×

中村泰士作曲の歌詞一覧リスト  238曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
238曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
喝采LAST FIRSTLAST FIRST吉田旺中村泰士栗林悟いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる
北酒場三山ひろし三山ひろしなかにし礼中村泰士北の酒場通りには 長い髪の 女が似合う ちょっと お人よしがいい くどかれ 上手な方がいい 今夜の恋は 煙草の先に 火をつけて くれた人 からめた指が 運命(さだめ)のように 心を許す 北の酒場通りには 女を酔わせる 恋がある  北の酒場通りには 涙もろい 男が似合う ちょっと 女好きがいい 瞳で くどける方がいい 夢追い人は グラスの酒と 思い出を 飲みほして やぶれた恋の 数だけ人に やさしくできる 北の酒場通りには 男を泣かせる 歌がある  今夜の恋は 煙草の先に 火をつけて くれた人 からめた指が 運命(さだめ)のように 心を許す 北の酒場通りには 女を酔わせる 恋がある
夜間飛行おかゆおかゆ吉田旺中村泰士最後の最後まで 恋は私を苦しめた 指をつきぬけ涙が あふれそうよ そして 今……  翼に身をゆだね 私は旅立つ 遥か雲の下に 広がる街あかり  あそこで愛されて あそこで別れた このままずっと どこへもおりず この夜の果て 二度と帰らないの そして帰らないの  Mesdames et messieurs, dans un moment, nous arriverons a Orly. Nous apercevons une lumiere de Paris. Nous vous remercions d'avoir choisi notre compagnie. Bon voyage. Merci. Sayonara.  あなたは気付くでしょう いつか私のまごころに だけど哀しい目をして 探さないで もういいの……  不幸を身にまとい 異国へ旅立つ 女のかなしみは 夜空の星になり  きらきら消えてゆく 私は泣かない このままずっと どこへもおりず この空の果て 二度と帰らないの そして帰らないの
喝采市川由紀乃市川由紀乃吉田旺中村泰士いつものように 幕が開き 恋の歌 うたう私に 届いた報(しら)せは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるあなた駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の 昼下がり 教会の前にたたずみ 喪服の私は 祈る言葉さえ失(な)くしてた  つたがからまる 白い壁 細いかげ 長く落として ひとりの私は こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともない私の 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように 幕が開く 降りそそぐ ライトのその中 それでも私は 今日も恋の歌 うたってる
Last my wayオール巨人オール巨人中村泰士中村泰士愚かだったのか 優れ者なのか 俺が語ることは無い 誰かがやがて口にする  どんな高嶺も登ってみせたけど そこは空と白い雲 孤独な一人俺がいた  人生にツバを吐くもよし 人生を賛美するもよし  まだ歩みが止まらない まだ命が燃えている  Last way 我が道 Last way 生きよう Last my way  ひとり孤独は神への禊もの 懺悔するはたやすいが 傷は深いままだろう  愛は足りたか 夢は見せたのか 全て置き去りのままか 心は穏やかだったか  馬鹿野郎と捨てた人がいる 馬鹿野郎と抱いた人がいる  まだ背中を押してくれ まだ詫びたいことがある  Last way 我が道 Last way 生きよう Last my way  Last way 我が道 Last way 生きよう Last my way
喝采宮本浩次宮本浩次吉田旺中村泰士いつものように 幕が開き 恋の歌 うたう私に 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるあなた駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の 昼下がり 教会の前にたたずみ 喪服の私は 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる 白いカベ 細いかげ 長く落として ひとりの私は こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともない私の 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように 幕が開く 降りそそぐ ライトのその中 それでも私は 今日も恋の歌 うたってる
誠!!浪速の晴れ姿オール阪神・巨人オール阪神・巨人中村泰士中村泰士浪速漫才 我が道ならば 笑い誘える大阪に 命削って根を張れば 天の御方が微笑んだ 誠!! 命の晴れ姿  愚痴は言うまい 笑いがこける 相方身丈は 短いが デッカイ夢見た我が同志 花の舞台が死に場所か 誠!! 人生晴れ姿  俺が右ならお前は左 自分らしさを貫いて 見えぬ明日に揃い立ち 拍手 喝采ありがとう 誠!! 浪速の晴れ姿
喝采小川みすず小川みすず吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報(し)らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ 失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる
大阪の女水森かおり水森かおり橋本淳中村泰士まるで私を 責めるよに 北野新地(きたのしんち)に 風が吹く もっと尽くせば よかったわ わがまま言って 困らせず 泣いて別れる 人ならば  とても上手に 誘われて ことのおこりは このお酒 がまんできずに 愛したの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には  あなたのそばで 眠れたら 幸せそれとも 不幸(ふしあわ)せ 夢を信じちゃ いけないと 言った私が 夢を見た 可愛いい女は あかへんわ  きっといいこと おきるから 京都あたりへ 行(ゆ)きたいわ 酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪を
そして…めぐり逢い加納ひろし加納ひろし荒木とよひさ中村泰士語りあかせば 尽きないけれど 過ぎてみればいまでは 笑い話だね ふたり暮らした あの部屋の 鍵は心に いまもある あゝ今夜は 帰したくない ひと春ふた春 そして…めぐり逢い  「そうか良かった」幸せなのか あの頃より綺麗に なったみたいだね グラスをゆらす 白い指 昔とおなじ そのしぐさ あゝいまでも 覚えているよ ひと夢ふた夢 そして…めぐり逢い  涙うかべる 笑顔がつらい 情にもろいところも 昔のままだね 無理を言っては こまらせた 子供すぎてた あの頃は あゝいまでも 愛しているよ ひと冬ふた冬 そして…めぐり逢い
春な女おおい大輔おおい大輔水木れいじ中村泰士寒い夜風に 吹きよせられたのか 広い世間で ふたりが逢えたのは 堕(お)ちるとこまで 堕(お)ちればいいと 人生投げてた 俺だった… おまえひとり おまえひとり 男の淋(さび)しさ 男の淋しさ わかってくれたのは  たったふたつの 年の差気にしては 三歩(さんぽ)さがって いつでも歩(ある)くやつ そっと叱って 肩抱き寄せりゃ 倖(しあわ)せすぎると 涙ぐむ… おまえひとり おまえひとり 命をかけても 惜しくはない女(おんな)  待ってくれるね 陽(ひ)のさす春の日を きっとこの手で つかんでみせるから 耐えて忍んだ 雪割り草も 明日(あした)は芽をふく 花ひらく… おまえひとり おまえひとり 死ぬまで一緒さ 死ぬまで一緒さ この世のみちづれは
兄貴風おおい大輔おおい大輔水木れいじ中村泰士ちっちゃな時から 一途な女(こ)やった そんなおまえに ハラハラしてた 小雨ふる夜 突然来ては 泣くだけ泣いて 泣くだけ泣いて 出て行くおまえ あんな男は もうやめとけと ほんま 好きやけど ほんま 阿呆(アホ)やけど 兄貴風  木枯らし吹くたび ぬくもり恋しい 銀杏(いちょう)並木も 色ずく頃や ビルの谷間の 子猫のように あの日のままで あの日のままで 無邪気なおまえ どれも遊びと まだ気が付かず ほんま うぶなやつ ほんま 抱かれへん 兄貴風  めぐる季節に 取り残された 淋しいだけの 淋しいだけの 女かお前 なってみせろや もう幸せに ほんま 阿呆(アホ)なやつ ほんま 好きやから 兄貴風
深夜放送伊東ゆかり伊東ゆかり阿久悠中村泰士See you again あなたと別れて 五年が嘘のように過ぎた あの時ある夜 眠られぬつらさにラジオを きいてたその時 二人の記念の唄が 流れて来たの 読みかけの本落として 私は立ち上がるの See you again 心をゆすぶる あなたの言葉が 突然よみがえって来たの  See you again あなたの吐息の 熱さを感じているようで 私はせつない リクエストしたのは誰だか 知らないけれども 二人の記念の唄が 流れて来たの ラジオと話すみたいに 私は泣いているの See you again 心をゆさぶる あなたの言葉が 突然によみがえって来たの あなたの言葉が 突然によみがえって来たの
喝采山口かおる山口かおる吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会の前にたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ 失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる
喝采丘みどり丘みどり吉田旺中村泰士いつものように 幕(まく)が開(あ)き 恋の歌 うたう私(わたし)に 届いた報(しら)せは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止(と)めるあなた駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛びのった ひなびた町の 昼下がり 教会の前にたたずみ 喪服(もふく)のわたしは 祈る言葉さえ失(な)くしてた  つたがからまる 白いカベ 細いかげ 長く落として ひとりの私は こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともない私の 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように 幕が開く 降(ふ)りそそぐ ライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる
北酒場福田こうへい福田こうへいなかにし礼中村泰士北の酒場通りには 長い髪の女が似合う ちょっとお人よしがいい くどかれ上手な方がいい 今夜の恋はタバコの先に 火をつけてくれた人 からめた指が運命(さだめ)のように 心を許す 北の酒場通りには 女を酔(よ)わせる恋がある  北の酒場通りには 涙もろい男が似合う ちょっと女好きがいい 瞳(ひとみ)でくどける方がいい 夢追い人はグラスの酒と 思い出を飲みほして やぶれた恋の数だけ 人にやさしくできる 北の酒場通りには 男を泣かせる歌がある  今夜の恋はタバコの先に 火をつけてくれた人 からめた指が運命(さだめ)のように 心を許す 北の酒場通りには 女を酔(よ)わせる恋がある
輪!諸居にっぽん細川たかし細川たかし中村泰士中村泰士はてさて人生七曲がり 乗り切れ大地の恵み有り そこそこ高嶺を超えて来た 富士ヤマ明日も日本晴れ  アァ 輪!諸居 ワッショイ 勇気出せ アァ 輪!諸居 ワッショイ 福を呼べ  舵を切るのは男道 絆結ぶは女道 そのこぶし 突き上げろ 日本列島 役に立つ  アァ 輪!諸居 ワッショイ 舞い踊れ アァ 輪!諸居 にっぽん ワッショイ 皆の衆 1.2.3 アァ にっぽん!!  さてさて大正 昭和から 平成時代と流れ来て そこそこ日の出の日本丸 天下を取る気の心意気  アァ 輪!諸居 ワッショイ とどまるな アァ 輪!諸居 ワッショイ 天を跳べ  速い時代に遅れるな 乗るか乗らぬは志し 和のこころ 輪になろう 日本列島 豊か成り  アァ 輪!諸居 ワッショイ 夢に舞え アァ 輪!諸居 にっぽん ワッショイ 皆の衆 1.2.3. アァ にっぽん!!  元気印は宝物 浮かれ浮世に情け有り 支えたら 支えられ 日本列島 前に押せ  アァ 輪!諸居 ワッショイ さくら舞う アァ 輪!諸居 にっぽん ワッショイ 皆の衆 1.2.3. アァ にっぽん!!
輪!諸居おおさか細川たかし細川たかし中村泰士中村泰士はてさて人生エエモンヤ お隣近所の人の輪で そこそこ世界に眼を向ける 大阪なかなかええとこや  アァ 輪!諸居 ワッショイ 打ちましょう アァ 輪!諸居 ワッショイ 龍を呼べ  夢は舞洲(まいしま) 繁盛や おいで おいでよ世界から 梅田から ミナミまで 日本列島 役に立つ  アァ 輪!諸居 ワッショイ トラ印 アァ 輪!諸居 おおさか ワッショイ 皆の衆 1.2.3. アァ 輪!諸居 !!  「打ちましょう」 「も一つせ~」 「祝って三度」  さてさて運河の時代から 豊かな水面に感謝して そこそこアジアと仲良しで 地球を動かせ関西人  アァ 輪!諸居 ワッショイ えべっさん アァ 輪!諸居 ワッショイ 福が来る  夢は叶えてなんぼやで 綺麗おばちゃん パワーやで 人情は 暖かく 日本列島 前に押せ  アァ 輪!諸居 ワッショイ コテコテで アァ 輪!諸居 おおさか ワッショイ 皆の衆 1.2.3. アァ 輪!諸居!!  恋はしなはれいくつでも 夢のためならつくします 和のこころ 輪になろう 日本列島 ど真ん中 アァ 輪!諸居 ワッショイ 昇り龍 アァ 輪!諸居 おおさか ワッショイ 皆の衆 1.2.3. アァ 輪!諸居!!
あっぱチョ・ジョンミンチョ・ジョンミン中村泰士中村泰士あっぱ 魔法みたい 私達家族のために あっぱ 異国の空を 涙せず 茜色(あかね)に染めたの  幸せになるから 真心くれたから  きっと輝ける 魔法使いの技 私はきっと受け継いでいるわ  リクエストして どんな人になる 愛の深さを知ってるから  あっぱ 言葉を超えて 愛せたの他国の人を あっぱ 哀しい時は 忍び泣きした事もあるの  わたしは泣かないは あっぱに悪いもの  恋をしています とても素敵な人 叱らないでね わたしをあげたの  何時か故郷(ふるさと)の 蒼いチェジュの海 魔法の風に吹かれてゆく  きっと輝ける 魔法使いの技 私はきっと受け継いでいるわ  リクエストして どんな人になる 愛の深さを知ってるから  愛の深さを知ってるから
レディース ハウス▽心へチョ・ジョンミンチョ・ジョンミン中村泰士中村泰士不埒(ふらち)な下心 受け入れてもエエけど それだからって 思い上がらんといて 彼女になったわけやないから  女子力 磨き上げては 大阪で名をあげるの  梅田あたり 摩天楼 I'm just feeling 感じるわ  おいでレディース ハウス 心の深くへ おおいおおい男子来い そっちのレディーはイマイチや おいでレディース ハウス 心に届けて おおいおおい男子来い こっちのレディーは美味しいよ  見掛けはエエけれど 中身はどうやの 抱きしめて心踊るほどに 夢中にさせてくれるのですか  フヮ フヮ紙飛行機じゃ 時代が吹き飛ばしてく  本気やって 思わせて I'm just feeling 御堂筋  おいでレディース ハウス 心の深くへ おおいおおい男子来い そっちのレディーはイマイチや おいでレディース ハウス 心に届けて おおいおおい男子来い こっちのレディーは美味しいよ  みなみ辺りで ヘビー ドリンキー I'm just feeling 最悪よ  おいでレディース ハウス 心の深くへ おおいおおい男子来い そっちのレディーはイマイチや おいでレディース ハウス 心に届けて おおいおおい男子来い こっちのレディーは美味しいよ
そして…めぐり逢い永井裕子永井裕子荒木とよひさ中村泰士語りあかせば 尽きないけれど 過ぎてみれば いまでは笑い話だね ふたり暮した あの部屋の 鍵は心に いまもある ああ 今夜は 帰したくない ひと春 ふた春 そして…めぐり逢い  「そうか よかった」倖せなのか あの頃より綺麗に なったみたいだね グラスをゆらす 白い指 昔とおなじ そのしぐさ ああ いまでも 憶えているよ ひと夢 ふた夢 そして…めぐり逢い  涙うかべる 笑顔がつらい 情にもろいところも 昔のままだね 無理を言っては こまらせた 子供すぎてた あの頃は ああ いまでも 愛しているよ ひと冬 ふた冬 そして…めぐり逢い
心のこり三丘翔太三丘翔太なかにし礼中村泰士私(わたし)バカよね おバカさんよね うしろ指 うしろ指 さされても あなたひとりに 命をかけて 耐えてきたのよ 今日まで 秋風が吹く 港の町を 船が 出てゆくように 私も旅に出るわ 明日(あす)の朝早く  私バカよね おバカさんよね 大切な 大切な 純情を わるい人だと 知っていながら あげてしまった あなたに 秋風の中 枯葉がひとつ 枝を はなれるように 私も旅に出るわ あてもないままに  私バカよね おバカさんよね あきらめが あきらめが 悪いのね 一度はなれた 心は二度と もどらないのよ もとには 秋風が吹く つめたい空に 鳥が 飛び立つように 私も旅に出るわ ひとり泣きながら
喝采佳山明生佳山明生吉田旺中村泰士いつものように 幕が開き 恋の歌 うたう私に 届いた報せは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるあなた駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛びのった ひなびた町の 昼下がり 教会の前にたたずみ 喪服の私は 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる 白いカベ 細いかげ 長く落として ひとりの私は こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともない私の 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように 幕が開く 降りそそぐ ライトのその中 それでも私は 今日も恋の歌 うたってる
大阪の女山本あき山本あき橋本淳中村泰士まるで私を 責めるよに 北の新地に 風が吹く もっと尽くせば よかったわ わがまま言って 困らせず 泣いて別れる 人ならば  とても上手に 誘われて ことのおこりは このお酒 がまんできずに 愛したの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には  あなたのそばで 眠れたら 幸せそれとも 不幸せ 夢を信じちゃ いけないと 言った私が 夢を見た 可愛いい女は あかへんわ  きっといいこと おきるから 京都あたりへ 行きたいわ 酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪を
いとおしいエンジュエンジュ中村泰士中村泰士いとおしい いとおしい 突然に古風なシナリオだけど いとおしい いとおしい 遅咲きの桜よ 桃色つぼみ  衣擦れの恥じらいに 戸惑うけど 燃え落ちた花びらは 薄紅色  母ちゃん おっかちゃん お母さん 日本にゃ一途な母がいる 私もなりたい母のように  いとおしく いとおしく あなた抱きしめたい  ヤリ ヤリ ヤイ ヤイ アー  逢いたくて 逢いたくて 永遠の予感よ 涙が熱い 言えないわ 言えないわ 受け止めてくれない 不安があるの  月の光のように 忍んで来て 繰り返すさざ波に ゆだねましょう  母ちゃん おっかちゃん お母さん 日本にゃ女の道がある 私も生きたい母のように  いとおしく いとおしく あなた抱きしめたい  母ちゃん おっかちゃん お母さん 日本にゃ女の道がある 私も生きたい母のように  いとおしく いとおしく あなた抱きしめたい  ヤリ ヤリ ヤイ ヤイ アー
AKUJO未満エンジュエンジュ中村泰士中村泰士あのねぇ ねぇねぇ ねぇ 私の心のスペース 開いたの 空けたのよ  そうねぇ ねぇねぇ ねぇ あなたに閉ざしたスペース 開いたの あげたのよ  不埒な女になって 優しさを選んだの 潜んでいたのね こんな私が 堕ちて行ける 今は  AKUJO未満 AKUJO以上 わたし 心に背けなかった WARUI未満 WARUI以上 AKUJO未満 I wanna hold your heart  今ねぇ ねぇねぇ ねぇ 未熟な心のスペース 揺れてるの 戻れない  そうねぇ ねぇねぇ ねぇ 恥じらい纏わぬスペース 揺れてるの 戻れない  「やり直せない!」と言って 涙顔メールして けだるい体に 熱めのシャワー ごめんなさい 夢中  AKUJO未満 AKUJO以上 強い稲妻 私に来てよ WARUI未満 WARUI以上 AKUJO未満 I wanna hold you  AKUJO未満 AKUJO以上 わたし 心に背けなかった WARUI未満 WARUI以上 AKUJO未満 I wanna hold your heart
有りン子井上実香井上実香中村泰士中村泰士あんたさえ良けれりゃ どうにでもするよ 本気で あたいと暮らすのならば  有りン子 みたい 世間の隅で 貧乏覚悟で 繋がればいい  心が寒けりゃ この指たかれ 故郷 しのんで泣こう  裏切り 情なし ボロボロ心 有り有り有り 有り有り有り なんでも有りの 有りン子二人で いいやない  我慢じゃないよ 強がりじゃない 幸せ測れる物差しは無い  あたいに抱かれる 甲斐性なしも 寂しさ重ねりゃ暖め合える  本気で言うけど あかんたれやね 支えに成るやろあたい  折れる はぐれる 時代の外で 有り有り有り 有り有り有り なんでも有りの 有りン子二人で いいやない  裏切り 情なし ボロボロ心 有り有り有り 有り有り有り なんでも有りの 有りン子二人で いいやない
大阪の女森口博子・マルシア森口博子・マルシア橋本淳中村泰士まるで私を 責めるよに 北の新地に 風が吹く もっと尽くせば よかったわ わがまま言って 困らせず 泣いて別れる 人ならば  とても上手に 誘われて ことのおこりは このお酒 がまんできずに 愛したの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には  あなたのそばで 眠れたら 幸せそれとも 不幸せ 夢を信じちゃ いけないと 言った私が 夢を見た 可愛いい女は あかへんわ きっといいこと おきるから 京都あたりへ 行きたいわ 酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪を
喝采つるの剛士つるの剛士吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳にわたしのうたが 通りすぎてゆく  いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる
愛は傷つきやすく with 合田道人伊藤咲子伊藤咲子橋本淳中村泰士自由にあなたを 愛して愛して 私はこんなに 傷ついた  たとえば二人で 命をたてば 微笑みさえも 消える  よみがえる日々 よみがえる愛 やさしい言葉で なぐさめつつんで そして結ばれた  その時私は あなたの指が 小さくふるえるのを 見たの  たとえば涙に くちびるよせて 二人は 愛にゆれる  自由にあなたを 愛して愛して 私はこんなに 傷ついた  たとえば二人で 命をたてば 微笑みさえも 消える  よみがえる日々 よみがえる愛 やさしい言葉で なぐさめつつんで そして結ばれた
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
喝采米倉利紀米倉利紀吉田旺中村泰士いつものように 幕が開き 恋の歌うたう わたしに 届いた報らせは 黒いふちどりが ありました あれは三年前 止めるアナタ 駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の 昼下がり 教会の前に たたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ 失くしてた  つたがからまる 白い壁 細いかげ長く 落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ 忘れてた 暗い待合室 話すひともない わたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように 幕が開く 降りそそぐ ライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる
北酒場最上川司最上川司なかにし礼中村泰士北の酒場通りには 長い髪の女が似合う ちょっとお人よしがいい くどかれ上手な方がいい  今夜の恋はタバコの先に 火をつけてくれた人 からめた指が運命のように 心を許す 北の酒場通りには 女を酔わせる恋がある  北の酒場通りには 涙もろい男が似合う ちょっと女好きがいい 瞳でくどける方がいい  夢追い人はグラスの酒と 思い出を飲みほして やぶれた恋の数だけ 人にやさしくできる 北の酒場通りには 男を泣かせる歌がある  今夜の恋はタバコの先に 火をつけてくれた人 からめた指が運命のように 心を許す 北の酒場通りには 女を酔わせる恋がある
矢車の花北原ミレイ北原ミレイ小谷夏中村泰士うしろ姿の女の背中に 細い径がある 径をたどれば女の胸には 涙の谷がある 忘れてくれなんて言うから 忘れない 矢車の矢車の 花を一輪 もう一度夢ひとつ 咲かせてみたい  恋をなくした女のほほには 白い河がある 河をくだれば女の瞳に 涙の海がある 愛しすぎたことに どんな罪があるの 矢車の矢車の 花は乱れて 実らない恋ひとつ しおれて消えた  思い出さがす女の心に 暗い坂がある 坂をのぼれば女の住む町 涙の町がある あなたが帰るまで 心に灯をともし 矢車の矢車の 花を一輪 あきらめたこの胸に 飾って待つわ
喝采石原詢子石原詢子吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報(し)らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下り 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる
今は倖せかい氷川きよし氷川きよし中村泰士中村泰士遅かったのかい 君のことを 好きになるのが 遅かったのかい ほかの誰かを 愛した君は 僕をおいて 離れてゆくの 遅かったのかい 悔んでみても 遅かったのかい 君はもういない  若かったのかい ふたりとも 傷つけあうのが 恐かったのかい 君は君の 心を知らず 僕は僕の 心を知らず 若かったのかい 悔んでみても 若かったのかい 君はもういない  今は倖せかい 君と彼は 甘い口づけは 君を酔わせるかい 星を見つめて 一人で泣いた 僕のことは 忘れていいよ 今は倖せかい 悔んでみても 今は倖せかい 君はもういない
大阪の女浅田あつこ浅田あつこ橋本淳中村泰士まるで私を 責めるよに 北の新地に 風が吹く もっと尽くせば よかったわ わがまま言って 困らせず 泣いて別れる 人ならば  とても上手に 誘われて ことのおこりは このお酒 がまんできずに 愛したの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には  あなたのそばで 眠れたら 幸せそれとも 不幸せ 夢を信じちゃ いけないと 言った私が 夢を見た 可愛いい女は あかへんわ  きっと良(い)いこと おきるから 京都あたりへ 行きたいわ 酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪を
愛は傷つきやすく由紀さおり由紀さおり橋本淳中村泰士自由にあなたを 愛して愛して 私はこんなに 傷ついた たとえば二人で 命をたてば 微笑みさえも 消える よみがえる日々 よみがえる愛 やさしい言葉で なぐさめつつんで そして結ばれた  その時私は あなたの指が 小さくふるえるのを 見たの たとえば涙に くちびるよせて 二人は 愛にゆれる  自由にあなたを 愛して愛して 私はこんなに 傷ついた たとえば二人で 命をたてば 微笑みさえも 消える よみがえる日々 よみがえる愛 やさしい言葉で なぐさめつつんで そして結ばれた
心のこりなかの綾なかの綾なかにし礼中村泰士私バカよね おバカさんよね うしろ指 うしろ指 さされても あなた一人に命をかけて 耐えてきたのよ今日まで 秋風が吹く 港の町を 船が出てゆくように 私も旅に出るわ 明日の朝早く  私バカよね おバカさんよね 大切な 大切な 純情を わるい人だと 知っていながら 上げてしまった あなたに 秋風の中 枯葉がひとつ 枝をはなれるように 私も旅に出るわ あてもないままに  私バカよね おバカさんよね あきらめが あきらめが 悪いのね 一度はなれた 心は二度と もどらないのよ もとには 秋風が吹く つめたい空に 鳥が飛び立つように 私も旅に出るわ 一人泣きながら
ファイターズ讃歌上杉周大上杉周大石原信一中村泰士誰がならすか あの鐘は 勇気をたたえて そらたかく 燃える心の あかね雲 明日にむかって 飛んで行け 進めファイターズ 勝利の男 進めファイターズ さわやかに  男同士の 友情は がっちりスクラム 組んだ腕 こうと決めたら 真っしぐら 嵐の大地を つっぱしれ 進めファイターズ 勝利の男 進めファイターズ どこまでも  若さみなぎる 情熱は かわした瞳に あふれてる 昇る太陽 指さした 誓いのサインは ビクトリー 進めファイターズ 勝利の男 進めファイターズ ひとすじに
くしたんのテーマ~串揚げと通天閣と私叶麗子叶麗子中村泰士中村泰士シイタケなすび (ヘイ) アスパラししと (クシタン) さつまいも ジャガイモ 玉ねぎを 串にさし ころもをつけて あったかい揚げたてを 召し上がれ どうぞ  私の夢を (ヘイ) 咲かせてくれた (クシタン) この街を 私はよう捨てん 泣いた数ほど 笑顔があるねん あったかい人情は いかがです どうぞ  浪花の空に 私は歌う 二度づけ御免の大儀を胸に 通天閣をかわきりに クシタンパワーで 空を翔ぶ 私の愛の 言葉を添えて 愛しいキャベツに 会いにゆく  串揚げ フライ フライ 日本を上げて 串揚げ フライ フライ 私を上げて  イカ、タコ、ホタテ (ヘイ) サーモン、キス (クシタン) 鳥肉や 豚肉や 牛肉さん ウズラにつくね、餅 チーズ ウインナーに たこ焼きは もちろんや どうぞ  通天閣は (ヘイ) 故郷やけど (クシタン) そろそろ 旅支度せなあかん コテコテやから 荷物は多い 大きな心で 受け止めて どうぞ  こんな私に 夢をたくした おっちゃん おばちゃん 大好きやった 二度づけごめん 禁を解き 二度目の人生 花盛り まかしてみんなの 夢を抱いて オーロラ輝く 空へゆく  串揚げ フライ フライ 日本を上げて 串揚げ フライ フライ 私を上げて
乙女ごころ松下恵子松下恵子千家和也中村泰士電車の時間は過ぎたけど 小雨が降るから帰れない 小さな炬燵で向き合えば 胸と胸とが近くなる あなたのお部屋に二人きり 乙女から女に変わります  畳に散らばる花びらは 名前も知らない赤い花 一枚一枚 数をして 拾い集める背中から あなたの吐息が降りかかる 乙女から女に変わります  涙を映したガラスの窓 表の足音 気にかかる からだの震えが止まらない 髪の乱れもなおせない あなたとひとつに結ばれて 乙女から女に変わります
大阪の女坂本冬美坂本冬美橋本淳中村泰士まるで私を 責めるよに 北の新地に 風が吹く もっと尽くせば よかったわ わがまま言って 困らせず 泣いて別れる 人ならば  とても上手に 誘われて ことのおこりは このお酒 がまんできずに 愛したの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には  あなたのそばで 眠れたら 幸せそれとも 不幸せ 夢を信じちゃ いけないと 言った私が 夢を見た 可愛い女は あかへんわ  きっと良(い)いこと おきるから 京都あたりへ 行きたいわ 酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪を
喝采坂本冬美坂本冬美吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる
喝采八代亜紀八代亜紀吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ 失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる
九十九里はたそがれて都はるみ都はるみなかにし礼中村泰士指からこぼれる 白い砂の一つ一つは 無理にこらえた私の 涙ですあなた 九十九里の砂浜に つれてこられ 思いがけず 聞いたさよなら 悲しいうそわらい 私のうそわらい 風に吹かれ 消えてしまう前に 見てて あなた  海辺の石から 腰をあげて立ったあなたは ちょっと背中を丸めて 歩きだしました 九十九里は たそがれて胸に残る 傷のように つづく足あと 悲しいうそわらい 私のうそわらい 遠く消える うしろ影にそっと 投げて あげる  カラスが群れとぶ 赤い空をじっと見上げて 何故か初めて涙が ほとばしりました 九十九里の夕やけに 好きな人に見すてられた 女が一人 悲しいうそわらい 私のうそわらい 貝の殻を すてるように海に ながしましょう
心のこりジェロジェロなかにし礼中村泰士私バカよね おバカさんよね うしろ指 うしろ指 さされても あなたひとりに命をかけて 耐えてきたのよ 今日まで 秋風が吹く 港の町を 船が出てゆくように 私も旅に出るわ 明日の朝早く  私バカよね おバカさんよね 大切な 大切な 純情を わるい人だと 知っていながら あげてしまった あなたに 秋風の中 枯葉がひとつ 枝をはなれるように 私も旅に出るわ あてもないままに  私バカよね おバカさんよね あきらめが あきらめが 悪いのね 一度はなれた 心は二度と もどらないのよ もとには 秋風が吹く つめたい空に 鳥が飛び立つように 私も旅に出るわ ひとり泣きながら
静かな別れ舟木一夫舟木一夫中村泰士中村泰士さよなら言うのは たやすいけれど 季節ごとの思い出を どうするつもり 忘れていくのは たやすいけれど 信じ合えた時間を どうしてうめるの 二人が二人で なくなる夜は お酒にすがるしか ないのでしょうか それとも 貴方を恨めばいいのでしょうか  貴方のすべてを 知りすぎたもの 恨むなんて 私に出来そうもない グラスを合わせて 笑顔をつくる せめてこれが 私の私の意地なの 最後に口づけするのはよしてね 貴方の口びるが 涙でぬれる いいでしょう 責方のやさしさがこわいから  最後に口づけするのはよしてね 貴方の口びるが 涙でぬれる いいでしょう 責方のやさしさがこわいから
君の手で花束を舟木一夫舟木一夫中村泰士中村泰士その笑顔のわけを聞かせてはくれないか あの涙は どこへおいてきたのですか ひとつ恋が生まれ ひとつ恋が消えた 悲しみの捨て場所は この世にも あるのですか  君もその手で赤い花束 ひとつ選んで 僕にくれないか  さあいまこそ二人 旅立とう新しく そのまばゆいほどの愛を 僕におくれ きのう君と出合い あすを二人誓う よみがえる青春に からだじゅうふるえそうだ  ちぎれていった 雲のゆくえは 季節の風が きめてくれるだろう  ちぎれていった 雲のゆくえは 季節の風が きめてくれるだろう
大阪の女大月みやこ大月みやこ橋本淳中村泰士まるで私を 責めるよに 北野新地に 風が吹く もっと尽くせば よかったわ わがまま言って 困らせず 泣いて別れる 人ならば  とても上手に 誘われて 事のおこりは このお酒 がまんできずに 愛したの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には  あなたのそばで 眠れたら 幸せそれとも 不幸せ 夢を信じちゃ いけないと 言った私が 夢を見た 可愛いい女は あかへんわ  きっといい事 おきるから 京都あたりへ 行きたいわ 酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪を
大阪の女園まり園まり橋本淳中村泰士まるで私を 責めるよに 北の新地に 風が吹く もっと尽くせば よかったわ 我がままいって こまらせず 泣いて別れる 人ならば  とても上手に さそわれて ことのおこりは このお酒 がまんできずに 愛したの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には  あなたのそばで ねむれたら 幸せそれとも 不幸せ 夢を信じちゃ いけないと 云った私が 夢を見た かわいい女は あかへんわ  きっといいこと おきるから 京都あたりへ 行きたいわ 酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪を
気になるあなた西田佐知子西田佐知子塚田茂中村泰士気になる言葉のこさずに あなたは一人 雨の中 消えてしまったの 心当りを探してけれど どこにもいない あなたは いない も一度 一度 あの人に 夢からさめた そのわけを たしかめたいの  あの日もちょうど雨だった 私は一人 待ってるの ほほを濡らして 遠く離れた 二つのしずくが 流れて行って 一緒になるの も一度 一度 あの人と 苦しいけれど 頑張るわ 今度は きっと 遠く離れた 二つのしずくが 流れて行って 一緒になるの も一度 一度 あの人と 苦しいけれど 頑張るわ 今度は きっと
喝采井上由美子井上由美子吉田旺中村泰士いつものように 幕が開き 恋の歌 うたう私に 届いた報せは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるあなた駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛びのった ひなびた町の 昼下がり 教会の前にたたずみ 喪服の私は 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる 白いカベ 細いかげ 長く落として ひとりの私は こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともない私の 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように 幕が開く 降りそそぐ ライトのその中 それでも私は 今日も恋の歌 うたってる
情断内藤やす子内藤やす子中村泰士中村泰士この暮らしには やさしさもある 退屈なほど おだやか だけど 私の人生に 不安があるの  ごめんなさいね 私が悪い ひとり旅をさせてね 愛してた それは本当 他の誰より  情けを断つと書いて 情断と読めるかしら  あなたを 傷つけたくない だから情断  あなたを 傷つけたくない だから さ・よ・な・ら  安心だった あなたの胸が ただ疎(うと)ましく思えて 嫌いじゃないの 人生を見つめてみたい  あなたにすれば 突然だけど 思い悩んでいたのよ  ウソのない本当の私 見つけてみたいの  情けを断つと書いて 情断と読んで欲しい  別れに 微笑みください だから情断  別れに 微笑みください だから さ・よ・な・ら  あなたを 傷つけたくない だから情断  別れに 微笑みください だから情断
喝采一青窈一青窈吉田旺中村泰士いつものように 幕が開き 恋の歌 うたう私に 届いた報せは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるあなた駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛びのった ひなびた町の 昼下がり 協会の前にたたずみ 喪服の私は 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる 白いカベ 細いかげ 長く落として ひとりの私は こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともない私の 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように 幕が開く 降りそそぐ ライトのその中 それでも私は 今日も恋の歌 うたってる
Don't Worry 気にしないで小柳ルミ子小柳ルミ子中村泰士中村泰士私はあなたが思うほど 陽気な女じゃないわ 涙を上手にかくせる 手管覚えただけなの  泣くなんて辛いでしょう 待つなんてイヤでしょう そうよ バカよ そうよ  Don't worry 行きなさいよ Bye my love 気にしないで Don't worry 見えていたの Bye my love Hm バイ バイ バイ あなたの最後の言葉  別れを着飾る衣装など 私の部屋にはないの できればあなたのシャツでも 借りて素肌にまとうわ  とかさない髪がいい 一人言 それもいい そうね今は そうね  Don't worry 行きなさいよ Bye my love 気にしないで Don't worry 見えていたの Bye my love Hm バイ バイ バイ あなたの最後の言葉
小心者藤あや子藤あや子中村泰士中村泰士あなたの おさえめな話し方や いつも うつむき加減な横顔が 私はすっかり 気に入っていたし とても とても 素敵だった 何のこだわりもなく 暮らし始め 時には見せる あなたの弱ささえ 熱い からだを寄せ合い 時を埋めて そして ただ夢中で愛したわ 子供の頃 チャンバラも ケンダマも ビーダマも メンコも 町一番だったそうじゃない そして 今は浮かれ街で 上手に 歌など うたえると聞いたわ そうよ 私達は 小心者 あなたは 特にそれを演じてきた だけど もう偽るのは やめなさい あなたは もう小心者じゃないわ  子供の頃 チャンバラも ケンダマも ビーダマも メンコも 町一番だったそうじゃない そして 今は浮かれ街で 上手に 歌など うたえると聞いたわ そうよ 私達は 小心者 あなたは 特にそれを演じてきた だけど もう偽るのは やめなさい あなたは もう小心者じゃないわ  だって私を 疲れきった私を 捨てる勇気が あったじゃないの  だって私を 疲れきった私を 捨てる勇気が あったじゃないの  だって私を 疲れきった私を 捨てる勇気が あったじゃないの
喝采カサリンチュカサリンチュ吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報せは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服の私は 祈る言葉さえ 失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる
天使も夢みる石川さゆり石川さゆり阿久悠中村泰士私の胸に 恋のめばえを感じる季節 白い風が 耳にやさしくささやいて行く しあわせ少し わけてあげると誰かがくれた だから恋ってすばらしい もう泣かないわ さびしくないわ 天使も夢みる 春だから  私の胸に 一つこぼした恋する花が 今はこんな 広い花園みたいになった しあわせすぎて 何かあげたい気持になるの だから恋ってすばらしい もう泣かないわ さびしくないわ 天使も夢みる 春だから  私の胸に 一つこぼした恋する花が 今はこんな 広い花園みたいになった しあわせすぎて 何かあげたい気持になるの だから恋ってすばらしい もう泣かないわ さびしくないわ 天使も夢みる 春だから  もう泣かないわ さびしくないわ 天使も夢みる 春だから
心のこり石川さゆり石川さゆりなかにし礼中村泰士私バカよね おバカさんよね うしろ指うしろ指 さされても あなた一人に命をかけて 耐えてきたのよ今日まで 秋風が吹く港の町を 船が出てゆくように 私も旅に出るわ 明日の朝早く  私バカよね おバカさんよね 大切な大切な純情を わるい人だと知っていながら 上げてしまったあなたに 秋風の中枯葉がひとつ 枝をはなれるように 私も旅に出るわ あてもないままに  私バカよね おバカさんよね あきらめがあきらめが 悪いのね 一度はなれた心は二度と もどらないのよもとには 秋風が吹くつめたい空に 鳥が飛びたつように 私も旅に出るわ 一人泣きながら
喝采歌恋歌恋吉田旺中村泰士いつものように 幕が開き 恋の歌 うたう私に 届いた報せは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるあなた駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛びのった ひなびた町の 昼下がり 教会の前にたたずみ 喪服の私は 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる 白い壁 細いかげ 長く落として ひとりの私は こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともない私の 耳に私の歌が 通りすぎてゆく いつものように 幕が開く 降りそそぐ ライトのその中 それでも私は 今日も恋の歌 うたってる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
喝采島津亜矢島津亜矢吉田旺中村泰士いつものように 幕が開き 恋の歌 うたう私に 届いた報(しら)せは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるあなた駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛びのった ひなびた町の 昼下がり 教会の前にたたずみ 喪服の私は 祈る言葉さえ失(な)くしてた  つたがからまる 白いカベ 細いかげ 長く落として ひとりの私は こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともない私の 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように 幕が開く 降(ふ)りそそぐ ライトのその中 それでも私は 今日も恋の歌 うたってる
喝采稼木美優稼木美優吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報せは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ 失くしてた  つたがからまる 白い壁 細いかげ長く落として ひとりの私は こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も 恋の歌 うたってる
夜間飛行稼木美優稼木美優吉田旺中村泰士最後の最後まで 恋は私を苦しめた 指をつきぬけ涙が あふれそうよ そして 今…… 翼に身をゆだね 私は旅立つ 遥か雲の下に 広がる街あかり あそこで愛されて あそこで別れた このままずっと どこへもおりず この夜の果て 二度と帰らないの そして帰らないの  あなたは気付くでしょう いつか私のまごころに だけど哀しい目をして 探さないで もういいの……  不幸を身にまとい 異国へ旅立つ 女のかなしみは 夜空の星になり きらきら消えてゆく 私は泣かない このままずっと どこへもおりず この空の果て 二度と帰らないの そして帰らないの
京都夢かざりデューク・エイセスデューク・エイセス山口洋子中村泰士風に乱れた おくれ毛を なおせば夕暮れ 鐘のおと 恋をなくした爪さきが 石のだんだん 下りてくる 八坂 知恩院 青蓮院  もっぺん逢わせて おくれやす 両指そろえて 大文字 恋を流した 鴨川は 泪灯りを のせて去く 祇園まつりの 宵宮に  ほそくやつれた ぬき衿に ひとひら桜が 散った夜 恋を見つけた あのころは うちもつぼみの 夢かざり 花の円山 建仁寺
喝采石原裕次郎石原裕次郎吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでも私は 今日も恋の歌うたってる
愛にうたれてじゅん&ネネじゅん&ネネ橋本淳中村泰士ほんとはわたし 他にも好きな 男の人がいたのです それなのに やっぱり わたしは女 淋しげな あなたの愛に打たれて わたしは心を変えました あああ 愛に打たれて  いく度もあなた お別れしようと 揺らいだこともありました それなのに やっぱり わたしは女 悲しげな あなたの愛に打たれて わたしは帰ってきたんです あああ 愛に打たれて  許せないのよ あなたの嘘が わたしの心 傷だらけ それなのに やっぱり わたしは女 すがりつく あなたの愛に打たれて わたしは泣いて耐えたのよ あああ 愛に打たれて
過去じゅん&ネネじゅん&ネネ阿久悠中村泰士あなたの過去は 傷ついたままでいいわ いいわ わたしがきっと いやしてあげる 心の傷までも くやしいけれど こうなることは 会った時から感じた だからこのまま 寒いのあなた 抱きしめて あなたの過去は 傷ついたままでいいわ  あなたの過去は 傷ついたままでいいわ いいわ すべてを賭けた 激しい恋も ねたみはしないから くやしいけれど あなたのことを 悪い人だと言えない 愚かなわたし 寒いのあなた 抱きしめて あなたの過去は 傷ついたままでいいわ
大阪の女林あさ美林あさ美橋本淳中村泰士まるで私を 責めるよに 北野新地に 風が吹く もっと尽くせば よかったわ わがまま言って 困らせず 泣いて別れる 人ならば  とても上手に 誘われて ことのおこりは このお酒 がまんできずに 愛したの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には  あなたのそばで 眠れたら 幸せそれとも 不幸せ 夢を信じちゃ いけないと 言った私が 夢を見た 可愛い女(おんな)は あかへんわ  きっといいこと おきるから 京都あたりへ 行(ゆ)きたいわ 酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪を
矢車草 ~夢二のおんな~由紀さおり由紀さおり小谷夏中村泰士うしろ姿の女の背中に 細い径(みち)がある 径をたどれば女の胸には 涙の谷がある 忘れてくれなんて 言うから忘れない 矢車の矢車の花を一輪 もういちど夢ひとつ 咲かせてみたい  恋をなくした女の頬には 白い河がある 河をくだれば女の瞳に 涙の海がある 愛しすぎたことに どんな罪があるの 矢車の矢車の花は散っても 花びらよ風に乗り あなたに届け  思い出さがす女の心に 暗い坂がある 坂をのぼれば女の棲む町 涙の町がある あなたが帰るまで 心に灯をともし 矢車の矢車の花の命を いつまでもこの胸に 燃やして待つわ
生きているのが淋しくてピーターピーター山上路夫中村泰士知らぬ同志で 今すぐに 港を眺めに行きませんか 行きませんか 深い訳などないのです 生きているのが 淋しくて あー とてもとても淋しくて  街の花屋の ドアをたたき 薔薇を一枝 買いませんか 買いませんか 別に理由はないのです 生きているのが 淋しくて あー とてもとても淋しくて  遅い夜汽車に とび乗って 二人ゆられて 行きませんか 行きませんか 何もあてなどないのです 生きているのが 淋しくて あー とてもとても淋しくて
冬色の街桜田淳子桜田淳子橋本淳中村泰士ガラス窓をたたく冬の嵐 かけがえのないひとに 包まれていたのに 心がわり それは私なのよ あやまちをつぐなえる すべもないわ 貴方の声を 忘れた理由じゃない めぐり逢いが そうさせたの きれいな恋なのよ…… だから だからしあわせこなくても それでいいの  冬の色に街は溶けて眠る この街のつめたさを 貴方に伝えたい せめてドアの 前に紅いバラの 一枝があればいい 旅の終り 愛されたくて 愛した理由じゃない めぐり逢いが そうさせたの きれいな恋なのよ…… だから だからどんなにつらくても たえているの  だから だからしあわせこなくても しかたないわ
パパはもうれつしのづかまゆみしのづかまゆみ阿久悠中村泰士とてもやきもちが強いの すぐにめくじら立てるの 何もかもひとりじめに 無理なことばかりいうのよ パパパパあなたは 私の自由を 烏龍にとじこめるの 鍵をかけるの 夜が少しでも遅いと 門の近くに立ってて 首ねっこ押さえられる とても冷酷な顔して パパパパあなたは 私の自由を 鳥龍にとじこめるの こわい顔して  もしも恋人が出来たら きっとモーレツ邪魔する 悪口を並べたてて 時に撲るかもしれない パパパパあなたは 私の人生 めちゃくちゃにしてしまうの 狂わせたいの ひとり歩きなど駄目だと 今日はどんなことあったと あれこれとたずねられて まるで窮屈な毎日 パパパパあなたは 私の人生 めちゃくちゃにしてしまうの 狂わせたいの  だけども あなたの愛情は 誰よりも 大きいわ パパパパあなたは 私の恋人 心から愛してるの 愛してるのよ パパパパあなたは 私の神様 叱られて撲られても 仕方ないのね
真夜中の買い物しのづかまゆみしのづかまゆみ阿久悠中村泰士真夜中に 買物に行きました ささやかな パーティのためでした 忘れてた誕生日 おもいだし ひとりワインを 飲みたかった そこだけ 明るい店先で 何故か 私は立ちすくむ 肩を並べた 若い二人が 今の私に まぶしい  真夜中に 買物に行きました 本当は 眠れないためでした 恋人とよぶひとも いなくなり 手紙書いても 出せなかった 楽しいふりして 買物し だけど 心は泣いている 二十才になった 今日の私に 店のあかりも まぶしい
曇り空しのづかまゆみしのづかまゆみ阿久悠中村泰士ここへ置いてほしいといって 押しかけたのが 去年の終り頃 とても寒い朝でした あなたの肌がやけに あたたかかった あれからやがて 一年になり そろそろここを 出て行くつもり あなたのそばで 眠れることに 慣れ過ぎた 私だけれど  まるで宿をなくした女 なぜだか そんな気持もするけれど 寒い朝に出て行くわ あの日と同じ みぞれまじりの中を このままいたら あなたの足を ひっぱりそうで おそろしくなる あなたのそばで 眠れることに 慣れ過ぎた 私だけれど あれからやがて 一年になり そろそろここを 出て行くつもり あなたのそばで 眠れることに 慣れ過ぎた 私だけれど
純情記しのづかまゆみしのづかまゆみ阿久悠中村泰士邪魔だから来るなよと あなたがいうのなら 来いと声がかかるまで 待っていてもいい だから今しばらく 他人にさせないで 縁を切るのは後 もっと後のことにしてね あゝあの日から こんなにも変り 私は女になる  さびしさが重なってあなたに抱かれて そして愛にすがりつく ことを覚えたの 他の男になど 心が動かない あなたひとりだけに すべて賭けて生きているの あゝあの日から こんなにも変り 私は女になる  段々に遠くなり やがてはうわささえ きけぬ人になることは 知っているけれど これでさよならだと いわれることだけは とても耐えられない 胸に針を刺されるよう あゝあの日から こんなにも変り 私は女になる
少年記三善英史三善英史吉田旺中村泰士下駄の鼻緒が 切れたとき 白いハンカチ 八重歯で裂いて だまってすげて くれたヒト あゝ くれたヒト おねえさん~ はつ恋屋敷町 そのあとぼくは オトナになりました 三月一日 花ぐもりでした  風邪で早引き した夕暮れ 庭の紫陽花(あじさい) 切り花にして 格子にさして 行った人 あゝ 行ったヒト おねえさん~ 雨傘水たまり あのあと何故か 逢えなくなりました 六月九日 梅雨(つゆ)さなかでした  上り列車を 待つぼくに 春にお嫁に 行くわといって 日記をそっと くれたヒト あゝ くれたヒト おねえさん~ はつ恋白い息 あれからぼくは 無口になりました 明けて1月 細雪(ささめゆき)でした
わたしのシュガー・ボーイ目黒ひとみ目黒ひとみ山川啓介中村泰士男のくせに 彼ったら キャンディーが好き ヘイヘイ デイトをするたび キャンディーを くれってせがむ ヘイヘイ ダメね ヘイヘイヘイ 泣きたくなっちゃう  ケンカが 始まれば スタコラ 逃げ出すし しかれば ゴメンネと しょんぼり涙ぐむ  男のくせに 彼ったら やさしすぎるの ヘイヘイ 理想のタイプと 違うのよ ため息が出る ヘイヘイ だけど ヘイヘイヘイ 愛しているのよ 食べてほしいわ キャンディーみたいに やさしいあなたの 唇で そうなの  あなたはきっと神様が くれた恋人 ヘイヘイ 弟みたいに この私 かばってあげる ヘイヘイ 好きよ ヘイヘイヘイ 私のシュガー・ボーイ ヘイヘイ  食べてほしいわ キャンディーみたいに やさしいあなたの 唇で そうなの男のくせに 彼ったら キャンディーが好きで ヘイヘイ キッスもしないで キャンディーを くれってせがむ ヘイヘイ ダメね ヘイヘイヘイ 泣きたくなっちゃう  星座は 乙女座で おしゃれで おしゃべりで スポーツ へたくそで 歌えば 音痴なの  あなたはきっと神様が くれた恋人 ヘイヘイ 弟みたいに この私 かばってあげる ヘイヘイ 好きよ ヘイヘイヘイ 私のシュガー・ボーイ ヘイヘイ
ラブ・コール10:30目黒ひとみ目黒ひとみ山川啓介中村泰士何から話せば いいかしら 電話が呼んでいる リンガリンリン 時計はぴったり 10時半 ふたりの秘密の ひとときよ 胸が熱く うるんでくるのよ oh ラブ…… あなたと私 教室では ともだちなの だけど夜は 恋人なの ラブ…… ヤ…… 愛しているの  見えるはずなんて ないけれど パジャマの胸を 合わせながら ほんのり冷たい 受話器に 火照った唇 押し当てる 愛してると 今日こそ言うのよ oh… (セリフ) 「……もしもし ええ 私 ……今日 あれからどうしたの ……あのネ 私 あなたのこと ……ううん なんでもないの」  ネエあなた 飛んで来て 今すぐに ここまで そして この私 さらって 行ってよ  言えない言葉が 胸のなか あふれているのよ リンガリンリン あれからそろそろ 一時間 おやすみなさいが つらいけど 夢で会ってくちずけしましょう oh… ラブ…… あなたと私 教室では ともだちなの だけど夜は 恋人なの ラブ…… ヤ…… 愛しているの ラララ……… ラララ………
アップル・パイが焼けるまで目黒ひとみ目黒ひとみ山川啓介中村泰士二人っきりなのお家に 日曜の昼下がり エプロン姿で私は アップル・パイ焼いてるの ネエ 黙ってちゃいや お話をして お願いだから 愛してると 叫びそうよ お茶を入れる指先もホラふるえているわ 酸っぱい リンゴの香りがたまらなく苦しいの 二人に何かが 起きるわ アップル・パイ 焼けるまで ララ……… 友だちどうしでいるのが つらすぎる二人なの  大人になってもこうして 向き合っているかしら お茶の時間に私は アップル・パイ焼くかしら ネエ 黙ってちゃいや お話をして お願いだから 愛してると 叫びそうよ これが恋とわかるけどアアなぜかこわいの 私の小さなハートが 音たててはじけそう 二人に何かが 起きるわ アップル・パイ 焼けるまで ララ……… 友だちどうしでいるのが つらすぎる二人なの
すてきなグランドマザー目黒ひとみ目黒ひとみ山川啓介中村泰士グランドマザー グランドマザー 私の親友 すてきなおばあちゃん グランドマザー グランドマザー おしゃれで 若くてたよれるわ だから大好き アー  カレとのデイト作戦 キッスのポーズも 片目をそっとつむって 教えてくれるわ グランドマザー グランドマザー 一緒に踊りに行きましょ おばあちゃん グランドマザー グランドマザー ママにはないしょよ約束よ だから大好き アー  グランドマザー グランドマザー 私の親友 すてきなおばあちゃん グランドマザー グランドマザー しょっちゅう誰かに恋してる だから大好き アー 悩みを抱いてるあの子も 寂しいあいつも 遊びにきたらたちまち 好きになるのよ グランドマザー グランドマザー 海までドライブしましょう おばあちゃん グランドマザー グランドマザー ママにはないしょよ約束よ だから大好き アー  グランドマザー グランドマザー 私の親友 すてきなおばあちゃん グランドマザー グランドマザー おしゃれで 若くてたよれるわ だから大好き アー
スイートポテト42キロ目黒ひとみ目黒ひとみ阿久悠中村泰士私の魅力を何かにたとえたなら スイートポテト ヘイヘイヘイスイートポテト 特別製じゃないけれど 親しみやすくって スマートではないけれど あったかそうで きっとキミと結婚したら 楽しいだろうなんて 彼がいったの  私スイートポテト 42キロ 上から数えて 80 60 92 少しポッチャリかげんかな  私の恋人いつでもこういうの スイートポテト ヘイヘイヘイスイートポテト 美人といえばウソだけど 可愛いひとだよ くちづけだとウソだけど チュウなら似合う きっとキミはいっぱい赤ちゃん 生む人だろうなんて 彼がいったの  私スイートポテト 42キロ 上から数えて 80 60 92 少しポッチャリかげんかな
家庭教師目黒ひとみ目黒ひとみ阿久悠中村泰士もう少しマジメにやらなけりゃ ぼくは君のお尻をたたくよ でも私 すべてが上の空 勉強なんかとっても無理だわ  家庭教師にあなたが来てから 気が散っちゃって 気が散っちゃって たまらない もっとしかってしかって 私の先生 私の先生 もっとしかって しかって欲しいわ  もう少しはなれてすわりなさい ぼくの方にふれてはいけない でも私 こうしている方が おぼえられる 気持がするのよ  家庭教師にあなたが来てから 気が散っちゃって 気が散っちゃって たまらない もっとしかってしかって 私の先生 私の先生 もっとしかって しかって欲しいわ
恋はひとりぼっち松本ちえこ松本ちえこ安井かずみ中村泰士もうダメかしら ちいさな恋が 北風に吹かれてる すれちがってる  あのひとのために編みはじめた 手袋が片っぽ出来たの ママもともだちにもひやかされて でも うれしさを感じた  やっぱり わたし言いだそう “ごめんなさい”と ひと言を 意地はってたらこのまんま 会えなくなっちゃうから  あのひとの名前 線をひいて 日記帳めくれば大好き ママもともだちにもばれてるけど ケンカしたのは言えない  やっぱり わたしの方から “ごめんなさい”と 電話なら 涙をみせずに言えるわ はやく会いたいけれど  やっぱり わたしの方から “ごめんなさい”と ひと言を 勇気をだして言っちゃおう あのひとの顔うかぶ
恋のチャンス松本ちえこ松本ちえこ安井かずみ中村泰士チュクチュク 胸にわかる あの人のこと 云いかけてやめたけど 好きなの チュクチュク 朝の電車か 帰りの道なの 小さなチャンスが あるとしたなら  ひとりじゃ心細い 上手に云えないし―――  チュクチュク 胸にささる 恋の弓矢が 天使なら 助けてよ 叶えて チュクチュク 初恋  チュクチュク 胸に描く あの人のこと 初めなら 友だちで いいのよ チュクチュク そのうちお茶を 一緒に飲んだり ふたりのチャンスが 出来るはずなの  ひとりじゃ心細い 誰かがついてきて―――  チュクチュク 胸が騒ぐ 今日この頃よ 鏡みて 悩みます そばかす チュクチュク 初恋  ひとりじゃ心細い 上手に云えないし―――  チュクチュク 胸にささる 恋の弓矢が 天使なら 助けてよ 叶えて チュクチュク 初恋  ひとりじゃ心細い 誰かついてきて―――  チュクチュク 胸が騒ぐ 今日この頃よ 鏡みて 悩みます そばかす チュクチュク 初恋
ボーイフレンド松本ちえこ松本ちえこ安井かずみ中村泰士わたしとおんなじぐらいの子でも ボーイフレンドがいる人いるの 話を聞く時 ちょっぴり 「いいナ」と思うの  わたしもいつかは 見つける それとも私を 見つけて! いつか映画でも見たような 恋がしたいな  わたしとおんなじ位の年で 口づけしたことある人いるの 噂を聞く時 ちょっぴり 興味しんしん  わたしも秘密を 持ちたい 待ち合わせなんか する店 胸が落ちつかないような 恋がしたいな  わたしも秘密を 持ちたい 待ち合わせなんか する店 胸が落ちつかないような 恋がしたいな
まぶしい彼松本ちえこ松本ちえこ安井かずみ中村泰士彼と会いそうな 青空まぶしい イェイェイェ イェイェイェ イェイェイェ  お互い顔だけ 知っている こんにちわだけだけど その感じ素敵なの 胸がどきどき ふりかえれないわ はずかしい あの人はどんな子が好きかしら とても気になるの イェイェイェイェ とても気になるの  彼と会える道 いちょう並木道 イェイェイェ イェイェイェ イェイェイェ  遠くのほうから すぐわかる 友達いっしょだけど その感じ素敵なの 明るい人 スポーツ好きな タイプなの あの人を考えているだけど ほほが熱くなる イェイェイェイェ ほほが熱くなる  その感じ素敵なの 胸がどきどき ふりかえれないわ はずかしい あの人はどんな子が好きかしら とても気になるの イェイェイェイェ とても気になるの  彼と会いそうな 青空まぶしい イェイェイェ イェイェイェ イェイェイェ
おもいで不足松本ちえこ松本ちえこ横山郁子・補作詞:藤公之介中村泰士名前も住所も電話番号も 血液型も 星座もすべて あなたのことは 調べてあるけど あなたは私を 知っていますか  恋人になれなくても いいんです 片想いで終っても いいんです だけどこのまま あきらめるには あまりに あまりに おもいで不足…  夜更かしつづきで やっと編み上げた からし色した 揃いのセーター あなたにとうとう 手渡せなくって 二枚かさねて 着てみた夜更け  想い出は小さくても いいんです できるならば光るのが いいんです だけどあなたは いつも素通り あまりに あまりに おもいで不足…  想い出は小さくても いいんです できるならば光るのが いいんです だけどあなたは いつも素通り あまりに あまりに おもいで不足…
喝采The JADEThe JADE吉田旺中村泰士いつものように 幕が開き 恋の歌 うたう私に 届いた報せは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるあなた駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛びのった ひなびた町の 昼下がり 教会の前にたたずみ 喪服の私は 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる 白いカベ 細いかげ 長く落として ひとりの私は こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともない私の 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように 幕が開く 降りそそぐ ライトのその中 それでも私は 今日も恋の歌 うたってる
北酒場天童よしみ天童よしみなかにし礼中村泰士北の酒場通りには 長い髪の女が似合う ちょっとお人よしがいい くどかれ上手な方がいい 今夜の恋は煙草の先に 火をつけてくれた人 からめた指が運命のように 心を許す 北の酒場通りには 女を酔わせる恋がある  北の酒場通りには 涙もろい男が似合う ちょっと女好きがいい 瞳でくどける方がいい 夢追い人はグラスの酒と 思い出を飲みほして やぶれた恋の数だけ人に やさしくできる 北の酒場通りには 男を泣かせる歌がある  今夜の恋は煙草の先に 火をつけてくれた人 からめた指が運命のように 心を許す 北の酒場通りには 女を酔わせる恋がある
そして…めぐり逢い ~フランス語バージョン~五木ひろし五木ひろし荒木とよひさ中村泰士Si l'on commence a parler, une nuit n'est pas assez Ce n'est qu'un' vieill' histoire maintenant puisque tant d'annees ont passe la clef de l'appartement ou l'on a vecu Je la garde passionement au fond de mon coeur Ah ah mon Amour reviens tout pres de moi ce soir Tout un printemps, autre printemps et... nous nous sommes retrouves  Quelle joie je suis ravi de te voir heureus' enfin Tu me parait tellement plus jolie qu'a l'epoque de notre vie Tes doigts si fins et si blancs caressant ce verre Tous les gestes de naguere je les vois encore Ah ah je me rappelle la vie que tu avais menee Un beau reve un autre reve et... nous nous sommes retrouves  C'est dur de voir ton sourire et ces larmes dans tes yeux Avec toute la chaleur de ton coeur tu es toujours cell' d'autrefois Tant de paroles inutiles qui t'embarrassaient Moi, qui n'etais qu'un enfant a ce moment-la Ah ah mon Amour je t'aime encor' et toujours Tout un hiver, un autr' hiver et... nous nous sommes retrouves
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
喝采沢田知可子沢田知可子吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌 うたうわたしに 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる 白い壁 細いかげ 長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでも わたしは 今日も恋の歌 うたってる
わたしの青い鳥モーニング娘。モーニング娘。阿久悠中村泰士ようこそここへ クック クック わたしの青い鳥 恋をした心にとまります そよ風吹いて クック クック 便りがとどけられ 誰よりもしあわせ感じます どうぞ行かないで このままずっと わたしのこの胸で しあわせ歌っていてね クック クック クッククック 青い鳥  ようこそここへ クック クック わたしの青い鳥 夢のような心に誘います くちづけされた クック クック 木ノ実のなる下は 天国の花園の香りです どうぞとばないで このてのひらで しあわせ抱きしめて わたしを見つめていてね クック クック クッククック 青い鳥  どうぞ行かないで このままずっと わたしのこの胸で しあわせ歌っていてね クック クック クック クック 青い鳥
喧嘩のあとでくちづけをいしだあゆみいしだあゆみなかにし礼中村泰士あなたにしてみれば ささいなことでも 私にしてみれば きがかりなの 私は弱い弱いおんなと 知ったから あなたのそばでなけりゃ 生きてはゆけないの 嘘でもいいから こっちを向いて 喧嘩のあとで くちづけを  あなたにしてみれば ささいなことでも 私にしてみれば きがかりなの 鏡の上にそっと あなたの悪口を ルージュで書いたあとは 涙を見せないわ 嘘でもいいから こっちを向いて 喧嘩のあとで くちづけを
抱擁ヒデとロザンナヒデとロザンナ橋本淳中村泰士貴方の指と 私の指が やさしく強くからみあう これが愛(愛) 愛なのね これがくちづけ (くちづけ) くちづけ ララララ……… 抱かれるたびに 消えてく愛は 過ぎた昔の 想い出みたい  貴方は波で 私は舟よ 寄せてはかえす くりかえす これが愛(愛) 愛なのね これがまごころ (まごころ) まごころ ララララ……… 見かわす目にも あふれる涙 生きる喜び この手の中に
愛情物語ヒデとロザンナヒデとロザンナ橋本淳中村泰士別れたあなたと 三年たって 街の小さなカフェで ばったり逢った 涙をこらえて あの時去った こんな気持なんか あなた知らない どうしてこんなに 胸がときめくの 忘れたはずの 恋人なのに  愛したあなたと 短いけれど 想い出にふれあって 時が過ぎた 涙をこらえて あの時去った こんな気持なんか あなた知らない あの頃二人 若すぎたのか 心とからだ しばりあうには
卒業ヒデとロザンナヒデとロザンナ橋本淳中村泰士悪い女だと 呼ばれても 卒業したい あなたから 男が夢など 追うように 私は恋に 生きたいの カバンひとつで街へ出て 気ままに暮らせば 幸せなのよ 20才の頃の純情を さがさないで さがさないで 未練から  タバコの味さえ おぼえたわ 安い言葉も 使えるわ あなたが ひとすじに生きるなら 私は愛に よごれたい ドレス一枚 身にまとい 口笛なんか 吹いたりするわ 悪い噂 耳にして さがさないで さがさないで この私
愛に支えられてヒデとロザンナヒデとロザンナ橋本淳中村泰士あの人の友達を好きになった 私は 罪を受けて泣くことも覚悟の上なのよ 愛する人に今日も逢えないけど 幸せなのよ ゆれる女心 暗い道を肩を抱いて 何処までも歩くの 人知れず愛の芽ばえ感じた二人は つらいけど 今はたえるのさ 恋人と君を 呼ぶ日まで 誰も二人を離せない 固く結ばれた心は  風のように胸の奥を想い出が通り抜け アルバムや腕時計も今は見たくないわ いつわりの愛とは知っていたけど 淋しさ故に 恋をしたむくいね 友達の恋人を 好きになったぼくだが 罪を受けて泣くことも覚悟の上なのさ 駆け寄って 君を胸に抱き あふれ出る 涙をぬぐおう たとえ幸せこなくても愛の強さはかわらない
草原の花嫁ヒデとロザンナヒデとロザンナ阿久悠中村泰士どうしてもこの町へ 君をよびたいよと 繰り返し書いてあった あの人の手紙よ 揺れてた心が決まり 小さなカバンをひとつ さげて急ぐ グリーン グリーン ここへおいで グリーン グリーン 愛の園へ グリーン グリーン 白いベールをつけて(つけて) 花嫁  花嫁を抱き上げて 草原を駆ければ 幸せになれるよと あの人はささやく 愛しているよといって 心の中までみせて すべて賭ける グリーン グリーン 花を敷いて グリーン グリーン 抱いてあげる グリーン グリーン 草のにおいにむせて(むせて) 花嫁  グリーン グリーン ここが好きと グリーン グリーン いっておくれ グリーン グリーン 僕のかわいいひとよ(ひとよ) 花嫁
陽のあたる場所平浩二平浩二有馬三恵子中村泰士肩をすぼめてもひとりは淋しいから どこか居心地のいいとこさがしに出る 少しのふしあわせ ごまかしてる間に 春は夏へ 季節だけが 確実にめぐる 君の部屋のゼラニュームは 開いたかしらね  赤い信号に足ぶみしては歩く 愛へ少しでも近くと皆急ぐ 時間を意味のない 言葉じりでうずめに 今日もあきず 君のもとへ 逢いに行くところ 淋しがりの坐る場所を あけといてほしい  淋しがりの坐る場所を あけといてほしい  淋しがりの坐る場所を あけといてほしい
さびた鍵平浩二平浩二吉田旺中村泰士捨てたはずだわ あの部屋の鍵 古いコートから ころげ落ちたの 彼はその頃 歌を書いてた 貧しかったけど 愛があったわ ある日機会(チャンス)が来て 有頂天だった 歌は飛ぶ様に売れたけれど 彼の心は 変り果てたわ はでな世界で  捨てたはずだわ 過去と一緒に 赤くさびた鍵 辛い思い出 彼は私の 事を忘れて 若い歌い手と 恋に落ちたわ ある日電話が来て あの人は言った 昨日送ったよ 君に借りたものを お金で くやし涙も こぼれなかった  あの日から半年 人の気も知らず 今日もあの人の書いた歌が 町に流れる 君の他には 愛せないよと
愛した仲平浩二平浩二有馬三恵子中村泰士グラス置いたら もう今夜で終り ひとりづつになるの 愛の二人へ もうどうしてみても もどれないのね 泣くなとあなたが言うから なお泣ける 私は今でも愛してる 通りすがりのホテル 暮しはじめたあの日 忘れるなんて出来はしない  昔通りに また灯りをさぐる 暗い部屋がつらい そばにあなたがいてくれさえすれば しあわせなのに どうして いつ頃気持はさめたのか 気に入らないとこ教えてよ 親に逢わすと言った 喜ばされたあの日 忘れるなんて出来はしない  こんなにせつない別れになるのなら あの時逢わなきゃいいものを 女心をかくし 駅へ見送る夜を 忘れるなんて出来はしない
女王蜂金井克子金井克子有馬三恵子中村泰士バラもすみれもつまんで いい気なひとたち どうせ男の愛など たかが知れている でも 女の涙がなくては暮せぬ 罪な蜜蜂だもの 女同志でぼやいた夜明けの街角 だけど貴方をおもえば なんでこんなにも ああ……  蜜をなめたら逃げてく くやしいひとたち 女ごころのどこかに 水をかけてゆく でも 女の涙がなくては暮せぬ 駄目ないきものだもの ゆうべ誰かが泣いてた燈影の桟橋 だけど貴方にばかりは さからいきれなくて ああ……
大阪の女GOLD LYLICザ・ピーナッツGOLD LYLICザ・ピーナッツ橋本淳中村泰士まるで私を 責めるよに 北の新地に 風が吹く もっと尽くせば よかったわ わがまま言って 困らせず 泣いて別れる 人ならば  とても上手に 誘われて ことのおこりは このお酒 がまんできずに 愛いたの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には  あなたのそばで 眠れたら 幸せそれとも 不幸せ 夢を信じちゃ いけないと 言った私が 夢を見た 可愛いい女は あかへんわ  きっと良(い)いこと おきるから 京都あたりへ 行きたいわ 酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪を
燃える恋人本郷直樹本郷直樹阿久悠中村泰士この日を待ちくたびれて 二度も三度も逢った この世の時計をとめて 愛し合うふたり 気分をだして目をとじて 誰も気がねしないで ララ ラララ ラララ ララ ラララ ラララ 抱いてもいい もえてもいい ふたりの夜だから  さよならする日が来ても とてもはなれられない たがいに心をつなぎ 感じ合うふたり 気分を出して目をとじて 誰も気がねしないで ララ ラララ ラララ ララ ラララ ラララ すべてが好き 何より好き 愛した夜だから ララ ラララ……
二人の御堂筋内山田洋とクール・ファイブ内山田洋とクール・ファイブ石原信一中村泰士わるい噂も 決してこわくはないと つかれ果てた 肩を寄せて 目をとじる お前がかわいい たそがれの御堂筋 何もいわず 胸にいだき くちづけかわせば 霧の 霧のような 外は雨 雨 雨  あなたひとりに 生命(いのち)ささげてきたと 長い髪も 切らずにいた ひとすじの お前がつらい たそがれの御堂筋 すこしやせた 頬をつたう 涙をたどれば 霧の 霧のような 外は雨 雨 雨  霧の 霧のような 外は雨 雨 雨
あなたのひとりごと桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士あなたのひとりごと きいてしまいました 私にとっては つらい言葉でした その日の日記には 涙のあとばかり きらいきらいきらいと 何度も書きました 真夜中十二時 雨だれポツン ひとりで 見つめて泣いた 悲しいわ あなたのひとりごと  あなたのひとりごと きいてしまいました 私の夢まで 消してしまいました 私の友達を 恋しているなんて きらいきらいきらいと 何度もいいました 真夜中十二時 しとしと雨 日記を 破って捨てた 悲しいわ あなたのひとりごと  真夜中十二時 しとしと雨 日記を 破って捨てた 悲しいわ あなたのひとりごと 悲しいわ あなたのひとりごと
秘密桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士胸の中の悩み誰がきいてくれるでしょう なぜか昨日までの私じゃない気がする 無邪気に甘えることなど出来ない くちづけされたその時 めざめたおそれ感じている 私は変る変る それは秘密秘密私だけの秘密なのよ  急に言葉数もへってしまい不思議なの 私だけが一人のこされてるみたいよ  目と目が合っても笑いは出来ない くちづけされたその時 私をつつむ何もかもが はげしく変る変る それは大人になる私だけの 秘密なのよ  目と目が合っても笑いは出来ない くちづけされたその時 私をつつむ何もかもが はげしく変る変る それは大人になる私だけの 秘密なのよ
私のお願い桜田淳子桜田淳子宇井天平中村泰士あなたの歩みが止まる 日ぐれの散歩道 つないだ手と手を強く 握りしめる二人 身体中にしみてくるわ あなたの温もりが 目まいさえも感じながら くちづけを待つのよ 私は一つ あなたと一つ とけあう恋だから  あなたの吐息がそっと えり元なでてゆく いけないいたずらだけど 心はときめくの あなたからの合図いつも 待っている私よ あふれそうな胸の思い わけたいのあなたと 私は一つ あなたと一つ とけ合う恋だから  コーヒー飲む手が止まる 小さなカフェテラス あなたは何もいわず 私を見つめるの 痛いほどに胸をこがす あなたのまなざしが 夢のようにゆられながら ふるえてる私よ 私は一つ あなたと一つ とけあう恋だから
馬車にゆられて桜田淳子桜田淳子宇井天平中村泰士馬車にのってきてほしい 今度あえる朝 夢の中いつもいつも あなたいじわるよ もしかしたら問題は 愛の予感なの あなただけまってる 胸がふるえるの 子馬の鈴さえはずむのよ ゆれてるあなたはかけてくる やさしく何度もくちづけ なきたいみたいな幸せ 二人ひとつになりたいの 馬車にのってきてほしい 今度あえる朝 あなただけまってる 胸がふるえるの  花をもってきてほしい 今度あえる朝 風の中くち笛吹く あなたステキだわ もしかしたら問題は 愛の強さなの いつまでも待ってる 胸がときめくの  幸せ色した空の色 とけて涙でにじむのよ やさしく何度もくちづけ あなたといつでもいっしょよ 二人一つの世界なの 花を抱いて来てほしい 今度あえる朝 いつまでも待ってる 胸がときめくの  幸せ色した空の色 とけて涙でにじむのよ やさしく何度もくちづけ あなたといつでもいっしょよ 二人一つの世界なの 花を抱いて来てほしい 今度あえる朝 いつまでも待ってる 胸がときめくの
白い日記桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士去年の日記の終りごろ 十日も続けて白いまま 時々涙のしみのあとや インクのにじみ残るだけ 私にとって悲し過ぎる 日記も書けない事でした  死にたいなんかと書き並べ その字を上からかき消して それから十日が真ッ白の ページを残しここにある 私にとって悲し過ぎる 日記も書けない事でした  木枯らし吹くころとり出して 涙で見つめる日記帳 あなたが突然死ぬなんて だまって一人で死ぬなんて 私にとって悲し過ぎる 日記も書けない事でした
くちづけ桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士何かの話を夢中でしてたら 突然あなたはだまってしまったの どうかしたのかとふり向く私に あなたはそっとくちづけくれた 真赤な夕日が涙でにじみ 何もかも見えなくなったわ 私は悔やまない 悔やまない 昨日私に訪れたこと  泣いたら駄目だとあなたはいうけど 知らない間に涙があふれたの つらいことなど少しもないのに 不思議なことねくちいづけのあと 小指をからませ歩いて行けば 別れ道すぐに来てしまう 私は悔やまない 悔やまない 昨日私に訪れたこと  真赤な夕日が涙でにじみ 何もかも見えなくなったわ 私は悔やまない 悔やまない 昨日私に訪れたこと
小さな姫鏡台桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士姫鏡台を見つめていたら 私の嘘がわかってしまう ほほえんで見せたって 鏡の顔は笑わない そんな時には素直になって 話し相手になってもらうのよ 初恋に破れた日 日記にも書けない日 私の心いつでものぞき わかってくれる姫鏡台よ いやな娘になった時 いけないことをした時に すぐに悲しい顔してくれる そして私を叱りつけるのよ かくしごとつくった日 日記にも書けない日
明日では遅すぎる桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士恋することを知りたいの 明日では明日では遅すぎる 知らない間に過ぎて行く 季節のすき間で見失う そんな思いがこわいのよ すぐに探してほしいのよ 一番大事なそのひとは どこでどうしているの 一番大事なそのひとは どこでどうしているの  愛することを知りたいの 明日では明日では遅すぎる 誰かに何かを捧げたい そういう気持ちがわかりたい つらい思いもかまわない 傷がつくのもかまわない たった一人のそのひとは それを承知でいるの たった一人のそのひとは それを承知でいるの
16才の感情桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士花占い 逢える 逢えない 逢える 逢えない 逢える 逢えない 逢える 逢えない  愛してる 愛してない 愛してる 愛してない 愛してる 愛してない 愛してる  十六のある日 ポツンと一人 しあわせと悲しみが 追いかけっこする午後 花びらをむしりながら 恋うらない 私はまだまだ 少女なのかな  いえる いえない いえる いえない いえる いえない いえる  失恋 春になった日 十六になった日 一人の人を 好きになった 目立たないけれど やさしそうな人でした  夏になった日 恋文を書いて 大好きですと 打ち明けました ありがとうといって 背中向けて行きました  秋になった日 しあわせが遠い日 悲しいうわさ きかされました あのひとに好きな ひとがいるという話  冬になった日 十六になれた日 私は恋を あきらめました カリカリのつらら こごえながらかみました  一週間 月曜日 前髪を少し切り 火曜日は 泣けて来る映画見て 水曜日 友だちが失恋し 木曜日 なぐさめにおしゃべりし 金曜日 先生がよく見えて 土曜日 は十六の娘になるの 日曜日? 日曜日は何通も手紙を書いて… 少し大人過ぎる小説を読んで… 詩を書いて… 一週間は終り だけど…いつも違う一週間…
白い貝がら桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士白い大きな貝がらに この胸の中を話します 昨日あなたに逢ったこと はじめて感じた恋など かくさずに何でも話します 誰よりも好きなのと泣きながら あのひとに逢わせてと白い貝がらに 波の音ききながらうずくまる砂の上  白い大きな貝がらは きくだけで何も答えない 今は私の部屋の中 想い出つつんでいるだけ いつの日か楽しく話すでしょう 初恋のあの声がきけるでしょう 夏の日が来るたびに白い貝がらを 忘れずにとり出してききたいと思います
ちいさな花の恋桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士水辺に咲いた だれも知らぬ 花のように 私はひとり たのしい夢 みてます いつか私に 恋がおとずれ この心も晴れる ことでしょう 静かな森で 小鳥たちが めざめる頃 私の前に誰かが 手を出すでしょう  白馬に乗った 人がここを 通る時に 私はきっと きれいに 咲く花です それが私の 恋のおとずれ この心が ゆれることでしょう 緑の森に 赤い木の実 みのる頃に 私はふたり 遠くへ 行くことでしょう
乙女の祈り桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士乙女の祈りが きこえてる わたしはひとりで 歩いてる あのひと住む家 このあたり 静かな坂道 昼さがり 何度も何度も 立ちどまり あの窓あたりと 背のびする 逢いたいこころ ときめくこころ わたしの真上に 虹が出る  乙女の祈りが ふとやんで 窓からあのひと 顔を出す 若葉の匂いが たちこめた 何故だかうれしい 雨あがり 何度も何度も ふりむいて ちいさなしあわせ 感じてる いえない想い ひそかな想い わたしの真上に 虹が出る
姉さんのお嫁入り桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士お姉さんのお嫁入り 私は泣いた 浜千鳥あそぶ海 歩きながら なぜかさびしくて ここまで来たの 今ごろあの汽車は はるかな先へ行き 私のさよならは もうきこえはしない  お姉さんのお嫁入り 私は泣いた しあわせな顔を見て つらくなった 白いあのドレス 花束さえも あれほど仲のよい 姉妹だったのに これきり遠くへと 行ってしまうなんて  今ごろあの汽車は はるかな先へ行き 私のさよならは もうきこえはしない
よせがき桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士ともだちの 寄せ書きを見ていると あのころがはっきりと 浮かびます 澄みきった北の空 駈けていた丘の道 ケンちゃんは さよならと書いただけ ひとみちゃんは がんばってと書いてある とても小さな 寄せ書きが 今の私の宝です  ともだちの 寄せ書きを見ていると 涙など知らぬまに かわきます 真白な雪の道 赤くしたほっぺたを みゃちゃんは むずかしいことを書き エッコちゃんは 友情と書いてある とっても小さな 寄せ書きが 今の私の宝です とっても小さな 寄せ書きが 今の私の宝です
虹のほほえみ桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士ほら大きな 虹が出た 私にそっと ほほえみ 明日は すてきなことが きっと あるからと 涙をふいて 雨あがり 空のかなた 見つめたら 虹の向かい 白い鳩がとぶ 私の小さな 夢をはこんで  ほらきれいに 虹が出た 私をそっと 呼んでる 今ごろ 逢いたいひとが 駈けているでしょう 涙ふいて 雨あがり 空のかなた 見つめたら 虹の橋を 渡る私たち ふたりのしあわせの 夢を描いて 涙をふいて 雨あがり 空のかなた 見つめたら 虹の向かい 白い鳩がとぶ 私の小さな 夢をはこんで
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
若草の夢桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士もしもこのまま 大人になって それでも好きなら どうするでしょう 幼なじみの 二人だけれど 何故だか近頃 不思議な気持 丘は若草 緑の世界 息をはずませ 二人で駈ける 指をからめて 青空見上げ 恋の芽ばえを 感じていたの  摘んだ野の花 わたしの髪に 飾ってあなたは どういうでしょう 夢にみていた ちいさな恋が きれいに咲くのは もうすぐかしら 丘は若葉 緑の世界 息をはずませ 二人で駈ける 春の日ざしが かたむく頃に ほほえみかわして さよならしたの
天使の冒険桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士ある夏の日に ふと目をさまし この森かげを とび出して行く 夢をみる天使 今はばたく翼 冒険と旅へ ただひとりでたった この空の下 この街の中 恋するひとと いつ出会えるの ラララ……… ラララ………  もうとしごろと 胸ときめかせ この花園を とび出したけど さびしげな天使 まだ見つからないの 恋の矢は誰の胸に うてばいいの この空の下 この街の中 恋するひとと いつで会えるの ラララ……… ラララ………
わたしの千羽鶴桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士千羽鶴 あといくつ 願いがかなうまで 赤い紙 白い紙 とりどり 夢を折る くるりくるくる 風に舞う わたしの千羽鶴 いつの日かあのひとの 心にとどけるの  十六に なったなら 恋していいという 竹の葉の 雨だれを 見つめて そう想う くるりくるくる 風に舞う わたしの千羽鶴 いつの日かあのひとは わたしに逢いに来る  毎日の手紙にも 一羽の鶴を入れ まごころを 千日も とどけてあげられる くるりくるくる 風に舞う わたしの千羽鶴 いつの日か夢をみて ひとりで折っている
涙はたいせつに桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士季節の色が 悲しくて 手紙のわけが せつなくて 言葉でいえず 苦しくて ひとりにされた 気になって だけど 泣かないで 泣いては駄目よ 涙は涙は たいせつにしてね いつか本気で 流す時まで  悲しいことも あるでしょう さびしいことも あるでしょう 別れることも 知るでしょう 傷つくことも 知るでしょう だけど 泣かないで 泣いては駄目よ 涙は涙は たいせつにしてね いつか本気で 流す時まで
足長おじさん桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士わたしの好きな おじさんは 足長おじさんよ 夢見る心をのぞき 叶えてくれるひと だけども顔を 見せてくれないの わたしは逢いたい 逢いたい あれからつらいことでも 決して泣かないわ どこかでわたしを じっと見つめてくれるから  わたしの好きな おじさんは 足長おじさんよ 誰にも知られず そっと幸福くれるひと だけども顔を 見せてくれないの わたしは逢いたい 逢いたい いつかは名のりをあげてね ありがとういわせてね それまでわたしは じっと夢みて待っている  だけども顔を 見せてくれないの わたしは逢いたい 逢いたい わたしの好きな おじさんは 足長おじさんよ 夢みる心をのぞき 叶えてくれるひと
16才の夏桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士はじめてのビキニ着た夏 きらきら 青い海にとけてしまいそう あのひとが熱い目で見る見ている 何だか少しまぶしいような気持ちで 私は駆け出す あゝあゝ 16の夏は何かが 去年と違う何かが 私に起りそうなの 今すく起りそう  はじめてのくちづけの夏 きらきら ぬれた頬が灼けてしまいそう あのひとが好きだよという ささやく 人魚のようなすてきなひとといわれて 私はうつむく あゝあゝ 16の夏は何かが 去年と違う何かが 私に起りそうなの 今すく起りそう
恋のフィーリング桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士あなたが叫ぶ声がこだまになる yei yei 好きだよ 好きだよ 何度も響く そうよ はだしのまま草原駈けて行って yei yei 山脈見つめて そういったの うれしい どうしよう 今すぐに私もと 返事をしたいけれど… 林を子鹿がぬけるように 恋する二人のたわむれは 季節の終りの高原で いつまでもつづくの  あなたの白いシャツにサインをして yei yei 好きなの 好きなの 三つも書いた そうよ 二人はもう別れて行くのだけれど yei yei お道化てみたいの 別れ道 さびしい どうしよう 信号が変わったら 手を振って行くけれど… 恋するメロディ流れてる 私は一緒に口ずさみ うれしい想い出抱きしめて 街角を曲がるの  さびしい どうしよう 信号が変わったら 手を振って行くけれど… 恋するメロディ流れてる 私は一緒に口ずさみ うれしい想い出抱きしめて 街角を曲がるの
秘密のいろ桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士あなたに書いた はじめての手紙 愛してますと 大人びた言葉 ひとりの部屋は 秘密のいろで あなたの写真が 笑ってる 封筒を抱きしめて 話しかける うれしい うれしくない うれしいでしょう こんなに好きな いじらしい気持ち つたえてほしい はじめての手紙  くちづけされた ときめきのままで 愛してますと 大人びた言葉 ひとりの部屋は 秘密のいろで 鏡に向って 笑ってる くちびるにふれながら 話しかける うれしい うれしくない うれしいでしょう こんなに熱い あなたへの想い 育ってほしい ときめきのままで
ふたりはふたり桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士もしもし私 私です 昨日は本当に ごめんなさいね あなたの言うこと わかっていても 意地をはってた 私が悪い ゆるして夜中に 電話をかけて ティンガリンガリン ティンガリンガリン ティンガリンガリン ワォ……… ふたりはふたりよ ふたりしかないわ あなたしかないの この広い世界で  もしもし私 私です 電話をきらずに 話していてね ゆるしてくれたら いつものように ときどきやさしい 言葉をかけて 名前を呼んでね おやすみ言って ティンガリンガリン ティンガリンガリン ティンガリンガリン ワォ……… ふたりはふたりよ ふたりしかないわ あなたしかないの この広い世界で
のっぽの恋人桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士くちづけをせがんだら 抱きあげられて 真赤な靴がぽっんと 落ちた しあわせも倍くらい 大きな胸を 拳でたたき 甘える私 のっぽの恋人 私の恋人は さよならも小さくは 見えないの だから大好き あなたのあなたのことが  人ごみで別れても あなたが見える ほほえむ顔がぽつん みえる 誰よりもやさしくて たくましいひと いつも見上げて おしゃべりするの のっぽの恋人 私の恋人は さよならも小さくは 見えないの だから大好き あなたのあなたのことが
人形の部屋桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士人形を片づけて 大人の部屋に 壁の絵もカーテンも 変えましょう しとしと雨が降る 日曜だけれど あのひとがお昼から やって来る どんな顔で どんな風に そして どんな話するのがいいの  素敵なアルバムは 目につく場所へ 涙っぽい日記など かくそう 鳩時計鳴いたから あの人くるころ なぜかしら ときめいてならないの どんな顔で どんな風に そして どんな話するのがいいの  人形のこの部屋も すっかり変わり 恋をする 女の子らしくなる どんな顔で どんな風に そして どんな話するのがいいの
淳子の花物語桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士この花は私です やっと綺麗に咲いたのです 誰よりも先に あなたに 見せたかったのです 窓辺に置きます 知らない間に そつと置いて帰って来ます 気がついて くれるでしょうか 手にとって あゝ綺麗だと いってくれるでしょうか それとも 風に吹かれても 雨にうたれても 知らん顔で そのままでしょうか 窓の外に置かれたままでしょうか  この花は私です この花は私です やっと綺麗に咲いたのです 初恋なのです どうしてもあなたの 胸にとどけたいのです 明日の朝 窓の外に 立ってみます もしも 私の花が枯れていたら あきらめます そのかわり 私のことが好きなら でも それを約束する 方法も知らないのです この花は私です どうぞ 可愛がって下さい
鳩のいる広場桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士鳩のいる広場には 恋人同士の夢がある 私はただひとりきり 風船を手に 歌うのよ さわやかな昼下り 絵を描く人の前を 初恋の夢を 見て走って帰る いつか誰かと この広場に来て いつか誰かと 逢いに来る誰かと  鳩のいる広場には 知らない同志がめぐりあう 私はただひとりきり 花束を手に 歌うのよ 風のある昼下り にぎあう人をさけて 初恋に涙ぐみ 走って帰る 明日はあなたと この広場に来て 明日はあなたに 逢いに来るあなたに
妖精のつばさ桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士白いつばさ 背につけて あなたのもとへ 行きたい たったひとり いることは とってもできない 好きよ こんなに愛してる 神さまお願い アアつれていって 教会のあの鐘を 鳴らしたいの  虹がかかる あの空の はるかなかなた 見つめる 青く澄んだ この涙 とどけたいのよ 好きよ こんなに愛してる 神さまお願い アアつれていって 教会でしあわせを 誓いたいの  好きよ こんなに愛してる 神さまお願い アアつれていって 教会のあの鐘を 鳴らしたいの
恋人になって!!桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士いつのまにかあなたを 夢にみるようになって 私は恋してしまったの 知らないうちに おねがい ネ 恋人に やさしく ネ ささやいて 花を育てたのよ こんなにも あなたにあげるために  口笛吹きあなたが 窓の下通りすぎる 手紙のかわりに花束を 窓から投げた おねがい ネ 恋人に やさしく ネ ささやいて そっとひろいあげて ほほえんで 花束抱いてくれた  おねがい ネ 恋人に やさしく ネ ささやいて 花を育てたのよ こんなにも あなたにあげるために
喝采徳永英明徳永英明吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌うたう私に 届いた報せは黒いふちどりがありました あれは三年前止めるあなた駅に残し 動き始めた汽車にひとり飛びのった ひなびた町の昼下り 教会のまえにたたずみ 喪服の私は祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりの私はこぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともない私の 耳にわたしのうたが通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌うたってる
森昌子森昌子橋本淳中村泰士とても小さなしあわせ はるかな私の旅立ち 今こわい程 この胸がふるえます 海を渡る風のように ついて行きたい いいえ運命です くやみません この空の青さが そうね あなたの優しさですね  燃えるこの手も心も 私はあなたにあずけた 今いたい程 抱かれてもこわくない 若い命 大切に生きて行きたい 遠い道程も あなたがいれば あたたかなその胸 それは あなたのまごころでしょう  枝をはなれた小鳥が けがれも知らずにとび立つ 今私には 明日しか見えません この道に いくつかの涙みえても 愛の旅路です 戻れません この空の広さが そうね あなたの優しさですね
ファイターズ讃歌速水けんたろう速水けんたろう石原信一中村泰士誰がならすか あの鐘は 勇気をたたえて そらたかく 燃える心の あかね雲 明日にむかって 飛んで行け 進めファイターズ 勝利の男 進めファイターズ さわやかに  男同士の 友情は がっちりスクラム 組んだ腕 こうと決めたら 真っしぐら 嵐の大地を つっぱしれ 進めファイターズ 勝利の男 進めファイターズ どこまでも  若さみなぎる 情熱は かわした瞳に あふれてる 昇る太陽 指さした 誓いのサインは ビクトリー 進めファイターズ 勝利の男 進めファイターズ ひとすじに
喝采クミコクミコ吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌うたう私に 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでも私は 今日も恋の歌 うたってる
喝采PLATINA LYLICちあきなおみPLATINA LYLICちあきなおみ吉田旺中村泰士いつものように幕が開き 恋の歌うたうわたしに 届いた報らせは 黒いふちどりがありました あれは三年前 止めるアナタ駅に残し 動き始めた汽車に ひとり飛び乗った ひなびた町の昼下がり 教会のまえにたたずみ 喪服のわたしは 祈る言葉さえ 失くしてた  つたがからまる白い壁 細いかげ長く落として ひとりのわたしは こぼす涙さえ忘れてた 暗い待合室 話すひともないわたしの 耳に私のうたが 通りすぎてゆく いつものように幕が開く 降りそそぐライトのその中 それでもわたしは 今日も恋の歌 うたってる
ふるえて眠る子守唄渚ようこ渚ようこ阿久悠中村泰士女が風邪ひきゃヨー 男の夢を見る 一から三まで順ぐりに 気のいい笑顔を見せに来る  留守番電話にヨー あばよのメッセージ 言葉も知らない奴のため 風邪までひいてと 腹が立つ  都会はね 全くね 闇が無い カーテンね 閉めてもね 暗がりは なかなかなかなか作れない ふるえて眠る子守唄  窓打つ嵐にヨー 靴音かき消され 誰が来たのか来ないのか 気にして起きてもわからない  三十八度のヨー 熱まで出してても みじめな顔などするものか 朝にはその気で 厚化粧  都会はね 全くね 闇がない カーテンね 閉めてもね 暗がりは なかなかなかなか作れない ふるえて眠る子守唄  都会はね 全くね 闇がない カーテンね 閉めてもね 暗がりは なかなかなかなか作れない ふるえて眠る子守唄
そして…めぐり逢いGOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし荒木とよひさ中村泰士語りあかせば 尽きないけれど 過ぎてみれば いまでは笑い話だね ふたり暮した あの部屋の 鍵は心に いまもある あゝ 今夜は 帰したくない ひと春 ふた春 そして…めぐり逢い  「そうか よかった」幸せなのか あの頃より綺麗に なったみたいだね グラスをゆらす 白い指 昔とおなじ そのしぐさ あゝ いまでも 憶えているよ ひと夢 ふた夢 そして…めぐり逢い  涙うかべる 笑顔がつらい 情にもろいところも 昔のままだね 無理を言っては こまらせた 子供すぎてた あの頃は あゝ いまでも 愛しているよ ひと冬 ふた冬 そして…めぐり逢い
つかれたわけじゃないわ島津ゆたか島津ゆたか中村泰士・土井郎中村泰士つかれたわけじゃないわ わすれたわけじゃない これ以上できることは なんにもないの みんなあげたわ あなたにだけは 裸になれた わたしのこころ そむいたのはあなたね 傷ついたのはわたし 一人で散ってゆくわ 花びらみたい  つかれたわけじゃないわ わすれたわけじゃない これ以上できることは なんにもないの せめて最後の さよならだけは うそでつくった 想い出に言うの あなたのせいじゃないわ わたしはだいじょうぶ 泣けるだけ泣いてみるわ 振りむかないで
天使の初恋桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士私がそよ風ならば あなたは 大きな花ね 真夏の 日ざしの中で くるくる からんでいたわ 私の初恋 いつでも さわやか 緑の野原で 恋して 恋しているわ  そよ風みたいに 駈けて あなたのところへ 行くの ささやく 言葉を持って 近くへ近くへ 行くわ 私の初恋 いつでも さわやか 青空 見あげて 恋して 恋しているわ  いつでも さわやか 青空 見あげて 恋して 恋しているわ
青春のバラード~ひとつぶの涙~森田健作森田健作吉田旺中村泰士あの頃なにげなく みつめあっていたけど 恋だときづかずに 友達でいたよ この広い空の下でふたり めぐり逢えてよかった 初恋いろの季節の中で 君にあげよう ひとつぶの涙  あれから半年が うそのように流れた 今なら初恋と こころから呼べる この広い空の下をふたり おなじ夢を追いかけ 青春というバスにゆられて 行こうとどこまでも さわやかな君と  この広い空の下でふたり めぐり逢えてよかった 初恋いろの季節の中で 君にあげよう ひとつぶの涙
両手いっぱいの明日森田健作森田健作石原信一中村泰士両手のばし まだとどかない はるかな青空見つめ 雲のゆくえ 追いかけてみた 幼い子供のように サァ行こう 行こう 君は何をみつけたいのか 涙すてた 笑顔があれば そのまま裸足でおいで  サァ行こう 行こう 君は何をみつけたいのか  両手のばし まだとどかない はるかな明日の空に 道はきっと 続いているよ 信じあう心あれば サァ行こう 行こう 君は何をみつけたいのか はずむ胸に 今日もきこえる 青春のたしかなひびき  サァ行こう 行こう 君は何をみつけたのか
ぼくはピコリーノ大杉久美子、ヤング・フレッシュ大杉久美子、ヤング・フレッシュ片桐和子中村泰士ピコ ピコ ポコ ピコリ 不思議な話 ピコ ピコ ポコ ピコリ 聞いちゃったんだ 広い広い 世界中 遠く遠く 旅をして それがほんとうか ためしてみたいんだ チョッピリ 怖いけど 胸が はずむのさ ピコ ピコ ポコ ピコリ ぼくはピコリーノ  ピコ ピコ ポコ ピコリ 僕は元気さ ピコ ピコ ポコ ピコリ 自由なんだ 高い高い あの空に 深い深い あの海に いつも楽しい 何かが待っている だから できるのさ そうさ 冒険が ピコ ピコ ポコ ピコリ ぼくはピコリーノ  ピコ ピコ ポコ ピコリ 花をつもうよ ピコ ピコ ポコ ピコリ 野苺も 青い青い 空のした つづくつづく 草原 歌をうたって 歩こうどこまでも 夢が ふくらむよ 白い雲のように ピコ ピコ ポコ ピコリ ぼくはピコリーノ
永久保存のラブメール柏原芳恵柏原芳恵中村泰士中村泰士君を支えた 貴方の愛は 輝き続ける 夜空 守ってくれたわ 私の心 だから微笑み お返しですね  初めは 夢 最後は 愛 或る時 性 その日は 薔薇  「めぐり逢う事って 奇跡だって 笑顔マークで メール送信 完全 純情で 恥ずかしげも無く 純真 認め合う事って 常識だって 言うは易しの 二人の会話 抱擁 躊躇 夢の中でさえも 赤面」  永久保存の ラブメール 貴方に ありがとう 永久保存の ラブメール 貴方に お返しね  木漏れ日みたいね 暖かな手が 心の扉を 開き 見失った夢 光を放ち 瑠璃色の空 貴方を包む  初めは 夢 最後は 愛 涙は 空 溢れる 海  「夢は壊れたって 恐れたって 心ボロボロ メールで反省 解決 爽快で はずかしげも無く 単純 めぐり逢う事って 奇跡だって 笑顔マークで メール送信 完全 純真で 恥ずかしげも無く 純情」  永久保存の ラブメール 貴方に ありがとう 永久保存の ラブメール 貴方に お返しね  永久保存の ラブメール 貴方に ありがとう 永久保存の ラブメール 貴方に お返しね
うれしいわあなた柏原芳恵柏原芳恵小宮正人・小宮えり中村泰士笑顔を投げたら 笑顔がかえってくる 単純なことなのに 素直になれなくて 少女の頃の やさしさと勇気 そんな泉を いつしか 枯れさせていたの うれしいわあなた 世界が変わったの 遠ざかる人たちも 気がつけばそばに 純真 純情 何よりも大切な 穏やかな温もりと 愛をありがとう  あなたを愛して 自分を好きになれた ちっぽけな事さえも こんなに頑張れる 少女の頃は めぐり逢った愛を 求め続けた 素敵な 陽だまりにしたわ うれしいわあなた 移ろう季節(トキ)の中 変わらない幸せを 私からあげる 誠実 はじらい 胸の奥見えたもの いつまでも忘れずに 生きてゆくでしょう  うれしいわあなた 世界が変わったの 遠ざかる人たちも 気がつけばそばに 純真 純情 何よりも大切な 穏やかな温もりと 愛をありがとう
My Song柏原芳恵柏原芳恵中村泰士中村泰士こんな夕景色には きれぎれのモチーフをつないで たったひとりの 舞台を演じる  やさしかった人 濡れた子犬 にびいろの空 冬枯れた湖 動きを止めた年月が 哀しみの河になって やがて心も閉ざされて 愛を失くした 歌になる 揺れて My Song そして Love Song あの人に伝えたい 揺れて My Song そして Love Song あの人に伝えたい  こんな昼下がりには 想い出のアルバムをめくって たったひとりの ドラマを演じる  あげは蝶の舞 長いリボン 8月の空 白い坂道 手のひらほどの 絵模様が 喜びの糸になって やがて 心も色づいて 愛のあふれた歌になる  揺れて My Song そして Love Song あの人に伝えたい 揺れて My Song そして Love Song あの人に伝えたい  揺れて My Song そして Love Song あの人に伝えたい 揺れて My Song そして Love Song あの人に伝えたい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
甘い生活奥村チヨ奥村チヨ橋本淳中村泰士あゝ横を向いても あゝ後ろ向いても 貴方のにおいの するものが 私をア… 苦しめる 男の部屋にひとり 閉じ込められて あゝ髪をまとめたり ボタンを ア… はずしたり  あゝ前を向いても あゝ下を向いても 貴方のにおいの するものに 私はア… ぶつかるわ 愛した振りはやめて 嫌なら嫌と あゝあきらめさせて 覚悟を ア… 決めるから  あゝ指をかんでも あゝだだをこねても 可愛い悪魔と 呼ばれても 私はア… キスしちゃう いつもの倍は長く 抱いててほしい あゝいつもの三倍は やさしく ア… 引き寄せて
つかれたわけじゃないわちあきなおみちあきなおみどいあきら中村泰士つかれたわけじゃないわ わすれたわけじゃない これ以上できることは なんにもないの みんなあげたわ あなたにだけは 裸になれた わたしのこころ そむいたのはあなたね 傷ついたのは私 一人で散ってゆくわ 花びらみたい  つかれたわけじゃないわ わすれたわけじゃない これ以上できることは なんにもないの せめて最後の さよならだけは うそでつくった 想い出に言うの 貴方のせいじゃないわ わたしはだいじょうぶ 泣けるだけ 泣いてみるわ 振りむかないで
小心者梓みちよ梓みちよ中村泰士中村泰士あなたのおさえめな話し方や いつもうつむき加減な横顔が 私はすっかり気に入っていたし とてもとても素敵だった 何のこだわりもなく暮らし始め 時には見せるあなたの弱ささえ 熱いからだを寄せ合い時を埋めて そしてただ夢中で愛したわ  子供の頃チャンバラもケンダマも ビーダマもメンコも 町一番だったそうじゃない そして今は浮かれ街で上手に 歌などうたえると聞いたわ そうよ私達は小心者 あなたは特にそれを演じてきた だけどもう偽るのはやめなさい あなたはもう小心者じゃないわ  子供の頃チャンバラもケンダマも ビーダマもメンコも 町一番だったそうじゃない そして今は浮かれ街で上手に 歌などうたえると聞いたわ そうよ私達は小心者 あなたは特にそれを演じてきた だけどもう偽るのはやめなさい あなたはもう小心者じゃないわ  だって私を疲れきった私を 捨てる勇気があったじやないの だって私を疲れきった私を 捨てる勇気があったじゃないの
ジョーク小柳ルミ子小柳ルミ子中村泰士中村泰士私の涙に気付きあなたが投げかける つくろったやさしさは何のつもり (ジョーク) 今はただむなしい (ストップ・ザ・ジョーク) ギターみたいにうまくはいかないね (ジョーク) その指をはなして (ストップ・ザ・ジョーク) もう笑えない 真夜中のコンサート 初めて出るの 入りもいいわね 今度あなたが選ぶ人 遊び上手 素敵な人よ こんな私と暮した事なんか 笑いながら話したら  眠りにつかない街の灯りがまぶしいわ 着かざったこの街はあなたみたい (ジョーク) 今度がラストショーね (ストップ・ザ・ジョーク) こんな話もけっこううけるわよ (ジョーク) その指を離して (ストップ・ザ・ジョーク) もうおしまいね あの席にいる人は あなた好みね わりといいわね 声をかけたらいいじゃない あなたのジョークわかってくれる いいえ私は一人で大丈夫 何処かで飲んで帰るから  いいえ私は一人で大丈夫 何処かで飲んで帰るから
あいつと私ちあきなおみちあきなおみ千家和也中村泰士電車通りよろめいたら 靴のかかとがとれた あなたと喧嘩して ひとり帰る道 さよならの ひらがな意味があるの 許してと あなたに読んでほしい 口惜しいわ 私駄目な女ね―― 柄じゃないけど 泪もろいの 手をかしてあなた  袋小路立ち停まれば 長い私の影を あなたと似ていない 人が踏んでゆく 愛してる のどまで言葉出ても 言えないの あなたの答恐い 口惜しいわ 私駄目な女ね―― 柄じゃないけど 心細いの 手をかしてあなた
二年前の秋ちあきなおみちあきなおみ吉田旺中村泰士とても恥ずかしいの 誰にも黙っててね あの人を忘れかね 私はまだひとりきり 今は楽しそうに 暮らしているようだと 私の名前でたら よろしく伝えて あ……狭い部屋に友達あつめ 祝ってもらった 二年前の秋が 遠いゆめになった とてもかなしいわ  ひとつだけおしえて 二人が居たアパート こわされずあるかしら 一度みに行きたいけど きっともどることもないでしょう あの町には 心のくもりいつかぬぐえる時まで あ……一つのリンゴ分けて食べた ささいな倖せ ふっと想い出すの ばかね今になって とてもかなしいわ
雨の日にきた別離ちあきなおみちあきなおみ千家和也中村泰士女物の傘さして 濡れて部屋を出るあなた 口もつけずに残した ワイングラスを手のひらに 愛のために私は ひとり乾杯するわ―― あなたは大人でありすぎていた 私を子供のまんまでおいた なおさら辛い よけいに辛い こんな形の別離  雨に瞳さえぎらせ 姿かすませるあなた うすい匂いのしみつく 洗いざらしのハンカチで 愛のあとに私は ひとりお化粧落とす―― あなたは大人でありすぎていた 私を子供のまんまでおいた なおさら辛い よけいに辛い こんな形の別離
禁じられた恋の島ちあきなおみちあきなおみ吉田旺中村泰士約束の時間に 紙のフクロぶらさげ 桟橋にきたけど あなたはまだこない 潮騒を遠ざけ ドラが鳴るわ出船の この旅に私は かけてきたのいのちも もう…もどれないわ あ…あの町には いまさらナミダつれて ナミダつれて もう…もどれないわ あ…あの家には 手紙を残してきたから 残してきたから  霧のような小雨に さむいこころぬらして こないわけ知ったの 来月結婚するのね 電話さえできない 禁じられたしあわせ どうしろというの ここまできた私に もう…もどれないわ あ…あの町には いまさらこんな気持ちで こんな気持ちで もう…もどれないわ あ…あの家には みんなに背いてきたから 背いてきたから
マニキュアがかわくまでちあきなおみちあきなおみ吉田旺中村泰士マニキュアが かわくまで こたえをだすのは 待ってて このモヤモヤが 晴れるまで でて行くそぶりは みせないで 今日がふたりの 最後の朝になるなんて 信じられないの 信じられないの マニキュアが かわくまで こたえをだすのは 待ってて このモヤモヤが 晴れるまで でて行くそぶりは みせないで  マニキュアが かわくまで 時計をみはるのは やめて あゝほゝえみが できるまで 私をのこして 行かないで これが最初で 最後の恋になるでしょう 私きめたのよ 私きめたの マニキュアが かわくまで 時計をみるのは やめて あゝほゝえみが できるまで 私をのこして 行かないで
最后の電話ちあきなおみちあきなおみ吉田旺中村泰士あなた 私がいなくても 花に水を忘れないで あなた 私がいなくても 外でばかり食事しないで それからあなた あの頃みたいに 酔って車を 走らせないでね コドモみたいなひとだから…… 気がかりなのよ トビラのなまえは 消してください おわかれですね…………あなた  あなた 私はいないのよ 小鳥の餌絶やさないで あなた 私はいないのよ シャツはいつもとり変えてね それからあなた 体に毒だわ あまり煙草は すごさないでね 何もできないひとだから 心配なのよ 忘れた荷物は 捨ててください おわかれですね…………あなた
くせちあきなおみちあきなおみ吉田旺中村泰士背中のボタンを止める時にいつも 知らず知らず彼の名前を呼んでしまうの 昨日も友達にやくざな男なんて 忘れておしまいって言われたけれど きっときっときっと無理だわ 破いた写真をつなぎ合わせるように 想い出がソファの上で煙草ふかすわ  ベッドが広いわまるで空家のよう 窓をたたく風に背を向けまつ毛とじましょう 今夜は友達に見かけのいい男を 紹介されたけど帰ってきたわ きっときっときっと駄目だわ 破いた写真をつなぎ合わせるように 悲しみがランプのそばで ギターはじくわ
大阪ナイトスキャンダルユカリ&ひろしユカリ&ひろし中村泰士・大西ユカリ中村泰士(女)素直に好きと言うたら エエことやのに (女)花束ひとつさえも 渡せないで (男)一途な愛と情けが 俺の真情  (男)あのコに本当の心 届かなかった (女)ィ夜 オオカミにさえ なれないクセに (男)いいや (男女)男らしいところを 見せたのさ (女)あー 意気地なし アンタ (男)あー 人生さこれが (男女)夢とガマンを 飲み干して、 (男女)大阪ナイトスキャンダル  (男)友達だから云うけど 貢ぎ過ぎだよ (男)相当遊ばれてるの 気づかないか (女)あのコといると 明るく若返えるのよ (女)髪型も爪の色も 気づいてくれる (男)ダメ 女の春は 短い命 (女)アホな (男女)アンタ女の気持ち 知らへんわ (男)あー 大事にしろよ (女)あー そのまま返すわ (男女)恋のフシギを歌にして、 (男女)大阪ナイトスキャンダル  (女)また うまいこと云うて ふられたんやろ (男)いいや (男女)大人らしいところを 見せたのさ (女)あー おもろいネ アンタ (男)あー そのまま返すよ (男女)夢とガマンを 飲み干して、 (男女)大阪ナイトスキャンダル
旅立ち西郷輝彦西郷輝彦なかにし礼中村泰士人生はいつでも 悲しみの海 人はみな一人で ああ 舟を漕ぐ うちよせる波は たえまないけど 苦しいのは 俺だけではない あの星空の下あたり 安らぎの島が浮かぶ それだけを 信じて 生きてゆきたい  人生はいつでも 戦いの丘 くりかえし倒れて また 起きあがる 静かな浜辺に 帰りたいけど 卑怯者と 言われたくはない あの星空の下あたり 安らぎの島が浮かぶ それだけを 信じて 生きてゆきたい
涙が通り過ぎる堺正章堺正章小谷夏中村泰士いつでも 窓のすき間から こっそり 君を見ていたよ 夏の毎朝 白い帽子が 風に踊って 通るよ 見送るだけで 幸せで ひとりで ほほえんだ  言葉をかけることもなく 気持を告げることもなく 夏が終って 秋が来るころ 君はそれっきり 消えたよ 涙が通り過ぎて行く あの日の 君のように  あれは幼い 恋の思い出 ぼくの窓辺に いまでも 涙が通り過ぎて行く あの日の 君のように
たそがれに別れを堺正章堺正章小谷夏中村泰士散歩のふりして この町を出よう うすむらさきの 夕暮れを 覚えておくよ 愛のかたみに さよなら さよなら 細い指のひと いつか季節が めぐり行き いつかぼくらは ああまた出逢う その日のために 消えて行く 人ごみに まぎれて  駅への小径で ふり返るぼくの 気のせいかしら あの窓に 小さな影が 泣いてるみたい さよなら さよなら 白い指のひと いつか季節が めぐり行き いつかぼくらは ああまた出逢う その日のために 歩き出す 唇をかんで
砂漠のような東京であさみちゆきあさみちゆき橋本淳中村泰士キザな女と 呼ばれても 愛した人の ためならば 母にもらった この指で 命かけても おしくない 砂漠のような 東京で 貴方(あなた)一人の しもべとなって 夜もねないで 女の真心 私は私は つくすのよ  決して私は 言葉では 愛を知ろうと 思わない 生まれながらの 純情と この手であなたを 受けとめる 砂漠のような 東京で 貴方一人の しもべとなって 花になるのよ 枯れはてるまで 私は私は 決めたのよ  砂漠のような 東京で 貴方一人の しもべとなって 夜もねないで 女の真心 私は私は つくすのよ
それぞれの原宿ロス・インディオス&シルビアロス・インディオス&シルビア中原葉子中村泰士(男女)夕暮れ時と 夜の灯りが (男女)色あざやかに 今すれ違う (男)元恋人と (女)今恋人が (男女)知らん顔して ほらすれ違う (男)やさしい気持さ (女)気付いているのね (男)それぞれの理由 それぞれの人 (男女)原宿 表参道 ゆれて青山通り (男女)原宿 表参道 ゆれて青山通り  (男女)今日の相手は なかなかいいよ (男女)ケヤキ並木が 今声かける (男)見知らぬ人が (女)ウインクをして (男女)お似合いだねと ほら声かける (男)嬉しい二人さ (女)淋しい二人ね (男)それぞれの理由 それぞれの人 (男女)原宿 表参道 ゆれて青山通り (男女)原宿 表参道 ゆれて青山通り  (男)やさしい気持さ (女)気付いているのね (男)それぞれの理由 それぞれの人 (男女)原宿 表参道 ゆれて青山通り (男女)原宿 表参道 ゆれて青山通り
心のこりGOLD LYLIC細川たかしGOLD LYLIC細川たかしなかにし礼中村泰士私バカよね おバカさんよね うしろ指 うしろ指 さされても あなた一人に命をかけて 耐えてきたのよ 今日まで 秋風が吹く 港の町を 船が出てゆくように 私も旅に出るわ 明日の朝早く  私バカよね おバカさんよね 大切な 大切な 純情を わるい人だと 知っていながら 上げてしまった あなたに 秋風の中 枯葉がひとつ 枝をはなれるように 私も旅に出るわ あてもないままに  私バカよね おバカさんよね あきらめが あきらめが 悪いのね 一度はなれた 心は二度と もどらないのよ もとには 秋風が吹く つめたい空に 鳥が飛び立つように 私も旅に出るわ 一人泣きながら
まるで飛べない小鳥のようにいしだあゆみいしだあゆみ橋本淳中村泰士悲しみの空の下 あの人は さみしげに待っているわ 私を  冷たい路線を今すぐ 北国へ まるで飛べない 小鳥のように あせばむ乙女の 胸の中に 愛するこころ秘めて ベルが鳴る 夜の駅の旅立ち  灰色のまなざしは すてましょう 青空も 不幸せに見えるわ  女の予感を信じて 北国へ 今のあなたは 私のすべて ふるえる乙女の 愛のくらし 歴史が始まる日よ ベルが鳴る 夜の駅の旅立ち  冷たい路線を今すぐ 北国へ まるで飛べない 小鳥のように あせばむ乙女の 胸の中に 愛するこころ秘めて ベルが鳴る 夜の駅の旅立ち
砂漠のような東京でいしだあゆみいしだあゆみ橋本淳中村泰士キザな女と 呼ばれても 愛した人の ためならば 母にもらった この指で 命かけても おしくない 砂漠のような 東京で 貴方一人の しもべとなって 夜もねないで 女の真心 私は 私は つくすのよ  決して私は 言葉では 愛を知ろうと 思わない 生まれながらの 純情と この手であなたを 受けとめる 砂漠のような 東京で 貴方一人の しもべとなって 花になるのよ 枯れはてるまで 私は 私は 決めたのよ
浮雲北原ミレイ北原ミレイ吉田旺中村泰士心は冷めてる つもりでも 会えば溺れて 流されて あなたにかたむく もどかしさ あー ゆらゆらゆれる 男の愛は 浮雲のように たよりなく わたしの中を すりぬけるだけ  泣くために生まれて きたような 細いからだに 住みついた あなたがいとしい にくらしい あー ゆらゆらゆれる 男の愛は 浮雲のように たよりなく わたしの中を するぬけるだけ  あーゆらゆらゆれる 男の愛は 浮雲のように たよりなく わたしの中を すりぬけるだけ
滴のようにジュディ・オングジュディ・オング嶺岸未来中村泰士ああ 時はむなしく ああ 人はむなしく ただ うつろうばかり (愛が見えない) ガラス窓にくぎられた空は低くて 飛ばせないの 飛ばせないの 心遠くへ 今ゆきすぎる風は きのうの夢を無情にさえぎる こがらし 怒る勇気も 許す勇気も すがる勇気も ないから ゆるんだ蛇口の滴のように 思い出だけふくらみこぼれる ゆるんだ蛇口の滴のように 思い出だけふくらみこぼれる  ああ 恋はむなしく ああ 夢はむなしく ただ さすらうばかり (愛が見えない) 冷えた土はやせてかれる私の心 咲けないのよ 咲けないのよ 小さな花も 今ゆきすぎる風は きのうの涙 無情にさえぎる こがらし ためらうばかり けだるいばかり 渇くばかりで 吐息が ゆるんだ蛇口の滴のように 思い出だけふくらみこぼれる ゆるんだ蛇口の滴のように 思い出だけふくらみこぼれる  ああ 時はむなしく ああ 人はむなしく ただ うつろうばかり
絵葉書ジュディ・オングジュディ・オング中村泰士中村泰士サン・ジェルマンデュプレでは 実存主義者がお茶を飲み モンマルトルの坂道で ヒゲの詩人が恋をする 結婚前のひとり旅だと わがまま言って 出かけた彼のパリからの便り 右肩上りの字がなつかしく 指を重ねてまねながら 愛の歓び 今 確かめました  テルミニ駅の黄昏は 灯りをさけたふたりづれ スペイン広場の石段で 救世軍が愛の歌 旅はひとりが最高だよと つよがり言って 出かけた彼のローマでの便り 来月はじめに帰って来たら 日どりを決めて結婚ね 愛の歓び 今 味わいました  来月はじめに帰って来たら 日どりを決めて結婚ね 愛の歓び 今 味わいました
朝刊の片隅にジュディ・オングジュディ・オング生田圭中村泰士お別れしてから 三年の 朝刊の片隅に あなたの名前 なぜか右側に 黒い罫 まぶしいほどの昼さがり 庭では子供たちが走ります 思い出してはいけない人の 永遠の別れは こうして来たの  あなたとすごした 短い日 どうして あのままで消えたのですか うらみ 今日限り忘れます しあわせいつも逃げ腰で 日射しの明るささえもつらすぎる 今日という日をあなたのために 黒いスーツを 心に着ます  まぶしいほどの昼さがり 庭では子供たちが走ります 思い出してはいけない人の 永遠の別れは こうして来たの
ジョークジュディ・オングジュディ・オング中村泰士中村泰士私の涙に気づき あなたが投げかける つくろった優しさは 何のつもり (ジョーク) 今はただむなしい (ストップ・ザ・ジョーク) ギターみたいに上手くはいかないね (ジョーク) その指を離して (ストップ・ザ・ジョーク) もう笑えない 真夜中のコンサート初めて出演(でる)の入りもいいわね 今度あなたが選ぶ女(ひと) 遊び上手素敵な女よ こんな私と暮らした事なんか 笑いながら話したら  眠りにつかない 街の灯りがまぶしいわ 着飾ったこの街は あなたみたい (ジョーク) 今度がLast showね (ストップ・ザ・ジョーク) こんな話もけっこううけるわよ (ジョーク) そんな顔しないで (ストップ・ザ・ジョーク) もうおしまいね あの席にいる女(ひと)はあなた好みよわりといいわね 声をかけたらいいじゃない あなたのジョークわかってくれる いいえ私は独りで大丈夫 どこかで飲んで帰るから
夜がクスクスジュディ・オングジュディ・オング中村泰士中村泰士何となくつまらない雨の夜は 鏡の中で私の過去がクスクスと笑うのよ しかたなく電話でもかけてみたり とりとめもなく あいつをなじり時を埋めるの そうよ ほれていたわ 本気だったわ 肌を通りすぎる奇蹟をみたの 別れの言葉 上手に言える奴だから 旅なれた小鳥のように もどって来るのかしら  情無しの馬鹿野郎死んじまえと 子供の頃にしたよに私メソメソと泣いてみた 両足にからみつく落葉踏んで 涙のあとを かくしてそしてひとり歩くの そうよ すがりついて 泣けばいいのに こころ半分でも倖せかもね つくろいながら生きる事も出来るけど 愛されたいと願う 女になりたいから  いいじゃないあいつだってひとりぼっち 港を船が出る時たしか ボソボソと言ってたわ 行きつけのスナックの弾き語りが あんたに似合う 唄だといってきかせるブルース そうよ あいつだけが 男じゃないと 息のもれる笛を口でふいた 夕日に映える海に両手をかざして 悲劇のラストシーン 演じてみようかしら
今は幸せかい佐川満男佐川満男中村泰士中村泰士遅かったのかい 君のことを 好きになるのが 遅かったのかい ほかの誰かを 愛した君は 僕をおいて 離れてゆくの 遅かったのかい 悔んでみても 遅かったのかい 君はもういない  若かったのかい ふたりとも 傷つけあうのが 恐かったのかい 君は君の 心を知らず 僕は僕の 心を知らず 若かったのかい 悔んでみても 若かったのかい 君はもういない  今は幸せかい 君と彼は 甘い口づけは 君を酔わせるかい 星を見つめて 一人で泣いた 僕のことは 忘れていいよ 今は幸せかい 悔んでみても 今は幸せかい 君はもういない
この胸にこの髪に浅田美代子浅田美代子橋本淳中村泰士黄昏に染る街角を 振り向きながら歩く 人の波に流されて 心もやすまるわ 思い出がこんなにつらく 私を悩ますから 胸に髪にこの手に 今も彼が生きてる あなたのひざにもたれて 心がわりを聞いた…… 女の意地というものね 涙をこらえるのも  あの人の悪いくせだと あきらめていたけれど 彼の約束はすべて 甘い夢だった 実ることのない夢なら なにもかも許せると 二人楽しい夢に 淋しさを忘れたの あなたのひざにもたれて 心がわりを聞いた…… 女の意地というものね 涙をこらえるのも 女の意地というものね 涙をこらえるのも
ぼくの消息豊川誕豊川誕寺山修司中村泰士ぼくをさがさないでください ぼくを忘れてください ぼくはいないにんげん 恋に狂ったまぼろしです  もしもぼくの消息が知りたかったら どうか夜空を見て下さい 燃えつきて流れる星があったら それがぼくです  きみに逢ったのがわるかった あの夜 地獄におちたから ぼくはいないにんげん 恋に狂ったまぼろしです  もしもあの夜のパーティーにいかなかったら こんなことにならなかった 僕は心の家なき子 風に吹かれて  もしもぼくの消息が知りたかったら どうか夜空を見て下さい 燃えつきて流れる星があったら それがぼくです
DAY BY DAY ~女・美しく生きて下さい~桃井かおり・夏木マリ桃井かおり・夏木マリ中村泰士中村泰士男の嘘が見えるってことは 幸せ それとも不幸せ さらりと許して あげたいけれど 無理ね そう思いませんか  そうね 優柔不断(ゆうじゅうふだん)さに ひかれる そんな時もある 言葉じゃない 身体じゃない 愛ね そう思いませんか  美しく生きて下さい いい歌を唄って下さい あなたの隣のやさしい人に 心を開いて下さい  思い出 重ねる恋もある 傷を重ねる夢もある 時には じっと眼を閉じて 流れたい そう思いませんか  夢中で 愛して愛されて 別れに泣かない恋がいい お互い 大人でいたいよね あなたも そう思いませんか  悲しみがまといつく その服を脱ぎ捨てて あなたの隣のやさしい人に 心を託して下さい 美しく生きて下さい いい歌を唄って下さい あなたの隣のやさしい人に 心を開いて下さい
大阪の女いしだあゆみいしだあゆみ橋本淳中村泰士まるで私を 責めるよに 北の新地に 風が吹く もっと尽くせば よかったわ わがまま言って 困らせず 泣いて別れる 人ならば  とても上手に 誘われて ことのおこりは このお酒 がまんできずに 愛したの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には  あなたのそばで 眠れたら 幸せそれとも 不幸せ 夢を信じちゃ いけないと 言った私が 夢を見た 可愛い女は あかへんわ  きっといいこと おきるから 京都あたりへ 行きたいわ 酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪を
かんにんしてや佐川満男 with 伊東ゆかり佐川満男 with 伊東ゆかり中村泰士中村泰士男にはほんまに えらい迷惑かけた 何から何まで 面倒みてもろて 何のおかえしも出来んと 別れて行くのは つらい けど ごっつい男に なったるさかいに 俺にほれててよかったなあと 思うで ほんのちょっとのしんぼうや ごめんな かんにんしてや  やさしかったわ あなた とても愛してくれた ねぇ 行きなさいよ おねがいえらくなってね  なんでや君は さみしないんか あとからしもた思って 首くくって 化けて出るんのとちゃうんか 俺かてほんまは つらい けど あの時俺にあわへんかったら 何もかもうまいこといってたのに ええ女やったばっかりに ごめんな かんにんしてや  何をいうのよ あなた あなたらしくもないわ ねぇ よしましょうよ たのしく 飲みたいから  すまん そないいうてくれんのは お前だけや すまん 俺が 俺が悪かった  あなたは夢が あるのでしょう そうや 俺には 夢があるんや 私のことは大丈夫 ええ女や お前は あなたは いつか帰るでしょう きっと かえるで そして 私に 幸せをくれるでしょう  すまん そないいうてくれんのは お前だけや すまん 俺が 俺が悪かった  あなたは夢が あるのでしょう そうや 俺には もっと夢があるんや 私のことは大丈夫 ええ女や お前は あなたは いつか帰るでしょう きっと かえるで  そして あなたに 幸せをあげるでしょう
何処ヘ渚ゆう子渚ゆう子なかにし礼中村泰士捨てられた女は 何処へ行けばいいの 雨の京都 神戸の港 それとも坂道 長崎あたり たった一人で 切符を買って たった一人で 夜汽車に乗って 夜明けを待つなんて 耐えられないわ 耐えられないの 捨てられた女は 何処へ何処へ  捨てられた女は 何処へ行けばいいの 冬の小樽 知床岬 それとも函館 札幌あたり 霧にまかれた 連絡船の 霧にまかれた デッキの上で 海を見てるなんて 耐えられないわ 耐えられないの 捨てられた女は 何処へ何処へ
京の石段渚ゆう子渚ゆう子阿久悠中村泰士京の石段 女が一人 日傘くるくる 回して下りる 初恋のあの人は 今は何処にいる 逢いたくて 逢いたくて おみくじ引いて 願かけました 強い女になりますと  京の石段 女が一人 涙ほろほろ 流して下りる 諦めはいけないと 胸に言い聞かせ 好きだから 好きだから せつないほどに 苦しみました 泣かぬ女になりたいの  京の石段 女が一人 恋をしみじみ 感じて下りる この命一度だけ 賭けてみたいから 追いかけて 追いかけていきたい心 打ち明けました 生きた女になるために
やさしくしないでかおりくみこかおりくみこ中原葉子中村泰士何が欲しいというの 私 それとも愛 つばさいやす鳥たちも 私を欲しいとさわがしい こわれたおもちゃ箱を 子供みたいに 抱えこんで 涙ぐんで それでどうなるの  何が欲しいというの 私 それとも愛 疲れはてた心には やさしくしないで させないで 誰でも昔話 ひとつやふたつ 大事そうに 語るけれど それでどうなるの  誰でも昔話 ひとつやふたつ 大事そうに 語るけれど それでどうなるの
恋のジザベルザ・スウィング・ウエストザ・スウィング・ウエスト中村泰士中村泰士I love you, I love you Jisabel I want you, I want you Jisabel 太陽だって燃えている だから愛して  I love you, I love you Jisabel I need you, I need you Jisabel わかっておくれ命だぜ 俺の願いさ  La La La… 燃えておくれ この胸で  I love you, I love you Jisabel I want you, I want you Jisabel 帰ってほしい人だけど 遠い星空  I love you, I love you Jisabel I need you, I need you Jisabel わかっておくれ命だぜ 俺の願いさ  La La La…  I love you, I love you Jisabel I want you, I want you Jisabel 太陽だって燃えている だから愛して
倖・せ・な・女堺正章堺正章中村泰士中村泰士この物語を始める前に ある女の話をしなくてはいけない 美人じゃないけど 酔えば色っぽくて 少し移り気な女だった  いろんな男に捨てられたけど いま煙草のけむりで過去は色づく 純情なのよとグラス傾ける 肩が淋しげな女だった  この物語はここから始まる その女と寝たときから 惚れたときから始まる  (セリフ)いつだって私は倖せだったよ、 みんな本気で私を愛してくれたもの…… いつだって私は倖せだったよ、 みんな本気で私を愛してくれたもの……  女の涙はバラの花びら 夢の跡をかざって はらりとこぼれる 人生だからと 熱く目を閉じて 俺の指先をそっと噛んだ  この物語はここから始まる 笑ってくれ 心乱れ とまどいながら始まる  (セリフ)いつだって私は倖せだったよ、 みんな本気で私を愛してくれたもの…… いつだって私は倖せだったよ、 みんな本気で私を愛してくれたもの……  この物語はここから始まる その女と寝たときから 惚れたときから始まる
花物語桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士この花は私です やっと綺麗に咲いたのです 誰よりも先に あなたに見せたかったのです 窓辺に置きます 知らない間に そっと置いて帰って来ます 気がついてくれるでしょうか 手にとって あゝ綺麗だといってくれるでしょうか それとも…………  おぼえていますあの日のこと 小雨の中のすれ違いを 胸が熱くふるえたときめきに これが恋と知らされたあの日を あれからずっとあれからずっと あなたを想って泣いてた  この花は私です やっと綺麗に咲いたのです 初恋なのです どうしても あなたの胸にとどけたいのです 明日の朝 窓の外に立ってみます もしも私の花が枯れていたら あきらめます そのかわり 私のことが好きなら…………  私の気持わかるのなら 可愛い花といってほしい それをそれを信じて待っている 涙もろい近ごろの私よ 窓辺の花は窓辺の花は あなたを想って咲いてる
花占い桜田淳子桜田淳子阿久悠・原案:蓑島若代中村泰士逢える 逢えない 逢える 逢えない 愛してる 愛してない 愛してる 愛してない 愛してる 十六のある日 ポツンとひとり しあわせと悲しみが 追いかけっこする午後 花びらむしりながら 恋をうらなう 私はまだ少女なのかな  十六はなぜか 心がゆれて くちびるも白く見え おびえている窓 あなたとガラス越しに くちづけしたい 私はまだ少女なのかな 私はまだ少女なのかな あきらめる あきらめない あきらめる あきらめない
天使も夢みる桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士私の胸に 恋のめばえを感じる季節 白い風が 耳にやさしく ささやいて行く しあわせ少し わけてあげると 誰かがくれた だから恋って すばらしい もう泣かないわ さびしくないわ 天使も夢みる 春だから  私の胸に 一つこぼした恋する花が 今はこんな 広い花園 みたいになった しあわせ過ぎて 何かあげたい 気持になるの だから恋って すばらしい もう泣かないわ さびしくないわ 天使も夢みる 春だから  もう泣かないわ さびしくないわ 天使も夢みる 春だから
わたしの青い鳥GOLD LYLIC桜田淳子GOLD LYLIC桜田淳子阿久悠中村泰士ようこそここへ クック クック わたしの青い鳥 恋をした心にとまります そよ風吹いて クック クック 便りがとどけられ 誰よりもしあわせ感じます どうぞ行かないで このままずっと わたしのこの胸で しあわせ歌っていてね クック クック クック クック 青い鳥  ようこそここへ クック クック わたしの青い鳥 夢のような心に誘います くちづけされた クック クック 木の実のなる下は 天国の花園の香りです どうぞとばないで このてのひらで しあわせ抱きしめて わたしを見つめていてね クック クック クック クック 青い鳥  どうぞ行かないで このままずっと わたしのこの胸で しあわせ歌っていてね クック クック クック クック 青い鳥
黄色い麦わら帽子松崎しげる松崎しげるちあき哲也中村泰士黄色い麦わら帽子の 女の子 今年も 逢えるかな 夏の日 出逢った女の子  捜してみたいな 妹 みたいな女の子 駆けておいでよ 思い出の中から ハハハハハ… 黄色い麦わら帽子の 夏の日 出逢った女の子  今頃誰かに恋して 僕なんか 忘れて いるのかも 誰にもきれいな 女の子  帰ってほしいな 風吹く月夜は女の子 銀の小舟に思い出をつないで ハハハハハ… 黄色い麦わら帽子の 夏の日 出逢った女の子  帰ってほしいな 風吹く月夜は女の子 銀の小舟に思い出をつないで ハハハハハ… 黄色い麦わら帽子の 夏の日 出逢った女の子
ひとりぽっちの女の子天童よしみ天童よしみ山口洋子中村泰士どこにもあるよな 物語です 生れた時から 母知らず 生れた時から 父の名知らず それでも生きてる 女の子です  ひとりぽっちは もうあきました かなしい宿命(さだめ)の 女の子 お腹(なか)を空かした 野良犬(のらいぬ)抱いて 頬ずりするよな 女の子です  ぬくもり知らない 小さな手です 恋も知らない 女の子 兄貴と呼んでた あの人さえも きれいな人と 行ってしまった  小雨にぬれてる 海の街です 裸足(はだし)で泣いてる 女の子 幸福(しあわせ)なんかは はかない夢でも 信じて待ってる 女の子です
みれん心細川たかし細川たかしなかにし礼中村泰士純な女の ながした泪の数は 夜空の 星より多いと 言ってたあの子 今でもあの店に つとめているのか それとも嫁いで 行っただろうか 久しぶりだな 北の町さいはては 逢いたいな あの人にもう一度  純な女の ながした泪のあとを たどって 夜汽車にゆられて はてない旅路 今でも口紅を つけずにいるのか それとも酔うことを おぼえたろうか やけに淋しい たそがれの国境 逢いたいな あの人にもう一度  南まわりの 連絡船にのって あの子の 面影たずねて 旅路はつづく 今でもこの俺を 恨んでいるのか それとも思い出を すてただろうか 泣いているよな 霧がふる港町 逢いたいな あの人にもう一度
三色すみれ桜田淳子桜田淳子阿久悠中村泰士手を出せば散りそうな そんな花びらを 大切に胸に抱く 愛の三色すみれ  忘れませんあの日のこと はじめての口づけに めまいがした私 そして聞いたあのささやき  “この花のおもいでは 二人だけの秘密 この花がとどいたら すぐに駈けておいで”と  何日か過ぎたのに とどけられないの 待ちこがれ泣いている 愛の三色すみれ  忘れたのね私のこと いじらしい片想い 誰にいえばいいの 信じてるあの約束  “この花は君のため 咲いている”といった “この花を見かけたら 思い出す”といった  忘れませんあの日のこと はじめての口づけに めまいがした私 そして聞いたあのささやき  “この花のおもいでは 二人だけの秘密 この花がとどいたら すぐに駈けておいで”と
おもいで松崎しげる松崎しげる阿久悠中村泰士坂道の 市内電車がなくなって 町中の川の ボートもなくなった 知らぬまに 時の流れがおしよせて 想い出も 古い写真のよう たしかこのあたり 広い花園だった 忘れるはずがない 忘れはしない あの人に 恋を告げ あの人の涙見た 花園だった  あの人は すぐに結婚したけれど 三年で何故か 別れて行ったとか 住む家も今は 見知らぬ人の名で 想い出も ここでプツンときれる たしかこのあたり 広い花園だった 忘れるはずがない 忘れはしない あの人が 泣きじゃくり あの人が背を向けた 花園だった
ファイターズ讃歌ささきいさおささきいさお石原信一中村泰士誰が鳴らすか あの鐘は 勇気をたたえて そらたかく 燃える心の あかね雲 明日にむかって 飛んで行け 進めファイターズ 勝利の男 進めファイターズ さわやかに  男同士の 友情は がっちりスクラム 組んだ腕 こうと決めたら 真っしぐら 嵐の大地を つっぱしれ 進めファイターズ 勝利の男 進めファイターズ どこまでも  若さみなぎる 情熱は かわした瞳に あふれてる 昇る太陽 指さした 誓いのサインは ビクトリー 進めファイターズ 勝利の男 進めファイターズ ひとすじに
ふたりはひとり小林幸子小林幸子麻生香太郎中村泰士俺と一緒に 生きるかと いわれてかすかに うなずいた きっとあなたの お荷物になる こんな私で いいですか ことばに出せず ことばにならず ふたりはひとり あなたの私  どんな花より 指輪より あなたの瞳を 信じたい やっとみつけた 女の夢を 熱い想いが 駈けてゆく 戻りはしない 戻れはしない ふたりはひとり あなたの私  なんのとりえも ない私 ほんとに私で いいですか たとえひとりで 生まれてきても あなた行く道 ふたりづれ 悔みはしない もう迷わない ふたりはひとり あなたの私
鴎という名の酒場石川さゆり石川さゆり阿久悠中村泰士黒地に白く 染めぬいた つばさをひろげた 鴎の絵 翔んで行きたい 行かれない 私の心と 笑うひと 鴎という名の 小さな酒場 窓をあけたら海 北の海 海 海  海鳴りだけが 空オケで 歌えば悲しい 歌になる とてもあなたは この町で くらせはしないと 笑うひと 鴎という名の 小さな酒場 窓をあけたら海 北の海 海 海  昔の男(ひと)と 思うから 言葉もなんだか つまりがち 只の男と 女なら 気楽にのめると 笑うひと 鴎という名の 小さな酒場 窓をあけたら海 北の海 海 海
夜間飛行GOLD LYLICちあきなおみGOLD LYLICちあきなおみ吉田旺中村泰士最後の最後まで 恋は私を苦しめた 指をつきぬけ涙が あふれそうよ そして 今…… 翼に身をゆだね 私は旅立つ 遥か雲の下に 広がる街あかり あそこで愛されて あそこで別れた このままずっと どこへもおりず この夜の果て 二度と帰らないの そして帰らないの  あなたは気付くでしょう いつか私のまごころに だけど哀しい目をして 探さないで もういいの…… 不幸を身にまとい 異国へ旅立つ 女のかなしみは 夜空の星になり きらきら消えてゆく 私は泣かない このままずっと どこへもおりず この空の果て 二度と帰らないの そして帰らないの
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 最愛
  2. ミッドナイト・トレンディ
  3. Tot Musica
  4. Love is...
  5. SuperCali

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. スーパーレア
  3. ELEVEN -Japanese ver.-
  4. 出町柳パラレルユニバース
  5. LOVE, SO GOOD.

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照