゝ 見ている辛さ  胸に刻んだ 面影ならば 消せと責めても そりゃ無理だろな 判る判るぜ 何にも言うな せめて一緒に あゝ 泣こうじゃないか
とんび平に歌がわく若原一郎若原一郎矢野亮中野忠晴君と僕とは 街角で 出逢った不思議な 縁なんだ 雲に誘われ はるばると やって来ました この丘へ 風もみどりの 甘い風 歌およ二人の 若い歌 ヤィヤィヤィヤーイヤヤ ヤヤーヤヤーイ ヤィヤィヤィヤーイヤヤ ヤヤヤヤヤーイ とんび平に とんび平に 歌がわく  君と僕との 胸のなか いつしか開いた 花なんだ そっと包んだ 陽炎(かげろう)に 愛のせりふも 揺れている 呼べばこだまが 呼びかえす 歌およ二人の 恋の歌 ヤィヤィヤィヤーイヤヤ ヤヤーヤヤーイ ヤィヤィヤィヤーイヤヤ ヤヤヤヤヤーイ とんび平に とんび平に 歌がわく  君と僕とが 来たように みんなもそうかい お仲間だ 空でとんびが 輪をかいた まるくなれなれ 腕組んで 燃える太陽 いっぱいに 歌およみんなの 青春(はる)の歌 ヤィヤィヤィヤーイヤヤ ヤヤーヤヤーイ ヤィヤィヤィヤーイヤヤ ヤヤヤヤヤーイ とんび平に とんび平に 歌がわく
東京ナイト若原一郎若原一郎矢野亮林伊佐緒銀座は雨も 虹の色 溶けたネオンを 踏んで行こ 小さい傘が 只ひとつ 世界は 僕とあなただけ あゝ ワンダフル ワンダフル東京 東京ナイト  六区の空が 映ってる 隅田パークの 柳かげ もつれてからむ 三味の音 世界は 僕とあなただけ あゝ ワンダフル ワンダフル東京 東京ナイト  屋台が並ぶ 暗い露地 新宿(ジュク)の谷間のノスタルジャ ほろりと酔って 組んだ腕 世界は 僕とあなただけ あゝ ワンダフル ワンダフル東京 東京ナイト
アイヨ何だい三郎君若原一郎若原一郎矢野亮中野忠晴“オーイ 中村君” アイヨ何だい 三郎君 僕と君との 仲だもの 逃げる公算(つもり)は ないけれど 家で女房が 今頃は さぞや帰りを 待つだろう 思や 思や心も あゝうわのそら  “オーイ 中村君” アイヨ何だい 三郎君 たとえ貧しい 夕飯(ゆうげ)でも こころづくしの 手料理で 可愛い女房が 酌ぐ酒を 飲んでほんのり 酔う気持 一人 一人者には あゝ判るまい  “オーイ 中村君” アイヨ何だい 三郎君 どうだ一緒に 行かないか 見せてあげよう 甘いとこ きっと女房が 欲しいなと 君も宗旨を 変えるだろ 僕に 僕に仲人 あゝまかせなよ
星影の小径和田弘とマヒナスターズ和田弘とマヒナスターズ矢野亮利根一郎静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁やきは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱(いだ)かれて たたずみましょう 星影の小径よ  ラララ…
星影の小径森昌子森昌子矢野亮利根一郎林有三静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁きは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
港ヨコハマ花売娘岡晴夫岡晴夫矢野亮上原げんと赤いテールが にじんでとけて 消えてバンドへ ゆく石だたみ 海のかおりを 夜風が運ぶ 花を召しませ 召しませ花を いとしあの娘は ああ 港ヨコハマ 花売娘  今宵一夜を なごりに踊る 影がゆれてる 酒場の小窓 なぜか気になる マドロスさんか 花を召しませ 召しませ花を ちらりのぞいた ああ 港ヨコハマ 花売娘  ミルク色した 波止場の霧に むせび泣いてる 出船の汽笛 馴れた別れも 切ないものよ 花を召しませ 召しませ花を 声もとぎれる ああ 港ヨコハマ 花売娘
苦手なんだよ春日八郎春日八郎矢野亮林伊佐緒林伊佐緒お客さんに せがまれて 唄ったよ 生まれ故郷のあの唄(うた)を 唄っているうち 恋しくなって じんとじんと じんと じんと瞼が熱くなり 思わず泣けて しまったさ  縄(なわ)のれんが 揺れるのも 侘(わび)しいね 暗い小路(こうじ)の安酒場 しがない流しの この俺だって こいつァこいつァ こいつァ こいつァ苦手(にがて)な唄(うた)なんだ 返らぬ愚痴が 出るからさ  お客さんも 泣きながら 唄ったよ 遠い故郷の国なまり 同じ悩みを 抱いてる人か いいよいいよ いいよ いいよ何にも言わないで 商売ぬきで 唄おうよ
母の便り春日八郎春日八郎矢野亮真木陽真木陽暗い夜業(よなべ)の 灯(ひ)の陰に そなた案じて 筆とり候 秋の祭りの 太鼓の音も 一人わび住む 母なれば なまじなまじ なまじ白髪(しらが)の ますのみに候  結ぶ夜毎の 夢さえも 遥か都の 空にて候 よるべなき身に さぞやの苦労 離ればなれの 悲しさは 思い思い 思い届かず もどかしく候  老いの繰り言 たどたどと 便り書く手も 凍えて候 飾る錦は 何ほしかろう 親子二人で 水いらず 暮す暮す 暮すのぞみに すがり居り候
真室川ブギ林伊佐緒林伊佐緒矢野亮山形県民謡林伊佐緒わたしゃ真室川の 梅の花 コーリャ あなたまた この町のうぐいすよ 花の咲くのを 待ちかねて コーリャ つぼみのうちから 通てくる  裏から忍べば バラの垣 コーリャ 表から回れば 犬ほえる 泣くなよさわぐな 泥棒じゃないよ コーリャ この家(や)の娘さんに ちょいと用がある  出てこい出てこい 池のコイ コーリャ 彼氏また彼女と 甘い恋 あの娘も年ごろ 何かほしいころ コーリャ 夢にも恋人 ほしいころ  涙で別れた 真室川 コーリャ いまじゃエンコの 大スター 故郷でおまえさんが 呼んだとて コーリャ トンデモハップン 帰らりょか
喫茶店の片隅で松島詩子松島詩子矢野亮中野忠晴佐々木豊年アカシア並木(なみき)の 黄昏(たそがれ)は 淡い灯(ひ)がつく 喫茶店 いつも貴方(あなた)と 逢(あ)った日の 小さな赤い 椅子(いす)二つ モカの香(かお)りが にじんでた  ふたりだまって 向き合って 聞いたショパンの ノクターン 洩(も)れるピアノの 音(ね)につれて つんではくずし またつんだ 夢はいずこに 消えたやら  遠いあの日が 忘られず ひとり来てみた 喫茶店 散った窓べの 紅(べに)バラが はるかに過ぎた 想(おも)い出を 胸にしみじみ 呼ぶ今宵(こよい)
ギター流し春日八郎春日八郎矢野亮吉田矢健治春が来たとて 行ったとて 旅の流しにゃ 知らぬこと ギター泣かせて 俺も泣く どうせはかない 恋の歌  好いちゃいけない 好けぬ身は いっそせつない 胸のうち 閉じた瞼(まぶた)の 裏側に せめておまえを 抱いて行こ  故郷(くに)を出たときゃ この俺も 夢も希望(のぞみ)も あったもの 街(まち)のあかりが 消えるよに 今じゃやつれた 影ひとつ
青い月夜だ春日八郎春日八郎矢野亮吉田矢健治波止場(はとば)離れりゃ 未練は捨てな 陸にゃ住めない 海の鳥 あすはどこかの 異国の港 待っているだろ 一夜(ひとよ)の夢が 青い月夜だ 甲板(デッキ)で語ろ  呼んでいたのか 故郷の空を わかるおぼえが ないじゃなし 帰りたいとも 思わぬくせに たまにゃ夢見て いまでも泣ける 青い月夜だ 甲板で語ろ  濡(ぬ)れてしょんぼり 小雨(こさめ)の浜で 送るあの娘(こ)を 俺(おれ)も見た 昔しのんで ついつまされて やけに痛むぜ 心のきずが 青い月夜だ 甲板で語ろ
郭公啼く里春日八郎春日八郎矢野亮飯田三郎山の里なら 淋しいに ましてかっこうの 啼く日暮れ 俺ら一人を 置き去りに 行ってしまった 憎い娘よ 遠い都は あの辺り  去年祭りに 二人して 買ったショールの 後影 行かせともない この胸を 知って居たやら 知らぬやら 振ったその手も 浮き浮きと  暗い夜業(よなべ)の 燈火(あかり)さえ 揺れて吐息の 物思い 女ごころに あこがれた 夢がさめたら 辛かろに 泣いてくれるな すき間風
あなたと共に倍賞千恵子倍賞千恵子矢野亮吉田矢健治小川寛興あなたと共に 行きましょう 恋の甘さと 切なさを はじめて教えて くれた人 それが 私の運命(さだめ)なら あなたと共に 行きましょう  あなたと共に 泣きましょう 辛い浮世の 波風に 破れた翼の はぐれ鳥 それが女の 弱さなら あなたと共に 泣きましょう  あなたと共に 呼びましょう 胸に点った このあかり 消さずにかばって 抱きしめて それが 本当の 希望(のぞみ)なら あなたと共に 呼びましょう
母の便り二葉百合子二葉百合子矢野亮真木陽(セリフ) 「辿々しくは候も、墨をすり、 筆を噛み、恥も外聞も考えず、憶えしい ろはの仮名書にて、老いし身のただひと つ、今生にての願いを込め……」  暗い夜業の 灯の蔭に そなた案じて 筆とり候 秋の祭りの 太鼓の音も 一人わび住む 母なれば なまじなまじ なまじ白髪の ますのみに候  (セリフ) 「いつまでもなんで子供と思う のかと笑われてもその子供をこそ忘れ られぬが母にて候」  結ぶ夜毎の 夢さえも 遥か都の 空にて候 よるべなき身に さぞやの苦労 離ればなれの 悲しさは 思い思い 思い届かず もどかしく候  (セリフ) 「雨の朝、月の夜、縁寺の鐘を 聞くたびにどうぞお守り下さいとご先 祖さまにお願いしては泣くばかり。」  老いの繰り言 たどたどと 便り書く手も 凍えて候 飾る錦は 何ほしかろう 親子二人で 水入らず 暮す暮す 暮すのぞみに すがり居り候
夢で逢えるさ三橋美智也三橋美智也矢野亮佐伯としを泣いたって しかたないさ いまさらどうにも ならない運命(さだめ) 何もいわずに 別れよぜ ほんの短い 間だけれど 幸福(しあわせ)だったね ほーれ 泣くじゃない 夢をみたんじゃアないか  泣いたって しかたないさ どこまで行っても 未練はつきぬ そっとこの手を 離そうよ 涙ぬぐって いつものように 笑っておくれな ほーれ 泣くじゃない 夢も濡(ぬ)れるじゃアないか  泣いたって しかたないさ せめても達者(たっしゃ)で 暮らしておいで いつか陽(ひ)の照る ときもあろ あてにならない 約束だけど 信じて待つんだ ほーれ 泣くじゃない 夢で逢えるじゃアないか
流れ星だよ三橋美智也三橋美智也矢野亮前田伸一暗い夜空に ちらりと消えた 流れ星だよ 幸福(しあわせ)なんて しょせんは別れにゃ ならない二人 逢わない昔と 諦めな  離すもんかと 力(りき)んでみたが みんな夢だと ようやく知った 酒場の女と 流しの男 どうにも浮べる 筈はない  惚れていりゃこそ 何(なん)にも云わず 逃げる旅だよ 察しておくれ せめてもお前を 泣かせぬうちと 思った俺らの 幕ぎれさ
お花ちゃん三橋美智也三橋美智也矢野亮吉田矢健治・小町昭名残り惜しいは お互いさ 涙は門出に 不吉だよ みんながジロジロ 見てるから 悲しいだろうが にっこりと 笑っておくれよ お花ちゃん 泣いたって 泣いたって あーすっかだ なかんべさ  どうせあんたは 三男坊 東京さ行くのは いいけれど きれいな女子が 多いとこ 待ってる私を つい忘れ 浮気を起しちゃ なんねいど 泣いたって 泣いたって あーすっかだ なかんべさ  今度帰って 来たときにゃ おまえは俺らの 花嫁御 金らんどんすの 帯しめて しゃんしゃんしゃらりこ 鈴ならし 馬こで峠を こえてきな 泣いたって 泣いたって あーすっかだ なかんべさ  それじゃ元気で 行きなされ お前も達者で さようなら 馬車コがトテトテ 急かすから 握った手と手を 離すべや 別れはまったく つらいもの 泣いたって 泣いたって あーすっかだ なかんべさ
おーい中村君氷川きよし氷川きよし矢野亮中野忠晴石倉重信おーい 中村君 ちょいと まちたまえ いかに新婚 ほやほやだとて 伝書鳩でも あるまいものを 昔なじみの 二人じゃないか たまにゃつきあえ いゝじゃないか 中村君  おーい 中村君 そりゃ つれなかろう 入社当時は いつでも一緒 くぐりなれてた 横丁ののれん 可愛いえくぼの 看板娘 噂してるぜ いゝじゃないか 中村君  おーい 中村君 心配するな どうせなれてる 貧乏くじにゃ みんなこっちが 悪者ですと 詫の言葉は まかせておきな おくってゆくから いゝじゃないか 中村君
恋のボンゴ松島詩子松島詩子矢野亮中野忠晴赤い 赤い夕陽(ゆうひ)の あちらから 夜は 夜は南の 島に来る  椰子(やし)の葉末 わたる風に 揺れて響くよ あのしらべ ボンゴよ ボンゴよ 恋のボンゴよ 寄り添いうたわん 熱き想(あも)いを 燃ゆる 燃ゆる炎の 消えぬ間に 呼ぶよ 呼ぶよボンゴの 恋の歌  君を 君を抱(いだ)けば ほのぼのと 甘き 甘き香りの 忍び寄る 渚(なぎさ)みつる 潮に乗りて 高く響くよ あのしらべ ボンゴよ ボンゴよ 恋のボンゴよ ほほ寄せ語らん つきぬのぞみを 胸の 胸の花びら 散らぬ間に 呼ぶよ 呼ぶよボンゴの 恋の歌
私のアルベール松島詩子松島詩子矢野亮中野忠晴夜霧深い 街(まち)のペーブ くずれ落ちた ミモザ一つ いつもあなたの 胸に咲いて 香(かお)りしこの花 あの日の夢よ 再び我にかえれよ  想(おも)い出なつかし パリの夜 ふたりで腕を組みて あなたの吹く口笛に わたしも歌ったの アルベール アルベール どこにいるの アルベール アルベール 忘られない さよならも言わずに 冷たくわたしを捨てた人  想い出恋しい セーヌ川 そよ吹く風に乗りて 流れてくるシャンソンに 合わせて踊ったの アルベール アルベール どこにいるの アルベール アルベール 忘られない さよならも言わずに 冷たくわたしを捨てた人
枯葉よ語ろう松島詩子松島詩子矢野亮吉田矢健治木枯(こがら)しの笛の音に 誘われて ペーブを踊って行く 枯葉よ 枯葉  若いみどりの あの夢は どこになくして しまったか わたしといっしょに あてもなく 探して行こう 枯葉よ 枯葉  街で別れた あの人の うしろ姿が 忘られず  わたしはひとりで 泣きながら いつまで待つやら 枯葉よ 枯葉  暗い小路(こうじ)の 吹きだまり しばし休んで 寄せ合って わたしとおまえの 消え去った 嘆きを語ろう 枯葉よ 枯葉
マロニエの並木路松島詩子松島詩子矢野亮中野忠晴黄昏の 鐘の音が 流れてゆく銀座裏 逢いましょう 逢いましょう マロニエの並木路 君待てば 君待てば ゆれてユラユラ 夢がわく 紫の仄(ほの)かな アベック・タイム  想い出も 浮かびくる 街角の時計台 逢いましょう 逢いましょう マロニエの並木路 寄り添えば 寄り添えば ゆれてユラユラ 溶ける胸 紫の仄かな アベック・タイム
スペインの恋唄松島詩子松島詩子矢野亮吉田矢健治燃えて開いた 紅(くれない)の バラの花よ ああ カルメン 刺すとげの 痛さ知れど ああ この胸を 誘う香(かお)りよ 君ともに踊らん 狂おしき ハバネラの調べに  夢をたたえて さかずきに よどむ酒か ああ カルメン メフィストの わなと知れど ああ 飲みほして 悔いぬ想(おも)いよ 君ともに語らん さめやすき 青春のよろこび  ギター鳴らして セレナーデ 窓におくる ああ カルメン ドン・ホセの 運命(さだめ)知れど ああ わが命 かけし願いよ 君ともに歌わん なやましき スペインの恋唄
星座仰いで松島詩子松島詩子矢野亮中野忠晴夜空を仰げば きらめく星座 聞かせておくれ 過ぎし日の 想い出を あの人の あの瞳 そのままに 私の心に 優しく囁く  吐息に揺れつつ 瞬(またた)く星座 伝えておくれ 忘られぬ 愛の唄 又逢える その日まで 待ちましょう 遥かな面影 この手に抱きしめ  ネオンは消えても 残るは星座 呼ばせておくれ いつまでも 変らずに あの星が あの空に あるかぎり 夜毎に仰いで のぞみをすてずに
緑の風に誘われて松島詩子松島詩子矢野亮林伊佐緒緑の風に 誘われて 一人で旅に出たのです こうして瞼 閉じてると 私のそばに 寄り添った 暖(ぬく)みがそっと 包みます  心(こころ)の中(なか)に 抱(だ)きしめた 貴方(あなた)といつでも 二人(ふたり)です 心(こころ)の中(なか)に 抱(だ)きしめた 貴方(あなた)といつでも 二人(ふたり)です  別れた夜の 涙さえ ずいぶん遠く なりました それでも胸の 小箱から 思い出一つ 採(と)り出して 昔の頃に 戻ります  心の中に 抱きしめた 貴方とお話 するのです 心の中に 抱きしめた 貴方とお話 するのです  車の窓を 流れてく 若葉の蔭が 素敵です 知らない山の 湯の宿に ふらりと降りて みませんか あの日の夢が こぼれます  心の中に 抱きしめた 貴方と今でも 一緒です 心の中に 抱きしめた 貴方と今でも 一緒です
あん時ゃどしゃ降り西方裕之西方裕之矢野亮佐伯としを高田弘あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 胸をはずませ 濡れて待ってた 街の角(かど) アーアー 初恋っていう奴(やつ)ァ すばらしいもんさ 遠い日のこと みんな夢 ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中  あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 離れられずに 濡れて歩いた どこまでも アーアー 別れるっていう奴ァ たまんないもんさ つらい運命(さだめ)を 恨んだよ ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中  あん時ゃどしゃ降り 雨ン中 やけのやん八 濡れて泣いたぜ 思いきり アーアー 思い出っていう奴ァ ほろ苦(にが)いもんさ 今じゃあの娘(こ)も どうしてか ひとりしみじみ 思い出してる 雨ン中
夕焼とんび西方裕之西方裕之矢野亮吉田矢健治小町昭夕焼け空が マッカッカ とんびがくるりと 輪を描(か)いた ホーイのホイ そこから東京が 見えるかい 見えたらここまで 降りて来な 火傷(やけど)をせぬうち 早くこヨ ホーイホイ  上りの汽車が ピーポッポ とんびもつられて 笛吹いた ホーイのホイ 兄(あん)ちゃはどうして いるんだい ちょっぴり教えて くんないか 油揚げ一丁 進上(しんじょう)ヨ ホーイホイ  一番星が チーカチカ とんびは意地悪 知らぬ顔 ホーイのホイ 祭りにゃ必ず 帰るって 俺らをだまして 置いてった 兄ちゃもおまえも ばかっちょヨ ホーイホイ
リンゴ村から西方裕之西方裕之矢野亮林伊佐緒白石十四男おぼえているかい 故郷の村を 便りも途絶えて 幾年(いくとせ)過ぎた 都へ積出す 真赤なリンゴ 見る度辛いよ 俺らのナ 俺らの胸が  おぼえているかい 別れたあの夜 泣き泣き走った 小雨のホーム 上りの夜汽車の にじんだ汽笛 切なく揺(ゆす)るよ 俺らのナ 俺らの胸を  おぼえているかい 子供の頃に 二人で遊んだ あの山小川 昔とちっとも 変っちゃいない 帰っておくれよ 俺らのナ 俺らの胸に
網走番外地高倉健高倉健矢野亮不詳八木正生馬鹿(ばか)を 馬鹿を承知の この稼業(かぎょう) 赤い夕陽(ゆうひ)に 背を向けて 無理に笑った 渡り鳥 その名も網走(あばしり)番外地  きらり きらり流れた ひとつ星 どうせどこかで 消える奴(やつ) ぐれた俺(おい)らの 身のはてを 泣いてくれるは あの娘(こ)だけ  流れ 流れこの身を ふるさとの うるむ灯(あかり)に おふくろが 消えて浮かんで また消えた その名も網走番外地  呼んで 呼んでみたとて さいはての 遠い海鳴り 風の音 せめて真赤(まっか)に 燃えて咲く 花になりたや はまなすの
星影の小径根津歩根津歩矢野亮利根一郎萩田光雄静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁きは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ
母恋吹雪三橋美智也三橋美智也矢野亮林伊佐緒川上英一酔ってくだまく 父(とと)さの声を 逃げて飛び出しゃ 吹雪(ふぶき)の夜道 つらい気持は わかっちゃいるが 俺らばかりに あゝ なぜあたる  こんなときには 母(かか)さが恋し なんで俺らを 残して死んだ 呼んでみたって ちぎれて消える 星のかけらも あゝ 見えぬ空  徳利(とくり)かこった 凍(しば)れる指に 岩手おろしが じんじとしみる たったふたりの 親子であれば 涙ぬぐって あゝ もどる道
リンゴ村からGOLD LYLIC三橋美智也GOLD LYLIC三橋美智也矢野亮林伊佐緒川上英一おぼえているかい 故郷の村を たよりもとだえて 幾年(いくとせ)過ぎた 都へ積み出す まっかなリンゴ 見るたびつらいよ 俺(おい)らのナ 俺らの胸が  おぼえているかい 別れたあの夜 泣き泣き走った 小雨のホーム 上りの夜汽車の にじんだ汽笛 せつなく揺するよ 俺らのナ 俺らの胸を  おぼえているかい 子供の頃に 二人で遊んだ あの山・小川 昔とちっとも 変わっちゃいない 帰っておくれよ 俺らのナ 俺らの胸に
リンゴ村から氷川きよし氷川きよし矢野亮林伊佐緒おぼえているかい 故郷の村を 便りも途絶えて 幾年過ぎた 都へ積出す 真赤なリンゴ 見る度辛いよ 俺らのナ 俺らの胸が  おぼえているかい 別れたあの夜 泣き泣き走った 小雨のホーム 上りの夜汽車の にじんだ汽笛 切なく揺するよ 俺らのナ 俺らの胸を  おぼえているかい 子供の頃に 二人で遊んだ あの山小川 昔とちっとも 変っちゃいない 帰っておくれよ 俺らのナ 俺らの胸に
パン売りのロバさんさゆ☆まゆ with ラビッシュさゆ☆まゆ with ラビッシュ矢野亮豊田稔森川浩憲ロバのおじさん チンカラリン チンカラリンロン やってくる ジャムパン ロールパン できたて やきたて いかがです チョコレートパンも アンパンも なんでもあります チンカラリン  赤い車は チンカラリン チンカラリンロン ひいてくる ジャムパン ロールパン あまくて おいしい いかがです チョコレートパンに アンパンに どちらにしましょう チンカラリン  いつもにこにこ チンカラリン チンカラリンロン こんにちは ジャムパン ロールパン さあさあ みなさん いかがです チョコレートパンと アンパンと ハイハイありがと チンカラリン  晴れたお空に チンカラリン チンカラリンロン 鈴がなる ジャムパン ロールパン よい子のおやつは いかがです チョコレートパンも アンパンも なんでもあります チンカラリン
男の誓い高倉健高倉健矢野亮水城一狼生まれも育ちも 別々だけど 死ぬときゃいっしょと 言ったじゃないか 俺とお前の 握るこの手を ふたつに 切ろと 男の誓いは 鉄よりかたい  隅田の夜風を 素肌に受けて 流れに重ねて 写した笑顔 姿かたちは 変わる浮世に やつれちゃいても 胸にはあの日の 血潮が燃える  行く道ァ同じさ あとへは退かぬ 生きるか死ぬかは お天道まかせ 極道者でも 一度ぐらいは 世間のために 命を張るんだ 男をかけて
男の裏町高倉健高倉健矢野亮不詳暗い夜ふけの 窓べにすがり 星もない空 泣き泣き呼んだ 村の小径で 遊んだころは 十七、八の まだ俺ァがきだった  こんな冷たい 世間と知らず どこではぐれた 裏町ぐらし 夢を抱いて 出て来たころは 十七、八の まだ俺ァがきだった  胸を濡らした あの娘の涙 好きと素直に なぜ言えなんだ 祭り囃子に 浮かれたころは 十七、八の まだ俺ァがきだった  風にちぎれる 夜汽車の汽笛 追えば恋しい 故郷が浮かぶ 飛んで行きたい あのころあの日 十七、八の まだ俺ァがきだった
未練じゃないか高倉健高倉健矢野亮白石十四男暗い酒場の 片隅で そっと寄せ合う 肩と肩 別れたくない 別れにゃならぬ 未練たらしい この俺を 陰でだれかが 笑うだろ  こんなしがない 男には 恋は柄でも ないものさ 泣いてくれるな 泣かれりゃ弱い じっと耐えた 強がりは どうせいつまで もつものか  挙げたグラスに キラキラと 揺れて消えてく 夢の泡 何も言うまい 言わずにおきな 好きといまさら 知ったとて どうもなりゃせぬ 辛いだけ
霧の波止場高倉健高倉健矢野亮白石十四男逢ったら別れが 来るものさ そいつが波止場の 運命だよ 海の男は 薄情者と うらんでくれるな 鴎どり うらんでくれるな 鴎どり  待ちなと行ったら うそになる 俺らの行く先ァ 汽船まかせ 頬にきらりと 光った泪 冷たい夜霧の せいなんだ 冷たい夜霧の せいなんだ  追っても無駄だぜ 諦めな いつかは翼も 乾くだろ 海の男と 鴎の恋の 終りを急かせて 銅鑼が鳴る 終りを急かせて 銅鑼が鳴る
泣かせるぜ高倉健高倉健矢野亮白石十四男じゃまな奴なら 払って通る それが俺らの 性分さ 長いものには 巻かれろと 聞いたせりふが 泣かせるぜ  胸に沁み込む 泪のぬくみ とかく女は 苦手だよ 霧にしょんぼり 消えてゆく うしろ姿が 泣かせるぜ  裸一貫 生きてく道は どうせけわしい 坂つづき なまじ寝た子を 起こすよな 人の情けが 泣かせるぜ
俺が選んだ道高倉健高倉健矢野亮水城一狼やると言ったら どこまでも 廻れ右など ごめんだぜ 男一匹 生命(いのち)をかけて 俺が選んだ この道だ どこではてよと 悔いはない  止めてくれるな 無駄なこと しょせん女にゃ わかるまい 情無用と 承知の上で 俺が選んだ この道だ そっと行かせな このまんま  咲いた花なら 散るものを 風にうらみは さらにない こんな浮世に 未練はもたぬ 俺が選んだ この道だ これでいいのさ ほっときな
横顔高倉健高倉健矢野亮飯田三郎ともる灯に 横顔見せて 俺はひとりで 街を行く 女心は 知るまいと 言った あの娘の あの娘の 別れの言葉  無理に作った ポーカー・フェイス じっと耐えた 胸のなか せめて祈った 幸福は どうせ あの娘にゃ あの娘にゃ とどかぬ思い  霧にかくした 横顔見れば 頬に涙の 跡がある 男なりゃこそ ただ一度 ほれた あの娘を あの娘を 棄ててく辛さ
男涙の雨が降る高倉健高倉健矢野亮水城一狼冷たい雨の 街角で 俺を待つやら いつまでも 馬鹿な奴だと 言ってはみたが 胸に沁み込む 切なさを 叩きつけたい じれったさ  真底ほれて ほれぬいた 俺の気持ちにゃ うそはない 濡れてしょんぼり たたずむ影を わざとつれなく 捨ててゆく それがせめての 置き土産  冷たい雨が 街角で 俺に代わって 泣くだろう うしろふり向きゃ 男がすたる どうせまた逢う 星もない あばよ達者で いるんだぜ
星影の小径辛島美登里辛島美登里矢野亮利根一郎浦田恵司静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁きは アカシヤの香りよ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱(いだ)かれて たたずみましょう 星影の小径よ
雨の屋台田端義夫田端義夫矢野亮利根一郎雨々 雨だよ やけに降りゃがる 今日で幾日か どしゃ降りつゞき しゃくでカストリ パイ一(いち)いけば からの胃のふに じんとしみ渡る  雨々 雨だよ お入りよおねえちゃん 空をにらんだって 止みっこなしさ どうせあぶれた うらぶれどうし 飲んでくだ巻きゃ いくらか晴れる  雨々 雨だよ ぐしょ濡れの屋台 くされのれんなんか 未練はねえが 暗い露地裏 ガタビシャ長屋 思や離せぬ このさかづきさ
星影の小径小畑実小畑実矢野亮利根一郎静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁やきは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱(いだ)かれて たたずみましょう 星影の小径よ
青い砂丘大津美子大津美子矢野亮飯田三郎青い砂丘に ひとり来て 昔の夢を 偲ぶ夜 そっとひろった 貝がらの 月の光も 透けそうな はかなさゆえに 愛(いと)おしく  青い光を 掌底(たなぞこ)に すくえばほろと 散るしずく 幼馴染の あの人と 抱いたあこがれ いずこにか 呼べども風の 鳴るばかり  青いなぎさに くりかえし 変わらぬままに 寄せる波 過ぎて帰らぬ 年月(としつき)を 辿(たど)る思いの ただ遠く 月さえいつか 濡れるもの
おーい中村君GOLD LYLIC若原一郎GOLD LYLIC若原一郎矢野亮中野忠晴おーい 中村君 ちょいとまちたまえ いかに新婚 ほやほやだとて 伝書鳩でも あるまいものを 昔なじみの 二人じゃないか たまにゃつきあえ いいじゃないか 中村君  おーい 中村君 そりゃ つれなかろう 入社当時は いつでも一緒 くぐりなれてた 横丁ののれん 可愛いえくぼの 看板娘 噂してるぜ いいじゃないか 中村君  おーい 中村君 心配するな どうせなれてる 貧乏くじにゃ みんなこっちが 悪者ですと 詫びの言葉は まかせておきな おくってゆくから いいじゃないか 中村君
喫茶店の片隅で美輪明宏美輪明宏矢野亮中野忠晴アカシア並木の 黄昏(たそがれ)は 淡い灯がつく 喫茶店 いつも貴方と 逢った日の 小さな赤い 椅子二つ モカの香りが にじんでた  二人だまって 向き合って 聞いたショパンの ノクターン もれるピアノの 音につれて つんではくずし またつんだ 夢はいずこに 消えたやら  遠いあの日が 忘られず 一人来てみた 喫茶店 散った窓辺の 紅薔薇が はるかにすぎた 想い出を 胸にしみじみ 呼ぶ今宵
星影の小径GOLD LYLICちあきなおみGOLD LYLICちあきなおみ矢野亮利根一郎静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの 囁やきは アカシヤの香りよ アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 夢うつつ さまよいましょう 星影の小径よ  静かに 静かに じっとして じっとして 私は散ってゆく アカシヤの花なの アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ  アイラブユー アイラブユー いつまでも いつまでも 抱かれて たたずみましょう 星影の小径よ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. アイラブユー
  4. 嘲笑
  5. Boom Boom Back

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照