試聴する

冬色の街

この曲の表示回数 8,537
歌手:

桜田淳子


作詞:

橋本淳


作曲:

中村泰士


ガラス窓をたたく冬の嵐
かけがえのないひとに 包まれていたのに
心がわり それは私なのよ
あやまちをつぐなえる すべもないわ
貴方の声を 忘れた理由じゃない
めぐり逢いが そうさせたの
きれいな恋なのよ…… だから
だからしあわせこなくても それでいいの

冬の色に街は溶けて眠る
この街のつめたさを 貴方に伝えたい
せめてドアの 前に紅いバラの
一枝があればいい 旅の終り
愛されたくて 愛した理由じゃない
めぐり逢いが そうさせたの
きれいな恋なのよ…… だから
だからどんなにつらくても たえているの

だから
だからしあわせこなくても しかたないわ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬色の街 歌手:桜田淳子

桜田淳子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-16
商品番号:VICL-63440
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP