歌詞を

ヘルプ

三丘翔太の歌詞一覧リスト

32 曲中 1-32 曲を表示
2019年10月22日(火)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
ああ上野駅三丘翔太関口義明荒井英一どこかに故郷の香りをのせて
青い背広で三丘翔太佐藤惣之助古賀政男青い背広で心も軽く
あの娘たずねて三丘翔太永井ひろし桜田誠一花の東京のどまン中
あの娘の泣いてる波止場三丘翔太高野公男船村徹思い出したんだとさ
天草みれん三丘翔太麻こよみ水森英夫ひとりたたずむ天主堂
小樽のひとよ三丘翔太池田充男鶴岡雅義逢いたい気持がままならぬ
お月さん今晩は三丘翔太松村又一遠藤実こんな淋しい田舎の村で
面影今いずこ三丘翔太水森英夫水森英夫本当は死ぬほど君が好きだった
おゆき三丘翔太関根浩子弦哲也持って生まれた運命まで
かえり船三丘翔太清水みのる倉若晴生波の背の背に揺られて揺れて
柿の木坂の家三丘翔太石本美由起船村徹春には柿の花が咲き
北の漁場三丘翔太新条カオル桜田誠一いのち温めて酔いながら
心のこり三丘翔太なかにし礼中村泰士私バカよねおバカさんよね
小島通いの郵便船三丘翔太上尾美与志平川英夫海をへだてた二つのこころ
散歩道三丘翔太神戸陽三桧原さとしたんぽぽの花咲く小径
上海帰りのリル三丘翔太東条寿三郎渡久地政信船を見つめていた
昭和がふたり三丘翔太神戸陽三桧原さとし蔦がからまる生垣沿いに
誰か故郷を想わざる三丘翔太西条八十古賀政男花摘む野辺に日は落ちて
千曲川三丘翔太山口洋子猪俣公章水の流れに花びらを
東京の灯よいつまでも三丘翔太藤間哲郎佐伯としを雨の外苑夜霧の日比谷
東京ワルツ三丘翔太坂口照幸水森英夫ビルの谷間の人の波
長良川艶歌三丘翔太石本美由起岡千秋水にきらめくかがり火は
菜の花通り三丘翔太森坂とも水森英夫山も野風も黄色に染まる
涙の酒三丘翔太伊吹とおる小池青磁男一途の火の恋を
なみだの操三丘翔太千家和也彩木雅夫あなたのために守り通した女の
虹色の雨三丘翔太里村龍一水森英夫悪い人だと判っていても
星影の里三丘翔太坂口照幸水森英夫どうしているかい泣いては
三丘翔太荒木良治大泉逸郎なんでこんなに可愛いのかよ
昔の名前で出ています三丘翔太星野哲郎叶弦大京都にいるときゃ
夕焼けとんび三丘翔太矢野亮吉田矢健治夕焼け空がまっかっか
夢追い酒三丘翔太星野栄一遠藤実悲しさまぎらすこの酒を
別れの波止場三丘翔太藤間哲郎真木陽そんなに泣きたきゃ