海猫の啼く波止場

この曲の表示回数 12,814
歌手:

春日八郎


作詞:

矢野亮


作曲:

林伊佐緒


崩(くず)れた岸壁 洗う波
さびれた波止場(はとば)にゃ 海猫ばかり
おまえを知った あの夜から
俺の恋人は 海じゃなくなった
それに気づいたは
出船の汽笛が
出船の汽笛が 鳴ったあと

夕陽(ゆうひ)にしょんぼり 浮ぶブイ
人待ち顔なは 海猫ばかり
南で遭(あ)った ハリケーンも
俺の思いほど 荒れはしなかった
ひとり眠られず
甲板(デッキ)で呼んだよ
甲板で呼んだよ 恋しさに

せつない痛手(いたで)に しみる風
いっしょに泣くのは 海猫ばかり
おまえはどこへ 行ったのか
俺のともしびは 消えてしまってた
胸に書きとめた
航海日記も
航海日記も 聞かないで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海猫の啼く波止場 歌手:春日八郎

春日八郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-11-26
商品番号:KICX-3661
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP