国後の女

この曲の表示回数 8,550

海鳴りさえも 凍(しば)れて絶えて
噂をとざす 北の島
あゝ国後の 国後の女 チャチャ岳の
麓(ふもと)に眠る 面影を
しのぶ岬に 雪が舞う

産声あげた ふるさとだから
私はここで 死にたいの
あゝ国後の 国後の女 あの夜は
素足のままで 流氷を
越せばよかった 二人して

地図からいまは 消されたような
島にもきっと 春がくる
あゝ国後の 国後の女 その朝は
墓標に積る 雪のけて
逢いたかったと 抱いてやろ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:国後の女 歌手:春日八郎

春日八郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-10-09
商品番号:KICX-4223
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP