草原をゆく男

この曲の表示回数 7,490
歌手:

林伊佐緒


作詞:

矢野亮


作曲:

林伊佐緒


真赤な夕陽が 燃えつきて
落ちてく遥かな 地平線
何時の日にはてるやら さすらいの旅
オーイゝ 泣かすな
草原をゆく風が
呼んでるゝ 遠い日の夢

夜霧が泌みこむ ジャンバーの
切ない重さを 知った肩
抱きしめるあてもない 愛(いと)しあの人
オーイゝ 泣かすな
むらさきの空の涯
揺れてるゝ 遠い星影

砂地を刻んで 行く馬の
ひづめの音だけ 続く夜
たどたどと口ずさむ 想い出の唄
オーイゝ 泣かすな
荒れ果てた胸底に
浮かべるゝ 遠いふるさと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:草原をゆく男 歌手:林伊佐緒

林伊佐緒の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-11-21
商品番号:KICX-3562
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP